はじめに 社 内 のトレーニングで 使 った 内 容 をチュートリアルで 応 募 しました 本 プログラムで という 事 になったので こんな 感 じ で 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに 社 内 のトレーニングで 使 った 内 容 をチュートリアルで 応 募 しました 本 プログラムで という 事 になったので こんな 感 じ で 2"

Transcription

1 NETCONF/YANG Shishio Tsuchiya

2 はじめに 社 内 のトレーニングで 使 った 内 容 をチュートリアルで 応 募 しました 本 プログラムで という 事 になったので こんな 感 じ で 2

3 Agenda 何 故 にNETCONF/YANG? XML NETCONF YANG Q&A 3

4 RFC7040 Public IPv4-over-IPv6 Access Network 4over6 DHCPv6 4over6 DHCPv4 CE Server BR Server Assign IPv6 Addr/Pref + BR's IPv6 Addr Info < DHCPv6/Other WAN IPv6 Configure Assign Public IPv4 Addr (DHCPv4 over v6/static Conf) < < IPv4-IPv6 Binding SYN Tunnel IPv4 Configure Binding Update IPv4-in-IPv6 Tunnel < > MAPなどの 比 較 技 術 IPv4とIPv6を1:1でBind アドレス 情 報 の 伝 播 はDHCP Encapの 設 定 方 法 は? 4

5 Real-Time OSS for SDN NETCONF/YANG R1 R2 DHCP Web DNS Portal OSS Register Service via initial L2 Tunnel インターネット Native IPv6 internet,ipv4 internet via IPv6 Tunnel(DS-Lite) 顧 客 がCPEにケーブルを 刺 すと L2トンネルを 経 由 し Cloud Service Centerに 接 続 する 顧 客 の 登 録 により OSSよりR1に 設 定 変 更 が 行 われ インターネットに 接 続 が 出 来 る 様 になる 5

6 Writable MIB Module IESG Statement The Internet Engineering Steering Group(IESG)は OPSエリアで 標 準 化 ベースの 設 定 手 法 として NETCONF/YANGを 強 く 推 奨 してるのにも 関 わらず それぞれのWGが 同 一 用 途 で 特 定 MIBを 定 義 しつづ けてるのをみて 下 記 を 提 言 した ü ü それぞれのWGは 標 準 の 設 定 手 法 としてNETCONF/ YANGを 推 奨 SNMPのWrite 運 用 の 用 途 がはっきりしており OPS ADと MIB Doctorとコンセンサスが 取 れている 時 のみ 作 成 と 修 正 を 行 う 6

7 Tail-f 買 収 7

8 Agenda 何 故 にNETCONF/YANG? XML NETCONF YANG Q&A 8

9 XMLとは? extensible Markup Language World Wide Web Consortium (W3C) により 策 定 勧 告 データ 記 述 の 為 の 言 語 シリアル 化 ( 直 列 化 )とデータ 識 別 に 役 立 つ 完 全 なプログラム 言 語 やデータベース 言 語 ではない HTMLとの 比 較 ü HTML:データを 表 示 する 大 文 字 / 小 文 字 を 区 別 しない ü XML :データを 記 述 する 大 文 字 / 小 文 字 を 区 別 する 9

10 XMLの 記 述 サンプル プログラムが 取 り 出 しやすい <person> <name> <first>shishio</first> <last>tsuchiya</last> </name> <organization> Cisco Systems G.K. </organization> <title> Consulting Systems Engineer </title> </person> 10

11 HTMLの 記 述 サンプル 人 間 が 分 かりやすい 様 に 表 示 <p> <b>first Name:</b>Shishio<br> <b>last Name:</b>Tsuchiya<br> <b>organization:</b>cisco Systems G.K.<br> <b>title:</b>consulting Systems Engineer<br> </p> <p> </p>パラグラフ <b> </b> 太 字 <br> 改 行 11

12 XMLヘッダー <?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="yes"?> version:1.0 (mandatory) encoding: 記 述 されるデータの 文 字 コードを 示 す (optional,utf-8 デフォルト) standalone:xml 文 章 がスタンドアロンかどうか (optional,デフォルト no) 12

13 XMLエレメント( 要 素 ) <name>shishio</name> <empty contents /> XMLタグをElementと 呼 ぶ スタートとエンドの 間 のデータがContents( 内 容 ) 全 てのElementはスタートとエンドのタグを 持 たなけ ればならない 空 のContentsの 際 には エンドで /> で 表 すことが 出 来 る 13

14 XMLアトリビュート( 属 性 ) <presentation name= NETCONF/YANG > </presentation> elementの 補 足 情 報 もしくは で 囲 む 14

15 XMLエンティティ <!ENTITY myname Shishio Tsuchiya > <!ENTITY RFC2629 SYSTEM <name>&myname;</name> <read>&rfc2629;</read> 他 のXMLデータで 使 用 する 為 のシンボルの 指 定 外 部 エンティティを 参 照 することも 可 能 &;はエスケープ 文 字 にも 使 用 < < > > & & " &apos; 15

16 キャラクターデーター <sample> <![CDATA[ 2 < 1]]> </sample> <![CDATA[ で 始 まり ]]>で 終 わる パーサーが 適 用 されず 文 字 列 と 認 識 される 16

17 XMLコメント <presentation title= NETCONF/YANG > <1st> XML <!-- 現 在 進 行 中 --> </1st> </presentation> コメントアウト <!--で 始 まり -->で 終 わる 17

18 Namespace element nameの 衝 突 を 防 ぐために 使 用 <table> <tr> <tb>shishio Tsuchiya</tb> <tb>masataka Mawatari</tb> <tb>toshiya Mabuchi</tb> <tb>hiroki Nonaka</tb> </tr> </table> <table> <color>white</color> <width>50</width> <length>100</length> </table> HTML <table>タグとxmlでの 家 具 <table>で 衝 突 xmlns:namespaceurlで 表 現 する 18

19 Agenda 何 故 にNETCONF/YANG? XML NETCONF YANG Q&A 19

20 NETCONFとは? NETwork CONFiguration Protocol コンフィグデーターの 管 理 においてSNMPのSMI(Structured Managed Interface)の 欠 点 を 補 う 為 に 作 成 ü コンフィグのバックアップやリストア 能 力 の 欠 如 ü トランザクションの 概 念 が 無 い ü 変 なまたは 古 いコンセプト IETFにて 作 成 RFC6241Network Configuration Protocol (NETCONF) NETCONFではXMLを 使 用 する 20

21 NETCONFへの 要 求 事 項 簡 単 に 使 えなければならない コンフィグとオペレーションの 明 確 な 区 別 1つベンダーに 絞 るよりも スケーラビリティのあるネットワークワイドなコンフィグ コンフィグのバックアップとリストア 方 法 の 提 供 一 貫 したコンフィグを 提 供 するためのエラーチェック 結 果 はdiffやCVSといったテキスト 管 理 システムで 処 理 / 保 管 出 来 る 事 が 望 まれる コンフィグの 修 正 およびそのアクティベーションを 行 う 事 は 区 別 出 来 る 事 21

22 NETCONFとSNMPの 比 較 SNMP NETCONF データモデル MIB XMLスキーマー 文 章 データモデル 言 語 SMI XMLスキーマー オペレーション SNMP NETCONF RPCエンキャップスレーション BER XML トランスポート UDP TCP 22

23 NETCONFプロトコル 様 々なオペレーションの 提 供 get-config,get,edit-config,commit,validate,copy-config,discardchanges,delete-config,lock,unlock,create-subscription 様 々なコンフィグデータの 保 管 (candidate, running, startup) 23

24 プロトコルレイヤー Content Operations configuration data operational data notification data <get-config> <edit-config> <get> < > Message <rpc> <rpc-reply> <notification> Transport SSH BEAP SOAP TLS 24

25 NETCONFフロー - hello SSH クライアント サーバー ssh netconf format 25

26 NETCONFフロー Capability Exchange<hello> クライアント <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <hello xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <capabilities> <capability> urn:ietf:params:netconf:base:1.0 </capability> <capability> urn:ietf:params:netconf:capability:candidate:1.0 </capability> <capability> urn:ietf:params:netconf:capability:notification:1.0 </capability> </capabilities> <session-id> </session-id> </hello> ]]>]]> サーバー 26

27 NETCONFフロー Capability Exchange<hello> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <hello xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <capabilities> <capability> urn:ietf:params:netconf:base:1.0 </capability> <capability> urn:ietf:params:netconf:capability:candidate:1.0 </capability> <capability> urn:ietf:params:netconf:capability:notification:1.0 </capability> </capabilities> </hello> ]]>]]> クライアント サーバー 27

28 NETCONF Capability helloメッセージの 際 にnamespaceで 定 義 されたcapabilityを 交 換 する Capability Capability)Identifier Reference :writable4running urn:ietf:params:netconf:capability:writable4running:1.0 [RFC6241] :candidate urn:ietf:params:netconf:capability:candidate:1.0 [RFC6241] :confirmed4commit urn:ietf:params:netconf:capability:confirmed4commit:1.0 [RFC4741] :confirmed4commit:1.1 urn:ietf:params:netconf:capability:confirmed4commit:1.1 [RFC6241] :rollback4on4error urn:ietf:params:netconf:capability:rollback4on4error:1.0 [RFC6241] :validate urn:ietf:params:netconf:capability:validate:1.0 [RFC4741] :validate:1.1 urn:ietf:params:netconf:capability:validate:1.1 [RFC6241] :startup urn:ietf:params:netconf:capability:startup:1.0 [RFC6241] :url urn:ietf:params:netconf:capability:url:1.0 [RFC6241] :xpath urn:ietf:params:netconf:capability:xpath:1.0 [RFC6241] :notification urn:ietf:params:netconf:capability:notification:1.0 [RFC5277] :interleave urn:ietf:params:netconf:capability:interleave:1.0 [RFC5277] :partial4lock urn:ietf:params:netconf:capability:partial4lock:1.0 [RFC5717] :with4defaults urn:ietf:params:netconf:capability:with4defaults:1.0 [RFC6243] :base:1.0 urn:ietf:params:netconf:base:1.0 [RFC4741][RFC6241] :base:1.1 urn:ietf:params:netconf:base:1.1 [RFC6241] 28

29 NETCONF Datastore Running Startup Candidate NETCONFではいくつかのデータストアを 定 義 現 在 稼 働 している 設 定 ファイル(Running) <running>は:baseで 定 義 される( 必 須 ) <startup>は:startupで 定 義 されるブートアップ 時 の 設 定 candidateは 操 作 (commit/ 変 更 / 追 加 / 削 除 )をする 為 の 設 定 ファイル 29

30 NETCONFフロー <get-config> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <get-config> <source> <running/> </source> <filter> <Configuration> <InterfaceConfigurationTable> <InterfaceConfiguration> <Naming> <Active>act</Active> クライアント <InterfaceName Match="Loopback.*"/> </Naming> </InterfaceConfiguration> </InterfaceConfigurationTable> </Configuration> </filter> </get-config> </rpc> ]]>]]> サーバー 30

31 NETCONFフロー <get-config> クライアント <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc-reply message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <data> <Configuration> <InterfaceConfigurationTable MajorVersion="5" MinorVersion="4"> <InterfaceConfiguration> <Naming> <Active> act </Active> <InterfaceName> Loopback0 </InterfaceName> </Naming> <InterfaceVirtual> true </InterfaceVirtual> <Description> Loopback </Description> <IPV4Network MajorVersion="6" MinorVersion="4"> <Addresses> <Primary> <Address> </Address> <Netmask> </Netmask> </Primary> </Addresses> </IPV4Network> </InterfaceConfiguration> </InterfaceConfigurationTable> </Configuration> </data> </rpc-reply> ]]>]]> サーバー 31

32 NETCONFフロー インターフェース 追 加 <edit-config> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <edit-config> <target> <candidate/> </target> <config> <Configuration> <InterfaceConfigurationTable> <InterfaceConfiguration> <Naming> <Active>act</Active> <InterfaceName>Loopback100</InterfaceName> </Naming> <InterfaceVirtual>true</InterfaceVirtual> クライアント <IPV4Network><Addresses><Primary> <Address> </Address> <Netmask> </Netmask> </Primary></Addresses></IPV4Network> </InterfaceConfiguration> </InterfaceConfigurationTable> </Configuration> </config> </edit-config> <commit/> </rpc> ]]>]]> サーバー 32

33 NETCONFフロー インターフェース 追 加 <edit-config> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc-reply message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <ok/> <ok/> </rpc-reply> ]]>]]> クライアント サーバー 33

34 NETCONFフロー インターフェース 削 除 <edit-config> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <edit-config> <target> <candidate/> </target> <config> <Configuration> <InterfaceConfigurationTable operation="delete"> <InterfaceConfiguration> <Naming> <Active>act</Active> <InterfaceName>Loopback100</InterfaceName> </Naming> クライアント </InterfaceConfiguration> </InterfaceConfigurationTable> </Configuration> </config> </edit-config> <commit/> </rpc> ]]>]]> サーバー 34

35 NETCONFフロー インターフェース 削 除 <edit-config> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc-reply message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <ok/> <ok/> </rpc-reply> ]]>]]> クライアント サーバー 35

36 NETCONFメッセージ 詳 細 <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <get-config> <source> <running/> </source> <filter> <Configuration> <InterfaceConfigurationTable> <InterfaceConfiguration> <Naming> <Active>act</Active> <InterfaceName Match="Loopback.*"/> </Naming> </InterfaceConfiguration> </InterfaceConfigurationTable> </Configuration> </filter> </get-config> </rpc> ]]>]]> NETCONF RPCメッセージレイヤー Operationレイヤー Contentsレイヤー 各 ベンダー 独 自 の XMLスキーマー Framing Marker 36

37 Agenda 何 故 にNETCONF/YANG? XML NETCONF YANG Q&A 37

38 YANGとは? Yet Another Next Generationモデリング 言 語 NETCONFのRequest/Replyの 中 のObjectおよびデータを 定 義 XMLスキーマーとSMIに 類 似 (より 強 力 ) コンフィグレーション/オペレーション/RPCコールのモデル 化 RFC YANG - A data modeling language for NETCONF 38

39 何 故 YANGが 必 要 だったか? NETCONFをネットワークワイドのプロトコルにする 為 には 共 通 のデータモ デルを 持 つ 必 要 があった それぞれのベンターはCLIを 持 っていて それをXMLで 包 むのみでは 十 分 ではない YANGは 全 てのネットワーク 機 器 からNETCONFを 使 用 出 来 る 様 共 通 の データモデルを 提 供 する 各 々のベンダーは 共 通 のYANGモジュールを 実 装 しなければならない IETF NETMOD WGで 定 義 中 RFC6244 An Architecture for Network Management Using NETCONF and YANG SNMP NETCONF データモデル MIB YANG データモデル 言 語 SMI YANG オペレーション SNMP NETCONF RPCエンキャップスレーション BER XML トランスポート UDP TCP 39

40 YANGの 構 成 RFC7223 ietf-interfaces tree structure YANG module +--rw interfaces +--rw interface* [name] +--rw name string +--rw description? string +--rw type identityref +--rw enabled? boolean +--rw link-up-down-trap-enable? enumeration +--ro interfaces-state +--ro interface* [name] +--ro name string +--ro type identityref +--ro admin-status enumeration +--ro oper-status enumeration +--ro last-change? yang:date-and-time +--ro if-index int32 +--ro phys-address? yang:phys-address +--ro higher-layer-if* interface-state-ref +--ro lower-layer-if* interface-state-ref +--ro speed? yang:gauge64 +--ro statistics +--ro discontinuity-time yang:date-and-time +--ro in-octets? yang:counter64 +--ro in-unicast-pkts? yang:counter64 +--ro in-broadcast-pkts? yang:counter64 +--ro in-multicast-pkts? yang:counter64... container interfaces { list interface {key "name"; leaf name {type string;} leaf description {type string;} leaf type {type identityref { base interface-type; } mandatory true; } leaf enabled { type boolean; default "true"; } leaf link-up-down-trap-enable { if-feature if-mib; type enumeration { enum enabled { value 1; } enum disabled { value 2; } } } } } container interfaces-state { config false; list interface {key "name"; leaf name {type string; 40

41 YANGの 構 成 RFC7223 ietf-interfaces tree structure YANG module +--rw interfaces +--rw interface* [name] +--rw name string +--rw description? string +--rw type identityref +--rw enabled? boolean +--rw link-up-down-trap-enable? enumeration +--ro interfaces-state +--ro interface* [name] +--ro name string 階 層 化 構 造 +--ro type identityref RW: 設 定 (config)とro: +--ro admin-status 運 用 (state/stat)の enumeration 明 確 な 区 別 +--ro oper-status enumeration +--ro last-change? yang:date-and-time +--ro if-index int32 +--ro phys-address? yang:phys-address +--ro higher-layer-if* interface-state-ref +--ro lower-layer-if* interface-state-ref +--ro speed? yang:gauge64 +--ro statistics +--ro discontinuity-time yang:date-and-time +--ro in-octets? yang:counter64 +--ro in-unicast-pkts? yang:counter64 +--ro in-broadcast-pkts? yang:counter64 +--ro in-multicast-pkts? yang:counter64... container interfaces { list interface {key "name"; leaf name {type string;} leaf description {type string;} leaf type {type identityref { base interface-type; } mandatory true; } leaf enabled { type boolean; default "true"; } leaf link-up-down-trap-enable { if-feature if-mib; container:それ 自 体 に 値 は 無 く ツリーの 構 造 を 定 義 する 為 に 使 用 type enumeration { list:コンフィグの 際 には 必 須 のkeyを 含 む ツリーの 構 造 を 定 義 する 為 に 使 用 enum enabled { leaf: 子 ノードは 持 たず 値 を 持 つ value 1; } enum disabled { value 2; } } } } } container interfaces-state { config false; list interface {key "name"; leaf name {type string; 41

42 YANGの 構 成 RFC7277 ietf-ip tree structure YANG module +--rw if:interfaces +--rw if:interface* [name] rw ipv4! +--rw enabled? boolean +--rw forwarding? boolean +--rw mtu? uint16 +--rw address* [ip] +--rw ip inet:ipv4-address-no-zone +--rw (subnet) +--:(prefix-length) +--rw ip:prefix-length? uint8 +--:(netmask) +--rw ip:netmask? yang:dotted-quad +--rw neighbor* [ip] +--rw ip inet:ipv4-address-no-zone +--rw link-layer-address yang:phys-address +--rw ipv6! +--rw enabled? boolean +--rw forwarding? boolean +--rw mtu? uint32 +--rw address* [ip] +--rw ip inet:ipv6-address-no-zone +--rw prefix-length uint8 +--rw neighbor* [ip] augment "/if:interfaces/if:interface" { leaf enabled {type boolean;default true; } leaf forwarding {type boolean;default false; } leaf mtu { type uint16 {range "68..max ;} units octets;} list address {key "ip"; leaf ip { type inet:ipv4-address-no-zone; } choice subnet {mandatory true; leaf prefix-length {type uint8 { range "0..32 ;}} leaf netmask { if-feature ipv4-non-contiguousnetmasks; type yang:dotted-quad; } } } list neighbor { key "ip"; 42

43 YANGの 構 成 RFC7277 ietf-ip tree structure YANG module +--rw if:interfaces +--rw if:interface* [name] rw ipv4! +--rw enabled? boolean +--rw forwarding? boolean +--rw mtu? uint16 +--rw address* [ip] +--rw ip inet:ipv4-address-no-zone +--rw (subnet) +--:(prefix-length) +--rw ip:prefix-length? uint8 +--:(netmask) +--rw ip:netmask? yang:dotted-quad +--rw neighbor* [ip] +--rw ip inet:ipv4-address-no-zone +--rw link-layer-address yang:phys-address +--rw ipv6! +--rw enabled? boolean 拡 張 性 +--rw forwarding? boolean +--rw mtu? uint32 +--rw address* [ip] +--rw ip inet:ipv6-address-no-zone +--rw prefix-length uint8 +--rw neighbor* [ip]... augment "/if:interfaces/if:interface" { leaf enabled {type boolean;default true; } leaf forwarding {type boolean;default false; } leaf mtu { type uint16 {range "68..max ;} units octets;} range: list 範 囲 を address 定 義 し {key 設 定 値 "ip"; を 制 限 する 事 が 出 来 る leaf ip { type inet:ipv4-address-no-zone; } choice subnet {mandatory true; leaf prefix-length {type uint8 { range "0..32 ;}} leaf netmask { if-feature ipv4-non-contiguousnetmasks; 柔 軟 性 type yang:dotted-quad; choice: 互 いの } 排 他 的 な 値 をリスト 化 出 来 る(radioボタン) } } list neighbor { key "ip";... augment: 外 部 モジュールで 定 義 されたスキーマーを 組 み 込 む 事 が 出 来 る 43

44 YANGの 特 徴 まとめ テキストで 分 かりやすい 設 定 データ(RW)と 運 用 データ(RO)の 区 別 が 明 確 階 層 化 構 造 ( 例 :container/list/leaf-list) namespaceの 活 用 による 拡 張 性 (augment) 制 約 を 入 れる 事 で 設 定 を 論 理 的 にする 事 が 出 来 る ( 例 :range/length) 柔 軟 な 選 択 が 出 来 る( 例 :union/choice/feature) 44

45 NETCONF/YANGフロー - hello SSH クライアント サーバー ssh p 884 -s netconf 45

46 NETCONF/YANGフロー Capability Exchange<hello> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <hello xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <capabilities> <capability>urn:ietf:params:netconf:base:1.1</capability> </capabilities> </hello> ]]>]]> クライアント サーバー 46

47 NETCONF/YANGフロー Capability Exchange<hello> クライアント <hello xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <capabilities> <capability>urn:ietf:params:netconf:base:1.1</capability> <capability>urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-netconf-monitoring</capability> <capability>urn:ietf:params:netconf:capability:candidate:1.0</capability> <capability>urn:ietf:params:netconf:capability:rollback-on-error:1.0</capability> <capability>urn:ietf:params:netconf:capability:validate:1.1</capability> <capability>urn:ietf:params:netconf:capability:confirmed-commit:1.1</capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> <capability> サーバー <capability> <capability> <capability> <capability>urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-inet-types?module=ietf-inet-types&revision= </capability> <capability>urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-yang-types?module=ietf-yang-types&revision= </capability> </capabilities> <session-id> </session-id> </hello> ]]>]]> RFC6022 YANG Module for NETCONF Monitoring <get-schema>でサーバーからスキマーを 受 信 可 能 47

48 NETCONF/YANGフロー <get-config> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <rpc message-id="101" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <get-config> <source> <running/> </source> <filter> <interface-configurations xmlns=" <interface-configuration> <interface-name>loopback0</interface-name> </interface-configuration> </interface-configurations> クライアント </filter> </get-config> </rpc> ]]>]]> サーバー 48

49 NETCONF/YANGフロー <get-config> クライアント <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <data xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0"> <interface-configurations xmlns=" <interface-configuration> <active>act</active> <interface-name>loopback0</interface-name> <interface-virtual/> <ipv4-network xmlns=" <addresses> <primary> <address> </address> <netmask> </netmask> </primary> </addresses> サーバー </ipv4-network> </interface-configuration> </interface-configurations> </data> 49

50 スキーマーの 違 い-<get-config>- <Configuration> <InterfaceConfigurationTable> <InterfaceConfiguration> <Naming> <Active>act</Active> <InterfaceName Match="Loopback0"/> </Naming> </InterfaceConfiguration> </InterfaceConfigurationTable> </Configuration> NETCONFは 使 えるが スキーマーおよびエレメントは ベンダーに 依 存 <interface-configurations xmlns=" <interface-configuration> <interface-name>loopback0</interface-name> </interface-configuration> </interface-configurations> <interfaces xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-interfaces"> <interface> <name>loopback0</name> </interface> </interfaces> 標 準 スキーマーを 使 用 エレメントはベンダーに 依 存 標 準 スキーマーを 使 用 エレメントも 共 通 な 為 全 てのベンダーで 使 用 可 能 50

51 YANGの 活 用 性 CLI MIB XML YANG Tree JSON HTML XML CLI/MIB/ 独 自 XMLをYANGで 記 述 YANG->XMLに 変 更 するYIN:Yang-Independent Notation RESTConfの 為 のJSON/HTML 変 換 も 可 能 pyang 51

52 pyang treeフォーマット SHTSUCHI-M-V1EK:pyang-master shtsuchi$ pyang -f tree modules/ietf-interfaces.yang module: ietf-interfaces +--rw interfaces +--rw interface* [name] +--rw name string +--rw description? string +--rw type identityref +--rw enabled? boolean +--rw link-up-down-trap-enable? enumeration {if-mib}? +--ro interfaces-state +--ro interface* [name] +--ro name string +--ro type identityref +--ro admin-status enumeration {if-mib}? +--ro oper-status enumeration +--ro last-change? yang:date-and-time +--ro if-index int32 {if-mib}? +--ro phys-address? yang:phys-address +--ro higher-layer-if* interface-state-ref +--ro lower-layer-if* interface-state-ref +--ro speed? yang:gauge64 +--ro statistics +--ro discontinuity-time yang:date-and-time 52

53 pyang yin(xml)フォーマット SHTSUCHI-M-V1EK:pyang-master shtsuchi$ pyang -f yin modules/ietf-interfaces.yang <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <module name="ietf-interfaces" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:yang:yin:1" xmlns:if="urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-interfaces" xmlns:yang="urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-yang-types"> <namespace uri="urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-interfaces"/> <prefix value="if"/> <import module="ietf-yang-types"> <prefix value="yang"/> </import> ---- <container name="interfaces"> <description> <text>interface configuration parameters.</text> </description> <list name="interface"> <key value="name"/> <description> <text>the list of configured interfaces on the device. 53

54 pyang jstreeフォーマット SHTSUCHI-M-V1EK:pyang-master shtsuchi$ pyang -f jstree modules/ietf-interfaces.yang <head><title> ietf-interfaces </title> <style type="text/css" media="all"> body, h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, td, table td, input, select { font-family: Verdana, Helvetica, Arial, sans-serif; font-size: 10pt; } body, ol, li, h2 {padding:0; margin: 0;} --- ol#root {padding-left: 5px; margin-top: 2px; margin-bottom: 1px; list-style: none;} <abbr title="interface configuration parameters.">interfaces</abbr> </div> </td> <td nowrap>container</td> <td nowrap></td> <td nowrap>config</td> <td></td> <td>current</td> <td nowrap>/if:interfaces</td> </tr> 54

55 YANG Governance Model ベンダー 様 々の 標 準 化 団 体 /オープンソース/ベンダーにより YANGモデルを 定 義 してる 為 githubで 管 理 55

56 相 互 接 続 試 験 IETF NETCONF Interop test IETF85での 相 互 接 続 試 験 NETCONF1.1の 基 本 機 能 を 確 認 NETCONF and YANG Interoperability Test EANTCでのNETCONF1.1およびYANGの 相 互 接 続 試 験 get-schemaをほとんどがサポートしていた 為 デバイスから 直 接 YANGモデルをダウンロードした 56

57 Tail-f NCSの 例 サービスモデル ネットワークワイドな 設 定 ファイル l3vpn.yang tailf-ned-cisco-ios.yang tailf-ned-cisco-ios-xr.yang junos.yang プロトコル 全 体 では 無 く 必 要 部 分 のみをサービスモデルとして 定 義 設 定 などメーカー 独 自 の 部 分 はそれぞれのメーカ 毎 にデバイスモデルを 定 義 サービスモデルではデバイス 非 依 存 の 情 報 (AS 番 号 /IPアドレスなど/ 接 続 状 態 /デバイスへのnamespace) デバイスモデルは 各 種 機 器 のコンフィグを 作 成 サービスモデル/デバイスモデルでネットワーク 全 体 のコンフィグとして 保 持 57

58 ConfDの 例 OS ConfD API YANG NETCONF ConfDはネットワーク 機 器 と 共 存 させる 事 で 外 部 とはNETCONF で 管 理 が 可 能 内 部 ではYANGモデルで 管 理 を し OSとはAPIでやり 取 りをする ベーシック 版 はフリーで 提 供 58

59 まとめ NETCONF1.1の 実 装 が 進 んできた 現 時 点 でRFC6022 <get-schema>は 必 須 機 能 といえる YANGデータモデルは 既 存 のCLI/MIB/XMLスキーマーからコ ンバートはしやすい YANGデータモデルよりRESTConfに 必 要 なJSONなどの フォーマットへの 加 工 もしやすい 現 時 点 でYANGモデルでの 運 用 はマルチベンダー 環 境 におい ての 統 一 された 運 用 が 可 能 になるかもしれない 59

60

アジェンダ 会社紹介 OFCONFIGについて NETCONFおよびYANGについて OFCONFIGユースケース A.I.Corporation 2

アジェンダ 会社紹介 OFCONFIGについて NETCONFおよびYANGについて OFCONFIGユースケース A.I.Corporation 2 NETCONF および YANG を使った OpenFlow スイッチの管理 A.I.Corporation 1 アジェンダ 会社紹介 OFCONFIGについて NETCONFおよびYANGについて OFCONFIGユースケース A.I.Corporation 2 会社紹介 A.I.Corporation 3 株式会社エーアイコーポレーション 会社業務 特長 機器組込み用ソフトウェア (Embedded

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63> 商 品 管 理 商 品 管 理 を 行 うためのメニューです 4.1 商 品 管 理 のサイドメニュー 商 品 管 理 には 以 下 のサイドメニューがあります 商 品 一 覧 登 録 済 みの 商 品 の 一 覧 を 表 示 します 既 に 登 録 済 みの 商 品 の 検 索 検 索 した 商 品 を 編 集 する 際 に 使 用 します 新 規 作 成 商 品 を 新 規 登 録 する 画 面

More information

Openconfigを用いたネットワーク機器操作

Openconfigを用いたネットワーク機器操作 OpenConfig を いたネットワーク機器操作 本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーションセンタ 市原裕史 紹介 市原裕史 所属 NTT SIC 第三推進プロジェクト OpenStack Developer Neutron Core Reviewer その他プロジェクトへの貢献 技術 : SDN/NFV 中 パブリッククラウドの開発 LinuxconでDPDKの性能の発表 Neutronへの機能提案

More information

Ver 改 訂 日 付 改 訂 内 容 1

Ver 改 訂 日 付 改 訂 内 容 1 大 学 評 価 データベースシステム 一 括 登 録 マニュアル ( 第 1.00 版 ) SRA 東 北 Ver 改 訂 日 付 改 訂 内 容 1 目 次 1. 大 学 評 価 データベースの 使 用 方 法 について...3 1.1.データ 一 括 登 録...3 1.1.1. 一 括 登 録 の 目 的...3 1.1.2. 一 括 登 録 の 利 用 上 での 注 意 点...3 1.1.3.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20457863656C97F195CF8AB72091808DEC90E096BE8F912091E6312E313294C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20457863656C97F195CF8AB72091808DEC90E096BE8F912091E6312E313294C52E646F63> Excel 列 変 換 Ver.1.0.3 操 作 説 明 書 第 1.1 版 Copyright (C) 2008 株 式 会 社 恒 河 沙 変 更 履 歴 版 作 成 日 作 成 者 主 な 変 更 点 第 1.0 版 2008/10/29 ( 株 ) 恒 河 沙 東 野 貴 行 新 規 作 成 第 1.1 版 2008/11/04 ( 株 ) 恒 河 沙 東 野 貴 行 - 2 - 目 次

More information

XML形式の電子報告書作成に当たっての留意事項

XML形式の電子報告書作成に当たっての留意事項 XML 形 式 の 電 子 報 告 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 Excel テンプレート 入 力 方 式 において 社 内 システム 等 から 直 接 XML 形 式 の 電 子 報 告 書 ( 以 下 XML 送 信 ファイル という)を 作 成 する 場 合 以 下 の 点 にご 留 意 ください ( 留 意 事 項 1)ファイル 名 称 拡 張 子 XML 送 信 ファイルのファイル

More information

「災害用伝言板(web171)」の提供について~「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」に新機能を追加しリニューアル~

「災害用伝言板(web171)」の提供について~「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」に新機能を追加しリニューアル~ 平 成 24 年 8 月 29 日 災 害 用 伝 言 板 (web171) の 提 供 について ~ 災 害 用 ブロードバンド 伝 言 板 (web171) に 新 機 能 を 追 加 しリニューアル~ NTT 東 日 本 および NTT 西 日 本 ( 以 下 NTT 東 西 )は 災 害 用 ブロードバンド 伝 言 板 (web171) に 新 たな 機 能 を 追 加 し 災 害 用 伝

More information

工事記録写真チェックシステム 操作説明書

工事記録写真チェックシステム 操作説明書 工 事 記 録 写 真 チェックシステム - 操 作 説 明 書 - 平 成 24 年 11 月 東 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 - 目 次 - 1. 概 要 1-1. 対 象 要 領 1-2. 動 作 環 境 1-3. チェック 内 容 2. 操 作 方 法 2-1. システムの 起 動 2-2.

More information

Microsoft Word - 第3章.doc

Microsoft Word - 第3章.doc 第 3 章 関 数 この 章 では 日 付 と 時 刻 を 扱 う 関 数 や 検 索 条 件 に 一 致 するデータを 取 り 出 す 関 数 の 使 い 方 また 複 数 の 関 数 を 組 み 合 わせてエラー 値 を 非 表 示 にする 方 法 を 学 習 します STEP 1: 日 付 / 時 刻 関 数 TODAY 関 数 NOW 関 数 TODAY 関 数 は パソコンの 内 蔵 時

More information

参加表明書・企画提案書様式

参加表明書・企画提案書様式 秋 田 市 道 路 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 参 加 表 明 書 企 画 提 案 書 様 式 平 成 25 年 7 月 秋 田 市 建 設 部 道 路 維 持 課 ( 様 式 1) 参 加 表 明 書 業 務 の 名 称 秋 田 市 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託

More information

付 録 B Wiki を 閲 覧 編 集 する B.1 Wiki を 閲 覧 する Web ブラウザのアドレス 欄 に 公 開 されている 個 人 用 Wiki の URL またはメーリ ングリストの Wiki の URL を 入 力 すると その Wiki を 閲 覧 編 集 することができ ます

付 録 B Wiki を 閲 覧 編 集 する B.1 Wiki を 閲 覧 する Web ブラウザのアドレス 欄 に 公 開 されている 個 人 用 Wiki の URL またはメーリ ングリストの Wiki の URL を 入 力 すると その Wiki を 閲 覧 編 集 することができ ます 付 録 B Wiki を 閲 覧 編 集 する B.1 Wiki を 閲 覧 する B.2 Wiki を 編 集 する B.3 Wiki のページを 一 括 ダウンロード 一 括 アップロードする 51 付 録 B Wiki を 閲 覧 編 集 する B.1 Wiki を 閲 覧 する Web ブラウザのアドレス 欄 に 公 開 されている 個 人 用 Wiki の URL またはメーリ ングリストの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 履 修 履 歴 データベースの 仕 組 み 学 生 が 履 修 履 歴 を 登 録 して 企 業 へデータを 送 信 すると 企 業 担 当 者 が 履 修 履 歴 データを 見 られるようになります 不 特 定 の 企 業 に 履 修 履 歴 データが 閲 覧 されるわけではありません < 基 本 的 な 流 れ> A 社 データ ベース 応 募 企 業 へ データを 送 信 学 生 A 専

More information

01_07_01 データのインポート_エクスポート_1

01_07_01 データのインポート_エクスポート_1 データのインポート/エクスポートについて 概 要 スタッフエクスプレスでは 他 のソフトウェアで 作 成 されたスタッフデータ 得 意 先 データなどを 取 り 込 む(インポートする)ことができます また スタッフエクスプレスに 登 録 済 みのデータを Excel 形 式 CSV 形 式 で 出 力 (エクスポート)す ることができます 注 意 インポートできるデータは 次 の 条 件 を 満

More information

スライド 1

スライド 1 e 研 修 PDCA 運 用 チェック Simple e-learning Management System Plus 操 作 説 明 書 管 理 者 機 能 ( 運 用 チェックテーマ 資 材 作 成 管 理 編 ) 05 年 月 Ver..7 アーチ 株 式 会 社 機 能 e 研 修 管 理 機 能 LOGIN 画 面 (PC 環 境 用 ) 説 明 e 研 修 管 理 機 能 LOGIN

More information

<IE の 設 定 について> 従 来 版 をすでにご 利 用 の 方 の 場 合 互 換 表 示 設 定 がある 状 態 になっていると 思 わ れますので 必 ず 解 除 の 設 定 を 行 ってください 従 来 版 では IE の 10 以 上 では 互 換 表 示 設 定 が 必 要 でした

<IE の 設 定 について> 従 来 版 をすでにご 利 用 の 方 の 場 合 互 換 表 示 設 定 がある 状 態 になっていると 思 わ れますので 必 ず 解 除 の 設 定 を 行 ってください 従 来 版 では IE の 10 以 上 では 互 換 表 示 設 定 が 必 要 でした 地 盤 情 報 検 索 サイト KuniJiban の 新 たな 検 索 画 面 ( 地 理 院 地 図 版 )について これまで 本 サイトで 地 盤 情 報 検 索 の 背 景 地 図 として 使 用 しておりました 電 子 国 土 web システム が 平 成 27 年 7 月 に 運 用 を 停 止 することから 新 たに 地 理 院 地 図 を 背 景 地 図 とする 検 索

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 問 い 合 せフォームを 作 成 する Copyright Diverta inc. All right reserved. 1 目 次 1. 管 理 画 面 の 説 明 1-1 問 い 合 わせモジュールとは 1-2 機 能 概 要 1-3 基 本 設 定 1-3-1 基 本 設 定 - 管 理 画 面 のアクセス 制 限 - 1-3-2 基 本 設 定 -メール 設 定 - 2. 問 い 合 わせフォームを

More information

Microsoft PowerPoint - c3_op-manual.pdf

Microsoft PowerPoint - c3_op-manual.pdf 研 究 者 学 術 情 報 データベース 操 作 説 明 -- - 研 究 者 DBのログイン 画 面 へのアクセス 手 順 () 立 命 館 大 学 トップページ http://www.ritsumei.jp/index_j.html 研 究 産 学 官 連 携 ページ http://www.ritsumei.ac.jp/research/ 研 究 産 学 官 連 携 をクリック 研 究 産 学

More information

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図 平 成 2 8 年 3 月 25 日 NACSIS-CAT 検 討 作 業 部 会 NACSIS-CAT/ILL の 軽 量 化 合 理 化 について( 基 本 方 針 )( 案 ) これからの 学 術 情 報 システム 構 築 検 討 委 員 会 ( 以 下, これから 委 員 会 ) は これか らの 学 術 情 報 システムの 在 り 方 について ( 平 成 27 年 5 月 29 日 )

More information

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3 Solar Link ZERO WEB アプリケーション 取 扱 説 明 書 Ver1.2 株 式 会 社 ラプラス システム 2010 年 10 月 4 日 目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3

More information

目 次 1. ログイン...3 2. ユーザー 登 録...4 3. TOP...6 4. 職 員...8 (1) 職 員 の 名 刺 表 示...8 (2) 職 員 の 名 刺 一 括 ダウンロード...8 (3) 職 員 の 名 刺 帳 から 検 索...8 5. 検 索...9 (1) 氏 名

目 次 1. ログイン...3 2. ユーザー 登 録...4 3. TOP...6 4. 職 員...8 (1) 職 員 の 名 刺 表 示...8 (2) 職 員 の 名 刺 一 括 ダウンロード...8 (3) 職 員 の 名 刺 帳 から 検 索...8 5. 検 索...9 (1) 氏 名 特 許 取 得 済 み 平 成 26 年 9 月 15 日 株 式 会 社 メディケア 名 刺 ネットクラブ 画 面 説 明 書 1 目 次 1. ログイン...3 2. ユーザー 登 録...4 3. TOP...6 4. 職 員...8 (1) 職 員 の 名 刺 表 示...8 (2) 職 員 の 名 刺 一 括 ダウンロード...8 (3) 職 員 の 名 刺 帳 から 検 索...8 5.

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

スライド 1

スライド 1 [ パネル討論 ] NETCONF の現状と今後 新麗 ( あたらしれい ) IIJ 技術研究所 ray@iijlab.net Today s talk ネットワークシステムの将来像 ネットワーク設定プロトコル標準化の背景 NETCONFの概要 ベンダの対応状況 ネットワークシステムの将来像 ネットワークシステムのコンポーネントの多様化 ネットワーク機器 ルータ スイッチ 無線基地局など コンピュータ機器

More information

施 工 P お 気 に 入 り データを 活 用 するための 準 備 施 工 パッケージデータをお 気 に 入 りに 登 録 し 単 価 を 閲 覧 するための 方 法 を 説 明 します 1. 施 工 パッケージデータをダウンロードする 施 工 パッケージデータのダウンロードは 下 記 から 行

施 工 P お 気 に 入 り データを 活 用 するための 準 備 施 工 パッケージデータをお 気 に 入 りに 登 録 し 単 価 を 閲 覧 するための 方 法 を 説 明 します 1. 施 工 パッケージデータをダウンロードする 施 工 パッケージデータのダウンロードは 下 記 から 行 施 工 パッケージ お 気 に 入 り インポート 用 データを 活 用 するには お 気 に 入 りに 登 録 する 1. 施 工 パッケージデータをダウンロードする 2. お 気 に 入 り 機 能 を 活 用 されている 方 は 使 用 しているデータをエクスポートして 保 存 する 3.お 気 に 入 りに 登 録 しているデータを 削 除 する お 気 に 入 り 機 能 を 活 用 されている

More information

1. 概 要 Webで 申 込 みした 手 続 きの 内 容 とNEXIでの 手 続 状 況 を Web 申 込 状 況 一 覧 で 確 認 することができます また 各 種 手 続 きにおいて 申 込 みを 完 了 せずに 保 存 状 態 にした 手 続 きを この 一 覧 から 再 開 すること

1. 概 要 Webで 申 込 みした 手 続 きの 内 容 とNEXIでの 手 続 状 況 を Web 申 込 状 況 一 覧 で 確 認 することができます また 各 種 手 続 きにおいて 申 込 みを 完 了 せずに 保 存 状 態 にした 手 続 きを この 一 覧 から 再 開 すること 日 本 貿 易 保 険 Webサービス 操 作 マニュアル 4. Web 申 込 状 況 一 覧 照 会 (C) Copyright Nippon Export and Investment Insurance. All rights reserved. 1. 概 要 Webで 申 込 みした 手 続 きの 内 容 とNEXIでの 手 続 状 況 を Web 申 込 状 況 一 覧 で 確 認 することができます

More information

Microsoft Word - 生物学技研報告ONLINE ガイドブック.doc

Microsoft Word - 生物学技研報告ONLINE ガイドブック.doc 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE ガイドブック 基 礎 生 物 学 研 究 所 技 術 課 2010 年 2 月 第 1 版 1. 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE へのアクセス URL 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE は 基 生 研 技 術 課 Web サイト TechDivWeb(techdiv.nibb.ac.jp) のコンテンツです 上 記 よりリンクをたどるか 下

More information

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc MANUSCRIPT CENTRAL v4.1.1 リリース ノート 2008 年 8 月 26 日 にリリースされる Manuscript Central v4.1.1 で 予 定 されている 機 能 の 更 新 内 容 は 以 下 のとおりです この 文 書 では 各 機 能 のデフォルト 設 定 値 と 機 能 の 設 定 に 必 要 な 時 間 を 説 明 しています 質 問 がある 場 合

More information

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc データベースアクセスコンポーネント 1. 概 要 データベースアクセスコンポーネントとは SQL データベースにアクセスして SQL 文 を 実 行 することによりデータベース 検 索 を 行 う 機 能 を 提 供 するコ ンポーネントです また データベースアクセスコンポーネントでは データベースの 構 成 情 報 接 続 情 報 エラー 情 報 等 を 取 得 することも 可 能 です デ ータベースアクセスコンポーネントは

More information

ez_meishi.ppt

ez_meishi.ppt 名 刺 登 録 名 刺 登 録 ~ 目 次 ~ 1. 名 刺 登 録 とは 3 2. 準 備 2-1.まず 最 初 に 確 認 5 2-2. 新 しいアプリの 作 成 6 2-3.アプリケーションのダウンロードとインストール 8 2-4.サービス 利 用 者 登 録 10 2-5. 所 有 者 管 理 DBの 発 行 設 定 12 3. 登 録 3-1. 名 刺 情 報 を 読 み 取 る 18 3-2.

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの 方 のみ 操 作 可

GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの 方 のみ 操 作 可 GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 2016 年 1 月 20 日 ナレッジスイート 株 式 会 社 1 GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの

More information

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合 TIPS 目 次 TIPS 項 目 棚 割 りを 開 始 するまで 商 品 画 像 の 追 加 方 法 商 品 情 報 の 一 括 更 新 登 録 方 法 棚 割 情 報 の 連 携 方 法 小 売 様 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 他 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 棚 割 情 報 のExcel 取 込 について 棚 板 設 定 の 詳 細 商 品 設

More information

Microsoft PowerPoint - webサイト更新マニュアル20150306.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - webサイト更新マニュアル20150306.ppt [互換モード] 目 次 目 次 2 全 体 概 要 3 管 理 画 面 へのログイン 4 ページの 種 類 5 新 規 投 稿 の 流 れ 7 記 事 を 投 稿 する( 各 要 素 のパターン) 8 記 事 を 投 稿 する( 要 素 の 順 番 入 れ 替 え 削 除 の 方 法 ) 10 画 像 追 加 11 投 稿 の 編 集 14 サイドエリアの 編 集 16 投 稿 の 削 除 17 新 規 カテゴリの

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

Microsoft Word - RuLIS2操作マニュアル_地図を見る20120104m.docx

Microsoft Word - RuLIS2操作マニュアル_地図を見る20120104m.docx RuLIS WEB 地 図 表 示 操 作 マニュアル 利 用 者 機 能 2011 年 12 月 株 式 会 社 オークニー 目 次 1. 概 要... 1 2. 初 期 画 面 : 地 図 表 示 範 囲 の 選 択... 1 3. 地 図 表 示 画 面 の 構 成... 2 3.1. ツールバーの 各 アイコンについて... 2 3.2. ズームバーと 画 面 移 動 バー... 3 4.

More information

Office 10 パッケージ版「リンク集」

Office 10 パッケージ版「リンク集」 Office 10 パッケージ 版 リンク 集 バージョン 10.3 Copyright (C) 2013-2015 Cybozu リンク 集 リンク 集 は よく 利 用 するWebサイトのURLを 登 録 するアプリケーションです リンク 集 には 次 の2 種 類 のリンクを 管 理 できます 共 有 リンク: すべてのユーザーが 共 有 して 使 用 できるリンクです システム 管 理 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454383568387836283738393834F8354834383675F83608389835681698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454383568387836283738393834F8354834383675F83608389835681698F4390B3816A2E646F63> 作 成 します!! あなたのお 店 の 作 成 しませんか? 作 成 サービス 開 始 に 伴 い 特 別 価 格 にて ご 提 供 いたします 初 期 導 入 費 用 ( 1) 248,000 円 月 額 ( 2) 0 円 ~ 売 上 ロイヤリティ 0 % 1: 指 定 フォーマット 使 用 時 の 価 格 となります 2: 作 成 サポートの 場 合 運 用 作 業 が 必 要 な 場 合 は

More information

検 索 文 字 列 が 住 所 にマッチするならば 地 図 画 面 を 表 示 します 検 索 文 字 列 が 住 所 の 一 部 ならば キーワードを 含 む 検 索 結 果 画 面 を 表 示 します

検 索 文 字 列 が 住 所 にマッチするならば 地 図 画 面 を 表 示 します 検 索 文 字 列 が 住 所 の 一 部 ならば キーワードを 含 む 検 索 結 果 画 面 を 表 示 します 名 古 屋 市 都 市 計 画 情 報 提 供 システム 操 作 方 法 検 索 方 法 キーワードから 探 す 住 所 または 住 所 の 一 部 から 地 図 を 検 索 する 事 が 出 来 ます [ 名 古 屋 市 ] 以 降 の 住 所 施 設 名 またはその 一 部 を 入 力 し 検 索 をクリックします 検 索 文 字 列 が 住 所 にマッチするならば 地 図 画 面 を 表 示

More information

法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECD

法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECD 平 成 26 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 際 課 税 関 係 ) 法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECDモデル 租 税 条

More information

設定フロー ★印は必須の設定です

設定フロー ★印は必須の設定です AutoBiz StartUp Manual オートビズ 基 本 設 定 マニュアル ( 一 括 登 録 ~ メルマガ 配 信 編 ) 目 次 1. 登 録 用 アドレスリスト(CSV ファイル)の 作 成... 2 2.シナリオ 名 の 変 更...4 3. 登 録 ページ 作 成 でフォームを 作 成... 5 4. 完 了 ページ 作 成 で 解 除 完 了 ページの 設 定... 7 5.

More information

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p2\217\315.docx)

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p2\217\315.docx) この 章 では 日 付 と 時 刻 を 扱 う 関 数 や 複 数 の 関 数 を 組 み 合 わせてエラーを 非 表 示 にする 方 法 また 検 索 条 件 に 一 致 するデータを 取 り 出 す 関 数 の 使 い 方 などについて 学 習 します 1 日 付 と 時 刻 の 関 数 TODAY 関 数 NOW 関 数 TODAY 関 数 は パソコンの 内 蔵 時 計 を 利 用 して 現

More information

研究者情報データベース

研究者情報データベース 研 究 者 情 報 管 理 システム 研 究 者 向 けデータ 一 括 登 録 機 能 操 作 マニュアル 2013 年 6 月 4 日 目 次 1. はじめに... 1 1.1 本 マニュアルの 注 意 事 項... 1 2. 操 作 手 順... 2 2.1 データ 登 録 手 順... 2 2.2 データ 読 み 込 みエラー 時 の 対 応 手 順... 13 3. 登 録 データ 一 覧...

More information

目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 ) 13

目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 ) 13 積 算 内 訳 書 の 作 成 マニュアル 平 成 26 年 1 形 県 県 整 備 部 建 設 企 画 課 目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 )

More information

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ .3 1...3 メール 受 信 タブのサブメニューから 直 接 受 信 箱 以 外 のフォルダを 表 示 することもできます 共 有 メー ルボックスのフォルダは 指 定 できません 3. 35 メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受

More information

PATENTBOY/Netバージョンアップ説明書(Ver.1.92)

PATENTBOY/Netバージョンアップ説明書(Ver.1.92) PATENTBOY/Net (Ver.1.92) バージョンアップ 説 明 書 PATENTBOY/Net (Ver.1.92) 意 匠 商 標 PATENTBOY/Net (Ver.1.92)は インターネット 出 願 ソフト Ver.[i1.92]に 対 応 したバージョンです 印 は Word2007 版 についてのみの 記 載 です PATENTBOY/Net Jr.+ (Ver.1.92)

More information

贈与税 faq

贈与税 faq 電 子 申 告 に 関 するよくあるお 問 い 合 わせ 贈 与 税 の 電 子 申 告 に 関 する 概 要 と よくあるお 問 い 合 わせについて 説 明 します 26 年 分 の 贈 与 税 の 電 子 申 告 について 2015 年 1 月 21 日 1 目 次 確 認 したい 項 目 の 場 所 でクリックしてください 例 ) 対 応 プログラム 対 応 帳 票 他 の 税 目 と 異

More information

Microsoft Word - tutorial5-teammodeling.docx

Microsoft Word - tutorial5-teammodeling.docx 株 式 会 社 チェンジビジョン 使 用 バージョン:astah* 6.0, 6.1 astah* チュートリアル [ ] 目 次 チーム 開 発 してみよう 2 マージ 機 能 ってどんな 機 能? 2 まず 簡 単 マージを 使 ってみよう 3 参 照 プロジェクト 管 理 ってどんな 機 能? 12 参 照 プロジェクト 管 理 を 使 ってみよう 13 チーム 開 発 してみよう モデリングにも

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1/13 JAMA/JAPIA 統 一 データシート 改 正 内 容 のまとめ (Ver.2.12) 本 資 料 は JAMA/JAPIA 統 一 データシートのバージョンアップ(Ver.2.12) による 変 更 点 をまとめたものです [10 年 10 月 1 日 リリース 予 定 ] 最 新 版 のJAMA/JAPIA 統 一 データシートは 10 年 10 月 以 降 JAPIAホームページ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 山 都 町 移 住 定 住 サイト マイホームページ 操 作 説 明 書 平 成 26 年 3 月 10 日 2 会 員 登 録 からホームページ 公 開 まで 会 員 仮 登 録 本 登 録 申 請 ログイン センター 承 認 ホームページ 公 開 センター 承 認 公 開 申 請 ホームページ 作 成 ホームページ 作 成 の4つのステップ 1 ホームページの 設 定 (p4) 2 レイアウト

More information

iStorage ソフトウェア VMware vSphere Web Client Plug-in インストールガイド

iStorage ソフトウェア VMware vSphere Web Client Plug-in インストールガイド istorage ソフトウェア VMware vsphere Web Client Plug-in インストールガイド はじめに このインストールガイドでは WebSAM Storage VMware vsphere Web Client Plug-in のインストールに 関 して 説 明 しています 本 製 品 は VMware vcenter Server VMware vsphere Web

More information

Microsoft Word - FrontMatter.doc

Microsoft Word - FrontMatter.doc SAS 認 定 プロフェッショナルのための Base Programming for SAS 9 完 全 ガイド ii このマニュアルの 正 確 な 書 誌 情 報 は 以 下 のとおりです SAS 認 定 プロフェッショナルのための Base Programming for SAS 9 完 全 ガイド Copyright 2009, SAS Institute Inc., Cary, NC, USA

More information

2013/12/9 1 / 2 1 オープンデータ 1.1 オープンデータ 取 得 概 要 オープンデータ 取 得 API /opendata/(:(.:format)) /opendata/od(:(_:date)(.:format)) オープンデータとしてまとめられている 場 所 リストを 返

2013/12/9 1 / 2 1 オープンデータ 1.1 オープンデータ 取 得 概 要 オープンデータ 取 得 API /opendata/(:(.:format)) /opendata/od(:(_:date)(.:format)) オープンデータとしてまとめられている 場 所 リストを 返 2013/12/9 1 / 1 インターフェース 仕 様 書 第 1.0 版 東 京 大 学, 株 式 会 社 リマージュアーツ 2013/12/9 1 / 2 1 オープンデータ 1.1 オープンデータ 取 得 概 要 オープンデータ 取 得 API /opendata/(:(.:format)) /opendata/od(:(_:date)(.:format)) オープンデータとしてまとめられている

More information

名 刺 データ 登 録 最 初 の 名 刺 の 登 録 の 際 には ボタンを 押 します 名 刺 登 録 画 面 が 開 きますので ボタンを 押 すと 新 規 の 登 録 画 面 が 現 れます 各 項 目 に 名 刺 データを 入 力 していきます グループは 事 前 に 登 録 したてあるも

名 刺 データ 登 録 最 初 の 名 刺 の 登 録 の 際 には ボタンを 押 します 名 刺 登 録 画 面 が 開 きますので ボタンを 押 すと 新 規 の 登 録 画 面 が 現 れます 各 項 目 に 名 刺 データを 入 力 していきます グループは 事 前 に 登 録 したてあるも 名 刺 業 務 管 理 システム 使 用 マニュアル はじめに 名 刺 管 理 用 のソフトウェアは 様 々な 種 類 のものが 販 売 されております しかしながら 操 作 が 難 しかったり 検 索 が 複 雑 であったり 入 力 が 面 倒 であったりすることが 少 なくなく なかなか 痒 いところに 手 が 届 かない 状 態 で 悩 まれている 方 が 多 いと 言 われています このソフトウェアは

More information

<4D F736F F D F B B838082F090DD927582B782E995FB96405F E646F6378>

<4D F736F F D F B B838082F090DD927582B782E995FB96405F E646F6378> アンケートフォームを 設 置 する 方 法 < 目 次 > 1 アンケートフォームを 利 用 するための 設 定 をする 2 1-1 アンケートフォームの 詳 細 設 定 をする 1-2 アンケートフォームの 入 力 画 面 を 作 成 する 1-3 お 客 さんが 入 力 内 容 を 確 認 するためのページを 作 成 する 1-4 アンケート 完 了 後 に 表 示 するお 礼 画 面 を 作

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション スモールスタートによる テストツール 導 入 の 提 案 - 広 く 浅 く を 前 提 とした キャプチャ/リプレイツールの 簡 易 的 な 導 入 - 第 5 分 科 会 Aグループ(テストツールグループ) 主 査 奥 村 有 紀 子 ( 有 限 会 社 デバッグ 工 学 研 究 所 ) 副 主 査 秋 山 浩 一 ( 富 士 ゼロックス 株 式 会 社 ) 堀 田 文 明 ( 有 限 会 社

More information

2 詳 細 なレイアウトを 記 述 できる HTMLよりレイアウト 記 述 力 が 高 い 例 )テキストや 画 像 を 好 きな 位 置 に 配 置 できる HTMLから レイアウトに 関 する 記 述 を 除 去 で きる HTMLがシンプルに 文 法 間 違 いを 減 らせる 情 報 を 正

2 詳 細 なレイアウトを 記 述 できる HTMLよりレイアウト 記 述 力 が 高 い 例 )テキストや 画 像 を 好 きな 位 置 に 配 置 できる HTMLから レイアウトに 関 する 記 述 を 除 去 で きる HTMLがシンプルに 文 法 間 違 いを 減 らせる 情 報 を 正 1 情 報 基 礎 CSSを 用 いたWebページ 作 成 CSSとは Cascading Style Sheetの 省 略 表 記 シー エスエスと 読 む Webページのレイアウト( 視 覚 的 構 造 )を 定 義 する スタイルシート の 規 格 の 一 つ Webの 標 準 化 団 体 であるW3C(World Wide Web Consortium)によって 標 準 化 現 在 ひろく

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20938A8D65837D836A83858341838B8162918A926B82CB82C182C6944692E846508354834383672E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20938A8D65837D836A83858341838B8162918A926B82CB82C182C6944692E846508354834383672E70707478> サイトURLの 末 尾 に wp-login.php を 付 けるとログインURLに 移 動 します URL 例 http://wiselife.biz/fp/sample/wp-login.php (!) ユーザー 名 とパスワードは 別 配 布 資 料 参 照 管 理 バー クイック 統 計 欄 は サイトのアクセス 数 が 分 かります サポート 連 絡 先 マニュアルや 依 頼 方 法 など

More information

(Microsoft PowerPoint - Ver12\203o\201[\203W\203\207\203\223\203A\203b\203v\216\221\227\277.ppt)

(Microsoft PowerPoint - Ver12\203o\201[\203W\203\207\203\223\203A\203b\203v\216\221\227\277.ppt) ACAD-DENKI DENKI Ver.12 新 機 能 / 改 善 機 能 アルファテック 株 式 会 社 1 新 機 能 改 善 機 能 一 覧 ACAD-DENKI/EL Ver.12 新 機 能 と 改 善 機 能 新 メニュー/ 新 機 能 拡 張 プロジェクト 管 理 外 部 端 子 コネクタ 端 子 ネット 分 割 化 リアルタイム 線 番 挿 入 改 善 項 目 図 題 情 報 編

More information

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i J-STAGE 操 作 マニュアル 資 料 情 報 の 各 種 設 定 変 更 方 法 < 第 1.01 版 > 平 成 27 年 12 月 国 立 研 究 開 発 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像

More information

病 棟 担 当 者 の 操 作 I. 毎 月 の 病 棟 年 月 ファイルの 作 成 起 動 用 ファイル を 開 き 年 月 と 病 棟 を 指 定 して[ 病 棟 年 月 ファイルを 開 く]ボタンを 押 す か 病 棟 セルをダブルクリックすることで 対 象 の 年 月 ファイルが 開 く 該

病 棟 担 当 者 の 操 作 I. 毎 月 の 病 棟 年 月 ファイルの 作 成 起 動 用 ファイル を 開 き 年 月 と 病 棟 を 指 定 して[ 病 棟 年 月 ファイルを 開 く]ボタンを 押 す か 病 棟 セルをダブルクリックすることで 対 象 の 年 月 ファイルが 開 く 該 病 棟 薬 剤 業 務 日 誌 作 成 集 計 システム for エクセル ( 運 用 開 始 後 の 使 用 方 法 ) 動 作 環 境 :Microsoft Excel 2007 Microsoft Excel 2010 マクロを 有 効 にする 必 要 があります 起 動 用 ファイル 病 棟 薬 剤 業 務 日 誌 システム 起 動 用.xlsm 1. 起 動 用 ファイル 病 棟 薬 剤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

THOMSON REUTERS PRESENTATION TEMPLATE

THOMSON REUTERS  PRESENTATION TEMPLATE Integrity & Biomarkers Module Enhancement Updates トムソン ロイター ライフサイエンス INTEGRITY MARCH 2012 RELEASE 新 規 コンテンツ と 機 能 強 化 新 規 コンテンツ Experimental Models Knowledge Area 機 能 強 化 エクスポート 機 能 の 強 化 構 造 式 作 画 ツールのアップグレード

More information

CSV_Backup_Guide

CSV_Backup_Guide ActiveImage Protector による クラスター 共 有 ボリュームのバックアップ 運 用 ガイド 第 5 版 - 2015 年 4 月 20 日 Copyright NetJapan, Inc. All Rights Reserved. 無 断 複 写 転 載 を 禁 止 します 本 ソフトウェアと 付 属 ドキュメントは 株 式 会 社 ネットジャパンに 所 有 権 および 著 作

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 楽 天 市 場 Yahooショッピング! 商 品 複 製 マニュアル 1 在 庫 連 携 を 行 うためには 事 前 に 各 モールのコード 合 わせの 作 業 が 必 要 です 詳 しくは 各 モールとの 在 庫 連 携 に 必 要 なコード 連 携 マニュアルをご 覧 ください 2 楽 天 Yahooショッピング!の 仕 様 は 変 更 になっている 場 合 があります 各 モールの 仕 様 も

More information

6 システムを 入 れているパソコンを 入 れ 替 えたいが どうしたらいいのか 元 のパソコンから 新 しいパソコンに 昨 年 度 入 力 データを 移 行 します 手 順 は 次 のとおりです 1 元 のパソコンでシステムを 起 動 して メニュー 画 面 から バックアップ リカバリ を 選

6 システムを 入 れているパソコンを 入 れ 替 えたいが どうしたらいいのか 元 のパソコンから 新 しいパソコンに 昨 年 度 入 力 データを 移 行 します 手 順 は 次 のとおりです 1 元 のパソコンでシステムを 起 動 して メニュー 画 面 から バックアップ リカバリ を 選 システムについて 1 どのバージョンのシステムを 使 えばいいのか Ver3(Windows7 版 )をご 使 用 ください Ver2(WindowsXP 版 )の 場 合 データ 収 集 ができません Ver3(Windows7 版 )をご 使 用 ください WindowsXP 以 前 の 場 合 で システムを 入 れなおすことができない 場 合 は Ver2(WindowsXP 版 )のままで

More information

す 選 択 範 囲 を 移 動 する エクセルでは 選 択 したセル 範 囲 の 境 界 をドラッグして 移 動 するのに 対 して Calc では 選 択 範 囲 そのものをドラッグして 移 動 できます そのため マウスポインタの 位 置 合 わせが 少 し 簡 単 になっ ています ただし 1

す 選 択 範 囲 を 移 動 する エクセルでは 選 択 したセル 範 囲 の 境 界 をドラッグして 移 動 するのに 対 して Calc では 選 択 範 囲 そのものをドラッグして 移 動 できます そのため マウスポインタの 位 置 合 わせが 少 し 簡 単 になっ ています ただし 1 OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 表 計 算 ツールの 基 本 操 作 OpenOffice.org の 表 計 算 ツール Calc(カルク)の 基 本 操 作 を 紹 介 します ここでは 請 求 書 の 作 り 方 を 通 して 基 本 操 作 を 学 びます サンプルファイル :calc calc_basic_01.odt 完 成 版 ファイル :calc calc_basic.odt

More information

SPARQL Finder設置方法

SPARQL Finder設置方法 簡 易 LOD 検 索 サイト 作 成 ツール (SPARQL Finder) 設 定 方 法 2013/12/25 大 阪 大 学 産 業 科 学 研 究 所 加 藤 敦 丈, 古 崎 晃 司 概 要 目 次 概 要 本 ドキュメントは, 簡 易 LOD 検 索 サイト 作 成 ツール の 利 用 方 法 を 解 説 したものです. ツールの 詳 細,ダウンロードは 公 開 サイト https://sourceforge.jp/projects/easylod/wiki/easylodsite

More information

目 次 1. 大 学 情 報 データベースシステムの 使 用 方 法 について... 1 1.1.EXCEL 一 括 登 録... 1 1.2.EXCEL ダウンロード... 2 1.2.1. 検 索 条 件 の 指 定 プレビュー... 3 1.2.2.EXCEL ダウンロード(データ 抽 出 あ

目 次 1. 大 学 情 報 データベースシステムの 使 用 方 法 について... 1 1.1.EXCEL 一 括 登 録... 1 1.2.EXCEL ダウンロード... 2 1.2.1. 検 索 条 件 の 指 定 プレビュー... 3 1.2.2.EXCEL ダウンロード(データ 抽 出 あ 大 学 情 報 データベースシステム EXCEL 一 括 登 録 マニュアル 目 次 1. 大 学 情 報 データベースシステムの 使 用 方 法 について... 1 1.1.EXCEL 一 括 登 録... 1 1.2.EXCEL ダウンロード... 2 1.2.1. 検 索 条 件 の 指 定 プレビュー... 3 1.2.2.EXCEL ダウンロード(データ 抽 出 あり)... 5 1.2.3.EXCEL

More information

セマンティック HTML/XHTML サンプルページ019-028

セマンティック HTML/XHTML サンプルページ019-028 Part 1 1 3 1.11.1 1.1 1.1.12 2 50 = 120 50 019 1 Part 1 1.1 理 目 録 知 識 過 去 遺 産 完 璧 研 究 理 解 基 最 高 水 準 学 問 呼 知 的 世 界 書 庫 収 情 報 源 手 引 目 録 花 開 識 別 記 述 存 在 目 録 古 存 在 古 代 言 * 紀 元 前 7 世 紀 宮 殿 跡 発 掘 約 2 万 5 千 枚

More information

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6 Ver.30 証 明 書 発 行 マニュアル Mozilla Firefox 0 年 月 6 日 セコムトラストシステムズ 株 式 会 社 Copyright 0 SECOM Trust Systems CO.,LTD. All Rights Reserved i Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8

More information

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照 経 理 上 手 くんdbNL(Vers 6.001) バージョンアップ 変 更 点 概 要 財 務 処 理 db 導 入 更 新 Version 8.001 当 プログラムは マイクロソフト 社 のサポート 対 応 終 了 に 伴 い Windows XP 搭 載 機 へのインストールは 不 可 と なっています 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 特 定 課 税 仕 入

More information

1. 概 要 ここでは CGI のインストールを 行 います CGI をインストールして 実 際 に 使 用 できるようになるまでは 以 下 のような 流 れになります フローチャート CGI の 登 録 CGI の 提 供 許 可 管 理 者 が 行 う CGI のインストール 初 期 設 定 ユ

1. 概 要 ここでは CGI のインストールを 行 います CGI をインストールして 実 際 に 使 用 できるようになるまでは 以 下 のような 流 れになります フローチャート CGI の 登 録 CGI の 提 供 許 可 管 理 者 が 行 う CGI のインストール 初 期 設 定 ユ 6-3. CGI インストール 1. 概 要 ここでは CGI のインストールを 行 います CGI をインストールして 実 際 に 使 用 できるようになるまでは 以 下 のような 流 れになります フローチャート CGI の 登 録 CGI の 提 供 許 可 管 理 者 が 行 う CGI のインストール 初 期 設 定 ユーザー(CGI 利 用 者 )が 行 う 登 録 する CGI はあらかじめ

More information

- INDEX - 1 ご 利 用 時 間 1 2 メニュー 1 3 ご 利 用 になる 前 に 行 っていただきたいこと 3 (1) 所 在 地 沿 線 設 定 3 (2) 会 員 情 報 の 管 理 ( 自 社 情 報 の 設 定 ) 5 4 物 件 情 報 の 登 録 8 (1) 操 作 概

- INDEX - 1 ご 利 用 時 間 1 2 メニュー 1 3 ご 利 用 になる 前 に 行 っていただきたいこと 3 (1) 所 在 地 沿 線 設 定 3 (2) 会 員 情 報 の 管 理 ( 自 社 情 報 の 設 定 ) 5 4 物 件 情 報 の 登 録 8 (1) 操 作 概 ハトマークサイト 会 員 用 利 用 マニュアル 社 団 法 人 愛 知 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 第 6 版 2010 年 10 月 - INDEX - 1 ご 利 用 時 間 1 2 メニュー 1 3 ご 利 用 になる 前 に 行 っていただきたいこと 3 (1) 所 在 地 沿 線 設 定 3 (2) 会 員 情 報 の 管 理 ( 自 社 情 報 の 設 定 ) 5 4 物

More information

1

1 Excelファイルアクセス 1. 概 要 Excel ファイルアクセスコンポーネントは Microsoft Excel のファイルを 開 いてセルの 値 や 書 式 を 取 得 変 更 したり テーブル 全 体 を 新 しいファイルと して 保 存 したりするために 用 います Excel ファイルアクセスコンポーネントは アプリケーションビルダーのメニューから 以 下 のように 選 びます [コンポーネント

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

目 次 1. 物 件 入 力 とページ 作 成 1.1. ドリームXジグソーの 一 覧 画 面 の 見 方...3 1.2. 基 本 情 報...4 1.3. 画 像 登 録...5 1.4. 地 図 情 報...6 1.5. SEO 対 策...7 1.6. 非 公 開 情 報...8 1.7.

目 次 1. 物 件 入 力 とページ 作 成 1.1. ドリームXジグソーの 一 覧 画 面 の 見 方...3 1.2. 基 本 情 報...4 1.3. 画 像 登 録...5 1.4. 地 図 情 報...6 1.5. SEO 対 策...7 1.6. 非 公 開 情 報...8 1.7. ドリームXジグソー マニュアル 最 終 更 新 日 :2016 年 2 月 8 日 目 次 1. 物 件 入 力 とページ 作 成 1.1. ドリームXジグソーの 一 覧 画 面 の 見 方...3 1.2. 基 本 情 報...4 1.3. 画 像 登 録...5 1.4. 地 図 情 報...6 1.5. SEO 対 策...7 1.6. 非 公 開 情 報...8 1.7. テーマ 設 定...9

More information

データコピーとは データコピーは 古 い NAS のデータを 新 しい HDL-Z シリーズに 簡 単 にコピーできます 環 境 例 本 製 品 は 以 下 の 用 途 の 際 に 最 適 です 古 い HDL-Z シリーズから 新 しい HDL-Z シリーズへのコピー 古 い HDL-Z シリーズ

データコピーとは データコピーは 古 い NAS のデータを 新 しい HDL-Z シリーズに 簡 単 にコピーできます 環 境 例 本 製 品 は 以 下 の 用 途 の 際 に 最 適 です 古 い HDL-Z シリーズから 新 しい HDL-Z シリーズへのコピー 古 い HDL-Z シリーズ HDL-Z シリーズへデータコピーする データコピー for Windows 画 面 で 見 るマニュアル データコピー for Windows( 以 下 データコピー)は 古 い NAS のデータを 新 しい 弊 社 製 HDL-Z シリーズにコピーするためのアプリです データコピーは インストール 不 要 です そのまま 実 行 できます 対 応 OS Windows Storage Server

More information

■デザイン

■デザイン Joruri CMS 1.3.2 基 本 マニュアル (2013.6.28) デザイン デザインでは 各 ページ 内 に 構 成 されるパーツである ピース と それをページ 内 に 配 置 し 構 成 する レイアウト を 作 成 できます また スタイルシート でピース レイ アウトの HTML を 制 御 し 装 飾 する CSS を 設 定 できます ピース デザイン>ピース ピース をクリックすると

More information

設 定 ダイアログ KDexcel_differの 各 パラメータ( 機 能 ) 設 定 は 1つのメインダイアログと 2つのサブダイアログより 行 います 1.メインダイアログ このダイアログでは 以 下 の 設 定 が 可 能 です 修 正 後 ファイル 修 正 前 ファイル 属 性 ファイル

設 定 ダイアログ KDexcel_differの 各 パラメータ( 機 能 ) 設 定 は 1つのメインダイアログと 2つのサブダイアログより 行 います 1.メインダイアログ このダイアログでは 以 下 の 設 定 が 可 能 です 修 正 後 ファイル 修 正 前 ファイル 属 性 ファイル KernelComputerSystem カーネルコンピュータシステム 株 式 会 社 本 社 :パッケージ 販 売 部 221-0056 横 浜 市 神 奈 川 区 金 港 町 6-3 横 浜 金 港 町 ビル TEL:045-442-0500 FAX:045-442-0501 URL:http://www.kernelcomputer.co.jp プログラムについて 更 新 前 後 の 2つの

More information

Microsoft Word - Jimdo基礎編(8版)

Microsoft Word - Jimdo基礎編(8版) 目 次 第 1 章 本 書 について... 1 1-1 JIMDO とは... 1 1-2 自 分 でホームページを 作 るメリット... 1 1-3 JIMDO の 料 金 プラン... 2 1-4 本 書 で 制 作 するサンプルのホームページ... 3 1-5 サンプルのデータについて... 4 第 2 章 ホームページを 開 設 する... 7 2-1 ホームページを 開 設 する... 7

More information

スライド 1

スライド 1 新 機 能 マニュアル( 事 業 者 向 け) 平 成 22 年 7 月 新 機 能 概 要 携 帯 電 話 メールアドレス 入 力 項 目 追 加 ( 詳 細 2P) ページデザイン 選 択 (5パターン) ページレイアウトが 選 択 可 能 になります ( 詳 細 3P) Googleマップ 設 定 Googleマップを 自 動 表 示 します ( 詳 細 4P) QRコードの 表 示 / 非

More information

V05L12R1 Release News Letter

V05L12R1 Release News Letter V05L12R1 V05L12R1 Release News Letter Performance Web Service 機 能 拡 張 本 リリースニュースレターは V05L12R1 のリリース 内 容 をまとめたものです 過 去 のリリース 内 容 につきまして は 以 下 の URL をご 参 照 ください http://www.iim.co.jp/tabid/200/default.aspx

More information

平成23年度事例集06

平成23年度事例集06 違 反 是 正 事 例 ( 事 例 6-3) テーマ < 消 防 用 設 備 設 置 工 事 の 基 準 違 反 に 対 する 違 反 通 告 措 置 平 成 22 年 > 平 成 22 年 消 防 設 備 士 が 建 物 5 階 のベランダに 設 置 した 緩 降 機 の 取 り 付 け 方 法 が 不 適 切 であったことから 違 反 事 項 を 通 告 した 事 例 防 火 対 象 物 の 概

More information

Microsoft PowerPoint - INIS_Collection_Srh_Quickmamual(Japanese)20150713

Microsoft PowerPoint - INIS_Collection_Srh_Quickmamual(Japanese)20150713 1 まずは()にアクセス 日 本 語 画 面 の 表 示 (p.2) 登 録 サインイン(p.3) 登 録 登 録 後 のサインイン 登 録 サインインしなくても 利 用 可 能 スタンダードサーチ 最 初 の 画 面 手 軽 に 検 索 可 能 検 索 式 等 について (p.6-8) ヘルプ(p.22) ヘルプ 画 面 を 表 示 アドバンス サーチ(p.8) スタンダードサーチからリンク より

More information

2 課 題 管 理 ( 科 学 研 究 費 補 助 金 ) 画 面 が 表 示 されます 補 助 事 業 期 間 終 了 後 欄 の[ 入 力 ] をクリックします [ 入 力 ]ボタンが 表 示 されていない 場 合 には 所 属 する 研 究 機 関 の 事 務 局 等 へお 問 い 合 わせく

2 課 題 管 理 ( 科 学 研 究 費 補 助 金 ) 画 面 が 表 示 されます 補 助 事 業 期 間 終 了 後 欄 の[ 入 力 ] をクリックします [ 入 力 ]ボタンが 表 示 されていない 場 合 には 所 属 する 研 究 機 関 の 事 務 局 等 へお 問 い 合 わせく 2.6. 研 究 成 果 報 告 書 の 作 成 2.6.1 研 究 成 果 報 告 内 容 ファイルを 作 成 1 科 学 研 究 費 助 成 事 業 の Web ページ 等 から 研 究 成 果 報 告 内 容 ファイル 様 式 をダウンロードし ます 2 ダウンロードした 研 究 成 果 報 告 内 容 ファイル 様 式 に 報 告 内 容 を 記 入 し 保 存 します 所 定 の 様 式

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8140928692B78AFA95DB91538C7689E68DEC90AC289

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8140928692B78AFA95DB91538C7689E68DEC90AC289 官 庁 施 設 情 報 管 理 システム (BIMMS-N) 操 作 説 明 書 9 施 設 維 持 管 理 9.4 中 長 期 保 全 計 画 作 成 ( 東 北 版 ) 平 成 26 年 10 月 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 営 繕 部 目 次 9 施 設 維 持 管 理 9.4 中 長 期 保 全 計 画 作 成 ( 東 北 版 ) 9.4.0 中 長 期 保 全 計 画

More information

DN6(R04).vin

DN6(R04).vin page 1 / 2 DataNature6(R04)リリースノート 新 機 能 機 能 改 良 (1) 期 間 項 目 への 締 め 日 の 反 映 年 度 上 期 / 下 期 四 半 期 において 設 定 した 締 め 日 を 反 映 させるかどうかの 設 定 を 追 加 (2) 週 の 設 定 方 法 の 追 加 日 付 から 期 間 の 設 定 で 週 を 追 加 する 場 合 に 週 の"

More information

概 要 と 特 徴 推 奨 ハードウェア デジタルカメラで 撮 影 した 画 像 やスキャナで 読 み 込 んだ 図 面 を 利 用 し 画 像 処 理 技 術 で 建 物 の 改 修 工 事 を 支 援 するソフトウェアです 初 期 診 断 劣 化 数 量 表 作 成 双 眼 鏡 での 初 期 診 断 の 代 用 として 利 用 補 修 工 事 の 営 業 に 写 真 とともに 診 断 内 容 をビジュアル

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

確 定 申 告 書 作 成 システム 操 作 手 順 書 ~ 個 人 利 用 者 向 け 操 作 説 明 書 ~ 平 成 27 年 1 月 JA 長 野 県 営 農 センター ( 株 ) 長 野 県 協 同 電 算 目 次 1.システムの 起 動... 1 ... 1 ... 2 2.ログインとログアウト... 2 ... 3 ...

More information

スライド 1

スライド 1 2014.10 版 Ver.5.04 遠 藤 照 明 設 計 支 援 ツール:Jobサポート 2 次 元 照 度 計 算 ソフト Luxsheet マニュアル ルクスシート 1 P 3 型 番 入 力 による 検 索 P 4 P 5 P 7 P 9 P10 P11 P12 P13 P14 P16 P17 P18 P19 P21 2 平 均 照 度 計 算 を 一 覧 表 で 簡 単 に 作 成 できます

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx 特 集 : Query & Analysis の 仕 訳 転 送 機 能 SunSystems と 連 携 し て 使 用 す る こ と が で き る Infor Performance Management Query&Analysis( 以 下 Q&A) ( 旧 : SunSystems Vision ) と い う 製 品 が あ り ま す Q&A は Microsoft Excel の

More information

目 次 はじめに... 3 間 接 接 続 環 境 かどうかの 判 断... 3 前 提 となる 回 線 構 成... 4 1.PC-A1 の 仮 想 ハブ 設 定... 4 2.PC-A1 の 仮 想 ネットワークアダプタを 仮 想 ハブに 接 続 する... 5 3.ブロードバンドルータの 静

目 次 はじめに... 3 間 接 接 続 環 境 かどうかの 判 断... 3 前 提 となる 回 線 構 成... 4 1.PC-A1 の 仮 想 ハブ 設 定... 4 2.PC-A1 の 仮 想 ネットワークアダプタを 仮 想 ハブに 接 続 する... 5 3.ブロードバンドルータの 静 PU-M200-000 TinyVPN による PC 対 PC の 接 続 方 法 ( 間 接 接 続 環 境 編 ) Version 1. シモウサ システムズ (C)2004-200 Shimousa Systems Corporation. All rights reserved. Page 1 of 9 目 次 はじめに... 3 間 接 接 続 環 境 かどうかの 判 断... 3 前 提

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

Microsoft PowerPoint - 130522_リビジョンアップ案内_最終.pptx

Microsoft PowerPoint - 130522_リビジョンアップ案内_最終.pptx WaWaOfficeシリーズ バージョン8.2リビジョンアップ 2013 年 6 月 18 日 リリース 予 定 株 式 会 社 アイアットOEC ローカル 機 能 の 改 善 プレビュー 表 追 加 の 覧 表 にプレビュー 表 を 設 定 可 能 にしました 1 表 2 表 1 +プレビュー 表 から 選 択 設 定 法 個 設 定 個 設 定 基 本 設 定 PC 専 パラメータの 覧 表 時

More information

■コンテンツ

■コンテンツ Joruri CMS 1.3.2 基 本 マニュアル (2013.6.28) 2012.2.15 コンテンツ 記 事 コンテンツ 記 事 では 以 下 のような 機 能 特 徴 を 備 えた 記 事 ページの 作 成 を 行 うこと が 出 来 ます TinyMCE の 使 用 で HTML 等 の 複 雑 な 知 識 を 必 要 とせず WORD のような 感 覚 でページを 作 成 ページの 公

More information

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10 2 科 学 研 究 費 助 成 事 業 のトップページ 画 面 が 表 示 されます [ 研 究 者 ログイン]をクリック します 掲 載 している 画 面 は 例 示 です 随 時 変 更 されます 3 科 研 費 電 子 申 請 システムの 応 募 者 ログイン 画 面 が 表 示 されます e-rad の ID パ ス ワード を 入 力 し [ログイン]をクリックします 9 4 応 募 者

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information