Microsoft Word - ガイドブックver06.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - ガイドブックver06.doc"

Transcription

1 風 力 発 電 電 力 系 統 安 定 化 等 技 術 開 発 - 気 象 予 測 システム- 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 量 予 測 システムの 開 発 風 力 発 電 出 力 予 測 技 術 ガイドブック 平 成 20 年 3 月 国 立 大 学 法 人 東 京 大 学 伊 藤 忠 テクノソリューションズ 株 式 会 社 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 イー アンド イー ソリューションズ 株 式 会 社

2

3 はじめに わが 国 では エネルギー 源 の 多 様 化 によるエネルギー 安 定 供 給 の 確 保 や 地 球 温 暖 化 対 策 に 資 するた め 風 力 発 電 をはじめとする 新 エネルギーの 導 入 が 積 極 的 に 促 進 されています 平 成 13 年 6 月 に 取 り まとめられた 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 新 エネルギー 部 会 報 告 書 ( 平 成 13 年 6 月 )では 平 成 22 年 度 における 風 力 発 電 導 入 目 標 量 は 300 万 kw とされています 風 力 発 電 の 導 入 実 績 に 関 しては 1996 年 度 に 1.4 万 kw でありました 設 備 容 量 が 2006 年 度 末 には 約 149 万 kw(1, 314 基 )に 達 し 現 在 既 に 電 力 会 社 と 需 給 契 約 済 みの 容 量 と 風 力 発 電 追 加 契 約 予 定 量 の 2 つの 導 入 見 込 み 量 を 合 わせると 約 166 万 kw と 想 定 され 2010 年 の 風 力 発 電 導 入 目 標 量 (300 万 kw)の 約 半 分 に 達 する 規 模 です しかし 電 力 システムの 観 点 から 見 ますと 風 力 発 電 は 出 力 変 動 が 大 きい 電 源 であるために 電 力 系 統 に 連 系 した 場 合 には 電 圧 や 周 波 数 などの 電 力 品 質 等 に 影 響 を 及 ぼすことが 懸 念 されます 平 成 16 年 7 月 の 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 新 エネルギー 部 会 風 力 発 電 系 統 連 系 対 策 小 委 員 会 中 間 報 告 におい ては 周 波 数 変 動 対 策 オプションの 一 つとして 局 地 気 象 予 測 を 精 緻 化 し 風 力 発 電 の 出 力 変 動 の 予 見 可 能 性 を 向 上 することにより 一 定 の 調 整 力 の 下 での 風 力 発 電 連 系 可 能 量 を 拡 大 できる 可 能 性 がある と 指 摘 しています 本 ガイドブックは このような 背 景 のもと 風 まかせの 発 電 電 力 を 事 前 に 予 測 することによって 電 力 系 統 側 の 調 整 力 を 計 画 的 に 運 用 可 能 にすることを 目 的 として 平 成 17 年 度 から 19 年 度 の 3 ヶ 年 プ ロジェクトとして 始 まりました 風 力 発 電 電 力 系 統 安 定 化 等 技 術 開 発 - 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 量 予 測 システムの 開 発 事 業 の 一 部 成 果 として 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 量 予 測 システムの 利 用 者 ( 導 入 者 )やサービス 提 供 者 が 必 要 とする 参 考 書 的 なものとしてとりまとめました なお 風 力 発 電 電 力 系 統 安 定 化 等 技 術 開 発 - 気 象 予 測 システム- 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 量 予 測 システムの 開 発 事 業 は 東 京 大 学 伊 藤 忠 テクノソリューションズ ( 財 ) 電 力 中 央 研 究 所 ( 財 ) 日 本 気 象 協 会 およびイー アンド イー ソリューションズ が 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 からの 受 託 調 査 の 一 部 として 実 施 したものです 最 後 に 本 事 業 においてご 助 言 を 頂 きました 風 力 発 電 出 力 予 測 実 行 委 員 会 および 風 力 発 電 出 力 予 測 電 力 共 同 WG の 有 識 者 皆 様 に 心 よりお 礼 申 し 上 げます

4

5 風 力 発 電 出 力 予 測 実 行 委 員 会 委 員 名 簿 役 名 氏 名 所 属 委 員 長 牛 山 泉 足 利 工 業 大 学 総 合 研 究 センター センター 長 委 員 オブザーバ 中 西 幹 郎 大 山 力 岡 本 浩 秋 山 康 人 * 市 川 嘉 則 秋 田 耕 児 * 一 戸 昌 則 小 倉 良 夫 * 福 田 一 二 三 高 原 景 滋 白 石 一 雄 * 安 藤 和 正 小 松 崎 勇 一 蜂 屋 一 雄 久 家 秀 海 斉 藤 哲 夫 本 田 明 弘 加 藤 裕 司 北 村 真 一 千 葉 康 司 岩 崎 敏 泰 諸 住 哲 山 下 充 利 防 衛 大 学 校 地 球 海 洋 学 科 助 教 授 横 浜 国 立 大 学 教 授 東 京 電 力 株 式 会 社 系 統 技 術 グループ マネージャー 東 北 電 力 株 式 会 社 電 力 流 通 本 部 電 力 システム 部 課 長 東 北 電 力 株 式 会 社 電 力 流 通 本 部 電 力 システム 部 制 御 技 術 課 長 北 海 道 電 力 株 式 会 社 工 務 部 給 電 計 画 グループリーダ 北 海 道 電 力 株 式 会 社 工 務 部 給 電 計 画 グループリーダー 九 州 電 力 株 式 会 社 経 営 企 画 室 エネルギー 戦 略 グループ 長 九 州 電 力 株 式 会 社 電 力 輸 送 本 部 系 統 運 用 部 電 力 品 質 グループ 副 長 沖 縄 電 力 株 式 会 社 研 究 開 発 部 技 術 開 発 グループリーダー 課 長 四 国 電 力 株 式 会 社 電 力 輸 送 本 部 系 統 運 用 部 調 査 グループリーダー 四 国 電 力 株 式 会 社 電 力 輸 送 本 部 系 統 運 用 部 調 査 グループリーダー 株 式 会 社 ユーラスエナジージャパン 技 術 部 部 長 電 源 開 発 株 式 会 社 環 境 エネルギー 事 業 部 風 力 事 業 室 長 代 理 兼 技 術 発 電 ク ルーフ リータ ー エコ パワー 株 式 会 社 技 術 部 長 中 間 法 人 日 本 風 力 発 電 協 会 事 務 局 企 画 室 長 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 技 術 本 部 長 崎 研 究 所 流 体 研 究 室 室 長 富 士 重 工 業 株 式 会 社 エコテクノロジーカンパニー 風 力 発 電 プロジェクトマネージャー サミットウィンドパワー 酒 田 株 式 会 社 代 表 取 締 役 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 新 エネルギー 技 術 開 発 部 系 統 連 系 技 術 グループ 主 査 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 新 エネルギー 技 術 開 発 部 系 統 連 系 技 術 グループ 主 査 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 新 エネルギー 技 術 開 発 部 系 統 連 系 技 術 グループ 主 任 研 究 員 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 省 エネルギー 新 エネルギー 部 新 エネルギー 対 策 課 課 長 補 佐

6 事 務 局 (*) 途 中 退 任 荒 川 忠 一 七 原 俊 也 石 原 孟 藤 野 陽 三 山 口 敦 飯 田 誠 福 田 寿 谷 川 亮 一 田 中 伸 和 平 口 博 丸 服 部 康 男 橋 本 篤 門 倉 真 二 鈴 木 靖 * 林 宏 典 * 黒 田 幸 夫 叶 木 律 子 工 藤 泰 子 中 尾 徹 飛 田 実 梶 原 史 洋 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 教 授 (プロジェクトリーダー) 電 力 中 央 研 究 所 システム 技 術 研 究 所 需 要 家 システム 領 域 リーダー(プロジェクトリーダー 代 行 ) 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 准 教 授 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 教 授 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 助 教 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 特 任 講 師 伊 藤 忠 テクノソリューションズ 株 式 会 社 科 学 システム 事 業 部 地 球 科 学 部 応 用 気 象 課 課 長 伊 藤 忠 テクノソリューションズ 株 式 会 社 科 学 システム 事 業 部 地 球 科 学 部 応 用 気 象 課 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 地 球 工 学 研 究 所 首 席 研 究 員 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 地 球 工 学 研 究 所 流 体 科 学 領 域 上 席 研 究 員 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 地 球 工 学 研 究 所 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 地 球 工 学 研 究 所 流 体 科 学 領 域 特 別 契 約 研 究 員 環 境 科 学 研 究 所 物 理 環 境 領 域 主 任 研 究 員 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 首 都 圏 支 社 調 査 部 長 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 首 都 圏 支 社 調 査 部 環 境 調 査 課 主 任 技 師 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 首 都 圏 支 社 ソリューション 部 長 代 理 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 首 都 圏 支 社 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 首 都 圏 支 社 ソリューション 部 環 境 技 術 課 技 師 環 境 事 業 部 技 師 長 環 境 事 業 部 副 事 業 部 長 環 境 事 業 部 温 暖 化 エネルキ ー 対 策 ク ルーフ 主 任 研 究 員

7 風 力 発 電 出 力 予 測 電 力 共 同 WG 委 員 名 簿 氏 名 所 属 岡 本 浩 秋 山 康 人 * 市 川 嘉 則 秋 田 耕 児 * 一 戸 昌 則 小 倉 良 夫 * 福 田 一 二 三 高 原 景 滋 白 石 一 雄 * 東 京 電 力 株 式 会 社 系 統 技 術 グループ マネージャー 東 北 電 力 株 式 会 社 電 力 流 通 本 部 電 力 システム 部 課 長 東 北 電 力 株 式 会 社 電 力 流 通 本 部 電 力 システム 部 制 御 技 術 課 長 北 海 道 電 力 株 式 会 社 工 務 部 給 電 計 画 グループリーダ 北 海 道 電 力 株 式 会 社 工 務 部 給 電 計 画 グループリーダー 九 州 電 力 株 式 会 社 経 営 企 画 室 エネルギー 戦 略 グループ 長 九 州 電 力 株 式 会 社 電 力 輸 送 本 部 系 統 運 用 部 電 力 品 質 グループ 副 長 沖 縄 電 力 株 式 会 社 研 究 開 発 部 技 術 開 発 グループリーダー 課 長 四 国 電 力 株 式 会 社 電 力 輸 送 本 部 系 統 運 用 部 調 査 グループリーダー (*) 途 中 退 任

8 調 査 担 当 者 名 簿 (1) 国 立 大 学 法 人 東 京 大 学 平 成 20 年 3 月 20 日 現 在 氏 名 所 属 役 職 ( 職 名 ) 藤 野 陽 三 荒 川 忠 一 石 原 孟 飯 田 誠 山 口 敦 小 川 豪 酒 井 和 也 大 学 院 工 学 系 研 究 科 教 授 同 教 授 同 准 教 授 同 特 任 講 師 同 助 教 同 産 学 官 連 携 研 究 員 同 産 学 官 連 携 研 究 員 [ 業 務 管 理 者 ] 藤 野 陽 三 : 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 社 会 基 盤 学 専 攻 教 授 [ 内 容 についての 問 い 合 わせ 先 ] 石 原 孟 : 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 総 合 研 究 機 構 准 教 授 東 京 都 文 京 区 弥 生 TEL FAX

9 (2) 伊 藤 忠 テクノソリューションズ 株 式 会 社 平 成 20 年 3 月 20 日 現 在 氏 名 所 属 役 職 ( 職 名 ) 福 田 寿 谷 川 亮 一 劉 発 華 早 崎 宣 之 高 木 哲 郎 北 谷 匠 子 結 城 陽 介 青 木 功 久 保 博 司 児 玉 総 司 磯 和 充 横 塚 透 科 学 システム 事 業 部 地 球 科 学 部 応 用 気 象 課 課 長 同 主 任 研 究 員 同 主 任 研 究 員 同 主 任 研 究 員 同 主 任 研 究 員 同 副 主 任 研 究 員 同 副 主 任 研 究 員 同 副 主 任 研 究 員 同 副 主 任 研 究 員 科 学 システム 事 業 部 地 球 科 学 部 応 用 技 術 課 主 任 研 究 員 同 主 任 研 究 員 同 主 任 研 究 員 [ 業 務 管 理 者 ] 福 田 寿 科 学 システム 事 業 部 地 球 科 学 部 応 用 気 象 課 課 長 [ 内 容 についての 問 い 合 わせ 先 ] 谷 川 亮 一 科 学 システム 事 業 部 地 球 科 学 部 応 用 気 象 課 主 任 研 究 員 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 霞 が 関 ビル TEL FAX

10 (3) 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 平 成 20 年 3 月 20 日 現 在 氏 名 所 属 役 職 ( 職 名 ) 田 中 伸 和 七 原 俊 也 平 口 博 丸 江 口 譲 豊 田 康 嗣 服 部 康 男 田 村 英 寿 杉 本 聡 一 郎 和 田 浩 治 須 藤 仁 橋 本 篤 門 倉 真 二 地 球 工 学 研 究 所 首 席 研 究 員 システム 技 術 研 究 所 需 要 家 システム 領 域 リーダー 上 席 研 究 員 地 球 工 学 研 究 所 流 体 科 学 領 域 リーダー 上 席 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 上 席 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 同 流 体 科 学 領 域 特 別 契 約 研 究 員 環 境 科 学 研 究 所 物 理 環 境 領 域 主 任 研 究 員 [ 業 務 管 理 者 ] 田 中 伸 和 : 地 球 工 学 研 究 所 首 席 研 究 員 [ 内 容 についての 問 い 合 わせ 先 ] 服 部 康 男 地 球 工 学 研 究 所 流 体 科 学 領 域 主 任 研 究 員 千 葉 県 我 孫 子 市 我 孫 子 1646 Tel: ( 代 表 ) Fax:

11 (4) 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 平 成 20 年 3 月 20 日 現 在 氏 名 所 属 役 職 ( 職 名 ) 奥 山 和 彦 首 都 圏 支 社 ソリューション 部 部 長 黒 田 幸 夫 同 ソリューション 部 部 長 代 理 是 永 司 同 ソリューション 部 部 長 代 理 佐 藤 隆 光 同 ソリューション 部 部 長 代 理 筑 紫 文 夫 同 ソリューション 部 環 境 技 術 課 小 島 啓 美 同 ソリューション 部 環 境 技 術 課 主 任 技 師 工 藤 泰 子 同 ソリューション 部 環 境 技 術 課 技 師 齋 藤 重 雄 同 ソリューション 部 環 境 技 術 課 山 口 高 明 同 ソリューション 部 環 境 技 術 課 技 師 宇 都 宮 好 博 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 主 任 技 師 叶 木 律 子 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 坂 本 豊 美 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 松 藤 絵 里 子 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 窪 田 和 彦 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 村 山 貴 彦 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 松 浦 邦 明 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 主 任 技 師 冨 田 雄 一 郎 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 乙 津 孝 之 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 中 野 俊 夫 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 滝 谷 克 幸 北 海 道 支 社 ソリューション 部 専 任 主 任 技 師 宮 畑 信 吾 同 ソリューション 部 情 報 開 発 課 課 長 西 山 直 樹 同 ソリューション 部 情 報 開 発 課 技 師 中 村 一 樹 同 ソリューション 部 気 象 情 報 課 課 長 中 田 琢 志 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 山 口 浩 司 同 ソリューション 部 応 用 気 象 課 技 師 [ 業 務 管 理 者 ] 奥 山 和 彦 首 都 圏 支 社 ソリューション 部 長 [ 内 容 についての 問 い 合 わせ 先 ] 黒 田 幸 夫 首 都 圏 支 社 ソリューション 部 部 長 代 理 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 サンシャイン 60 55F TEL FAX

12 (5)イー アンド イー ソリューションズ 株 式 会 社 平 成 20 年 3 月 20 日 現 在 氏 名 所 属 役 職 ( 職 名 ) 飛 田 実 中 尾 徹 梶 原 史 洋 橋 本 真 也 渡 辺 尚 道 臼 井 健 加 藤 秀 樹 天 春 成 樹 阪 口 幸 三 長 田 悠 子 久 松 信 介 近 藤 敦 環 境 事 業 部 副 事 業 部 長 環 境 事 業 部 技 師 長 環 境 事 業 部 温 暖 化 エネルキ ー 対 策 ク ルーフ 主 任 研 究 員 環 境 事 業 部 主 席 研 究 員 環 境 事 業 部 温 暖 化 エネルキ ー 対 策 ク ルーフ 主 席 研 究 員 同 主 任 技 師 同 主 任 研 究 員 同 主 任 研 究 員 同 主 任 研 究 員 同 研 究 員 同 研 究 員 環 境 事 業 部 CSR 環 境 審 査 ク ルーフ 主 任 研 究 員 [ 業 務 管 理 者 ] 飛 田 実 環 境 事 業 部 副 事 業 部 長 [ 内 容 についての 問 い 合 わせ 先 ] 梶 原 史 洋 環 境 事 業 部 温 暖 化 エネルキ ー 対 策 ク ルーフ 主 任 研 究 員 東 京 都 千 代 田 区 外 神 田 4 丁 目 14 番 1 号 秋 葉 原 UDX ビル TEL FAX

13 目 次 第 1 部 ガイドブックの 目 的 1 1. 風 力 発 電 出 力 予 測 技 術 ガイドブックの 目 的 1 2. 本 書 の 対 象 読 者 1 3. 本 書 の 構 成 1 第 2 部 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 基 本 事 項 3 4 本 書 でのシステム 構 築 適 用 範 囲 3 5 関 連 法 規 等 気 象 業 務 法 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 4 6 用 語 の 定 義 5 7 システム 導 入 の 目 的 と 留 意 点 目 的 対 象 とする 範 囲 留 意 点 9 8 システム 導 入 の 基 本 事 項 気 象 予 測 と 個 別 のモデルの 概 要 数 値 気 象 予 報 モデル メソスケール 気 象 モデル ウィンドファーム 予 測 モデルと 制 御 エリア 予 測 モデルの 概 要 ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデル 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 モデル 予 測 結 果 の 利 用 ( 表 示 ) 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 のシステム 化 ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 システム 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 システム 30 第 3 部 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システム 構 築 運 用 の 例 32 9 オンライン 観 測 通 信 システムの 構 築 運 用 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 構 築 運 用 風 力 発 電 出 力 予 測 プラットフォーム 運 用 障 害 事 例 と 解 析 結 果 予 測 システムの 構 築 運 用 に 関 する 留 意 事 項 49 付 録 風 力 発 電 出 力 予 測 プラットフォーム マニュアル i

14

15 第 1 部 風 力 発 電 出 力 予 測 技 術 ガイドブックの 目 的 1 風 力 発 電 出 力 予 測 技 術 ガイドブックの 目 的 風 力 発 電 出 力 予 測 技 術 ガイドブック( 以 下 本 書 と 称 します )は 気 象 予 測 に 基 づいた2 日 先 までの 風 力 発 電 を 予 測 するシステムの 利 用 者 ( 導 入 者 )やサービス 提 供 者 に 対 して 日 本 の 風 況 特 性 に 適 合 した 高 精 度 な 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 の 技 術 や 情 報 およびその 組 み 合 わせに よるシステム 構 築 運 用 方 法 のありかたを 提 示 することとして オンライン 情 報 収 集 通 信 シ ステムの 構 築 等 の 留 意 点 の 他 ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデル 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 モデルの 各 モデルの 特 徴 等 を 含 めた 参 考 書 的 なものとしました 2 本 書 の 対 象 読 者 本 書 の 対 象 読 者 は 気 象 予 測 に 基 づいた 風 力 発 電 予 測 システムの 利 用 者 ( 導 入 者 )や 風 力 発 電 量 予 測 値 の 提 供 をサービスとして 行 う 方 々が 対 象 となります 3 本 書 の 構 成 本 書 の 構 成 は まず 本 書 の 目 的 は 何 なのか? 誰 を 対 象 としているのか? 構 成 はどうなっている のか?という 本 書 自 体 を 第 1 部 で 説 明 しています ですから 風 力 発 電 予 測 システムを 理 解 し たり 導 入 構 築 運 用 をどのようにするのか?といったことは 第 2 部 以 降 で 説 明 しています 第 2 部 では 2 日 先 までの 風 力 発 電 を 予 測 するシステムとは どういうものなのか? と いうことを 主 眼 においています 具 体 的 には 1 知 っておくべき 法 規 や 用 語 2システムの 導 入 や 利 用 前 に 考 慮 すべきこと 3システムを 構 成 する 基 本 計 算 モデルの 種 類 とその 特 徴 そして4 基 本 的 な 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システム( 風 力 発 電 出 力 予 測 の 流 れ)を 理 解 するという 構 成 とし ています 最 後 に 第 3 部 ですが ここでは 実 際 に 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムを 構 築 して 運 用 および 評 価 をした 事 例 を 示 し トラブル 事 例 やその 対 応 方 法 そして 考 えられる 対 策 を 留 意 事 項 とし てまとめてあります なお 本 書 には 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムをWindows PCで 体 験 ( 簡 易 予 測 モデ ルが 格 納 されているサンプルデータに 対 し 実 際 に 計 算 します )でき また 実 際 に 気 象 庁 GPVデータの 入 電 とWFの 情 報 ( 総 発 電 出 力 等 )のオンラインシステムを 構 築 することで 実 態 に 気 象 予 測 に 基 づいた 風 力 発 電 出 力 を 簡 易 的 に 予 測 ができる 風 力 発 電 出 力 予 測 プラットフォーム のマニュアルを 付 録 として 付 け 加 えてあります このマニュアルには 風 力 発 電 出 力 予 測 プラットフォーム(ソフトウェア)のインストールや 設 定 方 法 が 含 まれますので 具 体 的 な 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 構 築 方 法 の 一 例 ですので 参 考 になることでしょう -1-

16 本 ガイドブックの 目 的 対 象 とする 読 者 本 書 構 成 第 1 部 風 力 発 電 出 力 予 測 技 術 ガイドブックの 目 的 1. 風 力 発 電 出 力 予 測 技 術 ガイドブックの 目 的 2. 本 書 の 対 象 読 者 3. 本 書 の 構 成 本 ガイドブックで 説 明 するシステムの 範 囲 予 測 システムの 基 礎 知 識 第 2 部 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 基 本 事 項 4. 本 書 でのシステム 構 築 適 用 範 囲 5. 関 連 法 規 等 6. 用 語 の 定 義 7. システム 導 入 の 目 的 と 留 意 点 8. システム 導 入 の 基 本 事 項 風 力 発 電 量 予 測 システムの 構 築 運 用 評 価 の 事 例 第 3 部 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システム 構 築 運 用 の 例 9. オンライン 観 測 通 信 システムの 構 築 運 用 10. 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 構 築 運 用 11. 風 力 発 電 出 力 予 測 プラットフォーム 12. 運 用 障 害 事 例 と 解 析 結 果 13. 予 測 システムの 構 築 運 用 に 関 する 留 意 事 項 風 力 発 電 量 予 測 システムの 体 験 付 録 風 力 発 電 出 力 予 測 プラットフォーム マニュアル 図 3-1 本 書 の 構 成 ( 流 れ) -2-

17 第 2 部 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 基 本 事 項 4 本 書 でのシステム 構 築 適 用 範 囲 本 書 で 取 り 扱 うシステム 構 築 の 適 用 範 囲 は 1SCADAシステムから 排 出 される 必 要 情 報 を 伝 送 サ ーバ 等 で 受 渡 してもらった 以 降 2ウィンドファームの 総 発 電 出 力 情 報 の 入 手 以 降 および3 気 象 業 務 センターが 定 期 的 に 配 信 する 気 象 庁 GPVの 入 電 以 降 とします 適 用 範 囲 を 図 4-1に 示 しまし た 図 4-1 本 書 でのシステム 構 築 適 用 範 囲 -3-

18 5 関 連 法 規 等 5.1 気 象 業 務 法 気 象 業 務 法 において 予 報 とは 観 測 の 成 果 に 基 づく 現 象 の 予 想 の 発 表 と 定 義 されていま す 具 体 的 には 時 と 場 所 を 特 定 して 今 後 生 じる 自 然 現 象 の 状 況 を 観 測 の 成 果 を 基 に 自 然 科 学 的 方 法 によって 予 想 し その 結 果 をその 発 表 手 段 や 営 利 か 非 営 利 を 問 わず 通 報 する 場 合 には 予 報 業 務 許 可 の 対 象 となります 1 なお 同 法 において 業 務 とは 定 時 的 または 非 定 時 的 に 反 復 継 続 して 行 われる 行 為 をいいます ただし 予 報 業 務 許 可 申 請 の 手 引 き 1 では 予 想 を 行 う 人 が 例 えば 自 分 の 所 属 する 学 校 や 会 社 あるいは 家 庭 内 等 内 部 のみで 自 らの 予 想 を 利 用 する 限 りは 部 外 への 発 表 行 為 を 伴 わない 自 家 用 の 予 想 と 見 なされ 許 可 は 不 要 と 記 載 されている 従 いまして 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 は 気 象 庁 が 日 々 運 用 している 気 象 予 報 システ ムによる 予 測 結 果 を 気 象 モデルの 初 期 値 境 界 値 として 用 いて 風 向 風 速 を 算 出 し 最 終 的 に 発 電 出 力 を 予 想 しますので 気 象 庁 以 外 の 者 が 予 想 結 果 を 定 期 的 または 非 定 期 的 に 第 三 者 に 気 象 情 報 とともに 報 じる 場 合 には 気 象 業 務 法 第 十 七 条 により 予 報 業 務 許 可 の 対 象 となることに 注 意 す る 必 要 があります 気 象 業 務 法 第 十 七 条 ( 予 報 業 務 の 許 可 ) 気 象 庁 以 外 の 者 が 気 象 地 象 津 波 高 潮 波 浪 又 は 洪 水 の 予 報 の 業 務 ( 以 下 予 報 業 務 と いう )を 行 おうとする 場 合 は 気 象 庁 長 官 の 許 可 を 受 けなければならない なお 風 力 発 電 出 力 予 測 結 果 のみを 第 三 者 に 報 じる 場 合 には 明 確 に 定 義 されていませんが 風 力 発 電 出 力 は 観 測 の 成 果 に 基 づく 現 象 に 相 当 すると 思 われます 風 力 発 電 出 力 予 測 システム を 構 築 して 発 電 出 力 予 測 結 果 のみを 第 三 者 へ 報 じる 場 合 には 気 象 庁 の 判 断 が 必 要 となりま すので 必 ず 気 象 庁 に 問 い 合 わせ 下 さい 1 予 報 業 務 許 可 申 請 の 手 引 き ( 平 成 17 年 11 月 8 日 改 訂 版 ) 気 象 庁 総 務 部 民 間 事 業 振 興 課 民 間 気 象 業 務 推 進 係 5.2 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 風 力 発 電 出 力 予 測 システムはオンラインネットワークシステムですので 予 測 対 象 ウィンドファームや 関 係 事 業 会 社 などのネットワークに 接 続 しています もし 不 正 アクセスされますとコンピュータの 破 壊 データ 破 壊 データ 漏 えい データ 改 ざ ん または 勝 手 に 操 作 されてしまう 可 能 性 があります なかには 不 正 アクセスされたコンピュ ータを 踏 み 台 にされて 他 のコンピュータシステム( 例 えば 風 力 発 電 所 を 制 御 するシステム) に 不 正 アクセスされて 勝 手 に 操 作 される 可 能 性 もあります このように 不 正 アクセスされますと 業 務 に 重 大 な 支 障 が 発 生 する 社 会 的 に 信 用 が 低 下 する 損 害 賠 償 責 任 が 生 じる など 多 大 な 損 失 を 受 ける 可 能 性 があります そこで 不 正 アクセスを 防 止 するために 1 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 ( 第 三 条 ) 2 不 正 アクセ ス 行 為 を 助 長 する 行 為 の 禁 止 ( 第 四 条 ) 3アクセス 管 理 者 による 防 御 措 置 ( 第 五 条 ) 4 都 道 府 県 公 安 委 員 会 による 援 助 等 ( 第 六 七 条 )および5 罰 則 ( 第 八 条 )から 構 成 される 不 正 アク セス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 不 正 アクセス 禁 止 法 )が 平 成 12 年 に 施 行 されています 参 考 資 料 : 警 察 庁 サイバー 犯 罪 対 策 ( -4-

19 6 用 語 の 定 義 用 語 定 義 説 明 関 連 JIS 番 号 [ア 行 ] ウィンドファーム 風 力 発 電 所 一 般 には, 複 数 の 風 力 発 電 装 置 をいう (ウィンドパークと 呼 ばれることもある ) 108 ( 風 力 発 電 システムの) 一 般 には 製 造 業 者 によって 指 定 される, 機 器 又 は 装 置 の 所 定 の 418 定 格 出 力 運 転 状 態 における 出 力 の 値 10 分 間 平 均 風 速 風 速 の 10 分 間 平 均 値 205 CFD モデル NuWiCC: NuWiCC(Numerical Wind Simulation Code in CRIEPI)は 電 中 研 において 開 発 されたモデルである 基 礎 式 に Boussinesq 近 似 を 施 した 連 続 の 式 N. S. 式 およびエネルギ 方 程 式 を 用 いており 高 Re 数 型 k-ε2 方 程 式 モデルにより 乱 流 過 程 を 再 現 している MOS Model Output Statistics の 略 で モデルの 予 測 結 果 と 観 測 値 との 関 係 を 調 べ 予 測 結 果 から 系 統 的 な 予 測 誤 差 を 取 り 除 く 手 法 の 一 つ 一 般 には 重 回 帰 式 による 予 測 式 を 用 いた 補 正 方 法 を 示 す NCEP NCEP ( 米 国 環 境 予 報 セ ン タ ー ) と は National Centers for Environmental Prediction の 略 である アップスケールモデル オンライン 観 測 データを 得 られる 一 部 の 代 表 的 ウィンドファームの 発 電 出 力 の 予 測 値 を 用 いて エリア 全 体 の 発 電 出 力 を 精 度 よく 予 測 する 手 法 の 一 つである 一 部 の 代 表 的 ウィンドファームから エリア 全 体 の 発 電 出 力 を 予 測 できるのが 特 徴 である エリアモデル 電 力 系 統 制 御 エリアを 対 象 とした 発 電 出 力 予 測 モデルであり オ ンライン 観 測 データとしてウィンドファーム 総 出 力 のみを 用 いるの が 特 徴 である 観 測 から 得 られたウィンドファーム 総 出 力 に 加 え 気 象 予 測 から 得 られたウィンドファームにおける 代 表 風 速 および ウィンドファーム 位 置 や 設 備 容 量 などの 情 報 を 入 力 データとし て ウィンドファームにおける 発 電 出 力 を 求 める このようにして 得 られた 個 々のウィンドファームの 発 電 出 力 に 基 づき アップスケー ルモデルにより エリア 全 体 における 発 電 出 力 を 求 める [カ 行 ] カットアウト 風 速 風 車 が 利 用 可 能 な 動 力 を 生 むハブ 高 さにおける 最 大 の 風 速 133 カットイン 風 速 風 車 が 利 用 可 能 な 動 力 を 生 むハブ 高 さにおける 最 小 の 風 速 143 気 象 庁 が 配 信 している 数 値 予 報 モデル(またはその 計 算 結 果 ) RSM(Regional Spectral Model; 領 域 スペクトルモデル)は 日 本 付 近 について 1 日 2 回 (00,12Z) 計 算 され 51 時 間 先 までの 1 時 気 象 庁 GPV データ (RSM) 間 毎 の 予 測 値 が 格 子 点 値 として 配 信 されている 日 本 において 局 地 気 象 モデルによる 詳 細 計 算 を 行 う 場 合 しばしば RSM が 初 期 境 界 値 として 使 用 される RSM データのことを 特 に RSM-GPV と 呼 ぶ 場 合 もある なお 2007 年 11 月 より RSM は GSM(Global Spectral Model; 全 球 スペクトルモデル)に 統 合 された 可 変 ピッチ ピッチ 角 が 可 変 であるプロペラ 形 風 車 のロータ 形 式 415 可 変 速 風 車 ロータ 回 転 速 度 が 変 化 する 風 車 413 気 象 モデル WRF: WRF(Weather Research and Forecasting)は 米 国 大 気 研 究 センタ ーNCAR(National Center for Atmospheric Research)などにより 開 発 が 進 められている 気 象 モデルである 客 観 解 析 値 を 初 期 値 境 界 値 として 主 にメソスケール 気 象 を 予 測 することができる 入 力 値 としては 海 面 水 温 などが 必 要 である -5-

20 用 語 局 地 気 象 モデル ANEMOS 工 学 モデル LAWEPS 定 義 説 明 ANEMOS ( Area-oriented Numerical prediction and Environmental assessment Modeling System)は 財 団 法 人 日 本 気 象 協 会 で 開 発 された 局 地 気 象 モデルである 客 観 解 析 値 を 初 期 値 境 界 値 として 主 にメソスケール 気 象 を 予 測 することができる 入 力 値 としては 他 に 標 高 土 地 利 用 雪 面 情 報 海 面 水 温 が 必 要 である LAWEPS (Local Area Wind Energy Prediction System)は NEDO 局 所 的 風 況 予 測 モデル 開 発 プロジェクトチームにおいて 開 発 さ れた 風 況 予 測 システム LAWEPS は 複 雑 地 形 上 においても 年 平 均 風 速 が 高 精 度 で 予 測 できる 1~5 次 の 多 段 階 ネスティングモ デルで 適 切 なネスティング 手 順 を 踏 むことにより 10m メッシュモ デル(5 次 領 域 )において 観 測 値 との 年 平 均 風 速 誤 差 が±10% 以 内 になるように 設 計 されている [サ 行 ] サンプリング 周 波 数 データを 計 測 する 周 波 数 関 連 JIS 番 号 423 計 測 装 置 が 計 測 データを 取 得 する 周 波 数 最 大 出 力 正 常 な 運 転 状 態 にある 風 車 が 発 生 する 正 味 出 力 の 最 大 値 419 出 力 風 力 発 電 装 置 が 発 生 する 電 気 出 力 404 出 力 曲 線 パワーカー 横 軸 に 風 速, 縦 軸 に 風 車 出 力 をとり, 両 者 の 関 数 関 係 を 示 す 曲 405 ブ 線 又 はプロットされたデータ 群 精 度 測 定 結 果 と 測 定 対 象 の 真 値 との 間 の 一 致 の 度 合 い 425 設 備 利 用 率 ある 期 間 中 における 風 車 総 発 電 量 の, 同 期 間 中 に 定 格 出 力 で 運 421 転 したと 仮 定 して 風 車 が 発 生 可 能 な 発 電 量 に 対 する 比 増 速 機 入 力 軸 の 回 転 速 度 を, 増 速 して 出 力 軸 に 動 力 伝 達 する 装 置 ロ ータの 回 転 速 度 よりも 発 電 機 の 回 転 速 度 が 高 い 場 合 に, 主 軸 の 回 転 速 度 を 増 速 して 動 力 を 伝 達 する 装 置 305 測 定 期 間 [タ 行 ] タワー 統 計 的 に 意 味 のあるデータベースを 収 録 するのに 必 要 な 性 能 試 験 の 期 間 風 車 ロータ, 動 力 伝 達 装 置, 発 電 機 などを 地 上 から 適 切 な 高 さに 312 支 持 するための 架 台 定 格 風 速 風 車 の 定 格 出 力 が 発 生 するハブ 高 さにおける 規 定 の 風 速 414 電 力 系 統 発 電 所, 変 電 所 及 び 負 荷 とこれらを 結 ぶ 電 線 路 からなり, 発 電 電 315 力 を 負 荷 に 送 る 電 力 設 備 網 データセット ある 期 間 に 連 続 的 に 採 取 されたデータの 集 合 431 [ナ 行 ] ナセル 310 年 平 均 水 平 軸 風 車 において,タワーの 上 部 に 配 置 され, 動 力 伝 達 装 置, 発 電 機, 制 御 装 置 などを 格 納 するもの, 並 びにその 内 容 物 の 総 称 十 分 な 期 間 にわたって 集 めた 十 分 な 量 の 測 定 データセットを 平 均 した 値 であって, 測 定 対 象 の 期 待 値 を 推 定 できるもの 平 均 を 計 算 する 期 間 は, 季 節 差 などの 非 定 常 効 果 をならすため, 年 数 は 整 数 とする 年 平 均 風 速 年 平 均 の 用 語 の 定 義 に 従 って 平 均 した 風 速 207 [ハ 行 ] 発 電 機 機 械 動 力 ( 風 車 ロータの 回 転 力 )を 受 けて 電 力 を 発 生 する 回 転 306 風 向 機 観 測 者 から 見 て, 風 が 向 かってくる 方 向 例 えば," 北 風 とは 北 か ら 吹 く 風 ", " 山 風 とは 山 から 谷 に 向 かって 吹 く 風 "の 意 味 である

21 用 語 風 車 後 流 (ウェイク) 定 義 説 明 風 車 に 流 入 した 空 気 流 の 風 車 ロータの 後 方 流 れであり, 風 車 前 方 の 自 由 気 流 と 比 較 して, 一 般 的 に 風 速 が 低 く, 乱 流 強 度 が 強 い 関 連 JIS 番 号 412 風 速 空 気 が 移 動 した 距 離 とそれに 要 した 時 間 の 比 ( 単 位 は 通 常 m/s) 201 複 雑 な 地 形 地 形 が 変 化 に 富 み, 又 は 障 害 物 が 存 在 し,それらによって 風 が 430 ゆがめられやすい 風 車 サイトの 地 理 形 状 平 均 風 速 風 速 の 瞬 間 値 を, 所 定 期 間 内 で 統 計 的 に 平 均 したもの 所 定 期 203 間 は 数 秒 から 数 年 の 場 合 がある 補 正 量 低 減 化 最 新 の 実 況 値 と 予 測 値 との 差 を 補 正 量 とし N 時 間 後 にもとの 予 測 値 と 一 致 するように 補 正 量 を 減 らしながら 予 測 値 を 修 正 する 手 法 何 らかの 原 因 で システムにおける 予 測 モデルの1つ(あるいは バックアップモデル 複 数 )が 正 常 終 了 しなくても 最 終 的 な 予 測 結 果 が 得 られるように 構 築 された 予 備 的 モデルのこと ハブ ブレードをロータ 軸 に 固 定 する 部 分 303 ハブ 高 さ 風 車 ロータ 中 心 の 地 上 高 さ 垂 直 軸 ダリウス 風 車 の 場 合 には, 赤 道 面 の 高 さ

22 7 システム 導 入 の 目 的 と 留 意 点 7.1 目 的 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムは 風 まかせの 発 電 電 力 を 事 前 に 予 測 することによ り 電 力 系 統 側 の 調 整 力 を 計 画 的 に 運 用 可 能 としたり ウィンドファームの 運 営 に 役 立 つシステム です 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 導 入 実 施 においては 導 入 検 討 者 が 達 成 すべき 目 的 を 明 確 にすることが 必 要 です 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 一 般 的 な 目 的 の 例 として 以 下 のことが 挙 げられます (1) 電 力 系 統 運 用 への 貢 献 1 風 力 発 電 の 予 測 困 難 性 に 伴 なう 系 統 運 用 への 影 響 の 緩 和 2 風 力 発 電 量 予 測 システムの 周 波 数 変 動 対 策 オプション 2 に 対 する 貢 献 より 効 率 的 な 電 源 運 用 による 調 整 力 の 有 効 活 用 に 貢 献 予 定 解 列 出 力 抑 制 開 始 と 終 了 時 刻 の 予 測 に 活 用 可 能 風 力 発 電 の 短 周 期 変 動 や 発 電 量 予 測 誤 差 の 吸 収 など 蓄 電 池 の 効 率 的 な 運 用 に 活 用 可 能 2 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 新 エネルギー 部 会 風 力 発 電 系 統 連 系 対 策 小 委 員 会 中 間 報 告 ( 平 成 16 年 7 月 )において 以 下 の7 項 目 に 関 する 周 波 数 変 動 対 策 オプションが 掲 げられた (1) 周 波 数 変 動 の 観 点 から 見 た 風 力 発 電 連 系 可 能 量 の 正 確 な 把 握 (2) 解 列 枠 の 募 集 (3) 蓄 電 池 等 の 導 入 (4) 会 社 間 連 系 線 の 活 用 (5) 調 整 力 の 拡 大 に 向 けた 電 源 運 用 (6) 周 波 数 変 動 による 導 入 制 約 のない 地 域 での 風 力 発 電 の 立 地 (7) 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 量 予 測 システムの 調 査 研 究 (2)ウィンドファーム 運 営 の 向 上 1 逸 失 機 会 発 電 量 の 逓 減 支 援 保 守 改 修 工 事 などにおける 着 手 時 期 決 定 の 補 完 情 報 として 利 用 定 期 メンテナンス 時 における 対 象 機 順 番 決 定 の 補 完 情 報 として 利 用 日 常 保 守 管 理 作 業 における 安 全 面 確 保 支 援 その 他 停 止 時 間 調 整 強 風 / 暴 風 時 の 停 止 時 間 最 小 化 の 補 完 情 報 として 利 用 2 設 備 利 用 率 向 上 支 援 各 風 力 発 電 機 の 出 力 特 性 実 績 値 の 収 集 および 経 時 変 化 の 検 証 各 種 エラー 故 障 情 報 の 蓄 積 に 対 して 気 象 との 関 連 トレンドなどを 検 証 系 統 制 限 解 列 制 限 などの 電 力 規 制 下 での 活 用 3 風 力 発 電 併 用 型 PPSの 検 討 および 運 用 の 可 能 性 -8-

23 (3) 業 務 の 効 率 性 の 向 上 への 寄 与 今 まで ただ 単 に 風 力 発 電 電 力 量 の 実 績 値 によってウィンドファームの 運 営 管 理 をしてきた のに 対 し 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムによって 気 象 予 測 に 基 づいた 出 力 予 測 を 織 り 込 めますので 短 期 的 な 計 画 をすることが 可 能 になります これによって 費 用 の 節 減 やリスク 管 理 向 上 などの 効 果 が 期 待 できます なお 期 間 平 均 的 な 予 測 精 度 を 高 めることと 瞬 時 における 予 測 値 が 大 はずれする 可 能 性 が 生 じ てしまうこととは 裏 表 の 関 係 で 両 方 を 同 時 に 追 求 することは 難 しいことです これについては 入 手 観 測 データの 特 性 やオンラインデータ 収 集 システムの 状 態 運 営 管 理 者 の 要 望 によって 目 的 に 対 する 優 先 順 位 が 異 なることがありますので 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システム の 導 入 構 築 にあたっては 取 組 主 体 がこれらを 考 慮 してどのような 目 的 に 重 点 をおくかを 定 め ておく 必 要 があります 7.2 対 象 とする 範 囲 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システムを 導 入 するにあたり システムの 対 象 とする 範 囲 を 明 確 にすることが 重 要 です 具 体 的 には 以 下 の 項 目 が 考 えられます 予 測 対 象 項 目 ( 出 力 風 速 風 向 その 他 ) 予 測 対 象 単 位 ( 風 車 単 位 ウィンドファーム 単 位 その 他 ) 予 測 時 間 単 位 (30 分 1 時 間 その 他 ) 予 測 時 間 範 囲 (24 時 間 48 時 間 その 他 ) オンラインデータ 種 類 ( 送 電 端 出 力 SCADA 気 象 観 測 その 他 ) 停 止 情 報 の 活 用 有 無 ( 計 画 / 実 績 : 風 車 停 止 計 画 停 電 その 他 ) 予 測 誤 差 精 度 ( 絶 対 平 均 誤 差 低 減 持 続 予 報 に 対 する 改 善 率 向 上 大 はずれ 防 止 ) 予 測 情 報 配 信 場 所 ( 管 理 事 務 所 作 業 員 本 社 / 系 列 会 社 その 他 ) なお より 広 い 範 囲 をカバーするシステムを 構 築 することが 理 想 ですが 設 定 した 目 的 や さ まざまな 技 術 的 経 済 的 制 約 を 考 慮 した 場 合 範 囲 を 限 定 することが 現 実 的 です そのような 場 合 には まず 一 部 の 範 囲 を 対 象 として 開 始 し 次 第 に 範 囲 を 拡 張 できるシステムを 設 計 し 必 要 に 応 じて 順 次 拡 張 していくことが 有 効 です 7.3 留 意 点 (1) 企 業 内 コミットメントと 継 続 的 改 善 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 導 入 と 実 施 およびその 継 続 的 な 改 善 に 対 して 以 下 のことが 必 要 で す 1 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 重 要 性 を 事 業 所 内 で 周 知 させることが 必 要 です 2 実 施 計 画 が 確 実 に 定 められるようにします 3 経 営 資 源 ( 人 員 財 源 機 械 設 備 ソフトウェア 技 術 技 法 )の 用 意 が 必 要 です -9-

24 (2) 制 約 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 導 入 は 効 果 的 な 手 段 といえますが 予 測 対 象 の 規 模 機 器 の 種 類 や 特 性 収 集 データの 特 性 や 品 質 業 務 規 模 および 体 制 現 地 管 理 の 固 有 の 性 質 などによって 適 用 のしやすさが 異 なるなど 制 約 や 問 題 が 生 じます 取 組 主 体 は 起 こりえる 問 題 や 制 約 などを 十 分 に 留 意 することが 必 要 です どのような 制 約 があるかを 把 握 した 上 で そのようなことを 視 野 に 入 れて 創 意 工 夫 したり 将 来 的 な 展 望 をもっておくことが 望 ましいのです 経 済 的 な 制 約 としては より 精 緻 なレベルで 予 測 しようとすると 必 要 な 費 用 が 大 きくなって しまう 可 能 性 が 高 くなります 以 下 のように 費 用 と 効 果 を 考 慮 したシステムづくりを 進 めること が 重 要 です なお 新 しい 技 術 や 管 理 方 法 などが 開 発 されると 制 約 が 除 かれる 場 合 もあります (3) 費 用 と 効 果 の 考 慮 取 組 主 体 は 達 成 すべき 目 的 と 効 果 必 要 な 費 用 を 予 測 し 相 互 に 比 較 しながら 自 らの 風 力 発 電 出 力 予 測 システムを 導 入 します 得 られる 効 果 風 力 発 電 出 力 予 測 システムを 導 入 する 目 的 と それら 目 的 を 達 成 することによって 得 られる 効 果 を 十 分 に 吟 味 しておく 必 要 があります 導 入 費 用 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 導 入 に 必 要 な 主 な 費 用 は 以 下 のとおりです 1 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 基 本 構 想 書 や 手 順 書 の 作 成 費 用 2 各 種 モデルやソフトウェアの 開 発 や 機 器 ( 観 測 機 器 情 報 処 理 機 器 など)の 整 備 費 用 3 教 育 研 修 などの 費 用 運 用 費 用 導 入 後 の 運 用 における 主 な 費 用 は 以 下 の 通 りです 1 システム 管 理 および 運 用 に 係 わる 人 件 費 2 セキュリティー 対 策 費 通 信 費 電 気 代 消 耗 品 費 その 他 3 機 器 やソフトウェアの 保 守 更 新 費 用 4 システムの 信 頼 性 を 保 証 するためのモニタリングや 監 査 の 費 用 (4) 電 力 系 統 運 用 またはウィンドファーム 運 営 管 理 を 目 的 としたシステムとの 関 連 風 力 発 電 出 力 予 測 システムは あくまで 数 十 時 間 先 までの 風 力 発 電 出 力 を 予 測 するシステムです 電 力 系 統 の 運 用 管 理 やウィンドファーム 運 営 管 理 に 有 効 活 用 するためには 対 象 とする 運 用 管 理 システムや 業 務 プロセスの 何 処 に どのタイミングで どの 程 度 の 精 度 のものが どのように 組 み 込 まれるかを 十 分 に 吟 味 することが 必 要 です (5) 関 連 法 規 の 遵 守 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 運 用 にあたって 関 連 法 規 と 社 会 的 倫 理 を 遵 守 することが 必 要 です -10-

25 8 システム 導 入 の 基 本 事 項 8.1 気 象 予 測 と 個 別 のモデルの 概 要 数 値 気 象 予 報 (Numerical Weather Prediction:NWP) 提 供 時 間 分 の WF 発 電 出 力 の 予 測 は 単 純 に WF 総 発 電 量 = 風 況 予 測 値 (NWP) メーカー 提 供 パワーカーブ 単 機 出 力 基 数 で 算 出 することは 可 能 です しかし WF 発 電 出 力 を 精 度 良 く 予 測 するには 以 下 を 考 慮 することになります 1) NWP 予 報 値 の 水 平 解 像 度 は 20km 程 度 なので WF 内 の 風 況 を 細 かく 再 現 していません 2) 風 速 から( 送 電 端 ) 発 電 出 力 までの 過 程 の 全 物 理 的 事 象 をモデリングすることは 不 可 能 であ り 予 測 誤 差 の 低 減 には 統 計 手 法 が 必 要 となります 3) 風 車 の 稼 動 状 況 や 出 力 制 御 を 無 視 した 場 合 には 誤 差 が 大 きくなることを 例 として 風 況 予 測 の 精 度 を 高 めたからといって 発 電 出 力 予 測 結 果 が 良 くなる 訳 ではありません 4) 目 的 や 予 算 に 対 して 利 活 用 可 能 データ 各 種 算 出 モデルおよびシステム 構 成 を 設 計 する ことになります 一 般 的 に 気 象 庁 GPV の 利 用 ( 図 中 気 象 庁 GPV) 気 象 モデルの 利 用 ( 図 中 気 象 モデル) 実 測 値 に 基 づくパワーカーブの 利 用 ( 図 中 パワーカーブ 補 正 ) そしてリアルタイム 観 測 データ の 利 用 ( 図 中 観 測 データ 補 正 )といったように 各 手 法 (モデル)を 複 数 重 ねることによって 予 測 値 の 絶 対 平 均 誤 差 が 低 減 されることが 分 かっています( 図 8-1 参 照 ) 絶 対 平 均 誤 差 ( 気 象 庁 GPV 気 象 モデル パワーカーブモデル 補 正 持 続 モデル 観 測 データ 補 正 % ) 時 間 (Hr) 図 8-1 各 手 法 による 予 測 精 度 の 向 上 ( 一 般 論 ) 従 いまして 風 力 発 電 出 力 を 精 度 良 く 予 測 するには 複 数 の 手 法 を 組 み 合 わせ それに 必 要 な データをリアルタイムで 入 手 する 必 要 があります -11-

26 以 上 のことを 背 景 に WF の 発 電 出 力 を 精 度 良 く 予 測 するためには 以 下 の1~5が 必 要 となり ます 1 ウィンドファームの 総 発 電 出 力 や SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition) のデータ 2 数 値 気 象 予 報 (NWP)データ 3 ウィンドファーム 情 報 ( 風 車 情 報 地 形 情 報 等 ) などを 入 力 データとして 当 該 地 域 の 気 象 を 気 象 予 測 モデルなどから 算 出 し 4 NWP の 提 供 時 間 分 ( 本 事 業 では 51 時 間 分 ) 3 の 風 力 発 電 出 力 ( 風 力 発 電 機 や 風 力 発 電 所 全 体 )を 予 測 することになります 5 なお この 発 電 出 力 予 測 は 数 十 時 間 先 を 予 測 するものなので 予 測 誤 差 は 必 ずあると 考 え なければなりません これについては 予 測 した 値 の 不 確 かさや 信 頼 区 間 を 同 時 に 表 記 した り 予 測 精 度 は 落 ちますが 大 はずれの 度 合 いを 低 減 させる 方 法 など 運 用 目 的 に 応 じた 予 測 値 の 評 価 を 付 加 することが 必 要 となります これら1~5の 関 係 は 図 8-2 となり これは 基 本 的 な 風 力 発 電 出 力 予 測 算 出 のフローに 相 当 します 3 WF 情 報 ( 風 車 地 形 制 御 な どの 既 知 情 報 ) 2 NWP 1 WF 総 発 電 出 力 SCADAデータ などのリアルタイム 情 報 4 気 象 予 測 4 発 電 出 力 予 測 5 予 測 値 の 評 価 図 8-2 基 本 的 な 風 力 発 電 出 力 予 測 フロー( 概 念 図 ) 3 本 事 業 では 領 域 数 値 予 報 モデル GPV RSM (2007 年 11 月 21 日 廃 止 )を 利 用 しました RSMデータの 内 容 初 期 値 00UTC,12UTC 予 報 時 間 51 時 間 予 報 地 上 1 時 間 間 隔 P 面 3 時 間 間 隔 領 域 北 緯 50 度 東 経 120 度 ~ 北 緯 20 度 東 経 150 度 格 子 系 等 緯 度 等 経 度 ( 地 上 度 P 面 度 格 子 ) 地 上 物 理 量 P 面 物 理 量 海 面 更 正 気 圧 (Pmsl) 風 気 温 相 対 湿 度 時 間 降 水 量 (RR1) 数 値 予 報 雲 量 (Cloud) 高 度 (Z) 風 (U,V) 気 温 (T) 11 層 相 対 湿 度 (RH) 上 昇 流 (Omg) 7 層 -12-

27 なお 風 力 発 電 予 測 モデルを 構 築 するには ウィンドファームの 所 有 者 が 運 営 管 理 を 目 的 に したもの(ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデル:WF 予 測 モデル)と 系 統 運 用 者 が 利 用 するこ とを 目 的 にしたもの( 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 モデル:エリア 予 測 モデル)とに 分 ける ことができます( 図 8-3) 数 値 気 象 予 報 データ 単 機 出 力 /ナセル 風 速 データ ファームⅢ a b c d WF 総 出 力 データ ファームⅢ ファームⅠ ファームⅣ ファームⅡ 数 値 気 象 予 報 データ 単 機 出 力 予 測 値 a b c d WF 総 出 力 予 測 値 ファームⅠ ファームⅡ ファームⅢ ファームⅣ ファームⅢ WF 総 出 力 予 測 値 (a+b+c+d) エリア 総 出 力 予 測 値 (Ⅰ+Ⅱ+Ⅲ+Ⅳ) WF 予 測 モデルの 概 念 エリア 予 測 モデルの 概 念 図 8-3 WF 予 測 モデル と エリア 予 測 モデル ( 概 念 図 ) 両 者 のモデルの 大 きな 違 いとしては ウィンドファーム 内 での 風 車 の SCADA データの 取 り 扱 いがあります WF 予 測 モデルは 風 車 各 機 のナセル 風 速 出 力 等 のウィンドファーム 内 の 詳 細 な SCADA データが 得 られます 一 方 エリア 予 測 モデルは ウィンドファームの 所 有 者 ではな いので 総 出 力 のデータしか 得 られません 風 力 発 電 電 力 系 統 安 定 化 等 技 術 開 発 - 気 象 予 測 システム- 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 量 予 測 システムの 開 発 事 業 ( 以 下 本 事 業 とします )では これらのことを 前 提 として WF 予 測 モ デルとエリア 予 測 モデルの 風 況 予 測 モデル 発 電 出 力 予 測 モデルの 各 モデルの 精 緻 化 高 速 化 お よび 発 電 出 力 精 度 向 上 を 図 り 実 証 検 証 および 評 価 を 行 いました それらの 方 法 や 結 果 につい ての 詳 細 は 成 果 報 告 書 に 記 載 されていますので 本 節 では これらの 予 測 モデルのコンポーネン トとなる 数 値 気 象 予 報 モデル(NWP データの 算 出 モデル) メソスケール 気 象 モデル の 説 明 や 注 意 点 を 重 点 におきました -13-

28 8.1.1 数 値 気 象 予 報 モデル 数 値 天 気 予 報 に 用 いる 気 象 モデルは 地 球 全 体 を 対 象 として 地 球 規 模 での 気 象 変 化 を 予 測 可 能 な 全 球 モデルと 特 定 の 領 域 を 対 象 として 詳 細 な 気 象 場 を 計 算 可 能 な 領 域 モデルに 対 象 となる 領 域 で 大 きく2つに 分 類 されます 全 球 モデルは 多 くの 計 算 資 源 や 観 測 値 を 必 要 とすることから その 運 用 は 日 本 の 気 象 庁 や 米 国 の NCEP および 欧 州 の ECMWF などの 主 たる 予 報 センターで 行 われています 初 期 値 境 界 値 (a) 全 球 モデルの 予 測 ( 気 象 庁 ) (b) 領 域 モデルの 予 測 図 8-4 各 モデルのイメージ 図 気 象 庁 では 2007 年 11 月 にデータ 形 式 が 変 更 されて 本 事 業 で 調 べたものと 現 在 の 配 信 内 容 は 異 なりますが 気 象 庁 では 全 球 予 報 モデル GSM により 1 日 4 回 予 測 データが 配 信 され 日 本 域 を 対 象 として 84 時 間 予 測 までについて 空 間 格 子 解 像 度 0.2 度 0.25 度 ( 緯 度 経 度 ) で 地 上 は1 時 間 間 隔 気 圧 面 は3 時 間 間 隔 のデータを 提 供 しています -14-

29 8.1.2 メソスケール 気 象 モデル メソスケール 気 象 モデルは 気 象 予 報 センターから 配 信 される 数 値 気 象 予 報 データ(GPV)を 初 期 値 境 界 値 とし 流 体 力 学 や 熱 力 学 などの 物 理 法 則 に 基 づく 数 値 シミュレーションにより 風 速 風 向 だけでなく 気 温 気 圧 水 蒸 気 量 などの 大 気 の 3 次 元 的 な 気 象 場 を 予 測 するモデルです ウィンドファームを 対 象 とした WF 予 測 モデルでは メソスケール( 水 平 規 模 2~2,000km)の 気 象 現 象 を 取 り 扱 うメソスケール 気 象 モデルを 用 いています この 気 象 モデルが 対 象 とするメソ スケールの 気 象 現 象 とは 台 風 前 線 および 海 陸 風 などであり WF 予 測 モデルを 構 築 する 上 で 気 象 モデルは 重 要 な 役 割 を 担 うことになります メソスケール 気 象 モデル 取 り 扱 い 時 の 注 意 : 気 象 モデルは 降 水 過 程 や 大 気 境 界 層 過 程 など 様 々な 過 程 を 考 慮 していて 複 数 の 物 理 オプショ ンを 使 い 分 けることが 可 能 なモデルです この 物 理 オプションの 設 定 次 第 では 予 報 精 度 に 大 きく 影 響 を 与 えてしまう 場 合 があります 従 いまして これらを 変 更 する 場 合 には 慎 重 な 取 り 扱 いが 必 要 となります 計 算 負 荷 を 低 減 するために 降 水 過 程 を 無 しにした 場 合 に 計 算 精 度 が 悪 化 した 事 例 ( 図 8-5 参 照 ): 本 事 例 は 台 風 の 通 過 に 伴 う 風 速 の 時 間 変 化 について 示 しております 降 水 なしのケースは 降 水 ありのケースと 比 較 して 計 算 時 間 の 短 縮 が 期 待 できます 但 し 本 事 例 では 水 蒸 気 が 水 滴 に 変 化 する 過 程 で 発 生 するエネルギーの 供 給 がないため 降 水 ありのケー スと 比 較 して 予 測 時 間 の 経 過 とともに 台 風 の 勢 力 が 弱 まっていることがわかります このことは ウィンドプロファイラ 観 測 値 との 比 較 からも 確 認 することができます 上 述 事 例 のように メソスケール 気 象 モデルの 領 域 計 算 条 件 などを 設 定 する 場 合 には 計 算 時 間 及 びそこから 得 られる 計 算 精 度 を 十 分 に 考 慮 した 上 で 慎 重 に 決 定 することが 重 要 となります (a) 初 期 値 (b)12 時 間 後 ( 降 水 あり) (c)12 時 間 後 ( 降 水 なし) 図 8-5 気 象 モデルによる 風 速 分 布 の 比 較 [m/s]( 地 上 高 1576m) -15-

30 8.2 ウィンドファーム 予 測 モデルと 制 御 エリア 予 測 モデルの 概 要 本 節 では ウィンドファーム 予 測 モデルと 制 御 エリア 予 測 モデルについて 概 要 をまとめます ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデル ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデルは 気 象 庁 などの 気 象 予 報 センターから 配 信 される GPV 等 の 数 値 気 象 予 報 データを 初 期 値 境 界 条 件 として 高 解 像 度 のメソスケール 気 象 モデル( 以 下 気 象 モデル) 局 所 風 況 予 測 モデル(CFD モデル ウェイクモデル)などの 物 理 モデルを 用 いて 各 風 車 位 置 および 高 度 での 風 速 風 向 を 算 出 します そして この 風 速 を 統 計 モデルの 適 用 により 修 正 して SCADA データを 元 にした 経 験 的 パワーカーブを 用 いて 当 日 翌 日 の 単 基 出 力 および 総 発 電 出 力 を 求 める 予 測 モデルです また 本 モデルでは 各 風 車 の SCADA データで 得 られる 風 向 風 速 や 発 電 出 力 などの 実 況 値 メンテナンスによる 風 車 の 停 止 状 況 や 各 風 車 の 運 用 制 御 状 況 の 情 報 を 活 用 することにより 精 度 向 上 を 図 りました 本 書 で 対 象 とする WF 予 測 モデルは 気 象 庁 などの 気 象 予 報 センターから 配 信 される GPV 等 の 数 値 予 報 気 象 データを 初 期 値 境 界 条 件 として メソスケールの 気 象 モデル( 以 下 気 象 モデル) CFD モデル ウェイクモデルなどの 物 理 モデルなどを 用 いて 各 風 車 での 風 速 風 向 を 得 るもので す そして 統 計 モデルの 適 用 により 修 正 された 風 速 と SCADA データを 元 にした 経 験 的 パワー カーブを 用 いて 当 日 翌 日 の 単 基 出 力 および 総 発 電 出 力 を 求 める 方 法 です また 本 予 測 モデルでは 各 風 車 の SCADA データで 得 られる 風 向 風 速 や 発 電 出 力 などの 実 況 値 メンテナンスによる 風 車 の 停 止 状 況 や 各 風 車 の 運 用 制 御 状 況 の 情 報 を 活 用 することにより 精 度 向 上 を 図 っています 本 書 で 述 べる WF 予 測 モデルおよび 予 測 システムの 仕 様 を 表 8-1 に 示 します また 図 8-6に 計 算 の 流 れを 表 8-2にウィンドファーム 予 測 システムの 構 成 例 を 示 します 表 8-1 ウィンドファーム 予 測 システムの 構 成 対 象 スケール 予 測 モデルの 構 成 物 理 モデル 入 力 データ 時 間 スケール 風 車 データ(SCADA データ) ウィンドファーム 気 象 モデル 局 所 風 況 予 測 モデル(CFD モデル wake モデル) 統 計 モデル 数 値 予 報 データ(GPV: Grid Point Value) 海 面 温 度 データ(SST: Sea Surface Temperature) 地 形 データ 風 車 の 配 置 当 日 モデル: 30 分 後 ~24 時 間 後 (30 分 間 隔 で 出 力 ) 翌 日 モデル: 翌 日 24 時 間 (30 分 間 隔 で 出 力 ) 風 力 発 電 機 の 風 向 風 速 発 電 出 力 データ 風 力 発 電 機 情 報 (カタログパワーカーブ ハブ 高 など) -16-

31 1 広 域 気 象 データ 受 信 気 象 庁 GPV 網 掛 けのデータはオフラインで 別 途 作 成 しておくもの 気 象 モデル 計 算 2 気 象 モデル 計 算 現 地 観 測 データ 10 分 毎 参 照 点 風 向 風 速 30 分 毎 51 時 間 先 まで 工 学 モデル DB ( 風 向 別 風 速 比 ) WF 内 風 速 分 布 (3 次 元 ) 推 定 30 分 毎 3 工 学 モデル 計 算 風 車 位 置 における 風 速 推 定 30 分 毎 バックアップモデル 4 統 計 モデル 計 算 統 計 モデル 計 算 30 分 毎 経 験 的 パワーカーブ 信 頼 区 間 情 報 DB 各 風 車 の 発 電 量 30 分 毎 5 信 頼 区 間 情 報 を 付 加 して 出 力 WF 発 電 量 予 測 値 + 信 頼 区 間 情 報 30 分 毎 図 8-6 ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデルフロー 図 -17-

32 表 8-2 予 測 システム 構 成 例 JWA CRIEPI 対 象 期 間 当 日 モデル 翌 日 モデル 入 力 データ GPV(RSM)データ GPV(RSM)データ 気 象 モデル ANEMOS 水 平 分 解 能 (1) 5km WRF 水 平 分 解 能 10km 水 平 分 解 能 (2) 1km CFD モデル 非 線 形 モデル(LAWEPS) 水 平 分 解 能 100m 非 線 形 モデル(NuWiCC) 水 平 分 解 能 約 100m 統 計 手 法 MOS MOS (1) 気 象 モデル ウィンドファームを 対 象 とした WF 予 測 システムでは 気 象 モデルとしてメソスケール( 水 平 規 模 2~2,000km)の 気 象 現 象 を 取 り 扱 うメソスケール 気 象 モデル( 以 後 気 象 モデル)を 用 いていま す この 気 象 モデルが 対 象 とするメソスケールの 気 象 現 象 とは 台 風 前 線 および 海 陸 風 などであ り WF 予 測 モデルを 構 築 する 上 で 重 要 な 役 割 を 担 います (2) 局 所 風 況 予 測 モデル(CFD モデル ウェイクモデル) 気 象 モデルで 計 算 された 風 速 と 風 向 は 広 範 囲 を 対 象 とした 値 であり 現 地 の 状 況 に 合 わせる 必 要 があります 現 地 の 障 害 物 ( 構 造 物 風 の 減 少 など)の 影 響 地 表 面 粗 度 の 影 響 地 表 面 粗 度 の 変 化 などを 反 映 させて 各 風 車 における 風 速 と 風 向 を 計 算 します 急 峻 で 複 雑 な 地 形 の 多 い 日 本 では ヨーロッパで 開 発 された 線 形 モデルをそのまま 適 用 するの は 困 難 なので 複 雑 な 地 形 においても 適 用 可 能 な 国 内 で 開 発 された 非 線 形 の 局 所 風 況 予 測 モデル を 用 いることをお 勧 めします (3) 統 計 モデル 一 般 に 気 象 モデル 局 所 風 況 モデルといった 物 理 モデルでは 地 形 表 現 や 物 理 方 程 式 の 表 現 における 近 似 のため 流 れの 場 の 表 現 には 限 界 があります これに 対 する 方 策 としては 過 去 の 観 測 データとモデル 出 力 の 統 計 的 対 応 関 係 を 将 来 の 予 測 に 適 用 してモデル 出 力 を 補 正 するとい った 統 計 モデルを 組 み 込 むことが 有 効 です -18-

33 8.2.2 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 モデル 本 ガイドブックで 対 象 とする 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 モデルは 各 風 車 での 風 向 風 速 や 発 電 出 力 などの SCADA データを 用 いないでウィンドファームの 総 発 電 出 力 観 測 値 と 代 表 的 な 風 況 予 測 値 そしてウィンドファーム 情 報 を 入 力 データとして 電 力 系 統 制 御 エリア 全 体 の 当 日 翌 日 の 総 発 電 出 力 を 求 める 予 測 モデルです 本 モデルでは WF 予 測 モデルと 同 様 に 気 象 モデルなどの 物 理 モデルを 用 いて 風 況 を 予 測 し てから 過 去 の 観 測 値 と 予 測 値 から 予 測 の 誤 差 傾 向 を 把 握 した 後 に 予 測 修 正 をおこなっています ただし 予 測 対 象 とする 範 囲 が WF 予 測 モデルより 広 いので 一 般 に WF 予 測 モデルと 比 べ て 気 象 モデルの 計 算 対 象 範 囲 は 広 く 格 子 間 隔 は 粗 くなっています 本 ガイドブックで 述 べるエリア 予 測 モデルと 予 測 システムの 仕 様 を 表 8-3に 示 し 図 に 計 算 の 流 れの 構 成 例 を 示 します 表 8-3 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 システムの 構 成 対 象 スケール 電 力 系 統 制 御 エリア 予 測 モデルの 構 成 気 象 モデル 統 計 モデル 数 値 予 報 データ(GPV: Grid Point Value) 物 理 モデル 入 力 データ 海 面 温 度 データ(SST: Sea Surface Temperature) 地 形 データ 風 車 の 配 置 時 間 スケール 当 日 モデル: 30 分 後 ~24 時 間 後 (30 分 間 隔 で 出 力 ) 翌 日 モデル: 翌 日 24 時 間 (30 分 間 隔 で 出 力 ) ウィンドファームデータ 総 発 電 出 力 観 測 値 風 況 予 測 値 ( 総 発 電 出 力 データ) 風 力 発 電 機 情 報 (カタログパワーカーブ ハブ 高 など) -19-

34 地 形 データ 土 地 利 用 データ 気 象 庁 GPVデータ 日 本 域,20kmメッシュ 局 地 気 象 予 測 計 算 ( 電 力 系 統 制 御 エリア) 各 WF 風 予 測 値 各 WF 総 発 電 出 力 値 取 得 (10 分 毎 ) パワーカーブ 発 電 出 力 変 換 & エリア 発 電 出 力 算 出 エリア 発 電 出 力 予 測 値 各 WF 総 発 電 出 力 実 績 値 エリア 発 電 出 力 実 績 値 の 算 出 定 時 予 測 用 予 測 の 最 適 化 ( 統 計 モデル 計 算 ) エリア 発 電 出 力 実 績 値 WF: Wind Farmの 略 エリア 発 電 出 力 予 測 値 (6 時,18 時 発 表 ) 更 新 予 測 用 統 計 モデル 計 算 (30 分 毎 更 新 ) エリア 発 電 出 力 予 測 値 (30 分 毎 更 新 ) 図 8-7 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 モデルフロー 図 予 測 結 果 の 利 用 ( 表 示 ) 風 力 発 電 の 出 力 予 測 は 数 時 間 ~ 十 時 間 先 を 予 測 するもので 予 測 誤 差 は 必 ずあると 考 えなけれ ばなりませんから 予 測 結 果 だけをプロットしたものを 使 うのはお 勧 めできません 予 測 誤 差 のある 風 力 発 電 の 出 力 予 測 結 果 を 利 用 する 場 合 には 例 えば 予 測 値 の 外 れ 傾 向 が 高 め(または 低 め)なのか?その 度 合 いが 大 きく(または 小 さく)と 予 想 されるのか?それと も 予 測 値 は 当 たりそうなのだが 時 間 的 なずれが 生 じそうなのか?などが 解 れば 目 的 用 途 に 沿 っ て 予 測 結 果 を 利 用 することができると 考 えられます 従 いまして 予 測 値 の 誤 差 傾 向 や 度 合 いなどを 同 時 に 鑑 みながら 予 測 結 果 を 利 用 できればよい -20-

35 ので 予 測 した 値 の 不 確 かさや 信 頼 区 間 を 同 時 に 表 記 したり 利 用 目 的 に 応 じた 予 測 値 の 評 価 を 予 測 結 果 と 共 に 付 加 すれば 効 果 的 です そして 過 去 の 傾 向 を 統 計 的 に 分 析 した 結 果 を 表 記 する ことも 機 能 として 付 け 加 えれば 利 用 者 の 助 けとなります なお 気 象 モデルの 予 測 値 と 実 測 値 を 用 いて 統 計 的 に 最 適 化 された 予 測 値 は 平 均 誤 差 を 最 小 化 して 積 極 的 に 実 測 値 に 追 従 することを 目 指 しています 従 いまして 想 定 外 の 風 力 発 電 出 力 の 急 変 があった 場 合 には 予 測 の 大 外 しが 発 生 する 原 因 となりえます そこで 予 測 精 度 は 落 ちま すが 大 はずれの 度 合 いを 低 減 させるために 大 まかな 実 測 の 変 化 傾 向 を 捉 えている 予 測 の 平 均 値 成 分 に 着 目 し 大 外 し 低 減 予 測 手 法 を 用 いて 大 外 しの 割 合 を 少 なくできることが 可 能 となりま す 風 力 発 電 出 力 予 測 結 果 の 表 示 例 や 統 計 的 に 分 析 した 結 果 の 表 記 例 を 図 8-8~8-13に 示 します 図 8-8 風 力 発 電 出 力 予 測 の 表 示 ( 過 去 6 時 間 の 予 測 値 と 実 測 値 24 時 間 先 までの 予 測 結 果 と 信 頼 区 間 ) -21-

36 図 8-9 風 力 発 電 出 力 予 測 の 表 示 ( 過 去 24 時 間 の 予 測 値 と 実 測 値 ) 図 8-10 時 間 別 風 力 発 電 出 力 予 測 結 果 の 誤 差 評 価 表 示 -22-

37 図 8-11 風 力 発 電 出 力 予 測 結 果 の 誤 差 評 価 表 示 ( 誤 差 頻 度 分 布 ) 100% 実 績 値 予 測 値 ( 統 計 補 正 済 み) 予 測 の 日 平 均 成 分 大 外 し 低 減 予 測 (α=0.4) 80% エリア 発 電 出 力 60% 40% 20% 0% 日 図 8-12 過 去 1ヶ 月 の 風 力 発 電 出 力 予 測 の 表 示 ( 予 測 値 実 測 値 日 平 均 成 分 値 大 はずし 低 減 予 測 値 ) -23-

38 Power / Rated Power (%) /1 2/2 2/3 2/4 2/5 2/6 2/7 Time 出 現 頻 度 ( 回 ) 予 測 時 間 別 信 頼 区 間 予 測 時 間 別 予 測 1000 風 速 別 信 頼 区 間 100 観 測 値 が 信 頼 区 間 上 限 値 か ら 逸 脱 した 場 合 の 信 頼 区 間 upper の 残 差 ( d 1 ) meas P P upper 1 d 1 upper 1 観 測 値 が 信 頼 区 間 下 限 値 か ら 逸 脱 した 場 合 の 信 頼 区 間 lower の 残 差 ( d 2 ) P lower 2 信 頼 区 間 上 限 値 予 測 値 観 測 値 10 P meas 2 d lower 2 信 頼 区 間 下 限 値 信 頼 区 間 の 残 差 / 定 格 出 力 (%) 観 測 値 が 信 頼 区 間 上 限 値 から 逸 脱 した 場 合 観 測 値 が 信 頼 区 間 下 限 値 か ら 逸 脱 した 場 合 図 8-13 過 去 1 週 間 の 信 頼 区 間 の 評 価 ( 信 頼 区 間 の 残 差 分 布 ) -24-

39 8.3 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 のシステム 化 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 の 流 れは 8.1 項 ( 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 モデル の 種 類 とその 特 徴 )で 説 明 しましたので 本 節 では 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 量 をリアルタイムで 予 測 する 手 法 のシステム 化 について 説 明 します 具 体 的 には 12 ページの 図 8-2 に 示 してある 基 本 的 な 風 力 発 電 出 力 予 測 算 出 の 流 れをシステム 化 するということになります 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 に 必 要 なデータやモデルの 種 類 を 含 め 風 力 発 電 出 力 予 測 シ ステムの 例 は 図 8-14 のとおりです 図 8-14 基 本 的 な 風 力 発 電 出 力 予 測 システム( 概 念 図 ) -25-

40 < 説 明 > 1 ウィンドファームの 総 発 電 出 力 や SCADA データをオンラインで 入 手 して 予 測 計 算 モデルに 自 動 で 利 用 できるようにシステム 化 2 数 値 気 象 予 報 (NWP)のデータをオンラインで 入 手 および 予 測 計 算 モデルに 自 動 で 利 用 できるよ うにシステム 化 3 ウィンドファーム 情 報 ( 風 車 情 報 地 形 情 報 等 )などのデータを 事 前 にモデリング 化 しておき メソ スケール 気 象 モデルや 発 電 出 力 モデルに 内 装 4 上 記 1~3を 利 用 して 当 該 地 域 の 気 象 を 気 象 予 測 モデルなどから 自 動 で 予 測 計 算 できるように システム 化 5 次 いで 4の 計 算 結 果 と1のデータを 利 用 して NWP の 提 供 時 間 分 の 風 力 発 電 出 力 ( 風 力 発 電 機 や 風 力 発 電 所 全 体 )を 自 動 で 予 測 計 算 できるようにシステム 化 6 5の 予 測 値 の 不 確 かさや 信 頼 区 間 を 同 時 に 表 記 したり 予 測 精 度 は 落 ちますが 大 はずれの 度 合 いを 低 減 させる 方 法 など 運 用 目 的 に 応 じた 予 測 値 の 評 価 を 付 加 するモデルを 定 期 的 に 自 動 計 算 して 図 表 などに 表 現 できるようにシステム 化 なお WFの 発 電 出 力 の 情 報 が 入 手 できるたびに 予 測 計 算 の 更 新 をすることで 期 間 平 均 の 予 測 精 度 が 向 上 します この 予 測 計 算 更 新 は 数 値 気 象 予 報 (NWP)のデータ 更 新 に 基 づく 予 測 計 算 更 新 と 予 測 対 象 ウィンドファームの 発 電 量 や 風 況 データの 更 新 に 基 づく 予 測 計 算 更 新 があります 数 値 気 象 予 報 (NWP)のデータ 更 新 に 基 づく 予 測 計 算 更 新 で 向 上 する 精 度 は 図 8-15の 灰 色 の 部 分 に 相 当 します この 更 新 には 数 値 気 象 予 報 (NWP)を 初 期 値 としてメソスケール 気 象 モデ ルなどの 物 理 モデルの 計 算 を 実 施 しますので 数 時 間 かかりますが 時 々 刻 々と 変 化 する 気 象 予 測 情 報 更 新 を 基 に 予 測 するものですから 大 変 重 要 となります 絶 対 平 均 誤 差 (%) 予 測 計 算 を 更 新 更 新 による 予 測 精 度 向 上 時 間 (Hr) 図 8-15 数 値 気 象 のデータ 更 新 に 基 づく 予 測 計 算 更 新 による 精 度 向 上 ( 概 念 図 ) -26-

41 一 方 予 測 対 象 ウィンドファームの 発 電 量 や 風 況 データの 更 新 に 基 づく 予 測 計 算 更 新 に 関 し ては 数 値 気 象 予 報 (NWP)を 初 期 値 として 予 測 した 値 を 発 電 量 や 風 況 データなどの 実 測 データ と 照 らし 合 わせて 逐 次 補 正 するものです この 更 新 による 精 度 向 上 は 図 8-16の 灰 色 部 分 に 相 当 し ます 絶 対 平 均 誤 差 (%) 図 8-16 観 測 データのみを 利 用 した 予 測 計 算 更 新 による 精 度 向 上 ( 概 念 図 ) 前 述 2 種 類 の 予 測 計 算 の 更 新 スケジュールは 運 用 目 的 と 予 測 計 算 をするコンピュータの 計 算 処 理 能 力 を 考 慮 して 決 めることになりますが 一 般 的 には 数 値 気 象 予 報 のデータ 更 新 に 基 づく 予 測 計 算 は 毎 回 更 新 予 測 対 象 ウィンドファームの 発 電 量 や 風 況 データの 更 新 に 基 づく 予 測 計 算 は30 分 または1 時 間 毎 更 新 になると 思 います 図 8-17は 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 計 算 スケジュールの 例 です 時 間 UTC 時 刻 JST 時 刻 初 期 値 数 値 気 象 予 報 モデル 計 算 ( 気 象 庁 GPV) 入 電 メソスケール 気 象 モデル~ 発 電 量 予 測 モデル 計 算 計 算 開 始 計 算 終 了 オンライン 観 測 データを 利 用 した 統 計 モデル 計 算 更 新 更 新 初 期 値 数 値 気 象 予 報 モデル 計 算 ( 気 象 庁 GPV) 入 電 メソスケール 気 象 モデル~ 発 電 量 予 測 モデル 計 算 計 算 開 始 計 算 終 了 更 新 オンライン 観 測 データを 利 用 した 統 計 モデル 計 算 更 新 数 値 気 象 予 報 モデル 計 算 ( 気 象 庁 GPV) 初 期 値 入 電 メソスケール 気 象 モデル~ 発 電 量 予 測 モデル 計 算 計 算 開 始 計 算 終 了 更 新 更 新 更 新 オンライン 観 測 データを 利 用 した 統 計 モデル 計 算 更 新 数 値 気 象 予 報 モデル 計 算 ( 気 象 庁 GPV) 初 期 値 入 電 メソスケール 気 象 モデル~ 発 電 量 予 測 モデル 計 算 計 算 開 始 計 算 終 了 更 新 更 新 オンライン 観 測 データを 利 用 した 統 計 モデル 計 算 更 新 図 8-17 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 計 算 スケジュール 例 (NWP 初 期 値 利 用 :12 時 間 毎 観 測 データ 利 用 補 正 :1 時 間 毎 とした 例 ) -27-

42 定 格 比 発 電 量 予 測 誤 差 (%) ウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 システム WF 予 測 モデルの 実 運 用 においては 以 下 の 手 順 に 従 ってウィンドファーム 内 の 発 電 出 力 を 予 測 します 1 広 域 気 象 予 報 データ( 気 象 庁 )を 受 信 して 初 期 値 等 を 設 定 する 2 気 象 モデルによる 計 算 を 行 い 3 局 所 風 況 予 測 モデル(CFD モデル ウェイクモデル)によるウィンドファーム 内 の 風 系 を 詳 細 に 計 算 し 各 風 車 位 置 における 風 速 を 得 る 事 前 に 風 向 別 に 局 所 風 況 予 測 モデルの 計 算 を 行 い 各 風 車 位 置 における 風 速 比 データベースを 作 成 しておき 計 算 時 間 を 短 縮 する そして 各 風 車 について 4 統 計 モデルの 適 用 により 修 正 された 風 速 に 過 去 の 予 測 結 果 と SCADA データから 得 られた 経 験 的 パワーカーブモデルを 用 いて 発 電 出 力 に 変 換 する さらに 各 風 車 の SCADA デー タから 得 られた 風 車 情 報 をもとにした 稼 動 予 測 を 組 み 合 わせることによりウィンドファ ーム 総 発 電 出 力 を 求 める 最 後 に 5 予 測 結 果 に 信 頼 区 間 情 報 を 付 加 して 出 力 する 参 考 として 一 般 的 なウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデルの 計 算 手 順 を 図 8-18 に システム の 構 成 を 図 8-19 に 示 しておきます 発 電 量 (kw) 風 速 (m/s) 図 8-18 一 般 的 なウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 モデルの 計 算 手 順 -28-

43 風 況 発 電 出 力 予 測 (オンライン)データ 収 集 NWPデータ 風 況 観 測 データ 発 電 量 データ 地 理 情 報 DB ウィンドファーム 発 電 量 予 測 モデル 風 況 シミュレーション ( 物 理 モデル) 風 況 DB 風 況 DB 実 測 データ ( 過 去 現 在 ) 予 測 データ ( 過 去 現 在 ) 実 測 データ ( 過 去 現 在 ) 予 測 データ ( 過 去 現 在 ) 発 電 出 力 DB 発 電 機 毎 発 電 量 予 測 ウィンドファーム 風 況 発 電 量 情 報 WF DB ウィンドファーム 発 電 量 予 測 発 電 出 力 DB ウィンドファーム 稼 動 状 況 報 告 風 車 計 画 停 止 情 報 風 車 メンテナンス 情 報 等 発 電 量 評 価 WF 稼 動 状 況 DB 風 車 計 画 外 停 止 情 報 風 車 事 故 停 止 情 報 等 : モジュール/モデル :データ : データベース ウィンドファーム 稼 動 状 況 図 8-19 一 般 的 なウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 システムの 構 成 -29-

44 8.3.2 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 システム 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 出 力 予 測 モデル( 以 下,エリア 予 測 モデル)の 実 運 用 においては 以 下 の 手 順 に 従 ってウィンドファーム 内 の 発 電 出 力 を 予 測 します 1 気 象 庁 RSMデータを 気 象 業 務 支 援 センターより 受 信 を 行 う(2 回 / 日 ) 2 電 力 系 統 制 御 エリアを 含 む 全 ての 領 域 ( 本 システムでは 東 北 地 方 全 体 )を 気 象 モデルによ る 計 算 を 行 う (2 回 / 日 ) 3 各 WFにおけるWT 毎 のハブ 高 さの 風 予 測 データを 出 力 する (2 回 / 日 ) 4 WT 毎 のパワーカーブデータに 基 づいて 発 電 出 力 をWT 毎 に 出 力 し さらに WF 毎 に 積 算 す ることで WF 総 発 電 出 力 を 出 力 する その 後 電 力 系 統 制 御 エリアの 総 発 電 出 力 をWF 総 発 電 出 力 を 積 算 し エリア 総 発 電 出 力 として 出 力 を 行 う (2 回 / 日 ) 5 定 時 予 測 用 の 統 計 モデル 計 算 を 実 施 するために 過 去 の 各 WF 総 発 電 出 力 を10 分 毎 オンラ インにてデータを 取 得 し エリア 発 電 出 力 実 測 データを 算 出 しておく 6 エリア 総 発 電 出 力 の 予 測 データと 実 測 データを 統 計 モデル 計 算 により 誤 差 修 正 を 行 い 毎 日 6 時 18 時 にエリア 発 電 出 力 予 測 データを 算 出 する 7 また 30 分 ごとに 予 測 を 更 新 するため 30 分 前 までのエリア 発 電 出 力 実 測 データを 入 力 値 として30 分 毎 更 新 のエリア 発 電 出 力 データを 算 出 する 参 考 として 一 般 的 なエリア 予 測 モデルの 計 算 手 順 を 図 に システムの 構 成 を 図 8-21に 示 しておきます RSMデータ 取 得 (2 回 / 日 ) RSMデータ 地 形 データ 土 地 利 用 データ 気 象 モデル 計 算 (2 回 / 日 ) 各 WF 風 予 測 データ 各 WF 総 発 電 出 力 データ 取 得 (10 分 毎 ) パワーカーブ 発 電 出 力 変 換 & エリア 発 電 出 力 算 出 各 WF 総 発 電 出 力 データ エリア 発 電 出 力 予 測 データ エリア 発 電 出 力 算 出 定 時 予 測 用 統 計 モデル 計 算 (2 回 / 日 ) エリア 発 電 出 力 実 測 データ エリア 発 電 出 力 予 測 データ (6 時,18 時 発 表 ) 更 新 予 測 用 統 計 モデル 計 算 (30 分 毎 更 新 ) エリア 発 電 出 力 予 測 データ (30 分 毎 更 新 ) 図 8-20 一 般 的 なエリア 予 測 モデルの 計 算 手 順 -30-

45 電 力 系 統 エリア 予 測 システム NWPデータ NWPデータ 収 集 地 理 情 報 DB 電 力 系 統 制 御 エリア 発 電 量 予 測 モデル 風 況 シミュレーション ( 物 理 モデル) 風 況 DB データ 収 集 システム 発 電 量 データ ウィンドファーム 発 電 量 予 測 ウィンドフ ァーム 発 電 量 発 電 量 収 集 WF DB 系 統 制 御 エリア 発 電 量 予 測 発 電 出 力 DB 発 電 出 力 DB 実 測 データ ( 過 去 現 在 ) 予 測 データ ( 過 去 現 在 ) 発 電 量 評 価 系 統 運 用 関 係 各 所 へ 通 告 : モジュール 系 統 領 域 発 電 量 : データ : データベース 図 8-21 一 般 的 なエリア 予 測 システムの 構 成 -31-

46 第 3 部 気 象 予 測 に 基 づく 風 力 発 電 出 力 予 測 システム 構 築 運 用 の 例 ~ 風 力 発 電 量 予 測 システムの 実 証 試 験 と 評 価 ~ 9 オンライン 観 測 通 信 システム 本 章 では 対 象 ウィンドファーム 風 力 発 電 量 予 測 計 算 ( 更 新 )に 必 要 な 総 発 電 出 力 データや 風 車 SCADAデ ータをオンライン 通 信 によって 収 集 するシステムの 概 要 をまとめました (1) SCADA データ 収 集 伝 送 システム 通 常 ウィンドファームは 風 車 用 SCADA システムによって 各 風 車 の 運 転 状 況 を 監 視 したり 制 御 し ています この SCADA システムは 様 々な 監 視 項 目 (ナセル 風 速 ヨー 角 ピッチ 各 発 電 機 回 転 数 発 電 量 など)の 10 分 統 計 値 を 10 分 毎 に 更 新 するデータベース 機 能 をもっています 図 9-1 風 車 用 SCADAシステムの 例 出 典 : 特 高 連 系 風 力 発 電 所 監 視 システムの 開 発, 渡 部 拓 郎 他, エバラ 時 報 No. 218(2008-1) -32-

47 この SCADA システムのデータベースから 風 力 発 電 量 予 測 計 算 ( 更 新 )に 必 要 な 項 目 (ナセル 風 速 発 電 量 など)を 予 測 計 算 をする 計 算 機 に 定 期 的 に 伝 送 することは 技 術 的 に 可 能 です ただし SCADA システムは 主 に 各 風 車 の 運 転 状 況 の 監 視 と 制 御 を 目 的 として 各 風 車 メーカー が 独 自 に 開 発 したシステムですので 風 力 発 電 量 予 測 計 算 ( 更 新 )に 必 要 な 項 目 データの 取 得 に 関 して 対 応 する 仕 組 みを 用 意 しているものと していないものがあります また 必 要 項 目 データの 取 得 に 対 応 して いても 風 力 発 電 事 業 者 と 風 車 メーカーとの 契 約 内 容 を 見 直 す 必 要 がある 場 合 があります SCADA システムのデータベースから 風 力 発 電 量 予 測 計 算 ( 更 新 )に 必 要 な 項 目 を 予 測 計 算 をする 計 算 機 に 定 期 的 に 伝 送 するシステム( 以 下 SCADA データ 収 集 伝 送 システム)の 構 築 に 際 しては データベ ースおよびネットワークシステムの 専 門 知 識 を 有 する 人 ( 専 門 家 )が 風 車 メーカーと 協 議 しながら SCADA データ 収 集 伝 送 システムの 設 計 が 出 来 るようにして 下 さい 以 下 は 本 事 業 で 構 築 した SCADA データ 収 集 伝 送 システムの 概 念 と 仕 様 です 図 9-2 SCADA データ 収 集 伝 送 システムの 概 念 表 9-1 SCADA データ 収 集 伝 送 システムの 仕 様 項 目 仕 様 取 得 データ 項 目 取 得 データ 間 隔 データ 取 得 データ 送 信 通 信 方 式 発 電 量 ナセル 風 速 風 向 ヨー 角 など 10 分 既 設 SCADA 装 置 のデータベース(mdb ファイルなど)をコピーしたも のを 利 用 し 元 のデータベースを 編 集 することはしない 各 風 力 発 電 サイトから 上 記 データの 10 分 平 均 値 を 10 分 毎 に 東 京 の データセンターに 向 けて 通 信 回 線 を 経 由 して 送 信 主 に インターネット 上 に VPN を 構 築 し データセンターと 接 続 通 信 プロトコルは FTP(PUT)を 採 用 VPN の 採 用 により 情 報 漏 洩 ウィルス 感 染 を 防 止 有 線 回 線 を 推 奨 -33-

48 項 目 仕 様 接 続 形 態 ISDN/ADSL/ 光 などの 有 線 通 信 回 線 によりインターネットへの 常 時 接 続 場 所 によって 無 線 携 帯 電 話 通 信 ( 専 用 回 線 )を 使 用 10 分 間 隔 で 定 期 的 に 接 続 送 出 する 通 信 はインターネットプロトコル で 行 い 風 力 発 電 サイトと 東 京 のデータセンター 間 は 一 般 のインターネ ット 回 線 と 異 なる 閉 域 網 を 利 用 し セキュリティを 保 つ そして 以 下 の2 例 は 本 事 業 で 実 際 に 構 築 した SCADA データ 取 得 方 法 です SCADA データ 取 得 方 法 例 (その1) <SCADA データの 取 得 伝 送 の 手 順 > 1 SCADA 装 置 ( 既 設 )から 伝 送 サーバ( 持 込 )のディスクに SCADA データを 書 き 込 めるよう SCADA 装 置 上 で ネットワークドライブの 割 り 当 て ( 下 図 1 以 下 X ドライブと 呼 ぶ) 2 SCADA データコピープログラムによって SCADA データ(MS-Access の mdb 形 式 ファイルな ど)を 10 分 毎 に 共 有 設 定 をした 伝 送 サーバのディスク(X ドライブ)にコピー( 下 図 2) 3 伝 送 サーバの SCADA データファイル 解 析 プログラムで SCADA データを CSV ファイルに 変 換 し 通 信 回 線 経 由 で 伝 送 ( 下 図 3 4) SCADA 装 置 ( 既 設 ) 伝 送 サーバー( 当 社 持 込 ) 2 SCADAデータ コピープログラム ( 新 規 ) SCADAデータ mdbファイル ( 既 存 ) LAN 接 続 3 SCADAデータファイル 解 析 プログラム SCADAデータ mdbファイル DISK 共 有 (ネットワークト ライ フ の 割 当 て) 1 X:ドライブ SCADAデータ mdbファイル 4 通 信 回 線 経 由 で 送 出 図 9-3 SCADA データ 取 得 方 法 (その1) 概 要 図 < 風 車 SCADA 側 対 応 事 項 > SCADA データコピープログラムの 作 成 と 導 入 SCADA 装 置 から 伝 送 サーバのディスクを 参 照 するために SCADA 装 置 にワークグループ 設 定 (ユーザーID パスワード) SCADA 装 置 から 伝 送 サーバのディスクを 共 有 する 設 定 ( ネットワークト ライフ の 割 り 当 て ) 伝 送 サーバ 用 の IP アドレスを1つ 付 与 (SCADA 装 置 と 同 セグメント) SCADA 装 置 のサーバ 情 報 (IP アドレス) 開 示 SCADA 装 置 のワークグループ 設 定 情 報 (ユーザーID パスワード) 開 示 SCADA データの 仕 様 (データベース 仕 様 ) 開 示 既 設 SCADA 装 置 のデータベース(mdb ファイルなど)をコピーしたものを 利 用 し 元 のデータベ ースを 編 集 することはしない -34-

49 SCADA データ 取 得 方 法 例 (その2) <SCADA データの 取 得 伝 送 の 手 順 > 1 SCADA 装 置 ( 既 設 )の SCADA データ(MS-Access の mdb 形 式 )の 格 納 フォルダを 伝 送 サーバ ( 持 込 )から 読 めるように SCADA 装 置 上 で 共 有 設 定 ( このフォルタ を 共 有 する )を 選 択 ( 下 図 1) その 際 アクセス 許 可 は 読 み 取 り 専 用 とし 外 部 からのデータの 書 き 換 え 等 をおこなえないように する 2 SCADA データコピープログラムによって SCADA データ(MS-Access の mdb 形 式 ファイルなど) を 10 分 毎 に 共 有 設 定 をした 伝 送 サーバのディスク(X ドライブ)にコピー( 下 図 2) 3 伝 送 サーバの SCADA データファイル 解 析 プログラムで SCADA データを CSV ファイルに 変 換 し 通 信 回 線 経 由 で 伝 送 ( 下 図 3 4) SCADA 装 置 ( 既 設 ) SCADAデータ mdbファイル ( 既 存 ) 1 DISK 共 有 (このフォルタ を 共 有 する) 伝 送 サーバー( 当 社 持 込 ) X:ドライブ SCADAデータ mdbファイル 3 SCADAデータファイル 解 析 プログラム LAN 接 続 SCADAデータ コピープログラム SCADAデータ mdbファイル 2 4 通 信 回 線 経 由 で 送 出 図 9-4 SCADA データ 取 得 方 法 (その 2) 概 要 図 < 風 車 SCADA 側 対 応 事 項 > SCADA データコピープログラムの 作 成 と 導 入 SCADA 装 置 から 伝 送 サーバのディスクを 参 照 するために SCADA 装 置 にワークグループ 設 定 (ユーザーID パスワード) SCADA 装 置 から 伝 送 サーバのディスクを 共 有 する 設 定 ( ネットワークト ライフ の 割 り 当 て ) 伝 送 サーバ 用 の IP アドレスを1つ 付 与 (SCADA 装 置 と 同 セグメント) SCADA 装 置 のサーバ 情 報 (IP アドレス) 開 示 SCADA 装 置 のワークグループ 設 定 情 報 (ユーザーID パスワード) 開 示 SCADA データの 仕 様 (データベース 仕 様 ) 開 示 既 設 SCADA 装 置 のデータベース(mdb ファイルなど)をコピーしたものを 利 用 し 元 のデータベ ースを 編 集 することはしない -35-

50 (2) ウィンドファーム 総 発 電 出 力 データ 収 集 伝 送 システム ウィンドファームは 風 車 用 SCADAシステムのほかに 全 電 力 系 統 電 気 設 備 を 監 視 するための 監 視 装 置 を 併 設 しています 図 9-5 変 電 設 備 監 視 システム 表 示 画 面 の 例 出 典 : 特 高 連 系 風 力 発 電 所 監 視 システムの 開 発, 渡 部 拓 郎 他, エバラ 時 報 No. 218(2008-1) 前 述 した 風 車 用 の SCADA データ 収 集 伝 送 システムと 同 様 に 全 電 力 系 統 電 気 設 備 を 監 視 するシ ステムのデータベースから 風 力 発 電 量 予 測 計 算 ( 更 新 )に 必 要 な 総 発 電 出 力 データを 予 測 計 算 をする 計 算 機 に 定 期 的 に 伝 送 することは 技 術 的 に 可 能 です この 場 合 は 9.1 節 を 参 考 として 下 さい なお ウィンドファームの 系 統 連 系 地 点 において 有 効 電 力 変 換 器 などを 設 置 してアナログ 信 号 をデ ジタル 情 報 に 変 換 して 計 測 用 PC やデータロガーでウィンドファーム 総 発 電 出 力 の 測 定 データ 収 集 そしてデータ 伝 送 をすることが 可 能 です 参 考 として 以 下 に 概 念 ( 図 9-6)とシステム 構 成 例 ( 図 9-6 表 9-2)を 示 しました 図 9-6 ウィンドファーム 総 発 電 出 力 収 集 システムの 概 念 図 -36-

51 特 高 送 電 線 有 効 電 力 トランスデューサー( 新 設 ) 風 力 発 電 量 予 測 システム WF 側 設 備 CT CTT 51H 51L WH W A VarH Var F W/TD Var/TD A/TD SCADA インターネット/VPN DS GCB アナログ 信 号 -0.5V-10V VCT Wh Wh H 95L V/TD V WF 総 発 電 出 力 データ 収 集 システム EVT WTG1 64 Vo 受 電 設 備 WTG2 WTG3 WTG n 図 9-7 ウィンドファーム 総 発 電 出 力 データ 収 集 システムの 構 成 ( 例 ) 項 目 表 9-2 総 発 電 出 力 データ 収 集 システムの 仕 様 ( 例 ) 仕 様 取 得 データ ウィンドファーム 総 出 力 (kw) サンプリング 間 隔 1 秒 平 均 化 時 間 10 分 ( 全 1 秒 サンプリング 値 の 平 均 ) データ 送 信 10 分 平 均 値 は 10 分 毎 に データセンターに 送 信 データ 収 集 伝 送 方 式 PC(アナログ 入 力 タイプ)またはデータロガー( 通 信 可 能 ) インターネット 上 に VPN を 構 築 し データセンターと 接 続 通 信 プロトコルは 通 信 方 式 FTP(PUT)を 採 用 VPN の 採 用 により 情 報 漏 洩 ウィルス 感 染 を 防 止 有 線 回 線 を 推 奨 接 続 形 態 フレッツ ISDN によりインターネットへの 常 時 接 続 により 接 続 < 必 要 情 報 ( 例 )> WF 全 体 定 格 発 電 出 力 (kw) 電 力 需 給 用 計 器 パルス 変 換 器 VCT 比 パルス 定 数 (pulse/kwh) 分 配 出 力 使 用 時 (1KWh 当 パルス 数 (pulse/kwh) 1パルス 当 (KWh:KWh/pulse)) 定 格 出 力 時 のパルス 数 (1 秒 間 電 力 (KWh/sec) 1 秒 間 パルス 数 (pulse/sec)) -37-

52 10 風 力 発 電 出 力 予 測 システムの 構 築 運 用 本 節 は 本 事 業 で 実 施 しましたウィンドファーム 発 電 出 力 予 測 システム( 以 下 WF 予 測 システム) の 構 築 および 運 用 を 例 として 紹 介 します 本 事 業 で 構 築 しました WF 予 測 システムは 観 測 値 の 取 得 気 象 モデル 工 学 モデル 統 計 モデル の 各 機 能 によって 構 成 されるシステムです システムの 主 幹 となる 予 測 モデルはウィンド ファーム 発 電 出 力 予 測 モデル(WF 予 測 モデル)は 30 分 毎 の 当 日 および 翌 日 の 風 車 別 発 電 出 力 を 算 出 します 図 10-1 に WF 予 測 システムの 概 要 を 示 します Aサイト 工 学 モデル LAWEPS(5 次 ) 16 方 位 別 風 車 別 対 応 データベース Nサイト Gサイト 気 象 モデル 計 算 5kmメッシュ 1kmメッシュ 風 車 別 風 向 風 速 データ 統 計 モデル 風 速 補 正 風 車 稼 働 予 測 補 正 量 低 減 化 バックアップモデル 発 電 量 (kw) パワーカーブ 風 速 (m/s) 観 測 値 気 象 庁 GPVデータ SCADAデータ 30 分 毎 に 観 測 値 更 新 図 10-1 WF 予 測 システムの 概 要 なお WF 予 測 システムにおける 気 象 モデルと 工 学 モデル 計 算 に 時 間 を 要 しますので 当 日 および 翌 日 の 発 電 出 力 を 30 分 毎 に 予 測 するには 計 算 時 間 の 短 縮 を 図 る 必 要 がありました そこで 最 も 計 算 時 間 のかかる 工 学 モデルの 計 算 については 事 前 に 工 学 モデルを 用 いて 対 象 WF 内 の 風 向 別 風 車 別 に 風 速 比 を 求 めた 計 算 データベースを 作 成 しておき 予 測 計 算 ( 更 新 ) 毎 にこのデータベースを 利 用 することで 計 算 時 間 を 短 縮 しています -38-

53 (1) ハードウェア 構 成 気 象 モデル 計 算 マシン CRAY XD1 ( 管 理 ノード 1(2CPU) 計 算 ノード 5(10CPU)) 統 計 モデル 計 算 マシン CPU:Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.20GHz メモリ:2.0GB OS:Linux (CentOS 4.4) (2) オンライン 観 測 データの 概 要 3 サイトを 対 象 として SCADA データ 収 集 伝 送 システムを 構 築 してナセル 風 速 ヨー 角 発 電 量 の 10 分 データおよび 1 日 分 を 取 りまとめたデータを 自 動 取 得 しました データの 転 送 経 路 は まずは 対 称 サイトからデータセンターに 伝 送 し 全 データをデータセンタ ーに 集 約 させました そしてデータセンターと WF 予 測 システムを 構 築 した( 財 ) 日 本 気 象 協 会 ( 以 下 JWA)の 間 を IP-VPN 網 で 接 続 して ftp を 用 いたデータ 転 送 方 法 によって 観 測 データを 取 得 す るようにしました なお 複 数 のアクセス 者 が 同 時 に 同 一 プラットフォームで 予 測 結 果 の 一 括 表 示 を 可 能 とするために 逐 次 計 算 結 果 を 同 回 線 を 用 いてデータセンターに ftp/put するようにしてい ます (3) 気 象 モデルの 概 要 気 象 モデルは JWA の 局 地 気 象 モデル ANEMOS を 使 用 しました 気 象 モデルの 計 算 は 1 日 2 回 51 時 間 先 までの 予 測 を 実 証 試 験 対 象 WF 毎 に 行 い 参 照 点 における 30 分 毎 の 風 向 風 速 を 出 力 し ました (4) 工 学 モデルの 概 要 工 学 モデルは NEDO 局 所 風 況 ワーキンググループが 開 発 した LAWEPS(4 次 領 域 モデルおよび 5 次 領 域 モデル)を 使 用 していますが 計 算 時 間 短 縮 のために 予 めウィンドファーム 内 の 風 車 毎 に LAWEPS を 用 いて 作 成 した 風 向 別 風 速 データベースをシステム 内 に 格 納 しました なお この 風 車 別 風 速 データベースは 計 算 毎 に 更 新 するものではありません( 図 10-2) 1 WF 計 算 格 子 予 め 計 算 しておく 2 流 入 気 流 プロファイル 3 16 風 向 流 入 気 流 に 対 するWF 内 の 風 向 風 速 分 布 計 算 発 電 量 予 測 計 算 気 象 モデル51 時 間 予 測 結 果 の 参 照 点 における 時 系 列 4 WF 内 参 照 点 における 気 象 モデル 風 向 風 速 を 用 いた 工 学 モデルの 計 算 結 果 の 修 正 統 計 モデル 計 算 5 風 車 ハブ 高 さの 風 速 算 出 評 価 が 困 難 であるため ウェーク の 補 正 を 行 わないデータを 統 計 モ デルへ 引 き 渡 す 図 10-2 工 学 モデル 処 理 フローの 例 -39-

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

様式(補助金)

様式(補助金) 別 添 1 提 案 書 の 様 式 1. 提 案 書 は 次 頁 以 下 の 記 載 例 に 従 って 記 入 して 下 さい 2. 用 紙 は A4 版 を 利 用 し 左 とじにして 下 さい 3. 提 案 書 は 9 部 ( 正 1 部 副 ( 正 のコピー)8 部 )を 提 出 して 下 さい 4. 提 案 書 は それぞれA4フラットファイルに 綴 じた 上 で 提 出 してください 5.

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

                         庁議案件No

                         庁議案件No 庁 議 案 件 No.1 平 成 24 年 4 月 24 日 所 管 市 長 公 室 企 画 部 件 名 関 西 広 域 連 合 への 加 入 について 経 過 現 状 政 策 課 題 対 応 方 針 今 後 の 取 組 ( 案 ) 関 係 局 と の 政 策 連 携 関 西 広 域 連 合 の 概 要 複 数 府 県 により 設 立 される 全 国 初 の 広 域 連 合 として 平 成 22 年

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

セッションC-1: 効 率 的 な 冬 期 対 策 に 向 けた 調 査 システム 開 発 1 車 両 の 走 行 音 を 利 用 した 路 面 状 態 判 別 システムの 開 発 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 山 形 河 川 国 道 事 務 所 遠 藤 敏 ( 社 ) 雪 センター 下 村 忠 一 春 山 哲 也 加 速 度 計 による 雪 氷 路 面 のすべり 摩 擦 係 数

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

入 札 スケジュール 件 名 : 平 成 27 年 度 固 定 資 産 税 に 係 る 一 般 路 線 評 価 業 務 委 託 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 平 成 26 年 5 月 19 日 ( 月 ) 正 午 から 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出

入 札 スケジュール 件 名 : 平 成 27 年 度 固 定 資 産 税 に 係 る 一 般 路 線 評 価 業 務 委 託 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 平 成 26 年 5 月 19 日 ( 月 ) 正 午 から 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 能 代 市 物 品 等 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 発 注 番 号 第 2-42 号 2 公 募 日 平 成 26 年 5 月 19 日 3 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 4 件 名 平 成 27 年 度 固 定 資 産 税 に 係

More information

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備 消 防 情 第 96 号 平 成 28 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 消 防 庁 国 民 保 護 防 災 部 防 災 情 報 室 長 ( 公 印 省 略 ) 災 害 時 の 住 民 への 情 報 伝 達 体 制 の 更 なる 強 化 について 昨 今 の 水 害 や 土 砂 災 害 においては 避 難 勧 告 等 や 防 災 気 象 情 報 が 住 民

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378> ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 の 承 認 のもとに 国 務 院 弁 公 庁 ( 事 務 局 )が1998 年 6 月 10 日 に 施 行 科 学 技 術 部 および 衛 生 部 中 華 人 民 共 和 国 第 1 章 総 則 第 1 条 ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 ( 以 後 経

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

改 訂 来 歴 改 訂 番 号 発 行 日 改 訂 内 容 承 認 照 査 作 成 0 03-2-20 新 規 発 行 ( 認 証 ロゴマークは 別 途 ) 熊 野 03-2-20 熊 野 03-2-20 関 谷 03-2-20 改 訂 番 号 1~13 の 改 訂 内 容 は 旧 版 PCG-00

改 訂 来 歴 改 訂 番 号 発 行 日 改 訂 内 容 承 認 照 査 作 成 0 03-2-20 新 規 発 行 ( 認 証 ロゴマークは 別 途 ) 熊 野 03-2-20 熊 野 03-2-20 関 谷 03-2-20 改 訂 番 号 1~13 の 改 訂 内 容 は 旧 版 PCG-00 製 品 認 証 に 係 わる 手 引 き 非 管 理 版 一 般 財 団 法 人 発 電 設 備 技 術 検 査 協 会 認 証 セ ン タ ー JAPEIC-MS&PCC A 1/8 改 訂 来 歴 改 訂 番 号 発 行 日 改 訂 内 容 承 認 照 査 作 成 0 03-2-20 新 規 発 行 ( 認 証 ロゴマークは 別 途 ) 熊 野 03-2-20 熊 野 03-2-20 関 谷 03-2-20

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1 松 山 市 条 制 定 時 の 市 民 意 見 聴 取 経 過 表 ( 3 月 市 議 会 提 出 分 ) 総 務 部 文 書 法 制 作 成 条 名 条 の 概 要 提 出 日 番 号 手 続 の 種 別 実 施 日 ( 期 間 ) 実 施 した 聴 取 手 続 の 内 容 を 実 施 しない 場 合 はその 理 由 担 当 1 松 山 市 職 員 の 分 限 に 関 する 条 等 の 一 部 を

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817993FA967B8FAC8C5E914494958C9F8DB88B408D5C817A95CA9359825081698E7793B18AC493C28FF38BB5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817993FA967B8FAC8C5E914494958C9F8DB88B408D5C817A95CA9359825081698E7793B18AC493C28FF38BB5816A2E646F63> ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 法 人 名 日 本 小 型 船 舶 検 査 機 構 根 拠 法 令 名 船 舶 安 全 法 ( 昭 和 6 10 月 1 日 民 間 法 人 化 ) 1. 法 人 の 概 要 業 務 の 概 要 1. 船

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

第4回税制調査会 総4-1

第4回税制調査会 総4-1 平 成 25 年 12 月 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 税 制 調 査 会 国 際 課 税 ディスカッショングループ 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 1. 見 直 しの 背 景 意 義 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 以 下 外 国 法 人 等 という )に 対 する 課 税 原

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information