風 見 鶏 の 目 菊 地 馨

Size: px
Start display at page:

Download "風 見 鶏 の 目 http://kazamidori.net/kaoru/ 菊 地 馨"

Transcription

1 風 見 鶏 の 目 菊 地 馨

2 風 見 鶏 の 目 菊 地 馨

3 序 章 この 書 は ブログ 風 見 鶏 の 目 に 掲 載 された 記 事 と 読 者 から 寄 せられたコメントを 一 言 一 句 漏 らさず 掲 載 したものである 菊 地 馨

4 ( 木 ) あなたの 知 らない 沖 縄 ~ 牛 乳 パックの 謎 今 年 5 月 15 日 沖 縄 は 本 土 復 帰 30 周 年 を 迎 える 実 は 今 年 1 月 から 私 は 生 まれ 育 った 神 戸 から 生 活 の 拠 点 を 沖 縄 県 那 覇 市 に 移 した マリンスポーツ 独 特 の 文 化 や 自 然 戦 跡 巡 り な どなど その 地 域 性 からありとあらゆる 側 面 を 見 せてくれる 沖 縄 は 本 土 からの 観 光 客 を 飽 きさせることはない しかし 実 際 に 住 み 着 いてみると 観 光 では 見 つけることができな い 意 外 な 沖 縄 に 出 会 うことがある もし 沖 縄 へ 訪 れることがあ れば 牧 志 の 公 設 市 場 だけではなく 町 のどこにでもあるスー パーやコンビニをのぞいてみよう そして 牛 乳 パックを 手 に とって 欲 しい 1000ml と 思 って 手 に 取 ったパックは 実 は 946ml だったりする というよりも 店 頭 に 陳 列 されている パックのほとんどが 946ml なのである そして そのハーフ サイズは 500ml ではなく 473ml だ これは 沖 縄 が 米 軍 統 治 されていた 時 代 の 名 残 であり 946ml はヤードポンド 法 の 1 クオートに 相 当 する 沖 縄 が 本 土 復 帰 し たあと 通 貨 単 位 がドルから 円 に 車 道 がアメリカ 式 の 右 側 通 行 から 日 本 式 の 左 側 通 行 に 変 わったことなどは 教 科 書 で 習 った ことがあるが 牛 乳 パックだけは 本 土 復 帰 30 年 経 った 今 もア メリカ 式 なのだ 同 じ 売 り 場 を 眺 めているとアルプスの 山 並 みと 牧 場 グラスに 入 った 乳 酸 菌 飲 料 のパッケージが 印 刷 されたパック 飲 料 を 見 つ 3

5 けることができるだろう これはそのパッケージから 想 像 でき ない 沖 縄 限 定 の 飲 み 物 森 永 ヨーゴ である 味 はヤクルトを 少 し 甘 酸 っぱくしたような 感 じである あまりにも 沖 縄 らしくないパッケージであることから 本 土 で もあるのではないか と 思 うのだが 少 なくとも 神 戸 では 見 か けたことはなかった そこで いろいろ 調 べてみると 森 永 乳 業 が 出 しているピクニックシリーズで ヨーゴ 味 というもの が 一 時 期 本 土 で 売 られていたことがわかった しかし 今 では ヨーゴ 味 はなくなり 事 実 上 沖 縄 限 定 の 飲 み 物 となって しまったようだ 沖 縄 独 特 の 飲 み 物 といえばシークヮーサー ジュース さんぴん 茶 (ジャスミンティ)などがあるが この ヨーゴ もチェックしておきたい ( 左 ) 沖 縄 では 少 数 派 の 1000ml パックの 牛 乳 ( 中 央 ) 沖 縄 では 一 般 的 な 946ml パック パックの 大 きさは 1000ml パックと 同 じである 4

6 ( 右 ) 意 外 に 知 られていない 沖 縄 限 定 飲 料 森 永 ヨーゴ ( 沖 縄 森 永 乳 業 ) コメント kazagasira はじめまして kazagasira と 申 します 沖 縄 森 永 乳 業 森 永 ヨーゴ については 本 土 でも 大 阪 大 正 区 の 泉 尾 アーケード を 突 き 当 たった 少 し 右 手 にある 沖 縄 物 産 店 で946 ml パック が 出 ていました 沖 縄 出 身 の 方 が 多 く 住 まわれ かつ 沖 縄 との 交 流 の 多 いことから 例 外 的 に 空 輸 されてきているようです 私 は 瓶 牛 乳 の 紙 キャップのコレクターですが 瓶 では ドリン クヨーゴ という 名 称 で 愛 知 ( 江 南 市 ) 岡 山 ( 津 山 市 ) 福 岡 ( 久 留 米 市 ) 熊 本 ( 球 磨 郡 相 良 村 ) 宮 崎 ( 宮 崎 市 )の 工 場 系 列 会 社 で 製 造 されていたことが 判 明 しており 現 在 で は 宮 崎 のみ 製 造 が 継 続 されている 模 様 です なお 沖 縄 森 永 も 以 前 は 瓶 の 森 永 ヨーゴ を 製 造 しておりました ( 日 ) 米 軍 の 非 常 食 を 食 う イラク 戦 争 の 影 響 が 妙 な 形 で 我 が 家 にやってきた 先 日 とあ る 人 から イラクに 出 兵 している 米 軍 が 携 行 している 非 常 食 というものをいただいた いくら 米 軍 基 地 が 集 中 している 沖 縄 に 住 んでいるからといって これらは 民 間 人 の 私 が 簡 単 に 入 手 5

7 できるような 代 物 ではない もちろん 金 を 出 して 買 えるよう なものでもない なぜ このような 物 が 私 の 手 元 にあるのかというと あくまで も 噂 話 ではあるが イラク 戦 争 が 予 想 よりも 早 く 終 結 したの で 米 軍 のイラク 向 け 物 資 の 余 剰 在 庫 が 沖 縄 の 在 日 米 軍 基 地 に 移 され それが 米 軍 関 係 者 の 通 じて 沖 縄 の 一 般 の 人 たちの 間 に お 裾 分 け として 流 れているのだという とはいえ アメリカ 兵 が 戦 地 でどのようなものを 食 べているの か 興 味 があったので さっそく 調 理 してみることにした ちなみに この 非 常 食 は 10 数 種 類 あり それぞれステーキや らテリヤキ( 袋 にはしっかりと TERIYAKI と 書 かれてい る)など 肉 系 統 のメニューが 多 い 非 常 食 にしては 贅 沢 な 感 が あ る が 今 回 私 が 調 理 し た の は MENU NO.2 BONELESS PORK CHOP である 非 常 食 は 銃 を 構 えた 兵 隊 のマークが 印 刷 されたプラスティック 製 の 袋 にびっしりと 詰 められいる 中 をあけてみると 表 題 のポークチョップのレト ルトパックだけではなく ネスレのインスタントコーヒー 砂 6

8 糖 粉 末 グレープジュース 塩 タバスコ 真 空 パックにされ たクラッカーやケーキ ペースト 状 のチーズ リンゴの 煮 物 の レトルトパックなどが 入 っていた また 非 常 食 だけあって 水 だけで 発 熱 する 簡 易 ヒーターやスプーン お 手 ふき なぜか マッチまで 完 備 していた 気 になる 調 理 法 であるが すべて 英 語 で 書 かれていて さっぱ りわからない といっても 実 際 は 水 だけで 発 熱 するヒー ターで 温 めて 食 う だけなのだ まずヒーターの 使 い 方 である が 緑 の 袋 を 破 り 袋 の 下 線 まで 水 を 入 れ そこに 発 熱 材 を 投 入 するだけでよい イメージとしては 燻 煙 式 殺 虫 剤 を 焚 く 準 備 のような 感 じである すると 約 30 秒 ぐらいで 熱 くなるの で これを ポークチョップ レトルトパックに 巻 き 付 けるの である だいたい 2 ~ 3 分 ぐらい 巻 き 付 けておけば 十 分 にレ トルトパックは 温 まる しかし これを 自 宅 の 台 所 ですると ヒーターの 袋 から 漏 れてくる 煙 がガス 警 報 器 に 反 応 するので 要 注 意 である( 突 然 警 報 機 が 鳴 り 出 したのでびっくりした) 当 たり 前 のことではあるが この 手 の 食 糧 は 屋 外 で 食 べるのが よいだろう そして 温 めている 間 にクラッカーやらケーキやら を 準 備 し 完 成 したのが 下 の 写 真 である いよいよ 試 食 である メインディッシュのポークチョップ 見 た 目 はうまそうなのだ が 一 口 かじってみると 肉 がパサパサ しかも 堅 い 肉 自 体 に 味 がない ただし 肉 の 引 き 立 て 役 であるパスタは ソース とマッチしていて 味 は 悪 くなかった またゆで 具 合 も 最 適 で あった 次 にリンゴの 煮 物 (らしきもの) ポークチョップと 7

9 同 じようなレトルトパックに 入 っていたので 思 わず 温 めてし まったが これは 冷 やしたて 食 べた 方 が 美 味 しいかも 知 れない ( 戦 場 では 無 理 だと 思 うが ) あまり 甘 くはない またク ラッカーやケーキやチーズペーストは 市 販 されているものと 大 して 変 わらない 味 だった ところで 新 聞 報 道 によるとイラクは 着 実 に 戦 後 復 興 に 進 みつつ あるようだが その 一 方 で 経 済 制 裁 が 長 かったこともあり 食 糧 事 情 はあまり 改 善 されていないとも 言 われている もし 冒 頭 で 出 ている 噂 話 が 本 当 であるならば 食 料 のように 民 間 に 転 用 できる 余 剰 物 資 は 在 日 米 軍 ではなく このままイラクの 一 般 市 民 に 回 すことはできないものだろうか 試 食 をしなが ら ふと 考 えてしまった ' 2003 年 6 月 22 日 追 記 イラクのようにイスラム 教 徒 が 大 勢 を 占 める 国 であり 肉 やア ルコールの 食 用 については 厳 しい 戒 律 があるため 他 国 の 食 料 8

10 援 助 でも 簡 単 には 食 せない 事 情 があるとのご 指 摘 をいただきま した イスラム 教 徒 は 肉 やアルコールなどを 飲 食 する 場 合 ハラー ル と 呼 ばれる イスラム 教 の 教 義 に 基 づいて 処 理 されたもの 以 外 は 食 することができず 米 軍 の 善 意 であっても ハラー ル に 従 って 処 理 されていなければ 食 べることができません コメント 面 妖 帝 私 も かつて MRE を 食 べてみた 経 験 があります もっとも 1992 年 のことですが 当 時 のものは ヒーターなど 付 いていませんでした 味 のほうは 思 わず うーん? これ 何 やねん? です やはり 同 じアメリカ 製 でも 個 人 的 には 宇 宙 食 のほうがうまい と 思 いました ( 月 ) モノレールがやってきた 2003 年 8 月 10 日 日 本 で 唯 一 鉄 道 がなかった 沖 縄 県 に モノレールが 開 通 した 愛 称 は 沖 縄 方 言 の ゆいまーる( 助 け 合 い) にちなみ ゆいレール と 名 付 けられた 車 両 は 2 両 編 成 で 那 覇 空 港 から 首 里 までの 約 13km を 27 分 で 結 ぶ 9

11 ところで 開 業 初 日 にも 関 わらず いきなり 車 両 事 故 が 発 生 し 一 部 が 運 休 するというハプニングがあった 駆 け 込 み 乗 車 してきた 子 供 の 指 が 扉 に 挟 まれ これを 見 た 乗 客 が 子 供 を 助 け 出 そうと 力 任 せにドアをこじ 開 け 部 品 が 変 形 したことが 事 故 の 原 因 と 言 われている 子 供 が 扉 に 挟 まれ それを 乗 客 が 助 け ようとする 姿 は まさに 沖 縄 に 根 付 いた ゆいまーる 精 神 そ のものであり ゆいレール の 面 目 躍 如 といったところだが 子 供 の 頃 から 電 車 が 生 活 の 一 部 になっていた 私 にしてみれば 駆 け 込 み 乗 車 は 危 険 であることは 自 然 と 体 に 染 みついている し また 車 掌 ( モノレールの 場 合 は 運 転 士 ) は 扉 を 閉 めるとき 乗 客 の 出 入 りを 確 認 して 閉 めるのが 当 然 だという 感 覚 がある 見 方 を 変 えれば この 事 故 は 電 車 に 不 慣 れな 県 民 性 (?) を 浮 き 10

12 彫 りにした 事 故 であったともいえる モノレール 会 社 側 も 多 くの 利 用 客 が 電 車 に 不 慣 れというこ とを 見 越 して 7 月 下 旬 に モノレールの 乗 り 方 と 題 した 県 の 広 報 番 組 を 民 放 各 局 で 放 送 した これには 切 符 の 買 い 方 自 動 改 札 機 の 通 り 方 などが 事 細 かに 実 演 され なかには 自 動 改 札 機 の 切 符 投 入 口 に 小 銭 をいれないように という 注 意 ま で 盛 り 込 まれていた 実 際 このようなトラブルはなかったも のの 駅 に 行 くと 券 売 機 では 駅 員 の 説 明 を 受 けながら 切 符 を 買 う 人 がいたり 自 動 改 札 の 前 で 立 ち 往 生 する 人 びとを 見 かけ た その 一 方 で 駅 や 車 両 には 沖 縄 ならではの 心 憎 い 演 出 が 所 々に 施 されている まず 切 符 の 券 売 機 本 土 の 券 売 機 では ほとん ど 使 えない 2,000 円 札 で 切 符 を 買 うことができるのだ ただ 残 念 なのは 沖 縄 観 光 のシンボル 守 礼 門 が 描 かれている 2,000 円 札 であるが やはり 沖 縄 でもあまり 流 通 していない ちなみに 私 は 沖 縄 に 1 年 半 以 上 住 み 着 いているが 1 回 しか 手 に したことがない モノレールの 車 内 では 各 駅 のアナウンスとと もに 沖 縄 民 謡 をあしらったメロディが 流 れる しかも 各 駅 ご 11

13 とに 違 う 曲 であり 空 港 から 乗 る 観 光 客 は これまで 以 上 に 旅 情 をかき 立 てられるのではないだろうか また 車 内 には 窓 際 に 一 輪 挿 しが 備 え 付 けてあって 花 が 飾 られていた 通 勤 や 通 学 で 利 用 する 人 にとってはひとときの 癒 しになるだろう また 最 新 式 のモノレールだけあって 走 行 は 静 かであり 車 内 の 揺 れ もほとんど 感 じることはなかった 今 のところ 物 珍 しさもあってモノレールは 連 日 満 員 の 大 盛 況 であるが 果 たして このモノレールが 究 極 の 車 社 会 で 渋 滞 が 当 たり 前 の 沖 縄 に 新 風 を 吹 き 込 むことができるのだろう か 沖 縄 都 市 モノレール とはいうものの 天 下 の NHK ニュー スですら 那 覇 都 市 モノレール と 報 道 するとおり 那 覇 市 内 しか 走 っておらず しかも 那 覇 市 内 であるにもかかわらず 我 が 家 のように 最 寄 り 駅 から 30 分 も 離 れているような 地 域 がか なり 存 在 していることを 単 純 に 考 えても 全 県 的 ( 本 島 的 )な 利 便 性 が 感 じられないのである 将 来 的 にはモノレールの 延 伸 計 画 もあるようだが モノレールそのものが 近 距 離 移 動 を 目 的 とした 乗 り 物 だけに その 延 伸 距 離 も 限 界 があるだろう 個 人 的 には 那 覇 から 名 護 までの 鉄 道 を 引 けば それなりに 沿 線 を 中 心 に 発 展 し なおかつ 慢 性 的 な 渋 滞 も 解 消 できるのではな いか と 思 ってみたりするのだが これはこれで 問 題 があっ て 鉄 道 建 設 の 工 事 中 に 今 まで 以 上 の 大 渋 滞 が 発 生 し 物 流 が 滞 り 鉄 道 が 完 成 するまでに ただでさえ 全 国 最 悪 の 経 済 状 況 をさらに 悪 化 させる 可 能 性 が 考 えられる 12

14 それなら 地 下 鉄 はどうかというと 沖 縄 本 島 の 地 下 には 沖 縄 戦 の 不 発 弾 が 多 く 眠 っていて 工 事 に 危 険 を 伴 うという 説 と 地 下 は 珊 瑚 礁 から 変 化 した 堅 い 石 灰 質 になっていて 容 易 に 地 下 が 掘 れないという 説 があり いずれにせよ 非 現 実 的 だとい う となると 残 された 道 は 現 在 のモノレールを 有 効 活 用 する 方 法 である たとえば 車 社 会 の 沖 縄 とモノレールのコラボレー ションともいうべき パーク & ライド 方 式 は 都 心 部 の 渋 滞 解 消 に 少 しは 役 立 つかもしれない これは 自 家 用 車 で 駅 近 く の 駐 車 場 に 乗 り 付 け 都 心 部 の 移 動 はモノレールを 利 用 すると いう 方 法 であり 実 際 本 土 でも 試 みられている もちろん これはバスにも 当 てはまり 駅 前 に 停 留 所 を 設 けて 本 島 各 地 をバスで 結 ぶ 方 法 である これが 実 現 すればモノレールもバス も そして 県 民 にとっても 利 益 になると 思 うのだが 現 実 はそ ううまくはいかないようである バス 会 社 側 がモノレール 開 業 に 異 常 なまでの 危 機 感 を 持 ち モノレールとの 乗 り 継 ぎ 割 引 運 賃 の 割 引 率 を 巡 って いがみあいが 続 いている また 駅 を 拠 点 としたバス 路 線 の 改 変 も 一 部 の 路 線 をのぞいては 実 現 には 至 っ ていない ある 路 線 に 至 ってはモノレールと 併 走 するものもあ り 現 時 点 では 実 に 無 駄 な 交 通 体 系 となっている とにかく 走 っている 区 間 が 短 いなりにもモノレールの 開 通 に よって 沖 縄 全 体 が 大 きく 変 わる 可 能 性 を 秘 めていると 思 うの だが それは 県 民 がモノレールを 単 なる 観 光 地 の 乗 り 物 で はなく 生 活 道 具 として 使 いこなせるかにかかっていると 思 う 13

15 ( 水 ) 南 の 島 に 吹 き 荒 れる 六 甲 颪 1985 年 10 月 16 日 私 は 神 戸 で 高 校 2 年 生 をしていた テレ ビでタイガース スワローズ 戦 を 見 ながら 耳 では ABC ラジ オで 植 草 アナウンサーの 名 実 況 を 聞 いていた そう 21 年 ぶ りのタイガースのリーグ 優 勝 の 瞬 間 である その 後 翌 日 が 中 間 試 験 であるにも 関 わらず 深 夜 までタイガース 優 勝 特 番 に 歓 喜 し 翌 日 は 学 校 が 終 わると 友 人 とともに 下 校 途 中 の 駅 で 阪 神 優 勝 のスポーツ 紙 を 買 いあさったものである それから 18 年 後 何 の 因 果 か 甲 子 園 へ 野 球 を 見 に 行 くにも 飛 行 機 を 乗 らなければならないようなところに 住 み 着 いてし まった 2003 年 9 月 15 日 この 日 ほど 関 西 を 恋 しく 思 っ たことはない 当 然 のことながら 沖 縄 にはサンテレビがな い 敬 老 の 日 の 昼 下 がり 私 は NHK ラジオの 甲 子 園 からのタ イガース 戦 の 中 継 に 耳 を 傾 けていた 結 果 はご 存 じの 通 り 劇 的 なサヨナラ 勝 ちで 優 勝 へのマジックナンバーを 1 とした 後 はマジック 対 象 チームのスワローズが 負 けるのを 待 つばかりで ある しかし 戦 況 はラジオでも 知 ることはできずインターネッ トだけが 頼 りとなった あまりにも 間 が 抜 けて 味 気 ない 優 勝 の 瞬 間 をこのようにして 迎 えなければならないのか そこで 妻 に 沖 縄 の 阪 神 ファンが 集 まりそうなところへ 連 れて 行 っても らった 国 際 通 りの 一 角 屋 台 村 のような 雰 囲 気 のある 広 場 に 大 き なテレビが 設 置 され 画 面 には 昼 間 の 甲 子 園 の 試 合 が 映 し 出 さ れていた 14

16 ここに 集 まっていた 人 の 中 には どこで 手 に 入 れたのか タイ ガース 応 援 グッズを 持 った 人 もいれば はっぴを 着 込 んだ 人 も いる 国 際 通 りは 普 段 は 観 光 客 でにぎわう 場 所 であるが ここ だけは 周 辺 から 孤 立 した 独 特 の 雰 囲 気 に 包 まれていたが その 場 にいる 人 たちは 食 事 をしたりビールを 飲 んだりと 阪 神 優 勝 のビッグイベントを 目 前 に どことなく 盛 り 上 がりに 欠 けてい た 私 たち 夫 婦 も その 中 に 混 ざり i-mode でスワローズの 試 合 の 経 過 をチェックしながら 食 事 をとることにした 会 場 の 設 置 された 大 画 面 テレビはいつの 間 にか NHK-BS のニュー スに 切 り 替 わった その 中 でスワローズ 戦 の 結 果 が 速 報 される と いままで 歓 談 していた 人 たちはざわめきたった この 雰 囲 気 の 中 詰 めかけた 人 たちに 泡 盛 や 風 船 が 配 られる 風 船 は ジェット 風 船 が 足 りなくなったのか 私 たちのところには 普 通 の 風 船 が 配 られた ここでのんきに 食 事 をする 人 はいない み んな 総 立 ちである 私 も 椅 子 の 上 に 立 ち 上 がって テレビを 見 つめた 15

17 テレビではスワローズの 敗 戦 の 瞬 間 と 甲 子 園 で 待 機 していた タイガースの 選 手 がグラウンドに 出 てくる 場 面 が 映 し 出 され た その 瞬 間 がきたのだ 詰 めかけた 人 たちは 手 にしていた 風 船 を 飛 ばし 万 歳 三 唱 我 らが 国 歌 六 甲 颪 (? 道 上 洋 三 ) の 斉 唱 が 始 まった 見 ず 知 らずのタイガースファンと 握 手 を 交 わ し 抱 き 合 ったり 会 場 は 興 奮 のるつぼと 化 した 甲 子 園 球 場 で 選 手 たちの 場 内 パレードが 映 し 出 されていた 大 画 面 テレビの 後 ろにはダイエー 那 覇 店 の 建 物 が 見 えていた 日 本 シリーズの 相 手 はダイエーに 決 まりそうなので あの 看 板 に 向 かって ダイエーなんか 屁 のカッパ コールを!! もう 何 でもありである 時 間 はどれぐらい 経 っただろうか 興 奮 も 少 し 冷 め この 場 を 16

18 離 れようとしたところ 国 際 通 りを 六 甲 颪 を 歌 いながら 行 進 し てくる 一 団 に 出 くわしてしまった 帰 るに 帰 られんなぁ と 思 いつつも いつの 間 にか 六 甲 颪 や 各 選 手 の 応 援 歌 を 合 唱 するこの パレード に 混 ざっている 自 分 がいた 後 で この パレード を 先 導 していた 男 性 に 話 を 伺 ったところ みんな 知 らない 人 ばかり いつの 間 にか みんなで 国 際 通 りを 行 進 し ていた とのこと 沖 縄 三 越 前 にさしかかったところで パ レード は 立 ち 止 まった すでに 時 間 は 21 時 を 過 ぎている 当 然 三 越 はシャッターを 下 ろしていた 三 越 は 去 年 巨 人 の 優 勝 セールをしていました 宿 敵 巨 人 を 応 援 していた 三 越 に 向 かって 六 甲 颪 を!! 六 甲 颪 斉 唱 の 傍 らで 阪 神 は 優 勝 したんですか? 試 合 結 果 は? と 訪 ねてくる 観 光 客 が 後 を 絶 たなかった 中 には 18 年 前 西 武 球 場 で 日 本 シリーズを 見 ましたよ という 人 も そ んな 中 で 18 年 前 の 優 勝 に 大 きく 貢 献 した 真 弓 掛 布 岡 田 バースコールまで 巻 き 起 こる 始 末 である( 実 はこれは 私 の 提 案 だったりする) 日 本 一 南 の 優 勝 祝 賀 会 は 関 西 にも 負 けないぐ らい 盛 り 上 がったのである ( 金 ) 沖 縄 だって 冬 は 寒 かった 最 近 直 接 HTML ファイルをいじくってホームページの 更 新 をするのがめんどくさくなってきた でも 何 か 書 いてみたい そこで 何 かいい 方 法 はないかと 思 っていたところ 今 17

19 ネット 上 で 流 行 の ウェブログ で 使 われている Movable Type を 導 入 してみた ウェブログって 何? 厳 密 にはいろいろな 定 義 があるものの 現 在 日 本 における ウェブログ といえば 個 人 サイトの 日 記 サイトにいろいろな 機 能 を 付 けたようなもの とお 考 えいただくとわかりやすいだ ろうか とはいえ 毎 日 更 新 はとても 無 理 なので 今 まで 通 り 気 まぐれ で 更 新 していこうと 思 っている さて 以 前 から 当 サイトをチェックされている 方 はご 存 じとは 思 うが 私 は 2 年 前 生 まれ 育 った 神 戸 から 沖 縄 は 那 覇 へ 移 住 した 冬 になると 神 戸 方 面 からいつも 聞 こえてくるのは 沖 縄 は 温 かくてええなぁ という 声 確 かに 最 初 の 冬 は 沖 縄 の 冬 は やっぱり 暖 房 いらんやん と 正 直 全 く 部 屋 の 暖 房 を つけなかった ところが 今 年 の 冬 那 覇 市 の 気 温 は 10 を 下 回 ることはなかったものの 体 感 的 には 神 戸 にいたころの 冬 を 彷 彿 させるような 寒 さを 感 じてしまった 特 に 1 月 はエアコン の 暖 房 を 毎 日 のようにつけていた 時 期 があった 周 囲 のウチ ナーンチュに 聞 いてみても 今 年 の 冬 は 例 年 になく 寒 かったと 語 る 那 覇 の 気 温 は 同 じ 時 期 の 神 戸 の 最 高 気 温 よりも 下 回 るこ とはほとんど いや 全 くないかもしれない 沖 縄 の 寒 さの 秘 密 は 気 温 よりも 風 にあると 思 う 大 阪 湾 周 辺 の 場 合 海 面 と 山 地 の 温 度 差 により 時 間 帯 によって 風 の 強 さや 向 きが 時 間 に よって 変 わるため 特 に 冬 型 の 気 圧 配 置 にならない 限 りは 恒 常 的 に 風 が 吹 くことはあまりない ところがここでは 1 日 中 風 が 吹 いているのである ただ 沖 縄 の 場 合 冬 でも 日 向 に 出 る 18

20 と 温 かくなる しかし 今 年 の 1 月 は 太 陽 が 顔 を 出 す 日 も 少 な かったこともあり とにかく 寒 かったのである 年 末 年 始 私 は 神 戸 へ 帰 郷 した 内 地 の 寒 さをしばらく 経 験 していないこともあり 那 覇 の 自 宅 を 出 る 段 階 からコートを 羽 織 って 出 かけた 手 荷 物 にするのがめんどくさいためである が はっきりと 言 って 汗 ばんだ ところがこの 状 態 で 関 空 に 着 くと 予 想 に 反 して そんなに 寒 く 感 じなかった 実 家 に 帰 っ て 親 に 聞 くとここ 数 日 は 温 かかったという ところが 水 道 の 蛇 口 をひねって 沖 縄 との 差 を 痛 感 させられ た 水 が 身 を 切 るように 冷 たいのである 沖 縄 ではまず 体 感 す ることはないだろう 今 まで 冬 の 水 の 冷 たさはこんなものだ とは 思 っていたのだが わずか 2 年 で 沖 縄 の 気 候 になじんでし まうとは ところで 2 月 も 下 旬 に 差 し 掛 かろうとしている 太 陽 はカンカンと 照 り 日 中 は 20 を 超 える もう 沖 縄 の 冬 は 終 わったのかもしれない 今 日 バスに 乗 ったら 冷 房 がかかっ ていた 写 真 は 2003 年 12 月 30 日 ぶらっと 東 遊 園 地 に 立 ち 寄 った ら まだ 神 戸 ルミナリエのガレリアが 残 っていたので 携 帯 電 話 のカメラで 撮 影 19

21 ( 日 ) 聖 地 へ!! 2 月 21 日 2 月 なのに 20 を 超 えるポカポカ 陽 気 半 袖 シャ ツ 一 枚 で 遠 出 してみた 今 日 は 道 中 に 見 つけたものをご 紹 介 したい 那 覇 の 自 宅 を 出 て 国 道 58 号 線 を 北 上 する 宜 野 湾 市 に 入 るとどうしても 取 り 上 げたいスポットがある 左 側 に 沖 縄 アクターズスクールの 白 い 建 物 が 見 えてくる 知 る 人 ぞ 知 る JPOP に 一 時 代 を 築 いた 安 室 奈 美 恵 や SPEED MAX らを 世 に 送 り 出 したあの 沖 縄 アクターズスクールである しかし 私 が 注 目 したいのはその 隣 にあるこぢんまりとした 琉 球 家 屋 であ る そう この 建 物 こそ 一 部 で 神 いやネ 申 と 崇 められている 又 吉 イエス 氏 の かつての 自 宅 兼 選 挙 事 務 所 なのである いわば 聖 地 と 言 ってもいいだろう 沖 縄 に 移 住 して 初 めての 選 挙 が 2002 年 11 月 の 沖 縄 県 知 事 選 挙 であった 候 補 者 については 全 くの 情 報 がなかったので 私 は 選 挙 公 報 をじっくりと 見 て 候 補 者 を 決 めようと 思 っていたら マタヨシ 光 雄 候 補 のやたら 小 さな 字 で 書 かれた 公 報 に 目 がいった 何 しろ 対 立 候 補 に 対 して 腹 を 切 って 死 ぬべき と 言 い 放 ち しかも 地 獄 の 火 の 中 に 投 げ 込 む と 追 い 打 ちをか ける こんな 候 補 者 が 今 までにいただろうか 結 局 このネ 申 は 知 事 選 に 落 選 したことをきっかけに 選 挙 事 務 所 を 東 京 へ 移 したのだが 今 も 自 宅 建 物 が 残 っている 主 いやネ 申 が 移 住 して 1 年 以 上 経 つが 未 だに 敷 地 には 自 由 に 入 れる 状 態 に なっている しかし 外 から 見 る 限 り 家 が 荒 らされている 様 子 はない やはりネ 申 のオーラが 一 般 人 を 入 れさせないのだろう 20

22 か とりあえず 詳 しくは 又 吉 イエス 非 公 式 サイトで 熟 知 すべ し さらに 北 上 すると 観 覧 車 が 見 えてくる 北 谷 町 の アメリカ ンビレッジ である 観 覧 車 のほか 飲 食 店 やファッション 関 係 のショップ 映 画 館 などが 集 まる 羽 賀 研 二 がオーナーを 務 め る 南 国 食 堂 もここにある 帰 路 にここで 食 事 を 取 ったのだ が 1000 円 のランチバイキングは 値 段 の 割 には 美 味 かっ た ただ 個 人 的 には このすぐ 近 くにある 韓 国 風 焼 肉 屋 がお 薦 めであるが ここについてはまたの 機 会 にご 紹 介 したい そしてリゾート 地 恩 納 村 を 通 過 万 座 毛 や 珊 瑚 礁 のビーチが 続 くのだが この 辺 りはガイドブックにも 載 っているので ここ ではあえて 通 過 恩 納 村 といえばやはり おんな 村 いんぶビー チ でしょ ( 略 ) 縦 長 の 恩 納 村 を 突 っ 切 ると まもなくし て 万 国 津 梁 館 という 看 板 が 見 えてくる ここは 沖 縄 サミットの 会 場 である そして 間 もなくすると 道 の 駅 許 田 が 見 えてく る 道 の 駅 許 田 といえば 日 本 最 南 端 の 道 の 駅 であるが 私 は おっぱ 牛 乳 の 聖 地 と 崇 めているポイントである おっ ぱ 牛 乳 とは 何 なのか これを 説 明 すると 長 くなるので 私 が 立 ち 上 げたファンサイトを 参 考 にしていただきたい 21

23 ここで 食 べる おっぱ 牛 乳 のジェラートは 絶 品 である いろ んな 味 があるがお 薦 めは ミルク 味 or ソフトクリーム である 実 はこの 道 の 駅 にはもう 一 件 ジェラートの 店 があるの で 巨 乳 をさらけ 出 している 牛 のマークが 目 印 の 店 で 食 べてい ただきたい ちなみに 今 沖 縄 で 一 番 ホットな 観 光 スポット 美 ら 海 水 族 館 の 入 場 券 が 現 地 で 買 うよりも 2 割 引 きで 買 えるので 絶 対 に 立 ち 寄 るべきである ( 土 ) 森 永 ヨーゴに 新 製 品 去 年 このサイトでとりあげた 沖 縄 限 定 乳 飲 料 森 永 ヨーゴ に 新 製 品 がでた 22

24 その 名 も 森 永 フルーツヨーゴ 青 リンゴ 味 飲 んだ 感 想 は 森 永 ヨーゴの 青 リンゴ 味 (そのまんまやんか~) ちなみに 果 汁 1.5 % 未 満 色 は あえてたとえると 神 戸 の 個 人 タク シーの 車 体 色 森 永 ヨーゴ ではなく 森 永 フルーツヨー ゴ という 商 品 名 だが 今 のところ 青 リンゴ 味 しかないもよ う ( 火 ) 危 機 感 がない? 沖 縄 県 民 沖 縄 本 島 夜 間 断 水 へ 昨 日 開 かれた 沖 縄 渇 水 対 策 連 絡 協 議 会 の 協 議 で 29 日 にも 沖 縄 本 島 の 一 部 を 除 く 29 市 町 村 と 離 島 の 伊 江 島 で 給 水 制 限 が 実 施 される 見 通 しとなった 具 体 的 には 夜 間 22 時 から 翌 朝 6 時 までの 夜 間 断 水 が 実 施 される 沖 縄 本 島 での 給 水 制 限 は 1994 年 以 来 10 年 ぶりになるが 今 回 の 給 水 制 限 では 3 ~ 10 % 程 度 の 節 約 にしかならないと 言 う 沖 縄 では 前 回 の 渇 水 の 教 訓 として 独 自 に 水 タンクを 備 えてい る 家 が 多 いせいか 特 に 断 水 だからといって 慌 てる 人 はいない ようだ だが 水 不 足 については 昨 年 末 ぐらいから 懸 念 され 特 に 今 月 に 入 ってからは 県 がマスコミなどを 通 じて 県 民 に 節 水 を 呼 びかけてきた しかし 水 の 消 費 量 は 今 も 依 然 と 変 わらな いという のど 元 過 ぎれば というわけではないのだろうが 危 機 感 が 感 じられない 23

25 ふと 阪 神 淡 路 大 震 災 の 時 のことを 思 い 出 した 神 戸 市 中 央 区 震 度 7 エリアのど 真 ん 中 で 生 まれ 育 った 私 にとって 水 道 工 事 以 外 での 断 水 というものを 生 まれて 初 めて 経 験 した 幸 い 我 が 家 は 震 災 前 から 近 所 でわき 出 ていた 地 下 水 をペットボ トルに 汲 み 飲 食 用 として 備 蓄 していたので 地 震 直 後 飲 み 水 には 困 らなかったのだが 入 浴 洗 髪 排 泄 洗 濯 など 生 活 していくためには 何 かと 水 は 必 要 であった もちろん 渇 水 による 給 水 制 限 と 災 害 による 断 水 は 事 情 が 違 うの で 一 概 に 比 較 できないが 沖 縄 はこれから 夏 へと 向 かい 何 かと 水 がこれまで 以 上 に 必 要 になる 季 節 いくらタンクが 普 及 しているからといっても 節 水 をおろそかにするのはいかが なものだろうか とりあえず 次 回 は 自 分 が 震 災 から 学 んだ 水 の 使 い 方 につ いて 記 してみたいと 思 う ( 土 ) 断 水 生 活 シミュレーション あなたはバリバリ 働 くサラリーマン 給 料 日 前 のある 日 残 業 を 終 えてアパートの 自 宅 へ 帰 宅 したのは 22 時 家 に 入 るなり あなたは いつものようにトイレへ 駆 け 込 んだ すでに 22 時 を 過 ぎているが トイレからの 水 は 流 れてくる そう タンク に 貯 まっていた 水 があったからだ さて 食 事 の 用 意 であるが 自 炊 する 気 力 もない 買 い 置 きの 24

26 カップ 麺 を 作 り ふたを 開 ける そしてお 湯 を 沸 かそうと 蛇 口 をひねるが 水 は 出 ない 明 日 出 勤 前 に 鍋 や 薬 缶 に 飲 食 用 の 水 を 確 保 しておくか 仕 方 なく 冷 蔵 庫 にある 残 り 物 で 焼 き 飯 を 作 る 食 事 が 終 わ り いつものように 食 器 を 片 づけようとしたときに あなたは ふと 気 が 付 くのである 食 器 が 洗 えない これも 出 勤 前 に 片 づ ければいいか しかし 出 勤 前 はゆっくりと 寝 ていたいし 朝 の 支 度 もやっかいである このような 事 態 に 備 えて ラップと 紙 コップを 準 備 しておきたい 食 器 にラップで 包 み その 上 に 食 べ 物 を 盛 る 食 後 はラップをはがすだけで 後 かたづけが 完 了 食 器 洗 いに 水 を 使 わなくても 済 む 紙 コップは 飲 料 用 のコップ として 使 う そして 睡 眠 寝 る 前 にもう 一 度 トイレへ 後 は 書 くまでもな いだろう 震 災 時 は 近 所 の 小 学 校 のプールの 水 を 大 きなバケツ に 汲 み 家 まで 運 んで 排 泄 物 を 流 したものだが 今 回 のような 断 水 では この 技 を 使 うことはできないだろう 水 が 出 ている ときに 湯 船 にある 程 度 水 を 張 り バケツで 流 すことをお 薦 め する 本 稿 では 最 悪 の 事 態 をシミュレートしているが もし 断 水 期 間 が 終 わると 私 たちは 無 反 省 に 湯 水 のごとく 水 を 使 ってしまう だろう しかし これでは 慢 性 的 な 沖 縄 の 水 不 足 の 根 本 的 な 解 決 にはならない 日 頃 からの 節 水 を 心 がけ 限 りある 水 資 源 を 有 効 に 使 いたいものである 25

27 たとえば 洗 顔 中 は 水 を 出 しっぱなしにせず 洗 面 器 に 水 をく み 洗 顔 する 食 器 などを 洗 う 際 食 器 やフライパン 等 のしつ こい 汚 れは あらかじめ 新 聞 紙 などでふき 取 っておく 洗 濯 は 風 呂 の 残 り 湯 を 使 う などなど ところが 沖 縄 では 風 呂 にはいる 際 湯 船 につかるという 習 慣 が なく シャワーで 済 ます 人 が 多 いという 確 かに 沖 縄 の 気 候 を 考 えると 湯 船 につかるよりもさっぱりするのも 事 実 である 1 人 暮 らしの 場 合 は 湯 船 につかる 場 合 とシャワーにつかる 場 合 水 の 使 用 量 はどちらにほぼ 変 わらないらしいが 家 族 が 増 えるにつれ 水 の 使 用 量 は 湯 船 につかる 場 合 のほうが 節 水 でき る また 残 り 湯 を 洗 濯 用 に 使 うことによって 節 水 効 果 はさらに 高 まる もし 今 回 の 断 水 が 長 引 く 場 合 もしかすると 沖 縄 の 人 の 生 活 ス タイルが 変 わってくるかもしれない 夜 間 断 水 は 3 月 29 日 か ら 毎 日 22 時 から 翌 朝 6 時 に 実 施 される 予 定 ( 木 ) イシガケチョウ 乱 入 昨 夜 我 が 家 に 変 わったお 客 様 がやってきた 26

28 携 帯 電 話 のカメラで 撮 影 したのでわかりにくいかも 知 れない が 今 まで 見 たことがない 蝶 である 沖 縄 では 珍 しくないそう だが 私 にとっては 初 めて 見 る 蝶 である これは イシガケ チョウ または イシガキチョウ と 呼 ばれる 蝶 なのだそう だ 羽 に 石 崖 石 垣 に 似 た 模 様 があることから このような 名 前 がついたらしく 日 本 では 九 州 南 部 から 南 西 諸 島 に 生 息 する とのこと 神 戸 で 過 ごした 少 年 時 代 私 は 昆 虫 好 きで 春 から 夏 にかけ 毎 週 日 曜 日 になると 虫 取 り 網 と 虫 かごを 持 って 布 引 の 山 へ 行 っ ていた こう 書 くとワイルドな 少 年 時 代 を 過 ごしていたかのよ うに 思 うかもしれないが 当 時 住 んでいた 家 は 神 戸 最 大 の 繁 華 街 三 宮 から 徒 歩 15 分 ぐらいのところ 市 街 地 のど 真 ん 中 にあった 山 へ 虫 取 りに 行 くと 言 っても そんな 家 から 徒 歩 20 分 程 度 いけば 布 引 の 滝 にだって 行 けたし 1 時 間 もあるけ ば 市 が 原 という 山 奥 の 河 原 まで 行 くことができた カブト ムシやクワガタムシは 捕 れなかったが カナブンやテントウム シ 蝶 や 蛾 バッタなど いろんな 虫 を 捕 っていた そういえ 27

29 ば 新 幹 線 新 神 戸 駅 真 下 の 河 原 でもアメンボや 小 さなカエルな ども 捕 まえに 行 ってたなぁ そんな 布 引 の 山 も 今 ではロープ ウエーが 通 り ハーブ 園 が 出 来 て 観 光 地 と 化 してしまった 夜 になるとハーブ 園 の 建 物 がライトアップされ 華 々しくなっ たが そんな 光 景 を 見 ると どことなく 寂 しく 思 うのである 家 に 迷 い 込 んだイシガケチョウを 見 て ふと こんなことを 思 い 出 してしまった インターネットで 調 べてみると このイシ ガケチョウ 最 近 では 京 阪 神 でも 見 かけることがあるらしい もともと 熱 帯 に 生 息 する 蝶 らしいが 生 息 域 が 北 上 していると すれば やはり 地 球 温 暖 化 の 兆 候 なのだろうか ( 月 ) 沖 縄 本 島 の 夜 間 断 水 延 期 へ 本 日 22 時 から 実 施 される 沖 縄 本 島 の 夜 間 断 水 は 先 週 末 の 雨 により 延 期 されることになった とはいえダムの 貯 水 率 は % これは 例 年 の 6 割 程 度 の 貯 水 率 であるため 引 き 続 き 日 ごろの 節 水 には 心 がけたい ( 日 ) そんなこと 断 言 されてもなぁ 今 朝 の 沖 縄 タイムス に 面 白 い 記 事 を 発 見 した 28

30 もし 沖 縄 タイムス を 取 っている 人 がいたら ぜひ 見 てもら いたいが 9 面 ( 経 済 面 )にその 記 事 が 出 ている そこには 沖 縄 県 内 の 食 肉 業 者 の 社 長 のエッセイらしきものが 載 っているの だが その 中 にこんな 一 文 が 出 ていた 来 県 する 観 光 客 の 中 で 神 戸 牛 を 食 べたい! とおっしゃる 方 はお 一 人 もいません 断 言 します 断 言 されてもなぁ 沖 縄 に 来 て 神 戸 牛 を 食 べたい 観 光 客 は 普 通 に 考 えてもおらんやろ(あえて 関 西 弁 ) だいたい 神 戸 生 まれ 神 戸 育 ちの 私 でさえ 神 戸 牛 なんて( 以 下 略 ) とりあえず この 社 長 は 1 年 ぐらい 県 外 へ 旅 行 することをお 薦 めしたい ところで ここのところ 毎 日 菊 池 馨 という 検 索 キーワー ドで このページへアクセスしてくれる 方 がおられるんです が 私 の 名 前 は 池 ではなくて 地 ですので そこのとこ ろ よろしくお 願 いします ひょっとして 私 のお 知 り 合 いなの でしょうか コメント 面 妖 帝 う~ん やはり3 年 前 に 大 問 題 になったBSEのせいでしょう か? 私 個 人 怖 くて 牛 肉 一 切 口 にしておまへん 29

31 あ~ いつになれば 問 題 解 決 するのでしょう? 早 ようステーキ 食 いたいでんなぁ かおる 面 妖 帝 さん いらっしゃいませ 一 昨 日 三 宮 の 焼 肉 屋 六 甲 で 焼 肉 を 食 べてきました 和 牛 盛 り 合 わせを 頼 んだのですが サービスでタン 塩 がついて きたこともあって 全 部 を 食 べることができず すこし 残 して しまいました みるからにいい 肉 だっただけに 勿 体 ないことをしました あまりにも 量 が 凄 く 食 べることに 必 至 になっていたため 味 が わからなかったのも 事 実 ( 土 ) うまいラーメンは 焼 肉 屋 にあり!! ウチナーンチュは 沖 縄 にうまいラーメンはない という と はいえ 沖 縄 では 内 地 のラーメンチェーン 店 が 多 く 進 出 している こともあって レベルとしては 極 端 にまずいラーメン 屋 もない といってよい 最 近 は 横 浜 のラーメン 博 物 館 にも 進 出 している 那 覇 市 の 通 堂 (とんどう) が 沖 縄 ラーメンの 代 表 と 言 われ ているが 個 人 的 には 世 間 がチヤホヤするほど 美 味 いとは 思 わ なかった 県 産 の 豚 や 鶏 をベースにしたスープに 冬 瓜 (シブ イ)などの 具 を 用 いるなど 沖 縄 の 食 材 にこだわっているが 全 30

32 体 として 上 品 すぎる 味 になっていると 思 う ただしラーメンに 付 いてくる 煮 卵 は 絶 品 黄 身 がゼリー 状 でプルンプルンとして いた ちなみに 近 日 この 通 堂 の おとこラーメン が 生 麺 タイプのカップ 麺 として 沖 縄 県 内 のファミリーマートで 発 売 される 予 定 である こちらには 煮 卵 は 付 かないようである ところで 私 が 沖 縄 で これは 美 味 い と 思 ったラーメンがあ る それはラーメン 店 ではなく 北 谷 町 にある 韓 国 風 焼 肉 屋 た かちゃん で 食 べた ネギみそラーメン である 沖 縄 に 来 て 間 もなく たまたま 小 腹 が 空 いたので 立 ち 寄 った 焼 肉 屋 で 食 べたのが 初 めての 出 会 いであるが 特 に 凝 った 味 付 け をしているわけではないのだが とにかく 美 味 いのである そ れ 以 来 北 谷 方 面 へ 行 ったときは この 焼 肉 屋 でラーメンを 食 べている もちろん 焼 き 肉 もうまいのは 書 くまでもないが こ このラーメンはコストパフォーマンスにも 優 れていて 焼 肉 キムチ ご 飯 生 野 菜 サラダ そしてラーメンがついた ラー メン 定 食 が なんと 850 円 で 食 べられるのである この 定 食 のラーメンも 場 末 のラーメン 屋 にある 定 食 につく 小 さなラー メンではなく 普 通 サイズのラーメンである ラーメンは しょうゆ しお みそ 等 があるが 特 にお 薦 めは ネ ギみそラーメン である ちなみに 焼 肉 のお 薦 めは 上 タン 31

33 塩 いろんな 焼 肉 屋 でタン 塩 を 食 べたが 今 のところ ここ よりも 美 味 いタン 塩 はないと 断 言 してもよい あとサイドメ ニューとしてキムチ 風 味 付 けの 焼 き 豆 腐 もお 薦 めである ( 写 真 ) たかちゃん のラーメン 定 食 これで 850 円 奥 右 側 にあるのは 上 タン 塩 焼 肉 屋 たかちゃん 那 覇 からだと 国 道 58 号 を 北 上 北 谷 の 桑 江 交 差 点 を 左 折 後 一 つ 目 の 角 を 右 折 し 50m ぐらいのと ころにある ハングルの 横 断 幕 が 目 印 ( 月 ) わしたショップ 三 宮 店 オープン 実 は 突 発 的 な 思 いつきで 1 日 から 神 戸 に 帰 省 している 突 然 の 思 いつきとはいえ 実 家 には 沖 縄 土 産 を 持 参 しなければな らないのは 当 然 であり 沖 縄 で 買 い 込 み 神 戸 に 帰 ってきたわ けだが 2 日 付 けの 神 戸 新 聞 朝 刊 を 見 て びっくりしてし まった なんとテレビ 欄 下 の 目 立 つところに わしたショップ 三 宮 店 オープン の 広 告 がデカデカと 出 ているではないか 何 のために 重 い 思 いをして 土 産 を 買 ってきたのか 早 速 オープン 初 日 に その わしたショップ 三 宮 店 を 偵 察 してきた 三 宮 店 はセンター 街 とセンタープラザの 地 下 1 階 の 2 か 所 にある 最 初 に 覗 いたのはセンター 街 の わしたショッ 32

34 プ 実 母 とわれわれ 夫 婦 で 言 ったのだが あまりにも 小 さい ではないか だが 店 員 さんから 1 枚 の 地 図 と 粗 品 引 換 券 をも らった それにはセンタープラザ 地 下 にもあるというではない か とりあえず その 地 下 へ 行 ってみた センタープラザのエスカレーターで 那 覇 市 観 光 キャンペーンの 女 性 がにこやかに わしたショップはこの 下 です とほほえみ かける 神 戸 で 生 まれ 育 ち 30 年 以 上 も 神 戸 に 住 んでいたとは いえ 今 は 本 籍 も 住 民 票 も 那 覇 市 にある 私 にとって 妙 であっ た そのエスカレーターを 降 りて 左 側 に 比 較 的 大 きな わし たショップ があった 新 垣 のちんすこうも 海 ぶどうも 沖 縄 そばも 今 回 沖 縄 で 買 ったものがすべてここにあるではない ですか( 笑 ) しかも 先 週 那 覇 で 妻 にプレゼントした ちゅ ら 玉 も ( 笑 ) とりあえず 粗 品 引 換 券 をもらったので 粗 品 の もろみ 酢 をも らう 粗 品 を 渡 していた 女 性 に 一 言 実 は 私 たち 沖 縄 から 来 たんですよ 女 性 は 苦 笑 していた わしたショップ 三 宮 店 携 帯 のカメラで 撮 影 参 考 : 沖 縄 県 物 産 公 社 わしたショップ 33

35 ( 火 ) 神 戸 空 港 の 空 弁? 今 日 那 覇 に 帰 ってきた 帰 りの 飛 行 機 がちょうどお 昼 時 ということもあり 伊 丹 空 港 で 噂 の 空 弁 ( 空 港 弁 当 )を 買 ってみた ん!なぜ こんな 所 に 風 見 鶏 の 絵 が 入 った 弁 当 が よくみると 新 神 戸 駅 の 駅 弁 でおなじみ 淡 路 屋 謹 製 の 空 弁 ではないか しかし ここは 伊 丹 空 港 ひょっとして い ずれは 神 戸 空 港 の 空 弁 になるのではないのか? 中 身 の 写 真 も 撮 りたかったのだが 写 真 撮 影 とはいえ 機 内 で 携 帯 電 話 の 電 源 をいれるのはよくないので 撮 ることはできな かったが 弁 当 の 中 身 は 次 のようなモノが 入 っていた 竹 の 子 ご 飯 卵 焼 き 昆 布 巻 き 焼 き 魚 牛 肉 の 煮 物 イカナゴの 釘 煮 三 色 団 子 桜 餅 など 牛 肉 の 煮 物 イカナゴはいかにも 神 戸 をイメージしたもの であるが これは 伊 丹 空 港 の 空 弁 である 参 考 :お 弁 当 の 淡 路 屋 34

36 (サイト 上 には 空 弁 の 情 報 はなかった) トラックバック 空 弁 人 気 ランキング / こんばんは 今 日 も 一 日 お 疲 れ 様 でした 暖 かい 一 日 でしたが 花 粉 で 目 はかゆいばかりで 困 りま した 使 い 捨 てコンタクト 捨 ててすっきりしたと ころです さて 今 日 徒 然 する 雑... GWの 最 後 は 美 味 しい 晩 酌 で 締 めくくります ( ^* ) / 今 日 は 娘 と 映 画 名 探 偵 コナン 水 平 線 上 の 陰 謀 を 鑑 賞 子 供 の 日 だけあり 親 子 ずれで 混 雑 していましたが 映 画 自 体 は 軽 快 なテンポで 進 み 大 人 も 十 分 楽 しめる (" "*... 思 わずオーバーラン 午 後 2 時 前 に 那 覇 空 港 に 到 着 ゆいれーる で 帰 ってきた おもろまち 駅 まで 乗 ったのだが 客 が 減 っていると 報 道 されて 35

37 いる 割 には 意 外 に 客 が 乗 っているではないか それはともか く 壺 川 駅 に 停 車 するとき ホームの 停 車 位 置 より 1m 前 後 オーバーランした 車 掌 の 停 車 位 置 が 少 しずれましたので バックします の 車 内 放 送 とともに モノレールはバック モ ノレールという 最 新 の 交 通 機 関 の 中 なのに 時 間 がゆったり 流 れているような のどかな 光 景 沖 縄 に 帰 ってきたんだなぁ と 思 ってしまった コメント 面 妖 帝 またお 世 話 になります オーバーランといえば 航 空 機 をはじめ 多 種 多 様 なものがありま すが 中 でも 身 近 なのは 車 ですね かつて 某 国 立 大 病 院 の 外 来 駐 車 場 の 誘 導 のアルバイトしたこ とがあるのですが そこではオーバーランどころか それを 超 越 するのが ごくあたりまえの 光 景 でした 路 面 に 一 時 停 止 のラインが 描 いてあるにも 関 わらず たいてい の 輩 は 無 視 して 通 過 はたまた 進 入 禁 止 の 標 識 があるのに 平 気 な 面 構 え 入 りこむヤツ までいました すると 向 こうから 出 ようとした 車 と 鉢 合 わせ! お 互 いクラクションを 鳴 らし 始 め やがて 車 から 降 りてガチン コになる 始 末 で もうワヤでした! それもタクシーの 運 ちゃんが 無 理 に 逆 走 したのですから 開 いた 口 がふさがりませんでした 36

38 ( 水 ) 花 火 が 見 える 家 年 に 一 度 ここに 住 んでよかったと 思 う 時 期 がやってきた 5 月 3 日 ~ 5 日 にかけて 那 覇 市 に 初 夏 の 訪 れを 告 げる 那 覇 ハーリー というお 祭 りがある ハーリーとは 爬 龍 船 とい う 船 のことで 学 校 や 職 場 のグループごとにチームを 組 み こ の 船 の 競 漕 が 行 われる 祭 り 期 間 中 毎 晩 花 火 が 打 ち 上 げら れるのだが なんと この 花 火 私 が 住 むマンションのベラン ダから 間 近 に 見 ることができるのだ この 花 火 を 見 るため 市 内 の 各 道 路 では 大 渋 滞 が 巻 き 起 こるの だが このような 世 間 の 荒 波 にもまれることなく クー ラーのある 部 屋 から まったりと 眺 める 花 火 は 至 福 のひととき である 一 昨 日 は 神 戸 北 野 坂 で インフィオラータ を 見 て 昨 日 と 今 日 は 那 覇 で 花 火 を 愛 でて まさに 目 の 保 養 となっ たゴールデンウイークだった 37

39 参 考 : 琉 球 はナビイリュージョン in 那 覇 ハーリー ( 沖 縄 テレビ ) ( 土 ) ず~っと 中 休 み 中 休 みといってもこのサイトの 更 新 のことではない 梅 雨 の 中 休 み のことである 今 日 九 州 四 国 中 国 地 方 で 梅 雨 入 りしたようだが ここ 沖 縄 では 5 月 5 日 に 梅 雨 入 りしている このブログでも 取 り 上 げ ている 通 り 沖 縄 では 水 不 足 が 懸 念 され 本 島 での 貯 水 率 は 50% 前 後 の 状 態 がここ 1 ヶ 月 以 上 続 いている このため 県 民 の 梅 雨 への 期 待 は 大 きかったのだが 未 だまとまった 雨 はな い 全 国 の 天 気 予 報 で よく 耳 にするのが すでに 梅 雨 入 りしてい る 沖 縄 では 梅 雨 の 中 休 みとなるでしょう のせりふ はっきり 言 って 入 梅 から 今 まで 中 休 みのほうが 多 いではないか 雨 が 降 ると 言 っても 夕 立 や 通 り 雨 のようなものばかり これで も 梅 雨 といえるのか 梅 雨 に 人 格 があるとすれば まじめに 仕 事 しろ と 言 ってやりたい 38

40 実 は 当 サイトへのアクセス 記 録 を 見 ると 沖 縄 貯 水 率 とい う 検 索 語 でアクセスしてくる 人 が 結 構 いる その 多 くは 沖 縄 県 内 からのもので なぜか 嘉 手 納 基 地 内 からのアクセスも 多 い 雨 の 話 題 は 全 県 的 な 関 心 事 といってもよいだろう 今 日 も 那 覇 は 晴 れである ( 水 ) 宛 先 が 不 明 です? 最 近 仕 事 で 出 した 郵 便 物 が 2 件 ほど 宛 先 不 明 で 帰 ってき た 2 件 とも 先 方 に 電 話 で 住 所 を 確 認 した 上 で 送 ったもの で 宛 名 はワープロ 打 ちである 再 度 2 件 の 宛 先 へ 電 話 をか けて 確 認 したら やはり 帰 ってきた 郵 便 物 と 同 じ 住 所 であっ た 念 のため 字 に 間 違 いがないかどうかも 確 認 をとったが や はり 帰 ってきた 郵 便 物 と 同 じだった 手 紙 の 受 取 人 本 人 にここ ので 確 認 しているにもかかわらず 宛 先 不 明 とはどういうこ となのか 郵 便 局 員 が 配 達 を 怠 けているのではないか とかん ぐってしまう 39

41 ところで 電 子 メールの 場 合 宛 先 が 間 違 っていたり 宛 先 の メ ー ル ア ド レ ス が な く な っ て い た り す る と MAILER- DAEMON というところから 宛 先 間 違 いを 指 摘 するメール が 返 送 される 何 しろ 相 手 は 機 械 なので 1 文 字 でも 間 違 って いれば 情 け 容 赦 なく すぐにこのメールが 届 く ところが 世 の 中 には 面 白 い 人 がいて この MAILER-DAEMON さん に 返 事 を 出 す 人 がいるというのだ メーラーだえもんさんへのお 手 紙 ほとんどが 携 帯 メールの 人 が 返 信 を 送 っているようであるが 中 には 面 白 いものが 多 い 反 面 逆 切 れして 死 ね などと 返 信 するものもかなりあるようである しかし 相 手 が 機 械 ( メー ルサーバー ) とはいえ すぐに 極 論 のメールを 送 るとは 荒 ん だ 世 の 中 になったものである ( 木 ) 暑 い 夏 の 記 録 沖 縄 は 日 本 で 一 番 暑 いと 思 われがちだが 実 はそうでもない 私 が 那 覇 に 移 住 して 最 高 気 温 が 35 度 を 超 えた 日 は 記 憶 にほ とんどない 過 去 の 記 録 を 調 べてみると 那 覇 での 最 高 気 温 のトップ 3 は 以 下 のとおりであった 40

42 1 位 35.6 (2001 年 08 月 09 日 ) 2 位 35.5 (2003 年 08 月 03 日 ) 3 位 34.9 (1991 年 07 月 11 日 ) 私 が 那 覇 に 移 住 したのは 2002 年 1 月 のことなので 35 度 を 超 えたのはたった 1 日 だけということになる 今 年 に 関 して 言 えば 7 月 27 日 に 記 録 した 33.1 が 最 高 である 日 々の 全 国 の 天 気 予 報 で 予 想 最 高 気 温 が 36 とか 37 といった 予 報 を 見 ると アホみたいな 温 度 やなぁ と 思 うようになってしまっ た 今 日 は 東 京 都 心 部 での 連 続 真 夏 日 の 日 数 が 38 日 間 となり 東 京 での 連 続 真 夏 日 の 記 録 を 塗 り 替 えたそうである ちなみに 那 覇 では 7 月 7 日 から 本 日 までその 記 録 が 続 いているが 東 京 よ り 1 日 少 ない 37 日 また 全 国 規 模 でみると 熊 本 市 で 46 日 連 続 が 最 多 である 過 去 の 記 録 を 紐 解 くと 1961 年 以 降 では 1995 年 に 日 本 最 東 端 の 南 鳥 島 で 観 測 された 115 日 連 続 が 最 長 本 州 では 1994 年 に 神 戸 市 で 記 録 した 76 日 連 続 (1994 年 7 月 2 日 ~ 9 月 15 日 ) が 最 長 なのだそうだ 1994 年 の 神 戸 市 って 思 い 切 り 神 戸 市 で 神 戸 市 民 をしていたころじゃないで すか!! あまり 記 憶 にないが 確 か 全 国 的 な 米 不 足 でタイ 米 をまずいな どと 食 っていた 頃 ではないだろうか 琵 琶 湖 の 水 不 足 が 懸 念 さ れ ニュースでは 毎 日 のように 琵 琶 湖 の 水 位 が 報 道 されていた ように 思 う ちなみに 神 戸 の 観 測 史 上 最 高 気 温 のトップ 3 のす 41

43 べてが 1994 年 に 打 ち 立 てられていることがわかった 1 位 38.8 (1994 年 08 月 08 日 ) 2 位 38.0 (1994 年 08 月 07 日 ) 3 位 38.0 (1994 年 08 月 06 日 ) あの 頃 の 神 戸 が 歴 史 に 残 る 一 番 暑 い 時 期 だったとは 参 考 まで に 那 覇 市 の 連 続 真 夏 日 の 記 録 は 神 戸 の 記 録 より 1 日 多 い 77 日 (2001 年 6 月 16 日 ~ 9 月 1 日 ) ただし 期 間 中 最 高 気 温 が 35 を 超 えたのは 1 日 だけだった なんだか 那 覇 の 気 温 が 涼 しく 感 じてきた 参 考 : 気 象 庁 電 子 閲 覧 室 1961 年 以 降 の 全 国 の 気 象 データを 調 べることができる 夏 休 みの 自 由 研 究 におすすめ?! コメント 面 妖 帝 南 国 だから 暑 い というのは もはや 過 去 の 話 です 今 年 は 11 年 前 と 同 じく とても 暑 いッ! 何 とかしてや~!たのみまっせ! 42

44 ( 日 ) 携 帯 専 用 サイト 用 の.htaccess の 記 述 について (AirH"PHONE 対 応 ) 実 は 某 所 で 1 日 平 均 200 アクセス 程 度 の 携 帯 専 用 サイトを 運 用 していて.htaccess ファイルで 携 帯 端 末 だけが 使 う IP アドレスを 判 別 し パソコンからのアクセスを 拒 否 してい たのだが 最 近 になって AirH"PHONE という 携 帯 端 末 で 携 帯 専 用 サイトにアクセスできないという 情 報 が 寄 せられ た ネ ッ ト 上 を 検 索 す る と DoCoMo vodafone EZweb(au,TU-KA) だけをアクセスさせる 方 法 はあった のだが AirH"PHONE の 振 り 分 け 情 報 を 見 つけることが できなかった すると とある 方 から AirH"PHONE が 単 体 でアクセス するときの IP アドレス 情 報 があるとの 情 報 をいただき さっ そく.htaccess に 追 記 した 今 のところネット 上 には AirH"PHONE も 含 めた 携 帯 端 末 に 対 応 した.htaccess ファイルを 公 開 しているところは ないようなので 4 携 帯 端 末 に 対 応 した.htaccess ファイ ル の 記 述 を 備 忘 録 として 記 録 しておく もし 携 帯 専 用 サイ トを 運 営 している 方 で 同 様 の 悩 みをお 持 ちの 方 がいるようでし たら 参 考 にして 頂 ければと 思 う 利 用 される 方 は 以 下 の 部 分 をコピーして.htaccess ファイルに 記 述 し 携 帯 専 用 サイ 43

45 トのあるディレクトリにアップロードしてください (2006 年 7 月 1 日 現 在 ) order deny,allow deny from all # i モード 端 末 を 許 可 (2006/06/ /24 は 06 年 9 月 から 運 用 予 定 ) # content/ip/about/ allow from /24 allow from /24 allow from /24 # SoftBank( 旧 vodafone) 端 末 を 許 可 (2006/06/15) # svc/web/ip.php allow from /24 allow from /26 allow from /26 allow from /26 allow from /24 allow from /25 allow from /24 allow from /25 44

46 # EZweb TU-KA 端 末 を 許 可 (2006/6/20) # ezsava_ip.html allow from /24 allow from /26 allow from /26 allow from /24 allow from /26 allow from /29 allow from /26 allow from /26 allow from /27 allow from /24 allow from /25 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /26 allow from /24 allow from /26 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /25 allow from /25 45

47 # AirH"PHONE 端 末 を 許 可 (2006/06/05) # service/club_air_edge/for_phone/ip/ allow from /25 allow from /24 allow from /25 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 46

48 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 allow from /24 47

49 allow from /24 allow from /24 allow from / 注 意 サーバーによっては.htaccess の 設 置 を 許 可 していない 場 合 もあるようですので 使 用 に 当 たってはサーバー 管 理 者 へ 問 い 合 わせてくださいこの IP アドレスは 変 更 されたり 追 加 され ることがありますので # 以 降 に 記 述 した URL で 最 新 情 報 を チェックしてくださいパソコンで 上 記.htaccess のある ディレクトリにアクセスすると 403 Forbidden を 返 しま す.htaccess に 下 記 の 記 述 を 追 加 すると パソコン 用 ページへとばすことができます ErrorDocument 403 パソコン 用 ページの URL コメント フジイミツグ 携 帯 サイトを 運 営 しているのですが PCから 見 れないように するのに 悩 んでいました ここを 読 んで 解 決 する 事 ができました どうもありがとうございました タナカ 携 帯 専 用 の.htaccess 大 変 参 考 になりました 有 難 う 御 座 いました 48

50 一 つ 質 問 なのですが.htaccess の 最 後 に ErrorDocument 403 / と 記 述 したのですが PCからアクセスすると 403 Forbidden と 表 示 されます なぜPC 用 ページに 飛 ばないのですか? PC.htm には このページは 携 帯 からご 覧 下 さい と 記 述 し.htaccess と 同 じファイルにアップして あります kazamidori タナカ 様 いらっしゃいませ 私 の 本 文 の 記 述 が 間 違 っておりました 例 ですと ErrorDocument 403 /PC.htm または ErrorDocument 403 で 大 丈 夫 かと 思 われます 申 し 訳 ありません かおる 49

51 携 帯 サイトを 作 る 上 での ちょっとしたアイデアと 応 用 方 法 を 更 新 しました 参 考 にしていただければ 幸 いです 同 じ URL でパソコン 用 と 携 帯 用 のページを 作 る 同 じ URL でパソコン 用 と 携 帯 用 のページを 作 る( Movable Type 編 ) ( 日 ) Movable Type をバージョンアップ! 気 まぐれの 癖 にウェブログツール Movable Type( 以 下 MT) をバージョンアップしてみた バージョンアップの 理 由 は 単 なる 新 しい 物 好 き というわけではなく spam( 迷 惑 ) コメントに 悩 まされていたからだ ひどいときは 1 日 で 38 回 もこの 手 のコメントが 投 稿 され 削 除 するのが 大 変 だった 最 近 は 暫 定 的 に spam 対 策 をしていたが これでも 完 全 ではない ため この 機 会 に MT をバージョンアップしてみたのだ サイトの 内 容 に 変 更 はないが コメントを 投 稿 される 際 に 一 部 使 い 勝 手 が 変 わるため ご 注 意 願 いたい もちろん spam でなければ 元 記 事 に 批 判 的 な 投 稿 も 載 せていくので お 気 軽 に 50

52 コメントしていただければと 思 う 参 考 までにご 自 分 のホームページに MT 3 の 導 入 を 検 討 さ れている 方 は 下 記 サイトを 参 考 にして 頂 ければと 思 う ちな みに 私 の 場 合 オリンピックの 野 球 を 見 ながらではあったが バージョンアップ+デザイン 変 更 などで 3 時 間 もかかってし まった Movable Type 公 式 サイトプログラム 本 体 のダウンロード 個 人 利 用 の 場 合 は 無 料 TypeKey 認 証 サ ー ビ ス Movable Type のダウンロードをするためにここに 登 録 が 必 要 ( 登 録 は 無 料 )Movable Type 3.x 導 入 手 順 これを 見 ると 出 来 合 いの ブログサービスを 利 用 した 方 が と 思 ってしまうが 徹 底 的 に オリジナリティにこだわる 方 は 徹 底 的 に 勉 強 して 自 前 のブロ グを 作 ってみるのも 一 興 かと ( 日 ) 沖 縄 の 盆 本 土 では 一 般 的 に 8 月 13 ~ 15 日 が 盆 の 時 期 になるが 沖 縄 で は 昨 日 から 盆 シーズンに 突 入 した 沖 縄 の 盆 の 儀 式 は 本 土 と 違 い 旧 暦 で 執 り 行 うのが 一 般 的 である 沖 縄 の 一 般 的 な 企 業 の 夏 の 賞 与 は 盆 の 直 前 に 支 給 され またこの 時 期 個 人 商 店 や 家 族 経 営 の 会 社 などは 臨 時 休 業 するし 那 覇 空 港 では 県 外 にいるウ チナーンチュが 一 斉 に 帰 郷 するため 帰 省 ラッシュを 迎 える あるウチナーンチュによると 沖 縄 では 正 月 よりもお 盆 が 大 51

53 事 なのだそうだ また 沖 縄 では 盆 の 初 日 をウンケー 最 終 日 をウークイという 今 年 はウンケーが 28 日 ウークイが 30 日 である コンセプ トとしては 本 土 のお 盆 と 同 じく 先 祖 様 があの 世 から 帰 ってき て この 世 の 人 と 交 流 を 持 ち 最 終 日 にはあの 世 に 帰 ってい く ちなみに 沖 縄 の 太 鼓 踊 り エイサー は 沖 縄 の 盆 踊 りであ り 今 でも 盆 を 迎 えると 各 地 で 太 鼓 を 持 った 若 者 たちが 町 を 練 り 歩 く 本 島 ではもっぱら 中 部 以 北 で 盛 んなようで 那 覇 では 首 里 の 一 部 地 域 で 今 も 行 われている ところで ナイチャーの 私 もウチナーンチュの 妻 の 実 家 へ 行 っ たのだが 親 類 縁 者 でごった 返 していて 仏 壇 に 手 を 合 わせた 以 外 はご 飯 を 食 べただけで 初 日 は 終 わってしまった そういえ ば 本 土 と 沖 縄 で 違 うと 言 えば お 中 元 を 渡 す 時 期 も 違 う 本 土 では 7 月 下 旬 から 8 月 上 旬 どちらかといえば 暑 中 残 暑 見 舞 いのような 意 味 合 いがあるが 沖 縄 ではこの 盆 の 時 期 にやり とりされる 夏 の 挨 拶 がてら 一 軒 一 軒 回 らなくていいので 合 理 的 ではある 今 年 我 が 家 は 洗 剤 セットを 持 っていった 腐 らなくて 実 用 的 なものということでこれを 選 んだのだが 個 数 が 多 いのと 重 いのとで 自 宅 から 駐 車 場 の 車 のあるところま で 持 ち 運 ぶのに 苦 労 した 歳 暮 は 軽 いものにしようと 思 う 華 氏 911 と 沖 縄 昨 夜 妻 の 実 家 で 映 画 の 無 料 券 をもらってきた ただ その 無 52

54 料 券 の 期 限 が 31 日 までであったため 見 に 行 くとすれば 今 日 しかなかった 特 に 見 たい 映 画 はなかったが とりあえず 何 か と 話 題 の 華 氏 911 をみることにした 夫 婦 で 見 るような 映 画 でもないのだが いざ 映 画 館 に 入 ると 話 題 性 からなのか 若 い 女 性 同 士 やカップルの 観 客 が 意 外 に 多 いことに 驚 いた 県 外 の 反 応 はわからないが 沖 縄 は この 映 画 の 主 役 とも 言 うべ き 米 軍 とかかわりが 深 いことも 関 係 あるのだろうか 米 軍 といえば 今 月 13 日 宜 野 湾 市 の 沖 縄 国 際 大 学 に 普 天 間 基 地 所 属 の 在 日 米 軍 のヘリが 墜 落 した 事 件 は 記 憶 に 新 しい 意 外 に 報 道 されていないが 実 は 宜 野 湾 市 で 墜 落 したヘリと 同 型 のヘリコプターが 宜 野 湾 市 の 事 故 の 2 日 前 イラク 領 内 をパト ロール 中 に 墜 落 し 乗 員 2 名 が 亡 くなるという 事 故 が 起 きていた そうだ 戦 地 と 戦 地 ではないところでおこった 事 故 を 比 べるの はフェアではないが 同 型 機 が 同 時 期 に 相 次 いで 墜 落 している ことは 基 地 の 島 沖 縄 に 住 む 者 として 不 気 味 である 在 日 米 軍 も 宜 野 湾 の 事 故 直 後 しばらくは 同 型 機 の 飛 行 訓 練 を 中 止 して いたぐらいである 華 氏 911 はブッシュ 政 権 とビンラディン 一 家 との 癒 着 を 浮 き 彫 りにして テロの 戦 いという 大 義 名 分 によるイラク 攻 撃 の 矛 盾 を 突 く 内 容 となっている 映 画 の 冒 頭 ブッシュ 大 統 領 は 同 時 多 発 テロまでの 任 期 中 42 %が 休 暇 だった 事 実 を 明 かす この 間 には 米 国 へのテロ 予 告 に 関 する 資 料 なども 大 統 領 に 渡 さ れる 予 定 だったが 大 統 領 は 休 暇 のため 目 を 通 さなかったとい う いっぽうヘリ 墜 落 事 故 後 沖 縄 県 知 事 は 海 外 出 張 から 緊 急 帰 国 し この 事 故 対 策 で 首 相 への 面 会 を 求 めたが 首 相 は 夏 休 53

55 みを 理 由 に 知 事 には 会 わなかった それどころか 夏 休 み 中 オリンピックをテレビ 観 戦 していたという オリンピックを 見 るのは 構 わないが もしこれが 事 故 ではなく 何 らかのテロ だったとしたら 華 氏 911 で 描 かれるブッシュ 大 統 領 と 同 じ ではないだろうか 幸 い 死 者 は 出 なかったが 墜 落 現 場 となっ た 大 学 や 周 辺 の 一 般 住 宅 に 物 的 被 害 が 出 ており 国 の 対 応 とし ては 事 故 ではなく 自 然 災 害 と 同 様 の 対 策 を 講 じてもよかったの ではないかと 思 う 阪 神 大 震 災 直 後 の 村 山 首 相 の 対 応 のまずさ ともオーバーラップしてくる ヘリ 墜 落 の 原 因 について 民 間 施 設 ( 大 学 )に 墜 落 したにも 関 わらず 沖 縄 県 警 の 現 場 検 証 が 米 軍 によって 拒 否 され しかも 米 軍 の 検 証 資 料 を 県 警 に 示 すことにも 難 色 を 示 している 在 日 米 軍 は 事 故 から 10 日 後 原 因 について 後 部 回 転 翼 の 補 完 部 品 の 一 部 に 当 たる 小 型 の 支 持 装 置 がなくなり 回 転 翼 が 制 御 を 失 った と 発 表 したのだが その 直 後 普 天 間 基 地 から 同 型 機 を 含 むヘリがイラクへ 向 けて 飛 び 立 ったことが 確 認 されてい る 米 軍 は 2 3 日 後 に 飛 行 訓 練 再 開 することを 外 務 省 に 伝 達 していたらしいが さすがにこれについては 在 日 米 軍 問 題 に 消 極 的 な 政 府 も 直 接 アメリカ 国 務 長 官 に 抗 議 している 私 も 含 めて 沖 縄 県 外 の 人 は 沖 縄 で 起 こった 在 日 米 軍 問 題 は 沖 縄 だけの 問 題 で 片 付 けてしまい 勝 ちである しかし この 事 実 を 振 り 返 ると 沖 縄 だけではなく 日 本 政 府 そのものがアメリ カになめられていることを 感 じないだろうか 備 忘 録 沖 縄 県 は 在 日 米 軍 施 設 の 75% が 集 中 し 県 の 面 積 の 54

56 10% が 米 軍 基 地 で 占 められている 沖 縄 県 嘉 手 納 町 に 至 って は 町 の 面 積 の 83% が 米 軍 基 地 いっぽう 宮 古 地 域 には 米 軍 施 設 はない 県 民 総 支 出 に 占 める 在 日 米 軍 関 係 者 の 支 出 は 5. 0%(2000 年 度 ) ( 火 ) ウークイ 沖 縄 の 盆 を 語 るにあたり ウークイと 呼 ばれる 行 事 は おそら く 本 土 にはない 独 特 のイベントではないだろうか これまで 仏 壇 に 置 かれていた 位 牌 とお 供 え 物 などを 玄 関 先 に 持 っていき そしてあの 世 のお 金 となる ウチカビ と 呼 ばれる 紙 を 燃 やし ながら 一 家 の 長 が あの 世 に 帰 る 先 祖 の 霊 に 挨 拶 をする 厳 かな 儀 式 である 挨 拶 の 内 容 はウチナーグチで よく 聞 き 取 れな かったが 家 族 の 健 康 などを 願 っていたような 内 容 と 思 われ る その 帰 りに 妻 から 聞 いた 話 であるが 妻 が 子 供 の 頃 は もっと 遅 い 時 間 帯 にやっていたという 今 回 妻 の 実 家 でこの 儀 式 が 行 われたのは 昨 夜 10 時 過 ぎだった 遅 くなった 理 由 として 家 族 の 生 活 スタイルの 変 化 が 考 えられるという 子 供 が 成 長 し 会 社 勤 めの 者 が 多 くなり そして あまり 遅 くなると 翌 日 の 仕 事 に 差 し 支 えてはいけないという 配 慮 があるという ご 先 祖 様 もこの 世 の 人 間 のライフスタイルにあわせなければならない ので 大 変 ではないだろうか 55

57 ウークイの 儀 式 が 終 わると 備 えられていた 供 物 はその 場 でいる もので 分 配 されるわけだが 我 が 家 は 妻 の 意 向 により 一 番 高 そ うなメロンをいただいて 帰 ってきた ご 先 祖 様 に 恨 まれないか 心 配 である ( 水 ) 阪 神 春 日 野 道 駅 のこと 昨 日 Yahoo! のトップページにあるトピックスで 日 本 一 狭 いホーム 24 日 でお 別 れ という 項 目 を 見 つけた ひょっと してこれは やはりそうだった 阪 神 春 日 野 道 駅 ではないか しかも 写 真 つき 思 わず 郷 愁 に 浸 ってしまった 私 は 阪 急 の 春 日 野 道 駅 の 近 くに 30 年 ほど 住 んでいたが 阪 神 電 車 でしか 行 けないところ( 例 えば 今 はなき 深 江 の 新 神 戸 大 プールとか 甲 子 園 とか)は 阪 神 春 日 野 道 駅 から 電 車 に 乗 って 出 かけていた 当 時 住 んでいた 家 からだと 阪 神 電 車 の 場 合 三 宮 駅 へ 行 くのと 時 間 的 には 変 らなかったが どういうわけか 阪 神 春 日 野 道 駅 をよく 利 用 していた あの 独 特 の 薄 暗 い 雰 囲 気 人 がすれ 違 ったら 線 路 に 落 ちそうな ほどの 恐 ろしく 狭 いホーム 地 下 にある 駅 なのに 電 車 が 接 近 す るとカンカンカンと 鳴 り 響 く 踏 み 切 りの 音 まさに 恐 怖 の 世 界 である ただ どういうわけか 私 は 子 供 の 頃 からこの 駅 の 雰 囲 気 が 好 きだった 56

58 十 数 年 程 前 当 時 のバイト 先 の 女 の 子 と 雑 談 で この 駅 が 話 題 になったことがある この 駅 の 存 在 について ほんとにそんな 駅 があるんですか~ぁ など 言 うばかりで 信 じてもらえなかっ た それもそのはず 彼 女 たちは JR で 明 石 から 神 戸 へ 通 って いたので 阪 神 春 日 野 道 駅 を 知 るわけがないのだ 百 聞 は 見 に しかず スカート 厳 禁 歩 きやすい 靴 で 来 るように の 注 意 のもと 彼 女 たちを 阪 神 春 日 野 道 駅 へ 誘 った その 理 由 は 駅 に 着 いて 納 得 していただいた まずあの 狭 い 地 下 ホーム 電 車 が 通 過 するとき ものすごい 突 風 が 吹 き 付 ける 下 手 をしたらそ の 突 風 で 反 対 側 の 線 路 に 落 ちてしまうかもしれない そして ホームと 改 札 口 をつなぐ 階 段 は 急 な 上 に 電 車 の 通 過 に 関 係 な く 常 に 強 い 風 が 吹 いている これは 地 下 との 気 圧 の 違 いで 吹 い ているのだろう とにかく 婦 女 子 には 過 酷 な 環 境 なのだ 彼 女 たちは 駅 にはそれなりを 衝 撃 を 受 けたみたいだが この 駅 の 周 辺 の 雰 囲 気 に 感 動 したようである 当 時 この 駅 の 南 側 は 工 業 地 帯 であったが 北 側 は 春 日 野 商 店 街 が 連 なる 500m ほど 行 くと 阪 急 春 日 野 道 駅 がある この 時 は 春 日 野 商 店 街 では なく 大 安 亭 市 場 へ 案 内 したような 気 がする 震 災 前 ではあった が 春 日 野 商 店 街 は 人 通 りが 少 なく 廃 れいく 商 店 街 そのもの だったが 大 安 亭 市 場 は 活 気 に 満 ち 溢 れていた 沖 縄 へ 移 住 する 前 日 預 金 口 座 の 解 約 のために 春 日 野 商 店 街 の 中 にあった 銀 行 へ 行 ったのだが 商 店 街 はさらに 衰 退 してい るように 見 えた 今 はどうなっているのだろうか 昨 日 ネッ トで 見 た 写 真 を 見 ると 島 式 ホームの 両 側 に 新 しいホームが 写 っていた 57

59 夜 夢 に 出 てきそうな 駅 のホームも 9 月 24 日 をもってお 役 御 免 となるそうだ # 自 宅 のパソコンが 突 然 逝 っちゃいました # メールもなくなってしまいました # 最 近 私 へメールを 送 られた 方 で 返 事 を 要 するメールが ありましたら # お 手 数 をおかけしますが もう 一 度 再 送 信 をお 願 いしま す ( 土 ) 沖 縄 の 吉 野 家 限 定 メニュー タコライス 狂 牛 病 騒 動 で 吉 野 家 から 牛 丼 が 消 えて 久 しい まだ 吉 野 家 で 牛 丼 が 食 べられた 時 代 沖 縄 の 吉 野 家 には 焼 鳥 丼 親 子 丼 のメニューが 実 在 していた 今 や 全 国 区 のメニューとなった が 先 日 近 所 の 吉 野 家 に 立 ち 寄 ったところ なんと 沖 縄 限 定 メニューとして タコライス があるではないか タコライス とはタコスのご 飯 バージョンで 沖 縄 発 祥 の 食 べ 物 である 具 体 的 にはご 飯 にチリソース 挽 肉 チーズ レタ ス トマトを 乗 せた 料 理 で 家 庭 用 としてレトルトのタコライ ス 用 挽 肉 も 発 売 されている 58

60 写 真 は 吉 野 家 で 出 されているタコライス チリソース レタス があり その 下 には 挽 肉 チーズ ご 飯 が 隠 れている 一 般 的 にはトマトなどもトッピングされているが 吉 野 家 ではトマト はなく 価 格 は 380 円 で 大 盛 りなどはない 味 は 個 人 的 にはチリソースはもう 少 し 辛 い 方 がよかったと 思 う うちなーんちゅの 嫁 さんはちょっと 酸 っぱいという 印 象 を 持 ったようだが 値 段 の 割 には 美 味 とのこと ちなみにチリ ソースはゴマドレッシングにも 変 更 できるそうだ ところで 台 風 21 号 が 接 近 中 那 覇 市 内 では 雨 は 強 くないも のの 風 が 少 し 強 くなってきた 今 後 の 台 風 の 進 路 には 十 分 気 を 付 けてください 台 風 予 想 進 路 図 ( 気 象 庁 発 表 ) 暴 風 域 にはいる 確 率 ( 気 象 庁 ) 沖 縄 地 方 雨 雲 レーダー (tenki.jp) コメント 播 磨 からの 流 れ 者 チャン 59

61 タコライスは 泉 崎 の 県 庁 地 下 1 階 の 売 店 で 見 つけました 値 段 は250 円 也! 安 い! 菊 地 馨 県 庁 の 地 下 にそんなやすいところがあるんですか 一 般 の 人 も 入 れるのでしょうか 今 日 テレビで 石 焼 きタコライス というものを 紹 介 してまし た 播 磨 からの 流 れ 者 チャン 県 庁 地 下 の 売 店 は 知 る 人 ぞ 知 るです かく 言 う 私 時 折 利 用 しています 一 般 者 が 訪 問 しても 何 ら 問 題 ありません ただし 昼 食 まえに 11 時 頃 行 けば お 目 当 ての 弁 当 にありつけるでしょう 弁 当 のみならず 文 房 具 菓 子 その 他 雑 貨 かりゆしウェアま で 売 っていました! ( 日 ) info ドメイン 偽 装 取 得 事 件 今 月 に 入 って インターネットの 住 所 にあたる ドメイン の うち 一 部 の.info ドメインが 登 録 者 の 知 らないところ で 登 録 されているという 怪 事 件 が 起 こっている 具 体 的 には たとえば example.com あるいは example.net とい 60

62 うドメインを 所 有 していた 人 の 名 義 で example.info のド メインが 知 らず 知 らずのうちにとられているというのだ まさ かと 思 い 私 の 名 義 で 取 得 している 2 つのドメインで.info を 調 べてみると 1 つのドメインの.info が 私 の 知 らない ところで 私 の 名 義 で 取 得 されていることがわかった 最 近 は.com や.net といったドメインは 1,000 円 以 下 / 年 で 取 得 できるが このように 格 安 でドメインが 取 得 できる 業 者 を 経 由 してドメインを 取 得 している 人 が この 事 件 の 被 害 者 に なっているようである 被 害 者 といっても 管 理 費 用 を 請 求 されるなどといった 被 害 はないのだが 自 分 の 名 義 で 自 分 の 知 らないドメインが 取 得 されているのは 気 持 ちのよいものではない しかも 連 絡 先 の メールアドレスが 自 分 のものになっているので この 身 に 覚 え のないドメインの 期 限 が 切 れると ドメインの 更 新 の 催 促 がく る 可 能 性 がある( 更 新 する 気 がなければ 無 視 すればいいだけの ことなのだが) ドメイン 取 得 代 行 業 者 もこの 怪 事 件 には 手 をこまねいているよ うで 上 位 の 登 録 業 者 に 確 認 をとっているようだが 具 体 的 な 対 策 はないのが 現 状 である 特 に 実 害 はないのだが 釈 然 とし ない 主 な 国 内 業 者 のリリース バリュードメイン WHOIS で 公 開 されている 登 録 者 情 報 を 無 断 で 使 用 した 偽 装.INFO ドメイン について WHOIS で 公 開 されている 登 録 者 情 報 を 無 断 で 使 用 し た 偽 装.INFO ド メ イ ン に つ い て (2) MuuMuu 61

63 Domain!info ドメインの 不 正 な 登 録 及 び Whois 情 報 の 公 開 に 関 しまして トラックバック 偽 装.INFO ドメイン php 私 が 持 っているドメイン (xxxxx.net) と 全 く 同 じ 名 前 の.info ドメイン ( ( 日 ) 産 婦 人 科 の 病 室 で 思 ったこと 実 は 妻 が 切 迫 流 産 のため 先 週 木 曜 日 から 入 院 している 私 も 昨 日 の 夕 方 から 今 日 にかけて 病 室 に 泊 まり 込 んでいたのだが そこでテレビをつけてびっくりしたのは 新 潟 県 中 越 地 震 の ニュースである 阪 神 淡 路 大 震 災 で 震 度 7 を 経 験 した 者 として あの 当 時 の 記 憶 を 再 び 思 い 起 こさせる 阿 鼻 叫 喚 の 風 景 がテレビに 映 されていた しかし マスコミは 阪 神 淡 路 大 震 災 で 何 を 学 んだのだろう なぜヘリコプターを 飛 ばすのだろうか 被 災 地 の 状 況 を 確 認 す るだけなら 防 災 ヘリにカメラを 搭 載 し そこから 画 像 を 配 信 すればいいものを 各 社 が 無 駄 にヘリからの 中 継 を 伝 えてい 62

64 る 震 災 直 後 に 出 版 した 自 著 阪 神 大 震 災 神 戸 からの 報 告 書 の 中 でも 指 摘 したのだが ヘリコプターの 騒 音 は 倒 壊 した 家 屋 の 中 で 助 けを 求 める 声 をかき 消 し 救 助 の 妨 げになる 阪 神 大 震 災 では この 二 次 災 害 によって 助 かっていたかもしれない 命 を 落 とした 人 がいたという ところで 時 間 が 経 つにつれ 被 害 の 状 況 が 明 るみに 出 てきた が 自 分 がいた 場 所 が 産 婦 人 科 の 病 室 ということもあって 生 後 2 か 月 の 赤 ちゃんが 亡 くなったとのニュースは 胸 に 突 き 刺 さ るものがあった ニュースによると この 赤 ちゃん 家 族 とと もに 車 で 避 難 する 途 中 で 襲 ってきた 余 震 のショックで 亡 くなっ たと 言 うではないか 首 も 据 わってなかったことも 関 係 するの かもしれないが ご 両 親 の 気 持 ちを 思 うといたたまれない し かも この 赤 ちゃん 偶 然 にも 私 が 震 災 後 に 何 気 なく 書 いた 震 災 を 題 材 にした 小 説 の 中 で 生 まれてくる 子 供 と 同 じ 名 前 なの た それだけになんだか 自 分 の 身 内 のように 思 ってしまったの である 小 説 の 中 のこの 子 は 震 災 をくぐり 抜 けた 恋 人 同 士 の 間 に 生 まれ 復 興 する 神 戸 で 育 っていくのだが 先 程 見 た NHK のニュースでは ある 家 族 は 子 供 のミルクだけ を 自 宅 から 持 ち 出 して 避 難 してきたと 語 っていた 避 難 所 への 救 援 物 資 はまだ 十 分 行 き 渡 っていないという もしボランティ アで 新 潟 へ 向 かう 方 がいれば 救 援 物 資 の 中 に 粉 ミルクや 紙 お しめも 持 っていっていただきたいと 願 う 明 るい 未 来 のため に 小 さな 命 を 救 ってほしい 63

65 ( 火 ) その 後 のinfo ドメイン 偽 装 取 得 事 件 10 月 10 日 のブログで 取 り 上 げた info ドメイン 偽 装 取 得 事 件 に 進 展 があった どうやら info ドメインの 管 理 会 社 が 無 料 キャンペーンを 打 っているらしく 上 位 ドメイン 登 録 業 者 が 勝 手 に 登 録 したという その 数 は 一 説 には 100 万 件 とも 言 われ ている これには 世 界 的 規 模 で 苦 情 があったようで 私 の 名 義 で 無 断 で 取 得 された info ドメインについても 登 録 情 報 が 私 の 名 義 から deleted to be deleted という 表 示 に 変 わっ た とりあえずは 一 件 落 着 と 言 ってよいだろう コメント yumenoato Caddy です トラバありがとうございます とりあえず 一 安 心 ですね ( 金 ) 阪 神 大 震 災 における 我 が 家 のライフライン 復 旧 状 況 テレビのニュースでは 新 潟 中 越 地 震 におけるライフラインの 復 64

66 旧 情 報 が 出 てくるようになった このニュースを 見 ていて や はり 阪 神 淡 路 大 震 災 被 災 当 時 のことを 思 い 出 してしまった 当 時 の 我 が 家 におけるライフライン 復 旧 情 報 を 備 忘 録 としてま とめてみた これについては 拙 著 阪 神 大 震 災 神 戸 からの 報 告 書 ( データハウス 刊 ) や 当 時 のメモなどから 抜 き 出 してい る 地 震 発 生 : 1995 年 1 月 17 日 午 前 5 時 46 分 当 然 部 屋 の 中 は 雑 然 としている 被 災 場 所 : 神 戸 市 中 央 区 国 香 通 震 度 7 エリア 自 宅 は 当 初 半 壊 状 態 半 年 後 に 全 壊 判 定 となるポートアイラン ドの 公 団 住 宅 に 引 っ 越 すまでは 自 宅 で 生 活 する 電 話 地 震 直 後 部 屋 を 簡 単 に 片 づけてから 父 が 親 戚 に 無 事 を 知 らせる 電 話 を かける 当 時 我 が 家 はダイヤル 式 の 黒 電 話 であり 停 電 時 でも 電 話 回 線 が 生 きていれば 使 えたただし 午 前 7 時 ごろには 電 話 はつながらなくなった 電 気 1 月 17 日 ( 地 震 当 日 ) の 正 午 過 ぎ 瞬 間 的 に 部 屋 の 蛍 光 灯 が 点 った ただしすぐに 消 える 同 日 16 時 20 分 ごろ 蛍 光 灯 が 点 灯 テレビで 各 地 の 被 災 情 報 を 確 認 同 じ 頃 電 話 も 復 旧 したらしく 遠 方 の 知 人 から 電 話 がかかり 始 めるただし 我 が 家 から 100m ほどのところでは 依 然 として 停 電 状 態 が 続 き 復 旧 まで 5 日 から 1 週 間 ほどかかったようだ 今 思 うと 避 難 所 に 近 い 場 所 から 停 電 が 復 旧 していていたよう に 思 う 水 道 1 月 21 日 ( 地 震 から 5 日 目 ) 夕 方 に 通 水 当 時 我 が 家 には 二 宮 町 のクアハウスからもらっていた 飲 料 水 のくみ 置 き があった 地 震 直 後 は 近 所 の 人 に 分 けるほどの 水 の 備 蓄 があっ たので 飲 料 水 には 困 らなかったトイレの 水 は 避 難 所 となって いた 近 所 の 小 学 校 のプールより 分 けてもらっていたガス 拙 著 の 原 稿 を 書 き 終 えた 時 点 では 復 旧 していない 拙 著 が 出 版 された 数 65

67 日 後 に 復 旧 した 記 憶 があるので 3 月 上 旬 と 思 われるそれまで は 普 段 は 鍋 料 理 で 使 っていたカセットコンロがあったので 簡 単 な 料 理 や 湯 沸 かしは 可 能 だった 風 呂 1 月 25 日 ( 地 震 発 生 9 日 目 ) に 神 戸 市 各 区 に 1 か 所 ずつ 自 衛 隊 の 仮 説 浴 場 がオープン 中 央 区 は 我 が 家 から 1km ほどのところにある 小 野 柄 小 学 校 ( 現 在 の 中 央 消 防 署 があった 場 所 )に 設 置 ただし 奇 数 日 は 女 性 偶 数 日 が 男 性 の 入 浴 日 となっていたため 私 が 風 呂 に 入 ったの は 26 日 である 鉄 パイプとテントだけで 組 まれた 風 呂 ではあっ たが 案 内 をしてくれた 自 衛 隊 の 方 の 対 応 もよく とても 気 持 ちよかったのを 覚 えている ( 月 ) 馨 vs 薫 高 校 生 の 頃 数 学 のテストで 満 点 を 取 ったことがある ところ が 先 生 が 配 点 をミスしてしまい 100 点 満 点 にすべきところが 96 点 満 点 になってしまった しかし 数 学 の 先 生 はある 方 法 で 100 点 満 点 になる 方 法 を 考 えた なんと 解 答 用 紙 の 氏 名 を フルネームで 書 いた 人 に プラス 4 点 を 与 えたのである こ の 数 学 のテストで 満 点 を 取 ったにもかかわらず 私 は 96 点 だった 当 時 私 はテストの 解 答 用 紙 には 苗 字 だけしか 書 かな かった 何 しろ 馨 という 文 字 は 画 数 が 多 く 書 くのがめん どくさい 少 しでも 解 答 に 時 間 を 割 きたかった 私 は 馨 を 省 略 していたのである 幼 稚 園 時 代 からこれまで 同 じクラスや 職 場 で 同 姓 の 人 と 一 緒 になったことがない 菊 地 馨 という 人 物 を 識 別 するには 内 々では 菊 地 だけでよかったのである 66

68 しかし このときほど 自 分 の 名 前 の 漢 字 を 恨 んだことはな い ところで 今 日 の 沖 縄 タイムスの 夕 刊 には 面 白 い 記 事 が 出 てい た 12 月 6 日 沖 縄 県 北 中 城 (きたなかぐすく) 村 の 村 長 選 挙 で なんと 同 姓 同 名 の 人 が 立 候 補 することとなったそうだ この 村 長 選 挙 では 3 人 が 立 候 補 を 表 明 しているがそのうち 2 人 が キャンカオル というお 名 前 なのだ この 2 人 とは 現 職 村 長 の 喜 屋 武 馨 氏 と 元 村 議 会 議 長 の 喜 屋 武 薫 氏 名 前 もさることな がら 苗 字 も 画 数 が 多 そうである 投 票 用 紙 にスラスラと 書 け る 字 ではない 公 職 選 挙 法 では ひらがなやカタカナで 投 票 し た 場 合 有 効 票 にはなるが 判 別 ができないため 按 分 票 とし て 扱 われ 両 候 補 に 0.5 票 ずつ 振 り 分 けられる 当 然 候 補 者 も 差 別 化 を 迫 られることになる 夕 刊 にはポスターの 写 真 が 出 ていたのだが これによると 現 村 長 は キヤン 村 長 元 村 議 会 議 長 は ギチョ ( 議 長 ) カオル の 愛 称 で 選 挙 戦 を 戦 うことになったようだ ただし 立 候 補 の 届 け 出 は この 愛 称 で は 受 け 付 けられないため 本 名 での 届 け 出 になるという ちなみに 村 の 選 挙 管 理 委 員 会 は 漢 字 で 投 票 した 場 合 は 判 別 できれば 多 少 の 誤 字 は 有 効 票 とし 公 職 選 挙 法 では 無 効 扱 いに なる 村 長 のカオル とか 元 議 長 のキャン も 有 効 にするこ とを 検 討 しているとか これに 対 してもう 一 人 の 候 補 者 である 新 垣 邦 男 氏 は 面 白 くない だろう 新 垣 陣 営 は 厳 密 に 公 職 選 挙 法 に 則 った 開 票 を 選 管 に 訴 67

69 えている とはいえ 選 挙 戦 ではうるさい 候 補 者 名 の 連 呼 がな くなり 政 策 を 主 張 しあう 理 想 的 な 選 挙 戦 になるのではないだ ろうか 参 考 同 姓 同 名 選 挙 愛 称 で 熱 ( 沖 縄 タイムス 11 月 22 日 夕 刊 ) 肩 書 きでも OK 候 補 者 同 音 で 苦 肉 の 策 ( 琉 球 新 報 11 月 9 日 朝 刊 ) 補 足 : 現 村 長 の 喜 屋 武 馨 氏 は 過 去 2 回 の 選 挙 で いずれも 無 投 票 で 当 選 している ( 月 ) その 後 の 馨 vs 薫 昨 日 行 なわれた 北 中 城 村 村 長 選 挙 の 結 果 であるが 残 念 なが ら 2 人 の キャンカオル 候 補 は 落 選 第 三 の 候 補 者 新 垣 氏 が 当 選 した 選 挙 結 果 は 下 記 の 通 り 当 選 新 垣 邦 男 4,408 喜 屋 武 馨 1,913 喜 屋 武 薫 1,173 無 効 90 つまり 馨 村 長 + 薫 元 議 長 の 得 票 を 足 しても 新 垣 氏 の 得 票 に 及 ばないという 結 果 になった 全 国 的 に 注 目 された 同 姓 同 名 の 候 補 者 による 村 長 選 挙 は いったいなんだったのか という 結 末 で 幕 を 閉 じた 68

70 ( 水 ) 那 覇 の 町 を 走 る うんこ バス 最 近 那 覇 市 内 の 路 線 バスの 一 部 に うんこ と 書 かれた 広 告 を 貼 り 付 けたバスが 走 っている てっきり 沖 縄 名 産 の うこ ん の 見 間 違 いではないかとも 思 ったのだが その 後 目 撃 し たバスを 見 ると やはり うんこ と 書 かれていた 正 確 には 大 地 のうんこ と 書 かれていることもわかった 落 書 きにし てはちゃんとしたフォントで パステル 調 のカラフルなデザイ ンであり いったい 何 の 広 告 なのか 不 思 議 に 思 っていた ある 日 何 気 なくインターネットで 検 索 してみると その 名 も ズバリ 大 地 のうんこ と 名 づけられた ウコンの 加 工 食 品 が 実 在 することがわかった ここに 袋 のパッケージの 写 真 も 出 て いるのだが バスの 車 体 に 貼 り 付 けられている 広 告 はこのデザ インだった パステル 調 でわかりにくかったが うんこの 絵 も 書 かれているようだ この 大 地 のうんこ もしかするとち んすこうと 並 ぶ 沖 縄 土 産 になるかも コメント reo すばらしいキャッチコピーだと 思 いました 10 月 に 沖 縄 へ 遊 びに 行 きましたが 残 念 ながら 大 地 のうんこ バスは 発 見 できず kazamidori 69

71 大 地 のうんこ バスは 那 覇 バス 市 内 線 の 1 番 ( 首 里 識 名 線 ) のバスについているようです しかも 車 体 右 側 運 転 席 の 窓 の 下 の 部 分 なので バスを 待 っている 人 の 側 からは 見 えない 位 置 にあります バスの 右 側 を 走 る 車 か 反 対 車 線 にいる 人 でない と 見 えないかもしれません いちご 私 も 先 日 沖 縄 を 観 光 した 際 に 見 ました うんこバス 気 に なって 沖 縄 の 土 産 品 店 を 探 して 公 設 市 場 と 言 う 所 で 偶 然 発 見 し 購 入 しました (ネット 販 売 もしているそうです 例 えば 楽 天 とか ) 結 構 うこんダメ!と 思 う 人 が 私 の 周 りには 多 く 内 心 余 り 期 待 はしていなかったのですが 大 地 のうんこ は 無 臭 で 味 も なく 小 粒 で 飲 みやすいうこんでしたよ なんか オススメです! お 土 産 にしてはお 手 ごろな 量 と 値 段 で 可 愛 いので 私 としては 気 に 入 ってます 沖 縄 土 産 の 代 表 になりそうですね ぜひ 機 会 があれば 飲 んでみてください 価 値 はありますよ! kazamidori 大 地 のうんこ 発 売 元 のホームページを 発 見 しました 発 売 店 の 一 覧 も 出 ておりますので ご 参 考 まで 健 康 食 品 販 売 大 聖 70

72 ( 土 ) 風 見 鶏 で 検 索 して 訪 問 された 皆 様 へ サーバ 統 計 を 見 ると 特 に 今 月 に 入 ってから 検 索 エンジンで 風 見 鶏 を 検 索 されて 当 サイトへアクセスされる 方 が 多 いよ うだ サーバ 統 計 の 検 索 単 語 レポートを 見 ると 1 か 月 前 まで は 風 見 鶏 でアクセスした 人 はわずか 5 ~ 8 件 程 度 だった が 最 近 は 30 ~ 50 件 と 増 加 している もしかして 風 見 鶏 が 世 間 ではブームなのか あなたが 望 む 風 見 鶏 は 見 つか るのか? 5 つの 仮 説 を 立 ててみた ( 仮 説 1) 年 賀 状 素 材 で 風 見 鶏 を 使 いたい 人 がいる 妻 の 説 によると 来 年 は 酉 年 で 年 賀 状 の 図 案 で 風 見 鶏 の 絵 を 探 している 人 が 多 いのでは とのことだ 私 も 12 年 前 の 年 賀 状 に 風 見 鶏 の 絵 を 使 ったような 気 がする しかし 当 サイトは 風 見 鶏 を 銘 打 っているが 風 見 鶏 に 関 する 記 述 はほとん どない なぜ 当 サイトが 風 見 鶏 を 名 乗 っているのかは 後 述 するとして もし 妻 の 説 の 通 り 風 見 鶏 の 絵 を 探 している 人 が ここへアクセスしているとなると 明 らかに 時 間 の 無 駄 で ある だからといって 突 き 放 すのも 失 礼 なので 検 索 の 裏 技 を 紹 介 しよう それは イメージ 検 索 日 本 では Yahoo! や Google で 提 供 されている 下 のリンクをクリックすると ネット 上 で 風 見 鶏 と 名 付 けられた 画 像 を 検 索 することがで きるので 参 考 にしていただきたい Yahoo! 画 像 検 索 風 見 鶏 Google 検 索 風 見 鶏 71

73 ( 仮 説 2) 風 見 鶏 が 静 かなブームになっている 今 政 治 や 経 済 そして 社 会 全 体 を 見 回 してみても 決 して 安 定 しているとはいえない このような 時 代 を 生 き 抜 くには 時 代 の 風 を 読 む 必 要 があるのではないだろうか そこで 風 見 鶏 に 自 分 の 生 き 方 を 見 いだした 人 が 多 くなった わけないですね 人 間 に 対 して 風 見 鶏 と 呼 ぶ 場 合 決 していい 意 味 にはならな い 優 柔 不 断 であり 長 いものに 巻 かれるようなタイプであ る かつて 中 曽 根 元 首 相 が 風 見 鶏 と 言 われていた これは 彼 が 自 民 党 総 裁 に 上 り 詰 めるまでの 自 民 党 内 での 振 る 舞 いをた とえている( 仮 説 1 の 画 像 検 索 でこのようなものを 見 つけ た) ほかに 風 見 鶏 のブームといえば NHK の 朝 ドラ 風 見 鶏 1977 年 に 放 送 され 異 人 館 ブームの 火 付 け 役 と なった そういえば 現 在 の NHK の 朝 ドラ わかば も 神 戸 が 舞 台 だが 風 見 鶏 とは 無 関 係 何 はともあれ 2005 年 は 風 見 鶏 ブームがくるかもしれない ( 仮 説 3) 風 見 鶏 の 製 作 方 法 を 知 りたい 絵 とか 抽 象 的 な 風 見 鶏 ではなく 本 物 の 風 見 鶏 を 作 りたい 人 が 多 いのだろうか 何 年 か 前 アニメのサザエさんで 風 見 鶏 をテーマにした 放 送 があった タラちゃんがなぜか 風 見 鶏 に 興 味 を 持 ち そこにノリスケが 神 戸 出 張 の 土 産 として 風 見 鶏 の クッキーを 磯 野 家 に 持 ってくる 本 物 の 風 見 鶏 がほしいタラ ちゃんを 不 憫 に 思 ったカツオがタラちゃんのために 段 ボールで 風 見 鶏 を 作 るという ほのぼのとした 話 だった 結 局 何 が 言 いたいのかといいますと 風 見 鶏 製 作 で 検 索 するとよい のではないだろうか? 72

74 ( 仮 説 4) とにかく 風 見 鶏 について 知 りたい!! このサイトにある 風 見 鶏 に 関 するリンクで 熟 知 すべし 気 まぐれ 歳 時 記 風 見 鶏 を 語 る (2000 年 3 月 1 日 ) ふるさ と 切 手 博 物 館 兵 庫 県 神 戸 と 風 見 鶏 (1997 年 4 月 15 日 ) ( 仮 説 5) ここのドメインがなぜ 風 見 鶏 なのか 知 りたい ひょっとして kazamidori.net を 狙 っている 人 がいるのだ ろうか このドメインは 2000 年 の 春 に 取 得 かれこれ 5 年 は このドメインでホームページとメールを 利 用 している それま では 加 入 していたプロバイダでホームページを 持 っていたのだ が プロバイダで 独 自 ドメインサービスが 始 まったのをきっか けに 衝 動 的 に 独 自 ドメインを 取 得 した なぜ kazamidori. net にしたかというと 私 は 神 戸 生 まれの 神 戸 育 ち そこで 神 戸 らしいドメインを 取 りたいと 思 い 単 純 に 風 見 鶏 とい う 単 語 を 選 んだ 当 時 kazamidori のドメインは.com のみが 存 在 し ていたが 今 ではこんなに 取 得 されているようだ ちなみに 下 記 サイトは 私 とは 全 く 無 関 係 です info/http://www.kazamidori.biz/http://www. kazamidori.co.jp/http://www.kazamidori.jp/ コメント koppe 風 見 鶏 で 検 索 して 訪 問 した 一 人 です 73

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63> 越 放 送 劇 編 1 二 〇 〇 九 年 〇 月 八 曜 午 七 源 越 規 模 グ ニ ュ 八 度 強 最 セ 温 約 度 課 直 内 可 秋 休 午 八 ご 岡 市 直 下 型 度 強 宅 奥 居 娘 ベ 担 達 協 力 乗 切 第 1 登 物 メ 立 父 娘 妻 炊 ツ 足 不 由 寝 主 最 高 責 任 A 第 B C 暮 老 斎 藤 解 説 毎 共 独 立 政 法 科 技 術 研 究 主

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

三江線全駅下車の旅

三江線全駅下車の旅 三 江 線 全 駅 下 車 の 旅 島 根 県 を 走 る 超 ローカル 線 三 江 線 の 全 駅 下 車 をした 中 学 生 の 旅 行 記 山 田 宙 輝 全 駅 下 車 をする 際 に 使 用 した 三 江 線 のダイヤグラム 岡 山 駅 に 戻 って 山 陽 本 線 で 福 山 駅 福 塩 線 で 府 中 駅 を 経 由 して 三 次 駅 まで 行 き 今 回 のメインの 三 江 線 に

More information

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離 保 養 施 設 菅 平 波 測 夏 宇 宙 信 講 義 波 測 学 定 認 湘 鎌 倉 光 ょ 良 直 距 離 ほ 遠 挟 直 実 際 ア プ ロ 達 首 圏 網 縦 尽 張 巡 実 際 汎 性 早 頃 走 鶴 鶴 忘 全 崩 壊 勤 忙 ビ ジ ネ マ 鶴 情 武 継 ぎ 勤 圧 力 屈 首 郊 窓 府 武 蔵 浦 和 北 頃 勤 帯 終 迎 盤 戦 差 掛 息 次 常 磐 友 打 違 友 水 園

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の 5. 財 務 関 係 (3) 職 員 の に 関 する 調 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) ア 法 第 243 条 の2によるもの 1 都 道 府 県 分 所 属 部 課 名 等 事 実 関 係 監 査 委 員 による 監 査 関 係 都 道 府 県 名 名 及 び 職 名 し を た 日 又 は 事 実 知 った の 無 の 存 し 団 体

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

スクールガード養成講習会資料

スクールガード養成講習会資料 平 成 20 年 度 札 幌 市 スクールガード 養 成 講 習 会 資 料 札 幌 市 教 育 委 員 会 1 スクールガード 事 業 とは 近 年 は 学 校 の 管 理 下 における 事 件 や 事 故 が 大 きな 問 題 となっています 札 幌 市 教 育 委 員 会 では このような 状 況 を 踏 まえ 子 どもたちが 安 心 して 学 校 に 通 えるよう 地 域 での 子 どもの

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会 長 崎 本 線 を 守 れ!~ 長 崎 本 線 存 続 期 成 会 中 3 6 H.W. はじめに 別 の 原 稿 でもあったように 九 州 新 幹 線 長 崎 ルートが 開 通 する 際 並 行 在 来 線 となる JR 長 崎 本 線 は 肥 前 鹿 島 ~ 諫 早 間 がJRから 分 離 されて 佐 賀 長 崎 両 県 などが 出 資 す る 新 会 社 によって 運 行 されるという 構 想

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し 病 院 を 出 発 いたします 自 宅 の 場 合 は 医 師 に 連 絡 し 死 亡 の 確 認

More information

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件 被 災 時 のための Q&A(Q1~Q33) 旧 賃 借 人 と 新 賃 借 人 優 先 するのはどちら? Q1 物 件 について 旧 賃 借 人 との 間 で 賃 貸 借 契 約 の 解 除 が 完 了 し 明 渡 日 も 決 まっており 新 賃 借 人 が 決 まっておりましたが 今 回 の 地 震 で 旧 賃 借 人 が 引 っ 越 すことができません 新 賃 借 人 と 旧 賃 借 人 と

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

【修正】食品ロスアンケート集計結果

【修正】食品ロスアンケート集計結果 食 品 ロスについてのアンケート 結 果 滋 賀 県 における 食 品 ロス 対 策 の 方 向 性 を 検 討 するため 食 品 ロスに 関 する 県 民 の 皆 様 の 意 識 や 取 組 状 況 等 を 把 握 するアンケート 調 査 を 実 施 しました 調 査 時 期 : 平 成 28 年 8 月 対 象 者 : 県 政 モニター396 人 回 答 数 :356 人 ( 回 収 率 89.9%)

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団 平 成 28 年 5 月 選 挙 運 動 に 関 す る ル ー ル 和 歌 山 県 選 挙 管 理 委 員 会 電 話 県 庁 代 表 073-432-4111 直 通 073-441-3785 海 草 分 局 073-441-3477 伊 都 分 局 0736-33-4904 日 高 分 局 0738-24-2904 東 牟 婁 分 局 0735-21-9606 那 賀 分 局 0736-61-0005

More information

資 料 編 P.13~P.15. 長 い 本 当 に 長 いと 思 った 通 勤 時 遅 刻 するのではとイライラ 豪 雨 の 中 踏 切 が 開 くのをずぶ 濡 れで 待 ったことも タクシーに 乗 車 拒 否 された 夕 方 温 泉 の 帰 り 湯 冷 めした 踏 切 の 鉄 橋 の 上 で 汽 車 の 煙 で 遊 びました 内 はアンケートから 吹 き 出 し 内 はスタッフのコメントです 旭

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

施設事業計画案

施設事業計画案 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 平 成 2 6 年 4 月 1 日 ~ 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 社 会 福 祉 法 人 ポ プ ラ 福 祉 会 ポ プ ラ 保 育 園 1. 保 育 事 業 の 目 的 児 童 福 祉 法 第 24 条 及 び 37 条 の 規 定 に 基 づ き 乳 児 及 び 幼 児 の 保 育 を 行 う 2 施 設 運 営 の 全 般 の 方 針 (1)

More information

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 平 成 26 年 6 月 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ 1 食 料 品 生 活 必 需 品 等 供 給 県 市 町 村 ~ 何 があったか どう 対 応 したか ~ 県 本 庁 速 やかな 物 資 供 給 が 困 難 発 災 当 初 においては 通 信 が 途 絶 し 避 難 者 のニーズはもちろんのこと 避 難 者 がどこに 避 難 しているのかさえ 把 握 が 困 難 であったことや 道 路 の 寸 断 市 町 村 職 員 の 被 災 等 により 被

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒 馬 頭 観 音 馬 農 耕 用 使 切 馬 安 全 祈 願 馬 頭 観 音 言 現 在 牛 無 病 息 災 安 産 祈 願 主 毎 5 月 畜 産 農 以 前 丘 上 馬 頭 観 音 酔 ぱ 下 迫 落 続 ( 笑 ) 安 全 下 畜 産 繁 栄 発 展 願 焼 酎 酌 交 盛 上 前 以 外 時 期 内 各 前 拝 む 祭 林 管 理 歴 史 百 以 上 言 木 材 薪 取 林 管 理 重 要 視

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計 羽 義 昭 ン ビ ュ シ ズ 1 室 談 悪 発 数 3 千 2013 年 3 第 12 号 年 4 回 発 号 解 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 然 上 1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈

More information

Microsoft PowerPoint - 02_nishinomiya_yoneda.pptx

Microsoft PowerPoint - 02_nishinomiya_yoneda.pptx 西 宮 市 デジタルライブラリー 阪 神 淡 路 大 震 災 ~ 震 災 の 記 憶 あの 日 を 忘 れないために~ 2013 年 1 月 11 日 西 宮 市 総 務 総 括 室 情 報 公 開 課 副 主 査 米 田 実 情 報 公 開 課 とは 情 報 公 開 チーム 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 保 護 制 度 行 政 資 料 の 収 集 整 理 保 存 及 び 利 用

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

長野県プレスリリース 平成16年7月23日

長野県プレスリリース 平成16年7月23日 長 野 県 ( 県 民 文 化 部 )プレスリリース 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 9 日 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 違 反 の 事 業 者 に 対 して 行 政 処 分 ( 業 務 停 止 命 令 3か 月 )を 行 いました 県 は 低 周 波 電 気 マッサージ 組 合 せ 家 庭 用 医 療 機 器 の 訪 問 販 売 を 行 っていた 株 式 会 社 ファインティに

More information

【要旨】老舗和菓子店にみる企業者活動と事業承継

【要旨】老舗和菓子店にみる企業者活動と事業承継 老 舗 和 菓 子 店 にみる 企 業 者 活 動 と 事 業 承 継 弘 前 市 甘 栄 堂 の 事 例 11H3054 佐 々 木 唯 はじめに 本 研 究 では 後 継 者 視 点 から 事 業 承 継 を 捉 え 直 そうとする 問 題 意 識 のもと 弘 前 市 の 老 舗 和 菓 子 店 へのインタビュー 調 査 を 行 った 企 業 者 活 動 の 先 行 研 究 では 先 代 経 営

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選 厚 生 労 働 省 統 計 法 に 基 づく 国 の 統 計 調 査 です 調 査 票 情 報 の 秘 密 の 保 護 に 万 全 を 期 します 地 区 番 号 秘 単 位 区 番 号 調 査 員 記 入 欄 世 帯 番 号 世 帯 員 番 号 公 的 年 金 加 入 状 況 等 調 査 調 査 票 確 認 欄 調 査 のご 協 力 のお 願 い この 調 査 は 国 民 年 金 厚 生 年 金

More information

1 甲殻類

1 甲殻類 四 日 市 市 磯 津 の 生 物 等 の 地 域 言 葉 ( 伝 承 諺 ) 1 気 象 に 関 するもの 磯 津 ことばを 記 録 す る 会 1 動 物 に 関 す る も の 区 分 種 別 伝 承 諺 ( 磯 津 こ と ば ) 哺 乳 類 猫 ネ コ が 顔 を 掻 く と 雨 ネ コ の 鼻 が 乾 く と 雨 三 毛 猫 の 雄 は 天 気 を 知 る 鳥 類 一 般 鳥 が 低 い

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の 第 7 章 給 与 所 得 者 と 税 金 Q 私 の 給 料 から 天 引 きされている 税 金 は 何 ですか? A 給 与 所 得 者 の 方 が 給 与 をもらうときには すでに 税 金 が 天 引 きされている 場 合 があります その 税 金 は 所 得 税 と です 所 得 税 ( 国 税 ) 源 泉 徴 収 と 年 末 調 整 所 得 税 は まず 毎 月 の 給 与 や 賞 与 などから

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

駅 職 員 は コンコース 内 の 天 井 から 吊 ってある 案 内 用 ディスプレ イモニターに 毛 布 を 掛 けて 見 えないようにし モニターの 前 に 人 が 集 まらないようにしている 別 の 駅 職 員 は JR 東 日 本 のすべ ての 鉄 道 路 線 は 運 転 見 合 わせをし

駅 職 員 は コンコース 内 の 天 井 から 吊 ってある 案 内 用 ディスプレ イモニターに 毛 布 を 掛 けて 見 えないようにし モニターの 前 に 人 が 集 まらないようにしている 別 の 駅 職 員 は JR 東 日 本 のすべ ての 鉄 道 路 線 は 運 転 見 合 わせをし 八 王 子 駅 周 辺 の 滞 留 者 の 様 子 市 民 部 八 王 子 駅 南 口 総 合 事 務 所 15 時 40 分 ごろ 所 長 と 課 長 補 佐 が JR 八 王 子 駅 南 口 および 北 口 周 辺 などの 状 況 を 視 察 滞 留 者 で 混 雑 する 八 王 子 駅 南 口 ビックカメラ 前 八 王 子 駅 では 場 内 放 送 で 鉄 道 路 線 の 運 行 見 合 わせと

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information