出 張 講 義 について 聖 カタリナ 大 学 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 では 生 徒 や 保 護 者 各 種 の 団 体 を 対 象 とした 出 張 講 義 を 行 っております 大 学 で 行 われる 講 義 の 一 部 を 体 験 していただくことで 生 徒 の 皆 さまの 学

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "出 張 講 義 について 聖 カタリナ 大 学 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 では 生 徒 や 保 護 者 各 種 の 団 体 を 対 象 とした 出 張 講 義 を 行 っております 大 学 で 行 われる 講 義 の 一 部 を 体 験 していただくことで 生 徒 の 皆 さまの 学"

Transcription

1 夢 を 叶 える 学 びがある 平 成 27 年 度 教 員 紹 介 出 張 講 義 のご 案 内

2 出 張 講 義 について 聖 カタリナ 大 学 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 では 生 徒 や 保 護 者 各 種 の 団 体 を 対 象 とした 出 張 講 義 を 行 っております 大 学 で 行 われる 講 義 の 一 部 を 体 験 していただくことで 生 徒 の 皆 さまの 学 問 へ の 動 機 付 けや 進 路 選 択 のご 参 考 に また 地 域 の 皆 さまへの 貢 献 活 動 になればと 考 えております 次 ページからの 教 員 紹 介 にて 各 教 員 が 出 張 講 義 のテーマを 提 示 しておりますので ご 希 望 に 添 う テーマがございましたら お 気 軽 に 入 試 課 までお 問 い 合 わせください 出 張 講 義 に 関 する 問 合 せ 先 愛 媛 県 松 山 市 北 条 660 番 地 聖 カタリナ 大 学 入 試 課 TEL: 出 張 講 義 の 申 込 方 法 このページをコピーし 以 下 に 必 要 事 項 をご 記 入 のうえ FAX にてご 送 信 ください 追 って 担 当 者 から 出 張 講 義 の 実 施 についてのご 連 絡 をさせていただきます 申 込 先 FAX: ( 聖 カタリナ 大 学 入 試 課 ) 平 成 年 月 日 出 張 講 義 申 込 書 下 記 のとおり 出 張 講 義 を 依 頼 します 団 体 名 氏 名 ご 担 当 者 電 話 希 望 講 師 第 1 希 望 第 2 希 望 講 師 名 : テーマ: 講 師 名 : テーマ: 希 望 日 時 平 成 年 月 日 ( ) : : 受 講 人 数 等 予 定 人 数 名 ( 対 象 者 : ) その 他 連 絡 事 項 等 本 学 の 授 業 や 学 内 行 事 により ご 希 望 に 添 えない 場 合 もありますことをご 了 承 ください

3 人 間 健 康 福 祉 学 部 社 会 福 祉 学 科 社 会 福 祉 専 攻 1. 現 代 社 会 の 福 祉 問 題 に 対 応 したカリキュラム 社 会 福 祉 (ソーシャルワーク)の 対 象 となる 生 活 課 題 は 高 齢 者 障 がい 者 児 童 といった 課 題 だけでなく 災 害 時 における 支 援 や 地 域 に 対 する 福 祉 教 育 等 多 岐 にわたります 聖 カタリナ 大 学 では 社 会 福 祉 士 国 家 試 験 に 必 要 な 科 目 だけでなく 現 代 社 会 の 福 祉 問 題 に 切 り 込 むプラスアルファのカリキュラムを 用 意 してい ます 2. 社 会 福 祉 士 & 精 神 保 健 福 祉 士 の2つの 国 家 試 験 受 験 資 格 聖 カタリナ 大 学 では 社 会 福 祉 の 国 家 資 格 である 社 会 福 祉 士 精 神 保 健 福 祉 士 の2つの 国 家 試 験 受 験 資 格 が 取 得 可 能 です また 大 学 在 学 中 に 保 育 士 試 験 を 受 け 最 大 3つの 国 家 資 格 を 取 得 することができます さらに 福 祉 公 民 の 高 校 教 員 免 許 の 取 得 も 可 能 です 3. 多 彩 な 教 師 陣 3つの 学 びの 特 長 教 員 は 県 内 外 の 社 会 福 祉 関 係 機 関 施 設 専 門 職 能 団 体 と 協 働 で 様 々な 事 業 や 計 画 立 案 に 取 り 組 んでい ます そのため 今 起 こっている 福 祉 を 授 業 に 取 り 入 れたり 学 生 と 共 に 地 域 の 実 践 現 場 に 出 かけたり 実 際 のプロジェクトにかかわりながら 学 ぶことが 可 能 です 自 分 に ぴったり な 学 びを 見 つける 3つの 科 目 群 から 社 会 福 祉 士 精 神 保 健 福 祉 士 として 社 会 福 祉 の 専 門 家 社 会 福 祉 学 を 活 かしたビジネスやマネジメントと 自 分 に ぴったりな 学 びを 見 つけることをサポートし ます 自 分 がどのような 将 来 像 を 描 くのか 自 分 の 学 びを 自 分 でデザインすることができ ます プロジェクト 学 習 で 大 学 を 超 える in 今 治 市 玉 川 カタリナ LABO 今 治 市 玉 川 町 にあるふれあい 茶 屋 との 協 働 事 業 で 地 域 を 舞 台 とした 学 びを 行 っています 学 びを 実 践 に 実 践 を 学 びに プロジェクトを 自 分 で 立 ち 上 げ 実 践 する 力 を 身 につけます カタリナ 実 習 教 育 社 会 福 祉 士 養 成 の 中 核 となる 実 習 教 育 伝 統 のある 聖 カタリナの 実 習 教 育 は 中 四 国 の 養 成 校 の 中 で 先 進 的 な 取 り 組 みとして 注 目 を 浴 びています 考 える 力 を 育 てる 大 学 教 育 社 会 福 祉 学 の 視 点 から 社 会 を 分 析 する 力 を 涵 養 していきます 知 識 を 得 るだけでなく その 知 識 を 用 いて 考 えることを 大 切 にしてい ます 02

4 社 会 福 祉 学 科 社 会 福 祉 専 攻 玉 井 建 三 Tamai Kenzo 地 域 文 化 論 江 戸 東 京 学 地 域 文 化 論 人 文 地 理 学 地 球 環 境 論 日 本 事 情 Ⅰ 生 活 文 化 入 門 星 川 奨 学 会 選 考 委 員 松 山 市 環 境 審 議 会 委 員 愛 媛 県 立 北 条 高 等 学 校 評 価 委 員 暮 らしと 伝 統 文 化 に 関 する 空 間 構 造 鷹 尾 雅 裕 Takao Masahiro 精 神 障 害 者 福 祉 心 理 学 社 会 医 学 精 神 保 健 福 祉 制 度 論 精 神 保 健 福 祉 論 精 神 保 健 福 祉 援 助 演 習 精 神 保 健 福 祉 現 場 実 習 一 般 財 団 法 人 清 和 会 理 事 一 般 財 団 法 人 創 精 会 苦 情 解 決 第 三 者 委 員 こころが 怪 我 をした 場 合 の 症 状 と 対 処 法 山 本 克 司 Yamamoto Katsushi 憲 法 ( 人 権 論 ) 権 利 擁 護 ( 高 齢 者 虐 待 防 止 ) 法 学 と 社 会 福 祉 の 人 権 が 絡 む 学 際 領 域 憲 法 概 説 法 学 Ⅰ Ⅱ 行 政 法 社 会 福 祉 法 制 論 Ⅰ Ⅱ 権 利 擁 護 と 成 年 後 見 愛 媛 県 社 会 福 祉 協 議 会 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 契 約 締 結 審 査 会 委 員 長 愛 媛 県 人 権 施 策 推 進 協 議 会 副 会 長 松 山 市 人 権 啓 発 施 策 推 進 審 議 会 委 員 公 益 財 団 法 人 松 山 国 際 交 流 協 会 理 事 社 会 福 祉 法 人 聖 カタリナ 特 別 養 護 老 人 ホーム 聖 マルチンの 家 理 事 長 代 行 愛 媛 県 ドメステック バイオレンス 防 止 対 策 推 進 会 議 委 員 愛 媛 県 いじめ 問 題 対 策 本 部 会 議 いじめ 対 策 アドバイザー 委 員 基 本 的 人 権 のお 話 矢 島 伸 浩 Yajima Nobuhiro 経 営 学 経 営 学 概 論 社 会 起 業 論 マーケ ティング 論 人 的 資 源 管 理 論 キャ リアデザイン 愛 媛 労 働 局 職 業 安 定 部 所 掌 委 託 事 業 各 種 委 員 会 公 益 財 団 法 人 オイスカ 愛 媛 県 支 部 特 定 非 営 利 活 動 法 人 AMDA 社 会 開 発 機 構 NPO 法 人 ドリー ム ガールズ プロジェクト 企 業 の 経 営 戦 略 従 業 員 の 教 育 訓 練 佐 々 木 裕 子 Sasaki Hiroko カトリック 社 会 教 説 と 国 際 福 祉 国 際 協 力 開 発 教 育 社 会 福 祉 論 社 会 福 祉 発 達 史 国 際 福 祉 論 国 際 NPO NGO 論 社 会 福 祉 実 習 系 科 目 高 松 教 区 青 少 年 司 牧 委 員 松 山 市 市 民 活 動 推 進 委 員 Table for Two 実 施 拡 大 のための 啓 発 全 四 国 大 学 バス ケットボール 連 盟 理 事 世 界 がもし 100 人 の 村 だったらあなたはどんな 村 人? 恒 吉 和 徳 Tsuneyoshi Kazunori 高 齢 者 福 祉 社 会 保 障 福 祉 専 門 職 養 成 老 人 福 祉 論 社 会 保 障 論 Ⅰ Ⅱ 福 祉 行 財 政 論 福 祉 科 教 育 法 教 育 実 習 愛 媛 県 行 政 評 価 システム 外 部 評 価 委 員 松 山 市 社 会 福 祉 審 議 会 委 員 松 山 市 民 生 委 員 推 薦 会 委 員 長 松 山 市 社 会 福 祉 施 設 整 備 審 査 会 委 員 西 条 市 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 委 員 私 たちの 生 活 と 社 会 福 祉 03

5 社 会 福 祉 学 科 社 会 福 祉 専 攻 畔 地 利 枝 Azechi Toshie 大 野 裕 司 Ono Yuji 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 社 会 福 祉 ( 主 に 児 童 家 庭 福 祉 分 野 ) 児 童 家 庭 福 祉 論 社 会 福 祉 援 助 技 術 論 Ⅱ 社 会 福 祉 援 助 技 術 演 習 Ⅰ Ⅲ 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 指 導 Ⅰ Ⅱ 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 ボランティア 論 児 童 虐 待 事 例 評 価 検 討 会 議 委 員 社 会 福 祉 法 人 愛 媛 県 社 会 福 祉 事 業 団 苦 情 解 決 第 三 者 委 員 松 山 市 社 会 福 祉 審 議 会 委 員 松 山 市 障 がい 者 総 合 支 援 協 議 会 委 員 松 山 市 都 市 計 画 審 議 会 委 員 子 どもはかぜのこ げんきなこ 心 も 体 も 人 間 関 係 も 元 気? 音 楽 療 法 文 化 社 会 学 ピアノ 奏 法 ヴァイオリン 奏 法 生 活 と 音 楽 音 楽 療 法 文 化 社 会 学 基 礎 演 習 Ⅰ 音 楽 実 技 Ⅰ Ⅱ 日 本 弦 楽 指 導 者 協 会 愛 媛 県 支 部 正 会 員 日 本 クラシック 音 楽 コンクール 愛 媛 県 審 査 員 音 楽 療 法 入 門 丹 下 美 輪 Tange Miwa 高 杉 公 人 Takasugi Kimihito 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 心 身 の 健 康 精 神 障 害 者 福 祉 実 習 精 神 科 リハビリテーション 学 Ⅰ Ⅱ 精 神 保 健 福 祉 援 助 演 習 精 神 保 健 福 祉 実 習 指 導 現 場 実 習 イ ンターンシップ 松 山 市 障 害 者 介 護 給 付 認 定 審 査 委 員 松 山 市 自 立 支 援 協 議 会 サービス 等 利 用 計 画 等 評 価 部 会 員 愛 媛 県 精 神 医 療 審 査 会 委 員 NPO 法 人 ほっとねっと 社 員 ほっとねっと 松 山 会 員 精 神 疾 患 を 自 分 の 問 題 として 考 えていますか? 地 域 福 祉 ( 地 域 福 祉 計 画 福 祉 の まちづくり) 国 際 福 祉 ( 社 会 開 発 コミュニティ 開 発 ) 社 会 福 祉 原 論 Ⅰ Ⅱ 地 域 福 祉 論 Ⅰ Ⅱ 社 会 福 祉 士 実 習 演 習 系 科 目 福 祉 社 会 開 発 入 門 国 際 福 祉 論 (フィリピン 研 修 ) 日 本 社 会 福 祉 士 養 成 校 協 会 国 家 試 験 合 格 支 援 委 員 会 委 員 日 本 社 会 福 祉 士 会 中 四 国 ブロック 運 営 委 員 第 2 期 大 阪 市 地 域 福 祉 活 動 計 画 の 地 域 福 祉 支 援 部 会 委 員 ( 岩 間 伸 之 部 会 長 ) ご 近 所 パワーで 福 祉 のまちづくり 釜 野 鉄 平 Kamano Teppei 村 上 佳 子 Murakami Yoshiko 人 間 健 康 福 祉 学 部 講 師 人 間 健 康 福 祉 学 部 助 教 ノーマリゼーション( 高 齢 者 福 祉 ) 医 療 福 祉 論 社 会 福 祉 援 助 技 術 論 Ⅱ 社 会 福 祉 援 助 技 術 演 習 Ⅰ Ⅲ 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 指 導 Ⅰ Ⅱ 人 間 の 尊 厳 と 自 立 日 本 人 間 関 係 学 会 倫 理 委 員 会 副 委 員 長 日 本 福 祉 図 書 文 献 学 会 評 議 員 広 島 市 中 途 失 聴 難 聴 者 協 会 主 管 要 約 筆 記 者 養 成 講 座 講 師 1 社 会 福 祉 って 何 だ? 社 会 福 祉 入 門 ( 歴 史 や 理 念 制 度 ) 2 相 談 援 助 を 体 験 してみよう! 精 神 医 学 ソーシャルワーク 精 神 科 ソーシャルワーク 論 精 神 保 健 福 祉 援 助 技 術 各 論 Ⅰ Ⅱ 精 神 保 健 福 祉 援 助 演 習 ( 基 礎 ) ( 専 門 Ⅰ Ⅱ) 精 神 保 健 福 祉 実 習 指 導 精 神 保 健 福 祉 現 場 実 習 NPO 法 人 ほっとねっと 理 事 こころの 危 機 と 暮 らしに 寄 り 添 う 専 門 職 を 紹 介 します 04

6 社 会 福 祉 学 科 社 会 福 祉 専 攻 近 藤 益 代 Kondo Masuyo 人 間 健 康 福 祉 学 部 助 教 社 会 福 祉 ( 主 に 障 害 者 福 祉 分 野 ) 障 害 者 福 祉 論 就 労 支 援 論 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 指 導 Ⅰ Ⅱ 社 会 福 祉 援 助 技 術 演 習 Ⅰ Ⅲ 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 権 利 擁 護 センターぱあとなあ 愛 媛 成 年 後 見 人 等 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ネセサリーフォー 役 員 ソーシャルワーカー こう 生 きたい! を 応 援 する 社 会 福 祉 士 の 仕 事 役 割 05

7 人 間 健 康 福 祉 学 部 社 会 福 祉 学 科 介 護 福 祉 専 攻 1. 少 人 数 制! 聖 カタリナで 介 護 福 祉 を 学 ぶ3つの 特 長 本 学 の 介 護 福 祉 専 攻 は 少 人 数 制 を 採 っており 1 学 年 の 定 員 が 20 名 です 介 護 福 祉 専 攻 のみでの 授 業 が 多 く これにより 学 生 一 人 ひ とりに 教 員 の 目 が 届 きやすくなっています また 学 生 同 士 も 学 年 枠 を 超 えて 交 流 協 力 しており 学 生 主 催 で 歓 迎 会 や 送 別 会 も 行 ってい ますし 介 護 福 祉 実 習 では 先 輩 からアドバイスを 得 ることもあります 介 護 福 祉 実 習 は 長 期 に 渡 るため 実 習 前 実 習 中 は 挫 けそうになるこ とも 多 々あります そんな 時 には 少 人 数 制 のメリットを 生 かし 教 員 先 輩 同 級 生 後 輩 からの 励 ましで 乗 り 切 っていきましょう 2. 大 学 構 内 に 実 習 施 設 がある! 大 学 の 構 内 徒 歩 1 分 の 所 に 特 別 養 護 老 人 ホーム 聖 マルチンの 家 があります 聖 マルチンの 家 は 本 学 の 系 列 施 設 であり 介 護 福 祉 実 習 以 外 にも 授 業 内 容 に 応 じて 訪 問 し 現 場 を 体 験 しながらの 授 業 を 行 っています 授 業 で 実 際 に 現 場 を 体 験 できることは 介 護 福 祉 実 習 に 行 くための 準 備 に 大 いに 役 立 っています 3. 就 職 率 は 毎 年 100%! 介 護 福 祉 専 攻 は 今 年 度 で 開 設 16 年 を 迎 えます この 16 年 間 で 変 わらないものの 一 つに 就 職 率 の 高 さが 挙 げられます 毎 年 愛 媛 県 内 はもとより 県 外 からの 介 護 職 員 の 求 人 があり 100%の 就 職 率 を 保 っ ています このことから 本 学 は 社 会 から 求 められる 介 護 福 祉 士 の 養 成 校 である と 自 負 しています 介 護 福 祉 士 と 社 会 福 祉 士 の 両 国 家 試 験 受 験 資 格 が 得 られる! 4 年 制 の 最 大 の 特 徴 ともいえる 両 国 家 試 験 受 験 資 格 については 将 来 の 仕 事 内 容 の 幅 が 広 がるだけでなく 両 国 家 試 験 の 科 目 を 学 習 することで お 互 いの 資 格 への 共 通 理 解 という 効 果 も 期 待 できます 介 護 福 祉 士 の 学 習 は 身 体 上 又 は 精 神 上 の 障 がいがあることにより 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 方 への 心 身 の 状 況 に 応 じた 介 護 の 提 供 につ いて また 社 会 福 祉 士 は 福 祉 に 関 する 相 談 に 応 じ 助 言 指 導 福 祉 サービスの 提 供 医 師 その 他 の 保 健 医 療 関 係 者 との 連 携 の 重 要 性 について 学 習 しています この 両 資 格 について 同 時 並 行 で 学 んでいくことは 容 易 ではありま せんが 相 乗 効 果 はあります 介 護 福 祉 だけでなく 社 会 福 祉 全 般 に 通 じた 介 護 福 祉 士 養 成 が 本 学 の 自 慢 です 06

8 社 会 福 祉 学 科 介 護 福 祉 専 攻 秋 山 昌 江 Akiyama Masae 武 村 淳 司 Takemura Junji 人 間 健 康 福 祉 学 部 講 師 介 護 福 祉 学 高 齢 者 ケア 領 域 介 護 福 祉 概 論 Ⅰ Ⅳ こころとから だのしくみⅠ Ⅱ 認 知 症 の 理 解 Ⅰ Ⅱ 発 達 と 老 化 の 理 解 Ⅱ 医 療 的 ケ アⅠ Ⅳ 愛 媛 県 地 域 密 着 型 サービス 評 価 委 員 会 副 委 員 長 愛 媛 県 福 祉 サービス 第 三 者 評 価 委 員 愛 媛 県 介 護 普 及 センター 運 営 委 員 会 委 員 愛 媛 県 社 会 福 祉 協 議 会 介 護 実 技 普 及 指 導 講 師 社 会 福 祉 法 人 聖 カタリナ 特 別 養 護 老 人 ホーム 聖 マルチンの 家 評 議 委 員 愛 媛 県 防 災 会 議 委 員 えひめ 福 祉 用 具 フェア 実 行 委 員 会 委 員 愛 媛 県 社 会 福 祉 法 人 社 会 福 祉 事 業 団 理 事 認 知 症 サポーターになろう! 高 齢 者 福 祉 福 祉 用 具 生 活 支 援 技 術 Ⅰ Ⅱ 介 護 過 程 Ⅰ Ⅴ 介 護 福 祉 概 論 Ⅴ コミュニケー ション 技 術 Ⅰ Ⅱ 介 護 総 合 演 習 (2 3 年 生 ) 介 護 実 習 (2 3 年 生 ) 認 知 症 の 人 と 家 族 の 会 愛 媛 県 支 部 お 世 話 人 ( 監 事 ) 社 会 福 祉 法 人 聖 カタリナ 特 別 養 護 老 人 ホーム 聖 マルチンの 家 第 三 者 委 員 愛 媛 県 シルバー 人 材 センター 連 合 会 介 護 職 員 初 任 者 研 修 講 師 福 祉 用 具 を 使 ってみよう! 07

9 人 間 健 康 福 祉 学 部 人 間 社 会 学 科 複 雑 化 する 現 代 社 会 を 生 き 抜 くために 聖 カタリナ 大 学 人 間 社 会 学 科 の 特 色 社 会 学 と 心 理 学 が 同 時 に 学 べる!! ヒューマン スキルと 課 題 探 求 能 力 が 身 に 付 く!! 専 門 的 な 資 格 の 取 得 が 可 能!! 社 会 調 査 士 認 定 心 理 士 産 業 カウンセラー( 受 験 資 格 ) 中 学 高 校 教 員 免 許 人 間 社 会 学 科 のイメージ 図 2 系 統 の 科 目 群 を 学 び 専 門 性 を 磨 く 聖 カタリナ 大 学 の 人 間 社 会 学 科 は 社 会 学 と 心 理 学 の 両 方 の 専 門 的 知 識 を 学 ぶことができ る 愛 媛 県 内 唯 一 の 学 科 です 社 会 のさまざま な 組 織 集 団 制 度 のしくみや 人 間 の 心 理 やコミュニケーションのメカニズムについて の 理 解 を 深 めることで 実 社 会 で 必 要 とされ る 高 い 課 題 探 求 能 力 とヒューマンスキルを 持 った 人 材 の 育 成 を 目 指 しています 08

10 人 間 社 会 学 科 坂 原 明 Sakahara Akira 松 尾 浩 一 郎 Matsuo Koichiro 臨 床 心 理 学 カウンセリング ベー シック エンカウンター グループ 社 会 心 理 学 カウンセリング グルー プ コミュニケーション 発 達 臨 床 心 理 学 日 本 心 理 学 諸 学 会 連 合 心 理 学 検 定 局 局 員 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 教 育 学 部 付 属 特 別 支 援 学 校 第 三 者 評 価 委 員 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 教 育 カウンセラー 協 会 評 議 員 愛 媛 教 育 カウンセラー 協 会 副 代 表 社 団 法 人 日 本 産 業 カウ ンセラー 協 会 委 嘱 実 技 能 力 評 価 委 員 ( 四 国 支 部 担 当 ) 対 人 関 係 の 心 理 学 発 達 心 理 学 感 情 心 理 学 心 理 学 Ⅰ Ⅱ 発 達 心 理 学 教 育 心 理 学 教 職 実 践 演 習 教 育 実 習 愛 媛 県 看 護 協 会 保 健 師 助 産 師 看 護 師 実 習 指 導 者 講 習 会 講 師 ( 教 育 心 理 学 担 当 年 まで) 中 高 生 のための 心 理 学 入 門 徳 田 剛 Tokuda Tsuyoshi 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 長 尾 由 希 子 Nagao Yukiko 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 理 論 社 会 学 地 域 社 会 学 災 害 社 会 学 コミュニケーション 概 論 サービス コミュニケーション 論 心 理 社 会 調 査 法 経 済 社 会 学 量 的 データの 解 析 都 市 社 会 学 震 災 10 年 市 民 検 証 研 究 会 拡 大 幹 事 会 メ ンバー 2011 年 度 人 権 問 題 講 演 会 震 災 をとおして 人 権 を 考 える- 阪 神 淡 路 大 震 災 の 体 験 から 学 ぶ- コメンテーター 災 害 ボランティア 養 成 講 座 トータルアドバイ ザー 講 師 地 域 応 援 セミナーちゅうよ 第 2 分 科 会 つながる ひろがる 防 災 力!- 子 供 たちがつなぐ 地 域 と 防 災 講 師 コーディ ネーター 題 目 : 子 どもの 防 災 意 識 から 見 る 地 域 づくりの 課 題 ア ンケート 調 査 の 結 果 から 平 成 24 年 度 地 域 防 災 会 講 師 題 目 : 災 害 時 要 援 護 者 対 策 地 域 で 災 害 にどう 備 え 対 応 するか? 教 育 社 会 学 青 少 年 の 進 路 意 識 教 養 教 育 と 職 業 教 育 の 関 係 専 門 職 志 向 人 間 社 会 学 概 論 社 会 調 査 論 デー タ 分 析 の 基 礎 社 会 調 査 実 習 Ⅰ Ⅱ インターンシップ 教 育 社 会 学 ジェンダーの 社 会 学 環 境 社 会 学 愛 媛 県 男 女 共 同 参 画 会 議 委 員 平 成 25 年 度 愛 媛 県 教 育 委 員 会 点 検 評 価 報 告 書 ( 学 識 経 験 者 意 見 ) 愛 媛 県 雇 用 対 策 会 議 委 員 等 進 路 選 択 の 外 部 要 因 とは? 森 平 准 次 Moridaira Junji 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 臨 床 心 理 学 深 層 心 理 学 人 間 社 会 学 概 論 コミュニケー ション スキル 臨 床 心 理 学 臨 床 心 理 学 実 習 産 業 カウンセリン グ 心 理 検 査 法 実 習 心 理 療 法 教 育 相 談 の 理 論 と 方 法 無 意 識 の 心 の 世 界 大 黒 屋 貴 稔 Ooguroya Takatoshi 人 間 健 康 福 祉 学 部 講 師 理 論 社 会 学 知 識 社 会 学 現 代 ド イツ 社 会 学 社 会 学 Ⅰ Ⅱ 社 会 学 史 産 業 社 会 学 国 際 社 会 学 社 会 調 査 実 習 早 稲 田 社 会 学 会 理 事 候 補 推 薦 委 員 早 稲 田 社 会 学 会 研 究 活 動 委 員 1 中 高 生 のための 社 会 学 入 門 2 知 識 社 会 学 入 門 09

11 人 間 社 会 学 科 田 村 周 一 Tamura Shuichi 人 間 健 康 福 祉 学 部 講 師 理 論 社 会 学 医 療 社 会 学 アメリ カ 社 会 学 社 会 学 Ⅰ Ⅱ 社 会 調 査 論 データ 分 析 の 基 礎 社 会 調 査 実 習 Ⅰ Ⅱ 家 族 社 会 学 医 療 健 康 身 体 の 現 代 社 会 学 森 岡 陽 介 Morioka Yousuke 人 間 健 康 福 祉 学 部 講 師 感 情 心 理 学 認 知 神 経 心 理 学 生 理 心 理 学 心 理 学 Ⅰ Ⅱ 心 理 学 研 究 法 心 理 学 基 礎 実 験 Ⅰ Ⅱ 感 情 心 理 学 認 知 心 理 学 京 都 文 教 大 学 SAS 講 習 会 講 師 地 域 産 学 官 連 携 科 学 技 術 振 興 事 業 地 域 イノベーション 戦 略 支 援 プログラム け いはんな 学 研 都 市 ヘルスケア 開 発 地 域 MRI 室 研 究 員 コンソーシアム 愛 媛 インターンシップ 部 会 員 1 感 情 とは? - 喜 怒 哀 楽 の 起 源 - 2 人 が 恋 に 落 ちる 理 由 10

12 人 間 健 康 福 祉 学 部 健 康 スポーツ 学 科 健 康 的 な 社 会 づくりに 貢 献 できる 人 を 育 成 します 健 康 スポーツ 学 科 では ヘルスプロモーションや 健 康 教 育 ( 保 健 体 育 教 員 を 含 む)に 従 事 できる 人 スポーツビジネスやスポーツ 振 興 などの 分 野 で 活 躍 できる 人 を 育 成 します 取 得 できる 資 格 & 活 かせる 進 路 資 格 健 康 スポーツの 大 切 さを 教 える 中 学 校 高 等 学 校 教 諭 一 種 免 許 ( 保 健 体 育 ) 地 域 や 人 々の 健 康 づくりに 貢 献 する 健 康 運 動 指 導 士 健 康 運 動 実 践 指 導 者 ( 過 去 5 年 間 の 合 格 実 績 95.4%) 豊 かな 社 会 を 創 造 する 地 域 スポーツイベント 運 営 スポーツ 用 品 店 総 合 型 地 域 スポーツクラブ 福 祉 施 設 職 員 指 導 員 消 防 士 警 察 官 刑 務 官 NSCA 認 定 S&C スペシャリスト 障 害 者 スポーツ 指 導 員 ( 初 級 ) レクリエーション インストラクター 社 会 調 査 士 社 会 福 祉 主 事 任 用 資 格 特 色 大 学 が 健 康 づくりの 拠 点 になる 学 内 に 設 置 されたヘルスプロモーションセンター サルーテ には 最 新 のトレーニング 器 具 が 多 数 備 わっています この サ ルーテ では 授 業 で 習 得 した 知 識 を 基 に 実 際 の 健 康 指 導 について 学 習 することができます また サルーテ は 授 業 や 実 習 で 利 用 するだけでなく 地 域 の 住 民 にも 一 般 開 放 され サルーテ が 地 域 住 民 の 健 康 づくりの 懸 け 橋 となっています 特 色 愛 媛 マンダリン パイレーツでの 体 験 型 研 修 学 内 にある ヘルスプロモーションセンター サルーテ 主 体 的 な 学 び 体 験 的 な 学 びを 促 進 するカリキュラム 体 験 的 な 学 習 カリキュラム 健 康 スポーツインターンシップ トレーニング 実 習 キッズスポーツ 指 導 実 践 健 康 づくり 指 導 法 高 齢 者 運 動 指 導 実 践 レクリエーション 指 導 法 運 動 処 方 実 習 トレーニング 施 設 指 導 実 践 教 育 実 習 など 多 数 愛 媛 県 レクリエーション 大 会 でのスタッフ 参 加 の 様 子 特 色 高 い 就 職 率! 96.0% ( 健 康 スポーツマネジメント 専 攻 H26 年 度 実 績 ) 主 な 就 職 先 タニタフィッツミー フジスポーツクラブフィッタ ベストケア カワ イ 体 育 教 室 フクヤスポーツ 済 生 会 松 山 病 院 愛 媛 トヨタ 自 動 車 フジ 道 後 温 泉 病 院 障 害 者 支 援 施 設 アイル 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 大 阪 府 警 察 本 部 愛 媛 県 警 察 本 部 愛 媛 綜 合 警 備 保 障 刑 務 官 サントリービバレッ ジサービス パールズ 体 操 教 室 など 健 康 スポーツ 学 科 ではさらに 保 健 体 育 教 員 リハビリセンター 健 康 増 進 施 設 公 務 員 ( 消 防 士 警 察 官 市 役 所 ) 等 へも 進 路 が 広 がることが 期 待 されます 11

13 健 康 スポーツ 学 科 山 本 万 喜 雄 Yamamoto Makio 学 校 保 健 健 康 教 育 地 域 に 根 ざ した 子 育 て 支 援 活 動 発 達 保 障 教 職 論 発 育 発 達 論 障 害 者 の 心 理 発 達 心 理 学 Ⅰ Ⅱ 松 山 市 保 健 所 はじめてのパパ ママのための 教 室 講 師 松 前 町 保 健 センター ウェル カムベビースクール 講 師 生 活 協 同 組 合 コープえひめ 有 識 者 理 事 愛 媛 大 学 医 学 部 非 常 勤 講 師 徳 島 大 学 医 学 部 非 常 勤 講 師 NPO 法 人 スペシャルオリンピックス 日 本 愛 媛 理 事 長 健 康 観 の 形 成 高 橋 哲 夫 Takahashi Tetsuo CAI 情 報 リテラシーⅠ Ⅱ 基 礎 演 習 Ⅰ Ⅱ 福 祉 情 報 システム 論 情 報 処 理 入 門 つくりながら 学 ぶプログラミング -ホームページで 動 かそう Java アプレット- 稲 田 俊 治 Inada Toshiharu スポーツ 社 会 学 ( 地 域 スポーツ 論 ) 地 域 住 民 のスポーツニーズと 環 境 スポーツ 社 会 学 概 論 生 涯 スポーツ 論 コミュニティスポーツ 論 健 康 社 会 学 体 育 理 論 社 会 学 概 論 松 山 市 ふれあい いきいきサロン 介 護 予 防 推 進 チーム 委 員 高 知 県 スポーツ 推 進 審 議 会 副 会 長 高 知 県 生 涯 スポーツ 推 進 協 議 会 会 長 NPO 法 人 高 知 県 幼 児 体 育 研 究 会 理 事 長 1スポーツの 楽 しさとその 条 件 2 地 域 スポーツの 機 能 と 振 興 方 策 ロウ,リンダ クリステイン Rowe, Linda Christine 英 語 異 文 化 結 婚 ジェンダー に 関 すること 英 語 Ⅱ Ⅳ 基 礎 演 習 Ⅰ 1 英 語 の 誤 り 2 結 婚 - 社 会 的 個 人 的 な 影 響 宮 武 信 枝 Miyatake Nobue キリスト 教 聖 書 学 宗 教 文 化 スペイン( 語 ) 国 際 社 会 福 祉 キリスト 教 学 スペイン 語 Ⅰ Ⅱ キリスト 教 と 福 祉 宗 教 学 概 論 国 際 福 祉 論 (スペイン 海 外 研 修 コース) 旅 するわたしたち 寺 尾 寿 芳 Terao Kazuyoshi 神 学 宗 教 学 人 間 学 キリスト 教 学 キリスト 教 人 間 学 哲 学 概 論 倫 理 学 概 論 トインビー 地 球 市 民 の 会 会 員 1 諸 宗 教 の 対 話 (キリスト 教 と 仏 教 を 中 心 に) 2 死 生 学 ( 死 者 と 生 者 の 交 わり) 12

14 健 康 スポーツ 学 科 桂 和 仁 Katsura Kazuhito 丸 山 裕 司 Maruyama Yuji 心 理 学 臨 床 スポーツ 心 理 学 心 理 学 概 論 健 康 心 理 学 臨 床 心 理 学 体 育 理 論 基 礎 演 習 Ⅱ 1 体 験 的 認 識 法 を 援 用 した 自 己 実 現 への 出 発 2 気 分 の 状 態 がどう 日 常 生 活 やスポーツパフォーマンス に 影 響 するのか? 高 齢 期 における 健 康 運 動 について 機 能 解 剖 学 臨 床 体 力 学 リハビ リテーション 論 介 護 福 祉 概 論 Ⅱ 健 康 づくり 指 導 法 全 国 健 康 保 険 協 会 愛 媛 支 部 健 康 づ くり 推 進 協 議 会 委 員 愛 媛 県 体 育 協 会 スポーツ 医 科 学 委 員 会 委 員 松 山 市 社 会 福 祉 協 議 会 介 護 予 防 サロン 推 進 チーム 人 々の 健 康 を 支 える 運 動 田 中 忍 Tanaka Shinobu 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 曽 我 部 敦 介 Sogabe Shunsuke 人 間 健 康 福 祉 学 部 准 教 授 スポーツ 医 学 バレーボール 健 康 とスポーツ スポーツ 実 技 (バ レーボール) 体 育 実 技 基 礎 演 習 Ⅰ インターンシップ 体 育 Ⅱ ( 実 技 ) 愛 媛 県 アスレティックトレーナー 協 議 会 会 員 愛 媛 県 大 学 バレーボール 連 盟 理 事 1 応 急 処 置 とケガの 予 防 ( 講 義 ) 2テーピング( 実 習 ) 武 道 ( 剣 道 ) レクリエーション レクリエーション 概 論 障 害 者 スポーツ 教 育 実 習 体 育 Ⅰ( 理 論 ) 体 育 Ⅱ( 実 技 ) 1レクリエーション 体 験 2 剣 道 体 験 大 西 史 晃 Onishi Fumiaki 人 間 健 康 福 祉 学 部 講 師 アスレティックトレーニング フィジカルトレーニング キッズ スポーツ サッカー トレーニング 論 トレーニング 実 習 トレーニング 施 設 指 導 実 践 キッズスポーツ 指 導 実 践 健 康 福 祉 インターンシップ 愛 媛 県 スポーツ 医 科 学 委 員 会 委 員 愛 媛 県 競 技 力 向 上 協 力 提 携 協 議 会 協 議 員 愛 媛 県 サッカー 協 会 パフォーマンス 向 上 委 員 会 副 委 員 長 松 山 市 体 育 協 会 普 及 委 員 会 委 員 NSCA( 全 米 S&C 協 会 ) 日 本 支 部 中 四 国 エリアディレクター 健 康 運 動 スポーツの 力 芳 地 泰 幸 Houchi Yasuyuki 人 間 健 康 福 祉 学 部 助 教 組 織 論 組 織 行 動 論 スポーツマ ネジメント 論 組 織 開 発 論 産 業 組 織 心 理 学 健 康 スポーツ 実 習 Ⅴ 現 代 社 会 特 別 講 義 Ⅰ 基 礎 演 習 Ⅱ 健 康 スポー ツインターンシップ 復 興 大 学 地 域 復 興 支 援 ワンストップサービス 事 業 ( 石 巻 センター)セミナー 講 師 1スポーツ 組 織 のリーダーシップ - 選 手 が 躍 動 し 成 果 を 上 げるために 大 切 なこと- 2スポーツ 選 手 の やる 気 のメカニズムとは -アメとムチでやる 気 は 高 められる? - 13

15 保 短 期 大 学 部 育 学 科 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 保 育 学 科 の3つの 特 長 1. 保 育 の 喜 びとやりがいを 育 てます 2. キャンパス 内 で 子 育 てに 親 しみ 子 どもにふれあえます 3. 学 びのセイカ: 就 職 率 100%!! 1. の 理 由 担 任 制 で 保 育 者 への 学 びをサポート ピアノ 個 人 練 習 室 - 充 実 の 48 室 学 生 主 体 の 学 びの 発 表 カタリナキャンプ カタリナキャンプの1 場 面 ピアノ 個 人 練 習 室 2. の 理 由 子 育 て 支 援 ひろば ぽけっと キャンパス 内 に 附 属 の 施 設 が あります 子 育 て 支 援 ひろば ぽけっと 聖 カタリナ 大 学 短 期 大 学 部 附 属 幼 稚 園 3. の 理 由 就 職 を 見 据 えた 授 業 内 容 とカリキュラム 保 育 現 場 にいる 卒 業 生 と の 広 いつながり 附 属 幼 稚 園 に 勤 める 卒 業 生 14

16 保 育 学 科 藤 井 澄 子 Fujii Sumiko 保 育 学 科 教 授 日 野 幸 子 Hino Sachiko 保 育 学 科 教 授 音 楽 療 法 音 楽 教 育 保 育 内 容 ( 表 現 ) キリスト 教 音 楽 保 育 内 容 (リズム 表 現 ) 音 楽 実 技 Ⅰ Ⅱ 教 育 実 習 日 本 音 楽 療 法 学 会 渉 外 委 員 長 第 9 回 日 本 音 楽 療 法 学 会 四 国 支 部 学 術 大 会 大 会 長 保 育 における 音 楽 パフォーマンス 子 どもの 表 現 力 を 高 める ピアノ 演 奏 法 芸 能 芸 術 社 会 的 コミュニケーション 各 教 科 の 教 育 ( 音 楽 ) 基 礎 音 楽 音 楽 実 技 Ⅰ Ⅱ 近 代 日 本 の 音 楽 文 化 変 容 - 異 文 化 受 容 過 程 で 何 が 起 こったか- 中 島 紀 子 Nakajima Noriko 保 育 学 科 教 授 大 上 紋 子 Oue Ayako 保 育 学 科 教 授 保 育 指 導 法 子 育 て 支 援 乳 児 保 育 保 育 原 理 乳 児 保 育 Ⅰ Ⅱ 保 育 内 容 総 論 保 育 形 態 論 保 育 実 習 指 導 Ⅰ Ⅱ 保 育 教 職 実 践 演 習 ( 幼 稚 園 ) 乳 児 期 の 成 長 発 達 とその 援 助 乳 幼 児 の 身 体 表 現 幼 児 体 育 レ クリエーション 基 礎 体 育 保 育 内 容 ( 身 体 表 現 ) ( 総 合 表 現 ) レクリエーション 概 論 レクリエーション 指 導 法 Ⅰ Ⅱ レクリエーション 指 導 実 習 愛 媛 県 体 操 協 会 常 任 理 事 愛 媛 県 女 子 体 育 連 盟 理 事 社 会 福 祉 法 人 風 早 偕 楽 園 評 議 員 理 事 日 本 レク 協 会 公 認 指 導 者 養 成 課 程 認 定 校 研 究 連 絡 会 議 幹 事 まつやま 笑 顔 の 子 育 て 支 援 応 援 会 議 作 業 部 会 員 平 成 27 年 度 四 国 地 区 大 学 体 育 連 盟 理 事 乳 幼 児 の 身 体 表 現 活 動 松 井 寿 美 子 Matsui Sumiko 保 育 学 科 准 教 授 乳 幼 児 の 造 形 表 現 造 形 教 育 絵 画 絵 本 児 童 文 学 視 聴 覚 教 材 基 礎 図 画 工 作 保 育 内 容 ( 造 形 表 現 ) ( 総 合 表 現 ) 保 育 情 報 リテ ラシー 保 育 教 職 実 践 演 習 ( 幼 稚 園 ) 1 乳 幼 児 の 造 形 表 現 活 動 2 生 活 の 中 にアートを 仲 野 由 香 利 Nakano Yukari 子 育 て 支 援 学 校 保 健 子 どもの 保 健 Ⅰ 保 育 内 容 ( 健 康 ) ( 人 間 関 係 ) 保 育 者 論 子 どもの 健 康 増 進 保 育 学 科 講 師 15

17 保 育 学 科 竹 田 信 恵 Takeda Nobue 保 育 学 科 講 師 遠 藤 文 子 Endo Fumiko 保 育 学 科 講 師 幼 児 教 育 キリスト 教 キリスト 教 倫 理 学 教 育 原 理 家 庭 支 援 論 保 育 実 習 指 導 保 育 とはどのような 営 みか 教 育 学 教 育 相 談 福 祉 教 育 心 の 教 育 図 書 館 教 育 ( 絵 本 ) 教 育 相 談 保 育 相 談 支 援 相 談 援 助 障 害 児 保 育 保 育 実 習 Ⅰ Ⅲ 心 の 教 育 いのち について 考 えよう 小 幡 章 子 Obata Shoko 保 育 学 科 助 教 一 色 玲 子 Isshiki Reiko 保 育 学 科 助 教 絵 本 児 童 文 学 読 書 支 援 保 育 内 容 ( 言 葉 ) 教 育 実 習 保 育 教 職 実 践 演 習 ( 幼 稚 園 ) 日 本 の 文 学 日 本 語 表 現 岡 山 子 どもの 本 の 会 運 営 委 員 子 どもの 言 葉 を 育 てよう! 絵 本 物 語 の 読 み 聞 かせ 方 を 中 心 に 保 育 者 養 成 製 作 学 習 の 評 価 子 どもの 食 と 栄 養 保 育 実 習 指 導 Ⅰ Ⅱ 保 育 実 習 Ⅰ Ⅱ 保 育 情 報 リテラシー 保 育 教 職 実 践 演 習 ( 幼 稚 園 ) 子 どもの 衣 食 住 16

18 17

19

20

下 記 のとおり 出 張 講 義 を 依 頼 します 学 校 名 等 ご 担 当 者 希 望 講 義 ご 希 望 の 学 科 と No.を 選 択 し 名 を ご 記 入 ください 氏 電 名 話 E-mail 第 1 希 望 第 2 希 望 出 張 講 義 申 込 書 本 学 の 授 業 や 学

下 記 のとおり 出 張 講 義 を 依 頼 します 学 校 名 等 ご 担 当 者 希 望 講 義 ご 希 望 の 学 科 と No.を 選 択 し 名 を ご 記 入 ください 氏 電 名 話 E-mail 第 1 希 望 第 2 希 望 出 張 講 義 申 込 書 本 学 の 授 業 や 学 夢 を 叶 え る 学 び が あ る 平 成 28 年 度 教 員 紹 介 出 張 講 義 のご 案 内 下 記 のとおり 出 張 講 義 を 依 頼 します 学 校 名 等 ご 担 当 者 希 望 講 義 ご 希 望 の 学 科 と No.を 選 択 し 名 を ご 記 入 ください 氏 電 名 話 E-mail 第 1 希 望 第 2 希 望 出 張 講 義 申 込 書 本 学 の 授 業 や

More information

シラバス_人間関係_2016

シラバス_人間関係_2016 目 次 (カリキュラム 順 ) 聖 書 概 説 キリスト 教 の 歴 史 と 文 化 キリスト 教 人 間 学 First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A II First-year

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information

自己点検評価報告書

自己点検評価報告書 資 料 編 - 目 次 - 青 森 大 学 学 則... 1 青 森 大 学 大 学 院 学 則... 35 Ⅰ. 各 種 規 程... 45 青 森 大 学 部 長 会 規 程... 45 青 森 大 学 教 授 会 規 程... 47 青 森 大 学 教 務 委 員 会 規 程... 49 青 森 大 学 ファカルティ ディベロップメント(FD) 委 員 会 規 程... 51 青 森 大 学

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 あいち 福 祉 医 療 専 門 平 成 4 年 3 月 9 日 熊 崎 正 実 456-000 校 名 古 屋 市 熱 田 区 金 山 町 一 丁 目 7 番 3 号 ( 電 話 )05-678-80 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

平 成 27 年 度 教 育 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 の 管 理 及 び 執 行 の 状 況 の 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 事 業 ) 平 成 27 年 8 月 桑 名 市 教 育 委 員 会 1 2 3 4 5 平 成 26 年 度 施 策 評 価 シート 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 35000

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

尼学 17年度事業報告書

尼学 17年度事業報告書 尼 崎 学 園 児 童 憲 章 の 定 めに 基 づき 児 童 が 朗 らかな 家 庭 的 集 団 生 活 のなかで 心 身 ともに 健 やかに 育 ち 社 会 の 一 員 としての 責 任 を 自 主 的 に 果 たすことができるように 愛 情 知 識 及 び 技 術 をもって 導 くことを 基 本 として 運 営 にあたった また 施 設 を 地 域 に 開 放 するため 民 生 児 童 委 員

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

Microsoft Word - 2014-03-30 2014年度事業計画案 HP用 final

Microsoft Word - 2014-03-30 2014年度事業計画案 HP用 final 公 益 財 団 法 人 日 本 クリスチャン アカデミー 2014 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 事 業 計 画 基 本 方 針 本 年 度 当 財 団 は 以 下 の 基 本 方 針 を 掲 げ 諸 事 業 を 積 極 的 に 推 進 する 1. 事 業 の 展 開 定 款 に 定 められた 当 財 団 の 目 的 に 沿 って キリスト 教 精 神 に 基 づき 立 場 の 相 違 を 越 えた

More information

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 日 本 保 育 協 会 1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記

More information

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置 1 報 道 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 25 日 京 丹 後 市 役 所 解 禁 日 3 月 26 日 異 動 に 係 る 主 な 概 要 Ⅰ 組 織 機 構 は 従 来 どおり 297 人 の 人 事 異 動 1 組 織 機 構 は 従 来 どおりとし 行 政 事 務 職 での 係 体 制 と 組 織 横 断 的 な 連 携 体 制

More information

Ⅰ 基 準 10. 社 会 連 携 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされていること 10-1 の 視 点 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているか (1)10-1 の 事 実 の 説

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

Microsoft Word - 飯島2.rtf

Microsoft Word - 飯島2.rtf 平 成 25 年 度 公 益 財 団 法 人 京 都 府 体 育 協 会 事 業 計 画 公 1:スポーツ 普 及 活 動 促 進 事 業 1 スポーツ 活 動 の 推 進 に 関 する 事 業 (1) 国 民 体 育 大 会 等 派 遣 選 手 選 考 会 事 業 ( 公 財 ) 日 本 体 育 協 会 ( 以 下 日 体 協 という)が 国 及 び 開 催 地 の 都 道 府 県 と 共 同 して

More information

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準 2016 年 度 認 定 看 護 師 教 育 課 程 募 集 要 項 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において

More information

専 門 教 育 科 目 中 教 育 学 科 国 語 教 育 コース 公 務 員 一 般 企 業 ( 教 育 関 係 マスコミ 流 通 業 )への 就 職 を 目 指 す 履 修 モデル 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科

専 門 教 育 科 目 中 教 育 学 科 国 語 教 育 コース 公 務 員 一 般 企 業 ( 教 育 関 係 マスコミ 流 通 業 )への 就 職 を 目 指 す 履 修 モデル 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科 専 門 教 育 科 目 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科 目 日 本 語 学 概 論 2 日 本 語 表 現 2 国 語 科 内 容 論 A 2 日 本 文 学 概 論 2 日 本 文 学 Ⅰ( 古 典 ) 2 国 語 科 内 容 論 B 2 日 本 文 学 史 2 日 本 文 学 Ⅱ( 近 現 代 ) 2 国 語 科

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい 平 成 27 年 度 桑 名 市 一 般 会 計 当 初 予 算 補 助 金 交 付 金 一 覧 ( 単 位 : 円 ) 補 助 金 名 称 27 年 度 補 助 予 定 額 交 付 先 名 称 所 管 課 議 会 費 政 務 活 動 費 15,600,000 会 派 及 び 議 員 議 会 事 務 局 総 務 費 桑 名 市 友 好 都 市 推 進 事 業 助 成 金 300,000 桑 名 市

More information

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市 第 2 次 旭 川 市 障 害 者 計 画 の 進 捗 状 況 資 料 4 節 具 体 的 施 策 取 組 区 分 取 組 内 容 第 1 節 Ⅰ 生 活 支 援 1 相 談 体 制 の 整 備 (1) 各 相 談 支 援 機 関 の 連 携 強 化 旭 川 市 障 害 者 福 祉 センター 内 に, 旭 川 市 障 害 者 総 合 相 談 支 援 センターあそーと,かみかわ 相 談 支 援 センターねっと,

More information

02 2 5 4 5 4 4 0 7 7 4 4 0 4 0 0 0 4 4 4 4 4 4 4 4 0 4 4 0 0 4 4 0 0 2 4 4 0 0 0 4 7 7 0 0 4 4 4 4 4 4 2 2 4 4 4 4 4 4 4 0 4 0 4

02 2 5 4 5 4 4 0 7 7 4 4 0 4 0 0 0 4 4 4 4 4 4 4 4 0 4 4 0 0 4 4 0 0 2 4 4 0 0 0 4 7 7 0 0 4 4 4 4 4 4 2 2 4 4 4 4 4 4 4 0 4 0 4 文 部 科 学 省 認 可 通 信 育 放 送 大 学 表 平 成 年 度 () 第 2 学 期 0 3 テレビ 地 上 デジタル 放 送 ch ( 茨 城 栃 木 群 馬 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 の 各 一 部 ) BS 放 送 ch ラジオ FM 放 送 77.MHz( 東 京 局 ) 7.MHz( 前 橋 局 ) ( 茨 城 栃 木 群 馬 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 の

More information

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工 平 成 29 年 度 教 員 採 用 選 考 の 概 要 義 務 教 育 課 高 校 教 育 課 特 別 支 援 教 育 課 1 求 める 教 師 像 (1) 長 野 県 の 教 員 の 使 命 任 務 子 どもの 命 と 安 全 を 守 り 夢 や 可 能 性 を 育 む 専 門 性 を 磨 き 人 間 力 を 高 めるために 学 び 続 ける (2)こんな 人 を 求 めています 1 教 育 者

More information

06( 平 成 8) 年 度 後 授 業 間 割 火 曜 日 年 年 年 年 70 日 本 語 表 現 法 Ⅰ 工 藤 H B0 896 科 学 技 術 の 歴 史 石 川 * 897 総 合 教 養 発 展 ゼミナールⅡ 山 脇 全 897 総 合 教 養 発 展 ゼミナールⅡ 山 脇 全 8 文

06( 平 成 8) 年 度 後 授 業 間 割 火 曜 日 年 年 年 年 70 日 本 語 表 現 法 Ⅰ 工 藤 H B0 896 科 学 技 術 の 歴 史 石 川 * 897 総 合 教 養 発 展 ゼミナールⅡ 山 脇 全 897 総 合 教 養 発 展 ゼミナールⅡ 山 脇 全 8 文 06( 平 成 8) 年 度 後 授 業 間 割 月 曜 日 年 年 年 年 60 アスレティックトレーナー 概 論 辰 見 EFGH B0 06 教 職 保 健 体 育 科 教 育 法 Ⅱ 小 屋 CD B06 60 球 技 論 八 板 全 A0 07 教 職 教 職 実 践 演 習 日 高 他 全 B0 66 健 康 フィットネス 概 論 森 川 ABCD A0 06 教 職 保 健 体 育 科

More information

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした 7 / 23( 水 ) の 発 表 報 道 発 表 資 料 の 配 時 7 23 ( 水 ) 15 時 00分 発 表 項 目 子 ど も た ちの SOSに 気 づ き 耳 を 傾 ける ため の 実 践 研 修 の 開 催 に つ い て ( 行 事 名 ) * 皆 様 の 気 づ きが 大 切 な 生 命 を 未 来 に つ な ぎ ます * 概 要 道 で は 若 年 者 の 自 殺 予 防

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

平 成 27 年 度 学 年 暦 前 学 期 後 学 期 月 日 ( 曜 日 ) 摘 要 月 日 ( 曜 日 ) 摘 要 4 月 1 日 ( 水 ) 学 年 開 始 10 月 1 日 ( 木 ) 後 学 期 授 業 開 始 4 月 1 日 ( 水 ) 学 年 始 休 業 12 月 25 日 ( 金

平 成 27 年 度 学 年 暦 前 学 期 後 学 期 月 日 ( 曜 日 ) 摘 要 月 日 ( 曜 日 ) 摘 要 4 月 1 日 ( 水 ) 学 年 開 始 10 月 1 日 ( 木 ) 後 学 期 授 業 開 始 4 月 1 日 ( 水 ) 学 年 始 休 業 12 月 25 日 ( 金 平 成 27 年 度 (2015 年 ) 授 業 科 目 一 覧 および 授 業 時 間 割 茨 城 大 学 教 育 学 部 平 成 27 年 度 学 年 暦 前 学 期 後 学 期 月 日 ( 曜 日 ) 摘 要 月 日 ( 曜 日 ) 摘 要 4 月 1 日 ( 水 ) 学 年 開 始 10 月 1 日 ( 木 ) 後 学 期 授 業 開 始 4 月 1 日 ( 水 ) 学 年 始 休 業 12

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

放送大学-表紙

放送大学-表紙 放送大学を利用して 大学評価 学位授与機構で 学士を得ようとする方へ 平成24 2012 年度 イメージキャラクター まなぴー 平成24 2012 年度 放送大学を利用して大学評価 学位授与機構で学士を得ようとする方へ 261-8586 千葉市美浜区若葉2-11 電話番号 043-276-5111 総合受付 月 金 9時 18時 祝日を除く 音声ガイダンスに従って番号を選択してください 学生サポートセンターにつながります

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

1 開かれた教育行政の推進

1 開かれた教育行政の推進 平 成 28 年 度 太 田 市 教 育 行 政 方 針 太 田 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 4 月 1 開 かれた 教 育 行 政 の 推 進 (1) 教 育 行 政 の 点 検 評 価 の 実 施 と 情 報 公 開 教 育 委 員 会 が 実 施 した 施 策 の 評 価 を 自 ら 行 い 学 識 経 験 者 の 意 見 を 付 し 作 成 する 点 検 評 価 の 報 告 書

More information

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls 1 厚 木 市 総 合 計 画 将 来 のまちづくりに 向 けた 総 合 計 画 について 2 厚 木 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 につ いて 3 厚 木 市 ってどんなまち 厚 木 市 の 概 要 について 4 これからの 厚 木 市 の 公 共 施 設 の 在 り 方 について 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 や 将 来 にわたって 活 力 あるまちであり 続 ける ための 取

More information

平成28年度公認スポーツプログラマー養成講習会受講の手引き_表紙と本文.indd

平成28年度公認スポーツプログラマー養成講習会受講の手引き_表紙と本文.indd 平 成 28 年 度 公 認 スポーツプログラマー 養 成 講 習 会 受 講 の 手 引 き 主 催 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 協 会 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 後 援 ス ポ ー ツ 庁 ( 予 定 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 スポーツ 振 興 センター( 予 定 ) 平 成 28 年 度 公 認 スポーツプログラマー 養 成 講 習 会 開

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

社会福祉法人現況報告書

社会福祉法人現況報告書 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 社 会 福 祉 法 人 名 古 屋 市 熱 田 区 社 会 福 祉 協 議 会 非 公 表 456 - 愛 知 県 名 古 屋 市 熱 田 区 神 宮 三 丁 目 番 5 号 電 話 番 号 5-67 - 875 FAX 番 号 5-67 - 非 公 表 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 日 程 平 成 18 年 3 月 24 日 日 程 第 1 議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プ ー ル 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 ( 生 涯 学 習 政 策 課 スポーツ 課 ) 日 程 第 2 議 案 第 2 号 小 田 原 市 教 育 委 員 会 事 務

More information

国 際 化 対 応 能 力 を 培 う 国 際 教 育 拠 点 附 属 の 共 通 コンセプト 幼 児 児 童 生 徒 が 個 々の 発 達 に 応 じて 自 国 や 他 国 の 文 化 を 理 解 し 大 切 にする 態 度 を 養 うとともに 積 極 的 に 外 国 の 人 とコミュニケーションをとる 態 度 を 養 う 教 師 が 自 国 の 文 化 とともに 他 国 の 文 化 を 尊 重

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112 参 考 資 料 1. 第 三 次 箕 面 市 子 どもプランの 策 定 経 過 日 程 検 討 内 容 会 議 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 7 月 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 の 設 置 第 1 回 箕 面 市 子 ども 育 成 推 進 協 議 会 11 月 アンケート 調 査 票 第 1~2 回 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 12 月 3

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 地 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 倫 尚 園 在 宅 介 護 支 援 センター 北 九 州 市 八 幡 西 区 馬 場 山 東 1 丁 目 番 号 4 年 4 月 1 日 1 必 要 な 者 に 対

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 地 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 倫 尚 園 在 宅 介 護 支 援 センター 北 九 州 市 八 幡 西 区 馬 場 山 東 1 丁 目 番 号 4 年 4 月 1 日 1 必 要 な 者 に 対 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 倫 尚 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 祉 法 人 現 況 報 告 書 8 年 4 月 1 日 現 在 87-111 北 九 州 市 八 幡 西 区 馬 場 山 東 1 丁 目 番 号 電 話 番 号 9-617 - 577 FAX 番 号 9-618 - http://rinsyoukai.or.jp/

More information

1/ 7 平 成 26 年 度 公 立 高 校 の の 日 程 及 び 問 合 せ 窓 口 の 御 案 内 山 口 県 教 育 委 員 会 の 対 象 は 中 学 生 ( 行 事 名 に 印 のついたものは 中 学 3 年 生 ) 及 びその 保 護 者 並 びに 中 学 校 教 員 です なお 中 学 生 中 学 3 年 生 には 周 防 大 島 高 校 8 月 9 日 ( 土 ) 8:40~12:00

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

平成25年度 事業報告書

平成25年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 2 6 年 5 月 2 3 日 理 事 会 評 議 員 会 学 校 法 人 八 戸 工 業 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 の 概 要 P1 ( 教 職 員 の 概 要 含 む) 2. 役 員 評 議 員 の 概 要 P3 3. 設 置 する 学 校 の 教 育 研 究 等 の 概 要 P4

More information

学 科 教 養 科 目 名 クラス 区 分 単 位 教 員 名 時 間 割 ( 予 定 ) 大 学 院 美 術 科 彫 刻 作 法 00 講 義 2 保 田 井 智 之 前 期 木 2 素 材 学 ( 日 本 画 ) 00 講 義 2 末 永 敏 明 前 期 木 3a 工 芸 論 00 講 義 2

学 科 教 養 科 目 名 クラス 区 分 単 位 教 員 名 時 間 割 ( 予 定 ) 大 学 院 美 術 科 彫 刻 作 法 00 講 義 2 保 田 井 智 之 前 期 木 2 素 材 学 ( 日 本 画 ) 00 講 義 2 末 永 敏 明 前 期 木 3a 工 芸 論 00 講 義 2 2013 年 度 一 般 聴 講 生 科 目 等 履 修 生 対 象 科 目 一 覧 3 月 下 旬 に2013 年 度 開 講 の シラバス 照 会 が 見 れるようになりますので 授 業 開 講 曜 日 時 間 教 室 などの 最 新 情 報 は シラバス 照 会 に 科 目 名 や 教 員 名 を 入 れてご 確 認 ください シラバス 照 会 URL https://portal.tuad.ac.jp/up/faces/up/co/com02401a.jsp

More information

学報第133号

学報第133号 学 報 No.133 平 成 27 年 7 月 10 日 発 行 上 越 教 育 大 学 ( 掲 載 期 間 : 平 成 27 年 5 月 1 日 ~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ) 目 学 事 1 平 成 27 年 度 ( 春 期 ) 教 育 実 習 平 成 27 年 度 就 職 試 験 受 験 者 激 励 会 ( 出 陣 式 ) 学 生 宿 舎 火 災 避 難 訓 練 ( 世 帯 用 学

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63> 資 料 4 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 について 1 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 国 データは, 平 成 23 年 版 子 ども 若 者 白 書 より 抜 粋 (1) 子 ども 若 者 人 口 子 ども 若 者 人 口 及 び 総 人 口 に 占 めるその 割 合 は, 昭 和 50 年 以 降 ほぼ 一 貫 して 減 少 平 成 22 年 10 月 1 日 現 在 の

More information

Microsoft Word - 8回抄録集最終3

Microsoft Word - 8回抄録集最終3 関 西 障 害 者 歯 科 臨 床 研 究 会 第 8 回 研 究 集 会 抄 録 集 寄 り 添 う 歯 科 医 療 ~ 患 者 支 援, 保 護 者 支 援 ~ 大 会 長 : 芦 田 欣 一 ( 滋 賀 県 歯 科 医 師 会 会 長 ) 実 行 委 員 長 : 谷 仁 史 ( 滋 賀 県 歯 科 医 師 会 理 事 ) 日 時 : 平 成 28 年 7 月 17 日 ( 日 )10 時 00

More information

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 )

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 277 15 労 働 社 会 保 障 一 般 職 業 紹 介 状 況 278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 279 15-1 一 般 職 業 紹 介 状 況 新 規 新 規 一 般 求 職 申 込 件 数 他 県 安 定 所 よ 一 般 就 職 件 数 一 般 求 人 数 り 連 絡 を 受 け

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

0( 平 成 6) 年 度 後 授 業 間 割 火 曜 日 年 年 年 年 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 88 ことばの 世 界

0( 平 成 6) 年 度 後 授 業 間 割 火 曜 日 年 年 年 年 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 88 ことばの 世 界 0( 平 成 6) 年 度 後 授 業 間 割 月 曜 日 66 総 合 教 養 基 礎 ゼミナールⅣ 山 本 和 全 第 LL 経 営 管 理 特 講 D( 販 売 士 ) 山 崎 営 67 総 合 教 養 基 礎 ゼミナールⅣ 田 中 雅 全 S08 ビジネス 特 講 D 行 学 待 生 08 民 法 ( 債 権 ) 菅 尾 全 (TOEIC 対 策 ) 09 経 営 管 理 特 講 B 山 崎

More information

公 益 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 12 施 設 名 事 所 名 介 護 老 人 保 健 施 設 アヴニール 入 間 市 宮 寺 二 本 木 区 域 包 括 支 援 センター 所 在 埼 玉 県 入 間 市 大 字 二 本 木 1082-1 埼 玉 県 入 間 市 宮 寺 2655-1 入

公 益 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 12 施 設 名 事 所 名 介 護 老 人 保 健 施 設 アヴニール 入 間 市 宮 寺 二 本 木 区 域 包 括 支 援 センター 所 在 埼 玉 県 入 間 市 大 字 二 本 木 1082-1 埼 玉 県 入 間 市 宮 寺 2655-1 入 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 主 たる 事 埼 友 会 務 所 の 所 在 http://www.seiaien.jp メールアド 設 立 認 可 レス seiaien@guitar.ocn.ne.jp 年 月 日 昭 和 62 年 7 月 16 日 氏 名 友 野 政

More information

H27-募集要項(本文).indd

H27-募集要項(本文).indd 平 成 27 年 度 生 徒 募 集 要 項 目 次 1. 募 集 学 科 コースと 募 集 人 員 1 2. 入 学 試 験 の 種 類 と 募 集 人 員 割 合 3 3. 推 薦 制 入 試 一 般 推 薦 4 クラブ 推 薦 6 4. 試 験 制 入 試 専 願 試 験 8 併 願 試 験 10 5.そ の 他 12 福 井 工 業 大 学 附 属 福 井 高 等 学 校 の 奨 学 金 制

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

平成18年3月14日

平成18年3月14日 平 成 24 年 3 月 14 日 滝 川 市 議 会 議 長 水 口 典 一 様 滝 川 市 長 前 田 康 吉 滝 川 市 教 育 委 員 会 委 員 長 若 松 重 義 滝 川 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 藤 本 清 正 滝 川 市 ほか6 組 合 公 平 委 員 会 委 員 長 小 出 孝 滝 川 市 代 表 監 査 委 員 宮 崎 英 彰 滝 川 市 農 業 委 員 会 会

More information

加 害 者 臨 床 の 問 題 と 困 難 性 至 文 堂 56~63 ( 編 著 ) 家 庭 裁 判 所 に 求 められる 司 法 的 役 割 児 童 虐 待 はいま- 連 携 システムの 構 築 に 向 けて- 津 崎 哲 郎 橋 本 和 明 編 ミネル ヴァ 書 房 68~79 2008 自

加 害 者 臨 床 の 問 題 と 困 難 性 至 文 堂 56~63 ( 編 著 ) 家 庭 裁 判 所 に 求 められる 司 法 的 役 割 児 童 虐 待 はいま- 連 携 システムの 構 築 に 向 けて- 津 崎 哲 郎 橋 本 和 明 編 ミネル ヴァ 書 房 68~79 2008 自 HASHIMOTO KAZUAKI 橋 本 和 明 教 授 研 究 業 績 2014 年 4 月 28 日 現 在 論 文 等 の 区 分 論 文 等 の 名 称 発 行 所 発 表 雑 誌 学 会 等 の 名 称 共 著 の 場 合 の 編 者 著 者 名 該 当 数 発 行 発 表 年 月 子 どもの 精 神 療 法 森 省 二 編 金 剛 出 版 283~315 1991. 9 ( 共 ) 童

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

調 査 対 象 大 学 等 の 概 要 等 () 設 置 者 学 校 法 人 誠 広 学 園 () 大 学 名 平 成 医 療 短 期 大 学 () 大 学 の 位 置 5- 岐 阜 県 岐 阜 市 黒 野 8 番 地 ( 注 ) 対 象 学 部 等 の 位 置 が 大 学 本 部 の 位 置 と

調 査 対 象 大 学 等 の 概 要 等 () 設 置 者 学 校 法 人 誠 広 学 園 () 大 学 名 平 成 医 療 短 期 大 学 () 大 学 の 位 置 5- 岐 阜 県 岐 阜 市 黒 野 8 番 地 ( 注 ) 対 象 学 部 等 の 位 置 が 大 学 本 部 の 位 置 と [ 平 成 年 度 設 置 ] 計 画 の 区 分 : 短 期 大 学 の 設 置 注 注 大 学 番 号 : 私 短 75 認 可 平 成 医 療 短 期 大 学 注 認 可 設 置 に 係 る 設 置 計 画 履 行 状 況 報 告 書 学 校 法 人 誠 広 学 園 平 成 年 5 月 日 現 在 作 成 担 当 者 担 当 部 局 ( 課 ) 名 事 務 局 ミヤワキ 職 名 氏 名 学 務

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

部 長 級 松 本 孝 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 体 育 協 会 常 務 理 事 スポーツ 事 業 局 長 H 斉 藤 良 展 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 一 般 社 団 法 人 横 浜

部 長 級 松 本 孝 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 体 育 協 会 常 務 理 事 スポーツ 事 業 局 長 H 斉 藤 良 展 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 一 般 社 団 法 人 横 浜 区 局 長 級 以 上 小 松 﨑 隆 横 浜 市 副 市 長 H24.3.31 * 横 浜 市 住 宅 供 給 公 社 理 事 長 H24.4.1 谷 内 徹 市 民 局 長 H24.3.31 社 会 福 祉 法 人 横 浜 市 福 祉 サービス 協 会 理 事 長 H24.4.1 増 田 文 彦 経 済 局 市 場 担 当 理 事 H24.3.31 神 奈 川 臨 海 鉄 道 株 式 会 社 執

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外 第 1 回 理 事 会 評 議 員 会 議 案 第 1 号 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 26 年 に 国 が 批 准 した 障 害 者 権 利 条 約 に 基 づく 関 連 法 律 の 整 備 が 進 み 社 会 福 祉 法 人 に 課 せられた 責 務 の 見 直 しを 図 る 努 力 の 一 年 であった 障 害 を 持 つ 人 たちの 生 きづらさを 理 解 し 個 々 人

More information

方 向 性 と 予 算 計 画 を 持 ち プログラム 毎 の 収 支 の 整 合 化 を 原 則 とする 新 規 プログラムについても 必 要 財 源 を 確 保 し 活 動 の 安 定 的 展 開 を 目 指 す 2) 財 団 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 運 営 を 図 るため 諸 規

方 向 性 と 予 算 計 画 を 持 ち プログラム 毎 の 収 支 の 整 合 化 を 原 則 とする 新 規 プログラムについても 必 要 財 源 を 確 保 し 活 動 の 安 定 的 展 開 を 目 指 す 2) 財 団 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 運 営 を 図 るため 諸 規 公 益 財 団 法 人 日 本 クリスチャン アカデミー 2016 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 事 業 計 画 基 本 方 針 公 益 財 団 法 人 日 本 クリスチャン アカデミーは 2016 年 度 において 以 下 の 基 本 方 針 を 掲 げ 事 業 を 推 進 する 1. 財 団 事 業 の 展 開 定 款 に 定 められた 当 財 団 の 目 的 に 添 って キリスト 教 精 神

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63> 76 5 学 校 の 組 織 編 制 教 育 課 程 学 習 指 導 生 徒 指 導 職 業 指 導 に 関 すること (2) 教 育 内 容 と 教 育 方 法 の 改 善 2 道 徳 教 育 の 推 進 施 策 の 目 標 生 命 に 対 する 畏 敬 の 念 や 他 人 を 思 いやる 心 感 動 する 心 などの 豊 かな 人 間 性 と 社 会 生 活 に 必 要 なルールや 善 悪 の

More information

“à’Ł›Û2.ec9

“à’Ł›Û2.ec9 6. 戦 略 プロジェクト 第 四 次 宮 崎 市 総 合 計 画 において より 効 果 的 に 計 画 を 推 進 していくために 戦 略 プロジェクト とし て 優 先 して 取 り 組 む 事 業 を 紹 介 します (1) 次 世 代 を 担 う 人 づくり 戦 略 プロジェクト 1 豊 かな 心 をはぐくむ 教 育 創 造 都 市 づくり 1 教 育 委 員 会 総 務 課 新 学 校

More information

【参考資料1】医療従事者等の認知症対応力向上支援事業」の実施状況

【参考資料1】医療従事者等の認知症対応力向上支援事業」の実施状況 参 考 資 料 9 医 療 従 事 等 の 認 知 症 対 応 力 向 上 支 援 事 業 の 実 施 状 況 について 事 業 概 要 医 療 従 事 等 の 認 知 症 対 応 力 向 上 支 援 事 業 は 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 セン を 認 知 症 医 療 従 事 等 の 研 修 の 拠 点 として 位 置 づけ 都 内 の 認 知 症 ケアに

More information

係長級

係長級 の 部 企 画 課 県 民 課 鳥 取 力 創 造 課 危 機 管 理 政 策 課 危 機 対 策 情 報 課 原 子 力 安 全 対 策 課 総 務 課 総 務 課 財 政 課 主 計 員 財 政 課 主 計 員 政 策 法 務 課 営 繕 課 営 繕 課 情 報 政 策 課 関 西 本 部 行 財 政 改 革 局 業 務 効 率 推 進 課 行 財 政 改 革 局 福 利 厚 生 課 行 財 政

More information

1 氏 名 ( 職 位 ) 碓 井 幸 子 ( 教 授 ) 教 育 学 保 育 学 保 育 内 容 および 保 育 方 法 と 教 材 について 幼 稚 園 と 小 学 校 の 学 びの 連 携 について( 言 葉 を 中 心 として) 自 然 を 生 かした 保 育 の 有 効 性 について( 子

1 氏 名 ( 職 位 ) 碓 井 幸 子 ( 教 授 ) 教 育 学 保 育 学 保 育 内 容 および 保 育 方 法 と 教 材 について 幼 稚 園 と 小 学 校 の 学 びの 連 携 について( 言 葉 を 中 心 として) 自 然 を 生 かした 保 育 の 有 効 性 について( 子 清 泉 女 学 院 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 教 員 教 育 業 績 一 覧 目 次 碓 井 幸 子 1 小 林 敏 枝 2 小 林 房 子 3 桜 井 剛 4 田 中 秀 明 塚 原 成 幸 西 山 薫 7 長 谷 川 孝 子 8 二 方 龍 紀 9 矢 上 克 己 10 山 﨑 浩 11 1 氏 名 ( 職 位 ) 碓 井 幸 子 ( 教 授 ) 教 育 学 保 育 学 保 育 内 容

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 京 都 市 西 京 区 祉 協 議 会 http://www.07947.jp/ 氏 名 小 石 玖 三 主 年 齢 / 非 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 6-808 京 都 市 西 京 区 桂 艮 町 -4

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

氏 名 江 崎 侑 子 所 属 役 職 医 療 マネジメント 科 専 任 教 員 診 療 情 報 管 理 診 療 情 報 管 理 士 認 定 医 療 法 人 社 団 誠 弘 会 池 袋 病 院 診 療 情 報 管 理 室

氏 名 江 崎 侑 子 所 属 役 職 医 療 マネジメント 科 専 任 教 員 診 療 情 報 管 理 診 療 情 報 管 理 士 認 定 医 療 法 人 社 団 誠 弘 会 池 袋 病 院 診 療 情 報 管 理 室 氏 名 河 村 和 恵 所 属 役 職 医 療 マネジメント 科 専 任 教 員 病 院 事 務 日 本 医 療 保 険 事 務 協 会 診 療 報 酬 請 求 事 務 能 力 認 定 試 験 ( 医 科 ) 日 本 医 療 教 育 財 団 医 事 業 務 管 理 技 能 認 定 試 験 ( 医 事 業 務 管 理 士 ) 日 本 医 療 教 育 財 団 医 師 事 務 作 業 補 助 技 能 認

More information

H27_再就職先一覧(既退職含む)_270803【差替確定版】.xlsx

H27_再就職先一覧(既退職含む)_270803【差替確定版】.xlsx 秋 保 明 青 葉 区 保 護 課 長 平 成 26 年 3 月 31 日 特 定 非 営 利 活 動 法 人 雲 母 倶 楽 部 常 務 理 事 平 成 27 年 4 月 1 日 阿 部 早 智 子 青 葉 区 衛 生 課 主 幹 平 成 27 年 3 月 31 日 宮 城 野 区 衛 生 課 専 門 員 ( 再 任 用 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 阿 部 純 子 青 葉 区 区 民 生

More information

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学 旭 川 経 済 学 部 200,000 800,000 49,500 1,049,500 639,500 旭 川 保 健 福 祉 学 部 (コミュニティ 福 200,000 800,000 100,000 100,000 49,500 1,249,500 739,500 祉 ) 旭 川 保 健 福 祉 学 部 ( 保 健 看 護 ) 200,000 1,200,000 150,000 150,000

More information

そ の 他 二 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 昭 和 44 年 4 月 日 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業

そ の 他 二 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 昭 和 44 年 4 月 日 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 都 道 府 県 社 会 福 祉 法 人 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 氏 名 加 納 武 夫 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 77 96-7854 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 番 地 電 話 番 号 047-6 - 79 FAX 番 号 047-57

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6333189F191E589EF8A4A8DC388C493E08169837A815B83808379815B83579770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6333189F191E589EF8A4A8DC388C493E08169837A815B83808379815B83579770816A2E646F63> 日 本 体 育 スポーツ 経 営 学 会 第 31 回 大 会 開 催 のご 案 内 第 31 回 学 会 大 会 運 営 委 員 会 副 委 員 長 藤 本 淳 也 日 本 体 育 スポーツ 経 営 学 会 第 31 回 大 会 を 平 成 20 年 3 月 16 日 ( 日 )~18 日 ( 火 ) 大 阪 体 育 大 学 キャン パスを 中 心 に 開 催 致 します 本 大 会 も 例 年

More information

2. 学 術 論 文 助 産 院 と 病 院 による 連 携 分 娩 システムの 試 み 神 奈 川 県 内 における 助 産 所 の 分 娩 数 と 搬 送 の 実 態 助 産 院 と 医 師 のジョイント 乳 児 検 診 平 成 17 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 (

2. 学 術 論 文 助 産 院 と 病 院 による 連 携 分 娩 システムの 試 み 神 奈 川 県 内 における 助 産 所 の 分 娩 数 と 搬 送 の 実 態 助 産 院 と 医 師 のジョイント 乳 児 検 診 平 成 17 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 所 属 大 学 院 助 産 研 究 科 職 名 教 授 氏 名 山 本 詩 子 Ⅰ 教 育 活 動 教 育 実 践 上 の 主 な 業 績 年 月 日 概 要 1 教 育 内 容 方 法 の 工 夫 ( 授 業 評 価 等 を 含 む) 2 作 成 した 教 科 書 教 材 参 考 書 3 教 育 方 法 教 育 実 践 に 関 する 発 表 講 演 等 4 その 他 教 育 活 動 上 特 記 すべき

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140> 事 業 実 績 報 告 書 平 成 25 年 度 学 校 法 人 明 浄 学 院 学 校 法 人 明 浄 学 院 平 成 25 年 度 事 業 実 績 報 告 書 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 明 (あか)く 浄 (きよ)く 直 (なお)く の 精 神 に 則 り 豊 かな 心 と 深 い 教 養 を 備 え 知 性 に 輝 く 有 為 の 人 材 の 育 成 主 な 沿 革 1921.4

More information