目 次 震 災 半 年 備 えと 課 題 を 考 える 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 3 システム 局 長 草 刈 順 3 新 局 長 に 就 任 して 沖 縄 タイムス 社 システム 局 長 禰 覇 洋 一 5 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 6 熊 本 日 日

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 震 災 半 年 備 えと 課 題 を 考 える 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 3 システム 局 長 草 刈 順 3 新 局 長 に 就 任 して 沖 縄 タイムス 社 システム 局 長 禰 覇 洋 一 5 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 6 熊 本 日 日 "

Transcription

1 日 本 新 聞 製 作 技 術 懇 話 会 広 報 委 員 会 編 集 編 集 人 辻 裕 史 東 京 都 千 代 田 区 内 幸 町 日 本 プレスセンタービル 8 階 ( ) 電 話 (03) FAX(03) CONFERENCE FOR NEWSPAPER PRODUCTION TECHNIQUE JAPAN VOL.35 No ( 通 巻 209 号 ) 日 本 新 聞 製 作 技 術 懇 話 会 会 報 ( 隔 月 刊 ) ( 禁 転 載 )

2 目 次 震 災 半 年 備 えと 課 題 を 考 える 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 3 システム 局 長 草 刈 順 3 新 局 長 に 就 任 して 沖 縄 タイムス 社 システム 局 長 禰 覇 洋 一 5 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 6 熊 本 日 日 新 聞 社 印 刷 局 長 河 島 健 一 7 信 濃 毎 日 新 聞 社 印 刷 局 長 兼 長 野 製 作 センター 長 木 内 洋 太 郎 8 中 日 新 聞 北 陸 本 社 技 術 局 長 三 盃 賢 一 郎 9 報 知 新 聞 東 京 本 社 制 作 局 長 荻 原 博 文 10 読 売 新 聞 東 京 本 社 取 締 役 制 作 局 長 システム 担 当 早 川 正 11 楽 事 万 歳 佐 賀 新 聞 社 編 制 局 印 刷 部 部 長 古 賀 徳 康 12 ニッカ オフセット 印 刷 機 器 本 部 部 長 角 川 武 13 会 員 社 リポート パナソニック SS インフラシステム 東 京 機 械 製 作 所 14 イリス 岡 本 化 学 工 業 15 第 108 回 技 術 懇 談 会 記 16 CONPT 日 誌 他 16 表 紙 写 真 提 供 :CONPT TOUR2010 入 選 作 より 第 一 工 業 平 賀 康 正 氏 ハンブルク 市 庁 舎 表 紙 製 版 : デイリースポーツプレスセンター 組 版 印 刷 : デイリースポーツプレスセンター 2

3 震 災 半 年 備 えと 課 題 を 考 える 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 システム 局 長 草 刈 順 未 曽 有 の 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 か ら 半 年 河 北 新 報 は 新 聞 各 社 はじめ 関 係 各 位 のご 支 援 とご 協 力 により 紙 齢 を 絶 やすこ となく 新 聞 発 行 を 継 続 できた あらためてお 礼 を 申 し 上 げるとともに 震 災 下 の 弊 社 の 状 況 を 振 り 返 り 大 災 害 時 における 新 聞 制 作 部 門 の 備 えと 課 題 について 考 えてみたい 被 害 状 況 仙 台 市 にある 河 北 新 報 本 社 は 8 階 建 ての 耐 震 構 造 ビル 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 震 度 6 強 の 激 震 が 約 3 分 間 続 いた 6 階 の 編 集 制 作 フロアは 天 井 パネルが 落 下 本 棚 は 倒 れ 机 上 の 資 料 類 が 飛 び 散 った 3 時 6 分 に 震 度 5 弱 同 15 分 に 震 度 6 弱 の 余 震 が 続 き 総 務 部 がビルからの 退 避 を 指 示 一 部 の 連 絡 者 以 外 は 中 庭 に 避 難 した 8 階 が 最 も 揺 れが 激 しく システム 部 マシンルームは 組 版 サー バーのディスク 装 置 (75センチ 75センチ 170センチ)2 台 のうち1 台 が 横 倒 し 1 台 は90 度 回 転 コン ソール 類 のモニターなども 吹 き 飛 び 新 聞 制 作 システムの 作 動 は 不 可 能 と 判 断 した ビル 内 は 停 電 したが 無 停 電 電 源 装 置 と 自 家 発 電 で 各 システムの 停 止 はなかった 免 震 構 造 の 印 刷 センター(2003 年 建 設 )は 本 社 から 約 12キロの 仙 台 市 泉 区 にある 発 生 時 は 夕 刊 刷 了 後 揺 れは 大 きく 長 かったものの 事 務 室 では 机 から 物 が 落 ちることもなく 印 刷 設 備 に 全 く 被 害 はなかった 停 電 と 同 時 に 自 家 発 電 設 備 (2000KVA)が 稼 働 災 害 時 の 想 定 通 り2セットで 発 行 できることを 確 認 し た 地 下 の 免 震 装 置 に 設 置 した 水 平 方 向 計 測 装 置 によると 揺 れ 幅 は 北 西 南 東 方 向 で 最 大 37.4センチ 2008 年 6 月 の 宮 城 岩 手 内 陸 地 震 時 で 約 6センチであり 6 倍 以 上 の 揺 れだった 新 聞 発 行 へ 本 社 での 紙 面 制 作 を 断 念 し たのが 午 後 3 時 20 分 緊 急 時 の 新 聞 発 行 相 互 支 援 協 定 を 締 結 する 新 潟 日 報 に 号 外 と 朝 刊 の 紙 面 制 作 を 要 請 した 協 定 は2010 年 3 月 に 調 印 したばかり 紙 面 データの 受 け 取 り 手 順 は 1 新 潟 が 自 社 のFTPサーバーに 紙 面 データ をアップ2 河 北 がインターネット 回 線 を 使 っ てデータをダウンロード3データを 河 北 サイ ズにトリミングしCTPサーバーに 移 す 新 潟 日 報 から 号 外 紙 面 のデータアップの 連 絡 が 入 ったのが4 時 半 ところが インター ネット 接 続 回 線 (IIJとOCN)が 本 社 印 刷 セ ンターともに 不 通 で データを 受 け 取 れない 想 定 外 の 事 態 に 直 面 した 幸 い 共 同 通 信 の 社 内 ネットワークが 通 じていることが 判 明 し 共 同 仙 台 支 社 から 東 京 経 由 で 新 潟 のFTPサ ーバーにアクセスして 何 とかデータを 入 手 で きた データは 本 社 印 刷 センター 間 の 素 材 管 理 回 線 で 渡 しCTPサーバーへ 受 信 終 了 は 紙 面 アップから 約 2 時 間 半 後 刷 り 出 しは7 時 15 分 カラー2ヘ ーシ 1 万 部 を7 時 半 に 刷 了 した 朝 刊 の 作 業 は 順 調 だった 8ヘ ーシ (カラー2ヘ ーシ ) で 最 終 降 版 を 午 後 11 時 30 分 に 設 定 新 潟 側 の 提 案 で1 面 末 面 を 完 全 見 開 きにし 大 震 災 を 迫 力 ある 紙 面 で 伝 えた 午 後 7 時 には 自 社 出 稿 メモを 友 好 7 社 回 線 で 新 潟 に 送 り 原 稿 写 真 も 順 次 送 信 し 紙 面 を 制 作 してもら った 9 時 半 整 理 部 員 2 人 が6 時 間 かけて 新 潟 に 到 着 既 に 新 潟 側 では 整 理 記 者 10 人 以 上 で8ヘ ーシ の 紙 面 を 作 っていた 12 日 午 前 0 時 20 分 に 刷 り 始 め 3 時 10 分 には2セット 両 出 しで47 万 2000 部 を 刷 り 終 えた 津 波 被 害 の 甚 大 だっ た 沿 岸 部 を 除 く 宮 城 県 内 の 読 者 に 朝 一 番 で 届 け 各 避 難 所 にも 配 達 できた 停 電 でテレビ 3

4 の 情 報 もなく 孤 立 状 態 だった 読 者 から 朝 新 聞 が 届 いて 感 激 した 新 聞 で 初 めて 状 況 が 分 かった と 感 謝 の 声 が 多 数 寄 せられた 復 旧 へ 本 社 の 復 電 は 翌 12 日 午 後 3 時 印 刷 センターは4 時 半 ネット 回 線 はOCNが 11 日 午 後 9 時 IIJは12 日 午 前 6 時 に 復 旧 セ ンターに 紙 面 データを 送 る 回 線 は12 日 朝 に NTTが 通 信 不 可 予 備 の 東 北 インテリジェ ント 通 信 ( 昨 年 8 月 導 入 )に 切 り 替 わった 印 刷 センターの 自 家 発 電 (タンク3 万 1950 リットル)は 定 期 訓 練 で 重 油 を 消 費 当 時 は 残 2 万 4320リットル 号 外 朝 刊 作 業 など 約 26 時 間 で1 万 4600リットルを 使 い 12 日 の 朝 刊 作 業 で 底 をつく 状 態 だった 日 に 特 注 した 重 油 が 酒 田 と 新 潟 から 届 いたが タンクを 満 杯 にできたの は2 週 間 後 水 は 発 生 直 後 に 受 水 槽 30トンを 手 動 で 満 杯 にした 後 に 断 水 3 日 はしのげる 計 算 だったが 13 日 から 給 水 車 で 補 給 し17 日 に 通 水 湿 し 水 よりも 一 般 飲 用 空 調 コンプレ ッサーで 大 量 に 使 うことが 判 明 蛇 口 制 限 空 調 加 湿 停 止 などの 措 置 を 取 った 用 紙 の 在 庫 は5 6 日 分 取 引 先 の4 工 場 全 てが 被 災 し 先 が 不 透 明 だったが 他 工 場 への 手 配 と 日 本 製 紙 岩 沼 工 場 の 在 庫 で 何 とかしのげた 紙 面 の 自 社 制 作 は 翌 12 日 夕 刊 モノクロ4ヘ ーシ ( 通 常 カラー8ヘ ーシ )でスタート 13 日 ( 日 曜 )は 夕 刊 と 同 様 扱 いの4ヘ ーシ 号 外 を 発 行 夕 刊 4ヘ ーシ 建 ては31 日 まで 続 き 4 月 1 日 から6ヘ ーシ に 朝 刊 は13 日 付 が12ヘ ーシ (カラー7ヘ ーシ )の1 版 制 通 常 2 版 制 で28ヘ ーシ 前 後 だが 用 紙 不 足 問 題 もあって 震 災 関 連 に 絞 った 紙 面 とした 朝 刊 の 基 本 面 建 ては3 月 25 日 付 から16ヘ ーシ 4 月 1 日 付 から20 ヘ ーシ 5 月 13 日 付 から22 24ヘ ーシ 6 月 からは24ヘ ーシ 体 制 が 定 着 ほぼ 通 常 体 制 に 戻 りつつある 備 えと 課 題 通 信 関 係 などソフト 面 で 二 重 三 重 のバックアップの 必 要 性 を 痛 感 し た 想 定 外 の 弱 点 は インターネット 接 続 回 線 のダウン 共 同 通 信 の 社 内 ネットが 使 えな かったら 支 援 協 定 で 作 ってもらった 貴 重 な 紙 面 を 取 り 込 めなかった 共 同 は 専 用 回 線 が ソフトバンク 回 線 に 切 り 替 わり 記 事 写 真 の 受 信 も 支 障 なく 東 京 本 社 のサーバー 経 由 でネットも 使 用 可 能 だった また 河 北 と 中 日 新 潟 などの 友 好 7 社 回 線 が 健 在 で 自 社 記 事 写 真 を 新 潟 側 に 送 信 できたのも 大 きい 加 え て 顔 の 見 える 連 携 協 力 の 大 切 さを 感 じた 新 潟 日 報 とは1カ 月 前 の 紙 面 交 換 テストを 通 じ 面 建 てや 体 裁 作 業 手 順 を 確 認 していたか らこそ 混 乱 なく 運 用 できたのだと 思 う ハード 対 策 も 重 要 だ 本 社 8 階 は 初 動 900ガ ルでもフリーアクセス( 高 さ50センチ)が 外 れない 耐 震 補 強 工 事 済 みだった 床 下 にアンカー 固 定 したラック 収 容 型 サーバー( 素 材 管 理 出 力 系 メディア 系 など)はほとんど 被 害 がな く 自 社 原 稿 の 受 信 出 稿 は 通 常 通 りできた ハード 面 で 最 大 の 威 力 を 発 揮 したのは 免 震 構 造 だ 宮 城 県 内 の 印 刷 工 場 で 当 日 稼 働 した のは 河 北 新 報 だけ 東 北 全 県 が 停 電 し 輪 転 機 が 無 事 でも 印 刷 できなかった 社 もある 宮 城 県 沖 地 震 に 備 え 自 家 発 電 と 免 震 構 造 という 万 全 の 体 制 を 敷 いたことが 奏 功 した その 構 造 は 揺 れを 吸 収 する 積 層 ゴムアイソレータ ー74 基 と 滑 り 支 承 46 基 の 計 120 基 の 円 柱 ( 直 径 50 90センチ)で 建 屋 全 体 を 支 える 仕 組 み ゴム と 鋼 板 を 重 ね 合 わせた 円 柱 が 変 形 したり ス テンレス 板 上 を 滑 ることで 地 震 の 力 を 弱 め る 震 災 後 センターに 視 察 が 相 次 いだ 今 回 新 聞 は 発 行 できたが 紙 幅 やカラー 面 を 制 限 せざるを 得 なかった その 後 のガソ リン 不 足 への 対 応 を 含 め 電 気 水 通 信 な どのインフラが 長 期 間 使 用 不 能 という 想 定 に ついての 対 策 はまだまだ 不 十 分 である 震 災 後 本 社 ではマシンルームの 耐 震 補 強 を 実 施 したほか 電 話 モバイル インターネット の 不 通 に 備 え 通 信 キャリアや 無 線 設 備 会 社 から 様 々な 提 案 を 受 けている 今 回 の 対 応 を 検 証 し ハード ソフト 両 面 から 地 震 対 策 の 見 直 しを 急 ぐ 必 要 がある 4

5 新 局 長 に 就 任 して 多 メディア 展 開 が 課 題 沖 縄 タイムス 社 システム 局 長 禰 覇 洋 一 1972 年 工 務 局 植 字 課 に 入 社 72 年 は 沖 縄 が5 月 15 日 に 本 土 復 帰 した 年 で 通 貨 もドルから 円 になり 世 替 わりの 年 でした 当 時 は 勿 論 1ページ15 段 15 文 字 詰 めで 鉛 の 時 代 で す その 後 職 場 もCTSになり 制 作 局 制 作 第 2 部 制 作 局 制 作 部 編 集 局 編 制 本 部 制 作 部 と 職 場 の 名 称 は 何 回 か 変 わりましたが 仕 事 は 新 聞 の 組 版 作 業 畑 一 筋 で 夜 勤 の 多 い 職 場 で した 1カ 月 の 勤 務 体 系 は 月 の 半 分 が 夜 勤 で 夜 勤 の 日 は 午 前 2 時 ごろ 帰 宅 し 朝 刊 作 業 の 興 奮 した 神 経 を 鎮 めるため 夏 はビール 冬 は 泡 盛 で 一 日 の 疲 れを 癒 して 3 時 ごろ 就 寝 7 時 ごろには 子 供 たちが 学 校 に 行 く 仕 度 をす る 声 で 目 が 覚 め 送 り 出 してからまた 一 眠 り する 毎 日 でした 従 ってなかなか 熟 睡 できず 体 内 時 計 も 狂 いっぱなしでした 2008 年 の 次 長 就 任 で 夜 勤 よりも 昼 勤 の 日 が 多 くなり 自 然 と 早 寝 早 起 きが 習 慣 になった ことで いつの 間 にか 体 内 時 計 も 正 常 に 働 く ようになった また 寝 酒 なしでも 眠 れるよ うになり 23 時 就 寝 5 時 半 起 床 と 健 康 的 な 毎 日 を 送 れるようになったのもこのころから でした 早 寝 早 起 きをして 毎 日 朝 日 を 浴 びる 休 みの 日 は1 時 間 のウオーキングとストレッ チ 決 まった 時 間 の 食 事 など 睡 眠 運 動 食 事 と 規 則 正 しい 生 活 習 慣 が 如 何 に 大 切 か 実 感 している 毎 日 です さて 弊 社 は 今 年 7 月 にメディアシステム 本 部 のシステム 部 と 編 集 局 編 制 本 部 制 作 画 像 部 を 統 合 しシステム 局 が 誕 生 しました 初 代 システム 局 長 に 就 任 して1カ 月 半 が 過 ぎまし たが 新 聞 製 作 システムの 変 更 全 社 システ ムの 一 元 化 と 保 守 管 理 多 メディア 展 開 への 対 応 琉 球 新 報 社 との 災 害 協 定 推 進 など シ ステム 局 に 課 せられたテーマは 非 常 に 重 要 で 身 の 引 き 締 まる 思 いです システム 局 統 合 の 前 段 として 今 年 3 月 には 編 集 局 編 制 本 部 の 制 作 部 と 画 像 部 を 統 合 し 制 作 画 像 部 にしました 両 部 を 統 合 することに より 相 互 研 修 で 部 員 のスキルアップを 図 り ながら 新 システム 移 行 時 の 作 業 を 少 しでもス ムーズに 進 めることが 出 来 ると 考 えたのです が 日 常 の 作 業 に 追 われ なかなか 思 った 通 りの 研 修 ができないまま7 月 のシステム 局 誕 生 となってしまいました 来 年 末 の 新 社 屋 移 転 に 合 わせ1998 年 から 親 しんできた 現 在 のオーシャンシステム(キャ ノン)から 次 期 新 聞 製 作 システムをNECにす ることを7 月 末 に 決 定 したばかりですが 新 システムではワンマン 組 版 の 実 現 と 画 像 最 適 化 導 入 などで 省 人 化 を 実 現 したい これまでのメディアシステム 本 部 では3 人 の 部 員 で 全 社 のシステムを 担 当 していたた め 多 メディア 展 開 に 向 けた 研 究 開 発 まで 手 が 回 らなかった しかし 新 システムへの 移 行 で 業 務 の 効 率 化 省 力 化 迅 速 化 自 動 化 などが 見 込 めるため そのメリットを 先 取 りしシステム 局 を 誕 生 させた 制 作 画 像 部 の システム 担 当 もシステム 部 に 統 合 し11 人 に 増 やすことが 出 来 た 事 は 今 後 大 きな 力 になると 確 信 している 当 面 は 新 システム 移 行 や 社 屋 移 転 に 全 力 を 傾 注 せざるを 得 ないが 新 システムが 安 定 稼 働 し 軌 道 に 乗 った 段 階 で システム 局 に 統 合 したスケールメリットを 最 大 限 に 発 揮 し 地 方 紙 としての 多 メディア 展 開 の 可 能 性 を 模 索 していきたい 5

6 新 局 長 に 就 任 して 支 えられて 生 きる 河 北 新 報 社 印 刷 局 長 白 鳥 正 それまで 部 下 任 せにし ていたツケが 回 ってきた に 違 いない 東 日 本 大 震 災 の 当 日 免 震 構 造 のお かげで 被 害 ゼロだった 印 刷 センターにいながら 一 人 混 乱 していた 3.11 は 入 社 以 来 の 編 集 職 場 を 離 れ 未 経 験 の 印 刷 勤 務 となって1 年 が 過 ぎようという 時 である 日 々の 業 務 は 何 とか 把 握 していた つもりだが 非 常 時 の 対 応 には 無 防 備 だった 大 きな 声 では 言 えないが センター 内 に 災 害 対 応 マニュアル 総 合 防 災 対 策 要 綱 があるこ とさえ 知 らなかった 免 震 構 造 とはいえ 揺 れは 大 きく 長 い ロ ーリングする 大 型 船 内 のような 感 覚 だった 停 電 自 家 発 電 下 ですぐに 輪 転 機 はじめ 生 産 設 備 の 点 検 に 入 ったが 実 はこの 時 点 ではま だ 大 地 震 の 認 識 は 乏 しかった 編 集 局 から 大 丈 夫 か! 印 刷 できるか? 本 社 は 建 物 から 避 難 命 令 が 出 た! という 連 絡 で これは 尋 常 ではない と 初 めて 自 覚 した 現 にわが 机 からは 物 一 つ 落 ちていないのだから 問 題 はそれから ふだん 頼 りにしている 印 刷 総 務 が 不 在 どこをどう 点 検 すればいいの か 分 らず 部 員 に 大 丈 夫 か? 回 せるか? と 聞 くばかり 幸 いみんな 冷 静 で 粛 々とチェ ック 作 業 をこなし 間 もなく 問 題 なし OK です と 頼 もしい 返 事 が 返 ってきた 本 社 の 組 版 サーバーが 倒 れ センターにはシステム 部 員 や 整 理 部 員 が 続 々と 詰 めかけてきたが インターネット 回 線 がダウンし 新 潟 日 報 で 制 作 してもらった 紙 面 が 取 り 込 めない 無 傷 の 輪 転 機 が 回 せないのか イライラが 募 る 中 システム 部 員 らの 奮 闘 で 紙 面 データを 何 とか 取 り 込 む 後 は 大 丈 夫 号 外 と8ヘ ーシ に 減 った 朝 刊 は 問 題 なく 刷 り 終 えることができた 実 は 翌 日 からが 大 変 だった 夕 刊 は 無 事 に 刷 り 上 がったものの 自 家 発 電 用 の 重 油 が 底 を 尽 きかけていた 水 も 足 りない 紙 の 見 通 しがつかない さて どうする? あすの 朝 刊 作 業 で 燃 料 切 れ 輪 転 機 は 回 せない 覚 悟 を 決 めた やれるところまでやろう 捨 てる 神 あれば 救 う 神 あり 12 日 夕 電 気 が 通 った 給 水 車 の 手 配 も 付 きそう 重 油 が 入 るとの 連 絡 もあった そして13 日 午 後 福 の 神 がまとめてやってきた 2トンのバケツ リレーを 覚 悟 しながら 給 水 車 の 受 け 入 れ 準 備 をしていた 時 なんと 巻 き 取 り 輸 送 のトラ ックが 入 ってくるではないか 予 想 外 の 吉 事! 電 話 がつながらない 中 工 場 の 判 断 で 車 を 出 したという 在 庫 品 が 使 え 毎 日 2 台 で 運 びます というありがたい 言 葉 さらにタ ンクローリーが 酒 田 市 から 到 着 前 後 して 給 水 車 もやってきた 涙 が 出 そうになった 周 りに 支 えられて 生 きている 人 も 組 織 も その 後 新 聞 各 社 から 支 援 物 資 が 続 々と 届 い た 印 刷 センターも 数 台 のトラックの 受 け 渡 しを 担 当 した ガソリン 確 保 食 料 調 達 非 常 時 本 来 業 務 よりも 連 絡 調 整 が 主 になっ た うまくいくかどうかは いかに 相 手 の 立 場 を 理 解 するか 状 況 を 想 像 できるかだろう 地 震 発 生 から2 週 間 ほとんどセンターに 泊 まり 込 んだ この1 年 なかなかしっくり こなかった 職 場 がようやく 体 になじんだ 気 が した 混 乱 の 中 での 人 事 発 令 震 災 後 も 対 応 に 追 われ 局 長 を 意 識 しはじめたのは 最 近 のこと 本 稿 執 筆 からと 言 ってもいい 立 場 は 変 われど 周 囲 に 助 けられていることだけ は 間 違 いない 相 手 のことを 考 え 思 いを 巡 らす 非 常 時 に 限 らず 励 行 したい 6

7 新 局 長 に 就 任 して 熊 本 日 日 新 聞 社 印 刷 局 長 発 想 の 転 換 は 必 需 品 河 島 健 一 サッカー 女 子 ワールド カップ 決 勝 きょうのゴ ールキーパー 海 堀 は 好 調 だ PK 戦 の 一 発 目 を 足 で 止 め 相 手 の 動 きが 見 えている もしかして 優 勝 の 二 文 字 が 頭 をか すめた 対 戦 相 手 の 米 国 には 未 だ 勝 ったこと はなかった この 日 のなでしこジャパンは 最 高 の 点 の 入 れ 方 をした リズムは 日 本 にあっ た 熊 谷 のPKがゴールへ 我 が 家 では 興 奮 が 最 高 潮 となった 二 女 が 女 子 サッカーのチ ャレンジリーグに 所 属 しており なでしこ 優 勝 はことさら 感 無 量 である 興 奮 も 覚 めやら ずに 会 社 に 出 勤 した 6 月 に 印 刷 局 長 を 拝 命 し 初 めての 輪 転 号 外 の 印 刷 であり 一 生 の 思 い 出 となった 総 合 メディア 局 からの 異 動 で 印 刷 局 に メ ディア 感 覚 ならば 優 勝 のメール 速 報 は 出 す べきか しかし 早 朝 で 迷 惑 メールにならな いか と 論 議 したに 違 いない もちろん 速 報 すべきとの 結 論 になる デジタル 情 報 は 速 報 と 蓄 積 することで 価 値 が 生 まれる メディア サービスもコストをかけずに 今 までにない サービスを 提 供 するのがポイントである そ のため システムも 自 ら 構 築 するのではなく ハードウエアーも 購 入 しないし アプリケー ションソフトも 開 発 しない 今 風 にいえばク ラウドサービスを 使 うことを 前 提 に 考 える システムのライフサイクルも3 年 から5 年 程 度 か フリーミアム 的 発 想 で 利 益 を 出 す 仕 組 み 作 りが 問 題 である フリーミアムとはフリー ( 無 料 )とプレミアムの 造 語 無 料 にするのは 広 告 主 情 報 提 供 者 それとも 利 用 者 プレ ミアムを 与 えるのは 広 告 主 情 報 提 供 者 利 用 者 の 中 で 誰 にするのか こんな 発 想 で 情 報 サービスを 考 える 必 要 がある デジタルメデ ィアや 情 報 サービスの 最 先 端 の 動 きにアンテ ナを 立 て 目 先 を 追 いかけ 売 り 上 げを 追 及 す ると 同 時 に 遠 くを 見 据 え 戦 略 を 練 る こんな 要 素 を 考 えながらシステムを 構 築 し システ ム 運 用 を 行 い 様 々なリスクをヘッジしてき た 一 方 印 刷 の 眼 で 輪 転 機 や 発 送 機 器 を 考 え ると 軽 薄 短 小 から 重 厚 長 大 の 世 界 に 突 入 する 輪 転 機 は1セットで 約 400トン サテ ライト 圧 胴 は 直 径 約 70センチメートル 全 長 は 約 20メートル 高 さは 約 14メートルと 重 く て 大 きい メディアの 考 え 方 が 体 に 沁 み 込 ん でいるだけに 発 想 の 転 換 が 必 需 品 となって いる 特 に 輪 転 機 のライフサイクルがメディ アシステムと 違 っている 輪 転 機 のライフサ イクルは15 年 と 考 えられていたものが 20 年 いや25 年 にもなりそうな 気 配 だ 確 かに 機 械 的 には 頑 丈 にできている しかし 制 御 部 の 電 装 品 関 係 は 生 産 中 止 の 話 をよく 耳 にする 保 守 の 考 え 方 とライフサイクルがミスマッチ の 状 態 だ 高 価 な 設 備 であり 太 く 長 く 使 い たい 輪 転 機 のバックアップも メディアシ ステムのようにそう 簡 単 に 設 備 投 資 する 事 も できない サッカー 女 子 ワールドカップ 優 勝 はこれま での 試 合 経 験 と 自 分 はできると 信 じて 練 習 する 技 術 の 向 上 心 がもたらしたものだろう これからの 印 刷 のあり 方 は これだけでは 務 まりそうもない 輪 転 機 延 命 策 の 必 殺 技 は ないものだろうか 7

8 新 局 長 に 就 任 して 安 定 稼 働 へ 局 一 丸 信 濃 毎 日 新 聞 社 印 刷 局 長 兼 長 野 製 作 センター 長 木 内 洋 太 郎 7 月 15 日 印 刷 局 長 に 就 任 この 原 稿 執 筆 時 点 で 3 週 間 経 った 緊 張 が 続 くせいか 時 の 経 つのが 遅 い 初 の 生 え 抜 き 局 長 ということで 色 々 言 わ れることも 面 映 ゆい 1978 年 の 入 社 以 来 33 年 間 工 務 局 から 印 刷 局 と 名 は 変 ったが 工 務 印 刷 畑 一 筋 でやってき た 今 ごろになって 思 い 出 されるのが 入 社 試 験 での 面 接 当 時 の 工 務 局 長 から これからの 新 聞 印 刷 の 方 式 はどうなる と 質 問 された 大 学 では 印 刷 工 学 を 専 攻 していたが 生 半 可 な 知 識 で オフセットは 時 期 尚 早 まだ 凸 版 の 時 代 が 続 くと 思 います と 明 快 に 答 えた 入 社 して 驚 いた なんと 面 接 時 点 で 松 本 工 場 では 凸 からオフへの 改 造 が 始 まっていたの だ 79 年 には 全 機 改 造 完 了 その 翌 年 には レ ターオフの 改 良 と 実 用 化 で 新 聞 協 会 賞 を 受 賞 した 全 くもって 汗 顔 の 至 りである 80 年 には 長 野 工 場 が 一 新 オフ 輪 を 導 入 し カラー 印 刷 が 始 まる まだ24ページ4 個 面 カ ラーだったが その 後 怒 涛 のごとく 多 ページ モアカラーへの 道 を 突 き 進 んだ 90 年 代 になると 松 本 工 場 の 老 朽 化 が 深 刻 になり 輪 転 機 トラブルによる 刷 了 の 遅 れが 頻 発 した このため94 年 には 隣 の 塩 尻 市 に 新 工 場 を 建 設 カラーは 当 初 サテライト 機 2 台 の 設 計 だったが 静 岡 新 聞 社 で 開 発 中 のタワ ー(4Hi) 機 を 見 せてもらい その 完 成 度 の 高 さを 確 信 タワー サテ 各 1 台 の 構 成 とした これがタワー 時 代 の 幕 開 けだった 信 毎 は 現 在 長 野 と 塩 尻 に 印 刷 工 場 を 構 え ている その 長 野 では01 年 に 新 工 場 建 設 に 携 わった 40ページオールカラーとCTPが 目 玉 だった 一 方 の 塩 尻 は 二 度 のお 勤 め 今 回 の 異 動 までの 約 9 年 は 塩 尻 で 過 ごした 久 々 の 長 野 センターは 顔 と 名 前 が 一 致 しない 人 も 多 くなり さりげなく 作 業 着 のネームを 凝 視 しインプットしている さて 今 印 刷 局 に 最 も 求 められているこ とは 高 品 質 低 コストの 紙 面 を 安 定 的 に 生 産 することだろう 品 質 の 面 では CTP 化 新 AMスクリーン GCRの 実 用 化 とかなりの 水 準 まで 達 していると 思 う ここ 数 年 損 紙 削 減 にも 力 を 入 れ 結 果 を 出 してきた そし て 今 最 重 要 命 題 は 安 定 稼 働 だと 思 っている たった 一 度 の 遅 れでそれまで 積 み 上 げてきた 信 頼 信 用 を 失 ってしまう 取 り 戻 すことは 容 易 ではない 塩 尻 の2セットは3 年 前 に 新 設 したが 1セ ットは 開 業 時 からのもので18 年 目 だ 長 野 も もうすぐ10 年 安 定 稼 働 のためには 老 朽 化 対 応 が 急 務 だ また 2 工 場 あれば 両 方 倒 れる ことはないだろうと 高 を 括 っていたが 今 回 の 震 災 で 電 気 を 断 たれればどうにもならな いことを 思 い 知 らされた 長 野 センターへの 発 電 機 導 入 を 進 めているが 建 屋 生 産 設 備 の 耐 震 をどうするか 悩 ましい 課 題 だ 機 械 設 備 は 年 を 経 るとともに 心 配 度 が 増 し ていくばかり 一 方 うれしいのは 若 い 人 た ちが 経 験 を 重 ね 着 実 に 成 長 していくことだ ぎこちない 動 きだった 新 人 が 機 敏 な 動 作 に 変 身 していく 姿 が 頼 もしい 新 聞 社 の 経 営 環 境 が 厳 しくなるなか 限 ら れた 予 算 をどこにどう 使 うか 限 られた 人 員 でいかに 効 率 的 で 実 のある 保 守 整 備 をして いけるか 印 刷 局 一 丸 となって 知 恵 を 絞 り 汗 を 流 していく 決 意 です 8

9 新 局 長 に 就 任 して 忙 しいけど 楽 しいぜ 中 日 新 聞 北 陸 本 社 技 術 局 長 三 盃 賢 一 郎 6 月 24 日 付 で 北 陸 本 社 に 赴 任 しました だい たいのことは 片 付 いてい るから やることは 無 い よ とは 周 囲 の 声 とい うのも それまでに 北 陸 本 社 では 二 つの 大 きなイ ベントをこなしていたからです 一 つは 昨 秋 の 新 社 屋 移 転 もう 一 つは 今 年 4 月 から 始 ま った 朝 日 新 聞 日 本 農 業 新 聞 の 受 託 印 刷 です 先 人 の 敷 いたレールをひた 走 ればいい 環 境 にあるのですが いまだに 戸 惑 いながら 毎 日 を 送 っているというのがこれまでの 状 況 です 旧 社 屋 は 前 田 利 家 を 祭 った 尾 山 神 社 の 向 かい 繁 華 街 の 一 角 にありました 新 社 屋 は そこから 直 線 距 離 で2.5キロ 金 沢 駅 を 挟 んで 西 側 にあります 駅 から 石 川 県 庁 金 沢 港 に 延 びる 大 通 りに 面 しています 引 越 しは 実 質 昨 年 10 月 の 休 刊 日 一 日 で 行 われました 当 時 私 は 名 古 屋 本 社 で 後 方 支 援 していた 立 場 ですが 北 陸 本 社 に 来 て 思 う ことは 図 面 や 計 画 表 では 分 からなかった 苦 労 がいっぱいあったということです 私 ならも うこれだけで 手 一 杯 になっていたかも 知 れま せん 受 託 印 刷 に 関 してはもっと 大 変 膨 大 な 量 の 資 料 がそれを 示 しています ダイヤ 輸 送 紙 面 受 信 支 度 情 報 バックアップ どれも が 多 くの 案 を 検 討 してたどり 着 いた 結 論 であ ることがよく 分 かります 印 刷 開 始 以 降 は 大 きなトラブルもなく 順 調 に 稼 働 しています 限 られた 時 間 でよく 達 成 出 来 たなぁ と 私 は 感 心 するばかりです 大 きな 作 業 を 短 期 間 でやり 遂 げた 局 員 の 能 力 をどう 生 かすか 私 に 託 された 課 題 です 赴 任 早 々 局 員 に 働 きがいのある 職 場 にしよ うと 呼 びかけました 忙 しいけど 楽 しいぜ という 職 場 私 の 理 想 です 北 陸 中 日 新 聞 独 自 の 紙 面 に popress(ポプ レス) があります 20 代 記 者 がつくるペー ジ と 銘 打 ち 取 材 記 者 も 整 理 記 者 も 若 手 だ けでつくっています 編 集 局 長 と 話 していた ら その 話 題 になりました 名 古 屋 本 社 に 行 くと 若 い 記 者 から 北 陸 本 社 への 異 動 希 望 を 聞 くというのです 若 手 が 意 欲 を 持 って 好 き なことができる 本 社 で 仕 事 がしたいと 技 術 局 もそうしたい 思 いっきり 仕 事 がで きそうだから 金 沢 の 技 術 局 に 行 きたい そう いう 志 願 者 が 集 まる 局 にしたいと 願 うので す 能 登 で 生 まれ 育 った 私 にとって40 年 ぶりの 石 川 県 になります 入 社 以 来 半 分 を 技 術 職 場 半 分 を 整 理 部 で 過 ごしました 北 陸 本 社 でも 編 集 局 の 方 が 顔 見 知 りが 多 いのですが それより 技 術 局 員 の 人 となり を 覚 えなけれ ばと 思 っています 印 刷 部 の 会 合 で 編 集 出 身 の 新 局 長 という 紹 介 をされました 前 任 の 名 古 屋 本 社 では 技 術 局 でも 上 流 システムの 職 場 を 担 当 していた ため 印 刷 に 関 する 知 識 や 人 脈 は 極 めて 貧 弱 です そう 言 われるのも 無 理 ないことです しばらくは 印 刷 工 場 へ 通 って 輪 転 機 を 眺 めて いようと 思 っています 金 沢 では 単 身 赴 任 還 暦 まであと1 年 での 独 り 暮 らしですから 身 体 に 気 をつけようと 思 い 始 めました 名 古 屋 時 代 の ガンガンバ リバリ を 知 る 人 は そういう 考 え 方 をする 私 に 一 番 驚 くかも 知 れません 局 員 と 一 緒 に 忙 しいけど 楽 しい 職 場 をつくるには 忙 し さに 負 けない 体 力 が 必 要 ですから 9

10 新 局 長 に 就 任 して やっぱり 新 聞 っていいな 報 知 新 聞 東 京 本 社 制 作 局 長 荻 原 博 文 6 月 7 日 に 報 知 新 聞 ( 東 京 )の 制 作 局 長 を 拝 命 し ました まだ 数 カ 月 のキ ャリアです 私 事 になり ますが やけに 忙 しく 常 に 勉 強 し 続 ける 日 々で す それでも 日 常 のもろもろは すぐに 消 え 去 って 行 き 残 るのは 常 に あの3 月 11 日 の ことです 被 災 地 の 皆 さんから 言 えば 笑 わ れるようなことですが あの 日 の 恐 怖 は 東 京 にいても 大 変 なものでした すぐ 頭 に 浮 かん だのは 家 族 の 安 否 でした さらに 続 く 原 発 の 恐 怖 幼 い 子 のいる 親 類 は 本 当 に 心 配 し ていました 仕 事 の 上 でも あの 日 の 新 聞 工 程 は 各 社 必 死 のものだったと 思 います わが 社 でも 大 幅 な 繰 上 げは 当 然 として 紙 が 足 りない 都 内 の 道 が 帰 宅 難 民 の 渦 で 発 送 車 両 が 動 けな いなど 予 想 もしない 事 態 に 見 舞 われました 読 売 グループの 仙 台 工 場 は あの 日 以 来 1 度 も 動 くことなく 事 実 上 の 停 止 です 従 業 員 の 皆 様 は さぞ 無 念 であろうと 思 います 震 災 直 後 の 現 地 からの 報 道 も 胸 を 痛 めるも のばかりでした 母 をなくした 少 女 孫 をな くした 老 婦 人 紙 面 に 載 った 写 真 を 見 るのが 辛 くなるほどでした 3 月 11 日 は 金 曜 でした 実 は 私 は その 前 の 日 曜 日 3 月 6 日 に 鎌 倉 にいました 仏 様 を 見 るのが 学 生 時 代 からの 趣 味 で その 日 も 久 し ぶりに 大 仏 様 を 拝 みに 行 きました 大 仏 殿 の 近 くで 2 人 乗 りの 人 力 車 に 出 会 いました 一 人 は70 歳 くらいの 老 婦 人 もう 1 人 は10 歳 くらいの 女 の 子 たぶん お 祖 母 さんと 孫 なのでしょう 女 の 子 は 人 力 車 に 乗 るのが 始 めてなのでしょう 本 当 にうれしそ うな 笑 顔 でお 祖 母 さんに 話 しかけていまし た 大 震 災 の 後 そのことが 思 い 浮 かびまし た 一 方 で 幸 せがあります 一 方 で 孫 に 死 に 別 れた 老 婦 人 がいます この 震 災 で 新 聞 の 役 割 が 改 めて 分 かったよ うな 気 がします リアルタイム 性 ではTVや ネット 動 画 にかなわないことは 事 実 です で も 人 がどう 悲 しみ 人 がそこからどう 立 ち 直 っていくか それは 新 聞 でしか 描 けないの だと 思 います 制 作 局 がそれにどう 係 わって いくのか 記 者 写 真 パソコンから 組 版 輪 転 発 送 までをスピード 化 し 読 者 に 最 新 のニュースを 伝 える それが 基 本 だろうと 思 います でも 今 回 の 震 災 ではもう 一 つの 要 素 が 出 て きました 読 者 に 安 定 して 新 聞 を 提 供 する 災 害 時 ならより 以 上 にそれが 必 要 なのでしょ う そのためには 全 国 の 新 聞 が 今 までどお り 競 争 は 続 けつつ 協 力 を 深 めることです わが 社 もこの 間 印 刷 発 送 業 務 は 大 きく 乱 れました 普 段 はあまりお 付 き 合 いのない 社 にも 多 大 な 協 力 を 頂 き 感 激 したほどでした 新 潟 日 報 社 殿 を 含 め 東 北 地 方 の 各 社 の 災 害 協 定 が 稼 動 したのは 意 義 深 いことです システム 印 刷 発 送 の 各 社 協 力 体 制 を 強 化 し 読 者 が 災 害 時 でも 安 定 して 読 むことが 出 来 力 付 けられる 紙 面 体 制 を 作 っていけれ ばと 考 えます 鎌 倉 の 大 仏 様 は 阿 弥 陀 如 来 です 長 寿 を 全 うし 西 方 極 楽 浄 土 の 阿 弥 陀 様 に 会 えれば 幸 いですが どうもそれは 稀 のようです 読 者 のために あがいて より 良 い 紙 面 を 作 って 行 きたい と 考 えているところです 10

11 新 局 長 に 就 任 して 談 論 風 発 の 全 員 野 球 読 売 新 聞 東 京 本 社 取 締 役 制 作 局 長 システム 担 当 早 川 正 3.11 東 日 本 大 震 災 では 海 峡 を 隔 てた 北 海 道 も 大 きく 揺 れた 13 歳 の 時 に 経 験 した 新 潟 地 震 の 体 感 に 似 た 長 く 気 味 の 悪 い 揺 れ これはすごいこ とになる と 思 ったが 予 感 をはるかに 上 回 る 惨 状 に 茫 然 自 失 の 状 態 が 続 いている 被 災 地 の 人 々の 身 を 真 に 思 い やる 想 像 力 がすべての 日 本 人 わけてもメデ ィアに 問 われていると 思 う 読 売 新 聞 は 東 日 本 19 工 場 のうち 六 つが 震 災 で 一 時 ダウンし 東 北 の 旗 艦 仙 台 工 場 が 深 手 を 負 った 被 災 を 免 れた 北 海 道 支 社 のトッ プとして 人 員 や 物 資 の 後 方 支 援 にあたってき たが まさか3か 月 後 に 今 度 は 生 産 復 興 の 指 揮 を 執 ることになろうとは これまでも 地 方 部 長 で 新 潟 中 越 地 震 編 集 局 次 長 で 同 中 越 沖 地 震 と 地 震 には 縁 があった 何 かの 巡 りあわせというほかない 制 作 局 勤 務 は 今 回 が2 度 目 になる といっ ても 前 回 は18 年 前 に わずか1 年 3か 月 いただ けだが 人 生 の 原 風 景 ともいえる 鮮 烈 な 印 象 をここで 受 けた 新 聞 社 は 広 く 様 々な 職 種 があり その 連 携 ではじめて 新 聞 ができ 読 者 のもとに 届 く 編 集 しか 知 らない 者 がただ 頭 で 理 解 するのではなく 五 感 でこれを 体 験 できたことがとても 貴 重 だった 当 時 はまだ 工 務 局 の 名 残 をとどめ 技 術 系 は 技 術 システムの2 部 のみで 数 百 人 の 部 隊 を 抱 える 印 刷 発 送 部 が 一 大 勢 力 だった 現 在 では 両 部 門 とも 子 会 社 委 託 方 式 に 変 わ り 局 本 体 の 構 成 も 技 術 職 が 大 多 数 を 占 める など 様 変 わりした だが 内 局 外 局 の 違 い はあれ 一 体 になって 新 聞 という 言 論 商 品 を 作 っているのだという 気 概 は 健 在 と 感 じた こうしたモラールや 部 門 間 の 垣 根 の 低 さは よそに 誇 れる 文 化 だと 自 負 している 就 任 にあたり 三 つのことを 訴 えた 第 一 に どこよりも 強 い 新 聞 社 になろう ポイントは 商 品 力 と 販 売 力 と 技 術 力 制 作 局 は 技 術 力 だけでなく 編 集 局 と 並 ぶ 商 品 力 の 担 い 手 であることを 自 覚 し 活 字 見 出 しや 広 告 カラーまで 完 璧 にこなす どんな 条 件 下 であ れ 販 売 店 読 者 に 届 けるのも 商 品 力 この 2 点 に 徹 底 してこだわる 第 二 に 本 業 の 技 術 力 で ナンバーワン をめ ざす 支 社 長 として 業 務 全 般 を 見 てきた 側 か らすると 重 厚 長 大 なわりに 稼 働 率 の 良 くな い 装 備 労 働 集 約 型 の 構 造 にメスを 入 れる 余 地 はまだまだある 技 術 者 全 員 が 生 産 性 の 向 上 に 知 恵 をしぼり 日 常 の 仕 事 でまず 一 歩 階 段 を 上 がる 改 善 目 標 を 立 て 実 践 する 上 意 下 達 の 富 士 山 型 ではなく 談 論 風 発 の 八 ヶ 岳 スタイルでいこう 三 つ 目 に 企 画 立 案 にあたっては 最 小 の 投 資 で 最 大 の 効 果 をめざす 言 うは 易 く 行 うは 難 しの 典 型 取 引 先 とは 緊 張 感 のある 連 携 を 徹 底 吟 味 セカンドオピニオンの 活 用 に 努 め 脇 を 締 める ど の 付 く 素 人 が 偉 そうなことを 言 ってし まったと 後 悔 しているが この 間 仕 事 を 共 にして 彼 らを 改 めて 好 きになった 思 慮 深 く 堂 々と 物 を 言 い 責 任 感 も 強 い 何 より 仕 事 に 対 し 高 をくくらず 謙 虚 であるところに 好 感 が 持 てる 紙 媒 体 を 大 黒 柱 にしながら デジタル 媒 体 への 対 応 も 抜 かりなく 業 界 を 取 り 巻 く 環 境 は 厳 しいが 力 を 合 わせ 疾 風 に 勁 草 を 知 る と 言 われるような 存 在 にな りたいと 思 う 11

12 くじ 引 きで 広 がった 見 識 佐 賀 新 聞 社 編 制 局 印 刷 部 部 長 古 賀 徳 康 人 生 最 大 のうねりの 始 まりは2006 年 春 運 命 の くじ 引 きが 決 行 された 日 その 年 長 男 が 中 学 に 入 学 したのだが 地 区 ごとの 持 ち 回 りでPTA 役 員 の 選 出 があり すっ たもんだの 揚 げ 句 見 事 と 言 うか 悲 しくも 引 き 当 ててしまったのです 教 育 に 関 しては 入 学 式 や 卒 業 式 ぐらいしか 行 った 事 が 無 く ほと んど 妻 に 任 せっきりで 学 校 の 事 なんてチンプ ンカンプン そんな 状 況 にも 関 わらず 最 初 の 役 員 会 議 での 事 自 分 の 思 いとは 裏 腹 に 佐 賀 新 聞 社 の 看 板 はとても 大 きく その 肩 書 きに 集 まった 保 護 者 の 視 線 がキラキラと 期 待 の 眼 差 しが 注 がれているのを 感 じました 最 初 の 年 は 副 会 長 の 役 職 でしたが 引 き 受 けたからに は 手 を 抜 く 事 が 嫌 いな 性 質 きちんとやらね ばと 言 う 思 いから 夜 勤 明 けや 仕 事 前 時 に は 休 みの 日 も 関 係 なく35 年 ぶりに 母 校 通 いの 生 活 が 始 まりました 前 向 きに 考 えれば 奇 し くも 教 育 行 政 の 一 端 を 内 部 から 観 察 できるチ ャンスに 恵 まれた 訳 です 学 校 と 言 えば 勉 学 の 次 に 非 行 虐 め 問 題 が クローズアップされている 時 代 ご 多 分 に 漏 れずちょっとした 問 題 があり 良 からぬ 噂 が 市 外 まで 飛 び 交 っていました 校 長 と 会 長 の 機 転 により 保 護 者 会 を 招 集 しようとなったので すが ただ 呼 びかけたのでは 最 近 の 保 護 者 は なかなか 集 まってくれません そこで 一 計 を 案 じ( 私 が 仲 介 した 訳 ではないが) 知 名 度 の 高 いわが 社 のT 論 説 委 員 長 の 講 演 を 依 頼 予 想 以 上 の 大 盛 況 で 内 容 も 考 えさせる 事 が 多 く 興 奮 も 冷 めやらぬうちに 本 題 の 対 応 と 説 明 を 済 ませ 大 事 に 至 らずに 済 んだのでした 危 機 管 理 と 言 えば 携 帯 電 話 とメールも 大 き な 問 題 でした 一 部 の 生 徒 の 間 でメールに 嵌 まり 睡 眠 不 足 になったり 有 料 サイトに 接 続 して 数 十 万 の 請 求 がきたりで 深 刻 な 状 況 も 報 告 されていました 学 校 では 不 必 要 と 言 って 簡 単 に 禁 止 できる 問 題 でもなく ならば 危 険 の 周 知 徹 底 とマナー 教 育 を 徹 底 しようと 言 う 対 応 でした 一 方 では 保 護 者 の 管 理 責 任 が 占 める 割 合 も 大 きいとしてPTAを 通 じて 訴 え ていました そう 言 う 流 れが 全 国 各 地 で 沸 き 起 こり マスコミも 大 々 的 に 報 道 するように なって 通 信 会 社 がセキュリティーと 承 認 強 化 に 本 腰 を 入 れ 始 めた 年 ではなかったかと 記 憶 しています 小 さな 問 題 のうちに 気 付 き い ち 早 く 対 策 を 打 ち 立 てていた 教 頭 の 行 動 力 に は 感 心 させられたものでした 成 り 行 き 上 翌 年 は 会 長 になった 訳 ですが 何 と 言 っても 一 番 緊 張 したのは 卒 業 式 ぶっ つけ 本 番 の 一 発 勝 負 で 失 敗 は 許 されない 神 聖 な 空 間 厳 粛 な 空 気 の 中 で 深 呼 吸 し 壇 上 に 上 がる 数 歩 を 踏 みしめて 国 旗 に 一 礼 振 り 返 れ ば400 名 近 くを 見 渡 す 壮 観 さに 一 瞬 で 覚 悟 が 出 来 ました 祝 辞 を 自 分 で 考 え 何 度 も 車 の 中 で 声 に 出 して 練 習 した 努 力 が 実 り 無 事 に 大 役 を 果 たせた 事 に 満 足 感 で 一 杯 でした その 夜 校 長 に 頼 み 込 んで 教 職 員 の 慰 労 会 に 参 加 させてもらいました 子 供 が 入 学 し 紆 余 曲 折 を 経 て 卒 業 までに 大 きく 成 長 する 時 の 思 い 出 やエピソードに 先 生 達 の 涙 ぐむ 姿 や 熱 い 情 熱 を 感 じ 取 った 一 夜 でもありました 卒 業 式 で 一 区 切 りできる 先 生 がこの 日 ほど 羨 ましい と 思 った 事 は 無 いほど 感 動 の 一 日 でした 考 えてみればこんな 経 験 は 誰 にでも 出 来 る 事 ではなく 貴 重 な 体 験 をさせてもらったと 感 謝 しています そんな 思 い 出 と 共 に 学 校 には 感 動 感 謝 の 標 語 が 掲 げてあった 事 を 今 も 心 に 刻 み 心 豊 かに 過 ごせたらと 思 っています 12

13 心 と 体 の 健 康 について ニッカ オフセット 印 刷 機 器 本 部 部 長 角 川 武 楽 事 万 歳 の 場 をお 借 りして 健 康 の 話 題 を 申 し 上 げるのは 甚 だ 僭 越 ではありますがお 許 し 願 います 私 のスポーツクラブ 歴 も 四 半 世 紀 となりま す 10 年 ほど 前 の 私 は 兎 に 角 走 る 事 に 夢 中 で した 冬 場 にはクラブ 仲 間 と 月 に1 回 は 市 民 マラソン 大 会 にエントリーし 月 間 走 行 距 離 も150kmを 越 え 我 ながら 良 くやっていたと 思 います 当 時 の 夢 ホノルルマラソンは 目 の 前 にある 手 の 届 く 夢 でした 市 民 ランナー の 第 1 関 門 であるサブフォーもクリアし 自 分 でも 健 康 には 自 信 を 持 っていました スト レスの 解 消 を 目 的 に 走 り 始 めた 事 もあり あ る 意 味 体 の 健 康 と 心 の 健 康 も 一 挙 両 得 で 得 ら れる 最 良 の 状 態 だったのかもしれません ま た 走 る 事 は 私 に 色 々な 楽 しみを 与 えてくれ ました 高 橋 尚 子 さんのシドニーオリンピッ ク 金 メダルもある 大 会 当 日 で 趣 味 を 同 じく する 仲 間 とラジオの 中 継 に 夢 中 になったのも 良 い 思 い 出 です そのような 至 福 の 時 もある 日 を 境 に 終 わり を 告 げます その 日 は 台 風 の 直 撃 を 受 け 高 速 道 路 が 通 行 止 めとなり 車 で 移 動 していた 私 が 目 的 地 に 到 着 したのは 真 夜 中 でした その 途 中 の 車 の 中 でラジオから 流 れたのが9.11テ ロのニュースでした ホテルでも 真 っ 暗 な 部 屋 の 中 で 音 声 を 消 したWTCビルの 映 像 か ら 目 を 逸 らす 事 が 出 来 ませんでした 私 の 人 生 の 転 換 点 となった 出 来 事 の 開 始 日 が9.11と 重 なる 事 により 一 生 忘 れられない 記 憶 とな っております そして 数 ヵ 月 後 には 失 意 のどん 底 をさ 迷 う 事 となります 心 の 挫 折 から 体 を 動 かす 事 さ え 出 来 なくなり 更 に 数 ヵ 月 後 には 体 が 悲 鳴 を 上 げ 大 きな 病 に 陥 ります 人 間 の 体 とは 不 思 議 なもので 心 と 体 が 密 接 に 関 係 している と 改 めて 感 じさせられました 健 康 な 体 も 意 外 と 簡 単 に 壊 れる 事 実 も 学 びました 以 降 の 10 年 間 は 心 に 負 担 をかけないように 心 がけて 参 りましたが 残 念 ながら 体 を 動 かす 事 は 出 来 なくなってしまいました いつかはと 考 え スポーツクラブは 退 会 せずに 継 続 していま す 取 り 敢 えず 今 は 通 う 事 が 最 優 先 通 って いればいずれ 体 を 動 かせるだろうと 開 き 直 っ ていますが ここ 数 年 はお 風 呂 だけの 付 き 合 いが 続 いております この10 年 間 は 私 に 15kg 程 のお 肉 と100mも 走 れない 体 をプレゼ ントしてくれました 私 の 出 身 地 でもある 東 北 地 方 を 襲 った 未 曾 有 の 大 災 害 この 東 日 本 大 震 災 を 契 機 に 世 の 中 が 大 きく 変 わりました そして 私 の 回 りで も 仙 台 に 住 む 従 兄 弟 が 亡 くなりました し かも 震 災 から 数 ヵ 月 後 の 事 です 直 接 の 被 害 は 無 いと 聞 き 安 心 していた 矢 先 の 出 来 事 でし た 心 筋 梗 塞 で 家 族 にも 気 付 かれずに 亡 くな りました 後 日 分 かった 事 ですが 震 災 の 影 響 で 会 社 の 移 転 が 決 定 し 秋 には 解 雇 される 事 が 決 ま っていたようです 家 族 を 抱 え 彼 がどれ 程 の 不 安 に 駆 られていたのか その 不 安 がどれ 程 体 を 蝕 んでいたのか 10 年 前 に 経 験 して 運 良 く 生 還 した 自 分 はなぜ 気 付 いてやれなかった のか 考 える 事 が 多 くどうしようもない 気 持 ちになります ただ 震 災 を 契 機 に 今 生 き ている 者 として 精 一 杯 この 人 生 を 生 きなけれ ばと 改 めて 思 い 始 めています 再 び 夢 を 追 い かけるのも 良 いかもしれません たとえ 今 で は 途 方 も 無 い 夢 だとしても ご 覧 の 通 りこの 度 は 楽 事 とは 言 えない 話 題 となりますが 震 災 以 降 の 世 相 を 写 す 話 題 の ひとつと 考 えて 頂 きご 容 赦 願 います 13

14 パナソニックインフラシステムです! 当 社 は 本 年 4 月 1 日 にパナソニックグルー プ 内 で 事 業 統 合 を 行 い パナソニックSSイ ンフラシステムとして 発 足 いたしました 新 会 社 は パナソニックグループのシステ ムソリューション 事 業 の 中 核 を 担 う 会 社 とし て パナソニックのコンポーネント 事 業 との 連 携 により オールパナソニックの 技 術 を 生 かした 新 しいインフラシステムソリューショ ンを 創 造 し 貢 献 することを 理 念 としており ます せっかくの 機 会 をいただきましたので こ こでは 新 聞 印 刷 以 外 の 事 業 内 容 について 簡 単 に 紹 介 させていただきます 高 度 映 像 監 視 映 像 伝 送 技 術 や 画 像 処 理 技 術 を 活 用 して 建 物 監 視 駅 構 内 監 視 侵 入 者 検 知 等 社 会 の 安 心 安 全 な 環 境 づくりに 貢 献 しています ITS(Intelligent Transport Systems) 高 度 な 制 御 無 線 技 術 でスムーズな 道 路 交 通 の 最 適 化 を 実 現 しています ETCシステム 交 通 管 制 システム 交 通 量 計 測 端 末 等 を 提 供 しています 無 線 システム 自 治 体 様 向 けに 防 災 無 線 システム を 提 供 しています 地 域 の 安 心 安 全 に 貢 献 してい ます 社 会 インフラシステム 放 送 設 備 やダム 管 理 システム 水 処 理 道 路 電 気 設 備 などのさまざまな 社 会 インフラの 長 期 に 亘 る 運 用 を 提 供 支 援 しています 新 会 社 となりましたが 新 聞 印 刷 事 業 を はじめ 広 く 社 会 に 貢 献 し 続 けていくため 努 力 していきますので 引 き 続 きご 支 援 賜 り ますようよろしくお 願 いいたします パナソニック SS インフラシステム かずさテクノセンター 本 稼 働 私 ども 東 京 機 械 製 作 所 では 新 たな 生 産 拠 点 かずさテクノセンター が 竣 工 去 る7 月 1 日 より 本 稼 働 を 開 始 致 しました 昭 和 13 年 よ り70 余 年 にわたり 神 奈 川 県 川 崎 市 は 武 蔵 小 杉 の 玉 川 製 造 所 において 操 業 して 参 りました が 工 場 周 辺 の 環 境 変 化 に 対 応 するため 新 天 地 にて 新 たな 一 歩 を 踏 み 出 すこととなりま した 玉 川 製 造 所 時 代 に 皆 様 から 頂 きました ご 厚 情 に 対 し 誌 上 をお 借 りして 改 めて 御 礼 申 し 上 げます かずさテクノセンター は 千 葉 県 の 木 更 津 市 君 津 市 など4 市 にまたがるテクノパーク である かずさアカデミアパーク 内 に 位 置 し 総 面 積 は 約 10 万 5,000 平 方 メートル( 約 3 万 2000 坪 )です 時 代 の 経 過 に 伴 い 段 階 的 に 発 展 させた 為 やや 非 効 率 な 面 が 否 めなかっ た 玉 川 製 造 所 の 問 題 点 を 解 消 するため 人 や 物 情 報 の 流 れを 徹 底 的 に 見 直 し 極 めて 使 い 勝 手 のよい 工 場 が 誕 生 致 しました 今 後 は この かずさテクノセンター を 東 の 製 造 拠 点 従 来 からの 伊 賀 テクノセンタ ー を 西 の 製 造 拠 点 として お 客 様 のニーズ に 合 致 した 輪 転 機 製 造 に 邁 進 致 します また 工 場 移 転 に 伴 い アフターサービスの 窓 口 と なるサービスセンターを 組 織 的 には 本 社 営 業 部 門 に 移 して 交 通 至 便 な 都 内 に 配 置 する ことにより お 客 様 のご 要 望 に 迅 速 に 対 応 可 能 な 体 制 を 確 立 することができました これ により 更 にきめ 細 かいメンテナンスや 輪 転 機 の 延 命 化 に 対 応 して 参 る 所 存 です 今 後 と も 皆 様 の 変 わらぬご 指 導 ご 鞭 撻 をお 願 い 申 し 上 げます 14

15 高 さ 4 メートルのタワー 機 イリスは1859 年 ドイツ 人 の 貿 易 商 により 日 本 で 設 立 された 商 社 です ドイツハンブル グに 本 社 を 置 き 現 在 世 界 13か 国 に 約 450 名 の 社 員 を 擁 する 企 業 です 国 内 では 東 京 大 阪 を 拠 点 とし 技 術 エンジニアリング そして 保 守 サービスをト ータルで 提 供 しております イリスでは 印 刷 に 関 する 様 々なメーカー の 商 品 をご 紹 介 しています 取 扱 商 品 は 印 刷 機 メーカーのKBA 社 (Koenig & Bauer)を 始 めとして 水 なし 枚 葉 印 刷 機 ジーニアス 52UVのKBAメ ト ロ プ リ ン ト 社 (KBA MetroPrint) インキジェットプリンターの KBAメトロニック 社 (KBA Metronic)など 多 岐 にわたります 中 でも 45% 以 上 のトップシェアを 誇 り 新 聞 印 刷 業 界 の 技 術 革 新 の 代 名 詞 ともなって いるKBA 社 のセミコマーシャル 印 刷 機 コル チナは 現 在 までに82 台 以 上 のタワーユニッ トが 出 荷 されており そのマーケットは 欧 州 から 中 東 へと 拡 大 しています コルチナは 高 さわずか4mの 革 新 的 な 新 型 キーレス 水 なし ギアレス 印 刷 機 で 環 境 問 題 経 済 性 そして 印 刷 品 質 の 基 準 を 改 めました また の 印 刷 ユニット 構 成 が 可 能 で あらゆるニーズにお 応 えします コールドセット 印 刷 で 最 高 の 新 聞 品 質 を 実 現 できる 全 く 新 しいコンセプトの 新 聞 印 刷 機 です お 問 い 合 わせ: 印 刷 紙 加 工 機 械 部 まで イリス CTP 版 事 業 に 特 化 2 回 目 の 会 員 社 リポートとなります 岡 本 化 学 工 業 です 初 回 の 会 員 社 リポートでは 弊 社 の 歴 史 について 書 かせて 頂 きました 弊 社 は 商 業 印 刷 及 び 新 聞 印 刷 用 オフセット PS 版 を 製 造 販 売 しておりましたが 2010 年 4 月 より 印 刷 事 業 は 新 聞 用 PS 版 及 びCTP 版 の 製 造 販 売 に 特 化 し 現 在 に 至 ります 弊 社 は 新 聞 用 CTP 版 としては 業 界 初 のコ ンパチブルプレートを 開 発 し JANPSなど で 発 表 し 市 場 投 入 することが 出 来 ました 一 般 的 にコンパチブルプレートのメリット は 一 種 類 の 処 理 液 で 複 数 社 の 刷 版 が 可 能 な 事 です 今 まで 複 数 購 買 が 出 来 なかった 新 聞 社 では 複 数 購 買 が 可 能 になり 万 一 の 場 合 でも 刷 版 の 安 定 供 給 性 が 向 上 したと ご 好 評 いただい ております 弊 社 CTP 版 の 主 な 実 績 として2009 年 から4 社 5 工 場 へ 他 社 現 像 システムにドロップイン でご 提 供 させて 頂 いております 更 に 弊 社 CTP 版 は 自 現 機 洗 浄 が 容 易 です 自 現 機 洗 浄 は 約 1カ 月 ご 使 用 後 に 洗 浄 を 実 施 すると 思 いますが 弊 社 CTP 版 は 現 像 槽 内 の 残 渣 が 少 なく 特 別 な 薬 剤 も 不 要 です 現 場 の 方 々には 洗 浄 時 間 が 短 縮 できご 好 評 を 得 ております 今 後 さらに 現 場 の 声 を 大 切 にし 新 聞 社 のニーズに 合 った 商 品 の 開 発 製 造 をし 新 聞 業 界 の 発 展 のため 更 なる 努 力 をしてい きたいと 考 えております 最 後 になりましたが 今 回 の 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 方 々へ 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げ ます 一 日 も 早 い 復 興 復 旧 をお 祈 りしてお ります 岡 本 化 学 工 業 15

16 読 売 新 聞 社 木 場 工 場 見 学 7 月 21 日 前 日 まで 猛 威 を 振 るった 台 風 6 号 が 心 配 されましたが 雨 も 上 がり 涼 しい 気 温 の 中 読 売 新 聞 木 場 工 場 の 見 学 会 が 開 催 され 26 名 が 参 加 しました まず 株 式 会 社 ミナトの 川 崎 取 締 役 工 場 長 山 崎 副 工 場 海 宝 工 場 次 長 から 工 場 設 備 の 説 明 を 受 け その 後 工 場 の 案 内 を 頂 きました 同 工 場 は2010 年 2 月 1 日 竣 工 施 設 運 営 を 株 式 会 社 ミナトが 行 なってい ます 工 場 の 案 内 には 読 売 新 聞 東 京 本 社 技 術 2 部 の 安 達 次 長 および 澤 井 様 にも 同 行 して 頂 き CTP 室 輪 転 機 給 紙 部 紙 庫 イン キタンク 室 トラックヤード 屋 上 を 見 学 同 工 場 のこだわりは 災 害 に 強 く 環 境 に やさしく ということで 耐 震 構 造 の 建 物 工 場 敷 地 部 だけでなく 建 物 屋 上 にも 緑 地 化 を 取 り 入 れ ミドリのカーテンやLED 照 明 人 感 点 灯 の 採 用 また 蓄 熱 による 電 力 使 用 削 減 など 様 々な 工 夫 や 配 慮 が 感 じられる 工 場 という 印 象 を 強 く 受 けました また 空 調 は 場 所 により 強 弱 をつけて 空 気 の 流 れがより 良 く なるように 工 夫 している 結 果 が 良 くても 満 足 することなくさらに 良 い 方 向 になるよう 日 々 努 力 しているという 説 明 も 印 象 に 残 りま した 夕 刊 印 刷 では 綺 麗 な 紙 面 が 非 常 に 早 く 立 ち 上 がり 折 機 調 整 しているオペレーターが 入 読 売 新 聞 木 場 工 場 前 にて 社 数 カ 月 ということを 聞 いて 非 常 に 驚 いたと 同 時 に 教 育 レベルの 高 さにも 感 心 しました 通 常 15 万 のスピードで 印 刷 をしているそうで す 見 学 終 了 後 の 懇 親 会 は 会 員 と 事 務 局 だけの 参 加 となりましたが 情 報 交 換 など 有 意 義 な 時 間 を 過 ごしました 最 後 にお 忙 しい 中 CONPT 技 術 懇 談 会 に 対 応 して 頂 きました 株 式 会 社 ミノリ 川 崎 取 締 役 工 場 長 山 崎 副 工 場 長 海 宝 工 場 次 長 読 売 新 聞 東 京 本 社 安 達 次 長 澤 井 様 には 心 より 御 礼 を 申 し 上 げます (クォード テック インク 有 川 直 彦 記 ) CONPT 日 誌 6 月 29 日 ( 水 )JANPS 準 備 部 会 ( 出 席 5 名 ) 7 月 14 日 ( 木 ) JANPS2012 第 1 回 運 営 委 員 会 ( 出 席 10 名 ) 7 月 21 日 ( 木 ) 第 108 回 技 術 懇 談 会 読 売 新 聞 社 木 場 工 場 並 びに 江 戸 東 京 博 物 館 見 学 会 ( 参 加 者 26 名 ) 8 月 2 日 ( 火 )JANPS 準 備 部 会 ( 出 席 4 名 ) 8 月 11 日 ( 木 ) 17 日 ( 水 ) 夏 季 休 暇 会 員 消 息 担 当 者 変 更 三 菱 製 紙 (7 月 1 日 付 ) [ 新 ] 谷 本 泰 彦 氏 (I&Dカンパニー 印 刷 感 材 営 業 部 新 聞 グループリーダー) [ 旧 ] 豊 嶋 守 氏 (I&Dカンパニー 新 聞 グループリーダー) 所 在 地 変 更 三 菱 製 紙 (7 月 1 日 付 ) 千 代 田 区 丸 の 内 富 士 ビル4 階 TEL 番 号 : FAX 番 号 :

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ 1 食 料 品 生 活 必 需 品 等 供 給 県 市 町 村 ~ 何 があったか どう 対 応 したか ~ 県 本 庁 速 やかな 物 資 供 給 が 困 難 発 災 当 初 においては 通 信 が 途 絶 し 避 難 者 のニーズはもちろんのこと 避 難 者 がどこに 避 難 しているのかさえ 把 握 が 困 難 であったことや 道 路 の 寸 断 市 町 村 職 員 の 被 災 等 により 被

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離 保 養 施 設 菅 平 波 測 夏 宇 宙 信 講 義 波 測 学 定 認 湘 鎌 倉 光 ょ 良 直 距 離 ほ 遠 挟 直 実 際 ア プ ロ 達 首 圏 網 縦 尽 張 巡 実 際 汎 性 早 頃 走 鶴 鶴 忘 全 崩 壊 勤 忙 ビ ジ ネ マ 鶴 情 武 継 ぎ 勤 圧 力 屈 首 郊 窓 府 武 蔵 浦 和 北 頃 勤 帯 終 迎 盤 戦 差 掛 息 次 常 磐 友 打 違 友 水 園

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選 www.a-crafts.co.jp 家 庭 訪 問 住 大 阪 R 不 動 産 業 務 日 誌 / 物 件 連 載 住 輪 街! O S A K A W O W!! 1 6 家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 家 @ 大 阪 市 西 区 住

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 変 再 配 布 販 売 禁 起 物 語 目 次 話 2 話 4 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国 勇 敢 ち 向 効 段 々 削 突 如 現 脅

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

載 賃 金 遇 潮 流 Business Labor rend 2014.11 31 院 士 ご ジ 賃 金 超 ィ ブ 績 び 各 審 審 終 致 緩 六 夏 冬 ぞ 支 含 差 若 万 十 万 検 討 留 緯 伸 統 指 ツ ベ 吸 順 守 将 若 干 午 除 土 祝 祭 末 暇 児 護 暇 法

載 賃 金 遇 潮 流 Business Labor rend 2014.11 31 院 士 ご ジ 賃 金 超 ィ ブ 績 び 各 審 審 終 致 緩 六 夏 冬 ぞ 支 含 差 若 万 十 万 検 討 留 緯 伸 統 指 ツ ベ 吸 順 守 将 若 干 午 除 土 祝 祭 末 暇 児 護 暇 法 載 賃 金 遇 潮 流 Business Labor rend 2014.11 30 ハ 含 式 千 葉 県 習 野 市 超 験 績 誇 過 諸 築 工 夫 正 訪 堅 雇 訳 概 雇 更 整 週 パ 織 品 質 証 材 候 礎 項 エ 礎 ぶ 趣 旨 紹 歴 史 振 式 機 御 装 ボ P C 製 造 製 習 野 工 展 革 減 流 1 提 案 支 援 占 パ ィ 系 賃 金 専 指 専 案 述

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

休 憩 時 間 休 憩 時 間 は 勤 務 時 間 の 途 中 で 自 分 の 時 間 として 自 由 に 利 用 することが 法 律 で 保 障 されている 時 間 です 学 校 職 場 では1 日 45 分 です 勤 務 する 義 務 がないの で 給 与 の 対 象 外 です 仕 事 による 肉 体 的 精 神 的 な 疲 労 を 回 復 するために 労 働 基 準 法 で 決 められています

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

untitled

untitled H. 報 例 期 専 処 承 認 及 び 条 例 等 程 べ 原 可 主 次 専 処 承 認 専 処 治 基 づ 本 来 必 要 項 緊 急 招 集 限 充 段 治 規 次 専 処 報 告 承 認 可 税 条 例 康 険 税 条 例 税 等 伴 後 期 高 齢 医 療 付 税 付 税 池 公 園 管 営 増 減 ゴ フ 材 料 費 払 項 ポ ツ 公 園 管 営 増 減 器 替 払 項 異 道 池

More information

通告順

通告順 質 問 者 (7 名 ) 1 2 3 福 井 源 乃 介 今 井 吉 男 山 崎 賢 治 4 平 秀 徳 5 6 松 元 道 芳 名 間 武 忠 7 森 山 進 - 0 - 1 議 席 11 番 福 井 源 乃 介 1. 本 町 の 農 業 再 生 について さとうきびの 2 期 連 続 の 大 不 作 また ばれいしょや 花 卉 の 市 場 価 格 低 迷 など 本 町 農 業 の 根 幹 が 揺

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号 社 A K A S H I A 発 社 岸 美 惠 子 連 絡 先 - 00 東 京 都 区 青 井 -0- 電 話 08988 FAX 089700 印 刷 区 谷 就 労 ニュ 隔 発 催 7 評 午 0 時 時 午 時 0 時 場 階 室 項 空 調 備 改 修 号 算 監 査 号 そ 他 目 評 催 算 熱 心 審 全 原 通 承 認 ハ ウ 0 節 目 迎 続 青 井 ハ ウ 棟 予 永

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県 松 阪 市 における 市 営 住 宅 の 現 状 と 課 題 26 年 10 月 18 日 構 想 日 本 Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ ー メ ル 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ ー メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 中 達 起 物 語 第 2 話 第 話 目 次 5 第 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国

More information

平 成 2 3 年 度 行 政 監 査 報 告 書 松 江 市 監 査 委 員 監 第 1 2 7 号 平 成 23 年 9 月 5 日 松 江 市 長 松 浦 正 敬 様 松 江 市 議 会 議 長 林 干 城 様 各 行 政 委 員 会 委 員 長 様 松 江 市 監 査 委 員 小 松 原 操 松 江 市 監 査 委 員 児 玉 泰 州 松 江 市 監 査 委 員 加 藤 富 章 行 政 監

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information