平成25年度

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成25年度"

Transcription

1 平 成 25 年 度 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティックトレーナー 専 門 科 目 検 定 試 験 客 観 式 試 験 ( 応 用 ) < 試 験 における 注 意 事 項 > 1 試 験 時 間 は 2 時 間 30 分 です 2 試 験 問 題 および 解 答 用 紙 に 受 験 番 号 推 薦 団 体 名 または 学 校 名 氏 名 を 記 入 して ください 3 出 題 形 式 は 五 肢 択 一 式 または 五 肢 択 二 式 です 4 解 答 はマークシート 式 です 解 答 用 紙 記 載 の 記 入 上 の 注 意 をよく 読 んで 解 答 してく ださい 5 試 験 問 題 解 答 用 紙 とも 回 収 します 記 入 欄 受 験 番 号 推 薦 団 体 名 または 学 校 名 氏 名

2

3 問 1 走 動 作 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 膝 関 節 は 屈 曲 約 130 から 伸 展 0 までの 可 動 域 が 必 要 である b. 腕 振 りには 下 半 身 の 角 運 動 量 を 打 ち 消 す 効 果 がある c. 速 度 を 規 定 する 要 因 にはピッチとストライドがある d. 位 相 はサポート 期 リカバリー 期 テイクオフ 期 の3 期 に 分 けられる e. 立 脚 期 の 割 合 は 歩 行 周 期 とほぼ 同 じ 程 度 である 問 2 投 球 障 害 の 発 生 に 関 係 する 投 球 フォームについて 誤 っているのはどれか a. 後 期 コッキング 期 から 加 速 期 にかけての 肩 関 節 内 旋 不 十 分 b. 後 期 コッキングにおける 投 球 方 向 への 肘 の 突 き 出 し c. 後 期 コッキング 期 から 加 速 期 にかけての 肘 下 がり d. 後 期 コッキング 期 から 加 速 期 にかけての 早 い 体 幹 回 旋 e.フォロースルー 期 でのステップ 脚 への 不 十 分 な 体 重 移 動 問 3 アスレティックトレーナー(AT)の 倫 理 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.at はスポーツドクターも 認 めた 資 格 なので 資 格 を 取 得 すると 医 療 行 為 も 許 される b.ハラスメントとは 不 快 な 性 的 言 動 のことをいう c.at の 役 割 やその 目 的 達 成 に 全 力 を 傾 注 しなければならない d. 医 療 関 係 法 規 への 理 解 も 必 要 となる e.at には 競 技 者 の 秘 密 保 持 義 務 は 適 用 されない 問 4 投 球 障 害 肩 について 誤 っているのはどれか a. 投 球 再 開 の 可 否 については 医 師 との 協 議 が 必 要 である b. 肩 関 節 前 部 の 痛 みは 上 腕 二 頭 筋 長 頭 腱 関 節 唇 や 腱 板 疎 部 に 関 係 する 障 害 が 多 い c. 肩 甲 上 腕 リズムは 肩 関 節 すべての 運 動 方 向 で 確 認 する 必 要 がある d. 投 手 における 投 球 側 の 肩 関 節 内 旋 可 動 域 は 参 考 可 動 域 角 度 より 制 限 されることが 多 い e. 肩 最 大 外 旋 位 では 棘 下 筋 に 伸 張 ストレスが 加 わりやすい 問 5 アクアコンディショニングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 水 のもつ 浮 力 水 圧 抵 抗 熱 伝 導 という 特 性 を 活 用 し 効 果 を 期 待 する b. 腹 部 まで 水 につかることにより 体 重 の 80%の 荷 重 が 軽 減 される c. 水 深 が 深 いほど 水 圧 が 増 すことから 静 脈 血 の 循 環 促 進 効 果 を 期 待 する d.リラクセーションを 目 的 とする 場 合 は 低 い 水 温 が 適 切 である e. 水 中 では 水 圧 により 無 重 力 に 近 い 状 態 を 作 りだすことができる - 1 -

4 問 6 スポーツ 外 傷 による 脳 の 出 血 で 最 も 多 くみられるものについて 正 しいのはどれか a.クモ 膜 下 出 血 b. 脳 内 出 血 c. 急 性 硬 膜 外 血 腫 d. 急 性 硬 膜 下 血 腫 e. 慢 性 硬 膜 下 血 腫 問 7 アスレティックトレーナー 資 格 更 新 のための 義 務 研 修 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 義 務 研 修 は 有 効 期 限 の 6 か 月 前 までに 受 講 しなければならない b. 義 務 研 修 を 受 講 していなくても 資 格 を 失 効 することはない c. 義 務 研 修 を 受 講 できない 場 合 受 講 義 務 を 免 除 されることがある d. 義 務 研 修 は 毎 年 受 講 しなければならない e. 義 務 研 修 は 資 格 取 得 後 の 資 質 向 上 を 目 的 としている 問 8 スタビリティトレーニングについて 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 体 幹 部 を 安 定 性 させた 上 で 四 肢 を 動 かす 能 力 を 向 上 させるトレーニングである b. 立 位 でのエクササイズを 行 う 場 合 は バランスを 崩 さないように 両 足 支 持 を 中 心 とした エクササイズを 行 う c. 体 幹 筋 群 においては 腹 直 筋 や 背 筋 群 を 中 心 に 鍛 える d.エクササイズ 実 施 にあたっては 正 しい 姿 勢 で 行 うことが 重 要 となる e. 股 関 節 周 囲 筋 群 強 化 のエクササイズは ラテラル( 横 向 き) プローン(うつぶせ) ス パイン( 仰 向 け)のポジションに 分 類 される 問 9 スポーツ 動 作 エクササイズについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 一 般 的 にある 肢 位 での 骨 配 列 を 静 的 アライメント(static alignment)と 呼 び 運 動 時 の 骨 配 列 の 変 化 を 動 的 アライメント(dynamic alignment)と 呼 ぶ b.エクササイズ 実 施 時 には 静 的 アライメントを 観 察 評 価 することが 大 切 である c. 膝 が 内 を 向 き つま 先 が 外 を 向 く 事 を knee - out & toe - in(koti) 反 対 に 膝 が 外 を 向 きつま 先 が 内 を 向 く 事 を knee - in & toe - out(kito)という d. 個 々の 関 節 や 筋 肉 などの 運 動 機 構 の 改 善 を 前 提 として 運 動 器 に 過 剰 なストレスがかか らないような 荷 重 位 での 運 動 連 鎖 を 作 り 出 すエクササイズである e. 個 々の 関 節 や 筋 肉 の 機 能 が 改 善 していれば 全 荷 重 が 許 可 されていなくても 行 う 問 10 スポーツ 現 場 における 救 急 体 制 の 対 応 計 画 について 誤 っているのはどれか a. 対 象 となる 競 技 特 性 とルールを 理 解 する b. 近 隣 の 医 療 機 関 と 医 師 の 帯 同 の 有 無 を 事 前 に 確 認 する c.スポーツイベントでは イベントの 内 容 と 救 急 体 制 の 役 割 を 確 認 する d. 事 故 発 生 時 のフローチャートの 作 成 と 当 日 のシミュレーションを 行 う e. 救 護 室 やトレーナーステーションは 選 手 の 動 線 から 外 れた 場 所 に 設 置 する - 2 -

5 問 11 体 力 測 定 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 文 部 科 学 省 が 定 期 的 に 実 施 している b. 新 人 競 技 者 にはスポーツ 傷 害 の 発 生 要 因 に 関 連 するものを 中 心 に 測 定 する c.データのフィードバックや 分 析 にはコーチや 監 督 が 関 わらない 方 がよい d. 握 力 は 他 の 全 ての 筋 の 能 力 を 反 映 する e. 高 齢 者 の 機 能 的 状 態 は 若 年 者 と 比 べて 個 人 差 が 小 さい 問 12 各 体 力 要 素 とフィールドテストとの 組 み 合 わせについて 誤 っているのはどれか a. 最 大 パワー 立 幅 跳 び b. 無 酸 素 性 持 久 力 300m シャトルラン c. 有 酸 素 性 持 久 力 マルチステージテスト d. 間 欠 的 持 久 力 T テスト e.アジリティ エドグレンサイドステップ 問 13 手 関 節 捻 挫 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.tfcc 損 傷 の 主 訴 は 尺 側 の 痛 みであるが 握 力 の 低 下 なども 生 じやすい b. 月 状 骨 軟 化 症 はバットや 竹 刀 を 使 用 する 競 技 では 発 生 しやすい c. 舟 状 骨 骨 折 時 には 手 根 管 に 圧 痛 が 生 じやすい d. 舟 状 骨 骨 折 後 は 骨 癒 合 が 得 られやすく 予 後 は 良 好 である e. 有 鉤 骨 骨 折 は 合 併 症 として 母 指 屈 筋 腱 の 皮 下 断 裂 を 生 じることがある 問 14 トレーニングの 原 則 である 個 別 性 の 原 則 について 正 しいのはどれか a.トレーニングの 量 や 強 度 は 段 階 的 に 増 加 させる b.トレーニング 効 果 の 獲 得 には 通 常 の 負 荷 よりもより 高 い 負 荷 をかけていく c.トレーニングの 目 的 や 方 法 を 十 分 に 理 解 する d. 男 女 の 身 体 的 機 能 的 な 相 違 点 に 留 意 する e.トレーニングは 計 画 的 に 継 続 実 施 する 問 15 膝 前 十 字 靭 帯 (ACL)の 機 能 解 剖 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 大 腿 骨 後 内 側 から 脛 骨 前 外 側 に 走 行 する b. 前 内 側 線 維 (AMB)は 屈 曲 位 で 緊 張 する c. 脛 骨 の 前 内 側 回 旋 不 安 定 性 (AMRI)を 制 御 する d. 下 腿 外 旋 トルクが 加 わると 張 力 は 大 きくなる e. 膝 外 反 モーメントが 加 わると 張 力 は 高 まる - 3 -

6 問 16 コーディネーショントレーニングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 五 感 で 察 知 した 情 報 を 瞬 時 に 認 識 処 理 判 断 して 筋 肉 を 動 かすといった 過 程 をス ムーズに 行 う 能 力 を 高 める b. 神 経 系 の 発 達 が 著 しい 子 供 の 時 期 が 過 ぎると そのトレーニング 効 果 はほとんど 期 待 で きない c. 神 経 系 のトレーニングであるために 高 齢 者 に 対 しては 有 効 なトレーニングといえない d. 同 じトレーニングでも 反 応 能 力 を 第 一 に 意 識 する 場 合 と 識 別 能 力 を 意 識 する 場 合 もある e. 神 経 系 のトレーニングなのでサーキット 形 式 にすることは 望 ましくない 問 17 熱 中 症 について 正 しいのはどれか a. 熱 失 神 は 末 梢 血 管 の 収 縮 によって 一 時 的 に 脳 の 血 圧 が 上 昇 したために 起 こる b. 熱 けいれんは 水 分 を 補 給 せず 塩 分 のみを 摂 取 したために 起 こる c.まっすぐ 走 れない あるいは まっすぐ 歩 けない 場 合 は 救 急 車 を 要 請 する d. 冷 却 処 置 として 氷 嚢 を 前 額 部 と 上 腹 部 にあてて 脳 と 内 臓 を 冷 却 する e. 横 紋 筋 融 解 によるミオグロビン 尿 は 特 有 の 臭 いがあり 急 性 肝 不 全 の 危 険 性 がある 問 18 代 謝 系 トレーニングについて 誤 っているのはどれか a. 脂 質 代 謝 の 亢 進 を 促 す 場 合 30 分 以 上 の 運 動 を 続 けられる 強 度 と 時 間 を 選 ぶべきである b. 客 観 的 運 動 強 度 スケールは 提 唱 者 の 名 から Borg スケール と 呼 ばれている c. 目 標 心 拍 数 を 求 める 簡 便 な 方 法 にカルボーネン 法 がある d.インターバルトレーニングは 速 いスピードでの 急 走 期 と 休 息 期 を 繰 り 返 しながら 最 大 酸 素 摂 取 量 の 向 上 や 全 身 持 久 力 の 改 善 無 酸 素 性 代 謝 の 亢 進 を 促 す e.リハビリテーション 中 の 患 部 外 トレーニングでは 患 部 にストレスをかけないようにサ ーキットトレーニングを 行 うと 競 技 力 に 必 要 な 持 久 力 を 維 持 できる 問 19 立 位 姿 勢 の 評 価 について 正 しいのはどれか a. 矢 状 面 での 理 想 的 な 姿 勢 は1 耳 垂 2 肩 峰 3 大 転 子 4 膝 蓋 骨 中 央 5 外 果 の 前 方 が 垂 直 線 上 に 並 ぶ b. 前 額 面 での 理 想 的 な 姿 勢 は1 後 頭 隆 起 2 椎 骨 横 突 起 3 殿 裂 4 両 膝 関 節 内 側 の 間 の 中 点 5 両 内 果 の 間 の 中 点 が 垂 直 に 並 ぶ c. 胸 椎 部 が 過 度 に 後 弯 した 姿 勢 を 平 背 という d. 解 剖 学 的 立 位 姿 勢 では 前 腕 を 回 内 位 とする e. 側 弯 のアライメントの 変 化 は 前 額 面 で 観 察 される 問 20 スポーツ 用 補 装 具 の 適 応 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 身 体 部 位 の 保 護 b. 身 体 における 弱 点 の 補 強 c. 競 技 力 の 向 上 d. 接 触 プレーの 強 化 e. 筋 力 の 強 化 - 4 -

7 問 21 フィールドテストについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 高 価 な 装 置 を 用 い 実 験 室 などで 評 価 する b. 全 ての 競 技 種 目 で 共 有 するため 競 技 特 性 に 合 わせてテスト 項 目 を 選 択 する 必 要 はない c. 一 般 的 体 力 における 問 題 点 の 把 握 コンディションレベルの 確 認 を 行 うものである d. 年 間 計 画 の 中 に 目 標 設 定 およびトレーニング 効 果 の 判 断 材 料 として 行 うべきである e.テスト 実 施 後 は 評 価 表 や 比 較 データを 用 意 し 速 やかにフィードバックしなければな らない 問 22 頚 椎 捻 挫 の 評 価 に 必 要 な 検 査 測 定 の 項 目 と 手 順 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 関 節 可 動 域 テストでは 規 定 の 角 度 測 定 のみならず 頚 椎 の 機 能 ユニット 単 位 で 動 きを 考 慮 し 慢 性 的 な 可 動 域 制 限 ( 拘 縮 )を 見 逃 さないように 気 をつける b. 疼 痛 誘 発 テストは 練 習 への 参 加 の 可 否 を 判 断 するために 行 われるものである c. 疼 痛 誘 発 テストは 損 傷 部 位 が 回 復 していない 段 階 でも 二 次 損 傷 に 注 意 しながら 実 施 すれば 問 題 はない d. 頚 椎 捻 挫 後 の 筋 力 回 復 状 況 を 確 認 するには 徒 手 筋 力 検 査 (MMT)に 加 えて 通 常 行 って いる 筋 力 強 化 トレーニングの 方 法 に 沿 っても 評 価 する e. 筋 によっては 頚 部 の 位 置 や 共 同 筋 の 筋 力 などで 働 きが 変 わるものがあり 検 者 が 意 図 す る 筋 の 働 きに 沿 った 筋 力 が 発 揮 されているかどうかを 確 認 するよう 心 がける 問 23 敏 捷 性 や 協 調 性 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 敏 捷 性 や 協 調 性 のテストは シーズンを 通 して 継 続 的 に 計 測 することによって コンデ ィションチェックの 一 つにもなる b. 協 調 性 とは 単 純 な 動 作 において 一 つの 関 節 を 効 率 よく 動 かせる 能 力 といえる c.リハビリテーションからのスポーツ 復 帰 時 には 再 発 予 防 のため 敏 捷 性 や 協 調 性 のチェ ックは 避 けるようにする d. 敏 捷 性 の 測 定 において 左 右 のどちらのターンが 遅 いかなどの 観 察 は 特 に 必 要 ない e. 競 技 特 有 の 敏 捷 性 を 測 定 したい 場 合 には その 競 技 に 必 要 な 動 きが 含 まれる 測 定 方 法 を 選 択 すべきである 問 24 出 血 の 種 類 とその 特 徴 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 動 脈 性 出 血 は 外 見 上 暗 赤 色 をしている b. 静 脈 性 出 血 では 鮮 紅 色 の 血 液 が 勢 いよく 噴 き 出 す c. 大 血 管 の 動 脈 性 出 血 の 場 合 短 時 間 に 多 量 の 血 液 が 失 われる d. 毛 細 血 管 性 出 血 は 出 血 量 が 多 く 直 接 圧 迫 法 や 間 接 圧 迫 法 で 止 血 できない 場 合 が 多 い e. 太 い 血 管 からの 静 脈 性 出 血 では 放 っておくと 短 時 間 でショック 状 態 に 陥 ることがある - 5 -

8 問 25 多 関 節 同 時 運 動 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 開 放 運 動 連 鎖 (OKC)で 行 われることが 多 い b. 個 々の 筋 に 対 する 負 荷 は 不 明 確 である c. 対 象 とする 筋 群 を 限 定 し 適 正 な 負 荷 を 加 えることができる d. 運 動 方 法 はやや 難 しくなる e.ある 部 位 に 問 題 があると 運 動 全 体 に 影 響 をする 問 26 ウォーミングアップの 効 果 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 筋 温 を 高 めることにより 筋 肉 中 のカルシウムイオンが 活 性 化 し 筋 肉 の 粘 性 低 下 が 起 こり 筋 力 発 揮 がスムーズになる b. 体 温 の 上 昇 に 伴 い 滑 液 が 十 分 に 分 泌 され 関 節 の 動 きもスムーズになる c.ウォーミングアップによって 反 応 時 間 は 短 縮 できない d. 筋 温 が 上 昇 すると 筋 の 酵 素 活 性 を 高 め 筋 肉 の 化 学 反 応 を 促 進 し 筋 における 代 謝 が 下 がる e. 筋 温 の 上 昇 に 伴 い 筋 収 縮 運 動 の 抵 抗 が 減 少 することにより 筋 収 縮 におけるエネルギー 消 費 が 低 減 し 作 業 効 率 が 向 上 する 問 27 最 大 心 拍 数 の 推 定 式 について 誤 っているのはどれか a.220- 年 齢 b.210- 年 齢 ( 鍛 錬 者 ) c 年 齢 d 年 齢 e.2.0 安 静 時 心 拍 数 +115 問 28 投 球 障 害 を 来 たす 肘 関 節 疾 患 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 前 腕 屈 筋 群 の 炎 症 も 含 まれる b. 投 球 障 害 肘 の 中 には 肘 内 側 側 副 靱 帯 損 傷 も 含 まれる c. 肘 内 側 側 副 靱 帯 は 屈 曲 位 においても 内 反 方 向 への 安 定 性 に 関 与 する d. 投 球 障 害 肘 の 発 生 には 投 球 フォームの 問 題 は 関 係 しない e. 投 球 障 害 肘 の 発 生 要 因 として 体 幹 機 能 の 低 下 がみられることもある 問 29 アスレティックトレーナーによる 評 価 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 対 象 となる 競 技 者 の 病 態 診 断 を 正 確 に 行 う b. 測 定 評 価 データの 収 集 だけでなく 企 画 能 力 も 必 要 である c. 検 査 測 定 結 果 の 解 釈 には 研 究 論 文 として 公 開 されているデータとの 比 較 を 行 う d.データの 解 釈 活 用 には 医 学 的 視 点 とスポーツ 科 学 的 視 点 が 必 要 不 可 欠 である e. 評 価 結 果 を 競 技 者 に 説 明 する 際 には 解 剖 学 や 運 動 学 の 専 門 的 な 用 語 を 用 いる - 6 -

9 問 30 アスレティックトレーナー(AT)と 医 科 学 スタッフについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 競 技 者 が 受 傷 した 時 ドクターが 現 場 にいない 場 合 は AT が 診 断 後 に 救 急 処 置 を 行 う b.at は 競 技 者 の 身 体 状 況 を 常 に 把 握 しておく c. 医 科 学 スタッフには チーフ( 統 括 者 )を 置 くことが 望 ましい d.at は 競 技 実 行 のためのスタッフに 含 まれる e. 医 学 スタッフは AT を 中 心 としてそれぞれの 活 動 を 行 う 問 31 救 急 処 置 の 基 本 的 留 意 点 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 細 菌 やウィルスなどの 感 染 のリスクに 注 意 する b. 迅 速 に 対 応 するため まずは 傷 病 者 の 状 況 を 観 察 する c. 傷 病 者 の 状 態 を 適 切 に 把 握 するには 生 死 の 有 無 を 確 認 する d. 傷 病 者 の 状 態 の 推 移 および 行 った 救 急 処 置 を 時 系 列 に 記 録 することが 望 ましい e. 意 識 の 有 無 に 関 わらず 回 復 体 位 をとらせる 問 32 腰 部 疾 患 における 腹 筋 群 の 筋 力 強 化 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 腰 部 の 痛 みに 関 わらず 積 極 的 にシットアップを 行 い 腹 筋 を 収 縮 させ 骨 盤 を 後 傾 させる b. 下 部 腹 筋 の 緊 張 による 骨 盤 の 安 定 化 と 上 部 腹 筋 による 体 幹 の 屈 曲 を 行 う c. 体 幹 の 回 旋 筋 群 では 呼 吸 を 止 めて 実 施 できるようにする d.ブリッジトレーニングでは 腹 筋 群 を 緊 張 させ 骨 盤 を 安 定 させた 状 態 で 股 関 節 を 伸 展 させる e.パートナーが 腹 部 にゆっくりと 圧 を 加 えることで 反 射 的 な 腹 筋 群 の 収 縮 を 習 得 させる 問 33 スポーツ 外 傷 障 害 とその 予 防 改 善 に 必 要 なストレッチング 部 位 ( 筋 名 )について 誤 っているのはどれか a. 膝 蓋 靭 帯 炎 には 大 腿 四 頭 筋 のストレッチングが 必 要 である b.アキレス 腱 炎 には 下 腿 三 頭 筋 のストレッチングが 必 要 である c. 鵞 足 炎 には 大 腿 二 頭 筋 薄 筋 縫 工 筋 のストレッチングが 必 要 である d. 下 腿 疲 労 骨 折 の 予 防 には 下 腿 三 頭 筋 のストレッチングが 必 要 である e. 腰 痛 には ハムストリングスのストレッチングが 必 要 である 問 34 敏 捷 性 や 協 調 性 の 測 定 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 反 応 時 間 は 神 経 系 の 伝 達 時 間 と 筋 力 という 二 つの 要 素 から 構 成 される b. 細 かいステップ 動 作 が 必 要 な 球 技 系 の 競 技 者 は 立 位 ステッピングテストにおいて 高 値 を 示 す 傾 向 にある c. 立 位 ステッピングテストでは 小 刻 みな 脚 の 切 り 替 え 動 作 の 素 早 さを 計 測 する d.シャトルラン(10m 5)と 50m 走 とのタイム 差 が 小 さい 方 が 協 調 性 に 劣 るといえる e. 多 方 向 への 敏 捷 性 評 価 には 反 復 横 跳 びよりも T テストが 適 している - 7 -

10 問 35 アスレティックリハビリテーションについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 用 いる 手 法 は 主 として 物 理 療 法 徒 手 療 法 になる b. 問 診 では 痛 みや 腫 脹 の 部 位 に 話 題 を 限 定 して 確 認 をする c. 機 能 評 価 では スポーツ 動 作 の 分 析 が 重 要 になる d. 実 施 環 境 や 使 用 用 具 の 問 題 は 進 行 上 のリスクとなりにくい e. 外 傷 発 生 機 転 の 確 認 を 早 い 段 階 で 行 い 得 た 情 報 を 再 発 予 防 策 などに 活 かしていく 問 36 アジリティトレーニングについて 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a.コーディネーション 能 力 の 各 要 素 に 加 えて より 力 強 さとスピードが 求 められるトレー ニングである b.ラダー 種 目 を 行 う 時 には 身 体 の 軸 が 崩 れても 足 元 を 早 く 動 かすことを 意 識 することが 必 要 である c.ミニハードル 種 目 でステップやジャンプを 行 う 時 には 膝 を 引 き 上 げることだけでなく バランスよく 接 地 することも 意 識 して 行 う d. 直 線 的 で 規 則 的 な 動 きに 素 早 く 対 応 できれば リアクションで 反 応 が 遅 くてもボール 競 技 への 復 帰 は 十 分 可 能 である e.ターンやストップ 動 作 では 動 作 局 面 の 一 歩 手 前 のステップや 減 速 動 作 が 重 要 である 問 37 関 節 弛 緩 性 検 査 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 手 関 節 を 掌 屈 し 母 指 が 前 腕 につく 場 合 を 陽 性 と 判 定 する b. 足 関 節 の 背 屈 が 30 の 場 合 は 陰 性 と 判 定 する c. 東 大 式 の 全 身 関 節 弛 緩 性 テストでは 12 箇 所 12 点 満 点 で 評 価 する d. 立 位 体 前 屈 で 手 掌 全 体 が 床 につく 場 合 を 陽 性 と 判 定 する e. 膝 関 節 過 伸 展 が 20 以 上 ある 場 合 を 陽 性 と 判 定 する 問 38 腰 部 疾 患 のアスレティックリハビリテーションにおける 考 慮 点 について 誤 っているのは どれか a.バスケットボールでは 一 連 の 動 作 流 れの 中 で ジャンプの 踏 切 や 着 地 で 腰 椎 の 過 度 な 前 弯 が 出 現 し 伸 展 型 腰 痛 となりやすい b.バレーボールのアタック 動 作 のように 上 肢 を 振 り 上 げた 際 に 腹 筋 の 緊 張 が 低 下 し 相 対 的 に 腰 椎 の 過 度 な 前 弯 を 生 じて 伸 展 型 腰 痛 となることがある c. 他 の 競 技 者 とのあたり 動 作 を 行 うコンタクトスポーツでは 瞬 時 に 体 幹 の 剛 性 を 高 めて 外 傷 を 予 防 することが 必 要 となる d.ラグビーのスクラムでは 骨 盤 を 後 傾 させて 体 幹 の 安 定 を 図 ることで 腰 痛 の 予 防 だけで なくパフォーマンスも 向 上 する e.ランニング 動 作 は 過 度 な 腰 椎 前 弯 や 後 弯 のまま 行 わないように 注 意 する - 8 -

11 問 39 コンディショニングおよびコンディション 評 価 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.コンディショニングは 目 標 となる 大 会 などでピークパフォーマンスを 発 揮 するための 全 てのプロセスのことを 指 す b.コンディション 評 価 は 一 般 的 なものであり 競 技 特 性 を 踏 まえる 必 要 性 はない c. 自 覚 的 コンディション 評 価 法 などの 質 的 な 評 価 と 体 重 や 心 拍 数 といった 客 観 的 な 評 価 の 双 方 を 含 むことが 望 ましい d. 評 価 を 行 った 後 のフィードバックは 個 人 情 報 の 観 点 から チームのスタッフにもコンデ ィションの 記 録 を 共 有 させてはいけない e. 二 次 コントロールの 評 価 は 主 にアスレティックトレーナーが 行 う 問 40 徒 手 筋 力 検 査 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 特 別 な 機 器 や 器 具 を 必 要 としないため 実 施 場 所 の 制 約 がない b. 検 査 に 用 いる 関 節 運 動 範 囲 とは 関 節 可 動 域 測 定 の 参 考 可 動 域 角 度 とは 異 なる c. 抗 抵 抗 自 動 運 動 テスト(full ark test)と 抑 止 テスト(break test)があり 原 則 として 抑 止 テストを 用 いる d. 徒 手 筋 力 検 査 は 5 段 階 で 表 示 しこの 段 階 づけは 順 序 尺 度 である e. 段 階 づけの 際 には 各 段 階 に + - を 付 記 することで 詳 細 な 判 定 が 可 能 となる 問 41 膝 内 側 側 副 靭 帯 (MCL) 損 傷 のアスレティックリハビリテーションについて 誤 っているの はどれか a. 大 腿 四 頭 筋 の 等 尺 性 筋 力 トレーニングは 急 性 期 から 回 復 期 にかけて 広 く 活 用 できる b.チューブを 用 いたレッグカールを 行 う 際 は 下 腿 外 旋 位 を 意 識 させるとよい c. 前 内 側 回 旋 不 安 定 性 (AMRI)が 認 められる 場 合 も 近 位 チューブ 法 は 有 効 である d. 部 分 荷 重 の 時 期 になるとペダリング 動 作 などの SKC トレーニングを 導 入 する e.スクワットなどの CKC トレーニングでは 膝 外 反 が 生 じないよう 留 意 する 問 42 コーディネーション 能 力 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a.コーディネーション 能 力 が 高 まることで スポーツパフォーマンスは 改 善 するが 傷 害 の 予 防 は 期 待 できない b. 変 換 能 力 とは 状 況 の 変 化 に 応 じて 機 敏 に 身 体 の 動 きを 切 り 替 える 能 力 である c. 定 位 能 力 とは 位 置 関 係 を 把 握 する 能 力 であり 空 間 認 知 能 力 ともいえる d.リズム 能 力 とは 手 と 脚 でそれぞれ 別 々な 動 きを 効 率 よく 行 う 能 力 である e. 反 応 能 力 とは 予 測 できたあるいはできなかった 情 報 に 対 して 素 早 く 対 応 できる 能 力 である - 9 -

12 問 43 膝 前 十 字 靭 帯 (ACL) 損 傷 術 後 の 筋 力 増 強 トレーニングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 大 腿 四 頭 筋 セッティングは 下 腿 部 に 置 いたクッションを 押 し 潰 すようにする b. 下 肢 伸 展 挙 上 (SLR)は 重 錘 を 下 腿 遠 位 に 巻 き 足 関 節 背 屈 位 で 実 施 する c. 逆 SLR は 足 関 節 背 屈 位 とし 膝 が 完 全 伸 展 しない 肢 位 で 実 施 する d.レッグカールは 下 腿 外 旋 位 にし 大 腿 二 頭 筋 を 優 位 に 収 縮 させる e.レッグエクステンションは 痛 みに 配 慮 しつつ 近 位 チューブ 法 から 開 始 する 問 44 スポーツでみられる 内 科 的 疾 患 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 回 転 性 めまいは 一 過 性 の 脳 血 流 低 下 によって 起 こることが 多 い b. 締 め 付 けられるような 強 い 前 胸 部 痛 が 運 動 中 に 突 然 起 きた 場 合 は 緊 急 性 がある c. 中 高 年 の 運 動 時 の 胸 痛 を 伴 った 呼 吸 困 難 は 体 力 不 足 が 原 因 であり 緊 急 性 はない d. 腹 痛 のため 身 体 を 折 り 曲 げて 膝 を 抱 えている 場 合 は 重 症 である e. 急 性 高 山 病 では 高 地 到 着 後 6~12 時 間 で 症 状 がピークとなる 問 45 徒 手 抵 抗 ストレッチングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.パートナーと 組 んで 行 われるものである b. 効 果 を 得 るには 時 間 を 要 するが 効 果 の 持 続 時 間 は 長 い c.テクニックの 選 択 を 誤 ると 筋 肉 に 微 小 な 損 傷 や 疼 痛 の 増 大 を 招 く 危 険 性 がある d. 誰 にでも 簡 単 に 行 えるストレッチング 法 である e.アイソトニック 法 とアイソメトリック 法 があり 一 般 的 にはアイソトニック 法 の 方 が 可 動 域 の 拡 大 には 優 れている 問 46 物 理 療 法 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 寒 冷 療 法 の 生 理 学 的 効 果 には 代 謝 の 低 下 毛 細 血 管 透 過 性 の 低 下 神 経 活 動 の 低 下 な どがある b. 冷 水 浴 で 広 範 囲 を 冷 却 する 場 合 の 水 温 は 0~5 が 効 果 的 である c. 寒 冷 過 敏 症 レイノー 現 象 末 梢 循 環 障 害 は 寒 冷 療 法 の 禁 忌 となる d.アイスカップを 使 用 したアイスマッサージは 20 分 以 上 患 部 に 固 定 することが 効 果 的 で ある e. 温 熱 療 法 の 生 理 学 的 効 果 には 血 管 拡 張 疼 痛 閾 値 の 上 昇 代 謝 率 の 上 昇 組 織 伸 展 性 の 上 昇 などがある 問 47 一 次 救 命 処 置 において 傷 病 者 に 反 応 がないと 判 断 した 直 後 に 行 うべき 行 動 について 正 し いのはどれか a. 呼 吸 の 確 認 b. 気 道 の 確 保 c.119 番 通 報 と AED の 依 頼 d. 胸 骨 の 圧 迫 e. 脈 拍 の 確 認

13 問 48 マシンエクササイズについて 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 重 力 下 で 負 荷 (ウエイト)をコントロールするため 危 険 が 伴 う b. 技 術 はあまり 必 要 にならない c. 負 荷 量 や 回 数 の 設 定 がしやすい d. 多 くのスポーツ 動 作 に 応 用 できる e.マシンの 種 類 により 筋 収 縮 様 式 が 異 なることがある 問 49 敏 捷 性 や 協 調 性 の 測 定 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 全 身 反 応 時 間 テストは 光 刺 激 に 反 応 し 足 がマットから 離 れて 再 度 足 がつくまでの 時 間 を 計 測 する b. 選 択 反 応 時 間 テストは 全 身 反 応 時 間 テストに 比 べて 判 断 やスキルの 要 素 も 加 わる c. 反 復 横 跳 びでは 多 方 向 への 切 り 返 し 能 力 に 必 要 な 筋 力 を 評 価 できる d.50m 走 とステップ 50 とのタイム 差 が 大 きい 方 が 協 調 性 に 優 れているといえる e.ステップ 50 では 球 技 スポーツなどに 必 要 な 敏 捷 性 や 協 調 性 を 評 価 することができる 問 50 投 球 障 害 肩 のリハビリテーションで 投 球 再 開 前 に 確 認 すべきことについて 誤 っているの はどれか a. 炎 症 症 状 が 消 失 していること b. 肩 関 節 外 旋 内 旋 可 動 域 が 参 考 可 動 域 角 度 に 合 致 していること c. 腱 板 機 能 が 改 善 向 上 していること d. 投 球 動 作 に 悪 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 関 節 が 機 能 改 善 していること e.ワインドアップ 期 や 早 期 コッキング 期 での 投 球 動 作 が 改 善 していること 問 51 減 速 動 作 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 安 定 性 には 下 半 身 の 筋 力 と 上 半 身 の 姿 勢 コントロールが 重 要 である b. 下 半 身 では 大 きな 減 速 エネルギーが 生 み 出 される c. 体 幹 部 には 後 方 への 慣 性 が 作 用 する d. 姿 勢 のコントロールには 鉛 直 方 向 の 安 定 性 が 重 要 である e. 減 速 区 間 が 短 いと 関 節 に 加 わる 応 力 は 少 ない 問 52 アスレティックリハビリテーションについて 正 しいのはどれか a. 受 傷 後 は アスレティックトレーナーによる 機 能 評 価 からはじまる b. 対 象 者 の 状 態 に 関 わらず もとの 競 技 種 目 に 完 全 復 帰 することを 到 達 目 標 とする c. 負 荷 を 段 階 的 に 漸 増 しつつ 進 行 する d. 初 期 段 階 では 競 技 種 目 特 性 への 配 慮 を 必 要 としない e.スポーツ 復 帰 の 許 可 はアスレティックトレーナーの 判 断 による

14 問 53 パッシブリカバリーについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.ジョギング b.マッサージ c. 低 周 波 刺 激 d. 体 操 e. 水 泳 問 54 方 向 転 換 動 作 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 慣 性 モーメントが 大 きい 方 が 身 体 の 回 転 速 度 は 速 くなる b. 回 転 半 径 が 小 さいほど 身 体 に 加 わる 外 力 は 大 きくなる c. 速 い 方 向 変 換 のためには 回 転 中 心 から 躯 幹 の 距 離 を 大 きくする d.ターンの 円 滑 さは 体 幹 の 前 屈 の 程 度 に 影 響 される e. 走 行 スピードや 方 向 転 換 の 角 度 変 化 が 大 きいほど 身 体 に 加 わる 外 力 は 大 きくなる 問 55 身 体 組 成 の 測 定 方 法 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 生 体 電 気 インピーダンス 法 による 身 体 組 成 の 測 定 は 体 内 水 分 量 の 変 化 の 影 響 を 受 けに くい b.キャリパー 法 による 身 体 組 成 測 定 において 3 点 法 での 計 測 部 位 は 上 腕 背 部 肩 甲 骨 下 部 腹 部 である c. 身 体 密 度 法 の 空 気 置 換 法 や 水 中 体 重 秤 量 法 による 身 体 組 成 の 計 測 は 精 度 が 高 い d. 身 体 密 度 法 の 水 中 体 重 秤 量 法 による 身 体 組 成 の 計 測 は ニュートンの 法 則 を 利 用 した 方 法 である e.キャリパー 法 の 皮 下 脂 肪 厚 測 定 による%fat の 推 定 は 測 定 誤 差 の 影 響 を 受 けにくい 問 56 陸 上 競 技 短 距 離 走 におけるハムストリングス 肉 ばなれの 発 生 要 因 について 正 しいのは どれか 2 つ 選 べ a. 骨 盤 の 後 傾 が 強 い b. 大 腿 四 頭 筋 との 筋 力 が 同 じ c. 遊 脚 期 の 下 腿 の 振 り 出 しから 振 り 戻 しのタイミングが 遅 い d.ウォームアップ 不 足 e.サーフェイスが 柔 らかい 問 57 フィットネスチェックにおける 筋 力 測 定 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 握 力 計 背 筋 力 計 は 等 速 性 筋 力 を 測 定 する 場 合 に 用 いられる b. 筋 力 計 を 用 いて 測 定 する 場 合 スポーツ 種 目 に 応 じて 測 定 装 置 を 選 択 する 必 要 がある c. 徒 手 筋 力 テストは 客 観 的 に 筋 力 を 評 価 する 方 法 として 用 いられる d.キンコム バイオデックスの 測 定 装 置 は 等 張 性 筋 力 を 測 定 する 場 合 に 用 いられる e. 脚 伸 展 力 の 測 定 は 傷 害 予 防 の 観 点 からも 用 いられる

15 問 58 血 中 乳 酸 濃 度 の 上 昇 開 始 点 (OBLA)について 正 しいのはどれか a. 血 中 乳 酸 濃 度 が 2mmol になる 強 度 をさす b. 血 中 乳 酸 濃 度 が 3mmol になる 強 度 をさす c. 血 中 乳 酸 濃 度 が 4mmol になる 強 度 をさす d. 乳 酸 性 作 業 閾 値 よりも 少 し 下 の 強 度 で 乳 酸 が 徐 々に 蓄 積 する 点 を 示 す e. 乳 酸 性 作 業 閾 値 よりも 少 し 下 の 強 度 で 運 動 エネルギーの 大 部 分 を 脂 質 代 謝 によってま かなう 運 動 強 度 を 示 す 問 59 肩 関 節 前 方 脱 臼 の 術 後 ( 鏡 視 下 Bankart 法 )リハビリテーションについて 誤 っているのは どれか 2 つ 選 べ a. 肩 関 節 の 固 定 期 間 中 に 腱 板 筋 などへの 電 気 刺 激 による 筋 収 縮 は 避 けるべきである b. 術 後 は 伸 展 方 向 など 患 部 に 過 剰 なストレスが 加 わらない 可 動 域 の 獲 得 を 優 先 する c. 術 後 6 週 頃 より 腱 板 筋 のトレーニングを 軽 負 荷 で 開 始 する d. 術 後 のリハビリテーションでは 関 節 前 方 構 成 体 へのストレスを 最 小 限 にする e.タックルなどのスポーツ 動 作 では 過 度 の 外 旋 を 強 制 されないように 動 作 指 導 も 重 要 とな る 問 60 サーキットトレーニングについて 誤 っているのはどれか a. 運 動 時 間 は 目 的 とした 効 果 に 合 わせるが セット 全 体 で 得 られる 効 果 が 最 大 になるよう に 個 々の 運 動 種 目 の 負 荷 を 低 めに 設 定 する b. 各 ステーションの 距 離 等 の 配 置 は 同 時 に 参 加 する 人 数 や 共 有 する 人 数 を 考 慮 し 人 の 動 線 を 配 慮 して 設 定 する c. 主 働 筋 と 拮 抗 筋 の 運 動 を 一 組 にして 行 うセット 構 成 では 活 動 筋 を 交 代 することによる 休 息 の 効 果 と 同 時 に 自 律 神 経 支 配 による 主 働 筋 のリラックスを 生 みやすい d. 乳 酸 耐 性 を 高 めたい 場 合 主 働 筋 群 を 連 続 させないように 運 動 種 目 を 配 置 し 不 完 全 休 息 させるためインターバルを 短 く 設 定 し 個 々の 運 動 強 度 を 高 く 設 定 する e.ストレッチングをサーキット 形 式 で 行 う 時 には スタティックストレッチとダイナミッ クストレッチを 組 み 合 わせて 行 う 問 61 物 理 療 法 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 超 音 波 療 法 による 温 熱 効 果 が 得 られやすい 組 織 は 脂 肪 組 織 である b. 足 関 節 捻 挫 などの 外 傷 後 に 炎 症 を 放 置 しておくと 周 囲 組 織 が 低 酸 素 状 態 に 陥 ることに よる 二 次 的 なダメージが 起 きる 可 能 性 がある c. 靱 帯 損 傷 などスポーツ 外 傷 後 の 筋 力 強 化 や 廃 用 性 筋 萎 縮 の 予 防 を 目 的 として 治 療 的 電 気 刺 激 (TES)が 用 いられる d.gate control theory では 細 い Aδ 線 維 や C 線 維 を 選 択 的 に 刺 激 することによって 疼 痛 が 軽 減 するとされている e.コンタクトスポーツなどにおける 打 撲 後 の 急 性 炎 症 期 に 温 熱 刺 激 を 加 えると 炎 症 症 状 が 増 悪 する 危 険 性 がある

16 問 62 柔 軟 性 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 柔 軟 性 は 大 きいほどパフォーマンスを 積 極 的 に 助 ける 側 面 がある b. 柔 軟 性 が 過 剰 な 場 合 は 関 節 損 傷 や 筋 への 過 剰 な 負 担 などの 原 因 になることがある c. 柔 軟 性 の 測 定 方 法 のうち 身 体 の 部 位 間 の 距 離 を 測 る 方 法 は 簡 易 で 個 人 の 形 態 の 影 響 を 受 けにくく 信 頼 性 が 高 い d. 自 動 運 動 と 他 動 運 動 の 可 動 域 では 測 定 方 法 も 測 定 値 の 意 味 も 異 なる e. 実 際 のパフォーマンスには 動 的 よりも 静 的 な 可 動 域 柔 軟 性 が 大 きな 意 味 を 持 つことが 多 い 問 63 現 場 における 救 急 体 制 について 誤 っているのはどれか a. 緊 急 時 のフローチャートは 迅 速 な 対 応 を 考 え 競 技 ルールを 理 解 した 上 で 作 成 する b.スポーツイベントでは 規 模 や 種 類 に 関 わらず 独 自 の 体 制 で 進 める c. 受 傷 者 を 搬 送 する 際 にはどのルートを 通 って 搬 送 するかを 事 前 に 決 めておく d. 事 前 確 認 事 項 として 最 寄 りの 消 防 署 や 医 療 機 関 チームドクターのダイレクトコール などを 把 握 しておく e. 搬 送 する 医 療 機 関 は あらかじめどのような 専 門 領 域 の 受 け 入 れが 可 能 かを 確 認 してお く 問 64 外 傷 とその 適 応 となる 装 具 の 組 み 合 わせについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.オスグッド シュラッター 病 クラビクルバンド b. 膝 蓋 骨 脱 臼 Lenox Hill derotation brace c. 腰 痛 症 ダーメンコルセット d. 頚 部 外 傷 フィラデルフィアカラー e.tfcc 損 傷 テニス 肘 バンド 問 65 ウォーミングアップの 目 的 および 効 果 について 誤 っているのはどれか a. 筋 肉 の 適 応 能 力 を 高 める b. 呼 吸 循 環 機 能 の 適 応 を 円 滑 にさせる c. 筋 肉 の 粘 性 を 減 少 させる d. 拮 抗 筋 の 緊 張 度 を 高 める e. 神 経 の 伝 達 速 度 を 高 める 問 66 身 体 組 成 の 検 査 測 定 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 身 長 170 cm 体 重 70 kgの BMI は 小 数 点 以 下 を 切 り 捨 てて 24 である b.bmi とは 身 長 を 体 重 の 2 乗 で 割 って 得 られた 数 値 によって 判 定 する c. 競 技 者 を 対 象 とした 皮 下 脂 肪 厚 (キャリパー) 法 の 測 定 では 3 点 法 より 2 点 法 の 方 が 多 く 用 いられる d.bmi が 18.5 未 満 を やせ と 判 定 する e.bmi が 25.0 以 上 を 肥 満 と 判 定 する

17 問 67 膝 前 十 字 靭 帯 (ACL) 損 傷 に 対 するアスレティックリハビリテーションについて 正 しい のはどれか 2 つ 選 べ a. 片 脚 ヒップリフトを 実 施 する 際 には 骨 盤 を 水 平 位 に 保 持 した 状 態 で 殿 部 を 拳 上 する b. 両 脚 スクワット 時 には 殿 部 を 後 方 にしっかり 落 とし 後 方 重 心 位 を 意 識 させる c.knee bent walk(kbw)は 通 常 歩 行 に 比 べ heel contact および toe -off 時 の 衝 撃 が 大 きい d.コンビネーションカーフレイズは 腓 腹 筋 とヒラメ 筋 の 効 率 的 収 縮 を 引 き 出 すことを 目 的 として 実 施 する e.ツイスティングは 足 先 膝 顔 の 方 向 を 一 致 させ 母 趾 球 荷 重 によるピボットを 繰 り 返 す 問 68 救 急 処 置 器 材 について 誤 っているのはどれか a. 小 児 への 自 動 体 外 式 除 細 動 器 (AED) 使 用 は 通 常 の 電 流 では 強 すぎるため 小 児 用 パッ トを 使 用 する b. 外 傷 後 に 脊 柱 を 固 定 する 場 合 は ストラップで 固 定 できるバックボードが 望 ましい c.ソフトタイプのネックカラーは 頭 頚 部 外 傷 後 の 脊 柱 管 理 には 不 向 きである d.aed は 心 停 止 の 中 でも 心 室 細 動 と 無 脈 性 心 室 頻 拍 の 場 合 に 適 応 となる e. 血 圧 測 定 は 骨 折 や 脱 臼 などの 外 傷 性 疾 患 に 対 する 評 価 にはならない 問 69 クーリングダウンの 効 果 について 誤 っているのはどれか a. 安 静 よりも 軽 運 動 を 行 った 方 が 乳 酸 の 半 減 時 間 は 2 倍 早 い b. 間 欠 的 な 軽 運 動 の 方 が 継 続 的 な 軽 運 動 より 乳 酸 の 除 去 は 早 い c.アクティブリカバリーはパッシブリカバリーに 比 べ 呼 吸 循 環 機 能 水 準 は 高 くなる d.クーリングダウンは 急 激 な 運 動 停 止 による 静 脈 還 流 量 の 不 足 を 防 止 する 効 果 がある e. 炎 症 を 抑 える 目 的 でアイシングも 効 果 的 である 問 70 肩 関 節 前 方 脱 臼 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 肩 関 節 外 旋 水 平 伸 展 位 を 強 制 された 場 合 で 発 生 しやすい b. 初 回 脱 臼 の 直 後 には 可 能 な 限 り 観 血 的 な 肩 関 節 の 再 建 が 好 ましい c. 鏡 視 下 Bankart 法 の 術 後 6 週 までは 運 動 療 法 でも 過 外 旋 外 転 伸 展 は 禁 止 する d. 腱 板 機 能 の 低 下 は 生 じにくい e. 投 球 などのノンコンタクト 損 傷 としての 発 生 が 多 い 問 71 スポーツマッサージの 目 的 について 誤 っているのはどれか a. 筋 疲 労 の 回 復 促 進 b. 運 動 開 始 前 のアクティブ( 活 動 的 )なウォーミングアップ c. 精 神 的 な 緊 張 を 取 り 除 くことによるパフォーマンス 向 上 d. 試 合 時 の 競 技 間 (インターバル)での 疲 労 回 復 e.スポーツ 外 傷 障 害 からの 早 期 回 復

18 問 72 アスレティックリハビリテーションにおける 機 能 評 価 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 動 的 アライメントの 評 価 を 正 確 にできれば 徒 手 筋 力 測 定 や 関 節 可 動 域 測 定 などの 検 査 測 定 は 省 略 できる b. 手 術 方 法 によってリスクとなる 動 作 が 異 なるため アスレティックトレーナーは 手 術 に 関 する 情 報 を 得 る 必 要 がある c.フィールドテストにおけるフォームなど 数 値 化 が 困 難 なものについては 映 像 解 析 など を 用 いた 分 析 も 重 要 となる d.フィールドテストは 測 定 環 境 に 応 じて 測 定 条 件 や 手 順 を 変 更 して 対 応 する e. 運 動 能 力 の 測 定 では スキルよりも 体 力 的 な 側 面 のテストを 行 うことが 重 要 である 問 73 創 傷 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 割 創 では 皮 下 にある 器 官 の 損 傷 も 考 慮 に 入 れる b. 切 創 では 創 面 は 滑 らかだが 組 織 の 挫 滅 が 激 しい c. 挫 傷 は 皮 膚 表 面 に 傷 がなく 外 力 により 内 部 の 軟 部 組 織 が 損 傷 している d. 刺 創 では 物 体 が 刺 さったままの 場 合 抜 かずに 固 定 する e. 擦 過 傷 の 表 面 は 組 織 の 挫 滅 が 少 なく 化 膿 しにくい 問 74 水 泳 肩 (swimmer s shoulder)に 対 するアスレティックリハビリテーションについて 誤 っているのはどれか a.クロールのキャッチ 動 作 では 肩 挙 上 位 での 内 旋 運 動 となる b.クロールのフィニッシュ 動 作 では 肩 内 転 内 旋 位 を 呈 し いわゆる wringing out mechanism により 炎 症 を 悪 化 させる c. 棘 上 筋 腱 のインピンジメントテストには Speed テスト Yergason テストがある d. 患 部 の 炎 症 が 軽 減 したら 3rd position での 内 旋 ストレッチや 近 位 抵 抗 での 外 転 エクササ イズを 実 施 する e.ビート 板 を 使 用 した 場 合 肩 関 節 屈 曲 内 旋 が 強 制 され 疼 痛 を 増 強 させてしまうこと がある 問 75 歩 行 のキネマティクスを 示 すパラメータとその 意 味 の 組 み 合 わせについて 正 しいのはど れか 2 つ 選 べ a. 歩 幅 1 歩 行 周 期 の 距 離 b. 足 角 踵 接 地 時 の 股 関 節 外 転 角 c. 歩 行 率 単 位 時 間 内 の 歩 数 d. 歩 隔 左 右 各 々の 立 脚 中 期 における 踵 の 距 離 e. 重 複 歩 時 間 1 歩 行 周 期 の 時 間

19 問 76 一 次 救 命 処 置 における 自 動 体 外 式 除 細 動 器 (AED)の 使 用 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 心 電 図 解 析 後 に 電 気 ショックの 必 要 がない 場 合 直 ちに 胸 骨 圧 迫 を 行 う b. 救 助 者 が 2 人 いる 場 合 2 人 で 協 力 して AED を 準 備 する c. 電 気 ショック 後 は 傷 病 者 の 回 復 状 況 を 観 察 した 後 に 胸 骨 圧 迫 を 再 開 する d. 胸 骨 圧 迫 は 中 断 してはならないため 心 電 図 解 析 中 も 行 うようにする e. 傷 病 者 が 6 歳 未 満 の 小 児 の 場 合 小 児 用 パッドがない 時 は 成 人 用 パッドを 使 用 する 問 77 筋 力 増 強 エクササイズについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.スクワット 運 動 は プライオメトリックトレーニングの 代 表 的 なものである b.フリーウエイトトレーニングでは 負 荷 量 や 反 復 回 数 の 設 定 がしやすい c.バイクによるエクササイズは 患 部 外 のトレーニングでの 汎 用 性 は 低 い d.ステップマシンによるエクササイズは 身 体 に 対 する 衝 撃 が 小 さい e. 筋 力 増 強 マシンを 使 用 したエクササイズは スポーツ 動 作 の 習 得 に 結 びつきやすい 問 78 各 体 力 要 素 と 測 定 項 目 との 組 み 合 わせについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 筋 力 握 力 b. 筋 持 久 力 上 体 反 らし c. 筋 パワー 垂 直 跳 び d. 全 身 持 久 力 全 身 関 節 弛 緩 性 テスト e. 柔 軟 性 反 復 横 跳 び 問 79 固 定 法 について 正 しいのはどれか a.テーピングを 用 いた 固 定 法 は 装 具 と 比 較 して 長 時 間 の 使 用 が 可 能 であり 持 続 性 に 優 れている b.アキレス 腱 断 裂 が 疑 われる 場 合 には 足 関 節 を 中 間 位 に 保 ち 固 定 する c. 足 関 節 下 腿 の 骨 折 が 疑 われる 場 合 には 足 部 から 膝 までの 固 定 を 実 施 する d. 末 節 骨 付 着 部 での 伸 筋 腱 断 裂 が 疑 われる 場 合 ( 槌 指 )は 遠 位 指 節 間 関 節 を 屈 曲 位 で 固 定 する e. 上 腕 部 や 肘 の 骨 折 が 疑 われる 場 合 には 肘 を 屈 曲 させた 状 態 で 受 傷 部 に 副 木 を 当 て 固 定 する 問 80 周 径 と 下 肢 長 の 計 測 方 法 について 正 しいのはどれか a. 転 子 果 長 は 大 転 子 から 内 果 までの 最 短 距 離 を 計 測 する b. 大 腿 周 径 は 巻 き 尺 を 大 腿 骨 軸 に 直 角 に 当 て 計 測 する c. 棘 果 長 は 脚 長 差 の 原 因 が 膝 関 節 に 予 想 される 場 合 に 計 測 する d. 下 腿 長 は 腓 骨 小 頭 から 外 果 までを 計 測 する e. 上 腕 周 径 には 肩 伸 展 位 周 径 と 肩 屈 曲 位 周 径 がある

20 問 81 スポーツ 現 場 での 外 傷 障 害 の 評 価 とその 手 順 について 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 第 2 次 評 価 は 第 1 次 評 価 にて 生 命 を 脅 かす 緊 急 事 態 でないことが 確 認 できた 後 に 行 う b. 外 傷 障 害 評 価 の 最 終 的 な 目 的 は 競 技 続 行 の 可 否 を 判 断 することである c. 競 技 者 に 起 きたことについては 競 技 者 自 身 が 正 しく 理 解 できていないため 周 囲 の 競 技 者 からの 情 報 を 元 に 対 応 をする d. 外 傷 障 害 発 生 時 は フローチャートに 基 づき 最 初 に 救 急 処 置 を 行 う e. 第 2 次 評 価 の 目 的 はシーズン 前 のメディカルチェックと 同 じである 問 82 スポーツチームにおけるアスレティックトレーナー(AT)の 組 織 と 運 営 について 正 しい のはどれか 2 つ 選 べ a.at が 単 独 (1 名 のみ)の 場 合 医 科 学 チームとしての 活 動 は 必 要 ない b.at がリーダーシップをとると AT チームのメンバーが 対 立 しやすい c.at チームは 競 技 者 数 や 業 務 の 質 量 によって 人 数 が 構 成 される d.at が 複 数 いる 場 合 AT は 医 科 学 サポートチームの 一 員 となる e.at チームには AT を 育 成 するという 使 命 もある 問 83 凍 傷 のリスクが 高 い 人 の 特 徴 で 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 汗 をかきにくい b. 体 格 が 大 きい c. 喫 煙 習 慣 がある d. 皮 下 脂 肪 が 少 ない e. 老 人 虚 弱 者 問 84 足 関 節 のテーピングについて 正 しいのはどれか a. 足 関 節 捻 挫 直 後 の 救 急 処 置 のテーピングでは アンカー 以 外 のテープはホースシュー 状 に 行 い 下 腿 前 面 足 関 節 前 面 足 背 部 を 開 放 しておく b. 外 がえし 捻 挫 に 対 するスターアップは 外 反 を 制 限 するために 外 側 から 内 側 に 引 っ 張 り 上 げて 3 本 が 足 部 で 平 行 になるようにする c.ヒールロックテープは 踵 骨 の 側 方 への 動 きを 抑 える 目 的 で 行 い 外 側 内 側 に 均 等 に 行 う d.フィギュアエイトは 内 がえし 捻 挫 外 がえし 捻 挫 ともに 外 果 の 少 し 上 から 始 め 足 底 でテープが 斜 めにならないようにする e. 足 関 節 背 屈 制 限 を 目 的 として アンカー スプリットテープ サポートテープを 行 う 場 合 足 関 節 の 肢 位 はやや 底 屈 位 を 保 持 させる

21 問 85 スポーツ 動 作 エクササイズについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.ツイスティングは 足 趾 伸 展 によるウインドラス 機 構 を 利 用 しながら 小 趾 球 で 支 持 して 行 う b.knee bent walk(kbw)は 膝 屈 曲 位 保 持 による 筋 活 動 量 の 増 加 や 接 地 時 の 衝 撃 力 の 低 下 などの 利 点 がある c.サイドステップは 蹴 り 脚 の knee out と ステップ 側 の 足 関 節 外 反 強 制 に 注 意 する d. 走 行 時 の 下 肢 の 動 きは foot strike と 同 時 に 距 骨 下 関 節 の 回 内 がはじまり mid support で 回 内 のピークをむかえ 再 び take off で 回 外 する e. 方 向 転 換 時 フロントターンでは 支 持 側 の knee in に 伴 う 足 関 節 外 反 強 制 に またバッ クターンでは knee out に 注 意 をする 問 86 防 具 について 誤 っているのはどれか a. 防 具 には 通 常 抗 菌 加 工 が 施 されており 衛 生 上 の 問 題 はほとんどない b. 防 具 は 身 体 各 部 にしっかりと 適 合 していないと 傷 害 につながることがある c. 防 具 の 誤 った 使 用 方 法 により 相 手 に 外 傷 を 負 わせてしまうことがある d. 夏 場 の 暑 い 日 に フル 装 備 で 防 具 を 着 用 することにより 脱 水 症 状 の 危 険 がある e. 競 技 者 の 体 力 に 見 合 った 防 具 の 選 択 は 重 要 である 問 87 腰 痛 発 生 動 作 を 確 認 する 際 の 着 目 点 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 体 幹 前 屈 動 作 では 殿 筋 やハムストリングスの 短 縮 により 過 度 に 腰 背 部 の 筋 群 が 伸 張 さ れ 腰 痛 が 生 じる 場 合 がある b. 体 幹 前 屈 動 作 では 特 に 腰 椎 分 離 症 で 症 状 を 増 悪 しやすく 前 屈 時 に 逃 避 性 の 側 屈 を 生 じることがある c. 体 幹 伸 展 動 作 では 股 関 節 屈 筋 群 の 短 縮 や 過 緊 張 のために 腰 椎 前 弯 が 増 強 して 腰 痛 を 生 じる 場 合 がある d. 体 幹 伸 展 時 に 腰 痛 が 生 じる 場 合 は 誤 った 動 作 習 慣 として 腰 椎 前 弯 を 強 めてしまう 伸 展 動 作 が 考 えられる e. 体 幹 回 旋 時 に 腰 痛 が 生 じる 場 合 は 骨 盤 が 後 傾 した 状 態 で 股 関 節 での 運 動 が 大 きいこと が 理 由 として 考 えられる 問 88 用 具 道 具 防 具 について 誤 っているのはどれか a. 用 具 とは スポーツやトレーニングで 用 いられるものの 総 称 である b. 道 具 を 選 択 する 場 合 は 体 力 や 技 術 を 考 慮 する c. 定 期 的 に 状 態 を 点 検 し 不 良 個 所 があればすぐに 修 理 交 換 をする d. 用 具 の 規 定 には 競 技 者 の 体 力 や 身 体 への 負 担 を 考 慮 し 障 害 を 減 らす 目 的 もある e. 防 具 の 目 的 は 身 体 を 外 傷 や 障 害 から 守 ることよりパフォーマンスアップである

22 問 89 関 節 可 動 域 測 定 について 正 しいのはどれか a. 開 始 肢 位 は 全 て 解 剖 学 的 肢 位 を 0 とする b. 制 限 因 子 には 筋 力 や 疼 痛 性 因 子 は 該 当 しない c. 測 定 の 際 には 角 度 計 を 皮 膚 に 密 着 させ 基 本 軸 移 動 軸 がずれないように 注 意 する d. 最 終 域 感 (end feel)は 骨 性 結 合 組 織 性 の 2 つに 分 類 される e. 足 部 足 関 節 の 回 内 外 転 背 屈 の 複 合 運 動 を 外 がえし 回 外 内 転 底 屈 を 内 がえしと する 問 90 フィットネスチェックの 留 意 事 項 について 誤 っているのはどれか a. 実 施 する 際 には 目 的 を 明 確 にする b. 適 切 な 測 定 方 法 を 選 択 する c. 信 頼 性 の 高 い 測 定 を 実 施 する d. 測 定 条 件 は 測 定 環 境 に 応 じて 変 更 しても 良 い e. 測 定 実 施 後 は 必 ず 評 価 を 行 う 問 91 膝 前 十 字 靭 帯 (ACL) 損 傷 に 対 する 半 腱 様 筋 を 用 いた 術 後 早 期 のリハビリテーションに ついて 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 関 節 可 動 域 (ROM)エクササイズは 痛 みや 腫 脹 の 程 度 によらず 開 始 する b. 炎 症 症 状 の 軽 減 を 目 的 に 可 及 的 早 期 から RICE 処 置 を 行 い 痛 みや 熱 感 が 軽 減 するまで 継 続 する c.レッグエクステンションを 行 う 際 には ACL への 張 力 を 減 少 させるため 脛 骨 遠 位 にゴ ムチューブをかけて 行 う d. 内 側 広 筋 の 萎 縮 に 対 しては 電 気 刺 激 を 併 用 した 大 腿 四 頭 筋 セッティングが 有 効 である e. 関 節 メカノレセプターを 賦 活 するために 術 後 早 期 から タオルギャザーや 足 裏 でのボ ール 転 がしを 行 うと 効 果 的 である 問 92 心 理 的 コンディショニングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a. 興 奮 とパフォーマンスの 間 には U 字 曲 線 を 描 くような 関 係 がある b. 興 奮 水 準 を 高 めるのは 身 体 への 刺 激 だけでなく 動 機 づけによっても 高 まる c. 興 奮 水 準 を 下 げるための 方 法 として 呼 吸 法 漸 進 的 筋 弛 緩 法 旋 律 訓 練 法 の 3 つがある d. 興 奮 水 準 を 高 めることを サインアップ という e.マイナス 思 考 から 脱 するためにはセルフトーク 成 功 のイメージを 描 くことが 効 果 的 で ある 問 93 ゴムチューブによるエクササイズについて 誤 っているのはどれか a. 求 心 性 収 縮 遠 心 性 収 縮 が 可 能 である b.あらゆる 運 動 方 向 に 抵 抗 を 加 えることができる c. 負 荷 の 定 量 化 がしやすい d. 運 動 最 終 域 で 抵 抗 が 強 くなる e.マシンエクササイズと 比 べて 手 軽 に 行 える

23 問 94 筋 力 トレーニングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.フリーウエイトは 比 較 的 簡 易 で 安 全 に 特 定 の 筋 群 を 強 化 することができる b.カーフレイズは 足 関 節 を 底 屈 させ ヒラメ 筋 と 腓 腹 筋 を 動 員 する c. 同 じ 筋 群 が 連 続 して 使 用 されないようするには ベンチプレス ショルダープレス ベ ントオーバーローイングの 順 で 行 う d. 筋 肥 大 を 目 標 にしたトレーニングは 目 標 反 復 回 数 1 セットあたり 4 回 以 内 とする e. 筋 力 やパワーの 向 上 は 各 セットで 最 大 出 力 最 大 努 力 を 発 揮 するため 身 体 を 十 分 に 回 復 させて 行 う 問 95 足 関 節 内 反 捻 挫 用 装 具 の 種 類 について 誤 っているのはどれか a.inversion type b.rigid type c.lace-up type d.soft type e.semi rigid type 問 96 検 査 測 定 と 評 価 のプロセスについて 誤 っているのはどれか a. 最 初 のプロセスは 情 報 の 収 集 状 況 の 掌 握 である b. 統 合 解 釈 は 複 数 のデータを 概 観 し 相 互 の 関 連 性 を 理 解 することが 重 要 である c. 問 題 点 をリスト 化 する 際 には 対 処 を 進 める 順 序 のプライオリティを 考 慮 する d.ゴール 設 定 の 際 にはタイムラインを 考 慮 することが 重 要 である e. 効 果 判 定 では 過 去 に 行 った 検 査 測 定 のみを 繰 り 返 す 問 97 スプリントトレーニングとエンデュランストレーニングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.スポーツ 種 目 やポジションが 異 なれば 求 められるスプリント 能 力 やエンデュランス 能 力 は 異 なる b.エンデュランストレーニングは 最 大 酸 素 摂 取 量 や 有 酸 素 作 業 閾 値 を 改 善 することがね らいとなる c.スプリントトレーニングのトーイングでは ピッチを 高 めることに 重 点 を 置 くことで 筋 力 系 に 刺 激 を 与 えることができる d. 自 転 車 エルゴメーターを 一 定 時 間 全 力 でこぐペダリングトレーニングでは 100m 走 を 想 定 するときには 30 秒 から 50 秒 程 度 が 効 果 的 である e. 水 中 ウォーキングによるエンデュランストレーニングでは 浮 力 により 腰 膝 などへの 負 担 が 軽 減 する

24 問 98 筋 力 増 強 エクササイズについて 正 しいのはどれか a.レッグプレスは 前 脛 骨 筋 の 強 化 に 有 効 である b. 単 関 節 運 動 のエクササイズは 閉 鎖 運 動 連 鎖 (CKC)で 行 われることが 多 い c. 徒 手 筋 力 検 査 は 6 段 階 のグレードで 筋 力 を 評 価 する d. 股 関 節 内 転 筋 の 強 化 ではゴムチューブを 大 腿 部 に 巻 き 両 下 肢 を 広 げる e.アッパーサイクルによるエクササイズは 心 臓 への 負 荷 が 低 く 安 全 である 問 99 身 体 組 成 について 誤 っているのはどれか 2 つ 選 べ a. 身 体 組 成 は 一 般 的 に 脂 肪 と 除 脂 肪 の 二 つの 要 素 で 考 えられる b. 除 脂 肪 には 筋 肉 や 骨 格 など 脂 肪 以 外 のもの 全 てが 含 まれる c. 除 脂 肪 の 割 合 が 高 いということは 筋 量 が 多 いことを 意 味 する d. 筋 量 が 多 ければ 多 いほど 基 礎 代 謝 が 低 いことになる e. 皮 下 脂 肪 の 多 い 身 体 は 隠 れ 肥 満 ともよばれる 問 100 有 酸 素 性 トレーニングについて 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ a.lsd(long slow distance)トレーニングは 最 大 心 拍 数 の 80% 以 上 の 負 荷 で 30 分 から 2 時 間 程 度 走 る 方 法 である b.ペーストレーニングは 一 定 の 距 離 を 設 定 ペースで 走 行 する 方 法 である c.インターバルトレーニングでは 心 拍 数 を 急 走 期 180 拍 / 分 緩 走 期 120 拍 / 分 を 下 回 らな いようにする d.レペティショントレーニングとは 運 動 と 不 完 全 休 息 を 反 復 し 量 より 質 を 要 求 する 方 法 である e.ファルトレクトレーニングとは 都 会 の 地 形 や 起 伏 を 利 用 して 行 う 方 法 である

25

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング 第 9 回 北 陵 杯 2014/9/28 ウォーミングアップの 必 要 性 と 方 法 を 理 解 しよう!! 出 雲 市 民 病 院 理 学 療 法 士 妹 尾 翼 自 己 紹 介 出 雲 第 一 中 学 校 平 田 高 等 学 校 ( 柔 道 部 ) 島 根 リハビリテーション 学 院 2003 年 入 学 出 雲 市 民 病 院 2007 年 入 職 現 在 理 学 療 法 士 8 年 目

More information

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引 踵 骨 骨 端 炎 と アキレス 腱 炎 との 関 係 山 形 支 部 森 谷 広 子 はじめに 近 年 低 学 年 を はじめとして スポーツ を 主 体 的 に 運 動 す る 子 ども 達 に 多 く の 障 害 が 出 現 し ています 成 長 の 段 階 における 必 要 以 上 の 運 動 量 が 体 に ストレスとして 起 き 色 々 な 病 気 の 原 因 を 発 生 し 体 を 酷

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

共通Ⅲ

共通Ⅲ 平 成 27 年 度 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティックトレーナー 専 門 科 目 検 定 試 験 理 論 試 験 ( 応 用 ) < 試 験 における 注 意 事 項 > 1 試 験 時 間 は 2 時 間 30 分 です 2 試 験 問 題 および 解 答 用 紙 に 受 験 番 号 推 薦 団 体 名 または 学 校 名 氏 名 を 記 入 してくださ い 3 出 題 形 式 は

More information

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選 2015 年 度 習 熟 度 テスト 1. 肘 関 節 を 構 成 するのは 上 腕 骨 と 橈 骨 の 他 はどれか 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 基 節 骨 (B) 尺 骨 (C) 手 根 骨 (D) 脛 骨 2. 2080 運 動 の 説 明 として 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 20 本 の 歯 を80 歳 まで 保 とうとする 運 動 (B)

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

1

1 はじめに 前 十 字 靭 帯 再 建 の 手 術 を 受 けられる 患 者 様 に 安 心 して 治 療 を 受 けていただけるように 前 十 字 靱 帯 損 傷 の 簡 単 な 説 明 と 診 察 から 入 院 の 経 過 リハビリテーションについてまとめたものです 前 十 字 靱 帯 損 傷 の 症 状 膝 がグラグラする 膝 に 力 がはいらない 膝 が 完 全 に 伸 びない などです 日

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜 1 背 伸 びをする 背 筋 を 十 分 に 伸 ばして よい 運 動 姿 勢 をつくります < 図 解 >ラジオ 体 操 第 一 (かんぽ 生 命 より 引 用 ) 肩 の 関 節 の 運 動 です [1]で 三 角 筋 棘 上 筋 [2]で 大 胸 筋 広 背 筋 大 円 筋 [1] 腕 を 前 から 上 に 上 げて 背 伸 びをする [2] 腕 を 横 から 下 ろす この 動 作 を 2

More information

症例紹介

症例紹介 リハビリってなんだろう はじめまして! 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 です 医 療 保 険 対 応 送 迎 車 サービス 有 そ~らの 家 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 共 催 西 東 京 市 富 士 町 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 平 成 12 年 4 月 ~ 武 蔵 野 市 吉 祥 寺 南 町 4 丁 目 平 成 26 年 4 月 ~ 院 長 紹 介 リハビリテーションとは?

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱 微 弱 電 流 の 通 電 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 であるべきかと 言 う 課 題 に 対 して 微 弱 電 流 の 通 電 を 通 して 考 える 自 己 紹 介 岐 阜 県 の 田 舎 で 約 30 年 接 骨 院 をやってきています 私 は 独 自 の 施 術 法 を 確 立 してきています 柔 道 整 復 師 の 施 術 で 最 も 合 法 的 に 患 部 を 表 現 して

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達)

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達) 1 空 幕 教 第 129 号 例 規 20. 3.31 一 部 変 更 空 幕 教 第 84 号 (21.3.18) 一 部 変 更 空 幕 教 第 247 号 (21.8. 3) 一 部 変 更 空 幕 教 第 112 号 (23.3.31) 全 部 隊 長 全 機 関 の 長 殿 航 空 幕 僚 長 航 空 自 衛 官 の 体 力 測 定 実 施 基 準 について( 通 達 )( 登 録 報

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

21P-73. 末 梢 神 経 麻 痺 を 合 併 するのはどれか 1.スワンネック 変 形 2.へバーデン(Heberden) 結 節 3.デュピュイトラン(Dupuytren) 拘 縮 4.フォルクマン(Volkmann) 拘 縮 フォルクマン 拘 縮 は 外 傷 による 内 出 血 や 圧 迫

21P-73. 末 梢 神 経 麻 痺 を 合 併 するのはどれか 1.スワンネック 変 形 2.へバーデン(Heberden) 結 節 3.デュピュイトラン(Dupuytren) 拘 縮 4.フォルクマン(Volkmann) 拘 縮 フォルクマン 拘 縮 は 外 傷 による 内 出 血 や 圧 迫 21P-66. 開 放 性 骨 折 で 正 しいのはどれか 1. 創 外 に 骨 が 露 出 している 骨 折 をいう 2. 高 度 な 粉 砕 骨 折 である 3. 外 固 定 は 禁 忌 である 4. golden hour 内 の 感 染 防 止 が 重 要 である 開 放 性 骨 折 は 創 部 と 骨 折 部 の 交 通 があるものをいい 受 傷 後 6 8 時 間 の golden hour

More information

Microsoft Word - 2014_0620_2014 青森県トレセンU

Microsoft Word - 2014_0620_2014 青森県トレセンU 2014 青 森 県 トレセン U-16 スポーツ 医 学 研 修 会 2014 年 6 月 14 日 於 : 新 青 森 県 総 合 運 動 公 園 1. 学 校 管 理 下 における 突 然 死 の 発 症 状 況 と 対 策 弘 前 大 学 医 学 部 心 臓 血 管 病 先 進 治 療 学 樋 熊 拓 未 2. サッカー 選 手 に 必 要 なスポーツ 栄 養 学 鶴 田 町 役 場 健 康

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の 5.トレーニングプログラムの 作 成 1) 集 団 プログラムと 個 別 プログラムの 作 成 にあたって 参 加 者 全 員 の 身 体 状 況 にあった 集 団 プログラムと 参 加 者 一 人 一 人 にアプローチした 個 別 プログラ ムを 作 成 し 誰 であっても 諸 機 能 が 向 上 していくようにプログラムを 決 定 することが 望 ましいです 1 集 団 プログラム ウォーミングアップ

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

1.ai

1.ai 6. 腰 椎 々 間 板 ヘルニア 日 頃 テレビや 本 棚 などの 重 い 物 を 持 ち 上 げようとした 時 や 顔 を 洗 おうとして 腰 をかがめた 時 などに 急 に 腰 がギクッとして 衝 撃 痛 を 覚 えることがあります これは 俗 に ギックリ 腰 と 呼 ばれ 急 に 腰 痛 が 起 こった 状 態 をさしています この 中 に 腰 椎 捻 挫 や 腰 椎 々 間 板 ヘルニ

More information

膝痛予防の知恵と運動

膝痛予防の知恵と運動 2007.12.18 ストレッチと 筋 力 トレーニングのしかた 1 本 日 のメニューは 体 力 測 定 ストレッチについて 筋 力 トレーニングについて 2 1. 体 力 測 定 について 3 体 力 測 定 分 類 ( 福 岡 県 で 実 施 している 項 目 ) 筋 力 : 握 力 下 肢 筋 力 平 衡 性 : 開 眼 片 足 立 ち 時 間 ファンクショナルリーチ 敏 捷 性 :Timed

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

筋肉解剖模型・関節模型

筋肉解剖模型・関節模型 関 節 3B Scientific の 筋 付 き 関 節 モ デルは 臨 床 教 育 両 方 の 現 場 で 愛 用 されています 解 剖 学 的 構 造 を 正 確 に 再 現 筋 骨 はリアルに 彩 色 筋 の 起 始 / 停 止 はペイントされた 上 に, 盛 り 上 がりをつけて 表 現 筋 の 取 外 しが 可 能 で 深 層 まで 観 察 可 能 耐 久 性 が 高 く, 人 体 に

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

3.4 衝 突 個 体 の 医 学 的 剖 検 による 海 ワシ 類 の 衝 突 原 因 の 考 察 3.4.1 海 ワシ 類 の 医 学 的 剖 検 結 果 ( 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 一 部 をマスキングしています) 3-72 骨 遠 位 端 を 欠 く 右 脛 腓 骨 遠 位 端 と 左 脛 腓 骨 近 位 端 に 骨 折 を 認 める 3) 剖 検 所 見 頭 骨 は 眼

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc 運 動 器 疾 患 対 策 プログラム( 膝 痛 腰 痛 対 策 転 倒 骨 折 予 防 ) 膝 痛 腰 痛 及 び 骨 折 は 高 齢 者 の 生 活 機 能 を 著 しく 低 下 させる こうした 運 動 器 疾 患 の 有 無 に 加 えて 生 活 機 能 の 制 限 の 有 無 把 握 し 可 能 性 がある 場 合 には 積 極 的 に 対 策 をとる エビデンス 膝 痛 腰 痛 は 複

More information

第63回 診療放射線技師国家試験

第63回 診療放射線技師国家試験 第 65 回 診 療 放 射 線 技 師 国 家 試 験 エックス 線 撮 影 技 術 学 問 68 画 像 検 査 時 の 診 療 放 射 線 技 師 の 対 応 で 適 切 なのはどれか 1. X 線 造 影 剤 を 投 与 するために 静 脈 を 穿 刺 した 2. マンモグラフィの 際 に 圧 迫 板 で 乳 房 を 圧 迫 した 3. 胸 部 X 線 撮 影 の 際 に 義 歯 を 外 すように

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

社 会 的 活 動 ソウルオリンピック 本 部 医 務 班 リレハンメルオリンピック 本 部 医 務 班 ユニバーシアード 冬 季 大 会 (ムジュ チョンジュ) 本 部 医 務 班 他 神 奈 川 県 トレーナー 部 会 員 資 格 理 学 療 法 士 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティッ

社 会 的 活 動 ソウルオリンピック 本 部 医 務 班 リレハンメルオリンピック 本 部 医 務 班 ユニバーシアード 冬 季 大 会 (ムジュ チョンジュ) 本 部 医 務 班 他 神 奈 川 県 トレーナー 部 会 員 資 格 理 学 療 法 士 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティッ か が や 加 賀 谷 よしのり 善 教 先 生 ( 昭 和 大 学 准 教 授 ) 学 歴 札 幌 医 科 大 学 衛 生 短 期 大 学 部 理 学 療 法 学 科 1986 年 3 月 卒 業 神 奈 川 大 学 第 二 工 学 部 電 気 工 学 科 1992 年 3 月 卒 業 鹿 屋 体 育 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 2010 年 3 月 修 了 博 士 ( 体 育 学

More information

脱力系ひとり整体

脱力系ひとり整体 脱 力 系 ひとり 整 体 身 体 のコリが 痛 みに 変 わらないように 身 体 の 痛 みが 病 的 な 筋 肉 にならないように n 1 リフレ 宮 の 森 Refresh and Relaxatio 疲 労 しすぎて 緊 張 が 取 れなくなった 筋 肉 をリラックスさせる 日 常 生 活 の 姿 勢 や 動 作 何 気 ない 動 きの 中 で 筋 肉 は 疲 労 します この 筋 肉 の

More information

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支 あん 摩 マッサージの 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) あん 摩 マッサージ 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 の 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 施 術 (1) マッサージを 行 った 場 合 1 局 所 につき 260 円 (2) 温 罨 法 を 併 施 した 場 合 1 回 につき 70 円 加 算 (3)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368> 競 技 継 続 がほとんど 不 能 になってから 復 帰 した 全 国 大 会 レベル 以 上 の 柔 道 選 手 米 田 病 院 米 田 實 福 山 陽 子 林 克 彦 症 例 紹 介 症 例 1 症 例 2 症 例 3 症 例 4 症 例 5 症 例 6 症 例 7 症 例 8 症 例 9 (28 歳 男 性 ) (26 歳 男 性 ) (25 歳 男 性 ) (24 歳 男 性 ) (17 歳

More information

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~ 膝 の 痛 みの 治 療 法 ~スポーツ 障 害 から 中 高 年 の 膝 関 節 痛 まで~ 沼 津 市 立 病 院 整 形 外 科 向 山 俊 輔 ひざの 構 造 特 徴 本 日 は ひざの 痛 み 各 論 ひざ の 話 1. 前 十 字 靭 帯 損 傷 2. 半 月 板 損 傷 3. 変 形 性 膝 関 節 症 ひざ 関 節 乳 幼 児 一 般 成 人 高 齢 者 人 間 の 関 節 で 最

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

Ⅱ その 予 防 発 生 の 機 序 を 知 って 根 治 的 に! オスグッド 病 は 膝 に 見 られる 症 状 で 病 院 での 診 察 の 際 には 膝 のレントゲ ン 写 真 を 撮 られます そうすると 原 因 が 膝 だけにあると つい 思 ってしまい ますが 実 は 膝 のこと 考

Ⅱ その 予 防 発 生 の 機 序 を 知 って 根 治 的 に! オスグッド 病 は 膝 に 見 られる 症 状 で 病 院 での 診 察 の 際 には 膝 のレントゲ ン 写 真 を 撮 られます そうすると 原 因 が 膝 だけにあると つい 思 ってしまい ますが 実 は 膝 のこと 考 オスグッド 病 の 原 因 とその 予 防 身 体 の 機 能 から 正 しく 考 える 島 根 県 子 どもの 体 力 向 上 支 援 委 員 島 根 県 スポーツ 医 科 学 委 員 松 江 総 合 医 療 専 門 学 校 理 学 療 法 士 南 場 芳 文 Ⅰ オスグッド 病 の 原 因 と 特 徴 オスグッド 病 とは オスグッド シュラッター 病 ともいわれます 成 長 期 である 小 学

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不 第 5 章 肢 体 不 自 由 1 Ⅰ 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 指 数 ( 全 体 各 関 節 ) ( 欠 損 ) ( 手 指 ) 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 1 級 廃 し た も の 上 で 欠 く も の 18 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 2 両 上 肢 の す べ て の 2 級 し い 障 害 指 を 欠 く も の

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 膝 痛 でお 困 りの 方 に! 人 工 膝 関 節 ってどんなもの? 友 愛 会 病 院 整 形 外 科 岡 本 卓 也 膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 加 齢 的 変 化 による 膝 痛 の 原 因 い 年 を 経 て あるい は 関 節 の 使 いすぎによって 起 こる 関 節 の 変 形 変 性 お 歳 の

More information

前書き

前書き 野 球 選 手 の 故 障 予 防 と 投 打 のバイオメカニクス 目 次 ------------ はじめに 8 第 1 章 レベルアップのカギは 体 の 使 い 方 に あった! ~ 未 知 の 感 覚 が 君 を 変 える~ 1. 勝 手 にボールが 走 る!ヘッドが 走 る!10 2. 能 力 の 差 はパワーよりも 体 の 使 い 方 に あった 3. 体 を 知 り 尽 くせ! 11 4.バランス

More information

もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建 靭 帯 の 強 度 について 8 7. 術

もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建 靭 帯 の 強 度 について 8 7. 術 患 者 さま 用 冊 子 手 術 を 受 けられる 患 者 さまへ 膝 前 十 字 靱 帯 損 傷 ~ 手 術 前 後 のリハビリテーション~ もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建

More information

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計 現 場 対 応 策 1 人 工 呼 吸 器 の 目 的 は, 高 濃 度 酸 素 の 投 与,ガ ス 交 換 の 改 善 および 呼 吸 仕 事 量 の 軽 減 です 気 管 チューブは,その 重 要 な 役 割 の 橋 渡 しをして います 気 管 チューブにひとたびトラブルが 生 じると, 場 合 によっては 生 命 に 危 険 を 及 ぼす 可 能 性 があります そのため,できるだけ 気 管

More information

山行部 ネーチャープログラム

山行部 ネーチャープログラム 山 行 部 ネーチャープログラム 初 級 登 山 教 室 第 二 段 運 動 整 理 学 &ユル 体 操 第 二 段 in 野 木 町 武 道 館 ランク ALL 山 行 日 平 成 25 年 2 月 3 日 ( 日 ) メンバー 計 20 名 CL:N.S 当 初 の 計 画 では 大 平 山 で 予 定 されていた 第 二 弾 でしたが, 運 動 生 理 学 と 体 操 等 を 時 間 をかけてゆっくりやるために,

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

成 長 期 におけるスポーツ 障 害 2015-1-24 BST 講 習 会 第 1 章 発 育 曲 線 と 発 育 パターン プレゴールデンエイジ:5-8 歳 小 学 校 入 学 前 から3 年 生 ぐらいまで 神 経 系 の 発 達 は12 歳 でピークを 迎 える スキャモン 線 成 長 発

成 長 期 におけるスポーツ 障 害 2015-1-24 BST 講 習 会 第 1 章 発 育 曲 線 と 発 育 パターン プレゴールデンエイジ:5-8 歳 小 学 校 入 学 前 から3 年 生 ぐらいまで 神 経 系 の 発 達 は12 歳 でピークを 迎 える スキャモン 線 成 長 発 2015 年 1 月 24 日 ( 土 曜 日 ) 14:30~16:30 沼 南 公 民 館 於 成 長 期 におけるスポーツ 障 害 2015-1-24 BST 講 習 会 第 1 章 発 育 曲 線 と 発 育 パターン プレゴールデンエイジ:5-8 歳 小 学 校 入 学 前 から3 年 生 ぐらいまで 神 経 系 の 発 達 は12 歳 でピークを 迎 える スキャモン 線 成 長 発 育

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

JICA日本伝統治療(柔道整復術)普及事業 報告書

JICA日本伝統治療(柔道整復術)普及事業 報告書 JICA 日 本 伝 統 治 療 ( 柔 道 整 復 術 ) 普 及 事 業 報 告 書 モンゴル 国 立 健 康 科 学 大 学 附 属 医 療 技 術 大 学 編 派 遣 メンバー 団 長 : 本 間 琢 英 ( 国 際 部 ) 金 井 英 樹 ( 国 際 部 ) 浪 尾 敬 一 ( 香 川 県 接 骨 師 会 ) 横 田 良 介 ( 宮 城 県 柔 道 整 復 師 会 ) 楠 美 明 人 (

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

平 成 25 年 度 女 子 走 り 幅 跳 びブロック 強 化 練 習 について 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 佐 藤 隆 史 強 化 練 習 会 に 参 加 する 上 での 心 構 え 1. 東 京 都 のトップ 選 手 であることの 自 覚 と

平 成 25 年 度 女 子 走 り 幅 跳 びブロック 強 化 練 習 について 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 佐 藤 隆 史 強 化 練 習 会 に 参 加 する 上 での 心 構 え 1. 東 京 都 のトップ 選 手 であることの 自 覚 と 平 成 25 年 度 東 京 都 選 抜 強 化 練 習 会 学 校 名 学 年 氏 名 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 平 成 25 年 度 女 子 走 り 幅 跳 びブロック 強 化 練 習 について 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 佐 藤 隆 史 強 化 練 習 会 に 参 加 する 上 での 心

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

スライド 1

スライド 1 有 訴 者 の 状 況 65 歳 以 上 では 国 民 の 約 半 数 が 有 訴 者 : 腰 痛 肩 こり 手 足 の 関 節 痛 有 訴 者 率 ( 人 口 千 対 ) 体 がだるい 物 忘 れ 眼 のかすみ 咳. 痰. 鼻 汁 かゆみ 男 41.9 30.2 34.4 55.0 49.3 女 57.2 48.8 54.0 50.2 48.0 肩 こり 腰 痛 手 足 の 関 節 痛 足 のむくみ.ダルさ

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項 別 紙 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 について 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 56 号 ) 第 13 条 第 1 項 及 び 同 法 第 15 条 第 1 項 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 については 同 法 第 17 条 第 1 項 の

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CA882AA92C982AD82C482A082AA82E782C882A295FB82D62E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CA882AA92C982AD82C482A082AA82E782C882A295FB82D62E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 肩 が 痛 くて 挙 がらない 方 へ 上 腕 骨 頭 (じょうわんこっとう)の 代 わりに 脊 柱 (せきちゅう)と 肩 甲 骨 (けんこうこつ)の 機 能 を 高 めることで 肩 は 挙 がり 易 くなります 有 川 整 形 外 科 医 院 大 津 顕 司 有 川 功 (MD) 2013.3.8 作 成 3つの 知 っておいてほしいこと 1 肩 腱 板 断 裂 (かたけんばんだんれつ)があっても

More information

平成25年度

平成25年度 平 成 25 年 度 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティックトレーナー 専 門 科 目 検 定 試 験 客 観 式 試 験 ( 基 礎 ) < 試 験 における 注 意 事 項 > 1 試 験 時 間 は 2 時 間 30 分 です 2 試 験 問 題 および 解 答 用 紙 に 受 験 番 号 推 薦 団 体 名 または 学 校 名 氏 名 を 記 入 して ください 3 出 題 形 式

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

web在宅下腿潰瘍.doc

web在宅下腿潰瘍.doc 在 宅 下 腿 潰 瘍 高 岡 駅 南 クリニック 院 長 塚 田 邦 夫 在 宅 では 褥 創 の 他 に 下 腿 潰 瘍 も 多 く 経 験 し 治 療 に 難 渋 することがあります 今 回 は 下 腿 潰 瘍 としての 典 型 的 な 例 として 動 脈 性 潰 瘍 静 脈 うっ 滞 性 下 腿 潰 瘍 熱 傷 性 下 腿 潰 瘍 ( 低 温 熱 傷 ) 爪 白 癬 による 下 腿 潰 瘍

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

在宅生活ハンドブックNo.16 終了後の筋力トレーニング

在宅生活ハンドブックNo.16 終了後の筋力トレーニング 在 宅 生 活 ハンドブック No.16 終 了 後 の 筋 力 トレーニング 別 府 重 度 障 害 者 セ ン タ ー ( 理 学 療 法 部 門 2014) も く じ はじめに 1 Ⅰ 筋 力 トレーニングの 基 礎 知 識 1 1. 筋 肉 筋 力 とは 1 (1) 筋 肉 の 構 造 (2) 筋 力 とは Ⅱ 頸 髄 損 傷 者 の 筋 力 トレーニング 3 1. 筋 力 トレーニングの

More information

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー 神 経 系 とニューロン 神 経 伝 導 検 査 の 基 本 - 上 肢 を 中 心 に- 仙 台 医 療 センター 臨 床 検 査 科 鎌 田 真 知 中 枢 神 経 脳, 脊 髄 末 梢 神 経 ( 機 能 的 分 類 ) 体 性 神 経 系 運 動 神 経 感 覚 神 経 律 神 経 系 交 感 神 経 副 交 感 神 経 標 準 組 織 学 総 論 第 4 版 ( 医 学 書 院 )より 上

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information

女性と運動

女性と運動 女 性 と 運 動 国 立 病 院 機 構 西 別 府 病 院 スポーツ 医 学 センター センター 長 松 田 貴 雄 性 差 性 機 能 ( 月 経 妊 娠 出 産 閉 経 ) 生 理 学 的 な 性 差 体 型 生 理 学 神 経 筋 心 血 管 系 呼 吸 器 系 女 > 甴 成 熟 体 脂 肪 率 女 = 甴 体 温 調 節 各 種 筋 線 維 の 割 合 女 < 甴 体 重 有 酸 素

More information