情勢分析_低油価に呻吟するリビア・イラク・イラン

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "情勢分析_低油価に呻吟するリビア・イラク・イラン"

Transcription

1 低 油 価 に 呻 吟 する リビア イラク イラン ( 一 財 ) 国 際 開 発 センター エネルギー 環 境 室 研 究 顧 問 畑 中 美 樹 油 価 下 落 を 放 置 する GCC 主 要 産 油 国 と 対 応 策 を 模 索 するイラン 油 価 の 下 落 がさらに 進 展 するなか 石 油 輸 出 国 機 構 (OPEC)の 加 盟 国 でも 最 も 影 響 を 受 けると 見 られるベネズエラのマドゥロ 大 統 領 が,2015 年 1 月 4 日,テレビ 中 継 された 演 説 で 次 のように 語 り, 中 国 とOPEC 諸 国 を 訪 問 のうえ 対 応 策 を 協 議 する ことを 明 らかにした 1 私 は 本 日, 各 国 の 歴 訪 に 出 発 する 2 ( 油 価 急 落 による) 歳 入 減 に 直 面 している 我 が 国 にとって, 今 回 の 海 外 訪 問 は 新 規 事 業 を 如 何 に 始 めるかの 点 からも 極 めて 重 要 となる 3 最 初 の 訪 問 国 の 中 国 では 資 金 確 保 策 やエネル ギー 情 勢 について 協 議 する 4 OPEC 諸 国 の 訪 問 で は 油 価 回 復 戦 略 及 び OPEC 強 化 策 を 協 議 する 因 みに, 原 油 価 格 が10ドル 下 落 すればベネズエ ラの 歳 入 は 年 間 7 億 ドル(840 億 円 ) 減 少 すると 言 われる ベネズエラの 場 合,2014 年 第 3 四 半 期 (7 ~9 月 )までの 国 内 総 生 産 (GDP) 成 長 率 が 四 半 期 ごとに 4.8%, 4.9%, 2.3%と3 四 半 期 連 続 でマイナスとなっているだけに 国 民 の 不 満 をい つまで 抑 えられるのか 懸 念 される そのベネズエラのマドゥロ 大 統 領 も,1 月 10 日, 訪 問 したイランの 首 都 テヘランでロウハニ 大 統 領 と 会 談 し, 下 落 を 続 ける 油 価 の 打 開 策 に 向 け 協 力 していくことを 確 認 している なお,ロウハニ 大 統 領 はマドゥロ ベネズエラ 大 統 領 との 会 談 で, OPEC 加 盟 国 間 の 協 力 が 反 対 勢 力 の 計 画 を 無 効 に した 上 で 油 価 の 適 正 水 準 への 回 復 を 間 違 いなく 助 けることになるとの 考 えを 表 明 した 下 落 する 原 油 価 格 の 責 任 が 湾 岸 のライバル 国 サ ウジアラビアにあるとの 批 判 を 強 めているのがイ ランである イランについては 米 欧 経 済 制 裁 によ る 自 国 経 済 の 落 ち 込 みの 中 での 油 価 急 落 であるだ けに, 政 府 当 局 はベネズエラ 同 様, 国 民 の 反 応 を ことのほか 気 にしている 度 重 なるサウジ 批 判 に は 国 民 の 不 満 をそらすとの 側 面 があるのかもしれ ない ザンガネ イラン 石 油 相 は2015 年 1 月 4 日, 予 算 を 巡 る 国 会 での 議 員 たちとのやり 取 りの 中 で 油 価 下 落 の 背 後 にはサウジアラビアがいると 国 名 を 挙 げて 批 判 した 因 みに, 翌 1 月 5 日 のイラン 紙 は 原 油 価 格 の 下 落 について 次 のように 報 じた 1 ザンガネ 石 油 相 はサウジ 政 府 高 官 たちが 彼 ら の 一 時 的 な 政 治 目 的 を 達 成 するために 油 価 を 引 き 下 げ 続 けていると 発 言 した 2 多 くの 政 治 評 論 家 は,サウジアラビアがシリ アとイラクの 反 政 府 勢 力 への 支 援 に 何 度 も 失 敗 してきたことが,テヘランに 対 する 復 讐 と して 油 価 急 落 政 策 に 走 らせた 要 因 と 見 てい る 27 中 東 協 力 センターニュース

2 イランのサウジ 批 判 については 同 国 外 務 省 のホ セイン アミル アブドゥラヒアン 副 外 相 も2014 年 12 月 31 日, 次 のような 厳 しい 見 方 を 述 べていた 同 副 外 相 の 発 言 のうち 原 油 情 勢 に 関 する 部 分 のみ を 紹 介 すれば 以 下 の 通 りである 1 原 油 価 格 の 下 落 には 幾 つかの 理 由 があるが, サウジアラビアはこの 状 況 下 で 生 産 的 な 役 割 を 果 たすことができる 2 もしサウジアラビアが 原 油 価 格 の 下 落 防 止 策 を 取 らなければ, 中 東 の 全 諸 国 にマイナス 影 響 を 与 える 重 大 な 過 ちとなる 3 イランはOPECでの 高 官 同 士 の 協 議 や 外 務 省 経 由 での 協 議 を 通 じてサウジアラビアともっ と 話 し 合 っていく さらに 同 国 のロウハニ 大 統 領 は1 月 13 日,ブー シェルでの 演 説 で 次 のように 述 べ, 原 油 安 はイラ ンよりもサウジアラビアやクウェートにとって 大 きな 打 撃 になると 主 張 した(ブルームバーグ 通 信 2015 年 1 月 13 日 ) 1 原 油 価 格 の 下 落 に 責 任 を 負 う 諸 国 は 何 れ 後 悔 することになる 2 イランが 油 価 下 落 に 苦 しむのであれば,クウ ェートやサウジアラビアといった 産 油 国 はそ れ 以 上 に 厳 しい 状 況 に 置 かれよう 3 ( 何 故 ならば)イランはクウェートやサウジア ラビアよりも 原 油 輸 出 への 依 存 度 合 いが 低 い からだ 他 方, 油 価 下 落 を 放 置 する 姿 勢 を 見 せているの が 主 要 な GCC 産 油 国 である 例 えば,アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)のマズルーイ エネルギー 相 は 2015 年 1 月 13 日,アブダビのエネルギー フォー ラムで 概 要 次 のように 述 べ,6 月 総 会 前 の OPEC 緊 急 会 合 開 催 はないとの 考 えを 明 らかにした(ロ イター 通 信 2015 年 1 月 13 日 ) 筆 者 紹 介 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 卒 業 (1974 年 3 月 ),1974~1980 年 富 士 銀 行 勤 務 後,1980~1983 年 中 東 経 済 研 究 所 出 向 1983 年 富 士 銀 行 復 職 後 (1 月 ), 同 行 を 退 職 (10 月 ) 中 東 経 済 研 究 所 カイロ 事 務 所 長 を 経 て,1990 年 同 研 究 所 退 職 1990 年 12 月 ~2000 年 9 月 国 際 経 済 研 究 所 勤 務 ( 主 席 研 究 員 ),2000 年 10 月 ~2005 年 3 月 国 際 開 発 センター エネルギー 環 境 室 長,2005 年 4 月 よりエネ ルギー 環 境 室 研 究 顧 問 中 東 や 北 アフリカ 諸 国 の 王 族, 政 治 家, 政 府 関 係 者,ビジネスマンに 知 己 が 多 く, 中 東 全 域 に 豊 富 な 人 的 ネットワークを 有 する 専 門 領 域 は 中 東 経 済 論 著 書 イスラムマネー がわかると 経 済 の 動 きが 読 めてくる! (すばる 舎,2010 年 ) 中 東 のクール ジ ャパニーズ ( 同 友 館,2009 年 ) 中 東 湾 岸 ビジネス 最 新 事 情 ( 同 友 館,2009 年 ) 南 地 中 海 の 新 星 リビア ( 同 友 館,2009 年 ) 今 こそチャンスの 中 東 湾 岸 ビジネス ( 同 友 館,2009 年 ), オイルマネー ( 講 談 社 現 代 新 書, 2008 年 ), 石 油 地 政 学 ( 中 公 新 書 ラクレ,2003 年 ) 1 OPEC 全 体 生 産 枠 の 引 き 下 げを 見 送 った2014 年 11 月 のOPEC 総 会 の 決 定 は 正 しい 判 断 であ った 2 ( 国 際 石 油 市 場 は)シェールオイルが 要 因 で 供 給 過 剰 となっており 供 給 体 制 の 修 正 が 必 要 で ある 3 但 し,シェールオイルを 市 場 から 完 全 に 閉 め 出 すべきではない またオメール クウェート 石 油 相 は1 月 14 日, 議 会 で 記 者 団 に ( 国 際 石 油 市 場 での 原 油 の) 余 剰 分 が 吸 収 され 世 界 経 済 が 改 善 されるまで 今 の(よ うな 低 水 準 の 油 価 の) 状 況 は 続 くと 見 込 んでいる (ブルームバーグ 通 信 2015 年 1 月 14 日 )と 語 り, 2015 年 下 半 期 以 前 に 原 油 価 格 が 回 復 する 可 能 性 は 低 いとの 見 方 を 示 した ヤブーニUAE 代 表 OPEC 理 事 も 同 日,アブダビで 記 者 団 に 需 要 が 主 導 す る 石 油 市 場 の 回 復 は2015 年 7~12 月 期 ( 下 半 期 ) になりそうである ( 同 上 )と 述 べ,クウェートのオ メール 石 油 相 と 同 様 の 見 方 を 明 らかにしている 原 油 価 格 の 下 落 が 当 面 止 まりそうもないことを 示 すように,アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)は1 月 上 旬,クウェート 及 びイラクに 追 随 する 形 でアジア 28 中 東 協 力 センターニュース

3 向 けの 原 油 価 格 をサウジアラビアの 販 売 価 格 を 下 回 る 水 準 に 設 定 している(ロイター 通 信 2015 年 1 月 13 日 ) 湾 岸 主 要 産 油 国 間 でのアジア 市 場 の 確 保 を 目 指 した 値 引 き 戦 争 の 激 化 は 油 価 のさらなる 下 落 の 圧 力 となりそうだ 在 外 公 館 の 一 部 閉 鎖 を 検 討 中 のリビア 低 水 準 の 原 油 価 格 が 続 いている 中 東 主 要 産 油 国 が2015 年 予 算 を 編 成 した 時 点 では 既 に 油 価 は 下 落 していたので, 各 国 とも 一 定 程 度 油 価 の 下 落 要 因 を 織 り 込 んで 策 定 した しかし,その 後 も 油 価 の 下 落 が 続 いたことから 多 くの 国 では 改 めて 見 直 しが 行 われている 石 油 輸 出 国 機 構 (OPEC)の 一 員 であるリビア は, 東 のトブルクとアルベイダーに 拠 点 を 置 く 世 俗 派 リベラル 派 勢 力 ( 以 下, 東 部 勢 力 と 呼 称 する 国 連 及 び 国 際 社 会 が 承 認 但 し,リビア 最 高 裁 は 無 効 判 決 )と 西 の 首 都 トリポリに 拠 点 を 置 くイスラム 穏 健 派 勢 力 ( 以 下, 西 部 勢 力 と 呼 称 する)が 対 立 し 国 内 を 東 西 にほぼ 二 分 する 状 態 が 続 いている 国 外 での 開 催 となった 国 連 リビア 支 援 代 表 団 (UNSMIL)が 進 める 東 西 融 和 を 目 指 した1 月 中 下 旬 の 対 話 集 会 には 残 念 ながら 東 部 勢 力 しか 出 席 しなかった 何 故 ならば 西 部 勢 力 が 出 席 反 対 派 と 賛 成 派 に 二 分 されているからだ し かし, 西 部 勢 力 のアブシャーマイン 制 憲 議 会 議 長 は,1 月 30 日,リビア 国 内 で 開 催 するのであれ ば 出 席 を 決 定 したと 表 明 している このような 状 況 にあるため,リビア 中 央 銀 行 は 独 立 性 を 維 持 し 何 れの 政 府 にも 偏 らないとの 方 針 を 貫 くなか 不 急 不 要 以 外 の 支 出 を 全 面 停 止 し 今 日 を 迎 えている リビアの 予 算 上 の 支 出 は5 項 目 に 分 類 されている だが 現 在 中 央 銀 行 から 遅 滞 なく 支 出 されているのは,5つの 項 目 のうちの 項 目 1の 国 家 公 務 員 の 給 与 及 び 項 目 4の 補 助 金 の み であり,これら 以 外 の 支 出 は 全 て 限 定 条 件 下 での 支 出 となっている リビア 中 央 銀 行 が 項 目 1 及 び 項 目 4 以 外 の 予 算 費 目 について 人 道 的 或 いは 緊 急 的 必 要 性 のない 限 り 支 出 を 停 止 しているのは, 東 西 に 分 裂 中 の 政 府 及 び 議 会 の 争 いが 継 続 しているためである また 仮 に 支 出 を 行 った 場 合, 適 正 に 使 途 目 的 に 充 当 さ れているのか 否 かが 確 認 できないことも 理 由 とし て 挙 げられている 但 し,リビア 中 央 銀 行 が 一 部 の 項 目 を 除 いて 支 出 を 停 止 しているのは,サディック エル カビー ル 中 央 銀 行 総 裁 が 西 部 勢 力 の 重 鎮 の 一 人 であるか らとの 見 方 がないわけではない つまり, 東 部 勢 力 が 後 ろ 盾 としているエジプトなどの 諸 外 国 にリ ビア 予 算 の 資 金 が 流 出 するのを 防 ぐためではない かとの 見 方 である 何 れにせよ 現 時 点 でのリビア の 予 算 項 目 ごとの 支 出 対 応 状 況 を 一 表 に 整 理 すれ ば 次 のようになる 図 表 1 リビア 予 算 の 項 目 ごとの 支 出 状 況 項 目 番 号 ( 主 な 内 容 ) 支 出 状 況 項 目 1 (Salaries: 国 家 公 務 員 給 与 ) 項 目 2 (Operational Expenditure: 一 般 消 費 材 予 算 ) 項 目 3 (Development & Reconstruction Projects: インフラ 開 発 及 び 復 興 プロジェクト 予 算 ) 予 算 通 りに 支 出 中 基 本 的 に 支 出 を 止 めている 但 し, 人 道 的 な 対 象 及 び, 緊 急 を 要 する 対 象 に 限 り 支 出 している 原 則 支 出 を 止 めている 但 し, 病 院 学 校 の 修 復 再 建 や 人 道 的 な 対 象 に 限 り 支 出 している 29 中 東 協 力 センターニュース

4 項 目 4 (Subsidies & Price Stabilization Fund: 燃 料 費 食 糧 電 気 料 金 などの 補 助 金 物 価 安 定 のための 基 金 ) 項 目 5 (The General Reserve including the Child Benefit: 子 供 手 当 を 含 む 一 般 共 通 予 備 費 ) 市 民 生 活 に 不 可 欠 であるため, 削 減 することなく 予 算 通 りに 支 出 されている 子 供 手 当 以 外 支 出 を 止 めている そのリビア 中 央 銀 行 は2015 年 1 月 15 日, 声 明 を 発 表 し2014 年 の 財 政 収 支 が251 億 リビア ディナー ル(186 億 ドル,2 兆 2,300 億 円 弱 )に 上 ったこと を 明 らかにすると 共 に, 中 央 銀 行 は 全 ての 関 係 当 事 者 に 対 して 拡 大 する 危 機 への 対 応 で 協 力 するこ とを 呼 び 掛 ける 安 定 を 回 復 しリビアの 将 来 を 守 るためには 国 民 が 国 家 の 直 面 する 危 機 を 認 識 して 欲 しい (ロイター 通 信 2015 年 1 月 16 日 )と 訴 え, 次 のような 費 目 の 削 減 を 提 案 した 同 時 に 中 央 銀 行 は 具 体 的 な 金 額 には 触 れずに 外 貨 準 備 が 大 きく 減 少 していることを 明 らかにした 1 海 外 駐 在 外 交 官 数 の 削 減 2 新 規 外 交 官 の 任 命 の 停 止 3 学 術 奨 学 金 の 停 止 4 家 族 子 ども 手 当 の 中 止 5 国 家 負 担 による 海 外 医 療 措 置 の 見 直 し それから5 日 後 の1 月 20 日, 東 部 勢 力 のア ル シンニ 内 閣 は 低 水 準 の 油 価 と 産 油 量 の 結 果, 財 政 赤 字 に 対 処 するために 歳 出 削 減 が 必 要 となっ た (ロイター 通 信 2015 年 1 月 21 日 )と 語 り, 海 外 の 幾 つかの 大 使 館 の 閉 鎖 及 び 在 外 勤 務 の 外 交 官 数 の 削 減 を 計 画 中 であることを 発 表 している 前 提 油 価 を56ドルに 引 き 下 げたイラク イラク 議 会 は2015 年 1 月 29 日, 総 額 119 兆 イラ ク ディナール( 約 996 億 ドル,12 兆 円 弱 )の2015 年 度 予 算 を 承 認 した 修 正 前 の 予 算 総 額 は 米 ドル 表 示 では1,025 億 ドルであったので,2.8%の 縮 小 と なった 財 政 収 支 では 約 25 兆 ディナール( 約 220 億 ドル, 約 2 兆 6,400 億 円 )の 赤 字 を 予 想 している なお, 当 初 案 では 財 政 赤 字 は 米 ドル 表 示 で191 億 ド ルであったので, 赤 字 額 は 約 15% 拡 大 したことに なる 原 油 価 格 の 低 迷 するなか 予 算 承 認 の 遅 れが イスラム 国 との 戦 いに 影 響 の 出 ることを 懸 念 して いたハイデル アル アバディ 首 相 にとっては 一 安 心 となった またイスラム 国 との 戦 いでクルド 自 治 政 府 と 共 闘 せねばならないアバディ 首 相 にと っては, 中 央 政 府 との 関 係 改 善 の 期 待 できる 予 算 の 承 認 となった なお,クルド 自 治 政 府 のバルザニ 首 相 は2015 年 予 算 の 議 会 承 認 を 称 賛 しながらも, 予 算 の 議 会 承 認 は 大 変 良 いことだ しかし, 不 幸 なことにバグ ダッドはお 金 を 持 っていない (ロイター 通 信 2015 年 1 月 30 日 )と 語 り,イラクが 資 金 的 には 苦 しい 状 態 にあることを 明 らかにした 因 みに,イ ラク 政 府 は2015 年 の 財 政 赤 字 については, 政 府 短 期 証 券, 政 府 債 の 発 行 及 び 国 内 銀 行 借 り 入 れで 賄 う 方 針 である このほかイラク 政 府 は 国 際 通 貨 基 金 (IMF)からのSDRを 活 用 した 借 り 入 れや 輸 入 自 動 車 税 の 導 入, 携 帯 電 話 SIMカード 税 及 びイン ターネット 税 の 導 入 なども 併 せて 実 施 する 予 定 で ある なお,クウェート 政 府 はイラクからの 侵 攻 時 の 損 害 補 償 資 金 の 支 払 いを1 年 猶 予 することに 合 意 している イラクの 当 初 予 算 は1バレル70ドルの 原 油 価 格 を 前 提 として 編 成 されていた しかし,その 後 の 原 油 情 勢 を 検 討 した 結 果,イラク 議 会 はまず60ド ルに 前 提 を 引 き 下 げ,さらに 最 終 的 に56ドルにま 30 中 東 協 力 センターニュース

5 図 表 2 イラクの 財 政 収 支 の 推 移 (2004~2014 年 ) 暦 年 財 政 収 支 2004 年 18 兆 8,443.4 億 ディナール 2005 年 +2 兆 9,918.5 億 ディナール 2006 年 +10 兆 2,382.4 億 ディナール 2007 年 +8 兆 7,310.4 億 ディナール 2008 年 1 兆 3,434.6 億 ディナール 2009 年 16 兆 5,894.5 億 ディナール 2010 年 6 兆 7,725.3 億 ディナール 2011 年 +10 兆 3,109.9 億 ディナール 2012 年 +10 兆 4,081.0 億 ディナール 2013 年 15 兆 8,240.5 億 ディナール 2014 年 8 兆 1,816.4 億 ディナール 出 所 : 国 際 通 貨 基 金 (IMF),2014 年 10 月 推 計 で 引 き 下 げる 案 で 落 ち 着 いた 当 初 の 前 提 油 価 が あまりに 非 現 実 的 と 考 えていた 国 会 議 員 には 最 終 的 な 前 提 価 格 は 満 足 のいくものとなった 因 みに, イスラム 国 との 戦 いのための 支 出 が 主 となる 国 防 費 は 歳 出 の 約 20%を 占 めている なお,イラク 戦 争 後 の 同 国 の 財 政 収 支 実 績 は 図 表 2の 通 りである 原 油 価 格 の 下 落 分 を 埋 め 合 わせるためなのか, 国 際 エネルギー 機 関 (IEA)が1 月 16 日 に 発 表 し た 石 油 市 場 月 報 によれば,イラクの 月 間 平 均 産 油 量 は2014 年 12 月 には 日 量 29 万 バレル 増 の 同 370 万 バレル,1979 年 以 来 の 高 水 準 に 達 している 実 に35 年 ぶりの 高 水 準 を 記 録 したイラクの 原 油 生 産 量 については,クルド 人 自 治 区 の 供 給 が 増 加 し ていることに 加 えて,シーア 派 住 民 が 大 多 数 を 占 める 南 部 の 油 田 は 今 後 もいわゆる イスラム 国 の 攻 撃 を 受 けにくいと 見 られておりさらに 増 産 が 予 想 される 油 価 下 落 と 経 済 制 裁 の 継 続 で 苦 慮 するイラン そのイランのアリ タイイブニア 財 政 経 済 相 は 2015 年 1 月 26 日, 仮 に 経 済 制 裁 が 解 除 されればイ ランは8% 超 の 実 質 経 済 成 長 ができる 但 し,こ の 目 標 を 達 成 するには,イランの 持 つあらゆる 経 済 力 を 活 用 する 必 要 がある (テヘラン タイムズ 2015 年 1 月 26 日 )と 述 べ,イラン 経 済 の 先 行 きに 自 信 を 見 せた イラン 中 央 銀 行 の 発 表 によれば, 2014 年 上 半 期 の 国 内 総 生 産 (GDP) 成 長 率 は4% を 記 録 している だがイランは 米 欧 による 経 済 制 裁 に 加 えて 原 油 価 格 が 半 減 したことから 大 きな 打 撃 を 受 けてい る それでもアリ タイイブニア 財 政 経 済 相 は1 月 18 日, 現 下 のところ, 油 価 は 変 動 しているので 予 測 は 不 可 能 である それ 故, 政 府 は 如 何 なる 事 態 にも 対 応 できるようにしている 仮 に 油 価 が25 ドルに 下 落 しても 何 ら 問 題 はないが, 我 が 国 は 2015 年 度 の 予 算 の 策 定 に 当 たっては 原 油 価 格 が40 ドルという 悲 観 シナリオ,50ドルという 中 庸 シナ リオ,70ドルという 楽 観 シナリオの3 通 りを 想 定 している ( 同 上 2015 年 1 月 20 日 )と 語 り,2015 年 度 予 算 については 状 況 を 見 ながら 柔 軟 に 最 終 判 断 する 考 えを 示 した このように 政 府 高 官 の 強 気 の 発 言 の 続 くイラン だが,ロンドンとテヘランで 活 動 する 投 資 会 社 ACL の 設 立 パートナーであるアミル アリ アミ リ 氏 は, 経 済 現 状 について 次 のように 分 析 してい る 1 原 油 価 格 の 下 落 はイランの 短 期 的 将 来 にとっ て 懸 念 材 料 である 2 イランは 経 済 不 振 の 中 にあり, 経 済 制 裁 と 低 油 価 のために 投 資 家 の 信 頼 は 落 ちている 3 民 間 ビジネス 界 は 流 動 性 の 確 保 に 必 死 で 多 く の 不 確 実 性 がある 4 テヘラン 株 式 市 場 では 取 引 量 がかなり 落 ち 込 んでいる 5 現 在 は 核 交 渉 がどうなるのか 見 極 めようとの 姿 勢 に 終 始 している ( 31 中 東 協 力 センターニュース

6 実 際 イラン 国 内 外 の 同 国 経 済 の 専 門 家 は2015 年 の 石 油 輸 出 額 が2011 年 時 の4 分 の1 程 度 の200~ 250 億 ドルと 見 ている また2016 年 の 石 油 輸 出 額 は さらに 下 がると 見 ている このため 主 要 な 支 出 計 画 は 凍 結 されており, 省 庁 の 中 には 予 算 を 削 減 さ れたところも 少 なくない 専 門 家 たちは 補 助 金 改 革, 徴 税 強 化, 民 営 化 で 対 応 する 以 外 にないと 見 るが 何 れも 副 作 用 は 避 けられない イランでは 燃 料 及 び 食 料 品 価 格 の 引 き 上 げと 付 加 価 値 税 の 引 き 上 げが 検 討 されており,2014 年 12 月 以 降 だけでパ ンの 価 格 が30%も 上 昇 しているのはその 先 駆 けと 見 られる ところでイラン 政 府 のムハンマド バケル ノ バクゥト 報 道 官 は1 月 24 日, イラン 政 府 は2015 年 度 (2015 年 3 月 21 日 ~2016 年 3 月 20 日 )の 石 油 収 入 が400 億 ドル 以 下 でもやっていくことができる これは 抵 抗 経 済 の 枠 組 みの 中 で 達 成 が 可 能 であ る 石 油 はイラン 経 済 にとって 決 定 的 な 役 割 を 果 たしている それ 故, 石 油 収 入 を 国 民 経 済 におい て 過 小 評 価 してはならず, 我 々はより 効 率 的 に 石 油 収 入 を 活 用 しなければならない ( 同 上 2015 年 1 月 24 日 )と 語 り, 油 価 急 落 で 減 少 する 石 油 収 入 を 効 率 的 に 使 用 していく 必 要 性 を 強 調 した イランは 米 欧 による 経 済 制 裁 の 中 にあったもの の,それでも 近 年 の 石 油 収 入 は550 億 ドルから600 億 ドルに 達 していた 従 って,ムハンマド バケ ル ノバクゥト 報 道 官 の 言 及 した400 億 ドルという 石 油 収 入 はその7 割 弱 から7 割 強 に 過 ぎないこと になる また 同 報 道 官 が 言 及 した 抵 抗 経 済 は,アヤ トラ アリ ハメネイ 最 高 指 導 者 が2014 年 2 月 に 発 出 した 勅 令 の 中 で 説 明 したもので, 知 識 基 盤 の 製 品 の 生 産 輸 出 の 強 化, 戦 略 的 商 品 の 国 内 生 産 の 拡 大, 近 隣 諸 国 市 場 の 開 発 が 主 な 柱 を 構 成 して いる 抵 抗 経 済 がそれなりに 実 績 を 上 げつつあ るのは 事 実 である 2014 年 3~12 月 の10ヵ 月 間 で コンデンセート, 石 油 化 学, 非 石 油 輸 出 が 合 計 420 億 ドルと 前 年 同 期 比 24% 増 となっていることがそ のことを 端 的 に 示 している しかし, 昨 秋 以 降 の 原 油 価 格 の 急 落 が,インフ レを 抑 制 しイラン 通 貨 を 安 定 化 するなど 混 乱 して いたイラン 経 済 に 落 ち 着 きを 取 り 戻 したロウハニ 大 統 領 の 実 績 を 危 ういものにしかねないのも 事 実 である イラン 中 央 銀 行 のゴラマリ カムヤブ 副 総 裁 は 2015 年 1 月 25 日,テヘラン 通 信 に イランは 諸 外 国 との 貿 易 決 済 に 際 して, 中 国 元,ユーロ,ト ルコ リラ,ロシア ルーブル, 韓 国 ウォンな どのその 他 通 貨 を 使 用 する イランはその 他 通 貨 の 利 用 に 関 して 幾 つかの 諸 国 と 二 国 間 金 融 協 定 に 署 名 する 可 能 性 を 検 討 している (テヘラン タイ ムズ 2015 年 1 月 26 日 )と 語 り, 外 国 との 貿 易 で 米 ドルでの 決 済 を 停 止 し, 近 い 将 来 に 新 たな 通 貨 との 二 国 間 スワップ 合 意 を 締 結 する 考 えを 明 らか にした 同 副 総 裁 は 二 国 間 通 貨 スワップ 協 定 が 締 結 され ればイランとその 他 諸 国 との 貿 易 経 済 取 引 が 容 易 になると 見 る 米 ドルによる 取 引 決 済 の 比 率 を 引 き 下 げる 試 みはイランが 初 めて 行 ったものでは なく, 例 えば,ロシアと 中 国 は2014 年, 米 ドルの 影 響 力 を 引 き 下 げ 外 国 為 替 に 伴 うリスクを 小 さく するとの 観 点 から 通 貨 のスワップ 協 定 で 合 意 して いる この 動 きは 米 欧 によるイラン 経 済 制 裁 が 続 くなか, 仮 に 近 い 将 来 において 米 国 を 始 めとする 6ヵ 国 (P6)と 核 交 渉 で 合 意 に 達 したとしても, 制 裁 の 完 全 解 除 までには 何 年 も 要 する 見 込 みであ ることから 取 られた 措 置 と 思 われる イラン 国 民 は 原 油 価 格 についてはサウジアラビアなどのその 他 産 油 国 の 意 向 も 働 くことから 致 し 方 ないと 考 え ている 面 がある 但 し, 成 立 すれば 経 済 の 活 性 化 につながるP6との 核 交 渉 については, 条 件 次 第 で は 成 立 する 可 能 性 も 低 くないだけに 期 待 を 持 って 行 方 を 注 視 している 32 中 東 協 力 センターニュース

Microsoft Word - GBI欧米 doc

Microsoft Word - GBI欧米 doc September 12, 2014 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 2.ドバイの 財 政 状 態 は 依 然 ぜい 弱 と 診 断 した IMF 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 1.ブラジル 民 間 銀 行 の 高 い 貸 出 金 利 ブラジルが 高 金 利 の 国 であることはよく 知 られていることである ブラジル 国 立 銀 行 の 政 策 金 利 であるSelic

More information

情勢分析_ドバイをはじめ上向き始めたGCC不動産市場

情勢分析_ドバイをはじめ上向き始めたGCC不動産市場 ドバイをはじめ 上 向 き 始 めた GCC 不 動 産 市 場 ( 一 財 ) 国 際 開 発 センター エネルギー 環 境 室 研 究 顧 問 畑 中 美 樹 不 動 産 取 引 手 数 料 を 引 き 上 げたドバイ 土 地 庁 ドバイ 土 地 庁 のスルタン ビン メジュレン 長 官 は,2013 年 9 月 26 日, 記 者 会 見 で 次 のよう に 語 り,10 月 6 日 以 降,

More information

情勢分析_原油価格下落の状況における中東産油国のインフラストラクチャー整備の動向

情勢分析_原油価格下落の状況における中東産油国のインフラストラクチャー整備の動向 中 東 情 勢 分 析 原 油 価 格 下 落 の 状 況 における 中 東 産 油 国 の インフラストラクチャー 整 備 の 動 向 和 光 大 学 経 済 経 営 学 部 教 授 大 学 院 研 究 科 委 員 長 岩 間 剛 一 予 想 を 超 えた 原 油 価 格 の 下 落 と 石 油 収 入 の 減 少 予 想 を 超 えた 米 国 におけるシェール オイルの 生 産 量 の 増 加,

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt 追 加 型 証 券 投 資 信 託 /ファンド オブ ファンズ/ 自 動 継 続 投 資 適 用 080324-CS-6 7エジプト 主 な 投 資 対 象 地 域 1サウジアラビア 8モロッコ 2アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE) 9チュニジア 8 9 7 10 11 3 6 5 3クウェート 10ヨルダン 1 2 4 4オマーン 11レバノン 5カタール 6バーレーン 上 記 の 国 への

More information

情勢分析_明暗分かれる中東経済の見通し

情勢分析_明暗分かれる中東経済の見通し 明 暗 分 かれる 中 東 経 済 の 見 通 し ( 一 財 ) 国 際 開 発 センター エネルギー 環 境 室 研 究 顧 問 畑 中 美 樹 2013 年,2014 年 の 世 界 経 済 の 見 通 しを 下 方 修 正 した 国 際 通 貨 基 金 国 際 通 貨 基 金 (IMF)は,2013 年 7 月 9 日, 4 月 に 発 表 した 世 界 経 済 見 通 し の 改 訂 版

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 24 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 23 年 7 月 29 日 上 場 会 社 名 アストマックス 株 式 会 社 上 場 取 引 所 大 コード 番 号 8734 URL http://www.astmax.com 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 本 多 弘 明 問 合 せ 先 責 任

More information

安全保障理事会決議1929(2010)

安全保障理事会決議1929(2010) 安 全 保 障 理 事 会 決 議 1929(2010) 2010 年 6 月 9 日 安 全 保 障 理 事 会 第 6335 回 会 合 にて 採 択 安 全 保 障 理 事 会 は 安 保 理 議 長 声 明 S/PRST/2006/15 および 安 保 理 諸 決 議 1696(2006) 1737(2006) 1747(2007) 1803(2008) 1835(2008)および 1887(2009)を

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353031313488D791D6906C96AF8CB38CB496FB88C0838A8358834E82C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353031313488D791D6906C96AF8CB38CB496FB88C0838A8358834E82C982C282A282C42E646F6378> 投 資 情 報 部 FX ストラテジスト 鈴 木 健 吾 由 井 謙 二 中 国 人 民 元 や 原 油 価 格 動 向 について 年 明 け 以 降 中 国 人 民 元 や 原 油 価 格 の 下 落 が 市 場 のリスク 要 因 に 人 民 元 安 の 進 行 が 中 国 当 局 によるコントロルを 超 えてキャピタルフライト( 資 金 逃 避 )が 起 きているのではないかとの 思 惑 とともに

More information

評判効果-090324

評判効果-090324 景 気 循 環 論 vol.11 オイルショック(1) 小 巻 泰 之 インフレとは 何 か インフレは, 物 価 の 持 続 的 な 上 昇 のこと. 一 度, 持 続 的 なインフレは,インフレ 期 待 を 強 め,さらなるイン フレを 惹 起 させる(インフレの 自 己 実 現 ). 一 度, 起 こると,なかなか, 収 まらない. 本 日 の 講 義 は, (1)インフレの 経 済 効 果

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

Microsoft Word - 1st quarter 2012_Special Issue_Final

Microsoft Word - 1st quarter 2012_Special Issue_Final 1 2012 年 第 1 四 半 期 特 別 号 タイの 経 済 関 連 政 策 タイ 政 府 による 2012 年 の 経 済 成 長 重 視 政 策 2012 年 のタイ 経 済 は 様 々な 経 済 的 リスクに 直 面 しています 例 として 欧 州 債 務 問 題 による 世 界 経 済 不 安 原 油 価 格 高 騰 昨 年 の 水 害 を 受 けた 工 業 生 産 の 回 復 テンポなどが

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Economic Trends    マクロ経済分析レポート

Economic Trends                                                         マクロ経済分析レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 景 気 回 復 の 重 石 になる 原 油 価 格 2014 年 7 月 10 日 ( 木 ) ~2008 年 並 上 昇 で 家 計 負 担 増 +2.1 万 円 / 年 今 年 度 経 済 成 長 率 0.22pt 押 し 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo 大 日 本 木 材 防 腐 (7907) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 添 付 資 料 の 目 次 1. 経 営 成 績 財 政 状 態 に 関 する 分 析 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 分 析 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 分 析 3 (3) 利 益 配 分 に 関 する 基 本 方 針 及 び 当 期 次 期 の 配 当 4 2. 企 業 集 団 の 状

More information

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1 平 成 26 年 度 国 民 年 金 基 金 連 合 会 資 産 運 用 結 果 1. 平 成 26 年 度 運 用 実 績 (1) 連 合 会 全 体 の 運 用 利 回 り( 修 正 総 合 利 回 り) 給 付 確 保 事 業 共 同 運 用 事 業 中 途 脱 退 事 業 16.52% 16.22% 16.21% ( 注 1) 連 合 会 全 体 16.37% 37,205 億 円 複 合

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

2007年X月XX日

2007年X月XX日 復 活 の 予 兆 か ストラテジーブレティン(154 号 ) 中 国 経 済 のフリーランチ 終 わりの 始 まり ~ 世 界 連 鎖 株 安 は 中 国 の 市 場 封 鎖 で 下 げ 止 まる~ (1) 市 場 の 反 乱 に 市 場 規 制 市 場 否 定 で 対 応 する 中 国 悪 循 環 再 作 動 へ 中 国 で 株 と 人 民 元 の 連 鎖 崩 落 が 止 まらない 上 海 深

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

サウジアラビア 安 全 衛 生 上 の 理 由 から サウジアラビアで 押 収 された 27,000 件 の 模 倣 品 サウジアラビアにおける 知 的 財 産 所 有 権 に 関 する 行 政 措 置 を 担 う 機 関 であ るサウジアラビア 商 工 業 省 (MOCI)は 先 頃 27,000

サウジアラビア 安 全 衛 生 上 の 理 由 から サウジアラビアで 押 収 された 27,000 件 の 模 倣 品 サウジアラビアにおける 知 的 財 産 所 有 権 に 関 する 行 政 措 置 を 担 う 機 関 であ るサウジアラビア 商 工 業 省 (MOCI)は 先 頃 27,000 中 東 知 的 財 産 ニュースレター 2015 年 8 月 号 (Vol.1) 2015 年 6 月 のニュース レバノン レバノンでの 商 標 登 録 の 必 要 条 件 の 変 更 レバノンの 商 標 局 は 商 標 登 録 出 願 時 に 認 証 された 委 任 状 の 提 出 を 必 要 条 件 とする 変 更 の 実 施 を 2015 年 7 月 1 日 まで 延 期 しました それまでの

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

スライド 1

スライド 1 カーディフ 損 保 2014 年 度 決 算 のご 報 告 2015 年 5 月 29 日 カーディフ 損 害 保 険 会 社 カーディフ 損 害 保 険 会 社 ( 正 式 名 称 :カーディフ アシュアランス リスク ディヴェール 日 本 における 代 表 者 :ピエー ル オリビエ ブラサール 所 在 地 : 東 京 都 渋 谷 区 )の2014 年 度 (2014 年 4 月 1 日 ~2015

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

Microsoft PowerPoint - MENA_FMcommentOct08.ppt

Microsoft PowerPoint - MENA_FMcommentOct08.ppt 2009 年 11 月 27 日 シュローダー 証 券 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)ドバイ 首 長 国 政 府 系 企 業 による 返 済 延 期 要 請 について シュローダー 中 東 / 北 アフリカ ファンド 愛 称 MENA(ミーナ) 概 況 ( 現 地 11 月 26 日 現 在 ) 各 種 報 道 によりますと アラブ 首 長 国 連 邦

More information

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日 国 際 通 貨 基 金 コミュニケー ション 局 ( 参 考 仮 訳 ) プレスリリース No. 14/374 即 時 解 禁 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 米 国 ワシントン DC 2014 年 7 月 31 日 IMF 理 事 会 対 日 4 条 協 議 を 完 了 2014 年 7 月 23 日 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 理 事 会 は 対 日 4 条 協 議 を 完 了 した

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合 週 刊 原 油 世 界 の 原 油 情 報 がここに 凝 縮 されています 毎 週 木 曜 日 午 後 発 行 NY 原 油 価 格 100ドル 超 え 発 行 日 : 2014/2/13 12 日 のNY 原 油 3 月 限 は+0.43ドル 高 の100.37ドル 米 エネルギー 情 報 局 (EIA) 統 計 でのガソリン 在 庫 の 予 想 外 の 減 少 や 受 渡 場 所 となるオクラホマ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378> グローバル マクロ トピックス 1/ 9/ 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 吉 川 健 治 貨 物 輸 送 電 力 使 用 量 が 月 に 底 打 ち 改 革 より 成 長 優 先 か~ 中 国 最 新 の 経 済 情 勢 と 今 後 の 見 通 し 中 国 政 府 は 構 造 改 革 よりも 安 定 成 長 の 維 持 を 優 先 する 方 向 にあるようだ 1 年 月 を 底 に 粗 鋼

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

【ご参考資料】

【ご参考資料】 141-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 2-10-2 東 五 反 田 スクエア 5 階 お 客 様 サポートダイヤル:0120-580446 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 387 号 商 品 投 資 顧 問 業 者 農 経 (1) 第 21 号 加 入 協 会 : 一 般 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 / 一 般 社 団 法

More information

第1四半期決算要旨

第1四半期決算要旨 2017 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 要 旨 2016 2016 年 4 月 1 日 から 年 6 月 30 日 まで 平 成 29 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 米 国 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 4 日 上 場 会 社 名 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 名 札 福 コード 番 号 7203 URL http://www.toyota.co.jp

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

震 災 の 経 済 効 果 2

震 災 の 経 済 効 果 2 東 日 本 大 震 災 からの 経 済 復 興 の 課 題 と 提 言 佐 藤 主 光 一 橋 大 学 1 震 災 の 経 済 効 果 2 震 災 の3つの 影 響 第 1 次 災 害 第 2 次 災 害 第 3 次 災 害 インフラ 住 宅, 工 場 等 の 震 災 の 直 接 的 被 害 内 閣 府 の 試 算 ( 平 成 23 年 3 月 23 日 ) 約 16 兆 円 ~ 最 大 25 兆

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

ガソリン 価 格 の 上 昇 は 通 常 家 計 の 購 買 力 を 奪 う 指 摘 するまでもなく ガソリン 価 格 の 上 昇 は 購 買 力 を 奪 う 形 で 個 人 消 費 を 下 押 しする 簡 単 なシミュレーションをしてみよう 例 えば 足 元 のガソ リン 価 格 を 1-3 月

ガソリン 価 格 の 上 昇 は 通 常 家 計 の 購 買 力 を 奪 う 指 摘 するまでもなく ガソリン 価 格 の 上 昇 は 購 買 力 を 奪 う 形 で 個 人 消 費 を 下 押 しする 簡 単 なシミュレーションをしてみよう 例 えば 足 元 のガソ リン 価 格 を 1-3 月 景 気 循 環 研 究 所 レポート 景 気 循 環 週 報 ( 米 国 ) 2012 年 4 月 6 日 トピックス ガソリン 価 格 上 昇 の 影 響 を 吸 収 する 米 個 人 消 費 ガソリン 価 格 が 上 昇 する なか 消 費 は 堅 調 嶋 中 雄 二 景 気 循 環 研 究 所 長 鹿 野 達 史 シニアエコノミスト 03-6213-6573 shikano-tatsushi

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A>

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A> 千 五 百 量 破 壊 等 等 件 外 省 告 示 九 八 日 量 破 壊 等 等 次 七 日 外 臣 川 口 順 子 訳 文 千 八 日 九 五 回 千 五 百 構 盟 軍 備 軍 縮 履 量 破 壊 ゆ 側 面 け む 千 九 百 九 日 政 府 首 脳 レ ベ ル 長 声 S / 五 〇 〇 再 声 盟 地 域 世 界 混 乱 せ 問 題 憲 解 強 調 想 起 憲 責 任 有 除 去 数 へ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

2016NICE

2016NICE 2016 北 東 アジア 経 済 発 展 国 際 会 議 in 新 潟 NICE 創 25 周 年 記 念 講 演 戦 後 国 際 秩 序 経 済 の 曲 がり ( 国 際 社 会 と 北 東 アジア) 朱 鷺 メッセ 2016 年 1 28 ERINA 法 政 学 教 授 下 伸 夫 はじめに NICE25 周 年 冷 戦 終 焉 とソ 連 崩 壊 から25 周 年 ウクライナ 危 機 中 東 紛

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt 日 本 安 全 保 障 貿 易 学 会 第 11 回 研 究 大 会 イランと 国 連 等 の 制 裁 レジーム 2010 年 9 月 25 日 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 中 東 研 究 センター 田 中 浩 一 郎 1 本 報 告 の 焦 点 1. イラン 核 問 題 の 系 譜 2. 制 裁 レジームの 狙 い 3. 国 連 安 保 理 制 裁 の 強 化 4. 独

More information

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6,

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6, 計 算 書 類 第 13 期 平 成 24 年 1 月 1 日 から 平 成 24 年 12 月 31 日 まで 楽 天 カード 株 式 会 社 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金

More information

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F>

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F> 訳 文 重 回 避 脱 防 止 和 案 和 重 回 避 脱 防 止 結 希 望 次 協 双 次 a i 個 ii 下 b i ii 民 iii 下 掲 げ 加 え 代 署 名 後 掲 げ 同 実 質 似 両 局 各 重 要 改 正 改 正 後 妥 期 相 互 知 三 文 脈 別 解 釈 べ ほ 和 理 味 和 a 領 域 並 際 協 づ 主 管 轄 区 域 含 む 理 味 べ b 領 域 領 海 含

More information

債務整理事件処理の規律を定める規程

債務整理事件処理の規律を定める規程 多 量 状 況 部 切 勧 誘 並 批 鑑 臨 措 置 勧 誘 遵 守 化 信 確 擁 図 義 語 義 ろ 融 個 総 住 宅 建 設 若 購 住 宅 供 土 地 借 地 得 住 宅 良 貸 分 証 証 償 抵 住 宅 設 総 千 万 円 工 鉱 運 送 種 商 サ ビ ス 属 営 常 従 ロ 商 サ ビ ス 属 営 常 従 渉 昭 百 率 点 ぼ 尽 破 再 調 停 類 随 調 停 率 支 価 質

More information

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) (

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) ( 第 1 期 資 産 運 用 報 告 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 Ⅱ. 貸 借 対 照 表 Ⅲ. 損 益 計 算 書 Ⅳ. 投 資 主 資 本 等 変 動 計 算 書 Ⅴ. 注 記 表 Ⅵ. 金 銭 の 分 配 に 係 る 計 算 書 Ⅶ. 監 査 報 告 書 Ⅷ.キャッシュ フロー 計 算 書 ( 参 考 情 報 ) タカラレーベン

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

第14期中間報告書

第14期中間報告書 株 主 のみなさまへ 第 14 期 中 間 報 告 書 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 9 月 3 日 富 士 石 油 株 式 会 社 証 券 コード:517 株 主 のみなさまへ ごあいさつ 株 主 のみなさまには 平 素 より 格 別 の 御 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 第 14 期 中 間 報 告 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~9

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information