11.e.R.l.mcd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "11.e.R.l.mcd"

Transcription

1 椙 山 女 学 園 大 学 研 究 論 集 第 41 号 ( 社 会 科 学 篇 )2010 ハワイにおける 戦 後 移 住 の 女 性 たち 連 載 がんばるハワイの 新 一 世 から * 影 山 穂 波 Japanese Women in Hawaii Honami KAGEYAMA 1.はじめに 日 本 人 移 民 が 最 初 にハワイに 到 着 したのは 1868 年 であった 明 治 元 年 にちなんで 元 年 者 と 呼 ばれた 日 本 人 のハワイ 移 住 から,140 年 が 経 過 する 本 格 的 に 官 約 移 民 が 開 始 され たのは 1885 年 で,ハワイにおける 日 本 人 は 増 加 の 一 途 をたどった 現 在 では 当 時 の 一 世 が 姿 を 消 し, 二 世 も 高 齢 化 している ハワイといえば, 観 光 地 として 憧 れの 楽 園 のイ メージが 強 い( 山 中 1992 など) しかし 観 光 地 としてではなく, 変 容 する 社 会 と 文 化 に 注 目 することで 見 えるハワイを 描 くことは,ハワイの 場 所 としての 意 味 を 考 える 上 で 重 要 で ある ハワイにおける 日 系 人 の 歴 史 に 関 しては, 王 堂 篠 遠 (1985)が 図 説 を 著 している 高 木 (1985), 中 嶋 (1993)は 概 論 としてハワイの 社 会 の 中 での 日 系 人 の 位 置 づけを 示 して いる 地 理 学 分 野 においては 久 武 (1998,1999), 飯 田 (1998,2003)などの 研 究 が 見 られ る 久 武 (1998)は 1920 年 代 前 後 のマウイ 島 を 事 例 に,サトウキビプランテーションの 生 産 構 造 の 転 換 期 において, 労 働 者 のエスニック 構 成 がどのように 変 化 していったのかを, 労 働 形 態, 賃 金, 居 住 形 態 などに 注 目 して 検 討 している 飯 田 (1998)は,マウイ 島 にお ける 日 系 人 の 職 業 と 居 住 地 に 関 して, 出 身 県 にも 注 目 しつつ 明 らかにしている これらの 研 究 は, 日 系 人 の 割 合 が,ハワイ 全 体 で 40%にも 達 していたという 1920 年 前 後 に 注 目 し て, 地 域 を 可 視 化 している また 飯 田 (2003)は,マウイのみならず,ハワイに 居 住 する 日 系 人 の 居 住 地 と 職 業 を 検 討 している 日 系 人 に 関 しては,ライフヒストリーの 聞 き 取 り を 始 め,Kotani(1985),Okumura(2002,2008),Yano(2006)などの 研 究 がある 戦 後 日 本 から 移 住 してきた 人 たちに 関 する 調 査 はほとんどみられない しかし 城 田 (2004a)は 博 物 館 における 展 示 から 日 系 人 沖 縄 系 移 民 の 歴 史 をたどり, 現 代 にまで 考 察 を 加 えている また 城 田 (2004b)はオキナワンの 踊 りや 歌 にも 注 目 している ハワイに おける 日 本 映 画 について( 鈴 木 2004), 食 とレストランについて( 浅 井 2004)など, 現 在 に 至 る 人 々の 生 活 に 注 目 した 論 考 も 見 られるようにはなってきた これらを 収 録 した 後 藤, 松 原, 塩 谷 (2004)は, 地 域 調 査 を 継 続 して 行 なっている 論 文 集 だが,やはり 歴 史 的 * 国 際 コミュニケーション 学 部 表 現 文 化 学 科 143

2 影 山 穂 波 な 流 れに 重 点 が 置 かれている 戦 後 ハワイへ 移 住 した 日 本 人 の 背 景 は 多 様 である その 一 つは, 戦 後, 日 系 人 を 含 むア メリカ 人 の 花 嫁 となった 日 本 人 女 性 の 移 住 である 戦 後 ハワイに 来 た 世 代 の 女 性 も 70 歳 代,80 歳 代 を 迎 えはじめており, 日 本 とハワイとの 関 連 の 歴 史 をたどる 上 で, 彼 女 たちを 研 究 対 象 とすることは 意 義 がある もう 一 つの 背 景 は,ハワイへの 投 資 による 駐 在 員 や 企 業 家 の 増 加 である ハワイへの 日 本 の 投 資, 経 済 動 向 と 密 接 に 関 連 する 駐 在 員 等 の 居 住 は, 長 期 滞 在 者 ということになる 駐 在 員 等 の 妻 の 場 合, 配 偶 者 ビザで 入 国 するため,アメリ カでの 就 労 はできない 長 期 滞 在 者 の 中 にはそのままハワイに 居 を 構 えてしまったものも 少 なくない また 近 年 では,コンドミニアムを 購 入 し, 観 光 ビザで3か 月 までの 滞 在 を 繰 り 返 す 日 本 人 も 多 い 戦 後 日 本 からのハワイへの 投 資 は,1953 年 日 本 航 空 ホノルル 支 店 の 開 設 に 始 まる 翌 1954 年 に 住 友 銀 行 がセントラル パシフィック バンクの 設 立 を 援 助 し,1959 年 に 東 急 が アラモアナに 白 木 屋 を 出 店 した 以 来, 多 くの 日 本 企 業 が 進 出 している 1970 年 代 に 第 1 の 波 を 迎 えたが, 本 格 的 な 動 きは 1980 年 代 後 半 から 1991 年 にかけてである 1980 年 代 か ら 1991 年 までの 数 年 間 に 日 本 からの 投 資 総 額 は 約 110 億 ドルであった( 在 ホノルル 日 本 領 事 館 HP) おもな 投 資 先 はホテル,コンドミニアムの 建 設,ゴルフ 場,リゾート 開 発, ショッピングセンターである 日 本 企 業 が 所 有 するホテルの 総 室 数 はハワイ 州 の6 割 にも 達 したという( 領 事 館 HP) しかし 日 本 でのバブル 経 済 が 崩 壊 すると, 投 資 は 激 減 するの みならず, 日 本 企 業 はハワイから 撤 退, 不 動 産 を 売 却 するようになった 2000 年 前 後 から は 個 人 商 店 を 中 心 とした 小 売 店,レストランの 経 営 の 動 きが 増 加 した 2008 年 現 在, 日 系 企 業 は 約 145 社 である ハワイの 産 業 の 中 心 は 観 光 業 である ついで 建 設 業, 農 業 となる 観 光 業 に 付 随 して, コンドミニアムやホテルの 建 設 などが 進 められるため, 観 光 業 と 建 設 業 との 関 連 は 密 接 で ある 2008 年 の 日 本 人 観 光 客 数 は117.5 万 人 で, 全 観 光 客 671 万 人 の 17.5%を 占 めてい る また 領 事 館 HP によると, 日 本 人 観 光 客 の 一 日 あたり 消 費 平 均 額 は ドルで, 西 海 岸 からの 観 光 客 ドル, 東 海 岸 からの 観 光 客 ドルと 比 較 して 圧 倒 的 に 高 く なっている 2000 年 の 全 国 統 計 では,ハワイの 人 口 万 人 のうち 日 本 人 / 日 系 人 は 29.6 万 人 と 全 体 の 24.4%を 占 めている この 統 計 からは, 日 本 人 と 日 系 人 の 区 別 をすることはできな いものの,ハワイに 生 活 の 拠 点 を 持 つ 日 本 人 は 少 なくない ビザ 取 得 を 要 望 する 人 は 多 く, ビザ 支 援 のための 会 社 も 多 数 存 在 している 在 領 事 館 HP によると 2009 年 8 月 現 在, 在 留 邦 人 は 23,128 人 で, 長 期 滞 在 者 は 9,654 人, 永 住 者 は 13,474 人 となっている 2001 年 のアメリカ 同 時 多 発 テロ 事 件 以 降,アメリカで 生 活 をするためのビザ 取 得 は 難 しくなって おり, 受 け 入 れの 状 況 が 明 確 であることが 求 められる 日 本 とハワイとの 関 係 は 密 接 であり,ハワイに 居 住 する 日 本 人, 観 光 客 として 来 布 する 日 本 人 は,ともに,ハワイ 経 済 に 影 響 を 与 えている グローバリゼーションの 進 展 は, 日 本 との 距 離 をますます 近 いものとしており, 毎 日 4,000 人 近 くの 日 本 からの 渡 航 者 を 迎 え, 日 本 の 食 材 のほとんどをハワイで 入 手 することができるようになっている そこに 至 る 背 景 を 作 ってきたのは, 日 本 企 業 の 進 出 と 観 光 業 の 進 展 であり, 戦 後 のハワイ 居 住 者 に 注 目 することで,その 一 面 が 見 えてこよう 144

3 ハワイにおける 戦 後 移 住 の 女 性 たち 連 載 がんばるハワイの 新 一 世 から そこで 本 稿 では,とくに 戦 後 ハワイで 生 活 を 営 むようになった 人 々に 焦 点 を 当 てる 戦 後 ハワイに 移 住 した 日 本 人 がいかに 自 分 たちの 場 所 を 築 いているのか そして 現 在 いかな る 課 題 を 抱 えているのか ジェンダー 的 な 課 題 を 日 本 との 比 較 において 検 討 する これま で 研 究 を 続 けてきた 女 性 が 主 体 となって 形 成 する 生 活 空 間 ( 影 山 2004 ほか)に 注 目 して, ハワイにおける 女 性 の 生 活 を 明 らかにすることを 本 稿 の 目 的 とする 具 体 的 には 文 化 の 異 なる 地 域 で, 日 本 人 女 性 がいかなる 関 係 を 築 き, 主 体 となっていくのか,イースト ウェ スト ジャーナルが 発 行 した がんばるハワイの 新 一 世 を 中 心 に 検 討 していく 2.イースト ウェスト ジャーナルの 発 刊 ハワイにおいては,ハワイ 報 知 (1912 発 刊 ), 日 刊 サン(2003 発 刊 )など 複 数 の 日 本 語 で 発 行 されている 新 聞 をあげることができる イースト ウェスト ジャーナルもそのひ とつである イースト ウェスト ジャーナルは 1976 年 発 刊 の 日 本 語 新 聞 で, 月 に2 回, 1 日 と 15 日 に 発 行 されてきた ハワイには 古 くから 日 本 語 の 新 聞 が 存 在 している しか し, 戦 後 日 本 から 移 動 してきたハワイ 在 住 の 日 本 人 に 向 けての 新 聞 というのは 当 時 存 在 し ていなかった そこで, 駐 在 員, 主 婦, 学 生 などを 中 心 に 日 本 からの 長 期 滞 在 者 を 対 象 と した 新 聞 を 発 刊 したのが 本 誌 である 創 刊 号 である 1976 年 10 月 1 日 号 に 掲 載 された 発 刊 のあいさつを 見 ると, 編 集 内 容 は, 当 地 ハワイに 住 んでいて,より 暮 しを 豊 かにする 知 識, 教 養 を 盛 りこんでまいります と 書 かれている 一 人 よがりにならぬよう 心 がけ,みんな で 考 え,そして 企 画 した 新 聞 にしたい という 編 集 者 の 言 葉 通 り, 新 聞 の 内 容 は,ハワイ の 経 済 や 政 治 から, 身 近 な 出 来 事 や 随 想,ハワイにおけるサークルの 紹 介 や 人 物 紹 介 など 多 岐 にわたる 日 本 の 紹 介 もされているが,むしろハワイで 生 じている 動 向 を 分 かりやす く 説 明 するという, 居 住 者 に 必 要 な 情 報 源 となっている 発 刊 当 時 の 購 読 料 は 送 料 を 含 め, 年 間 9ドルであった 同 時 にファミリークラブの 発 足 が 告 知 されており, 会 員 になると 年 会 費 は15ドルで, 新 聞 が 無 料 になるほか, 年 に 数 回 の 著 名 人 を 招 いての 食 事 会, 後 援 会 への 参 加, 日 本 の 製 品 の 取 り 寄 せ, 伝 言 版 のコラムの 無 料 使 用, 日 本 への 里 帰 りのためのチャーター 便 など 様 々な 特 典 が 考 えられていた 2003 年 まで 27 年 間 有 料 紙 であったが,ハワイではフリーペーパーも 多 く,2003 年 5 月 1 日 号 より 無 料 紙 に 変 更 している 2007 年 9 月 から 発 刊 された web 版 は 2008 年 8 月 終 了 しており,さらに 本 誌 自 体 も 2009 年 5 月 以 降 発 行 されていない 3. 連 載 頑 張 る 戦 後 一 世 イースト ウェスト ジャーナルには 頑 張 る 戦 後 一 世 という 連 載 記 事 が 年 に 数 回 出 されており, 本 稿 では,この 連 載 に 注 目 する これは 創 刊 時 より 近 年 まで 連 載 が 続 けられ てきたものである その 中 から 1992 年 に がんばるハワイの 新 一 世 という 書 が 出 版 され た これは 1976 年 から 1992 年 までの 記 事 を 再 構 成 して 出 版 されたものである この 記 事 を 中 心 に, 戦 後 の 移 住 者 がどのような 意 識 で 生 活 を 営 んできたのかを 明 らかにする 発 刊 によせて, 編 集 長 は ハワイには 駐 在 員 以 外 に,いろいろなケースでハワイにきて ビジネスで 大 活 躍 している 日 本 人 が 多 数 おられる ため, 一 人 ずつお 会 いする 企 画 を 考 え 145

4 影 山 穂 波 たと 記 している 出 版 に 当 たっては, 長 期 連 載 のため,90%は 書 き 直 したという この 企 画 は, 実 際 にハワイで 自 分 たちの 新 しい 生 活 を 切 り 開 いてきた 人 々の 記 録 であり,その 言 葉 の 重 要 性 に 注 目 する とりあげられているのは 144 組 で,そのうち 女 性 は34 人, 夫 婦 が7 組 である こうした 企 画 で 夫 婦 を 除 く137 人 のうち 女 性 が34 人 と4 分 の1を 占 めていることは 驚 くべきこと である ハワイにおける 女 性 の 進 出 が 目 覚 ましいものであることの 表 れでもある そこで 女 性 を 中 心 に,ハワイでの 生 活 と 仕 事 との 関 係 について 検 討 する 特 にハワイへの 移 住 にまつわる 動 向,ハワイ 社 会 への 参 加, 女 性 の 地 位 と 家 族 との 関 係 という4つの 側 面 に 注 目 して, 記 事 を 分 析 していく 本 書 に 登 場 する 人 々の 職 業 は,ホテ ル 業, 飲 食 店, 旅 行 会 社 と 観 光 関 係 の 仕 事 が 多 い また 保 険 業, 銀 行 員 などの 仕 事 に 就 い ている 人 も 見 受 けられる 画 家, 伝 統 芸 能, 宗 教 家 など, 専 門 的 な 職 種 の 人 たちも 登 場 す る 彼 らへの 質 問 を 通 して 見 えてくるハワイでの 日 本 人 の 生 活 を 描 く ⑴ ハワイへの 移 住 この 連 載 には, 結 婚 によりハワイで 生 活 を 始 めた 女 性 が 多 く 登 場 する 帰 米 二 世 の 夫 と 結 婚 してハワイへ 移 住 した A さんや B さん,1964 年 にハワイに 来 た C さんや, 国 際 結 婚 をした 夫 の 仕 事 の 都 合 で 1982 年 にハワイにきた D さんなど, 結 婚 や 夫 の 転 勤 は 女 性 に とって 重 要 な 転 機 となっている 今 なんか 好 きな 時 に 結 婚 できるけど, 私 の 時 なんかア メリカ 人 と 結 婚 するとなると, 今 年 は 許 可 が 下 りる, 来 年 はダメというふうに, 思 うよう にいかなかった だから 結 婚 の 許 可 が 下 りたら 一 度 にパッと 結 婚 式 と 語 る E さんは, 日 系 の 陸 軍 少 佐 と 見 合 いをして 結 婚 し,ハワイでの 生 活 を 始 めている 一 方, 夫 と 死 別 した F さんのように, 配 偶 者 と 別 れた 後 もハワイでの 居 住 を 続 ける 人 は 少 なくない 日 系 二 世 と 結 婚 したものの,2 年 で 破 綻 した G さんは, 親 の 反 対 を 押 し 切 っ てハワイへ 来 たため, おめおめとは 帰 れなかった という とにかくお 金 を 貯 めよう と 日 本 人 バーに 勤 め, 独 り 立 ちをする 結 婚 生 活 は 破 綻 しても,ハワイでの 生 活 を 続 け, この 場 所 に 根 をおろしているのである ハワイという 場 所 に 心 を 惹 かれて 居 住 するようになった 人 も 少 なくない H さんは 夫 が 不 慮 の 事 故 に 遭 い,ケンタッキーから 帰 国 する 途 中 で 妹 のいるハワイに 立 ち 寄 った 心 の 傷 をいやしているうちにこの 地 に 住 むことを 決 めた 女 性 の 武 道 家 として 話 題 となりマ スコミで 紹 介 された I さんは,ハワイの 日 本 人 商 工 会 議 所 と 縁 ができ, 天 涯 孤 独 な 身, 未 熟 ながら 頑 張 ってみよう と 来 布 している 美 容 師 の J さんは オリンピックの 前 でした か, 英 語 を 話 せる 人 を 養 成 しようということで, 私 が 選 ばれたわけです ところが 帰 らず に,ここに 居 座 っちゃった とハワイでの 生 活 を 選 択 したことを 明 るく 語 っている K 夫 妻 は, 子 供 もいないし, 廻 りから 見 れば 無 茶 苦 茶 に 見 えるでしょうが, 本 人 たちは 別 に と 念 願 だったアメリカへの 渡 航 の 帰 りに 立 ち 寄 ったハワイに 魅 力 を 感 じ, 移 住 を 決 めた 戦 後 移 住 した 日 本 人 にとって,ハワイは 快 適 な 生 活 のできる 場 所 として 確 立 されていっ た E さんが, 3 年 ハワイに 居 て,ヴァージニアに 移 りました あの 頃 は 反 日 感 情 のまだ 強 いころで, 一 年 が 十 年 位 に 感 じましたね それに 英 語 もよくわからないし, 地 団 太 を 踏 みました 一 年 後 ハワイに 戻 った 時 はほっとしました と 語 っている 2009 年 に 実 施 した 個 別 の 聞 き 取 り 調 査 でも, 複 数 の 国 に 居 住 したことのある 駐 在 員 の 妻 は,ハワイで 生 活 し 146

5 ハワイにおける 戦 後 移 住 の 女 性 たち 連 載 がんばるハワイの 新 一 世 から ていると,ほとんど 差 別 を 感 じることはないと 語 っている 多 くの 国 で, 日 本 人 であると いうことで, 悪 口 を 言 われたり, 軽 い 嫌 がらせをうけたりして, 不 快 な 思 いをしたが,ハ ワイでは 日 本 人 であることが 決 してマイナスではないことが 特 徴 だと 彼 女 は 指 摘 した ハ ワイという 場 所 が, 彼 女 たちにとって 居 心 地 のいい 生 活 空 間 として 形 成 されているのであ る ⑵ ハワイ 社 会 への 参 加 戦 後 移 住 してきた 日 本 人 がハワイでビジネスを 展 開 するにあたり, 日 本 人 であることを 生 かした 商 売 を 展 開 する 人 は 多 い 必 ずしも 従 来 の 日 本 的 経 営 方 針 ではなく, 日 本 人 を 対 象 に, 日 本 語 を 生 かし,さまざまなアイディアを 駆 使 してビジネスに 参 入 しているのであ る 本 格 的 な 日 本 書 店 を 開 店 した L さんは ハワイでも, 日 本 書 籍 がこんなに 揃 っていると いわれるような 本 屋 を 目 指 して 始 めたという 委 託 販 売 ができず, 買 い 取 りで 運 営 して いたため, 仕 入 れに 最 も 神 経 を 使 ったという また 久 し 振 りに 会 って,ちょっとお 茶 で もと 寄 れるサロン 的 な 店 を と, 書 店 の 中 に 喫 茶 店 も 開 店 した 残 念 ながらこの 書 店 は 2001 年 を 最 後 に 閉 店 してしまったが,その 際 にも 彼 女 は, 日 系 二 世 でも 日 本 語 の 読 める 人 は 大 勢 いたし,80 年 代 は 戦 後 一 世 が 増 え, 日 本 人 社 会 が 上 昇 していたころで, 日 本 の 本 屋 さんらしい 書 店 が 出 来 たと 言 うので 喜 ばれました ローカルの 人 たちの 日 本 文 化, 慣 習, 伝 承 の 説 明 に 貢 献 したと 思 いますよ 日 本 文 化 をしょっているつもりでやっていまし た と 語 っている 私 の 場 合,ガンバリ 屋 だから, 何 とかなるんじゃなくて, 何 とかし ようという 気 持 ちが 強 かった と 振 り 返 る 観 光 業 に 従 事 するにも, 当 初 は 駐 在 員 が 客 を 案 内 するお 手 伝 いをと 始 めたガイドツアー や,ハワイでのメディアの 撮 影 隊 の 支 援 をするロケーション マネージャ, 女 性 パイロッ トから 観 光 飛 行 会 社 の 設 立 など,ハワイという 地 の 利 を 生 かして, 想 像 力 豊 かな 業 種 を 開 拓 していった M さんは ハワイが 好 きで 仕 方 がない 私 がハワイをいいと 思 えるのは, 外 から 来 た 人 間 だし, 外 もよく 知 っているからです と 冷 静 な 判 断 力 のもとで 自 分 の 仕 事 を 切 り 拓 いている 1968 年 にハワイに 来 た N さんは 知 り 合 いもなく 淋 しいし, 何 かし たい とガイドになったが,ガイドに 保 険 をかけた 会 社 を 作 り,また 観 光 客 の 要 望 をもと にフルーツを 用 意 したり, 花 をそえたり, チャレンジ 精 神 を 忘 れたことはない と 語 る O さんの 場 合 開 業 当 初 は 苦 労 した 始 めの6ヶ 月 は 売 れなくて 戸 惑 いました あれが 私 のターニング ポイントでした いろいろ 考 え,みなと 競 うことを 考 えないで 自 分 のやり 方 でいこうと 気 がついたのです それから 自 分 のペースでやれるようになりました と 語 っているように, 周 りのペースではなく 自 分 たちのやり 方 を 進 めることも 重 要 であった たとえば,ニュースレターを 郵 送 する 際 に 手 書 きにして, 手 書 きが 効 果 的?これは 計 算 済 み 私 はわざと 手 書 きにしました と 指 摘 するように, 工 夫 を 施 した また P さんは, アメリカでは 普 及 しているが 日 本 語 はなかったアンサリングサービス 電 話 代 行 業 と 秘 書 サービスを 企 業 化 し, 成 功 させている 頑 張 る という 言 葉 は 仕 事 を 続 ける 女 性 たちの 中 でキーワードになっている J さんは 何 でもやりだすと, 終 わるまで 一 生 懸 命 で 頼 まれると 断 れない, 忙 しいからこそ, 時 間 を 大 切 に 使 える し 私 の 世 代 って 頑 張 りがきくみたい と 自 分 の 仕 事 への 姿 勢 を 分 147

6 影 山 穂 波 析 している カメラマンの Q さんも 機 材 も 結 構 重 いし, 体 力 がないとできない 仕 事 です ね 体 の 具 合 が 悪 いとまず 精 神 的 に 落 ち 込 むでしょ そうするとクリエイティビティーも わいてこない 一 に 体 力, 二 に 体 力, 芸 術 性 はそれからです この 仕 事 って 一 人 で 処 理 し ていかなければならないということもありますが, 群 を 作 ってというより 自 分 で 何 でも さっさとやってしまう と 頑 張 っている 様 子 を 語 る E さんも 私 って 喜 ばれれば,すぐ 乗 って 頑 張 れるタイプなの と 笑 っている 仕 事 に 対 して O さんは, 基 本 は 人 の 気 持 ちになって 考 えること と 語 る 最 近 はいい 面 を 見 ることが 多 く なった 反 面, 怒 るとパァっとはっきり 言 うのでうるさいオバサン と 思 われている とみている 私 がけんかするのは 権 力 を 持 って 下 の 者 に 無 理 強 いする 人 が 相 手 高 圧 的 に 出 てくるとカアッとくる と 自 分 の 態 度 を 評 価 した ハワイへ 来 た 以 上 何 も 形 が 残 せないままでは 帰 れない といった 言 説 が, 日 本 とハ ワイとの 距 離 を 示 している しかしその 一 方 で,ハワイに 魅 力 を 感 じ,それにこたえるか のように 自 分 たちの 仕 事 を 着 実 にこなしている 日 本 人 は 多 い 対 等 な 立 場 を 勝 ち 取 り, 頑 張 る ことで 信 頼 を 得 て, 地 域 に 根 付 いていっているのである ⑶ ハワイにおける 女 性 の 生 活 女 性 が 地 位 のある 仕 事 に 就 くのは 難 しい 日 本 では 1986 年 の 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 が 不 完 全 ながらも 女 性 の 地 位 の 向 上 に 一 石 を 投 じた アメリカではそれ 以 前 から 女 性 の 社 会 進 出 は 進 んでいる しかしハワイにおいても, 女 性 が 男 性 と 対 等 に 仕 事 をするのは, 容 易 で はなかった 1973 年 インターナショナルセービングス & ローンの 副 社 長 兼 モイリイリ 支 店 長 に 昇 格 した R さんも, 昇 格 に 際 して 女 で 大 丈 夫 かと 危 惧 されたそうだ それみろ, と 言 われたくない 私 は 負 けん 気 が 強 いから でも 女 性 とか, 男 性 とか 考 えないで, 自 分 のゴールをクリアすればいいと 思 いました と, 自 分 の 目 標 を 達 成 することで 女 性 への 信 頼 を 築 いていった 日 本 で 女 性 が 管 理 職 を 手 にするために 戦 っている 時 期 に, 管 理 職 の 地 位 で 努 力 を 重 ね, 実 力 を 発 揮 した 人 がハワイでは 存 在 していた しかし 日 本 よりは 選 択 の 幅 が 広 かったとはいえ, 女 性 に 対 する 差 別 は 存 在 していた D さんは 女 性 が 男 性 と 同 等 で 仕 事 するのはやはり 難 しいところがありますね 仕 事 をバリバリやっている 女 性 たちと 話 すと 女 性 だからというので 叩 かれることもあるという 話 になる と 指 摘 している 一 方 で, 男 性 を 皮 肉 っている 言 説 もみられた S さんは, 私 が 自 分 のオフィスにいると ミスター S に 会 いたいと 来 るわけです 来 客 は 白 人 男 性 を 思 い 浮 かべ, 私 を 見 て 驚 くわけ です その 顔 を 見 るのを 楽 しんでいた と,いかに 白 人 男 性 を 中 心 に 社 会 が 構 成 され ていたかを 振 り 返 っている 女 性 たちにとって, 地 位 のある 職 に 就 くことは, 注 目 を 浴 びることであり,それだけに プレッシャーも 大 きい しかしここに 登 場 する 女 性 たちは,その 抑 圧 をはねのけて 自 分 た ちの 機 会 を 生 かしている 家 庭 生 活 では, 主 人 はよくしてくれたし, 子 どもたちは 元 気 だったけれど, 仕 事 の 上 では, 日 本 人 であること, 女 であることのハンディーをかかえて やってきた という M さんは 時 々 父 の 言 葉 猛 虎 交 江 の 言 葉 をかみしめると 語 っている 不 動 産 を 営 む T さんは 始 めてから しまった と 思 ったけれど,せっかくやり 始 めたん だから, 最 後 までやりぬいた と 語 る H さんは 人 のやっていないものをやりたいとい つも 思 っていたし, 人 に 出 来 て 私 にできないものはないという 考 え を 持 っている 平 凡 148

7 ハワイにおける 戦 後 移 住 の 女 性 たち 連 載 がんばるハワイの 新 一 世 から だけどお 客 さんの 喜 ばれる 顔 を 見 たくて 一 生 懸 命 やってきたということかしら という 言 葉 にも 見 られるように,がむしゃらに 走 ってきた 感 もある 彼 女 は おっちょこちょいだ からあまり 深 く 考 えないですぐ 行 動 に 移 してしまう この 会 社 も 二 年 半 頑 張 ったけどくた びれ 損 オイルショックで 74 年 に 悪 くなってしめたの と 一 度 失 敗 した 後 も 奮 起 してい る 地 道 な 努 力 と 信 念 が 彼 女 たちを 支 えていた ⑷ 家 族 との 関 係 女 性 が 仕 事 を 続 ける 上 で, 家 族 との 関 係 は 重 要 である PR ディレクターだった D さん は 万 事 うまく 行 ったはずなのに, 十 年 目 ごろから,こんな 生 活 していいのかなぁと 疑 問 がわいてきた そして 結 婚 後 は 一 時 はおとなしくしていたの 何 でも 一 生 懸 命 やる 方 だから 家 事 に 専 念 したわ でも 動 かないとどうも 落 ち 着 かなくて 仕 事 を 始 めた 夫 の 仕 事 でハワイに 移 動 してからは,PR,マーケティングなどそれまでのキャリアを 生 かして 仕 事 を 続 ける しかし 彼 女 は,がむしゃらに 働 くのではなく, 自 分 のペースに 合 わせて, 家 族 もともに 歩 んでいけるスタイルを 見 出 している U 夫 妻 の 場 合, 妻 が 社 長 で, 夫 が 副 社 長 を 務 めている 夫 は 社 長 が 僕 というのではありきたり 注 意 を 惹 くためにも 彼 女 が 社 長 になりました 内 心 女 性 を 認 めたくない 部 分 ってあるんですが, 彼 女 に 能 力 があるから どうしようもありません と 語 る 家 父 長 制 の 枠 に 理 念 的 には 囚 われていても,それを 言 葉 に 出 し, 同 時 に 新 たな 形 態 を 模 索 している 柔 軟 さがある 仕 事 との 関 係 で, 多 くの 女 性 が 夫 の 協 力 に 感 謝 したと 語 る V さんは 彼 は, 私 に 好 き なことをさせていると 一 番 いい 顔 をしていると 思 っているんじゃないですか もったいな いぐらいよくしてくれて 彼 におんぶさせてもらっています と 感 謝 しており,W さん も この 時 代 の 人 には 珍 しく 女 性 が 仕 事 をすることに 理 解 を 示 してくれています と 語 る X さんは この 仕 事 は 時 間 的 に 縛 られると 聞 いていたので, 主 人 の 協 力 がないヤバいなあ と 思 っていたという 退 職 後 の 夫 は,X さんの 手 助 けもしているそうだ 彼 女 は 結 婚 していると,どの 職 業 にいても 夫 の 理 解 がないと 女 性 は 成 功 しません と 指 摘 している 夫 の 希 望 で 歌 を 歌 う 仕 事 をやめ, 主 婦 をやっていたという Y さんの 場 合, 主 婦 業 は 今 まで の 生 活 と 違 いすぎたという 暇 を 持 て 余 しているところで 仕 事 の 誘 いが 来 て, 夫 も 復 帰 を 許 してくれた ナイトクラブを 経 営 することになったときは 本 当 に 冷 や 汗 もの だった が, 歌 うことがことが 好 きだから, 自 分 が 好 きな 時 に 歌 える 場 所 が 欲 しかったのね 水 商 売 には 向 いていない 性 格 でよくやっていましたよ と 自 分 をほめながら 振 り 返 る Z さん の 夫 も 女 は 家 にいるもの という 考 えの 人 だった はじめは 仕 事 を 持 たなかったが, 肩 こりのひどい 夫 のために 日 本 で 買 った 中 山 式 足 踏 みマットに 効 果 があったのがきっかけ で, 販 売 を 手 掛 けるようになった 家 でいるより 外 で 仕 事 をしている 方 が 好 きという Z さ んに 夫 もあきらめたという 彼 女 は, 仕 事 があってよかったと 思 ったのは 主 人 を 亡 くし たあと 子 供 が 二 人 いるし,いつまでも 悲 しみに 浸 っていられないでしょ と 語 る 家 父 長 制 的 な 意 識 は 残 しつつも 現 実 には 仕 事 をすることで 生 活 を 支 えてきたのである H さ んも 未 亡 人 になってから 子 供 のために 生 きようと 決 意 したしね と 生 計 をたてるために 仕 事 が 重 要 であったことを 指 摘 している 主 人 が 同 じ 業 界 にいるので, 私 の 仕 事 に 理 解 を 示 してくれ 協 力 してくれました 私 た ちの 頃 は, 女 性 がバリバリ 仕 事 をしようとすると, 独 身 でいくか, 配 偶 者 に 理 解 があるか 149

8 影 山 穂 波 でないと 難 しかったですね と S さんは 語 っている これは 現 在 の 日 本 も 同 様 であろう O さんの 場 合, 彼 が 私 の 仕 事 に 合 わせていけるということで 結 婚 したという 彼 女 は, 維 持 できる 結 婚 でなければ 結 婚 の 意 味 がない と 語 る 姓 名 を 変 えることに 関 しても 名 を 変 えるのもビジネスで 不 便 なんですが, 私 も 日 本 人 ですね そのままでは 抵 抗 を 感 じて 変 更 している 仕 事 だけでは 鉄 の 女 になって 人 間 的 な 味 はないでしょ 結 婚 は 私 の 部 分 のプラスになってくれています と O さんにとっての 結 婚 の 意 味 が 示 される L さんの 場 合 27 年 前 に, 日 本 を 出 た 時, 日 本 人 として 恥 じないことを 念 頭 に 置 いてき ました 日 本 にいたならあんなにしなかったかもしれませんが, 日 本 人 の 奥 さんだから, アメリカのことは 何 もできない と 後 ろ 指 さされることがないよう, 料 理 からマナーまで しっかり 勉 強 しました また 日 本 へ 行 った 時 は,アメリカ 人 として 恥 じないように 頑 張 っ たことを 語 る 主 人 のリタイヤーもありましたし, 私 もこのまま 主 婦 で 終 わりたくない 気 持 ちが 強 かったし 店 を 買 ってからは 店 へ 全 力 投 球 で 百 八 十 度 の 転 換 主 人 と 子 供 には 悪 いけれど, 店 にかかりきりです でも 本 当 は 両 方 やりたいなあ 料 理 や 洋 裁 などもやっ ているときは 楽 しかったですから 一 生 懸 命 やっていた 前 の 私 を 見 ていたから, 今 度 は お 返 しのつもりで 私 に 好 きなことをさせてくれています 本 当 に 主 人 には 感 謝 していま す, ほら, 両 方 の 文 化 をしょっている 私 だから と, 家 族 との 関 係 が 密 でありながらも, L さんは 自 分 の 人 生 を 邁 進 し 生 活 空 間 を 築 いているのである Z さんは ハワイに 来 てからいろいろなカルチュアショックもあったし,そのためには 地 域 団 体 に 入 り 違 う 世 界 に 触 れたかった という 余 計 なへディックはつくりたくない からといって 団 体 を 敬 遠 する 人 もいるけれど, 一 生 のうちにいろいろな 力 が 出 てくると 思 うんです だから 自 分 から 自 分 の 枠 にはめてしまうと 成 長 がないんじゃない? と 多 様 な 活 動 に 積 極 的 に 参 加 している 夫 の 協 力 が 女 性 の 社 会 進 出 に 影 響 を 及 ぼすが,ここに 登 場 する 人 たちの 事 例 では, 家 族 が 妻 や 母 に 協 力 する 体 制 はあるようだ しかし あきらめて 仕 方 なく といった 言 説 に みられるように, 全 面 的 な 協 力 を 得 ているわけではない 女 性 たちは 努 力 して 男 性 の 協 力 を 勝 ちとり, 自 分 のペースを 作 り 上 げているのである 4.ハワイでの 生 活 と 女 性 の 地 位 本 稿 では,イースト ウェスト ジャーナル 誌 を 中 心 に, 戦 後 日 本 からハワイに 移 住 し た 女 性 に 焦 点 を 当 てて, 彼 女 たちの 生 活 を 検 討 した 新 聞 上 に 掲 載 された 記 事 は 人 生 の 一 部 にすぎず,また 女 性 のかかえる 問 題 をとらえるには 資 料 が 十 分 とは 言 えないが,ハワイ で 生 活 する 女 性 の 一 断 面 を 描 くことは 可 能 である 彼 女 たちはハワイで 生 活 を 営 み, 自 分 たちの 活 躍 の 場 を 獲 得 していった これは, 彼 女 たちが 生 活 空 間 を 形 成 する 過 程 でもある 新 一 世 である 男 性 が 仕 事 を 契 機 にハワイに 来 ている 例 が 多 いことと 比 較 すると, 女 性 がハ ワイに 来 る 契 機 は 結 婚 である 割 合 が 高 い 使 命 感 や 挑 戦 としてハワイに 移 住 する 事 例 もあ るが, 人 生 を 選 択 する 機 会 となる 結 婚 が 海 外 での 生 活 につながっていることが, 男 性 との 決 定 的 な 違 いである 海 外 で 生 活 することは 異 なる 背 景 を 持 つ 空 間 への 新 たな 闘 争 であ り, 家 庭 や 職 場 などで 主 体 となって 生 活 空 間 を 築 いている 事 例 とみることができる 結 婚 が 破 談 したときも, 日 本 に 帰 るという 選 択 肢 を 必 ずしも 選 んではいないことが 特 徴 150

9 ハワイにおける 戦 後 移 住 の 女 性 たち 連 載 がんばるハワイの 新 一 世 から 的 である アメリカ 社 会 は 日 本 よりも 離 婚 率 が 高 く, 日 本 の 閉 鎖 的 社 会 よりも 職 業 選 択 の 幅 は 広 いかもしれない しかし 離 婚 することで 生 じる 課 題 に 立 ち 向 かい, おめおめとは 帰 れない といった 言 説 の 通 り,ハワイで 頑 張 って いる 彼 女 たちにとって,ハワイ で 生 活 するという 決 意 は 強 固 なものである 自 分 の 生 活 の 基 盤 をハワイに 移 し,この 地 で 自 分 の 場 所 を 築 くべく 努 力 を 重 ねているのである 女 性 にとっては, 社 会 に 出 て 働 く 際 に 家 族 の 協 力 が 不 可 欠 となっている 彼 女 たちの 言 説 からは, 家 族 に 対 する 家 父 長 制 的 な 価 値 観 が 散 見 された 聞 き 取 り 調 査 で 出 会 った 女 性 は, 自 分 が 家 を 守 る 必 要 があるという 日 本 の 価 値 基 準 を 海 外 でも 長 い 間 持 っていたことを 指 摘 していたが,それぞれの 人 のなかに 女 性 の 役 割 分 担 の 意 識 は 強 く 存 在 していた 結 婚 相 手 が 必 ずしも 日 本 人 ではないことで, 女 性 の 置 かれた 位 置 も 日 本 とは 異 なる 形 態 を 見 せ るが,それでも 女 性 の 担 う 役 割 分 担 は 機 能 していたのである 一 方 で, 夫 婦 で 協 力 し 合 っ てハワイに 憧 れて 居 住 してきたという 事 例 では, 自 分 たちの 方 向 を 探 りながら, 自 分 の 生 活 の 場 の 形 成 に 尽 力 している 言 説 が 見 られた 妻 の 方 が 優 秀 だからという 言 葉 は, 日 本 で はなかなか 聞 くことができないであろう 社 長 を 女 性 が 勤 め, 夫 がその 補 佐 にまわる 例 は 非 常 に 少 ない 独 特 な 事 例 であるのも, 女 性 の 地 位 を 検 討 するうえで 興 味 深 い 戦 後, 日 本 から 移 住 した 人 々が 築 いてきた 関 係 性 と 空 間 は, 男 性 のみならず 女 性 にも 多 様 な 機 会 を 与 えている 仕 事 や, 家 族 との 関 係, 自 分 の 位 置 の 確 認 などを 通 して,ハワイ における 生 活 空 間 を 創 造 しているのである 参 考 文 献 浅 井 易 (2004) 移 民 のレストラン サイミンから 探 る 日 系 人 の 移 動 と 出 会 い. 後 藤 明, 松 原 好 次, 塩 谷 亨 編 ハワイ 研 究 への 招 待 :フィールドワークから 見 える 新 しいハワイ 像 関 西 学 院 大 学 出 版 会 pp 飯 田 耕 二 郎 (1998)マウイ 島 における 日 本 人 の 居 住 地 と 出 身 地 職 業 構 成. 沖 田 行 司 編 ハワイ 日 系 社 会 の 文 化 とその 変 容 1920 年 代 のマウイ 島 の 事 例 ナカニシヤ 出 版 pp 飯 田 耕 二 郎 (2003) ハワイ 日 系 人 の 歴 史 地 理 ナカニシヤ 出 版 イースト ウェスト ジャーナル(1992) がんばるハワイの 新 一 世 イースト ウェスト ジャーナル(1991) 新 ハワイ 百 科 王 堂 フランクリン, 篠 遠 和 子 (1985) 図 説 ハワイ 日 本 人 史 ビショップミュージア ム 影 山 穂 波 (2004) 都 市 空 間 とジェンダー 古 今 書 院 後 藤 明, 松 原 好 次, 塩 谷 亨 編 (2004) ハワイ 研 究 への 招 待 :フィールドワークから 見 える 新 しい ハワイ 像 関 西 学 院 大 学 出 版 会 久 武 哲 也 (1998)マウイ 島 における 砂 糖 キビプランテーションとエスニック 構 造. 沖 田 行 司 編 ハ ワイ 日 系 社 会 の 文 化 とその 変 容 1920 年 代 のマウイ 島 の 事 例 ナカニシヤ 出 版 pp 久 武 哲 也 (1999)ホノルル 大 都 市 圏 におけるエスニック 構 成 プランテーションの 遺 産 と 制 度 的 人 種 主 義. 成 田 孝 三 編 大 都 市 圏 研 究 ( 上 ) 多 様 なアプローチ 大 明 堂 城 田 愛 (2004a)ハワイの 日 系 沖 縄 系 移 民 社 会 の 歩 みと 動 き 博 物 館 に 見 る 生 活 文 化 の 過 去, 現 在, 未 来. 後 藤 明, 松 原 好 次, 塩 谷 亨 編 ハワイ 研 究 への 招 待 :フィールドワークから 見 える 新 し いハワイ 像 関 西 学 院 大 学 出 版 会 pp 城 田 愛 (2004b)オキナワンの 踊 りと 音 楽 にみるハワイ 社 会 エスニシティの 交 差 する 舞 台 から. 151

10 影 山 穂 波 後 藤 明, 松 原 好 次, 塩 谷 亨 編 ハワイ 研 究 への 招 待 :フィールドワークから 見 える 新 しいハワ イ 像 関 西 学 院 大 学 出 版 会 pp 鈴 木 啓 (2004)ハワイの 日 本 映 画. 後 藤 明, 松 原 好 次, 塩 谷 亨 編 ハワイ 研 究 への 招 待 :フィー ルドワークから 見 える 新 しいハワイ 像 関 西 学 院 大 学 出 版 会 pp タカキロナルド 著, 富 田 虎 男, 白 井 洋 子 訳 (1985) パウ ハナ:ハワイ 移 民 の 社 会 史 刀 水 書 房 中 嶋 弓 子 (1993) ハワイさまよえる 楽 園 : 民 族 と 国 家 の 衝 突 東 京 書 籍 ハワイ 報 知 (2008) アロハ 年 鑑 第 14 版 山 中 速 人 (1992) イメージの 楽 園 : 観 光 ハワイの 文 化 史 筑 摩 書 房 Okamura, Jonathan Y. (2008) Ethnicity and inequality in Hawai i. Temple University Press Okamura, Jonathan Y. (2001) The Japanese American historical experience in Hawaii. Kendall/Hunt Kotani, Roland (1985) The Japanese in Hawaii: A century of Struggle. The Hawaii Houchi. Yano, Christine R. (2006) Crowning the nice girl: gender, ethnicity, and culture in Hawai i s Cherry Blossom Festival University of Hawai i Press 在 ホノルル 日 本 国 領 事 館 ( 年 9 月 23 日 ) 152

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より―

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より― 若 者 にとっての 老 後 と 年 金 (2) 生 涯 収 支 シミュレーション 当 研 究 所 は 年 に1 度 2 3 代 の 若 者 を 対 象 に 定 量 調 査 を 実 施 している 本 稿 は 21 年 に 実 施 した 第 6 回 の 調 査 結 果 のうち 若 者 の 老 後 に 対 する 意 識 と 個 人 年 金 保 険 ( 定 額 個 人 年 金 保 険 および 変 額 個 人

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378> 女 性 建 設 技 術 者 を 取 り 巻 く 環 境 の 実 態 調 査 調 査 結 果 報 告 書 青 森 県 県 土 整 備 部 監 理 課 目 次 1. 調 査 概 要 1 2. 回 答 企 業 の 概 要 2 3. 集 計 結 果 3 参 考 調 査 票 22 1. 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 建 設 産 業 では 担 い 手 不 足 が 課 題 となっており その 解 決 策

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

日本の生命保険業績動向 ざっくり30年史(3)保険料収入・保険金支払など-銀行窓販で、復調?

日本の生命保険業績動向 ざっくり30年史(3)保険料収入・保険金支払など-銀行窓販で、復調? ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター -- 日 本 の 生 命 保 険 業 績 動 向 ざっくり 3 年 史 (3) 保 険 料 収 入 保 険 金 支 払 など 銀 行 窓 販 で 復 調? 保 険 研 究 部 主 任 研 究 員 安 井 義 浩 (3)3-833 yyasui@nli-research.co.jp お 金 の 流 れだけみると 保 険 会 社 はまず 保 険 料 を

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果 茅 ヶ 崎 市 景 気 動 向 調 査 (3 月 ) 結 果 1. 調 査 期 間 平 成 27 年 3 月 現 在 2. 調 査 対 象 茅 ヶ 崎 商 工 会 議 所 会 員 より 無 作 為 抽 出 大 型 店 については 茅 ヶ 崎 市 大 型 店 連 絡 協 議 会 加 盟 店 舗 調 査 用 紙 を 郵 送 しファックスで 回 収 3. 回 収 状 況 業 種 調 査 対 象 数 回 答

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 向 上 のための 方 策 ~ 成 功 した 企 業 の 事 例 を 参 考 に~ 石 島 修 平 小 此 木 綾 華 芳 賀 真 依 子 津 久 井 慧 1 はじめに 安 倍 政 権 は 3 本 の 矢 と 呼 ばれる 経 済 再 生 目 標 を 掲 げ そのうちの 成 長 戦 略 目 標 において 女 性 の 活 躍 推 進 を 挙 げている これは 女 性

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最 平 成 25 年 12 月 26 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 ~ 企 業 における 若 者 活 用 戦 略 と 若 者 の 就 業 意 識 ~の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 )は 従 業 員 規 模 1,000 人 以 上 の 企 業 や 官 公 庁 を 対 象 とする

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

平成16年度

平成16年度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 2 目 次 1. 調 査 の 概 要 2. 結 果 の 概 要 3. 注 文 住 宅 に 関 する 結 果 4. 分

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

           3か4か 

           3か4か  - 日 本 の 漁 船 - 和 船 の 登 場 と 発 達 三 浦 福 助 日 本 の 船 の 歴 史 を 見 ると 縄 文 時 代 の 丸 木 舟 から 始 まり やがて 木 材 を 組 合 わせた 構 造 船 ( 和 船 と 呼 ぶことにします)が 出 現 します これがいつの 時 代 かはわかりませんが 古 墳 時 代 になるとそのような 船 が 海 に 浮 かんだものと 思 います 1 遣

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

                                   2006年第 号

                                   2006年第 号 JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796-5833 FAX.03-5796-5848 http://www.jtb.jp/ JTB Web アンケート 調 査 結 果 (vol.7) 2007 年 第 5 号 (2007.1.26) 2007 年 団 塊 世 代 の 大 量 退 職 をにらんで 年 金 暮 らしになっても これだけは

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

まちづくり 科 に 関 係 する 時 数 の 増 減 ( 平 成 23 年 度 ) 目 標 や 領 域 のねらいから 考 えると, 以 下 のような 教 科 内 容 の 一 部 がまちづくり 科 に 含 まれることになると 考 えた < 国 語 科 > 人 と 人 とのコミュニケーションに 関 係

まちづくり 科 に 関 係 する 時 数 の 増 減 ( 平 成 23 年 度 ) 目 標 や 領 域 のねらいから 考 えると, 以 下 のような 教 科 内 容 の 一 部 がまちづくり 科 に 含 まれることになると 考 えた < 国 語 科 > 人 と 人 とのコミュニケーションに 関 係 こ と ひ ら ぐ う 琴 平 町 には 金 刀 比 羅 宮 にまつわる 歴 史 や 伝 統 文 化, 象 頭 山 や 金 倉 川 などの 豊 か な 自 然,こんぴら 参 りに 由 来 するまちの 賑 わいや 多 様 な 人 々とのふれあい, 金 毘 羅 歌 舞 伎 に 代 表 されるまちおこしなど 豊 かな 教 材 を 有 する しかし,これまで 子 どもたちの 多 くは 自 分 たちが 暮 らすまちのよさにふれたりそれを

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1 Title 京 大 東 アジアセンターニュースレター 第 609 号 Author(s) Citation 京 大 東 アジアセンターニュースレター (2016), 609 Issue Date 2016-02-29 URL http://hdl.handle.net/2433/208993 Right Type Others Textversion publisher Kyoto University

More information

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省 平 成 27 年 度 海 外 派 遣 教 員 を 励 ます 集 い 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 ) 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 )に 上 記 の 会 が, 岡 山 アークホテル1Fレストラン ラ ペ ーシュ で 開 かれました 岡 山 駅 の 近 くで, 便 利 が 良 く, 貸 し 切 りでも 良 心 的 な 料 金 のた め, 本 会 の 行 事 としておなじみの

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378> 新 体 操 競 技 の 普 及 及 び 競 技 力 向 上 のための 一 考 察 体 操 専 門 部 山 形 城 北 高 等 学 校 大 倉 めぐみ 1. はじめに 新 体 操 とは 13 メートル 四 方 の 演 技 面 の 中 で 徒 手 またはロープ フープ ボール クラブ リボンの 5 種 目 の 手 具 を 使 いながら 音 楽 の 特 性 に 合 った 華 麗 な 動 きと 巧 みな 技

More information

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪 国 土 交 通 政 策 研 究 所 第 173 回 政 策 課 題 勉 強 会 概 要 日 時 : 平 成 27 年 3 月 18 日 ( 水 )12 時 30 分 ~14 時 00 分 講 師 : リクルートワークス 研 究 所 主 任 研 究 員 中 村 天 江 氏 テーマ : これからの 労 働 市 場 と 建 設 人 材 の 獲 得 (1) 建 設 人 材 不 足 の 背 景 東 日 本 大

More information

2014 年 度 の 路 線 価 が 発 表 されました! 2014 年 7 月 1 日 ( 火 )に 今 年 分 の 路 線 価 が 発 表 されました 路 線 価 とは 国 が 定 め る 相 続 税 の 計 算 をするための 基 準 となる 価 格 のことを 言 います 毎 年 7 月 国 税

2014 年 度 の 路 線 価 が 発 表 されました! 2014 年 7 月 1 日 ( 火 )に 今 年 分 の 路 線 価 が 発 表 されました 路 線 価 とは 国 が 定 め る 相 続 税 の 計 算 をするための 基 準 となる 価 格 のことを 言 います 毎 年 7 月 国 税 チェスター 相 続 クラブ summer 7 2014 2014 年 度 の 路 線 価 が 簡 単 に 分 かる! 自 用 地 と 貸 家 建 付 地 の 違 い 知 らないと 損 をする! 生 前 贈 与 は 相 続 税 対 策 のキホン 発 表 されました! 贈 与 したお 金 で 生 命 保 険 に 加 入 生 前 贈 与 と 生 命 保 険 の 組 み 合 わせ ここが 変 わる! 小 規

More information

(2) 今 年 の 主 な 改 正 点 昨 年 と 比 べて 変 わった 点 は 主 として 下 記 のとおりです 1 住 宅 ローン 控 除 が7 月 から 変 更 6 月 までに 居 住 した 方 は ローン 控 除 の 期 間 が15 年 でした 7 月 以 降 居 住 は10 年 になってい

(2) 今 年 の 主 な 改 正 点 昨 年 と 比 べて 変 わった 点 は 主 として 下 記 のとおりです 1 住 宅 ローン 控 除 が7 月 から 変 更 6 月 までに 居 住 した 方 は ローン 控 除 の 期 間 が15 年 でした 7 月 以 降 居 住 は10 年 になってい 確 定 申 告 真 っ 盛 り 今 年 の 申 告 の 注 意 点 は? 本 日 2 月 24 日 確 定 申 告 真 っ 盛 りの 時 期 ですね 皆 様 はもう 確 定 申 告 はお 済 みで すか 申 告 が 必 要 な 方 は なるべく 早 めに 準 備 をして 税 務 署 に 行 くか あるいは 私 ども まで 資 料 をお 持 ち 下 さい 資 料 不 足 のこともずい 分 ありますので

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information

福岡県における年末年始の個人消費動向

福岡県における年末年始の個人消費動向 2014 年 1 月 23 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 における 年 末 年 始 の 個 人 消 費 動 向 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日 本 銀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083568393834F838B837D8393835683878393838A838A815B835832303039303132372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083568393834F838B837D8393835683878393838A838A815B835832303039303132372E646F63> 2009 年 ( 平 成 21 年 )2 月 12 日 株 式 会 社 大 広 総 務 人 事 局 広 報 部 ライフコースレポート ~シングル 女 性 のマンション 購 入 編 ~ シングル 女 性 の 住 宅 購 入 は ライフコース 自 由 度 を 重 視 株 式 会 社 大 広 ( 社 長 : 高 野 功 )は このたび ライフコース マーケティング 分 析 レポ ート ~シングル 女 性

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc The study and analysis of the HK Local Female Talents: The reasons why they quit the Japanese Companies メイ ウォン Sino Education 要 旨 香 港 には 世 界 中 から 優 秀 な 人 材 が 集 まっている そして その 中 には これまで 学 んできた 日 本 語 を 生 かして

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19 生 まれ 変 われるとしたら の 理 由 児 童 生 徒 / 保 護 者 小 学 生 男 子 小 学 生 女 子 記 述 より 1 ぜ っ た い 男 2 ど ち ら か と い え ば 男 3 ぜ っ た い 女 4 ど ち ら か と い え ば 女 5 ど ち ら で もいい 今 のままがいい 今 男 だから 運 動 スポーツができる 赤 ちゃんを 産 みたくない 力 が 強 い 今 女 なので

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

なども 該 当 します 2 観 光 地 側 観 光 地 側 とは 旅 行 の 目 的 地 となる 供 給 サイドのことで 俗 に 着 地 と 呼 ばれています 観 光 地 側 の 主 な 業 種 は 宿 泊 サービス 業 交 通 運 輸 業 観 光 土 産 品 業 観 光 施 設 業 などが 該 当

なども 該 当 します 2 観 光 地 側 観 光 地 側 とは 旅 行 の 目 的 地 となる 供 給 サイドのことで 俗 に 着 地 と 呼 ばれています 観 光 地 側 の 主 な 業 種 は 宿 泊 サービス 業 交 通 運 輸 業 観 光 土 産 品 業 観 光 施 設 業 などが 該 当 SS12 観 光 関 連 産 業 の 仕 組 み エコインストラクター 人 材 育 成 事 業 テキスト 無 断 転 用 転 載 禁 止 執 筆 者 : 鈴 木 晴 江 氏 ( 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 ) 近 年 旅 行 市 場 の 変 化 により 体 験 滞 在 型 ツアーやガイド 付 き 自 然 観 察 等 の 高 付 加 価 値 商 品 が 注 目 されています 自 然 学 校

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

13-19_特集④_第2章_再.indd

13-19_特集④_第2章_再.indd 2 ライフアート コンサルティング 株 式 会 社 代 表 取 締 役 1 級 ファイナンシャル プランニング 技 能 士 仕 事 や 子 育 て 中 心 の 生 活 が 終 了 して 生 活 が 大 きく 変 わる 退 職 後 は 住 宅 に 対 する 考 え 方 も 大 きく 変 わる 時 期 です 通 勤 や 子 どもの 通 学 に 適 した 環 境 から 郊 外 での 暮 らしを 希 望 する

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

ユーキャンシニア調査

ユーキャンシニア調査 報 道 各 位 ~ユーキャン 第 回 団 塊 サラリーマンの 意 識 調 査 ~ 団 塊 サラリーマンから 新 入 社 員 へのエールは 一 生 ( 所 ) 懸 命 温 故 知 新 ヶ 月 に 自 由 に 使 えるお 金 定 年 前 47,693 円 定 年 後 30,03 円 ライフスタイルなら 加 山 雄 三 一 番 大 切 にしたい 人 は 妻 株 式 会 社 ユーキャン( 本 社 : 東 京

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx 1. 木 育 とは 何 か 木 育 は 幼 児 期 から 原 体 験 としての 木 材 との 関 わりを 深 め 豊 かなく らしづくり 社 会 づくり そして 森 づくりに 貢 献 する 市 民 の 育 成 をめざす 活 動 です 例 えば 以 下 に 示 すような 活 動 は 代 表 的 な 木 育 の 活 動 です 木 育 の 活 動 は 非 常 に 多 様 であり そして 学 習 対 象 の

More information

野村不動産グループ PRESS RELEASE

野村不動産グループ PRESS RELEASE 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 3 月 15 日 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 定 年 退 職 後 の 夫 婦 の 生 活 意 識 調 査 を 実 施 定 年 したからこそ 住 みかえたくなる 3 つの 理 由 は ~ バリアフリー 子 供 との 近 居 今 の 家 が 広 すぎる ~ 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新

More information