る t 検 定 を 行 った 危 険 率 5% 未 満 を 統 計 学 的 に 有 意 とした 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 は, 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 心 身 機 能 生 活 制 御 科 学 講 座 倫 理 委 員 会 の 承 認

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "る t 検 定 を 行 った 危 険 率 5% 未 満 を 統 計 学 的 に 有 意 とした 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 は, 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 心 身 機 能 生 活 制 御 科 学 講 座 倫 理 委 員 会 の 承 認 "

Transcription

1 2.スポーツ 活 動 や 就 労 による 傷 害 予 防 0434 膝 前 十 字 靭 帯 損 傷 予 防 のためのハイリスク 選 手 検 出 の 試 み 膝 関 節 運 動 の 左 右 差 に 着 目 して 浦 辺 幸 夫 1), 事 柴 壮 武 2), 岩 田 昌 2), 笹 代 純 平 2), 前 田 慶 明 1) 1) 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 院,2) 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 key words 膝 前 十 字 靭 帯 損 傷 ハイリスク 選 手 左 右 差 はじめに, 目 的 膝 前 十 字 靭 帯 (Anterior Cruciate Ligament : ACL) 損 傷 は, 最 も 予 防 効 果 が 期 待 されてい るスポーツ 疾 患 である 近 年,ACL 損 傷 予 防 プログラムが 取 り 入 れられることで, 少 しず つ 発 生 率 が 減 少 している このプログラムは ハイリスク 選 手 を 抽 出 し, 選 択 的 に 実 施 すると 効 率 がよくなると 考 えられている ハイリスク 選 手 の 条 件 はいくつかあるが,スポ ーツ 動 作 時 に 過 度 な 膝 関 節 外 反 を 起 こす 選 手 に 共 通 して 注 意 がはらわれている ACL 損 傷 は 左 膝 関 節 の 発 生 率 が 高 いことが 示 されているが( 井 原 ら 2005,Urabe et al 2010),スポーツ 動 作 時 に 左 右 の 膝 関 節 運 動 に 違 いがあるのかは,まだ 十 分 に 解 明 されてい ない 今 回 はサイドステップカッティング(side step cutting : SSC) 動 作 時 に, 左 膝 関 節 の 方 が 最 大 屈 曲 角 度 が 小 さく, 最 大 外 反 角 度 が 大 きいのではないかという 仮 説 をたてた 左 膝 関 節 で 右 関 節 との 違 いがみだせるか,また 左 右 差 が 大 きい 人 がどの 程 度 含 まれるのか 検 討 した 方 法 対 象 は, 下 肢 に 大 きな 傷 害 の 既 往 のない 健 康 な 女 性 バスケットボール 選 手 15 名 である 平 均 年 齢 (±SD)は 21.1±1.7 歳, 身 長 は 161.5±3.2cm, 体 重 は 55.4±7.5kg, 競 技 歴 は 6.7±2.5 年 だった 上 肢 は 全 員 が 右 利 きで,サッカーボールのキック 足 は 左 下 肢 だった 足 部 接 地 地 点 の 約 5m 手 前 から 助 走 し,90 側 方 への SSC を 実 施 した 右 方 向 と 左 方 向 の 選 択 は,2m 手 前 にあるセンサーマットとライト 点 灯 をランダムに 同 期 させることで 行 った SSC は 5 台 のハイスピードカメラ(FNK HC200C,4 assist 社 )を 使 用 し,200Hz で 撮 影 した 3 次 元 解 析 ソフト(Detect 社 )により, 三 次 元 座 標 を 求 めた Grood et al(1983) の 方 法 を 参 照 し, 膝 関 節 屈 曲 角 度 と 外 反 角 度 を 算 出 した SSC は 2 期 に 分 割 し, 足 部 接 地 から 膝 関 節 最 大 屈 曲 位 までをストップ 期, 膝 関 節 最 大 屈 曲 位 から 足 部 離 地 までを 側 方 移 動 期 として 分 析 に 用 いた 各 3 回 行 い,1 回 の 動 作 時 間 を 100% に 正 規 化 し, 膝 関 節 屈 曲 角 度 と 膝 関 節 外 反 角 度 について 3 回 の 平 均 値 を 各 対 象 の 代 表 値 とし,15 名 分 を 平 均 し た 統 計 学 的 分 析 には, 左 右 の 膝 関 節 最 大 屈 曲 角 度 と 最 大 膝 関 節 外 反 角 度 について, 対 応 のあ

2 る t 検 定 を 行 った 危 険 率 5% 未 満 を 統 計 学 的 に 有 意 とした 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 は, 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 心 身 機 能 生 活 制 御 科 学 講 座 倫 理 委 員 会 の 承 認 を 得 て 実 施 した( 承 認 番 号 1327,1335) 研 究 に 先 立 ち, 十 分 な 説 明 を 行 い 対 象 の 同 意 を 得 た 結 果 一 周 期 でストップ 期 は 右 が 平 均 52%, 側 方 移 動 期 は 48%, 左 が 49% と 51% で, 左 右 に 有 意 差 はなかった 接 地 時 の 膝 関 節 屈 曲 角 度 に 左 右 差 はほとんどなく, 平 均 22 だっ た ストップ 期 の 膝 関 節 最 大 屈 曲 角 度 は 右 平 均 57, 左 54 だったが, 有 意 差 はなかった 左 膝 関 節 の 方 が 最 大 屈 曲 を 示 した 時 間 が 早 かったが, 有 意 差 はなかった 右 膝 関 節 も 左 膝 関 節 も, 時 間 の 経 過 とともに 側 方 移 動 期 で 膝 関 節 屈 曲 角 度 は 漸 減 した 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 は 右 平 均 7, 左 5 だったが, 有 意 差 はなかった 最 大 外 反 を 示 す 時 間 は 左 右 ともストップ 期 で, 一 周 期 の 約 20% だった 膝 関 節 屈 曲 角 度 の 増 加 に 伴 い, 外 反 角 度 は 減 少 したが, 側 方 移 動 期 に 移 行 する 一 周 期 の 約 50% で 右 膝 関 節 も 左 膝 関 節 も 再 度 平 均 2 の 外 反 を 示 す 2 峰 性 の 軌 跡 を 示 した 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 が 大 きい 選 手 では, 膝 関 節 屈 曲 角 度 が 小 さくなる 傾 向 が 示 された 選 手 の 感 応 評 価 では, 左 右 の SSC でどちらかといえば 左 下 肢 でストップする 右 方 向 への SSC が 行 いやすいという 者 が 多 かった 左 右 の SSC で 一 方 向 の 行 いやすさを 訴 える 選 手 でも, 左 右 の 膝 関 節 運 動 が 平 均 値 と 大 きく 逸 脱 していなかった 考 察 左 下 肢 でストップし 右 方 向 に SSC する 動 作 では, 有 意 差 がないものの, 左 膝 関 節 が 右 より も 最 大 屈 曲 角 度 が 小 さく, 最 大 外 反 角 度 が 大 きくなる 傾 向 が 示 された 仮 説 を 肯 定 するに は 至 らなかった 今 回 は 15 名 の 対 象 であったが, 母 数 を 増 加 させることで 対 応 できると 考 える 本 研 究 では, 左 右 90 方 向 の SSC で 膝 関 節 運 動 に 明 確 な 左 右 差 は 示 されなかった し たがって 膝 関 節 運 動 の 左 右 差 によって, 左 膝 ACL 損 傷 のハイリスク 選 手 を 検 出 すること は 現 時 点 で 困 難 と 考 えるのが 妥 当 である しかし, 共 通 して 認 められた 膝 関 節 運 動 の 傾 向 を,ACL 損 傷 予 防 プログラムの 指 導 に 反 映 することは 可 能 と 思 われる SSC で, 左 膝 関 節 運 動 が ACL 損 傷 発 生 のリスクに 合 致 するにもかかわらず, 女 子 バスケットボール 選 手 では 左 下 肢 での SSC が 行 いやすいという 結 果 は 興 味 深 い 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 ACL 損 傷 が 左 膝 関 節 に 多 い 理 由 について, 研 究 データから 結 果 を 示 すことは, 理 学 療 法 士 の 大 きな 使 命 である 本 研 究 は ACL 損 傷 予 防 プログラムの 実 施 のために, 基 礎 的 な 実 験 室 での 研 究 成 果 をエビデンスとして 蓄 積 するという 意 義 がある

3 0435 非 予 測 条 件 での 90 サイドステップカッティング 動 作 が 膝 関 節 運 動 に 与 える 影 響 岩 田 昌 1), 浦 辺 幸 夫 2), 前 田 慶 明 2), 篠 原 博 3), 笹 代 純 平 3), 藤 井 絵 里 3), 森 山 信 彰 3), 事 柴 壮 武 3), 山 本 圭 彦 3), 河 原 大 陸 1) 1) 広 島 大 学 医 学 部 保 健 学 科,2) 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 院, 3) 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 key words 膝 前 十 字 靭 帯 損 傷 予 防 サイドステップカッティング 動 作 膝 関 節 運 動 はじめに, 目 的 女 子 バスケットボール 競 技 では 膝 関 節 に 多 くの 外 傷 が 発 生 しており, 特 に 膝 前 十 字 靭 帯 (anterior cruciate ligament ; ACL) 損 傷 の 重 大 性 は 高 い サイドステ ップカッティング(sidestep cutting ; SSC) 動 作 は, 非 接 触 型 ACL 損 傷 を 起 こす 動 作 のひとつである(Olsen et al. 2004) この 動 作 の 際 に, 膝 関 節 が 過 剰 に 外 反 すること で 損 傷 を 惹 起 させると 考 えられている(Hewett et al. 2005) SSC を 実 験 室 で 測 定 解 析 する 際 には,ストップ 時 の 脚 とストップ 後 の 側 方 移 動 方 向 を 前 もって 決 めておく 予 測 条 件 が 圧 倒 的 に 多 い これに 対 して, 光 刺 激 等 を 使 用 して 側 方 移 動 方 向 を 非 予 測 条 件 で 設 定 する 方 法 がある ストップ 脚 を 決 めていないため, 測 定 の 失 敗 も 多 く, 安 定 したデ ータを 得 るためには 困 難 も 多 い 先 行 研 究 で, 非 予 測 条 件 で 側 方 60 方 向 の SSC を 測 定 したものがある( 木 村 ら,2010) この 場 合, 予 測 条 件 よりも 非 予 測 条 件 で 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 が 増 大 していた これまで 女 子 バスケットボール 選 手 を 対 象 に, 側 方 90 方 向 の SSC を 予 測 条 件 と 非 予 測 条 件 で 比 較 した 研 究 はない 本 研 究 ではこの 条 件 の 違 いで, 膝 関 節 運 動 にどのような 影 響 があるのかを 提 示 したいと 考 える 仮 説 として, 非 予 測 条 件 での 90 SSC は 予 測 条 件 より 難 易 度 の 高 い 動 作 となるため, 膝 関 節 最 大 屈 曲 角 度 は 減 少 し, 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 は 増 加 するとした 方 法 対 象 は 大 学 女 子 バスケットボール 選 手 で, 膝 関 節 外 傷 の 既 往 がない 者 6 名 とした 年 齢 ( 平 均 ±SD)は 21.2±1.2 歳, 身 長 は 161.3±3.5cm, 体 重 は 54.2±3.9kg, 競 技 歴 は 8.3±2.3 年 であった 予 測 条 件 の 90 SSC は,5m の 助 走 路 を 最 大 努 力 で 走 り, 指 定 した 脚 をセンサーマット( 竹 井 機 器 工 業 社 ) 上 に 軸 脚 としてストップしたのちに 踏 み 切 り, 軸 脚 と 反 対 の 側 方 に 90 移 動 する 非 予 測 条 件 の 90 SSC は, 同 じく 5m の 助 走 路 で, スタート 後 3m 地 点 に 設 置 したセンサーマットを 踏 むと, 光 刺 激 でランダムに 左 右 の 方 向 が 指 定 される さらにその 前 方 のセンサーマット 上 でストップしたのち, 側 方 に 90 移 動 する 本 研 究 では, 各 試 行 で 成 功 したものを 3 回 抽 出 し,SSC にかかった 時 間 を 正 規 化 して 比 較 した SSC の 解 析 区 間 は, 足 部 接 地 から 足 部 離 地 までとした 三 次 元 動 作 解 析 のために, 対 象 の 両 下 肢 に 反 射 マーカーを 計 16 箇 所 貼 付 し,5 台 のハイスピードカメラ (フォーアシスト)を 用 いて,サンプリング 周 波 数 200Hz で 撮 影 した 撮 影 した 画 像 から

4 動 作 解 析 ソフト(Ditect)を 用 いて DLT 法 により, 三 次 元 座 標 を 求 めた 本 研 究 では 軸 脚 の 膝 関 節 最 大 屈 曲 角 度 と 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 を 分 析 に 使 用 した 統 計 学 的 分 析 には, 対 応 のある t 検 定 を 用 いて, 膝 関 節 最 大 屈 曲 角 度, 最 大 外 反 角 度 を 予 測 条 件 と 非 予 測 条 件 で 比 較 した 危 険 率 5% 未 満 を 有 意 とした 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 は, 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 科 心 身 機 能 生 活 制 御 科 学 講 座 倫 理 委 員 会 の 承 認 を 得 て 実 施 した( 承 認 番 号 1335) 研 究 に 先 立 ち 十 分 な 説 明 を 行 い, 対 象 の 同 意 を 得 た 結 果 90?SSC の 膝 関 節 最 大 屈 曲 角 度 は, 左 右 の 平 均 (±SD)が 予 測 条 件 で 51.2±5.5, 非 予 測 条 件 で 53.0±6.2 となり, 非 予 測 条 件 で 1.8 大 きかったが, 有 意 差 はなかった 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 は 予 測 条 件 で 8.2±3.8, 非 予 測 条 件 で 10.1±5.1 となり, 非 予 測 条 件 で 1.9 大 きくなった(p<0.05) 考 察 非 予 測 条 件 の 90 SSC では, 予 測 条 件 より 膝 関 節 最 大 屈 曲 角 度 は 減 少 し, 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 が 増 加 すると 仮 説 したが, 本 研 究 では 膝 関 節 最 大 外 反 角 度 のみが 大 きく なった ストップ 動 作 で 膝 関 節 が 屈 曲 していく 際 に, 予 め 軸 脚 が 分 かっていてもいなくて も, 選 手 が 行 いやすい 屈 曲 角 度 で 最 終 的 にはストップするのではないかと 考 えた これは 随 意 的 な 努 力 に 加 え, 大 腿 四 頭 筋 やハムストリングなど 膝 関 節 周 囲 筋 の 緊 張 や 固 有 感 覚 で 決 定 されるのかもしれない 一 方, 膝 関 節 外 反 について 予 測 条 件 では 屈 曲 と 同 様 に 選 手 が ある 程 度 制 御 が 可 能 であるが, 非 予 測 条 件 では 屈 曲 の 制 御 とは 異 なり 膝 関 節 回 旋 の 要 素 が 多 くなるため, 十 分 な 制 御 が 困 難 になることが 考 えられた 平 均 1.9 の 外 反 角 度 の 増 加 は 比 較 的 大 きなものであり, 実 際 のスポーツ 活 動 で 不 意 にこのような 非 予 測 条 件 に 類 似 し た 状 況 が 起 こると,ACL 損 傷 のリスクになることが 推 測 される 本 研 究 では, 非 予 測 条 件 のみならず, 予 測 条 件 での SSC の 測 定 も, 安 定 したデータを 得 るためにかなりの 試 行 回 数 を 要 した 実 験 室 での 測 定 結 果 が, 実 際 のバスケットボール 競 技 の 局 面 に 少 しずつ 反 映 で きるように,さらに 対 象 を 増 やして 吟 味 する 必 要 がある 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 非 予 測 条 件 の 90 SSC で 膝 関 節 外 反 角 度 の 制 御 が 困 難 になることが 示 されたことは,ACL 損 傷 予 防 の 方 策 の 立 案 に, 新 たなエビデンスを 加 える という 点 で 理 学 療 法 上 の 意 義 がある この 知 見 を 女 子 バスケットボール 選 手 の ACL 損 傷 予 防 の 一 助 としたい 着 地 後 早 期 の 膝 関 節 外 反, 内 旋 運 動 と 下 肢 関 節 運 動 の 関 係 石 田 知 也 1,2), 山 中 正 紀 3), 谷 口 翔 平 1), 宝 満 健 太 郎 1), 越 野 裕 太 1,4), 寒 川 美 奈 3), 齊 藤 展 士 3), 小 林 巧 3), 青 木 喜 満 5), 遠 山 晴 一 3) 1) 北 海 道 大 学 大 学 院 保 健 科 学 院,2) 整 形 外 科 北 新 病 院 リハビリテーション 科, 3) 北

5 海 道 大 学 大 学 院 保 健 科 学 研 究 院,4)NTT 東 日 本 札 幌 病 院 リハビリテーションセンター, 5) 整 形 外 科 北 新 病 院 key words 前 十 字 靭 帯 損 傷 予 防 動 作 解 析 はじめに, 目 的 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 損 傷 はスポーツ 外 傷 のうち 最 も 多 く, 重 篤 な 外 傷 の 一 つである ACL 損 傷 のうち 約 70% は 非 接 触 型 損 傷 であり, 女 性 は 男 性 に 比 べ 非 接 触 型 損 傷 率 が 2 から 8 倍 高 いことから, 特 に 女 性 の ACL 損 傷 予 防 が 重 要 である 近 年,ACL 損 傷 メカニズムの 一 つに 接 地 直 後 の 急 激 な 膝 外 反, 内 旋 運 動 が 提 唱 されており(Koga ら,2010),その 様 な 急 激 な 関 節 運 動 を 防 ぐことは ACL 損 傷 予 防 に 繋 がると 考 えられる しかし, 接 地 直 後 の 急 激 な 膝 関 節 外 反, 内 旋 運 動 を 導 く 要 因 は 明 らかとなっていない 本 研 究 の 目 的 は 着 地 後 早 期 の 膝 関 節 外 反, 内 旋 運 動 と 他 の 下 肢 関 節 運 動 との 関 係 を 検 討 することである 方 法 対 象 は 過 去 6 か 月 に 整 形 外 科 学 的 既 往 がない 健 常 女 性 39 名 (21.3±1.2 歳,160.3± 6.1cm,52.3±7.0kg)とした 動 作 課 題 は 30cm 台 から 着 地 後 直 ちに 最 大 垂 直 跳 びを 行 う Drop vertical jump とし, 台 からの 着 地 を 解 析 対 象 とした 反 射 マーカーを 骨 盤 および 下 肢 の 骨 指 標, 右 の 大 腿, 下 腿 な ど に 合 計 39 個 貼 付 し, 赤 外 線 カ メ ラ 6 台 (MotionAnalysis,200Hz)と 三 次 元 動 作 解 析 装 置 EvaRT4.3.57(Motion Analysis), 床 反 力 計 2 枚 (Kistler,1000Hz)を 同 期 させ 記 録 した 下 肢 関 節 角 度 ( 股 関 節 屈 伸 内 外 転 内 外 旋, 膝 関 節 屈 伸 内 外 反 内 外 旋, 足 関 節 底 背 屈 内 外 反 )の 算 出 にはデータ 解 析 ソ フト SIMM6.0.2(MusculoGraphics)を 用 いた また, 下 肢 関 節 角 度 は 静 止 立 位 時 の 角 度 を 0 とした 初 期 接 地 (IC)を 床 反 力 の 垂 直 成 分 が 10N 以 上 となった 時 点 として 同 定 し,IC 後 50ms までの 下 肢 関 節 角 度 変 化 量 を 算 出 した 膝 関 節 内 外 反 および 回 旋 角 度 変 化 量 とその 他 の 下 肢 関 節 角 度 変 化 量 との 間 の 関 係 を Pearson の 相 関 係 数 を 用 いて 検 討 し た(P<0.05) なお, 各 被 験 者 データは 成 功 3 試 行 の 平 均 値 を 用 いた 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 は 本 学 保 健 科 学 研 究 院 倫 理 委 員 会 の 承 認 を 得 て 行 った 対 象 には 事 前 に 口 頭 と 書 面 にて 本 研 究 の 目 的, 実 験 手 順, 考 えられる 危 険 性 などについて 説 明 し, 十 分 に 理 解 を 得 て, 参 加 に 同 意 した 者 は 同 意 書 に 署 名 をし, 研 究 に 参 加 した 結 果 膝 関 節 内 外 反 角 度 ( 外 反 が 正 )は IC 時 に-1.3±2.9,IC 後 50ms では 2.9±4.8 で あり, 接 地 後 50ms までの 角 度 変 化 量 は 4.2±2.6 ( 範 囲 :-0.3 から 11.5 )であっ た また, 膝 関 節 回 旋 角 度 ( 内 旋 が 正 )は IC 時 に 2.5±4.8,IC 後 50ms では 5.9±5.8 であり, 接 地 後 50ms までの 角 度 変 化 量 は 3.4±4.3 (-5.0 から 11.1 )であった IC 後 50ms までの 股 関 節 回 旋 角 度 変 化 量 ( 内 旋 が 正 )は 1.2±3.1 (-8.5 から 6.5 )で あり, 同 時 期 での 膝 関 節 内 外 反 角 度 変 化 量 (R=0.365,P=0.022), 膝 関 節 回 旋 角 度 変 化 量

6 (R=0.471,P=0.002)との 間 に 有 意 な 正 の 相 関 関 係 を 認 めた その 他 に 有 意 な 相 関 関 係 は 認 めなかった 考 察 本 研 究 結 果 から 着 地 直 後 の 股 関 節 回 旋 運 動 と 膝 関 節 内 外 反, 回 旋 運 動 との 間 に 相 関 関 係 が 示 され, 着 地 直 後 の 股 関 節 回 旋 運 動 が ACL 損 傷 と 関 連 することが 示 唆 された Ellera ら (2008)は ACL 損 傷 者 で 股 関 節 内 旋 可 動 域 が 減 少 していたと 報 告 しており, 本 研 究 結 果 も 股 関 節 外 旋 運 動 と 膝 関 節 外 反, 内 旋 運 動 の 関 連 を 示 唆 する 結 果 であった 従 来, 股 関 節 内 旋 は ACL 損 傷 と 関 連 があるとされる dynamic knee valgus や knee-in といった 下 肢 の 動 的 アライメントの 要 素 の 一 つであり, 運 動 連 鎖 の 観 点 から 膝 関 節 外 反 や 内 旋 の 増 大 を 導 くと 考 えられてきた しかし, 本 研 究 結 果 からその 様 な 正 常 な 運 動 連 鎖 が 生 じないこと により 膝 関 節 の 外 反, 内 旋 ストレスが 増 加 する 可 能 性 が 示 唆 された 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 本 研 究 結 果 は 着 地 動 作 中 の 股 関 節 外 旋 運 動 を 減 じる,もしくは 内 旋 運 動 を 引 き 出 すことで 膝 関 節 外 反, 内 旋 ストレスを 減 じることが 出 来 る 可 能 性 を 示 唆 している また, 先 行 研 究 で ACL 損 傷 者 の 股 関 節 内 旋 可 動 域 の 減 少 が 報 告 されており(Ellera ら,2008), 股 関 節 内 旋 可 動 域 制 限 の 改 善 は 着 地 動 作 中 の 正 常 な 運 動 連 鎖 を 導 き, 膝 関 節 外 反, 内 旋 ストレス の 減 少 に 繋 がるかもしれない 本 研 究 はスポーツ 理 学 療 法 分 野 における ACL 損 傷 予 防, また ACL 再 建 術 後 リハビリテーションの 一 助 となるものと 考 える 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 時 の 筋 活 動 開 始 時 間 唄 大 輔 1,2), 岡 田 洋 平 2), 福 本 貴 彦 2) 1) 社 会 医 療 法 人 平 成 記 念 病 院,2) 畿 央 大 学 大 学 院 健 康 科 学 研 究 科 key words 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 前 十 字 靭 帯 損 傷 予 防 筋 活 動 開 始 時 間 はじめに, 目 的 膝 前 十 字 靭 帯 ( 以 下 ACL) 損 傷 予 防 において,ジャンプ 着 地 動 作 時 に 脛 骨 前 方 移 動 を 制 御 するための 前 活 動 という 機 能 が 着 目 されており, 着 地 前 からの 筋 活 動 を 誘 導 することが 損 傷 予 防 に 有 効 であると 多 く 報 告 されている 前 活 動 に 関 して, 垂 直 ジャンプ 着 地 やドロッ プジャンプ 着 地 時 の 報 告 は 多 くあり, 着 地 時 に 大 腿 四 頭 筋 に 対 してハムストリングスの 前 活 動 が 早 いことが 報 告 されており, 着 地 前 に 適 切 なタイミングでハムストリングスの 前 活 動 を 高 めることが,ACL 損 傷 予 防 に 有 効 な 戦 略 の 一 つとして 考 えられる ACL 損 傷 予 防 プログラムには 様 々なジャンプ 動 作 が 用 いられており,その 中 には 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 も 含 まれている しかし, 回 転 ジャンプ 着 地 時 における 前 活 動 のタイミングについて 明 ら

7 かにされておらず, 損 傷 予 防 のための 前 活 動 を 促 す 練 習 としての 有 用 性 は 明 らかでない そこで 本 研 究 の 目 的 は,180,360 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 両 条 件 における 着 地 時 の 筋 の 前 活 動 開 始 時 間 の 相 違 を 検 証 することとした 方 法 対 象 は 下 肢 に 運 動 器 疾 患 のない 健 常 女 性 10 名 ( 平 均 年 齢 23.5±2.5 歳, 平 均 身 長 ±4.8 cm, 平 均 体 重 50.3±3.8 kg)とした 課 題 は 直 立 位 から 右 側 へ 180 および 360 回 転 ジャンプを 行 わせ, 着 地 後 に 着 地 姿 勢 を 2 秒 間 保 持 することとし, 両 条 件 において 3 試 行 ずつ 実 施 した 着 地 動 作 における 左 膝 関 節 周 囲 筋 の 筋 活 動 の 評 価 は 表 面 筋 電 図 測 定 装 置 を 用 い, 筋 活 動 開 始 が 床 反 力 計 により 評 価 した 着 地 時 点 より 何 秒 前 に 認 められたかを 算 出 した 被 検 筋 は, 内 側 広 筋, 大 腿 直 筋, 外 側 広 筋, 大 腿 二 頭 筋, 半 膜 様 筋 の 5 筋 とした 各 条 件 において, 各 筋 の 活 動 開 始 時 間 の 3 試 行 の 平 均 値 を 算 出 した 統 計 解 析 は, 課 題 間 における 各 筋 の 活 動 開 始 時 間 の 差 の 検 討 には 対 応 のある t 検 定 を 用 いた また, 各 課 題 に おいて 筋 間 の 活 動 開 始 時 間 の 差 を 検 討 する 際 には, 一 元 配 置 分 散 分 析 を 用 い 多 重 比 較 には Tukey-Kramer 検 定 を 用 いた 危 険 率 は 5% 未 満 を 有 意 とした 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 は 所 属 機 関 の 研 究 倫 理 委 員 会 の 承 認 (H23 25)を 得 て 行 った 被 験 者 には 本 研 究 の 趣 旨 について 口 頭 および 文 書 にて 十 分 な 説 明 を 行 い, 書 面 にて 同 意 を 得 た 結 果 180 回 転 ジャンプの 筋 活 動 開 始 時 間 は, 内 側 広 筋 が 0.03±0.01ms, 大 腿 直 筋 が 0.03± 0.01ms, 外 側 広 筋 が 0.04±0.01ms, 大 腿 二 頭 筋 が 0.11±0.03ms, 半 膜 様 筋 が 0.13± 0.04ms であった また,360 回 転 ジャンプにおいて, 内 側 広 筋 が 0.04±0.01ms, 大 腿 直 筋 が 0.04±0.01ms, 外 側 広 筋 が 0.04±0.01ms, 大 腿 二 頭 筋 が 0.13±0.04ms, 半 膜 様 筋 が 0.14±0.04ms であった 全 ての 筋 の 活 動 開 始 時 間 は 課 題 間 で 有 意 差 が 認 められなか った また,180,360 回 転 ジャンプいずれにおいても, 大 腿 二 頭 筋 と 半 膜 様 筋 の 活 動 開 始 時 間 は 内 側 広 筋 大 腿 直 筋 外 側 広 筋 に 対 して 有 意 に 早 かった(p<0.01) しかし, どちらの 課 題 も 大 腿 二 頭 筋 と 半 膜 様 筋 間 の 活 動 開 始 時 間,また 内 側 広 筋 大 腿 直 筋 外 側 広 筋 間 の 活 動 開 始 時 間 において 有 意 差 が 認 められなかった 考 察 本 研 究 では,180,360 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 における 膝 関 節 周 囲 筋 の 筋 活 動 開 始 時 間 の 差 を 検 討 した 結 果, 各 筋 において 前 活 動 を 認 めたが, 活 動 開 始 時 間 は 課 題 間 で 有 意 な 差 を 認 めなかった また,いずれの 課 題 においても 大 腿 二 頭 筋 と 半 膜 様 筋 が 内 側 広 筋 大 腿 直 筋 外 側 広 筋 に 対 して 有 意 に 早 かった 本 研 究 において 検 討 した 膝 関 節 周 囲 の 5 筋 すべ てにおいて 着 地 前 の 前 活 動 が 認 められたことから, 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 は ACL 損 傷 予 防 のための 前 活 動 を 促 す 動 作 課 題 として 利 用 可 能 であると 考 えられる また, 回 転 ジャン プ 着 地 動 作 における 大 腿 二 頭 筋 と 半 膜 様 筋 の 筋 活 動 開 始 時 間 は, 先 行 研 究 におけるドロッ プジャンプ 着 地 動 作 の 結 果 より 早 い 傾 向 が 見 られ, 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 はドロップジャ

8 ンプ 着 地 動 作 よりも 着 地 前 のより 早 いタイミングでの 前 活 動 を 促 す 課 題 として 有 用 である 可 能 性 がある また, 大 腿 二 頭 筋 と 半 膜 様 筋 間 の 活 動 開 始 時 間 に 差 がなく, 内 側 広 筋 大 腿 直 筋 外 側 広 筋 間 にも 差 を 認 めなかった 着 地 前 に 外 側 の 大 腿 二 頭 筋 と 外 側 広 筋 の 活 動 が 高 まることで 着 地 時 に 膝 関 節 が 外 反 方 向 へ 誘 導 されることや, 膝 関 節 内 側 の 筋 群 の 活 動 が 着 地 時 の 外 反 制 動 に 関 連 することなどの 報 告 がある 本 研 究 における 両 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 において は 大 腿 二 頭 筋 と 半 膜 様 筋 間 の 前 活 動 が 同 様 のタイミングで 起 こり,また 内 側 広 筋 大 腿 直 筋 外 側 広 筋 間 でも 活 動 が 同 様 のタイミングで 起 こったことにより, 内 外 反 方 向 への 回 旋 ストレスを 軽 減 している 可 能 性 がある 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 回 転 ジャンプ 着 地 動 作 は 着 地 前 の 前 活 動 を 要 する 課 題 であり,ACL 損 傷 予 防 プログラムの 一 つとして 有 用 であることが 示 された 腰 痛 予 防 を 考 えて ~ 臥 位 移 乗 の 取 り 組 み~ 河 野 伸 吾, 荒 木 佑 介, 小 山 徳 人, 山 本 祐 司, 池 元 好 江 医 療 法 人 渓 仁 会 定 山 渓 病 院 key words ボード 抱 え 上 げ 移 乗 腰 部 負 担 はじめに, 目 的 高 齢 者 介 護 は, 従 来 から 介 護 者 の 腰 部 への 負 担 が 大 きく 腰 痛 者 数 も 増 加 している 厚 生 労 働 省 においても, 職 場 における 腰 痛 予 防 対 策 指 針 を 通 達 するなど 積 極 的 な 対 応 を 実 施 し ている 中 でも, 重 度 介 護 者 のベッド 車 いす 間 の 移 乗 ( 以 下, 移 乗 )は, 特 に 腰 部 への 負 担 が 大 きく, 福 祉 用 具 の 中 でもリフトを 使 用 することが 勧 められている しかし, 臨 床 上 使 用 時 間 がかかってしまうことなどもあり,リフトを 導 入 していない 施 設 がまだ 多 い 状 況 にある リフトや 人 力 による 抱 え 上 げ 移 乗 ではない 移 乗 方 法 として,フレックスボード( 以 下,ボ ード)を 使 用 した 臥 位 移 乗 は 我 々が 調 べた 範 囲 内 で 言 及 している 論 文 は 見 当 たらない そこで 我 々は 前 年 度 第 64 回 北 海 道 理 学 療 法 士 学 術 大 会 にて,2 名 での 抱 え 上 げ 移 乗 より フレックスボードを 使 用 した 臥 位 移 乗 の 方 が 移 乗 介 助 量 を 軽 減 することを 示 唆 した 今 回 は 病 棟 スタッフが 実 業 務 で 使 用 し, 移 乗 の 腰 部 負 担 が 軽 減 するのかを 検 証 した 方 法 対 象 は 移 乗 介 助 を 実 施 している 特 定 の 病 棟 スタッフ 18 名 とした

9 研 究 開 始 2 週 間 で, 対 象 が 1 回 以 上 ボードを 使 用 した 臥 位 移 乗 を 経 験 し,その 後 6 週 間, 実 業 務 においてアームサポートが 取 れ, 後 方 への 姿 勢 変 換 機 能 付 き 車 いす 使 用 の 患 者 に 対 し,ボードを 使 用 した 臥 位 移 乗 を 実 践 した そして, 研 究 期 間 前 後 にアンケートを 実 施 し た アンケートは,1 移 乗 業 務 全 体 における 腰 部 負 担,2ボード 対 象 患 者 の 移 乗 業 務 における 腰 部 負 担,3ボード 非 対 象 患 者 の 移 乗 業 務 における 腰 部 負 担 とし,0(なし)~5( 大 きく も 小 さくもない)~10(とても 大 きい)の 11 段 階 からの 選 択 とした 研 究 期 間 後 にはボ ードの 感 想 も 加 えた 統 計 は 中 央 値 を 算 出 し,ボード 導 入 前 後 とボード 対 象 非 対 象 患 者 間 の 移 乗 業 務 における 腰 部 負 担 を Wilcoxon 検 定 にて 比 較 し, 有 意 水 準 は 5% 未 満 とした また, 研 究 期 間 前 後 の 病 棟 全 患 者 数,ボード 対 象 患 者 数 と 移 乗 状 況, 移 乗 介 助 人 数 毎 の 患 者 数 と 人 力 での 抱 え 上 げ 移 乗 患 者 数 を 調 査 した 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 はヘルシンキ 宣 言 に 従 い 実 施 した 研 究 期 間 前 のアンケートを 研 究 の 同 意 書 とし, 対 象 者 には 本 研 究 について 説 明 した 後,アンケートを 回 収 した 結 果 導 入 前 の1は 8.5 で,そのうち2が 10.0,3が 7.5 で23 間 に 有 意 差 があった(p<.01) 導 入 後 の1は 7.0 で,そのうち2が 2.5,3が 7.5 で23 間 に 有 意 差 があった(p<.001) 導 入 前 後 の 比 較 では,2のみ 有 意 差 があった(p<.001) 感 想 は, 慣 れれば, 患 者 介 助 者 共 に 身 体 的 に 楽 というものが 多 く, 準 備 に 手 間 はかかったがリフトよりは 良 い 使 用 ができる 車 いすが 限 定 される というものもあった 研 究 期 間 前 後 の 全 患 者 数 は 44 名 から 47 名 になった ボード 対 象 患 者 は 前 後 とも 同 一 患 者 9 名 で,ボード 導 入 前, 全 員 臥 位 から 抱 え 上 げて 移 乗 していた また, 人 力 での 抱 え 上 げ 移 乗 人 数 は 19 名 から 8 名 になり,そのうち 2 人 介 助 は 17 名 から 6 名 になった 考 察 ボード 導 入 前,ボード 対 象 患 者 の 方 が 非 対 象 患 者 に 比 べ 移 乗 業 務 における 腰 部 負 担 が 有 意 に 高 かったことから, 臥 位 からの 抱 え 上 げ 移 乗 は 最 も 腰 部 負 担 のかかる 業 務 の 一 つであっ たと 考 えられた また, 全 患 者 数 やボード 対 象 者 にほぼ 変 化 がないにも 関 わらず,ボード 使 用 前 後 でボード 対 象 患 者 の 移 乗 業 務 における 腰 部 負 担 が 有 意 に 減 少 し, 非 対 象 患 者 よりも 有 意 に 減 少 した さらに 感 想 には, 患 者 介 助 者 共 に 身 体 的 に 楽 とあり,ボードの 使 用 は 重 度 介 護 者 を 移 乗 する 際 の 腰 部 負 担 が 軽 減 することが 示 唆 された しかし, 移 乗 業 務 全 体 において, 腰 部 負 担 の 軽 減 はみられたものの 有 意 差 はみられなかっ た これはボード 対 象 患 者 の 移 乗 業 務 における 腰 部 負 担 は 軽 減 したが,ボード 非 対 象 患 者 の 移 乗 業 務 における 腰 部 負 担 が 残 存 したためと 考 える 厚 生 労 働 省 によると, 腰 痛 予 防 対 策 として, 移 乗 時 の 人 力 による 人 の 抱 え 上 げは 原 則 禁 止 としている そのため, 病 棟 へのボードの 導 入 を 推 奨 すると 共 に,ボード 非 対 象 患 者 の 中

10 で 残 存 している 抱 え 上 げ 移 乗 患 者 を 減 少 させることで,はじめて 移 乗 業 務 全 体 の 腰 部 負 担 が 軽 減 すると 考 えられた 感 想 には, 準 備 に 手 間 はかかったがリフトよりは 良 い とあり,リフトより 使 用 のしやす さが 伺 われたが, 使 用 ができる 車 いすが 限 定 される との 意 見 もあり,アームサポートが 取 れないなどの 車 いすがあった 場 合 などのためにも,リフトとボードの 併 用 が 臨 床 上 必 要 であると 思 われた 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 最 も 腰 部 負 担 のかかる 業 務 の 一 つである 臥 位 からの 抱 え 上 げ 移 乗 に 代 わる 方 法 として, 今 まで 言 及 されていなかったボードを 使 用 した 方 法 が, 臨 床 上 有 効 であることを 示 唆 した 中 学 生 野 球 選 手 におけるセルフチェックテスト Check 9 の 有 用 性 遠 藤 康 裕 1,2), 宇 賀 大 祐 1,2), 坂 本 雅 昭 1) 1) 群 馬 大 学 大 学 院 保 健 学 研 究 科,2) 医 療 法 人 一 羊 会 上 武 呼 吸 器 科 内 科 病 院 key words 障 害 予 防 投 球 障 害 成 長 期 目 的 成 長 期 の 野 球 選 手 の 障 害 予 防 の 取 り 組 みとしては, 各 年 代 の 選 手 に 対 するメディカルチェ ックから 各 種 大 会 のメディカルサポート, 各 種 講 演 など 多 くの 活 動 が 行 なわれている し かし, 実 際 の 障 害 発 生 件 数 の 明 らかな 減 少 に 至 っているとは 言 い 難 い また, 成 人 野 球 選 手 の 多 くが 成 長 期 段 階 から 何 らかの 障 害 を 有 しているともいわれている ゆえに, 成 長 期 野 球 選 手 の 障 害 を 予 防 することは 我 々 理 学 療 法 士 にとって 非 常 に 重 要 な 課 題 であると 考 え る そこで 我 々は 学 童 期 から 実 施 可 能 なセルフチェックテスト Check 9 と 野 球 選 手 に 重 要 なストレッチ 項 目 を 抽 出 した Stretching 9 を 含 めた Top 9 を 独 自 に 作 成 し, 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 主 催 成 長 期 のスポーツ 障 害 予 防 指 導 者 講 習 会 においてもその 啓 発 活 動 を 行 なっている そこで 今 回 はその 中 の Check 9 の 有 用 性 を 検 討 することを 目 的 に 各 テス トと 障 害 の 有 無 との 関 連 を 検 討 した 方 法 対 象 は, 中 学 校 軟 式 野 球 部 に 在 籍 する 男 子 中 学 生 27 名 ( 年 齢 :13.2±0.8 歳, 身 長 :157.5 ±8.5cm, 体 重 :49.4±10.0kg)とした 基 本 情 報 について, 年 齢, 学 年,ポジションを 聴 取 した 肩 肘 関 節 痛 の 有 無 は 理 学 療 法 士 が 投 球 時 痛 をインタビューにて 聴 取 した 肩 関 節 または 肘 関 節 に 疼 痛 を 有 する 者 を 障 害 群, 有 さない 者 を 対 照 群 とした Check 9 の 構 成 要 素 は,ショルダーモビリティテスト,Finger Floor Distance(FFD), Heel Buttock Distance(HBD), 股 関 節 内 旋 テスト,しゃがみ 込 み, 片 脚 立 位 (またはフォワードベンド),

11 フォワードベンチ,サイドベンチ,クロスモーションの 9 項 目 であり, 今 回 はよりセルフ チェックが 簡 便 に 行 なえるようクロスモーションを 除 き 片 脚 立 位 とフォワードベンドを 独 立 させた 9 項 目 で 評 価 を 行 なった 各 テストの 結 果 は 動 作 運 動 が 正 確 に 行 なえる 場 合 を 陰 性, 行 なえない 場 合 を 陽 性 とし, 理 学 療 法 士 1 名 で 判 定 を 行 なった 統 計 学 的 解 析 では, 各 評 価 項 目 においてカイ 二 乗 検 定 を 行 い, 対 照 群 に 対 する 障 害 群 のオッズ 比 を 算 出 した 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 対 象 者 全 員 および 保 護 者,チーム 責 任 者 に 本 研 究 内 容, 対 象 者 の 有 する 権 利 について 十 分 に 説 明 を 行 い 参 加 の 同 意 を 得 た 結 果 障 害 群 は 15 名, 対 照 群 は 12 名 であった 対 照 群 に 対 して 障 害 群 では 軸 脚 HBD(p= 0.004), 非 軸 脚 HBD(p=0.038), 非 軸 脚 股 関 節 内 旋 (p=0.013), 非 軸 脚 フォワードベン ド(p=0.047)で 有 意 に 陽 性 者 の 人 数 が 多 かった オッズ 比 (95% 信 頼 区 間 )は 対 照 群 に 対 して 障 害 群 でそれぞれ, 軸 脚 HBD が 12.0 倍 ( ), 非 軸 脚 HBD が 5.5 倍 ( ), 非 軸 脚 股 関 節 内 旋 が 8.3 倍 ( ),フォワードベンドが 7.5 倍 ( ) であった 考 察 今 回 の 研 究 より,HBD, 股 関 節 内 旋,フォワードベンドのテストで 陽 性 であった 者 は 肩 肘 関 節 に 疼 痛 を 有 しやすいことが 明 らかになった つまりは, 大 腿 四 頭 筋 の 柔 軟 性, 股 関 節 内 旋 可 動 域, 動 的 な 立 位 バランスの 低 下 が 障 害 発 生 の 要 因 となりうると 考 えられる ま たオッズ 比 より, 軸 脚 大 腿 四 頭 筋 の 柔 軟 性 低 下, 軸 脚 股 関 節 内 旋 の 可 動 域 低 下 が 障 害 発 生 に 大 きく 影 響 を 及 ぼすことが 示 唆 された 群 間 で 有 意 な 差 が 認 められなかった 項 目 につい ても 障 害 予 防 には 重 要 であるとされており,それに 加 え 今 回 の 客 観 的 な 検 討 により, 我 々 が 作 成 した Check 9 は 野 球 選 手 の 障 害 予 防 におけるセルフチェックとして 有 用 であると いえる さらには Stretching 9 には 今 回 障 害 要 因 として 示 唆 された 項 目 に 対 するストレ ッチングが 含 まれており, 障 害 予 防 プログラムとして Top 9 の 有 用 性 を 検 討 していくこ とが 重 要 であると 考 える 本 研 究 は 横 断 的 研 究 であり 実 際 に 障 害 発 生 との 因 果 関 係 は 明 確 ではない 今 後 縦 断 的 な 調 査 を 行 うことが 課 題 である 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 本 研 究 は, 成 長 期 野 球 選 手 における 身 体 機 能 のセルフチェックの 有 用 性 を 明 らかにしたも のであり, 障 害 予 防 の 一 指 標 として 非 常 に 意 義 があると 考 える 高 校 野 球 選 手 のための 投 球 障 害 発 症 予 測 システム ~ 効 率 的 なフィジカルチェックをめざして~

12 福 岡 進 1), 岡 田 匡 史 1), 亀 山 顕 太 郎 1), 石 井 壮 郎 2) 1) 松 戸 整 形 外 科 病 院 リハビリテーションセンター,2) 松 戸 整 形 外 科 病 院 MD key words 投 球 肩 発 症 予 防 目 的 近 年, 野 球 選 手 にフィジカルチェックを 行 い, 早 期 に 予 防 策 を 講 ずる 取 り 組 みが 広 く 行 わ れるようになってきた しかし, 実 際 に 障 害 予 防 に 対 する 選 手 の 意 識 を 高 めて 有 病 率 を 低 下 させるには 数 多 くの 課 題 がある その 中 で 特 に 重 要 だと 考 える 4 つの 課 題 を 列 挙 する 1. 障 害 に 対 する 選 手 の 予 防 意 識 を 十 分 に 高 められないため, 予 防 効 果 があがらない 2. フィジカルチェックにおいて,どの 項 目 を 優 先 的 に 調 べていくべきかという 基 準 が 曖 昧 で ある 3.フィジカルチェック 後, 選 手 へフィードバックするまでに 時 間 がかかる 4.デ ータを 取 得 してもそれを 蓄 積 していないため, 良 質 なエビデンスを 構 築 できない こうし た 課 題 を 解 決 するためには 新 しいシステムの 開 発 が 必 要 である そこで 本 研 究 の 目 的 は, 必 要 最 低 限 のフィジカルチェックを 行 うことにより, 投 球 障 害 肩 肘 に 関 する 近 未 来 の 発 症 確 率 を 予 測 し,リアルタイムに 選 手 にフィードバックを 行 うことで 選 手 の 予 防 意 識 を 向 上 させるシステムを 開 発 することとした 方 法 高 校 野 球 部 員 30 名 に 対 し 無 症 候 期 にフィジカルチェックを 行 い,その 後 の 半 年 間 にどの 選 手 が 投 球 障 害 肩 肘 を 発 症 したかを 1 週 間 毎 に 前 向 きに 調 査 した フィジカルチェック データと 発 症 データをロジスティック 回 帰 分 析 することで 発 症 に 有 意 に 関 連 する 危 険 因 子 を 同 定 し,それらから 発 症 確 率 を 予 測 する 回 帰 式 を 算 出 した 算 出 した 回 帰 式 にフィジカ ルチェックデータを 代 入 することにより, 選 手 一 人 一 人 の 近 未 来 の 発 症 確 率 を 予 測 するシ ステムを 構 築 した その 後 次 シーズンに 本 システムを 活 用 して, 選 手 一 人 一 人 に 発 症 確 率 と 危 険 因 子 を 伝 え, 予 防 策 を 指 導 した 後,アンケートにて 予 防 意 識 に 関 する 調 査 を 行 った 説 明 と 同 意 選 手 にはヘルシンキ 宣 言 に 基 づき 研 究 の 主 旨 を 説 明 し 同 意 を 得 た 上 で 研 究 を 行 った また, 参 加 の 自 由 意 志 を 説 明 し, 協 力 同 意 を 得 られなかったとしても, 不 利 益 は 生 じない ことを 記 載 し 文 書 にて 配 布 した 結 果 調 査 期 間 中 に 33%(10/30 例 )の 選 手 が 投 球 障 害 肩 肘 を 発 症 した 発 症 に 有 意 に 関 連 性 のあった 項 目 は 挙 上 位 外 旋 角 度, 肩 甲 帯 内 転 角 度, 踵 殿 部 距 離 であり,これらの 因 子 を 用 いて 発 症 確 率 を 高 精 度 に 予 測 する 回 帰 式 を 算 出 した( 判 別 的 中 率 87%) 算 出 した 回 帰 式 を Excel に 組 み 込 み,Excel のマクロ 機 能 を 活 用 することにより, 上 記 3 つのフィジカ ルチェックデータをパソコンに 入 力 するだけで,リアルタイムに 発 症 確 率 を 表 示 するシス テムを 構 築 した また, 入 力 データは 自 動 的 にデータベースに 組 み 込 まれ, 労 せずデータ を 蓄 積 できるようにした システム 構 築 後 の 次 シーズンに, 本 システムを 導 入 したところ,

13 96% の 選 手 の 予 防 意 識 は 向 上 し,79% の 選 手 に 実 際 に 予 防 に 取 り 組 む 姿 勢 がみられた 考 察 本 研 究 で 発 症 に 関 連 のある 項 目 は, 挙 上 位 外 旋 角 度, 肩 甲 帯 内 転 角 度, 踵 殿 部 距 離 であっ た これらの 機 能 低 下 は 発 症 に 対 する 危 険 因 子 であり, 優 先 的 にチェックしていくことが 重 要 であると 考 える これら 3 項 目 は 簡 便 であるため, 現 場 の 指 導 者 や 選 手 も 行 うことが できると 思 われる 本 システムでは Excel のマクロ 機 能 を 活 用 したため,フィジカルチェ ックの 結 果 をその 場 でフィードバックできた 今 回,ほとんどの 選 手 の 予 防 意 識 は 向 上 し 積 極 的 に 予 防 に 取 り 組 むようになった その 理 由 として 以 下 の 2 つのことが 考 えられた 1 発 症 確 率 という 具 体 的 な 数 値 を 用 いて 選 手 一 人 一 人 の 近 未 来 を 予 測 したこと 2 フィジ カルチェック 後 すぐにフィードバックしたことで,その 結 果 が 選 手 の 印 象 に 残 りやすかっ たこと 我 々のデータベースの 規 模 はまだ 小 さいため, 今 後 もデータの 集 積 が 必 要 である しかし, 本 システムのマクロ 機 能 により, 入 力 されたデータは 自 動 的 にデータベースに 蓄 積 されるため, 今 後 システムの 効 果 や 妥 当 性 の 検 証 にかかる 労 力 はかなり 軽 減 される し たがって, 本 システムは, 現 場 の 選 手 のために 効 率 的 なフィジカルチェックを 行 うことが でき,リアルタイムにフィードバックを 行 うことで 選 手 の 予 防 意 識 の 向 上 を 図 ることがで きる また,データも 蓄 積 できることから, 多 方 面 からのデータ 集 積 も 簡 便 であると 考 え る 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 高 校 野 球 選 手 を 対 象 に, 必 要 最 低 限 のフィジカルチェックを 行 うことで, 投 球 障 害 肩 肘 に 関 する 近 未 来 の 発 症 確 率 を 予 測 し,リアルタイムに 選 手 にフィードバックできるシステ ムを 開 発 した 理 学 療 法 士 が 臨 床 での 経 験 を 生 かし,このようなシステムを 構 築 すること で, 選 手 を 障 害 から 予 防 できると 考 える 今 後, 本 システムを 活 用 しデータベースを 拡 張 していくことで, 現 場 に 良 質 なエビデンスを 供 給 できるとともに 普 遍 的 な 障 害 予 防 法 の 確 立 に 寄 与 できるものと 思 われる 小 中 学 野 球 選 手 のための OCD 推 定 システムの 開 発 ~ 離 断 性 骨 軟 骨 炎 の 早 期 発 見 を 目 指 して~ 亀 山 顕 太 郎 1,2), 高 見 澤 一 樹 1), 鈴 木 智 1), 古 沢 俊 祐 1), 田 浦 正 之 1), 宮 島 恵 樹 1), 橋 川 拓 人 1), 岡 田 亨 1), 木 島 丈 博 3), 石 井 壮 郞 4), 落 合 信 靖 3) 1) 千 葉 県 理 学 療 法 士 会 スポーツ 健 康 増 進 支 援 部,2) 松 戸 整 形 外 科 病 院 リハビリテーショ ンセンター, 3) 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 整 形 外 科,4) 筑 波 大 学 Sports Research & Development Core key words スクリーニングテスト 野 球 肘 障 害 予 防

14 はじめに, 目 的 成 長 期 の 野 球 選 手 において 野 球 肘 の 有 病 率 は 高 く 予 防 すべき 重 要 課 題 である その 中 でも 離 断 性 骨 軟 骨 炎 ( 以 下,OCD)は 特 に 予 後 が 悪 く, 症 状 が 出 現 した 時 にはすでに 病 態 が 進 行 していることが 多 いため, 早 期 発 見 することが 重 要 である OCD を 早 期 発 見 するために はエコーを 用 いた 検 診 が 有 効 であり, 近 年 検 診 が 行 われる 地 域 が 増 えている しかし, 現 状 では 現 場 に 出 られる 医 師 数 には 限 界 があり,エコー 機 器 のコストも 考 慮 すると, 数 十 万 人 といわれる 少 年 野 球 選 手 全 体 にエコー 検 診 を 普 及 させるのは 難 しい もし,エコー 検 査 の 前 段 階 に 簡 便 に 行 えるスクリーニング 検 査 があれば, 無 症 候 性 の OCD を 初 期 段 階 で 効 率 的 に 見 つけ 出 せる 可 能 性 が 高 まる 本 研 究 の 目 的 は, 問 診 理 学 検 査 投 球 フォームチェックを 行 うことによって,その 選 手 の OCD の 存 在 確 率 を 推 定 し, 二 次 検 診 が 必 要 かどうかを 判 定 できるスクリーニングシス テム( 以 下 OCD 推 定 システム)を 開 発 することである 方 法 調 査 集 団 は 千 葉 県 理 学 療 法 士 会 スポーツ 健 康 増 進 支 援 部 主 催 の 投 球 障 害 予 防 教 室 に 参 加 した 小 中 学 生 221 名 とした この 教 室 では 問 診 理 学 検 査 20 項 目 投 球 フォームチ ェック 5 項 目 の 他 に 医 師 による 両 肘 のエコー 検 査 が 行 われた OCD が 疑 われた 選 手 は 病 院 での 二 次 検 査 に 進 み,そこで OCD か 否 かの 確 定 診 断 がなされた 上 記 の 記 録 をデータ ベース 化 し,OCD の 確 定 診 断 がついた 選 手 と 有 意 に 関 連 性 のある 因 子 を 抽 出 した この 抽 出 された 因 子 をベイズ 理 論 で 解 析 することによって,これらの 因 子 から 選 手 一 人 一 人 の OCD の 存 在 確 率 を 推 定 するシステムを 構 築 した 推 定 された OCD の 存 在 確 率 と 実 際 のデータを 照 合 し, 分 割 表 を 用 いてシステムの 妥 当 性 を 評 価 した 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 ヘルシンキ 条 約 に 基 づき, 事 前 に 各 チームの 監 督, 保 護 者 に 対 して 検 診 の 目 的, 内 容 につ いて 説 明 し 同 意 を 得 た また, プライバシーの 保 護 同 意 の 自 由 参 加 の 自 由 意 志 を 説 明 し, 協 力 同 意 を 得 られなかったとしても, 不 利 益 は 生 じないことを 記 載 し 当 日 文 書 にて 配 布 した 結 果 221 名 中 17 名 (7.7%)の 選 手 が,エコー 上 で 骨 頭 異 常 を 認 め 二 次 検 診 を 受 けた 結 果, 4 名 (1.8%)の 選 手 が OCD と 確 定 診 断 された OCD に 関 連 性 の 高 かった 問 診 項 目 は 野 球 肘 の 既 往 があること 野 球 肩 の 既 往 がないこ と であり, 理 学 検 査 項 目 は 肘 の 伸 展 制 限 があること 肘 と 肘 をつけた 状 態 で 上 肢 を 鼻 の 高 さまで 上 げられないこと( 以 下 広 背 筋 テスト) 非 投 球 側 での 片 足 立 ちが 3 秒 間 安 定 できないこと, 投 球 フォームチェックでは 投 球 フォームでの 肩 肩 肘 ラインが 乱 れて いること( 以 下 肘 下 がり) であった これらの 因 子 から 選 手 一 人 一 人 の OCD の 存 在 確 率 をベイズ 理 論 を 用 いて 推 定 した 推 定

15 した OCD 存 在 確 率 の cut off 値 を 15%に 設 定 し, 二 次 検 査 が 必 要 か 否 かを 判 別 し, 実 デ ータと 照 らし 合 わせたところ, 感 度 100%, 特 異 度 96.8%, 陽 性 的 中 率 36.4%, 陰 性 的 中 率 100%, 正 診 率 96.8% と 高 精 度 に 判 別 できた 考 察 本 システムは,OCD の 危 険 因 子 を 持 った 選 手 を 抽 出 し,その 存 在 確 率 を 推 定 することによ って, 危 険 性 の 高 い 選 手 にエコー 検 査 を 積 極 的 に 受 けるように 促 すシステムである この システムでは 問 診 や 理 学 検 査 を 利 用 するため, 現 場 の 指 導 者 でも 簡 便 に 使 うことができ, 普 及 させやすいのが 特 徴 である こうしたシステムを 用 いることで, 選 手 や 指 導 者 の OCD に 対 する 予 防 意 識 を 高 められるという 効 果 が 期 待 される 本 研 究 で OCD と 関 連 性 の 高 かったフィジカルチェック 項 目 は, 投 球 フォームでの 肘 下 が りや 非 投 球 側 の 下 肢 の 不 安 定 性, 肩 甲 帯 胸 椎 の 柔 軟 性 を 評 価 するものが 含 まれている こうした 機 能 の 低 下 は OCD に 対 する 危 険 因 子 の 可 能 性 があると 考 えられた 今 後 普 遍 性 を 高 めるために, 他 団 体 とも 連 携 し 縦 断 的 かつ 横 断 的 観 察 を 進 めていく 予 定 で ある 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 OCD 推 定 システムを 開 発 し 発 展 させることで, 理 学 療 法 士 が OCD の 予 防 に 貢 献 できる 道 筋 を 開 ける 今 後,より 簡 便 なシステムを 確 立 し, 無 症 候 性 の OCD を 高 精 度 にスクリ ーニングできれば,より 多 くの 少 年 野 球 選 手 を 障 害 から 守 ることが 可 能 になる 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 静 岡 大 会 における 暑 熱 環 境 と 熱 中 症 罹 患 の 傾 向 の 実 態 調 査 静 岡 県 メディカルサポートによる 熱 中 症 予 防 対 策 の 啓 蒙 活 動 小 原 智 永 1,4), 山 﨑 一 史 2,4), 鈴 木 啓 介 3,4), 廣 野 文 隆 4), 小 林 敦 郎 4), 甲 賀 英 敏 4), 岡 部 敏 幸 4) 1) 聖 稜 リハビリテーション 病 院 リハビリテーション 部,2) 菊 川 市 立 総 合 病 院 リハビリ テーション 室, 3) 磐 田 市 立 総 合 病 院 リハビリテーション 技 術 科,4) 静 岡 県 理 学 療 法 士 会 公 益 事 業 局 メディカルサポート 部 高 校 野 球 メディカルサポート 部 門 key words 熱 中 症 予 防 WBGT 運 動 指 針 はじめに, 目 的 静 岡 県 高 校 野 球 メディカルサポート( 以 下 :MS)は, 静 岡 県 高 校 野 球 連 盟 の 要 請 を 受 け 昨 年 の 第 95 回 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 静 岡 大 会 ( 以 下 : 夏 季 大 会 )にて 11 年 が 経 過 した 静 岡 県 の MS は, 県 士 会 の 公 益 事 業 として 組 織 的 に 活 動 が 可 能 となっているため, 1 回 戦 から 決 勝 までの 県 内 全 10 球 場 にて 試 合 前 中 に 関 わる 処 置 や 試 合 後 の cooling down

16 を 行 っている 近 年 では, 熱 中 症 に 対 する 処 置 ( 観 客 も 含 む)や 啓 蒙 活 動 において 力 を 入 れており,その 一 つに 球 場 内 で 暑 熱 環 境 の 指 標 として 運 動 時 の 熱 中 症 の 予 防 措 置 に 用 いら れる Wetbulb Globe Temperature 湿 球 黒 球 温 度 ( 以 下 :WBGT)を 測 定 し, 場 内 の 注 意 喚 起 を 促 している 夏 季 大 会 の WBGT と 熱 中 症 罹 患 との 危 険 性 の 関 連 を 明 らかにするこ とは, 大 会 での 熱 中 症 予 防 パフォーマンス 低 下 回 避 の 一 助 となると 考 えられる そこで, 本 研 究 の 目 的 は 球 場 内 の WBGT などの 暑 熱 環 境 と 熱 中 症 罹 患 の 特 徴 を 明 らかにすること とし, 分 析 検 討 を 行 った 方 法 平 成 25 年 7 月 13 日 から 同 年 7 月 29 日 の 暑 熱 環 境 を 計 測 するために 乾 球 温 湿 球 温 黒 球 温 WBGT を 熱 中 症 指 標 計 ( 京 都 電 子 工 業 製 WBGT203A)を 用 いて 測 定 した 県 内 全 10 球 場 のうち 4 球 場 ( 西 部 東 部 地 区 の 各 1 球 場 と 中 部 地 区 2 球 場 )にて, 各 試 合 前 試 合 中 (5 回 終 了 時 )と 全 ての 試 合 終 了 後 にグランド 中 央 で 計 測 を 行 った 分 析 は, 観 客 を 含 めた 熱 中 症 有 りの 計 測 群 ( 以 下 : 有 群 )と 熱 中 症 無 しの 計 測 群 ( 以 下 : 無 群 ) に 分 け 乾 球 温 湿 球 温 黒 球 温 WBGT の 差 を 独 立 した t 検 定 を 用 いて 求 めた また, 熱 中 症 罹 患 については ROC 曲 線 を 用 い WBGT のカットオフ 値 を 算 出 した 有 意 水 準 は 危 険 率 5% 未 満 とした 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 大 会 役 員, 責 任 教 師, 審 判, 選 手 に 対 して WBGT の 測 定 について 説 明 し, 同 意 を 得 た 今 回 の 報 告 にあたっては, 個 人 情 報 の 保 護, 倫 理 的 配 慮 に 十 分 注 意 し 集 計 を 行 った 結 果 全 計 測 回 数 は 150 回 であり,その 内 有 群 は 24 回 ( 観 客 を 含 む)であった 1 回 戦 で 17 回, 2 回 戦 で 1 回,3 回 戦 で 2 回,4 回 戦 で 1 回, 準 々 決 勝 で 2 回, 準 決 勝 で 1 回 であっ た 選 手 の 罹 患 件 数 は,1 回 戦 で 9 人,2 回 戦 で 0 人,3 回 戦 で 2 人,4 回 戦 で 1 人 の 計 12 人 であった また,ポジション 別 では 投 手 3 人, 捕 手 1 人,1 塁 手 2 人,3 塁 手 1 人, 遊 撃 手 3 人, 中 堅 手 1 人, 補 欠 1 人 であった 重 症 度 別 では, 筋 痙 攣 などの I 度 が 8 人, 頭 痛 や 倦 怠 感 などの II 度 が 4 人, 意 識 消 失 などの III 度 が 0 人 であった 各 測 定 項 目 の 平 均 値 は, 乾 球 温 30.9±2.0, 湿 球 温 62.9±8.5, 黒 球 温 35.8±3.9, WBGT28.3±1.4 であった 無 群 の 平 均 値 は, 乾 球 温 27.9±2.75, 湿 球 温 70.4±10.4, 黒 球 温 32.9±4.2,WBGT26.4±2.0 であり, 有 群 と 無 群 との 比 較 では 乾 球 温, 黒 球 温, WBGT が 有 意 に 高 く, 湿 度 は 有 意 に 低 かった(p<0.05) また WBGT は, 曲 線 下 面 積 0.77 ( 漸 次 有 意 確 率 p<0.05),カットオフ 値 であった( 感 度 83.6%,1- 特 異 度 39.7%) 考 察 日 本 体 育 協 会 運 動 指 針 ( 以 下 : 運 動 指 針 )では,WBGT の は 警 戒 レベル で ある 中 井 らによると WBGT28 以 上 になると 熱 中 症 罹 患 が 増 加 するとしている 今 回 の 静 岡 県 の 夏 季 大 会 における WBGT のカットオフ 値 が 指 針 や 先 行 研 究 よりも 低 値 であっ

17 たことは, 野 球 が 全 身 を 覆 う 着 衣 での 競 技 であり 熱 放 散 しにくい 着 衣 環 境 であるため, 通 常 より 熱 中 症 罹 患 率 が 高 いと 考 えられる そのため, 野 球 では 運 動 指 針 を 一 段 階 下 げて 注 意 喚 起 を 促 す 必 要 があると 考 えられる 一 方 で, 夏 季 大 会 において WBGT が 31 の 運 動 は 原 則 中 止 の 段 階 に 至 ったとしても, 中 止 になることはない 熱 中 症 罹 患 時 は,1 回 戦 に 最 も 多 く 認 めており MS による 1 回 戦 からの 介 入 や 熱 中 症 予 防 の 啓 蒙 活 動 は, 有 意 義 な 活 動 と 考 えられる 重 症 度 別 では,III 度 の 救 急 搬 送 を 必 要 とする 重 度 の 選 手 を 出 さな かったことも, MS による 活 動 が 浸 透 し 予 防 または 早 急 に 対 応 が 出 来 たこともうかがえる 選 手 の 熱 中 症 罹 患 の 傾 向 を 見 ると, 最 も 運 動 頻 度 が 高 い 投 手 だけでなく, 様 々なポジショ ンで 熱 中 症 罹 患 が 生 じることが 考 えられる 今 回 の 結 果 は, 観 客 を 含 めた 球 場 全 体 の 熱 中 症 罹 患 件 数 での 検 討 であったため,この 結 果 を, 来 年 度 から 球 場 全 体 への 注 意 喚 起 を 具 体 的 な 数 値 とリスクや 対 応 を 示 し, 観 客 を 含 めた 熱 中 症 予 防 に 活 かしていく 必 要 がある さ らに 今 後, 一 昨 年 から 開 始 した 高 校 へ MS が 指 導 に 出 向 く MS 訪 問 事 業 においても, 統 一 した 適 切 な 熱 中 症 予 防 の 指 導 を 行 い, 熱 中 症 予 防 における 啓 蒙 活 動 の 実 施 が 重 要 な 課 題 である 今 回 選 手 のみのデーター 数 が 少 なかったため, 今 後 もデーターを 蓄 積 し, 選 手 の みの WBGT カットオフ 値 を 求 めて 熱 中 症 予 防 に 活 かしていきたいと 考 える 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 熱 中 症 予 防 における 啓 蒙 活 動 の 発 信 により, 障 害 予 防 パフォーマンス 低 下 を 未 然 に 防 ぐ ことが 期 待 される 健 常 及 び 投 球 障 害 肩 を 呈 する 野 球 選 手 の 原 テスト 及 び 下 肢 体 幹 機 能 の 特 性 投 球 障 害 肩 の 予 防 へ 向 けての 考 察 岡 棟 亮 二 1), 横 矢 晋 2), 出 家 正 隆 2) 1) 広 島 大 学 医 学 部 保 健 学 科 理 学 療 法 学 専 攻,2) 広 島 大 学 大 学 院 医 歯 薬 保 健 学 研 究 院 key words 投 球 障 害 野 球 競 技 特 性 はじめに, 目 的 スポーツ 障 害 予 防 の 観 点 から, 競 技 による 身 体 特 性 を 知 ることは 重 要 である 本 研 究 の 目 的 は 健 常 野 球 選 手 と 肩 関 節 の 使 用 機 会 の 少 ない 競 技 者 であるサッカー 選 手 において, 原 テ スト 及 び 下 肢 体 幹 機 能 の 理 学 所 見 を 比 較 し, 野 球 選 手 の 身 体 特 性 を 明 らかにすることで ある またその 身 体 特 性 を 踏 まえ 投 球 障 害 肩 の 症 状 を 呈 する 野 球 選 手 と 健 常 野 球 選 手 を 比 較 し, 投 球 障 害 肩 の 症 状 を 呈 する 野 球 選 手 に 特 徴 的 な 所 見 を 明 らかにすることで,その 治 療 や 予 防 に 繋 げることである 方 法

18 対 象 を 投 球 障 害 肩 を 示 す 野 球 選 手 12 名 ( P 群 ), 本 研 究 に 影 響 する 既 往 のない 野 球 選 手 11 名 (B 群 )とサッカー 選 手 10 名 (S 群 )とし, 原 テスト 11 項 目, 下 肢 体 幹 機 能 4 項 目 を 検 査 した 原 テストとは,scapula spine distance(ssd), 下 垂 位 外 旋 筋 力 (ISP), 下 垂 位 内 旋 筋 力 (SSC), 初 期 外 転 筋 力 (SSP), impingement test(impinge), combined abduction test(cat),horizontal flexion test(hft),elbow extension test(et),elbow push test(ept), 関 節 loosening test(loose), hyper external rotation test(hert) のことであり, 下 肢 体 幹 機 能 4 項 目 とは straight leg raising angle(slr), 指 床 間 距 離 (FFD), 踵 臀 間 距 離 (HBD), 股 関 節 内 旋 角 度 (HIR)である なお 本 研 究 では HERT を, 同 様 に 肩 関 節 過 外 旋 をさせる 手 技 である crank test(crank)で 代 用 した また ISP, SSC,SSP,ET,EPT は,ハンドヘルドダイナモメーター(MICRO FET2,Hoggan Health 社 製 )を,CAT,HFT,SLR,HIR は 角 度 計 を 用 いて 計 測 した 筋 力 の 項 目 は 非 投 球 側 に 比 べ 投 球 側 で 10N 以 上 の 弱 化,CAT と HFT は 非 投 球 側 に 比 べ 投 球 側 で 10 以 上 の 可 動 域 制 限 があれば 陽 性 とし,その 他 は 原 らの 基 準 に 従 い 陽 性 の 判 断 をした 各 項 目 陽 性 率, 合 計 陽 性 項 目 数, 各 測 定 での 投 球 側 値, 非 投 球 側 値 の 群 間 の 差 の 検 討 と, 同 群 内 での 各 測 定 の 投 球 側 値 と 非 投 球 側 値 の 差 を 検 討 した 統 計 処 理 は, 対 応 のある t 検 定,Wilcoxon の 検 定, 一 元 配 置 分 散 分 析,Tukey-Kramer,Steel-Dwass の 方 法 を 行 い, 危 険 率 5% 未 満 を 有 意,10% 未 満 を 傾 向 ありと 判 断 した 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 の 目 的 と 趣 旨 を 説 明 した 上 で 同 意 の 得 られた 者 を 本 研 究 対 象 とした 本 研 究 は 所 属 施 設 倫 理 委 員 会 の 承 認 を 得 て 実 施 した 結 果 S 群,B 群 間 で HBD の 投 球 側 値 に 有 意 差 を 認 めた(S 群 >B 群 ) B 群,P 群 間 では 原 テスト 合 計 陽 性 項 目 数 (P 群 >B 群 ),crank の 陽 性 率 (P 群 >B 群 ),Impinge の 陽 性 率 (P 群 >B 群 )で 有 意 差 を 認 めた また, 同 群 内 の 投 球 側, 非 投 球 側 値 の 差 では S 群 の HFT ( 非 投 > 投 ),B 群 の CAT( 非 投 > 投 ),P 群 の IR( 非 投 > 投 ),CAT( 非 投 > 投 ),HFT ( 非 投 > 投 )にて 有 意 差 を 認 め,B 群 の SLR( 非 投 > 投 ),P 群 の ISP( 非 投 > 投 ),SLR ( 非 投 > 投 )にて 傾 向 を 認 めた 考 察 サッカー 選 手 に 比 べ 野 球 選 手 の 投 球 側 における HBD の 距 離 は 有 意 に 小 さく,SLR 角 度 は 小 さい 傾 向 にあった つまり, 野 球 選 手 は 非 投 球 側 に 比 べ 投 球 側 下 肢 の 大 腿 四 頭 筋 が 柔 軟 でハムストリングは 短 縮 しているという 特 性 が 示 唆 された また, 野 球 選 手 の 投 球 側 にお いて CAT の 角 度 が 有 意 に 小 さいことから, 投 球 側 の CAT の 可 動 域 制 限 は 野 球 選 手 の 特 性 であり, 投 球 側 肩 関 節 の 関 節 包 の 拘 縮, 腱 板 の 筋 緊 張 や 筋 拘 縮,inner と outer muscle の 筋 バランス 異 常 等 が 疑 われた 一 方,HFT ではサッカー 選 手 にも 投 球 側 の 可 動 域 制 限 を 認 めた つまりこの 現 象 は 野 球 選 手 の 特 性 ではなく 誰 にでも 起 こり 得 る 利 き 腕 側 の 特 性 であ ることが 考 えられた 投 球 障 害 群 において, 投 球 側 の ISP は 弱 化 傾 向 にあり,IR は 有 意

19 に 弱 化 していた すなわち rotator cuff の 不 均 衡 により 前 後 の instability が 生 じ, internal impingement 等 を 惹 起 している 可 能 性 が 示 唆 された 野 球 選 手 と 投 球 障 害 群 との 比 較 から, 野 球 選 手 の 中 でも 投 球 障 害 群 は 原 テスト 合 計 陽 性 項 目 数 が 多 くなること,また その 中 でも crank,impinge が 投 球 障 害 肩 に 特 徴 的 な 検 査 であるといえる 原 らは Impinge と HERT を 含 む 9 項 目 以 上 が 陰 性 であることを 投 球 開 始 基 準 としており, 大 沢 らは 原 テストの 項 目 のうち,SSP,Impinge,CAT,ET,EPT,HERT が 投 球 障 害 群 で 有 意 に 陽 性 率 が 高 かったと 報 告 している 今 回 の 結 果 は 原 らが HERT(crank),Impinge を 重 要 視 していることと 大 沢 らの 報 告 の 一 部 を 裏 付 けるものとなった しかし SSP,CAT, ET,EPT の 陽 性 率 に 差 を 認 めなかったことが 大 沢 らの 報 告 と 異 なった これは, 今 回 我 々 が 筋 力 値 を 定 量 化 して 陽 性 の 判 断 をしたために 生 じた 相 違 と 考 えられる このことから 原 テストの 定 性 的 評 価 と 定 量 的 評 価 の 場 合 の 陽 性 検 出 率 の 差 異 が 考 えられた 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 野 球 選 手 及 び 投 球 障 害 群 の 原 テスト, 下 肢 体 幹 機 能 における 特 性 を 明 らかにしたことで, 今 後, 検 査 等 で 野 球 選 手 の 身 体 異 常 を 判 断 する 際 の 一 助 となると 考 える 高 校 生 におけるスポーツ 外 傷 障 害 予 防 クリニックの 効 果 岡 田 誠 1), 田 村 将 良 2), 服 部 紗 都 子 3), 竹 田 智 幸 2), 竹 田 かをり 2), 奥 谷 唯 子 2), 原 田 拓 2), 今 井 えりか 2) 1) 藤 田 保 健 衛 生 大 学 医 療 科 学 部 リハビリテーション 学 科,2) 可 知 整 形 外 科, 3) 名 古 屋 大 学 医 学 部 附 属 病 院 リハビリテーション 部 key words すぽーツ 障 害 障 害 予 防 成 長 期 はじめに, 目 的 近 年, 成 長 期 にスポーツ 外 傷 障 害 を 発 症 する 子 どもが 増 加 している 特 に, 中 学 校, 高 等 学 校 での 部 活 動 によるものが 多 発 しており 問 題 視 されている これらの 問 題 に 対 して 日 本 体 育 協 会 は 報 告 書 やガイドラインを 作 成 しているものの, 充 分 な 効 果 を 得 ているとはい いがたい 一 部 の 中 学 高 校 ジュニアクラブを 除 いた 大 多 数 の 中 学 校 高 等 学 校 では, 充 分 な 管 理 が 行 われないままスポーツ 外 傷 障 害 を 多 発 している 現 状 があるものと 思 われ る そこで 今 回, 高 校 生 に 対 して,スポーツ 外 傷 障 害 予 防 クリニック(スポーツ 外 傷 障 害 状 況 の 調 査, 身 体 機 能 の 評 価, 予 防 に 向 けた 指 導 )を 実 施 した 部 活 動 を 行 っている 高 校 生 のスポーツ 外 傷 障 害 の 現 状 とその 身 体 機 能 を 確 認 し,スポーツ 外 傷 障 害 予 防 指 導 を 行 うことでスポーツ 外 傷 障 害 の 減 少 に 寄 与 することを 目 的 として 実 施 した

20 方 法 高 等 学 校 で 部 活 動 を 行 っている 生 徒 325 名 を 対 象 にスポーツ 外 傷 障 害 予 防 クリニックを 実 施 した 生 徒 のスポーツ 外 傷 障 害 の 状 態 を 把 握 する 目 的 で 運 動 機 能 調 査 ( 質 問 紙 によ るアンケート 調 査 )を 実 施 した そして,これらの 調 査 結 果 を 参 考 にスポーツ 外 傷 障 害 予 防 クリニック( 運 動 機 能 評 価, 評 価 フィードバック, 全 体 および 個 別 の 運 動 指 導 )を 実 施 した 運 動 機 能 調 査 では, 過 去 のスポーツ 外 傷 障 害 の 部 位 と 診 断 名, 受 傷 した 時 期, 現 在 の 身 体 状 況 を 調 査 した 運 動 機 能 評 価 は, 関 節 弛 緩 性 テスト( 上 肢 版 は 上 肢 テスト), Tightness テスト,アライメント, 体 幹 機 能 評 価, 部 位 別 テストなどの 31 項 目 ( 上 肢 版 は 28 項 目 )からなる 運 動 機 能 評 価 表 を 用 いて 評 価 を 実 施 した 評 価 フィードバック, 全 体 および 個 別 の 運 動 指 導 は 評 価 後 に 実 施 した 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 の 実 施 に 際 して, 本 学 疫 学 臨 床 研 究 等 倫 理 審 査 委 員 会 の 承 認 を 得 て, 被 験 者 への 説 明 および 同 意,データの 管 理 には 充 分 な 注 意 を 払 って 実 施 した 結 果 スポーツ 外 傷 障 害 の 程 度 は, 運 動 機 能 調 査 表 と 運 動 機 能 評 価 表 の 項 目 数 から 総 合 的 に 4 段 階 に 判 定 した 4 段 階 の 詳 細 は,S レベルは, 既 にスポーツ 外 傷 障 害 を 有 しており, 評 価 結 果 に 大 きな 問 題 がある 者,A レベルは 評 価 結 果 に 問 題 があり 対 応 が 必 要 と 思 われる 者, B レベルは 評 価 結 果 の 問 題 は 少 ないが 予 防 指 導 が 必 要 と 思 われる 者,C レベルは 大 きな 問 題 のない 者 とした その 結 果,S レベルが 36 名 ( 11.1%),A レベルが 119 名 ( 36.6%), B レベルが 64 名 (19.7%),C レベルが 106 名 (32.6%)であった スポーツ 外 傷 障 害 の 該 当 者 可 能 性 のある 者 (S,A,B レベル)は 219 名 で 全 体 の 67.4% であった 機 能 評 価 表 による 評 価 では, 全 項 目 31 項 目 ( 上 肢 版 28 項 目 )に 対 して 31.3±10.4% の 項 目 でチェックが 認 められた 項 目 別 では, 関 節 弛 緩 性 テストが 32.0%,Tightness テス トが 44.1%,アライメントが 34.5%, 体 幹 機 能 評 価 が 27.9%, 部 位 別 テストが 28.7%, 上 肢 テストが 22.0% であった 全 項 目 との 比 較 では Tightness テスト(p<0.01),アラ イメント(p<0.05)が 大 きい 結 果 となった 考 察 今 回 のスポーツ 外 傷 障 害 クリニックでは, 部 活 動 を 行 っている 高 校 生 のスポーツ 外 傷 障 害 の 現 状 を 把 握 することができた 機 能 調 査 表 と 機 能 評 価 表 によるスクリーニング 評 価 を 行 うことで,スポーツ 外 傷 障 害 に 該 当 している 者,このまま 放 置 しておくとスポーツ 外 傷 障 害 になる 可 能 性 のある 者 など,スポーツ 外 傷 障 害 の 予 備 軍 も 含 めた 現 状 の 把 握 が 可 能 となった スポーツ 外 傷 障 害 のレベル 判 定 については,スポーツ 外 傷 障 害 の 該 当 者 可 能 性 のある 者 (S,A,B レベル)は 全 体 の 67.4% であった 日 本 体 育 協 会 スポ ーツ 医 科 学 研 究 報 告 書 では, 過 去 に 外 傷 や 障 害 を 経 験 したことのある 高 校 生 は 62.5% と 報 告 されており,スポーツ 外 傷 障 害 の 可 能 性 のある 生 徒 を 含 めた 抽 出 が 目 的 の 今 回 のス クーリング 評 価 では 妥 当 な 結 果 であったと 思 われる 機 能 評 価 表 による 評 価 では,

21 Tightness テスト,アライメントが 大 きい 結 果 となった 柔 軟 性 低 下 やアライメント 異 常 とスポーツ 外 傷 障 害 の 関 係 性 については 多 くの 報 告 もあり, 今 後 の 指 導 を 含 めた 活 動 で は 着 目 していく 必 要 があると 思 われる 今 回 のスポーツ 外 傷 障 害 クリニックを 通 して 多 くの 生 徒 にスポーツ 外 傷 障 害 予 防 の 必 要 性 を 確 認 できたことは 意 義 のある 活 動 であった と 思 われる 今 後 もスポーツ 外 傷 障 害 予 防 を 進 めていきたいと 思 う 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 成 長 期 のスポーツ 外 傷 障 害 に 対 して,スポーツ 外 傷 障 害 予 防 指 導 を 行 うことでスポー ツ 外 傷 障 害 の 減 少 に 寄 与 することできると 思 われる マスターズスイマーに 対 する 障 害 調 査 とサポート 活 動 を 通 じて 得 られた 今 後 の 課 題 地 神 裕 史 1,2), 濱 中 康 治 2,3), 三 富 陽 輔 2,4), 中 村 拓 成 2,3), 加 藤 知 生 2,5) 1) 東 京 工 科 大 学,2) 日 本 水 泳 トレーナー 会 議,3) 東 京 厚 生 年 金 病 院,4) 国 立 スポーツ 科 学 センター, 5) 桐 蔭 横 浜 大 学 key words マスターズ 水 泳 選 手 障 害 予 防 日 本 水 泳 トレーナー 会 議 はじめに, 目 的 近 年, 中 高 齢 者 の 健 康 増 進 に 対 する 意 識 の 高 まりにより 水 泳 愛 好 者 の 数 は 増 加 している 一 般 社 団 法 人 日 本 マスターズ 水 泳 協 会 の 2012 年 度 の 統 計 では 協 会 に 登 録 している 選 手 数 は 年 々 増 加 しており, 登 録 者 数 が 最 も 多 い 区 分 は 歳 であったと 報 告 している また, 水 泳 は 日 本 整 形 外 科 学 会 が 提 唱 するロコモティブシンドローム 予 防 のための 運 動 としても 推 奨 されており, 今 後 も 愛 好 者 の 増 加 が 予 想 される 一 方 で 水 泳, 特 に 競 泳 は 肩 関 節 や 腰 部 の 障 害 が 多 いスポーツであることも 過 去 の 先 行 研 究 により 明 らかになっている 健 康 増 進 のために 始 めた 水 泳 により 運 動 器 の 障 害 を 引 き 起 こし,ADL や QOL を 低 下 させぬよう, 理 学 療 法 士 として 適 切 な 知 識 をもってこれらの 愛 好 者 をサポートすることは 非 常 に 意 義 深 いと 考 える 我 々が 所 属 している 日 本 水 泳 トレーナー 会 議 は 創 設 22 年 を 経 過 しており, 約 100 名 の 理 学 療 法 士 が 所 属 している 22 年 の 間 に 水 泳 選 手 に 対 する 様 々なサポート 活 動 を 展 開 してきた 今 回, 当 会 に 所 属 する 理 学 療 法 士 を 中 心 にマスターズの 水 泳 大 会 をサ ポートし,マスターズスイマーの 障 害 に 関 する 調 査 を 実 施 すると 同 時 に,コンディショニ ングを 行 う 機 会 を 得 た よって 本 研 究 の 目 的 は,マスターズスイマーの 障 害 の 実 態 を 調 査 すると 同 時 に, 理 学 療 法 士 に 求 められるコンディショニングの 手 技 や 対 応 部 位 を 明 らかに することで, 水 泳 愛 好 者 に 対 して 適 切 な 医 学 サポートを 実 施 するための 情 報 を 蓄 積 するこ とである 方 法

22 対 象 は 日 本 マスターズ 長 距 離 大 会 に 参 加 した 水 泳 愛 好 者 839 名 ( 女 性 265 名, 男 性 374 名 )のうち, 我 々が 開 設 したオープンブースを 利 用 した 83 名 ( 女 性 58 名, 男 性 25 名 ) とした 対 象 者 に 対 して 水 泳 歴 や 主 訴 など 一 般 的 な 情 報 を 聴 取 し, 症 状 に 対 する 運 動 療 法 やマッサージ,ストレッチなどを 行 い,その 実 施 内 容 や 実 施 部 位 を 解 析 した 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 本 研 究 は 日 本 水 泳 トレーナー 会 議 の 倫 理 委 員 会 の 承 認 ( 承 認 番 号 13002)を 受 けて 実 施 し た 対 象 者 に 対 しては 書 面 にてインフォームドコンセントを 実 施 し, 本 研 究 の 趣 旨 を 理 解 し, 賛 同 した 対 象 者 には 署 名 にて 同 意 をもらった 結 果 本 研 究 の 対 象 者 の 年 齢 は 52.9±13.0 歳 (21-77 歳 ), 水 泳 歴 は 19.3±12.6 年 (1-55 年 ) であった 主 訴 部 位 は 重 複 ありで 計 161 部 位,そのうち 肩 関 節 が 最 も 多 く 全 体 の 28.6% であった 次 いで 腰 部 骨 盤 帯 が 18.0%, 股 関 節 が 14.3% であった また, 実 施 した 手 技 の 数 は, 重 複 ありで 計 208, 内 訳 は マッサージ が 全 体 の 59.1%, ストレッ チ が 30.8%, エクササイズ が 9.6% であった 考 察 上 述 したように, 健 康 増 進 のために 水 泳 を 始 める 中 高 年 者 は 今 後 も 増 加 することが 予 想 さ れる 一 方 で 水 泳 は 肩 関 節 や 腰 部 の 障 害 を 引 き 起 こす 可 能 性 もあるが, 荷 重 関 節 に 負 荷 が 少 なく, 適 切 なサポートを 行 うことで 長 く 継 続 できるアクティビティになると 考 える 今 回 の 結 果 から,マスターズスイマーの 抱 えている 痛 みの 部 位 は 肩 関 節 が 最 も 多 く, 次 いで 腰 部 骨 盤 帯 という 結 果 であった これは 半 谷 らが 行 った 競 技 力 の 高 いトップ 選 手 に 対 し て 行 った 先 行 研 究 と 同 様 の 結 果 であり, 障 害 部 位 は 競 技 力 に 依 存 するものではなく, 競 技 特 性 により 生 じている 問 題 点 であることが 明 らかとなった また,コンディショニングに 対 するニーズや 実 際 に 対 応 した 手 技 を 集 計 した 結 果,マッサージやストレッチが 多 くなっ た その 要 因 として, 水 泳 はノンコンタクトスポーツであり, 障 害 の 発 生 機 序 の 多 くはオ ーバーユースによるものであることが 挙 げられる 筋 や 腱 の 炎 症 に 由 来 する 痛 みであれば, 適 切 な 疲 労 回 復 を 促 すような 手 技 を 講 じることが 結 果 的 には 障 害 予 防 に 直 結 することが 示 唆 された しかし,セルフコンディショニングの 意 識 が 高 いトップ 選 手 に 対 して 行 った 同 様 の 調 査 では,マッサージを 希 望 する 割 合 は 全 体 で 50% 以 下 であったことを 考 えると, マスターズスイマーはまだまだ 自 身 で 行 えることを 適 切 に 行 えておらず,トレーナーなど の 第 3 者 に 依 存 的 である 姿 勢 が 明 らかとなった 今 後, 会 としても 教 育 啓 発 活 動 を 継 続 的 に 実 施 し,セルフコンディショニングの 意 識 を 高 めることで 末 永 く 水 泳 を 続 けられる 中 高 年 者 が 増 えるようなサポート 活 動 を 展 開 していくことの 必 要 性 を 感 じた 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 理 学 療 法 士 はスポーツ 領 域 において 障 害 予 防 のサポートをリードするスペシャリストとな る 必 要 がある 今 回 のような 研 究 を 通 じて 障 害 の 実 態 や 現 場 でのニーズを 調 査 し,その 結 果 から 具 体 的 な 取 り 組 みを 実 施 することは 大 変 意 義 があると 考 える

23 高 校 野 球 選 手 における 肩 障 害 の 存 在 率 と 予 防 策 の 実 施 状 況 :アンケート 調 査 濱 田 孝 喜 1), 貞 清 正 史 1), 坂 雅 之 3), 竹 ノ 内 洋 2), 伊 藤 一 也 1), 蒲 田 和 芳 3) 1) 貞 松 病 院 リハビリテーション 科,2)はしもとクリニックリハビリテーション 科,3) 広 島 国 際 大 学 key words 高 校 野 球 ストレッチ 投 球 障 害 肩 はじめに, 目 的 野 球 では 外 傷 よりも 野 球 肩 などスポーツ 障 害 の 発 生 率 が 高 いことが 知 られている 近 年, 肩 後 方 タイトネス(PST)に 起 因 する 肩 関 節 内 旋 可 動 域 制 限 の 存 在 が 示 され,PST と 投 球 障 害 肩 発 生 との 関 連 性 が 示 唆 されたが, 高 校 野 球 において PST および 肩 関 節 可 動 域 制 限 の 予 防 策 の 実 施 状 況 は 報 告 されていない また, 予 防 策 実 施 と 肩 障 害 発 生 率 との 関 係 性 は 示 されていない そこで 本 研 究 の 目 的 を 高 校 野 球 において, 肩 関 節 可 動 域 制 限 の 予 防 策 の 実 施 状 況 および 予 防 策 実 施 と 肩 関 節 痛 の 存 在 率 との 関 連 性 を 解 明 することとした 方 法 長 崎 県 高 等 学 校 野 球 連 盟 加 盟 校 全 58 校 へアンケート 用 紙 を 配 布 し,アンケート 調 査 を 高 校 野 球 指 導 者 と 選 手 に 実 施 した 指 導 者 には 練 習 頻 度 時 間, 投 球 数 に 関 する 指 導 者 の 意 識 調 査, 選 手 には 肩 障 害 の 有 無 既 往 歴,ストレッチ 実 施 状 況 種 類 などを 調 査 した 調 査 期 間 は 平 成 25 年 1 月 から 3 月 であった 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 アンケート 調 査 は 長 崎 県 高 校 野 球 連 盟 の 承 諾 を 得 た 上 で 実 施 された アンケートに 係 る 全 ての 個 人 情 報 は 調 査 者 によって 管 理 された 結 果 1. 選 手 : 対 象 58 校 中 27 校,673 名 から 回 答 を 得 た 対 象 者 は 平 均 年 齢 16.5 歳, 平 均 身 長 170.1cm, 平 均 体 重 66.1kg であった アンケート 実 施 時 に 肩 痛 を 有 していた 者 は 全 体 の 168/673 名 (24.9%)であり, 肩 痛 の 既 往 がある 者 は 全 体 の 367/673 名 (54.5%) と 約 半 数 にのぼった 疼 痛 を 有 する 者 のうちストレッチを 毎 日 または 時 々 実 施 している 者 は 147/167 名 (88%)であった 疼 痛 の 無 い 者 のうちストレッチを 実 施 している 者 は 422/490 名 (86%)であった 投 手 のみでは, 肩 痛 を 有 する 者 が 22/133 名 (16.2%), 肩 痛 の 既 往 は 82/136 名 (60.3%)であった 疼 痛 を 有 する 者 のうちストレッチを 毎 日 また は 時 々 実 施 している 者 は 20/22 名 (90.9%)であった 疼 痛 の 無 い 者 のうちストレッチを 実 施 している 者 は 107/111 名 (96.4%)であった 2. 指 導 者 :58 校 中 24 校,33 名 か ら 回 答 を 得 た 練 習 頻 度 では, 週 7 日 が 9/24 校 (38%), 週 6 日 が 13/24 校 (54%),

24 週 5 日 が 8%(2 校 )であった 練 習 時 間 ( 平 日 )では,4-3 時 間 が 14/24 校 (58%), 2 時 間 以 下 が 9/24 校 (38%), 回 答 なしが 1 校 であった 練 習 時 間 ( 休 日 )では,9 時 間 以 上 が 2/24 校 (8%),7-8 時 間 が 8/24 校 (33%),5-6 時 間 が 9/24 校 (38%),4-3 時 間 が 5/24 校 ( 21%)であった 投 球 数 ( 練 習 )では 50 球 以 下 が 3%, 球 が 24%, 球 が 24%,201 球 以 上 が 0%, 制 限 なしが 48% であった 投 球 数 ( 試 合 )では 50 球 以 下 が 0%, 球 が 9%, 球 が 42%,201 球 以 上 が 0%, 制 限 なし が 48% であった 3. 指 導 者 意 識 と 肩 痛 : 投 手 の 練 習 時 全 力 投 球 数 を 制 限 している 学 校 は 12 校, 制 限 ない 学 校 は 12 校 であった 全 力 投 球 数 制 限 ありの 投 手 は 45 名 で, 肩 痛 を 有 する 者 は 8/45 名 (18%), 肩 痛 が 無 い 者 は 37/45 名 (82%)であった 全 力 投 球 数 制 限 なしの 投 手 は 60 名 で, 肩 痛 を 有 する 者 は 11/60 名 (24%), 肩 痛 が 無 い 者 は 49/60 名 (75%)であった 考 察 肩 関 節 痛 を 有 する 者 は 全 体 の 24.9%, 投 手 のみでは 16.2% であり, 肩 痛 の 既 往 歴 が 全 体 の 51.5% であった ストレッチ 実 施 状 況 は 肩 痛 の 有 無 に 関 わらず 約 80% の 選 手 が 実 施 していた 肩 関 節 可 動 域 制 限 に 対 してスリーパーストレッチ,クロスボディーストレッチ による 肩 関 節 可 動 域 改 善 効 果 が 報 告 されている 本 研 究 ではストレッチ 実 施 の 有 無 を 調 査 しているためストレッチ 実 施 方 法 の 正 確 性 は 明 らかではないが,ストレッチのみでは 投 球 障 害 肩 予 防 への 貢 献 度 は 低 いことが 考 えられる 障 害 予 防 意 識 に 関 して 練 習 時 試 合 時 共 に 制 限 をしていない 指 導 者 が 48% であった 高 校 生 の 全 力 投 球 数 は 1 日 100 球 以 内 と 提 言 されているが, 部 員 が 少 数 である 高 校 などの 存 在 は 考 慮 せざるを 得 ない 練 習 時 全 力 投 球 数 を 制 限 している 者 のうち 肩 痛 を 有 する 者 は 18%, 制 限 の 無 い 者 のうち 肩 痛 を 有 する 者 は 24% であった 1 試 合 または 1 シーズンの 投 球 数 増 加 は 肩 障 害 リスクを 増 大 させる と 報 告 されている アンケート 調 査 を 実 施 した 期 間 はオフシーズンであり, 指 導 者 の 投 球 数 に 関 する 意 識 が 選 手 の 肩 障 害 に 関 与 する 可 能 性 があると 考 えられる 以 上 より, 高 校 野 球 選 手 において 一 定 の 効 果 があるとされるストレッチを 約 8 割 の 選 手 が 実 施 していたにも 関 わらず 肩 痛 の 存 在 率 は 高 かった この 原 因 としてストレッチ 方 法 の 正 確 性 及 びオーバー ユースや 投 球 動 作 など 他 因 子 との 関 連 が 考 えられる 今 後 はこれらの 関 係 性 を 明 確 にし, 障 害 予 防 方 法 の 確 立 が 重 要 課 題 である 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 スポーツ 現 場 において 障 害 予 防 は 重 要 課 題 である これまで 障 害 予 防 方 法 の 検 証 はされて きたが, 現 場 ではその 方 法 が 浸 透 していないことが 示 唆 された 医 学 的 知 識 や 動 作 指 導 が 可 能 な 理 学 療 法 士 の 活 躍 がスポーツ 現 場 での 障 害 予 防 に 必 要 である

25 1578 一 般 大 学 陸 上 競 技 選 手 に 対 するコンディショニングチェック ~ 傷 害 実 態 とパフォーマンス, 柔 軟 性 の 検 討 ~ 三 上 兼 太 朗 1), 益 田 洋 史 2), 大 角 侑 平 3), 中 田 周 兵 1), 中 村 実 弓 1), 松 本 尚 1), 寒 川 美 奈 4), 青 木 喜 満 5) 1) 整 形 外 科 北 新 病 院 リハビリテーション 科,2) 松 田 整 形 外 科 記 念 病 院,3) 函 館 整 形 外 科 クリニック, 4) 北 海 道 大 学 大 学 院 保 健 科 学 研 究 院,5) 整 形 外 科 北 新 病 院 key words 陸 上 競 技 コンディショニングチェック 傷 害 予 防 はじめに, 目 的 陸 上 競 技 選 手 を 対 象 としたコンディショニングチェックの 報 告 はトップアスリートにおい てみられるものの, 一 般 大 学 陸 上 競 技 選 手 を 対 象 とした 報 告 は 少 ない また, 傷 害 実 態 と パフォーマンス, 柔 軟 性 の 関 連 を 同 時 に 報 告 したものも 少 ない 本 研 究 は 一 般 大 学 陸 上 競 技 選 手 におけるコンディショニングチェックの 結 果 から, 傷 害 実 態 とパフォーマンス, 柔 軟 性 との 関 係 を 比 較 検 討 することを 目 的 とした 方 法 北 海 道 の 大 学 陸 上 競 技 部 における 短 距 離 およびフィールド( 跳 躍, 投 擲 )ブロックに 所 属 する 選 手 35 名 ( 男 29 名, 女 6 名 )を 対 象 とした 問 診 票 にて 今 シーズンにおける 傷 害 歴 ( 有 無, 部 位, 種 類 ),その 際 の 受 診 の 有 無,シーズンベスト 記 録 を 調 査 した ベスト 記 録 は 国 際 陸 上 競 技 連 盟 のスコア 表 (IAAF SCORING TABLES OF ATHLETICS)に 準 じて 点 数 化 し, 中 央 値 より 高 い 群, 低 い 群 に 分 類 した また, 理 学 療 法 士 が 各 選 手 の 柔 軟 性 (SLR, Thomas test,ober test,ely test, 股 内 旋, 足 背 屈, 長 座 体 前 屈 )を 測 定 した 柔 軟 性 各 項 目 における 性 別,パート( 短 距 離 vs フィールド),パフォーマンス( 高 vs 低 ), 傷 害 の 有 無 による 違 いを t 検 定 により 比 較 した(P<0.05) 倫 理 的 配 慮, 説 明 と 同 意 ヘルシンキ 宣 言 に 基 づき, 事 前 に 本 研 究 の 目 的 内 容 を 十 分 に 説 明 し, 書 面 にて 同 意 を 得 てから 実 施 した 結 果 問 診 票 において, 今 シーズン 傷 害 ありとの 回 答 は 32 件 (29 名 )であった その 際, 病 院 受 診 したのが 9 件, 受 診 していないが 23 件 であった 傷 害 部 位 別 では 腰 部 8 件, 大 腿 8 件, 膝 7 件, 下 腿 3 件, 足 部 3 件, 股 関 節 1 件, 上 肢 2 件 であった 傷 害 種 別 では 外 傷 と 考 えられたもの 11 件 (そのうち 肉 離 れ 8 件 ), 障 害 が 22 件 であった 柔 軟 性 に 関 して, 各 項 目 の 平 均 値 を 以 下 に 示 す( 男 性 右 / 左 // 女 性 右 / 左 ) SLR( ): 72.6/74.3//84.2/80.8,Thomas test(cm): 1.4/1.0//0.8/0.8,Ober test(cm): 2.9/3.8//2.1/2.5, Ely test(cm): 11.7/11.9//11.3/11.4, 股 内 旋 ( ): 31.4/31.6//38.3/38.3, 足 背 屈 ( ): 30.0/31.7//35.8/35.8, 長 座 体 前 屈 (cm): 37.8//43.7

26 性 差 では, 左 右 SLR と 左 股 関 節 内 旋 において 女 子 に 比 して 男 子 が 有 意 に 低 値 を 認 め(P< 0.05), 右 股 関 節 内 旋 では 低 い 傾 向 を 示 した(P=0.092) パート 別,パフォーマンス 高 低, 傷 害 の 有 無 との 比 較 においてはいずれも 差 はみられなかった また, 傷 害 が 多 かった 腰 部, 大 腿, 膝 において, 各 部 位 ごとに 傷 害 あり 群 と 傷 害 なし 群 に 分 類 して 比 較 したが, 差 はみ られなかった 考 察 本 研 究 より,80% 以 上 の 選 手 がシーズン 中 になんらかの 傷 害 を 有 していることが 明 らかと なった 一 方 で,そのうち 13 程 度 の 選 手 しか 医 療 機 関 へ 受 診 していないことが 判 明 した 傷 害 種 別 でみると, 肉 離 れと 慢 性 障 害 が 多 数 を 占 めており, 過 去 の 報 告 と 同 様 の 結 果 であ った 傷 害 を 有 しながらも 医 療 機 関 を 受 診 せずに 練 習 や 競 技 に 取 り 組 む 選 手 が 多 いことが うかがえ, 理 学 療 法 士 が 傷 害 予 防 やコンディショニングのため 介 入 していく 必 要 性 がある と 考 えられた 柔 軟 性 に 関 しては, 女 子 に 比 して 男 子 で 左 右 ハムストリングスのタイトネ スが 有 意 に 高 く, 左 右 股 関 節 内 旋 のタイトネスが 高 い 傾 向 であることが 明 らかになった 一 方 で 男 女 共 に 傷 害 の 有 無 およびパフォーマンス 高 低 で 柔 軟 性 に 差 はみられなかった よ って,これらタイトネスの 性 差 は 傷 害 やパフォーマンスとの 関 連 は 低 いと 考 えられた 今 後 健 常 人 や 他 種 目 との 比 較 から, 陸 上 競 技 特 性 としての 性 差 かどうか 検 討 していきたい 過 去 の 報 告 におけるトップアスリートの 柔 軟 性 の 平 均 値 と 本 結 果 を 比 較 すると, 一 般 大 学 選 手 は 大 腿 四 頭 筋 と 腓 腹 筋 のタイトネスが 高 く,ハムストリングスのタイトネスが 低 かっ た トップ 選 手 と 一 般 選 手 ではタイトネスに 違 いがある 可 能 性 が 考 えられた また, 傷 害 と 柔 軟 性 において, 過 去 の 報 告 では 腰 痛 と 股 関 節 内 旋 の 可 動 域 の 関 連 や 慢 性 障 害 のひとつ であるシンスプリントと 股 関 節 可 動 域 の 関 連 を 示 したものもみられる 以 上 のことから, 今 後 更 に 対 象 選 手 を 増 やした 検 討 が 必 要 と 考 えられた 本 研 究 は 大 学 陸 上 競 技 部 1 団 体 のみの 短 距 離 およびフィールドパート 選 手 が 対 象 のため, 対 象 団 体 を 増 や し, 中 長 距 離 選 手 も 含 めて 検 討 していきたい 理 学 療 法 学 研 究 としての 意 義 一 般 大 学 陸 上 競 技 選 手 は, 傷 害 を 有 しているが 医 療 機 関 を 受 診 しない 選 手 が 多 いこと, 慢 性 障 害 が 多 い 傾 向 にあることから,コンディショニングへの 介 入 の 有 用 性 が 考 えられた また 本 研 究 で 得 られたデータから 前 向 きに 傷 害 やパフォーマンスを 調 査 することで, 陸 上 競 技 における 傷 害 予 防, 肉 離 れや 慢 性 傷 害 のリスク 因 子,パフォーマンスへ 影 響 する 因 子 の 検 討 への 取 り 組 みとしていきたい

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引 踵 骨 骨 端 炎 と アキレス 腱 炎 との 関 係 山 形 支 部 森 谷 広 子 はじめに 近 年 低 学 年 を はじめとして スポーツ を 主 体 的 に 運 動 す る 子 ども 達 に 多 く の 障 害 が 出 現 し ています 成 長 の 段 階 における 必 要 以 上 の 運 動 量 が 体 に ストレスとして 起 き 色 々 な 病 気 の 原 因 を 発 生 し 体 を 酷

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

Microsoft Word - 第120回抄録(最終).doc

Microsoft Word - 第120回抄録(最終).doc 第 120 回 北 海 道 整 形 外 科 外 傷 研 究 会 抄 録 平 成 21 年 8 月 30 日 ( 日 ) 9:30~ 於 :かでる2 7 820 研 修 室 会 長 : 旭 川 赤 十 字 病 院 整 形 外 科 小 野 沢 司 先 生 共 催 : 北 海 道 整 形 外 科 外 傷 研 究 会 大 日 本 住 友 製 薬 株 式 会 社 第 120 回 北 海 道 整 形 外 科 外

More information

日本医師会認定健康スポーツ医制度健康スポーツ医学再研修会一覧

日本医師会認定健康スポーツ医制度健康スポーツ医学再研修会一覧 日 本 医 師 会 認 定 健 康 スポーツ 医 制 度 健 康 スポーツ 医 学 再 研 修 会 一 覧 平 成 26 年 度 第 5 次 主 催 共 催 北 海 道 医 師 会 申 請 医 師 会 北 海 道 医 師 会 1 開 催 日 時 平 成 27 年 3 月 21 日 ( 土 ) 16:00~18:00 3 演 題 : 1. 最 近 のドーピングコントロールの 状 況 [ 足 寄 町 国

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション パーソナルトレーニングで 開 ける 新 しいロコムーブ 体 験 完 全 に 正 しい 動 きはカラダに 効 く ロコムーブのトレーナー の 動 きを 生 で 見 て 頂 くこ とで 実 際 に 感 じることは 多 い 動 くときに 意 識 を 向 ける 関 節 や 筋 など 対 面 で 正 確 に 伝 える 正 しい 動 きをしたときの 効 く 感 覚 は 独 特 のもの 中 嶋 の 補 助 があなたを

More information

「教員の指導力向上を目的とした授業案データベースの開発」

「教員の指導力向上を目的とした授業案データベースの開発」 体 幹 深 部 筋 トレーニングが 競 技 パフォーマンスに 与 える 影 響 成 田 崇 矢 金 岡 恒 治 半 谷 美 夏 小 泉 圭 介 大 久 保 雄 目 次 要 約 1,2 課 題 1: 体 幹 深 部 筋 トレーニングが 跳 躍 高 へ 与 える 即 時 的 影 響 3-5 課 題 2: 体 幹 深 部 筋 トレーニング+ 動 作 練 習 が 片 脚 着 地 動 作 に 及 ぼす 影 響

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

国士舘大学体育研究所報第30巻(平成23年度)

国士舘大学体育研究所報第30巻(平成23年度) THE ANNUAL REPORTS OF HEALTH, PHYSICAL EDUCATION AND SPORT SCIENCE VOL.30, 135-139, 2011 135 砲 丸 投 げ 選 手 における 体 幹 トレーニングが 投 擲 記 録 に 及 ぼす 影 響 実 践 研 究 The effects of body trunk training on throwing records

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

症例紹介

症例紹介 リハビリってなんだろう はじめまして! 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 です 医 療 保 険 対 応 送 迎 車 サービス 有 そ~らの 家 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 共 催 西 東 京 市 富 士 町 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 平 成 12 年 4 月 ~ 武 蔵 野 市 吉 祥 寺 南 町 4 丁 目 平 成 26 年 4 月 ~ 院 長 紹 介 リハビリテーションとは?

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

社 会 的 活 動 ソウルオリンピック 本 部 医 務 班 リレハンメルオリンピック 本 部 医 務 班 ユニバーシアード 冬 季 大 会 (ムジュ チョンジュ) 本 部 医 務 班 他 神 奈 川 県 トレーナー 部 会 員 資 格 理 学 療 法 士 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティッ

社 会 的 活 動 ソウルオリンピック 本 部 医 務 班 リレハンメルオリンピック 本 部 医 務 班 ユニバーシアード 冬 季 大 会 (ムジュ チョンジュ) 本 部 医 務 班 他 神 奈 川 県 トレーナー 部 会 員 資 格 理 学 療 法 士 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティッ か が や 加 賀 谷 よしのり 善 教 先 生 ( 昭 和 大 学 准 教 授 ) 学 歴 札 幌 医 科 大 学 衛 生 短 期 大 学 部 理 学 療 法 学 科 1986 年 3 月 卒 業 神 奈 川 大 学 第 二 工 学 部 電 気 工 学 科 1992 年 3 月 卒 業 鹿 屋 体 育 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 2010 年 3 月 修 了 博 士 ( 体 育 学

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング 第 9 回 北 陵 杯 2014/9/28 ウォーミングアップの 必 要 性 と 方 法 を 理 解 しよう!! 出 雲 市 民 病 院 理 学 療 法 士 妹 尾 翼 自 己 紹 介 出 雲 第 一 中 学 校 平 田 高 等 学 校 ( 柔 道 部 ) 島 根 リハビリテーション 学 院 2003 年 入 学 出 雲 市 民 病 院 2007 年 入 職 現 在 理 学 療 法 士 8 年 目

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

係長級

係長級 の 部 企 画 課 県 民 課 鳥 取 力 創 造 課 危 機 管 理 政 策 課 危 機 対 策 情 報 課 原 子 力 安 全 対 策 課 総 務 課 総 務 課 財 政 課 主 計 員 財 政 課 主 計 員 政 策 法 務 課 営 繕 課 営 繕 課 情 報 政 策 課 関 西 本 部 行 財 政 改 革 局 業 務 効 率 推 進 課 行 財 政 改 革 局 福 利 厚 生 課 行 財 政

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

地 方 分 権 と 交 通 社 会 H630 特 別 企 画 プロジェクト 喜 多 秀 行 鳥 取 大 学 工 学 部 教 授 成 田 頼 明 横 浜 国 立 大 学 名 誉 教 授 武 内 和 彦 東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 教 授 岡 野 行 秀 ( 財 ) 道 路 経 済 研 究 所 理 事 長 白 石 真 澄 東 洋 大 学 経 済 学 部 助 教 授 森

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不 第 5 章 肢 体 不 自 由 1 Ⅰ 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 指 数 ( 全 体 各 関 節 ) ( 欠 損 ) ( 手 指 ) 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 1 級 廃 し た も の 上 で 欠 く も の 18 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 2 両 上 肢 の す べ て の 2 級 し い 障 害 指 を 欠 く も の

More information

学 生 番 号 M971303 大 森 大 輔 指 導 教 員 狩 長 弘 親 副 指 導 教 員 山 本 倫 子 加 納 良 男 論 文 題 目 通 所 リハビリテーション 利 用 者 の 作 業 療 法 における 生 活 行 為 申 し 送 り 表 の 効 果 -ランダム 化 比 較 試 験 に

学 生 番 号 M971303 大 森 大 輔 指 導 教 員 狩 長 弘 親 副 指 導 教 員 山 本 倫 子 加 納 良 男 論 文 題 目 通 所 リハビリテーション 利 用 者 の 作 業 療 法 における 生 活 行 為 申 し 送 り 表 の 効 果 -ランダム 化 比 較 試 験 に 学 生 番 号 M971301 市 田 博 子 指 導 教 員 籔 脇 健 司 副 指 導 教 員 岩 田 美 幸 狩 長 弘 親 論 文 題 目 地 域 生 活 を 送 る 慢 性 呼 吸 器 疾 患 患 者 の 作 業 参 加 が 健 康 関 連 QOL に 与 える 影 響 作 業 を 通 して 健 康 と 幸 福 な 生 活 を 促 進 することは 重 要 であるが, (200 字 以 内

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc 運 動 器 疾 患 対 策 プログラム( 膝 痛 腰 痛 対 策 転 倒 骨 折 予 防 ) 膝 痛 腰 痛 及 び 骨 折 は 高 齢 者 の 生 活 機 能 を 著 しく 低 下 させる こうした 運 動 器 疾 患 の 有 無 に 加 えて 生 活 機 能 の 制 限 の 有 無 把 握 し 可 能 性 がある 場 合 には 積 極 的 に 対 策 をとる エビデンス 膝 痛 腰 痛 は 複

More information

高齢化社会を生き抜く秘訣 女性が長生きする理由

高齢化社会を生き抜く秘訣 女性が長生きする理由 21 年 7 月 21 日 株 式 会 社 カーブスジャパン < 女 性 専 用 フィットネス カーブス が 3~7 代 女 性 に 調 査 > 夏 本 番! これから 始 めたい 事 1 位 はダイエット.3! ~ 身 体 不 調 について 腰 痛 32.2 膝 痛 18.2 悩 みを 抱 えている 人 解 消 法 として トレを 行 っている 人 は 6 人 に 1

More information

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大 男 子 () 藤 田 石 井 ( 吉 備 国 ) 夫 津 木 多 原 ( 岡 山 大 ) 濱 田 生 林 ( 福 平 大 ) 前 国 西 ( 広 工 大 ) 白 石 open ( 広 経 大 ) 野 津 本 田 ( 広 経 大 ) 4 4 日 高 村 井 ( 広 修 大 ) 山 片 守 江 ( 広 島 大 ) 5 5 向 田 前 川 ( 岡 山 大 ) 6 小 寺 加 藤 ( 川 福 大 ) 山 田

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5 男 子 シングルス A Bブロック Aブロック 1 長 谷 川 翔 3 須 坂 園 芸 2 大 口 悟 上 田 染 谷 丘 3 善 財 渉 2 長 野 日 大 4 長 井 彰 平 3 上 田 5 小 松 俊 彦 3 須 坂 東 6 秀 憲 3 篠 ノ 井 7 小 野 澤 経 太 1 北 部 8 寺 沢 弘 平 3 上 田 東 9 澤 田 成 3 飯 山 南 10 山 根 秀 太 2 岩 村 田 11

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368> 競 技 継 続 がほとんど 不 能 になってから 復 帰 した 全 国 大 会 レベル 以 上 の 柔 道 選 手 米 田 病 院 米 田 實 福 山 陽 子 林 克 彦 症 例 紹 介 症 例 1 症 例 2 症 例 3 症 例 4 症 例 5 症 例 6 症 例 7 症 例 8 症 例 9 (28 歳 男 性 ) (26 歳 男 性 ) (25 歳 男 性 ) (24 歳 男 性 ) (17 歳

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

平成21年度 大阪マスターズ陸上競技連盟総会

平成21年度 大阪マスターズ陸上競技連盟総会 平 成 24 年 度 事 業 報 告 について 1. 会 員 の 状 況 (2012 年 12 月 31 日 現 在 ) 種 別 当 期 末 前 期 末 前 期 末 比 増 減 会 員 361 人 350 人 11 人 経 済 的 賛 助 会 員 1 人 3 人 2 人 技 術 的 賛 助 会 員 35 人 30 人 5 人 合 計 397 人 383 人 14 人 2. 事 業 の 実 施 状 況

More information

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達)

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達) 1 空 幕 教 第 129 号 例 規 20. 3.31 一 部 変 更 空 幕 教 第 84 号 (21.3.18) 一 部 変 更 空 幕 教 第 247 号 (21.8. 3) 一 部 変 更 空 幕 教 第 112 号 (23.3.31) 全 部 隊 長 全 機 関 の 長 殿 航 空 幕 僚 長 航 空 自 衛 官 の 体 力 測 定 実 施 基 準 について( 通 達 )( 登 録 報

More information

<8CA7918D91CC8C8B89CA FC92F994C52E786C73>

<8CA7918D91CC8C8B89CA FC92F994C52E786C73> テ ニ ス ( 平 成 20 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 県 予 選 1 日 時 5 月 31 日 8:30~ 集 合 受 付 団 体 1 回 戦 から 準 々 決 勝 個 人 戦 シングルス ダブルス1 男 子 団 体 1 新 田 松 山 北 20 新 田 松 山 北 2 松 山 商 業 松 山 商 業 3-0 3-0 八 幡 浜 八 幡 浜 21 3 宇

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

第 4 会 場 ポスター 4F ホールB 4F ホワイエ 5F ホールA O8-1~O8-5 9:20~10:10 一 般 演 題 8 メディカルチェック1 メディカルチェック 野 球 1 座 長 高 原 政 利 ポスター 掲 示 O9-1~O9-6 10:15~11:15 一 般 演 題 9 メデ

第 4 会 場 ポスター 4F ホールB 4F ホワイエ 5F ホールA O8-1~O8-5 9:20~10:10 一 般 演 題 8 メディカルチェック1 メディカルチェック 野 球 1 座 長 高 原 政 利 ポスター 掲 示 O9-1~O9-6 10:15~11:15 一 般 演 題 9 メデ 9 12 第 1 会 場 第 2 会 場 第 3 会 場 5F メインホール 5F ホールA 4F ホールB 開 会 にあたって 学 会 長 挨 拶 JOSSM 理 事 長 挨 拶 8:20~ SL 特 別 講 演 ~ 河 野 一 郎 座 長 : 松 本 秀 男 S1-1~S1-6 9:10~10:40 S2-1~S2-5 9:10~10:40 S3-1~S3-5 9:10~10:40 シンポジウム1

More information

平 成 26 年 度 和 歌 山 県 中 学 20 傑 男 子 の 部 100m 印 は 県 中 学 記 録 更 新 1 11.09 (+1.2) 竹 本 竜 也 上 富 田 中 3 8/19 全 国 中 学 陸 上 丸 亀 2 11.24 (+0.7) 福 田 直 生 紀 之 川 中 3 11/3

平 成 26 年 度 和 歌 山 県 中 学 20 傑 男 子 の 部 100m 印 は 県 中 学 記 録 更 新 1 11.09 (+1.2) 竹 本 竜 也 上 富 田 中 3 8/19 全 国 中 学 陸 上 丸 亀 2 11.24 (+0.7) 福 田 直 生 紀 之 川 中 3 11/3 2014 年 度 ( 平 成 26 年 ) 和 歌 山 県 中 学 20 傑 記 録 集 計 期 間 : 平 成 26 年 1 月 1 日 12 月 31 日 ランキングは 日 本 陸 連 公 認 申 請 競 技 会 及 び 陸 上 競 技 マガジン 提 供 資 料 を 元 に 作 成 しています 平 成 26 年 度 和 歌 山 県 中 学 20 傑 男 子 の 部 100m 印 は 県 中 学

More information

untitled

untitled 第 82 回 全 日 本 大 学 総 合 卓 球 選 手 権 大 会 ( 団 体 の 部 ) ( 北 九 州 市 立 総 合 体 育 館 2012 年 7 月 5 日 ( 木 )~8 日 ( 日 )) 男 子 予 選 リーグ Aブロック 男 子 予 選 リーグ Bブロック 明 治 大 3 0 愛 媛 大 青 森 大 3 0 岡 山 商 科 大 / 11 4 \ / 11 3 \ 11 7 4 11

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49:

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49: No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 1 63 井 辺 弘 貴 20 男 福 岡 県 2:09:27 0:26:21 4 1:06:37 2 1:32:58 1 0:36:29 2 1 2 2 秦 陽 一 郎 41 男 大 分 県 2:11:28 0:28:15 14 1:06:21

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

栃 木 ) 埼 玉 ) 群 馬 ) 茨 城 ) 山 梨 ) 千 葉 ) 東 京 ) 栃 木 ) 群 馬 ) 茨 城 ) 東 京 ) 神 奈 川 ) 6 2 茨 城 県 立 下 妻 第 二 足 立 園 神 奈 川 県 立 伊 勢 原 山 梨 県 立 日 川 5 日 4 日 2 3 4 5 日 8 3

栃 木 ) 埼 玉 ) 群 馬 ) 茨 城 ) 山 梨 ) 千 葉 ) 東 京 ) 栃 木 ) 群 馬 ) 茨 城 ) 東 京 ) 神 奈 川 ) 6 2 茨 城 県 立 下 妻 第 二 足 立 園 神 奈 川 県 立 伊 勢 原 山 梨 県 立 日 川 5 日 4 日 2 3 4 5 日 8 3 大 会 結 果 報 告 書 記 録 号 大 会 名 平 成 28 年 度 関 東 ソフトボール 大 会 第 42 回 関 東 男 子 ソフトボール 大 会 年 月 日 平 成 28 年 6 月 4 日 土 )~5 日 日 ) 会 場 E: 稲 毛 海 浜 公 園 野 場 A 記 録 長 副 記 録 長 平 塚 照 夫 井 之 上 哲 夫 報 告 書 類 レ 組 せ 立 ち 上 がり 表 トータルスコア

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798FB4985E817A91E63489F193FA967B90E592B08AD690DF8CA48B8689EF323031332E31312E30322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798FB4985E817A91E63489F193FA967B90E592B08AD690DF8CA48B8689EF323031332E31312E30322E646F63> 第 4 回 日 本 仙 腸 関 節 研 究 会 プログラム 抄 録 集 会 期 :2013 年 11 月 2 日 ( 土 ) 会 場 : 東 京 国 際 フォーラム 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 3-5-1 会 長 : 仙 台 社 会 保 険 病 院 村 上 栄 一 共 催 : 日 本 仙 腸 関 節 研 究 会 久 光 製 薬 株 式 会 社 -プログラム- 日 時 : 平 成 25 年

More information

JICA日本伝統治療(柔道整復術)普及事業 報告書

JICA日本伝統治療(柔道整復術)普及事業 報告書 JICA 日 本 伝 統 治 療 ( 柔 道 整 復 術 ) 普 及 事 業 報 告 書 モンゴル 国 立 健 康 科 学 大 学 附 属 医 療 技 術 大 学 編 派 遣 メンバー 団 長 : 本 間 琢 英 ( 国 際 部 ) 金 井 英 樹 ( 国 際 部 ) 浪 尾 敬 一 ( 香 川 県 接 骨 師 会 ) 横 田 良 介 ( 宮 城 県 柔 道 整 復 師 会 ) 楠 美 明 人 (

More information

MT-8 A A A A 三 重 中 京 大 学 MT-8-S1 若 林 孝 容 21 2 21 15 松 田 敦 士 MT-8-S2 栗 田 輝 亮 21 13 21 14 北 川 尚 希 MT-8-D1 西 野 雅 之 西 川 夏 樹 18 21 21 19 24 22 北 川 尚 希 柚 木

MT-8 A A A A 三 重 中 京 大 学 MT-8-S1 若 林 孝 容 21 2 21 15 松 田 敦 士 MT-8-S2 栗 田 輝 亮 21 13 21 14 北 川 尚 希 MT-8-D1 西 野 雅 之 西 川 夏 樹 18 21 21 19 24 22 北 川 尚 希 柚 木 MT-1 MT-1-S1 松 村 裕 二 16 21 21 19 20 22 丸 野 裕 売 MT-1-S2 永 野 雅 也 21 3 21 4 矢 田 大 輔 MT-1-D1 松 村 裕 二 山 本 良 21 4 21 10 門 脇 和 成 川 原 祐 貴 MT-1-D2 奥 平 健 太 郎 藤 田 翔 21 17 21 10 丸 野 裕 売 矢 田 大 輔 MT-1-S3 林 晃 弘 門 脇 和

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な 平 成 26 年 (ワ) 第 11499 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 大 野 佳 奈 子 被 告 医 療 法 人 髙 寿 会 外 1 名 原 告 準 備 書 面 (9) 平 成 28 年 4 月 8 日 大 阪 地 方 裁 判 所 第 22 民 事 部 合 議 1 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 髙 橋 典 明 弁 護 士 上 出 恭 子 弁 護 士 和 田 香

More information

<8C8B89CA2E786477>

<8C8B89CA2E786477> 第 54 回 福 島 県 高 等 学 校 体 育 大 会 柔 道 競 技 県 大 会 試 合 記 録 平 成 20 年 6 月 7 日 ( 土 )~6 月 10 日 ( 火 ) いわき 市 立 総 合 体 育 館 柔 剣 道 場 男 子 学 校 対 抗 の 部 女 子 学 校 対 抗 の 部 種 目 順 位 学 校 名 種 目 順 位 学 校 名 男 子 学 校 対 抗 の 部 1 田 村 高 等

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田 参 加 人 数 一 覧 60kg 66kg 73kg 81kg 90kg 100kg 100kg 100kg 超 合 計 1 大 阪 体 育 大 学 1 2 2 3 2 2 2 14 2 鹿 屋 体 育 大 学 4 4 4 4 3 3 1 23 3 国 際 武 道 大 学 4 4 4 4 4 4 4 4 国 士 舘 大 学 4 4 4 4 4 4 4 5 埼 玉 大 学 0 3 3 1 2 2 0

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯 駅 関 連 路 JR 駅 北 ぐ 路 駅 側 駅 宮 線 ぐ 駅 線 老 良 別 府 線 区 式 域 関 見 守 式 典 渡 初 路 駅 区 区 準 組 魅 待 駅. No. Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共

More information

相 原 聡 美 相 羽 恵 介 青 江 啓 介 赤 司 浩 一 秋 田 弘 俊 秋 永 士 朗 秋 山 聖 子 浅 尾 高 行 麻 生 範 雄 安 達 進 荒 井 保 明 有 岡 仁 安 藤 潔 飯 田 真 介 井 岡 達 也 井 岸 正 生 田 克 哉 池 添 隆 之 池 田 宇 次 石 岡 千

相 原 聡 美 相 羽 恵 介 青 江 啓 介 赤 司 浩 一 秋 田 弘 俊 秋 永 士 朗 秋 山 聖 子 浅 尾 高 行 麻 生 範 雄 安 達 進 荒 井 保 明 有 岡 仁 安 藤 潔 飯 田 真 介 井 岡 達 也 井 岸 正 生 田 克 哉 池 添 隆 之 池 田 宇 次 石 岡 千 理 事 長 1 名 大 江 裕 一 郎 副 理 事 長 1 名 中 川 和 彦 理 事 20 名 秋 田 弘 俊 石 岡 千 加 史 岩 田 広 治 大 江 裕 一 郎 大 津 敦 谷 本 光 音 田 村 研 治 直 江 知 樹 中 川 和 彦 中 西 洋 一 西 尾 和 人 畠 清 彦 馬 場 英 司 藤 原 康 弘 朴 成 和 光 冨 徹 哉 南 博 信 室 圭 矢 野 聖 二 山 本 信 之

More information

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹 平 成 24 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 第 65 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 女 子 第 26 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 実 施 要 項 2012 主 催 佐 賀 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 佐 賀 県 教 育 委 員 会 後 援 佐 賀 陸 上 競 技 協 会 西 日 本 新 聞 社 佐 賀

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

Microsoft Word - 212J4054.docx

Microsoft Word - 212J4054.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2014 年 1 月 糖 分 摂 取 が 気 分 に 及 ぼす 影 響 指 導 山 口 創 先 生 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 212J4054 原 野 有 紗 目 次 1. 序 論... 1 2. 方 法... 1 対 象 者... 1 調 査 内 容... 1 実 験 の 手 続 き... 2 分 析 方 法... 2 3. 結 果 と 考

More information

資料8 日本臨床スポーツ医学会 資料

資料8 日本臨床スポーツ医学会 資料 臨 床 スポーツ 医 学 会 からの 提 言 理 事 長 福 林 徹 本 年 施 行 されたスポーツ 基 本 法 の 中 でもスポーツ 選 手 の 健 康 と 安 全 に 関 する 条 項 及 び ドーピング 防 止 活 動 に 関 する 条 項 につき 提 言 いたします 第 一 章 第 二 条 第 4 項 スポーツを 行 う 者 の 心 身 の 健 康 の 保 持 増 進 安 全 の 確 保 第

More information

Microsoft Word - 2014_0620_2014 青森県トレセンU

Microsoft Word - 2014_0620_2014 青森県トレセンU 2014 青 森 県 トレセン U-16 スポーツ 医 学 研 修 会 2014 年 6 月 14 日 於 : 新 青 森 県 総 合 運 動 公 園 1. 学 校 管 理 下 における 突 然 死 の 発 症 状 況 と 対 策 弘 前 大 学 医 学 部 心 臓 血 管 病 先 進 治 療 学 樋 熊 拓 未 2. サッカー 選 手 に 必 要 なスポーツ 栄 養 学 鶴 田 町 役 場 健 康

More information

H27新人筑豊結果 改

H27新人筑豊結果 改 大 会 名 1 大 会 名 2 第 37 回 福 岡 県 高 等 学 校 新 人 陸 上 競 技 対 校 選 手 権 大 会 福 岡 県 筑 豊 ブロック 予 選 会 期 日 平 成 27 年 月 日 ( 土 ) 月 日 ( 日 ) 陸 協 名 福 岡 主 催 団 体 福 岡 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 会 場 嘉 麻 市 嘉 穂 総 合 グランド 大 会 コート 0402011 競 技 場

More information

報 道 発 表 資 料 2006 年 5 月 15 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 家 族 性 変 形 性 股 関 節 症 の 原 因 遺 伝 子 が 存 在 する 領 域 を 発 見 - 変 形 性 関 節 症 の 発 症 の 原 因 の 解 明 につながる 新 たな 一 歩

報 道 発 表 資 料 2006 年 5 月 15 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 家 族 性 変 形 性 股 関 節 症 の 原 因 遺 伝 子 が 存 在 する 領 域 を 発 見 - 変 形 性 関 節 症 の 発 症 の 原 因 の 解 明 につながる 新 たな 一 歩 60 秒 でわかるプレスリリース 2006 年 5 月 15 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 家 族 性 変 形 性 股 関 節 症 の 原 因 遺 伝 子 が 存 在 する 領 域 を 発 見 - 変 形 性 関 節 症 の 発 症 の 原 因 の 解 明 につながる 新 たな 一 歩 - 日 本 人 の 700 万 人 から 1,000 万 人 が 苦 しんでいる 重 大 な

More information

Microsoft Word - 表紙1.doc

Microsoft Word - 表紙1.doc ( 財 ) 日 本 少 年 野 球 連 盟 大 阪 阪 南 支 部 所 属 2005 年 11 月 1 日 現 在 組 織 図 代 表 顧 問 幹 事 長 副 代 表 審 判 部 会 計 総 監 督 監 督 コーチ マネージャー 広 報 父 母 会 選 手 OB 会 役 員 名 簿 指 導 者 名 簿 代 表 臼 田 勉 総 監 督 北 池 利 雄 副 代 表 高 原 均 監 督 黒 田 浩 生 野

More information

本文−☆和文.indd

本文−☆和文.indd 男 ICE HOCKEY Men 男 役 員 合 計 22 名 5 名 27 名 監 督 MAHON MARK 昭 和 40 年 11 月 11 日 (43 歳 ) 出 身 男 1Concordia University Robert Kennedy College 2 日 本 連 盟 5JOC 担 当 技 術 加 賀 昌 一 昭 和 46 年 9 月 4 日 (37 歳 ) 青 森 県 出 身 男

More information

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋 優 勝 藤 城 正 裕 44 36 2 高 取 正 38 41 79 9.6 3 中 田 康 夫 36 44 4 西 岡 和 敏 36 38 74 3.6 5 嶋 矢 廣 喜 44 40 6 加 藤 正 之 43 35 78 7.2 7 伊 佐 岡 朗 宏 46 44 8 向 井 義 明 42 41 83 12.0 9 川 上 孝 子 49 46 10 児 玉 和 生 37 33 70 +1.2 11

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

51 344 4 走 藤 原 裕 規 0:19:00.0 52 341 3 走 澤 村 和 友 0:19:01.0 53 345 1 走 菊 池 勇 貴 0:19:02.0 54 304 2 走 中 屋 敷 創 也 0:19:06.0 54 330 3 走 佐 藤 淳 0:19:06.0 56 33

51 344 4 走 藤 原 裕 規 0:19:00.0 52 341 3 走 澤 村 和 友 0:19:01.0 53 345 1 走 菊 池 勇 貴 0:19:02.0 54 304 2 走 中 屋 敷 創 也 0:19:06.0 54 330 3 走 佐 藤 淳 0:19:06.0 56 33 1 350 2 走 芳 賀 亘 0:17:03.0 2 329 2 走 古 舘 優 タケダスポーツクラブ 0:17:12.0 3 317 2 走 清 水 翔 一 朗 0:17:22.0 3 343 1 走 岩 渕 慎 矢 0:17:22.0 5 350 1 走 藤 村 晃 誠 0:17:27.0 6 329 1 走 村 上 映 人 タケダスポーツクラブ 0:17:28.0 7 339 1 走 星 寛

More information

平 成 28 年 度 第 70 回 愛 媛 県 高 等 学 校 総 合 育 大 会 上 位 成 績 一 覧 操 総 合 総 合 ク ブ リ ボ 聖 カ 藤 ( ) 松 本 ( 聖 カ ) 岡 ( ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 岡 ( ) 大 坪 ( 聖 カ ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 松 本

平 成 28 年 度 第 70 回 愛 媛 県 高 等 学 校 総 合 育 大 会 上 位 成 績 一 覧 操 総 合 総 合 ク ブ リ ボ 聖 カ 藤 ( ) 松 本 ( 聖 カ ) 岡 ( ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 岡 ( ) 大 坪 ( 聖 カ ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 松 本 平 成 28 年 度 第 70 回 愛 媛 県 高 等 学 校 総 合 育 大 会 上 位 成 績 一 覧 3 位 4 位 総 合 居 浜 東 居 浜 東 ト ッ ク 居 浜 東 ィ ー ド 今 治 明 徳 居 浜 東 今 治 明 徳 居 浜 東 桑 ( 東 ) 滝 本 ( 川 石 ) 六 郎 面 ( ) 越 智 ( 東 ) 平 井 ( 八 浜 ) 山 本 ( 今 北 ) 平 林 ( ) 戸 ( 松

More information

平成24年度事業報告書

平成24年度事業報告書 平 成 24 年 度 事 業 報 告 書 Ⅰ 事 業 の 概 要 Ⅱ 定 款 等 Ⅲ 役 員 等 Ⅳ 理 事 会 評 議 員 会 Ⅴ 寄 附 補 助 金 等 Ⅵ 事 業 (1) 研 究 事 業 (2) 診 療 検 査 事 業 (3) 調 査 資 料 収 集 事 業 (4) 研 修 会 セミナー 開 催 事 業 (5) 相 談 助 言 事 業 (6) 理 学 療 法 士 実 習 生 受 け 入 れ 指

More information

総 務 第 27 回 関 東 医 科 大 学 対 抗 陸 上 競 技 大 会 コード 10501312 女 子 決 勝 日 付 平 成 22 年 9 月 19 日 ( 日 ) 競 技 場 栃 木 県 総 合 運 動 公 園 陸 上 競 技 場 競 技 場 コード 091010 審 判 長 志 田 利

総 務 第 27 回 関 東 医 科 大 学 対 抗 陸 上 競 技 大 会 コード 10501312 女 子 決 勝 日 付 平 成 22 年 9 月 19 日 ( 日 ) 競 技 場 栃 木 県 総 合 運 動 公 園 陸 上 競 技 場 競 技 場 コード 091010 審 判 長 志 田 利 総 務 第 27 回 関 東 医 科 大 学 対 抗 陸 上 競 技 大 会 コード 10501312 男 子 決 勝 日 付 平 成 22 年 9 月 19 日 ( 日 ) 競 技 場 栃 木 県 総 合 運 動 公 園 陸 上 競 技 場 競 技 場 コード 091010 審 判 長 志 田 利 宏 山 野 井 純 夫 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 9/19 男

More information

カ コ メ 藤 井 寛 之 カ 多 声 ざ 指 途 中 棄 権 不 甲 斐 体 管 理 不 足 や プ ッ シ ャ じ 過 ぎ 切 ん 失 敗 通 過 よ チ 貢 献 よ ろ お 願 致 小 谷 政 宏 (4 ハ フ 先 頭 集 団 ペ 変 化 激 得 意 粘 ん ッ プ ク ラ 貴 重 練 習 や

カ コ メ 藤 井 寛 之 カ 多 声 ざ 指 途 中 棄 権 不 甲 斐 体 管 理 不 足 や プ ッ シ ャ じ 過 ぎ 切 ん 失 敗 通 過 よ チ 貢 献 よ ろ お 願 致 小 谷 政 宏 (4 ハ フ 先 頭 集 団 ペ 変 化 激 得 意 粘 ん ッ プ ク ラ 貴 重 練 習 や 中 央 陸 競 技 部 長 距 離 ブロック( 部 6 発 行 陸 部 通 信 No. 格 的 夏 控 え 暑 さ 増 お 過 ょ 去 第 9 4 生 陸 競 技 対 校 権 お 多 声 誠 ざ 4 間 連 開 催 連 行 ど 過 酷 状 況 4 長 距 離 種 繋 良 タ 切 二 十 行 お 変 ぬ 声 よ ろ お 願 申 げ 度 最 陸 部 通 信 浦 田 監 督 コ メ カ コ メ 度 新 生

More information

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の 5.トレーニングプログラムの 作 成 1) 集 団 プログラムと 個 別 プログラムの 作 成 にあたって 参 加 者 全 員 の 身 体 状 況 にあった 集 団 プログラムと 参 加 者 一 人 一 人 にアプローチした 個 別 プログラ ムを 作 成 し 誰 であっても 諸 機 能 が 向 上 していくようにプログラムを 決 定 することが 望 ましいです 1 集 団 プログラム ウォーミングアップ

More information

あなたのケアプリント: あなたのケアプリント: 今 のあなたと 理 想 今 のあなたと 理 想 のあなた 鏡 に 向 かうとき 背 筋 をスッと 伸 ばしていますか? 姿 勢 が 良 いと 外 見 もよくなるものです 姿 勢 にもっと 気 をつけましょう 長 年 にわたって 前 かがみの 姿 勢 を

あなたのケアプリント: あなたのケアプリント: 今 のあなたと 理 想 今 のあなたと 理 想 のあなた 鏡 に 向 かうとき 背 筋 をスッと 伸 ばしていますか? 姿 勢 が 良 いと 外 見 もよくなるものです 姿 勢 にもっと 気 をつけましょう 長 年 にわたって 前 かがみの 姿 勢 を 姿 勢 評 価 姿 勢 + 評 価 矯 正 + プログラム 矯 正 プログラム お 名 前 : お 名 前 : 北 原 有 希 様 北 原 有 希 様 2008 年 42008 月 2 日 年 4 月 2 日 あなたのケアプリント: あなたのケアプリント: 今 のあなたと 理 想 今 のあなたと 理 想 のあなた 鏡 に 向 かうとき 背 筋 をスッと 伸 ばしていますか? 姿 勢 が 良 いと 外

More information

Microsoft Word - 1フェンシング.docx

Microsoft Word - 1フェンシング.docx 第 9 回 東 海 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 フェンシング 競 技 平 成 年 月 日 7 日 会 場 大 垣 市 総 合 体 育 館 主 催 東 海 高 等 学 校 体 育 連 盟 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 教 育 委 員 会 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 フェンシング 協 会 後 援 公 益 財 団 法 人 岐 阜 県 体 育 協 会 大 垣 市 教 育 委

More information

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修 方 法 4.1 基 本 方 針 4.2 研 修 計 画 専 門 知 識 の 習 得 計 画 専 門

More information

Microsoft Word - 02.定款(最終①)

Microsoft Word - 02.定款(最終①) 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 といい 外 国 に 対 しては JAPAN SKATING FEDERATION( 略 称 JSF)という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2

More information

<918D8D8788EA9797955C2E786C7378>

<918D8D8788EA9797955C2E786C7378> 順 位 No. チーム 名 総 合 記 録 一 覧 表 総 合 成 績 106.8km 駒 沢 大 学 5:14:12 ( 第 33 回 ) 1 区 (14.6km) 永 田 宏 一 郎 キ タウ タ ニエル 鹿 屋 体 育 大 日 本 大 41:56 ( 第 32 回 第 39 回 ) 2 区 (13.2km) 3 区 (9.5km) 竹 澤 健 介 早 稲 田 大 37:42 ( 第 39 回

More information

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls)

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls) 第 10 行 橋 ~ 別 府 100キロウォーク 個 人 記 録 1 着 発 着 発 着 発 着 時 刻 ネット 休 含 1 区 2 区 3 区 4 区 歩 計 1 789 千 代 田 泰 51 2 0:00:15 18:19 18:20 21:43 21:44 1:12 1:12 3:10:09 13:09:54 7.60 8.15 7.48 7.25 7.41 7.63 2 54 増 田 邦 禎

More information

の 過 剰 死 亡 が 認 められ 関 連 死 は 有 意 に 存 在 することが 証 明 できました なお 被 害 の 大 きかった 海 岸 沿 いの 激 震 6 区 ( 須 磨 区 長 田 区 兵 庫 区 中 央 区 灘 区 東 灘 区 )の 推 定 関 連 死 亡 数 は 483 人 過 去

の 過 剰 死 亡 が 認 められ 関 連 死 は 有 意 に 存 在 することが 証 明 できました なお 被 害 の 大 きかった 海 岸 沿 いの 激 震 6 区 ( 須 磨 区 長 田 区 兵 庫 区 中 央 区 灘 区 東 灘 区 )の 推 定 関 連 死 亡 数 は 483 人 過 去 震 災 関 連 死 の 実 態 とその 対 策 はじめに/ 震 災 ごとに 被 害 は 異 なる 震 災 ごとにその 被 害 の 現 れ 方 は 異 なります 地 震 の 規 模 時 間 場 所 季 節 さらに 時 代 によって 被 害 は 変 化 します 阪 神 淡 路 大 震 災 (1995 年 )は 日 本 が 高 齢 社 会 になって 初 めて 経 験 した 震 災 ですが 高 齢 者 への

More information

第 66 回 九 州 地 区 大 学 体 育 大 会 役 員 2016 年 度 の 開 催 時 には 異 動 ( 交 替 等 )により 学 長 名 等 変 更 となる 場 合 があります 大 会 名 誉 会 長 九 州 地 区 大 学 体 育 協 議 会 会 長 九 州 大 学 総 長 久 保 千

第 66 回 九 州 地 区 大 学 体 育 大 会 役 員 2016 年 度 の 開 催 時 には 異 動 ( 交 替 等 )により 学 長 名 等 変 更 となる 場 合 があります 大 会 名 誉 会 長 九 州 地 区 大 学 体 育 協 議 会 会 長 九 州 大 学 総 長 久 保 千 第 66 回 九 州 地 区 大 学 体 育 大 会 実 施 要 項 2016 ラグビー 第 66 回 九 州 地 区 大 学 体 育 大 会 役 員 2016 年 度 の 開 催 時 には 異 動 ( 交 替 等 )により 学 長 名 等 変 更 となる 場 合 があります 大 会 名 誉 会 長 九 州 地 区 大 学 体 育 協 議 会 会 長 九 州 大 学 総 長 久 保 千 春 大 会

More information

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls)

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls) (1) 1 総 人 括 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 22 区 年 分 度 住 民 基 本 (22 職 員 給 A 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 22 区 注 年 分 )1 度 職 ( 参 考 ) 都 道 府 県 平 均 272,779 員 数 8,906,5901,863,346,447 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 千 円 A額

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information