Slide 1

Size: px
Start display at page:

Download "Slide 1"

Transcription

1 Oracle Direct Seminar <Insert Picture Here> オラクルコンサルが 語 るSQLチューニングの 真 髄 解 決 編 Part1,2 日 本 オラクル 株 式 会 社 1

2 アジェンダ Introduction 目 的 とゴール SQLパフォーマンス 問 題 の 理 由 と 原 因 SQLパフォーマンス 問 題 の 定 義 SQLパフォーマンス 問 題 へのアプローチ SQLパフォーマンス 問 題 の 解 決 へのアプローチ 定 型 的 なSQLチューニング SQLコーディングルール 非 定 型 的 なSQLチューニング コストベース オプティマイザへのインプット 実 行 計 画 の 妥 当 性 まとめ Appendix データアクセス 方 法 表 結 合 方 法 順 序 2

3 <Insert Picture Here> Introduction 3

4 本 セミナーの 目 的 とゴール 目 的 とゴール SQLパフォーマンス 問 題 が 発 生 する 理 由 を 理 解 する SQLパフォーマンス 問 題 とは 何 かを 理 解 する SQLパフォーマンス 問 題 へのアプローチを 理 解 する SQLパフォーマンス 問 題 の 対 処 方 法 を 理 解 する 定 型 的 なSQLチューニングを 理 解 する 非 定 型 的 なSQLチューニングを 理 解 する 4

5 <Insert Picture Here> SQLパフォーマンス 問 題 の 理 由 と 原 因 5

6 SQLパフォーマンス 問 題 の 定 義 SQLパフォーマンス 問 題 = SQLのパフォーマンス 要 件 を 満 たせない 状 況 要 件 とは? レスポンス 要 件 ある 処 理 に 対 してどの 程 度 の 時 間 内 で 結 果 が 返 る 必 要 があるか スループット 要 件 単 位 時 間 毎 にどれだけの 処 理 を 並 行 して 行 う 必 要 があるか 要 件 が 満 たせない 要 因 は? 無 駄 な 処 理 本 来 想 定 していない 処 理 ( 不 要 なソート 処 理 不 要 な 関 数 の 実 行 不 要 な 表 結 合 etc)のこと 無 駄 な 待 機 処 理 をしたいのに 処 理 できずに 不 要 な 時 間 を 要 してしまう 状 態 いわゆるロック 待 ちとして 他 の 処 理 が 終 了 するまで 待 機 せざるを 得 ない 場 合 6

7 無 駄 な 処 理 無 駄 な 待 機 SQLレスポンス 時 間 は 次 の 式 で 表 すことができる SQLレスポンス 時 間 = CPU 時 間 + 待 機 時 間 = 必 要 なCPU 時 間 + 無 駄 なCPU 時 間 + 必 要 な 待 機 時 間 + 無 駄 な 待 機 時 間 無 駄 な 待 機 時 間 = 待 機 回 数 1 待 機 あたりの 平 均 待 機 時 間 7

8 なぜSQLでパフォーマンス 問 題 は 起 きるのか? 手 続 き 型 言 語 Java C Perl 問 い 合 わせ 言 語 SQL 処 理 の 方 法 を 記 述 処 理 の 内 容 を 記 述 同 一 の 処 理 内 容 に 対 して 複 数 の 記 述 方 法 が 可 能 処 理 ロジックを 意 識 しないコーディングが 可 能 データ 取 得 方 法 などの 処 理 は データベースに 任 されている 正 しい 結 果 が 返 ることには 気 にするだけでなく 処 理 の 効 率 化 やデータベース 内 での 処 理 を 意 識 する 必 要 がある 8

9 SQLパフォーマンス 問 題 へのアプローチ チューニング アプローチ SQL 文 の 記 述 方 法 が 柔 軟 でも パフォーマン ス 問 題 を 発 生 させないようにするためには 記 述 方 法 にある 程 度 守 るべきルールが 存 在 する SQLコーディングルールによるSQL 文 の 確 認 定 型 的 なチューニング 非 定 型 的 なチューニング 定 型 的 な 解 があるわけではない 頭 で 考 える 必 要 のあるSQLチューニング SQLがどのように 処 理 しているのかを 意 識 しながら 実 行 計 画 の 確 認 アーキテクチャを 意 識 したチューニング 定 型 的 なチューニング 非 定 型 的 なチュー ニングを 実 施 しても 改 善 しない 場 合 は Oracleアーキテクチャやアプリケーション アーキテクチャを 意 識 して 考 察 する 必 要 が ある SQL 文 の 実 行 状 況 処 理 状 況 をアーキテ クチャも 含 めて 確 認 9

10 <Insert Picture Here> SQLパフォーマンス 問 題 の 解 決 へのアプローチ 定 型 的 なSQLチューニング 10

11 定 型 的 なSQLチューニング 定 型 的 なSQLチューニング = 最 低 限 のSQLコーディング ルール 最 低 限 これだけは 守 って コーディングする 問 題 がおきたら 最 低 限 これだけはチェックする 予 防 チューニング 柔 軟 な 言 語 だからこそ 守 るべきルールが 存 在 する 大 きく4つのカテゴリに 分 かれる 1. アーキテクチャに 伴 う 性 能 問 題 を 避 けるためのルール 2. 使 用 方 法 やノウハウを 元 に 性 能 問 題 を 避 けるためのルール 3. 可 読 性 や 管 理 性 を 高 めるためのルール 4. 運 用 ポリシーを 考 慮 したルール 11

12 SQLコーディング ルール 1.アーキテクチャに 伴 う 性 能 問 題 を 避 けるためのルール バインド 変 数 の 使 用 指 針 理 由 WHERE 句 に 条 件 を 指 定 する 場 合 は バインド 変 数 を 使 用 する 一 般 にOLTP 系 ではバインド 変 数 を 使 用 しない 場 合 本 来 必 要 でない 再 解 析 が 多 発 し CPU 負 注 意 点 荷 の 上 昇 共 有 プール 内 の 他 SQL 用 の 解 析 結 果 を 追 い 出 すことによるDB 全 体 のスループット 低 下 を 招 く 可 能 性 が 高 くなるためです アプリケーションでSQLを 生 成 するような 場 合 には 特 に 注 意 してください SQLの 内 部 に 値 を 直 接 付 け 加 えるのではなく (JDBCであれば) setint, setstgring 等 を 使 用 し 必 ずバインド 変 数 を 使 用 してください なお このルールは 一 般 にOLTP 向 けのガイドとなります DWH 系 のシステムではバインド 変 数 を 使 用 せずに 値 データの 異 なるSQLを 共 有 させずに SQLごとに 最 適 な 実 行 計 画 で 処 理 を 行 っ た 方 が 性 能 がよい 場 合 もあります 12

13 SQLコーディング ルール 2. 使 用 方 法 やノウハウを 元 に 性 能 問 題 を 回 避 するためのルール の 例 ビューに 対 する 結 合 の 回 避 指 針 理 由 ビューとビューの 結 合 やビューと 表 の 結 合 は 避 ける このような 結 合 によりデータを 取 得 したい 場 合 はビュー 定 義 を 参 照 し ビューの 元 表 を 使 用 してSQL 文 を 記 述 する ビューを 結 合 に 用 いると データを 取 得 するために 必 要 な 本 来 の 表 以 外 にも 余 計 な 表 にアクセ スする 可 能 性 があります このような 状 況 が 生 じた 場 合 直 積 結 合 の 発 生 等 で 必 要 以 上 のデ ータアクセスが 発 生 し 性 能 問 題 が 発 生 する 可 能 性 があります 13

14 SQLコーディング ルール 3. 可 読 性 や 管 理 性 を 高 めるためのルール 管 理 用 コメントの 付 与 指 針 理 由 SQLに 管 理 用 コメント 追 加 する 管 理 コメントの 命 名 規 則 を 定 義 し それに 従 ってコメントを 記 載 す る どのモジュールからどのような 目 的 で 発 行 されたものであるかがわかるような 命 名 規 則 にして おく 必 要 がある 管 理 用 コメントを 記 載 しておくことで チューニングやデバックの 際 に 原 因 SQLを 発 行 しているプロ グラムの 特 定 が 容 易 になります また SQLの 発 行 状 況 などのトレンド 把 握 も 容 易 になります 注 意 点 管 理 用 コメントをあまりにも 細 かく 分 類 すると 解 析 情 報 を 共 有 すべき 同 一 のSQL が 同 一 でなく なってしまう 懸 念 があります プログラムやSQLを 特 定 するのに 必 要 十 分 な 区 分 で 管 理 用 コメント の 付 加 します 汎 用 的 なSQLがコメントによって 同 一 のSQL でなくなってしまっては 本 末 転 倒 です 汎 用 SQLに 対 するコメントも 命 名 規 則 も 定 義 しておく 必 要 があります 14

15 SQLコーディング ルール 4 運 用 ポリシーをコーディングに 反 映 させるルールの 例 ヒント 句 の 使 用 を 検 討 する 指 針 理 由 SQL 内 にヒント 句 の 使 用 を 検 討 する アプリケーションロジックからSQLを 外 部 ファイルに 記 載 しておいたものを 呼 び 出 す 運 用 を 行 って いるので SQLチューニングの 判 断 によりヒント 句 を 使 用 して 改 善 を 行 うことを 検 討 します SQLのパフォーマンス 管 理 は 業 務 チームが 最 終 的 に 判 断 して 行 ってください しかし 業 務 チー ムの 判 断 のみで ヒント 句 を 追 加 することは 禁 止 します 15

16 <Insert Picture Here> SQLパフォーマンス 問 題 の 解 決 へのアプローチ 非 定 型 的 なSQLチューニング - コストベース オプティマイザのインプット - 16

17 非 定 型 的 なSQLチューニング ポイント SQL 文 の 実 行 処 理 は 実 行 計 画 で 定 義 されるため CBOが 決 定 す る 実 行 計 画 の 良 し 悪 しがSQL 文 のパフォーマンスに 影 響 します SQL 文 を 適 切 な 実 行 計 画 で 実 行 させることが 非 定 型 的 なSQLチ ューニングのポイント 次 の2 点 を 理 解 することが 重 要 CBOが 何 をベースに 実 行 計 画 を 決 定 するか 実 行 計 画 の 妥 当 性 をどのように 判 断 するか 17

18 非 定 型 的 なSQLチューニング チューニングの 進 め 方 オプティマイザへの インプット 情 報 は 妥 当 か? YES オプティマイザが 生 成 した 実 行 計 画 は 適 切 か? インプット 情 報 を 修 正 できるか? NO NO YES NO STEP1 まずはCBOがどのような 情 報 を 基 に 実 行 計 画 を 決 定 するかを 理 解 します YES NO 自 身 で 実 行 計 画 を 検 討 STEP2 次 にCBOが 決 定 した 実 行 計 画 が 妥 当 であるかどうかを 判 断 するための 指 針 を 理 解 します パフォーマンスを 確 認 し 妥 当 であればチューニング 完 了 18

19 コストベース オプティマイザ コストベース オプティマイザ(CBO)はどのような 情 報 をもとに 実 行 計 画 を 決 定 するか SQLテキスト オブジェクト 構 造 CBO(コストベース オプティマイザ) パラメータ 実 行 計 画 レスポンス データの 実 態 統 計 情 報 環 境 19

20 オプティマイザへのインプット 情 報 SQLテキスト SQL 文 そのもの コーディング ルールを 遵 守 しているか 確 認 ルールに 従 っていない 箇 所 を 修 正 20

21 オプティマイザへのインプット 情 報 オブジェクト 構 造 アクセスするオブジェクトの 情 報 ディクショナリ 表 から 対 象 SQLに 関 連 するオブジェクト 情 報 ( 表 索 引 列 定 義 を 使 用 するビューのテキスト)を 収 集 し WHERE 句 条 件 に 適 した 索 引 が 作 成 されているかを 確 認 索 引 が 不 足 している 場 合 は 索 引 構 成 を 変 更 注 意 同 じ 表 を 使 用 する 他 のSQLに 影 響 するので 慎 重 に! 21

22 オプティマイザへのインプット 情 報 初 期 化 パラメータ オプティマイザがコストを 判 断 する 際 の 基 礎 情 報 オプティマイザに 影 響 を 与 えるパラメータについて V$SYS_OPTIMIZER_ENVビューより 環 境 に 適 した 値 に 設 定 されてい るか 確 認 必 要 に 応 じてパラメータ 値 を 変 更 注 意 インスタンス レベルで 設 定 値 を 変 更 する 場 合 には 全 てのSQL 文 に 影 響 を 与 えるため 十 分 な 注 意 が 必 要 です セッション レベルで 設 定 値 を 変 更 可 能 なパラメータもあるため 状 況 に 応 じて 使 い 分 けましょう 22

23 オプティマイザへのインプット 情 報 統 計 情 報 オブジェクトやデータの 状 態 を 表 す コストベース オプティマイザのコスト 計 算 に 直 接 的 に 影 響 するので デフォル ト 値 を 使 用 せず 実 データを 基 に 値 を 収 集 すること 必 要 な 統 計 情 報 が 欠 落 していないか 取 得 した 統 計 情 報 と 実 データ の 傾 向 が 乖 離 していないかどうかを 確 認 統 計 情 報 を 再 収 集 または 固 定 化 注 意 実 行 計 画 に 大 きな 影 響 を 与 えるため 再 収 集 によりSQLパフォーマンスが 悪 化 する 可 能 性 もあります 必 ず 実 行 計 画 や 性 能 の 確 認 を 行 いましょう 23

24 <Insert Picture Here> SQLパフォーマンス 問 題 の 解 決 へのアプローチ 非 定 型 的 なSQLチューニング - 実 行 計 画 の 妥 当 性 - 24

25 実 行 計 画 の 読 み 方 SQL> SELECT d.dname, e.empno, e.ename, e.job FROM emp e, dept d WHERE e.deptno = d.deptno; 順 序 Execution Plan SELECT STATEMENT Optimizer=CHOOSE (Cost=5 Card=14 Bytes=392) 3 1 HASH JOIN (Cost=5 Card=14 Bytes=392) 1 2 TABLE ACCESS (FULL) OF 'DEPT' (Cost=2 Card=4 Bytes=44) 2 3 TABLE ACCESS (FULL) OF 'EMP' (Cost=2 Card=14 Bytes=238) インデントで 整 形 されたツリー 構 造 となっている ツリー 構 造 の 深 いオペレーションから 実 行 される 同 一 のレベルであれば 上 に 表 示 されているものから 結 合 方 法 の 次 のレベルに 結 合 対 象 の 表 が 表 示 される( 結 合 操 作 ありの 場 合 ) 25

26 データアクセス 方 法 データアクセス 方 法 の 種 類 データアクセス 方 法 は 大 きく2つあります 表 を 直 接 参 照 全 表 スキャン (TABLE ACCESS FULL) データ アクセス 方 法 索 引 を 利 用 して 参 照 索 引 のレンジスキャン (INDEX RANCE SCAN) 索 引 の 一 意 スキャン (INDEX UNIQUE SCAN) 索 引 のフルスキャン (INDEX FULL SCAN) 索 引 の 高 速 フルスキャン (INDEX FAST FULL SCAN) 索 引 のスキップスキャン (INDEX SKIP SCAN) 26

27 データアクセス 方 法 表 を 直 接 参 照 データ アクセス 方 法 表 を 直 接 参 照 索 引 を 利 用 して 参 照 全 表 スキャン 索 引 のレンジスキャン 索 引 の 一 意 スキャン 索 引 のフルスキャン 索 引 の 高 速 フルスキャン 全 表 スキャン(TABLE ACCESS FULL) HWM(High Water Mark)までの 全 ブロックを 読 み 込 みます 索 引 のスキップスキャン 表 がパーティション 化 されている 場 合 一 部 のツールではTABLE ACCESS FULLとなっていても 表 全 体 にアクセスするとは 限 らず 特 定 のパーティションの みにアクセスしている 可 能 性 があります DBバッファキャッシュ AP サーバー プロセス PGA HWM ポイント1:キャッシュに 残 されない 場 合 が 多 い ポイント2: 複 数 ブロック 読 み 込 みでのI/O 回 数 ポイント3: 必 ずHWMまで の 読 みが 発 生 27

28 データアクセス 方 法 索 引 を 利 用 して 参 照 データ アクセス 方 法 表 を 直 接 参 照 索 引 を 利 用 して 参 照 全 表 スキャン 索 引 のレンジスキャン 索 引 の 一 意 スキャン 索 引 のフルスキャン 索 引 の 高 速 フルスキャン 索 引 のレンジスキャン 索 引 のスキップスキャン root INDEX RANGE SCAN B1 B2 L11 L12 L13 L21 L22 キー 値 の 範 囲 でリーフ ブロックをスキャンして 条 件 に 該 当 する 複 数 エントリを 返 します 28

29 データアクセス 方 法 索 引 を 利 用 して 参 照 データ アクセス 方 法 表 を 直 接 参 照 索 引 を 利 用 して 参 照 全 表 スキャン 索 引 のレンジスキャン 索 引 の 一 意 スキャン 索 引 のフルスキャン 索 引 の 高 速 フルスキャン 索 引 の 一 意 スキャン 索 引 のスキップスキャン root INDEX UNIQUE SCAN B1 B2 L11 L12 L13 L21 L22 条 件 に 該 当 する1エントリを 返 します UNIQUE 索 引 の 列 に 対 して 等 価 条 件 を 使 用 している 場 合 のみ 出 力 されるオペ レーションです 29

30 データアクセス 方 法 索 引 を 利 用 して 参 照 データ アクセス 方 法 表 を 直 接 参 照 索 引 を 利 用 して 参 照 全 表 スキャン 索 引 のレンジスキャン 索 引 の 一 意 スキャン 索 引 のフルスキャン 索 引 の 高 速 フルスキャン 索 引 のフルスキャン 索 引 のスキップスキャン root B1 B2 L11 L12 L13 L21 L22 INDEX FULL SCAN リーフブロックをフルスキャンして 条 件 に 該 当 するエントリを 返 します リンク 順 にスキャンするため キー 値 でソートされた 順 にエントリを 返 します 返 された 値 がソートされているため その 後 のソート 処 理 を 省 略 できる 場 合 があ ります 30

31 データアクセス 方 法 索 引 を 利 用 して 参 照 データ アクセス 方 法 表 を 直 接 参 照 索 引 を 利 用 して 参 照 全 表 スキャン 索 引 のレンジスキャン 索 引 の 一 意 スキャン 索 引 のフルスキャン 索 引 の 高 速 フルスキャン 索 引 の 高 速 フルスキャン 索 引 のスキップスキャン セグメント ヘッダ root L11 B1 L21 INDEX FAST FULL SCAN L22 B2 ツリー 構 造 を 意 識 せずに セグメント ヘッダから 順 にブロックをフルスキャンする ため 返 ってくる 値 はソートされていません マルチ ブロック リードやパラレル 実 行 を 行 うことができます 31

32 データアクセス 方 法 索 引 を 利 用 して 参 照 データ アクセス 方 法 表 を 直 接 参 照 索 引 を 利 用 して 参 照 全 表 スキャン 索 引 のレンジスキャン 索 引 の 一 意 スキャン 索 引 のフルスキャン 索 引 の 高 速 フルスキャン 索 引 のスキップスキャン 索 引 のスキップスキャン root B1 B2 L11 L12 L13 L21 L22 INDEX SKIP SCAN 複 合 索 引 の 第 1 列 目 に 対 する 条 件 指 定 がなく 2 列 目 以 降 の 列 に 対 して 条 件 指 定 があった 場 合 に 採 用 され 得 る 可 能 性 があります INDEX RANGE SCANと 比 較 すると 効 率 が 悪 いオペレーションです 32

33 セレクティビティとカーディナリティ セレクティビティとは SQLの 条 件 ( 条 件 の 組 み 合 わせ)にヒットする 行 ソースの 割 合 セレクティビティ( 選 択 率 ) = 条 件 を 適 用 した 結 果 の 行 数 / 全 体 の 行 数 計 算 方 法 は ヒストグラム( )の 有 無 により 異 なります 算 出 方 法 の 例 (ヒストグラムが 存 在 しない 場 合 ) 条 件 句 等 価 条 件 COL = X 非 等 価 条 件 COL > X 算 出 方 法 1 / NDV Number of Distinct Value ( 列 に 含 まれる 値 の 種 類 ) データが 一 様 に 分 布 していると 仮 定 するので 等 価 条 件 のセレクティビテ ィは1/NDVとして 計 算 されます (HIVAL-X+1)/(HIVAL-LOWVAL+1) 33

34 セレクティビティとカーディナリティ セレクティビティの 計 算 例 例 ) SELECT * FROM customer WHERE 性 別 = 男 性 性 別 列 は 男 性 女 性 の2 種 類 =NDVは2 SQLのセレクティビティは1/2として 計 算 されます 実 際 のデータでは 男 性 の 比 率 が10%だったとしても 50%の 割 合 で 条 件 にヒットすると 予 測 を 立 てて 実 行 計 画 を 算 出 します 顧 客 ID 顧 客 名 地 域 性 別 田 中 隆 二 関 東 男 性 井 上 みき 東 北 女 性 工 藤 朊 子 関 東 女 性 本 井 美 由 紀 九 州 女 性 日 高 千 尋 関 東 女 性 齋 藤 美 佳 関 東 女 性 若 木 泉 水 関 東 女 性 佐 々 木 千 枝 東 北 女 性 立 花 真 由 関 西 女 性 宮 原 希 美 関 東 女 性 34

35 セレクティビティとカーディナリティ カーディナリティとは 行 ソースから 戻 される 行 の 予 測 数 カーディナリティ = 表 の 行 数 セレクティビティ 例 )SELECT * FROM customer WHERE 性 別 = 男 性 1 万 行 の 表 セレクティビティは1/2 1 万 1/2=5000 行 顧 客 ID 顧 客 名 地 域 性 別 田 中 隆 二 関 東 男 性 井 上 みき 東 北 女 性 工 藤 朊 子 関 東 女 性 本 井 美 由 紀 九 州 女 性 日 高 千 尋 関 東 女 性 木 村 あかね 関 東 女 性 35

36 データアクセス 方 法 判 断 例 セレクティビティ カーディナリティの 生 成 に 必 要 セレクティビティが 低 い 場 合 条 件 列 に 索 引 が 定 義 されていると 索 引 を 使 用 してデータを 絞 り 込 む 効 果 が 高 いため 索 引 が 使 用 されやすくなる 例 )SELECT * FROM customer WHERE 性 別 = 男 性 AND 顧 客 ID= ; 前 提 : 顧 客 ID= のセレクティビティ : 性 別 = 男 性 のセレクティビティ : 0.5 顧 客 ID=1 の 条 件 を 使 用 して 先 にデータを 絞 り 込 む と 効 率 的 顧 客 ID 列 に 索 引 が 定 義 されている 場 合 には 索 引 ス キャンが 選 ばれる 可 能 性 が 高 い 顧 客 ID 顧 客 名 地 域 性 別 田 中 隆 二 関 東 男 性 井 上 みき 東 北 女 性 工 藤 朊 子 関 東 女 性 木 村 あかね 関 東 女 性 カーディナリティ 結 合 やソートオペレーションの 効 率 性 を 検 討 する 際 に 使 用 36

37 表 結 合 方 法 表 結 合 方 法 の 種 類 表 結 合 方 法 は4つ ネステッドループ 結 合 表 結 合 方 法 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 37

38 表 結 合 順 序 結 合 順 のパターン 同 時 に3つ 以 上 の 表 を 結 合 することはできない 結 合 順 序 のパターンは 表 の 数 に 依 存 する 表 結 合 順 序 EMP 表 から?DEPT 表 から?それとも 38

39 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 動 作 概 要 : 最 初 に 外 部 表 にアクセスする 外 部 表 から 戻 された 行 数 分 内 部 表 に アクセスして 条 件 に 合 致 するデータを 戻 す 外 部 表 DEPTNO DNAME 10 OracleDirect 20 RESEARCH 30 Support EMP NO 内 部 表 DEPT NO ポイント: 1. カーディナリティが 小 さい 表 を 外 部 表 とする 外 部 表 のカーディナリティが 内 部 表 の 参 照 回 数 となる 実 レコード 件 数 ではなくカーディナリティが 小 さい 表 を 外 部 表 とする 2. 内 部 表 のアクセス 効 率 を 上 げる 内 部 表 の 結 合 列 に 索 引 があると 効 率 的 内 部 表 の 結 合 列 に 索 引 がないと 内 部 表 の 全 件 検 索 を 繰 り 返 すため 効 率 が 悪 くなる 場 合 が ある DEPTNO DNAME 20 RESEARCH 外 部 ループ while { 外 部 表 から 絞 込 条 件 に 合 致 する1 行 を 取 得 する 1 行 もなければループから 抜 ける while { 内 部 ループ 内 部 表 から 絞 込 条 件 結 合 条 件 に 合 致 する1 行 を 取 得 する 取 得 した 行 を 結 果 として 返 す 1 行 もなければループから 抜 ける } } 39

40 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 実 行 計 画 例 : 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 動 作 のステップ: 1. DEPT 表 を 外 部 表 EMP 表 が 内 部 表 となる 2. DEPT 表 をフルスキャンし 条 件 (DNAME= RESEARCH )に 合 致 する 行 をフェッチする 3. 2で 取 得 する 行 数 分 4~5を 繰 り 返 す(ポイント1) 4. EMP 表 の 索 引 EMP_IX2を 索 引 レンジスキャンし(ポイント2) フェッチした 行 と 結 合 する 行 を 特 定 する 5. EMP 表 にアクセスして 特 定 した 行 を 取 得 する 40

41 表 結 合 方 法 ハッシュ 結 合 動 作 概 要 : 表 1から 抽 出 条 件 に 合 致 する 結 果 セットを 返 す 結 果 セットの 結 合 キーをもとにハッシュ 表 をPGA 内 に 作 成 する 表 2から 絞 込 条 件 に 合 致 する 結 果 セットを 返 す 結 果 セットの 結 合 キーを 順 にハッシュし ハッシュ 表 と 照 ら し 合 わせて 結 合 条 件 に 該 当 する 行 を 特 定 する ポイント: 1. カーディナリティが 小 さい 方 を 先 に 処 理 する PGA 上 に 作 成 されるハッシュ 表 が 小 さくなるため 結 合 処 理 が 効 率 的 になる 2. 一 時 表 領 域 へのI/Oが 発 生 する 可 能 性 がある ハッシュ 表 がメモリ 内 に 収 まらない 場 合 一 時 表 領 域 を 使 用 するため ディスクI/Oの 発 生 により 性 能 が 劣 化 しやすい PGA_AGGREGATE_TARGET もしくは HASH_AREA_SIZEを 考 慮 する 3. 等 価 条 件 でのみ 使 われる 結 合 条 件 が 等 価 結 合 でない( 範 囲 指 定 ) 場 合 ハッシュ 結 合 は 使 われない 4. アクセス 方 法 は 基 本 的 にフルスキャン ハッシュ 結 合 の 場 合 は 基 本 的 に 表 のフルスキャンもしく は 索 引 のフルスキャンとなります 結 合 キー 結 合 キー HASH 関 数 表 結 合 方 法 表 1 表 2 HASH 関 数 HASH 表 PGA ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 TEMP ファイル 41

42 表 結 合 方 法 ハッシュ 結 合 実 行 計 画 例 : 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 動 作 のステップ: 1. DEPT 表 をフルスキャンし 絞 込 条 件 (DNAME= RESEARCH )に 合 致 するデータを 取 り 出 す(ポイント4) 2. 結 合 キーの 値 をハッシュし ハッシュ 表 の 対 応 するパーティションに 値 を 格 納 する 3. EMP 表 をフルスキャンする(ポイント4) 4. 結 合 キーの 値 をハッシュし 該 当 するパーティションに 行 があるか 確 認 し 行 がある 場 合 に は 値 を 適 切 なパーティションに 格 納 する 5. 結 合 した 結 果 を 返 す 42

43 表 結 合 方 法 ソートマージ 結 合 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 動 作 : 表 1の 結 果 セットを 結 合 列 でPGA 内 でソートする 表 2の 結 果 セットを 結 合 列 でPGA 内 でソートする ソート 処 理 はシリアルに 実 行 されます ソート 結 果 をPGA 内 でマージして 結 果 を 返 します ポイント: 1. 一 時 表 領 域 へのI/Oが 発 生 する 可 能 性 が ある ソート 処 理 がメモリ 内 に 収 まらない 場 合 一 時 表 領 域 を 使 用 するため ディスクI/Oの 発 生 により 性 能 が 劣 化 しやすい PGA_AGGREGATE_TARGET もしくは SORT_AREA_SIZEを 考 慮 する 2. 表 1は 一 定 条 件 でソート 処 理 が 回 避 できる ( 表 2のソートは 回 避 できない) 表 1は 結 合 列 に 索 引 が 定 義 されNOT NULL 制 約 が 存 在 する 場 合 索 引 フルスキャンを 実 行 するこ とでソート 処 理 を 回 避 できる 表 2は ソートを 行 いながら 結 合 を 進 めるため ソ ート 処 理 は 回 避 できない 表 1 表 2 ソート ソート PGA TEMP ファイル 43

44 表 結 合 方 法 ソートマージ 結 合 実 行 計 画 例 : 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 動 作 のステップ: 1. DEPT 表 をフルスキャンする 2. DEPT 表 の 結 果 セットを 結 合 列 (DEPTNO)でソートする 3. EMP 表 をフルスキャンする 4. EMP 表 の 結 果 セットを 結 合 列 (DEPTNO)でソートしながら2の 結 果 と 結 合 する 44

45 表 結 合 方 法 直 積 結 合 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 動 作 概 要 : 結 果 セット1の 全 行 と 結 果 セット2の 全 行 を 直 積 ( 掛 け 算 )する 直 積 演 算 ポイント: 2つの 行 ソースに 対 する 結 合 条 件 がな い 場 合 に 直 積 が 選 択 される 結 合 条 件 にもれがないか 確 認 する 結 果 セット1 n 件 結 果 セット2 m 件 アクセス 件 数 n 件 m 件 スター スキーマ 構 造 となっているDWHシステムでは 有 効 な 場 合 がある 45

46 表 結 合 方 法 直 積 結 合 実 行 計 画 例 : 表 結 合 方 法 ネステッドループ 結 合 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 動 作 のステップ: 1. DEPT 表 をフルスキャンする 2. EMP 表 をフルスキャンする 3. 2の 結 果 セットをソートする 4. 2と4の 結 果 をマージ 46

47 実 行 計 画 を 判 断 するポイント 判 断 のポイント 分 岐 の 種 類 表 を 直 接 参 照 全 表 スキャン (TABLE ACCESS FULL) データ アクセス 方 法 索 引 を 利 用 して 参 照 索 引 のレンジスキャン (INDEX RANCE SCAN) 索 引 の 一 意 スキャン (INDEX UNIQUE SCAN) 索 引 のフルスキャン (INDEX FULL SCAN) 索 引 の 高 速 フルスキャン (INDEX FAST FULL SCAN) 索 引 のスキップスキャン (INDEX SKIP SCAN) ネステッドループ 結 合 表 結 合 方 法 ハッシュ 結 合 ソートマージ 結 合 直 積 結 合 表 結 合 順 序 EMP 表 から?DEPT 表 から?それとも 47

48 <Insert Picture Here> まとめ 48

49 最 適 化 のアプローチ SQL 単 体 の 最 適 化 それぞれの 特 性 と 考 慮 点 から 検 討 検 証 判 断 すること 適 切 な 索 引 が 作 成 されているか? 最 適 な 索 引 が 使 用 されているか? WHERE 句 条 件 が 適 切 か(コーディング 条 件 指 定 )? 表 のフルスキャンの 方 が 効 率 的 か( 索 引 を 使 用 しても10% 以 上 の 表 データアクセスなど)? ネステッドループ 結 合 で 内 部 表 のフルスキャンが 発 生 していないか? カーディナリティの 小 さい 表 から 結 合 されているか? SQLによるデータの 取 得 を 最 小 のブロックアクセスで 行 うことが 原 則 です しかしながら SQL 単 体 を 最 適 化 (レスポンス 改 善 )するアプローチだけ では 不 十 分 です 49

50 最 適 化 のアプローチ システム 全 体 の 最 適 化 実 行 計 画 の 違 いによる 必 要 リソース(CPU,メモリなど)のバランスで 判 断 サーバ 上 でOracle 以 外 のアプリケーションが 動 作 し 物 理 メモリが 圧 迫 されている ハッシュ 結 合 やソートマージ 結 合 が 同 時 に 実 行 されて 物 理 メモリが 圧 迫 されないか CPU 使 用 率 が 高 い 無 駄 なソート 処 理 がないか ネステッドループ 結 合 によりCPU 負 荷 が 高 くなっていないか SQLパフォーマンス 問 題 を 解 決 するには SQL 単 体 の 最 適 化 だけではなく システム 全 体 の 最 適 化 をふまえて 判 断 することが 重 要 である 50

51 <Insert Picture Here> Appendix 51

52 表 結 合 順 序 現 状 を 分 析 する 手 順 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする SQL 文 索 引 定 義 情 報 統 計 情 報 WHERE 句 に 含 まれている 列 結 合 されている 列 同 士 の 結 合 関 係 推 移 律 選 択 率 とカーディナリティ 2 結 合 順 序 のスタートポイントを 見 つける どれくらい 絞 れるか 絞 り 込 める 表 (スタートポイント)はどれか 52

53 表 結 合 順 序 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする SQL 文 索 引 定 義 情 報 [SQL 文 ] SELECT count(*) FROM tab1 t1, tab2 t2, tab3 t3, tab4 t4, tab5 t5 WHERE t1.id = t2.id AND t1.id = t3.id AND t2.class = t5.class AND t3.class = t4.class AND t4.flag = 'Y' AND t5.num = TO_NUMBER(:b1) AND t4.code = TO_NUMBER(:b2) AND t1.start_date <= (TO_DATE(:b3, 'yyyymmdd') + 1) AND t1.end_date > TO_DATE(:b3, 'yyyymmdd') [ 索 引 の 定 義 ] TABLE_NAME INDEX_NAME COLUMN_NAME KIND TAB1 TAB1_P1 ID Primary Key TAB1_U1 ID, END_DATE Unique Key TAB2 TAB2_PK ID,, ZONE Primary Key TAB2_I1, ID TAB2_I2 ID TAB3 TAB3_P1 ID,, DEPTH Primary Key TAB3_I1, ID TAB4 TAB4_PK CODE Primary Key TAB4_I1, CODE TAB5 TAB5_PK Primary Key TAB5_U1 DATA,, NUM Unique Key TAB5_I1 NUM, DATA 53

54 表 結 合 順 序 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする 統 計 情 報 [SQL 文 ] SELECT count(*) FROM tab1 t1, tab2 t2, tab3 t3, tab4 t4, tab5 t5 WHERE t1.id = t2.id AND t1.id = t3.id AND t2.class = t5.class AND t3.class = t4.class AND t4.flag = 'Y' AND t5.num = TO_NUMBER(:b1) AND t4.code = TO_NUMBER(:b2) AND t1.start_date <= (TO_DATE(:b3, 'yyyymmdd') + 1) AND t1.end_date > TO_DATE(:b3, 'yyyymmdd') [ 表 の 統 計 情 報 ] OWNER TABLE_NAME COLUMN_NAME NUM_ROWS NUM_DISTINCT SCOTT TAB1 ID SCOTT TAB1 START_DATE SCOTT TAB1 END_DATE SCOTT TAB2 ID SCOTT TAB SCOTT TAB3 ID SCOTT TAB SCOTT TAB4 CODE SCOTT TAB4 FLAG SCOTT TAB SCOTT TAB5 NUM SCOTT TAB

55 表 結 合 順 序 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする 登 場 するオブジェクトを 抽 出 し WHERE 句 の 列 を 書 き 出 す TAB5 NUM = :b1 TAB2 ID TAB4 CODE = :b2 FLAG = Y TAB3 ID TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 列 名 索 引 の 使 用 できる 列 55

56 表 結 合 順 序 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする 登 結 合 場 列 するオブジェクトを を 結 ぶ 抽 出 し WHERE 句 の 列 を 書 き 出 す TAB5 NUM = :b1 TAB2 ID TAB4 CODE = :b2 FLAG = Y TAB3 ID TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 列 名 索 引 の 使 用 できる 列 結 合 されている 列 56

57 表 結 合 順 序 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする 登 A=BかつB=Cであれば A=Cである 結 合 場 列 するオブジェクトを を 結 んでみる 抽 出 し WHERE 論 理 条 件 を 見 句 つける の 列 を 書 き 出 す TAB5 NUM = :b1 TAB2 ID TAB4 CODE = :b2 FLAG = Y TAB3 ID ( 推 移 律 ) TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 列 名 索 引 の 使 用 できる 列 結 合 されている 列 57

58 C:133/133=1 S:1/133 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする 登 A=BかつB=Cであれば A=Cである カーディナリティとセレクティビティを 結 合 場 列 するオブジェクトを を 結 んでみる 抽 出 し WHERE 整 論 理 する 条 件 を 見 句 つける の 列 を 書 き 出 す TAB5 C:83 万 /83 万 =1 S:1/83 万 TAB4 表 結 合 順 序 NUM = :b1 CODE = :b2 FLAG = Y C:83 万 /83 万 =1 S:1/83 万 C:133/132=1 S:1/132 C:83 万 /1=83 万 S:1/1 C:282/17=16.5 S:1/17 TAB2 ID TAB3 ID C:17442/8210=2 S:1/8210 ( 推 移 律 ) C:282/273=1 S:1/273 C:17442/274=63.5 S:1/274 C:カーディナリ S: 選 択 率 C:275/5=55 S:1/5 TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 列 名 C:275/275=1 S:1/275 C:275/1=275 S:1/1 索 引 の 使 用 できる 列 結 合 されている 列 58

59 表 結 合 順 序 現 状 を 分 析 する 手 順 1 表 の 結 合 関 係 をクリアにする SQL 文 索 引 定 義 情 報 統 計 情 報 WHERE 句 に 含 まれている 列 結 合 されている 列 同 士 の 結 合 関 係 推 移 律 選 択 率 とカーディナリティ 2 結 合 順 序 のスタートポイントを 見 つける どれくらい 絞 れるか 絞 り 込 める 表 (スタートポイント)はどれか 59

60 C:133/133=1 S:1/133 2 結 合 順 序 のスタートポイントを 見 つける 登 A=BかつB=Cであれば A=Cである どれくらい 結 合 場 列 するオブジェクトを を 結 行 んでみる が 絞 れるか 考 える 抽 出 し WHERE 論 理 条 件 を 見 句 つける の 列 を 書 き 出 す TAB5 C:83 万 /83 万 =1 S:1/83 万 TAB4 表 結 合 順 序 NUM = :b1 CODE = :b2 FLAG = Y 絞 込 みで1 件 絞 込 みで1 件 C:83 万 /83 万 =1 S:1/83 万 C:133/132=1 S:1/132 C:83 万 /1=83 万 S:1/1 C:282/17=16.5 S:1/17 TAB2 ID TAB3 ID C:17442/8210=2 S:1/8210 ( 推 移 律 ) C:282/273=1 S:1/273 絞 込 めないの で17442 件 C:17442/274=63.5 S:1/274 C:カーディナリ S: 選 択 率 絞 込 めないの で282 件 C:275/5=55 S:1/5 TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 列 名 C:275/275=1 S:1/275 絞 込 みで 0~275 件 C:275/1=275 S:1/1 索 引 の 使 用 できる 列 結 合 されている 列 60

61 C:133/133=1 S:1/133 2 結 合 順 序 のスタートポイントを 見 つける 登 A=BかつB=Cであれば A=Cである どれくらい 絞 結 り 合 場 込 列 するオブジェクトを める を 結 絞 表 んでみる れるか (スタートポイント)の 抽 出 し WHERE 候 論 補 理 を 出 条 す件 を 見 句 つける の 列 を 書 き 出 す TAB5 C:83 万 /83 万 =1 S:1/83 万 TAB4 表 結 合 順 序 NUM = :b1 CODE = :b2 FLAG = Y 絞 込 みで1 件 絞 込 みで1 件 C:83 万 /83 万 =1 S:1/83 万 C:133/132=1 S:1/132 Start Point C:83 万 /1=83 万 S:1/1 Start Point C:282/17=16.5 S:1/17 TAB2 ID TAB3 ID C:17442/8210=2 S:1/8210 ( 推 移 律 ) C:282/273=1 S:1/273 絞 込 めないの で17442 件 C:17442/274=63.5 S:1/274 C:カーディナリ S: 選 択 率 絞 込 めないの で282 件 C:275/5=55 S:1/5 TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 列 名 C:275/275=1 S:1/275 絞 込 みで 0~275 件 Start Point C:275/1=275 S:1/1 索 引 の 使 用 できる 列 結 合 されている 列 61

62 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 1つ 目 の 結 合 Execution Plan SELECT STATEMENT GOAL: CHOOSE SORT (AGGREGATE) NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (FULL) OF 'TAB1' INDEX GOAL: ANALYZED (RANGE SCAN) OF 'TAB2_PK' (UNIQUE) INDEX GOAL: ANALYZED (FULL SCAN) OF 'TAB3_I1' (NON-UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB4' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB4_PK' (UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB5' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB5_PK' (UNIQUE) フォーカスする 処 理 外 部 表 になる 行 ソース 内 部 表 になる 行 ソース 62

63 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 1つ 目 の 結 合 TAB2 ID NLアクセス X 回 X*1 件 ヒット アクセス1 回 絞 込 でX 件 ヒット 1 TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 Start Point 63

64 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 2つ 目 の 結 合 Execution Plan SELECT STATEMENT GOAL: CHOOSE SORT (AGGREGATE) NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (FULL) OF 'TAB1' INDEX GOAL: ANALYZED (RANGE SCAN) OF 'TAB2_PK' (UNIQUE) INDEX GOAL: ANALYZED (FULL SCAN) OF 'TAB3_I1' (NON-UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB4' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB4_PK' (UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB5' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB5_PK' (UNIQUE) フォーカスする 処 理 外 部 表 になる 行 ソース 内 部 表 になる 行 ソース 64

65 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 2つ 目 の 結 合 TAB2 ID NLアクセス X 回 X*1 件 ヒット アクセス1 回 絞 込 でX 件 ヒット TAB3 1 2 TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 Start Point ID NLアクセス X 回 X*63.5 件 ヒット 65

66 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 3つ 目 の 結 合 Execution Plan SELECT STATEMENT GOAL: CHOOSE SORT (AGGREGATE) NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (FULL) OF 'TAB1' INDEX GOAL: ANALYZED (RANGE SCAN) OF 'TAB2_PK' (UNIQUE) INDEX GOAL: ANALYZED (FULL SCAN) OF 'TAB3_I1' (NON-UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB4' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB4_PK' (UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB5' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB5_PK' (UNIQUE) フォーカスする 処 理 外 部 表 になる 行 ソース 内 部 表 になる 行 ソース 66

67 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 3つ 目 の 結 合 TAB2 ID NLアクセス X 回 X*1 件 ヒット アクセス1 回 絞 込 でX 件 ヒット TAB4 CODE = :b2 FLAG = Y 3 TAB3 ID NL アクセスX*63.5 回 絞 込 で2 件 ヒット 1 2 TAB1 NLアクセス X 回 X*63.5 件 ヒット ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 Start Point 67

68 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 4つ 目 の 結 合 Execution Plan SELECT STATEMENT GOAL: CHOOSE SORT (AGGREGATE) NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS NESTED LOOPS TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (FULL) OF 'TAB1' INDEX GOAL: ANALYZED (RANGE SCAN) OF 'TAB2_PK' (UNIQUE) INDEX GOAL: ANALYZED (FULL SCAN) OF 'TAB3_I1' (NON-UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB4' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB4_PK' (UNIQUE) TABLE ACCESS GOAL: ANALYZED (BY INDEX ROWID) OF 'TAB5' INDEX GOAL: ANALYZED (UNIQUE SCAN) OF 'TAB5_PK' (UNIQUE) フォーカスする 処 理 外 部 表 になる 行 ソース 内 部 表 になる 行 ソース 68

69 現 在 の 実 行 計 画 を 把 握 する 4つ 目 の 結 合 TAB5 NUM = :b1 4 TAB2 ID NLアクセス X 回 X*1 件 ヒット アクセス1 回 絞 込 でX 件 ヒット TAB4 NL アクセス2 回 絞 込 で1 件 ヒット CODE = :b2 FLAG = Y 3 TAB3 ID 1 2 TAB1 ID NLアクセス X 回 X*63.5 件 ヒット START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 Start Point NL アクセスX*63.5 回 絞 込 で2 件 ヒット 69

70 現 在 の 実 行 計 画 を 分 析 する TAB5 NUM = :b1 4 TAB2 ID NLアクセス X 回 X*1 件 ヒット アクセス1 回 絞 込 でX 件 ヒット TAB4 NL アクセス2 回 絞 込 で1 件 ヒット CODE = :b2 FLAG = Y 3 TAB3 ID 1 2 TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 Start Point 表 アクセス 回 数 カーディナリティ TAB1 1 回 X 行 NL アクセスX*63.5 回 絞 込 で2 件 ヒット NLアクセス X 回 X*63.5 件 ヒット TAB2 X 回 X 1 行 TAB3 X 回 X 63.5 行 TAB4 X 63.5 回 2 行 TAB5 2 回 1 行 70

71 現 在 の 実 行 計 画 を 分 析 する ネステッド ネステッド 4 TAB5 索 引 ユニーク 3 ネステッド TAB4 索 引 ユニーク 2 TAB1 フルスキャン ネステッド 1 TAB2 索 引 レンジスキャン TAB3 索 引 フルスキャン 表 アクセス 回 数 カーディナリティ TAB1 1 回 X 行 TAB2 X 回 X 1 行 TAB3 X 回 X 63.5 行 TAB4 X 63.5 回 2 行 TAB5 2 回 1 行 71

72 TAB5 実 行 計 画 を 検 討 する 別 のチューニング 案 NUM = :b1 TAB2 4 ID NL アクセス2 回 2*1 件 ヒット NL アクセス2 回 絞 込 で1 件 ヒット NLアクセス2 回 2*1 件 ヒット 3 2 TAB1 ID START_DATE <= :b3+1 END_DATE > :b3 TAB4 アクセス1 回 絞 込 で1 件 ヒット TAB3 ID CODE = :b2 FLAG = Y 1 Start Point NLアクセス 1 回 1*2 件 ヒット 表 アクセス 回 数 カーディナリティ TAB4 1 回 1 行 TAB3 1 回 2 行 TAB1 2 回 2 行 TAB2 2 回 2 行 TAB5 2 回 1 行 72

73 実 行 計 画 を 検 討 する 別 のチューニング 案 ネステッド ネステッド 4 TAB5 索 引 ユニーク ネステッド 3 TAB2 索 引 レンジスキャン ネステッド 2 TAB1 フルスキャン 表 アクセス 回 数 カーディナリティ TAB4 1 回 1 行 TAB4 索 引 ユニーク 1 TAB3 索 引 フルスキャン TAB3 1 回 2 行 TAB1 2 回 2 行 TAB2 2 回 2 行 TAB5 2 回 1 行 73

74 OTN ダイセミ でスキルアップ!! 一 般 的 な 技 術 問 題 解 決 方 法 などを 知 りたい! セミナ 資 料 など 技 術 コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を 御 活 用 下 さい 一 般 的 技 術 問 題 解 決 にはOTN 掲 示 版 の データベース 一 般 をご 活 用 ください OTN 掲 示 版 は 基 本 的 にOracleユーザー 有 志 からの 回 答 となるため100% 回 答 があるとは 限 りません ただ 過 去 の 履 歴 を 見 ると 質 問 の 大 多 数 に 関 してなんらかの 回 答 が 書 き 込 まれております 過 去 のセミナ 資 料 動 画 コンテンツはOTNの OTNセミナー オンデマンド コンテンツ へ ダイセミ 事 務 局 にダイセミ 資 料 を 請 求 頂 いても お 受 けできない 可 能 性 がございますので 予 めご 了 承 ください ダイセミ 資 料 はOTNコンテンツ オン デマンドか セミナ 実 施 時 間 内 にダウンロード 頂 くようお 願 い 致 します 74

75 OTNセミナー オンデマンド コンテンツ ダイセミで 実 施 された 技 術 コンテンツを 動 画 で 配 信 中!! ダイセミのライブ 感 はそのままに お 好 きな 時 間 で 受 講 頂 けます 最 新 情 報 つぶやき 中 oracletechnetjp 人 気 コンテンツは? お 勧 め 情 報 公 開 予 告 など OTN オンデマンド 掲 載 のコンテンツ 内 容 は 予 告 なく 変 更 になる 可 能 性 があります 期 間 限 定 での 配 信 コンテンツも 含 まれております お 早 めにダウンロード 頂 くことをお 勧 めいたします 75

76 Oracle エンジニアのための 技 術 情 報 サイト オラクルエンジニア 通 信 最 新 情 報 つぶやき 中 oracletechnetjp 技 術 資 料 ダイセミの 過 去 資 料 や 製 品 ホワイト ペーパー スキルアップ 資 料 などを 多 様 な 方 法 で 検 索 できます キーワード 検 索 レベル 別 カテゴ リ 別 製 品 機 能 別 コラム オラクル 製 品 に 関 する 技 術 コラムを 毎 週 お 届 けします 決 してニッチではなく 誰 もが 明 日 から 使 える 技 術 の あ そうだったん だ! をお 届 けします オラクルエンジニア 通 信 先 月 はこんな 資 料 が 人 気 でした Oracle Database 11gR2 RAC インストレーショ ン ガイド ASM 版 Microsoft Windows x86-64 Oracle Database 11gR2 旧 バージョンからのア ップグレード 76

77 オラクル クルクルキャンペーン あのOracle Database Enterprise Editionが 超 おトク!! Oracle Databaseの ライセンス 価 格 を 大 幅 に 抑 えて ご 導 入 いただけます 多 くのお 客 様 でサーバー 使 用 期 間 とされる 5 年 間 にライセンス 期 間 を 限 定 期 間 途 中 で 永 久 ライセンスへ 差 額 移 行 5 年 後 に 新 規 ライセンスを 購 入 し 継 続 利 用 5 年 後 に 新 システムへデータを 移 行 2010 年 11 月 30 日 まで Enterprise Editionはここが 違 う!! 圧 倒 的 なパフォーマンス! データベース 管 理 がカンタン! データベースを 止 めなくていい! もちろん 障 害 対 策 も 万 全! 詳 しくはコチラ お 問 い 合 わせフォーム 77

78 あなたにいちばん 近 いオラクル Oracle Direct まずはお 問 合 せください Oracle Direct 検 索 システムの 検 討 構 築 から 運 用 まで ITプロジェクト 全 般 の 相 談 窓 口 としてご 支 援 いたします システム 構 成 やライセンス/ 購 入 方 法 などお 気 軽 にお 問 い 合 わせ 下 さい Web 問 い 合 わせフォーム フリーダイヤル 専 用 お 問 い 合 わせフォームにてご 相 談 内 容 を 承 ります フォームの 入 力 には Oracle Direct Seminar 申 込 時 と 同 じ ログインが 必 要 となります こちらから 詳 細 確 認 のお 電 話 を 差 し 上 げる 場 合 がありますので ご 登 録 さ れている 連 絡 先 が 最 新 のものになっているか ご 確 認 下 さい 月 曜 ~ 金 曜 9:00~12:00 13:00~18:00 ( 祝 日 および 年 末 年 始 除 く) 78

Slide 1

Slide 1 Oracle Direct Seminar BI 脳 トレ フレームワークでBI 脳 を 鍛 える ~5W1H1T 編 ~ 日 本 オラクル 株 式 会 社 アジェンダ BIの 心 得 5W1H1T 概 要 5W1H1Tの 作 り 方 5W1H1T 作 成 演 習 問 題 無 償 技 術 サービスOracle Direct Concierge SQL Serverからの

More information

アジェンダ データベース 表 の 準 備 表 の 設 計 表 の 作 成 データのローディング Demonstration:やってみよう!データベース 表 の 作 成 アプリケーションの 作 成 アプリケーションの 作 成 レポートの 作 成 グラフの 作 成 Demonstration:やってみよ

アジェンダ データベース 表 の 準 備 表 の 設 計 表 の 作 成 データのローディング Demonstration:やってみよう!データベース 表 の 作 成 アプリケーションの 作 成 アプリケーションの 作 成 レポートの 作 成 グラフの 作 成 Demonstration:やってみよ Oracle Direct Seminar 60 分 で 見 て 分 かる! テーブル 設 計 とデータベース アプリ 開 発 の 基 礎 日 本 オラクル 株 式 会 社 アジェンダ データベース 表 の 準 備 表 の 設 計 表 の 作 成 データのローディング Demonstration:やってみよう!データベース 表 の 作 成 アプリケーションの

More information

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を 津 島 博 士 のパフォーマンス 講 座 パフォーマンス 問 題 はなぜ 起 きるのか 日 本 オラクル 株 式 会 社 製 品 事 業 統 括 本 部 ディレクター 津 島 浩 樹 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み

More information

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視 稼 働 率 100%を 目 指 す Oacl OracleDB 予 兆 監 視 日 本 エクセム 株 式 会 社 1 始 めに 提 案 の 背 景 予 兆 監 視 運 用 予 兆 監 視 の 概 要 と 効 果 トラブル 事 例 と 兆 候 分 析 予 兆 監 視 運 用 の 実 践 予 兆 監 視 運 用 の 導 入 事 例 + 安. 定. 運. 用. 2 提 案 の 背 景 : 現 状 の 運

More information

Oracle Text 概要

Oracle Text 概要 Oracle Text 概 要 日 本 オラクル 株 式 会 社 検 索 機 能 ~ テキスト 検 索 と 部 分 一 致 検 索 の 違 い 部 分 一 致 検 索 パターン マッチング 全 角 半 角 大 文 字 小 文 字 の 区 別 あり CHAR/VARCHAR2 型 のみ 検 索 対 象 となる 部 分 一 致 検 索 SELECT * FROM

More information

Slide 1

Slide 1 Oracle Direct Seminar BI 脳 トレ フレームワークでBI 脳 を 鍛 える ~ 仮 説 検 証 サイクル 編 ~ 日 本 オラクル 株 式 会 社 アジェンダ BIの 心 得 仮 説 検 証 サイクル 概 要 仮 説 検 証 における 注 意 点 仮 説 検 証 サイクル 作 成 演 習 問 題 無 償 技 術 サービスOracle

More information

Agenda こんなことはありませんか? Accessを 使 用 する 上 での 考 慮 すべき 点 Access to Oracle 移 行 のケーススタディ Access to Oracle with APEX 移 行 手 順 Appendix 2

Agenda こんなことはありませんか? Accessを 使 用 する 上 での 考 慮 すべき 点 Access to Oracle 移 行 のケーススタディ Access to Oracle with APEX 移 行 手 順 Appendix 2 Oracle Direct Seminar Accessに 限 界?WEB 化 データ 量 増 加 セキュアにするならオラクルで 日 本 オラクル 株 式 会 社 Agenda こんなことはありませんか? Accessを 使 用 する 上 での 考 慮 すべき 点 Access to Oracle 移 行 のケーススタディ Access to Oracle

More information

スライド 1

スライド 1 KeySQL 使 い 慣 れたExcelやCalcへ 簡 単 にデータを 取 り 込 める データベース 検 索 / 更 新 ツール Microsoft Excel や OpenOffice.org Calc から データベースのデータを 気 軽 に 参 照 / 更 新 マウスで 検 索 条 件 を 設 定 するだけで ExcelやCalcのワークシートにデータベースのデータを 取 り 込 め 難

More information

1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な

1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な レセプトデータ 分 析 に 関 する 教 育 プログラム 馬 場 園 明 ゼミ 1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な 分 野 での 活 用

More information

KeySQL R8.0 Release Note

KeySQL R8.0 Release Note KeySQL R8.0リリース ノート 2014 年 05 月 1 目 次 動 作 環 境... 3 インストール アンインストールに 関 して... 5 インストール... 5 ライセンスキーの 登 録... 5 修 正 パッチのインストール... 6 アンインストール... 6 KeySQL R7.0 からの 変 更 点 および 互 換 性 について... 7 新 機 能 と 変 更 点...

More information

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 5 月 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 はじめに... 3 Oracle Application Express へ 移 行 する 理 由...

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

はじめに < 本 日 のテーマ> 超 高 速 データベース Hitachi Advanced Data Binder での SQLチューニング 方 法 を 情 報 の 取 得 から 問 題 点 を 見 つけて 対 策 するまでの 流 れと チューニング 事 例 をご 紹 介 いたします 本 資 料

はじめに < 本 日 のテーマ> 超 高 速 データベース Hitachi Advanced Data Binder での SQLチューニング 方 法 を 情 報 の 取 得 から 問 題 点 を 見 つけて 対 策 するまでの 流 れと チューニング 事 例 をご 紹 介 いたします 本 資 料 db tech showcase 2015 Hitachi Advanced Data Binder 実 践 SQLチューニング 方 法 2015/06/12 株 式 会 社 日 立 製 作 所 情 報 通 信 システム 社 ITプラットフォーム 事 業 本 部 サービスイノベーション 統 括 本 部 IT 基 盤 ソリューション 本 部 DB 部 山 口 健 一 はじめに < 本 日 のテーマ>

More information

アジェンダ Oracle GoldenGateの 概 要 無 停 止 データベースアップグレード 方 法 Oracle GoldenGateを 使 った 応 用 例 まとめ 2

アジェンダ Oracle GoldenGateの 概 要 無 停 止 データベースアップグレード 方 法 Oracle GoldenGateを 使 った 応 用 例 まとめ 2 Oracle Direct Seminar アップグレードだけじゃない! Oracle GoldenGateの 真 価 日 本 オラクル 株 式 会 社 アジェンダ Oracle GoldenGateの 概 要 無 停 止 データベースアップグレード 方 法 Oracle GoldenGateを 使 った 応 用 例 まとめ 2 Oracle GoldenGate

More information

Exadata MAAベスト・プラクティス

Exadata MAAベスト・プラクティス Exadata MAAベスト プラクティス Oracle Databaseの 移 行 Doug Utzig ExadataおよびMAAベスト プラクティス 2012 年 8 月 おもなポイント 2 Exadataへの 移 行 1. 移 行 の 準 備 が 重 要 2. 正 しい 移 行 方 法 を 選 択 3. 高 速 ネットワークによる 移 行 時 間 の 削 減 3 おもなポイント 1 移 行

More information

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー 1. 基 本 情 報 1-1 CMS 利 用 にあたって 各 職 員 のPC 端 末 に 特 別 なアプリケーションなどをインストールす る 必 要 が 無 いこと(ウェブブラウザから 利 用 できること) 1-2 各 職 員 PC 端 末 から InternetExplorerを 通 じ ID PASSWORD 認 証 にてログインできるこ 1-3 閲 覧 者 のパソコン 機 種 OS ブラウザ

More information

法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法

法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法 法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法 人 税 消 費 税 の 申 告 納 税 義 務 又 は 給 与 等 に 係 る 所 得 税 の 源 泉

More information

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~ エヌシーアイ Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 について ~WebSiteScan~ エヌシーアイ 株 式 会 社 の Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 とは? エヌシーアイ 株 式 会 社 のWebアプリケーション 診 断 とは WEBサイト 新 設 もしくはリニューア ル 時 のセキュリティ 診 断 として 広 くご 利 用 頂 いております SaaS 型 サービスの 為 お

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

Meet-Me Number/Pattern の 設定

Meet-Me Number/Pattern  の 設定 45 CHAPTER Meet-Me Number/Pattern の 設 定 Meet-Me 会 議 では 電 話 番 号 の 割 り 当 てが 必 要 です Cisco CallManager Administration は ユーザがこの 機 能 を 利 用 できるように 一 連 の Meet-Me 会 議 電 話 番 号 をユーザに 通 知 しておく 必 要 があります ここでは 次 の 内

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 3 回 基 本 編 ~ Salesforceでワークフローの 申 請 画 面 を 作 成 しよう 2014 年 7 月 15 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 Salesforceで 既

More information

Accessの起動と終了

Accessの起動と終了 データベース Access2010 の 使 い 方 ここでは Microsoft Access2010 を 使 って 関 係 データベースである Access を 学 習 します Ⅰ データベースの 基 礎 データベースの 学 習 に 先 立 って すでに 作 成 してあるデータベースを 各 自 のホルダへコピー しておく 必 要 があります ここではサンプルのデータベースである database

More information

KinQサービス概要資料

KinQサービス概要資料 たよれーる 携 帯 連 絡 網 サービスのご 紹 介 2016 年 6 月 8 日 版 サービス 概 要 説 明 たよれーる 携 帯 連 絡 網 サービス とは 災 害 緊 急 時 を 含 めた 一 斉 連 絡 確 認 において 携 帯 PCから 対 象 者 に 対 して メール 配 信 と 情 報 収 集 を 行 うサービスです 株 式 会 社 NHKメディアテクノロジー KinQ.jp のOEMサービス

More information

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施 ステップアンケート 1. はじめに (1) 対 象 本 書 の 内 容 は スパイラル ( 以 下 本 サービス という ) をご 利 用 のユーザーを 対 象 としています (2) 本 書 の 目 的 本 書 では ユーザーが 本 サービスの ステップアンケート 機 能 を 理 解 し 適 切 な 設 定 が 行 えるようになること を 目 的 としています (3) 必 要 なシステム Internet

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし a2media マネージドクラウドサーバー 株 式 会 社 a2media a2media マネージドクラウドサーバーの 強 み コスト パフォーマンス 合 理 的 な 投 資 価 値 セキュア 堅 牢 な 情 報 保 護 3つの 課 題 を 同 時 に 解 決 フレキシビリティ 柔 軟 性 と 拡 張 スピード Managed マネージド Server サーバー Cloud クラウド - 1 -

More information

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段 企 業 間 部 門 間 情 報 共 有 プラットフォーム PROCENTER/C ご 紹 介 資 料 日 本 電 気 株 式 会 社 株 式 会 社 NEC 情 報 システムズ 0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation メニュー 管 理 本 部 向 け 操 作 マニュアル お 客 様 番 号 をこちらにご 記 入 ください 2016 年 1 月 4 日 発 行 最 新 のマニュアルはWebサイトでご 確 認 ください 当 システムはバージョンアップを 続 けており マニュアルも 改 訂 される 場 合 がございます 最 新 のマニュアルはWebサイトでご 確 認 ください 1 [ご 利 用 ガイド]をクリックします

More information

目 次 1.はじめに 2.ListA のソリューション(マンガ) 3. 機 能 について 4.インストール 5.メニュー 画 面 1 キーワード 検 索 連 続 実 行 2 データベース 検 索 3 ハウスリストツール 4 チェックツール 5 その 他 6 シリアルを 認 証 3 4 5 6 7 8

目 次 1.はじめに 2.ListA のソリューション(マンガ) 3. 機 能 について 4.インストール 5.メニュー 画 面 1 キーワード 検 索 連 続 実 行 2 データベース 検 索 3 ハウスリストツール 4 チェックツール 5 その 他 6 シリアルを 認 証 3 4 5 6 7 8 ユーザーズマニュアル 2016 年 6 月 10 日 エコノス 株 式 会 社 1 目 次 1.はじめに 2.ListA のソリューション(マンガ) 3. 機 能 について 4.インストール 5.メニュー 画 面 1 キーワード 検 索 連 続 実 行 2 データベース 検 索 3 ハウスリストツール 4 チェックツール 5 その 他 6 シリアルを 認 証 3 4 5 6 7 8 13 16 18

More information

目 次 1. ログイン...3 2. ユーザー 登 録...4 3. TOP...6 4. 職 員...8 (1) 職 員 の 名 刺 表 示...8 (2) 職 員 の 名 刺 一 括 ダウンロード...8 (3) 職 員 の 名 刺 帳 から 検 索...8 5. 検 索...9 (1) 氏 名

目 次 1. ログイン...3 2. ユーザー 登 録...4 3. TOP...6 4. 職 員...8 (1) 職 員 の 名 刺 表 示...8 (2) 職 員 の 名 刺 一 括 ダウンロード...8 (3) 職 員 の 名 刺 帳 から 検 索...8 5. 検 索...9 (1) 氏 名 特 許 取 得 済 み 平 成 26 年 9 月 15 日 株 式 会 社 メディケア 名 刺 ネットクラブ 画 面 説 明 書 1 目 次 1. ログイン...3 2. ユーザー 登 録...4 3. TOP...6 4. 職 員...8 (1) 職 員 の 名 刺 表 示...8 (2) 職 員 の 名 刺 一 括 ダウンロード...8 (3) 職 員 の 名 刺 帳 から 検 索...8 5.

More information

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用] お お 客 様 と 向 き 合 って をコンセプトにした 自 信 満 々のパッケージシステム システム 概 要 通 信 販 売 が 多 様 化 する 中 販 売 する 事 業 者 へのお 客 様 からの 要 望 もどんどん 高 度 化 しています それに 比 例 するかのように 事 務 処 理 が 多 様 化 し 様 々な 業 務 効 率 化 を 考 えて 営 業 していかなくてこの 先 勝 ち 残

More information

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物...

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物... 高 専 学 生 情 報 統 合 システム 入 試 教 務 業 務 機 能 の 設 計 開 発 業 務 委 託 基 本 設 計 書 ( 調 達 仕 様 書 )( 案 ) 平 成 27 年 4 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入

More information

Microsoft Word - 20130314チェック反映済み_Privacy Policy_日本語.docx

Microsoft Word - 20130314チェック反映済み_Privacy Policy_日本語.docx プライバシーポリシー( 和 訳 参 考 資 料 ) GoodData は 個 人 情 報 の 保 護 に 努 めています 本 プライバシーポリシーは 当 社 web サ イトにおいてどのようにお 客 様 の 個 人 情 報 を 取 り 扱 うかについて 説 明 します 本 プライバシー ポリシーは GoodData Corporation とその 子 会 社 が 運 営 するウェブサイトを 通 じて

More information

Oracle WebCenter Contentの卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ

Oracle WebCenter Contentの卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ Oracleホワイト ペーパー 2011 年 7 月 Oracle WebCenter Contentの 卓 越 したパ フォーマンスとスケーラビリティ はじめに Oracle WebCenter Contentは スケーラビリティとパフォーマンスに 優 れたエンタープライズ コン テ ン ツ 管 理 シ ス テ ム で す Document Management Content Publishing

More information

- 履 歴 マスタ は Access データベースのように データ 管 理 効 率 の 高 い 1 件 1 行 で 管 理 されます - 履 歴 マスタ キーワード 検 索 の 対 象 とする 列 ( 項 目 )は 任 意 に 変 更 が 可 能 本 文 でも 検 索 できます - 宛 名 ラベル

- 履 歴 マスタ は Access データベースのように データ 管 理 効 率 の 高 い 1 件 1 行 で 管 理 されます - 履 歴 マスタ キーワード 検 索 の 対 象 とする 列 ( 項 目 )は 任 意 に 変 更 が 可 能 本 文 でも 検 索 できます - 宛 名 ラベル 本 システムの 構 成 : 本 システムは Excel マクロ 言 語 にて 動 作 するアプリケーションです -システム 本 体 は 1ブック 9 シートより 構 成 されます -システムご 利 用 の 際 は Excel の マクロセキュリティ 設 定 を 有 効 にしていただく 必 要 があります 概 要 : 本 システムは FAX& 書 類 送 付 状 の 作 成 を 効 率 化 するために

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin IM- 社 内 便 ver7.2 リリース ノート 第 2 版 2016/06/02 1. はじめに (1) IM- 社 内 便 が 動 作 するには intra-mart WebPlatform / AppFramework Ver.7.2(パッチ 3) 以 上 ワークフロー 連 携 を 行 うには intra-mart WebPlatform / AppFramework advanced 以

More information

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド マルチプレキシング ( 多 重 化 ) クライアント アクセス ライセンス (CAL) の 要 件 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 Microsoft SQL Server... 2 Microsoft

More information

- 宛 名 ラベル の 元 データは ダブルクリックにより [ 確 定 ] され 転 記 エリアがピンク 色 でマークされます - 宛 名 ラベル へのデータ 転 記 先 は カーソルの 位 置 となりますので ご 注 意 ください 顧 客 マスタ は Sample フォーマットを 同 梱 社 内

- 宛 名 ラベル の 元 データは ダブルクリックにより [ 確 定 ] され 転 記 エリアがピンク 色 でマークされます - 宛 名 ラベル へのデータ 転 記 先 は カーソルの 位 置 となりますので ご 注 意 ください 顧 客 マスタ は Sample フォーマットを 同 梱 社 内 本 システムの 構 成 : 本 システムは Excel マクロ 言 語 にて 動 作 するアプリケーションです -システム 本 体 は 1ブック 9 シートより 構 成 されます -システムご 利 用 の 際 は Excel の マクロセキュリティ 設 定 を 有 効 にしていただく 必 要 があります -[シートの 保 護 ] [ブックの 保 護 ]を 適 用 していますが パスワードは 公 開

More information

PPTX002_ご紹介資料

PPTX002_ご紹介資料 太 陽 光 モニタリングサービスへの 採 用 事 例 アジェンダ 太 陽 光 発 モニタリングサービスsolamame のリニューアルに 伴 い 計 測 データの 記 録 管 理 にPI Serverを 採 用 しました その 採 用 前 評 価 とその 結 果 を 中 心 に PI Serverの 採 用 事 例 として ご 紹 介 します 会 社 及 び 事 業 の 紹 介 フィールドロジックのご

More information

WebコアCMSご紹介資料

WebコアCMSご紹介資料 FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS:Webコンテンツ 管 理 システム 株 式 会 社 富 士 通 ソーシアルサイエンスラボラトリ WebコアCMSとは WebコアCMSの 概 要 WebコアCMSの 優 位 性 1 WebコアCMSの 概 要 WebコアCMS( 1) は 散 在 するWebコンテンツを 一 元 管 理 し 簡 単 編 集 承 認 フロー

More information

経験発表

経験発表 共 通 性 を 持 つ 製 品 群 への USDMの 適 用 と 拡 張 アジェンダ 1. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 の 背 景 と 課 題 要 望 2. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 の 取 り 組 み 3. 表 現 を 拡 張 したUSDM 4. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 による 効 果 5. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 後 の 課 題

More information

2 Web ページの 文 字 サイズを 変 更 する Microsoft Internet Explorer 8 では 文 字 のサイズを 変 更 して Web ページをより 見 やすくする ことができます 文 字 のサイズを 変 更 する 場 合 は 画 像 やコントロールは 元 のサイズが 維

2 Web ページの 文 字 サイズを 変 更 する Microsoft Internet Explorer 8 では 文 字 のサイズを 変 更 して Web ページをより 見 やすくする ことができます 文 字 のサイズを 変 更 する 場 合 は 画 像 やコントロールは 元 のサイズが 維 Windows が 提 供 する Web ブラウザ(Microsoft Internet Explorer 8)の 機 能 1.Web ページをズームする 2.Web ページの 文 字 サイズを 変 更 する 3.Web ページで 使 用 される 色 を 選 択 する 4.Web ページやドキュメントで 使 用 されるフォントのスタイルやサイズを 選 択 する 5.Web ページのユーザー 補 助

More information

名 刺 データ 登 録 最 初 の 名 刺 の 登 録 の 際 には ボタンを 押 します 名 刺 登 録 画 面 が 開 きますので ボタンを 押 すと 新 規 の 登 録 画 面 が 現 れます 各 項 目 に 名 刺 データを 入 力 していきます グループは 事 前 に 登 録 したてあるも

名 刺 データ 登 録 最 初 の 名 刺 の 登 録 の 際 には ボタンを 押 します 名 刺 登 録 画 面 が 開 きますので ボタンを 押 すと 新 規 の 登 録 画 面 が 現 れます 各 項 目 に 名 刺 データを 入 力 していきます グループは 事 前 に 登 録 したてあるも 名 刺 業 務 管 理 システム 使 用 マニュアル はじめに 名 刺 管 理 用 のソフトウェアは 様 々な 種 類 のものが 販 売 されております しかしながら 操 作 が 難 しかったり 検 索 が 複 雑 であったり 入 力 が 面 倒 であったりすることが 少 なくなく なかなか 痒 いところに 手 が 届 かない 状 態 で 悩 まれている 方 が 多 いと 言 われています このソフトウェアは

More information

はじめに

はじめに 1 第 8 回 データーベース Access1 学 習 内 容 1.データベースの 概 要 2.リレーショナルデータベースの 概 要 3.データベースの 作 成 4.データシートの 操 作 はじめに 第 8 回 では,Accessを 使 ってリレーショナルデータベースの 基 本 的 な 考 え 方 やデーターベース 管 理 システムの 使 い 方 を 学 習 していきます. はじめに 2 データベースソフトにおいて

More information

Pervasive PSQL Xtreme I/O

Pervasive PSQL Xtreme I/O Pervasive PSQL Xtreme I/O 32 ビット アプリケーションのパフォーマンス 向 上 Pervasive Software ホワイト ペーパー 2009 年 12 月 目 次 技 術 的 な 概 要.... 1 XIO の 概 要.. 1 キャッシング... 1 インテリジェント 圧 縮.. 2 データの 書 き 込 み. 2 対 称 型 マルチプロセッシング(SMP)...

More information

アンリツ 研 修 センター IT 教 室 開 講 のご 案 内 社 内 や 職 場 のデータベース 管 理 に 欠 かせない Access のテクニック! 使 いこなせる 様 になれば 業 務 の 効 率 化 間 違 いなし 人 と 差 がつく 技 術 です Excel ユーザの 皆 さんへ Exc

アンリツ 研 修 センター IT 教 室 開 講 のご 案 内 社 内 や 職 場 のデータベース 管 理 に 欠 かせない Access のテクニック! 使 いこなせる 様 になれば 業 務 の 効 率 化 間 違 いなし 人 と 差 がつく 技 術 です Excel ユーザの 皆 さんへ Exc アンリツ 研 修 センター IT 教 室 開 講 のご 案 内 個 人 /グループ/ 企 業 様 向 けの IT 教 室 です 就 職 転 職 に また 社 内 の 業 務 効 率 アップに 必 ず 役 立 つ Access 専 門 の IT 教 室 です 尚 ご 要 望 により Excel 講 座 も 開 講 致 しますのでお 問 い 合 せ 下 さい IT 教 室 5つの Point Point1

More information

訪問介護勤務スケジュール作成

訪問介護勤務スケジュール作成 訪 問 介 護 勤 務 スケジュール 作 成 勤 務 表 作 成 編 (Ver. 6.0.0) Microsoft Excel 2003 対 応 Microsoft Excel 2007 対 応 Microsoft Excel 2010 対 応 こんなことができます!! 登 録 者 情 報 のチェック ( 基 本 登 録 情 報 のチェック) 対 象 月 の 情 報 チェック 勤 務 表 作 成 勤

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 情 報 分 析 演 習 (2010) Access 第 1 回 はじめに データベースソフトにおいて 世 界 市 場 のトップシェアを 占 め るORACLE 社 に データは21 世 紀 最 大 の 資 源 である という 宣 伝 コピーがあった この 言 葉 に 象 徴 されるように 現 代 の 企 業 が 抱 えるデータの 重 要 性 はますます 増 大 し 扱 うデータ 量 は 増 加 の

More information

テーブルの 関 連 付 け では いよいよバラバラだった 表 を くっつけましょう 基 本 的 に 二 つのテー ブルに 同 じ 列 のデータを 入 れて この 二 つのテーブルを 関 連 付 けます(リン クします 参 照 します) この 例 では 店 舗 情 報 と 販 売 情 報 が 店 舗

テーブルの 関 連 付 け では いよいよバラバラだった 表 を くっつけましょう 基 本 的 に 二 つのテー ブルに 同 じ 列 のデータを 入 れて この 二 つのテーブルを 関 連 付 けます(リン クします 参 照 します) この 例 では 店 舗 情 報 と 販 売 情 報 が 店 舗 コンビニのレジには 年 齢 性 別 ボタンがあるらしい(2) -ExcelでDBっぽくデータを 扱 おう- コンビニのレシートに 入 っている 情 報 コンビニのレシートに 入 っている 情 報 を Excelの 表 にしてみました データは 例 ですが 一 枚 のレシートでもいろいろな 情 報 が 入 っていますね 念 のためExcel の 教 材 シート A2 元 情 報 DB で 確 認 し

More information

このマニュアルについて このマニュアルは A8.net のご 利 用 経 験 の 有 無 に 関 係 なくご 使 用 いただけます ただし マウスの 操 作 やWWWブラウザの 操 作 など コンピュータを 使 った 基 本 的 なオペレーションを 理 解 されていることを 前 提 としています こ

このマニュアルについて このマニュアルは A8.net のご 利 用 経 験 の 有 無 に 関 係 なくご 使 用 いただけます ただし マウスの 操 作 やWWWブラウザの 操 作 など コンピュータを 使 った 基 本 的 なオペレーションを 理 解 されていることを 前 提 としています こ AS 会 員 スタートアップマニュアル 新 しいA8.netユーザのための 基 礎 知 識 および 各 機 能 の 内 容 が 示 されています AS-201107-Ver 3.0 1 このマニュアルについて このマニュアルは A8.net のご 利 用 経 験 の 有 無 に 関 係 なくご 使 用 いただけます ただし マウスの 操 作 やWWWブラウザの 操 作 など コンピュータを 使 った

More information

Microsoft Word - i_navi.txt

Microsoft Word - i_navi.txt Internet Explorer 7 留 意 事 項 ======================================================================= Internet Navigware 製 品 を Internet Explorer 7.0 で 使 用 する 場 合 の 留 意 事 項 を 以 下 現 象 ごとに 記 述 しますので ご 利 用 の

More information

スライド 1

スライド 1 リストファインダー ご 紹 介 資 料 Copyright Innovation Inc. All rights reserved. 1 リストファインダーとは WEBサイトに 来 訪 している 企 業 個 人 を 可 視 化 して ニーズの 高 い 見 込 み 顧 客 リストを 作 成 するマーケティングツール 法 人 営 業 BtoBマーケティングで450 社 の 導 入 実 績 Copyright

More information

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表 太 陽 光 発 電 協 会 販 売 規 準 住 宅 用 太 陽 光 発 電 システムの 販 売 従 事 者 が 遵 守 すべきこと [ 2015 年 1 月 2 版 ] 目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 5 回 基 本 編 ~ Salesforceで 見 積 作 成 画 面 を 作 成 しよう 2014 年 9 月 16 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 Salesforceで 見 積 画

More information

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案)

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案) 別 添 (2) 機 構 からの 指 示 により 端 末 の 設 置 異 動 又 は 廃 止 等 ( 人 事 異 動 端 末 の 増 設 又 は 廃 止 等 )を 行 う 場 合 には 端 末 のセットアップ 設 定 変 更 等 の 作 業 を 行 う また 機 器 管 理 台 帳 をその 都 度 更 新 すること (3) 代 替 機 ( 予 備 機 )についても 台 数 及 び 保 管 場 所 を

More information

Oracle 製 品 の 使 い 分 け 2016 年 4 月 日 本 電 気 株 式 会 社 クラウドプラットフォーム 事 業 部 CLUSTERPROグループ 目 次 CLUSTERPRO X と Database Agent を 使 用 するメリット CLUSTERPRO X と を 使 用 するメリット Database Agent と の 差 異 のみが 有 する 機 能 と 特 徴 製

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 参 考 マニュアル 一 覧 Hos-CanR 3.0 参 考 マニュアル 一 覧 システム 管 理 者 / 登 録 作 業 者 用 Ver. 9 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/4/20 Q&Aとトラブルシューティングの 更 新 Ver. 3 2010/6/7 Q&Aとトラブルシューティングの 更

More information

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 19 年 7 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 1. 提

More information

- 価 格 表 - Open Business 一 般 的 なお 客 様 のライセンス 購 入 はこちら Academic Open 教 育 機 関 のお 客 様 向 けに 設 定 されているライセンスです 対 象 となる 教 育 機 関 は 以 下 のwebサイトにて 検 索 可 能 です htt

- 価 格 表 - Open Business 一 般 的 なお 客 様 のライセンス 購 入 はこちら Academic Open 教 育 機 関 のお 客 様 向 けに 設 定 されているライセンスです 対 象 となる 教 育 機 関 は 以 下 のwebサイトにて 検 索 可 能 です htt オープン ライセンスではソフトウェアを 使 用 する 権 利 (ライセンス) のみを 通 常 より 安 価 にご 提 供 します お 客 様 は 取 得 したライセンス 数 分 組 織 内 に 配 布 することが 可 能 です オープン ライセンスは 5 ライセンスからのご 購 入 が 可 能 です アップグレード 保 証 を 行 っていただくための ソフトウェア アシュアランス もご 購 入 可

More information

SciFinder エラーへの対処法

SciFinder エラーへの対処法 SciFinder エラーへの 対 処 法 2016 年 3 月 18 日 改 訂 SciFinder でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/scifinder/require.html 目 次 ケース 1:SciFinder にアクセスできない... 2 ケース 2:ID

More information

ウェブアクセシビリティガイドライン

ウェブアクセシビリティガイドライン 兵 庫 県 小 野 市 ウェブアクセシビリティガイドライン 第 1 版 平 成 24 年 12 月 情 報 管 理 課 目 次 1 ガイドライン 策 定 の 目 的... 1 2 ガイドラインの 適 用 範 囲... 1 3 ウェブアクセシビリティの 必 要 性... 1 4 根 拠 となる 規 格... 1 5 配 慮 の 対 象 となる 利 用 者... 2 6 達 成 等 級 と 達 成 基

More information

Microsoft Word - IBM i Access for Web mobile_20150727.docx

Microsoft Word - IBM i Access for Web mobile_20150727.docx OS 機 能 モバイル 端 末 から IBM i へアクセス iへのwebブラウザー ベースのアクセス - IBM i Access for モバイル 対 応 - IBM i Access for Webとは 環 境 を 提 供 の 一 つの 製 品 で では と 同 時 以 Webのモバイル および 対 応 が 発 表 IBM i Access for (5770-XH2) は IBM i Access

More information

mos-user-account-guide-079778-ja.pdf

mos-user-account-guide-079778-ja.pdf My Oracle Support ユーザー アカウントの 作 成 と 管 理 日 本 オラクル 株 式 会 社 グローバル カスタマー サポート 作 成 日 : 2009 年 8 月 19 日 更 新 日 : 2014 年 5 月 23 日 バージョン: 4.4 1 目 次 My Oracle Support にサインインするユーザー アカウントを 作 成... 3 新 規 のシングル サインオンのユーザー

More information

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk SkyVisualEditorスタートアップガイド 2015 Terrasky Co., Ltd. All Rights Reserved. はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

特 徴 差 分 点 検 レセ 楽 netの 点 検 方 式 は レセ 電 データを 使 用 した 差 分 点 検 です 前 回 点 検 分 と 比 較 して データ 内 容 と 記 録 順 が 異 なる 場 合 のみ 点 検 を 行 います 追 加 されたデータの 点 検 実 施 病 名 追 加 さ

特 徴 差 分 点 検 レセ 楽 netの 点 検 方 式 は レセ 電 データを 使 用 した 差 分 点 検 です 前 回 点 検 分 と 比 較 して データ 内 容 と 記 録 順 が 異 なる 場 合 のみ 点 検 を 行 います 追 加 されたデータの 点 検 実 施 病 名 追 加 さ 日 本 医 師 会 IT 認 定 サポート 事 業 所 レセプト 電 算 化 時 代 に 対 応 する オンライン 点 検 サービス レセ 楽 net 特 徴 編 レセプト 点 検 サービス 部 369-033 埼 玉 県 児 玉 郡 上 里 町 堤 696-7 TEL:0495-35-0385 FAX:0495-35-0085 E-Mail:rezeluck@radianceware.co.jp

More information

高知大学 学生用

高知大学 学生用 高 知 大 学 学 生 用 moodle2 moodle(ムードル)は Web を 通 じて 利 用 する 授 業 サポートのシステムです 学 生 ユーザは 参 加 している 科 目 (コース)の 授 業 コンテンツを 使 って 受 講 ( 活 動 ) することができます ご 利 用 の 推 奨 ブラウザ Internet Explorer 8 以 上 Firefox 4 以 上 Google Chrome

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

Microsoft PowerPoint - KeySQL50_10g_vlo3.ppt

Microsoft PowerPoint - KeySQL50_10g_vlo3.ppt Oracle データベースとMicrosoft Excelの 連 携 ツール KeySQL 5.0 操 作 概 要 Vol. 3 更 新 マクロ 応 用 編 2004 年 7 月 テニック 株 式 会 社 はじめに > 本 資 料 の 目 的 本 資 料 では KeySQLをはじめてお 使 いになる 方 を 対 象 として Oracleクライアントのインストールから KeySQL の 基 本 的 な

More information

Oracle BI Publisher 11gの新機能

Oracle BI Publisher 11gの新機能 Oracle BI Publisher 11gの 新 機 能 Mike Donohue Director, BI Product Management 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378> Enterprise Premium 電 子 証 明 書 発 行 サービス 電 子 証 明 書 インストール 手 順 書 Ver2.2 ジャパンネット 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 4 1.1.ご 利 用 条 件... 4 1.2. 注 意 事 項 制 限 事 項... 4 2. 実 施 手 順... 5 2.1. 電 子 証 明 書 の 取 得 手 順... 5 2.2. Windows

More information

Microsoft PowerPoint - webサイト更新マニュアル20150306.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - webサイト更新マニュアル20150306.ppt [互換モード] 目 次 目 次 2 全 体 概 要 3 管 理 画 面 へのログイン 4 ページの 種 類 5 新 規 投 稿 の 流 れ 7 記 事 を 投 稿 する( 各 要 素 のパターン) 8 記 事 を 投 稿 する( 要 素 の 順 番 入 れ 替 え 削 除 の 方 法 ) 10 画 像 追 加 11 投 稿 の 編 集 14 サイドエリアの 編 集 16 投 稿 の 削 除 17 新 規 カテゴリの

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル ファイル 管 理 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに 以 下 の POWER EGG のファイル 管 理 機 能 に 関 する 操 作 を 説 明 しま す なお 当 マニュアルでは ファイル 管 理 機

More information

スライド 1

スライド 1 戦 略 的 採 用 システム 中 途 採 用 向 けサービス 紹 介 資 料 2 戦 略 的 採 用 システムとは 戦 略 的 採 用 システムは 中 途 採 用 に 関 わる 情 報 の 管 理 だけでなく 採 用 活 動 の 集 計 分 析 及 び 採 用 予 算 の 管 理 までもカバーする 応 募 者 管 理 システムです 情 報 の 一 元 管 理 による 採 用 活 動 の 効 率 化

More information

音が飛ぶ、途切れる、こんなビデオ会議はやらないほうがマシ

音が飛ぶ、途切れる、こんなビデオ会議はやらないほうがマシ 昨 今 見 られる 高 度 化 する SQL インジェクション クロスサイト スクリプティング 攻 撃 の 特 徴 従 来 の SQL インジェクション 攻 撃 クロスサイト スクリプティング 攻 撃 では メソッドや POST メ ソッドのパラメータ(クエリー) 部 分 に 攻 撃 用 文 字 列 (SQL インジェクションであれば ' or '1'='1 など) を 埋 め 込 むのが 一 般

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

<4D F736F F D2090C389AA8CA72D92F18F6F2D D F ED28CFC82AF91808DEC837D836A B E838B A815B816A2E646F6378>

<4D F736F F D2090C389AA8CA72D92F18F6F2D D F ED28CFC82AF91808DEC837D836A B E838B A815B816A2E646F6378> 1. 基 本 事 項 1.1. システムで 行 えること デジタルライブラリー では データベース 上 に 登 録 されている 様 々なカテゴリのデータを 検 索 閲 覧 できます データを 検 索 する キーワード 検 索 全 データをフリーワードで 検 索 できます 簡 易 検 索 データの 共 通 項 目 に 条 件 を 指 定 し 全 データを 横 断 して 検 索 できます 詳 細 検 索

More information

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom 平 成 25 年 度 NetCommons 活 用 研 修 会 グループウェア: 活 用 編 NetCommons 演 習 テキスト 埼 玉 県 立 総 合 教 育 センター < 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン

More information

目 次 1 ご 利 用 の 流 れ GRIDY 名 刺 CRM アプリケーションをダウンロードする GRIDY 名 刺 CRM の 設 定 ( 管 理 者 用 ) GRIDY 名 刺 CRM を 利 用 する GRIDY SFA で 名 刺

目 次 1 ご 利 用 の 流 れ GRIDY 名 刺 CRM アプリケーションをダウンロードする GRIDY 名 刺 CRM の 設 定 ( 管 理 者 用 ) GRIDY 名 刺 CRM を 利 用 する GRIDY SFA で 名 刺 GRIDY 名 刺 CRM 操 作 ガイド 2014 年 5 月 14 日 ナレッジスイート 株 式 会 社 1 目 次 1 ご 利 用 の 流 れ... 3 2 GRIDY 名 刺 CRM アプリケーションをダウンロードする... 4 3 GRIDY 名 刺 CRM の 設 定 ( 管 理 者 用 )... 8 4 GRIDY 名 刺 CRM を 利 用 する... 14 5 GRIDY SFA

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation トップエスイー 修 了 製 作 ユーザ 企 業 における 要 件 定 義 プロセスの 標 準 化 提 案 鹿 島 建 設 株 式 会 社 角 川 友 隆 t-sumikawa@kajima.com 修 了 製 作 テーマの 背 景 プロセス 改 善 検 討 課 題 業 務 プロセス 改 善 システム 開 発 プロセス 改 善 運 用 プロセス 改 善 システム 管 理 プロセス 改 善 基 盤 環

More information

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案)

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案) 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 ( 案 ) 成 田 市 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 の 主 な 業 務 内 容 及 びその 範 囲 は 本 仕 様 書 に 定 めるも のとする 1 件 名 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 2 委 託 期 間 委 託 業 務 契 約 を 締 結

More information

目 次 1. 報 告 業 務 増 大 の 背 景 2. 部 門 報 告 集 計 業 務 における 課 題 3. 報 告 書 集 計 システム のご 紹 介 4.まとめ

目 次 1. 報 告 業 務 増 大 の 背 景 2. 部 門 報 告 集 計 業 務 における 課 題 3. 報 告 書 集 計 システム のご 紹 介 4.まとめ 日 常 の 報 告 業 務 に 潜 む ムダむ ムダ をなくすためには? 基 幹 業 務 システム ワークフローでは 実 現 できない 業 務 効 率 改 善 のポイント 株 式 会 社 日 立 情 報 システムズ 新 製 品 推 進 プロジェクト 本 部 清 水 伸 洋 目 次 1. 報 告 業 務 増 大 の 背 景 2. 部 門 報 告 集 計 業 務 における 課 題 3. 報 告 書 集

More information

橡ExCtrlPDF.PDF

橡ExCtrlPDF.PDF THE Database FOR Network Computing Oracle Oracle Oracle Oracle Oracle Oracle (Oracle Object for OLE Oracle Developer) SQL Oracle8 Enterprise Edition R8.0.5 for Windows NT Oracle8 Enterprise Edition R8.0.5

More information

第 2 章 コマンドの 利 用 7 Q. 複 数 行 をコメントアウトする 指 定 はありますか A. 複 数 行 のコメントアウト 機 能 は 残 念 ながらありません Developer Studio のテキストエディタで 複 数 行 をまとめてコメントアウト([Ctrl]+[M])するか -G

第 2 章 コマンドの 利 用 7 Q. 複 数 行 をコメントアウトする 指 定 はありますか A. 複 数 行 のコメントアウト 機 能 は 残 念 ながらありません Developer Studio のテキストエディタで 複 数 行 をまとめてコメントアウト([Ctrl]+[M])するか -G WebFOCUS 上 級 コース ~ 研 修 受 講 後 のスキルアップサポート~ 最 終 更 新 日 :2014/3/18 本 資 料 は アシスト WebFOCUS 研 修 をご 受 講 いただいたお 客 様 からのご 質 問 や 研 修 ではご 案 内 できなかった 情 報 などを FAQ にまとめたものです 研 修 受 講 後 のスキルアップの 一 助 として 是 非 お 役 立 て 下 さい

More information

Instruction to Authors

Instruction to Authors ScholarOne Manuscripts オンライン 投 稿 マニュアル 1 ログイン 2 3 アカウント 作 成 4 メインメニュー 5 ダッシュボード 6 Step 1: Title(タイトル) Type( 種 別 ) Abstract( 抄 録 ) 7 Step 2: Attributes( 索 引 用 語 など) 8 Step 3: Authors & Institutions( 著 者

More information

TITLE 44 POINT VERDANA ALL CAPS

TITLE  44 POINT VERDANA ALL CAPS 暗 号 化 の 要 点 とトークナイ ゼーションに 向 けたロードマップ (PCI DSS 要 件 3 審 査 範 囲 縮 小 ) EMCジャパン 株 式 会 社 RSA 事 業 本 部 マーケティング 部 シニア マーケティング プログラム マネージャー 関 真 (makoto.seki@rsa.com) 2012 年 7 月 25 日 1 キーワード 多 重 的 セキュリティ データ 保 護 へのロードマップ

More information

CSVデータは 準 備 出 来 ましたでしょうか? 参 考 までに 今 回 は 私 CD 版 でデータを 抽 出 してみました 並 べ 替 えで アーティストの 名 前 を 選 択 し バラバラだった 並 びをアーティストごとに 並 べてみます 例 えば このように 名 前 が 1 2 件 ずつしか

CSVデータは 準 備 出 来 ましたでしょうか? 参 考 までに 今 回 は 私 CD 版 でデータを 抽 出 してみました 並 べ 替 えで アーティストの 名 前 を 選 択 し バラバラだった 並 びをアーティストごとに 並 べてみます 例 えば このように 名 前 が 1 2 件 ずつしか ヤフオク で 買 い Amazon で 販 売 するだけで 驚 くほどの 効 果 が! ヤフオクを 利 用 して 在 宅 モノ 投 資 PRICE CHECK を 利 用 している 中 で 手 に 入 れたい 商 品 ができた 場 合 一 つの 購 入 先 としてオススメしたいのが ヤフーオークション( 以 後 ヤフオク)です 今 回 ご 紹 介 するヤフオクと Amazon を PRICE CHECK

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 化 学 情 報 協 会 2012 年 4 月 改 訂 ケース1:SciFinder (Web 版 ) にアクセスできない 症 状 : ブラウザの お 気 に 入 り から SciFinder (Web 版 ) にアクセ スしている 場 合, 左 記 のエラ ー (HTTP 500 内 部 サーバー エラー)によりアクセスできな い. 解

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 履 修 履 歴 データベースの 仕 組 み 学 生 が 履 修 履 歴 を 登 録 して 企 業 へデータを 送 信 すると 企 業 担 当 者 が 履 修 履 歴 データを 見 られるようになります 不 特 定 の 企 業 に 履 修 履 歴 データが 閲 覧 されるわけではありません < 基 本 的 な 流 れ> A 社 データ ベース 応 募 企 業 へ データを 送 信 学 生 A 専

More information

Microsoft PowerPoint - 20111010_DPC研究班セミナーin名古屋.pptx

Microsoft PowerPoint - 20111010_DPC研究班セミナーin名古屋.pptx 一 歩 進 んだデータ 分 析 のために DPCデータ 分 析 に 必 要 な 最 小 知 識 北 海 道 大 学 病 院 地 域 医 療 指 導 医 支 援 センター 藤 森 研 司 2011.10.10 DPC 研 究 班 セミナーin 名 古 屋 分 析 のステップ 1. DPCデータを 分 析 可 能 な 形 にする 1. 様 式 1にDPCコードを 追 加 2. 統 合 EFファイルのデータベース

More information

アジェンダ MySQLデータベースにおける Fusion-io 社 iodrive 使 用 時 の 優 位 性 について 事 例 紹 介 ~Too many connections 2012 Smart Style Co.,Ltd. 2 / 25

アジェンダ MySQLデータベースにおける Fusion-io 社 iodrive 使 用 時 の 優 位 性 について 事 例 紹 介 ~Too many connections 2012 Smart Style Co.,Ltd. 2 / 25 MySQLデータベースにおける Fusion-io 社 iodrive 使 用 時 の 優 位 性 について 2012/07/23@GMO yours 2012 Smart Style Co.,Ltd. 1 / 25 アジェンダ MySQLデータベースにおける Fusion-io 社 iodrive 使 用 時 の 優 位 性 について 事 例 紹 介 ~Too many connections 2012

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

スライド 0

スライド 0 V8.0 新 機 能 と 改 良 機 能 のご 紹 介 2016/2/29 目 次 1. V8.0 主 な 機 能 改 良 点 2. V7.1からの 主 な 変 更 点 について 全 般 的 な 変 更 点 会 議 室 管 理 者 向 け 画 面 の 変 更 点 登 録 ユーザー 向 け 画 面 の 変 更 点 Windowsクライアント 画 面 の 変 更 点 モバイルアプリ 関 連 の 変 更

More information

XTM ログ&レポート設定ガイド

XTM ログ&レポート設定ガイド WatchGuard XTM ログ&レポート 設 定 ガイド Ver. 11.7 11.9 ウォッチガード テクノロジー ジャパン 株 式 会 社 2014 年 8 月 Rev-01 目 次 ログサーバーおよびレポートサーバーについて... 3 ログサーバー... 3 レポートサーバー... 3 注 意 点... 3 ログサーバーおよびレポートサーバーのインストール... 4 ログサーバーの 構 成...

More information

IMA&Cシステムの概要

IMA&Cシステムの概要 DC Visor v.2.0 システムの 概 要 2013/06/01 基 準 DC VISOR(デシ バイザー)は Data Center と advisor 又 は supervisor の 合 成 語 で IT 機 器 の 導 入 から 移 動 変 更 廃 棄 など 一 連 の 管 理 をデータとビジュアル 情 報 が 連 動 した( 常 に 整 合 性 を 取 った) 分 かりやすい 管 理

More information