JSOC INSIGHT Vol.5 1 はじめに エグゼクティブサマリ JSOC における 重 要 インシデント 傾 向 重 要 インシデントの 傾 向 発 生 した 重 要 インシデントに 関 する 分 析 今 号 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "JSOC INSIGHT Vol.5 1 はじめに... 2 2 エグゼクティブサマリ... 3 3 JSOC における 重 要 インシデント 傾 向... 4 3.1 重 要 インシデントの 傾 向... 4 3.2 発 生 した 重 要 インシデントに 関 する 分 析... 5 4 今 号 の"

Transcription

1 vol 年 11 月 11 日 JSOC Analysis Team

2 JSOC INSIGHT Vol.5 1 はじめに エグゼクティブサマリ JSOC における 重 要 インシデント 傾 向 重 要 インシデントの 傾 向 発 生 した 重 要 インシデントに 関 する 分 析 今 号 のトピックス 暗 号 ライブラリ(OpenSSL)の 脆 弱 性 を 悪 用 する 攻 撃 について Heartbleed 攻 撃 Heartbleed 攻 撃 の 検 知 傾 向 CCS の 脆 弱 性 を 悪 用 した 攻 撃 両 脆 弱 性 の 対 策 上 の 注 意 点 ボットネットからの 大 規 模 な 攻 撃 による 検 知 傾 向 の 変 化 について 特 定 のファイル 設 置 を 試 みる Web ページ 改 ざんの 増 加 について 機 密 ファイルへのアクセスの 検 知 について 特 定 の User-Agent を 含 む PHP-CGI の 急 増 外 部 委 託 サービス 経 由 の 公 式 サイト 改 ざん 被 害 事 案 について 外 部 委 託 サービス 経 由 の 公 式 サイト 改 ざん 被 害 事 案 の 概 要 改 ざんされた Web サイトを 閲 覧 した 際 の 影 響 度 検 証 推 測 できる 攻 撃 者 の 目 的 Web サイトの 利 用 者 として 実 施 すべき 対 策 終 わりに Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 1

3 1 はじめに JSOC(Japan Security Operation Center)とは 株 式 会 社 ラックが 運 営 するセキュリティ 監 視 セン ターであり JSOC マネージド セキュリティ サービス(MSS) や 24+ シリーズ などのセキュリティ 監 視 サ ービスを 提 供 しています JSOC マネージド セキュリティ サービスでは 独 自 のシグネチャやチューニングによ ってセキュリティデバイスの 性 能 を 最 大 限 に 引 き 出 し そのセキュリティデバイスから 出 力 されるログを 専 門 の 知 識 を 持 った 分 析 官 (セキュリティアナリスト)が 24 時 間 365 日 リアルタイムで 分 析 しています このリ アルタイム 分 析 では セキュリティアナリストが 通 信 パケットの 中 身 まで 詳 細 に 分 析 することに 加 えて 監 視 対 象 への 影 響 有 無 脆 弱 性 やその 他 の 潜 在 的 なリスクが 存 在 するか 否 かを 都 度 診 断 することで セキュ リティデバイスによる 誤 報 を 極 限 まで 排 除 しています 緊 急 で 対 応 すべき 重 要 なインシデントのみをリアルタ イムにお 客 様 へお 知 らせし 最 短 の 時 間 で 攻 撃 への 対 策 を 実 施 することで お 客 様 におけるセキュリティレ ベルの 向 上 を 支 援 しています 本 レポートは JSOC のセキュリティアナリストによる 日 々の 分 析 結 果 に 基 づき 日 本 における 不 正 アクセ スやマルウェア 感 染 などのセキュリティインシデントの 発 生 傾 向 を 分 析 したレポートです JSOC のお 客 様 で 実 際 に 発 生 したインシデントのデータに 基 づき 攻 撃 の 傾 向 について 分 析 しているため 世 界 的 なトレンド だけではなく 日 本 のユーザが 直 面 している 実 際 の 脅 威 を 把 握 することができる 内 容 となっております 本 レポートが 皆 様 方 のセキュリティ 対 策 における 有 益 な 情 報 としてご 活 用 いただけることを 心 より 願 って おります Japan Security Operation Center Analysis Team 集 計 期 間 2014 年 4 月 1 日 ~ 2014 年 6 月 30 日 対 象 機 器 本 レポートは ラックが 提 供 する JSOC マネージド セキュリティ サービスが 対 象 としているセキュリティ デバイス( 機 器 )のデータに 基 づいて 作 成 されています なお 本 文 書 の 利 用 はすべて 自 己 責 任 でお 願 いいたします 本 文 書 の 記 述 を 利 用 した 結 果 生 じる いかなる 損 失 についても 株 式 会 社 ラックは 責 任 を 負 いかねます 本 データをご 利 用 いただく 際 には 出 典 元 を 必 ず 明 記 してご 利 用 ください ( 例 出 典 : 株 式 会 社 ラック JSOC INSIGHT vol.5 ) LAC ラックは 株 式 会 社 ラックの 商 標 です JSOC(ジェイソック)は 株 式 会 社 ラックの 登 録 商 標 です その 他 記 載 されている 製 品 名 社 名 は 各 社 の 商 標 または 登 録 商 標 です Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 2

4 2 エグゼクティブサマリ 本 レポートは 2014 年 4 月 ~6 月 に 発 生 したインシデント 傾 向 の 分 析 に 加 え 特 に 注 目 すべき 脅 威 をピックアップしてご 紹 介 します 世 界 中 で 広 く 利 用 されている 暗 号 ライブラリ(OpenSSL)の 脆 弱 性 を 悪 用 する 攻 撃 4 月 上 旬 に 公 開 された 暗 号 ライブラリ(OpenSSL)の Heartbeat 機 能 の 脆 弱 性 は 悪 用 の 方 法 が 容 易 であった 為 に 非 常 に 短 期 間 で 脆 弱 性 の 発 表 から 攻 撃 手 法 の 公 開 までに 至 りました さらに 攻 撃 者 にとって 有 利 な 条 件 が 揃 っていた 為 に 攻 撃 が 成 功 した 可 能 性 が 高 い 重 要 インシデントが 多 数 発 生 しました また その 後 に 公 開 された Change Cipher Spec(CCS)の 脆 弱 性 では 攻 撃 が 成 功 した 事 例 は 確 認 していないものの 脆 弱 なままのホストを 多 数 確 認 しました これは 前 述 した Heartbeat 機 能 の 脆 弱 性 対 策 で 安 心 してしまい 対 処 が 遅 れたものと 推 察 されます 原 因 は 様 々ですが いずれの 脆 弱 性 においても お 客 様 が 対 策 を 実 施 したと 認 識 されているホスト で 再 度 脆 弱 性 が 見 つかる 事 例 が 相 次 いでおり 脆 弱 性 への 対 策 はパッチを 適 用 するのみではなく そ の 脆 弱 性 が 実 際 に 解 消 されていることを 確 認 することが 非 常 に 重 要 です ボットネットからの 大 規 模 な 攻 撃 とその 影 響 4 月 から 6 月 にかけてボットネットを 構 成 していると 考 えられる 世 界 中 のホストから 大 量 の 攻 撃 を 検 知 しました 今 回 の 攻 撃 が 悪 用 していた 脆 弱 性 に 目 新 しさはなく 以 前 から 継 続 していた 攻 撃 が 大 きく 増 減 を 繰 り 返 しました その 結 果 件 数 は 少 ないものの 攻 撃 成 功 事 例 を 確 認 しており 運 用 中 のホストに 脆 弱 な 環 境 が 放 置 されていないか 設 定 が 適 切 に 行 われているか 定 期 的 に 確 認 をする ことが 重 要 です 日 本 を 標 的 とした 攻 撃 が 続 く 日 本 国 内 メーカやブログなどで 利 用 されている Contents Delivery Network サービス(CDN サ ービス) 内 のコンテンツが 改 ざんされ 当 該 ページを 閲 覧 したユーザが 不 正 なサイトに 誘 導 され オンラ インバンキングで 使 用 する 認 証 情 報 等 を 窃 取 するマルウェアがダウンロードされる 事 例 が 発 生 しました 感 染 源 やマルウェアの 挙 動 から 明 確 に 日 本 国 内 を 標 的 としていると 考 えられます オンラインバンキ ングを 巡 っては 個 人 ユーザのみではなく 法 人 や 団 体 なども 標 的 となる 事 例 が 増 えてきており 被 害 額 が 大 きくなる 傾 向 にあるため オンラインバンクの 利 用 に 当 たっては 以 前 にも 増 して 注 意 が 必 要 です Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 3

5 3 JSOC における 重 要 インシデント 傾 向 3.1 重 要 インシデントの 傾 向 JSOC では IDS/IPS ファイアウォールで 検 知 したログをセキュリティアナリストが 分 析 し 検 知 した 内 容 と 監 視 対 象 への 影 響 度 に 応 じて 4 段 階 のインシデント 重 要 度 を 決 定 しています このうち Emergency Critical に 該 当 するインシデントは 攻 撃 の 成 功 や 被 害 が 発 生 している 可 能 性 が 高 いと 判 断 される 重 要 なインシデントです 表 1 インシデントの 重 要 度 と 内 容 分 類 重 要 度 インシデント 内 容 重 要 インシデント 参 考 インシデント Emergency Critical Warning Informational 攻 撃 成 功 を 確 認 したインシデント 攻 撃 成 功 の 可 能 性 が 高 いインシデント 攻 撃 失 敗 が 確 認 できないインシデント マルウェア 感 染 を 示 すインシデント 攻 撃 失 敗 を 確 認 したインシデント スキャンなど 実 害 を 及 ぼす 攻 撃 以 外 の 影 響 の 少 ないインシデント 図 1 に 2014 年 4 月 から 6 月 の 重 要 インシデントの 件 数 推 移 を 示 します インターネットからの 攻 撃 による 重 要 インシデントの 発 生 件 数 は 4 月 4 週 から 6 月 1 週 の 間 に 多 い 特 徴 が 見 られます( 図 1 [1]) これは Apache Struts の 脆 弱 性 (CVE , CVE , CVE ) や OpenSSL の 情 報 漏 えいの 脆 弱 性 (CVE )など 公 表 されたばかりの 脆 弱 性 がすぐに 攻 撃 に 悪 用 されたことが 原 因 です 内 部 から 発 生 した 重 要 インシデントの 発 生 件 数 は 4 月 1 週 から 3 週 にかけて 依 然 として 昨 年 度 末 までと 同 様 に オンラインバンキングを 標 的 とするマルウェアである Neverquest 1 への 感 染 が 多 く 発 生 しま した ( 図 1 [2]) 4 月 の 4 週 に 減 少 に 転 じて 以 降 は 大 きな 傾 向 変 化 は 見 受 けられません [1] [2] 図 1 重 要 インシデントの 件 数 推 移 (2014 年 4 月 ~6 月 ) 1 JSOC INSIGHT vol.4 Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 4

6 3.2 発 生 した 重 要 インシデントに 関 する 分 析 図 2 は インターネットからの 攻 撃 による 重 要 インシデントの 内 訳 です 4 月 から 6 月 にインターネットからの 攻 撃 による 重 要 インシデント 数 は 271 件 にのぼり 1 月 から 3 月 の 重 要 インシデント 数 (118 件 )と 比 較 して 大 幅 に 増 加 しました これは Apache Struts や OpenSSL の 脆 弱 性 や Web サーバの 設 定 不 備 に 起 因 したインシデントが 増 えたことが 原 因 と 考 えられ ます Web サーバに 対 する 不 審 なファイルのアップロードの 試 みについても 今 期 も 依 然 として 多 数 検 知 されま した これは WordPress などに 代 表 される CMS(Contents Management System)の 機 能 拡 張 を 目 的 として 第 三 者 が 配 布 しているプラグインの 脆 弱 性 を 悪 用 した 攻 撃 が ページ 改 ざんの 手 段 の 一 つとして 狙 われることが 増 え 日 常 的 に 発 生 しているためです CMS 本 体 に 脆 弱 性 が 無 い 場 合 でも プ ラグインの 脆 弱 性 によって 侵 入 されてしまうこともあることから CMS 自 体 のバージョンアップに 加 え プラグイ ンを 利 用 する 場 合 には CMS 本 体 とは 別 にサポート 体 制 や 脆 弱 性 発 見 時 の 対 応 などを 考 慮 する 必 要 があります また ホストの 設 定 不 備 が 原 因 で 重 要 なファイルが 外 部 から 見 えてしまったり Web サーバがスパムメー ルの 踏 み 台 とされる 事 例 等 も 発 生 しております 特 に Web SMTP DNS といった 公 開 サーバに 設 定 不 備 が 無 いか 運 用 しているミドルウェアに 脆 弱 性 が 存 在 しないか サポートが 終 了 したミドルウェアを 利 用 し ていないかなどを 定 期 的 に 確 認 を 行 う 必 要 があります a 年 1~3 月 b 年 4~6 月 図 2 インターネットからの 攻 撃 による 重 要 インシデントの 内 訳 図 3 はインターネットからの 攻 撃 による 重 要 インシデントの 検 知 件 数 推 移 です 4 月 4 週 から 5 月 1 週 に Apache Struts の 新 たな 脆 弱 性 を 狙 った 攻 撃 が 増 加 しており ミドルウェアが 攻 撃 の 標 的 として 狙 われやすいことを 示 していると 考 えられます ( 図 3-[1]) さらに その 翌 週 には OpenSSL の Heartbeat 機 能 の 脆 弱 性 が 公 表 されました 複 数 の 攻 撃 実 証 コ ードがすぐに 公 開 されたことやその 手 法 が 容 易 なことから 大 規 模 な 攻 撃 へと 発 展 し 短 期 間 に 重 要 イン シデントが 多 数 発 生 しました また 5 月 3 週 目 以 降 は 重 要 インシデントの 発 生 件 数 は 減 少 しているもの の その 後 も 脆 弱 な 環 境 が 見 つかり 続 けていることから 対 策 が 容 易 ではないことが 伺 えます ( 図 3-[2]) Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 5

7 [1] [2] 図 3 インターネットからの 攻 撃 による 重 要 インシデントの 件 数 推 移 (2014 年 4 月 ~6 月 ) 図 4 にネットワーク 内 部 における 重 要 インシデントの 内 訳 を 示 します 4 月 から 6 月 にネットワーク 内 部 における 重 要 インシデントは 413 件 であり 1 月 から 3 月 の 重 要 インシデント 数 (417 件 )と 比 較 して 大 きな 変 化 はありませんでした また 情 報 窃 取 を 目 的 としたマルウェアへの 感 染 と 内 部 ホストが 外 部 ホ ストへ 攻 撃 を 行 うマルウェアの 感 染 の 2 つに 大 別 できました 4 月 から 6 月 のネットワーク 内 部 のホストから 外 部 のホストへの 攻 撃 は CGI モードの PHP における 脆 弱 性 (CVE )を 悪 用 した 攻 撃 や SQL インジェクション クロスサイトスクリプティング CMS に 対 するブルートフォース 攻 撃 など 多 岐 に 渡 りました JSOC で 検 知 した 事 例 では お 客 様 管 理 のネットワークカメラが 何 らかのマルウェアに 感 染 し 外 部 へ 攻 撃 を 行 っていた 事 例 や お 客 様 の 管 理 ホストがアプライアンス 製 品 であり DoS 攻 撃 の 踏 み 台 として 悪 用 さ れたという 特 徴 的 な 要 因 も 見 られました 2 最 近 日 本 国 内 のオープン リゾルバを 踏 み 台 とした 攻 撃 発 生 に 起 因 すると 考 えられるパケットの 増 加 についての 情 報 が 公 開 され 家 庭 用 ブロードバンドルータなどの 設 定 不 備 が DoS 攻 撃 に 悪 用 されることが 増 えています 特 に 組 み 込 み 系 の 製 品 は 内 部 で 利 用 されているソフトウェアの 種 類 やバージョンについて 製 品 メーカが 公 開 していないことが 多 く 脆 弱 性 などに 関 する 対 応 が 製 品 メーカに 依 存 せざるを 得 ないこと が セキュリティ 対 策 の 盲 点 になっています このような 製 品 の 利 用 にあたってはメーカのサポート 体 制 を 購 入 時 に 確 認 するなど 一 層 の 注 意 が 必 要 です a 年 1~3 月 b 年 4~6 月 図 4 ネットワーク 内 部 から 発 生 した 重 要 インシデントの 内 訳 2 日 本 国 内 のオープン リゾルバを 踏 み 台 とした 攻 撃 発 生 に 起 因 すると 考 えられるパケットの 増 加 について Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 6

8 4 今 号 のトピックス 4.1 暗 号 ライブラリ(OpenSSL)の 脆 弱 性 を 悪 用 する 攻 撃 について Heartbleed 攻 撃 2014 年 4 月 上 旬 に 公 開 された OpenSSL の 脆 弱 性 を 悪 用 した 攻 撃 (HeartBleed 攻 撃 )は OpenSSL の Heartbeat 機 能 の 実 装 不 備 を 悪 用 した 攻 撃 で 悪 意 のある Heartbeat リクエストを 攻 撃 対 象 ホストに 送 信 することで OpenSSL を 使 用 しているプロセスがメモリ 情 報 を 付 加 して 返 信 してしま い 秘 密 鍵 やパスワード クレジットカード 番 号 といった 攻 撃 対 象 ホストのメモリ 上 に 保 持 されている 情 報 を 窃 取 する 攻 撃 です 本 脆 弱 性 の 対 象 となる OpenSSL バージョンは 以 下 の 通 りです OpenSSL から 1.0.1f OpenSSL beta から beta1 OpenSSL の Heartbeat 機 能 は 実 際 の 通 信 が 発 生 していない 間 も SSL/TLS のセッションを 維 持 することを 目 的 に バージョン から 実 装 されました この 機 能 は クライアントからの 特 定 の 長 さの Heartbeat リクエストを 送 信 すると SSL サーバは 受 け 取 ったリクエスト 長 の Heartbeat レスポンスを 返 信 し SSL/TLS セッションの 接 続 を 維 持 します 図 5 Heartbeat 機 能 の 概 略 図 しかし 脆 弱 性 のある OpenSSL を 利 用 した 環 境 では クライアントから Heartbeat リクエスト 長 より 大 きいサイズを 指 定 して Heartbeat リクエストを 送 信 することで SSL サーバが Hello メッセージ 以 降 に 本 来 第 三 者 に 見 えてはならないメモリ 上 の 情 報 を 付 与 してリクエストされたデータ 長 分 の Heartbeat レス ポンスを 返 信 します Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 7

9 図 6 Heartbleed 攻 撃 の 概 略 図 図 7 Heartbleed 攻 撃 のリクエスト 例 Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 8

10 図 8 Heartbleed 攻 撃 に 脆 弱 な 応 答 例 OpenSSL を 利 用 した 環 境 では 必 ずメモリ 上 に 秘 密 鍵 情 報 を 保 持 している 為 本 攻 撃 により 秘 密 鍵 が 漏 えいする 可 能 性 があります また 一 般 的 に OpenSSL を 利 用 した 多 くの Web サーバは 会 員 情 報 など 機 密 性 が 高 い 情 報 を 扱 うことが 多 く 本 攻 撃 によりその 情 報 が 漏 えいすることが 懸 念 されます ( 図 9) 同 様 に 脆 弱 なバージョンの OpenSSL を 利 用 したクライアントにおいても 外 部 からの 悪 意 のある Heartbeat リクエストをクライアントが 受 信 すると クライアントのメモリ 上 に 保 持 している 情 報 を 漏 えいして しまう 可 能 性 があります Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 9

11 図 9 Heartbleed 攻 撃 により 認 証 ページへのリクエスト 内 容 が 漏 洩 した 事 例 Heartbleed 攻 撃 の 検 知 傾 向 図 10 に Heartbleed 攻 撃 の 検 知 件 数 および 重 要 インシデントの 件 数 推 移 を 示 します OpenSSL の 脆 弱 性 公 開 以 来 JSOCでは 本 脆 弱 性 の 有 無 を 調 査 する 通 信 や 本 脆 弱 性 を 悪 用 し た 攻 撃 通 信 を 多 数 検 知 しました 本 脆 弱 性 に 関 連 した 攻 撃 の 検 知 件 数 は 脆 弱 性 公 開 の 直 後 から 爆 発 的 に 増 加 したものの 2014 年 5 月 以 降 徐 々に 減 少 しました JSOC ではこれまで 新 しい 脆 弱 性 が 一 度 公 開 されるとその 脆 弱 性 を 悪 用 した 攻 撃 が 急 増 し 一 定 期 間 の 後 件 数 が 減 少 する 傾 向 を 観 測 する 事 例 が 多 くあり 本 脆 弱 性 についても 同 様 の 傾 向 がありました Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 10

12 脆 弱 性 公 開 図 10 Heartbleed 攻 撃 の 攻 撃 件 数 および 重 要 インシデントの 件 数 推 移 この 期 間 攻 撃 が 成 功 している 可 能 性 が 高 いと 判 断 した 重 要 インシデントが 多 数 発 生 しました お 客 様 の 迅 速 な 対 応 により 重 要 インシデントの 発 生 は 減 少 しておりますが まだ 一 部 のお 客 様 において 脆 弱 性 のあるホストが 見 つかっております また SSL/TLS サービス(443/TCP)の 通 信 以 外 にも IMAP over SSL/TLS(993/TCP)などの OpenSSL を 使 用 した 暗 号 化 通 信 に 対 する Heartbleed 攻 撃 を 検 知 しております( 表 2) 実 際 に 一 部 のメールのアプライアンス 製 品 内 で 脆 弱 性 のある OpenSSL を 使 用 していた 為 に 重 要 インシデントに 繋 がった 事 例 も 発 生 しました 表 2 JSOC で 検 知 した Heartbleed 攻 撃 のあて 先 ポートの 例 送 信 先 ポート 代 表 的 なサービス 443/TCP SSL/TLS 993/TCP IMAP over SSL/TLS 995/TCP POP3 over SSL/TLS CCS の 脆 弱 性 を 悪 用 した 攻 撃 2014 年 7 月 に 公 開 された OpenSSL の Change Cipher Spec(CCS)の 脆 弱 性 (CVE ) 3 は SSL/TLS 通 信 の 暗 号 化 方 式 を 宣 言 するために 使 用 される CCS メッセージ のメッセージ 処 理 に 実 装 不 備 があり CCS メッセージの 送 信 タイミングを 操 作 することによって 中 間 者 攻 撃 が 可 能 になる 可 能 性 があります 本 脆 弱 性 の 対 象 となる OpenSSL バージョンは 以 下 の 通 りです 3 OpenSSL における Change Cipher Spec メッセージの 処 理 に 脆 弱 性 Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 11

13 攻 撃 件 数 サーバ 側 OpenSSL 系 列 のうち 1.0.1g およびそれ 以 前 クライアント 側 OpenSSL 系 列 のうち 1.0.1g およびそれ 以 前 OpenSSL 系 列 のうち 1.0.0l およびそれ 以 前 OpenSSL 系 列 のうち 0.9.8y およびそれ 以 前 図 11 に CCS の 脆 弱 性 を 悪 用 したと 思 われる 通 信 の 検 知 件 数 推 移 を 示 します 本 脆 弱 性 の 公 開 以 降 JSOC では 本 脆 弱 性 を 悪 用 したと 思 われる 通 信 を 多 数 検 知 しましたが これ らの 通 信 は 通 常 とは 異 なるタイミングで CCS メッセージが 送 信 されていたことを 検 知 したにすぎず 悪 意 を 持 った 通 信 であるか 判 断 することが 出 来 ませんでした また お 客 様 が 運 用 中 のホストにて 中 間 者 攻 撃 が 成 功 した 事 例 はまだありませんが 脆 弱 性 のあるホストが 見 つかっております 30,000 20,000 10, 月 1 日 7 月 6 日 7 月 11 日 7 月 16 日 7 月 21 日 7 月 26 日 7 月 31 日 図 11 CCS の 脆 弱 性 (CVE )に 関 連 すると 思 われる 通 信 の 攻 撃 件 数 推 移 両 脆 弱 性 の 対 策 上 の 注 意 点 Heartbleed 攻 撃 への 対 策 方 法 は 以 下 のとおりです The OpenSSL Project ソフトウェアベンダがリリースしたパッチやアップデートの 適 用 Heartbeat 機 能 の 無 効 化 お 客 様 環 境 にて 本 脆 弱 性 の 影 響 を 受 けるホストが 存 在 し 攻 撃 された 痕 跡 が 見 つかった 場 合 には そ れまで 利 用 していた 証 明 書 を 失 効 し 新 規 の 秘 密 鍵 を 用 いた 証 明 書 を 利 用 する 必 要 があります また CCS の 脆 弱 性 (CVE )への 対 策 方 法 は 以 下 のとおりです The OpenSSL Project ソフトウェアベンダがリリースしたパッチやアップデートの 適 用 Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 12

14 また JSOC では 最 新 の OpenSSL にアップデートしたにもかかわらず 依 然 としてこれらの 脆 弱 性 の 影 響 を 受 ける 状 態 のままであった 事 例 を 確 認 しました これは 当 該 ホストで OpenSSL のアップデートを 行 ったものの OpenSSL を 使 用 していたサービスの 再 起 動 を 実 施 していなかったことや 複 数 バージョンの OpenSSL が 導 入 されており 一 部 のアプリケーションが 古 い OpenSSL ライブラリを 参 照 していたことが 原 因 でした 本 脆 弱 性 への 対 策 実 施 後 必 ず 対 象 ホストにて 対 策 が 完 了 しているか 確 認 をしてください 対 象 ホストの 外 部 公 開 サービスが 本 脆 弱 性 の 影 響 を 受 けるかどうかを 確 認 する 方 法 として 脆 弱 性 診 断 ツールや 外 部 のサービスを 使 用 することができます ただし これらのツールや 外 部 サービスでは 確 認 した 結 果 を 当 該 サイトに 掲 載 されてしまう 等 意 図 しない 情 報 提 供 をしてしまう 可 能 性 がある 為 十 分 理 解 し たうえでご 利 用 を 判 断 してください 図 12 SSL に 対 する 総 合 的 なテストを 行 うことができるサイト (Qualys 社 ボットネットからの 大 規 模 な 攻 撃 による 検 知 傾 向 の 変 化 について 特 定 のファイル 設 置 を 試 みる Web ページ 改 ざんの 増 加 について 図 13 に HTTP プロトコルの PUT メソッドを 用 いた Web ページ 改 ざんの 試 みの 検 知 件 数 推 移 を 示 しま す これまで JSOC では 日 常 的 に 本 攻 撃 を 検 知 していましたが 短 期 間 ではあるものの 5 月 末 に 大 きく 増 加 しました ただし 本 期 間 中 攻 撃 の 成 功 は 確 認 しておりません Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 13

15 図 13 PUT メソッドによる 改 ざんの 試 みの 攻 撃 件 数 の 推 移 本 期 間 中 JSOC で 検 知 した 特 定 のファイル 設 置 を 試 みるリクエスト 例 を 図 14 に 示 します 本 リクエス トの 他 にも 以 下 の 特 定 のファイルを 設 置 する 攻 撃 を 多 数 検 知 しました ganteng.gif nyet.gif nyet.txt ganteng.gif と nyet.gif は Hacked By d3b~x の 文 字 が 記 載 された 同 一 の 画 像 ファイルで す また nyet.txt は Hacked By d3b~x の 文 字 が 記 載 されたテキストファイルです 図 14 特 定 のファイル 設 置 を 試 みるリクエスト 図 15 に PUT メソッドによる Web ページ 改 ざんので nyet.gif が 設 置 された 事 例 を 示 します 改 ざんに 用 いたファイルに 記 載 されている d3b~x は Web サイトの 改 ざん 活 動 を 行 い その 結 果 を 報 告 しているチームの 名 称 です このチーム 名 で Facebook Twitter ブログ 等 を 利 用 しており 活 動 内 容 を 確 認 することができます また Web ページの 改 ざん 情 報 をまとめた Web サイトより d3b~x によ る 被 害 ホスト 数 は 8 月 末 時 点 で 4 万 を 超 えました( 図 16) Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 14

16 図 15 PUT メソッドによる Web ページ 改 ざんので nyet.gif が 設 置 された 事 例 図 16 d3b~x による Web 改 ざんの 被 害 状 況 本 期 間 中 JSOC で 検 知 したファイル 設 定 を 試 みる 攻 撃 は 組 織 名 を 記 載 した 静 的 ファイルの 設 置 を 目 的 としたものが 多 く 自 身 が 改 ざんを 行 ったという 自 己 顕 示 欲 を 満 たすことを 目 的 とした 攻 撃 と 考 えられ ます しかし これらのサイトは 外 部 から 任 意 のファイルを 設 置 ができるため マルウェアに 感 染 させるペー ジを 設 置 することも 可 能 です 本 攻 撃 は サーバの 設 定 不 備 を 利 用 した 攻 撃 であり 管 理 中 のホストに 対 して 以 下 の 項 目 をご 確 認 いただくことを 推 奨 いたします 許 可 する HTTP メソッドおよびアクセス 権 が 適 切 に 設 定 されているか 外 部 に 公 開 する 必 要 のないサーバが 外 部 からアクセスできる 状 態 になっていないか 機 密 ファイルへのアクセスの 検 知 について JSOC では 日 本 国 内 で 開 発 されたブログ 作 成 ツールである Web Diary Professional( 以 下 WDP)への 認 証 情 報 を 窃 取 する 攻 撃 を 検 知 しています また Kaspersky 社 は WDP への 攻 撃 が 増 Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 15

17 加 していることを 報 告 しています 4 WDP には 認 証 情 報 漏 えいの 脆 弱 性 があり 悪 意 のあるリクエストを 攻 撃 対 象 サーバに 送 信 するとユ ーザ 認 証 に 使 用 するパスワードハッシュ 等 が 記 載 されているファイルを 外 部 から 参 照 することが 可 能 になりま す( 図 17) このパスワードハッシュは DES ベースのアルゴリズムを 使 用 した Perl の Crypt 関 数 を 用 いて 作 成 しているため 指 定 できる 暗 号 元 の 文 字 列 長 に 制 限 ( 最 大 8 文 字 )があり 窃 取 されてしまったデ ータは 一 般 的 な PC の 環 境 でもパスワードクラックツールを 用 いて 数 秒 ~ 数 分 で 解 読 できます 図 17 悪 意 のあるリクエストによって 得 られる WDP の 認 証 情 報 攻 撃 者 に 認 証 情 報 を 窃 取 されると Web サイトに 不 正 ログインされ コンテンツの 改 ざんやスパムメール 送 信 ツール DDoS ツール バックドアプログラムを 設 置 される 等 の 恐 れがあります WDP はバージョン 4.72(2009 年 4 月 )をもって 開 発 は 終 了 しており 本 脆 弱 性 については 修 正 される 見 込 みがなく WDP の 開 発 元 は 後 継 バージョンの freo ( 移 行 するように 推 奨 しています JSOC では WDP の 認 証 情 報 へのアクセスだけでなく 以 下 の 機 密 ファイルへのアクセスを 試 みる 攻 撃 通 信 も 定 常 的 に 検 知 しております OS の 認 証 ファイル(passwd や shadow のファイル) Apache でアクセス 制 限 の 設 定 を 記 載 する.htaccess ファイル オペレーションシステムの 起 動 オプションの 設 定 を 記 載 する boot.ini ファイル コマンド 実 行 履 歴 が 記 載 されているファイル(.history や.bash_history のファイル) 6 月 末 に コマンド 実 行 履 歴 が 記 載 されているファイルの 参 照 を 試 みる 攻 撃 が 学 術 系 機 関 で 多 数 検 知 され SOC 全 体 の 重 要 インシデント 数 増 加 の 一 因 になりました( 図 18) 4 日 本 独 自 のブログ 作 成 ツールが 攻 撃 者 の 標 的 に! Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 16

18 図 18 コマンド 実 行 履 歴 ファイルの 参 照 を 試 みる 攻 撃 件 数 の 推 移 図 19 外 部 から 参 照 可 能 な.bash_history ファイル 攻 撃 者 にコマンド 実 行 履 歴 を 見 られてしまうと ファイル 名 やアカウント 情 報 が 次 の 攻 撃 へのヒントとな ってしまう 可 能 性 があります 本 攻 撃 は サーバの 設 定 不 備 が 原 因 であるため 対 策 としては 以 下 の 項 目 を 確 認 いただくことを 推 奨 いたします Web サーバで 公 開 するコンテンツディレクトリに 対 して 適 切 なアクセス 権 限 が 設 定 されているか ディレクトリトラバーサルなどの 脆 弱 性 が 存 在 していないか Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 17

19 4.2.3 特 定 の User-Agent を 含 む PHP-CGI の 急 増 JSOC では CGI 環 境 で 動 作 する PHP の 脆 弱 性 (CVE )を 悪 用 した 攻 撃 を 定 常 的 に 検 知 しております 毎 日 相 当 な 数 の 攻 撃 を 検 知 しておりますが 7 月 16 日 から 21 日 にかけて 攻 撃 検 知 件 数 が 急 増 し( 図 20) 翌 22 日 には 減 少 しました 図 20 PHP-CGI の 脆 弱 性 を 悪 用 した 攻 撃 件 数 の 推 移 この 攻 撃 は 対 象 ホスト 上 で 一 時 ディレクトリに 不 審 なファイルの 設 置 および 実 行 を 試 みる 攻 撃 です 本 脆 弱 性 を 悪 用 す る 攻 撃 手 法 に 注 目 す べ き ポ イ ン ト は 見 受 け ら れ ま せ ん で し た が 今 回 は User-Agent に 特 徴 的 な 文 字 列 が 含 まれていました 本 期 間 中 特 定 の IP アドレスを 送 信 元 とした 攻 撃 ではなく 多 数 の IP アドレスから 特 徴 的 な 文 字 列 を 含 んだ 攻 撃 を 検 知 していることから 共 通 のボット などに 感 染 したホストが 攻 撃 を 行 ったことが 考 えられます 図 21 に 上 記 期 間 中 JSOC で 検 知 した 攻 撃 例 を 示 します 図 21 User-Agent に 特 徴 的 な 文 字 列 が 含 まれている 攻 撃 通 信 の 例 Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 18

20 本 攻 撃 が 成 功 した 場 合 被 害 ホストは 以 下 のドメインへのアクセスを 試 みます linuxupdatejappy.servepics.com jappyupdate.servehttp.com twelfe12root.servepics.com elecen11root.servepics.com 被 害 ホストは 以 下 のファイル 名 で 不 正 なファイルをダウンロードを 試 みます 但 し 現 在 は 上 記 サイトが 閉 鎖 されているため ファイルをダウンロードすることはできません index.html index.htm e.html t.html pimp.html p1mp.html まだJSOCの 検 知 事 例 はありませんが 同 様 の 攻 撃 により 以 下 のファイルをダウンロードする 事 例 もあるよ うです 5 excel.html gimp.html 本 攻 撃 は 不 正 な 実 行 形 式 ファイルを 設 置 してそのファイルを 対 象 ホスト 上 で 実 行 することにより ボッ トなどに 感 染 させ 悪 用 することが 目 的 として 考 えられます 本 期 間 での 攻 撃 増 加 の 理 由 として マルウェアに 感 染 したホストが 同 じ 脆 弱 性 を 悪 用 してワームのよう にさらに 感 染 ホストを 増 やす 目 的 で 大 量 の 攻 撃 を 行 ったことが 考 えられます その 後 攻 撃 検 知 数 が 減 少 とした 理 由 としては アンチウイルスソフトウェアなどによる 対 応 が 進 んだためと 考 えられます 攻 撃 が 成 功 した 場 合 にはボットに 感 染 することで 新 たな 攻 撃 ホストとして 悪 用 されるため 影 響 のある バージョンの PHP( 以 前 )を 利 用 していないかの 確 認 を 行 い 本 脆 弱 性 に 対 して 脆 弱 であるバージョンであった 場 合 には 早 急 にバージョンアップすることを 推 奨 いたします 5 Skanowanie w poszukiwaniu luki w php-cgi (CVE ) Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 19

21 4.3 外 部 委 託 サービス 経 由 の 公 式 サイト 改 ざん 被 害 事 案 について 外 部 委 託 サービス 経 由 の 公 式 サイト 改 ざん 被 害 事 案 の 概 要 2014 年 5 月 Contents Delivery Network サービス( 以 下 CDN サービス)を 提 供 する 企 業 が 配 信 していた 一 部 コンテンツが 何 者 かによって 改 ざんされ 当 該 サービスを 利 用 していた 複 数 の 企 業 の Web サイトに 改 ざんされたコンテンツが 表 示 される 事 例 が 発 生 しました 6 Contents Delivery Network とは Web サイトやサービスに 対 するアクセスの 負 荷 や 集 中 を 避 けつつ ユーザが 快 適 にサービスを 利 用 する ことができるようにコンテンツ 配 信 の 最 適 化 を 行 うための 仕 組 みです 画 像 や 動 画 などの 大 容 量 ファイルを 配 信 するサービスでよく 利 用 されています 多 くの 企 業 では コンテンツ 配 信 の 最 適 化 を 行 うために CDN サービスを 利 用 しておりますが 委 託 先 の CDN サービスに 対 する 不 正 アクセスが 行 われるといった 事 例 が 発 生 しました 更 に Web サイトの 管 理 者 が 不 正 アクセスによりコンテンツが 改 ざんされていたことに 気 づいておらず コンテンツを 閲 覧 したユーザから CDN サービス 運 用 会 社 に 通 報 が 行 われ 被 害 を 受 けていたことが 後 から 判 明 したという 事 例 が 多 く 発 生 しております CDN サービスはコンテンツ 配 信 の 最 適 化 と 運 用 費 用 軽 減 を 目 的 として 外 部 サービスを 利 用 されること が 多 く 適 切 なセキュリティが 保 たれているのか 確 認 しないまま 利 用 されていることが 懸 念 されます 自 組 織 のセキュリティと 同 様 に 外 部 サービスを 利 用 する 際 には 脆 弱 性 公 開 時 の 対 応 や 定 期 的 な 脆 弱 性 診 断 などサービス 運 用 会 社 のセキュリティ 体 制 の 確 認 や インシデント 発 生 時 の 対 応 方 法 を 明 確 にした 上 で 利 用 する 必 要 があります 大 手 企 業 や 人 気 サービスであるほど CDN サービスを 利 用 して 最 適 化 を 図 る 傾 向 にあり 大 手 企 業 が 採 用 しているから 大 丈 夫 というだけで 安 全 性 を 信 用 することが 出 来 なくなって きています 改 ざんされた Web サイトを 閲 覧 した 際 の 影 響 度 検 証 今 回 のコンテンツ 改 ざん 事 件 を 受 けて Web サイトを 利 用 するユーザが 改 ざんされたコンテンツを 実 行 し た 際 にどのような 影 響 を 受 けるのかを 確 認 するため 改 ざんされたサイトにアクセスした 結 果 ダウンロードされ た 不 審 なファイルを 実 行 し その 時 に 発 生 する 通 信 を 調 査 しました 図 22 に 改 ざんされた Web サイトを 閲 覧 した 際 の 概 略 図 を 示 します 6 外 部 サービス が 原 因 公 式 サイトの 改 ざん 被 害 相 次 ぐ Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 20

22 図 22 ファイル 実 行 の 流 れ 改 ざんされた Web サイトを 閲 覧 した 利 用 者 は 悪 意 のあるファイルによって 2014 年 4 月 に 公 開 され た Flash Player の 脆 弱 性 (CVE )を 悪 用 したドライブバイダウンロード 攻 撃 を 受 けました その 際 にダウンロードされるファイルの 一 部 を 表 3 に 示 します 表 3 改 ざんされたコンテンツを 閲 覧 した 結 果 ダウンロードされるファイル( 一 部 ) ファイル 名 MD5 527.gif 1aa4240e1f5a6011bd79bcc79e7706a1 jp.gif 636f504aa14f e4221e ja523.jpg 9c4f5f894b4c0b0c b0e41eaba ダウンロードされたファイル(527.gif)は 何 らかの 形 で 難 読 化 されたテキスト 形 式 のファイルであり フ ァイルヘッダが AZ から 始 まるデータでした 1 バイト 目 以 降 は 通 常 の exe ファイルのようであったため exe ファイルであることを 示 す MZ から 始 まるデータに 変 更 すると exe ファイルとして 実 行 できました 527.gif を exe ファイルとして 実 行 したホストは GET メソッドや POST メソッドで 端 末 の 情 報 を 外 部 へ 送 信 します ( 図 24 図 25 表 4) Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 21

23 図 gif の 難 読 化 されたデータ 図 gif(527.exe) 実 行 時 に 発 生 する HTTP 通 信 (GET) 図 gif(527.exe) 実 行 時 に 発 生 する HTTP 通 信 (POST) 表 gif(527.exe) 実 行 時 に 発 生 する HTTP 通 信 の 送 信 データ(POST) 送 信 種 別 含 まれるデータ 内 容 a3= OS のバージョン a12= 感 染 端 末 の NIC の MAC アドレス また 527.gif ファイルと 同 様 に jp.gif についても 中 身 は Win32 の 実 行 ファイルとなっており 感 染 ホ ストの 情 報 を 外 部 へ 送 信 する 機 能 を 有 していました 送 信 先 の URL やパラメータは 異 なっていたものの GET リクエストを 用 いてと 同 様 に 外 部 へ 感 染 ホストの 情 報 を 送 信 する 動 きが 見 受 けられました ( 図 26 表 5) 図 26 jp.gif 実 行 時 に 発 生 する HTTP 通 信 Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 22

24 表 5 jp.gif 実 行 時 の 送 信 データ 種 別 送 信 種 別 含 まれるデータ 内 容 m= 感 染 端 末 の NIC の MAC アドレス os= OS のバージョン ie= IE のバージョン 図 26 の 通 信 が 発 生 してから 数 分 経 過 の 後 感 染 ホストからは ja523.jpg のダウンロードを 試 みる 通 信 が 発 生 します その 際 の 挙 動 に 特 徴 があり ダウンロードの 試 みを 1 度 実 施 した 後 1 分 程 度 待 機 をし た 後 に 別 のホストへ 接 続 を 試 みる 動 きを 繰 り 返 し 多 数 の 接 続 先 に 対 して 通 信 が 発 生 しました 接 続 先 となったドメインの 大 半 は 有 名 サイトであり( 表 6) ja523.jpg ファイルが 存 在 しないドメインが 多 数 を 占 めていため おそらく 攻 撃 者 がマルウェアを 置 いたサーバ 情 報 を 隠 すことを 目 的 として 接 続 先 の 偽 装 を 行 っていたと 推 測 できます 表 6 ja523.jpg の 接 続 先 に 指 定 された 有 名 サイト 接 続 先 ドメイン 提 供 サービス update.ncook.net ポータルサイト オンラインショッピング ポイントサービス snsdate.gndot.com SNS サービス オンラインゲームサービス オンラインゲームサービス オンラインゲームサービス ポータルサイト ポータルサイト オンラインゲームサービス ニュースサイト ポータルサイト オンラインゲームサービス オンラインゲームサービス オンラインゲームサービス 推 測 できる 攻 撃 者 の 目 的 527.gif ファイルをバイナリ 情 報 から 推 測 し.exe へ 書 き 換 えた 際 アンチウイルスソフトによってオンライ ンゲームに 関 連 するマルウェアとして 検 知 したことから 本 攻 撃 はオンラインゲーム 関 連 のアカウント 搾 取 を Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 23

25 目 的 とした 攻 撃 であると 推 測 されます ただし 本 攻 撃 に 用 いられた Flash Player の 脆 弱 性 (CVE )は 日 本 のユーザを 狙 ったオンラインバンキングアカウント 搾 取 を 目 的 とした 攻 撃 に 悪 用 される 事 例 が 多 数 を 占 めるという 情 報 7 や 同 様 に 改 ざんされた 他 の Web サイトからは オンラインバ ンキングの 情 報 を 窃 取 するウイルスがダウンロードされた 8 との 情 報 も 見 受 けられることから 攻 撃 者 は 攻 撃 対 象 となったコンテンツに 応 じてマルウェアを 使 い 分 けていた 可 能 性 も 考 えられます ブログサイトであればオンラインゲームのアカウントを 狙 い 旅 行 サイトであればオンラインバンクのアカウン トを 狙 うなど 攻 撃 者 によりマルウェアの 使 い 分 けがなされると 被 害 を 受 けたときの 影 響 度 が 悪 い 意 味 で 最 適 化 され 大 きな 被 害 に 直 結 することが 懸 念 されます Web サイトの 利 用 者 として 実 施 すべき 対 策 JSOC INSIGHT Vol.4 9 や LAC 社 の 注 意 喚 起 10 でも 触 れておりますが 2014 年 1 月 に 正 規 の ソフトウェアにおけるアップデート(バージョンアップ)の 仕 組 みを 悪 用 した 新 たな 標 的 型 攻 撃 として アップデ ート 設 定 ファイルの 入 手 の 際 正 規 サイト ではなく 全 く 別 の 踏 み 台 サイト に 転 送 接 続 するよう 仕 掛 けられていた 事 件 がありました また コンテンツの 配 信 に 限 らず ユーザが 良 く 目 にする 広 告 配 信 サービスを 悪 用 した 被 害 も 発 生 してお り 注 意 が 必 要 です 広 告 配 信 サービスは 利 用 するユーザの 行 動 に 最 適 化 して 配 信 されているため メ ールを 用 いた 標 的 型 攻 撃 とは 異 なるアプローチでユーザを 狙 い 撃 ちしてくる 危 険 性 も 考 えられます さらに 感 染 対 象 を 絞 り 込 み 様 々な 手 法 を 組 み 合 わせて 攻 撃 を 巧 妙 化 するなど ユーザが 気 付 きにくい 攻 撃 を 今 後 も 仕 掛 けてくるものと 考 えられます 攻 撃 の 多 くは 既 知 の 脆 弱 性 を 複 数 組 み 合 わせて 悪 用 することが 考 えられるため OS アプリケーショ ン アンチウィルスソフトウェアを 最 新 状 態 に 保 つことが 非 常 に 有 効 であり これまでの 対 策 を 適 切 に 運 用 し 続 けることが 重 要 です 7 Adobe Flash の 脆 弱 性 を 悪 用 して 日 本 のユーザの 銀 行 口 座 情 報 を 狙 う 攻 撃 obe-flash-2 8 外 部 サービス が 原 因 公 式 サイトの 改 ざん 被 害 相 次 ぐ 9 JSOC INSIGHT vol 正 規 のソフトウェアのアップデートで 不 正 なプログラムが 実 行 される 事 案 について Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 24

26 5 終 わりに JSOC INSIGHT は INSIGHT が 表 す 通 り その 時 々に JSOC のセキュリティアナリストが 肌 で 感 じ た 注 目 すべき 脅 威 に 関 する 情 報 提 供 を 行 うことを 重 視 しています これまでもセキュリティアナリストは 日 々お 客 様 の 声 に 接 しながら より 適 切 な 情 報 をご 提 供 できるよう 努 めてまいりました この JSOC INSIGHT では 多 数 の 検 知 が 行 われた 流 行 のインシデントに 加 え 現 在 ま た 将 来 において 大 きな 脅 威 となりうるインシデントに 焦 点 を 当 て 適 時 情 報 提 供 を 目 指 しています JSOC が 安 全 安 心 を 提 供 できるビジネスシーンの 支 えとなることができれば 幸 いです JSOC INSIGHT vol.5 執 筆 天 野 一 輝 / 賀 川 亮 / 品 川 亮 太 郎 / 村 上 正 太 郎 ( 五 十 音 順 ) LAC ラック ラックロゴは 株 式 会 社 ラックの 登 録 商 標 です 本 ドキュメントに 記 載 されている 企 業 名 および 製 品 名 は 各 社 の 商 標 または 登 録 商 標 です 本 ドキュメントに 記 載 されている 情 報 は 2014 年 10 月 末 現 在 のものです ラックロゴは 株 式 会 社 ラック 2010 年 9 月 現 在 のものです Copyright 2014 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.5 25

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

自 己 紹 介 企 業 組 織 のネットワークにセキュリティー 機 器 を 配 置 発 生 するアラートをSOCへ 集 約 アラートをSOCが 分 析 し 必 要 に 応 じてお 客 様 へご 連 絡 対 応 を 助 言 お 客 様 ネットワーク Security Operation Center

自 己 紹 介 企 業 組 織 のネットワークにセキュリティー 機 器 を 配 置 発 生 するアラートをSOCへ 集 約 アラートをSOCが 分 析 し 必 要 に 応 じてお 客 様 へご 連 絡 対 応 を 助 言 お 客 様 ネットワーク Security Operation Center IBM Security Systems 止 まらない!ウェブ 改 ざんの 実 態 と 対 策 Tokyo SOCから 見 た ウェブ 改 ざんの 実 態 日 本 アイ ビー エム 株 式 会 社 Tokyo Security Operation Center 窪 田 豪 史 2013/8/22 1 2012 IBM Corporation 自 己 紹 介 企 業 組 織 のネットワークにセキュリティー

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770>

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770> な る ほ ど! 貸 借 取 引 のしくみ Japan Securities Finance Co.,Ltd 1 目 次 1. 貸 借 取 引 について 2. 貸 借 取 引 における 株 式 調 達 について 3. 品 貸 料 の 決 定 方 法 について 4. 制 限 措 置 を 含 む 貸 借 取 引 情 報 について 5.よくある 質 問 Japan Securities Finance Co.,Ltd

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査

企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査 企 業 における マイナンバーのセキュリティに 関 する 実 態 調 査 2015 年 9 月 17 日 デジタルアーツ 株 式 会 社 調 査 概 要 調 査 内 容 調 査 目 的 調 査 方 法 エリア 調 査 対 象 回 答 数 実 施 期 間 調 査 企 画 調 査 機 関 企 業 におけるマイナンバーのセキュリティに 関 する 実 態 調 査 2016 年 1 月 より 施 行 されるマイナンバー

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

スマートコネクト マネージドサーバ WAFオプション仕様書

スマートコネクト マネージドサーバ WAFオプション仕様書 スマートコネクト マネージドサーバ WAF オプション 仕 様 書 ( 第 1.0 版 2015 年 6 月 22 日 版 ) < 目 次 > スマートコネクト マネージドサーバ WAF オプション 1. WAF オプション 概 要... 2 1.1. オプション 概 要... 2 1.2. オプション 特 徴... 2 2. WAF オプション 仕 様... 3 2.1. オプション 提 供 プラン...

More information

1.セッション3では 流 出 した 際 の 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 対 応 仕 組 み 1

1.セッション3では 流 出 した 際 の 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 対 応 仕 組 み 1 セッション3 デモで 実 感! 情 報 漏 えいによる 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 簡 単 マイナンバー 情 報 漏 えい 対 策 ネットエージェント 株 式 会 社 営 業 部 田 端 あやの 2015 年 11 月 10 日 1.セッション3では 流 出 した 際 の 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 対 応 仕 組 み 1 流 出 した 際 の 損 害 とは 漏 えいしたデータの

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 大 字 藤 久 保 1100 番 地 1 三 芳 町 役 場 本 庁 舎 4 階 ウ 提 出 方 法 : 持 参 または 郵 送 による 提 出 とする ただし 提 出 期 限 必 着 とし 郵 送 の 場 合 は 必 ず 到 着 を 確 認 するものとする (3

埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 大 字 藤 久 保 1100 番 地 1 三 芳 町 役 場 本 庁 舎 4 階 ウ 提 出 方 法 : 持 参 または 郵 送 による 提 出 とする ただし 提 出 期 限 必 着 とし 郵 送 の 場 合 は 必 ず 到 着 を 確 認 するものとする (3 様 式 第 5 号 ( 第 9 条 関 係 ) 三 芳 政 発 第 8 号 平 成 26 年 4 月 1 日 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 提 案 書 募 集 に 関 する 公 表 プロポーザル 選 定 委 員 会 委 員 長 三 芳 町 プロポーザル 方 式 業 者 選 定 実 施 要 綱 第 7 条 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 提 案 書 を 募 集 します 1 業

More information

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図 平 成 2 8 年 3 月 25 日 NACSIS-CAT 検 討 作 業 部 会 NACSIS-CAT/ILL の 軽 量 化 合 理 化 について( 基 本 方 針 )( 案 ) これからの 学 術 情 報 システム 構 築 検 討 委 員 会 ( 以 下, これから 委 員 会 ) は これか らの 学 術 情 報 システムの 在 り 方 について ( 平 成 27 年 5 月 29 日 )

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する ガイドライン 安 全 で 安 心 なまちづくり 平 成 26 年 3 月 栃 木 県 第 1 はじめに 1 ガイドライン 策 定 の 目 的 安 全 で 安 心 なまちづくりを 進 める 上 で 近 年 防 犯 カメラの 設 置 は 広 く 有 用 であると 認 められてお り 県 内 各 地 において 防 犯 カメラの 設 置 が 進 んでいます

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受 第 337 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 (2)-3 2016 年 5 月 31 日 プロジェクト 項 目 概 念 フレームワーク 概 念 フレームワークの 見 直 しに 関 する IASB における 議 論 の 状 況 Ⅰ. 本 資 料 の 目 的 1. 2016 年 5 月 の 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)ボード 会 議 では 公 開

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 時 系 列 ( 事 業 契 約 締 結 から 事 業 終 了 までの 保 険 の 機 能 ) 融 資 契 約 融 資 契 約 締 結 建 中 融 資 実 行 の 場 合 有 完 成 後 融 資 実 行 ( 工 事 金 額 分 ) 元 利 返 済 (SPC- 銀 行 ) 事 業 契 約 締 結 施 設 完 工 ( 引 渡 ) 施 設 整 備 費 維 持 管 理 運 営 費 支 払 ( 公 共 SPC)

More information

JSOC INSIGHT Vol.9 1 はじめに... 2 2 エグゼクティブサマリ... 3 3 JSOC における 重 要 インシデント 傾 向... 4 3.1 重 要 インシデントの 傾 向... 4 3.2 発 生 した 重 要 インシデントに 関 する 分 析... 5 3.3 大 量

JSOC INSIGHT Vol.9 1 はじめに... 2 2 エグゼクティブサマリ... 3 3 JSOC における 重 要 インシデント 傾 向... 4 3.1 重 要 インシデントの 傾 向... 4 3.2 発 生 した 重 要 インシデントに 関 する 分 析... 5 3.3 大 量 vol.9 2015 年 10 月 22 日 JSOC Analysis Team Copyright 2015 LAC Co., Ltd. All Rights Reserved. JSOC INSIGHT vol.9 JSOC INSIGHT Vol.9 1 はじめに... 2 2 エグゼクティブサマリ... 3 3 JSOC における 重 要 インシデント 傾 向... 4 3.1 重 要 インシデントの

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928 2012 年 9 月 28 日 各 位 みずほインベスターズ 証 券 株 式 会 社 当 社 の 法 人 関 係 情 報 の 管 理 態 勢 およびその 強 化 に 向 けた 今 後 の 対 応 策 について 今 般 当 社 は 2012 年 8 月 24 日 付 で 日 本 証 券 業 協 会 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 お よび 大 阪 証 券 取 引 所 より 法 人

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド マルチプレキシング ( 多 重 化 ) クライアント アクセス ライセンス (CAL) の 要 件 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 Microsoft SQL Server... 2 Microsoft

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

WebAlertクイックマニュアル

WebAlertクイックマニュアル 目 次 1 WebAlert とは...2 2 管 理 画 面 へのログイン 方 法...3 3 管 理 画 面 のログアウト 方 法...4 4 パスワードリマインダーの 利 用 方 法...5 5 管 理 画 面 の 概 要...6 6 アカウント 設 定...7 6-1 アカウント 情 報...8 6-2 アカウント 詳 細...9 6-3 メールアドレス...10 6-4 メール 通 知...12

More information

Microsoft Word - 答申第143号.doc

Microsoft Word - 答申第143号.doc 答 申 第 143 号 平 成 15 年 12 月 17 日 千 葉 県 知 事 堂 本 暁 子 様 千 葉 県 情 報 公 開 審 査 会 委 員 長 麻 生 肇 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 について( 答 申 ) 平 成 14 年 12 月 12 日 付 け 一 廃 第 361の2 号 による 下 記 の 諮 問 について 次 のとおり 答 申 します 記 平 成 10 年 6 月

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す 平 成 28 年 度 版 ( 融 機 関 さま 向 け 資 料 ) 住 宅 融 資 ご 案 内 住 宅 融 資 についてのご 相 談 お 問 合 せ 先 住 宅 融 援 機 構 住 宅 融 資 部 融 資 企 画 グループ 112-8570 東 京 都 文 京 区 後 楽 1 丁 目 4 番 10 号 03-5800-8149 ( 平 成 28 年 4 現 在 ) 住 宅 融 資 の 仕 組 み 住

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案 企 業 年 金 のマイナンバーの 取 扱 いに 関 する 厚 労 省 通 知 について 平 成 7 年 0 月 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 本 資 料 は 作 成 時 点 における 信 頼 できる 情 報 にもとづいて 作 成 されたものですが その 情 報 の 確 実 性 を 保 証 するものではありません 本 資 料 に 含 まれる 会 計 税 務 法 律 等 の 取 扱 いについては

More information

V-CUBE One

V-CUBE One V-CUBE One Office 365 連 携 マニュアル ブイキューブ 2016/06/03 この 文 書 は V-CUBE One の Office 365 連 携 用 ご 利 用 マニュアルです 更 新 履 歴 更 新 日 内 容 2016/02/09 新 規 作 成 2016/03/11 Office 365 ID を 既 存 の One 利 用 者 と 紐 付 ける 機 能 に 関 する

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等 Ⅱ 入 学 者 選 抜 試 験 学 生 募 集 要 項 ( 自 然 科 学 研 究 科 環 境 学 研 究 科 共 通 ) ( 入 学 時 期 : 平 成 18 年 10 月 又 は 平 成 19 年 4 月 ) 1 出 願 資 格 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 です (1) 修 士 の 学 位 若 しくは 専 門 職 学 位 を 有 する 者 又 は 平 成 19 年 3 月 (

More information

持 TFでの 検 討 を 踏 まえ 対 策 を 講 ずることといたしますが 貴 職 におかれまし ては 現 段 階 において 下 記 事 項 につきご 対 応 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます 記 1. 貴 会 会 員 に 対 して 今 回 の 厚 生 労 働 省 からの 緊 急 要

持 TFでの 検 討 を 踏 まえ 対 策 を 講 ずることといたしますが 貴 職 におかれまし ては 現 段 階 において 下 記 事 項 につきご 対 応 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます 記 1. 貴 会 会 員 に 対 して 今 回 の 厚 生 労 働 省 からの 緊 急 要 社 労 連 第 200 号 平 成 25 年 5 月 9 日 都 道 府 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 長 殿 全 国 社 会 保 険 労 務 士 会 連 合 会 会 長 金 田 修 ( 公 印 省 略 ) 厚 生 労 働 省 からの 社 会 保 険 労 務 士 の 不 正 行 為 防 止 に 係 る 緊 急 要 請 への 対 応 について 平 素 は 連 合 会 の 事 業 運 営 につきまして

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

特別徴収封入送付作業について

特別徴収封入送付作業について 特 別 徴 収 の 事 務 概 要 ( 説 明 資 料 ) 新 居 浜 市 役 所 総 務 部 市 民 税 課 電 話 (0897)65-1224( 直 通 ) 特 別 徴 収 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 は 市 の 指 定 により 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 しなければならないと 義 務 付 け られています ( 地 方 税 法 第 321 条 の 4 新 居 浜

More information

疑わしい取引の参考事例

疑わしい取引の参考事例 ( 別 添 ) 疑 わしい 取 引 の 参 考 事 例 記 号 記 号 記 号 記 号 預 金 取 扱 い 金 融 機 関 保 険 会 社 証 券 会 社 外 国 証 券 会 社 及 び 投 資 信 託 委 託 業 者 証 券 金 融 会 社 貸 金 業 者 抵 当 証 券 業 者 商 品 投 資 販 売 業 者 小 口 債 権 販 売 業 者 不 動 産 特 定 共 同 事 業 者 金 融 先 物

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

WebAlertクイックマニュアル

WebAlertクイックマニュアル WebAlert ユーザーズガイド 目 次 1 WebAlert とは... 3 2 管 理 画 面 ログイン 方 法... 4 3 管 理 画 面 ログアウト 方 法... 6 4 パスワードリマインダーの 利 用 方 法... 7 5 WebAlert 管 理 画 面 概 要... 8 6 アカウント 設 定... 9 6-1 アカウント 情 報... 10 6-2 アカウント 詳 細... 11

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 2 月 23 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

Microsoft PowerPoint 神戸大学講義(前半)開示.ppt

Microsoft PowerPoint 神戸大学講義(前半)開示.ppt 事 業 戦 略 策 定 作 業 の 全 体 像 と 分 析 の 進 め 方 2012 年 4 月 7 日 株 式 会 社 経 営 共 創 基 盤 Industrial Growth Platform, Inc. (IGPI) SEM003071016 株 式 会 社 経 営 共 創 基 盤 All Rights Reserved 事 前 課 題 あなたはある 消 費 財 メーカーの 経 営 企 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

01.活性化計画(上大久保)

01.活性化計画(上大久保) 別 記 様 式 第 1 号 ( 第 四 関 係 ) か み お お く ぼ 上 大 久 保 ち く 地 区 か っ せ い か 活 性 化 け い か く 計 画 栃 木 県 鹿 沼 市 平 成 26 年 2 月 1 活 性 化 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 計 画 の 名 称 上 大 久 保 地 区 活 性 化 計 画 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 鹿 沼 市 地

More information

マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引 用 2.5 登 録 維 持 2.6 登 録 継 続 2.7

マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引 用 2.5 登 録 維 持 2.6 登 録 継 続 2.7 改 訂 番 号 7 承 認 日 2015.09.10 マネジメントシステム 認 証 規 則 制 定 日 2007 年 10 月 12 日 日 本 海 事 協 会 マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制 資 料 2-1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 平 成 27 年 12 月 3 日 関 税 外 国 為 替 等 審 議 会 関 税 分 科 会 財 務 省 関 税 局 1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少

More information

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について ( 平 成 25 年 7 月 16 日 付 け 通 達 香 生 企 第 311 号 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 73 号 以 下 改 正 法 という( 別 添 官 報 参

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

に 対 して 消 磁 装 置 によるデータ 破 壊 を 行 い データの 復 旧 を 不 可 能 とするこ と 2 消 去 が 終 了 したことが 識 別 できるシール 等 を 媒 体 に 貼 付 すること(このシール は 本 委 託 契 約 の 範 囲 内 で 受 託 者 が 用 意 すること)

に 対 して 消 磁 装 置 によるデータ 破 壊 を 行 い データの 復 旧 を 不 可 能 とするこ と 2 消 去 が 終 了 したことが 識 別 できるシール 等 を 媒 体 に 貼 付 すること(このシール は 本 委 託 契 約 の 範 囲 内 で 受 託 者 が 用 意 すること) ハードディスク 等 データ 消 去 及 び 破 壊 作 業 業 務 委 託 別 紙 1 特 記 仕 様 書 横 須 賀 市 ( 以 下 本 市 という )が 委 託 する 標 記 業 務 について 受 託 者 が 受 託 業 務 を 実 施 するにあたり 本 書 にて 必 要 な 事 項 を 定 める 1. 委 託 業 務 内 容 (1)ハードディスクのデータ 消 去 及 び 破 壊 1 本 書 別

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

security

security セキュリティアセスメントのご 提 案 ~ 標 的 型 攻 撃 に 対 するセキュリティ 診 断 サービスについて~ 株 式 会 社 マイルストーン コンサルティング グループ 平 成 26 年 1 月 吉 日 セキュリティ 対 策 に 対 する 不 安 不 正 アクセス データ 持 ち 出 し 攻 撃 者 ( 内 部 犯 ) 不 正 アクセス DB 不 正 アクセス ウィルス 感 染 Internet

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 5 月 24 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

公募

公募 木 製 品 試 作 販 売 システム 等 構 築 可 能 性 調 査 委 託 業 務 の 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1. 目 的 厚 真 町 における 林 産 業 は 造 林 保 育 及 び 造 材 等 の 森 林 整 備 を 行 う 事 業 体 や 木 炭 製 造 業 等 が 成 立 している 一 方 で 加 工 する 施 設 は 小 規 模 な 製 材 工 場 が1 軒

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

ユーザーガイド

ユーザーガイド 印 刷 の 管 理 バージョン 1.1 ユーザーガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションを 使 用 する... 5 アプリケーションへのアクセス... 5 アプリケーションを 管 理 する... 5 問 題 に 対 処 する... 7 アプリケーションが 適 切 にロードできない...7 アプリケーションにログインできない...

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information