国 際 研 究 論 叢 を 判 断 する 大 学 教 育 に 対 する 評 価 においても ラーニング ポートフォリオは 大 きな 役 割 を 果 たす ラーニング ポートフォリオの 有 効 性 については その 限 界 と 克 服 法 も 含 めて 土 持 の 著 書 に 詳 しく 述 べられてい

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "国 際 研 究 論 叢 を 判 断 する 大 学 教 育 に 対 する 評 価 においても ラーニング ポートフォリオは 大 きな 役 割 を 果 たす ラーニング ポートフォリオの 有 効 性 については その 限 界 と 克 服 法 も 含 めて 土 持 の 著 書 に 詳 しく 述 べられてい"

Transcription

1 研 究 ノート ホームページ 形 式 による ラーニング ポートフォリオ 作 成 の 試 み * 下 野 辰 久 国 際 研 究 論 叢 25(3): ,2012 Creating a Web Based Learning Portfolio Tatsuhisa Shimono * キーワード 教 育 評 価 ラーニング ポートフォリオ キャリア 教 育 はじめに 平 成 20 年 12 月 に 出 された 中 央 教 育 審 議 会 の 答 申 学 士 課 程 教 育 の 構 築 に 向 けて におい て 成 績 評 価 に 関 して 大 学 に 期 待 される 取 組 として 学 生 が 自 らの 学 習 成 果 の 達 成 状 況 について 整 理 点 検 するとともに これを 大 学 が 活 用 し 多 面 的 に 評 価 する 仕 組 み(いわ ゆる 学 習 ポートフォリオ)の 導 入 と 活 用 を 検 討 する という 表 現 で ラーニング ポー トフォリオの 積 極 的 な 活 用 が 大 学 に 要 請 されることとなった 1) また 平 成 23 年 1 月 の 中 央 教 育 審 議 会 答 申 今 後 の 学 校 におけるキャリア 教 育 職 業 教 育 の 在 り 方 について にお いても キャリア 教 育 を 含 めた 大 学 教 育 の 中 でのラーニング ポートフォリオの 重 要 性 が 次 のように 示 されている 2) 一 人 一 人 のキャリアは その 人 が 生 涯 にわたって 遂 行 する 様 々な 立 場 や 役 割 の 連 鎖 に よって 形 成 される これまで 自 分 が 何 をしてきたのか 今 何 をしているのかを 振 り 返 り それを 未 来 につなげようとする 視 点 は キャリア 教 育 において 不 可 欠 である このように キャリア 教 育 において 自 らの 学 習 活 動 の 過 程 や 成 果 を 振 り 返 ることは 重 要 である 例 えば キャリア 教 育 に 関 する 学 習 活 動 の 過 程 成 果 に 関 する 情 報 を 集 積 した 学 習 ポートフォリオ を 作 成 し 積 極 的 に 活 用 していくことなどにより 子 ども 若 者 が 自 らの 将 来 の 仕 事 や 生 活 について 考 える 機 会 を 作 ることが 必 要 である ユニバーサル 化 の 大 波 を 正 面 から 浴 びている 大 学 においては 多 様 化 する 学 生 の 一 人 ひ とりに 向 き 合 うために 個 々の 学 生 の 成 長 の 状 況 をできるだけ 把 握 しておくことが 教 職 員 にとっては 必 要 となる 学 生 の 学 びの 蓄 積 と 振 り 返 りを 記 録 したポートフォリオは 学 生 自 身 にとっても 教 職 員 にとっても 重 要 なツールとなるのである さらに 教 育 の 有 効 性 * しもの たつひさ: 大 阪 国 際 大 学 人 間 科 学 部 教 授 受 理 201

2 国 際 研 究 論 叢 を 判 断 する 大 学 教 育 に 対 する 評 価 においても ラーニング ポートフォリオは 大 きな 役 割 を 果 たす ラーニング ポートフォリオの 有 効 性 については その 限 界 と 克 服 法 も 含 めて 土 持 の 著 書 に 詳 しく 述 べられている 3 4) すでにかなりの 大 学 では 大 学 内 の 情 報 システムと 一 体 化 したe ポートフォリオの 導 入 が 行 われている e ポートフォリオの 未 導 入 大 学 に 対 して その 効 果 を 訴 え 導 入 を 勧 めてくるソフトウェア 会 社 も 多 い 大 学 教 育 へのラー ニング ポートフォリオの 導 入 は 止 められない 流 れであり 特 に 全 入 を 余 儀 なくさ れ 多 様 化 の 幅 が 広 い 学 生 を 受 け 入 れる 大 学 においては 初 年 次 教 育 キャリア 教 育 など を 進 めていくうえで 無 くてはならないツールになっているとも 言 える 著 者 が 所 属 する 大 阪 国 際 大 学 の 場 合 には 先 行 している 多 くの 大 学 のように 学 生 が 利 用 できるコンピュータシステムの 中 に 学 生 自 身 がラーニング ポートフォリオを 作 っ ていくための 仕 組 みは 備 わっていない Moodle や SNS 等 で ポートフォリオを 作 ること も 可 能 ではあるが 学 生 自 身 の 持 ち 運 びと 活 用 を 考 慮 すると USB メモリの 中 にポート フォリオを 作 りあげることが 現 時 点 では 最 適 と 思 える また 学 生 一 人 ひとりの 個 性 につ いても ラーニング ポートフォリオの 中 に 表 現 することを 考 えると ホームページの 形 式 は 魅 力 的 である インターネット 上 へのアップを 前 提 としなければ 履 歴 書 や 成 績 自 己 分 析 等 の 就 職 活 動 時 に 必 要 となる 個 人 情 報 も 盛 り 込 むことが 可 能 である 著 者 はこれまで 初 年 次 科 目 であるセミナーⅠにおいて すべての 資 料 (テーマの 説 明 資 料 ワークシート 簡 単 なクイズ SPI の 問 題 等 )を B 5サイズのルーズリーフに 印 刷 して 配 布 してきた そして あらかじめ 提 供 したバインダーに 学 生 自 身 が 配 布 資 料 を 挟 ん でいくことにより セミナーⅠでの 学 びをそこに 蓄 積 させてきた その 中 には 毎 回 の 授 業 終 了 時 に 学 生 が 感 じたことや 考 えたこと( 振 り 返 り)を 文 章 で 表 現 したものに 著 者 が 添 削 し コメントを 加 えたものも 含 まれている また 前 期 終 了 時 と 後 期 終 了 時 には それぞれ 半 年 間 1 年 間 の 振 り 返 りと 今 後 の 目 標 等 についても 考 えさせる 時 間 をとってき た さらに セミナーⅠの 授 業 には 学 生 の 自 己 理 解 など キャリア 形 成 に 必 要 な 内 容 も 加 えてきた したがって 1 年 間 のセミナーが 終 了 した 時 点 で 学 生 の 手 元 には 自 らの ワークや 振 り 返 りも 含 めたセミナーでの 学 びの 蓄 積 が 残 されている ただ これまでは セミナーⅠでの 学 びに 限 定 されていた そこで 将 来 のラーニング ポートフォリオ 導 入 への 前 段 階 として セミナーⅠの 内 容 に 加 えて 他 の 授 業 の 履 修 状 況 や 提 出 物 クラブ 活 動 等 の 正 課 外 での 活 動 を 含 めた 初 年 次 における 学 びのすべてを USB メモリにホーム ページ 形 式 で 統 合 することを 試 み 大 阪 国 際 大 学 に 入 学 した1 年 次 の 学 生 が ホームペー ジ 作 成 に 関 する 特 別 な 知 識 が 無 い 状 態 からスタートして ホームページ 形 式 によるラーニ ング ポートフォリオの 作 成 を 行 うことが 可 能 かどうかについて 検 討 を 行 った 方 法 著 者 の 平 成 20 年 度 のセミナーⅠに 配 属 された 学 生 19 名 に 対 して 8GB の USB メモリ を5 月 に 配 布 した その 際 に 学 生 生 活 におけるラーニング ポートフォリオの 意 義 を 簡 単 に 説 明 し 今 後 の 学 生 生 活 で 作 成 することになるレポートやプレゼンテーション 資 料 など 202

3 ホームページ 形 式 によるラーニング ポートフォリオ 作 成 の 試 み について 可 能 な 限 り この USB メモリの 中 に 保 存 しておくように 指 示 した また セ ミナーにおいては 学 生 に 提 出 させる 課 題 には できるだけワードやエクセルで 作 成 した ものを 要 求 し そのつど USB メモリ 内 に 保 存 させた 大 学 祭 が 終 了 した11 月 から コンピュータ 演 習 室 において ホームページの 作 成 を 開 始 した ホームページ 作 成 ソフトであるホームページビルダー( 大 阪 国 際 大 学 の 場 合 はバー ジョン9)を 用 いて 著 者 がサンプルを 作 成 する 過 程 を 学 生 提 示 用 のディスプレイに 示 すことにより 作 成 方 法 とポートフォリオに 組 み 込 む 内 容 とを 理 解 させながら 学 生 に 自 らのホームページ 作 成 を 促 した ホームページの 作 成 にあたっては 作 業 をできるだけ 簡 単 に 進 めるために ホームページ ビルダーに 関 する 最 低 限 の 操 作 と 機 能 だけを 説 明 し 次 のような 設 定 で 作 成 を 進 めた 編 集 スタイル かんたん ページの 作 成 ページの 種 類 通 常 ページ 作 り 方 白 紙 から 編 集 モード どこでも 配 置 モード 学 生 に 対 して 今 回 最 低 限 のものとして 理 解 させた 操 作 は 以 下 に 示 すものである 文 字 の 挿 入 ロゴ( 飾 り 文 字 )の 挿 入 画 像 ファイルの 挿 入 壁 紙 の 挿 入 デジカメ 写 真 の 挿 入 表 の 挿 入 リンクの 挿 入 その 他 の 挿 入 このようなホームページビルダーの 操 作 方 法 について 1コマ(90 分 間 )の 授 業 を4 回 実 施 して あとは 個 々の 学 生 の 質 問 に 答 える 形 をとり コンピュータ 演 習 室 での 各 自 の 作 業 に 任 せた スキャナーで 読 みとった 画 像 や デジタルカメラで 撮 影 した 静 止 画 動 画 も 活 用 させるようにした その 際 当 然 のことながら 学 生 間 で 理 解 度 が 異 なるため 同 じプロセスを 数 回 ゆっくり と 繰 り 返 して できるだけ 脱 落 者 が 出 ないように 配 慮 した 一 方 で 学 生 には 完 成 した ラーニング ポートフォリオをセミナーⅠの 評 価 に 加 えると 指 示 し より 充 実 したホーム ページを 作 成 することを 促 した ゴールとして 学 生 に 示 したホームページの 概 要 を 図 1に 示 す 203

4 国 際 研 究 論 叢 図 1 ゴールとして 学 生 に 示 したホームページのコンテンツ トップページに 示 した 図 1の 各 項 目 から 詳 細 な 内 容 を 含 むページにリンクさせた 以 下 にそれぞれのコンテンツの 詳 細 を 示 す 自 分 史 誕 生 から 大 阪 国 際 大 学 人 間 科 学 部 人 間 健 康 科 学 科 入 学 に 至 るまでの 年 表 小 学 校 入 学 前 について 自 らが 語 る 動 画 (デジタルカメラで 撮 影 ) 小 学 校 時 代 について 自 らが 語 る 動 画 (デジタルカメラで 撮 影 ) 中 学 校 時 代 について 自 らが 語 る 動 画 (デジタルカメラで 撮 影 ) 高 等 学 校 時 代 について 自 らが 語 る 動 画 (デジタルカメラで 撮 影 ) 履 歴 書 大 学 所 定 の 用 紙 に 記 入 したもの(スキャナーで 読 み 取 り) 自 己 発 見 レポート 全 員 に 対 して4 月 に 実 施 した 自 己 発 見 レポート(BENESSE)の 個 人 別 の 結 果 (スキャナーで 読 み 取 り) 社 会 人 基 礎 力 社 会 人 基 礎 力 の12の 能 力 要 素 について10 段 階 で 自 己 評 価 したもの ( 前 期 中 ごろ 後 期 開 始 時 後 期 終 了 時 の3 回 実 施 ) 204

5 ホームページ 形 式 によるラーニング ポートフォリオ 作 成 の 試 み 1 回 生 前 期 時 間 割 履 修 した 各 科 目 のシラバス 提 出 したレポート 作 成 した 発 表 用 資 料 成 績 夏 休 みの 体 験 研 修 旅 行 など 1 回 生 後 期 時 間 割 履 修 した 各 科 目 のシラバス 提 出 したレポート 作 成 した 発 表 用 資 料 冬 休 みの 体 験 研 修 旅 行 など クラブ サークル 活 動 試 合 結 果 合 宿 などの 活 動 読 書 記 録 読 書 リスト 感 想 文 セミナーでの 読 書 課 題 (7 月 夏 期 休 暇 10 月 ) アルバイト 内 容 経 験 したことなど 結 果 と 考 察 ほとんどの 学 生 は 大 学 入 学 までにホームページを 作 成 した 経 験 を 持 っていなかった が セミナーの 時 間 以 外 での 学 習 を 含 めて すべての 学 生 が 最 低 レベルのラーニング ポートフォリオをホームページの 形 で 作 成 することができた(2 名 については 最 終 の 状 態 は 未 確 認 ) このことは 大 阪 国 際 大 学 の1 年 次 の 学 生 に 対 して ホームページビルダー の 基 本 的 操 作 さえ 理 解 させることができれば 学 生 が 自 らの 力 により 学 びの 成 果 を 蓄 積 し ていけることを 示 している ただ 個 々の 学 生 によって 作 成 のための 指 導 とパソコンを 用 いた 作 業 を 含 む ラーニング ポートフォリオ 作 成 に 要 する 時 間 にはかなりの 差 が 生 じ た これには 学 生 の 基 礎 学 力 と 生 活 習 慣 が 大 きく 関 わっていると 考 えられる 今 回 はホームページビルダーの 操 作 を 学 生 提 示 用 のディスプレイに 表 示 しながら ひ とつずつ 順 にプロセスを 説 明 していく 形 をとったが 操 作 の 説 明 を 数 回 繰 り 返 しても す ぐには 操 作 を 理 解 できない 学 生 が 存 在 した 一 方 で ひとつの 説 明 をするとすぐにそれを 応 用 して 次 々とページ 内 にコンテンツを 構 成 していく 学 生 もいた 集 団 の 中 で 聴 いた 内 容 を 速 やかに 理 解 できる 学 生 と 1 対 1でなければ 理 解 が 十 分 に 進 まない 学 生 が 大 阪 205

6 国 際 研 究 論 叢 国 際 大 学 には 混 在 していることをあらためて 実 感 した さらに セミナーⅠが1 時 限 目 に 開 講 されていることもあり 遅 刻 や 欠 席 が 原 因 で 説 明 を 十 分 聞 くことができずに ホームページの 作 成 が 遅 れていく 学 生 も 数 人 見 られた 一 方 で 講 義 の 空 き 時 間 を 利 用 して コンテンツを 充 実 させていく 学 生 もいた 順 調 に 進 まない 学 生 に 対 しては 時 間 割 で 与 えられている 時 間 の 終 了 後 に さらに 時 間 をとって1 対 1で 指 導 することや 試 験 期 間 中 などに 補 習 時 間 を 設 定 して 支 援 すること で 全 員 が 最 低 限 のホームページは 作 成 できたが これは すべての 授 業 に 共 通 する ユ ニバーサル 化 した 大 学 の 宿 命 であると 言 える ある 程 度 の 情 報 を 与 えれば その 後 は 自 ら 加 速 し 飛 び 上 がっていけるタイプ 1 対 1で 横 に 付 いて 指 導 していけば 飛 び 上 がるとこ ろまで 持 っていけるタイプ 生 活 習 慣 の 適 正 化 が 何 をおいても 優 先 するタイプなど それ ぞれの 学 生 に 応 じた 指 導 が 必 要 であることが 明 らかになった 今 回 はホームページの 作 成 を 後 期 から 開 始 したこともあり 半 年 間 の 学 生 生 活 の 充 実 度 が 関 係 しているのか 作 成 に 向 けての 学 生 の 意 欲 にも 最 初 から 差 が 見 られた 単 位 取 得 に 関 わるため しかたなく 作 っている 学 生 から 作 成 することに 面 白 さを 見 出 し 次 々と 内 容 の 充 実 を 図 っていく 学 生 まで 学 生 の 意 欲 はさまざまな 状 況 であった 次 年 度 からは 学 生 のモチベーションが 高 い 前 期 の 早 い 時 期 からスタートすることが 必 要 と 感 じた( 平 成 23 年 度 は5 月 から 始 めている) 作 成 中 の 学 生 の 感 想 には なるほど こんな 風 にホームページは 作 られているのか といった ホームページの 仕 組 みに 関 する 驚 きや 自 分 史 の 小 学 校 入 学 前 の 部 分 の 作 成 で 久 しぶりに 親 とのコミュニケーションがとれてよかった といった コンテンツを 充 実 する 際 に 付 随 した 体 験 に 関 するものなど ラーニング ポートフォリオの 作 成 が 様 々な 形 で 学 生 への 刺 激 となったことがうかがえるものがあった さらに 作 成 後 の 感 想 としては 充 実 したものができて 良 かった できるとは 思 わな かったのにすごいものができた 自 分 らしいものが 完 成 した など 達 成 感 につながる ものが 多 くあがっていた ホームページを 作 り 上 げるプロセスは 大 変 な 作 業 であるが 適 切 に 指 導 することができれば この 経 験 は 学 生 の 自 信 の 向 上 にもつながると 言 える ホームページビルダーの 基 本 的 操 作 を 理 解 させることで 学 生 は 自 らの 学 びを USB メ モリ 内 にホームページ 形 式 で 蓄 積 していけることがわかったが これは 入 学 後 のできるだ け 早 い 時 期 に 始 めることが 望 ましいと 言 える 大 阪 国 際 大 学 の 場 合 には 1 年 次 に 実 質 的 には 必 修 と 言 える コンピュータ 基 礎 演 習 という 科 目 が 複 数 開 設 されている したがっ て これらの 科 目 の 中 で 現 在 も 行 われている 学 内 におけるパソコンの 使 用 方 法 やワー ド エクセルなどのソフトの 使 用 法 に 加 え 入 学 後 の 早 い 時 期 にホームページビルダーの 基 本 的 操 作 を 学 習 させることができれば 全 ての 学 生 が その 後 さまざまな 授 業 で 作 成 す ることになる 学 習 成 果 や キャリア 教 育 において 分 析 する 自 分 自 身 の 理 解 に 関 する 情 報 を ホームページ 形 式 で 蓄 積 していくことが 可 能 になる さらに 実 際 の 運 用 に 関 しては セミナー 等 で できるだけ 幅 広 く 学 生 生 活 の 成 果 をコン テンツとして 盛 り 込 むように 指 導 する 必 要 がある また 学 生 が 作 成 したホームページを もとにして セミナー 担 任 が 定 期 的 に 面 談 を 行 い その 結 果 も 蓄 積 することが 望 ましい 206

7 ホームページ 形 式 によるラーニング ポートフォリオ 作 成 の 試 み さらに 現 在 いくつかの 学 科 で 実 施 されている 学 生 基 礎 力 調 査 (BENESSE)のような 個 々の 学 生 に 対 するアセスメントの 結 果 も 組 み 込 んでいけば 学 生 が 自 分 自 身 の 成 長 を 振 り 返 るための 客 観 的 データも 取 り 入 れることができる USB メモリ 内 への 学 びの 蓄 積 は 当 然 2 年 次 以 上 においても 可 能 である そして こ の 蓄 積 は 3 年 次 後 半 から 始 まる 就 職 活 動 をサポートしてくれる 学 生 自 身 の 宝 物 になるは ずである 最 終 的 段 階 として 卒 業 論 文 を 加 えれば 4 年 間 の 学 生 時 代 の 学 びがその 中 には 凝 縮 されることになる 著 者 はセミナーⅠの 評 価 に このラーニング ポートフォリオも 含 めているが 各 学 年 で 開 講 されている 必 修 科 目 のセミナーにおいても 同 様 の 対 応 をとる ことが 学 生 と 教 員 間 の 良 好 なコミュニケーション 形 成 に 基 づく 学 生 の 成 長 に 寄 与 すると 考 えられる 将 来 的 には 全 学 的 な 情 報 システムの 中 にキャリア ポートフォリオを 含 む ラーニング ポートフォリオが 組 み 込 まれることが 望 ましいが 多 額 の 投 資 を 必 要 としな い USB メモリ 内 へのホームページ 形 式 での 蓄 積 は それまでの 有 効 な 方 法 と 考 えられる おわりに ホームページ 作 成 に 関 してほとんど 経 験 のない1 年 次 の 学 生 に 対 して ホームページ ビルダーの 操 作 について 数 時 間 の 説 明 を 行 うことで 自 らの 学 びを 記 録 するラーニング ポートフォリオを 学 生 自 身 がホームページ 形 式 で 作 成 できることが 明 らかになった 学 生 自 身 にとっても リフレクションを 行 いながら 自 らの 成 長 を 確 かめ 先 に 向 けての 計 画 や 行 動 につなげるために ラーニング ポートフォリオは 有 効 なツールである 一 方 で 教 職 員 にとっても 学 生 を 指 導 する 上 で このポートフォリオは 有 効 なツールとなるが さらに 平 成 23 年 度 以 降 の2 期 目 の 認 証 評 価 に 向 けて 教 育 の 評 価 をどのような 形 で 行 う かが 問 われる 大 学 にとっても ティーチング ポートフォリオの 活 用 5 6) と 併 せて ラー ニング ポートフォリオの 導 入 は 不 可 欠 になると 考 えられる この 流 れの 中 で 情 報 シス テムの 中 にポートフォリオの 機 能 を 持 たない 大 学 にとっては 容 量 が 十 分 大 きくなった USB メモリの 中 に ホームページ 形 式 で 学 生 の 個 性 も 含 んだラーニング ポートフォ リオを 作 成 させることは 有 効 な 手 段 であると 言 える 参 考 文 献 1) 中 央 教 育 審 議 会 答 申 学 士 課 程 教 育 の 構 築 に 向 けて 平 成 20 年 12 月 24 日 2) 中 央 教 育 審 議 会 答 申 今 後 の 学 校 におけるキャリア 教 育 職 業 教 育 の 在 り 方 について 平 成 23 年 1 月 31 日 3) 土 持 ゲーリー 法 一 ラーニング ポートフォリオ 学 習 改 善 の 秘 訣 東 信 堂 平 成 21 年 4) 土 持 ゲーリー 法 一 ポートフォリオが 日 本 の 大 学 を 変 える ティーチング / ラーニング / アカデ ミック ポートフォリオの 活 用 東 信 堂 平 成 23 年 5) 土 持 ゲーリー 法 一 ティーチング ポートフォリオ 授 業 改 善 の 秘 訣 東 信 堂 平 成 19 年 6) 大 阪 府 立 大 学 高 専 ティーチング ポートフォリオ 研 究 会 [ 実 践 ]ティーチング ポートフォリ オ スターターブック ~ 実 質 的 な 教 育 改 善 活 動 を 目 指 して~ NTS 平 成 23 年 207

8

コンピュータ 基 礎 Ⅰ 水 越 綾 1 年 前 期 選 択 ( 要 履 修 ) ( 1 単 位 演 習 ) 初 心 者 を 対 象 に 具 体 的 なビジネスの 場 面 において 使 われる 書 類 が 作 成 できること また インターネッ ト 社 会 において 守 らなければいけない 情 報

コンピュータ 基 礎 Ⅰ 水 越 綾 1 年 前 期 選 択 ( 要 履 修 ) ( 1 単 位 演 習 ) 初 心 者 を 対 象 に 具 体 的 なビジネスの 場 面 において 使 われる 書 類 が 作 成 できること また インターネッ ト 社 会 において 守 らなければいけない 情 報 ソーシャルスキル 宮 田 佳 子 1 年 前 期 必 修 ( 1 単 位 演 習 ) ファッションビジネスにおける 基 本 のマナーや 社 会 人 としての 基 礎 を 学 び ファッションビジネスにおけ 2 年 るコミュニケーション 礼 儀 ビジネスマナーを 習 得 する ファッションビジネスの 基 本 をマスターし 対 人 関 係 における 挨 拶 依 頼 交 渉 自 己 主 張 などの 社 会

More information

Taro-2010事業計画No_2.jtd

Taro-2010事業計画No_2.jtd キャリアポートフォリオの 検 討 準 備 2010 事 業 計 画 No.6 今 年 度 は 平 成 23 年 4 月 入 学 者 より 導 入 する キャリアポートフォリオ について 学 生 の 書 き 込 みシート 等 を 作 成 した そのうえで キャリアポートフォリオ 活 用 目 的 活 用 方 法 についての 説 明 会 を 入 学 時 オリエンテーション 期 間 内 に 設 定 し 学

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 仕 様 書 は 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )に 適 用 す るものとする 第 2 条 ( 目 的 及 び 実 施 方 針 ) 本 業 務 は 平 成 27 基 準 年 度 における 固 定 資

More information

1. 業 務 目 的 豊 見 城 市 においては スポーツコンベンションによる 地 域 振 興 を 目 標 として 掲 げ 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック( 以 下 オリ パラ)の 開 催 に 連 動 し た より 具 体 的 な 振 興 方 策 として オリ パラ 競 技 団

1. 業 務 目 的 豊 見 城 市 においては スポーツコンベンションによる 地 域 振 興 を 目 標 として 掲 げ 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック( 以 下 オリ パラ)の 開 催 に 連 動 し た より 具 体 的 な 振 興 方 策 として オリ パラ 競 技 団 豊 見 城 総 合 公 園 体 育 施 設 機 能 強 化 整 備 構 想 計 画 調 査 業 務 委 託 企 画 提 案 公 募 要 領 受 付 期 間 公 募 開 始 の 日 から 平 成 28 年 7 月 15 日 ( 金 ) 受 付 時 間 午 前 9 時 ~ 午 後 5 時 ( 土 曜 日 曜 祝 祭 日 を 除 く) 午 後 5 時 以 降 は 受 付 に 応 じられませんのでご 注 意

More information

ホームページとは何?

ホームページとは何? ホームページ 作 成 にあたっての 基 本 事 項 ホームページとは? インターネットを 介 して 誰 もが 閲 覧 できるように 作 られたものを ホームページ と 言 います ホームページには 文 字 だけでなく 画 像 や 動 画 音 楽 なども 埋 め 込 むことができま す またホームページに 掲 載 されている 情 報 の 中 でひとまとめに 括 られたものを コンテ ンツ と 呼 んでいます

More information

「実践型工学技術者育成における教育成果の評価のあり方に関する調査研究」5

「実践型工学技術者育成における教育成果の評価のあり方に関する調査研究」5 2.3 中 央 大 学 理 工 学 部 情 報 工 学 科 2.3.1 調 査 団 および 調 査 日 程 ( 調 査 団 ) 芝 浦 工 業 大 学 村 上 雅 人 ( 副 学 長 ) 工 藤 一 彦 ( 学 長 室 教 授 ) 室 越 昌 美 ( 企 画 室 課 長 ) 小 玉 嘉 洋 ( 企 画 室 ) 東 京 電 機 大 学 藤 本 明 ( 副 学 長 ) 高 田 茂 ( 学 長 室 補 佐

More information

SNSとLMSの強みと弱み 統合環境を目指して (教育学部紀要投稿用)

SNSとLMSの強みと弱み 統合環境を目指して (教育学部紀要投稿用) 学 習 活 動 ごとにみたSNSとLMSの 比 較 - 最 適 な 学 習 支 援 環 境 の 提 供 を 目 指 して- 長 岡 千 香 子 *, 平 岡 斉 士 * *, 喜 多 敏 博 * *, * * * * 熊 本 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 附 属 減 災 型 社 会 システム 実 践 研 究 教 育 センター * * 熊 本 大 学 大 学 院 社 会 文 化 科

More information

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73>

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73> 間 接 業 務 システム 機 能 概 要 ( 人 事 給 与 総 務 ) 別 紙 3 人 事 給 与 人 事 共 通 システム 人 事 システムを 使 用 する 者 の 利 用 範 囲 及 び 閲 覧 の 制 限 を 行 うこと 管 者 権 限 付 与 が 必 要 な 機 能 に 関 しては 別 にログインID PWの 設 定 を 行 うこと システム 内 で 起 案 確 認 承 認 等 が 行 われた

More information

??P019?098

??P019?098 英 語 教 育 分 野 第 1 節 英 語 教 育 における 学 士 力 の 考 察 今 日 の 国 際 社 会 は 国 境 や 言 語 の 枠 組 みを 越 えてあらゆる 活 動 が 進 展 し 地 球 規 模 での 情 報 交 流 が 日 常 化 しており 世 界 共 通 言 語 としての 英 語 の 活 用 力 なくしては 文 化 的 経 済 的 に 豊 かな 生 活 を 送 る ことが 困

More information

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集 アセスメント ~ニーズ 確 定 に 向 けて~ 猪 瀬 詩 歩 助 川 哉 太 山 﨑 拓 郎 横 山 喜 香 1.はじめに 私 たちは 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 Ⅰ( 以 下 実 習 とする)での 体 験 をグループで 振 り 返 った ケースワークの 振 り 返 りを 行 い 私 たちはアセスメントが 不 十 分 であったと 考 えた そこで アセスメントについて 調 べたところ

More information

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ 履 修 試 験 進 級 及 び 卒 業 Contents - 29 - Ⅰ 単 位 制 学 位 30 1. 授 業 日 数 と 単 位 算 定 の 基 準 30 2. 履 修 登 録 32 3. 授 業 時 間 33 Ⅱ 授 業 34 1. 出 席 欠 席 公 欠 34 2. 休 講 35 3. 補 講 35 Ⅲ 試 験 35 1. 定 期 試 験 35 2. 小 試 験 レポート 35 3. 追

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

過重労働者の健康リスクマネジメントのためのアクションチェックリスト

過重労働者の健康リスクマネジメントのためのアクションチェックリスト A 過 重 労 働 の 定 義 I 紹 介 自 己 申 告 B 過 重 労 働 者 の 把 握 H 記 録 の 取 扱 い 保 管 C 面 接 対 象 者 の 選 定 D 面 接 対 象 者 の 呼 び 出 し 健 診 結 果 や 労 働 時 間 などに 基 づき 産 業 保 健 従 事 者 が 判 断 した 者 季 節 や 作 業 環 境 の 特 性 を 考 慮 した 判 断 基 準 を 作 E

More information

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 2. 業 務 目 的 平 成 29(2017) 年 5 月 25 日 から6 月 4 日 にかけて 神 戸 文 化 ホールにおいて 開 催 される 第 9 回 神 戸 国 際 フルートコンクール を 核

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

組 織 強 化 運 動 を 実 施 します 10 月 24 日 に 開 催 された 平 成 18 年 度 第 2 回 理 事 会 で 平 成 18 年 度 の 組 織 強 化 運 動 の 実 施 について 決 定 されました 今 回 は これまでの 組 織 強 化 運 動 の 経 過 を 振 り 返

組 織 強 化 運 動 を 実 施 します 10 月 24 日 に 開 催 された 平 成 18 年 度 第 2 回 理 事 会 で 平 成 18 年 度 の 組 織 強 化 運 動 の 実 施 について 決 定 されました 今 回 は これまでの 組 織 強 化 運 動 の 経 過 を 振 り 返 第 41 号 平 成 18 年 11 月 1 日 岩 泉 商 工 会 発 行 027-0501 下 閉 伊 郡 岩 泉 町 岩 泉 字 中 野 40-42 電 話 0194-22-3245 FAX0194-22-5399 広 報 は 綴 っ て 保 存 し ま し ょ う 雑 穀 昆 布 が 岩 手 県 市 長 会 会 長 賞 を 受 賞 やまだいいち 早 野 商 店 製 造 の 雑 穀 昆 布 は

More information

(Microsoft Word - \201\234\213\263\210\365\227p\203t\203@\201[\203X\203g\203X\203e\203b\203v\203K\203C\203h\201iWEB\227p\201j20130401)

(Microsoft Word - \201\234\213\263\210\365\227p\203t\203@\201[\203X\203g\203X\203e\203b\203v\203K\203C\203h\201iWEB\227p\201j20130401) 教 員 用 はじめに 2 1 ユーザIDとパスワードの 取 得 について 2 学 生 の 利 用 開 始 について 3 お 問 合 せについて IT s class. へログイン 3 1 IT s class.の 入 口 2 ログイン 画 面 3 メニュー 画 面 の[ 講 義 閲 覧 ]と[ 講 義 編 集 ] 4 担 当 一 覧 5 学 生 画 面 の 確 認 6 ログアウト 新 旧 カリキュラム

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

中 途 退 学 の 現 状 中 途 退 学 者 7 名 中 退 率 6.6% 平 成 26 年 5 月 1 日 在 学 者 105 名 ( 平 成 26 年 4 月 入 学 者 を 含 む) 平 成 27 年 5 月 1 日 在 学 者 88 名 ( 平 成 27 年 4 月 入 学 者 を 含 む

中 途 退 学 の 現 状 中 途 退 学 者 7 名 中 退 率 6.6% 平 成 26 年 5 月 1 日 在 学 者 105 名 ( 平 成 26 年 4 月 入 学 者 を 含 む) 平 成 27 年 5 月 1 日 在 学 者 88 名 ( 平 成 27 年 4 月 入 学 者 を 含 む ( 別 紙 様 式 4) 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 ホスピタリティ ツ昭 和 55 年 3 月 10 日 中 村 裕 164-8550 ーリズム 専 門 学 校 東 京 都 中 野 区 東 中 野 3-18-11 ( 電 話 )03-3367-8111 設

More information

従 来 型 ( 直 営 ) 事 業 方 式 設 計 施 工 一 括 発 注 方 式 (DB 方 式 ) 設 計 施 工 維 持 管 理 運 営 一 括 発 注 方 式 (DBO 方 式 ) 及 びその 一 括 発 注 方 式 に 民 間 資 金 を 活 用 して 事 業 を 実 施 する 方 式 (

従 来 型 ( 直 営 ) 事 業 方 式 設 計 施 工 一 括 発 注 方 式 (DB 方 式 ) 設 計 施 工 維 持 管 理 運 営 一 括 発 注 方 式 (DBO 方 式 ) 及 びその 一 括 発 注 方 式 に 民 間 資 金 を 活 用 して 事 業 を 実 施 する 方 式 ( 生 駒 市 学 校 給 食 センター 更 新 整 備 計 画 策 定 等 支 援 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1. 業 務 概 要 (1) 目 的 本 市 が 学 校 給 食 センターの 更 新 を 行 うにあたり 施 設 の 概 略 計 画 や 事 業 の 進 め 方 を 検 討 するとともに 効 率 的 な 施 設 整 備 と 事 業 運 営 に 向 けて 民

More information

補 図 100 Webページ 制 作 の 流 れ 2 HTML 文 書 とブラウザ 3 作 成 するページ Webページの 作 成 に 用 いるHTMLの これから 作 成 するWebページの 内 容 を 示 した 紹 介 と そのしくみを 簡 単 に 解 説 する リンク 機 能 など 基 本 的

補 図 100 Webページ 制 作 の 流 れ 2 HTML 文 書 とブラウザ 3 作 成 するページ Webページの 作 成 に 用 いるHTMLの これから 作 成 するWebページの 内 容 を 示 した 紹 介 と そのしくみを 簡 単 に 解 説 する リンク 機 能 など 基 本 的 補 充 資 料 8 Webページ 作 成 基 礎 (ホームページビルダー 編 ) いわてEDネットに 接 続 しているすべての 県 立 学 校 での 学 校 Webページの 公 開 が 平 成 15 年 度 まで に 完 了 し 開 かれた 学 校 づくりの 一 環 として 小 中 学 校 や 幼 稚 園 などでも 積 極 的 にWebページの 公 開 が 進 んでいる これらのWebページの 作

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

新 規 にページを 作 成 するには. 新 規 ページを 立 ち 上 げる 左 上 の 新 規 ページ をクリックします モードの 選 択 の 画 面 が 表 示 されますので 標 準 モード を 選 んで OK を 押 して 立 ち 上 げます どこでも 配 置 モード は 見 る 人 のPC 環

新 規 にページを 作 成 するには. 新 規 ページを 立 ち 上 げる 左 上 の 新 規 ページ をクリックします モードの 選 択 の 画 面 が 表 示 されますので 標 準 モード を 選 んで OK を 押 して 立 ち 上 げます どこでも 配 置 モード は 見 る 人 のPC 環 ホームページ 作 成 (ホームページビルダー 編 ) 事 前 準 備 ホームページ 作 成 ソフト(ビルダー4など) レイアウト HP の 構 成 をあらかじめ 決 めて 専 用 フォルダを 作 っておく (フォルダ 構 成 サンプルを 参 考 にしてください ) 画 像 を 一 つのフォルダにまとめる ( 新 規 でフォルダを 作 成 し 名 前 は image 等 で) 容 量 の 大 きな 画

More information

はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公

はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公 相 模 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公 民 館 を 整 備 する 中 で それぞれの 館 では 体 育 部

More information

現 実 の 本 ノートとWordのページ Excelのページ のページ(シート シート)とウィンドウ Excelの1シートは 縦 横 に 広 がる1 枚 の 大 き な 用 紙 です 実 際 にパソコンで 見 れるのは ウィンドウを 通 して 見 えるその 一 部 になり ます Wordの 時 と

現 実 の 本 ノートとWordのページ Excelのページ のページ(シート シート)とウィンドウ Excelの1シートは 縦 横 に 広 がる1 枚 の 大 き な 用 紙 です 実 際 にパソコンで 見 れるのは ウィンドウを 通 して 見 えるその 一 部 になり ます Wordの 時 と Officeって ほとんど 同 じ 操 作 です -パソコンの 共 通 操 作 を 見 てみる- なんで いろいろなソフトがあるの OfficeってWord, Excel, PowerPoint なんかあって わけ わかんなくなるね 小 学 校 では2003 使 っていたのに 2007で 操 作 が 変 わって パソコンには いろいろ なソフトがあって 操 作 を 覚 えるのが 大 変 です が よく

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

Microsoft Word - 学生用_PF操作0314_v6_100.docx

Microsoft Word - 学生用_PF操作0314_v6_100.docx 東 工 大 学 修 ポートフォリオシステム 操 作 説 明 書 ( 学 生 用 ) 2016 年 4 月 1 注 意 事 項... 1 1-1 推 奨 ブラウザ... 1 1-2 東 工 大 学 修 ポートフォリオシステムからのお 知 らせ... 1 1-3 登 録 された 内 容 や 情 報 の 取 扱 い... 1 1-4 システム 利 用 時 の 注 意 ログアウト... 2 1-5 問 合

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093648E718D9594C282CC8A88977081698A4F959492F18B9F816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093648E718D9594C282CC8A88977081698A4F959492F18B9F816A> 電 子 黒 板 の 活 用 ( 大 津 市 立 学 校 ) 大 津 市 教 育 センター 指 導 主 事 山 岸 憲 明 1 大 津 市 立 学 校 の 電 子 黒 板 ( 教 育 委 員 会 配 備 ) プロジェクタ 投 影 型 電 子 ボード パソコンと 接 続 し プロジェクターか ら 画 面 を 投 影 して 利 用 各 校 1 台 小 学 校 は 算 数 ソフト 中 学 校 は 進 路 学

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立 第 2 章 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 効 果 的 な 運 営 に 向 けた 視 点 について 1 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 望 ましい 姿 について (1) 国 における 地 域 ケア 会 議 の 定 義 について 地 域 ケア 会 議 の 定 義 は 地 域 ケア 会 議 運 営 マニュアル ( 平 成 25 年 3 月 一 般 社 団 法 人 長 寿

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

土木学会論文集の完全版下投稿用

土木学会論文集の完全版下投稿用 扶 養 手 当 の 事 後 確 認 及 び 共 済 組 合 員 被 扶 養 者 の 要 件 確 認 の 合 同 実 施 について 清 水 麻 佐 代 1 大 橋 くみこ 1 川 村 哲 司 2 1 総 務 部 人 事 課 ( 460-8514 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 2-5-1) 2 総 務 部 厚 生 課 ( 460-8514 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 2-5-1) 扶 養

More information

諮問第148号説明資料

諮問第148号説明資料 ( 諮 問 第 148 号 説 明 資 料 ) 区 立 小 中 学 校 校 務 支 援 システムをリプレースすること 及 び 同 システムサーバーの 運 用 保 守 を 外 部 に 委 託 することについて 1 諮 問 内 容 区 内 小 中 学 校 校 務 支 援 システム( 以 下 本 件 システム という )は 区 立 の8 小 学 校 2 中 学 校 の 児 童 生 徒 の 成 績 学 籍

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用...

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用... 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアル 業 務 に 係 る 提 案 仕 様 書 1 目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期

More information

城 西 情 報 科 学 研 究 19 巻 1 号 バーなどの 別 のツールバーが 表 示 された Office2007 では, 挿 入 メニューから 図 形 を 作 成 し, 属 性 の 変 更 や 図 形 の 操 作 は, 描 画 ツールの 書 式 メニューが 追 加 され,そこから 行 う Ex

城 西 情 報 科 学 研 究 19 巻 1 号 バーなどの 別 のツールバーが 表 示 された Office2007 では, 挿 入 メニューから 図 形 を 作 成 し, 属 性 の 変 更 や 図 形 の 操 作 は, 描 画 ツールの 書 式 メニューが 追 加 され,そこから 行 う Ex 報 告 まえがき 平 成 20 年 度 コンピュータリテラシーについて Office2007 への 対 応 A Study on the Computer Literacy 2008 The application of Office2007 渡 邊 光 太 郎 * * 望 陀 芙 美 子 WATANABE, Kohtaro * ; MODA, Fumiko * 本 学 センター 講 座 として 行

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 3 評 価 書 名 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 については 全 国 の 都 道 府 県 労 働

More information

Ⅰ 就 職 進 学 支 援 体 制 学 生 に 対 する 就 職 進 学 支 援 は キャリアセンター が 方 策 等 の 企 画 立 案 を 行 い 実 務 を 就 職 支 援 室 が 担 当 しています また 学 生 への 直 接 的 な 指 導 は 各 学 科 コースの 担 当 教 員 が 行 っています 就 職 支 援 室 では 学 内 専 任 カウンセラーによる 相 談 ハローワ ークによる

More information

効果的な校務支援システムの運用マニュアル

効果的な校務支援システムの運用マニュアル 文 科 省 委 託 事 業 先 導 的 教 育 情 報 化 推 進 プログラム 校 務 の 情 報 化 校 務 支 援 システム 等 の 運 用 事 例 岐 阜 市 教 育 情 報 化 推 進 プロジェクト (NTT 西 日 本 東 海 岐 阜 市 教 育 委 員 会 及 び 調 査 研 究 校 ) 1 1 調 査 研 究 事 務 局 岐 阜 市 教 育 情 報 化 推 進 プロジェクト 委 員 長

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

< 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト)は ウェブアクセビリティに 配 慮 し すべての 人 にと って 見 やすく 使 いやすい HP を 構 築 し 学 内 においては 限 られた 人 的 物 的 資 源 の

< 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト)は ウェブアクセビリティに 配 慮 し すべての 人 にと って 見 やすく 使 いやすい HP を 構 築 し 学 内 においては 限 られた 人 的 物 的 資 源 の 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト) 再 構 築 に 係 るプロポーザル 実 施 要 領 北 海 道 公 立 大 学 法 人 札 幌 医 科 大 学 事 務 局 企 画 管 理 部 経 営 企 画 課 ( 平 成 21 年 10 月 9 日 ) < 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案)

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案) 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 2016( 平 成 27) 年 2 月 1 日 資 産 申 告 書 に 関 する 保 護 課 長 通 知 の 撤 回 等 を 求 める 要 望 書 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 代 表 幹 事 尾 藤 廣 喜 第 1 要 望 の 趣 旨 1 生 活 保 護 利 用 者 に 対 して 最 低 年 1 回 の 資 産 申 告 を 行 わせるよう

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088A697C78E738CF68EAE837A815B83808379815B8357834B83438368838983438393816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088A697C78E738CF68EAE837A815B83808379815B8357834B83438368838983438393816988C4816A2E646F63> 姶 良 市 公 式 ホームページ ガイドライン 平 成 27 年 2 月 姶 良 市 はじめに 情 報 化 社 会 が 進 展 する 中 市 民 生 活 においてインターネットは 必 要 不 可 欠 なものとなって おり 行 政 においてもホームページは 総 合 窓 口 としての 役 割 を 求 められているところです 姶 良 市 では 平 成 22 年 3 月 から 市 ホームページを 構 築 し

More information

米国iPad利用実態調査(CD-R)

米国iPad利用実態調査(CD-R) タブレット 端 末 時 代 の 電 子 書 籍 雑 誌 新 聞 利 用 動 向 を 調 査 電 通 総 研 では 次 世 代 のデジタル 端 末 として 21 年 から 話 題 となっているタブレッ ト 端 末 の 利 用 実 態 を アップル 社 の ipad 保 有 者 を 対 象 として 米 国 で 調 査 しました タブレット 端 末 は 手 帳 や 書 籍 と 同 等 サイズの 画 面 を

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom 平 成 25 年 度 NetCommons 活 用 研 修 会 グループウェア: 活 用 編 NetCommons 演 習 テキスト 埼 玉 県 立 総 合 教 育 センター < 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

訪問介護勤務スケジュール作成

訪問介護勤務スケジュール作成 訪 問 介 護 勤 務 スケジュール 作 成 勤 務 表 作 成 編 (Ver. 6.0.0) Microsoft Excel 2003 対 応 Microsoft Excel 2007 対 応 Microsoft Excel 2010 対 応 こんなことができます!! 登 録 者 情 報 のチェック ( 基 本 登 録 情 報 のチェック) 対 象 月 の 情 報 チェック 勤 務 表 作 成 勤

More information

■新聞記事

■新聞記事 PowerPoint2013 基 本 操 作 P.1 PowerPoint2013 基 本 操 作 1.PowerPoint2013 の 起 動... 2 2.スライドのサンプル... 3 3.スライドの 作 成... 4 4. 文 字 の 入 力 とテキストボックス... 5 5. 図 の 作 成 と 書 式 設 定... 5 6.グラフの 作 成... 6 7. 背 景 デザインと 配 色...

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

IT を 活 用 した 教 育 支 援 モデル グループ[ ] A 補 足 説 明 ( 自 由 形 式 ) 行 政 部 組 織 全 体 を 監 督 する 教 育 情 報 開 発 支 援 センター 1~6はサイクルの 流 れ 計 画 立 案 チーム 作 業 部 会 Plan Action 6 1 支

IT を 活 用 した 教 育 支 援 モデル グループ[ ] A 補 足 説 明 ( 自 由 形 式 ) 行 政 部 組 織 全 体 を 監 督 する 教 育 情 報 開 発 支 援 センター 1~6はサイクルの 流 れ 計 画 立 案 チーム 作 業 部 会 Plan Action 6 1 支 IT を 活 用 した 教 育 支 援 モデル グループ[ ] A タイトル キーワード 背 景 ITを 活 用 した 教 員 の 授 業 改 善 を 目 的 としたPDCAサイクル チーム 体 制 推 進 体 制 教 員 と 職 員 の 役 割 1 教 材 の 電 子 化 等 に 伴 う 問 題 ( 著 作 権 等 )への 対 応 の 遅 れ 2システム 導 入 後 の 運 用 の 滞 り 3 導

More information

第 1 部 コンピューターの 仕 組 みを 体 験 的 に 理 解 する 2. 次 のスライドを 作 る [ 新 しいスライド] をクリックすると 2 枚 目 のスライドが 提 示 される [ 新 しいスライド] をクリックすると [タ イトルとコンテンツ]を 表 示 するスライドが 選 ばれる [

第 1 部 コンピューターの 仕 組 みを 体 験 的 に 理 解 する 2. 次 のスライドを 作 る [ 新 しいスライド] をクリックすると 2 枚 目 のスライドが 提 示 される [ 新 しいスライド] をクリックすると [タ イトルとコンテンツ]を 表 示 するスライドが 選 ばれる [ 第 5 章 PowerPoint PowerPointの 使 い 方 スライドの 作 り 方 スライドの 映 し 方 配 布 資 料 の 作 り 方 ミーティングにおいて 提 示 説 明 や 説 得 のために 聞 き 手 にわかりやすいよ うに 目 に 見 える 形 で 示 しながら 報 告 することを プレゼンテーションという 最 近 は 授 業 においても 演 習 や 学 会 の 発 表 においても

More information

2)ICT 機 器 の 紹 介 1 実 物 投 影 機 ( 書 画 カメラ) 実 物 投 影 機 ( 書 画 カメラ)は プロジェクターと 組 み 合 わせて 立 体 物 やノート 教 科 書 やプリ ント 実 験 などの 観 察 状 況 実 演 をその 場 で 共 有 したいときにすぐ 提 示 す

2)ICT 機 器 の 紹 介 1 実 物 投 影 機 ( 書 画 カメラ) 実 物 投 影 機 ( 書 画 カメラ)は プロジェクターと 組 み 合 わせて 立 体 物 やノート 教 科 書 やプリ ント 実 験 などの 観 察 状 況 実 演 をその 場 で 共 有 したいときにすぐ 提 示 す 2015.8.10 電 子 黒 板 の 基 礎 講 座 電 子 黒 板 の 基 本 操 作 と 活 用 例 1.ICTとは ICT:Information and Communication Technology = 情 報 通 信 技 術 IT 技 術 の 総 称 であり, 特 に 公 共 サービスの 分 野 において 使 われる 用 語 ( 総 務 省 )である ちなみに,ITは 経 済 の 分

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

オブジェクトの 挿 入 スライド 切 り 替 えの 設 定 スライドマスター,テンプレートの 作 成 (2)プレゼンテーション 言 語 表 現 内 容 の 論 理 展 開 内 容 の 具 体 性 資 料 の 完 成 度 全 体 的 評 価 2. 下 見 開 会 式 後 に 競 技 全 体 の 説 明

オブジェクトの 挿 入 スライド 切 り 替 えの 設 定 スライドマスター,テンプレートの 作 成 (2)プレゼンテーション 言 語 表 現 内 容 の 論 理 展 開 内 容 の 具 体 性 資 料 の 完 成 度 全 体 的 評 価 2. 下 見 開 会 式 後 に 競 技 全 体 の 説 明 第 10 回 若 年 者 ものづくり 競 技 大 会 オフィスソフトウェア ソリューション 職 種 競 技 課 題 概 要 1. 課 題 仮 想 の 業 務 で 発 生 した 問 題 に 対 して,データベースやプログラミングを 用 いてそれを 解 決 する. 競 技 は, データベース 課 題, プログラム 開 発 課 題, プレゼンテーション 課 題 の,3 つの 競 技 課 題 につ いてそれぞれ

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する 右 クリックして 箇 条 書 と 番 号 付 け を 選 択 する. あとは 少 し 遊 べば, このようなことをやりたい 人 は 理 解 できると 思 います 3 いろいろな 入 力 ワープロを 使 う 上 で 肝 心 な 点 は, 空 白 調 整

2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する 右 クリックして 箇 条 書 と 番 号 付 け を 選 択 する. あとは 少 し 遊 べば, このようなことをやりたい 人 は 理 解 できると 思 います 3 いろいろな 入 力 ワープロを 使 う 上 で 肝 心 な 点 は, 空 白 調 整 目 次 1 標 準 の 行 間 隔...1 2 箇 条 書 き...1 2.1 箇 条 書 を 開 始 する...1 2.2 箇 条 書 を 終 了 する...1 2.3 箇 条 書 のレベルを 変 更 する...1 2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する...2 3 いろいろな 入 力...2 3.1 段 落 を 指 定 する...2 3.2 強 制 的 に 改 ページをする...2 3.3

More information

<5461726F2D4832328CA48F4395F18D908F9190D490CE2E6A7464>

<5461726F2D4832328CA48F4395F18D908F9190D490CE2E6A7464> 平 成 22 年 度 長 期 社 会 体 験 研 修 報 告 書 研 修 先 : 東 京 電 力 株 式 会 社 群 馬 支 店 群 馬 カスタマーセンター 長 期 社 会 体 験 研 修 員 赤 石 和 男 Ⅰ 東 京 電 力 群 馬 支 店 群 馬 カスタマーセンターにおける 研 修 について 1 研 修 内 容 (1) 研 修 先 の 概 要 東 京 電 力 は 2020ビジョンの 経 営 理

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

放送法第9条第2項第2号の業務の基準案の策定にあたっての考え方

放送法第9条第2項第2号の業務の基準案の策定にあたっての考え方 放 送 法 第 20 条 第 2 項 第 2 号 の 業 務 の 基 準 協 会 が 放 送 した 放 送 番 組 およびその 編 集 上 必 要 な 資 料 (これらを 編 集 したものを 含 む 以 下 既 放 送 番 組 等 という )を 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 一 般 の 利 用 に 供 する 業 務 ( 放 送 に 該 当 するものを 除 く )( 放 送 法 第 20 条

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(1/2) 第 1 趣 旨 本 ガイドラインは 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 針 となるべきもの 第 2 元 請 企 業 の 役 割 と 責 任 (1)

More information

個人情報保護法の法律講座

個人情報保護法の法律講座 第 6 個 人 情 報 保 護 法 に 定 める 定 義 1 個 人 情 報 とは (1) 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 であって, 当 該 情 報 に 含 まれる 氏 名, 生 年 月 日 その 他 の 記 述 により 特 定 の 個 人 を 識 別 することができる もの( 他 の 情 報 と 容 易 に 照 合 することができ,それにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができることとなるものを

More information

目 次 1 便 利!OneNote 2010 はこんなソフト P.3 2 OneNote でなんでもメモしよう! P.5 3 OneNote を 活 用 しよう! P.16 4 まとめ P.19 5 総 合 演 習 P.20 レッスン 内 容 OneNote 2010 はこんなソフト! パソコンを

目 次 1 便 利!OneNote 2010 はこんなソフト P.3 2 OneNote でなんでもメモしよう! P.5 3 OneNote を 活 用 しよう! P.16 4 まとめ P.19 5 総 合 演 習 P.20 レッスン 内 容 OneNote 2010 はこんなソフト! パソコンを OneNote を 使 ってみよう! ~Office 2010 付 属 の 情 報 管 理 ツール 入 門 ~ 本 テキストの 作 成 環 境 は 次 のとおりです Windows 7 Enterprise Internet Explorer 8 Microsoft Office Professional Plus 2010 Adobe Reader 本 テキストは 次 の 環 境 でも 利 用 可

More information

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案)

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案) 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 委 託 基 本 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 柳 川 市 役 所 市 民 部 税 務 課 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 柳 川 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 ( 以 下 受 注 者 という )に 委 託 する 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 (

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

平成25年度 緊急雇用創出事業

平成25年度 緊急雇用創出事業 平 成 26 年 度 繰 越 事 業 販 路 拡 大 促 進 用 ウェブサイト 作 成 運 営 事 業 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1 趣 旨 この 要 綱 は 平 成 27 年 度 に 小 諸 市 が 契 約 を 締 結 する 販 路 拡 大 促 進 用 ウェブサイト 作 成 運 営 事 業 の 業 務 受 託 者 を 公 募 型 プロポーザル 方 式 により

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カシミール3Dで 情 報 をまとめた 地 図 つくり 森 本 健 弘 2006-12-26 1 手 順 デジタルカメラ 写 真 をPCへ 保 存 する GPSデータをカシミール3Dで 取 り 込 み 表 示 させる デジタルカメラ 写 真 をカシミール3Dで 読 み 込 み, 正 しい 位 置 に 配 置 し,それに 位 置 情 報 を 書 き 込 む 情 報 を 書 き 込 む 2006-12-26

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information