Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "20591747"

Transcription

1 様 式 C-19 科 学 研 究 費 補 助 金 研 究 成 果 報 告 書 平 成 23 年 5 月 27 日 現 在 機 関 番 号 :32644 研 究 種 目 : 基 盤 研 究 (C) 研 究 期 間 :2008~2010 課 題 番 号 : 研 究 課 題 名 ( 和 文 ) 細 胞 シート 工 学 を 応 用 した 前 十 字 靭 帯 損 傷 の 修 復 再 生 に 関 する 研 究 研 究 課 題 名 ( 英 文 ) Experimental study for anterior cruciate ligament using cell sheet technology 研 究 代 表 者 三 谷 玄 弥 (MITANI GENYA) 東 海 大 学 医 学 部 講 師 研 究 者 番 号 : 研 究 成 果 の 概 要 ( 和 文 ): 前 十 字 靭 帯 ( 以 下 ACL) 由 来 積 層 可 細 胞 シートの 作 成 および 吸 収 糸 メッシュとの 組 み 合 わせによる 立 体 的 再 生 ACL の 作 成 に 成 功 した また 免 疫 組 織 学 的 検 査 real time PCR の 結 果 より Tenomodulin( 以 下 TnmD)が ACL において 特 異 的 マーカーと して 使 用 されうること また ACL 細 胞 シートが ACL としての phenotype を 維 持 しているこ とを 確 認 した また 膝 関 節 内 の 滑 膜 組 織 にも TnmD が 発 現 していることから ACL 再 生 におけ る cell source となりえることが 示 唆 された 研 究 成 果 の 概 要 ( 英 文 ):Triple-layered ACL cell sheets and SCL-derived cell sheets were fabricated successfully without enzymatic digestion. Furthermore, 3-dimensional bioengineered ACL was fabricated by a combination of triple-layered ACL cell sheets and bioabsorbable mesh composite. Immunohistochemical examination and real-time PCR revealed that TnmD is a specific marker of the human ACL, and ACL sheets have a similar phenotype to the ACL. The superior expression of TnmD in synovial tissues, and synovium-derived cell sheets indicates that synovium is a potential cell source for ACL regeneration. 交 付 決 定 額 ( 金 額 単 位 : 円 ) 直 接 経 費 間 接 経 費 合 計 2008 年 度 1,900, ,000 2,470, 年 度 700, , , 年 度 500, , ,000 年 度 年 度 総 計 3,100, ,000 4,030,000 研 究 分 野 : 医 歯 薬 学 科 研 費 の 分 科 細 目 : 外 科 系 臨 床 医 学 キーワード:ACL 細 胞 シート 再 生 医 療 前 十 字 靭 帯 Tenomodulin 1. 研 究 開 始 当 初 の 背 景 前 十 字 靭 帯 ( 以 下 ACL) 損 傷 はスポーツ 膝 傷 害 のなかでも 頻 度 が 高 く, 米 国 では 年 間 10 万 件 の 受 傷 が 見 積 もられている ACL はジャンプの 着 地 や 急 な 方 向 転 換 など, 他 の 選 手 と 接 触 しない 減 速 動 作 により 容 易 に 損 傷 する したがって,そのような 減 速 動 作 を 繰 り 返 すスポーツ ACL 損 傷 を 放 置 し てスポーツ 活 動 を 継 続 すると 脛 骨 の 前 方 亜 脱 臼 による 機 能 不 全 がスポーツ 活 動 制 限 要 素 となる.ACL 損 傷 膝 を 放 置 するとスポー

2 ツ 中 の 膝 くずれ 現 象 を 繰 り 返 すことにより 機 能 不 全 はさらに 悪 化 する. 同 時 に 膝 関 節 の 内 側 と 外 側 に 存 在 する 線 維 性 構 造 である 半 月 板 の 損 傷 が 続 発 または 悪 化 し, 関 節 面 の 損 傷 も 加 わって, 関 節 機 能 低 下 の 悪 循 環 をきたし, 最 終 的 に 膝 関 節 の 外 傷 性 膝 関 節 症 に 至 る 通 常 治 療 には 自 家 半 腱 様 筋 腱 や 膝 蓋 腱 を 用 いた ACL 再 建 手 術 が 行 われ るが 技 術 の 進 歩 した 現 在 でもドナーサイ トの 疼 痛 筋 力 低 下 再 々 建 時 のドナー 選 択 など 解 決 すべき 問 題 も 多 い よってドナ ー 採 取 を 要 しない 再 生 医 療 の ACL 不 全 膝 治 療 への 応 用 が 望 まれる しかし 腱 靭 帯 の 組 織 は 細 胞 成 分 が 乏 しく 再 生 が 難 しいこ と 腱 靭 帯 細 胞 を 特 異 的 に 同 定 する 手 法 が 一 般 的 でないため 瘢 痕 組 織 との 種 別 が 困 難 なこと などからこの 分 野 の 再 生 に 対 す る 研 究 は 同 じ 整 形 外 科 領 域 の 軟 骨 再 生 医 療 に 比 べ 未 発 達 であった しかし 2006 年 宿 南 らによって 腱 靭 帯 固 有 に 発 現 する 糖 タンパク Tenomodulin (TnmD)の 存 在 が 報 告 された これによ り 従 来 困 難 であった 健 常 靭 帯 組 織 工 学 的 靭 帯 と 瘢 痕 組 織 の 判 別 が 可 能 となる 可 能 性 が 考 えられた アップセル TM は 1993 年 Okano らに より 報 告 された 特 殊 な 培 養 皿 であり 熱 応 答 性 ポリマーであるポリN-イソプロピル アクリルアミド(PIPAAm)がナノインター フェース 技 術 で 表 面 に 構 築 されている 通 常 培 養 皿 上 で 培 養 された 細 胞 は 回 収 する 際 に 何 らかの 酵 素 的 処 理 が 必 要 となるがアッ プセル TM 上 で 培 養 された 細 胞 は 培 養 温 度 から 20 へ 温 度 を 下 げるのみで 細 胞 シー トとして 回 収 できる これを 用 いた 細 胞 シ ート 工 学 は 角 膜 肝 心 筋 食 道 などの 分 野 で 広 く 研 究 されており 中 でも 角 膜 にお いては 既 に 臨 床 応 用 されている 現 在 までに 我 々はこの 細 胞 シート 工 学 を 用 いて 日 本 白 色 家 兎 及 びヒト 軟 骨 滑 膜 の 細 胞 シートを 作 成 することに 成 功 し 臨 床 応 用 に 向 けたその 基 礎 的 研 究 を 行 っている よってこの 技 術 を 応 用 した ACL 再 生 の 研 究 を 行 う 着 想 に 至 った 2. 研 究 の 目 的 ACL 不 全 膝 における 細 胞 シート 工 学 を 応 用 した 治 療 の 可 能 性 を 検 討 するため ACL 細 胞 シート 作 製 し その 有 用 性 と 問 題 点 を 把 握 することである 3. 研 究 の 方 法 膝 ACL 再 建 術 の 際 に 郭 清 した 遺 残 ACL 及 び 人 工 膝 関 節 置 換 術 の 際 切 除 される 健 常 ACL を 患 者 本 人 の 承 諾 を 得 て 本 研 究 に 使 用 する それぞれの 組 織 を 免 疫 組 織 化 学 的 に 遺 伝 子 的 に 評 価 する 単 離 した ACL 由 来 細 胞 滑 膜 組 織 を 培 養 し 十 分 な 細 胞 数 が 得 られた 時 点 で 温 度 応 答 性 培 養 皿 に 播 種 する コンフルエ ントに 達 した 時 点 で 20 度 以 下 に 温 度 を 下 げ シート 状 に 回 収 し 積 層 化 する 細 胞 シートが 脆 弱 で 剥 がすことが 困 難 であ った 場 合 フィブリン 糊 にてコーティングし 把 持 を 容 易 にする 健 常 ACL 線 維 損 傷 された 遺 残 ACL 及 び 作 成 したACL 細 胞 シートをTnmDの 抗 体 Anti-TnmD antibodyで 免 疫 染 色 を 行 い 遺 残 ACLとACL 細 胞 シートのヒトACL 細 胞 としての 形 質 維 持 の 有 無 について 検 討 する また 損 傷 部 位 を 取 り 除 き 酵 素 的 に 単 離 し た 遺 残 ACL 由 来 細 胞 および 脂 肪 性 滑 膜 靭 帯 性 滑 膜 皮 下 脂 肪 組 織 は 摘 出 後 Real time PCR 及 びモノクロナール 抗 体 を 用 い た 免 疫 組 織 化 学 的 にTnmDの 発 現 について 検 討 し 腱 靭 帯 への 特 異 性 を 当 研 究 機 関 で も 確 認 をする ブタACL 部 分 損 傷 モデルにヒトACL 損 傷 モデ ルに 貼 付 し 器 官 培 養 行 い 接 着 性 損 傷 被 覆 部 の 状 態 をコントロールと 比 較 し 評 価 する また 現 在 吸 収 糸 として 広 く 臨 床 に 使 用 され ているバイクリルメッシュを 細 胞 シートの 補 強 剤 として 用 い 靭 帯 様 に 整 形 し 培 養 を 継 続 し その 再 生 組 織 の 性 状 を 観 察 する また 靭 帯 の 生 理 的 環 境 であるメカニカルス トレスが 再 生 組 織 の 性 状 強 度 などに 与 える 影 響 について 検 討 する 4. 研 究 成 果

3 酵 素 的 処 理 を 要 することなく 温 度 応 答 性 培 養 皿 から 温 度 変 化 のみで 前 十 字 靭 帯 ( 以 下 ACL) 由 来 細 胞 シートの 作 成 に 成 功 した ( 図 1) また 上 から 重 ねることでシート 自 体 が 有 す る 接 着 性 を 利 用 し 積 層 可 細 胞 シートの 作 成 にも 成 功 した 他 の 組 織 と 比 べ 脆 弱 性 のある ACL 細 胞 シートは cell shifter を 用 いること で 回 収 する 確 率 を 上 げることが 出 来 た ま た 積 層 化 ACL 細 胞 シートと 吸 収 糸 メッシュ との 組 み 合 わせによる 立 体 的 再 生 ACL の 作 成 に 成 功 した ( 図 2) 免 疫 組 織 学 的 検 査 にて 健 常 ACL に TnmD が 発 現 していること 遺 残 ACL の 断 端 部 は その 発 現 が 少 ないことから TnmD の 発 現 が ACL の 靭 帯 としての phenotype 維 持 に 関 わ っている 可 能 性 が 示 唆 された また 作 成 され た ACL 細 胞 シートが 良 好 に TnmD を 発 現 し ていることから ACL 固 有 の phenotype を 維 持 していることが 示 唆 された また 免 疫 組 織 学 的 検 査 ( 図 3) および real time PCR( 図 4)の 結 果 より 膝 関 節 内 の 脂 肪 性 滑 膜 (SIF) 靭 帯 性 滑 膜 (SCL)にも TnmD が 発 現 していること(negative control の 皮 下 脂 肪 には 発 現 なし) 靭 帯 周 囲 滑 膜 由 来 細 胞 シートの 作 成 に 成 功 したことから ACL 再 生 における cell source となりえるこ とが 示 唆 された 図 1 ACL 細 胞 シートの 作 成 図 3 ACL SIF 図 4 膝 関 節 周 囲 組 織 の TnmD 発 現 SCL FAT Real time PCR ACL FAT SIF SCL 図 2 作 成 された 組 織 工 学 的 ACL 図 3 免 疫 組 織 化 学 的 検 討

4 5. 主 な 発 表 論 文 等 ( 研 究 代 表 者 研 究 分 担 者 及 び 連 携 研 究 者 に は 下 線 ) 雑 誌 論 文 ( 計 1 件 ) 1The properties of bioengineered chondrocyte sheets for cartilage regeneration BMC biotechnology 2009 Genya Mitani, Masato Sato*, Jeong IK Lee1, 沓 名 寿 治 (KUTUNA TOSHIHARU) 研 究 者 番 号 : 東 海 大 学 医 学 部 講 師 (3) 連 携 研 究 者 なし ( ) 研 究 者 番 号 : Nagatoshi Kaneshiro, Miya Ishihara, Naoshi Ota, Mami Kokubo, Hideaki Sakai,Tetsutaro Kikuchi and Joji Mochida 1 件 投 稿 中 ( ECM journal) Experimental study on anterior cruciate ligament regeneration by cell sheet technology based on tenomodulin expression 学 会 発 表 ( 計 4 件 ) 1 三 谷 玄 弥 平 成 23 年 3 月 第 10 回 日 本 再 生 医 療 学 会 総 会 ヒト 膝 関 節 内 組 織 における Tenomodulin Scleraxis の 発 現 状 況 2 三 谷 玄 弥 平 成 22 年 10 月 第 25 回 日 本 整 形 外 科 学 会 基 礎 学 術 集 会 3 三 谷 玄 弥 平 成 22 年 7 月 2nd JOSKAS ヒト 膝 関 節 内 組 織 における Tenomodulin Scleraxis の 発 現 状 況 4ヒト 前 十 字 靭 帯 細 胞 シート 滑 膜 組 織 におけ る Tenomodulin の 発 現 状 況 三 谷 玄 弥 平 成 21 年 10 月 第 23 回 日 本 整 形 外 科 学 会 基 礎 学 術 集 会 再 生 医 療 に 向 けた 前 十 字 靱 帯 滑 膜 由 来 細 胞 シートの 検 討 図 書 ( 計 0 件 ) 産 業 財 産 権 出 願 状 況 ( 計 0 件 ) 取 得 状 況 ( 計 0 件 ) その 他 ホームページ 等 6. 研 究 組 織 (1) 研 究 代 表 者 三 谷 玄 弥 (MITANI GENYA) 東 海 大 学 医 学 部 講 師 研 究 者 番 号 : (2) 研 究 分 担 者 佐 藤 正 人 (SATOU MASATO) 東 海 大 学 医 学 部 准 教 授 研 究 者 番 号 :

5

樫本、芝野

樫本、芝野 論 文 審 査 の 要 旨 お よ び 担 当 者 学 位 申 請 者 大 野 秀 樹 ( 大 野 犬 猫 病 院 ) 学 位 論 文 題 目 イ ヌ の 前 十 字 靭 帯 断 裂 に お け る A n d r o g e n の 関 与 に 関 す る 研 究 担 当 者 主 査 北 里 大 学 教 授 副 査 北 里 大 学 教 授 副 査 北 里 大 学 准 教 授 岡 野 昇 三 渡 辺

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス ( 様 式 甲 5) 氏 名 加 藤 壮 介 ( ふ り が な ) (かとう そうすけ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 26 年 1 月 29 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Local injection of vasopressin reduces

More information

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報 報 道 発 表 資 料 2004 年 1 月 30 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 東 京 女 子 医 科 大 学 イオンビーム 照 射 で 人 工 硬 膜 の 生 体 適 合 性 が 大 幅 に 向 上 - 脳 外 科 手 術 後 の 髄 液 漏 を 防 ぎ 動 脈 瘤 治 療 にも 有 効 な 新 手 法 - 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 ( 野 依 良 治

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

Microsoft Word - 発表・口演1.doc

Microsoft Word - 発表・口演1.doc 発 表 講 演 (2000 年 以 降 ) 長 総 義 弘, Lanyon P, Doherty M: 区 画 別 にみた 変 形 性 膝 関 節 症 の 進 行.-3 年 後 のX 線 変 化. 日 本 整 形 外 科 学 会 誌 74 (2), S201, 2000. 長 総 義 弘, Lanyon P, Doherty M: 変 形 性 膝 関 節 症 の 進 行 に 関 する X 線 所 見.

More information

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文 ( 様 式 甲 5) 氏 名 出 垣 昌 子 ( ふ り が な ) (いでがき まさこ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 24 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Effects of All-Trans Retinoic Acid

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案 創 薬 データマイニングにおける 副 作 用 予 測 モデルの 提 案 江 谷 典 子 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 研 究 機 構 CREST 2014 年 11 月 18 日 2014/11/18 1 概 要 背 景 1.ビッグデータ 応 用 2. 副 作 用 の 少 ない 創 薬 課 題 1.ビッグデータを 有 益 に 活 用 するための

More information

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4>

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4> 再 生 医 療 / 細 胞 組 織 加 工 製 品 実 用 化 のための 薬 事 講 習 会 平 成 21 年 7 月 3 日 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 会 議 室 ヒト 幹 細 胞 を 用 いる 臨 床 研 究 に 関 する 指 針 等 について 厚 生 労 働 省 医 政 局 研 究 開 発 振 興 課 ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 対 策 専 門 官 田 邊 裕 貴 1

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治 1 規 制 制 度 改 革 委 員 会 集 中 討 議 再 生 細 胞 医 療 の 現 状 及 び 課 題 平 成 24 年 11 月 29 日 厚 生 労 働 省 1 再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~ 膝 の 痛 みの 治 療 法 ~スポーツ 障 害 から 中 高 年 の 膝 関 節 痛 まで~ 沼 津 市 立 病 院 整 形 外 科 向 山 俊 輔 ひざの 構 造 特 徴 本 日 は ひざの 痛 み 各 論 ひざ の 話 1. 前 十 字 靭 帯 損 傷 2. 半 月 板 損 傷 3. 変 形 性 膝 関 節 症 ひざ 関 節 乳 幼 児 一 般 成 人 高 齢 者 人 間 の 関 節 で 最

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

医 療 技 術 の と の 温 度 応 答 性 上 の 細 胞 シート 性 20 m 温 度 (37 20 ) の 図 1 温 度 応 答 性 ポリマー (ポリ- N -イソプロピルアクリルアミド(PIPAAm)) 温 度 応 答 性 PNm PIPAAm 図 2 性 本 の 基 細 胞 シート 工

医 療 技 術 の と の 温 度 応 答 性 上 の 細 胞 シート 性 20 m 温 度 (37 20 ) の 図 1 温 度 応 答 性 ポリマー (ポリ- N -イソプロピルアクリルアミド(PIPAAm)) 温 度 応 答 性 PNm PIPAAm 図 2 性 本 の 基 細 胞 シート 工 日 本 発 世 界 初 の 細 胞 シート 工 学 技 術 による 再 生 医 療 株 式 会 社 セルシード 知 的 財 産 部 長 東 京 女 子 医 科 大 学 教 授 坂 井 秀 昭 岡 野 光 夫 抄 録 患 者 本 人 の 細 胞 を 培 養 し 組 織 化 させる 細 胞 シート 工 学 技 術 により 角 膜 心 筋 食 道 歯 根 膜 膝 軟 骨 に 疾 患 を 持 つ 患 者 への

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368> 競 技 継 続 がほとんど 不 能 になってから 復 帰 した 全 国 大 会 レベル 以 上 の 柔 道 選 手 米 田 病 院 米 田 實 福 山 陽 子 林 克 彦 症 例 紹 介 症 例 1 症 例 2 症 例 3 症 例 4 症 例 5 症 例 6 症 例 7 症 例 8 症 例 9 (28 歳 男 性 ) (26 歳 男 性 ) (25 歳 男 性 ) (24 歳 男 性 ) (17 歳

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

症例紹介

症例紹介 リハビリってなんだろう はじめまして! 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 です 医 療 保 険 対 応 送 迎 車 サービス 有 そ~らの 家 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 共 催 西 東 京 市 富 士 町 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 平 成 12 年 4 月 ~ 武 蔵 野 市 吉 祥 寺 南 町 4 丁 目 平 成 26 年 4 月 ~ 院 長 紹 介 リハビリテーションとは?

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

疾 患 治 療 における 進 歩 はガイドラインに 反 映 されない 側 面 がある.また,すべ ての 治 療 の 進 歩 はエビデンスを 基 に 進 められるわけではなく, 別 なアプローチに よる 斬 新 なアイデアや 試 みから 始 まることがある.また,EBMにはRCTの 偏 重 という 潜

疾 患 治 療 における 進 歩 はガイドラインに 反 映 されない 側 面 がある.また,すべ ての 治 療 の 進 歩 はエビデンスを 基 に 進 められるわけではなく, 別 なアプローチに よる 斬 新 なアイデアや 試 みから 始 まることがある.また,EBMにはRCTの 偏 重 という 潜 前 文 1 はじめに 前 十 字 靱 帯 (anterior cruciate ligament:acl) 損 傷 診 療 ガイドラインの 策 定 は, 日 本 整 形 外 科 学 会 疾 患 ガイドライン 策 定 委 員 会 で 最 初 に 選 択 された 11 疾 患 の 一 つ として 決 定 され 進 められた. 初 版 の 策 定 作 業 は 日 本 膝 関 節 学 会 を 作 成 母 体

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

女性と運動

女性と運動 女 性 と 運 動 国 立 病 院 機 構 西 別 府 病 院 スポーツ 医 学 センター センター 長 松 田 貴 雄 性 差 性 機 能 ( 月 経 妊 娠 出 産 閉 経 ) 生 理 学 的 な 性 差 体 型 生 理 学 神 経 筋 心 血 管 系 呼 吸 器 系 女 > 甴 成 熟 体 脂 肪 率 女 = 甴 体 温 調 節 各 種 筋 線 維 の 割 合 女 < 甴 体 重 有 酸 素

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

?????????????????????

????????????????????? 膝 屈 筋 腱 を 用 いた 関 節 鏡 視 下 膝 前 十 字 靭 帯 再 建 術 について (Key Words) ACL スポーツ 傷 害 解 剖 学 的 二 重 束 再 建 術 医 療 法 人 高 尚 会 川 田 整 形 外 科 川 田 高 士 781-1101 高 知 県 土 佐 市 高 岡 町 甲 920-1 はじめに 膝 前 十 字 靭 帯 (ACL)は 自 然 治 癒 能 が 低 く

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

ぜ ば? 根 口 万 4 万 程 度 差 成 以 上 悩 現 実 書 感 会 社 勤 家 事 つ つ 常 活 送 向 ず つ 質 問 答 浮 べ 問 感? ほ 分 ひ ね 家 族 近 頼 叩 ず 市 販 シ ッ プ 貼 4 感 対 応 急 処 置 試 完 幸 運 恵 ほ ゃ ょ へ ル ニ ア 坐 骨 神 経 急 性 症 4 ぎ 5 脊 ち ゅ ょ 柱 管 狭 窄 症 6 便 秘 7 子 宮 筋 腫

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて Unit 1 臨 床 各 論 Ⅵ 運 動 器 コース 1. 教 員 名 責 任 者 赤 木 將 男 整 形 外 科 学 職 位 教 員 名 所 属 教 授 赤 木 將 男 柿 木 良 介 ( 整 形 外 科 学 ) 小 山 敦 子 ( 心 療 内 科 学 ) 准 教 授 三 井 良 之 ( 安 全 管 理 部 ) 講 師 宮 本 裕 史 朝 田 滋 貴 ( 整 形 外 科 学 ) 医 学 部 講 師

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル リウマチ 膠 原 病 内 科 (2) 概 要 リウマチ 膠 原 病 内 科 (2)では, 関 節 リウマチ,その 他 の 膠 原 病 疾 患 を 通 して, 全 人 的 医 療 を 目 標 と して 日 々の 診 療 に 当 たっております 関 節 リウマチ, 全 身 性 エリテマトーデスといった 膠 原 病 は 全 身 に 多 彩 な 合 併 症 を 来 すことが 特 徴 です 当 科 はこのような

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

10 アムジェン デベロップメント 株 式 会 社 の 依 頼 による 血 小 板 減 少 症 患 者 を 対 象 とした AMG 531の 長 期 継 続 投 与 第 Ⅲ 11 エーザイ 株 式 会 社 の 依 頼 によるE5555の 第 Ⅱ 12 生 化 学 工 業 株 式 会 社 の 依 頼

10 アムジェン デベロップメント 株 式 会 社 の 依 頼 による 血 小 板 減 少 症 患 者 を 対 象 とした AMG 531の 長 期 継 続 投 与 第 Ⅲ 11 エーザイ 株 式 会 社 の 依 頼 によるE5555の 第 Ⅱ 12 生 化 学 工 業 株 式 会 社 の 依 頼 平 成 21 年 度 第 4 回 NTT 関 東 病 院 治 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 概 要 開 催 日 時 :2009 年 7 月 30 日 ( 木 ) 17:30~18:00 開 催 場 所 :NTT 関 東 病 院 特 別 会 議 室 出 席 委 員 名 : 臼 杵 吉 田 鈴 木 忠 内 渋 谷 坂 本 塩 沼 安 原 議 題 及 び 審 議 結 果 を 含 む 主 な

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20985697EE944C82C5928D96DA82B782D782AB8EBE8AB3323031324A425650977032303132323532352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20985697EE944C82C5928D96DA82B782D782AB8EBE8AB3323031324A425650977032303132323532352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> JBVP2012, ver, 02 老 齢 猫 の 飼 育 比 率 増 加 老 齢 猫 の 注 目 すべき 疾 患 竹 内 和 義 たけうち 動 物 病 院 ( 神 奈 川 県 ) 6 歳 以 上 の 飼 い 猫 の 飼 育 比 率 1983 年 24% 1996 年 47% ( 約 2 倍 ) ( 米 国 内 科 学 協 会 情 報 管 理 センター) 2009 年 37.8% (7 歳 以 上

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

社 会 的 活 動 ソウルオリンピック 本 部 医 務 班 リレハンメルオリンピック 本 部 医 務 班 ユニバーシアード 冬 季 大 会 (ムジュ チョンジュ) 本 部 医 務 班 他 神 奈 川 県 トレーナー 部 会 員 資 格 理 学 療 法 士 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティッ

社 会 的 活 動 ソウルオリンピック 本 部 医 務 班 リレハンメルオリンピック 本 部 医 務 班 ユニバーシアード 冬 季 大 会 (ムジュ チョンジュ) 本 部 医 務 班 他 神 奈 川 県 トレーナー 部 会 員 資 格 理 学 療 法 士 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティッ か が や 加 賀 谷 よしのり 善 教 先 生 ( 昭 和 大 学 准 教 授 ) 学 歴 札 幌 医 科 大 学 衛 生 短 期 大 学 部 理 学 療 法 学 科 1986 年 3 月 卒 業 神 奈 川 大 学 第 二 工 学 部 電 気 工 学 科 1992 年 3 月 卒 業 鹿 屋 体 育 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 2010 年 3 月 修 了 博 士 ( 体 育 学

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

薬物とは

薬物とは 薬 理 学 とは 薬 と 生 体 との 相 互 作 用 の 結 果 起 こる 現 象 を 研 究 する 科 学 である 1) 病 気 病 態 についての 知 識 が 必 要 2) 薬 物 そのものや 薬 物 とその 薬 物 を 与 えられるヒト( 患 者 )との 関 係 についての 十 分 な 知 識 が 必 要 この 知 識 を 重 点 的 に 与 えるのが 薬 理 学 である 病 気 の 治 療

More information

第23回埼玉医科大学病院IRB委員会議事録(案)

第23回埼玉医科大学病院IRB委員会議事録(案) 第 153 回 埼 玉 医 科 大 学 病 院 IRB 委 員 会 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 2 月 9 日 ( 月 ) 17:30~:20:15 場 所 : 本 館 12 階 会 議 室 出 席 者 : 石 原 理 ( 委 員 長 ) 大 竹 明 ( 副 委 員 長 ) 市 岡 滋 ( 副 委 員 長 ) 倉 持 朗 篠 塚 望 井 上 郁 夫 秋 山 雄 次 中 嶋 正 人 松

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

7 Contents 1 2 Raynaud 2 Raynaud 10 3 SLE 16 4 SLE 23 5 30 6 SLE 34 7 SLE 40 8 SLE 44 9 48 10 SLE 51 11 SLE 56 12 B SLE 60 13 SLE 63 14 SLE 68 15 SLE

7 Contents 1 2 Raynaud 2 Raynaud 10 3 SLE 16 4 SLE 23 5 30 6 SLE 34 7 SLE 40 8 SLE 44 9 48 10 SLE 51 11 SLE 56 12 B SLE 60 13 SLE 63 14 SLE 68 15 SLE 序 皮 膚 科 医 にとって 膠 原 病 診 療 は 極 めて 重 要 な 領 域 である. 皮 膚 科 が, 膠 原 病 領 域 でその 存 在 価 値 をアピールしていくためには, 皮 膚 科 医 自 身 が 膠 原 病 に 対 する 十 分 かつ 最 新 の 知 識 をもっておく 必 要 がある. それでは, 皮 膚 科 医 は 膠 原 病 診 療 においてどのような 役 割 を 担 うべきなのであろ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378> Press Release 2014 年 7 30 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 共 同 医 師 200 名 に 聞 く 医 薬 品 に 関 する 意 識 調 査 を 発 表 医 師 の 約 8 割 が 副 作 が 少 なく 安 全 性 の い バイオ 医 薬 品 に 期 待 薬 で 治 ると 考 える

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

筋肉解剖模型・関節模型

筋肉解剖模型・関節模型 関 節 3B Scientific の 筋 付 き 関 節 モ デルは 臨 床 教 育 両 方 の 現 場 で 愛 用 されています 解 剖 学 的 構 造 を 正 確 に 再 現 筋 骨 はリアルに 彩 色 筋 の 起 始 / 停 止 はペイントされた 上 に, 盛 り 上 がりをつけて 表 現 筋 の 取 外 しが 可 能 で 深 層 まで 観 察 可 能 耐 久 性 が 高 く, 人 体 に

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 -- - 0 - -- 貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 た 赤 血 球 これらの 状 況 は 体 の 各 器 官 の 酸 素 不 足

More information

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏 気 管 支 喘 息 おとなの 喘 息 管 理 と 最 新 治 療 信 州 大 学 医 学 部 保 健 学 科 生 体 情 報 検 査 学 講 座 藤 本 圭 作 喘 息 は 気 管 支 のアレルギーによる 炎 症 と 気 道 過 敏 性 および 発 作 的 な 気 管 支 の 狭 窄 により 特 徴 づけ られ 繰 り 返 す 発 作 性 の 咳 喘 鳴 (ヒューヒュー ゼーゼー)および 呼 吸 困

More information

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について 生 殖 系 D9 オーガナイザー 産 科 婦 人 科 井 箟 一 彦 泌 尿 器 科 原 勲 Ⅰ 一 般 学 習 目 標 内 科 学 外 科 学 などの 臨 床 医 学 が 個 体 維 持 治 療 医 学 を 主 たる 目 的 とするのに 対 し 生 殖 医 学 は 治 療 医 学 に 加 え 種 族 保 存 リプロダクションを 含 むことを 理 解 し 基 礎 的 知 識 のもと 診 断 治 療

More information

Microsoft Word - 武田修正・ _本審査議事要旨HP用

Microsoft Word - 武田修正・ _本審査議事要旨HP用 議 事 要 旨 区 分 摘 要 会 議 名 徳 島 大 学 病 院 臨 床 研 究 倫 理 審 査 委 員 会 日 時 平 成 27 年 3 月 23 日 ( 月 ) 17 時 25 分 から 18 時 25 分 場 所 小 会 議 室 審 議 内 容 委 員 長 から,1 月 14 日 以 降 に 提 出 された 新 規 申 請 分 18 件 ( 2223~ 2241), 変 更 申 請 分 36

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

報 道 発 表 資 料 2006 年 5 月 15 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 家 族 性 変 形 性 股 関 節 症 の 原 因 遺 伝 子 が 存 在 する 領 域 を 発 見 - 変 形 性 関 節 症 の 発 症 の 原 因 の 解 明 につながる 新 たな 一 歩

報 道 発 表 資 料 2006 年 5 月 15 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 家 族 性 変 形 性 股 関 節 症 の 原 因 遺 伝 子 が 存 在 する 領 域 を 発 見 - 変 形 性 関 節 症 の 発 症 の 原 因 の 解 明 につながる 新 たな 一 歩 60 秒 でわかるプレスリリース 2006 年 5 月 15 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 家 族 性 変 形 性 股 関 節 症 の 原 因 遺 伝 子 が 存 在 する 領 域 を 発 見 - 変 形 性 関 節 症 の 発 症 の 原 因 の 解 明 につながる 新 たな 一 歩 - 日 本 人 の 700 万 人 から 1,000 万 人 が 苦 しんでいる 重 大 な

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

外科外来を受診される方へ(問診票)

外科外来を受診される方へ(問診票) ワクチンで 予 防 可 能 な 病 気 (VPD)について 第 1 版 2013 年 4 月 1 日 作 成 VPD とは Vaccine=ワクチン Preventable= 予 防 可 能 な Diseases= 病 気 の 略 で 文 字 通 り ワ クチンで 予 防 可 能 な 病 気 のことです 主 な VPD には 次 のようなものがあります B 型 肝 炎 破 傷 風 おたふく 風 邪

More information

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引 踵 骨 骨 端 炎 と アキレス 腱 炎 との 関 係 山 形 支 部 森 谷 広 子 はじめに 近 年 低 学 年 を はじめとして スポーツ を 主 体 的 に 運 動 す る 子 ども 達 に 多 く の 障 害 が 出 現 し ています 成 長 の 段 階 における 必 要 以 上 の 運 動 量 が 体 に ストレスとして 起 き 色 々 な 病 気 の 原 因 を 発 生 し 体 を 酷

More information

Microsoft Word - 01.docx

Microsoft Word - 01.docx 糖 分 を 細 胞 内 に 輸 送 する 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 と 動 きを 解 明 ~ 肥 満 やがんの 抑 制 策 に 役 立 つ 新 たな 知 見 ~ ポイント 抗 体 を 用 いる 独 自 の 結 晶 化 技 術 により ヒト 哺 乳 類 において 糖 分 子 を 細 胞 内 に 輸 送 す る 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 を 解 明 した 膜 たんぱく 質 が 柔

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 膝 痛 でお 困 りの 方 に! 人 工 膝 関 節 ってどんなもの? 友 愛 会 病 院 整 形 外 科 岡 本 卓 也 膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 加 齢 的 変 化 による 膝 痛 の 原 因 い 年 を 経 て あるい は 関 節 の 使 いすぎによって 起 こる 関 節 の 変 形 変 性 お 歳 の

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

健康維持・増進のためのバイオテクノロジー基盤研究プログラム

健康維持・増進のためのバイオテクノロジー基盤研究プログラム ( 健 康 安 心 イノベーションプログラム) ヒト 幹 細 胞 産 業 応 用 促 進 基 盤 技 術 開 発 基 本 計 画 P10027 P08030 バイオテクノロジー 医 療 技 術 部 1. 研 究 開 発 の 目 的 目 標 内 容 (1) 研 究 開 発 の 目 的 多 能 性 を 有 する 幹 細 胞 は 様 々な 細 胞 に 分 化 する 能 力 を 有 している 適 切 に 誘

More information

糖 尿 患 者 の 処 方 支 援 から 糖 尿 病 腎 症 の 対 策 まで 小 川 寿 子 第 25 回 日 本 医 療 薬 学 会 年 会 (パシフィコ 横 浜 ) 整 形 外 科 病 棟 における 病 棟 薬 剤 業 務 を 通 じた 血 栓 塞 栓 症 予 防 薬 の 標 準 化 に 関

糖 尿 患 者 の 処 方 支 援 から 糖 尿 病 腎 症 の 対 策 まで 小 川 寿 子 第 25 回 日 本 医 療 薬 学 会 年 会 (パシフィコ 横 浜 ) 整 形 外 科 病 棟 における 病 棟 薬 剤 業 務 を 通 じた 血 栓 塞 栓 症 予 防 薬 の 標 準 化 に 関 2015 年 度 薬 剤 科 学 術 業 績 学 会 発 表 第 18 回 日 本 医 薬 品 情 報 学 会 学 術 大 会 ( 岡 山 大 学 ) SGLT2 阻 害 薬 の 院 内 リスク 管 理 と 適 正 使 用 に 対 する 検 討 小 川 寿 子 病 棟 業 務 における 適 正 な 医 薬 品 情 報 提 供 の 支 援 に 関 する 検 討 佐 村 優 第 63 回 日 本 化 学

More information

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術 1 福 島 赤 十 字 病 院 産 婦 人 科 内 視 鏡 下 手 術 について はじめに: 内 視 鏡 下 手 術 は 患 者 様 の 体 の 負 担 をできるだけ 少 なくする 手 術 ( 低 侵 襲 手 術 :minimally invasive surgery)として 外 科 系 各 科 において 広 く 実 施 されるようになってきております 産 婦 人 科 領 域 でも 近 年 急 速

More information