IM-Workflow

Size: px
Start display at page:

Download "IM-Workflow"

Transcription

1 IM-Workflow Ver.7.2 プログラミングガイド 2014/04/01 第 6 版

2

3 << 変 更 履 歴 >> 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2010/04/28 初 版 2010/07/30 第 2 版 2.2 リクエストパラメータ に 説 明 を 追 記 しました 3.5 制 限 事 項 を 追 加 しました 4.2 案 件 終 了 処 理 に 説 明 を 追 記 しました 4.3 アクション 処 理 に 説 明 を 追 記 しました 5.1 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 5.2 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 5.3 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 5.4 案 件 退 避 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 6.1 テンプレート に 説 明 を 追 加 しました 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 を 追 加 しました 7.2 処 理 対 象 者 プラグインの 作 成 を 追 加 しました 7.3 IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 を 追 加 しました 2010/10/29 第 3 版 1.3 準 備 の 説 明 を 修 正 しました 2.2 リクエストパラメータ の 説 明 を 修 正 しました 3.3 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し の 説 明 を 修 正 しました 3.5 制 限 事 項 の 説 明 を 修 正 しました 5.3 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー の 説 明 を 修 正 しました 7.4 画 面 入 力 情 報 の 保 持 を 追 加 しました 2010/11/10 第 4 版 2.2 リクエストパラメータ の 説 明 を 修 正 しました 2011/04/01 第 5 版 2.2 リクエストパラメータ の 説 明 を 修 正 しました 3.3 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し の 説 明 を 修 正 しました 3.4 確 認 画 面 の 呼 び 出 し の 説 明 を 修 正 しました 3.5 制 限 事 項 の 説 明 を 修 正 しました 4.5 分 岐 開 始 処 理 の 説 明 を 修 正 しました 4.6 分 岐 終 了 処 理 の 説 明 を 修 正 しました 6.1 テンプレート 6.2サンプルプログラム < extend >に 指 定 するプログラム 7.3 IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 のJavaEE 開 発 モデルのサンプルプログラムのパスを 修 正 し ました 実 装 例 の 説 明 を 修 正 しました 7.5 呼 び 出 し 画 面 からのコールバック 関 数 の 指 定 を 追 加 しました 2014/04/01 第 6 版 2.3 案 件 処 理 系 APIと 画 面 動 作 仕 様 の 違 い を 追 加 しました

4

5 目 次 << 目 次 >> 1 はじめに 目 的 前 提 条 件 準 備 概 要 ユーザアプリケーションデータとIM-Workflowの 関 係 システム 案 件 ID ユーザデータID 案 件 プロパティ リクエストパラメータ 案 件 処 理 系 APIと 画 面 動 作 仕 様 の 違 い 画 面 の 作 成 申 請 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 一 時 保 存 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 確 認 画 面 の 呼 び 出 し スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル 制 限 事 項 imwプレフィックスのパラメータについて タグライブラリの 非 推 奨 属 性 について ユーザプログラムの 作 成 案 件 開 始 処 理 案 件 終 了 処 理 アクション 処 理 到 達 処 理 分 岐 開 始 処 理 分 岐 終 了 処 理 その 他 プログラムの 作 成 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー 案 件 退 避 処 理 リスナー Appendix テンプレート サンプルプログラム 画 面 ユーザプログラム リスナー カスタマイズ...38 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page i

6 intra-mart プログラミングガイド 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 指 定 可 能 なパラメータ 実 装 例 処 理 対 象 者 プラグインの 作 成 対 象 ノード サンプルの 説 明 サンプルの 実 行 準 備 サンプルの 実 行 処 理 対 象 者 プラグインについて IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 画 面 入 力 情 報 の 保 持 呼 び 出 し 画 面 からのコールバック 関 数 の 指 定 実 装 例 Page ii Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

7 1 はじめに 1 はじめに 1.1 目 的 本 書 は IM-Workflow で 利 用 することが 可 能 な 画 面 およびモジュールを 作 成 する 方 法 について 説 明 します 本 書 は IM-Workflow の 機 能 を 使 用 する 方 法 を 記 述 しています 本 書 で 使 用 するサンプルプログラムはあくまでも IM-Workflow の 機 能 および API 等 の 使 用 方 法 を 理 解 すること に 主 眼 をおいています そのため 必 ずしもベストなコーディング 方 法 とはいえない 方 法 もあえて 取 っている 個 所 があります あくまでも サンプルとしての 位 置 付 けでとらえるようにしてください 1.2 前 提 条 件 本 書 に 記 述 されているサンプルプログラムは JavaEE 開 発 モデルおよびスクリプト 開 発 モデルで 記 述 され ています そのため JavaEE 開 発 モデルおよびスクリプト 開 発 モデルに 関 する 理 解 は 必 須 です 各 開 発 モデルに 関 しては 付 属 する 各 種 マニュアルおよび API リストを 参 照 してください 本 書 を 理 解 するには 基 本 的 な IM-Workflow に 関 する 理 解 が 必 要 になります 付 属 する 各 種 マニュアル および API リストを 参 照 してください 1.3 準 備 IM-Workflow のサンプルプログラムを 実 行 するための 準 備 をします 製 品 に 付 属 するインストールガイドを 参 考 に IM-Workflow が 動 作 する 環 境 を 構 築 します 製 品 のインストール 後 は システム 管 理 者 でログインし メニュー[ライセンス]より 初 期 データインポートを 行 い サンプルデータインポートも 必 ず 行 ってください 本 書 に 記 述 されている JavaEE 開 発 モデルの[java ファイル]は 配 置 する 場 所 を 示 します 実 際 に 配 置 されているファイルは [class ファイル]です JavaEE 開 発 モデル[java ファイル]のサンプルプログラムについては 製 品 メディアに 保 存 されています また 製 品 最 新 情 報 ダウンロードページ(http://www.intra-mart.jp/download/product/index.html)から 入 手 すること もできます 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 1

8 intra-mart プログラミングガイド 2 概 要 2.1 ユーザアプリケーションデータとIM-Workflowの 関 係 ユーザアプリケーションデータと IM-Workflow のデータは ユーザデータ ID と システム 案 件 ID をいう 2 つの キーが 1 対 1 の 関 係 となります システム 案 件 ID システム 案 件 ID とは IM-Workflow において 一 意 となるキーです IM-Workflow のモジュールにおいて 採 番 され 外 部 より 指 定 することはできません システム 案 件 ID は IM-Workflow の API やタグライブラリ 等 で 案 件 を 特 定 するために 使 用 され 画 面 等 に 表 示 さ れることはありません Page 2 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

9 2 概 要 ユーザデータID ユーザデータ ID とは ユーザアプリケーション 側 で 一 意 となるキーとして ユーザアプリケーションで 採 番 するキ ーです 申 請 または 起 票 を 行 う 場 合 に IM-Workflow の 提 供 する API およびタグライブラリの 引 数 として 渡 されます システム 案 件 ID 同 様 に API やタグライブラリにおいて 案 件 を 特 定 するために 使 用 され 画 面 等 に 表 示 されるこ とはありません 案 件 プロパティ 案 件 プロパティとは いわゆる Key-Value Store です Key(キー) と Value( 値 ) のペアからなるデータモデルを 案 件 単 位 に IM-Workflow で 保 存 します IM-Workflow が 提 供 する API を 通 じて 任 意 のタイミングにおいて 登 録 更 新 削 除 および 取 得 が 可 能 となりま す また IM-Workflow が 提 供 する 各 種 一 覧 画 面 に 表 示 することや 分 岐 条 件 において ルール 定 義 の 値 として 使 用 することができます 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 3

10 intra-mart プログラミングガイド 2.2 リクエストパラメータ 各 種 一 覧 画 面 から 呼 び 出 される 申 請 および 処 理 等 の 画 面 で 必 要 な 情 報 をリクエストパラメータとして 受 け 取 る 事 ができます No パラメータ( 物 理 名 ) パラメータ( 論 理 名 ) 詳 細 1 imwgroupid ログイングループ ID 2 imwusercode 処 理 者 CD 3 imwpagetype 画 面 種 別 表 示 された 画 面 の 種 別 申 請 画 面 一 時 保 存 画 面 申 請 ( 起 票 案 件 ) 画 面 再 申 請 画 面 処 理 画 面 確 認 画 面 処 理 詳 細 参 照 詳 細 確 認 詳 細 過 去 案 件 詳 細 4 imwuserdataid ユーザデータ ID 5 imwsystemmatterid システム 案 件 ID 6 imwnodeid ノード ID 7 imwarrivetype 到 達 種 別 8 imwauthusercode 権 限 者 CD 権 限 者 が 複 数 存 在 する 場 合 当 パラメータは 配 列 で 渡 されます ただし 権 限 者 が 複 数 存 在 する 場 合 でも 申 請 / 一 時 保 存 画 面 表 示 の 際 は 一 覧 上 で 権 限 者 が 特 定 されているた め 特 定 済 みの 権 限 者 CD のみが 渡 されます 9 imwapplybasedate 申 請 基 準 日 yyyy/mm/dd 形 式 10 imwcontentsid コンテンツ ID 11 imwcontentsversionid コンテンツバージョン ID 12 imwrouteid ルート ID 13 imwrouteversionid ルートバージョン ID 14 imwflowid フローID 15 imwflowversionid フローバージョン ID 16 imwserialprocparams 連 続 処 理 パラメータ 連 続 処 理 用 のパラメータ 17 imwcalloriginalparams 呼 出 元 パラメータ 呼 出 元 ページのパラメータ 18 imwcalloriginalpagepath 呼 出 元 ページパス 呼 出 元 のページパス Page 4 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

11 2 概 要 imwauthusercode( 権 限 者 CD)について 各 開 発 モデルでの 取 得 例 を 以 下 に 記 述 します スクリプト 開 発 モデル function init(request) { var imwauthusercodelist = request.getparametervalues("imwauthusercode"); // 権 限 者 CD の 配 列 } javaee 開 発 モデル HttpServletRequest request = getrequest(); String[] imwauthusercodelist = request.getparametervalues("imwauthusercode"); // 権 限 者 CD の 配 列 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 5

12 intra-mart プログラミングガイド No パラメータ 申 請 一 時 保 存 起 票 再 申 請 処 理 確 認 処 理 詳 細 参 照 詳 細 確 認 詳 細 過 去 案 件 詳 細 1 imwgroupid 2 imwusercode 3 imwpagetype 4 imwuserdataid - 5 imwsystemmatterid imwnodeid imwarrivetype imwauthusercode imwapplybasedate 10 imwflowid 11 imwflowversionid 12 imwcontentsid 13 imwcontentsversionid 14 imwrouteid 15 imwrouteversionid 16 imwserialprocparams imwcalloriginalparams imwcalloriginalpagepath < : 取 得 可 能 / - : 取 得 不 可 能 > Page 6 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

13 2 概 要 2.3 案 件 処 理 系 APIと 画 面 動 作 仕 様 の 違 い 画 面 上 からの 操 作 とは 異 なり 案 件 処 理 系 API(Web サービスを 含 む)を 直 接 利 用 して 案 件 の 処 理 を 行 う 場 合 は 業 務 的 なチェックを 行 わずに 処 理 が 実 行 されます ここでいう 業 務 的 なチェックとは 以 下 のようなチェックを 指 します API 引 数 として 指 定 した 処 理 権 限 者 が 到 達 処 理 で 展 開 された 処 理 対 象 者 に 含 まれるか API 引 数 として 指 定 した 処 理 権 限 者 と 処 理 実 行 者 が 異 なる 場 合 両 者 間 で 有 効 な 代 理 設 定 が 存 在 する か 画 面 上 からの 操 作 と 同 等 の 機 能 を API を 利 用 して 独 自 に 実 装 する 場 合 は 案 件 処 理 API の 実 行 前 に 各 種 API ( 処 理 権 限 判 定 API など)を 併 せて 利 用 してください 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 7

14 intra-mart プログラミングガイド 3 画 面 の 作 成 3.1 申 請 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 申 請 を 行 うための 画 面 ( 以 下 申 請 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 申 請 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します Page 8 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

15 3 画 面 の 作 成 スクリプト 開 発 モデル 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します imwuserdataid は 申 請 一 覧 画 面 からのリクエストパラメータには 含 まれません ファンクション コンテナで 採 番 する 必 要 があります <body> <imart type="workflowopenpage" name="applyform" method="post" target="im_main" imwuserdataid=orequest.imwuserdataid imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwauthusercode=orequest.imwauthusercode imwapplybasedate=orequest.imwapplybasedate imwnodeid=orequest.imwnodeid imwflowid=orequest.imwflowid> </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 申 請 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 0 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 9

16 intra-mart プログラミングガイド JavaEE 開 発 モデル 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 申 請 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します imwuserdataid は 申 請 一 覧 画 面 からのリクエストパラメータには 含 まれません ServiceController などで 採 番 する 必 要 があります <body> <workflow:workflowopenpage name="applyform" method="post" target="im_main" imwuserdataid='<%=(string)request.getattribute("imwuserdataid")%>' imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwauthusercode='<%=(string)request.getattribute("imwauthusercode")%>' imwapplybasedate='<%=(string)request.getattribute("imwapplybasedate")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>' imwflowid='<%=(string)request.getattribute("imwflowid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 申 請 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 0 ); </script> Page 10 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

17 3 画 面 の 作 成 3.2 一 時 保 存 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 一 時 保 存 を 行 うための 画 面 ( 以 下 一 時 保 存 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 一 時 保 存 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 11

18 intra-mart プログラミングガイド スクリプト 開 発 モデル 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <imart type="workflowopenpage" name="tempform" method="post" target="im_main" imwuserdataid=orequest.imwuserdataid imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwauthusercode=orequest.imwauthusercode imwapplybasedate=orequest.imwapplybasedate imwnodeid=orequest.imwnodeid imwflowid=orequest.imwflowid> </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 一 時 保 存 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 1 ); </script> Page 12 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

19 3 画 面 の 作 成 JavaEE 開 発 モデル 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 一 時 保 存 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 申 請 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <workflow:workflowopenpage name="tempform" method="post" target="im_main" imwuserdataid='<%=(string)request.getattribute("imwuserdataid")%>' imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwauthusercode='<%=(string)request.getattribute("imwauthusercode")%>' imwapplybasedate='<%=(string)request.getattribute("imwapplybasedate")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>' imwflowid='<%=(string)request.getattribute("imwflowid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 一 時 保 存 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 1 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 13

20 intra-mart プログラミングガイド 3.3 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 / 処 理 を 行 うための 画 面 ( 以 下 処 理 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 処 理 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します Page 14 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

21 3 画 面 の 作 成 スクリプト 開 発 モデル 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 未 処 理 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <imart type="workflowopenpage" name="approveform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwnodeid=orequest.imwnodeid > </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 処 理 画 面 が 表 示 されます 申 請 ( 起 票 案 件 ) <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 2 ); </script> 再 申 請 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 3 ); </script> 処 理 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 4 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 15

22 intra-mart プログラミングガイド JavaEE 開 発 モデル 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 処 理 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 未 処 理 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <workflow:workflowopenpage name="approveform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 処 理 画 面 が 表 示 されます 申 請 ( 起 票 案 件 ) <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 2 ); </script> 再 申 請 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 3 ); </script> 処 理 <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 4 ); </script> Page 16 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

23 3 画 面 の 作 成 3.4 確 認 画 面 の 呼 び 出 し IM-Workflow で 提 供 する 確 認 を 行 うための 画 面 ( 以 下 確 認 画 面 )と 連 携 する 方 法 を 説 明 します 確 認 画 面 を 表 示 するためには IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリおよび Client-side JavaScript API を 使 用 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 17

24 intra-mart プログラミングガイド スクリプト 開 発 モデル 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します <head> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> </head> 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 の IMART タグを 記 述 します IMART タグに 指 定 する 属 性 は 通 常 確 認 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <imart type="workflowopenpage" name="confirmform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid=orequest.imwsystemmatterid imwnodeid=orequest.imwnodeid> </imart> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 確 認 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 5 ); </script> Page 18 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

25 3 画 面 の 作 成 JavaEE 開 発 モデル 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のヘッダ 部 (<head> ~ </head>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します <head> <workflow:workflowopenpagecsjs /> </head> 確 認 画 面 と 連 携 する 画 面 のボディ 部 (<body> ~ </body>)に 下 記 のタグライブラリを 記 述 します タグライブラリに 指 定 する 属 性 は 通 常 確 認 一 覧 画 面 から 取 得 したリクエストパラメータを 指 定 します <body> <workflow:workflowopenpage name="confirmform" method="post" target="im_main" imwsystemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' imwnodeid='<%=(string)request.getattribute("imwnodeid")%>'> </workflow:workflowopenpage> </body> 下 記 の Client-side JavaScript API を 実 行 することにより 確 認 画 面 が 表 示 されます <script type="text/javascript"> workflowopenpage( 5 ); </script> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 19

26 intra-mart プログラミングガイド 3.5 制 限 事 項 imwプレフィックスのパラメータについて workflowopenpage タグでは ワークフロー 処 理 時 の 制 御 用 に imw プレフィックスの hidden タグを 複 数 出 力 しま す パラメータ 名 が 重 複 すると 処 理 が 正 常 に 行 われない 恐 れがあるため 以 下 で 明 示 的 に 記 載 を 許 可 されたもの 以 外 imw プレフィックス 名 称 のパラメータは 記 述 しないでください 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 7.4 画 面 入 力 情 報 の 保 持 タグライブラリの 非 推 奨 属 性 について workflowopenpage タグでは セキュリティ 対 応 のため 以 下 の 属 性 は 非 推 奨 扱 いとなりました 属 性 値 を 指 定 した 場 合 も 問 題 なく 動 作 しますが 指 定 値 は 無 視 され セッションから 取 得 した 情 報 により 動 作 しま す imwgroupid : ログイングループ ID imwusercode : 処 理 者 CD ( 代 理 先 ユーザ CD) Page 20 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

27 4 ユーザプログラムの 作 成 4 ユーザプログラムの 作 成 No 処 理 名 項 番 1 案 件 開 始 処 理 1 2 案 件 終 了 処 理 8 3 アクション 処 理 到 達 処 理 案 件 開 始 処 理 案 件 開 始 処 理 とは 案 件 が 開 始 する 時 に 一 度 実 行 される 処 理 です 下 記 の 場 合 に 実 行 されます 申 請 者 が 申 請 を 行 った 場 合 起 票 の 案 件 を 作 成 した 場 合 (API のみ) 案 件 開 始 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 4.2 案 件 終 了 処 理 案 件 終 了 処 理 とは 案 件 が 終 了 する 時 に 一 度 実 行 される 処 理 です 下 記 の 場 合 に 実 行 されます 最 後 の 承 認 者 が 承 認 を 行 った 場 合 承 認 者 が 承 認 終 了 を 行 った 場 合 承 認 者 が 否 認 を 行 った 場 合 申 請 者 が 取 止 め を 行 った 場 合 案 件 操 作 で 終 了 ノードに 到 達 した 場 合 案 件 終 了 処 理 は 直 前 のアクション 処 理 や 到 達 処 理 とは 独 立 した 処 理 (トランザクション)となります そのため 案 件 終 了 処 理 でエラーが 発 生 した 場 合 直 前 の 処 理 を 戻 す(ロールバック)することはできません 案 件 終 了 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 21

28 intra-mart プログラミングガイド 4.3 アクション 処 理 アクション 処 理 とは 下 記 のような 行 為 を 行 った 場 合 に 実 行 される 処 理 です No アクション メソッド 1 申 請 apply 2 再 申 請 reapply 3 申 請 ( 一 時 保 存 ) applyfromtempsave 4 申 請 ( 未 処 理 ) applyfromunapply 5 取 止 め discontinue 6 引 戻 し pullback 7 差 戻 し 後 引 戻 し sendbacktopullback 8 承 認 approve 9 承 認 終 了 approveend 10 否 認 deny 11 差 戻 し sendback 12 保 留 reserve 13 保 留 解 除 reservecancel 14 案 件 操 作 matterhandle 15 一 時 保 存 ( 新 規 登 録 ) tempsavecreate 16 一 時 保 存 ( 更 新 ) tempsaveupdate 17 一 時 保 存 ( 削 除 ) tempsavedelete アクション 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 4.4 到 達 処 理 到 達 処 理 とは ノードに 到 達 した 場 合 に 実 行 される 処 理 です この 処 理 は アクション 処 理 や IM-Workflow の 内 部 処 理 とは 独 立 した 処 理 (thread)として 実 行 されます そのため 到 達 処 理 でエラーが 発 生 した 場 合 直 前 の 処 理 を 戻 す(ロールバック)することはできません ( 直 前 のアクション 処 理 とは トランザクションも 別 となります ) このプログラム 中 で データベースの 登 録 / 更 新 / 削 除 処 理 を 行 う 場 合 は 独 自 に DB トランザクション 制 御 を 行 ってください 下 記 のような 場 合 に 実 行 されます 前 ノードの 処 理 者 が 申 請 または 承 認 を 行 って 到 達 した 場 合 他 のノードから 差 戻 し され 到 達 した 場 合 引 戻 し を 行 って 到 達 した 場 合 案 件 操 作 で 到 達 した 場 合 Page 22 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

29 4 ユーザプログラムの 作 成 4.5 分 岐 開 始 処 理 分 岐 開 始 処 理 とは 分 岐 開 始 ノードで ユーザプログラムで 分 岐 する を 選 択 した 場 合 に 実 行 される 処 理 です 分 岐 先 ノード 毎 に 順 番 に 実 行 されます 分 岐 開 始 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 分 岐 開 始 処 理 において ルート 遷 移 可 否 として 遷 移 する(true) を 返 却 することにより 実 行 中 の 分 岐 開 始 処 理 が 設 定 された 分 岐 先 ノードに 進 みます 全 ての 分 岐 開 始 処 理 のルート 遷 移 可 否 が 遷 移 しない(false) の 場 合 は 案 件 は 分 岐 開 始 ノードで 停 止 します このような 場 合 は 案 件 操 作 処 理 で 案 件 を 進 めて 下 さい 4.6 分 岐 終 了 処 理 分 岐 終 了 処 理 とは 分 岐 終 了 ノードで ユーザプログラムで 分 岐 終 了 する を 選 択 した 場 合 に 実 行 される 処 理 で す 分 岐 終 了 ノードに 案 件 が 到 達 する 度 に 実 行 されます 分 岐 終 了 処 理 は IM-Workflow モジュールのトランザクション 内 で 実 行 されるため このプログラム 中 では DB トラ ンザクション 制 御 を 行 うことはできません 分 岐 終 了 処 理 において ルート 遷 移 可 否 として 結 合 する(true) を 返 却 することにより 未 到 達 のノードを 待 たず に 次 のノードに 進 みます 全 てのノードが 到 達 しても 結 果 が 全 て 結 合 しない(false) の 場 合 は 案 件 は 分 岐 終 了 ノードで 停 止 します このような 場 合 は 案 件 操 作 処 理 で 案 件 を 進 めて 下 さい 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 23

30 intra-mart プログラミングガイド 5 その 他 プログラムの 作 成 5.1 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーとは 未 完 了 案 件 を 削 除 した 際 に 実 行 されるプログラムです 通 常 案 件 操 作 画 面 より 案 件 削 除 を 行 った 場 合 または 未 完 了 案 件 を 削 除 する API を 実 行 した 際 に 呼 び 出 されます 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 未 完 了 案 件 削 除 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>delete-active-matter-type</param-name> <param-value></param-value> </param> <!-- 未 完 了 案 件 削 除 リスナのパス 1. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が script:js のパス --> <param> <param-name>delete-active-matter-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい Page 24 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

31 5 その 他 プログラムの 作 成 5.2 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーとは 完 了 案 件 を 削 除 した 際 に 実 行 されるプログラムです 通 常 参 照 画 面 の 完 了 案 件 タブより 案 件 の 削 除 を 行 った 場 合 または 完 了 案 件 を 削 除 する API を 実 行 した 際 に 呼 び 出 されます 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 完 了 案 件 削 除 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>delete-complete-matter-listener-type</param-name> <param-value></param-value> </param> <!-- 完 了 案 件 削 除 リスナのパス 1. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が script:%resourceservice%からのパス --> <param> <param-name>delete-complete-matter-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 25

32 intra-mart プログラミングガイド 5.3 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナーとは 過 去 案 件 を 削 除 した 際 に 実 行 されるプログラムです 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 過 去 案 件 削 除 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>delete-archive-matter-listener-type</param-name> <param-value></param-value> </param> <!-- 過 去 案 件 削 除 リスナのパス 1. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 削 除 リスナの 種 類 が script:%resourceservice%からのパス --> <param> <param-name>delete-archive-matter-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい Page 26 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

33 5 その 他 プログラムの 作 成 5.4 案 件 退 避 処 理 リスナー 案 件 退 避 処 理 リスナーとは 案 件 を 退 避 した 際 に 実 行 されるプログラムです 通 常 バッチ 処 理 IM-Workflow アーカイブバッチ を 実 行 した 際 に 呼 び 出 されます 案 件 退 避 処 理 リスナーは 通 常 コンテンツ 定 義 に 設 定 します また ログイングループ 単 位 で 処 理 を 行 う 場 合 は 下 記 のファイルに 設 定 します %StorageService%/workflow/conf/param/param_group_%ログイングループ ID%.xml <!-- 案 件 退 避 リスナの 種 類 [java] or [script] or []( 指 定 なし) []( 指 定 なし)を 設 定 した 場 合 はリスナを 起 動 しない --> <param> <param-name>archive-proc-listener-type</param-name> <param-value>java</param-value> </param> <!-- 案 件 退 避 リスナのパス 1. 案 件 退 避 リスナの 種 類 が java:パッケージ 名 2. 案 件 退 避 リスナの 種 類 が script:%resourceservice%からのパス --> <param> <param-name>archive-proc-listener-path</param-name> <param-value></param-value> </param> [ワークフローパラメータ]] 画 面 からも 設 定 することが 可 能 です 設 定 方 法 の 詳 細 については IM-Workflow 管 理 者 操 作 ガイド または IM-Workflow 仕 様 書 を 参 照 下 さい 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 27

34 intra-mart プログラミングガイド 6 Appendix 6.1 テンプレート ユーザプログラムおよび 各 リスナーのプログラムを 作 成 する 際 のテンプレートが 提 供 されています スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/template/ No 処 理 物 理 名 1 案 件 開 始 処 理 MatterStartProcess.js 2 案 件 終 了 処 理 MatterEndProcess.js 3 アクション 処 理 ActionProcess.js 4 到 達 処 理 ArriveProcess.js 5 分 岐 開 始 処 理 / 分 岐 終 了 処 理 RuleCondition.js 6 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowActvMatterDeleteListener.js 7 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowCplMatterDeleteListener.js 8 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowArcMatterDeleteListener.js 9 案 件 退 避 処 理 リスナー WorkflowMatterArchiveListener.js 10 処 理 対 象 者 プラグイン WorkflowAuthorityExecEventListener.js JavaEE 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル[java ファイル]のサンプルプログラムについては 製 品 メディアに 保 存 されています また 製 品 最 新 情 報 ダウンロードページ(http://www.intra-mart.jp/download/product/index.html)から 入 手 すること もできます %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/jp/co/intra_mart/sample/workflow/template/ No 処 理 物 理 名 1 案 件 開 始 処 理 MatterStartProcess.java 2 案 件 終 了 処 理 MatterEndProcess.java 3 アクション 処 理 ActionProcess.java 4 到 達 処 理 ArriveProcess.java 5 分 岐 開 始 処 理 / 分 岐 終 了 処 理 RuleCondition.java 6 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowActvMatterDeleteListener.java 7 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowCplMatterDeleteListener.java 8 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー WorkflowArcMatterDeleteListener.java 9 案 件 退 避 処 理 リスナー WorkflowMatterArchiveListener.java 10 処 理 対 象 者 プラグイン WorkflowAuthorityExecEventListener.java 11 クローラ 登 録 文 書 追 加 リスナー WorkflowCrawlingAddListener.java Page 28 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

35 6 Appendix 6.2 サンプルプログラム IM-Workflow のインストール 時 サンプルのインストール を 行 い サンプルデータをインポートした 場 合 に 使 用 で きるサンプルプログラムについて 説 明 します サンプルプログラムは スクリプト 開 発 モデルと JavaEE 開 発 モデルのサンプルプログラムがあります 開 発 モデルの 違 いはありますが どちらのサンプルも 物 品 購 買 の 申 請 書 であり 動 作 仕 様 は 同 一 です 画 面 申 請 / 一 時 保 存 / 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>apply</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApplyServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApplyServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/apply.jsp</page-path> </next-page> </service> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 29

36 intra-mart プログラミングガイド 処 理 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/approve.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/approve.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>approve</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApproveServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ApproveServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/approve.jsp</page-path> </next-page> </service> Page 30 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

37 6 Appendix 確 認 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/confirm.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/confirm.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>confirm</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ConfirmServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. ConfirmServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/confirm.jsp</page-path> </next-page> </service> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 31

38 intra-mart プログラミングガイド 処 理 詳 細 / 参 照 詳 細 / 過 去 案 件 詳 細 / 確 認 詳 細 画 面 スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/detail.html %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/detail.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>detail</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. DetailServiceController</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.controller.service. DetailServiceTransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/detail.jsp</page-path> </next-page> </service> Page 32 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

39 6 Appendix 処 理 詳 細 / 参 照 詳 細 / 過 去 案 件 詳 細 / 確 認 詳 細 画 面 ( 以 下 詳 細 画 面 )では コンテンツ 定 義 で 定 義 した 画 面 が 表 示 されます そのため 詳 細 画 面 に IM-Workflow の 情 報 ( 案 件 名 や 添 付 ファイルなど)を 表 示 する 場 合 は IM-Workflow が 提 供 するタグライブラリを 使 用 します 案 件 の 情 報 を 表 示 するためのタグライブラリです スクリプト 開 発 モデル 16 <br> 17 <imart type="workflowmatterdata" systemmatterid=orequest.imwsystemmatterid 18 displayitem="matter_number,matter_name,apply_user,apply_base_date" /> 19 <br> JavaEE 開 発 モデル 22 <br> 23 <workflow:workflowmatterdata systemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' 24 displayitem="matter_number,matter_name,apply_user,apply_base_date" /> 25 <br> 案 件 の 添 付 ファイルを 表 示 するためのタグライブラリです スクリプト 開 発 モデル 76 <br> 77 <imart type="workflowmatterfile" systemmatterid=orequest.imwsystemmatterid /> 78 </body> JavaEE 開 発 モデル 77 <br> 78 <workflow:workflowmatterfile systemmatterid='<%=(string)request.getattribute("imwsystemmatterid")%>' /> 79 </body> 案 件 に 添 付 ファイルがない 場 合 は 表 示 されません 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 33

40 intra-mart プログラミングガイド ユーザプログラム アクション 処 理 プログラム スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/ActionProcess1.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/actionprocess1.java サンプルデータでは[ActionProcess1]を 申 請 ノードのアクション 処 理 として 定 義 されています [ActionProcess1]では 下 記 の 2 つの 処 理 を 行 っています ユーザプリケーションのデータをテーブルに 保 存 する 申 請 または 一 時 保 存 を 行 った 場 合 に 画 面 に 入 力 された 情 報 をユーザアプリケーションで 定 義 し ている 独 自 のテーブルに 登 録 / 更 新 しています 案 件 番 号 を 採 番 する 案 件 番 号 は 申 請 のアクション 処 理 で 設 定 する 必 要 があります ここでは IM-Workflow が 提 供 する WorkflowNumberingManager#getNumber() で 案 件 番 号 の 採 番 を 行 っています スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/ActionProcess2.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/actionprocess2.java サンプルデータでは[ActionProcess2]を 申 請 ノードのアクション 処 理 として 定 義 されています [ActionProcess2]では 画 面 から 入 力 された 数 量 金 額 である 合 計 金 額 を 案 件 プロパティとして 登 録 する 処 理 を 行 っています Page 34 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

41 6 Appendix 案 件 終 了 処 理 プログラム スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/MatterEndProcess.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/matterendprocess.java サンプルデータでは[MatterEndProcess]を 案 件 終 了 処 理 として 定 義 されています [MatterEndProcess]では ユーザアプリケーションで 定 義 している 独 自 のテーブルの 更 新 処 理 を 行 っています 分 岐 開 始 処 理 プログラム フロー 定 義 分 岐 ルート[スクリプト 開 発 モデル] で 使 用 されている 分 岐 開 始 処 理 プログラム %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/RuleCondition1.js %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/RuleCondition2.js %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/action/RuleCondition3.js フロー 定 義 分 岐 ルート[JavaEE 開 発 モデル] で 使 用 されている 分 岐 開 始 処 理 プログラム %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/rulecondition1.java %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/rulecondition2.java %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/action/rulecondition3.java [RuleCondition1]では 合 計 金 額 が 未 満 の 場 合 に 結 果 フラグに 成 功 (true)を 返 却 します [RuleCondition2]では 合 計 金 額 が 以 上 未 満 の 場 合 に 結 果 フラグに 成 功 (true)を 返 却 します [RuleCondition3]では 合 計 金 額 が 以 上 の 場 合 に 結 果 フラグに 成 功 (true)を 返 却 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 35

42 intra-mart プログラミングガイド リスナー 未 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowActvMatterDeleteListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowactvmatterdeletelistener.java [WorkflowActvMatterDeleteListener]では 下 記 の 2 つの 処 理 を 行 っています ユーザプリケーションのデータをテーブルから 削 除 する 申 請 時 に 登 録 したユーザアプリケーションのデータを 案 件 削 除 と 同 タイミングで 削 除 しています 案 件 プロパティを 削 除 する 申 請 時 に 案 件 プロパティに 登 録 した 合 計 金 額 を 案 件 プロパティから 削 除 しています 完 了 案 件 削 除 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowCplMatterDeleteListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowcplmatterdeletelistener.java [WorkflowCplMatterDeleteListener]では 次 の 処 理 を 行 っています 申 請 時 に 登 録 したユーザアプリケーションのデータを 案 件 削 除 と 同 タイミングで 削 除 しています 案 件 プロパティの 情 報 は 案 件 削 除 のタイミングで IM-Workflow モジュールが 自 動 的 に 削 除 しますの で 個 別 の 削 除 は 不 要 です Page 36 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

43 6 Appendix 過 去 案 件 削 除 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowArcMatterDeleteListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowarcmatterdeletelistener.java [WorkflowArcMatterDeleteListener]では 次 の 処 理 を 行 っています 申 請 時 に 登 録 したユーザアプリケーションのデータを 案 件 削 除 と 同 タイミングで 削 除 しています 案 件 プロパティの 情 報 は 案 件 削 除 のタイミングで IM-Workflow モジュールが 自 動 的 に 削 除 しますの で 個 別 の 削 除 は 不 要 です 案 件 退 避 処 理 リスナー スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/listener/WorkflowMatterArchiveListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowmatterarchivelistener.java [WorkflowMatterArchiveListener]では 次 の 処 理 を 行 っています ユーザアプリケーションで 定 義 している 独 自 のテーブルの 更 新 処 理 を 行 っています 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 37

44 intra-mart プログラミングガイド 7 カスタマイズ 7.1 呼 び 出 し 画 面 の 初 期 表 示 値 指 定 IM-Workflow で 提 供 する 各 処 理 ( 申 請 / 再 申 請 / 申 請 ( 未 申 請 )/ 一 時 保 存 / 処 理 / 確 認 ) 画 面 の 呼 び 出 し 時 に 呼 び 出 し 画 面 における 初 期 表 示 値 を 外 部 指 定 する 方 法 を 説 明 します 指 定 可 能 なパラメータ workflowopenpage タグの 内 部 に 下 記 パラメータを 記 述 することにより 呼 び 出 し 画 面 における 初 期 表 示 値 を 外 部 指 定 することが 可 能 です No パラメータ( 物 理 名 ) パラメータ( 論 理 名 ) 呼 び 出 し 画 面 側 の 動 作 対 象 呼 び 出 し 画 面 対 応 項 目 1 imwmattername 案 件 名 案 件 名 申 請 / 一 時 保 存 / 申 請 ( 起 票 案 件 )/ 再 申 請 2 imwcomment コメント コメント すべて 3 imwforcedparamflag 強 制 パラメータフラグ 動 作 制 御 用 フラグ - また 下 記 のような 条 件 のとき imwforcedparamflag ( 強 制 パラメータフラグ)の 値 に"1"を 指 定 した 場 合 のみ 初 期 表 示 値 指 定 が 反 映 されます imwforcedparamflag ( 強 制 パラメータフラグ)の 値 に"1"を 指 定 しない 場 合 または imwforcedparamflag ( 強 制 パラメータフラグ)を 記 述 しない 場 合 は 登 録 されている 情 報 が 優 先 されます No 呼 び 出 し 画 面 条 件 1 申 請 一 時 保 存 からの 申 請 時 2 一 時 保 存 一 時 保 存 情 報 の 再 保 存 時 3 申 請 ( 起 票 案 件 ) - 4 再 申 請 - Page 38 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

45 7 カスタマイズ 実 装 例 サンプルとして 提 供 されている 物 品 購 買 の 申 請 書 において 申 請 画 面 で 入 力 される 品 名 を 案 件 名 に 備 考 ) を コメント に 初 期 表 示 する 例 です 下 記 のプログラムが 初 期 表 示 を 行 うための 処 理 が 記 述 されたプログラムとなります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply_display.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply_display.jsp 上 記 ファイルを 以 下 のファイル 名 に 変 更 し 上 書 き 保 存 することで 申 請 画 面 において 本 機 能 の 動 作 確 認 を 行 うことが 出 来 ます 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 39

46 intra-mart プログラミングガイド スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply.jsp 以 下 のような 処 理 を 記 述 することで 初 期 表 示 を 行 うことが 出 来 ます <html> <head> <imart type="imdesigncss" /> <imart type="workflowopenpagecsjs" /> <script type="text/javascript"> function onclickopenpage(pagetype) { if (pagetype!= "1") { if(!inputcheck()) { return; } } document. workflowopenpageform.imwmattername.value = document. workflowopenpageform.item_name.value; document. workflowopenpageform.imwcomment.value = document. workflowopenpageform.item_comment.value; document. workflowopenpageform.imwforcedparamflag.value = "1"; } workflowopenpage(pagetype); </table> <input type="hidden" name="imwmattername" value=""> <input type="hidden" name="imwcomment" value=""> <input type="hidden" name="imwforcedparamflag" value=""> </imart> <imart type="form" name="backform" method="post" page=orequest.imwcalloriginalpagepath> <imart type="hidden" imwcalloriginalparams=orequest.imwcalloriginalparams /> </imart> </body> </html> Page 40 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

47 7 カスタマイズ 7.2 処 理 対 象 者 プラグインの 作 成 IM-Workflow の 各 ノードに 指 定 する 処 理 対 象 者 に 独 自 に 作 成 した 処 理 対 象 者 を 追 加 する 方 法 を 説 明 しま す IM-Workflow の 処 理 対 象 者 は プラグインという 形 で 機 能 を 拡 張 できるようになっています プラグインを 追 加 する 場 合 には 拡 張 ポイントに 応 じた 内 容 でプラグインの 実 装 を 作 成 し 対 象 の 拡 張 ポイントへ Plugin するための 設 定 ファイルを 記 述 します 拡 張 ポイントと プラグインの 関 係 は intra-mart WebPlatform / AppFramework の API である PluginManager によ って 管 理 されます そのため PluginManager について 理 解 しておく 必 要 があります PluginManager の 詳 細 については intra-mart WebPlaform / AppFramework デベロッパーズガイド を 参 照 ください 対 象 ノード 処 理 対 象 者 プラグインは ノードの 種 類 により extension point が 決 められています No ノード extension point 1 承 認 ( 1) jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve 2 承 認 ( 2) jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve.static 3 動 的 承 認 jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.dynamic 4 確 認 jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.confirm 1 前 ノードが 申 請 ノード または 承 認 ノード の 場 合 2 前 ノードが 申 請 ノード または 承 認 ノード 以 外 の 場 合 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 41

48 intra-mart プログラミングガイド サンプルの 説 明 サンプルで 提 供 する 処 理 対 象 者 プラグイン は 同 じくサンプルで 提 供 されている 物 品 購 買 の 画 面 と 連 携 して います 物 品 購 買 の 画 面 で 入 力 された 数 量 と 金 額 からの 合 計 金 額 により 次 の 承 認 者 を 決 定 します 具 体 的 には 合 計 金 額 により 1 万 円 未 満 課 長 1 万 円 以 上 かつ 5 万 円 未 満 部 長 5 万 円 以 上 社 長 と 処 理 対 象 者 に 役 職 が 割 り 当 てられます Page 42 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

49 7 カスタマイズ サンプルの 実 行 準 備 ここでは 承 認 ノードの 対 して 合 計 金 額 で 処 理 対 象 者 を 決 めるプラグインを 使 用 してみます 下 記 のファイルを 編 集 します %ServerManager%/plugin/ jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve/plugin.xml <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <plugin> <extension point="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve" > スクリプト 開 発 モデル JavaEE 開 発 モデル <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" version="7.2.0" rank="910" enable="true"> <configpage> <script pagepath="sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.030" /> </script> </configpage> <extend> <script file="sample/workflow/purchase/plugin/authority/ item_total/workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" version="7.2.0" rank="920" enable="true"> <configpage> <javaee applicationid="imw_sample_purchase" serviceid="authority_item_total"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.031" /> </javaee> </configpage> <extend> <java class="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> </extension> </plugin> 上 記 ファイルを 編 集 後 サーバを 再 起 動 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 43

50 intra-mart プログラミングガイド [ルート 定 義 ] 画 面 より 次 のようなルートを 作 成 します 承 認 ノードの 処 理 対 象 者 の 検 索 を 行 うと 下 記 のように 合 計 金 額 [Script] および 合 計 金 額 [JavaEE] が 表 示 さ れます 合 計 金 額 [Script] および 合 計 金 額 [JavaEE] は 実 装 方 法 ( 開 発 言 語 )の 違 いによるもので 処 理 内 容 に 関 しては 違 いが りません 合 計 金 額 [Script] または 合 計 金 額 [JavaEE] を 選 択 し ルートを 作 成 します 次 に [フロー 定 義 ] 画 面 より 上 記 で 作 成 したルート 定 義 を 使 用 したフロー 定 義 を 作 成 します この 時 コンテンツは サンプルで 提 供 されている スクリプト 開 発 モデル または JavaEE 開 発 モデル を 選 択 し てください Page 44 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

51 7 カスタマイズ サンプルの 実 行 サンプルの 実 行 準 備 で 作 成 したフロー 定 義 で 申 請 を 行 ないます 入 力 した 数 量 と 金 額 からの 合 計 金 額 により 承 認 ノードの 処 理 対 象 者 が 変 わることを 確 認 します [ 処 理 済 ] 一 覧 画 面 より 申 請 を 行 った 案 件 のフローを 参 照 します 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 45

52 intra-mart プログラミングガイド 合 計 金 額 が 1 万 円 未 満 の 場 合 合 計 金 額 が 1 万 円 以 上 かつ 5 万 円 未 満 の 場 合 合 計 金 額 が 5 万 円 以 上 の 場 合 合 計 金 額 により 処 理 対 象 者 が 違 うことを 確 認 します Page 46 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

53 7 カスタマイズ 処 理 対 象 者 プラグインについて 処 理 対 象 者 プラグインを 作 成 するには 次 の 3 ファイルを 作 成 する 必 要 があります plugin.xml plugin.xml は PluginManager によって 管 理 されるファイルです 詳 細 は PluginManager のドキュメントを 参 照 ください <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <plugin> <extension point="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.approve" > </extension> </plugin> <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.script" version="7.2.0" rank="910" enable="true"> <configpage> <script pagepath="sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.030" /> </script> </configpage> <extend> <script file="sample/workflow/purchase/plugin/authority/i tem_total/workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> <authority name="%jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.item_total.javaee" version="7.2.0" rank="920" enable="true"> <configpage> <javaee applicationid="imw_sample_purchase" serviceid="authority_item_total"> <parameter key="pluginname" value="sample.imw.cap.031" /> </javaee> </configpage> <extend> <java class="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.workflowauthorityexeceventlistener" /> </extend> </authority> 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 47

54 intra-mart プログラミングガイド 処 理 対 象 者 プラグインで 重 要 になるのは 下 記 の 要 素 です <extension point> 処 理 対 象 者 プラグインを 差 し 込 むノードの 種 類 によ り <extension point>が 変 わります 差 し 込 みたいノードの<extension point>を 指 定 しま す <configpage> <script pagepath> <configpage>は [ルート 定 義 ] 画 面 において ノード に 設 定 する 処 理 対 象 者 の 一 覧 画 面 から 処 理 対 象 者 プラグインが 選 択 されたときに 呼 ばれるプログラムで す <javaee applicationid serviceid> このプログラムは スクリプト 開 発 モデルおよび JavaEE 開 発 モデルで 記 述 することが 可 能 です スクリプト 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は <script pagepath>にパスを 指 定 します JavaEE 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は applicationid および serviceid を 指 定 します < extend > <script file> < extend > に 指 定 するプラグラムは 処 理 対 象 者 を 決 定 するプログラムとなります <java class> このプログラムは スクリプト 開 発 モデルおよび JavaEE 開 発 モデルで 記 述 することが 可 能 です スクリプト 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は <script file>にパスを 指 定 します JavaEE 開 発 モデルで このプログラムを 作 成 する 場 合 は <java class>にパッケージを 指 定 します Page 48 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

55 7 カスタマイズ サンプルは 下 記 のようになります 承 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve/ plugin.xml 承 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.approve.static/ plugin.xml 動 的 承 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.dynamic/ plugin.xml 確 認 ノード %ServerManager%/ plugin/jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.node.confirm/ plugin.xml 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 49

56 intra-mart プログラミングガイド <configpage>に 指 定 するプログラム [ルート 定 義 ] 画 面 において ノードに 設 定 する 処 理 対 象 者 の 一 覧 画 面 から 処 理 対 象 者 プラグインが 選 択 された ときに 呼 ばれるプログラムです 選 択 された 対 象 者 プラグインの 情 報 を [ルート 定 義 ] 画 面 に 引 き 渡 します サンプルプログラムは 下 記 のようになります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/ pages/src/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig.html %ResourceService%/ pages/src/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig.js JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/WEB-INF/classes/service-config-imw_sample_purchase.xml <service> <service-id>authority_item_total</service-id> <controller-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.controller.service.itemtotalconfigservicecontroller</controller-class> <transition-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority. item_total.controller.service.itemtotalconfigtransition</transition-class> <next-page> <page-path>/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/itemtotalconfig.jsp</page-path> </next-page> </service> Page 50 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

57 7 カスタマイズ < extend >に 指 定 するプログラム 処 理 対 象 者 を 決 定 する 際 に 実 行 されるプログラムとなります ここで 指 定 するプログラムには 次 の3つのメソッドを 実 装 する 必 要 があります execute メソッド 処 理 対 象 者 を 取 得 するメソッド 概 要 gettargetuserlist 対 象 のノードに 案 件 が 到 達 したときに 実 行 されます 処 理 対 象 ユーザの 一 覧 を 取 得 するメソッド getdisplayname [ 案 件 操 作 ]-[ノード 編 集 ] 画 面 の 状 況 確 認 ボタン 押 下 時 に 表 示 さ れる[ 対 象 者 状 況 確 認 ] 画 面 で 使 用 されます 処 理 対 象 者 プラグインの 名 称 を 取 得 するメソッド プラグインの 名 称 を 表 示 するため 使 用 されます サンプルプログラムは 下 記 のようになります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/ pages/src/sample/workflow/purchase/plugin/authority/item_total/ WorkflowAuthorityExecEventListener.js JavaEE 開 発 モデル %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/jp/co/intra_mart/sample/ workflow/purchase/plugin/authority/item_tota/workflowauthorityexeceventlistener.java 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 51

58 intra-mart プログラミングガイド 7.3 IM-Workflowクローラリスナーの 作 成 IM-Workflow クローラ 実 行 時 に アプリケーションデータを 同 時 にインデックスします サンプルとして 提 供 されている 物 品 購 買 の 申 請 書 において アプリケーションデータである 品 名 を 追 加 登 録 するサンプルを 示 します IM-Workflow クローラ 登 録 文 書 追 加 リスナー %サンプルプログラムディレクトリ%/src/main/java/ jp/co/intra_mart/sample/workflow/purchase/listener/workflowcrawlingaddlistener.java /** * 登 録 文 書 に 物 品 購 買 のアプリケーションデータ 品 名 を 追 加 します * inputdoc 入 力 文 書 logingroupid ログイングループID localeid ロケールID systemmatterid システム 案 件 ID userdataid ユーザデータID SolrCrawlerException リスナー 処 理 で 例 外 が 発 生 した 場 合 */ public void adddocumentinfo(intramartsolrinputdocument inputdoc, String logingroupid, String localeid, String systemmatterid, String userdataid) throws SolrCrawlerException { try { // 1 引 数 のパラメータ 情 報 から 該 当 の 購 買 情 報 を 取 得 する SessionInfo sessioninfo = AccessSecurityManager.getInstance().getSessionInfo(); ConfigurationUserInfo userinfo = new ConfigurationUserInfo(); userinfo.setuserid(sessioninfo.getuser()); userinfo.setlogingroupid(logingroupid); EventManager eventmanager = EventManager.getEventManager(); SelectEvent selectevent = (SelectEvent)eventManager. createevent("imw_sample_purchase", "select", userinfo); selectevent.setuserdataid(userdataid); SelectEventResult eventresult = (SelectEventResult)eventManager.dispatch(selectEvent, true); // 2この 案 件 情 報 が 追 加 対 象 となるかの 判 定 を 行 う if (eventresult.getmodelobject() == null) { return; } // 3 引 数 の 文 書 登 録 用 オブジェクトに アプリケーションデータを 設 定 する (NULL 値 の 設 定 不 可 ) // 1. テキストフィールドに 品 名 を 追 加 inputdoc.addtext(eventresult.getmodelobject().getitemname()); // 2. ダイナミックフィールドに 品 名 を 追 加 inputdoc.addfield("item_name_string", eventresult.getmodelobject().getitemname()); // 文 書 種 別 の 追 加 ( 親 文 書 種 別 imw > purchase とする) inputdoc.addtype("purchase"); } } catch (Exception e) { throw new SolrCrawlerException(e.getMessage(), e); } Page 52 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

59 7 カスタマイズ 業 務 テンプレート %ApplicationRuntime%/doc/imart/ sample/workflow/purchase/solr/purchase_template.jsp サンプルプログラムを 動 作 させるには 下 記 のファイルに %Server Manager%/conf/ system-install.xml 以 下 の 設 定 を 記 述 します <listener> <imwcrawler-add-listener> <listener-class>jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.listener.workflowcrawlingaddlistener</listener-class> </imwcrawler-add-listener> </listener> 下 記 のファイルに %Server Manager%/conf/ solr-display-config_imw.xml 以 下 の 設 定 を 記 述 します <document> <document-type id = "purchase"> <parent-document-type>imw</parent-document-type> <display-string-key>sample.imw.cap.012</display-string-key> <templete-url>sample/workflow/purchase/solr/purchase_template.jsp</templete-url> <require-fields> <field name="matter_number_string"/> <field name="flow_name_string"/> <field name="item_name_string"/> </require-fields> </document-type> </document> リスナで アプリケーションデータを 登 録 していない 場 合 リスナで アプリケーションデータを 登 録 した 場 合 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 53

60 intra-mart プログラミングガイド 7.4 画 面 入 力 情 報 の 保 持 申 請 画 面 一 時 保 存 画 面 申 請 ( 起 票 案 件 ) 画 面 再 申 請 画 面 処 理 画 面 確 認 画 面 において 閉 じる リンク によって 各 画 面 を 閉 じた 後 に 画 面 の 再 表 示 を 行 ったとき 入 力 内 容 を 保 持 した 状 態 で 画 面 表 示 されます 当 機 能 の 仕 様 概 要 は 以 下 の 通 りです 各 処 理 画 面 の 閉 じる リンク 押 下 時 に 呼 出 元 ユーザコンテンツ 中 の 画 面 呼 出 用 タグライブラリによって 生 成 された FORM に 対 して imwworkflowparams というパラメータ 名 の hidden タグを 追 加 し そこに 入 力 情 報 を 格 納 再 度 画 面 表 示 した 際 にリクエストパラメータとして imwworkflowparams が 含 まれている 場 合 画 面 の 初 期 表 示 処 理 で 保 持 情 報 による 復 元 表 示 を 実 行 リクエストパラメータの 受 け 渡 しによって 入 力 情 報 再 表 示 が 行 われるため ユーザコンテンツが 単 一 画 面 構 成 の 場 合 は 意 識 する 必 要 がありませんが 複 数 画 面 で 構 成 されている 場 合 は 以 下 対 応 が 必 要 です 各 処 理 画 面 を 閉 じてからユーザコンテンツ 間 の 画 面 遷 移 が 行 われ その 後 入 力 内 容 を 保 持 した 状 態 で 各 処 理 画 面 の 再 表 示 を 行 う 必 要 がある 場 合 imwworkflowparams パラメータをユーザコンテンツ 間 で 引 き 回 し 各 処 理 画 面 表 示 用 のタグライブラリの Body コンテンツ 内 に imwworkflowparams パラメータを hidden タグで 明 示 的 に 記 述 してください < ユーザコンテンツ 複 数 画 面 構 成 での 実 装 イメージ > ユーザコンテンツ 画 面 ( 入 力 ) 2 ユーザコンテンツ 間 で imwworkflowparams パラメータを 引 き 回 してください ユーザコンテンツ 画 面 ( 確 認 ) 1 閉 じる リンク 押 下 時 に imwworkflowparams パラメータが 処 理 画 面 呼 出 用 FORMにセットされます 3 処 理 画 面 呼 出 用 FORMの パラメータとして imwworkflowparams をセットしてください 処 理 画 面 Page 54 Copyright 株 式 会 社 NTT データ イントラマート All rights Reserved.

61 7 カスタマイズ 7.5 呼 び 出 し 画 面 からのコールバック 関 数 の 指 定 申 請 画 面 一 時 保 存 画 面 申 請 ( 起 票 案 件 ) 画 面 再 申 請 画 面 処 理 画 面 確 認 画 面 において 閉 じる リンク によって 各 画 面 を 閉 じる 際 のコールバック 関 数 として 呼 出 元 のユーザコンテンツ 画 面 の 関 数 を 実 行 する 方 法 に ついて 説 明 します 実 装 例 サンプルとして 提 供 されている 物 品 購 買 の 申 請 書 において GreyBox で 表 示 される 申 請 画 面 の 閉 じる 処 理 が 実 行 された 際 に 物 品 購 買 の 申 請 書 で 定 義 された 関 数 をコールバック 関 数 として 実 行 する 例 です 下 記 のプログラムが コールバック 関 数 の 実 行 を 行 うための 処 理 が 記 述 されたプログラムとなります スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply_callback.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply_callback.jsp 上 記 ファイルを 以 下 のファイル 名 に 変 更 し 上 書 き 保 存 することで 申 請 画 面 において 本 機 能 の 動 作 確 認 を 行 うことが 出 来 ます スクリプト 開 発 モデル %ResourceService%/pages/src/sample/workflow/purchase/screen/apply.html JavaEE 開 発 モデル %ApplicationRuntime%/doc/imart/sample/workflow/purchase/apply.jsp 作 成 者 : 株 式 会 社 NTT データ イントラマート Page 55

intra-mart Accel Platform — IM-Workflow プログラミングガイド   第16版 2016-08-01  

intra-mart Accel Platform — IM-Workflow プログラミングガイド   第16版 2016-08-01   intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第 6 版 06-08-0 Copyright 0 NTT DATA INTRAMART CORPORATION Top 目 次 intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第 6 版 06-08-0. 改 訂 情 報. はじめに.. 目 的.. 前

More information

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin IM- 社 内 便 ver7.2 リリース ノート 第 2 版 2016/06/02 1. はじめに (1) IM- 社 内 便 が 動 作 するには intra-mart WebPlatform / AppFramework Ver.7.2(パッチ 3) 以 上 ワークフロー 連 携 を 行 うには intra-mart WebPlatform / AppFramework advanced 以

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編)

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編) intra-mart EX 申 請 システム Ver.7.2 操 作 説 明 書 (システム 利 用 者 編 ) 第 三 版 2014 年 4 月 23 日 株 式 会 社 NTT データイントラマート > 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2011/2/28 初 版 2011/10/3 第 二 版 メッセージ 一 覧 のワーニングメッセージを 追 記 しました 2014/4/23

More information

IM-Annotation for Accel Platform — 操作ガイド   第3版 2015-08-01  

IM-Annotation for Accel Platform — 操作ガイド   第3版 2015-08-01   Copyright 2014 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 IM-Annotation for Accel Platform 操 作 ガイド 第 3 版 2015-08-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 2.1. 本 書 の 位 置 づけ 3. 各 部 の 名 称 3.1. フォーム 編 集 画 面 3.2. アプリケーション 実 行 画

More information

Microsoft Word - class_specification_guide_v60.doc

Microsoft Word - class_specification_guide_v60.doc IM-FormatCreator クラス 指 定 手 順 書 Ver 6.0 IM-FormatCreator i 1 はじめに 1 1.1 目 的 1 2 プログラムの 作 成 2 2.1 ファンクション コンテナ(.JS)の 作 成 2 2.2 プレゼンテーションページ(.HTML)の 作 成 3 3 クラス 指 定 項 目 の 設 定 5 3.1 クラス 指 定 設 定 画 面 5 3.2 クラスパス

More information

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第2版 2014-04-01  

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第2版 2014-04-01   Copyright 2012 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel Platform 外 部 ソフトウェア 接 続 モジュール 仕 様 書 第 2 版 2014-04-01 改 訂 情 報 はじめに 本 書 の 目 的 対 象 読 者 本 書 の 構 成 概 要 外 部 ソフトウェア 接 続 モジュールとは 仕 様 外 部

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

intra-mart Microsoft® Office 連携ソリューション

intra-mart Microsoft® Office 連携ソリューション intra-mart Microsoft Office 連 携 ソリューション Ver.7.0 VSTO 開 発 支 援 ガイド 2009/08/25 初 版 変 更 年 月 日 2009/8/25 初 版 > 変 更 内 容 本 書 の 目 的 本 書 は Visual Studio Tools for Office 開 発 者 が 2007 Microsoft Office

More information

IM-Workflow

IM-Workflow IM-Workflow Ver.7.2 英語コンテンツセットアップガイド 2012/10/31 第 2 版 > 変更年月日変更内容 2010/10/29 初版 2012/10/31 第 2 版 4.2 IM-Workflow の初期データインポートを行った後に IM-Workflow 英語コンテンツ をインストールした場合 に追記しました 目次 > 1 はじめに...1

More information

ハピタス のコピー.pages

ハピタス のコピー.pages Copyright (C) All Rights Reserved. 10 12,500 () ( ) ()() 1 : 2 : 3 : 2 4 : 5 : Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All

More information

Copyright 2008 All Rights Reserved 2

Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 1 Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 3 Copyright 2008 All Rights Reserved 4 Copyright 2008 All Rights Reserved 5 Copyright 2008 All

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション D8-1 カスタマーリングス コンバージョン 取 得 資 料 株 式 会 社 プラスアルファ コンサルティング カスタマーリングス 事 業 部 0 コンバージョン 取 得 機 能 概 要 カスタマーリングスから 送 信 したメールを 経 由 して 商 品 を 購 入 したお 客 様 の 購 買 情 報 などを コンバージョンとして 自 動 的 にカスタマーリングスに 取 り 込 むことができます 個

More information

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk SkyVisualEditorスタートアップガイド 2015 Terrasky Co., Ltd. All Rights Reserved. はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な

More information

brick - パラメータ付きURL生成マニュアル

brick - パラメータ付きURL生成マニュアル パラメータ 付 きURL 生 成 使 い 方 ガイド 2015.02 2015 TechLoCo, Inc. All Rights Reserved. 目 次 URL 作 成 フォーム P 3 CSVアップロード P 8 生 成 URL 一 覧 P 14 生 成 履 歴 P 18 2015 TechLoCo, Inc. All Rights Reserved. 2 URL 作 成 フォーム 2015

More information

IM-Workflow

IM-Workflow IM-Workflow Version 7.2 リリース ノート 2016/01/08 第 17 版 1 はじめに 1. 本 ドキュメントは 本 製 品 固 有 の 要 件 を 記 載 しています 以 下 に 記 載 のないものは 全 て intra-mart WebPlatform/ AppFramework の 要 件 に 準 じます 2. 本 製 品 を 使 用 するには intra-mart

More information

スライド 1

スライド 1 Dynamo Inventory Manager. 使 い 方 ガイド 本 社 ご 担 当 者 様 向 け Release :009/0/ Copyright 008-009, DYNAMO CO.,LTD. All Rights Reserved. INDEX はじめに-----------------------------------------------------------------------------------------------

More information

品質定義

品質定義 e Builder Ver.7.2 Application Producer チュートリアル 導 入 編 アーキテクチャとその 使 い 方 初 版 2010/06/30 2009 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 2010/6/30 2010 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 更 新 履 歴 変 更 年 月 日 2010/06/30 初 版 変

More information

Microsoft Word - So-Cool_CART_Pamphlet.doc

Microsoft Word - So-Cool_CART_Pamphlet.doc So-Cool CART COPYRIGHT 2008 Japan Area Code TV Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED. も く So-Cool CART と? 3 商 品 ページを 自 由 設 計 可 4 豊 富 な 商 品 ページ 埋 込 み タグ 5 複 数 店 舗 運 営 が 可 7 安 心 簡 単 なクレジットカード 決 済 8 流 行 電 子 マネーEdy

More information

目 次 1. 概 要 2.サーバーへの 設 置 3. 設 定 4.ユーザーアクセス 記 録 の 収 集 5. 制 限 解 除 キー 6. 利 用 規 定 7. 更 新 履 歴

目 次 1. 概 要 2.サーバーへの 設 置 3. 設 定 4.ユーザーアクセス 記 録 の 収 集 5. 制 限 解 除 キー 6. 利 用 規 定 7. 更 新 履 歴 BASIC 認 証 管 理 L-TOOL BasicAuth (ver 2.2) 取 扱 説 明 書 Little Net http://l-tool.net/ - 2015 年 7 月 22 日 版 - 目 次 1. 概 要 2.サーバーへの 設 置 3. 設 定 4.ユーザーアクセス 記 録 の 収 集 5. 制 限 解 除 キー 6. 利 用 規 定 7. 更 新 履 歴 1. 概 要 この

More information

スライド 1

スライド 1 リストファインダー ご 紹 介 資 料 Copyright Innovation Inc. All rights reserved. 1 リストファインダーとは WEBサイトに 来 訪 している 企 業 個 人 を 可 視 化 して ニーズの 高 い 見 込 み 顧 客 リストを 作 成 するマーケティングツール 法 人 営 業 BtoBマーケティングで450 社 の 導 入 実 績 Copyright

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル ファイル 管 理 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに 以 下 の POWER EGG のファイル 管 理 機 能 に 関 する 操 作 を 説 明 しま す なお 当 マニュアルでは ファイル 管 理 機

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション グーグル アナリティクス 操 作 設 定 ガイド Google Analytics 0 年 8 月 現 在 版 お 問 い 合 せはこちらまで カゴラボサポートセンター 00-7- ( 携 帯 電 話 からは 098-- ) E-mail : support@cagolab.jp 受 付 時 間 : 平 日 0:00~:00/:00~8:00 ( 祝 祭 日 及 び 弊 社 休 業 日 を 除 く)

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 共 通 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word Internet

More information

SILAND.JP テンプレート集

SILAND.JP テンプレート集 i-vote ユーザ 操 作 手 順 書 ~ 立 候 補 申 請 編 ~ 第 1.0 版 作 成 日 2016 年 1 月 26 日 最 終 更 新 日 2016 年 1 月 26 日 1 / 24 Copyright 2016 MEC Corporation. All right Reserved 改 版 履 歴 版 数 日 付 改 版 内 容 1.0 2016/01/26 新 規 作 成 2 /

More information

スライド 1

スライド 1 Webプログラミング2 2.Webプログラミング 概 要 (2) ( 復 習 )Webとは 様 々な 利 用 シーン 様 々なデバイス/ブラウザ パソコン 携 帯 電 話 ゲーム 機 /TV 電 子 ブックリーダー 学 校 案 内 / 会 社 案 内 オンラインショップ ブログ/ 掲 示 板 /SNS/Twitter/Facebook 学 内 / 社 内 システム スケジューラ/カレンダー/Webメール

More information

アスラテック株式会社 会社案内

アスラテック株式会社 会社案内 JavaScript SDK for V-Sido CONNECT 利 用 の 手 引 き Mac 編 アスラテック 株 式 会 社 目 次 1. はじめに 1-1. 本 マニュアルの 概 要 p.3 1-2. 使 用 する 機 材 など p.4 1-3. 各 機 器 の 接 続 構 成 と 開 発 イメージ p.5 2. 初 期 設 定 とVSidoConn4Macの 導 入 2-1. Bluetoothのペアリング

More information

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved.

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. - 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 2-3 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 70-4 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. ...1...3...7...8 1...9...14...16 2...18...20...21 3...22...23...23...24

More information

What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私 ) ぜひ 名 前 を 覚 えていってくださ

What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私 ) ぜひ 名 前 を 覚 えていってくださ HeartRails APIs for MA5 ハートレイルズの 提 供 API について http://www.heartrails.com/ What 色 々な Web サービスを 提 供 している 会 社 です http://www.heartrails.com/ http://twitter.com/heartrails( 会 社 ) http://twitter.com/joraku( 私

More information

report for biz 顧客分析レポートAPI ver 1.00 仕様書

report for biz 顧客分析レポートAPI ver 1.00 仕様書 report for biz API 仕 様 書 顧 客 分 析 レポート API ver1.00 技 研 商 事 インターナショナル 株 式 会 社 作 成 日 :2015/06/24 改 訂 履 歴 改 訂 履 歴 日 付 バージョン 更 新 内 容 2015/06/24 1.00 初 版 第 1 章 概 要... 4 1 本 サービスのコンセプト... 4 1-1 r4b(report 4 biz)とは...

More information

So-Cool CART マニュアル

So-Cool CART マニュアル So-Cool CART Ver..0 補 足 資 料 : 埋 め 込 み 機 能 タグ 一 覧 COPYRIGHT 008 Japan Area Code TV Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED. 埋 め 込 み 機 能 タグの 設 置 準 備 埋 め 込 み 機 能 タグ 商 品 ページに [カートに 入 れる]ボタン や 商 品 検 索 フォーム などの 機 能 を 埋

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

大見出し

大見出し トラッキング 設 定 方 法... 2 申 込 者 アクセス 情 報 をトラッキングする... 2 トラッキングタグを 設 定 する... 5 アクセスログのメール 通 知 設 定 する... 7 マーケティングプラットフォームユーザーマニュアル トラッキング 設 定 方 法 申 込 者 アクセス 情 報 をトラッキングする マーケティングプラットフォームや 自 社 のWebサイトにアクセス 解 析

More information

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお page. 1 シマツ 株 式 会 社 page. 1 page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお 掛 けし 続 けてきました 申 し 訳 けございません

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Copyright All Rights Reserved. -2 -!

Copyright All Rights Reserved. -2 -! http://ameblo.jp/admarketing/ Copyright All Rights Reserved. -2 -! Copyright All Rights Reserved. -3- Copyright All Rights Reserved. -4- Copyright All Rights Reserved. -5 - Copyright All Rights Reserved.

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Microsoft PowerPoint - 2016_2b-DOM.pptx

Microsoft PowerPoint - 2016_2b-DOM.pptx < 練 習 2-11> DOMの 空 白 ノード 2_nodeVisit の 実 行 結 果 ( 前 ページ)から,HTML をルート 要 素 とするDOMの 木 構 造 を 示 しなさい ただし, 空 白 ノードは 空 白,その 他 のテキストノードは テキスト とすること HTML DOMによる 文 書 データの 参 照 と 変 更 DOMツリー 内 のノード 参 照 相 対 位 置 によるノード

More information

Microsoft PowerPoint - SCkenkyukai2012tanaka.mshr.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - SCkenkyukai2012tanaka.mshr.ppt [互換モード] 利 用 者 のブラウザ 操 作 をWebサービス 化 するための 開 発 最 適 化 支 援 環 境 株 式 会 社 富 士 通 研 究 所 田 中 昌 弘 目 次 背 景 Webサービスを 追 加 開 発 にコストがかかる 課 題 関 連 研 究 利 用 者 のブラウザ 操 作 からWebサービスを 自 動 生 成 する 手 法 提 案 手 法 利 用 者 のブラウザ 操 作 から 不 要 な 通

More information

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初 お 客 様 各 位 FusionPlace 1.7.0 リリースのご 案 内 2012 年 8 月 22 日 有 限 会 社 ウォーターマーク アプリケーションズ 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 を 申 し 上 げます 本 日 FusionPlace の 新 バージョン 1.7.0 をリリース 致 しましたことをお 知 らせ 申 し 上 げます 記 1. ご 提 供 方

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 問 い 合 せフォームを 作 成 する Copyright Diverta inc. All right reserved. 1 目 次 1. 管 理 画 面 の 説 明 1-1 問 い 合 わせモジュールとは 1-2 機 能 概 要 1-3 基 本 設 定 1-3-1 基 本 設 定 - 管 理 画 面 のアクセス 制 限 - 1-3-2 基 本 設 定 -メール 設 定 - 2. 問 い 合 わせフォームを

More information

日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2

日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2 オープンデータマップ (SVG 地 図 操 作 用 スクリプト) デモ コンテンツ 操 作 ガイド 1 日 付 更 新 者 内 容 2013/11/29 月 橋 新 規 作 成 2 目 次 1. デモ コンテンツ 操 作 ガイド... 4 Google Chrome の 設 定... 4 コンテンツのロード... 4 アイコン 等 について... 5 POIの 設 定... 7 POI を CSV

More information

目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書 類 の 取 得 75ページ お 問 い

目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書 類 の 取 得 75ページ お 問 い 概 算 保 険 料 の 申 告 ( 継 続 ) 手 続 電 子 申 請 操 作 マニュアル 平 成 28 年 4 月 1 日 Ver.1.3 目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書

More information

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Air-Web) になります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 します コン

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Air-Web) になります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 します コン ベリトランス 決 済 サービス W elcart クレジット 決 済 運 用 マニュアル Ver.1.0.0 2016 年 7 月 1 日 コルネ 株 式 会 社 目 次 特 徴 と 注 意 点... 2 申 込 方 法... 3 設 定 方 法... 4 ベリトランス 決 済 の 設 定... 4 クレジットカード 決 済... 5 コンビニ 決 済... 5 支 払 方 法 登 録... 6 接

More information

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

もくじ

もくじ メルマガ 管 理 機 能 マニュアル 2016/7/4 株 式 会 社 ビズクリエイト 目 次 1. メルマガ 配 信 手 順... 3 2. メルマガ 作 成... 4 新 規 メルマガを 作 成 する... 4 3. メルマガ 一 覧... 8 作 成 したメルマガを 一 覧 で 確 認 する... 8 メルマガの 基 本 設 定 を 確 認 変 更 する... 9 メルマガの 基 本 設 定

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 5 回 基 本 編 ~ Salesforceで 見 積 作 成 画 面 を 作 成 しよう 2014 年 9 月 16 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 Salesforceで 見 積 画

More information

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win8__リモート設定手順書_20140502

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win8__リモート設定手順書_20140502 セキュアカメラクラウドサービス リモート 接 続 設 定 順 書 Windows 8 版 Ver1.0 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ Copyright 2014 NTT PC Communications Incorporated, All Rights Reserved. 次 1. はじめに... 2 2. 実 施 前 ご 確 認 事 項... 2 3. VPN 接 続 設

More information

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者 操 作 マニュアル 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 第 0.1 版 目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報

More information

Microsoft Word - 最終版 バックせどりismマニュアル .docx

Microsoft Word - 最終版 バックせどりismマニュアル .docx ism ISM ISM ISM ISM ISM ISM Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. ISM Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. Copyright

More information

Microsoft PowerPoint - 051105-2.ppt

Microsoft PowerPoint - 051105-2.ppt 1.Webアプリケーション 1-1 Web 1989Tim Berners-Lee 1993 1999iWindows98 2005: http://www.w3.org/people/berners-lee/ 1-2 ( ) 汎 用 機 オフコン データベース アプリケーション 言 語 (COBOLなど) 文 字 端 末 タイプライター 端 末 http://research.microsoft.com/~gbell/digital/timeline/dechistory.htm

More information

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i J-STAGE 操 作 マニュアル 資 料 情 報 の 各 種 設 定 変 更 方 法 < 第 1.01 版 > 平 成 27 年 12 月 国 立 研 究 開 発 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像

More information

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する GP-Webシステム 購 入 先 様 用 基 本 操 作 説 明 書 2011 年 12 月 29 日 パナソニック 株 式 会 社 コーポレート 情 報 システム 社 0 目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 提出依頼機能 リリースノート

intra-mart EX申請システム version.7.2 提出依頼機能 リリースノート intra-mart EX 申 請 システム ver.7.2 提 出 依 頼 機 能 リリース ノート 第 二 版 2015/12/22 1. システム 要 件 システム 要 件 intra-mart EX 申 請 システム Version.7.2 提 出 依 頼 機 能 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します 動 作 環 境 については 以 下 の 製 品 のリリース ノートを 参 照 してください

More information

スライド 1

スライド 1 ログイン 登 録 確 認 編 集 Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 1 ログイン Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 2 1 パソコンのWEBブラウザから 下 記 URLに 接 続 してください https://www.kintai-ebisu.com/koara-series/

More information

03_さらなる開発生産性向上へ.pptx

03_さらなる開発生産性向上へ.pptx 2011 icec SAStruts+S2JDBC e Builder ApplicaDon Producer SAStruts Super Agile Struts(SAStruts )Struts Super Agile S2JDBC S2JDBC10 Seasar2 O/R Mapper HP(hJp://s2container.seasar.org/) hjp://localhost/imart/foo/bar/

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074> 付 録 アプリケーションへの 代 表 的 攻 撃 (SQL)インジェクション データベースを 利 用 するアプリケーションに 対 して 外 部 からの 入 力 で 不 正 に データベースを 操 作 参 照 する 手 法 入 力 がSQL 以 外 のシステムのコマンド 等 として 処 理 される 場 合 に それらを 利 用 する コマンドインジェクションなども 類 似 の 攻 撃 パラメータ 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378> Enterprise Premium 電 子 証 明 書 発 行 サービス 電 子 証 明 書 インストール 手 順 書 Ver2.2 ジャパンネット 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 4 1.1.ご 利 用 条 件... 4 1.2. 注 意 事 項 制 限 事 項... 4 2. 実 施 手 順... 5 2.1. 電 子 証 明 書 の 取 得 手 順... 5 2.2. Windows

More information

bmobilized 操 作 マニュアル Ver.0404 目 次 ログインパスワードの 設 定 変 更... カスタマイズページへのログイン... ダッシュボード... 4 ツールの 基 本 操 作... 5 編 集 プラグイン... 6 電 話 をかける プラグイン... 6 編 集 コンテンツ

bmobilized 操 作 マニュアル Ver.0404 目 次 ログインパスワードの 設 定 変 更... カスタマイズページへのログイン... ダッシュボード... 4 ツールの 基 本 操 作... 5 編 集 プラグイン... 6 電 話 をかける プラグイン... 6 編 集 コンテンツ 操 作 マニュアル 04/04 株 式 会 社 インターアローズ bmobilized 操 作 マニュアル Ver.0404 目 次 ログインパスワードの 設 定 変 更... カスタマイズページへのログイン... ダッシュボード... 4 ツールの 基 本 操 作... 5 編 集 プラグイン... 6 電 話 をかける プラグイン... 6 編 集 コンテンツ 選 択... 8 編 集 デザイン...

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 利 用 説 明 書 更 新 日 バージョン 対 象 ページ 概 要 2015/4/16 v1.0 - 正 式 リリース 2016/4/15 V1.1 P.8 オプション 項 目 値 の 備 考 を 追 記 2016/4/15 V1.11 P.5 設 置 非 対 応 ページを 追 記 2016/06/16 V1.12 P5,7,8,9 最 大 登 録 数 を10 種 類 から50 種 類 へ 変 更

More information

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6 Ver.30 証 明 書 発 行 マニュアル Mozilla Firefox 0 年 月 6 日 セコムトラストシステムズ 株 式 会 社 Copyright 0 SECOM Trust Systems CO.,LTD. All Rights Reserved i Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8

More information

クーポン販売かんたんインストールガイド

クーポン販売かんたんインストールガイド インストールガイド 目 次 セットアップの 流 れ... 3 シリアル 番 号 の 登 録... 4 M2Plus 会 員 に 登 録 していない 方... 4 すでに M2Plus 会 員 の 方... 6 M2Plus Launcher のダウンロード... 7 ipod touch/iphone/ipad から 直 接 ダウンロードする 場 合... 7 コンピュータからダウンロードする 場

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 確 定 申 告 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

データ構造とアルゴリズム論

データ構造とアルゴリズム論 第 10 章.MySQL のインストールと Java プログラムからの 接 続 学 習 のねらい 1 データベース 管 理 ソフトである MySQL をインストールする 2 MySQL 上 のデータベースに Java プログラムから 接 続 できることを 確 認 する < 先 週 の 復 習 > 講 義 で 示 された 基 礎 課 題 10-1 に 解 答 して 下 さい 10-1.MySQL のインストール

More information

前 書 き 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 システム( 広 域 機 関 システム) System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-0

前 書 き 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 システム( 広 域 機 関 システム) System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-0 広 域 機 関 システム スタートアップガイド 計 画 提 出 者 向 け 簡 易 操 作 マニュアル 2016-01-00 前 書 き 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 システム( 広 域 機 関 システム) System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00

More information

目 次 1. 携 帯 対 応 登 録 ページ... 2 1-1 機 能 概 要... 2 1-2 設 定 方 法... 3 2. 登 録 情 報 変 更 ページ... 4 2-1 機 能 概 要... 4 2-2 設 定 方 法... 4 3. 登 録 情 報 変 更 ページ + 配 信 再 開..

目 次 1. 携 帯 対 応 登 録 ページ... 2 1-1 機 能 概 要... 2 1-2 設 定 方 法... 3 2. 登 録 情 報 変 更 ページ... 4 2-1 機 能 概 要... 4 2-2 設 定 方 法... 4 3. 登 録 情 報 変 更 ページ + 配 信 再 開.. PowerStepMail Regist Manual パワーステップメール レジストマニュアル 2015/03/10 改 定 株 式 会 社 ビズクリエイト 目 次 1. 携 帯 対 応 登 録 ページ... 2 1-1 機 能 概 要... 2 1-2 設 定 方 法... 3 2. 登 録 情 報 変 更 ページ... 4 2-1 機 能 概 要... 4 2-2 設 定 方 法... 4 3.

More information

変 更 履 歴 1.1 yahoo!ネットバンキング 受 け 取 り 後 決 済 サービスの 廃 止 1.2 入 札 者 認 証 制 限 の 追 加 1.3 悪 い 評 価 の 割 合 で 制 限 の 追 加 1.4 自 動 値 下 げ の 追 加 1.5 かんたん 取 引 対 応 フォーマット 追

変 更 履 歴 1.1 yahoo!ネットバンキング 受 け 取 り 後 決 済 サービスの 廃 止 1.2 入 札 者 認 証 制 限 の 追 加 1.3 悪 い 評 価 の 割 合 で 制 限 の 追 加 1.4 自 動 値 下 げ の 追 加 1.5 かんたん 取 引 対 応 フォーマット 追 一 括 出 品 ガイド Ver.1.5 変 更 履 歴 1.1 yahoo!ネットバンキング 受 け 取 り 後 決 済 サービスの 廃 止 1.2 入 札 者 認 証 制 限 の 追 加 1.3 悪 い 評 価 の 割 合 で 制 限 の 追 加 1.4 自 動 値 下 げ の 追 加 1.5 かんたん 取 引 対 応 フォーマット 追 加 1. CSV ファイルとは データをカンマ(,)で 区

More information

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有 Web 電 話 帳 アプリ Android ユーザガイド 050 plus for Biz 4.1 版 平 成 28 年 6 月 20 日 NTT コミュニケーションズ 株 式 会 社 目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類.........

More information

目 次 0. 計 測 タグ 設 置 の 基 本 3 このマニュアルについて... 4 計 測 タグ 設 置 の 流 れ... 5 必 ず 確 認 していただきたいこと... 6 1. 計 測 タグの 種 類 7 入 口 ページタグ... 9 コンバージョンタグ... 10 イベント 計 測 用 タグ

目 次 0. 計 測 タグ 設 置 の 基 本 3 このマニュアルについて... 4 計 測 タグ 設 置 の 流 れ... 5 必 ず 確 認 していただきたいこと... 6 1. 計 測 タグの 種 類 7 入 口 ページタグ... 9 コンバージョンタグ... 10 イベント 計 測 用 タグ 計 測 タグの 設 置 と 動 作 確 認 方 法 このマニュアルの 対 象 となる 方 ウェブアンテナの 計 測 タグをサイトに 設 置 するご 担 当 の 方 (HTML に 関 する 知 識 をある 程 度 お 持 ちの 方 を 想 定 ) このマニュアルでわかること 計 測 タグの 設 置 方 法 や 注 意 点 コンバージョン 属 性 を 計 測 するための 実 装 例 計 測 タグの 動

More information

JavaScript演習

JavaScript演習 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ 7. 共 通 操 作 10ページ 8. 各 画 面 の 説 明 11ページ ログイン 11

目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ 7. 共 通 操 作 10ページ 8. 各 画 面 の 説 明 11ページ ログイン 11 部 品 在 庫 管 理 Core-Small Ver 2.1.0.0 以 降 第 1.00 版 仕 様 兼 操 作 説 明 書 SHAO SOFT http://shao-soft.main.jp 目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

Enterprise Architect8.0機能ガイド

Enterprise Architect8.0機能ガイド Enterprise Architect 8.0 feature guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect8.0 機 能 ガイド (2010/4/16 最 終 更 新 ) Copyright (c) 2010 SparxSystems Japan 1 このドキュメントでは Enterprise Architect8.0 で 追 加 改 善 される

More information

スライド 1

スライド 1 CSVファイルによる 利 用 者 情 報 設 定 ガイド NTTレゾナント( 株 ) ビジネスgoo 事 務 局 1 当 ガイドについて ビジネスgooへ 利 用 者 の 情 報 を 登 録 または 更 新 を 行 う 際 数 名 程 度 の 設 定 であれば 設 定 画 面 への 手 入 力 で 問 題 はないと 思 いますが 数 十 人 単 位 となりますと 手 入 力 では 大 変 です ビジネスgooではCSVファイルを

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

Google Analytics とは(1) Google Analytics は 無 料 で 利 用 できる 高 機 能 アクセス 解 析 ツールです ページビュー 参 照 元 検 索 キーワードはもちろん 各 参 照 元 や 検 索 キーワード 別 の 売 上 金 額 や 売 上 件 数 等 ネ

Google Analytics とは(1) Google Analytics は 無 料 で 利 用 できる 高 機 能 アクセス 解 析 ツールです ページビュー 参 照 元 検 索 キーワードはもちろん 各 参 照 元 や 検 索 キーワード 別 の 売 上 金 額 や 売 上 件 数 等 ネ レンタルショッピングカートマニュアル ~ Google Analy+cs 編 ~ Google Analytics とは(1) Google Analytics は 無 料 で 利 用 できる 高 機 能 アクセス 解 析 ツールです ページビュー 参 照 元 検 索 キーワードはもちろん 各 参 照 元 や 検 索 キーワード 別 の 売 上 金 額 や 売 上 件 数 等 ネットショップ 運 営

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc データベースアクセスコンポーネント 1. 概 要 データベースアクセスコンポーネントとは SQL データベースにアクセスして SQL 文 を 実 行 することによりデータベース 検 索 を 行 う 機 能 を 提 供 するコ ンポーネントです また データベースアクセスコンポーネントでは データベースの 構 成 情 報 接 続 情 報 エラー 情 報 等 を 取 得 することも 可 能 です デ ータベースアクセスコンポーネントは

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書 ... 1... 1... 1... 1 CMS... 1... 1... 2 PC... 2 CMS... 3... 3... 3... 4... 5... 6... 6... 6... 7... 7... 8... 8... 8... 9... 9... 9... 11... 11... 12... 13... 13... 14... 14... 14... 15... 15... 15...

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション スパイラルAPI 目 次 スパイラルAPI 1. スパイラルAPI 全 体 像 システム 構 成 2. APIトークンとAPIトークンシークレット 3. APIトークンとAPIトークンシークレットの 発 行 4. APIとして 提 供 しているメソッド APIにてデータ 取 得 可 能 なスパイラル 機 能 3 4 5 6 5. 認 証 (マイエリア) メソッド 一 覧 対 照 表 6. 一 覧 表

More information

4.5. < 参 加 表 明 書 を 提 出 する> 調 達 案 件 一 覧 の 表 示 対 象 となる 案 件 を 検 索 し 調 達 案 件 一 覧 に 表 示 させます 参 加 したい 案 件 の 調 達 案 件 名 称 行 - 入 札 参 加 資 格 確 認 申 請 / 技 術 資 料 /

4.5. < 参 加 表 明 書 を 提 出 する> 調 達 案 件 一 覧 の 表 示 対 象 となる 案 件 を 検 索 し 調 達 案 件 一 覧 に 表 示 させます 参 加 したい 案 件 の 調 達 案 件 名 称 行 - 入 札 参 加 資 格 確 認 申 請 / 技 術 資 料 / 目 次... 4-46 4.5. < 参 加 表 明 書 を 提 出 する>... 4-46 4.5.2 < 参 加 表 明 書 受 付 票 を 表 示 する>... 4-55 4.5.3 < 選 定 通 知 書 ( 非 選 定 通 知 書 )を 表 示 する>... 4-58 4.5.4 < 技 術 提 案 書 を 提 出 する>... 4-6 4.5.5 < 技 術 提 案 書 受 付 票 を

More information

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われないも

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われないも Visual Studio Do-It-Yourself シリーズ 第 12 回 キャッシュ 著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 は このドキュメントの 発 行 時 点 におけるマクロソフトの 見 解 を 反 映 したものです マクロソフトは 市 場 の 変 化 に 対 応 する 必 要 があるため このドキュメントの 内 容 に 関 する 責 任 を 問 われないものとします

More information

So-Cool CART

So-Cool CART So-Cool CART Pro - So-Cool Cyber Aided Retail Technology Professional - 加 盟 店 向 けマニュアル ー 旧 埋 め 込 み 機 能 タグ 版 ー ご 注 意 ください 旧 バージョンの 機 能 タグを 利 用 して 商 品 ページを 作 成 している 加 盟 店 様 に 対 して ご 提 供 させていただいているものです 今

More information

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 19 年 7 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 1. 提

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

untitled

untitled mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved. 1/1 mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved. 2/2 mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved. 3/3 mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved.

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179967B95D2817A93C18EEA8ED497BC83498393838983438393905C90BF835683588365838091808DEC837D836A83858341838B816082B182EA82A982E783498393838983438393905C90BF82F08E6E82DF82E782EA82E995FB82D6816032303

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179967B95D2817A93C18EEA8ED497BC83498393838983438393905C90BF835683588365838091808DEC837D836A83858341838B816082B182EA82A982E783498393838983438393905C90BF82F08E6E82DF82E782EA82E995FB82D6816032303 本 編 特 殊 車 両 オンライン 申 請 システム 操 作 マニュアル ~これからオンライン 申 請 を 始 められる 方 へ~ 公 益 社 団 法 人 全 日 本 トラック 協 会 輸 送 事 業 部 Ver,06-06 目 次. オンライン 申 請 とは 何 か? 申 請 をはじめる 準 備 について. 申 請 書 情 報 の 入 力 3. FD 読 み 込 み 方 法 4. 積 載 貨 物

More information

スマートフォン開発ガイドライン

スマートフォン開発ガイドライン スマートフォン 開 発 ガイドライン Ver.7.2 2013/4/5 第 4 版 > 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2011/08/12 初 版 2011/11/01 第 1 版 3.4.1 IM-Mobile Framework 画 面 共 通 IMARTタグ 一 覧 において spdatepickerおよびspcalendarに 関 する 記 述 を 追 記 しました

More information

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 電 子 マネー 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Web 連 携 接 続 ) に なります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 電 子 マネー 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Web 連 携 接 続 ) に なります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 ルミーズ 決 済 サービス W elcart クレジット 決 済 運 用 マニュアル Ver.1.0.0 2016 年 7 月 1 日 コルネ 株 式 会 社 目 次 特 徴 と 注 意 点... 2 申 込 方 法... 3 設 定 方 法... 4 ルミーズ 決 済 の 設 定... 4 クレジットカード 決 済... 5 コンビニ 電 子 マネー 決 済... 6 支 払 方 法 登 録...

More information

So-Cool CART マニュアル

So-Cool CART マニュアル So-Cool CART Ver.0.0 補 足 資 料 : 旧 埋 め 込 み 機 能 タグ 一 覧 COPYRIGHT 008 Japan Area Code TV Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED. ご 注 意 ください この 資 料 は 旧 バージョンの 埋 め 込 み 機 能 タグについて 解 説 するもので 以 前 の 機 能 タグを 利 用 して 商 品 ページを

More information

「V-Sido CONNECT RC」 Raspberry Pi 2との連係方法

「V-Sido CONNECT RC」 Raspberry Pi 2との連係方法 アスラテック 株 式 会 社 V-Sido CONNECT RC Raspberry Pi 2との 連 係 方 法 目 次 1. はじめに 1-1. 本 マニュアルの 概 要 p.3 1-2. 使 用 する 機 材 など p.4 1-3. 各 機 器 の 接 続 イメージ p.5 1-4. JavaScriptによる 開 発 環 境 の 概 略 p.6 2. Raspberry Pi 2を 利 用

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 3 回 基 本 編 ~ Salesforceでワークフローの 申 請 画 面 を 作 成 しよう 2014 年 7 月 15 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 Salesforceで 既

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation UML 2004 7 9 10 ... OOP UML 10 Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 2 1. 2. 3. 4. UML 5. Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 3 1..... Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights

More information

後 述 の Force.com( 機 能 説 明 ) に 機 能 の 補 足 説 明 を 記 載 してあります ユーザインターフェイスか らのApexの 削 除 と 編 集 (トライアル 組 織 ) (トライアル 組 織 ) 実 行 されるスクリプトの 最 大 行 数 200,000 200,000

後 述 の Force.com( 機 能 説 明 ) に 機 能 の 補 足 説 明 を 記 載 してあります ユーザインターフェイスか らのApexの 削 除 と 編 集 (トライアル 組 織 ) (トライアル 組 織 ) 実 行 されるスクリプトの 最 大 行 数 200,000 200,000 後 述 の Force.com( 機 能 説 明 ) に 機 能 の 補 足 説 明 を 記 載 してあります 月 額 無 料 (0 円 ) 1,500 円 ( 月 額 1,575 円 ) 6,000 円 ( 月 額 6,300 円 ) 3,000 円 ( 月 額 3,150 円 ) 9,000 円 ( 月 額 9,450 円 ) 最 大 使 用 ユーザ 数 100ユーザ 上 限 なし 上 限 なし

More information