Microsoft Word - 第111回常設展示.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 第111回常設展示.doc"

Transcription

1 第 111 回 常 設 展 示 100 年 前 の 100 年 後 明 治 ~ 昭 和 初 期 の 未 来 予 測 平 成 12 年 11 月 27 日 ~ 平 成 13 年 1 月 26 日 ついに 21 世 紀 これからの 100 年 世 界 はどうなっていくのだろう 100 年 前 の 人 々もまた 今 の 私 たちと 同 じように 100 年 後 の 世 界 に 思 いを 馳 せました 彼 らの 未 来 は 実 現 したのでしょうか? 今 回 の 展 示 では 1901( 明 治 34) 年 の 報 知 新 聞 の 企 画 記 事 二 十 世 紀 の 豫 言 をはじめと して 百 貨 店 や 大 学 の 未 来 予 想 図 未 来 小 説 など 幅 広 くご 紹 介 いたします またあわせて 今 現 在 予 測 されている 未 来 を 描 いた 資 料 も 展 示 します 展 示 資 料 一 覧 100 年 前 の 20 世 紀 < > 内 は 当 館 請 求 記 号 世 紀 の 大 予 言 100 年 後 の 世 界 This is 読 売 読 売 新 聞 社 編 読 売 新 聞 社 号 <Z23-668> 予 言 されている 時 期 20 世 紀 This is 読 売 誌 では 1998 年 の 1 号 から 12 号 まで 21 世 紀 大 予 言 という 特 集 を 組 み 1 号 では 報 知 新 聞 の 20 世 紀 の 豫 言 をとりあげた 報 知 新 聞 の 該 当 する 面 のコピーが 付 録 としてつ いている - 1 -

2 2. 二 十 世 紀 の 豫 言 報 知 新 聞 報 知 新 聞 社 明 治 34 年 (1901)1 月 2 3 日 号 <YB-18> 予 言 されている 時 期 20 世 紀 1901 年 ( 明 治 34) 20 世 紀 最 初 の 正 月 の 報 知 新 聞 に 掲 載 された 企 画 記 事 豫 言 は 23 項 目 に 及 ぶ 3. 五 十 年 後 の 太 平 洋 大 阪 毎 日 新 聞 懸 賞 論 文 大 阪 毎 日 新 聞 社 編 大 阪 大 阪 毎 日 新 聞 社 昭 和 2 699,16p 23cm <561-52> 予 言 されている 時 期 1976 年 大 正 15 年 に 大 阪 毎 日 新 聞 東 京 日 々 新 聞 が 公 募 し 同 年 8 月 から 3 ヶ 月 間 両 紙 上 に 掲 載 した 論 文 を 単 行 本 にまとめたもの 一 等 入 選 は 三 好 武 二 氏 二 等 高 山 謹 一 氏 三 等 佐 々 井 晁 次 郎 氏 一 等 の 論 文 では 太 平 洋 をめぐる 各 国 の 情 勢 太 平 洋 での 地 殻 変 動 と 地 震 新 しい 科 学 技 術 について 予 言 されており 特 に 科 学 技 術 分 野 では 無 線 電 送 機 ( 無 線 で 電 力 を 送 る 機 械 ) 人 造 人 間 太 平 洋 を 30 時 間 で 横 断 する 百 余 人 乗 り 積 載 量 五 千 トンの 飛 行 機 などについて 言 及 されている 最 終 的 に 日 本 の 発 明 した 殺 人 光 線 とドイツの 発 明 した 人 造 人 間 によって 戦 争 の 意 味 が 無 くなり 太 平 洋 に 平 和 が 訪 れるという 予 言 がされている 4. 現 代 名 士 講 述 未 来 記 成 功 成 功 雑 誌 社 編 成 功 雑 誌 社 明 治 41 年 (1908) 十 四 巻 5 号 秋 季 臨 時 増 刊 < 雑 52-13> 予 言 されている 時 期 20 世 紀 経 済 日 本 画 新 聞 など 28 分 野 についての 未 来 を 各 分 野 に 精 通 する 著 名 人 が 語 ったもの 電 気 学 会 の 未 来 では 夫 が 銀 行 妻 が 鉄 道 局 に 勤 めるなど 共 働 きである 場 合 煮 焚 きにヒチリンで なく 電 気 を 利 用 すると 手 軽 で 便 利 であると 書 かれている 5. 百 年 後 の 日 本 日 本 及 日 本 人 政 教 社 編 政 教 社 大 正 9 年 (1920)4 月 春 季 増 刊 号 <YA-15> 予 言 されている 時 期 2020 年 編 集 部 が 著 名 人 250 名 に 100 年 後 の 日 本 について 回 答 を 求 めたアンケート 答 えは 真 面 目 なも のからふざけたものまで さまざまだ 6. 早 稲 田 生 活 南 北 社 編 東 京 南 北 社 大 正 2 454p 19cm <350-69> 予 言 されている 時 期 1963 年 早 稲 田 の 学 風 生 活 などを 紹 介 する 資 料 その 中 に 50 年 後 の 早 稲 田 という 章 がある 早 稲 田 大 学 の 男 女 併 せて 3 万 人 の 学 生 は 寄 宿 舎 で 規 則 正 しく 勉 学 芸 術 にいそしむ 生 活 を 送 っている 夕 - 2 -

3 食 は 社 交 界 的 晩 餐 で ここで 男 女 がよく 知 り 合 うことにより 恋 愛 結 婚 でヘマをやらずにすむそう である 7. 三 田 生 活 東 奥 逸 人 著 東 京 研 文 社 大 正 4 388p 19cm <360-74> 予 言 されている 時 期 大 正 20 年 (1931 年 ) 慶 應 義 塾 大 学 を 紹 介 する 資 料 だがその 中 で 慶 應 義 塾 未 来 記 と 題 して 慶 應 義 塾 大 学 の 未 来 を 予 測 している 予 測 によれば 慶 応 義 塾 大 学 は 大 正 20 年 に 単 科 大 学 制 度 を 採 用 し 農 科 大 学 商 科 大 学 等 8 つの 大 学 に 分 かれ それらを 総 称 して 慶 應 義 塾 と 呼 び また 大 学 の 大 部 分 を 二 子 玉 川 地 区 に 移 転 する なお 当 時 の 慶 應 義 塾 大 学 部 は 文 学 理 財 法 律 の 三 科 のみであった 8. 三 十 年 後 ノ 岩 国 市 今 様 浦 島 夢 の 未 来 記 夢 見 る 里 人 戯 作 岩 国 日 新 堂 書 籍 部 昭 和 p 19cm < 特 > 予 言 されている 時 期 昭 和 35 年 (1960 年 ) 昭 和 5 年 1 月 1 日 より 約 半 年 間 岩 国 毎 日 新 聞 に 連 載 された 作 品 30 年 間 アメリカに 滞 在 し ていた 主 人 公 が 昭 和 35 年 に 岩 国 市 に 帰 って 来 て すっかり 変 化 した 市 内 を 見 て 回 るというはなし 岩 国 市 は 日 本 有 数 の 商 業 地 帯 となり 4 本 の 電 車 の 路 線 が 走 り 空 港 ができ 9 科 をもつ 私 立 大 学 が 設 立 されている このころの 空 港 は 地 上 ではなく 大 きなビルの 上 に 作 られている 9. 百 貨 店 一 夕 話 浜 田 四 郎 著 東 京 日 本 電 報 通 信 社 ,9,5p 19cm <DH468-E147> 予 言 されている 時 期 明 治 55 年 (1922 年 ) 明 治 38 年 に 三 越 百 貨 店 へ 入 社 した 著 者 の 見 た 三 越 百 貨 店 の 歴 史 その 中 に 三 越 の PR 雑 誌 時 好 に 明 治 40 年 11 月 に 掲 載 された 明 治 五 十 五 年 三 越 未 来 記 が 転 載 されている 予 言 されてい る 時 期 は 書 かれた 時 から 15 年 後 の 明 治 五 十 五 年 (1922 年 ) 西 洋 風 建 築 で 便 利 になった 三 越 を 見 学 するという 内 容 であるが 汽 車 は 東 京 大 阪 間 を 三 時 間 で 走 る 空 中 飛 降 機 が 三 越 で 販 売 されている などと 予 測 なお 明 治 44 年 の 三 越 はまだ 三 越 呉 服 店 で 入 り 口 では 下 駄 を 預 かっていた 年 後 の 科 学 画 報 科 学 画 報 誠 文 堂 新 光 社 編 誠 文 堂 新 光 社 昭 和 2 年 (1927)1 月 号 <Z405-Ka8> 予 言 されている 時 期 2027 年 百 年 後 の 世 界 のという 特 集 記 事 の 中 で 百 年 後 の 人 類 ラジオ 地 下 文 明 建 築 都 市 などが 予 測 されている この 中 で 百 年 後 の 科 学 画 報 も 予 測 されているが 100 年 後 にはすでに 印 刷 物 とい うものはなくなって 蓄 音 蓄 影 装 置 によって 送 受 信 されており 編 集 会 議 へは 世 界 各 地 から 離 身 電 波 - 3 -

4 によって 参 加 する 実 際 の 科 学 画 報 は 昭 和 36 年 に 学 生 の 科 学 と 改 題 し 昭 和 36 年 に 休 刊 し た 11. 百 年 後 の 日 本 松 谷 与 二 郎 著 東 京 光 学 堂 昭 和 5 512p 20cm <603-27> 予 言 されている 時 期 2029 年 2029 年 に 武 甲 山 で 発 見 された 死 体 は 大 正 12 年 (1923 年 )の 関 東 大 震 災 の 被 災 者 だったが 特 殊 な 自 然 状 態 に 保 たれていたことによって 仮 死 状 態 のまま 保 存 されており 未 来 の 科 学 技 術 によって 蘇 生 するというストーリー 1923 年 から 106 年 後 の 未 来 へ 来 てしまった 主 人 公 の 目 を 通 して 未 来 の 世 界 が 語 られる 科 学 政 治 経 済 都 市 宗 教 人 口 食 料 など 多 岐 にわたる 分 野 について 予 測 されている 12. 番 茶 会 談 露 伴 全 集 第 1-12 巻 幸 田 露 伴 著 東 京 岩 波 書 店 昭 和 4-5 全 12 冊 23cm <593-28> 明 治 44 年 作 実 業 界 を 目 指 す 少 年 達 が 結 成 した 勉 強 会 の 面 々で 町 内 の 物 知 りな 老 人 から 実 業 に 役 立 つような 話 を 聞 かせてもらうという 筋 雑 誌 実 業 少 年 に 連 載 された 実 際 的 な 事 業 や 技 術 についての 話 が 主 だが 電 力 の 無 線 輸 送 補 盗 装 置 ( 監 視 カメラ) 圧 搾 空 気 を 利 用 した 空 気 力 車 など の 未 来 技 術 についても 触 れられている 13. 模 範 町 村 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM95559>) 横 井 時 敬 著 東 京 読 売 新 聞 社 明 p 22cm <26-424> 著 者 は 農 学 博 士 であり 自 分 の 町 村 問 題 についての 研 究 に 基 づいて 未 来 の 理 想 的 な 村 落 を 小 説 に 描 いている 14. 世 界 未 来 記 社 会 進 化 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM101130>) アー ロビダ 著 蔭 山 広 忠 訳 東 京 春 陽 堂 明 p 21cm <26-29> 予 言 されている 時 期 明 治 85 年 (1952 年 ) 3 人 の 少 女 が 女 学 校 の 寄 宿 舎 から 巴 里 の 家 へ 帰 ってくるところから 始 まり その 中 の 一 人 の 少 女 の 経 験 を 通 して 未 来 世 界 の 政 治 や 社 会 恋 愛 仕 事 などが 紹 介 される 科 学 の 新 技 術 として 駕 雲 船 ( 地 上 240 メートルを 矢 よりも 速 く 飛 行 する)や 走 空 小 舟 (アエロネーフ 一 人 乗 りの 空 中 小 艇 ) 観 聞 器 ( 遠 くの 風 景 と 音 声 を 線 で 送 り 玻 璃 鏡 に 映 して 見 る)などさまざまな 機 械 が 登 場 する - 4 -

5 15. 未 来 の 都 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM95462>) 岡 本 半 渓 著 東 京 金 泉 堂 明 p 18cm < 特 11-5> 予 言 されている 時 期 明 治 60 年 (1927 年 ) 東 京 見 物 に 出 てきた 老 人 二 人 が 東 京 を 散 策 しながらこんなところが 変 わってしまったと 話 し 合 う 東 京 中 家 が 建 て 込 んでいることや そのために 谷 中 の 墓 地 が 軽 井 沢 にうつって 野 辺 送 りは 電 車 で 行 くことなどに 驚 く 16. 婦 人 の 未 来 と 男 性 復 興 アンソニー ヱム ルドヴイチ 著 桐 生 政 次 訳 東 京 聖 山 閣 昭 和 2 136p 19cm 未 来 叢 書 第 1 編 <545-54> LUDOVICI Anthony Mario の"The Future of Woman" (London : Kegan Paul & Co., 1936)の 翻 訳 婦 人 の 活 躍 がますます 増 えるに 従 い 女 性 首 位 の 世 の 中 になり 女 性 は 結 婚 をやめ 人 工 子 宮 で 子 供 をつ くるようになる 結 果 男 性 の 必 要 性 はほとんどなくなり 女 性 千 人 に 対 して 男 性 五 人 を 越 えた 男 性 は 処 分 されるようになる その 結 果 文 明 は 停 滞 するのでそれを 避 けるためにどのように 努 力 し 男 性 を 復 興 するかがテーマらしい 17. 文 明 の 大 破 壊 社 会 主 義 新 小 説 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM300806>) 磯 野 徳 三 郎 著 東 京 博 文 館 明 p 23cm <KH > 予 言 されている 時 期 1990 年 ミネソタ 州 選 出 の 政 治 家 イグネシアス ダンリー(ドネリー)によって 1890 年 に 書 かれた シー ザー 記 念 塔 の 翻 訳 100 年 後 資 本 家 と 労 働 者 の 抗 争 と 共 倒 れにより 文 明 世 界 そのものが 滅 亡 し てしまうという 筋 18. 三 百 年 後 の 東 京 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM93899>) 月 露 行 客 著 東 京 大 学 館 明 p 20cm <96-272> 予 言 されている 時 期 23 世 紀 はじめ 17 と 同 じく シーザー 記 念 塔 を 原 作 とするが 冒 頭 に 明 治 三 十 五 年 に 冷 凍 睡 眠 器 に 入 り 三 百 年 後 に 蘇 生 したという 原 作 にはないくだりが 付 け 加 えられている また 原 作 の 舞 台 はニューヨー クで 登 場 人 物 も 西 洋 人 だが この 三 百 年 後 の 東 京 は 舞 台 を 日 本 にかえ 登 場 人 物 も 日 本 人 である あらすじは 冷 凍 睡 眠 によって 明 治 三 十 五 年 から 23 世 紀 に 蘇 生 した 男 が はじめは 進 んだ 文 明 に 感 心 するが 資 本 家 が 世 の 中 を 牛 耳 り 労 働 者 が 差 別 されている 現 状 を 見 て 労 働 者 運 動 に 加 わるという - 5 -

6 もの 19. 世 界 未 来 記 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM51086>) 蒲 生 俊 著 東 京 尚 成 堂 明 p 19cm < 特 > 過 去 の 現 象 から 未 来 のことを 考 察 することをめざし 人 種 言 語 宗 教 政 治 軍 事 などについて 言 及 している 20. 四 百 年 後 古 荘 国 雄 著 東 京 光 林 堂 書 店 大 正 p 19cm < > 予 言 されている 時 期 2325 年 世 界 の 指 導 者 である 政 治 家 が 次 々と 暗 殺 され その 謎 を 解 くべく 放 送 局 の 局 員 が 活 躍 する 物 語 金 星 や 火 星 には 宇 宙 人 が 文 明 を 築 いており 地 球 とも 交 流 がある 21. 三 十 年 後 星 一 著 東 京 新 報 知 社 大 正 7 239p 16cm <31-626> 予 言 されている 時 期 大 正 37 年 (1948 年 ) 大 正 七 年 に 無 人 島 に 渡 って 暮 らしていた 元 政 治 家 の 老 人 が 30 年 ぶりに 東 京 へ 帰 ってきて 変 化 し た 日 本 に 驚 くというストーリー 外 出 は 飛 行 機 や 自 動 歩 行 機 ( 靴 や 下 駄 に 仕 掛 けがあるもの)を 使 う ので 自 動 車 はほとんどなく 不 老 回 春 薬 によって 皆 若 くなり 寿 命 は 百 四 五 十 歳 までのびている 測 頭 機 というものではかると 脳 などのどこに 悪 い 点 があるのかがすぐにわかり 投 薬 でほとんどの 病 気 を 治 すことができ バカにつける 薬 も 発 明 されている 作 者 星 一 は 星 製 薬 の 社 長 で 作 家 星 新 一 の 父 22. 未 来 科 学 の 進 化 桜 井 学 堂 著 東 京 日 本 書 院 出 版 部 昭 和 4 392p 20cm < 特 > 予 言 されている 時 期 いろいろ 国 内 外 で 書 かれた 未 来 小 説 未 来 予 測 などを 抜 粋 して 紹 介 したもの H.G.ウエルズやトルストイ ベーコン 西 村 真 琴 などの 作 品 が 取 り 上 げられている また 初 めてロボットという 語 を 作 ったこと で 有 名 なチェコの 作 家 チャペックの 戯 曲 R.U.R.-ロッサムのユニバーサルロボット (1920)の 抄 訳 も 人 類 に 奉 仕 する 十 億 人 の 機 械 奴 隷 として 含 まれている - 6 -

7 23. 雪 中 梅 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM94284>) 末 広 重 恭 著 東 京 博 文 堂 明 ,183p( 上 下 合 本 ) 19cm < 特 > 予 言 されている 時 期 明 治 123 年 (1990 年 ) 本 編 は 弁 士 を 主 人 公 にした 政 治 小 説 だが 不 完 全 な 当 時 の 状 況 と 比 べるために 發 緒 に 未 来 の 改 善 された 社 会 を 描 いている 明 治 123 年 にある 石 碑 が 発 見 され そこに 載 せられている 人 のこと を 調 べていると 書 籍 館 ( 図 書 館 )で 雪 中 梅 という 本 を 見 つけた という 發 緒 から その 弁 士 を 主 人 公 にした 小 説 が 始 まる 未 来 の 様 子 は 桃 谷 が 大 坂 の 中 央 になり 鉄 道 馬 車 が 走 り 夜 は 瓦 斯 電 氣 燈 で 昼 より 明 るい 等 と 描 写 されている 24. 怪 飛 行 艇 月 世 界 旅 行 石 松 夢 人 著 東 京 萬 巻 堂 大 正 4 148p ( 少 年 痛 快 文 庫 5 巻 ) < 児 乙 部 15-S-2> 予 言 されている 時 期 大 正 年 伯 父 の 発 明 を 引 き 継 ぎ 12 時 間 で 月 に 到 達 する 飛 行 艇 を 完 成 させた 行 雄 が 知 人 の 太 郎 と 月 へ 旅 立 つ 物 語 月 世 界 (リウナリアン)には 水 と 空 気 があり 月 人 (リウネリアン)がいる 月 人 は 大 負 けに 負 けた 所 で 河 馬 と 猿 の 合 の 子 のようであるらしい 月 世 界 は 太 陽 の 光 がささないため 目 は 退 化 し かわりに 爪 で 八 方 を 探 る 25. 月 世 界 探 検 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM93585>) 羽 化 仙 史 著 東 京 大 学 館 明 p 19cm < 特 > 美 少 女 が 月 の 世 界 を 冒 険 するというストーリー 少 女 達 はなんと 羽 衣 のような 薄 い 着 物 を 着 て 地 球 から 月 へ 飛 んでいくのである しかし 男 性 は 砲 丸 の 中 に 入 って 行 くしかないそうだ 26. 星 世 界 旅 行 千 万 無 量 一 名 世 界 蔵 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM22339>) 貫 名 駿 一 著 東 京 貫 名 駿 一 明 p 18cm < 特 > 宇 宙 の 腕 力 智 力 文 明 の 3 つの 世 界 を 旅 する 物 語 智 力 世 界 では 化 学 的 ノ 作 用 亦 タ 能 ク 動 植 物 ヲ 発 生 ス とあり 人 造 の 白 象 を 造 る 話 が 書 かれている この 白 象 の 製 造 は 失 敗 に 終 わり 元 素 に 分 解 し 瓶 に 戻 してしまうが 今 後 研 究 が 進 み 全 智 全 能 全 聖 全 良 の 人 間 が 造 られれば 女 性 は 子 宮 を 閉 鎖 して 子 孫 を 殖 やすのをやめるべきだという また 人 造 人 間 社 会 に 必 要 な 人 造 人 間 法 3 条 も 作 られている この 人 造 人 間 はロボットで 有 名 なカレル チャペックの R U R-ロッサム 万 能 ロボット 会 社 より 40 年 も 早 い 時 期 に 書 かれている - 7 -

8 27. 鐡 車 王 國 春 浪 快 著 集 第 2-4 巻 押 川 春 浪 編 東 京 大 倉 書 店 大 正 冊 18-19cm < > 明 治 43 年 作 日 本 は 将 来 の 戦 争 に 備 えなければならないと 言 う 未 来 戦 争 小 説 日 本 の 最 高 国 事 探 偵 である 主 人 公 が 各 国 の 軍 事 情 報 を 探 って 活 躍 する 未 来 の 飛 行 船 や 戦 車 が 登 場 する それ らは 無 限 (イターナル) 猛 力 と 呼 ばれる 強 大 無 限 なる 元 素 力 によって 稼 働 している 28. 政 海 之 破 裂 夢 幻 現 象 ( 利 用 はマイクロフィッシュ<YDM94251>) 井 口 元 一 郎 著 大 阪 浜 本 伊 三 郎 明 p 20cm <19-126> 日 本 初 の 月 世 界 旅 行 記 と 言 われている 作 者 がベルヌの 月 世 界 旅 行 を 読 んで 空 想 を 巡 らせて いると 蚊 龍 がやってきて 月 世 界 人 民 の 問 題 を 解 決 してほしいと 頼 まれ 月 へ 向 かう 29. 二 十 一 世 紀 物 語 杉 山 平 助 著 東 京 教 材 社 昭 p 19cm < > 予 言 されている 時 期 21 世 紀 浦 島 太 郎 の 玉 手 箱 を 使 って 百 年 二 百 年 後 の 世 界 を 生 きることを 夢 見 る 夢 之 助 と 靄 子 動 物 園 の 海 豹 に 龍 宮 城 に 連 れて 行 ってもらうことに 成 功 するが お 金 のない 二 人 は 21 世 紀 の 世 界 に 置 き 去 りにされてしまう 21 世 紀 のこの 世 界 は 何 をするにも 許 認 可 が 必 要 で 乗 り 物 に 乗 ることか ら 朝 飯 接 吻 に 至 るまで 申 請 しなければならないという 30. 未 来 文 明 叢 書 東 京 日 本 書 院 出 版 部 昭 和 3 三 冊 19cm 村 上 計 二 郎 編 <583-2> 各 分 野 の 専 門 家 の 説 を 集 めたもの いずれも 当 時 の 状 況 や 技 術 から 推 測 した 現 実 的 な 予 言 が 多 い 次 の 科 学 世 界 では 合 成 食 品 人 工 生 命 新 兵 器 交 通 など 次 の 精 神 世 界 では 言 語 教 育 芸 術 道 徳 など 次 の 社 会 文 明 では 労 働 交 通 女 性 経 済 政 治 などの 未 来 が 取 り 上 げられている 31. 此 世 は 如 何 にして 終 るか 科 学 小 説 カミイユ フラマリオン 著 高 瀬 毅 訳 東 京 改 造 社 大 正 ,2p 18cm < > 予 言 されている 時 期 25 世 紀 1 千 万 年 後 フランスの 科 学 者 Flammarion, Camille の"La fin du monde" (Paris, E. Flammarion, 1894)の 翻 訳 第 - 8 -

9 1 編 は 25 世 紀 の 推 理 で 彗 星 の 衝 突 によって 人 類 滅 亡 の 危 機 が 訪 れる 第 2 編 の 1 千 萬 年 後 の 世 界 では 社 会 は 変 化 し 戦 争 はなくなり 民 族 思 想 言 語 度 量 衡 が 統 一 されている 電 気 動 力 機 械 が 普 及 し 食 物 は 科 学 的 合 成 によって 生 産 されている 人 体 も 変 化 し 頭 は 大 きく 体 は 小 さくな る 等 々 多 くの 予 言 がされている 32. 二 十 一 世 紀 の 秘 密 ニュートピアの 巻 三 石 巌 著 山 本 泉 絵 広 島 広 島 図 書 昭 和 p 19cm < 児 M555n> 予 言 されている 時 期 2049 年 1949 年 に 子 供 の 科 学 に 連 載 された 舞 台 は 100 年 後 の 東 京 主 人 公 ナミーとその 仲 間 が 怪 しい 男 を 追 って 繰 り 広 げる 科 学 小 説 小 型 自 動 車 で 登 校 し 教 室 は 自 動 ドアで 室 内 は 空 気 調 節 機 に より 湿 度 まで 設 定 できる 家 に 設 置 されたドロボウよけやプラットホームのベルトウェイなどは 原 理 が 図 解 されている 世 紀 人 少 年 クラブ 講 談 社 昭 和 29(1954) 年 2 月 号 <Z32-387> 予 言 されている 時 期 21 世 紀 年 の 日 本 加 藤 秀 俊, 真 鍋 博, 朝 日 新 聞 社 編 東 京 朝 日 新 聞 社 p 21cm <GB581-1> 予 言 されている 時 期 2001 年 イラストは 先 日 亡 くなった 画 家 真 鍋 博 氏 による 20 世 紀 が 3 分 の 2 過 ぎた 1966 年 残 り 3 分 の 1 の 期 間 に 予 想 されることを 描 いた 絵 本 予 想 は 国 土 と 生 活 の 2 部 にわかれ 各 分 野 についての 専 門 家 が 予 測 している 図 書 館 の 2001 年 のページでは 資 料 のマイクロ 化 図 書 館 網 の 形 成 が 予 測 されている これからの 未 来 35. メカニックファンタジー 小 松 崎 茂 の 世 界 小 松 崎 茂 著 東 京 集 英 社 p 28cm <KC > プラモデルの 箱 絵 でも 知 られるイラストレーター 小 松 崎 茂 氏 の 画 集 未 来 の 都 市 はソーラーシ ステムが 発 達 し クルマはリニア 飛 行 機 は 蒸 気 水 晶 イオンで 飛 行 し 無 公 害 化 されるという - 9 -

10 世 紀 アッと 驚 く 大 予 言 2030 年 までに 暮 らしはこう 変 わる 金 子 隆 一, 望 獲 つきよ 著 東 京 二 見 書 房 p 15cm ( 二 見 wai wai 文 庫 ) <M19-G172> 予 言 されている 時 期 2001 年 ~2030 年 21 世 紀 を 個 人 レベルの 視 点 でとらえた 本 それによって 具 体 的 にわれわれの 日 常 生 活 や 考 え 方 にどんな 変 化 が 起 こるか ということに 主 眼 をおいている 予 測 される 未 来 は 現 在 あるものの 延 長 であるため ある 程 度 予 測 は 的 中 させられるという パンダがペットになるかも という 予 測 も その 一 つ 中 国 科 学 院 がパンダの 胚 細 胞 の 培 養 に 成 功 したため 近 い 将 来 クローン パンダが 誕 生 することはほぼ 間 違 いないらしい エモン 第 1 巻 藤 子 不 二 雄 著 東 京 小 学 館 p 18cm (てんとう 虫 コミックス) <Y > 予 言 されている 時 期 2053 年 450 年 つづくホテル つづれ 屋 の 21 代 目 21 エモンが 主 人 公 ホテルのボーイはロボット 宇 宙 からもやってくる 客 に 合 わせて 食 事 や 室 内 の 気 圧 や 重 力 を 変 えている 情 報 収 集 は 電 子 頭 脳 セ ンターからのデータを 受 信 している 年 代 の 国 民 生 活 ニーズとこれに 関 連 する 科 学 技 術 NISTEP report 62 巻 科 学 技 術 庁 科 学 技 術 政 策 研 究 所 第 4 調 査 研 究 グループ 科 学 技 術 庁 科 学 技 術 政 策 研 究 所 <Z > 予 言 されている 時 期 2001 年 ~2024 年 科 学 技 術 庁 がほぼ 5 年 に 1 度 実 施 している 調 査 未 来 の 国 民 生 活 について 8 分 野 321 項 目 の 質 問 を 4000 人 の 研 究 者 や 学 識 経 験 者 にしている 各 項 目 について 実 現 予 測 年 と 重 要 度 指 数 が 併 記 されている 予 測 年 の 算 定 方 法 は デルファイル 法 で 出 された 回 答 の 平 均 値 を 実 現 予 測 年 とし ている これによると 2020 年 には 1000 メートルの 超 々 高 層 マンションが 建 設 されるかもしれ ない 39. 百 年 前 の 二 十 世 紀 明 治 大 正 の 未 来 予 測 横 田 順 彌 著 東 京 筑 摩 書 房 p 19cm (ちくまプリマーブックス) <KH734-E257> 予 言 されている 時 期 21 世 紀 SF 冒 険 作 家 であり 明 治 時 代 にも 詳 しい 横 田 順 弥 氏 の 著 書 明 治 大 正 時 代 の 未 来 予 測 を 紹 介 し 予 測 結 果 についても 考 察 最 後 に 著 者 自 身 が 予 測 する 21 世 紀 が 記 されている それによる と 頭 のよくなる 薬 美 男 美 女 になる 薬 ができるかもしれないというが 横 田 氏 自 身 が 天 才 と 認 められるという 予 測 もあり 裏 付 けがあるどうかは 不 明

11 世 紀 大 予 言 100 年 後 の 世 界 交 通 通 信 編 This is 読 売 4 月 号 読 売 新 聞 社 編 読 売 新 聞 社 <Z23-668> 予 言 されている 時 期 21 世 紀 This is 読 売 誌 では 1998 年 の 1 号 から 12 号 まで 21 世 紀 大 予 言 という 特 集 を 組 み 1 号 では 報 知 新 聞 の 20 世 紀 の 預 言 をとりあげ 2 号 では 科 学 者 や SF 作 家 の 未 来 予 測 を 特 集 した その 後 3 号 から 12 号 までは 毎 号 テーマを 決 めて 読 者 から 未 来 予 測 を 募 り 掲 載 した 41. 近 未 来 技 術 最 前 線 週 刊 東 洋 経 済 東 洋 経 済 新 報 社 編 東 洋 経 済 新 報 社 特 大 号 <Z3-38> 予 言 されている 時 期 2020 年 未 来 の 技 術 として 注 目 されていることの 一 つにナノテクノロジー(ナノテク)がある 1 ナノは 100 万 分 の 1 ミリ 1 マイクロの 100 分 の 1 数 ナノは 原 子 や 分 子 の 大 きさにあたる ナノテクが 実 用 化 されると 副 作 用 が 出 ず 効 果 が 長 く 持 続 する 抗 ガン 剤 ができるという 通 常 細 胞 には 入 らず ガン 細 胞 の 組 織 間 だけに 浸 透 する 大 きさのカプセルを 組 み 立 てることができるからだ 国 立 国 会 図 書 館 ( 代 ) ホームページアドレス 国 立 国 会 図 書 館 03(3581)

12 明 治 以 降 の 主 な 出 来 事 明 治 時 代 1868 明 治 元 年 明 治 維 新 1869 明 治 2 年 藩 籍 奉 還 1870 明 治 3 年 日 本 初 の 日 刊 新 聞 横 浜 毎 日 新 聞 発 刊 1871 明 治 4 年 廃 藩 置 県 1872 明 治 5 年 新 橋 横 浜 間 鉄 道 開 通 / 横 浜 で 日 本 初 のガス 灯 点 火 1873 明 治 6 年 徴 兵 令 の 布 告 / 地 租 改 正 条 例 1876 明 治 9 年 廃 刀 令 布 告 /ベルの 電 話 発 明 1877 明 治 10 年 西 南 戦 争 / 東 京 横 浜 間 電 話 開 通 / 東 京 大 学 設 立 1885 明 治 18 年 内 閣 を 設 置 初 代 首 相 に 伊 藤 博 文 が 就 任 1889 明 治 22 年 大 日 本 帝 国 憲 法 発 布 / 東 海 道 本 線 全 通 1890 明 治 23 年 第 一 回 帝 国 議 会 召 集 / 東 京 電 灯 浅 草 で 電 動 エレベーターの 運 転 開 始 1893 明 治 26 年 エジソン 活 動 写 真 を 発 明 1894 明 治 27 年 日 清 戦 争 1895 明 治 28 年 日 清 講 和 条 約 調 印 / 三 国 干 渉 1898 明 治 31 年 東 京 大 阪 間 長 距 離 電 話 開 通 1899 明 治 32 年 義 和 団 の 乱 1902 明 治 35 年 日 英 同 盟 成 立 /シベリア 鉄 道 完 成 1903 明 治 36 年 ライト 兄 弟 の 飛 行 機 完 成 1904 明 治 37 年 日 露 戦 争 勃 発 / 三 越 日 本 初 の 百 貨 店 に 1905 明 治 38 年 日 露 講 和 条 約 調 印 1907 明 治 39 年 国 産 ガソリン 車 第 一 号 1910 明 治 43 年 韓 国 併 合 に 関 する 日 韓 条 約 調 印 1911 明 治 44 年 辛 亥 革 命 始 まる 大 正 時 代 1912 大 正 元 年 大 正 天 皇 即 位 1914 大 正 3 年 第 一 次 世 界 大 戦 に 参 戦 1915 大 正 4 年 対 華 二 十 一 箇 条 要 求 1916 大 正 5 年 アインシュタイン 一 般 相 対 性 理 論 を 発 表 1918 大 正 7 年 シベリア 出 兵 宣 言 / 富 山 県 で 米 騒 動 1920 大 正 9 年 国 際 連 盟 加 入 1921 大 正 10 年 日 英 米 仏 4 国 条 約 調 印 1922 大 正 11 年 ワシントン 条 約 調 印 1923 大 正 12 年 関 東 大 震 災 1925 大 正 14 年 日 ソ 基 本 条 約 調 印 / 普 通 選 挙 制 制 定 /ラジオ 放 送 開 始 昭 和 ~ 平 成 1926 昭 和 元 年 自 動 式 電 話 設 置 1927 昭 和 2 年 東 京 地 下 鉄 ( 上 野 浅 草 間 ) 開 通 1931 昭 和 6 年 満 州 事 変 / 羽 田 東 京 国 際 空 港 が 開 港 1932 昭 和 7 年 満 州 国 建 国 宣 言 1933 昭 和 8 年 国 際 連 盟 脱 退 1936 昭 和 11 年 2 26 事 件 1937 昭 和 12 年 日 中 戦 争 勃 発 1939 昭 和 14 年 第 二 次 世 界 大 戦 始 まる 1940 昭 和 15 年 日 独 伊 三 国 同 盟 調 印 1941 昭 和 16 年 真 珠 湾 を 攻 撃 し 対 米 英 宣 戦 布 告 1945 昭 和 20 年 東 京 大 空 襲 / 米 軍 沖 縄 上 陸 / 広 島 長 崎 に 原 爆 投 下 / 終 戦 1946 昭 和 21 年 日 本 国 憲 法 公 布 1947 昭 和 22 年 日 本 国 憲 法 施 行 1951 昭 和 26 年 サンフランシスコ 講 和 条 約 締 結 1953 昭 和 28 年 テレビ 放 送 開 始 1955 昭 和 30 年 東 芝 電 気 釜 発 売 1956 昭 和 31 年 国 際 連 合 加 盟 1957 昭 和 32 年 ソ 連 人 工 衛 星 打 ち 上 げ 1961 昭 和 36 年 アメリカで 初 の 産 業 用 ロボット の 実 用 機 発 表 ソ 連 世 界 初 の 有 人 宇 宙 飛 行 1964 昭 和 39 年 東 海 道 新 幹 線 開 通 1969 昭 和 44 年 アポロ 11 号 月 着 陸 1972 昭 和 47 年 沖 縄 が 本 土 復 帰 / 日 中 国 交 正 常 化 合 意 1973 昭 和 48 年 オイルショック 1978 昭 和 53 年 新 東 京 国 際 空 港 ( 成 田 空 港 ) 開 港 1986 昭 和 61 年 ソ 連 チェルノブイリ 原 発 事 故 1988 昭 和 63 年 瀬 戸 大 橋 開 通 1995 平 成 7 年 阪 神 淡 路 大 震 災 / 地 下 鉄 サリン 事 件

13 - 13 -

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

2 23 4 6 7 8 9 10 12 14 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2 23 4 6 7 8 9 10 12 14 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 2 23 4 6 7 8 9 10 12 14 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 年 代 西 暦 年 号 こ と が ら 人 口 ( 人 ) 世 の 中 900 年 代 倭 名 類 聚 鈔 に 橘 樹 郡 高 田 久 良 岐 郡 師 岡 などの 郷 名 が 記 される 奈 良 平 安 時 代 1200 年 代 吾 妻 鏡 に 武 蔵 国 の 師 岡 氏 綱 島 氏 などの

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数 ( 別 添 2) 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース ~ 採 用 生 徒 等 数 一 覧 ( 高 等 学 校 等 別 ) 人 都 道 府 県 国 公 私 立 高 等 学 校 等 名 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 商 業 高 等 学 校 0 1 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 東 高 等 学

More information

大 前 史 域 事 項 国 内 海 外 事 項 1927 年 ( 昭 和 2) 1928 年 ( 昭 和 3) 小 郡 実 科 女 を 小 郡 女 と 改 称 ( 本 科 ) 4 宇 部 商 実 践 創 4 金 融 恐 慌 4 天 皇 即 位 11.10 ラジオ 体 操 放 送 開 始 11 192

大 前 史 域 事 項 国 内 海 外 事 項 1927 年 ( 昭 和 2) 1928 年 ( 昭 和 3) 小 郡 実 科 女 を 小 郡 女 と 改 称 ( 本 科 ) 4 宇 部 商 実 践 創 4 金 融 恐 慌 4 天 皇 即 位 11.10 ラジオ 体 操 放 送 開 始 11 192 年 表 大 前 史 域 事 項 国 内 海 外 事 項 1905 年 ( 明 治 38) を 商 に 改 称 4 陽 鉄 道 会 社 下 関 ~ 釜 間 の 連 絡 航 路 開 始 4 防 長 女 子 教 育 会 の 創 2 日 露 戦 争 講 和 条 約 調 印 9 1907 年 ( 明 治 40) 村 日 置 農 補 習 設 4 小 令 改 正 義 務 教 育 が6 年 間 とな る 3 南 満

More information

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24 奥 会 津 博 物 館 TEL 0241-66 66-3077 3077 奥 会 津 博 物 館 は 私 たちの 祖 先 が 何 百 年 もの 間 使 用 してきた 民 具 や 道 具 約 15,000 点 を 収 蔵 し ています これらの 中 には 昭 和 57 年 と 平 成 2 年 に 国 の 重 要 民 俗 奥 会 津 の 山 村 生 産 用 具 に 指 定 された 5,058 点 の 資

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6 No,1 平 成 26 年 11 月 柿 原 智 概 略 五 島 慶 太 氏 (1882~1959)~ 東 急 グループの 総 師 として 辣 腕 をふるった 五 島 慶 太 氏 は 鉄 道 院 出 身 で 鉄 道 事 業 に 携 わったのは 大 正 9 年 (1920) 武 蔵 電 気 鉄 道 ( 後 の 旧 東 京 横 浜 電 鉄 )に 常 務 として 招 かれ たのが 最 初 である 大 正

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

8 月 第 三 回 日 本 -ハワイ 親 善 高 校 野 球 を 青 森 市 営 球 場 で 行 う 青 森 選 抜 軍 1-5ハワイ 選 抜 昭 和 33 年 加 盟 校 25 校 東 奥 義 塾 が 第 12 回 学 生 野 球 協 会 結 成 記 念 大 会 に 出 場 ( 一 回 戦 )1-

8 月 第 三 回 日 本 -ハワイ 親 善 高 校 野 球 を 青 森 市 営 球 場 で 行 う 青 森 選 抜 軍 1-5ハワイ 選 抜 昭 和 33 年 加 盟 校 25 校 東 奥 義 塾 が 第 12 回 学 生 野 球 協 会 結 成 記 念 大 会 に 出 場 ( 一 回 戦 )1- 青 森 県 高 等 学 校 野 球 連 盟 沿 革 史 年 号 昭 和 23 年 学 制 改 革 により 青 森 県 中 等 学 校 野 球 連 盟 から 青 森 県 高 等 学 校 野 球 連 盟 に 改 称 会 長 に 小 出 義 雄 氏 ( 青 森 高 ) 理 事 長 には 斎 藤 正 博 氏 ( 青 森 一 高 )が 就 任 事 務 局 を 市 立 青 森 第 一 高 校 に 置 いた 加

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き -1- スマイル 会 平 成 28 年 2 月 25 日 例 会 報 告 青 木 満 男 H27/8 月 に 日 本 の 一 番 ながい 日 のリメーク 版 映 画 を 見 今 まで 漠 然 と 頭 の 中 にあった 当 時 の 状 況 を 時 系 列 で 整 理 してみました 昭 和 天 皇 とポツダム 宣 言 受 諾 終 戦 への 動 き S20/ 2 月 天 皇 が 重 臣 層 ( 元 首 相

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

Microsoft Word - 全文.doc

Microsoft Word - 全文.doc 引 用 文 献 ( 一 ) 史 料 ( 五 十 音 順 ) I. 一 般 史 料 1. 日 本 史 籍 協 会 編 会 津 藩 庁 記 録 1-6 東 京 学 出 版 会 1969 2. 鹿 児 島 県 歴 史 資 料 センター 黎 明 館 編 鹿 児 島 県 史 料 玉 里 島 津 家 史 料 2 鹿 児 島 県 1993 3. 玉 虫 左 夫 官 武 通 記 確 定 幕 末 史 資 料 成 国

More information

人生の暗号と運命

人生の暗号と運命 寅 暗 号 運 命 導 聖 愛 ょ 父 子 聖 霊 行 お 永 遠 導 続 ( エ ド ガ ケ イ リ デ グ ) 4 目 次 プ グ 雑 還 暦 過 ぎ 頃 四 家 系 探 五 太 陽 系 今 六 術 残 死 七 犬 八 娘 九 娘 旅 行 〇 墓 姓 父 太 郎 共 通 点 義 兄 金 造 道 悦 5 妻 周 四 悦 子 五 寅 六 新 社 倒 産 七 父 死 十 字 架 八 北 へ 帰 別

More information

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀 目 次 口 絵 序 凡 例 目 次 じ 序 章 き ひ 南 北 伸 古 都 府 結 ぶ イ メ ー ジ 最 も 古 痕 跡 東 山 路 遺 跡 鎌 倉 各 結 ぶ 7 士 団 鎌 倉 府 鎌 倉 街 鎌 倉 街 承 変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街

More information

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴 市 川 房 枝 年 譜 西 暦 和 暦 年 齢 月 日 年 譜 事 項 関 連 主 要 事 項 1893 明 治 26 年 0 愛 知 県 中 島 郡 明 地 村 ( 現 尾 西 市 )の 農 家 の 三 女 に 生 まれ 5.15 ふさゑ と 命 名 1907 明 治 40 年 14 4 朝 日 尋 常 高 等 小 学 校 卒 業 1908 明 治 41 年 15 3 単 身 上 京 女 子 学

More information

5 3 2014 年 東 京 女 子 体 育 大 学 土 曜 競 技 会 14 6367 07 東 京 女 子 体 育 大 学 陸 上 競 技 場 134070 東 京 女 子 体 育 大 学 5 3 第 5 回 法 政 大 学 競 技 会 14 6377 01 法 政 大 学 多 摩 校 地 陸

5 3 2014 年 東 京 女 子 体 育 大 学 土 曜 競 技 会 14 6367 07 東 京 女 子 体 育 大 学 陸 上 競 技 場 134070 東 京 女 子 体 育 大 学 5 3 第 5 回 法 政 大 学 競 技 会 14 6377 01 法 政 大 学 多 摩 校 地 陸 月 日 回 数 大 会 名 コード 競 技 場 コード 主 催 公 益 社 団 法 人 日 本 学 生 陸 上 競 技 連 合 6 20~22 2014 日 本 学 生 陸 上 競 技 個 人 選 手 権 大 会 14 6002 01 Shonan BMW スタジアム 平 塚 142040 日 本 学 連 6 21 2014 日 本 学 生 陸 上 競 技 個 人 選 手 権 大 会 14 6002

More information

平 成 27 年 度 市 税 事 務 概 要 鶴 岡 市 総 務 部 課 税 課 納 税 課 目 次 1. 鶴 岡 市 の 概 要... 5 (1) 地 勢... 7 (2) 沿 革... 7 (3) 人 口 と 世 帯 数... 10 (4) 産 業 大 分 類 別 就 業 者 数... 11 2. 行 政 機 構... 13 (1) 鶴 岡 市 組 織 機 構 図 ( 平 成 27 年 4 月

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

(参考)国民年金保険料の免除等について

(参考)国民年金保険料の免除等について ( 参 考 ) 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 等 について 1. 保 険 料 の 免 除 猶 予 について 所 得 が 少 ないなど 保 険 料 を 納 めることが 経 済 的 に 困 難 な 場 合 には 本 人 の 申 請 手 続 き によって 承 認 を 受 けると 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 ( 次 の3 種 類 )が あります なお 保 険

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

Microsoft Word - 表紙1.doc

Microsoft Word - 表紙1.doc ( 財 ) 日 本 少 年 野 球 連 盟 大 阪 阪 南 支 部 所 属 2005 年 11 月 1 日 現 在 組 織 図 代 表 顧 問 幹 事 長 副 代 表 審 判 部 会 計 総 監 督 監 督 コーチ マネージャー 広 報 父 母 会 選 手 OB 会 役 員 名 簿 指 導 者 名 簿 代 表 臼 田 勉 総 監 督 北 池 利 雄 副 代 表 高 原 均 監 督 黒 田 浩 生 野

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿 歴 代 受 賞 者 名 簿 昭 和 60 年 昭 和 61 年 昭 和 62 年 昭 和 63 年 平 成 元 年 平 成 2 年 平 成 3 年 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

インカレ歴代ランキング(女子).xls

インカレ歴代ランキング(女子).xls 全 日 本 大 学 対 抗 卓 球 大 会 歴 代 ランキング 女 子 昭 和 25 年 度 (1950 年 度 )まで 全 国 学 校 対 抗 卓 球 大 会 昭 和 23 年 度 昭 和 2 年 度 昭 和 25 年 度 昭 和 26 年 度 昭 和 27 年 度 (19 年 度 ) (199 年 度 ) (1950 年 度 ) (1951 年 度 ) (1952 年 度 ) 第 1 回 第 19

More information

平 成 25 年 度 府 歌 山 県 予 選 会 男 子 ダブルス 小 清 水 拓 生 南 泉 達 政 1 辻 尚 輝 附 若 林 主 馬 南 泉 若 林 64 竹 内 蓮 永 松 航 高 槻 市 立 2 箕 面 市 立 三 23 石 川 雅 也 久 市 亘 燿 阿 武 竹 内 石 川 谷 藤 川

平 成 25 年 度 府 歌 山 県 予 選 会 男 子 ダブルス 小 清 水 拓 生 南 泉 達 政 1 辻 尚 輝 附 若 林 主 馬 南 泉 若 林 64 竹 内 蓮 永 松 航 高 槻 市 立 2 箕 面 市 立 三 23 石 川 雅 也 久 市 亘 燿 阿 武 竹 内 石 川 谷 藤 川 平 成 25 年 度 府 歌 山 県 予 選 会 男 子 シングルス 1 小 清 水 拓 生 附 藤 本 達 朗 高 槻 市 立 八 39 小 清 水 中 井 2 石 瑞 基 辺 中 井 悠 仁 茨 木 市 立 三 島 川 中 井 小 清 水 中 井 76(5) 堺 市 立 3 川 祐 輝 枚 方 市 立 枚 方 口 魁 深 井 中 央 4 岩 瀬 健 志 交 市 立 三 尻 純 同 志 社 香 里

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

第 2 期 1951 年 ~1954 年 萩 原 雄 祐 幹 事 永 田 武 阪 本 捷 房 畑 中 武 夫 ( 常 任 ) 甘 利 省 吾 電 波 監 理 総 局 電 波 部 長 浅 見 義 弘 北 大 工 学 部 教 授 原 源 之 助 NHK 技 研 極 超 短 波 研 究 室 主 任 畠 山

第 2 期 1951 年 ~1954 年 萩 原 雄 祐 幹 事 永 田 武 阪 本 捷 房 畑 中 武 夫 ( 常 任 ) 甘 利 省 吾 電 波 監 理 総 局 電 波 部 長 浅 見 義 弘 北 大 工 学 部 教 授 原 源 之 助 NHK 技 研 極 超 短 波 研 究 室 主 任 畠 山 第 1 期 1949 年 ~1951 年 萩 原 雄 祐 浅 見 義 弘 北 大 理 学 部 教 授 畠 山 久 尚 気 象 研 究 所 長 浜 田 成 徳 東 北 大 電 気 通 信 研 教 授 会 員 広 田 友 義 早 大 教 授 金 原 淳 名 大 工 学 部 教 授 清 宮 博 電 気 通 信 研 究 所 古 賀 逸 策 東 工 大 教 授 小 谷 正 雄 京 大 理 学 部 教 授 熊

More information

G Q 建 義 追 放 ャ バ 禁 止 刀 棒 使 雄 決 ク ク ピ 深 足 極 端 仲 森 変 苦 先 雄 並 べ 座 元 元 士 族 腕 へ 協 依 頼 他 馬 利 路 材 置 馬 妨 つ 空 怪 獣 ダ 沼 猪 特 技 円 谷 英 由 美 ゴ ジ ゴ ジ 逆 続 怪 解 説 注 頃 祭 夜

G Q 建 義 追 放 ャ バ 禁 止 刀 棒 使 雄 決 ク ク ピ 深 足 極 端 仲 森 変 苦 先 雄 並 べ 座 元 元 士 族 腕 へ 協 依 頼 他 馬 利 路 材 置 馬 妨 つ 空 怪 獣 ダ 沼 猪 特 技 円 谷 英 由 美 ゴ ジ ゴ ジ 逆 続 怪 解 説 注 頃 祭 夜 正 ネ 支 厳 環 境 災 多 暗 採 掘 酷 暑 酷 寒 続 輸 送 呼 独 特 風 荒 プ 男 つ 典 筆 保 除 極 限 範 囲 紹 ィ ク ョ 世 界 録 問 採 掘 輸 送 衆 表 的 世 界 整 理 意 考 架 ぐ 輸 送 独 占 決 ひ 呼 性 往 姿 想 助 蒸 観 光 態 保 困 難 史 思 都 キ ネ 倶 楽 ダ 岩 俊 森 41 榊 正 澄 調 査 報 告 G Q 建 義 追

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

<3131348160313231814090A38CCB93E082CC90ED90D5838A835883672E786C73>

<3131348160313231814090A38CCB93E082CC90ED90D5838A835883672E786C73> 第 6 節 既 刊 文 献 より 作 成 した 軍 事 施 設 部 一 覧 所 在 集 落 所 在 地 詳 細 部 施 設 備 考 文 献 初 出 年 典 拠 阿 木 名 暁 部 ( 陸 軍 ) 糧 秣 倉 庫 管 理 ほか 昭 和 20 年 度 阿 木 名 防 衛 ( 現 地 召 集 ) 各 部 に 配 属 陣 地 構 築 ほ か 昭 和 20 年 度 阿 木 名 海 軍 防 備 阿 木 名 海

More information

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山 13 空 手 木 下 朋 紀 ( 法 4) 添 田 一 寿 ( 法 4) 因 泥 祐 馬 ( 文 4) 鈴 木 重 輝 ( 文 4) 浦 上 靖 令 ( 経 4) 前 田 稔 ( 商 4) 杉 山 美 里 ( 商 4) 鈴 木 成 美 ( 商 4) 染 谷 隆 嘉 ( 生 4) 美 濃 部 春 佳 ( 生 4) 橋 翼 ( 法 3) 藤 沼 拓 己 ( 法 3) 石 川 桃 子 ( 文 3) 佐 藤

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ 起 起 技 課 追 程 例 ヲ 偲 フ ヘ 漸 著 不 振 陥 追 訂 衰 退 因 着 築 ハ 其 面 ヲ ヘ 強 章 終 稿 伊 喜 郎 私 印 捺 ペ 築 ヲ 聯 繋 挙 ハ 真 宜 適 暁 ハ 与 強 ヘ 強 眼 河 結 ぶ 河 削 壌 廃 埋 街 形 河 沿 帯 形 基 起 乱 ょ 1 禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔

More information

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月 小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 [ 平 成 28 年 1 月 期 調 査 ] ~ 全 業 種 で 売 上 額 が 落 ち 込 んだ 小 規 模 企 業 景 況 ~ 2016 年 2 月 23 日 全 国 商 工 会 連 合 会 < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : 全 国 約 300 商 工 会 の 経 営 指 導 員 調 査 時 点 :2016 年 1 月 末 調 査 方 法 :

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

31 雪 に 暮 るゝ 寺 島 村 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.4 24.1 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 32 戸 山 の 原 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.5 24.4 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 33

31 雪 に 暮 るゝ 寺 島 村 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.4 24.1 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 32 戸 山 の 原 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.5 24.4 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 33 * 展 示 期 間 の 記 載 のないものは 全 会 期 中 で 展 示 します * 都 合 により 出 品 作 品 は 一 部 変 更 することがあります * 出 品 番 号 と 展 示 順 が 前 後 する 箇 所 があります No. 作 品 名 シリーズ 名 制 作 年 技 法 等 サイズ( 縦 横 ) 所 蔵 先 第 1 章 大 正 7 年 ~12 年 (1918~23) 木 版 画 家 としての

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

備 考 ( 受 け 入 れ な ど ) 向 上 神 共 佼 成 学 園 東 佼 成 子 東 推 薦 : 一 般 : 病 気 やけが 等 で 長 期 入 院 した 場 合 など 国 府 台 子 千 光 明 相 模 原 神 共 推 薦 一 般 : 要 相 談 國 學 院 東 共 国 学 院 久 我 山

備 考 ( 受 け 入 れ な ど ) 向 上 神 共 佼 成 学 園 東 佼 成 子 東 推 薦 : 一 般 : 病 気 やけが 等 で 長 期 入 院 した 場 合 など 国 府 台 子 千 光 明 相 模 原 神 共 推 薦 一 般 : 要 相 談 國 學 院 東 共 国 学 院 久 我 山 備 考 ( 受 け 入 れ な ど ) 愛 国 東 推 薦 :C 推 薦 の 基 準 を 満 たすこと 愛 国 四 街 道 千 愛 国 龍 ケ 崎 茨 青 山 学 院 東 共 一 般 : 個 別 に 審 議 秋 草 学 園 埼 旭 丘 神 共 麻 布 大 渕 野 辺 神 共 足 利 工 大 附 栃 共 足 立 学 園 東 我 孫 子 二 階 堂 千 共 安 部 学 院 東 推 薦 一 般 : 学 校

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

19 20 21 氏 名 ( 年 齢 ) 松 本 元 明 (64 歳 ) 最 終 球 団 西 武 ライオンズ 出 身 高 校 広 島 電 機 大 学 付 属 高 校 指 導 対 象 基 礎 体 力 作 り ランニング ウェイトトレーニング 出 身 大 学 東 洋 大 学 指 導 期 間 平 成 26

19 20 21 氏 名 ( 年 齢 ) 松 本 元 明 (64 歳 ) 最 終 球 団 西 武 ライオンズ 出 身 高 校 広 島 電 機 大 学 付 属 高 校 指 導 対 象 基 礎 体 力 作 り ランニング ウェイトトレーニング 出 身 大 学 東 洋 大 学 指 導 期 間 平 成 26 2016 年 度 学 生 野 球 資 格 回 復 者 の 指 導 登 録 一 覧 ( 高 等 学 校 野 球 連 盟 )2016.5.12 現 在 NPB( 日 本 野 球 機 構 ) 氏 名 ( 年 齢 ) 北 川 哲 也 (41 歳 ) 最 終 球 団 ヤクルトスワローズ 1 出 身 高 校 暁 星 国 際 高 校 指 導 対 象 投 手 2 3 4 5 6 7 8 氏 名 ( 年 齢 ) 広

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式 世 羅 郡 世 羅 町 ( 旧 世 羅 郡 甲 山 町, 世 羅 西 町 を 含 む) 県 指 定 史 跡 旧 市 町 村 コード 県 7 康 徳 寺 古 世 羅 郡 世 羅 町 寺 町 径 17mの 円 長 さ8.3mの 横 穴 式 石 室 を 設 ける 平 成 7 年 発 掘 調 査 が 行 わ れ, 須 恵 器 などのほか 泥 塔 など 祭 祀 遺 物 が 多 数 出 土 した 県 9 万 福

More information

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc 平 成 23 年 度 洛 陽 総 合 高 等 学 校 社 会 第 1 次 入 学 考 査 問 題 (50 分 ) 受 験 番 号 ( 氏 名 は 書 かないこと) Ⅰ 1. 下 の 地 形 図 をよく 見 て あとの(1)~(5)に 答 えなさい (1) この 地 形 図 の 縮 尺 を 次 の 選 択 肢 より 選 び 答 えなさい 1 万 分 の 1 / 2 万 5 千 分 の 1 / 5 万

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

受理番号 23-80

受理番号 23-80 意 見 書 6 枚 中 1 枚 目 受 理 2380 1 6 13 私 たちの 時 代 と 歴 史 ( 全 体 ) 運 動 会 の 歴 史 は 学 習 指 導 要 領 に 示 す 内 容 の (1)の 現 代 の 社 会 やその 諸 課 題 が 歴 史 的 に 形 成 されたものであるという 観 点 から, 近 現 代 の 歴 史 的 事 象 と 現 在 との 結 び 付 きを 考 える 活 動 を

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

三 条 通 西 洞 院 西 入 る 塩 屋 町 三 条 通 東 洞 院 西 入 梅 忠 町 三 条 通 室 町 西 入 る 衣 棚 町 の 各 新 町 通 姉 小 路 下 る 町 頭 町 の 全 域 新 町 通 夷 川 下 る 二 条 新 町 新 町 通 御 池 下 る 神 明 町 新 町 通 御

三 条 通 西 洞 院 西 入 る 塩 屋 町 三 条 通 東 洞 院 西 入 梅 忠 町 三 条 通 室 町 西 入 る 衣 棚 町 の 各 新 町 通 姉 小 路 下 る 町 頭 町 の 全 域 新 町 通 夷 川 下 る 二 条 新 町 新 町 通 御 池 下 る 神 明 町 新 町 通 御 26 京 都 府 法 第 百 四 十 条 第 一 項 の 市 町 村 の 区 域 を 勘 案 して 定 める 区 域 郡 市 区 町 村 地 番 以 下 等 指 定 番 号 指 定 再 放 送 事 業 者 備 考 指 定 年 月 日 京 都 市 北 区 KK0041-0037 ( 株 )ケイ オプティコム H25.6.24 京 都 市 北 区 KK0058-0054 ( 株 )ジェイコムウエスト 京

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

rekishi6.xls

rekishi6.xls 1 / 9 ページ 近 代 日 本 の 成 立 1ヨーロッパ 諸 国 の 進 出 (1)ロシアの 南 下 1792 年 ラックスマン~ 根 室 ( 大 黒 屋 光 太 夫 ) 1804 年 レザノフ~ 長 崎 1811 年 ゴローニン 事 件 ~ロシア 人 を 逮 捕 (2) 幕 府 の 対 応 蝦 夷 地 の 探 険 千 島 列 島 ~ 最 上 徳 内 近 藤 重 蔵 樺 太 ~ 間 宮 林 蔵

More information

ryakugo.xls

ryakugo.xls 戦 後 の 判 例 集 略 語 戦 後 の 判 例 集 名 ( 一 審 刑 )( 一 審 刑 集 )( 第 一 審 刑 集 ) 第 一 審 刑 事 裁 判 例 集 ( 下 刑 )( 下 刑 集 )( 下 級 刑 集 ) 下 級 裁 判 所 刑 事 裁 判 例 集 ( 法 曹 会 ) ( 下 民 )( 下 民 集 )( 下 級 民 集 ) 下 級 裁 判 所 民 事 裁 判 例 集 ( 法 曹 会 )

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

<4D F736F F D A5893AA95E58BE08E5189C18ED CC964696BC2E646F6378>

<4D F736F F D A5893AA95E58BE08E5189C18ED CC964696BC2E646F6378> 北 区 都 島 区 福 島 区 此 花 区 大 阪 信 愛 女 学 院 高 等 学 校 区 女 性 会 女 性 部 区 社 会 福 祉 協 議 会 区 ボランティア 市 民 活 動 センター クラーク 記 念 国 際 高 等 学 校 連 合 町 会 ( 桜 宮 中 野 西 都 島 内 代 高 倉 友 渕 淀 川 大 東 各 連 合 ) 区 地 域 振 興 会 女 性 部 区 母 と 子 の 共 励

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や 画 にみる 近 代 日 本 の 風 景 武 蔵 国 秩 父 郡 県 社 三 峰 神 社 全 図 ( 田 中 家 文 書 0) 開 催 にあたって 幕 末 に 西 洋 から 伝 えられた 技 術 は 司 馬 江 漢 亜 欧 堂 田 善 安 田 雷 洲 などが 習 得 して 作 品 化 する 一 方 京 都 の 玄 々 堂 が 小 型 の 風 景 画 などを 量 産 して 一 般 に 流 通 させました

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

女 子 学 校 対 抗 1 横 浜 商 業 2 拓 大 紅 陵 樹 徳 4 明 秀 学 園 文 大 杉 並 6 和 洋 女 子 7 21 18 1 11 25 1 18 1 2 19 12 5 1 22 11 1 26 111 真 岡 女 子 8 41 42 星 野 吉 田 1 大 成 女 子 相

女 子 学 校 対 抗 1 横 浜 商 業 2 拓 大 紅 陵 樹 徳 4 明 秀 学 園 文 大 杉 並 6 和 洋 女 子 7 21 18 1 11 25 1 18 1 2 19 12 5 1 22 11 1 26 111 真 岡 女 子 8 41 42 星 野 吉 田 1 大 成 女 子 相 男 子 学 校 対 抗 栄 1 21 18 1 1 11 25 2 1 19 1 2 12 2 22 2 11 1 1 1 26 14 111 2 2 112 15 27 11 2 26 2 2 11 1 1 16 4 1 24 114 2 17 28 16 経 大 附 東 海 大 菅 生 2 17 高 専 商 大 付 日 大 豊 山 18 横 浜 商 業 4 19 伊 勢 崎 商 業 桐 蔭 学

More information

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 変 更 新 対 照 表 別 表 新 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 小 海 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 ( 削 除 ) 第 2 区 に 統 合 第 3 区 東 かがわ 市 小 海 2 人 ( 削

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場 Ⅰ 定 款 に 定 める 事 業 の 実 績 当 協 会 は 東 京 都 内 の 区 市 町 村 の 健 全 な 発 展 を 図 るために 市 町 村 振 興 宝 くじの 収 益 金 等 を 活 用 し 区 市 町 村 の 財 政 支 援 のための 貸 付 事 業 等 区 市 町 村 を 支 援 する 事 業 を 行 い もって 都 民 福 祉 の 増 進 に 資 することを 目 的 とし 度 は

More information

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河 平 成 26 年 度 末 和 歌 山 県 教 職 員 人 事 異 動 表 学 校 人 事 課 < 小 中 学 校 > 校 長 の 部 平 成 27 年 4 月 1 日 区 分 新 任 校 新 職 名 旧 任 校 旧 職 名 氏 名 採 用 昇 任 和 歌 山 市 立 大 新 小 学 校 校 長 和 歌 山 市 立 中 之 島 小 学 校 教 頭 松 田 晃 和 歌 山 市 立 砂 山 小 学 校 校

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について 平 成 22 年 度 貴 重 文 物 講 習 会 101217 九 州 大 学 キャンパスに 眠 る 埋 蔵 文 化 財 ー 元 寇 防 塁 を 中 心 にー 九 州 大 学 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 学 術 研 究 員 田 尻 義 了 はじめに 1. 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 の 紹 介 2. 各 キャンパスにおける 埋 蔵 文 化 財 資 料 の 紹 介 a. 筑 紫 キャンパス b.

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<4372797374616C205265706F7274733A208341838B837983938C768E9E8F88979D8356835883658380>

<4372797374616C205265706F7274733A208341838B837983938C768E9E8F88979D8356835883658380> 全 日 本 スキー 連 盟 B 級 公 認 男 子 大 回 転 公 式 成 績 表 ジュリー 技 術 代 表 前 原 力 [SAJ] テクニカルデータ コース 名 大 沢 大 回 転 コース 主 審 山 崎 幸 男 [ ] スタート 地 点 640m フィニッシュ 地 点 380m 競 技 委 員 長 大 竹 直 人 [ ] 標 高 差 260m 全 長 1050m ホモロゲーション SAJ20-GS47/97

More information

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1 日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 公 式 練 習 日 2016 年 9 月 7 日 ( 水 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 重 藤 武 士 岡 山 梶 本 真 也 奈 良 市 木 隆 延 高 知 佐 藤 憲 一 大 分 1 7:00 紀 村 勝 也 岡 山 13 8:36 中 西 智 彦 奈 良 25 7:00 松

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟 収 蔵 資 料 ( 古 文 書 ) 目 録 大 平 台 藤 曲 家 文 書 ( 平 成 28 年 7 月 22 日 現 在 ) 箱 根 町 立 郷 土 資 料 館 1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4

More information

郵便局及び会社の営業所の一覧(2016年7月31日現在)

郵便局及び会社の営業所の一覧(2016年7月31日現在) 法 第 6 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する の 及 び 所 在 等 所 在 000010 中 野 サンクォーレ 内 東 京 都 中 野 区 中 野 4-3-1 000020 荻 窪 川 南 東 京 都 杉 並 区 荻 窪 2-31-7 000030 練 馬 中 村 東 京 都 練 馬 区 中 村 北 3-15-5 000040 板 橋 大 山 東 京 都 板 橋 区 大 山 西 町 52-12

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

中 央 部 隊 歴 史 全 般 34 陸 軍 北 方 部 隊 略 歴 (その7) 内 地 転 用 部 隊 (1401 頁 ~1551 頁 ) 他 戦 域 転 用 部 隊 (1 601 頁 ~1614 頁 ) その 他 の 部 隊 (2011 厚 生 省 援 護 局 頁 ~2018 頁 ) 中 央 部

中 央 部 隊 歴 史 全 般 34 陸 軍 北 方 部 隊 略 歴 (その7) 内 地 転 用 部 隊 (1401 頁 ~1551 頁 ) 他 戦 域 転 用 部 隊 (1 601 頁 ~1614 頁 ) その 他 の 部 隊 (2011 厚 生 省 援 護 局 頁 ~2018 頁 ) 中 央 部 中 央 部 隊 歴 史 全 般 1 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 目 次 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 2 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 目 次 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 3 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 その1 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 4 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 その2 厚 生 省 援 護 局 中

More information