Microsoft PowerPoint - kantara-gakunin.pptx

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - kantara-gakunin.pptx"

Transcription

1 SAML 準 拠 のShibbolethを 活 用 した 学 術 認 証 連 携 基 盤 の 構 築 国 立 情 報 学 研 究 所 中 村 素 典 /

2 Webアプリケーションへのシングル サイン オン(SSO) をセキュアに 実 現 するための 学 術 向 け 分 散 型 認 証 基 盤 従 来 学 認 ID1/Pass1 ID2/Pass2 ID3/Pass3 大 学 A ID/Pass 機 関 単 位 で 分 散 大 学 B 大 学 C elearning システム Web メール 電 子 Journal 機 関 認 証 システム SSO Webアプリ 毎 にIDを 管 理 ID 管 理 コスト 大 Webアプリ 毎 にログイン 作 業 ユーザは 膨 大 なIDを 管 理 同 一 パスワード 利 用 のリスク 低 セキュリティサイトからの 漏 えい elearning システム 学 内 Web メール 電 子 Journal 学 外 統 一 基 準 で 運 用 2

3 セキュリティや 個 人 情 報 保 護 法 に 配 慮 して, 認 証 認 可 の 情 報 交 換 を 行 うためのデータ 形 式 標 準 団 体 OASISにより 策 定 米 国 EDUCAUSE/Internet2にて2000 年 に 発 足 したオープンソースプロジェクト SAMLによる 認 証 連 携 方 法 として 学 術 界 ではデファクトスタンダード 米 国 欧 州 でShibbolethによる 学 術 認 証 フェデレーションが 拡 大 最 新 はVersion 2.2 (SAML 2.0 準 拠 ) 一 部 古 いSPはまだVersion 1.3を 使 用 ( 徐 々に 2.xへ 移 行 中 ) ユーザ 情 報 LDAP, AD シ ボ レ ス IdP SAML 標 準 シ ボ レ ス SP 3 SAML 通 信 のためのフィルターのようなもの

4 ID 管 理 側 (IdP)メリット ID 管 理,ユーザサポート 業 務 セキュリティ 教 育 の 集 約 によるコスト 削 減 ID/PW 送 受 信 時 の(サービスに 依 存 しない)セキュリティ 水 準 の 向 上 大 学 など 情 報 セキュリティ 準 拠, 個 人 情 報 保 護 などへの 対 応 シームレス( 学 内 外 )なアクセス 管 理 システム 統 合 サービス 側 (SP)メリット ID 管 理 からの 解 放,ユーザサポート 業 務 の 軽 減 ライセンス 条 件 にそった 適 正 な 利 用 学 術 分 野 へのサービスのビジビリティの 向 上 素 早 いスタートアップ サービス 利 用 者 メリット 多 数 のID/パスワード 管 理 からの 解 放 IPアドレスに ド 依 存 しないアクセス( 自 宅 や 出 張 先 からもアクセスできる) 個 人 情 報 の 送 信 制 御, 匿 名 アクセス( 所 属 機 関 として 認 証 ) SSOによる 利 便 性 向 上,マッシュアップによるサービス 連 携 への 期 待 4 それぞれにメリットのある 仕 組 み

5 インシデント 発 生 時 の 対 応 多 くのCSPはIPアドレス 全 体 に 対 してアクセス 制 限 を 行 う プロキシ 等 で 一 つのIPアドレスを 共 有 していると CSP 側 で 制 御 不 能 ユーザの 特 定 と 指 導 は 大 学 側 の 責 任 VPNを 用 いたリモートユーザサービス VPN 利 用 者 の 特 定 のための 仕 組 みが 必 要 (NATも 問 題 ) VPNの 運 用 は 基 盤 センター CSP 契 約 は 図 書 館 なので 連 携 も 必 要 ライセンス 契 約 でVPNアクセスを 許 可 しないことがある ゲストに 大 学 のIPアドレスを 利 用 させられない eduroam 等 では 別 のIPアドレス 空 間 から 割 り 当 て コンテンツの 利 用 者 が 少 なくても 全 体 での 契 約 が 必 要 学 部 研 究 室 研 究 グループといった 単 位 で 安 く 契 約 したい 5

6 フェデレーション 自 体 は 学 外 リソース 利 用 のためのもの フェデレーションへの 参 加 により 学 内 の 統 合 認 証 システム 構 築 を 加 速 学 内 システムのSSO 化 を 加 速 シボレス 化 による 学 内 の 公 開 Webサービスの セキュリティレベルの 向 上 Webメール グループウエア 図 書 館 システム 6

7 リモートアクセスによる 利 用 頻 度 の 向 上 SSOによるユーザエクスペリエンスの 向 上 論 文 を 探 して 論 文 を 取 得 して( 読 んで) 論 文 を 管 理 する 7 認 証 連 携 によるディープなマッシュアップへ

8 Microsoft DreamSpark 学 生 を 対 象 にMSのソフトウエア 開 発 環 境 を 無 償 で 提 供 するプログラム 属 性 により 大 学 構 成 員 であり 学 生 であることを 確 認 edupersontargetedid(sp ( 毎 に 異 なるハッシュ 化 された 一 意 のID) edupersonscopedaffiliation( 例 運 用 フェデレーション 参 加 24 時 間 後 には 利 用 可 能 8

9 IdP( 所 属 機 関 ) 9 SP(リソース 提 供 者 ) 6 7 属 性 情 報 8 アクセス 承 認 DS(ディスカバリサービス) ユーザ 1

10 IdP( 所 属 機 関 ) 登 録 配 布 (ダウンロード) メタ データ 登 録 配 布 (ダウンロード) フェデレーションによる 信 頼 性 の 提 供 6 7 属 性 情 報 8 9 アクセス 承 認 SP(リソース 提 供 者 ) Set Cookie DS(ディスカバリサービス) ユーザ 1

11 より 11

12 SP B SP C SP A フェデレーション リポジトリ フェデレーション メタデータ DS(ディスカバリサービス) エンティティ メタデータタ 12 IdP A IdP C IdP B 自 動 ダウンロードするフェデレーションメタデータの タの 信 頼 性 は フェデレーションの 証 明 書 で 担 保 ( 事 前 に 入 手 検 証 し 事 前 にIdP/SPにインストール) ( 検 証 は 別 チャンネルで 入 手 したfingerprintとの 比 較 等 による)

13 フェデレーションメタデータ 署 名 の 情 報 エンティティメタデータ (IdP) IdPの 情 報 IdP1の 情 報 IdP2の 情 報 IdP1のID=entityID 利 用 する 証 明 書 利 用 可 能 なプロトコル 組 織 情 報 エンティティメタデータ(SP) SPの 情 報 SP1の 情 報 SP1のID=entityID 利 用 する 証 明 書 SP2の 情 報 利 用 可 能 なプロトコル 組 織 情 報 13

14 国 立 情 報 学 研 究 所 プロジェクト 参 加 機 関 2プロジェクト 参 加 申 請 / 承 認 機 関 責 任 者 事 務 局 (NII) 4 加 入 者 の 審 査 加 入 者 サーバ 認 証 局 5TSVファイルの アップロード 8 証 明 書 インストール 証 明 書 自 動 発 行 支 援 システム 登 録 担 当 者 加 入 者 オープンドメイン 認 証 局 14 システムから 直 接 加 入 者 宛 てに 証 明 書 を 自 動 発 行 します 6ダウンロードURL 通 知 (システム 加 入 者 ) 7 証 明 書 ダウンロード https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/server

15 ユーザに 対 するSPの 信 頼 性 暗 号 通 信 (SSL) 安 全 なサービス 利 用 ユーザに 対 するIdPの 信 頼 性 暗 号 通 信 (SSL) 安 全 なID パスワードの 入 力 SPに 対 するIdPの 信 頼 性 ( 接 続 の 認 証 ) アサーションの 電 子 署 名 IdPに 対 するSPの 信 頼 性 ( 接 続 の 認 証 ) アサーションの 暗 号 化 フェデレーションメタデータの 信 頼 性 ( 電 子 署 名 ) フェデレーションが 認 めたIdP/SP / 間 のみでアクセス 可 能 15

16 IdP Browser front channel SP Attribute DB AuthN DB Attribute Authority AuthN Engine SSO Profile Username Password AuthN https https Session Initiator DS Assertion Consumer SAML POST Shibboleth Module (mod_shib) Web Resource #.htaccess AuthType shibboleth ShibRequireSessioni S i On require valid-user Apache / IIS LDAP/AD Tomcat Form Shibboleth Daemon (shibd) 16 back channel ポート 番 号 は など

17 IdP Shibboleth attributefilter.xml SAML SP Shibboleth 環 境 変 数 attribute- Web map.xml App LDAP attribute- resolver.xml attribute- policy.xml httpd handler.xml login.config relyingparty.xml BackingFile 信 頼 shibboleth2. xml BackingFile http.conf.htaccess Access Control リポジトリ 17

18 SPは 必 要 な 属 性 を 要 求 し 認 可 を 行 う 機 関 ロールベースで 認 可 が 可 能 属 性 OrganizationName (o) 内 容 組 織 名 jaorganizationname (jao) 組 織 名 ( 日 本 語 ) OrganizationalUnit (ou) 組 織 内 所 属 名 称 jaorganizationalunit (jaou) 組 織 内 所 属 名 称 ( 日 本 語 ) edupersonprincipalname (eppn) フェデレーション 内 の 共 通 識 別 子 edupersontargetedid e フェデレーション 内 の 匿 名 識 別 子 edupersonaffiliation SPごとに 異 なる ハッシュ 化 された 識 別 子 ( 名 寄 せ 防 止 ) 職 種 (faculty, staff, student, member) edupersonscopedaffiliation 職 種 名 がついた 形 式 ) edupersonentitlement 資 格 SurName (sn) 氏 名 ( 姓 ) jasurname (jasn) 氏 名 ( 姓 )( 日 本 語 ) GivenName 氏 名 ( 名 ) jagivenname 氏 名 ( 名 )( 日 本 語 ) displayname 氏 名 ( 表 示 名 ) jadisplayname 氏 名 ( 表 示 名 )( 日 本 語 ) uapprove.jpプラグイン mail メールアドレス ユーザは 送 信 する 属 性 の 選 択 が 可 能 18 掲 載 場 所 : https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/fed/technical/attribute

19 新 規 IdPの 開 拓 と 新 規 SPの 開 拓 は 普 及 のための 両 輪 SPに 対 する 魅 力 はIdPの 数 ( 機 関 数 アカウント 数 ) IdPに 対 する 魅 力 はSPの 数 ( 豊 富 なサービスの 種 類 ) NIIは 学 術 認 証 フェデレーションの 着 実 な 運 用 を 行 う とともに 普 及 を 加 速 するための 支 援 を 行 う 事 業 化 に 向 けてのフェデレーションの 運 用 学 術 ネットワーク 運 営 連 携 本 部 認 証 作 業 部 会 運 用 タスクフォース 普 及 を 加 速 する 仕 組 みの 研 究 開 発 学 術 ネットワーク 研 究 開 発 センター 認 証 ラボ 19

20 (12 月 10 日 現 在 ) Science Direct / SCOPUS (Elsevier) SpringerLink (Springer) 接 続 中 Web of Knowledge / EndNote (Thomson Reuters) PierOnline OvidSP (Ovid) Serials Solutions RefWorks (ProQuest) EBSCO Pathology Images (Atlases) IEEE DreamSpark (Microsoft) HighWire Press CiNii (NII) Fshare( 大 容 量 ファイル 交 換 )サービス(NII) FaMCUs (テレビ 会 議 多 地 点 接 続 )サービス (NII) Eduroam-Shib(eduroam 用 一 時 アカウント 発 行 )サービス( 京 大 &NII) ゲスト 用 ネットワークアクセス 認 証 ( 佐 賀 大 学 広 島 大 学 ) ファイル 送 信 サービス( 金 沢 大 学 ) IMCデータリポジトリ( 金 沢 大 学 ) 科 学 技 術 の 学 術 情 報 共 有 のための 双 方 向 コミュニケーションサービス( 山 形 大 学 ) SecurityLearningシステム(NII) WebELS elearningシステム(nii) シ 20 最 新 情 報 :https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/fed/participants

21 市 民 アカウントとの 連 携 小 学 生 の 利 用 北 欧 Fed 連 盟 での 利 用 MS Genevaとのコラボ OpenIDとのコラボと ボ 21

22 スイス SWITCHaai:455 イギリス UK-FAM:219 アメリカ InCommon:140 フランス Fédération Éducation-Recherche :123 フィンランド Haka:97 ノルウェー FEIDE:80 ドイツ DFN-AAI:60 デンマーク WAYF:26 https://refeds.terena.org/index.php/federationsより( ) 22

23 23 23 サイボウズ ガルーン2 * https://wiki.internet2.edu/confluence/display/seas/home より 引 用

24 グローバル ICT 基 盤 の 進 展 を 踏 まえた 新 たな 国 際 産 学 連 携 の 仕 組 みの 構 築 大 学 の IdM Identity managementの 進 展 を 前 提 とした 産 学 連 携 による 情 報 サービス コンテンツ 情 報 連 携 体 制 の 構 築 産 学 連 携 の 場 サービス(ICT) 多 様 な 業 界 を 横 断 した 情 報 サービス 連 携 の フェデレーション 情 報 サービス コンテンツ サービス 学 術 認 証 連 携 通 信 ID 属 性 連 携 (i-japan) Japan) 教 育 連 携 サービス 研 究 連 携 基 盤 構 築 への 貢 献 共 同 利 用 研 究 所 大 学 等 大 学 情 報 センタ 図 書 館 センタ コンソーシアム 情 報 サービス 連 携 24 学 術 研 究 と 高 等 教 育 の 現 場

25 国 立 情 報 学 研 究 所 名 古 屋 大 学 山 形 大 学 千 葉 大 学 京 都 大 学 広 島 大 学 金 沢 大 学 北 海 道 大 学 筑 波 大 学 佐 賀 大 学 山 口 大 学 成 城 大 学 東 邦 大 学 三 重 大 学 日 本 大 学 旭 川 医 科 大 学 東 京 農 工 大 学 25 ( 参 加 順 ) 総 ID 数 30 万 ID (12 月 10 日 現 在 ) 旭 川 医 科 大 学, 東 北 大 学, 山 形 大 学, 福 島 大 学, 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構, 筑 波 大 学, 筑 波 技 術 大 学, 東 邦 大 学 東 京 大 学, 東 京 工 業 大 学, 東 京 農 工 大 学,お 茶 の 水 女 子 大 学, 産 業 技 術 大 学 院 大 学, 慶 應 義 塾 大 学, 愛 知 県 立 大 学, 鈴 鹿 工 業 高 等 専 門 学 校, 京 都 産 業 大 学, 大 阪 大 学, 徳 島 大 学, 愛 媛 大 学, 岡 山 大 学, 広 島 工 業 大 学, 九 州 大 学, 熊 本 大 学 姫 路 獨 協 大 学, 静 岡 大 学, 中 部 大 学, 福 井 大 学, 神 戸 大 学, 東 京 学 芸 大 学, 九 州 工 業 大 学, 京 都 女 子 大 学, 岩 手 大 学, 浜 松 医 科 大 学, 東 京 都 医 学 研 究 機 構, 宮 崎 大 学, 南 山 大 学, 岐 阜 大 学, 鹿 屋 体 育 大 学, 京 都 工 芸 繊 維 大 学, 京 都 府 立 大 学, 高 知 大 学, 茨 城 大 学, 同 志 社 大 学, 室 蘭 工 業 大 学, 金 城 学 院 大 学, 福 井 県 立 大 学, 北 見 工 業 大 学, 東 京 都 市 大 学, 北 九 州 工 業 高 等 専 門 学 校, 島 根 大 学, 大 阪 教 育 大 学 最 新 情 報 :https://www.gakunin.jp/docs/fed/participants

26 山 形 大 学 の 学 術 認 証 フェデレーションの 取 り 組 み 強 固 なセキュリティ ( 個 人 情 報 など) 国 立 情 報 学 研 究 所 UPKI 研 究 者 間 コミュニティサービス eduroam GakuNin コンテンツ 系 図 書 館 との 連 携 業 務 系 システム 成 績 履 修 システム 会 計 システム 研 究 者 情 報 システム セ キ ュ リテ ィ ボ ー ダ ラ イ ン 山 形 大 学 学 術 認 証 フェデレーション Radiusプロキシ シボレス 認 証 LDAP プロキシ 3キャンパス 米 沢 キャンパス 5 学 部 工 学 部 ( 運 用 ドメイン) ( 試 験 運 用 ドメイン) CiNii, Springerlink, ScienceDirect, Web of Knowledge が シボレス 認 証 で 利 用 可 140 人 ( 運 用 後 ) SPの 開 発 研 究 開 発 OIDの 設 計 業 務 系 認 証 システム 学 術 系 認 証 基 盤 ( 教 育 研 究 系 サービス 全 学 生 が 利 用 可 ) 研 究 コミュニティ CA 業 務 情 報 の 安 全 な 管 理 システム 相 反 教 育 研 究 等 をシームレ スに 展 開 可 能 な 環 境 高 度 な 認 証 連 携 を 目 指 した 研 究 開 発

27 GakuNinと 金 沢 大 学 統 合 認 証 基 盤 GakuNin 金 沢 大 学 統 合 認 証 基 盤 (Shibboleth) 2つのSPを 提 供 中 ファイル 送 信 サービス(GakuNin 用 ) SP 群 ( 学 内 用 ) SP 数 14(2010/9/1 現 在 非 文 献 コンテンツ 公 開 サービス(GakuNin 用 ) ネットワークID 在 籍 者 ( 教 職 員 学 生 )のみ 学 内 ネットワーク 接 続 目 的 自 己 申 請 SP ( 学 内 用 ) IdP ( 学 内 用 ) GakuNin 用 は 別 に 用 意 認 証 数 14,460/day(2010/4) 金 沢 大 学 ID 生 涯 ID 個 人 情 報 業 務 目 的 ランダムに 発 行 27 異 なる 利 用 範 囲 により 現 在 は 適 したIDを 使 い 分 け 将 来 的 には 両 IDの 融 合 化 を 検 討 中

28 徳 島 大 学 における 事 例 紹 介 ek4 学 認 学 内 構 成 員 IdP SP 運 用 フェド 参 加 検 討 (サービス 受 容 ) 学 外 公 開 可 能 サービス 検 討 (サービス 提 供 ) IdP Shibboleth SP PKI / LDAP パスワード ネイティブSP 群 ( 新 規 Shibbolize) (Portal,LMS,etc) Shibbolize 認 証 リバプロ(SP) (Shibbolize 不 可 システム 用 フロントシステム) 認 証 源 / 属 性 源 実 稼 働 中 SP ( 従 来 稼 働 システム 群 )

29 Opengateとは 佐 賀 大 学 において 開 発 運 用 を 行 っているネット ワーク 利 用 者 認 証 システムです 持 ち 込 みPCや 公 開 端 末 のネット ワーク 利 用 認 証 を 行 い ネットワークのサービスを 利 用 者 に 提 供 しま す 佐 賀 大 学 の 構 成 員 約 一 万 人 の 教 職 員 や 学 生 の 他 に 学 外 者 の 一 時 利 用 も 可 能 です このOpengateを Shibbolethによるシングルサインオン 認 証 に 対 応 させ 平 成 22 年 3 月 より 全 学 で 運 用 を 開 始 しました 各 種 情 報 システムもシングルサインオン(Shibboleth)に 対 応 させた ことで 再 認 証 なしで 利 用 することができるようになりました( 図 1) 佐 賀 大 学 では 連 携 する 情 報 システムの 中 で 現 在 以 下 の 情 報 システムがシングルサインオン 認 証 で 利 用 可 能 です 総 合 情 報 基 盤 センターポータル( 図 2) 図 書 館 ポータル / 図 書 館 蔵 書 検 索 e-learning システム 教 職 員 グループウェア 利 用 者 情 報 確 認 変 更 サービス( 図 3) 研 究 業 績 データベース / 評 価 基 礎 情 報 データシステム 教 務 システム / 教 務 ポータル( 図 4) 一 度 のOpengateの 認 証 で いろいろなサービスを 利 用 可 能 IdP 図 書 館 ポータル (SP) 教 務 システム (SP) 図 2: 基 盤 センター ポータル 図 3: : 利 用 者 情 報 確 認 変 更 サービス 図 4: 教 務 ポータル 認 証 画 面 eラーニング Opengate システム (SP) (SP) ポータルサイト DS 利 用 者 ( 認 証 後 に 表 示 ) 図 1: Opengateと 連 携 したシングルサインオンによるサービス 提 供 新 たなOpengateは シングルサインオン 認 証 後 にShibbolethよ り 得 られる 利 用 者 の 属 性 情 報 をもとにして 任 意 のWebページを 表 示 することが 可 能 です このWebページを 学 内 で 運 用 する 情 報 システムのポータルサイト とすることで 各 情 報 システムの 利 用 が 可 能 なります 佐 賀 大 学 では 学 術 認 証 フェデレーション 学 認 に 参 加 するこ とで 電 子 ジャーナルであるSpringerや CiNiiなどの 学 外 サービス を シングルサインオンで 利 用 することが 可 能 となっています Opengateも 学 認 に 参 加 している 組 織 の 方 であれば 自 大 学 のIdPで 認 証 することで 佐 賀 大 学 でのインターネットを 利 用 する ことが 可 能 です 佐 賀 大 学 にお 越 しの 際 は 是 非 ご 利 用 ください 連 絡 先 :

30 2008 年 度 2009 年 度 2010 年 度 以 降 試 行 運 用 フェデレーション 運 用 フェデレーション 本 格 運 用 運 用 フェデレーション テスト 環 境 実 証 実 験 ( 技 術 検 証 ) 27 機 関 参 加 30 IdP 18 SP( 商 用 1) 実 アカウント 利 用 実 サービス 提 供 昇 格 テストフェデレーション 仮 アカウント 利 用 仮 サービス 提 供 昇 格 テストフェデレーション 30

31 IdP 構 築 VMイメージ 利 用 貴 学 で 構 築 テストフェデ 接 続 運 用 フェデ レーション テスト レーションへ への 接 続 の 接 続 運 用 申 請 サーバ 証 明 書 入 手 設 置 申 込 メタ データ テスト 参 加 申 請 メタ データ 運 用 学 術 認 証 テストフェデレーション 運 用 フェデレーション フェデレーション UPKI オープン ドメイン 認 証 局 31 SP 申 請 構 築 サーバ 証 明 書 入 手 設 置 申 込 メタ データ テストフェデ レーション への 接 続 テスト 接 続 テスト 参 加 申 請 メタ データ 運 用 運 用 フェデ レーションへ 運 用 の 接 続

32 学 認 事 務 システム 学 認 への 参 加 申 請,メタデータ 登 録 更 新 等 を1つのシステムでオ ンラインで 扱 うシステム テストフェデレーション 1. 匿 名 での 申 請 情 報 登 録 (およびアカウント 作 成 ) 通 常 一 日 で 2. 事 務 局 での 参 加 承 認 3. フェデレーションメタデータの デ 自 動 更 新 参 加 完 了 利 用 開 始 可 能 運 用 フェデレーションの 場 合 は? オフラインによる 確 認 が1ステップ 増 えるだけ 32

33 申 請 開 始 ログイン 申 請 内 容 を 学 認 事 務 システムに 入 力 提 出. 同 時 にアカウントの 作 成 申 請 内 容 の 事 務 局 によるチェック NG メール 通 知 OK メール 通 知 申 請 PDFを 出 力 し, 運 用 責 任 者 から 自 署 押 印 をもらい 事 務 局 宛 に 郵 送 郵 送 33 認 証 作 業 部 会 による 承 認 Fed.メタデータの 更 新 利 用 開 始 承 認 メール 通 知

34 TFメンバー 設 置 & 権 限 委 譲 利 用 規 約 改 定 システム 運 用 基 準 V1.1 公 開 Gakunin 本 格 運 用 開 始 Gakuninロゴ 確 定 実 証 実 験 試 行 運 用 (UPKI-Fed) 認 証 作 業 部 会 による 方 針 決 定 北 大, 東 北 大, 東 大, 名 大, 京 大, 阪 大, 九 大, 東 工 大, 高 エネ 研,NII 本 格 運 用 (GakuNin) 認 証 作 業 部 会 下 にフェデレーションTFを 設 置 し, 権 限 を 委 譲 参 加 機 関 の 情 報 基 盤 センター, 図 書 館 などからの,より 広 い 実 地 メンバーで 構 成 TFによりフェデレーションの り デ 進 め 方 を 検 討 34

35 日 時 名 称 会 場 5 月 20 日 ITRC 研 究 会 GakuNin 現 状 と 参 加 説 明 NICT 6 月 3,4 日 NIIオープンハウス GakuNinブース 出 展 NII 6 月 29 日 Sunmedia 学 術 情 報 ソリューションセミナー GakuNin 説 明 大 阪 7 月 02 日 Sunmedia 学 術 情 報 ソリューションセミナー GakuNin 説 明 六 本 木 7 月 7,8 日 シボレスIdP, SP 研 修 会 NII 7 月 15 日 第 7 回 国 立 大 学 法 人 情 報 系 センター 協 議 会 海 洋 大 学 7 月 19 日 - IEEE SAINT GakuNinブース 出 展 ソウル 7 月 28 日 e-learningワールド GakuNinブース 出 展 東 京 ビックサイト 9 月 09 日 第 5 回 情 報 系 センター 研 究 交 流 連 絡 会 議 和 歌 山 9 月 16,17 日 シボレスIdP, SP 研 修 会 NII 9 月 27,28 日 TOPICネットワーク 担 当 職 員 研 修 会 岩 手 10 月 7,9 日 シボレスIdP, SP 研 修 会 NII 11 月 01 日 - Internet2 t2 Fall Meeting 出 展 アトランタ 11 月 15,16 日 シボレスIdP, SP 研 修 会 NII( 募 集 中 ) 11 月 24 日 - 図 書 館 総 合 展 パシフィコ 横 浜 11 月 10 日 (SINET)オープンフォーラム NII 11 月 ~12 月 SINET4 説 明 会 札 幌, 東 京, 名 古 屋, 京 都, 福 岡 12 月 10 日 情 報 処 理 学 会 CLE 研 究 会 京 都 1 月 11, 12 日 シボレスIdP, SP 研 修 会 NII 1 月 20, 21 日 シボレスIdP, SP 研 修 会 NII 3 月 学 認 シンポジウム NII 35

36 昨 年 度 までは,NII 情 報 処 理 軽 井 沢 セミナーにて 研 修 本 年 度 からは,NII 講 習 システムを 用 いて 実 施 6 月 14,15 日 デモ 講 習 会 実 施 15 名 参 加 ( 定 員 のため 募 集 締 め 切 り) 大 学 ITセンター, 一 般 企 業 から 参 加 7 月 8,9 日 大 学 向 け 講 習 会 1 16 名 参 加 ( 約 40 名 の 応 募 の 中 から 選 定 ) 9 月 16,17 日 大 学, 企 業 向 け 定 員 16 名 大 学 ITセンター, 一 般 企 業 から 参 加 10 月 7,9 日 企 業 向 け 定 員 20 名, 一 般 企 業 から 参 加 11 月 15,1616 日 大 学 向 け 講 習 会 2 定 員 16 名 で 実 施 1 月 11,12 日 大 学 向 け 講 習 会 3 1 月 20,2121 日 大 学, 企 業 向 け 1 月 24,25 日 大 学, 企 業 向 け( 追 加 予 定 ) 大 学 向 け 研 修 会 詳 細 大 学 + 企 業 向 け 研 修 会 https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/news/fed/ ii /d / /f d/

37 e-contents 電 子 ジャーナル 電 子 書 籍 電 子 メール WebMail メーリングリスト 転 送 スパム 対 策 コラボレーション Video Conferencing Web Conferencing Content Sharing Webcasting e-learning CMS LMS ソフトウェア 提 供 スケジュール 管 理 調 整 無 線 LANローミング ストレージ クラウド e-science など GRID 37

38 電 子 ジャーナル 電 子 書 籍 e Learning( 他 機 関 から 提 供 されるサービス) e Learning( 民 間 企 業 から 提 供 されるサービス) e Learning( 機 関 内 へ 提 供 するサービス) e Learning( 他 機 関 へ 提 供 するサービスとして) ソフトウェア 配 布 ( 他 機 関 から 提 供 されるサービス) 36 ソフトウェア 配 布 ( 民 間 企 業 から 提 供 されるサービス) ソフトウェア 配 布 ( 機 関 内 へ 提 供 するサービス) ソフトウェア 配 布 ( 他 機 関 へ 提 供 するサービス) 遠 隔 講 義 遠 隔 会 議 システム( 他 機 関 から 提 供 されるサービス) 遠 隔 講 義 遠 隔 会 議 システム( 民 間 企 業 から 提 供 されるサービス) 遠 隔 講 義 遠 隔 会 議 システム( 機 関 内 へ 提 供 するサービス) 遠 隔 講 義 遠 隔 会 議 システム( 他 機 関 へ 提 供 するサービス) 参 加 各 機 関 による 研 究 成 果 の 公 開 電 子 メールやオンラインストレージなどのクラウドサービスとの 連 携 学 務 情 報 システム * 数 字 は 回 答 機 関 数 複 数 回 答 可 38 人 事 給 与 財 務 会 計 システム その 他 就 活 サイト,SNS, 無 線 LAN

39 国 際 標 準 H.323によるプロトコル 共 通 化 特 定 メーカに 依 存 しないオープンシステム ISDN 接 続 からインターネット 接 続 への 移 行 ネットワークの 広 帯 域 化 低 コストに 実 現 可 能 映 像 品 質 の 向 上 数 Mbpsでハイビジョン 品 質 資 料 共 有 も 可 能 (H.239) 端 末 の 低 価 格 化 性 能 向 上 専 用 端 末 は 映 像 音 響 性 能 が 優 れている 移 動 にかかる 時 間 と 費 用 の 削 減 (エコ) 39

40 多 地 点 接 続 が 容 易 でない 3 地 点 以 上 の 接 続 にはMCU( 多 地 点 接 続 装 置 )が 必 要 端 末 内 蔵 のMCUもあるけれど 接 続 可 能 な 拠 点 数 が 少 ない(4~6 拠 点 ) 十 分 な 品 質 が 得 られない(ソフトウェア 処 理 ) 低 品 質 な 拠 点 の 影 響 を 受 ける( 出 力 を 共 用 ) きめ 細 かな 制 御 が 困 難 不 可 能 多 地 点 接 続 専 用 の 機 器 も 提 供 されているが 高 価 にもかかわらず 利 用 頻 度 が 高 くない 発 展 途 上 ( 陳 腐 化 が 早 い) 40

41 MCUを 複 数 機 関 で 共 用 し 利 用 頻 度 を 向 上 MCU 共 用 のための 課 題 予 約 必 要 としている 人 が 予 約 できる いたずら 防 止 独 占 防 止 利 用 機 会 の 均 等 化 優 先 制 御 所 有 機 関 に 優 先 利 用 権 を 与 えたい 既 存 システムとの 共 存 予 約 制 御 用 APIの 標 準 化 費 用 の 分 担 制 度 設 計 41

42 Tandberg Codian MCU 地 点 まで 接 続 可 能 ハイビジョン 対 応 (720p, 30fps) スケジュール 予 約 機 能 を 持 つ シボレス 化 の 要 件 (できるだけ 簡 単 な 試 験 実 装 ) シボレス 認 証 できる 人 のみ 予 約 制 御 が 可 能 テレビ 会 議 実 施 時 は 認 証 不 要 (アクセスコード 等 利 用 ) 認 証 IdP SP 認 証 情 報 ConferenceMe 制 御 (NAT 越 え 可 ) Shibboleth 移 動 先 NII 接 続 予 約 制 御 接 続 A 大 学 代 表 者 接 続 予 約 情 報 の 通 知 B 大 学

43 システムの 改 修 WebサーバをShibbolethに 対 応 させる Apache, IISであればモジュールが 用 意 されている サーバの 機 能 で 認 可 判 断 を 行 うだけなら これだけでOK WebアプリケーションをShibbolethに 対 応 させる 既 存 のユーザ 管 理 情 報 とのマッピング 処 理 のしかけが 必 要 ヒモ 付 け 不 要 であれば Shibbolethからの 属 性 情 報 のみで 制 御 リバースプロキシの 導 入 (SPが 改 修 できない 場 合 ) 43 ユーザを 区 別 した 処 理 が 不 要 なら 認 可 判 断 のみなので 簡 単 Apacheのプロキシ 機 能 で 解 決 ユーザの 区 別 のためには プロキシにも 従 来 ID/PWを 保 持 さ せ マッピング 処 理 を 行 う プロキシの 作 り 込 みが 必 要

44 一 般 にSSO 対 応 はリバースプロキシで 実 現 リバースプロキシの 両 側 のアカウントマッピングがポイン ト シボレスアカウント によるアクセス 認 証 MCUローカルアカウント によるアクセス 認 証 属 性 情 報 ID / パスワード ユーザ リバースプロキシ 実 サーバ (MCU) アカウントのマッピング 同 時 アクセスの 提 供 専 用 ハードウェア なので 改 変 は 困 難 44

45 職 種 が 教 職 員 の 場 合 のみ 予 約 可 staff faculty 等 (student 以 外 ) 組 織 名 が 同 一 の 場 合 に 予 約 の 変 更 が 可 能 MCUの 制 御 が 可 能 拠 点 ごとのミュート( 音 声 映 像 ) 画 面 レイアウトの 変 更 端 末 の 呼 出 切 断 組 織 名 が 異 なる 場 合 に 予 約 の 存 在 を 見 せない 45

46 シボレスに 対 応 アクセス 時 に 属 性 情 報 が 取 得 可 能 であること URLの 書 き 換 えができること リクエストに 含 まれるURL レスポンスに 含 まれるURL MCUの 認 証 機 構 に 対 応 できること MCUに 新 規 ID/PWを 追 加 できること 組 織 毎 にIDを 用 意 しマッピングを 管 理 MCUの 利 用 範 囲 に 制 約 を 与 えられること リンク 先 の 変 更 やパラメータの 書 き 換 え 46

47 利 用 するMCU Tandberg Codian MCU 4505 JavaやActiveX 等 を 用 いておらず 対 応 が 容 易 認 証 にDigest 認 証 を 利 用 リバースプロキシ Apache with mod_shib PerlによるCGI URLの 書 き 換 え 利 用 可 能 な 機 能 の 限 定 LWP (the Livrary for WWW in Perl)を 利 用 Digest 認 証 への 対 応 が 容 易 コード 量 47 メイン 部 分 : 215ステップ 組 織 毎 のID 登 録 : 80ステップ

48 GET 401 Denied; WWW-Authenticate Digest GET Authentication Digest 303 See Other; Set-cookie ログイン 状 態 は Cookieで 保 持 される GET; Cookie 200 OK

49 GET 401 Denied; WWW-Authenticate Digest GET Authentication Digest 303 See Other; Set-cookie ログイン 状 態 は Cookieで 保 持 される GET; Cookie 200 OK GET (IdP 認 証 後 ) 組 織 名 に 対 応 する IDを 用 いて 認 証 303 See Other; Set-cookie GET; Cookie GET 401 Denied; WWW-Auth Digest GET Authentication Digest 303 See Other; Set-cookie GET; Cookie 200 OK 200 OK Cookieをそのまま 49 伝 達 することで 端 末 がログイン 状 態 を 保 持

50 SPにアクセスし 予 約 制 御 をクリック DSにリダイレクト IdP (NII) を 選 択 50

51 予 約 状 況 が 確 認 できる ログイン をクリックし 認 証 を 要 求 51

52 複 数 のMCUを 統 一 的 に 予 約 制 御 Tandberg Codian 4505 Polycom RMX 2000 XML APIを 介 したMCUへのアクセス ユーザ 単 位 の 予 約 管 理 ユーザ 単 位 での 権 限 委 譲 の 仕 組 みを 導 入 秘 書 が 予 約 して 教 員 が 制 御 教 職 員 が 予 約 して 学 生 が 制 御 52

53 53

54 収 録 サーバとの 連 携 配 信 サーバとの 連 携 skype GW との 連 携 他 の 会 議 システムのサポート 他 大 学 のMCUとの 連 携 54

55 9 38 特 に 問 題 はない 機 関 外 からアクセスを 禁 止 している 認 証 連 携 のためのサーバの 準 備 が 困 難 プライバシーやパスワード 漏 洩 の 可 能 性 その 他 43 ウィルス 情 報 セキュリティとの 問 題 他 大 学 のポリシーに 対 して 守 れるか 心 配 * 数 字 は 回 答 機 関 数 複 数 回 答 可 55

56 サービス 提 供 の 背 景 eduroamの の 普 及 ( 約 50カ 国 国 内 11 機 関 ) 無 線 LANローミングサービスの 需 要 は 高 い( 非 常 に 便 利 ) Livedoor-wirelessによるサービス 提 供 開 始 (2010 年 3 月 ) 認 証 への 不 安 所 属 組 織 で 用 いているアカウント 名 やパスワードの 漏 洩 の 可 能 性 本 当 に 今 見 えているアクセスポイントは 信 頼 できるのか? 全 ての 人 にPKI 証 明 書 の 確 認 を 望 めるのか? プライバシーへの 不 安 所 属 組 織 や 個 人 が 特 定 可 能 な 情 報 が 第 三 者 に 見 えてしまう eduroamの 仕 組 み 上 見 えてしまうのは 避 けられない インシデント 発 生 時 は 特 定 可 能 であること Shibboleth(SAML)の 匿 名 性 を 利 用 した 一 時 アカウント 発 行 の 仕 組 みを 実 現 56

57 EduroamのRADIUS server treeとshibbolethの 組 合 せ 実 ID: 仮 名 ID: KA8zveT3g 2010/03/01 Server eduroam ワールドワイド 認 証 ネットワーク (radius) 所 属 組 織 IdP 2) 認 証 eduroam-id: SAML 連 携 仮 名 アカウント 発 行 SP 3) 仮 名 ID 通 知 4)ID/PW 通 知 7) 認 証 要 求 upki.eduroam.jp のradiusサーバ 仮 名 ID: KA8zveT3g 1) 申 請 eduroam-id: 6) 接 続 要 求 57 5) 移 動

58 IdP SP 実 IDと 仮 名 ID(eduPersonTargetedID)との did)との 対 応 を 管 理 仮 名 IDのみをSPに 伝 える 仮 名 IDとeduroam-IDとの 対 応 を 管 理 実 ユーザは 特 定 できないが 所 属 組 織 がわかってしまう eduroamのアクセス 履 歴 は 把 握 不 能 eduroam-idのみをradiusサーバに 伝 える RADIUSサーバ バ eduroam-idによりアクセス 可 否 の 判 定 を 行 う 実 ユーザも 所 属 組 織 も 特 定 不 能 eduroamのアクセス 履 歴 は 把 握 できる インシデント 発 生 時 は 情 報 を 突 き 合 わせることで 特 定 可 能 58

59 ID 体 系 : [Y] 発 行 年 西 暦 下 一 桁 [0-9A-Za-z] [M] 発 行 月 [1-9A-C] [D] 発 効 日 [1-9A-V] [NN] 同 一 発 効 日 内 での 通 し 番 号 [00~zz] [S] 利 用 開 始 日 ( 発 効 日 からのオフセット) [0-9A-Za-z] [L] 有 効 期 間 [0-9A-Za-z] eduroam-idの 例 2010 年 2 月 28 日 の05 番 目 の 発 行 3 月 1 日 ( 発 行 日 から1 日 後 )から3 日 間 有 効 59

60 秘 密 の 一 方 向 関 数 H(s) () をあらかじめ 共 有 パスワードを H(eduroam-id) とする 例 : eduroam-id: パスワード: H( p THC7KK7DRK 60

61 61

62 まとめ 学 術 認 証 フェデレーションの 発 展 のためには 魅 力 ある サービス フレームワーク ビジネスモデルが ビジネスモデルが 不 可 欠 大 学 側 (IdP)にとっての 魅 力 サービス 提 供 側 (SP)にとっての 魅 力 学 術 サービスアクセスへのインフラとして よりよい 研 究 教 育 環 境 を 効 果 的 に 実 現 するための 仕 組 み( 要 素 技 術 やフレームワーク)の 開 発 参 加 コスト 運 用 コストの 低 減 サービス 共 有 マッシュアップによる 効 率 化 と 利 便 性 の 向 上 多 様 なサービスを 容 易 に 開 発 利 用 できる 枠 組 みへ 学 術 をとりまく 様 々な 活 動 の 活 性 化 につなげていきたい 62

Microsoft PowerPoint - 学認キャンプ-2.pptx

Microsoft PowerPoint - 学認キャンプ-2.pptx Shibboleth, 学 認 を 知 ろう 国 立 情 報 学 研 究 所 佐 賀 大 学 大 谷 誠 学 認 CAMP ~ GakuNin Campus Architecture and Middleware Planning ~ 学 術 認 証 フェデレーション( 学 認 )とは 学 認 の 現 状 Shibboleth の 概 要 とその 動 作 2 学 認 の 現 状 Shibboleth

More information

Microsoft PowerPoint - shib-training-r7_第3回.pptx

Microsoft PowerPoint - shib-training-r7_第3回.pptx 情報処理技術セミナー Shibboleth 環境の構築 概要説明 セミナーの目的と内容 目的 学術認証フェデレーションへの参加に必要な Shibboleth に基づく IdP と SP の構築 運用の基本を理解する 内容 1 日目 : IdP の構築実習 jdk tomcat Shibboleth のインストール 設定 接続テスト 2 日目 : SP の構築実習 Apache Shibboleth

More information

Microsoft PowerPoint - shib-training-r10(セミナー第3回用).pptx

Microsoft PowerPoint - shib-training-r10(セミナー第3回用).pptx 情報処理技術セミナー Shibboleth 環境の構築 概要説明 セミナーの目的と内容 目的 学術認証フェデレーションへの参加に必要な Shibboleth に基づく IdP と SP の構築 運用の基本を理解する 内容 1 日目 : IdP の構築実習 jdk tomcat Shibbolethのインストール 設定 接続テスト 2 日目 : SP の構築実習 Apache Shibbolethのインストール

More information

Microsoft PowerPoint - ICTSFC-4th-HGoto-slide.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - ICTSFC-4th-HGoto-slide.ppt [互換モード] 第 4 回 ICTSFC WG 合 同 会 合 ( 国 立 情 報 学 研 究 所 ) 2011 年 5 月 12 日 eduroamによるキャンパス 無 線 LAN 相 互 利 用 と 国 際 教 育 研 究 連 携 基 盤 の 構 築 後 藤 英 昭 東 北 大 学 サイバーサイエンスセンター 1 内 容 背 景 モバイルネットワーキング 環 境 キャンパスネットワークの 現 状 学 術 系 国

More information

第3回国立大学法人情報系センター研究交流・連絡会議 報告

第3回国立大学法人情報系センター研究交流・連絡会議 報告 第 4 回 国 立 大 学 法 人 情 報 系 センター 研 究 交 流 連 絡 会 議 報 告 秋 田 大 学 総 合 情 報 処 理 センター 長 中 村 雅 英 開 催 日 時 : 平 成 21 年 9 月 17 日 ( 木 )13:30 ~ 17:00 開 催 場 所 : 秋 田 大 学 60 周 年 記 念 ホール 参 加 者 : 北 海 道 教 育 大 学 2 名, 北 見 工 業 大

More information

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社 代表取締役 チーフアーキテクト 小田切耕司

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社  代表取締役 チーフアーキテクト 小田切耕司 オープンソースで 実 現 する シングルサインオンとID 管 理 オープンソース ソリューション テクノロジ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 チーフアーキテクト 小 田 切 耕 司 Copyright 2013 Open Source Solution Technology Corporation All Rights Reserved. - 1 - オープンソース ソリューション テクノロジ(

More information

金 沢 大 学 統 合 認 証 基 盤 Shibbolethによるシングルサインオンを 実 現 Kanazawa University Single Sign On(KU SSO) 平 成 22 年 3 月 から 本 格 運 用 を 開 始 30 以 上 の 学 内 情 報 システムをShibbol

金 沢 大 学 統 合 認 証 基 盤 Shibbolethによるシングルサインオンを 実 現 Kanazawa University Single Sign On(KU SSO) 平 成 22 年 3 月 から 本 格 運 用 を 開 始 30 以 上 の 学 内 情 報 システムをShibbol 平 成 26 年 度 第 2 回 学 術 情 報 基 盤 オープンフォーラム@NII 2015/2/3(Tue) 大 学 統 合 認 証 基 盤 における 多 要 素 認 証 について 金 沢 大 学 松 平 拓 也 2015/2/3(Tue) 1 金 沢 大 学 統 合 認 証 基 盤 Shibbolethによるシングルサインオンを 実 現 Kanazawa University Single Sign

More information

スライド 1

スライド 1 戦 略 的 採 用 システム 中 途 採 用 向 けサービス 紹 介 資 料 2 戦 略 的 採 用 システムとは 戦 略 的 採 用 システムは 中 途 採 用 に 関 わる 情 報 の 管 理 だけでなく 採 用 活 動 の 集 計 分 析 及 び 採 用 予 算 の 管 理 までもカバーする 応 募 者 管 理 システムです 情 報 の 一 元 管 理 による 採 用 活 動 の 効 率 化

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

Microsoft PowerPoint - HPSecurityWeek2009_21-A-3.ppt

Microsoft PowerPoint - HPSecurityWeek2009_21-A-3.ppt HP Security Week Google Appsと 企 業 システムの 連 携 および 導 入 のポイント 2009/10/21 会 社 案 内 社 名 :サイオステクノロジー 株 式 会 社 (2006 年 11 月 6 日 より 社 名 を 変 更 : 旧 株 式 会 社 テンアートニ) 設 立 :1997 年 5 月 23 日 本 社 所 在 地 : 東 京 都 港 区 虎 ノ 門 4-1-28

More information

Microsoft PowerPoint - Matsuhira_KU_ICTSFC_20150610.pptx

Microsoft PowerPoint - Matsuhira_KU_ICTSFC_20150610.pptx ID 認 証 連 携 とデータ 連 携 による 地 域 ICTイノベーション ワークショップ@ 金 沢 2015/6/10(Wed) 安 全 で 使 いやすい 認 証 とセキュリティ 金 沢 大 学 松 平 拓 也 2015/6/10(Wed) 1 国 立 大 学 法 人 金 沢 大 学 構 成 員 学 生 ( 院 生 含 む) 約 10,300 名 教 職 員 ( 非 常 勤 含 む) 約 3,800

More information

WisePoint Shibboleth 導 入 のメリット SAML2.0に 対 応 したサービスと 認 証 連 携 可 能 本 人 認 証 と 端 末 認 証 の 二 要 素 認 証 装 備 固 定 ID PW 認 証 とワンタイムパスワード 認 証 による 強 固 な 認 証 機 能 の 利

WisePoint Shibboleth 導 入 のメリット SAML2.0に 対 応 したサービスと 認 証 連 携 可 能 本 人 認 証 と 端 末 認 証 の 二 要 素 認 証 装 備 固 定 ID PW 認 証 とワンタイムパスワード 認 証 による 強 固 な 認 証 機 能 の 利 1.WisePoint Shibbolethについて Shibboleth 認 証 にワンタイムパスワード 機 能 を 提 供 セキュリティ 強 度 の 高 いワンタイムパスワード 認 証 機 能 学 術 認 証 フェデレーションへのシングルサインオン GoogleApps 等 SAML2.0 対 応 クラウドサービスへのシングルサインオン 学 内 Webシステムへのシングルサインオン(リバースプロキシ

More information

エ シラバスの 公 開 サイトはレスポンシブ 対 応 ( 様 々な 種 類 の 機 器 や 画 面 サイズに 単 一 のファイルで 対 応 )しているこ オ 教 員, 職 員 の 利 用 グループを 作 成 し,グループ 毎 に 予 め 設 定 した 権 限 ( 利 用 メニューやマスタメンテナンス

エ シラバスの 公 開 サイトはレスポンシブ 対 応 ( 様 々な 種 類 の 機 器 や 画 面 サイズに 単 一 のファイルで 対 応 )しているこ オ 教 員, 職 員 の 利 用 グループを 作 成 し,グループ 毎 に 予 め 設 定 した 権 限 ( 利 用 メニューやマスタメンテナンス 仕 様 書 件 名 契 約 期 間 契 約 条 件 公 立 大 学 本 学 京 都 市 立 芸 術 大 学 ( 教 務 学 生 課 ) WEBシラバスシステムに 係 るソフトウェアのリース 契 約 締 結 日 から 平 成 32 年 9 月 30 日 1 目 的 京 都 市 立 芸 術 大 学 ( 以 下, 本 学 という )は, 従 来 実 施 していたシラバ ス 冊 子 の 作 成 を 取 り

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス 宮 崎 県 グループウェアシステム 賃 貸 借 等 要 求 仕 様 書 宮 崎 県 総 合 政 策 部 情 報 政 策 課 1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション オールインワン 認 証 DHCPサーバ RADIUS GUARD のご 紹 介 2012 年 12 月 SCSK 株 式 会 社 スマートデバイスの 業 務 利 用 の 増 大 スマートデバイスの 利 用 急 増 2011 年 度 上 期 の 国 内 スマートフォン 出 荷 台 数 は 前 年 比 4.5 倍 の1,004 万 台 となり 総 出 荷 台 数 の 49.5%を 占 めた (MM 総

More information

Microsoft Word - 仕様書

Microsoft Word - 仕様書 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 2 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 ホームページ 公 開 時 期 平 成 28 年 1 月 予 定 4 目 的 北 陸 新 幹 線 の 金 沢 開 業 により 交 流 人 口 が 増 え

More information

28年オンライン調査システム操作説明書

28年オンライン調査システム操作説明書 平 成 28 年 科 学 技 術 研 究 調 査 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム 操 作 説 明 書 科 学 技 術 研 究 調 査 では 郵 送 に 加 えてオンライン 調 査 システムを 利 用 した インターネットによるご 回 答 も 可 能 となっています オンライン 調 査 システムの 利 用 には フリーソフトである AdobeReader の 所 定 バージョン 等 の 利

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

学 習 ポートフォリオシステムの 構 築 - 技 術 職 員 の 視 点 から- 遠 山 紗 矢 香 静 岡 大 学 情 報 学 部 技 術 部 1 概 要 本 報 告 では 技 術 をよりどころとする 技 術 職 員 としての 立 場 と 教 員 や 技 術 職 員 以 外 の 職 員 学 生 等

学 習 ポートフォリオシステムの 構 築 - 技 術 職 員 の 視 点 から- 遠 山 紗 矢 香 静 岡 大 学 情 報 学 部 技 術 部 1 概 要 本 報 告 では 技 術 をよりどころとする 技 術 職 員 としての 立 場 と 教 員 や 技 術 職 員 以 外 の 職 員 学 生 等 SURE: Shizuoka University REp http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/ Title 学 習 ポートフォリオシステムの 構 築 : 技 術 職 員 の 視 点 か ら Author(s) 遠 山, 紗 矢 香 Citation 技 術 報 告. 17, p. 11-16 Issue Date 2012-03-11 URL http://doi.org/10.14945/00006557

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 松 山 市 は 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 での 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いが 個 人 のプライバシー

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

Agenda 1 2 3 4 5 Introduction(Myself 東 京 理 科 大 学 :TUS) 大 学 IT 部 門 の 現 在, 将 来, 対 応 Boxの 利 用 概 況 新 システムVREの 構 築 ( 目 的, 概 要, 利 用 イメージ) TUSでのBoxについて( 利 用

Agenda 1 2 3 4 5 Introduction(Myself 東 京 理 科 大 学 :TUS) 大 学 IT 部 門 の 現 在, 将 来, 対 応 Boxの 利 用 概 況 新 システムVREの 構 築 ( 目 的, 概 要, 利 用 イメージ) TUSでのBoxについて( 利 用 ver 2.0 Boxの 教 育 機 関 向 け 導 入 事 例 のご 紹 介 松 田 大 Matsuda Hiroshi 東 京 理 科 大 学 学 術 情 報 システム 部 www.tus.ac.jp Agenda 1 2 3 4 5 Introduction(Myself 東 京 理 科 大 学 :TUS) 大 学 IT 部 門 の 現 在, 将 来, 対 応 Boxの 利 用 概 況 新 システムVREの

More information

クラウド導入とBYOD導入のポイントとは? Google Appsなどのクラウド導入におけるセキュリティ対策

クラウド導入とBYOD導入のポイントとは?  Google Appsなどのクラウド導入におけるセキュリティ対策 クラウト サービスのセキュリティ 強 化 SSO / アクセス 制 御 を 実 現 するクラウドサービス Gluegent Gate for Office365 のご 紹 介 情 報 基 盤 に 対 する 環 境 変 化 情 報 基 盤 に 対 する 要 件 の 変 化 BCP コンプライアンス 強 化 社 外 利 用 の 推 進 コスト 削 減 生 産 性 向 上 業 務 効 率 化 システム 運

More information

シナリオ:SSL VPN クライアン トレス接続

シナリオ:SSL VPN クライアン トレス接続 CHAPTER 9 シナリオ:SSL VPN クライアン トレス 接 続 この 章 では 適 応 型 セキュリティ アプライアンスを 使 用 して ソフトウェア ク ライアントなしで(クライアントレス)リモート アクセス SSL VPN 接 続 を 受 け 入 れる 方 法 について 説 明 します クライアントレス SSL VPN を 使 用 すると Web ブラウザを 使 用 して インターネットを

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> EMC Documentum IRM の ご 紹 介 EMCジャパン 株 式 会 社 インフォメーションインテリジェンス 事 業 本 部 1 EMCのアプローチ(1/2) 場 所 で 制 御 する 従 来 型 方 式 にプラスし, ファイルで 制 御 する 鍵 方 式 (Documentum IRM)を 採 用 することにより さらに 堅 牢 なセキュリティシステム を 実 現 場 所 で 制 御

More information

学術認証フェデレーション システム運用基準(Ver 1.0)

学術認証フェデレーション システム運用基準(Ver 1.0) 学認技術運用基準 (Ver. 2.2) 平成 25 年 10 月 17 日学術認証運営委員会決定 改正 平成 29 年 3 月 8 日 目次 1. SAML 技術標準 1.1) SAML2 Core 1.2) SAML2 Profiles 1.3) SAML2 Metadata 2. プロトコル 2.1) 認証要求 2.2) 認証応答 2.3) Shibboleth 3. 属性情報 3.1) 属性情報の利用

More information

Dropbox Businessのご 紹 介

Dropbox Businessのご 紹 介 Dropbox Business ご 紹 介 Dropbox Businessのご 紹 介 クラウドストレージでワーク 環 境 の 変 化 へ 対 応 ワークスタイル ワークスタイルの 変 化 在 宅 勤 務 グローバル 化 スマートデバイス 複 数 端 末 所 持 クラウド データ 保 存 量 増 加 複 数 ユーザーでの コラボレーション マルチデバイス からのアクセス セキュアな 大 容 量

More information

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ 学 内 無 線 LAN(Jindai Wi-Fi)の 利 用 について 20160322 版 仁 愛 大 学 情 報 ネットワーク 管 理 室 http://www.jindai.ac.jp/ju-net/ 無 線 LAN 本 学 では 学 内 無 線 LAN 環 境 ( 以 下 Jindai Wi-Fi)により 学 生 教 職 員 来 学 研 究 者 一 般 来 学 者 の 方 々が ノート PC

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver...5 ZEHビルダー ポータルサイト マニュアル はじめにお 読 みください 公 募 要 領 およびSIIホームページの よくあるご 質 問 をご 確 認 ください ID 取 得 申 込 を 行 う 前 に 公 募 要 領 (P6~) およびSIIホームページの よくあるご 質 問 を 必 ずご 確 認 ください 支 社 支 店 フランチャイズ 等 登 録 単 位 や 地 域 による 区

More information

Microsoft PowerPoint - 企業における動画活用及びインターネット動画配信利用に関する意識調査報告書.pptx

Microsoft PowerPoint - 企業における動画活用及びインターネット動画配信利用に関する意識調査報告書.pptx 企 業 における 動 画 活 用 及 び インターネット 動 画 配 信 利 用 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 株 式 会 社 デジタル ナレッジ http://study.jp 1 企 業 における 動 画 活 用 及 びインターネット 動 画 配 信 利 用 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 目 次 1. 調 査 概 要. 2. 回 答 者 属 性 3.まとめ. 3 4 9

More information

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生 おきたま 食 の 応 援 団 ウェブサイトの 作 成 及 び 運 用 仕 様 書 委 託 業 務 の 名 称 置 賜 産 農 産 物 愛 用 運 動 推 進 事 業 業 務 委 託 委 託 業 務 の 概 要 () 委 託 業 務 の 目 的 平 成 年 度 に 設 立 した おきたま 食 の 応 援 団 活 動 を 充 実 させるため おき たま 食 の 応 援 団 ウェブサイト( 以 下 本 サイト

More information

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx)

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx) option i-filter for D-SPA NTLM 認 証 - 基 本 設 定 説 明 資 料 デジタルアーツ 株 式 会 社 営 業 部 セールスエンジニア 課 NTLM 認 証 のメリット シングルサインオンによるWebアクセス 管 理 を 実 現! 認 証 サーバー 上 のグループ 情 報 を 用 いたルール 振 り 分 けも 可 能 ユーザー 追 加 削 除 時 などの 運 用 管

More information

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有 Web 電 話 帳 アプリ Android ユーザガイド 050 plus for Biz 4.1 版 平 成 28 年 6 月 20 日 NTT コミュニケーションズ 株 式 会 社 目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類.........

More information

安否確認サービスユーザーマニュアル

安否確認サービスユーザーマニュアル ユーザーマニュアル Ver.6.6.1 目 次 1 章 はじめに... 1 1.1 本 書 の 利 用 について... 1 1.2 ユーザーの 役 割 別 名 称 について... 1 1.3 ユーザーが 利 用 できる 機 能 について... 1 1.4 WEB ブラウザーについて... 2 1.4.1 Internet Explorer のセキュリティ 設 定 について... 2 1.5 携 帯

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

情報メディアとインターネット第3回 ビデオ教材の使い方&情報セキュリティ

情報メディアとインターネット第3回 ビデオ教材の使い方&情報セキュリティ 情 報 セキュリティ 認 証 学 術 情 報 基 盤 センター 升 屋 正 人 masatom@cc.kagoshima-u.ac.jp 認 証 とは Authentication IDとパスワードなどで 正 当 性 を 確 認 ログイン 認 証 など Certification 第 三 者 が 正 当 性 を 証 明 ISO9000 認 証 など 認 証 された 利 用 者 に 対 して 権 限

More information

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物...

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物... 高 専 学 生 情 報 統 合 システム 入 試 教 務 業 務 機 能 の 設 計 開 発 業 務 委 託 基 本 設 計 書 ( 調 達 仕 様 書 )( 案 ) 平 成 27 年 4 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし a2media マネージドクラウドサーバー 株 式 会 社 a2media a2media マネージドクラウドサーバーの 強 み コスト パフォーマンス 合 理 的 な 投 資 価 値 セキュア 堅 牢 な 情 報 保 護 3つの 課 題 を 同 時 に 解 決 フレキシビリティ 柔 軟 性 と 拡 張 スピード Managed マネージド Server サーバー Cloud クラウド - 1 -

More information

Microsoft PowerPoint - PKI-Day-2014-03-13-kameda.pptx

Microsoft PowerPoint - PKI-Day-2014-03-13-kameda.pptx PKI Day 2014 新 しい 電 署 名 クラウド/モバイル 署 名 と PKI 署 名 治 伸 (Harunobu.Kameda@safenet-inc.com) JIPDEC 客 員 研 究 員 / 本 セーフネット 株 式 会 社 2014 年 3 13 Insert Your Name Insert Your Title Insert Date クラウド 署 名 について Insert

More information

この 章 では 電 子 入 札 システムをご 利 用 いただくための 事 前 準 備 について 説 明 します 事 前 準 備 と して ID 初 期 パスワードの 確 認 初 期 パスワード 初 期 見 積 用 暗 証 番 号 の 変 更 IC カード 登 録 またはICカード 更 新 を 行 っ

この 章 では 電 子 入 札 システムをご 利 用 いただくための 事 前 準 備 について 説 明 します 事 前 準 備 と して ID 初 期 パスワードの 確 認 初 期 パスワード 初 期 見 積 用 暗 証 番 号 の 変 更 IC カード 登 録 またはICカード 更 新 を 行 っ 目 次... 1 1.1 ID 初 期 パスワードの 確 認... 3 1.2 初 期 パスワード 初 期 見 積 用 暗 証 番 号 の 変 更... 6 1.3 ICカード 登 録... 10 1.4 ICカード 更 新... 18 1.5 Internet Explorer の 設 定... 25 目 次 をクリックすると 当 該 ページへ 遷 移 します この 章 では 電 子 入 札 システムをご

More information

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザルに 係 る 仕 様 書 1 業 務 名 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 2 業 務 の 目 的 世 界 遺 産 三 角 西 港 をはじめとした 宇 城 市 の 魅 力 をPRして

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E58A77907D8F918AD982CC8CBB8FF382C689DB91E88169947A95748E9197BF94C5816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E58A77907D8F918AD982CC8CBB8FF382C689DB91E88169947A95748E9197BF94C5816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 大 学 図 書 館 の 現 状 と 課 題 導 入 利 用 の 現 状 と 課 題 東 京 大 学 附 属 図 書 館 関 川 雅 彦 本 日 の 内 容 資 料 購 入 費 図 書 館 運 営 費 図 書 館 職 員 と 業 務 図 書 館 資 料 大 学 図 書 館 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 大 学 図 書 館 に 関 する 国 の 施 策 今 後 の 方 向 性 学 内 組 織

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段 企 業 間 部 門 間 情 報 共 有 プラットフォーム PROCENTER/C ご 紹 介 資 料 日 本 電 気 株 式 会 社 株 式 会 社 NEC 情 報 システムズ 0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客

More information

1.セッション3では 流 出 した 際 の 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 対 応 仕 組 み 1

1.セッション3では 流 出 した 際 の 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 対 応 仕 組 み 1 セッション3 デモで 実 感! 情 報 漏 えいによる 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 簡 単 マイナンバー 情 報 漏 えい 対 策 ネットエージェント 株 式 会 社 営 業 部 田 端 あやの 2015 年 11 月 10 日 1.セッション3では 流 出 した 際 の 損 害 を 最 小 限 に 抑 える 対 応 仕 組 み 1 流 出 した 際 の 損 害 とは 漏 えいしたデータの

More information

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso 兵 庫 県 物 品 電 子 調 達 システム 物 品 関 係 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 ~ ~ 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動

More information

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド 第 1.0 版 2016 年 9 月 1 日 更 新 履 歴 更 新 日 版 数 主 な 更 新 内 容 2016/9/1 1.0 版 初 版 作 成 1 はじめに はじめに Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド のご 利 用 にあたり 以 下 をご 覧 ください 本 書 では Bizメール&ウェブ エコノミー( 以 下

More information

6 新 規 ページ 作 成 (ア)Aランク ページ 作 成 に5 時 間 を 超 える 時 間 を 要 する 作 業 (イ)Bランク ページ 作 成 に5 時 間 以 内 の 時 間 を 要 する 作 業 7 画 像 スキャン 8 画 像 加 工 9 リンク 設 置 10 ページ 削 除 (ア)ナビ

6 新 規 ページ 作 成 (ア)Aランク ページ 作 成 に5 時 間 を 超 える 時 間 を 要 する 作 業 (イ)Bランク ページ 作 成 に5 時 間 以 内 の 時 間 を 要 する 作 業 7 画 像 スキャン 8 画 像 加 工 9 リンク 設 置 10 ページ 削 除 (ア)ナビ 仕 様 書 1. 業 務 名 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページ 運 用 業 務 2. 業 務 の 目 的 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページの 配 信 サーバーを 運 用 し 効 率 的 で 安 定 した 情 報 配 信 を 行 うと 共 に 配 信 情 報 の 編 集 及 びデザイン 公 開 を 行 う 3. 業 務 の 場 所 受 託 者 の 業 務 従 事 場 所 4. 業 務

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

Microsoft Word - CiNii&RefWorks201011-.doc

Microsoft Word - CiNii&RefWorks201011-.doc 010.11- テーマ 別 ガイダンス CiNii で 国 内 の 論 文 検 索 & RefWorks ですっきり 整 理 情 報 基 盤 センター 学 術 情 報 リテラシー 係 CiNii の 使 い 方 CiNii 基 本 的 な 検 索 の 流 れ 例 題 1 携 帯 電 話 と 友 人 関 係 に 関 する 雑 誌 論 文 を 探 す CiNii (サイニイ) ( 全 分 野 ) 1 詳

More information

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 19 年 7 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 1. 提

More information

PCSK2のご紹介

PCSK2のご紹介 学 校 内 PCのセキュリティと 環 境 維 持 管 理 に ご 紹 介 資 料 Copyright 2011 Zetta Technology Inc. All rights Reserved. 本 資 料 の 無 断 転 載 複 写 を 禁 じます. 学 校 内 PCの 管 理 ポイント 教 育 の 情 報 化 に 伴 う 情 報 セキュリティ 製 品 概 要 ウィルス 対 策 情 報 漏 洩

More information

Microsoft PowerPoint - MobileViewer説明資料_20140616.pptx

Microsoft PowerPoint - MobileViewer説明資料_20140616.pptx スマートデバイスからの 情 報 漏 洩 を 防 ぐ ご 説 明 資 料 株 式 会 社 ネスコ ITシステム 事 業 部 20140616 DataClasys の 特 長 DataClasys(データクレシス)について DataClasysはファイルを 暗 号 化 制 御 管 理 する DRM(Digital Rights Management) 製 品 です Windows に 独 自 のドライバを

More information

Mac OS X 10.9(Mavericks) 無線接続用

Mac OS X 10.9(Mavericks) 無線接続用 持 込 PC 接 続 マニュアル [Mac OS X 10.9(Mavericks) 以 降 無 線 接 続 用 ] 作 成 :2013 年 12 月 改 訂 :2015 年 12 月 情 報 環 境 機 構 目 次 STEP.1 学 内 ネットワークに 接 続 できる 機 器 の 環 境 と 情 報 環 境 機 構 への 申 請 方 法... 1 1.1 学 内 ネットワークに 接 続 できる 機

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014 Japan Identity and Could Summit 企 業 内 IDライフサイクル 管 理 を 行 い 適 正 なプロビジョニングを! 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 情 報 技 術 本 部 オープンソースソリューション 推 進 室 高 橋 雅 人 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 情 報 技 術 本 部 オープンソースソリューション 推 進 室 Mail

More information

C M S を活用した学校ホームページ~開かれた学校づくりのためのContents Management System~

C M S を活用した学校ホームページ~開かれた学校づくりのためのContents Management System~ NetCommons で 全 市 一 斉 の 学 校 ホームページ 構 築 佐 野 市 における 小 学 校 28 校 中 学 校 10 校 及 び 教 育 センターを 含 めた 合 計 39 拠 点 の 全 市 一 斉 のホームページ 構 築 に 関 する 取 り 組 みの 事 例 です メンテナンスやセキュリティーは 教 育 委 員 会 が 一 括 管 理 することで 各 校 の 先 生 方 は

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

北海道大学における Shibboleth 実証実験 IdP の構築 廉価な機器による実装 ID/Password 認証連携の実証試験 PKI 認証連携の実証試験 プライベート認証局の利用 専用のプライベート CA を新設し IdP サーバ証明書を発行 クライアント証明書は既設のプライベート CAから

北海道大学における Shibboleth 実証実験 IdP の構築 廉価な機器による実装 ID/Password 認証連携の実証試験 PKI 認証連携の実証試験 プライベート認証局の利用 専用のプライベート CA を新設し IdP サーバ証明書を発行 クライアント証明書は既設のプライベート CAから シングルサインオン実証実験報告 Shibboleth IdP の構築 山本哲寛,* 永井謙芝 **, 髙井昌彰 * * 北大情報基盤センター ** 北大企画部情報基盤課ネットワークチーム 北海道大学における Shibboleth 実証実験 IdP の構築 廉価な機器による実装 ID/Password 認証連携の実証試験 PKI 認証連携の実証試験 プライベート認証局の利用 専用のプライベート CA

More information

2 / 11 ページ 第 5 講 ビジネスメールの 作 法 Active! Mail を 起 動 し ログインしておきましょう 5-1 ビジネスメールのルールとマナー ビジネスメールのルールとマナーを 確 認 しましょう 宛 先 やCC BCCを 使 い 分 ける 本 文 の 内 容 が 一 目 で

2 / 11 ページ 第 5 講 ビジネスメールの 作 法 Active! Mail を 起 動 し ログインしておきましょう 5-1 ビジネスメールのルールとマナー ビジネスメールのルールとマナーを 確 認 しましょう 宛 先 やCC BCCを 使 い 分 ける 本 文 の 内 容 が 一 目 で 1 / 11 ページ キャリアアップコンピューティング 第 5 講 [ 全 15 講 ] 2016 年 度 2 / 11 ページ 第 5 講 ビジネスメールの 作 法 Active! Mail を 起 動 し ログインしておきましょう 5-1 ビジネスメールのルールとマナー ビジネスメールのルールとマナーを 確 認 しましょう 宛 先 やCC BCCを 使 い 分 ける 本 文 の 内 容 が 一

More information

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx)

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx) Ahkun AutoDaily Server AADS 管 理 サーバー 運 マニュアル 株 式 会 社 アークン 目 次 1. Ahkun AutoDaily Server の 特 徴... 2 2. AutoDaily Server の 設 置... 2 3. クライアント PC へ AutoDaily をインストールする... 2 4. AutoDaily Manager( 管 理 コンソール)へのログイン...

More information

1. 注 意 事 項 1.システムの 動 作 環 境 対 応 している 環 境 は 以 下 のとおりです 以 下 の 環 境 以 外 では 表 示 が 乱 れる 場 合 がありますので 注 意 してください ブラウザ OS Internet Explorer 6.0 SP1/7.0/8.0 Mozi

1. 注 意 事 項 1.システムの 動 作 環 境 対 応 している 環 境 は 以 下 のとおりです 以 下 の 環 境 以 外 では 表 示 が 乱 れる 場 合 がありますので 注 意 してください ブラウザ OS Internet Explorer 6.0 SP1/7.0/8.0 Mozi ( 職 員 ) 10.09.27 版 光 華 navi 基 本 操 作 マニュアル 光 華 navi とは 学 内 や 自 宅 のパソコンからインターネットを 通 じて 学 生 の 光 華 ライフをサポートするさまざまな 情 報 に アクセスできるポータルサイト( 玄 関 口 )です 光 華 navi では 下 記 のサービスの 利 用 が 可 能 です ( : 参 照 / : 登 録 / : 他

More information

はじめに この 度 は 弊 社 の OMSS + マイナンバー 収 集 保 管 サービス をご 利 用 いただき 誠 に ありがとうございます 当 サービスは 個 人 番 号 を 確 実 かつ 安 全 に 収 集 保 管 し 安 全 に 利 用 提 供 廃 棄 までの 管 理 を 実 現 するサービ

はじめに この 度 は 弊 社 の OMSS + マイナンバー 収 集 保 管 サービス をご 利 用 いただき 誠 に ありがとうございます 当 サービスは 個 人 番 号 を 確 実 かつ 安 全 に 収 集 保 管 し 安 全 に 利 用 提 供 廃 棄 までの 管 理 を 実 現 するサービ OMSS+ マイナンバー 収 集 保 管 サービス 利 用 ガイド < 管 理 者 向 け> 第 1 部 はじめに 第 2 部 導 入 処 理 第 3 部 業 務 処 理 - 個 人 番 号 の 登 録 第 4 部 業 務 処 理 - 個 人 番 号 の 管 理 第 5 部 奉 行 製 品 との 連 携 はじめに この 度 は 弊 社 の OMSS + マイナンバー 収 集 保 管 サービス をご

More information

Biz eスケジューラ よくあるご質問(FAQ)

Biz eスケジューラ よくあるご質問(FAQ) Biz e スケジューラ よくあるご 質 問 (FAQ) NTT Communications ( 第 3.0 版 ) 改 版 履 歴 改 版 履 歴 版 数 日 付 項 番 主 な 更 新 内 容 1.0 版 2013/10/21 - 新 規 作 成 2.0 版 2014/07/28 - Q1-8 Q1-9/Q2-7 グローバル 対 応 に 伴 い FAQ を 追 加 スケジュール 管 理 機 能

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation スマイルサーバ サーバ 移 行 の 手 引 き 目 次 1.サーバ 移 行 について 1 1.サーバ 移 行 について 1 2.お 申 込 から 切 替 までの 流 れ 2 3. 移 行 支 援 サービスのご 利 用 にあたって 3 3-1. 移 行 支 援 サービスとは? 3 3-2. 移 行 支 援 サービスご 利 用 にあたっての 注 意 点 4 4.FAQ お 問 合 せ 先 5 NTTスマートコネクト

More information

マネーフォワード For BUSINESS 使い方講座

マネーフォワード For BUSINESS 使い方講座 マイナンバーの 収 集 から 破 棄 まで 簡 単 安 全 に! マイナンバー 対 策 のポイントとMFクラウドマイナンバー 株 式 会 社 マネーフォワード マネーフォワードのご 紹 介 社 名 設 立 株 式 会 社 マネーフォワード 2012 年 5 月 資 本 金 3,741,972,200 円 ( 資 本 準 備 金 含 む) 代 表 者 辻 庸 介 本 社 所 在 地 108-0014

More information

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom 平 成 25 年 度 NetCommons 活 用 研 修 会 グループウェア: 活 用 編 NetCommons 演 習 テキスト 埼 玉 県 立 総 合 教 育 センター < 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン

More information

1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある 見 やすい 分 かりやすいページの 提 供 に 努

1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある 見 やすい 分 かりやすいページの 提 供 に 努 平 成 28 年 度 秦 野 市 公 式 ホームページ 管 理 シス テム 更 新 及 び 保 守 委 託 業 務 ( 長 期 継 続 契 約 ) 仕 様 書 1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある

More information

kouen4.ppt

kouen4.ppt 魅 力 的 な 電 子 ブックサービスを 利 用 していただくために 一 般 社 団 法 人 日 本 電 子 出 版 協 会 事 務 局 長 三 瓶 徹 1 概 要 電 子 出 版 への 期 待 はあるものの 年 間 8 万 点 近 くの 書 籍 の 中 で 電 子 出 版 も 同 時 に 刊 行 されるの は 辞 書 と 医 学 書 の 一 部 ぐらいでしょうか 哲 学 歴 史 社 会 科 学 自

More information

2. 事 務 連 絡 者 用 メニュー (1) 登 録 変 更 申 請 委 員 会 メンバー メンバー 個 人 情 報 企 業 情 報 の 変 更 および JIRA 会 員 を 退 会 する 場 合 こ のメニューから 各 種 申 請 を 行 います 申 請 後 変 更 内 容 を JIRA 事 務

2. 事 務 連 絡 者 用 メニュー (1) 登 録 変 更 申 請 委 員 会 メンバー メンバー 個 人 情 報 企 業 情 報 の 変 更 および JIRA 会 員 を 退 会 する 場 合 こ のメニューから 各 種 申 請 を 行 います 申 請 後 変 更 内 容 を JIRA 事 務 事 務 連 絡 者 ポータルサイト ご 利 用 マニュアル 1. システムログイン (1) 下 記 URL にアクセス( 会 員 事 務 連 絡 者 ポータル 画 面 下 記 URL をクリックして 事 務 連 絡 者 ポータルサイトに 入 ることができます) https://member.jira-net.or.jp/membermanage/account/login (2) ログイン 画 面

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ 安 心 ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡 単 マニュアル 本 マニュアルはAndroid4.2.2をベースに 構 成 しております 端 末 やOSのバージョンによって 名 称 が 違 う 場 合 があります ファイナル スマホ セキュリティのインストール ファイナル スマホ セキュリティの 初 期 設 定 ファイナル スマホ セキュリティの 使 い 方 (ブラウザ)

More information

OSS活用ソリューション ThemiStruct (テミストラクト) シリーズ概要

OSS活用ソリューション ThemiStruct (テミストラクト) シリーズ概要 いまさら 聞 けない シングルサインオンの 基 本 と 社 員 1 万 人 の 大 企 業 における OpenAM 導 入 事 例 紹 介 ~Webアプリケーションに 手 をいれることなく 認 証 連 携 を 実 現 する 方 法 ~ 株 式 会 社 オージス 総 研 テミストラクトソリューション 部 Copyright 2013 2014 OGIS-RI Co., Co., Ltd. Ltd. All

More information

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承 京 都 市 社 会 福 祉 研 修 情 報 システム 京 福 祉 の 研 修 情 報 ネット 操 作 マニュアル - 主 催 者 編 - 第 1.3 版 2016 年 5 月 16 日 目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保

More information

目 次 1. ログインについて... 3 1-1 パスワードを 忘 れました どうしたらいいでしょう?... 3 1-2 パスワードを 変 更 したいのですが... 4 1-3 アカウントを 変 更 したいのですが... 4 1-4 個 人 情 報 は 入 力 しなくてはいけませんか?... 5 2

目 次 1. ログインについて... 3 1-1 パスワードを 忘 れました どうしたらいいでしょう?... 3 1-2 パスワードを 変 更 したいのですが... 4 1-3 アカウントを 変 更 したいのですが... 4 1-4 個 人 情 報 は 入 力 しなくてはいけませんか?... 5 2 イーデスク3 利 用 マニュアル1 ログイン する http://edesk.jp/ イーデスク3 利 用 環 境 パソコンで 利 用 する 場 合 OS Microsoft Windows 2000, XP, Vista Mac OS 10.1.x, 10.2.x 以 降 ブラウザ Microsoft Windows の 場 合 Microsoft Internet Explorer 5.5 SP2

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

目 次 1 業 務 名...3 2 業 務 の 目 的...3 2.1 背 景...3 2.2 目 的...3 3 業 務 の 概 要...3 3.1 委 託 業 務 内 容...3 3.2 委 託 業 務 期 間...4 3.3 業 務 の 範 囲...4 3.4 スケジュール...4 4 提 案

目 次 1 業 務 名...3 2 業 務 の 目 的...3 2.1 背 景...3 2.2 目 的...3 3 業 務 の 概 要...3 3.1 委 託 業 務 内 容...3 3.2 委 託 業 務 期 間...4 3.3 業 務 の 範 囲...4 3.4 スケジュール...4 4 提 案 オープンデータカタログサイト 構 築 等 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 28 日 静 岡 市 総 務 局 情 報 管 理 課 1 目 次 1 業 務 名...3 2 業 務 の 目 的...3 2.1 背 景...3 2.2 目 的...3 3 業 務 の 概 要...3 3.1 委 託 業 務 内 容...3 3.2 委 託 業 務 期 間...4 3.3 業 務 の 範 囲...4

More information

Microsoft PowerPoint - ★個人番号カード受付システム説明(最新20150619).pptx

Microsoft PowerPoint - ★個人番号カード受付システム説明(最新20150619).pptx マイナンバー 制 度 に 対 応 個 人 番 号 カードの 交 付 予 約 カード 管 理 システム 交 付 業 務 を 軽 減! 交 付 案 内 文 書 の 出 力 送 付 用 の 宛 名 印 刷 交 付 来 庁 時 のシステムによる 事 前 予 約 各 種 進 捗 情 報 管 理 等 2015 年 6 月 1.はじめに マイナンバー 制 度 の 導 入 に 伴 い 2016 年 1 月 より 地

More information

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 公 告. 競 争 入 札 に 付 する 事 項 () 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づ くシステム 評 価 に 係 る 業 務 () 委 託 業 務 の 目 的 等 入 札 説 明 書 による (3) 委 託 業 務 実 施 期

More information

1. はじめに 1.1. Office365 ProPlus ライセンスについて 九 州 産 業 大 学 に 在 籍 中 の 学 生 教 職 員 の 方 は Office365 ProPlus のライセンスを 1 つ 保 持 しています 1 つの Office365 ライセンスで Office365

1. はじめに 1.1. Office365 ProPlus ライセンスについて 九 州 産 業 大 学 に 在 籍 中 の 学 生 教 職 員 の 方 は Office365 ProPlus のライセンスを 1 つ 保 持 しています 1 つの Office365 ライセンスで Office365 [ 目 次 ] Office365 ProPlus インストール 手 順 (Windows) 1. はじめに... 2 1.1. Office365 ProPlus ライセンスについて... 2 1.2. インストール 環 境 について... 2 1.3. パスワードについて... 2 2. Office365 ポータルへのサインイン/サインアウト 手 順... 3 2.1. Office365 ポータルへのサインイン...

More information

V-CUBE One

V-CUBE One V-CUBE One Office 365 連 携 マニュアル ブイキューブ 2016/06/03 この 文 書 は V-CUBE One の Office 365 連 携 用 ご 利 用 マニュアルです 更 新 履 歴 更 新 日 内 容 2016/02/09 新 規 作 成 2016/03/11 Office 365 ID を 既 存 の One 利 用 者 と 紐 付 ける 機 能 に 関 する

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 1 ページ

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 1 ページ 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 西 東 京 市 は 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 2. 業 務 目 的 平 成 29(2017) 年 5 月 25 日 から6 月 4 日 にかけて 神 戸 文 化 ホールにおいて 開 催 される 第 9 回 神 戸 国 際 フルートコンクール を 核

More information

ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアル 1. 基 本 設 定 セキュア Web サーバーの 基 本 的 な 設 定 を 行 ないます 基 本 設 定 サーバー 名 管 理 者 メールアドレス を 入 力 します 設 定 する ボタンをクリックして 設 定 を 終 了 します root ユーザーはポート 番 号 を 変 更 することもできます 詳 細 設 定 セキュア Web サーバーを 通 して 公 開 する ユーザーのディレクトリを 設

More information

Microsoft Word - 20130314チェック反映済み_Privacy Policy_日本語.docx

Microsoft Word - 20130314チェック反映済み_Privacy Policy_日本語.docx プライバシーポリシー( 和 訳 参 考 資 料 ) GoodData は 個 人 情 報 の 保 護 に 努 めています 本 プライバシーポリシーは 当 社 web サ イトにおいてどのようにお 客 様 の 個 人 情 報 を 取 り 扱 うかについて 説 明 します 本 プライバシー ポリシーは GoodData Corporation とその 子 会 社 が 運 営 するウェブサイトを 通 じて

More information

受 注 者 は 本 仕 様 書 に 示 した 事 項 に 基 づき 成 果 品 が 作 成 されているか 工 程 ごとに 検 査 を 行 い 記 録 しなければならない 業 務 完 了 時 には 検 査 に 必 要 な 成 果 品 及 び 関 係 書 類 を 町 へ 提 出 し 完 了 検 査 を

受 注 者 は 本 仕 様 書 に 示 した 事 項 に 基 づき 成 果 品 が 作 成 されているか 工 程 ごとに 検 査 を 行 い 記 録 しなければならない 業 務 完 了 時 には 検 査 に 必 要 な 成 果 品 及 び 関 係 書 類 を 町 へ 提 出 し 完 了 検 査 を 下 仁 田 町 移 住 定 住 ホームページ 作 成 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 6 月 27 日 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 名 下 仁 田 町 移 住 定 住 ホームページ 作 成 業 務 2. 目 的 下 仁 田 町 は 人 口 減 少 や 少 子 高 齢 化 に 歯 止 めをかけるため 下 仁 田 町 まち ひと し ごと 総 合 戦 略 では 定 住 移 住 対 策

More information

改 訂 履 歴 版 概 要 区 分 更 新 日 1.0 新 規 作 成 新 規 2014/06/26 2

改 訂 履 歴 版 概 要 区 分 更 新 日 1.0 新 規 作 成 新 規 2014/06/26 2 Android 版 操 作 ガイド (ver1.0) 2014 年 6 月 26 日 改 訂 履 歴 版 概 要 区 分 更 新 日 1.0 新 規 作 成 新 規 2014/06/26 2 目 次 1. sactto!ファイリングご 利 用 について... 4 2. Android 版 アプリケーションについて... 5 2.1. 概 要... 5 2.2. アプリケーションの 導 入... 5

More information

WEB PARK 2014新規利用ガイド

WEB PARK 2014新規利用ガイド WEB PARK 2014 新 規 利 ガイド (Mac ユーザ 用 ) 第 1.0 版 2014 年 10 月 東 京 大 学 情 報 基 盤 センター ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正

More information

Microsoft PowerPoint - 印刷用.pptx

Microsoft PowerPoint - 印刷用.pptx その 受 講 者 本 ですか? e-learning コンテンツの ライセンスを 守 り 真 の 学 習 成 果 を! -サイバーID 証 明 書 JCAN- ID:clica-guest-jipdec パスワード:jipdec 般 財 団 法 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 安 信 簡 情 報 環 境 推 進 部 JCANプロジェクト 推 進 室 客 員 研 究 員 御 村 瑞 恵 はじめに

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3

目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3 IT s class. 学 生 操 作 マニュアル 明 治 学 院 大 学 情 報 センター 目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3 レポート

More information

e-Gov電子申請システムを利用した

e-Gov電子申請システムを利用した e-gov 電 子 申 請 システムを 利 用 した RPS 法 に 係 る 申 請 書 提 出 マニュアル -ITEM2000 形 式 のファイルを 利 用 した 申 請 方 法 について- 平 成 22 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 省 エネルギー 新 エネルギー 部 新 エネルギー 等 電 気 利 用 推 進 室 電 子 政 府 の 実 現 に 向 けた 政 府 全 体 の 取 組 みの

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

目 次 1 背 景... 1 2 次 期 統 一 ネットワークシステム 整 備 の 基 本 方 針... 2 3 次 期 統 一 ネットワークシステムの 導 入 スケジュール... 4 4 業 務 の 目 的... 4 5 納 入 成 果 物... 5 6 次 期 統 一 ネットワークシステム 導

目 次 1 背 景... 1 2 次 期 統 一 ネットワークシステム 整 備 の 基 本 方 針... 2 3 次 期 統 一 ネットワークシステムの 導 入 スケジュール... 4 4 業 務 の 目 的... 4 5 納 入 成 果 物... 5 6 次 期 統 一 ネットワークシステム 導 高 専 統 一 ネットワークシステム 整 備 および 高 専 情 報 基 盤 統 一 化 策 定 等 に 係 る 調 達 支 援 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 目 次 1 背 景... 1 2 次 期 統 一 ネットワークシステム 整 備 の 基 本 方 針... 2 3 次 期 統 一 ネットワークシステムの 導 入

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

Google AppsFAQ_r2

Google AppsFAQ_r2 サイオス コンシェルジュ Google Apps FAQ (2010/01/06 版 ) サイオステクノロジー 株 式 会 社 目 次 全 般 的 な 質 問 質 問 1-1. Google Apps とはどのようなツールですか? 質 問 1-2. Google Apps を 導 入 するメリットは 何 ですか? 質 問 1-3. Standard Edition と Premier Edition

More information

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 2 業 務 の 目 的 本 業 務 は 主 に 市 内 外 の 創 業 希 望 者 をターゲットに 必 要 な 情 報 を 網 羅 的 に 取 得 可 能 なホームページを 開 設 し かつ 元 々 本 市 へ 関 心

More information