目 次 総 務 部 関 係 防 災 防 犯 について( 初 動 体 制 ) 1 ( 市 の 防 災 対 策 ) 1 ( 連 携 体 制 )1 1 ( 連 携 体 制 )2 2 ( 自 助 共 助 公 助 ) 2 ( 避 難 所 ) 3 ( 被 害 想 定 ) 3 ( 防 災 訓 練 ) 3 (トラン

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 総 務 部 関 係 防 災 防 犯 について( 初 動 体 制 ) 1 ( 市 の 防 災 対 策 ) 1 ( 連 携 体 制 )1 1 ( 連 携 体 制 )2 2 ( 自 助 共 助 公 助 ) 2 ( 避 難 所 ) 3 ( 被 害 想 定 ) 3 ( 防 災 訓 練 ) 3 (トラン"

Transcription

1 平 成 25 年 度 柏 市 町 会 長 等 会 議 意 見 要 望 事 項 へ の 回 答 柏 市

2 目 次 総 務 部 関 係 防 災 防 犯 について( 初 動 体 制 ) 1 ( 市 の 防 災 対 策 ) 1 ( 連 携 体 制 )1 1 ( 連 携 体 制 )2 2 ( 自 助 共 助 公 助 ) 2 ( 避 難 所 ) 3 ( 被 害 想 定 ) 3 ( 防 災 訓 練 ) 3 (トランシーバー) 4 ( 情 報 ) 4 ( 空 き 家 ) 4 企 画 部 関 係 柏 の 葉 スマートヘルス 事 業 について 5 地 域 づくり 推 進 部 関 係 We Love Kashiwa キャンペーンについて 5 柏 レイソルについて 6 ボランティア 団 体 の 紹 介 等 について 6 町 会 等 運 営 について( 町 会 加 入 ) 6 ( 活 動 内 容 ) 7 ( 役 員 の 高 齢 化 ) 7 ( 防 犯 灯 ) 8 ( 申 請 窓 口 の 一 元 化 ) 8 ( 申 請 手 続 の 簡 素 化 ) 8 ( 役 員 の 負 担 ) 9 (Eメール) 9 (ふるさと 協 議 会 ) 10 ( 行 政 連 絡 物 )1 10 ( 行 政 連 絡 物 )2 10 ( 補 助 制 度 ) 11 ( 町 会 の 支 援 施 策 ) 11 ( 地 域 活 動 支 援 補 助 金 ) 11 ( 学 校 との 連 携 ) 12 ( 生 活 保 護 ) 12

3 保 健 福 祉 部 関 係 高 齢 者 への 支 援 制 度 について 13 K-Netについて 14 赤 十 字 等 について 14 民 生 委 員 について 15 こども 部 関 係 保 育 園 の 入 園 について 15 環 境 部 関 係 除 草 剤 について 16 産 廃 業 者 の 煙 について 16 資 源 回 収 報 償 金 について 17 ごみ 集 積 場 の 管 理 について 17 除 染 について 18 調 整 池 の 放 射 線 対 策 について 18 都 市 部 関 係 公 園 管 理 について 19 耐 震 診 断 について 19 土 木 部 関 係 通 学 路 の 安 全 について 20 道 路 の 補 修 について 20 路 線 バスについて 21 学 校 教 育 部 関 係 通 学 区 域 について 21 学 校 のバリアフリー 化 について 22 中 学 生 の 指 導 について 22 議 会 事 務 局 関 係 議 員 定 数 の 削 減 について 23 議 員 報 酬 の 適 正 化 について 23 政 務 調 査 費 について 24 意 見 要 望 事 項 は, 原 則 として 原 文 のまま 記 載 していますが, 名 称 等 一 部 修 正 させていただきました ご 了 承 ください

4 総 務 部 関 係 件 名 防 災 防 犯 について 回 答 部 課 名 総 務 部 防 災 安 全 課 ( 初 動 体 制 ) 地 震 等 の 天 災 で, 断 水, 停 電 時 の 行 政 との 緊 急 処 置 の 問 題 以 前 の 断 水 時 に 問 題 あ り!? 東 日 本 大 震 災 や 昨 年 5 月 の 市 内 全 域 断 水 の 教 訓 を 踏 まえ, 本 年 3 月 に 全 面 改 訂 しまし た 新 柏 市 地 域 防 災 計 画 では, 震 度 5 強 以 上 の 地 震 発 生 で 自 動 設 置 される 災 害 対 策 本 部 や 地 区 災 害 対 策 本 部 の 体 制 を 見 直 し, 災 害 発 生 時 の 関 係 部 局 の 初 動 対 応 を 明 確 にし ました この 計 画 に 従 って, 情 報 の 一 元 化, 地 区 災 害 対 策 本 部 となる 近 隣 センターの 災 害 対 応 職 員 の 配 置 バランス, 資 機 材 の 配 置 など, 所 要 の 見 直 しを 行 いました 今 後 は, 各 部 局 の 初 動 対 応 マニュアルの 策 定 や 訓 練 の 実 施 により, 緊 急 時 の 体 制 強 化 を 図 ってまいります ( 市 の 防 災 対 策 ) 防 災 対 策 が 一 番 むずかしいと 思 いますが, 柏 市 の 対 策 は? 防 災 対 策 は 首 尾 範 囲 が 広 く,どこまでやればよいという 境 界 もありません そこで, 東 日 本 大 震 災 で 得 られた 教 訓 や 経 験 をもとに, 優 先 順 位 を 決 めてその 対 策 に 取 り 組 んでいるところです また, 本 年 3 月 に 修 正 した 新 柏 市 地 域 防 災 計 画 では, 自 助 共 助 公 助 の 役 割 を 明 確 にしています 具 体 の 対 策 につきましては, 平 常 時 の 対 策 や 災 害 時 の 対 策 など,それぞれに 様 々な 対 策 がありますので, 防 災 安 全 課 にお 問 い 合 わせください ( 連 携 体 制 )1 災 害 対 応 等 での 各 部 署 の 連 携 市 内 で 震 度 5 強 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合, 市 役 所 には 災 害 対 策 本 部 が,また, 各 ふ るさと 協 議 会 エリアには, 地 区 災 害 対 策 本 部 が,それぞれ 自 動 設 置 され 職 員 が 参 集 し ます 特 に 災 害 発 生 後 48 時 間 は, 人 命 を 最 優 先 して, 各 地 域 の 被 害 情 報 や 安 否 情 報 な どを 地 区 災 害 対 策 本 部 で 収 集 し, 災 害 対 策 本 部 で 集 約 災 害 対 策 本 部 各 部 署 が 被 害 状 況 に 応 じて 迅 速 な 活 動 を 行 います 1

5 ( 連 携 体 制 )2 小 職 の 理 解 不 足 ( 本 年 就 任 したため)かもしれませんが, 防 災 防 犯 に 対 する 連 携 体 制 が 必 要 と 考 えます( 指 揮 系 統 の 明 示 など) 平 常 時 から,いざ 災 害 が 発 生 したらどうするかをマニュアルなどに 整 理 しておくこと や,あらかじめ 訓 練 を 行 って 地 域 の 皆 さんで 共 通 理 解 をしておくことが 大 切 であると 考 えています 防 災 安 全 課 では, 日 ごろから 地 域 の 皆 様 と 伴 に 防 犯 防 災 に 関 する 講 習 会 や 訓 練 などの 活 動 を 行 っていますので,ご 相 談 ください ( 自 助 共 助 公 助 ) 災 害 時 の 自 助 共 助 公 助 の 具 体 的 範 囲 何 をどこまでしたら 良 いのか 個 人, 町 会, ふる 協, 市 との 役 割 は 具 体 的 にどうなのかを 知 りたい 災 害 時 の 自 助 共 助 公 助 の 役 割 については,それぞれ, 平 常 時 の 備 えや 準 備 などに より 活 動 の 範 囲 や 内 容 が 大 きく 変 わってくると 考 えます 市 では 平 常 時 の 活 動 につい て, 訓 練 のサポートや 講 習 会 の 講 師 として 職 員 を 派 遣 するなど, 様 々な 支 援 を 行 なっ ています なお, 具 体 的 な 活 動 や 役 割 のイメージについては 次 の 表 をご 参 照 ください 平 常 時 の 自 助 共 助 公 助 の 役 割 自 助 町 会 自 治 会 区 等 共 助 ふるさと 協 議 会 公 助 安 全 対 策 建 物 の 耐 震 化 家 具 等 転 倒 防 止 策 消 火 器 の 配 備 危 険 箇 所 の 把 握 防 災 資 源 の 把 握 防 災 情 報 の 提 供 防 災 マップの 配 布 耐 震 化 生 け 垣 化 等 の 助 成 平 常 時 備 蓄 被 災 対 策 講 習 訓 練 水 食 糧 の 備 蓄 ( 最 低 防 災 資 機 材 の 備 蓄 食 糧 の 備 蓄 ( 想 定 避 難 者 1 日 分 ) 3 日 分 ) ( 組 織 活 動 で 必 要 なもの) 資 機 材 の 備 蓄 ( 避 難 所 で 必 要 となる ライフライン 寸 断 対 策 ( 懐 中 大 型 資 機 材 ) 電 灯 ラシ オ 非 常 用 トイレ 袋 民 間 などからの 調 達 体 制 構 築 等 ) 非 常 持 ち 出 し 品 の 準 備 ( 家 族 に 合 わせた 準 備 ) 家 族 のルールづくり 防 災 組 織 づくり 防 災 組 織 づくり 防 災 組 織 づくり 支 援 ( 集 合 場 所 避 難 ルート 要 援 護 者 の 把 握 と 見 守 り 近 隣 センター( 地 区 災 害 対 策 近 隣 センター( 地 区 災 害 対 策 本 部 ) 連 絡 方 法 等 ) 本 部 )との 連 携 の 体 制 強 化 情 報 通 信 機 器 の 整 備 避 難 場 所 避 難 所 の 確 認 避 難 場 所 避 難 所 の 選 定 避 難 場 所 避 難 所 の 拡 充 避 難 所 運 営 組 織 の 結 成 避 難 所 運 営 組 織 の 結 成 支 援 防 災 講 習 会 への 参 加 防 災 講 習 会 の 実 施 防 災 講 習 会 の 実 施 防 災 講 習 会 の 実 施 支 援 防 災 訓 練 への 参 加 防 災 訓 練 の 実 施 防 災 訓 練 の 実 施 防 災 訓 練 防 火 指 導 の 実 施 支 援 2

6 災 害 時 の 自 助 共 助 公 助 の 役 割 自 助 町 会 自 治 会 区 等 共 助 ふるさと 協 議 会 公 助 人 命 保 護 身 を 守 る 自 宅 の 消 火 救 助 隣 近 所 の 消 火 救 助 組 織 的 な 消 火 救 助 活 動 近 隣 センター( 地 区 災 害 対 策 本 部 )への 協 力 消 火 救 助 医 療 救 護 自 衛 隊 他 市 への 応 援 要 請 家 族 の 安 否 確 認 被 害 安 否 情 報 収 集 近 隣 センター( 地 区 災 害 対 被 害 情 報 住 民 安 否 災 害 時 ( 初 動 期 ) 情 報 避 難 行 動 隣 近 所 の 安 否 確 認 掲 示 板 の 確 認 避 難 場 所 等 への 避 難 指 定 避 難 所 への 避 難 ( 自 宅 等 が 危 険 な 場 合 ) 近 隣 センター( 地 区 災 害 対 策 本 部 )への 伝 達 掲 示 板 への 掲 示 指 定 避 難 所 への 誘 導 避 難 所 開 設 協 力 策 本 部 )への 協 力 近 隣 センター( 地 区 災 害 対 策 本 部 )への 協 力 情 報 に 基 づく 救 援 支 援 広 報 活 動 避 難 者 の 誘 導 避 難 所 の 開 設 運 営 生 活 支 援 町 会 自 治 会 区 等 の 活 動 避 難 所 運 営 協 力 に 協 力 在 宅 被 災 者 支 援 近 隣 センター( 地 区 災 害 対 生 活 救 援 対 策 ( 水 食 糧 生 活 必 策 本 部 )への 協 力 需 品 の 供 給 健 康 管 理 ) ( 避 難 所 ) 大 災 害 時 における 避 難 者 の 対 応 として 各 学 校 が 避 難 所 として 指 定 されているが,その ときの 支 援 者 として 各 町 会 役 員 等 が 割 当 てられるケースがあり, 複 数 の 避 難 所 を 受 け 持 つことがある 柏 市 において 仕 分 ( 案 )を 作 成 してほしい 防 災 安 全 課 では, 町 会 等 の 皆 様 と 学 校 とが 避 難 所 運 営 組 織 を 立 ち 上 げていただくため の 協 議 を 行 なっていただくよう, 調 整 を 図 ってまいります ( 被 害 想 定 ) 柏 市 に 特 化 した,むしろ 各 地 域 に 特 化 した 防 災 情 報 大 地 震 の 時 は 各 町 会 に 何 が 起 こ るか? 市 では, 平 成 18 年 に 被 害 想 定 調 査 を 実 施 し, 東 京 湾 北 部 地 震 茨 城 県 南 部 地 震 柏 市 直 下 型 地 震 を 想 定 地 震 として, 各 ふるさと 協 議 会 エリアごとの 想 定 被 害 を 推 計 して おり,ご 要 望 があれば, 地 域 の 防 災 講 習 会 等 でご 説 明 しております ( 防 災 訓 練 ) 中 原 防 災 公 園 の 設 備 を 広 く 住 民 に 知 ってもらう 為 に, 早 急 に 同 公 園 を 活 用 した 防 災 訓 練 を 実 施 してください 東 日 本 大 震 災 後, 市 では, 総 合 防 災 訓 練 の 在 り 方 を 見 直 し, 市 民 参 加 型 訓 練, 大 規 模 図 上 訓 練, 目 的 別 訓 練 の 3 つの 訓 練 テーマを 設 定 し, 年 度 ごとに1つのテーマ を 重 点 訓 練 として 実 施 していくこととしました 3

7 本 年 度 におきましては, 目 的 別 の 訓 練 として, 柏 駅 周 辺 におきまして, 帰 宅 困 難 者 対 応 訓 練 を 実 施 する 予 定 です 市 民 参 加 型 の 訓 練 につきましては, 会 場, 内 容 等, 今 後 検 討 してまいります なお,ふるさと 協 議 会 等 で 実 施 される 訓 練 につきましては, 今 後 とも 可 能 な 限 り 支 援 をさせていただきます (トランシーバー) 市 より 頂 いたトランシーバー 災 害 時 利 用 に 頂 いたが, 現 実 には 近 隣 センターと 町 会 の 連 絡 に 利 用 できず 町 会 内 のお 祭 りに 利 用 している 状 況 です この 利 用 で 良 いのか 本 来 災 害 時 利 用 で 頂 いたもので 現 在,いくつかのふるさと 協 議 会 で 導 入 されている 高 性 能 トランシーバーを 含 めて, 災 害 時 における 町 会 等 の 情 報 の 受 伝 達 のツールとして, 必 要 な 機 器 は 何 を 重 視 してい けば 良 いのか, 性 能, 価 格, 維 持 管 理 費 用, 発 展 性 など, 今 後 とも, 総 合 的 に 比 較 検 討 してまいります ( 情 報 ) 今 回, 町 会 長 となり 防 犯 パトロールの 件 でわからない 事 がありお 電 話 して 教 えて 頂 き ました 行 政 側 がもっているノウハウを 防 犯 パトロールや 防 災 事 業, 夏 祭 りなど 幅 広 く 知 らせて 教 えて 頂 きたいと 思 いました 防 災 安 全 課 では, 町 会 等 のお 問 合 せに 随 時 対 応 させていただいております また, 予 めご 要 望 いただければ, 防 犯 防 災 に 関 する 講 習 会 の 講 師 等 として, 職 員 を 派 遣 する ことも 可 能 です ( 空 き 家 ) ( 空 き 家 について) 所 有 者 を 公 表 してください 放 置 のまま 事 故 がおきたらどうする つもりでしょうか 本 市 では, 柏 市 空 き 家 等 適 正 管 理 条 例 に 基 づき, 指 導 等 を 行 っているところです 所 有 者 の 公 表 は, 最 終 手 段 となりますので, 慎 重 な 対 応 を 要 します このため, 現 在, 基 準 づくりに 取 り 組 んでいるところであり, 今 後, 正 当 な 理 由 なく 指 導 に 従 わない 空 き 家 所 有 者 に 対 しては, 所 有 者 の 公 表 を 前 提 に 措 置 を 行 なっていく 考 えです 4

8 企 画 部 関 係 件 名 柏 の 葉 スマートヘルス 事 業 について 回 答 部 課 名 企 画 部 企 画 調 整 課 保 健 所 地 域 健 康 づくり 課 柏 の 葉 スマートヘルス 事 業 について, 行 政 としてどのような 位 置 づけで 推 進 していく のか, 教 えていただきたい 会 議 時 質 問 柏 市 においては, 今 後, 急 速 な 少 子 高 齢 化 に 伴 う, 福 祉 環 境 ( 在 宅 施 設 サービス), 医 療 環 境 の 充 実 はもとより, 健 康 増 進 や 疾 病 予 防 の 街 づくりが 重 要 となり, 医 療 社 会 保 障 費 をいかに 抑 制 するかが 課 題 であります さらに, 子 育 て 世 代 への 支 援 等 によ る, 出 生 率 の 上 昇 と 人 口 流 入 の 促 進 を 図 ることが 重 要 と 考 えております また, 柏 市 健 康 増 進 計 画 では, まちを 構 成 する 行 政, 地 域, 企 業 等 の 全 ての 組 織 及 び 全 ての 市 民 が 連 携 協 働 し, 生 涯 健 康 で 元 気 に 暮 らせる 社 会 形 成 を 目 指 す ことを 計 画 の 方 向 性 とし,その 方 向 性 のもと, 健 康 寿 命 の 延 伸, 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 及 び 重 症 化 予 防 の 徹 底 を 計 画 の 基 本 目 標 としております そこで, 今 回 は, 総 務 省 の 補 助 事 業 である ICT 街 づくり 推 進 事 業 において, 民 間 企 業 が 中 心 となった 事 業 について, 市 も 関 わっていくことで, 課 題 解 決 のモデルとして 事 業 を 行 ってまいります 今 後 とも, 行 政 としては, 柏 の 葉 スマートヘルス 事 業 については, 事 業 を 行 う 積 極 的 な 企 業 を 応 援 し, 市 民 サービスの 向 上 に 努 めてまいります 地 域 づくり 推 進 部 関 係 件 名 We Love Kashiwa キャンペーンについて 回 答 部 課 名 地 域 づくり 推 進 部 協 働 推 進 課 "We Love Kashiwa"キャンペーンは 賛 成 だが,その 前 には"WE LOVE AKEBONO"キャンペ ーンを 浸 透 させる そのために 必 要 な 行 政 の 支 援 バックアップを 具 体 的 に 求 めたい が, 町 会 ではその 内 容 を 検 討 中 例 )D-51 まつり, 夏 まつり, 節 分,X マス,もちつき, 敬 老 イベント, 町 会 対 抗 ソフ トやゲートボール 大 会,レイソル 応 援 etc We Love Kashiwa キャンペーンは, 柏 のまちの 魅 力 や 人 々の 活 気 を 市 内 外 に 伝 えてい くイメージアップ 事 業 です 商 工 会 議 所 をはじめ,さまざまな 分 野 のメンバーで We Love Kashiwa キャンペーン 実 行 委 員 会 を 設 立 し,みなさんで 共 通 のロゴを 活 用 し 柏 全 体 をPRしていくものです ロゴをご 活 用 いただいた 町 会 のイベントは, 当 キャン ペーンのホームページでPRをお 手 伝 いいたします 5

9 件 名 柏 レイソルについて 回 答 部 課 名 地 域 づくり 推 進 部 協 働 推 進 課 柏 レイソルが 日 本 代 表 として ACL を 戦 っています 市 としても 全 国 メディアへのアピ ール,バックアップをお 願 いします ACL 開 催 時 には, 柏 駅 東 口 ダブルデッキ 上 に 案 内 ブースを 設 置 します 案 内 ブース では, 通 訳 ボランティアとともに, 外 国 語 版 の 柏 の 見 どころなどを 紹 介 した 歓 迎 パン フレットや 観 光 マップなどを 配 布 し,まちの 紹 介 やスタジアムまでの 道 案 内 などを 実 施 しております 柏 で 行 われる 世 界 大 会 を 適 宜, 広 報 紙 やホームページを 通 じて 市 内 外 に 周 知 してまい ります 件 名 ボランティア 団 体 の 紹 介 等 について 回 答 部 課 名 地 域 づくり 推 進 部 地 域 支 援 課 柏 市 および 近 隣 のボランティア 団 体 の 紹 介, 利 用 条 件 の 一 覧 町 会 行 事 で 使 える 備 品 の 紹 介 芸 能 集 団 紹 介 と 利 用 料 金 一 覧 など 町 会 行 事 を 支 える, 人 や 物 の 紹 介 をしてほ しい 柏 市 で 主 に 活 動 しているNPOやボランティアについては, 下 記 のホームーページで 登 録 団 体 の 活 動 内 容 や 提 供 サービスの 紹 介 を 行 っていますのでご 参 照 ください 柏 市 民 活 動 情 報 サイト かしわん ぽっ? 柏 市 生 涯 学 習 情 報 サイト らんらんかしわ 柏 市 社 会 福 祉 協 議 会 ボランティアセンター 件 名 町 会 等 運 営 について 回 答 部 課 名 地 域 づくり 推 進 部 地 域 支 援 課 ( 町 会 加 入 ) 近 年, 町 会 内 に 新 規 建 築 物 が 増 え, 住 民 や 企 業 が 増 えています しかし 施 工 業 者 から の 連 絡 がないため, 町 会 加 入 のお 知 らせ 等 を 配 布 できない 状 況 があります 新 築 物 件 等 建 築 の 際 には, 町 会 への 報 告 や 加 入 などを 施 工 業 者 等 に 伝 えてもらえるとありがた いです 町 会 等 への 加 入 率 を 高 めるため, 行 政 としても 町 会 等 加 入 のメリットを PR してほしい 最 近 の 動 きとして, 大 型 マンション 内 で 町 会 への 加 入 の 是 非 や 町 会 費 の 是 非 が 議 論 さ れている 風 潮 があり, 同 じマンション 内 で 一 部 住 民 が 町 会 費 を 支 払 わない 現 象 がおき, それが 他 のマンションにも 広 がりつつある 町 会 の 意 義 をPRしているが, 行 政 が 町 会 に 期 待 するのであれば,この 点 でのバックアップの 方 もいま 少 しお 願 いしたい 町 会 区 域 内 に 住 む, 比 較 的 小 規 模 な 集 合 住 宅 やアパートに 住 む 人 々が 町 会 費 を 負 担 し 6

10 てくれず, 町 会 活 動 にも 参 加 してくれません みんなが 一 緒 に 町 会 運 営 できるように するための 事 例 がありましたら 教 えて 下 さい 町 会 等 の 地 域 団 体 には, 地 域 コミュニティの 基 礎 としての 役 割 を 担 っていただいてい るものと 考 えており, 市 としましても, 加 入 率 向 上 は 重 要 視 しています 未 加 入 者 への 取 り 組 みとしては, 新 たに, 平 成 24 年 度 末, 柏 市 ふるさと 協 議 会 連 合 会 と 協 働 で 町 会 自 治 会 区 等 加 入 促 進 パンフレット を 作 成 いたしました 各 地 域 での 未 加 入 者 対 策 として, 有 効 にご 活 用 いただければと 思 います 他 にも, 転 入 手 続 き 時 の 市 役 所 窓 口 でのチラシ 配 布, 大 型 マンション 等 の 建 設 時 にお ける 事 業 者 との 町 会 加 入 に 関 する 事 前 協 議 なども 継 続 して 行 なってまいります ご 承 知 のとおり, 町 会 等 への 加 入 は,あくまで 住 民 の 任 意 であり, 強 制 加 入 とするわ けには 参 りませんが,まずは 加 入 未 加 入 を 問 わず 広 く 住 民 に 対 して 地 域 活 動 に 対 して 理 解 していただくことから 始 め, 将 来 の 加 入 者 増 に 結 び 付 けたいと 考 えております ( 活 動 内 容 ) 同 じ 行 事 や 仕 事 ( 夏 祭 りや 防 犯 パトロール, 防 災 事 業 など) 他 町 内 会 がどのようにし ているか,ぜひとも 教 えて 参 考 にさせて 頂 きたいと 思 います 高 齢 化 に 対 応 した 先 進 的 な 町 会 の 取 り 組 みについてのご 紹 介 を 希 望 します 町 会 等 の 諸 々の 行 事, 地 元 の 祭 礼,ふるさとセンターの 利 用 状 況, 子 供 会 や 老 人 会 が どのように 活 動 されているか, 行 政 は 把 握 し,それを 公 開 し, 改 善 し 前 に 進 むための 情 報 提 供 をお 願 いしたい 新 しい 活 動 をする 時 の 助 言, 紹 介, 資 料 提 供 等 があればいいと 思 います 平 成 25 年 度 町 会 長 等 会 議 の 配 布 資 料 の 地 域 活 動 と 御 意 見 御 要 望 等 の 中 で, 一 部 ではございますが, 町 会 等 が 独 自 に 取 り 組 まれているふれあい, 支 え 合 い 等 に 係 る 活 動 をご 紹 介 させていただいております 今 後 とも 情 報 収 集 を 続 けるとともに, 町 会 長 向 けの 勉 強 会 などの 機 会 を 通 じて 情 報 提 供 に 努 めてまいります ( 役 員 の 高 齢 化 ) 町 会 内 も 高 齢 者 が 多 くなり, 年 齢 の 若 い 役 員 に 加 入 してもらい 活 性 化 して, 前 に 進 め たいと 思 いますが,なかなか 思 う 様 にいきません 市 として 何 か 協 力 を? 町 会 を 運 営 していくうえで, 役 員 のなり 手 がいないということは, 町 会 の 存 続 にも 係 わる 大 変 大 きな 問 題 であると 認 識 しています また, 他 の 町 会 からも 高 齢 化 や 町 会 活 動 に 無 関 心 な 方 が 増 え, 行 事 への 参 加 が 減 ったり, 退 会 者 が 出 ているという 話 を 伺 っ ています 地 域 には 様 々な 経 験 や 知 識 をお 持 ちの 方 や, 各 種 団 体 やサークルがあり, 多 くの 人 材 がおられると 思 います このような 方 々や 団 体 に 働 きかけ, 連 携 協 力 を 相 談 してみたらいかがでしょうか 市 としましても, 町 会 への 行 政 連 絡 等 について 事 務 負 担 の 軽 減 につながるよう 検 討 をしてまいります 7

11 ( 防 犯 灯 ) 現 在, 当 自 治 会 は 道 路 の 防 犯 灯 の 電 気 代 支 払 等 を 行 っておりますが( 補 助 金 申 請 がご ざいますので 市 全 体 だと 思 いますが), 市 が 管 理 等 を 行 うことは 考 えられないのでしょ うか 的 外 れなご 質 問 かもしれませんが,ご 参 考 にして 頂 けましたら 幸 甚 です LED 防 犯 灯 は 町 会 への 補 助 金 ではなく, 優 先 地 域 に 集 中 設 置 し,メーカー, 工 事 業 者, メンテ, 学 会, 市 民 と 協 業 する 経 費 削 減 になるのであれば, 町 会 全 体 に 係 わることを, 市 が 民 間 ( 企 業 )と 進 めても 問 題 ないと 考 えます (LED 防 犯 灯 など) 防 犯 灯 事 業 環 境 の 激 変 に 更 なる 対 策 をお 願 いします 市 内 の 防 犯 灯 ( 平 成 25 年 4 月 現 在 32,571 灯 )の 設 置 維 持 管 理 につきましては, 各 地 域 における 防 犯 対 策 の 一 環 として, 地 域 の 実 情 を 良 く 知 る 町 会 等 が 実 施 することが 最 適 であると 考 えております 防 犯 灯 のLED 化 につきましては, 温 暖 化 対 策 及 び 維 持 管 理 経 費 の 節 減 に 資 することから, 市 としても 積 極 的 に 推 進 してまいりたいと 考 え ております 現 状 は 町 会 等 への 補 助 金 によって 推 進 を 図 っておりますが, 今 後 は 他 市 の 先 進 事 例 等 を 参 考 に,より 効 率 的 なLED 化 推 進 の 手 法 を 検 討 してまいります ( 申 請 窓 口 の 一 元 化 ) 行 政 サービスの ワンストップ 化 の 考 察 と 推 進 行 政 への 申 請 等 をワンストップ 窓 口 で 出 来 ると 助 かります 町 会 は 持 ち 廻 りスタイル が 多 いと 思 います 役 員 となって 右 も 左 も 判 らない 状 況 では,ワンストップで 行 えれ ばと 思 います 行 政 への 申 請 等 は 不 慣 れです この 点 でワンストップを 望 みます 土 日 での 会 議 等 がありますが,60 歳 超 では 土 日 出 勤 も 多 々あると 思 います ご 一 考 願 えると 幸 い です 町 会 関 係 の 補 助 金 申 請 につきましては, 町 会 の 負 担 軽 減 を 図 るため, 昨 年 度 から 地 域 支 援 課 に 窓 口 を 一 本 化 いたしました 今 後 も, 町 会 に 関 わる 関 係 部 署 と 協 議 を 行 い, 更 なる 改 善 に 取 り 組 んでまいります また, 業 務 の 一 元 化 を 進 めることと 並 行 して, 各 部 署 の 専 門 性 と 組 織 間 の 横 の 連 携 が 図 れる 仕 組 みづくりも 重 要 であると 考 えており ます 多 方 面 にわたる 地 域 課 題 に 包 括 的 に 取 り 組 んでおられる 町 会 の 皆 様 を, 同 様 に 地 域 課 題 に 取 り 組 んでいる 市 の 組 織 に 円 滑 にご 案 内 できるよう 努 めてまいります ( 申 請 手 続 の 簡 素 化 ) 市 からの 補 助 金, 特 に 自 主 防 災 について 補 助 金 申 請 の 手 続 きを 簡 素 化 できないでしょ うか 作 成 枚 数 が 多 すぎる あくまでもボランティアで 活 動 していますので 町 会 と 行 政 間 の 事 務 手 続 きの 簡 略 化 (インターネット 利 用 など)を 進 めてほしい 提 出 資 料 等 の 簡 素 化 を 願 います 例 えば 交 付 金 補 助 金 等 の 振 込 先 は 提 出 済 みながら, 都 度 求 められるなど 8

12 各 種 手 続 きの 簡 素 化 運 営 の 負 担 軽 減 化 ( 高 齢 者 でも 参 加 可 能 な) 各 補 助 金 申 請 に 伴 う 書 類 作 成 要 件 が 多 すぎる もっと 簡 素 化 を 願 いたい 補 助 金 の 申 請 書 類 につきましては,それぞれの 補 助 制 度 により 様 式 が 定 められており ますが, 可 能 な 限 り 負 担 軽 減 につながるよう, 今 後 とも 簡 素 化 に 努 めてまいります なお, 申 請 者 の 押 印 の 必 要 のない 提 出 書 類 につきましては,Eメールなどによる 提 出 は 可 能 ですが, 補 助 金 の 申 請 など 押 印 が 必 要 な 提 出 書 類 につきましては,Eメールで の 提 出 が 出 来 ません 申 請 書 類 につきましては, 市 のホームページで 様 式 をダウンロ ードすることができますのでご 活 用 くださいますようお 願 いいたします ( 役 員 の 負 担 ) ちょっと 設 問 と 違 いますが, 町 会 に 色 々な 役 割 が 増 えて 役 員 の 負 担 が 増 えていると 思 います 今 年 は 民 生 委 員 の 改 選 があります 通 常 でも 自 主 防 災,K-Net, 防 犯 灯, 募 金, 町 会 独 自 の 行 事, 近 隣 センターの 行 事 など 準 備 からすると 結 構 急 しく 思 っております 町 会 の 活 動 について, 市 では 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 を 築 くために, 行 政 と 共 に 公 共 的 な 役 割 の 一 部 を 担 う, 成 熟 した 社 会 に 欠 くことのできないパートナー と 認 識 し ています また, 市 から 町 会 にお 願 いしている 業 務 につきましては, 行 政 連 絡 業 務 や 各 種 委 員 の 推 薦 等 があります 町 会 と 市 の 連 携 にいる 活 動 として, 環 境 美 化, 防 犯 防 災 対 策, 交 通 安 全, 資 源 回 収 などがあります このようなことから, 町 会 役 員 の 皆 様 には, 様 々なご 負 担 をお 願 いしており,また 地 域 においても 多 くのご 労 苦 があろうとお 察 しいたします 市 としましても, 町 会 からのご 意 見 を 伺 いながら, 可 能 な 限 り 負 担 軽 減 に 努 めてまい りたいと 考 えております 今 後 とも, 町 会 と 市 がお 互 いによきパートナーとして,より 良 い 地 域 社 会 をつくれる ようご 協 力 をお 願 いいたします (Eメール) 市 役 所 にEメールで 問 いかけ, 報 告 しても 何 故 返 信 が 無 いかシステムを 見 直 してほし い 行 政 町 会 長 間 のメールシステム( 双 方 向 )の 構 築 Eメールを 頂 きながら 市 から 返 信 がなかったとのことで, 大 変 申 し 訳 ございませんで した 今 後 そのようなことがないように 注 意 してまいります 業 務 に 関 するご 質 問 やお 問 い 合 わせにつきましては, 市 のホームページから 直 接 担 当 部 署 にメールで 送 り,メールで 回 答 を 得 ることができます また 市 では, 登 録 してい ただいた 携 帯 電 話 やパソコンに 緊 急 情 報 などを 送 信 する かしわメール 配 信 サービス を 行 っています 登 録 すると, 災 害 火 災 防 犯 安 全 光 化 学 スモッグ 広 報 イベント 保 健 健 康 放 射 線 対 策 の 各 分 野 ごとに 希 望 する 情 報 が 送 られてきま 9

13 す 市 の 最 新 情 報 を 探 す 方 法 の 一 つとしてご 活 用 くださいますようお 願 いいたします (ふるさと 協 議 会 ) ふるさと 協 議 会 と 町 会 との 関 係 はどんなものなのでしょうか 役 割 や 存 在 が 明 確 でな く 位 置 関 係 を 行 政 でキッチリと 指 示 してもらいたい 町 会 事 業 と ふるさと 協 議 会 事 業 との 棲 み 分 けが 不 明 であり,もっと 協 議 会 は 町 会 の 主 体 性 を 補 佐 する 役 割 を 意 識 した 活 動 に 徹 してほしい 市 からふるさと 協 議 会 への 補 助 金 は, 各 町 会 自 治 会 にも 供 与 し 主 体 的 行 動 を 促 すべき です 柏 とふるさと 協 議 会 を, 柏 とコミュニティに 見 直 してほしい 柏 市 ふるさと 協 議 会 エリア 調 整 ふるさと 協 議 会 は, 町 会 の 枠 を 超 えた 地 域 コミュニティづくりの 中 心 的 な 担 い 手 とし て, 広 報 紙 の 発 行 や 夏 祭 り 文 化 祭 など 各 種 の 事 業 を 展 開 していただいているだけで なく, 環 境 保 健 福 祉 防 災 文 化 など 多 岐 の 分 野 にわたり, 地 域 住 民 の 交 流 や 行 政 の 各 般 にわたり 協 力 をいただいている 団 体 です 今 後 のふるさと 協 議 会 は, 政 策 的 な 事 業 や 課 題 解 決 型 の 活 動 に 重 点 を 移 しながら, 地 域 の 多 様 な 主 体 の 力 が 発 揮 されるよ う 中 間 支 援 的 な 役 割 を 担 っていただくことを 期 待 しています ( 行 政 連 絡 物 )1 視 力 障 害 者 に 対 する 行 政 連 絡 物 の 伝 達 手 段 について 他 町 会, 自 治 会 の 取 り 組 み 方 と 伝 達 方 法 市 では, 視 覚 障 害 者 に 各 種 情 報 を 提 供 するため, 広 報 かしわ ( 月 2 回 発 行 ), 県 民 だ より,ゴミ 出 しカレンダー, 視 覚 障 害 者 協 会 の 会 報 みのりなどをボランティア 団 体 協 力 のもと, 音 読 又 は 点 訳 したものを 郵 送 しています その 他 個 人 依 頼 の 音 読 点 訳 サ ービスもありますので, 障 害 福 祉 課 (TEL: )までお 問 い 合 わせく ださいますようお 願 いいたします ( 行 政 連 絡 物 )2 柏 市 社 会 福 祉 協 議 会 が 発 行 している 紙 ひこうき は 個 別 宅 に 配 布 してください 回 覧 では 誰 もしっかり 見 られません 社 協 は 全 戸 宅 に 配 布 したいと 云 っているのですし 地 域 にとっての 情 報 誌 として 大 切 なものはきちんと PR を 含 めて 配 布 してください 柏 市 社 会 福 祉 協 議 会 が 発 行 している 紙 ひこうき につきましては, 平 成 23 年 度 ま では 各 戸 配 布 しておりましたが, 町 会 から 回 覧 で 十 分 であり 行 政 連 絡 物 を 削 減 すべ き との 意 見 が 多 数 寄 せられたことから, 平 成 24 年 度 から 回 覧 に 切 り 替 えておりま す なお, 回 覧 ではなく 各 戸 配 布 を 希 望 する 町 会 につきましては, 個 別 に 対 応 させて いただければと 思 いますのでご 相 談 くださいますようお 願 いいたします 10

14 ( 補 助 制 度 ) 敬 老 の 集 いは 敬 老 の 日 に 合 わせて 行 っているためある 程 度 の 補 助 を 受 けているが,も ちつき 大 会 やゴミゼロ 運 動,グラウンドゴルフは 独 自 で 行 っていることから 補 助 をい ただけると 助 かります (グラウンドゴルフ) 練 習 用 機 材 の 購 入 費 の 補 助 ご 意 見 のあった 内 容 を 対 象 とした 市 の 補 助 制 度 はありませんが, 各 町 会 に 毎 年 交 付 し ている 行 政 連 絡 業 務 交 付 金 を 町 会 の 運 営 費 としてご 活 用 いただければと 思 います ( 町 会 の 支 援 施 策 ) 町 会 自 治 会 に 対 する 施 策 等 を 配 慮 する 際, 大 きい, 小 さいの 規 模 による 視 点 で 対 応 してほしい ( 余 りにも 格 差 があり, 一 律 は 結 果 的 に 不 公 平 不 効 率 となる) 現 在, 町 会 等 への 財 政 的 支 援 としましては, 行 政 連 絡 業 務 交 付 金, 自 主 防 災 組 織 設 立 運 営 補 助 金, 防 犯 灯 設 置 維 持 費 補 助 金, 掲 示 板 設 置 等 補 助 金 などがあります この 内 いくつかの 補 助 金 については, 世 帯 数 に 応 じて 補 助 金 の 加 算 措 置 を 行 っております 補 助 制 度 については,その 政 策 目 的 達 成 のために 今 後 とも 最 良 の 手 法 を 検 討 してまい ります ( 地 域 活 動 支 援 補 助 金 ) 本 年 度 も, 柏 市 地 域 活 動 支 援 補 助 金 (+10)を 頂 き 上 記 ( 自 主 防 災 組 織 関 係 ) 活 動 資 金 に 当 てたが, 継 続 的 な 運 営 資 金 が 町 会 会 費 だけでは 賄 えず, 市 の 支 援 をお 願 いし たい 有 効 な 活 動 内 容 については 行 政 の 立 場 からその 内 容 の 情 報 伝 達 をお 願 いしたい 今 回 いただく 柏 市 地 域 活 動 支 援 補 助 金 (+10)の10 万 円 はありがたいですが, 上 記 事 業 内 容 からその 助 成 規 模 が 少 なく 住 民 負 担 が 大 きくなっています 防 災 という 住 民 生 活 の 基 盤 テーマでは 自 治 体 補 助 金 の 大 幅 増 を 再 考 され, 補 助 金 で 建 てた 会 館 ( 防 災 センター)の 維 持 補 修 費 の 補 填 も 復 活 してほしい 柏 市 地 域 活 動 支 援 補 助 金 (+10)は, 地 域 課 題 ( 環 境, 防 災 防 犯,コミュニティ 強 化 )の 解 決 に 取 り 組 む 町 会 やふるさと 協 議 会 に 対 して,10 万 円 を 上 限 ( 補 助 率 1 0 分 の9)に, 同 一 事 業 に3 回 まで 補 助 金 を 交 付 するものです ハード 整 備 を 伴 う 事 業 の 場 合, 出 費 が 大 きくなることもあるかと 思 いますが, 自 主 防 災 組 織 運 営 補 助 金 や 行 政 連 絡 業 務 交 付 金 等 も 合 わせてご 活 用 くださいますようお 願 いいたします 11

15 ( 学 校 との 連 携 ) 災 害 発 生 時 の 避 難, 避 難 場 所 などで 運 営 に 関 与 する 組 織 づくりは, 地 域 コミュニティ の 中 心 となる 学 校 との 連 携 が 不 可 欠 である 平 時 から 学 校 中 心 とするコミュニティ 形 成 に, 市 教 育 委 員 会 がリーダーシップをとり 良 い 関 係 を 築 いていく 事 学 校 こそ 地 域 コミュニティの 中 心 という 考 えを 認 識 する 施 策 を 願 うものです ご 意 見 のとおり, 学 校 は 地 域 住 民 にとって 歩 いていける 最 も 身 近 な 公 共 施 設 として, 地 域 住 民 が 世 代 を 越 えて 交 流 する 場 であるとともに, 地 域 の 防 災 拠 点 としての 役 割 を 担 っています 今 後 も 地 域 に 開 かれた 学 校 づくりを 進 め, 町 会 等 の 地 域 社 会 との 連 携 を 深 めてまいります また, 町 会 の 皆 様 と 学 校 とが 避 難 所 運 営 組 織 を 立 ち 上 げていく ための 協 議 を 行 っていただくよう, 調 整 を 図 ってまいります ( 生 活 保 護 ) 夫 婦 ともにフルタイムで 且 つ 地 元 以 外 の 地 ( 東 京 等 )で 働 いており, 地 域 活 動 に 参 加 できないため 町 会 には 入 らないという 世 帯 が 増 えている また, 町 会 費 の 負 担 が 厳 し いので 加 入 できないでいるとの 方 も 散 見 される 自 助, 共 助, 公 助 のなかで, 町 会 は 共 助 の 部 分 を 主 とするが,K-Net に 見 られるよう に 境 界 が 分 からない 状 態 のまま, 公 助 の 部 分 が 共 助 として 攻 めて 来 ているようにも 見 える 共 助 の 部 分 にも 生 活 保 護 の 観 点 を 持 ち 込 む 必 要 があるのか その 際 は, 一 般 住 民 の 理 解 をどのように 得 ればよいか これらも 含 め, 柏 市 行 政 の 取 り 組 み 方 針 をお 示 し 頂 け れば 有 難 い 生 活 保 護 家 庭 の 町 会 費 について, 町 会 として 差 別 扱 いになり 実 施 できないので 町 会 の 領 収 書 により 市 が 後 払 いしては 如 何 か 地 域 で 暮 らしていく 上 では,ごみ 出 し, 防 犯 灯 の 設 置 維 持 管 理, 清 掃 活 動, 防 犯 防 災 対 策, 交 通 安 全 など, 共 通 した 問 題 があります これらの 問 題 は, 個 人 や 家 庭 だ けでは 解 決 が 難 しく, 地 域 住 民 の 共 通 課 題 として, 力 を 合 わせなければ 解 決 できませ ん この 費 用 につきましては, 生 活 保 護 の 受 給 の 有 無 に 関 わらず, 地 域 住 民 の 皆 様 が 公 平 に 負 担 すべきものと 考 えます 12

16 保 健 福 祉 部 関 係 件 名 高 齢 者 への 支 援 制 度 について 回 答 部 課 名 保 健 福 祉 部 高 齢 者 支 援 課 高 齢 者 への 行 政 等 の 支 援 制 度 のわかりやすいパンフレット( 保 存 版 ) 配 布 を 希 望 しま す 柏 市 では, 介 護 保 険 の 利 用 や 保 険 料 等 の 内 容 を 説 明 した みんなでささえる 介 護 保 険 と, 介 護 保 険 外 の 高 齢 者 施 策 の 総 合 案 内 パンフレット 高 齢 者 いきいきガイド を 作 成 しています 65 歳 の 誕 生 月 を 迎 えた 方 については, 介 護 保 険 被 保 険 者 証 と 一 緒 に, みんなでささ える 介 護 保 険 と 高 齢 者 いきいきガイド を 郵 送 しています これらのパンフレットは, 市 役 所 や 沼 南 支 所, 柏 駅 前 行 政 サービスセンター, 各 近 隣 センター 等 の 窓 口 で 配 布 しているほか, 各 地 域 の 民 生 委 員 のみなさまにも 希 望 に 応 じ て 配 布 しておりますので,お 近 くの 窓 口 等 をご 利 用 いただきますようお 願 いいたしま す 町 会 も 高 齢 化 が 進 み, 今 後 取 り 組 まなくてはならないのは, 生 活 支 援 の 体 制 作 り だと 思 います しかし 残 念 ながらボランティアでのメンバーを 募 集 中 ですがなかなか 集 まらないのが 現 実 です そこで 行 政 との 連 携 で 登 録 制 として 支 援 者 の 生 きがい や る 気 が 出 る 方 策 を 考 えてほしい 地 域 での 支 え 合 い, 助 け 合 いは,よりよい 地 域 づくりのためには 欠 かせないと 思 いま す 現 在,そのような 運 動 を, 市 と 社 会 福 祉 協 議 会 とで 連 携 を 図 りながら 進 めている ところです ボランティア 活 動 の 啓 発 や 支 援 は, 主 に 社 会 福 祉 協 議 会 で 行 っております 具 体 的 には, 地 域 の 支 えあい 活 動 ( 日 常 生 活 支 援 ) として,ごみ 捨 てや 電 球 の 交 換 等,ちょっとした 日 常 生 活 の 困 りごとを, 地 域 の 中 で 解 決 できるしくみづくりを 推 進 し, 支 援 しています 既 に, 幾 つかの 団 体 の 立 上 げ 支 援 も 行 い, 町 会 からの 相 談 もあるそうです 体 制 づくりの 課 題 や 進 め 方 等, 柏 市 社 会 福 祉 協 議 会 に 相 談 してみてはいかがでしょう か お 問 合 せ 先 ボランティアセンター( TEL: ) 13

17 件 名 K-Netについて 回 答 部 課 名 保 健 福 祉 部 保 健 福 祉 総 務 課 現 在 K-Net に 参 加 していない 理 由 として 毎 年 町 会 役 員 が 変 わり, 個 人 プライバシー ( 要 援 護 者 )の 問 題 があるためであり,ここを 行 政 として 解 決 してほしい 市 が 実 施 している K-Net はプライバシーに 欠 ける 点 があり 賛 同 しかねる 電 話 回 答 済 み( 回 答 要 旨 : 災 害 時 要 援 護 者 登 録 申 請 書 に 私 が 届 け 出 た 個 人 情 報 を 市 が 地 域 の 支 援 者 へ 提 供 することに 同 意 する という 文 言 が 入 っていることを 説 明 ) K-Net 推 進 は 市 の 防 災 安 全 課, 保 健 福 祉 総 務 課, 地 域 支 援 課, 町 の 民 生 委 員, 町 内 会 が 団 結 してより 大 きな 実 践 を 指 導 していただきたい 地 域 の 実 情 にあった 体 制 を 構 築 できるよう, 市 役 所 の 各 課 が 連 携 して 取 組 みを 進 めて いきます 件 名 赤 十 字 等 について 回 答 部 課 名 保 健 福 祉 部 保 健 福 祉 総 務 課 市 社 福 扱 いで 毎 年 の 事 柄 ですが 赤 十 字 会 費 を 始 めとする 各 種 の 募 金 の 領 収 書 ( 小 冊 子 ) は 自 治 会 費 より 支 出 しているため 私 共 自 治 会 では 不 要 です 毎 回 ゴミとして 処 分 して いる 状 況 です 不 要 な 町 会 等 問 い 合 わせて 経 費 削 減 を 行 ったら 宜 しいと 思 いますが 如 何 ですか 赤 い 羽 根 募 金 について 不 要 な 資 料 が 多 い 赤 十 字 と 調 整 して 募 金 の 質 を 高 めてもらい たい 会 議 時 質 問 不 要 書 類 については, 各 町 会 様 からの 連 絡 により, 送 付 を 控 えているのが 現 状 となっ ております 今 後 も, 必 要 最 小 限 の 資 料 提 供 となるよう 努 めてまいります また, 今 回 要 望 のあった 町 会 については, 次 年 度 より 領 収 書 の 送 付 は 控 えます 赤 十 字 活 動 等 の 縦 割 行 政 を 一 本 化 願 いたい 電 話 回 答 済 み( 回 答 要 旨 : 日 本 赤 十 字 社 社 資 募 集 と 赤 い 羽 根 共 同 募 金 との 一 本 化 につ いてのご 意 見 2つの 募 金 は, 目 的 実 施 主 体 が 異 なり 一 本 化 は 困 難 である 旨 説 明 ) 14

18 件 名 民 生 委 員 について 回 答 部 課 名 保 健 福 祉 部 保 健 福 祉 総 務 課 民 生 委 員 のあり 方 が 旧 態 依 然 としており, 無 給 でありながら 高 齢 化 において 更 なる 労 苦 を 押 し 付 けるような 指 導, 義 務 化 は 時 代 の 変 化 と 共 に 改 革 が 必 要 です 民 生 委 員 法 ができてから 現 在 までの 間,ご 指 摘 のとおり 社 会 情 勢 は 大 きく 変 化 してい ます このような 中, 民 生 委 員 の 役 割 は 薄 れず,ますます 拡 大 しており, 地 域 福 祉 に おいて 民 生 委 員 に 頼 らざるを 得 ない 場 合 が 多 くなっています 地 域 に 根 付 き 地 域 住 民 に 寄 り 添 うといった 民 生 委 員 の 本 来 の 役 割 を 活 かすべく, 民 生 委 員 の 活 動 環 境 の 整 備 に 努 めてまいります こども 部 関 係 件 名 保 育 園 の 入 園 について 回 答 部 課 名 こども 部 保 育 課 柏 の 葉 キャンパスエリアは 柏 の 中 でも 最 も 人 口 増 加 の 著 しい 地 域 であります その 中 で 住 民 からエリアの 保 育 園 に 子 供 を 入 園 できなくて 大 変 困 っているといった 声 を 多 く いただいております エリアの 保 育 園 にはエリア 外 のお 子 様 が 入 園 し,エリア 内 のお 子 様 は 入 園 できないということで 憤 慨 している 住 民 の 意 見 及 び 対 策 をぜひ 期 待 してお ります 貴 町 会 の 方 が 定 員 等 の 関 係 で 認 可 保 育 園 の 入 園 をお 待 ちいただく 結 果 となってしまい, 誠 に 申 し 訳 ありません 柏 の 葉 キャンパス 駅 周 辺 には,2つの 私 立 認 可 保 育 園 と,1つの 駅 前 認 証 保 育 施 設 が ありますが, 人 口 増 加 に 加 え, 同 駅 周 辺 にお 住 まいの 方 々の 通 勤 経 路 が 重 複 していた り,ライフスタイルから 車 をお 持 ちにならないため, 少 し 離 れた 他 の 認 可 保 育 園 への 入 園 を 希 望 されず, 同 駅 周 辺 の3 施 設 に 入 園 の 御 希 望 が 集 中 してしまう 傾 向 があるこ とは, 承 知 しています 貴 町 会 に 限 らず, 待 機 児 童 解 消 は, 本 市 全 体 における 解 決 すべき 喫 緊 の 課 題 ですので, この7 月 に, 平 成 27 年 4 月 に 国 基 準 の 待 機 児 童 をゼロにする, 緊 急 対 策 柏 市 待 機 児 童 解 消 アクションプラン を 策 定 したところです 待 機 児 童 解 消 に 向 けて, 限 られた 人 材 や 財 源 を 私 立 認 可 保 育 園 の 整 備 に 重 点 的 に 配 分 し, 取 り 組 んでいるところですので, 御 理 解 くださるようお 願 いします なお, 認 可 保 育 園 での 保 育 は, 社 会 福 祉 事 業 であるとともに, 児 童 福 祉 法 に 基 づき, 御 家 庭 でお 子 さんを 保 育 することができない( 保 育 に 欠 ける) 度 合 いが 高 い 順 に, 入 園 を 決 定 するものです 15

19 同 じ 柏 市 内 にお 住 まいでありながら, 特 定 の 認 可 保 育 園 における 特 定 の 地 域 にお 住 ま いの 方 以 外 の 方 の 利 用 を,お 住 まいの 地 域 のみを 理 由 として 排 除 することはできませ んので,ご 理 解 くださいますようお 願 いいたします 環 境 部 関 係 件 名 除 草 剤 について 回 答 部 課 名 環 境 部 環 境 保 全 課 駐 車 場 等 に 除 草 剤 をまいているのを 見 かける 柏 市 として 何 か 将 来 的 に 条 例 など 対 策 を 検 討 してはどうか 会 議 時 質 問 除 草 剤 等 の 農 薬 は 植 物 の 病 気 や 害 虫 の 駆 除, 除 草 等 において 有 効 な 資 材 ですが, 使 い 方 によっては, 人 の 健 康 に 影 響 を 及 ぼすことがあります このため, 住 宅 地 等 における 農 薬 の 使 用 に 関 しては, 国 や 県 からも 使 用 の 抑 制 や 飛 散 防 止, 適 正 使 用 に 関 する 通 知 等 が 示 されているところであります 本 市 においても, 柏 市 の 農 薬 等 薬 剤 使 用 に 係 る 基 本 方 針 を 作 成 し, 公 共 施 設 での 使 用 抑 制 や, 使 用 時 の 周 辺 への 事 前 周 知 に 努 めております また, 市 民 の 皆 様 にも 農 薬 の 使 用 抑 制 等 に 関 するチラシの 全 戸 回 覧 を 行 っているほか, 造 園 業 やビル 管 理 業 などの 事 業 所 への 周 知 も 実 施 しております ご 指 摘 いただきました 条 例 による 規 制 につきましては, 農 薬 はじめ 化 学 物 質 の 一 律 の 規 制 は 現 実 的 ではないと 考 えています 今 後 科 学 的 知 見 の 蓄 積 をはじめ, 引 き 続 き 使 用 抑 制 の 周 知 を 図 ってまいります 件 名 産 廃 業 者 の 煙 について 回 答 部 課 名 環 境 部 環 境 保 全 課 ニッカウヰスキー 工 場 裏 の 産 廃 業 者 が 焼 却 時 に 出 す 煙 が 増 尾 東 映 自 治 会 まで 流 れてく るが, 体 に 害 はないのか? 基 準 値 等 はどうなっているのか? ご 指 摘 の 産 業 廃 棄 物 処 理 業 者 の 処 理 施 設 ( 廃 棄 物 焼 却 炉 )に 関 しては, 大 気 汚 染 防 止 法,ダイオキシン 類 対 策 特 別 措 置 法 等 の 法 令 の 規 制 の 適 用 を 受 ける 施 設 であり, 環 境 保 全 課 におきましては, 定 期 的 に 立 入 検 査 等 を 実 施 し, 排 ガス 中 のばいじんやダイオ キシン 類 等 の 有 害 物 質 等 の 測 定 を 行 い, 排 出 基 準 の 適 合 状 況 を 確 認 しております また, 同 施 設 に 関 しては, 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 の 適 用 を 受 ける 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 であり, 産 業 廃 棄 物 対 策 課 においても, 定 期 的 に 継 続 して 監 視, 指 導 等 を 行 っております 今 後 も 事 業 者 に 対 して, 廃 棄 物 関 係 の 部 署 と 連 携 し, 定 期 的 な 立 入 検 査 等 の 実 施 と, 16

20 適 正 な 運 用 を 指 導 してまいります 件 名 資 源 回 収 報 償 金 について 回 答 部 課 名 環 境 部 廃 棄 物 政 策 課 資 源 回 収 報 償 金 の 廃 止 について 旧 沼 南 町 は 合 併 以 前 に 廃 止 旧 柏 市 は 合 併 後 ( 合 併 協 において)に 廃 止 する 方 向 で 検 討 する 質 問 1 現 在 までの 進 捗 状 況 をお 伺 いいたします( 具 体 的 に) 質 問 2 廃 止 できなければ, 旧 沼 南 町 地 域 の 報 償 金 制 度 の 考 え 方 資 源 回 収 報 償 金 は, 廃 棄 物 の 資 源 化 や 減 量 化, 資 源 品 回 収 の 円 滑 化 等 を 推 進 するため, ごみ 集 積 所 の 維 持 や 管 理 をはじめ, 分 別 方 法 の 周 知 指 導 等 を 行 う 町 会 や 自 治 会 等 に 対 して 交 付 しているものです この 制 度 は, 旧 柏 地 域 ( 合 併 前 の 柏 市 域 )を 対 象 としたもので, 旧 沼 南 地 域 ( 合 併 前 の 沼 南 町 域 )では 行 っておりません 現 在, 柏 市 におけるごみ 処 理 事 業 は, 旧 柏 地 域 は 柏 市 が, 旧 沼 南 地 域 は 柏 白 井 鎌 ケ 谷 環 境 衛 生 組 合 が,それぞれ 異 なる 地 方 公 共 団 体 としてその 責 任 の 下 に 決 定 し 実 施 しており, 資 源 回 収 報 償 金 の 他 にも, 燃 やすごみの 収 集 回 数 や 資 源 品 の 分 類 の 違 いと いった, 合 併 の 際 に 統 一 できなかったごみ 処 理 の 課 題 が 残 されております また, 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 伴 う 放 射 性 物 質 対 策 により, 草 木 枝 葉 の 収 集 方 法 が 旧 柏 地 域 と 旧 沼 南 地 域 で 大 きく 異 なるなど, 新 たな 課 題 も 発 生 しています 市 町 合 併 以 降, 柏 市 では,ごみ 処 理 事 業 の 統 一 に 向 けて, 旧 沼 南 地 域 の3つのふるさ と 協 議 会 の 代 表 者 で 構 成 する 1 市 2 制 度 解 消 懇 談 会 での 意 見 交 換 の 実 施 や, 柏 白 井 鎌 ケ 谷 環 境 衛 生 組 合 等 と 協 議 を 進 めてきているところです また, 現 在,ごみ 処 理 に 関 わる 財 政 負 担 の 軽 減 や 合 理 化 を 目 的 として, 近 隣 自 治 体 とのごみの 共 同 処 理 やクリーンセンターの 老 朽 化 への 対 応 など, 広 域 的 かつ 中 長 期 的 な 施 策 の 検 討 も 併 せ て 進 めています 今 後 とも, 市 民 の 皆 様 の 様 々なご 意 見 を 伺 いながら, 広 域 性 や 総 合 性 に 配 慮 した 検 討 を 進 め, 報 償 金 の 見 直 しにつきましても,その 過 程 で, 適 宜, 行 うことと 考 えていま す 件 名 ごみ 集 積 場 の 管 理 について 回 答 部 課 名 環 境 部 環 境 サービス 課 ゴミ 捨 て 管 理 に 非 常 に 苦 労 しています 特 に 他 町 会 住 人 と 思 われる 人 間 のマナー 違 反 の 不 法 投 棄 が 見 られます この 対 策 としてゴミ 捨 て 場 にダミーの 監 視 カメラの 設 置 を 検 討 しています この 設 置 費 用 の 補 助 をお 願 いしたいと 考 えます 17

21 平 素 は, 本 市 環 境 行 政 につきまして 格 別 のご 配 慮 をいただき 深 く 感 謝 いたします ご 要 望 の 監 視 カメラ(ダミー)の 設 置 費 用 につきましては, 本 市 では 費 用 の 補 助 は 行 っ ておりません なお, 市 ではぽい 捨 て 禁 止 看 板, 不 法 投 棄 防 止 看 板 を 環 境 サービス 課 で 配 布 しており ます 件 名 除 染 について 回 答 部 課 名 環 境 部 放 射 線 対 策 室 放 射 能 除 染 活 動 ここ2 年 間, 町 内 会 役 員 をリーダーとして, 幼 児 児 童 の 遊 び 場 所 などの 除 染 活 動 を 継 続 している 柏 市 の 放 射 線 対 策 室 との 連 携 支 援 を 受 けて, 計 画 的 に 進 めており, 今 後 も 継 続 してゆく 柏 市 として, 今 までどおりの 支 援 を 頂 き たいことと, 現 在 までに 要 した 自 己 負 担 費 用 ( 理 事 会 管 理 費, 町 内 会 会 計 から 支 出 し ている)については, 早 く 国 と 決 着 をつけて 精 算 していただきたい また, 居 住 区 の 芝 生 の 中 はまだ 線 量 が 高 いので, 除 染 方 法 の 検 討 支 援 を 続 けていただきたい 日 頃 より, 市 の 放 射 線 対 策 及 び 除 染 活 動 にご 理 解,ご 協 力 いただき 誠 にありがとうご ざいます 町 会, 自 治 会, 管 理 組 合 等 において 実 施 していただく 除 染 作 業 への 支 援 につきまして は, 今 年 度 も 引 き 続 き 実 施 しておりますので, 測 定 や 作 業 等 のご 相 談 につきましては 放 射 線 対 策 室 へ 御 連 絡 ください また, 市 民 の 皆 様 が 負 担 された 放 射 線 対 策 費 用 につきましては, 東 京 電 力 株 式 会 社 に 対 し, 実 施 者 へ 直 接,かつ 簡 易 な 手 続 きにより 賠 償 する 仕 組 みを 早 期 に 確 立 するよう 要 求 しておりますが, 未 だ 具 体 的 な 回 答 は 示 されておりません 今 後 も, 市 民 の 皆 様 の 御 不 安, 御 負 担 を 軽 減 できるよう 対 策 を 進 めてまいりますので, ご 理 解 くださいますようお 願 いいたします 件 名 調 整 池 の 放 射 線 対 策 について 回 答 部 課 名 土 木 部 雨 水 排 水 対 策 室 環 境 部 放 射 線 対 策 室 当 マンションの 東 南 に, 柏 市 が 管 理 している 貯 水 池 ( 中 の 橋 公 園 )があり,1 年 前 に 放 射 能 測 定 があり 発 表 されました 柏 市 としての 今 後 の 対 応 をご 提 示 いただけると 幸 いです 大 津 ケ 丘 中 ノ 橋 調 整 池 については, 昨 年 の 空 間 放 射 線 量 測 定 結 果 を 踏 まえ, 子 どもた ちが 中 に 入 ったり 遊 んだりしないようにとの 市 民 の 皆 様 からのご 要 望 もあったことか ら, 立 入 禁 止 とさせていただきました 今 後 の 対 応 についてですが, 草 刈 り 等 の 清 掃 については, 昨 年 は 立 入 禁 止 であったた 18

22 めに 行 っておりませんでしたが, 今 夏 中 に 実 施 する 予 定 で 準 備 を 進 めております た だし, 土 砂 の 搬 出 については, 汚 染 土 の 運 搬 や 処 分 地 に 関 する 国 の 方 針 が 決 まってい ないため, 当 方 針 が 決 まり 次 第, 作 業 を 実 施 いたします また, 市 内 公 共 施 設 の 空 間 放 射 線 量 については, 本 市 のホームページ 等 にて 公 表 して おり, 当 調 整 池 をはじめとした 雨 水 調 整 池 については 柏 市 排 水 施 設 の 空 間 放 射 線 量 マップ にて 公 表 しておりますので,ご 覧 いただければと 思 います 今 後 とも, 調 整 池 としての 機 能 を 損 なわないよう 維 持 管 理 を 行 ってまいりますので, ご 理 解,ご 協 力 くださいますようお 願 いいたします 都 市 部 関 係 件 名 公 園 管 理 について 回 答 部 課 名 都 市 部 公 園 管 理 課 隣 接 する 公 園 (あかね 第 二 公 園 )は,30 数 年 前 に 当 マンションが 建 設 されたときに, 樹 木, 施 設, 土 地 を 柏 市 に 提 供 したものです 現 在 は 市 の 意 向 による 里 親 制 度 により, マンション 住 民 の 手 で 季 節 毎 の 花 木 の 植 え 替 え, 手 入 れ, 水 撒 きなどが 精 力 的 に 行 わ れています 従 って 人 為 的 にはマンションの 住 民 により 賄 われていますが, 施 設 面 等 ( 例 えば 水 撒 き 用 の 水 道 栓 の 設 置 など)での 支 援 を 行 政 に 求 めたいと 思 います 公 園 里 親 制 度 では 日 ごろから 熱 心 な 活 動 をいただき 誠 にありがとうございます 本 公 園 は, 柏 ハイム 自 治 会 けやきの 会 様 から 公 園 に 花 がないので 花 の 植 栽 したい とのご 要 望 によりまして, 公 園 里 親 制 度 を 利 用 した 公 園 管 理 を 行 なう 中 で 公 園 の 環 境 美 化 の 一 助 として 草 花 の 植 栽 を 行 っていただく 里 親 合 意 を 市 と 取 り 交 わしていただき これまでの 活 動 に 至 っております 公 園 里 親 制 度 では 原 則 的 に 今 ある 公 園 の 施 設 を 改 変 せず 維 持 管 理 しながら 環 境 美 化 等 を 図 っていく 制 度 であり, 花 の 管 理 に 手 間 のかかることは 十 分 理 解 しておりますが, 即 時 に 水 道 栓 の 設 置 は 難 しい 状 況 であります これまで, 草 花 へ 給 水 の 際 の 手 間 を 少 しでも 節 減 するため, 通 常 より 大 型 のジョウロ を 貸 与 させていただきました また, 今 後 里 親 制 度 のサポートといたしましては, 状 況 によりホースリールの 貸 与 も 可 能 ですのでご 相 談 いただきますようご 案 内 いたします 件 名 耐 震 診 断 について 回 答 部 課 名 都 市 部 建 築 指 導 課 マンションの 耐 震 診 断, 耐 震 補 強 工 事 への 助 成 制 度 を 早 急 に 創 設 していただきたい 19

23 マンションの 耐 震 診 断 助 成 制 度 につきましては, 実 施 に 向 け 現 在 検 討 中 です 耐 震 補 強 工 事 への 助 成 につきましては,1 件 あたりの 工 事 費 用 が 大 きいため, 難 しい 状 況 で す 土 木 部 関 係 件 名 通 学 路 の 安 全 について 回 答 部 課 名 土 木 部 道 路 維 持 管 理 課 学 校 教 育 部 学 校 企 画 室 学 校 周 辺 の 通 学 路 が 危 険 箇 所 が 多 いと 指 摘 されるのが 一 番 です それで 危 険 箇 所 での 交 通 指 導 員 の 協 力 の 依 頼 をされるのですが, 人 材 確 保 なども 大 変 です ( 今 年 が 初 めて なのですが) 通 学 路 の 安 全 対 策 については, 歩 道 を 整 備 し 設 置 する 事 がより 安 全 ですが, 用 地 の 取 得 の 問 題 や 工 事 等 予 算 的 な 問 題 もあり, 整 備 に 時 間 を 要 しているのが 現 状 です 通 学 路 の 危 険 箇 所 の 改 善 については, 関 係 部 署 と 連 携 を 図 り, 注 意 喚 起 看 板, 車 止 め, ラバーポールの 設 置, 路 面 標 示 等 の 安 全 対 策 を 実 施 しております 学 校 安 全 ボランティアについては, 各 学 校 より 保 護 者 や 町 会 等 に 協 力 依 頼 について 積 極 的 に 話 をしていただくと 共 に, 広 報 等 でも 呼 びかけを 行 っていきたいと 思 います 小 学 生 の 通 学 道 路 について,グリーンラインの 中 をもっと 広 く( 子 供 に) 松 戸 市 の 場 合 は 大 変 に 広 いと 思 ってます よろしくお 願 い 致 します 緑 線 の 中 を 広 くすることは 歩 道 ( 通 学 路 )を 広 くして, 車 道 を 狭 くすることになりま す よって, 道 路 交 通 管 理 者 である 柏 警 察 との 協 議 が 必 要 となるため, 現 地 を 確 認 後 に 柏 警 察 署 と 協 議 いたします 件 名 道 路 の 補 修 について 回 答 部 課 名 土 木 部 道 路 維 持 管 理 課 通 学 路 の 補 修 ( 自 動 車 による 降 雨 時 の 水 はね 防 止 ) 道 路 の 横 断 面 に 凹 面 ( 轍 よる)が あるので, 雨 の 日 には 水 が 溜 まり, 自 動 車 が 通 るたびに 水 をはねる 雨 の 日 には 歩 道 を 通 る 小 学 生 は,たえず 水 はねの 脅 威 にさらされるので 補 修 してもらいたい このこ とを 以 前 柏 市 に 依 頼, 補 修 して 頂 いたことがありますが,まだ 理 解 不 足 雨 の 日 に 傘 をさして 歩 道 を 歩 いて 実 感 してもらいたい 20

24 電 話 連 絡 済 み( 回 答 要 旨 : 当 課 に 申 し 送 りのあった7 月 5 日 から 約 1 週 間 程 度 現 場 を 調 査 したが,いずれも 晴 天 時 であったため, 箇 所 の 特 定 はできなかった そのため7 月 12 日 に 町 会 長 に, 雨 天 時 の 調 査 が 必 要 なため, 暫 く 時 間 をいただきたい 旨 を 報 告 ) 件 名 路 線 バスについて 回 答 部 課 名 土 木 部 交 通 政 策 課 町 の 高 齢 化 に 伴 い, 病 院 へのバス 便 の 確 保 布 施 新 町 は 柏 市 のはずれで 隣 接 する 我 孫 子 市 のあびバスとの 連 携 を 検 討 して 下 さい 我 孫 子 市 の あびバス 布 施 ルート は, 我 孫 子 駅 北 口 ~ 布 施 回 転 広 場 前 を 結 ぶ 路 線 であ り, 現 在 1 時 間 ないし2 時 間 毎 に1 日 8.5 往 復 が 運 行 しております あびバスの 病 院 ( 柏 市 立 病 院 )への 延 伸 には, 本 市 並 びに 我 孫 子 市 民 双 方 がともに 利 便 性 が 向 上 したと 実 感 できる 運 行 体 系 の 構 築 が 必 要 であり,これには 我 孫 子 市 の 理 解 が 欠 かせないものとなります このようなことから,あびバスとの 連 携 の 可 能 性 については, 今 後, 我 孫 子 市 との 協 議 などを 含 めて 検 討 を 進 めてまいります なお, 布 施 新 町 からは 阪 東 自 動 車 と 東 武 バスを 利 用 することで 柏 市 立 病 院 まで 行 くこ とが 可 能 となっておりますので, 乗 り 継 ぎの 必 要 があり 地 域 の 皆 様 には 大 変 ご 迷 惑 を お 掛 けしますが,こちらもご 利 用 いただきますようお 願 いいたします 学 校 教 育 部 関 係 件 名 通 学 区 域 について 回 答 部 課 名 学 校 教 育 部 学 校 企 画 室 子 供 達 の 学 校 は 安 全 安 心 な 近 場 の 学 校 に 通 わせたい 現 在, 市 立 学 校 は 小 学 校 42 校, 中 学 校 20 校, 合 計 62 校 設 置 しておりますが, 多 くの 学 校 が 児 童 生 徒 数 の 増 加 に 伴 い 分 離 し 新 設 したものです また, 学 校 建 設 用 地 を 求 める 場 合, 面 積 が 大 きいことから 場 所 が 限 られます そのため, 必 ずしも 通 学 区 域 の 中 心 に 学 校 が 設 置 されているわけではなく, 自 宅 に 隣 接 する 学 校 に 通 学 できないことも 多 数 あります 貴 町 会 の 区 域 に 居 住 する 児 童 生 徒 は, 柏 第 四 小 学 校 及 び 柏 第 五 中 学 校 が 通 学 を 指 定 す る 学 校 です しかし, 様 々な 理 由 で 学 区 外 就 学 により 松 葉 第 一 小 学 校 や 松 葉 中 学 校 に 通 学 している 児 童 生 徒 が 多 いことから, 貴 町 会 の 安 全 対 策 に 対 するご 協 力 をいただ きながら, 教 育 委 員 会 でも 関 係 部 署 と 連 携 し 通 学 路 の 安 全 性 が 向 上 するよう 努 めてい 21

25 るところでございます 貴 町 会 からは, 平 成 24 年 度 に 開 校 した 柏 の 葉 小 学 校 の 通 学 区 域 に 編 入 することにつ いてご 要 望 されておりますが, 来 年 度 以 降 教 室 が 不 足 する 恐 れがあるため, 特 別 教 室 の 普 通 教 室 への 変 更 や, 校 舎 を 増 築 する 第 2 期 工 事 も 準 備 をしているところでござい ます そのような 中, 貴 町 会 の 区 域 を 柏 の 葉 小 学 校 の 通 学 区 域 に 編 入 することは, 更 なる 児 童 数 の 増 加 を 招 き, 学 校 の 適 正 な 規 模 を 確 保 することができなくなりますので,これ までお 答 えしてきたように 通 学 区 域 変 更 の 予 定 はございません 件 名 学 校 のバリアフリー 化 について 回 答 部 課 名 学 校 教 育 部 学 校 施 設 課 常 に500 名 参 加 の 行 事 は, 諸 事 情 で 学 校 ( 小 中 学 校 )の 校 庭 か 体 育 館 を 使 用 せざる をえず, 災 害 時 避 難 場 所 としても 早 急 に 小 中 学 校 をバリアフリー 化 してください 小 中 学 校 のバリアフリー 化 につきましては, 現 在 進 めております 耐 震 補 強 工 事,トイ レ 改 修 工 事 に 併 せて 実 施 しているところです 貴 町 会 の 近 隣 の 学 校 であります, 光 ヶ 丘 小 学 校 の 体 育 館 につきましては, 平 成 26 年 度 の 耐 震 改 修 工 事, 酒 井 根 東 小 学 校 の 体 育 館 につきましては, 平 成 25 年 度 のトイレ 改 修 工 事 に 併 せて 整 備 する 計 画 です 小 中 学 校 は 災 害 時 の 避 難 所 として 指 定 されておりますので, 今 後 も 耐 震 補 強 工 事 や 他 の 改 修 工 事 等 に 併 せバリアフリー 化 に 努 めていきたいと 考 えております 件 名 中 学 生 の 指 導 について 回 答 部 課 名 学 校 教 育 部 指 導 課 中 学 生 の 生 徒 の 団 地 内 での 喫 煙 等 ( 授 業 中 の 指 導, 放 課 後 の 徹 底 指 導 )を 教 育 委 員 会 も 含 め 機 能 させて 欲 しい ご 意 見 のありました 中 学 校 の 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 につきましては, 現 在 一 つひとつの 案 件 について 精 査 し, 解 決 に 向 けての 取 り 組 みを 行 っているところでございます 柏 市 教 育 委 員 会 も 指 導 課, 教 育 研 究 所 の 指 導 主 事 を 学 校 に 派 遣 し, 支 援 を 行 っておりま す また 現 在 千 葉 県 警 察 本 部 生 活 安 全 部 少 年 課 より,スクールサポーターが 2 名 派 遣 され, 問 題 等 への 対 応 についての 相 談 支 援 をしております 問 題 行 動 を 繰 り 返 す 生 徒 は, 家 庭 環 境 等, 複 雑 な 背 景 を 抱 えており, 通 常 の 指 導 が 通 らないことが 多 々ござ います 教 育 委 員 会 が 仲 立 ちとなり, 児 童 相 談 所 や, 東 葛 少 年 センター 等, 外 部 機 関 との 連 携 もさらに 進 めてまいります 学 区 の 各 自 治 会,ふるさと 協 議 会, 青 少 協 の 方 々 のお 力 もお 借 りできれば 幸 いです ご 協 力 をお 願 いいたします 22

26 議 会 事 務 局 関 係 件 名 議 員 定 数 の 削 減 について 回 答 部 課 名 議 会 事 務 局 現 在, 議 員 定 数 は36ですが 定 数 削 減 について 審 議 会, 議 会 側 は 議 論 していますか? 平 素 より, 柏 市 議 会 につきまして 格 別 のご 配 慮 を 賜 り, 深 く 感 謝 いたします 柏 市 と 沼 南 町 の 合 併 時 の 現 員 数 は53 人 でした 当 時 の 地 方 自 治 法 における 市 議 会 議 員 の 上 限 数 は46 人 でしたが, 条 例 では36 人 と 定 めておりました 柏 市 においては, 平 成 18 年 に 議 会 運 営 委 員 会 において 協 議 が 行 われ, 条 例 で 定 数 を36 人 とし, 現 在 も 改 正 は 行 っていません 平 成 22 年 には,40 万 都 市 としての 議 員 定 数 の 要 望 があり, 議 会 運 営 委 員 会 で 協 議 し,30 万 都 市 以 上 の 中 核 市 で 最 低 の 議 員 定 数 であること, 周 辺 5 市 と 比 較 し, 議 員 一 人 あたりの 人 口 が 最 低 であること( 柏 市 11,024 人, 松 戸 市 10,379 人, 流 山 市 5,721 人, 野 田 市 4,849 人, 我 孫 子 市 4,863 人, 鎌 ケ 谷 市 3,941 人 ) 等 から, 定 数 の 増 加 も 削 減 もされず,36 人 のままとなりました 件 名 議 員 報 酬 の 適 正 化 について 回 答 部 課 名 議 会 事 務 局 議 員 報 酬 の 適 正 化 について( 政 令 指 定 都 市 を 除 く 千 葉 県 内 3 番 目 ) 報 酬 削 減 について の 議 論 があれば, 具 体 的 にお 伺 いいたします 基 本 的 に, 議 員 報 酬 は 人 事 院 勧 告 にのっとり, 特 別 職 の 報 酬 が 増 減 するときは, 議 員 報 酬 も 増 減 させてきています お 問 い 合 わせのことについては, 平 成 24 年 3 月, 議 会 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 会 構 成 部 会 において 協 議 され, 議 論 の 前 提 として, 議 員 を 職 業 ととらえるかどうかが 論 点 となり, 結 果 として, 次 のように 意 見 が 分 かれ, 一 つの 考 え 方 にまとまりませんで した 1 外 部 が 考 えるほど 高 額 ではない 年 金 が 廃 止 となって 将 来 はさらに 厳 しい 2 報 酬 等 審 議 会 で 検 討 すべきである また 政 務 調 査 費 を 廃 止 し, 報 酬 に 入 れる 検 討 を すべきである 3 公 務 員 の 給 与 削 減, 市 民 感 情, 議 員 の 生 活 実 態 など 様 々な 角 度 から 検 討 すべきであ る 4 職 員 の 給 与 を 下 げるときは 議 員 報 酬 も 下 げるべきである 5 様 々な 階 層 から 議 員 が 出 て 活 動 できることが 最 低 限 保 証 される 金 額 とすべきである 23

27 件 名 政 務 調 査 費 について 回 答 部 課 名 議 会 事 務 局 政 務 調 査 費 について( 月 / 会 派 1~8 万 円 個 人 5 万 円 ) 現 在,インターネット 等 で 全 国 どこでも 類 似 団 体 等 の 資 料 収 集 が 可 能 な 時 代 であります 政 務 調 査 費 も1/2 程 度 に 削 減 すべきではないか 政 務 調 査 費 は, 平 成 24 年 度 の 地 方 自 治 法 の 改 正 により, 政 務 活 動 費 と 名 称 の 変 更 が 行 われ, 条 例 で 定 めれば 使 途 範 囲 も 拡 大 できるとされました 協 議 においては 中 核 市 にふさわしい 額, 使 途 の 拡 大 をしてほしいとの 意 見 もありましたが, 支 給 額, 使 途 範 囲 も 現 状 どおりとなりました 24

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179312E31358F4390B3817A89C193FC91A39069836E8393836883758362834E8169967B95B6816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179312E31358F4390B3817A89C193FC91A39069836E8393836883758362834E8169967B95B6816A> 目 次 1 自 治 会 町 内 会 はどうして 必 要 なの? (1) 自 治 会 町 内 会 の 役 割 1 (2) 自 治 会 町 内 会 の 主 な 活 動 2 2 自 治 会 町 内 会 をとりまく 状 況 は? (1) 加 入 率 の 推 移 3 (2) 世 帯 構 成 の 変 化 4 (3) 加 入 率 低 下 及 び 高 齢 化 社 会 の 影 響 4 3 加 入 の 呼 びかけをしよう!

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2 この 事 務 手 引 きは がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 に 申 請 される 方 申 請 を 検 討 される 方 のためのものです 申 請 される 前 に 必 ずお 読 みください 唐 津 市 目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

川 越 市 防 犯 の ま ち づ く り 基 本 方 針 平 成 16 年 3 月 平 成 26 年 4 月 改 定 川 越 市 は じ め に 改 定 にあたって 川 越 市 が 行 政 の 立 場 で 取 り 組 むべき 防 犯 対 策 の 基 本 方 針 をまとめた 川 越 市 防 犯 のま ちづくり 基 本 方 針 が 策 定 され 早 いもので10 年 が 経 過 しました この 間

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

Microsoft Word - H20shimo52.doc

Microsoft Word - H20shimo52.doc モニタリング 結 果 報 告 書 施 設 三 浦 ふれあいの 村 指 定 管 理 者 横 浜 YMCA 施 設 所 管 課 子 ども 教 育 支 援 課 ( 平 成 20 年 度 下 半 期 ) 管 理 運 営 状 況 総 括 1 例 報 告 書 によるモニタリングの 概 況 報 告 受 理 確 認 通 知 備 考 ( 確 認 事 項 等 ) 10 11 7 11 27 適 正 に 行 われてい 11

More information

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援 5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (1) 小 さなコミュニティを 大 切 にした 地 域 づくりを 推 進 します 住 民 自 治 活 動 助 成 事 業 5,979 万 円 市 民 が 創 るくらしたい 栗 原 を 目 指 し 各 地 区 の 自 治 会 やコミュニティ 推 進 協 議 会 の 創 意 工 夫 による 自 立 的 コミュニティ 活 動 を 支 援 するため コミュニティ

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 秋 田 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 27 年 10 月 秋 田 県 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 世

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 火 災 被 災 者 の 支 援 について 宇 城 市 平 成 27 年 4 月 < 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 理 衛 生 環 境 課

More information

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに 改 訂 4 版 ( 先 着 順 販 売 区 画 ) さいたま 都 市 計 画 事 業 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 事 業 施 行 者 売 主 :さいたま 市 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 0 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地

More information

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関 参 考 資 料 -1 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 6 月 25 日 条 例 第 6 号 改 正 昭 和 53 年 3 月 11 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 27 日 条 例 第 18 号 昭 和 55 年 7 月 2 日 条 例 第 21 号 平 成 12 年 3 月 30 日 条 例 第 20 号 昭 和 56 年

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

協 賛 について このプロジェクトはメンバーの 善 意 で 完 全 非 営 利 で 運 営 されています 分 岐 駅 (ハブ 駅 )を 持 つ 那 珂 市 が 核 となって 県 北 部 地 域 全 体 を 活 性 化 させる という 大 きな 目 的 を 持 った 街 を 上 菅 谷 駅 前 に 作

協 賛 について このプロジェクトはメンバーの 善 意 で 完 全 非 営 利 で 運 営 されています 分 岐 駅 (ハブ 駅 )を 持 つ 那 珂 市 が 核 となって 県 北 部 地 域 全 体 を 活 性 化 させる という 大 きな 目 的 を 持 った 街 を 上 菅 谷 駅 前 に 作 第 2 回 サスガ カミスガ 出 店 のお 願 い カミスガプロジェクト 那 珂 市 商 工 会 春 寒 の 候 貴 社 いよいよご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 日 頃 は 大 変 お 世 話 になっております 早 速 です が 平 成 24 年 4 月 1 日 に 開 催 される サスガ カミスガ の 出 店 募 集 を 開 始 しました 今 回 は 昨 年 10 月 の サ

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Q3. 固 定 資 産 税 の 税 率 は どのように 決 定 したのですか? A3. 今 後 の 収 入 見 込 み 及 び 財 政 需 要 を 可 能 な 限 り 把 握 したうえで 財 源 不 足 額 を 算 出 する 必 要 があると 考 え 中 期 財 政 見 通 しを 作 成 したところ

Q3. 固 定 資 産 税 の 税 率 は どのように 決 定 したのですか? A3. 今 後 の 収 入 見 込 み 及 び 財 政 需 要 を 可 能 な 限 り 把 握 したうえで 財 源 不 足 額 を 算 出 する 必 要 があると 考 え 中 期 財 政 見 通 しを 作 成 したところ 平 成 27 年 12 月 箱 根 町 固 定 資 産 税 の 税 率 改 正 に 関 するQ&A 今 回 の 税 率 改 正 について 質 問 と 回 答 の 形 にまとめましたので ご 覧 ください 質 問 の 区 分 頁 1 固 定 資 産 税 の 税 率 改 正 について (Q1 ~Q5 ) 1~2 2 箱 根 町 の 財 政 状 況 について (Q6 ~Q10) 2~6 3 箱 根 町 のこれまでの

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成 小 金 井 市 防 犯 指 針 に 基 づく 等 について 主 要 な 施 策 1 日 常 生 活 における 安 全 安 心 の 確 保 日 常 生 活 における 体 感 治 安 の 低 下 を 防 ぐために (1) 地 域 防 犯 力 の 向 上 CoCoパトロール 隊 による 地 域 パトロール 青 色 回 転 灯 を 装 備 した 庁 用 車 16 台 から 成 るCoCoパトロール 隊 で

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

1立山地区まちづくり活動の早期促進について

1立山地区まちづくり活動の早期促進について 次 第 1 市 長 あいさつ 2 連 合 自 治 伒 長 あいさつ 3 議 員 紹 介 4 市 側 出 席 者 紹 介 5 地 区 からのご 要 望 ご 提 案 と 回 答 開 催 日 時 平 成 24 年 6 月 2 日 ( 土 ) 場 所 小 江 原 地 区 ふれあいセンター 地 元 出 席 者 数 16 名 1 小 江 原 第 二 団 地 入 口 バス 停 のバスベイの 確 保 について 小

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで 想 定 してい なかった あるいは 想 定 を 上 回 る 様

1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで 想 定 してい なかった あるいは 想 定 を 上 回 る 様 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 及 び 防 災 マニュアル 策 定 に 係 る 提 案 書 平 成 24 年 7 月 戸 田 市 議 会 総 務 常 任 委 員 会 1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

区 民 会 議 の 開 催 状 況 第 4 期 高 津 区 区 民 会 議 では 全 体 会 議 を 7 回 第 1 節 企 画 運 営 会 議 を 5 回 第 2 節 企 画 運 営 会 議 を 6 回 開 催 しました また 各 節 では 調 査 審 議 を 進 める 過 程 で 現 地 調 査

区 民 会 議 の 開 催 状 況 第 4 期 高 津 区 区 民 会 議 では 全 体 会 議 を 7 回 第 1 節 企 画 運 営 会 議 を 5 回 第 2 節 企 画 運 営 会 議 を 6 回 開 催 しました また 各 節 では 調 査 審 議 を 進 める 過 程 で 現 地 調 査 第 4 期 たかつ 区 区 民 会 議 ニュース 発 行 日 :2014( 平 成 26) 年 3 月 アイデアを 実 行 に! 行 動 する 高 津 区 区 民 会 議 発 行 : 第 4 期 高 津 区 区 民 会 議 ( 事 務 局 : 高 津 区 役 所 企 画 課 ) Tel:044-861-3131 Fax:044-861-3103 E-mail:67kikaku@city.kawasaki.jp

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788FAC93638CB48E7395DB88E78F8A93FC8F8A82CC8EE888F882AB81694832342E382E3133816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788FAC93638CB48E7395DB88E78F8A93FC8F8A82CC8EE888F882AB81694832342E382E3133816A2E646F63> 25 平 成 25 年 度 小 田 原 市 1. 認 可 保 育 所 とは 保 護 者 の 方 の 就 労 や 病 気 などの 理 由 で 家 庭 でお 子 様 を 保 育 できないときに 保 護 者 の 方 に 代 わっ てある 一 定 時 間 の 保 育 を 行 う お 子 様 のため の 福 祉 施 設 です 小 田 原 市 には 公 立 が8 施 設 民 間 が23 施 設 あります 2.

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老 第 6 章 施 策 の 展 開 方 向 基 本 目 標 ごとに 設 定 した 基 本 方 針 に 沿 って 施 策 の 展 開 方 向 を 設 定 します 6-1 基 本 目 標 1 安 全 安 心 に 暮 らせる 住 まいづくり (1) 高 齢 者 障 害 者 向 けの 住 宅 確 保 誰 もが 自 立 し 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 実 現 するため 高 齢 者 や 障 害 者 の 生

More information

具 体 的 な 取 組 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援.4 日 本 語 母 語 教 室 の 開 催 支 援 日 本 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 援 母 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支

具 体 的 な 取 組 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援.4 日 本 語 母 語 教 室 の 開 催 支 援 日 本 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 援 母 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援 1) 現 状 と 課 題 1 現 状 ア 外 国 人 住 民 の 中 には 日 本 の 文 化 慣 習 等 に 戸 惑 いながら 生 活 して いる 人 もいます イ 日 本 語 ができない 外 国 人 住 民 は 必 要 な 情 報 を 十 分 に 得 ることがで きず 日 本 社 会 で 共 存 していく

More information

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文)

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2013 年 10 月 31 日 スピーカー: 常 務 執 行 役 村 松 衛 はじめに 当 社 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 2 年 7 ヵ 月 余 りが 経 過 いたしましたが 汚 染 水 問 題 をはじめ 今 なお 発 電 所 周

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463>

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463> 警 察 署 協 議 会 会 議 録 名 称 大 阪 府 都 島 警 察 署 協 議 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 15 分 までの 間 開 催 場 所 大 阪 府 都 島 警 察 署 柔 道 場 樋 口 会 長 江 後 副 会 長 松 田 委 員 宮 本 委 員 出 委 員 天 川 委 員 大 西 委 員 秦 委

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後)

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後) 平 成 27 年 12 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 それでは 12 月 定 例 会 の 開 催 に 当 たり 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べるとともに 今 議 会 に 提 案 いたしました 議 案 の 大 要 につきまして 御 説 明 申 し 上 げます 今 年 も 早 いもので 残 すところ1か 月 となりましたが この1 年 を 通 して 岡 崎 を 内 外 に 積 極 的

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 22 年 8 月 2 日 ( 月 )15 時 00 分 から16 時 10 分 2 場 所 市 原 市 市 民 会 館 3 階 大 会 議 室 3 主 席 者 ( 委 員 ) 市 原 市 長 千 葉 海 上 保 安 部 長 職 務 代 理 警 備 救 護 課 長 千 葉 測 候 所 長 関 東 農 政 局 千 葉 農

More information

目 次 市 連 関 係 報 告 事 項 1 エコハマ 省 エネ 実 践 モデル 事 業 への 参 加 のお 願 い 1 2 横 浜 市 高 齢 者 住 替 え 相 談 事 業 の 周 知 のご 協 力 について 1 区 連 関 係 報 告 事 項 協 議 事 項 1 緑 の 保 全 創 造 に 向

目 次 市 連 関 係 報 告 事 項 1 エコハマ 省 エネ 実 践 モデル 事 業 への 参 加 のお 願 い 1 2 横 浜 市 高 齢 者 住 替 え 相 談 事 業 の 周 知 のご 協 力 について 1 区 連 関 係 報 告 事 項 協 議 事 項 1 緑 の 保 全 創 造 に 向 目 次 市 連 関 係 報 告 事 項 1 エコハマ 省 エネ 実 践 モデル 事 業 への 参 加 のお 願 い 1 2 横 浜 市 高 齢 者 住 替 え 相 談 事 業 の 周 知 のご 協 力 について 1 区 連 関 係 報 告 事 項 協 議 事 項 1 緑 の 保 全 創 造 に 向 けた 課 税 自 主 権 活 用 に 関 する 検 討 状 況 について 2 2 青 葉 警 察 署

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6.

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 わかりやすい 下 関 市 の 決 算 書 ~ 平 成 23 年 度 版 ~ 下 関 市 目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 力 指 数

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA98EA189EF89C193FC91A3906982CC8EE888F882AB81798A6D92E894C5817A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA98EA189EF89C193FC91A3906982CC8EE888F882AB81798A6D92E894C5817A> 自 治 会 加 入 促 進 の 手 引 き ~ 近 助 力 があるまち そのためには 一 人 ひとりの 力 が 必 要 です~ 福 津 市 はじめに 自 治 会 は そこに 暮 らす 住 民 同 士 の 親 睦 生 活 環 境 の 維 持 改 善 高 齢 者 や 子 どもの 見 守 りな ど 住 みよいまちにするための 活 動 をしています 特 に 東 日 本 大 震 災 以 降 地 域 における

More information

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73>

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73> 主 な 対 策 例 主 要 な 実 施 主 体 は 報 告 書 中 に 記 載 された 主 な 対 策 一 次 的 な 実 施 主 体 を 示 す 行 政 から 働 きかけを 受 けて 住 民 や 企 業 が 直 接 的 な 行 動 をとるといった ように 対 策 最 終 的 な 実 施 主 体 が 別 場 合 がある 例 えば 住 宅 建 築 物 等 耐 震 化 不 燃 化 等 推 進 場 合 一

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

5 6 変 更 後 の 小 学 校 の 通 学 体 験 を 行 うなどPRを 行 うべきである 新 通 学 区 域 の 指 定 校 を 選 択 してもらえるよう PRに 努 めていきたいと 考 えます ( 第 三 小 の 子 どもたちと 同 じ 佐 野 中 校 区 の) 第 一 第 二 末 広 現

5 6 変 更 後 の 小 学 校 の 通 学 体 験 を 行 うなどPRを 行 うべきである 新 通 学 区 域 の 指 定 校 を 選 択 してもらえるよう PRに 努 めていきたいと 考 えます ( 第 三 小 の 子 どもたちと 同 じ 佐 野 中 校 区 の) 第 一 第 二 末 広 現 市 立 小 中 学 校 通 学 区 域 の 見 直 し( 案 ) に 対 するパブリックコメントの 結 果 報 告 1. 実 施 日 平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 )~11 月 20 日 ( 金 ) 2. 実 施 方 法 市 役 所 ( 教 育 総 務 課 情 報 公 開 コーナー) 市 ホームページ 3. 応 募 件 数 19 人 (33 件 ) 4.ご 意 見 及 び 回 答 整

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information