はじめに この 度 は JP-Secure SiteGuard Lite をご 購 入 いただきありがとうございます 本 マニュアルでは 製 品 のインストールおよびアンインストール 基 本 的 な 設 定 例 詳 細 な 設 定 例 など について 説 明 しています 尚 本 マニュアルでは Si

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに この 度 は JP-Secure SiteGuard Lite をご 購 入 いただきありがとうございます 本 マニュアルでは 製 品 のインストールおよびアンインストール 基 本 的 な 設 定 例 詳 細 な 設 定 例 など について 説 明 しています 尚 本 マニュアルでは Si"

Transcription

1 SiteGuard Lite Linux 版 ウェブアプリケーションへの 攻 撃 を 水 際 で 防 ぐ ウェブアプリケーション ファイアウォール ソリューション Version 2.30 管 理 者 用 ガイド

2 はじめに この 度 は JP-Secure SiteGuard Lite をご 購 入 いただきありがとうございます 本 マニュアルでは 製 品 のインストールおよびアンインストール 基 本 的 な 設 定 例 詳 細 な 設 定 例 など について 説 明 しています 尚 本 マニュアルでは SiteGuard Lite または 本 製 品 と 表 記 します 本 マニュアルで 使 用 するマーク マーク 説 明 注 意 していただきたいことを 記 載 しています ヒント 補 足 情 報 を 記 載 しています 参 照 先 を 記 載 しています 本 マニュアルで 使 用 する 記 号 と 書 体 記 号 書 体 説 明 例 [ ] メニュー 名 項 目 名 [モジュール 設 定 ] を 選 択 します ボタン ボタン 名 適 用 ボタンをクリックします あいう ABCabc123 ウェブ 管 理 画 面 の 設 定 値 [シグネチャ 検 査 ] : 有 効 ABCabc123 コマンド 名 ファイル 名 ディレクトリ 名 # rpm -Uvh siteguardlite-xxx.i386.rpm ディスプレイ 上 の 出 力 コード 例 など ABCabc123 コマンドラインでユーザが 入 力 する 文 字 列 ABCabc123 コマンドラインの 可 変 部 分

3 目 的 別 ガイド 1. インストール 初 期 設 定 を 行 う 本 製 品 のインストール 初 期 設 定 は 次 の 章 を 参 照 してください 3. 動 作 環 境 4. インストール 5. 初 期 設 定 2. 基 本 的 な 動 作 操 作 方 法 を 確 認 する 製 品 の 評 価 やテストなど 本 製 品 の 基 本 動 作 を 確 認 する 場 合 は 次 の 章 を 参 照 してください 5. 初 期 設 定 6. 動 作 確 認 3. 各 種 機 能 の 詳 細 設 定 仕 様 を 確 認 する 導 入 に 向 けて 本 製 品 の 詳 細 な 設 定 を 確 認 する 場 合 は 次 の 章 を 中 心 に 参 照 してください 7. 詳 細 設 定 本 製 品 の 検 査 機 能 に 関 する 説 明 のほか 管 理 者 への 通 知 設 定 やログの 出 力 設 定 について 確 認 す ることができます 4. トラステッド シグネチャの 設 定 を 確 認 する トラステッド シグネチャの 設 定 を 確 認 する 場 合 は 次 の 章 を 参 照 してください トラステッド シグネチャの 設 定 トラステッド シグネチャの 推 奨 設 定 トラステッド シグネチャによる 誤 検 出 と 対 策 カスタム シグネチャの 編 集 カスタム シグネチャの 設 定 例 も 参 照 して ください 5. 監 視 運 用 を 行 う 本 運 用 を 開 始 する 前 の 監 視 運 用 (モニタリング)については 次 の 章 を 参 照 してください 12. 監 視 運 用 6. Apache のディレクティブによる 設 定 を 確 認 する httpd.conf や.htaccess を 活 用 したバーチャルホストごとの 設 定 変 更 検 査 の 除 外 を 行 う 場 合 は 次 の 章 を 参 照 してください 14. Apache のディレクティブによる 設 定

4 7. 防 御 機 能 のデフォルト 設 定 を 確 認 する 本 製 品 のデフォルト 設 定 ( 防 御 機 能 )を 確 認 する 場 合 は 次 の 章 を 参 照 してください 17. デフォルト 設 定 ( 防 御 機 能 )

5 目 次 1. SiteGuard Lite について 機 能 一 覧 機 能 一 覧 動 作 環 境 ハードウェア 環 境 ソフトウェア 環 境 (サーバー 環 境 ) ソフトウェア 環 境 (クライアント 環 境 ) インストール 前 の 確 認 と 設 定 インストール インストール(rpm パッケージ) インストール(tar.gz パッケージ) SELinux 環 境 での 事 前 設 定 SELinux 環 境 の 設 定 (RedHat Enterprise Linux, CentOS, Scientific Linux) セットアップ インストール セットアップの 内 容 アンインストール 再 インストール 初 期 設 定 ウェブ 管 理 画 面 ウェブ 管 理 画 面 へのアクセス 初 期 パスワードの 変 更 ホーム 画 面 ウェブ 管 理 画 面 の 構 成 ライセンス 情 報 の 登 録 基 本 的 な 設 定 動 作 確 認 動 作 確 認 と 検 出 テスト 詳 細 設 定 SiteGuard Lite の 詳 細 設 定 モジュール 設 定 基 本 設 定 アドバンスト 設 定... 28

6 7.1.2 検 出 時 の 動 作 シグネチャ 検 査 の 詳 細 設 定 項 目 設 定 例 トラステッド シグネチャの 設 定 トラステッド シグネチャの 推 奨 設 定 トラステッド シグネチャによる 誤 検 出 と 対 策 カスタム シグネチャの 編 集 カスタム シグネチャの 設 定 例 シグネチャ 更 新 設 定 ログ トップメニュー 管 理 パスワード 診 断 情 報 バックアップ リストア ライセンス 情 報 バージョン 情 報 ログアウト 検 出 通 知 テンプレート 正 規 表 現 コマンドラインでの 操 作 シグネチャ 更 新 コマンド 設 定 情 報 適 用 コマンド フィルタ 情 報 クリアコマンド サービス 自 動 起 動 コマンド 全 サービス 起 動 コマンド 診 断 情 報 作 成 コマンド 統 計 クリアコマンド 検 出 名 検 出 名 ログ 動 作 ログ 検 出 ログ(detect.log) 情 報 ログ(info.log) エラーログ(error.log) エラーログ(Apache エラーログ) フォームログ(form.log) 設 定 ログ(conf.log) 通 知 サービスログ 情 報 ログ(info.log) エラーログ(error.log) ログの 分 割 (ローテート) 時 刻 表 示 変 換 ツール(logconv) ログ 解 析 ツールの 設 定 レポートオプション... 88

7 11. 統 計 グラフ 統 計 統 計 の 更 新 統 計 のクリア 監 視 運 用 監 視 URL の 編 集 監 視 URL の 登 録 と 解 除 パラメータの 検 査 クエリストリングの 検 査 Cookie の 検 査 要 求 本 文 の 検 査 multipart の 検 査 JSON の 検 査 XML の 検 査 JSON/XML の 親 子 関 係 Apache のディレクティブによる 設 定 検 査 の 無 効 化 監 視 モード トラステッド シグネチャの 除 外 トラステッド シグネチャの 除 外 (パラメータ 指 定 ) ユーザによるトラステッド シグネチャの 除 外 ユーザによるトラステッド シグネチャの 除 外 (パラメータ 指 定 ) 検 出 ログ フォームログ 出 力 先 の 指 定 Apache のディレクティブによる 設 定 項 目 一 覧 ウェブ 管 理 画 面 のログインロック ログインロック ログインロックの 解 除 方 法 許 容 するログイン 失 敗 回 数 の 変 更 ログインアカウントの 初 期 化 製 品 動 作 仕 様 動 作 仕 様 一 覧 サービス プロセス 一 覧 デフォルト 設 定 ( 防 御 機 能 ) デフォルト 設 定 ( 防 御 機 能 ) カスタム シグネチャ(サンプル) カスタム シグネチャ(サンプル)の 導 入 新 規 インストール 時

8 製 品 アップグレード 時 カスタム シグネチャ(サンプル)の 説 明 よくあるご 質 問 (カスタム シグネチャ) 著 作 権 お 問 い 合 わせ ウェブによる 情 報 提 供 購 入 に 関 するお 問 い 合 わせ 電 子 メールによるサポート 電 話 によるサポート

9 1. SiteGuard Lite について 本 製 品 は オンラインショッピング イントラネット 電 子 商 取 引 電 子 申 請 情 報 検 索 企 業 官 公 庁 での 情 報 提 供 個 人 間 の 情 報 交 換 等 で 利 用 されているウェブサーバー ウェブアプリケーションへの 攻 撃 を 防 ぐための ウェブアプリケーション ファイアウォール ソリューション です ウェブサーバー ウェブアプリケーションへの 攻 撃 は 情 報 漏 えい ウェブページやデータの 改 ざん 等 に 繋 がる 重 大 な 脅 威 です 特 に 最 近 の 電 子 商 取 引 の 普 及 官 公 庁 の 電 子 化 各 種 ASP サービス 等 によ るウェブアプリケーションの 普 及 と 世 界 的 なインターネットの 利 用 者 増 大 により 攻 撃 が 広 がってい ます 企 業 の 場 合 個 人 情 報 漏 洩 データ 改 ざん 等 の 被 害 に 加 え 評 判 や 信 頼 の 低 下 による 間 接 的 な 影 響 もあります システム 管 理 者 は 本 製 品 を 使 用 することで ウェブアプリケーションの 脆 弱 性 を 悪 用 した 攻 撃 からウェ ブサーバー ウェブアプリケーションを 保 護 することができます 本 製 品 には 高 品 質 高 性 能 なトラステッド シグネチャによる シグネチャ 検 査 機 能 が 搭 載 されて います また 完 全 な 国 産 製 品 となっているため 管 理 画 面 の 言 語 やドキュメント 類 の 提 供 などはすべて 日 本 語 対 応 となっています 1

10 2. 機 能 一 覧 2.1 機 能 一 覧 Apache のモジュールとして 動 作 するホスト 型 WAF HTTP/HTTPS による 通 信 を 検 査 シグネチャ 検 査 機 能 を 搭 載 高 品 質 高 性 能 なトラステッド シグネチャ(チューニング 済 みシグネチャ) 独 自 のルールを 作 成 できるカスタム シグネチャ 検 査 トラステッド シグネチャの 自 動 更 新 機 能 各 種 攻 撃 に 対 応 SQL インジェクション クロスサイトスクリプティング(XSS) OS コマンドインジェクション ディレクトリトラバーサル HTTP ヘッダインジェクション ブルートフォース 容 易 なインストール rpm パッケージによる 簡 単 インストール(tar.gz パッケージによるインストールも 可 能 ) 初 期 設 定 のためのスクリプトを 用 意 容 易 な 設 定 ウェブ 管 理 画 面 による 設 定 が 可 能 ( 日 本 語 対 応 ) 検 出 メッセージの 表 示 が 可 能 ( 日 本 語 で 編 集 可 能 ) 管 理 者 への 検 出 メール 通 知 が 可 能 ( 日 本 語 で 編 集 可 能 ) 2

11 3. 動 作 環 境 本 製 品 が 正 常 に 動 作 するためには 以 下 の 環 境 が 必 要 です 3.1 ハードウェア 環 境 推 奨 ハードウェア 環 境 CPU Intel Pentium 互 換 CPU 2GHz 以 上 複 数 コアを 推 奨 MEMORY 2GB 以 上 推 奨 DISK 空 きが 5GB 以 上 (ログの 保 存 期 間 等 による) NETWORK TCP/IP 接 続, 100BaseT 以 上 3.2 ソフトウェア 環 境 (サーバー 環 境 ) 必 須 コンポーネント Linux kernel 2.6. 以 降 Apache 2.2 または Apache 2.4 glibc 2.5 以 降 perl wget unzip openssl make file 対 応 ディストリビューション Red Hat Enterprise Linux 5/6/7 CentOS 5/6/7 Scientific Linux 6 Ubuntu Amazon Linux 32bit/64bit(x86_64) の 動 作 に 対 応 しています 仮 想 OS での 動 作 も 可 能 です OS(カーネル ドライバ ライブラリ 等 )は 正 常 に 動 作 すること 3

12 3.3 ソフトウェア 環 境 (クライアント 環 境 ) 本 製 品 の 設 定 は ウェブ 上 の 管 理 ページで 行 います このページを ウェブ 管 理 画 面 と 呼 びます ウェブ 管 理 画 面 では Javascript を 使 用 し 以 下 のウェブブラウザ バージョンで 動 作 確 認 済 みです Mozilla Firefox 40 Google Chrome 44 Mircosoft Internet Explorer 11 上 記 以 外 のウェブブラウザ 上 記 よりも 古 いバージョンのブラウザの 場 合 ウェブ 管 理 画 面 が 正 常 に 動 作 しないことがあります ウェブブラウザの 自 動 補 完 入 力 機 能 ( 以 後 オートコンプリートと 表 記 )をご 利 用 の 場 合 ウ ェブ 管 理 画 面 の 設 定 項 目 ( 管 理 パスワード ライセンス 情 報 通 知 設 定 シグネチャ 更 新 設 定 ) の ID/ユーザー 名 とパスワードがブラウザの 機 能 で 自 動 入 力 される 場 合 があります 本 製 品 では 該 当 するフォームにオートコンプリートを 無 効 にする 設 定 autocomplete="off" を 指 定 していますが ウェブブラウザの 仕 様 によりウェブブラウザのオートコンプリートが 優 先 される 場 合 があります その 場 合 は ウェブブラウザのオートコンプリートを 無 効 に 変 更 して ご 利 用 ください 4

13 3.4 インストール 前 の 確 認 と 設 定 ウェブ 管 理 画 面 への 接 続 について 本 製 品 は Apache-SSL 経 由 でウェブ 管 理 画 面 に 接 続 します また ウェブ 管 理 画 面 用 のウェブアプリケーションサーバー(Tomcat)は java 上 で 動 作 します そのため ウェブ 管 理 画 面 を 利 用 する 場 合 には 以 下 の 環 境 が 必 要 となります Apache モジュールの mod_ssl mod_proxy JRE 1.8 本 製 品 のセットアップ 時 ウェブ 管 理 画 面 の 使 用 を 選 択 すると JDK/JRE のパスを 指 定 するた めの 項 目 が 表 示 されますが セットアップスクリプトによって 下 記 のパスを 自 動 的 に 検 出 し ます /usr/java/latest/jre :JDKの 場 合 /usr/java/latest :JREの 場 合 JDK/JRE ともに RPM パッケージでインストールした 場 合 のパスを 検 出 します セットアップを 円 滑 に 進 めることができますので RPM パッケージによるインストールをご 検 討 ください 最 新 の JRE は 以 下 の URL からダウンロードすることができます https://java.com/ja/download/manual.jsp Ubuntu でのインストールについて 本 製 品 を Ubuntu にインストールする 場 合 以 下 の 内 容 について 追 加 インストール 設 定 が 必 要 です make のインストール # apt-get install make gawk のインストール # apt-get install gawk unzip のインストール # apt-get install unzip Apache の mod_ssl, mod_proxy, mod_headers の 有 効 化 # a2enmod ssl # a2enmod proxy # a2enmod proxy_http # a2enmod proxy_connect Apache の ErrorDocument 403 について 本 製 品 には 攻 撃 検 出 時 に 検 出 メッセージ(403 Forbidden)をクライアントへ 応 答 する 機 能 がありますが Apache で ErrorDocument 403 を 有 効 にしている 場 合 は Apache で 設 定 している 403 のメッセージが 応 答 されます 例 ) ErrorDocument 403 /error/403.html 例 の 場 合 検 出 時 のメッセージは 403.html の 内 容 になります ErrorDocument 403 が 有 効 でない 場 合 本 製 品 で 設 定 した 検 出 メッセージの 内 容 になります 5

14 4. インストール 本 製 品 は rpm パッケージまたは tar.gz パッケージによるインストールが 可 能 です 通 常 は rpm パッケージを 使 用 します インストール 先 のディレクトリは /opt/jp-secure/siteguardlite です インストールパッケージは 32bit 用 と 64bit 用 があります ご 利 用 の 環 境 に 合 ったインストールパッケージを 使 用 してください rpm パッケージ siteguardlite-xxx-x.i386.rpm siteguardlite-xxx-x.x86_64.rpm 32bit 版 64bit 版 tar.gz パッケージ siteguardlite-xxx-x.i386.tar.gz siteguardlite-xxx-x.x86_64.tar.gz 32bit 版 64bit 版 6

15 4.1 インストール(rpm パッケージ) rpm パッケージを 利 用 して 本 製 品 をインストールする 方 法 について 説 明 します root 権 限 で 以 下 のコマンドを 実 行 します # rpm -Uvh siteguardlite-xxx-x.xxxx.rpm インストール 完 了 のメッセージを 確 認 します Install succeeded! Please run the following command in order to setup apache # cd /opt/jp-secure/siteguardlite #./setup.sh SELinux 環 境 で 利 用 する 場 合 は 4.3 SELinux 環 境 での 事 前 設 定 を 参 照 してください SELinux が 無 効 の 場 合 は 4.4 セットアップ を 参 照 してください 4.2 インストール(tar.gz パッケージ) 本 製 品 は tar.gz パッケージを 使 用 したインストールも 行 えます root 権 限 で 以 下 のコマンドを 実 行 します # tar -zxvf siteguardlite-xxx-x.xxxx.tar.gz # cd siteguardlite-xxx/ # make install インストール 完 了 のメッセージを 確 認 します Install succeeded! Please run the following command in order to setup apache # cd /opt/jp-secure/siteguardlite #./setup.sh SELinux 環 境 で 利 用 する 場 合 は 4.3 SELinux 環 境 での 事 前 設 定 を 参 照 してください SELinux が 無 効 の 場 合 は 4.4 セットアップ を 参 照 してください 7

16 4.3 SELinux 環 境 での 事 前 設 定 本 製 品 を SELinux 環 境 で 動 作 させる 場 合 事 前 に 以 下 の 設 定 を 行 います SELinux が 無 効 の 場 合 この 手 順 を 実 施 する 必 要 はありません 4.4 セットアップ を 参 照 してください SELinux 環 境 の 設 定 (RedHat Enterprise Linux, CentOS, Scientific Linux) 1) SiteGuardLite のポリシーを 設 定 します 使 用 するルールファイルのテンプレートが 製 品 に 同 梱 されています (conf/siteguardlite.te) # cd /opt/jp-secure/siteguardlite #./set_secontext.sh set_secontext.sh の 実 行 には semanage コマンドを 使 用 します semanage コマンドが 導 入 されていない 場 合 は yum provides で 対 象 パッケージを 確 認 してから インストールしてください (yum provides *usr/semanage) set_secontext.sh が 終 了 するまでに 数 分 程 度 かかる 場 合 があります 2) 引 き 続 き 本 製 品 のセットアップを 行 ってください 4.4 セットアップ を 参 照 してください 8

17 4.4 セットアップ 本 製 品 のインストールが 完 了 したら setup.sh を 実 行 して Apache の 設 定 やウェブ 管 理 画 面 のアクセス 制 御 などの 設 定 を 行 います root 権 限 で 以 下 のコマンドを 実 行 します # cd /opt/jp-secure/siteguardlite/ #./setup.sh セットアップシェルが 実 行 されます SiteGuard Lite setup start Apache の 設 定 ファイルのパスを 指 定 します please enter Apache Config File. [/etc/httpd/conf/httpd.conf] --> [ ] 内 に 検 出 した 設 定 ファイルのパスが 表 示 されます 検 出 された 設 定 ファイルが 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください 検 出 されなかった 場 合 やその 他 の 設 定 ファイル 指 定 する 場 合 は 設 定 ファイルのパスを 指 定 して Enter を 押 してください Apache の 設 定 ファイルのパスを 確 認 します Apache Config File=[/etc/httpd/conf/httpd.conf] is correct? [yes] no --> [ ] 内 に 指 定 した 設 定 ファイルのパスが 表 示 されます 指 定 した 設 定 ファイルのパスが 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください 設 定 ファイルのパスを 修 正 する 場 合 は no を 入 力 してやり 直 してください Apache の 実 行 ファイルのパスを 指 定 します please enter Apache Binary File (httpd). [/usr/sbin/httpd] --> [ ] 内 に 検 出 した 実 行 ファイルのパスが 表 示 されます 検 出 された 実 行 ファイルが 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください 検 出 されなかった 場 合 やその 他 の 実 行 ファイルを 指 定 する 場 合 は 実 行 ファイルのパスを 指 定 して Enter を 押 してください Apache の 実 行 ファイルのパスを 確 認 します Apache Binary File (httpd)=[/usr/sbin/httpd] is correct? [yes] no --> [ ] 内 に 指 定 した 実 行 ファイルのパスが 表 示 されます 指 定 した 実 行 ファイルのパスが 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください 実 行 ファイルのパスを 修 正 する 場 合 は no を 入 力 してやり 直 してください 9

18 管 理 インターフェース(ウェブ 管 理 画 面 )の 使 用 に 関 する 設 定 を 行 います do you want to use the web administrative console? * to use the console, you will need JDK or JRE is installed. please select. [yes] no --> ウェブ 管 理 画 面 を 使 用 する 場 合 は yes を 指 定 します ウェブ 管 理 画 面 を 使 用 しない 場 合 は no を 指 定 します (no を 選 択 した 場 合 管 理 インターフェースに 関 する 設 定 はスキップされます ) ウェブ 管 理 画 面 の 使 用 を 選 択 した 場 合 JDK または JRE のインストールディレクトリを 指 定 します please enter JDK or JRE directory. [/usr/java/latest] --> [ ] 内 に 検 出 したパスが 表 示 されます 検 出 されたパスが 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください 検 出 されなかった 場 合 やその 他 のパスを 指 定 する 場 合 は JDK または JRE がインストールされているデ ィレクトリのパスを 入 力 して Enter を 押 してください JDK または JRE のインストールディレクトリを 確 認 します JDK or JRE directory=[/usr/java/latest] is correct? [yes] no --> 指 定 した 内 容 が 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください 修 正 する 場 合 は no を 入 力 してやり 直 してください 管 理 インターフェース(ウェブ 管 理 画 面 )のポート 番 号 を 指 定 します please enter the port number of the web console for https. please enter port number. [9443] --> [ ] 内 の 9443 はデフォルトです 9443 のままでよければ そのまま Enter を 押 してください 別 のポート 番 号 を 使 用 したい 場 合 は ポート 番 号 を 入 力 して Enter を 押 してください 管 理 インターフェース(ウェブ 管 理 画 面 )のポート 番 号 を 確 認 します port number=[9443] is correct? [yes] no --> [ ] 内 に 指 定 したポート 番 号 が 表 示 されます 指 定 したポート 番 号 が 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください 別 のポート 番 号 を 使 用 する 場 合 は no を 入 力 してやり 直 してください 管 理 インターフェース(ウェブ 管 理 画 面 )のアクセス 制 御 を 設 定 します please enter the addresses allowed to access the web console for https. ex: /24 please enter allowed addresses. [ALL] --> [ ] 内 の ALL はデフォルトです ( 全 ての 接 続 元 からのアクセスを 許 可 ) ALL または アクセスを 許 可 したい 接 続 元 を 指 定 して Enter を 押 してください 10

19 管 理 インターフェース(ウェブ 管 理 画 面 )のアクセス 制 御 を 確 認 します allowed addresses=[all] is correct? [yes] no --> [ ] 内 に 指 定 したアクセス 制 御 の 設 定 が 表 示 されます アクセス 制 御 の 設 定 が 正 しい 場 合 は そのまま Enter を 押 してください アクセス 制 御 を 設 定 し 直 す 場 合 は no を 入 力 してやり 直 してください セキュリティ 対 策 のため 本 項 によるアクセス 制 御 の 実 施 または iptables 等 で 接 続 元 IP アドレスを 制 限 することを 推 奨 しています 各 種 設 定 の 更 新 後 Apache の 再 起 動 を 確 認 するメッセージが 表 示 されます Apache restart. Are you sure? [yes] no --> Apache を 再 起 動 して SiteGuard Lite を 有 効 にする 場 合 は そのまま Enter を 押 してください あとで Apache を 再 起 動 する 場 合 は no を 入 力 してください Apache を 再 起 動 するまで SiteGuard Lite は 有 効 になりません セットアップ 完 了 のメッセージが 表 示 されます finished SiteGuard Lite setup Please access following URL for starting service. https://xxxxxxxxxx:9443/ (default user:admin, default password:admin) 続 いて 5 基 本 設 定 を 参 照 してください 4.5 インストール セットアップの 内 容 本 製 品 をインストールすると 以 下 のディレクトリが 作 成 され 必 要 なファイルが 導 入 されます /opt/jp-secure/siteguardlite SiteGuard Lite(Apache モジュール) 各 種 設 定 ファイル ログファイルは 以 下 のディレクトリに 導 入 され ます /opt/jp-secure/siteguardlite/modules /opt/jp-secure/siteguardlite/conf /opt/jp-secure/siteguardlite/logs Apache の 設 定 ファイルの 最 下 行 に 以 下 の 2 行 が 追 加 されます include /opt/jp-secure/siteguardlite/conf/siteguardlite.conf include /opt/jp-secure/siteguardlite/conf/httpd.conf.siteguardlite_admin_ssl このほか ウェブ 管 理 画 面 のサービスと 通 知 サービスの 起 動 スクリプトが 設 定 されます 11

20 4.6 アンインストール 以 下 の 手 順 でアンインストールを 行 います システムに 導 入 したファイルの 削 除 設 定 の 削 除 Apache の 再 起 動 を 行 います root 権 限 で 以 下 のコマンドを 実 行 します # cd /opt/jp-secure/siteguardlite # make uninstall # rm -rf /opt/jp-secure/siteguardlite rpm パッケージの 場 合 以 下 のコマンドも 実 行 します # rpm -e siteguardlite 以 上 でアンインストールが 完 了 します make uninstall コマンドの 実 行 時 Apache の 再 起 動 が 行 われます 14. Apache のディレクティブによる 設 定 を 使 用 している 場 合 は Apache の 再 起 動 に 失 敗 するため 設 定 を 削 除 してからアンインストールコマンドを 実 行 してください 4.7 再 インストール 本 製 品 を 再 インストールする 場 合 は アンインストール 後 に インストールコマンドを 実 行 し 直 してく ださい root 権 限 で 以 下 のコマンドを 実 行 します # cd /opt/jp-secure/siteguardlite # make uninstall rpm パッケージの 場 合 以 下 のコマンドも 実 行 します # rpm -e siteguardlite 既 存 の 設 定 を 削 除 する 場 合 以 下 のコマンドも 実 行 します # rm -rf /opt/jp-secure/siteguardlite 既 存 の 設 定 を 引 き 継 いで 上 書 き 再 インストールする 場 合 このコマンドは 実 行 しないでく ださい アンインストール 後 4.1 インストール(rpm パッケージ) 4.2 インストール(tar.gz パッ ケージ) を 参 照 して インストールコマンドを 実 行 し 直 してください 12

21 5. 初 期 設 定 インストール 完 了 後 本 製 品 の 初 期 設 定 を 行 います 5.1 ウェブ 管 理 画 面 本 製 品 の 設 定 は ウェブ 上 の 管 理 ページから 行 います このページを ウェブ 管 理 画 面 と 呼 びます Apache-SSL 経 由 で ウェブ 管 理 画 面 用 のアプリケーションサーバーの Tomcat(java)に 接 続 します ウェブ 管 理 画 面 へのアクセス 1) ウェブブラウザから 以 下 の URL へアクセスします https://ホスト 名 :9443/ 本 製 品 をインストールしたウェブサーバーのホスト 名 または IP アドレスのポート 9443 宛 に 接 続 してください ポート 番 号 は 4.4 セットアップ で 設 定 した 番 号 です (デフォルト 9443) 2) ログイン 画 面 で ID と パスワード を 入 力 してログインします デフォルトアカウント ID:admin パスワード:admin ウェブ 管 理 画 面 に 接 続 できない 場 合 ポート 9443 宛 の 接 続 が 許 可 されているか ファイアウォール 等 のネットワーク 機 器 や 本 製 品 を 導 入 したサーバーの iptables の 設 定 を 確 認 してください 13

22 ウェブブラウザの JavaScript が 無 効 の 場 合 以 下 のメッセージが 出 力 されます JavaScript を 有 効 にして アクセスし 直 してください 14

23 5.1.2 初 期 パスワードの 変 更 1) ウェブ 管 理 画 面 への 初 回 ログイン 時 初 期 パスワードを 変 更 するため 管 理 パスワードの 設 定 画 面 が 表 示 されます 2) 英 大 文 字 英 小 文 字 数 字 を 含 んだ 8 文 字 以 上 のパスワードを 入 力 し 保 存 ボタンを 押 します 初 期 パスワードの 変 更 は 必 須 です パスワードの 変 更 が 完 了 するまで 他 の 操 作 を 行 うことはできません デフォルトアカウントの admin を 任 意 のユーザ 名 に 変 更 することも 可 能 です 初 期 パスワードを 変 更 後 ウェブ 管 理 画 面 の 操 作 が 可 能 となります 15

24 5.1.3 ホーム 画 面 検 出 情 報 の 統 計 グラフと 検 査 の 状 態 ( 有 効 / 無 効 )を 確 認 することができます アイコン 説 明 シグネチャ 検 査 機 能 が 有 効 であることを 示 しています ( 緑 のチェックで 表 示 されます ) シグネチャ 検 査 機 能 が 無 効 であることを 示 しています 統 計 グラフについては 11. 統 計 グラフ を 参 照 してください 16

25 5.2 ウェブ 管 理 画 面 の 構 成 ウェブ 管 理 画 面 は 画 面 上 部 のメニューと 下 部 の 操 作 エリアから 構 成 されます 以 下 の 画 面 は メインメニュー[モジュール 設 定 ] サブメニュー[ 基 本 設 定 ]を 選 択 したときの 画 面 です 項 目 トップメニュー メインメニュー サブメニュー 操 作 エリア 有 効 / 無 効 ボタン 適 用 キャンセルボタン 説 明 本 製 品 の 各 種 設 定 やログ 閲 覧 を 行 うためのメニューです 設 定 したい 項 目 をクリックすると 操 作 エリアに 選 択 した 項 目 の 設 定 ページが 表 示 されます 各 項 目 を 設 定 するエリアです デフォルト 値 が 設 定 されていますので 必 要 に 応 じて 変 更 してください 各 種 機 能 の 有 効 / 無 効 の 設 定 で 使 用 します 設 定 後 適 用 ボタンをクリックすると 設 定 の 保 存 と 適 用 を 行 います キャンセル ボタンをクリックすると 保 存 されていない 設 定 内 容 を 破 棄 します 適 用 ボタンをクリックすると apachectl graceful コマンドが 実 行 されます ウェブブラウザの 自 動 補 完 入 力 機 能 ( 以 後 オートコンプリートと 表 記 )をご 利 用 の 場 合 ウェブ 管 理 画 面 の 設 定 項 目 ( 管 理 パスワード ライセンス 情 報 通 知 設 定 シグネチャ 更 新 設 定 )の ID/ユーザ ー 名 とパスワードがブラウザの 機 能 で 自 動 入 力 される 場 合 があります 本 製 品 では 該 当 するフォームにオートコンプリートを 無 効 にする 設 定 autocomplete="off" を 指 定 していますが ウェブブラウザの 仕 様 によりウェブブラウザのオートコンプリートが 優 先 される 場 合 があります その 場 合 は ウェブブラウザのオートコンプリートを 無 効 に 変 更 して ご 利 用 ください 17

26 5.3 ライセンス 情 報 の 登 録 製 品 のシリアルキーとサポート ID パスワードの 登 録 を 行 います 保 存 ボタンを 押 すと 設 定 内 容 が 保 存 されます トップメニューの[ライセンス 情 報 ]で ライセンス 情 報 を 登 録 します [シリアルキー] [サポート ID] [パスワード] :ご 購 入 時 に 発 行 されたシリアルキー :ご 購 入 時 に 発 行 されたサポート ID :ご 購 入 時 に 発 行 されたパスワード シリアルキー サポート ID パスワードは ご 購 入 時 に 発 行 される 契 約 内 容 確 認 書 に 記 載 されています シリアルキーは 本 製 品 の 正 規 利 用 に 必 要 な 登 録 情 報 です (シリアルキーの 登 録 がない 場 合 (TRIAL VERSION)は 90 日 間 の 評 価 版 環 境 となります ) サポート ID とパスワードは トラステッド シグネチャのダウンロード 認 証 で 使 用 します 5.4 基 本 的 な 設 定 ここでは 基 本 的 な 設 定 内 容 についてのみ 説 明 します 詳 細 設 定 については 7. 詳 細 設 定 を 参 照 してください トップメニューの[モジュール 設 定 ]を 選 択 します [ 基 本 設 定 ]の 画 面 が 表 示 されるので 以 下 の 設 定 確 認 を 行 います 18

27 19

28 [ウェブ 攻 撃 検 査 ] デフォルト 無 効 検 査 を 開 始 する 場 合 は 有 効 を 選 択 します [ 管 理 者 への 通 知 設 定 ] デフォルト 無 効 [ 検 出 通 知 ] 通 知 機 能 を 利 用 する 場 合 は 有 効 を 選 択 します [メールアドレス] 通 知 機 能 を 有 効 にした 場 合 通 知 先 のメールアドレスとメール [SMTP サーバ] 送 信 に 利 用 する SMTP サーバ ポート 番 号 を 指 定 します 設 定 確 認 が 完 了 したら 画 面 下 の 適 用 ボタンを 押 します 適 用 ボタンをクリックすると apachectl graceful コマンドが 実 行 されます 設 定 保 存 のメッセージと 検 査 中 を 示 すアイコン( 緑 のチェック)を 確 認 します [ウェブ 攻 撃 検 査 ]で 有 効 が 選 択 されていて 且 つ 有 効 なシリアルキー(TRIAL VERSION を 含 む)が 登 録 されている 場 合 アイコンが 緑 のチェックで 表 示 されます アイコン 説 明 本 製 品 による 検 査 が 有 効 であることを 示 しています ( 緑 のチェックで 表 示 されます ) 本 製 品 による 検 査 が 無 効 であることを 示 しています 20

29 6. 動 作 確 認 設 定 が 終 了 したら 以 下 の 手 順 で 動 作 確 認 を 行 ってください 正 しく 動 作 しない 場 合 は 以 下 のどちらかの 方 法 でエラーログを 参 照 してください ウェブ 管 理 画 面 で メニューから [ログ]-[ 動 作 ログ]を 選 択 し [エラーログ]を 参 照 します コマンドラインから エラーログ (logs/http/error.log) を 参 照 します 6.1 動 作 確 認 と 検 出 テスト 1) ウェブブラウザを 起 動 し 以 下 の URL でウェブサーバーに 接 続 できることを 確 認 してください 名 / 2) 以 下 の 攻 撃 検 出 テスト 用 パスを 含 むアドレスに 接 続 し 検 出 画 面 が 表 示 されることを 確 認 してくだ さい 名 /WAF-TEST-SIGNATURE 本 製 品 をインストールしたサーバーのホスト 名 または IP アドレス 宛 に 接 続 してください 21

30 7. 詳 細 設 定 7.1 SiteGuard Lite の 詳 細 設 定 本 製 品 のインストールと 動 作 確 認 が 完 了 したら 必 要 に 応 じて 各 種 機 能 の 詳 細 設 定 を 行 います メインメニュー / サブメニューから 設 定 したい 項 目 を 選 択 します 必 要 な 設 定 を 行 い 適 用 ボタンで 設 定 の 保 存 と 適 用 を 行 います 項 目 適 用 ボタン キャンセルボタン 説 明 設 定 後 適 用 ボタンをクリックすると 設 定 の 保 存 と 適 用 を 行 います キャンセル ボタンをクリックすると 保 存 されていない 設 定 内 容 を 破 棄 します 適 用 ボタンをクリックすると apachectl graceful コマンドが 実 行 されます 22

31 各 項 目 の ( ) は 設 定 ファイル (conf/siteguardlite.ini) での 項 目 名 です ウェブ 管 理 画 面 を 使 用 せずに 設 定 ファイルを 編 集 することも 可 能 ですが 通 常 はウェブ 管 理 画 面 を 使 用 してください モジュール 設 定 Apache モジュールとして 動 作 する SiteGuard Lite の 各 種 設 定 を 行 います 設 定 には [ 基 本 設 定 ]と[アドバンスト 設 定 ]があります 基 本 設 定 [ 基 本 設 定 ] Standard Settings [ウェブ 攻 撃 検 査 ] Web attack check (enabled) 本 製 品 による 検 査 の 有 効 / 無 効 の 指 定 です 攻 撃 パターンのシグネチャを 用 いた 検 査 を 主 としており SQL インジェクションやクロスサイトスクリ プティング 等 ウェブアプリケーションに 対 する 一 般 的 な 攻 撃 から 防 御 することができます シグネチャ 検 査 は トラステッド シグネチャを 使 用 ([トラステッド シグネチャの 設 定 ]) または カスタム シグネチャを 作 成 ([カスタム シグネチャの 編 集 ])することで 行 います カスタム シグネチャでは 条 件 を 指 定 した 検 出 の 除 外 設 定 を 行 うこともできます トラステッド シグネチャの 設 定 を 参 照 してください カスタム シグネチャの 編 集 を 参 照 してください 23

32 [Cookie の 検 査 ] Cookie check (check_cookie) クライアントから 送 付 された Cookie について シグネチャ 検 査 を 行 います (デフォルト 有 効 ) ( 検 査 対 象 が パラメータの 名 前 と パラメータの 値 のシグネチャによる 検 査 を 行 います ) 無 効 の 場 合 Cookie についてはシグネチャ 検 査 の 対 象 外 となります [ 検 出 時 の 全 体 動 作 設 定 ] Whole action settings when detecting attacks 攻 撃 を 検 出 した 場 合 の 動 作 に 関 する 全 体 的 な 設 定 を 行 います [フィルタ 動 作 時 の 接 続 拒 否 時 間 ] Rejection time duration at filtering action (filter_lifetime) 検 出 時 の 動 作 を"フィルタ"に 設 定 した 場 合 に 同 一 接 続 元 (IP アドレス)からの 接 続 を 拒 否 する 時 間 ( 秒 )を 指 定 します (デフォルト 300) [ 検 出 メッセージの 編 集 ] Edit the detection message 検 出 時 に 表 示 するメッセージの 編 集 ができます メッセージの 内 容 は 日 本 語 / 英 語 で 編 集 することができます ( 最 大 9000 バイト) 利 用 できる 変 数 については 7.5 検 出 通 知 テンプレート を 参 照 してください 検 出 メッセージのステータスコードは 403 Forbidden です ウェブ 管 理 画 面 で 編 集 した 内 容 は conf/template_http_waf.html に 反 映 されます [ 監 視 URL の 編 集 ] Edit the monitoring urls 検 出 時 に 拒 否 や フィルタ の 動 作 を 適 用 せず 監 視 で 処 理 する URL の 編 集 ができます 本 運 用 前 のテスト 監 視 運 用 に 活 用 できるほか 拒 否 (ブロック)の 設 定 で 運 用 するサイトと 監 視 で 運 用 するサイトを 分 けたい 場 合 にも 活 用 できます URL の 指 定 には 正 規 表 現 を 使 用 することができます 複 数 指 定 の 場 合 は 改 行 入 力 してください ( 最 大 1999 バイト) ウェブ 管 理 画 面 で 編 集 した 内 容 は conf/monitor_url.txt に 反 映 されます 24

33 [ 管 理 者 への 通 知 設 定 ] Report settings to admin [ 検 出 通 知 ] Detection notification (notify_admin) 有 効 にすると 攻 撃 を 検 出 した 場 合 に 管 理 者 へメールで 通 知 します (デフォルト 無 効 ) 通 知 の 間 隔 は 分 単 位 の[ 通 知 間 隔 ]と 日 単 位 の[ 毎 日 ]のいずれかを 指 定 できます [ 通 知 間 隔 ] Notification interval (waf_notify_admin_interval) 管 理 者 に 検 出 通 知 をメール 送 信 する 間 隔 ( 分 )の 指 定 です (デフォルト 10) 指 定 した 間 隔 ( 分 )ごとに サマリされた 検 出 情 報 を 管 理 者 にメールで 通 知 します メールサーバーに 接 続 できない 等 通 知 に 失 敗 した 場 合 通 知 メールは 削 除 されます [ 毎 日 ] Notification interval (waf_notify_admin_minute / waf_notify_admin_hour / waf_notify_admin_daily) 管 理 者 に 検 出 通 知 を 日 単 位 でメール 送 信 するための 指 定 です 毎 日 指 定 した 時 間 に サマリされた 検 出 情 報 を 管 理 者 にメールで 通 知 します (デフォルト 0 時 0 分 ) [ 最 大 詳 細 件 数 ] Max Detail (notify_admin_max_detail) サマリ 通 知 に 含 める 検 出 情 報 の 詳 細 件 数 ( 件 )の 指 定 です (デフォルト 100) サマリされた 情 報 に 加 え 指 定 した 件 数 までは 検 出 情 報 の 詳 細 がサマリ 通 知 に 含 まれます [ 通 知 除 外 設 定 の 編 集 ] Edit for exlucde setting of detection notification 各 種 攻 撃 検 出 時 に 管 理 者 へメール 送 信 する 検 出 通 知 について 通 知 を 除 外 する 条 件 を 指 定 しま す 以 下 の 条 件 を 指 定 することができます (デフォルト 指 定 なし) [ 通 知 除 外 シグネチャ 名 ( 正 規 表 現 )] 通 知 を 除 外 するシグネチャ 名 を 正 規 表 現 で 指 定 します [フィルタ 通 知 除 外 ] 有 効 にすると フィルタ 動 作 時 の 同 一 接 続 元 (IP アドレス)からの 接 続 拒 否 (WAF_FILTER)が 通 知 の 除 外 対 象 になります [URL デコードエラー 通 知 除 外 ] 有 効 にすると URL デコードエラー(RULE_URLDECODE)による 検 出 が 通 知 の 除 外 対 象 にな ります [ 監 視 通 知 除 外 ] 有 効 にすると 監 視 動 作 による 検 出 が 通 知 の 除 外 対 象 になります それぞれ 以 下 のファイルに 設 定 が 保 存 されます conf/notify_exclude_sig.txt([ 通 知 除 外 シグネチャ 名 ( 正 規 表 現 )]) conf/notify_exclude_detect.txt ([フィルタ 通 知 除 外 ] [URL デコードエラー 通 知 除 外 ]) conf/notify_exclude_action.txt([ 監 視 通 知 除 外 ]) 25

34 [サマリ 検 出 通 知 メッセージの 編 集 ] Edit for summary detection notification message 管 理 者 へメール 送 信 するサマリ 検 出 通 知 メッセージの 内 容 を 編 集 します Subject を 含 めて 日 本 語 / 英 語 で 編 集 できます ( 最 大 9000 バイト) [ 追 加 ヘッダ]に From を 記 述 して 検 出 通 知 の 送 信 者 アドレスを 指 定 することができます 利 用 できる 変 数 については 7.5 検 出 通 知 テンプレート を 参 照 してください ウェブ 管 理 画 面 で 編 集 した 内 容 は conf/template_admin_summary.txt に 保 存 されま す [リアルタイム 通 知 ] Reattime notification (notify_admin_realtime) 有 効 にすると 管 理 者 への 検 出 通 知 がリアルタイムで 通 知 されるようになります (1 回 の 検 出 ごとに 1 通 のメールを 送 信 します デフォルトのサマリ 通 知 を 推 奨 しています ) [リアルタイム 検 出 通 知 メッセージの 編 集 ] Edit for raltime detection notification message 管 理 者 へメール 送 信 するリアルタイム 検 出 通 知 メッセージの 内 容 を 編 集 します Subject を 含 めて 日 本 語 / 英 語 で 編 集 できます ( 最 大 9000 バイト) [ 追 加 ヘッダ]に From を 記 述 して 検 出 通 知 の 送 信 者 アドレスを 指 定 することができます 利 用 できる 変 数 については 7.5 検 出 通 知 テンプレート を 参 照 してください ウェブ 管 理 画 面 で 編 集 した 内 容 は conf/template_admin.txt に 保 存 されます [ 障 害 通 知 ] Fault notification (notify_fault) 有 効 にすると 本 製 品 のエラーログに 出 力 された 内 容 を 管 理 者 へメールで 通 知 します (デフォルト 無 効 ) 通 知 の 間 隔 は 分 単 位 の[ 通 知 間 隔 ]と 日 単 位 の[ 毎 日 ]のいずれかを 指 定 できます [ 通 知 間 隔 ] Notification interval (waf_notify_fault_interval) 管 理 者 に 障 害 通 知 をメール 送 信 する 間 隔 ( 分 )の 指 定 です (デフォルト 10) 指 定 した 間 隔 ( 分 )ごとに サマリされた 障 害 情 報 を 管 理 者 にメールで 通 知 します メールサーバーに 接 続 できない 等 通 知 に 失 敗 した 場 合 通 知 メールは 削 除 されます [ 毎 日 ] Notification interval (waf_notify_fault_minute / waf_notify_fault_hour / waf_notify_fault_daily) 管 理 者 に 障 害 通 知 を 日 単 位 でメール 送 信 するための 指 定 です 毎 日 指 定 した 時 間 に サマリされた 障 害 情 報 を 管 理 者 にメールで 通 知 します (デフォルト 0 時 0 分 ) [ 最 大 詳 細 件 数 ] Max Detail (notify_fault_max_detail) サマリ 通 知 に 含 める 障 害 情 報 の 詳 細 件 数 ( 件 )の 指 定 です (デフォルト 100) サマリされた 情 報 に 加 え 指 定 した 件 数 までは 障 害 情 報 の 詳 細 がサマリ 通 知 に 含 まれます 26

35 [サマリ 障 害 通 知 メッセージの 編 集 ] Edit for summary fault notification message 管 理 者 へメール 送 信 するサマリ 障 害 通 知 メッセージの 内 容 を 編 集 します Subject を 含 めて 日 本 語 / 英 語 で 編 集 できます ( 最 大 9000 バイト) [ 追 加 ヘッダ]に From を 記 述 して 障 害 通 知 の 送 信 者 アドレスを 指 定 することができます 利 用 できる 変 数 については 7.5 検 出 通 知 テンプレート を 参 照 してください ウェブ 管 理 画 面 で 編 集 した 内 容 は conf/template_fault_summary.txt に 保 存 されます [メールアドレス] Mail address (admin_mailaddr / admin_fromaddr) 管 理 者 のメールアドレスを 指 定 します [ 検 出 通 知 ] [ 障 害 通 知 ]が 有 効 の 場 合 [ 宛 先 ]に 指 定 されたメールアドレス 宛 に 通 知 内 容 が 送 信 されます ウェブ 管 理 画 面 の 場 合 改 行 入 力 で 複 数 指 定 できます 設 定 ファイル 編 集 の 場 合 は カンマ(",") 区 切 りで 複 数 指 定 できます ( 最 大 1999 バイト) 通 知 の 送 信 者 アドレスは [ 差 出 人 ] で 指 定 することができます 2.10 Update1 までのバージョンとの 互 換 性 各 通 知 メッセージの 編 集 画 面 [ 追 加 ヘッダ]の From で 送 信 者 アドレス( 通 知 の 差 出 人 )を 指 定 し ている 場 合 そのまま[ 追 加 ヘッダ]の From を 送 信 者 アドレスとして 使 用 することができます [ 差 出 人 ]と[ 追 加 ヘッダ]の From の 両 方 を 指 定 した 場 合 [ 追 加 ヘッダ]の From が 優 先 されます [SMTP サーバ] SMTP server (admin_mx_host/admin_mx_port) 管 理 者 へ 通 知 メッセージを 送 信 するときに 利 用 するメールサーバーのホスト 名 (または IP ア ドレス)とポート 番 号 を 指 定 します SMTP over SSL の 送 信 には 対 応 していません [SMTP 認 証 ] SMTP Authentication (admin_smtp_username/admin_smtp_password) 管 理 者 に 通 知 メッセージを 送 信 するときに 利 用 するメールサーバーで SMTP 認 証 が 必 要 な 場 合 のユーザ 名 パスワードを 指 定 します PLAIN, LOGIN, CRAM-MD5 の 認 証 方 式 に 対 応 しています 27

36 アドバンスト 設 定 [アドバンスト 設 定 ] Advanced settings アドバンスト 設 定 です 利 用 環 境 や 要 件 に 応 じて 変 更 を 行 う 場 合 に 参 照 してください [デバッグログ] Debug log (debugloglevel) 有 効 にすると 詳 細 情 報 を[ 情 報 ログ](logs/http/info.log)に 出 力 します (デフォルト 無 効 ) 問 題 解 析 時 などで 利 用 します [URL デコードエラー 検 出 ] URL decode error detect (check_urldecode) URL デコードに 失 敗 した 場 合 に"RULE_URLDECODE"で 検 出 する 機 能 です 不 正 な URL エンコードを 悪 用 する 攻 撃 手 法 に 対 して 有 効 です (デフォルト 無 効 ) [ 動 作 ] Action (check_urldecode_action) [URL デコードエラー 検 出 ]で 検 出 した 場 合 の 動 作 を 設 定 します 検 出 時 の 動 作 を 参 照 してください [パラメータ 数 の 上 限 値 の 検 出 ] Max parameter number detect リクエスト 中 のパラメータ 数 の 上 限 値 ( 個 )を 制 限 し 上 限 を 超 えた 場 合 に 検 出 する 機 能 です hashdos と 呼 ばれる DoS 攻 撃 に 対 応 しています 検 出 名 は"RULE_PARAMS_NUM"です [ 上 限 値 ] Max number(max_params_num) リクエスト 中 のパラメータ 数 の 上 限 値 ( 個 )の 設 定 です (デフォルト 1000) 0 を 指 定 した 場 合 パラメータ 数 の 上 限 値 の 制 限 は 行 いません [ 動 作 ] Action (max_params_num_action) [パラメータ 数 の 上 限 値 の 検 出 ]で 検 出 した 場 合 の 動 作 を 設 定 します 拒 否 または 監 視 を 選 択 することができます 検 出 時 の 動 作 を 参 照 してください フォーム 画 面 などで 1000 を 超 えるパラメータがある 場 合 正 常 なアクセスであっても 当 機 能 によって 拒 否 されます ([ 動 作 ]で 拒 否 を 選 択 している 場 合 ) [ 上 限 値 ]を 超 えてしまう 可 能 性 がある 場 合 [ 動 作 ]で 監 視 を 選 択 する 方 法 が 有 効 です この 場 合 当 機 能 による 検 出 があっても リクエストの 拒 否 は 行 わずに 通 過 します また [ 検 出 ログ]の 検 出 文 字 列 にパラメータの 数 が 記 録 されますので 当 機 能 の[ 上 限 値 ] を 決 定 し 拒 否 設 定 にするための 判 断 基 準 にすることができます [ 要 求 本 文 の 最 大 保 存 サイズ] Request body store max size [メモリ] memory(max_post_memory_store_size) 要 求 本 文 をメモリに 一 時 保 存 する 上 限 値 (バイト)を 設 定 します (デフォルト ) 本 製 品 は ここで 設 定 されているサイズに 満 たない 要 求 本 文 は メモリに 一 時 保 存 して 検 査 し ます 28

37 [ファイル] file(max_post_file_size) 要 求 本 文 をファイルに 一 時 保 存 する 上 限 値 (バイト)を 設 定 します (デフォルト ) 本 製 品 は 要 求 本 文 が[メモリ]で 設 定 された 値 を 超 える 場 合 一 時 保 存 ディレクトリ (/opt/jp-secure/siteguardlite/tmp)にファイル 保 存 して 検 査 します ここで 設 定 されているサイズを 超 える 要 求 本 文 は ファイル 保 存 せずに 切 り 捨 てます [ログ] Log 各 種 ログの 出 力 先 に 関 する 設 定 です (デフォルト[ファイル]) それぞれ [ファイル] [syslog] [ファイルと syslog]から 選 択 することができます [ 検 出 ログ] Detection log(detect_log_switch) [ 情 報 ログ] Information log(info_log_switch) [エラーログ] Error log(error_log_switch) [フォームログ] Form log(form_log_switch) デフォルトの[ファイル]の 場 合 各 種 ログは /opt/jp-secure/siteguardlite/logs/http ディレク トリに 出 力 されます 29

38 [syslog] Syslog 各 種 ログの 出 力 で[syslog]を 選 択 した 場 合 の 設 定 です [タグ] Tag(syslog_tag) 各 種 ログを syslog に 出 力 する 際 のタグの 指 定 です (デフォルト siteguardlite) それぞれ syslog のファシリティとプライオリティを 選 択 します (デフォルト local0.err) [ 検 出 ログ] Detection log(detect_syslog) [ 情 報 ログ] Information log(info_syslog) [エラーログ] Error log(error_syslog) [フォームログ] Form log(form_syslog) [クライアント IP アドレスを X-Forwarded-For から 取 得 ] Use X-Forwarded-For to get client address (for Filter) (srcip_x_forwarded_for) 有 効 にすると X-Forwarded-For ヘッダから 取 得 したクライアント IP アドレスをもとに 頻 度 判 定 と フィルタの 動 作 を 適 用 します (デフォルト 有 効 ) 本 製 品 を 導 入 したウェブサーバーの 前 段 にリバースプロキシが 配 置 されている 場 合 ( 接 続 元 の IP ア ドレスがすべてリバースプロキシになる 場 合 )など 必 要 に 応 じて 設 定 します X-Forwarded-For から 取 得 できない 場 合 は 通 常 の 接 続 元 IP アドレスを 利 用 します [レベル] (srcip_x_forwarded_for_level)には X-Forwarded-For ヘッダの 内 最 後 から 何 番 目 の IP アド レスを 取 得 するかを 指 定 します (デフォルト 0) 一 番 右 の IP アドレスが 0 右 から 2 番 目 が 1 右 から 3 番 目 が 2 になります 本 設 定 は 頻 度 判 定 とフィルタ 動 作 を 適 用 するクライアント IP アドレスを 取 得 する 目 的 で 使 用 します ( 頻 度 判 定 とフィルタ 動 作 以 外 には 適 用 されません ) 30

39 7.1.2 検 出 時 の 動 作 攻 撃 検 出 時 の 動 作 は 以 下 のいずれかから 選 択 できます ( ) 内 は 設 定 ファイル(siteguardlite.ini) 中 の 名 前 およびシグネチャファイル 中 の 名 前 です フィルタ ("filter", "FILTER"): 同 一 IP アドレスからの 接 続 を 一 定 時 間 拒 否 します 接 続 拒 否 時 間 は [フィルタ 動 作 時 の 接 続 拒 否 時 間 ]で 指 定 します 拒 否 ("block", "BLOCK"): リクエストを 拒 否 し 検 出 メッセージをクライアントに 応 答 します 監 視 ("monitor", "MONITOR"): 記 録 (ログ 出 力 メール 通 知 )のみ 行 います リクエストは 拒 否 されずに 通 過 します 安 全 ("WHITE"): 該 当 リクエストを 安 全 なアクセスとみなします 他 の 条 件 で 拒 否 された 場 合 も リクエストを 許 可 します カスタム シグネチャで 指 定 することができます 検 出 動 作 の 優 先 順 位 は 以 下 のとおりです 1. 安 全 2. フィルタ 3. 拒 否 4. 監 視 複 数 の 条 件 に 一 致 した 場 合 検 出 動 作 の 優 先 順 位 に 従 います トラステッド シグネチャとカスタム シグネチャともに 検 出 条 件 に 一 致 した 場 合 を 例 に します この 際 それぞれ 以 下 の 検 出 動 作 であった 場 合 結 果 として 動 作 は" 拒 否 "になります トラステッド シグネチャによる 検 出 : 拒 否 カスタム シグネチャによる 検 出 : 監 視 優 先 順 位 の 高 い" 拒 否 "で 処 理 されます 31

40 トラステッド シグネチャを 除 外 ("EXCLUDE_OFFICIAL"): (カスタム シグネチャの 各 条 件 のみ 設 定 可 能 ) [ 除 外 するトラステッド シグネチャ 名 ( 正 規 表 現 )]で 指 定 したシグネチャによる 検 出 を 除 外 し ます 特 定 の URL やパラメータ 等 を 条 件 にして 指 定 したシグネチャによる 検 出 を 除 外 する 設 定 が 可 能 です トラステッド シグネチャで 除 外 設 定 (EXCLUDE_OFFICIAL)が 指 定 されている 場 合 動 作 は 除 外 で 表 示 されます 他 の 動 作 を 選 択 することはできません URL デコードエラーを 除 外 ("EXCLUDE_URLDECODE"): (カスタム シグネチャの 各 条 件 のみ 設 定 可 能 ) [URL デコードエラー 検 出 ](アドバンスト 設 定 )による 検 出 を 除 外 します 特 定 の URL やパラメータを 条 件 にして URL デコードエラーによる 検 出 を 除 外 する 設 定 が 可 能 です 何 もしない ("NONE"): シグネチャ 検 査 で AND 条 件 のシグネチャを 登 録 する 場 合 やトラステッド シグネチャの 除 外 ("EXCLUDE_OFFICIAL")で 使 用 します 必 要 に 応 じてセットされるため ウェブ 管 理 画 面 に 設 定 項 目 はありません 32

41 7.1.3 シグネチャ 検 査 の 詳 細 設 定 項 目 設 定 例 シグネチャ 検 査 には 本 製 品 に 実 装 されているトラステッド シグネチャによる 検 査 と お 客 様 自 身 でシグネチャを 作 成 することができるカスタム シグネチャによる 検 査 があります カスタム シグネチャでは 条 件 を 指 定 した 検 出 の 除 外 設 定 を 行 うこともできます トラステッド シグネチャの 設 定 トラステッド シグネチャによる 検 査 を 行 うことで SQL インジェクションやクロスサイトスクリプ ティングなどの 攻 撃 を 防 御 することができます [トラステッド シグネチャの 設 定 ]では 各 シグネチャの 有 効 無 効 検 出 時 の 動 作 を 設 定 できます シグネチャは 1 ページあたり 50 個 の 単 位 で 表 示 されます 33

42 ボタンに 関 する 説 明 アイコン/ボタン 説 明 シグネチャの 有 効 / 無 効 動 作 を 置 換 します シグネチャの 設 定 を 既 定 値 (デフォルト 設 定 )にリセットします 検 索 文 字 列 に 入 力 したシグネチャを 検 索 します シグネチャ ID または シグネチャ 名 の 前 方 一 致 で 検 索 します 編 集 した 設 定 内 容 を 保 存 します 編 集 した 設 定 内 容 の 保 存 と 適 用 を 行 います (apachectl graceful コマンドが 実 行 されます ) トラステッド シグネチャの 設 定 画 面 を 閉 じます 置 換 ボタンと リセット ボタンが 適 用 される 範 囲 は 表 示 されているページ 数 の 範 囲 となりま す 以 下 の 表 示 では 9 ページ 分 のシグネチャが 適 用 範 囲 となります シグネチャ 名 ( 例.sqlinj)で 検 索 すると 該 当 するシグネチャだけが 抽 出 され ページ 数 の 表 示 は 以 下 の ようになります ( 前 方 一 致 ) この 場 合 3 ページ 分 のシグネチャが 置 換 ボタンと リセット ボタンの 適 用 範 囲 となります すべてのシグネチャを 対 象 に 無 効 に 置 換 したあと SQL インジェクション 対 策 用 のシグネ チャを 検 索 し 有 効 に 置 換 するといった 操 作 が 可 能 です (SQL インジェクション 対 策 のみのシグネチャ 設 定 を 作 成 する 場 合 の 例 ) 34

43 設 定 項 目 シグネチャ ID: シグネチャ 名 : コメント: 作 成 日 : 更 新 日 : 有 効 : 動 作 : シグネチャの ID です シグネチャの 名 称 です シグネチャのコメントです ( 設 定 ファイル 中 の 日 本 語 文 字 コードは UTF-8 です) 当 社 が 該 当 のシグネチャを 作 成 した 日 付 です 該 当 のシグネチャの 検 査 パターン( 検 査 対 象 検 査 文 字 列 比 較 方 法 )が 更 新 された 日 付 です 有 効 (ON) 無 効 (OFF) シグネチャは 有 効 です シグネチャは 無 効 です 検 出 時 の 動 作 を 参 照 してください 同 一 動 作 の 複 数 のシグネチャにマッチした 場 合 検 出 ログに 記 録 されるのは 登 録 順 が 先 の シグネチャです カスタム シグネチャは トラステッド シグネチャよりも 登 録 順 が 先 となります Referer リクエストヘッダを 検 査 しない: 有 効 の 場 合 トラステッド シグネチャで 要 求 ヘッダの Referer を 検 査 しません (デフォルト 有 効 ) User-Agent リクエストヘッダを 検 査 しない: 有 効 の 場 合 トラステッド シグネチャで 要 求 ヘッダの User-Agent を 検 査 しません (デフォルト 有 効 ) 設 定 ファイル トラステッド シグネチャの 設 定 内 容 は 以 下 のファイルに 保 存 されます conf/waf/sig_official.txt 35

44 トラステッド シグネチャの 推 奨 設 定 トラステッド シグネチャには 各 シグネチャの 有 効 無 効 検 出 時 の 動 作 が 推 奨 シグネチャ 設 定 と して 定 義 されています (conf/waf/sig_official_base.txt) 拒 否 のシグネチャ 推 奨 設 定 が[ 拒 否 ]のシグネチャは 攻 撃 の 可 能 性 があるパターンに 設 定 されています 攻 撃 の 検 出 時 に 同 一 IP アドレスからの 接 続 を 一 定 時 間 の 間 禁 止 する[フィルタ]を 設 定 することも できます 監 視 のシグネチャ( 無 効 ) 攻 撃 者 による 脆 弱 性 有 無 の 調 査 試 行 を 含 め 攻 撃 の 可 能 性 を 広 く 検 出 することを 目 的 としており 外 部 からのアクセス 状 況 を 継 続 的 に 分 析 するために 有 効 なシグネチャですが 通 常 操 作 でも 使 用 され る 可 能 性 のあるパターンや 比 較 的 に 単 純 な 文 字 列 を 検 出 するパターンを 含 んでいるため 製 品 の 標 準 設 定 では 無 効 としています トラステッド シグネチャによる 誤 検 出 と 対 策 検 出 漏 れを 防 ぐために トラステッド シグネチャは 攻 撃 の 可 能 性 があるパターンを 広 範 囲 に 検 出 します その 性 質 上 高 い 検 出 率 を 誇 る 一 方 で 正 常 な HTTP 接 続 を 誤 って 検 出 してしまう 場 合 があ ります ( 誤 検 出 ) 以 下 に 誤 検 出 の 事 例 を 記 載 いたしますので 製 品 導 入 運 用 時 の 参 考 情 報 としてください 誤 検 出 の 事 例 1 クロスサイトスクリプティング SQL インジェクション 対 策 のシグネチャ 全 般 による 検 出 クロスサイトスクリプティング 対 策 のシグネチャでは HTML タグやイベントハンドラ 疑 似 スキー ム スタイルシートなどのパターンに 対 応 しています <script>alert('xss')</script>など SQL インジェクション 対 策 のシグネチャでは 情 報 の 窃 取 や 改 ざん 認 証 回 避 などにつながるデータ ベースの 不 正 操 作 の 可 能 性 を 検 出 します 'OR 'a'='a ;select id, passwd from users など いずれも 様 々な 攻 撃 パターンを 検 出 するため 攻 撃 に 使 用 されるパターンのキーワードをもとに 広 範 囲 に 検 出 します トラステッド シグネチャに 定 義 されているパターンに 一 致 した 場 合 に 検 出 するという 性 質 上 実 際 の 攻 撃 だけでなく ウェブサイトの 管 理 者 によるウェブページの 編 集 作 業 (HTML タグやスタイルシー ト 等 の 利 用 )のほか フリーフォームへの 入 力 や"OR","="を 含 む 乱 数 英 語 サイトでの 英 文 入 力 編 集 などの 操 作 を 検 出 してしまう 場 合 があります 36

45 誤 検 出 の 事 例 2 sqlinj-11(--) sqlinj-12(/*) sqlinj-13('--) sqlinj-55(/**/)による 検 出 すべてコメントの 悪 用 による SQL インジェクションの 可 能 性 を 検 出 するシグネチャですが 以 下 の 内 容 で 検 出 するため ご 利 用 の 環 境 によっては 実 際 の 攻 撃 だけでなく 通 常 操 作 入 力 を 検 出 してし まう 場 合 があります sqlinj-11(--) sqlinj-12(/*)は ( ) 内 の 文 字 列 を 検 出 します セッション ID に 連 続 したハイフンが 含 まれ ている 場 合 やコメントの 入 力 などを 検 出 してしまう 可 能 性 が 高 いため 製 品 の 標 準 設 定 では 無 効 とな っています sqlinj-13('--)は ログイン 画 面 のユーザー 名 の 欄 に admin'-- と 入 力 するだけで 認 証 回 避 ができて しまうケースにも 対 応 するため キーワードとなる('--)の 使 用 を 広 範 囲 に 検 出 します フリーフォーム 等 で 検 出 の 対 象 となってしまう 可 能 性 がありますが SQL インジェクションの 例 示 と してよく 取 り 上 げられるパターンであり 実 際 に 認 証 回 避 につがなる 可 能 性 があることから 推 奨 設 定 の 動 作 を[ 拒 否 ]としています sqlinj-55(/**/)は /**/DROP/**/TABLE/**/ のような 入 力 で 他 のシグネチャによる 検 出 を 回 避 されることを 防 ぎます キーワードとなる(/**/)の 使 用 を 広 範 囲 に 検 出 するため コメントの 入 力 などが 検 出 の 対 象 となってし まう 可 能 性 がありますが DR/**/OP/**/ TA/**/BLE など 様 々なパターンを 考 慮 する 必 要 が あることから 推 奨 設 定 の 動 作 を[ 拒 否 ]としています (xss-try-4 も 同 様 のパターンを 検 出 します ) CHECK! CMS(content management system)などを 利 用 している 場 合 は 管 理 者 からの 接 続 について 検 査 を 除 外 する 設 定 を 検 討 してください HTML タグの 利 用 を 許 可 している 場 合 やフリーフォーム 等 に 該 当 するページ パラメー タがある 場 合 は URL とパラメータなどを 条 件 にしたシグネチャの 除 外 設 定 を 検 討 して ください セッション 情 報 など 生 成 される 乱 数 や Cookie の 情 報 が 検 出 の 対 象 にならないかをご 確 認 ください 該 当 する 場 合 は パラメータを 条 件 にしたシグネチャの 除 外 設 定 を 検 討 してください ([Cookie の 保 護 ]で [シグネチャ 検 査 ]を 選 択 している 場 合 (デフォルト) Cookie につ いても パラメータの 名 前 と パラメータの 値 が 検 査 対 象 のシグネチャによる 検 査 を 行 います ) 設 定 例 は カスタム シグネチャの 設 定 例 を 参 照 してください 37

46 カスタム シグネチャの 編 集 [カスタム シグネチャの 編 集 ]では 任 意 のシグネチャを 追 加 作 成 することができます 1000 個 までの 条 件 を 登 録 できます シグネチャは 1 ページあたり 20 個 の 単 位 で 表 示 されます 本 製 品 の 新 規 インストールの 場 合 カスタム シグネチャのサンプル(3 個 )が 登 録 されていま す すべて 無 効 で 登 録 されていますので 必 要 に 応 じて 条 件 を 編 集 し ご 利 用 ください 38

47 カスタム シグネチャを 追 加 する 場 合 は 操 作 エリアの シグネチャの 追 加 ( 開 く/ 閉 じる) をク リックします シグネチャを 追 加 作 成 する 画 面 が 開 きます 条 件 を 登 録 して シグネチャを 追 加 ボタンを 押 すと シグネチャが 追 加 されます ボタンに 関 する 説 明 アイコン/ボタン 説 明 シグネチャの 有 効 / 無 効 動 作 を 置 換 します 検 索 文 字 列 に 入 力 したシグネチャを 検 索 します シグネチャ 名 の 前 方 一 致 で 検 索 します シグネチャを 削 除 します 作 成 したシグネチャを 追 加 します 該 当 のカスタム シグネチャを 有 効 にします ( 選 択 されているとき ボタンは 青 色 になります 選 択 されていないときは グレーです ) 該 当 のカスタム シグネチャを 無 効 にします ( 選 択 されているとき ボタンは 青 色 になります 選 択 されていないときは グレーです ) 39

48 登 録 済 みのカスタム シグネチャの 条 件 を 編 集 します 編 集 した 設 定 内 容 を 保 存 します 編 集 した 設 定 内 容 の 保 存 と 適 用 を 行 います (apachectl graceful コマンドが 実 行 されます ) カスタム シグネチャの 設 定 画 面 を 閉 じます 設 定 項 目 設 定 項 目 は 以 下 のとおりです ( ) 内 は 設 定 ファイル 中 での 値 になります シグネチャ 名 : 有 効 / 無 効 : 動 作 : シグネチャの 名 称 です ( 例 : CUSTOM01) 最 大 29 文 字 です 有 効 (ON) 無 効 (OFF) シグネチャは 有 効 です シグネチャは 無 効 です 検 出 時 の 動 作 を 参 照 してください 同 一 動 作 の 複 数 のシグネチャにマッチした 場 合 検 出 ログに 記 録 されるのは 登 録 順 が 先 の シグネチャです カスタム シグネチャは トラステッド シグネチャよりも 登 録 順 が 先 となります 除 外 するトラステッド シグネチャ 名 ( 正 規 表 現 )を 設 定 : 条 件 に 一 致 した 場 合 に 検 出 を 除 外 するトラステッド シグネチャ 名 を 正 規 表 現 で 指 定 し ます ( 例 : ^xss-tagopen-[1-4]$) 改 行 入 力 で 複 数 指 定 ができます カンマ(",")を 使 用 することはできません ( 最 大 999 バイト) フィルタ 動 作 時 の 拒 否 時 間 : カスタム シグネチャでフィルタした 場 合 に 同 一 接 続 元 (IP アドレス)からの 接 続 を 拒 否 する 時 間 ( 秒 )を 指 定 します (デフォルト 0) 0 の 場 合 [ 検 出 時 の 全 体 動 作 設 定 ]の 設 定 値 を 使 用 します 頻 度 判 定 : カスタム シグネチャで 登 録 した 条 件 に 対 して 何 秒 間 に 何 回 一 致 したかを 接 続 元 IP アドレスでカウントします ブルートフォース 攻 撃 等 の 高 頻 度 の 接 続 を 検 出 する 場 合 に 有 効 です ( 例 : 登 録 した 条 件 について 同 一 接 続 元 IP アドレスからの 接 続 が 指 定 回 数 [1 秒 間 に 3 回 以 上 ]に 達 した 場 合 にフィルタする) 0 秒 間 に 0 回 を 指 定 した 場 合 頻 度 判 定 を 行 いません (デフォルト) コメント: コメントを 指 定 します ( 設 定 ファイル 中 の 日 本 語 文 字 コードは UTF-8 です) 40

49 検 査 対 象 : 以 下 の 組 み 合 わせが 指 定 できます ( ) 内 はシグネチャ ファイル 中 の 項 目 名 です URL("URL") URL 全 体 ("?",";" 以 降 を 含 む URL デコードを 行 います ) https(ssl)で 接 続 する URL を 指 定 する 場 合 も 本 製 品 の 処 理 は HTTP 通 信 の 段 階 で 行 われるた め URL は"https://"ではなく 指 定 します パス 名 ("PATH"): URL のパス 名 部 分 ("?" 以 前 の 部 分 URL デコードを 行 います ) パラメータの 名 前 ("PARAM_NAME"): パラメータ 変 数 の 名 前 パラメータの 値 ("PARAM_VALUE"): パラメータ 変 数 の 値 パラメータ 変 数 は GET の 引 数 POST の 引 数 (multipart を 含 む) URLRewriting (http://...cgi;aaa=bbb)から 取 得 します 以 下 の 表 示 形 式 のデコードに 対 応 しています URL エンコード '+' (スペース 文 字 ) %?? (16 進 数 文 字 コード 0x00~0xff) %u???? (16 進 数 文 字 コード 0x00~0x7f) 文 字 実 体 参 照 &excl; " &num; &dollar; &percent; &percnt; & &apos; &lpar; &rpar; &ast; &plus; &comma; &hyphen; &dash; &period; &sol; &colon; &semi; < &equals; > &quest; &commat; &lsqb; &bsol; &rsqb; ˆ &caret; &horbar; &lowbar; &grave; &lcub; &verbar; &rcub; &sp; &blank; 数 値 文 字 参 照 &#??; (10 進 数 文 字 コード 0x01~0xff) &#x??; (16 進 数 文 字 コード 0x01~0xff) x?? (16 進 数 文 字 コード 0x01~0xff) u???? (16 進 数 文 字 コード 0x0000~0x00ff) multipart でファイルアップロードを 行 う 場 合 (Content-Disposition:filename 変 数 があ る 場 合 ) 変 数 の 値 は 空 文 字 列 として 扱 い ファイルの 中 身 を 検 査 しません ファイルの 名 前 は 後 述 の("POST_FILENAME")で 検 査 できます 接 続 元 IP アドレス("CLIENT_ADDR"): クライアントの IP アドレス 接 続 先 IP アドレス("SERVER_ADDR"): サーバーの IP アドレス 41

50 送 信 ファイル 名 ("POST_FILENAME"): multipart の filename 変 数 で 指 定 されるファイルの 名 前 要 求 メソッド("METHOD"): 要 求 メソッド ( 例 : GET, POST) 要 求 ヘッダ"REQHEAD_<フィールド 名 >"): 要 求 ヘッダのフィールド 名 ( 完 全 一 致 ) ( 例 : X-Forwarded-For) "*"を 指 定 すると 任 意 の 要 求 ヘッダフィールドが 検 査 対 象 になります カンマ"," 区 切 りで 複 数 指 定 できます 検 査 文 字 列 ( 正 規 表 現 ): 指 定 パターンの 正 規 表 現 と 比 較 を 行 います 最 大 1999 バイトまで 設 定 可 能 詳 細 については 7.6 正 規 表 現 を 参 照 してください 比 較 方 法 : カンマ"," 区 切 りで 以 下 の 組 み 合 わせを 指 定 できます ( ) 内 はシグネチャ ファイル 中 の 項 目 名 です 不 一 致 ("NOT"): 一 致 しない 場 合 に 検 出 します 大 文 字 小 文 字 を 区 別 : 大 文 字 小 文 字 を 区 別 します ( 区 別 しない 場 合 "PCRE_CASELESS") その 他 の 条 件 : "ERASE_CHARS( 文 字 一 覧 )": 指 定 文 字 一 覧 を 削 除 してから 比 較 します r, n, t, x??(16 進 数 ), が 指 定 できます また 範 囲 指 定 (X-Y)が 指 定 可 能 です "PATTERN_GROUP(グループ 名 ): 正 規 表 現 のグループ 化 を 行 います 個 々の 条 件 の 正 規 表 現 で 検 査 する 前 に 同 じグループ 名 の 条 件 の 正 規 表 現 を 結 合 し 複 数 の 条 件 中 の 正 規 表 現 を OR(" ")で 結 合 した 正 規 表 現 で 検 査 を 行 います また グループ 内 のパターンの 前 方 一 致 部 分 で 共 通 化 します ( 例 : "ABCDE"と"ABXYZ"を"AB(CDE XYZ)"で 検 査 します ) これにより 似 た 条 件 を1つの 正 規 表 現 で 予 め 検 査 し 高 速 化 を 行 えます グループ 化 できるのは NOT が 指 定 されておらず オプションとフィールドが 一 致 し ていることが 条 件 です 前 の 条 件 と AND ("AND"): 指 定 した 条 件 と 1 つ 前 の 条 件 の 両 方 が 一 致 した 場 合 に 検 出 します 通 常 意 識 して AND を 指 定 する 必 要 はありません (ウェブ 管 理 画 面 上 にも 選 択 する 項 目 はありません ) 複 数 の 条 件 を 登 録 した 場 合 自 動 的 に AND 条 件 で 設 定 されます 42

51 シグネチャ 追 加 場 所 : 条 件 を 追 加 するときの 場 所 を 指 定 します 設 定 ファイル カスタム シグネチャの 設 定 内 容 は 以 下 のファイルに 保 存 されます conf/waf/sig_custom.txt 設 定 ファイルには 以 下 のように 各 条 件 を1 行 ずつタブ 区 切 りで 記 述 します [ 有 効 無 効 ]<タブ>[ 動 作 ]<タブ><タブ>[シグネチャ 名 ]<タブ>[ 検 査 対 象 ] <タブ>[ 比 較 方 法 ] <タブ>[ 検 査 文 字 列 ]<タブ><タブ>[コメント] 43

52 カスタム シグネチャの 設 定 例 カスタム シグネチャの 設 定 例 は 以 下 のとおりです ここでは よく 使 用 される 5 つのパターンについて 説 明 しています 条 件 に 一 致 した 場 合 指 定 したシグネチャによる 検 出 を 除 外 する 条 件 を 指 定 して トラステッド シグネチャによる 検 出 を 除 外 する 場 合 の 設 定 例 です URL とパラメータなど 複 数 の 条 件 を 組 み 合 わせた 柔 軟 な 設 定 が 可 能 です 3. 特 定 パスへの 接 続 について 同 一 接 続 元 IP アドレスからのアクセス 頻 度 を 判 定 ログインページ 等 へのブルートフォース 攻 撃 を 検 出 防 御 するときに 有 効 な 設 定 例 です 4. 指 定 ホスト 以 外 への 接 続 を 拒 否 する( 推 奨 ) 接 続 URL に 使 用 されるホストを 明 示 的 に 指 定 することで 不 正 な 接 続 を 禁 止 します IP アドレス 指 定 で 送 信 される 脆 弱 性 スキャン 等 の 接 続 を 効 率 良 く 排 除 することができます 5. 指 定 IP アドレスからの 接 続 を 安 全 とみなす( 検 査 の 除 外 ) 管 理 者 によるサイト 編 集 等 の 操 作 を 接 続 元 IP アドレスで 安 全 とみなす 場 合 の 設 定 例 です 44

53 1. URL が のとき xss-tagopen-1~4 のシグネチ ャによる 検 出 を 除 外 シグネチャ 名 を 入 力 します EXCLUDE-SIGNATURE 2 シグネチャのコメントを 入 力 します 指 定 条 件 による 検 出 除 外 3 検 出 時 の 動 作 を 選 択 します トラステッド シグネチャを 除 外 4 除 外 するトラステッド シグネチャ 名 を 指 定 します ( 正 規 表 現 ) ^xss-tagopen-[1-4]$ 5 検 査 対 象 を 選 択 します URL 6 検 査 文 字 列 を 入 力 します ( 正 規 表 現 ) ^http://www.jp-secure.com/demo/demo.php 7 シグネチャの 追 加 場 所 を 選 択 します 一 番 上 に 追 加 8 シグネチャを 追 加 ボタンを 押 して 作 成 したシグネチャを 追 加 します 45

54 [ 除 外 するトラステッド シグネチャ 名 ]は 正 規 表 現 で 指 定 します 本 項 の 設 定 例 のように xss-tagopen-1~4 の 検 出 を 除 外 する 場 合 は 文 字 列 の 最 初 と 最 後 を 示 すメタキャラクタ(^ : 文 字 列 の 最 初, $ : 文 字 列 の 最 後 )を 使 用 し ^xss-tagopen-[1-4]$ と 指 定 します xss-tagopen-4 だけの 検 出 を 除 外 する 場 合 は ^xss-tagopen-4$ と 指 定 します 正 規 表 現 については 7.6 正 規 表 現 を 参 照 してください ウェブ 管 理 画 面 に 接 続 するクライアント 環 境 が Mac の 場 合 エスケープ 表 記 の 入 力 には [alt(option)] + [ ]ボタンを 使 用 してください 例 ) ^http://www.jp-secure.com/demo/demo.php ^ $ ^ d+$ などの 入 力 時 46

55 2. URL が であり パラメータの 名 前 が hoge のとき xss-tagopen-1~4 のシグネチャによる 検 出 を 除 外 (1 に 条 件 を 追 加 ) 1 で 作 成 したシグネチャの 項 目 で 条 件 の 編 集 ボタンを 押 して 新 しい 条 件 を 追 加 します 検 査 対 象 を 選 択 します パラメータの 名 前 2 検 査 文 字 列 を 入 力 します ( 正 規 表 現 ) ^hoge$ 3 条 件 の 追 加 場 所 を 選 択 します 一 番 下 に 追 加 4 条 件 を 追 加 ボタンを 押 して 作 成 した 条 件 を 追 加 します 47

56 複 数 の 条 件 を 組 み 合 わせた(AND 条 件 )のシグネチャが 作 成 されます 複 数 のパラメータを 条 件 としたシグネチャ(AND 条 件 )を 定 義 することはできません ( 検 査 対 象 の[パラメータの 名 前 ]を 複 数 使 用 したシグネチャ(パラメータの AND 条 件 )を 作 成 しても 無 効 のシグネチャと 同 等 の 処 理 になります ) 次 頁 を 参 照 してください 48

57 前 頁 の 注 意 事 項 について 以 下 のような POST 要 求 があった 場 合 を 例 に 説 明 します POST /cgi-bin/demo.cgi HTTP/1.1 Host: hostname < 略 > Content-Type: application/x-www-form-urlencoded Content-Length: 44 body1=1234&body2=abcd&body3=5678&body4=efgh パラメータの 検 査 は 色 分 けされているように 各 パラメータの 名 前 と 値 のペアで 検 査 判 定 を 行 い それぞれの 判 定 結 果 は 他 のパラメータの 判 定 に 影 響 を 与 えません そのため パラメータの 名 前 body1 とパラメータの 名 前 body4 を 組 み 合 わせた(AND 条 件 の)カスタ ム シグネチャを 作 成 することはできません 親 子 関 係 にあたる json, xml のパラメータについては このかぎりではありません 13.7 JSON/XML の 親 子 関 係 を 参 照 してください 49

58 3. パスが login.php への 接 続 について 同 一 接 続 元 (IP アドレス)からの 接 続 が 1 秒 間 に 3 回 以 上 あったとき 60 秒 間 フィルタする シグネチャ 名 を 入 力 します BLOCK-LOGIN_ATTACK 2 シグネチャのコメントを 入 力 します 頻 度 判 定 で ログインページへの 高 頻 度 アクセスを 遮 断 3 検 出 時 の 動 作 を 選 択 します フィルタ 4 フィルタ 動 作 時 の 拒 否 時 間 を 指 定 ます [60] 秒 5 頻 度 判 定 を 設 定 します [1] 秒 間 に[3] 回 以 上 6 検 査 対 象 を 選 択 します パス 名 7 検 査 文 字 列 を 入 力 します ( 正 規 表 現 ) /login.php 8 シグネチャの 追 加 場 所 を 選 択 します 一 番 上 に 追 加 9 シグネチャを 追 加 ボタンを 押 して 作 成 したシグネチャを 追 加 します 50

59 ウェブ 管 理 画 面 に 接 続 するクライアント 環 境 が Mac の 場 合 エスケープ 表 記 の 入 力 には [alt(option)] + [ ]ボタンを 使 用 してください 例 ) ^http://www.jp-secure.com/demo/demo.php ^ $ ^ d+$ などの 入 力 時 頻 度 判 定 のフィルタの 対 象 とする 接 続 元 IP アドレスは 要 求 ヘッダの X-Forwarded-For から 取 得 することもできます ([クライアント IP アドレスを X-Forwarded-For から 取 得 ]) 本 製 品 の 前 段 に SSL プロキシが 配 置 されている 場 合 などに 有 効 です この 設 定 例 では パス(login.php)だけを 条 件 に 指 定 していますが パラメータの 名 前 やメソッドを 条 件 に 追 加 することも 可 能 です 51

60 4. URL が 以 外 への 接 続 を 拒 否 する シグネチャ 名 を 入 力 します BLOCK-HOST 2 シグネチャのコメントを 入 力 します 指 定 ホスト 以 外 への 接 続 を 拒 否 3 検 出 時 の 動 作 を 選 択 します 拒 否 4 検 査 対 象 を 選 択 します URL 5 検 査 文 字 列 を 入 力 します ( 正 規 表 現 ) ^http://www.jp-secure.com(:443)?/ https(ssl)による 接 続 時 携 帯 端 末 が Host ヘッダの 末 尾 に 443 を 付 けることがあります 例 ) Host: このようなケースを 考 慮 して 正 規 表 現 で (:443)? を 指 定 しておきます 6 比 較 方 法 を 指 定 します 不 一 致 7 シグネチャの 追 加 場 所 を 選 択 します 一 番 上 に 追 加 8 シグネチャを 追 加 ボタンを 押 して 作 成 したシグネチャを 追 加 します 52

61 ウェブ 管 理 画 面 に 接 続 するクライアント 環 境 が Mac の 場 合 エスケープ 表 記 の 入 力 には [alt(option)] + [ ]ボタンを 使 用 してください 例 ) ^http://www.jp-secure.com/demo/demo.php ^ $ ^ d+$ などの 入 力 時 53

62 5. IP アドレス からの 接 続 を 安 全 とみなす( 検 査 の 除 外 ) シグネチャ 名 を 入 力 します WHITE-LIST 2 シグネチャのコメントを 入 力 します 管 理 者 からのアクセスを 安 全 とみなす( 検 査 除 外 ) 3 検 出 時 の 動 作 を 選 択 します 安 全 4 検 査 対 象 を 選 択 します 接 続 元 IP アドレス 5 検 査 文 字 列 を 入 力 します ( 正 規 表 現 ) ^ $ 6 シグネチャの 追 加 場 所 を 選 択 します 一 番 上 に 追 加 7 シグネチャを 追 加 ボタンを 押 して 作 成 したシグネチャを 追 加 します 54

63 検 査 対 象 の 指 定 には 正 規 表 現 を 使 用 します 本 項 の 設 定 例 のように のみを 安 全 とみなす 場 合 は 文 字 列 の 最 初 と 最 後 を 示 すメタキャラクタ(^ : 文 字 列 の 最 初, $ : 文 字 列 の 最 後, : エスケープ 表 記 )を 使 用 し ^ $ と 指 定 します 正 規 表 現 については 7.6 正 規 表 現 を 参 照 してください ウェブ 管 理 画 面 に 接 続 するクライアント 環 境 が Mac の 場 合 エスケープ 表 記 の 入 力 には [alt(option)] + [ ]ボタンを 使 用 してください 例 ) ^http://www.jp-secure.com/demo/demo.php ^ $ ^ d+$ などの 入 力 時 本 製 品 を 導 入 したウェブサーバーの 前 段 にリバースプロキシ 等 が 設 置 されている 場 合 接 続 元 IP アドレス は 前 段 のプロキシの IP アドレスになります このような 環 境 で クライアントの IP アドレスをもとに 除 外 設 定 やアクセス 制 限 を 行 う 場 合 は 検 査 対 象 の 要 求 ヘッダフィールド( 完 全 一 致 ): を 選 択 し X-Forwarded-For を 指 定 してください ( 前 段 のプロキシが X-Forwarded-For ヘッダにクライアントの IP アドレスを 追 加 してい る 場 合 ) 55

64 7.2 シグネチャ 更 新 設 定 シグネチャの 更 新 に 関 する 設 定 は メインメニューの[シグネチャ 更 新 設 定 ]で 行 います [シグネチャ 更 新 設 定 ] Signatures updating settings [ 手 動 更 新 ] Manual Update 今 すぐ 更 新 ボタンを 押 すと シグネチャファイル(トラステッド シグネチャ)を 最 新 版 に 更 新 し ます [プロキシサーバ]を 有 効 にした 場 合 指 定 したプロキシ 経 由 でシグネチャファイルを 更 新 します (デフォルト 無 効 ) [ 推 奨 シグネチャ 設 定 ]を 有 効 にした 場 合 各 追 加 シグネチャは デフォルトの 検 出 動 作 および 有 効 無 効 の 設 定 で 追 加 されます (デフォルト 有 効 ) 監 視 にした 場 合 各 追 加 シグネチャは 有 効 監 視 の 設 定 で 追 加 されます 無 効 にした 場 合 各 追 加 シグネチャは 無 効 になります [ 更 新 後 に 自 動 適 用 ]を 有 効 にした 場 合 シグネチャファイル 更 新 後 にシグネチャ 設 定 をただちに 適 用 します (デフォルト 有 効 ) 56

65 [ 自 動 更 新 ] Auto Update 有 効 にすると 指 定 間 隔 で 定 期 的 にシグネチャファイル(トラステッド シグネチャ)を 最 新 版 に 更 新 します (デフォルト 無 効 ) [プロキシサーバ] を 有 効 にした 場 合 指 定 したプロキシ 経 由 でシグネチャファイルを 更 新 します (デフォルト 無 効 ) [ 推 奨 シグネチャ 設 定 ]を 有 効 にした 場 合 各 追 加 シグネチャは デフォルトの 検 出 動 作 および 有 効 無 効 の 設 定 で 追 加 されます (デフォルト 有 効 ) 監 視 にした 場 合 各 追 加 シグネチャは 有 効 監 視 の 設 定 で 追 加 されます 無 効 にした 場 合 各 追 加 シグネチャは 無 効 になります [ 更 新 後 に 自 動 適 用 ]を 有 効 にした 場 合 シグネチャファイル 更 新 後 にシグネチャ 設 定 をただちに 適 用 します (デフォルト 有 効 ) トラステッド シグネチャシグネチャのバージョンは databases_waf/header.ini の "[WAF_Database_Version]Version=YYYY-MM-DD_XX"を 表 示 します 設 定 したプロキシ 情 報 は conf/dbupdate.conf に 保 存 されます [プロキシサーバ 名 ] (use_proxy / http_proxy_host / http_proxy_port) [プロキシ 認 証 ] (use_proxyauth / http_proxyauth_user / http_proxyauth_pass) 推 奨 シグネチャ 設 定 更 新 後 に 自 動 適 用 の 有 効 無 効 に 関 する 設 定 は conf/dbupdate_waf.conf に 保 存 されます [ 推 奨 シグネチャ 設 定 ] (use_dbsettings/add_monitor) [ 更 新 後 に 自 動 適 用 ] (service_restart) 自 動 更 新 を 有 効 にしている 場 合 のスケジュール 設 定 は root ユーザの crontab に 保 存 され ます シグネチャ 更 新 時 既 存 の 設 定 は 引 き 継 がれます 57

66 7.3 ログ ログを 表 示 するときは メインメニューの[ログ]を 選 択 します [ログ] Log [ 動 作 ログ] 本 製 品 が 出 力 する 各 種 ログを 表 示 します 最 大 で 1000 行 まで 表 示 ダウンロードできます [ 検 出 ログ] (logs/http/detect.log) 本 製 品 による 検 査 で 検 出 された 情 報 を 表 示 します [ 情 報 ログ] (logs/http/info.log) 本 製 品 の 設 定 などに 関 する 情 報 を 表 示 します [エラーログ] (logs/http/error.log) 本 製 品 に 生 じたエラーの 情 報 を 表 示 します [フォームログ] (logs/http/form.log) フォームの 入 力 値 を 表 示 します 詳 細 は 10.1 動 作 ログ を 参 照 してください 58

67 ログの 表 示 アイコン にカーソルをあてると ポップアップで 該 当 のログを 表 示 することができま す [ 通 知 サービスログ] 管 理 者 へのメール 送 信 ([ 検 出 通 知 ] [ 障 害 通 知 ])を 行 う 通 知 サービスに 関 するログを 表 示 します (サマリ 通 知 ) [ 情 報 ログ] (logs/notify/info.log) 通 知 サービスの 起 動 と 終 了 に 関 する 情 報 を 表 示 します [エラーログ] (logs/notify/error.log) 通 知 サービスに 生 じたエラーの 情 報 を 表 示 します 詳 細 は 10.2 通 知 サービスログ を 参 照 してください 59

68 [シグネチャ 更 新 ログ] (logs/dbupdate_waf.log) トラステッド シグネチャの 更 新 ログを 表 示 します (logs/dbupdate_waf.log の 内 容 を 表 示 します ) 10.3 ログの 分 割 (ローテート) によって ローテートされているログは ウェブ 管 理 画 面 に 表 示 されません 60

69 7.4 トップメニュー トップメニューには 管 理 パスワードの 変 更 や 本 製 品 のバックアップ リストアをするための 項 目 が 用 意 されています 管 理 パスワード [ 管 理 パスワード] Admin password ウェブ 管 理 画 面 の 管 理 ユーザ 名 パスワードを 変 更 します ウェブ 管 理 画 面 で 編 集 した 内 容 は conf/siteguardlite.htdigest ファイルに 保 存 されま す (Apache の htdigest 認 証 ファイルと 同 じ 形 式 です ) 診 断 情 報 [ 診 断 情 報 ] Diagnostic Info 診 断 情 報 ファイル (diag.tar.gz) のダウンロードを 行 います 本 製 品 の 設 定 情 報 のほか 本 製 品 を 導 入 したサーバーの 設 定 情 報 各 種 ログも 含 まれます "cd /opt/jp-secure/siteguardlite; make diag" コマンドで 作 成 される /opt/jp-secure/siteguardlite/diag.tar.gz をダウンロードします サポートデスクへお 問 い 合 わせの 際 は なるべくこの 診 断 情 報 ファイル (diag.tar.gz) を 送 付 してください バックアップ リストア [バックアップ リストア] Backup and Restore 本 製 品 の 設 定 のバックアップとリストアができます 本 製 品 を 複 数 台 のウェブサーバーで 使 用 している 環 境 で 設 定 を 複 製 する 場 合 に 利 用 することもで きます 61

70 バックアップ ボタンを 押 すと 本 製 品 の 設 定 をバックアップ(ダウンロード)します (バックアップファイルは backup-hostname-yyyymmdd-hhmmss.tar.gz です ) 本 製 品 の 各 種 設 定 をバックアップファイルに 保 存 することができます ウェブ 管 理 画 面 で 設 定 した 設 定 情 報 がバックアップされますが トラステッド シグネチャの 自 動 更 新 設 定 (crontab に 登 録 された 更 新 スケジュール)は 含 まれません バックアップにログファイルは 含 まれません バックアップファイルを 指 定 して リストア ボタンを 押 すとで 本 製 品 の 設 定 がバックアップ ファイルの 内 容 でリストアされます バックアップファイルの 製 品 バージョンとリストア 先 の 製 品 バージョンは 同 一 である 必 要 が あります リストア 時 apachectl graceful コマンドが 実 行 されます ライセンス 情 報 [ライセンス 情 報 ] License シリアルキー サポート ID パスワードの 登 録 確 認 を 行 います サポート ID とパスワードは トラステッド シグネチャのダウンロード 認 証 に 使 用 されます [シリアルキー]は conf/license.txt ファイルに 保 存 されます [シリアルキー]を 登 録 しない 場 合 (TRIAL VERSION)は 90 日 間 の 評 価 版 環 境 になります 90 日 間 の 評 価 利 用 が 終 了 すると 本 製 品 による 検 査 が 行 われなくなります [サポート ID]と[パスワード]は conf/dbupdate_waf.conf に 保 存 されます (sig_download_user / sig_download_pass) バージョン 情 報 [バージョン 情 報 ] Version 本 製 品 のバージョン 情 報 および 利 用 環 境 を 表 示 します ログアウト [ログアウト] Logout ウェブ 管 理 画 面 からログアウトします 62

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編 サーバセキュリティサービス 導 入 手 順 書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ 非 経 由 編 NEC 第 2 版 2016/01/22 本 資 料 に 関 して 本 資 料 はサーバセキュリティサービス with Trend Micro Deep Security をご 利 用 中 のお 客 様 向 けの 資 料 になります Linux かつ プロキシを 利 用

More information

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~ エヌシーアイ Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 について ~WebSiteScan~ エヌシーアイ 株 式 会 社 の Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 とは? エヌシーアイ 株 式 会 社 のWebアプリケーション 診 断 とは WEBサイト 新 設 もしくはリニューア ル 時 のセキュリティ 診 断 として 広 くご 利 用 頂 いております SaaS 型 サービスの 為 お

More information

スマートコネクト マネージドサーバ WAFオプション仕様書

スマートコネクト マネージドサーバ WAFオプション仕様書 スマートコネクト マネージドサーバ WAF オプション 仕 様 書 ( 第 1.0 版 2015 年 6 月 22 日 版 ) < 目 次 > スマートコネクト マネージドサーバ WAF オプション 1. WAF オプション 概 要... 2 1.1. オプション 概 要... 2 1.2. オプション 特 徴... 2 2. WAF オプション 仕 様... 3 2.1. オプション 提 供 プラン...

More information

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書 ... 1... 1... 1... 1 CMS... 1... 1... 2 PC... 2 CMS... 3... 3... 3... 4... 5... 6... 6... 6... 7... 7... 8... 8... 8... 9... 9... 9... 11... 11... 12... 13... 13... 14... 14... 14... 15... 15... 15...

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

Microsoft Word - K_仮想共用サーバVer WEBサーバ_rev2.docx

Microsoft Word - K_仮想共用サーバVer WEBサーバ_rev2.docx マイサーバーサービス 利 用 マニュアル (VPS 共 用 サーバー 用 Web サーバー 設 定 ) マイサーバーVPS compact RIMNET http://www.rim.or.jp/support/ Members Guide Book 2010/07 はじめに 本 利 用 マニュアルでは マイサーバーVPS compactのvps 共 用 サーバー 用 の Webサーバ の 設 定

More information

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル 迷 惑 メールフィルタリングサービス コントロールパネル 利 用 者 マニュアル( 一 般 ユーザ 向 け) 第 1.6 版 目 次 1. 本 マニュアルについて... 1 2. はじめに... 1 3. 使 用 方 法... 2 3.1. ご 使 用 の 前 に... 2 3.2. ログイン / ログアウト 操 作... 2 3.2.1. ログイン 操 作... 2 3.2.2. ログアウト 操

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

32bit または 64bit アーキテクチャに 対 応 快 適 な 操 作 性 を 得 るために 高 性 能 CPU を 推 奨 します HDD 容 量 は 約 1GB 以 上 1GB 以 上 にはコンテンツ 領 域 は 含 まれません またコンテンツの 増 大 に 比 例 してシステム 領 域

32bit または 64bit アーキテクチャに 対 応 快 適 な 操 作 性 を 得 るために 高 性 能 CPU を 推 奨 します HDD 容 量 は 約 1GB 以 上 1GB 以 上 にはコンテンツ 領 域 は 含 まれません またコンテンツの 増 大 に 比 例 してシステム 領 域 CMSKIT Ver.2.3 動 作 環 境 2015 年 10 月 20 日 株 式 会 社 ノア 本 書 は CMSKIT Ver.2.3 をサーバーに 導 入 して 実 行 させるとき お 客 様 にご 用 意 いただく 動 作 環 境 を 示 しています 動 作 環 境 とは 株 式 会 社 ノアが CMSKIT Ver.2.3 の 正 常 動 作 を 確 認 した 環 境 をいいます 本

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

Imperva_page01_B52

Imperva_page01_B52 一 般 ユーザ ブロック リスト 型 アカウントハッキング ブルートフォースアタック Apache struts 脆 弱 性 OpenSSL 脆 弱 性 サイトスクレイピング アプリケーションDDos 攻 撃 インジェクション OSコマンドインジェクション バッファ オーバーフロー ディレクトリトラバーサル セッションハイジャック ヘッダインジェクション クロスサイトスクリプティング(XSS) クロスサイトリクエストフォージェリー(CFRF)

More information

1. 基 本 設 定 Web サーバーの 基 本 的 な 設 定 を 行 います 基 本 設 定 適 切 な サーバー 名 ポート 番 号 管 理 者 メールアドレス ドキュメントルート (Web サーバーを 通 じて 公 開 したいディレクトリ このディレクトリ 以 下 のファイ ルおよびディレク

1. 基 本 設 定 Web サーバーの 基 本 的 な 設 定 を 行 います 基 本 設 定 適 切 な サーバー 名 ポート 番 号 管 理 者 メールアドレス ドキュメントルート (Web サーバーを 通 じて 公 開 したいディレクトリ このディレクトリ 以 下 のファイ ルおよびディレク 2-1. Web サーバー 1. 基 本 設 定 Web サーバーの 基 本 的 な 設 定 を 行 います 基 本 設 定 適 切 な サーバー 名 ポート 番 号 管 理 者 メールアドレス ドキュメントルート (Web サーバーを 通 じて 公 開 したいディレクトリ このディレクトリ 以 下 のファイ ルおよびディレクトリが 公 開 されます)を 入 力 します または 選 択 ボタンをク

More information

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順 FOCUS システム SSL-VPN 利 用 者 マニュアル 第 1.05 版 (2013 年 1 月 版 ) SSL-VPN を 利 用 する 際 の 動 作 環 境 - 1 - ( 第 1.05 版 ) FOCUS システムへの SSL-VPN 接 続 では Java によるポートフォワーディング 方 式 を 用 いて FOCUS 内 のサーバと 接 続 します その 際 に 使 用 する 利

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

目 次 1. 本 書 の 役 割... 1 2. 監 視 対 象 ノードの 登 録... 2 3.Agent のインストール... 7 3.1 Agent の 前 提 条 件 対 象 OS... 7 3.2 監 視 対 象 サーバへのログイン... 7 3.3 セットアップファイルのダウンロード..

目 次 1. 本 書 の 役 割... 1 2. 監 視 対 象 ノードの 登 録... 2 3.Agent のインストール... 7 3.1 Agent の 前 提 条 件 対 象 OS... 7 3.2 監 視 対 象 サーバへのログイン... 7 3.3 セットアップファイルのダウンロード.. App Bridge Monitor Linux Agent インストールガイド Ver.1.9.1 目 次 1. 本 書 の 役 割... 1 2. 監 視 対 象 ノードの 登 録... 2 3.Agent のインストール... 7 3.1 Agent の 前 提 条 件 対 象 OS... 7 3.2 監 視 対 象 サーバへのログイン... 7 3.3 セットアップファイルのダウンロード...

More information

目 次 1 はじめに... 4 2 推 奨 環 境... 4 3 ご 注 意 ください... 5 4 パソコンでの 受 講 前 に... 6 4.1 パソコンのブラウザの 確 認... 6 パソコンの 省 電 力 設 定 の 確 認... 8 動 作 の 確 認... 10 5 パソコンでの 受 講

目 次 1 はじめに... 4 2 推 奨 環 境... 4 3 ご 注 意 ください... 5 4 パソコンでの 受 講 前 に... 6 4.1 パソコンのブラウザの 確 認... 6 パソコンの 省 電 力 設 定 の 確 認... 8 動 作 の 確 認... 10 5 パソコンでの 受 講 効 果 測 定 受 講 者 マニュアル 平 成 28 年 8 月 版 目 次 1 はじめに... 4 2 推 奨 環 境... 4 3 ご 注 意 ください... 5 4 パソコンでの 受 講 前 に... 6 4.1 パソコンのブラウザの 確 認... 6 パソコンの 省 電 力 設 定 の 確 認... 8 動 作 の 確 認... 10 5 パソコンでの 受 講 の 流 れ... 11 6 パソコンでの

More information

28年オンライン調査システム操作説明書

28年オンライン調査システム操作説明書 平 成 28 年 科 学 技 術 研 究 調 査 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム 操 作 説 明 書 科 学 技 術 研 究 調 査 では 郵 送 に 加 えてオンライン 調 査 システムを 利 用 した インターネットによるご 回 答 も 可 能 となっています オンライン 調 査 システムの 利 用 には フリーソフトである AdobeReader の 所 定 バージョン 等 の 利

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ 安 心 ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡 単 マニュアル 本 マニュアルはAndroid4.2.2をベースに 構 成 しております 端 末 やOSのバージョンによって 名 称 が 違 う 場 合 があります ファイナル スマホ セキュリティのインストール ファイナル スマホ セキュリティの 初 期 設 定 ファイナル スマホ セキュリティの 使 い 方 (ブラウザ)

More information

Microsoft Word - IS3.1-6.0 バージョンアップ ユーザーズガイド_Windows編_.doc

Microsoft Word - IS3.1-6.0 バージョンアップ ユーザーズガイド_Windows編_.doc InterSafe3.1-6.0 バージョンアップ ユーザーズガイド Windows 編 目 次 1. はじめに 3 1-1. システム 用 件 3 1-2. 移 行 環 境 4 1-3. 移 行 フロー 5 Ver3.1 から Ver6.0 までのバージョンアップフロー 5 2. バージョンアップ 詳 細 6 2-1. データコンバート 6 2-2. 新 サーバに Ver6.0 をインストール 7

More information

目 次 1. ログインについて... 3 1-1 パスワードを 忘 れました どうしたらいいでしょう?... 3 1-2 パスワードを 変 更 したいのですが... 4 1-3 アカウントを 変 更 したいのですが... 4 1-4 個 人 情 報 は 入 力 しなくてはいけませんか?... 5 2

目 次 1. ログインについて... 3 1-1 パスワードを 忘 れました どうしたらいいでしょう?... 3 1-2 パスワードを 変 更 したいのですが... 4 1-3 アカウントを 変 更 したいのですが... 4 1-4 個 人 情 報 は 入 力 しなくてはいけませんか?... 5 2 イーデスク3 利 用 マニュアル1 ログイン する http://edesk.jp/ イーデスク3 利 用 環 境 パソコンで 利 用 する 場 合 OS Microsoft Windows 2000, XP, Vista Mac OS 10.1.x, 10.2.x 以 降 ブラウザ Microsoft Windows の 場 合 Microsoft Internet Explorer 5.5 SP2

More information

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC ReadyNAS OS6(6.x.x) 簡 易 使 用 方 法 前 提 条 件 : 初 期 設 定 (RAIDar インストール NAS 管 理 画 面 へのアクセス)が 完 了 していること 完 了 していない 方 はこちらを 参 照 願 います Windows での 操 作 方 法 となります ブラウザアクセス 以 降 は 他 の OS でも 共 通 です データ 保 存 方 法 ( 最 も 簡

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

( 受 信 したメッセージの 確 認 検 索 ) ( 申 請 届 出 書 類 や 説 明 会 資 料 等 の 確 認 ダウンロード) (スケジュール/ToDo の 登 録 確 認 更 新 削 除 ) (ブックマークの 登 録 確 認 更 新 削 除 ) ( 受 信 したメッセージの 転 送 設 定

( 受 信 したメッセージの 確 認 検 索 ) ( 申 請 届 出 書 類 や 説 明 会 資 料 等 の 確 認 ダウンロード) (スケジュール/ToDo の 登 録 確 認 更 新 削 除 ) (ブックマークの 登 録 確 認 更 新 削 除 ) ( 受 信 したメッセージの 転 送 設 定 F-Station パソコン 版 マニュアル ( 受 信 したメッセージの 確 認 検 索 ) ( 申 請 届 出 書 類 や 説 明 会 資 料 等 の 確 認 ダウンロード) (スケジュール/ToDo の 登 録 確 認 更 新 削 除 ) (ブックマークの 登 録 確 認 更 新 削 除 ) ( 受 信 したメッセージの 転 送 設 定 ) ( 講 義 に 関 するお 知 らせの 確 認 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver...5 ZEHビルダー ポータルサイト マニュアル はじめにお 読 みください 公 募 要 領 およびSIIホームページの よくあるご 質 問 をご 確 認 ください ID 取 得 申 込 を 行 う 前 に 公 募 要 領 (P6~) およびSIIホームページの よくあるご 質 問 を 必 ずご 確 認 ください 支 社 支 店 フランチャイズ 等 登 録 単 位 や 地 域 による 区

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアル 1. 基 本 設 定 セキュア Web サーバーの 基 本 的 な 設 定 を 行 ないます 基 本 設 定 サーバー 名 管 理 者 メールアドレス を 入 力 します 設 定 する ボタンをクリックして 設 定 を 終 了 します root ユーザーはポート 番 号 を 変 更 することもできます 詳 細 設 定 セキュア Web サーバーを 通 して 公 開 する ユーザーのディレクトリを 設

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 化 学 情 報 協 会 2012 年 4 月 改 訂 ケース1:SciFinder (Web 版 ) にアクセスできない 症 状 : ブラウザの お 気 に 入 り から SciFinder (Web 版 ) にアクセ スしている 場 合, 左 記 のエラ ー (HTTP 500 内 部 サーバー エラー)によりアクセスできな い. 解

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム 更 新 日 :2015 年 4 月 14 日 料 金 初 期 費 用 月 額 料 金 無 料 サーバーの 初 期 セットアップ 時 以 外 または 複 数 フォームメーラーを インストールする 場 合 には 別 途 費 用 が 必 要 となります 無 料 スペック 100 個 作 成 可 能 フォーム 数 一 般 投 票 注 文 フォームに 対 応 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 添 付

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478> Ver 1.00 用 目 次 製 品 の 導 入 P.4 製 品 概 要 P.5 試 用 版 の 制 限 ライセンスの 購 入 動 作 環 境 P.6 ファイルの 配 置 起 動 方 法 P.7 ログイン 画 面 ログイン 方 法 P.8 ライセンス 登 録 方 法 P.9 メインメニュー 顧 客 管 理 P.11 [ 顧 客 管 理 ] 顧 客 検 索 CSV 出 力 メール 一 斉 送 信 新

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation オフィス 宅 ふぁいる 便 パッケージ 版 のご 紹 介 株 式 会 社 オージス 総 研 企 業 間 のファイル 交 換 における 課 題 セキュリティ 責 任 者 のニーズ 重 要 情 報 ファイルの 取 扱 いには 十 分 な 対 策 を 行 いたい 現 状 社 内 メールサーバで 転 送 ファイルの 容 量 制 限 は 実 施 しているものの 現 状 業 務 では 制 限 サイズを 超 えるファイルを

More information

入札情報サービスシステム(職員)

入札情報サービスシステム(職員) 那 須 塩 原 市 電 子 入 札 システム 受 注 者 向 け クライアント 設 定 マニュアル 目 次 1. はじめに...1 1.1. 設 定 手 順...1 1.2. 準 備...1 2. 環 境 設 定...2 2.1. 機 器 等 の 準 備...2 2.2. 電 子 証 明 書 (IC カード)の 準 備...2 2.3. IC カード 等 のセットアップ...2 2.4. Java

More information

ID 保 存 されても 問 題 無 い 共 有 されていない PC でしたら ログインボタンの 上 にある[ID 保 存 ]のチェックボックスにチ ェックを 入 れて 下 さい 3. パスワードのオートコンプリート ログインボタンを 押 した 後 に 環 境 によっては 以 下 のような 確 認 が

ID 保 存 されても 問 題 無 い 共 有 されていない PC でしたら ログインボタンの 上 にある[ID 保 存 ]のチェックボックスにチ ェックを 入 れて 下 さい 3. パスワードのオートコンプリート ログインボタンを 押 した 後 に 環 境 によっては 以 下 のような 確 認 が AnyClutch Remote 接 続 先 PC への 設 定 の 方 法 遠 隔 から 使 いたい PC への AnyClutch Remote の Agent を 導 入 する 手 順 となります 導 入 にはコンピューター 管 理 者 権 限 を 持 っているアカウントで 行 う 必 要 がございます 以 下 必 要 スペック OS: Microsoft Windows Vista/7/8/8.1/10/Server

More information

ポップアップブロックの設定

ポップアップブロックの設定 電 子 申 請 サービス 事 前 準 備 Web ブラウザの 設 定 第 1.3 版 平 成 26 年 12 月 福 岡 県 ふくおか 電 子 自 治 体 共 同 運 営 協 議 会 - 目 次 - 第 1 章 はじめに... 1 第 2 章 ポップアップブロックの 設 定... 1 2-1. Internet Explorer をご 使 用 の 場 合... 1 2-2. Mozilla Firefox

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

1. 注 意 事 項 1.システムの 動 作 環 境 対 応 している 環 境 は 以 下 のとおりです 以 下 の 環 境 以 外 では 表 示 が 乱 れる 場 合 がありますので 注 意 してください ブラウザ OS Internet Explorer 6.0 SP1/7.0/8.0 Mozi

1. 注 意 事 項 1.システムの 動 作 環 境 対 応 している 環 境 は 以 下 のとおりです 以 下 の 環 境 以 外 では 表 示 が 乱 れる 場 合 がありますので 注 意 してください ブラウザ OS Internet Explorer 6.0 SP1/7.0/8.0 Mozi ( 職 員 ) 10.09.27 版 光 華 navi 基 本 操 作 マニュアル 光 華 navi とは 学 内 や 自 宅 のパソコンからインターネットを 通 じて 学 生 の 光 華 ライフをサポートするさまざまな 情 報 に アクセスできるポータルサイト( 玄 関 口 )です 光 華 navi では 下 記 のサービスの 利 用 が 可 能 です ( : 参 照 / : 登 録 / : 他

More information

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx 目 次 1. Gmail のログイン ログアウト 方 法... 1 1.1. ログイン 方 法... 1 1.2. ログアウト 方 法... 4 2. Gmail 作 成 方 法... 5 2.1. 新 規 メールの 作 成... 5 3. メールデータの 移 行... 8 3.1. GraceMail のデータをバックアップ( 保 存 )する... 8 3.2. Thunderbird の 入 手

More information

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1 NetISMS システム 端 末 設 定 ガイド 注 意 事 項 各 社 各 部 門 等 でのセキュリティ 上 の 規 定 と 相 反 する 場 合 があります 必 ずご 自 身 の 使 用 する PC 端 末 のセキュリティ 管 理 者 等 にご 確 認 願 います 第 4.0 版 2016 年 7 月 1 日 目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS

More information

「はぴeみる電」をご利用するにあたって

「はぴeみる電」をご利用するにあたって 作 成 :2016/1/29 電 気 ご 使 用 量 お 知 らせサービス のご 利 用 にあたって 電 気 ご 使 用 量 お 知 らせサービス は お 客 さまのパソコン 環 境 によって 正 しく 動 作 しない 場 合 がございます そのような 場 合 は 以 下 の 設 定 をご 確 認 いただきますようお 願 いいたします 特 に 必 須 と 書 かれた 設 定 については 有 効 にしない

More information

目 次 第 1 章 環 境 構 築... 4 1-1 システム 概 要... 4 1-2 ロードバランサ... 5 1-3 ジーンコードサーバー... 5 1-4 コンテンツサーバー (PC サイトサーバー)... 5 1-5 コンテンツサーバー (PC サイトサーバー)... 6 1-6 DNS.

目 次 第 1 章 環 境 構 築... 4 1-1 システム 概 要... 4 1-2 ロードバランサ... 5 1-3 ジーンコードサーバー... 5 1-4 コンテンツサーバー (PC サイトサーバー)... 5 1-5 コンテンツサーバー (PC サイトサーバー)... 6 1-6 DNS. インフラ 設 計 とシステム 運 用 ガイド 第 1 版 最 終 更 新 日 2016/03/31 目 次 第 1 章 環 境 構 築... 4 1-1 システム 概 要... 4 1-2 ロードバランサ... 5 1-3 ジーンコードサーバー... 5 1-4 コンテンツサーバー (PC サイトサーバー)... 5 1-5 コンテンツサーバー (PC サイトサーバー)... 6 1-6 DNS...

More information

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 -

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - BIGLOBE クラウドストレージ ios アプリ 操 作 マニュアル 2014 年 4 月 15 日 ビッグローブ 株 式 会 社 - 1 - 改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - 目 次 目 次... 3 はじめに... 4 1. ログイン... 5 1.1 新 規 ログイン( 初 めて ios アプリをご

More information

ICTシミュレータインストール方法

ICTシミュレータインストール方法 伸 ばそう ICT メディアリテラシー 教 材 用 インターネット 補 助 教 材 セットアップについて (Windows 用 の 解 説 を 中 心 に) 本 書 で 説 明 する 伸 ばそう ICT メディアリテラシー 教 材 用 インターネット 補 助 教 材 は, 平 成 18 年 度 総 務 省 事 業 として 開 発 されました 本 書 では,XAMPP for Windows を 利

More information

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin IM- 社 内 便 ver7.2 リリース ノート 第 2 版 2016/06/02 1. はじめに (1) IM- 社 内 便 が 動 作 するには intra-mart WebPlatform / AppFramework Ver.7.2(パッチ 3) 以 上 ワークフロー 連 携 を 行 うには intra-mart WebPlatform / AppFramework advanced 以

More information

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 19 年 7 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 1. 提

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

Microsoft Word - 新ユーザー専用ページ機能詳細・マニュアル.doc

Microsoft Word - 新ユーザー専用ページ機能詳細・マニュアル.doc 新 ユーザー 専 用 ページ 機 能 詳 細 マニュアル 平 成 25 年 2 月 6 日 ( 木 ) 以 降 にご 確 認 ください 1/24 目 次 ユーザー 専 用 ページ... 3 メールサービス... 4 メールサービス 画 面 構 成... 5 アカウント 詳 細 / 設 定... 5 高 機 能 フィルター... 6 ユーザーフィルター 設 定... 7 新 規 フィルターの 追 加...

More information

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの 電 子 入 札 サービス 操 作 概 要 マニュアル 受 注 者 用 ( 工 事 /コンサル) 導 入 編 平 成 26 年 7 月 仙 台 市 目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2.

More information

Microsoft Word - 受講者「操作全般」マニュアル(琉球大).docx

Microsoft Word - 受講者「操作全般」マニュアル(琉球大).docx 教 員 免 許 状 更 新 講 習 管 理 システム 受 講 者 操 作 全 般 マニュアル( 琉 球 大 学 ) 目 次 1. はじめに... - 1-2. システムトップの 画 面 構 成... - 2-3. 受 講 者 ID を 取 得 する... - 6-4. 本 システムにログインする... - 11-5. 本 システムからログオフする... - 11-6. 受 講 科 目 の 予 約 を

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

トートリンク インストールガイド

トートリンク インストールガイド ThothLink( トートリンク) インストールガイド オープンソース ソリューション テクノロジ( 株 ) 作 成 者 : 濱 野 司 作 成 日 : 2010 年 8 月 12 日 リビジョン: 1.4 目 次 1. はじめに 1.1 本 書 の 目 的... 1.2 前 提 条 件... 2. システム 要 件 2.1 ソフトウェア 要 件... 2.2 ハードウェア 要 件... 2.3

More information

XTM ログ&レポート設定ガイド

XTM ログ&レポート設定ガイド WatchGuard XTM ログ&レポート 設 定 ガイド Ver. 11.7 11.9 ウォッチガード テクノロジー ジャパン 株 式 会 社 2014 年 8 月 Rev-01 目 次 ログサーバーおよびレポートサーバーについて... 3 ログサーバー... 3 レポートサーバー... 3 注 意 点... 3 ログサーバーおよびレポートサーバーのインストール... 4 ログサーバーの 構 成...

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

Microsoft Word - WatchUsbManagerForWebユーザーズマニュアル.doc

Microsoft Word - WatchUsbManagerForWebユーザーズマニュアル.doc WatchUsbManager for Web ユーザーズマニュアル 2015 1 2013 年 05 月 初 版 2013 年 07 月 第 二 版 2014 年 09 月 第 三 版 2015 年 01 月 第 四 版 2015 年 03 月 第 五 版 Copyright QuotaSystem, Inc. All rights reserved. 2 INDEX WatchUsbManager

More information

Microsoft Word - セキュアMyNUMBER_詳細マニュアル_20151208.docx

Microsoft Word - セキュアMyNUMBER_詳細マニュアル_20151208.docx 管 理 者 向 け 詳 細 マニュアル Ver.1.0 目 次 1. 管 理 画 面... - 3-1.1. ご 利 用 環 境 について... - 3-1.2. ログイン... - 4-1.3. ログアウト... - 4-1.4. 管 理 画 面 について... - 5-1.4.1. 管 理 画 面 の 表 示 項 目... - 5-1.5. 始 めにご 確 認 頂 く 事 項 と 初 期 設 定

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 確 定 申 告 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

SciFinder エラーへの対処法

SciFinder エラーへの対処法 SciFinder エラーへの 対 処 法 2016 年 3 月 18 日 改 訂 SciFinder でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/scifinder/require.html 目 次 ケース 1:SciFinder にアクセスできない... 2 ケース 2:ID

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074> 付 録 アプリケーションへの 代 表 的 攻 撃 (SQL)インジェクション データベースを 利 用 するアプリケーションに 対 して 外 部 からの 入 力 で 不 正 に データベースを 操 作 参 照 する 手 法 入 力 がSQL 以 外 のシステムのコマンド 等 として 処 理 される 場 合 に それらを 利 用 する コマンドインジェクションなども 類 似 の 攻 撃 パラメータ 改

More information

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生 おきたま 食 の 応 援 団 ウェブサイトの 作 成 及 び 運 用 仕 様 書 委 託 業 務 の 名 称 置 賜 産 農 産 物 愛 用 運 動 推 進 事 業 業 務 委 託 委 託 業 務 の 概 要 () 委 託 業 務 の 目 的 平 成 年 度 に 設 立 した おきたま 食 の 応 援 団 活 動 を 充 実 させるため おき たま 食 の 応 援 団 ウェブサイト( 以 下 本 サイト

More information

XOOPS Cube インストールマニュアル

XOOPS Cube インストールマニュアル XOOPS Cube インストールマニュアル Version 1.0 (20071220) AT-LINK 専 用 サーバ サービス AT-LINK Managed Hosting Service Link, Inc. 目 次 目 次 1. このマニュアルについて...2 2. 設 定 内 容 の 確 認...2 3. MySQL の 設 定 ( 文 字 コードの 変 更 および XOOPS アカウントの

More information

InterSafev85クイックガイド-初版

InterSafev85クイックガイド-初版 InterSafe WebFilter v8.5 クイックガイド マニュアルの 構 成 クイックガイド( 本 書 ) クイックガイドでは InterSafe WebFilter で Web フィルタリングを 行 うための 基 本 的 な 設 定 と 運 用 の 流 れについて 説 明 しています InterSafe WebFilter を 初 めて 導 入 するときにお 読 みください 管 理 者

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B93FC97CD835683588365838082CC91808DEC95FB964081693230313589FC92F994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B93FC97CD835683588365838082CC91808DEC95FB964081693230313589FC92F994C5816A> 岡 山 大 学 情 報 データベースシステムの 操 作 方 法 1 インターネットブラウザの 設 定 まず ご 利 用 のブラウザ 環 境 に 応 じて 以 下 URL に 記 載 されている 設 定 を 行 ってください この 設 定 をしていない 場 合 岡 山 大 学 情 報 データベースシステムを 利 用 できない 場 合 があります Windows の Internet Explorer7.0

More information

安否確認サービスユーザーマニュアル

安否確認サービスユーザーマニュアル ユーザーマニュアル Ver.6.6.1 目 次 1 章 はじめに... 1 1.1 本 書 の 利 用 について... 1 1.2 ユーザーの 役 割 別 名 称 について... 1 1.3 ユーザーが 利 用 できる 機 能 について... 1 1.4 WEB ブラウザーについて... 2 1.4.1 Internet Explorer のセキュリティ 設 定 について... 2 1.5 携 帯

More information

利用のためのPC環境設定

利用のためのPC環境設定 利 用 のためのPC 環 境 設 定 電 子 入 札 に 参 加 するためには 下 記 のハードウェア ソフトウェアが 必 要 です ご 準 備 をお 願 いします ()ハードウェア Windows XP の 場 合 CPU PentiumⅢ800MHz 同 等 以 上 (.GHz 以 上 推 奨 ) メモリ 56MB 以 上 (5MB 以 上 推 奨 ) HDD ドライブの 空 きが 500MB

More information

アジェンダ このセッションでは シックス アパート 社 が 提 供 するクラウド 型 サービ スである MovableType EZ と MovableType EZ を 補 完 し その 利 用 を 支 援 する 弊 社 サービス MTEZコンシェルジュ について 説 明 し ます 1. Mova

アジェンダ このセッションでは シックス アパート 社 が 提 供 するクラウド 型 サービ スである MovableType EZ と MovableType EZ を 補 完 し その 利 用 を 支 援 する 弊 社 サービス MTEZコンシェルジュ について 説 明 し ます 1. Mova MTのクラウド 利 用 を 加 速 する "MTEZコンシェルジュ"の 紹 介 2013.03.19 株 式 会 社 ネットフォレスト 川 原 啓 アジェンダ このセッションでは シックス アパート 社 が 提 供 するクラウド 型 サービ スである MovableType EZ と MovableType EZ を 補 完 し その 利 用 を 支 援 する 弊 社 サービス MTEZコンシェルジュ

More information

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 フリーウェイマイナンバー 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 員 用 を 参 照 してください 改 訂 履 歴 版 数

More information

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2 情 報 連 携 用 語 彙 データベースと 連 携 するデータ 設 計 作 成 支 援 ツール 群 の 試 作 及 び 試 用 並 びに 概 念 モデルの 構 築 ( 浦 安 市 都 市 整 備 部 市 街 地 開 発 課 液 状 化 対 策 推 進 室 ) 操 作 説 明 書 2014 年 9 月 30 日 実 施 企 業 : インディゴ 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推

More information

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり TS15-034-02 Basilware64ユーザーズマニュアル 第 2 版 :2016-02-04 株 式 会 社 ミントウェーブ はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ

More information

一 覧 表 示 2 3 1 番 号 機 能 説 明 [1] メール BOX 一 覧 メールを 整 理 するためのBOXがここに 表 示 されます 標 準 のBOXは 全 てのBOX 受 信 BOX 送 信 BOX 送 信 済 BOX 下 書 きBOX 個 人 BOX 迷 惑 BOX 削 除 BOX

一 覧 表 示 2 3 1 番 号 機 能 説 明 [1] メール BOX 一 覧 メールを 整 理 するためのBOXがここに 表 示 されます 標 準 のBOXは 全 てのBOX 受 信 BOX 送 信 BOX 送 信 済 BOX 下 書 きBOX 個 人 BOX 迷 惑 BOX 削 除 BOX イントラネットにつながった WEB ブラウザさえあれば どこからでもメールの 送 受 信 が 可 能 1. メール 対 応 ブラウザさえあれば 場 所 を 問 わないWEBメール 機 能 です Point 普 段 お 使 いのメーラー(Windows Outlook Express などのメールソフト) 同 様 に 送 受 信 をはじめ チェックした メールの 編 集 検 索 など 簡 単 に 操

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 学 校 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.1 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 232 目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ

More information

Biz eスケジューラ よくあるご質問(FAQ)

Biz eスケジューラ よくあるご質問(FAQ) Biz e スケジューラ よくあるご 質 問 (FAQ) NTT Communications ( 第 3.0 版 ) 改 版 履 歴 改 版 履 歴 版 数 日 付 項 番 主 な 更 新 内 容 1.0 版 2013/10/21 - 新 規 作 成 2.0 版 2014/07/28 - Q1-8 Q1-9/Q2-7 グローバル 対 応 に 伴 い FAQ を 追 加 スケジュール 管 理 機 能

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5 電 子 入 札 サービス IC カードを 利 用 しない 事 業 者 向 け Java ポリシー 設 定 マニュアル (Windows Vista/Windows 7/ Windows 8.1 用 ) 平 成 28 年 6 月 目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前

More information

Microsoft Word - Active.doc

Microsoft Word - Active.doc 利 マニュアル 梅 校 メールサーバをご 利 されていた 教 員 の 皆 さまへ 2009 年 1 7 のメールサーバ 移 に 伴 い 学 外 からの 電 メールの 送 受 信 はウェブメール(Active!mail) からのみ 可 能 となりました Active!mail の 利 法 については 本 マニュアルをご 確 認 ください 次 Active!mail にログインする...2 Active!mail

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993B998488CF68ED0817A8BC68ED290E096BE89EF5F955C8E862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993B998488CF68ED0817A8BC68ED290E096BE89EF5F955C8E862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 福 岡 北 九 州 高 速 道 路 公 社 電 子 入 札 システム 説 明 資 料 平 成 27 年 11 月 10 日 電 子 入 札 システムご 利 用 のためのPC 環 境 設 定 電 子 入 札 に 参 加 するためには 下 記 のハードウェア ソフトウェアが 必 要 です ご 準 備 をお 願 いします 他 団 体 の 電 子 入 札 システムをご 利 用 の 場 合 は IC カードやパソコン

More information

Microsoft Word - ToyoNetメール[1].doc

Microsoft Word - ToyoNetメール[1].doc Ⅴ ToyoNet ToyoNet とは 東 洋 大 学 が 提 供 する 情 報 ネットワーク 基 盤 の 総 称 で ToyoNet メール と ToyoNet-ACE からなります ToyoNet-ACE を 利 用 し 自 宅 から 授 業 の 講 義 ノート コンテンツを 参 照 した 予 習 復 習 教 員 からの 小 テ ストやレポート 提 出 などができます また ToyoNet メール

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

1. 目 次 2. 利 マニュアルについて... 3 2-1. 本 マニュアルを 使 うにあたって... 3 2-2. 注 意 事 項... 3 2-3. 推 奨 ブラウザ... 3 2-3. 改 訂 履 歴... 3 3.WEB メールを 使 う... 4 3-1.ログイン... 4 3-2.メイ

1. 目 次 2. 利 マニュアルについて... 3 2-1. 本 マニュアルを 使 うにあたって... 3 2-2. 注 意 事 項... 3 2-3. 推 奨 ブラウザ... 3 2-3. 改 訂 履 歴... 3 3.WEB メールを 使 う... 4 3-1.ログイン... 4 3-2.メイ WEB メール 利 用 マニュアル 第 2 版 平 成 27 年 3 月 1 1. 目 次 2. 利 マニュアルについて... 3 2-1. 本 マニュアルを 使 うにあたって... 3 2-2. 注 意 事 項... 3 2-3. 推 奨 ブラウザ... 3 2-3. 改 訂 履 歴... 3 3.WEB メールを 使 う... 4 3-1.ログイン... 4 3-2.メイン 画 の 構 成 と

More information

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム 研 究 者 向 け 操 作 手 引 ( 一 部 基 金 ) ( 交 付 内 定 時 決 定 後 用 ) 第 2.3 版 1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 2013 年 6 月 27 日 改 訂 SciFinder (Web 版 )でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/sci/scifinder/require.html 特 に Java は 最 新 バージョンの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A8BDF91E55765628381815B838B8354815B837283588175476D61696C817682CC8E6782A295FB5F766572332E3132202D2083528373815B2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A8BDF91E55765628381815B838B8354815B837283588175476D61696C817682CC8E6782A295FB5F766572332E3132202D2083528373815B2E646F6378> KindaiMail( 近 大 Web メールサーヒ ス) の 使 い 方 第 3.12 版 平 成 28 年 06 月 03 日 総 合 情 報 システム 部 (KUDOS) 1 / 39 0. 目 次 1. はじめに 2. ログイン URL 3. 利 用 環 境 4. 注 意 事 項 5. Gmail の 利 用 方 法 5-1.ログイン 5-2.はじめに 行 うこと 5-3. 受 信 メールの

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有 Web 電 話 帳 アプリ Android ユーザガイド 050 plus for Biz 4.1 版 平 成 28 年 6 月 20 日 NTT コミュニケーションズ 株 式 会 社 目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類.........

More information

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso 兵 庫 県 物 品 電 子 調 達 システム 物 品 関 係 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 ~ ~ 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動

More information

音が飛ぶ、途切れる、こんなビデオ会議はやらないほうがマシ

音が飛ぶ、途切れる、こんなビデオ会議はやらないほうがマシ 昨 今 見 られる 高 度 化 する SQL インジェクション クロスサイト スクリプティング 攻 撃 の 特 徴 従 来 の SQL インジェクション 攻 撃 クロスサイト スクリプティング 攻 撃 では メソッドや POST メ ソッドのパラメータ(クエリー) 部 分 に 攻 撃 用 文 字 列 (SQL インジェクションであれば ' or '1'='1 など) を 埋 め 込 むのが 一 般

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 設 置 者 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.0 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 163 目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定

More information

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx)

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx) option i-filter for D-SPA NTLM 認 証 - 基 本 設 定 説 明 資 料 デジタルアーツ 株 式 会 社 営 業 部 セールスエンジニア 課 NTLM 認 証 のメリット シングルサインオンによるWebアクセス 管 理 を 実 現! 認 証 サーバー 上 のグループ 情 報 を 用 いたルール 振 り 分 けも 可 能 ユーザー 追 加 削 除 時 などの 運 用 管

More information

サイバー攻撃対策ソリューションのご紹介

サイバー攻撃対策ソリューションのご紹介 Prowise Business Forum サイバー 攻 撃 対 策 ソリューションのご 紹 介 株 式 会 社 日 立 ソリューションズ セキュリティソリューション 部 坂 本 篤 郎 C o n t e n t s 1 APT 対 策 についての 考 察 2 出 口 対 策 ソリューション 3 入 口 対 策 ソリューション 1 APT( 新 しいタイプの 攻 撃 )とは? Advanced

More information

A2Zサーバ設定マニュアル110330.doc

A2Zサーバ設定マニュアル110330.doc 設 定 マニュ ア ル [ 2011.10.21 ] 目 次 管 理 ツール Integration-Panel へのログイン 方 法 2 DNS 設 定 手 順 3 サイト 設 定 手 順 11 メール 設 定 手 順 35 1 管 理 ツール Integration-Panel のログイン 方 法 A2Z サーバの DNS 設 定 ウェブサイト 設 定 メール 設 定 は 管 理 ツール AIntegration-

More information

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx)

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx) Ahkun AutoDaily Server AADS 管 理 サーバー 運 マニュアル 株 式 会 社 アークン 目 次 1. Ahkun AutoDaily Server の 特 徴... 2 2. AutoDaily Server の 設 置... 2 3. クライアント PC へ AutoDaily をインストールする... 2 4. AutoDaily Manager( 管 理 コンソール)へのログイン...

More information

04-03-02_禑暥ã†�ã…“ã……ã…‹ç«¯æœ«ã‡»ã……ã…‹ã‡¢ã……ã…Šæ›‰é€ƒæł¸ã•’10ã•‚V1.3.xls

04-03-02_禑暥ã†�ã…“ã……ã…‹ç«¯æœ«ã‡»ã……ã…‹ã‡¢ã……ã…Šæ›‰é€ƒæł¸ã•’10ã•‚V1.3.xls HumanBridge EHRソリューション 01. 福 来 たネット 端 末 セットアップツール 利 用 手 順 書 (Windows 10 端 末 用 ) V 1.0 1セットアップ 前 に インターネットに 接 続 出 来 るパソコンへ 福 来 たネット 接 続 (VPN)の 設 定 を 施 し 福 来 たネットをご 利 用 するための 設 定 手 順 書 となります ただし 地 域 連 携

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション パソコン 用 ご 利 用 ガイド フレッツ あずけ~るをWebブラウザでご 利 用 いただくため の 機 能 や 操 作 について 説 明 いたします ブラウザでのご 利 用 方 法 ご 利 用 環 境 ( 推 奨 ) 一 般 的 なOS ブラウザでご 利 用 いただけますが お 客 さまのご 利 用 環 境 によっては 画 面 表 示 やアプリ 動 作 が 正 常 に 行 われない 場 合 があります

More information

WebAlertクイックマニュアル

WebAlertクイックマニュアル 目 次 1 WebAlert とは...2 2 管 理 画 面 へのログイン 方 法...3 3 管 理 画 面 のログアウト 方 法...4 4 パスワードリマインダーの 利 用 方 法...5 5 管 理 画 面 の 概 要...6 6 アカウント 設 定...7 6-1 アカウント 情 報...8 6-2 アカウント 詳 細...9 6-3 メールアドレス...10 6-4 メール 通 知...12

More information

1.はじめに 本 手 順 書 は インテリジェントウェイブ 社 ( 以 下 IWI 社 )の 株 主 のお 客 様 が IWI 社 から 株 主 優 待 として 配 布 された Doctor Web 社 のアンチウイルス 製 品 ( 以 下 Dr.Web Anti-Virus)のバージョン 7 もし

1.はじめに 本 手 順 書 は インテリジェントウェイブ 社 ( 以 下 IWI 社 )の 株 主 のお 客 様 が IWI 社 から 株 主 優 待 として 配 布 された Doctor Web 社 のアンチウイルス 製 品 ( 以 下 Dr.Web Anti-Virus)のバージョン 7 もし Dr.Web Anti-Virus for Windows バージョン 9 アップグレード 手 順 書 株 式 会 社 Doctor Web Pacific 2014 年 10 月 ( 改 版 ) 目 次 1.はじめに... 2 2. 前 提 条 件... 2 3. 利 用 中 の Dr.Web Anti-Virus のアンインストール... 3 アンインストール 手 順 : 共 通 の 手 順...

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの 電 子 入 札 サービス 操 作 概 要 マニュアル ( 工 事 /コンサル) 導 入 編 平 成 27 年 6 月 目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2

More information