しまった.これは 危 険 なことである.しかし 歴 史 に よってこれらを 過 去 からの 変 化 のすがた として 捉 えれば, 全 体 を 総 合 的 立 体 的 に 把 握 することが できる. 2 重 要 な 工 学 概 念, 原 理, 法 則 などは 与 えられた もの としてではなく,

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "しまった.これは 危 険 なことである.しかし 歴 史 に よってこれらを 過 去 からの 変 化 のすがた として 捉 えれば, 全 体 を 総 合 的 立 体 的 に 把 握 することが できる. 2 重 要 な 工 学 概 念, 原 理, 法 則 などは 与 えられた もの としてではなく, "

Transcription

1 過 去 から 未 来 を 訪 ねる 技 術 史 という 視 座 の 定 着 のために 佐 藤 建 吉 In order to well-establish the history of engineering for viewing the future states through the past experience Kenkichi SATO Key words: History of Technology, Future Perspective, Brunel, Monodzukuri, Brunel Spirit 1. 序 技 術 と 社 会 は, 日 本 機 械 学 会 の 部 門 名 として 掲 げている 言 葉 ですが,もちろん 一 般 にも 用 いられ ています.いま,これを 技 術 社 会 と 書 いた 場 合, 読 者 はどのように 感 じるでしょうか.ずいぶんと 硬 い 感 じを 受 けるのではないでしょうか.それでは, 科 学 技 術 はどうでしょうか.これは, 同 じ4 字 熟 語 ですが, 毎 日, 新 聞 や TV で 見 聞 きする 言 葉 で 違 和 感 はなく, 本 論 文 集 を 手 にしている 読 者 は,むし らそれが 自 分 の 専 門 であるという 方 が 多 いことでし ょう.それでは, 科 学 と 技 術 はどのように 感 じら れるでしょうか. 先 にあげた 科 学 技 術 という 現 代 性 が 消 え 科 学 と 技 術 の 対 比 ばかりが 強 く 感 じるのは 筆 者 ばかりでしょうか? 上 の 書 き 出 しは, 私 たちの 生 活 や 活 動 が, 科 学 技 術,そして 技 術 社 会 という 両 面 に 強 く 関 わって おり, 現 状 は 言 葉 とそれが 持 つ 意 味 合 いで,かなり 異 なるということの 確 認 のためです. 技 術 と 社 会 部 門 では, 技 術 工 学 教 育, 技 術 倫 理, 知 的 財 産 権, 技 術 史 工 学 史,そして 機 械 遺 産 ほか, 技 術 と 社 会 に 深 く 係 わる 委 員 会 活 動 を 行 っています. 個 々の 委 員 会 で 対 象 とするテーマは, 上 に 述 べたよ うな 現 状 における 捉 え 方 や 認 識 を 基 盤 とし, 将 来 に おける 方 向 性 を 予 測 し,その 時 代 に 遅 れを 取 らない 研 究 活 動, 委 員 会 活 動 が 重 要 になります.これは, 機 械 工 学 は 勿 論 のこと, 日 本 機 械 学 会 および 他 部 門 の 活 動 が 社 会 との 関 わりなしには 成 立 しないので, これらに 共 通 する 重 要 な 認 識 です. では, 未 来 を 創 成 する 機 械 工 学 者 たちにとって 重 要 なことは 何 でしょうか. 数 学 や 力 学,そして 関 連 するその 他 の 科 学 についての 一 般 的 な 知 識 を 身 につ けていることは 勿 論 のこと, 設 計 というものづくり を 進 める 工 学 や 技 術 について, 先 人 が 培 って 来 た 歴 史 を 知 ることが 挙 げられます.いま 私 たちが 対 象 と するのは, 機 械 技 術 を 中 心 とする 工 学,すなわち 機 械 工 学 における 技 術 の 歴 史, 広 いくくりとしては, 技 術 史 工 学 史 です. この 小 論 では, 主 として, 日 本 機 械 学 会 の 技 術 と 社 会 部 門 における 技 術 史 について 取 り 上 げ, 技 術 と 社 会 の 関 連 を 巡 って: 過 去 から 未 来 を 訪 ねる というフレーズに 応 えるように, 過 去 から 現 在,そ して 未 来 へと, 時 間 と 位 相 を 変 えて, 社 会 と 技 術 に 関 する 写 像 を 述 べてみたいと 思 います. 地 球 において 通 り 過 ぎた 時 間 と 場 所 への 知 識 は, 人 類 にとって 装 飾 品 となり, 食 糧 となる. (1) (ダ ヴィンチ) 2. 破 2.1 技 術 史 研 究 の 意 義 日 本 機 械 学 会 技 術 と 社 会 部 門 では, 毎 年 秋 季 には 技 術 と 社 会 の 関 連 を 巡 って: 過 去 から 未 来 を 訪 ねる と 題 する 講 演 会 を 開 催 しています.このフレーズの 由 来 については 不 明 ですが,いまここで 述 べようとしている 内 容 を 体 現 しており, 筆 者 はこのメッセージを 大 切 にしたい と 考 えています.また, 過 去 を 訪 ね 未 来 を 展 望 する, これが 技 術 の 歴 史 を 技 術 史 として 呼 び, 学 問 として 取 り 上 げる 別 の 見 方 です. 三 輪 修 三 氏 は, 機 械 工 学 史 ( 丸 善,2000 年 刊 ) で, 技 術 史, 科 学 技 術 史 を 学 ぶことは, 次 のような 意 味 があると 述 べています (2). 1 現 代 の 機 械 技 術 と 機 械 工 学 の 範 囲 と 内 容 は 果 てし なく 広 がって, 当 事 者 ですら 全 体 が 見 えなくなって 1

2 しまった.これは 危 険 なことである.しかし 歴 史 に よってこれらを 過 去 からの 変 化 のすがた として 捉 えれば, 全 体 を 総 合 的 立 体 的 に 把 握 することが できる. 2 重 要 な 工 学 概 念, 原 理, 法 則 などは 与 えられた もの としてではなく, 着 想 から 論 争 を 経 て, 定 着 に 至 る 創 造 のダイナミクス の 中 で 捉 えることが できる.この 立 場 の 歴 史 は< 内 部 史 >あるいは< 学 説 史 >といわれる. 3 技 術 は 社 会 を 変 える. 社 会 もまた 技 術 のすがたを 強 く 規 定 する. 各 時 代, 各 場 所 で 社 会 は 技 術 に 何 を 求 めてきたか.このような 技 術 と 社 会 との 関 わり を 歴 史 の 中 に 見 れば, 技 術 の 生 成 変 転 のありさま がわかり, 未 来 への 手 がかりが 得 られる.また, 人 間 の 文 化 と 文 明 における 技 術 の 功 罪 について 幅 広 い 視 野 をもつことができる.この 立 場 の 歴 史 を< 外 部 史 >または< 社 会 史 >という. 4 時 代 を 切 り 開 いた 技 術 者 工 学 者 の 姿 と 生 きざま を 歴 史 の 中 に 見 ることで,ある 状 況 におかれた 個 人 の 決 断 と 行 動 の 正 しさと 限 界,あるいは 歴 史 におけ る 個 人 の 役 割 を 知 ることができる.これは 技 術 と 工 学 の 世 界 で 専 門 職 業 人 として 生 きようとする 自 分 へ の 励 みと 反 省 を 与 える. 三 輪 氏 は,2を 内 部 史,3を 外 部 史 とされていま すが, 筆 者 はこれに 追 加 して,1を 鳥 瞰 視 観,4を 演 劇 舞 台 物 語 観 と 呼 ぶことに 致 します. 技 術 史 の4 つのとらえ 方, 意 味 です. 2.2 現 在 から 過 去 と 未 来 への 探 訪 現 在 から 過 去 へそして 未 来 を 訪 ねることは,2002 年 の 映 画 Back to the Future で 明 確 に 描 かれています. この 映 画 は, 現 在 から 過 去 へ,そして 過 去 から 未 来 へとタイムスリップし, 自 分 自 身 の 過 去 や 未 来 を 覗 くことができるコメディー 系 の 科 学 映 画 でした. 科 学 としてとらえる 技 術 史 は, 著 述 により 過 去 と 未 来 の 関 連 を 取 り 上 げますが,その 切 り 口 として, 小 説 家 で 評 論 家 の 堀 田 善 衛 氏 による 未 来 からの 挨 拶 (3) があります. 同 氏 は, 自 身 がスペイン 滞 在 中 に 得 たヒントから,この 映 画 Back to the Future を ホメロスの 歴 史 書 オデュッセイア に 由 来 すると して, 以 下 のような 見 解 を 述 べています (3). 古 代 ギリシアでは, 過 去 と 現 在 が(われわれの) 前 方 にあるものであり,したがって(われわれが) 見 ることのできるものであり,(われわれが) 見 るこ とのできない 未 来 は,(われわれの) 背 後 にあるもの である,と 考 えられていた. さらに, 未 来 を 見 据 えることができる 人 は,ごく 少 数 で, 大 半 は, 過 去 や 現 在 を 見 つめるにとどまる だけであると 語 っています. 過 去 から 現 在 までは 歴 史 として 置 き 換 えられており, 温 故 知 新 の 精 神 に それを 高 めることが 可 能 です. 温 故 知 新 を 辞 書 で 引 くと, 過 去 の 多 くのことを 知 って 初 めて 未 来 のこ とがわかるということを 意 味 しており, 過 去 を 訪 ね て 未 来 を 展 望 することこそ, 普 通 の 人 物 に 取 っては, 必 要 で 妥 当 なことであります. 歴 史 とは, 混 沌 や 偶 然 を 意 味 するものではない. それは,むしろ 一 部 には 予 想 可 能 で, 目 に 見 える 秩 序 や 規 範 として 現 れる 人 間 の 行 動 である. (1) ( 社 会 科 学 の 歴 史 研 究 会 ) 2.3 過 去 から 未 来 への 継 続 前 項 では, 未 来 を 直 ちに 予 測 することは 困 難 であり, 過 去 を 尋 訪 し 初 めてそれが 可 能 にあることを 述 べました.しばし は 引 用 されるのですが, 未 来 予 測 の 成 功 例 として Moore の 法 則 が 挙 げられます.それは,Intel の 共 同 創 始 者 のMooreが1965 年 に 発 表 した 記 述 に 由 来 して いますが, 計 算 速 度 が 毎 年,2 倍 になるというもの でした. Kurzwell は,その 後, 図 1 (4) に 示 すように 今 日 に 至 る 技 術 の 発 展 は, 前 歴 の 技 術 によって 支 援 される ことをプロットしました. 初 期 の 電 子 計 算 機 からリ レー, 真 空 管,トランジスタの 技 術 的 背 景 があって, LSI の 発 展 につながったというものです.5 年 ごとに メモリー 容 量 が 10 倍 になるというものです.この 図 では, 年 までの 100 年 間 の 西 暦 年 とプロ セッサの 価 格 1000 ドル 当 たり,1 秒 当 りの 計 算 処 理 回 数 の 関 係 をプロットしています.この 法 則 におい ても 通 常 は,1985 年 以 降 の LSI のデータで 語 られて いますが, 実 はそれ 以 前 の 真 空 管,トランジスタの 発 展 を 踏 まえての 予 測 でした. このことは, 明 確 に, 将 来 予 測 は,その 当 時 の 過 去 と 現 在 における 傾 向 を 知 って,かつその 業 界 の 予 測 が 可 能 です. 事 実,Moore のトレンドが, 目 標 と しての 技 術 を 生 み, 社 会 も 技 術 に 期 待 した 背 景 があ りました. 上 の 進 展 は,LSI などの 先 端 的 な 製 品 の 例 でした. 一 方,もう 少 し 年 数 を 要 した 成 長 と 変 革 の 例 としては, 馬 車 と 自 動 車 があります. 図 2 (5) が それで, 陸 上 交 通 が 馬 車 から 自 動 車 への 推 移 が, 著 しく 普 及 したことがわかります.この 図 で 細 線 は 予 想 曲 線 ですが, 太 線 は 実 績 です. 2

3 100 年 後 の 未 来 予 測 では,1901 年 の 報 知 新 聞 によ る 二 十 世 紀 の 予 測 (6) がしばしば 引 用 されます. その 予 測 では,テレビや 電 話,ファックス, 戦 闘 機 など 多 くのものが 予 測 されています. 以 上 は, 過 去 現 在 未 来 と 時 世,すなわち 時 間 の 位 相 を 区 分 しますが, 決 して 非 関 連 ではなく, 連 続 的 な 挙 動 として 推 移 するものであることを 示 し ています. 現 在, 問 題 となっている 地 球 温 暖 化 における CO 2 の 増 加 も, 同 じく 急 激 に 増 加 していますが,それを 如 何 に CO 2 の 排 出 しない 方 式 に 転 換 するかが 問 われ ています. 技 術 と 社 会 のキャッチボールこそがそれ を 実 現 することになります. Fig.1 Moore s law by Kurzwell Fig.2 Surface transportation substitution from draft horses to cars in the USA. すべての 機 械 は, 自 然 から 得 られたものであり, 天 空 の 回 転 という 教 えと 教 訓 に 基 礎 がある. (1) (ヴィトリウス) 2.4 過 去 から 未 来 をつなぐエンジニアの 存 在 変 革 は 上 述 したような 趨 勢 であるのですが,それ は 社 会 が 技 術 をそして 技 術 が 社 会 を 誘 導 した 結 果 と しての 現 れでした.そうした 背 景 にはエンジニアの 存 在 が 必 須 です. いま 筆 者 が 注 目 しているのは,イギリスのヴィク トリア 時 代 のエンジニア,イザムバード キングダ ム ブルネル(Isambard Kingdom Brunel, ) (6)~(10) です.ブルネルは, 多 くの 歴 史 研 究 家 などが 評 論 しているように 変 革 のエンジニアであったとい えます.ブルネルは 日 本 人 にはあまり 知 られていま せんが, 母 国 イギリスでは 表 1 (11) のように, 第 2 位 の 偉 大 な 英 国 人 として 得 票 しています.いまブルネ ルを 知 ることは, 私 たちの 未 来 を 挑 戦 的 につくるこ Table 1 The best ten ranking for Great Britons Fig.3 The top space of Houchi Shinbumn, describing A Prospect for the 20 th Century 3

4 とで, 換 言 すれば 過 去 の 偉 大 なエンジニアの 気 概 を 知 り, 未 来 を 構 築 することになるといえるでしょう. 2.4 イザムバード キングダム ブルネル (7)~(10) ブルネルは,1806 年 4 月 9 日,ポーツマスのポート シー(Portsea)で 生 まれました( 図 4). 発 明 家 の エンジニアであった 父 マーク イザムバード ブル ネル( )は, 息 子 ブルネルが6 歳 のときか ら 才 能 を 現 した 数 学 と 図 学 の 能 力 を,イギリス 南 部 のホーブ(Hove)にある 寄 宿 学 校 に 入 学 させ, 英 才 教 育 を 施 しました. その 後 ブルネルは,フランスのカーン(Carne)で, 後 にパリのヘンリ 4 世 学 校 (Henri Quadric Ecole) で 学 びました.パリでは, 時 計 修 理 業 を 営 む 業 界 の 秀 逸 のブルゲー(Louis Breguet)のところで 徒 弟 修 行 しました.16 歳 になったブルネルはロンドンに 戻 り, 父 の 事 業 であるテムズ 河 底 トンネル 工 事 に 参 画 しました. 工 事 中,4 度 目 の 出 水 事 故 で 怪 我 し,ブ リストルで 療 養 中 に,クリフトン 吊 り 橋 の 設 計 コン ペに 優 勝 し,エンジニアとしての 成 功 の 鍵 を 勝 ち 取 りました.その 後,GWR(Great Western Railway) で,ロンドン~ブリストル 間 の 鉄 道 建 設 を 行 いまし た. ブルネルが 設 計 し, 監 督 製 造 した 橋 やトンネル, 鉄 道 や 船,そして 建 築 物 は,デザインの 面 でもすぐ れており, よいモノは 美 しい, 美 しいモノはよい が 活 かされています. 彼 の 事 績 を 調 査 しその 価 値 を 知 ると,ものづくりへの 感 動 を 受 け 取 ることができ ます.その 結 果 として, 学 生 や 生 徒, 若 い 機 械 エン ジニアが,ブルネルに 負 けない 設 計 やものづくりに 挑 戦 し,さらには 科 学 技 術 への 興 味 を 引 き 出 すこと ができると, 筆 者 は 考 えています. ブルネルは,19 世 紀 の 激 動 の 時 代 にイギリスで, 170 年 以 上 先 の 今 日 につなぐ, 橋 やトンネル, 鉄 道 や 船 など 都 市 交 通 インフラの 分 野 で, 技 術 を 通 し て 問 題 や 現 状 を 打 開 し, 変 革 を 成 し 遂 げたエンジニ アでした. 彼 は, ものづくり, ことづくり, し くみづくり に 挑 戦 し 続 けたのでした. (7)~(10) 2.5 ブルネルの 事 績 ブルネルの 革 新 的 な 事 績 について 述 べます.それには,1クリフトン 吊 り 橋 (1830 年 設 計, 図 5),2ロンドン~ブリストル 間 を 高 速 大 量 安 定 走 行 の 超 広 軌 鉄 道 GWR 建 設 (ゲ ージ 2140mm,1841 年 開 通, 図 6),3 低 橋 桁 で 長 ス パンのメイデンヘッドのアーチ 橋 (1844 年 完 成, 図 7),4 当 時 世 界 最 長 のボックス トンネル(1841 年, 図 8),5 大 西 洋 横 断 蒸 気 船 のグレイト ウエスタン 号 (1837 年 進 水, 図 9),6 総 鉄 鋼 スクリュー(プ ロペラ) 推 進 の 蒸 気 船 グレイト ブリテン 号 (1843 年 進 水, 図 10),7 高 勾 配 走 行 可 能, 騒 音 環 境 配 慮 の 大 気 圧 鉄 道 ( 年 運 転, 図 11),8ロン ドンパディントン 駅 (1854 年 完 成 ),9シダナムの クリスタルパレスの 給 水 塔 (1853 年 ),10 空 調 設 備 のあるクリミア 戦 争 の 野 戦 プレハブ 病 院 (1855 年 設 置 ),11オーストラリア 航 路 用 巨 大 蒸 気 船 のグレイ ト イースタン 号 (1858 年 進 水, 図 12),12ロイヤ ル アルバート 橋 (1859 年 開 通, 図 13)などがあり, ( )に 示 した 年 代 で 先 例 を 越 える 事 績 でした. Fig.5 Clifton suspension bridge, Bristol Fig.4 Isambard Kingdom Brunel Fig.6 North Star and Brunel s statue, Swindon 4

5 Fig.7 Arch bridge, Maidenhead Fig.11 Atmospheric railway Fig.8 Box tunnel, Box Fig.12 Great Eastern Fig.9 Great Western steam ship Fig.13 Royal Albert bridge, Saltash Fig.10 Great Britain and its Propeller このように,ブルネルは 53 年 の 短 い 人 生,37 年 の 実 務 年 間 で 上 のような 吊 り 橋, 蒸 気 鉄 道,トンネ ル, 蒸 気 船, 駅 舎 などの 都 市 交 通 インフラの 多 くの 対 象 の 設 計, 建 設 を 行 いました. 以 下 に,そのうち の 一 部 についてその 特 長 を 記 します. ブルネルは,クリフトンの 吊 り 橋 のコンペでは, 760ft から 900ft の 長 大 スパンの 4 案 を 提 案 しまし たが, 審 査 委 員 長 を 務 めた 当 時 の 橋 の 権 威 者 テルフ ォード(Telford)の 定 めたスパンの 最 大 値 600ft (183m)を 超 えていたため, 他 の 提 案 とともに 全 部 で 22 案 は 失 格 とされ,コンペはやり 直 しとなりまし た.2 回 目 のコンペは,テルフォード 自 身 も 提 案 し ましたが,ブルネルの 設 計 案 が 選 定 されました.そ の 橋 のスパンは 630ft(192m)で,その 優 美 なデザ インは,その 後 構 造 芸 術 の 端 緒,と 評 価 される 5

6 ことになりました. 次 にブルネルの 超 広 軌 鉄 道 について 述 べます. 貿 易 港 ブリストルと 首 都 ロンドンの 交 通 は, 馬 を 乗 り 継 いでの 馬 車 では 16 時 間 を 要 し, 冬 季 には 運 河 が 凍 結 するなど 苦 痛 で,ブリストルの 富 裕 商 人 には, 鉄 道 は 悲 願 でした.ブルネルは, 高 速 で 安 定,しかも 輸 送 量 を 多 くするためには,スティーブンソンのゲ ージを 超 える 7ft 1 /4in (2140mm)の 超 広 軌 ゲージが 必 要 であるとし,できるだけ 平 坦 な 経 路 を 選 択 し,グ レイト ウエスタン 鉄 道 GWR を 敷 設 しました. テムズ 河 を 越 えるために 必 要 だったのがメイデン ヘッドのアーチ 橋 でした. 前 述 のようにこのアーチ 橋 で 橋 桁 を 低 く 抑 えたのは,テムズ 河 を 越 える 際 に 線 路 に 勾 配 を 大 きくしないためでした. 同 様 に,ブ リストル 手 前,バースの 近 くには 大 きな 丘 陵 地 があ り,そこを 勾 配 なしに 通 過 するために 造 られたのが ボックス トンネルでした.こうした 工 夫 をして, GWR は 最 初 にロンドン~メイデンヘッド 間 が 1838 年 に 部 分 開 通 し,1841 年 にはロンドン~ブリストル 間 約 190km が 全 線 開 通 しました.ブルネルは, 高 速 大 量 安 定 輸 送 という 今 日 の 要 求 をすでに 鉄 道 の 発 展 期 に 着 眼 し,それを 主 張 し, 実 現 しています. 最 後 に, 大 気 圧 鉄 道 について 紹 介 します.この 鉄 道 は, 線 路 間 に 設 置 された 鋳 鉄 製 パイプの 中 にピス トンを 入 れ, 列 車 の 進 行 方 向 にあるパイプ 内 の 空 気 圧 を 負 圧 にすると,ピストンが 移 動 することを 推 進 力 としました.この 推 進 方 式 は,19 世 紀 の 初 めにサ ムエル クレッグ(Samuel Clegg)ならびにヤコブ とヨセフのサムダ 兄 弟 (Jacob Samuda & Joseph Samuda)が 特 許 を 取 得 しております. 彼 らは,ロン ドンで 長 さ 半 マイル(0.8km)の 線 路 で 実 験 しており ましたが,1844 年 にアイルランドのダブリン-キン グスタウン 鉄 道 で 実 用 されていました. ブルネルは,ロンドンで 実 験 を 行 い,アイルラン ドも 視 察 し, 丘 陵 地 があり 勾 配 のきつい 南 デボン 鉄 道 会 社 (South Devon Railway)では 大 気 圧 方 式 にす べきであると 提 案 しました. 彼 の 主 張 が 通 り, 大 気 圧 鉄 道 は1847 年 9 月 にエクセター~ニュートンアボ ット 間 で 実 験 走 行 が 開 始 されました.パイプ 内 を 真 空 にする 蒸 気 機 関 が 駆 動 する 真 空 ポンプ(パワース テーション)は,エクセター,スタークロスほか8 ヶ 所 に 設 置 されました. 試 験 運 転 すると 多 くの 問 題 が 露 呈 しました. 推 力 不 足 でブルネルは,エクセター~ニュートンアボッ ト 間 に 敷 設 したパイプの 直 径 を 12in (30cm)から 15in (38cm)に 増 加 させると, 今 度 はポンプの 出 力 不 足 を 引 き 起 こし, 設 計 点 を 越 える 高 速 回 転 で 蒸 気 機 関 を 運 転 することになり, 石 炭 消 費 量 が 増 えて 運 転 コストが 増 加 しました.また 当 時 は 電 信 技 術 が 開 発 中 で 使 用 できなかったため, 列 車 と 駅 (パワーステ ーション) 間 での 通 信 が 取 れなく, 列 車 が 前 駅 から 出 発 したのか,いつ 次 駅 に 到 着 するか 不 明 であった ため, 真 空 ポンプを 常 時 運 転 し 続 けなければならず, 石 炭 消 費 量 はこのためにも 大 幅 に 増 加 しました. 大 気 圧 鉄 道 はこうして 走 行 しましたが, 最 大 速 度 は 時 速 70mile(112km)に 達 し, 通 常 の 営 業 は 時 速 40mile(32km)でした.しかし,パイプの 上 部 にあ る 開 閉 式 の 弁 から 真 空 漏 れが 発 生 し, 運 転 半 年 の 1848 年 には, 終 止 されました. 筆 者 は,ブルネルの この 挑 戦 は 時 代 が 早 すぎたためで, 現 在 では 通 信 技 術 と 制 御 技 術,さらに 優 れた 耐 摩 耗 材 料 があるので ブルネルの 大 気 圧 鉄 道 は, 環 境 面 でも 有 利 さがある ので, 観 光 地 でのミニ 鉄 道 として 復 元 利 用 できると 考 えて,その 実 施 に 向 けて 準 備 しております. 科 学 は, 司 令 官 であり, 実 戦 であり, 兵 士 である. (1) (ダ ヴィンチ) 3. 急 いま 私 たちがブルネルを 知 ることは, 私 たちの 未 来 を 挑 戦 的 につくることで, 換 言 すれば 過 去 の 偉 大 なエンジニアの 気 概 を 知 り, 未 来 を 構 築 するという ことです. 私 たちは,これまでブルネルについて 調 査 研 究 し, 彼 の 実 像 の 一 部 を 知 りました.イギリス のバース 大 学 のブキャナン(Angus Buchanan) 名 誉 教 授 のほか 多 くの 方 々がイギリスでブルネルについ て 研 究 していますが,それはイギリス 人 の 視 点 であ り, 日 本 人 による 見 解 として, 理 解 し, 定 着 しなけ ればなりません. ブルネルの 実 際 の 技 術 は, 日 本 の 中 に 伝 承 され 存 在 しているわけではありません.しかし,ヴィクト リア 時 代 に 彼 が 自 身 の 健 康 をも 蝕 みながら, 研 鑽 と 精 神 力 をもって, 対 象 に 向 かって 挑 戦 的 に 技 術 開 発 し,その 提 案 を 資 本 家 に 合 意 させ,しかも 事 業 を 完 成 させた 気 概 を 学 ぶことができます.それを, 筆 者 は ブルネル スピリット と 呼 んでいます. この 点 についての 一 層 の 理 解 には,ブルネルの 行 った 事 績 の 先 進 性, 革 新 性 を, 要 素 技 術 として 解 析 し, 評 価 研 究 することが 重 要 であると 考 えます. これは, 三 輪 氏 による 外 部 史 としての 技 術 史 であり, 6

7 また 物 語 観 としての 技 術 史 でもあります.わが 国 に ブルネル スピリットを 周 知, 定 着 させ,ものづく りに 挑 戦 する 気 概 を 再 び 醸 成 させることができそう です. 過 去 から 未 来, 西 から 東 へ(イギリスから 日 本 へ)のスピリットの 移 転 を 図 りたいと 思 います. その 活 動 として, 日 本 機 械 学 会 技 術 と 社 会 部 門 の ブルネル 研 究 会 ( 主 査, 佐 藤 建 吉 )は 取 り 組 ん でいます. (12)~(15) これまでの 活 動 歴 を 記 しますと, 2004 年 12 月 には, 公 開 講 演 会 として 時 代 を 超 え て 活 躍 したブルネル 父 子 の 物 語 (12) としてブルネル とスティーブンソンの 比 較 ( 菅 建 彦 氏 ),ブルネルか らエンジニア 魂 を 学 ぶ( 与 儀 博 氏 ),ブルネル 作 品 の 模 型 精 査 買 う 教 室 ( 筆 者 )などが 展 開 されました 年 12 月 には, ブルネリストのひろがりがつ くるエンジニアリング (13) として, 模 型 展 示 のほか ブルネル 賞 について( 酒 井 敦 司 氏 ),イギリスのシビ ルエンジニアからみたブルネル( 近 藤 邦 明 氏 ),ブル ネルからいま 何 を 学 ぶか( 北 河 大 次 郎 氏 )の 講 演 を 行 い,その 後 ブルネルを 超 えるエンジニア 像 と 題 し て 討 論 が 行 われました 年 は,ブルネルの 生 誕 200 年 にあたり, 千 葉 県 立 現 代 産 業 科 学 館 において,10 月 27,28 日 の 両 日 にわたり, ブルネル 生 誕 200 年 記 念 行 事 (14) が 開 催 されました.この 行 事 では,ロバート ハルス 氏 (Robert Hulse,ブルネル 博 物 館 長 ),アンガス ブキャナン 氏 (Angus Buchanan,バース 大 学 名 誉 教 授 )の2 名 のイギリス 人 によるブルネル 紹 介 がなさ れました.また, 日 本 人 によるブルネル 紹 介 では, フォトシネマ( 綿 貫 潤 氏,ブルネル 研 究 会 ),TV 番 組 ( 日 本 テレビ 系 列 で 10 月 17 日 に 放 送, 藤 保 修 一 氏,TV ディレクタ),また 講 談 ( 田 辺 一 鶴 氏, 講 談 師 )が 行 われました. その 後 パネルディスカッション( 司 会 : 大 川 時 夫 氏 )では, 英 国 人 3 名 のほか 小 池 滋 氏 ( 英 文 学 者 ), 菅 建 彦 氏 ( 交 通 文 化 振 興 財 団 ), 鈴 木 孝 氏 ( 元 日 野 自 動 車 )により, 関 連 分 野 からわかりやすく ブルネ ル スピリットについて 提 言 がなされました. また, 第 2 日 目 は,ブルネルの 革 新 性, 挑 戦 心 を ものづくり,ひとづくり に 生 かすために, 各 界 の 方 々による 講 演, 提 言 がなされました.レオナル ド ダ ヴィンチの 創 造 性 ( 神 谷 和 秀 氏, 富 山 県 立 大 学, 司 会 : 白 井 靖 幸 氏 ), デザインは 公 共 のため に( 水 戸 岡 鋭 治 氏,ドーンデザイン 研 究 所 ),また 江 戸 の 技 術 の 粋, 萬 年 時 計 の 復 元 模 型 製 作 ( 土 屋 栄 夫 氏, 元 精 工 舎 ), 本 田 宗 一 郎 について( 西 田 通 弘 氏, 元 本 田 技 研 工 業, 司 会 : 渡 辺 辰 郎 氏 )が, 講 演 され ました. パネルディスカッション( 司 会 : 大 河 内 信 夫 氏 ) では, 大 輪 武 司 氏 ( 日 本 機 械 学 会, 元 工 学 教 育 セ ンター 長 ), 坂 本 勇 氏 ( 大 阪 産 業 大 学 名 誉 教 授 ), 上 野 耕 史 氏 ( 文 部 科 学 省 ), 出 浦 淑 枝 氏 ( 小 松 製 作 所 ), 山 崎 和 雄 氏 ( 日 刊 工 業 新 聞 社 ) が 登 壇 し,ものづく り,ひとづくりについて 意 見 討 論 が 行 われました 年 8 月 には,2 週 間 にわたり, 機 械 の 日 記 念 行 事 自 分 発 見 ものづくり 発 見 第 1 回 (15) が 東 京 上 野 の 国 立 科 学 博 物 館 で 開 催 され, 夏 休 みの 子 供 たちにブルネルの 事 績 と, 大 気 圧 鉄 道 の 模 型 に よる 走 行 実 演 が 行 われ, 感 動 を 提 供 しました.こう して, 多 くの 行 事 にご 参 加,ご 協 力 頂 いた 方 々に 謝 意 を 述 べ, 技 術 史 への 深 い 関 心 とその 適 用 をお 願 い する 次 第 です. 参 考 文 献 1) Dowson, D., History of Tribology, (1979), pp.1-677, Longman Group Ltd. 2) Miwa, S., History of Mechanical Engineering, (2000), p.5, Maruzen. 3) Hotta, Z., Modern Sentence (revised edition), A Greeting from the Future, (2002), pp.8-13, Chikuma Shobou. 4) On line web for the word Moore s Law, s_law 5) Nakicenovic, (1986), p ) Hochi Shimbun, Prophecy of the 20 th Century, No.8503, (1901). 7) Buchanan, A., The Life and Times of Isambard Kingdom Brunel,(2002), Humbleton and London. 8) Ookawa, T., Translated book of 7),(2006), LLP House of History of Engineering. 9) Brunel, I., The Life of Isambard Kingdom Brunel, Civil Engineer, (1870), pp , Nonsuch Pub. 10) Sato, K.,The Great Challenge of Brunel, (2006), Nikkan Kogyo Shimbun Press. 11) Eikoku news Digest, No.877, (2003). 12) Sato, K.(ed.), Stories of the Great Engineers of Brunel s Father and Son, Proceeding of the Technology and Society Division of the JSME, No.04-79, pp ,(2004). 13) Sato, K.(ed.), Re-engineering built by Brunelists in Japan, Proceeding of the Technology and Society Division of the JSME, No.05-86, pp ,(2005). 14) On line web, Newsletter of the Technology and Society, No.17, February 2007, /satoh.html 15) On line web, Newsletter of the Technology and Society, No.18, November 2007, /conf2.html 7

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(5) --- グローカルな 視 点 から 考 える -- 戸 沼 幸 市 ( 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 ) 1.グローカル 社 会 日 本 の 現 代 社 会 はさまざまな 場 面 でグローバル ( 世 界 地 球 大 )な 要 素 とローカル( 日 本 地 域 的 )な 要 素 がダイナミックに 混 合 して 現 れていま

More information

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職 講 座 名 転 職 するなら 公 務 員! 試 験 種 地 上 国 家 一 般 職 編 回 数 1 回 講 師 名 丸 尾 旭 科 目 テープ C-241-005 講 師 配 布 / 回 収 物 品 目 コード 名 称 配 布 クラス 数 1 40C241005 板 書 ( 本 紙 ) 全 クラス 共 通 1 回 収 進 行 予 定 種 別 実 施 時 間 収 録 講 義 1:26 最 新 情 報

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審 ******************************************************************************************************** 第 2 6 6 号 2011 年 10 月 12 日 日 本 気 象 学 会 関 西 支 部 ニ ュ ー ス 関 西 支 部 第 29 期 役 員 の 補 充 交 代 2011 年 度 関 西

More information

機 構 業 務 の 中 核 事 案 について 検 討 し 協 議 する 総 務 理 事 会 を 下 記 の 通 り 開 催 しました 1) 平 成 25 年 4 月 15 日 防 災 士 誕 生 10 周 年 記 念 行 事 について 等 2) 平 成 25 年 5 月 10 日 理 事 会 通 常

機 構 業 務 の 中 核 事 案 について 検 討 し 協 議 する 総 務 理 事 会 を 下 記 の 通 り 開 催 しました 1) 平 成 25 年 4 月 15 日 防 災 士 誕 生 10 周 年 記 念 行 事 について 等 2) 平 成 25 年 5 月 10 日 理 事 会 通 常 平 成 25 年 度 事 業 経 過 報 告 1 防 災 士 養 成 事 業 について (1) 概 況 防 災 士 養 成 事 業 を 開 始 した 平 成 15 年 9 月 以 降 平 成 26 年 3 月 までの 防 災 士 養 成 事 業 期 間 において 防 災 士 資 格 取 得 試 験 は 累 計 983 回 実 施 し 特 に 平 成 25 年 度 は 過 去 最 大 数 となる173

More information

市バス沿線情報誌 「市バスだいすき」について

市バス沿線情報誌 「市バスだいすき」について 会 員 だより ( 今 回 は 仙 台 市 神 戸 市 から 寄 稿 していただきました この 会 員 だよりは 協 会 のホー ムページにも 掲 載 しておりま) 仙 台 市 交 通 局 地 下 鉄 東 西 線 の 建 設 工 事 す 仙 台 市 では これまで 人 口 の 増 加 とともに 市 街 地 の 外 延 化 が 進 み これに 応 じた 基 盤 整 備 を 進 めてきましたが 今 後

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

文部科学省「21世紀COEプログラム」人材育成拠点

文部科学省「21世紀COEプログラム」人材育成拠点 文 部 科 学 省 21 世 紀 COE プログラム 人 材 育 成 拠 点 社 会 人 対 象 特 別 コース( 大 学 院 修 士 課 程 ) 講 義 科 目 および 担 当 者 クライシスマネジメント 福 田 昌 史 ( 客 員 教 授 水 資 源 機 構 理 事 ) クライシス 危 機 は 企 業 の 名 誉 存 続 に 関 わる 大 事 件 自 己 である 危 機 発 生 時 に 企 業

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について 平 成 26 年 9 月 防 衛 省 佐 賀 空 港 への 陸 自 ティルト ローター 機 の 配 備 について 佐 賀 空 港 への 配 備 について 今 後 のティルト ローター 機 の 運 用 に 際 して 同 機 の 配 備 先 につ いて 九 州 地 方 を 中 心 に 部 隊 運 用 の 実 効 性 強 化 日 米 協 力 の 強 化 配 備 のための 十 分 な 地 積 の 確 保 市

More information

ÿþ

ÿþ (1) 提 案 のコンセプト 1 資 産 名 称 2 概 要 1 資 産 名 称 - 非 西 洋 世 界 における 近 代 化 の 先 駆 け The Modern Industrial Heritage in Kyushu and Yamaguchi Pioneer of Modernization in the non-western World 2 概 要 我 が 国 の 近 代 化 は, 幕

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc 2013 年 度 政 治 経 済 学 経 済 史 学 会 秋 季 学 術 大 会 共 通 論 題 報 告 2 札 幌 学 院 大 学 経 済 学 部 大 場 隆 広 養 成 工 と 高 校 卒 ブルーカラーの 代 替 と 補 完 戦 後 日 本 の 高 度 成 長 期 を 中 心 に 発 表 内 容 : 1. 問 題 関 心 2. 高 度 成 長 期 の 新 規 学 卒 の 労 働 市 場 (1)

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目 ( 様 式 2) 平 成 24 年 度 補 正 ものづくり 中 小 企 業 試 作 開 発 等 支 援 補 助 金 の 事 業 に 取 り 組 んでいる 方 は 以 下 に 受 付 番 号 を 記 入 してください 受 付 番 号 :123456789 事 業 計 画 書 (2 次 公 募 ) 該 当 する 項 目 に を 付 してください 1 次 公 募

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

一太郎 9/8 文書

一太郎 9/8 文書 2014 年 1 月 10 日 卒 業 論 文 概 要 試 問 等 要 項 M0809 大 分 太 郎 M0810 機 械 次 郎 指 導 教 員 大 分 工 業 高 等 専 門 学 校 機 械 工 学 科 平 成 22 年 1 月 30 日 (2010 年 1 月 30 日 ) 目 次 1. 卒 業 論 文 提 出 要 項 1 2. 卒 業 研 究 試 問 要 項 5 ( 上 記 は 章 であるが,

More information

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン 滋 賀 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 ガイドライン 平 成 27 年 1 月 滋 賀 県 目 次 1. 本 ガイドラインについて 1 (1) 本 ガイドラインの 位 置 づけ 基 本 的 な 考 え 方 (2) 本 ガイドラインの 目 的 (3) 本 ガイドラインの 対 象 施 設 (4) 本 ガイドラインの 適 用 2. 具 体 的 な 取 組 2 (1) 長 寿 命 化 対 象 施 設 (2)

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

スライド 1

スライド 1 第 9 回 新 事 業 創 出 全 国 フォーラム in Kochi ニュービジネスを 拓 く 平 成 龍 馬 の 大 仕 事! 同 時 開 催 :JNB 全 国 会 員 大 会 報 告 書 平 成 25 年 10 月 3 日 ( 木 ) 主 催 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 四 国 本 部 公 益 社 団 法 人 日 本 ニュービジネス 協 議 会 連 合 会 主

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C> 静 情 審 第 6 3 号 平 成 26 年 3 月 24 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 25 年 11 月 7 日 付 け 静 空 総 第 141 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

測 量 の 日 は 測 量 法 が 昭 和 24 年 6 月 3 日 に 公 布 され 平 成 元 年 に 40 年 を 迎 えたことを 機 会 に 測 量 と 地 図 についての 意 義 及 び 重 要 性 に 対 する 国 民 の 理 解 と 関 心 を 一 層 高 めることを 目 的 として

測 量 の 日 は 測 量 法 が 昭 和 24 年 6 月 3 日 に 公 布 され 平 成 元 年 に 40 年 を 迎 えたことを 機 会 に 測 量 と 地 図 についての 意 義 及 び 重 要 性 に 対 する 国 民 の 理 解 と 関 心 を 一 層 高 めることを 目 的 として 2 2 3 4 5 6 6 7 8 8 国 土 地 理 院 広 報 2013 年 6 月 1 測 量 の 日 は 測 量 法 が 昭 和 24 年 6 月 3 日 に 公 布 され 平 成 元 年 に 40 年 を 迎 えたことを 機 会 に 測 量 と 地 図 についての 意 義 及 び 重 要 性 に 対 する 国 民 の 理 解 と 関 心 を 一 層 高 めることを 目 的 として 6 月

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

? 域 代 表 ぶ ば 最 高 機 関 構 運 思 種 類 領 見 反 映 出 類 ぞ 次 規 市 重 識 験 得 水 得 5 割 8 在 属 費 持 口 基 準 容 ぞ 属 属 出 被 併 与 8 次 皆 案 ~ 8 金 5 ち 5 出 被 与 5 超 ず 8 木 階 5 アイム 8 最 高 機

? 域 代 表 ぶ ば 最 高 機 関 構 運 思 種 類 領 見 反 映 出 類 ぞ 次 規 市 重 識 験 得 水 得 5 割 8 在 属 費 持 口 基 準 容 ぞ 属 属 出 被 併 与 8 次 皆 案 ~ 8 金 5 ち 5 出 被 与 5 超 ず 8 木 階 5 アイム 8 最 高 機 8 UGUST contents アイム 8 ? 域 代 表 ぶ ば 最 高 機 関 構 運 思 種 類 領 見 反 映 出 類 ぞ 次 規 市 重 識 験 得 水 得 5 割 8 在 属 費 持 口 基 準 容 ぞ 属 属 出 被 併 与 8 次 皆 案 ~ 8 金 5 ち 5 出 被 与 5 超 ず 8 木 階 5 アイム 8 最 高 機 関 構 市 代 表 運 諸 問 題 審 参 画 重 位

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

平 成 2 3 年 度 行 政 監 査 報 告 書 松 江 市 監 査 委 員 監 第 1 2 7 号 平 成 23 年 9 月 5 日 松 江 市 長 松 浦 正 敬 様 松 江 市 議 会 議 長 林 干 城 様 各 行 政 委 員 会 委 員 長 様 松 江 市 監 査 委 員 小 松 原 操 松 江 市 監 査 委 員 児 玉 泰 州 松 江 市 監 査 委 員 加 藤 富 章 行 政 監

More information

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村 事 例 研 究 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 に 関 する 研 究 について 1 鶴 園 卓 也 東 洋 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 公 民 連 携 専 攻 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 研 究 チーム 序 章 研 究 の 経 緯 と 目 的 本 研 究 は 東 京 都 国 立 市 からの 依 頼 により 同 市 の 公 共 施 設 等 のあり 方 について

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

枝幸町議会だより 第35号

枝幸町議会だより 第35号 先 ~ 頑 張 ~ ~ / 編 集 記 p ~ p ~ p ~ p ~ 去 降 ぞ 岡 就 峰 峰 執 針 述 単 契 得 契 項 程 結 原 Y O S K O I ソ ラ 祭 夢 想 漣 準 賞 賞 チ ム ベ 演 舞 準 賞 栄 誉 勝 結 精 宣 話 題 勇 感 与 深 感 謝 表 層 躍 祈 念 申 略 ケ 提 依 頼 夢 想 漣 準 賞 賞 略 執 針 峰 執 針 峰 執 針 峰 準 賞

More information

コスト縮減を考慮した整備計画案について

コスト縮減を考慮した整備計画案について 第 1 回 委 員 会 H20.9.3. 資 料 -3 事 業 費 縮 減 を 考 慮 した 整 備 計 画 案 について (1) 目 的 昨 年 度 の 関 係 者 連 絡 会 議 で 事 業 費 縮 減 に 向 けて 提 案 された 乗 り 換 え 案 等 について 現 計 画 の 高 架 案 半 数 乗 り 入 れ 案 をベースに 概 略 の 比 較 検 討 を 行 う (2) 必 要 輸 送

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

0 平 The Keishin Times Vol. 0 喪 失 以 嬉 道 邁 羽 御 終 充 糧 道 躍 顔 乗 常 確 信 7 歩 識 特 色 甲 斐 誇 訓 基 終 園 創 求 尽 謙 吾 ふ 健 康 挨 拶 努 葉 贈 益 祈 念 汗 水 流 懸 命 協 作 苦 貴 重 希 望 歩 底 胸

0 平 The Keishin Times Vol. 0 喪 失 以 嬉 道 邁 羽 御 終 充 糧 道 躍 顔 乗 常 確 信 7 歩 識 特 色 甲 斐 誇 訓 基 終 園 創 求 尽 謙 吾 ふ 健 康 挨 拶 努 葉 贈 益 祈 念 汗 水 流 懸 命 協 作 苦 貴 重 希 望 歩 底 胸 0 0 平 7-00 県 宇 市 西 琴 芝 丁 -8 ks@keishin-ug.com 08-- 08--78 VOL. TOPICS 0 0 0 0 0 祝 託 ペ!? 8 BAS K T E A B LL CHAMPION a sics 古 紙 べ パ 九 世 紀 末 量 八 〇 〇 手 紙 次 節 息 リ シ 祝 宴 招 リ シ 帝 父 ホ オ 息 門 祝 招 古 父 現 門 誼 衝 突

More information

(Microsoft Word - \201\23202 \214R\215`\214\340260318.docx)

(Microsoft Word - \201\23202 \214R\215`\214\340260318.docx) ふこく 原 始 古 代 2 富 国 強 兵 ぐんこう ひろしま~ 軍 港 呉 中 世 きょうへいとひろしま 近 世 くれ~ 近 代 現 代 ~ 1000 1100 1200 1300 1400 1500 1600 1700 1800 1900 2000( 年 ) 1 呉 港 と は ど の よ う な 港 で し ょ う か? 呉 は, 現 在, 造 船 の 盛 ん な ご 地 えい と し て 知

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074>

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074> 資 料 5 今 後 の 日 本 ブランド 戦 略 について 第 2 回 コンテンツ 日 本 ブランド 専 門 調 査 会 平 成 20 年 3 月 6 日 1 1. 主 な 日 本 ブランド 振 興 策 の 例 日 本 ブランド 戦 略 の 推 進 魅 力 ある 日 本 を 世 界 に 発 信 - (コンテンツ 専 門 調 査 会 日 本 ブランド ワーキンググループ 2005 年 2 月 25 日

More information

中国都市交通の現状と課題

中国都市交通の現状と課題 中 国 都 市 交 通 の 現 状 と 課 題 ( 財 ) 自 治 体 国 際 化 協 会 CLAIR REPORT NUMBER 8 ( July 5, 2005 ) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 ( 北 京 事 務 所 ) 目 次 はじめに 概 要 ⅰ 第 章 中 国 都 市 交 通 発 展 の 歴 史 第 節 初 期 の 交 通 輸 送 の 全 体 状 況 第 2 節 新 中

More information

平成15年度事業報告

平成15年度事業報告 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 一 般 財 団 法 人 航 空 保 安 協 会 平 成 25 年 度 事 業 報 告 平 成 25 年 度 は 当 協 会 の 設 立 43 年 目 にあたり 国 土 交 通 省 航 空 局 成 田 関 西 中 部 国 際 空 港 株 式 会 社 日 本 空 港 ビルデング 株 式

More information

平成23第1回定例会一般質問

平成23第1回定例会一般質問 平 成 23 第 1 回 定 例 会 一 般 質 問 1. 北 方 四 島 交 流 事 業 について (1) 今 後 の 四 島 交 流 事 業 実 施 の 見 通 しについて (2) 四 島 交 流 事 業 実 施 による 経 済 効 果 について (3) 新 たな 視 点 でのポスト 四 島 交 流 事 業 について 2. 病 院 経 営 について (1) 改 訂 版 根 室 市 病 院 事 業

More information

全員協議会(平成16年9月13日)

全員協議会(平成16年9月13日) 平 成 27 年 1 月 15 日 ( 木 ) 出 席 議 員 (18 名 ) 議 長 道 下 政 博 副 議 長 多 賀 吉 一 1 番 八 十 嶋 孝 司 2 番 西 村 稔 3 番 黒 田 英 世 4 番 荒 井 克 5 番 中 村 一 子 6 番 森 山 時 夫 7 番 角 井 外 喜 雄 8 番 酒 井 義 光 9 番 塩 谷 道 子 11 番 向 正 則 13 番 南 田 孝 是 14

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま 平 成 27 年 国 勢 調 査 高 知 県 の 口 速 報 集 計 結 果 平 成 28 年 1 月 18 日 高 知 県 総 務 部 統 計 課 1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

参 議 院 議 員 岩 城 光 英 様 要 望 書 国 道 3 4 9 号 整 備 促 進 に つ い て 平 成 25 年 8 月 国 道 349 号 建 設 促 進 期 成 同 盟 会 会 長 根 本 匠 国 道 349 号 の 整 備 促 進 について 国 道 349 号 は 昭 和 50 年 4 月 に 国 道 へ 昇 格 以 来 漸 次 改 良 整 備 が 進 めら れ 着 々とその 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

MONODZUKURI from IWATE ものづくり と 言 っても 人 それぞれの 解 釈 があり 混 乱 し ますから 日 本 学 術 会 議 では 21 世 紀 ものづくり 科 学 のあ り 方 (www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-20-h64-2

MONODZUKURI from IWATE ものづくり と 言 っても 人 それぞれの 解 釈 があり 混 乱 し ますから 日 本 学 術 会 議 では 21 世 紀 ものづくり 科 学 のあ り 方 (www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-20-h64-2 第 7 回 若 年 者 ものづくり 競 技 大 会 ~ 職 業 大 教 員 が8 職 種 で 競 技 主 査 を 担 当!! ~ 第 7 回 若 年 者 ものづくり 競 技 大 会 ( 注 )が 平 成 24 年 8 月 7 日 ( 火 )~8 日 ( 水 )に 岩 手 産 業 文 化 センターをメイン 会 場 ( 一 部 職 種 は 滋 賀 県 立 高 等 技 術 専 門 校 が 会 場 )として

More information

1. はじめに 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 (CO 2 )などの 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 は 増 加 する 傾 向 にあるが, 削 減 方 法 については, 家 庭 での 省 エ ネルギーから 産 業 界 の 削 減 に 関 わる 取 組 みまで 多 くの 提 案 がなされており

1. はじめに 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 (CO 2 )などの 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 は 増 加 する 傾 向 にあるが, 削 減 方 法 については, 家 庭 での 省 エ ネルギーから 産 業 界 の 削 減 に 関 わる 取 組 みまで 多 くの 提 案 がなされており 37-13 CO2 貯 留 サイト 上 における 壌 並 びに 表 層 CO2ガスのモニタリン グとバンダリーダムCCSプロジェクト Monitering Method of Soil and Surface CO2 Gas-Flux for the Boundary Dam CCS Project 佐 々 木 久 郎 ( 九 州 大 学 ) 実 講 演 者 菅 井 裕 一 ( 九 州 大 学 )

More information

1. 市 の 概 要 面 積 342.39km2 人 口 85,793 人 ( 平 成 26 年 3 月 1 日 現 在 ) 世 帯 数 35,203 世 帯 ( ) 市 制 施 行 昭 和 18 年 5 月 27 日 舞 鶴 市 は 京 都 府 の 北 東 に 位 置 し 日 本 海 の 若 狭

1. 市 の 概 要 面 積 342.39km2 人 口 85,793 人 ( 平 成 26 年 3 月 1 日 現 在 ) 世 帯 数 35,203 世 帯 ( ) 市 制 施 行 昭 和 18 年 5 月 27 日 舞 鶴 市 は 京 都 府 の 北 東 に 位 置 し 日 本 海 の 若 狭 福 生 市 議 会 議 長 乙 津 豊 彦 様 横 田 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 末 次 和 夫 平 成 26 年 度 福 生 市 議 会 横 田 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 本 委 員 会 は 平 成 26 年 度 行 政 視 察 を 次 の 通 り 実 施 しましたので 報 告 いたします 1. 視 察 日 程 平 成 26 年 6 月 25

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻 銀 財 策 巡 周 縁 諸 立 ハ ズ 昇 七 ペ ガ 治 不 安 ォ ワ ゲ 事 件 ミ ュ ウ 論 ハ ガ 反 反 東 拡 付 能 不 全 ゆ 私 裂 不 和 廃 棄 べ 脅 威 捉 べ 会 ぐ 崩

32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻 銀 財 策 巡 周 縁 諸 立 ハ ズ 昇 七 ペ ガ 治 不 安 ォ ワ ゲ 事 件 ミ ュ ウ 論 ハ ガ 反 反 東 拡 付 能 不 全 ゆ 私 裂 不 和 廃 棄 べ 脅 威 捉 べ 会 ぐ 崩 31 : 型 田 素 香 講 演 依 頼 受 際 催 者 状 将 来 展 望 骨 太 話 ほ 梓 反 乱 内 容 沿 話 骨 太 話 果 型 話 手 元 ュ 配 最 初 月 ィ ナ ズ ニ ヴ ォ ガ ミ ュ ウ 書 概 要 げ 又 断 べ 南 北 断 ケ ィ 懐 疑 者 ァ 推 者 断 社 会 ベ 裁 32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹 平 成 24 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 第 65 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 女 子 第 26 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 実 施 要 項 2012 主 催 佐 賀 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 佐 賀 県 教 育 委 員 会 後 援 佐 賀 陸 上 競 技 協 会 西 日 本 新 聞 社 佐 賀

More information