タイトル

Size: px
Start display at page:

Download "タイトル"

Transcription

1 参 考 資 料 3-5 平 成 26 年 度 クラウド 等 の 最 先 端 情 報 通 信 技 術 を 活 用 した 学 習 教 育 システムに 関 する 実 証 別 冊 ( 案 ) 2015 年 3 月

2 目 次 はじめに ガイドブックの 目 的 及 び 概 要 ガイドブックの 目 的 学 習 教 育 クラウド プラットフォームの 概 要 ガイドブックの 適 用 範 囲 および 前 提 条 件 コンテンツとして 最 低 限 必 要 な 要 素 認 証 ユーザ 認 証 結 果 情 報 の 利 用 共 通 インターフェイス 共 通 ユーザーインターフェースの 利 用 について iframe を 利 用 した 共 通 ユーザーインターフェースの 搭 載 方 法 について 教 材 コンテンツ 画 面 上 の 終 了 ボタン 等 と 共 通 ユーザーインターフェースの 連 動 につ いて 異 なる 画 面 サイズへの 対 応 概 要 Media Queries リキッドレイアウト 個 人 情 報 概 要 HTML5の 要 素 に 関 して セキュリティ 概 要 Video 要 素 概 要 要 素 固 有 の 属 性 上 記 属 性 を 除 く IDL 属 性 とメソッド 記 述 例 外 部 リンク Audio 要 素 概 要 コンテンツとして audio 要 素 を 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 要 素 固 有 の 属 性 記 述 例 外 部 リンク Track 要 素 概 要... 21

3 3.5 Canvas 要 素 概 要 コンテンツとして canvas 要 素 を 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 要 素 固 有 の 属 性 TIPS 外 部 リンク Progress 要 素 概 要 要 素 固 有 の 属 性 記 述 例 外 部 リンク Meter 要 素 概 要 要 素 固 有 の 属 性 記 述 例 外 部 リンク MathML 概 要 コンテンツ 内 で 数 式 表 現 をする 場 合 数 式 表 現 の 代 替 案 外 部 リンク ストレージ 概 要 コンテンツとしてストレージ 系 API 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 ストレージ 系 API の 概 要 と 特 徴 ブラウザ 別 の API サポート 状 況 と 対 処 方 法 オリジン 単 位 で 保 存 されるデータ データの 消 去 プライバシーの 対 処 フォーム 概 要 コンテンツとして video 要 素 を 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 新 たなフォームコントロール 新 たな input 要 素 の 属 性 コントロールをサポートしていないブラウザの 対 処 入 力 制 約 のエラーメッセージ グラデーション 概 要 主 要 ユーザーエージェントに 向 けた 実 装 方 法 ツール Writing-mode 概 要... 37

4 プロパティに 指 定 できる 値 記 述 例 ウェブブラウザ 別 表 示 例 TIPS 外 部 リンク... 39

5 はじめに 本 書 は 平 成 26 年 度 クラウド 等 の 最 先 端 情 報 通 信 技 術 を 活 用 した 学 習 教 育 システム に 関 する 実 証 において 技 術 仕 様 検 討 の 一 環 として 作 成 した コンテンツ 作 成 者 向 けの コ ンテンツ 作 成 ガイドブック である 1

6 1. ガイドブックの 目 的 及 び 概 要 1.1 ガイドブックの 目 的 ( 以 下 ガイドブック )は 平 成 26 年 度 クラウド 等 の 最 先 端 情 報 通 信 技 術 を 活 用 した 学 習 教 育 システムに 関 する 実 証 において 検 討 を 行 った 学 習 教 育 クラウド プラットフォームについて コンテンツ 作 成 者 がコンテンツ 作 成 する 際 に 満 たすべき 要 件 を 示 すことを 目 的 とする 1.2 学 習 教 育 クラウド プラットフォームの 概 要 学 習 教 育 クラウド プラットフォームの 概 要 を 図 1-1 に 示 す 図 1-1 学 習 教 育 クラウド プラットフォームの 概 要 1.3 ガイドブックの 適 用 範 囲 および 前 提 条 件 学 習 教 育 クラウド プラットフォームは 前 項 で 示 した 各 機 能 をパブリック クラウド サービス(IaaS) 上 で 実 現 することを 前 提 とする 教 育 用 コンテンツの 規 格 としては HTML5 を 採 用 した HTML5 とは WWW に 関 する 各 2

7 種 技 術 の 標 準 化 を 進 める 団 体 である W3C により 策 定 が 進 められている HTML の 最 も 新 しい 標 準 規 格 である ただ 広 義 には 厳 密 に W3C が 定 義 した HTML5 仕 様 のみではなく Web API と 呼 ばれるウェブアプリケーション 向 けの 機 能 に 関 わる 規 格 と CSS3 と 呼 ばれる 表 示 に 関 わる 規 格 など ウェブ 技 術 全 般 の 急 速 な 進 化 を 指 すことが 多 い HTML5 の 規 格 自 体 は W3C によりほぼ 策 定 を 終 えたと 言 える 一 方 ブラウザの 対 応 は 進 行 中 で ブラウザの 種 類 やバージョンによって 実 装 のレベルは 異 なっている このため HTML5 の 規 格 に 厳 密 に 則 ってコンテンツを 制 作 したとしても すべてのブラ ウザで 正 常 に 動 作 するわけではないのが 現 状 である 本 事 業 では HTML5 のコンテンツを 制 作 する 上 で W3C の 策 定 した 仕 様 を 前 提 としてい るが ブラウザの 差 異 に 対 する 対 応 等 コンテンツに 共 通 するノウハウはドキュメントにま とめて 共 有 することとし を 制 作 した また 共 通 インターフ ェースやユーザー 認 証 学 習 記 録 データの 書 き 出 しなど 本 事 業 のプラットフォームに 適 合 させるための 基 準 も 必 要 であり それらもにまとめた 3

8 2. コンテンツとして 最 低 限 必 要 な 要 素 本 事 業 のコンテンツは 共 通 のシステム 上 で 動 作 する そのため コンテンツには コンテ ンツ 本 体 の 他 にシステムとの 接 続 のために 指 定 のファイルを 含 める 必 要 がある 本 章 では 共 通 システムとの 接 続 に 必 要 なファイルの 説 明 と 個 別 のコンテンツ 毎 に 必 要 なカスタマイズについて 記 述 する 2.1 認 証 ユーザ 認 証 結 果 情 報 の 利 用 以 下 のコードを JavaScript ファイル 内 に 記 述 (ペースト)する 記 述 例 var binit = false; var ocomif = null; var szvendorpfx = "Comp1"; var szproductpfx = 'Product1'; var ncomiftype = ComIF.typeMin; var szcomifcolor = 'b'; var szapproom = 'A'; var bgroup = false; var szname = ' 匿 名 '; document.onreadystatechange = function () { if (document.readystate == "complete") { init(); ; window.onunload = function() { if (ocomif!= null) { ocomif.closebar(); ocomif = null; ; function init() { if (binit == false) { binit = true; ocomif = new ComIF(szVendorPfx, szproductpfx, ncomiftype, szcomifcolor, szapproom, bgroup); ocomif.loadbar(function(szres) { if (szres!== 'success') { alert(szres); else { ocomif.getauthorizedinfo(szvendorpfx, szproductpfx, function(szres) { if (szres!== 'success') { alert(szres); 4

9 else { ); ); var arauthinfo = ocomif.getuserinfo(); // szname = arauthinfo.uname; で 取 得 可 能 なユーザー 認 証 結 果 情 報 は 以 下 となる group org jaorg gr cl uname jauname opid aff // ユーザー 認 証 機 能 による 学 校 間 連 携 用 グループ 情 報 // 半 角 文 字 組 織 名 称 情 報 // 全 角 文 字 組 織 名 称 情 報 // 学 年 情 報 // クラス 情 報 // 半 角 文 字 ユーザー 表 示 名 情 報 // 全 角 文 字 ユーザー 表 示 名 情 報 // 学 外 一 意 ユーザー(ID ハッシュ 化 ) 情 報 // 教 員, 保 護 者, 生 徒 識 別 情 報 の 例 では getuserinfo() が 返 した 連 想 配 列 から uname 項 目 を szname 変 数 に 格 納 している 認 証 システムに 関 連 するポリシーから 必 ず 全 ての 情 報 が 参 照 可 能 とは 限 らない 教 材 コ ンテンツによっては null 値 となる 項 目 が 混 在 することがある opid は ユーザー 認 証 フェデレーションの 範 囲 内 にて 一 意 性 および 永 続 性 が 保 証 さ れる 情 報 である 各 項 目 のフォーマット 等 に 関 しては ユーザー 認 証 機 能 より 提 供 される 仕 様 書 等 を 参 照 す ること student / teacher / parent 等 2.2 共 通 インターフェイス 共 通 ユーザーインターフェースの 利 用 について HTML5 教 材 コンテンツ 画 面 上 に 共 通 ユーザーインターフェース 機 能 を 搭 載 する 手 順 に ついて 説 明 する 共 通 ユーザーインターフェースは 所 謂 ツールバー として 教 材 コンテンツ 画 面 に 被 る 形 で ブラウザのクライアント 領 域 下 部 の 高 さ 値 42 ピクセル を 占 有 する パラメータにて クライアント 領 域 下 部 の 全 幅 を 占 有 するか または 右 端 の 最 低 利 用 域 のみとするかを 選 択 できる クライアント 領 域 下 部 を 占 有 する 要 件 が 教 材 コンテンツに 不 都 合 な 場 合 には iframe を 5

10 併 用 することで 描 画 領 域 の 重 なりに 関 する 問 題 を 回 避 することも 可 能 である (1) ファイル 構 成 とライブラリの 読 み 込 み 定 義 1 教 材 コンテンツのファイル 構 成 について 3 種 のファイル(my_app.html / my_app.css / my_app.js)にて 教 材 コンテンツが 構 成 さ れること(2 参 照 )を 前 提 に 以 降 の 説 明 をする 既 存 の 教 材 コンテンツにおいて js (Java Script)プログラムを 別 ファイルとしては 持 たずに html 内 に 記 述 している 場 合 には 該 当 箇 所 に 対 する 説 明 として 読 み 替 えること また js プログラムを 一 切 含 まない 教 材 コンテンツの 場 合 には 新 たに my_app.js ファイルを 作 成 し script タ グを 以 下 のように <head> </head> タグ 間 等 に 加 えること [ 例 ] <script type="text/javascript" src= my_app.js ></script> ( 上 記 では my_app.html と 同 じ PATH 内 に my_app.js 名 の Java Script ファ イルを 設 置 している) 2 共 通 ユーザーインターフェースを 利 用 するには 以 下 の 2 行 を </head> 前 のどこか もしくは </body> と </html> の 間 に 記 述 する <link rel="stylesheet" href= https://comif.ledup.jp/cdn/sdk/comuif.css /> <script type="text/javascript" src= https://comif.ledup.jp/cdn/sdk/comuif.js ></script> 複 数 の HTML ファイルにて 構 成 される 教 材 コンテンツの 場 合 には それぞれの HTML ファイルに 上 記 定 義 を 加 えること また 2 以 降 で 説 明 される 作 業 も 同 じよ うにおこなう 必 要 がある ドメイン 名 や PATH 等 については 今 後 変 更 される 場 合 がある また 教 材 コン テンツを 配 置 するプラットフォームが 複 数 存 在 する 場 合 には プラットフォーム 毎 の 指 定 ドメイン 名 や PATH 等 に 書 き 換 えた 上 で 教 材 コンテンツの 配 置 をお 願 いする 可 能 性 が 考 えられる ここまでの 説 明 にて my_app.html の <head> タグ 内 定 義 は 以 下 のようになる 6

11 <head> <link rel="stylesheet" href= https://comif.ledup.jp/cdn/sdk/comuif.css" /> <link rel="stylesheet" href= my_app.css /> <script type="text/javascript" src= https://comif.ledup.jp/cdn/sdk/comuif.js ></script> <script type="text/javascript" src= my_app.js ></script> </head> <body> (2) ユーザー 識 別 情 報 教 材 コンテンツ 識 別 情 報 の 登 録 https://comif.ledup.jp/secure/user/ にアクセスし ユーザー 識 別 情 報 および 教 材 コン テンツ 識 別 情 報 を 登 録 する 上 記 ページを 利 用 するには 別 途 提 供 されるユーザー 認 証 システムへの ID, パスワード が 必 要 である ユーザー 識 別 情 報 のユーザーとは 共 通 ユーザーインターフェース 機 能 を 利 用 する 教 材 コンテンツを 提 供 される 方 を 指 す (3) JavaScript プログラムの 記 述 ( 既 存 JavaScript プログラムへの 追 記 ) 以 下 のコードを JavaScript ファイル 内 に 記 述 (ペースト)する (JavaScript コードが 無 い 教 材 コンテンツの 場 合 には 先 に 作 成 した my_app.js ファイル 内 に 記 述 する ) 記 述 例 7

12 var binit = false; var ocomif = null; var szvendorpfx = "Comp1"; // Comp1 に(2)で 登 録 した ユーザー 識 別 情 報 を 記 述 (ア) var szproductpfx = 'Product1'; // Product1 に(1)で 登 録 した 教 材 コンテンツ 識 別 情 報 を 記 述 (イ) var ncomiftype = ComIF.typeMin; // 共 通 ユーザーインターフェースのタイプや 利 用 機 能 の 指 定 (ウ) var szcomifcolor = 'b'; // 共 通 I/F の 色 ( 黄 (y), 青 (b), 赤 (r))の 指 定 (エ) var szapproom = 'A'; var bgroup = false; var szname = ' 匿 名 '; document.onreadystatechange = function () { if (document.readystate == "complete") { init(); ; window.onunload = function() { if (ocomif!= null) { ocomif.closebar(); ocomif = null; ; function init() { if (binit == false) { binit = true; ocomif = new ComIF(szVendorPfx, szproductpfx, ncomiftype, szcomifcolor, szapproom, bgroup); ocomif.loadbar(function(szres) { if (szres!== 'success') { alert(szres); else { ocomif.getauthorizedinfo(szvendorpfx, szproductpfx, function(szres) { if (szres!== 'success') { alert(szres); else { var arauthinfo = ocomif.getuserinfo(); szname = arauthinfo.uname; ); ); (ア)(イ) 共 登 録 済 みの 識 別 情 報 を 設 定 する 必 要 がある 8

13 (エ)にて 青 赤 黄 のいずれかで 共 通 ユーザーインターフェースの 色 を 指 定 する 教 材 コンテンツにて 既 に document.onreadystatechange window.onunload イベントをフ ックされている 場 合 には 既 存 のプログラム 内 に 前 頁 の 記 述 例 部 を 追 記 すること JQuery 等 を 利 用 されている 場 合 には document.onreadystatechange window.onunload イベントフック 部 を 読 み 替 えて 参 照 すること 尚 共 通 ユーザインターフェースでは JQuery 等 のライブラリを 一 切 利 用 していない (4) 共 通 ユーザーインターフェースへのパラメータ 共 通 ユーザーインターフェースの 利 用 機 能 やタイプについては(ウ)にて 設 定 する ( 今 後 変 更 や 追 加 が 予 定 される 情 報 である) ComIF.typeMin //リアルタイム Web 機 能 を 利 用 しない ComIF.typeDef //リアルタイム Web 機 能 を 最 低 限 利 用 (IWB 連 携, 防 災 アラートにて 利 用 ) ComIF.typeFloating // 共 通 ユーザーインターフェースのツールバーを 画 面 右 下 に 最 低 限 のサイズで 表 示 ( 設 定 例 ) var ncomiftype = ComIF.typeMin ComIF.typeFloating; // 上 記 2つを 共 に 指 定 なお 平 成 26 年 度 事 業 における 実 証 環 境 では リアルタイム Web 機 能 を 利 用 しないこと となった ついては 上 記 パラメータの ComIF.typeDef は 利 用 せずに 必 ず ComIF.typeMin を 指 定 すること iframe を 利 用 した 共 通 ユーザーインターフェースの 搭 載 方 法 について 画 面 レイアウトへの 影 響 等 にて 教 材 コンテンツが 全 てのクライアント 領 域 を 占 有 する 必 要 がある 場 合 には 教 材 コンテンツを iframe 内 に 読 み 込 むことで 共 通 ユーザーインターフ ェース 機 能 を 搭 載 することが 可 能 である ここでは サンプル https://comif-test.ledup.jp/secure/example/rp_test/cifwrapper.html をベ ースに 説 明 する (1) 共 通 ユーザーインターフェース 搭 載 iframe 教 材 コンテンツラッパーの 利 用 以 下 の 手 順 にて 利 用 できる (2)の 内 容 を 参 考 に ユーザー 識 別 情 報 および 教 材 コンテンツ 識 別 情 報 を 登 録 する 2 サンプル rp_test フォルダー 内 の cifcontwrapper.html を 既 存 教 材 コンテンツの トップページファイルのパス 下 に 配 置 し cifcontwrapper.html をエディタで 開 く 3 以 下 の 2 行 に1での 登 録 情 報 を 設 定 する var cif_szvendorpfx = "; // 企 業 情 報 ) 共 通 ユーザーI/F MBaaS 利 用 情 報 管 理 に て 登 録 したプリフィクスを 渡 す 9

14 var cif_szproductpfx = "; // 教 材 コンテンツ 情 報 )< 上 記 同 様 > 4 共 通 ユーザーインターフェースの 色 等 必 要 に 応 じ 他 のパラメータを 調 整 する 5 教 材 コンテンツのトップページのファイル 名 が index.html では 無 い 場 合 には 以 下 の index.html 部 を 書 き 換 える <iframe id="contframe" src="index.html" frameborder="0"></iframe> 6 ブラウザにて cifcontwrapper.html にアクセスし 動 作 を 検 証 する (2) iframe ラッパー 利 用 時 の 注 意 点 教 材 コンテンツ 内 に target= _top 等 の iframe から 脱 出 するリンク 定 義 が 混 じる 場 合 には 該 当 箇 所 を 変 更 いただく 等 の 対 応 が 要 求 されることが 考 えられる 教 材 コンテンツ 画 面 上 の 終 了 ボタン 等 と 共 通 ユーザーインターフェースの 連 動 に ついて 教 材 コンテンツ 画 面 上 に 学 習 を 終 了 するためのボタン 等 が 設 置 されている 場 合 共 通 ユ ーザーインターフェースの マイポータル 画 面 への 復 帰 ボタン や ログアウトボタン と 連 動 させることが 可 能 である (1) 教 材 コンテンツと 共 通 ユーザーインターフェースの 連 動 ここでは サンプル https://comif-test.ledup.jp/secure/example/cifcontmsg/ をベースに 説 明 する 共 通 ユーザーインターフェースの マイポータルへの 復 帰 ボタン ログアウトボタン と 連 動 するには 教 材 コンテンツの JavaScript プログラム 内 に 以 下 のコードを 加 える ocomif.loadbar(function(szres) { if (szres!== 'success') { alert(szres); else { ocomif.getauthorizedinfo(szvendorpfx, szproductpfx, function(szres) { if (szres!== 'success') { alert(szres); else { // ハンドラーの 登 録 ocomif.setevhandler(retmenu, ComIF.ev2Portal); // 1 ocomif.setevhandler(dologout, ComIF.evLogout); // 2 ( 以 降 省 略 ) 1では 共 通 ユーザーインターフェースの マイポータルへの 復 帰 ボタン が 利 用 者 によ って 選 択 された 時 に 起 動 してもらう 関 数 を 登 録 しており 2も 同 様 に ログアウトボタン 押 下 時 の 関 数 を 登 録 している retmenu は 教 材 コンテンツ 側 にて マイポータルへの 復 帰 ボタンが 押 下 された 時 におこなう 処 理 が 記 述 された 関 数 名 であり dologout は ログ 10

15 アウトボタン 押 下 時 のそれであることを 示 している それぞれの 関 数 内 は 以 下 となる function retmenu() { // 教 材 コンテンツにて 必 要 な 処 理 ocomif.onmyportal(false); // 共 通 ユーザーインターフェースに マイポータル 画 面 への 復 帰 処 理 を 実 行 させる(3) (ログアウト 処 理 (4)も 同 様 に ocomif.onlogout(false); をコールする) 尚 教 材 コンテンツ 画 面 にて 終 了 等 の 処 理 が 選 択 された 場 合 には 教 材 コンテンツ 側 にて 必 要 な 後 処 理 をおこなった 上 で 3 または 4のように 共 通 ユーザーインターフェー ス 側 の 関 数 を 呼 ぶが その 前 に 1 2にて 登 録 したハンドラーを 外 す 手 続 きが 以 下 のよう に 必 要 となる ocomif.removeevhandler(comif.ev2portal); // 1のハンドラーを 削 除 ocomif.removeevhandler(comif.evlogout); // 2のハンドラーを 削 除 教 材 コンテンツ 画 面 上 の 終 了 等 の 機 能 を プラットフォーム 内 においては マイポータル 画 面 への 復 帰 に 置 き 換 えるのか または ログアウト なのかについては 教 材 コンテン ツの 制 作 者 が 選 択 もしくは 双 方 を 網 羅 可 能 な 仕 様 としている (2) iframe ラッパー 内 教 材 コンテンツと 共 通 ユーザーインターフェースの 連 動 ここでは サンプル 1 をベースに 説 明 する iframe 内 教 材 コンテンツと iframe 外 設 置 共 通 ユーザーインターフェース 間 においてメ ッセージのやりとりをおこなうにはサンプルの js フォルダー 内 に 格 納 されている cifmsg.js ライブラリーが 必 要 である コピーして 利 用 すること 教 材 コンテンツへのプログラム 追 記 内 容 については 概 ね iframe ラッパーが 利 用 され ていない 前 ページまでの 説 明 とさほど 変 わりはない 以 下 のように 教 材 コンテンツがブラウザにロードされたタイミングにて 共 通 ユーザー インターフェースの マイポータルへの 復 帰 ボタン ログアウトボタン 機 能 に 対 する 教 材 コンテンツ 側 のハンドラー 関 数 を 登 録 する 教 材 コンテンツがブラウザに 読 み 込 まれた 直 後 に 処 理 をおこなう 例 : document.onreadystatechange = function () { 1 https://comif-test.ledup.jp/secure/example/iframecontmsg/cifwrapperfull.html 11

16 if (document.readystate == "complete") { // ここに 処 理 を 記 述 する 1 ; 1 内 の 記 述 例 : cifsetevhandler(false, retmenu); // マイポータルへの 復 帰 処 理 に 対 する 関 数 (retmenu)を 登 録 2 cifsetevhandler(true, dologout); // ログアウト 処 理 に 対 する 関 数 (dologout)を 登 録 3 教 材 コンテンツから 共 通 ユーザーインターフェースに 対 し マイポータルへの 復 帰 また は ログアウト 処 理 を 実 施 させるには 以 下 のように 記 述 する cifsendmessage(false, 'launch'); // マイポータル 画 面 への 復 帰 cifsendmessage(true, 'launch'); // ログアウトの 実 行 尚 教 材 コンテンツ 側 の 終 了 ボタン 等 が 押 下 された 場 合 には 2,3で 登 録 したハンドラ ーを 削 除 する 必 要 がある cifsendmessage(false, 'remove'); // 2ハンドラーの 削 除 cifsendmessage(true, 'remove'); // 3ハンドラーの 削 除 2.3 異 なる 画 面 サイズへの 対 応 概 要 CSS3 では Media Queries という 様 々なデバイスに 対 し 最 適 な 表 示 を 提 供 するための 仕 組 みがある また ウェブブラウザに 対 して 表 示 する 幅 を%で 指 定 することで ブラウザの 幅 によってコンテンツのサイズを 変 更 する いわゆるリキッドレイアウトと 呼 ばれる 可 変 レ イアウトで 種 々の 環 境 での 表 示 を 行 う 仕 組 みがある 学 習 教 育 クラウド プラットフォ ームで 提 供 されるコンテンツは あらゆる 画 面 サイズで 最 適 なプレゼンテーションを 提 供 す る 必 要 がある Media Queries 記 述 screen and (max-width: 980px) { /* view port の 横 幅 が 980px 以 下 の 時 に 適 当 され る CSS */ #hogehoge{ width: 900px; 12

17 @media screen and (max-width: 760px) { /* view port の 横 幅 が 760px 以 下 の 時 に 適 当 され る CSS */ #hogehoge{ width: screen and (max-width: 480px) screen and (max-width: 320px) { リキッドレイアウト 記 述 例 <div id="wrapper"> <div id="main"> <div id="maincontent">div#main</div> </div> <div id="sub">div#sub</div> </div> div#wrapper { width: 80%; div#main { width: 100%; float: right; div#maincontent { margin-left: 200px; div#sub { width: 200px; margin-right: -200px; float: left; 2.4 個 人 情 報 概 要 コンテンツ 内 では 児 童 生 徒 の 名 前 を 入 力 させたり 手 書 きで 書 かせたりしてはならな い システム 上 では 児 童 生 徒 の 名 前 は 一 切 扱 わない 13

18 3. HTML5の 要 素 に 関 して HTML5 に 関 連 する 多 くの 規 格 の 策 定 状 況 はかなり 成 熟 してきており 規 格 を 満 たす 実 装 を 待 つ 状 態 と 言 える しかし 現 在 は 目 下 ブラウザの 実 装 が 進 行 中 であり ブラウザの 種 類 やバージョンによっては 未 実 装 の 箇 所 や 動 作 が 異 なる 部 分 がある 本 章 では その 差 異 を 考 慮 に 入 れ 各 端 末 で 問 題 なくコンテンツを 動 作 させるために 必 要 な 情 報 手 段 をまとめている 3.1 セキュリティ 概 要 HTML5 を 始 めとしたウェブ 技 術 の 進 展 に 伴 い ウェブアプリケーションのセキュリティ 問 題 が 心 配 される 2013 年 10 月 30 日 に JPCERT/CC より HTML5 を 利 用 した Web アプ リケーションのセキュリティ 問 題 に 関 する 調 査 報 告 書 が 一 般 公 開 された コンテンツ 開 発 の 前 に 必 ず このドキュメントを 一 読 し セキュリティを 考 慮 したアプリケーション 設 計 を 行 うこと JPCERT/CC HTML5 を 利 用 した Web アプリケーションのセキュリティ 問 題 に 関 する 調 査 報 告 書 また 概 要 を 把 握 するために JPCERT/CC 職 員 が 行 った 過 去 の 講 演 や 記 事 を 読 むことを 推 奨 する JPCERT/CC 講 演 執 筆 活 動 一 覧 今 から 始 める HTML5 セキュリティ 3.2 Video 要 素 概 要 video 要 素 は HTML5 で 新 たに 導 入 された 要 素 である これまで ウェブページに 動 画 を 組 み 込 む 場 合 は プラグインが 利 用 されてきた しかし HTML5 では video 要 素 を 使 う ことでウェブページに 動 画 を 組 み 込 むことが 可 能 になった さらに HTML の 要 素 となる ことで CSS で 見 た 目 の 定 義 を 行 うことができ JavaScript により 制 御 を 行 えるようになっ た 本 項 では コンテンツとして 適 合 する video 要 素 の 記 述 方 法 について 記 載 している 動 画 ファイル 動 画 ファイルは 以 下 の 形 式 を 推 奨 する 推 奨 H AAC + MP4( 拡 張 子 :.mp4, MIME タイプ:video/mp4) 任 意 WebM( 拡 張 子 :.webm, MIME タイプ:video/webm) H.264 は Windows 8.1/IE11, Android/Chrome, ios7/safar のいずれもサポートしいている 14

19 また Firefox も Windows 8.1, MacOS X 上 でならサポートしている H.264 は スマートフォンやタブレットにおいては ハードウェアデコードするため CPU は PC と 比 べて 非 力 ながらも 再 生 パフォーマンスが 期 待 できる WebMは Chrome, Firefox, Opera がサポートしているが コンテンツが 対 象 とする Windows 8.1/IE11 と ios7 Safari がサポートしていないため 特 別 な 事 情 がない 限 りは 推 奨 しない H.264 をサポートしていないブラウザおよび OS 環 境 においても 再 生 させたい 場 合 に H.264 のフォールバックとして 採 用 することを 推 奨 する マークアップ 例 <video controls width="360" height="240"> <source src="v.mp4" type="video/mp4"> <source src="v.webm" type="video/webm"> <p>ご 利 用 のブラウザではビデオが 再 生 できません ビデオファイルは<a href="v.mp4">こちら</a>からダウンロードできます </p> </video> もし 動 画 ファイルがユーザーに 対 してダウンロードが 許 可 されるのであれば video 要 素 の 開 始 タグと 終 了 タグの 間 に 動 画 ファイルのダウンロードリンクを 用 意 するのが 良 い こ うすることで 仮 に video 要 素 そして 対 象 の 動 画 コーデックをサポートしていないブラウザ からアクセスがあった 際 に 便 利 ではないが 動 画 を 閲 覧 する 手 段 を 提 供 することが 可 能 に なる Web サーバ 動 画 ファイルの 拡 張 子 に 合 わせた MIME タイプをユーザーエージェントへ 送 信 できるこ と もしウェブサーバーの 設 定 が 難 しい 場 合 動 画 ファイルが 存 在 するディレクトリ 内 に.htaccess ファイルを 用 意 し 以 下 のディレクティブを 記 述 することで 対 処 できる 場 合 が ある AddType video/mp4.mp4 AddType video/webm.webm 要 素 固 有 の 属 性 src 動 画 ファイルのアドレスを 指 定 する (src 属 性 が 存 在 しない 場 合 video 要 素 の 中 に 1 つ 以 上 の source 要 素 を 含 む ) crossorigin CORS(Cross-Origin Resource Sharing)で 使 用 される 属 性 で 異 なるサイトのファイルにアク セスする 場 合 に 認 証 情 報 を 使 用 するかどうかを 指 定 する anonymous : 認 証 情 報 を 使 用 しない use-credintials : 認 証 情 報 を 使 用 する poster ブラウザが 動 画 ファイルのロードを 開 始 して 再 生 準 備 が 整 うまでの 間 に 表 示 する 画 像 フ 15

20 ァイルのアドレスを 指 定 する この 画 像 は 指 定 の 動 画 ファイルが 存 在 しなかった または 再 生 できなかった 場 合 にも 表 示 される preload 動 画 ファイルのデータの 先 読 みの 挙 動 の 指 針 をブラウザに 伝 えることができる なお こ の 属 性 は あくまでもブラウザにヒント 与 えるに 過 ぎず 実 際 に 指 定 の 挙 動 を 保 証 するもの ではない 指 定 可 能 な 値 は 以 下 の 通 りである none 音 声 ファイルを 先 読 みしない metadata 動 画 の 長 さなどのメタデータのみを 先 読 みする auto 動 画 ファイルを 先 読 みする(デフォルト) preload 属 性 が 指 定 されていない 場 合 は デフォルトである auto が 採 用 される autoplay 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで 動 画 の 読 み 込 みが 行 われると 自 動 的 に 再 生 を 開 始 する ( Nexus10,iPad の 標 準 ブラウザでは 自 動 再 生 は 機 能 しない なので 本 属 性 は 使 用 しない ) mediagroup 複 数 の 動 画 ファイルをグルーピングする 際 のグループ 名 を 指 定 する loop 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで ループ 再 生 する ( Nexus10,iPad の 標 準 ブラ ウザでは 自 動 再 生 は 機 能 しない なので 本 属 性 は 使 用 しない ) muted 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで 音 をミュートする ( Nexus10,iPad の 標 準 ブ ラウザでは 自 動 再 生 は 機 能 しない なので 本 属 性 は 使 用 してはならない ) controls 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで ユーザーエージェント 標 準 のコントローラを 表 示 する 動 画 の 再 生 制 御 を JavaScript で 行 わないのであれば 必 ず この 属 性 はセットする こと セットしないと ユーザーが 動 画 再 生 をコントロールすることができなくなるので 注 意 すること width 横 幅 を 指 定 する 属 性 である height 高 さを 指 定 する 属 性 である 上 記 属 性 を 除 く IDL 属 性 とメソッド videowidth ( 読 み 込 み 専 用 ) 動 画 の 幅 を 返 す videoheight ( 読 み 込 み 専 用 ) 動 画 の 高 さを 返 す currentsrc 16

21 ( 読 み 込 み 専 用 ) 現 在 の 動 画 のアドレスを 返 す 動 画 が 存 在 しない 場 合 空 の 文 字 列 を 返 す audio erroe state error ( 読 み 込 み 専 用 )MediaError オブジェクトを 返 す エラーが 無 ければ null を 返 す network state networkstate ( 読 み 込 み 専 用 )ネットワークアクティビティを 返 す NETWORK_EMPTY = 0: まだ 初 期 化 されていない すべての 属 性 は 初 期 状 態 のままであ る NETWORK_IDLE = 1 : 要 素 のリソース 選 択 アルゴリズムはアクティブで かつ リソー スが 選 択 された 状 態 である しかし 実 際 には この 時 点 ではネットワークを 使 っていない NETWORK_LOADING = 2 : ユーザーエージェントは 現 在 データをダウンロードしよう としている NETWORK_NO_SOURCE = 3 : 要 素 のリソース 選 択 アルゴリズムはアクティブであるが まだ 採 用 するリソースは 見 つかっていない bufferd ( 読 み 込 み 専 用 ) ユーザーエージェントがバッファした 動 画 の 範 囲 を 表 す TimeRanges オブ ジェクトを 返 す load() 要 素 をリセットする そして 最 初 から 新 たな 動 画 を 選 択 し それをロードし 始 める canplaytype(type) 空 の 文 字 列 ( 否 定 的 な 回 答 ) "maybe"( 確 信 がない) "probably"( 確 信 )を 返 す 指 定 された type の 動 画 を 再 生 できるかどうかを ユーザーエージェントがどれほど 確 信 できるかどうかに 基 づき 返 す ready state readystate ( 読 み 込 み 専 用 ) 現 在 再 生 位 置 のレンダリングに 関 して 要 素 の 現 在 の 状 態 を 表 す 値 を 返 す HAVE_NOTHING = 0 : 動 画 に 関 する 情 報 はまだ 何 も 入 手 できていない 現 在 再 生 位 置 のデ ータも 何 も 入 手 できていない networkstate 属 性 が NETWORK_EMPTY にセットされたメデ ィア 要 素 は 常 に HAVE_NOTHING 状 態 にある HAVE_METADATA = 1 : 十 分 なリソースが 取 得 でき そのリソースの 尺 がわかっている video 要 素 の 場 合 そのビデオの 寸 法 もわかっている もうシーク 時 に API から 例 外 が 発 出 されることはない 現 在 再 生 位 置 の 直 近 のメディア データはまだ 入 手 できていない テキ スト トラックは 準 備 できている HAVE_CURRENT_DATA = 2 : 現 在 再 生 位 置 の 直 近 のデータが 取 得 できている しかし ユ ー ザ ー エ ー ジ ェ ン ト は 再 生 方 向 に 現 在 再 生 位 置 を 進 め よ う と す る と す ぐ に HAVE_METADATA 状 態 に 戻 ってしまう 状 態 または 再 生 方 向 に 取 得 すべきデータがない 状 態 のいずれかである 例 えば ビデオでは これは ユーザーエージェントが 現 在 のフレ ームのデータを 持 っているけれども 次 のフレームは 持 っていない 状 態 に そして 再 生 が 17

22 終 わったときに 一 致 する HAVE_FUTURE_DATA = 3 : 現 在 再 生 位 置 の 直 近 のデータが 取 得 できている さらに ユ ーザーエージェントは すぐに HAVE_METADATA 状 態 に 戻 ること 無 しに 少 なくとも 少 し は 再 生 方 向 に 現 在 再 生 位 置 を 進 めることができる 状 態 である 例 えば ビデオでは ユーザ ーエージェントが 少 なくとも 現 在 のフレームと 次 のフレームのデータを 持 ち 合 わせている 状 態 である ユーザーエージェントは 再 生 が 終 わったら この 状 態 に 留 まることはできな い HAVE_ENOUGH_DATA = 4 :ユーザーエージェントは 実 効 再 生 レートで 進 めるとしても 再 生 がメディア リソースの 最 後 に 到 達 する 前 に 現 在 再 生 位 置 が 利 用 可 能 なデータを 追 い 越 してしまうことはないほどの 割 合 でデータをフェッチしていると 見 積 もっている seeking ( 読 み 込 み 専 用 ) ユーザーエージェントが 現 在 シーク 中 なら true を 返 す playback state currenttime 現 在 再 生 位 置 を 返 す 単 位 は 秒 である duration メディア リソースの 最 後 の 時 間 を 返 す 単 位 は 秒 である paused メディア 要 素 が 停 止 されているかどうかを 返 す defaultplaybackrate メディア リソースを 再 生 させたい 速 度 を 与 える これは その 本 来 の 速 度 の 倍 数 である 取 得 時 においては それにセットされた 最 後 の 値 を 返 さなければいけない playbackrate この 属 性 は 実 効 再 生 レートを 与 える これは メディア リソースが 再 生 する 速 度 のこ とで その 本 来 の 速 度 の 倍 数 である 取 得 時 おいては 最 後 にセットされた 値 を 返 さなけれ ばいけない played この 属 性 は メディア リソースの 範 囲 があれば これを 表 す 新 たな 静 的 な 正 規 化 TimeRanges オブジェクトを 返 さなければいけない これは ユーザーエージェントが この 属 性 が 評 価 される 時 点 で すでにレンダリングした 範 囲 である ended メディア 要 素 の 再 生 が 終 了 し 再 生 方 向 が 前 進 なら true を そうでなければ false を 返 す play() 動 画 の 再 生 を 開 始 する pause() 動 画 を 一 時 停 止 する controls volume 属 性 には 現 在 再 生 しているメディア リソースの 再 生 ボリュームの 値 を 与 える (0.0~1.0) 取 得 時 は 現 在 の 再 生 ボリュームを 返 す muted 18

23 属 性 には 現 在 再 生 しているメディア リソースのミュートの 設 定 を 与 える 取 得 時 は 現 在 の 状 態 を 返 す 記 述 例 コンテンツの 要 件 を 満 たす video 要 素 の 記 述 例 <video controls width="360" height="240"> <source src="video/video.mp4" type="video/mp4" /> <source src="video/video.ogv" type="video/ogg" /> <source src="video/video.webm" type="video/webm" /> <p> ご 使 用 中 の ブ ラ ウ ザ で は 動 画 再 生 機 能 は ご 利 用 で き ま せ ん <a href="video/vide.mp4">こちら</a>からダウンロードしてください </p> </video> 外 部 リンク W3C HTML5 - The video element(http://www.w3.org/wiki/html/elements/video) W3C (HTML5 Video Events and API) 3.3 Audio 要 素 概 要 audio 要 素 は HTML5 で 新 たに 導 入 された 要 素 である ウェブページに 音 声 を 組 み 込 む 場 合 は プラグインが 利 用 されてきた しかし HTML5 では audio 要 素 を 使 うことでウェ ブページに 音 声 を 組 み 込 むことが 可 能 になった さらに JavaScript により 制 御 を 行 えるようになった 本 項 では コンテンツとして 適 合 する video 要 素 の 記 述 方 法 について 記 載 している コンテンツとして audio 要 素 を 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 音 声 ファイル 音 声 ファイルは 以 下 の 形 式 を 推 奨 する 推 奨 AAC( 拡 張 子 :.aac, MIME タイプ:audio/aac) 推 奨 MP3( 拡 張 子 :.mp3, MIME タイプ:audio/mp3) 任 意 Vorbis + Ogg( 拡 張 子 :.ogg, MIME タイプ:audio/ogg) 任 意 WAVE( 拡 張 子 :.wav, MIME タイプ:audio/wave) AAC と MP3 は Windows 8.1/IE11, Android/Chrome, ios7/safar のいずれもサポートしいて いる また Firefox も Windows 8.1, MacOS X 上 でならサポートしている Ogg WAVE は コンテンツが 対 象 とする Windows 8.1/IE11 と ios7 Safari がサポートしていないため 特 別 な 事 情 がない 限 りは 推 奨 しない AAC または MP3 のいずれもサポートしていないブラ ウザおよび OS 環 境 においても 再 生 させたい 場 合 に AAC または MP3 のフォールバックと して 採 用 することを 推 奨 する マークアップ 例 19

24 <audio controls> <source src="a.mp3" type="audio/mp3"> <source src="a.ogg" type="audio/ogg"> <p>ご 利 用 のブラウザではオーディオが 再 生 できません オーディオファイルは<a href="a.mp3">こちら</a>から ダウンロードできます </p> </video> もし 音 声 ファイルがユーザーに 対 してダウンロードが 許 可 されるのであれば audio 要 素 の 開 始 タグと 終 了 タグの 間 に 音 声 ファイルのダウンロードリンクを 用 意 するのが 良 い こ うすることで 仮 に video 要 素 そして 対 象 の 音 声 コーデックをサポートしていないブラウザ からアクセスが 有 った 際 に 便 利 ではないが 音 声 コンテンツを 利 用 する 手 段 を 提 供 するこ とが 可 能 になる Web サーバ 音 声 ファイルの 拡 張 子 に 合 わせた MIME タイプをユーザーエージェントへ 送 信 できること もしウェブサーバーの 設 定 が 難 しい 場 合 音 声 ファイルが 存 在 するディレク トリ 内 に.htaccess ファイルを 用 意 し 以 下 のディレクティブを 記 述 することで 対 処 できる 場 合 がある AddType audio/mp4.acc AddType audio/mpeg.mp3 AddType audio/ogg.ogg AddType audio/wav.wav 要 素 固 有 の 属 性 src 音 声 ファイルのアドレスを 指 定 する (src 属 性 が 存 在 しない 場 合 audio 要 素 の 中 に 1 つ 以 上 の source 要 素 を 含 む ) crossorigin CORS(Cross-Origin Resource Sharing)で 使 用 される 属 性 で 異 なるサイトのファイルにアク セスする 場 合 に 認 証 情 報 を 使 用 するかどうかを 指 定 する anonymous : 認 証 情 報 を 使 用 しない use-credintials : 認 証 情 報 を 使 用 する preload 音 声 ファイルのデータの 先 読 みの 挙 動 の 指 針 をブラウザに 伝 えることができる なお こ の 属 性 は あくまでもブラウザにヒント 与 えるに 過 ぎず 実 際 に 指 定 の 挙 動 を 保 証 するもの ではない 指 定 可 能 な 値 は 以 下 の 通 りである none : 音 声 ファイルを 先 読 みしない metadata : 音 声 の 長 さなどのメタデータのみを 先 読 みする auto : 音 声 ファイルを 先 読 みする(デフォルト) preload 属 性 が 指 定 されていない 場 合 は デフォルトである auto が 採 用 される autoplay 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで 音 声 の 読 み 込 みが 行 われると 自 動 的 に 再 生 を 開 始 する Nexus10,iPad の 標 準 ブラウザでは 自 動 再 生 は 機 能 しない なので 本 属 性 は 使 用 20

25 しない mediagroup 複 数 の 音 声 ファイルをグルーピングする 際 のグループ 名 を 指 定 する loop 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで ループ 再 生 をする Nexus10 標 準 ブラウザでは ループは 機 能 しない なので 本 属 性 は 使 用 しない muted 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで 音 をミュートする Nexus10,iPad の 標 準 ブラウ ザでは ミュートは 機 能 しない なので 本 属 性 は 使 用 しない controls 論 理 属 性 である 属 性 を 指 定 することで ユーザーエージェント 標 準 のコントローラを 表 示 する 音 声 の 再 生 制 御 を JavaScript で 行 わないのであれば 必 ず この 属 性 はセットする こと セットしないと ユーザーが 音 声 再 生 をコントロールすることができなくなるので 注 意 すること 記 述 例 コンテンツの 要 件 を 満 たす audio 要 素 の 記 述 例 <audio controls> <source src="audio/audio.mp4" type="audio/aac" /> <source src="audio/audio.mp3" type="audio/mp3" /> <source src="audio/audio.ogg" type="audio/ogg" /> <source src="audio/audio.wav" type="audio/wav" /> <p>ご 使 用 中 のブラウザでは 音 声 再 生 機 能 はご 利 用 できません <a href="audio/audio.mp4 ">こちら</a>からダウンロードしてください </p> </video> 外 部 リンク W3C HTML5 - The audio element( ) 3.4 Track 要 素 概 要 track 要 素 は HTML5 で 新 たに 導 入 された 要 素 である video 要 素 や audio 要 素 に 字 幕 やキ ャプションを 標 準 化 された 方 法 で 追 加 することができる track 要 素 記 述 例 <video src="v.mp4" controls> <track kind="subtitles" src="subtitle_ja.vtt" srclang="ja" label=" 日 本 語 " default> <track kind="subtitles" src="subtitle_en.vtt" srclang="en" label="english"> </video> track 要 素 をサポートしているのは Windows8.1/IE11 と Chrome のみである しかし 学 習 教 材 の 動 画 において 字 幕 やキャプションは 生 徒 にとっては 理 解 に 役 立 つため 字 幕 やキャ 21

26 プションは 出 来 る 限 りにおいて 用 意 することを 推 奨 する すべての 環 境 で 確 実 に 字 幕 やキ ャプションを 表 示 させるには track 要 素 を 使 わずに 字 幕 やキャプションを 直 接 埋 め 込 ん だ 形 で 動 画 を 用 意 する もし 字 幕 やキャプションをテキストデータとして 用 意 する 場 合 track 要 素 を 使 いつつも 多 くの 環 境 で 字 幕 やキャプションをサポートするために JavaScript ライブラリの 利 用 を 推 奨 する Captionator.js Captionator.js は 字 幕 ファイルのフォーマットに WebVTT を 採 用 している WebVTT: The Web Video Text Tracks Format WebVTT の 記 述 例 WEBVTT FILE 00:00: > 00:00: みなさん こんにちわ 00:00: > 00:00: お 集 まり 頂 き ありがとうございます 00:00: > 00:00: これから 教 材 の 使 い 方 について 紹 介 させてください Web サーバーは WebVTT ファイルの 拡 張 子 に 合 わせた MIME タイプをユーザーエージ ェントへ 送 信 する 必 要 がある もしウェブサーバーの 設 定 が 難 しい 場 合 WebVTT ファイ ルが 存 在 するディレクトリ 内 に.htaccess ファイルを 用 意 し 以 下 のディレクティブを 記 述 す ることで 対 処 できる 場 合 がある AddType text/vtt.vtt 3.5 Canvas 要 素 概 要 canvas 要 素 はHTML5 で 新 たに 導 入 された 要 素 である canvas 要 素 を 使 うことで JavaScript によって 動 的 に 二 次 元 グラフィックスを 描 画 することができる 本 項 では コンテンツとし て 適 合 する canvas 要 素 の 記 述 方 法 について 記 載 している コンテンツとして canvas 要 素 を 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 (1) ソースコード 三 次 元 グラフィックスを 扱 う WebGL も canvas 要 素 を 使 うが 実 証 研 究 用 のデバイス の 一 部 でサポートされていない したがって 教 材 として 無 くてはならないコンテン ツとして WebGL を 採 用 してはならない canvas につける ID は canvas 保 管 時 の JSON キー もしくは 画 像 ファイル 名 の 一 22

27 部 として 利 用 される よって JSON キーやファイル 名 に 使 用 できない 文 字 を 使 って はならない (2) アニメーション canvas を 使 ってアニメーションを 実 現 する 際 には JavaScript の setinterval()や setinterval()といったタイマー 関 数 ではなく W3C の Timing control for script-based animations 仕 様 で 規 定 された requestanimationframe()メソッドを 採 用 することを 推 奨 する なめらかなアニメーションを 実 現 しようとすると 概 ね 16 ミリ 秒 ごとに 描 画 処 理 を 実 行 ( 約 60fps)する 必 要 がある タイマー 関 数 では 16 ミリ 秒 間 隔 でタイマ ーをセットしても その 精 度 は 低 く また 必 ずしもディスプレイのリフレッシュレ ートに 一 致 しないため 非 常 に 非 効 率 である また デバイスのバッテリー 消 費 が 激 しいと 言 われている 一 方 requestanimationframe()は デバイスのディスプレイのリフレッシュレートに 合 わせてコールバック 関 数 を 呼 び 出 す W3C - Timing control for script-based animations サンプルコード // 現 在 のタイムスタンプ var start = window.performance.now(); // canvas にフレームを 描 画 する 関 数 var startanimation = function(now) { ; // canvas に 描 画... // 次 のリフレッシュ 時 に startanimation() 関 数 を 呼 び 出 す window.requestanimationframe(startanimation); // アニメーション 開 始 window.requestanimationframe(startanimation); 要 素 固 有 の 属 性 width 横 幅 を 指 定 する 属 性 である height 高 さを 指 定 する 属 性 である TIPS 簡 単 に canvas を 扱 えるよう Javscript ライブラリが 公 開 されている CreateJS CreateJS は ActionScript に 近 いコーディングスタイルを 採 用 している Flash クリエイタ ーには 馴 染 みやすいライブラリといえる また Flash Professional CC には Flash コンテン ツを CreateJS から 利 用 できる 形 に 変 換 する Toolkit for CreateJS が 用 意 されている シン 23

28 プルな Flash コンテンツなら 過 去 の Flash コンテンツ 資 産 をそのまま 変 換 できる 可 能 性 が ある 外 部 リンク W3C HTML5 - The canvas element( ) W3C HTML Canvas 2D Context( ) 3.6 Progress 要 素 概 要 progress 要 素 は HTML5 で 新 たに 導 入 された 要 素 である 何 かしらの 処 理 の 進 捗 を 表 すた めに 使 用 する 実 証 研 究 用 のデバイスにおいては progress 要 素 がサポートされているが 進 捗 バーの 見 た 目 はブラウザによって 異 なるので 注 意 すること 進 捗 バーは ユーザーに とって 進 捗 の 概 略 を 直 感 的 に 把 握 することはできるが 詳 細 な 値 を 読 み 取 ることができない もしユーザーに 値 を 読 み 取 らせる 必 要 がある 場 合 は progress 要 素 の 外 にテキスト 情 報 も 用 意 することを 推 奨 する コードサンプル <progress id="pb" value="50" max="100"></progress> <span id="pt">50%</span> スクリプトを 使 って 動 的 に 進 捗 を 変 化 させる 場 合 も テキストの 情 報 の 更 新 も 忘 れないよ うにすること document.getelementbyid("pb").value = 30; document.getelementbyid("pt").textcontent = "30%"; 要 素 固 有 の 属 性 value 進 捗 を 表 す 数 値 を 指 定 する max 属 性 に 指 定 した 値 以 下 の 数 値 を 指 定 しなければいけない max 属 性 を 指 定 しない 場 合 は 0.0 以 上 1.0 以 下 の 数 値 を 指 定 しなければならない max 進 捗 の 完 了 を 表 す 数 値 を 指 定 する 0 以 上 の 数 値 を 指 定 しなければならない max 属 性 が 指 定 されなければ 1 が 指 定 されたとして 処 理 される 記 述 例 <p><progress value="3" max="5">60%</progress></p> 外 部 リンク W3C HTML5 - the progress element( ) 24

29 3.7 Meter 要 素 概 要 meter 要 素 は HTML5 で 新 たに 導 入 された 要 素 である 最 小 値 と 最 大 値 が 指 定 された 限 定 された 範 囲 における 値 を 表 すために 使 用 する 実 際 にはバーの 形 をしたメーターとしてレン ダリングされる 実 証 研 究 用 のデバイスにおいては IE11 に meter 要 素 が 実 装 されていない それ 以 外 のブラウザでは meter 要 素 がサポートされているが メーターの 見 た 目 はブラウザ によって 異 なるので 注 意 すること JavaScript のライブラリを 使 うことで サポート 外 のブラウザでも meter 要 素 のレンダリ ングを 行 うことが 可 能 である (1) html5.jp(<meter> polyfill (jquery プラグイン)) メーターは ユーザーにとって 概 略 を 直 感 的 に 把 握 することはできるが 詳 細 な 値 を 読 み 取 ることができない もしユーザーに 値 を 読 み 取 らせる 必 要 がある 場 合 は meter 要 素 の 外 にテキスト 情 報 も 用 意 することを 推 奨 する (2) コードサンプル <meter id="mb" min="0" max="128" value="24"></meter> <span id="mt">128 個 の 空 きに 対 して 24 個 が 使 用 中 である </span> スクリプトを 使 って 動 的 に 進 捗 を 変 化 させる 場 合 も テキストの 情 報 の 更 新 も 忘 れないよ うにすること document.getelementbyid("mb").value = 30; document.getelementbyid("mt").textcontent = "128 個 の 空 きに 対 して 30 個 が 使 用 中 である "; 要 素 固 有 の 属 性 value メーターに 表 す 値 を 指 定 する min メーターが 表 す 範 囲 の 下 限 値 を 指 定 する low 低 領 域 の 上 限 値 を 指 定 する high 高 領 域 の 下 限 値 を 指 定 する max メーターが 表 す 範 囲 の 上 限 値 を 指 定 する optimum 最 適 値 を 指 定 する 25

30 3.7.3 記 述 例 <p><meter value="3" min="0" max="5">5 分 の3</meter></p> 外 部 リンク W3C HTML5 - the meter element( ) 3.8 MathML 概 要 MathML は これまで HTML 中 に 直 接 記 述 することができなかった しかし HTML5 の 仕 様 では 直 接 記 述 することができるようになった ただ 仕 様 上 では 規 定 されたが 実 装 されているユーザーエージェントは 大 変 限 られている 今 回 の 実 証 実 験 で 使 われるデバ イスの 標 準 ウェブブラウザでは サポートされていない したがって MathML は 使 用 して はならない コンテンツ 内 で 数 式 表 現 をする 場 合 コンテンツ 内 で 数 式 表 現 をする 場 合 次 の 節 で 詳 細 を 記 述 をする 代 替 案 から 条 件 に 適 し たものを 選 んで 適 用 すること 1. 簡 易 な 数 式 を 利 用 する 場 合 ( 四 則 演 算 等 ) HTML+CSS 2. 高 等 数 学 の 数 式 を 利 用 する 場 合 ( 平 方 根 積 分 等 ) MathJax 3. 初 等 数 学 指 導 のために 独 特 な 表 現 がある 場 合 ( 分 数 割 り 算 掛 け 算 の 筆 算 ) 画 像 数 式 表 現 の 代 替 案 MathML を 使 用 せずに 今 回 の 実 証 実 験 で 使 用 するデバイスにて 数 式 の 記 述 を 行 う 方 法 は 以 下 の 方 法 がある MathJax MathJax は 世 界 最 大 の 数 学 論 文 データベース MathSciNet で 採 用 されている 数 式 表 示 の 仕 組 みである JavaScript で 作 られており 多 くのブラウザで 同 じ 表 示 を 実 現 すること が 可 能 である 数 式 の 記 載 方 法 は 公 式 ページを 参 照 のこと 初 等 数 学 ( 割 り 算 の 筆 算 等 ) はサポートされていない MathJax CSS を 使 った 表 現 W3C が CSS を 使 った MathML の 表 示 を 文 書 として 公 開 している CSS ファイルを 読 み 込 んで MathML の 記 述 を 行 うことで ある 程 度 の 表 現 を 行 うことができる MathML で 初 等 数 学 の 規 定 をしているため 初 等 数 学 の 表 現 も 可 能 である 画 像 想 定 する 表 現 ができない 場 合 画 像 で 対 応 することも 可 能 である 画 像 で 対 応 する 場 合 26

31 読 み 上 げなどで 同 じ 情 報 を 伝 えられるように 配 慮 すること 外 部 リンク W3C(Mathematical Markup Language (MathML) Version 3.0) 3.9 ストレージ 概 要 近 年 のブラウザには データをブラウザに 蓄 積 する API がいくつか 追 加 されている 旧 来 の Cookie とは 異 なり 大 きなデータや 大 量 のデータの 蓄 積 や 蓄 積 したデータを 検 索 で きる 点 が 大 きな 特 徴 である 本 項 では これらストレージ 関 連 の API の 概 要 に 加 え コンテンツとして 適 合 するスト レージの 活 用 について 記 載 している コンテンツとしてストレージ 系 API 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 ストレージ 系 API は それぞれに 特 徴 がある 用 途 を 見 極 めて API を 選 択 すること 詳 細 は ストレージ 系 API の 概 要 と 特 徴 および ブラウザ 別 の API サポート 状 況 と 対 処 方 法 を 参 照 すること 異 なるアプリがお 互 いのストレージデータに 干 渉 しないよう データ 蓄 積 メカニズム を 設 計 すること 詳 細 は オリジン 単 位 で 保 存 されるデータ を 参 照 すること ブラウザのストレージに 蓄 積 されたデータは 消 去 されてしまう 場 合 があることを 想 定 すること 詳 細 は データの 消 去 を 参 照 すること ストレージには 決 して 個 人 を 特 定 できる 情 報 やプライバシーに 関 わる 情 報 を 保 存 し てはならない 詳 細 は プライバシーの 対 処 を 参 照 すること ストレージ 系 API の 概 要 と 特 徴 近 年 のブラウザは 4 種 類 のストレージ 系 API が 実 装 されている ここでは それぞれに ついて 概 要 と 特 徴 を 解 説 する Web Storage Web Storage は テキストデータを 一 意 の 値 となるキーに 結 び 付 けて 蓄 積 するための 枠 組 みを 提 供 する 非 常 にシンプルなストレージ API である すでにすべてのメジャーブラウザ に 実 装 されている Web Storage には 2 種 類 のストレージが 用 意 されている 一 つは 永 続 的 にデータが 保 存 さ れるローカルストレージである ローカルストレージに 保 存 されたデータは ブラウザを 閉 じても 残 り 続 ける もう 一 つは ページがブラウザに 表 示 されている 間 だけ 存 続 するセッシ ョンストレージである ブラウザを 閉 じれば 保 存 したデータは 完 全 に 消 えて 無 くなる Web Storage は 他 のストレージ 系 API とは 異 なり 書 き 込 みと 読 み 取 りともに 同 期 処 理 で ある また 容 量 も 5MB~10MB に 制 限 されている Web Storage は アプリケーションの 設 定 データなどの 小 さなデータを 保 存 するのに 適 している 27

32 Indexed Database API Indexed Database API( 以 降 は Indexed DB と 呼 ぶ)は 構 造 化 データを 保 存 する 枠 組 みを 提 供 する 検 索 高 速 化 のためのインデックスや 排 他 処 理 を 実 現 するトランザクションをサ ポートしている 点 が 特 徴 である 大 きなデータを 保 存 する 場 合 や 大 量 のレコードを 扱 う 場 合 に 有 効 である File API: Directories and System File API: Directories and System( 以 降 は File System と 呼 ぶ)は ファイルシステムにアク セスするための API である ブラウザが 管 理 するサンドボックス 化 された 仮 想 的 なファイ ルシステムにのみアクセスすることができる File API: Directories and System は 他 のストレージ 系 API とは 異 なり データをファイル という 実 体 として 保 存 する さらに ディレクトリを 自 由 に 作 成 することもできる SQL Database API SQL Database API( 以 降 は SQL DB と 呼 ぶ)は SQL を 使 ってデータにアクセスする 枠 組 みを 提 供 する W3C では SQL DB は 廃 止 となったが Safari や Chrome などのブラウザが 実 装 していることもあり 現 在 でもよく 使 われている API である ブラウザ 別 の API サポート 状 況 と 対 処 方 法 前 述 のストレージ 系 API は ブラウザによってサポート 状 況 が 大 きく 異 なる 実 証 研 究 用 のデバイスの 対 象 ブラウザの API サポート 状 況 は 下 表 のとおりである ブラウザごとのストレージ 系 API サポート 状 況 (2014 年 2 月 現 在 ) ブラウザ Web Storage Indexed DB File System SQL DB Internet Explorer 11 for Windows 8.1 Chrome for Android Safari for ios すべてのブラウザでサポートされているストレージ 系 API は Web Storage のみである もし 小 さなデータを 保 存 するのであれば Web Storage を 利 用 することを 推 奨 する もし 大 きなデータや 大 量 のレコードを 保 存 したい 場 合 は Safari では SQL DB を 使 わざる を 得 ない 一 方 Internet Explorer 11 と Chrome では Indexed DB が 利 用 可 能 である 面 倒 で はあるが ブラウザによって API を 使 い 分 ける 必 要 がある SQL DB は 前 述 のとおり すでに 仕 様 が 廃 止 になっている Chrome でも SQL DB は 利 用 可 能 であるが 余 程 の 理 由 がない 限 り Chrome においては Indexed DB の 採 用 を 推 奨 す る Safari で SQL DB を 採 用 するのは あくまでも 代 替 手 段 が 無 いため と 考 えること File System は 技 術 的 には Indexed DB で 代 用 可 能 である 現 在 のところ File System API は Chrome のみに 実 装 されているが 他 のブラウザベンダーは File System を 実 装 する 予 定 がない 一 方 Indexed DB は Safari を 除 いて すべてのメジャーブラウザが 実 装 している 従 って 現 段 階 では File System と Indexed DB の 選 択 に 迫 られた 場 合 は 将 来 性 も 考 慮 し Indexed DB の 採 用 を 推 奨 する 28

33 3.9.5 オリジン 単 位 で 保 存 されるデータ 前 述 のストレージ 系 API はいずれも オリジン 単 位 にデータ 領 域 が 用 意 される オリジ ンとは URL のうち 以 下 の 範 囲 を 指 す スキーム(http:)からポート 番 号 (80)までが オリジンと 呼 ばれる もしオリジンが 異 なると 別 のデータ 領 域 が 用 意 され お 互 いに 参 照 しあうことはできない 同 じアプリケーションが 複 数 のオリジンを 扱 う 場 合 の 注 意 点 もしアプリケーションが 複 数 のオリジンにまたがって 構 成 されている 場 合 には 注 意 する こと 例 えば 以 下 のオリジンは すべて 別 オリジンとして 扱 われる 名 が 異 なる) 番 号 が 異 なる) https://www.example.jp(スキームが 異 なる) もし 上 記 のオリジンを 一 つのアプリケーションが 使 っている 場 合 同 じアプリケーション といえども それぞれで 保 存 されたデータをお 互 いに 読 み 取 ったり 書 き 込 んだりすることは できない もしストレージのデータを 使 う 場 合 は 同 じオリジンでアプリを 構 築 すること 異 なるアプリが 同 じオリジンを 扱 う 場 合 の 注 意 点 逆 に 複 数 のアプリが 同 じオリジンを 使 っている 場 合 にも 注 意 が 必 要 である 以 下 の URL は いずれも 同 じオリジンとして 扱 われる このように アプリケーションをディレクトリで 分 けてしまうと それぞれのアプリケー ションが 同 じデータ 領 域 を 参 照 してしまう アプリケーションごとに それぞれが 影 響 しあ わないように 調 整 するのは 効 率 的 ではない 可 能 な 限 り アプリケーションごとにオリジン を 割 り 当 てることを 推 奨 する もしアプリケーションごとにドメインを 取 得 するのが 難 しい 場 合 は サブドメインを 使 うのがよい データの 消 去 どのストレージ 系 API で 蓄 積 されたデータも さまざまな 理 由 で 削 除 されてしまう 可 能 性 がある 削 除 されてしまうきっかけとしては ユーザーが 意 図 的 にブラウザのメニューか らデータを 削 除 した 場 合 や ディスクの 空 き 容 量 が 無 くなった 場 合 が 挙 げられる コンテ ンツにおいては 決 して 保 存 したデータが 永 続 的 に 保 存 されていることを 前 提 にアプリを 設 計 することがないよう 注 意 すること どうしてもデータを 保 存 しておきたい 場 合 は クラ ウド(サーバー) 側 にもデータを 蓄 積 する 方 式 を 検 討 すること 29

34 3.9.7 プライバシーの 対 処 ストレージ 系 の API を 使 えば さまざまなデータをデバイス 上 に 保 存 することが 可 能 で ある ゆえに プライバシー 問 題 を 孕 む 場 合 がある コンテンツにおいては 決 して ユー ザー 個 人 を 特 定 できるような 情 報 や プライバシーに 関 わる 情 報 を 保 存 しないこと もし 仮 にアプリケーションがクロスサイトスクリプティングの 脆 弱 性 を 孕 んでいたとす る 悪 意 のある 第 三 者 によって 攻 撃 を 受 けると ストレージに 蓄 積 されたデータを 盗 みとら れることが 想 定 される アプリケーションにセキュリティ 上 の 脆 弱 性 があってはならないも のの 完 全 に 脆 弱 性 を 排 除 したことを 保 証 することは 不 可 能 である 従 って 万 が 一 未 発 見 の 脆 弱 性 を 突 いた 攻 撃 を 受 けた 場 合 においても ユーザーに 迷 惑 をかけないようにするた めに 不 必 要 なデータの 保 存 は 避 けること 3.10 フォーム 概 要 これまで HTML にはテキスト 入 力 フィールド パスワード 入 力 フィールド ラジオボタ ン チェックボックスなどのフォームコントロールが 用 意 されているが HTML5 では ア プリケーションとして 求 められるフォームコントロールがいくつか 追 加 された また input 要 素 にも 新 たな 属 性 が 追 加 されている 本 項 では HTML5 で 新 たに 導 入 された 新 フォームコントロールの 概 要 に 加 え コンテン ツとして 適 合 する 新 フォームコントロールの 記 述 方 法 について 記 載 している コンテンツとして video 要 素 を 利 用 する 際 に 必 要 となる 要 件 該 当 のフォームコントロールをサポートしていないブラウザを 利 用 するユーザーで も コンテンツが 利 用 できるよう 配 慮 すること 後 述 の コントロールをサポートし ていないブラウザの 対 処 を 参 照 すること 入 力 制 限 を 持 つフォームコントロールを 使 う 場 合 利 用 者 が そのコントロールに 何 を 入 力 すべきかがわかるよう 適 切 な 説 明 を 加 えること 後 述 の 入 力 制 約 のエラー メッセージ を 参 照 すること 入 力 制 限 をマークアップで 用 意 したとしても 確 実 に 期 待 する 値 がサーバーに 送 信 さ れるとは 限 らない 該 当 のコントロールをサポートしていないブラウザだけでなく 意 図 的 に 不 正 な 値 を 送 信 することは 簡 単 である 従 って たとえマークアップで 入 力 制 限 を 用 意 したとしても サーバー 側 でも 同 様 またはそれ 以 上 の 入 力 チェックを 行 うようにすること 新 たなフォームコントロール 以 下 に HTML5 に 新 たに 加 わったフォームコントロールの 概 要 について 解 説 する 検 索 キーワード <input type="search"> 検 索 キーワード 入 力 を 想 定 したテキスト 入 力 フィールドである 該 当 の OS の 検 索 キーワ ード 入 力 欄 と 同 じ 形 状 のコントロールとして 表 示 されるため ユーザーはそれが 検 索 キーワ 30

35 ード 入 力 欄 であることが 分 かりやすくなる マークアップ 例 <input type="search" name="q"> 表 示 例 電 話 番 号 <input type=tel> 電 話 番 号 入 力 を 想 定 したテキスト 入 力 フィールドである 見 た 目 は 通 常 のテキスト 入 力 フ ィールドと 同 じであるが タブレットなどでは 数 字 入 力 モードのキーパッドが 表 示 される ため ユーザーにとっては 使 いやすいコントロールになる マークアップ 例 <input type="tel" name="telno" value=" "> 表 示 例 [ 編 集 ]URL <input type=url> URL 入 力 を 想 定 したテキスト 入 力 フィールドである 見 た 目 は 通 常 のテキスト 入 力 フィ ールドと 同 じであるが タブレットなどでは アルファベット 入 力 モードの 入 力 パッドが 表 示 されるため ユーザーにとっては 使 いやすいコントロールになる マークアップ 例 <input type="url" name="blog" value="http://example.jp/"> 表 示 例 また HTML5 仕 様 上 このコントロールは 入 力 制 約 を 持 つ HTML5 仕 様 に 完 全 に 準 拠 31

36 したブラウザであれば もし URL に 適 さない 値 を 入 力 してフォームを 送 信 しようとすると サーバーに 送 信 する 前 に 該 当 のフォームコントロールにエラーメッセージが 表 示 される メールアドレス <input type= > メールアドレス 入 力 を 想 定 したテキスト 入 力 フィールドである 見 た 目 は 通 常 のテキスト 入 力 フィールドと 同 じであるが タブレットなどでは アルファベット 入 力 モードの 入 力 パ ッドが 表 示 されるため ユーザーにとっては 使 いやすいコントロールになる マークアップ 例 <input type=" " name="mailaddress" 表 示 例 また HTML5 仕 様 上 このコントロールは 入 力 制 約 を 持 つ HTML5 仕 様 に 完 全 に 準 拠 したブラウザであれば もしメールアドレスに 適 さない 値 を 入 力 してフォームを 送 信 しよう とすると サーバーに 送 信 する 前 に 該 当 のフォームコントロールにエラーメッセージが 表 示 される 日 付 <input type=date> 日 付 入 力 を 想 定 したフォームコントロールである 通 常 は 入 力 時 にカレンダーまたはセレ クターが 表 示 され ユーザーは 日 付 を 選 択 できる 値 がセットされた 時 点 では "2004/07/23" のように 表 示 されるが サーバーに 送 信 される 値 は" "のようにハイフン 区 切 りの 形 式 である マークアップ 例 <input type="date" name="birthday" value=" "> 表 示 例 数 値 <input type=number> 数 値 入 力 を 想 定 したフォームコントロールである 見 た 目 は 通 常 のテキスト 入 力 フィール ドと 同 じであるが タブレットなどでは 数 値 入 力 モードの 入 力 パッドが 表 示 されるため ユーザーにとっては 使 いやすいコントロールになる 32

37 マークアップ 例 <input type="number" name="age" value="11"> 表 示 例 数 値 ではない 値 を 入 力 してフォームを 送 信 しようとすると サーバーに 送 信 する 前 に 該 当 のフォームコントロールにエラーメッセージが 表 示 される また HTML5 仕 様 上 こ のコントロールは 入 力 制 約 を 持 つ HTML5 仕 様 に 完 全 に 準 拠 したブラウザであれば もし 数 字 に 適 さない 値 を 入 力 してフォームを 送 信 しようとすると サーバーに 送 信 する 前 に 該 当 のフォームコントロールにエラーメッセージが 表 示 される 範 囲 限 定 の 数 値 <input type=range> スライダーが 表 示 され ユーザーはマウスまたはタッチによってスライダーを 動 かすこと で 数 値 をセットする マークアップ 例 <input type="range" name="level" value="3" min="0" max="5" step="1"> 表 示 例 min 属 性 はスライダーの 最 小 値 を max 属 性 はスライダーの 最 大 値 を 表 す step 属 性 は 値 の 変 化 の 幅 を 表 す 上 記 の 例 では 0 から 5 の 間 で 1 ずつスライダーを 動 かせることを 意 味 する つまり 取 りうる 値 は 0, 1, 2, 3, 4, 5 のいずれかとなる その 他 2014 年 2 月 現 在 HTML5 仕 様 の 最 新 のドラフトでは 上 記 の 他 に 以 下 の 新 コントロー ルが 定 義 されている <input type=color> <input type=datetime> <input type=month> <input type=week> <input type=time> ただし 現 在 のところ これらのコントロールは"at risk"と 呼 ばれる 状 態 になっており 33

38 W3C の 仕 様 策 定 において 最 終 的 にどうなるかが 確 定 していない 仕 様 から 削 除 される 可 能 性 もあるし 仕 様 に 残 ったとしても 内 容 が 変 更 される 可 能 性 がある これらのコントロー ルに 関 しては HTML5 仕 様 の 確 定 を 待 った 上 で ブラウザの 実 装 状 況 を 踏 まえて 採 用 を 判 断 すること 新 たな input 要 素 の 属 性 以 下 に HTML5 に 新 たに 加 わったフォームコントロールの 概 要 について 解 説 する required 属 性 入 力 必 須 を 指 定 する 論 理 属 性 である マークアップ 例 <input type="text" name="nickname" required> HTML5 仕 様 に 完 全 に 準 拠 したブラウザであれば もし 何 も 入 力 せずにフォームを 送 信 し ようとすると サーバーに 送 信 する 前 に 該 当 のフォームコントロールにエラーメッセージ が 表 示 される pattern 属 性 入 力 値 パターンを 正 規 表 現 で 指 定 することができる マークアップ 例 <input type="text" name="zip" pattern=" d{3 - d{4"> HTML5 仕 様 に 完 全 に 準 拠 したブラウザであれば もしパターンに 一 致 しない 値 を 入 力 し てフォームを 送 信 しようとすると サーバーに 送 信 する 前 に 該 当 のフォームコントロール にエラーメッセージが 表 示 される min 属 性 と max 属 性 と step 属 性 min 属 性 と max 属 性 は それぞれ 最 小 値 と 最 大 値 を 指 定 する step 属 性 は 入 力 できる 値 のステップ( 刻 み)を 指 定 する これらの 属 性 は type 属 性 が date number range の input 要 素 で 指 定 可 能 である マークアップ 例 <input type="date" name="reservation-date" min=" " max=" " step="1"> HTML5 仕 様 に 完 全 に 準 拠 したブラウザであれば 指 定 の 範 囲 の 値 が 入 力 できないよう 制 限 されるか または 指 定 の 範 囲 を 超 えた 値 を 入 力 してフォームを 送 信 しようとすると サ ーバーに 送 信 する 前 に 該 当 のフォームコントロールにエラーメッセージが 表 示 される placeholder 属 性 placeholder 属 性 は そのテキスト 入 力 フィールドに 何 を 入 力 したら 良 いかをユーザーに 気 づかせるようなヒントを 指 定 することができる placeholder 属 性 にセットされたヒントは 該 当 のテキスト 入 力 フィールドに 何 も 値 がセットされていない 場 合 に 限 り そのフィールド 内 に 表 示 される このコンテンツ 属 性 は input 要 素 の type コンテンツ 属 性 の 値 が text search url tel password の 場 合 に 利 用 することができる マークアップ 例 34

39 <input type="search" name="q" placeholder=" 検 索 キーワード"> 表 示 例 コントロールをサポートしていないブラウザの 対 処 ここで 紹 介 したフォームコントロールは すべて 実 証 研 究 用 のデバイス 上 のブラウザでサ ポートされているわけではない これらのコントロールをサポートしていないブラウザでは 単 なるテキスト 入 力 フィールドとして 表 示 される たとえば date タイプの input 要 素 は IE11 ではテキスト 入 力 フィールドとして 表 示 されてしまう 従 って コントロールの 説 明 文 は どのブラウザに 対 しても 不 自 然 にならないよう 考 慮 すること 不 適 切 な 説 明 文 の 例 <p> 誕 生 日 を 選 択 してください : <input type="date" name="birthday"></p> ipad の Safari では date タイプの input 要 素 はセレクターとして 表 示 されるため 説 明 文 の 選 択 してください は 適 切 なのであるが IE11 では 単 なるテキスト 入 力 フィールドとし て 表 示 されるため この 説 明 文 は 不 自 然 になる 適 切 な 説 明 文 の 例 <p> 誕 生 日 を 指 定 してください : <input type="date" name="birthday"></p> このように どちらのブラウザでも 不 自 然 とならない 文 章 を 考 えること どうしても 文 章 を 統 一 できない 場 合 は スクリプトを 使 って 説 明 文 を 切 り 替 える 方 法 が 使 える マークアップ 例 <p> <span id="desc" data-desc2=" 誕 生 日 を 選 択 してください"> 誕 生 日 を YYYY-MM-DD 形 式 で 入 力 してください</span> : <input type="date" name="birthday"> </p> スクリプト 例 var input_el = document.queryselector("input[name='birthday']"); if(input_el.type === "date") { var desc_el = document.queryselector("#desc"); desc_el.textcontent = desc_el.getattribute("data-desc2"); 上 記 の 例 では date タイプをサポートしていないブラウザ 向 けの 説 明 文 が span 要 素 でマ ークアップされている しかし span 要 素 の data-desc2 属 性 に date タイプをサポートして いるブラウザ 向 けの 説 明 文 も 記 述 されている これを スクリプトを 使 って 差 し 替 える スクリプトでは もし input 要 素 が date タイプをサポートしていれば input 要 素 の DOM オブジェクトの type プロパティは 文 字 列 "date"を 返 す サポートしていなければ 文 字 列 "text"を 返 す これを 応 用 して date タイプをサポートしたブラウザの 場 合 にのみ 説 明 文 35

40 を 差 し 替 える 入 力 制 約 のエラーメッセージ 入 力 制 約 を 持 つコントロールに 不 適 切 な 値 を 入 力 して フォームを 送 信 しようとすると HTML5 仕 様 に 準 拠 したブラウザでは 該 当 のコントロールにエラーメッセージが 表 示 され る マークアップ 例 <p><label> 郵 便 番 号 :<input type="text" name="zip" pattern=" d{3 - d{4"></label></p> このコントロールは 郵 便 番 号 を 入 力 させるために 用 意 されている そのため pattern 属 性 を 使 って 日 本 の 郵 便 番 号 形 式 ( 例 : )の 値 しか 受 け 付 けないよう 制 限 している もしパターンが 違 う 値 を 入 力 してフォームを 送 信 しようとすると IE11 では 次 のような エラーが 表 示 される パターンエラーの 表 示 例 このように ユーザーにとって どうすれば 良 いかが 分 かりにくいエラーメッセージが 表 示 される このメッセージは ブラウザによって 異 なる これを 回 避 するために 入 力 制 約 を 持 つコントロールには 必 ず title 属 性 をマークアップすること title 属 性 のマークアップ 例 <p><label> 郵 便 番 号 :<input type="text" name="zip" pattern=" d{3 - d{4" title=" 形 式 で 入 力 してください "></label></p> title 属 性 をマークアップしておくと その 値 がエラーメッセージの 最 後 に 追 加 される パターンエラーの 表 示 例 なお 2014 年 2 月 現 在 で ios 版 Safari では 入 力 制 約 を 持 つコントロールのエラーメッ セージ 表 示 がサポートされていない 従 って このエラーメッセージが 表 示 されることを 前 提 としたアプリケーション 設 計 は 避 けること もし 入 力 値 チェックとエラーメッセージ 表 示 を ブラウザに 頼 らず スクリプトを 使 っ て 実 現 したい 場 合 は このブラウザのエラーメッセージを 表 示 させないようにすることが 可 能 である form 要 素 に novalidate 属 性 をマークアップすると ブラウザによる 入 力 制 約 のチ ェックが 無 効 になる novalidate 属 性 のマークアップ 例 <form action="#" method="post" novalidate>... </form> 36

41 3.11 グラデーション 概 要 CSS を 利 用 したグラデーションでは 画 像 を 利 用 したグラデーションと 違 い サーバに 画 像 を 読 み 込 みに 行 く 必 要 がない そのため 読 み 込 み 回 数 を 減 らすことができ グラデ ーションの 変 更 もコードを 書 き 換 えるのみなど 作 業 の 負 担 が 小 さく 済 むメリットがある しかし 現 状 として グラデーションの 表 示 には ユーザーエージェント 毎 の 実 装 の 差 異 があるため 同 じコンテンツを 表 示 するためには ソースコードに 工 夫 をする 必 要 がある 主 要 ユーザーエージェントに 向 けた 実 装 方 法.gradient { background: -webkit-linear-gradient(top, #1e5799 0%,#2989d8 50%,#207cca 51%,#7db9e8 100%); /* Chrome10+,Safari5.1+ */ background: -ms-linear-gradient(top, #1e5799 0%,#2989d8 50%,#207cca 51%,#7db9e8 100%); /* IE10+ */ background: linear-gradient(to bottom, #1e5799 0%,#2989d8 50%,#207cca 51%,#7db9e8 100%); /* W3C */ ツール adobe Dreamweaver help( 背 景 へのグラデーションの 適 用 ) Ultimate CSS Gradient Generator 3.12 Writing-mode 概 要 writing-mode プロパティは 文 書 表 示 方 向 の 指 定 に 使 われるプロパティである 長 らく Internet Explorer の 独 自 拡 張 だったが W3C が 定 める CSS3 に 組 み 込 まれた 本 プロパテ ィと direction プロパティを 使 用 することにより 日 本 語 の 縦 書 表 現 を 実 現 することが 可 能 になる プロパティに 指 定 できる 値 horizontal-tb 行 内 のテキストは 横 に 進 み 行 は 上 から 下 に 進 む 横 書 き 行 内 のテキストの 左 右 の 方 向 は direction プロパティによって 指 定 する vertical-rl 行 内 のテキストは 縦 に 進 み 行 は 右 から 左 に 進 む 縦 書 き 行 内 のテキストの 方 向 は direction プロパティによって 指 定 する vertical-lr 37

42 行 内 のテキストは 縦 に 進 み 行 は 左 から 右 に 進 む 縦 書 き 行 内 のテキストの 方 向 は direction プロパティによって 指 定 する 記 述 例 writing-mode プロパティは CSS3 に 規 定 されているが 現 状 として ブラウザごとの 独 自 実 装 となっている そのため で 本 プロパティを 使 用 する 場 合 は 次 のような 記 述 が 必 要 である コンテンツの 要 件 を 満 たす writing-mode の 記 述 例.verticalWrite { -ms-writing-mode:tb-rl; /* Internet Explorer */ -webkit-writing-mode:vertical-rl; /* Webkit Browser */ writing-mode:vertical-rl; /* CSS3 */ ウェブブラウザ 別 表 示 例 今 回 の 実 証 研 究 で 使 用 されるウェブブラウザ 別 の writing-mode プロパティ 表 示 例 表 示 コード( 該 当 部 分 のみ).verticalText { android(chrome) ipad(safari) windows8(internet Explorer10) -ms-writing-mode:tb-rl ; -webkit-writing-mode: vertical-rl; writing-mode:vertical-r l; direction:ltr; line-height: 200%; TIPS ruby 要 素 との 併 用 について ruby 要 素 を 利 用 した 縦 書 コンテンツは ウェブブラウザによっては 本 文 の 列 が 左 側 に ずれる コンテンツ 内 でルビを 振 った 縦 書 き 文 書 を 利 用 される 場 合 は 画 像 化 したテキス トを 使 用 すること 今 回 の 実 証 研 究 で 使 用 されるウェブブラウザ 別 のルビふり 縦 書 表 示 例 38

43 android(chrome) ipad(safari) windows8(internet Explorer10) 今 回 の 実 証 研 究 で 使 用 されるウェブブラウザ 別 の SVG 縦 書 表 示 例 android(chrome) ipad(safari) windows8(internet Explorer10) SVG を 用 いた 縦 書 き HTML: 般 若 心 経 ( ) 外 部 リンク W3C Working Draft(CSS Writing Modes Module Level 3)(http://www.w3.org/TR/css3-writin g-modes/ ) 以 上 39



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

(Microsoft PowerPoint - \225\275\220\25423\224N\223xHTML5\225\224\211\357.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \225\275\220\25423\224N\223xHTML5\225\224\211\357.ppt) 平 成 23 年 度 技 術 研 究 会 HTML5 部 会 HTML5を 使 ったWebアプリの 開 発 ~HTML4.0とHTML5の 比 較 ~ メンバー 富 士 通 九 州 システムズ 三 角 瞳 オーガス 大 分 シーイーシー オーイーシー オーイーシー 老 川 翔 太 行 部 佑 希 西 角 幸 恵 下 郡 剛 九 州 東 芝 エンジニアリング 渡 邉 泰 三 大 分 交 通 松 迫 翔

More information

スライド 1

スライド 1 2010 年 3 月 3 日 有 限 会 社 futomi 代 表 取 締 役 羽 田 野 太 巳 http://www.futomi.com/ http://www.html5.jp/ http://twitter.com/futomi 旧 来 のHTML マークアップの 規 定 が 中 心 論 文 をベースとした 語 彙 が 中 心 ブラウザー 向 けの 要 件 は 規 定 されず ブラウザーの

More information

title

title 平 成 27 年 度 技 術 研 究 会 モバイルアプリをHTML5で 作 る メンバー 九 州 NSソリューションズ 峰 松 佑 一 朗 オーイーシー 中 原 史 博 オーイーシー 築 城 早 樹 子 富 士 通 九 州 システムサービス 鹽 見 飛 鳥 九 州 東 芝 エンジニアリング 安 部 里 美 九 州 東 芝 エンジニアリング 田 中 宏 美 ゴードービジネスマシン 大 山 雅 也 大

More information

スライド 1

スライド 1 HTML5 と 関 連 API はじめに 一 般 的 に HTML5 と 呼 ばれている 範 囲 ( 広 義 ) HTML5 という 仕 様 Web Workers キャンバス ドラッグ&ドロップ Data Cache API オフライン コミュニケーション File API など Server-Sent API Web SQL Database Web Sockets Web Storage Indexed

More information

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム 更 新 日 :2015 年 4 月 14 日 料 金 初 期 費 用 月 額 料 金 無 料 サーバーの 初 期 セットアップ 時 以 外 または 複 数 フォームメーラーを インストールする 場 合 には 別 途 費 用 が 必 要 となります 無 料 スペック 100 個 作 成 可 能 フォーム 数 一 般 投 票 注 文 フォームに 対 応 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 添 付

More information

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1 NetISMS システム 端 末 設 定 ガイド 注 意 事 項 各 社 各 部 門 等 でのセキュリティ 上 の 規 定 と 相 反 する 場 合 があります 必 ずご 自 身 の 使 用 する PC 端 末 のセキュリティ 管 理 者 等 にご 確 認 願 います 第 4.0 版 2016 年 7 月 1 日 目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074> 付 録 アプリケーションへの 代 表 的 攻 撃 (SQL)インジェクション データベースを 利 用 するアプリケーションに 対 して 外 部 からの 入 力 で 不 正 に データベースを 操 作 参 照 する 手 法 入 力 がSQL 以 外 のシステムのコマンド 等 として 処 理 される 場 合 に それらを 利 用 する コマンドインジェクションなども 類 似 の 攻 撃 パラメータ 改

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザルに 係 る 仕 様 書 1 業 務 名 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 2 業 務 の 目 的 世 界 遺 産 三 角 西 港 をはじめとした 宇 城 市 の 魅 力 をPRして

More information

別 紙 釧 路 公 立 大 学 ホームページリニューアル 業 務 CMS 要 件 一 覧 NO ( 大 分 類 ) NO ( 中 分 類 ) NO ( 小 分 類 ) 3 静 的 HTML 作 成 4 HTMLソース 直 接 編 集 5 CSSソース 直 接 編 集 6 画 像 掲 載 7 アクセシ

別 紙 釧 路 公 立 大 学 ホームページリニューアル 業 務 CMS 要 件 一 覧 NO ( 大 分 類 ) NO ( 中 分 類 ) NO ( 小 分 類 ) 3 静 的 HTML 作 成 4 HTMLソース 直 接 編 集 5 CSSソース 直 接 編 集 6 画 像 掲 載 7 アクセシ 別 紙 釧 路 公 立 大 学 ホームページリニューアル 業 務 CMS 要 件 一 覧 NO ( 大 分 類 ) NO ( 中 分 類 ) NO ( 小 分 類 ) 説 明 利 用 者 組 織 管 理 パスワード 管 理 登 録 修 正 削 除 パスワード 期 限 管 理 組 織 名 組 織 ID 組 織 パスワードを 登 録 修 正 削 除 する 管 理 者 自 身 がパスワードの 設 定 変

More information

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー 1. 基 本 情 報 1-1 CMS 利 用 にあたって 各 職 員 のPC 端 末 に 特 別 なアプリケーションなどをインストールす る 必 要 が 無 いこと(ウェブブラウザから 利 用 できること) 1-2 各 職 員 PC 端 末 から InternetExplorerを 通 じ ID PASSWORD 認 証 にてログインできるこ 1-3 閲 覧 者 のパソコン 機 種 OS ブラウザ

More information

SciFinder エラーへの対処法

SciFinder エラーへの対処法 SciFinder エラーへの 対 処 法 2016 年 3 月 18 日 改 訂 SciFinder でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/scifinder/require.html 目 次 ケース 1:SciFinder にアクセスできない... 2 ケース 2:ID

More information

安否確認サービスユーザーマニュアル

安否確認サービスユーザーマニュアル ユーザーマニュアル Ver.6.6.1 目 次 1 章 はじめに... 1 1.1 本 書 の 利 用 について... 1 1.2 ユーザーの 役 割 別 名 称 について... 1 1.3 ユーザーが 利 用 できる 機 能 について... 1 1.4 WEB ブラウザーについて... 2 1.4.1 Internet Explorer のセキュリティ 設 定 について... 2 1.5 携 帯

More information

目 次 1.ホームページの 設 定 1.1 ホームとは 1.2 貴 方 の URL とは 1.3 公 開 レベルとは 2. 生 徒 の 登 録 2.1 生 徒 とは 2.2 生 徒 のクラス 分 類 とは 2.3 生 徒 の 個 別 登 録 2.4 生 徒 の 一 括 登 録 2.5 生 徒 の 一

目 次 1.ホームページの 設 定 1.1 ホームとは 1.2 貴 方 の URL とは 1.3 公 開 レベルとは 2. 生 徒 の 登 録 2.1 生 徒 とは 2.2 生 徒 のクラス 分 類 とは 2.3 生 徒 の 個 別 登 録 2.4 生 徒 の 一 括 登 録 2.5 生 徒 の 一 ビデオグ:E ラーニングの 操 作 手 順 書 2013 年 12 月 19 日 0.4 版 ( 中 途 提 供 ) 改 版 履 歴 2013 年 8 月 8 日 0.2 版 ( 中 途 提 供 ) 2013 年 12 月 18 日 0.3 版 ( 中 途 提 供 ) 目 次 1.ホームページの 設 定 1.1 ホームとは 1.2 貴 方 の URL とは 1.3 公 開 レベルとは 2. 生 徒

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Ver2.2.0 新機能ガイド

Ver2.2.0 新機能ガイド アプリケーション 新 機 能 ガイド ~Version 2.9.0~ 1 目 次 1 はじめに... 3 2 新 機 能... 3 3 機 能 紹 介 フォトレポート... 4 3.1 売 場 ノート フォトレポート の PC 画 面 対 応 #902... 4 4 機 能 紹 介 お 知 らせ... 18 4.1 店 舗 スタッフ 回 答 の 店 長 閲 覧 不 可 オプション 追 加 #916...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

IE9 Beta版のここがいい、ここは直して欲しい ~裏HTML5~ Microsoft 2010 MVP Open Day Japan

IE9 Beta版のここがいい、ここは直して欲しい ~裏HTML5~  Microsoft 2010 MVP Open Day Japan Progressive Enhancement ~ すべての 人 に 確 実 に 情 報 を 届 けるために ~ 第 16 回 HTML5とか 勉 強 会 2011 年 4 月 21 日 有 限 会 社 futomi 代 表 取 締 役 羽 田 野 太 巳 http://www.html5.jp/ http://www.futomi.com/ http://twitter.com/futomi/

More information

Microsoft PowerPoint - css.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - css.ppt [互換モード] 情 報 基 礎 CSSを 用 いたWebページ 作 成 CSSとは Cascading Style Sheetの 省 略 表 記 シー エスエスと 読 む Webページのレイアウト( 視 覚 的 構 造 )を 定 義 する スタイルシート の 規 格 の 一 つ Webの 標 準 化 団 体 であるW3C(World Wide Web Consortium)によって 標 準 化 W3Cで 推 奨 される

More information

4 ログインをクリックして 下 さい 2. ログイン 方 法 その2 1 右 上 の 人 型 マークをクリックして 下 さい 2 ログインをクリックして 下 さい 3 ご 自 身 の ID とパスワードを 入 力 して 下 さい 4 次 回 から ID 入 力 を 省 略 のチェックボックスをクリッ

4 ログインをクリックして 下 さい 2. ログイン 方 法 その2 1 右 上 の 人 型 マークをクリックして 下 さい 2 ログインをクリックして 下 さい 3 ご 自 身 の ID とパスワードを 入 力 して 下 さい 4 次 回 から ID 入 力 を 省 略 のチェックボックスをクリッ 韓 国 小 顔 骨 気 美 容 協 会 ウェブサイトのご 利 用 ガイド 1. ログイン 方 法 その1 1 右 上 のメニューバー ログイン にカーソルを 合 わせて ログイン をクリックして 下 さい 2 ご 自 身 の ID とパスワードを 入 力 して 下 さい 3 次 回 から ID 入 力 を 省 略 のチェックボックスをクリックすると がつきます すると 次 回 から ID の 最 初

More information

あんしん住宅情報提供システム 住宅情報等登録 システム利用マニュアル

あんしん住宅情報提供システム 住宅情報等登録 システム利用マニュアル あんしん 住 宅 情 報 提 供 システム 住 宅 情 報 等 登 録 システム システム 利 用 マニュアル 2015 年 9 月 16 日 版 住 宅 確 保 要 配 慮 者 あんしん 居 住 推 進 事 業 実 施 支 援 室 目 次 1. はじめに... 2 1.1. はじめに... 2 1.2. 使 用 環 境 について... 2 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登

More information

Microsoft PowerPoint - css [互換モード]

Microsoft PowerPoint - css [互換モード] 情 報 基 礎 CSSを 用 いたWebページ 作 成 CSSとは Cascading Style Sheetの 省 略 表 記 シー エスエスと 読 む Webページのレイアウト( 視 覚 的 構 造 )を 定 義 する スタイルシート の 規 格 の 一 つ Webの 標 準 化 団 体 であるW3C(World Wide Web Consortium)によって 標 準 化 現 在 ひろく 使

More information

Microsoft Word - 資料5-1_資料掲載_ver201603.docx

Microsoft Word - 資料5-1_資料掲載_ver201603.docx ( 資 料 5-1) 授 業 資 料 の 掲 載 授 業 資 料 を 掲 載 する 手 順 について 説 明 します. ここでは,PDF と Powerpoint ファイルを 例 に 説 明 しますが, 他 の 形 式 のファイルも 資 料 として 掲 載 可 能 です. 1. コースメニュー 画 面 のコンテンツ 一 覧 から, 資 料 の 新 規 作 成 を 選 択 あるいは, 編 集 / 削

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

HTML5がもたらすWeb の新展望について

HTML5がもたらすWeb の新展望について 技 術 動 向 レポート HTML5がもたらすWebの 新 展 望 について コンサルタント 情 報 通 信 研 究 部 井 上 敬 介 今 日 重 要 なインフラとなっているWebを 支 える 技 術 の1つに HTMLがある 現 在 この HTMLの 最 新 仕 様 であるHTML5の 策 定 が 進 められており 注 目 が 集 まっている 本 稿 では HTML5 の 誕 生 に 至 る 歴

More information

28年オンライン調査システム操作説明書

28年オンライン調査システム操作説明書 平 成 28 年 科 学 技 術 研 究 調 査 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム 操 作 説 明 書 科 学 技 術 研 究 調 査 では 郵 送 に 加 えてオンライン 調 査 システムを 利 用 した インターネットによるご 回 答 も 可 能 となっています オンライン 調 査 システムの 利 用 には フリーソフトである AdobeReader の 所 定 バージョン 等 の 利

More information

目 次 目 次... 2 1. 概 要... 4 1.1. 対 応 バージョン(2013/06/01 時 点 )... 5 1.2. 動 作 環 境 (2013/06/01 時 点 )... 5 1.3. 対 応 フォーマット... 5 1.4. 動 画 変 換... 5 1.5. MS Offic

目 次 目 次... 2 1. 概 要... 4 1.1. 対 応 バージョン(2013/06/01 時 点 )... 5 1.2. 動 作 環 境 (2013/06/01 時 点 )... 5 1.3. 対 応 フォーマット... 5 1.4. 動 画 変 換... 5 1.5. MS Offic 作 成 日 文 書 番 号 文 書 ver 2013/05/31 V2.0.0 作 成 部 署 / 作 成 者 検 討 者 文 書 管 理 者 3hands タイトル 文 書 種 類 ページ Media Library 操 作 マニュアル 説 明 書 1(55) Media Library Ver.1.2 ipad 操 作 マニュアル スリーハンズ 株 式 会 社 100-6103 東 京 都 千

More information

Microsoft Word - FBE3A91F.doc

Microsoft Word - FBE3A91F.doc 広 島 大 学 ウェブマネジメントシステム 共 通 事 項 (Ver:2009.04.16) 本 システムに 関 する 問 い 合 わせ 本 システムに 関 する 問 い 合 わせは 下 記 までご 連 絡 ください 社 会 連 携 情 報 政 策 室 広 報 グループ 内 線 :5017 5017 6131 E-mail mail:koho@office.hiroshima koho@office.hiroshima-u.ac.jp

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 災 害 アーカイブデータベースシステム 運 営 主 体 管 理 者 用 運 用 マニュアル 改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 訂 履 歴

More information

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール こまったときはこちらから & ブック ver 2.2 学 校 向 け 管 理 者 編 2014.12 目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メールについて

More information

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ .3 1...3 メール 受 信 タブのサブメニューから 直 接 受 信 箱 以 外 のフォルダを 表 示 することもできます 共 有 メー ルボックスのフォルダは 指 定 できません 3. 35 メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

sophos-not-all-malware-detection-is-created-equal-wpjp.indd

sophos-not-all-malware-detection-is-created-equal-wpjp.indd マルウェア 検 出 製 品 に 今 必 要 な 機 能 - 難 読 化 された JavaScript コード 対 策 インターネットは ユーザーをマルウェアに 感 染 させる 最 大 の 経 路 です ソフォスでは 毎 日 2 3 秒 ごとに 新 しく 感 染 した Web ページを 検 出 しています このホワイトペーパーでは 安 全 を 確 保 するた めの 対 策 について 説 明 します Fraser

More information

目 次 第 1 章 開 発 フロー... 4 第 2 章 要 件 定 義... 5 (1) 概 要... 5 (2) 変 換 による 制 約... 5 (3) デバイスによる 制 約... 6 (4) 端 末 の 保 証 についての 考 え 方... 6 (5) デザイン... 7 (6) デザイン

目 次 第 1 章 開 発 フロー... 4 第 2 章 要 件 定 義... 5 (1) 概 要... 5 (2) 変 換 による 制 約... 5 (3) デバイスによる 制 約... 6 (4) 端 末 の 保 証 についての 考 え 方... 6 (5) デザイン... 7 (6) デザイン ジーンコード 設 計 要 件 定 義 ガイド 第 1 版 最 終 更 新 日 2016/03/31 目 次 第 1 章 開 発 フロー... 4 第 2 章 要 件 定 義... 5 (1) 概 要... 5 (2) 変 換 による 制 約... 5 (3) デバイスによる 制 約... 6 (4) 端 末 の 保 証 についての 考 え 方... 6 (5) デザイン... 7 (6) デザインコンポーネントで

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 2013 年 6 月 27 日 改 訂 SciFinder (Web 版 )でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/sci/scifinder/require.html 特 に Java は 最 新 バージョンの

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

Webブラウザの動向とWebアプリケーションにおける考慮点

Webブラウザの動向とWebアプリケーションにおける考慮点 1.はじめに 2.IE の 動 向 3.IE 以 外 の Web ブラウザの 動 向 4.Web アプリケーション 新 規 開 発 時 の 考 慮 点 5. Web ブラウザバージョンアップ 対 応 時 の 考 慮 点 6. まとめ 要 旨 コンシューマーにおけるスマートフォンやタブレット 端 末 の 普 及 IE (InternetExplorer) 10 の 登 場 や Chrome Firefox

More information

この 講 座 で 学 ぶこと Webサイト 制 作 に 関 わるスマートフォ ン/タブレットの 仕 様 2

この 講 座 で 学 ぶこと Webサイト 制 作 に 関 わるスマートフォ ン/タブレットの 仕 様 2 スマートフォンサイト 制 作 基 礎 02. スマートフォン/タブレットの 仕 様 この 講 座 で 学 ぶこと Webサイト 制 作 に 関 わるスマートフォ ン/タブレットの 仕 様 2 Web 制 作 に 関 わる 仕 様 スマートフォン/タブレット ブ 向 けWeb サイト 制 作 をする 際 に 知 っておくべき 仕 様 など OS 画 面 サイズ/ 解 像 度 ブラウザ 使 用 言 語

More information

コンテンツ制作ガイド

コンテンツ制作ガイド ( 別 冊 4) 文 化 デジタルライブラリー コンテンツ 制 作 ガイド( 平 成 24 年 版 ) 平 成 24 年 5 月 独 立 行 政 法 人 日 本 芸 術 文 化 振 興 会 Ⅰ. 技 術 的 要 件 (1)ハードウェア 要 件 1. 搭 載 CPU:Pentium4 相 当 以 上 /メインメモリ:1GB 程 度 の Windows PC で 閲 覧 が 可 能 なこと ディスプレイは

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

甲南大学 Office365卒業生メールの使い方

甲南大学 Office365卒業生メールの使い方 甲 南 大 学 Office365 卒 業 生 メールの 使 い 方 2016/3/25 情 報 システム 室 (Version 1.0) このマニュアルは Windows 7/Internet Explorer の 環 境 を 基 に 作 成 しています OS やブラウザが 異 なる 場 合 は 環 境 にあわせて 操 作 してください マニュアル 内 では Office365 卒 業 生 メールを

More information

(i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i

(i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i 全 国 移 住 ナビ 操 作 説 明 書 民 間 不 動 産 業 者 用 第 1.2 版 2015 年 4 月 総 務 省 (i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i ご 注

More information

ポップアップブロックの設定

ポップアップブロックの設定 電 子 申 請 サービス 事 前 準 備 Web ブラウザの 設 定 第 1.3 版 平 成 26 年 12 月 福 岡 県 ふくおか 電 子 自 治 体 共 同 運 営 協 議 会 - 目 次 - 第 1 章 はじめに... 1 第 2 章 ポップアップブロックの 設 定... 1 2-1. Internet Explorer をご 使 用 の 場 合... 1 2-2. Mozilla Firefox

More information

Microsoft Word - eラーニングFAQ_final.docx

Microsoft Word - eラーニングFAQ_final.docx ログインについて Q1 パスワードを 忘 れました A1 パスワードを 忘 れた 方 は ログイン 画 面 の パスワードを 忘 れた 方 はこ ちら からお 問 い 合 わせいただくか 下 記 より E-mail でお 問 い 合 わせください お 問 い 合 わせ 先 株 式 会 社 CGI Q2 ログインのとき ユーザーIDやパスワードの 大 文 字 と 小 文 字 は 区 別 さ れますか?

More information

ユーザーのページ

ユーザーのページ WebClass インターネット 教 育 システム ウェブクラス コース 管 理 者 ( 先 生 ) アカウント ユーザ ID author01 パスワード author01 ユーザ( 学 生 ) アカウント ユーザ ID user01 パスワード user01 WebClass とは... 3 WebClass を 活 用 いただける 場 面... 3 検 定 試 験 の 模 擬 問 題 の 作

More information

2015tebiki_p1-82.pub

2015tebiki_p1-82.pub 追 大 Webメールシステムと Harukaメール Office365 学 生 教 職 員 に 付 与 される 追 大 メール(Harukaメール)は Webブラウザ 上 で 動 作 する Microsoft Office365 のクラ ウドメール 機 能 を 利 用 し インターネットに 接 続 できる 環 境 で あれば 学 内 外 や 国 内 外 を 問 わず メールの 確 認 送 受 信 が

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver...5 ZEHビルダー ポータルサイト マニュアル はじめにお 読 みください 公 募 要 領 およびSIIホームページの よくあるご 質 問 をご 確 認 ください ID 取 得 申 込 を 行 う 前 に 公 募 要 領 (P6~) およびSIIホームページの よくあるご 質 問 を 必 ずご 確 認 ください 支 社 支 店 フランチャイズ 等 登 録 単 位 や 地 域 による 区

More information

地理院地図マニュアル

地理院地図マニュアル 地 理 院 地 図 操 作 マニュアル 平 成 25 年 10 月 30 日 国 土 地 理 院 目 次 1. 機 能 概 要... - 4-2. 機 能 詳 細... - 7-2.1. 地 図 表 示 基 本 機 能... - 7-2.1.1. 地 図 のスクロール... - 7-2.1.2. ズームイン ズームアウト... - 7-2.1.3. スケールバー 表 示... - 8-2.1.4.

More information

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム 研 究 者 向 け 操 作 手 引 ( 一 部 基 金 ) ( 交 付 内 定 時 決 定 後 用 ) 第 2.3 版 1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属

More information

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2 情 報 連 携 用 語 彙 データベースと 連 携 するデータ 設 計 作 成 支 援 ツール 群 の 試 作 及 び 試 用 並 びに 概 念 モデルの 構 築 ( 浦 安 市 都 市 整 備 部 市 街 地 開 発 課 液 状 化 対 策 推 進 室 ) 操 作 説 明 書 2014 年 9 月 30 日 実 施 企 業 : インディゴ 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推

More information

Microsoft Word - Authoring Tool の利用ver2.docx

Microsoft Word - Authoring Tool の利用ver2.docx 1 Authoring Tool の 利 2013/10/04 初 めに Authoring Tool は, 四 つのタブと 仕 上 がりイメージを 表 するパネルで 構 成 されています 以 下, 下 記 の 順 で 説 明 を 書 いてみます (a) 各 タブの 概 説 (b) コンテンツ 作 成 のチュートリアル (c) 数 式 以 外 の 評 価 法 (d) 詳 細 Authoring Tool

More information

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン 医 療 機 器 WEB 申 請 プラットフォーム(DWAP)に 関 する 質 疑 応 答 集 (Q&A) Ver.7 更 新 履 歴 2011/06/15 業 界 説 明 会 等 で 質 問 のあった 事 項 を 追 加 2011/07/21 A51 に なお 書 き を 追 記 QA52 を 追 加 2013/03/18 改 修 に 伴 う 変 更 箇 所 の 修 正 2014/11/14 法 改

More information

~ 目 次 ~ 1. 概 要... 2 1. ChattyBooksとChattyBook... 2 2. ユーザーのニーズに 応 じたカスタマイズ 機 能... 2 2. 動 作 環 境 インストール... 3 1. プログラムの 入 手 とインストール... 3 2. ChattyBookの 動

~ 目 次 ~ 1. 概 要... 2 1. ChattyBooksとChattyBook... 2 2. ユーザーのニーズに 応 じたカスタマイズ 機 能... 2 2. 動 作 環 境 インストール... 3 1. プログラムの 入 手 とインストール... 3 2. ChattyBookの 動 新 しいマルチメディアDAISY EPUB3 プレイヤー ChattyBooks 説 明 書 認 定 NPO 法 人 サイエンス アクセシビリティ ネット 2016/1/28 ~ 目 次 ~ 1. 概 要... 2 1. ChattyBooksとChattyBook... 2 2. ユーザーのニーズに 応 じたカスタマイズ 機 能... 2 2. 動 作 環 境 インストール... 3 1. プログラムの

More information

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施 ステップアンケート 1. はじめに (1) 対 象 本 書 の 内 容 は スパイラル ( 以 下 本 サービス という ) をご 利 用 のユーザーを 対 象 としています (2) 本 書 の 目 的 本 書 では ユーザーが 本 サービスの ステップアンケート 機 能 を 理 解 し 適 切 な 設 定 が 行 えるようになること を 目 的 としています (3) 必 要 なシステム Internet

More information

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc 兵 庫 大 学 Web メール ユーザーマニュアル Contents 1. はじめに...4 1.1. Outlook Web Access (Web メール)とは... 4 2. ログオン ログオフ...5 2.1. ログオン... 5 2.2. ログオフ... 7 3. TOP 画 面...8 3.1. TOP 画 面 (Internet Explorer のみ)... 8 3.2. TOP 画

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル 迷 惑 メールフィルタリングサービス コントロールパネル 利 用 者 マニュアル( 一 般 ユーザ 向 け) 第 1.6 版 目 次 1. 本 マニュアルについて... 1 2. はじめに... 1 3. 使 用 方 法... 2 3.1. ご 使 用 の 前 に... 2 3.2. ログイン / ログアウト 操 作... 2 3.2.1. ログイン 操 作... 2 3.2.2. ログアウト 操

More information

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー ア ク セス 統 計 の 確 認 ア ク セス 統 計 の 確 認 お 客 様 のホームページへアクセスされた 回 数 を 確 認 しま 統 計 データの 保 証 期 間 統 計 デー タの 保 証 期 間 は 1 年 (12ヶ 月 ) で ア ク セス 統 計 画 面 を 表 示 す る 1 管 理 者 メ ニ ューを 表 示 し ア クセス 統 計 をクリックしま 管 理 者 メニューの 表 示

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

第48回 技能五輪全国大会

第48回 技能五輪全国大会 第 50 回 技 能 五 輪 全 国 大 会 ウェブデザイン 職 種 競 技 課 題 The 50th National Skills Competition Web Design Competition Test Project ( 事 前 公 表 ) 2012 年 10 月 9 日 1 1. MODULE 1 課 題 モジュール 1 制 限 時 間 6.5 時 間 ( 競 技 1 2 日 目 )

More information

技術報告会原稿フォーマット

技術報告会原稿フォーマット Web 情 報 共 有 サービス 利 用 マニュアル 1. ファイルの 保 存 ブラウザを 開 き https://webshare.kyokyo-u.ac.jp を 開 く.ログイン 画 面 が 表 示 されるので,ユーザ ID(メールの ID) とパスワードを 入 力 し,ログインボタンをクリックする( 図 2). ログインに 成 功 すると,TOP フォルダの 一 覧 が 表 示 される (

More information

目 次 1. 会 員 登 録... 3 1.1 推 奨 動 作 環 境... 3 1.1.1 サイト 閲 覧 環 境... 3 1.1.2 シミュレーション 動 作 環 境... 3 1.1.3 各 種 設 定 について... 4 1.2 メールアドレスおよびニックネームの 登 録... 9 1.2

目 次 1. 会 員 登 録... 3 1.1 推 奨 動 作 環 境... 3 1.1.1 サイト 閲 覧 環 境... 3 1.1.2 シミュレーション 動 作 環 境... 3 1.1.3 各 種 設 定 について... 4 1.2 メールアドレスおよびニックネームの 登 録... 9 1.2 OSE 先 物 オプション シミュレーター 会 員 登 録 株 式 会 社 シンプレクス インスティテュート 更 新 日 :2015 年 4 月 30 日 目 次 1. 会 員 登 録... 3 1.1 推 奨 動 作 環 境... 3 1.1.1 サイト 閲 覧 環 境... 3 1.1.2 シミュレーション 動 作 環 境... 3 1.1.3 各 種 設 定 について... 4 1.2 メールアドレスおよびニックネームの

More information

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1 ISOG-J 主 催 セミナー 事 例 から 学 ぶ!ウェブ 改 ざんの 実 態 と 対 策 ウェブ 改 ざんによる 被 害 とその 対 策 2013 年 12 月 12 日 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 技 術 本 部 セキュリティセンター 岡 野 裕 樹 本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 )

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

Microsoft Word - K_仮想共用サーバVer WEBサーバ_rev2.docx

Microsoft Word - K_仮想共用サーバVer WEBサーバ_rev2.docx マイサーバーサービス 利 用 マニュアル (VPS 共 用 サーバー 用 Web サーバー 設 定 ) マイサーバーVPS compact RIMNET http://www.rim.or.jp/support/ Members Guide Book 2010/07 はじめに 本 利 用 マニュアルでは マイサーバーVPS compactのvps 共 用 サーバー 用 の Webサーバ の 設 定

More information

おすすめページ

おすすめページ 4-5 第 4 章 高 度 なリストのデザイン スマートフォン 向 けのCSSを 読 み 込 む スマートフォンのように 画 面 サイズの 小 さい 端 末 で 見 たときは 専 用 のCSSを 読 み 込 むように します 画 面 サイズが 小 さいときはレイアウトを 変 更 する スマートフォンなど パソコンに 比 べて 画 面 の 小 さい 端 末 で Web サイトを 閲 覧 しようとすると

More information

サポート技術方法

サポート技術方法 キャッシュと 同 期 の 推 奨 設 定 イントロダクション このドキュメントでは Curl RTE のパフォーマンスを 最 大 限 に 活 用 できるように Curl RTE の 設 定 と Web ブラウザのキャッシュの 特 徴 について 説 明 します この 設 定 を 採 用 することで 正 確 なプログラムの 動 作 を 維 持 しながら Curl アプリケー ションにおいて 最 も 効

More information

目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オ

目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オ InSite Creative Workflow Version 4.1 操 作 ガイド 目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オートタスクの

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順 FOCUS システム SSL-VPN 利 用 者 マニュアル 第 1.05 版 (2013 年 1 月 版 ) SSL-VPN を 利 用 する 際 の 動 作 環 境 - 1 - ( 第 1.05 版 ) FOCUS システムへの SSL-VPN 接 続 では Java によるポートフォワーディング 方 式 を 用 いて FOCUS 内 のサーバと 接 続 します その 際 に 使 用 する 利

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 履 修 履 歴 データベースの 仕 組 み 学 生 が 履 修 履 歴 を 登 録 して 企 業 へデータを 送 信 すると 企 業 担 当 者 が 履 修 履 歴 データを 見 られるようになります 不 特 定 の 企 業 に 履 修 履 歴 データが 閲 覧 されるわけではありません < 基 本 的 な 流 れ> A 社 データ ベース 応 募 企 業 へ データを 送 信 学 生 A 専

More information

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 フリーウェイマイナンバー 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 員 用 を 参 照 してください 改 訂 履 歴 版 数

More information

2 詳 細 なレイアウトを 記 述 できる HTMLよりレイアウト 記 述 力 が 高 い 例 )テキストや 画 像 を 好 きな 位 置 に 配 置 できる HTMLから レイアウトに 関 する 記 述 を 除 去 で きる HTMLがシンプルに 文 法 間 違 いを 減 らせる 情 報 を 正

2 詳 細 なレイアウトを 記 述 できる HTMLよりレイアウト 記 述 力 が 高 い 例 )テキストや 画 像 を 好 きな 位 置 に 配 置 できる HTMLから レイアウトに 関 する 記 述 を 除 去 で きる HTMLがシンプルに 文 法 間 違 いを 減 らせる 情 報 を 正 1 情 報 基 礎 CSSを 用 いたWebページ 作 成 CSSとは Cascading Style Sheetの 省 略 表 記 シー エスエスと 読 む Webページのレイアウト( 視 覚 的 構 造 )を 定 義 する スタイルシート の 規 格 の 一 つ Webの 標 準 化 団 体 であるW3C(World Wide Web Consortium)によって 標 準 化 現 在 ひろく

More information

参加表明書・企画提案書様式

参加表明書・企画提案書様式 秋 田 市 道 路 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 参 加 表 明 書 企 画 提 案 書 様 式 平 成 25 年 7 月 秋 田 市 建 設 部 道 路 維 持 課 ( 様 式 1) 参 加 表 明 書 業 務 の 名 称 秋 田 市 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション HTML5レベル1ポイント 解 説 セミナー 業 務 Webアプリ 開 発 スタートアップナビゲーション - HTML5 はじめの2~3 歩 - 2015 年 10 月 25 日 株 式 会 社 カサレアル 王 子 東 HTML5プロフェッショナル 認 定 試 験 レベル1 対 象 マルチデバイスに 対 応 した 静 的 なWebコンテ ンツをHTML5を 使 ってデザイン 作 成 できる Webデザイナー

More information

甲南大学 Office365の使い方

甲南大学 Office365の使い方 2015/10/03 情 報 システム 室 (Version 1.2) 甲 南 大 学 のパソコンには 環 境 復 元 機 能 が 入 っています パソコン 教 室 などで 行 っ た 設 定 は 一 度 ログオフすると 元 に 戻 ります ご 注 意 ください このマニュアルは Windows 7/Internet Explorer の 環 境 を 基 に 作 成 しています OS やブラウザが

More information

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生 おきたま 食 の 応 援 団 ウェブサイトの 作 成 及 び 運 用 仕 様 書 委 託 業 務 の 名 称 置 賜 産 農 産 物 愛 用 運 動 推 進 事 業 業 務 委 託 委 託 業 務 の 概 要 () 委 託 業 務 の 目 的 平 成 年 度 に 設 立 した おきたま 食 の 応 援 団 活 動 を 充 実 させるため おき たま 食 の 応 援 団 ウェブサイト( 以 下 本 サイト

More information

Chapter 1 Facebook comのサーバからのアクセスを する があります では PHP Java C#の だけを しますが PythonやPerlなど の でも することができます 1.1 Facebook 003

Chapter 1 Facebook comのサーバからのアクセスを する があります では PHP Java C#の だけを しますが PythonやPerlなど の でも することができます 1.1 Facebook 003 1.1 Section Facebook Facebookアプリを に し Facebookのプラットフォームを する もしくはFacebook で できる を するには の3つの があります 002 1つ は facebook.com から されるアプリとして する です にいうと facebook. com のページ のiframe に されます このアプリの に しては 5 アプリを Facebookキャンバス

More information

スライド 0

スライド 0 V8.0 新 機 能 と 改 良 機 能 のご 紹 介 2016/2/29 目 次 1. V8.0 主 な 機 能 改 良 点 2. V7.1からの 主 な 変 更 点 について 全 般 的 な 変 更 点 会 議 室 管 理 者 向 け 画 面 の 変 更 点 登 録 ユーザー 向 け 画 面 の 変 更 点 Windowsクライアント 画 面 の 変 更 点 モバイルアプリ 関 連 の 変 更

More information

システム設計書

システム設計書 二 松 學 舍 大 学 二 松 メール(Gmail) 利 用 マニュアル バージョン 2.00 発 効 日 改 訂 日 2016 年 04 月 06 日 二 松 学 舎 大 学 情 報 センター i 目 次 1. はじめに...1 2. 二 松 メール(Gmail)ログイン ログアウト 方 法...1 2.1. 二 松 メール(Gmail)ログイン 方 法... 1 2.2. 二 松 メール(Gmail)ログアウト

More information

データベースS 演習資料

データベースS 演習資料 2015/6/24 データベースS 演 習 資 料 第 3 回 PHP による Web インターフェース(2) 九 州 工 業 大 学 情 報 工 学 部 システム 創 成 情 報 工 学 科 講 義 担 当 : 尾 下 真 樹 1. フォームを 使 った 入 力 インターフェースの 開 発 前 回 の 演 習 に 引 き 続 き データベースをウェブから 利 用 するためのインターフェースの 開

More information

1 Wacom sign pro PDF のインストール 1. 起 動 したコンピュータに 管 理 者 としてログインし インターネットに 接 続 します 2. 開 いているすべてのアプリケーションを 終 了 します 3. STU-300 をコンピュータの 空 いている USB ポートに 接 続 し

1 Wacom sign pro PDF のインストール 1. 起 動 したコンピュータに 管 理 者 としてログインし インターネットに 接 続 します 2. 開 いているすべてのアプリケーションを 終 了 します 3. STU-300 をコンピュータの 空 いている USB ポートに 接 続 し 手 書 き 電 子 サインセット 簡 単 ご 利 用 マニュアル 株 式 会 社 ワコム 目 次 1 Wacom sign pro PDF のインストール 2 Wacom sign pro PDF の 起 動 と 初 期 設 定 A) Wacom sign pro PDF の 起 動 方 法 B) Wacom sign pro PDF の 初 期 設 定 方 法 1. 署 名 証 明 書 作 成 2.

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

第 10 問 スマートフォンはパソコンとは 異 なり コンピュータウイルスなどの 不 正 プログラムの 侵 入 感 染 フィッシングなど の 詐 欺 に 遭 うことがないため セキュリティソフトをスマートフォンに 導 入 する 必 要 はない 2. 以 下 の 設 問 に 答 えよ 第 11 問 C

第 10 問 スマートフォンはパソコンとは 異 なり コンピュータウイルスなどの 不 正 プログラムの 侵 入 感 染 フィッシングなど の 詐 欺 に 遭 うことがないため セキュリティソフトをスマートフォンに 導 入 する 必 要 はない 2. 以 下 の 設 問 に 答 えよ 第 11 問 C 1. 各 設 問 において 正 しいものは1を 間 違 っているものは 2 を 該 当 設 問 の 解 答 欄 に 記 せ 第 1 問 HTML5 では タグの 省 略 は 一 切 認 められていない 第 2 問 インターネット 上 のすべてのコンピュータは イーサネットで 繋 がっている 第 3 問 新 規 にウェブサイトを 公 開 する 際 は HTML ドキュメントをアップロードした 後 に

More information

2. 更 新 内 容 下 記 機 能 改 善 仕 様 変 更 不 具 合 対 応 を 行 いました 動 作 環 境 の 追 加 3.1. 受 講 者 / 管 理 者 クライアントの 動 作 環 境 に 下 記 の OS と Web ブラウザを 追 加 しました Windows 10 Microsof

2. 更 新 内 容 下 記 機 能 改 善 仕 様 変 更 不 具 合 対 応 を 行 いました 動 作 環 境 の 追 加 3.1. 受 講 者 / 管 理 者 クライアントの 動 作 環 境 に 下 記 の OS と Web ブラウザを 追 加 しました Windows 10 Microsof 2015 年 10 月 23 日 株 式 会 社 デジタル ナレッジ KnowledgeDeliver 6.1 リリースノート 日 頃 は 弊 社 KnowledgeDeliver / KnowledgeClassroom をご 愛 顧 いただき 誠 にありがとうございます 本 ドキュメントでは KnowledgeDeliver の 最 新 バージョン 6.1 と KnowledgeClassroom

More information

第 10 問 取 得 したドメインでウェブサイトを 公 開 する 場 合 共 用 サーバは 一 切 使 えないので 専 用 サーバを 用 意 する 必 要 が ある 第 11 問 WaSP とは Web accessibility Standard Project の 略 称 である 第 12 問

第 10 問 取 得 したドメインでウェブサイトを 公 開 する 場 合 共 用 サーバは 一 切 使 えないので 専 用 サーバを 用 意 する 必 要 が ある 第 11 問 WaSP とは Web accessibility Standard Project の 略 称 である 第 12 問 1. 各 設 問 において 正 しいものは1を 間 違 っているものは 2 を 該 当 設 問 の 解 答 欄 に 記 せ 第 1 問 グローバルナビゲーションとは 水 平 方 向 に 配 置 されるものを 指 し 垂 直 方 向 に 配 置 されるものはローカルナビ ゲーションと 呼 ばれる 第 2 問 イーサネットとは 1000BASE-T の 規 格 のみをさす 第 3 問 IPv6 で 定

More information

e-Gov電子申請システムを利用した

e-Gov電子申請システムを利用した e-gov 電 子 申 請 システムを 利 用 した RPS 法 に 係 る 申 請 書 提 出 マニュアル -ITEM2000 形 式 のファイルを 利 用 した 申 請 方 法 について- 平 成 22 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 省 エネルギー 新 エネルギー 部 新 エネルギー 等 電 気 利 用 推 進 室 電 子 政 府 の 実 現 に 向 けた 政 府 全 体 の 取 組 みの

More information

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 2. 目 的 2015 年 7 月 に 世 界 文 化 遺 産 に 登 録 された 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 ( 以 下, 当 資 産

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

目 次 ログインする 前 に... 4 メンバー 管 理 編 ( 管 理 者 )... 5 ログインする... 6 トップページについて... 7 メンバー 管 理 をする... 8 メンバー 管 理 画 面 について... 8 1 医 療 機 関 指 定... 9 2 新 規 追 加 指 定...

目 次 ログインする 前 に... 4 メンバー 管 理 編 ( 管 理 者 )... 5 ログインする... 6 トップページについて... 7 メンバー 管 理 をする... 8 メンバー 管 理 画 面 について... 8 1 医 療 機 関 指 定... 9 2 新 規 追 加 指 定... 取 扱 説 明 書 心 電 クラウド ブラウザ 編 Ver.1.6C 目 次 ログインする 前 に... 4 メンバー 管 理 編 ( 管 理 者 )... 5 ログインする... 6 トップページについて... 7 メンバー 管 理 をする... 8 メンバー 管 理 画 面 について... 8 1 医 療 機 関 指 定... 9 2 新 規 追 加 指 定... 9 3 ユーザー 権 限 指

More information

情報資源組織演習B:

情報資源組織演習B: 情 報 資 源 組 織 演 習 A( 書 誌 の 作 成 ) 第 12 回 書 誌 データ 管 理 検 索 システムの 構 築 2013 年 度 跡 見 学 園 女 子 大 学 文 学 部 准 教 授 福 田 博 同 書 誌 データ 管 理 検 索 システムの 構 築 第 9 回 で 書 誌 データベース 構 築 は 理 解 Web 検 索 では 以 下 の 様 な 方 法 が 取 られる A B

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 化 学 情 報 協 会 2012 年 4 月 改 訂 ケース1:SciFinder (Web 版 ) にアクセスできない 症 状 : ブラウザの お 気 に 入 り から SciFinder (Web 版 ) にアクセ スしている 場 合, 左 記 のエラ ー (HTTP 500 内 部 サーバー エラー)によりアクセスできな い. 解

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx 目 次 1. Gmail のログイン ログアウト 方 法... 1 1.1. ログイン 方 法... 1 1.2. ログアウト 方 法... 4 2. Gmail 作 成 方 法... 5 2.1. 新 規 メールの 作 成... 5 3. メールデータの 移 行... 8 3.1. GraceMail のデータをバックアップ( 保 存 )する... 8 3.2. Thunderbird の 入 手

More information