IM-Workflow

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "IM-Workflow"

Transcription

1 IM-Workflow Ver.7.2 プログラミングガイド 2014/04/01 第 6 版

2

3 << 変 更 履 歴 >> 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2010/04/28 初 版 2010/07/30 第 2 版 2.2 リクエストパラメータ に 説 明 を 追 記 しました 3.5 制 限 事 項 を 追 加 しました 4.2 案 件 終 了 処 理 に 説 明 を 追 記 しました 4.3 アクション 処 理 に 説 明 を 追 記 しました 5.1 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 5.2 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 5.3 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 5.4 案 件 退 避 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 6.1 テンプレート に 説 明 を 追 加 しました 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 を 追 加 しました 7.2 処 理 対 象 者 プラグインの 作 成 を 追 加 しました 7.3 IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 を 追 加 しました 2010/10/29 第 3 版 1.3 準 備 の 説 明 を 修 正 しました 2.2 リクエストパラメータ の 説 明 を 修 正 しました 3.3 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し の 説 明 を 修 正 しました 3.5 制 限 事 項 の 説 明 を 修 正 しました 5.3 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 7.4 画 面 入 力 情 報 の 保 持 を 追 加 しました 2010/11/10 第 4 版 2.2 リクエストパラメータ の 説 明 を 修 正 しました 2011/04/01 第 5 版 2.2 リクエストパラメータ の 説 明 を 修 正 しました 3.3 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し の 説 明 を 修 正 しました 3.4 確 認 画 面 の 呼 び 出 し の 説 明 を 修 正 しました 3.5 制 限 事 項 の 説 明 を 修 正 しました 4.5 分 岐 開 始 処 理 の 説 明 を 修 正 しました 4.6 分 岐 終 了 処 理 の 説 明 を 修 正 しました 6.1 テンプレート 6.2サンプルプログラム < extend >に 指 定 するプログラム 7.3 IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 のJavaEE 開 発 モデルのサンプルプログラムのパスを 修 正 し ました 実 装 例 の 説 明 を 修 正 しました 7.5 呼 び 出 し 画 面 からのコールバック 関 数 の 指 定 を 追 加 しました 2014/04/01 第 6 版 2.3 案 件 処 理 系 APIと 画 面 動 作 仕 様 の 違 い を 追 加 しました

4

5 目 次 << 目 次 >> 1 はじめに 目 的 前 提 条 件 準 備 概 要 ユーザアプリケーションデータとIM-Workflowの 関 係 システム 案 件 ID ユーザデータID 案 件 プロパティ リクエストパラメータ 案 件 処 理 系 APIと 画 面 動 作 仕 様 の 違 い 画 面 の 作 成 申 請 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 一 時 保 存 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 確 認 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 制 限 事 項 imwプレフィックスのパラメータについて タグライブラリの 非 推 奨 属 性 について ユーザプログラムの 作 成 案 件 開 始 処 理 案 件 終 了 処 理 アクション 処 理 到 達 処 理 分 岐 開 始 処 理 分 岐 終 了 処 理 その 他 プログラムの 作 成 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー 案 件 退 避 処 理 リスナー Appendix テンプレート サンプルプログラム 画 面 ユーザプログラム リスナー カスタマイズ...38 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page i

6 intra-mart プログラミングガイド 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 指 定 可 能 なパラメータ 実 装 例 処 理 対 象 者 プラグインの 作 成 対 象 ノード サンプルの 説 明 サンプルの 実 行 準 備 サンプルの 実 行 処 理 対 象 者 プラグインについて IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 画 面 入 力 情 報 の 保 持 呼 び 出 し 画 面 からのコールバック 関 数 の 指 定 実 装 例 Page ii Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

7 1 はじめに 1 はじめに 1.1 目 的 本 書 は IM-Workflow で 利 用 することが 可 能 な 画 面 およびモジュールを 作 成 する 方 法 について 説 明 します 本 書 は IM-Workflow の 機 能 を 使 用 する 方 法 を 記 述 しています 本 書 で 使 用 するサンプルプログラムはあくまでも IM-Workflow の 機 能 および API 等 の 使 用 方 法 を 理 解 すること に 主 眼 をおいています そのため 必 ずしもベストなコーディング 方 法 とはいえない 方 法 もあえて 取 っている 個 所 があります あくまでも サンプルとしての 位 置 付 けでとらえるようにしてください 1.2 前 提 条 件 本 書 に 記 述 されているサンプルプログラムは JavaEE 開 発 モデルおよびスクリプト 開 発 モデルで 記 述 され ています そのため JavaEE 開 発 モデルおよびスクリプト 開 発 モデルに 関 する 理 解 は 必 須 です 各 開 発 モデルに 関 しては 付 属 する 各 種 マニュアルおよび API リストを 参 照 してください 本 書 を 理 解 するには 基 本 的 な IM-Workflow に 関 する 理 解 が 必 要 になります 付 属 する 各 種 マニュアル および API リストを 参 照 してください 1.3 準 備 IM-Workflow のサンプルプログラムを 実 行 するための 準 備 をします 製 品 に 付 属 するインストールガイドを 参 考 に IM-Workflow が 動 作 する 環 境 を 構 築 します 製 品 のインストール 後 は システム 管 理 者 でログインし メニュー[ライセンス]より 初 期 データインポートを 行 い サンプルデータインポートも 必 ず 行 ってください 本 書 に 記 述 されている JavaEE 開 発 モデルの[java ファイル]は 配 置 する 場 所 を 示 します 実 際 に 配 置 されているファイルは [class ファイル]です JavaEE 開 発 モデル[java ファイル]のサンプルプログラムについては 製 品 メディアに 保 存 されています また 製 品 最 新 情 報 ダウンロードページ(http://www.intra-mart.jp/download/product/index.html)から 入 手 すること もできます 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 1

8 intra-mart プログラミングガイド 2 概 要 2.1 ユーザアプリケーションデータとIM-Workflowの 関 係 ユーザアプリケーションデータと IM-Workflow のデータは ユーザデータ ID と システム 案 件 ID をいう 2 つの キーが 1 対 1 の 関 係 となります システム 案 件 ID システム 案 件 ID とは IM-Workflow において 一 意 となるキーです IM-Workflow のモジュールにおいて 採 番 され 外 部 より 指 定 することはできません システム 案 件 ID は IM-Workflow の API やタグライブラリ 等 で 案 件 を 特 定 するために 使 用 され 画 面 等 に 表 示 さ れることはありません Page 2 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

9 2 概 要 ユーザデータID ユーザデータ ID とは ユーザアプリケーション 側 で 一 意 となるキーとして ユーザアプリケーションで 採 番 するキ ーです 申 請 または 起 票 を 行 う 場 合 に IM-Workflow の 提 供 する API およびタグライブラリの 引 数 として 渡 されます システム 案 件 ID 同 様 に API やタグライブラリにおいて 案 件 を 特 定 するために 使 用 され 画 面 等 に 表 示 されるこ とはありません 案 件 プロパティ 案 件 プロパティとは いわゆる Key-Value Store です Key(キー) と Value( 値 ) のペアからなるデータモデルを 案 件 単 位 に IM-Workflow で 保 存 します IM-Workflow が 提 供 する API を 通 じて 任 意 のタイミングにおいて 登 録 更 新 削 除 および 取 得 が 可 能 となりま す また IM-Workflow が 提 供 する 各 種 一 覧 画 面 に 表 示 することや 分 岐 条 件 において ルール 定 義 の 値 として 使 用 することができます 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 3

10 intra-mart プログラミングガイド 2.2 リクエストパラメータ 各 種 一 覧 画 面 から 呼 び 出 される 申 請 および 処 理 等 の 画 面 で 必 要 な 情 報 をリクエストパラメータとして 受 け 取 る 事 ができます No パラメータ( 物 理 名 ) パラメータ( 論 理 名 ) 詳 細 1 imwgroupid ログイングループ ID 2 imwusercode 処 理 者 CD 3 imwpagetype 画 面 種 別 表 示 された 画 面 の 種 別 申 請 画 面 一 時 保 存 画 面 申 請 ( 起 票 案 件 ) 画 面 再 申 請 画 面 処 理 画 面 確 認 画 面 処 理 詳 細 参 照 詳 細 確 認 詳 細 過 去 案 件 詳 細 4 imwuserdataid ユーザデータ ID 5 imwsystemmatterid システム 案 件 ID 6 imwnodeid ノード ID 7 imwarrivetype 到 達 種 別 8 imwauthusercode 権 限 者 CD 権 限 者 が 複 数 存 在 する 場 合 当 パラメータは 配 列 で 渡 されます ただし 権 限 者 が 複 数 存 在 する 場 合 でも 申 請 / 一 時 保 存 画 面 表 示 の 際 は 一 覧 上 で 権 限 者 が 特 定 されているた め 特 定 済 みの 権 限 者 CD のみが 渡 されます 9 imwapplybasedate 申 請 基 準 日 yyyy/mm/dd 形 式 10 imwcontentsid コンテンツ ID 11 imwcontentsversionid コンテンツバージョン ID 12 imwrouteid ルート ID 13 imwrouteversionid ルートバージョン ID 14 imwflowid フローID 15 imwflowversionid フローバージョン ID 16 imwserialprocparams 連 続 処 理 パラメータ 連 続 処 理 用 のパラメータ 17 imwcalloriginalparams 呼 出 元 パラメータ 呼 出 元 ページのパラメータ 18 imwcalloriginalpagepath 呼 出 元 ページパス 呼 出 元 のページパス Page 4 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

11 2 概 要 imwauthusercode( 権 限 者 CD)について 各 開 発 モデルでの 取 得 例 を 以 下 に 記 述 します スクリプト 開 発 モデル function init(request) { var imwauthusercodelist = request.getparametervalues("imwauthusercode"); // 権 限 者 CD の 配 列 } javaee 開 発 モデル HttpServletRequest request = getrequest(); String[] imwauthusercodelist = request.getparametervalues("imwauthusercode"); // 権 限 者 CD の 配 列 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 5

12 intra-mart プログラミングガイド No パラメータ 申 請 一 時 保 存 起 票 再 申 請 処 理 確 認 処 理 詳 細 参 照 詳 細 確 認 詳 細 過 去 案 件 詳 細 1 imwgroupid 2 imwusercode 3 imwpagetype 4 imwuserdataid - 5 imwsystemmatterid imwnodeid imwarrivetype imwauthusercode imwapplybasedate 10 imwflowid 11 imwflowversionid 12 imwcontentsid 13 imwcontentsversionid 14 imwrouteid 15 imwrouteversionid 16 imwserialprocparams imwcalloriginalparams imwcalloriginalpagepath < : 取 得 可 能 / - : 取 得 不 可 能 > Page 6 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

13 2 概 要 2.3 案 件 処 理 系 APIと 画 面 動 作 仕 様 の 違 い 画 面 上 からの 操 作 とは 異 なり 案 件 処 理 系 API(Web サービスを 含 む)を 直 接 利 用 して 案 件 の 処 理 を 行 う 場 合 は 業 務 的 なチェックを 行 わずに 処 理 が 実 行 されます ここでいう 業 務 的 なチェックとは 以 下 のようなチェックを 指 します API 引 数 として 指 定 した 処 理 権 限 者 が 到 達 処 理 で 展 開 された 処 理 対 象 者 に 含 まれるか API 引 数 として 指 定 した 処 理 権 限 者 と 処 理 実 行 者 が 異 なる 場 合 両 者 間 で 有 効 な 代 理 設 定 が 存 在 する か 画 面 上 からの 操 作 と 同 等 の 機 能 を API を 利 用 して 独 自 に 実 装 する 場 合 は 案 件 処 理 API の 実 行 前 に 各 種 API ( 処 理 権 限 判 定 API など)を 併 せて 利 用 してください 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 7

14 intra-mart プログラミングガイド 3 画 面 の 作 成 3.1 申 請 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 申 請 を 行 うための 画 面 ( 以 下 申 請 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 申 請 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します Page 8 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

15 3 画 面 の 作 成 スクリプト 開 発 モデル 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します imwuserdataid は 申 請 一 覧 画 面 からのリクエストパラメータには 含 まれません ファンクション コンテナで 採 番 する 必 要 があります <body> <imart type="workflowopenpage" name="applyform" method="post" target="im_main" imwuserdataid=orequest.imwuserdataid imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwauthusercode=orequest.imwauthusercode imwapplybasedate=orequest.imwapplybasedate imwnodeid=orequest.imwnodeid imwflowid=orequest.imwflowid> </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 申 請 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 0 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 9

16 intra-mart プログラミングガイド JavaEE 開 発 モデル 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します imwuserdataid は 申 請 一 覧 画 面 からのリクエストパラメータには 含 まれません ServiceController などで 採 番 する 必 要 があります <body> <workflow:workflowopenpage name="applyform" method="post" target="im_main" imwuserdataid='<%=(string)request.getattribute("imwuserdataid")%>' imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwauthusercode='<%=(string)request.getattribute("imwauthusercode")%>' imwapplybasedate='<%=(string)request.getattribute("imwapplybasedate")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>' imwflowid='<%=(string)request.getattribute("imwflowid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 申 請 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 0 ); </script> Page 10 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

17 3 画 面 の 作 成 3.2 一 時 保 存 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 一 時 保 存 を 行 うための 画 面 ( 以 下 一 時 保 存 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 一 時 保 存 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 11

18 intra-mart プログラミングガイド スクリプト 開 発 モデル 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <imart type="workflowopenpage" name="tempform" method="post" target="im_main" imwuserdataid=orequest.imwuserdataid imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwauthusercode=orequest.imwauthusercode imwapplybasedate=orequest.imwapplybasedate imwnodeid=orequest.imwnodeid imwflowid=orequest.imwflowid> </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 一 時 保 存 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 1 ); </script> Page 12 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

19 3 画 面 の 作 成 JavaEE 開 発 モデル 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <workflow:workflowopenpage name="tempform" method="post" target="im_main" imwuserdataid='<%=(string)request.getattribute("imwuserdataid")%>' imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwauthusercode='<%=(string)request.getattribute("imwauthusercode")%>' imwapplybasedate='<%=(string)request.getattribute("imwapplybasedate")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>' imwflowid='<%=(string)request.getattribute("imwflowid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 一 時 保 存 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 1 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 13

20 intra-mart プログラミングガイド 3.3 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 を 行 うための 画 面 ( 以 下 処 理 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 処 理 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します Page 14 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

21 3 画 面 の 作 成 スクリプト 開 発 モデル 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 未 処 理 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <imart type="workflowopenpage" name="approveform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwnodeid=orequest.imwnodeid > </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 処 理 画 面 が 表 示 されます 申 請 ( 起 票 案 件 ) <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 2 ); </script> 再 申 請 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 3 ); </script> 処 理 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 4 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 15

22 intra-mart プログラミングガイド JavaEE 開 発 モデル 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 未 処 理 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <workflow:workflowopenpage name="approveform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 処 理 画 面 が 表 示 されます 申 請 ( 起 票 案 件 ) <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 2 ); </script> 再 申 請 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 3 ); </script> 処 理 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 4 ); </script> Page 16 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

23 3 画 面 の 作 成 3.4 確 認 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 確 認 を 行 うための 画 面 ( 以 下 確 認 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 確 認 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 17

24 intra-mart プログラミングガイド スクリプト 開 発 モデル 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 確 認 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <imart type="workflowopenpage" name="confirmform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwnodeid=orequest.imwnodeid> </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 確 認 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 5 ); </script> Page 18 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

25 3 画 面 の 作 成 JavaEE 開 発 モデル 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 確 認 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <workflow:workflowopenpage name="confirmform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 確 認 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 5 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 19

26 intra-mart プログラミングガイド 3.5 制 限 事 項 imwプレフィックスのパラメータについて workflowopenpage タグでは ワークフロー 処 理 時 の 制 御 用 に imw プレフィックスの hidden タグを 複 数 出 力 しま す パラメータ 名 が 重 複 すると 処 理 が 正 常 に 行 われない 恐 れがあるため 以 下 で 明 示 的 に 記 載 を 許 可 されたもの 以 外 imw プレフィックス 名 称 のパラメータは 記 述 しないでください 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 7.4 画 面 入 力 情 報 の 保 持 タグライブラリの 非 推 奨 属 性 について workflowopenpage タグでは セキュリティ 対 応 のため 以 下 の 属 性 は 非 推 奨 扱 いとなりました 属 性 値 を 指 定 した 場 合 も 問 題 なく 動 作 しますが 指 定 値 は 無 視 され セッションから 取 得 した 情 報 により 動 作 しま す imwgroupid : ログイングループ ID imwusercode : 処 理 者 CD ( 代 理 先 ユーザ CD) Page 20 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

27 4 ユーザプログラムの 作 成 4 ユーザプログラムの 作 成 No 処 理 名 項 番 1 案 件 開 始 処 理 1 2 案 件 終 了 処 理 8 3 アクション 処 理 到 達 処 理 案 件 開 始 処 理 案 件 開 始 処 理 とは 案 件 が 開 始 する 時 に 一 度 実 行 される 処 理 です 下 記 の 場 合 に 実 行 されます 申 請 者 が 申 請 を 行 った 場 合 起 票 の 案 件 を 作 成 した 場 合 (API のみ) 案 件 開 始 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 4.2 案 件 終 了 処 理 案 件 終 了 処 理 とは 案 件 が 終 了 する 時 に 一 度 実 行 される 処 理 です 下 記 の 場 合 に 実 行 されます 最 後 の 承 認 者 が 承 認 を 行 った 場 合 承 認 者 が 承 認 終 了 を 行 った 場 合 承 認 者 が 否 認 を 行 った 場 合 申 請 者 が 取 止 め を 行 った 場 合 案 件 操 作 で 終 了 ノードに 到 達 した 場 合 案 件 終 了 処 理 は 直 前 のアクション 処 理 や 到 達 処 理 とは 独 立 した 処 理 (トランザクション)となります そのため 案 件 終 了 処 理 でエラーが 発 生 した 場 合 直 前 の 処 理 を 戻 す(ロールバック)することはできません 案 件 終 了 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 21

28 intra-mart プログラミングガイド 4.3 アクション 処 理 アクション 処 理 とは 下 記 のような 行 為 を 行 った 場 合 に 実 行 される 処 理 です No アクション メソッド 1 申 請 apply 2 再 申 請 reapply 3 申 請 ( 一 時 保 存 ) applyfromtempsave 4 申 請 ( 未 処 理 ) applyfromunapply 5 取 止 め discontinue 6 引 戻 し pullback 7 差 戻 し 後 引 戻 し sendbacktopullback 8 承 認 approve 9 承 認 終 了 approveend 10 否 認 deny 11 差 戻 し sendback 12 保 留 reserve 13 保 留 解 除 reservecancel 14 案 件 操 作 matterhandle 15 一 時 保 存 ( 新 規 登 録 ) tempsavecreate 16 一 時 保 存 ( 更 新 ) tempsaveupdate 17 一 時 保 存 ( 削 除 ) tempsavedelete アクション 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 4.4 到 達 処 理 到 達 処 理 とは ノードに 到 達 した 場 合 に 実 行 される 処 理 です この 処 理 は アクション 処 理 や IM-Workflow の 内 部 処 理 とは 独 立 した 処 理 (thread)として 実 行 されます そのため 到 達 処 理 でエラーが 発 生 した 場 合 直 前 の 処 理 を 戻 す(ロールバック)することはできません ( 直 前 のアクション 処 理 とは トランザクションも 別 となります ) このプログラム 中 で データベースの 登 録 / 更 新 / 削 除 処 理 を 行 う 場 合 は 独 自 に DB トランザクション 制 御 を 行 ってください 下 記 のような 場 合 に 実 行 されます 前 ノードの 処 理 者 が 申 請 または 承 認 を 行 って 到 達 した 場 合 他 のノードから 差 戻 し され 到 達 した 場 合 引 戻 し を 行 って 到 達 した 場 合 案 件 操 作 で 到 達 した 場 合 Page 22 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

29 4 ユーザプログラムの 作 成 4.5 分 岐 開 始 処 理 分 岐 開 始 処 理 とは 分 岐 開 始 ノードで ユーザプログラムで 分 岐 する を 選 択 した 場 合 に 実 行 される 処 理 です 分 岐 先 ノード 毎 に 順 番 に 実 行 されます 分 岐 開 始 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 分 岐 開 始 処 理 において ルート 遷 移 可 否 として 遷 移 する(true) を 返 却 することにより 実 行 中 の 分 岐 開 始 処 理 が 設 定 された 分 岐 先 ノードに 進 みます 全 ての 分 岐 開 始 処 理 のルート 遷 移 可 否 が 遷 移 しない(false) の 場 合 は 案 件 は 分 岐 開 始 ノードで 停 止 します このような 場 合 は 案 件 操 作 処 理 で 案 件 を 進 めて 下 さい 4.6 分 岐 終 了 処 理 分 岐 終 了 処 理 とは 分 岐 終 了 ノードで ユーザプログラムで 分 岐 終 了 する を 選 択 した 場 合 に 実 行 される 処 理 で す 分 岐 終 了 ノードに 案 件 が 到 達 する 度 に 実 行 されます 分 岐 終 了 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 分 岐 終 了 処 理 において ルート 遷 移 可 否 として 結 合 する(true) を 返 却 することにより 未 到 達 のノードを 待 たず に 次 のノードに 進 みます 全 てのノードが 到 達 しても 結 果 が 全 て 結 合 しない(false) の 場 合 は 案 件 は 分 岐 終 了 ノードで 停 止 します このような 場 合 は 案 件 操 作 処 理 で 案 件 を 進 めて 下 さい 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 23

30 intra-mart プログラミングガイド 5 その 他 プログラムの 作 成 5.1 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーとは 未 完 了 案 件 を 削 除 した 際 に 実 行 されるプログラムです 通 常 案 件 操 作 画 面 より 案 件 削 除 を 行 った 場 合 または 未 完 了 案 件 を 削 除 する API を 実 行 した 際 に 呼 び 出 されます 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 未 完 了 案 件 削 除 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>delete-active-matter-type</param-name> <param-value></param-value> </param> <!-- 未 完 了 案 件 削 除 リスナのパス 1. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が script:js のパス --> <param> <param-name>delete-active-matter-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい Page 24 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

31 5 その 他 プログラムの 作 成 5.2 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーとは 完 了 案 件 を 削 除 した 際 に 実 行 されるプログラムです 通 常 参 照 画 面 の 完 了 案 件 タブより 案 件 の 削 除 を 行 った 場 合 または 完 了 案 件 を 削 除 する API を 実 行 した 際 に 呼 び 出 されます 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 完 了 案 件 削 除 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>delete-complete-matter-listener-type</param-name> <param-value></param-value> </param> <!-- 完 了 案 件 削 除 リスナのパス 1. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が script:%resourceservice%からのパス --> <param> <param-name>delete-complete-matter-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 25

32 intra-mart プログラミングガイド 5.3 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナーとは 過 去 案 件 を 削 除 した 際 に 実 行 されるプログラムです 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 過 去 案 件 削 除 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>delete-archive-matter-listener-type</param-name> <param-value></param-value> </param> <!-- 過 去 案 件 削 除 リスナのパス 1. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が script:%resourceservice%からのパス --> <param> <param-name>delete-archive-matter-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい Page 26 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

33 5 その 他 プログラムの 作 成 5.4 案 件 退 避 処 理 リスナー 案 件 退 避 処 理 リスナーとは 案 件 を 退 避 した 際 に 実 行 されるプログラムです 通 常 バッチ 処 理 IM-Workflow アーカイブバッチ を 実 行 した 際 に 呼 び 出 されます 案 件 退 避 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 案 件 退 避 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>archive-proc-listener-type</param-name> <param-value>java</param-value> </param> <!-- 案 件 退 避 リスナのパス 1. 案 件 退 避 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 退 避 リスナの 種 類 が script:%resourceservice%からのパス --> <param> <param-name>archive-proc-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 27

34 intra-mart プログラミングガイド 6 Appendix 6.1 テンプレート ユーザプログラムおよび 各 リスナーのプログラムを 作 成 する 際 のテンプレートが 提 供 されています スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/template/ No 処 理 物 理 名 1 案 件 開 始 処 理 MatterStartProcess.js 2 案 件 終 了 処 理 MatterEndProcess.js 3 アクション 処 理 ActionProcess.js 4 到 達 処 理 ArriveProcess.js 5 分 岐 開 始 処 理 / 分 岐 終 了 処 理 RuleCondition.js 6 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowActvMatterDeleteListener.js 7 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowCplMatterDeleteListener.js 8 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowArcMatterDeleteListener.js 9 案 件 退 避 処 理 リスナー WorkflowMatterArchiveListener.js 10 処 理 対 象 者 プラグイン WorkflowAuthorityExecEventListener.js JavaEE 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル[java ファイル]のサンプルプログラムについては 製 品 メディアに 保 存 されています また 製 品 最 新 情 報 ダウンロードページ(http://www.intra-mart.jp/download/product/index.html)から 入 手 すること もできます %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/jp/co/intra_mart/sample/workflow/template/ No 処 理 物 理 名 1 案 件 開 始 処 理 MatterStartProcess.java 2 案 件 終 了 処 理 MatterEndProcess.java 3 アクション 処 理 ActionProcess.java 4 到 達 処 理 ArriveProcess.java 5 分 岐 開 始 処 理 / 分 岐 終 了 処 理 RuleCondition.java 6 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowActvMatterDeleteListener.java 7 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowCplMatterDeleteListener.java 8 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowArcMatterDeleteListener.java 9 案 件 退 避 処 理 リスナー WorkflowMatterArchiveListener.java 10 処 理 対 象 者 プラグイン WorkflowAuthorityExecEventListener.java 11 クローラ 登 録 文 書 追 加 リスナー WorkflowCrawlingAddListener.java Page 28 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

35 6 Appendix 6.2 サンプルプログラム IM-Workflow のインストール 時 サンプルのインストール を 行 い サンプルデータをインポートした 場 合 に 使 用 で きるサンプルプログラムについて 説 明 します サンプルプログラムは スクリプト 開 発 モデルと JavaEE 開 発 モデルのサンプルプログラムがあります 開 発 モデルの 違 いはありますが どちらのサンプルも 物 品 購 買 の 申 請 書 であり 動 作 仕 様 は 同 一 です 画 面 申 請 / 一 時 保 存 / 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>apply</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApplyServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApplyServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/apply.jsp</page-path> </next-page> </service> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 29

36 intra-mart プログラミングガイド 処 理 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/approve.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/approve.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>approve</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApproveServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApproveServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/approve.jsp</page-path> </next-page> </service> Page 30 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

37 6 Appendix 確 認 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/confirm.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/confirm.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>confirm</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ConfirmServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ConfirmServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/confirm.jsp</page-path> </next-page> </service> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 31

38 intra-mart プログラミングガイド 処 理 詳 細 / 参 照 詳 細 / 過 去 案 件 詳 細 / 確 認 詳 細 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/detail.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/detail.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>detail</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. DetailServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. DetailServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/detail.jsp</page-path> </next-page> </service> Page 32 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

39 6 Appendix 処 理 詳 細 / 参 照 詳 細 / 過 去 案 件 詳 細 / 確 認 詳 細 画 面 ( 以 下 詳 細 画 面 )では コンテンツ 定 義 で 定 義 した 画 面 が 表 示 されます そのため 詳 細 画 面 に IM-Workflow の 情 報 ( 案 件 名 や 添 付 ファイルなど)を 表 示 する 場 合 は IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリを 使 用 します 案 件 の 情 報 を 表 示 するためのタグライブラリです スクリプト 開 発 モデル 16 <br> 17 <imart type="workflowmatterdata" systemmatterid=orequest.imwsystemmatterid 18 displayitem="matter_number,matter_name,apply_user,apply_base_date" /> 19 <br> JavaEE 開 発 モデル 22 <br> 23 <workflow:workflowmatterdata systemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' 24 displayitem="matter_number,matter_name,apply_user,apply_base_date" /> 25 <br> 案 件 の 添 付 ファイルを 表 示 するためのタグライブラリです スクリプト 開 発 モデル 76 <br> 77 <imart type="workflowmatterfile" systemmatterid=orequest.imwsystemmatterid /> 78 </body> JavaEE 開 発 モデル 77 <br> 78 <workflow:workflowmatterfile systemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' /> 79 </body> 案 件 に 添 付 ファイルがない 場 合 は 表 示 されません 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 33

40 intra-mart プログラミングガイド ユーザプログラム アクション 処 理 プログラム スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/ActionProcess1.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/actionprocess1.java サンプルデータでは[ActionProcess1]を 申 請 ノードのアクション 処 理 として 定 義 されています [ActionProcess1]では 下 記 の 2 つの 処 理 を 行 っています ユーザプリケーションのデータをテーブルに 保 存 する 申 請 または 一 時 保 存 を 行 った 場 合 に 画 面 に 入 力 された 情 報 をユーザアプリケーションで 定 義 し ている 独 自 のテーブルに 登 録 / 更 新 しています 案 件 番 号 を 採 番 する 案 件 番 号 は 申 請 のアクション 処 理 で 設 定 する 必 要 があります ここでは IM-Workflow が 提 供 する WorkflowNumberingManager#getNumber() で 案 件 番 号 の 採 番 を 行 っています スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/ActionProcess2.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/actionprocess2.java サンプルデータでは[ActionProcess2]を 申 請 ノードのアクション 処 理 として 定 義 されています [ActionProcess2]では 画 面 から 入 力 された 数 量 金 額 である 合 計 金 額 を 案 件 プロパティとして 登 録 する 処 理 を 行 っています Page 34 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

41 6 Appendix 案 件 終 了 処 理 プログラム スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/MatterEndProcess.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/matterendprocess.java サンプルデータでは[MatterEndProcess]を 案 件 終 了 処 理 として 定 義 されています [MatterEndProcess]では ユーザアプリケーションで 定 義 している 独 自 のテーブルの 更 新 処 理 を 行 っています 分 岐 開 始 処 理 プログラム フロー 定 義 分 岐 ルート[スクリプト 開 発 モデル] で 使 用 されている 分 岐 開 始 処 理 プログラム %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/RuleCondition1.js %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/RuleCondition2.js %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/RuleCondition3.js フロー 定 義 分 岐 ルート[JavaEE 開 発 モデル] で 使 用 されている 分 岐 開 始 処 理 プログラム %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/rulecondition1.java %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/rulecondition2.java %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/rulecondition3.java [RuleCondition1]では 合 計 金 額 が 未 満 の 場 合 に 結 果 フラグに 成 功 (true)を 返 却 します [RuleCondition2]では 合 計 金 額 が 以 上 未 満 の 場 合 に 結 果 フラグに 成 功 (true)を 返 却 します [RuleCondition3]では 合 計 金 額 が 以 上 の 場 合 に 結 果 フラグに 成 功 (true)を 返 却 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 35

42 intra-mart プログラミングガイド リスナー 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowActvMatterDeleteListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowactvmatterdeletelistener.java [WorkflowActvMatterDeleteListener]では 下 記 の 2 つの 処 理 を 行 っています ユーザプリケーションのデータをテーブルから 削 除 する 申 請 時 に 登 録 したユーザアプリケーションのデータを 案 件 削 除 と 同 タイミングで 削 除 しています 案 件 プロパティを 削 除 する 申 請 時 に 案 件 プロパティに 登 録 した 合 計 金 額 を 案 件 プロパティから 削 除 しています 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowCplMatterDeleteListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowcplmatterdeletelistener.java [WorkflowCplMatterDeleteListener]では 次 の 処 理 を 行 っています 申 請 時 に 登 録 したユーザアプリケーションのデータを 案 件 削 除 と 同 タイミングで 削 除 しています 案 件 プロパティの 情 報 は 案 件 削 除 のタイミングで IM-Workflow モジュールが 自 動 的 に 削 除 しますの で 個 別 の 削 除 は 不 要 です Page 36 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

43 6 Appendix 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowArcMatterDeleteListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowarcmatterdeletelistener.java [WorkflowArcMatterDeleteListener]では 次 の 処 理 を 行 っています 申 請 時 に 登 録 したユーザアプリケーションのデータを 案 件 削 除 と 同 タイミングで 削 除 しています 案 件 プロパティの 情 報 は 案 件 削 除 のタイミングで IM-Workflow モジュールが 自 動 的 に 削 除 しますの で 個 別 の 削 除 は 不 要 です 案 件 退 避 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowMatterArchiveListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowmatterarchivelistener.java [WorkflowMatterArchiveListener]では 次 の 処 理 を 行 っています ユーザアプリケーションで 定 義 している 独 自 のテーブルの 更 新 処 理 を 行 っています 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 37

44 intra-mart プログラミングガイド 7 カスタマイズ 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 IM-Workflow で 提 供 する 各 処 理 ( 申 請 / 再 申 請 / 申 請 ( 未 申 請 )/ 一 時 保 存 / 処 理 / 確 認 ) 画 面 の 呼 び 出 し 時 に 呼 び 出 し 画 面 における 初 期 表 示 値 を 外 部 指 定 する 方 法 を 説 明 します 指 定 可 能 なパラメータ workflowopenpage タグの 内 部 に 下 記 パラメータを 記 述 することにより 呼 び 出 し 画 面 における 初 期 表 示 値 を 外 部 指 定 することが 可 能 です No パラメータ( 物 理 名 ) パラメータ( 論 理 名 ) 呼 び 出 し 画 面 側 の 動 作 対 象 呼 び 出 し 画 面 対 応 項 目 1 imwmattername 案 件 名 案 件 名 申 請 / 一 時 保 存 / 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 2 imwcomment コメント コメント すべて 3 imwforcedparamflag 強 制 パラメータフラグ 動 作 制 御 用 フラグ - また 下 記 のような 条 件 のとき imwforcedparamflag ( 強 制 パラメータフラグ)の 値 に"1"を 指 定 した 場 合 のみ 初 期 表 示 値 指 定 が 反 映 されます imwforcedparamflag ( 強 制 パラメータフラグ)の 値 に"1"を 指 定 しない 場 合 または imwforcedparamflag ( 強 制 パラメータフラグ)を 記 述 しない 場 合 は 登 録 されている 情 報 が 優 先 されます No 呼 び 出 し 画 面 条 件 1 申 請 一 時 保 存 からの 申 請 時 2 一 時 保 存 一 時 保 存 情 報 の 再 保 存 時 3 申 請 ( 起 票 案 件 ) - 4 再 申 請 - Page 38 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

45 7 カスタマイズ 実 装 例 サンプルとして 提 供 されている 物 品 購 買 の 申 請 書 において 申 請 画 面 で 入 力 される 品 名 を 案 件 名 に 備 考 ) を コメント に 初 期 表 示 する 例 です 下 記 のプログラムが 初 期 表 示 を 行 うための 処 理 が 記 述 されたプログラムとなります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply_display.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply_display.jsp 上 記 ファイルを 以 下 のファイル 名 に 変 更 し 上 書 き 保 存 することで 申 請 画 面 において 本 機 能 の 動 作 確 認 を 行 うことが 出 来 ます 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 39

46 intra-mart プログラミングガイド スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply.jsp 以 下 のような 処 理 を 記 述 することで 初 期 表 示 を 行 うことが 出 来 ます <html> <head> <imart type="imdesigncss" /> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> <script type="text/javascript"> function onclickopenpage(pagetype) { if (pagetype!= "1") { if(!inputcheck()) { return; } } document. workflowopenpageform.imwmattername.value = document. workflowopenpageform.item_name.value; document. workflowopenpageform.imwcomment.value = document. workflowopenpageform.item_comment.value; document. workflowopenpageform.imwforcedparamflag.value = "1"; } workflowopenpage(pagetype); </table> <input type="hidden" name="imwmattername" value=""> <input type="hidden" name="imwcomment" value=""> <input type="hidden" name="imwforcedparamflag" value=""> </imart> <imart type="form" name="backform" method="post" page=orequest.imwcalloriginalpagepath> <imart type="hidden" imwcalloriginalparams=orequest.imwcalloriginalparams /> </imart> </body> </html> Page 40 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

47 7 カスタマイズ 7.2 処 理 対 象 者 プラグインの 作 成 IM-Workflow の 各 ノードに 指 定 する 処 理 対 象 者 に 独 自 に 作 成 した 処 理 対 象 者 を 追 加 する 方 法 を 説 明 しま す IM-Workflow の 処 理 対 象 者 は プラグインという 形 で 機 能 を 拡 張 できるようになっています プラグインを 追 加 する 場 合 には 拡 張 ポイントに 応 じた 内 容 でプラグインの 実 装 を 作 成 し 対 象 の 拡 張 ポイントへ Plugin するための 設 定 ファイルを 記 述 します 拡 張 ポイントと プラグインの 関 係 は intra-mart WebPlatform / AppFramework の API である PluginManager によ って 管 理 されます そのため PluginManager について 理 解 しておく 必 要 があります PluginManager の 詳 細 については intra-mart WebPlaform / AppFramework デベロッパーズガイド を 参 照 ください 対 象 ノード 処 理 対 象 者 プラグインは ノードの 種 類 により extension point が 決 められています No ノード extension point 1 承 認 ( 1) jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve 2 承 認 ( 2) jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve.static 3 動 的 承 認 jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.dynamic 4 確 認 jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.confirm 1 前 ノードが 申 請 ノード または 承 認 ノード の 場 合 2 前 ノードが 申 請 ノード または 承 認 ノード 以 外 の 場 合 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 41

48 intra-mart プログラミングガイド サンプルの 説 明 サンプルで 提 供 する 処 理 対 象 者 プラグイン は 同 じくサンプルで 提 供 されている 物 品 購 買 の 画 面 と 連 携 して います 物 品 購 買 の 画 面 で 入 力 された 数 量 と 金 額 からの 合 計 金 額 により 次 の 承 認 者 を 決 定 します 具 体 的 には 合 計 金 額 により 1 万 円 未 満 課 長 1 万 円 以 上 かつ 5 万 円 未 満 部 長 5 万 円 以 上 社 長 と 処 理 対 象 者 に 役 職 が 割 り 当 てられます Page 42 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

49 7 カスタマイズ サンプルの 実 行 準 備 ここでは 承 認 ノードの 対 して 合 計 金 額 で 処 理 対 象 者 を 決 めるプラグインを 使 用 してみます 下 記 のファイルを 編 集 します %ServerManager%/plugin/ jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve/plugin.xml <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <plugin> <extension point="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve" > スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" version="7.2.0" rank="910" enable="true"> <configpage> <script pagepath="sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.030" /> </script> </configpage> <extend> <script file="sample/workflow/purchase/plugin/authority/ item_total/workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" version="7.2.0" rank="920" enable="true"> <configpage> <javaee applicationid="imw_sample_purchase" serviceid="authority_item_total"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.031" /> </javaee> </configpage> <extend> <java class="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> </extension> </plugin> 上 記 ファイルを 編 集 後 サーバを 再 起 動 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 43

50 intra-mart プログラミングガイド [ルート 定 義 ] 画 面 より 次 のようなルートを 作 成 します 承 認 ノードの 処 理 対 象 者 の 検 索 を 行 うと 下 記 のように 合 計 金 額 [Script] および 合 計 金 額 [JavaEE] が 表 示 さ れます 合 計 金 額 [Script] および 合 計 金 額 [JavaEE] は 実 装 方 法 ( 開 発 言 語 )の 違 いによるもので 処 理 内 容 に 関 しては 違 いが りません 合 計 金 額 [Script] または 合 計 金 額 [JavaEE] を 選 択 し ルートを 作 成 します 次 に [フロー 定 義 ] 画 面 より 上 記 で 作 成 したルート 定 義 を 使 用 したフロー 定 義 を 作 成 します この 時 コンテンツは サンプルで 提 供 されている スクリプト 開 発 モデル または JavaEE 開 発 モデル を 選 択 し てください Page 44 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

51 7 カスタマイズ サンプルの 実 行 サンプルの 実 行 準 備 で 作 成 したフロー 定 義 で 申 請 を 行 ないます 入 力 した 数 量 と 金 額 からの 合 計 金 額 により 承 認 ノードの 処 理 対 象 者 が 変 わることを 確 認 します [ 処 理 済 ] 一 覧 画 面 より 申 請 を 行 った 案 件 のフローを 参 照 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 45

52 intra-mart プログラミングガイド 合 計 金 額 が 1 万 円 未 満 の 場 合 合 計 金 額 が 1 万 円 以 上 かつ 5 万 円 未 満 の 場 合 合 計 金 額 が 5 万 円 以 上 の 場 合 合 計 金 額 により 処 理 対 象 者 が 違 うことを 確 認 します Page 46 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

53 7 カスタマイズ 処 理 対 象 者 プラグインについて 処 理 対 象 者 プラグインを 作 成 するには 次 の 3 ファイルを 作 成 する 必 要 があります plugin.xml plugin.xml は PluginManager によって 管 理 されるファイルです 詳 細 は PluginManager のドキュメントを 参 照 ください <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <plugin> <extension point="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve" > </extension> </plugin> <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" version="7.2.0" rank="910" enable="true"> <configpage> <script pagepath="sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.030" /> </script> </configpage> <extend> <script file="sample/workflow/purchase/plugin/authority/i tem_total/workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" version="7.2.0" rank="920" enable="true"> <configpage> <javaee applicationid="imw_sample_purchase" serviceid="authority_item_total"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.031" /> </javaee> </configpage> <extend> <java class="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 47

54 intra-mart プログラミングガイド 処 理 対 象 者 プラグインで 重 要 になるのは 下 記 の 要 素 です <extension point> 処 理 対 象 者 プラグインを 差 し 込 むノードの 種 類 によ り <extension point>が 変 わります 差 し 込 みたいノードの<extension point>を 指 定 しま す <configpage> <script pagepath> <configpage>は [ルート 定 義 ] 画 面 において ノード に 設 定 する 処 理 対 象 者 の 一 覧 画 面 から 処 理 対 象 者 プラグインが 選 択 されたときに 呼 ばれるプログラムで す <javaee applicationid serviceid> このプログラムは スクリプト 開 発 モデルおよび JavaEE 開 発 モデルで 記 述 することが 可 能 です スクリプト 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は <script pagepath>にパスを 指 定 します JavaEE 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は applicationid および serviceid を 指 定 します < extend > <script file> < extend > に 指 定 するプラグラムは 処 理 対 象 者 を 決 定 するプログラムとなります <java class> このプログラムは スクリプト 開 発 モデルおよび JavaEE 開 発 モデルで 記 述 することが 可 能 です スクリプト 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は <script file>にパスを 指 定 します JavaEE 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は <java class>にパッケージを 指 定 します Page 48 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

55 7 カスタマイズ サンプルは 下 記 のようになります 承 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve/ plugin.xml 承 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.static/ plugin.xml 動 的 承 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.dynamic/ plugin.xml 確 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.confirm/ plugin.xml 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 49

56 intra-mart プログラミングガイド <configpage>に 指 定 するプログラム [ルート 定 義 ] 画 面 において ノードに 設 定 する 処 理 対 象 者 の 一 覧 画 面 から 処 理 対 象 者 プラグインが 選 択 された ときに 呼 ばれるプログラムです 選 択 された 対 象 者 プラグインの 情 報 を [ルート 定 義 ] 画 面 に 引 き 渡 します サンプルプログラムは 下 記 のようになります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/ pages/src/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig.html %ResourceService%/ pages/src/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>authority_item_total</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.controller.service.itemtotalconfigservicecontroller</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.controller.service.itemtotalconfigtransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig.jsp</page-path> </next-page> </service> Page 50 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

57 7 カスタマイズ < extend >に 指 定 するプログラム 処 理 対 象 者 を 決 定 する 際 に 実 行 されるプログラムとなります ここで 指 定 するプログラムには 次 の3つのメソッドを 実 装 する 必 要 があります execute メソッド 処 理 対 象 者 を 取 得 するメソッド 概 要 gettargetuserlist 対 象 のノードに 案 件 が 到 達 したときに 実 行 されます 処 理 対 象 ユーザの 一 覧 を 取 得 するメソッド getdisplayname [ 案 件 操 作 ]-[ノード 編 集 ] 画 面 の 状 況 確 認 ボタン 押 下 時 に 表 示 さ れる[ 対 象 者 状 況 確 認 ] 画 面 で 使 用 されます 処 理 対 象 者 プラグインの 名 称 を 取 得 するメソッド プラグインの 名 称 を 表 示 するため 使 用 されます サンプルプログラムは 下 記 のようになります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/ pages/src/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/ WorkflowAuthorityExecEventListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/jp/co/intra_mart/sample/ workflow/purchase/plugin/authority/item_tota/workflowauthorityexeceventlistener.java 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 51

58 intra-mart プログラミングガイド 7.3 IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 IM-Workflow クローラ 実 行 時 に アプリケーションデータを 同 時 にインデックスします サンプルとして 提 供 されている 物 品 購 買 の 申 請 書 において アプリケーションデータである 品 名 を 追 加 登 録 するサンプルを 示 します IM-Workflow クローラ 登 録 文 書 追 加 リスナー %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowcrawlingaddlistener.java /** * 登 録 文 書 に 物 品 購 買 のアプリケーションデータ 品 名 を 追 加 します * inputdoc 入 力 文 書 logingroupid ログイングループID localeid ロケールID systemmatterid システム 案 件 ID userdataid ユーザデータID SolrCrawlerException リスナー 処 理 で 例 外 が 発 生 した 場 合 */ public void adddocumentinfo(intramartsolrinputdocument inputdoc, String logingroupid, String localeid, String systemmatterid, String userdataid) throws SolrCrawlerException { try { // 1 引 数 のパラメータ 情 報 から 該 当 の 購 買 情 報 を 取 得 する SessionInfo sessioninfo = AccessSecurityManager.getInstance().getSessionInfo(); ConfigurationUserInfo userinfo = new ConfigurationUserInfo(); userinfo.setuserid(sessioninfo.getuser()); userinfo.setlogingroupid(logingroupid); EventManager eventmanager = EventManager.getEventManager(); SelectEvent selectevent = (SelectEvent)eventManager. createevent("imw_sample_purchase", "select", userinfo); selectevent.setuserdataid(userdataid); SelectEventResult eventresult = (SelectEventResult)eventManager.dispatch(selectEvent, true); // 2この 案 件 情 報 が 追 加 対 象 となるかの 判 定 を 行 う if (eventresult.getmodelobject() == null) { return; } // 3 引 数 の 文 書 登 録 用 オブジェクトに アプリケーションデータを 設 定 する (NULL 値 の 設 定 不 可 ) // 1. テキストフィールドに 品 名 を 追 加 inputdoc.addtext(eventresult.getmodelobject().getitemname()); // 2. ダイナミックフィールドに 品 名 を 追 加 inputdoc.addfield("item_name_string", eventresult.getmodelobject().getitemname()); // 文 書 種 別 の 追 加 ( 親 文 書 種 別 imw > purchase とする) inputdoc.addtype("purchase"); } } catch (Exception e) { throw new SolrCrawlerException(e.getMessage(), e); } Page 52 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

59 7 カスタマイズ 業 務 テンプレート %ApplicationRuntime%/doc/imart/ sample/workflow/purchase/solr/purchase_template.jsp サンプルプログラムを 動 作 させるには 下 記 のファイルに %Server Manager%/conf/ system-install.xml 以 下 の 設 定 を 記 述 します <listener> <imwcrawler-add-listener> <listener-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.listener.workflowcrawlingaddlistener</listener-class> </imwcrawler-add-listener> </listener> 下 記 のファイルに %Server Manager%/conf/ solr-display-config_imw.xml 以 下 の 設 定 を 記 述 します <document> <document-type id = "purchase"> <parent-document-type>imw</parent-document-type> <display-string-key>sample.imw.cap.012</display-string-key> <templete-url>sample/workflow/purchase/solr/purchase_template.jsp</templete-url> <require-fields> <field name="matter_number_string"/> <field name="flow_name_string"/> <field name="item_name_string"/> </require-fields> </document-type> </document> リスナで アプリケーションデータを 登 録 していない 場 合 リスナで アプリケーションデータを 登 録 した 場 合 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 53

60 intra-mart プログラミングガイド 7.4 画 面 入 力 情 報 の 保 持 申 請 画 面 一 時 保 存 画 面 申 請 ( 起 票 案 件 ) 画 面 再 申 請 画 面 処 理 画 面 確 認 画 面 において 閉 じる リンク によって 各 画 面 を 閉 じた 後 に 画 面 の 再 表 示 を 行 ったとき 入 力 内 容 を 保 持 した 状 態 で 画 面 表 示 されます 当 機 能 の 仕 様 概 要 は 以 下 の 通 りです 各 処 理 画 面 の 閉 じる リンク 押 下 時 に 呼 出 元 ユーザコンテンツ 中 の 画 面 呼 出 用 タグライブラリによって 生 成 された FORM に 対 して imwworkflowparams というパラメータ 名 の hidden タグを 追 加 し そこに 入 力 情 報 を 格 納 再 度 画 面 表 示 した 際 にリクエストパラメータとして imwworkflowparams が 含 まれている 場 合 画 面 の 初 期 表 示 処 理 で 保 持 情 報 による 復 元 表 示 を 実 行 リクエストパラメータの 受 け 渡 しによって 入 力 情 報 再 表 示 が 行 われるため ユーザコンテンツが 単 一 画 面 構 成 の 場 合 は 意 識 する 必 要 がありませんが 複 数 画 面 で 構 成 されている 場 合 は 以 下 対 応 が 必 要 です 各 処 理 画 面 を 閉 じてからユーザコンテンツ 間 の 画 面 遷 移 が 行 われ その 後 入 力 内 容 を 保 持 した 状 態 で 各 処 理 画 面 の 再 表 示 を 行 う 必 要 がある 場 合 imwworkflowparams パラメータをユーザコンテンツ 間 で 引 き 回 し 各 処 理 画 面 表 示 用 のタグライブラリの Body コンテンツ 内 に imwworkflowparams パラメータを hidden タグで 明 示 的 に 記 述 してください < ユーザコンテンツ 複 数 画 面 構 成 での 実 装 イメージ > ユーザコンテンツ 画 面 ( 入 力 ) 2 ユーザコンテンツ 間 で imwworkflowparams パラメータを 引 き 回 してください ユーザコンテンツ 画 面 ( 確 認 ) 1 閉 じる リンク 押 下 時 に imwworkflowparams パラメータが 処 理 画 面 呼 出 用 FORMにセットされます 3 処 理 画 面 呼 出 用 FORMの パラメータとして imwworkflowparams をセットしてください 処 理 画 面 Page 54 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

61 7 カスタマイズ 7.5 呼 び 出 し 画 面 からのコールバック 関 数 の 指 定 申 請 画 面 一 時 保 存 画 面 申 請 ( 起 票 案 件 ) 画 面 再 申 請 画 面 処 理 画 面 確 認 画 面 において 閉 じる リンク によって 各 画 面 を 閉 じる 際 のコールバック 関 数 として 呼 出 元 のユーザコンテンツ 画 面 の 関 数 を 実 行 する 方 法 に ついて 説 明 します 実 装 例 サンプルとして 提 供 されている 物 品 購 買 の 申 請 書 において GreyBox で 表 示 される 申 請 画 面 の 閉 じる 処 理 が 実 行 された 際 に 物 品 購 買 の 申 請 書 で 定 義 された 関 数 をコールバック 関 数 として 実 行 する 例 です 下 記 のプログラムが コールバック 関 数 の 実 行 を 行 うための 処 理 が 記 述 されたプログラムとなります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply_callback.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply_callback.jsp 上 記 ファイルを 以 下 のファイル 名 に 変 更 し 上 書 き 保 存 することで 申 請 画 面 において 本 機 能 の 動 作 確 認 を 行 うことが 出 来 ます スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply.jsp 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 55

intra-mart Accel Platform — IM-Workflow プログラミングガイド   第16版 2016-08-01  

intra-mart Accel Platform — IM-Workflow プログラミングガイド   第16版 2016-08-01   intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第 6 版 06-08-0 Copyright 0 NTT DATA INTRAMART CORPORATION Top 目 次 intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第 6 版 06-08-0. 改 訂 情 報. はじめに.. 目 的.. 前

More information

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin IM- 社 内 便 ver7.2 リリース ノート 第 2 版 2016/06/02 1. はじめに (1) IM- 社 内 便 が 動 作 するには intra-mart WebPlatform / AppFramework Ver.7.2(パッチ 3) 以 上 ワークフロー 連 携 を 行 うには intra-mart WebPlatform / AppFramework advanced 以

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編)

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編) intra-mart EX 申 請 システム Ver.7.2 操 作 説 明 書 (システム 利 用 者 編 ) 第 三 版 2014 年 4 月 23 日 株 式 会 社 NTT データイントラマート > 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2011/2/28 初 版 2011/10/3 第 二 版 メッセージ 一 覧 のワーニングメッセージを 追 記 しました 2014/4/23

More information

IM-Annotation for Accel Platform — 操作ガイド   第3版 2015-08-01  

IM-Annotation for Accel Platform — 操作ガイド   第3版 2015-08-01   Copyright 2014 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 IM-Annotation for Accel Platform 操 作 ガイド 第 3 版 2015-08-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 2.1. 本 書 の 位 置 づけ 3. 各 部 の 名 称 3.1. フォーム 編 集 画 面 3.2. アプリケーション 実 行 画

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

Microsoft Word - class_specification_guide_v60.doc

Microsoft Word - class_specification_guide_v60.doc IM-FormatCreator クラス 指 定 手 順 書 Ver 6.0 IM-FormatCreator i 1 はじめに 1 1.1 目 的 1 2 プログラムの 作 成 2 2.1 ファンクション コンテナ(.JS)の 作 成 2 2.2 プレゼンテーションページ(.HTML)の 作 成 3 3 クラス 指 定 項 目 の 設 定 5 3.1 クラス 指 定 設 定 画 面 5 3.2 クラスパス

More information

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第2版 2014-04-01  

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第2版 2014-04-01   Copyright 2012 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel Platform 外 部 ソフトウェア 接 続 モジュール 仕 様 書 第 2 版 2014-04-01 改 訂 情 報 はじめに 本 書 の 目 的 対 象 読 者 本 書 の 構 成 概 要 外 部 ソフトウェア 接 続 モジュールとは 仕 様 外 部

More information

intra-mart Microsoft® Office 連携ソリューション

intra-mart Microsoft® Office 連携ソリューション intra-mart Microsoft Office 連 携 ソリューション Ver.7.0 VSTO 開 発 支 援 ガイド 2009/08/25 初 版 変 更 年 月 日 2009/8/25 初 版 > 変 更 内 容 本 書 の 目 的 本 書 は Visual Studio Tools for Office 開 発 者 が 2007 Microsoft Office

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル ファイル 管 理 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに 以 下 の POWER EGG のファイル 管 理 機 能 に 関 する 操 作 を 説 明 しま す なお 当 マニュアルでは ファイル 管 理 機

More information

IM-Workflow

IM-Workflow IM-Workflow Ver.7.2 英語コンテンツセットアップガイド 2012/10/31 第 2 版 > 変更年月日変更内容 2010/10/29 初版 2012/10/31 第 2 版 4.2 IM-Workflow の初期データインポートを行った後に IM-Workflow 英語コンテンツ をインストールした場合 に追記しました 目次 > 1 はじめに...1

More information

スライド 1

スライド 1 Dynamo Inventory Manager. 使 い 方 ガイド 本 社 ご 担 当 者 様 向 け Release :009/0/ Copyright 008-009, DYNAMO CO.,LTD. All Rights Reserved. INDEX はじめに-----------------------------------------------------------------------------------------------

More information

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk SkyVisualEditorスタートアップガイド 2015 Terrasky Co., Ltd. All Rights Reserved. はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション D8-1 カスタマーリングス コンバージョン 取 得 資 料 株 式 会 社 プラスアルファ コンサルティング カスタマーリングス 事 業 部 0 コンバージョン 取 得 機 能 概 要 カスタマーリングスから 送 信 したメールを 経 由 して 商 品 を 購 入 したお 客 様 の 購 買 情 報 などを コンバージョンとして 自 動 的 にカスタマーリングスに 取 り 込 むことができます 個

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 共 通 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word Internet

More information

brick - パラメータ付きURL生成マニュアル

brick - パラメータ付きURL生成マニュアル パラメータ 付 きURL 生 成 使 い 方 ガイド 2015.02 2015 TechLoCo, Inc. All Rights Reserved. 目 次 URL 作 成 フォーム P 3 CSVアップロード P 8 生 成 URL 一 覧 P 14 生 成 履 歴 P 18 2015 TechLoCo, Inc. All Rights Reserved. 2 URL 作 成 フォーム 2015

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

ハピタス のコピー.pages

ハピタス のコピー.pages Copyright (C) All Rights Reserved. 10 12,500 () ( ) ()() 1 : 2 : 3 : 2 4 : 5 : Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All

More information

Copyright 2008 All Rights Reserved 2

Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 1 Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 3 Copyright 2008 All Rights Reserved 4 Copyright 2008 All Rights Reserved 5 Copyright 2008 All

More information

SILAND.JP テンプレート集

SILAND.JP テンプレート集 i-vote ユーザ 操 作 手 順 書 ~ 立 候 補 申 請 編 ~ 第 1.0 版 作 成 日 2016 年 1 月 26 日 最 終 更 新 日 2016 年 1 月 26 日 1 / 24 Copyright 2016 MEC Corporation. All right Reserved 改 版 履 歴 版 数 日 付 改 版 内 容 1.0 2016/01/26 新 規 作 成 2 /

More information

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する GP-Webシステム 購 入 先 様 用 基 本 操 作 説 明 書 2011 年 12 月 29 日 パナソニック 株 式 会 社 コーポレート 情 報 システム 社 0 目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション グーグル アナリティクス 操 作 設 定 ガイド Google Analytics 0 年 8 月 現 在 版 お 問 い 合 せはこちらまで カゴラボサポートセンター 00-7- ( 携 帯 電 話 からは 098-- ) E-mail : support@cagolab.jp 受 付 時 間 : 平 日 0:00~:00/:00~8:00 ( 祝 祭 日 及 び 弊 社 休 業 日 を 除 く)

More information

IM-Workflow

IM-Workflow IM-Workflow Version 7.2 リリース ノート 2016/01/08 第 17 版 1 はじめに 1. 本 ドキュメントは 本 製 品 固 有 の 要 件 を 記 載 しています 以 下 に 記 載 のないものは 全 て intra-mart WebPlatform/ AppFramework の 要 件 に 準 じます 2. 本 製 品 を 使 用 するには intra-mart

More information

品質定義

品質定義 e Builder Ver.7.2 Application Producer チュートリアル 導 入 編 アーキテクチャとその 使 い 方 初 版 2010/06/30 2009 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 2010/6/30 2010 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 更 新 履 歴 変 更 年 月 日 2010/06/30 初 版 変

More information

目 次 1. 概 要 2.サーバーへの 設 置 3. 設 定 4.ユーザーアクセス 記 録 の 収 集 5. 制 限 解 除 キー 6. 利 用 規 定 7. 更 新 履 歴

目 次 1. 概 要 2.サーバーへの 設 置 3. 設 定 4.ユーザーアクセス 記 録 の 収 集 5. 制 限 解 除 キー 6. 利 用 規 定 7. 更 新 履 歴 BASIC 認 証 管 理 L-TOOL BasicAuth (ver 2.2) 取 扱 説 明 書 Little Net http://l-tool.net/ - 2015 年 7 月 22 日 版 - 目 次 1. 概 要 2.サーバーへの 設 置 3. 設 定 4.ユーザーアクセス 記 録 の 収 集 5. 制 限 解 除 キー 6. 利 用 規 定 7. 更 新 履 歴 1. 概 要 この

More information

もくじ

もくじ メルマガ 管 理 機 能 マニュアル 2016/7/4 株 式 会 社 ビズクリエイト 目 次 1. メルマガ 配 信 手 順... 3 2. メルマガ 作 成... 4 新 規 メルマガを 作 成 する... 4 3. メルマガ 一 覧... 8 作 成 したメルマガを 一 覧 で 確 認 する... 8 メルマガの 基 本 設 定 を 確 認 変 更 する... 9 メルマガの 基 本 設 定

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

Microsoft PowerPoint - SCkenkyukai2012tanaka.mshr.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - SCkenkyukai2012tanaka.mshr.ppt [互換モード] 利 用 者 のブラウザ 操 作 をWebサービス 化 するための 開 発 最 適 化 支 援 環 境 株 式 会 社 富 士 通 研 究 所 田 中 昌 弘 目 次 背 景 Webサービスを 追 加 開 発 にコストがかかる 課 題 関 連 研 究 利 用 者 のブラウザ 操 作 からWebサービスを 自 動 生 成 する 手 法 提 案 手 法 利 用 者 のブラウザ 操 作 から 不 要 な 通

More information

スライド 1

スライド 1 ログイン 登 録 確 認 編 集 Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 1 ログイン Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 2 1 パソコンのWEBブラウザから 下 記 URLに 接 続 してください https://www.kintai-ebisu.com/koara-series/

More information

4.5. < 参 加 表 明 書 を 提 出 する> 調 達 案 件 一 覧 の 表 示 対 象 となる 案 件 を 検 索 し 調 達 案 件 一 覧 に 表 示 させます 参 加 したい 案 件 の 調 達 案 件 名 称 行 - 入 札 参 加 資 格 確 認 申 請 / 技 術 資 料 /

4.5. < 参 加 表 明 書 を 提 出 する> 調 達 案 件 一 覧 の 表 示 対 象 となる 案 件 を 検 索 し 調 達 案 件 一 覧 に 表 示 させます 参 加 したい 案 件 の 調 達 案 件 名 称 行 - 入 札 参 加 資 格 確 認 申 請 / 技 術 資 料 / 目 次... 4-46 4.5. < 参 加 表 明 書 を 提 出 する>... 4-46 4.5.2 < 参 加 表 明 書 受 付 票 を 表 示 する>... 4-55 4.5.3 < 選 定 通 知 書 ( 非 選 定 通 知 書 )を 表 示 する>... 4-58 4.5.4 < 技 術 提 案 書 を 提 出 する>... 4-6 4.5.5 < 技 術 提 案 書 受 付 票 を

More information

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Air-Web) になります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 します コン

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Air-Web) になります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 します コン ベリトランス 決 済 サービス W elcart クレジット 決 済 運 用 マニュアル Ver.1.0.0 2016 年 7 月 1 日 コルネ 株 式 会 社 目 次 特 徴 と 注 意 点... 2 申 込 方 法... 3 設 定 方 法... 4 ベリトランス 決 済 の 設 定... 4 クレジットカード 決 済... 5 コンビニ 決 済... 5 支 払 方 法 登 録... 6 接

More information

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初 お 客 様 各 位 FusionPlace 1.7.0 リリースのご 案 内 2012 年 8 月 22 日 有 限 会 社 ウォーターマーク アプリケーションズ 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 を 申 し 上 げます 本 日 FusionPlace の 新 バージョン 1.7.0 をリリース 致 しましたことをお 知 らせ 申 し 上 げます 記 1. ご 提 供 方

More information

Microsoft PowerPoint - 2016_2b-DOM.pptx

Microsoft PowerPoint - 2016_2b-DOM.pptx < 練 習 2-11> DOMの 空 白 ノード 2_nodeVisit の 実 行 結 果 ( 前 ページ)から,HTML をルート 要 素 とするDOMの 木 構 造 を 示 しなさい ただし, 空 白 ノードは 空 白,その 他 のテキストノードは テキスト とすること HTML DOMによる 文 書 データの 参 照 と 変 更 DOMツリー 内 のノード 参 照 相 対 位 置 によるノード

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル グループウェア編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル グループウェア編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル グループウェア 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに POWER EGG のグループウェア 機 能 に 関 する 操 作 を します 当 マニュアルでは グループウェア 機 能 に 関 する のみ 行 います

More information

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者 操 作 マニュアル 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 第 0.1 版 目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報

More information

目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書 類 の 取 得 75ページ お 問 い

目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書 類 の 取 得 75ページ お 問 い 概 算 保 険 料 の 申 告 ( 継 続 ) 手 続 電 子 申 請 操 作 マニュアル 平 成 28 年 4 月 1 日 Ver.1.3 目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 確 定 申 告 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3

目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3 IT s class. 学 生 操 作 マニュアル 明 治 学 院 大 学 情 報 センター 目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3 レポート

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i J-STAGE 操 作 マニュアル 資 料 情 報 の 各 種 設 定 変 更 方 法 < 第 1.01 版 > 平 成 27 年 12 月 国 立 研 究 開 発 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像

More information

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc データベースアクセスコンポーネント 1. 概 要 データベースアクセスコンポーネントとは SQL データベースにアクセスして SQL 文 を 実 行 することによりデータベース 検 索 を 行 う 機 能 を 提 供 するコ ンポーネントです また データベースアクセスコンポーネントでは データベースの 構 成 情 報 接 続 情 報 エラー 情 報 等 を 取 得 することも 可 能 です デ ータベースアクセスコンポーネントは

More information

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有 Web 電 話 帳 アプリ Android ユーザガイド 050 plus for Biz 4.1 版 平 成 28 年 6 月 20 日 NTT コミュニケーションズ 株 式 会 社 目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類.........

More information

スライド 1

スライド 1 リストファインダー ご 紹 介 資 料 Copyright Innovation Inc. All rights reserved. 1 リストファインダーとは WEBサイトに 来 訪 している 企 業 個 人 を 可 視 化 して ニーズの 高 い 見 込 み 顧 客 リストを 作 成 するマーケティングツール 法 人 営 業 BtoBマーケティングで450 社 の 導 入 実 績 Copyright

More information

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお page. 1 シマツ 株 式 会 社 page. 1 page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお 掛 けし 続 けてきました 申 し 訳 けございません

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

Microsoft Word - So-Cool_CART_Pamphlet.doc

Microsoft Word - So-Cool_CART_Pamphlet.doc So-Cool CART COPYRIGHT 2008 Japan Area Code TV Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED. も く So-Cool CART と? 3 商 品 ページを 自 由 設 計 可 4 豊 富 な 商 品 ページ 埋 込 み タグ 5 複 数 店 舗 運 営 が 可 7 安 心 簡 単 なクレジットカード 決 済 8 流 行 電 子 マネーEdy

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179967B95D2817A93C18EEA8ED497BC83498393838983438393905C90BF835683588365838091808DEC837D836A83858341838B816082B182EA82A982E783498393838983438393905C90BF82F08E6E82DF82E782EA82E995FB82D6816032303

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179967B95D2817A93C18EEA8ED497BC83498393838983438393905C90BF835683588365838091808DEC837D836A83858341838B816082B182EA82A982E783498393838983438393905C90BF82F08E6E82DF82E782EA82E995FB82D6816032303 本 編 特 殊 車 両 オンライン 申 請 システム 操 作 マニュアル ~これからオンライン 申 請 を 始 められる 方 へ~ 公 益 社 団 法 人 全 日 本 トラック 協 会 輸 送 事 業 部 Ver,06-06 目 次. オンライン 申 請 とは 何 か? 申 請 をはじめる 準 備 について. 申 請 書 情 報 の 入 力 3. FD 読 み 込 み 方 法 4. 積 載 貨 物

More information

report for biz 顧客分析レポートAPI ver 1.00 仕様書

report for biz 顧客分析レポートAPI ver 1.00 仕様書 report for biz API 仕 様 書 顧 客 分 析 レポート API ver1.00 技 研 商 事 インターナショナル 株 式 会 社 作 成 日 :2015/06/24 改 訂 履 歴 改 訂 履 歴 日 付 バージョン 更 新 内 容 2015/06/24 1.00 初 版 第 1 章 概 要... 4 1 本 サービスのコンセプト... 4 1-1 r4b(report 4 biz)とは...

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2016 年 1 月 インターネット 出 願 手 引 き ( 登 録 内 容 修 正 顔 写 真 登 録 ) 目 次 1.ログイン (1)ログイン 手 順 2 (2)パスワード 変 更 ( 初 回 ) 3 2. 出 願 申 請 進 行 状 況 確 認 (1)トップ 画 面 4 (2) 科 目 申 請 修 正 5 (3) 出 願 科 目 申 請 状 況 照 会 9 (4) 顔 写 真 登 録 10 3.パスワードの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074> 付 録 アプリケーションへの 代 表 的 攻 撃 (SQL)インジェクション データベースを 利 用 するアプリケーションに 対 して 外 部 からの 入 力 で 不 正 に データベースを 操 作 参 照 する 手 法 入 力 がSQL 以 外 のシステムのコマンド 等 として 処 理 される 場 合 に それらを 利 用 する コマンドインジェクションなども 類 似 の 攻 撃 パラメータ 改

More information

So-Cool CART マニュアル

So-Cool CART マニュアル So-Cool CART Ver..0 補 足 資 料 : 埋 め 込 み 機 能 タグ 一 覧 COPYRIGHT 008 Japan Area Code TV Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED. 埋 め 込 み 機 能 タグの 設 置 準 備 埋 め 込 み 機 能 タグ 商 品 ページに [カートに 入 れる]ボタン や 商 品 検 索 フォーム などの 機 能 を 埋

More information

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win8__リモート設定手順書_20140502

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win8__リモート設定手順書_20140502 セキュアカメラクラウドサービス リモート 接 続 設 定 順 書 Windows 8 版 Ver1.0 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ Copyright 2014 NTT PC Communications Incorporated, All Rights Reserved. 次 1. はじめに... 2 2. 実 施 前 ご 確 認 事 項... 2 3. VPN 接 続 設

More information

アスラテック株式会社 会社案内

アスラテック株式会社 会社案内 JavaScript SDK for V-Sido CONNECT 利 用 の 手 引 き Mac 編 アスラテック 株 式 会 社 目 次 1. はじめに 1-1. 本 マニュアルの 概 要 p.3 1-2. 使 用 する 機 材 など p.4 1-3. 各 機 器 の 接 続 構 成 と 開 発 イメージ p.5 2. 初 期 設 定 とVSidoConn4Macの 導 入 2-1. Bluetoothのペアリング

More information

日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2

日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2 オープンデータマップ (SVG 地 図 操 作 用 スクリプト) デモ コンテンツ 操 作 ガイド 1 日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2 目 次 1. デモ コンテンツ 操 作 ガイド... 4 Google Chrome の 設 定... 4 コンテンツのロード... 4 アイコン 等 について... 5 POIの 設 定... 7 POI を CSV

More information

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6 Ver.30 証 明 書 発 行 マニュアル Mozilla Firefox 0 年 月 6 日 セコムトラストシステムズ 株 式 会 社 Copyright 0 SECOM Trust Systems CO.,LTD. All Rights Reserved i Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8

More information

bmobilized 操 作 マニュアル Ver.0404 目 次 ログインパスワードの 設 定 変 更... カスタマイズページへのログイン... ダッシュボード... 4 ツールの 基 本 操 作... 5 編 集 プラグイン... 6 電 話 をかける プラグイン... 6 編 集 コンテンツ

bmobilized 操 作 マニュアル Ver.0404 目 次 ログインパスワードの 設 定 変 更... カスタマイズページへのログイン... ダッシュボード... 4 ツールの 基 本 操 作... 5 編 集 プラグイン... 6 電 話 をかける プラグイン... 6 編 集 コンテンツ 操 作 マニュアル 04/04 株 式 会 社 インターアローズ bmobilized 操 作 マニュアル Ver.0404 目 次 ログインパスワードの 設 定 変 更... カスタマイズページへのログイン... ダッシュボード... 4 ツールの 基 本 操 作... 5 編 集 プラグイン... 6 電 話 をかける プラグイン... 6 編 集 コンテンツ 選 択... 8 編 集 デザイン...

More information

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 5 回 基 本 編 ~ Salesforceで 見 積 作 成 画 面 を 作 成 しよう 2014 年 9 月 16 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 Salesforceで 見 積 画

More information

What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私 ) ぜひ 名 前 を 覚 えていってくださ

What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私 ) ぜひ 名 前 を 覚 えていってくださ HeartRails APIs for MA5 ハートレイルズの 提 供 API について http://www.heartrails.com/ What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?.

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?. よこしん 外 為 インターネットバンキング 基 本 操 作 編 最 終 更 新 日 :2014 年 12 月 25 日 目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?...

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 問 い 合 せフォームを 作 成 する Copyright Diverta inc. All right reserved. 1 目 次 1. 管 理 画 面 の 説 明 1-1 問 い 合 わせモジュールとは 1-2 機 能 概 要 1-3 基 本 設 定 1-3-1 基 本 設 定 - 管 理 画 面 のアクセス 制 限 - 1-3-2 基 本 設 定 -メール 設 定 - 2. 問 い 合 わせフォームを

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved.

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. - 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 2-3 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 70-4 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. ...1...3...7...8 1...9...14...16 2...18...20...21 3...22...23...23...24

More information

Enterprise Architect8.0機能ガイド

Enterprise Architect8.0機能ガイド Enterprise Architect 8.0 feature guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect8.0 機 能 ガイド (2010/4/16 最 終 更 新 ) Copyright (c) 2010 SparxSystems Japan 1 このドキュメントでは Enterprise Architect8.0 で 追 加 改 善 される

More information

平成21年5月26日

平成21年5月26日 電 納 ASPer 簡 易 マニュアル Ver5. 株 式 会 社 建 設 総 合 サービス ( 西 日 本 建 設 業 保 証 グループ) TEL : 06-65-8 FAX : 06-65-86 mail : office@wingbeat.net 目 次.システムへのログイン P. 総 工 事 一 覧 メニュー P. 各 工 事 サイト P5.ワークフローの 設 定 P6 5. 工 事 打 合

More information

操 作 の 手 順 : 個 人 住 民 税 一 括 納 付 / 新 規 依 頼 修 正 複 写 個 人 住 民 税 一 括 納 付 メニュー 個 人 住 民 税 一 括 納 付 新 規 依 頼 修 正 複 写 依 頼 / 委 託 者 情 報 入 力 (P100) 依 頼 修 正 / 委 託 者 情

操 作 の 手 順 : 個 人 住 民 税 一 括 納 付 / 新 規 依 頼 修 正 複 写 個 人 住 民 税 一 括 納 付 メニュー 個 人 住 民 税 一 括 納 付 新 規 依 頼 修 正 複 写 依 頼 / 委 託 者 情 報 入 力 (P100) 依 頼 修 正 / 委 託 者 情 5-1 個 人 住 民 税 一 括 納 付 新 規 依 頼 5-2 個 人 住 民 税 一 括 納 付 修 正 取 下 取 消 5-3 個 人 住 民 税 一 括 納 付 複 写 5-4 個 人 住 民 税 一 括 納 付 詳 細 5-5 個 人 住 民 税 一 括 納 付 アップロード 5-6 アップロード 一 覧.. 100.. 105.. 107.. 109.. 110.. 111 97 操

More information

クーポン販売かんたんインストールガイド

クーポン販売かんたんインストールガイド インストールガイド 目 次 セットアップの 流 れ... 3 シリアル 番 号 の 登 録... 4 M2Plus 会 員 に 登 録 していない 方... 4 すでに M2Plus 会 員 の 方... 6 M2Plus Launcher のダウンロード... 7 ipod touch/iphone/ipad から 直 接 ダウンロードする 場 合... 7 コンピュータからダウンロードする 場

More information

高知大学 学生用

高知大学 学生用 高 知 大 学 学 生 用 moodle2 moodle(ムードル)は Web を 通 じて 利 用 する 授 業 サポートのシステムです 学 生 ユーザは 参 加 している 科 目 (コース)の 授 業 コンテンツを 使 って 受 講 ( 活 動 ) することができます ご 利 用 の 推 奨 ブラウザ Internet Explorer 8 以 上 Firefox 4 以 上 Google Chrome

More information

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1 商 工 中 金 外 為 Web 為 替 予 約 サービス ご 利 用 マニュアル 1ログイン 編 Ver.1.2 2015 年 3 月 - 1 - 目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3

More information

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 19 年 7 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 1. 提

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

「1 所得税及び復興特別所得税の確定申告書データをお持ちの方」からの更正の請求書・修正申告書作成編

「1  所得税及び復興特別所得税の確定申告書データをお持ちの方」からの更正の請求書・修正申告書作成編 既 に 提 出 した 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 の 申 告 額 に 誤 り があった 場 合 で 納 める 税 金 が 多 すぎた 場 合 や 還 付 される 税 金 が 少 なす ぎた 場 合 に 提 出 する 更 正 の 請 求 書 や 申 告 をした 税 額 等 が 実 際 より 少 な すぎた 場 合 や 還 付 される 税 金 が 多 すぎた 場

More information

大見出し

大見出し トラッキング 設 定 方 法... 2 申 込 者 アクセス 情 報 をトラッキングする... 2 トラッキングタグを 設 定 する... 5 アクセスログのメール 通 知 設 定 する... 7 マーケティングプラットフォームユーザーマニュアル トラッキング 設 定 方 法 申 込 者 アクセス 情 報 をトラッキングする マーケティングプラットフォームや 自 社 のWebサイトにアクセス 解 析

More information

スライド 1

スライド 1 CSVファイルによる 利 用 者 情 報 設 定 ガイド NTTレゾナント( 株 ) ビジネスgoo 事 務 局 1 当 ガイドについて ビジネスgooへ 利 用 者 の 情 報 を 登 録 または 更 新 を 行 う 際 数 名 程 度 の 設 定 であれば 設 定 画 面 への 手 入 力 で 問 題 はないと 思 いますが 数 十 人 単 位 となりますと 手 入 力 では 大 変 です ビジネスgooではCSVファイルを

More information

スライド 1

スライド 1 Webプログラミング2 2.Webプログラミング 概 要 (2) ( 復 習 )Webとは 様 々な 利 用 シーン 様 々なデバイス/ブラウザ パソコン 携 帯 電 話 ゲーム 機 /TV 電 子 ブックリーダー 学 校 案 内 / 会 社 案 内 オンラインショップ ブログ/ 掲 示 板 /SNS/Twitter/Facebook 学 内 / 社 内 システム スケジューラ/カレンダー/Webメール

More information

目 次 1. 携 帯 対 応 登 録 ページ... 2 1-1 機 能 概 要... 2 1-2 設 定 方 法... 3 2. 登 録 情 報 変 更 ページ... 4 2-1 機 能 概 要... 4 2-2 設 定 方 法... 4 3. 登 録 情 報 変 更 ページ + 配 信 再 開..

目 次 1. 携 帯 対 応 登 録 ページ... 2 1-1 機 能 概 要... 2 1-2 設 定 方 法... 3 2. 登 録 情 報 変 更 ページ... 4 2-1 機 能 概 要... 4 2-2 設 定 方 法... 4 3. 登 録 情 報 変 更 ページ + 配 信 再 開.. PowerStepMail Regist Manual パワーステップメール レジストマニュアル 2015/03/10 改 定 株 式 会 社 ビズクリエイト 目 次 1. 携 帯 対 応 登 録 ページ... 2 1-1 機 能 概 要... 2 1-2 設 定 方 法... 3 2. 登 録 情 報 変 更 ページ... 4 2-1 機 能 概 要... 4 2-2 設 定 方 法... 4 3.

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 1. 動 作 確 認 状 況... 1 2. 事 前 準 備... 2 2.1. OS 共 通 設 定...2

More information

あいち電子調達共同システム

あいち電子調達共同システム (2) 提 出 依 頼 書 の 確 認 提 出 依 頼 書 が 発 行 されると 利 用 者 登 録 で 指 定 したメールアドレスへお 知 らせが 送 信 されま すので 提 出 依 頼 書 を 確 認 します 調 達 案 件 一 覧 画 面 で 案 件 情 報 を 確 認 し 提 出 依 頼 書 を 表 示 します 操 作 1 調 達 案 件 検 索 画 面 で 検 索 条 件 を 入 力 し

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso 兵 庫 県 物 品 電 子 調 達 システム 物 品 関 係 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 ~ ~ 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 目 次 操 作 マニュアル メール 目 次 ログイン ログイン - メール 機 能 について - 手 動 メール 手 動 メールの 設 定 について - 手 動 メール 配 信 対 象 者 の 設 定 - 手 動 メールキャンペーン 結 果 の 確 認 - 自 動 メール - 自 動 メール 設 定 ( 誕 生 日 メール) - 自 動 メール 設 定 (フォローメール) - 自 動 メール 設 定

More information

Copyright All Rights Reserved. -2 -!

Copyright All Rights Reserved. -2 -! http://ameblo.jp/admarketing/ Copyright All Rights Reserved. -2 -! Copyright All Rights Reserved. -3- Copyright All Rights Reserved. -4- Copyright All Rights Reserved. -5 - Copyright All Rights Reserved.

More information

Ⅰ.ログインID 取 得 新 生 銀 行 ホームページから 以 下 に 表 示 されているアドレス( 新 生 銀 行 からの 通 知 に 記 載 されているアドレス) にアクセスしてログイン 画 面 を 表 示 させてください マスターユーザが 初 回 ご 利 用 の 際 は ログインID 取 得

Ⅰ.ログインID 取 得 新 生 銀 行 ホームページから 以 下 に 表 示 されているアドレス( 新 生 銀 行 からの 通 知 に 記 載 されているアドレス) にアクセスしてログイン 画 面 を 表 示 させてください マスターユーザが 初 回 ご 利 用 の 際 は ログインID 取 得 初 期 設 定 マニュアル ~ 初 期 ログインからユーザID 追 加 まで 初 期 設 定 ご 利 用 いただくシステムは 入 り 口 のシステム(コーポレートネットサービス)で 個 人 IDを 作 成 し このIDを 使 用 して 電 子 記 録 債 権 システムで 電 子 債 権 の 取 引 を 行 う 2つのシステムが 一 体 化 した 二 層 構 造 のシステムとなっています 1ログインID

More information

目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ 7. 共 通 操 作 10ページ 8. 各 画 面 の 説 明 11ページ ログイン 11

目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ 7. 共 通 操 作 10ページ 8. 各 画 面 の 説 明 11ページ ログイン 11 部 品 在 庫 管 理 Core-Small Ver 2.1.0.0 以 降 第 1.00 版 仕 様 兼 操 作 説 明 書 SHAO SOFT http://shao-soft.main.jp 目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ

More information

JavaScript演習

JavaScript演習 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378> Enterprise Premium 電 子 証 明 書 発 行 サービス 電 子 証 明 書 インストール 手 順 書 Ver2.2 ジャパンネット 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 4 1.1.ご 利 用 条 件... 4 1.2. 注 意 事 項 制 限 事 項... 4 2. 実 施 手 順... 5 2.1. 電 子 証 明 書 の 取 得 手 順... 5 2.2. Windows

More information

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施 ステップアンケート 1. はじめに (1) 対 象 本 書 の 内 容 は スパイラル ( 以 下 本 サービス という ) をご 利 用 のユーザーを 対 象 としています (2) 本 書 の 目 的 本 書 では ユーザーが 本 サービスの ステップアンケート 機 能 を 理 解 し 適 切 な 設 定 が 行 えるようになること を 目 的 としています (3) 必 要 なシステム Internet

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 XBRL から CSV への 変 換 ツール 操 作 ガイド 平 成 25 年 8 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその

More information

目 次 0. 計 測 タグ 設 置 の 基 本 3 このマニュアルについて... 4 計 測 タグ 設 置 の 流 れ... 5 必 ず 確 認 していただきたいこと... 6 1. 計 測 タグの 種 類 7 入 口 ページタグ... 9 コンバージョンタグ... 10 イベント 計 測 用 タグ

目 次 0. 計 測 タグ 設 置 の 基 本 3 このマニュアルについて... 4 計 測 タグ 設 置 の 流 れ... 5 必 ず 確 認 していただきたいこと... 6 1. 計 測 タグの 種 類 7 入 口 ページタグ... 9 コンバージョンタグ... 10 イベント 計 測 用 タグ 計 測 タグの 設 置 と 動 作 確 認 方 法 このマニュアルの 対 象 となる 方 ウェブアンテナの 計 測 タグをサイトに 設 置 するご 担 当 の 方 (HTML に 関 する 知 識 をある 程 度 お 持 ちの 方 を 想 定 ) このマニュアルでわかること 計 測 タグの 設 置 方 法 や 注 意 点 コンバージョン 属 性 を 計 測 するための 実 装 例 計 測 タグの 動

More information

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書 ... 1... 1... 1... 1 CMS... 1... 1... 2 PC... 2 CMS... 3... 3... 3... 4... 5... 6... 6... 6... 7... 7... 8... 8... 8... 9... 9... 9... 11... 11... 12... 13... 13... 14... 14... 14... 15... 15... 15...

More information

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 フリーウェイマイナンバー 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 員 用 を 参 照 してください 改 訂 履 歴 版 数

More information