ようこそ 山 形 徳 洲 会 病 院 整 形 外 科 へ 手 術 治 療 に 際 して 新 たな 不 安 が 生 じていることと 思 います 患 者 さま ご 家 族 の 皆 さまが 安 心 して 入 院 手 術 に 向 かえるように 努 めさせていただきます 手 術 治 療 は 症 状 の 大 き

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ようこそ 山 形 徳 洲 会 病 院 整 形 外 科 へ 手 術 治 療 に 際 して 新 たな 不 安 が 生 じていることと 思 います 患 者 さま ご 家 族 の 皆 さまが 安 心 して 入 院 手 術 に 向 かえるように 努 めさせていただきます 手 術 治 療 は 症 状 の 大 き"

Transcription

1 膝前十字靱帯 ACL 再建術 手術をお受けになる患者様 ご家族の皆様へ A nterior C ruciate L igament 医療法人徳洲会 山形徳洲会病院 整形外科 Dept of Orthopaedic Surgery,Yamagata Tokusyukai Hospital 山形市清住町 2 丁目 3-51 TEL FAX

2 ようこそ 山 形 徳 洲 会 病 院 整 形 外 科 へ 手 術 治 療 に 際 して 新 たな 不 安 が 生 じていることと 思 います 患 者 さま ご 家 族 の 皆 さまが 安 心 して 入 院 手 術 に 向 かえるように 努 めさせていただきます 手 術 治 療 は 症 状 の 大 きな 改 善 をもたらす 半 面 合 併 症 の 発 生 などのリスクを 伴 います 手 術 治 療 に 際 しましては 担 当 医 および 看 護 スタッフから 説 明 を 受 けて 十 分 にご 理 解 ご 納 得 の 上 で 手 術 をお 受 けになるようにして 下 さい ご 心 配 なことがございましたら いつでもお 気 軽 にご 相 談 ください 担 当 医 あいさつ 整 形 外 科 部 長 の 大 沼 です 当 院 で 手 術 を お 受 けになる 患 者 様 とご 家 族 の 皆 様 が 安 心 し て 手 術 をお 受 けになれるように そして 手 術 によってもたらされる 症 状 の 改 善 を 共 に 喜 び 合 えるように 出 来 る 限 りの 対 応 をさせてい ただきます 安 心 して 我 々にお 任 せ 下 さい 整 形 外 科 部 長 おおぬま やすし 大 沼 寧

3 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 再 建 術 1. 入 院 日 および 手 術 日 の 決 定 について 担 当 医 および 看 護 スタッフが 患 者 様 とご 家 族 の 皆 様 とともに 入 院 手 術 計 画 を 致 します 2. 術 前 検 査 について 安 全 に 手 術 を 行 なうために 術 前 より 全 身 状 態 を 把 握 しておく 必 要 があります そのために 皆 様 にはいくつかの 術 前 検 査 を 受 けていただきます 胸 部 レントゲン 心 電 図 血 液 尿 検 査 お 鼻 からのばい 菌 検 査 などが 基 本 とな りますが 手 術 の 内 容 や 麻 酔 の 方 法 により 検 査 内 容 が 異 なります 不 快 な 検 査 もあるかと 思 いますが ご 協 力 宜 しくお 願 いいたします 以 下 は 基 本 的 な 検 査 です 状 態 により 検 査 内 容 が 異 なることがあります 血 液 検 査 尿 検 査 心 電 図 胸 部 レントゲン 患 部 レントゲン 鼻 腔 MRSA 検 査 肺 機 能 検 査 必 要 に 応 じて 心 エコー 検 査 3. 術 前 の 問 診 現 在 治 療 中 のご 病 気 や 過 去 に 治 療 されたご 病 気 についてお 伺 い 致 します 現 在 内 服 中 のお 薬 を 確 認 させていただきます お 薬 の 中 には 急 に 中 止 してはいけない 薬 や 手 術 の 数 日 前 から 中 止 しないといけ ない 薬 があります 我 々スタッフが 皆 様 の 服 用 しているお 薬 を 把 握 し 手 術 前 にそ れらの 薬 をどのようにすればよいかをお 伝 え 致 します

4 4. 手 術 説 明 整 形 外 科 担 当 医 から 患 者 さまとご 家 族 の 皆 様 に 手 術 の 説 明 を 致 します 手 術 治 療 の 必 要 性 予 想 される 術 後 の 経 過 起 こりうる 合 併 症 予 想 される 入 院 期 間 など 十 分 に 説 明 させていただきます ご 不 明 な 点 がございましたら ご 遠 慮 なくお 尋 ね 下 さい 膝 前 十 字 靭 帯 は 損 傷 してしまうと 靭 帯 縫 合 による 修 復 を 試 みても 元 の 機 能 を 獲 得 できないことから 前 十 字 靭 帯 の 部 分 に 新 たに 靭 帯 を 再 建 する 手 術 が 必 要 となります この 手 術 を 膝 前 十 字 靭 帯 再 建 術 と 言 います 膝 の 安 定 性 が 獲 得 されて 元 のスポーツレベルに 復 帰 できる 状 態 になり ます 膝 の 不 安 定 性 から 生 じる 不 安 感 や 痛 みも 改 善 します 膝 前 十 字 損 傷 を 放 置 した 場 合 に 生 じる 膝 の 変 形 ( 変 形 性 膝 関 節 症 )を 回 避 する 効 果 があります 通 常 下 半 身 麻 酔 と 全 身 麻 酔 の 併 用 となります

5 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 再 建 術 関 節 内 にカメラを 挿 入 し 細 部 にわたって 観 察 し 断 裂 した 前 十 字 靭 帯 の 状 態 や 半 月 板 損 傷 に 対 する 正 し い 最 終 診 断 を 行 い 手 術 を 開 始 します 半 月 板 損 傷 に 対 しては 部 分 切 除 術 または 縫 合 術 など を 行 います 処 置 せずに 自 然 治 癒 を 促 すこともあります 手 術 に 必 要 なキズは 内 視 鏡 手 術 によるものなので 小 さく 済 みます 通 常 1 cm 程 度 の 小 さいキズが 数 箇 所 と 腱 を 採 取 するための 約 2~3cm のキズです 半 月 板 縫 合 や 術 中 の 手 術 法 の 変 更 によって さらに 手 術 創 が 追 加 されることもあります 手 術 直 前 皮 膚 切 開 部 のマーク ハムストリングスを 用 いて 作 成 した 再 建 靭 帯 再 建 に 用 いる 靭 帯 は 通 常 膝 屈 筋 腱 の 一 部 を 採 取 して 使 用 します 骨 付 き 膝 蓋 靭 帯 など 他 の 組 織 を 採 取 して 用 いることもあり ます より 最 適 な 部 分 を 使 用 します 前 十 字 靭 帯 が 付 着 していた 脛 骨 と 大 腿 骨 の 部 分 に 直 径 5 ~ 9mm の 孔 をあけて その 孔 へ 再 建 靭 帯 を 誘 導 した 後 適 切 な 緊 張 具 合 で 靭 帯 を 固 定 します この 固 定 のため に 大 腿 骨 側 と 脛 骨 側 の 両 端 にチ タン 性 の 金 属 を 用 います ( 通 常 術 後 1 ~ 2 年 後 に 脛 骨 側 の 金 属 を 取 り 除 きます 挿 入 したままで もほとんど 問 題 は 生 じないため 取 り 除 かない 場 合 もあります) 手 術 時 間 は 約 2 時 間 (~ 3 時 間 ) 手 術 前 後 に 麻 酔 や 手 術 に 関 する 準 備 や 処 置 があるため 手 術 室 滞 在 時 間 は 手 術 時 間 にプラス 約 2 時 間 程 度 かかります 靭 帯 再 建 直 後 靭 帯 再 建 術 後 チタン 製 金 属 靭 帯 再 建 後 1 年 靭 帯 再 建 術 後 内 視 鏡 による 手 術 なの でキズは 小 さいです

6 術 後 の 状 態 によりますが 手 術 当 日 から 車 イス 移 動 が 可 能 となり 翌 日 からリハ ビリテーションが 開 始 されます 数 日 で 松 葉 杖 を 使 用 して 歩 行 が 可 能 となります 入 院 期 間 は 1 週 間 ~ 2 週 間 程 度 です 退 院 後 は 可 能 な 範 囲 でリハビリ 通 院 ( 週 に 1 ~ 2 回 )をしていただきます 外 来 診 察 は2~ 4 週 毎 になります 術 後 の 状 態 によりますが 術 後 1 ヶ 月 頃 に 通 常 歩 行 が 可 能 となり 3 ヶ 月 頃 にジョ ギングが 可 能 になります 6 ヶ 月 頃 にスポーツに 徐 々に 復 帰 可 能 となります 膝 周 囲 の 動 きや 筋 力 が 十 分 に 回 復 したのを 確 認 の 上 で スポーツへの 完 全 復 帰 が 許 可 されます 再 建 された 靭 帯 は しばらくの 間 は 正 常 の 靭 帯 と 比 べて 強 度 が 弱 いため 無 理 をすると 再 断 裂 することがあります 特 に 術 後 3 ヶ 月 以 内 は 注 意 が 必 要 で 装 具 などを 使 用 して 保 護 します 術 後 6 ヶ 月 以 降 も 筋 力 が 弱 い 場 合 や 膝 の 使 い 方 が 悪 いと 膝 をひねりやすく 靭 帯 を 再 度 キズつけることがあります どのような 手 術 においても 危 険 性 は 伴 います しかし 手 術 以 外 の 方 法 で 最 善 な 方 法 がないため 手 術 に 伴 う 危 険 性 をご 理 解 の 上 で 手 術 をお 受 けになって 下 さい 麻 酔 に 伴 う 危 険 性 ( 薬 剤 による 反 応 アレルギー 反 応 ショック 症 状 などの 出 現 )があります 手 術 のキズが 化 膿 することがあります この 場 合 は 抗 生 剤 の 追 加 投 与 や 追 加 処 置 などが 必 要 になり 治 療 が 長 期 化 することもあります 膝 関 節 可 動 域 制 限 が 残 存 することがあります キズ 周 囲 の 皮 膚 感 覚 が 鈍 くなることがあります ほとんどの 場 合 問 題 となることはありません ごく 稀 に 人 工 材 質 に 対 して 強 いアレルギー 反 応 が 生 じることがあります この 場 合 には 人 工 材 料 を 抜 去 しなければならないこともあります 再 建 した 靭 帯 は 術 後 1 年 経 過 しても 元 の 靭 帯 の 強 度 よりも 弱 いと 言 われています 早 期 に 無 理 な 動 きをすると 再 建 靭 帯 が 再 断 裂 することがあります 磨 り 減 った 軟 骨 を 元 に 戻 すなど 手 術 において 改 善 不 可 能 な 箇 所 が 存 在 することもあります このよ うな 場 合 は 術 後 もそれによる 症 状 が 持 続 します 関 節 鏡 で 正 しく 診 断 し 今 後 の 治 療 法 を 検 討 します ごく 稀 に 手 術 時 に 血 管 損 傷 神 経 損 傷 が 生 じることがあります ごく 稀 に 手 術 に 伴 って 膝 周 囲 の 神 経 が 過 敏 反 応 を 示 し 下 肢 の 機 能 障 害 が 持 続 することがあります 術 後 は 血 栓 症 ( 静 脈 血 栓 症 肺 塞 栓 など)の 発 生 する 可 能 性 が 高 くなります この 他 稀 ですが 予 期 せぬ 合 併 症 を 生 じる 恐 れがあります ( 極 めて 稀 なものや 予 想 外 のものもあり 全 ての 可 能 性 を 言 い 尽 くすことはできません 合 併 症 や 偶 発 症 は 人 間 の 生 命 の 複 雑 性 と 有 限 性 および 各 個 人 の 多 様 性 によって 低 減 させることは できても 消 滅 させることはできません)

7 膝前十字靱帯 ACL 再建術 5. 入院説明 入院 手術が決定しましたら 外来にて入院手続きや入院後の生活について ご 説明いたします 別途 入院のご案内 パンフレットをご参照ください 入院時の持ち物 ① 下着類 ② 歯ブラシ 歯磨き ③ タオル バスタオル ④ ティッシュペーパー ⑤ 室内履き リハビリがある為 シューズをご準備下さい ⑥ 石けん シャンプー ⑦ ひげそり 入院から退院までの流れ 入院当日について 入院手続き ご指定の時間までに病院1F の総合 受付にお越しください お名前の確認 保険証 入院予約票 診察券を提出し 入院受付をしてください 3階病棟へ その後 3 階病棟へ行き 病棟スタッフから問診および 入院時の説明などがあります 廊下 ナースステーション 病棟クラーク 術前リハビリテーション 手術に備えて 術前のリハビリテーション を行います リハビリスタッフ

8 手 術 前 日 の 夜 は 手 術 に 備 えて 22 時 以 降 は 絶 飲 食 となります 寝 付 けない 方 は 看 護 師 にご 相 談 ください 医 師 の 指 示 により 眠 剤 が 処 方 され ます 手 術 日 当 日 入 院 の 場 合 があります 1 病 棟 で 当 日 の 朝 から 点 滴 を 行 います 2 手 術 着 に 着 替 えていただきます 弾 性 ストッキング 3 血 栓 症 発 生 予 防 の 目 的 で 手 術 を 受 ける 膝 と 反 対 側 の 足 に 弾 性 ストッキ ングを 履 いていただきます 4 時 間 になりましたら 病 棟 のスタッフが 手 術 室 へお 連 れ 致 します 手 術 室 への 移 動 は 皆 様 の 状 態 に 合 わせて 歩 行 車 イス 移 動 ベット 移 動 となります ご 家 族 の 皆 様 は 病 室 または 手 術 待 合 室 でお 待 ち 下 さい 手 術 室 入 り 口 手 術 待 合 室 入 り 口 内 部

9 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 再 建 術 1 手 術 室 スタッフが 皆 様 を 手 術 室 へお 連 れ 致 します 2 スタッフの 誘 導 に 従 い 手 術 台 に 横 になっていただきます 3 心 電 図 血 圧 計 などのモニターを 付 けさせていただき 麻 酔 手 術 に 備 えます 4 手 術 室 スタッフは 常 に 皆 様 のおそばにおりますので ご 心 配 がありましたら ご 遠 慮 なくお 尋 ねください 手 術 室 内 部 手 術 台 下 半 身 麻 酔 横 になっていただき 背 中 から 下 半 身 麻 酔 を 行 い ます 術 後 の 痛 みのコントロールのために 硬 膜 外 麻 酔 のチューブを 留 置 します 麻 酔 科 医 が 痛 み 少 なく 麻 酔 を 行 いますので ご 心 配 されないように 患 者 さまの 状 態 に 応 じて 背 中 からの 麻 酔 を 行 わないこともあります 全 身 麻 酔 仰 向 けにもどり 全 身 麻 酔 が 導 入 されます 点 滴 から 眠 くなる 麻 酔 薬 が 投 与 されて 全 身 麻 酔 が かかります 患 者 さまの 状 態 により 麻 酔 の 深 さ がコントロールされます 深 い 完 全 な 眠 りから ウトウトする 程 度 の 眠 りまで 皆 様 のご 希 望 を 汲 んで 麻 酔 科 医 が 対 応 致 します 状 態 によっては ご 希 望 に 添 えないことがあ ります また 手 術 中 に 膀 胱 にたまった 尿 を 排 出 させるために 尿 道 カテーテルを 入 れ させていただきます

10 約 1 時 間 約 2 ~ 3 時 間 手 術 部 位 を 十 分 に 消 毒 の 上 清 潔 な 布 で 体 が 覆 われます すべての 準 備 が 整 ったことを 確 認 の 上 で 手 術 が 開 始 されます 手 術 室 入 室 からここまでで 約 1 時 間 手 術 時 間 2 時 間 ~ 3 時 間 30分 ~ 1 時 間 きれいなガーゼ 包 帯 で 膝 を 覆 います 手 術 室 にて 手 術 部 位 のレントゲン 撮 影 があります 麻 酔 からの 回 復 を 確 認 の 上 で 病 棟 へ 帰 る 準 備 を 行 います 手 術 終 了 から 手 術 室 を 出 るまで 30 分 ~ 1 時 間 手 術 室 滞 在 時 間 は 合 計 で4~ 5 時 間 となります 1 手 術 室 からは ベットに 横 になったままで ベットごと 病 室 へ 帰 ります 2 お 部 屋 に 帰 ると 血 圧 計 心 電 図 などのモ ニターを 体 に 取 り 付 けさせていただきます 3 通 常 酸 素 マスクがお 顔 にあてられます 4 術 後 の 膝 の 腫 脹 防 止 のためにアイシ ング 処 置 と クッションを 用 いた 下 肢 の 挙 上 を 行 います 定 期 的 に 看 護 スタッフが 患 者 さまの 術 後 ケアを 行 います アイシング 装 置 とフットポンプ

11 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 再 建 術 麻 酔 からの 回 復 具 合 を 確 認 の 上 で 飲 水 が 段 階 的 に 許 可 されます 食 事 は 通 常 翌 日 の 朝 から 開 始 となります 術 後 に 担 当 医 からご 家 族 の 皆 様 に 向 けて 術 後 の 説 明 があります 背 中 からの 硬 膜 外 麻 酔 に よって 痛 みがさほど 感 じない 方 から 座 薬 や 注 射 による 痛 み 止 めが 必 要 になる 方 もいま す 麻 酔 薬 の 影 響 で 吐 き 気 を もよおす 場 合 があります 痛 みや 吐 き 気 の 状 態 に 応 じて 病 棟 スタッフが 医 師 の 指 示 の もとで 対 応 致 します いろいろなコードや 管 が 体 に 取 り 付 けられているので ベット 上 での 安 静 が 基 本 となります 全 身 状 態 によって は 車 いすにより 離 床 も 可 能 な 場 合 が あります 体 をスムーズに 動 かせるようにな るまでは 排 尿 は 尿 道 カテーテルを 通 して 自 然 になされるように 管 理 し ます 動 けるようになりましたら 尿 道 カテーテルは 抜 去 されます 排 便 は 車 イスで 車 イス トイレ へ 移 動 して 行 います 看 護 スタッフ がお 手 伝 い 致 します 1 朝 に 担 当 医 師 による 回 診 があります 全 身 の 状 態 膝 の 状 態 がチェックされ ます 2 必 要 なモニター 以 外 が 体 から 取 り 外 されます 3 背 中 の 硬 膜 外 カテーテルを 抜 去 します 4 膝 に 血 液 がたまっているときには 穿 刺 して 血 液 を 抜 きます 5 朝 食 が 出 てきます 6 ベットサイドにてリハビリテーションが 開 始 されます

12 本 格 的 にリハビリテーションが 開 始 されます リハビリテーション 室 入 り 口 内 部 状 態 に 応 じ ベットサ イドにて 膝 の 自 動 屈 伸 装 置 を 用 いて 膝 の 屈 伸 が 行 われます 自 動 屈 伸 装 置 松 葉 杖 訓 練 筋 力 トレーニング 患 部 外 ( 手 術 した 部 位 以 外 )トレーニング などを 行 っていきます 手 術 を 受 けた 膝 を 濡 らさないようにして シャワーが 許 可 されます 通 常 膝 のキズは 吸 収 糸 ( 溶 ける 糸 )で 縫 合 しており 抜 糸 はあ りません 退 院 が 予 定 されます 術 後 の 経 過 や 退 院 の 時 期 は 個 人 差 があります

13 膝前十字靱帯 ACL 再建術 6. 前十字靭帯再建術 ACLR の 手術前と手術後のリハビリテーション 術前リハビリテーション 手術後のリハビリ内容の説明や実際に動きの確認を一緒に行います また 手術 前と後での身体状況の比較を行うため筋力や足の太さなどを測定します 状況に応じて松葉杖の使い方なども指導する場合があります 術後リハビリテーション 手術翌日 ベッドの上で股関節周囲や太ももの筋力トレーニング 足首の曲げ伸ばしを します 術後 2 6 日目 リハビリ室にて道具を用いた基 礎的な運動 図1 2 が開始さ れます 術後すぐは車椅子での移 動となりますが この時期から脚 へ体重をかける練習 図3 4 を 始め 術後4 6日で院内での松 葉杖歩行が可能になります 図1 図2 図3 図4 平行棒の中で体重計を用いて 下肢にかかる体重量 体重の 1/3 1 /2 を制限した状態で歩行訓練を 行います

14 術後 6 日 図5 重錘 トレーニングマシーン 腕こ ぎ自転車などを使用してより負荷の高 い運動を始めます また 脚に加える体重量も状態に応 じて徐々に増やしていきます 図 5 術後 10 日 この時期から松葉杖は片方のみでの 歩行が可能になります 図 6 また 退院へ向けて階段昇降や床での立ち座 りなど日常生活に向けた動作練習も行 います 図 7 図6 図7 手術部位に問題がなく 安定した歩 行が可能となれば退院が許可されます 術後 7 14 日頃 退院した後は 全体重歩行 松葉杖なし は患者様 の状態に応じて術後 2 3 週頃に許可 されます 退院した後は外来にてリハビリを継続します 退院後に感じた不安や不明な点に関してはリハビリの担当者にご遠慮なくご 相談下さい 退院後の活動目安 手術後1ヶ月経過 自転車 手術後2 3ヶ月経過 ジョギング 手術後5 6ヶ月経過 競技復帰 また 3 ヶ月 6ヶ月 9 ヶ月 12ヶ月の時点で筋力測定を行 います 上記スケジュールはあくまで目安ですので 各患者様の状態によって時期が 前後する場合があります 画像は全て患者様の同意を得て掲載しています

15 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 再 建 術 メ モ

16 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 再 建 術 手 術 をお 受 けになる 患 者 様 ご 家 族 の 皆 様 へ 医 療 法 人 徳 洲 会 山 形 徳 洲 会 病 院 整 形 外 科

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 膝 痛 でお 困 りの 方 に! 人 工 膝 関 節 ってどんなもの? 友 愛 会 病 院 整 形 外 科 岡 本 卓 也 膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 加 齢 的 変 化 による 膝 痛 の 原 因 い 年 を 経 て あるい は 関 節 の 使 いすぎによって 起 こる 関 節 の 変 形 変 性 お 歳 の

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術 1 福 島 赤 十 字 病 院 産 婦 人 科 内 視 鏡 下 手 術 について はじめに: 内 視 鏡 下 手 術 は 患 者 様 の 体 の 負 担 をできるだけ 少 なくする 手 術 ( 低 侵 襲 手 術 :minimally invasive surgery)として 外 科 系 各 科 において 広 く 実 施 されるようになってきております 産 婦 人 科 領 域 でも 近 年 急 速

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D628FF3914297748BAC959490D88F9C8F708AB38ED29770837083938374838C836283673131303432312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D628FF3914297748BAC959490D88F9C8F708AB38ED29770837083938374838C836283673131303432312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 甲 状 腺 葉 峡 部 切 除 術 を 受 けられる 方 へ さま 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 四 国 がんセンター 頭 頸 科 病 棟 主 治 医 受 持 ち 看 護 師 2011.4.21 改 訂 2010.06.21 改 訂 私 たちは Ⅰ 入 院 や 手 術 に 対 する 不 安 を 軽 減 し 最 良 の 状 態 で 手 術 が 受 けられるようにお 手 伝 いいたします

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 基 本 方 針 患 者 さんそれぞれのニーズに 対 応 したリハビリテーションの 計 画 を 作 成 し 定 期 的 に 効 果 判 定 や 必 要 に 応 じた 方 針 の 変 更 を 行 い 思 いやり と 優 しさ のある 患 者 さん 中 心 のリハビリテーションを 行 います 各 専 門 職 種 が 常 に 連 絡 を 取 り 合 い チームアプローチを 実 践 し 質 の 高 いリハビリテーションを

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

パンフレット本体

パンフレット本体 入 院 当 日 このパンフレットを 忘 れずに 持 参 してくださいね! 兵 庫 医 科 大 学 病 院 消 化 管 内 科 内 視 鏡 センター 0 目 次 食 道 ESD( 内 視 鏡 的 粘 膜 下 層 剥 離 術 )にあたって 1. 食 道 がんの 治 療 方 法 2 2. ESD( 内 視 鏡 的 粘 膜 下 層 剥 離 術 )とは? 2 3. 内 視 鏡 治 療 の 対 象 3 4. 治

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

1

1 はじめに 前 十 字 靭 帯 再 建 の 手 術 を 受 けられる 患 者 様 に 安 心 して 治 療 を 受 けていただけるように 前 十 字 靱 帯 損 傷 の 簡 単 な 説 明 と 診 察 から 入 院 の 経 過 リハビリテーションについてまとめたものです 前 十 字 靱 帯 損 傷 の 症 状 膝 がグラグラする 膝 に 力 がはいらない 膝 が 完 全 に 伸 びない などです 日

More information

もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建 靭 帯 の 強 度 について 8 7. 術

もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建 靭 帯 の 強 度 について 8 7. 術 患 者 さま 用 冊 子 手 術 を 受 けられる 患 者 さまへ 膝 前 十 字 靱 帯 損 傷 ~ 手 術 前 後 のリハビリテーション~ もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~ 膝 の 痛 みの 治 療 法 ~スポーツ 障 害 から 中 高 年 の 膝 関 節 痛 まで~ 沼 津 市 立 病 院 整 形 外 科 向 山 俊 輔 ひざの 構 造 特 徴 本 日 は ひざの 痛 み 各 論 ひざ の 話 1. 前 十 字 靭 帯 損 傷 2. 半 月 板 損 傷 3. 変 形 性 膝 関 節 症 ひざ 関 節 乳 幼 児 一 般 成 人 高 齢 者 人 間 の 関 節 で 最

More information

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 第 17 回 報 告 書 平 成 21 年 6 月 24 日 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止 事 業 部 目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 入 院 中 のご 案 内 医 療 法 人 社 団 聖 寿 会 足 立 十 全 病 院 はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 けることができる

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 摂 食 機 能 障 害 リハビリテーション 部 課 長 補 佐 言 語 聴 覚 士 長 谷 川 和 子 経 管 栄 養 3 食 経 口 摂 取 ( 経 管 離 脱 率 ) 入 院 患 者 数 654 人 699 人 342 人 入 院 時 経 管 44 人 28 人 28 人 72.2 歳 72.4 歳 肺 炎 発 症 率 20.8% 10.7% 人 50 40 40 3030 2020 10 10

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73>

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73> 呼 吸 器 外 科 クリニカルパス 適 応 基 準 術 式 : 肺 葉 切 除 肺 全 摘 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 部 分 切 除 縦 隔 腫 瘍 切 除 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 葉 切 除 肺 区 域 切 除 呼 吸 器 外 科 手 術 予 定 患 者 において( 縦 隔 鏡 生 検 リンパ 節 郭 清 は 除 く)は 全 て 術 前 共 通 パスを 使 用 する

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

河北病院 公報誌「なでしこ」第10号1503校了.indd

河北病院 公報誌「なでしこ」第10号1503校了.indd 2015 年 3 月 第 10 号 も く じ 病 院 長 あいさつ 2 緩 和 ケア 病 棟 地 域 包 括 ケア 病 棟 新 急 患 室 の 開 所 式 3 大 腸 CTドック 4 新 急 患 室 がオープン 5 緩 和 ケア 病 棟 のご 案 内 6 地 域 包 括 ケア 病 棟 のご 案 内 7 外 来 診 療 一 覧 表 8 河 北 病 院 の 基 本 理 念 私 たちは 地 域 の 中

More information

硬膜外麻酔とは

硬膜外麻酔とは 麻 酔 を 受 けられるみなさまへ はじめに 手 術 が 決 まった 時 患 者 様 が 麻 酔 に 対 する 不 安 を 感 じるのは 当 然 です この パンフレットは 麻 酔 方 法 をご 理 解 いただくとともに その 不 安 を 和 らげるため のものです 現 在 では 医 療 の 進 歩 により 以 前 では 手 術 不 能 であった 病 気 重 い 持 病 の ため 手 術 が 不 可

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

アプローチ 第45号

アプローチ 第45号 地 域 の 皆 様 と 共 に 歩 む ドクターのリレー 講 座 深 部 静 脈 血 栓 症 について 循 環 器 内 科 専 門 科 長 文 藏 優 子 我 が 国 のがん 対 策 について 茨 城 県 地 域 がんセンター 長 菊 池 孝 治 病 院 ツアーズ No7 中 学 高 校 が 職 場 体 験 に 訪 れました 療 養 環 境 整 備 をすすめています ラウンジに 手 洗 い 場 を

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

症例紹介

症例紹介 リハビリってなんだろう はじめまして! 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 です 医 療 保 険 対 応 送 迎 車 サービス 有 そ~らの 家 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 共 催 西 東 京 市 富 士 町 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 平 成 12 年 4 月 ~ 武 蔵 野 市 吉 祥 寺 南 町 4 丁 目 平 成 26 年 4 月 ~ 院 長 紹 介 リハビリテーションとは?

More information

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 かかり つけ 連 携 情 報 共 有 書 ( 平 成 (201 ) 日 ) (がん 拠 点 病 院 ) がん 拠 点 病 院 化 学 療 法 放 射 線 療 法 その 他 アレルギー 2 大 腸 癌 の 手 術 を 受 けられた 患 者 様 へ 退 院 後 は5 間 手 術 の 後 遺 症 や 再 発 の 有 無 などの

More information

1 12 33

1 12 33 1 12 33 1 3 12 317 13 240 16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 2 報 告 事 例 ( 事 故 報 告 書 より 抜 粋 ) ケガ サービスの 種 類 介 護 老 人 福 祉 施 設 利 用 者 80 歳 要 介 護 5 事

More information

Microsoft Word - 5_医療費のしくみ150924修正

Microsoft Word - 5_医療費のしくみ150924修正 はじめに このパンフレットは 静 岡 がんセンター よろず 相 談 が 実 施 した 患 者 さんやご 家 族 向 けの 学 習 会 学 びの 広 場 の 講 演 内 容 をもとに 作 成 しました 自 宅 で 療 養 生 活 を 送 るときの 参 考 にしてください 注 ) 医 療 制 度 の 改 正 に 伴 い ここに 記 載 されている 金 額 や 対 象 な どが 変 更 になることもあります

More information

Microsoft PowerPoint - Colon_Ca_OP_path_for_pt_shikoku.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - Colon_Ca_OP_path_for_pt_shikoku.ppt [互換モード] 私 のカルテ 大 腸 がん 手 術 後 愛 媛 県 がん 診 療 連 携 協 議 会 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 四 国 がんセンター お 名 前 : あなたを 支 える 地 域 医 療 連 携 には 次 のような 良 い 点 があります ゆとりのある 診 察 が 受 けられます 病 院 診 療 所 での 待 ち 時 間 が 短 くなります 重 複 した 検 査 投 薬 が 避 けられます

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

スライド 1

スライド 1 吸 引 口 鼻 からの 吸 引 パンフレット このパンフレットは 独 立 行 政 法 人 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 在 宅 医 療 支 援 病 棟 で 使 用 している 吸 引 指 導 用 パンフレットを 元 に 厚 生 労 働 省 平 成 23 年 度 チーム 医 療 実 証 事 業 委 託 費 により 作 成 し ました このパンフレットを 参 考 にしながら 入 院 中 在 宅

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

23年度改善提案~医療現場での取組~.indd

23年度改善提案~医療現場での取組~.indd アームミトン ~シャント グラフトを 持 つ 患 者 様 透 析 穿 刺 中 に 使 えるミトン~ 大 久 保 病 院 -43- テーマ 名 大 久 保 病 院 アームミトン ~シャント グラフトを 持 つ 患 者 様 透 析 穿 刺 中 に 使 えるミトン~ サークル 名 Tailor( 仕 立 屋 ) メンバー 名 南 耶 衣 子 嶺 井 智 子 鹿 島 美 冬 大 澤 浩 子 1 テーマ 選

More information

untitled

untitled 2016.6 vol.38 vol.17 Information インフォメーション 地域包括ケア病棟を導入しました 平成28年5月1日より 当院の西館4階病棟 50床 を地域包括ケア病棟として運用することになりました 当院は開設以来 急性期病棟のみを運用しておりましたが 急性期治療を経過した患者さまから すぐに 自宅や施設に帰るのが少し心配 もう少し家に帰る準備期間が欲しい といったようなご意見を頂くこ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

留意事項通知_H28改定・最終版

留意事項通知_H28改定・最終版 保 医 発 0 3 1 8 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 1 8 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

リハビリテーションだけでなく 楽 しいイベントを 行 っています お 花 見 散 歩 ドライブなど 季 節 を 感 じられる 行 事 を 行 っています エスポワール 和 泉 では 経 験 豊 かなスタッフを 配 置 しております 理 学 療 法 士 作 業 療 法 士 言 語 聴 覚 士 看 護

リハビリテーションだけでなく 楽 しいイベントを 行 っています お 花 見 散 歩 ドライブなど 季 節 を 感 じられる 行 事 を 行 っています エスポワール 和 泉 では 経 験 豊 かなスタッフを 配 置 しております 理 学 療 法 士 作 業 療 法 士 言 語 聴 覚 士 看 護 医 療 法 人 社 団 純 正 会 介 護 老 人 保 健 施 設 老 人 保 健 施 設 エスポワール 和 泉 デイケアでは 安 全 で 安 心 した 在 宅 生 活 の 実 現 を 目 指 し 健 康 管 理 リハビリ テーション 入 浴 食 事 レクリエーション 活 動 等 のサービス を 提 供 いたします ご 利 用 者 様 が 可 能 な 限 り 自 宅 やその 地 域 において 自 立

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

高 齢 者 が 咳 をする むせるのは この 誤 嚥 も 大 きな 原 因 の 一 つです 交 通 整 理 をす る 喉 頭 の 働 きも 筋 肉 の 動 きなので 老 化 で 弱 ります 機 能 が 低 下 すると 誤 嚥 が 始 まり 最 初 は 咳 で 出 せるくらいの 少 量 ですが 増 加

高 齢 者 が 咳 をする むせるのは この 誤 嚥 も 大 きな 原 因 の 一 つです 交 通 整 理 をす る 喉 頭 の 働 きも 筋 肉 の 動 きなので 老 化 で 弱 ります 機 能 が 低 下 すると 誤 嚥 が 始 まり 最 初 は 咳 で 出 せるくらいの 少 量 ですが 増 加 Contents 1. 歯 科 診 療 所 との 連 携 について 2. 循 環 器 内 科 の 紹 介 3. 最 新 の 膝 関 節 手 術 について(Vol. 2) 4. 顔 面 神 経 麻 痺 に 対 する 最 新 治 療 について 5. 地 域 包 括 ケア 病 棟 の 紹 介 6. がん 相 談 支 援 センターの 紹 介 7. 認 定 看 護 師 による 在 宅 患 者 同 一 日 訪

More information

(Microsoft Word - ACL \203p\203\223\203t2007\211\374 .doc)

(Microsoft Word - ACL \203p\203\223\203t2007\211\374 .doc) 前 十 字 靱 帯 (ACL) 再 建 術 のパンフレット 同 愛 記 念 病 院 整 形 外 科 関 節 鏡 スポーツ スポーツセンター センター 立 石 智 彦 長 瀬 寅 清 水 禎 則 目 次 Ⅰ 前 十 字 靱 帯 とは?(P (P3) Ⅱ 前 十 字 靭 帯 の 損 傷 (P3) Ⅲ 前 十 字 靱 帯 の 診 断 方 法 (P4) Ⅳ 前 十 字 靱 帯 損 傷 の 症 状 (P5)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション みんなで 考 えよう 病 理 検 査 室 の 安 全 対 策 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 病 理 診 断 科 古 谷 津 純 一 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 医 療 事 故 防 止 事 業 部 では, 全 国 から 医 療 事 故 を 収 集 解 析 し, 事 故 防 止 のための 啓 蒙 活 動 を 実 施 しています. 今 回 は,2004 年 10 月 から2010

More information

呉人工関節センターのご案内

呉人工関節センターのご案内 目 次 人 工 関 節 センター 設 立 に 関 して P1 医 師 理 学 療 法 士 看 護 師 紹 介 P2 担 当 医 挨 拶 4 名 ( 理 学 療 法 士 病 棟 看 護 師 ) 人 工 膝 関 節 置 換 術 とは P5 人 工 膝 関 節 置 換 術 (じんこうひざかんせつちかんじゅつ) 手 術 方 法 人 工 膝 関 節 の 利 点 注 意 点 当 人 工 関 節 センターの 特

More information

1 研 究 の 背 景 と 目 的 背 景 毎 日 訪 問 し 処 置 をしているにも 関 わらず 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 がいる 何 故 褥 瘡 が 治 らないのかその 原 因 を 追 究 する 事 で 治 癒 方 向 に 向 かう 事 が 出 来 るのでは な

1 研 究 の 背 景 と 目 的 背 景 毎 日 訪 問 し 処 置 をしているにも 関 わらず 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 がいる 何 故 褥 瘡 が 治 らないのかその 原 因 を 追 究 する 事 で 治 癒 方 向 に 向 かう 事 が 出 来 るのでは な 勇 美 記 念 財 団 2012 年 度 被 災 地 における 在 宅 医 療 の 研 究 的 実 践 完 了 報 告 書 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 の 治 らない 原 因 を 追 求 することで 治 癒 に 導 くこ とができる 研 究 研 究 者 石 田 美 由 紀 佐 藤 朋 子 田 崎 幸 代 所 属 医 療 法 人 社 団 健 育 会 矢 本 ひまわり 訪

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368> 競 技 継 続 がほとんど 不 能 になってから 復 帰 した 全 国 大 会 レベル 以 上 の 柔 道 選 手 米 田 病 院 米 田 實 福 山 陽 子 林 克 彦 症 例 紹 介 症 例 1 症 例 2 症 例 3 症 例 4 症 例 5 症 例 6 症 例 7 症 例 8 症 例 9 (28 歳 男 性 ) (26 歳 男 性 ) (25 歳 男 性 ) (24 歳 男 性 ) (17 歳

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc 妊 婦 検 診 出 産 パッケージ 2014 年 1 月 1 日 ~2014 年 12 月 31 日 まで 有 効 みんなで 赤 ちゃんを 迎 えましょう 産 婦 人 科 医 助 産 師 麻 酔 医 小 児 科 医 新 生 児 専 門 医 看 護 師 からなる 経 験 豊 富 なチームが お 母 さんと 赤 ちゃんに 必 要 なケアを 提 供 します 上 海 ユナイテッドファミリー 病 院 では3,500

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引 踵 骨 骨 端 炎 と アキレス 腱 炎 との 関 係 山 形 支 部 森 谷 広 子 はじめに 近 年 低 学 年 を はじめとして スポーツ を 主 体 的 に 運 動 す る 子 ども 達 に 多 く の 障 害 が 出 現 し ています 成 長 の 段 階 における 必 要 以 上 の 運 動 量 が 体 に ストレスとして 起 き 色 々 な 病 気 の 原 因 を 発 生 し 体 を 酷

More information

病気関係情報の検索

病気関係情報の検索 病 気 関 係 情 報 の 検 索 事 例 : 腰 椎 脊 柱 管 狭 窄 症 2014.8.1 インターネットクラブ 加 島 清 美 1/25 目 次 1. 症 状 治 療 経 過 2. 薬 の 調 査 3. 病 院 医 師 変 更 調 査 4. 脊 椎 関 係 の 病 気 治 療 方 法 手 術 方 法 の 検 索 5. 腰 痛 関 係 名 医 & 有 名 病 院 検 索 6. 脊 椎 低 侵

More information

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと 4 診 断 情 報 ⑴ 主 傷 病 名,⑶ 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名,⑸ 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 が 同 一 の 場 合,すべてに 同 一 傷 病 名 を 入 力 する 記 載 する 傷 病 名 は, 原 則 としてレセ 電 算 傷 病 名 マスターから 選 択 すること 病 名 については,ICD10へのコーディング が 適 切 に 行 えるように 入

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

web在宅下腿潰瘍.doc

web在宅下腿潰瘍.doc 在 宅 下 腿 潰 瘍 高 岡 駅 南 クリニック 院 長 塚 田 邦 夫 在 宅 では 褥 創 の 他 に 下 腿 潰 瘍 も 多 く 経 験 し 治 療 に 難 渋 することがあります 今 回 は 下 腿 潰 瘍 としての 典 型 的 な 例 として 動 脈 性 潰 瘍 静 脈 うっ 滞 性 下 腿 潰 瘍 熱 傷 性 下 腿 潰 瘍 ( 低 温 熱 傷 ) 爪 白 癬 による 下 腿 潰 瘍

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02 Japan Neurosurgery Registry on NCD Case Report Form 記 入 の 手 引 き 注 意 事 項 このCase Report Form( 以 下,CRF)は National Clinical Database( 以 下,NCD)への 症 例 登 録 にあたっての 補 助 資 料 です. 各 項 目 の 定 義 については 本 CRFをご 参 照 ください.

More information

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報 報 道 発 表 資 料 2004 年 1 月 30 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 東 京 女 子 医 科 大 学 イオンビーム 照 射 で 人 工 硬 膜 の 生 体 適 合 性 が 大 幅 に 向 上 - 脳 外 科 手 術 後 の 髄 液 漏 を 防 ぎ 動 脈 瘤 治 療 にも 有 効 な 新 手 法 - 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 ( 野 依 良 治

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

大腸:当科では大腸癌のほか,潰瘊性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患など,年間200例以上の症例に対して外科治療を行っています

大腸:当科では大腸癌のほか,潰瘊性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患など,年間200例以上の症例に対して外科治療を行っています 大 腸 がんに 対 する 外 科 的 治 療 について I. はじめに ここでは 大 腸 癌 の 治 療 を 受 けられる 方 に 病 気 に 対 する 正 しい 知 識 を 持 ってい ただき,あなたにとって 最 も 良 い 治 療 を 選 択 していただくことを 目 的 にして 作 成 しました.この 文 章 をごらん 頂 いたうえで,さらに 詳 しいことをお 知 りにな りたい 方 は 大 阪

More information

CW6_A7342D01.indd

CW6_A7342D01.indd 平 成 27 年 9 1 日 発 行 目 次 第 39 号 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 レセプト 作 成 留 意 点 につて お 願 1 電 子 レセプトにより 請 求 する 医 療 機 関 等 皆 様 へ お 願 3 過 誤 調 整 結 果 通 知 書 につて お 知 らせ 8 レセプト 作 成 留 意 点 につて お 願 1 薬 局 皆 様 へ 突 合 審 査 による 減 点

More information

CONTENTS はじめに ~ 通 年 性 アレルギ 性 鼻 炎 にお 悩 みの 方 へ~ 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 とは 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 割 合 アレルギー 性 鼻 炎 が 及 ぼす 影 響 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 主 な 原 因 として 考 えら

CONTENTS はじめに ~ 通 年 性 アレルギ 性 鼻 炎 にお 悩 みの 方 へ~ 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 とは 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 割 合 アレルギー 性 鼻 炎 が 及 ぼす 影 響 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 主 な 原 因 として 考 えら よくわかるダニアレルゲンによる ぜっかめんえきりょうほう 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 舌 下 免 疫 療 法 監 修 : 日 本 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 頭 頸 部 感 覚 器 科 学 分 野 教 授 大 久 保 公 裕 先 生 CONTENTS はじめに ~ 通 年 性 アレルギ 性 鼻 炎 にお 悩 みの 方 へ~ 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 とは 通

More information