本 文 の 注 意 点 と 参 考 情 報 本 文 の 章 立 てに 沿 って 主 な 注 意 点 参 考 情 報 をまとめました セミナーを 組 み 立 てる 詳 細 プラン 作 成 時 やセミナー 実 施 時 に 受 講 者 スキルに 合 わせてご 活 用 ください 第 1 章 新 規 文 書

Size: px
Start display at page:

Download "本 文 の 注 意 点 と 参 考 情 報 本 文 の 章 立 てに 沿 って 主 な 注 意 点 参 考 情 報 をまとめました セミナーを 組 み 立 てる 詳 細 プラン 作 成 時 やセミナー 実 施 時 に 受 講 者 スキルに 合 わせてご 活 用 ください 第 1 章 新 規 文 書 "

Transcription

1 Office 2013 基 本 演 習 [Word/Excel/PowerPoint] この 手 引 きは Office 2013 基 本 演 習 [Word/Excel/PowerPoint] ( 以 下 本 書 )を 使 ってセミナーを 実 施 される 講 師 の 方 に ご 参 考 にしていただきたい 各 情 報 (セミナー 実 施 時 の 注 意 事 項 本 文 内 容 の 補 足 )をまとめたもので より 良 いセミナーを 行 うために この 手 引 きがお 役 に 立 てば 幸 いで 日 経 BP 社 セミナー 実 施 時 の 注 意 以 下 の 点 に 注 意 して セミナーを 実 施 しましょう 本 書 に 記 載 されている 名 称 で 説 明 すること( 講 師 が 本 書 に 記 載 されている 名 称 と 異 なる 名 称 で 説 明 すると 受 講 者 が 混 乱 するため) 受 講 者 からの 質 問 に 対 して 自 信 のないことは 即 答 を 避 け 調 査 後 の 折 り 返 し 回 答 を 徹 底 すること 英 数 字 の 入 力 は 特 に 指 示 がない 限 り 半 角 で 入 力 するよう 説 明 すること セミナー 実 施 前 に 次 の 環 境 を 確 認 しておきましょう Office Professional Plus 2013 を 完 全 セットアップし ライセンス 認 証 手 続 きを 完 了 させた 状 態 プリンターをセットアップした 状 態 インターネットに 接 続 された 状 態 講 習 時 に 使 用 する 実 習 データの 準 備 Office 2013 では タッチモードとマウスモードを 切 り 替 えて 操 作 が 行 え タッチモード: 指 でスクリーンをタッチする 操 作 がしやすいように リボンが 拡 大 表 示 され アイコンどうしの 間 が 広 がりまた ミニツールバーや 文 字 色 のパレット 表 示 も 拡 大 され マウスモード:マウスでの 操 作 を 前 提 とした Office 2010 までと 同 様 の 表 示 サイズで タッチモードとマウスモードを 切 り 替 えるには クイックアクセスツールバーに[タッチ/マウス モードの 切 り 替 え]ボタ ンを 表 示 させ それを 使 用 し 本 書 ではマウスモードでの 操 作 を 記 載 してい コンピューターによっては 初 期 設 定 でタッチモードになっている 場 合 がありまた リボンが 非 表 示 になっている 場 合 もあり 環 境 を 事 前 に 確 認 し 必 要 に 応 じて 本 書 の 設 定 に 合 わせておきましょう また OS のバージョンによっては 既 定 の 保 存 先 が SkyDrive(インターネット 上 の 保 存 場 所 )になっている 場 合 がありま これまでどおり 使 用 しているコンピューターのマイドキュメントに 保 存 する 場 合 は [ファイル]タブの[ 名 前 を 付 けて 保 存 ]をクリックして 表 示 される[ 名 前 を 付 けて 保 存 ] 画 面 か [ 名 前 を 付 けて 保 存 ]ダイアログボックスで 保 存 先 を 設 定 し

2 本 文 の 注 意 点 と 参 考 情 報 本 文 の 章 立 てに 沿 って 主 な 注 意 点 参 考 情 報 をまとめました セミナーを 組 み 立 てる 詳 細 プラン 作 成 時 やセミナー 実 施 時 に 受 講 者 スキルに 合 わせてご 活 用 ください 第 1 章 新 規 文 書 の 作 成 p. 4 作 成 する 文 書 初 めに 受 講 者 が 業 務 ( 活 用 )イメージを 持 てるようなトークで これから 文 書 を 作 成 していく 手 順 や 作 業 に 興 味 を 持 てる ように 心 がけてください 完 成 例 の 文 書 を 表 示 して これから 入 力 することをイメージしてもらってもよいでしょう 本 書 の 画 面 だけで 確 認 しづらい 場 合 には 以 下 のような 準 備 をしましょう 画 面 に 完 成 例 を 拡 大 表 示 実 習 用 データに 含 まれる 入 力 済 みデータ 社 内 セミナー を 印 刷 して 配 布 講 習 時 間 や 進 捗 状 況 によって 入 力 時 間 がない 場 合 は 実 習 用 データの 社 内 セミナー を 利 用 してください p. 5 文 書 作 成 の 流 れ 文 書 の 作 成 手 順 を 意 識 することで 効 率 よく 文 書 作 成 ができることを 動 機 づけ p. 5 重 要 ページ 設 定 を 行 うタイミングについて 講 師 が 実 際 に 完 成 例 の 文 書 のページ 設 定 を 変 更 し レイアウトが 崩 れる 例 を 確 認 してもよいでしょう p. 7 ヒント: 複 数 ファイルの 操 作 テンプレートの 活 用 テンプレートの 検 索 時 間 があれば 実 際 に 操 作 してもよいでしょう p. 8 ページレイアウトの 設 定 文 書 の 文 字 数 行 数 余 白 について ページレイアウトの 設 定 の 図 や 完 成 例 で 確 認 しましょう p. 9 ヒント: 用 紙 サイズと 印 刷 の 向 きの 既 定 値 既 定 値 の 用 語 の 意 味 を 簡 単 に 説 明 してください パソコンの 設 定 が 違 う 場 合 は [ページ 設 定 ]ダイアログボックスで 各 値 を 既 定 値 に 変 更 し [ 既 定 に 設 定 ]ボタンをクリッ クして 既 定 値 に 戻 したほうが 講 習 の 進 行 がしやすくなり 既 定 値 を 変 更 するとすべての Word 文 書 に 影 響 するので 受 講 者 によっては 説 明 を 控 えたほうがよい 場 合 もあり p. 9 ヒント:ボタンの 名 前 ボタンの 名 前 とポップヒントについては 必 ず 説 明 してください p.10 余 白 余 白 サイズを 変 更 する 方 法 は 本 書 に 記 述 されている 以 外 に 水 平 ルーラーの 左 端 インデントマーカー 上 をポイントして 左 余 白 と 表 示 される 箇 所 でドラッグして 変 更 することもでき p.10 ヒント: 余 白 の 既 定 値 ヒントにある 数 値 は [ペーレイアウト]タブの[ 余 白 ]ボタンをクリックして 表 示 される[ 標 準 ]の 余 白 の 値 で p.11 [ページ 設 定 ]ダイアログボックス [ページ 設 定 ]ダイアログボックスは 水 平 ルーラーの 余 白 サイズを 示 す 部 分 または 垂 直 ルーラー 上 をダブルクリックし ても 表 示 することができ 2

3 p.12 ヒント:1 行 の 文 字 数 と 1 ページの 行 数 を 変 更 する Step2 ダイアログボックスで 数 値 を 指 定 する 各 ボックス 内 に 直 接 数 値 を 入 力 しても 変 更 することができ ダイアログボックスで 設 定 を 反 映 させるためには 必 ず[OK]ボタンをクリックする 必 要 があり p.11 重 要 :ダイアログボックス 起 動 ツール Word では リボンのタブの 中 で 関 連 した 機 能 がグループごとにまとめられてい 関 連 したグループでの 設 定 をまとめ て 行 いたい 場 合 は ダイアログボックス 起 動 ツールをクリックして 各 ダイアログボックスで 設 定 し p.12 ヒント:[ 余 白 ]と[ 文 字 数 ] [ 行 数 ]の 関 係 について [ 文 字 数 ]ボックスや[ 行 数 ]ボックスの 右 に 表 示 されるかっこ 内 の 数 値 が 設 定 可 能 な 最 小 / 最 大 値 であることを 補 足 して もよいでしょう 左 右 の 余 白 を 変 更 すると 文 字 数 が 変 わり 文 字 数 を 変 更 すると 字 送 り( 文 字 間 隔 )が 変 わり 同 様 に 上 下 の 余 白 を 変 更 すると 行 数 が 変 わり 行 数 を 変 更 すると 行 送 り( 行 間 隔 )が 自 動 的 に 調 整 され p.12 ヒント:[ 字 送 り]と[ 行 送 り]について 受 講 者 のスキルに 応 じて 紹 介 する 内 容 でなお [ 字 送 り]や[ 行 送 り]の 単 位 は pt (ポイント)で p.13 文 字 の 入 力 時 間 によっては 実 習 用 データの 社 内 セミナー( 入 力 済 ) を 開 いて 使 用 してもよいでしょう p.13 ヒント: 編 集 記 号 編 集 記 号 は Word を 使 用 するときは 必 ず 表 示 するように 意 識 づけてください [ 編 集 記 号 の 表 示 / 非 表 示 ]ボタンをクリッ クしてオン/オフを 切 り 替 えて 受 講 者 自 身 に 確 認 してもらうと 理 解 が 深 まり 全 角 スペース(Space キー) と 表 示 半 角 スペース( 日 本 語 がオンの 場 合 は Shift+ Space キー) と 表 示 タブ(Tab キー) と 表 示 改 ページ(Ctrl+Enter キー) 改 ページ と 表 示 p.15 ヒント: 入 力 オートフォーマット 時 間 に 余 裕 がある 場 合 は [ 箇 条 書 き]( 段 落 番 号 )や[ 頭 語 に 対 する 結 語 ]など 入 力 オートフォーマット 機 能 をいくつか 試 してみましょう p.16 操 作 :カーソルを 移 動 して 文 字 を 入 力 する 文 字 列 を 範 囲 選 択 していると 上 書 き 入 力 されるので カーソルが 点 滅 していることを 確 認 して 次 の 操 作 に 進 むように 注 意 を 促 してください Insert キーを 押 すと [ 挿 入 モード]が[ 上 書 きモード]に 変 わり[ 挿 入 モード]に 切 り 替 えるには 再 度 Insert キー を 押 すか ステータスバーの[ 上 書 きモード]をクリックし p.17 操 作 : 記 号 を 入 力 する 記 号 を 入 力 するには 以 下 の 3 つの 方 法 があり 時 間 に 余 裕 があれば いくつか 試 してみてもよいでしょう [ 挿 入 ]タブの[ 記 号 と 特 殊 文 字 ]ボタンを 使 用 タスクバーの[ 入 力 モード]アイコンを 右 クリックし [IME パッド]をクリックして 利 用 読 みから 変 換 する( ゆうびん ほし やじるし など) 3

4 p.18 操 作 :IME パッドで 漢 字 を 入 力 する IME パッドでは 表 示 された 候 補 の 文 字 をポイントして 漢 字 の 読 み 情 報 を 表 示 することができ p.19 ヒント:IME パッドの 機 能 郵 便 番 号 を 住 所 に 変 換 時 間 に 余 裕 がある 場 合 は 実 際 の 辞 書 の 活 用 シーンを 考 えながら 試 してみると 活 用 イメージを 高 められ p.20 文 書 の 保 存 と 発 行 用 途 に 応 じて 名 前 を 付 けて 保 存 や 上 書 き 保 存 を 使 い 分 けられるように 活 用 シーンを 意 識 してポイントを 伝 え p.20 文 書 の 保 存 ファイルを 保 存 する 場 合 は どこに なんという 名 前 で 保 存 するかを 把 握 してもらうことが 重 要 で p.20 の 図 を 参 考 に 受 講 者 に 保 存 場 所 を 確 認 してもらい 操 作 に 入 るとよいでしょう p.22 ヒント:ファイル 名 の 付 け 方 ヒントに 表 記 している 記 号 は Windows 上 で 意 味 のある 記 号 でファイル 名 には 使 用 できないことを 伝 えましょう 誤 って 違 うファイル 名 で 保 存 した 場 合 は いったんファイルを 閉 じてファイル 名 を 直 接 変 更 できることを 伝 えてください (ファイルを 閉 じないでファイル 名 を 変 更 することはできません) p.22 重 要 : 上 書 き 保 存 ファイルを 開 いている 状 態 であれば 上 書 き 保 存 した 内 容 を[ 元 に 戻 す]ボタン(p.37 重 要 参 照 )で 戻 すことができ ただし 元 に 戻 せない 操 作 もあるので 注 意 が 必 要 で p.22 ヒント: 拡 張 子 について 拡 張 子 が 表 示 されていない 場 合 は アイコンの 形 を 確 認 し 初 心 者 の 場 合 拡 張 子 にはこだわらずにアイコンの 確 認 だ けでもかまいません ファイルの 拡 張 子 を 表 示 する 手 順 は 次 のとおりで Windows 7 の 場 合 1. [スタート]ボタン [コントロールパネル] [フォルダーオプション]を 開 く 2. [フォルダーオプション]ダイアログボックスの[ 表 示 ] [ 詳 細 設 定 ] [ 登 録 されている 拡 張 子 は 表 示 しない]チェッ クボックスをオフにする Windows 8 の 場 合 1. タスクバーの[エクスプローラー]ボタンをクリック 2. [ライブラリ]ウィンドウの[ 表 示 ]タブに 切 り 替 えて[ 表 示 / 非 表 示 ] グループの[ファイル 名 拡 張 子 ]チェックボックスをオンにする なお Word 2013 の 文 書 ファイル 形 式 は テキストデータを 保 持 する XML 形 式 のファイル(HTML のようにタグが 使 用 さ れたテキストファイル)と 画 像 情 報 を 保 持 するファイルなど 複 数 のファイルを ZIP 形 式 で 圧 縮 した 形 式 で Word 2013 の 文 書 ファイル 形 式 には 次 のようなメリットがあり XML 形 式 のため 企 業 のシステムや 他 のアプリケーションとのデータの 交 換 や 検 索 が 容 易 である データの 種 類 ごとに 複 数 のファイルに 分 類 して 保 存 されているため Word を 使 用 せずにテキストや 写 真 を 表 示 したり 修 正 したりすることができる 複 数 のファイルに 分 類 して 保 存 されているため 一 部 のデータが 破 損 しても 他 のデータを 復 活 しやすい ファイルが 圧 縮 されるため ファイルサイズが 小 さい p.22 互 換 性 を 残 して 保 存 時 間 に 余 裕 がない 場 合 は 省 略 してもかまいません 紹 介 する 場 合 は どんな 場 合 に 必 要 かを 受 講 者 がイメージできるように 進 行 してください 保 存 後 タイトルバーに 互 換 モード と 表 示 されていることは 必 ず 確 認 してください p.24 のヒントにある 互 換 性 チェックを 行 うと Word のバージョンの 差 に 問 題 がある 場 合 にはここで 確 認 でき 4

5 p.25 PDF ファイルとして 発 行 Word 2013 では 簡 単 に PDF 形 式 でドキュメントを 発 行 することができ p.26 ヒント:PDF の 編 集 Word 2013 では PDF ファイルを 開 いて 閲 覧 または 編 集 でき 時 間 があれば 実 際 に 開 いて 確 認 してみましょう 第 2 章 文 書 の 編 集 p.32 文 書 編 集 の 流 れ 受 講 者 が 本 章 のゴールを 理 解 できるように 設 定 前 とレイアウト 設 定 後 の 完 成 例 を 表 示 して 比 較 するとよいでしょう これ から 行 うレイアウトについて 受 講 者 にイメージを 持 ってもらえるように トークを 交 えて 意 識 づけてください 完 成 例 とまったく 同 じ 設 定 でなくても 社 内 文 書 として 妥 当 なドキュメントであればよいと 考 え 受 講 者 自 身 が 考 えて 作 業 できるような 進 行 を 心 がけてください p.33 範 囲 選 択 Word での 多 くの 作 業 は はじめに 設 定 対 象 の 範 囲 選 択 を 行 い 文 章 の 構 成 単 位 である 文 字 行 段 落 の 範 囲 選 択 を 受 講 者 が 自 分 で 作 業 できるように 進 行 しましょう 文 字 列 を 範 囲 選 択 すると 選 択 されている 文 字 列 がハイライトされ ミニツールバー (p.34 ヒント 参 照 )が 表 示 され p.34 操 作 : 文 字 単 位 で 選 択 する 範 囲 選 択 の 操 作 では 必 ず 範 囲 選 択 解 除 の 方 法 もあわせて 説 明 しましょう 文 字 単 位 で 範 囲 選 択 するときは マウスポインターの 形 が になってからドラッグすることをよく 説 明 しましょう p.34 ヒント: 範 囲 選 択 時 の 注 意 事 項 ドラッグした 後 に 再 度 ドラッグして 文 字 列 が 移 動 してしまった 場 合 などは クイックアクセスツールバーの[ 元 に 戻 す] ボタンで 戻 せることを 補 足 してください (p.37 重 要 参 照 ) マウス 操 作 がうまくいかない 場 合 は キーボードによる 範 囲 選 択 の 方 法 を 紹 介 してもよいでしょう キーボードによる 範 囲 選 択 は 選 択 範 囲 を 微 調 整 するのに 有 効 な 方 法 で(p.36 ヒント 参 照 ) p.35 操 作 : 行 単 位 で 範 囲 選 択 する 複 数 の 行 を 選 択 する 行 単 位 で 範 囲 選 択 するときは マウスポインターの 形 が さい の 状 態 でクリックまたはドラッグすることを 意 識 づけてくだ p.36 移 動 とコピー 移 動 やコピーは まず 対 象 となる 範 囲 を 選 択 し 範 囲 選 択 すると[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある ( 切 り 取 り)ボタンや (コピー)ボタンが 選 択 可 能 になり 移 動 やコピーができることを 意 識 して 進 行 してください 範 囲 選 択 前 範 囲 選 択 後 クリック 後 続 けて 範 囲 選 択 後 選 択 後 本 書 に 表 記 されている 他 に 以 下 の 方 法 で 移 動 やコピーを 行 うこともでき 右 クリックし ショートカットメニューから 実 行 Ctrl+X キー( 切 り 取 り) Ctrl+C キー(コピー) Ctrl+V キー( 貼 り 付 け) 5

6 p.37 ヒント:スマートタグ [ 貼 り 付 けのオプション]スマートタグでは 次 の 形 式 を 選 択 することができ (ボタン 左 から) 元 の 書 式 を 保 持 書 式 を 結 合 テキストのみ 保 持 元 の 書 式 を 保 持 :コピー 元 の 書 式 をそのまま 保 持 する 書 式 を 結 合 :コピー 先 の 書 式 に 変 更 する テ キ ス ト の み: 書 式 は 貼 り 付 けず 文 字 だけを 貼 り 付 ける スマートタグは 次 の 操 作 を 実 行 するか Esc キーを 押 すと 非 表 示 になり(p.37 ヒント 参 照 ) p.39 文 字 の 書 式 設 定 文 字 書 式 には さまざまな 種 類 がありボタンの 右 側 に がある 場 合 は クリックすると 一 覧 が 表 示 され p.40 フォントサイズとフォント 新 規 文 書 のフォントやフォントサイズの 既 定 値 について 簡 単 に 触 れてもよいでしょう Word では 1 pt~1638 pt までの 大 きさを 指 定 することができ(p.39 用 語 フォントサイズ 参 照 ) p.40 操 作 :フォントサイズを 変 更 する [フォントサイズ]ボックスを 使 用 した 作 業 で リアルタイムプレビュー 機 能 を 紹 介 するとよいでしょう 受 講 者 自 身 に 利 便 性 を 理 解 してもらうように 心 がけて 進 行 し(ヒント リアルタイムプレビュー 参 照 ) p.41 操 作 :フォントを 拡 大 する [フォントの 拡 大 / 縮 小 ]ボタンを 使 用 すると 直 観 的 な 操 作 で 文 字 の 大 きさを 調 整 することができまた 複 数 のフォ ントサイズが 混 在 している 場 合 でも それぞれの 文 字 の 大 きさを1 度 の 操 作 で 調 整 でき p.41 操 作 :フォントを 変 更 する ゴシック 体 は 縦 横 の 線 の 太 さが 同 じである 明 朝 体 は 新 聞 の 活 字 のように 縦 の 線 が 横 の 線 よりも 太 い 書 体 である と いった 特 徴 があり 新 聞 や 雑 誌 の 事 例 を 思 い 起 こしてもらいながら 適 切 なフォントが 選 択 できるように 促 しトー クを 交 えながら 受 講 者 の 気 づきとしてまとめていけるように 進 めましょう p.42 ヒント:プロポーショナルフォントについて 等 幅 フォントとプロポーショナルフォントの 違 いを 実 際 に 確 認 してみると 理 解 が 深 まり プロポーショナルフォントは 文 字 幅 や 文 字 間 隔 が 自 動 的 に 調 整 されて 美 しく 表 示 される 原 稿 用 紙 など 決 まった 間 隔 に 文 字 を 入 力 したい 場 合 には 等 幅 フォントを 選 択 する p.42 ヒント:フォント 名 の 左 側 のマークについて Word 2010 以 降 は 以 前 のバージョンで 使 用 されていた True Type フォント TT から True Type を 拡 張 した Open Type フォント O に 変 更 されました Word 2010 以 降 は Open Type フォントと 組 み 合 わせて 使 える 書 式 として [フォント]ダイアログボックスの[ 詳 細 設 定 ] タブに 合 字 が 追 加 されてい p.43 ヒント: 日 本 語 フォントと 英 文 フォントについて 時 間 に 余 裕 があれば 説 明 してください 6

7 p.43 文 字 飾 り 文 字 飾 りの 効 果 を 受 講 者 に 意 識 付 けることが 大 切 でそのためには 設 定 前 と 設 定 後 を 比 較 するとよいでしょう Word 2010 以 降 は 新 しく[ 文 字 の 効 果 ]ボタンが[ホーム]タブの[フォント]グループに 追 加 されました これによ り 従 来 はワードアートにしか 設 定 できなかった 美 しい 効 果 を 通 常 の 文 字 列 に 簡 単 に 設 定 することができ [ 文 字 の 効 果 ]の 種 類 には 文 字 の 輪 郭 影 反 射 光 彩 などがあり 時 間 があれば いろいろな 文 字 飾 りを 設 定 して 視 覚 的 な 効 果 を 確 認 してください ファイルが 互 換 性 モードの 場 合 このボタンはグレーアウトされて 設 定 することができません p.46 操 作 : 複 数 の 書 式 を 解 除 する この 他 に Ctrl+Space キーを 押 しても 書 式 を 一 度 に 解 除 することができ p.47 書 式 のコピー/ 貼 り 付 け [ 書 式 のコピー/ 貼 り 付 け]は 使 いこなせるように 定 着 を 図 るとよいでしょう 通 常 の[コピー/ 貼 り 付 け]との 違 いを 受 講 者 に 意 識 させるように 進 めてください 連 続 した[ 書 式 のコピー/ 貼 り 付 け] 操 作 も 時 間 があれば 行 ってください (p.48 ヒント 参 照 ) p.49 文 字 列 を 均 等 割 り 付 けする 均 等 割 り 付 けを 設 定 するときの 注 意 点 を 受 講 者 に 説 明 してください (p.49 ヒント p.93 操 作 参 照 ) p.51 ヒント: 同 じ 動 作 を 繰 り 返 したい 場 合 F4 キーは 直 前 の 操 作 を 繰 り 返 すときに 使 いよく 使 うファンクションキーなので 使 いこなせるように 適 宜 工 夫 し てください 均 等 割 り 付 けの 設 定 や 解 除 を F4 キーで 繰 り 返 す 場 合 [ホーム]タブの[ 段 落 ]グループの[ 均 等 割 り 付 け]ボタンから の 操 作 では 使 えません 時 間 に 余 裕 があれば 理 由 を 説 明 して 違 いを 意 識 できるようにしましょう p.52 段 落 の 書 式 設 定 段 落 という 単 位 を 受 講 者 にしっかりと 理 解 してもらいまた p.53 の 完 成 例 を 参 照 して どの 部 分 にどのような 段 落 書 式 が 設 定 されているのかを 確 認 しましょう p.56 インデントの 設 定 図 や 完 成 例 を 使 用 して 文 書 にどのインデントが 設 定 されているかを 受 講 者 と 確 認 し インデントの 基 準 が 左 右 の 余 白 の 位 置 であることを 伝 えそして 設 定 した 効 果 を 受 講 者 が 理 解 できるように 例 示 などを 用 いて 理 解 を 促 し 水 平 ルーラーでカーソル 位 置 の 段 落 のインデントの 位 置 を 確 認 できることを 紹 介 し 受 講 者 の 画 面 に 水 平 ルーラーが 表 示 されていない 場 合 は 必 ずここで 表 示 するように 指 示 してください 時 間 に 余 裕 がない 場 合 には ヒントは 省 略 してかまいません p.57 操 作 : 左 インデントを 設 定 する 本 書 の 画 面 ショットが 小 さい 場 合 は 講 師 が 画 面 を 拡 大 して 操 作 するとよいでしょう ルーラーを 使 用 してインデントを 設 定 する 場 合 は Alt+ドラッグで 微 調 整 でき インデントマーカーの 表 示 名 がマウスの 位 置 によって 変 化 することを 受 講 者 に 確 認 してもらいましょう マウスポインターの 矢 印 の 先 端 をボタンの 中 央 部 に 合 わせると 的 確 にポイントでき 7

8 p.59 タブの 設 定 p.53 の 完 成 例 の 図 を 講 師 が 画 面 に 表 示 し タブを 設 定 することで 複 数 行 の 文 字 列 のブロックの 配 置 がきれいに 揃 っている ことを 受 講 者 に 確 認 してもらうと 効 果 的 で タブを 設 定 する 手 順 は 以 下 のとおりで 1. 設 定 したい 段 落 を 選 択 し タブ 位 置 を 設 定 する 2. Tab キーを 押 し 文 字 をタブ 位 置 に 配 置 する Tab キーを 押 してもタブ 記 号 が 表 示 されない 場 合 は 編 集 記 号 を 表 示 するように 指 示 してください 水 平 ルーラー 左 側 のタブマーカーをクリックしてマーカーの 種 類 を 切 り 替 えられることを 実 際 に 操 作 して 示 し p.60 操 作 :タブを 設 定 する 同 じタブを 設 定 したい 段 落 を 範 囲 選 択 してから 操 作 に 入 るように 注 意 を 促 してください 何 度 もルーラー 上 でクリックすると タブマーカーが 複 数 設 定 されてしまい 不 要 なタブの 削 除 方 法 を 指 導 してくだ さい (p.61 ヒント タブを 解 除 するには 参 照 ) マーカーの 位 置 は マーカーを 左 右 にドラッグするか ダイアログボックスから 数 値 を 指 定 して 変 更 でき(p.61 ヒ ント タブ 位 置 を 文 字 数 で 指 定 するには 参 照 ) 本 書 では 水 平 ルーラーを 使 ってタブを 設 定 してから 文 字 列 に Tab キーでタブを 入 力 してい 順 番 が 逆 でも 設 定 する ことができ p.62 箇 条 書 きの 設 定 段 落 の 先 頭 に 行 頭 文 字 や 段 落 番 号 を 付 けると 箇 条 書 きの 文 章 が 読 みやすくなることを 日 常 の 事 例 を 思 い 起 こすなどして 意 識 づけましょう p.63 操 作 : 段 落 の 先 頭 に 記 号 を 付 ける [ 箇 条 書 き]ボタンの 上 部 をクリックすると 既 定 の 行 頭 文 字 または 最 後 に 使 用 した 行 頭 文 字 が 設 定 され 改 行 はしたいが 次 の 行 の 先 頭 に 箇 条 書 きの 記 号 を 表 示 したくない といった 場 合 を 想 定 し Shift+Enter キーを 使 用 して 段 落 内 改 行 ができることを 紹 介 してください Backspace キーで 行 頭 文 字 を 削 除 してしまった 場 合 は もう 一 度 [ 箇 条 書 き]ボタンをクリックすることで 行 頭 文 字 を 設 定 でき p.65 行 間 の 変 更 [ページ 設 定 ]ダイアログボックスでは 文 書 全 体 の 行 間 隔 が 変 更 でき 文 書 の 一 部 の 段 落 だけ 行 間 を 変 更 したい 場 合 は 行 間 の 変 更 を 行 い 完 成 例 のように 箇 条 書 きの 段 落 の 行 間 を 広 げるこ とで 読 みやすくする 効 果 があることを 意 識 づけましょう p.66 ヒント: 行 間 を 微 調 整 するには [ 段 落 ]ダイアログボックスを 使 用 すると 選 択 した 範 囲 の 段 落 の 行 間 隔 を 自 由 に 調 整 することができ [ 固 定 値 ]を 選 択 して[ 間 隔 ]ボックスにポイント 単 位 で 行 間 隔 を 指 定 した 場 合 は 設 定 した 行 のフォントサイズを 大 き くすると 行 間 隔 が 固 定 されているために 文 字 が 切 れて 表 示 されることがあり p.67 段 落 の 並 べ 替 え 段 落 の 並 べ 替 えを 行 う 場 合 対 象 となるのは 行 の 一 番 左 端 の 文 字 で 範 囲 選 択 していない 状 態 で[ 並 べ 替 え]ボタンをクリックすると 文 書 内 のすべての 段 落 が 並 べ 替 えの 対 象 となるので 注 意 が 必 要 で 並 べ 替 えの 対 象 が 表 の 場 合 は [2 番 目 に 優 先 されるキー]や[タイトル 行 のオプション]の 設 定 が 有 効 になり 8

9 第 3 章 表 の 作 成 と 編 集 p.74 表 の 概 念 と 構 成 要 素 表 の 使 用 効 果 を 理 解 するために 挿 入 前 と 挿 入 後 の 文 書 を 受 講 者 に 提 示 して 理 解 を 深 めるようにするとよいでしょう 受 講 者 がイメージできたら 表 の 構 成 要 素 を 参 照 しながら 行 列 セル など 表 の 構 成 要 素 について 説 明 し 完 成 例 を 参 照 し これから 作 成 する 表 の 全 体 像 を 確 認 しましょう 第 2 章 と 同 様 に 完 成 例 とまったく 同 じでなくても 妥 当 な 表 であればよいと 考 え 受 講 者 自 身 が 考 えて 作 業 できるよ うな 進 行 を 心 がけてください p.75 表 の 挿 入 Word 2003 までは [ 標 準 ]ツールバーに[ 表 の 挿 入 ]ボタンが 配 置 されていました Word 2003 からの 変 更 点 は ボック ス 内 でドラッグしても 枠 が 広 がらないことで 8 行 10 列 よりも 大 きい 表 を 挿 入 する 場 合 は [ 表 の 挿 入 ]ダイログボックスから 列 数 と 行 数 を 指 定 して 挿 入 し (p.77 列 数 と 行 数 を 指 定 して 作 成 する 方 法 参 照 ) p.76 ヒント:[ 表 ツール]の[デザイン]タブ 表 内 にカーソルがある 場 合 表 以 外 の 場 所 をクリックすると[ホーム]タブに 切 り 替 わり p.76 ヒント: 表 を 誤 って 挿 入 した 場 合 セル 内 にカーソルがある 状 態 で 表 を 挿 入 すると 複 合 表 が 作 成 され 外 側 の 表 を 削 除 すると 表 をすべて 削 除 でき p.78 表 への 文 字 の 入 力 表 内 の 文 字 入 力 は キー 操 作 でのカーソル 移 動 が 便 利 で 文 章 内 にカーソルがある 場 合 と 表 内 にカーソルがある 場 合 では Tab キーや Enter キーの 機 能 が 異 なることなど 表 の 作 成 中 に 注 意 したいポイントを 説 明 して 実 際 の 操 作 に 進 むようにしましょう 表 の 一 番 右 下 のセルにカーソルがあるときに Tab キーを 押 すと 自 動 的 に 下 に 行 が 追 加 され p.80 表 の 編 集 表 を 編 集 する 方 法 は 複 数 あり 受 講 者 のレベルや 特 性 に 合 わせて 適 した 方 法 を 紹 介 するとよいでしょう p.77 の 図 を 参 考 に 行 単 位 列 単 位 セル 単 位 で 選 択 する 際 のマウスポインターの 形 の 違 いとポイントする 位 置 につ いて 受 講 者 自 身 に 確 認 してもらいましょう 時 間 に 余 裕 があれば Ctrl+クリック(またはドラッグ)で 離 れた 複 数 のセルを 選 択 できることを 紹 介 してもよいでしょう p.82 ヒント: 行 と 列 の 挿 入 ガイドについて Word 2013 の 新 機 能 として 行 と 列 の 挿 入 ガイドが 表 示 されるようになりました p.84 列 の 幅 と 行 の 高 さの 変 更 列 の 幅 や 行 の 高 さを 変 更 する 場 合 は 入 力 している 文 字 列 や 使 用 用 途 に 合 わせて 適 切 な 幅 に 設 定 することを 心 がけ p.85 操 作 : 列 の 幅 を 変 更 する 列 の 幅 をドラッグで 変 更 した 場 合 は 表 全 体 の 幅 は 変 更 されませんが ダブルクリックした 場 合 は 列 の 幅 が 入 力 した 文 字 数 に 合 わせて 最 適 値 に 設 定 されると 同 時 に 表 全 体 の 幅 が 変 更 され 列 の 幅 を 変 更 する 際 セルを 選 択 した 状 態 でドラッグ 操 作 を 行 うと 選 択 されたセルの 列 幅 だけが 変 更 され 9

10 p.87 セルの 結 合 と 分 割 列 の 幅 を 変 更 した 複 数 のセルを 同 時 に 分 割 する 場 合 指 定 した 数 に 均 等 に 分 割 されるため 上 下 と 列 の 幅 が 合 わなくなるこ とがあり p.89 表 のデザインと 配 置 表 にデザインを 設 定 する 場 合 は 全 体 のデザインを 設 定 後 状 況 に 応 じて 部 分 的 に 設 定 をしていくと 効 率 的 であることを 補 足 しましょう p.89 表 のスタイルの 利 用 Word 2007 以 降 ギャラリーから 簡 単 にさまざまなスタイルを 表 に 設 定 できるようになりました p.90 操 作 : 表 にスタイルを 設 定 する スタイルギャラリーが 表 と 重 なってうまくプレビューが 表 示 できない 場 合 [その 他 ]ボタンの 上 の るとリボン 内 で 1 行 ずつ 表 示 を 切 り 替 えることができ ボタンをクリックす p.91 ヒント: 表 スタイルのオプション オプションを 適 用 した 後 のスタイル 一 覧 のスタイルの 変 化 について 受 講 者 に 確 認 してもらうとよいでしょう p.92 文 字 の 配 置 図 を 参 照 しながら セルの 高 さや 幅 に 対 して 文 字 列 が 配 置 されていることを 確 認 してもよいでしょう セル 内 で 文 字 列 を 均 等 割 り 付 けすることもでき p.94 罫 線 の 種 類 の 変 更 表 全 体 を 選 択 する 場 合 表 の 移 動 ハンドルをダブルクリックすると 表 全 体 の 選 択 と[ 表 ]ツールの[デザイン]タブへ の 切 り 替 えを 同 時 に 行 うことができ 罫 線 の 太 さと 色 を 設 定 後 [ 表 ]ツールの[デザイン]タブにある[ 罫 線 ]ボタンの から 選 択 した 範 囲 の 罫 線 を 部 分 的 に 変 更 することができ 線 の 種 類 を 変 更 すると 設 定 した 線 の 色 が 元 に 戻 るため 設 定 前 に[ 表 ]ツールの[デザイン] タブにある[ 罫 線 の 作 成 ]グループの[ペンのスタイル]ボックスで これから 設 定 する 線 の 色 や 太 さ 種 類 を 確 認 して から 行 うように 補 足 する 必 要 があり p.96 ヒント: 罫 線 を 引 く 操 作 を 終 了 するには マウスポインターの 形 が になっているときの 操 作 を 確 認 しておくとよいでしょう p.97 ヒント:[ 線 種 とページ 罫 線 と 網 かけの 設 定 ]ダイアログボックスを 使 用 した 罫 線 の 設 定 [ 線 種 とページ 罫 線 と 網 かけの 設 定 ]ダイアログボックスの 表 示 方 法 [ホーム]タブの[ 段 落 ]グループにある[ 下 罫 線 ]の をクリックし [ 線 種 とページ 罫 線 と 網 かけの 設 定 ]をクリックする [ 表 ]ツール[デザイン]タブの[ 飾 り 枠 ]グループの[ 罫 線 の 書 式 設 定 ]ボタン 下 のダイアログボック ス 起 動 ツールをクリックする p.97 ヒント: 段 落 に 罫 線 を 引 くには 段 落 罫 線 は 切 り 取 り 線 など 行 全 体 に 線 を 引 きたい 場 合 に 使 用 すると 便 利 で 段 落 罫 線 を 引 いた 後 で 改 行 してから 文 字 を 入 力 すると 段 落 罫 線 が 継 続 して 表 示 されることを 補 足 してもよいでしょう 10

11 p.97 ヒント:ページ 罫 線 講 習 時 間 に 余 裕 があれば ページ 罫 線 を 紹 介 してもよいでしょう ページ 罫 線 のダイアログボックスは [ページレイアウト]タブの[ページの 背 景 ]グループにある[ページ 罫 線 ]ボタン をクリックしても 表 示 でき p.98 表 の 配 置 表 全 体 を 文 書 の 中 で 中 央 に 配 置 する 場 合 は 表 全 体 を 範 囲 選 択 する 必 要 があり 第 4 章 グラフィックスの 利 用 p.104 グラフィックス 利 用 の 効 果 グラフィックスによってどのような 視 覚 効 果 が 得 られるか グラフィックス 挿 入 前 と 挿 入 後 のファイルを 画 面 で 表 示 して 意 識 づけを 行 ってもよいでしょう 効 果 をイメージしながら これから 挿 入 するグラフィックスの 名 称 と 種 類 及 び 作 業 について 確 認 し p.105 ワードアートの 利 用 ワードアートを 使 用 することで 文 書 に 視 覚 効 果 が 得 られることを 動 機 付 け p.105 ワードアートの 挿 入 ワードアートは Word 2010 以 降 に 大 きく 変 わってい Word 2013 ではワードアートを 挿 入 後 レイアウトオプションのボタンが 表 示 される ようになりました (p.115 ヒント:レイアウトオプション 参 照 ) p.106 ヒント:ワードアートのテキストを 修 正 するには ワードアートの 操 作 は Word 2007 以 前 と 変 更 されている 点 がありワードアート 内 の 修 正 したい 場 所 をクリックする とカーソルが 表 示 され 直 接 修 正 でき p.107 ワードアートの 編 集 編 集 前 に [ 描 画 ツール]の[ 書 式 ]タブが 表 示 されていることを 確 認 しましょう p.108 操 作 :ワードアートの 形 状 を 変 更 する Word 2010 から 文 字 列 に 文 字 の 効 果 を 設 定 できるようになりましたが 形 状 を 変 更 できるのはワードアートだけで p.109 ヒント:ワードアートの 文 字 の 効 果 について 以 前 のバージョンでは 文 字 の 効 果 については[ 図 形 の 書 式 設 定 ]ダイアログボックスで 細 かい 編 集 を 行 っていましたが Word2013 では[ 図 形 の 書 式 設 定 ] 作 業 ウィンドウが 表 示 されるようになりました p.110 クリップアートの 利 用 クリップアートを 利 用 すると イラストや 写 真 音 楽 アニメーションなどさまざまな 種 類 の 図 を 簡 単 に 文 書 に 挿 入 するこ とができ p.110 クリップアートの 挿 入 クリップアートはカーソルの 位 置 に 挿 入 されるので 挿 入 したい 位 置 にカーソルを 移 動 することを 受 講 者 に 指 示 し キーワードを 入 れて 検 索 することで キーワードに 適 したさまざまなクリップアートが 表 示 され 講 習 時 間 に 余 裕 があれば クリップアートをいくつか 挿 入 してもらってもよいでしょう p.111 ヒント:オンライン 画 像 ボタン Word 2013 からはボタンの 名 前 が[オンライン 画 像 ]ボタンに 変 わりました インターネットに 接 続 していない 環 境 では 利 用 できません 11

12 p.112 クリップアートの 編 集 クリップアートに 限 らず グラフィックスを 編 集 するには グラフィックスを 選 択 する 必 要 があり グラフィックスの 選 択 と 解 除 の 図 を 参 照 し ハンドルの 形 状 を 確 認 しましょう p.113 グラフィックスの 移 動 とコピー グラフィックスの 拡 大 / 縮 小 グラフィックスの 回 転 グラフィックスを 編 集 する 際 の 操 作 を 実 際 に 行 ってもよいでしょう 同 じドラッグ 操 作 でも マウスポインターの 位 置 や 形 によって 結 果 が 変 わることを 意 識 しながら 練 習 すると 効 果 的 で p.114 操 作 :クリップアートのサイズを 変 更 する 次 の 操 作 でクリップアートを 移 動 して 文 字 列 の 折 り 返 しを 変 更 する 点 を 考 慮 して 適 切 なサイズにするように 受 講 者 に 指 示 しましょう p.115 操 作 :クリップアートの 文 字 列 の 折 り 返 しの 種 類 を 変 更 する Word でグラフィックスを 挿 入 後 文 字 列 の 折 り 返 しを 変 更 するとテキストの 配 置 が 変 わることを 確 認 し 重 要 な ポイントなので しっかり 意 識 づけましょう 文 字 列 の 折 り 返 しの 種 類 については p.115~p.116 の 図 を 参 照 して 紹 介 するとよいでしょう p.117 操 作 :クリップアートを 移 動 する 文 字 列 の 折 り 返 しを 行 内 以 外 に 設 定 して 移 動 し キーボード 操 作 でもグラフィックスを 移 動 することができ クリップアートの 移 動 方 法 については p.117~p.118 のヒントを 参 照 してください p.118 操 作 :クリップアートのスタイルを 変 更 する [ 図 ツール]の[ 書 式 ]タブにある[ 調 整 ]グループの[ 色 ]ボタンをクリックすると 以 前 のバージョンよりも 種 類 が 増 え 実 際 のグラフィックスの 形 で 表 示 されるようになったことが 確 認 でき これらの 効 果 は クリップアートの 他 に 写 真 などにも 設 定 でき p.119 ヒント: 図 の 背 景 を 削 除 する Word 2010 からの 機 能 で 講 習 時 間 に 余 裕 があれば 紹 介 してもよいでしょう p.120 図 形 の 利 用 Word 2003 以 前 の オートシェイプ の 名 称 は 図 形 に 変 わりました p.120 図 形 の 挿 入 カーソルの 位 置 はどこにあってもよいことを 受 講 者 に 補 足 しましょう Word 2003 以 前 はボタンをダブルクリックして 連 続 して 描 画 しましたが Word 2007 以 降 はボタン 上 を 右 クリックして[ 描 画 モードをロック]を 選 択 し 連 続 して 図 形 を 描 画 し 12

13 p.124 操 作 : 図 形 に 面 取 り 効 果 を 設 定 する 面 取 り 以 外 に 影 反 射 光 彩 ぼかし 3-D 回 転 などの 図 形 の 効 果 があり 時 間 に 余 裕 があれば 実 際 に 設 定 してみましょう p.124 操 作 : 図 形 とワードアートの 重 なる 順 番 を 変 更 する グラフィックスは 挿 入 した 順 番 に 上 に 重 なって 挿 入 され 重 なりの 順 序 の 変 更 は 図 形 上 をポイントして 右 クリックし ショートカットメニューからも 設 定 でき p.126 ヒント: 複 数 の 図 形 を 1 つのオブジェクトとして 扱 うには 地 図 など 複 数 の 図 形 を 描 く 場 合 には はじめに[ 描 画 キャンバス]を 挿 入 して 描 画 キャンバス 内 に 図 形 を 挿 入 配 置 する と コピーや 移 動 を 同 時 に 行 うことができ p.126 ヒント:テキストボックス テキストボックスは 文 書 の 中 に 自 由 に 文 字 列 を 配 置 したい 場 合 に 使 用 すると 便 利 で 第 5 章 文 書 の 印 刷 p.132 印 刷 プレビューの 確 認 印 刷 プレビューは Word 2010 以 降 大 きく 変 更 されました Word 2013 では [ファイル]タブの[ 印 刷 ]を 選 択 すると 従 来 のバージョンで[ 印 刷 ]ダイアログボックスにあった 印 刷 設 定 と 印 刷 プレビューを 同 じ 画 面 で 表 示 でき[ファイル]タブをクリックして 表 示 される 画 面 を Backstage ビュー といい Backstage ビューから 元 の 画 面 に 戻 るには をクリックし 印 刷 プレビューでは 実 際 に 印 刷 される 内 容 が 表 示 されるので 印 刷 を 行 う 前 に 必 ず 確 認 するように 意 識 づけましょう p.133 操 作 : 印 刷 イメージを 拡 大 または 縮 小 して 確 認 する 複 数 のページの 文 書 の 場 合 は 画 面 右 下 のズームスライダーを 使 用 して 縮 小 するか ズームスライダー 左 の[ズーム]ボタ ンをクリックして 表 示 される[ズーム]ダイアログボックスで[ 複 数 ページ]ボタンをクリックして 複 数 ページをプレビュー 表 示 させることができ 13

14 p.135 文 書 の 印 刷 [ファイル]タブの[ 印 刷 ]を 選 択 して 表 示 された Backstage ビュー 内 に 印 刷 に 関 する 設 定 のすべてが 集 約 されている ことを 確 認 してください 印 刷 を 実 行 する 前 に 必 ず 使 用 するプリンターに 切 り 替 えて 状 態 を 確 認 してから 印 刷 することを 受 講 者 に 説 明 し 印 刷 時 のトラブルは 用 紙 切 れ 電 源 の 確 認 インク 切 れなど パソコンの 確 認 だけではわからない 場 合 もあるので 事 前 に 試 し 印 刷 をすることをお 勧 めし Word で 一 度 印 刷 した 設 定 は Word を 終 了 するまで 引 き 継 がれ2 度 目 以 降 に 同 じ 設 定 で 印 刷 を 行 う 場 合 は クイッ クアクセスツールバーに[クイック 印 刷 ] ボタンを 登 録 すると 便 利 で 同 じ 設 定 で 複 数 のファイルを 印 刷 したい 場 合 には [ファイル]タブの[ 開 く]からファイルを 開 いて 印 刷 すると 設 定 が 継 承 され 第 6 章 書 式 設 定 p.140 文 字 書 式 と 段 落 書 式 書 式 の 設 定 は 初 心 者 でも 多 くは "なんとなく" 直 観 的 に 操 作 できしかし 書 式 を 適 用 するための 選 択 意 識 ( 文 字 か 段 落 か)が 曖 昧 な 場 合 は 書 式 の 単 位 をしっかり 認 識 していないことがトラブルの 原 因 になることもあり 文 字 行 段 落 をしっかり 意 識 するために ここでは 文 字 書 式 と 段 落 書 式 について 冒 頭 で 取 り 上 げてい 導 入 例 としては 受 講 者 の 既 知 の 書 式 を 列 挙 してもらいながら 分 類 し 文 字 書 式 と 段 落 書 式 を 区 別 していってもよいでしょう 適 切 な 例 示 が 思 いつかない 場 合 は 以 下 の 例 を 参 考 にするなどして 受 講 者 に 疑 問 を 投 げかけ 段 落 に 対 して 意 識 づけしても よいでしょう 疑 問 提 示 の 例 文 書 に 文 字 を 入 力 して 大 きい 図 ( 写 真 )を 挿 入 すると 文 字 が 横 幅 いっぱいに 広 がってしまいそれはなぜでしょうか? 疑 問 提 示 のねらい 段 落 の 範 囲 の 再 確 認 Word の 段 落 書 式 両 端 揃 え の 効 果 の 確 認 両 端 揃 え 書 式 は 段 落 区 切 り 記 号 のない 行 では 両 端 が 揃 うように 文 字 が 配 置 される 文 末 で Enter キーを 押 して 段 落 を 区 切 ると 問 題 が 解 決 する このような 事 例 を 用 いて 段 落 記 号 の 大 切 さに 気 付 いてもらい これから 文 字 や 段 落 の 書 式 と 設 定 のポイントについて 学 ぶ ことへの 動 機 づけにすると 良 いでしょう p.142 操 作 : 文 字 書 式 を 設 定 する P.143 操 作 : 段 落 書 式 を 設 定 する [フォント]ダイアログボックスと[ 段 落 ]ダイアログボックスを 使 用 して 複 数 の 書 式 を 一 度 に 設 定 できることを 学 び リボンの 個 々のボタンで 設 定 するより ダイアログボックスを 使 用 するほうが 効 率 的 であること 文 字 書 式 設 定 と 段 落 書 式 設 定 が 別 のダイアログボックスであること を 順 に 意 識 してもらい 後 の 学 習 項 目 スタイル の 利 便 性 への 布 石 とし P.144の! 重 要 では 同 じボタンでも 選 択 内 容 によって 動 作 が 異 なることを 挙 げてい 選 択 の 重 要 性 を 再 度 確 認 しましょ う また 既 定 の Word の 画 面 は ルーラーが 非 表 示 になっていテキストと 画 面 を 統 一 するには あらかじめルーラーを 表 示 しておきましょう ([ 表 示 ]タブの[ 表 示 ]グループの[ルーラー]チェックボックスをオンにし) 14

15 p.145 スタイルの 登 録 と 利 用 スタイル という 言 葉 は 一 般 的 ですが Word の 機 能 とすぐにイメージが 結 びつくとは 限 りません いきなり 枠 内 の 説 明 を 行 うのは 避 けて 身 近 な 例 からイメージしてもらうようにすると 受 講 者 が 受 け 入 れやすくなり 導 入 例 として 一 般 的 な スタイル の 意 味 合 い( 身 長 足 の 長 さ ウェストサイズなどの 総 合 的 な 見 栄 え)から Word の 複 数 書 式 の 組 み 合 わせの 概 念 に 発 展 させれば 受 講 者 にとって 身 近 な 事 例 と 関 連 付 けることができ 導 入 の 効 果 で P.145 の 枠 内 の 説 明 も 理 解 が 進 み 各 操 作 も 興 味 深 く 学 ぶことができるでしょう p.146 スタイルセット Word 2007 と Word 2010 では [ホーム]タブの[スタイル]グループにあった 機 能 ですが Word 2013 では [デザイン] タブの[ドキュメントの 書 式 設 定 ] グループにギャラリーで 配 置 され 種 類 も 増 えて 強 化 されました 講 師 が 標 準 の 組 み 込 みスタイルを 適 用 したファイルなどを 開 き スタイルセットを 変 更 して 一 瞬 で 文 書 全 体 の 見 栄 えを 変 える 様 子 を 示 すのも 効 果 的 で テキストにはスタイルセットの 操 作 実 習 はありませんが 組 み 込 みスタイルを 学 習 したあとで さまざまなスタイルセット を 試 してみるのもよいでしょう p.147 文 字 スタイルの 登 録 と 利 用 文 字 スタイルを 登 録 する 動 機 として 設 定 した 書 式 を 他 の 箇 所 でも 再 利 用 したい 設 定 した 書 式 は 後 から 変 更 になる 可 能 性 がある の2 点 を 受 講 者 と 一 緒 に 確 認 してから 操 作 に 入 りましょう 特 に 2 点 めは 重 要 で 書 式 のコピー/ 貼 り 付 け 機 能 との 違 いとして P.146 のヒントに 記 載 されているとおりで 必 ず 確 認 しましょう P.151 までの 操 作 が 完 了 したら スタイルの 登 録 と 利 用 によって 上 記 2 点 が 達 成 されたことを 確 認 しましょう そのあとで P.152 スタイルの 削 除 を 行 いましょう p.153 組 み 込 みスタイルの 利 用 簡 単 に 閲 覧 させてもよいですが ここでは 章 節 項 などの 見 出 し のレベルの 違 いというイメージを 理 解 してい ただければ 十 分 で p.154 操 作 : 組 み 込 みスタイルを 設 定 する Ctrl キーを 押 しながら 複 数 箇 所 を 選 択 して 一 度 に 同 じ 見 出 しスタイルを 設 定 することもできますが 一 か 所 ずつ F4 キーを 押 して 直 前 に 行 った 操 作 を 繰 り 返 して 設 定 することもできF4 キーの 機 能 を 知 らない 受 講 者 がいる 場 合 は P.155 左 下 のヒント 直 前 の 操 作 を 繰 り 返 す を 参 照 して 補 足 しましょう p.155 ヒント: 行 の 先 頭 の 記 号 について 受 講 者 からよく 質 問 されるポイントのひとつなので 必 ず 触 れるようにしましょう p.156 操 作 : 組 み 込 みスタイルの 書 式 を 編 集 する 組 み 込 みの 見 出 しスタイルの 書 式 を 編 集 してオリジナルの 見 出 しスタイルを 作 成 しましょう 見 出 しの 段 落 を 書 式 設 定 するには 見 出 しスタイルを 基 に 編 集 することを 紹 介 し 実 務 でよくある 問 題 点 として 受 講 者 が 白 紙 から 文 書 を 作 成 するときなど 標 準 スタイルを 基 にフォントサイズを 大 きくし たり 太 字 にしたりしても 見 出 しの 段 落 にはなりません テキストの 設 定 手 順 を 参 考 にして 各 見 出 しスタイルを 基 に 編 集 す るように 案 内 しましょう 見 出 しの 書 式 を 変 更 したら 画 面 をスクロールして この 時 点 では " 見 出 し 1" が 設 定 されている 他 の 箇 所 に 変 更 がないこと を 確 認 しましょう 確 認 後 スタイルに 反 映 させ 個 々の 書 式 をすべて 変 更 する 手 間 を 想 像 して スタイルの 利 点 を 意 識 してもらいましょう なお ここでは 1 ページ 7 行 目 を 選 択 して 書 式 を 設 定 していますが " 見 出 し 1" が 設 定 されている 段 落 ならどこでもかまい ません 15

16 第 7 章 長 文 作 成 機 能 p.163 テーマの 設 定 配 色 フォント 図 形 の 効 果 などの 組 み 合 わせに 名 前 を 付 けて 定 義 したものが テーマ で 同 じ 文 書 でもテーマを 変 えるだけで 印 象 が 変 わり TPO にあわせて 瞬 時 に 切 り 替 えることが 可 能 で また テーマは Office アプリケーション(Word Excel PowerPoint)で 共 通 で テーマが 共 通 であることのメリットを 念 頭 に 活 用 イメージを 膨 らませましょう p.164 操 作 :テーマを 設 定 する 操 作 に 入 る 前 に 現 在 設 定 されている Office テーマの 配 色 について 塗 りつぶし や フォントの 色 などの テーマの 色 に 並 んでいる 色 群 を 確 認 しておきましょう 確 認 後 に 操 作 し 配 色 が 変 わったことを 再 確 認 するとよいでしょう p.165 ヒント:テーマの 要 素 を 変 更 するには テーマの 配 色 フォント 効 果 は 自 由 に 変 更 することができ Word 2007 や Word 2010 では 配 色 やフォント 効 果 の 名 前 とテーマ 名 が 同 じでしたが Word 2013 のテーマ 名 は 要 素 ご との 書 式 名 とは 独 立 して 命 名 されてい p.165 ヒント: 変 更 したテーマを 保 存 するには 講 習 時 間 に 余 裕 があれば 要 素 を 変 更 したテーマに 名 前 を 付 けて 保 存 してみましょう 保 存 したテーマは ユーザー 定 義 のテーマ としてテーマギャラリーに 表 示 され 組 み 込 みのテーマと 同 様 に 利 用 でき p.167 操 作 : 組 み 込 みの 表 紙 を 挿 入 する Step 1 表 紙 は 文 書 の 先 頭 ページに 挿 入 されるので 挿 入 前 のカーソル 位 置 を 意 識 する 必 要 はないことを 補 足 しましょう 組 み 込 みの 表 紙 ギャラリーに 表 示 されている 表 紙 の 配 色 フォントも 前 項 で 学 んだように 選 択 した "テーマ" に 依 存 して いることを 確 認 し 画 像 を 使 用 しているデザインの 表 紙 は 画 像 を 変 更 するだけで 文 書 の 第 一 印 象 が 変 わり 内 容 に 適 した 画 像 に 変 更 して みるのもよいでしょう 画 像 を 変 更 する 際 の 注 意 点 は 以 下 のとおりで インテグラル モーション 図 として 挿 入 されているので 写 真 を 右 クリックして[ 図 の 変 更 ] 同 様 に 各 表 紙 で 使 用 されている 図 形 の 塗 りつぶしの 色 や 形 状 を 変 更 したり 図 形 を 追 加 したりするなど オリジナルの 表 紙 を 作 成 でき 時 間 に 余 裕 があったら 行 ってもよいでしょう p.169 操 作 : 組 み 込 みの 表 紙 を 挿 入 する Step 8 コンテンツコントロールに 入 力 した 情 報 が 文 書 のプロパティにも 反 映 されていることを 確 認 しましょう p.166[ プロパティ との 連 動 を 参 照 して プロパティを 表 示 し 受 講 者 と 一 緒 に 確 認 しましょう p.170 ヘッダー/フッターの 設 定 ヘッダー/フッターに 表 示 するのに 適 切 な 情 報 を 受 講 者 と 共 に 列 挙 してみましょう ヘッダー/フッターを 設 定 する 利 点 を 考 えてもらうとよいでしょう 受 講 者 から 上 がった 情 報 を 実 現 する 方 向 で 進 行 すれば 受 講 者 のモチベーションも 上 がり p.172 操 作 :ヘッダーを 設 定 する Step 1 先 頭 の 表 紙 のページにはヘッダーを 設 定 しないので 必 ず 2 ページ 目 内 にカーソルを 移 動 することを 確 認 しましょう p.172 操 作 :ヘッダーを 設 定 する Step2 ヘッダー/フッター 領 域 の 編 集 中 は 本 文 領 域 が 淡 色 で 表 示 され 編 集 ができなくなりクリックしてもカーソルが 移 動 しないことを 確 認 しましょう [ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブの[ 挿 入 ]グループのボタンを 使 って ヘッダー/フッター 領 域 に 日 付 と 時 刻 クイックパーツ 図 クリップアートなどを 挿 入 できることを 補 足 しましょう 16

17 p.173 ヒント:ヘッダー/フッターの 位 置 本 文 とヘッダー/フッターが 近 すぎたり 重 なったりして 見 づらいときには ヘッダー/フッターの 位 置 を 調 整 しましょう [ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブの[ 上 からのヘッダー 位 置 ]や[ 下 からのフッター 位 置 ]で 数 値 を 調 整 す ると 実 際 に 確 認 しながら 位 置 の 調 整 ができ p.173 ヒント: 先 頭 ページや 奇 数 / 偶 数 ページを 別 指 定 するには 時 間 に 余 裕 があって 文 書 を 両 面 印 刷 する 機 会 のある 受 講 者 が 参 加 しているときは 奇 数 / 偶 数 ページのヘッダー/フッターを 別 途 指 定 する 方 法 を 紹 介 してもよいでしょう [ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブの[オプション]グループにある[ 奇 数 / 偶 数 ページ 別 指 定 ]チェックボッ クスをオンにすると 各 ページのヘッダーが " 奇 数 ページのヘッダー" " 偶 数 ページのヘッダー" と 表 示 され [デザイン]タブの[ヘッダーとフッター]グループにある[ヘッダー]をクリックして 表 示 されるヘッダーギャラリーか ら 奇 数 ページのヘッダーには 奇 数 ページ 用 のデザイン 偶 数 ページのヘッダーには 偶 数 ページ 用 のデザインを 選 んで 挿 入 しこのとき 表 紙 と 同 じ 名 前 のヘッダーを 選 ぶとデザインを 統 一 でき フッターの 設 定 も 同 様 で 第 8 章 表 の 作 成 p.182 表 作 成 の 流 れ データを 入 力 してから 表 の 体 裁 を 整 える という 作 業 の 流 れを 明 確 に 伝 えてください 本 書 も この 流 れに 沿 って 学 習 しま 該 当 する 章 を 補 足 するとよいでしょう p.183 Excel で 扱 うデータについて #### 表 示 (5 8)は エラーではなく 数 値 データを 表 示 する 十 分 な 列 幅 がないために 表 示 され 適 切 な 表 示 になる ように 列 幅 を 広 げる 必 要 があることを 補 足 しましょう p.185 操 作 : 空 白 のブックを 作 成 する Step1 [ 空 白 のブック]の 他 にも 表 示 されているテンプレートを 基 に 新 しいブックを 作 成 できることを 補 足 しても 良 いでしょ う [ファイル]タブをクリックしたときに 表 示 される Backstage ビューについても 簡 単 に 触 れてください リボンにはドキュメントの 内 容 に 対 してのコマンドが 用 意 されているのに 対 し Backstage ビューはドキュメントそのも のに 対 しての 操 作 を 行 うためのコマンドが 用 意 されてい p.185 データの 入 力 時 間 によっては [ 完 成 ]フォルダーにあるブック "8 章 入 力 済 " を 開 いてデータの 入 力 を 省 略 し p.190 操 作 : 連 続 データ を 入 力 する に 進 むことができ 入 力 中 の 内 容 を 取 り 消 す 場 合 は 数 式 バーの[キャンセル]ボタンをクリックするか Esc キーを 押 します(p.188 ヒント: 入 力 中 のデータを 確 定 またはキャンセルするには を 参 照 してください) p.187 操 作 : 文 字 を 入 力 する Step7 日 本 語 入 力 モードがオンの 場 合 は 文 字 の 確 定 とセル 入 力 の 確 定 を 行 うために Enter キーを 2 回 押 す 必 要 があることを 強 調 してください p.188 操 作 : 数 値 を 入 力 する 数 値 や 日 付 データを 入 力 する 場 合 日 本 語 入 力 モードをオフにして 入 力 しEnter キーを 1 回 押 すだけで 入 力 を 確 定 で きるため 効 率 的 に 入 力 することができオンの 場 合 は Enter キーを 2 回 押 す 必 要 があることを 意 識 付 けてください p.190 操 作 : 日 付 を 入 力 する 日 付 の 入 力 形 式 について 補 足 しても 良 いでしょう 日 付 を 入 力 する 場 合 は スラッシュ(/)またはハイフン(-)で 区 切 りながら 入 力 しExcel では スラッシュ(/) 17

18 またはハイフン(-)で 区 切 られた 数 値 データは 日 付 のデータとして 認 識 され また 入 力 した 内 容 によってセルに 表 示 される 形 式 が 変 わり 入 力 データ セル 表 示 22/1/ /1/30 H22/1/30 H Jan-10 時 刻 を 入 力 する 場 合 は コロン(:)で 区 切 り 時 刻 を 入 力 しExcel では コロン(:)で 区 切 られた 数 値 データは 時 刻 のデータとして 認 識 され 時 刻 は 24 時 間 データとして 認 識 され また 入 力 した 内 容 によって セルに 表 示 される 形 式 が 変 わり 入 力 データ セル 表 示 3:5 3:05 3:5:2 3:05:02 3: 3:00 時 刻 を 入 力 する 場 合 時 刻 のみを 入 力 すると "1900 年 1 月 0 日 " の 時 刻 と 認 識 され 決 まった 日 付 の 時 刻 を 入 力 する 場 合 は 日 付 と 時 刻 の 両 方 を 入 力 し p.190 ヒント: 日 付 の 初 期 設 定 年 を 表 す 数 値 を 2 桁 の 数 字 で 入 力 することもできますが その 場 合 は 入 力 した 数 値 によって 表 示 される 年 が 異 なり 00~29 の 範 囲 の 値 で 入 力 した 場 合 は 2000 年 ~2029 年 の 範 囲 の 年 30~99 の 範 囲 の 値 で 入 力 した 場 合 は 1930 年 ~1999 年 の 範 囲 の 年 と 認 識 され 年 を 表 す 数 値 は 4 桁 で 入 力 した 方 が 良 いでしょう p.190 連 続 データの 入 力 セルを 選 択 するときとオートフィル 機 能 を 利 用 するときのマウスポインターの 形 の 違 いを 強 調 してください p.192 ヒント:[オートフィルオプション]ボタン 数 値 が 入 力 された 1 つのセルをオートフィルすると セルの 値 がコピーされ[オートフィルオプション]ボタンで 連 続 データにすることができることを 補 足 してください [オートフィルオプション]ボタンの 表 示 / 非 表 示 は 以 下 の 方 法 で 切 り 替 えることができ 1)[ファイル]タブの[オプション]をクリックして[Excel のオプション]ダイアログボックスを 開 く 2)[ 詳 細 設 定 ]の[ 切 り 取 り コピー 貼 り 付 け]にある[コンテンツを 貼 り 付 けるときに[ 貼 り 付 けオプション] ボタンを 表 示 する]チェックボックスでオン/オフを 切 り 替 える p.192 ヒント:オートフィル 機 能 で 入 力 できるデータの 種 類 以 下 の 右 ボタンによるオートフィル 機 能 を 補 足 しても 良 いでしょう 数 値 が 入 力 されたセルのフィルハンドルを 右 ボタンでドラッグすると ボタンを 離 したときにショートカットメニューが 表 示 され 連 続 データを 作 成 できまた 増 分 値 を 指 定 して 連 続 データを 作 成 することもでき 日 付 が 入 力 されたセルで 行 った 場 合 は 日 週 月 単 位 で 連 続 データを 作 成 でき ユーザー 独 自 の 連 続 データを 作 成 する 利 点 をイメージできるように オートフィルや 並 べ 替 えで 利 用 できることを 補 足 して ください p.194 操 作 :データを 消 去 する Step2 Del キーでデータを 消 去 した 場 合 データ 自 体 は 消 去 されますが セルに 設 定 されている 書 式 (フォント 罫 線 セルの 色 表 示 形 式 など)は 消 去 されないことを 補 足 しましょう 消 去 する 対 象 を 指 定 する 場 合 は [ホーム]タブの[ 編 集 ]グループ にある[クリア]ボタンをクリックして 一 覧 から 選 択 し p.197 ヒント:データの 一 部 を 修 正 する 方 法 時 間 に 余 裕 があれば この 方 法 も 操 作 してみましょう 18

19 p.197 ヒント: 操 作 を 間 違 ってしまった 場 合 ワークシートを 保 存 した 後 でも 操 作 を 元 に 戻 せるので 適 宜 上 書 き 保 存 しても 大 丈 夫 なことを 伝 えましょう 最 大 で 100 操 作 前 まで 操 作 を 元 に 戻 せ p.198 移 動 とコピー 移 動 とコピーの 作 業 の 流 れや [ホーム]タブ 内 の[ 切 り 取 り] [コピー] [ 貼 り 付 け]の 各 ボタンは Word など 他 の Office アプリケーションでも 共 通 であることを 紹 介 しましょう p.198 用 語 :クリップボード クリップボードに 保 存 された 情 報 を 利 用 して Excel で 切 り 取 りやコピーした 情 報 を 他 の Office ドキュメントやその 他 の プログラムに 貼 り 付 けたり 他 の Office ドキュメントやその 他 のプログラムから 切 り 取 りやコピーした 情 報 を Excel に 貼 り 付 けたりできることに 触 れてもよいでしょう 時 間 に 余 裕 があれば Office クリップボードについて 補 足 しましょう Office クリップボードを 表 示 するには [ホーム]タブの[クリップボード]にあるダイアログボックス 起 動 ツールをクリッ クしOffice クリップボードに 格 納 されたアイテムは アイコンとテキストや 画 像 のプレビューで 表 示 され アイコンはアイテムが 作 成 されたアプリケーションごとに 異 なり Office クリップボードは Windows クリップボードと 次 のように 連 携 してい 複 数 のアイテムを Office クリップボードにコピーする 場 合 最 後 にコピーしたアイテムは 常 に Windows クリップ ボードにコピーされ Office クリップボードのアイテムをすべて 消 去 すると Windows クリップボードのアイテムもすべて 消 去 され [ 貼 り 付 け]ボタンを 使 用 する 場 合 は Windows クリップボードの 内 容 が 貼 り 付 けられ p.200 操 作 :データをコピーして 貼 り 付 ける Step3 クリップボードに 何 も 保 存 されていない 場 合 は [ 貼 り 付 け]ボタンは 淡 色 で 表 示 されることに 触 れましょう 貼 り 付 けよ うとしたときに[ 貼 り 付 け]ボタンが 淡 色 になっていたら コピー 操 作 をやり 直 す 必 要 があり 選 択 範 囲 をドラッグアンドドロップ 操 作 でコピーや 移 動 ができることを 補 足 しても 良 いでしょう 近 くのセル 範 囲 にコピー や 移 動 を 行 う 場 合 などに 便 利 で ドラッグによるコピー 1. 選 択 した 範 囲 の 外 枠 をポイントし マウスポインターの 形 が に 変 わったら Ctrl キーを 押 す 2. マウスポインターの 形 が に 変 わったら Ctrl キーを 押 したままコピー 先 のセルまでドラッグアンドドロップす る ドラッグによる 移 動 選 択 した 範 囲 の 外 枠 をポイントし マウスポインターの 形 が に 変 わったら 移 動 先 のセルまでドラッグアンドドロッ プする( 移 動 の 際 のドラッグ 中 はマウスポインターの 形 が になる) ドラッグによるコピーや 移 動 の 際 には 移 動 先 を 表 す 薄 い 網 掛 けの 枠 とポップヒントが 表 示 され ドラッグによるコピーや 移 動 は クリップボードを 経 由 しないため 繰 り 返 し 貼 り 付 けることはできません p.201 ヒント: 貼 り 付 けのオプション [ 貼 り 付 けのオプション]ボタンの 表 示 / 非 表 示 は 以 下 の 方 法 で 切 り 替 えることができ 1)[ファイル]タブの[オプション]をクリックして[Excel のオプション]ダイアログボックスを 開 く 2)[ 詳 細 設 定 ]の[ 切 り 取 り コピー 貼 り 付 け]にある[コンテンツを 貼 り 付 けるときに[ 貼 り 付 けオプション] ボタンを 表 示 する]チェックボックスでオン/オフを 切 り 替 える p.202 ブックの 保 存 [ 名 前 を 付 けて 保 存 ]と[ 上 書 き 保 存 ]の 違 いを 明 確 に 伝 えましょう p.202 ヒント: 拡 張 子 について 拡 張 子 の 表 示 方 法 についても 説 明 できるようにしておきましょう 19

20 p.203 ヒント:ドキュメントライブラリ 特 に 指 定 しない 限 り Excel で 作 成 したブックはドキュメントライブラリに 保 存 され [Office2013 テキスト]フォルダーにあるブック "8 章 入 力 済 " を 開 いてデータの 入 力 を 省 略 した 場 合 は ブックを [Office2013 テキスト]フォルダーの[ 完 成 ]フォルダーから 開 いたので そのフォルダー 名 が[ 保 存 先 ]ボックスに 表 示 されていることを 補 足 しましょう p.203 操 作 : 名 前 を 付 けて 保 存 する Step2 ブックを 保 存 する 際 に ドキュメントライブラリに[Office のカスタムテンプレート]フォルダーが 作 成 されてい この[Office のカスタムテンプレート]フォルダーは 個 人 用 のテンプレートを 保 存 するためのフォルダーで [ファイル]タブの[エクスポート]をクリックして [ファイルの 種 類 の 変 更 ]の[テンプレート]を 選 択 して[ 名 前 を 付 けて 保 存 ]ボタンをクリックすると [Office のカスタムテンプレート]フォルダーに Excel テンプレート 形 式 で 保 存 するこ とができ [Office のカスタムテンプレート]フォルダーに 保 存 された Excel テンプレートは [ファイル]タブの[ 新 規 ]をクリック して [お 勧 めのテンプレート]の 右 側 に 表 示 される[ 個 人 用 ]をクリックすると 表 示 され テンプレートをもとに 新 規 にブッ クを 作 成 することができ p.204 重 要 :Excel 形 式 で 保 存 Excel 形 式 で 保 存 したファイルを Excel 2013 で 開 くと タイトルバーのファイル 名 の 後 ろに[ 互 換 モード]と 表 示 され Excel 形 式 の 他 にも 目 的 に 応 じてさまざまな[ブックファイルの 種 類 ]を 選 択 でき [ブックファイルの 種 類 ]と それぞれの 拡 張 子 と 内 容 は 次 の 表 のとおりで ブックファイルの 種 類 拡 張 子 内 容 ブック.xlsx 既 定 のファイル 形 式 でブックを 保 存 し Excel ブック.xls Excel と 完 全 に 互 換 性 のある 形 式 で 保 存 し OpenDocument スプレッド.ods OpenDocument スプレッドシート 形 式 で 保 存 し シート テンプレート.xltx 新 規 作 成 のテンプレートとして 利 用 できる 形 式 で 保 存 し マクロ 有 効 ブック.xlsm マクロが 有 効 なファイル 形 式 でブックを 保 存 し バイナリブック.xlsb 読 み 込 みと 保 存 をすばやく 行 えるように 最 適 化 されたバイナリファイル 形 式 で 保 存 し その 他 のファイルの 種 類 として 以 下 の 形 式 を 選 択 することもでき その 他 のファイルの 種 類 拡 張 子 内 容 テキスト(タブ 区 切 り).txt タブで 区 切 られたテキスト 形 式 で 保 存 し CSV(カンマ 区 切 り).csv カンマで 区 切 られたテキスト 形 式 で 保 存 し テキスト(スペース 区 切 り).txt スペースで 区 切 られたテキスト 形 式 で 保 存 し 別 のファイル 形 式 として 保 存 [ 名 前 を 付 けて 保 存 ]ダイアログボックスでファイルの 種 類 を 選 択 して 保 存 し 第 9 章 表 の 編 集 p.210 表 の 編 集 について はじめに 受 講 者 が 業 務 ( 活 用 )イメージを 持 てるようなトークで 編 集 していく 手 順 や 作 業 の 流 れを 意 識 できるように 心 がけてください p.211 列 の 幅 と 行 の 高 さの 設 定 図 や 教 材 を 見 ながら 列 幅 をどのように 調 整 したら 良 いかを 受 講 者 がイメージできるように 進 行 してください p.212 操 作 : 列 幅 を 手 動 で 変 更 する Step2: 列 幅 変 更 のときのマウスポインターの 形 を 強 調 しましょう 20

21 Step3: 列 幅 を 文 字 がぎりぎり 表 示 できるくらいまで 狭 めすぎると 印 刷 のときに 文 字 が 欠 けて 印 刷 される 場 合 があり 少 し 余 裕 のある 列 幅 にすると 良 いことを 伝 えましょう Excel で 画 面 表 示 と 印 刷 が 異 なる 点 は p.295 印 刷 イメージの 確 認 で 学 習 し p.212 ヒント: 列 幅 の 数 値 について 列 幅 の 数 値 は 標 準 フォントでセルに 表 示 できる 数 字 (0~9)の 平 均 数 を 表 し 標 準 のフォントは [ファイル]タブの[オプション]をクリックして[Excel のオプション]ダイアログボックスを 開 き [ 基 本 設 定 ]にある[ 新 しいブックの 作 成 時 ]の[ 次 を 既 定 フォントとして 使 用 ]で 確 認 でき[ 次 を 既 定 フォントとし て 使 用 ]ボックスに " 本 文 のフォント" と 表 示 されている 場 合 は テーマで " 本 文 のフォント" として 指 定 されているフォン トが 標 準 フォントとなり p.213 操 作 : 列 幅 を 自 動 で 調 整 する Step2 B 列 の 一 番 長 い 商 品 名 " 季 節 の 果 物 詰 め 合 わせ" が 表 示 される 列 幅 となることを 確 認 しましょう p.213 ヒント: 列 幅 の 自 動 調 整 について A 列 の 列 幅 を 自 動 調 整 してみると タイトルを 含 めずに 範 囲 を 選 択 する 必 要 性 が 理 解 しやすくなり p.213 操 作 : 複 数 の 列 の 幅 を 調 整 する 複 数 の 列 幅 を 同 じにする 事 例 を 補 足 すると より 理 解 が 深 まり 複 数 の 列 の 幅 を 自 動 調 整 すると 各 列 の 文 字 列 の 幅 に 合 わせてそれぞれ 列 幅 が 変 わることも 補 足 しましょう p.214 ヒント: 行 の 高 さを 変 更 するには 講 師 がデモを 行 う あるいは 実 際 に 操 作 しても 良 いでしょう 行 の 高 さの 調 整 は 調 整 したい 行 の 行 番 号 の " 下 側 " の 境 界 線 をドラッグすることを 強 調 してください 行 の 高 さの 数 値 は 表 示 できるフォントサイズを 表 しフォントサイズについては p.215 書 式 の 設 定 で 学 習 し 列 幅 や 行 の 高 さを "0" に 設 定 すると その 行 や 列 が 非 表 示 になり 非 表 示 の 行 や 列 を 表 示 する 方 法 は 以 下 のとおりで 1) 非 表 示 の 上 下 の 行 や 左 右 の 列 を 範 囲 選 択 し [ホーム]タブの[セル]にある[ 書 式 ]ボタンをクリック 2)[ 表 示 設 定 ]の[ 非 表 示 / 再 表 示 ]をポイントして[ 行 の 再 表 示 ]または[ 列 の 再 表 示 ]をクリック p.214 ヒント:[ 書 式 ]ボタンを 使 って 調 整 するには 列 幅 や 行 の 高 さを 数 値 で 指 定 したい 場 合 は [ 書 式 ]ボタンの[ 列 の 幅 ]や[ 行 の 高 さ]が 便 利 であることを 補 足 しても 良 い でしょう p.215 書 式 の 設 定 わかりやすい 表 にするためには どのような 書 式 を 設 定 したら 良 いかについて 受 講 者 がイメージできるよう 図 や 教 材 を 見 ながら 意 識 付 けてください p.216 罫 線 の 設 定 のポイント 複 数 の 罫 線 を 組 み 合 わせることで より 表 が 見 やすくなることを 理 解 したうえで これから 行 う 操 作 の 流 れを 伝 えましょう p.217 操 作 :セルに 罫 線 を 引 く Step3 [ 罫 線 ]ボタンの をクリックし [ 罫 線 の 作 成 ]の 各 ボタンを 使 うと ワークシートをドラッグして 罫 線 を 引 いたり 罫 線 の 色 や 種 類 を 指 定 したりすることができることを 補 足 しても 良 いでしょう [ 罫 線 の 作 成 ]の 各 ボタンを 使 った 主 な 方 法 は 以 下 のとおりで 罫 線 を 引 くには [ 線 の 色 ]や[ 線 のスタイル]で 罫 線 の 色 や 種 類 を 選 択 し [ 罫 線 の 作 成 ]をクリックして 罫 線 を 引 く 場 所 をクリックまたはドラッグして 指 定 し 罫 線 の 色 や 種 類 を 指 定 後 [ 罫 線 グリッドの 作 成 ]をクリックすると 指 定 した 色 や 種 類 の 罫 線 で 格 子 線 を 引 くことができ 21

22 罫 線 の 種 類 や 色 を 変 更 するには [ 線 の 色 ]や[ 線 のスタイル]で 罫 線 の 色 や 種 類 を 選 択 し 変 更 したい 罫 線 上 をドラッグ し 罫 線 を 削 除 するには [ 罫 線 の 削 除 ]をクリックし 削 除 したい 罫 線 上 をドラッグし p.218 データの 配 置 配 置 を 変 更 する 効 果 について 受 講 者 がイメージしながら 作 業 できるように 進 行 してください p.219 操 作 :セル 内 の 文 字 の 配 置 を 変 更 する Step3 [ホーム]タブの[ 配 置 ]にある[ 上 揃 え] [ 上 下 中 央 揃 え] [ 下 揃 え]の 各 ボタンについて 使 用 例 ( 行 の 高 さを 広 げて いる 場 合 や 縦 にセルを 結 合 している 場 合 など)を 補 足 しても 良 いでしょう p.220 操 作 :セルを 結 合 して 複 数 セルの 中 央 に 配 置 する Step2 結 合 するセル 範 囲 に 複 数 データがある 場 合 は 選 択 したセル 範 囲 の 左 上 端 のデータが 保 持 され 他 のデータは 削 除 される ことを 補 足 してください その 場 合 結 合 を 解 除 しても 他 のデータは 再 表 示 されません セルの 内 容 を 折 り 返 して 複 数 行 にして 表 示 する 場 合 は [ホーム]タブの[ 配 置 ]にある[ 折 り 返 して 全 体 を 表 示 する]ボ タンでセルの 全 内 容 の 表 示 ができることや Alt キーを 押 しながら Enter キーを 押 してセル 内 改 行 ができることを 補 足 し ても 良 いでしょう p.220 セルの 塗 りつぶし セルに 色 を 付 ける 効 果 を 意 識 しながら 適 切 な 設 定 ができるように 進 行 してください テーマの 色 と 標 準 の 色 を 使 う 違 いを 補 足 しても 良 いでしょう(テーマの 色 から 選 択 した 場 合 は テーマを 変 更 すると 色 も 変 更 されるなど) テーマの 配 色 については p.222 ヒント:テーマの 配 色 の 変 更 を 参 照 してください p.221 操 作 :セルに 色 を 付 ける Step3 Excel を 終 了 するまでは [ 塗 りつぶしの 色 ]ボタンには 直 前 に 選 択 した 色 が 表 示 され ここで[フォントの 色 ]ボタンについて 触 れてもよいでしょう [フォントの 色 ]ボタンについては p.227 ヒント:[フォント]グループで 設 定 できる 書 式 に 解 説 があり [ホーム]タブの[フォント]のダイアログボックス 起 動 ツールをクリックして 表 示 される[セルの 書 式 設 定 ]ダイアログ ボックスの[ 塗 りつぶし]タブで セルの 背 景 色 塗 りつぶし 効 果 パターンの 色 やパターンの 種 類 を 設 定 でき p.223 文 字 の 書 式 設 定 フォントの 種 類 やサイズを 変 更 する 効 果 について 受 講 者 がイメージしながら 作 業 できるように 進 行 してください p.224 操 作 :フォントを 変 更 する Step3 セル 内 の 一 部 の 文 字 に 対 しても 書 式 の 変 更 ができることを 補 足 してください その 場 合 セルをダブルクリックし 変 更 したい 文 字 を 選 択 してから 書 式 を 変 更 し p.224 ヒント:フォントの 種 類 英 文 フォントは 半 角 英 数 字 に 使 用 され 漢 字 やひらがなには 日 本 語 フォントが 使 用 され フォントには プロポーショナルフォント(MS P ゴシックや MS P 明 朝 )と 等 幅 フォント(MS ゴシックや MS 明 朝 ) などがありプロポーショナルフォントを 使 うと 文 字 の 形 に 応 じて 文 字 幅 や 文 字 間 隔 が 自 動 的 に 調 整 され p.225 操 作 :フォントサイズを 変 更 する フォントサイズは 文 書 全 体 のバランスや 本 文 と 見 出 しのバランスなどを 考 慮 して 指 定 することを 伝 えましょう 22

23 p.226 操 作 :フォントサイズを 変 更 する Step3 既 定 では フォントサイズに 応 じて 行 の 高 さが 自 動 調 整 され 行 の 高 さを 手 動 調 整 した 後 フォントサイズを 変 更 して も 行 の 高 さは 自 動 調 整 されません p.226 操 作 : 文 字 列 を 太 字 にする Step1 [ホーム]タブの[フォント]グループにある 各 ボタンを 使 用 して 適 切 な 書 式 をそれぞれ 設 定 しても 良 いでしょう 複 数 の 書 式 を 設 定 する 場 合 は [セルの 書 式 設 定 ]ダイアログボックスを 使 用 すると 効 率 的 でまた [セルの 書 式 設 定 ] ダイアログボックスには 取 り 消 し 線 上 付 き 下 付 きなどリボンでは 行 えない 設 定 が 含 まれてい p.228 ヒント:[ 書 式 のコピー/ 貼 り 付 け]ボタン [ 書 式 のコピー/ 貼 り 付 け]ボタンをダブルクリックすると 繰 り 返 し 書 式 を 貼 り 付 けることができることを 補 足 しても 良 い でしょう 書 式 の 貼 り 付 けを 解 除 するには Esc キーを 押 し p.228 データの 表 示 形 式 の 設 定 図 や 教 材 を 見 ながら 数 値 を 読 み 取 りやすくするために どのような 表 示 形 式 が 適 切 かを 考 えて 設 定 ができるように 進 行 してください p.230 操 作 : 数 値 に 桁 区 切 りのカンマ(,)を 付 ける Step2 セルに "#####" が 表 示 される 場 合 は p.211 列 の 幅 と 行 の 高 さの 設 定 を 参 照 してください p.230 ヒント: 桁 区 切 りのカンマ(,)を 解 除 するには [ 桁 区 切 りスタイル]だけでなく 他 の 表 示 形 式 の 解 除 方 法 も 同 じであることを 補 足 しましょう p.230 ヒント:その 他 の 表 示 形 式 時 間 に 余 裕 があれば 実 際 に 設 定 してみましょう [セルの 書 式 設 定 ]ダイアログボックスの[ 表 示 形 式 ]タブでは リボン にない 表 示 形 式 を 設 定 することができ p.231 行 や 列 の 挿 入 と 削 除 図 や 教 材 を 参 考 に どのようなときに 行 の 挿 入 と 削 除 をするかを 受 講 者 が 理 解 したうえで 作 業 するように 進 行 してください p.231 操 作 : 行 を 挿 入 する Step1:ショートカットメニューは そのときの 状 況 に 応 じて 使 用 する 頻 度 の 高 いコマンドが 表 示 されるため すばやく 操 作 でき Step2: 複 数 の 列 や 行 を 挿 入 するには 挿 入 したい 数 の 列 や 行 をあらかじめ 選 択 してから 操 作 することを 補 足 しましょう p.232 ヒント:[ 挿 入 オプション]ボタン [ 挿 入 オプション]ボタンのメリットがイメージできるような 事 例 をあげると より 理 解 が 深 まり [ 挿 入 オプション]ボタンの 表 示 / 非 表 示 は 以 下 の 方 法 で 切 り 替 えることができ 1. [ファイル]タブの[オプション]をクリックして[Excel のオプション]ダイアログボックスを 開 く 2. [ 詳 細 設 定 ]の[ 切 り 取 り コピー 貼 り 付 け]にある[[ 挿 入 オプション]ボタンを 表 示 する]チェックボックスで オン/オフを 切 り 替 える p.233 操 作 :データを 追 加 する Step1:オートフィルによりセルの 書 式 もコピーされるため セル A13 の 下 の 太 罫 線 が 細 くなり[オートフィルオプ ション]ボタンをクリックし [ 書 式 なしコピー(フィル)]をクリックして 太 罫 線 に 戻 すことを 伝 えてください 書 式 設 定 後 のオートフィル 操 作 では [オートフィルオプション]ボタンを 利 活 用 することを 強 調 してください Step2: 横 方 向 にデータを 入 力 する 場 合 は Tab キーを 使 用 すると 効 率 的 であることを 補 足 しましょう 23

24 p.234 操 作 : 行 を 削 除 する Step1: 複 数 の 列 や 行 を 削 除 するには 削 除 したい 列 や 行 をあらかじめ 選 択 してから 操 作 することを 補 足 してください Step2:セルの 挿 入 や 削 除 を 行 うことができることに 触 れても 良 いでしょう セルの 挿 入 と 削 除 は [セルの 挿 入 ]ダイアログボックスまたは[ 削 除 ]ダイアログボックスで 行 い これらのダイアログボックスでは 挿 入 や 削 除 の 結 果 周 囲 のセルがシフトする 方 向 を 選 択 でき [セルの 挿 入 ]ダイアログボックスを 開 く [ホーム]タブの[セル]にある[ 挿 入 ]ボタンの をクリックし 一 覧 の[セルの 挿 入 ]をクリック セルをマウスの 右 ボタンでクリックし ショートカットメニューの[ 挿 入 ]をクリック [ 削 除 ]ダイアログボックスを 開 く [ホーム]タブの[セル]にある[ 削 除 ]ボタンの をクリックし 一 覧 の[セルの 削 除 ]をクリック セルをマウスの 右 ボタンでクリックし ショートカットメニューの[ 削 除 ]をクリック 表 の 作 成 後 にセルの 挿 入 と 削 除 を 行 うとレイアウトが 崩 れてしまうことがあるので 注 意 が 必 要 で 列 や 行 またはセルを 挿 入 削 除 しても ワークシート 全 体 の 行 数 (1,048,576 行 )と 列 数 (16,384 列 )は 変 わりません p.235 シート 名 の 変 更 既 定 のシート 名 を 変 更 してわかりやすいシート 名 にするメリットを 伝 えましょう p.236 操 作 :シート 名 を 変 更 する Step1 シート 見 出 しをダブルクリックしたときのマウスポインターの 形 を 補 足 しましょう 同 じブック 内 に 同 一 のシート 名 を 2 つ 以 上 付 けることはできません p.237 操 作 :ワークシートをコピーする Step1:シート 見 出 しをポイントするときとドラッグするときのマウスポインターの 形 に 注 意 し マウスのボタンを 離 してから Ctrl キーを 離 すことを 強 調 してください Step2: 同 一 ブック 内 で 同 一 のシート 名 は 付 けられないため シートをコピーすると 元 のシート 名 の 後 ろにかっこ 付 きの 番 号 が 表 示 され p.237 ヒント:シート 見 出 しの 色 を 変 更 するには アクティブシートのシート 見 出 しは 淡 い 色 で 表 示 されるので 別 のシートをアクティブにしてから 確 認 すると 設 定 した 色 を 確 認 しやすくなり p.238 シートの 挿 入 と 削 除 1 つのブックで 使 用 できるシートの 数 は 使 用 可 能 メモリに 依 存 し p.238 操 作 :ワークシートを 挿 入 する Step1 [ 新 しいシート]ボタンを 使 ってワークシートを 挿 入 すると ワークシートは 右 端 に 挿 入 され 任 意 の 位 置 にワークシートを 挿 入 する 方 法 は 以 下 のとおりで 任 意 のシート 見 出 しを 選 択 し [ホーム]タブの[セル]にある[ 挿 入 ]ボタンの ボタンをクリックして 一 覧 の [シートの 挿 入 ]をクリック 任 意 のシート 見 出 しを 右 クリックし ショートカットメニューの[ 挿 入 ]をクリック ショートカットメニューの 場 合 は[ 挿 入 ]ダイアログボックスが 表 示 されるので [ 標 準 ]タブの[ワークシート]を 選 択 して[OK]をクリックし 新 しいワークシートは 選 択 右 クリックしたワークシートの 左 側 に 挿 入 され Excel には 次 の 4 種 類 のシートがあり シートの 種 類 説 明 ワークシート 通 常 使 用 する 表 やテーブルを 作 成 するためのシートで グラフ グラフ 専 用 のシートで 24

25 Excel 4.0 マクロ MS Excel 5.0 ダイアログ Excel 4.0 形 式 のマクロのコードを 記 述 するためのシートで マクロで 扱 うダイアログボックスを 作 成 するためのシートで 複 数 のワークシートを 挿 入 する 場 合 は Shift キーを 押 しながら 挿 入 したいワークシートの 数 だけシート 見 出 しを 選 択 して 挿 入 し p.239 操 作 :ワークシートを 削 除 する Step1 [ホーム]タブの[セル]グループにある[ 削 除 ]ボタンの をクリックし 一 覧 の[シートの 削 除 ]をクリックしても シートを 削 除 でき 複 数 シートを 選 択 してから 削 除 すると 複 数 のワークシートを 一 度 に 削 除 できることを 伝 え ページ 下 部 のヒント 複 数 シー トの 選 択 に 触 れても 良 いでしょう 第 10 章 四 則 演 算 と 関 数 p.244 四 則 演 算 と 関 数 について 教 材 や 図 を 参 照 しながら ここでどのような 計 算 を 行 うかを 伝 えましょう 正 確 な 計 算 を 簡 単 に 行 えることが Excel の 最 大 のメリットの 1 つであることを 強 調 してください p.245 四 則 演 算 Excel で 数 式 を 入 力 する 場 合 最 初 に 等 号 (=)を 入 力 する 以 外 は 通 常 ( 数 学 )の 四 則 演 算 と 同 様 であることを 伝 え 演 算 子 については 通 常 ( 数 学 )の 場 合 と 異 なる 記 号 を 理 解 できるようにし 日 本 語 入 力 モードがオフの 状 態 で 数 式 を 入 力 すると 効 率 的 であること テンキーを 使 用 すると 効 率 的 であることも 補 足 しましょう p.247 操 作 : 数 式 を 入 力 する Step3: 文 字 入 力 に 慣 れていない 受 講 者 がいる 場 合 は = の 入 力 方 法 を 補 足 してください Step4:セル 番 地 はキーボードから 直 接 入 力 することもできその 場 合 列 番 号 の 大 文 字 / 小 文 字 の 区 別 はありません Step7: 数 式 バーの[ 入 力 ]ボタンをクリックするとアクティブセルが 移 動 しないため 数 式 バーでそのまま 数 式 を 確 認 できることを 補 足 しても 良 いでしょう 数 式 バーの[ 入 力 ]ボタンについては p.188 ヒント: 入 力 中 のデータを 確 定 また はキャンセルするには を 参 照 してください p.248 ヒント: 数 式 の 再 計 算 時 間 に 余 裕 があれば 実 際 にデータを 変 更 して 再 計 算 されることを 確 認 しましょう データを 変 更 した 場 合 は 元 に 戻 して から 先 に 進 んでください p.249 操 作 : 数 式 をコピーする Step2 Step3 セルのフィルハンドルをダブルクリックして 下 方 向 にオートフィルできることを 補 足 しましょう その 場 合 は 左 隣 または 右 隣 のいずれかの 列 に 連 続 してデータが 入 力 されている 必 要 があり 隣 接 する 列 の 下 方 向 の 連 続 した 最 終 行 と 同 じ 行 までオートフィルでコピーされ 画 面 に 表 示 しきれない 大 きな 表 など ドラッグ 操 作 で 下 方 向 へのオートフィルの 操 作 を 行 いづらいときに 便 利 で 隣 接 する 列 に 空 白 セルがある 場 合 は その 空 白 セルの 手 前 までが 自 動 認 識 され p.233 と 同 様 に [ 書 式 なしコピー(フィル)]を 行 って 太 罫 線 に 戻 すことを 伝 えても 良 いでしょう コピー 先 のセルをクリックし 数 式 バーで 数 式 を 確 認 し 前 のページのヒント 相 対 参 照 の 内 容 を 理 解 できるよう に 伝 えてください p.250 ヒント: 有 効 桁 数 について 実 際 にセルに 表 示 される 数 値 は 表 示 形 式 によって 四 捨 五 入 されてい について 例 示 しても 良 いでしょう 四 捨 五 入 切 り 捨 て 切 り 上 げなど 数 値 の 端 数 処 理 を 行 うには ROUND ROUNDUP ROUNDDOWN 関 数 を 使 用 し 25

26 p.251 基 本 的 な 関 数 関 数 を 使 うメリットが 理 解 できるように 進 行 してください 複 雑 な 数 式 を 入 力 しなくても 計 算 できる 行 や 列 を 挿 入 削 除 したときに 再 計 算 される など p.252 操 作 : 合 計 を 求 める(SUM 関 数 ) Step2: 関 数 をキーボードから 直 接 入 力 できることに 触 れても 良 いでしょう 関 数 名 は 小 文 字 で 入 力 しても 確 定 すると 自 動 的 に 大 文 字 に 変 換 され Step3:[ 合 計 ]ボタンをクリックする 代 わりに Enter キーを 押 しても 数 式 を 確 定 できることを 補 足 しましょう [ 合 計 ]ボタンをダブルクリックするだけで 合 計 を 求 めることもでき p.254 ヒント: 一 度 に 合 計 を 求 めるには 時 間 に 余 裕 があれば 実 際 に 操 作 しましょう( 平 均 や 数 値 の 個 数 最 大 値 最 小 値 も 同 様 です) p.254 [ 合 計 ]ボタンの 関 数 AVERAGE 関 数 を 使 うメリットを 伝 えましょう " 平 均 値 =( 数 値 1+ 数 値 2+...)/ 数 値 の 個 数 " のような 複 雑 な 数 式 を 入 力 したり 数 値 の 個 数 を 数 えたりしなくても 簡 単 に 平 均 値 を 求 められる 行 や 列 を 挿 入 削 除 したときに 再 計 算 される など p.255 操 作 : 平 均 を 求 める(AVERAGE 関 数 ) Step4: 合 計 のセルを 計 算 対 象 から 外 すために 正 しい 範 囲 を 選 択 し 直 す 必 要 があることを 理 解 できるように 進 行 し Step5:Enter キーを 押 しても 数 式 を 確 定 できることに 触 れてもよいでしょう Step8:AVERAGE 関 数 の 特 徴 として 引 数 の 範 囲 に 含 まれる 空 白 セルは 計 算 の 対 象 になりません 空 白 セルや 0 が 入 力 されている 場 合 の 計 算 結 果 の 違 いを 講 師 がデモをするなどして 伝 えてください p.257 ヒント:[ 合 計 ]ボタンで 使 える 関 数 その 他 の 関 数 関 数 の 分 類 がわかっている 場 合 は [ 数 式 ]タブにある[ 関 数 ライブラリ]の 各 ボタンから 挿 入 すると 効 率 的 で 関 数 の 分 類 がわからない 場 合 は [ 関 数 の 挿 入 ]ダイアログボックスの[ 関 数 の 分 類 ]で[すべて 表 示 ]を 選 択 すると すべての 関 数 が 一 覧 で 表 示 され[ 関 数 名 ]ボックスで 任 意 の 関 数 名 を 選 択 して 関 数 名 の 頭 文 字 を 入 力 するとジャン プし 関 数 は 通 常 の 数 式 と 同 様 にキーボードから 入 力 することもでき キーボードから = に 続 いて 関 数 名 のアルファベットを 入 力 すると " 関 数 オートコンプリート" 機 能 により 該 当 する 関 数 名 の 候 補 の 一 覧 が 表 示 され [ 関 数 の 挿 入 ]ダイアログボックスや[ 関 数 の 引 数 ]ダイアログボックスを 利 用 すると 関 数 名 のつづりの 間 違 いを 避 け 引 数 の 種 類 などを 確 認 しながら 設 定 することができ p.258 相 対 参 照 と 絶 対 参 照 通 常 は 相 対 参 照 が 使 われ 数 式 をコピーすると 数 式 内 のセル 番 地 は 自 動 的 に 変 更 されセル 番 地 を 固 定 したいと きは 絶 対 参 照 を 使 用 し 参 照 方 法 の 使 い 分 けを 理 解 できるように 進 行 しましょう p.259 操 作 : 相 対 参 照 で 数 式 を 作 成 する 受 講 者 のレベルによっては 2013 年 の 有 機 バナナの 構 成 比 を 求 めるセル G5 の 計 算 式 が =E5/E13 となることを 補 足 してください p.260 重 要 : 数 式 をコピーしてもうまく 計 算 できない 理 由 セル G7~G12 の 数 式 がエラーになった 理 由 を セルの 数 式 を 数 式 バーで 確 認 するなどして 考 えてもらいましょう すぐ 下 の 用 語 エラー 値 "#DIV!0" やヒント [エラーチェックオプション]ボタン について 併 せて 補 足 すると 良 いで 26

27 しょう p.261 操 作 : 絶 対 参 照 で 数 式 を 作 成 する Step2: 各 商 品 の 構 成 比 を 求 める 計 算 式 では 数 式 をコピーしても 常 に 総 合 計 のセル E13 を 参 照 する 必 要 があり そのために 数 式 の 中 のセル E13 を 絶 対 参 照 にする 必 要 があることを 伝 えましょう Step3:$ 記 号 をキーボードから 直 接 入 力 できることを 補 足 しましょう Step6:コピー 先 のセルをクリックし 数 式 バーで 数 式 を 確 認 しましょう 絶 対 参 照 を 使 用 したセル E13 のセル 番 地 は コピーしても 変 わりません 第 11 章 グラフ p.267 グラフの 種 類 を 選 択 するポイント 前 ページのグラフの 種 類 と 用 途 の 具 体 的 な 紹 介 例 を 参 考 に グラフのメリットと 各 グラフの 種 類 の 特 徴 を 理 解 できるように しましょう 実 際 の 事 例 を 提 示 したり 受 講 者 に 考 えてもらうと より 理 解 が 深 まり 円 グラフはデータ 系 列 を 1 つだけしか 持 つことができないことなどを 補 足 しても 良 いでしょう p.268 グラフの 作 成 教 材 や 図 を 参 照 しながら 作 成 するグラフの 目 的 を 理 解 できるように 進 行 しましょう p.269 操 作 :おすすめグラフを 使 用 して 縦 棒 グラフを 作 成 する Step2:グラフにするデータの 範 囲 として 商 品 名 や 項 目 名 を 含 めて 選 択 することを 伝 えましょう グラフにするデータ 範 囲 を 間 違 って 選 択 した 場 合 は 一 度 選 択 を 解 除 してから 改 めて 範 囲 選 択 し Step4:グラフには 多 くの 形 式 があり 目 的 に 応 じて 選 択 する 必 要 性 があることを 画 面 を 見 ながら 補 足 しましょう Step5:Excel 2003 までのグラフ 作 成 の 経 験 者 には 以 前 のグラフウィザードで 設 定 できた 内 容 について 補 足 し データ 系 列 が 1 つの 場 合 はグラフタイトルが 自 動 的 に 入 力 されますが データ 系 列 が 2 つ 以 上 ある 場 合 は グラフタイト ルは 自 動 的 に 入 力 されません グラフタイトルの 変 更 方 法 については p.275 操 作 :グラフタイトルを 変 更 する で 扱 い 行 と 列 のどちらを 系 列 にしてグラフを 作 成 するかは グラフ 化 するデータ 範 囲 の 行 と 列 の 項 目 数 により 自 動 的 に 判 別 され 行 が 多 い 場 合 は " 列 " 列 が 多 い または 列 と 行 が 同 じ 場 合 は " 行 " が 系 列 となり データ 系 列 を 入 れ 替 える 場 合 は グラフ 作 成 後 に 行 いデータ 系 列 を 入 れ 替 える 方 法 は p.285 のヒント グラフの 行 / 列 を 切 り 替 えるには を 参 照 してください グラフはオブジェクトとして 作 成 され 他 のワークシートに 作 成 する 場 合 は グラフ 作 成 後 に[グラフツール]の[デ ザイン]タブにある[ 場 所 ]の[グラフの 移 動 ]ボタンで 変 更 し p.270 操 作 :グラフの 移 動 とサイズの 変 更 をする Step1:グラフの 移 動 は 最 初 にグラフを 選 択 してから 行 うので 手 順 1 でグラフの 選 択 をしてい ここでは 既 にグラフが 選 択 されているので 手 順 1 は 省 略 して 手 順 2 から 操 作 してかまいません グラフの 余 白 部 分 をポイントし [グラフエリア]とポップヒントが 表 示 されることを 確 認 してからドラッグするよ う 伝 えグラフエリア 以 外 のグラフの 要 素 ( 凡 例 など)をドラッグすると その 要 素 のみの 移 動 となり Step4:Shift キーを 押 しながらサイズ 変 更 ハンドルをドラッグすると 縦 横 の 比 率 を 保 ったままグラフのサイズを 変 更 できることを 補 足 し グラフをコピーする 場 合 は Ctrl キーを 押 しながらドラッグし p.272 操 作 : 円 グラフを 作 成 する Step1 Step3 離 れたセル 範 囲 を 選 択 するには Ctrl キーを 押 しながら 範 囲 選 択 することを 確 認 しましょう グラフにするデータの 範 囲 は E 列 (2013 年 )の 代 わりに G 列 ( 構 成 比 )を 選 択 しても 同 じ 結 果 になり E 列 (2013 年 )の 値 から 円 グラフを 作 成 すると 構 成 比 を 計 算 しなくても 円 グラフで 売 上 構 成 を 見 ることができることを 伝 えましょう 画 面 の 表 示 倍 率 は 50%でなくてもかまいません 画 面 解 像 度 に 応 じて 適 切 な 値 を 選 択 してください 27

28 p.274 [グラフツール]の 2 つのタブ 実 際 に[グラフツール]の[デザイン]タブ [ 書 式 ]タブを 切 り 替 えながら 各 タブの 特 徴 について 確 認 しましょう p.275 グラフの 構 成 要 素 グラフの 種 類 によってグラフの 構 成 要 素 は 異 なり 縦 棒 グラフの 場 合 と 円 グラフの 場 合 を 踏 まえて 例 示 されている 積 み 上 げ 縦 棒 グラフの 構 成 要 素 を 説 明 してください なお この 図 の 積 み 上 げ 縦 棒 グラフは p.287 までで 作 成 し ここでは 現 在 作 成 しているグラフ 上 をマウスでポイントしながら 各 構 成 要 素 を 確 認 しても 良 いでしょう p.275 操 作 :グラフタイトルを 変 更 する Step1 グラフを 編 集 するには そのグラフを 選 択 してから 操 作 することを 補 足 しましょう p.278 ヒント:その 他 のグラフの 編 集 について グラフエリアを 選 択 してフォントサイズなどを 設 定 すると すべての 構 成 要 素 に 対 してまとめてその 書 式 が 設 定 される ことに 触 れても 良 いでしょう [グラフのスタイル]を 使 うと スタイルを 選 択 するだけで 複 雑 な 書 式 設 定 を 簡 単 に 行 え p.282 操 作 :データ 系 列 の 色 を 変 更 する Step2 データ 系 列 の 色 の 変 更 について 以 下 の 内 容 を 補 足 しても 良 いでしょう グラフの 構 成 要 素 の 塗 りつぶしの 色 は [グラフツール]の[ 書 式 ]タブにある[ 図 形 のスタイル]の 他 に 構 成 要 素 を 選 択 して[ホーム]タブの[フォント]にある[ 塗 りつぶしの 色 ]ボタンでも 設 定 することができ 棒 グラフで データ 系 列 のデータ 要 素 (1 本 の 縦 棒 )の 書 式 を 変 更 する 手 順 は 以 下 のとおりで 1. データ 系 列 ( 縦 棒 )をクリックしてデータ 系 列 全 体 を 選 択 し さらに 変 更 したいデータ 要 素 をクリックして 選 択 2. [グラフツール]の[ 書 式 ]タブにある[ 図 形 のスタイル]グループの 各 ボタンなどで 書 式 を 変 更 p.287 操 作 : 凡 例 の 位 置 を 変 更 する 凡 例 について 以 下 の 内 容 を 補 足 しても 良 いでしょう 凡 例 を 追 加 変 更 削 除 すると グラフのプロットエリアのサイズが 自 動 的 に 調 整 され プロットエリアは ドラッグして 移 動 したり 選 択 したときに 表 示 されるハンドルをドラッグしてサイズを 変 更 したり することができ マウスでドラッグして 凡 例 を 移 動 でき ハンドルをドラッグするとサイズ 変 更 もでき p.289 操 作 :グラフをグラフシートに 移 動 する Step4 グラフシートに 移 動 した 結 果 元 の " 全 社 実 績 " シートから 円 グラフがなくなっていることを 確 認 しましょう 第 12 章 印 刷 p.294 印 刷 の 準 備 印 刷 の 準 備 の 必 要 性 を 伝 え 学 習 内 容 をイメージできるように 進 行 してください p.295 印 刷 イメージの 確 認 Excel では 画 面 どおりに 印 刷 されるとは 限 らないため 印 刷 の 前 に 印 刷 イメージを 確 認 することが 重 要 であることを 伝 えま しょう p.296 操 作 : 印 刷 イメージを 確 認 する 以 前 のバージョンの Excel と 異 なり 印 刷 プレビュー 画 面 が Backstage ビューで 表 示 されることを 補 足 してください また 以 前 のバージョンの Excel と 同 等 の 印 刷 プレビュー 画 面 を 表 示 するために クイックアクセスツールバーなどに [ 印 刷 プレ ビュー( 全 画 面 表 示 )]ボタンを 追 加 できることも 補 足 すると 良 いでしょう 28

29 p.296 操 作 : 印 刷 イメージを 確 認 する Step2 グラフを 選 択 した 状 態 で 印 刷 イメージを 確 認 したり 印 刷 を 実 行 したりすると グラフだけが 対 象 になることを 補 足 しま しょう p.297 ヒント: 印 刷 イメージをすぐ 表 示 するには ページレイアウトビューについても 補 足 しましょう(p.311 ヒント:ページレイアウトビュー を 参 照 してください) 既 定 の 用 紙 サイズで 印 刷 したイメージに 近 い 形 で 表 示 され 余 白 も 表 示 され ヘッダーやフッターの 編 集 ができ p.298 操 作 :ページ 設 定 を 行 う Step4 Step6 [ページ 中 央 ]の[ 水 平 ]と[ 垂 直 ]と 余 白 の 関 係 について 補 足 しましょう [ページ 中 央 ]の[ 水 平 ]と[ 垂 直 ]は 用 紙 の 余 白 部 分 を 除 いた 中 央 に 配 置 され 左 右 上 下 の 余 白 が 異 なると 用 紙 の 中 央 に 配 置 されません 拡 大 縮 小 印 刷 の 設 定 は 拡 大 して 印 刷 したり 一 画 面 に 収 まりきらない 大 きな 表 などを 印 刷 したりするときに 便 利 で p.303 操 作 : 印 刷 を 実 行 する Step2 Backstage ビューの[ 印 刷 ]で 印 刷 イメージの 確 認 や 印 刷 を 実 行 してから 元 の 編 集 画 面 に 戻 ると 用 紙 のサイズが 点 線 で ワークシート 上 に 表 示 されます(p.307 のヒント ワークシート 上 に 表 示 される 点 線 を 参 照 してください) p.304 よく 使 われる 印 刷 の 機 能 複 数 ページのドキュメントを 印 刷 する 場 合 に これらの 機 能 が 必 要 になることを 図 や 実 際 のデータを 使 用 して 理 解 できる ように 伝 えてください p.308 操 作 : 改 ページプレビューで 改 ページ 位 置 を 調 整 する Step4 改 ページ 位 置 を 調 整 すると それに 合 わせて 拡 大 縮 小 印 刷 が 設 定 され p.309 操 作 : 改 ページを 挿 入 する Step3 改 ページプレビュー 画 面 では 右 クリックで 改 ページを 挿 入 解 除 できることに 触 れても 良 いでしょう p.311 ヒント:ヘッダー/フッターについて 時 間 に 余 裕 があれば さまざまなヘッダー/フッターを 指 定 してみましょう ヘッダー/フッターにボタンを 使 用 して 挿 入 した 日 付 は 印 刷 した 日 付 になるためカウントアップされることや ファイル 名 や ファイルのパス シート 名 についてもファイル 名 を 変 更 したり ファイルの 保 存 場 所 を 変 えたり シート 名 を 変 えると 自 動 的 に 反 映 されるまた 手 入 力 した 内 容 に 関 しては 自 動 的 に 変 更 されないことについても 触 れると 良 いでしょう 第 13 章 関 数 を 使 用 した 入 力 サポート 正 しいデータを 入 力 するためのしくみを 設 定 し 本 章 では 関 数 を 使 用 してそのしくみを 作 りますが 関 数 にはさま ざまな 処 理 を 行 うための 関 数 があることにも 気 付 いてもらいましょう 本 書 では あらかじめ 入 力 された 数 式 を 確 認 の 後 削 除 して 新 たにそれぞれの 関 数 をはじめから 入 力 してい 受 講 者 のレベルやスキルに 応 じて 数 式 の 確 認 時 にその 数 式 をコピーして 関 数 の 引 数 の 中 に 貼 り 付 けるなど 進 め 方 を 工 夫 してく ださい 関 数 を 入 力 する 方 法 について あらかじめ 紹 介 してもよいでしょう 作 業 を 行 っているときに 適 切 と 思 われる 方 法 を 受 講 者 自 身 が 選 べばよい ということを 理 解 してもらうことが 大 切 で 受 講 者 の 理 解 度 に 合 わせて 紹 介 するタイミングを 見 極 めてください 関 数 名 がわかっていて 分 類 名 がわからない 場 合 : 数 式 バーまたは [ 数 式 ]タブの[ 関 数 ライブラリ]の[ 関 数 の 挿 入 ]ボタンを 使 い[ 関 数 の 挿 入 ]ダイアロ グボックスの[ 関 数 の 分 類 ]ボックスを[すべて 表 示 ]にして 関 数 名 の 頭 文 字 を 入 力 すると 関 数 の 一 覧 をその 頭 文 字 までジャンプし 29

本 文 の 注 意 点 と 参 考 情 報 本 文 の 章 立 てに 沿 って 主 な 注 意 点 参 考 情 報 をまとめました セミナーを 組 み 立 てる 詳 細 プラン 作 成 時 やセミナー 実 施 時 に 受 講 者 スキルに 合 わせてご 活 用 ください 第 1 部 ワープロソフト

本 文 の 注 意 点 と 参 考 情 報 本 文 の 章 立 てに 沿 って 主 な 注 意 点 参 考 情 報 をまとめました セミナーを 組 み 立 てる 詳 細 プラン 作 成 時 やセミナー 実 施 時 に 受 講 者 スキルに 合 わせてご 活 用 ください 第 1 部 ワープロソフト Microsoft Office 2010 基 本 演 習 [Word/Excel/PowerPoint] この 手 引 きは Microsoft Office 2010 基 本 演 習 [Word/Excel/PowerPoint] ( 以 下 本 書 )を 使 ってセミナーを 実 施 さ れる 講 師 の 方 に ご 参 考 にしていただきたい 各 情 報 (セミナー 実 施 時 の 注 意 事

More information

講 習 の 手 引 き 第 4 章 表 を 挿 入 し 編 集 する 第 5 章 グラフィックスを 挿 入 し 編 集 する 第 6 章 作 成 した 文 書 を 印 刷 プレビューで 確 認 し 印 刷 する ウィザードを 利 用 してはがきを 作 成 する なお 入 力 済 みのデータや 章 ご

講 習 の 手 引 き 第 4 章 表 を 挿 入 し 編 集 する 第 5 章 グラフィックスを 挿 入 し 編 集 する 第 6 章 作 成 した 文 書 を 印 刷 プレビューで 確 認 し 印 刷 する ウィザードを 利 用 してはがきを 作 成 する なお 入 力 済 みのデータや 章 ご 講 習 の 手 引 き 講 習 実 施 時 の 注 意 以 下 の 点 に 注 意 して 講 習 を 実 施 しましょう 本 書 に 記 載 されている 名 称 で 説 明 すること( 講 師 が 本 書 に 記 載 されている 名 称 と 異 なる 名 称 で 説 明 すると 受 講 者 が 混 乱 するため) 受 講 者 からの 質 問 に 対 して 自 信 のないことは 即 答 を 避 け 調

More information

006-021_責)Wordトレ2-1章_斉

006-021_責)Wordトレ2-1章_斉 . Wordの 起 動 Wordの 基 礎 知 識. Wordの 起 動 Wordの 起 動 は 次 のように 行 います 他 のアプリケーションソフトのように いくつかの 起 動 方 法 があります スタートメニューからの 起 動 スタートメニューから 起 動 する 方 法 は 次 の 通 りです [スタート]メニューの[すべてのプログラム]から[Microsoft-Office]の [Microsoft-Word]を

More information

Microsoft Word - ws-0002.doc

Microsoft Word - ws-0002.doc Word 2016 はじめに 1 Word の 概 要 Word はすぐれた 文 書 作 成 ソフト 2 1 このテキストで 学 ぶこと 2 2 Word の 起 動 4 3 Word の 画 面 6 4 画 面 の 表 示 倍 率 について 8 5 編 集 記 号 の 表 示 / 非 表 示 8 6 ルーラーを 表 示 させたい 時 は 9 7 行 番 号 を 表 示 させたい 時 は 9 8 リボンが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E589FC92F9817A457863656C8AEE967B288F4390B38DCF82DD292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E589FC92F9817A457863656C8AEE967B288F4390B38DCF82DD292E646F6378> 表 計 算 ソフト(Excel) 講 習 会 テキスト 基 本 編 明 治 大 学 教 育 の 情 報 化 推 進 本 部 はじめに Microsoft Office Excel 2013( 以 下 本 テキストでは Excel と 記 します)は スプレッドシートソ フトの 代 表 的 なソフトです スプレッドシートとは 自 由 に 拡 げることが 出 来 る 集 計 表 です 集 計 表 とは

More information

Microsoft Word - 第4章.doc

Microsoft Word - 第4章.doc 第 4 章 その 他 の 機 能 この 章 では 絶 対 参 照 と 関 数 (さまざまな 数 式 を 作 成 するときに 必 要 となるセル 参 照 の 使 い 分 けと 関 数 の 使 い 方 ) ワークシートの 操 作 方 法 ( 行 や 列 セルの 挿 入 と 削 除 方 法 ワークシート 間 でのデータの 移 動 とコピーの 方 法 ) 図 形 の 作 成 と 編 集 (オートシェイプの

More information

講 習 の 手 引 き 単 純 な 集 計 表 の 作 成 <2 章 ~4 章 > 商 品 別 年 度 別 の 売 上 実 績 表 を 2 章 で 新 規 にデータを 入 力 して 3 章 で 書 式 の 設 定 を 行 う 4 章 で 前 年 比 構 成 比 合 計 平 均 を 表 に 追 加 す

講 習 の 手 引 き 単 純 な 集 計 表 の 作 成 <2 章 ~4 章 > 商 品 別 年 度 別 の 売 上 実 績 表 を 2 章 で 新 規 にデータを 入 力 して 3 章 で 書 式 の 設 定 を 行 う 4 章 で 前 年 比 構 成 比 合 計 平 均 を 表 に 追 加 す Microsoft Excel 2013 基 礎 セミナーテキスト 講 習 の 手 引 き この 手 引 きは Microsoft Excel 2013 基 礎 セミナーテキスト ( 以 下 本 書 )を 使 ってセミナーを 実 施 される 講 師 の 方 に 参 考 にしていただきたい 各 情 報 (セミナー 実 施 時 の 注 意 事 項 所 要 時 間 本 文 内 容 の 補 足 )をまとめたものでより

More information

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3455\217\3150523.docx)

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3455\217\3150523.docx) この 章 では 表 のデータを 基 にグラフを 作 成 する 方 法 やグラフの 移 動 やサイズの 変 更 方 法 グラ フの 書 式 の 変 更 方 法 などを 学 習 します グラフは 作 成 したデータを 視 覚 的 にわかりやすく 表 現 し データ 全 体 の 傾 向 を 把 握 するのに 役 立 ちます 1 グラフの 作 成 元 となるセル 範 囲 を 選 択 し [ 挿 入 ]タブの[グラフ]グループから

More information

1 平 成 24 年 度 夏 期 コンピュータ 講 座 Microsoft Excel( 初 級 ) このテキストは Microsoft Excel 2007 の 解 説 文 書 です 浦 添 市 立 教 育 研 究 所 エクセルの 基 本 1. 画 面 の 構 成 Office ボタン 数 式 バー タブ リボン 全 セ ル 選 択 ボ タン アクティブセル 2.セルと 行 列 名 前 ボックス 行

More information

Microsoft Word - 204.1MSExcel2013

Microsoft Word - 204.1MSExcel2013 4.1 MS-Excel 2013 の 起 動 と 終 了 第 4 章 表 計 算 1.MS-Excel2013 の 起 動 (1)マウスの 左 ボタンでスタートボタンをクリックします (2)[すべてのプログラム] [Microsoft Office] [Microsoft Excel]の 順 にマウスをクリックすると MS-Excel 2013の 初 期 画 面 ( 図 4-1)が 開 かれます

More information

Microsoft Office Excel2007 初級講習会

Microsoft Office Excel2007 初級講習会 Microsoft Office Excel2010 基 礎 講 習 会 1 目 次 Excel2010の 基 本 操 作 Excel2010の 画 面 の 名 称 と 役 割 データ 入 力 数 式 の 入 力 表 の 作 成 セルの 書 式 設 定 ページ 設 定 印 刷 * 関 連 資 料 beginner2010.xlsx 2 Excel2010の 基 本 操 作 1 Excelの 起 動

More information

目 次 1. Officeボタンと 表 紙 2. Word2007のリボン 3. フォント の 書 式 設 定 4. 段 落 5. 段 落 の 書 式 設 定 6. ページ 設 定 7. インデント 8. 印 刷 9. 挨 拶 文 の 挿 入 10. 段 組 み 11. 着 色 12. 記 号 と

目 次 1. Officeボタンと 表 紙 2. Word2007のリボン 3. フォント の 書 式 設 定 4. 段 落 5. 段 落 の 書 式 設 定 6. ページ 設 定 7. インデント 8. 印 刷 9. 挨 拶 文 の 挿 入 10. 段 組 み 11. 着 色 12. 記 号 と Wordの 基 礎 Windows7 Word2007 平 成 23 年 8 月 ジー アイ カルチャー 目 次 1. Officeボタンと 表 紙 2. Word2007のリボン 3. フォント の 書 式 設 定 4. 段 落 5. 段 落 の 書 式 設 定 6. ページ 設 定 7. インデント 8. 印 刷 9. 挨 拶 文 の 挿 入 10. 段 組 み 11. 着 色 12. 記 号

More information

1-1 Excel Excel で 作 成 した 表 やグラフは Office クリップボードを 介 して Word にコ ピーして 貼 り 付 けることができます 1-1 では Word 文 書 内 に Excel で 作 成 した 表 を 貼 り 付 ける 方 法 を 紹 介 します Excel

1-1 Excel Excel で 作 成 した 表 やグラフは Office クリップボードを 介 して Word にコ ピーして 貼 り 付 けることができます 1-1 では Word 文 書 内 に Excel で 作 成 した 表 を 貼 り 付 ける 方 法 を 紹 介 します Excel Chapter1 Word&Excelの 活 用 Word は 日 本 語 文 書 の 作 成 に 向 いており Excel は 表 計 算 に 向 いていま す しかし 日 本 語 文 書 と 表 計 算 の 2 つの 要 素 が 混 ざった 文 書 を 作 成 したい 場 合 には それぞれのアプリケーションで 各 要 素 を 作 成 し 一 方 からもう 一 方 に データを 貼 り 付 けます

More information

Microsoft Word - Excel2013Step1.doc

Microsoft Word - Excel2013Step1.doc Excel 2013 STEP 1 はじめに 1 Excel の 概 要 2 1 Excel でできること 2 2 Excel の 起 動 3 3 Excel の 画 面 4 4 行 と 列 とセル 6 5 ワークブックとワークシート 6 6 アクティブセルとマウスポインターについて 7 7 日 本 語 入 力 システムのオンとオフ 9 8 画 面 のズームについて 10 9 リボンが 最 小 化

More information

Microsoft Word - 2003Stepkan.doc

Microsoft Word - 2003Stepkan.doc はじめに...1 レッスン1 EXCEL の 概 要... 2 1 Excel でできること...2 2 Excel の 起 動...1 3 Excel の 画 面...2 4 メニューのすべてを 表 示 する...4 5 ツールバーの 表 示 非 表 示...5 6 作 業 ウィンドウを 閉 じる...6 7 行 と 列 とセル...7 8 ワークブックとワークシート...7 9 アクティブセルとマウスポインタについて...8

More information

目 次 1. Excel の 概 要... 1 1.1. Excel の 起 動 と 終 了... 1 1.2. ブックとシート... 2 1.3. 画 面 の 各 部 分 の 名 前... 2 2. 表 の 作 成... 3 2.1. 文 字 数 値 日 付 の 入 力... 3 2.1.1. セ

目 次 1. Excel の 概 要... 1 1.1. Excel の 起 動 と 終 了... 1 1.2. ブックとシート... 2 1.3. 画 面 の 各 部 分 の 名 前... 2 2. 表 の 作 成... 3 2.1. 文 字 数 値 日 付 の 入 力... 3 2.1.1. セ 平 成 26 年 11 月 29 日 跡 見 学 園 女 子 大 学 公 開 講 座 パソコンセミナー Excel 入 門 第 1 回 基 礎 知 識 編 文 学 部 現 代 文 化 表 現 学 科 准 教 授 伊 藤 穣 j-ito@atomi.ac.jp http://www2.mmc.atomi.ac.jp/~j-ito/ 目 次 1. Excel の 概 要... 1 1.1. Excel

More information

Microsoft Word - 第3章.doc

Microsoft Word - 第3章.doc 第 3 章 グラフの 作 成 この 章 では 表 のデータを 基 にグラフを 作 成 する 方 法 グラフの 移 動 やサイズの 変 更 方 法 グラフの 種 類 の 変 更 方 法 など グラフ 機 能 を 中 心 に 学 習 します グラフは 作 成 したデータを 視 覚 的 にわかりやすく 表 現 し データ 全 体 の 傾 向 を 把 握 するのに 役 立 ちます STEP 1:グラフの 作

More information

Microsoft Office Excel2007 初級講習会

Microsoft Office Excel2007 初級講習会 Microsoft Office Excel2007 基 礎 講 習 会 2 目 次 Excel2007の 基 本 操 作 Excel2007の 画 面 の 名 称 と 役 割 データ 入 力 数 式 の 入 力 表 の 作 成 セルの 書 式 設 定 ページ 設 定 印 刷 * 関 連 資 料 beginner2007.xlsx 3 Excel2007の 基 本 操 作 1 Excelの 起 動

More information

目 次 1. Officeボタン 2. Excel2007のリボン 3. Excelの 用 語 4. ページ 設 定 (Wordに 同 じ) 5. 印 刷 6. 関 数 一 覧 7. セルの 書 式 設 定 8. 貼 り 付 け の 形 式 を 選 択 して 貼 り 付 け 9. 10. 11. 1

目 次 1. Officeボタン 2. Excel2007のリボン 3. Excelの 用 語 4. ページ 設 定 (Wordに 同 じ) 5. 印 刷 6. 関 数 一 覧 7. セルの 書 式 設 定 8. 貼 り 付 け の 形 式 を 選 択 して 貼 り 付 け 9. 10. 11. 1 Excelの 基 礎 Windows7 Excel2007 ジー アイ カルチャー 目 次 1. Officeボタン 2. Excel2007のリボン 3. Excelの 用 語 4. ページ 設 定 (Wordに 同 じ) 5. 印 刷 6. 関 数 一 覧 7. セルの 書 式 設 定 8. 貼 り 付 け の 形 式 を 選 択 して 貼 り 付 け 9. 10. 11. 12. オートフィルオプション

More information

卒 論 のためのWord03 目 次 ページ 設 定 の 方 法 - 用 紙 サイズの 設 定 - 余 白 印 刷 形 式 の 設 定 -3 文 字 数 行 数 の 設 定 ページ 番 号 のつけ 方 5 - ページ 番 号 をつける - ページ 番 号 を 途 中 からつける -3 ページ 番 号

卒 論 のためのWord03 目 次 ページ 設 定 の 方 法 - 用 紙 サイズの 設 定 - 余 白 印 刷 形 式 の 設 定 -3 文 字 数 行 数 の 設 定 ページ 番 号 のつけ 方 5 - ページ 番 号 をつける - ページ 番 号 を 途 中 からつける -3 ページ 番 号 卒 論 のためのWord03 目 次 ページ 設 定 の 方 法 - 用 紙 サイズの 設 定 - 余 白 印 刷 形 式 の 設 定 -3 文 字 数 行 数 の 設 定 ページ 番 号 のつけ 方 5 - ページ 番 号 をつける - ページ 番 号 を 途 中 からつける -3 ページ 番 号 を 途 中 から 消 す -4 一 部 のページのみページ 番 号 を 消 す 3 目 次 のつくり

More information

コマンド対応表 Excel2013

コマンド対応表 Excel2013 コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) Excel 2003のコマンドがExcel 2013のコマンドにどのように 対 応 しているかを 記 載 しています コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) ファイル メニュー 新 規 作 成 リボン: ファイル タブ 新 規 開 く リボン: ファイル タブ 開 く コンピューター 参 照 閉 じる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20574254816995B68F918DEC90AC89898F4B899E977095D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20574254816995B68F918DEC90AC89898F4B899E977095D2816A2E646F63> 文 書 作 成 演 習 ( 応 用 編 ) (Word007,Excel007) 文 書 作 成 演 習 ( 応 用 編 ) のテキストを 参 考 にしながら, 次 の 学 級 だよりを 作 成 してみましょう IPA 教 育 用 画 像 素 材 集 より < 演 習 のための 準 備 > 演 習 用 素 材 のフォルダをデスクトップ 上 に 作 成 します IPA 教 育 用 画 像 素 材 集

More information

Word2013による文書の作成(1級).indd

Word2013による文書の作成(1級).indd Word 1 Word2013 1 オプション 段 落 の 設 定 (1) 文 字 ずれをしないための 設 定 を 行 う( 別 冊 初 期 設 定 参 照 ) (2)(1)の 設 定 以 外 に 以 下 の 設 定 を 行 う 1 [ホーム]タブ [ 段 落 ]グループの を 2 [ 段 落 ]ダイアログボックスの 中 の[ 体 裁 ] クリックする タブをクリックし [オプション]をクリック する

More information

Microsoft Word - 203MSWord2013

Microsoft Word - 203MSWord2013 3.1 Word 2013 の 起 動 第 3 章 ワープロ 1.Word 2013 の 起 動 (1)マウスの 左 ボタンでスタートボタンをクリックします (2)[すべてのプログラム] [Microsoft Office 2013] [Word 2013]の 順 にマウスをクリックすると Word 2013 の 初 期 画 面 ( 図 3-1)が 開 かれます クイックアクセスツールバー タイトルバー

More information

範 囲 選 択 次 の 基 本 操 作 を 確 認 してください 範 囲 選 択 について シートを 上 下 にスクロールしてください また 左 右 にスクロールしてください 上 下 左 右 のスクロールボタン をクリックする または スクロールバーをドラッグする マウスの ホイール を 動 かす

範 囲 選 択 次 の 基 本 操 作 を 確 認 してください 範 囲 選 択 について シートを 上 下 にスクロールしてください また 左 右 にスクロールしてください 上 下 左 右 のスクロールボタン をクリックする または スクロールバーをドラッグする マウスの ホイール を 動 かす Excelの 概 要 ( 基 礎 知 識 ) Excelの 概 要 ( 基 礎 知 識 ) Excelの 概 要 Excelでできること 表 計 算 複 雑 な 計 算 ができるだけでなく さまざまな 編 集 機 能 で 見 栄 えのする 表 を 簡 単 に 作 成 できます 3 グラフの 作 成 わかりやすく 見 やすいグラフを 効 率 的 に 作 成 できます グラフを 使 うと データを 視

More information

(Microsoft Word - Word\211\236\227p5\217\315.docx)

(Microsoft Word - Word\211\236\227p5\217\315.docx) この 章 では 他 のアプリケーションのデータを Word 文 書 に 挿 入 する 機 能 と Excel と 連 携 してグ ラフを 作 成 する 機 能 について 学 習 します 1 OLE 機 能 アプリケーション 間 でデータの 情 報 をやり 取 りできる 機 能 のことを OLE(Object Linking and Embedding) 機 能 といいます Word では Excel

More information

エクセルを 起 動 します [スタート]をクリックします [すべてのプログラム]をポイントします [Microsoft Office]を クリックします [Microsoft Office Excel 2007]をクリックします 1 [Office ボタン]をクリックして [ 開 く]を 選 択 し

エクセルを 起 動 します [スタート]をクリックします [すべてのプログラム]をポイントします [Microsoft Office]を クリックします [Microsoft Office Excel 2007]をクリックします 1 [Office ボタン]をクリックして [ 開 く]を 選 択 し NPO 法 人 いきいきネットとくしま 第 26 回 定 期 勉 強 会 森 の 日 県 南 平 成 22 年 9 月 9 日 ( 木 ) 担 当 和 泉 雅 子 エクセルで 贈 答 品 リスト 作 成 エクセルの 起 動 ワークシート 名 の 変 更 文 字 の 入 力 と 書 式 設 定 表 の 作 成 タイトル 名 の 入 力 と 書 式 設 定 クリップアートの 挿 入 名 前 をつけて 保

More information

新規文書1

新規文書1 な で し こ Word 教 室 初 級 編 第 1 回 目 10:00~12:00 第 2 回 目 14:00~16:00 9 9 火 株 式 会 社 東 洋 目 次 Word の 概 要... 3 ビジネス 文 書 の 基 本... 4 Lesson1 レイアウトの 編 集 ( 送 付 状 )... 5 1. 編 集 記 号... 5 2. 単 位... 5 3. 日 付 の 入 力... 6

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

基 本 操 作 1 0. 画 面 の 名 称 と 機 能 タイトルバー メニューバー 列 ボタン ツールバー 行 ボタン 浮 動 型 ツールバー スクロールバー 作 業 ウィンドウ カーソル アクティブセル スクロールボタン ワークシート 1.ワークシートの 詳 細 E B A D C - 2 -

基 本 操 作 1 0. 画 面 の 名 称 と 機 能 タイトルバー メニューバー 列 ボタン ツールバー 行 ボタン 浮 動 型 ツールバー スクロールバー 作 業 ウィンドウ カーソル アクティブセル スクロールボタン ワークシート 1.ワークシートの 詳 細 E B A D C - 2 - - 1 - 基 本 操 作 1 0. 画 面 の 名 称 と 機 能 タイトルバー メニューバー 列 ボタン ツールバー 行 ボタン 浮 動 型 ツールバー スクロールバー 作 業 ウィンドウ カーソル アクティブセル スクロールボタン ワークシート 1.ワークシートの 詳 細 E B A D C - 2 - A:リスト このようにデータを 入 力 したセルのかたまりを リスト といいます リストは

More information

1.Excel の 基 本 1.1 表 計 算 ソフトとは 計 算 式 を 埋 め 込 むことができる 集 計 表 (ワークシート)が 基 本 となっていて ワークシートとよばれる 集 計 表 上 で 計 算 を 行 ったり その 中 のデータを 簡 単 にグラフにしたりすることができるソフトウェア

1.Excel の 基 本 1.1 表 計 算 ソフトとは 計 算 式 を 埋 め 込 むことができる 集 計 表 (ワークシート)が 基 本 となっていて ワークシートとよばれる 集 計 表 上 で 計 算 を 行 ったり その 中 のデータを 簡 単 にグラフにしたりすることができるソフトウェア 平 成 20 年 7 月 1.Excel の 基 本 1.1 表 計 算 ソフトとは 計 算 式 を 埋 め 込 むことができる 集 計 表 (ワークシート)が 基 本 となっていて ワークシートとよばれる 集 計 表 上 で 計 算 を 行 ったり その 中 のデータを 簡 単 にグラフにしたりすることができるソフトウェア( 以 下 ソフ ト と 略 記 )を 一 般 に 表 計 算 ソフトと 呼

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p1\217\315.docx)

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p1\217\315.docx) この 章 では ワークシートの 移 動 やコピーの 方 法 複 数 シートを 効 率 的 に 編 集 する 方 法 や 複 数 シー トをまたがる 数 式 の 作 成 方 法 について 学 習 します また 必 要 に 応 じてワークシートや 一 部 の 行 や 列 を 非 表 示 にする 方 法 や 大 きな 表 を 作 業 しやすく 表 示 する 方 法 などについて 学 習 します 1 シートの

More information

マイクロソフトオフィス機能比較表 KINGSOFT Writer

マイクロソフトオフィス機能比較表 KINGSOFT Writer マイクロソフトオフィス 機 能 比 較 表 KINGSOFT Writer メニュータブ ツールバー メニュー サブメニュー KSOfA KSO2013 MSO2010 MSO2013 基 本 機 能 拡 張 子.xml 形 式 のファイルへの 対 応 OpenOffice 形 式 での 保 存 OpenOffice 形 式 ファイルの 読 み 込 み UI リボン 機 能 対 応 する 印 刷 方

More information

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3452\217\3150523.docx)

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3452\217\3150523.docx) この 章 では 新 しい 表 を 作 成 する 作 業 過 程 の 中 で 最 初 の 作 業 となるデータの 入 力 から 数 式 の 作 成 までを 学 習 します 新 しいブックの 作 成 連 続 データの 入 力 データのコピーや 移 動 の 方 法 基 本 的 な 関 数 の 入 力 方 法 などを 学 習 します 1 新 しいブック ブックの 作 成 新 規 ブックを 作 成 するには

More information

Excel講習会マニュアル

Excel講習会マニュアル 表 計 算 ソフトの 基 本 操 作 Microsoft Excel 2013 明 治 大 学 教 育 の 情 報 化 推 進 本 部 IZM20140417 はじめに Microsoft Office Excel 2013( 以 下 本 テキストでは Excel と 記 します)は スプレッドシートソフトの 代 表 的 なソフトです スプレッドシートとは 自 由 に 拡 げることが 出 来 る 集

More information

目 次 1.カレンダー 作 成... 2 1.テンプレートの 活 用... 3 2. 予 定 の 入 力 /セル 内 の 強 制 改 行 ( 便 利 な 機 能 -1-)... 4 3. 複 数 シートの 同 時 編 集 ( 作 業 グループ; 便 利 な 機 能 -2-)... 5 4. 用 紙

目 次 1.カレンダー 作 成... 2 1.テンプレートの 活 用... 3 2. 予 定 の 入 力 /セル 内 の 強 制 改 行 ( 便 利 な 機 能 -1-)... 4 3. 複 数 シートの 同 時 編 集 ( 作 業 グループ; 便 利 な 機 能 -2-)... 5 4. 用 紙 2013 年 11 月 1 日 ( 一 社 ) 岡 山 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 岡 山 南 支 部 研 修 会 用 テキスト Excel 作 ってみよう! オリジナル カレンダー 業 務 お 役 立 ち! エクセル こわざ 複 数 シートの 同 時 編 集 (グループ 化 ) 用 紙 に 合 わせた 印 刷 ( ) スマートアートグラフィック 改 変 できない 形 式 へ 簡 単 変

More information

1. 会 計 報 告 の 部 分 1-1. 項 目 文 字 を 入 力 する 一 番 初 めは A1 のセルがアクティブ( 選 ばれた 状 態 )になっています 収 入 の 部 から 書 き 始 めましょう 2 行 目 は 項 目 の 行 にします 項 目 単 価 数 量 の 列 をつくり 合 計

1. 会 計 報 告 の 部 分 1-1. 項 目 文 字 を 入 力 する 一 番 初 めは A1 のセルがアクティブ( 選 ばれた 状 態 )になっています 収 入 の 部 から 書 き 始 めましょう 2 行 目 は 項 目 の 行 にします 項 目 単 価 数 量 の 列 をつくり 合 計 エクセルに 挑 戦! Microsoft Excel で 会 計 報 告 をしましょう 会 員 から 徴 収 した 大 事 な 会 費 会 計 報 告 は 正 確 に また わかりやすくなければなりません Excel を 使 って また Word も 応 用 して 書 き 換 えも 簡 単 な 会 計 報 告 をつくりましょう エクセル を 起 動 させるとたくさんのマスがあります セル( 細 胞

More information

Excel basics

Excel basics Excel 入 門 Excel は 表 計 算 およびデータ 分 析 のための 効 果 的 なアプリケーションです 最 も 効 果 的 に 使 用 するためには 最 初 にその 基 礎 を 理 解 する 必 要 があります このチュートリ アルでは すべてのブックで 使 用 する 作 業 と 機 能 をいくつか 紹 介 します 開 始 する 前 に... 1 1. 新 しい 空 白 のブックを 作

More information

序章

序章 1 1-1 エクセルメイン 画 面 の 基 本 設 定 2 1 エクセル 画 面 上 のメニューやバー ボタンの 名 前 を 覚 える 2 2 リボンについて 2 3 ダイヤログボックスを 呼 び 出 す 3 4 リボンを 折 りたたむ 3 5 リボンの 表 示 オプション 3 6 リボンをキーボードで 操 作 する 4 7 リボンをカスタマイズする 4 8 コマンドの 配 置 を 変 更 する 5

More information

9章 Excel の使い方

9章 Excel の使い方 情 報 処 理 センター 品 川 地 区 Excel の 使 い 方 1. はじめに Excel は よく 用 いられている 表 計 算 ソフトの 一 つです 表 計 算 はスプレッドシート(Spread Sheet)を 使 って ビジネスはもとより 家 庭 においても 家 計 簿 や 住 所 録 などに 広 く 用 いられています これから 皆 さ んが 受 講 する 実 験 や 観 察 で 得

More information

目 次 1. はじめに... G3 2. グラフの 作 り 方... G4 2.1. Excel シートからのグラフの 作 り 方... G4 2.2. Word や PowerPoint からのグラフの 作 り 方... G5 2.3. Excel から Word PowerPoint へのグラフ

目 次 1. はじめに... G3 2. グラフの 作 り 方... G4 2.1. Excel シートからのグラフの 作 り 方... G4 2.2. Word や PowerPoint からのグラフの 作 り 方... G5 2.3. Excel から Word PowerPoint へのグラフ Microsoft Excel 2010 - グラフ 編 - 明 治 大 学 教 育 の 情 報 化 推 進 本 部 ( 和 泉 ) G1 目 次 1. はじめに... G3 2. グラフの 作 り 方... G4 2.1. Excel シートからのグラフの 作 り 方... G4 2.2. Word や PowerPoint からのグラフの 作 り 方... G5 2.3. Excel から Word

More information

新規文書1

新規文書1 な で し こ 第 1 回 目 10:00~12:00 第 2 回 目 14:00~16:00 5 13 火 株 式 会 社 東 洋 目 次 Excel の 概 要... 3 Lesson1 表 計 算 ( 見 積 書 作 成 )... 4 1. 表 示 形 式... 4 2.セル 内 の 配 置... 5 3.オートフィル... 5 3. 基 本 的 な 数 式 の 入 力... 6 4. 関 数...

More information

Wordの活用術

Wordの活用術 システム 管 理 室 レポート 卒 論 に 役 立 つ! Word の 活 用 術 ( 横 書 き 縦 書 き 両 対 応 ) 書 き 始 める 前 に 必 ずチェック! まず 初 めにページ 設 定 を 行 いましょう... バックアップを 必 ずとりましょう... 誤 ってファイルを 消 してしまった/ファイルが 壊 れているとき....ページ 番 号 を 挿 入 する - 枚 目 からページ

More information

1.エクセルの 基 本 1-1.エクセルの 特 徴 を 知 ろう Excel は 文 字 や 数 字 計 算 式 などを 表 の 中 で 操 作 するソフトウエアです ソフトウエア ソフトウェア( 英 : Software)は コンピューターシステム 上 で 何 らかの 処 理 を 行 うプログラム

1.エクセルの 基 本 1-1.エクセルの 特 徴 を 知 ろう Excel は 文 字 や 数 字 計 算 式 などを 表 の 中 で 操 作 するソフトウエアです ソフトウエア ソフトウェア( 英 : Software)は コンピューターシステム 上 で 何 らかの 処 理 を 行 うプログラム 20120125ver1.2-エクセルの 基 本 操 作 &カレンダー 作 成 内 容 1.エクセルの 基 本... 1 1-1.エクセルの 特 徴 を 知 ろう... 1 1-2.Excel で 出 来 ること... 1 1-3Excel をつかうには... 2 1-4Excel の 基 本 画 面 (Excel2007 参 考 )... 4 1-5, 行 列 セルの 操 作 を 知 る... 4

More information

目 次 1. はじめに... G2 2. グラフの 作 り 方... G3 2.1. Excel シートからのグラフの 作 り 方... G3 2.2. Word や PowerPoint からのグラフの 作 り 方... G4 2.3. Excel から Word PowerPoint へのグラフ

目 次 1. はじめに... G2 2. グラフの 作 り 方... G3 2.1. Excel シートからのグラフの 作 り 方... G3 2.2. Word や PowerPoint からのグラフの 作 り 方... G4 2.3. Excel から Word PowerPoint へのグラフ Excel 2010 グラフ Microsoft Excel 2013 - グラフ 編 - 明 治 大 学 教 育 の 情 報 化 推 進 本 部 IZM20140417 目 次 1. はじめに... G2 2. グラフの 作 り 方... G3 2.1. Excel シートからのグラフの 作 り 方... G3 2.2. Word や PowerPoint からのグラフの 作 り 方... G4

More information

Microsoft PowerPoint - kango14c03.ppt

Microsoft PowerPoint - kango14c03.ppt はじめに 情 報 科 学 その3 はじめに キーボードの 特 殊 なキー MS-Wowdの 基 礎 課 題 の 提 出 1 2/52 キーボードの 見 方 ファンクションキー Enterキー キーボードの 特 殊 なキー CapsLock キー Shiftキー コントロールキー 3/52 スペースキー カーソルキー テンキー 4/52 Shiftキー 特 殊 なキー 他 のキーとの 組 み 合 わせにより

More information

新規文書1

新規文書1 知 っているようで 知 らない 機 能 が 盛 りだくさん 普 段 のエクセル 業 務 をもっと 効 率 的 に 毎 月 のなでしこジャーナルに 連 載 しております Satisfaction to Hospitality Business Solution of the TOYO co.,ltd 1.Excelを 並 べて べたい 列 幅 の 動 調 節 2. 少 しでも を 楽 にする 便 利

More information

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト このガイドの 内 容 Microsoft Excel 2010 の 外 観 は Excel 2003 と 大 きく 異 なるため Excel 2003 のユーザーが 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにこのガイドが 作 られました このガイドを 読 むと 新 しいインターフェイスの 主 な 要 素 について 学 んだり Excel 2010 の 無 償 のトレーニングを 見 つけたり *

More information

本 書 は 未 就 労 の 若 者 などの 就 労 支 援 を 目 的 として 関 係 各 者 の 協 力 の 下 に 作 成 したものです その 他 の 目 的 での 利 用 及 び 商 用 利 用 を 禁 止 します 本 書 の 著 作 権 はマイクロソフトが 保 有 しています 本 書 に 掲

本 書 は 未 就 労 の 若 者 などの 就 労 支 援 を 目 的 として 関 係 各 者 の 協 力 の 下 に 作 成 したものです その 他 の 目 的 での 利 用 及 び 商 用 利 用 を 禁 止 します 本 書 の 著 作 権 はマイクロソフトが 保 有 しています 本 書 に 掲 IT を 活 用 した 若 者 の 就 労 支 援 プロジェクト( 若 者 UPプロジェクト) 講 習 1 Word/Excel/PowerPoint を 活 用 した 資 料 作 成 Microsoft 2010 All Rights Reserved 本 書 は 未 就 労 の 若 者 などの 就 労 支 援 を 目 的 として 関 係 各 者 の 協 力 の 下 に 作 成 したものです その

More information

日 付 部 分 を 入 力 する 今 回 は 3 月 のカレンダーを 作 ります 3 月 は 水 曜 日 からはじまりますので 1 水 曜 日 第 1 週 目 にあたるセル D2 に 1 その 隣 の E2 に 2 と 入 力 しましょう 2 1 2 と 入 力 したセル D2:E2 をドラッグして

日 付 部 分 を 入 力 する 今 回 は 3 月 のカレンダーを 作 ります 3 月 は 水 曜 日 からはじまりますので 1 水 曜 日 第 1 週 目 にあたるセル D2 に 1 その 隣 の E2 に 2 と 入 力 しましょう 2 1 2 と 入 力 したセル D2:E2 をドラッグして デジカメ 写 真 を 使 ったカレンダー 作 り 今 回 このテキストでは Word2003 Excel2003 の 画 像 を 使 って 説 明 していますが 中 の 手 順 の 説 明 は どのバージョンをお 使 いの 方 でも 対 応 ができるようにしています 新 しいバージョンで 簡 単 にできる 作 業 もありますが ご 了 承 ください Excel でカレンダー 部 分 を 作 る Excel

More information

目 次 Q Q Q Q Q 表 示 関 連 編 集 関 連 書 式 印 刷 関 連 その 他 Wordトラブル 事 例 集 2

目 次 Q Q Q Q Q 表 示 関 連 編 集 関 連 書 式 印 刷 関 連 その 他 Wordトラブル 事 例 集 2 トラブル 事 例 集 Word 編 2004 年 5 月 31 日 ( 月 ) 目 次 Q Q Q Q Q 表 示 関 連 編 集 関 連 書 式 印 刷 関 連 その 他 Wordトラブル 事 例 集 2 表 示 関 連 Q. メニューバーが 消 えてしまいました ツールバーの 中 のある 特 定 のボタンが 無 くなってしまい ました Q. 両 端 揃 えや 中 央 揃 えのボタンがグレーアウトします

More information

「エクセルで遊ぼう」

「エクセルで遊ぼう」 エクセルについて エクセルで 遊 ぼう エクセルに 慣 れる:カレンダーの 作 成 エクセルの 画 面 エクセルの 画 面 はメニューとシートの2つの 部 分 から 出 来 ています 1つは 画 面 の 上 にある ファイル 編 集 表 示 という 文 字 の 部 分 と アイコン (ボタン)が 並 んでいる 部 分 のことです ここにある 文 字 やアイコンで エクセルのシートに 対 していろいろな

More information

6.1.3 Excel の 基 本 ツール タイトルバー : 作 業 中 のファイル 名 を 表 示 します メニューバー : 基 本 的 なメニューが 表 示 されます ツールバー :よく 使 う 操 作 をするためのボタンです 名 前 ボックス : 選 択 したセル セル 範 囲 グラフ 要 素

6.1.3 Excel の 基 本 ツール タイトルバー : 作 業 中 のファイル 名 を 表 示 します メニューバー : 基 本 的 なメニューが 表 示 されます ツールバー :よく 使 う 操 作 をするためのボタンです 名 前 ボックス : 選 択 したセル セル 範 囲 グラフ 要 素 6.1 Excel 6.1.1 Excel とは Excel は 代 表 的 な 表 計 算 (さまざまなデータを 表 形 式 で 処 理 する)ソフトです 企 業 や 学 校 や 家 庭 では 帳 簿 を 使 ってきましたが その 帳 簿 処 理 のほとんどが Excel で 実 行 できます 具 体 的 には 多 くのデータに 関 して 1 和 や 積 和 のような 関 数 が 容 易 に 計

More information

2 / 18 Shift + 任 意 の 方 向 キー ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 項 目 を 選 択 する またはドキュメント 内 のテキストを 選 択 する Ctrl + 任 意 の 方 向 キー + Space ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の

2 / 18 Shift + 任 意 の 方 向 キー ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 項 目 を 選 択 する またはドキュメント 内 のテキストを 選 択 する Ctrl + 任 意 の 方 向 キー + Space ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 1 / 18 Windows7 コンピュータの 簡 単 操 作 のショートカットキー 右 Shift (8 秒 間 ) フィルター キー 機 能 をオンまたはオフにする 左 Alt + 左 Shift + PrintScreen ハイ コントラストをオンまたはオフにする 左 Alt + 左 Shift + NumLock マウス キー 機 能 をオンまたはオフにする Shift (5 回 ) 固 定

More information

1 次 の 枠 で 囲 まれた 部 分 のデータを 入 力 しましょう 1データ 入 力 後 のセル 移 動 ア 下 方 向 への 移 動 は Enter キーを 使 います Enter イ 右 方 向 への 移 動 は Tab キーを 使 います Tab ウ 左 端 からデータを 入 力 し 右

1 次 の 枠 で 囲 まれた 部 分 のデータを 入 力 しましょう 1データ 入 力 後 のセル 移 動 ア 下 方 向 への 移 動 は Enter キーを 使 います Enter イ 右 方 向 への 移 動 は Tab キーを 使 います Tab ウ 左 端 からデータを 入 力 し 右 表 計 算 ソフトの 基 礎 Excel 2010 の 起 動 画 面 と 画 面 構 成 クイックアクセスツールバー タブ リボン 数 式 バー :アクティブセル :ダイアログボックス 起 動 ツール 列 名 :A~Z AA~ZZ AAA~XFD 列 行 番 号 :1~1048576 行 碁 盤 の 目 のような 小 部 屋 セル セルの 集 まり ワークシート ワークシートの 集 まり ファイル

More information

Microsoft Word - WBT(PP基本編).docx

Microsoft Word - WBT(PP基本編).docx PowerPoint2007の 利 用 基 本 編 広 島 県 立 教 育 センター PowerPoint2007 の 基 本 操 作 を 学 習 しながら, 次 の4 枚 のスライドを 作 成 する 演 習 です スライド1 スライド2 IPA 教 育 用 画 像 素 材 集 より スライド3 スライド4 IPA 教 育 用 画 像 素 材 集 より < 演 習 のための 準 備 > 1 演 習

More information

スライド 1

スライド 1 第 5 章 ワープロ B(Word2003) ( 解 答 と 解 説 ) 5B-1. 文 書 の 編 集 1スタイルの 設 定 : 見 出 し1の 設 定 (ア)=I スタイルとは さまざまな 書 式 を 組 み 合 わせて 名 前 を 付 けて 登 録 したものです あらかじめ 用 意 してあるもの 以 外 に 新 規 に 登 録 することもできます ここでは 後 で 使 う 目 次 の 項 目

More information

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p7\217\315.docx)

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p7\217\315.docx) Excel では マクロ 機 能 を 利 用 して 繰 り 返 し 行 う 操 作 を 自 動 化 することができます この 章 では マクロの 記 録 方 法 や 実 行 方 法 また 編 集 方 法 について 学 習 します 1 マクロとは マクロとは Excel で 行 う 一 連 の 操 作 を VBA(Microsoft Visual Basic for Applications)というプログラミング

More information

Microsoft Word - Excel2010Step3.doc

Microsoft Word - Excel2010Step3.doc はじめに 1 Excel の 概 要 3 1 Excel でできること 3 2 Excel の 画 面 4 3 行 と 列 とセル 6 4 ワークブックとワークシート 6 5 マウスポインターについて 7 6 リボンが 表 示 されない 時 は 7 7 印 刷 プレビューボタンを 表 示 したい 時 は 8 8 バックステージビュー 9 第 1 章 バザー 会 計 報 告 書 を 作 ろう 1 レッスン1

More information

問 題 1 次 の 文 章 は 作 業 環 境 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なも のを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. < 図 1>はアプリケーションウィンドウの 一 部 である < 図 1>の1の 部 分 を < 図 1> という

問 題 1 次 の 文 章 は 作 業 環 境 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なも のを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. < 図 1>はアプリケーションウィンドウの 一 部 である < 図 1>の1の 部 分 を < 図 1> という Microsoft PowerPoint プレゼンテーション 技 能 認 定 試 験 初 級 2007 サンプル 問 題 知 識 試 験 制 限 時 間 30 分 受 験 会 場 受 験 番 号 氏 名 問 題 1 次 の 文 章 は 作 業 環 境 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なも のを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. < 図 1>はアプリケーションウィンドウの

More information

立ち読みページ

立ち読みページ 第 5 章 表 計 算 (Excel 2010/2007) Excelの 機 能 や 操 作 方 法 について 解 説 します 出 題 カテゴリー 表 計 算 でExcel 2010または Excel 2007を 選 択 される 方 が 対 象 です 学 習 の 前 に 143 5-1 表 の 編 集 144 5-2 関 数 の 作 成 154 5-3 ワークシートの 操 作 161 5-4 文 章

More information

コⅡ8-2 段 組 みとセクション 区 切 り 文 書 の 途 中 で 段 組 み 設 定 を 変 更 すると その 部 分 の 前 後 に セクション 区 切 り が 自 動 的 に 挿 入 され セ クション 付 けが 変 わる セクション 区 切 り 1 段 組 み セクション 区 切 りを

コⅡ8-2 段 組 みとセクション 区 切 り 文 書 の 途 中 で 段 組 み 設 定 を 変 更 すると その 部 分 の 前 後 に セクション 区 切 り が 自 動 的 に 挿 入 され セ クション 付 けが 変 わる セクション 区 切 り 1 段 組 み セクション 区 切 りを コⅡ8-1 [ コンピュータ 実 習 Ⅱ (No.8) ] [1] 段 組 み 段 組 みとは 1 ページ 内 で 文 字 を 書 く 範 囲 を 横 や 縦 にいくつかに 分 割 して 配 置 するものです 1 ページに 小 さな 文 字 で 左 右 ( 横 書 きの 場 合 )や 上 下 ( 縦 書 きの 場 合 )にびっしり 書 いてあると 読 む 際 に 1 行 ごとの 視 線 の 移 動

More information

目 次 1.データベースを 活 用 してみよう... 2 1. データベースとは...2 2. データベースの 基 本 知 識...2 3. 並 べ 替 え(1)ひとつのキー...3 4. 並 べ 替 え(2) 複 数 のキー...5 5. 並 べ 替 え(3) 色 をキー...6 6. フォーム

目 次 1.データベースを 活 用 してみよう... 2 1. データベースとは...2 2. データベースの 基 本 知 識...2 3. 並 べ 替 え(1)ひとつのキー...3 4. 並 べ 替 え(2) 複 数 のキー...5 5. 並 べ 替 え(3) 色 をキー...6 6. フォーム 2015 年 6 月 17 日 ( 一 社 ) 岡 山 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 岡 山 東 支 部 研 修 会 用 テキスト 住 まいる 岡 山 / エクセルで データベースを 活 用 してみよう 顧 客 情 報 物 件 情 報 の 登 録 管 理 並 べ 替 え フィルター 集 計 テーブル 機 能 の 活 用 賃 貸 物 件 比 較 検 討 表 を 作 って みよう 表 計 算

More information

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx Word への 貼 り 付 け (2010) 図 写 真 の 貼 り 付 け ディジタルカメラなどで 撮 った 写 真 自 分 で 作 成 した 図 などを Word の 文 書 中 に 貼 り 付 けること ができる それがファイルの 形 で 存 在 する 場 合 には 挿 入 図 にある 図 ( 右 図 ) をクリックし 開 いたダイアログボックスで 文 書 ファイルと 同 じように 読 み 込

More information

第14回

第14回 第 1 章 プレゼンテーション 学 習 目 標 (1) プレゼンテーションを 理 解 する. (2) スライドの 作 成 方 法 を 習 得 する. (3) アニメーション 効 果 の 設 定 方 法 の 習 得 する. (4) 表,SmartArt,グラフの 挿 入 方 法 を 習 得 する. (5) リハーサル 機 能 を 習 得 する. 本 章 は, 専 修 大 学 経 営 学 部 の 大 曽

More information

第 1 章 : 基 礎 グラフ... 5 1-1 領 域 の 選 択 {Ctrl}+{*}... 5 1-2 合 計 オート SUM ボタンの 活 用 と 数 式 の 選 択... 6 1-3 基 本 的 な 縦 棒 グラフの 作 成... 7 1-4 グラフスタイル デザインの 変 更... 9

第 1 章 : 基 礎 グラフ... 5 1-1 領 域 の 選 択 {Ctrl}+{*}... 5 1-2 合 計 オート SUM ボタンの 活 用 と 数 式 の 選 択... 6 1-3 基 本 的 な 縦 棒 グラフの 作 成... 7 1-4 グラフスタイル デザインの 変 更... 9 (Windows 8 Version) Excel 2013-02- 中 級 体 系 学 習 初 歩 からの PC テキスト 第 1 章 : 基 礎 グラフ... 5 1-1 領 域 の 選 択 {Ctrl}+{*}... 5 1-2 合 計 オート SUM ボタンの 活 用 と 数 式 の 選 択... 6 1-3 基 本 的 な 縦 棒 グラフの 作 成... 7 1-4 グラフスタイル デザインの

More information

Microsoft Word - 205MSPowerpoint2010-(rev_b)-小倉更新_END0228_a.docx

Microsoft Word - 205MSPowerpoint2010-(rev_b)-小倉更新_END0228_a.docx 5.1 MS-PowerPoint 2010 の 起 動 終 了 第 5 章 プレゼンテーション 1.MS-PowerPoint 2010 の 起 動 (1)マウスの 左 ボタンでスタートボタンをクリックします (2)[ す べ て の プ ロ グ ラ ム ] [Microsoft Office] [Microsoft PowerPoint 2010] の 順 にマウスをクリックすると MS-PowerPoint

More information

CD ケースを 使 って 卓 上 カレンダーにしましょう 1.CD ケースサイズの 設 定 最 初 に ワードを 起 動 して ページを 設 定 します 設 定 したテキストボックス 中 へエクセルで 作 成 したカレンダーを 挿 入 します 1.ワードを 起 動 します 2.メニューバーの[ファイ

CD ケースを 使 って 卓 上 カレンダーにしましょう 1.CD ケースサイズの 設 定 最 初 に ワードを 起 動 して ページを 設 定 します 設 定 したテキストボックス 中 へエクセルで 作 成 したカレンダーを 挿 入 します 1.ワードを 起 動 します 2.メニューバーの[ファイ 0 CD ケースを 使 って 卓 上 カレンダーにしましょう 1.CD ケースサイズの 設 定 最 初 に ワードを 起 動 して ページを 設 定 します 設 定 したテキストボックス 中 へエクセルで 作 成 したカレンダーを 挿 入 します 1.ワードを 起 動 します 2.メニューバーの[ファイル]の[ページ 設 定 ] をクリックして[ 用 紙 ]A4 [ 余 白 ]の[ 上 下 左 右

More information

■新聞記事

■新聞記事 PowerPoint2013 基 本 操 作 P.1 PowerPoint2013 基 本 操 作 1.PowerPoint2013 の 起 動... 2 2.スライドのサンプル... 3 3.スライドの 作 成... 4 4. 文 字 の 入 力 とテキストボックス... 5 5. 図 の 作 成 と 書 式 設 定... 5 6.グラフの 作 成... 6 7. 背 景 デザインと 配 色...

More information

Microsoft Word - cyuukyuuhen-2010-kaisetu.doc

Microsoft Word - cyuukyuuhen-2010-kaisetu.doc 1 Word 中 級 編 Windows Vista 対 応 Office2007 版 Windows セブン Office2010 版 の 使 い 方 (Office Office2007 との 違 い) *9 頁 Word のバージョンを 確 認 するには? [ファイル]をクリック [オプション] をクリック [Word のオプション 画 面 ]が 表 示 される 左 列 から[アドイン] をクリック

More information

Microsoft Office Excel2007(NO.2エクセル初級後編)

Microsoft Office Excel2007(NO.2エクセル初級後編) 目 次 序 章... 1 エクセル 2007 初 級 ( 後 編 ) の 目 的... 1 エクセル 2007 初 級 ( 後 編 )について... 2 表 の 編 集 ( 後 編 その1)... 2 シートの 操 作... 2 基 本 の 計 算 式 ( 後 編 )... 3 印 刷 の 基 本... 3 グラフ 作 成 の 基 本... 3 第 1 章 表 の 編 集 ( 後 編 その 1)...

More information

問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. は [ウィンドウ]メニューの 表 示 したものである {ア.[ 並

問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. は [ウィンドウ]メニューの 表 示 したものである {ア.[ 並 Microsoft Word 文 書 処 理 技 能 認 定 試 験 1 級 サンプル 問 題 知 識 試 験 制 限 時 間 30 分 受 験 会 場 受 験 番 号 氏 名 問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設

More information

JTrim

JTrim Micorsoft Word(3) Word 文 書 の 表 現 力 アップをする 機 能 として ワードアート クリップアート オー トシェイプ 等 について 文 書 リニューアルオープン を 作 成 しながら 学 ぶ ページ 罫 線 ワードアート クリップアート オート シェイプ 1. 文 書 入 力 マイドキュメントのファイル Ⅵ_Word(3) 資 料 を 開 く 書 式 を 設 定 する

More information

目 次 1.パワーポイント( パワーポイント(Power Point)で 何 ができるのか P2 2.Power Point の 基 本 2-1 新 しい Power Point の 起 動 新 規 作 成 P3 P3 2-2 保 存 済 みの Power Point ファイルを 起 動 既 存 修

目 次 1.パワーポイント( パワーポイント(Power Point)で 何 ができるのか P2 2.Power Point の 基 本 2-1 新 しい Power Point の 起 動 新 規 作 成 P3 P3 2-2 保 存 済 みの Power Point ファイルを 起 動 既 存 修 パワーポイント POWER POINT テキスト 発 行 0 目 次 1.パワーポイント( パワーポイント(Power Point)で 何 ができるのか P2 2.Power Point の 基 本 2-1 新 しい Power Point の 起 動 新 規 作 成 P3 P3 2-2 保 存 済 みの Power Point ファイルを 起 動 既 存 修 正 P3 2-3 Power Point

More information

第 4 部 数 値 表 現 による 思 考 表 1 関 数 関 数 名 称 表 記 意 味 合 計 =SUM(A2:A10) A2 から A10 までの 合 計 平 均 =AVERAGE(A2:A10) A2 から A10 までの 平 均 最 大 値 =MAX(A2:A10) A2 から A10 ま

第 4 部 数 値 表 現 による 思 考 表 1 関 数 関 数 名 称 表 記 意 味 合 計 =SUM(A2:A10) A2 から A10 までの 合 計 平 均 =AVERAGE(A2:A10) A2 から A10 までの 平 均 最 大 値 =MAX(A2:A10) A2 から A10 ま 第 15 章 Excel2 関 数 の 理 解 グラフ 作 成 作 業 内 容 タッチタイプ 練 習 結 果 の 表 で 関 数 や 合 計 の 出 し 方 とグラフ 作 成 を 行 う 1. 関 数 の 利 用 電 卓 で 関 数 ボタンを 使 うと 複 雑 な 計 算 の 結 果 を 表 示 する これと 同 じ 機 能 が Excel にも 用 意 されており ワークシート 関 数 と 呼 ぶ

More information

初級エクセル

初級エクセル 第 3 章 家 計 簿 の 作 成 1. 作 成 イメージ 家 計 簿 には 様 々な 形 式 がありますが ここでは 次 のような 家 計 簿 を 作 成 し さらに エクセルの 持 っている 便 利 な 機 能 を 使 って 見 ましょう あらかじめ 用 意 してあるエクセルのブックを 使 って 表 の 体 裁 や 家 計 簿 に 必 要 な 機 能 をいれ ていきます - 24 - 2. データの

More information

Microsoft Word - document20100428.doc

Microsoft Word - document20100428.doc Microsoft Word の 操 作 方 法 1 Microsoft Word の 起 動 次 の 手 順 で 起 動 する. スタート プログラム Microsoft Office Microsoft Office Word 2003 図 4 Microsoft Word の 起 動 -5- 2 文 字 の 入 力 方 法 2.1 ローマ 字 入 力 とかな 入 力 ローマ 字 入 力 とかな

More information

Microsoft Word - ppt_1.docx

Microsoft Word - ppt_1.docx パワポ 講 習 会 ~ひとつ 上 の 発 表 を 目 指 して~ PowerPoint は 研 究 発 表 会 会 社 でのプレゼンなどでよく 使 われているプレゼンテーションソフトの 定 番 中 の 定 番 で す! 一 つ 上 の 発 表 を 目 指 して 使 いこなせるようになろう 今 回 は 2 部 構 成 の 講 習 会 うちの 1 つです 入 門 編 として Power Point の

More information

1. エクセルでできること 第 1 章 エクセルの 基 礎 131204-EXCEL-shokyu-Ver4.0 1.1. エクセルとは EXCEL(エクセル)は 表 を 作 成 し データの 計 算 と 分 析 を 行 うソフトウェアです このよう なソフトはスプレッドシートソフトウェアと 言 わ

1. エクセルでできること 第 1 章 エクセルの 基 礎 131204-EXCEL-shokyu-Ver4.0 1.1. エクセルとは EXCEL(エクセル)は 表 を 作 成 し データの 計 算 と 分 析 を 行 うソフトウェアです このよう なソフトはスプレッドシートソフトウェアと 言 わ エクセル 初 級 目 次 第 1 章 エクセルの 基 礎 - 1-1. エクセルでできること - 1-2. エクセルの 画 面 構 成 - 4-3. 基 本 的 な 入 力 と 計 算 - 6 - 第 2 章 住 所 録 の 作 成 - 11-1. 作 成 イメージ - 11-2. 文 字 数 字 の 入 力 とセルの 幅 の 設 定 - 12-3. タイトルと 項 目 見 出 しの 設 定 - 14-4.

More information

第 10 講 プレゼンテーション 2 / 17 ページ 10-1 プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは 限 られた 時 間 空 間 で 第 三 者 に 対 して 何 らかの 情 報 を 伝 達 説 明 し 理 解 を 深 めて もらうこと です 教 育 研 究 活 動 では 研 究 レポー

第 10 講 プレゼンテーション 2 / 17 ページ 10-1 プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは 限 られた 時 間 空 間 で 第 三 者 に 対 して 何 らかの 情 報 を 伝 達 説 明 し 理 解 を 深 めて もらうこと です 教 育 研 究 活 動 では 研 究 レポー Bコース 1 / 17 ページ コンピュータリテラシー B コース 第 10 講 [ 全 15 講 ] 2011 年 度 春 学 期 基 礎 ゼミナール(コンピューティングクラス) 第 10 講 プレゼンテーション 2 / 17 ページ 10-1 プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは 限 られた 時 間 空 間 で 第 三 者 に 対 して 何 らかの 情 報 を 伝 達 説 明 し 理

More information

Microsoft Word - Excel2.docx

Microsoft Word - Excel2.docx 2014/6-7 2014 年 度 外 国 語 学 部 コンピュータ リテラシー 8.グラフの 作 成 Microsoft Excel の 基 礎 (2) 数 字 だけ 眺 めていても 分 からなかったことが グラフにしたとたん 見 えてくるといったことは 頻 繁 にある また 人 にデータを 説 明 する 際 にも グラフは 強 力 な 方 法 である Excel に 入 力 されたデータは 容

More information

Microsoft Word - 20101015_Office_弥生_活用講座テキスト.doc

Microsoft Word - 20101015_Office_弥生_活用講座テキスト.doc 8. 弥 生 会 計 Excel で 部 門 別 5 期 比 較 損 益 計 算 書 を 作 成 Excel を 活 用 すると 弥 生 会 計 で 実 現 できる 5 期 比 較 財 務 諸 表 を 一 歩 進 めて 部 門 別 の 複 数 年 度 比 較 財 務 諸 表 を 作 成 できます この 単 元 では 弥 生 会 計 で 作 成 された 資 産 表 を 元 に Excel の 統 合

More information

第 1 章 Word2010 の 基 本 1.1 ファイルボタン 実 際 にファイルから 開 いて 説 明 1.2 画 面 構 成 クイックアクセスバー タブ リボン 水 平 垂 直 ルーラー 1.3 表 示 モード 表 示 倍 率 表 示 のズームと 右 下 のズームスライダー 1.4 リボンのカ

第 1 章 Word2010 の 基 本 1.1 ファイルボタン 実 際 にファイルから 開 いて 説 明 1.2 画 面 構 成 クイックアクセスバー タブ リボン 水 平 垂 直 ルーラー 1.3 表 示 モード 表 示 倍 率 表 示 のズームと 右 下 のズームスライダー 1.4 リボンのカ 勉 強 会 目 次 パソコン 楽 しむ 会 Word2010 開 始 ページ 第 1 章 Word2010 の 基 本 2 第 2 章 文 字 の 入 力 と 編 集 3 第 3 章 文 書 作 成 の 基 本 8 第 4 章 見 やすい 文 書 の 作 成 17 第 5 章 図 形 の 作 成 と 編 集 24 第 6 章 表 とグラフの 作 成 と 編 集 28 第 7 章 文 字 入 力 の

More information

名刺作成講習

名刺作成講習 名 刺 作 成 講 習 (Word 2007 編 ) OS:Windows Vista Basic 講 習 内 容 Microsoft Word 2007 でオリジナル 名 刺 の 作 成 名 刺 用 紙 の 確 認 印 刷 用 紙 の 詳 細 を 調 べる ラベル 製 品 名 エーワン 製 品 番 号 A-ONE 51002 用 紙 サイズ A4 列 数 2 行 数 5 上 余 白 11 横 余

More information

やさしく 学 べる Word 00 スクール 標 準 教 科 書 章 末 練 習 問 題 第 章 問 題 .[ファイル]タブをクリックし [ 新 規 作 成 ] をク.[ 白 紙 の 文 書 ]が 選 択 されていることを 確 認 し [ 作 成 ]をク

やさしく 学 べる Word 00 スクール 標 準 教 科 書 章 末 練 習 問 題 第 章 問 題 <Word が 起 動 している 場 合 >.[ファイル]タブをクリックし [ 新 規 作 成 ] をク.[ 白 紙 の 文 書 ]が 選 択 されていることを 確 認 し [ 作 成 ]をク やさしく 学 べる Word 00 スクール 標 準 教 科 書 解 答 集 この 手 引 きは やさしく 学 べる Word 00 スクール 標 準 教 科 書 ( 以 下 本 書 )に 掲 載 されている 練 習 問 題 ( 章 末 練 習 問 題 および 総 合 練 習 問 題 )の 解 答 をまとめたもので 学 習 時 の 注 意 日 経 BP 社 以 下 の 点 に 注 意 して 学 習

More information

Microsoft Word - word_05.docx

Microsoft Word - word_05.docx 第 1 章 葉 書 き 作 成 と 外 国 語 の 入 力 縦 書 きのはがき 作 成 1. ページレイアウト タブの ページ 設 定 グループから 起 動 ツールボタン をク リックする 2. ページ 設 定 ダイアログボックスの 用 紙 余 白 文 字 数 と 行 数 タブをクリッ クして 指 定 されたとおり 設 定 を 行 う( 用 紙 :はがき 余 白 : 上 下 15 ミリ 左 右 :10

More information

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル]

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル] Publisher 2013 の 基 本 的 使 い 方 TO_takatsuki Publisher の 向 いている 文 書 枚 数 の 少 ない 文 書 ポスター チラシ グリーティングカード ニュースレター など 記 載 枠 画 像 などの 挿 入 枠 の 大 きさを 固 定 し 文 書 や 画 像 を 配 置 したい 文 書 文 書 を 作 成 する まず テンプレートを 探 し そこから

More information

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p4\217\315.docx)

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p4\217\315.docx) この 章 では ワークシートのデータをデータベースとして 有 効 活 用 するデータベース 機 能 (データ の 並 べ 替 え 必 要 なデータの 抽 出 集 計 機 能 など)について 学 習 します 1 データベース 形 式 の 表 データベースとは 特 定 の 目 的 で 集 められたデータの 集 まりのことです Excel のセル 範 囲 をデータベースとして 扱 うには 各 列 の 先

More information

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3456\217\3150523.docx)

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3456\217\3150523.docx) この 章 では さまざまな 数 式 を 作 成 するときに 必 要 となるセルの 参 照 の 使 い 分 けと IF 関 数 IFERROR 関 数 について 学 習 します また 関 数 の 作 成 では [ 関 数 の 引 数 ]ダイアログボックスと 関 数 オートコンプリートの 使 い 方 を 学 習 します 1 セルの 参 照 数 式 が 入 力 されているセルを 移 動 したり コピーするときに

More information

Microsoft Word - 03accessデータベース演習レジメ.doc

Microsoft Word - 03accessデータベース演習レジメ.doc Access データベース 演 習 1ワードでデータベースの 基 礎 になるテキストデータを 整 形 し 2Excel でのデータベースの 基 本 的 な 扱 いに 慣 れ さらに3Access を 用 いて クエリやリレーションシップの 概 念 を 理 解 し Excel との 連 携 を 実 践 することを 目 的 とする 題 材 としては 定 期 試 験 対 策 用 の 英 単 語 リストを

More information

エクセル(ワード)ツールバーの( 図 形 描 画 )の 説 明 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 31 オブジェクトの 選 択 41 クリップアートの 挿 入 (グループ 化 等 の 範 囲 指 定 ) 42 図

エクセル(ワード)ツールバーの( 図 形 描 画 )の 説 明 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 31 オブジェクトの 選 択 41 クリップアートの 挿 入 (グループ 化 等 の 範 囲 指 定 ) 42 図 エクセル(ワード)ツールバーの( 標 準 )の 説 明 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 1 新 規 作 成 2 開 く 3 上 書 き 保 存 4 アクセス 許 可 5 印 刷 6 印 刷 プレビュー 7 リサーチ 8 コピー 9 貼 り 付 け 10 カメラ 11 元 に 戻 す 12 ハイパーリンクの 挿 入 13 オートサム 14 昇 順 で

More information

2 / 15 ページ 第 10 講 バーコードシートの 作 成 10-1 ブック(ファイル)を 開 く 第 8 講 で 保 存 した meibo2.xlsx を 開 きましょう 10-2 データの 検 索 と 置 換 データを 検 索 したり 別 のデータに 置 き 換 えたりする 機 能 です 検

2 / 15 ページ 第 10 講 バーコードシートの 作 成 10-1 ブック(ファイル)を 開 く 第 8 講 で 保 存 した meibo2.xlsx を 開 きましょう 10-2 データの 検 索 と 置 換 データを 検 索 したり 別 のデータに 置 き 換 えたりする 機 能 です 検 1 / 15 ページ キャリアアップコンピューティング 第 10 講 [ 全 15 講 ] 2016 年 度 2 / 15 ページ 第 10 講 バーコードシートの 作 成 10-1 ブック(ファイル)を 開 く 第 8 講 で 保 存 した meibo2.xlsx を 開 きましょう 10-2 データの 検 索 と 置 換 データを 検 索 したり 別 のデータに 置 き 換 えたりする 機 能

More information

ワープロソフトウェア

ワープロソフトウェア プレゼンテーションソフト (PowerPoint) プレゼンテーションソフト プレゼンテーションソフト 発 表 会 や 会 議 などで 使 用 する 資 料 を 作 成 表 示 するため のアプリケーションソフト PowerPoint Microsoftによって 提 供 されているプレゼンテーションソフト 比 較 的 簡 単 に 見 映 えのするスライドが 作 れる 2 PowerPointの 起

More information

Microsoft Word - ms-word

Microsoft Word - ms-word 日 本 語 ワードプロセッサ 1 Microsoft Word の 概 要 コンピュータの 特 徴 の 一 つは,ソフトウェアを 入 れ 替 えて 動 作 させることにより, 種 々の 機 械 に 変 えることができることです.とくにパーソナルコンピュータは, 日 本 語 ワードプロセッサとして 使 用 されることが 多 くあります. 総 合 メディアセンターの 教 育 シ ステムでは,Microsoft

More information

Microsoft Word - No9_word3_lit_r.doc

Microsoft Word - No9_word3_lit_r.doc コンピュータ リテラシー (R クラス) 2011 年 度 第 9 回 : Word の 基 本 (3) 担 当 : 千 葉 庄 寿 (schiba@reitaku-u.ac.jp) http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~schiba/lit_r/ 1. 表 (テーブル table) 表 は 次 の 手 順 で 作 成 する 挿 入 タブの 表 ボタンを 押 してマウスで 表

More information

Microsoft Word - Excel2010Step4.doc

Microsoft Word - Excel2010Step4.doc はじめに 1 Excel の 概 要 3 1 Excel でできること 3 2 Excel の 画 面 3 2 Excel の 画 面 4 3 行 と 列 とセル 6 4 ワークブックとワークシート 6 5 マウスポインターについて 7 6 リボンが 表 示 されない 時 は 7 7 印 刷 プレビューボタンを 表 示 したい 時 は 8 8 バックステージビュー 9 第 1 章 データベース 1

More information

2 / 13 ページ 第 7 講 ビジネス 表 計 算 の 実 用 テクニック 7-1 ファイルを 開 く 第 6 講 で 保 存 したファイル internet.xlsx を 開 きましょう 数 式 が 表 示 されている 場 合 は 非 表 示 にしておきましょう 7-2 罫 線 A3:C4 A

2 / 13 ページ 第 7 講 ビジネス 表 計 算 の 実 用 テクニック 7-1 ファイルを 開 く 第 6 講 で 保 存 したファイル internet.xlsx を 開 きましょう 数 式 が 表 示 されている 場 合 は 非 表 示 にしておきましょう 7-2 罫 線 A3:C4 A 1 / 13 ページ キャリアアップコンピューティング 第 7 講 [ 全 15 講 ] 2016 年 度 2 / 13 ページ 第 7 講 ビジネス 表 計 算 の 実 用 テクニック 7-1 ファイルを 開 く 第 6 講 で 保 存 したファイル internet.xlsx を 開 きましょう 数 式 が 表 示 されている 場 合 は 非 表 示 にしておきましょう 7-2 罫 線 A3:C4

More information

<5461726F2D8347834E835A838B82C58341837E836D8E5F82CC89B130322E6A>

<5461726F2D8347834E835A838B82C58341837E836D8E5F82CC89B130322E6A> Excel でつくる アミノ 酸 の 桶 Excel のグラフ 作 成 機 能 を 使 って アミノ 酸 の 桶 を 簡 単 作 成! 表 の 作 成 データ 入 力 Excel のシートに 次 のようなデータを 入 力 します 列 幅 の 調 整 A 列 の 幅 を 一 番 長 い 文 字 列 にあわせて 広 げます 列 表 示 [A]をクリックして 選 択 状 態 にし [ 書 式 ]メニュ ーより[

More information

Microsoft PowerPoint - 140423b.ppt

Microsoft PowerPoint - 140423b.ppt はじめに 統 計 と 情 報 処 理 第 02 回 後 半 はじめに キーボードの 特 殊 なキー MS-Wowdの 基 礎 課 題 の 提 出 キーボードの 見 方 ファンクションキー Enterキー キーボードの 特 殊 なキー CapsLock キー Shiftキー コントロールキー スペースキー カーソルキー テンキー Shiftキー 特 殊 なキー 他 のキーとの 組 み 合 わせにより

More information