歩行者脚部保護性能試験方法(案)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "歩行者脚部保護性能試験方法(案)"

Transcription

1 歩 行 者 脚 部 保 護 性 能 試 験 方 法 1. 適 用 範 囲 この 試 験 方 法 は 自 動 車 事 故 対 策 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 実 施 する 自 動 車 アセ スメント 提 供 事 業 における 試 験 のうち 専 ら 乗 用 の 用 に 供 する 乗 車 定 員 10 人 未 満 の 自 動 車 及 び 貨 物 の 運 送 の 用 に 供 する 車 両 総 重 量 2.8 トン 以 下 の 自 動 車 ( 自 動 車 製 作 者 等 が 定 める フロントバンパコーナ( 項 参 照 ) 間 におけるフロントバンパ 下 端 基 準 線 ( 項 参 照 )の 最 も 高 い 位 置 ( 以 下 フロントバンパ 下 端 基 準 高 さ という )が 425mm 以 上 の 自 動 車 を 除 く )の 歩 行 者 脚 部 保 護 性 能 試 験 について 適 用 する ただし フロン トバンパ 下 端 基 準 高 さが 425mm 以 上 の 自 動 車 であっても 別 紙 1 に 規 定 する 押 し 倒 しモ ードが 発 生 しない 自 動 車 であることが 自 動 車 製 作 者 等 からの 申 請 により 明 らかとなった 場 合 は 試 験 を 実 施 することができるものとする 2. 用 語 の 意 味 この 試 験 方 法 中 の 用 語 の 意 味 は 以 下 のとおりとする (1) 基 準 平 面 : 車 両 の 全 てのタイヤ 接 触 点 を 通 る 水 平 面 をいう (2) A ピラー: 自 動 車 の 前 面 窓 ガラスを 支 えている 左 右 両 側 の 部 分 をいう (3) 脚 部 インパクタ: 人 体 の 脚 部 の 骨 の 曲 がりなどを 模 擬 した 脚 部 模 型 をいう ( 詳 細 は 別 紙 2 を 参 照 のこと ) (4) Tibia 曲 げモーメント: 脛 骨 (Tibia)の 曲 げモーメントをいう (5) MCL 伸 び 量 : 膝 部 の 内 側 側 副 靱 帯 ( Medial collateral ligament )の 伸 び 量 をいう (6) ACL 伸 び 量 : 膝 部 の 前 十 字 靱 帯 ( Anterior cruciate ligament )の 伸 び 量 をいう (7) PCL 伸 び 量 : 膝 部 の 後 十 字 靱 帯 ( Posterior cruciate ligament )の 伸 び 量 をいう 3. 試 験 条 件 3.1 試 験 自 動 車 の 状 態 自 動 車 製 作 者 等 からのデータの 提 供 自 動 車 製 作 者 等 は 試 験 準 備 に 必 要 な 次 のデータを 機 構 に 提 供 することとする (1) 付 属 書 1 (2) 試 験 準 備 に 係 わる 特 別 確 認 事 項 試 験 自 動 車 質 量 試 験 自 動 車 の 質 量 は 運 転 席 及 び 助 手 席 ( 運 転 席 と 並 列 の 座 席 のうち 自 動 車 の 側 面 に 隣 接 するものをいう 以 下 同 じ)に 錘 を 搭 載 しない 状 態 で 入 庫 時 質 量 の 100%から 101%の 範 囲 に 調 整 する ただし 試 験 結 果 に 影 響 する 恐 れのない 部 品 を 取 り 外 してもこの 範 囲 に 調 整 できない 場 合 は この 限 りではない また スペアタイヤ 及 び 工 具 類 を 備 えた 自 動 車 にあっては こ れらを 試 験 自 動 車 に 取 り 付 けた 状 態 で 試 験 を 行 ってもよい 入 庫 時 質 量 : 試 験 機 関 は 試 験 自 動 車 を 受 領 後 燃 料 を 除 くすべての 液 体 を 指 定 された 1

2 範 囲 の 最 大 量 まで 燃 料 を 燃 料 タンク 容 量 の 100%まで 注 入 し 質 量 を 計 測 する この 質 量 を 入 庫 時 質 量 とする 車 両 姿 勢 試 験 自 動 車 の 車 両 姿 勢 は 以 下 の 状 態 とする (1) 試 験 自 動 車 の 車 両 姿 勢 は 入 庫 時 の 状 態 を 基 本 とし 車 高 調 整 装 置 が 装 着 された 車 両 は 40km/h の 走 行 速 度 における 位 置 に 車 両 姿 勢 を 調 整 する また 車 高 を 手 動 で 任 意 に 調 整 できる 調 整 装 置 を 備 えている 車 両 の 場 合 は 標 準 位 置 に 設 定 する (2) 歩 行 者 と 衝 突 した 場 合 に 歩 行 者 への 衝 撃 を 軽 減 するために 作 動 する 装 置 を 備 える 自 動 車 にあっては 自 動 車 製 作 者 等 は 歩 行 者 の 脚 部 が 車 体 等 に 衝 突 した 際 に 当 該 装 置 が 歩 行 者 の 脚 部 の 傷 害 に 与 える 影 響 についての 資 料 を 提 出 しなければならない 機 構 は 当 該 資 料 の 内 容 を 確 認 した 上 で 当 該 装 置 を 作 動 させた 状 態 又 は 作 動 させない 状 態 若 しくは 当 該 装 置 が 作 動 するためのシステムを 稼 動 させた 状 態 で 試 験 を 行 う (3) 試 験 自 動 車 には 1998 年 2 月 4 日 付 け 米 国 官 報 第 63 号 にて 改 正 された CFR( 米 国 連 邦 法 規 総 覧 )Title49 Part572 subpart E で 規 定 されたハイブリッドⅢダミーであっ て 成 人 男 子 の 50 パーセンタイルダミーと 同 等 の 質 量 (75kg)を 持 つ 錘 を 運 転 席 及 び 助 手 席 のシート 座 面 中 央 部 に 搭 載 する (4) 前 輪 は 直 進 状 態 とする また 車 両 の 前 後 縦 断 面 の 方 向 はインパクタの 射 出 方 向 に 対 して±2deg 以 内 とする (5) 側 面 衝 突 試 験 実 施 後 の 車 両 で 試 験 を 行 う 際 には (1)から(3)の 調 整 を 行 うことが 出 来 ないことが 想 定 されるため 以 下 のとおり 実 施 することとする (a) 側 面 衝 突 試 験 前 の 試 験 時 に 車 両 姿 勢 ( 前 後 方 向 及 び 左 右 方 向 )の 計 測 を 行 い その 計 測 値 に 対 して 車 両 姿 勢 を 前 後 方 向 及 び 左 右 方 向 において それぞれ±0.1deg 以 内 の 状 態 で 試 験 を 行 うことができる この 場 合 における 車 両 姿 勢 の 調 整 する 方 法 は タ イヤの 空 気 圧 による 調 整 ( 標 準 空 気 圧 kpa 以 内 ) 又 は 追 加 ウエイトによる 調 整 とする (b) 側 面 衝 突 試 験 前 の 試 験 時 に 車 両 の 高 さ( 側 面 衝 突 試 験 において 大 きく 変 形 しないと 考 えられる 箇 所 )の 測 定 を 行 い その 計 測 値 に 対 して それぞれ±5mm 以 内 の 状 態 で 試 験 を 行 うことができる ただし 車 両 の 高 さの 調 整 が 困 難 な 場 合 には 側 面 衝 突 試 験 実 施 前 との 高 さの 差 分 を 脚 部 インパクタの 打 撃 高 さにて 補 正 して 試 験 を 行 うこと ができるものとする (6) 後 面 衝 突 頚 部 保 護 性 能 試 験 を 行 うために 試 験 車 両 に 搭 載 された 座 席 を 取 り 外 す 場 合 にあっては 罫 書 き 時 に 車 両 姿 勢 の 計 測 を 行 い 座 席 を 取 り 外 した 状 態 において 錘 等 を 搭 載 し 罫 書 き 時 に 計 測 した 車 両 姿 勢 を 再 現 した 状 態 で 試 験 を 行 うこととする この 場 合 における 前 後 方 向 の 誤 差 は±0.1 以 内 左 右 方 向 の 誤 差 は±0.1 以 内 高 さの 誤 差 は ±5mm 以 内 とすること ただし 車 両 の 高 さの 調 整 が 困 難 な 場 合 には 罫 書 き 時 の 車 両 姿 勢 との 高 さの 差 分 を 脚 部 インパクタの 打 撃 高 さにて 補 正 して 試 験 を 行 うことができ るものとする 試 験 自 動 車 の 流 動 物 2

3 (1) 燃 料 を 除 くすべての 液 体 を 指 定 された 範 囲 の 最 大 量 まで 注 入 する (2) 燃 料 又 は 燃 料 と 比 重 が 類 似 した 代 用 燃 料 を 燃 料 タンク 容 量 の 100%まで 注 入 する (3) 側 面 衝 突 試 験 後 の 車 両 で 試 験 を 行 う 際 に (1) 及 び(2)の 注 入 ができない 場 合 は 可 能 な 限 り(1) 及 び(2)の 注 入 を 行 うこととする 座 席 調 整 (1) 運 転 席 及 び 助 手 席 において 前 後 方 向 に 調 節 できる 装 置 にあっては 前 後 方 向 の 中 間 位 置 に 調 節 する ただし 前 後 方 向 の 中 間 位 置 に 調 節 できない 場 合 には 前 後 方 向 の 中 間 位 置 よりも 後 方 であってこれに 最 も 近 い 調 節 可 能 な 位 置 に 調 節 することとする (2) 運 転 席 及 び 助 手 席 において 上 下 方 向 のみに 調 節 できる 装 置 にあっては 最 低 位 置 に 調 整 する (3) 運 転 席 及 び 助 手 席 において (1) 及 び(2) 以 外 の 調 整 装 置 は 設 計 標 準 位 置 又 は 角 度 に 調 整 する (4) 運 転 席 及 び 助 手 席 以 外 の 座 席 は 設 計 標 準 位 置 及 び 角 度 に 調 整 する その 他 の 車 両 状 態 イグニッション 試 験 自 動 車 の 原 動 機 は 停 止 状 態 とし イグニッションスイッチは OFF の 位 置 とすること 側 面 ドア 試 験 自 動 車 のドアは 確 実 に 閉 じること ただし 側 面 衝 突 試 験 実 施 後 の 車 両 で 試 験 を 行 う 際 にドアが 閉 じられない 場 合 は この 限 りではない 屋 根 脱 着 式 の 屋 根 を 有 する 自 動 車 にあっては 当 該 屋 根 を 取 り 付 けること サンルーフを 有 する 自 動 車 にあっては サンルーフを 閉 じること 幌 型 の 自 動 車 にあっては 屋 根 を 閉 じた 状 態 とすること タイヤ タイヤの 空 気 圧 は 諸 元 表 に 記 載 された 空 気 圧 又 は 自 動 車 に 表 示 されている 推 奨 空 気 圧 であること ただし 項 (5) 及 び(6)の 規 定 により 車 両 状 態 ( 姿 勢 前 後 のホイルアー チ 高 さ など)を 調 整 する 必 要 がある 場 合 は この 限 りではない 車 両 の 固 定 車 両 は 駐 車 ブレーキ 又 は 輪 留 め 等 の 適 切 な 固 定 具 によりタイヤを 固 定 する なお オートマチック 仕 様 車 は 駐 車 ブレーキ 及 び P レンジ 又 は 輪 留 め 等 により 固 定 する 後 写 鏡 等 ボンネット フェンダー A ピラー 付 近 に 設 置 された 後 写 鏡 及 び 補 助 鏡 は 試 験 に 影 響 を 及 ぼす 恐 れがある 場 合 には 取 り 外 すことができる その 他 (1) 脚 部 インパクタの 二 次 衝 突 による 影 響 が 発 生 する 恐 れがある 部 位 については 試 験 結 果 に 影 響 を 及 ぼさない 範 囲 内 でカバー 等 による 保 護 を 行 うことができる (2) 車 室 内 の 運 転 席 及 び 助 手 席 は 窓 ガラスの 破 片 等 が 飛 散 しないように 保 護 することが できる 3

4 3.1.7 試 験 範 囲 の 罫 書 き 車 両 姿 勢 を 安 定 させるための 慣 らし 走 行 を 実 施 し 車 両 姿 勢 が 安 定 した 段 階 で 以 下 の 罫 書 きを 車 両 に 対 して 行 う フロントバンパコーナ (1) 車 両 の 垂 直 縦 断 面 と 60deg の 角 度 をなし かつ フロントバンパの 外 面 に 正 接 する 垂 直 面 と 車 両 との 接 点 をマークする( 図 3.1 参 照 ) なお この 作 業 は フロントバンパ の 左 右 両 側 において 実 施 する フロントバンパコーナ 垂 直 面 図 3.1 フロントバンパコーナ (2) 左 右 両 側 それぞれにおいて マークした 接 点 ( 接 点 が 複 数 ある 場 合 には 最 も 車 両 の 側 方 に 位 置 する 点 )をフロントバンパコーナとする フロントバンパ 下 端 基 準 線 (LBRL) (1) フロントバンパコーナ 間 において 長 さ 700mm の 直 線 定 規 を 自 動 車 の 垂 直 縦 断 面 に 平 行 に 持 ち 垂 直 面 から 25deg 車 両 の 前 方 に 傾 けた 状 態 で 地 面 ならびにフロントバン パの 表 面 との 接 触 を 維 持 しながら 当 該 自 動 車 の 前 部 を 横 断 させたときに 定 規 とフロン トバンパとの 間 の 最 も 低 い 接 触 点 ( 図 3.2 参 照 )を 幾 何 学 的 にトレースした 線 を 引 く 4

5 長 さ 700mm の 直 線 定 規 LBRL LBRL LBRL 25 図 3.2 フロントバンパ 下 端 基 準 線 (LBRL) フロントバンパ 上 端 基 準 線 (UBRL) (1) フロントバンパコーナ 間 において 長 さ 700mm の 直 線 定 規 を 自 動 車 の 垂 直 縦 断 面 に 平 行 に 持 ち 垂 直 面 から 20deg 車 両 の 後 方 に 傾 けた 状 態 で 地 面 ならびにフロントバン パの 表 面 との 接 触 を 維 持 しながら 当 該 自 動 車 の 前 部 を 横 断 させたときに 定 規 とフロン トバンパとの 間 の 最 も 高 い 接 触 点 ( 図 3.3 参 照 )を 幾 何 学 的 にトレースした 線 を 引 く なお,バンパ 構 造 が 識 別 できない 車 両 の 場 合 は 長 さ 700mm の 直 線 定 規 を 自 動 車 の 垂 直 縦 断 面 に 平 行 に 持 ち 垂 直 面 から 20deg 車 両 の 後 方 に 傾 けた 状 態 で 地 面 ならびに フロントバンパの 表 面 との 接 触 を 維 持 しながら 当 該 自 動 車 の 前 部 を 横 断 させたときに 定 規 とフロントバンパとの 間 の 最 も 高 い 接 触 点 を 幾 何 学 的 にトレースした 線 とする 長 さ 700mm の 直 線 定 規 UBRL UBRL UBRL 20 図 3.3 フロントバンパ 上 端 基 準 線 (UBRL) (2) (1)の 作 業 において 長 さ 700mm の 直 線 定 規 の 上 端 がフロントバンパよりも 上 に 位 置 5

6 する 車 両 構 造 物 と 接 触 し 作 業 ができない 場 合 には 同 定 規 の 長 さを 短 くすることが 出 来 る また 同 定 規 の 長 さが 短 くて 作 業 ができない 場 合 には 長 くすることができる (3) (1)の 作 業 において 100mm 未 満 であれば トレース 作 業 をせずに 飛 ばすことがで きる なお 飛 ばした 場 合 には それぞれの 側 端 を 直 線 により 連 結 する 試 験 エリア フロントバンパの 前 面 であって フロントバンパコーナを 交 差 する 2 つの 縦 垂 直 面 によ って 制 限 される 領 域 を 試 験 エリアとする 試 験 エリアの 分 割 試 験 エリアを フロントバンパコーナを 通 る 車 両 前 後 軸 方 向 のラインの 間 に 位 置 するフ ロントバンパ 上 端 基 準 線 (UBRL) 上 において, 同 基 準 線 の 長 さ( 小 さな 凹 凸 などは 無 視 する )を3 等 分 割 した 点 及 びフロントバンパコーナの 点 を 含 む 垂 直 横 断 面 と 車 両 前 面 との 交 線 を 引 く 車 両 の 右 側 から 順 に エリア L1 エリア L2 エリア L3 と 呼 称 する また 各 エリアをそれぞれフロントバンパ 上 端 基 準 線 (UBRL) 上 において 等 分 割 した 点 におい て 車 両 の 前 後 方 向 における 鉛 直 な 線 を 引 く 車 両 の 右 側 から 順 に A B とし 細 分 化 エリ アとして 各 エリア 名 の 後 ろに A B を 付 加 して 呼 称 する( 図 3.4 参 照 ) フロントバンパコーナ 60 deg. エリアL1 エリアL1A エリアL1B 試 験 エリア エリアL2 エリアL2A エリアL2B 車 両 中 心 エリアL3 エリアL3A エリアL3B 60 deg. フロントバンパコーナ 図 3.4 各 試 験 エリアの 呼 称 と 分 割 衝 撃 位 置 等 アセスメントの 衝 撃 位 置 ( 第 1 候 補 の 衝 撃 位 置 ) (1) 項 で 規 定 する 試 験 エリアを 衝 撃 エリアとし 機 構 は エリア L1 エリア L2 エリア L3 から 1 箇 所 ずつ 歩 行 者 の 脚 部 にとって 最 も 危 険 と 思 われる 箇 所 を 衝 撃 位 置 として 選 定 する (2) 各 エリアで 選 定 した 衝 撃 位 置 が 車 両 横 方 向 に 左 右 対 称 な 位 置 で かつ バンパの 内 部 構 造 も 同 じと 考 えられる 場 合 には 片 方 の 衝 撃 位 置 の 結 果 を 他 方 の 左 右 対 称 な 位 置 の 結 果 として 流 用 することができるものとする (3) また 試 験 エリアよりも 外 側 に 明 らかに 歩 行 者 の 脚 部 にとって 危 険 と 思 われる 箇 所 がある 場 合 には 当 該 箇 所 を 打 撃 することとし その 試 験 結 果 は L1A 又 は L3B の 結 6

7 果 として 採 用 する この 場 合 における 衝 撃 位 置 は 試 験 車 両 のバンパビーム ロアレー ル クロスビームの 端 部 よりも 内 側 とする (4) 衝 撃 位 置 の 間 隔 は 実 際 に 打 撃 する 位 置 において 少 なくとも 132mm( 衝 撃 位 置 と 衝 撃 位 置 とを 結 ぶ 直 線 距 離 ) 以 上 離 さなければならない また スペースの 関 係 上 同 距 離 を 離 すことが 出 来 ない 場 合 は 同 じ 試 験 エリア 内 に 隣 接 する 細 分 化 エリア 又 は 左 右 対 称 位 置 の 細 分 化 エリアのうち 性 能 が 類 似 すると 判 断 されるエリアの 結 果 を 流 用 するこ とができる (5) 設 定 した 衝 撃 位 置 を 付 属 書 2-1 に 記 入 する 第 2 候 補 の 打 撃 位 置 等 ( 希 望 試 験 の 衝 撃 位 置 ) (1) 試 験 自 動 車 の 自 動 車 製 作 者 等 は 機 構 が 選 定 した 衝 撃 位 置 を 除 く 細 分 化 エリアに 対 し て 第 2 希 望 の 打 撃 位 置 の 設 定 を 要 望 することができる また 機 構 が 細 分 化 エリアの A と B の 境 界 線 上 を 衝 撃 位 置 として 選 定 した 場 合 には 試 験 自 動 車 の 自 動 車 製 作 者 等 は どちらか 一 方 の 細 分 化 エリアに 対 して 第 2 希 望 の 打 撃 位 置 の 設 定 を 要 望 することがで きる (2) 第 2 希 望 の 打 撃 位 置 は 自 動 車 製 作 者 が 選 択 した 細 分 化 エリア 内 で 歩 行 者 の 脚 部 にと って 最 も 危 険 と 思 われる 箇 所 を 衝 撃 位 置 として 選 定 する (3) 各 衝 撃 位 置 は 実 際 に 打 撃 する 位 置 において 132mm( 衝 撃 位 置 と 衝 撃 位 置 とを 結 ぶ 直 線 距 離 ) 離 さなければならない また スペースの 関 係 上 同 距 離 を 離 すことが 出 来 ない 場 合 は 同 じ 試 験 エリア 内 に 隣 接 する 細 分 化 エリア 又 は 左 右 対 称 位 置 の 細 分 化 エリ アの 結 果 を 流 用 することができる 脚 部 インパクタ (1) 脚 部 インパクタは 別 紙 2 の 1. 項 に 定 められた 仕 様 を 満 足 するものでなければならな い (2) 脚 部 インパクタには 脛 骨 部 に 曲 げモーメント 計 4 個 内 側 側 副 靱 帯 及 び 前 後 十 字 靱 帯 に 伸 び 計 測 器 を 各 1 個 ずつ 所 定 の 計 測 位 置 に 取 り 付 けられていなければならない (3) 脚 部 インパクタの 衝 撃 特 性 は 別 紙 2 の 2. 項 に 定 められた 脚 部 インパクタの 検 定 要 件 に 適 合 しなければならない (4) 脚 部 インパクタには 破 損 防 止 のため 試 験 結 果 への 影 響 を 最 小 限 とする 範 囲 でワイヤ 等 を 取 り 付 けてもよい 温 度 条 件 試 験 自 動 車 ( 交 換 用 部 品 ) 試 験 装 置 及 び 脚 部 インパクタの 試 験 時 の 雰 囲 気 温 度 は 20±4 とする また 温 度 は 車 両 近 傍 で 計 測 し 試 験 の 前 に 少 なくとも4 時 間 のソークを 実 施 し 安 定 状 態 を 確 認 すること 4. 試 験 設 備 等 4.1 衝 撃 発 生 装 置 衝 撃 発 生 装 置 は 脚 部 インパクタ( 質 量 : 約 13kg)を 40.0±0.7km/h の 速 度 で 試 験 車 両 の 前 面 に 自 由 飛 行 で 推 進 させることができるものとする 7

8 4.2 速 度 計 測 装 置 速 度 測 定 装 置 は 脚 部 インパクタが 車 両 前 面 に 衝 突 する 直 前 の 速 度 を 0.1km/h 単 位 で 測 定 できるものとする 4.3 角 速 度 計 角 速 度 計 は 0.1deg./sec 単 位 で 測 定 できるものとする 4.4 高 速 度 撮 影 装 置 高 速 度 撮 影 装 置 の 撮 影 速 度 は 1,000 コマ/ 秒 以 上 シャッタースピード 1/5,000 秒 以 上 に 設 定 すること 4.5 温 度 測 定 装 置 温 度 計 の 最 小 目 盛 りは 0.1 とする 4.6 電 気 計 測 装 置 精 度 及 び 周 波 数 特 性 計 測 装 置 は 構 成 する 各 機 器 から 出 力 装 置 までの 全 ての 機 器 ( 解 析 用 計 算 機 を 含 む )を 接 続 した 状 態 (この 状 態 における 計 測 装 置 を 計 測 チャンネル という )において ISO6487:2002 * に 適 合 すること (1) 脚 部 インパクタの 脛 骨 部 の 曲 げモーメント 及 び 膝 部 の 伸 び 量 のチャンネルクラス( 計 測 チャンネルの 周 波 数 特 性 ( 入 力 周 波 数 と 入 出 力 比 の 関 係 )を 規 定 する 指 標 )は 180 とする (2) 計 測 チャンネルにおいて アナログ 値 をデジタル 値 に 変 換 する 場 合 の 毎 秒 当 たりのサ ンプル 数 は 10,000 以 上 とする (3) 計 測 データを 用 いた 評 価 範 囲 は 脚 部 インパクタの 衝 突 瞬 間 から 脚 部 インパクタのリ バウンド 現 象 が 生 じるまでとする この 場 合 における リバウンド 現 象 が 生 じる とは MCL 伸 び 量 及 び Tibia 曲 げモーメントにおいて 最 大 値 が 生 じた 後 に 極 小 値 が 生 じ るまで を 基 本 とする (4) 高 周 波 成 分 の 削 除 (フィルター 処 理 )は 計 測 データを 用 いた 評 価 に 先 立 ち 行 うこと 計 測 器 の 測 定 範 囲 曲 げモーメント 計 脚 部 インパクタの 脛 骨 部 に 装 着 される 曲 げモーメント 計 の 測 定 範 囲 は -300 Nm から +500 Nm までとする 伸 び 計 脚 部 インパクタの 膝 部 に 装 着 される 伸 び 計 の 測 定 範 囲 は -5 mm から+30 mm までとす る 電 気 計 測 結 果 の 記 録 媒 体 への 記 録 脚 部 インパクタの 計 測 器 の 測 定 結 果 の 記 録 媒 体 への 記 録 はチャンネルクラス 1,000 以 上 で 記 録 する 4.7 三 次 元 測 定 装 置 * ISO 6487:2000 は 同 等 とみなす 8

9 試 験 自 動 車 における 衝 撃 位 置 の 測 定 等 に 使 用 される 三 次 元 測 定 装 置 の 精 度 は 0.5mm/m 以 下 とする 5. 試 験 方 法 5.1 衝 撃 条 件 脚 部 インパクタを 衝 撃 発 生 装 置 に 取 り 付 け 以 下 に 示 す 衝 撃 条 件 で 試 験 自 動 車 に 設 定 し た 衝 撃 位 置 に 衝 撃 を 加 える (1) 脚 部 インパクタの 衝 撃 速 度 の 範 囲 は 40.0±0.7km/h(ただし 試 験 機 関 は±0.5km/h と することが 望 ましい ) 以 内 とする ただし 衝 撃 速 度 がこの 範 囲 を 超 えた 試 験 であっ ても 計 測 値 に 対 し 最 高 の 評 価 得 点 が 得 られる 場 合 には 試 験 データとして 採 用 する (2) 脚 部 インパクタの 衝 突 速 度 ベクトルの 方 向 は 水 平 面 上 で 車 両 の 縦 断 垂 直 面 に 平 行 とする 水 平 面 及 び 縦 断 面 における 速 度 ベクトルの 方 向 の 公 差 は 最 初 の 接 触 時 点 で ±2deg とする また 脚 部 インパクタの 長 手 方 向 の 軸 は 横 平 面 及 び 縦 平 面 の 公 差 ±2deg 以 内 (ただし 試 験 機 関 は±1deg 以 内 とすることが 望 ましい )で 水 平 面 に 直 交 するも のとする なお 水 平 面 縦 平 面 及 び 横 平 面 は 互 いに 直 交 する( 図 5.2 参 照 ) (3) 脚 部 インパクタの 底 部 は 車 両 との 初 期 衝 突 時 に 公 差 ±10mm(ただし 試 験 機 関 は±5mm とすることが 望 ましい )で 地 上 基 準 面 の 75mm 上 にあるものとする( 図 5.1 参 照 ) インパクタ 地 上 レベル 75mm ( 衝 突 高 さ) 地 上 レベル 支 持 台 基 準 地 上 レベル 図 5.1 脚 部 インパクタの 車 両 に 対 する 初 期 衝 突 高 さ ( 図 左 : 完 成 車 両 図 右 : 支 持 台 に 載 せた 車 両 ) (4) 脚 部 インパクタは 車 両 との 衝 突 時 に 自 由 飛 行 の 状 態 になければならない ま た 脚 部 インパクタが 衝 撃 発 生 装 置 から 解 放 されて 自 由 飛 行 になる 位 置 は インパク タが 反 発 したときにインパクタと 衝 撃 発 生 装 置 が 接 して 試 験 結 果 に 影 響 が 生 じるこ とのないように 車 両 から 距 離 を 隔 てた 位 置 とする (5) 脚 部 インパクタは 規 定 の 試 験 条 件 を 達 成 できる 装 置 方 法 であれば,どのような 装 置 方 法 を 用 いて 推 進 しても 良 い 9

10 (6) 脚 部 インパクタは 初 期 衝 突 時 に 膝 関 節 が 正 確 に 作 動 するように 公 差 ±5deg で 垂 直 軸 を 中 心 とした 車 両 の 前 後 軸 の 方 向 を 向 いていなければならない( 図 5.2 参 照 ) ±2 ロール 角 ±2 ピッチ 角 ±2 水 平 面 ±2 外 側 面 縦 断 面 ±5 ヨー 角 図 5.2 車 両 との 初 期 衝 突 時 の 脚 部 インパクタの 角 度 公 差 (7) 初 期 衝 突 時 に 脚 部 インパクタの 中 央 線 の 位 置 は 選 択 した 打 撃 位 置 から 左 右 方 向 に 公 差 ±10mm 以 内 であること (8) 脚 部 インパクタと 車 両 との 衝 突 中 同 インパクタは 地 面 や 車 両 の 一 部 をなさない 物 体 と 接 触 してはならない (9) 脚 部 インパクタが 車 両 のバンパと 衝 突 するときの 衝 突 速 度 を 初 期 衝 突 時 よりも 前 に 測 定 したインパクタ 速 度 より 求 めるときは 計 測 後 の 重 力 の 作 用 を 加 味 するものとする (10) 脚 部 インパクタは 車 両 のバンパと 衝 突 するときの 負 荷 レベルを 脛 骨 部 に 装 着 される 曲 げモーメント 計 の 負 荷 レベルは ±10Nm(ただし 試 験 機 関 は±5Nm とすることが 望 ましい )まで 膝 部 に 装 着 される 伸 び 計 の 負 荷 レベルは ±1mm までとする この 場 合 における 曲 げモーメントの 判 定 箇 所 は 衝 突 直 前 の 最 大 値 ( 絶 対 値 )とし 伸 び 量 の 判 定 箇 所 は 衝 突 の 瞬 間 の 値 とする (11) 脚 部 インパクタにおいて 同 一 の 肉 部 ( 合 成 ゴムシート 及 びネオプレンシートをいう 以 下 同 じ )を 使 用 して 試 験 する 場 合 は 肉 部 の 弾 性 回 復 のため 試 験 の 間 隔 は 2 時 間 を 目 途 とする ただし 試 験 後 に 肉 部 を 交 換 する 場 合 には この 限 りではない 5.2 試 験 の 省 略 試 験 を 実 施 して 評 価 する 部 位 にあっても 構 造 上 左 右 が 対 称 のものであり 構 造 的 に 同 10

11 一 とみなせる 場 合 は 1 箇 所 の 打 撃 位 置 による 結 果 を 他 の 打 撃 位 置 の 結 果 として 適 用 できる こととする 5.3 側 面 衝 突 試 験 実 施 後 に 行 う 試 験 側 面 衝 突 試 験 の 試 験 結 果 に 影 響 を 与 える 打 撃 位 置 については 側 面 衝 突 試 験 実 施 後 に 試 験 を 実 施 することができる この 場 合 において 自 動 車 製 作 者 等 は 機 構 に 側 面 衝 突 試 験 の 試 験 結 果 に 影 響 を 及 ぼす 旨 を 記 して 技 術 的 な 書 面 と 提 出 しなければならない 5.4 部 品 の 交 換 変 形 又 は 破 損 した 車 両 前 面 部 の 部 品 (ボンネット バンパ スポイラー ヘッドライト 等 )は 下 記 の 衝 撃 位 置 を 試 験 する 場 合 を 除 き 各 試 験 前 に 交 換 する また 車 両 前 面 部 の 部 品 の 交 換 は 別 紙 3 によるものとする (1) 先 に 実 施 した 試 験 における 衝 撃 位 置 から 400mm 以 上 離 れている 箇 所 (2) 次 打 点 以 降 の 試 験 結 果 に 影 響 を 与 えると 認 められない 場 合 6. 記 録 測 定 項 目 6.1 試 験 前 の 記 録 受 取 車 両 の 確 認 と 記 録 試 験 機 関 は 試 験 自 動 車 の 受 取 後 以 下 に 示 す 項 目 を 確 認 し 付 属 書 に 記 録 するとともに 機 構 から 示 された 試 験 自 動 車 の 仕 様 に 該 当 していることを 確 認 すること (1) 車 名 型 式 類 別 区 分 番 号 又 は 類 別 記 号 (2) 車 台 番 号 (3) 車 体 形 状 (4) 原 動 機 型 式 (5) 駆 動 方 式 (6) 変 速 機 の 種 類 (7) タイヤの 種 類 インパクタ 検 定 結 果 の 記 録 等 (1) 脚 部 インパクタの 検 定 は 別 紙 2 の 1.7 項 に 定 める 規 定 に 適 合 すること (2) 試 験 機 関 は 脚 部 インパクタの 検 定 結 果 を 付 属 書 5 に 記 録 しておくものとする (3) 試 験 中 に 脚 部 インパクタの 肉 部 や 本 体 部 が 破 損 し 部 品 等 を 交 換 した 場 合 には 別 紙 2 の 2. 項 に 規 定 するペンデュラム 式 動 的 検 定 試 験 を 実 施 し 要 件 に 適 合 したものを 使 用 しなければならない 計 測 器 校 正 結 果 の 記 録 (1) 試 験 前 に 実 施 された 計 測 器 ( 評 価 に 用 いる 各 計 測 チャンネル)の 校 正 結 果 を 記 録 する こと 計 測 器 校 正 の 有 効 期 間 は 1 年 以 内 とし その 間 の 使 用 実 績 については 問 わない ただし 異 常 等 が 認 められた 際 には その 時 点 で 再 度 校 正 を 実 施 すること (2) 傷 害 値 が 正 しく 演 算 されているかについては 校 正 信 号 発 生 装 置 を 用 いて 検 証 するこ と ただし 各 種 計 測 センサーの 校 正 にとどまらす,データ 収 録 装 置 を 含 め (1)の 校 正 を 実 施 した 場 合 は 除 く 11

12 6.1.4 試 験 前 最 終 車 両 状 態 の 記 録 3. 項 に 従 って 行 われる 試 験 自 動 車 の 準 備 終 了 後 以 下 の 項 目 を 確 認 し 記 録 すること (1) 試 験 自 動 車 質 量 (2) 取 り 外 し 部 品 名 とその 質 量 及 び 調 整 質 量 (3) 試 験 自 動 車 の 高 さ( 自 動 車 製 作 者 等 が 指 定 する 部 位 ) (4) 衝 撃 位 置 (5) 衝 撃 位 置 測 定 基 準 位 置 試 験 室 温 度 等 の 記 録 項 に 定 める 温 度 条 件 に 関 して 以 下 の 記 録 を 付 属 書 により 残 すこと (1) 試 験 室 温 度 (2) 脚 部 インパクタを 項 に 定 める 環 境 下 に 放 置 した 時 間 6.2 試 験 中 の 記 録 衝 撃 速 度 飛 行 姿 勢 及 び 衝 撃 位 置 ずれ 等 の 記 録 (1) 脚 部 インパクタが 試 験 自 動 車 に 接 触 する 直 前 の 速 度 ( 衝 撃 速 度 )を 速 度 計 にて 計 測 し 記 録 すること (2) (1)において 速 度 計 に 不 具 合 が 発 生 した 場 合 は 高 速 度 撮 影 における 衝 撃 直 前 の 脚 部 イ ンパクタの 移 動 量 の 時 間 微 分 値 を 衝 撃 速 度 として 採 用 し 記 録 する (3) 脚 部 インパクタの 飛 行 中 ( 打 ち 出 し 時 から 衝 突 するまで)の 姿 勢 を 計 測 し 記 録 する こと (4) (3)の 計 測 において 角 速 度 計 に 不 具 合 が 発 生 した 場 合 の 飛 行 姿 勢 は 高 速 度 映 像 及 び (5)の 衝 突 位 置 ずれ 等 から 判 断 し 自 動 車 製 作 者 等 と 機 構 で 協 議 し 当 該 試 験 結 果 を 採 用 するか 否 かを 決 定 することとする (5) 試 験 前 に 試 験 自 動 車 に 塗 布 したドーラン 等 の 塗 料 の 脚 部 インパクタへの 付 着 から 衝 撃 位 置 ずれを 求 め 記 録 すること 電 気 計 測 結 果 の 記 録 脚 部 インパクタに 取 り 付 けられた 評 価 用 の 計 測 項 目 について その 電 気 計 測 結 果 を 衝 撃 瞬 間 の-50ms から 100ms 以 上 にわたって 記 録 すること また 参 考 計 測 として 大 腿 部 (Femur)の 曲 げモーメント 膝 部 の 外 側 側 副 靱 帯 ( Lateral collateral ligament )の 伸 び 量 及 び 加 速 度 の 計 測 を 行 うこととする 最 大 値 の 記 録 項 で 求 めた 波 形 から 各 計 測 項 目 に 関 する 最 大 値 を 算 出 し 記 録 すること 高 速 度 撮 影 記 録 の 補 助 として 高 速 度 VTR 等 により 脚 部 インパクタの 飛 行 姿 勢 や 衝 撃 の 瞬 間 を 撮 影 すること 6.3 試 験 後 の 記 録 試 験 終 了 後 の 車 両 状 態 の 写 真 撮 影 試 験 自 動 車 の 以 下 の 状 況 を 撮 影 すること (1) 衝 撃 位 置 付 近 の 破 損 状 況 12

13 (2) 衝 撃 位 置 内 部 の 破 損 状 況 破 損 部 品 の 確 認 と 記 録 試 験 自 動 車 の 以 下 の 部 品 の 破 損 状 況 を 確 認 し 記 録 する (1) ボンネット (2) フロントバンパ(フェイシャ グリル 内 蔵 物 など) (3) フロントボディ(ラジエータサポート など) 6.4 測 定 値 等 の 取 扱 い 測 定 値 等 の 取 扱 いは 次 によること (1) 衝 撃 速 度 (km/h)の 測 定 値 は 小 数 第 1 位 までとする (2) 飛 行 姿 勢 の 角 度 (deg)の 測 定 値 は 小 数 第 1 位 までとする (3) 各 計 測 データの 評 価 値 は 小 数 第 1 位 までとし 次 位 を 四 捨 五 入 する (4) フロントバンパ 下 端 基 準 線 の 基 準 平 面 からの 高 さ(mm)の 測 定 値 は 小 数 第 1 位 を 四 捨 五 入 し 整 数 値 までとする 13

14 付 属 書 1: 試 験 自 動 車 諸 元 データシート [ 自 動 車 製 作 者 等 記 入 用 ] 1. 試 験 自 動 車 の 諸 元 車 名 型 式 類 別 区 分 番 号 又 は 類 別 記 号 車 台 番 号 車 体 形 状 原 動 機 型 式 駆 動 方 式 変 速 機 の 種 類 タイヤの 種 類 2. 座 席 の 調 整 座 席 前 後 調 整 (シートレール) タイヤの 空 気 圧 前 輪 kpa 後 輪 kpa 燃 料 タンク 容 量 運 転 席 助 手 席 その 他 の 座 席 1 段 当 りの 調 整 量 mm mm mm 全 調 整 量 mm mm mm 中 mm mm 設 mm 間 最 前 端 から ( 段 ) ( 段 ) 計 ( 段 ) 位 置 mm mm 位 mm 最 後 端 から ( 段 ) ( 段 ) 置 ( 段 ) L 座 席 前 後 調 整 装 置 名 及 び 中 間 位 置 (その 他 ) 上 下 調 整 装 置 ( 上 下 のみに 可 動 するものに 限 る ) シートバッ 設 計 標 準 角 度 ク 角 度 調 整 有 無 有 無 有 無 ( 段 ) ( 段 ) ( 段 ) その 他 調 整 装 置 装 置 名 及 び 設 計 標 準 注 ) 調 整 位 置 の 段 数 は 最 初 のロッキング 位 置 を 0 段 として 記 入 のこと 3. 車 両 姿 勢 の 計 測 基 準 点 ( 入 庫 時 質 量 に 質 量 75kgを 持 つ 錘 を 運 転 席 及 び 助 手 席 に 搭 載 した 状 態 の 車 両 の 高 さを 記 入 ) (1) 前 左 右 の 高 さ 基 準 点 ( ) : 左 右 (2) 後 左 右 の 高 さ 基 準 点 ( ) : 左 右 注 )( ) 内 に 基 準 点 の 部 位 を 記 載 すること 必 要 に 応 じて 図 面 を 添 付 すること 4. フロントバンパ 下 端 基 準 線 高 さ(バンパーコーナ 間 で 最 も 高 い 位 置 ) (1) LBRL 高 さ: 14

15 付 属 書 2: 試 験 自 動 車 の 諸 元 [ 試 験 機 関 記 入 用 ] 1. 試 験 自 動 車 の 諸 元 車 名 通 称 名 グレード 型 式 類 別 主 なオプション 装 備 タイヤの 銘 柄 サイズ 入 庫 時 質 量 kg 2. 座 席 の 調 整 運 転 席 助 手 席 その 他 の 座 席 1 段 当 りの 調 整 量 mm mm mm 全 調 整 量 mm mm mm 座 席 前 後 調 整 中 mm mm 設 mm (シートレール) 間 最 前 端 から ( 段 ) ( 段 ) 計 ( 段 ) 位 置 mm mm 位 mm 最 後 端 から ( 段 ) ( 段 ) 置 ( 段 ) 座 席 前 後 調 整 (その 他 ) 装 置 名 及 び 中 間 位 置 上 下 調 整 装 置 ( 上 下 のみに 可 動 するものに 限 る ) 有 無 有 無 有 無 シートバック 設 計 標 準 角 度 角 度 調 整 ( 段 ) ( 段 ) ( 段 ) その 他 調 整 装 置 装 置 名 及 び 設 計 標 準 3. その 他 計 測 基 準 点 前 左 右 の 高 さ( ) 左 右 後 左 右 の 高 さ( ) 左 右 注 )( ) 内 に 基 準 点 の 部 位 を 示 す 15

16 付 属 書 2-1:アセスメントの 衝 撃 位 置 ( 車 名 : ) 第 1 候 補 の 衝 撃 位 置 [ 自 動 車 事 故 対 策 機 構 ] エリア エリア L1 エリア L2 エリア L3 L1A L1B L2A L2B L3A L3B 第 1 候 補 第 2 候 補 の 区 分 衝 撃 位 置 衝 撃 備 考 希 望 の 有 無 x y z 順 位 部 位 等 バンパ 等 の 交 換 備 考 1.エリア 区 分 欄 中 の は 第 2 候 補 のエリアを 示 す の 無 いものは 第 1 候 補 のエリアを 示 す 2. 衝 撃 位 置 基 準 ポイント(x=0 y=0 z=0): 車 両 中 心 線 上 のボンネット 後 端 とする 16

17 付 属 書 2-2: 試 験 車 両 の 鳥 瞰 写 真 参 考 試 験 車 両 に 罫 書 きしたもの 添 付 アングル 車 両 前 方 30 度 デジタルカメラにより 撮 影 ( 歩 行 者 頭 部 保 護 試 験 と 兼 用 ) 17

18 付 属 書 2-3:アセスメントの 衝 撃 位 置 ( 車 名 : ) 第 2 候 補 の 衝 撃 位 置 エリア エリア L1 エリア L2 エリア L3 L1A L1B L2A L2B L3A L3B 第 1 候 補 第 2 候 補 の 区 分 衝 撃 位 置 衝 撃 備 考 希 望 の 有 無 x y z 順 位 部 位 等 バンパ 等 の 交 換 備 考 1.エリア 区 分 欄 中 の は 第 2 候 補 のエリアを 示 す の 無 いものは 第 1 候 補 のエリアを 示 す 2. 衝 撃 位 置 基 準 ポイント(x=0 y=0 z=0): 車 両 中 心 線 上 のボンネット 後 端 とする 18

19 付 属 書 2-4: 試 験 実 施 計 画 ( 車 名 : ) エリア 第 1 候 補 第 2 候 補 の 区 分 衝 撃 位 置 備 考 衝 撃 希 望 の 有 無 x y z 順 位 部 位 等 バンパ 等 の 交 換 試 験 予 定 ( 日 時 ) 及 び 交 換 部 品 エリア I エリア II エリア III L1A L1B L2A L2B L3A L3B 備 考 1.エリア 区 分 欄 中 の は 第 2 候 補 のエリアを 示 す の 無 いものは 第 1 候 補 のエリアを 示 す 2. 衝 撃 位 置 基 準 ポイント(x=0 y=0 z=0): 車 両 中 心 線 上 のボンネット 後 端 とする 19

20 付 属 書 3-1: 試 験 自 動 車 諸 元 データシート [ 試 験 機 関 記 入 用 ] 1. 試 験 自 動 車 の 諸 元 車 名 型 式 類 別 区 分 番 号 車 台 番 号 車 体 形 状 原 動 機 型 式 駆 動 方 式 変 速 機 の 種 類 タイヤの 種 類 タイヤの 空 気 圧 前 輪 右 : 左 : 後 輪 右 : 左 : ハンドル 形 状 かじ 取 り 装 置 エアバッグ 無 有 上 下 調 節 無 有 ( 電 動 手 動 ) 前 後 調 節 無 有 ( 電 動 手 動 ) 座 席 前 後 調 節 (シートレール) 前 後 調 節 (その 他 ) 高 さ 調 節 ( 上 下 のみに 可 動 する ものに 限 る ) シートバック 調 節 その 他 調 整 装 置 運 転 席 無 有 ( 電 動 手 動 ) 助 手 席 無 有 ( 電 動 手 動 ) その 他 無 有 ( 電 動 手 動 ) 運 転 席 装 置 名 無 有 ( 電 動 手 動 ) 助 手 席 装 置 名 無 有 ( 電 動 手 動 ) その 他 装 置 名 無 有 ( 電 動 手 動 ) 運 転 席 無 有 ( 電 動 手 動 ) 助 手 席 無 有 ( 電 動 手 動 ) その 他 無 有 ( 電 動 手 動 ) 運 転 席 無 有 ( 電 動 手 動 ) 助 手 席 無 有 ( 電 動 手 動 ) その 他 無 有 ( 電 動 手 動 ) 運 転 席 装 置 名 ( 電 動 手 動 ) 助 手 席 装 置 名 ( 電 動 手 動 ) その 他 装 置 名 ( 電 動 手 動 ) 燃 料 タンク 容 量 計 測 基 準 点 前 左 右 の 高 さ( ) 左 右 後 左 右 の 高 さ( ) 左 右 注 )( ) 内 に 基 準 点 の 部 位 を 示 す L 20

21 付 属 書 3-2: 試 験 結 果 一 覧 表 第 1 候 補 第 2 候 補 の 区 分 衝 撃 順 位 tibia-1 (Nm) tibia-2 (Nm) tibia-3 (Nm) tibia-4 (Nm) MCL (mm) ACL (mm) PCL (mm) 衝 撃 速 度 (km/h) 飛 行 姿 勢 位 置 ずれ 備 考 エリアL1 L1A L1B エリアL2 L2A L2B エリアL3 L3A L3B 21

22 付 属 書 4: 電 気 計 測 結 果 の 記 録 (エリア 細 分 化 エリア) Bending moment (Nm) Tibia-1 Max.Min. 検 索 時 間 :0.00~**.**ms Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Bending moment (Nm) Tibia-2 Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Bending moment (Nm) Tibia-3 Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Bending moment (Nm) Tibia-4 Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time Time (ms) TestNo. NASVA20**-****-*** 脚 部 インパクタ 計 測 値 (Tibia-1,Tibia-2,Tibia-3,Tibia-4) 22

23 Elongation (mm) ACL Max.Min. 検 索 時 間 :0.00~**.**ms Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Elongation (mm) PCL Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Elongation (mm) MCL Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Elongation (mm) LCL Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time Time (ms) TestNo. NASVA20**-****-*** 脚 部 インパクタ 計 測 値 (ACL, PCL, MCL, LCL*) * 参 考 計 測 23

24 Bending moment (Nm) Femur-1 Max.Min. 検 索 時 間 :0.00~**.**ms Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Bending moment (Nm) Femur-2 Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Bending moment (Nm) Femur-3 Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time Knee(tibia side)-acc Max. 0.0 Time 0.00 Min. 0.0 Time 0.00 Acceleration (g) Time (ms) TestNo. NASVA20**-****-*** 脚 部 インパクタ 計 測 値 (Femur-3*,Femur-2*,Femur-1*,Knee(tibia side)-acc*) * 参 考 計 測 24

25 付 属 書 5: 脚 部 インパクタの 検 定 結 果 脚 部 イ 試 験 検 定 日 時 及 検 定 試 験 ンパク 番 号 び 管 理 温 度 方 法 タNo ペンデュラム or インバース ペンデュラム or *** インバース ペンデュラム or インバース 検 定 における 波 形 図 を 添 付 すること 計 測 項 目 最 大 値 Tibia-1 Nm Tibia-2 Nm Tibia-3 Nm Tibia-4 Nm ACL mm PCL mm MCL mm 合 否 の 判 定 合 否 Tibia-1 Nm Tibia-2 Nm Tibia-3 Nm Tibia-4 Nm ACL mm PCL mm MCL mm 合 否 の 判 定 合 否 Tibia-1 Nm Tibia-2 Nm Tibia-3 Nm Tibia-4 Nm ACL mm PCL mm MCL mm 合 否 の 判 定 合 否 25

26 付 属 書 6: 温 度 記 録 脚 部 インパクタのソーク 開 始 日 時 : 年 月 日 時 分 ソーク 開 始 時 温 度 : 脚 部 インパクタ 使 用 時 の 温 度 試 験 No. 温 度 ( ) 試 験 日 時 26

27 別 紙 1 押 し 倒 しモードの 定 義 1. 定 義 以 下 のいずれかの 条 件 に 適 合 した 場 合 に 脚 部 インパクタに 対 する 押 し 倒 しモードが 発 生 したと 判 定 する 1 車 両 と 衝 突 後 極 めて 早 い 段 階 (20ms 未 満 )で 脚 部 インパクタの 大 腿 骨 (Femur) が 車 両 前 方 に 傾 いた 場 合 2 各 計 測 値 (Tibia 曲 げモーメント MCL 伸 び 量 及 び ACL 伸 び 量 )の 最 大 値 が 生 じる 前 に 脚 部 インパクタの 大 腿 骨 (Femur)が 車 両 前 方 に 傾 いた 場 合 27

28 別 紙 2 脚 部 インパクタの 仕 様 と 検 定 要 件 1. 脚 部 インパクタの 仕 様 脚 部 インパクタは 肉 部 柔 軟 な 長 骨 部 ( 大 腿 骨 及 び 脛 骨 を 模 擬 ) 及 び 膝 部 からなる( 図 1 参 照 ) 同 インパクタの 全 長 は 928 ± 3 mm 質 量 は 肉 部 を 含 めて 13.2 ± 0.7 kg とする 大 腿 骨 膝 部 及 び 脛 骨 の 長 さはそれぞれ 339 ± 2 mm 185 ± 1 mm 及 び 404 ± 2 mm とす る 膝 の 中 心 は 膝 部 の 上 端 から 94 ± 1 mm とする なお 脚 部 インパクタを 推 進 又 は 保 護 するためにインパクタに 取 り 付 けられるブラケッ ト プーリー 及 び 保 護 具 等 は 図 1 に 示 す 寸 法 をはみ 出 してもよい 1.1 大 腿 骨 及 び 脛 骨 の Z 軸 方 向 に 直 交 する 断 面 の 形 状 は 図 2 に 示 すとおり Y 軸 方 向 に 幅 90 ± 2 mm 及 び X 軸 方 向 に 幅 84 ± 1 mm とする 大 腿 骨 及 び 脛 骨 の 衝 突 面 は 図 2 に 示 すとお り 半 径 30 ± 1 mm の 形 状 を 有 し Y 軸 方 向 に 幅 30 ± 1 mm 及 び X 軸 方 向 に 幅 48 ± 1 mm の 寸 法 形 状 とする 1.2 膝 部 の 長 軸 方 向 に 直 交 する 断 面 の 形 状 は 図 2 に 示 すとおり Y 軸 方 向 に 幅 108 ± 2 mm X 軸 方 向 に 幅 118 ± 1 mm とする 膝 部 の 衝 突 面 は 図 2 に 示 すとおり 半 径 103 ± 1 mm の 形 状 を 有 し Y 軸 方 向 に 幅 12 ± 1 mm X 方 向 に 幅 86 ± 1 mm の 寸 法 形 状 とする 1.3 大 腿 骨 と 脛 骨 の 質 量 ( 肉 部 を 含 まず 膝 部 に 挿 入 される 接 続 部 を 含 む)は それぞれ 2.46 ± 0.12 kg 2.64 ± 0.13 kg とする 膝 部 の 質 量 ( 肉 部 を 含 まない)は 4.28 ± 0.21 kg とす る 大 腿 骨 膝 部 及 び 脛 骨 の 総 質 量 は 9.38 ± 0.47 kg とする 大 腿 骨 及 び 脛 骨 の 重 心 ( 肉 部 を 含 まず 膝 部 に 挿 入 される 接 続 部 を 含 む)は 図 1 に 示 すとおりそれぞれの 上 端 ( 膝 部 に 挿 入 される 接 続 部 を 含 まない)よりそれぞれ 159 ± 8 mm 及 び 202 ± 10 mm とする 膝 部 の 重 心 は 図 1 に 示 すとおり 膝 部 の 上 端 より 92 ± 5 mm と する 大 腿 骨 及 び 脛 骨 のそれぞれの 重 心 を 通 る X 軸 まわりの 慣 性 モーメント( 肉 部 を 含 まず 膝 部 に 挿 入 される 接 続 部 を 含 む)は それぞれ ± kgm² 及 び ± kgm²とする 膝 部 の 重 心 を 通 る X 軸 まわりの 慣 性 モーメントは ± kgm²とす る 1.4 各 試 験 において 脚 部 インパクタ( 大 腿 骨 膝 部 脛 骨 )には 図 3 に 示 される 合 成 ゴ ムシート(R1 R2)とネオプレンシート(N1F N2F N1T N2T N3)から 成 る 肉 部 を 取 り 付 けるものとする これらのシートは 図 4 に 示 される 圧 縮 特 性 を 有 するものとする 圧 縮 特 性 はインパクタの 肉 部 に 使 われているものと 同 一 製 造 ロットの 合 成 ゴムシートとネ オプレンシートにより 確 認 されなくてはならない 各 シートの 寸 法 は 図 3 に 示 す 要 件 を 満 たすものであること 1.5 検 定 のために 脚 部 インパクタを 取 り 出 す 前 に 脚 部 インパクタ 全 体 又 は 少 なくとも 肉 部 は 20±2 C の 安 定 した 温 度 に 管 理 された 保 管 場 所 で 少 なくとも 4 時 間 保 管 されなくてはな らない インパクタを 保 管 場 所 から 取 り 出 した 後 は 試 験 領 域 に 指 定 された 条 件 以 外 に 曝 28

29 してはならない 1.6 脚 部 インパクタの 計 器 曲 げモーメントを 計 測 するため 下 腿 部 に 4 つの 計 測 器 を 取 り 付 けるものとする 計 測 センサーの 位 置 は 以 下 のとおりとし 膝 の 中 心 位 置 からそれぞれ 下 方 に tibia-1:134 ±1 mm tibia-2:214 ± 1 mm tibia-3:294 ± 1 mm 及 び tibia-4:374 ± 1 mm( 図 5 参 照 ) とする なお これらの 計 測 器 の 感 応 軸 はインパクタの X 軸 まわりとする MCL 伸 び 量 ACL 伸 び 量 及 び PCL 伸 び 量 を 計 測 するため 3 つの 計 測 器 を 膝 部 に 取 り 付 けるものとする 各 計 測 器 の 計 測 位 置 を 図 5 に 示 す なお X 軸 方 向 の 計 測 位 置 は 膝 の 中 心 から ± 4 mm 以 内 とする すべての 計 測 器 のチャンネルクラス(ISO 6487:2002)は 180 になるものとする 各 計 測 器 のアンプの 測 定 レンジ(ISO 6487:2002)は 膝 の 靭 帯 の 伸 び 量 については 30 mm 下 腿 部 の 曲 げモーメントについては 400 Nm になるものとする なお この 規 定 は イン パクタ 自 体 が 上 記 の 伸 び 量 及 び 曲 げモーメントで 物 理 的 に 伸 長 したり 曲 げられることを 要 求 するものではない 1.7 脚 部 インパクタの 検 定 脚 部 インパクタは 2. 項 に 定 めた 性 能 要 件 に 適 合 するものであり 以 下 に 定 める 時 期 等 において 検 定 が 行 われていること 項 に 規 定 する 静 的 検 定 試 験 は 脚 部 インパクタの 製 作 者 が 実 施 した 検 定 結 果 を 用 いることができる また 部 品 等 に 交 換 した 場 合 において 脚 部 インパクタが 2.2 項 に 規 定 するペンデュラム 式 動 的 検 定 試 験 又 は 2.3 項 に 規 定 するインバース 式 動 的 検 定 試 験 に 規 定 する 要 求 を 満 たさない 場 合 には 2.1 項 に 記 載 される 静 的 検 定 試 験 を 実 施 しなければなら ない 項 に 規 定 するペンデュラム 式 動 的 検 定 試 験 ( 必 要 に 応 じて 2.3 項 に 規 定 するイン バース 式 動 的 検 定 試 験 )を 車 種 毎 において 当 該 車 種 の 試 験 を 実 施 する 前 に 実 施 するこ と また 部 品 等 を 交 換 した 場 合 又 は 測 定 された 傷 害 値 において Tibia 曲 げモーメントが 380Nm MCL 伸 び 量 が 22mm ACL 伸 び 量 が 13mm 又 は PCL 伸 び 量 が 13mm を 超 え た 場 合 には 前 段 の 規 定 にかかわらず 2.2 項 に 規 定 するペンデュラム 式 動 的 検 定 試 験 ( 必 要 に 応 じて 2.3 項 に 規 定 するインバース 式 動 的 検 定 試 験 )を 実 施 しなければならない 29

30 側 面 図 衝 突 面 肉 部 合 成 ゴムシート ネオプレンシート 大 腿 骨 の 重 心 部 接 続 部 ( 大 腿 膝 関 節 ) 膝 関 節 センター 衝 突 方 向 膝 の 重 心 部 接 続 部 ( 脛 骨 膝 関 節 ) 脛 骨 の 重 心 部 202 c) 159 c) 92 c) b) 404 b) 185 大 腿 骨 a) 膝 関 節 a) 脛 骨 a) 928 Z 軸 Y 軸 X 軸 a) 肉 部 は 含 まない b) 膝 関 節 の 接 続 部 の 長 さは 除 く c) 肉 部 なしの 大 腿 骨 膝 脛 骨 の 重 心 位 置 ( 肉 部 な しの 大 腿 骨 膝 脛 骨 の 重 心 位 置 ( 大 腿 骨 と 脛 骨 の 重 心 部 の 計 算 には 接 続 部 の 質 量 を 含 む ) 図 1 脚 部 インパクタ: 大 腿 骨 膝 部 及 び 脛 骨 の 寸 法 と 重 心 位 置 ( 側 面 図 ) 上 面 図 衝 突 方 向 Y 軸 Z 軸 X 軸 衝 突 面 R30 衝 突 面 R 単 位 : mm (a) 大 腿 部 と 脛 骨 本 体 (b) 膝 関 節 本 体 図 2 脚 部 インパクタ: 大 腿 骨 膝 部 及 び 脛 骨 の 寸 法 ( 上 面 図 ) 30

31 肉 部 の 寸 法 R1 R2 R1 N3 N2F N1F R1 (2 sheets) R2 (2 sheets) 326 N1F (1 sheet) N2F (1 sheet) N3 (1 sheet) 衝 突 方 向 N1T (1 sheet) N2T (1 sheet) N1T N2T 100 許 容 範 囲 : N1(F,T), N2(F,T), N3 は +/- 10 mmとする 許 容 範 囲 : R1 と R2:は+/- 5 mmとする 各 シートの 厚 さの 許 容 範 囲 : 5 +/ mmとする 図 3 脚 部 インパクタ: 肉 部 の 寸 法 Upper 上 限 limit 値 - Lower 下 限 limit 値 圧 Stress 力 (MPa) (MPa) 歪 Strain み (a) 合 成 ゴムシート 6 5 Upper Limit - 上 限 値 - Lower 下 限 Limit 値 圧 Stress 力 (MPa) (MPa) 歪 Strain み (b) ネオプレンシート 図 4 脚 部 インパクタ: 肉 部 の 圧 縮 特 性 31

32 計 測 センサー 位 置 ACL 25 PCL 膝 関 節 ブロックセンター 詳 細 図 MCL 衝 突 方 向 膝 関 節 センター 膝 関 節 センター MCL: 内 側 側 副 靱 帯 (Medial collateral ligament) ACL: 前 十 字 靱 帯 (Anterior cruciate ligament) PCL: 後 十 字 靱 帯 (Posterior cruciate ligament) Tibia それぞれの 場 所 の 許 容 範 囲 は +/- 1 mm とする Tibia Z 軸 Tibia-3 Tibia-4 Y 軸 X 軸 単 位 : mm 図 5 脚 部 インパクタ: 計 測 センサー 位 置 2. 脚 部 インパクタの 検 定 要 件 2.1 静 的 検 定 試 験 脚 部 インパクタの 大 腿 骨 及 び 脛 骨 は それぞれ 項 に 規 定 した 試 験 を 実 施 した 際 に 項 に 規 定 した 要 件 に 適 合 するものとする また 脚 部 インパクタの 膝 部 は 項 に 規 定 した 試 験 を 実 施 した 際 に 項 に 規 定 した 要 件 に 適 合 するものとする なお 検 定 試 験 中 の 脚 部 インパクタの 安 定 温 度 は 20 ± 2 C とする 計 測 器 のアンプのレンジ(ISO 6487:2002)は 膝 の 靭 帯 の 伸 び 量 については 30 mm 加 える 負 荷 は 4kN とする いずれの 試 験 においても 脚 部 インパクタの 応 答 の 測 定 に 著 し い 影 響 を 与 えずにより 高 い 周 波 数 ノイズを 除 去 するために 適 当 な 周 波 数 でのローパスフ ィルターの 使 用 を 認 める 項 に 従 って 脚 部 インパクタの 大 腿 骨 及 び 脛 骨 に 負 荷 を 加 えたときの 大 腿 骨 及 び 脛 骨 の 中 心 に 加 わる 曲 げモーメント(Mc)と 生 じた 変 位 (Dc)の 関 係 曲 線 は 図 6 に 示 すコリドーの 範 囲 内 になるものとする 項 に 従 って 脚 部 インパクタの 膝 部 に 負 荷 を 加 えたときの MCL ACL 及 び PCL の 伸 び 量 と 膝 部 の 中 心 に 加 わる 曲 げモーメント(Mc) 又 は 荷 重 (Fc)の 関 係 曲 線 は 図 7 に 示 すコリドーの 範 囲 内 になるものとする 脚 部 インパクタの 大 腿 骨 及 び 脛 骨 の 両 端 の 曲 がらない 部 分 は 図 8 及 び 図 9 に 示 す 支 32

33 持 具 (Support rig)にしっかりと 固 定 されるものとする インパクタの Y 軸 は 180 ± 2 の 公 差 で 負 荷 軸 方 向 に 平 行 でなくてはならない また 摩 擦 による 誤 差 を 防 ぐため 支 持 具 の 下 にローラープレートを 用 いるものとする なお 加 える 負 荷 は 大 腿 骨 及 び 脛 骨 の 中 心 に 脚 部 インパクタの Z 軸 方 向 に 対 して±2 の 公 差 で 加 えるものとする また 荷 重 は 大 腿 骨 と 脛 骨 の 中 央 部 に 加 わる 曲 げモーメン ト(Mc)が 400 Nm に 達 するまで 10 mm/ 分 から 100mm/ 分 の 負 荷 速 度 で 加 えるもの とする 脚 部 インパクタの 膝 部 の 両 端 の 曲 がらない 部 分 は 図 10 に 示 す 支 持 具 (Support rig) にしっかりと 固 定 されるものとする 脚 部 インパクタの Y 軸 は 180 ± 2 の 公 差 で 負 荷 軸 方 向 に 平 行 でなくてはならない また 摩 擦 による 誤 差 を 防 ぐため 支 持 具 の 下 にローラー プレートを 用 いるものとする 加 えて インパクタへのダメージを 避 けるため 図 2 に 示 す 膝 部 の 衝 突 面 (Impact Face)を 取 り 外 し ネオプレンシートを 負 荷 子 の 下 に 置 くもの とする なお 本 試 験 で 用 いるネオプレンシートは 図 4 に 示 す 圧 縮 特 性 を 持 つものとする 加 える 負 荷 は 膝 部 の 中 心 に 脚 部 インパクタの Z 軸 方 向 に 対 して±2 の 公 差 で 加 えるも のとする 荷 重 は 膝 部 の 中 央 部 における 曲 げモーメント(Mc)が 400 Nm に 達 するまで 10 mm/ 分 から 100 mm/ 分 の 負 荷 速 度 で 加 えるものとする 2.2 ペンデュラム 式 動 的 検 定 試 験 脚 部 インパクタ( 大 腿 骨 膝 部 脛 及 び 肉 部 が 組 み 付 けられた 状 態 )は 項 に 規 定 された 試 験 を 実 施 したときに 項 に 規 定 された 要 件 に 適 合 するものとする 全 般 検 定 試 験 に 使 用 する 試 験 施 設 は 検 定 中 は 20 ± 2 C の 安 定 温 度 に 保 たれるものとす る 検 定 場 所 の 温 度 は 検 定 時 に 測 定 し 検 定 報 告 書 に 記 録 するものとする 要 件 脚 部 インパクタに 項 に 規 定 された 試 験 を 実 施 したとき 下 腿 部 の tibia-1 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 272 Nm 以 下 235 Nm 以 上 tibia-2 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 211 Nm 以 下 185 Nm 以 上 tibia-3 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 160 Nm 以 下 135 Nm 以 上 tibia-4 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 108 Nm 以 下 94 Nm 以 上 MCL 伸 び 量 の 最 大 値 は 26 mm 以 下 23 mm 以 上 ACL 伸 び 量 の 最 大 値 は 11 mm 以 下 9.0 mm 以 上 PCL 伸 び 量 の 最 大 値 は 5.4 mm 以 下 4.0 mm 以 上 になるものとする なお これらすべての 値 において 使 用 する 読 み 値 は 最 初 の 衝 突 時 点 から 衝 突 後 250 ms までとする すべての 計 測 器 のチャンネルクラス(ISO 6487:2002)は 180 になるものとする 各 計 測 器 のアンプの 測 定 レンジ(ISO 6487:2002)は 膝 の 靭 帯 の 伸 び 量 については 30 mm 下 腿 部 の 曲 げモーメントについては 400 Nm になるものとする なお この 規 定 は イン パクタ 自 体 が 上 記 の 伸 び 量 及 び 曲 げモーメントで 物 理 的 に 伸 長 したり 曲 げられることを 要 求 するものではない 試 験 手 順 33

34 肉 部 を 含 む 脚 部 インパクタは 図 11 に 示 すとおり 動 的 検 定 試 験 器 具 に 対 し 水 平 高 さから 15 deg 上 方 に ± 1 deg の 公 差 で 吊 るすものとする インパクタは 吊 るされた 位 置 か ら 切 り 離 され 試 験 器 具 の 回 旋 軸 まわりに 試 験 器 具 に 対 して 落 下 する 肉 部 を 脚 部 インパクタから 取 り 去 り 同 インパクタが 何 にも 触 れずに 吊 り 下 げられ た 状 態 で 同 インパクタの 膝 関 節 の 中 心 が ストッパーバーの 下 端 線 の 30 ± 1 mm 下 方 に 位 置 するものとし かつ 同 インパクタの 脛 骨 の 衝 突 面 はストッパーバーの 前 面 上 端 から 13 ±2mm に 位 置 するものとする( 図 11 参 照 ) 2.3 インバース 式 動 的 検 定 試 験 脚 部 インパクタ( 大 腿 骨 膝 部 脛 骨 及 び 肉 部 が 組 み 付 けられた 状 態 )は 項 に 規 定 された 試 験 を 実 施 したときに 項 に 規 定 された 要 件 に 適 合 するものとする 全 般 検 定 試 験 に 使 用 する 試 験 施 設 は 検 定 中 は 20±2 C の 安 定 温 度 に 保 たれるものとす る 検 定 場 所 の 温 度 は 検 定 時 に 測 定 し 検 定 報 告 書 に 記 録 するものとする 要 件 脚 部 インパクタに 項 に 規 定 された 試 験 を 実 施 したとき 下 腿 部 の tibia-1 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 277 Nm 以 下 237 Nm 以 上 tibia-2 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 269 Nm 以 下 223 Nm 以 上 tibia-3 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 204 Nm 以 下 176 Nm 以 上 tibia-4 の 曲 げモーメントの 最 大 値 は 120 Nm 以 下 98 Nm 以 上 MCL 伸 び 量 の 最 大 値 は 23 mm 以 下 18 mm 以 上 ACL 伸 び 量 の 最 大 値 は 10.5 mm 以 下 8.5 mm 以 上 PCL 伸 び 量 の 最 大 値 は 6 mm 以 下 4.5 mm 以 上 になるものとする なお これらすべての 値 において 使 用 する 読 み 値 は 最 初 の 衝 突 時 点 から 衝 突 後 50 ms までとする すべての 計 測 器 のチャンネルクラス(ISO 6487:2002)は 180 になるものとする 各 計 測 器 のアンプの 測 定 レンジ(ISO 6487:2002)は 膝 の 靭 帯 の 伸 び 量 については 30 mm 下 腿 部 の 曲 げモーメントについては 400 Nm になるものとする なお この 規 定 は イン パクタ 自 体 が 上 記 の 伸 び 量 及 び 曲 げモーメントで 物 理 的 に 伸 長 したり 曲 げられることを 要 求 するものではない 試 験 手 順 肉 部 を 含 む 脚 部 インパクタは 図 12 に 示 すとおりに 吊 下 げ 装 置 を 用 いて 垂 直 に 吊 下 げる そして 1mm 以 下 の 厚 さの 紙 で 包 まれたアルミハニカムを 衝 突 面 に 取 り 付 けたリ ニアガイド 衝 撃 子 ( 衝 突 方 向 のみに 可 動 )を 11.1 ± 0.2m/s の 衝 突 速 度 で 脚 部 インパ クタに 衝 突 させる なお 脚 部 インパクタはリニアガイド 衝 撃 子 との 打 撃 後 10 ms 後 以 内 に 吊 下 げ 装 置 から 離 れてなければならない 本 検 定 試 験 で 使 用 するアルミハニカム(5052)は 潰 れ 強 さが 75 psi ± 10 %であり 寸 法 は 長 さ(l):160 ± 5mm 幅 (w):200 ± 5mm 奥 行 き(d):60 ± 2mm を 有 する 必 要 が ある また 安 定 し 良 いリピータビリティを 得 るためには 3/16 インチのセルサイズ( 密 度 :2.0 pcf) 又 は 1/4 インチのセルサイズ( 密 度 :2.3 pcf)を 用 いる 必 要 がある 34

35 アルミハニカムの 上 端 は リニアガイド 衝 撃 子 のアルミハニカム 取 り 付 け 面 の 上 端 と 一 致 しなくてはならない また 初 期 衝 突 時 に アルミハニカムの 上 端 と 脚 部 インパク タの 膝 関 節 位 置 は 垂 直 方 向 に± 2 mm の 許 容 差 でなくてはならない 加 えて 使 用 するア ルミハニカムは 試 験 前 に 粗 暴 に 扱 わず かつ 試 験 前 に 変 形 させてはならない 脚 部 インパクタのピッチ 角 (y 軸 周 りの 角 度 ) すなわち 衝 突 速 度 ベクトルのピッ チ 角 は 初 期 衝 突 時 に 0 ± 2 度 の 許 容 差 でなくてはならない また 脚 部 インパクタのロ ール 角 (z 軸 周 りの 角 度 ) すなわち 衝 突 速 度 ベクトルのロール 角 は 初 期 衝 突 時 に 0 ± 2 度 の 許 容 差 でなくてはならない また 脚 部 インパクタのヨー 角 (x 軸 周 りの 角 度 ) すな わち 衝 突 速 度 ベクトルのヨー 角 は 初 期 衝 突 時 に 0 ± 2 度 の 許 容 差 でなくてはならない 上 限 値 下 限 値 モーメント: Mc (Nm) たわみ: D c (mm) (a) 大 腿 骨 曲 げ 変 形 コリドー 上 限 値 下 限 値 モーメント: Mc (Nm) たわみ: D c (mm) (b) 下 腿 骨 曲 げ 変 形 コリドー 図 6 大 腿 骨 及 び 脛 骨 に 関 する 静 的 検 定 試 験 コリドー 35

36 曲 Bending げモーメント:M moment: Mc C (Nm) [Nm] Upper 上 限 limit 値 - Lower 下 限 limit 値 Elongation: 伸 び 量 :MCL(mm) [mm] (a) for MCL 16 伸 Elongation: び 量 :ACL(mm) [mm] Upper 上 限 limit 値 - Lower 下 限 limit 値 荷 Force: 重 :FFc C (N) [N] (b) for ACL Elongation: 伸 び 量 :PCL(mm) [mm] Upper limit - 上 限 値 - Lower 下 限 limit 値 Force: 荷 重 :Fc C (N) [N] (c) for PCL 図 7 膝 部 に 関 する 静 的 検 定 試 験 コリドー 36

37 Y 軸 354 mm Z 軸 X 軸 荷 重 変 換 器 荷 重 軸 F c, D c, M c 負 荷 子 負 荷 面 は 平 らであること ( 負 荷 面 の 大 きさ: φ 30 mm) 大 腿 骨 の 断 面 イメージ 膝 部 側 大 腿 部 (1) 大 腿 部 (2) 大 腿 部 (3) 支 持 具 支 持 面 は 円 柱 形 状 であること ( 半 径 = 75 mm) ( 奥 行 き = 71 mm) 半 径 大 腿 骨 端 部 ( 変 形 しない 箇 所 ) 大 腿 骨 端 部 ( 変 形 しない 箇 所 ) 半 径 支 持 具 支 持 面 は 円 柱 形 状 であること ( 半 径 = 75 mm) ( 奥 行 き = 71 mm) 設 置 面 F c /2 165 mm 165 mm F c /2 支 持 長 : 330 mm F c : 大 腿 骨 中 央 部 での 外 力 D c : 大 腿 骨 中 央 部 での 変 位 M c : 大 腿 骨 中 央 部 での 曲 げモーメント (Nm) = F C /2 (N) x (m) 図 8 大 腿 骨 の 静 的 検 定 試 験 セットアップ Y 軸 434 mm Z 軸 X 軸 荷 重 変 換 器 荷 重 軸 膝 部 側 脛 骨 の 断 面 イメージ F c, D c, M c 負 荷 子 負 荷 面 は 平 らであること ( 負 荷 面 の 大 きさ: φ 30 mm) 支 持 具 支 持 面 は 円 柱 形 状 であること ( 半 径 = 75 mm) ( 奥 行 き = 71 mm) 脛 骨 (1) 脛 骨 (2) 脛 骨 (3) 脛 骨 (4) 支 持 具 支 持 面 は 円 柱 形 状 であること ( 半 径 = 75 mm) ( 奥 行 き = 71 mm) 半 径 脛 骨 端 部 ( 変 形 しない 箇 所 ) 脛 骨 端 部 ( 変 形 しない 箇 所 ) 半 径 設 置 面 F c /2 205 mm 205 mm F c /2 支 持 長 : 410 mm F c : 脛 骨 中 央 部 での 外 力 D c : 脛 骨 中 央 部 での 変 位 M c : 脛 骨 中 央 部 での 曲 げモーメント (Nm) = F C /2 (N) x (m) 図 9 脛 骨 の 静 的 検 定 試 験 セットアップ 37

38 Z 軸 Y 軸 X 軸 荷 重 軸 大 腿 骨 側 ネオプレンシート (1 枚 ) 荷 重 変 換 器 半 径 F c, M c 負 荷 子 負 荷 面 は 円 柱 形 状 であること ( 半 径 = 50 mm) ( 奥 行 き = 100 mm) 膝 部 の 衝 突 面 は 外 す LCL 支 持 具 支 持 面 は 円 柱 形 状 であること ( 半 径 = 75 mm) ( 奥 行 き = 71 mm) 半 径 PCL ACL MCL PCL ACL 半 径 支 持 具 支 持 面 は 円 柱 形 状 であること ( 半 径 = 75 mm) ( 奥 行 き = 71 mm) 膝 部 端 部 (34mm) ground F c /2 200 mm 200 mm F c /2 支 持 長 : 400 mm F c : 膝 部 中 央 部 での 外 力 M c : 膝 部 中 央 部 での 曲 げモーメント (Nm) = F c /2 (N) x 0.2 (m) ネオプレンシート(22 g/シート) 150 X 軸 120 Z 軸 寸 法 単 位 :mm 寸 法 許 容 幅 : +/- 5 mm 重 量 許 容 幅 : +/- 5 g シートの 厚 さと 許 容 幅 : 5 +/ mm. 図 10 膝 部 の 静 的 検 定 試 験 セットアップ 追 加 質 量 膝 部 大 腿 部 動 的 検 定 試 験 治 具 (ペンデュラムタイプ) 回 旋 ジョイント 脛 骨 吊 下 げ 角 15 ± 1 deg. 肉 部 を 装 着 した 脚 部 インパクタ ( 断 面 的 なイメージ) 13 ± ± ± 2 落 下 ( 回 旋 ジョイント 回 りに 自 由 落 下 ) ストッパーバー R6± 1 30 ± 1 10 deg. 膝 関 節 中 心 追 加 質 量 質 量 : 5.0 kg ±0.05 ( 取 り 付 けネジ 込 み) 慣 性 モーメント: ± kgm² 58 ± ± 1 脚 部 インパクタ 側 Ø120 ± 1 追 加 質 量 の 重 心 位 置 寸 法 単 位 : mm 図 11 ペンデュラム 式 動 的 検 定 試 験 セットアップ 38

39 吊 下 げ 装 置 Y 軸 Z 軸 X 軸 衝 撃 子 が 脚 部 インパクタに 衝 突 した 後 10 ms 以 内 に 脚 部 インパクタをリリース すること 肉 部 を 装 着 した 脚 部 インパクタ ( 断 面 的 なイメージ) 衝 撃 子 総 質 量 : 8.1 +/ kg 衝 突 速 度 : /- 0.2 m/s 奥 行 き (d) 60 +/- 2 mm 衝 突 誤 差 +/- 2 mm 膝 関 節 中 心 衝 突 方 向 衝 撃 子 のガイド 衝 突 面 ハムカム 幅 (w) 200 +/- 5 mm 長 さ (l) 160 +/- 5 mm 潰 れ 強 さ: 75 +/- 10% psi 図 12 インバース 式 動 的 検 定 試 験 セットアップ 39

40 部 品 交 換 の 詳 細 について 別 紙 3 1. 部 品 交 換 を 行 わない 場 合 部 位 取 り 扱 い 車 枠 車 体 変 形 しても 交 換 が 不 可 能 であるため 工 具 等 を 用 いて 極 力 原 型 復 帰 させる フェンダー 変 形 しても 交 換 に 時 間 を 要 するため 工 具 等 を 用 いて 極 力 原 型 復 ボンネットのヒンジ 帰 させる その 他 の 部 品 変 形 部 位 の 復 元 が 可 能 な 部 品 は 次 打 点 以 降 の 試 験 結 果 に 影 響 を 与 えると 認 められる 場 合 には 極 力 原 型 復 帰 させる 2. 部 品 交 換 を 行 う 場 合 部 位 交 換 する 場 合 交 換 しない 場 合 1 バンパ 2 ボンネット 3 衝 撃 吸 収 材 変 形 又 は 破 損 した 場 合 に は 各 試 験 前 に 交 換 する 先 に 実 施 した 試 験 における 衝 撃 位 置 から 400mm 以 上 離 れている 箇 所 を 試 験 する 場 合 1 前 照 灯 1 バンパビーム 2 ストライカー 3 グリル 4 ラジエータサ ポート その 他 の 部 品 当 該 部 品 が 破 損 変 形 した 場 合 当 該 部 品 が 破 損 変 形 した 場 合 次 打 点 以 降 の 試 験 結 果 に 影 響 を 与 えると 認 められ る 場 合 反 対 側 のエリア(L1 エリアの 場 合 は L3 エ リア L3 エリアの 場 合 は L1 エリア)を 衝 撃 位 置 とする 場 合 であり かつ 先 に 実 施 した 試 験 における 衝 撃 位 置 から 400mm 以 上 離 れている 箇 所 を 試 験 する 場 合 先 に 実 施 した 試 験 における 衝 撃 位 置 から 400mm 以 上 離 れている 箇 所 を 試 験 する 場 合 40

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

チャイルドシート前面衝突安全性能試験方法

チャイルドシート前面衝突安全性能試験方法 平 成 26 年 度 チャイルドシート 前 面 衝 突 安 全 性 能 試 験 方 法 1. 適 用 範 囲 等 この 試 験 方 法 は 自 動 車 事 故 対 策 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 実 施 するチャ イルドシート アセスメント 情 報 提 供 事 業 における 試 験 のうち 国 が 定 める 安 全 基 準 又 は 欧 米 の 安 全 基 準 に 適 合 した 乳 児

More information

炉内中継装置等検討委員会 審議概要及び検討の整理(案)

炉内中継装置等検討委員会 審議概要及び検討の整理(案) 第 5 回 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 資 料 5-1-2 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 第 1~5 回 までの 審 議 内 容 のまとめ 平 成 24 年 1 月 26 日 平 成 24 年 2 月 6 日 改 1 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 事 務 局 本 委 員 会 は もんじゅの 安 全 性 向 上 に 資 する 観 点 から 炉 内

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC>

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC> 川 崎 市 小 口 径 管 きょ 更 生 工 法 採 択 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 ( 以 下 管 理 者 という ) が 発 注 する 管 きょ 改 築 事 業 で 使 用 する 管 きょ 更 生 工 法 ( 内 径 700ミリメー トル 以 下 の 下 水 道 管 に 係 るものに 限 る 以 下 更 生 工 法 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63> 第 4 厨 房 設 備 1 用 語 の 定 義 (1) 厨 房 設 備 とは 調 理 を 目 的 として 使 用 する 火 を 使 用 する 設 備 及 び 当 該 設 備 に 附 属 する 設 備 の 全 体 をいう (2) 業 務 用 厨 房 設 備 とは 営 業 用 及 び 一 般 事 業 所 の 従 業 員 食 堂 学 校 病 院 の 給 食 用 等 の 厨 房 設 備 をいう (3) グリスフィルターとは

More information

Microsoft Word - saibet_030_00.doc

Microsoft Word - saibet_030_00.doc 別 添 30 座 席 及 び 座 席 取 付 装 置 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 この 技 術 基 準 は 専 ら 乗 用 の 用 に 供 する 自 動 車 ( 二 輪 自 動 車 側 車 付 二 輪 自 動 車 及 び 最 高 速 度 20km/h 未 満 の 自 動 車 を 除 く ) 並 びに 貨 物 の 運 送 の 用 に 供 する 自 動 車 ( 最 高 速 度 20km/h

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

耐震構造委員会資料                         2006/3/24

耐震構造委員会資料                         2006/3/24 耐 震 診 断 改 修 の 手 引 き この 手 引 きは 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 同 施 行 令 に 定 められている 指 針 基 準 ( 以 下 耐 震 診 断 基 準 * という) 等 に 基 づき その 具 体 的 な 取 り 扱 いを 示 していま す これらは 耐 震 診 断 基 準 等 の 中 で 診 断 者 の 判 断 に 委 ねられているもののうち

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

3分の1ビル破壊031203

3分の1ビル破壊031203 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc)

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc) 耐 震 判 定 審 査 要 領 2015 年 8 月 ビューローベリタスジャパン 株 式 会 社 耐 震 判 定 委 員 会 目 次 1. 判 定 方 針 概 要 2 2. 適 用 範 囲 2 3. 耐 震 診 断 方 針 2 4. 現 地 調 査 3 5. 診 断 計 算 4 6. 耐 震 改 修 7 7. 躯 体 以 外 の 検 討 部 位 9 8. その 他 10-1- 1. 判 定 方 針

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は 9 面 積 高 さ 空 地 9-1 小 屋 裏 等 利 用 の 収 納 庫 法 第 92 条 令 第 2 条 次 の(1)から(5)まで 又 は(6)に 掲 げる 条 件 を 満 たす 場 合 は 階 とみなさず 床 面 積 にも 算 入 しない なお 当 該 小 屋 裏 物 置 等 の 面 積 が その 存 する 階 の 床 面 積 の1/8を 超 える 場 合 は 平 成 12 年 5 月 23

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

2 3 4 5 6 7 8 1m 1 ( ) () ( ) 2 JIS 1 24 2 [L5,L50,L95] () 1.2m 1 24 10 第 5 章 参 考 資 料 < 参 考 資 料 > 第 5 章 線 形 設 計 に 係 わる 設 計 計 算 要 領 及

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

Microsoft Word - saibet_006_00

Microsoft Word - saibet_006_00 別 添 6 衝 撃 吸 収 式 かじ 取 装 置 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 本 技 術 基 準 は 自 動 車 ( 次 の 1.1.から 1.10.に 掲 げるものを 除 く )に 備 えるかじ 取 装 置 に 適 用 する 1.1. 専 ら 乗 用 の 用 に 供 する 自 動 車 であって 乗 車 定 員 11 人 以 上 のもの 1.2. 前 号 の 自 動 車 の 形 状 に

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

Microsoft Word - S-98006G_WPD-40-300mm取扱説明(OTK)

Microsoft Word - S-98006G_WPD-40-300mm取扱説明(OTK) S-98006G 流 量 計 器 種 口 径 :WPD- 40~ 300 ( 水 道 用 ) WPD-40H~300H( 温 水 用 ) 取 扱 説 明 書 大 豊 機 工 株 式 会 社 目 次 1. 概 要... 3 2. 使 用 条 件... 3 3. 各 部 の 名 称... 4 4. 標 準 配 管 要 領... 4,5 5. 設 置 環 境... 5 6. 保 管 上 の 注 意...

More information

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達)

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達) 1 空 幕 教 第 129 号 例 規 20. 3.31 一 部 変 更 空 幕 教 第 84 号 (21.3.18) 一 部 変 更 空 幕 教 第 247 号 (21.8. 3) 一 部 変 更 空 幕 教 第 112 号 (23.3.31) 全 部 隊 長 全 機 関 の 長 殿 航 空 幕 僚 長 航 空 自 衛 官 の 体 力 測 定 実 施 基 準 について( 通 達 )( 登 録 報

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する 平 成 23 年 度 自 走 装 置 を 用 いた 樋 門 函 体 の 3 次 元 変 位 技 術 の 開 発 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 機 械 技 術 チーム 小 宮 山 一 重 牧 野 正 敏 山 﨑 貴 志 北 海 道 には 泥 炭 性 軟 弱 地 盤 が 広 く 分 布 しており 長 期 にわたり 沈 下 する 特 性 を 有 している 河 川 堤

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368> 競 技 継 続 がほとんど 不 能 になってから 復 帰 した 全 国 大 会 レベル 以 上 の 柔 道 選 手 米 田 病 院 米 田 實 福 山 陽 子 林 克 彦 症 例 紹 介 症 例 1 症 例 2 症 例 3 症 例 4 症 例 5 症 例 6 症 例 7 症 例 8 症 例 9 (28 歳 男 性 ) (26 歳 男 性 ) (25 歳 男 性 ) (24 歳 男 性 ) (17 歳

More information

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則 二 輪 自 動 車 業 における 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 同 施 行 規 則 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という )は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 以 下 景 品 表 示 法 という ) 第 11 条 第 1 項 の 規

More information

Microsoft PowerPoint - スマートホットスタンピング6 - コピー.pptx

Microsoft PowerPoint - スマートホットスタンピング6 - コピー.pptx 超 高 強 度 鋼 部 材 のホットスタンピング 豊 橋 技 術 科 学 大 学 森 謙 一 郎 http://plast.me.tut.ac.jp/ 1kg 軽 量 :1km/l 燃 費 向 上 電 気 自 動 車 では 非 常 に 重 要 軽 量 材 料 の 成 形 超 高 張 力 鋼 板 (7.8) アルミニウム(2.7),マグネ(1.8), チタン(4.5) 超 高 張 力 鋼 板 の 自

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 ガイドライン 制 定 平 成 25 年 4 月 1 日 愛 媛 建 築 住 宅 センター 耐 震 評 定 委 員 会 1 - 目 次 - Ⅰ 総 論 A ガイドラインの 目 的 など B 適 用 範 囲 C 診 断 方 法 および 判 定 基 準 D 準 拠 する 基 規 準 E 参 考 とする 技 術 マニュアル 手 引 書 Ⅱ 現 地 調

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378> 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 自 然 科 学 機 構 国 立 天 文 台 殿 超 広 視 野 初 期 宇 宙 探 査 ミッション (WISH) フリップ 式 フィルター 交 換 機 構 設 計 設 計 検 討 書 及 び 図 面 有 限 会 社 オービタルエンジニアリング 1. 設 計 の 目 的 国 立 天 文 台 ハワイ 観 測 所 では JAXA 宇 宙 科 学 研 究 本 部 の

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 2. 保 安 基 準 適 合 証 等 における 記 載 事 項 の 訂 正 等 について 業 務 連 絡 第 4 号 平 成 13 年 5 月 9 日 近 畿 運 輸 局 整 備 部 整 備 課 長 指 定 自 動 車 整 備 事 業 関 係 業 務 処 理 要 領 第 13 条 第 6 項 第 3 号 における 別 途 定 めるもの とは 下 記 の 事 項 とする なお 指 定 自 動 車 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

SXF表示機能及び確認機能

SXF表示機能及び確認機能 SXF 表 示 機 能 及 び 確 認 機 能 実 装 規 約 2013 年 04 月 一 般 社 団 法 人 オープン CAD フォーマット 評 議 会 改 訂 履 歴 日 付 改 訂 内 容 2009/12/28 3-1-3 印 刷 機 能 背 景 同 色 の 図 形 の 印 刷 について 背 景 色 が 白 の 場 合 と 白 以 外 の 場 合 に 分 けた 記 載 に 変 更 した 2012/10/31

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結 改 訂 版 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 給 水 設 計 施 工 基 準 平 成 24 年 4 月 1 日 改 定 高 崎 市 水 道 局 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

造 船 のぎょう 鉄 にやさしい 外 板 展 開 法 を 実 装 した 新 しい 外 板 展 開 システムを 開 発, この 春 より 汎 用 版 をリリースします この 新 しい 展 開 法 を 曲 率 線 展 開 と 言 います

造 船 のぎょう 鉄 にやさしい 外 板 展 開 法 を 実 装 した 新 しい 外 板 展 開 システムを 開 発, この 春 より 汎 用 版 をリリースします この 新 しい 展 開 法 を 曲 率 線 展 開 と 言 います ぎょう 鉄 にやさしい 外 板 展 開 プログラムの 説 明 - 曲 率 線 展 開 - ( 独 ) 海 上 技 術 安 全 研 究 所 ( 社 ) 日 本 中 小 型 造 船 工 業 会 造 船 のぎょう 鉄 にやさしい 外 板 展 開 法 を 実 装 した 新 しい 外 板 展 開 システムを 開 発, この 春 より 汎 用 版 をリリースします この 新 しい 展 開 法 を 曲 率 線 展

More information

補 足 次 の エレベーター 安 全 装 置 設 置 済 マーク が 貼 られているエレベーターは 戸 開 走 行 保 護 装 注 置 1 が 設 置 されています 見 本 図 1 戸 開 走 行 保 護 装 置 に 係 る 安 全 マーク 注 1 4.(3) 平 成 24 年 8 月 エレベーター

補 足 次 の エレベーター 安 全 装 置 設 置 済 マーク が 貼 られているエレベーターは 戸 開 走 行 保 護 装 注 置 1 が 設 置 されています 見 本 図 1 戸 開 走 行 保 護 装 置 に 係 る 安 全 マーク 注 1 4.(3) 平 成 24 年 8 月 エレベーター News Release 平 成 24 年 1 2 月 4 日 エレベーターでの 事 故 にご 注 意 ください! 最 近 エレベーターによる 死 亡 事 故 が 発 生 しています エレベーターは 日 常 生 活 に 欠 くことができないものですが 多 くの 危 険 が 潜 んでい ます 事 故 に 遭 わないために エレベーター 利 用 時 の 注 意 とエレベーターの 安 全 管 理 等 についてお

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 使 用 吹 付 け 施 工 のため 複 雑 な 形 状 にも 対 応 できる 足 場 仮 設 道 路

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カム リンク 機 構 の 設 計 2010/02/02 テクファ ジャパン( 株 ) 香 取 英 男 カム 機 構 は 半 導 体 や 電 子 部 品 などを 高 速 かつ 多 量 に 製 造 する 機 械 に 数 多 く 用 いられている 重 要 な 機 構 の 一 つである カム 機 構 の 設 計 製 作 を 正 しく 行 えば 長 期 間 にわたって 信 頼 性 の 高 い 性 能 を 発

More information

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~ 膝 の 痛 みの 治 療 法 ~スポーツ 障 害 から 中 高 年 の 膝 関 節 痛 まで~ 沼 津 市 立 病 院 整 形 外 科 向 山 俊 輔 ひざの 構 造 特 徴 本 日 は ひざの 痛 み 各 論 ひざ の 話 1. 前 十 字 靭 帯 損 傷 2. 半 月 板 損 傷 3. 変 形 性 膝 関 節 症 ひざ 関 節 乳 幼 児 一 般 成 人 高 齢 者 人 間 の 関 節 で 最

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ 音 声 操 作 の 使 い 方 を 覚 える 229 カメラシステム カ メ ラ シ ス テ ム : 車 種 グレード オプションなどにより 装 着 の 有 無 が 異 なります :ディーラーオプションです 230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作

More information

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 設 計 例 3 N 体 育 館 設 計 手 法 : 計 算 ルート( 水 平 震 度 法 ) 3-1 3-1 目 次 1. 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 概 要...3-4 1-1 建 物 概 要...3-4 1-2 設 計 方 針...3-6 1-3 チェックシート...3-8 1-4 使 用 材 料 と 許 容 応 力 度 許 容 耐 力...3-10

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

スラックライン設置マニュアル

スラックライン設置マニュアル 日 本 スラックライン 連 盟 スラックライン 設 置 マニュアル 体 験 者 の 方 達 にも 技 術 指 導 の 前 に しっかり 伝 えて 行 きましょう! 安 全 対 策 委 員 会 2016/01/01 スラックラインの 設 置 方 法 に 関 して 目 次 1. スラックラインについて 2. ラインのセットアップ 3. ラインのバックアップ 4. ラインの 外 し 方 5. 体 育 館

More information

はじめに 背 景 と 目 的 自 転 車 は 幼 児 から 高 齢 者 まで 幅 広 い 年 齢 層 に 利 用 され 買 物 通 勤 通 学 子 供 の 送 迎 など 生 活 の 様 々なシーンで 活 用 されている クリーンでエネルギー 効 率 が 高 く 手 軽 に 健 康 維 持 が 図 れ

はじめに 背 景 と 目 的 自 転 車 は 幼 児 から 高 齢 者 まで 幅 広 い 年 齢 層 に 利 用 され 買 物 通 勤 通 学 子 供 の 送 迎 など 生 活 の 様 々なシーンで 活 用 されている クリーンでエネルギー 効 率 が 高 く 手 軽 に 健 康 維 持 が 図 れ 大 阪 府 自 転 車 通 行 空 間 法 定 外 表 示 実 施 要 領 平 成 25 年 4 月 大 阪 府 道 路 交 通 環 境 安 全 推 進 連 絡 会 議 はじめに 背 景 と 目 的 自 転 車 は 幼 児 から 高 齢 者 まで 幅 広 い 年 齢 層 に 利 用 され 買 物 通 勤 通 学 子 供 の 送 迎 など 生 活 の 様 々なシーンで 活 用 されている クリーンでエネルギー

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1 開 放 特 許 有 効 活 融 機 関 向 けセミナー 技 術 のご 紹 介 2016 年 8 月 26 日 富 士 通 株 式 会 社 法 務 コンプライアンス 知 的 財 産 本 部 知 的 財 産 イノベーション 統 括 部 ビジネス 開 発 部 1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可

More information

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が 学 位 論 文 の 内 容 の 要 旨 論 文 提 出 者 氏 名 塚 田 幸 行 論 文 審 査 担 当 者 主 査 宗 田 大 副 査 星 治 森 田 定 雄 論 文 題 目 Anatomic variations of the lateral intercondylar ridge: Relationship to the anterior margin of the anterior cruciate

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc 地 上 形 レーザスキャナとVRS-RTKによる 河 川 計 測 手 法 について 伊 藤 与 志 雄 By Yoshio,Ito 1.はじめに わが 国 の 国 土 は 環 太 平 洋 造 山 帯 に 位 置 し,その 成 因 から 地 質 が 脆 弱 で 地 形 も 急 峻 であるため 山 地 の 侵 食 が 生 じやすい. 山 地 部 で 生 産 された 土 砂 は 河 川 をとおして 下 流

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

JTCCM製品認証審査要綱

JTCCM製品認証審査要綱 2005/4/1 制 定 2014/10/8 改 正 JTCCM 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 個 別 ) JIS A 5721(プラスチックデッキ 材 ) 本 文 書 は 審 査 要 綱 ( 個 別 )として 製 品 認 証 省 令 第 2 条 JIS Q 1001( 一 般 認 証 指 針 ) 及 び 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 共 通 )に 基 づき 次 の 認 証 区 分 に

More information

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc < 第 1 編 地 震 による 被 害 > 地 震 による 被 害 とは 地 震 により 地 震 力 が 作 用 することによる 住 家 の 損 傷 及 び 地 震 に 伴 う 液 状 化 等 の 地 盤 被 害 による 住 家 の 損 傷 をいう 地 震 により 被 災 した 住 家 に 対 する 被 害 調 査 は 第 1 次 調 査 第 2 次 調 査 の2 段 階 で 実 施 する( 調 査

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

Ⅲ 自 動 車 の 諸 税 早 わかり 1 自 動 車 重 量 税 ( 重 量 税 法 昭 和 46 年 法 律 第 89 号 ) 自 動 車 重 量 税 は 道 路 整 備 をはじめとする 交 通 政 策 上 の 所 要 の 施 策 のための 財 源 を 求 めるため 設 けられた 目 的 税 で 国 税 である 自 動 車 の 使 用 者 はその 重 量 に 応 じて 課 税 される 1 納

More information

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 条 件 付 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 持 参 方 式 ))を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 6 の 規 定 に 基 づき 公 告 する 平 成 26 年 4 月 9 日 紀 の 川 市 長 中 村 愼 司 1 入 札 に 付 する 工 事

More information

廃棄物保管場所等及び

廃棄物保管場所等及び 廃 棄 物 保 管 場 所 等 及 び 再 利 用 対 象 物 保 管 場 所 設 置 の 手 引 き 世 田 谷 区 体 験 学 習 用 ごみ 収 集 車 カティ のイメーシ キャラクターです! 世 田 谷 区 清 掃 リサイクル 部 目 次 1 事 前 協 議 設 置 届 ( 計 画 書 )の 提 出 時 期 1 2 届 出 の 対 象 となる 建 築 物 2 3 必 要 書 類 4 4 廃 棄

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A> 電 気 設 備 保 守 点 検 項 目 表 白 馬 長 野 ( 別 紙 1) 項 目 (1) 受 変 電 設 備 白 馬 長 野 有 料 道 路 電 気 設 備 保 守 点 検 管 理 業 務 施 設 の 点 検 項 目 設 備 名 点 検 機 能 検 査 及 び 調 整 項 目 作 業 方 法 受 変 電 設 備 1. 盤 面 状 態 ランプの 不 点 清 掃 不 点 ランプの 交 換 ( 電 気

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE091AE8DDE97BF82CC88F892A38E8E8CB182CC8AEE91622E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE091AE8DDE97BF82CC88F892A38E8E8CB182CC8AEE91622E646F63> 金 属 材 料 の 引 張 試 験 の 基 礎 1.はじめに 金 属 材 料 の 強 度 試 験 引 張 試 験 金 属 材 料 の 強 度 評 価 によく 利 用 される. ( 引 張 強 度, 降 伏 点, 伸 び, 絞 り など) その 他 圧 縮 試 験, 曲 げ 試 験,せん 断 試 験, 硬 さ 試 験, 衝 撃 試 験, 疲 労 試 験 など. 引 張 試 験 圧 縮 試 験 曲 げ

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information

○○○○○○○○について

○○○○○○○○について 開 放 特 許 1 ( 技 術 シーズのご 紹 介 ) 平 成 28 年 7 月 20 日 中 国 電 力 株 式 会 社 エネルギア 総 合 研 究 所 中 国 電 力 株 式 会 社 エネルギア 総 合 研 究 所 目 次 1 C-1. 除 草 機 C-2. 集 草 機 C-3. 鍵 付 きコンセントカバー C-4.ドアストッパー C-5. 水 素 含 有 水 生 成 用 電 極 および 水 素

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

整 備 例 : 整 備 基 準 ( は 条 例 第 6 章 の 適 用 対 象 建 築 物 にのみ 適 用 される 整 備 基 準 ) : 整 備 が 望 ましい 項 目

整 備 例 : 整 備 基 準 ( は 条 例 第 6 章 の 適 用 対 象 建 築 物 にのみ 適 用 される 整 備 基 準 ) : 整 備 が 望 ましい 項 目 7 全 ての 人 が 利 用 しやすい 経 路 (5) 昇 降 機 (エレベーター) 整 備 基 準 解 説 下 記 以 外 の 建 築 物 (5) 当 該 経 路 を 構 成 するエレベーター((6)に 規 定 するエレベ ーターその 他 の 昇 降 機 を 除 く ) 及 びその 乗 降 ロビーは 次 に 掲 げるものとすること ア かごは 利 用 居 室 等 車 椅 子 使 用 者 用 便 房

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

認証対象接合金物

認証対象接合金物 6U-103(Rev2.0) 2002.2.18 制 定 2012.4.1 改 定 木 造 建 築 物 接 合 部 等 の 評 価 方 法 木 造 建 築 接 合 部 の 評 価 方 法 下 記 の 参 考 図 書 に 示 されている 標 準 的 なルールに 基 づく 評 価 方 法 を 準 用 する [ 参 考 図 書 ] 木 造 軸 組 工 法 住 宅 の 許 容 応 力 度 設 計 法 (2008

More information

目 次 1 趣 旨... 2 2 一 般 型 総 合 設 計 の 種 類... 3 3 一 般 型 総 合 設 計 適 用 の 基 本 的 条 件... 4 4 公 開 空 地 等... 6 (1) 公 開 空 地 の 定 義... 6 (2) 公 開 空 地 に 準 ずる 有 効 な 空 地...

目 次 1 趣 旨... 2 2 一 般 型 総 合 設 計 の 種 類... 3 3 一 般 型 総 合 設 計 適 用 の 基 本 的 条 件... 4 4 公 開 空 地 等... 6 (1) 公 開 空 地 の 定 義... 6 (2) 公 開 空 地 に 準 ずる 有 効 な 空 地... 兵 庫 県 一 般 型 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 領 兵 庫 県 県 土 整 備 部 住 宅 建 築 局 建 築 指 導 課 平 成 19 年 3 月 ( 平 成 27 年 4 月 一 部 改 訂 ) 0 目 次 1 趣 旨... 2 2 一 般 型 総 合 設 計 の 種 類... 3 3 一 般 型 総 合 設 計 適 用 の 基 本 的 条 件... 4 4 公 開 空 地 等...

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information