下 記 のとおり 出 張 講 義 を 依 頼 します 学 校 名 等 ご 担 当 者 希 望 講 義 ご 希 望 の 学 科 と No.を 選 択 し 名 を ご 記 入 ください 氏 電 名 話 第 1 希 望 第 2 希 望 出 張 講 義 申 込 書 本 学 の 授 業 や 学

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "下 記 のとおり 出 張 講 義 を 依 頼 します 学 校 名 等 ご 担 当 者 希 望 講 義 ご 希 望 の 学 科 と No.を 選 択 し 名 を ご 記 入 ください 氏 電 名 話 E-mail 第 1 希 望 第 2 希 望 出 張 講 義 申 込 書 本 学 の 授 業 や 学 "

Transcription

1 夢 を 叶 え る 学 び が あ る 平 成 28 年 度 教 員 紹 介 出 張 講 義 のご 案 内

2 下 記 のとおり 出 張 講 義 を 依 頼 します 学 校 名 等 ご 担 当 者 希 望 講 義 ご 希 望 の 学 科 と No.を 選 択 し 名 を ご 記 入 ください 氏 電 名 話 第 1 希 望 第 2 希 望 出 張 講 義 申 込 書 本 学 の 授 業 や 学 内 行 事 により ご 希 望 に 添 えない 場 合 もありますことをご 了 承 ください 平 成 年 月 日 学 科 名 : 社 会 福 祉 学 科 人 間 社 会 学 科 健 康 スポツ 学 科 保 育 学 科 No 名 : 学 科 名 : 社 会 福 祉 学 科 人 間 社 会 学 科 健 康 スポツ 学 科 保 育 学 科 No 名 : 希 望 日 時 平 成 年 月 日 ( ) : : 受 講 人 数 等 予 定 人 数 名 ( 対 象 者 : ) その 他 連 絡 事 項 等 出 張 講 義 について 聖 カタリナ 大 学 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 では 生 徒 や 保 護 者 などを 対 象 とした 出 張 講 義 を 行 っ ております 大 学 で 行 われる 講 義 の 一 部 を 体 験 していただくことで 生 徒 の 皆 さまの 学 問 への 動 機 付 けや 進 路 選 択 のご 参 考 になればと 考 えております 各 学 科 の 紹 介 ペジにて 出 張 講 義 のを 提 示 しておりますので ご 希 望 に 添 うがござ いましたら お 気 軽 に 入 試 課 までお 問 い 合 わせください 出 張 講 義 に 関 する 問 合 せ 先 愛 媛 県 松 山 市 北 条 660 番 地 聖 カタリナ 大 学 入 試 課 TEL: 出 張 講 義 の 申 込 方 法 このペジをコピし 以 下 に 必 事 項 をご 記 入 のうえ FAX にてご 送 信 ください 追 って 担 当 者 から 出 張 講 義 の 実 施 についてのご 連 絡 をさせていただきます 申 込 先 FAX: ( 聖 カタリナ 大 学 入 試 課 ) 1 2 人 間 健 康 福 祉 学 部 社 会 福 祉 専 攻 社 会 福 祉 学 科 地 域 社 会 に 貢 献 できる 福 祉 のスペシャリストを 目 指 す 福 祉 の 中 核 を 担 う ソシャルワカを 育 てます 4 年 制 のメリットを 活 かし 質 の 高 い 介 護 福 祉 士 を 輩 出 幅 広 い 分 野 で 活 躍 する 専 門 職 を 養 成 全 国 でもいち 早 く 福 祉 専 門 職 の 養 成 を 開 始 した 大 学 の 一 つである 本 学 には 多 くの 卒 業 生 がいます そのネットワクを 体 験 学 習 や 外 部 講 師 という 形 で 活 用 するなど 講 義 と 実 践 の 両 面 であらゆる 福 祉 分 野 に 対 応 できる 人 材 を 養 成 しています 介 護 福 祉 専 攻 ります 災 害 時 に 一 人 で 避 難 できない 高 齢 者 や 障 害 者 はどうなるの? 大 学 での 授 業 科 目 災 害 福 祉 論 スモルスップを 採 用 して 学 習 効 果 を 最 大 に 引 き 出 す 専 門 的 な 内 容 は 自 主 的 な 復 習 だけでは 学 習 効 果 に 限 界 があります 段 階 的 にスップアップできるよう 教 員 が 小 ストや 復 習 個 別 指 導 をこまめに 行 い 学 生 の 能 力 を 多 方 面 から 評 価 することで 学 びを 深 めて いきます 地 域 での 社 会 的 活 動 を 通 した 学 び アクィブラニングはもちろんのこと サビスラニングも 取 り 入 れています 高 齢 化 や 人 間 関 係 の 希 薄 化 の 進 む 地 域 では まち づくりを 通 した 課 題 の 改 善 に 取 り 組 んでいます 人 生 に 寄 り 添 う 介 護 を 実 現 する 災 害 が 発 生 した 時 誰 でも 考 える 行 動 は 避 難 所 に 避 難 する ですが 地 域 では 避 難 行 動 を 取 れない 高 齢 者 や 障 害 者 が 多 く 暮 らしています このような 一 人 では 避 難 できない 人 を 災 害 時 援 護 者 と 呼 びますが 災 害 福 祉 論 では 災 害 時 援 護 者 の 避 難 を 手 助 けする 方 法 や 避 難 所 に 避 難 した 後 の 生 活 支 援 の 方 法 をップ 作 りやゲムを 通 して 学 びます 福 祉 のまちづくりをする 人 材 をつくろう! 社 会 福 祉 は すべての 人 が 地 域 社 会 で 安 心 して 暮 らせるよ うにするための 環 境 づくりを 目 的 としており 地 域 住 民 や ボランィア 等 の 力 も 欠 かせません その 考 え 方 や 問 題 の 対 処 法 のための 学 びが 福 祉 教 育 です この 講 義 では 身 近 な 人 間 関 係 (ご 近 所 関 係 )や 地 域 内 の 課 題 ( 独 居 高 齢 者 関 係 の 希 薄 化 )などからを 設 定 していただき ワ クやトレニングを 通 して 受 講 者 自 身 が 解 決 策 を 考 える ことで 気 付 き 築 く 学 習 を 展 開 します 大 学 での 授 業 科 目 福 祉 教 育 論 ボランィア 論 少 人 数 制 と 構 内 施 設 の 活 用 で 充 実 の 学 び 学 生 一 人 ひとりに 教 員 の 目 が 届 きやすいよう 1 学 年 20 名 の 少 人 数 制 また 構 内 には 特 別 養 護 老 人 ホム 聖 ルチンの 家 があ 介 護 福 祉 士 と 社 会 福 祉 士 の 2 資 格 取 得 可 能 介 護 福 祉 士 だけでなく 社 会 福 祉 士 の 国 家 資 格 も 取 得 できるよう 4 年 次 から 国 家 試 験 対 策 講 座 を 実 施 学 内 の 教 員 外 部 講 師 も 招 き 試 験 勉 強 を 本 格 的 に 行 います 現 場 実 習 は 4 年 間 でトタル 464 時 間 厚 生 労 働 省 の 規 定 450 時 間 を 上 回 る 実 習 時 間 が 確 保 され 即 戦 力 となる 人 材 の 養 成 に 努 めています 延 べ 10 カ 所 の 施 設 で 実 習 を 行 うことは 将 来 の 就 職 にも 役 立 ちます 出 張 講 義 3 4 認 知 症 を 正 しく 知 ろう~ 認 知 症 サポタ 養 成 講 座 認 知 症 サポタ 養 成 講 座 ( 認 知 症 の 住 民 講 座 )を 受 けた 人 を 認 知 症 サポタ と 呼 びます サポタとして 認 知 症 を 正 しく 理 解 し 認 知 症 の 人 を 応 援 するのが 認 知 症 サポタです 認 知 症 の 人 や 家 族 の 気 持 ちを 理 解 するよ う 努 め 自 分 のできる 範 囲 で 手 助 けや 応 援 をし 認 知 症 に やさしい 街 を 作 りましょう この 講 座 は 受 講 後 認 知 症 を 支 援 する 目 印 として オレンジ 色 のブレスレット オ レンジ リング をお 渡 しします 大 学 での 授 業 科 目 認 知 症 の 理 解 Ⅰ 認 知 症 の 理 解 Ⅱ こころの 病 気 と 福 祉 日 々の 暮 らしにおいて こころが 傷 付 くことは 誰 にでもあ ることです その 中 で 自 分 の 力 だけではどうしようもな くなることがあります この 講 義 では 身 近 なこころの 病 気 とその 支 援 精 神 保 健 福 祉 領 域 のソシャルワカに ついてお 話 します 大 学 での 授 業 科 目 精 神 保 健 福 祉 論 精 神 科 ソシャルワク 論 02

3 社 会 福 祉 学 科 社 会 福 祉 専 攻 社 会 福 祉 学 科 社 会 福 祉 専 攻 ホビノ サンミゲル Jovino San Miguel 玉 井 建 三 Tamai Kenzo 西 田 佳 世 Nishida Kayo 畔 地 利 枝 Azechi Toshie 哲 学 神 学 文 学 キリスト 教 学 多 文 化 コミュニ ケション 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 評 議 員 日 本 カトリック 学 校 連 合 会 常 任 理 事 日 本 カトリック 短 期 大 学 連 盟 会 長 NPO 法 人 愛 媛 県 レクリエション 協 会 会 長 愛 媛 県 ユニセフ 協 会 会 長 地 域 文 化 論 江 戸 東 京 学 人 文 地 理 学 地 域 文 化 論 人 文 地 理 学 地 球 環 境 論 日 本 事 情 Ⅰ 生 活 文 化 入 門 地 誌 学 老 年 看 護 学 慢 性 看 護 学 ( 特 に 糖 尿 病 看 護 分 野 ) エンドオブライフケ ア 学 障 害 の 理 解 Ⅰ 発 達 と 老 化 の 理 解 Ⅱ リハビリション 論 こころとか らだのしくみ 加 齢 及 び 障 害 の 理 解 社 会 福 祉 法 人 広 寿 会 第 三 者 委 員 愛 媛 県 認 知 症 施 策 推 進 会 議 委 員 日 本 糖 尿 病 教 育 看 護 学 会 編 集 委 員 ほか 社 会 福 祉 ( 主 に 児 童 家 庭 福 祉 分 野 ) 児 童 家 庭 福 祉 論 社 会 福 祉 援 助 技 術 論 Ⅰ 社 会 福 祉 援 助 技 術 演 習 Ⅰ Ⅲ 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 指 導 Ⅰ Ⅱ 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 ボラン ィア 論 児 童 虐 待 事 例 評 価 検 討 会 議 委 員 社 会 福 祉 法 人 愛 媛 県 社 会 福 祉 事 業 団 苦 情 解 決 第 三 者 委 員 松 山 市 社 会 福 祉 審 議 会 委 員 松 山 市 障 がい 者 総 合 支 援 協 議 会 委 員 松 山 市 都 市 計 画 審 議 会 委 員 鷹 尾 雅 裕 Takao Masahiro 関 谷 由 香 里 Sekiya Yukari 丹 下 美 輪 Tange Miwa 高 杉 公 人 Takasugi Kimihito 精 神 障 害 者 福 祉 発 達 臨 床 心 理 学 社 会 医 学 精 神 保 健 障 害 の 理 解 一 般 財 団 法 人 清 和 会 理 事 一 般 財 団 法 人 創 精 会 苦 情 解 決 第 三 者 委 員 基 礎 看 護 学 看 護 倫 理 学 倫 理 学 論 人 間 関 係 論 心 身 の 健 康 精 神 保 健 医 療 福 祉 精 神 科 リハビリション 学 精 神 保 健 福 祉 ( 実 習 指 導 実 習 演 習 ) 松 山 市 障 害 者 介 護 給 付 認 定 審 査 委 員 愛 媛 県 精 神 医 療 審 査 会 委 員 NPO 法 人 ほっとねっと 社 員 地 域 福 祉 ( 地 域 福 祉 計 画 福 祉 のまちづく り) 国 際 福 祉 ( 社 会 開 発 コミュニィ 開 発 ) 社 会 福 祉 原 論 Ⅰ Ⅱ 地 域 福 祉 論 Ⅰ Ⅱ 社 会 福 祉 士 実 習 演 習 系 科 目 福 祉 社 会 開 発 入 門 災 害 福 祉 論 日 本 社 会 福 祉 士 養 成 校 協 会 国 家 試 験 合 格 支 援 委 員 会 委 員 日 本 社 会 福 祉 士 会 中 四 国 ブロック 運 営 委 員 愛 媛 県 社 会 福 祉 法 人 地 域 公 益 活 動 モデル 事 業 アドバイザ 愛 媛 県 ボランィア 市 民 活 動 センタ 福 祉 学 習 ボランィアプ ロジェクト 委 員 会 アドバイザ 山 本 克 司 Yamamoto Katsushi 矢 島 伸 浩 Yajima Nobuhiro 村 岡 則 子 Muraoka Noriko 釜 野 鉄 平 Kamano Teppei 憲 法 ( 人 権 論 ) 権 利 擁 護 ( 高 齢 者 虐 待 防 止 ) 憲 法 説 法 学 行 政 法 社 会 福 祉 法 制 論 権 利 擁 護 と 成 年 後 見 愛 媛 県 社 会 福 祉 協 議 会 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 契 約 締 結 審 査 会 委 員 長 愛 媛 県 人 権 施 策 推 進 協 議 会 副 会 長 経 営 学 経 営 学 論 ケィング 論 人 的 資 源 管 理 論 キャリアデザイン 愛 媛 労 働 局 職 業 安 定 部 所 掌 委 託 事 業 各 種 委 員 会 公 益 財 団 法 人 オイ スカ 愛 媛 県 支 部 特 定 非 営 利 活 動 法 人 AMDA 社 会 開 発 機 構 NPO 法 人 ドリム ガルズ プロジェクト 社 会 福 祉 人 材 養 成 医 療 ソシャ ルワク 介 護 労 働 社 会 福 祉 援 助 技 術 演 習 Ⅰ Ⅲ 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 指 導 Ⅰ ab 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 指 導 Ⅱ 社 会 福 祉 援 助 技 術 論 Ⅱ Ⅲ a b 社 会 福 祉 調 査 医 療 ソシャルワク 実 践 論 医 療 福 祉 論 基 礎 演 習 Ⅱ ノリゼション( 高 齢 者 福 祉 ) 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 指 導 高 齢 者 福 祉 実 践 論 日 本 人 間 関 係 学 会 倫 理 委 員 会 副 委 員 長 日 本 福 祉 図 書 文 献 学 会 評 議 員 佐 々 木 裕 子 Sasaki Hiroko 恒 吉 和 徳 Tsuneyoshi Kazunori 村 上 佳 子 Murakami Yoshiko 近 藤 益 代 Kondo Masuyo 人 間 健 康 福 祉 学 部 助 教 人 間 健 康 福 祉 学 部 助 教 カトリック 社 会 教 説 と 国 際 福 祉 国 際 協 力 開 発 教 育 社 会 福 祉 論 社 会 福 祉 発 達 史 国 際 福 祉 論 国 際 NPO NGO 論 インタンシップ 高 松 教 区 青 少 年 司 牧 委 員 Table for Two 実 施 拡 大 のための 啓 発 介 護 予 防 強 化 促 進 事 業 チム 高 齢 者 福 祉 社 会 保 障 福 祉 専 門 職 養 成 老 人 福 祉 論 社 会 保 障 論 Ⅰ Ⅱ 福 祉 行 財 政 論 福 祉 科 教 育 法 教 育 実 習 愛 媛 県 行 政 評 価 シスム 外 部 評 価 委 員 松 山 市 社 会 福 祉 審 議 会 委 員 松 山 市 社 会 福 祉 施 設 整 備 審 査 会 委 員 愛 媛 県 障 害 者 介 護 給 付 等 不 服 審 査 会 委 員 松 山 市 地 域 包 括 支 援 セン タ 運 営 協 議 会 委 員 精 神 医 学 ソシャルワク 精 神 科 ソシャルワク 論 精 神 保 健 福 祉 援 助 演 習 精 神 保 健 福 祉 実 習 社 会 福 祉 法 人 愛 媛 県 共 同 募 金 会 配 分 委 員 松 山 市 市 民 活 動 推 進 委 員 NPO 法 人 どんまい 社 員 社 会 福 祉 ( 主 に 障 害 者 福 祉 分 野 ) 障 害 者 福 祉 論 障 害 者 福 祉 実 践 論 就 労 支 援 論 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 権 利 擁 護 センタぱあとなあ 愛 媛 成 年 後 見 人 等 障 害 者 支 援 施 設 評 議 員 03 04

4 社 会 福 祉 学 科 介 護 福 祉 専 攻 秋 山 昌 江 Akiyama Masae 介 護 福 祉 学 高 齢 者 ケア 領 域 介 護 福 祉 論 Ⅰ Ⅳ こころとからだのしく みⅠ Ⅱ 認 知 症 の 理 解 Ⅰ Ⅱ 医 療 的 ケアⅠ Ⅳ 愛 媛 県 地 域 密 着 型 サビス 評 価 委 員 会 副 委 員 長 愛 媛 県 福 祉 サビス 第 三 者 評 価 委 員 愛 媛 県 介 護 普 及 センタ 運 営 委 員 会 委 員 長 愛 媛 県 社 会 福 祉 協 議 会 介 護 実 技 普 及 指 導 講 師 社 会 福 祉 法 人 聖 カタリナ 特 別 養 護 老 人 ホム 聖 ルチンの 家 評 議 委 員 愛 媛 県 防 災 会 議 委 員 愛 媛 県 社 会 福 祉 法 人 社 会 福 祉 事 業 団 理 事 愛 媛 県 障 害 者 施 策 推 進 協 議 会 委 員 日 本 介 護 福 祉 学 会 評 議 員 北 条 高 等 学 校 評 議 員 武 村 淳 司 Takemura Junji 高 齢 者 福 祉 福 祉 用 具 生 活 支 援 技 術 Ⅰ Ⅱ 介 護 過 程 Ⅰ Ⅴ 介 護 福 祉 論 Ⅴ コミュニケ ション 技 術 Ⅰ Ⅱ 介 護 総 合 演 習 (2 3 年 生 ) 介 護 実 習 (2 3 年 生 ) 特 別 養 護 老 人 ホム 聖 ルチンの 家 第 三 者 委 員 愛 媛 県 シルバ 人 材 センタ 連 合 会 介 護 職 員 初 任 者 研 修 講 師 人 間 健 康 福 祉 学 部 人 間 社 会 学 科 人 と 社 会 を 多 面 的 に 学 びあらゆる 組 織 の 課 題 解 決 に 挑 む コミュニケション 力 の 高 い 人 材 を 養 成 社 会 学 と 心 理 学 から 人 と 社 会 を 学 ぶ 社 会 を 構 成 する 人 間 の 心 理 や 行 動 それらの 人 間 を 取 り 巻 く 集 団 やシスムについて 理 解 を 深 め 現 代 社 会 が 有 するさまざまな 問 題 にアプロ チします 2 系 統 の 科 目 群 を 学 び 専 門 性 を 磨 く 企 業 社 会 系 では 経 済 や 経 営 の 分 野 を 社 会 学 の 視 点 か ら 幅 広 く 人 間 コミュニケション 系 では 心 理 学 やコミュニケション 学 を 通 じて 他 者 とのかかわりについて 学 びます 課 題 探 究 能 力 と ヒュン スキルを 養 成 人 間 と 社 会 のより 良 い 関 係 や 社 会 的 存 在 としての 人 の 活 動 や 営 みについて 教 育 研 究 を 行 っています 専 門 的 な 知 識 を 身 につけ 企 業 社 会 に 貢 献 できる 人 材 を 養 成 します 出 張 講 義 1 2 こころを 科 学 する- 心 理 学 入 門 - 心 理 学 は こころ と 行 動 を 研 究 する 学 問 です その ため 実 際 の 心 理 学 の 研 究 では 社 会 一 般 で 考 えられている 心 理 学 のイメジよりも 広 範 囲 にわたった 研 究 が 進 められ ています この 講 義 では 心 理 学 を 代 表 するいくつかの 分 野 について 具 体 例 をとおして 紹 介 し 心 理 学 の 面 白 さを 伝 えたいと 思 います 大 学 での 授 業 科 目 心 理 学 Ⅰ 心 理 学 Ⅱ ストレスと 上 手 につきあおう 私 たちは 毎 日 の 生 活 の 中 で 学 校 の 勉 強 人 間 関 係 など さまざまなストレスを 経 験 します ストレスをうまく 処 理 できず 限 界 を 超 えてしまうと こころと 体 に 不 調 が 生 じる ことがあります ストレスと 上 手 につきあい 乗 り 越 えるこ とは 健 康 な 生 活 を 送 る 上 で 大 切 なことです この 講 義 では 心 理 学 の 立 場 からストレスと 上 手 につきあう 方 法 について 紹 介 します 大 学 での 授 業 科 目 カウンセリング 産 業 カウンセリング 感 情 心 理 学 など 3 4 インタネット 時 代 のコミュニケション スキル 現 代 の 若 者 はインタネットや SNS などの 新 しいメディア 環 境 に 置 かれており 様 々な 悩 みやストレスを 抱 えていま す この 講 義 では インタネット 上 のやり 取 りでのトラ ブル 回 避 法 の 秘 訣 や 適 切 な 自 己 表 現 と 他 者 への 気 遣 い を 伴 った 人 づきあいのコツを 伝 授 します 大 学 での 授 業 科 目 コミュニケション 論 社 会 学 原 論 ビジネスナと 接 客 スキルを 身 につける みなさんが 高 校 大 学 を 卒 業 して 社 会 に 出 た 時 に 求 められ るのは 社 会 人 としてのナが 身 についていること そ して 接 客 や 職 場 内 での 円 滑 なコミュニケション 能 力 です この 講 義 では 正 しい 敬 語 とあいさつ 好 感 度 を 高 める 表 情 と 姿 勢 などについてポイントを 解 説 し 演 習 形 式 で トレニングします( 面 接 試 験 対 策 にも 最 適 です) 大 学 での 授 業 科 目 インタンシップ キャリアスタディ 05 06

5 人 間 社 会 学 科 坂 原 明 Sakahara Akira 臨 床 心 理 学 対 人 心 理 学 発 達 臨 床 心 理 学 社 会 心 理 学 カウ ンセリング 日 本 教 育 カウンセラ 協 会 評 議 員 愛 媛 大 学 教 育 学 部 附 属 特 別 支 援 学 校 第 三 者 評 価 委 員 松 尾 浩 一 郎 Matsuo Koichiro 発 達 心 理 学 感 情 心 理 学 心 理 学 Ⅰ Ⅱ 発 達 心 理 学 教 育 心 理 学 教 職 実 践 演 習 教 育 実 習 愛 媛 県 看 護 協 会 保 健 師 助 産 師 看 護 師 実 習 指 導 者 講 習 会 講 師 ( 教 育 心 理 学 担 当 年 まで) 人 間 健 康 福 祉 学 部 健 康 スポツ 学 科 徳 田 剛 Tokuda Tsuyoshi 理 論 社 会 学 地 域 社 会 学 災 害 社 会 学 コミュニケション 論 サビ ス コミュニケション 論 経 済 社 会 学 量 的 デタの 解 析 都 市 社 会 学 地 域 社 会 学 震 災 10 年 市 民 検 証 研 究 会 拡 大 幹 事 会 メンバ 災 害 ボランィア 講 座 講 師 ( 松 山 市 社 協 伊 予 市 社 協 ほか) 森 平 准 次 Moridaira Junji 臨 床 心 理 学 深 層 心 理 学 コミュニケション スキル 臨 床 心 理 学 産 業 カウンセリング 長 尾 由 希 子 Nagao Yukiko 教 育 社 会 学 青 少 年 の 進 路 意 識 教 養 教 育 と 職 業 教 育 の 関 係 専 門 職 志 向 人 間 社 会 学 論 デタ 分 析 の 基 礎 社 会 調 査 実 習 Ⅰ Ⅱ インタンシッ プ 教 育 社 会 学 ジェンダの 社 会 学 平 成 27 年 度 愛 媛 県 教 育 委 員 会 点 検 評 価 報 告 書 ( 学 識 経 験 者 意 見 ) 愛 媛 県 雇 用 対 策 会 議 委 員 厚 生 労 働 省 愛 媛 労 働 局 愛 媛 地 方 労 働 審 議 会 委 員 等 森 岡 陽 介 Morioka Yousuke 感 情 心 理 学 認 知 神 経 心 理 学 生 理 心 理 学 心 理 学 Ⅰ Ⅱ 心 理 学 研 究 法 心 理 学 基 礎 実 験 Ⅰ Ⅱ 感 情 心 理 学 認 知 心 理 学 心 理 統 計 学 地 域 産 学 官 連 携 科 学 技 術 振 興 事 業 地 域 イノベション 戦 略 支 援 プログラム けいはんな 学 研 都 市 ヘルスケア 開 発 地 域 MRI 室 研 究 員 コンソシアム 愛 媛 インタンシップ 部 会 員 心 と 身 体 の 健 康 を 守 るプロフェッショナルになる 健 康 づくりに 関 する 指 導 者 を 養 成 健 康 増 進 産 業 はもちろん 運 動 型 健 康 増 進 施 設 や 自 治 体 福 祉 施 設 など 幅 広 い 分 野 で 求 められて いる 人 材 を 養 成 し 健 康 的 で 豊 かな 社 会 の 実 現 に 貢 献 します 心 と 身 体 の 健 康 をつくる 教 育 者 指 導 者 を 養 成 学 内 に 生 涯 学 習 の 拠 点 を 設 置 講 義 フロアやスタジオも 併 設 したスポツジム 施 設 ヘル スプロモションセンタ<サル> は 地 域 に 開 かれた 生 涯 学 習 の 拠 点 とし て 地 域 コミュニィの 形 成 にも 役 立 っ ています 出 張 講 義 中 学 校 高 等 学 校 の 保 健 体 育 教 員 を 養 成 健 康 を 維 持 増 進 するための 指 導 方 法 や スポツ 科 学 に 関 する 知 識 技 術 さらには 社 会 科 学 に もとづく 健 康 社 会 の 構 築 に 向 けた 知 見 を 習 得 し 将 来 教 育 者 として 活 躍 できる 人 材 を 育 成 します 大 黒 屋 貴 稔 Ooguroya Takatoshi 理 論 社 会 学 知 識 社 会 学 現 代 ド イツ 社 会 学 社 会 学 Ⅰ Ⅱ 社 会 学 史 産 業 社 会 学 国 際 社 会 学 社 会 調 査 実 習 早 稲 田 社 会 学 会 研 究 活 動 委 員 田 村 周 一 Tamura Shuichi 理 論 社 会 学 医 療 社 会 学 アメリ カ 社 会 学 社 会 学 Ⅰ Ⅱ 社 会 調 査 論 社 会 調 査 実 習 Ⅰ Ⅱ 家 族 社 会 学 1 2 大 学 での 授 業 科 目 大 学 での 授 業 科 目 健 康 とスポツ 健 康 にはスポツ( 運 動 )の 実 施 が 不 可 欠 です 人 は スポ ツの 実 践 を 通 して 身 体 的 のみならず 心 理 的 社 会 的 に 成 長 できるものです この 講 義 では スポツがもたらす 様 々 な 健 康 の 効 果 についてお 話 します また 演 習 として 一 緒 に 運 動 を 行 うこともあります 一 緒 に 健 康 的 なライフスタ イルの 構 築 を 目 指 しましょう 健 康 とスポツ 体 育 理 論 健 康 心 理 学 スポツ 社 会 学 健 康 社 会 学 スポツの 重 性 スポツに 関 わる 人 が 増 えたり スポツに 関 連 した 仕 事 も 増 えています 人 々や 社 会 のスポツニズとスポツ 文 化 の 多 様 化 の 視 点 から これまでのスポツとこれから のスポツの 方 向 性 について 考 えていきます また 運 動 が 心 身 にもたらす 効 果 についても 説 明 していきます 体 つくり 運 動 キッズスポツ 指 導 実 践 スポツ 社 会 学 論 生 涯 スポツ 論 コミュニィスポツ 論 トレ ニング 論 3 4 大 学 での 授 業 科 目 大 学 での 授 業 科 目 社 会 で 活 躍 するスポツ 指 導 者 スポツ 指 導 者 に 必 とされる 資 格 を 中 心 に 説 明 します 保 健 体 育 教 員 免 許 健 康 運 動 実 践 指 導 者 健 康 運 動 指 導 士 障 害 者 スポツ 指 導 員 レクリエション インストラク タなどの 資 格 を 活 かして スポツ 指 導 者 はどのように 社 会 で 活 躍 しているかを 紹 介 します 保 健 体 育 科 教 育 法 トレニング 実 習 健 康 づくり 指 導 法 障 害 者 スポツ レクリエション 指 導 法 スポツ 指 導 者 に 求 められる 資 質 チム( 部 )をまとめ メンバ( 部 員 )の やる 気 を 引 き 出 すために 指 導 者 (リダ)が 大 切 にしなければな らないことってなんでしょう リダシップ 理 論 やモチ ベション 理 論 などの 視 点 から 優 れた 指 導 者 (リダ) に 求 められる 件 について 考 えます スポツ 経 営 管 理 学 スポツ 組 織 論 スポツリダ シップ 論 スポツ 心 理 学 07 08

6 健 康 スポツ 学 科 健 康 スポツ 学 科 山 本 万 喜 雄 Yamamoto Makio 稲 田 俊 治 Inada Toshiharu 青 木 謙 介 Aoki Kensuke 芳 地 泰 幸 Houchi Yasuyuki 学 校 保 健 健 康 教 育 地 域 に 根 ざし た 子 育 て 支 援 活 動 発 達 保 障 教 職 論 発 育 発 達 論 障 害 者 の 心 理 発 達 心 理 学 保 健 体 育 科 教 育 法 松 山 市 保 健 所 はじめてのパパ のための 教 室 講 師 コプえひ め 有 識 者 理 事 愛 媛 大 学 医 学 部 徳 島 大 学 医 学 部 非 常 勤 講 師 NPO 法 人 スペシャルオリンピックス 日 本 愛 媛 理 事 長 スポツ 社 会 学 ( 地 域 スポツ 論 ) スポツ 社 会 学 論 生 涯 スポツ 論 コミュニィスポツ 論 松 山 市 ふれあい いきいきサロン 介 護 予 防 推 進 チム 委 員 高 知 県 スポツ 推 進 審 議 会 副 会 長 スポツ 医 学 アスレィックト レニング 学 野 外 教 育 学 (キャ ンプ スキ) 健 康 とスポツ トレニング 論 トレニング 実 習 トレニング 施 設 指 導 実 践 静 岡 県 レスリング 協 会 理 事 スポツ 経 営 学 組 織 行 動 論 経 営 管 理 論 産 業 組 織 心 理 学 スポツ 経 営 管 理 学 スポツ 組 織 論 健 康 スポツビジネス 論 等 まつやまシニアカレッジ 講 師 復 興 支 援 大 学 地 域 復 興 支 援 ワンス トップサビス 事 業 セミナ 講 師 ロウ,リンダ クリスイン Rowe, Linda Christine 宮 武 信 枝 Miyatake Nobue 齋 藤 拓 真 Saito Takuma 人 間 健 康 福 祉 学 部 助 教 英 語 に 関 すること 英 語 Ⅰ Ⅳ 専 門 演 習 Ⅰ 松 山 市 環 境 審 議 会 委 員 キリスト 教 聖 書 学 宗 教 文 化 スペイン( 語 ) 国 際 社 会 福 祉 キリスト 教 学 スペイン 語 キリ スト 教 と 福 祉 宗 教 学 論 他 体 育 科 教 育 学 バスケットボル 体 育 理 論 キッズスポツ 指 導 実 践 体 づくり 運 動 サッカ 寺 尾 寿 芳 Terao Kazuyoshi 桂 和 仁 Katsura Kazuhito 神 学 宗 教 学 人 間 学 キリスト 教 学 キリスト 教 人 間 学 哲 学 論 倫 理 学 論 日 本 宗 教 学 会 評 議 員 心 理 学 臨 床 スポツ 心 理 学 健 康 心 理 学 臨 床 心 理 学 卓 球 心 理 学 論 健 康 心 理 学 臨 床 心 理 学 体 育 理 論 カウンセリング 丸 山 裕 司 Maruyama Yuji 曽 我 部 敦 介 Sogabe Shunsuke 高 齢 期 における 健 康 運 動 について 機 能 解 剖 学 臨 床 体 力 学 リハビ リション 論 介 護 福 祉 論 Ⅱ 全 国 健 康 保 険 協 会 愛 媛 支 部 健 康 づ くり 推 進 協 議 会 委 員 愛 媛 県 体 育 協 会 スポツ 医 科 学 委 員 会 委 員 武 道 ( 剣 道 ) レクリエション レクリエション 論 障 害 者 スポツ 教 育 実 習 体 育 Ⅰ( 理 論 ) 体 育 Ⅱ( 実 技 ) 09 10

7 短 期 大 学 部 保 育 学 科 子 どもの 成 長 を 見 守 り 笑 顔 を 咲 かせる 先 生 になる 充 実 した 教 育 環 境 と 支 援 体 制 で 保 育 のプロを 育 成 感 性 を 豊 かにする 表 現 力 の 高 い 人 材 を 養 成 音 楽 表 現 や 身 体 表 現 造 形 表 現 など 表 現 力 を 高 める 科 目 を 多 数 用 意 しています 講 義 と 実 技 でバ ランスよく 学 び 子 どもたちの 好 奇 心 を 引 き 出 す 能 力 を 養 います 充 実 した 現 場 実 習 構 内 施 設 で 保 育 を 体 感 保 育 について 専 門 的 な 知 識 や 技 術 を 学 ぶだけでなく 現 場 実 習 や 構 内 施 設 で 実 際 に 保 育 を 体 験 する ことによって 保 育 の 現 場 を 深 く 理 解 し より 実 践 的 な 学 びを 得 ています クラス 担 任 制 を 導 入 し 個 性 に 応 じた 学 習 を 支 援 学 生 と 教 員 が 身 近 に 交 流 でき るように クラス 担 任 制 を 導 入 しています 学 生 と 教 員 の 距 離 を 縮 め 学 生 一 人 ひとりをよく 理 解 し 自 己 実 現 へ 向 けた 学 習 支 援 を 整 えています 出 張 講 義 1 2 大 学 での 授 業 科 目 子 どものあそび 幼 児 期 の 生 活 のほとんどは あそびによって 占 められてい ます 子 どもはあそびを 通 して 社 会 性 や 表 現 力 を 育 ててい くのです この 講 義 では 身 体 を 使 ったあそび かく つくるあそび について 実 技 や 演 習 形 式 で 学 びます 子 どもと 同 じ 視 点 に 立 って 打 てば 響 く ように 共 感 できる オトナを 目 指 しましょう 基 礎 体 育 基 礎 図 画 工 作 保 育 内 容 ( 身 体 表 現 造 形 表 現 ) レクリエション 指 導 法 楽 しい 音 楽 音 楽 は 子 どもの 情 緒 的 発 達 にとって とても 大 切 なもので す 子 どもが 音 楽 表 現 活 動 を 心 から 楽 しむためには 保 育 者 の 子 どもを 援 助 する 力 が 必 です この 講 義 では 音 楽 の 基 礎 やピアノの 演 奏 技 術 子 どもの 表 現 活 動 ( 音 楽 )を 楽 しく 学 びます 大 学 での 授 業 科 目 基 礎 音 楽 保 育 内 容 (リズム 表 現 ) 音 楽 実 技 3 4 子 どもの 支 援 子 どもの 成 長 発 達 過 程 において 愛 着 の 形 成 基 礎 的 生 活 習 慣 の 獲 得 など さまざまな 発 達 課 題 があり それに 応 じた 大 人 の 援 助 が 必 です 子 どもの 生 きる 力 を 尊 重 し 子 どもを 取 り 巻 く 大 人 ( 保 育 者 )が 支 援 者 として 家 族 と 協 力 して 援 助 することが 大 切 です この 講 義 では 乳 幼 児 期 における 子 どもの 心 と 身 体 への 具 体 的 な 支 援 について 学 び ます 大 学 での 授 業 科 目 乳 児 保 育 障 がい 児 保 育 相 談 援 助 子 どもの 保 健 子 どもへのアプロチ 現 代 の 子 どもをめぐって 大 人 の 語 る 言 葉 は 多 様 です 少 子 化 早 期 教 育 少 年 犯 罪 自 己 チュ 児 キレる 子 ども 子 ども 消 費 者 この 講 義 では このような 大 人 の 言 葉 の 背 景 にある 社 会 の 変 容 と その 変 容 の 中 で 生 きている 子 どもたちの 世 界 について 演 習 形 式 で 学 びます 大 学 での 授 業 科 目 教 育 原 理 保 育 内 容 ( 言 葉 ) 保 育 情 報 リラシ 12

8 保 育 学 科 保 育 学 科 藤 井 澄 子 Fujii Sumiko 日 野 幸 子 Hino Sachiko 遠 藤 文 子 Endo Fumiko 尾 海 あかり Oumi Akari 保 育 学 科 講 師 保 育 学 科 助 教 音 楽 療 法 音 楽 教 育 保 育 内 容 ( 表 現 ) キリスト 教 音 楽 保 育 内 容 (リズム 表 現 ) 音 楽 実 技 Ⅰ Ⅱ 教 育 実 習 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 附 属 幼 稚 園 園 長 ( 兼 務 ) 日 本 音 楽 療 法 学 会 評 議 員 同 学 会 認 定 音 楽 療 法 士 ピアノ 演 奏 法 芸 能 芸 術 社 会 的 コミュニケション 各 教 科 の 教 育 ( 音 楽 ) 基 礎 音 楽 音 楽 実 技 Ⅰ Ⅱ 教 育 学 教 育 相 談 福 祉 教 育 心 の 教 育 図 書 館 教 育 ( 絵 本 ) 教 育 相 談 保 育 相 談 支 援 相 談 援 助 障 害 児 保 育 保 育 実 習 Ⅰ Ⅲ 北 条 小 学 校 読 み 聞 かせの 会 ピアノ 演 奏 法 ピアノ 伴 奏 法 音 楽 実 技 Ⅰ Ⅱ 愛 大 附 属 コラス オペラえひめ ひめぶん 女 声 コラス 松 山 市 民 合 唱 団 みあきバレエ 各 ピアニ スト 中 島 紀 子 Nakajima Noriko 大 上 紋 子 Oue Ayako 松 谷 和 俊 Matsutani Kazutoshi 保 育 学 科 助 教 保 育 指 導 法 子 育 て 支 援 乳 児 保 育 保 育 原 理 乳 児 保 育 Ⅰ Ⅱ 保 育 実 習 指 導 Ⅰ Ⅱ 保 育 教 職 実 践 演 習 ( 幼 稚 園 ) 乳 幼 児 の 身 体 表 現 幼 児 体 育 レ クリエション 基 礎 体 育 保 育 内 容 ( 身 体 表 現 ) ( 総 合 表 現 ) レクリエション 指 導 法 Ⅰ Ⅱ 他 愛 媛 県 体 操 協 会 常 任 理 事 愛 媛 県 女 子 体 育 連 盟 理 事 社 会 福 祉 法 人 風 早 偕 楽 園 評 議 員 理 事 まつやま 笑 顔 の 子 育 て 支 援 応 援 会 議 作 業 部 会 員 幼 児 教 育 学 保 育 内 容 総 論 保 育 内 容 ( 言 葉 ) 文 学 教 育 実 習 松 井 寿 美 子 Matsui Sumiko 大 野 裕 司 Ono Yuji 保 育 学 科 准 教 授 乳 幼 児 の 造 形 表 現 造 形 教 育 絵 画 絵 本 児 童 文 学 視 聴 覚 教 材 基 礎 図 画 工 作 保 育 内 容 ( 造 形 表 現 ) ( 総 合 表 現 ) 保 育 情 報 リ ラシ 保 育 教 職 実 践 演 習 ( 幼 稚 園 ) 愛 媛 大 学 教 員 免 許 更 新 講 習 講 師 ピアノ 奏 法 ヴァイオリン 奏 法 基 礎 音 楽 A B 音 楽 実 技 Ⅰ Ⅱ 保 育 内 容 (リズム 表 現 ) 音 楽 療 法 日 本 弦 楽 指 導 者 協 会 愛 媛 県 支 部 正 会 員 日 本 クラシック 音 楽 コン クル 愛 媛 県 審 査 員 仲 野 由 香 利 Nakano Yukari 竹 田 信 恵 Takeda Nobue 保 育 学 科 講 師 保 育 学 科 講 師 子 育 て 支 援 健 康 教 育 子 どもの 保 健 Ⅰ Ⅱ 保 育 内 容 ( 健 康 ) ( 人 間 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 風 早 偕 楽 園 評 議 員 おもちゃネットワクえひめ 理 事 えひめ 男 女 共 同 参 画 推 進 大 学 等 連 絡 協 議 会 委 員 幼 児 教 育 キリスト 教 キリスト 教 倫 理 学 教 育 原 理 家 庭 支 援 論 保 育 実 習 指 導 13 14

9

出 張 講 義 について 聖 カタリナ 大 学 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 では 生 徒 や 保 護 者 各 種 の 団 体 を 対 象 とした 出 張 講 義 を 行 っております 大 学 で 行 われる 講 義 の 一 部 を 体 験 していただくことで 生 徒 の 皆 さまの 学

出 張 講 義 について 聖 カタリナ 大 学 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 では 生 徒 や 保 護 者 各 種 の 団 体 を 対 象 とした 出 張 講 義 を 行 っております 大 学 で 行 われる 講 義 の 一 部 を 体 験 していただくことで 生 徒 の 皆 さまの 学 夢 を 叶 える 学 びがある 平 成 27 年 度 教 員 紹 介 出 張 講 義 のご 案 内 出 張 講 義 について 聖 カタリナ 大 学 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 では 生 徒 や 保 護 者 各 種 の 団 体 を 対 象 とした 出 張 講 義 を 行 っております 大 学 で 行 われる 講 義 の 一 部 を 体 験 していただくことで 生 徒 の 皆 さまの 学

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

シラバス_人間関係_2016

シラバス_人間関係_2016 目 次 (カリキュラム 順 ) 聖 書 概 説 キリスト 教 の 歴 史 と 文 化 キリスト 教 人 間 学 First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A II First-year

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls 1 厚 木 市 総 合 計 画 将 来 のまちづくりに 向 けた 総 合 計 画 について 2 厚 木 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 につ いて 3 厚 木 市 ってどんなまち 厚 木 市 の 概 要 について 4 これからの 厚 木 市 の 公 共 施 設 の 在 り 方 について 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 や 将 来 にわたって 活 力 あるまちであり 続 ける ための 取

More information

(6) 苦 情 解 決 安 全 管 理 について 1 福 祉 サ-ビス 苦 情 解 決 のための 第 三 者 委 員 研 修 2 賠 償 責 任 保 険 等 への 加 入 3 防 火 管 理 の 充 実 4 車 両 の 安 全 管 理 (7) 事 務 事 業 の 効 率 的 推 進 1 事 務 分

(6) 苦 情 解 決 安 全 管 理 について 1 福 祉 サ-ビス 苦 情 解 決 のための 第 三 者 委 員 研 修 2 賠 償 責 任 保 険 等 への 加 入 3 防 火 管 理 の 充 実 4 車 両 の 安 全 管 理 (7) 事 務 事 業 の 効 率 的 推 進 1 事 務 分 平 成 26 年 度 社 会 福 祉 法 人 安 芸 太 田 町 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 計 画 書 基 本 方 針 第 3 次 地 域 福 祉 活 動 計 画 3 年 目 に 突 入 し 事 業 の 推 進 に 向 かって 実 施 してまいります 併 せて 中 間 点 での 再 点 検 と 反 省 及 び 評 価 並 びに 残 りの2 年 間 の 事 業 計 画 を 見 直 します 少

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 日 程 平 成 18 年 3 月 24 日 日 程 第 1 議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プ ー ル 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 ( 生 涯 学 習 政 策 課 スポーツ 課 ) 日 程 第 2 議 案 第 2 号 小 田 原 市 教 育 委 員 会 事 務

More information

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112 参 考 資 料 1. 第 三 次 箕 面 市 子 どもプランの 策 定 経 過 日 程 検 討 内 容 会 議 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 7 月 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 の 設 置 第 1 回 箕 面 市 子 ども 育 成 推 進 協 議 会 11 月 アンケート 調 査 票 第 1~2 回 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 12 月 3

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市 第 2 次 旭 川 市 障 害 者 計 画 の 進 捗 状 況 資 料 4 節 具 体 的 施 策 取 組 区 分 取 組 内 容 第 1 節 Ⅰ 生 活 支 援 1 相 談 体 制 の 整 備 (1) 各 相 談 支 援 機 関 の 連 携 強 化 旭 川 市 障 害 者 福 祉 センター 内 に, 旭 川 市 障 害 者 総 合 相 談 支 援 センターあそーと,かみかわ 相 談 支 援 センターねっと,

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

加 害 者 臨 床 の 問 題 と 困 難 性 至 文 堂 56~63 ( 編 著 ) 家 庭 裁 判 所 に 求 められる 司 法 的 役 割 児 童 虐 待 はいま- 連 携 システムの 構 築 に 向 けて- 津 崎 哲 郎 橋 本 和 明 編 ミネル ヴァ 書 房 68~79 2008 自

加 害 者 臨 床 の 問 題 と 困 難 性 至 文 堂 56~63 ( 編 著 ) 家 庭 裁 判 所 に 求 められる 司 法 的 役 割 児 童 虐 待 はいま- 連 携 システムの 構 築 に 向 けて- 津 崎 哲 郎 橋 本 和 明 編 ミネル ヴァ 書 房 68~79 2008 自 HASHIMOTO KAZUAKI 橋 本 和 明 教 授 研 究 業 績 2014 年 4 月 28 日 現 在 論 文 等 の 区 分 論 文 等 の 名 称 発 行 所 発 表 雑 誌 学 会 等 の 名 称 共 著 の 場 合 の 編 者 著 者 名 該 当 数 発 行 発 表 年 月 子 どもの 精 神 療 法 森 省 二 編 金 剛 出 版 283~315 1991. 9 ( 共 ) 童

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

放送大学-表紙

放送大学-表紙 放送大学を利用して 大学評価 学位授与機構で 学士を得ようとする方へ 平成24 2012 年度 イメージキャラクター まなぴー 平成24 2012 年度 放送大学を利用して大学評価 学位授与機構で学士を得ようとする方へ 261-8586 千葉市美浜区若葉2-11 電話番号 043-276-5111 総合受付 月 金 9時 18時 祝日を除く 音声ガイダンスに従って番号を選択してください 学生サポートセンターにつながります

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

さいたま 市 人 異 動 属 等 建 設 局 建 設 土 木 弘 行 区 役 くらし 応 援 室 鈴 木 猛 区 役 区 民 生 活 三 橋 支 吉 茂 区 役 くらし 応 援 室 並 木 秀 区 役 区 民 生 活 税 三 妻 佳 博 区 役 区 民 生 活 春 岡 支 齋 秀 男 区 役 区 民

さいたま 市 人 異 動 属 等 建 設 局 建 設 土 木 弘 行 区 役 くらし 応 援 室 鈴 木 猛 区 役 区 民 生 活 三 橋 支 吉 茂 区 役 くらし 応 援 室 並 木 秀 区 役 区 民 生 活 税 三 妻 佳 博 区 役 区 民 生 活 春 岡 支 齋 秀 男 区 役 区 民 さいたま 市 人 異 動 平 成 5 年 3 月 3 日 付 退 職 水 道 業 者 属 等 水 道 業 者 渡 辺 收 平 成 5 年 3 月 3 日 付 定 年 退 職 行 政 職 属 等 子 ども 未 来 局 榎 本 誠 一 経 済 局 小 山 茂 樹 建 設 局 黒 智 樹 区 役 区 沢 新 樹 区 役 区 渋 谷 恒 会 計 者 納 室 小 野 秀 春 局 鈴 木 健 一 子 ども 未

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

部 長 級 福 祉 保 健 部 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 福 祉 保 健 部 次 長 兼 子 ども 家 庭 課 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 塚 根 智 子 建 設 部 長 建 設 部 次 長 兼 管 理 課 長 長 井 貴 徳 次 長 級 建 設

部 長 級 福 祉 保 健 部 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 福 祉 保 健 部 次 長 兼 子 ども 家 庭 課 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 塚 根 智 子 建 設 部 長 建 設 部 次 長 兼 管 理 課 長 長 井 貴 徳 次 長 級 建 設 倉 吉 市 人 事 異 動 ( け) 異 動 規 模 異 動 138 人 部 長 級 2 人 ( 2 人 ) 次 長 級 3 人 ( 3 人 ) 課 長 級 16 人 ( 8 人 8 人 ) 退 職 計 19 人 21 人 178 人 倉 吉 市 初 の 女 性 部 長 1 人 の 登 用 をはじめ 課 長 級 1 人 課 長 補 佐 級 4 人 係 長 級 10 人 の 女 性 管 理 監 督 職

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464>

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464> 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 野 里 福 祉 会 は え ば る 保 育 園 -1- 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 1. 野 里 福 祉 会 本 部 運 営 法 人 理 念 一 人 ひとりの 生 命 を 守 り 一 人 ひとりの 生 命 を 育 みます 福 祉 施 設 としての 役 割 を 果 たし 地 域 に 根 ざし 地 域 との 信 頼 関 係

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充 平 成 26 年 度 収 蔵 教 育 資 料 分 類 受 付 順 資 料 名 編 集 発 行 A1 20 平 成 26 年 度 富 山 県 教 育 センター 要 覧 集 富 山 県 教 育 センター 協 議 会 A2 1 平 成 25 年 度 学 校 保 健 関 係 研 究 推 進 実 践 集 録 富 山 県 学 校 保 健 会 A2 5 研 究 紀 要 平 成 25 年 度 学 力 向 上 市 町

More information

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした 7 / 23( 水 ) の 発 表 報 道 発 表 資 料 の 配 時 7 23 ( 水 ) 15 時 00分 発 表 項 目 子 ど も た ちの SOSに 気 づ き 耳 を 傾 ける ため の 実 践 研 修 の 開 催 に つ い て ( 行 事 名 ) * 皆 様 の 気 づ きが 大 切 な 生 命 を 未 来 に つ な ぎ ます * 概 要 道 で は 若 年 者 の 自 殺 予 防

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

係長級

係長級 の 部 企 画 課 県 民 課 鳥 取 力 創 造 課 危 機 管 理 政 策 課 危 機 対 策 情 報 課 原 子 力 安 全 対 策 課 総 務 課 総 務 課 財 政 課 主 計 員 財 政 課 主 計 員 政 策 法 務 課 営 繕 課 営 繕 課 情 報 政 策 課 関 西 本 部 行 財 政 改 革 局 業 務 効 率 推 進 課 行 財 政 改 革 局 福 利 厚 生 課 行 財 政

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

平成18年3月14日

平成18年3月14日 平 成 24 年 3 月 14 日 滝 川 市 議 会 議 長 水 口 典 一 様 滝 川 市 長 前 田 康 吉 滝 川 市 教 育 委 員 会 委 員 長 若 松 重 義 滝 川 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 藤 本 清 正 滝 川 市 ほか6 組 合 公 平 委 員 会 委 員 長 小 出 孝 滝 川 市 代 表 監 査 委 員 宮 崎 英 彰 滝 川 市 農 業 委 員 会 会

More information

さたま 市 人 事 異 動 子 ども 未 来 局 保 育 部 保 育 課 辻 保 育 園 藤 節 子 子 ども 未 来 局 保 育 部 保 育 課 曲 本 保 育 園 船 山 和 代 子 ども 未 来 局 保 育 部 保 育 課 針 ヶ 谷 保 育 園 鈴 木 好 美 子 ども 未 来 局 保 育

さたま 市 人 事 異 動 子 ども 未 来 局 保 育 部 保 育 課 辻 保 育 園 藤 節 子 子 ども 未 来 局 保 育 部 保 育 課 曲 本 保 育 園 船 山 和 代 子 ども 未 来 局 保 育 部 保 育 課 針 ヶ 谷 保 育 園 鈴 木 好 美 子 ども 未 来 局 保 育 さたま 市 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 31 日 付 定 年 退 職 ( 局 級 ) 総 務 局 山 秀 雄 財 政 局 理 事 小 熊 啓 司 保 健 福 祉 局 大 塔 幸 重 子 ども 未 来 局 高 瀬 賢 司 建 設 局 松 本 行 夫 見 沼 区 役 所 区 倉 林 克 昌 中 央 区 役 所 区 丸 山 信 弘 浦 和 区 役 所 区 本 澤 明 緑 区 役 所 区 中

More information

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 あいち 福 祉 医 療 専 門 平 成 4 年 3 月 9 日 熊 崎 正 実 456-000 校 名 古 屋 市 熱 田 区 金 山 町 一 丁 目 7 番 3 号 ( 電 話 )05-678-80 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4 滝 川 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 滝 川 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え

More information

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課 平 成 26 年 4 月 15 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 26 年 4 月 10 日 記 者 会 見 資 料 総 務 部 人 材 開 発 課 1 概 要 市 長 選 の 年 の 定 期 人 事 異 動 は 5 月 1 日 に 実 施 するのが 通 例 であったが 新 市 政 の 早 期 スタートを 図 るため 4 月 15 日 付 の 人 事 異 動 を 実 施 することとした 平

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過 清 瀬 市 認 可 保 育 園 の 保 育 料 について ( 答 申 ) 平 成 25 年 12 月 清 瀬 市 使 用 料 審 議 会 目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

平成20年度袖ケ浦市個人情報審議会

平成20年度袖ケ浦市個人情報審議会 袖 ケ 浦 市 地 域 総 合 支 援 協 議 会 会 議 1 開 催 日 時 平 成 26 年 5 月 20 日 ( 火 ) 午 前 10 時 開 会 2 開 催 場 所 袖 ケ 浦 市 役 所 旧 館 3 階 大 会 議 室 3 出 席 委 員 委 員 関 口 三 枝 子 委 員 小 川 雅 夫 委 員 石 井 啓 委 員 立 川 久 雄 委 員 小 川 武 美 委 員 佐 藤 美 紀 委 員

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ 平 成 28 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 福 角 会 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 み ら い 平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での

More information

Taro12-5月特養.jtd

Taro12-5月特養.jtd 特 コナ 特 四 月 金 車 中 え 声 聞 開 花 早 境 内 部 葉 花 見 緒 来 残 念 天 気 気 温 温 調 外 和 境 内 沢 山 屋 台 並 参 加 焼 そ 好 焼 各 々 食 べ 物 注 文 召 外 食 べ 食 笑 顔 美 味 美 味 召 又 境 内 大 迫 力 太 鼓 演 奏 聴 煌 び 衣 装 稚 児 列 見 わ ね ほ ほ え 場 面 見 帰 う? 聞 来 寒 冬 明 久 ぶ

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 日 本 保 育 協 会 1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記

More information

資料3-2 特別支援教育の在り方に関する特別委員会関係資料

資料3-2 特別支援教育の在り方に関する特別委員会関係資料 資 料 3-2 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 する 特 別 委 員 会 関 係 資 料 中 央 教 育 審 議 会 初 等 中 等 教 育 分 科 会 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 1 する 特 別 委 員 会 について 中 央 教 育 審 議 会 初 等 中 等 教 育 分 科 会 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 す 3 る 特 別 委 員 会

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

方 向 性 と 予 算 計 画 を 持 ち プログラム 毎 の 収 支 の 整 合 化 を 原 則 とする 新 規 プログラムについても 必 要 財 源 を 確 保 し 活 動 の 安 定 的 展 開 を 目 指 す 2) 財 団 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 運 営 を 図 るため 諸 規

方 向 性 と 予 算 計 画 を 持 ち プログラム 毎 の 収 支 の 整 合 化 を 原 則 とする 新 規 プログラムについても 必 要 財 源 を 確 保 し 活 動 の 安 定 的 展 開 を 目 指 す 2) 財 団 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 運 営 を 図 るため 諸 規 公 益 財 団 法 人 日 本 クリスチャン アカデミー 2016 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 事 業 計 画 基 本 方 針 公 益 財 団 法 人 日 本 クリスチャン アカデミーは 2016 年 度 において 以 下 の 基 本 方 針 を 掲 げ 事 業 を 推 進 する 1. 財 団 事 業 の 展 開 定 款 に 定 められた 当 財 団 の 目 的 に 添 って キリスト 教 精 神

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

Ⅰ 基 準 10. 社 会 連 携 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされていること 10-1 の 視 点 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているか (1)10-1 の 事 実 の 説

More information

学 科 教 養 科 目 名 クラス 区 分 単 位 教 員 名 時 間 割 ( 予 定 ) 大 学 院 美 術 科 彫 刻 作 法 00 講 義 2 保 田 井 智 之 前 期 木 2 素 材 学 ( 日 本 画 ) 00 講 義 2 末 永 敏 明 前 期 木 3a 工 芸 論 00 講 義 2

学 科 教 養 科 目 名 クラス 区 分 単 位 教 員 名 時 間 割 ( 予 定 ) 大 学 院 美 術 科 彫 刻 作 法 00 講 義 2 保 田 井 智 之 前 期 木 2 素 材 学 ( 日 本 画 ) 00 講 義 2 末 永 敏 明 前 期 木 3a 工 芸 論 00 講 義 2 2013 年 度 一 般 聴 講 生 科 目 等 履 修 生 対 象 科 目 一 覧 3 月 下 旬 に2013 年 度 開 講 の シラバス 照 会 が 見 れるようになりますので 授 業 開 講 曜 日 時 間 教 室 などの 最 新 情 報 は シラバス 照 会 に 科 目 名 や 教 員 名 を 入 れてご 確 認 ください シラバス 照 会 URL https://portal.tuad.ac.jp/up/faces/up/co/com02401a.jsp

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

14年度事業計画

14年度事業計画 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 収 支 予 算 書 愛 知 いきいきクラブ 公 益 財 団 法 人 愛 知 県 老 人 クラブ 連 合 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 本 会 は 昨 年 度 に 創 立 50 周 年 を 迎 えました これからも より 高 い 公 益 団 体 としての 義 務 と 責 任 を 果 たしていきます 定 款 には 県 内 の 老 人 クラブ 活 動

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

去 月 3 津 市 総 合 文 化 セ タ ホ 6 回 開 催 鈴 木 英 敬 じ 賓 皆 様 席 内 関 係 堂 展 寄 与 へ 顕 行 首 教 授 星 旦 氏 招 則 ~ 老 楽 ~ 題 講 演 受 じ 様 野 域 課 題 解 決 苦 活 推 進 啓 努 皆 参 頂 全 皆 衷 感 謝 申 げ

去 月 3 津 市 総 合 文 化 セ タ ホ 6 回 開 催 鈴 木 英 敬 じ 賓 皆 様 席 内 関 係 堂 展 寄 与 へ 顕 行 首 教 授 星 旦 氏 招 則 ~ 老 楽 ~ 題 講 演 受 じ 様 野 域 課 題 解 決 苦 活 推 進 啓 努 皆 参 頂 全 皆 衷 感 謝 申 げ 去 月 3 津 市 総 合 文 化 セ タ ホ 6 回 開 催 鈴 木 英 敬 じ 賓 皆 様 席 内 関 係 堂 展 寄 与 へ 顕 行 首 教 授 星 旦 氏 招 則 ~ 老 楽 ~ 題 講 演 受 じ 様 野 域 課 題 解 決 苦 活 推 進 啓 努 皆 参 頂 全 皆 衷 感 謝 申 げ 頃 苦 績 敬 意 存 じ 過 般 鈴 木 エ レ 菓 放 浪 記 各 願 申 げ 承 場 券 販 売

More information

2015 April 2

2015 April 2 2015 April 2 3 2015 April 皆 ん 働 一 ひ 暮 守 身 近 え 合 む エコキャコ 表 彰 式 詳 チ シ H P 随 時 せ マコキャ 各 市 町 特 色 あ あ 詳 HP ご 覧 だ 詳 細 H P 掲 載 関 受 付 住 市 町 つ れ 輪 皆 ん 通 つ 感 様 々 通 皆 ん ご 参 加 待 期 間 7 月 ~ 11 月 ロ グ エ コ キ ャ コ マ 2 0

More information

1/ 7 平 成 26 年 度 公 立 高 校 の の 日 程 及 び 問 合 せ 窓 口 の 御 案 内 山 口 県 教 育 委 員 会 の 対 象 は 中 学 生 ( 行 事 名 に 印 のついたものは 中 学 3 年 生 ) 及 びその 保 護 者 並 びに 中 学 校 教 員 です なお 中 学 生 中 学 3 年 生 には 周 防 大 島 高 校 8 月 9 日 ( 土 ) 8:40~12:00

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

調 査 対 象 大 学 等 の 概 要 等 () 設 置 者 学 校 法 人 誠 広 学 園 () 大 学 名 平 成 医 療 短 期 大 学 () 大 学 の 位 置 5- 岐 阜 県 岐 阜 市 黒 野 8 番 地 ( 注 ) 対 象 学 部 等 の 位 置 が 大 学 本 部 の 位 置 と

調 査 対 象 大 学 等 の 概 要 等 () 設 置 者 学 校 法 人 誠 広 学 園 () 大 学 名 平 成 医 療 短 期 大 学 () 大 学 の 位 置 5- 岐 阜 県 岐 阜 市 黒 野 8 番 地 ( 注 ) 対 象 学 部 等 の 位 置 が 大 学 本 部 の 位 置 と [ 平 成 年 度 設 置 ] 計 画 の 区 分 : 短 期 大 学 の 設 置 注 注 大 学 番 号 : 私 短 75 認 可 平 成 医 療 短 期 大 学 注 認 可 設 置 に 係 る 設 置 計 画 履 行 状 況 報 告 書 学 校 法 人 誠 広 学 園 平 成 年 5 月 日 現 在 作 成 担 当 者 担 当 部 局 ( 課 ) 名 事 務 局 ミヤワキ 職 名 氏 名 学 務

More information

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置 1 報 道 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 25 日 京 丹 後 市 役 所 解 禁 日 3 月 26 日 異 動 に 係 る 主 な 概 要 Ⅰ 組 織 機 構 は 従 来 どおり 297 人 の 人 事 異 動 1 組 織 機 構 は 従 来 どおりとし 行 政 事 務 職 での 係 体 制 と 組 織 横 断 的 な 連 携 体 制

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

専 門 教 育 科 目 中 教 育 学 科 国 語 教 育 コース 公 務 員 一 般 企 業 ( 教 育 関 係 マスコミ 流 通 業 )への 就 職 を 目 指 す 履 修 モデル 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科

専 門 教 育 科 目 中 教 育 学 科 国 語 教 育 コース 公 務 員 一 般 企 業 ( 教 育 関 係 マスコミ 流 通 業 )への 就 職 を 目 指 す 履 修 モデル 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科 専 門 教 育 科 目 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科 目 日 本 語 学 概 論 2 日 本 語 表 現 2 国 語 科 内 容 論 A 2 日 本 文 学 概 論 2 日 本 文 学 Ⅰ( 古 典 ) 2 国 語 科 内 容 論 B 2 日 本 文 学 史 2 日 本 文 学 Ⅱ( 近 現 代 ) 2 国 語 科

More information

さたま 市 人 事 異 動 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 丸 和 明 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 参 事 区 民 課 事 務 取 扱 沼 野 克 由 岩 槻 区 役 所 くらし 応 援 室 近 藤 幸 男 ( 課 級 ) 財 政 局 契 約 管 理 部 工 事 検 査 課 高 橋 正

さたま 市 人 事 異 動 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 丸 和 明 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 参 事 区 民 課 事 務 取 扱 沼 野 克 由 岩 槻 区 役 所 くらし 応 援 室 近 藤 幸 男 ( 課 級 ) 財 政 局 契 約 管 理 部 工 事 検 査 課 高 橋 正 さたま 市 人 事 異 動 平 成 28 年 3 月 31 日 付 け 定 年 退 職 ( 局 級 ) 都 市 戦 略 本 部 大 熊 克 則 都 市 戦 略 本 部 理 事 関 根 清 総 務 局 危 機 管 理 監 中 川 和 彦 財 政 局 阿 部 順 平 市 民 局 榎 本 肇 スポーツ 文 化 局 野 間 薫 スポーツ 文 化 局 理 事 梅 野 佳 代 保 健 福 祉 局 山 本 信 二

More information

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 施 策 体 系 ~ 現 状 における 関 連 事 業 の 取 りまとめ~ 平 成 25 年 4 月 札 幌 市 保 健 福 祉 局 障 がい 保 健 福 祉 部 はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた

More information

高齢者の居住安定確保プラン 第4章 目標実現のための施策

高齢者の居住安定確保プラン 第4章 目標実現のための施策 目 標 実 現 のための 施 策 目 標 実 現 のための 施 策 1 節 目 標 実 現 に 向 けた 取 組 目 標 実 現 のため 以 下 の 取 組 を 重 点 的 に 推 進 します 取 組 1 高 齢 者 向 けの 賃 貸 住 宅 老 人 ホム 等 の 供 給 促 進 医 療 や 介 護 と 連 携 したサビス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 を 促 進 し 高 齢 者

More information

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 -------------------------------------------------- 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

2. 学 術 論 文 助 産 院 と 病 院 による 連 携 分 娩 システムの 試 み 神 奈 川 県 内 における 助 産 所 の 分 娩 数 と 搬 送 の 実 態 助 産 院 と 医 師 のジョイント 乳 児 検 診 平 成 17 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 (

2. 学 術 論 文 助 産 院 と 病 院 による 連 携 分 娩 システムの 試 み 神 奈 川 県 内 における 助 産 所 の 分 娩 数 と 搬 送 の 実 態 助 産 院 と 医 師 のジョイント 乳 児 検 診 平 成 17 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 所 属 大 学 院 助 産 研 究 科 職 名 教 授 氏 名 山 本 詩 子 Ⅰ 教 育 活 動 教 育 実 践 上 の 主 な 業 績 年 月 日 概 要 1 教 育 内 容 方 法 の 工 夫 ( 授 業 評 価 等 を 含 む) 2 作 成 した 教 科 書 教 材 参 考 書 3 教 育 方 法 教 育 実 践 に 関 する 発 表 講 演 等 4 その 他 教 育 活 動 上 特 記 すべき

More information

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 (

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 ( 犯 罪 被 害 者 等 支 援 施 策 に 関 する 相 談 窓 口 のご 紹 介 平 成 28 年 度 秋 田 市 目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯 駅 関 連 路 JR 駅 北 ぐ 路 駅 側 駅 宮 線 ぐ 駅 線 老 良 別 府 線 区 式 域 関 見 守 式 典 渡 初 路 駅 区 区 準 組 魅 待 駅. No. Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共

More information

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx 145 社 会 安 全 政 策 研 究 所 活 動 ニュース 本 研 究 所 が 2012 年 1 月 から 2012 年 12 月 までに 行 った 主 な 研 究 活 動 は 以 下 のとおりです Ⅰ. 共 同 研 究 (A) 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 (JSPS) 科 学 研 究 費 助 成 事 業 の 基 盤 研 究 子 どもの 非 行 虐 待 防 止 のた めの

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

高 齢 者 社 会 参 加 活 動 支 援 事 業 平 成 27 年 度 福 島 県 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 活 動 報 告 書 福 島 県 目 次 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 報 告 書 P1 実 績 報 告 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ふくしま 成 年 後 見 センター P2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 しんぐるまざあず ふぉーらむ

More information

平成16年度

平成16年度 平成27年度 第2回 会津若松市いじめ問題対策連絡協議会 日 時 平成28年2月23日 火 午前11時15分から 場 所 会津若松市教育委員会 教育委員会室 会津若松市教育委員会 会 津 若 松 市 いじめ 問 題 対 策 連 絡 協 議 会 委 員 名 簿 団 体 名 順 不 同 敬 称 略 氏 名 会 長 会 津 若 松 地 区 保 護 司 会 会 長 廣 川 俊 宏 副 会 長 会 津 若 松

More information

一太郎 10/9/8 文書

一太郎 10/9/8 文書 公 民 館 の 管 理 運 営 事 業 1 大 津 市 立 公 民 館 運 営 基 本 方 針 大 津 市 の 公 民 館 は 昭 和 22 年 5 月 に 大 津 公 民 館 を 開 設 して 以 来 各 学 区 に 整 備 を 進 め 地 域 の 社 会 教 育 の 中 心 的 施 設 として 大 きな 役 割 を 果 たしてきた 平 成 24 年 3 月 に 策 定 された 大 津 市 生 涯

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information