目 次 1 緒 言 再 生 医 学 と 組 織 工 靭 帯 組 織 前 十 字 靭 帯 の 基 本 構 造 靭 帯 組 織 の 再 建 方 法 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 の 組 成 細 胞 外 マトリックス(ECM:

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1 緒 言 1 1-1 再 生 医 学 と 組 織 工 1 1-2 靭 帯 組 織 2 1-2-1 前 十 字 靭 帯 の 基 本 構 造 1-2-2 靭 帯 組 織 の 再 建 方 法 1-2-3 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 の 組 成 1-2-4 細 胞 外 マトリックス(ECM: "

Transcription

1 平 成 22 年 度 修 士 論 文 靭 帯 細 胞 の 骨 分 化 誘 導 に 対 する 加 圧 刺 激 の 影 響 三 重 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 分 子 素 材 工 学 専 攻 前 田 裕 子

2 目 次 1 緒 言 再 生 医 学 と 組 織 工 靭 帯 組 織 前 十 字 靭 帯 の 基 本 構 造 靭 帯 組 織 の 再 建 方 法 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 の 組 成 細 胞 外 マトリックス(ECM: Extra Cellular Matrix ) 1-3 細 胞 の 機 能 靭 帯 細 胞 細 胞 接 着 機 械 的 刺 激 に 対 する 応 答 1-4 骨 形 成 のリモデリング 本 研 究 の 目 的 15 2 方 法 水 溶 性 エラスチンの 抽 出 と 分 類 水 溶 性 エラスチンの 抽 出 水 溶 性 エラスチンの 分 類 2-2 コーティングシャーレ 上 において 加 圧 刺 激 が 靭 帯 細 胞 に 与 える 影 響 細 胞 の 採 取 と 継 代 培 養 ECM コーティングシャーレの 作 製 遠 心 型 加 圧 培 養 装 置 靭 帯 細 胞 の 遠 心 培 養 アルカリフォスファターゼ(ALP) 活 性 の 定 量 色 素 結 合 法 を 用 いた 産 生 マトリックス 測 定 フローサイトメトリー 解 析 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 2-3 ECM ペレット 内 において 加 圧 刺 激 が 靭 帯 細 胞 に 与 える 影 響 ECM ペレットの 作 製 水 圧 による 加 圧 培 養 装 置 ECM ペレット 内 における 加 圧 培 養 ECM ペレットへの 細 胞 接 着 確 認 ( 免 疫 蛍 光 染 色 走 査 型 電 子 顕 微 鏡 ) アルカリフォスファターゼ(ALP) 活 性 の 定 量

3 2-3-6 フローサイトメトリー 解 析 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 2-4 ラクトース 添 加 によるエラスチン 結 合 タンパクの 阻 害 21 3 結 果 コーティングシャーレ 上 における 遠 心 培 養 加 圧 刺 激 が 靭 帯 細 胞 の ALP 酵 素 活 性 に 与 える 影 響 加 圧 刺 激 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 加 圧 刺 激 が 靭 帯 細 胞 のマトリックス 産 生 に 与 える 影 響 3-2 作 製 した ECM ペレットの 評 価 走 査 型 電 子 顕 微 鏡 による ECM ペレットの 観 察 3-3 ECM ペレット 内 への 細 胞 接 着 確 認 ECM ペレット 内 における 水 圧 による 加 圧 培 養 加 圧 刺 激 が 靭 帯 細 胞 の ALP 酵 素 活 性 に 与 える 影 響 加 圧 刺 激 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 3-5 ラクトース 添 加 によるエラスチン 結 合 タンパク 阻 害 38 4 考 察 ECM シャーレ 上 における 遠 心 培 養 が 靭 帯 細 胞 に 与 える 影 響 ECM ペレット 内 における 加 圧 培 養 が 靭 帯 細 胞 に 与 える 影 響 43 5 結 論 50 6 参 考 文 献 51 7 謝 辞 54 8 付 録 55

4 1 緒 言 1-1 再 生 医 学 と 組 織 工 学 人 間 は 創 傷 治 癒 のように もともと 自 己 を 復 元 する 能 力 を 持 っているが その 再 生 能 力 が 追 いつかないほどの 大 きな 組 織 損 傷 の 場 合 臓 器 移 植 などの 方 法 が 検 討 さ れる しかし 現 在 はこのような 移 植 療 法 はドナー 不 足 をはじめ 拒 絶 反 応 や 感 染 症 など 様 々な 問 題 が 存 在 しているため 治 療 を 受 けることのできる 患 者 は 尐 ない そこで その 様 な 問 題 を 解 決 するために 生 体 から 生 きた 細 胞 を 取 り 出 し 生 体 外 で 増 殖 分 化 活 性 化 させたものを 再 び 生 体 に 戻 すという 再 生 医 療 が 注 目 されてい る 細 胞 を 用 いた 再 生 医 療 の 一 役 を 担 うものとして 細 胞 を 生 着 させてその 機 能 を 発 現 させる 足 場 と 一 緒 に 移 植 する 方 法 があり これを 組 織 工 学 という 生 体 外 で 組 織 再 生 を 行 うためには 主 に 三 つの 要 素 が 必 須 となる( 図 1-1) 組 織 機 能 を 再 生 させる 主 体 である 細 胞 細 胞 を 3 次 元 的 に 培 養 し 生 体 組 織 を 支 持 する 足 場 そして 細 胞 の 分 化 増 殖 を 制 御 する サイトカイン である 3 要 素 が 密 接 に 関 係 し 合 うことで 組 織 工 学 が 成 立 すると 考 えられている 1-3) 細 胞 サイト カイン 組 織 工 学 足 場 図 1-1 組 織 工 学 の 3 要 素 1

5 1-2 靭 帯 組 織 前 十 字 靭 帯 の 基 本 構 造 前 十 字 靭 帯 (anterior cruciate ligament:acl)は 膝 関 節 内 にある 大 腿 骨 と 頸 骨 を 結 ぶ 結 合 組 織 である ACL は 大 腿 骨 に 対 して 脛 骨 が 前 方 に 逸 脱 するのを 防 ぐこと や 脛 骨 が 旋 回 するのを 防 ぎ 膝 の 安 定 性 の 維 持 に 関 して 重 要 な 役 割 をしている 4-5) 主 要 な 構 成 成 分 として 複 合 型 ( 普 通 はⅠ 型 )の 繊 維 形 成 型 コラーゲン エラス チン プロテオグリカンなどの 細 胞 外 マトリックスと 繊 維 と 平 行 に 配 向 した 紡 錘 状 の 繊 維 芽 細 胞 がある また ACL は 前 内 側 線 維 束 (AM:anteromedial bundle)と 後 外 側 線 維 束 (PL: posterolateral bundle )の 二 つの 線 維 束 に 分 けられる 6,7) ( 図 1-2) 図 1-2 前 内 側 線 維 束 (AM)と 後 外 側 線 維 束 (PL) 7) 2

6 1-2-2 靭 帯 の 再 建 方 法 5,8,9) 靭 帯 は 血 管 に 乏 しい 部 位 であり 損 傷 断 裂 してしまうと 自 然 治 癒 しない 放 置 し ておくと 二 次 的 に 半 月 板 や 軟 骨 損 傷 の 合 併 症 を 引 き 起 こし 最 終 的 には 変 形 性 膝 関 節 症 の 発 症 に 至 る そのため 失 った 靭 帯 の 代 わりになるものが 必 要 となる 現 在 靭 帯 の 再 建 術 には 大 きく 分 けて 二 つある 一 つ 目 は 生 物 学 的 素 材 を 移 植 する 方 法 で 二 つ 目 は 人 工 素 材 を 移 植 する 方 法 である 生 物 学 的 素 材 としては 腱 組 織 が 使 用 されることが 多 い 腱 組 織 は 骨 と 筋 肉 を 結 ぶ 結 合 組 織 で その 構 造 や 組 成 は 靭 帯 と 類 似 している この 方 法 では 患 者 自 身 の 腱 を 採 取 して 移 植 する 自 家 移 植 法 (auto graft)と 他 人 の 腱 を 移 植 する 同 種 移 植 法 (allograft)があるが 圧 倒 的 に 自 家 移 植 法 で 再 建 される 事 が 多 い 現 在 の 日 本 で はドナー 不 足 であり 安 定 した 供 給 が 困 難 であるためである 一 般 的 に 採 取 される 腱 は 骨 付 き 膝 蓋 腱 や 半 腱 様 筋 腱 薄 筋 腱 が 多 い 一 方 人 工 素 材 では ポリエチレンテレフタレート(Leeds-keio ligament) ポリプロ ピレン(Kennedy Ligament Augmentation Device) ポリテトラフルオロエチレン (Gore-Tex)などの 非 分 解 性 合 成 繊 維 材 料 を 用 いて 人 工 靭 帯 が 開 発 されてきた し かしながら 現 在 様 々な 問 題 が 存 在 することから これらの 素 材 を 用 いた 人 工 靭 帯 は 単 独 で 使 われていない 以 下 に 三 種 類 の 移 植 法 の 利 点 と 欠 点 をまとめた( 表 1-1) 表 1-1 各 移 植 法 の 利 点 と 欠 点 自 家 移 植 法 同 種 移 植 法 人 工 靭 帯 移 植 法 利 点 最 終 的 に 自 家 組 織 に 置 換 され 再 建 部 で 生 着 する 拒 絶 反 応 が 無 い 感 染 症 のリスクが 低 い 最 終 的 に 自 家 組 織 に 置 換 され 再 建 部 で 生 着 する 正 常 な 自 家 組 織 を 犠 牲 にしない 正 常 な 自 家 組 織 を 犠 牲 にしない 初 期 強 度 が 高 い 欠 点 自 己 の 正 常 な 組 織 の 一 部 を 犠 牲 にするため 採 取 部 の 筋 力 が 落 ちる 疼 痛 の 残 存 移 植 後 の 強 度 の 低 下 採 取 できる 量 に 制 限 がある 安 定 した 供 給 が 困 難 合 併 症 感 染 症 の 危 険 長 期 間 の 強 度 が 不 十 分 摩 耗 粉 による 炎 症 骨 への 強 固 な 固 定 が 困 難 生 体 との 親 和 不 良 性 再 断 裂 の 可 能 性 が 高 い 3

7 近 年 では 組 織 工 学 的 に 再 建 させる 足 場 材 料 の 開 発 が 進 められており 優 れた 生 体 適 合 性 初 期 力 学 強 度 だけでなく 足 場 への 細 胞 接 着 細 胞 増 殖 マトリック ス 産 生 などを 促 進 させるような 足 場 材 料 が 望 まれている そのような 材 料 として ポリ ウレタン 尿 素 ポリデスアミノチロシルチロシンエチル(DTE)カーボネート ポリジオ キサン ポリ 乳 酸 (PLA) ポリグリコール 酸 (PGA) およびポリ 乳 酸 とポリグリコール 酸 の 共 重 合 体 (PLGA)などの 新 しい 靭 帯 組 織 が 形 成 されると 共 に 分 解 吸 収 され るような 生 体 分 解 性 合 成 繊 維 材 料 が 開 発 されているが 力 学 的 強 度 細 胞 接 着 性 材 料 の 分 解 速 度 などまだまだ 未 解 決 な 問 題 が 多 い 4

8 1-2-3 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 の 組 成 靭 帯 は 骨 と 骨 を 結 ぶ 結 合 組 織 であり それらの 接 合 部 は 靭 帯 部 分 (Ligament region : L) 硬 化 していない 部 分 (non-mineralized interface : NI) 硬 化 した 部 分 (mineralized interface : MI) 骨 部 分 (Bone region : B)の 段 階 構 造 になっている ( 図 1-3) 10,11) 図 1-3 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 各 部 分 の 組 成 は 以 下 の 通 りである( 表 1-2) 10) 表 1-2 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 の 組 成 主 な 細 胞 外 マトリックス 存 在 する 細 胞 靭 帯 部 分 (L) Ⅰ Ⅲ 型 コラーゲン コラーゲン 線 維 の 長 軸 方 向 に 引 き 伸 ばされた 形 を した 線 維 芽 細 胞 硬 化 していない 部 分 (NI) Ⅱ 型 コラーゲン 卵 型 の 軟 骨 細 胞 アグリカン 硬 化 した 部 分 (MI) Ⅹ 型 コラーゲン 肥 大 性 軟 骨 細 胞 骨 部 分 (B) Ⅰ 型 コラーゲン 骨 芽 細 胞 骨 細 胞 破 骨 細 胞 5

9 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 分 において 細 胞 密 度 は 一 定 であるが 細 胞 が 含 まれている 部 分 の 面 積 は 骨 部 分 付 近 で 最 も 大 きく 骨 部 分 から 靭 帯 部 分 へ 向 かうにつれて 小 さくなる 10) ( 図 1-4) また 一 般 に 細 胞 の 縦 横 比 は 靭 帯 部 分 から 骨 部 分 に 近 づくに つれて 小 さくなり 靭 帯 部 分 での 引 き 伸 ばされたような 線 維 芽 細 胞 から 骨 部 分 で の 丸 い 軟 骨 細 胞 肥 大 性 軟 骨 細 胞 へと 変 化 していく 6),10) ( 図 1-5) 図 1-4 細 胞 面 積 の 変 化 10) 図 1-5 (A)ACL 中 央 部 の 線 維 芽 細 胞 と(B)ACL 末 端 部 の 線 維 芽 細 胞 6) 6

10 1-2-4 細 胞 外 マトリックス(ECM : Extra Cellular Matrix) 細 胞 外 マトリックス(ECM : Extra Cellular Matrix)とは 多 細 胞 生 物 において 細 胞 の 周 囲 や 細 胞 と 細 胞 の 間 隙 に 存 在 する 繊 維 状 またはシート 状 の 構 造 物 であり 細 胞 の 増 殖 分 化 形 質 発 現 を 制 御 する 12,13) 上 皮 や 筋 肉 は 組 織 の 大 部 分 が 細 胞 で 占 められているが 骨 などの 結 合 組 織 は 細 胞 よりも ECM の 割 合 が 多 く その 物 理 的 性 質 を 決 めている 14) ECM の 主 成 分 はプロテオグリカンと 繊 維 状 タンパク 質 である プロテオグリカンは 多 糖 類 である 各 種 のグリコサミノグリカンが 各 種 のタンパク 質 と 共 有 結 合 したもので あり 繊 維 状 タンパク 質 はコラーゲンやエラスチン フィブロネクチン ラミニンである 2) エラスチン(Elastin) 2,10,15,16) エラスチンは 分 子 量 が 約 67kDa の 細 胞 外 マトリックスの 一 つであり 組 織 から 酸 アルカリ アルコール 等 で 処 理 した 後 に 残 る 不 溶 性 タンパク 質 として 定 義 される ECM の 繊 維 成 分 としてエラスチンは コラーゲンの 次 に 多 い エラスチンは 組 織 の 伸 縮 性 や 弾 性 に 関 与 するため コラーゲンが 膠 原 繊 維 と 呼 ばれているのに 対 し て 弾 性 繊 維 と 呼 ばれる そのため 大 動 脈 肺 靭 帯 皮 膚 などの 伸 縮 性 弾 性 を 伴 う 組 織 に 多 く 含 まれる これらの 組 織 中 に 存 在 する 細 胞 ( 主 に 線 維 芽 細 胞 平 滑 筋 細 胞 内 皮 細 胞 軟 骨 細 胞 )によって 前 駆 体 であるトロポエラスチンとして 産 生 さ れる エラスチンは この 前 駆 体 であるトロポエラスチンが 架 橋 されてできた 不 溶 性 の 巨 大 分 子 である 架 橋 部 分 はリシン 由 来 のデスモシン イソデスモシンからなる エラスチンは 一 次 構 造 に 疎 水 性 側 鎖 を 含 むアミノ 酸 が 約 92 %を 占 めており エ ラスチン 凝 集 体 の 収 縮 弛 緩 により 立 体 構 造 が 容 易 に 復 元 する エラスチンの 特 異 的 なアミノ 酸 配 列 として VGVAPG(Val バリン-Gly グリシン-Valバリン-Ala アラ ニン-Pro プロリン-Gly グリシン) 構 造 を 有 していることが 知 られている また 生 体 内 において 架 橋 構 造 を 形 成 することで その 弾 性 不 溶 性 熱 安 定 性 を 有 している ( 図 1-6) 7

11 収 縮 弛 緩 Elastin 分 子 架 橋 構 造 NH 2 Lys - Ala - Lys - Ala - Ala - Lys - Tyr - Ala COOH Desmosine HOOC Ala - Ala - Lys - Ala - Ala - Ser - Lys - Ala - Phe NH 2 図 1-6 エラスチンの 構 造 15) コラーゲン(Collagen) コラーゲンは 生 体 に 最 も 多 量 に 存 在 するタンパク 質 である 力 学 的 強 度 に 優 れ ている 構 造 体 のため 真 皮 骨 軟 骨 腱 靭 帯 などに 多 く 含 まれる 9) コラーゲン 分 子 の 基 本 構 造 は 3 本 のα 鎖 と 呼 ばれるポリペプチド 鎖 から 成 る 三 重 らせん 構 造 である α 鎖 とは Gly-X-Y(X Y は 任 意 のアミノ 酸 残 基 であるがプロリン 残 基 とヒドロキシプロリン 残 基 であることが 多 い)という 3 つのアミノ 酸 残 基 の 繰 り 返 し であるコラーゲン 領 域 を 持 ち 三 つおきに 必 ずグリシンがあるという 特 殊 なアミノ 酸 配 列 を 持 っている 13,14) コラーゲン 分 子 は 集 合 して 細 線 維 繊 維 繊 維 束 という 高 次 構 造 を 形 成 する 9) 8

12 1-3 細 胞 の 機 能 靭 帯 細 胞 靱 帯 組 織 中 に 存 在 する 細 胞 は 一 般 的 に 紡 錘 型 の 線 維 芽 様 細 胞 であり 靱 帯 組 織 の 長 軸 方 向 に 対 して 平 行 になるように 配 向 している 6) ( 図 1-7) 靭 帯 細 胞 は 機 能 的 にも 線 維 芽 細 胞 と 似 ており コラーゲン( 主 にⅠ Ⅲ Ⅴ 型 )やエラスチン プロテ オグリカン グリコサミノグリカンなどの 細 胞 外 マトリックスを 産 生 する 靭 帯 細 胞 は さまざまな 細 胞 に 分 化 することができる 間 葉 系 幹 細 胞 から 分 化 した 細 胞 であるとされるが これまでの 研 究 では 発 現 する 表 面 抗 原 タンパク mrna などが 間 葉 系 幹 細 胞 と 同 一 であり 2 つを 区 別 することができない また 現 時 点 で 靭 帯 細 胞 のみに 特 異 的 に 発 現 するタンパクや mrna はほぼ 見 つかっていないた め 靭 帯 細 胞 を 識 別 するための 特 別 なマーカーに 関 する 情 報 は 無 い さらに 靭 帯 細 胞 は 間 葉 系 幹 細 胞 と 同 様 に 分 化 誘 導 することで 骨 芽 細 胞 軟 骨 細 胞 脂 肪 細 胞 など 他 の 細 胞 に 分 化 することが 報 告 されている したがって 靭 帯 細 胞 は 他 の 最 終 分 化 した 細 胞 に 比 べ 間 葉 系 幹 細 胞 にかなり 近 い 位 置 づけになると 推 測 され るが 現 段 階 では 未 知 な 部 分 が 多 い 11,17,18) 図 1-7 組 織 中 の 細 胞 分 布 ヘマトキシリン/エオシン 染 色 紫 : 細 胞 ピンク: 細 胞 外 基 質 矢 印 : 靱 帯 の 長 軸 方 向 6) 9

13 1-3-2 細 胞 接 着 多 細 胞 生 物 の 構 成 要 素 として 各 種 細 胞 と 細 胞 外 マトリックス(ECM)があり それら をまとめている 機 構 の 一 つが 特 異 的 な 細 胞 接 着 機 構 である この 細 胞 接 着 機 構 に は 大 きく 分 類 して 細 胞 と 細 胞 との 間 である 細 胞 間 接 着 (cell-cell adhesion)と 細 胞 と ECM(cell-substratum adhesion)の 接 着 との 間 の 接 着 の 二 種 類 がある 13) これらの 細 胞 接 着 に 関 わるタンパク 質 は 接 着 分 子 と 呼 ばれ それらは 細 胞 膜 上 の 接 着 タン パク 質 ( 接 着 受 容 体 )とその 結 合 相 手 となる 接 着 タンパク 質 ( 広 くはリガンドと 呼 ぶ) の 二 種 類 に 分 けることができる 14) この 接 着 分 子 が 接 着 部 位 に 集 まり 細 胞 膜 裏 打 ちタンパク 質 と 細 胞 骨 格 が 細 胞 接 着 構 造 を 細 胞 内 から 支 えている 19) また 接 着 分 子 は 接 着 対 象 の 認 識 選 別 接 着 相 手 との 機 械 的 結 合 および 情 報 の 享 受 などを 行 っている 11) 細 胞 間 結 合 には1 密 着 結 合 (tight junction)2 接 着 結 合 (adherens junction)3 デスモソーム 結 合 (desmosome junction)4ギャップ 結 合 (gap junction)の 四 種 類 が 存 在 している 11,20) 一 方 細 胞 -ECM 間 ではヘミデスモソームやインテグリンといっ た 接 着 構 造 を 介 して 接 着 する 11,21) ( 図 1-8) 図 1-8 細 胞 間 接 着 と 細 胞 -ECM 間 接 着 21) 10

14 インテグリン(integrin) 細 胞 -ECM 間 接 着 機 構 の 代 表 的 な 機 構 は インテグリンと 呼 ばれる 接 着 受 容 体 の 関 与 する 接 着 である インテグリンは 様 々な 種 類 のα 鎖 とβ 鎖 の 組 み 合 わせででき たヘテロ 二 量 体 構 造 をしている 12) インテグリンはフィブロネクチンやコラーゲンな どの 様 々な 細 胞 外 マトリックスと 結 合 し 細 胞 -ECM 間 の 接 着 や 情 報 伝 達 に 関 与 し ている 細 胞 が ECM と 結 合 すると インテグリンが 活 性 化 し 細 胞 の 下 部 には 接 着 斑 (focal adhesion)と 呼 ばれる 構 造 ができる 接 着 班 が 形 成 されると プロテインキ ナーゼである FAK(focal adhesion kinase)が 自 己 リン 酸 化 により 活 性 化 され シグナ ル 伝 達 が 開 始 される 11,20) インテグリンが 果 たす 役 割 には 細 胞 の 遊 走 など 細 胞 の 接 着 - 脱 着 機 構 に 関 係 するものが 挙 げられる 11) ECM に 結 合 するインテグリンは 大 きく 分 けて ラミニン 結 合 型 (α3β1 α6β1 α6β4 α7β1) Arg-Gly-Asp(RGD) 結 合 型 (α5β1 α8β1 α V β3 および α V 鎖 を 含 む 他 のイ ンテグリン) コラーゲン 結 合 型 (α1β1 α2β1 α10β1 α11β1) その 他 (α4β1 α9β1) の 四 種 類 がある 13) エラスチンレセプター 靭 帯 細 胞 はエラスチンレセプターと 呼 ばれる 複 合 体 を 発 現 することが 知 られてお り 靭 帯 細 胞 とエラスチンの 結 合 は エラスチン 中 の VGVAPG というアミノ 酸 配 列 の 細 胞 接 着 領 域 が このレセプターに 結 合 することにより 行 われると 考 えられている エラスチンレセプターを 発 現 する 細 胞 は 他 にも 線 維 芽 細 胞 血 管 平 滑 筋 細 胞 内 皮 細 胞 軟 骨 細 胞 多 形 核 白 血 球 単 球 リンパ 球 などが 知 られている 11) エラスチンレセプターは 非 インテグリン 型 のレセプターであり 3 つのタンパク 質 の サブユニットから 構 成 される 複 合 体 として 存 在 する 細 胞 膜 上 に 存 在 して 実 際 にエ ラスチンと 結 合 する 67kDa のエラスチン 結 合 タンパク 質 (EBP:elastin-binding protein ) 細 胞 膜 内 に 存 在 す る 61 kda の ノ イ ラ ミ ニ ダ ー ゼ -1 ( Neu-1 : neuraminidase-1)と 55 kda の 保 護 タンパク 質 /カテプシン A(PPCA:protective protein/cathepsin A)の 3 つのサブユニットから 構 成 される 22,23) ( 図 1-9) EBP 上 のエラスチン 結 合 部 位 にはラミニンも 結 合 することができる また エラス チン 結 合 部 位 とは 別 にレクチン 結 合 部 位 が 存 在 し ガラクトース ラクトースまたは N-アセチルガラクトサミンを 含 有 するグリコサミノグリカン(コンドロイチン 硫 酸 デル マタン 硫 酸 )と 結 合 して 相 互 作 用 を 起 こす その 結 果 EBP はエラスチンとの 親 和 性 を 失 い エラスチンレセプターから 離 される 22) 11

15 elastin EBP 細 胞 外 PPCA Neu-1 細 胞 内 図 1-9 エラスチンレセプターの 概 略 図 16) また エラスチンレセプター 中 の EBP が 認 識 する 細 胞 接 着 領 域 VGVAPG という アミノ 酸 配 列 の 他 にも 細 胞 接 着 領 域 が 存 在 している その 候 補 としては トロポエラ スチンの 末 端 部 に 見 られる GRKRK というアミノ 酸 配 列 が 挙 げられる 11,16) この 配 列 をヒト 線 維 芽 細 胞 が α V β 3 インテグリンを 介 して 認 識 し 細 胞 接 着 をするという 報 告 がある 11,24) α V β 3 インテグリンはビトロネクチン 受 容 体 であり ビトロネクチン フィブリ ノーゲン オステオポンチン コラーゲン ラミニンなどに 結 合 するという 報 告 がある 25) 機 械 的 刺 激 に 対 する 応 答 機 械 的 な 刺 激 には 多 くの 種 類 があり その 代 表 的 なものは ずり 応 力 伸 展 静 水 圧 である 11) 運 動 器 系 では 関 節 軟 骨 には 静 水 圧 骨 には 曲 げ 応 力 や 圧 縮 応 力 靭 帯 には 伸 展 刺 激 や ねじれ 刺 激 が 生 じている 11,26) 生 物 を 構 成 する 細 胞 は 地 球 の 重 力 身 体 動 作 などの 機 械 的 な 刺 激 を 絶 えず 受 けている 26) そのため 組 織 工 学 的 に 組 織 を 再 建 するためには 細 胞 足 場 材 料 サイトカインに 加 えて 物 理 的 因 子 としての 機 械 的 刺 激 による 影 響 を 解 明 することが 重 要 となる しかしながら 機 械 的 刺 激 に 対 する 細 胞 応 答 に 至 る 分 子 過 程 はほとんど 解 明 され ていないのが 現 状 である 11,27) 12

16 1-4 骨 のリモデリング 骨 は 結 合 組 織 が 石 灰 化 したものであり 豊 富 な 細 胞 外 マトリックスと 数 種 の 細 胞 から 成 る その 役 割 としては 支 持 運 動 保 護 貯 蔵 や 造 血 の 場 の 提 供 である 28) 骨 において 細 胞 間 を 埋 める 石 灰 化 組 織 を 骨 組 織 (bone matrix)と 呼 び 無 機 質 有 機 質 水 から 成 る 29) ( 図 1-10) 骨 基 質 の 構 成 成 分 水 15% Ⅰ 型 コラーゲン 糖 蛋 白 有 機 物 質 35% 無 機 物 質 50% カルシウム リン 重 炭 酸 クエン 酸 マグネシウム ナトリウム カリウム 図 1-10 骨 基 質 の 構 成 成 分 また 骨 組 織 には 骨 形 成 細 胞 骨 芽 細 胞 骨 細 胞 破 骨 細 胞 の 四 種 類 が 存 在 する 31) 骨 形 成 細 胞 骨 芽 細 胞 に 分 化 する 間 葉 組 織 に 由 来 した 未 分 化 幹 細 胞 骨 芽 細 胞 骨 形 成 細 胞 から 分 化 した 細 胞 で 骨 表 面 にシート 状 に 配 列 して 骨 基 質 を 合 成 分 泌 する 骨 芽 細 胞 は 自 身 を 分 泌 した 骨 基 質 で 取 り 囲 み 骨 細 胞 となる 骨 細 胞 一 部 の 骨 芽 細 胞 は 自 ら 分 泌 した 骨 基 質 に 取 り 囲 まれ 骨 細 胞 へ と 分 化 する 骨 細 胞 は 骨 組 織 を 維 持 し 骨 に 加 わる 外 力 に 応 答 し て 骨 形 成 を 行 っている 破 骨 細 胞 造 血 幹 細 胞 から 分 化 した 前 駆 細 胞 ( 単 核 )が 多 数 融 合 して 多 核 巨 細 胞 となったもの 破 骨 細 胞 は 遊 走 能 を 有 し 活 性 化 すると 骨 表 面 に 接 着 して 骨 基 質 を 分 解 吸 収 する 13

17 骨 は 出 生 以 前 から 形 作 られるが 成 人 になってからも 骨 組 織 は 絶 え 間 なく 骨 吸 収 と 骨 形 成 によってリモデリングされている 骨 組 織 のリモデリングの 意 義 としては おもに 二 つの 理 由 が 考 えられ 一 つ 目 はカルシウムの 動 態 機 構 を 維 持 するため 二 つ 目 は 物 理 的 な 刺 激 に 対 する 対 応 のためである 28-31) 骨 のリモデリング 過 程 はおもに 休 止 期 活 性 化 期 骨 吸 収 期 逆 転 期 骨 形 成 期 の 5 段 階 に 分 けられ これらが 繰 り 返 される 28,29) ( 図 1-11) 休 止 期 骨 吸 収 も 骨 形 成 も 起 こらず 休 止 状 態 の 骨 芽 細 胞 が 骨 表 面 を 覆 って いる 活 性 化 期 骨 芽 細 胞 の 発 現 する RANKL(receptor activator of NF κb ligand)が 前 駆 破 骨 細 胞 の RANK(receptor activator of NF κb)に 結 合 して 増 殖 融 合 させ 破 骨 細 胞 への 分 化 を 促 す 骨 吸 収 期 活 性 化 された 破 骨 細 胞 は 骨 表 面 に 接 着 し 骨 吸 収 を 行 う その 結 果 ハウシップ 窩 というくぼみができる 逆 転 期 基 質 中 の 抑 制 因 子 (TGF-β:transforming growth factor β BMP: bone morphogenetic protein)により 破 骨 細 胞 の 機 能 は 抑 制 される 骨 吸 収 された 部 位 に 骨 芽 細 胞 が 移 動 してきて 骨 基 質 成 分 を 分 泌 し 骨 形 成 が 骨 吸 収 を 上 回 る 骨 形 成 期 骨 芽 細 胞 により 新 しい 類 骨 が 形 成 される 一 部 の 細 胞 は 類 骨 の 中 に 埋 め 込 まれて 骨 細 胞 になる 休 止 期 活 性 期 骨 吸 収 期 逆 転 期 骨 形 成 期 図 1-11 骨 のリモデリング 14

18 1-5 本 研 究 の 目 的 人 工 靭 帯 を 用 いた 靭 帯 再 建 手 術 には 様 々な 問 題 点 が 存 在 する そのうちの 一 つとして 人 工 靭 帯 と 骨 の 結 合 部 分 を 再 現 することができないことが 挙 げられる 現 在 人 工 靭 帯 と 骨 の 接 続 は 金 属 のボルトで 行 われている その 繋 ぎ 目 から 摩 耗 屑 が 発 生 し 炎 症 を 起 こしてしまうことがしばしばある そこで 金 属 を 使 わないで 靭 帯 と 骨 を 接 合 する 必 要 がある 本 研 究 室 では 生 体 組 織 再 生 を 目 的 とした 人 工 組 織 を 開 発 するために 細 胞 と 足 場 ( 細 胞 外 マトリックス)の 関 係 に 着 目 し これらに 動 的 刺 激 を 用 いることによって 機 能 的 な 人 工 組 織 を 作 製 することを 目 指 している 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 には 靭 帯 細 胞 や 骨 芽 細 胞 などが 存 在 する 10) そこで 靭 帯 組 織 に 含 まれる 主 な 細 胞 外 マトリックスであるエラスチンとコラーゲンに 注 目 した また 機 能 的 な 人 工 組 織 を 作 製 するにあたり 二 次 元 培 養 ではなく 生 体 組 織 に 近 付 け た 三 次 元 培 養 を 行 う 必 要 があると 考 えられる そのため エラスチンとコラーゲンを 材 料 とした 三 次 元 の 細 胞 培 養 システムにおける 靭 帯 細 胞 の 影 響 を 観 察 する 必 要 が ある 靭 帯 細 胞 は 加 圧 刺 激 ( 遠 心 力 静 水 圧 )を 与 えると 骨 芽 様 の 細 胞 になり 骨 基 質 を 分 泌 したり 32,33) 骨 のリモデリングに 重 要 なサイトカインなどを 産 生 したりする 34-37) という 報 告 がいくつかある 靭 帯 細 胞 を 骨 芽 細 胞 様 の 細 胞 に 分 化 誘 導 し 人 工 靭 帯 と 骨 の 接 合 部 に 使 用 できれば より 正 常 な 結 合 部 を 再 現 できるのではないかと 考 えた 骨 組 織 においても 常 に 圧 縮 力 がかかっていて その 力 を 骨 組 織 に 存 在 する 細 胞 が 感 知 して 骨 のリモデリングが 行 われる これらのことを 考 慮 して 動 的 刺 激 として 圧 力 に 注 目 した 以 上 より 本 研 究 の 目 的 は エラスチンとコラーゲンで 作 製 した 三 次 元 培 養 システ ムが 靭 帯 細 胞 の 骨 分 化 誘 導 に 対 する 影 響 と それらの 基 質 内 における 加 圧 刺 激 の 影 響 を 検 討 することにした 15

19 2 方 法 この 章 では 水 溶 性 エラスチンの 抽 出 分 類 コーティングシャーレ 及 びペレット の 作 製 加 圧 刺 激 が 靱 帯 細 胞 に 与 える 影 響 における 実 験 方 法 を 述 べる 詳 細 な 実 験 方 法 は 8 章 付 録 に 示 した 2-1 水 溶 性 エラスチンの 抽 出 と 分 類 水 溶 性 エラスチンの 抽 出 三 重 県 松 阪 食 肉 流 通 センターから 頂 いたブタ 大 動 脈 から 中 膜 層 以 外 の 部 分 を 除 去 し 細 かくミンチにした 後 エタノールで 脱 水 を 行 い 乾 燥 させた 精 製 した 不 溶 性 エラスチンに 対 してシュウ 酸 による 熱 処 理 分 解 を 行 い 水 溶 化 処 理 し 上 澄 み 液 を 透 析 チューブに 入 れ 外 液 の ph が 5~6 程 度 になるまで 透 析 を 行 った チューブから 取 り 出 した 液 を 遠 心 し 上 澄 み 液 を 凍 結 乾 燥 させることで 水 溶 性 エラスチンを 得 た 水 溶 性 エラスチンの 分 類 抽 出 した 水 溶 性 エラスチンを 数 平 均 分 子 量 凝 集 温 度 ゲル 弾 性 率 によって 各 分 画 に 分 類 した 本 実 験 では 各 分 画 Elastin A-E の 5 種 類 に 分 画 を 行 った 2-2 コーティングシャーレ 上 において 加 圧 刺 激 が 細 胞 に 与 える 影 響 細 胞 の 採 取 と 継 代 培 養 Lonza 社 から 購 入 した 正 常 ヒト 歯 周 靭 帯 線 維 芽 細 胞 (Normal Human Periodontal Ligament Fibroblast:HPdLF CC-7049/Lonza)を 37 /5%CO 2 インキュベーター ( 池 本 理 化 工 業 ) 内 で 培 養 した 培 地 には SCBM( 添 加 因 子 セット(hFGF-B インス リン GA-1000)を 添 加 した)を 用 いて 3 日 に 1 度 培 地 交 換 を 行 った sub-confluent (70%~80%)ほどに 細 胞 が 増 殖 した 時 点 でトリプシン 処 理 を 行 って HPdLF を 剥 離 させ 細 胞 懸 濁 液 を 調 整 し 継 代 培 養 を 行 った 16

20 2-2-2 ECM コーティングシャーレの 作 製 φ35 浮 遊 細 胞 用 シャーレに 対 してコロナ 放 電 処 理 を 行 った 後 シャーレにコーティ ング 溶 液 ( 本 実 験 ではフィルター 滅 菌 した 0.1 mg/ml または 1.0 mg/ml の Elastin A 滅 菌 水 を 使 用 )を 1.5 ml ( 滅 菌 水 は 3ml ) 添 加 し 4 で 5 時 間 静 置 した コ ーティング 溶 液 を 回 収 し これをコーティングシャーレとして 以 下 の 実 験 を 行 った 遠 心 型 加 圧 培 養 装 置 本 実 験 では 以 下 のような 装 置 を 用 いて 加 圧 (933r.p.m)を 行 った( 図 2-1) 図 2-1 遠 心 型 細 胞 培 養 装 置 靭 帯 細 胞 の 遠 心 培 養 コーティングシャーレに 靭 帯 細 胞 をコンフルエントになるまでインキュベーター 内 で 静 置 培 養 を 行 った コンフルエントになったら 培 地 交 換 を 行 い 遠 心 培 養 するも のと 静 置 培 養 するものに 分 け 12 時 間 遠 心 培 養 を 行 った 培 地 はコンフルエントになるまでは 5% FBS/ SCBM を 使 用 し 加 圧 培 養 中 は 0.1% FBS/ SCBM 使 用 した 17

21 2-2-5 アルカリフォスファターゼ(ALP) 活 性 の 定 量 本 実 験 では 骨 形 成 の 代 表 的 なマーカーである ALP を 骨 分 化 の 指 標 のうちの1 つとして 用 いた 加 圧 培 養 静 置 培 養 後 にタンパク 抽 出 を 行 い ラボアッセイ TM ALP (p-ニトロフェニルりん 酸 基 質 法 による ALP 活 性 測 定 キット)を 用 いてアルカリフォス ファターゼ 活 性 を 測 定 した 方 法 として まず 加 圧 培 養 終 了 後 コーティングシャーレ 上 の 靭 帯 細 胞 を 細 胞 溶 解 液 を 用 いて 溶 解 した その 後 15,000 r.p.m 4 で 30 分 間 遠 心 分 離 を 行 い 回 収 した 上 澄 み 液 をタンパク 溶 液 とした 次 に ラボアッセイ TM ALPを 用 いて p-ニトロフェニルりん 酸 を 含 む 炭 酸 塩 緩 衝 液 (ph 9.8) 中 で 細 胞 から 抽 出 したタンパク 溶 液 を 検 体 として 作 用 させることで 分 解 産 物 として 生 成 した p-ニトロフェノールを 405 nm の 吸 光 度 ( 黄 色 )で 測 定 することに より 検 体 中 の ALP 活 性 値 を 求 めた 色 素 結 合 法 を 用 いた 産 生 コラーゲン 測 定 (Collagen Assay) 本 実 験 では 骨 形 成 の 代 表 的 なマーカーであるコラーゲンを 骨 分 化 の 指 標 のう ちの1つとして 用 いた 加 圧 培 養 静 置 培 養 後 の 培 地 中 のコラーゲン 量 を 色 素 結 合 法 によって 測 定 した コラーゲンと 特 異 的 に 結 合 する 色 素 には Direct Red 80( 別 名 :Sirius Red)を 用 いた 方 法 として 染 色 液 (Direct Red 80/ピクリン 酸,1:1)1 ml に 対 して 培 地 を 100 μl 加 え ローテーターで 室 温 で 30 分 間 撹 拌 した 12,000 r.p.m で 10 分 間 遠 心 分 離 を 行 い 上 澄 み 液 を 除 去 した 後 0.5M 水 酸 化 ナトリウムを 1 ml 加 えて 沈 殿 物 を 溶 解 した 96 穴 プレートに 200 μl ずつ 移 してからマイクロプレートリーダーを 用 いて 吸 光 度 を 測 定 した( 波 長 :550 nm) フローサイトメトリー 解 析 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 本 実 験 では 骨 形 成 の 代 表 的 なマーカーであるアルカリフォスファターゼ(ALP) と 破 骨 細 胞 活 性 化 因 子 である receptor activator of NFκB ligand(rankl)を 骨 形 成 マーカーとして 用 いた 方 法 として まず 加 圧 培 養 終 了 後 コーティングシャーレ 上 の 靭 帯 細 胞 にトリプ シン 処 理 を 行 って 細 胞 を 剥 がし 1000 rpm で 遠 心 分 離 して 細 胞 を 回 収 した 次 に 細 胞 を 2% FBS/ PBS で 二 回 洗 浄 した ALP RANKL の 抗 体 を 加 え 4 で 30 分 間 インキュベートし 2% FBS/ PBS で 二 回 洗 浄 した その 後 BD FACSCanto TM Ⅱ フローサイトメーターで 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 を 測 定 した 18

22 2-3 ECM ペレット 内 において 加 圧 刺 激 が 細 胞 に 与 える 影 響 ECM ペレットの 作 製 分 画 エラスチン A Ⅰ 型 コラーゲンをエレクトロスピニング 法 により 繊 維 状 にして その 後 凍 結 乾 燥 を 行 い ペレットを 作 製 した( 図 ) 直 径 :5mm 厚 さ:3mm 図 2-2 エラスチンペレット 図 2-3 コラーゲンペレット 図 2-4 培 養 容 器 水 圧 による 加 圧 培 養 装 置 本 実 験 では 以 下 のような 装 置 を 使 用 して 加 圧 (0.8MPa)を 行 った( 図 2-5) 図 2-5 水 圧 による 加 圧 培 養 装 置 19

23 2-3-3 ECM ペレット 内 における 加 圧 培 養 ECM ペレットに 靭 帯 細 胞 を 播 種 するために まず ペレットを SCBM と FBS に 浸 して 前 準 備 を 行 った ECM ペレットを 培 養 容 器 に 入 れ そこに 靭 帯 細 胞 を 播 種 した 静 置 培 養 期 間 を 変 化 させた 実 験 では 靭 帯 細 胞 を 3,7,10,14,21 日 間 培 養 して から 水 圧 による 加 圧 培 養 を 12 時 間 行 った 加 圧 培 養 時 間 を 変 化 させた 実 験 では 靭 帯 細 胞 を 14 日 間 培 養 してから 加 圧 培 養 を 3,6,12,24 時 間 行 った 培 地 は 静 置 培 養 時 は 5% FBS/ SCBM で 培 養 し 加 圧 培 養 中 は 0.1% FBS/ SCBM で 培 養 した ECM ペレットへの 細 胞 接 着 の 確 認 ( 免 疫 蛍 光 染 色 走 査 型 電 子 顕 微 鏡 ) ECM ペレットへの 細 胞 接 着 を 確 認 するために 免 疫 蛍 光 染 色 と 走 査 型 電 子 顕 微 鏡 (SEM)による 観 察 を 行 った 免 疫 蛍 光 染 色 は 以 下 のように 行 った ECM ペレットに 個 の 靭 帯 細 胞 を 播 種 し 5 % FBS/ SCBM で 7 日 間 培 養 した 7 日 後 に 培 地 を 取 り 除 き PBS でペ レットごと 細 胞 を 洗 浄 し -20 aceton/methanol (1:1)にて 室 温 で 5 分 間 固 定 した 後 固 定 液 を 除 いて 10 分 間 風 乾 した 核 染 色 のヨウ 化 プロピジウム(PI)を 終 濃 度 (50 μg/ml)になるように 添 加 して 90 分 暗 所 室 温 で 静 置 した その 後 十 分 に 洗 浄 を 行 い 共 焦 点 レーザー 顕 微 鏡 (FV1000, Olympus)を 用 いて 観 察 した SEM による 観 察 は 以 下 のように 行 った ECM ペレットに 個 の 靭 帯 細 胞 を 播 種 し 5 % FBS/ SCBM で 7 日 間 培 養 した 7 日 後 に 培 地 を 除 き りん 酸 緩 衝 液 (PB)でファイバーごと 細 胞 を 洗 浄 した 洗 浄 後 前 固 定 として 2.5 %グルタルアル デヒド/PB で 2 時 間 固 定 した 固 定 後 PB にて 4 回 のつけおき 洗 浄 を 4 で 15 分 毎 に 行 った 洗 浄 後 に 後 固 定 として 1 % 四 酸 化 オスミウム/ PB により 室 温 で 1.5 時 間 固 定 した その 後 PB による 洗 浄 エタノールによる 段 階 的 脱 水 t-ブチルアル コールによる 置 換 を 行 い 凍 結 乾 燥 機 を 用 いて 試 料 を 乾 燥 した 乾 燥 させた 試 料 は 真 空 イオン 蒸 着 装 置 を 用 いて 金 イオンコーティングを 行 い SEM で 観 察 した アルカリフォスファターゼ(ALP) 活 性 の 定 量 本 実 験 では 骨 形 成 の 代 表 的 なマーカーである ALP 活 性 を 骨 分 化 の 指 標 のうち の1つとして 用 いた 加 圧 培 養 静 置 培 養 後 にタンパク 抽 出 を 行 い ラボアッセイ TM ALP(p-ニトロフェニルりん 酸 基 質 法 による ALP 活 性 測 定 キット)を 用 いて ALP 活 性 を 測 定 した 実 験 操 作 は に 示 した 通 りに 行 った 20

24 2-3-6 フローサイトメトリー 解 析 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 本 実 験 では 骨 形 成 の 代 表 的 なマーカーである ALP と 破 骨 細 胞 活 性 化 因 子 で ある RANKL を 骨 形 成 マーカーとして 用 いた 実 験 操 作 は に 示 した 通 りに 行 った 2-4 ラクトース 添 加 によるエラスチン 結 合 タンパクの 阻 害 靭 帯 細 胞 にはエラスチンレセプターという 複 合 体 が 存 在 する この 中 にある 実 際 にエラスチンと 結 合 する 部 位 であるエラスチン 結 合 タンパク 質 (EBP:elastin-binding protein)はガラクトース ラクトースまたは N-アセチルガラクトサミンを 含 有 するグリ コサミノグリカン(コンドロイチン 硫 酸 デルマタン 硫 酸 )と 結 合 することにより エラス チンとの 親 和 性 を 失 う 22) また 靭 帯 細 胞 とエラスチンの 結 合 部 位 は 他 にもあると 考 えられているが その 詳 細 はまだ 不 明 である そこで 本 実 験 では 靭 帯 細 胞 とエラスチンの 結 合 にエラスチンレセプターが 関 与 しているのかどうか 調 べるために 結 合 阻 害 剤 としてラクトースを 靭 帯 細 胞 の 培 養 培 地 に 添 加 して 実 験 を 行 った 方 法 としては 靭 帯 細 胞 を 培 養 するときに 通 常 の 5% FBS/SCBM にラクトースを 1mg/ml になるように 添 加 し 同 様 に 培 養 した 評 価 法 としては ALP 活 性 の 定 量 を 行 った 実 験 操 作 は に 示 した 通 りに 行 った 21

25 ALP 活 性 (units/μg protein) 3 結 果 3-1 ECM コーティングシャーレ 上 における 遠 心 培 養 加 圧 刺 激 ( 遠 心 力 )が 靭 帯 細 胞 に 与 える 影 響 ECM シャーレ(ElastinA 0.1mg/ml ElastinA 1.0mg/ml Non-coat) 上 に 靭 帯 細 胞 を 播 種 してサブコンフルエントになるまで(7 日 間 ) 静 置 培 養 を 行 い 12 時 間 遠 心 培 養 を 行 った その 後 ALP 活 性 を 測 定 し それぞれを 比 較 した( 図 3-1) ALP 活 性 の 測 定 にはラボアッセイ TM ALP キットを 使 用 した 静 置 加 圧 n=3 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< Non-coat ElastinA 0.1mg/ml ElastinA 1.0mg/ml 図 3-1 ECM シャーレ 上 における 遠 心 培 養 後 の ALP 活 性 ElastinA 1.0mg/ml をコーティングしたシャーレ 上 で 静 置 遠 心 培 養 で 行 うことによ り ALP 活 性 が 上 昇 する 傾 向 にあった Non-coat と ElastinA 0.1mg/ml のシャーレではほとんど 同 様 の 結 果 になった 22

26 3-3-2 加 圧 刺 激 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 本 実 験 では 骨 形 成 の 代 表 的 なマーカーである ALP と 破 骨 細 胞 活 性 化 因 子 で ある RANKL(receptor activator of NFκB ligand)を 骨 分 化 マーカーとして 用 いてフ ローサイトメトリー 分 析 を 行 った ECM シャーレ(ElastinA 0.1mg/ml ElastinA 1.0mg/ml Non-coat) 上 に 靭 帯 細 胞 を 播 種 してサブコンフルエントになるまで(7 日 間 ) 静 置 培 養 を 行 い 12 時 間 遠 心 培 養 を 行 った 後 にフローサイトメトリーを 行 った ( 図 3-2~3-4) 図 3-2~3-4 では 図 を 4 つの 領 域 に 分 けた Q1(ピンク)は RANKL のみを 発 現 し ている 細 胞 Q2( 青 )は RANKL と ALP を 両 方 発 現 している 細 胞 Q3( 黒 )は RANKL と ALP を 両 方 発 現 していない 細 胞 Q4( 緑 )は ALP のみを 発 現 している 細 胞 である 図 3-2 Non-coat シャーレ 上 での 静 置 培 養 ( 左 ) 加 圧 培 養 ( 右 ) 後 の 各 マーカーの 発 現 図 3-3 ElastinA 0.1mg/ml シャーレ 上 での 静 置 培 養 ( 左 ) 加 圧 培 養 ( 右 ) 後 の 各 マーカーの 発 現 23

27 図 3-4 ElastinA 1.0mg/ml シャーレ 上 での 静 置 培 養 ( 左 ) 加 圧 培 養 ( 右 ) 後 の 各 マーカーの 発 現 Non-coat シャーレ 上 では 静 置 と 加 圧 の 間 に 変 化 は 見 られなかった( 図 3-2) ElastinA 0.1mg/ml シャーレ 上 では 静 置 は Non-coat と 同 じような 細 胞 集 団 が 得 られ たが 加 圧 することにより 細 胞 集 団 は Q1 の 領 域 に 引 き 上 げられる 様 な 形 へと 変 化 した( 図 3-3) ElastinA 1.0mg/ml シャーレ 上 でも 同 じような 現 象 が 起 こり それはさら に 顕 著 となった( 図 3-4) また ElastinA をコーティングしたシャーレを 加 圧 培 養 す ると ALP 発 現 よりも RANKL 発 現 への 影 響 の 方 が 大 きくなった 24

28 割 合 (%) 割 合 (%) 図 3-2~ 図 3-3 をもとにして 各 マーカーの 発 現 の 割 合 をグラフにした( 図 3-4~ 図 3-7) 割 合 の 算 出 方 法 は ALP を 発 現 した 細 胞 の 割 合 =Q2+Q4 RANKL を 発 現 した 細 胞 の 割 合 =Q1+Q2 両 方 発 現 した 細 胞 の 割 合 =Q2 とした n=2 n=2 Non-coat ElastinA 0.1mg/ml ElastinA 1.0mg/ml n=2,3 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P<0.01 図 3-5 ECM シャーレ 上 における 加 圧 培 養 後 の ALP 発 現 細 胞 の 割 合 n=2, n=2 n=2 Non-coat ElastinA 0.1mg/ml ElastinA 1.0mg/ml 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P<0.01 図 3-6 ECM シャーレ 上 における 加 圧 培 養 後 の RANKL 発 現 細 胞 の 割 合 25

29 割 合 (%) * n=2 n=2, n=2 Non-coat ElastinA 0.1mg/ml ElastinA 1.0mg/ml 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P<0.01 図 3-7 ECM シャーレ 上 における 加 圧 培 養 後 の ALP と RANKL を 発 現 する 細 胞 の 割 合 全 ての 条 件 において ALP 発 現 細 胞 の 割 合 はほとんど 同 じであった( 図 3-5) RANKL 発 現 細 胞 は エラスチンコーティングシャーレ 上 で 培 養 し 加 圧 培 養 するこ とで 発 現 細 胞 の 割 合 が 増 えた 一 方 Non-coat シャーレ 上 で 培 養 した 細 胞 を 加 圧 培 養 しても RANKL 発 現 細 胞 の 割 合 は 増 えなかった( 図 3-6) ALP と RANKL を 共 に 発 現 する 細 胞 はエラスチンコーティングシャーレ 上 で 多 く 見 られ さらに 加 圧 することで 発 現 細 胞 が 増 加 した Non-coat シャーレ 上 では 両 方 発 現 している 細 胞 はほとんど 存 在 しなかった( 図 3-7) 26

30 吸 光 度 色 素 結 合 法 を 用 いた 産 生 マトリックス 測 定 細 胞 が 産 生 したマトリックスと 特 異 的 に 結 合 する 色 素 を 用 いることで 培 地 中 に 存 在 するコラーゲン 量 を 測 定 した まず 絶 対 量 が 0, 5, 10, 20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90,100 μg のサンプルを 測 定 し 検 量 線 を 作 製 した( 図 3-8) 本 実 験 では 図 3-5 を 利 用 して コラーゲンの 量 を 算 出 した 1.4 y = x コラーゲンの 絶 対 量 (μg) 図 3-8 Collagen Assay の 検 量 線 27

31 コラーゲン 量 (μg/100μl) ECM シャーレ(ElastinA 0.1mg/ml ElastinA 1.0mg/ml Non-coat) 上 に 靭 帯 細 胞 を 播 種 してサブコンフルエントになるまで(7 日 間 ) 静 置 培 養 を 行 い 12 時 間 遠 心 培 養 を 行 った その 後 培 地 を 回 収 して 産 生 マトリックスの 測 定 を Collagen Assay 法 により 行 った( 図 3-9) n=3 有 意 差 * :P<0.05 ** :P<0.01 静 置 遠 心 10 0 Non-coat Elastin A 0.1mg/ml Elastin A 1.0mg/ml 図 3-9 培 地 中 のⅠ 型 コラーゲン 量 培 地 中 へのⅠ 型 コラーゲンの 産 生 量 は どの 条 件 でもほとんど 同 じであった 28

32 3-2 作 製 した ECM ペレットの 評 価 走 査 型 電 子 顕 微 鏡 (SEM)により 作 製 した ECM ペレットの 観 察 を 行 った( 図 ;Scale Bar = 45 µm) 繊 維 径 の 平 均 は エラスチンが 2.2±0.55μm コラーゲン が 0.76±0.36μm であった 図 3-10 エラスチンペレット 断 面 ( 撮 影 倍 率 400 倍 ) 図 3-11 コラーゲンペレット 断 面 ( 撮 影 倍 率 400 倍 ) 29

33 3-3 ECM ペレットヘの 細 胞 接 着 確 認 作 製 した ECM ペレットへの 細 胞 接 着 を 確 認 するために 免 疫 化 学 染 色 を 行 い 共 焦 点 顕 微 鏡 で 観 察 した( 図 3-12,3-13) 緑 色 の 部 分 はエラスチンの 自 家 蛍 光 で 赤 色 は 細 胞 核 である 図 3-12 は ECM ペレットを 底 面 約 1.2mm 高 さ 約 0.13mm を 切 り 取 って 立 体 的 に 写 真 撮 影 をしたものであり 図 3-13 は 図 3-12 を 側 面 から 撮 影 した ものである 共 焦 点 顕 微 鏡 で 観 察 した 画 像 をもとに ペレットの 内 部 の 細 胞 分 布 を 調 べた( 図 3-14) また 走 査 型 電 子 顕 微 鏡 (SEM)を 使 用 して ECM ペレット 内 の 靭 帯 細 胞 の 観 察 を 行 った( 図 3-15,16) 図 3-12 ECM ペレット 内 の 靭 帯 細 胞 の 様 子 図 3-13 ECM ペレット 内 の 靭 帯 細 胞 の 様 子 ( 側 面 ) 30

34 細 胞 の 個 数 ペレットの 表 面 からの 距 離 (μm) 図 3-14 ECM ペレット 内 の 靭 帯 細 胞 の 分 布 図 3-12~ 図 3-14 より 靭 帯 細 胞 が 作 成 した ECM ペレット 内 に 細 胞 が 存 在 すること がわかった また ペレットの 表 面 から 40μm までに 細 胞 が 多 く 存 在 し その 後 100μm まではまんべんなく 存 在 していた 31

35 18.0μl 図 3-15 ECM ペレット 内 の 靭 帯 細 胞 ( 撮 影 倍 率 :1000 倍 ) 9.0μl 図 3-16 ECM ペレット 内 の 靭 帯 細 胞 ( 撮 影 倍 率 :2000 倍 ) 図 3-15~3-16 より 作 製 した ECM ペレットに 靭 帯 細 胞 が 接 着 していることがわか った 32

36 ALP 活 性 (units/μg protein) 3-4 ECM ペレット 内 における 水 圧 による 加 圧 培 養 ECM ペレット 内 に 細 胞 が 接 着 していることが 確 認 できたので ペレット 内 培 養 によ る 靭 帯 細 胞 の ALP 活 性 と 分 化 の 割 合 を 測 定 した 加 圧 刺 激 が 靭 帯 細 胞 の ALP 活 性 に 与 える 影 響 実 験 は 三 種 類 行 った 一 つ 目 は エラスチンペレット 内 における 培 養 期 間 ( 静 置 期 間 )を 日 間 と 変 化 させ その 後 12 時 間 の 加 圧 培 養 を 行 った( 図 3-17) 二 つ 目 は 加 圧 時 間 を 時 間 と 変 化 させた( 図 3-18) 三 つ 目 は 静 置 期 間 14 日 間 加 圧 時 間 12 時 間 の 条 件 でエラスチンペレットとコラーゲンペレ ット 内 培 養 における 両 者 の ALP 活 性 を 比 較 した( 図 3-19) ALP 活 性 の 測 定 にはラ ボアッセイ TM ALP キットを 使 用 した * n=3,4 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< 静 置 培 養 期 間 ( 日 間 ) 図 3-17 エラスチンペレット 内 培 養 における ALP 活 性 ( 静 置 培 養 期 間 の 変 化 ) 加 圧 前 の 静 置 培 養 期 間 が 長 いほど ALP 活 性 が 高 くなった また 静 置 培 養 期 間 が 7 日 間 から 加 圧 培 養 をした 時 の ALP 活 性 が 大 きく 上 昇 した その 後 は 緩 やかに 21 日 まで 上 昇 した 一 方 静 置 培 養 は 10 日 まではほとんど ALP 活 性 は 変 化 せず その 後 14 日 目 にかけて 急 に 増 加 し 21 日 まで 緩 やかに 上 昇 していった 次 に 加 圧 時 間 を 変 化 させて 同 様 に ALP 活 性 を 測 定 した 加 圧 までの 静 置 培 養 期 間 は 静 置 加 圧 とも ALP 活 性 の 上 昇 が 安 定 しはじめた 14 日 間 で 行 った 33

37 ALP 活 性 (units/μg protein) ALP 活 性 (units/μg protein) n=3,4 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< 加 圧 培 養 時 間 ( 時 間 ) 図 3-18 エラスチンペレット 内 培 養 における ALP 活 性 ( 加 圧 培 養 期 間 の 変 化 ) 加 圧 時 間 が 12 時 間 までは あまり 変 化 が 見 られなかったが 24 時 間 加 圧 すると ALP 活 性 が 大 きく 上 昇 した エラスチンペレットとコラーゲンペレットの 二 種 類 を 用 いて 加 圧 培 養 を 行 った 加 圧 前 の 静 置 期 間 は 14 日 間 で 加 圧 時 間 は 12 時 間 の 条 件 で 行 った n=3 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< エラスチン コラーゲン 図 3-16 エラスチンペレットとコラーゲンペレットの 比 較 エラスチンペレットの 方 がコラーゲンペレットよりも 静 置 加 圧 培 養 の 両 方 において ALP 活 性 が 高 くなった 34

38 3-4-2 加 圧 刺 激 による 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 本 実 験 では 骨 形 成 の 代 表 的 なマーカーである ALP と 破 骨 細 胞 活 性 化 因 子 で ある RANKL を 骨 分 化 マーカーとして 用 いてフローサイトメトリー 分 析 を 行 った エラ スチンペレット 内 で 加 圧 前 に 日 間 培 養 し 12 時 間 加 圧 培 養 を 行 った 後 にフ ローサイトメトリーを 行 った( 図 ) 図 3-17~3-18 では 図 を 4 つの 領 域 に 分 けた Q1(ピンク)は RANKL のみを 発 現 している 細 胞 Q2( 青 )は RANKL と ALP を 両 方 発 現 している 細 胞 Q3( 黒 )は RANKL と ALP を 両 方 発 現 していない 細 胞 Q4( 緑 )は ALP のみを 発 現 している 細 胞 である 図 3-17 静 置 培 養 ( 左 ) 加 圧 培 養 ( 右 ) 後 の ALP RANKL 発 現 細 胞 (ペレット 内 で 静 置 培 養 期 間 14 日 間 加 圧 時 間 12 時 間 ) 図 3-18 静 置 培 養 ( 左 ) 加 圧 培 養 ( 右 ) 後 の ALP RANKL 発 現 細 胞 (ペレット 内 で 静 置 培 養 期 間 21 日 間 加 圧 時 間 12 時 間 ) 35

39 割 合 (%) 割 合 (%) 図 をもとにして 各 マーカーの 発 現 の 割 合 をグラフにした( 図 3-19~ 図 3-21) 割 合 の 算 出 方 法 は ALP を 発 現 した 細 胞 の 割 合 =Q2+Q4 RANKL を 発 現 した 細 胞 の 割 合 =Q1+Q2 両 方 発 現 した 細 胞 の 割 合 =Q2 とした 日 間 21 日 間 図 3-19 ALP 発 現 細 胞 の 割 合 静 置 加 圧 n=3 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< 日 間 21 日 間 静 置 加 圧 n=3 有 意 差 * :P<0.05 ** :P<0.01 図 3-20 RANKL 発 現 細 胞 の 割 合 36

40 割 合 (%) 静 置 加 圧 n=3 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< 日 間 21 日 間 図 3-21 ALP と RANKL を 共 に 発 現 する 細 胞 の 割 合 ALP RNKL 発 現 ともに 14 日 間 21 日 間 静 置 加 圧 の 条 件 において 有 意 な 差 はみられなかった 37

41 ALP 活 性 (units/μg protein) 3-5 ラクトース 添 加 によるエラスチン 結 合 タンパク 質 の 阻 害 靭 帯 細 胞 が 持 っているエラスチンレセプターがエラスチンとの 結 合 に 関 わってい るのかを 検 討 するために 通 常 培 地 である 5% FBS/SCBM にラクトースを 1mg/ml になるように 添 加 して ALP 活 性 を 比 較 した ALP 活 性 の 測 定 にはラボアッセイ TM ALP キットを 使 用 した ECM コーティングシャーレ 上 における 遠 心 培 養 実 験 ECM シャーレ(ElastinA 1.0mg/ml Non-coat) 上 に 靭 帯 細 胞 を 播 種 してサブコン フルエントになるまで(7 日 間 ) 静 置 培 養 を 行 い 12 時 間 遠 心 培 養 を 行 った その 後 ALP 活 性 を 測 定 し それぞれを 比 較 した( 図 3-22) ALP 活 性 の 測 定 にはラボアッ セイ TM ALP キットを 使 用 した 7 Non-coat ElastinA 1.0mg/ml 6 5 n= 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< ラクトース 無 し ラクトースあり ラクトース 無 し ラクトースあり 図 3-22 ラクトース 添 加 時 の Non-coat シャーレ 上 における 遠 心 培 養 後 の ALP 活 性 Non-coat ECM シャーレ 上 において 静 置 遠 心 培 養 ともに ラクトース 添 加 によ る EBP 阻 害 の 効 果 は 見 られなかった 38

42 ALP 活 性 (units/μg protein) ECM ペレット 内 における 水 圧 による 加 圧 培 養 エラスチンペレット 内 に 靭 帯 細 胞 を 播 種 して 14 日 間 静 置 培 養 を 行 い 12 時 間 加 圧 培 養 を 行 った その 後 ALP 活 性 を 測 定 し それぞれを 比 較 した( 図 3-23) ALP 活 性 の 測 定 にはラボアッセイ TM ALP キットを 使 用 した n= 静 置 加 圧 有 意 差 * :P<0.05 ** :P< 通 常 培 地 ラクトース 添 加 培 地 図 3-23 ラクトース 添 加 時 のエラスチンペレット 内 における 加 圧 培 養 後 の ALP 活 性 ペレット 内 培 養 においては 静 置 で 変 化 は 無 かったが 加 圧 培 養 をすることによっ て ALP 活 性 がラクトース 添 加 によって 若 干 の 減 尐 が 見 られた 39

43 4 考 察 4-1 ECM シャーレ 上 における 遠 心 培 養 が 靭 帯 細 胞 に 与 える 影 響 本 研 究 では 0.1mg/ml と 1.0mg/ml の 二 種 類 の 濃 度 の ElastinA を 用 いて ECM シ ャーレを 作 製 した これらのシャーレ Non-coat のシャーレ 上 に 靭 帯 細 胞 をコンフル エントなるまで(7 日 間 ) 静 置 培 養 し その 後 12 時 間 の 遠 心 培 養 を 行 った 遠 心 後 骨 分 化 の 指 標 としてアルカリフォスファターゼ(ALP) 活 性 の 測 定 を 行 った ALP は 本 実 験 で 靭 帯 細 胞 として 用 いたヒト 歯 周 靭 帯 線 維 芽 細 胞 (HPdLF)が 骨 芽 細 胞 様 に 分 化 する 時 に 初 期 の 段 階 で 高 い 発 現 が 確 認 されるため 骨 分 化 の 指 標 として 用 いた 32) ほかの 骨 分 化 の 指 標 としてⅠ 型 コラーゲンを 用 いた 骨 芽 細 胞 が 骨 を 形 成 する 時 に 大 量 に 分 泌 するのがⅠ 型 コラーゲンであり 骨 芽 細 胞 は 自 身 の 分 泌 した 基 質 に 埋 もれて 骨 細 胞 となり 骨 を 形 成 する そのため 骨 分 化 の 程 度 を 測 るために 靭 帯 細 胞 の 産 生 したⅠ 型 コラーゲンを 測 定 した また HPdLF に 機 械 的 な 刺 激 を 加 えると 破 骨 細 胞 活 性 化 因 子 である RANKL (receptor activator of NFκB ligand)が 発 現 し 骨 吸 収 を 助 けて 骨 のリモデリングを 促 進 するという 報 告 がある 34-37) 生 体 内 では 骨 のリモデリングは 骨 が 破 骨 細 胞 に よって 吸 収 した 後 に 骨 芽 細 胞 が 骨 形 成 を 行 う 骨 形 成 と 骨 吸 収 の 詳 細 なメカニズ ムはいまだ 不 明 だが 骨 のリモデリングを 再 現 するためには RANKL の 発 現 も 必 要 であると 考 え 靭 帯 細 胞 の 骨 分 化 の 指 標 として 用 いた 以 上 より 本 実 験 は ALP 活 性 とⅠ 型 コラーゲン 産 生 RANKL の 発 現 により 靭 帯 細 胞 の 骨 分 化 の 程 度 を 判 断 する まずは ALP 活 性 定 量 の 結 果 の 考 察 を 行 う コーティングしたエラスチンの 濃 度 に 注 目 すると 図 3-1 の ALP 活 性 の 結 果 はコーティングしたエラスチンの 濃 度 が 高 い ほど 活 性 が 高 くなった Non-coat と ElastinA 0.1mg/ml の 間 で ALP 活 性 がほぼ 同 じであったのは この 二 種 のシャーレの 表 面 特 性 がほぼ 同 じであったことが 考 えら れる 以 下 に ECM シャーレの 表 面 を 評 価 する 時 に 行 った 接 触 角 測 定 の 結 果 を 示 す( 図 4-1) 40

44 接 触 角 接 触 角 ( ) Non-coat 水 ElastinA ela A 0.1mg/ml ElastinA ela A 1.0mg/ml 図 4-1 接 触 角 測 定 の 結 果 接 触 角 測 定 の 結 果 Non-coat のシャーレと Elastin 0.1mg/ml のシャーレの 接 触 角 はほぼ 同 じになり 二 枚 のシャーレ の 表 面 特 性 に 違 い が 無 いことがわ かる ElastinA 1.0mg/ml についても 他 の 二 種 のシャーレに 比 べて 著 しく 活 性 が 高 いわ けではない エラスチンには 細 胞 と 結 合 する 特 異 的 な 領 域 が 存 在 する 本 実 験 で 使 用 した 二 種 類 のエラスチン 溶 液 は 濃 度 が 低 いため この 特 異 的 な 領 域 があまり 含 まれておらず エラスチンの 効 果 を 十 分 に 得 ることができなかったと 考 えられる 静 置 培 養 よりも 加 圧 培 養 の 方 が 活 性 が 高 くなったことについて 考 察 する 静 置 に 比 べると 加 圧 を 行 うと 活 性 が 高 くなる 傾 向 が 得 られた この 結 果 は 多 くの 論 文 で 示 された 結 果 と 同 じになった 32,33) しかし 静 置 と 加 圧 培 養 に 顕 著 な 差 は 無 い 本 研 究 で 用 いた 遠 心 培 養 機 の 回 転 数 は 933r.p.m.であり 回 転 数 や 回 転 半 径 からシャー レにかかる 力 は 21.3 g pressure/cm 2 of cells であり 圧 力 換 算 すると 0.2MPa であっ た ヒト 歯 周 靭 帯 細 胞 を 機 械 的 刺 激 によって 骨 分 化 誘 導 を 行 う 時 には 歯 列 矯 正 運 動 の 時 にかかる 力 に 近 い 33.5 g pressure/cm 2 of cells( 約 0.3MPa)が 使 われること が 多 い 31) このことを 考 慮 すると 骨 分 化 誘 導 を 行 うにはかける 圧 力 が 足 らなかった のではないかと 考 えられる 以 上 の 二 点 は 図 3-2~3-7 についてもあてはまることである しかし 図 3-7 の RANKL を 持 つ 細 胞 の 割 合 では ElastinA をコーティングして 加 圧 培 養 を 行 ったも のが 発 現 が 高 くなった これについては エラスチン 機 械 的 刺 激 RANKL の 三 つ 41

45 の 影 響 を 同 時 に 観 察 している 論 文 は 無 く それぞれの 関 係 性 は 不 明 である しかし ながら 機 械 的 刺 激 と RANKL 発 現 には 以 下 の 様 な 関 係 がある( 図 4-2) 図 4-2 圧 縮 力 と RANKL の 関 係 36) 圧 縮 力 を 歯 周 靭 帯 細 胞 に 加 えると IL-1β が 発 現 し オートクリン 作 用 により 分 泌 された IL-1β が IL-1β レセプターを 通 り RANKL の 発 現 に 関 与 する また 直 接 は 関 係 ないが IL-1β は 生 体 内 でエラスチンの 合 成 に 関 与 するという 報 告 もある 38) エラ スチンと IL-1β との 間 にはまだ 別 の 相 互 作 用 があるかもしれない 本 実 験 では 調 査 していないが IL-1β に 注 目 すれば エラスチン 機 械 的 刺 激 RANKL の 関 係 性 が 見 えてくる 可 能 性 がある 次 に 加 圧 培 養 が 靭 帯 細 胞 のⅠ 型 コラーゲンの 産 生 に 与 える 影 響 について 考 察 する 三 種 類 のコーティング 条 件 で 静 置 加 圧 培 養 を 行 ったが 加 圧 培 養 の 方 が 若 干 活 性 が 高 い 傾 向 がでたが 差 はほとんど 出 なかった 骨 芽 細 胞 の 分 化 はⅠ 型 コ ラーゲンや ALP が 先 行 して 発 現 するという 報 告 がある 28,32) そのため 差 があまり 無 かったのは 靭 帯 細 胞 が 十 分 にⅠ 型 コラーゲンを 産 生 できる 状 態 ではなかったと 考 えられる 原 因 として 考 えられる 事 は 先 に 考 察 した 力 の 大 きさと 細 胞 の 培 養 状 態 が 関 係 しているのではないかと 考 えられる 生 体 内 で 細 胞 は ECM に 包 まれた 状 態 で 存 在 し 本 実 験 のように 組 織 に 固 有 の ECM をコーティングしたシャーレ 上 に 存 42

46 在 しているわけではない 最 近 ECM が 硬 いシャーレ 上 に 固 定 化 されている 状 態 で 培 養 していたことで 生 体 中 に 無 かった 細 胞 の 性 質 が 誘 起 されたり 逆 に 生 体 中 で 発 揮 していた 能 力 の 低 下 が 生 じるということが 明 らかにされつつある 26) そのため 靭 帯 細 胞 を 分 化 の 方 向 に 向 かわせるためには 二 次 元 培 養 ではなく 三 次 元 培 養 を 行 う 必 要 性 がある 4-2 ECM ペレット 内 における 加 圧 培 養 が 靭 帯 細 胞 に 与 える 影 響 本 実 験 では エラスチンとコラーゲンで 作 製 した ECM ペレットの 中 で 靭 帯 細 胞 を 様 々な 期 間 を 培 養 し その 後 水 圧 による 加 圧 培 養 を 行 った 実 験 は 1 加 圧 前 の 静 置 期 間 を 変 化 させたもの2 加 圧 時 間 を 変 化 させたもの3エラスチンペレットとコラ ーゲンペレットの 比 較 の 三 種 類 を 行 った 骨 分 化 の 指 標 としては ECM シャーレの 時 と 同 様 に ALP 活 性 と RANKL の 発 現 を 観 察 した まずは1 加 圧 前 の 静 置 培 養 期 間 を 変 化 させた 実 験 について 考 察 する エラスチ ンペレットにおいて 静 置 培 養 期 間 を 3,7,10,14,21 日 間 と 変 化 させた ALP 活 性 の 結 果 は 図 3-17 に 示 した 通 りである 3,7 日 間 の 静 置 培 養 では 加 圧 を 行 っても 行 わなくても ALP 活 性 に 差 はほとんど 出 なかった その 後 時 間 が 経 過 するにつれて 加 圧 培 養 と 静 置 培 養 の 差 が 開 き また 加 圧 を 行 わなくても ALP 活 性 が 上 昇 した この 現 象 の 理 由 の 一 つとして ElastinA は 細 胞 の 接 着 率 が 悪 い 事 が 考 えられる 以 前 の 研 究 で ElastinA は 細 胞 の 接 着 率 が 悪 く 増 殖 しにくいという 報 告 がある 17) ペレットはすべて ElastinA で 作 製 しているため 3,7 日 間 では 細 胞 が 十 分 に 接 着 増 殖 できていなく エラスチン 加 圧 の 影 響 が 受 けにくかったと 考 えられる その 後 は ペレット 内 で 細 胞 が 十 分 に 接 着 増 殖 して エラスチンと 加 圧 の 効 果 が 十 分 に 出 る 結 果 となった 2 加 圧 時 間 を 変 化 させた 実 験 について 考 察 する エラスチンペレットにおいて 静 置 期 間 14 日 間 で 加 圧 時 間 を 3,6,12,24 時 間 と 変 化 させた ALP 活 性 の 結 果 は 図 3-18 に 示 した 通 りである 時 間 に 依 存 して ALP 活 性 が 高 くなった これは エラ スチンの 効 果 よりも 加 圧 の 効 果 が 強 いと 考 えられる 加 圧 時 間 については 色 々な 報 告 がある 靭 帯 細 胞 を 最 大 12 時 間 で 様 々な 時 間 遠 心 培 養 すると ALP やⅠ 型 コラーゲンなどの 骨 形 成 マーカーの mrna が 遠 心 12 時 間 で 最 大 になるという 報 告 32) 30 分 間 遠 心 して 24 時 間 インキュベートすると ALP 活 性 が 上 昇 するという 報 告 33) そして 60 分 間 遠 心 した 後 インキュベートして 4 時 間 後 にⅠ 型 コラーゲンの mrna が 最 大 になり その 後 は 減 尐 していくという 報 告 39) 43

47 などである これらの 実 験 で 用 いられた 力 の 大 きさはそれぞれ 異 なる 骨 形 成 マー カーの 発 現 には 加 圧 時 間 と 大 きさの 関 係 が 大 切 であり 力 の 大 きさを 変 えて 実 験 していく 必 要 がある 本 実 験 では 24 時 間 0.8MPa の 大 きさで 加 圧 することが 一 番 良 い 条 件 となった ここで エラスチンと 加 圧 の 関 係 性 について 考 察 する エラスチンは 靭 帯 細 胞 の 骨 分 化 に 関 与 するという 報 告 11) があるが その 詳 細 は 不 明 のままである 機 械 的 な 刺 激 を 細 胞 内 に 伝 える 機 械 受 容 体 には インテグリン 40,41) stretch activated channel(sa チャネル) 27) などが 代 表 的 である インテグリンについては 歯 周 靭 帯 細 胞 に 圧 縮 力 を 加 えるとインテグリンを 介 してオステオポンチン 42) の 発 現 が 上 昇 し たり 遠 心 力 を 加 えるとⅠ 型 コラーゲン 39) の 発 現 が 上 昇 するのではないかという 報 告 がある また 骨 芽 細 胞 では 遠 心 力 を 加 えるとインテグリンが 機 械 受 容 体 として 働 き フィブロネクチンやオステオポンチン Ⅰ 型 コラーゲンの mrnm 発 現 を 増 加 さ せるという 報 告 もある 40) これらの 報 告 から エラスチンと 加 圧 にはインテグリンが 関 与 しているのではないかと 考 えられる エラスチンレセプターについては 未 知 な 事 が 多 い しかし エラスチンレセプター を 通 って 動 脈 の 平 滑 筋 細 胞 の 増 殖 を 促 進 するという 報 告 43) もあり 靭 帯 細 胞 にも 何 らかの 影 響 を 与 えているのではないかと 考 えられる( 図 4-3) 図 4-3 エラスチンと 加 圧 刺 激 41) 44

48 3エラスチンペレットとコラーゲンペレットの 比 較 について 考 察 する 静 置 培 養 期 間 は 14 日 間 で 加 圧 時 間 は 12 時 間 で 行 った ALP 活 性 の 結 果 は 図 3-19 に 示 した 通 りである エラスチンペレット 内 で 培 養 した 時 と 比 較 して コラーゲンペレット 内 で 培 養 した 時 は 明 らかに ALP 活 性 が 静 置 加 圧 ともに 減 尐 した コラーゲンペレット 内 で 培 養 したものは 静 置 培 養 と 加 圧 培 養 の 間 にも 変 化 はなかった コラーゲンペレ ットは 加 圧 の 影 響 を 受 けにくいと 考 えられる コラーゲンには RGD というアミノ 酸 配 列 が 存 在 し その 部 位 に α v β3 インテグリンが 接 着 し 細 胞 内 に 情 報 を 伝 達 する 13) また インテグリンには RGD 配 列 に 結 合 する 他 に コラーゲン 結 合 型 インテグリン が 存 在 する 13) この 種 類 のインテグリンのうち 本 実 験 で 用 いたヒト 歯 周 靭 帯 細 胞 は α1β1 α2β1 α11β1 を 発 現 する 43) 一 方 エラスチンは VGVAPG 配 列 に EBP が 結 合 または GRKRK に α v β3 インテグリンが 結 合 して 細 胞 内 に 情 報 が 伝 達 される 11,16,24) そのため 加 圧 を 感 じ 取 ったインテグリンの 種 類 の 違 いか あるいは 結 合 するアミノ 酸 配 列 の 違 いによって 伝 わる 情 報 が 違 ったため エラスチンでは 骨 分 化 が 促 進 されて コラーゲンではされなかったと 考 えられる( 図 4-4) 図 4-4 エラスチンとコラーゲンの 違 い 45

49 次 に 靭 帯 細 胞 とエラスチンの 結 合 について 考 察 する 靭 帯 細 胞 にはエラスチン と 結 合 するためのエラスチンレセプターという 複 合 体 を 持 つことが 知 られている こ のエラスチンレセプターのうちのエラスチン 結 合 タンパク 質 (EBP:elastin-binding protein)が 実 際 にエラスチンと 結 合 すると 考 えられている 22,23) しかし この EBP は ラクトースやガラクトースなどと 結 合 し エラスチンとの 親 和 性 を 失 ってしまう そこで 靭 帯 細 胞 を 培 養 する 際 の 培 地 にラクトースを 添 加 し EBP を 阻 害 すること によって 靭 帯 細 胞 のエラスチンとの 関 係 にどのような 影 響 があるかということを 調 べた 図 3-22 の ECM シャーレ 上 でラクトース 入 りの 培 地 で 靭 帯 細 胞 を 静 置 培 養 遠 心 培 養 後 の ALP 活 性 に 変 化 は 見 られなかった これは 考 察 4-1 で 示 したように エ ラスチンの 濃 度 が 薄 いため もともとエラスチンの 影 響 が 無 かったため EBPを 阻 害 し てもほとんど 影 響 が 無 かったものだと 考 えられる 図 3-23 の ECM ペレット 内 でラクトース 入 りの 培 地 で 靭 帯 細 胞 を 静 置 培 養 加 圧 培 養 後 の ALP 活 性 は ラクトースを 添 加 して 培 養 したものを 加 圧 すると 活 性 が 尐 し 下 がるという 結 果 になった しかし 誤 差 を 考 慮 すると ほとんど 減 尐 していないと 考 えられる これらの 結 果 から エラスチンと 靭 帯 細 胞 の 結 合 部 位 が EBP だけでは 無 い 事 が 考 えられる( 図 4-5) 別 の 候 補 としてはトロポエラスチンの 末 端 部 にある GRKRK 配 列 であり ビトロネクチン 受 容 体 である α v β3 インテグリンを 介 して 認 識 し 細 胞 接 着 する 今 後 GRKRK 配 列 と α v β3 インテグリンにも 注 目 していく 必 要 がある 図 4-5 EBP とインテグリンの 違 い 46

50 フローサイトメトリー 解 析 を 用 いた 靭 帯 細 胞 の 分 化 割 合 測 定 の 考 察 を 行 う 本 実 験 は 加 圧 刺 激 とエラスチンによってどのくらいの 細 胞 が 骨 芽 様 の 細 胞 にな っているかを 算 出 するために 行 った 図 3-17~ 図 3-19 で 示 した 細 胞 の 分 布 図 では 静 置 培 養 に 比 べて 加 圧 培 養 の 方 が 各 マーカーの 発 現 分 布 が 広 がっていたが 図 3-19~ 図 3-21 では 加 圧 したものよりも 静 置 培 養 したものの 方 が ALP RANKL の 発 現 が 高 くなってしまった しかし ALP 活 性 の 結 果 と 図 3-17~ 図 3-19 の 細 胞 分 布 の 結 果 を 合 わせて 考 えると ペレット 内 での 静 置 培 養 では ALP の 発 現 細 胞 を 発 現 する 細 胞 を 増 やすが 加 圧 培 養 は ALP 発 現 細 胞 を 活 性 化 させる 役 割 があると 考 えられる ALP は 細 胞 の 細 胞 膜 に 存 在 している その ALP 分 子 は 細 胞 膜 への 結 合 様 式 が 特 徴 的 で GPI アンカーを 持 ち 脂 質 二 重 層 の 外 側 のホスファチジルイノシ トール(PI)に 共 有 結 合 している( 図 4-6) 28,45) 骨 形 成 が 進 むと 骨 芽 細 胞 は 細 胞 外 に ALP 活 性 を 示 す 基 質 小 胞 を 放 出 する 45) ( 図 4-7) 培 養 系 の 骨 芽 細 胞 の 石 灰 化 においてもこの 小 胞 が 出 現 する 45) この 基 質 小 胞 内 で 石 灰 化 が 進 行 すると 考 えら れている ALP の 石 灰 化 への 関 与 については 不 明 な 点 が 多 い 可 能 性 としては ALP はカルシウムとリン 酸 塩 の 沈 着 を 強 く 阻 害 するピロリン 酸 を 分 解 する 役 割 がある ため 石 灰 化 にとって 重 要 であるという 考 えである 47) また ALP は PI 特 異 的 ホスホ リパーゼ C の 活 性 によって 膜 結 合 部 が 切 断 されて 可 溶 化 し 血 中 に 流 れていき 28,30) 骨 形 成 期 には 血 中 の ALP 濃 度 は 高 くなる マウス 由 来 の 骨 芽 細 胞 を 培 養 す ると 培 地 中 に ALP が 放 出 され その 放 出 量 の 増 加 は 石 灰 化 過 程 と 一 致 していた という 報 告 もある 46,47) このことから エラスチンは ALP 活 性 を 上 昇 させ さらに 加 圧 を 行 うと ALP は 細 胞 膜 から 離 れてしまい その 結 果 静 置 培 養 よりも 発 現 細 胞 が 尐 な くなってしまったのかもしれない 図 4-6 ALP の 細 胞 膜 への 結 合 様 式 47 45)

51 図 4-7 ALP の 基 質 小 胞 への 集 積 仮 説 28) RANKL についても 図 3-6 に 示 した ECM シャーレ 上 と 比 較 すると 図 3-20 で 示 したペレット 内 培 養 の 方 が 約 3 倍 に 発 現 量 が 増 えた エラスチンに RANKL 発 現 を 促 進 させる 何 らかの 効 果 があることは 示 唆 されたが 加 圧 の 影 響 が 見 られなかった 考 察 4-1 でも 述 べたが 靭 帯 細 胞 に 圧 縮 力 などの 機 械 的 な 刺 激 を 加 えると RANKL の 発 現 が 増 加 する これは 機 械 的 な 刺 激 によって 炎 症 時 に 炎 症 組 織 か ら 誘 導 される 酵 素 であるシクロオキシゲナーゼ 2(cyclooxygenase-2: COX2)の 発 現 を 経 てプロスタグランジン E 2 (prostaglandin E 2 : PGE 2 )を 発 現 する 35) PGE 2 は 生 理 活 性 物 質 であるプロスタグランジンの 一 種 であり PGE 受 容 体 を 介 して 発 熱 や 破 骨 細 胞 による 骨 吸 収 に 関 与 している 物 質 である この PGE 2 は RNAKL の 発 現 を 誘 導 することによって 骨 吸 収 を 促 進 している 35) また PGE 2 産 生 には 機 械 的 刺 激 によっ て 産 生 した IL-1β が 関 係 しているという 報 告 もある 36) これらをまとめると 以 下 の 様 な 図 になる( 図 4-8) 48

52 図 4-8 RANKL 発 現 の 流 れ 35,36,48) 上 記 の 報 告 で 使 われた 圧 縮 力 や 時 間 に 共 通 することは 弱 い 力 を 長 期 的 にかけ ることである 適 用 されている 力 は 1.5g/cm 2 から 2.0g/cm 2 で RANKL の 発 現 が 促 進 された 時 間 は 24 時 間 であった 34,35) また 2.0g/cm 2 の 力 を 1 日 8 時 間 かけそれ を 4 日 間 続 けると RANKL の 発 現 を 促 進 したという 報 告 もある 35) これより 本 実 験 で RANKL の 発 現 が 静 置 とペレット 内 培 養 で 有 意 な 差 が 見 られなかったのは 力 の 大 きさが 強 すぎたことと 加 圧 の 時 間 が 12 時 間 と 短 かったことが 考 えられる 加 圧 の 時 間 が 大 きすぎたことについては 靭 帯 細 胞 の 骨 芽 細 胞 様 細 胞 への 分 化 促 進 に は 比 較 的 大 きな 力 が 必 要 となり 破 骨 細 胞 形 成 の 促 進 には 弱 い 力 が 必 要 であるこ と 関 係 があるかもしれない 今 回 ペレット 内 培 養 においては 骨 芽 細 胞 様 細 胞 への 分 化 が 優 先 され ECM シャーレ 上 では 破 骨 細 胞 の 形 成 促 進 の 効 果 があるような 実 験 結 果 であった 力 の 大 きさ 時 間 適 用 の 仕 方 を 変 えていくことによって 骨 形 成 と 骨 吸 収 のバランスの 再 現 が 可 能 であることが 示 唆 された 49

53 本 研 究 において 5 結 論 1ECM ペレット 内 における 三 次 元 培 養 システムの 確 立 ができた 2ECM ペレット 内 で 培 養 した 靭 帯 細 胞 に 対 する 加 圧 培 養 法 により 水 圧 を 用 いた 加 圧 刺 激 による 靭 帯 細 胞 の 骨 芽 細 胞 分 化 促 進 が 示 唆 された 3 骨 のリモデリングを 考 慮 にいれ 骨 形 成 と 骨 吸 収 の 両 面 から 靭 帯 細 胞 の 可 能 性 を 検 討 できた 以 上 のことから 生 体 内 で 起 こっている 骨 のリモデリングを 三 次 元 的 に ECM ペレ ットで 再 現 することが 可 能 となった これにより より 生 体 に 近 い 状 態 の 組 織 工 学 的 な 人 工 靭 帯 材 料 の 開 発 が 可 能 になることが 示 唆 された 50

54 6 参 考 文 献 1) 阿 形 清 和 ほか: 再 生 医 療 生 物 学 / 岩 波 書 店 (2009) 2) 赤 池 敏 宏 : 生 体 機 能 材 料 学 /コロナ 社 (2005) 3) 古 山 義 紘 :エラスチン 基 質 と 伸 展 刺 激 による 血 管 平 滑 筋 細 胞 の 分 化 誘 導. 平 成 19 年 度 修 士 論 文, ) 日 本 エム イー 学 会 編 : 生 体 細 胞 組 織 のリモデリングのバイオメカニクス/コロ ナ 社 (2003) 5) 富 士 川 恭 輔 編 : 図 解 膝 の 臨 床 /メジカルビュー 社 (2002) 6) Duthon V.B.,et al :Anatomy of the anterior cruciate ligament. Knee Surg Sports Traumatol Arthrose 2006;14: ) Rainer S,et al:tibial Insertions of the Anteromedial and Posterolateral Bundles of the Anterior Cruciate Ligament.: Morphometry, Arthroscopic Landmarks, and Orientation Model for Bone Tunnel Placement. Arthroscopy 2008;24: ) 日 野 原 重 信 ほか: 看 護 のための 最 新 医 学 講 座 Ⅱ 運 動 器 疾 患 / 中 山 書 店 (2005) 9) 堀 内 孝 ほか: 医 用 材 料 工 学 /コロナ 社 (2006) 10) Ning E.W, et al:age-dependent Changes in Matrix Composition and Organization at the Ligament to Bone Insertion. J Orthop Res 2006;24: ) 水 谷 直 紀 : 細 胞 外 基 質 と 動 的 培 養 による 人 工 靭 帯 再 生 技 術 の 開 発, 平 成 21 年 度 修 士 論 文, ) 林 典 夫 :シンプル 生 化 学 / 南 江 堂 (2007) 13) 関 口 清 俊 編 : 再 生 医 療 のための 細 胞 生 物 学 /コロナ 社 (2005) 14) 尾 張 部 克 志 編 : 細 胞 生 物 学 /オーム 社 (2008) 15) 新 真 樹 : 血 管 系 細 胞 の 細 胞 外 基 質 認 識 性 に 関 する 研 究. 平 成 17 年 度 修 士 論 文, ) Daamen W. F.,et al: Elastin as a biomaterial for tissue engineering. Biomaterials 2007;28: ) 河 戸 仁 志 :エラスチンを 用 いた 靭 帯 組 織 再 生 誘 導 に 関 する 基 礎 的 研 究. 平 成 19 年 度 修 士 論 文, ) Nagatomo K, et al:stem cell properties of human periodontal ligament cells. Journal of Periodontal Research:2006; ) 林 正 男 : 細 胞 接 着 分 子 の 世 界 / 羊 土 社 (1995) 20) 多 賀 谷 光 男 : 分 子 細 胞 生 物 学 / 朝 倉 書 店 (2002) 21) 中 村 桂 子 ほか: THE CELL 細 胞 の 分 子 生 物 学 /Newton Press(1995) 22) Salvatore P, et al:the 67-kDa Enzymatically Inactive Alternatively Spliced 51

55 Variant of β-galactosidase Is Identical to the Elastin/Laminin-binding Protein. The Journal of Biological Chemistry:1998; ) Duca L.,et al: The elastin receptor complex transduces signals through the catalytic activity of its Neu-1 subunit. J Biol Chem 2007;17: ) Daniel V.B.,et al: Cell adhesion to tropoelastin is mediated via the C-terminal GRKRK motif and integrin α v β3. J Biol Chem 2009;284: ) 宮 坂 昌 之 監 修 : 接 着 分 子 ハンドブック/ 秀 潤 社 (1994) 26) 赤 池 敏 宏 編 : 再 生 医 療 のためのバイオエンジニアリング/コロナ 社 (2007) 27) 三 品 昌 美 ほか: 実 験 医 学 増 刊 イオンチャネルレセプターと 細 胞 情 報 1994;12 No.11: ) 野 田 政 樹 : 骨 のバイオロジー/ 羊 土 社 (1998) 29) 坂 井 建 雄 ほか: 人 体 の 正 常 構 造 と 機 能 / 日 本 医 事 新 報 社 (2008) 30) L.P Gartner,et al: 組 織 学 / 西 村 書 店 (2003) 31) G.J.Totora:トートラ 人 体 の 構 造 と 機 能 第 2 版 / 丸 善 株 式 会 社 (2007) 32) Zhao Y.H, et al: Expression of Osterix in mechanical stress-induced osteogenic differentiation of periodontal ligament cells in vitro. European Journal of Oral Sciences.2008; 116: ) Wei F, et al: The effect of centrifugal force on the mrna and protein livels of ATF4 in cultured human periodontal ligament fibroblasts. Oral Biology 2008: 53; ) S.Wongkhantee, et al: Mechanical Stress Induces Osteopontin via ATP/P2Y1 in Periodontal Cells. J Dent Res 2008: 87; ) H. Kanzaki, et al: Periodontal Ligament Cells Under Mechanical Stress Induce Osteoclastogenesis by Receptor Activator of Nuclear Factor κb Ligand Up-Regulation via Prostaglandin E 2 Synthesis. Journal of Bone and Mineral Research 2002: 17; ) K. Nakano, et al: Intermittent Force Induces High RANKL Expression in Human Periodontal Ligament Cells. J Dent Res 2007: 86; ) T. Yamamoto et al: Mechanical stress induces expression of cytokines in human periodontal ligament cells. Oral Diseases 2006: 12; ) 岡 元 孝 二 :エラスチンの 新 たな 展 開 を 求 めて: 構 造 機 能 素 材 としての 特 性 / 和 光 純 薬 時 報 Vol.74 (2006) 39) Kook, S.H. et al:mechanical Force Induces Type 1 Collagen Expression in Human Periodontal Ligament Fibroblasts Through Activation of ERK/JNK and AP-1. Journal of Cellular Biochemistry 2009: 106; ) Li,J.et al:the role of extracellular matrix, integrins, and cytoskeleton in 52

56 mechanotransduction of centrifugal loading. Mol Cell Biochem 2008: 309; ) Wang,J. H. et al:an introductory review of cell mechanobiology. Biomech Model Mechanobiol 2006: 5; ) Hong,S.Y. et al:activation of RhoA and FAK induces ERK-mediated osteopontin expression in mechanical force-subjected periodontal ligament fibroblasts. Mol Cell Biochem 2010: 335; ) Mochizuki,S. et al:signaling Pathways Transduced through the Elastin Receptor Facilitate Proliferation of Arterial Smooth Muscle Cells. The Journal of Biological Chemistry 2002: 277: ) M.M.Barczyk. et al:a Role for α11β1 Integrin in the Human Periodontal Ligament. J Dent Res 2009: 89; ) 須 田 立 雄 : 骨 形 成 と 骨 吸 収 及 びそれらの 調 節 因 子 1/ 廣 川 書 店 (1995) 46) Yoshikawa M. et al:quantitative analysis of alkaline phospatase activity and Mineralization of a clonal osteoblast-like cell MC3T3. J Hard Tissue Biol 1999 : 8; ) Sugawara Y et al:necessity of Enzymatic Activity of Alkaline Phosphatase for Mineralization of Osteoblastic Cells. Jpn. J. Pharmacol. 2002: 88; ) Luckprom P et al:adenosine triphoshate stimulates RANKL expression though P2Y 1 receptor-cyclo-oxygenase-dependent pathway in human periodontal ligament cell. Journal of periodontal research 2010: 45;

57 7 謝 辞 本 研 究 及 び 修 士 論 文 作 製 にあたり ご 指 導 ご 鞭 撻 のほどいただきました 三 重 大 学 工 学 部 堀 内 孝 教 授 宮 本 啓 一 准 教 授 に 対 し 深 く 御 礼 申 し 上 げます 特 に 宮 本 先 生 には 実 験 に 関 して 多 くの 助 言 を 頂 くなど 様 々な 面 で 助 けて 頂 きまし た 本 当 にありがとうございました また 修 士 論 文 を 発 表 するにあたり 副 査 を 担 当 して 頂 いた 分 子 生 物 研 究 室 の 冨 田 昌 弘 先 生 には 深 く 感 謝 しております 本 研 究 を 進 めるにあたり エラスチン をテーマとする 水 谷 直 紀 さん 石 田 尚 志 君 石 原 千 明 さん 羽 多 野 由 季 子 さん 熊 澤 雄 基 君 佐 々 木 剛 君 神 谷 歩 君 境 淳 志 君 中 村 雅 広 君 本 当 にありがとうございました 特 に 同 じ 靭 帯 再 生 に 関 するテーマを 持 つ 水 谷 直 紀 さんには 実 験 で 悩 んでいる 時 などに 的 確 なアドバイスを 頂 きました 本 当 に 感 謝 しております 毎 日 ともに 過 ごした M2 の 伊 藤 寛 之 君 篠 原 紀 子 さん 永 田 裕 子 さん 山 崎 慎 也 君 M1 四 年 生 のみなさん 研 究 室 生 活 において 様 々な 形 でサポートし て 頂 いた 村 上 節 子 さん 遺 伝 子 実 験 施 設 でお 世 話 になった 近 田 登 美 子 さん 登 川 美 奈 さん 高 速 遠 心 分 離 機 を 貸 してくださった 分 子 生 物 研 究 室 の 皆 様 方 に 深 く 御 礼 申 し 上 げます 平 成 23 年 3 月 前 田 裕 子 54

58 8 付 録 8-1 培 地 試 薬 の 調 整 試 薬 器 具 機 器 Stromal Cell Basal Medium(SCBM TM ) (Lonza/CC-3205) ストローマ 細 胞 添 加 因 子 セット (Lonza/CC-3205) (hfgf-b インシュリン GA-1000) Fetal bovine serum(fbs) (EQUITCH-BIO) Trypsin-EDTA solution(10x) (T-4174/SIGMA) 各 種 アシストチューブ (アシスト) 各 種 シリンジ (テルモ) 孔 径 0.22 µm フィルター(Millex-GV) (SLGV025LS/MILLIPORE) Stericup フィルターユニット (SCGVU05RE/MILLIPORE) 恒 温 槽 (BT 15/Yamato) 培 地 の 調 整 1 凍 結 保 存 してある hfgf-b インシュリン GA-1000 の 各 バイアルを 高 温 槽 で 解 凍 した 2バイアルの 周 囲 をアルコールで 拭 いた 3ピペットを 用 いて 各 バイアル 中 の 全 量 を 培 地 に 入 れ 培 地 で 共 洗 いした 4 培 地 を 4 ( 冷 蔵 庫 )で 保 存 した 各 溶 液 の 調 製 FBS( 牛 胎 児 血 清 )の 不 活 性 化 分 注 保 存 操 作 137 の 温 水 で 解 凍 した 後 数 回 振 り 55~56 の 温 水 で 時 折 振 り 混 ぜながら 30 分 間 加 温 した( 不 活 性 化 ) 2Stericup フィルターユニットでフィルター 滅 菌 を 行 い 30 ml アシストチューブに 25 ml ずつ 分 注 した 作 業 はクリーンベンチ 内 滅 菌 状 態 で 行 った 3 分 注 後 の 溶 液 は 冷 凍 庫 (-20 )で 保 存 した 55

59 Trypsin-EDTA solution(10x) 操 作 37 の 温 水 で 解 凍 した 後 5 ml アシストチューブに 4 ml ずつ 分 注 し 冷 凍 庫 (- 20 )で 保 存 した 滅 菌 水 の 作 成 操 作 1 脱 イオン 水 を 密 閉 できるガラスビン( 赤 蓋 の 1L メディウムビン)に 入 れる 2 蓋 をきっちり 締 めた 後 滅 菌 テープで 封 印 し 121 /40 分 にて 高 圧 蒸 気 滅 菌 を 行 う 8-2 細 胞 培 養 試 薬 器 具 機 器 Stromal Cell Basal Medium(SCBM TM ) (Lonza/CC-3205) Phosphate Buffered Saline(PBS) (D-8537/SIGMA) Fetal bovine serum(fbs) (EQUITCH-BIO) トリプシン (T-4174/SIGMA) セルバンカー ( 日 本 全 薬 工 業 ) バンバンカー ( 日 本 ジェネティクス) 75 cm 2 培 養 フラスコ (MS-21250/ 住 友 ベークライト) φ35 シャーレ ( 住 友 ベークライト) 各 種 遠 沈 管 ( 住 友 ベークライト,Nunc) エルマ 血 球 計 算 盤 (Erma) CO 2 インキュベータ ( 池 本 理 化 工 業 ) 遠 心 機 (2010/KUBOTA) ボルテックス (S-100/TAITEC) 恒 温 槽 (BT 15/Yamato) 継 代 培 養 正 常 ヒト 歯 周 靭 帯 線 維 芽 細 胞 (HPdLF) Ⅰ 細 胞 の 洗 浄 1 培 養 フラスコの 蓋 を 開 け 口 元 を 加 熱 殺 菌 する 2 滅 菌 済 みパスツールを 加 熱 滅 菌 し 培 養 フラスコ 内 に 挿 入 し 培 養 液 を 吸 引 する 56

60 3 4 PBS 溶 液 5 ml/25 cm 2 フラスコ 又 は 10 ml/75 cm 2 フラスコを 添 加 し 前 後 左 右 に 振 り 洗 浄 する 滅 菌 済 みパスツールを 加 熱 滅 菌 し 培 養 フラスコ 内 に 挿 入 し 洗 浄 液 を 吸 引 する Ⅱ 培 養 細 胞 の 剥 離 方 法 1 冷 凍 保 存 してあるトリプシン 1.0 ml に PBS 溶 液 9.0 ml を 加 え 10 倍 希 釈 する ( 以 下 トリプシン 溶 液 ) 2 トリプシン 溶 液 5 ml/25 cm 2 フラスコ 又 は 6 ml/75 cm 2 フラスコを 加 え 1 分 間 放 置 する 3 顕 微 鏡 で 細 胞 がはがれたことを 確 認 後 FBS を 1 ml/25 cm 2 フラスコ 又 は 2 ml/75 cm 2 フラスコを 加 える 4 細 胞 をピペッティング 又 はフラスコをたたくことで 培 養 フラスコから 剥 離 させ る 5 滅 菌 済 み 10 ml のピペットで 培 養 フラスコ 内 の 細 胞 懸 濁 液 を 吸 引 し 15 ml 遠 沈 管 に 入 れる G(800 rpm)5 分 間 遠 心 分 離 する 7 培 養 フラスコに 10% FBS/SCBM 培 地 を 入 れ 37 の 5%CO 2 インキュベー ト 内 にてプレインキュベートしておく 8 6で 遠 心 分 離 した 上 澄 みをピペットで 吸 引 する 9 SCBM 培 地 を 1 ml 又 は 3 ml を 遠 沈 管 に 沈 殿 している 細 胞 に 加 え 細 胞 懸 濁 液 を 作 成 し 10 回 程 度 ピペッティングを 行 う 10 細 胞 懸 濁 液 を 取 り 7で 用 意 しておいた 培 養 フラスコに 播 種 し 37 の 5%CO 2 インキュベート 内 にて 培 養 する 細 胞 懸 濁 液 濃 度 は 血 球 計 算 版 にカバーガラスをのせ その 隙 間 に 培 養 フラス コに 播 種 する 直 前 の 細 胞 懸 濁 液 を 約 7μl 注 入 して 顕 微 鏡 で 細 胞 数 を 測 定 し 算 出 した 1 mm 2 の 面 積 の 細 胞 を 数 えて 液 の 厚 みを 0.1 mm としたときの 細 胞 懸 濁 液 濃 度 は 細 胞 測 定 数 10 4 cells/ml とした HPdLF の 推 奨 播 種 密 度 は 3500 cells/cm 2 である 培 地 交 換 操 作 1 あらかじめ 交 換 する 培 養 培 地 を 37 の 温 水 で 温 めたものを 使 用 した 2 滅 菌 済 みパスツールで 細 胞 培 養 培 地 を 吸 引 した 57

61 3 細 胞 培 養 に 使 用 する 各 容 器 に 対 してそれぞれ 適 量 の 培 養 培 地 を 加 えた 細 胞 の 凍 結 正 常 ヒト 歯 周 靭 帯 細 胞 (HPdLF)の 凍 結 はセルバンカーの 凍 結 液 を 用 いた ( 参 考 : 内 皮 細 胞 -セルバンカー バンバンカー 線 維 芽 細 胞 -セルバンカー) 操 作 1 継 代 培 養 の 手 順 に 従 い Ⅱ 培 養 細 胞 の 剥 離 方 法 の6まで 行 った 2 上 澄 み 液 を 除 去 し 凍 結 液 1 ml を 加 えてピペッティングすることで 凍 結 用 細 胞 懸 濁 液 を 作 成 した 3 2 ml アシストチューブに 細 胞 懸 濁 液 を 加 え -80 の 冷 凍 庫 内 で 凍 結 し た 冷 凍 庫 の 温 度 変 化 は 細 胞 へ 大 きく 影 響 を 与 えるため 発 泡 スチロールの 入 れ 物 などに 入 れ 凍 結 後 の 温 度 変 化 を 防 いだ 細 胞 の 解 凍 操 作 1 75 cm 2 フラスコに SCBM を 15 ml 入 れ 37 5%CO 2 インキュベート 内 で プレインキュベートした 2-80 で 凍 結 してあった 歯 周 靭 帯 線 維 芽 細 胞 の 2ml アシストチューブを 37 の 温 水 で 解 凍 した 僅 かに 氷 が 残 る 程 度 に 加 温 を 抑 えた 3 解 凍 した 細 胞 懸 濁 液 を あらかじめ 用 意 しておいた 15 ml 遠 沈 管 中 の 6 ml の SCBM に 加 えた 4 ボルテックス 後 800 rpm で 5 分 間 遠 心 分 離 を 行 った 5 上 澄 み 液 をとり 1 ml の SCBM を 加 えてピペッティング 後 75 cm 2 フラスコ に 播 種 した 58

62 8-3 エラスチンの 調 整 不 溶 性 エラスチンの 抽 出 使 用 装 置 器 具 試 薬 豚 大 動 脈 ( 三 重 県 松 坂 食 肉 流 通 センター) 塩 化 ナトリウム (WAKO) 99.5%エタノール (WAKO) アルミ 圧 力 鍋 ミキサー メッシュ 500 ml ビーカー 操 作 1 血 管 を 水 道 水 で 洗 浄 した 2 血 管 表 面 に 付 着 している 組 織 や 血 塊 をはさみで 切 り 取 り 水 道 水 で 洗 浄 し た 3 塩 水 (10 %)に 漬 けて 冷 蔵 庫 の 中 で 一 日 保 存 した 4 透 明 になったコラーゲンをはさみで 切 り 取 った 5 塩 水 (10 %)に 漬 けて 冷 蔵 庫 の 中 で 一 日 保 存 した 6 新 しい 塩 水 (10 %)と 交 換 し さらに 冷 蔵 庫 の 中 で 一 日 保 存 した 7 水 道 水 で 洗 浄 後 圧 力 鍋 に 入 れ 一 時 間 煮 た 8 圧 力 鍋 から 取 り 出 して 水 道 水 でよく 洗 浄 した 後 ミキサーにかけた 9 圧 力 鍋 に 移 して 灰 汁 を 取 り 除 いた 後 さらに 一 時 間 煮 た 10 メッシュに 移 して 水 道 水 でよく 洗 浄 した 後 一 日 流 し 洗 いを 行 った 11 よく 水 をきってから 洗 濯 機 に 移 し 入 れ 蒸 留 水 で 10 分 間 洗 浄 した ( 4 回 ) 12 洗 浄 後 よく 水 をきってからビーカーに 移 し 50%エタノールを 加 え 30 分 間 放 置 した %エタノールを 取 り 除 いて 70 %エタノールを 加 え 90 分 間 放 置 した %エタノールを 取 り 除 いて 90 %エタノールを 加 え 一 日 放 置 した 15 乾 燥 機 に 入 れ 乾 燥 させた(2 時 間 ) 59

63 8-3-2 水 溶 性 エラスチンの 調 整 使 用 装 置 器 具 試 薬 不 溶 性 エラスチン(ECM Lab) シュウ 酸 (wako) 50ml 遠 沈 管 (IWAKI) 50ml 遠 沈 管 (nunc) 吸 引 瓶 (VIDREX) ガラスフィルター(ADVANTEC) 凍 結 乾 燥 瓶 (APPROX) 透 析 用 セルロースチューブ( 三 光 純 薬 株 式 会 社 ) オイルバス OSB-200(EYELA) 遠 心 分 離 機 CT-6D(HITACHI) 凍 結 乾 燥 機 FZ-4.5(LABCONCO) ph メーター D-50(HORIBA) 操 作 Ⅰ. 前 処 理 1 不 溶 性 エラスチンを 10 g ずつ 取 ってガラス 製 遠 沈 管 に 入 れた M のシュウ 酸 を 45 ml ずつ 加 え 冷 蔵 庫 に 一 晩 保 存 した Ⅱ.シュウ 酸 処 理 1 前 処 理 したものを 100 の 油 槽 で 一 時 間 加 熱 した 2 氷 水 で 十 分 に 冷 やしてから 遠 心 分 離 (3000 rpm 6 min)した 3 上 澄 み 液 を 除 去 分 子 量 10000~14000 のセロハン 透 析 チューブに 入 れた 4 上 澄 み 液 回 収 後 新 たに 同 濃 度 のシュウ 酸 20 mlを 加 え 再 度 100 で 一 時 間 加 熱 した 5 エラスチンが 全 て 溶 けるまで1~4の 操 作 を 繰 り 返 した 上 澄 み 液 を 入 れた 透 析 チューブを 水 道 水 で 2~3 日 流 し 洗 いしてから 脱 イオン 水 で 透 析 し 外 液 のpHが 5~6 程 度 になるまで 透 析 を 行 った Ⅲ. 水 溶 性 エラスチンの 取 り 出 し 1 チューブから 上 澄 み 液 を 取 り 出 して 遠 心 分 離 (3000 rpm 6 min)した 2 上 澄 み 液 をガラスフィルターで 吸 引 ろ 過 し ろ 液 を 2~3 日 凍 結 乾 燥 することで 水 溶 性 エラスチンを 得 た 60

64 8-3-3 エラスチンの 分 画 上 述 で 得 られた 水 溶 性 エラスチンを 凝 集 温 度 ゲル 弾 性 率 によって 各 分 画 に 分 類 した また 分 画 したエラスチンの 数 平 均 分 子 量 を 求 めた 本 実 験 では Elastin A-E までの 各 分 画 の 名 称 を 使 用 した 表 8-1 エラスチンの 各 分 画 における 性 質 数 平 均 分 子 量 (kda) 凝 集 温 度 ( ) ゲル 弾 性 率 (Pa) Elastin A Elastin B Elastin C Elastin D 測 定 不 能 Elastin E ゲル 化 不 可 エラスチン 水 溶 液 の 調 整 試 薬 器 具 機 器 Elastin PES-(A) (Lot.011-FEI20-A/ECM Lab) 滅 菌 水 各 種 シリンジ (テルモ) 孔 径 0.22 µm フィルター(Millex-GV) (SLGV025LS/MILLIPORE) 方 法 1 分 画 水 溶 性 エラスチンを 50 mg 秤 量 し 50 ml の 滅 菌 水 に 溶 解 させた 2 エラスチン 水 溶 液 をシリンジで 吸 引 し 0.22 µm フィルター 滅 菌 を 行 い 1.0mg/ml のエラスチン 溶 液 とした 3 2で 作 成 した 1mg/ml の 各 エラスチン 水 溶 液 を 5ml 取 り 10 倍 希 釈 をして 0.1mg/ml のエラスチン 水 溶 液 とした 4 これらのエラスチン 溶 液 は 冷 蔵 庫 に 保 存 し コーティング 溶 液 として 用 いた 61

65 8-4 ECM コーティングシャーレの 作 成 と 評 価 ECM コーティングシャーレの 作 製 生 体 細 胞 は 接 着 するための 足 場 を 必 要 とする 接 着 細 胞 と 接 着 なしに 浮 遊 し たまま 培 養 可 能 な 浮 遊 細 胞 に 分 類 される 接 着 細 胞 は 細 胞 外 マトリックス(ECM)に 接 着 することではじめて 接 着 分 化 増 殖 といった 機 能 を 果 たすため 接 着 細 胞 の ECM 上 での 詳 しい 解 析 を 行 う 必 要 がある そこで 細 胞 接 着 もタンパクの 吸 着 もで きない 浮 遊 細 胞 培 養 用 のシャーレ 表 面 をコロナ 放 電 処 理 した 後 に ECM をコーテ ィングすることで ECM のみの 表 面 を 持 つシャーレを 作 製 した コロナ 放 電 処 理 の 原 理 シリコン ポリプロピレン ポリエチレン 等 は その 表 面 層 に 極 性 基 を 持 たない 為 に 接 着 性 コーティング 性 親 水 性 が 悪 い 等 の 問 題 があり その 表 面 を 改 質 する 必 要 がある コロナ 放 電 表 面 処 理 装 置 は 高 周 波 高 電 圧 を 利 用 し 大 気 中 にコロナ 放 電 を 発 生 させ それによって 生 成 される 官 能 基 と 共 に その 電 子 を 物 質 表 面 に 照 射 することにより 物 質 の 表 面 改 質 を 行 うもので 高 周 波 高 電 圧 の 気 中 で 電 解 内 にて 起 きる 原 子 分 子 電 子 イオン 間 での 衝 突 により 電 子 エネルギーの 励 起 光 子 の 放 出 が 起 こる このコロナ 放 電 のエネルギーを 物 質 の 表 面 で 作 用 させたとき そ の 表 面 がエネルギーを 受 け 表 面 エネルギーが 高 くなり 活 性 化 された 状 態 (ラジカ ル 生 成 )になる そこに 空 気 中 の 酸 素 や 水 分 などが 反 応 し 極 性 をもったさまざまな 官 能 基 が 表 面 の 濡 れ 性 が 向 上 する 図 8-1 コロナ 放 電 処 理 前 後 のシャーレ 表 面 の 様 子 62

66 使 用 機 器 器 具 浮 遊 培 養 用 φ35 シャーレ(MS-80240/ 住 友 ベークライト) 各 種 シリンジ(テルモ) Corona Fit(CFG-500/ 信 光 電 気 計 装 株 式 会 社 ) 0.22 μm フィルター(SVGSB1010/ステリベックス) 50 ml 遠 沈 管 (MS 56500/SUMILON) 使 用 試 薬 Elastin PES-(A)(ECM Lab) 滅 菌 水 準 備 エラスチン 溶 液 の 調 整 1 分 画 水 溶 性 エラスチンを 50 mg 秤 量 し 50 ml の 滅 菌 水 に 溶 解 させた 2 エラスチン 水 溶 液 をシリンジで 吸 引 し 0.22 µm フィルター 滅 菌 を 行 い 1.0mg/ml のエラスチン 溶 液 とした 3 2で 作 成 した 1mg/ml の 各 エラスチン 水 溶 液 を 5ml 取 り 10 倍 希 釈 をして 0.1mg/ml のエラスチン 水 溶 液 とした 4 これらのエラスチン 溶 液 は 冷 蔵 庫 に 保 存 し コーティング 溶 液 として 用 いた 操 作 1 浮 遊 培 養 用 φ35 シャーレの 表 面 を 1 分 間 コロナ 放 電 した 2 作 成 しておいたエラスチン 水 溶 液 コラーゲン 水 溶 液 をそれぞれ 1.5 ml//φ35 シャーレに 添 加 し 4 で 5 時 間 静 置 した 3 コーティング 溶 液 を 吸 引 後 細 胞 培 養 液 を 2 ml 添 加 し 37 /5%CO 2 条 件 で 15 分 間 以 上 プレインキュベートした 4 細 胞 懸 濁 液 を 播 種 し 37 /5%CO 2 条 件 で 培 養 した ECM コーティングシャーレ 表 面 の 接 触 角 測 定 接 触 角 の 原 理 接 触 角 とは 固 相 表 面 に 液 滴 をたらしたときの 接 触 部 分 がつくる 角 度 ( )と 定 義 でき 固 相 表 面 のぬれ を 表 す 指 標 としてはとても 直 感 的 でわかりやすく あらゆる 産 業 分 野 において 表 面 評 価 手 法 として 採 用 されている 接 触 角 が 大 きい 場 合 は 濡 れ 性 が 悪 く 疎 水 性 表 面 になり 逆 に 接 触 角 が 小 さければ 濡 れ 性 が 良 く 親 水 性 表 面 といえる 63

67 図 8-2 固 体 表 面 の 接 触 角 濡 れ 性 は 図 で 示 されるように 固 体 と 気 体 の 表 面 張 力 (γ S ) 気 体 と 液 体 の 表 面 張 力 (γ L ) 固 体 と 液 体 の 界 面 張 力 (γ SL )の 3 つの 張 力 がつり 合 ったときの 接 触 角 (θ) で 表 すことができる 3 つの 力 を 水 平 方 向 のベクトルのバランスとして 考 えると 以 下 の Young の 式 が 成 り 立 つ γ S =γ L cosθ+γ SL Young の 式 また もともとこの 系 が 持 っている 界 面 自 由 エネルギーを γ SL とし 引 き 離 してでき る 各 々の 新 しい 表 面 の 自 由 エネルギーをそれぞれ γ L γ S とすると このエネルギ ー 収 支 から 固 体 と 液 体 を 引 き 離 すのに 必 要 なエネルギーWa( 接 着 の 仕 事 )は 次 の Dupre の 式 で 表 すことができる Wa=γ S +γ L -γ SL Dupre の 式 つまり この Wa の 値 が 大 きいものほど 強 く 接 着 していることになる ここで Young の 式 と Dupre の 式 を 組 み 合 わせると Dupre-Young の 式 となる Wa=γ L (1+cosθ) Dupre-Young の 式 固 体 の 表 面 あるいは 界 面 自 由 エネルギーは 直 接 測 定 する 手 段 がないが 液 体 の 表 面 自 由 エネルギーと 接 触 角 が 分 かれば Dupre-Young の 式 を 用 いて 界 面 におけ る 相 互 作 用 エネルギーを 決 定 できる 使 用 機 器 器 具 試 薬 接 触 角 測 定 器 φ35 シャーレ(ECM コーティングシャーレ 等 ) 20 μl ピペット 脱 イオン 水 64

68 操 作 1ECMコーティングシャーレのコーティング 溶 液 を 捨 て 脱 イオン 水 で 3 回 すすぎ 20 時 間 乾 燥 させた 2シャーレを 接 触 角 測 定 器 に 載 せ 20 μl ピペットを 用 いて 5 μl の 脱 イオン 水 をシャ ーレ 表 面 に 静 かに 載 せるように 置 いた 3 液 滴 の 接 触 角 を 測 定 した 4シャーレ 1 個 に 対 し 2 3の 操 作 を 無 作 為 に 8 回 繰 り 返 した 8-5 細 胞 からのタンパク 質 抽 出 と 定 量 ECM シャーレ 培 養 細 胞 からのタンパク 抽 出 使 用 器 具 試 薬 φ35 シャーレ(ECM コーティングシャーレ 等 ) 高 速 冷 却 遠 心 機 (HIMAC CR15B, BIO-RAD) FBS, HEPES, NaOH, protease inhibitor, phosphatase inhibitor 操 作 1 confluent の φ35 シャーレの 培 地 を 吸 い 取 り 氷 上 で 冷 やした PBS 2ml で 十 分 に 洗 浄 する * 氷 上 で 行 う 2 細 胞 溶 解 液 (0.1% TritonX-100 を 含 む 20mM HEPES-NaOH, ph7.2)を シャーレに 300μl 加 える 3 protease inhibitor, phosphatase inhibitor をそれぞれ 1μl 加 える 4 25~37 で 5 分 間 軽 く 振 とうし 細 胞 膜 を 溶 解 させる 5 セルスクレーパーで 細 胞 を 剥 離 した 後 強 くピペッティングを 行 い 1.5 tube に 移 す 6 冷 却 遠 心 機 で 15,000 r.p.m 30 分 間 遠 心 する 7 上 澄 み 液 をアシストチューブに 移 す 8 タンパクの 定 量 を BCA 法 にて 行 う * 抽 出 したタンパク 質 は 冷 凍 保 存 (-80 ) 65

69 8-5-2 タンパク 質 の 定 量 (BCA 法 ) 原 理 蛋 白 はアルカリ 溶 液 中 で2 価 の 銅 イオンに 作 用 し 1 価 の 銅 を 生 成 させる この 1 価 の 銅 イオンが 2 分 子 の BCA(Bicinchoninic Acid) 分 子 と 錯 体 を 形 成 し 紫 紅 色 を 発 する その 際 の 吸 光 度 を 測 定 することでタンパク 質 濃 度 求 める 使 用 器 具 試 薬 Spectrophotometer(SmaetSpec TM Plus, BIO-RAD) ビシンコニン 酸 酒 石 酸 ナトリウム Na 2 CO 3 NaOH NaHCO 3 硫 酸 銅 (Ⅱ)5 水 和 物 操 作 1 A 溶 液 B 溶 液 をそれぞれ 作 製 する A 溶 液 ( 数 か 月 保 存 可 ) ビシンコニン 酸 1g 酒 石 酸 ナトリウム 0.16g Na 2 CO 3 2g NaOH 0.4g NaHCO g DW 適 量 100ml にメスアップ 後 NaOH を 加 え ph にする B 溶 液 ( 室 温 保 存 ) CuSO 4 5H 2 O 4g DW 100ml 2 スタンダード(1mg/mA BSA)を 作 製 し 下 表 のように 加 える 1mg/ml BSA (μl) DW (μl) 試 験 管 1 本 当 たり の BSA 量 (μg)

70 3 A 溶 液 と B 溶 液 を 50 : 1 で 混 合 する 4 サンプルとスタンダードをそれぞれ 10μ ずつアシストチューブにとり( 各 サン プル 2 本 ずつ) 3で 作 製 した 溶 液 を 100μl 加 える 5 ボルテックスで 攪 拌 する 分 で 静 置 する 7 OD 562 を 測 定 する 8 タンパク 質 濃 度 を 横 軸 吸 光 度 を 縦 軸 にとり 検 量 線 を 作 り 総 タンパク 質 濃 度 を 測 定 する *Spectrophotometer ( SmartSpec TM Plus, BIO-RAD ) 操 作 方 法 (1) 電 源 を 入 れる (2) λ を 押 す (3) enter を 押 す( 波 長 の 読 み 取 り 1) (4) 波 長 を 562 nm に 設 定 する (5) enter を 押 す(バックグラウンド 読 み 取 りを 引 きますか No) (6) select enter を 押 す( 繰 り 返 して 読 むサンプルはありますか YES) (7) enter を 押 す( 試 料 の 反 復 番 号 3) (8) セルに Blank (A 溶 液 +B 溶 液 )をいれ Read Blank を 押 す (9) を 押 す (10) 試 料 を 戻 して セルを 脱 イオン 水 で 洗 浄 し 脱 イオン 水 を 取 り 除 く (11) セルに 試 料 を 入 れ Read Sample を3 回 押 す (12) 試 料 を 戻 して セルを 脱 イオン 水 で 洗 浄 し 脱 イオン 水 を 取 り 除 く (13) (10)~(13) を 繰 り 返 す 67

71 8-6 アルカリフォスファターゼ 活 性 の 定 量 測 定 原 理 p-ニトロフェニルりん 酸 を 含 む 炭 酸 塩 緩 衝 液 (ph 9.8) 中 で 検 体 を 作 用 させる と 検 体 中 のアルカリフォスファターゼにより p-ニトロフェニルりん 酸 は p-ニトロ フェノールとりん 酸 に 分 解 され 生 成 された p-ニトロフェノールはアルカリ 性 側 で 黄 色 を 呈 します この 405 nm の 吸 光 度 を 測 定 することにより 検 体 中 のアル カリフォスファターゼ 活 性 値 を 求 める 試 薬 (キットの 中 身 ) 基 質 錠 ( 溶 解 時 p-ニトロフェニルりん 酸 二 ナトリウム) 基 質 溶 解 液 (2.0mmol/L 塩 化 マグネシウム 含 有 0.1mol/L 炭 酸 塩 緩 衝 液 ph9.8) 反 応 停 止 液 (0.2mol/L 水 酸 化 ナトリウム 溶 液 ) 標 準 液 (0.5mmpl/L p-ニトロフェノール 溶 液 ) 使 用 器 具 (キット 以 外 に 必 要 なもの) 96 ウェルの 透 明 マイクロプレート アシストチューブ ピペット マイクロプレートリーダー(405mm 吸 光 フィルター) 試 薬 の 調 整 法 1 基 質 緩 衝 液 : 基 質 錠 1 錠 を 基 質 溶 解 液 5mL で 溶 解 する 調 整 後 は 2~10 遮 光 で 2 週 間 使 用 可 2 反 応 停 止 液 :そのまま 使 用 3 標 準 液 希 釈 系 : 標 準 液 を 蒸 留 水 で 順 次 倍 々 希 釈 し mmol/ L の 2 倍 希 釈 系 列 を 調 整 する 68

72 標 準 操 作 法 テスト ブランク スタンダード 基 質 緩 衝 液 100μL 100μL 100μL 試 料 ( 検 体 ) ( 蒸 留 水 ) ( 標 準 液 希 釈 系 ) 20μL 20μL 20μL プレートミキサーで 1 分 間 攪 拌 後 37 で 15 分 間 インキュべ ート 反 応 停 止 液 80μL 80μL 80μL プレートミキサーで 1 分 間 攪 拌 後 405nm の 吸 光 度 を マイクロプレートリーダーで 測 定 する 8-7 色 素 結 合 法 を 用 いたコラーゲン 産 生 量 の 測 定 原 理 培 養 細 胞 によって 培 地 中 に 産 生 されたコラーゲン 量 を 定 量 化 するために それら と 特 異 的 に 結 合 する 色 素 と 反 応 させ 反 応 した 色 素 -マトリックス 複 合 体 のみを 回 収 し その 吸 光 度 を 測 定 することで 検 量 線 から 産 生 量 を 求 める コラーゲンと 特 異 的 に 結 合 する 色 素 には Direct Red 80( 別 名 :Sirius Red)を 用 い る 構 造 式 を 図 に 示 す 図 8-3 Direct Red 80 の 構 造 式 69

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

樫本、芝野

樫本、芝野 論 文 審 査 の 要 旨 お よ び 担 当 者 学 位 申 請 者 大 野 秀 樹 ( 大 野 犬 猫 病 院 ) 学 位 論 文 題 目 イ ヌ の 前 十 字 靭 帯 断 裂 に お け る A n d r o g e n の 関 与 に 関 す る 研 究 担 当 者 主 査 北 里 大 学 教 授 副 査 北 里 大 学 教 授 副 査 北 里 大 学 准 教 授 岡 野 昇 三 渡 辺

More information

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文 ( 様 式 甲 5) 氏 名 出 垣 昌 子 ( ふ り が な ) (いでがき まさこ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 24 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Effects of All-Trans Retinoic Acid

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

糖尿病の歯科病変

糖尿病の歯科病変 第 21 回 健 康 セミナー 糖 尿 病 の 歯 科 病 変 水 俣 芦 北 郡 市 歯 科 医 師 会 井 上 真 樹 歯 周 病 って どんな 病 気? 年 齢 別 に 見 た 歯 周 病 罹 患 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 15-24 歳 1.3% 4.2% 25.7% 46.3% 0.0% 0.0% 49.8% 21.2% 42.3% 48.9% 0.0% 7.3%

More information

Microsoft Word - 血管収縮2013.doc

Microsoft Word - 血管収縮2013.doc Ⅵ. 血 管 平 滑 筋 の 収 縮 ( 分 子 細 胞 情 報 学 分 野 : 心 臓 血 管 研 究 施 設 ) (1) 実 験 の 目 的 一 般 目 標 血 管 平 滑 筋 の 収 縮 及 び 弛 緩 反 応 におけるカルシウムシグナルと カルシウム 感 受 性 の 役 割 について 理 解 する 血 管 平 滑 筋 の 収 縮 は 細 胞 内 カルシウムシグナルによ って 調 節 される

More information

椊物とイオンの関係

椊物とイオンの関係 植 物 とイオンの 関 係 青 木 慶 和 田 代 裕 慶 野 口 俊 介 指 導 教 諭 千 葉 先 生 Ⅰ 動 機 と 目 的 私 たちは まずスポーツドリンクに 含 まれる 様 々なイオンが 体 にどのような 影 響 を 与 えるかに 興 味 を 持 った さらに 先 輩 たちが 行 った メダカの 耐 塩 性 の 研 究 を 読 んでイオンが 生 物 に 対 して 与 える 影 響 についてより

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

Untitled

Untitled 目 的 : 角 膜 移 植 手 術 において 拒 絶 反 応 は 予 後 に 影 響 する 最 も 大 きな 因 子 の 一 つであるが 現 在 のところ 拒 絶 反 応 の 出 現 を 予 測 することは 困 難 である 角 膜 の 免 疫 学 的 体 系 の 研 究 が 進 められているが 拒 絶 反 応 におけるメカニズムはいまだに 明 らかにされていない 角 膜 に 拒 絶 反 応 がおこったときの

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

毛髪表面の構造変化と熱ダメージ解析

毛髪表面の構造変化と熱ダメージ解析 毛 髪 表 面 の 構 造 変 化 と 熱 ダメージ 解 析 岐 阜 大 学 工 学 部 生 命 工 学 科 生 命 情 報 工 学 第 二 講 座 吉 田 ( 敏 ) 研 究 室 鈴 木 加 菜 子 毛 髪 について 近 もともとの 年 では 役 割... 自 頭 己 部 表 の 現 保 護 の や 役 体 割 温 も 担 調 うように! 節 女 性 を 中 心 にヘアケアが 注 目 され 始 めた

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ 内 分 泌 かく 乱 物 質 平 成 12 年 度 採 択 研 究 代 表 者 武 田 健 ( 東 京 理 科 大 学 薬 学 部 教 授 ) 大 気 中 に 存 在 する 新 しいタイプの 内 分 泌 撹 乱 物 質 1. 研 究 実 施 の 概 要 我 々は 本 プロジェクトにおいて 大 気 中 に 存 在 する 内 分 泌 撹 乱 物 質 に 注 目 した 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状

More information

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報 報 道 発 表 資 料 2004 年 1 月 30 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 東 京 女 子 医 科 大 学 イオンビーム 照 射 で 人 工 硬 膜 の 生 体 適 合 性 が 大 幅 に 向 上 - 脳 外 科 手 術 後 の 髄 液 漏 を 防 ぎ 動 脈 瘤 治 療 にも 有 効 な 新 手 法 - 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 ( 野 依 良 治

More information

行 われている この 可 逆 的 性 質 はCの 特 性 であって ビタミンCの 測 定 法 にもかかわ りのある 点 である 酸 化 が 進 むとデヒドロアスコルビン 酸 はすみやかにビタミン 効 力 を 持 たないジケトグロン 酸 へと 変 化 し その 後 シュウ 酸 とステレオン 酸 に 分

行 われている この 可 逆 的 性 質 はCの 特 性 であって ビタミンCの 測 定 法 にもかかわ りのある 点 である 酸 化 が 進 むとデヒドロアスコルビン 酸 はすみやかにビタミン 効 力 を 持 たないジケトグロン 酸 へと 変 化 し その 後 シュウ 酸 とステレオン 酸 に 分 食 品 化 学 はじめに 平 成 18 年 度 I 部 化 学 研 究 部 火 曜 日 班 普 段 何 も 考 えずに 色 々 食 べていると 思 うが 食 品 には 色 々な 酵 素 が 含 まれている 肉 と 一 緒 にパイナップルを 食 べるとよいと 聞 いたことがあるだろう それはパイナッ プルにブロメラインと 呼 ばれるたんぱく 質 分 解 酵 素 が 含 まれているからである 食 品 の

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉 脂 質 栄 養 に 関 する 日 中 比 較 とオメガ 3 系 列 脂 肪 酸 の 生 理 機 能 に 関 する 研 究 家 政 教 育 専 修 59 黄 鐘 倩.はじめに 日 本 では 過 去 年 間 に 食 生 活 の 欧 米 化 により 脂 質 摂 取 量 が 3 倍 以 上 に 増 大 し メタボリ ック 症 候 群 や 生 活 習 慣 病 が 増 加 した こうした 量 的 変 化 の 弊

More information

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム 60 秒 でわかるプレスリリース 2007 年 12 月 3 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 アレルギー 反 応 を 制 御 する 重 要 分 子 STIM1 を 発 見 - 細 胞 外 からのカルシウム 流 入 が アレルギー 反 応 を 引 き 起 こす - 鼻 がむずむずして くしゃみが 止 まらない 体 中 がかゆくて ついつい 引 っかいて しまう 花 粉 症 やアレルギー

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ No.11 かまぼこには DNA を 守 る 力 がある! 研 究 タイトル; 新 たに 開 発 した 脱 塩 基 DNA 法 で 評 価 する かまぼこ の 癌 予 防 効 果 主 任 研 究 者 ; 原 田 和 樹 (( 独 ) 水 産 大 学 校 食 品 科 学 科 食 品 加 工 利 用 学 講 座 教 授 ) 研 究 目 的 ; かまぼこには 癌 の 予 防 効 果 があるかどうかを 調

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

新技術説明会 様式例

新技術説明会 様式例 1 虫 歯 菌 のATP 合 成 酵 素 を 標 的 とする 抗 菌 薬 スクリーニングシステム 岩 手 医 科 大 学 薬 学 部 分 子 生 物 薬 学 講 座 助 教 荒 木 信 Streptococcus mutansについて グラム 陽 性 の 通 性 嫌 気 性 の 連 鎖 球 菌 う 歯 の 原 因 菌 虫 歯 菌 とも 呼 ばれる 糖 を 分 解 して 乳 酸 を 分 泌 し 酸 性

More information

20591747

20591747 様 式 C-19 科 学 研 究 費 補 助 金 研 究 成 果 報 告 書 平 成 23 年 5 月 27 日 現 在 機 関 番 号 :32644 研 究 種 目 : 基 盤 研 究 (C) 研 究 期 間 :2008~2010 課 題 番 号 :20591747 研 究 課 題 名 ( 和 文 ) 細 胞 シート 工 学 を 応 用 した 前 十 字 靭 帯 損 傷 の 修 復 再 生 に 関

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ 10: 免 疫 膠 原 病 アレルギーコース 1. 免 疫 膠 原 病 アレルギーコースの 概 要 本 コースでは 人 体 の 免 疫 応 答 の 異 常 に 関 連 する 疾 患 を 学 習 する 免 疫 応 答 の 異 常 とは 免 疫 能 低 下 免 疫 寛 容 の 破 綻 および 過 敏 反 応 等 であり 疾 患 として 免 疫 不 全 症 膠 原 病 アレルギー 性 疾 患 に 該 当

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス ( 様 式 甲 5) 氏 名 加 藤 壮 介 ( ふ り が な ) (かとう そうすけ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 26 年 1 月 29 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Local injection of vasopressin reduces

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨 4~5 月 1~2 月 で 0.11-0.19%, T@-R18は 14-19 頭,その 他 は 4~8 頭. また, 出 産 の 重 なった 昭 和 61 年 4~5 (* 北 海 道 銀 11 路 保 -~II 路 市 花 園 町 8-6) 年 8 月 ~62 年 4 月 に, 北 海 ミートと 畜 場 に 搬 入 された 某 養 豚 場 の 6~7 カ 月 齢 肉 豚 に 継 続 的 に 発

More information

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc 研 究 成 果 報 告 書 事 業 名 ( 補 助 金 名 ) : 基 盤 的 研 究 開 発 育 成 事 業 ( 研 究 開 発 シーズ 育 成 補 助 金 ) 研 究 開 発 テーマ 名 : エノキ 水 溶 性 画 分 からのβ グルカンを 中 心 とした 医 薬 品 素 材 の 生 産 開 発 研 究 代 表 者 名 : 櫛 泰 典 帯 広 畜 産 大 学 / 教 授 共 同 研 究 者 名

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.29

コンクリート工学年次論文集 Vol.29 論 文 細 片 化 した 木 材 を 混 合 したコンクリートの 基 礎 的 性 状 *1 *2 *3 新 藤 健 太 平 松 靖 宮 武 敦 要 旨 : 木 材 とセメントを 混 練 する 場 合, 木 材 の 樹 種 や 部 位 によってはセメントの 硬 化 を 阻 害 することが 知 られている 本 研 究 では, 細 片 化 した 木 材 =スギ 心 材 をコンクリート( 本 研 究 ではモルタルに

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D> 桑 名 市 民 病 院 の 白 内 障 手 術 における 点 眼 指 導 正 しい 点 眼 方 法 は 治 療 効 果 を 十 分 に 発 揮 するだけでなく 副 作 用 の 防 止 につながる 白 内 障 手 術 に 関 る 使 用 薬 剤 ( 点 眼 液 内 服 薬 )は 一 定 という 特 徴 を 活 かし 点 眼 表 点 眼 箱 を 一 新 し また 点 眼 指 導 時 の 説 明 ポイント

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.27

コンクリート工学年次論文集 Vol.27 論 文 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 したポーラスコンクリートの 品 質 改 善 吉 田 知 弘 *1 国 枝 稔 *2 小 澤 淳 *3 *4 六 郷 恵 哲 要 旨 : 乾 湿 の 激 しい 環 境 下 での 劣 化 が 懸 念 されているポーラスコンクリートに 対 して, 2 種 類 の 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 することにより 乾 湿 繰 返 しに 対 する

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

web在宅下腿潰瘍.doc

web在宅下腿潰瘍.doc 在 宅 下 腿 潰 瘍 高 岡 駅 南 クリニック 院 長 塚 田 邦 夫 在 宅 では 褥 創 の 他 に 下 腿 潰 瘍 も 多 く 経 験 し 治 療 に 難 渋 することがあります 今 回 は 下 腿 潰 瘍 としての 典 型 的 な 例 として 動 脈 性 潰 瘍 静 脈 うっ 滞 性 下 腿 潰 瘍 熱 傷 性 下 腿 潰 瘍 ( 低 温 熱 傷 ) 爪 白 癬 による 下 腿 潰 瘍

More information

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な 8. リスク 分 析 8.1 リスク 分 析 実 施 の 体 制 本 品 のリスクマネジメントは 申 請 者 である 製 造 販 売 業 者 テルモ 株 式 会 社 にて JIS T 14971: 2007 医 療 機 器 -リスクマネジメントの 医 療 機 器 への 適 用 (ISO14971:Application of Risk Management to Medical Devices)に

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき 7. 福 島 県 県 北 会 津 相 双 県 中 南 会 津 いわき 県 南 7-1 目 次 福 島 県... 7 3 1. 県 北 医 療 圏... 7 9 2. 県 中 医 療 圏... 7 15 3. 県 南 医 療 圏... 7 21 4. 会 津 医 療 圏... 7 27 5. 南 会 津 医 療 圏... 7 33 6. 相 双 医 療 圏... 7 39 7. いわき 医 療 圏...

More information

Microsoft PowerPoint - PressRelease2016-2

Microsoft PowerPoint - PressRelease2016-2 世 界 初!- 歯 が 修 復 されるメカニズムを 解 明 - 修 復 象 牙 質 形 成 の 必 須 因 子 の 発 見 茶 色 :オステオポンチン オステオポンチン From 日 本 歯 科 評 論 74(6): 41-56, 2014. 新 潟 大 学 医 歯 学 系 ( 歯 学 部 ) 教 授 大 島 勇 人 (おおしま はやと) 新 潟 大 学 医 歯 学 系 ( 歯 学 部 ) 助 教

More information

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d 題 意 匠 矩 軸 架 給 給 給 題 章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d a 什 家 架 ゼ 揮 塑 ゼ 欄 供 給 売 守 頼 免 渡

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378> Press Release 2014 年 7 30 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 共 同 医 師 200 名 に 聞 く 医 薬 品 に 関 する 意 識 調 査 を 発 表 医 師 の 約 8 割 が 副 作 が 少 なく 安 全 性 の い バイオ 医 薬 品 に 期 待 薬 で 治 ると 考 える

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施

ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施 3 ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施 施 設 : 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 研 究 責 任 者 : 中 島 美 砂 子

More information

健康維持・増進のためのバイオテクノロジー基盤研究プログラム

健康維持・増進のためのバイオテクノロジー基盤研究プログラム ( 健 康 安 心 イノベーションプログラム) ヒト 幹 細 胞 産 業 応 用 促 進 基 盤 技 術 開 発 基 本 計 画 P10027 P08030 バイオテクノロジー 医 療 技 術 部 1. 研 究 開 発 の 目 的 目 標 内 容 (1) 研 究 開 発 の 目 的 多 能 性 を 有 する 幹 細 胞 は 様 々な 細 胞 に 分 化 する 能 力 を 有 している 適 切 に 誘

More information

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ はじめに 近 年 はエルニーニョ 現 象 のため 高 温 の 日 が 何 日 も 続 くようになってきまし た また 原 発 停 止 による 節 電 のため 冷 房 をなるべく 使 わず じっと 暑 さを 耐 え しのぐ 生 活 を 強 いられるようになってきました 高 温 の 日 には 熱 中 症 搬 送 者 が 何 人 いたかが 報 道 され この 人 数 が 暑 さのバロメータになっています

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

皮膚と表皮と角層なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

皮膚と表皮と角層なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト B. 表 皮 3 cutis)という.そして,このいくつかの 皮 丘 が,より 深 い 皮 溝 によって 囲 まれて 多 角 形 の 皮 野 (area cutanea)を 形 成 する. 毛 は 深 い 皮 溝 から 生 えており, 汗 腺 の 汗 孔 は 皮 丘 に 開 口 する( 図.2). この 皮 溝 の 走 行 方 向 は 身 体 部 位 により 定 まっており 皮 膚 紋 理 と 呼

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

Microsoft Word - Japan4

Microsoft Word - Japan4 ソフィーβグルカン β グルカン 培 養 液 ベーター1.3-1.6 β-グルカン 1.3-1.6 培 養 液 について グルカンとは? ブドウ 糖 のみが 多 数 つながった 多 糖 類 の 総 称 です 代 表 例 デンプン セルロース 多 糖 ( 類 )とは? ブドウ 糖 果 糖 などの 糖 質 の 最 小 単 位 を 単 糖 と 呼 び つながった 単 糖 の 数 で 二 糖 類 三 糖 類

More information