ASP.NET Web API コントロール

Size: px
Start display at page:

Download "ASP.NET Web API コントロール"

Transcription

1 更 新 グレープシティ 株 式 会 社

2 目 次 ComponentOne Studio for Web API 3 インストール 3-4 システム 要 件 4 Web APIクライアントJavaScriptの 追 加 4-5 Web APIの 使 用 5-6 Web API の 設 定 6-8 ストレージの 設 定 8-10 サーバー 側 の 接 続 文 字 列 の 設 定 クライアントアプリケーションの 設 定 12 クライアントアプリケーションの 作 成 REST APIサービス 用 のクライアントアプリケーション NETコレクションの 設 定 18 再 配 布 可 能 ファイル Web API Editionの 制 限 サービス 21 レポートサービス 21 レポートリストサービス 21 レポートのサービス 21 レポートロードサービス パラメータ 情 報 22 サポート 形 式 サービス エクスポート レポートキャッシュサービス 24 Excelサービス エクスポートサービス 25 ExcelへのFlexGridのエクスポート インポートサービス 27 FlexGridへのExcelのインポート Excelサービスの 生 成 ストレージ 内 のXMLからExcelを 生 成 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

3 ストレージ 内 のデータソースからExcelを 生 成 ストレージからのデータを 使 用 したワークブック 形 式 の 変 換 クライアントからポストされたXMLからExcelを 生 成 クライアントからポストされたJSONデータからExcelを 生 成 クライアントからポストされたデータを 使 用 してワークブック 形 式 を 変 換 Excelサービスの 結 合 ストレージに 存 在 する 複 数 のExcelファイルを 結 合 クライアントからポストされた 複 数 のExcelファイルを 結 合 画 像 サービス エクスポートサービス 56 BulletGraphの 画 像 エクスポート RadialGaugeの 画 像 エクスポート FlexPieの 画 像 エクスポート FlexChartの 画 像 エクスポート LinearGaugeの 画 像 エクスポート バーコードサービス テキストからバーコードを 生 成 サポートされているバーコードシンボル バーコード 機 能 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

4 ComponentOne Studio for Web API ComponentOne Studio for Web API は ASP.NET Web APIおよびASP.NET 5 技 術 の 上 に 構 築 されたHTTPサービスセット です Web API は Visual Studio 内 でサービスを 作 成 したり サービスを 詳 細 にカスタマイズするために Visual Studioテンプ レートとして 使 用 されます 作 成 したサービスアプリケーションは HTTPでWebに 公 開 できます Web API は 複 数 のプラットフォーム 上 に 展 開 して さまざまなホストオプションをサポートするように 設 計 されています IIS 展 開 クラウド 展 開 として 実 行 できるほか セルフホストすることもできます 展 開 されたサービスアプリケーションは 幅 広 いクラ イアント(モバイルデバイス ブラウザなど)に 対 してサーバー 側 として 機 能 します 以 下 のトピックでは Web API のインストール ライセンス テクニカルサポートなどについて 説 明 します このセクションは Web API サービスの 使 用 を 開 始 するにあたって 役 立 つ 情 報 を 提 供 することを 目 的 としています サービスの 使 用 方 法 の 詳 細 については サービス セクションを 参 照 してください インストール c1.grapecity.comからインストーラc1studioinstaller.exeをダウンロードします インストールウィザードの 手 順 に 従 って Web APIのASP.NET DLL テンプレート 依 存 DLL スタイルシート およびスクリプトをインストールします Web APIサービスは Visual Studioテンプレートとして 提 供 され Web APIのインストール 後 に 使 用 できるようになります Visual StudioでComponentOneテンプレートを 使 用 してWeb APIサービスアプリケーションを 作 成 すると テンプレートによっ てC1.Web.API.dll C1.C1Excel.dllなどの 関 連 アセンブリへの 参 照 がサービスプロジェクトに 追 加 されます メモ: Web API Editionをインストールした 後 は お 使 いのWindows 10マシンを 一 度 ログオフするか 再 起 動 し その 後 サービスアプリケーションを 作 成 して 必 要 な 環 境 変 数 が 設 定 されるようにすることをお 勧 めします ただし Windows 10にWeb API Editionをインストールした 後 そのままサービスアプリケーションを 作 成 すると 必 要 な 環 境 変 数 は 設 定 されません サンプル 製 品 のサンプルは デフォルトでComponentOne Samplesフォルダにインストールされます C:\Users\<User Name>\Documents\ComponentOne Samples\Web Api Web APIライブラリをNuGetから 追 加 するには ComponentOne Web APIライブラリは NuGetを 介 して 提 供 されます NuGetは ライブラリと 参 照 を 自 動 的 にプロジェクトに 追 加 するVisual Studioの 拡 張 機 能 です Web API 用 のNuGetパッケージは APIサービスアプリケーションに 追 加 できます このパッケージは Web API Editionがインストールされると Visual Studioで 使 用 できるようになります ライブラリをNuGetからサービスアプリケーションに 追 加 するには 次 の 手 順 を 実 行 します NuGetをインストールするには 1. [Install NuGet]をクリックします 2. NuGet.vsixインストーラを 実 行 します 3. [Visual Studio 拡 張 機 能 インストーラ]ウィンドウで [インストール] [インストール]をクリックします 4. インストールが 完 了 したら [ [ 閉 じる]をクリックします Web API 参 照 をサービスアプリケーションに 追 加 するには 1. 新 しいWeb APIプロジェクトを 作 成 します( Web APIの 設 定 を 参 照 ) 2. ソリューションエクスプローラーで [ [ 参 照 ]を 右 クリックし [NuGetパッケージの 管 理 ]を 選 択 します 3. NuGetパッケージマネージャー パッケージマネージャーで C1.Web.APIパッケージを 検 索 します 4. [インストール]をクリックします NuGetパッケージソースを 手 動 で 作 成 するには 3 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

5 1. Visual Studioで [ツール]メニューから[NuGetパッケージマネージャー] パッケージマネージャー] [パッケージマネージャー 設 定 ]を 選 択 しま す [オプション] [オプション]ダイアログボックスが 表 示 されます 2. 左 ペインで [NuGetパッケージマネージャー] パッケージマネージャー] [パッケージソース] [パッケージソース]を 選 択 します 3. 右 上 隅 にある[ [ 追 加 ]ボタンをクリックします [[ 使 用 可 能 なパッケージソース]に 新 しいソースが 追 加 されます 4. 新 しいパッケージソースの 名 前 を 設 定 し ソース は 設 定 します 5. [ 更 新 ]をクリックし [OK]をクリックします これで NuGetパッケージソースが 作 成 されました システム 要 件 Web APIをインストールするには 以 下 のコンポーネントがシステムにインストールされている 必 要 があります C1.Web.Api 4(Web API 2.2の の 場 合 ) ここにタブコンテンツを 挿 入 します.NET 4.5 以 上 Visual Studio IIS 7 以 上 (IISでホストする 場 合 ) C1.Web.Api 5(Web API 3の の 場 合 ).NET.NET 4.5 以 上 Visual Studio 2015 IIS 7.5 以 上 (IISでホストする 場 合 ) ブラウザのサポート Internet Explorer 9 以 上 Mozilla Firefox Safari Web APIクライアントJavaScriptの 追 加 クライアントアプリケーションはWeb APIサービスアプリケーションに 要 求 を 送 信 します Web APIは Webプラットフォーム 内 で この 要 求 を 生 成 するためのJavaScriptクライアントコードを 提 供 しています ComponentOne Web APIクライアントJavaScript ファイルwebapiclient.min.jsは WijmoおよびMVCコントロール 用 のエクスポート/インポート 拡 張 jsです これは クライアン トアプリケーションからサーバー 側 を 呼 び 出 すためのAPIを 提 供 します RESTベースのAPIサービスを 使 用 するためには クライアントJavaScriptファイルは 不 要 であることに 注 意 してください RESTful サービスの 呼 び 出 しには リクエストメソッドのGETとPOSTを 使 用 します メモ: [webapiclient.min.js]ファイルは デフォルトではC:\Program Files (x86)\componentone\web Api Edition\clientにインストールされます クライアントアプリケーションにWeb APIクライアントJavaScriptファイルを 追 加 して 使 用 するには 次 の 手 順 を 実 行 します MVC 4 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

6 1. webapiclient.min.js ファイルをクライアントプロジェクトの [Scripts] フォルダに 追 加 します 2. webapiclient.min.js 参 照 を [Views] [Shared] [_Layout.cshtml] ファイルに 追 加 しま す "webapiclient.min.js" ファイルを ソリューションエクスプローラー からこのファイルの 上 部 にあるスクリプト 設 定 の 場 所 にドラッグします クライアントプロジェクトがあるフォルダにwebapiclient.min.jsファイルを 追 加 します webapiclient.min.jsファイルへの 参 照 を 他 のWijmo 参 照 と 共 にページの<head>タグ 内 に 追 加 します クライ アントJavaScriptファイルを Scripts フォルダに 配 置 した 場 合 追 加 する 参 照 は 次 のようになります 1. クライアントプロジェクトがあるフォルダに"webapiclient.min.js"ファイルを 追 加 します 2. webapiclient.min.js ファイルへの 参 照 を 他 のWijmo 参 照 と 共 にページの<head>タグ 内 に 追 加 します クライ アントJavaScript ファイルを Scripts フォルダに 配 置 した 場 合 追 加 する 参 照 は 次 のようになります <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> Web APIの の 使 用 Web APIは ASP.NET Web APIまたはASP.NET 5を 使 用 して 実 装 できる 次 世 代 のサービスセットです 最 初 にVisual Studioで サービスプロジェクトを 作 成 したら それをIIS 上 に 展 開 するか セルフホストする 必 要 があります これで クライアントアプリ ケーション(MVCアプリケーション ベースのアプリケーション デスクトップアプリケーション または 他 の 一 般 的 なアプリ ケーション)は これらのWeb APIサービスを 呼 び 出 すことでExcelファイルのエクスポートとインポート ( 目 的 の 形 式 での) 画 像 5 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

7 のエクスポート 指 定 されたデータおよびテンプレートからのExcelファイルの 生 成 および 指 定 されたテキストからのバーコー ドの 生 成 を 実 行 することができます 以 下 のトピックでは Web APIサービスプロジェクトの 作 成 および 展 開 方 法 サービスプロジェクトを 使 用 するクライアントアプリ ケーションの 作 成 方 法 について 説 明 します 開 始 する 前 に システム 要 件 を 参 照 してください Web API の 設 定 このトピックでは Web APIサービスアプリケーションをVisualStudioで 作 成 し IIS 上 に 展 開 する(またはセルフホストする) 方 法 につい て 説 明 します これにより クライアントアプリケーションに 対 するサーバー 側 (エンドポイント)が 構 築 されます クライアントアプリケー ションは サービスにアクセスするためにエンドポイントに 要 求 を 送 信 し 応 答 を 受 信 します 次 の 画 像 は ホストされているWeb APIサービスアプリケーションを 示 します Web API Visual Studio 2013を 開 き [ファイル] [ファイル] [[ 新 規 作 成 ] [プロジェクト]を 選 択 して 新 しいWeb APIサービスプロジェクトを 作 成 します 2. インストール 済 みテンプレートから [Visual C#] [Web] [IISでホストされた C1 Web API アプリケーション] (IISでホストさ れるサービスアプリケーションを 作 成 する 場 合 )または [Visual C#] [Web] [セルフホスト[セルフホスト C1 Web API アプリケーション] (セルフホストされるサービスアプリケーションを 作 成 する 場 合 )を 選 択 します 6 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

8 3. アプリケーションの[ 名 前 ]および[ 場 所 ]を 設 定 します 4. Visual StudioまたはIISでアプリケーションを 実 行 します ComponentOneテンプレートは この 新 しいプロジェクトに C1.Web.Api.dll C1.C1Excel.dll phantomjs.exeなどの 関 連 アセ ンブリへの 参 照 を 追 加 します license.licxファイルは アプリケーションに 自 動 的 に 追 加 されます 5. これでサービスプロジェクトを 設 定 できました プロジェクトをIIS 上 に 展 開 するか(IISでホストされるサービスアプリケーションの 場 合 ) 単 にアプリケーションを 実 行 して(セルフホストされる 場 合 ) 使 用 を 開 始 します IIS Web APIテンプレートはIIS 展 開 として 使 用 されます また セルフホスト WebAPIテンプレートは 1つのプロセス 内 で 実 行 で きる 実 行 可 能 サービスとして 使 用 されます Web API 3 1. Visual Studio 2015を 開 き [ファイル] [ファイル] [[ 新 規 作 成 ] [プロジェクト]を 選 択 して 新 しいWeb APIサービスプロジェクトを 作 成 します 2. インストール 済 みテンプレートから [Visual C#] [Web] [C1 Web API Application for ASP.NET 5]を 選 択 します 7 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

9 3. アプリケーションの[ 名 前 ]および[ 場 所 ]を 設 定 します 4. ランタイムライセンスをアプリケーションに 追 加 します 5. Visual StudioまたはIISでアプリケーションを 実 行 します ComponentOneテンプレートは この 新 しいプロジェクトに C1.Web.Api.dll C1.C1Excel.dll phantomjs.exeなどの 関 連 アセンブリへ の 参 照 を 追 加 します サーバー 側 が 作 成 されます これで 起 動 したWebAPI サービスに 対 して 生 成 されたURLを 使 用 して クライアントアプリケーションか らサービスプロジェクトを 呼 び 出 すことができます 上 の 例 では サービスは でホストされています このURLは サービス セクションの 例 で 使 用 します メモ: REST APIサービスを 使 用 するクライアントアプリケーションは 構 成 されたリモートまたはローカルストレージのデータをア クセスすることができます ローカルストレージを 構 成 する 方 法 のためにストレージの 設 定 サーバー 側 の 接 続 文 字 列 の 設 定.NETコレクションの 設 定 を 参 照 してください OneDriveなどのようなリモートストレージをデータのリポジトリとして 構 成 の 詳 細 については ComponentOneのサンプルフォルダにインストールされているWeb APIのサンプルプロジェクトを 参 照 してくださ い ストレージの 設 定 Web APIサービスアプリケーションを 作 成 し ホストした 後 オプションでそこにストレージを 構 成 できます ストレージは サー バー 側 またはリモートの 場 所 でデータのリポジトリとして 機 能 します データベースまたはデータファイルから クライアントアプ リケーションにデータを 提 供 します クライアントアプリケーションは このデータを 使 用 し GET 要 求 を 通 してREST APIサービス を 利 用 して 目 的 の 形 式 でExcelファイルを 生 成 変 換 および 結 合 します ユーザーがGET 要 求 を 発 行 すると クライアントアプリケーションは 構 成 されたストレージからデータ/ファイルをフェッチしま す ストレージには リモートストレージまたはローカルストレージを 使 用 できます リモートストレージは クラウド 上 に 存 在 する 場 合 や ホストサービスを 構 成 したサーバーとは 別 のサーバー 上 に 存 在 する 場 合 があります 一 方 ローカルストレージは ホ ストサービスが 配 置 されているサーバーと 同 じサーバーに 存 在 します このセクションでは サービスアプリケーション 内 でロー カル 保 存 フォルダを 作 成 構 成 する 方 法 を 具 体 的 に 説 明 します また 以 降 の 各 セクションでは ローカルストレージを 構 成 す るためのサーバー 側 接 続 文 字 列 および.NETコレクションについて 説 明 します Web APIの 設 定 トピックで 作 成 したWeb APIサービスでローカルストレージを 構 成 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. サービスアプリケーションで [Files]という 名 前 のフォルダを 作 成 します 2. 目 的 のデータファイルをこのフォルダに 追 加 します 8 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

10 3. サービス 内 でこのストレージを 構 成 するには 以 下 に 示 すように GetFullRoot() メソッドを 呼 び 出 し その 値 をWeb APIサービスプロジェクトのStartup.cs ファイル 内 のConfiguration (IAppBuilder app) メソッドのローカル 変 数 folderに 渡 します C# var folder = GetFullRoot("Files"); 4. 以 下 に 示 すように Startup クラス 内 でGetFullRoot()メソッドを 定 義 します C# private static string GetFullRoot(string root) var applicationbase = AppDomain.CurrentDomain.SetupInformation.ApplicationBase; var fullroot = Path.GetFullPath(Path.Combine(applicationBase, root)); if (!fullroot.endswith(path.directoryseparatorchar.tostring(), StringComparison.Ordinal)) // GetFullPathで 一 致 を 判 定 する 場 合 は 完 全 なディレクトリ 名 のみとの 一 致 が 判 定 されます fullroot += Path.DirectorySeparatorChar; return fullroot; 5. 以 下 に 示 すように Startup.cs 内 のConfiguration メソッドのAddDiskStorage() メソッドを 通 して ディスクストレー ジをサービスアプリケーションの[StorageProviderManager]に 追 加 します 9 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

11 C# app.adddiskstorage("root", folder); このメソッドは ルート 名 およびストレージの 完 全 パスを 取 ります 保 存 フォルダに 適 切 な 名 前 たとえば この 場 合 に は"root"を 付 けます サーバー 側 の 接 続 文 字 列 の 設 定 また データベースファイルからのデータを 使 用 して Excelファイルを 生 成 結 合 および 変 換 できます 接 続 文 字 列 も 設 定 す る 必 要 があります 以 下 の 例 では C1NWind という 名 前 のローカルに 使 用 可 能 なmdbファイルをストレージとして 使 用 し ま た OleDbデータプロバイダを 使 用 します ただし データベースファイルはローカルに 配 置 されている 場 合 やSQL Serverに 存 在 する 場 合 があり また 他 のデータプロバイダも 使 用 できます ローカルに 使 用 可 能 な"C1NWind.mdb" データベースファイルの 接 続 文 字 列 を 設 定 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. Web APIサービスアプリケーションで 新 しいフォルダを 作 成 し そこにデータベースファイルを 追 加 します ここでは App_Dataフォルダにファイルを 追 加 します 2. アプリケーションでOleDbProvider.csファイルを 作 成 し OleDbProvider クラスを 追 加 します 10 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

12 3. OleDbProvider クラスに 次 のコードを 追 加 します C# public class OleDbProvider : DataProvider public OleDbProvider(string name, string connectionstring) Name = name; ConnectionString = connectionstring; public string Name get; private set; public string ConnectionString get; private set; public override bool Supports(string name) return name.startswith(name, StringComparison.OrdinalIgnoreCase); public override IEnumerable GetObject(string name, NameValueCollection args) var tablename = name.substring(name.length).trimstart('\\', '/'); var selectcommand = string.format("select * from 0", 11 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

13 tablename); conn; var conn = new OleDbConnection(ConnectionString); var command = new OleDbCommand(selectCommand) Connection = conn.open(); return command.executereader(commandbehavior.closeconnection); 4. 以 下 に 示 すように Startup クラスのConfiguration (IAppBuilder app) メソッド 内 でデータベースファイルの 接 続 文 字 列 を 設 定 します C# var connectionstring = ConfigurationManager.ConnectionStrings["Nwind"].ConnectionString; app.adddataprovider(new OleDbProvider("Nwind", connectionstring)); クライアントアプリケーションの 設 定 クライアントアプリケーションの 作 成 このセクションでは MVCおよびWijmo 5コントロールを 使 用 して Web APIサービスを 呼 び 出 すことができるクライアントアプ リケーションを 作 成 する 方 法 を 説 明 します クライアントアプリケーションへのコントロールの 追 加 クライアントアプリケーションを 作 成 し FlexGridコントロールを 追 加 するには 次 の 手 順 を 実 行 します MVC 1. Visual StudioでMVC 5アプリケーションを 作 成 します 2. コントローラ(たとえば MVCFlexGridController)を Controllers フォルダに 追 加 します 次 のコードを MVCFlexGridController に 追 加 します C# public ActionResult Index() return View(Sale.GetData(10)); 3. コントローラの 対 応 するビュー( 名 前 Index.cshtml )を 追 加 し 次 のコードを 追 加 してFlexGridコントロールをビューに 追 加 します => bl.bind(model)).cssclass("grid").isreadonly(true).columns(bl => bl.add(cb => cb.binding("id")); bl.add(cb => cb.binding("date")); copycode copycode 12 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

14 ) ) bl.add(cb => cb.binding("country")); bl.add(cb => cb.binding("product")); bl.add(cb => cb.binding("color")); bl.add(cb => cb.binding("amount")); 1. 新 しいページを 作 成 するには 任 意 のテキストエディタで 次 のコードを 追 加 し.html 拡 張 子 を 付 けてドキュメント を 保 存 します <!DOCTYPE > <> <head> </head> <body> </body> </> 2. 依 存 関 係 へのリンクをページの<head>タグ 内 に 追 加 します メモ:アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 を ページに 含 める 必 要 があります これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 な フォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク(CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイルを Styles というフォルダに Wijmo コントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページ の<head>タグ 内 に 次 のWijmo 参 照 を 追 加 します <!-- Wijmo 参 照 --> <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.grid.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して コントロールを 作 成 します <div id="theflexgrid" style="width:auto"></div> <br/> クライアントアプリケーションへのデータの 追 加 クライアントアプリケーションにデータを 挿 入 するには 次 の 手 順 を 実 行 します MVC 1. ソリューションエクスプローラーで [Models]フォルダを 右 クリックし [ [ 追 加 ] [クラス]を 選 択 します [ [ 新 しい 項 目 の 追 加 ]ダイアログボックスが 表 示 されます 13 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

15 2. [ 新 しい 項 目 の 追 加 ]ダイアログで クラスの 名 前 ( 例 :Sale.cs)を 設 定 します 3. [ 追 加 ]をクリックします 4. 新 しいモデルクラスに 次 のコードを 追 加 します Sale.cs public class Sale public int ID get; set; public DateTime Date get; set; public string Country get; set; public string Product get; set; public string Color get; set; public double Amount get; set; copycode private static List<string> COUNTRIES = new List<string> "US", "UK", "Canada", "Japan", "China", "France", "Germany", "Italy", "Korea", "Australia" ; private static List<string> PRODUCTS = new List<string> "Widget", "Gadget" ; /// <summary> /// データを 取 得 する /// </summary> /// <param name="total"></param> /// <returns></returns> public static IEnumerable<Sale> GetData(int total) var colors = new[] "Black", "White", "Red", "Green", "Blue" ; var rand = new Random(0); var dt = DateTime.Now; var list = Enumerable.Range(0, total).select(i => var country = COUNTRIES[rand.Next(0, COUNTRIES.Count - 1)]; var product = PRODUCTS[rand.Next(0, PRODUCTS.Count - 1)]; var color = colors[rand.next(0, colors.length - 1)]; var date = new DateTime(dt.Year, i % , 25); return new Sale ID = i + 1, Date = date, Country = country, Product = product, Color = color, Amount = Math.Round(rand.NextDouble() * , 2) ; ); return list; public static List<string> GetCountries() 14 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

16 var countries = new List<string>(); countries.addrange(countries); return countries; public static List<string> GetProducts() List<string> products = new List<string>(); products.addrange(products); return products; 5. アプリケーションを 保 存 します 1. <head>タグ 内 の 参 照 の 下 に 次 のスクリプトを 追 加 してグリッドを 初 期 化 し データを 生 成 します Javascript <script type="text/javascript"> $(document).ready(function () // ランダムデータを 作 成 します var countries = 'US,UK,Canada,Japan,China,France,Germany, Italy,Korea,Australia'.split(','); var products = 'Widget,Gadget'.split(','); var colors = 'Black,White,Red,Green,Blue'.split(','); var today = new Date(); var dd = today.getdate(); var yyyy = today.getfullyear(); var numrows = 10; var data = []; for (var i = 0; i < numrows; i++) var date = (i%12+1)+'/'+dd+'/'+yyyy; data.push( id: i + 1, date: date, country: countries[math.floor((math.random() * 100) + 1) % 10], product: products[math.floor((math.random() * 100) + 1) % 2], color: colors[math.floor((math.random() * 100) + 1) % 5], amount: Math.random() * 5000 ); // データのCollectionViewを 作 成 します(イベント 取 得 のため) var view = new wijmo.collections.collectionview(data); // グリッドを 初 期 化 しま す var grid = new wijmo.grid.flexgrid('#thegrid', columns: [ binding: 'id', header: 'ID', binding: 'date', header: 'Date' 15 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

17 , binding: 'country', header: 'Country', binding: 'product', header: 'Product', binding: 'color', header: 'Color', binding: 'amount', header: 'Amount' ], autogeneratecolumns: false, itemssource: view, selectionmode: wijmo.grid.selectionmode.row ); ); </script> 2. アプリケーションを 保 存 します 先 頭 に 戻 る MVCコントロールとWijmo 5 FlexGridコントロールを 備 えた 新 しいクライアントアプリケーションを 作 成 できました このクライア ントアプリケーションからWeb APIサービスを 呼 び 出 して エクスポート/インポート 機 能 を 使 用 できます クライアントアプリケー ションからサービスを 呼 び 出 す 方 法 については サービス セクションを 参 照 してください REST APIサービス 用 のクライアントアプリケーション このセクションでは RESTful Web APIサービスを 呼 び 出 すクライアントアプリケーションの 作 成 方 法 を 具 体 的 に 示 します RESTに 基 づくWeb API Editionサービスは さまざまなプラットフォーム 上 に 構 築 されたクライアントアプリケーションで 利 用 できます 以 降 の 各 セクションの 例 では アプリケーションおよびWinFormsアプリケーションを 使 用 してREST APIサービスを 呼 び 出 し ます したがって このセクションでは この2つのアプリケーションを 作 成 します このセクションで 作 成 するクライアントアプリケーションは Excelファイルを 生 成 するためにエンドポイント(サーバー)にPOST 要 求 を 送 信 し また GET 要 求 を 送 信 するクライアントも 同 様 の 行 で 作 成 できると 考 えられます クライアントアプリケーションへのコントロールの 追 加 クライアントアプリケーションを 作 成 し 入 力 コントロールを 追 加 するには 次 の 手 順 を 実 行 します WinForms 1. Visual Studioに 新 しいWinFormsプロジェクトを 作 成 します 詳 細 については.NETプロジェクトの 作 成 を 参 照 してくださ い 2. 次 の 参 照 を 追 加 します C# using System; using System.Diagnostics; using System.IO; using System.Net.Http; 16 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

18 using System.ComponentModel; using System.Windows.Forms; 3. ツールボックスから 2つのC1Buttonコントロール 4つのC1Labelコントロール および3つのC1TextBoxコントロールを フォームに 追 加 します 4. これらの 入 力 コントロールのテキストプロパティを 設 定 します 5. [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します フォームが 次 のように 表 示 されます 6. [Shift]+[F5]を 押 してアプリケーションのデバッグを 停 止 し デザインビューに 切 り 替 えます ツールボックスから OpenFileDialogコンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップします このコンポーネントは WinFormsアプリケーショ ンのデザインビューのコンポーネントトレイに 表 示 されます OpenFileDialogコンポーネントは Web APIサービスに 対 してリクエストを 実 行 するときに データファイルを 選 択 するた めのダイアログボックスを 表 示 します 1. 自 分 の 好 みのテキストエディタで 新 しいページを 作 成 するには テキストエディタで 次 のタグを 追 加 し.html 拡 張 子 を 付 けてドキュメントを 保 存 します <!DOCTYPE > <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"> <head> </head> <body> </body> </> 2. 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して コントロールを 作 成 します <h1>webapiを 呼 び 出 すためのWebアプリケーション</h1> <form> <label for="datafile">データファイル:</label> <input type="file" id="datafile" name="datafile" accept=""/> <br /><br /> 17 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

19 </form> <label for="filename">ファイル 名 :</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value=""/> <br /><br /> <label for="fileformat">ファイル 形 式 :</label> <input type="text" id="fileformat" name="type" value=""/> <br /><br /> <input type="submit" value="excelを 生 成 します"/> 3. ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます 入 力 コントロールを 含 むページが 次 のように 表 示 されます 先 頭 に 戻 る 新 しいWinFormsアプリケーションとアプリケーションが 作 成 され Web API Edition RESTサービスのクライアントとして 機 能 します このクライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 して Excelファイルを 生 成 および 結 合 すること また はバーコードを 生 成 することができます クライアントアプリケーションからサービスを 呼 び 出 す 方 法 については サービス セク ションを 参 照 してください.NETコレクションの 設 定.NETコレクション 内 のデータは 目 的 の 形 式 でExcelファイルを 生 成 結 合 および 変 換 する 際 にも 使 用 できます このセクショ ンでは Web API サービスアプリケーションで.NETコレクションを 構 成 する 方 法 を 具 体 的 に 示 します この 例 では IEnumerable インタフェースを 実 装 して モデルで 生 成 されたデータを 使 用 します 1. サービスアプリケーションで Models フォルダ 内 に 目 的 のモデルクラスを 作 成 します たとえば ここではSales.cs モデ ルとCustomerOrder.cs モデルを 作 成 します 2. 以 下 に 示 すように AddDataSet()メソッドを 通 してサービスアプリケーションのデータプロバイダマネージャーにデータ セットを 追 加 することにより Startup クラスのConfiguration (IAppBuilder app) メソッド 内 でモデルを 設 定 します C# app.adddataset("sales", () => Sale.GetData(10).ToList()); app.adddataset("orders", () => CustomerOrder.GetOrderData(20).ToList()); 再 配 布 可 能 ファイル ComponentOne Web APIは グレープシティ 株 式 会 社 によって 開 発 および 公 開 されています このコントロールを 使 用 したり 統 合 することができる 環 境 であれば Microsoft Visual Studio などの 任 意 のプログラミング 環 境 と 組 み 合 わせて アプリケー ションの 開 発 に 使 用 できます また ネットワークのクライアント 側 /ワークステーション 側 にある1つのCPUで 個 別 に 使 用 される 場 合 に 限 り 開 発 したアプリケーションと 一 緒 に 次 に 示 す 再 配 布 可 能 ファイルを 無 償 で 配 布 できます 再 配 布 可 能 ファイル 18 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

20 Web API 2.2の の 場 合 C1.Web.API.dll C1.Excel.dll phantomjs Web API 3の の 場 合 C1.Web.Apiパッケージ C1.Excelパッケージ phantomjs Web API Editionの の 制 限 Web API サービスには 次 に 示 すいくつかの 制 限 があります これらのいくつかは 製 品 の 改 良 に 従 って 取 り 除 かれる 予 定 で す 画 像 サービス ユーザーの 操 作 によって 変 更 されたクライアントの 外 観 は 画 像 ではエクスポートされない 場 合 があります たとえば クリック 後 のFlexPieの 回 転 はエクスポートされません コントロールの 外 観 が 特 定 の 状 況 でテーマの 影 響 を 受 ける 場 合 エクスポートされる 画 像 にその 外 観 は 反 映 されませ ん データラベルのエクスポートは カスタムitemFormatter JS 関 数 をサポートしません 折 れ 線 系 列 は グリッド 線 に 重 なる 場 合 にはエクスポートに 表 示 されません Excelサービス 共 通 PivotTableはサポートされていません VBAマクロのサポートは 限 定 的 であり xlsxに 対 しては 不 透 過 コピーのみがサポートされています どのファイル 形 式 であっても Excelファイルがロードおよび 保 存 されるたびにチャートオブジェクトが 保 存 されることはあ りません 保 護 構 造 /Windowsはサポートされていません 詳 細 については.NET 制 限 に 対 するExcel を 参 照 してください インポートとエクスポート FlexGridでは 結 合 されたセルを 持 つExcelファイルのインポートとエクスポートはサポートされていません Excel 形 式 では エクスポートされた 色 の 表 示 が 異 なることがあります FlexGridでは スタイルのインポートはサポートされていません ( 強 調 表 示 された 塗 りつぶしを 持 つ) 選 択 されたセルはエクスポートされます 書 式 設 定 は FlexGridの 列 単 位 でのみインポートされます 列 内 の 最 後 のセルの 書 式 設 定 がその 列 全 体 のセルに 適 用 されます これは FlexGridコントロールの 制 限 事 項 です MVC FlexGridでは disableserverread がfalse onlycurrentpage もfalseに 設 定 されている 場 合 には カスタム 列 ヘッダーをエクスポートできません インポートすると グループの 折 りたたまれた 状 態 は 失 われ すべてのグループが 展 開 されます Excelファイル 内 の 画 像 は エクスポートもインポートもできません Excelファイル 内 に 設 定 されたアイコンは エクスポートもインポートもできません Excelファイルの 生 成 19 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

21 ExcelファイルをJSON 文 字 列 に 生 成 し それをFlexGridで 読 み 込 むと グループの 折 りたたまれた 状 態 は 失 われ すべ てのグループが 展 開 されます 画 像 が 含 まれるExcelファイルをJSON 文 字 列 またはXML 文 字 列 に 生 成 する 場 合 生 成 された 文 字 列 に 画 像 は 含 まれ ません Excelファイルの 結 合 配 布 画 像 が 含 まれるExcelファイルをJSON 文 字 列 またはXML 文 字 列 に 結 合 する 場 合 結 合 された 文 字 列 に 画 像 は 含 まれ ません アイコンが 設 定 されているExcelファイルの 結 合 はサポートされません VSの[ 作 成 時 に 新 しいプロジェクトを 保 存 ]というオプションをオフにすると NuGetは 機 能 しません このオプションは Visual Basic の 環 境 設 定 ではデフォルトでオフになっています この 設 定 を 使 用 する 場 合 には このオプションを 必 ず オンにしてください すべてのユーザーが Web 環 境 を 選 択 して 開 発 することを 強 くお 勧 めします 20 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

22 サービス レポートサービス Web API Studio Editionでは さまざまなHTTPサービスを 構 築 できるReport ServiceのBetaバージョンがリリース/ 導 入 されて います 構 築 されたHTTPサービスは さまざまなクライアントがレポートを 表 示 ロード およびキャッシュするために 利 用 でき ます これらはRESTベースのAPIサービスで 5レポートビューアコントロール(FlexViewer)と 通 信 して レポートのコンテ ンツをWeb 上 に 表 示 します C1 Web APIはVisual Studioテンプレートとして 提 供 され Visual Studio 上 でレポートサービスを 作 成 するために 使 用 できま す クライアントアプリケーションは レポートサービスアプリケーションに 要 求 を 送 信 して レポートをロード/エクスポートした り ユーザーがレポートでパラメータを 使 用 できるようにします このサービスは PDF Excel RTF OpenXML および 画 像 形 式 へのレポートのエクスポートをサポートしています レポートリストサービス レポートリストサービスは Get Reports APIを 使 用 して エンドユーザーがクライアントアプリケーションからストレージ 内 の 指 定 レポートファイルに 存 在 するレポートのリストをフェッチできるようにします クライアントアプリケーションは Get Reports APIを 使 用 するためのHTTP 要 求 をサービスアプリケーションに 送 信 します レポートリストサービスの 要 求 スキーマ サーバー 上 の 指 定 レポートファイルにあるレポートのリストを 取 得 するには GETメソッドを 使 用 する 必 要 があります 要 求 URL で 次 のようにレポートファイルのパスを 指 定 します GET: path 次 の 図 は レポートリストを 取 得 するためのパラメータを 指 定 した 要 求 URLを 示 しています 応 答 は レポート 名 を 示 す 文 字 列 の 配 列 を 含 むJSON 文 字 列 です URLパラメータ レポートリストサービスのURLは パラメータとして ストレージ 内 にあるレポートファイルのレポートパスだけを 受 け 取 ります レ ポートファイル 内 のレポートリストにアクセスするには ストレージマネージャーが 認 識 できるレポートファイル 名 を 指 定 する 必 要 があります レポートのサービス レポートロードサービス レポートロードサービスは Load APIを 使 用 して エンドユーザーがレポートをロードし 応 答 から 実 行 情 報 を 取 得 できるように します クライアントアプリケーションは Load APIを 使 用 するためのHTTP 要 求 をサービスアプリケーションに 送 信 します ス テータスが Loaded になると クライアントはRender APIを 使 用 してレポートをレンダリングします 21 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

23 レポートロードサービスの 要 求 スキーマ クライアントがサーバー 上 の 指 定 レポートファイルから 目 的 のレポートをロードするには GETメソッドを 使 用 する 必 要 がありま す 要 求 URLで 次 のようにレポートファイルのパスを 指 定 します GET: path/report name/load 応 答 は IExecutionInfo 型 オブジェクトを 含 むJSON 文 字 列 です 次 の 図 は レポートをストレージからロードするためのパラメータを 指 定 した 要 求 URLを 示 しています URLパラメータ レポートロードサービスのURLは 第 一 にレポートパスとレポート 名 の2つのパラメータを 受 け 取 ります 要 求 URLで レポート ファイル 名 とレポート 名 (レポートファイル 内 で 定 義 されている)を 指 定 する 必 要 があります パラメータ 情 報 パラメータ 情 報 取 得 サービスは Get Parameters APIを 使 用 して ユーザーが 指 定 レポートのパラメータ 記 述 を 取 得 し この 情 報 を 使 用 してパラメータパネルを 初 期 化 できるようにします クライアントアプリケーションは Get Parameters APIを 使 用 す るためのHTTP 要 求 をサービスアプリケーションに 送 信 します パラメータ 情 報 サービスの 要 求 スキーマ クライアントからレポート 内 で 定 義 されているすべてのパラメータの 情 報 を 取 得 するには GETメソッドを 使 用 する 必 要 がありま す 要 求 URLで 次 のようにレポートファイルのパスとレポート 名 を 指 定 します GET: path/report name/parameters 応 答 は IParameterのコレクションを 含 むJSON 文 字 列 です 次 の 図 は レポートのパラメータ 記 述 を 取 得 するためのパラメータを 指 定 した 要 求 URLを 示 しています URLパラメータ パラメータサービスのURLは 第 一 にレポートパスとレポート 名 の2つのパラメータを 受 け 取 ります 要 求 URLで レポートファイ ル 名 とレポート 名 を 指 定 する 必 要 があります サポート 形 式 サービス サポート 形 式 サービスは GetSupportedFormats APIを 使 用 して エンドユーザーがサポートされているレポートエクスポー 22 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

24 ト 形 式 を 取 得 できるようにします クライアントアプリケーションは GetSupportedFormats APIを 使 用 してサポートされている レポートエクスポート 形 式 に 関 する 情 報 を 取 得 するためのHTTP 要 求 をサービスアプリケーションに 送 信 します サポート 形 式 サービスの 要 求 スキーマ クライアントからサポートされているレポートのエクスポート 形 式 を 取 得 するには GETメソッドを 使 用 する 必 要 があります 要 求 URLで 次 のようにレポートファイルのパスとレポート 名 を 指 定 します GET: path/report name/supportedformats 応 答 は IExportDescriptorのコレクションを 含 むJSON 文 字 列 です 次 の 図 は レポートをストレージからロードするためのパラメータを 指 定 した 要 求 URLを 示 しています URLパラメータ サポート 形 式 サービスのURLは 第 一 にレポートパスとレポート 名 の2つのパラメータを 受 け 取 ります 要 求 URLで レポート ファイル 名 とレポート 名 を 指 定 する 必 要 があります エクスポート レポートデータをいつでもどこでもさまざまなファイル 形 式 にエクスポートできます データと 共 にレポートのレイアウトとスタイ ルも 指 定 された 形 式 にエクスポートされます エクスポートサービスは Export APIを 使 用 して エンドユーザーが 指 定 レポートを 目 的 の 形 式 に 簡 単 にレンダリングおよびエ クスポートできるようにします クライアントアプリケーションは Export APIを 使 用 してレポートをサポートされている 形 式 にエ クスポートするためのHTTP 要 求 をサービスアプリケーションに 送 信 します エクスポートサービスの 要 求 スキーマ クライアントからサポートされているレポートのエクスポート 形 式 を 取 得 するには GETメソッドを 使 用 する 必 要 があります 要 求 URLで レポートファイルのパスとレポート 名 を 指 定 します クライアントアプリケーションは 次 のようなHTTP 要 求 メッセージを サービスに 送 信 します GET: path/report name/export 応 答 は エクスポートされたファイルです 次 の 図 は レポートをエクスポートするためのパラメータを 指 定 した 要 求 URLを 示 しています 23 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

25 URLパラメータ エクスポートサービスのGET 要 求 URLは パラメータとして レポートファイルのパス レポート 名 エクスポートされたファイルの 名 前 およびサポートされるエクスポート 形 式 を 受 け 取 ります レポートキャッシュサービス レポートキャッシュサービスは レポートのキャッシュを 操 作 するためのAPIモデルを 提 供 します レポートキャッシュサービス は サービスにHTTP 要 求 を 送 信 するクライアントアプリケーションから 使 用 されます 名 前 HTTPメソッ ド URLスキーマ 説 明 レンダリング GET /api/reportcache/cache id/render レポートをレンダリングし 実 行 情 報 を 取 得 します キャッシュID GET /api/reportcache/cache id 指 定 されたキャッシュIDを 持 つレ ポートの 実 行 情 報 を 取 得 します パラメータ GET /api/reportcache/cache id/parameters レポートで 定 義 されているすべて のパラメータを 取 得 します パラメータ POST /api/reportcache/cache id/parameters レポートのパラメータを 設 定 し 検 証 結 果 を 取 得 します サポート 形 式 GET /api/reportcache/cache id/supportedformats サポートされているすべてのエク スポート 形 式 を 取 得 します エクスポート GET /api/reportcache/cache id/export 指 定 された 形 式 とオプションでレ ポートをエクスポートします アウトライン GET /api/reportcache/cache id/outlines 指 定 されたキャッシュIDを 持 つレ ポートのアウトラインを 取 得 しま す レポートがレンダリング 済 み であることを 確 認 してください ブックマーク GET /api/reportcache/cache id/bookmark レポート 内 のブックマークの 位 置 を 取 得 します レポートがレンダ リング 済 みであることを 確 認 して ください 検 索 GET /api/reportcache/cache id/search 指 定 されたキャッシュIDを 持 つレ ポートの 検 索 結 果 を 取 得 します レポートがレンダリング 済 みであ ることを 確 認 してください レンダリング 停 止 GET /api/reportcache/cache id/stop 現 在 のレンダリングを 停 止 しま す キャッシュID DELETE /api/reportcache/cache id キャッシュを 削 除 します Excelサービス Web API は MVCおよびWijmo 5コントロールのExcelインポート/エクスポートサービスをサポートしています Web API 内 に は Excelファイルのエクスポート/インポート 機 能 を 提 供 するHTTP 要 求 メッセージが 含 まれています Web API Edition は Visual Studio 上 でWeb APIサービスを 作 成 するためのVisual Studioテンプレートとして 使 用 できます 作 成 したサービスは ク 24 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

26 ライアントアプリケーションがFlexGridおよびExcelデータのエクスポート/インポートに 使 用 できます レイアウトとスタイルはデータと 共 に 指 定 された 形 式 にエクスポートされます つまり 結 合 されたセルまたはヘッダー 書 式 設 定 されたテキスト グループ 化 されたデータを 含 むFlexGridがそのままエクスポートされます Excel 形 式 にエクスポートする 場 合 は グリッドデータの 列 ヘッダーは 含 めることも 除 外 することもできます エクスポートサービス Web API Editionエクスポートサービスを 使 用 して 任 意 の 時 点 および 任 意 の 場 所 でFlexGridデータをExcelにエクスポートしま す レイアウトとスタイルはデータと 共 に 指 定 された 形 式 にエクスポートされます つまり 結 合 されたセルまたはヘッダー 書 式 設 定 されたテキスト グループ 化 されたデータを 含 むFlexGridがそのままエクスポートされます Excel 形 式 にエクスポートす る 場 合 は グリッドデータの 列 ヘッダーは 含 めることも 除 外 することもできます ExcelへのFlexGridのエクスポートのエクスポート このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスプロジェクトを 呼 び 出 し FlexGridデータをExcelデータとしてエクスポートするための 関 数 を 追 加 する 方 法 を 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 のFlexGridを 示 しています IncludeColumnHeader Xls Export 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. C1 Web APIクライアントJavaScriptファイルとその 参 照 をMVCまたはプロジェクトに 追 加 します( 詳 細 については Web APIクライアント JavaScriptの 追 加 を 参 照 してください) 2. Client JavaScript Helperを 使 用 して エクスポート 機 能 を 実 装 するための 関 数 を 作 成 します MVC FlexGridデータをExcelにエクスポートするには 次 のコードを [Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml] に 追 加 します Index.cshtml <script type="text/javascript"> copycode 25 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

27 function exportflex() var exporter = new c1.mvc.grid.excelexporter(); filetype = document.getelementbyid("myselect").value; var gridcontrol = wijmo.control.getcontrol("#flexgrid"); exporter.requestexport(gridcontrol, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/excel", filename: "exportflexgrid", type: filetype, ); </script> FlexGridデータをExcelにエクスポートするには 次 のマークアップを<script>タグ 内 に 追 加 します JavaScript <script type="text/javascript"> function exportflex() var exporter = new wijmo.grid.excelexporter(); var grid = wijmo.control.getcontrol("#theflexgrid"); exporter.requestexport(grid, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/excel", filename: "export", type: wijmo.exportfiletype.xls, ); </script> メモ: アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 をページに 含 める 必 要 がありま す これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 なフォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク (CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイルを Styles というフォ ルダに Wijmoコントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページの<head>タグ 内 に 次 の 参 照 を 追 加 します <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.grid.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. ボタンを 追 加 し ボタンクリックでエクスポート 機 能 を 呼 び 出 して エクスポート 要 求 が 開 始 されるようにします MVC 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート/インポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します Index.cshtml <div> <select id="myselect"> <option selected>xls</option> <option>xlsx</option> <option>csv</option> </select> <button onclick="exportflex()" title="export">export</button> </div> copycode 26 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

28 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 作 成 します <button onclick="exportflex()" title="export">export</button> 先 頭 に 戻 る 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する MVCアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]キーを 押 してプロジェクトを 実 行 します アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます [Export]ボタンがコントロールと 共 に 出 力 に 表 示 されます このボタンを 使 用 して コントロール 内 のデータをExcel 形 式 にエクスポートできます MVCおよびWijmo5 FlexGridコントロールを 使 用 したエクスポートサービスのデモサンプルをぜひご 覧 ください 先 頭 に 戻 る MVCFlexGridライブデモ Wijmo5FlexGridライブデモ インポートサービス FlexGridコントロールにExcelデータを 簡 単 にインポートします このサービスは xlsx xls およびcsvの 各 ファイル 形 式 から Excelデータへのインポートをサポートします このサービスでは 列 ヘッダーが 存 在 するかどうかに 関 係 なく Excelデータを 柔 軟 にインポートできます Excelファイルに 式 が 含 まれる 場 合 は 計 算 フィールドがFlexGridにインポートされます FlexGridへのExcelのインポートのインポート このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 じてWeb APIサービスプロジェクトを 呼 び 出 し ExcelデータをFlexGridコントロールにインポートするための 関 数 を 追 加 する 方 法 を 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 のFlexGridを 示 しています IncludeColumnHeaderImport Choose File no file selected 27 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

29 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. C1 Web APIクライアントJavaScriptファイルとその 参 照 をMVCまたはプロジェクトに 追 加 します( 詳 細 については Web APIクライアント JavaScriptの 追 加 を 参 照 してください) 2. Client JavaScript Helperを 使 用 して ボタンクリックイベントでトリガされるインポート 機 能 を 追 加 します MVC ExcelデータをFlexGridコントロールにインポートするには 次 のコードを [Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml] に 追 加 します Index.cshtml <script type="text/javascript"> var gridcontrol; c1.mvc.utils.documentready(function () gridcontrol = wijmo.control.getcontrol('#flexgrid') ); function importflex() var file = document.getelementbyid("fileinput").files[0]; var importer = new wijmo.grid.excelimporter(); importer.requestimport(gridcontrol, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/import/excel", file, true) </script> copycode ExcelデータをFlexGridコントロールにインポートするには 次 のマークアップを<script>タグ 内 に 追 加 します JavaScript <script type="text/javascript"> var grid; $(document).ready(function () grid = wijmo.control.getcontrol('#thegrid') ); function importflex() var file = document.getelementbyid("fileinput").files[0]; var importer = new wijmo.grid.excelimporter(); importer.requestimport(grid, " file, true) </script> メモ: アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 をページに 含 める 必 要 がありま す これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 なフォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク (CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイルを Styles というフォ ルダに Wijmoコントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページの<head>タグ 内 に 次 の 参 照 を 追 加 します <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.grid.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. クライアントアプリケーションでインポート 要 求 を 開 始 するための 入 力 コントロール(たとえば ボタン)を 提 供 します 28 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

30 MVC 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート/インポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して インポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します Index.cshtml <div> <span>import</span> <input type="file" value="import" id="fileinput" class="upload" onchange="importflex()" /> </div> copycode 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して インポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します <input type="file" id="fileinput" class="upload" onchange="importflex()" /> 先 頭 に 戻 る 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する MVCアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]キーを 押 してプロジェクトを 実 行 します アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます インポートするファイルを 選 択 するためのボタンがコントロールと 共 に 出 力 に 表 示 されます このボタンを 使 用 して 目 的 のファイルからコントロールにデータを インポートできます MVCおよびWijmo5 FlexGridコントロールを 使 用 したインポートサービスのデモサンプルをぜひご 覧 ください 先 頭 に 戻 る MVCFlexGridライブデモ Wijmo5FlexGridライブデモ Excelサービスの 生 成 指 定 されたXML JSON およびデータソースファイルから RESTベースのAPIで 瞬 時 にExcelファイルを 生 成 します さらに REST APIサービスを 利 用 することにより 各 種 のワークブック 形 式 の 間 で 簡 単 に 変 換 できます リモートストレージまたはロー カルストレージからデータを 取 得 するか またはクライアントからデータをアップロードしてExcelファイルを 生 成 し Excel 形 式 の 間 で 変 換 します クライアントアプリケーションは HTTPリクエストをWeb APIサービスアプリケーションに 送 ります このリクエストは GETメソッ ドとPOSTメソッドを 使 用 してサービスからの 応 答 を 検 索 します GETメソッドは 指 定 されたリソースから 目 的 の 情 報 を 取 得 し POSTメソッドはリソースにデータを 送 信 します Excelリクエストスキーマの 生 成 ストレージ(ローカルまたはリモート) 内 に 存 在 するデータから 適 切 な 形 式 でExcelワークブックを 生 成 するには GETメソッドを 使 用 する 必 要 があります この 場 合 は リクエストURL 内 で 保 存 場 所 および 生 成 されるExcelのファイル 形 式 を 指 定 します GET: XMLからExcelを を 生 成 するためのGET 要 求 スキーマ 29 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

31 次 の 図 は ストレージに 存 在 するXMLデータファイルから 目 的 の 形 式 でExcelを 生 成 するためのための 要 求 URLパラメータを 示 しています 次 の 表 は 要 求 URLパラメータ(ストレージ 内 のXMLからExcelを 生 成 するためのパラメータ)とそれらのサポートされる 値 を 示 し ています パラメータ サポートされた 値 説 明 ファイル 名 String 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 さ れます ファイル 形 json, xlsx, xls, csv, xml 生 成 されたExcelファイルの 形 式 データファイル 名 ストレージマネージャが 認 識 するデータファイ ル 名 ストレージ 内 のXMLデータファイル データセット/コレクションからExcelを を 生 成 するためのGET 要 求 スキーマ 次 の 図 は ストレージに 存 在 するデータセット/コレクションから 目 的 の 形 式 でExcelを 生 成 するためのための 要 求 URLパラ メータを 示 しています 次 の 表 は 要 求 URLパラメータ(ストレージ 内 のデータセット/コレクションからExcelを 生 成 するためのパラメータ)とそれらのサ ポートされる 値 を 示 しています パラメータ ファイル 名 String サポートされた 値 説 明 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 されます ファイル 形 json, xlsx, xls, csv, xml 生 成 されたExcelファイルの 形 式 データ 名 データプロバイダが 認 識 するデータ 名 ストレージ 内 のデータセット/データコレクション Excel 形 式 を 変 換 するためのGET 要 求 スキーマ 30 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

32 次 の 図 は ストレージに 存 在 するExcel 形 式 のファイルを 目 的 の 形 式 で 変 換 するための 要 求 URLパラメータを 示 しています 次 の 表 は 要 求 URLパラメータ(ストレージ 内 のExcelファイルを 希 望 の 形 式 に 変 換 するためのパラメータ)とそれらのサポートさ れる 値 を 示 しています パラメータ サポートされた 値 説 明 ファイル 名 String 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 されます ファイル 形 json, xlsx, xls, csv, xml 変 換 されたExcelファイルの 形 式 ワークブックファイ ル 名 ストレージマネージャが 認 識 しているExcel ファイル 名 ストレージ 内 の( 変 換 されるための)Excelファイル クライアントからポストされたXMLからExcelを を 生 成 するためのPOST 要 求 スキーマ データがストレージに 存 在 せず クライアントから 提 供 される 場 合 には POSTメソッドを 使 用 する 必 要 があります この 場 合 ク エリー 文 字 列 のパラメータは URLではなくPOST 要 求 のHTTPメッセージ 本 文 に 含 まれて 送 信 されます POSTの 要 求 URLは 次 のように 表 示 されます POST: データがストレージに 存 在 せず クライアントから 提 供 される 場 合 は POSTメソッドを 使 用 します 次 の 表 は 要 求 URLパラメータ(クライアントからポストされたXMLからExcelを 生 成 するためのパラメータ)とそれらのサポート される 値 を 示 しています パラメー タ ファイル 名 ファイル 形 データ ファイル サポートされた 値 String json, xlsx, xls, csv, xml xml 説 明 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 されます 生 成 されたExcelファイルの 形 式 クライントからアップロードするためのXMLデータのコンテキストはコレクションのようです(ルート 要 素 の 同 じに 複 数 の 子 要 素 を 持 つ 要 素 ) クライアントからポストされたJSONデータからExcelを を 生 成 するためのPOST 要 求 スキーマ 次 の 表 は 要 求 URLパラメータ(クライアントからポストされたJSONからExcelを 生 成 するためのパラメータ)とそれらのサポート される 値 を 示 しています パラメータ サポートされた 値 説 明 ファイル 名 String 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 されます ファイル 形 json, xlsx, xls, csv, xml 生 成 されたExcelファイルの 形 式 31 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

33 データ json ライアントからアップロードする 必 要 があるJSONデータ Excel 形 式 のファイルを 変 換 するためのPOST 要 求 スキーマ 次 の 表 は 要 求 URLパラメータ(クライアントからポストされたExcelを 希 望 の 形 式 に 変 換 するためのパラメータ)とそれらのサ ポートされる 値 を 示 しています パラメータ サポートされた 値 説 明 ファイル 名 String 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 されます ファイル 形 json, xlsx, xls, csv, xml 変 換 されたExcelファイルの 形 式 ワークブックファイル xls, xlsx, csv ライアントからアップロードする 必 要 がある 変 換 されたExcelファイル ここでは ユーザーが 要 求 URL 内 のクエリパラメータを 指 定 する 必 要 はありません (クライアントからポストされたXMLから Excelを 生 成, クライアントからポストされたJSONデータからExcelを 生 成, and クライアントからポストされたデータを 使 用 して ワークブック 形 式 を 変 換 t)のトピックでは パラメータまたはクエリー 文 字 列 をPOST 要 求 のHTTPメッセージ 本 文 に 含 まれて 送 信 される 方 法 を 具 体 的 に 説 明 します ストレージ 内 のXMLからExcelを 生 成 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し ストレージ(リモートストレージまたは 同 じサーバー 内 のストレージ) 内 に 存 在 するXML 文 字 列 からExcelファイルを 生 成 する 方 法 を 具 体 的 に 示 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにGET 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 次 の 例 では サービスURLは DataFileNameパラメータにXMLデータファイル(ストレージ 内 に 存 在 )を 取 り Typeパラメータ に 目 的 のファイル 形 式 としてcsvを 取 ります 指 定 された10RowsData.xmlという 名 前 のXMLデータファイルは ホストされる サービスのルートフォルダに 存 在 します Web App to call C1 Web API The web api url: FileName: ExcelfromStorage FileFormat: csv Xmldatafile: root/10rowsdata.xml Generate Excel 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 32 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

34 Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 1つの C1Label 1つのC1TextBox および1つのC1Buttonコントロールを 追 加 します フォームが 次 のように 表 示 されます 2. 以 下 に 示 すように お 使 いのWinFormsアプリケーションのフォームクラスにメソッド(たとえば GetExcel())を 定 義 し て サービスアプリケーションを 呼 び 出 します C# public void GetExcel() var apiurl = string.isnullorempty(c1textbox1.text)? "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel? FileName=excel&type=csv&datafilename=root%2F10rowsdata.xml" : C1TextBox1.Text; WebRequest request = WebRequest.Create(apiURL); WebResponse response = request.getresponse(); var filestream = File.Create("D:\\ExcelfromStorage.csv"); //ここで 指 定 したファイル 形 式 は 要 求 されたURLと 同 じである 必 要 があります response.getresponsestream().copyto(filestream); 3. [Excelの の 生 成 ]ボタンのボタンクリックイベントで GetExcel()メソッドを 呼 び 出 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action="http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel" method="get"> <label for="filename">file Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="excelfromstorage" /> <br /> <label for="fileformat">file Format:</label> 33 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

35 <input type="text" id="fileformat" name="type" value="csv" /> <br /> <label for="datafilename">xml data file:</label> <input type="text" id="datafilename" name="datafilename" value="root/10rowsdata.xml" /> <input type="submit" value="generate Excel"/> </form> 先 頭 に 戻 る GET 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にGET およびそのaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページに 入 力 コントロールを 作 成 します このコントロールは ストレージ 内 に 存 在 する XMLデータファイルから 目 的 のExcel 形 式 を 生 成 するための 各 種 パラメータを 取 ります 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します Request URLフィールドに 対 応 するテキストボックスに 適 切 なパラメータを 含 むクエリー 文 字 列 と 共 に サービスURLを 指 定 します [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリックします 生 成 されたExcelデータストリームは GetExcel()メソッドで 指 定 された 場 所 にダ ウンロードされます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます 目 的 のExcelファイル 形 式 に 該 当 するパラメータを 設 定 して [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す ストレージで 使 用 可 能 なXMLデータファイルからExcelを 生 成 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る Excelの 生 成 のライブデモ ストレージ 内 のデータソースからExcelを 生 成 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し ストレージ(リモートストレージまたは 同 じサーバー 内 のストレージ) 内 に 存 在 するデータセットまたは.NETコレクションからExcelファイルを 生 成 する 方 法 を 具 体 的 に 示 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにGET 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 次 の 例 では サービスURLはDataNameパラメータにデータセット/コレクション(ストレージ 内 に 存 在 )の 名 前 と 場 所 を 取 り Typeパラメータに 目 的 のファイル 形 式 であるxlsを 取 ります Productsという 名 前 の 指 定 されたデータセットは ホストされて いるサービスのNwindフォルダ 内 に 存 在 しています Web App to call C1 Web API 34 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

36 Web App to call C1 Web API The web api url: FileName: ExcelfromStorage FileFormat: xls DataName: Nwind/Products Generate Excel 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 1つの C1Label 1つのC1TextBox および1つのC1Buttonコントロールを 追 加 します フォームが 次 のように 表 示 されます 2. 以 下 に 示 すように お 使 いのWinFormsアプリケーションのフォームクラスにメソッド(たとえば GetExcel())を 定 義 し て サービスアプリケーションを 呼 び 出 します C# public void GetExcel() var apiurl = string.isnullorempty(c1textbox1.text)? "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel? FileName=excel&type=xls&dataname=Nwind%2FProducts" : C1TextBox1.Text; WebRequest request = WebRequest.Create(apiURL); WebResponse response = request.getresponse(); var filestream = File.Create("D:\\ExcelfromStorage.xls"); //ここで 指 定 したファイル 形 式 は 要 求 URLで 指 定 された 形 式 と 同 じである 必 要 があります response.getresponsestream().copyto(filestream); 35 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

37 3. [Excelの の 生 成 ]ボタンのボタンクリックイベントで GetExcel()メソッドを 呼 び 出 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action="http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel" method="get"> <label for="filename">file Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="excelfromstorage" /> <br /> <label for="fileformat">file Format:</label> <input type="text" id="fileformat" name="type" value="xls" /> <br /> <label for="dataname">data Name:</label> <input type="text" id="dataname" name="dataname" value="nwind/products" /> <input type="submit" value="generate Excel"/> </form> 先 頭 に 戻 る GET 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にGET およびそのaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページで 入 力 コントロールを 作 成 し 各 種 のパラメータを 指 定 して ストレージ 内 に 存 在 するデータセットから 目 的 のExcel 形 式 でExcelファイルを 生 成 します 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します Request URLフィールドに 対 応 するテキストボックスに 適 切 なパラメータを 含 むクエリー 文 字 列 と 共 に サービスURLを 指 定 します [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリックします 生 成 されたExcelデータストリームは GetExcel()メソッドで 指 定 された 場 所 にダ ウンロードされます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます 目 的 のExcelファイル 形 式 に 該 当 するパラメータを 設 定 して [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す ストレージで 使 用 可 能 なデータソースからExcelを 生 成 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 くださ い 先 頭 に 戻 る Excelの 生 成 のライブデモ ストレージからのデータを 使 用 したワークブック 形 式 の 変 換 36 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

38 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し ストレージ(リモートストレージまたは 同 じサーバー 上 のストレージ) 内 で 使 用 可 能 なExcelファイルを 別 のファイル 形 式 に 変 換 する 方 法 を 具 体 的 に 示 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにGET 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 次 の 例 では サービスURLは WorkBookFileName パラメータにExcelワークブック(ストレージ 内 に 存 在 )を 取 り Typeパラ メータに 目 的 のファイル 形 式 であるjsonを 取 ります 指 定 されたExcelワークブック results.xlsxは ホストされるサービスの ルートフォルダに 存 在 します Web App to call C1 Web API The web api url: FileName: ExcelConvert FileFormat: json WorkBookFileName: root/grouping.xlsx Convert Excel Format 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 1つの C1Label 1つのC1TextBox および1つのC1Buttonコントロールを 追 加 します フォームが 次 のように 表 示 されます 2. 以 下 に 示 すように お 使 いのWinFormsアプリケーションのフォームクラスにメソッド(たとえば ConvertExcel())を 定 義 して サービスアプリケーションを 呼 び 出 します 37 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

39 C# public void ConvertExcel() var apiurl = string.isnullorempty(c1textbox1.text)? "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel? FileName=excel&type=json&workbookfilename=root%2Grouping.xlsx" : C1TextBox1.Text; WebRequest request = WebRequest.Create(apiURL); WebResponse response = request.getresponse(); var filestream = File.Create("D:\\ExcelConvert.json"); response.getresponsestream().copyto(filestream); 3. [Excel 形 式 の 変 換 ]ボタンのボタンクリックイベントで ConvertExcel()メソッドを 呼 び 出 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action="http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel" method="get"> <label for="filename">file Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="excelconvert" /> <br /> <label for="fileformat">file Format:</label> <input type="text" id="fileformat" name="type" value="json" /> <br /> <label for="workbookfilename">workbook File Name:</label> <input type="text" id="workbookfilename" name="workbookfilename" value="root/grouping.xlsx" /> <input type="submit" value="convert Excel Format"/> </form> 先 頭 に 戻 る GET 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にGET およびそのaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページにコントロールを 作 成 します このコントロールは 各 種 パラメータを 指 定 して ス トレージ 内 に 存 在 するExcelワークブックから 目 的 の 形 式 でExcelを 生 成 します 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します Request URLフィールドに 対 応 するテキストボックスに 適 切 なパラメータを 含 むクエリー 文 字 列 と 共 に サービスURLを 指 定 します [Excel 形 式 の 変 換 ]ボタンをクリックします 生 成 されたExcelデータストリームは ConvertExcel()メソッドで 指 定 された 場 所 にダウンロードされます 38 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

40 アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます 目 的 のExcelファイル 形 式 に 該 当 するパラメータを 設 定 して [Excel 形 式 の 変 換 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す ワークブック 形 式 を 変 換 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る Excel 形 式 の 変 換 のライブデモ クライアントからポストされたXMLからExcelを 生 成 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し クライアントからポストされたXMLデー タファイルからExcelを 生 成 する 方 法 を 具 体 的 に 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにPOST 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 次 の 例 では クライアントアプリケーションを 通 してXMLデータファイルを 提 供 します さらに エンドユーザーは クライアントプ ロジェクトを 通 して 生 成 されるExcelファイルのサービスURL 名 前 および 適 切 なファイル 形 式 を 指 定 する 必 要 があります こ れは 生 成 するExcelのパラメータまたはクエリー 文 字 列 は リクエストURL 内 ではなくPOST 要 求 のHTTPメッセージ 本 文 に 含 ま れて 送 信 されるためです Web App to call C1 Web API The web api url: Xmldatafile: Choose File no file selected FileName: Excel FileFormat: xlsx Generate Excel 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 4つの C1Labelコントロール 3つのC1TextBoxコントロール 2つのC1Buttonコントロール および1つのOpneFileDialogコン 39 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

41 ポーネントを 追 加 します フォームが 以 下 のように 表 示 されるように テキストプロパティを 設 定 します 2. [データファイルを 選 択 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します C# private void button1_click(object sender, EventArgs e) var result = openfiledialog1.showdialog(); if (result == DialogResult.OK result == DialogResult.Yes) _filepath = openfiledialog1.filename; if (!string.isnullorempty(_filepath)) label1.text = _filepath; 3. [Excelの の 生 成 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します C# private void button2_click(object sender, EventArgs e) if (string.isnullorempty(_filepath)) MessageBox.Show("Invalid response."); return; using (var client = new HttpClient()) using (var formdata = new MultipartFormDataContent()) using (var filestream = File.OpenRead(_filePath)) var filename = string.isnullorempty(c1textbox1.text)? "test" : textbox1.text; var fileformat = string.isnullorempty(c1textbox2.text)? "xlsx" : textbox2.text; formdata.add(new StringContent(fileName), "FileName"); 40 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

42 formdata.add(new StringContent(fileFormat), "FileFormat"); formdata.add(new StreamContent(fileStream), "DataFile", Path.GetFileName(_filePath)); var response = client.postasync(c1textbox3.text, formdata).result; if (!response.issuccessstatuscode) MessageBox.Show("Invalid response."); return; var temppath = Path.Combine(Path.GetTempPath(), Guid.NewGuid().ToString()); if (!Directory.Exists(tempPath)) Directory.CreateDirectory(tempPath); var tempfilepath = Path.Combine(tempPath, string.format("0.1", filename, fileformat)); using (var newfile = File.Create(tempFilePath)) response.content.readasstreamasync().result.copyto(newfile); Process.Start(tempFilePath); POST 要 求 に 関 して System.Net.Http.MultipartFormDataContent クラスのインスタンスであるformDataが 使 用 され ることに 注 意 してください コードを 通 して HTTPコンテンツをformDataに 追 加 し 指 定 されたURIに 非 同 期 POST 要 求 を 送 る 際 にそれを 渡 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action=http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel </form> method="post" enctype="multipart/form-data"> <label for="datafile">xml data file:</label> <input type="file" id="datafile" name="datafile" accept=".xml" /> <br/><br/> <label for="filename">file Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="test"/> <br /><br /> <label for="fileformat">file Format:</label> <input type="text" id="fileformat" name="type" value="xlsx" /> <br /><br /> <input type="submit" value="post"/> POST 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にPOST そのenctype 属 性 に"multipart/form-data" およびそ のaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページに 入 力 コントロールを 作 成 し 41 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

43 先 頭 に 戻 る ます このコントロールは クライアントからポストされたXMLデータファイルからExcelファイルを 生 成 するために 各 種 の パラメータを 取 ります 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します [データファイルを 選 択 ]ボタンをクリックして XMLデータファイルを 選 択 およびポストします 対 応 するテキストボックスに 生 成 されたExcelの 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 指 定 します 対 応 するテキストボックスに POST 要 求 のサービスURL (http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel)を 入 力 し [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリッ クします 生 成 されたExcelファイルが 開 きます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます XMLデータファイルを 選 択 してポストします 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 生 成 されるExcelに 対 して 設 定 し [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す XMLデータファイルからExcelを 生 成 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る XMLライブデモからExcelを 生 成 クライアントからポストされたJSONデータからExcelを 生 成 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し クライアントからポストされたJSON データファイルからExcelを 生 成 する 方 法 を 具 体 的 に 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにPOST 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 次 の 例 では クライアントアプリケーションを 通 してJSONデータファイルを 提 供 します さらに エンドユーザーは クライアント プロジェクトを 通 して 生 成 されるExcelファイルのサービスURL 名 前 および 適 切 なファイル 形 式 を 指 定 する 必 要 があります これは 生 成 するExcelのパラメータまたはクエリー 文 字 列 は リクエストURL 内 ではなくPOST 要 求 のHTTPメッセージ 本 文 に 含 まれて 送 信 されるためです Web App to call C1 Web API The web api url: Jsondatafile: Choose File no file selected 42 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

44 FileName: Excel FileFormat: xlsx Generate Excel 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 4つの C1Labelコントロール 3つのC1TextBoxコントロール 2つのC1Buttonコントロール および1つのOpneFileDialogコン ポーネントを 追 加 します フォームが 以 下 のように 表 示 されるように テキストプロパティを 設 定 します 2. [データファイルを 選 択 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します C# private void button1_click(object sender, EventArgs e) var result = openfiledialog1.showdialog(); if (result == DialogResult.OK result == DialogResult.Yes) _filepath = openfiledialog1.filename; if (!string.isnullorempty(_filepath)) label1.text = _filepath; 3. [Excelの 生 成 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します 43 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

45 C# private void button2_click(object sender, EventArgs e) if (string.isnullorempty(_filepath)) MessageBox.Show("Invalid response."); return; using (var client = new HttpClient()) using (var formdata = new MultipartFormDataContent()) using (var filestream = File.OpenRead(_filePath)) var filename = string.isnullorempty(c1textbox1.text)? "test" : textbox1.text; var fileformat = string.isnullorempty(c1textbox2.text)? "xlsx" : textbox2.text; formdata.add(new StringContent(fileName), "FileName"); formdata.add(new StringContent(fileFormat), "FileFormat"); formdata.add(new StreamContent(fileStream), "DataFile", Path.GetFileName(_filePath)); var response = client.postasync(c1textbox3.text, formdata).result; if (!response.issuccessstatuscode) MessageBox.Show("Invalid response."); return; var temppath = Path.Combine(Path.GetTempPath(), Guid.NewGuid().ToString()); if (!Directory.Exists(tempPath)) Directory.CreateDirectory(tempPath); var tempfilepath = Path.Combine(tempPath, string.format("0.1", filename, fileformat)); using (var newfile = File.Create(tempFilePath)) response.content.readasstreamasync().result.copyto(newfile); Process.Start(tempFilePath); POST 要 求 に 関 して System.Net.Http.MultipartFormDataContentクラスのインスタンスであるformDataが 使 用 され ることに 注 意 してください コードを 通 して HTTPコンテンツをformDataに 追 加 し 指 定 されたURIに 非 同 期 POST 要 求 を 送 る 際 にそれを 渡 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action=http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel 44 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

46 method="post" enctype="multipart/form-data"> <label for="data">json data file:</label> <input type="file" id="data" name="data" accept=".json" /> <br/><br/> <label for="filename">file Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="test"/> <br /><br /> <label for="fileformat">file Format:</label> <input type="text" id="fileformat" name="type" value="xlsx" /> <br /><br /> <input type="submit" value="generate Excel"/> </form> 先 頭 に 戻 る POST 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にPOST そのenctype 属 性 に"multipart/form-data" およびそ のaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページに 入 力 コントロールを 作 成 し ます このコントロールは クライアントからポストされたJSONデータファイルからExcelファイルを 生 成 するために 各 種 のパラメータを 取 ります 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します [データファイルを 選 択 ]ボタンをクリックして JSONデータファイルを 選 択 およびポストします 対 応 するテキストボックスに 生 成 されたExcelの 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 指 定 します 対 応 するテキストボックスに POST 要 求 のサービスURL (http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel)を 入 力 し [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリッ クします 生 成 されたExcelファイルが 開 きます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます JSONデータファイルを 選 択 してポストします 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 生 成 されるExcelに 対 して 設 定 し [Excelの の 生 成 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す JSONデータファイルからExcelを 生 成 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る JSONライブデモからExcelを 生 成 クライアントからポストされたデータを 使 用 してワークブック 形 式 を 変 換 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し クライアントからポストされたExcelファ イルの 形 式 を 変 換 する 方 法 を 具 体 的 に 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 45 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

47 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにPOST 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 次 の 例 では クライアントアプリケーションを 通 してExcelデータファイルを 提 供 します さらに エンドユーザーは クライアントプ ロジェクトを 通 して 生 成 されるExcelファイルのサービスURL 名 前 および 適 切 なファイル 形 式 を 指 定 する 必 要 があります こ れは 変 換 するExcel 形 式 のパラメータまたはクエリー 文 字 列 は リクエストURL 内 ではなくPOST 要 求 のHTTPメッセージ 本 文 に 含 まれて 送 信 されるためです Web App to call C1 Web API The web api url: Selectdatafile: Choose File no file selected FileName: Excel FileFormat: xlsx Convert Excel Format メモ: サービスは クライアントからポストされたxlsファイル xlsxファイル およびcsvファイルを 変 換 できます 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 4つの C1Labelコントロール 3つのC1TextBoxコントロール 2つのC1Buttonコントロール および1つのOpneFileDialogコン ポーネントを 追 加 します フォームが 以 下 のように 表 示 されるように テキストプロパティを 設 定 します 46 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

48 2. [データファイルを 選 択 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します C# private void button1_click(object sender, EventArgs e) var result = openfiledialog1.showdialog(); if (result == DialogResult.OK result == DialogResult.Yes) _filepath = openfiledialog1.filename; if (!string.isnullorempty(_filepath)) label1.text = _filepath; 3. [Excel 形 式 の 変 換 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します C# private void button2_click(object sender, EventArgs e) if (string.isnullorempty(_filepath)) MessageBox.Show("Invalid response."); return; using (var client = new HttpClient()) using (var formdata = new MultipartFormDataContent()) using (var filestream = File.OpenRead(_filePath)) var filename = string.isnullorempty(c1textbox1.text)? "test" : textbox1.text; var fileformat = string.isnullorempty(c1textbox2.text)? "xlsx" : textbox2.text; formdata.add(new StringContent(fileName), "FileName"); formdata.add(new StringContent(fileFormat), "FileFormat"); 47 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

49 formdata.add(new StreamContent(fileStream), "DataFile", Path.GetFileName(_filePath)); var response = client.postasync(c1textbox3.text, formdata).result; if (!response.issuccessstatuscode) MessageBox.Show("Invalid response."); return; var temppath = Path.Combine(Path.GetTempPath(), Guid.NewGuid().ToString()); if (!Directory.Exists(tempPath)) Directory.CreateDirectory(tempPath); var tempfilepath = Path.Combine(tempPath, string.format("0.1", filename, fileformat)); using (var newfile = File.Create(tempFilePath)) response.content.readasstreamasync().result.copyto(newfile); Process.Start(tempFilePath); POST 要 求 に 関 して System.Net.Http.MultipartFormDataContentクラスのインスタンスであるformDataが 使 用 され ることに 注 意 してください コードを 通 して HTTPコンテンツをformDataに 追 加 し 指 定 されたURIに 非 同 期 POST 要 求 を 送 る 際 にそれを 渡 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action="http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel" \ method="post" enctype="multipart/form-data"> <label for="workbookfile">select data file:</label> <input type="file" id="workbookfile" name="workbookfile" /> <br/><br/> <label for="filename">file Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="excel"/> <br /><br /> <label for="type">file Format:</label> <input type="text" id="type" name="type" value="xlsx" /> <br /><br /> <input type="submit" value="convert Excel Format"/> </form> POST 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にPOST そのenctype 属 性 に"multipart/form-data" およびそ のaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページに 入 力 コントロールを 作 成 し ます このコントロールは クライアントからポストされたExcelファイルのファイル 形 式 を 変 換 するために 各 種 のパラメー 48 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

50 先 頭 に 戻 る タを 取 ります 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します [データファイルを 選 択 ]ボタンをクリックして 変 換 するExcelファイル(xls xlsx またはcsv)を 選 択 してポストします 対 応 するテキストボックスに 生 成 されたExcelの 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 指 定 します 対 応 するテキストボックスに POST 要 求 のサービスURL (http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel)を 入 力 し [Excel 形 式 の 変 換 ]ボタンを クリックします 生 成 されたExcelファイルが 開 きます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます Excelデータファイルを 選 択 してポストします 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 生 成 されるExcelに 対 して 設 定 し [Excel 形 式 の 変 換 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す Excelファイル 形 式 間 で 変 換 を 行 うREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る Excel 形 式 の 変 換 のライブデモ Excelサービスの 結 合 REST APIサービスで 複 数 のExcelファイルをワークブックに 結 合 します サービスは 複 数 のExcelファイルを 結 合 して サポー トされているワークブック 形 式 (JSON XLSX XLS およびXML)にします 結 合 するファイルがストレージに 存 在 する 場 合 は GET 要 求 を 使 用 します また 結 合 するExcelファイルをクライアントを 通 して 提 供 する 場 合 は POST 要 求 が 適 切 です Excelリクエストスキーマの 結 合 GET 要 求 URLで マージされたエクセルの 保 存 場 所 および 生 成 されるExcelのファイル 形 式 を 指 定 します GET: 複 数 のExcelファイルを 結 合 するためのGET 要 求 スキーマ 次 の 図 は ストレージに 存 在 する 複 数 のエクスるファイルを 結 合 するための 要 求 URLパラメータを 示 しています 次 の 表 は 要 求 URLパラメータ(ストレージである 複 数 のExcelファイルを 結 合 するためのパラメータ)とそれらのサポートされる 値 を 示 しています 49 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

51 パラメータ サポートされた 値 説 明 ファイル 名 String 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 されます ファイル 形 xlsx, xls, xml 結 合 されたExcelファイルのファイル 形 式 結 合 するファイルの 名 ストレージマネージャが 認 識 するExcelファ イルの 名 ストレージにある 結 合 するためのExcelファイル 複 数 のExcelファイルを 結 合 するためのPOST 要 求 スキーマ 結 合 するExcelファイルをクライアントを 通 して 提 供 する 場 合 は POST 要 求 が 適 切 です POSTの 要 求 URLは 次 のように 表 示 さ れます POST: 次 の 表 は POST 要 求 のクエリパラメータ(クライアントを 通 して 提 供 する 複 数 のExcelファイルを 結 合 するためのパラメータ)とそ れらのサポートされる 値 を 示 しています パラメータ サポートされた 値 説 明 ファイル 名 String 生 成 されたExcelファイルの 名 前 は ユーザによって 指 定 されます ファイル 形 xlsx, xls, xml 結 合 されたExcelファイルのファイル 形 式 結 合 するファイル xlsx, xls, and csv クライアントから 結 合 するためのExcelファイルがアップされました ここでは ユーザーが 要 求 URL 内 のクエリパラメータを 指 定 する 必 要 はありません クライアントからポストされたXMLから Excelを 生 成 トピックでは Excelのパラメータまたはクエリー 文 字 列 をPOST 要 求 のHTTPメッセージ 本 文 に 含 まれて 送 信 される 方 法 を 具 体 的 に 説 明 します ストレージに 存 在 する 複 数 のExcelファイルを 結 合 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し ファイルストレージ(リモートストレージまたは 同 じサー バー 上 のストレージ) 内 で 使 用 可 能 な 複 数 のExcelファイルをワークブックに 結 合 する 方 法 を 具 体 的 に 示 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアントはサービスにGET 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 次 の 例 では サービスURLは FileNamesToMergeパラメータに 結 合 するExcelデータファイル(ストレージ 内 に 存 在 )を 取 り Typeパラメータに 目 的 のファイル 形 式 であるxlsを 取 ります 結 合 される 指 定 されたExcelファイルは ホストされるサービスのルートフォルダに 存 在 します Web App to call C1 Web API The web api url: FileName: MergedFile FileFormat: xls FileNamestoMerge: root/gas.xls root/houston.xlsx Merge Excel 50 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

52 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 1つのC1Label 1つの C1TextBox および1つのC1Buttonコントロールを 追 加 します フォームが 次 のように 表 示 されます 2. 以 下 に 示 すように お 使 いのWinFormsアプリケーションのフォームクラスにメソッド(たとえば MergeExcel())を 定 義 して サービスアプリ ケーションを 呼 び 出 します C# public void MergeExcel() var apiurl = "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel/merge? FileName=excel&type=xls&FileNamesToMerge=root%2FGAS.xls&FileNamesToMerge=root%2FHouston.xlsx"; WebRequest request = WebRequest.Create(apiURL); WebResponse response = request.getresponse(); var filestream = File.Create("D:\\MergedFile.xls"); response.getresponsestream().copyto(filestream); 3. [Excelファイルの 結 合 ]ボタンのボタンクリックイベントで MergeExcel()メソッドを 呼 び 出 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action="http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel/merge" method="get"> <label for="filename">file Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="mergedfile" /> <br /><br /> <label for="fileformat">file Format:</label> <input type="text" id="fileformat" name="type" value="xls" /> <br /><br /> <label for="filenamestomerge">file Names to Merge:</label> <input type="text" id="filenamestomerge" name="filenamestomerge" value="root/gas.xls" /> <input type="text" id="filenamestomerge" name="filenamestomerge" value="root/houston.xlsx" /> <input type="submit" value="merge Excel"/> </form> 51 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

53 先 頭 に 戻 る GET 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にGET およびそのaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください ま た ページに 入 力 コントロールを 作 成 します このコントロールは ストレージで 使 用 可 能 で 目 的 のExcel 形 式 に 複 数 のExcelファイ ルを 結 合 するための 各 種 のパラメータを 取 ります 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します Request URLフィールドに 対 応 するテキストボックスに 適 切 なパラメータを 含 むクエリー 文 字 列 と 共 に サービスURLを 指 定 します [Excelファイルの 結 合 ]ボタンをクリックします 結 合 されたExcelデータストリームは MergeExcel()メソッドで 指 定 された 場 所 にダウンロー ドされます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます 名 前 と 適 切 なExcelファイル 形 式 を 設 定 し [Excelファイルの 結 合 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す 複 数 のExcelファイルを 結 合 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る Excelの 結 合 のライブデモ クライアントからポストされた 複 数 のExcelファイルを 結 合 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し クライアントからポストされた 複 数 の Excelファイルをワークブックに 結 合 する 方 法 を 具 体 的 に 示 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにPOST 要 求 を 送 り サービスは 応 答 ストリームを 返 します これにより この 応 答 ストリームは 目 的 のExcelファイル 形 式 で 保 存 されます 以 下 の 例 では (ワークブックに 結 合 される)Excelファイルがクライアントアプリケーションを 通 して 提 供 されます さらに エンド ユーザーは クライアントプロジェクトを 通 して ( 複 数 のExcelシートの 結 合 時 に 生 成 された)ワークブックのサービスURL 名 前 および 目 的 のファイル 形 式 を 指 定 する 必 要 があります これは 結 合 するExcelのパラメータまたはクエリー 文 字 列 は リク エストURL 内 ではなくPOST 要 求 のHTTPメッセージ 本 文 に 含 まれて 送 信 されるためです Web App to call C1 Web API The web api url: ExcelFilestoMerge: Choose File no file selected MergedWorkbookName: NewExcel GeneratedFileFormat: xlsx 52 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

54 Merge Excel メモ: サービスは クライアントからポストされたxlsファイル xlsxファイル およびcsvファイルを 結 合 できます 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 4つの C1Labelコントロール 3つのC1TextBoxコントロール 2つのC1Buttonコントロール および1つのOpneFileDialogコン ポーネントを 追 加 します フォームが 以 下 のように 表 示 されるように テキストプロパティを 設 定 します 2. [ 結 合 するファイルを 選 択 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します C# private void button1_click(object sender, EventArgs e) OpenFileDialog x = new OpenFileDialog(); x.multiselect = true; x.showdialog(); result = x.filenames; label1.text = "Files Selected"; 3. [Excelファイルの 結 合 ]ボタンのボタンクリックイベントに 以 下 のコードを 追 加 します C# private void button2_click(object sender, EventArgs e) if (result.length <= 0) MessageBox.Show("Please select excel files to merge."); 53 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

55 return; using (var client = new HttpClient()) using (var formdata = new MultipartFormDataContent()) using (var filestream = File.OpenRead(result[0])) using (var filestream1 = File.OpenRead(result[1])) var filename = string.isnullorempty(txtfilename.text)? "test" : txtfilename.text; var fileformat = string.isnullorempty(txtfileformat.text)? "xlsx" : txtfileformat.text; formdata.add(new StringContent(fileName), "FileName"); formdata.add(new StringContent(fileFormat), "Type"); formdata.add(new StreamContent(fileStream), "filestomerge", result[0]); formdata.add(new StreamContent(fileStream1), "filestomerge", result[1]); var response = client.postasync(txturl.text, formdata).result; if(!response.issuccessstatuscode) MessageBox.Show("Get invalid response."); return; var temppath = Path.Combine(Path.GetTempPath(), Guid.NewGuid().ToString()); if (!Directory.Exists(tempPath)) Directory.CreateDirectory(tempPath); var tempfilepath = Path.Combine(tempPath, string.format("0.1", filename, fileformat)); using (var newfile = File.Create(tempFilePath)) response.content.readasstreamasync().result.copyto(newfile); Process.Start(tempFilePath); POST 要 求 に 関 して System.Net.Http.MultipartFormDataContentクラスのインスタンスであるformDataが 使 用 され ることに 注 意 してください コードを 通 して HTTPコンテンツをformDataに 追 加 し 指 定 されたURIに 非 同 期 POST 要 求 を 送 る 際 にそれを 渡 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します 54 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

56 <form action="http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel/merge" method="post" enctype="multipart/form-data"> <label for="filestomerge">excel Files to Merge:</label> <input type="file" id="filestomerge" name="filestomerge" multiple/> <br /><br /> <label for="filename">merged Workbook Name:</label> <input type="text" id="filename" name="filename" value="excel"/> <br /><br /> <label for="type">generated File Format:</label> <input type="text" id="type" name="type" value="xlsx" /> <br /><br /> <input type="submit" value="merge Excel"/> </form> 先 頭 に 戻 る POST 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にPOST そのenctype 属 性 に"multipart/form-data" およびそ のaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページに 入 力 コントロールを 作 成 し ます このコントロールは クライアントから 提 供 され 目 的 のワークブック 形 式 に 複 数 のExcelファイルを 結 合 するため の 各 種 のパラメータを 取 ります 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します [ 結 合 するファイルを 選 択 ]ボタンをクリックして 複 数 のExcelファイルを 選 択 します メモ: [Ctrl]キーまたは[Shift]キーを 押 しながら 複 数 のExcelファイルを 選 択 します 対 応 するテキストボックスに 生 成 されたワークブックの 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 指 定 します 対 応 するテキストボックスに POST 要 求 のサービスURL (http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/excel/merge)を 入 力 し [Excelファイルの 結 合 ]ボタンをクリックします 結 合 されたExcelファイルが 開 きます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます 結 合 するExcelファイルを 選 択 します メモ: [Ctrl]キーまたは[Shift]キーを 押 しながら 複 数 のExcelファイルを 選 択 します 名 前 と 適 切 なファイル 形 式 を 結 合 されるExcelに 対 して 設 定 し [Excelファイルの 結 合 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す 複 数 のExcelファイルを 結 合 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る Excelの 結 合 のライブデモ 画 像 サービス 55 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

57 Web API Studio は MVCおよびWijmo 5コントロールの 画 像 エクスポートサービスをサポートしています C1 Web APIは Visual Studio 上 でWeb APIサービスを 作 成 するためのVisual Studioテンプレートとして 使 用 できます クライアントアプリケー ションは Web APIサービスアプリケーションに 要 求 を 送 信 して MVCおよびWijmo 5コントロールを 画 像 としてエクスポートで きます サービスは PNG JPG BMP TIFF およびGIFF 形 式 への 画 像 エクスポートをサポートしています エクスポートサービス BulletGraphの の 画 像 エクスポート このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスプロジェクトを 呼 び 出 し BulletGraphコントロールを 画 像 としてエクスポー トするための 関 数 を 追 加 する 方 法 を 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 のBulletGraphを 示 しています Png Export 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. C1 Web APIクライアントJavaScriptファイルとその 参 照 をMVCまたはプロジェクトに 追 加 します( 詳 細 な 手 順 については Web APIク ライアントJavaScriptの 追 加 を 参 照 してください) 2. Client JavaScript Helperを 使 用 して エクスポート 機 能 を 実 装 するための 関 数 を 作 成 します MVC BulletGraphコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のコードを[Views] [BulletGraph] [Index.cshtml]に 追 加 します Index.cshtml <script type="text/javascript"> function exportimage() var exporter = new wijmo.gauge.imageexporter(); imagetype = document.getelementbyid("myselect").value; control = wijmo.control.getcontrol('#bulletgraph'); exporter.requestexport(control, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/image", filename: "exportbulletgraph", type: imagetype, ); </script> copycode BulletGraphコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のマークアップを<script>タグ 内 に 追 加 します JavaScript <script type="text/javascript"> 56 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

58 function exportimage() var exporter = new wijmo.gauge.imageexporter(); var bulletgraph = wijmo.control.getcontrol("#bulletgraph"); exporter.requestexport(bulletgraph, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/image", filename: "exportbulletgraph", type: Png, ); </script> メモ: アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 をページに 含 める 必 要 があります これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 なフォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク(CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイ ルを Styles というフォルダに Wijmoコントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページの<head>タグ 内 に 次 の 参 照 を 追 加 します <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.gauge.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. ボタンを 追 加 し ボタンクリックでエクスポート 機 能 を 呼 び 出 して エクスポート 要 求 が 開 始 されるようにします MVC 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート/インポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します 次 のコードを[Views] [BulletGraph] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します Index.cshtml <select id="myselect"> <option selected>png</option> <option>jpg</option> <option>gif</option> <option>bmp</option> <option>tiff</option> </select> <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> copycode 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 作 成 します <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> 先 頭 に 戻 る 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する MVCアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]キーを 押 してプロジェクトを 実 行 します アプリケーション 57 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

59 ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます [Export]ボタンがコントロールと 共 に 出 力 に 表 示 されます このボタンを 使 用 して コントロールを 画 像 としてエクスポートできます MVCおよびWijmo5 BulletGraphコントロールを 使 用 した 画 像 エクスポートサービスのデモサンプルをぜひご 覧 ください 先 頭 に 戻 る MVCBulletGraphライブデモ Wijmo5BulletGraphライブデモ RadialGaugeの の 画 像 エクスポート このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスプロジェクトを 呼 び 出 し RadialGaugeコントロール を 画 像 としてエクスポートするための 関 数 を 追 加 する 方 法 を 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 のRadialGaugeを 示 しています Radial Gauge Png Export 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. C1 Web APIクライアントJavaScriptファイルとその 参 照 をMVCまたはプロジェクトに 追 加 します( 詳 細 な 手 順 に ついては Web APIクライアントJavaScriptの 追 加 を 参 照 してください) 2. Client JavaScript Helperを 使 用 して エクスポート 機 能 を 実 装 するための 関 数 を 作 成 します MVC RadialGaugeコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のコードを[Views] [RadialGauge] [Index.cshtml]に 追 加 します 58 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

60 Index.cshtml <script type="text/javascript"> copycode function exportimage() var exporter = new wijmo.gauge.imageexporter(); imagetype = document.getelementbyid("myselect").value; control = wijmo.control.getcontrol('#radialgauge'); exporter.requestexport(control, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/image", filename: "exportradialgauge", type: imagetype, ); </script> RadialGaugeコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のマークアップを<script>タグ 内 に 追 加 します JavaScript <script type="text/javascript"> function exportimage() var exporter = new wijmo.gauge.imageexporter(); var radialgauge = wijmo.control.getcontrol("#radialgauge"); exporter.requestexport(radialgauge, " filename: "exportradialgauge", type: Png, ); </script> メモ: アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 を ページに 含 める 必 要 があります これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 な フォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク(CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイルを Styles というフォルダに Wijmo コントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページ の<head>タグ 内 に 次 の 参 照 を 追 加 します <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.gauge.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. ボタンを 追 加 し ボタンクリックでエクスポート 機 能 を 呼 び 出 して エクスポート 要 求 が 開 始 されるようにします MVC 59 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

61 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート/インポート 機 能 に 対 応 す るボタンを 追 加 します 次 のコードを[Views] [RadialGauge] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 しま す Index.cshtml <select id="myselect"> <option selected>png</option> <option>jpg</option> <option>gif</option> <option>bmp</option> <option>tiff</option> </select> <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> copycode 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 作 成 します <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> 先 頭 に 戻 る 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する MVCアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]キーを 押 してプロジェクトを 実 行 します アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます [Export]ボタンがコントロールと 共 に 出 力 に 表 示 されます このボタンを 使 用 して コントロールを 画 像 としてエクス ポートできます MVCおよびWijmo5 RadialGaugeコントロールを 使 用 した 画 像 エクスポートサービスのデモサンプルをぜひご 覧 ください 先 頭 に 戻 る MVCRadialGaugeライブデモ Wijmo5RadialGaugeライブデモ FlexPieの の 画 像 エクスポート このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスプロジェクトを 呼 び 出 し FlexPieコントロールを 画 像 としてエクスポートする ための 関 数 を 追 加 する 方 法 を 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 60 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

62 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 のFlexPieを 示 しています Png Export 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. C1 Web APIクライアントJavaScriptファイルとその 参 照 をMVCまたはプロジェクトに 追 加 します( 詳 細 な 手 順 については Web APIク ライアントJavaScriptの 追 加 を 参 照 してください) 2. Client JavaScript Helperを 使 用 して エクスポート 機 能 を 実 装 するための 関 数 を 作 成 します MVC FlexPieコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のコードを[Views] [FlexPie] [Index.cshtml]に 追 加 します Index.cshtml <script type="text/javascript"> copycode function exportimage() var exporter = new wijmo.chart.imageexporter(); imagetype = document.getelementbyid("myselect").value; control = wijmo.control.getcontrol('#flexpie'); exporter.requestexport(control, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/image", filename: "exportflexpie", type: imagetype, ); </script> 61 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

63 FlexPieコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のマークアップを<script>タグ 内 に 追 加 します JavaScript <script type="text/javascript"> function exportimage() var exporter = new wijmo.chart.imageexporter(); var control = wijmo.control.getcontrol("#flexpie"); exporter.requestexport(control, " filename: "exportflexpie", type: Png, ); </script> メモ: アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 をページに 含 める 必 要 があります これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 なフォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク(CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイ ルを Styles というフォルダに Wijmoコントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページの<head>タグ 内 に 次 の 参 照 を 追 加 します <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.chart.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. ボタンを 追 加 し ボタンクリックでエクスポート 機 能 を 呼 び 出 して エクスポート 要 求 が 開 始 されるようにします MVC 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート/インポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します 次 のコードを[Views] [FlexPie] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します Index.cshtml <select id="myselect"> <option selected>png</option> <option>jpg</option> <option>gif</option> <option>bmp</option> <option>tiff</option> </select> <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> copycode 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 作 成 します <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> 先 頭 に 戻 る 62 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

64 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する MVCアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]キーを 押 してプロジェクトを 実 行 します アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます [Export]ボタンがコントロールと 共 に 出 力 に 表 示 されます このボタンを 使 用 して コントロールを 画 像 としてエクスポートできます MVCおよびWijmo5 FlexPieコントロールを 使 用 した 画 像 エクスポートサービスのデモサンプルをぜひご 覧 ください 先 頭 に 戻 る MVCFlexPieライブデモ Wijmo5FlexPieライブデモ FlexChartの の 画 像 エクスポート このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスプロジェクトを 呼 び 出 し FlexChartコントロールを 画 像 としてエクスポート するための 関 数 を 追 加 する 方 法 を 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 のFlexChartを 示 しています Png Export 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. C1 Web APIクライアントJavaScriptファイルとその 参 照 をMVCまたはプロジェクトに 追 加 します( 詳 細 な 手 順 については Web APIク ライアントJavaScriptの 追 加 を 参 照 してください) 2. Client JavaScript Helperを 使 用 して エクスポート 機 能 を 実 装 するための 関 数 を 作 成 します MVC FlexChartコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のコードを[Views] [FlexChart] [Index.cshtml]に 追 加 します 63 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

65 Index.cshtml <script type="text/javascript"> function exportimage() var exporter = new wijmo.chart.imageexporter(); imagetype = document.getelementbyid("myselect").value; control = wijmo.control.getcontrol('#flexchart'); exporter.requestexport(control, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/image", filename: "exportflexchart", type: imagetype, ); </script> copycode FlexChartコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のマークアップを<script>タグ 内 に 追 加 します JavaScript <script type="text/javascript"> function exportimage() var exporter = new wijmo.chart.imageexporter(); var control = wijmo.control.getcontrol("#flexchart"); exporter.requestexport(control, " filename: "exportflexchart", type: Png, ); </script> メモ: アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 をページに 含 める 必 要 があります これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 なフォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク(CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイ ルを Styles というフォルダに Wijmoコントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページの<head>タグ 内 に 次 の 参 照 を 追 加 します <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.chart.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. ボタンを 追 加 し ボタンクリックでエクスポート 機 能 を 呼 び 出 して エクスポート 要 求 が 開 始 されるようにします MVC 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート/インポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します 次 のコードを[Views] [FlexChart] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します Index.cshtml <select id="myselect"> <option selected>png</option> <option>jpg</option> <option>gif</option> <option>bmp</option> copycode 64 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

66 <option>tiff</option> </select> <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 作 成 します <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> 先 頭 に 戻 る 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する MVCアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]キーを 押 してプロジェクトを 実 行 します アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます [Export]ボタンがコントロールと 共 に 出 力 に 表 示 されます このボタンを 使 用 して コントロールを 画 像 としてエクスポートできます MVCおよびWijmo5 FlexChartコントロールを 使 用 した 画 像 エクスポートサービスのデモサンプルをぜひご 覧 ください 先 頭 に 戻 る MVCFlexChartライブデモ Wijmo5FlexChartライブデモ LinearGaugeの の 画 像 エクスポート このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスプロジェクトを 呼 び 出 し LinearGaugeコントロールを 画 像 としてエクスポー トするための 関 数 を 追 加 する 方 法 を 説 明 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 のLinearGaugeを 示 しています Linear Gauge Png Export 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. C1 Web APIクライアントJavaScriptファイルとその 参 照 をMVCまたはプロジェクトに 追 加 します( 詳 細 な 手 順 については Web APIク ライアントJavaScriptの 追 加 を 参 照 してください) 2. Client JavaScript Helperを 使 用 して エクスポート 機 能 を 実 装 するための 関 数 を 作 成 します MVC LinearGaugeコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のコードを[Views] [LinearGauge] [Index.cshtml]に 追 加 します 65 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

67 Index.cshtml <script type="text/javascript"> function exportimage() var exporter = new wijmo.gauge.imageexporter(); imagetype = document.getelementbyid("myselect").value; control = wijmo.control.getcontrol('#lineargauge'); exporter.requestexport(control, "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/export/image", filename: "exportlineargauge", type: imagetype, ); </script> copycode LinearGaugeコントロールを 画 像 にエクスポートするには 次 のマークアップを<script>タグ 内 に 追 加 します JavaScript <script type="text/javascript"> function exportimage() var exporter = new wijmo.gauge.imageexporter(); var gauge = wijmo.control.getcontrol("#lineargauge"); exporter.requestexport(gauge, " filename: "exportlineargauge",type: Png, ); </script> メモ: アプリケーションでWijmo 5コントロールを 使 用 するには いくつかのWijmoファイルへの 参 照 をページに 含 める 必 要 があります これらのWijmoファイルをダウンロードしてアプリケーション 内 の 適 切 なフォルダにコピーするか クラウド 上 のコンテンツ 配 信 ネットワーク(CDN)でホストされているWijmoファイルを 参 照 します Wijmoスクリプトファイルを Scripts というフォルダに cssファイ ルを Styles というフォルダに Wijmoコントロールに 固 有 のスクリプトファイルを Controls フォルダにダウンロードして 配 置 した 場 合 は ページの<head>タグ 内 に 次 の 参 照 を 追 加 します <script src="controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script> <link href="styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="scripts/jquery min.js" type="text/javascript"></script> <script src="controls/wijmo.gauge.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="scripts/webapiclient.min.js" type="text/javascript"></script> 3. ボタンを 追 加 し ボタンクリックでエクスポート 機 能 を 呼 び 出 して エクスポート 要 求 が 開 始 されるようにします MVC 次 のコードを[Views] [MVCFlexGrid] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します 次 のコードを[Views] [LinearGauge] [Index.cshtml]に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 追 加 します Index.cshtml <select id="myselect"> <option selected>png</option> <option>jpg</option> <option>gif</option> <option>bmp</option> <option>tiff</option> copycode 66 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

68 </select> <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> 次 のマークアップを<body>タグ 内 に 追 加 して エクスポート 機 能 に 対 応 するボタンを 作 成 します <button onclick="exportimage()" title="export">export</button> 先 頭 に 戻 る 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する MVCアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]キーを 押 してプロジェクトを 実 行 します アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます [Export]ボタンがコントロールと 共 に 出 力 に 表 示 されます このボタンを 使 用 して コントロールを 画 像 としてエクスポートできます MVCおよびWijmo5 LinearGaugeコントロールを 使 用 した 画 像 エクスポートサービスのデモサンプルをぜひご 覧 ください 先 頭 に 戻 る MVCLinearGaugeライブデモ Wijmo5LinearGaugeライブデモ バーコードサービス 各 種 の 標 準 エンコーディングタイプを 使 用 し ( 指 定 された)テキストに 基 づいて C1でサポートされるスキャン 可 能 なバーコー ドをオンザフライで 作 成 します これによって 取 得 されたバーコードは 画 像 またはストリームとして 保 存 できます たとえば バーコードをPDFドキュメントまたはフォームで 使 用 したいとします この 場 合 は バーコード 化 するテキストとバー コードタイプを 単 純 なクライアントアプリケーションを 通 して 提 供 するだけで 済 みます クライアントアプリケーションがGET 要 求 をREST APIサービスに 送 ると REST APIは 応 答 として 生 成 したバーコードを 画 像 ストリームで 返 します バーコードサービスで は バーコードの 画 像 をPNG JPEG BMP GIF またはTIFFの 各 画 像 形 式 で 保 存 できます 取 得 したバーコード 画 像 は PDF や 他 のドキュメント フォーム データベース IDカードなどに 埋 め 込 んだり 使 用 することができます バーコードサービス 要 求 のスキーマ クライアントアプリケーションがHTTP 要 求 メッセージをサービスにGET: として 送 信 します 目 的 のバーコード 画 像 を 生 成 するには このサービスURLで 各 種 のバーコードパラメータを 指 定 する 必 要 があります 以 下 の 図 解 は バーコードを 生 成 するパラメータを 指 定 したリクエストURLを 示 しています 次 の 表 は バーコードパラメータと それぞれでサポートされる 値 を 示 します 67 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

69 バーコー ドパラメー タ サポートされる 値 説 明 タイプ PNG JPEG BMP GIFF TIFF 生 成 するバーコード 画 像 のファイルタイプを 指 定 しま す Text エンコーディングタイプに 依 存 します 詳 細 については サポートされるバーコードシンボル を 参 照 してくださ い バーコード 画 像 にエンコードされるテキスト 文 字 列 を 指 定 します コードタイ プ サポートされるバーコードシンボル を 参 照 してくださ い テキスト 文 字 列 から 画 像 を 生 成 するために サポート されるすべてのエンコーディングタイプを 指 定 します 背 景 色 透 過 白 黒 赤 緑 青 黄 オレンジ 生 成 するバーコード 画 像 の 背 景 色 を 指 定 します 前 景 色 透 過 白 黒 赤 緑 青 黄 オレンジ サポートされるバーコード 画 像 の 前 景 色 を 指 定 しま す キャプショ ンの 位 置 キャプショ ンの 配 置 チェックサ ムの 有 効 化 上 下 なし 左 中 央 右 True False 生 成 したバーコード 画 像 内 でのバーコードのキャプ ションの 位 置 を 指 定 します 生 成 したバーコード 画 像 内 でのバーコードのキャプ ションの 配 置 を 指 定 します バーコードに 対 してチェックサムを 計 算 して 生 成 す る 画 像 に 含 めるかどうかを 指 定 します テキストからバーコードを 生 成 このセクションでは クライアントアプリケーションを 通 してWeb APIサービスを 呼 び 出 し 目 的 のテキストからバーコード 画 像 を 生 成 する 方 法 を 具 体 的 に 示 します 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する 次 の 図 は 上 記 の 手 順 を 実 行 した 後 に 生 成 されるバーコードを 示 しています 次 の 例 では Web APIサービスをおよびWinFormsクライアントアプリケーションから 呼 び 出 します これらのクライアント はサービスにGET 要 求 を 送 り サービスは 応 答 としてバーコードストリームを 返 します この 応 答 ストリームは 上 記 のバーコー ド 画 像 のように 画 像 として 保 存 されます 次 の 例 では サービスURLはTextパラメータに を 取 り エンコーディングタイプパラメータとしてCode39xを 取 って 上 記 の 画 像 を 生 成 します Web App to call C1 Web API The web api url: 68 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

70 FileFormat: Jpeg BarcodeText: CodeType: Code39x BackColor: White ForeColor: Black CaptionPosition: Below CaptionAlignment: Center CheckSumEnabled: True Generate Barcode 手 順 1:サービスを 呼 び 出 す Web APIサービスを 呼 び 出 すには 次 の 手 順 を 実 行 します C# 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってWinFormsアプリケーションを 作 成 します 1つの C1Label C1TextBox および1つのC1Buttonコントロールを 追 加 します フォームが 次 のように 表 示 されます 2. 以 下 に 示 すように お 使 いのWinFormsアプリケーションのフォームクラスにメソッド(たとえば GetBarcode())を 定 義 し て サービスアプリケーションを 呼 び 出 します C# public void GetBarcode() var apiurl = string.isnullorempty(c1textbox1.text)? "http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/barcode? Type=Png&Text= &CodeType=Ansi39" : c1textbox1.text; WebRequest request = WebRequest.Create(apiURL); 69 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

71 WebResponse response = request.getresponse(); var filestream = File.Create("D:\\BarcodeImg.Png"); //ここで 指 定 するファイル 形 式 は リクエストURLに 指 定 されたものと 同 じである 必 要 があります response.getresponsestream().copyto(filestream); 3. [バーコードを 生 成 ]ボタンのボタンクリックイベントで GetBarcode()メソッドを 呼 び 出 します 1. REST APIサービスに 対 するクライアントの 設 定 の 説 明 に 従 ってアプリケーションを 作 成 します 2. ページの<body>タグ 内 の<form>タグに 以 下 のマークアップを 追 加 します <form action="http://demos.componentone.com/aspnet/c1webapiservice/api/barcode" method="get"> <label for="fileformat">file Format:</label> <input type="text" id="fileformat" name="type" value="jpeg" /> <br /><br /> <label for="text"> Barcode Text:</label> <input type="text" id="text" name="text" value=" "/> <br /><br /> <label for="codetype">code Type:</label> <input type="codetype" id="codetype" name="codetype" value="code39x"/> <br /><br /> <label for="backcolor">back Color:</label> <input type="backcolor" id="backcolor" name="backcolor" value="white" /> <br /><br /> <label for="forecolor">fore Color:</label> <input type="forecolor" id="forecolor" name="forecolor" value="black"/> <br /><br /> <label for="captionposition">caption Position:</label> <input type="captionposition" id="captionposition" name="captionposition" value="below" /> <br /><br /> <label for="captionalignment">caption Alignment:</label> <input type="captionalignment" id="captionalignment" name="captionalignment" value="center" /> <br /><br /> <label for="checksumenabled">checksum Enabled:</label> <input type="checksumenabled" id="checksumenabled" name="checksumenabled" value="true" /> <br /><br /> <input type="submit" value="generate Barcode"/> </form> 先 頭 に 戻 る GET 要 求 に 関 して <form>タグのmethod 属 性 にGET およびそのaction 属 性 にサービス 要 求 URLを 設 定 したことに 注 意 してください また ページに 入 力 コントロールを 作 成 します これらのコントロールは 指 定 したテキストから 目 的 の 画 像 形 式 のバーコード 画 像 を 生 成 する 各 種 のバーコードパラメータを 取 ります 70 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

72 手 順 2:クライアントプロジェクトを 実 行 する WinFormsアプリケーション [ビルド] [ソリューションのビルド]をクリックして プロジェクトをビルドします [F5]を 押 してプロジェクトを 実 行 します Request URLフィールドに 対 応 するテキストボックスに 適 切 なバーコードパラメータを 含 むクエリー 文 字 列 と 共 に サー ビスURLを 指 定 します [バーコードを 生 成 ]ボタンをクリックします GetBarcode()メソッドで 指 定 された 位 置 に 生 成 されたバーコードの 画 像 がダウンロードされます アプリケーション ファイルを 保 存 し それをブラウザで 開 きます 意 図 したバーコード 画 像 を 得 るためのバーコードパラメータを 設 定 し [バーコードを 生 成 ]ボタンをクリックします 以 下 に 示 す バーコードを 生 成 するREST APIサービスのデモサンプルをご 覧 ください 先 頭 に 戻 る バーコード 生 成 のライブデモ サポートされているバーコードシンボル バーコードエンコーディングのさまざまなタイプ(またはバーコードシンボル)により テキスト/メッセージの 文 字 と 数 字 をバー コード 内 の 広 いバーと 細 いバー スペース およびクワイエットゾーンのパターンに 変 換 するスキームが 指 定 されます 以 下 の 表 では バーコードサービスでサポートされるエンコーディングタイプを 解 説 します コードタイプ 例 説 明 Ansi39 ANSI 3 of 9(Code 39)は 大 文 字 数 字 -, * $ / + %を 使 用 します これがデ フォルトのバーコードスタイルです Ansi39x Codabar ANSI Extended 3 of 9(Extended Code 39)は ASCII 文 字 セット 全 体 を 使 用 しま す Codabarは A B C D + - :. / $および 数 字 を 使 用 します Code_128_A Code 128 Aは 制 御 文 字 数 字 句 読 点 大 文 字 を 使 用 します Code_128_B Code 128 Bは 数 字 句 読 点 大 文 字 小 文 字 を 使 用 します 71 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

73 Code_128_C Code 128 Cは 数 字 だけを 使 用 します Code_128auto Code_2_of_5 Code 128 Autoは ASCII 文 字 セット 全 体 を 使 用 します 最 小 のバーコードになるよ うに Code 128 A B およびCから1つが 自 動 的 に 選 択 されます Code 2 of 5は 数 字 だけを 使 用 します Code93 Code 93は 大 文 字 数 字 % $ * /, + - を 使 用 します Code25intlv Interleaved 2 of 5は 数 字 だけを 使 用 しま す Code39 Code 39は 大 文 字 数 字 % * $ /., - +を 使 用 します Code39x Extended Code 39は ASCII 文 字 セット 全 体 を 使 用 します Code49 Code93x Code 49は 各 段 8 文 字 の2~8 段 から 成 る2 次 元 高 密 度 スタック 型 バーコードです 各 段 には スタートコードとストップコード が 含 まれます ASCII 文 字 セット 全 体 をエ ンコードします Extended Code 93は ASCII 文 字 セット 全 体 を 使 用 します DataMatrix Data Matrixは 正 方 形 または 長 方 形 のマ トリックスパターンに 並 べられた 正 方 形 モ ジュールから 成 る2 次 元 高 密 度 バーコード です EAN_13 EAN-13は 数 字 (12 個 の 数 字 とチェックデ ジット)だけを 使 用 します 12 個 の 数 字 だ けを 文 字 列 として 受 け 取 ってチェックデ ジット(CheckSum)を 計 算 し それを13 番 目 の 位 置 に 追 加 します チェックデジット は バーコードが 正 しくスキャンされたかど 72 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

74 うかを 検 証 するために 使 用 される 追 加 の 桁 です チェックデジットは CheckSumプ ロパティがtrueに 設 定 されると 自 動 的 に 追 加 されます EAN_8 EAN-8は 数 字 (7 個 の 数 字 とチェックデ ジット)だけを 使 用 します EAN128FNC1 EAN-128は 運 送 業 で 梱 包 物 を 識 別 する ためのアプリケーション 識 別 子 (AI)データ の1 次 元 英 数 字 表 現 です このタイプのバーコードには 以 下 のセク ションが 含 まれています 先 頭 のクワイエットゾーン( 空 白 領 域 ) Code 128のスタート 文 字 スキャナにEAN-128バーコードで あることを 識 別 させるFNC(ファンク ション)1 文 字 データ(AI +データフィールド) シンボルチェック 文 字 ( スタート コード 値 + 各 文 字 位 置 と 各 文 字 値 の 積 を103で 除 算 この 剰 余 値 が チェックサム) ストップ 文 字 末 尾 のクワイエットゾーン( 空 白 領 域 ) データセクションのAIは 後 に 続 くデータの タイプ(ID 日 付 数 量 計 量 単 位 など)を 設 定 します データのタイプごとに 固 有 の データ 構 造 があります このAIがあること が EAN-128コードがCode 128と 異 なる 点 です 1つのバーコードで 複 数 のAI(およびその データ)を 組 み 合 わせることができます EAN128FNC1はUCC/EAN-128 (EAN128)バーコードタイプの1つで 任 意 の 場 所 にFNC1 文 字 を 挿 入 したり バーサ イズを 調 整 することができるなど UCC/EAN-128にはない 機 能 をサポートし ています FNC1 文 字 を 挿 入 するには 実 行 時 にText プロパティに"\n"(C#の 場 合 )また は"vbLf"(VBの 場 合 )を 設 定 します IntelligentMail Intelligent Mail( 以 前 の4-State Customer Barcode)は 米 国 内 の 郵 便 に 使 用 される65 本 のバーコードです 73 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

75 JapanesePostal Matrix_2_of_5 MicroPDF417 MSI これは 日 本 の 郵 便 制 度 で 使 用 される バーコードです 18 桁 の 英 数 字 をエンコー ドします これには 7 桁 の 郵 便 番 号 の 後 に 必 要 に 応 じて 番 地 や 部 屋 番 号 などの 情 報 が 含 まれます エンコードするデータ にはハイフンを 含 めることができます Matrix 2 of 5は 3 本 の 黒 バーと2 本 の 白 バーから 成 る 比 較 的 高 密 度 のバーコード です MicroPDF417は PDF417から 派 生 された 2 次 元 多 段 バーコードです Micro- PDF417は データをできる 限 り 小 さなサイ ズの2 次 元 シンボル( 最 大 150バイト 英 数 字 250 文 字 数 字 366 桁 )にエンコードする 必 要 があるアプリケーション 用 に 設 計 され ています MicroPDF417では 可 変 長 のアプリケー ション 識 別 子 (AI)のフィールド 区 切 り 文 字 としてFNC1 文 字 を 挿 入 することができま す FNC1 文 字 を 挿 入 するには 実 行 時 にText プロパティに"\n"(C#の 場 合 )また は"vbLf"(VBの 場 合 )を 設 定 します MSI Codeは 数 字 だけを 使 用 します Pdf417 PostNet Pdf417は よく 使 用 されている2 次 元 高 密 度 バーコードです 最 大 1,108バイトの 情 報 をエンコードできます このバーコード は 小 さなバーコードを 積 み 重 ねて 構 成 さ れます ASCII 文 字 セット 全 体 をエンコード します 10のエラー 修 正 レベルと3つの データコンパクションモード(Text Byte およびNumeric)があります このバー コードシンボルは 英 数 字 で 最 大 1,850 文 字 数 字 で 最 大 2,710 桁 をエンコードでき ます PostNetは 数 字 とチェックデジットを 使 用 します QRCode QRCodeは 英 数 字 やバイトデータに 加 え て 日 本 語 の 漢 字 やかな 文 字 も 扱 うことが できる2 次 元 バーコードです このバー コードは 最 大 7,366 文 字 をエンコードできま す 74 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

76 RM4SCC RSS14 RSS14Stacked RSS14StackedOmnidirectional Royal Mail RM4SCCは 文 字 と 数 字 (チェックデジット 付 き)だけを 使 用 します これは イギリスのロイヤルメールで 使 用 されるバーコードです RSS14は 全 方 向 型 POSスキャンに EAN.UCC 品 目 識 別 を 使 用 する14 桁 の 省 スペースシンボル(Reduced Space Symbology:RSS)です RSS14Stackedは RSS14Truncatedと 同 様 にインジケータデジットを 含 むEAN.UCC 情 報 を 使 用 しますが 幅 が 狭 い 場 合 2 段 に 積 み 重 ねられます RSS14Stackedでは 合 成 オプションを 設 定 できます [タイプ] [タイプ]ドロップダウンリストか らバーコードのタイプを 選 択 し [ [ 値 ]フィー ルドで 合 成 バーコードの 値 を 指 定 できま す RSS14StackedOmnidirectionalは RSS14と 同 様 に 全 方 向 型 スキャンを 含 む EAN.UCC 情 報 を 使 用 しますが 幅 が 狭 い 場 合 2 段 に 積 み 重 ねられます RSS14Truncated RSSExpanded RSSExpandedStacked RSS14Truncatedは RSS14と 同 様 に EAN.UCC 情 報 を 使 用 しますが POSでス キャンされない 小 さな 品 目 に 使 用 するため に 0または1のインジケータデジットを 含 みます RSSExpandedは RSS14と 同 様 に EAN.UCC 情 報 を 使 用 しますが 重 量 や 賞 味 期 限 などのAI 要 素 を 追 加 します RSSExpandedでは 可 変 長 のアプリケー ション 識 別 子 (AI)のフィールド 区 切 り 文 字 としてFNC1 文 字 を 挿 入 することができま す FNC1 文 字 を 挿 入 するには 実 行 時 にText プロパティに"\n"(C#の 場 合 )また は"vbLf"(VBの 場 合 )を 設 定 します RSSExpandedStackedは RSSExpanded と 同 様 にAI 要 素 を 含 むEAN.UCC 情 報 を 使 用 しますが 幅 が 狭 い 場 合 2 段 に 積 み 重 ねられます RSSExpandedStackedでは 可 変 長 のア 75 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

77 プリケーション 識 別 子 (AI)のフィールド 区 切 り 文 字 としてFNC1 文 字 を 挿 入 すること ができます FNC1 文 字 を 挿 入 するには 実 行 時 にText プロパティに"\n"(C#の 場 合 )また は"vbLf"(VBの 場 合 )を 設 定 します RSSLimited UCCEAN128 UPC_A RSS Limitedは RSS14と 同 様 にEAN.UCC 情 報 を 使 用 しますが POSでスキャンされ ない 小 さな 品 目 に 使 用 するために 0また は1のインジケータデジットを 含 みます RSSLimitedでは 合 成 オプションを 設 定 で きます [タイプ] [タイプ]ドロップダウンリストから バーコードのタイプを 選 択 し [ [ 値 ]フィール ドで 合 成 バーコードの 値 を 指 定 できます UCC/EAN 128は ASCII 文 字 セット 全 体 を 使 用 します HIBCアプリケーションで 使 用 される 特 殊 なCode 128です UPC-Aは 数 字 (11 個 の 数 字 とチェックデ ジット)だけを 使 用 します UPC_E0 UPC_E1 UPC-E0は 数 字 だけを 使 用 します Zero SuppressionのUPCシンボルに 使 用 されま す Captionプロパティには 6 桁 のUPC-E コードまたは 完 全 な11 桁 ( 必 須 のコードタ イプ0を 含 む)のUPC-Aコードを 入 力 する 必 要 があります 11 桁 のコードが 入 力 され た 場 合 バーコードコントロールは 可 能 であればそれを6 桁 のUPC-Eコードに 変 換 します 11 桁 のコードを6 桁 のコードに 変 換 できない 場 合 は 何 も 表 示 されません UPC-E1は 数 字 だけを 使 用 します 主 に 小 売 業 界 で 在 庫 ラベルに 使 用 されます UPC-E1の 入 力 文 字 列 の 長 さは 数 字 6 個 で す バーコード 機 能 以 下 に C1でサポートされ Web APIサービスを 使 用 して 生 成 できるバーコードを 示 します BarCodeDirection: バーコードの 方 向 を 選 択 できます 次 のオプションから 選 択 します LeftToRight: バーコードシンボルを 左 から 右 に 印 刷 します(デフォルト) RightToLeft:バーコードシンボルを 右 から 左 に 印 刷 します TopToBottom:バーコードシンボルを 上 から 下 に 印 刷 します BottomToTop:バーコードシンボルを 下 から 上 に 印 刷 します BarHeight: バーコードの 高 さを 画 面 ピクセル 単 位 で 指 定 します バーの 高 さがコントロールの 高 さより 大 きい 場 合 このプ ロパティは 無 視 されます CodeType:バーコード 画 像 を 生 成 するためにTextプロパティに 保 存 された 値 に 適 用 するエンコーディングを 選 択 できます CaptionAlignment:バーコードの 値 の 表 示 位 置 を 選 択 できます 使 用 可 能 なオプションは Left Right Centerです 76 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

78 CaptionGrouping: 長 い 番 号 を 読 みやすくするために キャプションの 文 字 グループ 間 にスペースを 入 れるかどうかを 示 す 値 を 指 定 できます CaptionPosition:バーコードシンボルに 対 するキャプションの 相 対 的 な 垂 直 位 置 を 選 択 します 使 用 可 能 なオプションは None Above Belowです 画 像 : Textプロパティの 値 を 表 すバーコードの 画 像 を 取 得 します 画 像 は CodeTypeで 指 定 されたエンコーディングを 使 用 して 生 成 されます ModuleSize: バーコードのモジュール( 最 も 狭 いバーの 幅 )を 画 面 ピクセル 単 位 で 指 定 します 広 いバーの 幅 は バーコー ドタイプに 応 じて 自 動 的 に 計 算 されます QuietZone:バーコードのクワイエットゾーンを 指 定 できます クワイエットゾーンは バーコードがどこから 始 まってどこで 終 わるかをスキャナが 認 識 できるようにバーコードの 左 右 に 置 かれた 空 き 領 域 です 有 効 なパラメータは 次 のとおりです Left: バーコードの 左 に 残 す 空 き 領 域 のサイズを 入 力 します Right:バーコードの 右 に 残 す 空 き 領 域 のサイズを 入 力 します Top:バーコードの 上 に 残 す 空 き 領 域 のサイズを 入 力 します Bottom:バーコードの 下 に 残 す 空 き 領 域 のサイズを 入 力 します 次 の 図 は 左 右 のクワイエットゾーンを 示 します Text:バーコード 画 像 としてエンコードされる 値 を 指 定 できます WholeSize:バーコード 全 体 のサイズを 指 定 します WholeWidthはバーコード 全 体 の 幅 を 表 し WholeHeightはバーコード 全 体 の 高 さを 表 します FixLength:バーコードの 値 の 固 定 桁 数 を 指 定 できます これには 整 数 値 を 設 定 します AutoSize: バーコードをコントロールに 合 わせて 拡 大 するかどうかを 指 定 できます 値 はTrueまたはFalseです AutoSizeをTrueに 設 定 した 場 合 バーコードはコントロールにちょうど 収 まるように 自 動 的 に 拡 大 されます 読 み 取 り 可 能 なサイズは バーコード 自 体 によって 計 算 されます マトリックスバーコードのサイズは OnCalculateSizeメソッドによって 計 算 されます マトリックス 以 外 のバーコードのサイズは BarHeightとModuleSizeによって 計 算 されます 77 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

79 AutoSizeをfalseに 設 定 した 場 合 バーコードのサイズは WidthプロパティまたはHeightプロパティによって 決 定 されます BarHeightがコントロールの 高 さより 大 きい 場 合 は コントロールがクリップされます BarHeightが 高 さより 小 さい 場 合 は バーコードとコントロールの 間 に 余 白 が 残 ります バーコードのタイプに 固 有 のオプションは 次 のとおりです CheckSumEnabled: チェックデジットを 自 動 的 に 追 加 するかどうかを 指 定 できます 連 結 されているデータに 既 にチェックデジット が 含 まれている 場 合 は チェックデジットが 自 動 的 に 追 加 されないようにする 必 要 があります このプロパティは Code49 Code128 PostNet5/9/11 JapanesePostalの 各 バーコードでサポートされます Ean128Fnc1Options: Dpi:プリンタの 解 像 度 を 指 定 します これには 整 数 値 を 設 定 します BarAdjust:ドット 単 位 の 調 整 サイズを 指 定 できます ModuleSize: バーコードモジュールの 水 平 方 向 のサイズを 指 定 できます これには 整 数 値 を 設 定 します Code25intlvOptions: BearBar:ITF(Interleaved Two of Five)バーコードにベアラバーを 表 示 するかどうかを 選 択 できます 値 はTrueまたはFalse です LineStroke:ベアラバーの 色 を 選 択 できます LineStrokeThickness: ベアラバーの 線 の 幅 を 選 択 できます これには 整 数 値 を 設 定 します Code49Options: Grouping: バーコードでグループ 化 を 使 用 します 値 はTrueまたはFalseです Group: バーコードをグループ 化 する 際 のグループ 番 号 を 取 得 または 設 定 します 有 効 な 値 は0~8です Groupingの 値 が Trueの 場 合 Groupの 値 の 範 囲 は0~8です Groupingの 値 がFalseの 場 合 Groupの 値 は0です Groupingの 値 がtrue で Group 値 が0より 小 さいか8より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.Code49GroupNoが 生 成 されます DataMatrixOptions: EccMode: ECCモードを 選 択 します 有 効 な 値 は ECC000 ECC050 ECC080 ECC100 ECC140 ECC200です Ecc200SymbolSize: ECC200シンボルのサイズを 選 択 します デフォルト 値 はSquareAutoです Ecc200EncodingMode: ECC200エンコーディングモードを 選 択 します 有 効 な 値 は Auto ASCII C40 Text X12 EDIFACT Base256です Ecc000_140SymbolSize:ECC000_140シンボルのサイズを 選 択 します StructuredAppend: 現 在 のバーコードシンボルが 構 造 的 連 接 シンボルの 一 部 かどうかを 選 択 します StructureNumber: 構 造 的 連 接 シンボル 内 の 現 在 のシンボルの 構 造 番 号 を 指 定 します この 値 の 範 囲 は0~15です FileIdentifier: 関 連 する 構 造 的 連 接 シンボルグループのファイル 識 別 子 を 指 定 します 有 効 なファイル 識 別 子 値 は [1,254] 以 内 である 必 要 があります ファイル 識 別 子 を0に 設 定 すると ファイル 識 別 子 が 自 動 的 に 計 算 されます GS1CompositeOptions: Type: 合 成 シンボルタイプを 選 択 します 選 択 できる 値 はNoneまたはCCAです CCA(Composite Component - Version A)は 最 小 タイプの2 次 元 コンポジットコンポーネントです 値 : CCA 文 字 データを 指 定 できます MicroPDF417オプション: CompactionMode: CompactionModeのタイプを 選 択 します 有 効 な 値 は Auto TextCompactionMode NumericCompactionMode ByteCompactionModeです FileID: 構 造 的 連 接 シンボルのファイルIDを 指 定 します 0~899の 値 を 取 ります この 値 が0より 小 さいか899より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.MicroPDF417FileIDが 生 成 されます SegmentCount: 構 造 的 連 接 シンボルのセグメント 数 を 指 定 します 0~99999の 値 を 取 ります この 値 が0より 小 さいか 99999より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.MicroPDF417SegmentCountが 生 成 されます SegmentIndex: 構 造 的 連 接 シンボルのセグメントインデックスを 指 定 します 0~99998の 範 囲 で セグメント 数 の 値 より 小 さい 値 を 取 ります この 値 が0より 小 さいか99998より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.MicroPDF417SegmentIndexが 生 成 されます 78 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

80 Version: シンボルサイズを 選 択 します デフォルト 値 はColumnPriorAutoです PDF417オプション: Column: バーコードの 列 数 を 指 定 します これには 整 数 値 を 設 定 します デフォルト 値 は-1で 値 の 範 囲 は1~30です こ の 値 が-1 以 外 で1より 小 さいか30より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.PDF417Colが 生 成 されます Row: バーコードの 行 数 を 指 定 します これには 整 数 値 を 設 定 します デフォルト 値 は-1で 値 の 範 囲 は3~90です この 値 が-1 以 外 で3より 小 さいか90より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.PDF417Rowが 生 成 されます ErrorLevel: バーコードのエラー 修 正 レベルを 指 定 します これには 整 数 値 を 設 定 します 値 は-1または 値 の 範 囲 は0~8 です この 値 が-1 以 外 で0より 小 さいか8より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.PDF417ErrorLevelが 生 成 されます レベル0は 強 度 が 低 く デフォルト 値 は-1です Type: PDF417バーコードのタイプを 選 択 します 使 用 可 能 なタイプはNormalおよびSimpleです QRCodeOptions: Model: QRCodeのモデルを 選 択 します 使 用 可 能 なモデルはModel1およびModel2です ErrorLevel: バーコードのエラー 修 正 レベルを 選 択 します 使 用 可 能 なオプションは Low Medium Quality Highです Version: バーコードのバージョンを 指 定 します マスク: バーコードのマスクに 使 用 されるパターンを 選 択 します QRCodeが 正 しく 読 み 取 られるようにするには マスク 処 理 で 明 度 のバランスを 取 る 必 要 があります 使 用 可 能 なオプションは Auto Mask000 Mask001 Mask010 Mask011 Mask100 Mask101 Mask110 Mask111です 次 の 図 は QRCodeのマスクを 示 します Connection: バーコードにコネクションを 使 用 するかどうかを 選 択 します 値 はTrueまたはFalseです ConnectionNumber: バーコードのコネクション 番 号 を 指 定 します 0~15の 範 囲 の 整 数 値 を 取 ります この 値 が0より 小 さ いか15より 大 きい 場 合 は EnumErrorCode.QRCodeConnectionNo 例 外 が 生 成 されます エンコーディング: バーコードのエンコーディングを 選 択 できます これには 整 数 値 を 設 定 します Modelプロパティが Model1に 設 定 されている 場 合 値 は-1または1~14の 範 囲 です ModelプロパティがModel2に 設 定 されている 場 合 値 は- 1または1~40の 範 囲 です RssExpandedStackedオプション: RowCount: 積 み 重 ねる 段 数 を 指 定 します これには 整 数 値 を 設 定 します 範 囲 は1~11です この 値 が1より 小 さいか11 より 大 きい 場 合 は BarCodeException.EnumErrorCode.RSSExpandedStackedCountが 生 成 されます 79 Copyright GrapeCity inc. All rights reserved.

ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms ユーザーガイド

ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms ユーザーガイド ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms ユーザーガイド 2015.05.20 更 新 グレープシティ 株 式 会 社 目 次 ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms ユーザーガイド 2 コンポーネントをプロジェクトに 組 み 込 む 方 法 2 コンポーネントのランタイムファイル 2-3 エクスポートサービス 3-4

More information

ToolTip for ASP.NET Web Forms

ToolTip for ASP.NET Web Forms 2015.05.20 更 新 グレープシティ 株 式 会 社 目 次 製 品 の 概 要 2 ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms のヘルプ 2 主 な 特 長 3 クイックスタート 4 手 順 1:アプリケーションの 作 成 4 手 順 2:C1ToolTip の 作 成 とコントロールへの 割 り 当 て 4 手 順 3:コントロールのカスタマイズ

More information

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われないも

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われないも Visual Studio Do-It-Yourself シリーズ 第 12 回 キャッシュ 著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われないものとします

More information

Microsoft PowerPoint - webapp.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - webapp.ppt [互換モード] 一 般 的 なWebアクセス Webサーバ バ レスポンス HTML ファイル HTTPリクエスト 画 像 ファイル Webブラウザ あらかじめ 用 意 されたリソースしか 提 供 できない Webアプリケーション Webサーバ バ レスポンス HTTPリクエスト HTML Webブラウザ ページを 動 的 に 生 成 プログラム 実 行 データベース 操 作 Webアプリケーション 掲 示 板 検

More information

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマイクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マイクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われな

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマイクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マイクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われな Visual Studio Do-It-Yourself シリーズ 第 15 回 jquery 著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマイクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マイクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われないものとします

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

サポート技術方法

サポート技術方法 キャッシュと 同 期 の 推 奨 設 定 イントロダクション このドキュメントでは Curl RTE のパフォーマンスを 最 大 限 に 活 用 できるように Curl RTE の 設 定 と Web ブラウザのキャッシュの 特 徴 について 説 明 します この 設 定 を 採 用 することで 正 確 なプログラムの 動 作 を 維 持 しながら Curl アプリケー ションにおいて 最 も 効

More information

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2 情 報 連 携 用 語 彙 データベースと 連 携 するデータ 設 計 作 成 支 援 ツール 群 の 試 作 及 び 試 用 並 びに 概 念 モデルの 構 築 ( 浦 安 市 都 市 整 備 部 市 街 地 開 発 課 液 状 化 対 策 推 進 室 ) 操 作 説 明 書 2014 年 9 月 30 日 実 施 企 業 : インディゴ 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推

More information

ファイル 管 理 ツール デザイン 設 定 >> ファイル 管 理 でアップロードされているファイルを 管 理 できます この 画 面 ではファイルの 確 認 / 移 動 / 削 除 が 可 能 です ファイルのアップロードはできません 2

ファイル 管 理 ツール デザイン 設 定 >> ファイル 管 理 でアップロードされているファイルを 管 理 できます この 画 面 ではファイルの 確 認 / 移 動 / 削 除 が 可 能 です ファイルのアップロードはできません 2 レンタルショッピングカートマニュアル Vol.2 ~ デザイン 設 定 編 ~ ファイル 管 理 ツール デザイン 設 定 >> ファイル 管 理 でアップロードされているファイルを 管 理 できます この 画 面 ではファイルの 確 認 / 移 動 / 削 除 が 可 能 です ファイルのアップロードはできません 2 ファイル 管 理 ファイルのアップロード/ダウンロード デザイン 設 定 >>

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 5 月 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 はじめに... 3 Oracle Application Express へ 移 行 する 理 由...

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

Parallels Remote Application Server

Parallels Remote Application Server Parallels Remote Application Server Chrome 用 Parallels Client ユーザーガイド v15 Copyright 1999-2016 Parallels IP Holdings GmbH and its affiliates.all rights reserved. Parallels IP Holdings GmbH Vordergasse 59

More information

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト このガイドの 内 容 Microsoft Excel 2010 の 外 観 は Excel 2003 と 大 きく 異 なるため Excel 2003 のユーザーが 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにこのガイドが 作 られました このガイドを 読 むと 新 しいインターフェイスの 主 な 要 素 について 学 んだり Excel 2010 の 無 償 のトレーニングを 見 つけたり *

More information

データベースS 演習資料

データベースS 演習資料 2015/6/24 データベースS 演 習 資 料 第 3 回 PHP による Web インターフェース(2) 九 州 工 業 大 学 情 報 工 学 部 システム 創 成 情 報 工 学 科 講 義 担 当 : 尾 下 真 樹 1. フォームを 使 った 入 力 インターフェースの 開 発 前 回 の 演 習 に 引 き 続 き データベースをウェブから 利 用 するためのインターフェースの 開

More information

管理者ガイド

管理者ガイド 用 紙 とお 気 に 入 り バージョン 5.1 管 理 者 ガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションの 設 定... 5 内 蔵 Web サーバーにアクセスする... 5 ブックマークの 設 定... 5 アプリケーションアイコンをカスタマイズする... 5 設 定 ファイルをインポートまたはエクスポートする...

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 共 通 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word Internet

More information

目 次 Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出... 1 1. ソリューションのコード クローン 分 析 の 実 行 と コードの 比 較... 4 2. コントローラーとビューへのコード 追 加... 8 3. 重 複 コー

目 次 Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出... 1 1. ソリューションのコード クローン 分 析 の 実 行 と コードの 比 較... 4 2. コントローラーとビューへのコード 追 加... 8 3. 重 複 コー Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出 2014 Microsoft Corporation. All rights reserved. 1 目 次 Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出... 1 1. ソリューションのコード クローン 分 析 の 実

More information

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ FileMaker Pro 10 以 前 の バージョンから FileMaker Pro 11 に バージョンアップするときの 注 意 点 FileMaker Customer Support 2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された

More information

スライド 1

スライド 1 Webプログラミング2 2.Webプログラミング 概 要 (2) ( 復 習 )Webとは 様 々な 利 用 シーン 様 々なデバイス/ブラウザ パソコン 携 帯 電 話 ゲーム 機 /TV 電 子 ブックリーダー 学 校 案 内 / 会 社 案 内 オンラインショップ ブログ/ 掲 示 板 /SNS/Twitter/Facebook 学 内 / 社 内 システム スケジューラ/カレンダー/Webメール

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 XBRL から CSV への 変 換 ツール 操 作 ガイド 平 成 25 年 8 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその

More information

この 文 章 に 含 まれる 情 報 は 公 表 の 日 付 の 時 点 での Microsoft Corporation の 考 え 方 を 表 しています 市 場 の 変 化 に 応 える 必 要 があるため Microsoft は 記 載 されている 内 容 を 約 束 しているわけではありま

この 文 章 に 含 まれる 情 報 は 公 表 の 日 付 の 時 点 での Microsoft Corporation の 考 え 方 を 表 しています 市 場 の 変 化 に 応 える 必 要 があるため Microsoft は 記 載 されている 内 容 を 約 束 しているわけではありま Visual Studio 自 習 書 シリーズ Team Foundation Server の インストールと 最 初 の 一 歩 発 行 日 :2013 年 6 月 4 日 最 終 更 新 日 :2013 年 6 月 4 日 日 本 マイクロソフト 株 式 会 社 この 文 章 に 含 まれる 情 報 は 公 表 の 日 付 の 時 点 での Microsoft Corporation の 考

More information

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと BizDataBank(iOS 版 ) ユーザーガイド Last update 2013.10.7 Ver.2.0.1 BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

ユーザーガイド

ユーザーガイド 印 刷 の 管 理 バージョン 1.1 ユーザーガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションを 使 用 する... 5 アプリケーションへのアクセス... 5 アプリケーションを 管 理 する... 5 問 題 に 対 処 する... 7 アプリケーションが 適 切 にロードできない...7 アプリケーションにログインできない...

More information

サーバサイドスクリプトPHPを実感しよう

サーバサイドスクリプトPHPを実感しよう 第 3 講 サーバサイドスクリプト PHP を 実 感 しよう! クライアントサイドでは HTML に 埋 め 込 んだ(あるいは 別 ファイルから HTML に 読 み 込 まれた)JavaScript によって さまざまな 処 理 や 動 的 ページの 生 成 を 行 えることは すで に 第 3 講 までで 学 習 しました しかし HTML と JavaScript の 組 合 せではどうしても

More information

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと BizDataBank(iOS 版 ) ユーザーガイド Last update 2013.11.28 Ver.2.0.3 BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実

More information

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ ActiveModeler Avantage プロセス モデル Web パブリッシング ユーザー ガイド 2008 KAISHA-Tec Co. Ltd. Japan 5-17-8 Inokashira, Mitaka-shi, Tokyo, 181-0001 JAPAN Document Revision: 1.131 Date: 05/26/2008 Time: 10:51:35 AM ActiveModeler

More information

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと BizDataBank(iOS 版 ) ユーザーガイド Last update 2015.6.29 Ver.2.0.8 BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際

More information

日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2

日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2 オープンデータマップ (SVG 地 図 操 作 用 スクリプト) デモ コンテンツ 操 作 ガイド 1 日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2 目 次 1. デモ コンテンツ 操 作 ガイド... 4 Google Chrome の 設 定... 4 コンテンツのロード... 4 アイコン 等 について... 5 POIの 設 定... 7 POI を CSV

More information

KeySQL R8.0 Release Note

KeySQL R8.0 Release Note KeySQL R8.0リリース ノート 2014 年 05 月 1 目 次 動 作 環 境... 3 インストール アンインストールに 関 して... 5 インストール... 5 ライセンスキーの 登 録... 5 修 正 パッチのインストール... 6 アンインストール... 6 KeySQL R7.0 からの 変 更 点 および 互 換 性 について... 7 新 機 能 と 変 更 点...

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはWebFOCUSの 開 発 者 の 方 を 対 象 に 基 本 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 いただくコースです App Studioという 開 発 ツールを 使 用 して レポートの 作 成 方 法 を 習 得 し WebFOCUSの 基 本 的 なアプリケーショ ン 開 発 手 順 を 身 に 付 けることを 目 的 としております

More information

Microsoft Word - 教科書VBA_第1章2013_.doc

Microsoft Word - 教科書VBA_第1章2013_.doc 第 1 章 Excel のマクロ 機 能 VBA とは VBA(Visual Basic for Applications)は,Microsoft 社 の Word や Excel など,Microsoft Office ア プリケーションで 共 通 に 利 用 できるプログラミング 言 語 です. 例 えば Excel のようなアプリケーション で 作 成 された VBA プログラムは,そのアプリケーションのデータと

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアント

ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアント ULTRA DRIVE(iOS 版 ) ユーザーガイド Last update 2016.1.15 Ver.2.0.8 ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際

More information

目 次 ログインする 前 に... 4 メンバー 管 理 編 ( 管 理 者 )... 5 ログインする... 6 トップページについて... 7 メンバー 管 理 をする... 8 メンバー 管 理 画 面 について... 8 1 医 療 機 関 指 定... 9 2 新 規 追 加 指 定...

目 次 ログインする 前 に... 4 メンバー 管 理 編 ( 管 理 者 )... 5 ログインする... 6 トップページについて... 7 メンバー 管 理 をする... 8 メンバー 管 理 画 面 について... 8 1 医 療 機 関 指 定... 9 2 新 規 追 加 指 定... 取 扱 説 明 書 心 電 クラウド ブラウザ 編 Ver.1.6C 目 次 ログインする 前 に... 4 メンバー 管 理 編 ( 管 理 者 )... 5 ログインする... 6 トップページについて... 7 メンバー 管 理 をする... 8 メンバー 管 理 画 面 について... 8 1 医 療 機 関 指 定... 9 2 新 規 追 加 指 定... 9 3 ユーザー 権 限 指

More information

スライド 1

スライド 1 2014.10.28 スタディライター 教 材 動 作 確 認 設 定 手 順 Java Runtime Environment のセキュリティ 強 化 により スタディライターで 作 成 したJavaを 利 用 するアプリケーションの 動 作 確 認 及 び 動 作 のために 各 種 設 定 が 必 要 になりました ここではWindows 8.1 Internet Explorer 11を 例

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

ファイル 管 理 ツール デザイン 設 定 >> ファイル 管 理 でカートにアップロードされているファイルを 管 理 できます この 画 面 ではファイルの 確 認 / 移 動 / 削 除 が 可 能 です ファイルのアップロードはできません 2

ファイル 管 理 ツール デザイン 設 定 >> ファイル 管 理 でカートにアップロードされているファイルを 管 理 できます この 画 面 ではファイルの 確 認 / 移 動 / 削 除 が 可 能 です ファイルのアップロードはできません 2 レンタルショッピングカートマニュアル ~ デザイン 設 定 編 ~ ファイル 管 理 ツール デザイン 設 定 >> ファイル 管 理 でカートにアップロードされているファイルを 管 理 できます この 画 面 ではファイルの 確 認 / 移 動 / 削 除 が 可 能 です ファイルのアップロードはできません 2 ファイル 管 理 ファイルのアップロード/ダウンロード デザイン 設 定 >> ファイル

More information

1-2 PDF ファイルの 編 集 テキストを 追 加 画 像 を 追 加 リンクを 追 加 コメントの 追 加 図 形 標 記 の 追 加 注 釈 の 非 表 示 PDF ページの 処 理 PDF ファイルに 透 かしを 追 加 PDF ファイルの 背 景 の 編 集 ベイツ 番 号 の 編 集

1-2 PDF ファイルの 編 集 テキストを 追 加 画 像 を 追 加 リンクを 追 加 コメントの 追 加 図 形 標 記 の 追 加 注 釈 の 非 表 示 PDF ページの 処 理 PDF ファイルに 透 かしを 追 加 PDF ファイルの 背 景 の 編 集 ベイツ 番 号 の 編 集 スーパーPDF 変 換 編 集 作 成 (Windows 版 ) 製 品 ガイド ご 登 録 に 関 する 注 意 事 項 : 登 録 メールのメールアドや 登 録 コードなどの 情 報 をコピー&ペーストする 際 には スペースがないことをご 確 認 お 願 いいたします ほかご 登 録 時 に 何 かご 問 題 がありましたら 弊 社 サポートセンター http://www.wondershare.jp/ask-a-question.html

More information

finalcode_client_v4.10_remote_installation_manual

finalcode_client_v4.10_remote_installation_manual リモートインストールマニュアル 第 2.0 版 対 象 :FinalCode Client/Viewer Ver.4.10 2014/5/29 はじめに このたびは FinalCode をお 買 い 求 めいただきまして ありがとうございます 本 書 では Active Directoryのグループポリシーを 使 用 して FinalCode Client/Viewer を 企 業 内 の 端 末

More information

160 アプリケーションとデータ 管 理 8.1 Microsoft Office Mobile Office Mobileでは 以 下 の4つのアプリケーションを 使 用 して Microsoft 文 書 を 作 成 編 集 閲 覧 することができます Word Mobile は Microsof

160 アプリケーションとデータ 管 理 8.1 Microsoft Office Mobile Office Mobileでは 以 下 の4つのアプリケーションを 使 用 して Microsoft 文 書 を 作 成 編 集 閲 覧 することができます Word Mobile は Microsof 第 8 章 アプリケーションとデータ 管 理 8.1 Microsoft Office Mobile 8.2 Adobe Reader LEを 使 う 8.3 ファイルをコピー/ 管 理 する 8.4 ZIP を 使 う 160 アプリケーションとデータ 管 理 8.1 Microsoft Office Mobile Office Mobileでは 以 下 の4つのアプリケーションを 使 用 して

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

SciFinder エラーへの対処法

SciFinder エラーへの対処法 SciFinder エラーへの 対 処 法 2016 年 3 月 18 日 改 訂 SciFinder でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/scifinder/require.html 目 次 ケース 1:SciFinder にアクセスできない... 2 ケース 2:ID

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編)

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編) intra-mart EX 申 請 システム Ver.7.2 操 作 説 明 書 (システム 利 用 者 編 ) 第 三 版 2014 年 4 月 23 日 株 式 会 社 NTT データイントラマート > 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2011/2/28 初 版 2011/10/3 第 二 版 メッセージ 一 覧 のワーニングメッセージを 追 記 しました 2014/4/23

More information

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削 フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )マニュアル Version 1.11 2015/3/4 このソフトの 実 行 環 境 について このソフト フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )を 実 行 するには マイクロソフト(Microsoft) 社 のOffice 製 品 に 含 まれるExcel( 表 計 算 ソフト)が 必 要 です Excelの 操 作 ができる 方 を

More information

Oracle BI Publisher 11gの新機能

Oracle BI Publisher 11gの新機能 Oracle BI Publisher 11gの 新 機 能 Mike Donohue Director, BI Product Management 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組

More information

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な 3-2. 申 請 の 新 規 作 成 3 内 容 確 認 A-4. 申 請 手 数 料 画 面 (もしくは A-6. 申 請 手 数 料 の 前 納 の 申 出 事 項 その2 画 面 ) において 入 力 完 了 ボタンをクリックすると 送 信 画 面 が 表 示 されます ここで 内 容 確 認 ボタンをクリックし 入 力 内 容 を 確 認 します 上 書 き 保 存 しておくことをお 勧 め

More information

目 次 1. Monaca Localkitとは 1.1. 概 要 1.2. 動 作 環 境 2. セットアップ 2.1. Monaca Localkitの 入 手 方 法 2.2. Monaca Localkitのインストール 2.3. ファイアウォール 設 定 (windows8.1) 2.4.

目 次 1. Monaca Localkitとは 1.1. 概 要 1.2. 動 作 環 境 2. セットアップ 2.1. Monaca Localkitの 入 手 方 法 2.2. Monaca Localkitのインストール 2.3. ファイアウォール 設 定 (windows8.1) 2.4. Monaca Localkit β 版 利 用 マニュアル Copyright 2014 Asial Corporation. All rights reserved. 1 目 次 1. Monaca Localkitとは 1.1. 概 要 1.2. 動 作 環 境 2. セットアップ 2.1. Monaca Localkitの 入 手 方 法 2.2. Monaca Localkitのインストール

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル]

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル] Publisher 2013 の 基 本 的 使 い 方 TO_takatsuki Publisher の 向 いている 文 書 枚 数 の 少 ない 文 書 ポスター チラシ グリーティングカード ニュースレター など 記 載 枠 画 像 などの 挿 入 枠 の 大 きさを 固 定 し 文 書 や 画 像 を 配 置 したい 文 書 文 書 を 作 成 する まず テンプレートを 探 し そこから

More information

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

JavaScript演習

JavaScript演習 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

WebOTXマニュアル

WebOTXマニュアル WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド バージョン: 7.1 版 数 : 第 2 版 リリース: 2008 年 11 月 Copyright (C) 1998-2008 NEC Corporation. All rights reserved. 1-1 目 次 1. 初 期 設 定...3 1.1. Developer s Studio...

More information

コマンド対応表 Excel2013

コマンド対応表 Excel2013 コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) Excel 2003のコマンドがExcel 2013のコマンドにどのように 対 応 しているかを 記 載 しています コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) ファイル メニュー 新 規 作 成 リボン: ファイル タブ 新 規 開 く リボン: ファイル タブ 開 く コンピューター 参 照 閉 じる

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 10 回 基 本 編 ~ AppComponentをつかってみよう 2015 年 2 月 10 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 AppComponentについて 興 味 ご 関 心 のあるご

More information

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 (URL 等 のインターネット Web サイトに 関 する 情 報 を 含 む) は 将 来 予 告 な しに 変 更 することがあります 別 途 記 載 されていない 場 合 このソフトウェアおよび 関 連 するドキュメントで 使 用 し

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 (URL 等 のインターネット Web サイトに 関 する 情 報 を 含 む) は 将 来 予 告 な しに 変 更 することがあります 別 途 記 載 されていない 場 合 このソフトウェアおよび 関 連 するドキュメントで 使 用 し Microsoft SharePoint 2010 機 能 評 価 ガイド エンドユーザー 機 能 編 (SharePoint Online 対 応 版 ) 付 録 1:サイト テンプレート 一 覧 2011 年 9 月 著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 (URL 等 のインターネット Web サイトに 関 する 情 報 を 含 む) は 将 来 予 告 な しに 変 更

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

1

1 Excelファイルアクセス 1. 概 要 Excel ファイルアクセスコンポーネントは Microsoft Excel のファイルを 開 いてセルの 値 や 書 式 を 取 得 変 更 したり テーブル 全 体 を 新 しいファイルと して 保 存 したりするために 用 います Excel ファイルアクセスコンポーネントは アプリケーションビルダーのメニューから 以 下 のように 選 びます [コンポーネント

More information

ォルトである カラフル から 白 に 変 更 すると 読 みやすくなり ます Office テーマは Excel メニューから 以 下 のルートをたどれば 確 認 設 定 できます ファイル>オプション> 基 本 設 定 >Microsoft Office のユーザー 設 定 > Office テー

ォルトである カラフル から 白 に 変 更 すると 読 みやすくなり ます Office テーマは Excel メニューから 以 下 のルートをたどれば 確 認 設 定 できます ファイル>オプション> 基 本 設 定 >Microsoft Office のユーザー 設 定 > Office テー お 客 様 パートナー 様 各 位 fusion_place 4.4 リリースのご 案 内 2016 年 6 月 24 日 株 式 会 社 フュージョンズ 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 を 申 し 上 げます 本 日 fusion_place の 新 バージョン 4.4 をリリース 致 しましたことをお 知 らせ 申 し 上 げます また バージョン 管 理 の 方 針

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

利用者

利用者 Regional SNS クラウド 環 境 への 導 入 ガイド 2012 年 2 月 29 日 株 式 会 社 ネットワーク 応 用 通 信 研 究 所 目 次 1. はじめに... 1 2. 導 入 環 境 及 び 前 提 条 件... 1 3. 導 入 準 備... 1 3.1. Windows 環 境 の 場 合... 1 3.2. Linux 環 境 の 場 合... 1 3.3. MOGOK

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

ProWebRabbitインストールガイド

ProWebRabbitインストールガイド ProWebRabbit インストールガイド このインストールガイドでは ProWebRabbit の 標 準 的 なインストール 方 法 について 説 明 します システム 構 築 方 法 の 詳 細 な 説 明 などについては 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください ProWebRabbit の 以 前 のバージョンからバージョンアップを 行 う 場 合 には インストール 実 施 前 にご

More information

Microsoft Word - Developer_Tools

Microsoft Word - Developer_Tools Developer Tools : Windows Internet Explorer 8 Beta 1 for Developers Web 作 業 の 操 作 性 を 向 上 2008 年 3 月 詳 細 の 問 い 合 わせ 先 ( 報 道 関 係 者 専 用 ) : Rapid Response Team Waggener Edstrom Worldwide (503) 443 7070 rrt@waggeneredstrom.com

More information

What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私 ) ぜひ 名 前 を 覚 えていってくださ

What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私 ) ぜひ 名 前 を 覚 えていってくださ HeartRails APIs for MA5 ハートレイルズの 提 供 API について http://www.heartrails.com/ What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478> Ver 1.00 用 目 次 製 品 の 導 入 P.4 製 品 概 要 P.5 試 用 版 の 制 限 ライセンスの 購 入 動 作 環 境 P.6 ファイルの 配 置 起 動 方 法 P.7 ログイン 画 面 ログイン 方 法 P.8 ライセンス 登 録 方 法 P.9 メインメニュー 顧 客 管 理 P.11 [ 顧 客 管 理 ] 顧 客 検 索 CSV 出 力 メール 一 斉 送 信 新

More information

改 訂 履 歴 版 概 要 区 分 更 新 日 1.0 新 規 作 成 新 規 2014/06/26 2

改 訂 履 歴 版 概 要 区 分 更 新 日 1.0 新 規 作 成 新 規 2014/06/26 2 Android 版 操 作 ガイド (ver1.0) 2014 年 6 月 26 日 改 訂 履 歴 版 概 要 区 分 更 新 日 1.0 新 規 作 成 新 規 2014/06/26 2 目 次 1. sactto!ファイリングご 利 用 について... 4 2. Android 版 アプリケーションについて... 5 2.1. 概 要... 5 2.2. アプリケーションの 導 入... 5

More information

サイボウズ リモートサービス ユーザーマニュアル

サイボウズ リモートサービス ユーザーマニュアル ユーザーマニュアル Copyright (C) 2011 Cybozu, Inc. 目 次 パソコンからのアクセス クライアント 証 明 書 の 登 録... 2 クライアント 証 明 書 を 登 録 する... 2 Internet Explorer 6.0/7.0/8.0(Windows)の 場 合... 2 Mozilla Firefox 3.5/3.6(Windows/Macintosh)の

More information

(Microsoft PowerPoint - \225\275\220\25423\224N\223xHTML5\225\224\211\357.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \225\275\220\25423\224N\223xHTML5\225\224\211\357.ppt) 平 成 23 年 度 技 術 研 究 会 HTML5 部 会 HTML5を 使 ったWebアプリの 開 発 ~HTML4.0とHTML5の 比 較 ~ メンバー 富 士 通 九 州 システムズ 三 角 瞳 オーガス 大 分 シーイーシー オーイーシー オーイーシー 老 川 翔 太 行 部 佑 希 西 角 幸 恵 下 郡 剛 九 州 東 芝 エンジニアリング 渡 邉 泰 三 大 分 交 通 松 迫 翔

More information

プロセスフロー図(PFD)作成アドイン マニュアル

プロセスフロー図(PFD)作成アドイン マニュアル プロセスフロー 図 (PFD) 作 成 アドインマニュアル バージョン 5.2 (2016 年 1 月 版 ) このアドインは UML モデリングツール Enterprise Architect の 機 能 を 拡 張 し Enterprise Architect でプロセ スフロー 図 (PFD)を 作 成 するためのアドインです PFD についての 概 要 や 書 き 方 については 以 下 のページ(および

More information

アスラテック株式会社 会社案内

アスラテック株式会社 会社案内 JavaScript SDK for V-Sido CONNECT 利 用 の 手 引 き Mac 編 アスラテック 株 式 会 社 目 次 1. はじめに 1-1. 本 マニュアルの 概 要 p.3 1-2. 使 用 する 機 材 など p.4 1-3. 各 機 器 の 接 続 構 成 と 開 発 イメージ p.5 2. 初 期 設 定 とVSidoConn4Macの 導 入 2-1. Bluetoothのペアリング

More information

データ構造とアルゴリズム論

データ構造とアルゴリズム論 第 10 章.MySQL のインストールと Java プログラムからの 接 続 学 習 のねらい 1 データベース 管 理 ソフトである MySQL をインストールする 2 MySQL 上 のデータベースに Java プログラムから 接 続 できることを 確 認 する < 先 週 の 復 習 > 講 義 で 示 された 基 礎 課 題 10-1 に 解 答 して 下 さい 10-1.MySQL のインストール

More information

Mac OS Xでの利用設定 マニュアル

Mac OS Xでの利用設定 マニュアル Enterprise Architect on Mac OS X setup guide by SparxSystems Japan Mac OS X 環 境 での 利 用 設 定 マニュアル (2015/12/01 最 終 更 新 ) 1. はじめに このドキュメントでは Enterprise Architect を Mac OS X で 動 作 させるための 設 定 につ いて 説 明 したドキュメントです

More information

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド マルチプレキシング ( 多 重 化 ) クライアント アクセス ライセンス (CAL) の 要 件 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 Microsoft SQL Server... 2 Microsoft

More information

高知大学 学生用

高知大学 学生用 高 知 大 学 学 生 用 moodle2 moodle(ムードル)は Web を 通 じて 利 用 する 授 業 サポートのシステムです 学 生 ユーザは 参 加 している 科 目 (コース)の 授 業 コンテンツを 使 って 受 講 ( 活 動 ) することができます ご 利 用 の 推 奨 ブラウザ Internet Explorer 8 以 上 Firefox 4 以 上 Google Chrome

More information

Webページ 内 のリンク 先 に 移 動 する 1 し ページ 内 のリンク( 文 字 ボタンなど) にカーソルを 合 わせて し 2 表 示 されたメニューで し [ リンクへ 移 動 ]を 選 択 して し または リンク 上 で を 長 押 しし ブラウザ 機 能 基 本 操 作 2 表 示

Webページ 内 のリンク 先 に 移 動 する 1 し ページ 内 のリンク( 文 字 ボタンなど) にカーソルを 合 わせて し 2 表 示 されたメニューで し [ リンクへ 移 動 ]を 選 択 して し または リンク 上 で を 長 押 しし ブラウザ 機 能 基 本 操 作 2 表 示 ブラウザ 機 能 BlackBerry デバイスのブラウザは 様 々な 機 能 や 複 数 のブラウザ 設 定 のサポートにより 最 適 なインター ネット 環 境 をお 楽 しみいただけ ご 利 用 のサービスによりブラウザのアイコンが 異 なり 詳 しくは アイコン P.16を 参 照 してください 基 本 操 作 インターネットにアクセスする 1 ホームスクリーンで し [ ブラウザ ]を 選

More information

Ver2.2.0 新機能ガイド

Ver2.2.0 新機能ガイド アプリケーション 新 機 能 ガイド ~Version 2.9.0~ 1 目 次 1 はじめに... 3 2 新 機 能... 3 3 機 能 紹 介 フォトレポート... 4 3.1 売 場 ノート フォトレポート の PC 画 面 対 応 #902... 4 4 機 能 紹 介 お 知 らせ... 18 4.1 店 舗 スタッフ 回 答 の 店 長 閲 覧 不 可 オプション 追 加 #916...

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

CMS操作手順書

CMS操作手順書 モーハワイ ブログ 操 作 マニュアル 目 次 No タイトル 1 フォルダ ファイル 構 成 2 Wordpress の 操 作 3 その 他 のページの 編 集 4 用 語 集 P1 1 フォルダ ファイル 構 成 この 項 ではウェブサイトを 構 成 するフォルダ ファイルについて 説 明 します 1.1 フォルダ 構 造 ファイル 名 フォルダ/ファイル 名 ページ 名 称 フォルダ 内 容

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 設 置 者 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.0 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 163 目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定

More information

SCTM12.0_Product Release Notice_V1

SCTM12.0_Product Release Notice_V1 製 品 リリース 案 内 製 品 名 : SilkCentral Test Manager 12.0 出 荷 開 始 日 : 2012 年 4 月 16 日 1. はじめに マイクロフォーカスは テスト 管 理 ツールの 新 バージョンである SilkCentral Test Manager 12.0 をリリー スいたします 2. システム 要 件 SilkCentral Test Manger 12.0

More information

サイボウズ Office 7 マニュアル(はじめに)

サイボウズ Office 7 マニュアル(はじめに) はじめに Copyright (C) 2008 Cybozu, Inc. 目 次 はじめに 1 お 使 いになる 前 に マニュアルの 見 かた 2 マニュアル 作 成 環 境 / 製 品 名 称 と 略 称 3 Web ブラウザーの 設 定 Web ブラウザーを 設 定 する 5 共 通 操 作 画 面 を 最 新 の 情 報 に 更 新 する 8 始 める メニューを 使 う 9 アプリケーションメニューを

More information

目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 ) 13

目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 ) 13 積 算 内 訳 書 の 作 成 マニュアル 平 成 26 年 1 形 県 県 整 備 部 建 設 企 画 課 目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 )

More information

Google Analytics とは(1) Google Analytics は 無 料 で 利 用 できる 高 機 能 アクセス 解 析 ツールです ページビュー 参 照 元 検 索 キーワードはもちろん 各 参 照 元 や 検 索 キーワード 別 の 売 上 金 額 や 売 上 件 数 等 ネ

Google Analytics とは(1) Google Analytics は 無 料 で 利 用 できる 高 機 能 アクセス 解 析 ツールです ページビュー 参 照 元 検 索 キーワードはもちろん 各 参 照 元 や 検 索 キーワード 別 の 売 上 金 額 や 売 上 件 数 等 ネ レンタルショッピングカートマニュアル ~ Google Analy+cs 編 ~ Google Analytics とは(1) Google Analytics は 無 料 で 利 用 できる 高 機 能 アクセス 解 析 ツールです ページビュー 参 照 元 検 索 キーワードはもちろん 各 参 照 元 や 検 索 キーワード 別 の 売 上 金 額 や 売 上 件 数 等 ネットショップ 運 営

More information

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 フリーウェイマイナンバー 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 員 用 を 参 照 してください 改 訂 履 歴 版 数

More information

Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本 資 料

Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本 資 料 Cloud Disk(Mac 版 ) ユーザーガイド Last update 2013.10.23 Ver.2.1.1 1 Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと

More information

1. アクセスする 2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし ます 3. ボックス 下 部 のチェック 項

1. アクセスする  2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし ます 3. ボックス 下 部 のチェック 項 CiNii Articles を 使 う 2013 芳 野 明 / 京 都 嵯 峨 芸 術 大 学 西 洋 美 術 史 博 物 館 学 研 究 室 1. アクセスする http://ci.nii.ac.jp/ 2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし

More information

iStudy E-Server Mini Datasheet

iStudy E-Server Mini Datasheet ~istudy @ E Server Mini でペーパーレス 会 議 を 変 える!~ 1. 製 品 概 要 istudy E-Server Mini は 厚 さわずか 20mm のペーパーレス 会 議 アプライアンスサーバです 同 時 接 続 20 クライア ントまでのペーパーレス 会 議 を istudy E-Server Mini 1 台 で 開 催 することができます istudy E-Server

More information

Microsoft Word - 206MSAccess2013

Microsoft Word - 206MSAccess2013 第 6 章 データベース 6.1 MS-Access 2013 の 起 動 終 了 1.Access2013 の 起 動 (1)マウスの 左 ボタンでスタートボタンをクリックします (2) 表 示 されるメニューの[すべてのプログラム]にマウスカーソルを 移 動 します (3) 表 示 されるプログラム 一 覧 から[Microsoft Office] [Microsoft Access 2013]の

More information

目次 はじめに... 3 システムの必要条件... 4 ライセンス認証... 4 アクティベーション... 6 開発... 7 手順 1. アプリケーションの作成... 7 手順 2. データソースの作成と代入... 7 手順 3. テンプレートの作成 手順 4. レポートビューアの追加

目次 はじめに... 3 システムの必要条件... 4 ライセンス認証... 4 アクティベーション... 6 開発... 7 手順 1. アプリケーションの作成... 7 手順 2. データソースの作成と代入... 7 手順 3. テンプレートの作成 手順 4. レポートビューアの追加 SharpShooter Reports.Win 基本的な使い方 Last modified on: November 15, 2012 本ドキュメント内のスクリーンショットは英語表記ですが SharpShooter Reports JP( 日本語版 ) では日本語で表示されま す 目次 はじめに... 3 システムの必要条件... 4 ライセンス認証... 4 アクティベーション... 6 開発...

More information

rn_jp_Unplugged_3.1_Android

rn_jp_Unplugged_3.1_Android Teamstudio Unplugged リリースノート ================================== Teamstudio Unplugged 3.1のリリースノート - Android Unplugged 3.1リリースにおける 顕 著 な 変 更更 点 は Unplugged 3.0のiOS 版 クライア ントで 実 装 された 改 善 をAndroid 版 にも 実

More information

kagoemon-a

kagoemon-a かごえもんの 初 期 設 定 は 全 ての 設 定 で 行 います 基 本 設 定 ショッピングカートシステム ( 注 文 フォーム ) に 関 する 基 本 設 定 を 行 います 基 本 設 定 の 管 理 画 面 用 パスワード とは? 商 品 注 文 における 送 料 および 注 文 完 了 時 に 自 動 送 信 されるショップの 専 用 メールアドレス メール 文 に 記 載 する 挨

More information

方程式を解いてみよう! C++ から PHP + JavaScriptへ

方程式を解いてみよう! C++ から PHP + JavaScriptへ 方 程 式 を 解 いてみよう! C++ から PHP + HTML + JavaScriptへ 静 岡 理 工 科 大 学 総 合 情 報 学 部 コンピュータシステム 学 科 幸 谷 智 紀 (こうや とものり) http://na-inet.jp/ 今 日 のメニュー 1. コンピュータ 環 境 と 本 日 のゴールの 確 認 2. PHPプログラムを 実 行 してみる 3. HTMLで 自

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 履 修 履 歴 データベースの 仕 組 み 学 生 が 履 修 履 歴 を 登 録 して 企 業 へデータを 送 信 すると 企 業 担 当 者 が 履 修 履 歴 データを 見 られるようになります 不 特 定 の 企 業 に 履 修 履 歴 データが 閲 覧 されるわけではありません < 基 本 的 な 流 れ> A 社 データ ベース 応 募 企 業 へ データを 送 信 学 生 A 専

More information