1.オブジェクト 指 向 の 概 要 オブジェクト 指 向 は 分 かりにくい 登 場 から 30 年 以 上 経 っても 未 だにオブジェクト 指 向 に 対 する 敷 居 は 高 いま まです ここではオブジェクト 指 向 について 考 えていきたいと 思 います 今 や IT 関 連 製 品

Size: px
Start display at page:

Download "1.オブジェクト 指 向 の 概 要 オブジェクト 指 向 は 分 かりにくい 登 場 から 30 年 以 上 経 っても 未 だにオブジェクト 指 向 に 対 する 敷 居 は 高 いま まです ここではオブジェクト 指 向 について 考 えていきたいと 思 います 今 や IT 関 連 製 品 "

Transcription

1 PHP マニュアル オブジェクト 指 向 入 門 編 1.オブジェクト 指 向 の 概 要 なぜオブジェクト 指 向 は 難 しいのか 難 しいのは 当 然 すぎる から 実 は 不 自 然 だった 手 続 き 指 向 アクセス 制 御 が 不 可 欠 メッセージ パッシングとは 何 か 関 数 呼 び 出 しとメッセージ パッシングの 違 い オブジェクトとクラスの 違 い 2.オブジェクト 指 向 プログラミング クラス オブジェクト インスタンス 化 コンストラクタ デストラクタ アクセス 修 飾 子 ゲッダメソッド セッダメソッド 静 的 メソッド クラス 内 定 数 継 承 parent 命 令 final 修 飾 子 ポリモーフィズム 抽 象 メソッド インターフェス 3.PHP5 独 自 のオブジェクト 構 文 autoload 関 数 call メソッド get, set メソッド 4.Apache との 連 携.htaccess http.conf の AllowOverride ディレクティブを"All"に 設 定.htaccess ファイルで 設 定 可 能 なパラメータは 決 まっている 1

2 1.オブジェクト 指 向 の 概 要 オブジェクト 指 向 は 分 かりにくい 登 場 から 30 年 以 上 経 っても 未 だにオブジェクト 指 向 に 対 する 敷 居 は 高 いま まです ここではオブジェクト 指 向 について 考 えていきたいと 思 います 今 や IT 関 連 製 品 や 技 術 は オブジェクト 指 向 抜 きには 語 れないと 言 ってよいほど 普 及 し 一 般 的 になっています Java や C++をはじめとするプログラミング 言 語 に 及 ばず パソコンのユーザー インターフェースは ひとつひとつのプログラムをアイコンで 表 し 直 感 的 な 操 作 を 可 能 にする GUI(グラフィカル ユーザー インタフェース)が 主 流 です GUI は 言 うまでもなくオブジェクト 指 向 の 考 え 方 で 作 られたものです そもそもオブジェクト 指 向 について 正 確 に 解 説 すると プログラムの 構 造 をオブジェクト 群 の 相 互 作 用 とその 雛 形 であるクラス 群 の 関 係 として 捉 え 相 互 にメッセージを 送 りあう オブジェクトの 集 まりとしてプログラムを 構 成 する 技 法 のことを 指 します とあるように 非 常 に 説 明 しずらくわかりずらいものとなっています このオブジェクト 指 向 を 取 り 入 れたプログラミング 言 語 はオブジェクト 指 向 プログラミング 言 語 と 呼 ばれ これらの 言 語 ではクラスとその 継 承 な どの 仕 組 みを 利 用 することで 開 発 効 率 を 高 められるようになっています オブジェクト 指 向 構 文 は 今 となっては 開 発 現 場 ではあたりまえとなっていますが 習 得 するのはなかなか 難 しいのが 現 状 です 特 に 大 多 数 でシステム 構 築 す るような 複 雑 で 大 規 模 なものほどオブジェクト 指 向 という 考 え 方 はなくてはならなくなってきますので 習 得 するにはそ れなりの 時 間 がかかりますが 必 ず 習 得 してほしい 分 野 です 現 在 では C++ Java JavaScript Ruby PHP Perl な どほとんどの 開 発 現 場 でこのオブジェクト 指 向 という 考 え 方 を 元 にした 開 発 言 語 が 主 流 になってきています 今 やオ ブジェクト 指 向 は システム 開 発 における 共 通 の 土 台 となりつつある 考 え 方 です 逆 に 言 えば オブジェクト 指 向 の 考 え 方 を 習 得 することでこれらの 言 語 も 初 見 でもある 程 度 は 理 解 することが 可 能 となります 難 しいと 思 いますが 少 しづつでいいので 理 解 できるまで 何 度 もチャレンジしてくれることを 願 っています オブジェクト 指 向 の 概 要 では 実 際 の PHP でのコード 記 述 紹 介 のまえにオブジェクト 指 向 とはどういったものなのか ということを 現 実 世 界 のモノに 例 え 解 説 していきます 2

3 なぜオブジェクト 指 向 は 難 しいのか オブジェクト 指 向 の 難 しさはどこにあるのか よく 言 われるのは 耳 慣 れない 用 語 とオブジェクト 指 向 という 考 え 方 にあると 聞 きます オブジェクト 指 向 にはこれから 紹 介 する クラス オブジェクト 継 承 抽 象 化 メッセ ージ 振 る 舞 い などといった IT らしくない 言 葉 が 多 数 登 場 します これらの 言 葉 が 災 いして 慣 れない 人 から すれば なぜそんな 言 い 回 しをするのかと 不 思 議 と 思 うのが 当 然 です オブジェクト 指 向 の 定 義 も 実 はまちまちで オブジェクト 指 向 の 解 説 書 や オブジェクト 指 向 言 語 の 代 名 詞 でもある Java の 参 考 書 ですら 表 現 が 異 なっている ので 混 乱 するのも 当 然 といえば 当 然 です もしかしたら わざと 混 乱 させるためにこんなまわりくどい 言 い 回 しを つかっているんじゃないかと 疑 うこともあります そしてもう 一 点 従 来 の 手 法 ( 手 続 き 型 言 語 などの 非 オブジェクト 指 向 言 語 )になれたプログラマやエンジニアに とってオブジェクト 指 向 を 理 解 するには 180 度 異 なる 発 想 が 必 要 とされる 点 があるためです オブジェクト 指 向 が 登 場 する 以 前 は プロセッサが 行 うひとつひとつの 作 業 すなわち 手 続 き を 順 に 記 述 して 処 理 をこなしていく 方 法 しかなかったため この 考 え 方 でプログラムを 考 えてしまいオブジェクト 指 向 での 発 想 転 換 が 難 しいのです 難 しいのは 当 然 すぎる から では これらの 難 しさをどのように 乗 り 越 えていけばいいのか それには 用 語 やテクニックにとらわれることなく オブジェクト 指 向 の 根 本 的 な 考 え 方 を 理 解 するということがキーになってきます それができれば 最 初 から 苦 労 はしないのですが そこさえ 乗 り 越 えれば 様 々な 難 解 な 概 念 もおのずと 意 味 が 分 かり 実 際 のシステム 構 築 の 場 でも 生 きてきます その 意 味 でぜひ 覚 えておくべき 大 原 則 として オブジェクト 指 向 とは 人 間 にとってごく 自 然 な 考 え 方 というものがあります あなたも 自 分 にとって 当 たり 前 すぎることを 改 めて 問 いただされたら 答 えに 窮 する のではないでしょうか オブジェクト 指 向 が 難 しい 理 由 は オブジェクト 指 向 が 高 度 だからではなく オブジェクト 指 向 とは ソフトウェアを 人 間 にとって 扱 いやすいよう 現 実 の 物 事 になぞらえて 考 える 手 法 だからです 手 続 き 指 向 に 慣 れた あるいは 手 続 き 指 向 のシステムを 担 当 する 多 くの IT エンジニアにとっては このごく 自 然 な 考 え 方 を 理 解 することがかえって 難 しいのです 3

4 実 は 不 自 然 だった 手 続 き 指 向 でも 本 当 にオブジェクト 指 向 は 自 然 な 考 え 方 なのか? 手 続 き 指 向 でひとつひとつ 処 理 を 記 述 していった 方 が よっぽど 簡 単 だし 自 然 なような 気 がするけど こんなことを 思 っている 方 もいると 思 います 手 続 き 指 向 では プログラムに 対 してデータを 入 力 して 何 らかの 処 理 を 実 行 する つまりプログラム( 処 理 )とデータをまったく 別 物 として 扱 う 考 え 方 でした これはプログラム 上 だけの 話 ではなく 実 際 コンピュータの 中 ではプログラムとデータ を 物 理 的 に 異 なるメモリー 領 域 に 格 納 していることからも 伺 えます 注 目 してほしいのは コンピュータ 内 に 存 在 しているデータは 特 別 な 意 味 を 持 たず 単 なる 数 字 の 羅 列 (2 進 法 で 考 えて)に 過 ぎないということです 例 えば コンピュータの 中 に 1000 というデータが 存 在 するとします すると そのデータは 指 定 された 処 理 (プログラム) によっては 1000 円 にも 1000 個 にも 意 味 を 変 えます ところが 現 実 の 物 事 のあり 方 と 照 らし 合 わせてみると コンピュータ 流 の 方 式 は 極 めて 不 自 然 です なぜなら 現 実 の 世 界 では 1000 という 数 値 だけが 存 在 することはあり 得 ないからです 普 段 はあまり 意 識 したことがない かもしれませんが 必 ずデータには 固 有 の 意 味 があります 1000 円 1000 個 1000km 1000 人 といっ た 具 合 です そうして 考 えてみるとひとつの 疑 問 がわくと 思 います なぜコンピュータは こんな 方 式 でプログラムとデータを 分 離 して 管 理 しているのだろうか? と 答 えは 簡 単 で コンピュータ 内 部 の 処 理 が 手 続 き 指 向 だからです コン ピュータのプロセッサはメモリー 上 のプログラムを 順 番 に 読 み 込 みデータを 処 理 しています データにどんな 意 味 があるのかは 全 く 関 与 していません 加 えて 昔 のコンピュータでは 処 理 性 能 が 現 在 とは 桁 違 いに 低 かったため 貧 弱 なコンピュータ 資 源 を 有 効 活 用 するにはコンピュータが 最 も 処 理 のしやすい 形 態 つまり 手 続 き 指 向 でプログラ ムを 構 築 するしかなかったのです しかし 現 在 では 処 理 性 能 の 向 上 により 人 間 にとって 分 かりやすく 使 いやす いオブジェクト 指 向 という 考 え 方 が 浸 透 してきたというだけの 話 です そして 前 述 したようにデータが 固 有 の 意 味 を 持 つということは 同 時 にそのデータを 使 って 実 行 できる 処 理 も 必 然 的 に 決 まります 例 えば 1000 円 というお 金 をつかってできることは 代 金 を 支 払 う とか 両 替 する といったごく 限 られたことしかできません オブジェク ト 指 向 とは まさにこうした 現 実 と 同 じような 物 事 のありようを ソフトウェアで 実 現 しようという 試 みそのものなの です では どうすればモノのように 扱 えるソフトをつくれるのか 答 えを 言 えば 処 理 とデータをひとまとめのセットと して 扱 えばよいということです 具 体 的 には このデータとこの 処 理 はひとつでワンセットであるとプログラム 上 で 定 義 し 同 時 にデータへアクセスすることのできる 処 理 をこのワンセットのみに 限 定 します 例 えば 1000 円 と いうお 金 のデータを 表 現 したいとき 1000 というデータとそのデータがお 金 であるということを 前 提 にしたプログラ ムをひとつのセットとしてまとめます これで 単 なる 1000 というデータが 1000 円 というお 金 のデータに 固 定 でき ます これがオブジェクト 指 向 の 解 説 書 に 当 たり 前 のように 出 てくる 処 理 とデータの 一 体 化 と 同 じ 意 味 になりま す そしてこのデータの 意 味 を 固 定 した 処 理 をオブジェクト 指 向 ではメソッドと 名 付 け 1000 円 というデータを 属 性 (プロパティ)と 名 付 けただけのことなのです そしてここまで 説 明 してきたような 具 体 的 な 処 理 とデータをひとまと めのセットにしたものがオブジェクトにあたります 4

5 5

6 アクセス 制 御 が 不 可 欠 しかし 一 体 化 だけではまだ 不 十 分 です いくら データとメソッドを 一 体 化 してオブジェクトをつくった といっても それをつくったプログラマ 以 外 の 人 間 がその 作 法 に 従 わなければ 元 も 子 もないためです やろうと 思 えば オブ ジェクト 指 向 の 考 え 方 を 無 視 してデータを 直 接 参 照 したり 変 更 したりとオブジェクト 外 部 からやりたい 放 題 する 危 険 性 があります この 事 態 を 防 止 してオブジェクト 指 向 の 目 的 を 達 成 するためには 外 部 からのオブジェクト 内 部 へとつながる 自 由 なアクセスを 遮 断 しなければいけません そこで 設 けられたのがアクセス 制 御 です データアクセスの 入 り 口 を 制 御 して 属 性 にアクセスできるのはオブジェクトのなかのメソッドだけに 限 定 します そうすれば 外 部 から 属 性 を 参 照 したい 場 合 はオブジェクトのなかにあるメソッドを 介 してしかアクセスできなくなります 不 正 な 行 為 をしようと するプログラムがあればこのメソッドの 段 階 でアクセスをさせないようにすればいいのです 簡 単 にいえば 両 替 機 のなかのお 金 を 盗 まれないためにお 金 が 入 った 箱 に 鍵 をかけてなおかつ 偽 札 が 両 替 機 に 入 ってきたら 無 効 に する 機 能 がアクセス 制 御 にあたります オブジェクト 指 向 ではこのオブジェクト 内 のメソッド( 偽 札 防 止 機 能 がついた 両 替 機 能 )のことをインターフェース と 呼 びます また お 金 が 入 った 箱 がいくらはいっているのか 外 部 から 見 えないようにすることをオブジェクト 指 向 でも 現 実 世 界 と 同 じように 隠 蔽 (いんぺい) すると 呼 びます 現 実 世 界 にあるモノ( 両 替 機 )を 表 現 するための 一 体 化 と 隠 蔽 の 説 明 は 以 上 です 最 後 にこのような 一 体 化 と 隠 蔽 をそなえもたせること( 現 実 世 界 では 両 替 機 に 防 犯 機 能 をもたせること)をオブジェクト 指 向 では カプセル 化 と 呼 びます 6

7 メッセージ パッシングとは 何 か 現 実 のモノをソフトウェアに 置 き 換 える 際 にカプセル 化 という 名 の 防 犯 機 能 がいかに 重 要 かということをお 分 か りいただけたと 思 います では このオブジェクトに 何 らかの 処 理 を 実 行 させる( 両 替 機 に 実 際 のお 金 を 両 替 させ てもらう)ためにはどうすればいいのかをこれからお 話 します 話 は 簡 単 で 現 実 世 界 の 私 たちは 両 替 機 の 内 部 の 仕 組 みを 知 りません というか 両 替 機 をつくって 販 売 している 会 社 (この 場 合 はつくったプログラマにあたる)は 両 替 機 の 内 部 の 仕 組 みを 使 用 者 に 詳 しく 教 えません なぜなら 両 替 機 の 内 部 の 仕 組 みを 教 えてしまえば 仕 組 みの 隙 間 をついて 精 巧 な 偽 札 がつくれてしまうからです これで は 悪 用 してくださいと 言 っているのと 同 じです なんということでしょう 私 たちは 両 替 機 の 内 部 の 仕 組 みを 知 らず に 自 然 と 両 替 機 を 使 用 していたのです! 当 たり 前 ですが 私 たちが 両 替 機 に 対 して 知 っている 知 識 といえ ば 千 円 をいれれば 百 円 玉 が10 枚 返 却 口 からでてくるというごくあたりまえの 両 替 機 に 対 する 使 用 方 法 ぐらいの ものです なにをいれれば なにが 返 ってくるのか そう 最 初 になにを 両 替 機 に 入 れれば なにが 返 却 口 から 戻 ってくるのか 入 力 値 と 結 果 さえわかっていれば 詳 しい 内 容 ( 両 替 機 の 内 部 の 仕 組 み)など 知 ったことではないの です オブジェクト 指 向 も 同 じです 結 果 からいうと カプセル 化 されたオブジェクトの 中 身 など 知 ったことではないので す なにを 入 力 値 として 渡 せば なにが 結 果 として 返 ってくるのか それさえわかっていれば 処 理 の 内 容 を 知 らな くても 利 用 できます 最 低 限 必 要 な 知 識 としては 両 替 機 の 使 い 方 つまり オブジェクトの 使 い 方 だけなのです ここで 登 場 するのば 上 記 の 図 にあるメッセージ パッシングという 用 語 です メッセージ パッシングとやけに 格 好 付 けて 名 乗 っていますが 用 は 両 替 機 の 使 い 方 と 同 じ 意 味 なのです 例 え ば 5000 円 札 を 両 替 機 に 入 れると 1000 円 札 に 両 替 ボタンと 100 円 玉 に 両 替 ボタンが 押 せるようになります メッセージ パッシングでは これから 5000 円 札 を 入 れるので 100 円 玉 に 両 替 してください というメッセージを 両 替 機 につたえていると 考 えればなんのことはないのです 関 数 呼 び 出 しとメッセージ パッシングの 違 い 手 続 き 型 手 法 をつかったことがある 人 ならばなぜわざわざ 処 理 を 呼 び 出 すのに 関 数 呼 び 出 しという 用 語 がある にもかかわらず メッセージ パッシングなどという 新 しい 用 語 をもってくるんだと 卑 屈 になっている 方 がいるかもし れません それは そもそも 関 数 とオブジェクトのなかにある 処 理 は 動 きが 異 なっているので 同 じ 呼 び 名 では 混 乱 するため あえてメッセージ パッシング(または 単 にメッセージと 呼 ぶ)といった 具 合 に 分 けているのです そもそもデータという 観 点 から 見 ると 関 数 とオブジェクトではぜんぜん 扱 いが 異 なります そのため 関 数 では 関 数 呼 び 出 しと オブジェクトではメッセージ パッシングと 混 乱 を 避 けるために 呼 び 名 を 区 別 したというわけです かえってこれが 混 乱 の 元 になることもあるので 注 意 してください 関 数 とオブジェクトのデータの 扱 いに 関 する 違 いはオブジェクト 指 向 プログラミングの 章 で 解 説 していますのでそちらを 参 照 してください 7

8 オブジェクトとクラスの 違 い 先 ほどのメッセージ パッシングの 説 明 で カプセル 化 されたオブジェクトの 中 身 など 知 ったことではない と 言 いましたが オブジェクト 指 向 の 最 大 のメリットは プログラム 全 体 を 理 解 せずともプログラムを 書 けるという 点 で す 使 用 方 法 さえわかっていればいいだけなので オブジェクト 内 部 を 理 解 する 時 間 をそのまま 省 くことができま す これにより 開 発 スピードが 格 段 にあがるという 利 点 があります これはとくに 大 人 数 でシステムを 構 築 する 際 機 能 ごとに 分 業 が 可 能 になるということも 意 味 しています しかし 私 たちはあくまでもつくる 側 つまり 両 替 機 をつくって 販 売 している 会 社 の 技 術 者 なので 両 替 機 が 故 障 したり 新 しい 偽 札 防 止 機 能 を 追 加 してくれと 偉 い 人 に 命 令 されれば 両 替 機 の 中 身 に 機 能 追 加 したり あたらしくつくり 変 えることをしなければなりません あなたが 両 替 機 の 技 術 者 として 働 いていたとしましょう 偉 い 人 が 唐 突 に 明 日 までに 親 会 社 が 新 しくつくった 偽 札 防 止 機 能 を 急 遽 追 加 してくれ できなければクビだ と 通 告 されたとしたらどうでしょう あなたはまずなにをし ますか? すでに 出 来 上 がっている 実 際 の 両 替 機 (この 場 合 はオブジェクト)を 分 解 し 仕 組 みを 理 解 しようとする と 思 います しかし 両 替 機 の 偽 札 防 止 機 能 の 箇 所 は 外 注 で 他 の 会 社 の 技 術 者 がつくったものなので 仕 組 みがい まいち 理 解 できません しかも その 外 注 した 会 社 は 先 月 唐 突 に 倒 産 してしまい 連 絡 すらとれない 状 態 です 親 会 社 のお 高 くとまっている 技 術 者 が 親 切 に 教 えてくれるわけがない( 前 回 も 怒 鳴 りながら 電 話 口 にでてきたし な ) さて あなたはここでどう 行 動 にでますか? 1. 気 合 で 何 とかする 2.こっそりオリジナルの 偽 札 防 止 機 能 にすりかえる 3. 他 の 外 注 先 をいまから 探 す 4.コンビニでとらばーゆを 立 ち 読 みしてから 明 日 までに 辞 表 を 書 く 5.そういえば 納 品 されたものに 設 計 書 があったよな それをみれば もしかして あなたの 行 動 する 選 択 肢 として 答 えは5だと 願 っています そう ここでいう 設 計 書 こそオブジェクト 指 向 にあた るクラスになります クラスとはオブジェクトの 設 計 書 実 際 のモノである 両 替 機 を 文 面 に 抽 象 化 し 要 約 した 設 計 図 にあたるのです まとめ いままでのながれでクラスとはオブジェクトの 設 計 図 でオブジェクトはクラスをもとにつくられたプログラムとわか っていただけたと 思 います もう 少 し 噛 み 砕 いて 説 明 すると クラスとはオブジェクトの 特 徴 (どんな 性 質 があって どんな 動 きをするのか)をひとくくりにまとめたもので オブジェクトは 実 際 のモノとして 考 えてください 以 上 で 簡 単 ですが 現 実 世 界 の 例 を 用 いたオブジェクト 指 向 の 解 説 は 終 わりです 次 からは PHP の 文 法 をまじえたオブジェクト 指 向 編 へと 続 きます 難 しいと 思 いますが がんばりましょう 8

9 2.オブジェクト 指 向 プログラミング クラス クラスとは 一 般 に 関 数 の 集 合 体 として 定 義 されていますが 処 理 の 集 合 として 捉 えて 考 えた 場 合 関 数 と 比 べ データの 扱 いという 点 で 見 比 べてみるとその 違 いがよりわかりやすくなります 関 数 は 与 えられた 入 力 値 ( 引 数 ) を 元 にして 処 理 結 果 を 戻 り 値 として 出 力 するだけの 仕 組 みですが クラスまたはオブジェクトは 自 分 自 身 のなか にデータを 格 納 する 変 数 としての 役 割 もはたしています その 結 果 関 数 でのデータの 扱 いは データが 処 理 を 通 過 していくだけなのにたいして クラス オブジェクトではさらに 処 理 前 処 理 後 のデータを 内 部 で 保 持 してお くことが 可 能 になります プログラマは 必 要 に 応 じこの 値 を 取 り 出 して 再 度 利 用 することができるようになるわけで す 関 数 とクラスの 違 いは 以 上 です わかりやすく 下 記 にその 違 いをまとめてみました データを 保 持 データを 処 理 変 数 関 数 クラス オブジェクト オブジェクト クラスを 理 解 するうえで 重 要 になってくるのがオブジェクトです クラスとオブジェクトは 似 て 非 なるものです オ ブジェクトとはクラスを 元 にしてつくられたコピーを 指 します クラスでは データを 保 持 できる という 性 質 をもって いるため 複 数 の 処 理 でひとつのクラスにアクセスした 場 合 データの 上 書 き( 不 整 合 )を 引 き 起 こす 危 険 があり ます そのため 処 理 に 応 じクラスのコピーを 作 成 し そのコピーに 対 してアクセスすることが 考 えだされました 実 際 に 使 う 場 合 には まずクラス 本 体 には 手 を 加 えず オブジェクトと 呼 ばれるクラスのコピーを 作 成 しそれを 処 理 の 対 象 としてプログラムを 組 んでいきます 例 えばこんな 感 じ この 後 にも 紹 介 しますが クラス( 雛 形 / 設 計 図 )からオブジェクト( 実 際 のモノ)を 生 成 することをインスタンス 化 と 呼 びます 処 理 をする 場 合 クラスには 手 を 加 えずインスタンス 化 されたオブジェクトを 処 理 対 象 として 扱 います 下 の 図 の 場 合 インスタンスとはオブジェクトと 同 じ 意 味 になります 9

10 インスタンス 化 クラスのコピー(オブジェクト)を 生 成 することを インスタンス 化 といいます インスタンス 化 とは クラスを 扱 う ための 自 分 専 用 の 領 域 を 確 保 する 行 為 ともいえます PHP では( 他 の 言 語 でも 大 抵 は 同 意 です) クラスのイ ンスタンス 化 を 次 のように new 演 算 子 を 使 って 行 ないます また インスタンス 化 の 際 に 必 要 に 応 じて 初 期 化 の ためのデータを 引 き 渡 すことも 可 能 です $ 変 数 名 = new クラス 名 ([ 引 数,...]); 引 数 が 必 要 ない 場 合 でもカッコは 省 略 できない 点 に 注 意 してください インスタンス 化 したオブジェクトは $ 変 数 名 に 格 納 され 以 降 はこの 変 数 をオブジェクトとして 扱 うことになります また インスタンス 化 した 変 数 を オブジ ェクト 変 数 と 呼 称 します この 場 合 オブジェクト 変 数 のなかのクラスに 属 する 関 数 と 変 数 のことを メンバ 関 数 と メンバ 変 数 または メソッド と プロパティ と 呼 びます 処 理 の 適 応 戻 り 値 の 取 得 [ 戻 り 値 ] = $ 変 数 名 -> メソッド 名 ([ 引 数,...]); 値 の 参 照 代 入 $ 変 数 名 -> プロパティ 名 [ = 値 ]; コンストラクタ デストラクタ インスタンス 化 の 際 に 実 行 される 特 別 なメソッド(メンバ 関 数 )のことを コンストラクタと 呼 びます PHP4では クラス 名 と 同 名 のメソッドをコンストラクタと 見 なしていましたが PHP5からは construct という 統 一 名 を 採 用 しています もし クラスと 同 じ 名 前 のメソッドがクラス(オブジェクト) 内 に 存 在 する 場 合 には construct が 優 先 して 処 理 されます コンストラクタは インスタンス 化 のタイミングで 実 行 されるという 性 質 上 プロパティ(メンバ 変 数 )の 初 期 化 や クラスで 使 用 する 各 種 リソースの 初 期 化 といった 呼 び 出 されて 最 初 の 一 回 だけ 処 理 を 必 要 とす るものを 記 述 するのが 一 般 的 です 特 に 初 期 化 処 理 が 必 要 ない 場 合 は コンストラクタは 省 略 可 能 です コンストラクタとは 反 対 に オブジェクト(インスタンス)が 破 棄 されるタイミングで 実 行 されるのがデストラクタです デストラクタは PHP5 以 降 でのみ 利 用 可 能 で 統 一 名 として destruct を 採 用 しています デストラクタには ク ラス 内 で 使 用 したリソースを 破 棄 するなど 主 に 終 了 処 理 を 記 述 するのが 一 般 的 です PHP では Java と 同 じくメ モリの 解 放 などは 自 動 である 程 度 おこなってくれるので 使 用 頻 度 としてはコンストラクタより 多 くはみかけません 10

11 アクセス 修 飾 子 クラスを 理 解 するうえでもう 一 つ 重 要 な 概 念 となるのが アクセス 修 飾 子 です アクセス 修 飾 子 とは クラス 内 のメンバ 変 数 (プロパティ)やメンバ 関 数 (メソッド)に 対 するアクセスの 可 否 を 決 めるための 命 令 になります PHP5で 利 用 可 能 なアクセス 修 飾 子 アクセス 修 飾 子 概 要 public どこからでもアクセス 可 能 (デフォルト) protected 現 在 のクラスとサブクラスでのみアクセス 可 能 private 現 在 のクラス 内 部 でのみアクセス 可 能 アクセス 修 飾 子 を 省 略 した 場 合 そのメソッドとプロパティは public 扱 いと 見 なされ デフォルトでどこからでもア クセス 可 能 になります また PHP4ではプロパティを 定 義 するための var 命 令 がありましたが こちらも public 修 飾 子 と 同 様 の 意 味 であると 見 なされます これら 修 飾 子 として の 役 割 は クラス 内 部 の 機 能 をクラス 外 部 から 隠 蔽 することが 目 的 で 使 われます こうした 機 能 をオブジェクト 指 向 では カプセル 化 と 言 います ゲッダメソッド セッダメソッド クラス 内 の private 変 数 にアクセスするためのメソッドのことを アクセサメソッド(Accesor Method) と 総 称 しま す また get_ メソッドと set_ メソッドをそれぞれ ゲッタメソッド(Getter Method) セッタメソッド(Setter Method) と 呼 ぶこともあります public function get_プロパティ 名 (){ return $this -> プロパティ 名 ; public function set_プロパティ 名 (){ $this -> プロパティ 名 = 引 数 ; アクセス 修 飾 子 $this は 現 在 のクラスを 示 すための 命 令 で クラス 内 のメンバにアクセスするためには こ の$this を 介 して 行 う 必 要 があります アクセサメソッドの 名 前 は 一 般 的 に get_プロパティ 名 set_プロパティ 名 とするのが 慣 例 ですが 構 文 規 則 ではないので 必 ずしもこの 規 則 に 従 う 必 要 はありません get_メソッドが 定 義 された 場 合 にはプロパティは 読 み 取 り 専 用 に set_メソッドが 定 義 された 場 合 にはプロパティは 書 き 込 み 専 用 にな り ま す プ ロ パ テ ィ を 隠 蔽 し て ア ク セ サ メ ソ ッ ド を 介 し て 参 照 設 定 す る こ と で 読 み 書 きの 制 御 が 可 能 となる プロパティ 値 を 設 定 する 際 に 値 の 検 証 を 行 える プロパティ 値 を 参 照 する 際 に 値 の 加 工 を 行 える などのメリットがあります 11

12 静 的 メソッド クラスを 利 用 するにあたっては 必 ず インスタンス 化 を 行 い クラスのコピーを 生 成 する 必 要 があると 紹 介 し ましたが 例 外 的 に インスタンス 化 を 行 わなくても 利 用 できるメソッドがあります このようなメソッドのことを 静 的 メソッド と 言 います 静 的 メソッドを 定 義 するには メソッド 定 義 の 先 頭 に static 修 飾 子 を 付 加 するだけです MyClass.class.php class MyClass{ public static function triangle ($width, $height){ return $width * $height / 2; クラス 外 部 から 静 的 メソッドを 呼 び 出 すには 一 般 的 なメソッド プロパティを 呼 び 出 す -> 演 算 子 ではなく :: (スコープ) 演 算 子 を 使 用 します static.php require_once('myclass.class.php'); print(' 三 角 形 の 面 積 は'. MyClass::triangle(10,5). 'です<br>'); :: 演 算 子 を 利 用 することでオブジェクト 変 数 名 でなくクラス 名 から 直 接 的 にメソッドを 呼 び 出 すことが 可 能 となり ます ではなぜこのように インスタンス 化 を 必 要 とするメソッドとそうでないメソッドが 存 在 するのかというと それ は 外 部 から 与 えられた 値 を 処 理 し 出 力 するだけということだけをしているからです クラス 内 でプロパティとして データを 留 めることなくメソッドとしてだけ 処 理 し 呼 び 出 し 元 に 返 すだけのいわゆる 関 数 的 な 処 理 を 求 められてい るのでわざわざオブジェクトをつくらなくとも データの 上 書 き( 不 整 合 )が 発 生 しないためです そもそも 静 的 メソ ッドでは クラス 内 にプロパティ(データ)を 設 定 もとい 参 照 しようにもプロパティ 自 体 が 存 在 しないのでできませ ん こうなると $this 命 令 も 当 然 ながら 使 えません 12

13 クラス 内 定 数 クラス 内 定 数 とは その 名 の 通 り class ブロックの 中 で 定 義 された 定 数 のことです PHP5からは const 命 令 を 利 用 することでクラス 内 部 で 定 数 を 定 義 することができます class MyClass { const AUTHOR = ' 名 無 し'; print(' 著 者 名 :'. MyClass::AUTHOR); クラス 内 定 数 を 参 照 するには 静 的 メソッド 同 様 :: 演 算 子 を 使 います クラス 内 定 数 を 利 用 すると 特 定 のクラ スでしか 利 用 しない 定 数 をクラス 内 部 で 管 理 でき クラス 外 部 に 出 さなくて 済 むのでより 分 かりやすいコードを 記 述 することができます 13

14 継 承 継 承 とは クラスに 含 まれるプロパティやメソッドを 引 き 続 きながら 新 たな 機 能 を 追 加 したり 元 の 機 能 を 一 部 だ け 修 正 することができる 機 能 のことです 必 要 に 応 じ 元 になるクラスの 機 能 を 引 き 継 ぎつつ 機 能 追 加 変 更 など の 新 しいクラスをつくる 場 合 に 使 われます 継 承 の 際 基 になるクラスのことを スーパークラ ス( 親 クラス 基 底 クラス) と 呼 び 継 承 の 結 果 できたクラスのことを サブクラス( 子 クラス 派 生 クラス) と 呼 びます class サブクラス 名 extends スーパークラス 名 { サブクラスの 処 理 定 義 継 承 によりスーパークラスの 機 能 をサブクラスで 上 書 きすることを オーバーライド と 言 います オーバーライド されなかったスーパークラスのメソッドはサブクラスでもそのまま 引 き 継 がれ あたかも 自 分 自 身 で 定 義 したメソッ ドであるかのように 利 用 できます class MyClass { protected $data; public function construct($data) { $this->data = $data; public function showdata() { return ' 入 力 値 は '.$this->data.' です '; class MySubClass extends MyClass { public function showdata(){ return '*** 入 力 値 は '.$this->data.' です ***'; $obj=new MySubClass ('PEAR'); print($obj->showdata()); [ 出 力 ] *** 入 力 値 は PEAR です *** 14

15 オブジェクト 指 向 における クラス と 継 承 の 概 要 クラス とはオブジェクトに 共 通 の 性 質 を 抜 き 出 してグループ 化 した オブジェクトの ひな 型 のようなものです 継 承 では 上 位 クラス(スーパークラス)と 呼 ばれる 親 からメソッドや 属 性 といった 性 質 を 引 き 継 いだ 下 位 クラス (サブクラス)と 呼 ばれる 子 供 へ 引 き 継 がれることをいいます また 子 供 は 親 の 性 質 をもちつつ 子 供 だけにしか ない 特 性 を 持 つこと( 定 義 すること)ができます 15

16 parent 命 令 同 じくオーバーライドするにも スーパークラスの 機 能 を 完 全 に 塗 り 替 えるのではなく スーパークラスの 機 能 を 受 け 継 ぎながらサブクラス 側 で 機 能 を 追 加 したいという 場 合 があります そのような 場 合 には parent 命 令 でスー パークラスのメソッドを 呼 び 出 すことも 可 能 です parent 命 令 を 利 用 するとサブクラスでスーパークラスのメソッド を 少 しだけ 改 変 したいと 思 った 場 合 でもそれを 最 初 から 書 き 直 す 必 要 はなくなります スーパークラスのメソッド の 戻 り 値 を 利 用 しつつ 必 要 な 部 分 だけを 修 正 するということが 可 能 になります class MyClass { protected $data; public function construct($data){ $this->tdata=$data; public function showdata(){ return ' 入 力 値 は '.$this->data.' です '; class MySubClass extends MyClass { public function showdata(){ return '***'.parent::showdata().'***'; $obj=new MySubClass('PERA'); print($obj->showdata()); 16

17 final 修 飾 子 final 修 飾 子 は 特 定 のメソッドをオーバーライドできないように 制 限 するための 修 飾 子 です 継 承 をすることを 想 定 していないメソッドについては final 修 飾 子 をつけることで 不 用 意 にオーバーライドされることを 防 ぐことができ ます class MyClass { protected $data; public function construct($data){ $this->data=$data; public final function showdata(){ return ' 入 力 値 は '.$this->data.' です '; class MySubClass extends MyClass{ public function showdata(){ return '*** 入 力 値 は '.$this->data.' です ***'; [ 出 力 ] Fatal error: Cannot override final methot MyClass::showData() in filan.php 17

18 ポリモーフィズム ポリモーフィズムとは 同 名 のメソッドで 異 なる 挙 動 を 実 現 することをいいます ポリモーフィズムのメソッドは 同 じ 目 的 の 機 能 に 同 名 のメソッドを 割 り 当 てる ことができるということです これは 一 連 の 関 連 するクラスを 利 用 す る 場 合 に 異 なるメソッド 名 を 覚 えなくていいため 利 用 者 にとって 利 便 性 が 増 します 実 装 には 単 なる 継 承 と オーバーライドだけではそれぞれのサブクラスが 同 名 のメソッドを 持 つことが 必 ずしも 保 証 できないため 抽 象 メ ソッドという 概 念 を PHP の 場 合 利 用 します polymorphism.php class Figure { protected $width; protected $height; public function construct($width, $height){ $this->width=$width; $this->height=$height; protected function getarea(){ class Triangle extends Figure { public final function getarea(){ return $this->width * $this->height / 2; class Square extends Figure { public final function getarea(){ return $this->width * $this->height; $tri = new Triangle(10, 5); $sqr = new Square(10, 5); print(' 三 角 形 の 面 積 は'.$tri->getArea().'です <br>'); print(' 四 角 形 の 面 積 は'.$sqr->getArea().'です <br>'); [ 出 力 ] 三 角 形 の 面 積 は 25 です 四 角 形 の 面 積 は 50 です 18

19 ポリモルフィズム の 例 オブジェクト 指 向 では 同 じメッセージに 対 してオブジェクトごとに 異 なる 処 理 を 実 行 させることができます これ を ポリモルフィズム と 呼 びます ポリモルフィズムを 活 用 すれば 簡 潔 な 構 造 で 多 様 な 処 理 を 実 行 するシステム を 開 発 できます ここまで 読 み 進 んできて オブジェクト 指 向 に 対 する 理 解 が 深 まったと 思 います その 上 で もう 1 つ 覚 えてほし いポイントとして オブジェクト 指 向 のシステム 開 発 を 実 践 する 際 には オブジェクト 指 向 を 強 く 意 識 する 必 要 が ある ということです 純 粋 なオブジェクト 指 向 開 発 は 今 も 難 しいのが 現 状 です オブジェクト 指 向 言 語 や GUI を 使 ったとしても 結 局 コンピュータの 内 部 は 手 続 き 指 向 に 則 っているためです オブジェクト 指 向 に 違 反 しようと 思 えば いくらでもで きてしまいます 例 えば,システムの 処 理 性 能 を 優 先 して プログラムからいきなりメモリー アドレスを 指 定 して 直 接 アクセスすることも 可 能 です データベースやミドルウエアなど システム 構 築 に 欠 かせない IT 関 連 製 品 の 中 には オブジェクト 指 向 とは 異 なる 旧 来 の 構 造 を 持 つものも 依 然 として 多 いです オブジェクト 指 向 開 発 を 成 功 に 導 くカギは 知 識 や 技 術 の 習 得 に 加 えて 強 い 意 志 を 持 つことも 必 要 といえます 19

20 抽 象 メソッド 抽 象 メソッドとは メソッド 定 義 の 先 頭 に abstract 修 飾 子 を 付 加 したメソッドであり 抽 象 メソッド 自 体 は 動 作 を 定 義 しない 空 のメソッドです 抽 象 メソッドは サブクラスで 必 ずオーバーライドしなければいけません クラス 内 の 抽 象 メソッドがサブクラスで 必 ずオーバーライドされていなければそのクラスはインスタンス 化 できません これに より 同 名 のメソッドがサブクラスで 再 定 義 されることを 保 証 します 抽 象 メソッドの 定 義 では 中 身 が 空 であって も { のようなブロックを 定 義 しません また 抽 象 メソッドを 含 むクラスのことを 抽 象 クラスといい class キーワードの 前 に abstract 修 飾 子 を 付 加 する 必 要 があります 抽 象 クラスのサブクラスが 抽 象 メソッドをすべてオーバーライドしていない 場 合 エラーが 出 ま す abstract.php abstract class Figure { protected $width; protected $height; public function construct($width, $height){ $this->width = $width; $this->height = $height; protected abstract function getarea(); class Triangle extends Figure { public final function getarea() { return $this->width * $this->height / 2; class Square extends Figure { public final function getarea() { return $this->width * $this->height; $tri = new Triangle(10, 5); $sqr = new Square(10, 5); print(' 三 角 形 の 面 積 は'.$tri->getArea().'です <br>'); print(' 四 角 形 の 面 積 は'.$sqr->getArea().'です <br>'); 20

21 インターフェイス 抽 象 クラスによるポリモーフィズムの 実 現 には 問 題 もあります それは PHP では 多 重 継 承 つまり サブクラ スが 同 時 に 複 数 のスーパークラスを 継 承 できないという 点 です この 性 質 を 単 一 継 承 といいます 多 重 継 承 がで きないということはポリモーフィズムを 実 現 したいすべての 機 能 (メソッド)をひとつの 抽 象 クラスに 含 めなければ いけないことを 意 味 します これは 必 ずしもサブクラスがスーパークラスの 機 能 を 必 要 としない 場 合 でも 機 能 を オーバーライドしなければ ならなくなり 当 然 コードは 冗 長 になります コードが 冗 長 になるということはサブクラ スの 役 割 が 分 かりにくくする 一 因 をつくることにつながります そこで PHP では インターフェイスを 利 用 します インターフェイスとは 配 下 のメソッドがすべて 抽 象 メソッドである 特 別 なクラスを 言 います インターフェイ スを 定 義 する 場 合 には class キーワードの 代 わりに interfece キーワードを 使 用 します また 配 下 のメソッドが 抽 象 メソッ ドであることは interfece キーワードから 明 らかなので 個 々のメソッドには abstract 修 飾 子 は 必 要 ありません インターフェイスとクラスとの 決 定 的 な 違 いはいわゆる 多 重 継 承 が 可 能 になるということです インターフェイス を 採 用 することにより サブクラス 側 では 必 要 なメソッドを 含 むインターフェイス を 選 択 し 継 承 することが 可 能 とな ります このとき インターフェイスの 機 能 を 受 け 継 ぐことは 継 承 する ではなく 実 装 する と 言 います インター フェイ スを 実 装 する 場 合 には extends キーワードの 代 わりに implements キーワードを 使 用 します インターフェ イスを 実 装 したクラスのことを 実 装 クラス といいます また 複 数 のインターフェイスを 実 装 する 必 要 がある 場 合 には インターフェイス 名 をカンマ 区 切 りで 記 述 します PHP または Java では 言 語 仕 様 的 に 多 重 継 承 が 許 されていません これは メソッド 名 が 重 複 した 場 合 の 処 置 など 重 複 チェックが 大 変 なことや 多 重 継 承 が 様 々な 問 題 を 引 き 起 こしやすいからといわれています(C++では 仕 様 的 には 認 められています) ただ 多 重 継 承 をサポートすることにより 言 語 の 構 造 が 複 雑 になりすぎることや 本 当 に 多 重 継 承 を 使 わざる 得 ない 場 合 はそれほど 多 くありません Java でも 多 重 継 承 ができない 代 わりにイン ターフェイスが 使 えるようになっています 多 重 継 承 インターフェイスともにそれ 相 応 の 高 レベルのプログラム 制 作 に 使 用 される 技 術 なので 通 常 の 業 務 ではあまり 使 用 されることはありません ただ こういった 考 え 方 もオブ ジェクト 指 向 という 分 野 に 入 るので 概 要 だけでも 頭 に 入 れといてください 21

22 Figure.class.php interface Figure { public function getarea(); interface.php require_once('figure.class.php'); class Triangle implements Figure { private $width; private $height; public function construct($width, $height){ $this->width = $width; $this->height = $height; public final function getarea(){ return $this->width * $this->height / 2; class Square implements Figure { private $width; private $height; public function construct($width, $height){ $this->width = $width; $this->height = $height; public final function getarea(){ return $this->width * $this->height; $tri = new Triangle(10, 5); $sqr = new Square(10, 5); print(' 三 角 形 の 面 積 は'.$tri->getArea().'です <br>'); print(' 四 角 形 の 面 積 は'.$sqr->getArea().'です <br>'); 22

23 3.PHP5 独 自 のオブジェクト 構 文 規 則 autoload 関 数 PHP5では オブジェクト 指 向 構 文 が 強 化 され 限 りなく JAVA ライクなオブジェクト 指 向 プログラミングが 可 能 に なりました さらに PHP5では 独 自 で 使 える 構 文 規 則 も 追 加 されています そのひとつが autoload 関 数 です も ともとクラスは 複 数 のスクリプトから 再 利 用 されるというその 性 質 上 1クラス1ファイルで 管 理 することが 望 ましい とされています(ただ 短 いプログラムなどは 可 読 性 を 考 慮 して 設 計 されていることもあるので 例 外 はあります) 1 クラス1ファイルなら 無 駄 なクラスを 読 み 込 む 必 要 もありませんし ファイル 管 理 という 観 点 からも 整 理 しやす くなります ただ 1クラス1ファイル 方 式 で 作 成 していくと 扱 うクラスが 増 えてきた 場 合 にひとつひとつのクラスフ ァイルについて include_once 関 数 や require_once 関 数 を 記 述 す ることが 大 きな 手 間 になりますし 記 述 漏 れや 誤 りの 原 因 にもなります そこで 役 に 立 つのが autoload 関 数 です autoload 関 数 は 未 定 義 クラスを 呼 び 出 したタイミングで 自 動 的 に 呼 び 出 される 特 別 な 関 数 であり 呼 び 出 し た 未 定 義 のクラスの 名 前 が 引 数 として 渡 されます autoload 関 数 は それ 自 体 はなんら 実 装 を 持 たない 名 前 だ け 予 約 された 関 数 です 一 般 的 には クラス 名.class.php のような 形 式 であらかじめファイル 名 に 一 定 の 規 則 性 を 設 けた 上 で autoload 関 数 内 で require_once 関 数 を 呼 び 出 し クラスが 呼 び 出 さ れたタイミングで 自 動 的 に 同 名 のクラスファイルをインクルードするような 用 途 で 使 用 します autoload 関 数 を 利 用 すると クラスごとに require_once 関 数 を 呼 び 出 す 必 要 がなくなるので コードがシンプ ルになります また スクリプト 内 で 使 用 するかどうか 分 からないクラスをインクルードしなくても 済 むので 処 理 上 のオーバーヘッドが 軽 減 します なお autoload 関 数 を 定 義 したスクリプトは その 性 質 上 アプリケーション 内 のすべてのスクリプトで 有 効 にしておくことをお 勧 めします ア プリケーション 配 下 のファイルに 対 し て autoload.php を 自 動 的 に 読 み 込 むためには.htaccess ファイルを 利 用 します autoload.php function autoload($name){ require_once($name. '.class.php'); auto_load.php require_once('autoload.php'); $obj = new MyClass(); $obj -> width = 10; $obj -> height = 5; print(' 三 角 形 の 面 積 は'.$obj->triangle().'です <br>'); 23

24 call メソッド call メソッドは 未 定 義 のメソッドが 呼 び 出 された 場 合 の 挙 動 を 定 義 するためのメソッドです autoload 関 数 と 同 様 PHP5 独 自 のもので あり それ 自 体 はなんら 実 装 を 持 たない 名 前 だけ 予 約 されたメソッドですので 必 要 に 応 じて 中 身 を 実 装 する 必 要 があります call メソッドは 引 数 として メソッド 名 と 引 数 値 の 配 列 を 受 け 取 ることができ ます 変 わり 種 の 機 能 ではありますが メソッド 名 に 応 じて 共 通 的 な 処 理 を 分 岐 したいなどのケースで 利 用 できる でしょう class MyClass{ public function call($name,$args){ print('メソッド 名 :'.$name.'<br>'); print_r($args); $obj = new MyClass(); $obj -> nothing('x','y'); [ 出 力 ] メソッド 名 :nothing Array ( [0] => x [1] => y ) 24

25 get, set メソッド get, set メソッドは 未 定 義 のプロパティを 取 得 設 定 しようとしたタイミングで 呼 び 出 されるメソッドです autoload 関 数 と 同 様 PHP5 独 自 のものであり それ 自 体 はなんら 実 装 を 持 たない 名 前 だけ 予 約 されたメソッド ですので 必 要 に 応 じて 中 身 を 実 装 する 必 要 があります get メ ソッドは 取 得 しようとした 未 定 義 のプロパティの 名 前 を 引 数 として 受 け 取 ります set メソッドは 設 定 しようとした 未 定 義 のプロパティの 名 前 と 値 を 引 数 として 受 け 取 ります これらのメソッドを 使 用 して 未 定 義 のプロパティが 参 照 されたときの 処 理 を 記 述 します class MyClass{ public function get($name){ print($name. 'プロパティが 参 照 されました <br>'); public function set($name, $value){ print($name. 'プロパティ 値 '. $value. 'がセットされました <br>'); $obj = new MyClass(); $obj -> nobody = 1; print($obj->nobody); [ 出 力 ] nobody プロパティ 値 1 がセットされました nobody プロパティが 参 照 されました 25

26 4.Apache との 連 携.htaccess.htaccess ファイル( 先 頭 にドットがつく UNIX 系 列 では 先 頭 にドットがつくファイルは 隠 しファイル 属 性 の 意 味 に なる)は Apache 標 準 の 設 定 ファイルで ドキュメントルート 配 下 の 任 意 のディレクトリに 配 置 することで 該 当 す るディレクトリと その 配 下 のサブディレクトリに 対 してだけ 適 用 されるパラメータを 設 定 することができます php.ini を 利 用 するとサーバー 全 体 に 対 して 設 定 が 適 用 されてしまいますが このように 特 定 のアプリケーション に 対 して 設 定 を 適 用 したいという 場 合 は.htaccess を 利 用 します 書 式 は 以 下 のとおりです <IfModule mod_php5.c> php_value パラメータ 名 パラメータ 値 php_flag パラメータ 名 on off <IfModule> パラメータ 値 が on または off で 表 される 場 合 には php_flag を それ 以 外 の 値 である 場 合 には php_value を 使 用 します php_value,php_flag は 必 要 な 数 だけ 記 述 できます また.htaccess で PHP の 設 定 を 行 う 場 合 には 次 の 2 点 について 注 意 する 必 要 があります http.conf の AllowOverride ディレクティブを"All"に 設 定 AllowOverride ディレクティブは.htaccess ファイルによるパラメータの 上 書 きを 可 能 にするかどうかを 決 めるた めのパラメータです AllowOverride ディレクティブが"None"に 設 定 されている 場 合 は.htaccess ファイルは 無 視 されます.htaccess ファイルで 設 定 可 能 なパラメータは 決 まっている.htaccess ファイルでは すべての php.ini のパラメータを 設 定 できるわけではありません パラメータによっては php.ini でしか 設 定 できないものがあるので 注 意 してください どのパラメータが.htaccess ファイルで 設 定 可 能 か は ini_get_all 関 数 の access 情 報 を 参 照 することで 確 認 できます アクセスレベルが6または7である 場 合 その パラメータは.htaccess で 設 定 可 能 です <? print '<PRE>'; print_r(ini_get_all()); print '</PRE>'; [ 出 力 ] Array ( [allow_call_time_pass_reference] => Array ( [global_value] => 1 [local_value] => 1 [access] => 6 ) 中 略 ) 26

HK05

HK05 コンピュータプログラミング B 補 助 教 材 (5) 2015.04 諸 注 意 課 題 レポートの 書 き 方 一 般 にこの 授 業 のレポートでは, まず 課 題 を 自 分 の 言 葉 で 再 現 し, ソースプログラム, 実 行 結 果, 考 察 ( 場 合 により 感 想 もあってよいです. なお 考 察 は 感 想 とは 意 味 が 全 く 違 います)という 構 成 で 書 くのがよいです.

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

「探検隊」新入生登録

「探検隊」新入生登録 株 式 会 社 トーハン 探 検 隊 新 入 生 登 録 新 入 生 の 利 用 者 を Excel ファイルから 登 録 しよう 探 検 隊 バージョン7シリーズ 向 け 探 検 隊 サポートセンター 2014/03/19 本 資 料 は 探 検 隊 オフィシャルマニュアル 3 章 3.5.3 利 用 者 の 登 録 (ファイル 読 み 込 み) の 内 容 を 補 完 するものになります はじめに

More information

第 1 章. 在 庫 管 理 の 基 礎 知 識...4 1-1. 在 庫 管 理 の 目 的...4 1-2. 在 庫 はなぜ 狂 うのか...5 1-3. 在 庫 の 管 理 ツール...6 1-4. 在 庫 管 理 の 分 類...7 第 2 章. 在 庫 管 理 におけるエクセル 運 用 の

第 1 章. 在 庫 管 理 の 基 礎 知 識...4 1-1. 在 庫 管 理 の 目 的...4 1-2. 在 庫 はなぜ 狂 うのか...5 1-3. 在 庫 の 管 理 ツール...6 1-4. 在 庫 管 理 の 分 類...7 第 2 章. 在 庫 管 理 におけるエクセル 運 用 の はじめに 本 書 は エクセル 習 熟 度 を 高 めるための 本 ではありません エクセルというツールを 使 いながら 在 庫 管 理 のスムーズなスタートを 支 援 し 運 用 中 の 負 担 を 軽 減 する 為 の 本 です 書 籍 やWebページで エクセルによる 在 庫 管 理 を 紹 介 しているものはあります それらは 数 式 や 関 数 マクロや VB など 設 定 方 法 に 関

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

しても Internet Explorer が 起 動 してしまい Firefox で 読 み 込 むことはできませんので 次 の いずれかの 操 作 でファイルを 読 み 込 みます 1Firefox を 起 動 し メニューバーからファイル(F) ファイルを 開 く(O)とクリックし ファ イル

しても Internet Explorer が 起 動 してしまい Firefox で 読 み 込 むことはできませんので 次 の いずれかの 操 作 でファイルを 読 み 込 みます 1Firefox を 起 動 し メニューバーからファイル(F) ファイルを 開 く(O)とクリックし ファ イル 申 請 書 やオンライン 申 請 受 領 書 の 右 端 が 切 れないように 印 刷 するには 申 請 書 やオンライン 申 請 受 領 書 は Internet Explorer から 印 刷 することができますが この 方 法 で 印 刷 すると 抵 当 権 設 定 登 記 の 登 記 原 因 など 長 い 行 では 右 端 が 切 れてしまうことがあ ります この 障 害 は 文 面 全 体

More information

無料レポート

無料レポート 下 手 したら 一 生 童 貞! モテない 男 の 致 命 的 な3 つのマインド 田 代 涼 平 < 著 作 権 について> このレポートの 著 作 権 は 田 代 涼 平 にあります 無 断 転 載 転 売 はご 遠 慮 下 さい モテない 男 性 の3つの 致 命 的 なマインド モテる 男 性 とモテない 男 性 世 の 中 には 多 数 のモテる 男 性 とモテない 男 性 がいま す 同

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や 健 康 保 険 の 給 付 関 係 事 務 の 変 更 される 申 請 書 です 健 康 保 険 の 給 付 関 係 事 務 については 具 体 的 にこのような 変 更 があります 食 事 療 養 標 準 負 担 額 の 減 額 に 関 する 申 請 生 活 療 養 標 準 負 担 額 の 減 額 に 関 する 申 請 療 養 費 の 支 給 の 申 請 傷 病 手 当 金 の 支 給 の 申 請

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208365834C83588367455843454C82C58A7782D48E738FEA82CC90948A773038303692F990B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208365834C83588367455843454C82C58A7782D48E738FEA82CC90948A773038303692F990B32E646F63> 第 1 週 市 場 の 数 学 基 礎 第 1 講 収 益 計 算 の 基 礎 1-1) 引 き 算 から 割 り 算 へ 収 益 の 計 算 は 商 売 の 基 本 中 の 基 本 です 商 売 人 は 高 度 な 数 学 など 知 らなくても 儲 けの 計 算 には 長 けています そこで 第 1 講 では 商 売 の 基 本 である 収 益 計 算 について 解 説 しましょ う 100 円

More information

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限 IB 早 稲 田 六 高 台 校 小 学 生 を 持 つ 親 子 さん 向 け お 悩 み 解 決 団 お 悩 み 相 談 mail: ib-rokkodai@ib-group.jp 担 当 伊 藤 実 はどうなの? いまさら 聞 けない?? 初 めてだから 不 安?? 実 は 塾 ってどうなの?? 実 は 学 校 の 授 業 ってどうなの?? 誰 にも 聞 けない 悩 みなどを 簡 単 にまとめてみました

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

Microsoft Word - SPSS_Manual.doc

Microsoft Word - SPSS_Manual.doc SPSS の 使 い 方 ( 改 訂 版 20071019) 齋 藤 雄 志 このSPSS マニュアルには 初 級 用 ( 第 Ⅰ 部 = 情 報 リテラシー 演 習 2 用 )のみが 含 まれ ています 第 Ⅱ 部 は 情 報 リテラシー 演 習 2では 使 用 しません なお 時 間 などの 関 係 で 各 クラスが 以 下 のとおりに 演 習 を 行 えない 場 合 もあります 担 当 教 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63> よくあるお 問 合 せ 平 成 25 26 年 度 川 崎 市 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 ( 業 者 登 録 ) Q&A 1 電 子 申 請 について Q1-1: 継 続 申 請 の 場 合 のログイン 場 所 及 び 入 力 箇 所 はどこでしょうか ( 継 続 申 請 のみ) P.01 Q1-2: ユーザーID パスワードがうまく 入 らないのですが ( 継 続 申 請 のみ) P.02

More information

Microsoft Word - 文書1.doc

Microsoft Word - 文書1.doc 有 給 休 暇 労 働 基 準 法 第 39 条 子 どもの 学 校 の 都 合 で 休 むことがあるのですが その 時 はお 給 料 が 出 ません パートには 有 給 休 暇 はな い と 会 社 からは 言 われています パートタイム 労 働 者 にも 有 給 休 暇 はあります (ただし とれない 場 合 もあります ) パートタイム 労 働 者 にも フルタイム 労 働 者 と 同 じように

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

① 第 7 章 総 合 練 習 解 説 1 2 3 日 本 語 入 力 システムをオンにし A1~E1 及 び G1 にそれぞれの 文 字 を 入 力 する H1~J1 には B1~D1 をコピーする B 列 ~J 列 は 同 じ 列 幅 で 良 いだろうから B 列 ~J 列 を 範 囲 指 定 し 文 字 が 隠 れない 適 当 な 列 幅 にする 1 行 目 については 中 央 揃 えとしておく(

More information

文書・資料のつくり方…本文.indd

文書・資料のつくり方…本文.indd はじめに 公 務 員 の 仕 事 は 文 書 に 始 まり 文 書 に 終 わる と 言 われます それほど 文 書 や 資 料 の 作 成 は いつの 時 代 であっても すべての 公 務 員 にとって 必 須 のスキルです そこで 本 書 は 公 務 員 の 皆 さんがさまざま な 文 書 や 資 料 を 作 成 する 際 のポイントやテクニックを 豊 富 な 実 例 を 交 え て わかりやすくお

More information

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 :

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 : 第 2 回 町 田 市 会 計 基 準 委 員 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 2014 年 7 月 16 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 12 時 00 分 町 田 市 庁 舎 10 階 10-3 会 議 室 委 員 鵜 川 正 樹 委 員 長 米 田 正 巳 委 員 事 務 局 会 計 課 傍 聴 者 なし 1. 開 会 会 計 管 理 者 から 開 会

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2014 年 8 月 7 日 森 本 紀 行 はこう 見 る JR 九 州 の 経 営 計 画 と 経 営 安 定 基 金 JR 九 州 は つくる 2016 JR 九 州 グループ 中 期 経 営 計 画 というものを 策 定 しています そ の 頂 点 にあるのは 株 式 上 場 です 要 は 2016 年 までに 上 場 企 業 としての 諸 条 件 を 完 備 さ せるための 経 営 計 画

More information

Microsoft Word - energize letter_201208

Microsoft Word - energize letter_201208 ENERGIZE LETTER 2012 年 8 月 号 今 月 のトピック 税 務 労 務 会 計 平 成 23 年 度 の 消 費 税 の 税 制 改 正 益 税 メリットの 減 少 採 用 時 の 履 歴 書 に 偽 りが 入 社 後 に 判 明 した 場 合 の 企 業 対 応 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 その4 税 務 : 平 成 23 年 度 の 消 費 税

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

技術者の観察力向上の必要性とその方法

技術者の観察力向上の必要性とその方法 論 旨 技 術 者 の 観 察 力 向 上 の 必 要 性 とその 方 法 学 校 法 人 産 業 能 率 大 学 総 合 研 究 所 経 営 管 理 研 究 所 小 林 幸 平 このレポートは 事 実 情 報 を 見 て 状 況 を 正 しく 捉 える 能 力 を 向 上 させる 必 要 性 について 言 及 する 特 に 技 術 者 においてはそれを 不 得 手 とする 傾 向 があるが その

More information

頂 きたいのが 今 回 のコンテンツです 尚 初 めてアクセスされる 方 も 居 るかと 思 いますが 私 についての 詳 細 は こち らをご 覧 頂 ければ 分 かると 思 います そして この 講 座 で 何 を 教 えるのか について 短 刀 直

頂 きたいのが 今 回 のコンテンツです 尚 初 めてアクセスされる 方 も 居 るかと 思 いますが 私 についての 詳 細 は こち らをご 覧 頂 ければ 分 かると 思 います  そして この 講 座 で 何 を 教 えるのか について 短 刀 直 YouTube から 長 期 的 に 権 利 収 入 を 稼 ぎ 続 ける 事 を 目 的 として 特 定 のテーマの 動 画 で 再 生 回 数 を 増 やし 稼 ぎだす 為 の YouTube 特 化 プログラム のご 案 内 小 西 です 本 講 座 の 案 内 にアクセスして 頂 いて 誠 に 有 り 難 うございます 今 回 のご 案 内 は 某 ジャンル 特 化 した 動 画 戦 略 です

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

平成23年度受験対策

平成23年度受験対策 正 解 肢 を 見 つける 裏 ワザ 1 4 肢 択 一 試 験 はこのように 解 け! 試 験 には 試 験 択 一 試 験 論 述 試 験 など 様 々な 形 式 があります 試 験 に 合 格 するためには 学 習 を 始 める 前 に その 試 験 の 特 徴 を 押 さえることが 重 要 です では 宅 建 試 験 ではどうでしょうか? こ の 試 験 は 4 肢 択 一 の 試 験 です

More information

サイオスマニュアル

サイオスマニュアル Gmail 利 用 者 向 け 操 作 マニュアル 2013/11/7 版 目 次 1. Google Apps の Gmail へのアクセス... 1 1.1. Google Apps の Gmail へのログイン 方 法... 1 2. Google Apps の Gmail の 基 本 操 作... 2 2.1. メールを 読 む/ 受 信 する... 2 2.1.1. 受 信 トレイとメールの

More information

10_thesis_05k1134_yoshimura

10_thesis_05k1134_yoshimura 平 成 21 年 度 卒 業 研 究 論 文 企 画 書 作 成 ソフトウェアの 開 発 所 属 : 法 政 大 学 情 報 科 学 部 ディジタルメディア 学 科 学 籍 番 号 :05k1134 氏 名 : 吉 村 祥 平 指 導 教 官 :アラム 佐 々 木 幸 子 教 授 提 出 日 : 平 成 22 年 1 月 28 日 i 要 旨 本 ソフトウェアは 企 画 書 を 作 成 した 経 験

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 減 価 償 却 の 税 務 Ⅰ はじめに 設 備 投 資 は 企 業 活 動 に 必 要 不 可 欠 なものですが その 設 備 投 資 を 後 押 しする 税 制 の 仕 組 みとし て 減 価 償 却 という 制 度 が 設 けられています 減 価 償 却 は 単 に 会 計 処 理 の 一 環 という 話 ではな く 減 価 償 却 を 通 じて

More information

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx www.pwc.com/jp/tax 連 結 納 税 のメリット- 連 結 所 得 計 算 連 結 納 税 から 最 大 限 の ベネフィットを 享 受 するた めには 連 結 納 税 の 通 算 効 果 を 十 分 に 活 用 する 必 要 があります 連 結 納 税 の 導 入 を 検 討 す るにあたり そのエッセン スである 連 結 所 得 計 算 のメカニズムをよく 理 解 し ましょう

More information

Microsoft Word - SPSS2007s1.doc

Microsoft Word - SPSS2007s1.doc 関 西 大 学 社 会 学 部 心 理 学 専 攻 心 理 学 実 験 実 習 : データ 解 析 編 資 料 1 作 成 : 清 水 和 秋 柴 田 由 己 目 次 第 1 部 概 要 1. パソコンによるデータ 解 析 2 2. データ 入 力 3 A. データについて 3 B. Excel から SPSS へ 4 C. SPSS のデータエディタ 7 第 2 部 SPSS によるデータ 解 析

More information

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指 1 店 舗 指 導 者 の 心 構 え 店 長 と 店 舗 指 導 者 の 違 い 店 長 をやっていて 優 秀 な 人 が SVや 統 轄 店 長 という 仕 事 に 就 くのが 通 常 の 流 れです 店 長 として 優 秀 でなければ 店 長 を 指 導 する ということなんてできないからですね しかし この 優 秀 な 店 長 であったからこそ 犯 しやすい 過 ちがあります 以 前 私 のクライアント

More information

教材ドットコムオリジナル教材

教材ドットコムオリジナル教材 第 1 章 ドキュメントオブジェクトを 使 って JavaScriptで 文 字 を 表 示 させよう 第 1 節 JavaScriptって 何!? JavaScriptとはHTMLファイルに 埋 め 込 むスクリプト(プログラムよりは 若 干 難 易 度 が 低 いプログラムという 意 味 でよく 使 われる)である HTMLでは タグと 呼 ばれる 命 令 をプログラミングしていき レイアウトやデザイン

More information

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか (

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか ( 資 料 2 試 算 表 資 金 繰 り 表 事 業 計 画 書 を 作 成 していない 中 小 企 業 者 向 け 支 援 について 作 成 しない 理 由 必 要 性 を 感 じないから という 企 業 向 け 資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A 作 成 しない 理 由 作 成 方 法 がわからないから という 企 業 向 け 資 料 2-2 お 試 し 試 算 表 お 試

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

(1) 借 地 権 の 時 価 評 価 土 地 を 借 りた 人 が その 土 地 の 上 に 自 分 の 名 義 の 建 物 を 建 てると 借 地 借 家 法 の 適 用 を 受 けることになります これがなんとも 不 思 議 な 法 律 で ひとたび 土 地 を 貸 してしま うと その 土

(1) 借 地 権 の 時 価 評 価 土 地 を 借 りた 人 が その 土 地 の 上 に 自 分 の 名 義 の 建 物 を 建 てると 借 地 借 家 法 の 適 用 を 受 けることになります これがなんとも 不 思 議 な 法 律 で ひとたび 土 地 を 貸 してしま うと その 土 借 地 権 と 底 地 の 評 価 - 相 続 から 見 た 借 地 権 底 地 - 平 成 21 年 12 月 22 日 ( 火 ) 高 橋 雄 三 ( 不 動 産 鑑 定 士 ) 株 式 会 社 福 島 市 北 五 老 内 町 1-3 高 橋 不 動 産 鑑 定 事 務 所 福 島 法 曹 ビル2F ( http://www3.plala.or.jp/kantei/ ) TEL FAX 024-531-8288

More information

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx Chapter 6 箇 条 書 きのポイント~PowerPoint の 基 本 操 作 ~ この Chapter では 箇 条 書 き(アウトライン) 形 式 の 記 述 に 慣 れること 階 層 構 造 について 理 解 すること そして 他 人 に 伝 わりやすいように 話 を 構 成 することを 学 びます この Chapter は Chapter7 から 始 まる レポート 作 成 の 基

More information

有 料 ブログの 場 合 は 長 い 目 で 見 てインターネット 上 の 資 産 になり えますし ドメイン 取 得 からコツコツ 記 事 を 書 き 続 けることで SEO も 強 化 されます そのため 無 料 ブログからはじめて 途 中 から 有 料 ブログでいこうと しても SEO が 最

有 料 ブログの 場 合 は 長 い 目 で 見 てインターネット 上 の 資 産 になり えますし ドメイン 取 得 からコツコツ 記 事 を 書 き 続 けることで SEO も 強 化 されます そのため 無 料 ブログからはじめて 途 中 から 有 料 ブログでいこうと しても SEO が 最 第 4 章 WordPress の 準 備 について アドセンス 申 請 の 許 可 が 降 りたら 次 は 実 際 にあなた 自 身 のサイト を 構 築 していきます サイトには 無 料 ブログ を 使 うものと 有 料 ブログ( 独 自 ドメイ ン) の2つがあります ネットビジネス 初 心 者 の 場 合 は 有 料 ブログに 抵 抗 があり 最 初 は 無 料 ブログで 始 めて 慣 れてきたら

More information

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ Multi LABELIST V5 練 習 マニュアル - - 2014.3 第 2 版 2014 年 3 月 18 日 株 式 会 社 サトー ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ 上 田 です 今 回 は 某 ツール と そのツールを 使 ったアフィリエイト 戦 略 について 少 し 紹 介 したいと 思 います 某 ツール というのは ご 存 知 の 方 も 居 るかもしれませんが こちらのツール パンドラ2 http://www.info-trend.net/tyny/20150622231422.html 実 は このパンドラ2というのは 月 額 版 と 言 うものが

More information

などが 挙 げられます マクロ 活 用 の 事 例 でご 紹 介 した 例 は マクロで 出 来 ない3つのこと に 影 響 を 受 けない 処 理 の 自 動 化 だったため 有 効 活 用 が 行 えたと 言 えるでしょう Excel データ 編 集 や 加 工 集 計 などの 自 動 処 理

などが 挙 げられます マクロ 活 用 の 事 例 でご 紹 介 した 例 は マクロで 出 来 ない3つのこと に 影 響 を 受 けない 処 理 の 自 動 化 だったため 有 効 活 用 が 行 えたと 言 えるでしょう Excel データ 編 集 や 加 工 集 計 などの 自 動 処 理 マクロ(Macro)って 何? マクロ とは マイクロソフト 社 の Office 製 品 にもともと 含 まれる 操 作 手 順 の 自 動 記 録 機 能 のことです 操 作 の 自 動 記 録 といっても 実 際 にこの 機 能 を 実 践 活 用 されている 方 がどれだけいるでしょうか? とても 便 利 な 機 能 ではありますが 私 の 知 る 限 り あまり 活 用 されていないのが

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

Google Appsでつくる仕事便利ツール

Google Appsでつくる仕事便利ツール 2. スクリプト 作 成 の 基 本 操 作 ここでは スクリプト 作 成 に 関 する 基 本 操 作 方 法 について 説 明 します 2.1. スクリプトエディタの 起 動 Google Apps Script のスクリプトは スクリプトエディタ と 呼 ばれる 専 用 のツールを 使 って 入 力 しま す まずはスクリプトエディタを 起 動 する 事 から 始 めましょう Gmail にログインします

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

<83588367838A815B83808E4289652E707562>

<83588367838A815B83808E4289652E707562> Stream Author 収 録 編 集 保 存 マニュアル Stream Author でできること Stream Author の 作 業 手 順 初 期 設 定 - 収 録 準 備 - 2 3 4 収 録 編 集 1 編 集 2 編 集 3 編 集 4 編 集 5 保 存 1 保 存 2 - 実 際 に 収 録 する- - 収 録 した 映 像 の 目 次 を 編 集 するー -テンプレートを

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

は じ め に 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 に これから 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 にとっては さまざまな 不 安 と 希 望 があることと 思 います 私 たちは 常 に 売 り 手 と 買 い 手 との 間 に 入 り 中 立

は じ め に 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 に これから 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 にとっては さまざまな 不 安 と 希 望 があることと 思 います 私 たちは 常 に 売 り 手 と 買 い 手 との 間 に 入 り 中 立 は じ め に 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 に これから 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 にとっては さまざまな 不 安 と 希 望 があることと 思 います 私 たちは 常 に 売 り 手 と 買 い 手 との 間 に 入 り 中 立 な 立 場 で 物 事 を 進 めるように 努 力 しています 売 り 手 にとっては 少 しでも

More information

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ 2014 年 9 月 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 は 想 定 利 回 りで 良 いのか? インフレ 局 面 における 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 を 考 える 揺 らぐ 公 的 年 金 と 高 まる 自 助 努 力 の 必 要 性 2014 年 6 月 に 厚 生 労 働 省 より 公 的 年 金 の 財 政 検 証 結 果 が 発 表 された 今 回 は 複 数 のシナリオを

More information

1 事情聴取の要旨

1 事情聴取の要旨 区 分 所 有 の 併 用 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 賦 課 徴 収 を 怠 る 事 実 に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 と い う ) 第 2 4 2 条 第 4 項 の 規 定 に より 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 23 年 9 月 8 日 高 松 市

More information

1.あなたはなんのために 事 業 をはじめるのですか ( 経 営 理 念 ビジョ ン) (1) 起 業 の 動 機 目 的 を 確 認 しましょう なぜ 事 業 をはじめたいのか あなたが 起 業 するにいたった 動 機 や 目 的 を 整 理 し 再 確 認 しましょう 起 業 に 対 するあなた

1.あなたはなんのために 事 業 をはじめるのですか ( 経 営 理 念 ビジョ ン) (1) 起 業 の 動 機 目 的 を 確 認 しましょう なぜ 事 業 をはじめたいのか あなたが 起 業 するにいたった 動 機 や 目 的 を 整 理 し 再 確 認 しましょう 起 業 に 対 するあなた 事 業 計 画 書 の 作 り 方 事 業 計 画 書 の 構 成 と 書 き 方 地 域 貢 献 型 企 業 経 営 サポートセンター 1.あなたはなんのために 事 業 をはじめるのですか ( 経 営 理 念 ビジョ ン) (1) 起 業 の 動 機 目 的 を 確 認 しましょう なぜ 事 業 をはじめたいのか あなたが 起 業 するにいたった 動 機 や 目 的 を 整 理 し 再 確 認 しましょう

More information

懲戒権.doc

懲戒権.doc 使 用 者 の 懲 戒 権 の 有 効 性 について 社 会 保 険 労 務 士 神 田 眞 弓 1.はじめに 懲 戒 処 分 というのはよく 耳 にすることばですが 一 般 的 には 使 用 者 が 企 業 秩 序 を 維 持 するために 設 けた 服 務 規 律 や 使 用 者 の 指 示 命 令 に 違 反 した 場 合 などに 使 用 者 が 労 働 者 に 制 裁 罰 として 科 する 処

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2015 年 2 月 5 日 森 本 紀 行 はこう 見 る 保 険 の 未 来 とバンドリングの 高 度 化 生 存 を 付 保 対 象 の 事 故 とした 生 存 保 険 が 年 金 保 険 です そこでは 早 死 にする 人 が 長 生 き する 人 を 助 ける 死 亡 を 付 保 対 象 の 事 故 とした 死 亡 保 険 が 普 通 の 生 命 保 険 です そこでは 長 生 きする 人

More information

ARTENSOFT PHOTO COLLAGE MAKER Artensoft Photo Collage Maker(APCM) があれば 多 くの 写 真 を 使 ってあなただけのコラージュを 作 成 できます コラージュのは 異 なる 大 きさの 写 真 から 成 っており それらの 写 真 は Artensoft の 特 殊 アル ゴリズムを 使 用 して 写 真 のデータベースからの 色

More information

「エクセルで遊ぼう」

「エクセルで遊ぼう」 エクセルについて エクセルで 遊 ぼう エクセルに 慣 れる:カレンダーの 作 成 エクセルの 画 面 エクセルの 画 面 はメニューとシートの2つの 部 分 から 出 来 ています 1つは 画 面 の 上 にある ファイル 編 集 表 示 という 文 字 の 部 分 と アイコン (ボタン)が 並 んでいる 部 分 のことです ここにある 文 字 やアイコンで エクセルのシートに 対 していろいろな

More information

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 事 務 マニュアル V4.0 ( 平 成 21 年 4 月 及 び 10 月 からの 上 限 額 管 理 事 務 に 関 する 一 部 制 度 変 更 の 内 容 が 盛 り 込 まれています) 平 成 21 年 10 月 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 このマニュアルは 神 奈 川 県 における 標 準 的 な 事 務 手 続 きを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039208268827382F092CA82B682BD8E968BC682D682CC8D768CA32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039208268827382F092CA82B682BD8E968BC682D682CC8D768CA32E646F63> IT 投 資 の 最 適 化 ~ 活 きたIT 投 資 に 向 けて~ 最 終 回 :ITを 通 じた 事 業 への 貢 献 ~ 業 務 リスクの 削 減 とIT 統 制 当 Newsletter では これまで IT 投 資 マネジメントについて 現 状 と 問 題 点 から 効 果 を 出 すための 考 え 方 と 方 法 を 事 例 を 交 えて 述 べてきました 我 々 CDI ソリューションズが

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

--------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------- 21JEITA-CP 第 42 号 パソコンの 廃 棄 譲 渡 時 におけるハードディスク 上 のデータ 消 去 に 関 するガイドライン を パソコンの 廃 棄 譲 渡 時 におけるハードディスク 上 のデータ 消 去 に 関 する 留 意 事 項 に 名 称 変 更 したものである パソコンの 廃 棄 譲 渡 時 における ハードディスク 上 のデータ 消 去 に 関 する 留 意 事 項 2010

More information

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか 失 敗 しない 税 理 士 の 見 つけ 方 を 知 りたい 人 は 他 にいませんか? 副 業 で 稼 いでいるサラリーマン 個 人 事 業 主 が 安 心 してインターネットに 強 い 税 理 士 を 探 す 最 適 な 方 法 を 今 からあなたにすべてお 話 しします あなたにひとつだけ 重 要 な 質 問 をします もしあなたがサラリーマンあるいは 個 人 事 業 主 で 事 業 を 始

More information

Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情 報 の 調 査 支 援 業 務 により 市 町

Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情 報 の 調 査 支 援 業 務 により 市 町 利 用 案 内 土 地 所 有 者 情 報 データベース 用 土 地 所 有 者 情 報 簡 易 データベース 様 式 Excel ファイル 188 Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情

More information

目 次 1.ホームページの 設 定 1.1 ホームとは 1.2 貴 方 の URL とは 1.3 公 開 レベルとは 2. 生 徒 の 登 録 2.1 生 徒 とは 2.2 生 徒 のクラス 分 類 とは 2.3 生 徒 の 個 別 登 録 2.4 生 徒 の 一 括 登 録 2.5 生 徒 の 一

目 次 1.ホームページの 設 定 1.1 ホームとは 1.2 貴 方 の URL とは 1.3 公 開 レベルとは 2. 生 徒 の 登 録 2.1 生 徒 とは 2.2 生 徒 のクラス 分 類 とは 2.3 生 徒 の 個 別 登 録 2.4 生 徒 の 一 括 登 録 2.5 生 徒 の 一 ビデオグ:E ラーニングの 操 作 手 順 書 2013 年 12 月 19 日 0.4 版 ( 中 途 提 供 ) 改 版 履 歴 2013 年 8 月 8 日 0.2 版 ( 中 途 提 供 ) 2013 年 12 月 18 日 0.3 版 ( 中 途 提 供 ) 目 次 1.ホームページの 設 定 1.1 ホームとは 1.2 貴 方 の URL とは 1.3 公 開 レベルとは 2. 生 徒

More information

1. 常 識 を 覆 す 速 度 で 稼 ぐ 通 常 ブログを 作 ったばかりで アクセスを 集 めて 稼 ぐのは 至 難 の 業 です なぜならブログのアクセスの 大 部 分 は グーグルに 依 存 している 状 態 であり SEO の 弱 い 初 期 状 態 では とても 上 位 表 示 なんて

1. 常 識 を 覆 す 速 度 で 稼 ぐ 通 常 ブログを 作 ったばかりで アクセスを 集 めて 稼 ぐのは 至 難 の 業 です なぜならブログのアクセスの 大 部 分 は グーグルに 依 存 している 状 態 であり SEO の 弱 い 初 期 状 態 では とても 上 位 表 示 なんて ブログ 開 始 初 日 から 5000 アクセス 集 める 方 法 目 次 1. 常 識 を 覆 す 速 度 で 稼 ぐ 2. 楽 天 ソーシャルニュースを 使 用 する 3. 楽 天 ソーシャルニュースの 使 い 方 4. 楽 天 ソーシャルニュースの 正 しい 使 い 方 1. 常 識 を 覆 す 速 度 で 稼 ぐ 通 常 ブログを 作 ったばかりで アクセスを 集 めて 稼 ぐのは 至 難

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

いつも 家 計 のためにパートで 働 かれている 皆 さん お 疲 れ 様 です パートタイマーの 方 を 応 援 する 税 理 士 の 米 津 晋 次 です このレポートでは パートタイマーの 方 に 少 しだけ 得 するかもしれない? 話 をご 紹 介 し ましょう 特 に 今 年 より 増 税

いつも 家 計 のためにパートで 働 かれている 皆 さん お 疲 れ 様 です パートタイマーの 方 を 応 援 する 税 理 士 の 米 津 晋 次 です このレポートでは パートタイマーの 方 に 少 しだけ 得 するかもしれない? 話 をご 紹 介 し ましょう 特 に 今 年 より 増 税 パートタイマーのための 少 し 得 する? 話 税 理 士 米 津 晋 次 - 1 - いつも 家 計 のためにパートで 働 かれている 皆 さん お 疲 れ 様 です パートタイマーの 方 を 応 援 する 税 理 士 の 米 津 晋 次 です このレポートでは パートタイマーの 方 に 少 しだけ 得 するかもしれない? 話 をご 紹 介 し ましょう 特 に 今 年 より 増 税 になるわ 社

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

エラーに 関 して 賃 貸 革 命 の 場 合 Microsoft Windows XP Service Pack 2 セキュリティ 強 化 機 能 搭 載 を 適 用 することによって 賃 貸 革 命 を 起 動 する 際 に 様 々なエラーが 表 示 される 場 合 があります これは お 客

エラーに 関 して 賃 貸 革 命 の 場 合 Microsoft Windows XP Service Pack 2 セキュリティ 強 化 機 能 搭 載 を 適 用 することによって 賃 貸 革 命 を 起 動 する 際 に 様 々なエラーが 表 示 される 場 合 があります これは お 客 日 本 情 報 クリエイト 株 式 会 社 賃 貸 革 命 で Microsoft Windows XP Service Pack 2 を 適 用 するにあたって Microsoft Windows XP Service Pack 2 セキュリティ 強 化 機 能 搭 載 は 2004 年 9 月 2 日 にMicrosoft 社 より 公 開 さ れた Windows XP Home Edition

More information

M&A_cover_1

M&A_cover_1 10 11 1-1 歯 科 医 院 承 継 のメリットとデメリット( 売 手 側 ) 事 業 承 継 と 廃 業 の 長 所 と 短 所 事 業 承 継 廃 業 歯 科 医 院 の 承 継 を 検 討 しています 歯 科 医 院 を 誰 かに 引 継 いだ 場 合 のメリットとデメリットを 教 えてください 長 所 有 形 無 形 資 産 を 現 金 化 できる 長 年 にわたり 地 域 医 療 に

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

< 目 次 > 第 1 章 はじめに そもそも 文 書 とはなにか? どんな 文 書 にも 読 み 手 と 目 的 が 必 ず 存 在 する 文 書 作 成 の 流 れ 5 第 2 章 わかりにくい 文 章 をわかりやすくしよう わかりにくい 文 章 とは? 6

< 目 次 > 第 1 章 はじめに そもそも 文 書 とはなにか? どんな 文 書 にも 読 み 手 と 目 的 が 必 ず 存 在 する 文 書 作 成 の 流 れ 5 第 2 章 わかりにくい 文 章 をわかりやすくしよう わかりにくい 文 章 とは? 6 < 資 料 A> 農 林 水 産 省 様 わかりやすい 文 章 の 作 成 テキスト テクニカルライター 冨 永 敦 子 < 目 次 > 第 1 章 はじめに そもそも 文 書 とはなにか? 2 1-1 どんな 文 書 にも 読 み 手 と 目 的 が 必 ず 存 在 する 2 1-2 文 書 作 成 の 流 れ 5 第 2 章 わかりにくい 文 章 をわかりやすくしよう 6 2-1 わかりにくい

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63> 日 刊 建 設 産 業 新 聞 : 平 成 8 年 5 月 5 日 掲 載 次 世 代 の 耐 震 設 計 法 : 地 震 リスクを 考 える 武 蔵 工 業 大 学 教 授 吉 川 弘 道 篠 塚 研 究 所 主 席 研 究 員 中 村 孝 明 リスク とは 将 来 における 不 確 かな 損 失 あるいは 不 利 益 と 定 義 できる これを 定 量 的 に 記 述 すると 被 害 の 発 生

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx 平 成 28 年 第 2 回 定 例 会 (スタートアップ 新 宿 ) 代 表 質 問 ( 要 旨 ) 一 問 一 答 最 初 の 質 問 は 公 民 連 携 についてです 新 宿 区 では 平 成 28 年 3 月 に 新 宿 区 施 設 白 書 を 作 成 しました また 5 月 22 日 には 公 共 施 設 フォーラムが 開 催 され 東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 長 の 根 本

More information

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料 2012.6.1 地 震 保 険 制 度 に 関 するPT 生 活 設 計 の 観 点 からみた 望 まれる 地 震 保 険 制 度 とは 生 活 設 計 塾 クルー 取 締 役 清 水 香 本 日 の 内 容 1. 現 状 の 確 認 2. 商 品 性 見 直 しについてのいくつかの 提 案 C2012 KAORI SHIMIZU 2 1. 現 状 の 確 認 C2012 KAORI SHIMIZU

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63> 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 ( 第 3 回 ) 議 事 要 旨 1. 日 時 : 平 成 25 年 11 月 22 日 ( 金 ) 15:00~16:45 2. 場 所 : 銀 行 会 館 5 階 講 堂 3. 参 加 者 : 小 林 委 員 内 池 委 員 大 西 委 員 奥 川 委 員 新 井 代 理 ( 片 岡 委 員 ) 菊 池 委 員 新 名 代 理 ( 佐

More information

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を-

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を- 報 道 発 表 資 料 平 成 24 年 7 月 26 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 年 々 増 加 する 投 資 信 託 のトラブル - 元 本 割 れなどのリスクを 再 確 認 し トラブルの 未 然 拡 大 防 止 を- 投 資 信 託 全 体 の 純 資 産 総 額 は 2011( 平 成 23) 年 末 で 約 90 兆 円 となっており 市 場 規 模 は 非 常

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

図 1 問 題 図 仮 定 1 ( 問 題 文 より) 図 1 を 読 み 解 いた 結 果 は 何 かしら 意 味 のある 文 字 列 ( 数 字 を 含 む)である 仮 定 2 ( 図 3 より) 個 々の 図 形 は 加 算 可 能 な 要 素 を 表 している 仮 定 3 ( 図 2 より)

図 1 問 題 図 仮 定 1 ( 問 題 文 より) 図 1 を 読 み 解 いた 結 果 は 何 かしら 意 味 のある 文 字 列 ( 数 字 を 含 む)である 仮 定 2 ( 図 3 より) 個 々の 図 形 は 加 算 可 能 な 要 素 を 表 している 仮 定 3 ( 図 2 より) The new Audi Q3 Decode Challenge: 解 答 と 解 説 上 田 * 完 概 要 The new Audi Q3 Decode Challenge の 問 題 を 解 き 解 答 を 作 成 した この 問 題 に 対 するコメントを 添 え LuaL A TEX を 用 いて PDF ドキュメントとして 作 成 公 開 する 1 問 題 及 びヒント 本 問 題 では

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

もくじ

もくじ AutoBiz StartUp Manual オートビズ スタートアップマニュアル (メルマガ) 1 目 次 管 理 画 面 の 構 成 と 基 礎 知 識 を 理 解 しよう... 4 管 理 画 面 の 構 成 について... 4 基 礎 知 識 について... 5 シナリオとは?... 5 メルマガ( 一 斉 配 信 )とは?... 5 メルマガとシナリオの 関 係... 6 読 者 の 登

More information