r ;硝 量 J 水 よ 爆 撃 犠 (EI6AI) 71,. No"J' Zuiun 1100' t!i". ho",h.r (EI6A I ) 25 0k g 爆 弾 を も っ て 急 降 下 爆 磐 できる 水 上 機 で\ 水 爆 と 略 称 さ れ た 1939 年 ( 昭 和 14 年

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "r ;硝 量 J 水 よ 爆 撃 犠 (EI6AI) 71,. No"J' Zuiun 1100' t!i". ho",h.r (EI6A I ) 25 0k g 爆 弾 を も っ て 急 降 下 爆 磐 できる 水 上 機 で\ 水 爆 と 略 称 さ れ た 1939 年 ( 昭 和 14 年"

Transcription

1 r :紫 掴t J 高 速 水 上 偵 積 機 (EI5KI) TII. Nø "J' SIIiun 11タ11 -. p..ti r.cc.. pløn (EI 5KI ) 敵 の 警 戒 網 を 突 破 して. 強 行 偵 察 し. 追 撃 された と き は. 主 フ ロー ト を 付 娘 か ら 切 捨 てて. 高 速 で 逃 げ よ う と い う 艦 峨 用 水 上 機 1939 年 ( 昭 和 14 年 ) か ら. )11 西 が 設 計 し 強 風 水 戦 と 同 様 に. 二 重 反 転 式 プ ロ ペラ. 層 流 翼 断 面, ヲl 込 式 補 助 フ ロー ト な ど の 新 機 軸 があっ た 年 ( 昭 和 18 年 ) 8 月 に 制 式 機 と な り. 二 式 高 速 水 偵 と 呼 ばれ た こ と も ある 生 産 機 教 は15 機 で 打 切 ら れた は じ め, 潜 水 戦 隊 旗 艦 ( 予 定 ) の 新 鋭 軽 巡 大 淀 に, 6 機 搭 峨 して 潜 水 艦 と 共 同 作 戦 に 使 われると こ ろだっ たが, 本 機 の 不 調 と 大 淀 の 任 務 変 更 のため í 瑞 雲 と 搭 峨 答 えきれ, 南 方 水 上 基 地 に 下 ろ さ れた 発 動 機 火 星 J24 塑 1680h p, 全 幅 1 4m. 全 長 m. 興 面 積 30m2, 総 :m 4. 1 t. 最 高 速 度 468km/h. 武 装 7. 7mmX 1, 爆 弾 60 kg X

2 r ;硝 量 J 水 よ 爆 撃 犠 (EI6AI) 71,. No"J' Zuiun 1100' t!i". ho",h.r (EI6A I ) 25 0k g 爆 弾 を も っ て 急 降 下 爆 磐 できる 水 上 機 で\ 水 爆 と 略 称 さ れ た 1939 年 ( 昭 和 14 年 ) か ら. 愛 知 の 松 尾 喜 四 郎, 小 沢 泰 代 技 師 らが 設 計 ' 年 ( 昭 和 18 年 ) 8 月 に 制 式 機 と な る フ ロー ト 支 柱 に タ'イプ ブレーキ( 速 度 制 限 板 ) と. 主 翼 後 縁 に 空 戦 フラップ を もっていた この 種 の 水 上 機 は, 外 国 になかったの で. ア メ リ カでも 注 目 して いた 愛 知 では 馨 星 J 艦 爆 増 産 に 追 われ たの で. 本 機 総 生 産 教 は256 機 に と どまった 南 方 戦 線 の 基 地 用 およ び 艦 峨 用 と し て 使 われた 発 動 機 金 星 J 54 刑 12 OOhp 全 幅 12. 8m. 全 長 10. 8m. 興 面 積 28m2 総 重 量 3. 9 t. 最 高 速 度 437km/h. 航 続 距 離 llookm. 武 装 20mm X 2. 13mmX 1. 爆 持1. 250kg X

3 日 青 嵐 特 殊 攻 事 機 (M6A) TIo. Navy S.iran 6116marin.-6orn. attaclr.r (M6A) ー-... 守 ' 一 一 一 ーー ー 一 一 一 一 一 ー 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 J 夜 ; 令 発 動 機 ; 第 2 次 大 戦 中 に, 外 国 で は 液 冷 発 動 機 を 大 いに 活 用 した ア メリ カのP-38rライトニングJ, P-3grエアラコプラJ, p- 51rムスタングJ, イキ'リスのJハリケーンJ, スピ yトファイアj. ドイツのメ yサー ;"ユ ミ yト Me-l09, ユンカースJ u -87, などをはじめ 沢 山 ある こ れと 反 対 に 日 本 で は. 海 軍 の 智 雄 艦 爆. I 鐘 箪 の 三 式 戦 飛 燕 J の2 備 だけである( 戦 時 íjの 生 産 機 および 戦 中 の 少 量 生 産 機 はは ζ< ) H 本 で も 政 任 して い た わ け で はなし 年 ( 昭 和 12 年 )ごろ. 液 冷 発 動 機 の 発 展 を 期 して. 陸 軍 は 川 崎 に. 海 離 は 愛 知 に. ドイツのダイムラー ベンツo B 601A 型 の 製 主 権 を 購 入 させ, それぞれ 国 産 化 することを 計 った これらが 実 を 結 んで, 川 崎 製 は 〆 40製となり 三 式 戦 に 取 付 けられ 愛 知 製 は 熱 田 21むとなって r 1:\' 星 鑑 賞器 に 使 われた I商 機 慢 とも. 生 産 面 で 熟 練 者 のいないところや. 戦 時 下 の 代 用 材 料 が 多 くなると, すぐに 欠 陥 が 目 だちはじめた 生 産 の 方 もあいつぐ 改 良 と 空 襲 のため 遅 qとし て 進 行 しなくなり, 1944 年 後 半 ごろには. 両 機 敏 とも. 発 動 機 待 ち の, いわゆる 首 なし 機 体 が. 延 ノマとな らぶ と いう 事 態 となった そこて\ 空 冷 発 動 機 への 転 換 がきまり r 答 昼 J 鑑 爆 は 金 星 J6Z:型 を, 二三 式 戦 はハ rr ( 金 星 61 型 )に, それぞれ 換 裳 し. かえって 好 結 柴 を 得 たのだった なお. この 逆 に. I 令 から 液 冷 に 変 えた 例 は, 戦 時 中 にはなかった 世 界 般 大 の 伊 400 級 特 岳!日 岱 水 艦 ( 常 備 排 水 温 4500l)18!2に. 攻 製 機 を 搭 載 して. 敵 の 戦 略 重 要 I 也.è' を 苦手 襲 攻 娘 しようとい う 構 惣 から 生 れた 1942 年 ( 昭 和 17 年 ) 6 月 から 愛 知 て\ 尾 崎 紀 男. 森 盛 震 技 自 'Iiらが 設 計 し. 翌 年 11 月 に 初 号 機 が 完 成 し た 陸 上 機 型 を 南 IU J, 水 J 二 機 似 を rh 肯 J.*tJ といい. 総 生 産 数 Z 税幾 はじめノマナマ 運 河 骨 量 現在 の 予 定 て\ H 荷 胤 攻 撃 隊 が 編 成 さ れていたが. 諸 準 イ 絢 がi昼れているうちに. 目 僚 はウノレンー 上京 僚 の 米 空 母 攻 磐 に 変 った 1945 年 ( 昭 和 20 年 ) 7 月 末, H 肖 出 L 6 機 からなる 神 竜 特 攻 隊 は, 伊 400, 伊 401 特 潜 に 分 載 されて, 大 湊 を 出 発 8 月 17 日 にウルシー 攻 毒症 実 施 の 予 定 だったが. 終 戦 により 中 止 した 発 動 機 熱 田 J 23 型 1240h 仏 全 幅 12.2 m, 全 長 11. 6rn, 拠 出 揃 27.0m'. 総: 重 量 4.3t, 最 高 速 度 474km/ ヘ 航 続 距 離 1180 km, 武装 13mrnX 1. 骨量 悌 または 魚 官 加 OkgXl. 乗 員 2 人

4 i裏 山 陸 上 大 型 攻 撃 機 (G8N) アhe Mσvy Renzan long-range 6om6er (G8N) 有 1 製B -17などと 浮 きれたが,1 卜 l 式 の 臼 ー17よりはかなり 興 った 新 しい 投, 汁 である 1943 年 ( 昭 和 18 年 ) 初 め から. 中 f::hで 校 村 健 岨 技 mnらが 設 計 し. 翌 午 lojjには 初 号 機 が 完 成 とい う 速 さで 進 行 した 海 軍 は, 次 期 相 J に 中 li'1そ 脈 問 は 銀 刊 r,. 遠 距 離ー 用 は j 重 111 J を 指 定 して. 議,1,1 人 的 に 量 産 をうながし. 本 機 は, 1945-tf 9 月 ま でに 介 元 1-4 針幾 をそろえようとの 考 え だった しかし, 戦 局 は 切 迫 し. 機 体 的 事 王 子 ト 金, 排 気 タービシ1 刊 の 耐 熱 鋼 などの 材 料 欠 乏 と 量産 J 発 動 機 内 不 調 などから 4 機 までで 製 作 を 中 止 した 4 号 機 は 戦 後 アメリカへ 送 -圃h ー -- られ 研 貸 された 発 動 機 営 J 241レ 引 1850hp, 全 幅 32.5"" 全 長 22.9m, 爽 術 情 112m'. 総 来 日 26.8t, 最 高 速 度 593km Ih!;lh 阿 し 航 続 Jr.li 鱗 46ぬkm (.-ili' 何 1 105

5 図式璽喝事 機 飛蘭J (キ-67) 71. Arlll.J' r.j'p 4 H ケu li.o..j' lþoiiiiþ.r (K.戸別 106 カのP-38rライトニングJ P-3 9r エア ラ コ プラJ. p- 51rムスタンクソ イギリス の! ハ リケ ー ンJ. ンュミ rスピ ットファイアJ ドイツのメ ッサー ットM e -109 ユンカースJ u -87 な ど を は じ め 沢山 ある れと反対に日本では. 海軍の 馨星 艦爆 こ 陸軍の三式戦 飛燕 の2悼だけである(戦前の生産機および戦中の少量生産機ははぷ< ) 日本でも放任していたわけではなし 1937年(昭和12-年)ごろ 液t令発動機の発展を期して 陸軍は川 界最大の伊400級特型潜水陸{常備桃71<'段目()(h \ lq値/-

6 1939 年 ( 昭 和 14 年 )12 月 から. 三 接 的 小 沢 久 之 承 技 師 入 っ て, 本 機 に 九 三 式 魚 雷 をつって 夜 間 宮 事 に 従 事 した らが 訟 計 をはじめ, 1944 年 に 制 式 機 となった. 量 産 的 た のは 有 名. ニのほか. 比 砧 沖 縄 戦, サイパン 島 長 距 雌 め, 徹 底 した 分 割 構 造 をとったが. 改 ' 急 東 海 大 地 震. 攻 撃 (1945 年 2 月 }にも 健 われたが. 半 数 は. 本 土 決 戦 空 興. 疎 開 と 続 いたため. 生 産 総 裁 は697 機 にすぎなか にそなえて 温 存 されたま ま. 終 戦 をむかえた. 憧 軍 め 正 った. しかし, 強 力 な 武 装 ( 後 期 型 では, 機 首 13mmX 1, 式 特 攻 隊 第 1 陣 は, 浜 松 で 編 成 された 富 織 特 攻 隊 ( 隊 長. 後 上 方 20mmx 1, 側 方 13mm X 2. 尾 部 13I11III X 2 ), 十 分 な 西 尾 常 三 郎 少 佐 )で, ト 号 特 別 攻 軍 機 (r 飛 飽 改 造, 桜 防 弾 防 火 装 備. そして 軽 快 な 運 動 性 損 縦 性 ( 爆 弾 搭 弾 という 高 性 能 爆 弾 を 固 定 )5 機 が 年 11 月 13 日 に 載 時 の 急 降 下 速 度 600km/h で. 投 弾 後 は 急 上 昇. 垂 直 フィリピンめレイテ 沖 へ 突 入 した. 発 動 機 ハー104 型 18 旋 回. 横 転 もできる)などの 特 性 は. 陸 海 軍 大 型 機 のな 10hp. 全 幅 22.5m. 全 長 18.7m, 総 重 量 13.7t, 最 高 速 かて司監も 優 秀. と 評 価 された. 海 軍 も 本 機 を 採 用 して 晴 国 Jと 命 名 した. 陸 軍 飛 蝿 J 部 隊 が 海 軍 の 指 揮 下 に 度 537km/h, 爆 弾 または 魚 雷 800kgX 1, 航 続 距 鰻 38 km, 乗 員 6-8 人. 107

7 烈 風 艦 上 戦 闘 機 (A 7 M) 乃 e Navy 斤 eppu carrter righ ter (バ7 M) 零 式 艦 戦 のあとを 受 けた 艦 戦 て\ その 試 作 機 は 高 性 能 をみせ. 世 紀 の 傑 作 戦 闘 機 ' と 期 待 された 1942 年 ( 昭 和 17 年 ) 7 月 から 司 三 菱 の 堀 越 二 郎 技 師 らが 設 計 し, 1944 年 4 月 に 初 号 機 が 完 成 した 装 備 発 動 機 営 J(N K 9 H)の 不 調 から 要 求 性 能 に 達 せず. 同 8 月 に 試 作 7 機 をもって 打 切 られた しかし, その 後. 三 菱 で 発 動 機 をMK 9に 替 えたところ 抜 群 の 成 績 をしめしたので, 1945 年 6 月 に 制 式 採 用 となった 終 戦 時 には 量 産 1 号 機 が, は ま 完 成 の 段 階 だった 機 種 全 幅 m 全 長 m 翼 面 積 me 総 重 量 t 発 動 機 最 高 速 度 同 /h 陸 軍 キー87 高 々 度 戦 ノ ハー hp 2020hp 上 昇 時 間 60 mまで7.7 分 6000mまで6.1 分 10 Omまで14.2 分 10000mまで15.3 分 航 続 距 離 同 武 装 30mmX 2 20mrnX 4 爆 弾 20mmX 2 250kgX 1 60kgX 2

8

9 震電 局地戦闘機(J7W) The NavJI Sh;no'en ;nfercepfor 〆タhfer (J7W) エンテ(前小翼) 式で 発動機 を尾端におきプロペラを推進式 に し た 飛 行機 こ れ は. 失速 し に く 前 方視界 が よ く 機首 に 大口 し 径砲 を 集 中 で き る 利 点 が あ る 時中 戦 米. 独な ど で も同様形 式 を 試 みだ が. 実用 に な っ た もの は な か っ た 年 (昭和 国 年 ) か ら 海軍 空 技廠 の 鶴野正敬技術 少佐 が 九州 飛行機 で 試 作 し た 設計. 45 年 8 月 に 初号機 が 完成 し 試 験 飛行 し た 19 3回 全幅 m 全長 9. 8m 総重 量4. 9t 最 高速 度 7 5 αm /h. 上昇時間 800仇n ま で 1 0分 1 8秒 武 装3 0rnm X 4 爆 弾30kgX 4 0 (性 能は計算健 景雲 睡よ偵療機( R 2 Y) J Thtl Naり焔/un rtlcctl. p/ane (R 2 Y) 操縦席のうしろに液冷発動機2 個 を 直列 に 接 続 し 延長 軸て寸幾首 の 6 枚プロペラ を 回す その最高 速 度 は 高度 1 万m でヴ4 0km /h と い う 計 画 だ っ た 年 ( 昭和 1 8年 ) に 海軍 空 技廠 の 大 築志夫技術 中佐 が 高々 度 高速 偵察 を 目的 と し て 設計 し 年 7 月 に 初号機 が 完成 2 回試 験 飛行 し た だ け で 終戦 と な っ た 一方 ネー330型 年 末 か ら 本機 に タ ー ボ ジ ェ ット エ ン ジ ン 2基 を 装備 し. 最 高速 度 800 km/ h の 景雲改J攻撃 爆 撃 機 の 計 画案も あ っ た 全幅14. 0m. 全長 13. 5m. 総 重量 8. 1 t. 発 動 機 ハ ー70-01液冷明j立V 型双子24 気筒3 1 00hp. 昇時 間 1 万m ま で 21 分 航続 距 離3600krn (過荷量). 武装 な し 乗 貝2 人 1 10 性能 は 計算値

10 キー64 宣 戦 闘 機 内 Army K /-64 " avy Iiμt r キー60か ら キ ー65 ま て \ 6 種 の 戦 闘 機 が 年 ( 昭 和 1 5 年 ) 5 月 に 陸 軍事 か ら 試 作 内 示 を うけ た )11 崎 製 のキー64 は. 重 戦 闘 機 と いうよ り 高 速 度 研 究 機 にちかし 撮 縦 席 の 前 と 後 の 発 動 機 を 延 長 軸 で 連 結 し. 二 重 反 転 プ ロ ペ ラ を ま わし た 発 動 機 冷 却 液 を 主 翼 表 面 で 蒸 気 冷 却 する こ と も 試 みた 1943 年 12 月 に 完 成 し 2 回 飛 んだだけで, 中 止 された 発 動 機 ノ ー201 型 2200 h p x 2. 全 幅 13. 5m. 全 長 11. om, 主 翼 面 積 28. 0m '. 最 高 速 度 690 km Ih. 上 昇 時 間 5000m ま で 5 分 30 秒 航 続 距 離 1000km. 武 装 20mmX4o 研 3 高 速 度 研 究 機 (キー78) アMバrmyK n-3 "タ" sl' "d r"s arc" I'/an (K/-78) 東 大 航 研 は 年 ( 昭 和 13 年 ) の 長 距 離 機 の 世 界 記 録 で 意 気 大 いに 上 が リ. 高 度. 速 度 において も 世 界 的 な 極 限 の 記 録 を 実 現 し よ うと し た 長 距 離 機 を 1 号. S S -1 高 々 度 研 究 機 ( ロ 式 B 型 ) を 2 号 と す れば. 高 速 度 研 究 機 は 3 番 自 に あたるので. 研 3と 名 づけた ま ず700km/h 台 の 研 3 中 問 機 を 作 っ て 実 験 の うえ, 本 番 の 研 3 第 2 号 機 て 850km/h 台 の 記 録 をねらう 計 画 だった 陸 軍 では1939 年 ( 昭 和 14 年 ) 秋, こ れを 将 来 の 戦 闘 機 研 究 に 役 立 てようと, キ ー78の 試 作 番 号 をつ け. 側 面 援 助 し た 研 究 陣 は, 東 大 山 本 峰 雄 教 授 が 主 任 と な り 1940 年 1 月 発 足. 製 作 は 川 崎 の 井 町 ぬ 技 師 が 主 務 者 と なっ て 同 年 6 月 か ら 開 始 さ れ 年 ( 昭 和 17 年 ) 12 月 に 第 1 号 機 を 完 成 し た 翌 年 12 月. 31 回 固 め 飛 行 で kmんと いう. 速 度 のg 本 記 録 を たてた 当 時 の 界 記 壷奈 は, ド イ ツ の M e209r が 1939 年 4 月 に つくっ た755km /h 余 で\ これはその 後 10 年 近 更 新 き れなか っ た 日 本 で は 実 験 が 予 定 よ り 遅 れ た うえ. 戦 局 が 撤 し く な っ たので. 本 番 の 第 2 号 機 は 中 止 と な っ た 主 翼 断 面 は 谷 一 郎 教 授 の 研 究 に なるLB 系 層 流 興, ま た 発 動 機 は 粟 野 誠 一 教 授 が ド イ ツ から 輸 入 したo B 601A 型 1157h p を 改 造 し,メタノール 噴 射 式 と し て 離 昇 出 力 15 50h pに 向 上 し た もの 全 幅 &ωh 全 長 8. 1m. 興 面 梢 11. 0m '. 総 重 量 2. 3t. 発 動 機 o B 601A 改 型 1500h p. 最 高 速 度 699 km/h. 上 昇 限 度 80 m. 航 続 距 離 600 kmo 1 1 1

11 キ- 87 高 々 度 戦 闘 機 キ-84{ 四 式 戦 )が 中 高 度 戦 闘 機 だったのに 対 して, 本 機 は 本 格 的 な 高 々 度 戦 ア.he Army Ki -87 hタh -0/ titude βjhter 闘 機 をねらった 中 島 の 西 村 節 朗, 青 木 邦 弘 技 師 らが1 942 年 ( 昭 和 17 年 )11 月 か ら 設 計 にかかり, 1945 年 2 月 に 初 号 機 が 完 成 し, 5 回 の 試 験 飛 行 をしただけで 終 戦 となった 本 機 は 常 用 高 度 1 万 1 000mを 目 標 にしていたが, 気 密 室 構 造 は やめて, 酸 素 甑 を 多 量 に 積 んだ 発 動 機 は 中 島 試 作 のハー44{ハー219ル)で, 排 気 タービン 付 き 1 万 mの 高 度 で2000hpを 出 せる 予 定 だった 主 脚 が90. 凶 転 して 後 方 へ 引 込 む 形 式 は, 日 本 では 玲 しい

12 キー94 高 々 度 戦 闘 機 The バrmy K.ム94 hi..タh-a/t;tude (;9h ter 1944 年 ( 昭 和 19 年 )10 月 に 陸 軍 航 空 本 部 が, 試 作 機 計 l 自 の 大 整 理 をしたとき, 次 期 戦 闘 として 望 みを 託 されたのは, キ- 83 遠 距 離 戦, キー94 高 々 度 戦, キー 87 近 距 離 戦 だけであ った (キ-84, キー102は 生 産 中 ) キ- 94は, 年 夏 から, 立 川 飛 行 機 の 青 年 技 師 長 谷 川 竜 雄 氏 が 設 計 に 着 手, 1945 年 8 月 に 初 飛 行 の 予 定 だったカヘ 間 にあわなかった 層 流 典 型 密 室, 排 気 タービンを 採 用 したほか 工 作 上, 機 能 上 の 新 しい 工 夫 もあり, 実 用 上 昇 限 度 1 万 4000mというわが 国 最 初 の 本 格 的 高 々 度 戦 闘 機 であった 天 雷 局 地 戦 闘 機 (J 5 N ) ア.he Nav y アenrσI ;nterceptor Iタんter (J5N) 争 中 砧 が 開 発 した 本 格 的 双 発 単 座 局 地 戦 闘 機 て\ 月 光 の 後 継 とし て 期 待 さ た 中 村 勝 治, 大 野 和 男 技 師 らが, 年 ( 昭 和 1 8 年 ) 3 月 から 設 計 にかかり, 特 急 作 業 で 翌 年 7 月 に 初 号 機 が 初 飛 行 という 速 さだったが, 発 動 機 不 調 と 過 大 のため 予 定 の 性 能 が 出 ず, 試 作 6 機 で 中 止 となったc 写 真 の 天 甫 の 後 方 に 凶?と 局 地 戦 闘 機 の 右 側 ジェ ット エン ジンが 比 える 機 種 陸 軍 海 キ ー94 高 々 度 戦 天 雷 局 戦 全 幅 m 全 長 m 翼 面 積 m 総 重 量 t 発 動 機 ノ -219ル 誉 J 12 型 2300hp X hp X2 最 高 速 度 同 /h 上 昇 時 間 loooomまで16.7 分 8000mまで8.7 分 続 距 離 km 1200 武 装 30mmX 2 30mmX 2 20 町n X 2 20 聞n X 2 爆 弾 1 1 3

13 A -26 長 距 離 機 (キー77 ) The バー26 IO"!1-ra"!1e Pla"e (めー77) 新 聞 社 が 企 画 をたてて. これに 合 う 航 空 機 を 発 注 新 進 L, また 自 ら 運 航 したのは. すU: 界 航 空 史 上 唯 一 のことである はじめは. 紀 元 2600 年 ( 西 展 1940 年. 昭 和 15 年 )を 記 念 して 東 京 一 ニューヨーク 聞 の 亜 日立 層 幽 無 着 陸 縦 普 飛 行 という 雄 大 な 企 闘 だった 1939 年 秋 から 開 発 に 着 手 開 発 は 東 大 航 研. 立 川 飛 行 機 で 行 い. 中 島 飛 行 機. 隆 宣匹 航 技 研, 朝 日 新 聞 社 航 空 部 も 協 力 した 当 時 の 航 空 機 工 場 および その 資 材 は. すべて 陸 海 軍 の 監 督 下 にあり. 本 機 はキー77の 陸 箪 試 作 番 号 のもとに 製 作 された 難 関 は 高 司 度 飛 行 舗 装 に 経 験 のなかった ことで. このためと. 開 戦 時 的 軍 需 工 場 の 多 忙 とにより. 製 作 がお くれた 1 号 機 が1943 年 10 月, 2 号 機 が 翌翌 年 4 月 に 完 成 したときに は. 当 初 の 目 標 を 失 っていたばかりか. その 報 道 きえもできな な っていた 1943 年 ( 昭 和 18 年 ) 7 月, 2 号 機 長 友 重 光. 川 崎 一. 塚 越 賢 爾. 永 田 紀 芳. 川 島 元 彦 ( 以 上 朝 日 )と. 中 村 昌 三 中 佐. 西 義 章 大 佐. 香 取 孝 輔 中 佐, ( 以 上 陸 軍 )の8 人 搭 乗 は.シンガポ ー ル を 出 発 し. ド イツ へ 無 着 陸 連 絡 飛 行 し た tjヘ 消 息 を 絶 っ た 翌 年 7 月 号 機 小 f失 寿 雄. 回 中 久 義. 島 崎 il'i. 板 本 定 治. 議 松 秀 雄. 羽 広 石 雄 ( 以 上 朝 日 )の6 人 搭 乗 は. 満 州 において. 周 囲 長 距 般 世 界 記 録 を 作 った しかし. これらのことも. 戦 時 下 のため 一 般 には 知 らきれず に 終 った 戦 後. アメ リカに 持 去 られた1 号 機 的 行 方 もわからなく なってしまった 本 慣 が 幻 の 名 機 といわれるゆえんである 発 動 機 はハー105 特 11 hpx 2, 全 幅 29.6m, 全 長 15. 3m, 嵐 薗 積 8Om' 総: 重 量 15. 7t, 最 高 速 度 44ωon/h, 航 続 距 厳 1 万 600Okm, 乗 員 5 人 長 距 雄 飛 行 機 伎 術 館 問 委 員 会 ( 発 足 当 時 ) : 委 員 長 和 田 小 六 ( 東 大 航 空 研 長 ) 委 員 富 塚 清. 中 西 不 二 夫, 永 井 雄 ; 三 E!II, 問 中 敬 吉, 河 回 三 泊, 佐 : 々 木 達 i 台 自 [1, 石 田 四 良 11, 小 川 太 : -E!II, 山 本 峰 雄, 深 津 了 蔵, 谷 : 一 郎, 木 村 秀 政. 高 月 竜 男 ( 以! 上 京 大 統 研 所 員 ) 委 員 飯 沼 正 明. 川 崎 一 ( 以 上 朝 ; 日 新 聞 社 航 空 部 員 ) 委 員 中 川 守 之, 遠 藤 良 吉. 小 口 宗 三 j E!II, 品 川 {言 次 $111, 釜 閏 善 次 $111, 並 木 高 牟 ( 以 上 立 川 飛 行 機 ) このほか, 機 体. 発 動 機 の 両 分 科 会 とi ; 六 つの 小 委 員 会 があったが, ここでは 省 i : 略 した

14 I I 5

15 ト 一 山 l 写 真 上 は,A - 26 長 距 離 機 2 号 機 がシンガポールからドイツへ 向 けて 出 発 する 最 後 の 機 影 次 ページ 右 上 は. A--26 長 距 離 機 に 積 込 まれた 液 酸 素 発 生 装 置 右 中 は1 号 機 の 飛 行 指 揮 官 今 川 大 佐 に 周 囲 記 録 飛 行 出 発 の 挨 拶 をする 乗 員 向 って 左 から 小 俣. 田 中, 島 崎, 坂 本, 森 公, 羽 ü..ーの 各 氏 布 下 は2 号 機 の 乗 員 向 ってtr:から 長 友. 塚 越, 川 崎 永 剖. 川 島 の 各 氏 1 16

16

17 キー74 遠距離爆撃機 Th Army Ki-74 /ong- rang "OmD r 1 939年(昭 和 1 4 年 ) 春. 距離司令部偵察機を. 陸 軍 は 立 川飛行機 に. 航 続 距 離5 000加の 遠 1941年夏までに完成するよう注文した 遠藤 良吉. 小口宗三郎技師 ら が 設 計 を 進 め て い る と き A -26長 距 離機 の 計 画 が 出 た の で\ キー74は 一時延期 さ れ た 年春 に 再開 さ れ た と きに は. り 高 々 度偵察機 と し て 要 求 さ れ. 翌 年 夏 に は 偵察爆 撃 機 と な さ い ご に は 遠距 離爆 撃機 に 変 っ た 高 度 1 万m で使 用 す る た め. 機 内 の 与圧室と排気 タ ー ビ ン 付 き 発 動機 が必要 だ っ た が. 未 開 拓 の 分 野 な の で 標は 開 発に て ま ど っ た 日本 で は 戦 局 が不利 に な る と 目 パ ナ マ運河爆 撃 か ら 米 本 土片道特攻 乗 員 3 人. 爆 弾 1 t 食 揖1 週間分 を 積 ん で 米圏 西 岸 に 飛ぴ. 爆 撃 後 / ラ シ ュー ト で降下. ゲ リ ラ 戦 をやる と L う 貧IjJ号 作 戦(初 期 ) ) 計 画 に 変 っ た そ ろ っ た と こ ろ で 時 に は 1 4号機 ま で 完 成 し て お り 発 動機 1 5機 分 1945年 末 に は 決行 す る こ と に な っ て い た 終戦 五 式 遠爆 の 名 も 用 意 きれ て い た ハー2 111レ 型 hp X 2 全幅27.0m 全長17.7 m 異面 積8 0m 2 総 重 量 18 t 最 高 速 度 58 0km/h. 航続 距 離7500km 武装 mmx 爆 弾 1 000kg. 乗 員 5 人

18 キー83 遺距離戦闘機 アne Army K;-83 /onタ- rσnge ';gll ter 陸海軍の 共 同 試 作機種 の 一 つ 爆撃機掩護 用 の 長 距 離戦 闘 機で. 三菱 の 久保富夫技師ら が. キ ー46(百 式 司偵 ) の 経験 を もと に 年 ( 昭 和 1 6 年J) 5 月 か ら 設計 に か か り 年 1 1 月 に 初号機が初飛行 し た が 試 作 4 機 まで で 終 戦と な っ た 本 機 を 複座に し て 百 式 司偵 の 後継機と す る キ ー95 司令部偵察機 は 年 6 月 に 試 作指示 が 出て試 作中に 終戦 と な っ た 21 トル烈 h p. 長12.5m. 発動機 J - 全幅15. 5m. 翼面積33. 5m2 総;重量8.8 t. 最高速度704km/h. 航続距 離 km 武装 3 0mm X 2. 20mm X 2. 爆弾5 0 kg X 2 I 19

19 キ-93 襲 撃 機 Th. Army K"-93 assau/t p/an. 重 戦 車 を 破 壊 する 空 飛 ぶ 対 戦 車 砲 である 陸 軍 航 空 技 術 部 の 安 藤 成 雄 航 技 中 生, 大 森 丈 生 杭 技 大 尉 らが 年 ( 昭 和 18 年 ) から 設 計 にかかり 年 4 月 に 初 号 機 が 初 飛 行 した 終 戦 まで 数 回 しか 飛 ばなかった わが 国 初 の6 枚 羽 根 プロベラ( 二 重 反 転 式 ではなし ). 胴 体 下 側 の57mm 砲 が 自 をひいた キ-96 双 発 戦 闘 機 ア"11. Army K"-96 heovy ルタhtør 大 型 爆 撃 機 を 一 撃 で 撃 墜 できる 重 武 装 機 の 構 想 で, 二 式 複 戦 屠 竜 を 基 礎 にした 単 座 機 )11 崎 で 年 ( 昭 和 17 年 ) 8 月 から 設 計 にかかり, 謹 年 9 月 に 初 号 機 が 完 成 した 試 作 3 機 だけで 採 用 とならず. キー102 戦 闘 機 へ 引 継 がれ た

20 キ-102 乙 型 襲 撃 機 機 全 全 長 m 翼 面 積 m 宮 総 重 量 t 発 動 機 陸 軍 陸 軍 キ ー 96 重 戦 キ-102 甲 高 々 度 戦 ノ II ハー112- II 1350hp X hp X 2 最 高 速 度 同 /h 上 昇 時 間 5000mまで6.0 分 10000mまで18.0 分 続 距 離 回 武 装 37mmX 1 37mmX 1 20mmX 2 20mmX 1 爆 機 弾 種 全 幅 m 全 長 m 翼 面 積 が 総 重 量 t 発 動 機 最 高 速 度 同 /h 上 昇 時 間 航 続 距 離 武 装 五F 弾 陥 かし かし 陸 軍 102 乙 襲 撃 ハー112- lljレ 誉 J 21 型 1350hp X2 1850hp X mまで7.5 分 10000mまで18.0 分 mmX 1 13mmX 3 20mmX 2 500kg 800kgX 2 アhtl A,my K;-I 02-0 tsu σssau/t 1'/σntl 夫 戦 に200 機 以 上 使 われ ながらr4 式 視 戦 の 制 式 名 が 付 かなかった キー96 重 戦 を 慢 座 高 々 度 戦 闘 機 向 けにするつもりだった 陸 軍 の 方 針 が 変 り, キ-102 原 型 は, 敵 合 や 地 上 機 甲 部 隊 を 攻 撃 する 襲 撃 機 として, 1943 年 ( 昭 和 18 年 ) 6 月 から 川 崎 の 4 =:X:, 恨 本 較 夫 技 師 らが 設 計 した 2カ 月 後, 高 々 度 戦 闘 機 的 試 作 も 命 ぜら たので, これをキー102 甲 とし, 先 にスタートした 襲 撃 機 を キー102 乙 と 呼 ぶことにな った 乙 型 は 年 10 月 から 量 産 に 入 り, 完 成 しだい 第 1 線 に 配 備 されたが, 襲 撃 機 としてでなく, 夜 間 防 空 戦 闘 機 としてr 屠 竜 J とともに 戦 った 57mm 砲 は 発 射 速 度 毎 分 80 発 だが, B-29に1 発 命 中 すれば 撃 墜 できたという 甲 型 は, 生 産 が 間 に 合 わぬため 乙 型 完 成 機 を 改 造 したが, 排 気 タービン 過 給 機 の 不 調 のため, 25 機 完 成 のうち15 機 納 入 にとどまった 本 機 も 試 験 飛 行 中 にB-29 撃 墜 の 記 録 がある きて 年 秋. B-29に 対 抗 する 強 力 な 高 々 度 夜 間 戦 闘 機 の 要 求 から, 権 主事 は18 試 l 吋 電 光 J(SIAI)を, 陸 軍 はキー102 改 造 機 を 試 作 することになった 後 者 は, キー102 甲 を 長 さ, 幅 とら 約 1m 半 も 大 きく 改 造 したレーダー 装 備 機 で, これがキー102 丙 夜 間 戦 闘 機 だが, 完 成 せぬうちに 終 戦 となった 1 2 1

21 特 攻 犠 rll. plan.s 1I..d 6.1' tll. Sp cial Antlclr Co"p. 上 は r 富 撤 特 攻 隊 の 四 式 重 爆 ( 特 攻 用 改 造 ト 号 機 ), 下 左 は 零 戦 五 二 型 丙 艦 上 戦 闘 機 が500 kg 爆 弾 を 抱 いて 出 撃 下 右 はフィリピン 基 地 r 銀 河 一 一 型 陸 上 爆 撃 機 の 特 別 攻 撃 準 備 (1944 年 末 )", I 22

22 写 真 上 は, 爆 弾 の 点 検 をする 特 攻 隊 員 と 陸 軍 図 式 戦 闘 機 疾 風 下 左 は 薫 空 挺 特 攻 隊 内 指 揮 官 機 ( 百 式 二 型 重 曝 単 排 気 管 型 ) 下 右 は 九 州 の 特 攻 基 地 へ 向 う 香 取 航 空 隊 の 零 戦 天 山 J( 飛 行 指 揮 所 と 格 納 庫 の 様 式 は. 戦 時 中 に 新 設 の 各 航 内 隊 耕 地 に 共 通 ) 1 23

23 124 橘 花 特 殊 攻 撃 横 rh. Nø"J' Kilrlra.p.cial attaclr plan.

24 日 本 最 初 の 双 発 ジェ 7ト 機.1 鈍 4 年 ( 昭 和 19 年 ) 7 月, 巌 谷 英 一 技 術 中 佐 がドイツから 槙 られたメッサーシュミットMe-262ジ 忌 ツト 戦 闘 機 の 図 面 を 持 帰 った. 中 島 では 松 村 健 一 大 野 和 男 技 師 らが. 地 -262 を..とし.ーまわり 小 き また 簡 易 な 生 産 を 考 えた 陸 計 をした. 一 方. 発 動 機 は.ドイツのBMW-003の 図 面 を 書 考 に. 海 軍 航 空 技 術 廠 の 種 子 島 時 休 技 術 犬 佐, 永 野 治 技 術 少 佐 らを 中 心 に. 石 川 島 芝 浦 ターピ 度 6 mの 初 飛 行 に 成 功 した.つづいて 同 11 日 に 鱒 2 固 め 飛 行 のとき. エンジン 不 調 による 推 力 不 足 から 健 陸 に 失 敗 して 大 破 した. 両 固 とも. 飛 行 実 験 担 当 の 高 岡 遁 少 佐 が 揖 織 した. 生 産 教 は. 完 成 機 1 機 のほか. 組 立 てに 入 ったものが25 機 あうた. 発 動 機 ネー20 型.ターボジs.' kgX 2. 全 幅 10. 伽 n. 全 長 9.3m. 主 翼 面 積 13.2m8 重 量 3.5t. 最 高 適 度 676km/h. 飢 餓 480km. 上 昇 時 間 1 万 m*で26 分. 武 犠 蟻 弾 5-8 ン. 目 立 航 空 機. 中 島. 三 菱 などの 民 閉 会 社 も 事 加 して. 不 眠 不 休 の 努 kgx1. 写 真 下 は. 初 飛 行 に 出 発 する 桶 花 でテスド 吋 ロットは 高 岡 迫 力 により. 数 種 のジェ 'Yト エンジンを 開 発 し. 本 機 には ネー20Jを 採 少 佐. 左 ページ 下 は 発 劃臓 を 点 検す る 永 野 治技術少 信 託 左 側 ). 用 した.L945 年 8 月 7 日.r:橘 花 J1 号 機 は. 木 更 津 飛 行 場 で. 約 11 分 間. 高

25 桜 花 特 別 攻 撃 機 (MXY 8 ) アhe Navy Ohka spec/a/ attack p/ane (ルグXY8) ロ ケ ッ ト 推 進 の 滑 空 有 人 爆 弾 であ るうえ, 連 合 軍 側 のコード ネ ームで8aka- bom b と 呼 ば れた こ と は. 日 本 人 技 術 者 に と っ て 二 重 の 苦 痛 であ っ た 太 田 光 男 海 軍 少 尉 の 提 案 に より 開 発 され たのでffi (マ ルダイ) 兵 器 と 呼 ばれ た 梅 箪 空 技 廠 の 三 木 忠 直, 服 部 六 郎 両 技 術 少 佐 らが 年 ( 昭 和 19 年 ) 8 月 から 大 急 ぎ で 設 計 し 一 カ 月 後 に 初 号 機 が 完 成 し た 目 標 か らの 距 離 350 伽, 高 度 4 00 加 で 母 機 か ら 離 脱. ロ ケ ッ ト 噴 進 で 降 下 し, 最 終 速 度 1020km/h で 突 入 する 母 機 を 高 速 の 銀 河 陸 爆 に かえ, 動 力 を ツー11 塑 ジ ェット エンジンに し た 自 力 飛 行 のできる 桜 花 二 二 塑 は 8 月 12 日 に 試 験 飛 行 を しただけで, 間 にあわな かっ た また 陸 上 か らカタ パルト 発 進 する 桜 花 四 三 型 も 生 産 が 遅 れ て 無 為 に おわっ た 1945 年 3 月 21 日, 九 州 東 南 方 670 加 の 米 機 動 部 隊 に 対 し, 神 宮 特 別 攻 撃 隊 ( 隊 長, 三 橋 謙 太 郎 大 尉 ) の 14 機 が 母 機 一 式 陸 攻 ( 指 揮 官, 野 中 五 郎 少 佐 ) につ りさげられて 出 撃 したが. 途 中 敵 戦 闘 機 部 隊 に 阻 止 され, 敵 艦 隊 を 自 前 に しながら 全 機 撃 墜 され た その 後 は 少 数 で 数 回 出 撃 した が. 戦 果 は ほと んどな い 原 動 機 火 薬 ロ ケ ッ ト 推 力 800kgX 9 秒 X 3, 全 幅 5. 伽, 全 長 6.0m, 翼 面 積 6.0m 2, 総 重 量 2.1t, 最 高 速 度 660 km /h, 航 続 距 離 36km. 爆 弾 1200 kg, 総 生 産 数 155 機 一 一 型 写 真 左 は 桜 花 二 二 型 特 殊 攻 撃 機 下 は 神 宮 特 攻 隊 の 出 撃 準 備 母 機 一 式 陸 攻 二 四 丁 塑 の 胴 体 下 側 に 桜 花 がつ りさげら れている

26 手 火 水 局 地 戦 闘 機 ア'he バrmy Ncσvy ShlJslJi interceptor,ighter 日 本 最 初 のロケ ッ ト 推 進 の 局 地 戦 闘 機 て \ ドイツ のメ ッ サーシュミッ トMe- 163B 型 ロ ケ ッ ト 戦 闘 機 の 簡 単 な 資 料 を も と に, 11ヵ 月 で 開 発 した 機 体 は, 海 軍 空 技 廠 ( 越 野 長 一 郎 技 術 中 佐, 中 口 博 技 術 大 尉 ら ). 三 菱 ( 高 橋 巳 治 郎, 疋 田 徹 郎 技 師 ら ) が 1944 年 ( 昭 和 19 年 ) 月 から 設 計 にかか り. 翌 年 1 月 から 3 月 までの 聞 に 実 物 大 木 製 滑 空 機 によ って 飛 行 試 験 をした 同 時 に 原 動 機 は. 海 軍 一 技 廠 ( 藤 平 右 近 技 術 少 佐, 有 城 誠 之 技 術 大 尉 ら ), 三 菱 ( 成 田 豊 二. 持 田 勇 吉 技 師 ら )に よ って 試 作 さ れ, 11 月 には 全 力 運 転 に 合 格 した この 薬 液 は, 三 菱 が 独 自 に 研 究 し て い た 過 酸 化 水 素 と 水 化 ヒ ド ラ ジ ン の 組 合 せで. ドイツの 資 料 と 一 致 して いた 1945 年 7 月 7 日 午 後 5 時. 横 須 賀 航 空 隊 基 地 で,テス ト ノマイ ロ ッ ト 犬 塚 豊 彦 大 尉 操 縦 に よ り 初 飛 行 した 45 度 の 急 上 昇 で 高 度 約 430m に 達 したと き, ロ ケ ッ ト が 停 止 したの で. 滑 空 に よ り 降 下 着 陸 の きい, 地 上 の 建 物 にふれて 大 破 した 陸 海 軍 では, 9 月 までに 500 機 生 産 の 計 画 だ ったが, 実 際 に 完 成 した 機 体 は 5 機. 原 動 機 は2 台 で あ った 原 動 機 特 呂 2 号 (KR -lo) 薬 液 ロ ケ ット. 地 上 推 力 1. 5t. 全 幅 9.5m, 全 長 6.0m. 翼 面 積 17, 2m '. 総 3 t, 最 高 速 度 800km/h, 上 昇 時 間 6000m まで 2 分 30 秒, 1 万 mまで3 分 30 秒, 航 続 時 間 は1 万 m に 上 昇 後. 時 速 800 加 を 出 す と 5 分 30 秒 写 真 は 同 型 の 訓 練 用 秋 草 滑 空 機 1 2 7

27 12 8

28 南 方 戦 線. 日 米 の 滋 闘 US / Jøpøn ri.,.c. 6ø ttl4. in t". So"t" Pøcilic 写 真 左 べージ 上 は. トラック 砧 のコンゾリテ'ーテγド8-24 リベレーター. 噂 撃 機 編 隊 の 上 に 作 裂 した 日 本 機 の タ 弾 ( 空 中 で 咋 烈 する 賞 情 性 博 弾 )0 写 真 左 下 は. ポルネ". 西 部 ラプアンの 石 油 および 埠 頭 地 股 に8-24の 爆 撃. 矢 印 のように 海 車 線 の 砂 浜 に 日 本 の 水 上 偵 察 織 がみえる. 写 真 上 は1944 年 6 月, サイパシ 晶 沖 合 で. 米 撞 衛 空 母 に 突 入 する 銀 河 陸 上 爆 撃 機. 129

29 H ;'(j d.",', 1,' ':! '" II/'j Y,;", 13 0

30

31

32

33 ポーイング 8-29 スーパーフオートレス爆撃機 アh8 B08/n9 B- 2 9 Sup8r{ortress bomber 8-291j アメ リ カカ 開 戦 前の 年 (昭和 16 年 ) 9 月 か ら目 半戦 争 を予定し て 大 量 生産 に 移した飛行機で あ り. そ の 目的 立 無差別爆 撃 と 原 爆投下 に よ っ て 完 全 に 果された 300 kg / がとい う 当 時 と し て は思い 切 っ た大 典 面荷量 と 排気 タ ー ビ ン の 力 で 高 度7600m で 576kmんもの 高 速 を 出し. の 多くは. つい て ゆく の もやっ と だ っ た 日 本戦 闘機 戦 後 も 冷戦 砂 の おか げ で 温 存 され 朝鮮戦 争 が おこる と さっ そく出動 したカ M I G の 37mm砲 の 前 には. さす が に 歯がたたず. を 去っ た 発動 機 ラ イトR m 全長30. 1 m 22 hp x 4. す ぐ戦 全幅43. 1 翼面楠 m 2 総重量54. 5 t. krn/h. 武装 mm X mm X 1 爆弾9000 kg 乗員 l OA.o.ーー ー ー ー ー ー ーーーー...-..ーーー _.-ーーーーーーーーーー ーーーーーーー ーーーーーーーー の日本本土空襲 年 ( 昭和 1 9 年 ) 6 月 製したの が始 りて イパン. っ た テニア ン 中国基地 か ら北九州 に 1 1月1 日以降は マ リ ア ナ 群島サ グ アム各 基地からの 本格的空襲 と な 太平洋 戦 争 中 に. 日 本 本土 に 投 下 された爆弾は16 万0800 t(欧州各 地 に は 270万t ) こ の うち14万70 t B - 29 に よ る も の で. は そ の 出撃延べ機教は 3 万304 1 機. 値 教は485 機. 被損傷機2707機 搭乗 員 の 戦 死者数304 1 日 本領lJ の 人 的 被害の 大 き な も の は 年 3 月 10 B 京 東側地区死者約9 万7000人 24万7000 人 うち. 航 空 機工場 へ の 爆 撃 と 生産阻害は あ っ た 8-29撃墜教は. 発表1 29機 だ っ た 月 6 日 広島 の 約 同9自の 長崎の 約7 甚大な効果が 戦 時中 日 本側発表495機 米側

34

35 広 島. 長 崎 にl東 峰 投 下 Atom/c B/asts ovtlr H.かoslllmσ σnrl Nagσsσゎ- 写 真 左 は. 広 島. 右 は 長 崎 の 原 爆 下 は 広 島. 次 ページは 長 崎 の 原 爆 投 下 の 跡 136

36 敗戦と航空部門の停止 日 本の 敗北について は. が あ る が. 要す る に い ろ い ろ の説 国力 の 差 科学 昭和年間の航空機生産数 この 表の 数字は. り. 資 料 の 確実 で な い 会社 の 推 定数 を 合 技術能 力 の 差 が あ ま り に も 大 き か っ た こ 算 し て いる と で あ ろ う 航空の 科学技術 も な い 外で はな い 敗戦 に よ って そ の例 航 空に関す 見られ る また 民 問機の 数は 後. 禁止. め教は不明だ が. 機生産 数は. この と き まで の 航空 つぎの 表 の と おりで あ る 年 度 陸軍機 海軍機 合 計 また 陸 海 軍 工廠の 分は含ま これ ら に よ る 誤差は. る. 研究. 生産 運用 な ど あ らゆ る 部門は 閉鎖され た 終戦 前 後 の 混乱によ 2 %以下 と 宣艇の 領収 民 間 に払 下 げら れ た も の が多 い そ 陸 海 軍合計 機数 と 重複 し な い の は 1 % を越えな い と 見られ る 合計 ーーー-ーー ーーー ーーー--ー-ーー ーーー 昭和元年 以来の合計

37 ..... E- 日 本 の 降 伏 をめぐって Japan Surrenders 1 厚 木 航 空 隊 事 件 最 後 まで 徹 底 抗 戦 を 主 張 して. 武 装 を 解 かなかった 厚 木 航 空 隊 零 戦 五 二 型 甲 戦 闘 機 と 月 光 夜 間 戦 闘 機 がみ える 2 日 本 の 降 伏 全 権. 緑 十 字 機 で > 年 8 月 19 日, 日 本 の 降 伏 全 権 の 一 行 は 琉 球 列 島 伊 江 島 に 到 着, ここか らマニラ に 向 った. 且 国 米 軍 進 出 直 後 の 基 地 写 真 は 基 地 の 西 地 区 p - 38, P - 61, A B - 26, B B - 24, B -17, PB Yな ど が 並 んで い る 日 本 機 の 一 式 陸 攻, 九 六 陸 攻 な どは. 飛 行 士 義 の すみにか たづけ られた 7 降 調 印 式 > 9 月 2 B ミズー リ 艦 上 で 調 印 式 写 真 まミズー リ 艦 上 を 飛 ぶ 米 機 の 編 隊

38 3 米 軍 先 遣 部 隊 到 着 日 本 側 は 厚 木 の 不 穏 の 情 勢 など か ら. 米 軍 先 遣 隊 の 厚 木 到 着 を 8 月 268 と 指 定 した た またま22, 25, 26 日 と 連 続 して 台 風 が 本 土 を 襲 い 進 駐 は 48 時 間 繰 下 げら れた 45 飛 行 指 揮 所 > 8 月 30 日, マ ッカー サ 一 大 将 ( 写 真 黒 め がね) も 到 着 数 日 前 と 変 って, 飛 行 指 揮 所 も 英 語 の 標 識 が 張 出 さ れた 3 陸 海 軍 機 の 破 壊 日 本 軍 は 約 1 万 機 の 陸 海 軍 機 を 温 存 しながら. 無 条 件 降 伏. 連 合 軍 命 令 により. 各 飛 行 場 で 破 壊 が 始 った ガソ11ン を 注 がれ たり, 爆 薬 を 仕 か けられたりし て 荒 鷲 たちは. 無 残 に 燃 えた 9 航 空 機 の 武 装 解 除 武 装 解 除 に り. ーカ 所 に 集 められた 日 本 陸 軍 機 の 航 空 用 機 関 砲, 機 関 銃 一二 連 装. 単 装. 固 定 用. 旋 回 用 な と\ とりど りに ならんで い る

39 噴流措i&(ガスタービン エンジン. ン ト榊Ul '+' ' t> ジ ヅト)形式の有人飛行機は ていた. ロケット モーター. エンジン すでに戦前から実用への胎動がはじまっ ィIf l'スのホイットル卿は1930年にその特許を取り. イタリアの カンピユは1932年に着手. ドイツのハインケルとヒルトの共同研究も1936 年から拾った. 第 2次大戦の直前から嶋時中にかけて. 飛行に成功したジ '/ト機だけでも. 独 伊 英 米 日 ソの順に6カ国. よんでいたニとは. カプロエ カンピニ N1 研究機 20数機種にお あまり知られていない. アfltl Cσpron/- Camp/n/ N 1 rtjstjarch p/antj ハイ ン ケ ル H e され て い た た め 型 が秘密に 年 8月27 日 に 初飛行し た 当時 世界最 初のジ ェ ッ ト 機 と騒がれ た し か し構造 的 に は今 日 のターボ ジ ェ ッ ト 機 とちが い 空 気圧縮機 を ま わ す の に ター ビ ンめ か わ り に ふ つ ヴの ガ ソ リ ン エ ン ジ ン のイ ソ ッタ フ ラ ス キ ニ 900h pを守守 っ てい た カヘ 性能 的 に は当 時の プ ロ ペ ラ機 に も 及ぱず. 開 発 は中 止され た 機 は現在. 試作 ミラノの科学技術博物 館に 保存され て い る 最 高速度330 km /h メッサーシュミット Me163 コメー卜戦闘機 ア'htJ MtJSStJrschm/tt MtJ 16 3 KomtJt勾httJr ド イツが生ん だ 世界最初の. 用 ロ ケ ッ ト 戦闘機 実 メッサ ー シ ュ ミ y ト 社のアレクサンダー リピ ッ シ ュ博士の設計 で に初飛行し 1941 年 4月 試験中に阜くも時速 1 000km を 越える 好成績 を おさめ た 燃料はメタノール+水化ヒ ド ラジ ハ 酸化 剤は過酸化 水素だ っ た 1944年 夏 に 実 戦 に 参 加 し. を迎撃した が 爆 撃機 航続時聞が き わ め て 短 い た め 大 き な戦果を あ げ る ニ とはで き な か っ た して わ が 国では 秋水 闘機 が生れ て い る -HWK509A 9.32 m d 本機 を 原 型 に 推 力 1700 kg 全幅 全長5. 69 m 総 重 量43 1 0kg km!h 武装30mm X 2 ロ ケッ ト 弾 X 局地戦 発 動 機 ワルタ 翼 面 積 最 高速度960 R 4 M対空 航続時間8 分

40 ハインケル He 178 研 究 機 アÏ1ø Høinkøl Hø 178 øxpørimøntalノ;,t planø 世 界 最 初 のター ボジェット 機 ハイ ンケル. ヒル ト 共 同 研 究 のHeS 38 型 遠 心 機 ターボ ジ ェッ ト 発 動 機 ( 推 力 500 kg ) のテ ス トベッドとして 年 に 設 計 にかか り. 翼 年 8 月 24 日. ロ ス ト ックで 初 飛 行 に 成 功 した テス ト 中 に 時 速 700 km を 出 した が. 空 軍 では 興 味 を 示 きず. 開 発 は 中 止 され た 主 翼 は 木 製, 胴 体 はジ ュラ ルミン 製 で, 燃 料 -. e はふつ うの ガソ リ ンだ っ た ハインケ ル 社 は, これ と 並 行 に. H e176 型 研 究 機 ( 液 体 燃 料 の ロケ ソ ト モー ター っ き ) を 試 作 し. 一 足 早 < 1939 年 6 月 に 初 飛 行 に 成 功 した 世 界 最 初 の 噴 射 推 進 有 人 機 であ る が, 一 般 に は. H e178 型 の 方 を, いわゆる ジェット 機 m 初 め としてい る, 伺. メッサーシュミ ッ ト Me262 戦 闘 機 内 ø Møssørschmlft Mø 262 勾 htør 世 界 最 初 の 実 用 ジェット 戦 闘 機 であ る 1942 年 7 月 18 日 に はじめ てジ ェッ ト エ ンジン を つけて 飛 んだ ヒト ラ ーは 本 機 を 爆 撃 機 にすることを 命 じ. 途 中 でま た 撤 回 し た ため, 生 産 計 画 は 混 乱 し. 大 きくおくれ る 結 果 とな っ た 1944 年 11 月 に なって. ょうやく 実 戦 に 参 加 した 戦 闘 機 型 は. 当 時 め 第 1 線 戦 闘 機 よ り 時 速 200 km 近 くも 速 い とい う 高 い 性 能 を 示 した が, すでに 制 空 権 は 連 合 軍 の 手 に 移 り. 少 数 の 本 機 は 戦 局 を 動 かす ことはで きなかっ た A - 1 a 型 は 発 動 機 ユモ0048. 推 力 900kg X2. 全 幅 12.5m. 全 長 10.6m. 翼 面 積 21.7 d. 総 重 量 6396 kg. 最 高 速 度 870km /h, 武 装 30mm X 4 総 生 産 数 1433 機 14 1

41 グロスター E28/39 研 究 機 アne Glos te r E28/39 exper"me.? tal plane イキ 1)ス 最 初 の ジェ ッ ト 機. グロス ターE 28./39 (G 4Cl)は 年 5 月 15 日 に 初 飛 行 した イ ギ リ スのジェ ット エ ン ジン 発 明 者 フ ラ ン ク ホ イ ッ ト ル 卿 の 設 計 したW. 1 型 ( 推 力 389 kg ) を 装 備 していた 試 作 機 は2 機 つくら れ 2 号 機 は43 年 4 月 に. 時 速 750 加 を 出 したが. そ の 後 事 故 に よ り 失 われた 1 号 機 は. サウスケ ン シ ン ト ン の 科 学 博 物 館 に 収 め ら れた グ ロスタ ー 杜 は. この あ と F 9./40ミーティア 戦 闘 機 を 試 作 した 本 機 は, ロールスロイス ウェ ラン ド ( 推 ブJ765 kg) を 搭 峨 年 7 月 から 都 1 線 部 隊 に 配 属 さ れ. 翌 月 には. ド イ ツのV - 1 号 を 2 機 撃 墜 す る な どの 戦 果 をあげた 142

42 (Fiese/er Fi 103) The V-I 1941年 戦局に行きづまりを感じはじめたドイツ軍は パルス ジェット(推力390kg)をつけた無人飛行爆弾を計画した 開発はフ ィーゼラ一社の手で進められ 翌42年12月には第1号が飛rJ 合軍のノルマンディー上陸の6日後. 1945年3 月 28日. ろで攻撃は終った V-2号 The t 1 03 / R 3 も1 5骨幾ほど試作され V-4号として準備中だった 日本では 東大航研の小川太一郎 谷f郎教授らが. 1945年7月 1944年6月12日 連 から設計にとりかかった 梅花 特別攻撃機があった カー1偲苫パル 最初のV-1号はイギリスに向 ス ジェット(推力300kg)で\時速6501佃と計画したが 試作未了で 号(Vは報復兵器の頭文字)と名づけられ た けて発射され V- 1 れたが 市民に与えた恐怖は大きかった 有人型としたF のべ8000発あまりを発射したとこ あった 写真左は V-l号無人機 右はV-4号街人機 速度は毎時600切だったため 6割以上が撃墜さ 弾道ミサイル レ乙2 ho/listc missile 実戦に使われた世界最初の弾道ミサイルとして た 1944年9月8 日. 月27日. 歴史に名を残し 第1弾がロンドンに向けて発射され. 最後の1弾が放たれた ち2υon発がロンドンに. この間 翌年3 発射総数は約5500発. 1600発がアントワープに落ちた う 液体酸素 とエチルアルコールを使った液体ロケットだった 注目されるの は. のちの宇宙ロ 慣性誘埠装;授の実用にはじめて成功したことで ケットの誕牛ーが. 様薬量750 kg. このとき約束された 全長14m. 全備重量13. 9t. 者弾時速度2900 km/h 143

43 ロッ キ ー ド P -80 シュ ー テン グ スタ一 戦闘機 ille L oclrlleet:l P-80 SlIoof;"タ Sfar ア メ リ カ が戦争 中 か ら 開 発 し た 単 発 ジェ ヅ ト 戦闘機 で 戦争 末 期 か ら 量 産. 戦後 に な っ て 実 用配備 さ れ た 1 950年 に朝鮮戦争 が ぽ っ 発 し た と き. 当 時日本 な ど 極東地域に進 駐 し て い た F- 80C (空 軍 独 立 に よ り Pか ら F に 記 号変更) は. 直ちに実戦に参加 し. 主 と し て 福岡め板付 基 地 を 中 心 に出撃 し た ま た速 度 記録用に改装 さ れ た X P- 80R は 年に km / h の速 度に達 し 史 上最初め時連1000 闘 を 越え る 記録 を 樹立 し た 写 真 は 朝鮮戦争 当 時. ナ パー ム 弾 を つ け た F- 80 C 発 動機ア リ ソ ン J 33-A - 23 全 長 m 推 力 2090kg 翼 面積 22. 2m 全帽1 2. 2m 総:重 量 tg 最 高速 度93Okm /h 航続距 離 2200 lon m機銃x 6 グロ ス タ ー ミ ー ティア 戦闘機 Tlle 武装 乗員1 人 G/osfer M efeor イ ギ リ ス 最初の実 用 ジ ェ ッ ト 戦闘機 と し て 第 2 次大戦 末 期 に 戦闘に参加 し て ド イツのV l 号 を 撃墜 し た ミー ティア は 戦後 も改良. 新 型 化 を 続け て 長 使 わ れ た 特 に写 真 のミ ー ティア F 8 は. オース ト ラ リ ア 空 軍 機 と し て 朝鮮戦争 に 参加 し. 出撃 し た ので\ 機 ロ ー ルス ロ イ ス kg X 2 積 32. 5n - 金浦両基 地 か ら ダー ウ ェ ン ト 8 全幅1 1. 3m 総 重 量 8. 7t 続距離 1 570km 144 岩国. 日本に も なヒみが 深 い 全 長 13. 6m 発動 推力 翼面 最 高速 度95ω但/h 航 2 伽m機関 砲 X 4 乗 員 1 入

44 Th" 戦闘機 パンパ イア デハ ビ ラ ン ド 0" Ha villa n a' viσmf"r" ミ ー テ ィ ア と と もに戦後 イ ギ リ ス の 代 表 的 な 戦 闘 機に な っ た パ ン パ イ ア は. に は 間 に合 わ な か っ た が. ス イ ス フ ラ ン ス. 第 2 次大戦 戦 後 に大 量 産 さ れ. イ ン ド な ど で も生産 さ れ て 総 機数3500 機にも達 し た 極 東 に も 配 耀 き "'7 レー の 対 ゲ リ ラ 戦に使 わ れ た こ と は 有 れ ま た 高 々 度 試 験 用 に作 ら れ た 機 体 名 であ る 年 3 月 に 1 万 m に上昇 し て 世 界 が 高 度 記録 を 作 っ て い る 年 以 降 は 練 習 機 各国 で 親 し ま れ た 型 も 生産 さ れ. 後 期 型 の FB 9 ( 熱帯 地 用 ) 発 動 機テり ピ ラ ン ド コ プ リ ン 3 全幅 m kg 全 長 9. 4m デー タ は を示 し て い る 推 力 翼 面 積 24. 3m' 総: 重 量 S. 6t 最 高 速 度882km/h 航 続 距 離 km 2伽m機 関砲 X 4 乗 員 1 人 ソ ーンダ ー ス ロ 5 R. A I 戦闘機 第 2 次 大 戦 末期に計画 さ れ た 水上 ジ ェ ッ ト 戦 闘 機 で 3 機 だ け 試作 さ れ 1 号機 が 年 ( 昭 和 22 年 ) 7 月 1 6 日 に初 飛 行 し た す でに ジ ェ ッ ト エ ン ジ ン の 発 達 な ど の 理 由 で 陸 上横 の ほ うが水上 機 よ り も有 利 な こ と が確 立 さ れて おり 本 機 が完 成 し た と き には 水上 戦 闘 機の 必 要性 が な く な っ て い た 後 日 ア メ リ カ で も コ ン ベ ア F 2 Y 水上 戦 闘 機 が 試 作 さ れ た が. こ れ も実 用 化 き れ ず. 戦 後 の 水上 戦 闘 機 は い ずれ も 日 の 目 を 見 ずに終 っ た の S R. A 1 は た だこ 与圧式 の 操 縦 席 と 脱 出用 の 射 出座 席 を は じ め て 装備 し た 機体 と し て 配 録 さ れて い る. 発動機メ ト ロ ポ リ タ ン ビ ッ カ ー ス ベ リ ルM V B 1 幅 m 度 83怯m/h 全 長 m 推 力 1475 kg X 2 総 重 量 7. 3t 2<Ãnm機 関砲 X 4 全 最高速 乗 員 1 人 Th" Sσ un a'ø rs - Ro " SR. A I

45 FくJレ X -1 Th e Be// X-I 戦 後 のア メ リ カで. 超 音 速 飛 行 にと も な う 問 題 の 研 究 のために 製 作 された. 特 蜂 実 験 機 であ る リアク シ ョ ン モ ータ 一 社 製 の ロ ケ ッ ト エ ン ジ ン を 使 用 し 年 12 月 9 日 に 最 初 の 動 力 飛 行 に 成 功. 速 をこえ, 1947 年 10 月 14 日 に 待 望 の 音 人 聞 が 操 縦 す る 最 初 の 超 音 速 機 となった 1 号 機 X -1A は. その 後. 各 部 を 改 良 して 1953 年 末 にはマ ッ ハ2. 5の 速 度 に ま で 達 したが. 後 に 墜 落 破 壇 し た 動 力 部 を 改 造 した 2 号 機 X -1B だけは, 以 後 も 熱 障 害 の 問 題 研 究 に 使 用 された ダグラス ス カイ ロケ ッ ト ととも に. 長 記 憶 に 残 る 実 験 機 であ る 発 動 機 X LR ll-r M 5. 推 力 2720 kg. 全 幅 8.5m. 全 長 10. 8m. 異 面 積 12.0m 2 総 重 量 7. 3t. 乗 員 1 人 デハ ピランド D H. 108 無 尾 翼 試 作 機 アh e Oe H,σvi//a no' 0. 珂 108 イ ギ リ スでは. 戦 後 直 ちに プラパゾ ン 計 画 に よ る 新 型 旅 客 機 の 開 発 を はじ めたが. デハ ビラ ン ド 杜 は 後 退 翼 のジ ェット 旅 客 機 を 担 当. この 主 翼 の 安 定, 操 縦 性 な どの 調 査 のた めに 無 尾 翼 の 実 験 機 を 製 作 した パイ アの 胴 体 と. この 機 体 は DHパン 推 力 L 5tのD H ゴ プ リ ン エ ン ジ ン を 使 用 した 2 機 製 作 した 原 型 機 のうち. 第 2 号 機 は 墜 落 事 故 を 起 したが. ついで 強 化 型 の 第 3 号 機 ( 写 真 の 機 体 ) を 製 作 し 年 4 月 12 日 に は100 km 周 囲 コースーとで km/hの 速 度 記 録 を 樹 立. さ ら に 9 月 6 臼 には. 急 降 下 中 に1120 km /h(マ ッ ハ1. 1)の 速 度 に 達 し. ジェット 機 とし て 最 初 の 音 速 突 破 を 記 録 した

46 , イングリ ッシュ エレク ト リ ッ ク キャ ンベラ 渇 草 償 TII. Eng h6 11 EI.c tr/c Can6.rra イ ギ リ スが 第 2 次 大 戦 末 期 に. ジェ ッ ト 戦 術 用 軽 爆 撃 機 と して 研 究 カ で も ラ イ セ ン ス 生 産 され... ーチンB -57 と 呼 ばれ た 1953 年 5 月 に を 始 め. 戦 後 あ らためて 開 発 を 進 めた 本 格 的 な 双 発 機 であ る 1946 年 は l 万 9406m, 1957 年 9 月 には2 万 1336m の 世 界 高 度 記 録 を 樹 立 して 1 月 に 発 注 し たが, 初 飛 行 は 1949 年 5 月 13 日 になっ て し ま っ た 異 弦 いる 発 動 機 R R エ イ ボン1 01, 推 力 2950 kg X 2, 全 幅 19. 5m. 全 長 19 の 広 い 特 異 な 形 の 主 翼 を 用 い. 特 に 高 々 度 性 能 にす ぐれ, 戦 闘 機 よ り. 9m, 翼 面 積 89m2, 総 重 量 20. 9t. 最 高 速 度 915 km / h, 航 続 距 離 4260 km, も 高 い 高 度 を 高 速 で 飛 ぶ 爆 撃 機 と して. 以 後 長 使 用 された アメ リ 爆 弾 2700 kg. 乗 員 2 人 ダグラ 昆 D. 騎 -1:. イ ロ-t-ツ ト T. D."I.. D. 弱 -2. SIt,..Ir. t 戦 後 の アメ リ カで, 高 速 試 験 用 に 開 発 さ れた 研 究 機 当 初 ジェ ッ ト エ ン ジ ン 装 備 の D 558-1ス カ イ ス ト リ ー ク が3 機 製 作 きれ 年 ( 昭 和 22 年 ) 5 月 末 に 初 飛 行 8 月 20 日 に は1030km/h の 速 度 記 録 を 樹 立 した 続 いてロ ケ ッ ト エ ン ジ ン 装 備 機 が3 機 製 作 され 年 2 月 4 日 に 1 番 機 の 初 飛 行 が 行 われたのが. こ の D ス カ イ ロ ケ.", ト で ある 1 凶9 5日1 年 8 月 に は? る2幻13 却O 防切n /h を 記 録 し た 発 動 機 リ ア ク シ ヨ ン. モ 一 タ 一 R 1口1 一 R M 5, 推 力 2幻72却O k匂g. 全 幅 7. 6m. 全 長 13. 8m 1 4 7

47 ボ ーイン グ 377 ス ト ラ ト ク ル ー ザ ー ( C- 9 7 ) ア'lt ø Boøinタ S tr Qto c rul sør (C-97) 第 2 次大戦の末 期 に B - 29爆 撃 機 と 同系 列 の 輸 送 機 と して 開 発 さ れ た た め. 主 翼. 尾 翼 降 着 装 置. 発 動 機 な ど はB B - 50爆 撃 機 と 共通 で. 胴 体 だ け を 2 重 円 形 に して 上半 部 を 与 圧 式 の客 室 に して 高 々 度 飛行 を 可 能 に し て い た 試 作直 後 に 戦争 が 終 っ た た め B 29の生産 ラ イ ン を 転 換 して 民 間用 の ス ト ラ ト ク ル ー ザ ー と 軍 用 の輸 送 / 空 中 給 油 機 K C 97 ス ト ラ ト フ レ イ ター が並行 し て 生産 さ れ た 民 間型 はノ ぜ ン ア メ リ カ ン 航 空 と. 外航空 ( B OA C ) 使用 き れ イ ギ リ ス海 ノー ス ウ エ ス ト 航 空 な ど で 太 平 洋線に も 就 航 し て 日 本 に 姿 を 見 せ. 空 飛 ぶ ホ テJレ' と して も て はや さ れ た 発 動 機 P&W 全 幅43. 1 m R T S B 3 全長33.6 m 35 h p X 4 翼 面 積 164 m ' 総 重 量64.8 t 最 高速 度 600km /h 航 続 距 離69ookm 乗員 5 人. ダグラ ス D C- 4 ( C- 54 スカイマ ス タ ー) Thø (}o uタ/as OC - 4 乗 客 人 ( C Skym as tø r ) 第 2 次大戦前 の1 938年(昭 和 13 年 ) 6月 に 完 成 した 原 型 機 を. な り 小 型 化 して 量産 中 に 戦争 と 以 後 軍 用 輸送 機 と し て 1 000機 以 上 量産 し た 4 発 輸 送 機 大戦中 は も っ ぱ ら 後 方 地 域 で 補 給 輸送 に 使 用 さ れ た ので. な 活 躍 はし な か っ た が ン大空 輸 や あ ま り 花やか 戦後 に な っ て ベ ル リ 米軍 用 航 空 輸送 部 ( M AT S ) で の活 躍 で 名 を あ げ た 用 に 払下 げ ら れ. 戦後 は約 300 機 が 民 間 各 航 空 会 社の長 距 離. 航 空 路 開 発 の尖 兵 と して 使 わ れ. 74機 生産 さ れ た 発 動 機 P&W 海外 純 民 間型 も R 20oo hp X 4 全 幅35. 8m 全長28. 9m 翼 面 積 m 2 総 重 量33. l t 航 続 距 離6300 km 148 最 高速 度 43 0km /h 乗員 5 人. 乗 客 人

48 ロッキー ド 649 ::::a ンステレーシ ン ( C- 69 ) TII. ιoclrll..#i 649 ConH.llat;o n (C-69) 1939 年 にアメ リ カ の ト ラ ン スワール ド 航 空 がスポンサ ー と な 態 を も っ と い わ れ. 以 後 749( 軍 用 名 C-121) (スーパー コ っ て, 亜 成 層 圏 用 旅 客 機 と して 開 発, 原 型 機 が 完 成 したと こ ろ ニーに 1649 ( ス タ ー ラ イ ナ ー ) と レ シプロ 旅 客 機 の 最 後 を かぎ で 戦 争 に な り. 箪 用 輸 送 機 C-69 と し て 生 産 をはじ めた 終 戦 と る 機 体 に 発 達 した 発 動 機 ラ イ ト サイ ク ロ ン R 3350ーC と も に, これらの 生 産 中 の 機 体 は 再 び 民 間 用 と な って. ト ラ ン hp x 4. 全 幅 37. 5m. 全 長 34.6m. 翼 面 積 153m2 総 重 量 48.6t. スワール ド, ノ マンアメ リ カ ンの 両 社 で 最 新 鋭. 高 性 能 の 長 距 離 最 高 速 度 555km/h. 航 続 距 離 4800krn. 乗 員 5 人, 乗 客 人 用 機 と して 活 躍 をはじめた 戦 後 の 旅 客 機 中 でも 最 も 美 しい 姿 ピッ カース,イ カウン ト 700 Tll e VIë:lrer.r Vi.rcDun t 700 -rh TI イ ギ リ スでは 戦 争 中 の 1943 年 ( 昭 和 国 年 ) に, プ ラパゾ ン 委 員 会 に 量 産 機 ノ イ カ ウ ン ト 700 を 魁 作 した こ の 機 体 は 完 成 が1952 年 8 月 よ っ て 戦 後 の 民 間 輸 送 機 計 画 の 研 究 を 進 め, ガ ス タービ ン でプロ ペラ を 駆 動 す る ターボ プ ロ ッ プ 方 式 の 4 発 機 開 発 を ビ ッ カ ース 杜 に 担 当 させた 1948 年 に 原 型 機,イ カ ウ ン ト603が 完 成 し た が. BE 就 航 は1953 年 4 月 になったが. 戦 後 の 傑 作 旅 客 機 と して 長 名 を と どめる こ と に な っ た 発 動 機 ロール スロ イ ス ダー ト shp x 4. 全 幅 28.5m. 全 長 24.7m. 翼 面 積 89.4m2 総 重 量 27.2t. 最 高 A 航 空 の 助 力 で 行 な っ た 実 用 試 験 がき わめて 好 調 なために. さ ら に 速 度 520krn/h. 航 続 距 離 2300km. 乗 員 3 人. 乗 客 人 ( 写 真 は 推 力 を50% も 強 化 したダー ト 新 型 エ ン ジ ン を 使 用 して, 大 型 化 した 後 期 型 のパイ カ ウ ン ト 8 12) 1.. 9

49 東 西 の 対 立 とベルリン 大 空 輸 ア" ø A,rんTt 〆 or Børん 万 第 2 次 大 戦 の 終 了 後, ソ 連 を 中 心 にする 共 産 圏 ( 東 側 ) 諸 国 と, アメ リ カ, イ キ 1) ス な ど の 西 欧 自 由 圏 ( 西 側 ) 諸 国 と の 対 立 が 激 化 した 特 に 東 西 に 2 分 して 占 領 され ている ド イ ツ は. 両 陣 営 の 対 立 の 接 点 と して, その 影 を 強 受 けていた 1948 年 ( 昭 和 23 年 ) 6 月. 東 ド イ ツ 内 にポツン と 残 され. アメ リ カ. イ ギ リ ス. フ ラ ン ス, ソ 連 の 4 国 管 理 下 に あ っ た ベ ル リ ンは, ソ 連 側 と 東 ドイ ツ 政 府 に よ っ て 交 通 を しゃ 断 され, 市 民 の 生 存 が 危 機 に lliãっ た アメ リ カ. イ ギ リ ス 両 国 は, 空 軍 の 大 型 輸 送 機 を 投 入 し て 空 輸 に よ り 食 組 か ら 燃 料 に い た る ま で. 西 側 から 補 給 し 続 け た これにカ ナ ダ 軍事 の 輸 送 機 も 加 わっ て 動 貝 された 輸 送 機 は 計 540 機, 第 1 日 に80t だっ た 空 輸 量 は 最 盛 期 には 1.B 1 万 2941t を 記 録 し, 翌 1949 年 9 月 ま での15カ 月 間 で 合 計 232 万 5000t の 物 資 を 送 り. ついに 東 側 の 包 囲 を 無 意 味 に して 事 態 を 解 決 し た 第 2 次 大 戦 以 後 本 格 化 した 空 輸 の 威 力 を 実 証 し. その 地 位 を 確 立 させた 大 記 録 であ る 写 真 は 西 ベル リ ン の 子 ン ベJレホフ 飛 行 場 の 状 況 で. 着 陸 す る ダグラ ス D C -4 ( 上 ), 地 上 作 業 中 の ダグラ ス C -47( 左 ), 閉 じ く フェア チャ イ Jレ ド C - 82 ( 左 下 ) の 各 機 1 5 0

50 アメ リ カ 戦 略 航 空 軍 の 艦 生 と コ ンベ アB -36 TIt.. Convaか B- 36 and tlt. Bir tlt 0 〆 U.S. Sfra t.gic Air Command 第 2 次 世 界 大 戦 て\ 戦 略 爆 撃 の 威 力 を 世 界 に 示 したアメ リ カ は, 戦 後 の 東 西 対 立 の 情 勢 に 対 応 して, 戦 略 航 空 軍 ( S A C ) を 建 設 し た 当 初 はボ ー イ ン グB -29 が 中 心 だっ たが, 1947 年 9 月 の 空 軍 独 立 後 は 超 大 型 の コ ン ベ ア B -36 を 完 成. この 大 陸 間 飛 行 可 能 な 機 体 が 主 力 になった B -36は 発 動 機 p & W R oohp X 6 に 推 力 23 ookg のG E,J 47-G E -10ジ ェ ッ ト エ ン ジ ン 2 基 を 付 加 し. 全 幅 70. 1m, 全 長 49. 4m, 翼 面 積 m2, 総 重 量 18lt, 最 高 速 度 640 km/h, 20 問 機 関 砲 X 16, 乗 員 15 人 ポーイング B-47 ス ト ラ ト ジ ェ ッ ト ア';'. Bo.ing 8-47 Sfra foノ f 戦 後 のアメ リ カ 空 軍 戦 略 攻 撃 力 の. 基 礎 を 確 立 したジェ ッ ト 爆 撃 機 戦 争 中 にB -29のジェ ッ トイじか ら 研 究 を 進 め, 戦 後 は 新 しい 発 想 による 後 退 角 っ き 可 捜 主 翼 を 採 用 し て 設 計, 1947 年 に 原 型 が 完 成 した ジェ ッ ト エ ン ジ ン 6 基 を ポッ ド 形 式 に 装 備 して, 画 期 的 な 高 速 と 航 続 力 で. 新 時 代 を 聞 いた 機 体 であ る 1957 年 ま で10 年 に わ たって2000 機 以 上 が 量 産 さ れ. 戦 略 航 空 軍 の 主 力 機 と し て 使 用 され た 発 動 機 G E. J 47-G E -23, 推 プ)2610 kg X 6, 全 幅 35. 4m, 全 長 33. 5m. 翼 面 積 130m 2 総 重 量 90 t, 最 高 速 度 1000 同 /h, 航 続 距 離 42 00km,20 mm 機 関 砲 X 2, 録 弾 最 大 9000 kg, 乗 員 3 人 1 5 1

51 .III'UIIIO, IIIIIII'IIIIIII I11I11I'IIIIII H IlIIlIt'tlflln, 1 I111It'llIlIu,mlllll'lIl1n I I I1I 1U 1II1II 1, li lilliiltllt1hiltililj.tltlti t IItIIl'IIIIII lt1l1l1l1'lli lin I II UIU Ulllh(IItItIl'llIlt ll onllltl'iii1j11.uiiiiiiiiiiiii HUlIIII.1II1111 J 句 111I1.1I1 1 11I1'IIIIII"'"'"I'UI l11o.1i1 百 式 司 令 部 偵 察 機 飛 龍 図 式 重 爆 撃 機 '" H - l 侃 一一 ふ 一一 -1 号 飛 行 爆 弾... H 号 弾 道 ミサイル 143 フェアチャイルド C フェアチャイJレドC -119 ー 一 156 フ ォγカ -F27 フ レ ンドジ7プ 1 フ ォ ッ タ ウノレ フ F W1 叩... 一 一 7 富 設 J 特 攻 機 一 H 富 士 FA2 ェ ア ロ ス パ ル ー 196 富 士 K M - - 一 一 169 富 士 T-1 ジ ェ ッ ト 練 習 機 ー 1 富 士 ベル HU-1 B 富 士 L M-1 連 絡 機 177 一一 一へー一 一一 一 ベ Jレ X 1 一... ー 146 一一 ほ 一一 ボーイ ングB-17 フオー ト レス 爆 撃 機 50 ボ ー イング B -29ス } パ ー フ オ ー トレス 機 一 134 ボ ー イソグB-47ス トラ ト ジ ェッ ト ボーイ ングB-52.題提堅機 一 一 ー193 ボ ー イソグ 377ス ト ラ ト ク ノレ ー ザ 一 一... 1 ボ ーイ ソ グ 7fJ7 ー ー... 1 ボーイ ン グ 一 191, 199 ボ ー イング ボーイング coj. 8. 2,204 ホ ー カ ー タ イ フ ー γ 戦 闘 援 一 80 一一ー ま 一一 一 マ ーチンB-26 マ ロ ーダー 爆 撃 機 -.83 マ タダネJレ タ. グ ラスF -4 ファソトムII マレー 沖 海 睦 一 15 一一 一 み 一一 一 ミ グ15 戦 闘 機... H ミ グ21 戦 闘 接 193 ミ ッ ド ウ ェ ー 海 戟... H H.47 三 菱 MU-2G 型 ピタネス 機.. coj. 7, 197 南 太 平 洋 海 戟 一一 一 め 一一 一 メ ヲ サ ー シ ュ ミ ヲ ト Me163 コメー ト 戦 闘 機 ー 140 メ y サーシ ュ ミ ヲ ト Me262 戦 闘 機 一 141 一一ー も 一一 一 もく 星 号 マ ー チ ン , 161 一一 一 ゆ 一一 一 ユ ソ カ ース J u 88-7, 一一 一 よ 一一 一 よ ど 号 事 件 却 4 よみう り Y -1 型 ヘ リ コプタ ー 166 よみう り 平 和 号 - 1 一一 一- Ij 一一 雷 電 J 局 地 戦 闘 機 70 落 下 傘 部 隊 海 軍 陸 軍 ラ パ ウル 航 空 隊... 一一 一 り 一一 一 リパブリ ッ クF-84サ ンダージェッ ト 153 リパブリ ックP -47サ ンダーボル ト 鞍 闘 機 ー 流 星 J 艦 上 攻 撃 機 - 1 一一 一 れ 一一 烈風 J 艦 上 戦 闘 棲... H... H... H. 1 連 合 軍 の 空 挺 作 戦...77 連 山 陸 上 大 型 攻 撃 機... H. 105 一一 ろ 一一 ロ y キー ド C-5キ ャ ラクシー... 笈)() ロ ヲ キ ー ド E C-121 ー 一..194 ロ ッ キ ー ド F-104 J ロヲキー ド P 2V-7 哨 戒 機 ー. 179 ロッキ ード P -38 ライ ト ニソグ 鞍 闘 機..42 ロ ッ キ ー ド P -80 ン ュ ー テング スター ロ ッ キ ー ド PV2パ ー プ ン 哨 戒 楼 17 ロッキー ド S R ロ ヲ キ ー ド T-33 A クェッ ト 練 習 機 181 ロッキー ド U-2 特 殊 偵 察 機.192 1""キード 649コ ンステ レーショ ソ 149 ー一 一一 一-.0 一一 Y S -l 1 表 紙 196 世 界 の 翼 別 冊 航 空 70 年 史,- 2 隼 か ら おおすみ まで 定 価 800 円 朝 日 新 聞 社 1970 年 Printed in ]apan 昭 和 45 年 6 月 25 日 発 行 編 集 発 行 者 / 朝 日 新 聞 社 宇 野 博 印 刷 所 / 千 代 田 グ ラビア 印 刷 明 善 印 刷 発 行 所 / 朝 日 新 聞 社 東 京 都 千 代 田 区 有 楽 町 く > 郵 便 番 号 100 大 阪 市 北 区 中 之 島 く > 郵 便 番 号 530 北 九 州 市 小 倉 区 砂 津 く > 郵 便 番 号

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

3 会 場 使 用 費 の 支 払 い 大 会 当 日, 会 場 使 用 費 を 各 学 校 ご と に ま と め て 大 会 本 部 に 納 め る 4 各 地 区 主 任 に よ る 手 続 き 各 地 区 主 任 は, 参 加 校 分 の 大 会 申 込 書 地 区 大 会 結 果 を 代

3 会 場 使 用 費 の 支 払 い 大 会 当 日, 会 場 使 用 費 を 各 学 校 ご と に ま と め て 大 会 本 部 に 納 め る 4 各 地 区 主 任 に よ る 手 続 き 各 地 区 主 任 は, 参 加 校 分 の 大 会 申 込 書 地 区 大 会 結 果 を 代 平 成 2 8 年 度 栃 木 県 中 学 校 春 季 体 育 大 会 水 競 技 大 会 要 項 1. 日 時 7 月 8 日 ( 金 ) 9 日 ( 土 ) 雨 天 決 行 8 時 1 0 分 受 付 完 了 ( 学 校 受 付 及 び 競 技 役 員 受 付 ) 2. 会 場 栃 木 県 立 温 水 プ ー ル 館 3. 参 加 資 格 栃 木 県 中 学 校 体 育 連 盟 の 学 校 に

More information

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15 グ エ カ ナ カ レ ビ コ ピ ヤ キ ヴ ミ ク リ 歳 レ ミ リ シ ッ ュ マ ィ カ リ ネ 未 ラ テ ビ ノ ド ク ニ シ ジ ノ カ ィ ア エ キ テ リ ド ョ オ ベ ハ フ 勝 ナ チ レ モ ッ ャ ィ ラ ネ ウ ク 利 カ ャ ロ プ ガ ラ ゴ レ サ ウ ヤ ズ マ シ レ テ ッ ッ フ ザ バ マ ョ デ ィ キ シ ナ ィ ュ ミ 10 10 オ ぇ 9

More information

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ ア イ う え ェ ぃ う え ア イ ぃ ぃ ぅ ェ か う て ぱ 5 6 5 1 1 1 11 9 1 1 9 11 9 7 づ っ 川 田 武 幸 藤 懸 松 田 藤 田 田 中 勝 横 山 和 高 倉 稜 リポ 池 添 大 野 北 村 宏 中 舘 吉 田 豊 武 幸 浜 中 2 8 2 8 8 72 8 2 78 16 5 2 98 78 ば 注 中 ク メ パ ロ ア グ ピ ア ア ル

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 卒 業 生 を 対 象 とした 調 査 (OB OG アンケート)の 結 果 について 1 は じ め に 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 で は 本 校 の 教 育 水 準 の 向 上 や 教 育 内 容 の 充 実 と 改 善 を 目 的 と し て 本 校 の 前 身 校 で あ る 東 京 都 立 工 業 高 等

More information

第 49 回 全 日 本 実 業 団 バドミントン 選 手 権 大 会 ( 長 岡 京 ) 男 子 団 体 1 N T T 東 日 本 ( 東 京 ) 77 ト ナ ミ 運 輸 ( 富 山 ) 2 日 立 高 崎 ( 群 馬 ) 5 89 105 78 北 陸 電 力 福 井 ( 福 井 ) 1 4 2 21 東 芝 姫 路 ( 兵 庫 ) 0 2 79 N E C 相 模 原 ( 神 奈 川 )

More information

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下 注 小 パ ブ ヤ タ メ フ シ ヤ キ ロ セ ウ マ オ サ 歳 ラ マ マ ジ ャ マ ネ ゴ テ ィ ウ 未 デ ホ モ シ ニ オ マ キ ク シ ザ ィ ダ ト リ ョ マ パ ト テ ナ ャ 勝 ト ウ ザ ジ ピ ク テ パ リ ッ 利 ア ギ ラ ウ ゼ ヨ キ ア テ ブ オ モ バ カ カ マ フ グ ク ナ 9 い え ぃ え ぅ 7 9 11 馬 内 田 博 幸 武 幸

More information

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ デ コ サ エ サ イ デ ゴ オ ウ ウ レ ニ シ 歳 ル ウ ビ ウ ロ ラ ッ ソ イ モ ゲ 未 マ ザ ス ス リ ン ド バ ブ ン ン チ ル ア ン ナ ワ セ テ マ キ ネ テ ェ オ 勝 ク バ ク ン レ ザ ア オ ィ ワ 利 ビ ニ レ ク ロ ゥ リ ル リ チ ス ル ク ャ タ ラ ン プ 9 ぅ え ウ ヌ 1 7 2 6 馬 北 村 宏 江 田 照 柴 田 大

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

人見知りを克服する方法

人見知りを克服する方法 - 1 著 作 権 に つ い て 本 教 材 の 著 作 権 は 発 行 者 に あ り ま す 発 行 者 の 書 面 に よ る 事 前 許 可 無 く 本 教 材 の 一 部 ま た は 全 部 を あ ら ゆ る デ ー タ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 フ ァ イ ル な ど ) に よ り 複 製 流 用 お よ び 転 売 ( オ ー ク シ ョ ン 含 む ) す る こ

More information

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx 特 集 : Query & Analysis の 仕 訳 転 送 機 能 SunSystems と 連 携 し て 使 用 す る こ と が で き る Infor Performance Management Query&Analysis( 以 下 Q&A) ( 旧 : SunSystems Vision ) と い う 製 品 が あ り ま す Q&A は Microsoft Excel の

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

47 高 校 講 座 モ オ モ 圏 比 較 危 述 覚 普 第 章 : 活

47 高 校 講 座 モ オ モ 圏 比 較 危 述 覚 普 第 章 : 活 46 高 校 講 座 モ オ モ 型 新 古 前 材 広 前 半 筆 覚 推 追 求 従 推 流 丁 寧 追 次 ぞ 押 捉 筆 析 構 造 後 半 始 旧 友 賀 状 転 例 図 察 深 成 子 親 友 先 周 々 方 身 選 成 長 偏 覚 性 直 今 作 エ 解 深 講 師 吉 田 光 ポイ 空 虚 二 第 二 1 2 3 第 1 好 2 3 第 章 : 活 第 章 : 活 47 高 校 講

More information

名称

名称 平 成 20 年 度 ライフサイクルコスト 管 理 年 次 報 告 書 装 備 施 設 本 部 平 成 20 年 8 月 27 日 目 次 次 期 固 定 翼 哨 戒 機 P-1 1 装 備 品 の 概 要 2 2 LCCグラフ( 累 積 ) 3 3 LCC 算 定 方 法 及 び 前 提 条 件 等 3 4 CBS 総 括 表 4 5 LCCに 影 響 を 与 えうる 要 因 5 戦 闘 機 F-2

More information

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱 平 成 28 年 3 月 17 日 株 式 会 社 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の 取 扱 停 止 および ウェルカム セレクション の 取 扱 条 件 変 更 のお 知 らせ 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の お 取 り 扱 い を 誠 に 勝 手 な が ら 平 成 28 年 3

More information

001-010 はじめに.indd

001-010 はじめに.indd 00 手 取 大 丈 夫 誰 言 実 最 近 型 仕 ご 頑 張 出 疲 布 団 入 ぜ 眠 不 規 則 生 活 レ 便 秘 下 痢 生 活 習 慣 病 恐 生 活 習 慣 変 診 断 ろ ろ 言 勉 強 調 002 一 度 一 当 項 目 役 立 ぜ 対 一 倍 考 挙 句 改 善 製 薬 会 社 入 社 取 組 言 ぎ 研 究 私 ぎ 研 究 お お 説 明 ろ 突 然 聞 よ ジ 持 私 製

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

第1回

第1回 やすだ 社 会 学 研 究 法 a( 2015 年 度 春 学 期 担 当 : 保 田 ) 基 礎 分 析 ( 1): 一 変 量 / 二 変 量 の 分 析 SPSSの 基 礎 テ キ ス ト pp.1-29 pp.255-257 デ ー タ の 入 力 [ デ ー タ ビ ュ ー ] で Excelの よ う に 直 接 入 力 で き る [ 変 数 ビ ュ ー ] で 変 数 の 情 報 を

More information

ら 情 報 せ 先 先 ホムペジ

ら 情 報 せ 先 先 ホムペジ 菊 池 川 大 橋 橋 長 メトル ホムペジ http://www.city.tamana.lg.jp 携 帯 ホムペジ http://www.city.tamana.lg.jp/i ら 情 報 せ 先 先 ホムペジ http://www.city.tamana.lg.jp..5 役 5 代 横 島 4 代 岱 明 5 代 天 水 代..5 再 ウ ォ ミ グ プ コ 年 再 対 象 技 術 得 目

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

ずれの 年 度 においても これら 在 職 機 関 と 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 との 間 で 締 結 された 契 約 の 総 額 が 当 該 年 度 における 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 の 売 上 額 の 総 額 に 占 める 割 合 (いずれの 年 度 も0%)は 2

ずれの 年 度 においても これら 在 職 機 関 と 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 との 間 で 締 結 された 契 約 の 総 額 が 当 該 年 度 における 住 商 エアロシステム 株 式 会 社 の 売 上 額 の 総 額 に 占 める 割 合 (いずれの 年 度 も0%)は 2 議 決 承 認 申 請 者 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 付 陸 将 補 荒 瀬 弘 毅 主 文 本 件 承 認 申 請 は 承 認 すべきものと 認 定 する 事 実 関 係 1 承 認 申 請 者 陸 将 補 荒 瀬 弘 毅 ( 以 下 申 請 者 という )は 平 成 26 年 4 月 21 日 付 で 自 衛 隊 を 退 職 し 平 成 26 年 6 月 10 日 付 で 住 商 エアロ

More information

0605調査用紙(公民)

0605調査用紙(公民) 社 会 公 民 番 号 2 略 称 東 京 書 籍 書 名 新 編 新 し 公 民 1 基 礎 基 本 確 実 な 定 着 を 図 るため を 促 すため や 個 応 じた 3 単 元 ( 単 元 設 定 4 各 年 ( び や 考 え 展 開 5 特 徴 的 な 単 元 おけ る 課 題 関 わり 等 ア 1 単 位 時 間 ( 見 開 き 2 頁 ) 毎 課 題 を 設 定 し 課 題 関 連

More information

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録 平 政 種 郵 便 物 認 可 連 載 誘 致 紹 介 電 沖 縄 落 戻 背 景 説 西 南 沖 縄 美 素 晴 ゴ 礁 起 伏 富 形 然 恵 6 平 太 求 先 寒 ピ 下 依 存 球 バ ァ 続 春 軍 崎 移 苦 境 直 面 千 ァ 幅 太 統 頼 呼 模 風 媚 豊 遺 産 紀 6 紀 拠 豪 族 墓 掘 井 戸 深 遺 跡 実 際 十 切 モ 隠 計 認 獲 ギ 応 述 対 青 先 候

More information

(Microsoft Word - \211\357\213c\230^)

(Microsoft Word - \211\357\213c\230^) 平 成 2 5 年 度 第 1 回 和 歌 山 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 概 要 1. 開 催 日 時 平 成 2 5 年 1 2 月 1 8 日 ( 水 ) 午 後 1 時 3 0 分 か ら 2. 開 催 場 所 和 歌 山 日 赤 会 館 1 階 会 議 室 3. 出 欠 状 況 出 席 委 員 辻 田 育 文 委 員 上 林 雄 史 郎 委 員 市 川 晃 委 員

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

教育委員会会議録

教育委員会会議録 4 月 定 例 教 育 委 員 会 報 告 1 開 催 日 時 平 成 2 5 年 4 月 2 5 日 ( 木 ) 1 3 : 3 0 ~ 1 6 : 15 2 出 席 者 委 員 松 尾 洋 子 委 員 永 田 政 信 委 員 野 口 哲 彦 委 員 江 口 真 由 美 教 育 長 黒 田 哲 夫 事 務 局 教 育 次 長 山 下 健 一 郎 教 育 総 務 市 瀬 昭 広 教 育 総 務 課

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

理数科1年校外研修しおり

理数科1年校外研修しおり 理 数 科 1 年 生, 蒜 山 研 修 に 行 っ て き ま し た 8 月 1 日 ( 木 ) 最 初 の 研 修 : 岡 山 大 学 地 球 物 質 科 学 研 究 セ ン タ ー ( 鳥 取 県 三 朝 ) 研 究 セ ン タ ー の 研 究 に つ い て の 講 演 の 後, 班 別 に 分 か れ, 隕 石 や 地 球 を つ く る 物 質 の 観 察, 超 高 圧 発 生 装 置

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 入 出 荷 棚 卸 収 集 Biz スタートパック 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 8 章 パ ソ コ ン の

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 芽 室 町 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 歳 出 額 A 21 年 度 1 9, 3 7 6 1 1, 3 4, 9 4 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A 1 6, 3 9 3 9 9 6, 541 8. 8 1 ( 参

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の(

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の( 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プ ロポーザル 実 施 要 領 1 趣 旨 こ の 実 施 要 領 は 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 と い う ) の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プ ロ ポ ー ザ

More information

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4)

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 三 様 式 ( 第 六 条 関 係 )(A4 ) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 の 規 定 によ り 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 し ま す こ の 報 告 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありま せん 特 定 行 政 庁 上 田 市 長 様 平 成 年 月 日

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb じ 効 用 3 7 功 罪 定 義 違 先 入 観 名 称 科 ロ 意 味 歴 史 会 弟 子 入 志 願 近 代 ち 生 強 歩 む 武 器 持 53 武 器 武 器 選 択 会 社 員 教 師 武 器 持 転 機 先 輩 死 企 ガ ゴ 化 甘 独 立 起 独 立 後 窮 地 救 本 ァ 勇 気 3 思 想 編 73 企 受 入 相 驚 創 ブ チ 切 自 分 本 質 高 選 由 身 ほ 6 由

More information

0807.indd

0807.indd 世 界 選 手 権 ボラティア 募 集 宝 くじスポツフェア ドリム ベスボ 平 成 20 年 度 スポツ 教 室 受 講 生 募 集 今 月 の 話 題 Monthly Topics バ ベ キ ュ 交 流 開 催 ボ ラ テ ィ ア に よ る 横 穴 付 近 の 環 境 整 備 を 実 施 バ ボ 7/13 7/13 7/12 7/12 7/6 7/6 7/11 7/11 第 3 回 親 子

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 H23/4/25 に 第 9 回 通 常 総 会 理 事 会 で 採 択 済 H23/12 月 現 在 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に

More information

編 5ヶ 月 6 総 論 7 抜 ピ ド ピ ド 速 永 久 繰 ロ セ 慣 容 易 結 共 通 決 々 5 照 づ 具 ご 紹 介 与 監 査 比 較 場 限 提 始 箇 提 進 ご 安 心 話 提 与 監 査 雑 把 与 締 役 緒 算 類 作 機 関 従 来 税 始 忘 生 物 繰 切 忘 葉

編 5ヶ 月 6 総 論 7 抜 ピ ド ピ ド 速 永 久 繰 ロ セ 慣 容 易 結 共 通 決 々 5 照 づ 具 ご 紹 介 与 監 査 比 較 場 限 提 始 箇 提 進 ご 安 心 話 提 与 監 査 雑 把 与 締 役 緒 算 類 作 機 関 従 来 税 始 忘 生 物 繰 切 忘 葉 編 5ヶ 月 6 総 論 7 抜 ピ ド ピ ド 速 永 久 繰 ロ セ 慣 容 易 結 共 通 決 々 5 照 づ 具 ご 紹 介 与 監 査 比 較 場 限 提 始 箇 提 進 ご 安 心 話 提 与 監 査 雑 把 与 締 役 緒 算 類 作 機 関 従 来 税 始 忘 生 物 繰 切 忘 葉 辞 引 忘 葉 聞 兆 蓄 積 科 世 正 総 論 省 略 編 5ヶ 月 98 ソ 99 王 道 事

More information

富 山 市 総 合 体 育 館 9 月 利 用 案 内 H28 8 月 20 日 作 成 1 木 2 金 3 土 8ー13 13-17 ま つ わ か 保 育 園 運 動 会 富 山 県 教 職 員 組 合 特 別 新 学 校 支 部 青 年 部 の 集 い 8ー21:30 新 庄 交 流 会 (

富 山 市 総 合 体 育 館 9 月 利 用 案 内 H28 8 月 20 日 作 成 1 木 2 金 3 土 8ー13 13-17 ま つ わ か 保 育 園 運 動 会 富 山 県 教 職 員 組 合 特 別 新 学 校 支 部 青 年 部 の 集 い 8ー21:30 新 庄 交 流 会 ( 富 山 市 総 合 体 育 館 10 月 利 用 案 内 H28 9 月 20 日 作 成 第 1 ア リ ー ナ 第 2 ア リ ー ナ ランニングコース フィットネス 1 土 9ー21:30 2 0 1 6-1 7 B 1 リ ー グ 戦 富 山 グ ラ ウ ジ ー ズ 対 三 遠 ネ オ フ ェ ニ ッ ク ス 9ー21:30 2 0 1 6-1 7 B 1 リ ー グ 戦 富 山 グ ラ ウ

More information

ATOK Syncの設定方法と使い方(Mac用)

ATOK Syncの設定方法と使い方(Mac用) ATOK Sync ア ド バ ン ス 設 定 方 法 と 使 い 方 ~ Mac 版 を お 使 い の 方 へ ~ ATOK Sync ア ド バ ン ス と は 単 語 登 録 や 学 習 し た 内 容 を 保 存 す る ユ ー ザ ー 辞 書 や お 気 に 入 り 文 書 省 入 力 デ ー タ 確 定 履 歴 の デ ー タ な ど を イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の サ ー バ

More information

Taro-HPお知らせ(南関東局)

Taro-HPお知らせ(南関東局) 27.3.9 南 関 東 防 衛 局 企 画 部 防 音 対 策 課 平 成 27 年 度 における 住 宅 防 音 事 業 に 係 る 事 務 手 続 補 助 等 業 務 について お 知 らせ 1 事 務 手 続 補 助 等 業 務 の 目 的 等 防 衛 省 においては 自 衛 隊 等 の 砲 撃 を 主 とする 射 撃 爆 撃 その 他 火 薬 類 の 使 用 の 頻 繁 な 実 施 により

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2 地 区 N0 施 設 名 1 日 向 公 園 旧 海 軍 運 輸 部 日 向 地 区 1,509-3 昭 和 26 年 3 月 2 日 昭 和 26 年 6 月 1 日 2 夏 島 小 学 校 旧 海 軍 鉈 切 山 用 地 21,302-12 昭 和 29 年 12 月 20 日 昭 和 31 年 11 月 7 日 3 鷹 取 公 園 旧 海 軍 追 浜 高 等 官 宿 舎 11,963-17 昭

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級 伊 江 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 4,822 8,663,924 25,2 91,719 1.4 17.1 (2) 職 員 給 与 費

More information

Taro-産教連原稿2009-1.jtd

Taro-産教連原稿2009-1.jtd エ ネ ル ギ ー 変 換 を ど う 教 え る か -エ ネ ル ギ ー 変 換 - 居 川 幸 三 は じ め に 教 育 課 程 の 移 行 期 に 入 り B. エ ネ ル ギ ー 変 換 に 関 す る 技 術 の 内 容 を ど の よ う に す れ ば い い か 毎 回 の 事 な が ら 先 生 方 の 悩 む と こ ろ で あ る し か し 指 示 さ れ て い る と

More information

インターネット取引に関する調査結果(平成13年3月末)について

インターネット取引に関する調査結果(平成13年3月末)について インターネット 取 引 に 関 する 調 査 結 果 ( 平 成 27 年 9 月 末 )について 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 証 券 業 協 会 本 協 会 では 平 成 27 年 9 月 末 におけるインターネット 取 引 に 関 する 調 査 を 実 施 し 以 下 のとおり インターネット 取 引 を 行 っている 会 員 の 状 況 を 取 りまとめた 1. 取 扱 会

More information

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 む 雰 囲 製 作 者 英 語 授 業 習 訳 堅 苦 役 割 メ カ ム ド ク ッ シ ャ 面 白 自 発 想 ぼ 今 度 空 読 今 入 付 会 主 導 権 握 題 換 タ ミ ン グ 全 次 第 天 然 周 来 楽 百 倍 百 倍

More information

報 /200. 説 民 34 1 4 ( 昭 和 4 ) 夏 街 緑!!! 31 10 公 園 記 念 式 典 清 掃 活 子 4 5 10 陸 競 技 舞 台 最 規 模 野 5 万 超 企 画 運 営 担 20 30 地 元 佐 藤 的 数 少 進 ボ ア タ 40 組 超 無 償 協 縁 下

報 /200. 説 民 34 1 4 ( 昭 和 4 ) 夏 街 緑!!! 31 10 公 園 記 念 式 典 清 掃 活 子 4 5 10 陸 競 技 舞 台 最 規 模 野 5 万 超 企 画 運 営 担 20 30 地 元 佐 藤 的 数 少 進 ボ ア タ 40 組 超 無 償 協 縁 下 1 埋 尽 観 客 デ ミカ 興 奮! 2ホセョ( 管 器 ) 奏 光 エデ 藩 &リエ エレ 3 観 客 総 立 ノリノリ! 東 北 呼 変 昭 和 4 万 超 説 情 熱 注 ぎ 込 受 継 ぎ 報 /200. 報 /200. 説 民 34 1 4 ( 昭 和 4 ) 夏 街 緑!!! 31 10 公 園 記 念 式 典 清 掃 活 子 4 5 10 陸 競 技 舞 台 最 規 模 野 5 万

More information

                         庁議案件No

                         庁議案件No 庁 議 案 件 No.1 平 成 24 年 4 月 24 日 所 管 市 長 公 室 企 画 部 件 名 関 西 広 域 連 合 への 加 入 について 経 過 現 状 政 策 課 題 対 応 方 針 今 後 の 取 組 ( 案 ) 関 係 局 と の 政 策 連 携 関 西 広 域 連 合 の 概 要 複 数 府 県 により 設 立 される 全 国 初 の 広 域 連 合 として 平 成 22 年

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

退職互助だより第138号/第138号

退職互助だより第138号/第138号 部 だ よ 水分補給ヤシノ実 移 動 す ワ ゴ 車 六 溺 考 え せ 勿 論 熱 帯 本 違 う 石 油 文 明 若 連 婦 大 阪 今 回 利 用 社 設 定 コ ロ 若 姿 目 立 列 サ ー フ ィ ボ ー ド 携 帯 笑 顔 農 園 拓 く 居 周 樹 木 繁 せ 水 引 涼 く 啼 戒 キ 社 種 ア 現 ゲ 心 通 共 圧 地 グ 過 存 ヒ 倒 運 サ す つ 的 転 く 道 長

More information

号 領 命 地 震 長 損 害 医 療 医 療 領 機 構 配 偶 容 引 落 止 借 延 長 象 居 延 長 取 居 開 始 見 直 準 化 仮 係 毎 仮 算 仮 降 止 転 継 津 署 土 祝 開 設 テ ク ス ピ ア 阪 [ 南 海 線 津 駅 下 ]! 復 興 及 び 贈 地 及 び 復

号 領 命 地 震 長 損 害 医 療 医 療 領 機 構 配 偶 容 引 落 止 借 延 長 象 居 延 長 取 居 開 始 見 直 準 化 仮 係 毎 仮 算 仮 降 止 転 継 津 署 土 祝 開 設 テ ク ス ピ ア 阪 [ 南 海 線 津 駅 下 ]! 復 興 及 び 贈 地 及 び 復 今 コテツ 各 種 号 際 義 そ 全 そ 少 軽 減 機 構 部 際 降 初 同 様 照 専 ダ イ ヤ ル 第 土 わ 喪 失 忘! 新 喪 失 喪 失 伴 再 算 じ 効 届 注 意 原 則 々 引 落 払 キ ャ シ ュ カ ド 帳 帳 届 印 融 機 関 便 ゆ ち 銀 各 窓 石 忘? 石! 券 済 早 券 象 発 見 再 発 次 該 署 払 払 報 就 援 助 土 階 議 類 印 鑑

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

資料提供招請(登録版)

資料提供招請(登録版) 資料提供招請に関する公表 次 の と お り 物 品 の 導 入 を 予 定 し て い ま す の で 当 該 導 入 に 関 し て 資 料 等 の 提 供 を 招 請 し ま す 平 成 3 0 年 1 1 月 2 0 日 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 本 部 総 務 部 長 大 門 龍 生 調 達 機 関 番 号 5 9 7 所 在 地 番 号 1 3 Ⅰ 調 達 内 容

More information

Microsoft Word - 07②-2 補足説明資料1.docx

Microsoft Word - 07②-2 補足説明資料1.docx 補 足 説 明 資 料 1 期 末 連 結 決 算 概 要 平 成 27 年 4 月 28 日 東 海 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 当 社 の 運 輸 収 入 は ビジネス 観 光 ともにご 利 用 が 順 調 に 推 移 したことから 好 調 だった 前 年 度 を 上 回 り 増 収 グループ 会 社 については 減 収 となったものの 連 結 営 業 収 益 全 体 では 増 収 営 業

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

P38-P42.indd

P38-P42.indd ナ 倍 俊 彦 文 肆 矢 純 通 喧 噪 抜 細 小 路 ぐ 秀 喜 ユ ォ 数 々 守 素 材 厳 丁 寧 堪 能 不 議 ぬ 隠 ナ 伺 勉 強 以 外 夢 米 置 賜 身 経 緯 早 稲 田 4 辞 ) ぼ ャ 勉 強 縁 始 9 歳 ロ ウ 授 業 普 通 進 ゅ 喫 茶 仲 退 屈 始 喫 茶 家 三 鷹 国 際 基 教 ぐ 空 借 ミ サ 車 余 リ 夜 ガ 工 電 工 以 外 38

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081698ED089EF8EC08CB18A549776826F82508160826F8252816A89FC82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081698ED089EF8EC08CB18A549776826F82508160826F8252816A89FC82512E646F63> H18.6.21 連 絡 会 資 料 資 料 1 国 道 43 号 沿 道 環 境 改 善 に 向 けた 社 会 実 験 の 実 験 概 要 1. 実 験 の 内 容 ( 別 紙 チラシ 参 照 ) 一 般 国 道 43 号 の 沿 道 環 境 改 善 を 図 るため 阪 神 高 速 5 号 湾 岸 線 を 活 用 した 環 境 ロードプライシ ング 社 会 実 験 を 実 施 し 交 通 実 態

More information

卒業論文テーマ一覧.indd

卒業論文テーマ一覧.indd 166 ( 四 ) 四 紹 介 ま 石 光 指 導 慣 準 硬 式 出 下 半 主 優 ソ 試 利 ぶ ず 躍 静 拍 数 陸 距 離 陸 距 離 種 目 づ 少 0 2 打 違 ワ 敗 退 原 改 善 エ 績 界 サ サ 表 F 石 淳 波 ユ サ 取 例 訪 外 国 旅 誘 致 族 興 隆 衰 亡 川 緑 ぐ 臨 床 類 型 づ 進 路 熟 仕 求 条 件 決 ギ 依 欲 求 わ 系 員 印 (2014

More information

1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作 っ て み ま し ょ う 以 下 の ス ラ イ ド ( 2 枚 目 ~ 4 枚 目 を 作 り ま す あ ら か じ め 作 業 用 の フ ァ イ ル を デ ス ク ト

1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作 っ て み ま し ょ う 以 下 の ス ラ イ ド ( 2 枚 目 ~ 4 枚 目 を 作 り ま す あ ら か じ め 作 業 用 の フ ァ イ ル を デ ス ク ト 知 識 の 定 着 を 図 るプレゼンテーションソフト 活 用 福 岡 県 教 育 センターホームページ http://www.educ.pref.fukuoka.jp 授 業 なんでも 相 談 室 092-947-0008 support@educ.pref.fukuoka.jp 1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

基 地 交 付 金 等 に 関 す る 要 望 書

基 地 交 付 金 等 に 関 す る 要 望 書 立 川 飛 行 場 に 関 する 要 望 書 立 川 飛 行 場 は 南 関 東 地 域 の 広 域 的 な 災 害 対 策 活 動 の 拠 点 となる 広 域 防 災 基 地 内 にありますが 同 飛 行 場 は 人 口 が 密 集 した 市 街 地 に 所 在 しております そのため 立 川 飛 行 場 の 周 辺 自 治 体 の 住 民 からは 航 空 機 騒 音 に 対 する 苦 情 や 航

More information

平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.02) 担 当 者 名 堤 智

平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.02) 担 当 者 名 堤 智 平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.01) 担 当 者 名 堤 智 彦 24 年 度 予 算 A 25 年 度 計 画 B 差 引 (BA) 予 算 額 394,136

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

未 来 へ3 基 目 標 ほっひ 息 やぎ 総 合 振 興 計 画 基 標 み ん 手 よ ち づ みん 支 え や 福 祉 ち 観 光 機 軸 交 流 産 業 創 出 ち リード び 育 ち 1 心 行 き 交 う 総 合 振 興 計 画 2 3 22 23

未 来 へ3 基 目 標 ほっひ 息 やぎ 総 合 振 興 計 画 基 標 み ん 手 よ ち づ みん 支 え や 福 祉 ち 観 光 機 軸 交 流 産 業 創 出 ち リード び 育 ち 1 心 行 き 交 う 総 合 振 興 計 画 2 3 22 23 ほっひ 息 やぎ 世 界 ジオパーク 20 21 未 来 へ3 基 目 標 ほっひ 息 やぎ 総 合 振 興 計 画 基 標 み ん 手 よ ち づ みん 支 え や 福 祉 ち 観 光 機 軸 交 流 産 業 創 出 ち リード び 育 ち 1 心 行 き 交 う 総 合 振 興 計 画 2 3 22 23 24 25 総 合 振 興 計 画 教 育 環 境 ほっひ 息 やぎ 26 27 ほっひ

More information

埼玉県高校受験 私立高校学費一覧

埼玉県高校受験 私立高校学費一覧 埼 玉 / 近 県 私 立 高 校 学 費 一 覧 (2014 年 度 参,ただし 判 明 分 ) 就 学 支 援 金 と 県 の 学 費 軽 減 制 度 年 4 月 より 公 立 高 等 学 校 の 無 償 化 がスタートしました 同 時 に 設 けられた 高 等 学 校 就 学 支 援 金 制 度 は, 国 私 立 の 高 校 や 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程, 高 等 専 門 学 校

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information