目 次 1.1. ロール 管 理 の 定 義 ロール 及 びロール 管 理 の 概 念 ロールの 分 類 と 特 徴 ロール 管 理 の 意 義 ロール 管 理 の 必 要 性 と 効 果

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1.1. ロール 管 理 の 定 義... 5 1.1.1 ロール 及 びロール 管 理 の 概 念... 5 1.1.2 ロールの 分 類 と 特 徴... 8 1.2. ロール 管 理 の 意 義... 15 1.2.1. ロール 管 理 の 必 要 性 と 効 果... 15 1.2."

Transcription

1 エンタープライズ ロール 管 理 解 説 書 ( 第 2 版 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 ネットワークセキュリティ 協 会 標 準 化 部 会 アイデンティティ 管 理 ワーキンググループ 2014 年 7 月 17 日

2 目 次 1.1. ロール 管 理 の 定 義 ロール 及 びロール 管 理 の 概 念 ロールの 分 類 と 特 徴 ロール 管 理 の 意 義 ロール 管 理 の 必 要 性 と 効 果 ID 管 理 に 基 づくロール 管 理 の 重 要 性 ロール 管 理 検 討 における 留 意 点 ロール 管 理 導 入 の 流 れ 導 入 全 体 の 流 れ 現 状 調 査 企 画 ロール 設 計 実 装 方 式 設 計 実 装 移 行 展 開 ロール 管 理 導 入 における 課 題 ビジネスロールとその 付 与 ルールの 調 査 時 に 直 面 する 課 題 システム 権 限 とその 付 与 ルールの 調 査 時 に 直 面 する 課 題 アクセス 制 御 の 全 体 ポリシーの 確 認 時 に 直 面 する 課 題 ロールデータの 元 データとその 維 持 管 理 体 制 の 定 義 時 に 直 面 する 課 題 IT ロールのスコープ 定 義 時 に 直 面 する 課 題 IT ロール 付 与 ルールとその 例 外 の 定 義 時 に 直 面 する 課 題 現 状 調 査 企 画 フェーズ 組 織 調 査 職 務 分 掌 調 査 ライン 型 業 務 調 査 プロジェクト 型 業 務 調 査 対 象 システム 調 査 対 象 法 規 制 調 査 目 的 目 標 の 明 確 化 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

3 2.4. ロール 設 計 フェーズ Top Down 型 モデリング Bottom Up 型 モデリング ハイブリッド 型 モデリング 組 織 型 ロール 設 計 ライン 型 ロール 設 計 プロジェクト 型 ロール 設 計 システムアクセス 権 限 設 計 IT ロール 設 計 実 装 方 式 設 計 フェーズ プロビジョニング 方 式 設 計 ロール 運 用 設 計 ロール 管 理 対 象 範 囲 の 確 定 実 装 移 行 展 開 フェーズ 実 装 移 行 展 開 の 計 画 実 装 移 行 展 開 の 実 施 ロール 管 理 の 適 正 な 運 用 の 重 要 性 ロール 管 理 運 用 の 観 点 ロールのライフサイクル ロール 管 理 運 用 フロー ロール 管 理 運 用 におけるアクタとその 役 割 トリガイベント 分 類 ごとのロール 管 理 運 用 ガイドライン トリガイベントが 最 初 に 組 織 型 ロールに 影 響 を 及 ぼすケース トリガイベントが 最 初 にプロジェクト 型 ロールに 影 響 を 及 ぼすケース トリガイベントが 最 初 にライン 型 ロールに 影 響 を 及 ぼすケース トリガイベントが 最 初 にアプリケーションロールに 影 響 を 及 ぼすケース 金 融 業 の 仮 想 企 業 におけるロール 管 理 導 入 事 例 金 融 業 の 仮 想 企 業 事 例 の 全 体 像 本 事 例 でロール 管 理 導 入 にあたり 意 識 したポイント 本 事 例 のスコープ 現 状 調 査 ロール 設 計 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

4 はじめに 本 書 は エンタープライズロール 管 理 について その 基 礎 となる 考 え 方 や 実 施 の 意 義 ID 管 理 システムを 導 入 するにあたって 同 時 に 検 討 すべき ロール 管 理 について 実 用 的 な 導 入 指 針 (ガイドライン)を 示 している 本 書 の 作 成 にあたったワーキングループには ID 管 理 製 品 や ロール 管 理 製 品 の 開 発 販 売 ベンダ 導 入 経 験 のある SIer コンサルタント 等 が 多 数 参 加 してお り 特 定 の 製 品 に 偏 向 しないことを 留 意 しつつも ロール 管 理 を 導 入 するユーザ SIer 等 にとっ て 有 用 となる 知 識 ノウハウを 持 ち 寄 った その 結 果 本 書 はロール 管 理 とは 何 か?から 始 まり ID 管 理 におけるロール 管 理 の 重 要 性 を 解 説 し 実 際 のロール 管 理 の 実 装 ステップをステップごとに 解 説 をおこなっている また ロール 管 理 はその 運 用 が 重 要 になるため 運 用 のガイドラインとなるものを 解 説 した 第 2 版 ではロール 管 理 の 仮 想 企 業 導 入 事 例 を 追 加 し 読 者 がロール 管 理 のプロジェクトを 進 める ためのイメージができるものを 追 加 した これから ロール 管 理 を 導 入 検 討 する 人 には プロジェクトの 推 進 の 準 備 として また 現 在 ID 管 理 やロール 管 理 システムを 導 入 中 の 人 にとっては 現 在 のプロジェクトをよりよくするため のチェック ヒント 集 として 活 用 していただけると 考 えている なお 本 書 は 日 本 ネットワークセキュリティ 協 会 (JNSA) の アイデンティティ 管 理 ワーキンググループ にて 複 数 年 に 渡 って 検 討 した 内 容 となっており ワーキンググループに 参 加 いただいたすべての 方 々のご 協 力 に 深 く 感 謝 する また この 分 野 について 詳 細 に 書 かれた 書 籍 がほとんど 出 版 されておらず その 意 味 でも 本 書 の 内 容 は 多 くの 企 業 に 役 立 つ 内 容 となっている 本 書 があらゆる 企 業 において ロール 管 理 の 適 切 な 導 入 運 用 に 貢 献 できれば 幸 いである 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 ネットワークセキュリティ 協 会 標 準 化 部 会 アイデンティティ 管 理 ワーキンググループ リーダ 宮 川 晃 一 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 3

5 第 1 章 ロール 管 理 とは 1.1. ロール 管 理 の 定 義 ロール 及 びロール 管 理 の 概 念 ロールの 分 類 と 特 徴 ロール 管 理 の 意 義 ロール 管 理 の 必 要 性 と 効 果 ID 管 理 に 基 づくロール 管 理 の 重 要 性 ロール 管 理 検 討 における 留 意 点 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

6 1.1. ロール 管 理 の 定 義 本 節 では ロール 及 びロール 管 理 の 概 念 やロールの 分 類 と 特 徴 について 説 明 する ロール 及 びロール 管 理 の 概 念 ロール とは 何 か?ロール(role)は 役 割 と 訳 される 日 本 企 業 では 社 員 のロールつまり 役 割 が 具 体 的 な 職 務 や 権 限 として 明 確 に 定 義 されていることが 少 ないとされ ロールの 概 念 は 定 着 し づらいと 言 われてきた 実 際 例 えば 課 長 の 役 割 の 説 明 を 求 められた 場 合 に 具 体 的 にどのよ うな 職 務 が 課 長 の 担 うべきものなのか 即 列 挙 し 提 示 できる 企 業 は 決 して 多 くはないと 想 像 できる 一 方 で 情 報 システムに 関 わる 人 であれば 何 らかの 形 でロールという 言 葉 を 目 にしたことがある はずであり つまりロールは 情 報 システムのソフトウェアでは 既 に 実 装 されているオブジェクトで もある 今 本 当 に 日 本 でロールは 用 いられていないのか 活 用 される 余 地 が 少 ないのかを 再 考 す るときに 来 ているのである 情 報 システムが 普 遍 化 する 中 ID の 管 理 基 盤 が 整 ってくれば ロー ルの 管 理 活 用 は 必 須 になるというのが 本 ワーキンググループの 見 方 である それでは 情 報 システムにおけるロールがどのようなものなのかを 見 ていくことにする 情 報 シ ステムにおけるロールは ユーザ と 各 種 リソースに 対 するアクセス 権 限 との 間 に 位 置 し 両 者 を 対 応 付 けるための 仲 介 役 的 な 存 在 であるが ユーザから 観 た 場 合 の 実 体 としては 各 種 リ ソースに 対 するアクセス 権 限 の 組 み 合 わせと 考 えることができる 役 割 職 務 という 概 念 を 実 際 に 業 務 を 遂 行 するにあたって 必 要 となる 様 々なリソースに 対 するアクセス 権 限 にブレークダウンし できるだけ 多 くのユーザに 共 通 なアクセス 権 限 の 組 み 合 わせとして 定 義 したものをロールと 捉 える と ロールは 日 常 業 務 と 密 接 に 関 連 する 概 念 であることが 分 かってくる 情 報 システムを 運 用 管 理 する 部 門 では リソースに 対 するアクセス 権 限 をユーザに 付 与 削 除 する 作 業 を 実 は 日 常 的 に 既 に 実 施 しているのは 間 違 いなく それが 煩 雑 で 増 加 する 一 方 の 作 業 であることを 実 感 しているはず である 例 えばファイルサーバのアクセス 権 限 管 理 フォルダやファイルなどに 対 するユーザのアクセス 権 限 の 設 定 は 煩 雑 で 時 間 の 掛 かる 作 業 である 全 員 に 一 律 に 全 てのファイルへの 参 照 更 新 削 除 権 限 を 付 ける 訳 にはいかず 入 退 社 時 はもちろん 異 動 昇 格 といった 人 事 イベントに 応 じて 個 人 ごとに 権 限 の 付 与 削 除 作 業 が 発 生 する 権 限 の 管 理 が 適 切 になされないと 必 要 以 上 の 権 限 をもつ 人 が 増 え 秘 密 情 報 管 理 やコンプライアンス 上 の 問 題 を 招 く 恐 れが 高 くなる このように 個 々 人 に 様 々なリソースへのアクセス 権 限 を 設 定 する 作 業 は ロールを 利 用 すること により 効 率 化 することが 期 待 できる ユーザ 個 人 にはロールを 付 与 し リソースへのアクセス 権 限 の 設 定 はロールに 対 して 行 うことで 同 じロールを 付 与 されている 複 数 のユーザに 対 して 一 纏 めに アクセス 権 限 の 設 定 を 行 えるようになる これによりアクセス 権 限 の 設 定 作 業 が 整 理 効 率 化 され 作 業 がしやすくなることで 不 要 な 権 限 が 付 与 されたままになるといったセキュリティ 上 のリスク エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 5

7 が 低 減 される 情 報 システムが 欠 かせないビジネスの 現 場 では 実 は ロールの 管 理 活 用 は 既 に 避 けて 通 れない 課 題 となっているのである ユーザー アクセス 権 アクセス 先 リソース 承 認 権 限 入 力 権 限 売 り 上 げ 管 理 承 認 権 限 顧 客 情 報 管 理 入 力 権 限 管 理 職 メニュ 権 限 社 内 ポータル 一 般 メニュー 図 1.1 ロールの 位 置 付 け - ロールが 無 い 状 態 ユーザー ロール アクセス 権 アクセス 先 リソース 承 認 者 ロール 承 認 権 限 入 力 権 限 売 り 上 げ 管 理 営 業 ロール 承 認 権 限 顧 客 情 報 管 理 管 理 職 ロール 入 力 権 限 社 員 共 通 ロール 管 理 職 メニュ 権 限 社 内 ポータル 一 般 メニュー 図 1.2 ロールの 位 置 付 け - ロールを 用 いて 整 理 されている 状 態 6 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

8 さて 情 報 システムにおけるロールの 概 念 がどのように 生 まれてきて どのように 定 義 されてい るのかについても 触 れておくことにする ロールは 情 報 セキュリティの 分 野 で RBAC(Role-Based Access Control: ロールベース アク セス 制 御 )という 概 念 の 中 に 早 くから 登 場 し 実 装 されている RBAC は ユーザ 単 位 にリソースへ のアクセス 権 限 を 個 別 に 割 り 付 けるのではなく ロールに 基 づいて(ロールを 介 して)リソースへ のアクセス 権 限 を 一 纏 めに 割 り 付 け アクセス 制 御 を 実 現 するモデルである リソースへのアクセ ス 権 限 をロールで 束 ねることにより 数 多 くのユーザおよび 様 々なリソースに 対 して 横 断 的 なアク セス 権 限 管 理 を 実 現 し その 運 用 管 理 を 容 易 にすることができる RBAC についての 主 な 参 考 文 献 参 照 先 は 以 下 の 通 りである Ferraiolo, D.F. and Kuhn, D.R. (10 月 1992 年 ). Role Based Access Control. 15th National Computer Security Conference. pp Sandhu, R., Coyne, E.J., Feinstein, H.L. and Youman, C.E. (8 月 1996 年 ). Role-Based Access Control Models (PDF). IEEE Computer (IEEE Press) 29 (2): (NIST) Role-Based Access Control ISBN David F. Ferraiolo, D. Richard Kuhn, and Ramaswamy Chandramouli エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 7

9 1.1.2 ロールの 分 類 と 特 徴 ロールには 表 現 対 象 使 用 目 的 粒 度 業 務 実 施 形 態 などによって 幾 つかの 分 類 が 存 在 する まず 表 現 対 象 や 使 用 目 的 によって ロールは 大 きく 3 つのレイヤに 分 類 できる (1)ビジネス ロール (2)アプリケーションロール (3)IT ロールである ID 管 理 での 検 討 範 囲 個 人 の ID 情 報 ビジネス ロール 集 1ユーザ 毎 に1つ 以 上 職 務 を 区 分 するためのロール 中 が 割 り 当 てられる 管 理 ITロール 1ユーザ 毎 に1つ 以 上 ヒ シ ネスロールに 応 じたアフ リケーションロールの セットが 割 り 当 てられる 個 別 アプリケーション ロール 管 1ユーザ 毎 に1つ 以 上 アプリケーションに 応 じたロールが 理 割 り 当 てられる アプリケーション システム 設 定 ID 情 報 をアプリケーションに 対 し 直 接 的 に 割 り 当 てると 管 理 性 や 拡 張 性 が 失 われるため レイヤーを 用 いて 管 理 する ビジネスユーザはビジネス ロールを 持 ち ITロールまたはアプリケーショ ンロールにマッピングされる ITユーザはITロールを 持 ち ITロール はアプリケーション ロールにマッピン グされる アプリケーション 管 理 者 はアプリケー ション ロールを 定 義 し それぞれのシ ステム 権 限 にマッピングする 図 1.3 ロールの 3 レイヤ 概 念 図 (1) ビジネスロール ビジネスロールとは 1ユーザごとに1つ 以 上 付 与 される 職 務 を 区 分 するためのロー ルである 日 常 業 務 上 の 役 割 の 概 念 に 最 も 近 く 職 制 などと 関 連 付 けられる 例 えば 課 長 ロールや 部 長 ロールといった 職 位 に 対 応 付 けられるものや 経 理 ロール 営 業 ロールと いった 職 種 部 門 に 対 応 付 けられるものが 考 えられる ロールが 付 与 されるユーザがどのような 職 務 の 人 なのかが 分 かりやすい 反 面 具 体 的 に どのリソースにどのような 権 限 を 持 つ 必 要 があるのかという 整 理 が 難 しい このため 後 述 のアプリケーションロールや IT ロールのような より 具 体 的 なリソースやアクセス 権 限 に 近 い 細 分 化 されたロールを 作 成 し ビジネスロールはアプリケーションロールや IT ロールを 束 ねるロールとして 利 用 する 8 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

10 (2) アプリケーションロール アプリケーションロールは アプリケーションのリソースへのアクセス 権 限 を 直 接 対 応 付 けるロールである アプリケーションやリソースの 管 理 者 が アプリケーションロール を 定 義 し 各 種 アクセス 権 限 に 対 応 付 ける 例 えば 入 力 参 照 承 認 などの 権 限 と 直 接 関 連 付 けられるロールが 考 えられる (3) IT ロール IT ロールは ビジネスロールとアプリケーションロールの 中 間 に 位 置 する 粒 度 のロー ルで 複 数 のアプリケーションロールを 束 ねる IT ロールは アプリケーションロール が 多 くてビジネスロールとの 直 接 の 対 応 付 けが 複 雑 になる 場 合 に 利 用 する 表 1.1 の 例 では 社 内 ポータルの 各 メニューへのアクセス 権 限 がアプリケーションロー ルに 当 たり 複 数 のアプリケーションロールを 束 ねる IT ロールが 設 定 されている 表 1.1 ビジネスロール アプリケーションロール IT ロールの 例 所 属 企 業 コ ード ビジネス ロール 分 類 職 制 ア パ カ ス ウ ワー ITロール ン ト ド ロッ 初 期 ク 化 解 除 認 証 認 証 基 盤 パ ス ワー ド 変 更 ト ッ プ メ ニ ュー 管 理 職 用 メ ニ ュー ポータル 一 般 職 用 メ ニ ュー 出 向 者 用 メ ニ ュー グ ルー プ 企 業 用 メ ニ ュー 社 内 システム メー ル 社 内 電 話 帳 会 議 室 予 約 ス ケ ジ ュー ル 各 種 申 請 申 請 承 認 管 理 メ ニ ュー 00: 本 社 一 般 役 員 R001 管 理 職 一 般 社 員 R002 出 向 者 R003 システム 部 運 用 管 理 者 R004 ヘルプデスク R005 01:グループ 企 業 スタッフ 管 理 スタッフ R006 一 般 スタッフ R007 受 入 出 向 者 R その 他 企 業 その 他 受 入 出 向 者 R009 契 約 社 員 協 力 会 社 社 員 R010 ACL ACL001 ACL002 ACL003 ACL004 ACL005 ACL006 ACL007 ACL008 ACL009 ACL010 ACL011 ACL012 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 9

11 次 に 業 務 実 施 形 態 によって (1)ビジネスロールはさらに 3 つのタイプに 分 類 できる A) 組 織 型 ロール B)ライン 型 ロール C)プロジェクト 型 ロールである A) 組 織 型 ロール 組 織 型 ロールとは 人 事 情 報 などで 定 義 されるユーザの 属 性 によって 定 義 できるロール である ユーザが 所 属 している 組 織 情 報 や ユーザの 職 位 情 報 によって 権 限 が 分 けられる 業 務 に 使 用 する 組 織 情 報 をロールにする 場 合 には 組 織 ツリー 階 層 を 維 持 した 形 でロー ルが 作 成 される 組 織 型 ロールの 例 として 以 下 のようなロールが 考 えられる 組 織 ロール( 総 務 部 ロール システム 開 発 課 ロール 全 社 ロール ) 職 位 ロール( 幹 部 社 員 ロール 部 長 職 ロール 主 任 以 上 ロール ) 社 員 種 別 ロール( 正 社 員 ロール 派 遣 社 員 ロール 協 力 会 社 社 員 ロール ) 拠 点 ロール(A 事 業 所 ロール B 事 業 所 ロール ) 職 責 ロール( 営 業 ロール SE ロール 開 発 者 ロール 運 用 者 ロール ) 上 記 を 組 み 合 わせたロール 組 織 型 ロールの 特 徴 組 織 型 ロールは 企 業 全 体 で 一 意 に 定 められた 人 事 情 報 や 組 織 図 から 作 成 できる ため Top Down で 作 成 し 易 く また ロールを 自 動 作 成 し 易 いという 特 徴 がある 組 織 型 ロールの 考 慮 点 組 織 型 ロールで 特 に 組 織 ロールを 実 装 する 場 合 には 以 下 の 考 慮 が 特 に 必 要 であ る 組 織 階 層 をどの 階 層 レベルまでロールにする 必 要 があるか ( 課 レベルまで 係 レベルまで 等 ) 人 事 情 報 として 保 持 している 階 層 以 下 のレベルまでロールに する 必 要 がある 場 合 には 実 装 しにくくなりメンテナンスが 大 変 になる 組 織 変 更 にどう 対 応 するかを 考 慮 した 上 でロールを 実 装 する 必 要 がある ユー ザが 所 属 している 組 織 コードを 使 って 自 動 化 できるのであれば 比 較 的 メンテ ナンスは 容 易 となる また 引 き 継 ぎ 期 間 や 兼 務 の 扱 いについても 考 慮 する 必 要 がある 組 織 ロールは 入 れ 子 (ロールの 中 に 他 のロールを 含 める 構 造 )となる 場 合 が 多 く 複 雑 になるため 上 位 の 権 限 の 継 承 も 考 慮 する また 部 ロールを 作 成 す る 場 合 部 に 属 する 全 ての 人 に 与 える 権 限 か 部 直 属 の 人 のみに 与 える 権 限 か というように 権 限 の 範 囲 を 考 えておく 必 要 がある 10 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

12 組 織 をベースにしていても 不 適 切 な 権 限 付 与 になってしまう 場 合 もあるため 注 意 が 必 要 である また 組 織 そのものの 上 下 関 係 包 含 関 係 をどのように 表 現 するのかも 課 題 となる 組 織 型 ロールの 利 用 例 組 織 型 ロールの 利 用 例 として Web 認 証 サーバ の 例 を 示 す 統 合 認 証 サー バでは 認 証 情 報 としてユーザ 情 報 認 可 情 報 として ACL(アクセス 制 御 リスト) を 管 理 する 図 1.4 組 織 型 ロールの 利 用 例 Web 認 証 サーバ エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 11

13 また 組 織 型 ロールの 利 用 例 として ファイルサーバの 権 限 設 定 例 を 示 す 人 事 情 報 からロールメンバを 自 動 メンテナンスし Active Directory のセキュリティグ ループに 配 信 する ファイルサーバの 権 限 をセキュリティグループに 対 して 与 える ことにより メンテナンスが 自 動 化 される 図 1.5 組 織 型 ロールの 利 用 例 ファイルサーバ B) ライン 型 ロール ライン 型 ロールとは 複 数 の 組 織 が 関 係 する 業 務 に 使 用 され 各 組 織 の 業 務 上 の 役 割 に 応 じて 業 務 フローを 意 識 してロールを 実 装 する また 組 織 や 職 位 とは 関 係 せず 入 力 者 ロールや 承 認 者 ロールのように をする 人 というロールもある ライン 型 ロールの 特 徴 ライン 型 ロールの 特 徴 として 以 下 のようなものがある ロールと 権 限 が 密 接 に 関 連 している 業 務 システムごとに 独 立 したロールが 必 要 となる 場 合 が 多 い 業 務 そのものに 変 更 がない 限 り 変 更 は 少 ない SoD(Segregation of Duties: 職 務 分 掌 )が 求 められることが 多 い それぞれの 組 織 内 でさらに 権 限 が 分 かれることが 多 い 組 織 型 ロールとプロジェクト 型 ロールの 両 方 の 特 徴 を 持 つ 基 幹 業 務 で 使 用 されることが 多 い ライン 型 ロールの 考 慮 点 ライン 型 ロールを 実 装 する 場 合 には 以 下 の 考 慮 が 必 要 である 業 務 フローを 意 識 するため 業 務 分 析 が 不 可 欠 である SoD に 抵 触 しないよう 留 意 しながら 実 装 する 必 要 がある ロールと 職 位 は 必 ずしも 対 応 するとは 限 らない 業 務 上 の 役 割 をロールと して 実 装 するため 部 長 には 必 ず 承 認 者 ロールを 付 与 するとは 限 らず 組 織 の 役 割 として 一 般 社 員 に 承 認 者 ロールを 付 与 する 場 合 も 考 えられる 12 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

14 ライン 型 ロールの 利 用 例 ライン 型 ロールの 利 用 例 としては 基 幹 業 務 における 申 請 者 ロール 審 査 者 ロール 支 払 者 ロール 承 認 者 ロールなどが 該 当 します 申 請 審 査 支 払 い 承 認 申 請 者 ロール 審 査 者 ロール 支 払 い 者 ロール 承 認 者 ロール 営 業 部 の 正 社 員 企 画 部 の 正 社 員 製 造 部 の 正 社 員 申 請 部 門 の 部 長 購 買 部 の 担 当 購 買 部 の 部 長 役 員 社 長 業 務 の 権 限 に 直 結 して 各 ロールのメンバを 構 成 する 図 1.6 ライン 型 ロールの 利 用 例 基 幹 業 務 ライン C) プロジェクト 型 ロール プロジェクト 型 ロールとは 期 限 付 きの 業 務 (プロジェクト)を 行 う 場 合 などに 使 用 し 組 織 に 跨 ったユーザからメンバが 構 成 されることも 多 く 人 事 情 報 や 組 織 情 報 からは 自 動 で 抽 出 できない その 反 面 ロールの 自 由 度 は 高 くなる プロジェクトメンバのみにアク セス 権 限 を 与 えたい 場 合 に 使 用 するロールであるため プロジェクト 専 用 のロールを 作 る ことがある プロジェクト 型 ロールの 特 徴 プロジェクト 型 ロールは 日 常 業 務 上 プロジェクトを 順 次 実 行 していくような 部 門 もあり Top Down で 作 成 することは 難 しい また ロールメンバのメンテナン スは 手 動 で 行 うことが 多 い プロジェクト 型 ロールの 考 慮 点 プロジェクト 型 ロールを 実 装 する 場 合 には 以 下 の 考 慮 が 必 要 である ロールのメンテナンスが 手 動 となることが 多 く 全 てのプロジェクト 型 ロールを 特 定 の 部 門 のみで 管 理 することは 難 しいため ロールオーナを 定 め ロールの 管 理 を 権 限 委 譲 する 必 要 がある ロールオーナに 与 えられる 権 限 は ロールメンバの 管 理 サブロール( 子 ロール)の 作 成 削 除 ロールの 持 つ 権 限 の 管 理 などである エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 13

15 複 数 部 門 の 多 くの 人 がロールの 管 理 を 行 うため 不 要 なロールがいつもで も 放 置 されてロールが 増 え 続 ける 傾 向 が 強 く 全 体 の 統 制 が 効 かない 可 能 性 が 高 い よって ロールの 作 成 改 廃 基 準 を 作 成 するなど ロール 管 理 ルールを 定 めることが 重 要 である なお 職 務 分 掌 の 観 点 から ロールの 管 理 責 任 と 実 作 業 実 施 を 分 離 することも 考 慮 する 必 要 がある プロジェクト 型 ロールの 利 用 例 プロジェクト 型 ロールの 利 用 例 としては ファイルサーバのプロジェクト 共 有 フォルダのアクセス 権 限 管 理 などに 使 用 される 営 業 部 企 画 部 製 造 部 検 査 部 AAAさん BBBさん CCCさん DDDさん EEEさん FFFさん GGGさん HHHさん IIIさん JJJさん KKKさん LLLさん MMMさん NNNさん OOOさん PPPさん QQQさん ファイルサーバ プロジェクトロール 組 織 に 跨 ったユーザで プロジェクトのメン バを 構 成 する AAAさん HHHさん KKKさん MMMさん QQQさん 共 有 フォルダの アクセス 権 管 理 に 利 用 プロジェクト 共 有 フォルダ 図 1.7 プロジェクト 型 ロールの 利 用 例 ファイルサーバ 14 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

16 1.2. ロール 管 理 の 意 義 本 節 では ロール 管 理 の 必 要 性 と 効 果 ID 管 理 に 基 づくロール 管 理 の 重 要 性 ならびにロール 管 理 検 討 における 留 意 点 について 説 明 する ロール 管 理 の 必 要 性 と 効 果 ロール 及 びロール 管 理 の 概 念 でも 触 れたが ロール 管 理 の 必 要 性 と 効 果 について あ らためて 整 理 しておく 企 業 では 不 正 アクセス 防 止 や 職 務 分 掌 の 対 応 のために 管 理 しているシステムのリソースに 対 し てユーザの 利 用 可 否 を 制 御 しなければならない 利 用 可 否 の 設 定 は 一 度 設 定 すれば 完 了 というわけ ではなく 業 務 上 の 役 割 の 変 更 などに 対 応 して 変 更 できるようにしておく 必 要 がある 柔 軟 に 対 応 できないような 管 理 方 法 では 日 々の 運 用 をおこなうことは 困 難 になる もっとも 原 始 的 な 管 理 方 法 としてユーザの 役 割 とシステムのリソースに 対 するアクセス 権 限 を 1 対 1 で 管 理 する 方 法 がある その 場 合 結 びつき1つ1つを 個 別 管 理 しなければならず 煩 雑 になり やすい 役 割 に 変 更 があった 場 合 には 関 連 するリソースの 権 限 をすべて 変 更 しなければならない ため この 管 理 方 法 における 作 業 負 担 は 高 くなる ユーザやリソースの 権 限 が 増 えると 管 理 する 対 象 が 増 えるため 規 模 が 大 きくなるほど 柔 軟 な 管 理 が 困 難 になる 一 方 ロールを 用 いれば 役 割 を 集 約 して 管 理 することが 可 能 になる 管 理 するレイヤに 合 わせて ビジネスロール IT ロール アプリケーションロールを 作 成 することで 1 対 1 の 管 理 から 解 放 さ れる ロールにより 業 務 上 の 役 割 とリソースの 権 限 の 結 びつけが 単 純 化 され 規 模 に 左 右 されずに 整 理 された 状 態 で 管 理 できるようになる 作 成 したロールには 管 理 している 役 割 に 沿 った 名 前 をつけるため 単 純 にアクセス 権 限 を 設 定 し たときに 比 べるとアクセス 制 御 をしている 内 容 が 把 握 しやすくなる また ロールによって 集 約 で きることで 管 理 対 象 の 数 が 抑 えられるため 変 更 などの 管 理 作 業 の 負 担 を 下 げることができる そ のため ロールを 活 用 することで 変 更 に 対 して 柔 軟 に 対 応 できる 環 境 を 作 り 出 すことができるよう になる エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 15

17 ID 管 理 に 基 づくロール 管 理 の 重 要 性 ここで ロール 管 理 と ID 管 理 の 関 係 を 整 理 しておきたい ロール 管 理 は ID 管 理 基 盤 を 実 現 した 上 に 組 み 合 わせて 実 現 するのが あるべき 姿 である というのは ロール 及 びロール 管 理 の 概 念 でも 触 れたように ロールの 概 念 が アク セス 制 御 を 実 現 するための 基 になるものだからである アクセス 制 御 つまり 認 可 は 認 証 に 基 づき 認 証 は 識 別 に 基 づく 識 別 を 実 現 するためのものが ID 管 理 であり よってロール 管 理 は ID 管 理 基 盤 の 上 に 成 り 立 つものと 言 えるのである アクセス 制 御 を 実 現 するためのプロセスを 構 成 する 3 つのステップ: 識 別 - 認 証 - 認 可 とは 何 か 以 下 にあらためて 整 理 しておく (1) 識 別 : 主 体 (ユーザ)が 誰 かを ID に 基 づいて 識 別 する (2) 認 証 : 識 別 した 主 体 (ユーザ)が 本 人 であることを パスワード 等 の 本 人 証 明 情 報 ( 認 証 情 報 )に 基 づいて 確 認 する (3) 認 可 : 認 証 した 主 体 (ユーザ)がリソースへのアクセスを 許 可 されている ことを アクセス 制 御 ( 権 限 ) 情 報 に 基 づいて 確 認 する 上 記 3 つのステップで 必 要 とされるユーザの ID パスワード 等 の 認 証 情 報 アクセス 権 限 情 報 の 基 になるユーザ 属 性 情 報 の 管 理 は ID 管 理 基 盤 が 実 現 するものである そしてロールは アク セス 権 限 情 報 の 基 になるユーザ 属 性 情 報 を 基 に ユーザに 付 与 するものである したがって ロー ル 管 理 を ID 管 理 基 盤 の 上 に 組 み 合 わせて 実 現 することは 至 極 合 理 的 なことなのである ID 管 理 とロール 管 理 が 透 過 的 に 連 携 することにより 以 下 に 挙 げるようなメリットも 得 ること ができる ID 管 理 基 盤 には ライフサイクル 管 理 属 性 情 報 管 理 プロビジョニング などの 機 能 があり これらを 活 用 することでロール 管 理 の 運 用 負 荷 を 下 げることが 可 能 になる 例 えば ユーザの 属 性 変 更 に 合 わせて 自 動 的 にロールの 割 り 当 てを 行 うことが 可 能 になる ID 情 報 管 理 の 証 跡 と 対 応 付 けたロール 管 理 の 証 跡 把 握 など 他 の 運 用 面 でもメリットを 得 ることができる 16 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

18 ロール 管 理 検 討 における 留 意 点 ID 管 理 システムと 一 緒 にロール 管 理 を 行 うメリットを 説 明 したが 実 際 に ID 管 理 システムを 導 入 している 企 業 においてもビジネスロールに 基 づいたロール 制 御 までを 実 装 しているケースはまだ 多 くない 例 えばロールを 細 かく 設 計 し 実 装 して 自 動 化 したとしても 日 々 運 用 が 楽 になる 一 方 で 実 装 が 複 雑 になりすぎ 柔 軟 性 が 失 われビジネスロジックの 変 更 に 対 応 できなくなる その 結 果 システム 全 体 の 運 用 が 複 雑 になり 別 の 部 分 で 管 理 負 荷 を 招 いてしまうことがある 一 元 的 に 管 理 することのメリットはあるものの メインの 課 題 解 決 と 乖 離 しないように 実 装 と 運 用 のバランスをもってロール 管 理 を 考 える 必 要 がある( 図 1.8 を 参 照 ) 図 1.8 ID 管 理 とロール 管 理 のバランス エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 17

19 第 2 章 ロール 管 理 導 入 指 針 2.1. ロール 管 理 導 入 の 流 れ 導 入 全 体 の 流 れ 現 状 調 査 企 画 ロール 設 計 実 装 方 式 設 計 実 装 移 行 展 開 ロール 管 理 導 入 における 課 題 ビジネスロールとその 付 与 ルールの 調 査 時 に 直 面 する 課 題 システム 権 限 とその 付 与 ルールの 調 査 時 に 直 面 する 課 題 アクセス 制 御 の 全 体 ポリシーの 確 認 時 に 直 面 する 課 題 ロールデータの 元 データとその 維 持 管 理 体 制 の 定 義 時 に 直 面 する 課 題 IT ロールのスコープ 定 義 時 に 直 面 する 課 題 IT ロール 付 与 ルールとその 例 外 の 定 義 時 に 直 面 する 課 題 現 状 調 査 企 画 フェーズ 組 織 調 査 職 務 分 掌 調 査 ライン 型 業 務 調 査 プロジェクト 型 業 務 調 査 対 象 システム 調 査 対 象 法 規 制 調 査 目 的 目 標 の 明 確 化 ロール 設 計 フェーズ Top Down 型 モデリング Bottom Up 型 モデリング ハイブリッド 型 モデリング 組 織 型 ロール 設 計 ライン 型 ロール 設 計 プロジェクト 型 ロール 設 計 システムアクセス 権 限 設 計 IT ロール 設 計 実 装 方 式 設 計 フェーズ プロビジョニング 方 式 設 計 ロール 運 用 設 計 ロール 管 理 対 象 範 囲 の 確 定 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

20 2.6. 実 装 移 行 展 開 フェーズ 実 装 移 行 展 開 の 計 画 実 装 移 行 展 開 の 実 施 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 19

21 2.1. ロール 管 理 導 入 の 流 れ 前 節 までで ロール 管 理 とは 何 か そして ID 管 理 におけるロール 管 理 の 重 要 性 について 説 明 し てきた この 後 は ロール 管 理 の 導 入 を 実 際 に 進 める 過 程 の 全 体 像 を 説 明 してから それらの 過 程 における 課 題 やその 解 決 の 進 め 方 について 掘 り 下 げて 説 明 していく 本 節 では ロール 管 理 導 入 過 程 の 全 体 像 ( 概 要 )について 説 明 する 導 入 全 体 の 流 れ ロール 管 理 導 入 過 程 の 全 体 は 以 下 に 示 す 流 れになる (1) 現 状 調 査 企 画 (2) ロール 設 計 (3) 実 装 方 式 設 計 (4) 実 装 移 行 展 開 現 状 調 査 企 画 ロール 設 計 実 装 方 式 設 計 実 装 移 行 展 開 図 2.1 ロール 管 理 導 入 全 体 の 流 れ まず ロール 管 理 に 関 する 現 状 がどうなっているのか 調 査 確 認 する 必 要 がある そして ロール 管 理 導 入 の 目 的 と 目 指 すべき 目 標 像 を 明 確 化 する 次 に 現 状 調 査 の 結 果 と 目 指 すべきロール 管 理 の 目 標 像 を 踏 まえて どんなロールを 用 いるのか を 検 討 設 計 する そして これら 設 計 したロールを 用 いて ロール 管 理 をどのように 実 装 運 用 するのかを 検 討 設 計 する 最 後 に 設 計 したロール 管 理 の 実 装 移 行 展 開 をどのように 進 めるべきかを 計 画 し それを 実 施 する これら 導 入 過 程 の 各 フェーズにおいて どのようなタスクが 必 要 となるかについて 概 要 を 以 下 に 説 明 する 20 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

22 現 状 調 査 企 画 ロール 管 理 に 関 する 現 状 を 調 査 し 企 画 するフェーズにおいては 以 下 に 挙 げるタスクが 必 要 と なる (1) 組 織 調 査 (2) 職 務 分 掌 調 査 (3) ライン 型 ( 定 型 部 署 別 ) 業 務 調 査 (4) プロジェクト 型 ( 期 間 限 定 部 署 横 断 ) 業 務 調 査 (5) 対 象 システム 調 査 (6) 対 象 法 規 制 調 査 (7) 目 的 目 標 像 の 明 確 化 ロール 設 計 現 状 調 査 の 結 果 と 目 指 すべきロール 管 理 の 目 標 像 を 踏 まえて どんなロールを 用 いるのかを 検 討 設 計 するフェーズにおいては 以 下 に 挙 げるタスクが 必 要 となる (1) 組 織 型 ロール 設 計 (2) ライン 型 ロール 設 計 (3) プロジェクト 型 ロール 設 計 (4) システムアクセス 権 限 設 計 (5) IT ロール 設 計 実 装 方 式 設 計 設 計 したロールを 用 いて ロール 管 理 をどのように 実 装 運 用 するのかを 検 討 設 計 するフェー ズにおいては 以 下 に 挙 げるタスクが 必 要 となる (1) プロビジョニング 方 式 設 計 (2) ロール 運 用 設 計 (3) ロール 管 理 対 象 範 囲 の 確 定 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 21

23 実 装 移 行 展 開 設 計 したロール 管 理 の 実 装 移 行 展 開 をどのように 進 めるべきかを 計 画 し それを 実 施 する フェーズにおいては 以 下 に 挙 げるタスクが 必 要 となる (1) 実 装 移 行 展 開 の 計 画 (2) 実 装 移 行 展 開 の 実 施 現 状 調 査 企 画 ロール 設 計 実 装 方 式 設 計 実 装 移 行 展 開 組 織 調 査 組 織 型 ロール 設 計 プロビジョニング 方 式 設 計 実 装 移 行 展 開 計 画 職 務 分 掌 調 査 ライン 型 業 務 ( 部 署 別 ) 調 査 プロジェクト 型 ライン 型 ロール 設 計 プロジェクト 型 ロール 設 計 ロール 運 用 設 計 ロール 管 理 対 象 範 囲 の 確 定 実 装 移 行 展 開 実 施 業 務 調 査 対 象 システム 調 査 システムアクセス 権 限 設 計 対 象 法 規 制 調 査 ITロール 設 計 図 2.2 ロール 管 理 導 入 過 程 のフェーズおよびタスク 22 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

24 各 工 程 の 概 要 各 工 程 の 概 要 を 以 下 に 示 す 表 2.1 各 工 程 の 概 要 と 成 果 物 例 工 程 名 概 要 成 果 物 例 現 状 調 査 企 画 フェーズ 組 織 調 査 職 務 分 掌 調 査 ライン 型 業 務 調 査 プロジェクト 型 業 務 調 査 対 象 システム 調 査 対 象 法 規 制 調 査 目 的 目 標 像 の 明 確 化 ロール 設 計 フェーズ TopDown 型 モデリング BottomUp 型 モデリング ハイブリッド 型 モデリング ロール 設 計 に 必 要 なインプットとな る 組 織 体 制 階 層 等 を 洗 い 出 す ロール 設 計 に 必 要 なインプットとな る 職 務 分 掌 を 洗 い 出 す ロール 設 計 に 必 要 なインプットとな るライン 型 業 務 のロールを 洗 い 出 す ロール 設 計 に 必 要 なインプットとな るプロジェクト 型 業 務 のロールを 洗 い 出 す ロール 設 計 に 必 要 なインプットとな る 対 象 システムに 現 在 設 定 されてい る 権 限 情 報 を 洗 い 出 す ロール 設 計 に 影 響 をあたえる 法 規 制 について 調 査 する ロール 管 理 実 装 における 目 的 目 標 像 を 明 確 化 する 工 程 ではない 工 程 ではない 工 程 ではない 調 査 メモ 調 査 メモ 調 査 メモ 調 査 メモ 調 査 メモ 調 査 メモ ロール 管 理 導 入 計 画 組 織 型 ロール 設 計 組 織 型 ロールを 設 計 する ロール 設 計 書 ライン 型 ロール 設 計 ライン 型 ロールを 設 計 する ロール 設 計 書 プロジェクト 型 ロール 設 計 プロジェクト 型 ロールを 設 計 する ロール 設 計 書 システムアクセス 権 限 設 計 システムアクセス 権 限 の 設 計 をす る ロール 設 計 書 IT ロール 設 計 IT ロールの 設 計 をする ロール 設 計 書 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 23

25 実 装 方 式 設 計 フェーズ プロビジョニング 方 式 設 計 ロール 運 用 設 計 ロール 管 理 対 象 範 囲 の 確 定 実 装 移 行 展 開 フェーズ 実 装 移 行 展 開 計 画 ロールを 対 象 システムに 配 布 する 方 法 について 検 討 設 計 をする ロールのライフサイクルの 検 討 とそ れに 伴 う 運 用 の 検 討 を 行 う ロール 管 理 を 行 うシステムの 対 象 範 囲 を 決 定 する ロール 管 理 システムについての 実 装 移 行 展 開 計 画 を 立 案 する プロビジョニング 方 式 設 計 書 ロール 運 用 設 計 書 検 討 メモ 移 行 展 開 計 画 書 実 装 移 行 展 開 実 施 ロール 管 理 システムの 実 装 移 行 ( 特 に 定 義 せず) 展 開 を 実 行 する 2.3 節 以 降 において 各 タスクの 目 的 と 前 提 条 件 期 待 される 成 果 物 と 具 体 的 な 作 業 について 記 述 する 24 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

26 2.2. ロール 管 理 導 入 における 課 題 前 節 では ロール 管 理 導 入 過 程 の 全 体 像 ( 概 要 )について 説 明 した この 後 は ロール 管 理 導 入 過 程 における 課 題 やその 解 決 の 進 め 方 について 掘 り 下 げて 説 明 していく 本 節 では ロール 管 理 導 入 の 検 討 を 進 めようとした 時 に どのような 課 題 に 直 面 するかについて 例 を 挙 げて 説 明 する 後 節 以 降 で 説 明 する 導 入 過 程 の 各 フェーズにおいては 本 節 で 説 明 する 課 題 を 意 識 しながら 検 討 を 進 める 必 要 がある ビジネスロールとその 付 与 ルールの 調 査 時 に 直 面 する 課 題 現 状 調 査 企 画 フェーズにおいて ビジネスロールとして 何 があるか およびそのビジネスロー ルを 付 与 する 際 のルールに 関 する 調 査 を 進 める 時 には 以 下 に 挙 げる 課 題 に 直 面 する (1) ビジネスロールは 組 織 に 応 じて 様 々である (2) ビジネスロールの 定 義 が 曖 昧 な 場 合 がある (3) 兼 務 や 委 任 / 代 行 が 多 く それに 伴 いビジネスロール 付 与 ルールの 例 外 が 多 く 存 在 する 場 合 がある (4) 委 任 か 代 行 かにより 責 任 の 所 在 が 異 なり ロールの 扱 いを 変 えなければならない 場 合 が ある (5) これらの 課 題 を 踏 まえて 調 査 検 討 を 進 める 必 要 がある エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 25

27 システム 権 限 とその 付 与 ルールの 調 査 時 に 直 面 する 課 題 現 状 調 査 企 画 フェーズにおいて システム 権 限 として 何 があるか およびそのシステム 権 限 を 付 与 する 際 のルールに 関 する 調 査 を 進 める 時 には 以 下 に 挙 げる 課 題 に 直 面 する (1) システム 権 限 および 権 限 付 与 ルールはシステムに 応 じて 様 々である (2) 例 外 的 な 権 限 付 与 が 実 施 されている 場 合 がある これらの 課 題 を 踏 まえて 調 査 検 討 を 進 める 必 要 がある 補 足 )システム 実 装 上 の 制 約 により システム 上 での 権 限 付 与 ( 設 定 )はロールを 用 いて 行 うこ とができず ユーザごとに 行 わなければならない 場 合 がある このようなシステム 個 別 の 実 装 対 応 は ロール 管 理 実 装 の 外 で 個 別 インタフェース 実 装 の 仕 方 として 埋 めるべき 部 分 であり ロール 管 理 実 装 の 中 では 詳 しく 論 じない アクセス 制 御 の 全 体 ポリシーの 確 認 時 に 直 面 する 課 題 現 状 調 査 企 画 フェーズにおいて アクセス 制 御 の 全 体 ポリシーに 関 する 確 認 を 進 める 時 には 以 下 に 挙 げる 課 題 に 直 面 する (1) 実 際 のビジネスロールやシステム 権 限 付 与 が 全 体 ポリシーと 不 整 合 を 起 こしている 場 合 がある (2) 全 体 ポリシーが 実 態 に 合 っているかを 確 認 するために アクセス 制 御 対 象 となる 情 報 資 産 すべての 棚 卸 しが 必 要 になる 場 合 がある これらの 課 題 を 踏 まえて 確 認 検 討 を 進 める 必 要 がある 26 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

28 ロールデータの 元 データとその 維 持 管 理 体 制 の 定 義 時 に 直 面 する 課 題 ロール 設 計 フェーズにおいて ロールデータの 元 データをどのデータソースのものにするか お よびその 維 持 管 理 体 制 の 定 義 を 進 める 時 には 以 下 に 挙 げる 課 題 に 直 面 する (1) ロールデータの 元 データが 存 在 しない あるいは 存 在 しても 維 持 管 理 が 実 施 できていない 場 合 がある (2) 維 持 管 理 の 組 織 への 割 り 当 てが 難 航 する 場 合 がある これらの 課 題 を 踏 まえて 検 討 定 義 を 進 める 必 要 がある 補 足 )ロールデータの 元 データの 維 持 管 理 が 実 施 できていない 場 合 として 単 純 に 実 施 できてい ない 場 合 の 他 に データのオーナ= 維 持 管 理 責 任 者 が 明 確 に 定 められていない あるいは 名 目 的 に 定 められていても 実 質 的 にはガバナンスが 利 いておらずデータの 整 合 が 取 れていないなどの 場 合 がある IT ロールのスコープ 定 義 時 に 直 面 する 課 題 ロール 設 計 フェーズにおいて IT ロールのスコープ 定 義 を 進 める 時 には 以 下 に 挙 げる 課 題 に 直 面 する (1) IT ロールとして 共 通 管 理 する 範 囲 や 粒 度 の 落 としどころの 調 整 が 難 しい これらの 課 題 を 踏 まえて 検 討 定 義 を 進 める 必 要 がある 補 足 ) 共 通 管 理 する 意 味 のない 特 殊 なロールは IT ロールとして 管 理 するスコープには 含 めず システム 個 別 に 管 理 する という 整 理 の 仕 方 もある ( 例 えば 組 織 横 断 の 一 時 的 なプロジェクト 業 務 担 当 などの 場 合 ) IT ロール 付 与 ルールとその 例 外 の 定 義 時 に 直 面 する 課 題 ロール 設 計 フェーズにおいて IT ロールを 付 与 する 際 のルール およびその 例 外 の 定 義 を 進 め る 時 には 以 下 に 挙 げる 課 題 に 直 面 する エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 27

29 (1) IT ロール 付 与 ルールの 例 外 をどこまで 認 めるか セキュリティ ガバナンスと 運 用 のバ ランスを 取 る 必 要 がある これらの 課 題 を 踏 まえて 検 討 定 義 を 進 める 必 要 がある 表 2.2 ロール 管 理 導 入 における 課 題 タスク ビジネスロールおよび ビジネスロール 付 与 ルールの 調 査 システム 権 限 および 権 限 付 与 ルールの 調 査 アクセス 制 御 の 全 体 ポ リシーの 確 認 ロールデータの 元 デー タおよび 維 持 管 理 体 制 の 定 義 IT ロールのスコープ 定 義 課 題 ビジネスロールは 組 織 に 応 じて 様 々である ビジネスロールの 定 義 が 曖 昧 な 場 合 がある 兼 務 や 委 任 / 代 行 が 多 く それに 伴 いビジネス ロール 付 与 ルールの 例 外 が 多 く 存 在 する 場 合 が ある 委 任 か 代 行 かにより 責 任 の 所 在 が 異 なり ロールの 扱 いを 変 えなければならない 場 合 があ る システム 権 限 および 権 限 付 与 ルールはシステム に 応 じて 様 々である 例 外 的 な 権 限 付 与 が 実 施 されている 場 合 があ る 実 際 のビジネスロールやシステム 権 限 付 与 が 全 体 ポリシーと 不 整 合 を 起 こしている 場 合 があ る 全 体 ポリシーが 実 態 に 合 っているかを 確 認 する ために アクセス 制 御 対 象 となる 情 報 資 産 すべ ての 棚 卸 しが 必 要 になる 場 合 がある ロールデータの 元 データが 存 在 しない あるい は 存 在 しても 維 持 管 理 が 実 施 できていない 場 合 がある 維 持 管 理 の 組 織 への 割 り 当 てが 難 航 する 場 合 が ある IT ロールとして 共 通 管 理 する 範 囲 や 粒 度 の 落 としどころの 調 整 が 難 しい IT ロール 付 与 ルールお よび 例 外 の 定 義 IT ロール 付 与 ルールの 例 外 をどこまで 認 める か セキュリティ ガバナンスと 運 用 のバラン スを 取 る 必 要 がある 28 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

30 まとめ 1. ロール 管 理 導 入 の 検 討 を 進 める 時 の 課 題 として 表 2.2 に 挙 げるものが 存 在 する 2. ここに 挙 げた 課 題 を 踏 まえて 調 査 検 討 設 計 を 進 める 必 要 がある エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 29

31 2.3. 現 状 調 査 企 画 フェーズ このフェーズでは ロール 管 理 を 行 うにあたって ロール 設 計 のインプット となる 情 報 の 調 査 を 行 う また ロール 管 理 を 企 画 するにあたって ロール 管 理 導 入 の 目 的 や 目 指 すべき 目 標 像 を 明 確 化 する 組 織 調 査 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はロール 設 計 を 行 う 上 で 重 要 なインプットとなる 組 織 体 制 階 層 を 洗 い 出 すことにある 表 2.3 目 的 目 的 具 体 的 内 容 1 組 織 情 報 の 取 得 組 織 体 制 図 の 調 査 職 位 等 の 階 層 情 報 の 調 査 体 制 図 に 記 述 されていない 委 員 会 組 織 や 部 署 内 のチーム レベルの 体 制 等 についての 調 査 同 時 に 人 事 異 動 組 織 変 更 のタイミングなどを 調 査 する また 組 織 内 の 雇 用 形 態 や 関 連 する 規 程 についても 調 査 を 行 う (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.4 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 1 社 内 組 織 図 人 事 課 部 署 内 体 制 図 関 連 規 程 利 用 方 法 / 必 要 性 (ベース 資 料 ) 30 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

32 (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.5 留 意 事 項 項 目 内 容 1 調 査 の 粒 度 あまりに 細 かい 体 制 までを 調 査 した 場 合 に 組 織 の 延 べ 数 が 膨 大 になる 可 能 性 がある あくまで ロール= 権 限 のベース であるため 業 務 遂 行 上 の 権 限 が 異 なる 組 織 情 報 を 洗 い 出 すことに 留 意 する (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 情 報 を 収 集 する 表 2.6 収 集 する 情 報 作 業 項 目 作 業 内 容 1 組 織 部 署 構 成 調 査 ( 役 職 階 層 含 む) 社 内 組 織 図 部 署 内 の 体 制 図 などを 収 集 し それぞ れの 組 織 の 名 称 業 務 内 容 の 概 要 などをまとめる また 組 織 の 上 下 関 係 (レポートライン) 役 職 階 層 に 関 わる 情 報 についても 調 査 を 行 う 2 拠 点 等 調 査 組 織 が 複 数 拠 点 ある 場 合 には 業 務 としての 組 織 と は 別 に 拠 点 ごとの 組 織 体 制 役 職 等 がある 場 合 が 多 いため それらの 情 報 について 調 査 を 行 う 3 雇 用 形 態 等 調 査 組 織 内 の 人 員 としては 正 社 員 契 約 社 員 嘱 託 派 遣 パート 委 託 先 といった 雇 用 形 態 が 考 えられ それぞれで 権 限 が 異 なる 場 合 も 多 いので それらの 雇 用 形 態 について 調 査 を 行 う 4 関 連 社 内 規 程 調 査 組 織 人 事 に 関 連 する 社 内 規 程 について 調 査 を 行 う 特 に 組 織 図 には 記 載 されないが 社 内 規 程 で 定 めらる 組 織 ( 委 員 会 等 )に 注 意 する エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 31

33 (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.7 成 果 物 一 覧 成 果 物 内 容 1 調 査 メモ( 組 織 ) 組 織 の 一 覧 組 織 図 等 職 務 分 掌 調 査 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はロール 設 計 を 行 う 上 で 重 要 なインプットとなる 職 務 分 掌 を 洗 い 出 すことにある 表 2.8 目 的 目 的 具 体 的 内 容 1 職 務 分 掌 情 報 の 調 査 職 務 分 掌 は 組 織 内 組 織 間 をまたがる 業 務 におい て 誰 が(どこが)どのような 業 務 を 行 っているの か?また 申 請 承 認 などの 権 限 はどうなっている のかを 調 査 し 最 終 的 にロールに 反 映 することを 目 的 とする (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.9 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 1 職 務 分 掌 表 業 務 フロー 業 務 マニュア 手 順 書 社 内 帳 票 関 連 社 内 規 程 ヒアリング 関 連 業 務 システムのア クセス 権 限 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 業 務 における 権 限 もしくは 業 務 における 作 業 内 容 が 記 述 されているため それらの 資 料 がない 場 合 には 現 場 へのヒアリング を 通 して 必 要 な 情 報 を 得 る 32 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

34 (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.10 留 意 事 項 項 目 内 容 1 調 査 の 粒 度 あまりに 細 かいレベルまで 調 査 した 場 合 に 調 査 の 工 数 負 荷 が 膨 大 になる 可 能 性 がある 2 情 報 の 正 確 性 職 務 分 掌 表 業 務 フロー 手 順 書 等 に 書 かれた 情 報 が 正 確 であるとは 限 らず 実 際 の 現 場 では 違 う 形 権 限 で 行 われているか システム 上 の 権 限 との 齟 齬 がある 場 合 がある (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 情 報 を 収 集 する 表 2.11 収 集 する 情 報 作 業 項 目 作 業 内 容 1 職 務 分 掌 調 査 インプットを 収 集 調 査 し 各 業 務 における 職 務 権 限 情 報 を 抽 出 する また 各 権 限 を 保 有 する 組 織 階 層 などについても 調 査 をしておく (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.12 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 調 査 メモ( 職 務 分 掌 ) 内 容 職 務 分 掌 の 一 覧 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 33

35 ライン 型 業 務 調 査 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はロール 設 計 を 行 う 上 で 重 要 なインプットとなるライン 型 業 務 のロール 情 報 を 洗 い 出 すことにある 表 2.13 目 的 目 的 具 体 的 内 容 1 ライン 型 業 務 の 調 査 ライン 型 業 務 は 組 織 内 組 織 間 をまたがる 業 務 に おいて 各 組 織 担 当 者 の 作 業 内 容 権 限 が 決 まる それらの 作 業 内 容 権 限 がロールのインプットとな るため それを 調 査 する (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.14 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 1 業 務 フロー 業 務 マニュア 手 順 書 関 連 帳 票 ヒアリング 業 務 システムのアクセ ス 権 限 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 業 務 における 権 限 もしくは 業 務 における 作 業 内 容 が 記 述 されているため それらの 資 料 がない 場 合 には 現 場 へのヒアリング を 通 して 必 要 な 情 報 を 得 る (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.15 留 意 事 項 項 目 内 容 1 調 査 の 粒 度 あまりに 細 かいレベルまで 調 査 した 場 合 に 調 査 の 工 数 負 荷 が 膨 大 になる 可 能 性 がある 2 情 報 の 正 確 性 業 務 フロー 手 順 書 等 に 書 かれた 情 報 が 正 確 であると は 限 らず 実 際 の 現 場 では 違 う 形 権 限 で 行 われてい るか システム 上 の 権 限 との 齟 齬 がある 場 合 がある 34 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

36 (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 情 報 を 収 集 する 表 2.16 収 集 する 情 報 作 業 項 目 作 業 内 容 1 ライン 型 業 務 調 査 インプットを 収 集 調 査 し 各 業 務 における 職 務 権 限 情 報 を 抽 出 する また 各 権 限 を 保 有 する 組 織 階 層 などについても 調 査 をしておく (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.17 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 調 査 メモ(ライン 型 業 務 ) 内 容 業 務 フロー 権 限 役 割 等 についてのメモ エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 35

37 プロジェクト 型 業 務 調 査 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はロール 設 計 を 行 う 上 で 重 要 なインプットとなるプロ ジェクト 型 業 務 のロール 情 報 を 洗 い 出 すことにある 表 2.18 目 的 目 的 1 プロジェクト 型 業 務 の 調 査 具 体 的 内 容 プロジェクト 型 業 務 は 既 存 の 組 織 の 枠 にとらわれ ずにプロジェクトチームを 結 成 し そのプロジェク トチームにおいて 一 定 期 間 行 われる 業 務 である そ のため 既 存 の 組 織 図 等 には 表 れないことが 多 い それらのプロジェクトにおける 役 割 権 限 をベース としたロールを 抽 出 することを 目 的 とする (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.19 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 1 プロジェクト 体 制 図 ヒアリング 利 用 方 法 / 必 要 性 組 織 内 に 存 在 するプロジェクトのタイプを 洗 いだ し それぞれのタイプごとにプロジェクトの 体 制 プロジェクト 内 の 役 割 等 を 洗 い 出 す (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.20 留 意 事 項 項 目 内 容 1 調 査 の 粒 度 プロジェクトの 数 が 少 なければ 全 てを 調 べても 構 わないが プロジェクトの 数 が 多 い 場 合 には プロ ジェクトタイプごとに 典 型 的 なプロジェクトについ て 調 査 をする もしくはサンプリングによる 調 査 を するようにしたほうがよい 36 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

38 (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 情 報 を 収 集 する 表 2.21 収 集 する 情 報 作 業 項 目 作 業 内 容 1 プロジェクトタイプ 洗 い 出 し 組 織 内 においてどのようなタイプのプロジェクトの タイプがあるかを 調 査 する 例 ) 毎 年 実 施 する 委 員 会 のようなもの 特 定 顧 客 案 件 対 応 プロジェクト 社 内 向 け/ 社 外 向 け 2 プロジェクト 体 制 確 認 プロジェクトタイプごとに 典 型 的 なプロジェクト についてプロジェクト 体 制 図 の 閲 覧 ヒアリング 等 を 通 じて プロジェクトチーム 内 の 権 限 役 割 につ いて 調 査 整 理 をする (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.22 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 調 査 メモ(プロジェクト 型 業 務 ) 内 容 プロジェクト 型 業 務 における 権 限 役 割 等 につ いてのメモ エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 37

39 対 象 システム 調 査 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はロール 設 計 を 行 う 上 で 重 要 なインプットとなる 対 象 シ ステムに 現 在 設 定 されている 権 限 情 報 を 洗 い 出 すことにある 表 2.23 目 的 目 的 具 体 的 内 容 1 対 象 システム 調 査 ロール 管 理 の 対 象 システムにおける 現 在 のアクセス 権 限 管 理 情 報 の 内 容 を 洗 い 出 す また 現 状 のロールの 運 用 管 理 がどのように 行 われ ているかを 調 査 する (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.24 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 1 業 務 システムのアクセ ス 権 限 情 報 2 現 状 のロール 管 理 運 用 についての 資 料 利 用 方 法 / 必 要 性 現 行 のシステムにおけるロールのため 現 状 のロールの 運 用 管 理 状 況 を 確 認 するため (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.25 留 意 事 項 項 目 内 容 1 不 要 権 限 の 存 在 実 際 のシステムにおいて ロール 自 体 が 不 要 ( 使 用 されていない)な 場 合 ID に 不 必 要 なロールを 付 与 されている 場 合 が 存 在 するため ロールだけではなく 実 際 に 利 用 されているかどうか?に 留 意 すること (4) 具 体 的 な 内 容 38 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

40 下 記 のような 情 報 を 収 集 する 表 2.26 収 集 する 情 報 作 業 項 目 1 アクセス 制 御 方 式 ア クセス 権 限 管 理 方 法 の 調 査 ロールの 洗 い 出 し 運 用 管 理 状 況 調 査 作 業 内 容 システムの 実 装 によって アクセス 制 御 方 式 アク セス 権 限 管 理 方 法 が 異 なるため それぞれの 対 象 シ ステムについて 調 査 を 行 う アクセス 制 御 を 行 うための 元 となっている 情 報 とし ては 以 下 のようなものがある グループ/ロール(ID とは 別 の 情 報 ) ID に 紐 づく 属 性 (ID が 保 有 する 情 報 の 一 部 ) ID も 文 字 列 上 に 表 現 されるもの(ID に 組 織 コード が 埋 め 込 まれている 等 ) また 業 務 ロジックから 独 立 したアクセス 制 御 シス テムだけでなく プログラム 中 にロジックとして 組 み 込 まれるアクセス 制 御 もあるため 注 意 する 必 要 がある 各 システムのアクセス 制 御 に 利 用 されている 権 限 情 報 を 抽 出 する 各 システムにおけるロールの 運 用 管 理 状 況 を 調 査 す る 具 体 的 には 下 記 の 項 目 を 調 査 する 現 状 行 われているロール 管 理 業 務 ロールの 運 用 フロー 運 用 管 理 体 制 ロールの 変 更 更 新 のタイミング 頻 度 工 数 認 識 されている 問 題 点 (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.27 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 調 査 メモ( 対 象 シス テム 現 状 ロール) 内 容 対 象 システムごとのアクセス 権 限 情 報 についてのメモ エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 39

41 対 象 法 規 制 調 査 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 は 法 規 制 が 対 象 組 織 のロールに 与 える 影 響 を 調 査 するこ とにある 表 2.28 目 的 目 的 具 体 的 内 容 1 対 象 法 規 制 の 調 査 対 象 組 織 が 遵 守 すべき 法 令 基 準 等 を 調 査 し それ らを 遵 守 するにあたって 必 要 な 対 象 組 織 内 の 体 制 等 を 洗 い 出 す (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.29 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 1 遵 守 対 象 法 令 社 内 の 体 制 に 影 響 をあたえるため (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.30 留 意 事 項 項 目 1 業 界 ガイドライン 認 証 等 内 容 法 令 だけでなく 対 象 組 織 が 属 する 業 界 の 業 界 内 ガ イドライン ISMS プライバシーマーク QMS など の 認 証 認 定 についても 留 意 すること 40 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

42 (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 情 報 を 収 集 する 表 2.31 収 集 する 情 報 作 業 項 目 作 業 内 容 1 遵 守 対 象 法 令 の 確 認 遵 守 対 象 となる 法 令 業 界 ガイドライン 等 を 確 認 す る 2 遵 守 対 象 法 令 による 社 内 体 制 への 影 響 の 確 認 対 象 法 令 業 界 ガイドライン 等 において 社 内 体 制 と して 定 義 されているもの 遵 守 する 上 で 必 要 な 体 制 を 洗 いだし 対 象 組 織 における 現 状 との 比 較 を 行 う (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.32 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 調 査 メモ( 法 規 制 コンプライアンス) 内 容 法 規 制 コンプライアンス 遵 守 に 関 連 する 体 制 等 につい てのメモ エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 41

43 目 的 目 標 の 明 確 化 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 は 当 該 組 織 においてロール 管 理 を 導 入 するにあたって の 目 的 と 目 指 すべき 目 標 像 を 明 確 化 することである 表 2.33 目 的 目 的 1 現 状 の 課 題 問 題 点 の 把 握 具 体 的 内 容 現 状 調 査 の 結 果 から 現 状 の 課 題 問 題 点 を 整 理 し 明 確 化 する 2 目 的 の 明 確 化 課 題 問 題 点 から ロール 管 理 を 実 装 することに よって 得 られる 最 終 的 な 効 果 を 検 討 し 明 確 化 す る 3 目 標 像 の 明 確 化 目 的 ( 最 終 的 な 効 果 )を 得 るために 必 要 となるロー ル 管 理 の 実 装 におけるポイントとそれをどの 程 度 実 現 するかについて 目 標 像 を 明 確 化 する (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.34 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 1 現 状 調 査 メモ( 各 種 ) 課 題 問 題 点 の 明 確 化 のため 42 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

44 (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.35 留 意 事 項 項 目 内 容 1 目 標 における 実 現 レベ ルの 明 確 化 目 標 としてロール 管 理 実 装 におけるポイントを 検 討 する 際 において そのポイントにおける 実 現 レベル を 出 来 る 限 り 具 体 化 ロール 管 理 を 実 装 することに より どのようなシステム 運 用 管 理 になるか の 観 点 で 具 体 化 すること 2 目 的 と 目 標 の 関 係 目 標 はあくまで 目 的 である 最 終 的 に 得 られる 効 果 を 生 み 出 すために 必 要 であるものとして 因 果 関 係 が 考 えられるものとすること ロール 管 理 システム 自 体 の 導 入 が 目 的 化 しないよう にすること (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 内 容 を 検 討 する 表 2.36 検 討 内 容 作 業 項 目 作 業 内 容 1 課 題 問 題 点 の 把 握 現 状 調 査 の 結 果 から 現 状 のロール 管 理 の 運 用 にお ける 課 題 問 題 点 を 整 理 し 明 確 化 する 2 目 的 の 明 確 化 問 題 点 から ロール 管 理 を 実 現 することにより 得 るべき 効 果 を 検 討 し ロール 管 理 導 入 の 目 的 を 明 確 化 する 3 目 標 像 の 明 確 化 目 的 を 実 現 するために 必 要 となる ロール 管 理 導 入 における 目 標 像 を 明 確 にする 4 実 現 イメージの 作 成 ロール 管 理 の 導 入 後 のシステム 運 用 管 理 業 務 の 実 現 イメージを 作 成 する エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 43

45 (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.37 成 果 物 一 覧 成 果 物 内 容 1 ロール 管 理 導 入 計 画 ロール 管 理 における 目 的 目 標 像 実 現 イメージなどを 計 画 としてまとめた 文 書 44 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

46 2.4. ロール 設 計 フェーズ このフェーズでは 現 状 調 査 企 画 フェーズの 結 果 に 基 づき ロール 設 計 を 行 う ロールを 設 計 する 手 法 は そのアプローチにより 大 きく 以 下 の 2 つに 分 けられる (1) Top Down 型 モデリング 業 務 の 改 革 に 基 づくシステム 導 入 見 直 しに 伴 い あるべき 論 からロール 定 義 の 具 体 化 を 進 める (2) Bottom Up 型 モデリング 既 に 実 際 に 運 用 を 回 している 業 務 における 実 際 の 権 限 設 定 からロール 定 義 の 具 体 化 を 進 める それぞれの 手 法 を 杓 子 定 規 に 適 用 すると 検 討 した 結 果 のロール 定 義 が 実 際 に 運 用 可 能 な ロール 定 義 になっているかは 見 直 さなければならない 場 合 があり 注 意 が 必 要 である そこで 両 方 を 組 み 合 わせた ハイブリッド 型 モデリング と 呼 ぶ 手 法 を 取 る 場 合 もある なお 以 下 のようなプロジェクト 型 ロールの 設 計 手 法 については 本 節 に 記 載 するどの 方 法 に よっても 適 切 な 設 計 ができない 場 合 もあるので 議 論 の 余 地 がある 組 織 に 期 限 付 きで 割 り 当 て 実 行 する 業 務 に 付 随 するロール 専 門 家 を 集 めたチーム 内 のロール 定 型 業 務 が 無 いプロジェクトに 対 するロール 以 降 では まず ロール 設 計 の 手 法 として Top Down 型 モデリング と Bottom Up 型 モデ リング そして 2 つの 混 合 である ハイブリッド 型 モデリング について 説 明 する その 後 ロールの 種 類 ごとの 設 計 ステップについて 説 明 していく エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 45

47 Top Down 型 モデリング (1) モデリング 手 法 の 特 徴 ロール 定 義 の 基 になる 組 織 上 の 役 割 や 職 務 ならびにそれらに 関 する 規 程 類 から 本 来 あるべきロール 定 義 を 導 出 する 設 計 手 法 である 具 体 的 には 組 織 情 報 人 事 情 報 権 限 管 理 規 程 職 務 分 掌 規 程 (segregation of duties)などを 基 に 本 来 あるべきロールを 定 義 し そのロールに 本 来 付 与 されるべき アクセス 権 限 の 組 み 合 わせを 対 応 付 ける というアプローチで ロール 定 義 の 具 体 化 を 進 める なお 職 務 分 掌 規 程 には 一 つの 業 務 プロセスにおける 実 行 者 と 承 認 者 の 両 方 の 職 務 権 限 を 同 一 者 が 保 有 することを 禁 止 する 規 定 があるはずである これは 近 年 の SOX 法 へ の 対 応 などにおいては 重 要 な 項 目 であり 組 織 情 報 / 人 事 情 報 のみから 設 計 する 場 合 に は 見 逃 しがちなポイントなので 注 意 されたい Top Down 型 のロール 定 義 の 進 め 方 を 具 体 的 なケースを 想 定 して 説 明 する 一 般 的 な 組 織 で 部 長 / 課 長 / 担 当 者 のような 階 層 構 造 となっている 場 合 は 組 織 にお けるそれぞれの 役 職 に 応 じて 職 務 や 権 限 が 付 与 されるので 組 織 および 役 職 に 応 じた ロール 定 義 が 導 出 できるはずである また 職 務 分 掌 規 程 から 同 一 者 が 保 有 してよい 職 務 権 限 の 範 囲 が 制 限 される 場 合 は それを 踏 まえてロールを 分 割 する 例 えば 職 務 分 掌 規 程 にて 見 積 の 作 成 権 限 と 承 認 権 限 を 同 一 者 に 付 与 してはならないルールが 存 在 す る 場 合 は 見 積 の 作 成 と 承 認 を 別 のロールとして 定 義 し それぞれの 権 限 が 同 一 のロー ルに 対 応 付 けられないようにする 一 方 で 組 織 や 役 職 などに 応 じて 決 まる 本 来 の 職 務 とは 異 なる 職 務 を 担 わざるを 得 な い 事 情 が 存 在 する 場 合 もある 例 えば 組 織 改 編 や 人 事 異 動 の 際 に 以 前 に 担 っていた 職 務 の 適 切 な 引 き 継 ぎ 先 が 無 く 仕 方 なくその 職 務 を 継 続 して 担 っている 場 合 など そ のような 場 合 は 組 織 および 役 職 などから 導 出 したロール 定 義 だけをそのまま 適 用 して も 実 際 に 必 要 となる 権 限 が 付 与 されないことになるので それに 付 加 的 に 本 来 のあ るべき 姿 とは 異 なる 個 別 の 権 限 を 対 応 付 けたりする 必 要 が 生 じる Top Down 型 では 事 実 として 行 われている 例 外 は 考 慮 せずにモデル 化 し その 後 に 現 実 的 に 運 用 可 能 なように 修 正 を 加 えるというアプローチを 取 ることになる 46 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

48 (2) モデリングに 必 要 な 情 報 ロール 定 義 の 基 になる 組 織 上 の 役 割 や 職 務 ならびにそれらに 関 する 規 程 類 からロー ル 設 計 を 行 うので それらに 関 する 既 存 の 定 義 情 報 はあるだけ 収 集 し 参 考 にすること が 必 要 となる 特 に 企 業 内 の 組 織 であれば 以 下 のような 情 報 ソース 属 性 が 必 要 で ある 組 織 人 事 情 報 情 報 ソース: 全 社 ディレクトリ 情 報 人 事 データベース 社 内 電 話 帳 など 例 1) 全 社 ディレクトリ 上 のユーザ 属 性 情 報 所 属 組 織 ( 事 業 部 センター 部 グループ 組 織 コード) 管 理 職 / 専 門 職 (Individual Contributor) 決 裁 権 限 の 有 無 雇 用 形 態 ( 社 員 /コントラクターなど) 職 位 階 級 肩 書 き 役 職 職 務 職 種 ( 営 業 /SE/ 法 務 など) 勤 務 事 業 所 勤 務 場 所 コード 住 所 有 資 格 免 許 情 報 国 籍 市 民 権 座 席 位 置 電 話 番 号 メールアドレス 上 長 Report To 所 属 長 部 下 所 属 プロジェクト タスク チーム 例 2) 組 織 コード 表 例 3) 組 織 構 成 図 例 4) レポーティングライン 図 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 47

49 情 報 ソース: 業 務 フロー 定 義 書 業 務 についての 情 報 例 1) J-SOX 法 への 適 合 にあたり 整 備 したものなど 情 報 ソース: 規 程 ガイドライン 類 例 1) 法 律 省 令 自 主 規 制 自 社 ガイドラインなど 例 2) 社 内 の 業 務 情 報 の 取 り 扱 い 基 準 権 限 定 義 情 報 例 3) 職 務 分 掌 規 程 一 覧 規 制 ガイドラインで 定 められた 分 掌 規 程 例 4) 業 務 情 報 取 り 扱 い 基 準 権 限 定 義 情 報 決 裁 権 限 情 報 承 認 者 条 件 規 程 情 報 ソース: 業 務 マニュアル 類 例 1) 業 務 フロー 業 務 上 の 役 割 定 義 フロー 上 に 定 義 された 役 割 (3) モデリング 手 法 の 適 性 ロールに 対 応 付 けられるリソースおよび 権 限 の 関 係 が 固 定 的 である 場 合 は すなわち 成 熟 した 組 織 業 務 役 割 であり 変 更 が 少 ない あるいは 基 になる 属 性 が 適 正 に 管 理 できていることを 意 味 する このような 場 合 には Top Down 型 モデリングでロール 定 義 を 導 出 する 方 法 が 適 切 である 48 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

50 Bottom Up 型 モデリング (1) モデリング 手 法 の 特 徴 実 際 に 担 当 している 業 務 や 実 際 に 付 与 されているアクセス 権 限 を 基 に 現 実 に 即 し たロール 定 義 を 抽 出 する 設 計 手 法 である 具 体 的 には 実 際 に 稼 動 しているアプリケー ション 上 で 実 際 に 設 定 されているアクセス 権 限 から 同 一 の 権 限 の 組 み 合 わせを 付 与 さ れているユーザのグループを 見 出 し ユーザとアクセス 権 限 の 組 み 合 わせを 対 応 付 ける ためのロールを 定 義 する というアプローチで ロール 定 義 の 具 体 化 を 進 める Bottom Up 型 のロール 定 義 の 進 め 方 を 具 体 的 なケースを 想 定 して 説 明 する アプリケーションのアクセス 権 限 設 定 情 報 の 記 録 が 資 料 として 存 在 する 場 合 は それ をマスタ 情 報 として 同 一 権 限 および 類 似 権 限 を 付 与 されているユーザのグループの 抽 出 を 行 うことができる ただし マスタ 情 報 として 扱 うことができるのは 当 該 情 報 が 適 切 にメンテナンスされ かつ 最 新 の 状 態 である 場 合 に 限 られる 適 切 に 維 持 されてい ない 場 合 には 資 料 上 の 情 報 からロール 定 義 を 抽 出 するだけでは 足 りず 実 際 のアプリ ケーション 上 のアクセス 権 限 設 定 を 調 査 する 必 要 が 生 じる とりわけ アクセス 制 御 処 理 がロジックとしてコーディングされている 場 合 には 設 定 だけではなくアプリケー ションロジックも 調 査 する 必 要 が 生 じることがある 一 方 記 録 が 資 料 として 存 在 しない 場 合 は いわゆるリバースエンジニアリング 的 な 調 査 が 必 要 になることもある また アプリケーションの 機 能 として 実 装 されておらず オフラインで 運 用 として 実 施 している 業 務 までを 含 めたロール 定 義 を 行 う 場 合 は アプリケーションの 設 計 や 設 定 に 加 えて オフラインの 業 務 運 用 プロセスも 調 査 する 必 要 が 生 じる 例 えば 帳 票 入 力 業 務 において 入 力 実 施 時 に 出 力 された 帳 票 類 を 第 三 者 がチェックすることで 相 互 牽 制 を 運 用 として 実 施 している 場 合 など Bottom Up 型 では 多 くの 場 合 完 全 に 同 一 の 権 限 を 付 与 されているユーザのグルー プを 抽 出 することは 難 しいので ほぼ 同 一 であるグループとして 纏 め それに 対 応 する ロールを 定 義 し ユーザごとの 差 分 の 権 限 をどう 対 応 付 けるかを 後 から 決 めるというア プローチを 取 ることになる いずれの 場 合 も 得 られる 結 果 は 実 際 の 権 限 設 定 をロール 定 義 として 表 現 し 直 す だけであり 多 くの 場 合 膨 大 な 数 のロール 定 義 に 陥 ることが 懸 念 される また リ バースエンジニアリングによる 場 合 は それをもってロール 定 義 として 良 いかどうかは 再 考 が 必 要 であろう エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 49

51 (2) モデリングに 必 要 な 情 報 実 際 の 業 務 における 権 限 設 定 からロール 定 義 を 抽 出 する 方 法 であるので 業 務 お よびリソース 類 への 権 限 設 定 の 情 報 を 収 集 することが 必 要 となる 具 体 的 には 以 下 のような 情 報 ソース 属 性 が 必 要 である リソース 類 に 関 する 情 報 情 報 ソース:システム 情 報 例 1)ファイルサーバ 上 の ACL ユーザ グループとフォルダへのアクセス 権 限 (R/W/D/U) 例 2) 情 報 共 有 ツールなどのアクセス 権 限 リスト グループウェアのアクセス 権 限 グループウェア 内 の 権 限 (ロールの 定 義 として 存 在 している 可 能 性 あり) 例 3)ワークフローシステム 承 認 権 限 回 想 情 報 承 認 経 路 情 報 決 裁 権 限 情 報 例 5) 文 書 管 理 システム ACL など 例 6) 既 存 ID 管 理 システム(LDAP Active Directory など) 実 ディレクトリデータ 例 6) 既 存 業 務 アプリケーション 実 ID 設 定 ロジック 内 に 記 載 される 権 限 割 付 (3) モデリング 手 法 の 適 性 ロールに 対 応 付 けられるリソースおよび 権 限 の 関 係 が 流 動 的 である 場 合 は すなわち 成 熟 していない 組 織 業 務 役 割 であり 変 更 が 多 い あるいは 基 になる 属 性 が 適 正 に 管 理 されていない/できないことを 意 味 する このような 場 合 には Bottom Up 型 モデ リングでロール 定 義 を 抽 出 する 方 法 が 適 切 である 50 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

52 ハイブリッド 型 モデリング (1) モデリング 手 法 の 特 徴 Top Down 型 モデリングと Bottom Up 型 モデリングの 組 み 合 わせによる 設 計 手 法 を ハイブリッド 型 モデリングと 呼 ぶ Top Down 型 と Bottom Up 型 のどちらを 先 に 実 行 するかは 以 下 の 3 つの 点 に よる 対 象 となる 業 務 の 種 別 入 手 可 能 な 資 料 ロール 定 義 の 目 的 例 えば 業 務 改 善 が 目 的 で ロール 定 義 を 見 直 すのであれば 組 織 と 業 務 の 現 状 (As-Is) を 調 査 し(すなわち Bottom Up 型 モデリングに 準 じた 調 査 を 行 い) その 一 方 で 業 務 改 善 の 観 点 から あるべき 論 (To-Be) を 検 討 し(すなわち Top Down 型 モデ リングの 基 になる 検 討 を 行 い) それらの 比 較 からロール 定 義 を 見 直 すことが 効 果 的 だ ろう 一 方 十 分 に 成 熟 した 組 織 や 業 務 であれば Bottom Up 型 モデリングと Top Down 型 モデリングは 高 いレベルで 一 致 することが 期 待 される このような 場 合 に は 大 枠 の 導 出 は Top Down 型 モデリングを 用 い 例 外 の 抽 出 のために Bottom Up 型 モデリングを 用 いることが 効 率 的 だろう いずれのモデリング 手 法 でも 例 外 にこだわると 膨 大 なロール 定 義 に 陥 りがちなので 例 外 は 設 計 の 対 象 から 外 し 例 外 処 理 を 付 加 するプロセスを 別 途 確 立 する( 例 外 として の 証 跡 を 残 すなど)といった 工 夫 が 必 要 である エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 51

53 組 織 型 ロール 設 計 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はビジネスロールの 中 でも 組 織 型 ロールを 設 計 すること である 表 2.38 目 的 目 的 具 体 的 内 容 1 組 織 型 ロールの 設 計 ビジネスロールの 中 の 組 織 型 ロールを 設 計 する 組 織 ロールは 対 象 組 織 の 組 織 体 制 をベースにした ロールであり 現 状 調 査 の 組 織 調 査 の 結 果 を 主 なイ ンプットとして 作 成 する 具 体 的 には 拠 点 部 署 役 職 職 位 雇 用 形 態 など がベースとなるロールである (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.39 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 1 調 査 メモ( 組 織 ) 拠 点 部 署 役 職 職 位 雇 用 形 態 についての 組 織 ロールを 洗 い 出 すのに 使 用 する 2 調 査 メモ( 職 務 分 掌 ) 場 合 によるが 職 務 権 限 のベースが 組 織 役 職 職 位 雇 用 形 態 による 場 合 があるため その 場 合 に 組 織 ロールとして 切 り 出 す 場 合 がある 3 調 査 メモ( 対 象 システ ム 現 状 ロール) 設 計 したロールと 現 状 システムにおける 組 織 ベー スのロールについてすり 合 わせる 4 ロール 管 理 計 画 ロール 管 理 導 入 の 目 標 実 現 イメージとの 摺 合 せを 行 う 52 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

54 (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.40 留 意 事 項 項 目 内 容 1 ロールの 粒 度 あくまで ロール= 権 限 のベース であるため 業 務 遂 行 上 の 権 限 が 異 なる 組 織 情 報 をロールとして 定 義 するようにする 最 低 限 個 人 以 外 の 権 限 の 最 小 単 位 を 表 現 できるも のを 設 計 する 必 要 がある 2 ロール 同 士 の 関 係 部 署 の 場 合 部 課 係 のように 上 下 関 係 があるも のなどロール 間 に 依 存 関 係 がある 場 合 があり その 場 合 には その 関 係 についても 設 計 情 報 として 記 述 する 3 現 状 システムの 組 織 型 ロールとの 調 整 現 状 システムに 設 定 されているアクセス 権 限 の 中 で 組 織 としての 権 限 が 設 定 されているものを 網 羅 する かどうかを 決 定 する 必 要 がある 4 ロールの 運 用 ロールの 設 計 情 報 として ロールの 作 成 タイミン グ 作 成 者 所 有 者 所 属 ID 変 更 の 申 請 タイミン グ 申 請 者 承 認 者 等 を 決 定 しておく 必 要 がある 5 例 外 メンバの 取 り 扱 い ロールのメンバについては 可 能 であれば 例 外 のメ ンバと 正 規 メンバを 区 別 可 能 なように 設 計 したほう が 運 用 管 理 が 行 いやすい 例 ) ロール A_ 正 規 と ロール A_ 例 外 で 分 ける など 6 ロール 運 用 上 の 役 割 定 義 ロールの 運 用 を 行 うにあたって 必 要 となる 役 割 とし ては 下 記 のようなものがある ロールオーナ ロール 監 査 担 当 ロールオペレータ これらの 役 割 は 内 部 統 制 の 権 限 分 離 の 観 点 から 兼 務 が 出 来 ないようにすることが 望 ましい 7 メンバの 決 定 方 法 ロールメンバの 決 定 はロールオーナが 決 定 する 場 合 が 多 いが 組 織 型 ロールについては 人 事 データによ り 決 定 されることが 多 い エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 53

55 (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 内 容 を 設 計 する 表 2.41 設 計 内 容 作 業 項 目 作 業 内 容 1 ロール 定 義 組 織 職 務 分 掌 の 調 査 メモより 組 織 型 ロールを 設 計 する(トップダウン) また ロールメンバの 条 件 例 外 対 応 についても 定 義 を 行 う 2 現 状 システムアクセス 権 限 すりあわせ トップダウンで 設 計 したロールと 現 状 システムアク セス 権 限 を 摺 合 せ ロールの 粒 度 を 確 認 する 3 ロール 間 関 係 定 義 設 計 したロール 間 の 関 係 ( 上 下 関 係 包 含 関 係 等 ) を 整 理 する 例 ) 部 課 の 関 係 ある 職 位 以 上 などの 関 係 等 4 ロール 運 用 情 報 定 義 ロール 運 用 に 関 する 情 報 を 定 義 する (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.42 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 ロール 設 計 書 ( 組 織 型 ロール) 内 容 組 織 型 ロールの 一 覧 および 説 明 54 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

56 ライン 型 ロール 設 計 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はビジネスロールの 中 でもライン 型 ロールを 設 計 するこ とである 表 2.43 目 的 目 的 具 体 的 内 容 1 ライン 型 ロールの 設 計 ビジネスロールの 中 のライン 型 ロールを 設 計 する ライン 型 ロールは 組 織 の 業 務 プロセスに 関 係 する ロールであり 主 にシステムの 機 能 ( 入 力 作 成 実 行 承 認 ) 等 に 関 する 機 能 に 関 するロールを 設 計 する (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.44 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 1 調 査 メモ(ライン 型 業 ライン 型 業 務 ロールを 洗 い 出 すのに 使 用 する 務 ) 2 調 査 メモ( 職 務 分 掌 ) 場 合 によるが 職 務 分 掌 においてライン 型 業 務 の 職 務 分 掌 を 定 義 している 場 合 もあるため 3 調 査 メモ( 対 象 システ ム 現 状 ロール) 設 計 したロールと 現 状 システムにおける ライン 型 業 務 のロールについてすり 合 わせる 4 ロール 管 理 計 画 ロール 管 理 導 入 の 目 標 実 現 イメージとの 摺 合 せを 行 う エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 55

57 (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.45 留 意 事 項 項 目 内 容 1 ロールの 粒 度 あくまで ロール= 権 限 のベース であるため 業 務 遂 行 上 の 権 限 が 異 なる 業 務 権 限 をロールとして 定 義 する ようにする 最 低 限 個 人 以 外 の 権 限 の 最 小 単 位 を 表 現 できるものを 設 計 する 必 要 がある 2 ロール 同 士 の 関 係 ライン 型 業 務 においては 一 つの 業 務 の 流 れの 中 で 複 数 のロールが 設 定 される( 例 : 業 務 の 入 力 権 限 と 承 認 権 限 等 ) また ロール 間 における 職 務 分 離 の 関 係 もありうる( 申 請 権 限 と 承 認 権 限 の 分 離 など) このようにライン 型 ロールにおいては ライン 型 業 務 ごとにロールが 複 数 設 定 されることが 多 いため それ らを 意 識 して 設 計 する 必 要 がある 3 現 状 システムのライン 型 ロールとの 調 整 現 状 システムに 設 定 されているアクセス 権 限 の 中 でラ イン 型 業 務 の 権 限 が 設 定 されているかを 確 認 する 必 要 がある 4 ロールの 運 用 ロールの 設 計 情 報 として ロールの 作 成 タイミング 作 成 者 所 有 者 所 属 ID 変 更 の 申 請 タイミング 申 請 者 承 認 者 等 を 決 定 しておく 必 要 がある 5 例 外 メンバの 取 り 扱 い ロールのメンバについては 可 能 であれば 例 外 のメン バと 正 規 メンバを 区 別 可 能 なように 設 計 したほうが 運 用 管 理 が 行 いやすい 例 ) ロール A_ 正 規 と ロール A_ 例 外 で 分 ける など 6 ロール 運 用 上 の 役 割 定 義 ロールの 運 用 を 行 うにあたって 必 要 となる 役 割 として は 下 記 のようなものがある ロールオーナ ロール 監 査 担 当 ロールオペレータ これらの 役 割 は 内 部 統 制 の 権 限 分 離 の 観 点 から 兼 務 が 出 来 ないようにすることが 望 ましい 7 メンバの 決 定 方 法 ロールメンバの 決 定 は 業 務 フロー 等 により 決 定 される 場 合 ロールオーナにより 決 定 されることが 多 い 56 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

58 (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 内 容 を 設 計 する 表 2.46 設 計 内 容 作 業 項 目 作 業 内 容 1 ロール 定 義 ライン 型 業 務 の 調 査 メモより ライン 型 ロールを 設 計 する(トップダウン) また ロールメンバの 条 件 例 外 対 応 についても 定 義 を 行 う 2 現 状 システムアクセス 権 限 すりあわせ トップダウンで 設 計 したロールと 現 状 システムアク セス 権 限 を 摺 合 せ ロールの 粒 度 を 確 認 する 3 ロール 間 関 係 定 義 設 計 したロール 間 の 関 係 を 整 理 する 例 :ロール 間 における 職 務 分 離 等 4 ロール 運 用 情 報 定 義 ロール 運 用 に 関 する 情 報 を 定 義 する (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.47 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 ロール 設 計 書 (ライ ン 型 ロール) 内 容 ライン 型 ロールの 一 覧 および 説 明 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 57

59 プロジェクト 型 ロール 設 計 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はビジネスロールの 中 でもプロジェクト 型 ロールを 設 計 することである 表 2.48 目 的 目 的 1 プロジェクト 型 ロール の 設 計 具 体 的 内 容 ビジネスロールの 中 のプロジェクト 型 ロールを 設 計 する プロジェクト 型 ロールは 対 象 組 織 におけるプロ ジェクト( 期 間 限 定 の 一 時 的 な 組 織 チーム)を ベースにしたロールであり 現 状 調 査 の 組 織 調 査 お よびプロジェクト 型 業 務 調 査 の 結 果 を 主 なインプッ トとして 作 成 する (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.49 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 1 調 査 メモ( 組 織 ) 組 織 の 中 にプロジェクトとして 扱 うべき 組 織 がある 場 合 がある 2 調 査 メモ(プロジェク プロジェクト 型 業 務 の 内 容 ト 型 業 務 ) 3 調 査 メモ( 対 象 システ ム 現 状 ロール) 設 計 したロールと 現 状 システムにおける プロジェ クト 型 業 務 ベースのロールについてすり 合 わせる 4 ロール 管 理 計 画 ロール 管 理 導 入 の 目 標 実 現 イメージとの 摺 合 せを 行 う 58 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

60 (3) 留 意 事 項 本 項 目 の 留 意 事 項 は 以 下 の 通 りである 表 2.50 留 意 事 項 項 目 内 容 1 ロールの 粒 度 あくまで ロール= 権 限 のベース であるため 業 務 遂 行 上 の 権 限 が 異 なるプロジェクト 型 業 務 情 報 を ロールとして 定 義 するようにする 最 低 限 個 人 以 外 の 権 限 の 最 小 単 位 を 表 現 できるも のを 設 計 する 必 要 がある 2 ロール 同 士 の 関 係 プロジェクト 型 ロールはプロジェクトに 一 つという ことではなく プロジェクト 内 においても 複 数 の 業 務 があることがあるため そのあたりを 留 意 する 3 現 状 システムのプロ ジェクト 型 ロールとの 調 整 現 状 システムに 設 定 されているアクセス 権 限 の 中 で プロジェクト 型 業 務 としての 権 限 が 設 定 されている ものを 網 羅 するかどうかを 決 定 する 必 要 がある 4 ロールの 運 用 ロールの 設 計 情 報 として ロールの 作 成 タイミン グ 作 成 者 所 有 者 所 属 ID 変 更 の 申 請 タイミン グ 申 請 者 承 認 者 等 を 決 定 しておく 必 要 がある 5 例 外 メンバの 取 り 扱 い ロールのメンバについては 可 能 であれば 例 外 のメ ンバと 正 規 メンバを 区 別 可 能 なように 設 計 したほう が 運 用 管 理 が 行 いやすい 例 ) ロール A_ 正 規 と ロール A_ 例 外 で 分 ける など 6 ロール 運 用 上 の 役 割 定 義 ロールの 運 用 を 行 うにあたって 必 要 となる 役 割 とし ては 下 記 のようなものがある ロールオーナ ロール 監 査 担 当 ロールオペレータ これらの 役 割 は 内 部 統 制 の 権 限 分 離 の 観 点 から 兼 務 が 出 来 ないようにすることが 望 ましい 7 メンバの 決 定 方 法 ロールメンバの 決 定 はロールオーナが 決 定 する 場 合 が 多 い エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 59

61 (4) 具 体 的 な 内 容 下 記 のような 内 容 を 設 計 する 表 2.51 設 計 内 容 作 業 項 目 作 業 内 容 1 ロール 定 義 組 織 プロジェクト 型 業 務 の 調 査 メモより プロ ジェクト 型 ロールを 設 計 する(トップダウン) また ロールメンバの 条 件 例 外 対 応 についても 定 義 を 行 う 2 現 状 システムアクセス 権 限 すりあわせ トップダウンで 設 計 したロールと 現 状 システムアク セス 権 限 を 摺 合 せ ロールの 粒 度 を 確 認 する 3 ロール 間 関 係 定 義 設 計 したロール 間 の 関 係 ( 上 下 関 係 包 含 関 係 等 ) を 整 理 する 例 )ロール 間 の 関 係 等 4 ロール 運 用 情 報 定 義 ロール 運 用 に 関 する 情 報 を 定 義 する (5) 成 果 物 本 段 階 の 成 果 物 は 以 下 の 通 りである 表 2.52 成 果 物 一 覧 成 果 物 1 ロール 設 計 書 (プロ ジェクト 型 ロール) 内 容 プロジェクト 型 ロールの 一 覧 および 説 明 60 エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association

62 システムアクセス 権 限 設 計 (1) 目 的 本 タスクの 目 的 はシステムアクセス 権 限 を 設 計 することである 表 2.53 目 的 目 的 1 システムアクセス 権 限 設 計 具 体 的 内 容 実 際 のシステムにおけるアクセス 権 限 を 設 計 する (2) 前 提 条 件 本 項 目 の 前 提 となるインプット 情 報 は 下 記 の 通 りである 表 2.54 前 提 となるインプット 情 報 インプット 情 報 利 用 方 法 / 必 要 性 1 調 査 メモ( 各 種 ) 各 種 の 調 査 メモをベースにシステムのアクセス 権 限 情 報 のベースとする 2 調 査 メモ( 対 象 システ ム 現 状 ロール) 現 状 システムに 設 定 されているアクセス 権 限 を 確 認 する 4 ロール 管 理 計 画 ロール 管 理 導 入 の 目 標 実 現 イメージとの 摺 合 せを 行 う エンタープライズロール 管 理 解 説 書 2014 Japan Network Security Association 61

1 目 次 1. 業 務 可 視 化 資 料 作 成 の 目 的 2. 業 務 可 視 化 の 生 成 物 3. 業 務 可 視 化 の 記 述 方 法 4. 業 務 階 層 と 生 成 物 イメージ 5. 業 務 可 視 化 資 料 の 活 用 とその 効 果 について 6. 業 務 可 視 化

1 目 次 1. 業 務 可 視 化 資 料 作 成 の 目 的 2. 業 務 可 視 化 の 生 成 物 3. 業 務 可 視 化 の 記 述 方 法 4. 業 務 階 層 と 生 成 物 イメージ 5. 業 務 可 視 化 資 料 の 活 用 とその 効 果 について 6. 業 務 可 視 化 資 料 3 特 許 庁 業 務 システム 最 適 化 計 画 の 実 施 について (3) 業 務 可 視 化 2012 年 12 月 20 日 特 許 庁 1 目 次 1. 業 務 可 視 化 資 料 作 成 の 目 的 2. 業 務 可 視 化 の 生 成 物 3. 業 務 可 視 化 の 記 述 方 法 4. 業 務 階 層 と 生 成 物 イメージ 5. 業 務 可 視 化 資 料 の 活

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま 文 書 管 理 業 務 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2007 年 ( 平 成 19 年 ) 4 月 13 日 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 改 定 2009 年 ( 平 成 21 年 ) 8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 1 4 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 ( CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案 企 業 年 金 のマイナンバーの 取 扱 いに 関 する 厚 労 省 通 知 について 平 成 7 年 0 月 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 本 資 料 は 作 成 時 点 における 信 頼 できる 情 報 にもとづいて 作 成 されたものですが その 情 報 の 確 実 性 を 保 証 するものではありません 本 資 料 に 含 まれる 会 計 税 務 法 律 等 の 取 扱 いについては

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

水道の安全保障に関する検討会

水道の安全保障に関する検討会 3. 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 の 募 集 選 定 の 手 順 3.1 公 民 連 携 導 入 の 事 務 プロセスと 作 業 項 目 公 民 連 携 (= 業 務 委 託 以 下 公 民 連 携 という) 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 募 集 選 定 の 各 段 階 で 必 要 となる 事 務 プロセスと 作 業 項 目 を 図 3-1に 示 す 2) 水

More information

変 更 履 歴 版 数 内 容 変 更 頁 変 更 日 1.00 新 規 作 成 - H25.09.09 1.01 各 種 情 報 に 合 わせ 内 容 変 更 具 体 的 な 計 算 式 の 追 加 - H27.02.03 1.02 厚 生 年 金 保 険 料 の 猶 予 間 について 追 加 -

変 更 履 歴 版 数 内 容 変 更 頁 変 更 日 1.00 新 規 作 成 - H25.09.09 1.01 各 種 情 報 に 合 わせ 内 容 変 更 具 体 的 な 計 算 式 の 追 加 - H27.02.03 1.02 厚 生 年 金 保 険 料 の 猶 予 間 について 追 加 - 管 理 番 号 変 内 -13-0002 人 事 給 与 シ ス テ ム 変 更 仕 様 書 平 成 27 年 共 済 標 準 報 酬 制 化 第 1.00 版 平 成 25 年 9 月 9 日 第 1.01 版 平 成 27 年 2 月 3 日 第 1.02 版 平 成 27 年 2 月 13 日 第 1.03 版 平 成 27 年 2 月 23 日 第 1.04 版 平 成 27 年 3 月 13

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

行 政 文 書 の 管 理 に 関 するガイドライン 平 成 23 年 4 月 1 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 平 成 24 年 6 月 29 日 一 部 改 正 平 成 26 年 5 月 30 日 一 部 改 正 平 成 26 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 1 月 23 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 行 政 文 書 の 管

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

公共施設無線LAN整備計画

公共施設無線LAN整備計画 資 料 4 平 成 26 年 11 月 12 日 印 西 市 情 報 化 推 進 本 部 ( 了 承 ) 電 子 決 裁 導 入 計 画 ( 案 ) 平 成 26 年 10 月 印 西 市 電 子 決 裁 検 討 部 会 Page1 目 次 1. 電 子 決 裁 の 背 景 2. 電 子 決 裁 検 討 部 会 3. 電 子 決 裁 のメリット 4. 電 子 決 裁 のデメリット 5. 文 書 管

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては 不 正 防 止 リスク 対 策 Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1. 本 人 確 認 の 方 法 2.マイナンバー 提 出 を 拒 否 された 場 合 の 対 応 方 法 3 ガイドライン 変 更 点 4. 実 務 ( 人 事 労 務 編 ) 5. 実 務 ( 経 理 編 ) Ⅱ マイナンバー 漏 えいと 対 応 方 法 1. 漏 えい 時 の 会 社 の 報

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 治 体 職 員 のための マイナンバー 弁 護 士 前 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 上 席 政 策 調 査 員 水 町 雅 子 Agenda 第 1 部 番 号 法 の 概 要 番 号 制 度 のしくみ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 第 2 部 特 定 個 人 情 報 保 護 第 3 部 条 例 改 正 条 例 改 正 総 論 利 活 用 条 例 保 護 条 例 改 正 1

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73>

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73> 間 接 業 務 システム 機 能 概 要 ( 人 事 給 与 総 務 ) 別 紙 3 人 事 給 与 人 事 共 通 システム 人 事 システムを 使 用 する 者 の 利 用 範 囲 及 び 閲 覧 の 制 限 を 行 うこと 管 者 権 限 付 与 が 必 要 な 機 能 に 関 しては 別 にログインID PWの 設 定 を 行 うこと システム 内 で 起 案 確 認 承 認 等 が 行 われた

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 3 評 価 書 名 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 については 全 国 の 都 道 府 県 労 働

More information

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案)

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案) 別 添 (2) 機 構 からの 指 示 により 端 末 の 設 置 異 動 又 は 廃 止 等 ( 人 事 異 動 端 末 の 増 設 又 は 廃 止 等 )を 行 う 場 合 には 端 末 のセットアップ 設 定 変 更 等 の 作 業 を 行 う また 機 器 管 理 台 帳 をその 都 度 更 新 すること (3) 代 替 機 ( 予 備 機 )についても 台 数 及 び 保 管 場 所 を

More information

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 17 号 ソフトウェア 取 引 の 収 益 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 18 年 3 月 30 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 ソフトウェア 取 引 を 事 業 の 中 心 とした 情 報 サービス 産 業 においては 無 形 の 資 産 である ソフトウェアの 内 容 及 び 状 況 の 確 認 の 困 難 さや その

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度 平 成 27 年 7 月 29 日 ベステラ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 吉 野 佳 秀 問 合 せ 先 : 03-3630-5555 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の 基 本 情 報 1. 基 本 的 な 考 え 方 当

More information

マイナンバー対策マニュアル(物理的安全管理措置)

マイナンバー対策マニュアル(物理的安全管理措置) 物 理 的 安 全 管 理 措 置 目 的 物 理 的 安 全 管 理 措 置 は 以 下 の 点 を 目 的 として 対 処 をするものです 物 理 的 区 画 への 不 正 アクセスによる 情 報 漏 えいの 防 止 情 報 および 情 報 機 器 の 紛 失 盗 難 による 情 報 漏 えいの 防 止 本 項 では 目 的 ごとに 概 要 求 められる 要 件 と 手 法 をご 紹 介 します

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実 グループ 従 業 員 行 動 規 範 ( 総 則 ) 第 1 条 本 行 動 規 範 は 当 社 及 び 当 社 グループの 従 業 員 が 職 務 上 の 義 務 として 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 就 業 規 則 等 服 務 に 係 わる 規 程 と 併 せて 運 用 し 会 社 の 社 会 的 信 頼 の 維 持 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 従 業 員 の 定 義 )

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D315F8F5A96AF8E8B935F82CC8D7390AD8354815B8372835892F18B9F82C98CFC82AF82BD8BC696B195AA90CD8EE896408169836D815B836793FC816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D315F8F5A96AF8E8B935F82CC8D7390AD8354815B8372835892F18B9F82C98CFC82AF82BD8BC696B195AA90CD8EE896408169836D815B836793FC816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 科 目 番 号 : 4-1 授 業 名 称 : シ ラ バ ス 概 要 自 治 体 EAを 中 心 として 業 務 分 析 の 手 法 について 解 説 するとともに 実 際 のEAに 向 けた 初 歩 的 な 作 業 を 通 じて 業 務 分 析 に 係 る 理 解 を 深 める 学 習 目 標 1 自 治 体 EAに 基 づく 業 務 分 析 について 概 要 を 理 解 する (ア)EAの 考

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について 平 成 26 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 開 発 事 業 報 告 会 1 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 ~ 情 報 セキュリティ 検 討 ワーキンググループ 活 動 報 告 ~ 2015 年 3 月 20 日 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 情 報 セキュリティ 検 討 WG 1. 目 的 2 森 林 の 有 する 多 面 的 機 能 を 将 来 にわたって

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 について 平 成 27 年 3 月 経 済 産 業 省 目 次 1. 概 要 3ページ 2. 対 象 設 備 4ページ 3. 対 象 者 7ページ 4.A 類 型 ( 先 端 設 備 ) 8ページ 5.B 類 型 ( 生 産 ラインやオペレーションの 改 善 に 資 する 設 備 ) 11ページ 6. 中 小 企 業 者 等 の 上 乗 せ 措 置

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 導 入 ガイドライン Ver.1.1 平 成 26 年 6 月 改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 - 目 次 - 1. はじめに... 3 2. 概 要... 3 2.1. 開 発 コンセプト... 3 (1) 人 命 にかかわる 初 動 の 災 害 対 応

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント 2015 年 9 月 14 日 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)による 市 中 協 議 文 書 誤 って 支 給 された 報 酬 の 返 還 に 係 る 上 場 規 則 に 対 するコメント 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 全 国 銀 行 協 会 として 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)から7 月 1 日 に 公 表 された 誤 って 支 給 された 報 酬 の

More information

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ 平 成 27 年 5 月 20 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 マツヤ 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 小 磯 恵 司 (J A S D A Q コード 7452) 問 合 せ 先 執 行 役 員 財 務 本 部 長 北 川 正 一 (TEL (026)241-1314) 当 社 株 式 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 継 続 における 当 社 のこれまでの 状

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 公 告. 競 争 入 札 に 付 する 事 項 () 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づ くシステム 評 価 に 係 る 業 務 () 委 託 業 務 の 目 的 等 入 札 説 明 書 による (3) 委 託 業 務 実 施 期

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです GMO CLICK Holdings,Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 4 月 1 日 GMOクリックホールディングス 株 式 会 社 代 表 執 行 役 社 長 鬼 頭 弘 泰 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 03 6221 0206 証 券

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20495482C982E682E98BC696B18CF897A689BB82F08D6C82A682E9566572312E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20495482C982E682E98BC696B18CF897A689BB82F08D6C82A682E9566572312E707074> 弁 護 士 システム 護 (まもる) ITによる 業 務 効 率 化 を 考 える 事 務 所 の 業 務 機 能 面 から 検 証 株 式 会 社 リーガル H23 年 11 月 Ⅰ ITを 活 用 した 業 務 効 率 化 の 目 的 弁 護 士 の 業 務 集 中 に 最 適 な 業 務 環 境 の 構 築 1 弁 護 士 自 身 のルーティン 作 業 の 効 率 化 正 確 化 2 事 務

More information

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効 マイナンバー 制 度 の 動 向 と 個 人 番 号 カードについて 総 務 省 住 民 制 度 課 住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

More information

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては ( 地 Ⅲ26) 平 成 28 年 4 月 21 日 都 道 府 県 医 師 会 担 当 理 事 殿 日 本 医 師 会 常 任 理 事 道 永 麻 里 がん 検 診 に 係 る 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 標 記 につきまして 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 文 書 ( 地 Ⅲ211)(

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

オ 産 業 分 類 別 検 索 カ 資 本 金 区 分 別 検 索 キ 従 業 員 数 区 分 別 検 索 ク 海 外 展 開 別 検 索 ケ 施 策 活 用 別 検 索 コ フラッグ 検 索 ( 複 数 フラッグでの 検 索 ができること) サ キーワード 検 索 (2) インポート エクスポート

オ 産 業 分 類 別 検 索 カ 資 本 金 区 分 別 検 索 キ 従 業 員 数 区 分 別 検 索 ク 海 外 展 開 別 検 索 ケ 施 策 活 用 別 検 索 コ フラッグ 検 索 ( 複 数 フラッグでの 検 索 ができること) サ キーワード 検 索 (2) インポート エクスポート 企 業 カルテシステム 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 栃 木 県 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 企 業 カルテシステム 構 築 業 務 を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )について 必 要 な 事 項 を 定 めたものである なお 本 仕 様 書 は 基 本 的 な 機 能 について 記 載 したものであり システム 構 築 上 通 常 必 要 とな

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc 税 金 と 資 金 繰 りでトクするための 開 業 チェックポイント 公 認 会 計 士 税 理 士 坂 口 会 計 事 務 所 #1. 開 業 のスタイルと 開 業 に 当 たって 気 をつけたい 税 金 個 人 事 業 と 会 社 どの 形 態 を 選 ぶか? まずは 個 人 事 業 と 会 社 のメリット デメリットを 簡 単 に 記 載 しておきます 個 人 事 業 メリット デメリット 経

More information

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情 マイナンバー 制 度 の 概 要 とリスク 対 応 み ず ま ち 水 ま さ こ 町 雅 子 五 番 町 法 律 事 務 所 弁 護 士 1.はじめに 2016 年 1 月 より マイナンバー 制 度 が 本 格 始 動 した 既 に 勤 務 先 からマイナンバーを 聞 かれた り 地 方 公 共 団 体 窓 口 でマイナンバーの 提 示 を 求 められたりした 方 もいるだろう 一 方 で マスコ

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

Microsoft PowerPoint - 150810資料修正案(藤村悠一).pptx

Microsoft PowerPoint - 150810資料修正案(藤村悠一).pptx 平 成 27 年 9 1 RA 協 議 会 年 次 会 URAと 事 務 職 員 の 中 間 職 から た 混 職 協 働 のポイント 国 学 法 学 学 研 究 推 進 機 構 URA 室 URA 援 事 務 部 藤 村 悠 紹 介 など 現 在 は 学 研 究 推 進 機 構 研 究 推 進 戦 略 部 URA 室 URA 援 事 務 部 (+IR 室 )にて 勤 務 中 本 籍 は 学 術 研

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 課 長 補 佐 検 事 磯 村 建 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

スライド 1

スライド 1 株 式 会 社 AA 殿 IT 投 資 計 画 策 定 方 法 のご 提 案 ~ 効 果 的 効 率 的 にIT 経 営 を 導 入 するために~ 平 成 2X 年 X 月 X 日 特 定 非 営 利 活 動 法 人 東 京 ITコーディネータ 1.ご 提 案 の 目 的 IT 経 営 の 導 入 は 新 しい 経 営 基 盤 を 構 築 することであり 経 営 視 点 から 費 用 対 効 果 の

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し 平 成 26 年 度 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 概 要 包 括 外 部 監 査 人 井 上 信 二 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要 1 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ) 県 税 の 賦 課 徴 収 に 係 る 事 務 の 執 行 について 2 監 査 の 対 象 岡 山 県 総 務 部 税 務 課 及 び 県 民 局 税 務 部 なお 特 定 の

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information