高 齢 者 が 咳 をする むせるのは この 誤 嚥 も 大 きな 原 因 の 一 つです 交 通 整 理 をす る 喉 頭 の 働 きも 筋 肉 の 動 きなので 老 化 で 弱 ります 機 能 が 低 下 すると 誤 嚥 が 始 まり 最 初 は 咳 で 出 せるくらいの 少 量 ですが 増 加

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "高 齢 者 が 咳 をする むせるのは この 誤 嚥 も 大 きな 原 因 の 一 つです 交 通 整 理 をす る 喉 頭 の 働 きも 筋 肉 の 動 きなので 老 化 で 弱 ります 機 能 が 低 下 すると 誤 嚥 が 始 まり 最 初 は 咳 で 出 せるくらいの 少 量 ですが 増 加"

Transcription

1 Contents 1. 歯 科 診 療 所 との 連 携 について 2. 循 環 器 内 科 の 紹 介 3. 最 新 の 膝 関 節 手 術 について(Vol. 2) 4. 顔 面 神 経 麻 痺 に 対 する 最 新 治 療 について 5. 地 域 包 括 ケア 病 棟 の 紹 介 6. がん 相 談 支 援 センターの 紹 介 7. 認 定 看 護 師 による 在 宅 患 者 同 一 日 訪 問 看 護 指 導 について 8. 地 域 医 療 部 の 紹 介 山 形 県 立 新 庄 病 院 地 域 医 療 部 TEL: ( 代 表 ) FAX: ( 直 通 ) 平 成 26 年 10 月 発 行 耳 鼻 咽 喉 科 救 急 部 副 部 長 長 瀬 輝 顕 これまで 山 形 県 立 新 庄 病 院 には 残 念 ながら 歯 科 口 腔 外 科 はありませんでした しかし この 7 月 1 日 から 歯 科 医 師 の 山 形 県 立 新 庄 病 院 への 往 診 が 制 度 化 され 運 用 が 開 始 されま した これまでも どうしても 必 要 な 時 にはお 願 いしていたのですが 我 々 医 師 としても とても 紹 介 し 易 くなりました さて ここで 多 くの 方 に 疑 問 が 生 じると 思 います なぜ 病 院 に 歯 科 が 必 要 なのか? 当 然 いくつかの 理 由 があります 話 は 少 しそれますが 人 間 は 食 事 の 時 には 食 べ 物 を 口 に 入 れ よく 歯 で 噛 んで 細 か くし かつ 唾 液 で 一 つの 塊 になった 食 塊 を 喉 に 送 り 込 み 食 道 へ 入 り 胃 へと 運 んでいき ます この 一 連 の 流 れを 嚥 下 といいます 人 間 では 呼 吸 の 空 気 は 鼻 から 入 り 頸 部 前 方 にある 気 管 に 入 り 肺 に 運 ばれます 一 方 食 物 は 口 から 頸 部 後 方 背 骨 の 前 にある 食 道 に 運 ばれます すると 空 気 と 食 べ 物 の 動 き の 中 で 重 なる 点 ができます そこをうまく 交 通 整 理 をしているのが 喉 頭 という 部 分 になり ます しかし 喉 頭 の 働 きがうまくいかないと 食 べ 物 飲 み 物 が 気 管 や 肺 に 入 ってしまう ことがあり これを 誤 嚥 といいます

2 高 齢 者 が 咳 をする むせるのは この 誤 嚥 も 大 きな 原 因 の 一 つです 交 通 整 理 をす る 喉 頭 の 働 きも 筋 肉 の 動 きなので 老 化 で 弱 ります 機 能 が 低 下 すると 誤 嚥 が 始 まり 最 初 は 咳 で 出 せるくらいの 少 量 ですが 増 加 すると 肺 まで 入 ってしまい 誤 嚥 性 肺 炎 を 生 じます これは 特 に 高 齢 者 にとっては 非 常 に 危 険 な 状 態 です 次 に 口 腔 内 には 常 在 菌 と 呼 ばれる 細 菌 が 多 数 存 在 します ただし 常 在 菌 と 人 体 は 共 生 しており 普 通 の 状 態 では 悪 さはしません しかし 体 調 不 良 時 には 口 腔 内 の 細 菌 量 は 増 加 し さらに 人 体 に 良 くない 菌 やカビも 出 てきます この 様 な 状 態 で 高 齢 者 の 方 が 誤 嚥 をすると 肺 に 直 接 病 原 菌 を 送 り 込 み 重 症 の 誤 嚥 性 肺 炎 を 発 症 し 生 命 の 危 機 となり ます そこで 入 院 中 の 病 気 のある 高 齢 者 に 口 腔 ケアをして 誤 嚥 性 肺 炎 を 防 ぎ 原 疾 患 の 治 療 に 専 念 できることは 治 療 上 非 常 に 有 用 なことです この 点 が 病 院 の 治 療 の 質 を 向 上 させ るために 重 要 であることは 常 識 になってきました これが 病 院 で 特 に 高 齢 者 の 治 療 にお いて 歯 科 との 連 携 が 重 要 になってきた 理 由 です これまでも 看 護 師 が 懸 命 に 口 腔 ケアを していましたが 専 門 家 の 関 与 があるとレベルがさらに 上 がります 二 つ 目 の 重 要 な 点 は 大 きな 手 術 やがんなどによる 化 学 療 法 放 射 線 療 法 などを 行 う 方 々 に 対 しての 口 腔 ケアです この 様 な 方 は 病 気 や 治 療 のために 体 力 や 免 疫 力 が 低 下 します つまり 高 齢 者 と 同 じような 状 態 であり 高 齢 がん 患 者 ではさらに 状 態 が 悪 化 しています この 様 な 方 々への 歯 科 医 師 の 介 入 は 誤 嚥 性 肺 炎 を 防 止 し 治 療 を 完 遂 しやすくしますので 治 癒 率 の 向 上 まで 見 込 まれます さらに 三 つ 目 は 歯 そのものが 悪 ければ 十 分 な 咀 嚼 ができません 通 常 の 食 事 が 取 れな くなり 栄 養 の 観 点 からも 良 くありません 病 気 の 時 には 通 常 よりも 必 要 とする 栄 養 は 増 加 します できれば 口 から 摂 取 して 胃 や 腸 を 使 った 栄 養 の 吸 収 が 体 にとっては 一 番 有 用 です その 入 り 口 である 歯 そのものを 治 療 できるのは 歯 科 だけです 高 齢 者 の 誤 嚥 性 肺 炎 を 防 止 し 原 疾 患 の 治 療 に 専 念 できる 大 きな 手 術 前 の 方 や 癌 によ る 化 学 療 法 放 射 線 療 法 等 を 行 う 方 の 誤 嚥 性 肺 炎 を 防 止 して 治 療 を 完 遂 できるようにす る 歯 そのものの 治 療 で 栄 養 面 でも 改 善 できる この 3 点 が 病 院 と 歯 科 との 連 携 で 患 者 の 皆 様 のメリットとなります これ 以 外 にも 歯 科 医 師 がいることはチーム 医 療 を 進 める 上 で 様 々なメリットがあります 病 院 の 建 て 替 えの 頃 には 歯 科 口 腔 外 科 も 山 形 県 立 新 庄 病 院 に 新 しい 診 療 科 としていてくれ るといいなと 心 から 思 います 歯 科 との 連 携 が 進 み 最 上 地 域 にひとつ 上 のレベルでの 医 療 を 地 域 住 民 の 皆 様 に 提 供 できるようになりました 今 後 積 極 的 に 活 用 していきます

3 循 環 器 内 科 教 育 研 修 部 長 廣 野 摂 4 名 の 医 師 ( 廣 野 摂 結 城 孝 一 奥 山 英 伸 橋 本 直 土 )で 循 環 器 の 診 療 を 行 っています 当 地 区 において カテーテルやペースメーカーを 用 いた 高 度 先 進 医 療 が 定 着 してから 約 10 年 が 経 過 しました お 陰 様 で 多 くの 患 者 様 をご 紹 介 頂 けるようになりました 心 より 感 謝 申 し 上 げます 近 年 4 名 となった 心 臓 超 音 波 専 門 技 師 が(10 年 前 は 一 人 もおりませんでし た) 年 間 約 3000 例 の 精 密 心 機 能 評 価 を 行 い 我 々の 診 療 を 補 助 してくれています 加 え て 重 症 心 不 全 に 対 する 適 応 補 助 換 気 療 法 (ASV)と 心 臓 リハビリテーションの 導 入 に 向 け 奥 山 医 師 を 中 心 に 日 々 臨 床 研 究 が 行 われています 以 下 に 外 来 と 入 院 の 診 療 体 制 を 示 します 外 来 月 曜 日 ; 奥 山 ( 新 患 ) 橋 本 ( 新 患 ) 廣 野 ( 再 来 ) 水 曜 日 ; 奥 山 ( 再 来 ) 橋 本 ( 再 来 ) 木 曜 日 ; 結 城 ( 新 患 ) 金 曜 日 ; 廣 野 ( 新 患 ) 結 城 ( 再 来 ) 火 曜 日 ( 終 日 )と 金 曜 日 ( 午 後 )はカテーテル 日 です 入 院 平 日 日 中 は 主 治 医 制 時 間 外 と 休 日 はチーム 制 ( 当 番 制 )で 診 療 しています 入 院 患 者 の 概 要 がチームで 把 握 できるように(ミーティングを 兼 ねて) 毎 朝 7 時 15 分 から 全 員 で 入 院 患 者 の 回 診 を 行 っています 平 成 25 年 度 の 診 療 実 績 を 示 します( 主 病 名 から 検 索 ) 入 院 患 者 総 数 1,009 例 心 血 管 疾 患 656 例 ( 急 性 心 不 全 173 例, 急 性 冠 症 候 群 59 例, 安 定 した 虚 血 性 心 疾 患 170 例, 心 原 性 脳 塞 栓 106 例, 動 静 脈 疾 患 54 例, 不 整 脈 50 例, 心 筋 心 膜 弁 膜 疾 患 19 例, 他 25 例 ) 集 中 治 療 室 入 室 57 例 一 日 平 均 入 院 患 者 数 45.7 例 平 均 在 院 日 数 16.5 日 心 血 管 カテーテル 304 件 (うち 経 皮 的 冠 動 脈 形 成 術 142 件, 四 肢 血 管 形 成 術 33 件 ) ペースメーカー 植 え 込 み 術 57 件 心 臓 電 気 生 理 学 検 査 3 件 心 臓 外 科 との 連 携 手 術 が 必 要 な 大 動 脈 冠 動 脈 弁 膜 疾 患 は 山 形 大 学 日 本 海 総 合 病 院 県 立 中 央 病 院 に 紹 介 しています すべての 病 院 の 循 環 器 科 の 主 要 メンバーが 山 形 大 学 第 一 内 科 または 第 二 外 科 医 局 の 医 師 であり 定 期 的 なカンファレンスを 通 じて 密 な 連 携 体 制 がとられています 平 成 25 年 度 に 救 急 車 やドクターヘリを 用 いて 3 つの 病 院 に 搬 送 した 症 例 は 14 例 救 命 率 は 78.6%でした 新 庄 最 上 地 区 における 循 環 器 疾 患 患 者 の 救 命 と 生 活 の 質 向 上 を 目 標 に 努 力 を 続 けてまい ります ご 参 考 の 上 今 後 も 多 数 の 患 者 様 のご 紹 介 をお 願 い 申 し 上 げます

4 整 形 外 科 手 術 部 副 部 長 浅 野 多 聞 2. 前 十 字 靭 帯 再 建 術 近 年 のスポーツ 人 口 の 増 加 に 伴 い 膝 関 節 外 傷 で 多 くみられ 見 逃 されやすく 自 然 軽 快 しにくく 放 置 すると 軟 骨 損 傷 半 月 板 損 傷 変 形 性 膝 関 節 症 に 移 行 する 前 十 字 靭 帯 損 傷 ( 以 下 ACL)の 最 近 の 治 療 について 述 べさせていただきたいと 思 います ACL 損 傷 は サッカー 柔 道 バスケットボール バレーボール スキーなどのスポー ツや 転 倒 によって 膝 関 節 の 内 にある 靭 帯 が 断 裂 することによって 起 こります 膝 関 節 を 伸 展 位 付 近 で 外 反 することによって 起 こりやすく 半 数 以 上 の 患 者 さんがポキッ ブチッな どの 断 裂 音 を 聞 いているといわれています 症 状 は, 受 傷 早 期 は 膝 関 節 の 腫 脹 と 関 節 内 に 血 液 がたまる 膝 蓋 跳 動 がみられます 靭 帯 がつながっていないことより, 脛 骨 が 大 腿 骨 の 前 方 に 亜 脱 臼 する giving way とよばれる 膝 くずれ 現 象 があると 膝 の 疼 痛 と2 次 性 の 軟 骨 損 傷 半 月 板 損 傷 が 起 こります 診 断 は 前 方 引 き 出 しテスト Lachman テスト pivot shift テストなどの 徒 手 検 査 ス トレスレントゲン 検 査 機 械 による 膝 関 節 の 不 安 定 性 検 査 に 加 えて 画 像 検 査 として MRI 検 査 が 有 効 です 靭 帯 そのものの 断 裂 と 合 併 する 骨 軟 骨 の 損 傷, 半 月 板 損 傷 も 診 断 できま す ACL 損 傷 の 治 療 の 原 則 は 手 術 療 法 となります 前 十 字 靭 帯 は 膝 関 節 の 運 動 に 非 常 に 重 要 な 役 割 をもっており 関 節 の 中 にある 靭 帯 なので 血 液 の 供 給 が 少 なく, 自 然 修 復 が 期 待 で きないので 手 術 が 必 要 です 靭 帯 を 縫 合 する 手 術 は 有 効 ではなく 靭 帯 移 植 術 が 基 本 とな ります 移 植 靭 帯 は 日 本 国 内 では 膝 関 節 付 近 の 自 分 の 腱 を 移 植 する 方 法 が 一 般 的 で 半 腱 様 筋 腱 薄 筋 腱 膝 蓋 腱 などが 使 用 されます 最 新 の ACL 再 建 術 は 本 来 の 前 十 字 靭 帯 の 走 行 を 再 現 するために 解 剖 学 的 2 重 束 再 建 術 を 行 っております 従 来 の 手 術 では 前 方 不 安 定 性 は 制 動 できたのですが 前 外 側 回 旋 不 安 定 性 までは 制 動 されませんでした 膝 のひねる 動 作 が 安 定 します この 手 術 術 式 はプロサ ッカー 選 手 オリンピック 選 手 が 受 けている 手 術 方 法 です 以 前 までは 山 形 市 内 まで 紹 介 されていた 解 剖 学 的 2 重 束 ACL 再 建 術 も 山 形 県 立 新 庄 病 院 で 受 けることが 可 能 ですので ぜひ 紹 介 受 診 して 下 さい

5 耳 鼻 咽 喉 科 医 療 情 報 部 副 部 長 古 川 孝 俊 顔 面 神 経 麻 痺 になった 患 者 様 は 目 が 閉 じられない 水 を 飲 むと 口 からこぼれる とい った 症 状 がある 日 突 然 出 現 するため 皆 さん 驚 いて 病 院 を 受 診 されます 顔 面 神 経 麻 痺 を 引 き 起 こす 疾 患 として 代 表 的 な ベル 麻 痺 ハント 症 候 群 の 原 因 は 体 内 に 潜 在 しているヘルペスウイルス(HSV VZV)の 再 活 性 化 が 原 因 であると 判 明 して います ベル 麻 痺 の 発 症 機 序 を 以 下 に 示 します HSV-1 初 感 染 抗 体 保 有 率 Adour(1975) 85% Kawaguchi(2006) 77% 背 景 因 子 糖 尿 病 高 血 圧 動 脈 硬 化 など 膝 神 経 節 に 潜 伏 感 染 再 活 性 化 神 経 炎 誘 因 疲 労 風 邪 ストレス 妊 娠 寒 冷 暴 露 など 顔 面 神 経 管 内 での 拘 扼 二 次 的 虚 血 ( 悪 循 環 ) Bell 麻 痺 発 症 柳 原 尚 明 (1997) 顔 の 表 情 に 関 わる 症 状 の 他 に 音 が 響 く 涙 が 出 にくい 耳 が 痛 い 聞 こえが 悪 くなる めまいがするといった 症 状 を 伴 うこともあります ウイルス 性 顔 面 神 経 麻 痺 の 発 症 率 は 人 口 10 万 人 当 たり 1 年 間 に 20~30 人 で 山 形 県 では 1 年 間 に 約 300 人 の 人 が 発 症 していることになります 顔 面 神 経 麻 痺 は 自 然 に 回 復 する 場 合 もありますが 診 断 治 療 が 遅 れた 場 合 や 重 度 の 場 合 は 後 遺 症 を 残 す ことになります 口 笛 吹 や 頬 膨 らましの 動 作 によって まぶたが 閉 じてしまう 目 を 閉 じると 口 が 引 きつって しまう 顔 がこわばって 重 苦 しくなる 顔 が 痙 攣 する といった 後 遺 症 が 生 じます ひょっとこ が 顔 面 神 経 麻 痺 の 典 型 的 な 後 遺 症 の 姿 です( 右 図 )

6 ウイルス 性 顔 面 神 経 麻 痺 に 対 する 治 療 内 容 は 顔 面 神 経 に 生 じている 炎 症 を 軽 減 させた めのステロイド 投 与 と 神 経 損 傷 の 原 因 となっているウイルスの 活 動 を 抑 えるための 抗 ウ イルス 薬 投 与 が 主 になります 高 度 麻 痺 の 場 合 には 入 院 して 大 量 のステロイドを 点 滴 す る 治 療 が 行 われます 顔 面 神 経 減 荷 術 顔 面 神 経 麻 痺 の 重 症 例 に 対 して 顔 面 神 経 減 荷 術 という 保 険 収 載 されている 手 術 が 行 われる 場 合 がありますが その 効 果 に 関 し てエビデンスレベルの 高 い 報 告 が 未 だにな されていません 顔 面 神 経 減 荷 術 の 有 効 性 について 疑 問 視 される 意 見 もあります 日 本 顔 面 神 経 学 会 発 行 の 顔 面 神 経 麻 痺 診 療 の 手 引 きにおいて 顔 面 神 経 減 荷 術 はグレ 顔 面 神 経 ード C1( 行 うよう 考 慮 してもよいが 十 分 な 科 学 的 根 拠 はない)となっています このような 現 状 の 中 で 2012 年 に 愛 媛 大 学 のグループが 高 度 麻 痺 例 の 38 症 例 に 対 し 減 荷 術 に 合 わせて 顔 面 神 経 に bfgf(basic fibroblast growth factor)を 直 接 投 与 するこ とで 投 与 しない 減 荷 術 よりも 有 意 差 を 持 って 治 癒 率 が 改 善 したと 報 告 しました(Hato N, et al. Otolaryngol Head Neck Surg. 2012) その 38 例 に 明 らかな 有 害 事 象 は 発 生 してい ません その 後 bfgf 投 与 に 関 する 他 施 設 共 同 研 究 が 開 始 されつつある 状 況 にあります 新 庄 病 院 においても 顔 面 神 経 麻 痺 の 後 遺 症 で 苦 しむ 患 者 を 減 らすべく bfgf を 併 用 した 顔 面 神 経 減 荷 術 ( 再 生 医 療 の 併 用 )を 開 始 しています( 倫 理 委 員 会 で 承 認 済 ) この 治 療 を 行 っているのは 東 北 地 方 では 当 院 のみになります また 後 遺 症 を 予 防 するリハビリテーションも 重 要 となります 当 院 では 顔 面 神 経 麻 痺 のリハビリに 関 する 訓 練 を 受 けたリハビリスタッフが 顔 面 神 経 麻 痺 で 受 診 された 患 者 様 皆 様 にリハビリを 指 導 しています(リハビリスタッフによって 顔 面 神 経 麻 痺 のリハビリ を 指 導 しているのは 県 内 で 当 院 のみです) 以 上 お 示 し 致 しましたように 当 院 では 顔 面 神 経 麻 痺 に 対 する 治 療 に 精 力 的 に 取 り 組 ん でおります もし 顔 面 神 経 麻 痺 の 患 者 様 がおられましたら ぜひ 当 院 を 早 期 に 受 診 させて 頂 けます 様 宜 しくお 願 い 申 し 上 げます

7 内 科 医 療 安 全 部 副 部 長 荒 生 剛 今 年 度 より 第 6 病 棟 の 病 棟 長 をさせていただいております 荒 生 剛 と 申 します よろし くお 願 い 申 し 上 げます 第 6 病 棟 は 看 護 師 17 名 6 病 棟 専 従 理 学 療 法 士 1 名 ベッド 数 40 床 です これまで 第 6 病 棟 は 入 院 後 の 治 療 により 症 状 が 安 定 し 在 宅 復 帰 に 向 けて 積 極 的 な リハビリテーションが 必 要 な 患 者 様 を 対 象 とする 亜 急 性 期 病 床 として 運 営 してまいりまし た しかしながら 平 成 26 年 9 月 で 亜 急 性 期 入 院 医 療 管 理 料 が 廃 止 されました 平 成 26 年 10 月 1 日 からは 第 6 病 棟 を 地 域 包 括 ケア 病 棟 として 運 用 します 高 齢 化 社 会 となる 将 来 を 考 えると 患 者 様 の 状 態 に 応 じた 適 切 な 医 療 の 提 供 を 行 うこと が 重 要 となります 地 域 包 括 ケア 病 棟 は 患 者 様 の 在 宅 復 帰 を 支 援 します 地 域 包 括 ケア 病 棟 とは 急 性 期 までの 治 療 が 奏 功 し 病 状 が 安 定 した 患 者 様 に 対 し 在 宅 への 復 帰 や 介 護 施 設 への 入 所 までの 医 療 や 支 援 を 行 う 病 棟 です 地 域 包 括 ケア 病 棟 に 入 院 の 対 象 となる 方 1 在 宅 での 療 養 にあたり 社 会 資 源 の 利 用 や 療 養 環 境 の 調 整 のために 準 備 が 必 要 な 方 2 栄 養 指 導 が 必 要 な 方 服 薬 指 導 が 必 要 な 方 や 疼 痛 管 理 が 必 要 な 方 3 病 状 は 改 善 しているものの 入 院 で 引 き 続 き 治 療 が 必 要 な 方 4 在 宅 復 帰 するにあたり 積 極 的 にリハビリを 行 う 方 入 院 について 主 治 医 が 適 応 について 判 断 し 患 者 様 とご 家 族 様 に 提 案 させていただきます ご 了 解 いただいた 場 合 第 6 病 棟 に 転 棟 とさせていただき 継 続 して 入 院 療 養 とさせていただ きます 入 院 期 間 について 入 院 期 間 は 最 長 で60 日 となります また 看 護 職 員 の 配 置 は 看 護 職 員 13:1となります ( 平 成 26 年 度 はリハビリスタッ フの 人 数 に 限 りがあり リハビリできる 患 者 様 の 人 数 は 限 られております ) 地 域 包 括 ケア 病 棟 に 入 院 した 場 合 の 利 点 主 治 医 看 護 師 薬 剤 師 管 理 栄 養 士 リハビリスタッフ 退 院 支 援 担 当 者 が 協 力 して 患 者 様 のリハビリや 退 院 支 援 ( 相 談 準 備 )を 行 うことです

8 入 院 費 用 について 地 域 包 括 ケア 病 棟 に 入 院 された 場 合 入 院 費 の 計 算 方 法 が 通 常 とは 異 なり 地 域 包 括 ケ ア 病 棟 入 院 料 1 を 算 定 いたします 入 院 費 は 定 額 で リハビリテーション 投 薬 料 注 射 料 処 置 料 検 査 料 入 院 基 本 料 画 像 診 断 料 等 のほとんどの 費 用 が 含 まれています 治 療 内 容 によっては 一 般 病 棟 より 自 己 負 担 金 が 増 額 する 場 合 もありますが ひと 月 あ たりの 医 療 費 の 負 担 限 度 額 が 定 められていますので 一 般 病 棟 の 場 合 と 負 担 上 限 は 変 わり ません (70 歳 以 上 ではほとんどの 場 合 増 額 はありません ) とうぞよろしくお 願 い 申 し 上 げます がん 相 談 支 援 センターとは? がん 相 談 支 援 センターは がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 をいう ) に 設 置 されることになっており 当 院 は 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 の 指 定 を 受 けています がん 相 談 支 援 センターは 患 者 様 やご 家 族 様 地 域 の 方 々に がんに 関 することやがん 治 療 の 情 報 療 養 生 活 や 医 療 費 への 不 安 など がんに 関 するあらゆる 相 談 を 受 けています ご 相 談 いただいた 内 容 が 外 部 に 漏 れることはありません 県 立 新 庄 病 院 へ 受 診 していない 方 のご 相 談 もお 受 けしております ぜひ 安 心 してお 気 軽 にご 相 談 ください 相 談 をするには? 1. 相 談 方 法 (1) 対 面 相 談 1 階 の 医 療 相 談 受 付 ( 再 来 受 付 8)でお 受 けいたします (2) 電 話 相 談 県 立 新 庄 病 院 のがん 相 談 担 当 まで 連 絡 ください 電 話 番 号 : ( 代 表 ) 2. 相 談 受 付 日 時 毎 週 月 曜 日 ~ 金 曜 日 の8 時 30 分 ~17 時 15 分 (ただし 祝 日 1 月 3 日 12 月 29 日 12 月 31 日 を 除 く)

9 当 院 では 最 上 地 域 の 訪 問 看 護 ステーションからご 協 力 をいただきまして 認 定 看 護 師 による 在 宅 患 者 同 一 日 訪 問 看 護 指 導 を26 年 10 月 中 に 実 施 する 予 定 です 認 定 看 護 師 による 在 宅 患 者 同 一 日 訪 問 看 護 指 導 により 認 定 看 護 師 が 地 域 に 出 るこ とによって 在 宅 療 養 の 質 の 向 上 やご 自 宅 で 生 活 している 方 の 安 心 につなげることを 目 指 しておりますので 対 象 となるような 方 がおりましたら 一 度 県 立 新 庄 病 院 地 域 医 療 部 まで 連 絡 ください( 電 話 ( 代 表 )) 認 定 看 護 師 による 在 宅 患 者 同 一 日 訪 問 看 護 指 導 とは? 訪 問 看 護 ステーションの 看 護 師 と 県 立 新 庄 病 院 の 認 定 看 護 師 ( 緩 和 ケア 認 定 看 護 師 皮 膚 排 泄 ケア 認 定 看 護 師 ) が 患 者 様 のご 自 宅 を 一 緒 に 訪 問 し 専 門 的 なケアを 行 います ともにケアをすることで 患 者 様 ご 家 族 様 がご 自 宅 で 安 心 して 療 養 生 活 できる ようサポートします 訪 問 の 対 象 となる 方 は? 次 の(1) (2)をともに 満 たす 最 上 地 域 尾 花 沢 市 大 石 田 町 にお 住 まいの 方 です (1) 在 宅 で 療 養 を 行 っている 悪 性 腫 瘍 の 鎮 痛 療 法 若 しくは 化 学 療 法 を 行 っている 患 者 又 は 真 皮 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 にあって 通 院 が 困 難 な 患 者 であること (2) 医 療 保 険 で 訪 問 看 護 ステーションのサー ビスを 利 用 している 患 者 であること ともにケア を 行 います 県 立 新 庄 病 院 への 受 診 歴 がない 方 であっても 訪 問 の 対 象 になります 注 意 点 認 定 看 護 師 による 在 宅 患 者 同 一 日 訪 問 看 護 指 導 を 実 施 すると 訪 問 看 護 ステーシ ョンへの 支 払 いとは 別 に 県 立 新 庄 病 院 への 支 払 いが 発 生 します

10 当 院 地 域 医 療 部 は 8 名 の 体 制 で 地 域 の 医 療 機 関 との 密 接 な 連 携 の 推 進 (FAXによ る 診 療 予 約 や 紹 介 患 者 様 の 来 院 報 告 返 書 管 理 ) また 患 者 様 ご 家 族 様 への 退 院 支 援 や 相 談 対 応 を 行 っています 組 織 体 制 職 名 氏 名 電 話 番 号 副 院 長 ( 兼 ) 地 域 医 療 部 長 八 戸 茂 美 ( 内 科 ) - 地 域 医 療 部 副 部 長 結 城 孝 一 ( 内 科 ) 手 塚 康 二 ( 外 科 ) - 医 療 福 祉 相 談 専 門 員 森 健 一 退 院 支 援 看 護 専 門 員 奥 山 明 美 主 任 看 護 師 斉 藤 優 子 ( 緩 和 ケア 認 定 看 護 師 ) 主 事 ( 相 談 担 当 ) 髙 橋 辰 之 ニチイ 学 館 社 員 奥 山 かおる 荒 木 敦 子 業 務 内 容 1. 地 域 医 療 連 携 1 地 域 の 関 係 機 関 ( 医 療 機 関 福 祉 施 設 行 政 等 )との 連 携 推 進 連 絡 調 整 2 FAXによる 診 療 予 約 3 紹 介 患 者 の 返 書 管 理 4 逆 紹 介 の 推 進 5 地 域 医 療 連 携 システム(もがみネット)の 推 進 もがみネットとは 当 院 の 画 像 データ 等 を 地 域 医 療 機 関 が 閲 覧 できるシステム 6 地 域 医 療 支 援 2. 退 院 支 援 患 者 様 のスムーズな 在 宅 復 帰 を 目 指 し 関 係 機 関 と 連 絡 調 整 しながら 退 院 支 援 を 実 施 します また 退 院 後 の 患 者 様 の 療 養 生 活 についての 支 援 も 行 っております 主 な 対 象 者 1 対 応 困 難 な 事 情 ( 在 宅 での 介 護 に 不 安 )のある 方 2 医 療 処 置 の 必 要 な 方 3 ケアマネージャーがついている 方 4 在 宅 での 支 援 体 制 を 構 築 する 必 要 のある 方 3. 相 談 業 務 主 な 相 談 内 容 1 転 院 施 設 入 所 に 関 する 情 報 提 供 連 絡 調 整 2 医 療 制 度 介 護 保 険 制 度 の 内 容 や 申 請 方 法 についての 情 報 提 供 3 地 域 の 関 係 機 関 からの 問 い 合 わせへの 対 応 地 域 医 療 部 会 の 光 景 地 域 医 療 部 の 職 員 のみでな く 院 内 の 各 部 署 ( 看 護 部 薬 剤 部 栄 養 管 理 科 放 射 線 部 リハビリテーション 科 等 )の 職 員 が 地 域 連 携 の 向 上 のため 協 議 しています

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 摂 食 機 能 障 害 リハビリテーション 部 課 長 補 佐 言 語 聴 覚 士 長 谷 川 和 子 経 管 栄 養 3 食 経 口 摂 取 ( 経 管 離 脱 率 ) 入 院 患 者 数 654 人 699 人 342 人 入 院 時 経 管 44 人 28 人 28 人 72.2 歳 72.4 歳 肺 炎 発 症 率 20.8% 10.7% 人 50 40 40 3030 2020 10 10

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

かしわぎ Vol.43

かしわぎ Vol.43 東 京 医 科 大 学 病 院 総 合 相 談 支 援 センターだより 平 成 25 年 7 月 1 日 43 Vol. CONTENTS 小 児 科 就 任 挨 拶 2 脳 神 経 外 科 就 任 挨 拶 2 腎 臓 内 科 就 任 挨 拶 3 高 齢 診 療 科 就 任 挨 拶 3 神 経 内 科 就 任 挨 拶 4 2013 年 ( 平 成 25 年 ) 東 京 医 科 大 学 病 院 市 民

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 第 17 回 報 告 書 平 成 21 年 6 月 24 日 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止 事 業 部 目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し の ど の 仕 事 2 0 1 5 年 3 月 4 日 黒 川 理 科 研 究 会 永 澤 義 人 私 は ふ だ ん は 自 分 の か ら だ に つ い て 深 く 考 え る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で も 一 昨 年 食 道 癌 に な り 担 当 医 か ら 食 道 癌 の 後 遺 症 で い ち ば ん 多 く 恐 ろ し い の は 誤 飲 に よ る 肺 炎

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

河北病院 公報誌「なでしこ」第10号1503校了.indd

河北病院 公報誌「なでしこ」第10号1503校了.indd 2015 年 3 月 第 10 号 も く じ 病 院 長 あいさつ 2 緩 和 ケア 病 棟 地 域 包 括 ケア 病 棟 新 急 患 室 の 開 所 式 3 大 腸 CTドック 4 新 急 患 室 がオープン 5 緩 和 ケア 病 棟 のご 案 内 6 地 域 包 括 ケア 病 棟 のご 案 内 7 外 来 診 療 一 覧 表 8 河 北 病 院 の 基 本 理 念 私 たちは 地 域 の 中

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 診 療 報 酬 改 定 説 明 会 講 堂 日 時 : 平 成 22 年 3 月 5 日 ( 金 )10 時 から16 時 30 分 場 所 : 三 田 共 用 会 議 所 講 堂 (1 階 ) 及 び 大 会 議 室 (3 階 ) 時 間 議 事 説 明 者 所 要 10:00~10:05 保 険 局 長 挨 拶 外 口 局 長 5 分 10:05~10:20 医 療 課 長 説 明 佐 藤 課

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

アプローチ 第45号

アプローチ 第45号 地 域 の 皆 様 と 共 に 歩 む ドクターのリレー 講 座 深 部 静 脈 血 栓 症 について 循 環 器 内 科 専 門 科 長 文 藏 優 子 我 が 国 のがん 対 策 について 茨 城 県 地 域 がんセンター 長 菊 池 孝 治 病 院 ツアーズ No7 中 学 高 校 が 職 場 体 験 に 訪 れました 療 養 環 境 整 備 をすすめています ラウンジに 手 洗 い 場 を

More information

web在宅下腿潰瘍.doc

web在宅下腿潰瘍.doc 在 宅 下 腿 潰 瘍 高 岡 駅 南 クリニック 院 長 塚 田 邦 夫 在 宅 では 褥 創 の 他 に 下 腿 潰 瘍 も 多 く 経 験 し 治 療 に 難 渋 することがあります 今 回 は 下 腿 潰 瘍 としての 典 型 的 な 例 として 動 脈 性 潰 瘍 静 脈 うっ 滞 性 下 腿 潰 瘍 熱 傷 性 下 腿 潰 瘍 ( 低 温 熱 傷 ) 爪 白 癬 による 下 腿 潰 瘍

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計 現 場 対 応 策 1 人 工 呼 吸 器 の 目 的 は, 高 濃 度 酸 素 の 投 与,ガ ス 交 換 の 改 善 および 呼 吸 仕 事 量 の 軽 減 です 気 管 チューブは,その 重 要 な 役 割 の 橋 渡 しをして います 気 管 チューブにひとたびトラブルが 生 じると, 場 合 によっては 生 命 に 危 険 を 及 ぼす 可 能 性 があります そのため,できるだけ 気 管

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

Microsoft Word - conference

Microsoft Word - conference 当 科 では 診 断 IVR 放 射 線 治 療 の 三 部 門 を 軸 に 臨 床 研 究 に 日 夜 励 んでいま 院 内 の 医 学 生, 研 修 医, 他 科 医 師 はご 連 絡 いただかなくても いつでも 参 加 可 能 でただし 突 然 のスケジュール 変 更 もあり 得 るので 事 前 にお 問 い 合 わせいただいた 方 が 無 難 で 院 外 の 方 でもご 興 味 がありましたら

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止 介 護 職 員 初 任 者 研 修 カリキュラム 事 業 者 名 野 の 花 会 研 修 センター 研 修 事 業 の 名 称 野 の 花 会 研 修 センター 介 護 職 員 初 任 者 研 修 1 職 務 の 理 解 ( 6 時 間 ) 1 多 様 なサービスの 理 解 3 時 間 介 護 保 険 サービス( 居 宅 施 設 ) 介 護 保 険 外 サービス 2 介 護 職 の 仕 事 内 容

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163> 重 要 生 命 共 済 の ご 契 約 者 様 へ ~ 平 成 19 年 4 月 実 施 の 仕 組 改 訂 にかかるご 案 内 ~ < 目 次 > 1. 後 遺 障 害 共 済 金 等 の 支 払 事 由 の 改 訂 ( 重 度 要 介 護 状 態 の 追 加 ) 1 2. 別 表 [ 疾 病 重 度 障 害 状 態 ]の 改 訂 ( 臓 器 移 植 術 の 追 加 等 ) 3 3. 医 療 共

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 1. 施 設 の 称 市 立 四 日 市 病 院 研 修 に 関 するアンケート 2. 所 在 地 510-8567 四 日 市 市 芝 田 二 丁 目 2-37 3. 電 話 番 号 059-354-1111 4. ホームページ http://www.city.yokkaichi.mie.jp/hospital/ 5. 経 営 母 体 四 日 市 市 記 入 年 月 日 : 平 成 20 年 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

2010 年 3 月 号 Vol.70 1 月 28 日 ( 木 )に 楽 天 の 山 崎 武 司 選 手 が 小 児 病 棟 を 激 励 に 訪 れました 写 真 はサインボールを 手 渡 す 山 崎 選 手 です ( 関 連 記 事 P 6) 平 成 21 年 度 災 害 医 療 研 修 救 護 技 術 を 習 得 2 第 9 回 QCサークル 活 動 発 表 会 4 年 連 続 最 優 秀 賞

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

脈 管 診 療 充 実 のお 知 らせ いつも 医 師 会 病 院 をご 支 援 ご 利 用 頂 き 誠 にありがとうございます 循 環 器 を 担 当 しております 渡 邉 寛 でございます 近 年 は 生 活 の 欧 米 化 ( 食 生 活 や 移 動 手 段 多 様 化 による 運 動 不 足

脈 管 診 療 充 実 のお 知 らせ いつも 医 師 会 病 院 をご 支 援 ご 利 用 頂 き 誠 にありがとうございます 循 環 器 を 担 当 しております 渡 邉 寛 でございます 近 年 は 生 活 の 欧 米 化 ( 食 生 活 や 移 動 手 段 多 様 化 による 運 動 不 足 連 携 室 便 り 15 発 行 日 :25 年 7 月 取 手 北 相 馬 保 健 医 療 センター 医 師 会 病 院 医 療 連 携 室 便 り 第 29 号 猛 暑 の 候 連 日 厳 しい 暑 さが 続 いており ますが 諸 先 生 方 関 係 機 関 の 皆 様 におか れましては ますますご 健 勝 のこととお 喜 び 申 しあげます 日 頃 より 当 院 に 対 しま しては 何 かとご

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information