独立行政法人情報通信研究機構 御中

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "独立行政法人情報通信研究機構 御中"

Transcription

1 米 国 におけるTV ホワイトスペースの 制 度 化 及 び 規 格 化 の 状 況 の 調 査 最 終 報 告 書 平 成 26 年 2 月 28 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 (NICT)

2 目 次 概 要... 1 第 1 章 TV ホワイトスペースの 夜 明 け 全 米 ブロードバンド 計 画... 2 (1) 2009 年 アメリカ 復 興 再 投 資 法 (ARRA)... 2 (2) 概 要... 2 (3)インセンティブ スペクトラム オークション... 4 (4)TV ホワイトスペース 重 要 課 題 としてのモバイル ブロードバンド 管 轄 権 限 第 2 章 TV ホワイトスペースの 開 放 までの 道 筋 FCC の 動 向 IT 企 業 の 協 力 TV 放 送 業 界 の 反 対 第 3 章 TV ホワイトスペースの 実 現 化 FCC の 動 向 企 業 の 反 応 (1) 企 業 による 製 品 化 の 開 始 (2)Google 社 (3)Microsoft 社 付 録 :TV ホワイトスペースに 関 係 する 企 業 団 体 及 びロビー 団 体... 26

3 概 要 モバイル ブロードバンド はアメリカの 国 家 戦 略 の 要 であり TV ホワイトスペー ス と インセンティブ スペクトラム オークション は その 大 きな 柱 となっている モバイル ブロードバンド TV ホワイトスペース 及 び インセンティブ スペクトラ ム オークション に 関 する 国 家 計 画 の 作 成 実 施 は アメリカの 政 府 ( 大 統 領 議 会 裁 判 所 )や IT 企 業 通 信 企 業 等 を 巻 き 込 んだ 大 きな 経 済 の 流 れを 生 み 出 している アメリカにおける モバイル ブロードバンド TV ホワイトスペース 及 び インセン ティブ スペクトラム オークション に 関 する 国 家 計 画 の 作 成 実 施 は 以 下 のような4 段 階 の 時 間 的 な 流 れとして 大 きく 捉 えることができる 段 階 1: 国 家 計 画 の 作 成 及 び 連 邦 通 信 委 員 会 (FCC)の 役 割 権 限 の 定 義 段 階 2: TV ホワイトスペース スペクトラム の 開 放 及 び TV ホワイ トスペース 技 術 の 開 発 段 階 3: TV ホワイトスペース 技 術 のトライアル 及 びその 商 用 開 始 段 階 4: インセンティブ スペクトラム オークション の 計 画 実 施 アメリカでは 国 家 計 画 の 作 成 及 び FCC の 役 割 権 限 の 定 義 が 完 了 している また TV ホワイトスペースに 関 する 政 治 的 技 術 的 課 題 もかなり 解 決 されており TV ホワイトスペ ースの 商 用 開 始 はもはや 時 間 の 問 題 となっている したがって 現 時 点 で 段 階 1 及 び2が 完 了 し 段 階 3が 終 わりつつあり 段 階 4に 入 ろうとしているところである 本 報 告 書 は アメリカにおける モバイル ブロードバンド TV ホワイトスペース 及 び インセンティブ スペクトラム オークション に 関 する 一 連 の 流 れを 国 家 計 画 の 作 成 実 施 及 び TV ホワイトスペースに 焦 点 を 合 わせてまとめるものである 1

4 第 1 章 TV ホワイトスペースの 夜 明 け 本 章 では 概 要 で 述 べた 段 階 1におけるアメリカの 政 府 企 業 の 動 向 すなわち モバイ ル ブロードバンド 国 家 計 画 がどのようにして 作 成 されたのか TV ホワイトスペース と インセンティブ スペクトラム オークション が 国 家 計 画 においてどのような 位 置 を 占 めているのか また 国 家 計 画 の 作 成 に 当 たり どのような 懸 念 事 項 があったのかをまとめ る 1 全 米 ブロードバンド 計 画 (1) 2009 年 アメリカ 復 興 再 投 資 法 (ARRA) 2009 年 アメリカ 復 興 再 投 資 法 (The American Recovery and Reinvestment Act of 2009: ARRA) 1 は 2009 年 2 月 に 議 会 で 可 決 され 2 月 17 日 にバラク オバマ 現 大 統 領 が 署 名 をした 法 令 であり 7 兆 870 億 ドルに 上 る 大 規 模 な 経 済 刺 激 効 果 をもたらすことが 期 待 さ れている 同 法 令 では 以 下 のことが 決 められている 7 兆 870 億 ドルのうち 72 億 ドルをブロードバンド 用 に 割 り 当 てる 1 年 以 内 に 連 邦 通 信 委 員 会 (Federal Communications Commission:FCC)がブ ロードバンドに 関 する 国 家 計 画 を 作 成 する ARRA は FCC に 対 してブロードバンドに 関 する 国 家 計 画 の 策 定 を 指 示 しているが 策 定 し た 国 家 計 画 を 実 施 す る 権 限 や 1996 年 に 制 定 さ れ た 電 気 通 信 法 ( The Telecommunications Act of 1996) のユニバーサル サービスに 関 する 規 定 を 変 える 権 限 を 与 えてはいない このため アメリカ 議 会 において FCC の 権 限 が 問 題 となった( 後 述 ) (2) 概 要 ARRA にもとづき FCC は 全 米 ブロードバンド 計 画 (The National Broadband Plan) 2 を 策 定 し 2010 年 3 月 14 日 に 公 開 した 全 米 ブロードバンド 計 画 では アメリカ 全 国 民 に 高 速 インターネットを 提 供 するために いくつかの 提 案 がなされている 1 The American Recovery and Reinvestment Act of : 2 FCC, The National Broadband Plan, the executive summary. : FCC, The National Broadband Plan. : 2

5 全 米 ブロードバンド 計 画 の 目 的 全 米 ブロードバンド 計 画 の 目 的 は 以 下 のとおりである 年 を 目 途 に ダウンロード 実 効 速 度 100 Mbps 以 上 アップロード 実 効 速 度 50 Mbps 以 上 (のインターネット 回 線 )を 少 なくとも1 億 以 上 のアメリカ の 家 庭 に 対 して 安 価 に 提 供 すること 世 界 最 大 最 速 のワイヤレスネットワークを 構 築 し 世 界 のモバイル 技 術 をリ ードすること アメリカ 全 国 民 がブロードバンドサービスに 安 価 かつ 容 易 にアクセスできる こと アメリカ 全 国 民 が 学 校 病 院 政 府 機 関 などに1Gbps 以 上 のブロードバンド サービスを 使 ってアクセスできること アメリカ 全 国 民 の 安 全 確 保 のために すべての 災 害 安 全 第 一 次 対 応 者 (first responder; 警 察 消 防 緊 急 医 療 など)がワイヤレス ブロードバンドを 使 っ て 国 家 規 模 の 災 害 安 全 用 ネットワークにアクセスできること アメリカがクリーンエネルギーの 分 野 で 世 界 のリーダーとなるため アメリ カ 全 国 民 がブロードバンドを 使 って リアルタイムでエネルギー 消 費 量 をモ ニタリングできること 全 米 ブロードバンド 計 画 の 重 要 課 題 全 米 ブロードバンド 計 画 では モバイル ブロードバンドの 容 量 増 加 が 重 要 課 題 とな っている これは 以 下 のような 目 的 のためである モバイル ブロードバンドに 対 する 将 来 のトラフィックの 増 加 への 対 応 モバイル ブロードバンドの 安 価 かつ 容 易 な 提 供 災 害 第 一 次 対 応 者 用 のブロードバンド 災 害 安 全 用 ネットワークの 構 築 全 米 ブロードバンド 計 画 の 提 言 モバイル ブロードバンドの 容 量 増 加 を 達 成 するため 全 米 ブロードバンド 計 画 は アメリカ 議 会 が FCC に 以 下 のような 管 轄 権 限 を 与 えることを 提 言 している 効 率 的 利 用 の 可 能 なスペクトラム( 例 えば TV ホワイトスペース)を 特 定 す る 権 限 インセンティブ スペクトラム オークション を 行 う 権 限 TV 放 送 局 等 のライセンスの 所 有 者 から スペクトラムを 自 主 的 に 変 換 し 3 FCC, The National Broadband Plan: Connecting America. : 3

6 てもらう 見 返 りとして オークションの 利 益 の 一 部 をライセンス 所 有 者 に 還 元 する 権 限 ライセンス 所 有 者 が 現 在 使 用 しているスペクトラムを 再 利 用 する 権 限 (3)インセンティブ スペクトラム オークション スペクトラムの 確 保 モバイル ブロードバンドの 容 量 増 加 のために 全 米 ブロードバンド 計 画 は 以 下 のこ とを 提 言 している モバイル ブロードバンド 用 のワイヤレス スペクトラム(ライセンスが 必 要 又 は 不 要 )を5 年 以 内 に 300 MHz 10 年 以 内 に 500 MHz を 確 保 する 電 話 サービスの 補 助 金 を 目 的 とした 80 億 ドルに 上 るユニバーサル サービ ス ファンド(Universal Service Fund:USF)を 拡 張 し ブロードバンドに 対 す る 補 助 金 が 含 まれるようにする スペクトラムの 調 達 全 米 ブロードバンド 計 画 では 225 MHz から 3.7 GHz の 間 のスペクトラムを 対 象 と して 5 年 以 内 に 以 下 のスペクトラムをモバイル ブロードバンド 用 に 再 利 用 することが 検 討 されている 120 MHz:TV 放 送 用 のスペクトラム 90 MHz: 衛 星 通 信 サービス 用 のスペクトラム 20 MHz: 政 府 機 関 用 のスペクトラム インセンティブ スペクトラム オークション TV 放 送 用 のスペクトラム(120 MHz)を 再 利 用 するために 全 米 ブロードバンド 計 画 では インセンティブ スペクトラム オークション によってスペクトラムの 再 割 当 を 行 うことを 提 言 している 現 在 使 用 されていない TV 放 送 用 のスペクトラムを 自 主 的 に 返 還 してもらい その 見 返 りとして オークションの 利 益 の 一 部 を 還 元 する 使 用 されていないスペクトラムの 返 還 が 完 了 した 時 点 で TV 放 送 局 のスペ クトラムの 再 割 当 を 行 い TV 放 送 局 を VHF 及 び UHF の 低 域 のスペクトラ ムに 移 行 させる 4

7 現 在 のアメリカの TV 放 送 局 は チャンネル2(54 MHz)からチャンネル 51(698 MHz)までを 使 用 している FCC の 計 画 では オークションとスペクトラムの 再 割 当 によ って チャンネル 31 から 51 までを 空 け それをモバイル ブロードバンド 用 に 使 用 するこ ととしている なお UHF スペクトラムの インセンティブ スペクトラム オークション によって およそ 250 億 ドルの 利 益 が 見 込 まれている インセンティブ スペクトラム オークション は 全 米 ブロードバンド 計 画 の 大 き な 柱 となっているが 前 述 のように 本 報 告 書 では 全 米 ブロードバンド 計 画 と TV ホ ワイトスペース に 焦 点 を 合 わせて アメリカの 動 向 を 見 ていく (4)TV ホワイトスペース TV ホワイトスペースの 概 説 TV ホワイトスペース とは チャンネル 間 の 電 波 干 渉 を 防 ぐために 設 けられた TV 放 送 用 チャンネル 間 のスペクトラムのことである アメリカでは TV ホワイトスペースのス ペクトラムは VHF(54~216 MHz) 及 び UHF(470~698 MHz)バンドが 該 当 する TV ホ ワイトスペースは TV 放 送 用 には 使 用 されていないスペクトラムであり モバイル ブロ ードバンドサービス 4 用 として 免 許 不 要 で 使 用 することが 可 能 である TV ホワイトスペースは 他 のエリアでは 免 許 を 取 得 して TV 放 送 用 に 使 用 されているが 使 用 しようとしている 別 のエリアでは TV 放 送 用 に 使 用 されていないスペクトラムも 含 む 例 えば 図 1においてある 色 で 塗 られた 円 は それに 対 応 するスペクトラムの 保 護 エリア ( 電 波 の 伝 播 範 囲 )を 示 している つまり 同 円 内 では それに 対 応 するスペクトラムを 使 用 している TV 放 送 局 が 存 在 し もし 他 の 者 が 当 該 スペクトラムを 使 って 通 信 した 場 合 には TV 放 送 との 干 渉 が 発 生 してしまう しかし 同 円 外 の 白 いエリア(ホワイトスペース)で は 当 該 スペクトラムは 使 用 されておらず TV ホワイトスペースを 免 許 不 要 で 使 用 するこ とが 可 能 である 4 Super Wi-Fi や Wi-Fi on Steroids などと 呼 ばれることが 多 い 5

8 図 1 空 間 的 TV ホワイトスペースの 説 明 図 出 典 :Spectrum Bridge 社 のウェブページ 5 TV ホワイトスペースの 重 要 特 性 TV ホワイトスペースは Wi-Fi などと 比 較 してより 低 周 波 数 の 電 波 を 使 うため 以 下 の ような 特 性 がある 1 電 波 が 遠 くまで 伝 播 し また 障 害 物 を 容 易 に 通 り 抜 ける 2 利 用 可 能 な TV ホワイトスペースのスペクトラム 量 は 地 域 によって 異 なる TV ホワイトスペースは 1の 特 性 により ネットワーク 構 築 に 必 要 となるベースステー ションの 数 も 少 なくて 済 み モ バイル ブロードバンドサービスを 安 価 で 提 供 できる 手 段 と して 注 目 されている また 2の 特 性 により 都 市 よりも 遠 隔 地 僻 地 のほうが 利 用 可 能 な TV ホワイトスペー スのスペクトラム 量 が 多 いため TV ホワイトスペースはアメリカ 全 土 をカバーするネット ワークではなく 特 定 地 域 のみをカバーする 地 域 ネットワークの 構 築 に 適 している 5 Spectrum Bridge, Technology. : 6

9 TV ホワイトスペースの 免 許 不 要 性 TV ホワイトスペースは 使 用 に 際 して 免 許 が 必 要 とされないスペクトラムである この ため 企 業 にとっては ビジネスモデルを 構 築 しやすく また 構 築 したネットワークの 保 全 も 容 易 であるという 利 点 がある この 点 に 関 して インターネット 企 業 の Google 社 の 共 同 創 業 者 にして 最 高 経 営 責 任 者 (CEO)の Larry Page 氏 は 以 下 のように 述 べている 6 FCC が TV ホワイトスペースの 免 許 を 不 要 としたことには 大 きな 意 義 がある Wi-Fi も 免 許 が 不 要 だったおかげで 今 年 1 年 で 10 億 個 もの Wi-Fi チップが 製 造 されるほどに 成 長 した TV ホワイトスペースも Wi-Fi と 同 様 の 成 長 が 見 込 めると 思 う 2 重 要 課 題 としてのモバイル ブロードバンド FCC はモバイル ブロードバンドを 全 米 ブロードバンド 計 画 の 目 的 達 成 のための 重 要 課 題 とみなしている モバイル ブロードバンドの 重 要 性 は 以 下 のような 理 由 からも 明 ら かであるとしている モバイル ブロードバンドは スペクトラムに 対 して 非 常 に 大 きな 需 要 を 生 み 出 している モバイル ブロードバンドは 情 報 インフラに 対 するユニバーサル アクセス を 安 価 に 達 成 できる モバイル ブロードバンドは 経 済 エコシステム ひいては 雇 用 を 生 み 出 すこ とができる 上 記 の 点 をさらに 詳 細 にみていくと 以 下 のようなことがわかる モバイル 機 器 が 生 み 出 すスペクトラムに 対 する 需 要 スマートフォン タブレット 等 のモバイル 機 器 が 普 及 したことの 影 響 により スペクトラ ムに 対 する 需 要 が 指 数 関 数 的 に 増 加 しつつある そのため 何 らかの 方 法 でスペクトラムを 増 やさないかぎり 現 状 のネットワークでは 対 応 できなくなることが 予 測 されている 移 動 通 信 事 業 者 の AT&T 社 は 2007 年 に iphone サービスを 導 入 して 以 来 デ ータ 通 信 量 が 増 加 し 続 けており 2010 年 には 従 来 の 8,000 倍 にまで 増 加 した 6 Larry Page, A vote for broadband in the white spaces, November 4, 2008.: 7

10 7 コンピュータネットワーク 機 器 開 発 会 社 の Cisco Systems 社 は モバイル デ ータは 2010 年 の1 年 間 で 2.6 倍 になり 過 去 3 年 続 けて 毎 年 3 倍 近 い 増 加 率 を 示 している と 報 告 している 8 その 原 因 は スマートフォン タブレット 等 のモバイル 機 器 及 びモバイル 機 器 用 のアプリケーションの 増 加 としてい る 2012 年 2 月 にアメリカ 大 統 領 行 政 府 の 大 統 領 経 済 諮 問 委 員 会 (Council of Economic Advisers:CEA)が 発 表 した 報 告 書 では 2010 年 から 2015 年 までの5 年 間 でモバイル デ ータの 量 は 20 倍 に 伸 びると 予 測 されている 9 FCC や IT 企 業 は 今 後 数 年 間 のうちにスペクトラムを 増 やさない 限 り モバイル デー タの 増 加 に 対 応 できなくなると 主 張 している 2012 年 1 月 に 開 催 された Consumer Electronics Show において FCC 議 長 ( 当 時 )の Julius Genachowski 氏 は 以 下 のように 述 べ ている 10 スペクトラムの 不 足 という 危 機 が 迫 っている スマートフォン タブレット (モ バイル) 機 々 間 通 信 の 影 響 により スペクトラムに 対 する 需 要 は 非 常 に 速 い 速 度 で 増 大 しているが スペクトラムの 供 給 は 一 定 のままである 7 Marguerite Reardon (CNET), Is AS&T a wireless spectrum hog? April 29, 2011.: 8 Cisco Systems, Cisco Visual Networking Index: Global Mobile Data Traffic Forecast Update, , February 5, 2014.: 9 Executive Office of the President, Council of Economic Advisers, The Economic Benefits of New Spectrum For Wireless Broadband, February, 2012.: 10 Larry Downes (CNET), At CES, FCC chair warns of mobile 'spectrum crunch'--for the third time, January 12, 2012.: International CES, 2013 Innovation Policy Summit: FCC Chairman Genachowski, December 31, 2012.: 8

11 TV 放 送 によるスペクトラムに 対 する 需 要 アメリカでは 電 波 配 信 による 無 料 の TV 放 送 を 視 聴 しているのは 国 民 の1 割 程 度 に 留 まる 2010 年 2 月 には FCC 議 長 ( 当 時 )Julius Genachowski 氏 が 典 型 的 な TV 放 送 の 視 聴 者 は 100 万 人 以 下 であり 36 MHz 程 度 のスペクトラムが 使 われているにすぎず 多 くて もスペクトラムの 半 分 程 度 が 使 われているにすぎない と 指 摘 している 11 モバイル ブロードバンドによるユニバーサル アクセスの 実 現 モバイル ブロードバンドによって 地 域 モバイル ブロードバンドサービスを 構 築 し 数 多 くのモバイル 機 器 に 対 応 することや 遠 隔 地 僻 地 にインターネットサービスを 提 供 す ることが 可 能 となる また ケーブル TV や 電 話 回 線 を 使 った 従 来 のサービスをブロードバ ンドサービスに 置 き 換 えることや モバイル ブロードバンドを 使 用 して 災 害 第 一 次 対 応 者 用 のブロードバンド 災 害 安 全 用 ネットワークを 構 築 することも 可 能 となる モバイル ブロードバンドによる 経 済 エコシステムの 実 現 FCC 議 長 ( 当 時 )の Julius Genachowski 氏 は 免 許 不 要 の TV ホワイトスペースによって 新 しい 分 野 を 生 み 出 すことが 目 標 である と 述 べている 同 氏 は TV ホワイトスペース を 同 様 に 免 許 不 要 であった Wi-Fi と 比 較 して TV ホワイトスペースが 生 み 出 す 新 しいモ バイル ブロードバンドサービスを Wi-Fi on Steroids と 呼 び Wi-Fi よりも 大 きな 経 済 エ コシステムを 作 り 出 す 可 能 性 を 認 めている また Wi-Fi は 年 間 40 億 ドルもの 経 済 効 果 を 生 み 出 しているが 同 氏 は 2010 年 に Microsoft 社 が 報 告 したように TV ホワイトスペー スは 年 間 39 億 ~73 億 ドル 程 度 の 経 済 効 果 を 生 み 出 すものと 考 えている 図 2は モバイル ブロードバンドが 生 み 出 す 経 済 エコシステムの 例 として モバイル 機 器 間 通 信 の 場 合 に 可 能 な 経 済 エコシステムを 描 いたものである 11 Harry A. Jessell and Kim McAvoy (TVNewsCheck), Ganachowski To TV: Take It Or Leave It, March 17, 2010.: 9

12 図 2 モバイル 機 器 間 通 信 における 経 済 エコシステムの 例 出 典 :Axeda 社 のウェブページ 12 3 管 轄 権 限 上 述 のように 2009 年 アメリカ 復 興 再 投 資 法 (ARRA) が 施 行 された 時 点 では FCC に 対 してブロードバンドに 関 する 国 家 計 画 を 実 施 する 権 限 や 1996 年 に 制 定 された 電 気 通 信 法 のユニバーサル サービスに 関 する 規 定 を 変 える 権 限 は 与 えられていなかった そ のため FCC の 権 限 に 関 する 幾 つかの 問 題 を 解 決 する 必 要 があった すなわち FCC に 対 してアメリカ 議 会 が 全 米 ブロードバンド 計 画 を 実 施 する 権 限 を 与 えているのかどうか また ARRA が 同 計 画 を 策 定 する 権 限 を 与 えているのは FCC に 対 してのみなのかどうかが 問 題 となった 13 競 合 キャリア 協 会 (Competitive Carriers Association:CCA) 14 は 2011 年 4 月 18 日 に FCC に 提 出 したコメントのなかで FCC はユニバーサル サービス ファンド(USF)を 変 更 する 権 限 を 持 っていない 可 能 性 があることを 指 摘 し 議 会 の 指 示 を 仰 ぐことを 要 求 した 12 Axeda, Axeda Solutions, : 13 CCA, CCA Questions FCC Authority to Shift High-Cost Support, Encourages Statutory Clarification, April 18, 2011.: https://competitivecarriers.org/press/rca-press-releases/rca-questions-fcc-authority-to-shift-high-costsupport-encourages-statutory-clarification/ 付 録 を 参 照 10

13 州 政 府 や 有 識 者 らも 同 様 に FCC の USF に 関 する 管 轄 権 限 に 関 して 懸 念 を 表 明 し 遠 隔 地 僻 地 での 電 話 料 金 や 携 帯 電 話 料 金 を 据 え 置 いたまま 全 米 ブ ロードバンド 計 画 を 実 行 することができるのかどうかを 不 安 視 していた 15 FCC の 管 轄 権 限 に 対 するフレームワーク FCC は 当 初 モバイル ブロードバンドを information service として 捉 え FCC の 管 轄 下 にあるとし 全 米 ブロードバンド 計 画 の 実 施 に 際 して FCC がさまざまな 規 制 を 課 す ことができると 主 張 していた しかし 2010 年 4 月 に 連 邦 裁 判 所 (United States Court of Appeals)は そのような 主 張 は 誤 りであると 指 摘 した そのため Julius Genachowski 氏 は モバイル ブロードバンドを common carrier とし て 再 定 義 し 公 共 道 路 のように すべてのトラフィックがモバイル ブロードバンドに 同 等 にアクセスできるようにしようと 試 みた 例 えば ブロードバンドの 提 供 者 に 対 して 競 合 相 手 にもその 回 線 を 利 用 させるように 規 制 を 課 そうとした これに 対 して 共 和 党 議 員 やケーブル 会 社 電 話 会 社 などは 行 き 過 ぎた 規 制 である として 反 発 した 15 Sean Manget (Juneau Empire), Parnell concerned about broadband plan, July 12, 2010.: United States Cellular Corporation, Comments of United States Cellular Corporation, April 18, 2011.: The USA Coalition, Comments of the USA Coalition, April 18, 2011.: 11

14 第 2 章 TV ホワイトスペースの 開 放 までの 道 筋 本 章 では 概 要 で 述 べた 段 階 2における FCC の 動 向 すなわち TV ホワイトスペースの 開 放 に 向 けて FCC が 辿 った 道 筋 企 業 がそれにどのように 対 応 して TV ホワイトスペース の 技 術 を 開 発 していったのかについてまとめている 非 常 に 長 い 期 間 にわたり IT 企 業 が FCC に 対 して TV ホワイトスペースを 開 放 するよう 働 きかけてきた 一 方 で TV 放 送 局 は 放 送 との 電 波 干 渉 を 理 由 に TV ホワイトスペースの 開 放 に 強 く 反 対 してきた しかし FCC は 2008 年 11 月 に TV 放 送 業 界 の 反 対 を 押 し 切 る 形 で TV ホワイトスペ ースを 免 許 不 要 で 使 用 できるように 開 放 した 1 FCC の 動 向 全 米 ブロードバンド 計 画 にもとづき FCC は TV ホワイトスペースの 開 放 に 向 けて 活 動 を 進 めた 第 1フェーズ:TV ホワイトスペース 用 試 作 機 器 のテスト FCC は TV ホワイトスペース 用 試 作 機 器 のテストを 2007 年 春 と 2008 年 冬 (1 月 )の2 回 にわたって 実 施 した テストの 目 的 は 既 存 の TV 放 送 と 干 渉 せずに TV ホワイトスペ ースが 使 用 できることを 確 認 することであった 第 1 回 テスト(2008 年 春 )では FCC の 工 学 技 術 局 (Office of Engineering and Technology: OET)が White Space Coalition 16 によって 提 出 された 試 作 機 器 をテストした テストは 2007 年 夏 に 終 了 し その 結 果 が 2007 年 7 月 31 日 に 公 表 された それによると Microsoft 社 の 試 作 機 器 はデジタル TV 信 号 を 検 知 できずに 失 格 し Philips Electronics 社 の 試 作 機 器 は 検 知 して 合 格 したという 第 2 回 テストは 2008 年 1 月 24 日 に 開 始 され Microsoft 社 Adaptrum 社 Motorola 社 Philips Electronics 社 の 試 作 機 器 をテストした なお Google 社 はテスト 用 の 試 作 機 器 を 提 出 する 代 わりに 自 社 で 行 ったテスト 結 果 を 2007 年 12 月 に FCC に 提 出 した 第 2フェーズ: TV ホワイトスペースの 開 放 2008 年 11 月 に FCC は TV ホワイトスペースを 免 許 不 要 で 使 用 できると 決 議 を 全 会 一 致 16 Microsoft 社 などが 加 入 している 付 録 を 参 照 12

15 (5 対 0の 投 票 結 果 )で 可 決 し TV ホワイトスペースを 使 用 する 機 器 に 関 する 規 則 17 を 公 表 した 同 規 則 には 機 器 の 開 発 に 際 してクリアしなければならない 課 題 が 含 まれている すなわ ち FCC が 指 定 したデータベースにアクセスして 所 与 の 地 域 でどのチャンネルが 利 用 可 能 かを 判 断 すること(ジオロケーション 技 術 ) 既 存 のワイヤレスマイクやビデオ 等 の 通 信 が 行 われていないことを 確 認 するために 毎 分 1 回 の 頻 度 でスペクトラムのモニタリングを 行 うこと(スペクトラム センシング 技 術 )の 計 2 点 が 規 定 されている もし 競 合 する 通 信 が 検 知 された 場 合 には 競 合 する 通 信 が 検 知 されたチャンネル 全 域 (6 MHz)において 通 信 を 差 し 控 えなければならないとされる 2 IT 企 業 の 協 力 Google 社 Motorola 社 Microsoft 社 Dell 社 といった 大 手 IT 企 業 は White Space Coalition を 結 成 し 議 会 や FCC に 対 して 免 許 不 要 で TV ホワイトスペースを 使 用 できることを 求 め 長 期 間 にわたりロビー 活 動 を 行 ってきた IT 企 業 は TV ホワイトスペースの 開 放 は 経 済 的 技 術 的 に 高 い 効 果 を 生 み 出 すと 考 えている IT 企 業 は TV ホワイトスペースを 免 許 不 要 で 使 うことを 許 可 すると 定 めた 2008 年 11 月 4 日 の FCC の 決 定 を 歓 迎 した 決 定 同 日 に Google 社 CEO の Larry Page 氏 は 以 下 のよ うに 述 べている 18 FCC は TV ホワイトスペースをワイヤレス ブロードバンドのために 開 放 する ことを 正 式 決 定 した すべてのインターネットユーザー より 快 適 なワイヤレス 通 信 を 望 むユーザーにとって 大 きなメリットをもたらしたと 思 う 放 送 業 界 は 何 年 にもわたるロビー 活 動 を 行 い TV ホワイトスペース 技 術 に 関 し て 誤 った 情 報 を 広 げようとしてきた Google 社 は 他 社 と 共 に TV ホワイトスペース 開 放 に 向 けて 努 力 してきた TV ホワイトスペースの 開 放 は より 高 速 で 効 率 的 なインターネットの 新 時 代 をも たらすものであると 信 じている 今 後 TV チャンネル 間 の 使 われていない 周 波 数 のパワーレベルを 計 算 する 方 法 を 最 終 決 定 することに 対 して FCC への 協 力 を 惜 しまないつもりである 17 FCC, In the Matter of Unlicensed Operation in the TV Broadcast Bands, Additional Spectrum for Unlicensed Devices Below 900 MHz and in the 3 GHz Band. FCC Adopted Rules For Unlicensed Use of Television White Spaces Documents, November 14, Larry Page, A vote for broadband in the white spaces, November 4, 2008.: 13

16 また 同 氏 は TV ホワイトスペースの 開 放 が 技 術 革 新 につながるとも 述 べている Wi-Fi on Steroids の 時 代 が 間 近 に 迫 っている TV ホワイトスペースのスペク トラム 信 号 は Wi-Fi よりも 遠 くに 伝 播 するため 少 ない 基 地 数 で すなわち 安 価 にブロードバンドが 構 築 できる すべての 人 が どこからでも ワイヤレス ブロードバンドにアクセスできるよ うになると 思 う 3 TV 放 送 業 界 の 反 対 TV 放 送 業 界 芸 能 界 プロスポーツ 界 ワイヤレスマイク 業 界 教 会 そして 多 くの 国 会 議 員 などが TV ホワイトスペースの 開 放 に 対 して 反 対 してきた なかでも TV 放 送 業 界 は TV ホワイトスペースの 使 用 が TV 放 送 と 干 渉 するとして 強 く 反 対 してきた 全 米 放 送 事 業 者 協 会 (The National Association of Broadcasters:NAB) 19 の 副 会 長 である Dennis Wharton 氏 は 以 下 のように 述 べている 20 TV ホワイトスペースの 使 用 が 引 き 起 こす TV 放 送 との 干 渉 は 大 きな 問 題 であ る 干 渉 を 引 き 起 こす 可 能 性 のある TV ホワイトスペースを 開 放 する 前 に アナ ログ TV からデジタル TV への 移 行 を 完 了 させるべきである 2008 年 11 月 4 日 に FCC が TV ホワイトスペースの 開 放 を 決 定 するまで TV 放 送 業 界 及 びワイヤレスマイク 業 界 は FCC に 対 して 民 間 の 意 見 を 幅 広 く 聞 くことを 要 求 していた したがって TV 放 送 業 界 やワイヤレスマイク 業 界 が 同 決 定 に 反 発 したのは 自 然 な 流 れ であった Dennis Wharton 氏 は 以 下 のように 述 べている 21 現 在 まで 干 渉 のない TV 放 送 を 楽 しんできたすべてのアメリカ 人 は 本 日 の FCC の 決 定 を 憂 慮 すべきである TV 放 送 の 将 来 にとって 重 要 なこの 懸 念 事 項 に 関 して 民 間 の 意 見 を 十 分 に 聞 か ずに FCC がこのような 決 定 をしたことは 残 念 なことである 2009 年 2 月 27 日 に NAB とテレビサービス 協 議 会 (Association for Maximum Service Television:MSTV)は 連 邦 裁 判 所 に 対 して 免 許 不 要 の TV ホワイトスペース 機 器 が TV 19 付 録 を 参 照 20 Marguerite Readon (CNET), White-space spectrum debate rages, August 16, 2007.: 21 Marguerite Readon (CNET), FCC opens free 'white space' spectrum, November 8, 2008.: 14

17 放 送 と 干 渉 することは 明 らかであり その 使 用 を 許 可 した FCC の 決 定 は 根 拠 がなく 法 律 違 反 に 当 たるとして FCC の 決 定 を 棄 却 するよう 要 求 した 22 しかし 2012 年 5 月 に NAB は 訴 訟 を 取 り 下 げている 22 MSTV and NAB, Petition for review, February, 2009.:http://lasarletter.net/docs/nabpet4review.pdf 15

18 第 3 章 TV ホワイトスペースの 実 現 化 本 章 では 概 要 で 述 べた 段 階 3における FCC の 動 向 すなわち FCC はどのようにして TV ホワイトスペースを 実 現 化 しているのか TV ホワイトスペースの 実 現 に 向 けて IT 企 業 はどのようなフィールド 実 験 を 行 っているのかについてまとめている 1 FCC の 動 向 TV ホワイトスペースの 開 放 後 FCC はその 実 現 化 に 向 けて 活 動 を 進 めた フェーズ3:TV ホワイトスペース 使 用 に 関 する 最 終 規 則 の 決 定 公 表 2010 年 9 月 23 日 に FCC は 全 会 一 致 で TV ホワイトスペース 使 用 に 関 する 最 終 規 則 (Second Memorandum Opinion and Order) 23 を 決 定 公 表 した これは 前 回 2008 年 11 月 に 公 表 した 規 則 ( 脚 注 17 参 照 )を 補 うものである 最 終 規 則 の 決 定 がなされたため IT 企 業 は TV ホワイトスペース 用 の 製 品 やサービスの 本 格 的 な 提 供 を 開 始 した TV ホワイトスペース 使 用 に 関 する 最 終 規 則 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりである スペクトラム センシング 技 術 を 規 則 から 削 除 した スペクトラム センシング 技 術 が 必 要 事 項 から 外 された スペクトラム センシングは TV 放 送 や TV ホワイトスペースを 使 用 している 既 存 の 機 器 との 干 渉 を 防 ぐための 技 術 であり 機 器 の 位 置 情 報 にもとづくチャン ネルの 割 当 を 行 うためのものであった 24 White Spaces Coalition が 提 案 した 非 常 に 厳 格 な 電 波 送 信 の 規 則 を 採 用 したため IEEE (Wi-Fi)は 使 えないとされた データ 送 信 前 にデータベースにアクセスする 使 用 されていないスペクトラムを 確 認 するために TV ホワイトスペース を 免 許 不 要 で 使 用 する 機 器 (TV ホワイトスペース 機 器 )は 自 らの 位 置 情 報 を 取 得 でき なおかつインターネットを 介 してデータベースにアク セスして 使 用 しようとしている TV ホワイトスペースがすでに 使 用 され 23 FCC, Second Memorandum Opinion and Order, September 23, 2010.: 24 Scott B. Harris et al. (Harris, Wiltshire & Grannis LLP), Reply Comments of Dell Inc., Google Inc., The Hewlett-Packard Co., Intel Corp., Microsoft Corp., and Philips Electronics North America Corp., March 2, 2007.: 16

19 ているかどうかを 確 認 できるものとする データベースは TV ホワイトスペース 機 器 からの 問 い 合 わせがあった 際 には その 機 器 の 現 在 の 位 置 で 使 用 できるチャンネルのリスト すなわち 未 使 用 の TV チャンネルのリストを 返 信 するものとする ワイヤレスマイクの 保 護 データベースは ワイヤレスマイクや 低 電 力 機 器 が 使 われている 場 所 や チャンネルに 関 する 情 報 を 含 むものとする これは TV ホワイトスペー ス 機 器 とワイヤレスマイク 等 の 干 渉 を 防 ぐためのものである IT 企 業 は データベースを 使 った 方 法 は 一 般 的 な 方 法 であり 適 切 であると 主 張 してい る 例 えば インターネット 上 で TV ホワイトスペース 用 データベースを 提 供 している Spectrum Bridge 社 の 最 高 執 行 責 任 者 (COO)である Joe Hamilla 氏 は 以 下 のように 述 べて いる 25 TV ホワイトスペースではデータベースを 用 いて 干 渉 を 防 いでいるが この 方 法 は 他 のワイヤレスのスペクトラムにも 応 用 できる 例 えば 700 MHz 周 波 数 帯 の D ブロックを 政 府 関 係 者 用 と 商 業 用 で 共 有 するような 場 合 にも 用 いることがで きる 火 事 地 震 台 風 などの 緊 急 時 には データベースを 用 いて 災 害 第 一 次 対 応 者 以 外 は 特 定 のチャンネルを 使 えないようにすることも 可 能 である フェーズ4:TV ホワイトスペースデータベース 管 理 者 用 ガイドの 公 表 2010 年 9 月 23 日 に 決 定 公 表 された TV ホワイトスペース 使 用 に 関 する 最 終 規 則 ( 脚 注 23 参 照 )では FCC が TV ホワイトスペース 用 のデータベースを 管 理 する 企 業 を 数 社 指 定 して 契 約 することが 規 定 されており その 際 の 契 約 期 間 は5 年 間 であるとしている これを 受 け FCC は TV ホワイトスペース 用 データベース 管 理 者 用 ガイド 26 を 発 表 し Google 社 や Spectrum Bridge 社 など 数 社 がデータベースの 管 理 を 行 う 意 思 を 示 した データベースは 54~698 MHz の TV 用 周 波 数 帯 域 で 未 使 用 の 周 波 数 帯 域 を 記 録 するため のものである したがって TV ホワイトスペースを 免 許 不 要 で 使 用 する 機 器 は データ 送 信 前 に 同 データベースに 問 い 合 わせる 必 要 がある これは TV ホワイトスペースを 免 許 不 25 Marguerite Reardon (CNET), FCC officially frees TV white space spectrum, September 23, 2010.: 26 FCC, White Space Database Administrators Guide. : 17

20 要 で 使 用 する 機 器 と 免 許 を 取 得 している 既 存 サービス(TV 放 送 など)の 干 渉 を 防 ぎ 後 者 の 提 供 者 の 権 利 を 守 るためのものである TV ホワイトスペース 用 データベースは FCC の( 免 許 を 取 得 している 既 存 サービスのた めの) 既 存 のデータベースからデータを 読 み 込 むため 後 者 のデータベースにすでに 登 録 し ている TV 放 送 局 が 新 たに 登 録 する 必 要 はない 一 方 ワイヤレスマイクや 低 電 力 機 器 は 免 許 不 要 であるため 既 存 の FCC のデータベー スには 登 録 していない したがって 少 なくとも1 箇 所 の TV ホワイトスペース 用 データベ ースに 登 録 する 必 要 がある なお 1 箇 所 の TV ホワイトスペース 用 データベースに 登 録 す ると 他 のデータベースとデータが 共 有 されるため 他 のデータベースに 登 録 する 必 要 はな い フェーズ5: 最 初 の TV ホワイトスペース 機 器 及 びデータベースの 認 可 FCC は TV ホワイトスペース 用 データベース 管 理 者 用 ガイド を 発 表 した 後 TV ホワ イトスペース 用 の 機 器 やデータベースに 対 する 認 可 を 開 始 した 2011 年 12 月 22 日 に FCC は 公 告 (Public Notice) 27 により FCC の 工 学 技 術 局 (OET) が Spectrum Bridge 社 の TV ホワイトスペース 用 データベースを 認 可 したことを 公 表 した これにより 2012 年 1 月 26 日 からの 同 データベースの 商 用 利 用 が 認 可 された OET は Koos Technical Services(KTS) 社 の TV ホワイトスペース 機 器 を 認 可 し こちら は 機 器 に 対 する 認 可 第 1 号 となった 同 機 器 は ワイヤレスレシーバーで 監 視 用 カメラをイ ンターネットに 接 続 するためのものであるが Spectrum Bridge 社 の TV ホワイトスペース 用 データベースにも 準 拠 しており 干 渉 を 防 ぐために 同 データベースに 問 い 合 わせを 行 う ノースカロライナ 州 ウィルミントン(Wilmington)のワイヤレス 地 域 ネットワークは FCC が 認 可 した Spectrum Bridge 社 の TV ホワイトスペース 用 データベースと KTS 社 の TV ホワ イトスペース 用 機 器 を 実 際 に 使 ったネットワークとして 初 めて 構 築 されたものである 同 ネットワークは エネルギー 高 速 道 路 水 位 のモニタリングなど 公 共 目 的 で 使 用 される ものであり 公 園 や 高 速 道 路 に 設 置 した 監 視 カメラなどが 接 続 されている 現 状 では TV 放 送 との 干 渉 は 発 生 していないという 27 FCC, Office of Engineering and Technology Announces the Approval of Spectrum Bridge,Inc. s TV Bands Database System for Operation, December 22, 2011.: KTS Wireless, KTS Receives FCC Certification for White Space with Agility Radio, December 22, 2011.: 18

21 2011 年 には カリフォルニア 州 のデルノルト 郡 (Del Norte Councty)とハンボルト 郡 (Humboldt County)にまたがるユロク 族 インディアン 保 留 地 (Yurok Tribe of the Yurok Reservation)も Carlson Wireless 社 の 機 器 を 用 いて ネットワーク 実 験 を 行 った 年 7 月 には ウェストバージニア 大 学 (West Virginia University)が アメリカの 大 学 として 初 めて TV ホワイトスペースネットワークを 使 用 したワイヤレスインターネットサ ービスの 提 供 を 開 始 した 29 フェーズ6:FCC が TV ホワイトスペースデータベース 管 理 者 を 認 可 FCC は TV ホワイトスペース 用 データベースの 管 理 者 の 認 可 も 開 始 した 2013 年 3 月 1 日 に FCC の 工 学 技 術 局 (OET)は Telcordia Technologies 社 及 び Spectrum Bridge 社 をデータベースの 管 理 者 として 認 可 した なお この2 社 が 管 理 者 に 対 する 認 可 第 1 号 である 2013 年 3 月 4 日 に Google 社 は 認 可 取 得 のために 45 日 間 にわたる 実 験 を 開 始 した 実 験 では ワイヤレスマイクの 使 用 者 や 免 許 を 取 得 して TV ホワイトスペースを 使 用 してい る TV 放 送 局 などが 干 渉 の 有 無 や データベースが 未 使 用 の 周 波 数 を 把 握 しているかなど について 調 査 された 同 実 験 は 2013 年 4 月 17 日 に 成 功 裡 に 終 わり Google 社 のデータベ ースは 2013 年 6 月 に 認 可 された そのほかにも 2009 年 11 月 25 日 の 公 告 に 対 して データベースの 管 理 者 として 申 請 し た 企 業 は 計 10 社 存 在 する 表 1は その 10 社 と 認 可 の 状 況 (2014 年 2 月 27 日 現 在 )をま とめたものである 28 Michelle Zilis (Radio Resource Media Group), California s Yurok Tribe Takes Advantage of White Spaces Technology (6/14/11). : 29 West Virginia University, Nation's first campus 'Super Wi-Fi' network launches at West Virginia University, July 9, 2013.: https://wvutoday.wvu.edu/n/2013/07/09/nation-s-first-campus-super-wi-fi-network-launches-at-westvirginia-university 19

22 表 1 TV ホワイトスペースデータベース 管 理 者 の 一 覧 管 理 者 名 連 絡 先 認 可 状 況 Airity,Inc.( 旧 WSdb LLC) Comsearch Frequency Finder, Inc. Google Inc. KB Enterprises LLC LS Telcom Key Bridge Global LLC NeuStar, Spectrum Bridge, Inc. iconectiv Microsoft Corporation H. Mark Gibson, Janelia Farm Boulevard, Ashburn, VA Peter Moncure, 8910 Dick s Hill Parkway, Toccoa, GA Alan.Norman, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA Dr. Georg Schöne, Im Gewerbegebiet 31-33, D Lichtenau, Deutschland / Jesse Caulfield, 1600 Tysons Blvd., Suite 1100, McLean,VA 22102/ Inc. Brian Rosen, 1775 Pennsylvania Ave., NW, Washington, DC Peter Stanforth, 1064 Greenwood Blvd, Lake Mary, FL John P. Malyar, 1 Telcordia Dr., Piscataway, NJ Ian Ferrell, One Microsoft Way, Redmond, WA 保 留 保 留 保 留 認 可 済 み 保 留 認 可 済 み 保 留 認 可 済 み 認 可 済 み 保 留 出 典 :FCC の TV ホワイトスペース 用 データベース 管 理 者 用 ガイド 30 をもとに 作 成 30 FCC, White Space Database Administrators Guide. : 20

23 2 企 業 の 反 応 Google 社 と Microsoft 社 に 対 するインタビュー 候 補 として 社 員 や 元 社 員 に 対 してアポイ ントを 試 みたが 下 記 の 理 由 により インタビューには 応 じてもらえなかった 1アメリカ 企 業 の 厳 しい 倫 理 規 定 に 抵 触 する 2 最 終 目 的 及 び 依 頼 主 を 明 らかにできない なお アメリカ 国 内 の 企 業 では R&D の 成 果 や 進 捗 について 社 員 が 外 部 に 話 すことは 基 本 的 に 禁 止 されている 今 回 のインタビュー 対 象 はアメリカを 代 表 する 大 企 業 の Google 社 と Microsoft 社 であり 秘 密 保 持 契 約 (Non-disclosure Agreement:NDA) を 締 結 しなけれ ばならないことは 明 白 である NDA を 締 結 することでインタビューを 行 うことは 可 能 とな るが その 内 容 を 報 告 することは NDA により 制 約 される もっとも 両 社 はアメリカを 代 表 する 民 間 企 業 であることもあり 関 係 会 議 などにおける 発 言 が 公 開 されている そのため デスクリサーチによって ヒアリングを 行 った 場 合 に 得 られる 情 報 と 同 程 度 に 詳 細 な 情 報 を 多 方 面 から 収 集 し 上 記 2 社 を 含 む 各 企 業 の TV ホワイ トスペースの 実 現 化 に 対 する 反 応 を 分 析 した (1) 企 業 による 製 品 化 の 開 始 2010 年 9 月 23 日 に TV ホワイトスペースの 使 用 に 関 する 最 終 規 則 が 公 表 される 以 前 か ら Microsoft 社 Google 社 Hewlett-Packard 社 Intel 社 Motorola 社 などの IT 企 業 は TV ホワイトスペース 機 器 の 製 品 化 を 開 始 していた Microsoft 社 や Google 社 といった IT 企 業 は TV ホワイトスペース 技 術 に 関 して 足 並 みを 揃 えているように 見 受 けられる 例 えば Microsoft 社 は 実 験 では 自 社 のプロトタイプの 機 器 やデータベースを 使 ってい るが 自 社 で TV ホワイトスペース 用 の 機 器 を 製 造 する 計 画 や データベースの 商 用 化 管 理 を 行 うことは 計 画 していない その 代 わりに 同 社 は ハードウェアの 分 野 におけるパー トナー 企 業 に TV ホワイトスペース 技 術 を 携 帯 電 話 やノートパソコン 等 に 組 み 込 んでもら うことや 他 の 企 業 に TV ホワイトスペース 用 データベースの 商 用 化 管 理 を 委 託 すること を 試 みている Microsoft 社 の 技 術 戦 略 計 画 担 当 バイスプレジデントである Dan Reed 氏 は 情 報 が 自 由 に 共 有 できるのであれば 何 ら 懸 念 はないと 思 う Google 社 など 数 社 が TV ホワイトスペ ース 用 データベースを 管 理 することになるだろう と 見 込 んでいる 21

24 (2)Google 社 ア White Spaces Database Group の 結 成 2009 年 2 月 に Google 社 は Comsearch 社 Dell 社 Hewlett-Packard 社 Microsoft 社 Motorola 社 Neustar 社 など 数 社 の IT 企 業 と 共 にアライアンスを 組 み White Spaces Database Group 31 を 結 成 した 同 アライアンスの 目 的 は TV ホワイトスペース 用 データベースの 仕 様 を FCC に 提 案 することにある Google 社 のワシントン 通 信 メディア 委 員 会 (Washington Telecom and Media Counsel) 委 員 の Richard Whitt 氏 は 以 下 のように 述 べている 32 本 グループは TV ホワイトスペース 用 データベースの 技 術 的 な 面 に 関 して さ まざまな 考 えや 提 案 を FCC に 対 して 行 っていく 予 定 である オープンで 誰 もが 共 有 できるデータのフォーマットやプロトコルを 提 案 し TV ホワイトスペース 用 データベースのオープンな 管 理 を 実 現 していくつもりである イ トライアル 2010 年 9 月 には オハイオ 州 ローガン 郡 (Logan County)で TV ホワイトスペースを 使 用 したブロードバンドネットワークを Spectrum Bridge 社 ホッキングバレー 地 域 病 院 (Hocking Valley Community Hospital)と 共 同 で 構 築 した この 試 みに 関 して Google 社 は 以 下 のよう に 述 べている 33 非 常 に 画 期 的 なことである 病 院 でこのような 試 みを 行 ったのは 私 たちが 初 め てである ヘルスケア 用 のブロードバンドで TV ホワイトスペースが 役 に 立 つこ とを 示 したいと 思 う 新 しいヘルスケアのアプリケーション 開 発 にもつながる だろう 2011 年 10 月 には 南 アフリカ 共 和 国 において TV ホワイトスペースのトライアルを 開 始 した これは 南 アフリカ 独 立 通 信 庁 (Independent Communications Authority of South Africa: ICASA) 科 学 産 業 技 術 研 究 評 議 会 (Council for Scientific and Industrial. Research:CSIR)の メラカ 研 究 所 (Meraka Institute) 南 アフリカ 高 等 教 育 研 究 ネットワーク(Tertiary Education and Research Network of South Africa:TENET) e-schools Network ワイヤレス アクセス プロバイダー 協 会 (Wireless Access Providers Association:WAPA) Comsol Wireless Solutions 31 付 録 を 参 照 32 Richard Whitt (Google), Introducing the White Space Database Group, February 4, 2009.: 33 Lary Alder (Google), Announcing a new white spaces trial in Logan, Ohio, September 14, 2010.: 22

25 社 Carlson Wireless 社 Neul 社 と 共 同 で 行 ったものである 34 ケープタウン 市 内 タイガーバ ーグ(Tygerberg)に 立 地 するステレンボス 大 学 (Stellenbosch University) 医 学 健 康 科 学 部 内 の3 箇 所 に 設 置 されたベースステーションを 用 いて 市 内 の 10 の 学 校 をワイヤレス ブ ロードバンドで 接 続 した Google 社 のデータベースが 使 われたが 免 許 を 取 得 している 放 送 と TV ホワイトスペース 機 器 との 間 に 干 渉 は 観 測 されず 実 験 は 成 功 に 終 わった 同 トライアルによって 電 気 が 供 給 されていないような 遠 隔 地 僻 地 にも TV ホワイト スペースを 使 用 してインターネット 接 続 を 提 供 できることがわかった 同 トライアルで 使 用 されたネットワーク 機 器 は 太 陽 光 発 電 を 電 源 としており TV ホワイトスペースの 信 号 は 樹 木 やビルなどの 障 害 物 を 通 り 抜 け 遠 くまで 伝 播 できた 上 記 以 外 にも 数 多 くのトライアルを 行 っており 以 下 のようなものがある 2013 年 後 半 に イ ギ リ ス に お い て イ ギ リ ス 情 報 通 信 庁 ( Office of Communications:Ofcom)がトライアルを 行 い Microsoft 社 や Google 社 など 約 20 社 が 参 加 した TV ホワイトスペースを 使 用 してモバイル ブロードバ ンドを 構 築 し 都 市 や 交 通 状 況 のモニタリングを 行 った 2013 年 前 半 に ニュージーランドにおいて 気 球 を 用 いた Project Loon ト ライアルを 行 った ウ Google Spectrum Database Google Spectrum Database 35 は Google 社 の TV ホワイトスペース 用 データベースである 同 データベースは FCC の 認 可 を 受 けており FCC の 認 可 を 受 けた TV ホワイトスペース 用 機 器 に 対 応 している 機 器 の 製 造 者 や 研 究 者 など 誰 でも データベースの API を 使 って どの TV ホワイトスペースのスペクトラムが 利 用 可 能 であるのか 調 べることができる デー タベース 及 びその API は 2013 年 11 月 に 公 開 された 36 Google 社 のウェブサイトでは どの ようなデータがデータベースに 記 録 されているのかについて 詳 しく 説 明 されている (3)Microsoft 社 ア Dynamic Spectrum Alliance の 結 成 Microsoft 社 InterDigital 社 Ruckus Wireless 社 Neul 社 Carlson Wireless 社 など 20 以 34 Fortune Mgwili-Sibanda (Google), TV white spaces trial launches in South Africa, March 25, 2013.: 35 Google, Spectrum Database. : https://www.google.com/get/spectrumdatabase/ 36 Alan Norman (Google), Launching Our Spectrum Database To Help Users Dynamically Access TV White Space Spectrum, November 14, 2013.: 23

26 上 の 企 業 や 団 体 が Dynamic Spectrum Alliance (DSA) 37 を 結 成 した 同 アライアンスの 目 的 は TV ホワイトスペース 技 術 の 支 援 のために FCC や 議 会 に 働 きかけを 行 うことであり それ について 以 下 のように 述 べている 38 DSA は 業 界 の 声 として この 革 新 的 な TV ホワイトスペース 技 術 をさらに 成 長 させるような 法 律 規 制 の 整 備 を 政 府 に 対 して 働 きかけていく イ トライアル Microsoft 社 による TV ホワイトスペースのトライアルの 好 例 は Microsoft 4Africa イニ シアチブの 一 環 として 行 われたものである 同 イニシアチブは 高 速 ワイヤレス ブロード バンドを 安 価 で 提 供 することにより 産 業 教 育 ヘルスケア 等 を 促 進 し また 行 政 サー ビスをケニア 全 体 に 提 供 していくことを 目 的 としている 39 トライアルは ケニア 情 報 通 信 省 (Ministry of Information Communications and Technology)とインターネットプロバイダ ーの Indigo Telecom 社 の 協 力 を 得 て ケニアのナンユキ(Nanyuki) 地 域 で 行 われた この トライアルにより 計 5 箇 所 のサイトが 接 続 された Bururet 病 院 (Burguret Dispensary) マレ 小 学 校 (Male Primary School) マレ 中 学 校 (Male Secondary School) ガカワ 中 学 校 (Gakawa Secondary School) ライキピア 地 区 公 立 図 書 館 (Laikipia District Community Library) 同 トライアルでは ネットワーク 機 器 の 電 力 は 太 陽 光 によってまかなわれており TV ホ ワイトスペースを 使 用 すれば 電 気 が 供 給 されていないような 遠 隔 地 僻 地 でもインターネ ット 接 続 を 提 供 できることを 証 明 している ケニア 情 報 通 信 省 事 務 次 官 の Bitange Ndemo 氏 は 以 下 のように 述 べている 40 今 までの 結 果 は 非 常 に 良 いものある このトライアルによって TV ホワイトス ペースが インターネット 構 築 のコスト 削 減 を 実 現 し これまでインターネット 37 付 録 を 参 照 38 Business Wire, The Dynamic Spectrum Alliance: A New Global Initiative to Help Governments Address Wireless Data Growth and Close the Digital Divide, June 18, 2013.: Initiative-Governments-Address#.U1XwV6IRfj4 39 Microsoft, Microsoft 4Africa. :https://www.microsoft.com/africa/4afrika/white_spaces_project.aspx Microsoft, Microsoft Teams With the Government of Kenya and Indigo Telecom to Deliver Low-Cost, Solar-Powered Broadband Access Using Cutting-Edge TV White Space Technology, February 4, 2013.: 40 Rebecca Wanjiku (PCWorld), Google, Microsoft pilot TV white space projects in Kenya and South Africa, April 25,

27 が 使 えなかった 地 域 にも 安 価 で 導 入 できるなど さまざまな 面 で 役 に 立 つこと がわかった 上 記 以 外 にも 多 くのトライアルを 行 っており 以 下 のようなものがある 2013 年 後 半 に イギリスにおいてイギリス 情 報 通 信 庁 (Ofcom)が 行 ったトライア ルに 参 加 した( 前 述 ) 2013 年 前 半 に ニュージーランドにおいて 気 球 を 用 いた Project Loon トライア ルを 行 った( 前 述 ) 2011 年 6 月 から 2012 年 4 月 まで イギリスのケンブリッジ(Cambridge)で 行 われ たトライアルに Adaptrum 社 Nokia 社 BSkyB 社 BBC 社 BT 社 Neul 社 と 共 に 参 加 した スコットランドのグラスゴー(Glasgow)においてストラスクライド 大 学 (University of Strathclyde) 及 び 企 業 数 社 と 共 にトライアルを 行 った 南 アフリカ 共 和 国 タンザニア シンガポール フィリピンなどでトライアルを 行 った ウ Microsoft Spectrum Database Microsoft Spectrum Database 41 は Microsoft 社 の TV ホワイトスペース 用 のデータベースで あり 同 データベースを 使 用 することによって 特 定 の 地 域 で 利 用 可 能 な 未 使 用 の TV ホワイ トスペース スペクトラムの 情 報 を 取 得 することができる 地 域 を 指 定 すると 利 用 可 能 な TV チャンネルのリスト 及 び 使 用 可 能 なパワーのレベルがわかる エ Microsoft Spectrum Observatory Microsoft 社 は TV ホワイトスペース スペクトラムの 免 許 を 取 得 した 使 用 者 が 実 際 には TV ホワイトスペースをあまり 活 用 していないことを 計 測 を 行 って 証 明 しようとしている Microsoft Spectrum Observatory 42 では 世 界 中 の4つの 地 域 に 配 置 したセンサーを 使 用 して 周 波 数 の 使 用 に 関 するデータを 集 めている 配 置 場 所 は 2 箇 所 はアメリカのシアトル (Seattle) 1 箇 所 はワシントン D.C.(Washington, D.C.)にある 自 社 オフィスの 屋 上 残 り の1 箇 所 はベルギーのブリュッセル(Brussels)にある 自 社 オフィスである 集 められたデ ータは インターネット 上 にわかりやすい 形 で 表 示 され 誰 でも 見 ることができる 41 Microsoft, Microsoft Research White Space Finder a Singapore trail. : 42 Microsoft, SpectrumObservatory Home. : 25

28 付 録 :TV ホワイトスペースに 関 係 する 企 業 団 体 及 びロビー 団 体 競 合 キャリア 協 会 (Competitive Carriers Association:CCA; アメリカ 国 内 の 遠 隔 地 僻 地 及 び 地 方 にワイヤレスサービスを 提 供 するプロバイダーの 業 界 団 体 である CCA には 約 100 社 が 参 加 しているが メンバーは 公 表 されていない そ の 免 許 を 取 得 したサービスエリアは アメリカ 全 土 の 80%をカバーしている CCA は 参 加 企 業 の 利 益 に 影 響 するような 重 要 事 項 に 関 して 利 益 を 守 るために 政 府 や 議 会 に 対 して 働 きかけている 現 在 ロビー 活 動 を 行 っている 事 項 には スペクトラムに 対 す るアクセス ネットワークやその 機 器 に 対 するアクセス ユニバーサル サービス ファン ド(USF)の 改 革 次 世 代 911 などがある White Space Coalition 大 手 IT 企 業 のアライアンスで TV ホワイトスペースを 免 許 不 要 で 使 用 できるようにす るためにロビー 活 動 を 行 っている 業 界 団 体 である ロビー 活 動 は 2009 年 のアナログ TV か らデジタル TV への 移 行 以 前 から 行 っており TV ホワイトスペースが 免 許 不 要 で 使 用 され た 場 合 でも 既 存 の TV 放 送 やワイヤレスマイク 等 と 干 渉 しないことを 確 認 する 活 動 も 行 っ てきた FCC による TV ホワイトスペースの 開 放 に 際 して White Spaces Coalition のロビー 活 動 が 果 たした 役 割 は 大 きいとみられている White Spaces Coalition に 参 加 している 企 業 は 以 下 のとおりである Dell 社 Earthlink 社 Google 社 Hewlett-Packard 社 Intel 社 Microsoft 社 Philips 社 Samsung Electro-Mechanics 社 26

29 全 米 放 送 事 業 者 協 会 (The National Association of Broadcasters:NAB; 営 利 目 的 で 電 波 を 使 用 する TV 放 送 局 関 係 者 による 業 界 団 体 ロビー 団 体 である ラジ オ 局 TV 局 TV ネットワーク(ABC NBC CBS 等 )など 合 わせて 8,300 社 以 上 の 参 加 企 業 を 代 表 している 電 波 を 使 用 し 無 料 で 放 送 を 提 供 する 企 業 の 発 展 のために 参 加 企 業 に 情 報 を 提 供 するとともに FCC に 対 してロビー 活 動 を 行 っている White Spaces Database Group 2009 年 に Microsoft 社 のイニシアチブにより TV ホワイトスペース 用 のデータベースの スペックを FCC に 提 案 するために 作 られた 団 体 である White Spaces Database Group に 参 加 している 企 業 は 以 下 のとおりである Comsearch 社 Dell 社 Hewlett-Packard 社 Microsoft 社 Motorola 社 Neustar 社 なお 団 体 としての 活 動 はすでに 終 えているように 見 受 けられ かつての 参 加 企 業 はそれ ぞれ 個 別 に 行 動 している Dynamic Spectrum Alliance(http://www.dynamicspectrumalliance.org/) スペクトラムの 有 効 利 用 を 促 進 する 法 律 規 制 を 整 備 するためのロビー 活 動 を 行 っている 団 体 である 世 界 各 国 の 小 中 規 模 の 企 業 大 学 関 係 者 研 究 者 等 が 参 加 している 企 業 個 人 のために 利 用 できるスペクトラムを 増 やすため 革 新 的 な 技 術 を 生 み 出 す 努 力 をして いる その 目 的 は デジタルデバイドを 無 くし モノのインターネット(Internet of things) を 実 現 させ スペクトラムを 枯 渇 させないことである Dynamic Spectrum Alliance に 参 加 しているメンバーは 以 下 のとおりである 27

30 6Harmonics 社 Adaptrum 社 Aviacomm 社 BSkyB 社 Google 社 InterDigital 社 MediaTek 社 Microsoft 社 NICT SpectralLink Wireless 社 28

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

SOZO_経営_PDF用.indd

SOZO_経営_PDF用.indd Faculty of Business Administration Department of Business Administration CONTENTS ADMISSION POLICY 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 INTERNET SOZO Wireless Network 16 Campus Life Calendar APRIL MAY JUNE

More information

ネットワークの中立性に関する マイクロソフトの考え方

ネットワークの中立性に関する マイクロソフトの考え方 資 料 3-7 ネットワークの 中 立 性 に 関 する マイクロソフトの 考 え 方 マイクロソフト 株 式 会 社 最 高 技 術 責 任 者 補 佐 楠 正 憲 ネットの 中 立 性 を 巡 る 論 点 垂 直 統 合 型 サービス 通 信 事 業 者 による 垂 直 統 合 型 サービスを 認 めるべきか 寡 占 的 通 信 事 業 者 によるインターネット 接 続 サービス 等 を 引 き

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 17 号 ソフトウェア 取 引 の 収 益 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 18 年 3 月 30 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 ソフトウェア 取 引 を 事 業 の 中 心 とした 情 報 サービス 産 業 においては 無 形 の 資 産 である ソフトウェアの 内 容 及 び 状 況 の 確 認 の 困 難 さや その

More information

MEISEI HEROES HERO HERO HERO MEISEI HEROES

MEISEI HEROES HERO HERO HERO MEISEI HEROES MEISEI HEROES MEISEI HEROES HERO HERO HERO MEISEI HEROES 04 INDEX 06 28 08 24 26 10 14 16 22 18 20 MEISEI HEROES 05 04 MEISEI HEROES 2014 SCHOOL GUIDE MEISEI HEROES 1 2 3 4 5 06 MEISEI HEROES 2014 SCHOOL

More information

1 NHK 2007 100 41.9 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 TV 12 90 60 13 14 TV / 15 / 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 A B B C D A 28 12 29 30 31 32 33 34 35 36 4,8 100 37 38 39 40 41 NHK 42 43 44 45 46 47 48 49

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

野村資本市場研究所|税制上の電子経済への対応を巡るOECDと日本の議論(PDF)

野村資本市場研究所|税制上の電子経済への対応を巡るOECDと日本の議論(PDF) 税 制 上 の 電 子 経 済 への 対 応 を 巡 る OECD と 日 本 の 議 論 板 津 直 孝 要 約 1. 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 の 普 及 さらにソフトウェア 音 楽 書 籍 などデジタル 財 で の 取 引 が 普 及 してきたことにより 税 法 上 の 課 題 とりわけ 国 外 事 業 者 の 所 在 地 特 定 を 巡 る 問 題 が 顕 著 になっている

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 平 成 27 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 26 年 (ワ) 第 6372 号 不 正 競 争 行 為 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 8 月 20 日 判 当 事 者 の 表 示 主 決 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 文 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 訴 訟

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

(データ 分 析 ) 災 害 時 にミニブログ 等 のデータを 集 めて 解 析 して 危 険 情 報 を 抽 出 する 技 術 を 開 発 して いる 去 年 の 筑 波 の 竜 巻 ではテレビ 局 の 緊 急 放 送 よりも 10 分 20 分 早 く 警 報 を 出 せた 可 能 性 があった

(データ 分 析 ) 災 害 時 にミニブログ 等 のデータを 集 めて 解 析 して 危 険 情 報 を 抽 出 する 技 術 を 開 発 して いる 去 年 の 筑 波 の 竜 巻 ではテレビ 局 の 緊 急 放 送 よりも 10 分 20 分 早 く 警 報 を 出 せた 可 能 性 があった 資 料 1 第 3 回 検 討 会 における 主 な 意 見 ( 案 ) NICT( 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 )では 1ネットワーク 基 盤 技 術 2ユニバ ーサルコミュニケーション 基 盤 技 術 3 電 磁 波 センシング 基 盤 技 術 4 未 来 ICT 基

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

美唄市広報メロディー2014年1月号

美唄市広報メロディー2014年1月号 1 2014 E-mailkouhoujouhou@city.bibai.lg.jp January May September October November December February March June July August April BIBAI CITY INFORMATION http://db.net-bibai.co.jp/bibai/

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

1. 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 2. 無 線 局 免 許 と 通 信 事 業 3. オークションによって 得 る 地 位 譲 渡 性 4. オークションによって 得 た 地 位 と 有 効 期 間 撤 回 5. その 他

1. 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 2. 無 線 局 免 許 と 通 信 事 業 3. オークションによって 得 る 地 位 譲 渡 性 4. オークションによって 得 た 地 位 と 有 効 期 間 撤 回 5. その 他 資 料 11-1 電 波 オークション ー 法 的 枠 組 みー 獨 協 大 学 教 授 多 賀 谷 一 照 1. 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 2. 無 線 局 免 許 と 通 信 事 業 3. オークションによって 得 る 地 位 譲 渡 性 4. オークションによって 得 た 地 位 と 有 効 期 間 撤 回 5. その 他 1 1 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 私 所

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

Microsoft Word - 共同研究論文04022012(最終版).docx

Microsoft Word - 共同研究論文04022012(最終版).docx 少 子 高 齢 化 に 向 けて 旅 客 鉄 道 事 業 者 がとるべき 施 策 に 関 する 一 考 察 A Study of IT Strategy for Railways toward the Super-aged Society 宮 下 沙 世 子 Sayoko Miyashita 下 村 有 加 Arika Shimomura 佐 藤 茉 衣 Mai Sato 東 時 子 Tokiko

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

2015年10月5日

2015年10月5日 2016 年 1 月 27 日 オークネット 総 合 研 究 所 ~ 世 界 の 中 古 スマートフォン 流 通 市 場 の 実 態 を 探 る~ 第 5 回 :わが 国 におけるスマートフォン 修 理 をめぐる 動 向 オ ー ク ネ ッ ト 総 合 研 究 所 ( 所 在 地 : 東 京 都 港 区 / 代 表 理 事 : 山 内 良 信 /URL : http://www.aucnet.co.jp

More information

GOVERNOR'S No.1 JULY 2 GOVERNOR'S No.1 JULY 3 GOVERNOR'S No.1 JULY 4 GOVERNOR'S No.1 JULY 5 GOVERNOR'S No.1 JULY 6 GOVERNOR'S No.1 JULY 7 GOVERNOR'S No.1 JULY 8 GOVERNOR'S No.1 JULY 9 GOVERNOR'S No.1 JULY

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

P005.ec6

P005.ec6 JournaloftheFacultyofManagementandInformationSystems, PrefecturalUniversityofHiroshima 2012No.4pp.5-11 論 文 GoogleAppEngineと YouTubeAPIを 用 いた 動 画 コンテンツ 配 信 管 理 システムの 開 発 と 教 育 への 応 用 宇 野 健 石 崎 徹 DevelopmentoftheAnimationContentsDistributionandtheManagerialSystems

More information

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを はどのような 管 理 を 行 っているか ~ が 保 有 する 権 限 機 能 調 査 結 果 報 告 ~ 2013 年 5 月 27 日 発 行 みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 hisayuki.tanio@mizuho-ri.co.jp 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 nobuhiko.sano@mizuho-ri.co.jp

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information

IRC Section 125 (Cafeteria) Plan

IRC Section 125 (Cafeteria) Plan IRC Section 125 (Cafeteria) Plan 内 国 歳 入 規 則 125(カフェテリア)プラン SECTION 125 の 概 要 一 般 的 企 業 は 従 業 員 に 対 して 医 療 歯 科 治 療 保 険 や 団 体 生 命 保 険 等 諸 般 のベネフィットを 提 供 します そして 医 療 保 険 料 が 高 騰 するにつれ 保 険 料 の 一 部 を 従 業 員

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

2. 国 家 知 識 産 権 局 人 材 情 報 ネットワークが 運 用 開 始 国 家 知 識 産 権 局 (SIPO)の 構 築 する 知 的 財 産 権 人 材 情 報 ネットワーク(ウェブサイト:http://

2. 国 家 知 識 産 権 局 人 材 情 報 ネットワークが 運 用 開 始 国 家 知 識 産 権 局 (SIPO)の 構 築 する 知 的 財 産 権 人 材 情 報 ネットワーク(ウェブサイト:http:// www.deqi-iplc.com 知 財 ニュース 知 財 ニュース 1.2012 年 中 国 特 許 登 録 件 数 の 企 業 別 ランキ ング 1 2. 国 家 知 識 産 権 局 人 材 情 報 ネットワークが 運 用 開 始 2 3.2012 年 の 中 国 知 的 財 産 権 民 事 一 審 の 受 理 件 数 45.99% 増 加 2 商 標 コラム 中 国 商 標 実 務 における

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

2466.indd

2466.indd ( 金 曜 日 ) ( 金 ) 毎 週 火 金 曜 日 発 行 目 次 訓 令 山 形 県 事 務 代 決 及 び 専 決 事 務 に 関 する 規 程 の 一 部 を 改 正 する 訓 令 ( 人 事 課 ) 861 告 示 県 営 土 地 改 良 事 業 計 画 の 決 定 ( 庄 内 総 合 支 庁 農 村 計 画 課 ) 862 ( ) 道 路 の 区 域 の 変 更 ( 村 山 総 合 支

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

本 資 料 及 び 本 説 明 会 におけるご 説 明 に 含 まれる 予 想 数 値 及 び 将 来 の 見 通 しに 関 する 記 述 言 明 は 現 在 当 社 の 経 営 陣 が 入 手 している 情 報 に 基 づいて 行 った 判 断 評 価 事 実 認 識 方 針 の 策 定 等 に

本 資 料 及 び 本 説 明 会 におけるご 説 明 に 含 まれる 予 想 数 値 及 び 将 来 の 見 通 しに 関 する 記 述 言 明 は 現 在 当 社 の 経 営 陣 が 入 手 している 情 報 に 基 づいて 行 った 判 断 評 価 事 実 認 識 方 針 の 策 定 等 に 個 人 投 資 家 様 向 け 会 社 説 明 会 2012 年 12 月 本 資 料 及 び 本 説 明 会 におけるご 説 明 に 含 まれる 予 想 数 値 及 び 将 来 の 見 通 しに 関 する 記 述 言 明 は 現 在 当 社 の 経 営 陣 が 入 手 している 情 報 に 基 づいて 行 った 判 断 評 価 事 実 認 識 方 針 の 策 定 等 に 基 づいてなされもしくは

More information

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は 株 式 会 社 アイキューブドシステムズ( 以 下 当 社 とします)が 提 供 する SaaS サービス CLOMO ( 以 下 CLOMO とします) 及 びマカフィー 株 式 会 社 が 提 供 する Virus Scan Mobile

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント 2015 年 9 月 14 日 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)による 市 中 協 議 文 書 誤 って 支 給 された 報 酬 の 返 還 に 係 る 上 場 規 則 に 対 するコメント 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 全 国 銀 行 協 会 として 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)から7 月 1 日 に 公 表 された 誤 って 支 給 された 報 酬 の

More information

ARIB機関誌No.78(抜粋)

ARIB機関誌No.78(抜粋) 特 別 寄 稿 第 23 回 電 波 功 績 賞 を 受 賞 して AXGP(Advanced extended Global Platform) システムの 実 用 化 Wireless City Planning 株 式 会 社 取 締 役 COO 宮 川 潤 一 このたび AXGP(Advanced extended Global Platform)システムの 実 用 化 に 対 して 名 誉

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

MORALITY LEARNING AMBITION 2 KASUMIGAOKA

MORALITY LEARNING AMBITION 2 KASUMIGAOKA KASUMIGAOKA MORALITY LEARNING AMBITION 2 KASUMIGAOKA KASUMIGAOKA 3 4 KASUMIGAOKA KASUMIGAOKA 5 Super Science High School 6 KASUMIGAOKA School Life 4 April 5 May 6 June 7 July 8 August 9 September 10 October

More information

2011上宮太子_高校_学校案内

2011上宮太子_高校_学校案内 UENOMIYA TAISHI SENIOR HIGH SCHOOL GUIDE BOOK 2011 www.uenomiya-taishi.ed.jp Curriculum Curriculum Letʼs enjoy school life at UT! 01 02 4 April 5 May 6 June 7 July 03 8 9 10 11 August September October

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

SSLサーバー証明書取得・管理契約約款

SSLサーバー証明書取得・管理契約約款 SSL サーバー 証 明 書 取 得 管 理 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この SSL サーバー 証 明 書 取 得 管 理 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 し ます 本 約 款 は

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に 新 エネルギーベンチャー 技 術 革 新 事 業 基 本 計 画 P10020 イノベーション 推 進 部 1. 制 度 の 目 的 目 標 内 容 (1) 制 度 の 目 的 1 政 策 的 な 重 要 性 本 事 業 は 2001 年 3 月 に 閣 議 決 定 した 科 学 技 術 基 本 計 画 における 国 家 的 社 会 的 課 題 に 対 応 した 研 究 開 発 の 重 点 分 野

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

表紙

表紙 第 1 章 日 本 とアメリカのNPO 比 較 アメリカが 社 会 貢 献 の 先 進 国 と 呼 ばれる 理 由 としては NPOの 数 や 規 模 寄 付 金 額 が 圧 倒 的 に 多 いことや また NPOの 社 会 的 なステータスが 企 業 と 同 等 に 高 いという ことが 挙 げられる その 象 徴 的 な 例 として アメリカの 就 職 人 気 ランキングを 挙 げるこ とができるだろう

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

そして 観 光 だけに 限 らず 地 域 における 人 々を 守 る 安 全 防 災 情 報 の 発 信 手 段 として 最 も 適 したインフラとして 公 衆 Wi-Fi の 活 用 へとつながることが 望 ましい 3. 地 域 が 主 体 となる 公 衆 Wi-Fi サービス 我 が 国 には

そして 観 光 だけに 限 らず 地 域 における 人 々を 守 る 安 全 防 災 情 報 の 発 信 手 段 として 最 も 適 したインフラとして 公 衆 Wi-Fi の 活 用 へとつながることが 望 ましい 3. 地 域 が 主 体 となる 公 衆 Wi-Fi サービス 我 が 国 には インバウンド 観 光 と 未 来 に 向 けた 公 衆 Wi-Fi のありかた 北 海 商 科 大 学 細 野 昌 和 はじめに 我 が 国 では 一 時 滞 在 の 海 外 旅 行 者 は 原 則 モバイル 通 信 が 禁 止 されている これを 解 決 する 手 段 としては 公 衆 Wi-Fi が 有 望 であるが 海 外 と 比 較 して 日 本 にはそうしたサービス が 絶 対 的 に 不

More information

オ 産 業 分 類 別 検 索 カ 資 本 金 区 分 別 検 索 キ 従 業 員 数 区 分 別 検 索 ク 海 外 展 開 別 検 索 ケ 施 策 活 用 別 検 索 コ フラッグ 検 索 ( 複 数 フラッグでの 検 索 ができること) サ キーワード 検 索 (2) インポート エクスポート

オ 産 業 分 類 別 検 索 カ 資 本 金 区 分 別 検 索 キ 従 業 員 数 区 分 別 検 索 ク 海 外 展 開 別 検 索 ケ 施 策 活 用 別 検 索 コ フラッグ 検 索 ( 複 数 フラッグでの 検 索 ができること) サ キーワード 検 索 (2) インポート エクスポート 企 業 カルテシステム 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 栃 木 県 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 企 業 カルテシステム 構 築 業 務 を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )について 必 要 な 事 項 を 定 めたものである なお 本 仕 様 書 は 基 本 的 な 機 能 について 記 載 したものであり システム 構 築 上 通 常 必 要 とな

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

米国における動画配信サービスの動向-ネットフリックスの事業戦略の視点から-

米国における動画配信サービスの動向-ネットフリックスの事業戦略の視点から- 米 国 における 動 画 配 信 サービスの 動 向 -ネットフリックスの 事 業 戦 略 の 視 点 から- 一 般 財 団 法 人 マルチメディア 振 興 センター(FMMC) 情 報 通 信 研 究 部 副 主 席 研 究 員 田 中 絵 麻 概 要 1997 年 創 業 のネットフリックスは 有 料 の 動 画 ストリーミング 配 信 サービスを 提 供 して いる 同 社 のサービスは 利

More information

1. 本 工 程 表 目 的 構 造 IT 総 合 戦 略 本 部 では IT 情 報 資 源 利 活 用 で 未 来 を 創 造 する 国 家 ビジョンと して 世 界 最 先 端 IT 国 家 創 造 宣 言 ( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 以 下 創 造 宣 言

1. 本 工 程 表 目 的 構 造 IT 総 合 戦 略 本 部 では IT 情 報 資 源 利 活 用 で 未 来 を 創 造 する 国 家 ビジョンと して 世 界 最 先 端 IT 国 家 創 造 宣 言 ( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 以 下 創 造 宣 言 参 考 資 料 5 世 界 最 先 端 IT 国 家 創 造 宣 言 工 程 表 ( 抄 ) 平 成 25 年 6 月 14 日 決 定 平 成 26 年 6 月 24 日 改 定 平 成 27 年 6 月 30 日 改 定 高 度 情 報 通 信 ネットワーク 社 会 推 進 戦 略 本 部 1 1. 本 工 程 表 目 的 構 造 IT 総 合 戦 略 本 部 では IT 情 報 資 源 利 活

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

資 料 4-7 米 国 での 端 末 修 理 再 生 事 業 の 概 要 および 今 後 の 日 本 での 事 業 展 望 と 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 向 けた 意 見 要 旨 アシュリオン ジャパン 資 料 4-8 電 波 の 有 効 利 用 の 促 進 に 向 けた 検 討 課

資 料 4-7 米 国 での 端 末 修 理 再 生 事 業 の 概 要 および 今 後 の 日 本 での 事 業 展 望 と 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 向 けた 意 見 要 旨 アシュリオン ジャパン 資 料 4-8 電 波 の 有 効 利 用 の 促 進 に 向 けた 検 討 課 参 考 資 料 6-3 電 波 有 効 利 用 の 促 進 に 関 する 検 討 会 ( 第 4 回 会 合 ) 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 24 年 6 月 5 日 ( 火 ) 16 時 00 分 -18 時 10 分 2 場 所 総 務 省 8 階 第 一 特 別 会 議 室 3 出 席 者 ( 敬 称 略 ) (メンバー:50 音 順 敬 称 略 ) 清 原 聖 子 熊 谷 博 関 口

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2028838A838A815B83582990E096BE8E9197BF205F91CE8A4F97702E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2028838A838A815B83582990E096BE8E9197BF205F91CE8A4F97702E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 株 式 会 社 メガチップス SiTime Corporationの 株 式 取 得 ( 子 会 社 化 )に 関 して http://www.megachips.co.jp/ 2014 年 10 月 29 日 経 営 戦 略 の 基 軸 の 転 換 中 長 期 の 成 長 を 国 内 大 手 顧 客 対 象 のASIC 事 業 ではなく 成 長 機 器 市 場 での 有 力 なグローバル 顧 客

More information

iPhone / iPad 修理規約

iPhone / iPad 修理規約 ソフトバンク 株 式 会 社 iphone/ipad 修 理 規 約 第 1 条 規 約 の 適 用 1. 本 規 約 は ソフトバンク 株 式 会 社 ( 以 下 弊 社 といいます)が 提 供 する iphone/ipad の 診 断 修 理 交 換 ( 以 下 修 理 等 といいます)を 行 うサービス( 以 下 本 サービス とい います)に 適 用 される 基 本 的 な 条 件 を 定

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

Microsoft PowerPoint - ITS20130617.pptx

Microsoft PowerPoint - ITS20130617.pptx 情 報 産 業 と 社 会 第 11 回 : 個 人 情 報 保 護 法 住 基 ネッ トシステム マイナンバーシステム 2013.6.17 宿 南 達 志 郎 薬 ネット 販 売 自 粛 解 除 (ドラッグストア 協 会 ) 日 本 ドラッグストア 協 会 は14 日 会 員 企 業 に 対 するインターネット 販 売 自 粛 要 請 を 解 除 厚 生 省 の 方 針 が 定 まっていない 第

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information