21P-73. 末 梢 神 経 麻 痺 を 合 併 するのはどれか 1.スワンネック 変 形 2.へバーデン(Heberden) 結 節 3.デュピュイトラン(Dupuytren) 拘 縮 4.フォルクマン(Volkmann) 拘 縮 フォルクマン 拘 縮 は 外 傷 による 内 出 血 や 圧 迫

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "21P-73. 末 梢 神 経 麻 痺 を 合 併 するのはどれか 1.スワンネック 変 形 2.へバーデン(Heberden) 結 節 3.デュピュイトラン(Dupuytren) 拘 縮 4.フォルクマン(Volkmann) 拘 縮 フォルクマン 拘 縮 は 外 傷 による 内 出 血 や 圧 迫"

Transcription

1 21P-66. 開 放 性 骨 折 で 正 しいのはどれか 1. 創 外 に 骨 が 露 出 している 骨 折 をいう 2. 高 度 な 粉 砕 骨 折 である 3. 外 固 定 は 禁 忌 である 4. golden hour 内 の 感 染 防 止 が 重 要 である 開 放 性 骨 折 は 創 部 と 骨 折 部 の 交 通 があるものをいい 受 傷 後 6 8 時 間 の golden hour に 適 切 な 創 処 置 を 行 えば 一 時 的 な 創 閉 鎖 が 可 能 となる 21P-67. 単 純 エックス 線 像 により 確 定 診 断 がしやすい 骨 折 はどれか 1. 骨 挫 傷 2. 竹 節 状 骨 折 骨 挫 傷 は 海 綿 質 の 微 細 な 骨 折 であり MRI による 鑑 別 が 必 要 となる 骨 軟 骨 骨 折 は 3. 骨 軟 骨 骨 折 関 節 軟 骨 が 軟 骨 下 骨 層 を 伴 って 剥 離 したもので X 線 像 で 証 明 しにくい ソルター 4.ソルター ハリスV 型 骨 折 ハリスV 型 では 骨 端 軟 骨 層 の 圧 挫 であり X 線 像 で 証 明 しにくい 21P-68. 過 剰 仮 骨 形 成 の 結 果 により 生 じるのはどれか 1. 異 常 可 動 2. 脂 肪 塞 栓 3. 深 部 静 脈 血 栓 関 節 付 近 の 骨 折 では 過 剰 に 仮 骨 が 形 成 されやすく 関 節 運 動 障 害 を 生 じやすい 4. 関 節 運 動 障 害 脂 肪 塞 栓 は 骨 損 傷 部 から 流 出 した 骨 髄 脂 肪 の 小 滴 が 塞 栓 を 起 こすもの 深 部 静 脈 血 栓 は 静 脈 に 血 栓 ができ 肺 に 塞 栓 を 起 こすものである 21P-69. 外 傷 とその 形 態 指 標 との 組 み 合 わせで 正 しいのはどれか 1. 肘 内 側 靭 帯 損 傷 運 搬 角 の 減 少 2. 踵 骨 骨 折 ベーラー 角 の 増 大 足 関 節 内 返 し 捻 挫 では 前 距 腓 靭 帯 や 踵 腓 靭 帯 が 損 傷 し 距 骨 傾 斜 角 が 増 大 する 3. 足 関 節 内 返 し 捻 挫 距 骨 傾 斜 角 の 増 大 肘 内 側 靭 帯 損 傷 では 運 搬 角 の 増 大 し 踵 骨 骨 折 ではベーラー 角 の 減 少 し 大 腿 4. 大 腿 骨 頸 部 外 転 型 骨 折 頸 体 角 の 減 少 骨 頸 部 外 転 型 骨 折 は 頸 体 角 の 増 大 がみられる 21P-70. 類 似 する 病 態 と 鑑 別 点 との 組 み 合 わせで 適 切 なのはどれか 1. 鎖 骨 外 端 骨 折 と 肩 鎖 関 節 上 方 脱 臼 肩 外 転 制 限 の 程 度 前 脛 腓 靭 帯 損 傷 と 前 距 腓 靭 帯 損 傷 の 鑑 別 には 微 妙 な 圧 痛 部 位 の 差 異 が 有 用 2.C8 神 経 根 症 と 肘 部 管 症 候 群 骨 間 筋 萎 縮 の 有 無 である 前 脛 腓 靭 帯 は 遠 位 脛 腓 関 節 前 面 に 前 距 腓 靭 帯 は 外 果 前 縁 から 腓 骨 軸 3. 脛 骨 疾 走 型 疲 労 骨 折 とシンスプリント 回 内 足 の 有 無 とほぼ 直 角 に 触 知 できる 鎖 骨 外 端 骨 折 と 肩 鎖 関 節 上 方 脱 臼 は 画 像 診 断 C8 神 4. 前 脛 腓 靭 帯 損 傷 と 前 距 腓 靭 帯 損 傷 圧 痛 部 位 の 差 異 経 根 症 と 肘 部 管 症 候 群 は 指 の 屈 曲 脛 骨 疾 走 型 疲 労 骨 折 とシンスプリントは 圧 痛 部 位 の 差 異 と 疼 痛 の 質 が 有 用 21P-71. 膝 蓋 骨 脱 臼 で 膝 関 節 の 肢 位 に 関 係 なく 脱 臼 しているのはどれか 1. 反 復 性 脱 臼 2. 習 慣 性 脱 臼 3. 恒 久 性 脱 臼 4. 陳 旧 性 脱 臼 恒 久 性 脱 臼 は 膝 関 節 の 肢 位 に 関 係 なく 脱 臼 しているものである 21P-72. 受 傷 直 後 の 肩 外 転 角 を 小 さい 順 に 並 べたもので 正 しいのはどれか 1. 鎖 骨 下 脱 臼 腋 窩 脱 臼 関 節 窩 下 脱 臼 2. 関 節 窩 下 脱 臼 鎖 骨 下 脱 臼 腋 窩 脱 臼 3. 関 節 窩 下 脱 臼 腋 窩 脱 臼 鎖 骨 下 脱 臼 4. 鎖 骨 下 脱 臼 関 節 窩 下 脱 臼 腋 窩 脱 臼 鎖 骨 下 脱 臼 腋 窩 脱 臼 関 節 窩 下 脱 臼

2 21P-73. 末 梢 神 経 麻 痺 を 合 併 するのはどれか 1.スワンネック 変 形 2.へバーデン(Heberden) 結 節 3.デュピュイトラン(Dupuytren) 拘 縮 4.フォルクマン(Volkmann) 拘 縮 フォルクマン 拘 縮 は 外 傷 による 内 出 血 や 圧 迫 などによって 組 織 内 圧 が 上 昇 し 循 環 不 全 が おこり 組 織 の 壊 死 や 末 梢 神 経 麻 痺 などをきたす 疾 患 である スワンネック 変 形 はDIP 関 節 屈 曲 PIP 関 節 過 伸 展 の 変 形 へバーデン 結 節 はDIP 関 節 の 変 形 性 関 節 症 デュピュイト ラン 拘 縮 は 手 掌 腱 膜 の 拘 縮 をいう 21P-74. ガレアジ(Galeazzi) 骨 折 で 正 しいのはどれか 1. 後 骨 間 神 経 麻 痺 を 合 併 する 2. 近 位 橈 尺 関 節 部 で 橈 骨 頭 が 脱 臼 する 3. 尺 骨 骨 幹 部 の 骨 折 である 4. 前 腕 回 内 回 外 運 動 障 害 を 残 しやすい ガレアジ 骨 折 とは 橈 骨 骨 幹 部 中 下 1/3 境 界 部 の 骨 折 と 同 時 に 遠 位 橈 尺 関 節 部 で 尺 骨 頭 が 脱 臼 したものをいう 尺 骨 神 経 の 損 傷 や 手 部 尺 側 の 疼 痛 残 存 などにより 回 内 回 外 運 動 障 害 を 残 すことがある 後 骨 間 神 経 麻 痺 を 合 併 しや すいのは モンテギア 骨 折 である 21P-75. 手 関 節 伸 展 ( 背 屈 ) 位 で 手 掌 を 衝 いたことが 原 因 でないのはどれか 1.コーレス(Colles) 骨 折 2. 掌 側 バートン(Barton) 骨 折 3. 舟 状 骨 骨 折 掌 側 バートン 骨 折 はスミス 骨 折 と 同 様 に 手 背 をついて 発 生 する コーレス 骨 折 4. 月 状 骨 周 囲 脱 臼 舟 状 骨 骨 折 月 状 骨 周 囲 脱 臼 は 手 掌 をついて 発 生 する 21P-76. 指 PIP 関 節 掌 側 脱 臼 の 後 遺 症 となるのはどれか 1. 手 内 筋 プラス 変 形 2.ボタン 穴 変 形 ボタン 穴 変 形 とは PIP 関 節 屈 曲 DIP 関 節 過 伸 展 の 変 形 をいう 指 PIP 関 節 3. 槌 指 変 形 掌 側 脱 臼 や それに 伴 う 中 央 索 の 断 裂 などの 後 遺 症 としておこる 槌 指 変 形 4.スワンネック 変 形 (マレットフィンガー)は 終 止 腱 断 裂 による スワンネック 変 形 はマレットフィン ガーの 放 置 や PIP 関 節 掌 側 板 損 傷 による 21P-77. 下 前 腸 骨 棘 裂 離 骨 折 で 誤 っているのはどれか 1.サッカー 選 手 にみられる 2. 疼 痛 が 軽 度 なことが 多 い 3. 異 常 可 動 性 を 触 知 できる 下 前 腸 骨 棘 裂 離 骨 折 はサッカーのキック 時 に 発 生 しやすく 疼 痛 は 軽 度 なことが 4. 患 肢 荷 重 ができる 多 く 下 肢 に 荷 重 ができる 股 関 節 に 近 いため 異 常 可 動 性 は 触 知 できない 21P-78. 殿 筋 内 に 骨 頭 を 触 知 し 股 関 節 が 屈 曲 内 転 内 旋 位 で 弾 発 性 固 定 されている この 損 傷 で 誤 っているのはどれか 1. 臼 蓋 後 縁 骨 折 の 合 併 がみられる 2. 大 腿 骨 頭 無 腐 性 壊 死 がみられる 3. 反 復 性 脱 臼 に 移 行 しやすい 骨 頭 位 置 肢 位 ( 弾 発 性 固 定 )などから 股 関 節 後 方 脱 臼 が 疑 われ 臼 蓋 後 縁 骨 折 4. 外 傷 性 股 関 節 症 を 起 こしやすい 大 腿 骨 頭 無 腐 性 壊 死 外 傷 性 股 関 節 症 の 合 併 がみられる 21P-79. 小 児 における 膝 蓋 跳 動 の 原 因 でないのはどれか 1. 血 友 病 2. 円 板 状 半 月 小 児 における 膝 蓋 跳 動 は 円 板 状 半 月 や 離 断 性 骨 軟 骨 炎 が 原 因 でおこりうる 3. 離 断 性 骨 軟 骨 炎 血 友 病 では 関 節 内 で 内 出 血 が 起 こりやすい 4. 脛 骨 粗 面 骨 端 症 脛 骨 粗 面 骨 端 症 (オスグッド 病 )は 関 節 包 外 なので 膝 蓋 跳 動 は 起 こりにくい

3 21P-80. 足 部 の 障 害 部 位 で 同 じ 骨 にみられるのはどれか 1. 外 脛 骨 障 害 と 第 1 ケーラー(kohler) 病 2. 三 角 骨 障 害 とセーバー(Sever) 病 3. 二 分 靭 帯 付 着 部 裂 離 骨 折 と 足 関 節 離 断 性 骨 軟 骨 炎 4.ジョーンズ(Jones) 骨 折 とフライバーグ(Freiberg) 病 解 答 1 外 脛 骨 障 害 と 第 一 ケーラー 病 は 足 の 舟 状 骨 におきる 三 角 骨 障 害 足 関 節 離 断 性 骨 軟 骨 炎 は 距 骨 セーバー 病 二 分 靭 帯 付 着 部 裂 離 骨 折 は 踵 骨 ジョーンズ 骨 折 は 第 5 中 足 骨 フライバーグ 病 は 第 2または3 中 足 骨 に 好 発 する 21P-81. 足 第 1 指 が 直 角 に 屈 曲 していて 他 動 的 にも 動 かせないとき 原 因 となるのはどれか 1. 足 根 管 部 の 神 経 絞 扼 2. 距 骨 体 部 の 後 方 転 位 足 第 1 指 が 直 角 に 屈 曲 していて 他 動 的 にも 動 かせない ことから ナウマン 症 3. 有 痛 性 の 外 脛 骨 障 害 候 が 考 えられる 距 骨 骨 折 時 に 体 部 の 後 方 転 位 によって 長 母 趾 屈 筋 が 後 方 4. 中 足 骨 頭 の 骨 端 症 へ 牽 かれておこる 21P-82. 足 部 の 外 転 と 回 内 作 用 を 持 つ 筋 に 対 し 同 作 用 の 求 心 性 収 縮 を 行 っているのはどれか 写 真 に 示 す 矢 印 はゴムチューブに 対 抗 する 運 動 方 向 を 示 している 1.a 2.b 3.c 4.d a b c d 足 部 の 外 転 と 回 内 作 用 を 持 つ 筋 に 対 し 同 作 用 の 求 心 性 収 縮 とは 内 がえしの 予 防 に 外 がえしに 働 く 腓 骨 筋 群 を 鍛 えているということ a は 下 腿 三 頭 筋 b は 前 脛 骨 筋 c は 後 脛 骨 筋 d が 腓 骨 筋 群 である 21P-83. ラウゲ ハンセン 分 類 の 回 内 外 転 損 傷 で 正 しいのはどれか 1. 足 部 は 内 転 する 2. 足 関 節 は 背 屈 する ラウゲ ハンセン 分 類 は 受 傷 時 の 足 部 の 肢 位 と 下 腿 に 対 する 距 骨 の 動 きを 表 している 3. 距 骨 は 外 側 へ 脱 臼 する 足 部 回 内 ( 外 がえし) 時 に 距 骨 が 外 転 強 制 される この 時 足 関 節 内 側 に 牽 引 力 がかかり 内 果 4. 腓 骨 は 頸 部 で 骨 折 する の 水 平 骨 折 (もしくは 三 角 靭 帯 断 裂 )がおこり 距 骨 は 腓 骨 に 圧 迫 され 下 端 部 に 斜 骨 折 がおき 外 側 へ 脱 臼 する 21P-84. 病 態 と 原 因 となる 筋 との 組 み 合 わせで 正 しいのはどれか 1.スラップ 損 傷 上 腕 三 頭 筋 投 球 障 害 において スラップ 損 傷 は 上 腕 二 頭 筋 長 頭 腱 が 関 与 し ベネット 2.ベネット 損 傷 烏 口 腕 筋 3.リトルリーガー 肘 円 回 内 筋 4.リトルリーガー 肩 上 腕 筋 損 傷 は 上 腕 三 頭 筋 長 頭 腱 や 後 方 関 節 包 が 影 響 する リトルリーガー 肘 は 肘 関 節 にか かる 外 反 ストレスにより 前 腕 屈 筋 群 の 牽 引 力 から 内 側 上 顆 の 骨 端 線 離 解 である 円 回 内 筋 も 関 与 する リトルリーガー 肩 は 上 腕 骨 近 位 骨 端 線 離 解 で 投 球 時 の 成 長 軟 骨 板 に 掛 かる 捻 れと 張 力 が 要 因 である 21P-85. 下 肢 損 傷 の 身 体 観 察 で 正 しいのはどれか 1.ズボンを 履 かせたまま 観 察 する 2. 動 的 評 価 では 痛 みを 我 慢 させる 3. 大 腿 周 囲 径 は 膝 蓋 骨 の 上 縁 から 10cm 上 部 で 計 測 する 4. 下 腿 周 囲 径 は 下 腿 三 頭 筋 の 筋 腱 移 行 部 で 計 測 する 身 体 評 価 の 際 は 可 能 な 限 り 衣 服 を 脱 がせる 自 他 動 運 動 MMT など 動 的 評 価 の 際 は 痛 みを 助 長 させない 配 慮 が 必 要 である 下 腿 周 径 は 最 大 外 周 部 を 計 測 する

4 21P-86. 軟 部 組 織 損 傷 と 治 療 法 との 組 合 せで 正 しいのはどれか 解 答 1 1. 足 底 腱 膜 炎 足 趾 の 他 動 的 伸 展 運 動 足 趾 を 背 屈 させると 足 底 腱 膜 炎 は 巻 き 上 げられ 伸 張 する (ウィンドラスの 2. 膝 蓋 腱 炎 PTB ギプス 固 定 巻 き 上 げ 現 象 ) 膝 蓋 腱 炎 は 運 動 後 のアイシングやストレッチ 足 関 節 内 返 し 3. 足 関 節 内 返 し 捻 挫 足 関 節 内 反 し 運 動 の 強 化 捻 挫 では 足 関 節 外 反 し 運 動 の 強 化 大 腿 部 打 撲 は 骨 化 性 筋 炎 を 考 慮 して 4. 大 腿 部 打 撲 急 性 期 のスクワット 訓 練 急 性 期 には R ICE 処 置 疼 痛 大 腿 周 径 屈 曲 制 限 などが 落 ち 着 いたら 徐 々にトレーニングを 開 始 する 21P-87. 物 理 療 法 の 適 応 で 正 しい 組 合 せはどれか 1. 氷 のう 無 菌 性 結 合 織 炎 解 答 1 2. 極 超 短 波 骨 端 成 長 軟 骨 板 損 傷 極 超 短 波 超 音 波 は 深 部 加 熱 による 変 換 熱 療 法 である ホットパックは 伝 導 熱 3.ホットパック 感 覚 脱 失 部 位 療 法 であり 知 覚 障 害 部 位 へは 禁 忌 である 極 超 短 波 は 骨 端 成 長 軟 骨 板 損 傷 4. 超 音 波 ブラックアイ 超 音 波 は 眼 球 周 辺 に 悪 影 響 を 起 こすため 禁 忌 である 21P-88. 肩 甲 骨 骨 折 で 誤 っているのはどれか 1. 上 角 骨 折 では 小 骨 片 が 外 上 方 に 転 位 する 2. 下 角 骨 折 では 小 骨 片 が 前 外 上 方 に 転 位 する 3. 関 節 窩 骨 折 では 上 腕 骨 頭 が 内 方 へ 転 位 する 4. 外 科 頸 骨 折 では 遠 位 骨 片 が 下 前 内 方 に 転 位 する 解 答 1 上 角 骨 折 では 肩 甲 挙 筋 にて 内 上 方 へ 転 位 する 21P-89. 骨 折 と 骨 片 転 位 を 起 こす 筋 との 組 合 せで 正 しいのはどれか 1. 肩 甲 骨 上 角 骨 折 棘 上 筋 2. 上 腕 骨 内 側 上 顆 骨 折 回 外 筋 ベネット 骨 折 は 長 母 指 外 転 筋 により 近 位 方 向 へ 転 位 し 更 に 母 指 内 転 筋 に 3.ベネット(Bennett) 骨 折 長 母 指 外 転 筋 より 屈 曲 する 肩 甲 骨 上 角 骨 折 は 肩 甲 挙 筋 にて 内 上 方 へ 上 腕 骨 内 側 上 4. 中 節 骨 骨 幹 部 骨 折 深 指 屈 筋 顆 骨 折 は 前 腕 屈 筋 群 中 節 骨 骨 幹 部 骨 折 は 浅 指 屈 筋 によって 転 位 する 21P-90. 三 角 筋 付 着 部 より 近 位 の 上 腕 骨 骨 幹 部 骨 折 で 近 位 骨 片 を 内 転 させるのはどれか 1. 上 腕 二 頭 筋 2. 上 腕 三 頭 筋 3. 広 背 筋 4. 烏 口 腕 筋 広 背 筋 は 上 腕 骨 小 結 節 稜 に 付 着 し 肩 関 節 を 内 転 させる 21P-91. 前 腕 回 外 位 で 固 定 を 施 す 骨 折 はどれか 1. 上 腕 骨 顆 上 屈 曲 型 骨 折 2. 円 回 内 筋 付 着 部 より 遠 位 の 前 腕 両 骨 骨 幹 部 骨 折 3.モンテギア(Monteggia) 伸 展 型 骨 折 4. 掌 側 バートン(Barion) 骨 折 モンテギア 伸 展 型 骨 折 は 肘 関 節 鋭 角 屈 曲 位 前 腕 回 外 位 で 固 定 する 上 腕 骨 顆 上 屈 曲 型 骨 折 は 肘 関 節 80~90 前 腕 中 間 位 で 円 回 内 筋 付 着 部 より 遠 位 の 前 腕 両 骨 骨 幹 部 骨 折 は 肘 関 節 90 前 腕 中 間 位 で 掌 側 バートン 骨 折 は 肘 関 節 90 手 関 節 軽 度 屈 曲 位 前 腕 中 間 位 で 固 定 する 21P-92. 橈 骨 近 位 端 部 骨 折 でみられる 肘 部 の 症 状 で 正 しいのはどれか 1. 高 度 の 腫 脹 2. 橈 骨 の 長 軸 圧 痛 3. 内 反 の 不 安 定 性 橈 骨 近 位 端 部 骨 折 は 関 節 内 骨 折 となるため 腫 脹 は 比 較 的 軽 度 である 橈 骨 の 4. 屈 曲 時 の 疼 痛 増 強 長 軸 圧 痛 があり 外 反 の 不 安 定 がみられる またとくに 完 全 伸 展 時 に 疼 痛 が 増 強 する

5 21P-93. 損 傷 と 合 併 する 末 梢 神 経 麻 痺 との 組 み 合 わせで 誤 っているのはどれか 1. 有 鉤 骨 骨 折 ギヨン(Guyon) 管 症 候 群 2.モンテギア(Monteggia) 骨 折 前 骨 間 神 経 麻 痺 3. 肩 関 節 脱 臼 腋 窩 神 経 麻 痺 4. 月 状 骨 脱 臼 正 中 神 経 麻 痺 モンテギア 骨 折 に 合 併 しやすいのは 後 骨 間 神 経 麻 痺 である 有 鉤 骨 鉤 骨 折 の 陳 旧 例 ではギヨン 管 症 候 群 が 出 現 することがある 肩 関 節 脱 臼 では 腋 窩 神 経 麻 痺 月 状 骨 脱 臼 では 正 中 神 経 麻 痺 が 合 併 症 に 挙 げられる 21P-94. 手 の 舟 状 骨 骨 折 で 正 しいのはどれか 1. 結 節 部 骨 折 はキーンベック(Kienbock) 病 の 原 因 となりやすい 2. 遠 位 1/3 部 骨 折 では 近 位 骨 片 への 栄 養 血 管 が 断 たれやすい 3. 腰 部 骨 折 では 遠 位 骨 片 の 無 腐 性 壊 死 が 生 じやすい 4. 近 位 1/3 部 骨 折 では 偽 関 節 が 生 じやすい 舟 状 骨 は 背 側 遠 位 から 栄 養 血 管 が 入 るため 近 位 1/3 部 または 腰 部 骨 折 など 関 節 包 内 の 骨 折 では 近 位 骨 片 への 栄 養 血 管 が 断 たれ 壊 死 や 偽 関 節 が 生 じやすい キーンベック 病 は 月 状 骨 無 腐 性 骨 壊 21P-95. 大 腿 骨 頸 部 骨 折 が 高 齢 者 に 発 生 しやすい 理 由 で 適 切 なのはどれか 死 である 1. 脊 椎 前 弯 による 骨 盤 の 前 傾 2. 骨 粗 鬆 症 による 骨 の 脆 弱 性 3. 臼 蓋 形 成 不 全 による 不 安 定 性 4. 加 齢 による 大 腿 骨 頸 体 角 の 増 大 大 腿 骨 頸 部 骨 折 は 高 齢 者 に 発 生 しやすい 骨 折 で 転 倒 し 大 転 子 を 強 打 し 発 生 する 骨 粗 鬆 症 による 骨 の 脆 弱 性 の 他 に 加 齢 により 視 野 の 低 下 協 調 運 動 機 能 低 下 下 肢 筋 力 機 能 低 下 などが 原 因 で 転 びやすいことがあげられる 21P-96. 肩 関 節 烏 口 下 脱 臼 で 正 しいのはどれか 1.モーレンハイム 窩 の 消 失 がみられる 2. 鎖 骨 下 脱 臼 に 比 べ 上 腕 骨 頭 がより 内 方 に 位 置 する 3. 上 腕 を 胸 壁 につけた 肩 関 節 内 転 位 で 弾 発 性 固 定 される 4. 上 腕 骨 頭 の 後 外 側 の 欠 損 をバンカート 損 傷 という 解 答 1 骨 頭 は 鎖 骨 下 脱 臼 より 外 方 に 肩 関 節 外 転 位 で 弾 発 性 固 定 され 上 腕 骨 頭 の 後 外 側 の 欠 損 をヒルサックス 損 傷 という 21P-97. 前 腕 両 骨 後 方 脱 臼 で 誤 っているのはどれか 1. 肘 頭 高 位 がみられる 2. 関 節 包 前 面 が 断 裂 する 3. 内 側 側 副 靭 帯 損 傷 が 多 くみられる 4. 肘 関 節 伸 展 位 で 固 定 する 前 腕 両 骨 後 方 脱 臼 は 肘 関 節 90 前 腕 中 間 位 で 固 定 する 21P-98. サファーによる 月 状 骨 脱 臼 の 発 生 機 序 で 正 しいのはどれか 1.a 2.b 3.c 4.d a b c d 月 状 骨 脱 臼 の 発 生 機 序 は 手 関 節 の 過 度 の 背 屈 であり 背 側 へ 脱 臼 した 遠 位 手 根 列 によって 月 状 骨 が 掌 側 へ 押 し 出 され 有 頭 骨 が 月 状 骨 の 本 来 の 位 置 を 奪 ってしまう

6 21P-99. 膝 蓋 骨 脱 臼 で 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ 1.Q 角 が 増 大 すると 生 じやすい 2.FTA が 減 少 すると 生 じやすい 3.サギングを 認 める 4. 固 定 は 膝 関 節 完 全 伸 展 位 で 行 う 解 答 1&2 膝 蓋 骨 脱 臼 は 外 反 膝 となる Q 角 が 増 大 や FTA が 減 少 が 要 因 となる サギングは PCL 損 傷 でみられ 固 定 は 膝 関 節 軽 度 屈 曲 位 21P-100. 疾 患 とその 徴 候 との 組 合 せで 正 しいのはどれか 2 つ 選 べ 1. 動 揺 性 肩 関 節 サルカス 徴 候 2. 円 回 内 筋 症 候 群 フローマン 徴 候 3. 大 腿 骨 頭 すべり 症 ドレーマン 徴 候 4. 前 十 字 靭 帯 損 傷 ルドロフ 徴 候 解 答 1&3 サルカス 徴 候 は 下 方 動 揺 性 が 顕 著 な 動 揺 性 肩 関 節 にみられ 上 腕 骨 の 下 方 牽 引 により 肩 峰 周 囲 に 陥 凹 が 出 現 する ドレーマン 徴 候 は 大 腿 骨 頭 すべり 症 にみられ 背 臥 位 で 股 関 節 屈 曲 していくと 外 旋 していく 現 象 である ルドロフ 徴 候 は 小 転 子 裂 離 骨 折 に フローマン 徴 候 は 肘 部 管 症 候 群 やギヨン 管 症 候 群 尺 骨 神 経 障 害 でみられる 21P 歳 の 男 性 スノーボードで 滑 走 中 ジャンプの 着 地 に 失 敗 し 左 肩 部 を 強 打 した 初 診 時 の 外 観 写 真 示 す この 患 者 で 適 切 でないのはどれか 1. 鎖 骨 の 異 常 可 動 性 が 触 知 できる 2. 第 3 骨 片 が 形 成 されている 可 能 性 が 高 い 3. 変 形 癒 合 を 残 しやすい 4. 患 部 を 通 過 する 絆 創 膏 で 圧 迫 した 受 傷 機 転 外 観 写 真 から 鎖 骨 骨 折 が 疑 われ 側 面 観 より 骨 折 端 が 突 出 し 皮 膚 のおそれがあるので 患 部 を 通 過 する 絆 創 膏 で 圧 迫 した が 適 切 でない 21P 歳 の 男 性 バイク 走 行 中 転 倒 し 右 肩 を 強 打 した 右 肩 部 の 隆 起 に 気 付 き 来 所 した 右 鎖 骨 外 端 が 上 方 突 出 している 肩 の 水 平 外 転 は 保 持 でき 軋 轢 音 は 認 めない 単 純 エックス 線 写 真 に 示 す 考 えられるのはどれか 1. 鎖 骨 外 1/3 部 骨 折 2. 棘 上 筋 腱 断 裂 3. 肩 鎖 関 節 上 方 脱 臼 4. 肩 関 節 烏 口 下 脱 臼 受 傷 機 転 単 純 エックス 線 写 真 から 肩 鎖 関 節 上 方 脱 臼 が 疑 われ 肩 の 水 平 外 転 は 保 持 が 可 能 なことから 棘 上 筋 腱 断 裂 軋 轢 音 は 認 めない から 鎖 骨 外 1/3 部 骨 折 は 除 外 できる 21P 歳 の 男 児 5 日 前 から 右 膝 部 痛 を 訴 えている 運 動 会 の 練 習 が 始 まった 時 期 で 様 子 をみていたが 痛 みに 変 化 がなく 歩 き 方 がおかしいので 本 日 来 所 した 膝 に 既 往 歴 炎 症 所 見 可 動 域 制 限 運 動 痛 および 圧 痛 はみられなかった 適 切 なのはどれか 1. 体 育 の 制 限 が 必 要 ないことを 説 明 する 2. 股 関 節 の 診 察 を 行 う 必 要 性 を 説 明 する 3. 積 極 的 な 筋 力 訓 練 が 必 要 であることを 説 明 する 4. 生 後 の 定 期 健 診 で 異 常 がなければ 問 題 ないことを 説 明 する 主 訴 が 右 膝 部 痛 であるが 膝 に 他 覚 所 見 が 見 られない 場 合 でも 大 腿 骨 頭 すべり 症 などの 股 関 節 疾 患 の 疑 いもあるので 股 関 節 の 診 察 を 行 う 必 要 性 を 説 明 し 精 査 を 行 うことが 適 切 である

7 21P 歳 の 男 性 スキー 滑 走 中 に 転 倒 右 下 肢 を 負 傷 した 患 肢 の 股 関 節 および 膝 関 節 を 軽 度 屈 曲 位 でベッド 上 に 背 臥 位 で 寝 かせたところ 膝 蓋 骨 は 正 面 を 向 いているが 足 部 は 軸 が 床 面 と 平 行 で 外 側 を 向 いていた 最 も 考 えられる 損 傷 はどれか 1. 大 腿 骨 骨 幹 部 骨 折 2. 膝 蓋 骨 外 側 脱 臼 3. 脛 腓 両 骨 骨 幹 部 骨 折 4. 腓 骨 骨 幹 部 骨 折 受 傷 機 転 や 膝 蓋 骨 は 正 面 を 向 いているが 足 部 は 軸 が 床 面 と 並 行 で 外 側 を 向 いていた ことから 下 腿 遠 位 部 が 外 旋 位 にあると 推 察 され 脛 腓 両 骨 骨 幹 部 骨 折 が 疑 われる 21P 歳 の 男 性 バレーボールの 練 習 中 ジャンプでつま 先 から 着 地 し 足 部 を 捻 り 来 所 した 足 背 部 外 側 の 腫 脹 と 疼 痛 を 訴 える 受 傷 時 の 肢 位 を 強 制 すると 写 真 に 示 す 部 位 の 疼 痛 が 増 強 し 同 部 に 圧 痛 を 認 める 足 関 節 の 前 方 引 き 出 し 症 状 はない 写 真 を 示 す 考 えられる 損 傷 はどれか 1. 遠 位 前 脛 腓 靱 帯 損 傷 2. 二 分 靱 帯 損 傷 3. 腓 骨 筋 腱 脱 臼 4. 前 距 腓 靱 帯 損 傷 受 傷 機 転 圧 痛 ポイント 前 方 引 き 出 し 症 状 はない ことから 21P 歳 の 男 子 陸 上 競 技 100m 走 でスタートした 際 右 股 関 節 周 囲 に 激 痛 が 発 生 した 患 者 は 股 関 節 の 屈 曲 時 に 二 分 靱 帯 損 傷 が 疑 われる 激 痛 を 訴 え 膝 を 屈 曲 しながらの 股 関 節 の 屈 曲 力 外 転 力 や 外 旋 力 も 低 下 していた 最 も 考 えられるのはどれか 1. 腸 骨 翼 単 独 骨 折 2. 上 前 腸 骨 棘 裂 離 骨 折 3. 坐 骨 結 節 裂 離 骨 折 4. 大 腿 骨 小 転 子 骨 折 受 傷 機 転 疼 痛 部 位 膝 を 屈 曲 しながらの 股 関 節 の 屈 曲 力 外 転 力 や 外 旋 力 も 低 下 していた ことから 上 前 腸 骨 棘 裂 離 骨 折 が 疑 われる 21P 歳 の 女 性 昨 日 歩 行 中 10 cmほどの 段 差 につまずき 足 部 に 内 反 しが 強 制 された リスフラン 関 節 外 側 部 に 著 明 な 腫 脹 が あり 来 所 した 他 動 的 な 内 反 の 強 制 や 自 動 的 な 外 反 運 動 で 疼 痛 が 増 強 した 最 も 考 えられる 後 遺 症 はどれか 1. 過 剰 仮 骨 形 成 2. 無 腐 性 骨 壊 死 3. 凹 足 変 形 4. 外 方 凸 変 形 受 傷 機 転 部 位 症 状 などから 下 駄 骨 折 が 疑 われる 外 方 凸 変 形 を 残 すと 靴 履 歩 行 時 に 疼 痛 が 起 きやすい

8 21P 歳 の 女 性 右 肘 関 節 外 側 部 の 疼 痛 と 手 関 節 の 脱 力 感 を 訴 えて 来 所 した 前 腕 伸 筋 群 の 緊 張 は 強 く 患 側 の 握 力 は 低 下 していた 中 指 伸 展 運 動 に 抵 抗 を 加 えた 結 果 同 部 の 疼 痛 が 増 強 した 写 真 ( 別 冊 No.6)を 別 に 示 す 圧 迫 バンドの 適 切 な 装 着 部 位 はどれか 1.a 2.b 3.c 4.d 症 状 中 指 伸 展 運 動 に 抵 抗 を 加 えた 結 果 同 部 の 疼 痛 が 増 強 した ( 中 指 伸 展 テスト 陽 性 )から 外 側 上 顆 炎 が 疑 われる 圧 迫 バンドの 装 着 部 位 は 前 腕 筋 腹 である 21P 歳 の 女 性 バレーボールの 試 合 でスパイクを 受 け 母 指 MP 関 節 を 負 傷 した 母 指 MP 関 節 尺 側 に 疼 痛 圧 痛 腫 脹 皮 下 出 血 および 側 方 動 揺 性 を 認 めた 誤 っているのはどれか 1.スキーでも 同 様 の 損 傷 が 好 発 する 2. 母 指 が 尺 側 強 制 された 3.ピンチ 動 作 が 障 害 される 4. 側 方 動 揺 性 検 査 は MP 関 節 屈 曲 位 で 行 う 受 傷 部 位 症 状 から 第 一 指 MP 関 節 の 尺 側 側 副 靭 帯 断 裂 が 疑 われる これはスキーの 転 倒 時 など 母 指 の 外 転 強 制 により 好 発 し ピンチ 動 作 での 疼 痛 や 不 安 定 性 がおこる また 側 方 動 揺 性 テストでは MP 関 節 屈 曲 位 で 行 うことが 重 要 である 21P 歳 の 男 子 柔 道 の 試 合 で 軸 足 ( 左 )を 負 傷 した 前 十 字 靱 帯 の 単 独 断 裂 と 診 断 された 柔 道 復 帰 のため 1 カ 月 後 に 手 術 を 行 うことになった 手 術 までの 間 接 骨 院 で 施 術 を 受 けることにした 柔 道 整 復 師 として 適 切 なのはどれか 2 つ 選 べ 1. 関 節 可 動 域 訓 練 を 行 う 2.クラーメル 金 属 副 子 で 固 定 する 3.ダッシュのトレーニング 指 導 を 行 う 4. 大 腿 部 筋 の 筋 力 増 強 訓 練 を 行 う 110 解 答 1&4 急 性 外 傷 における RICE 処 置 の 原 則 はあるが 医 科 の 診 断 により 外 科 手 術 が 予 定 されている ACL 損 傷 は 手 術 までの 期 間 は 固 定 せずに 関 節 可 動 域 訓 練 を 行 う 術 後 の 経 過 で 筋 力 低 下 が 予 測 されることから 術 前 に 大 腿 部 筋 の 筋 力 増 強 訓 練 を 行 う ( 実 技 編 改 訂 第 2 版 P372 参 照 )

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

c. 屋 根 瓦 状 絆 創 膏 固 定 法 は 胸 郭 上 位 から 下 位 へと 貼 d. 絆 創 膏 固 定 は 前 後 の 正 中 線 を 越 える 長 さが 必 要 であ 第 1 回 平 成 5 年 (1993 年 ) 午 後 問 題 73 上 腕 骨 外 科 頚 骨 折 について 誤 っ

c. 屋 根 瓦 状 絆 創 膏 固 定 法 は 胸 郭 上 位 から 下 位 へと 貼 d. 絆 創 膏 固 定 は 前 後 の 正 中 線 を 越 える 長 さが 必 要 であ 第 1 回 平 成 5 年 (1993 年 ) 午 後 問 題 73 上 腕 骨 外 科 頚 骨 折 について 誤 っ 31 柔 道 整 復 理 論 第 1 回 平 成 5 年 (1993 年 ) 午 後 問 題 51 捻 挫 について 正 しいのはどれ a. 一 般 に 運 動 範 囲 の 大 きな 関 節 に 発 生 しやす b. 靭 帯 の 損 傷 度 に 応 じて 関 節 の 不 安 定 性 が 現 れ c. 受 傷 の 際 と 同 じ 肢 位 をとらせると 疼 痛 が 増 強 す d. 弾 発 性 固 定

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不 第 5 章 肢 体 不 自 由 1 Ⅰ 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 指 数 ( 全 体 各 関 節 ) ( 欠 損 ) ( 手 指 ) 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 1 級 廃 し た も の 上 で 欠 く も の 18 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 2 両 上 肢 の す べ て の 2 級 し い 障 害 指 を 欠 く も の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095C493639B8920837A815B83808379815B835797708358838983438368> 競 技 継 続 がほとんど 不 能 になってから 復 帰 した 全 国 大 会 レベル 以 上 の 柔 道 選 手 米 田 病 院 米 田 實 福 山 陽 子 林 克 彦 症 例 紹 介 症 例 1 症 例 2 症 例 3 症 例 4 症 例 5 症 例 6 症 例 7 症 例 8 症 例 9 (28 歳 男 性 ) (26 歳 男 性 ) (25 歳 男 性 ) (24 歳 男 性 ) (17 歳

More information

3.4 衝 突 個 体 の 医 学 的 剖 検 による 海 ワシ 類 の 衝 突 原 因 の 考 察 3.4.1 海 ワシ 類 の 医 学 的 剖 検 結 果 ( 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 一 部 をマスキングしています) 3-72 骨 遠 位 端 を 欠 く 右 脛 腓 骨 遠 位 端 と 左 脛 腓 骨 近 位 端 に 骨 折 を 認 める 3) 剖 検 所 見 頭 骨 は 眼

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

1.ai

1.ai 6. 腰 椎 々 間 板 ヘルニア 日 頃 テレビや 本 棚 などの 重 い 物 を 持 ち 上 げようとした 時 や 顔 を 洗 おうとして 腰 をかがめた 時 などに 急 に 腰 がギクッとして 衝 撃 痛 を 覚 えることがあります これは 俗 に ギックリ 腰 と 呼 ばれ 急 に 腰 痛 が 起 こった 状 態 をさしています この 中 に 腰 椎 捻 挫 や 腰 椎 々 間 板 ヘルニ

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー 神 経 系 とニューロン 神 経 伝 導 検 査 の 基 本 - 上 肢 を 中 心 に- 仙 台 医 療 センター 臨 床 検 査 科 鎌 田 真 知 中 枢 神 経 脳, 脊 髄 末 梢 神 経 ( 機 能 的 分 類 ) 体 性 神 経 系 運 動 神 経 感 覚 神 経 律 神 経 系 交 感 神 経 副 交 感 神 経 標 準 組 織 学 総 論 第 4 版 ( 医 学 書 院 )より 上

More information

問 1 次 の 選 択 肢 のうち 正 しいものを 選 べ 1. 下 肢 長 とは 大 腿 骨 頚 部 から 足 関 節 内 果 までをあらわす 2. 偽 関 節 とは 関 節 内 骨 折 での 骨 融 合 不 全 をいう 3. 単 純 骨 折 とは 皮 下 骨 折 のことをいう 4. 基 本 肢

問 1 次 の 選 択 肢 のうち 正 しいものを 選 べ 1. 下 肢 長 とは 大 腿 骨 頚 部 から 足 関 節 内 果 までをあらわす 2. 偽 関 節 とは 関 節 内 骨 折 での 骨 融 合 不 全 をいう 3. 単 純 骨 折 とは 皮 下 骨 折 のことをいう 4. 基 本 肢 平 成 23 年 度 4 年 生 運 動 器 脊 椎 担 当 : 整 形 外 科 小 児 科 耳 鼻 咽 喉 科 眼 科 放 射 線 科 問 1 次 の 選 択 肢 のうち 正 しいものを 選 べ 1. 下 肢 長 とは 大 腿 骨 頚 部 から 足 関 節 内 果 までをあらわす 2. 偽 関 節 とは 関 節 内 骨 折 での 骨 融 合 不 全 をいう 3. 単 純 骨 折 とは 皮 下 骨

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

観血的治療を勧められたColle’s骨折2症例に対する非観血的治療

観血的治療を勧められたColle’s骨折2症例に対する非観血的治療 手 術 適 応 とされたColle s 骨 折 2 症 例 に 対 する 保 存 療 法 淀 川 ブロック ヒグチ 整 骨 院 樋 口 正 宏 はじめに Colle s 骨 折 の 非 観 血 的 治 療 の 一 般 適 応 は dorsal tiltが15 度 以 下 radial lengthの 短 縮 が8mm 以 下 関 節 内 骨 折 で 転 位 がない 関 節 外 骨 折 では 粉 砕

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引 踵 骨 骨 端 炎 と アキレス 腱 炎 との 関 係 山 形 支 部 森 谷 広 子 はじめに 近 年 低 学 年 を はじめとして スポーツ を 主 体 的 に 運 動 す る 子 ども 達 に 多 く の 障 害 が 出 現 し ています 成 長 の 段 階 における 必 要 以 上 の 運 動 量 が 体 に ストレスとして 起 き 色 々 な 病 気 の 原 因 を 発 生 し 体 を 酷

More information

第 3 回 平 成 7 年 (1995 年 ) 午 後 問 題 34 感 染 症 はどれ 1. 脳 性 小 児 麻 痺 2. 脊 髄 空 洞 症 3. 神 経 性 進 行 性 筋 萎 縮 症 4. 脊 髄 癆 第 3 回 平 成 7 年 (1995 年 ) 午 後 問 題 35 小 児 の 骨 端

第 3 回 平 成 7 年 (1995 年 ) 午 後 問 題 34 感 染 症 はどれ 1. 脳 性 小 児 麻 痺 2. 脊 髄 空 洞 症 3. 神 経 性 進 行 性 筋 萎 縮 症 4. 脊 髄 癆 第 3 回 平 成 7 年 (1995 年 ) 午 後 問 題 35 小 児 の 骨 端 23 整 形 外 科 学 第 1 回 平 成 5 年 (1993 年 ) 午 後 問 題 31 痛 風 について 誤 っているのはどれ 1. 発 作 時 にはCRP 陽 性 白 血 球 増 加 などの 炎 症 反 応 がみられ 2. 急 性 関 節 炎 の 好 発 部 位 は 足 の 母 指 の 中 足 指 節 関 節 であ 3. 早 期 から 関 節 の 破 壊 が 生 じ 4. 血 清 尿 酸

More information

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱 微 弱 電 流 の 通 電 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 であるべきかと 言 う 課 題 に 対 して 微 弱 電 流 の 通 電 を 通 して 考 える 自 己 紹 介 岐 阜 県 の 田 舎 で 約 30 年 接 骨 院 をやってきています 私 は 独 自 の 施 術 法 を 確 立 してきています 柔 道 整 復 師 の 施 術 で 最 も 合 法 的 に 患 部 を 表 現 して

More information

JICA日本伝統治療(柔道整復術)普及事業 報告書

JICA日本伝統治療(柔道整復術)普及事業 報告書 JICA 日 本 伝 統 治 療 ( 柔 道 整 復 術 ) 普 及 事 業 報 告 書 モンゴル 国 立 健 康 科 学 大 学 附 属 医 療 技 術 大 学 編 派 遣 メンバー 団 長 : 本 間 琢 英 ( 国 際 部 ) 金 井 英 樹 ( 国 際 部 ) 浪 尾 敬 一 ( 香 川 県 接 骨 師 会 ) 横 田 良 介 ( 宮 城 県 柔 道 整 復 師 会 ) 楠 美 明 人 (

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

2003年  月  日

2003年  月  日 骨 髄 バンク 団 体 傷 害 保 険 で 後 遺 障 害 適 用 となった 事 例 について (2014.3 末 現 在 ) 2013.3 末 以 降 6 例 追 加 され 32 例 となっています 1 左 手 尺 骨 神 経 障 害 骨 髄 採 取 中 の 尺 骨 神 経 圧 迫 が 原 因 と 推 定 される 尺 骨 神 経 障 害 を 発 症 し 左 手 尺 側 ( 第 4 5 指 )に 知

More information

症例紹介

症例紹介 リハビリってなんだろう はじめまして! 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 です 医 療 保 険 対 応 送 迎 車 サービス 有 そ~らの 家 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 共 催 西 東 京 市 富 士 町 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 平 成 12 年 4 月 ~ 武 蔵 野 市 吉 祥 寺 南 町 4 丁 目 平 成 26 年 4 月 ~ 院 長 紹 介 リハビリテーションとは?

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

δ

δ Ⅸ 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 ( 第 9 次 改 正 全 部 ) 1 障 害 の 等 級 及 び 程 度 (1) 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 について 省 令 別 表 第 二 に 定 める 障 害 は 次 のと おりである ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ア 上 肢 の 障 害 (ァ) 欠 損 障 害 ( 系 列 区 分 18 21) 第 1 級

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1 1 1 大 腿 骨 頭 2 大 腿 骨 頚 3 小 転 子 4 大 腿 骨 体 5 内 転 筋 結 節 6 内 側 上 顆 7 内 側 顆 8 膝 蓋 面 9 外 側 顆 10 外 側 上 顆 11 転 子 間 線 12 大 転 子 13 転 子 窩 問 1. 図 に 示 す 骨 の 名 称 を 日 本 語 と 英 語 で 書 きなさい 大 腿 骨 : femur 問 2. 左 図 の 骨 の 上

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

第63回 診療放射線技師国家試験

第63回 診療放射線技師国家試験 第 65 回 診 療 放 射 線 技 師 国 家 試 験 エックス 線 撮 影 技 術 学 問 68 画 像 検 査 時 の 診 療 放 射 線 技 師 の 対 応 で 適 切 なのはどれか 1. X 線 造 影 剤 を 投 与 するために 静 脈 を 穿 刺 した 2. マンモグラフィの 際 に 圧 迫 板 で 乳 房 を 圧 迫 した 3. 胸 部 X 線 撮 影 の 際 に 義 歯 を 外 すように

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて Unit 1 臨 床 各 論 Ⅵ 運 動 器 コース 1. 教 員 名 責 任 者 赤 木 將 男 整 形 外 科 学 職 位 教 員 名 所 属 教 授 赤 木 將 男 柿 木 良 介 ( 整 形 外 科 学 ) 小 山 敦 子 ( 心 療 内 科 学 ) 准 教 授 三 井 良 之 ( 安 全 管 理 部 ) 講 師 宮 本 裕 史 朝 田 滋 貴 ( 整 形 外 科 学 ) 医 学 部 講 師

More information

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断 診 断 書 ( 肢 体 の 障 害 用 )[ 様 式 第 120 号 の3] 新 旧 対 照 表 ( 傍 線 部 分 は 改 訂 部 分 ) ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 改 訂 案 現 行 ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 昭 和 生 年 月 日 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 性 別 男 女 昭 和 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 男 女 住 所 住 所 地 の 郵 便 番

More information

筋肉解剖模型・関節模型

筋肉解剖模型・関節模型 関 節 3B Scientific の 筋 付 き 関 節 モ デルは 臨 床 教 育 両 方 の 現 場 で 愛 用 されています 解 剖 学 的 構 造 を 正 確 に 再 現 筋 骨 はリアルに 彩 色 筋 の 起 始 / 停 止 はペイントされた 上 に, 盛 り 上 がりをつけて 表 現 筋 の 取 外 しが 可 能 で 深 層 まで 観 察 可 能 耐 久 性 が 高 く, 人 体 に

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

Microsoft Word - 第120回抄録(最終).doc

Microsoft Word - 第120回抄録(最終).doc 第 120 回 北 海 道 整 形 外 科 外 傷 研 究 会 抄 録 平 成 21 年 8 月 30 日 ( 日 ) 9:30~ 於 :かでる2 7 820 研 修 室 会 長 : 旭 川 赤 十 字 病 院 整 形 外 科 小 野 沢 司 先 生 共 催 : 北 海 道 整 形 外 科 外 傷 研 究 会 大 日 本 住 友 製 薬 株 式 会 社 第 120 回 北 海 道 整 形 外 科 外

More information

物 質 1.アセチルコリン 2.アドレナリン 3.インターロイキン1 4.インターフェロン 問 題 72 腎 臓 で 最 も 高 率 に 排 泄 される 物 質 はど 1. 水 分 2.ブドウ 糖 3. 蛋 白 質 4.クレアチニン 問 題 73 甲 状 腺 を 摘 出 すると 甲 状 腺 刺 激

物 質 1.アセチルコリン 2.アドレナリン 3.インターロイキン1 4.インターフェロン 問 題 72 腎 臓 で 最 も 高 率 に 排 泄 される 物 質 はど 1. 水 分 2.ブドウ 糖 3. 蛋 白 質 4.クレアチニン 問 題 73 甲 状 腺 を 摘 出 すると 甲 状 腺 刺 激 2. 回 外 転 位 3. 騎 乗 転 位 4. 短 縮 転 位 問 題 27 手 の 舟 状 骨 骨 折 で 好 発 部 位 1. 結 節 部 2. 遠 位 1/3 部 3. 中 央 1/3 部 4. 近 位 1/3 部 問 題 28 肩 関 節 前 方 脱 臼 で 誤 っているの 1. 三 角 筋 部 の 膨 隆 は 消 失 2. 弾 発 抵 抗 がみられる 3. 上 腕 は 内 転 位 をとる

More information

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング 第 9 回 北 陵 杯 2014/9/28 ウォーミングアップの 必 要 性 と 方 法 を 理 解 しよう!! 出 雲 市 民 病 院 理 学 療 法 士 妹 尾 翼 自 己 紹 介 出 雲 第 一 中 学 校 平 田 高 等 学 校 ( 柔 道 部 ) 島 根 リハビリテーション 学 院 2003 年 入 学 出 雲 市 民 病 院 2007 年 入 職 現 在 理 学 療 法 士 8 年 目

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

web在宅下腿潰瘍.doc

web在宅下腿潰瘍.doc 在 宅 下 腿 潰 瘍 高 岡 駅 南 クリニック 院 長 塚 田 邦 夫 在 宅 では 褥 創 の 他 に 下 腿 潰 瘍 も 多 く 経 験 し 治 療 に 難 渋 することがあります 今 回 は 下 腿 潰 瘍 としての 典 型 的 な 例 として 動 脈 性 潰 瘍 静 脈 うっ 滞 性 下 腿 潰 瘍 熱 傷 性 下 腿 潰 瘍 ( 低 温 熱 傷 ) 爪 白 癬 による 下 腿 潰 瘍

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

千葉県身体障害認定基準

千葉県身体障害認定基準 障 害 程 度 等 級 表 第 3 肢 体 不 自 由 - 47 - 第 3 肢 体 不 自 由 1. 総 括 的 解 説 (1) 肢 体 不 自 由 は 機 能 の 障 害 の 程 度 をもって 判 定 するものであるが 動 作 活 動 能 力 が 低 下 していることのみをもって 身 体 障 害 者 として 認 定 することはせず 原 因 疾 病 病 態 年 齢 などを 考 慮 したうえで 認

More information

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜 1 背 伸 びをする 背 筋 を 十 分 に 伸 ばして よい 運 動 姿 勢 をつくります < 図 解 >ラジオ 体 操 第 一 (かんぽ 生 命 より 引 用 ) 肩 の 関 節 の 運 動 です [1]で 三 角 筋 棘 上 筋 [2]で 大 胸 筋 広 背 筋 大 円 筋 [1] 腕 を 前 から 上 に 上 げて 背 伸 びをする [2] 腕 を 横 から 下 ろす この 動 作 を 2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CA882AA92C982AD82C482A082AA82E782C882A295FB82D62E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CA882AA92C982AD82C482A082AA82E782C882A295FB82D62E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 肩 が 痛 くて 挙 がらない 方 へ 上 腕 骨 頭 (じょうわんこっとう)の 代 わりに 脊 柱 (せきちゅう)と 肩 甲 骨 (けんこうこつ)の 機 能 を 高 めることで 肩 は 挙 がり 易 くなります 有 川 整 形 外 科 医 院 大 津 顕 司 有 川 功 (MD) 2013.3.8 作 成 3つの 知 っておいてほしいこと 1 肩 腱 板 断 裂 (かたけんばんだんれつ)があっても

More information

整体講座

整体講座 経 絡 重 要 穴 自 習 用 新 潟 整 体 協 会 電 話 :025-222-7075 経 絡 働 症 状 経 絡 働 症 状 肺 経 外 気 取 入 交 換 肺 機 能 司 呼 吸 器 系 症 状 皮 膚 症 状 浮 腫 呼 吸 器 関 連 不 調 大 腸 経 肺 経 対 外 気 取 入 交 換 大 腸 働 司 便 秘 目 耳 鼻 歯 頭 顔 五 感 不 調 胃 経 気 取 入 消 化 消 化

More information

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と 神 経 系 国 試 のために (2014/05/14 改 変 ) 東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 1 (218-01) は 教 科 書 P219 の 図 01 を 参 照 総 論 Ⅰ. 神 経 系 総 論 (218-01) 中 枢 神 経 ( 脳 脊 髄 )と 末 梢 神 経 ( 脳 神 経 と 脊 髄 神 経 )

More information

もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建 靭 帯 の 強 度 について 8 7. 術

もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建 靭 帯 の 強 度 について 8 7. 術 患 者 さま 用 冊 子 手 術 を 受 けられる 患 者 さまへ 膝 前 十 字 靱 帯 損 傷 ~ 手 術 前 後 のリハビリテーション~ もくじ 1.はじめに 2 2. 膝 関 節 の 構 造 3 3. 前 十 字 靱 帯 (ACL)とは? 4 4.ACL 受 傷 について 受 傷 スポーツ 受 傷 動 作 について 5 受 傷 姿 勢 について 6 5. 手 術 について 7 6. 再 建

More information

第3 肢体不自由

第3 肢体不自由 第 3 肢 体 不 自 由 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 下 肢 体 幹 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 上 肢 機 能 移 動 機 能 1 級 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 くもの 1 両 下 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 下 肢 を 大 腿

More information

複 数 個 の 骨 折 を 有 するとされている 椎 体 骨 折 の 好 発 部 位 は 胸 腰 椎 移 行 部 が 最 も 多 く 中 位 胸 椎 がそれに 続 く( 図 2) 椎 体 骨 折 による 腰 背 痛 は 新 鮮 骨 折 による 急 性 の 痛 みと 骨 癒 合 が 遷 延 し 不 安

複 数 個 の 骨 折 を 有 するとされている 椎 体 骨 折 の 好 発 部 位 は 胸 腰 椎 移 行 部 が 最 も 多 く 中 位 胸 椎 がそれに 続 く( 図 2) 椎 体 骨 折 による 腰 背 痛 は 新 鮮 骨 折 による 急 性 の 痛 みと 骨 癒 合 が 遷 延 し 不 安 東 北 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 外 科 病 態 学 講 座 整 形 外 科 学 分 野 准 教 授 小 澤 浩 司 Ⅰ.はじめに 高 齢 者 における 脊 柱 の 障 害 の 多 くは 骨 粗 鬆 症 と 加 齢 に 伴 う 脊 椎 の 変 性 に 起 因 する 腰 椎 か 大 腿 骨 頸 部 のいずれかで 骨 粗 鬆 症 と 判 断 されたものを 骨 粗 鬆 症 ありとすると

More information

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支 あん 摩 マッサージの 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) あん 摩 マッサージ 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 の 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 施 術 (1) マッサージを 行 った 場 合 1 局 所 につき 260 円 (2) 温 罨 法 を 併 施 した 場 合 1 回 につき 70 円 加 算 (3)

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

Microsoft Word - 2014_0620_2014 青森県トレセンU

Microsoft Word - 2014_0620_2014 青森県トレセンU 2014 青 森 県 トレセン U-16 スポーツ 医 学 研 修 会 2014 年 6 月 14 日 於 : 新 青 森 県 総 合 運 動 公 園 1. 学 校 管 理 下 における 突 然 死 の 発 症 状 況 と 対 策 弘 前 大 学 医 学 部 心 臓 血 管 病 先 進 治 療 学 樋 熊 拓 未 2. サッカー 選 手 に 必 要 なスポーツ 栄 養 学 鶴 田 町 役 場 健 康

More information

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ 腰 痛 症 腰 痛 を 訴 える 患 者 のうち 最 も 多 い 症 例 病 院 で 検 査 をしてもなんら 原 因 らしきものが 見 当 たらない 場 合 につけられる 診 断 名 がこ の 腰 痛 症 である 医 師 の 間 でも 病 名 のくずかご と 呼 ばれ あま り 重 要 視 されてい ない 腰 痛 症 だと 診 断 されなくとも 椎 骨 が 椎 間 板 を 圧 迫 しているとか 椎

More information

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02 Japan Neurosurgery Registry on NCD Case Report Form 記 入 の 手 引 き 注 意 事 項 このCase Report Form( 以 下,CRF)は National Clinical Database( 以 下,NCD)への 症 例 登 録 にあたっての 補 助 資 料 です. 各 項 目 の 定 義 については 本 CRFをご 参 照 ください.

More information

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 の 概 要 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 は 貴 社 の 整 備 工 場 においてお 客 さまから

More information

成 長 期 におけるスポーツ 障 害 2015-1-24 BST 講 習 会 第 1 章 発 育 曲 線 と 発 育 パターン プレゴールデンエイジ:5-8 歳 小 学 校 入 学 前 から3 年 生 ぐらいまで 神 経 系 の 発 達 は12 歳 でピークを 迎 える スキャモン 線 成 長 発

成 長 期 におけるスポーツ 障 害 2015-1-24 BST 講 習 会 第 1 章 発 育 曲 線 と 発 育 パターン プレゴールデンエイジ:5-8 歳 小 学 校 入 学 前 から3 年 生 ぐらいまで 神 経 系 の 発 達 は12 歳 でピークを 迎 える スキャモン 線 成 長 発 2015 年 1 月 24 日 ( 土 曜 日 ) 14:30~16:30 沼 南 公 民 館 於 成 長 期 におけるスポーツ 障 害 2015-1-24 BST 講 習 会 第 1 章 発 育 曲 線 と 発 育 パターン プレゴールデンエイジ:5-8 歳 小 学 校 入 学 前 から3 年 生 ぐらいまで 神 経 系 の 発 達 は12 歳 でピークを 迎 える スキャモン 線 成 長 発 育

More information

導 し 研 修 プログラムの 達 成 度 を 評 価 することができる 整 形 外 科 専 門 医 4 整 形 外 科 指 導 医 の 定 義 研 修 プログラム 認 定 施 設 に 勤 務 し 整 形 外 科 専 門 医 の 資 格 を 1 回 以 上 更 新 し なおかつ 指 導 医 講 習 会

導 し 研 修 プログラムの 達 成 度 を 評 価 することができる 整 形 外 科 専 門 医 4 整 形 外 科 指 導 医 の 定 義 研 修 プログラム 認 定 施 設 に 勤 務 し 整 形 外 科 専 門 医 の 資 格 を 1 回 以 上 更 新 し なおかつ 指 導 医 講 習 会 整 形 外 科 指 導 医 マニュアル 整 形 外 科 領 域 における 高 度 な 専 門 知 識 と 技 術 を 持 つ 専 門 医 を 養 成 するため 指 導 方 法 に も 一 定 の 標 準 化 が 求 められる 整 形 外 科 診 療 の 現 場 における 指 導 の 要 点 についてのマニュ アルを 以 下 に 提 示 する 整 形 外 科 専 門 医 取 得 のための 研 修 を

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

Microsoft Word - 04shitaifujiyu

Microsoft Word - 04shitaifujiyu 肢 体 不 自 由 障 害 程 度 等 級 表 肢 体 不 自 由 ( 上 肢 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 したもの 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 くもの 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 しい 障 害 2 両 上 肢 の 全 ての 指 を 欠 くもの 3 一 上 肢 を 上 腕 の 2 分 の 1 以 上

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

修飾語コード

修飾語コード 別 添 4 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 修 飾 語 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 修 飾 語 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 通 常 傷 病 名 の 前 後 に 使 用 する 部 位 病 因 診 断 確 定 度 等 とする (2)

More information

Microsoft Word - 骨粗鬆症③.doc

Microsoft Word - 骨粗鬆症③.doc B. 医 療 関 係 者 の 皆 様 へ 医 薬 品 によって 起 こる 骨 粗 鬆 症 の 原 因 として 最 も 頻 度 が 高 いのは 副 腎 皮 質 ステロイド 薬 ( 以 下 経 口 ステロイド 薬 )である 他 の 医 薬 品 として は 抗 てんかん 薬 メトトレキサート ヘパリン 製 剤 ワルファリン 性 腺 刺 激 ホルモン(GnRH) 作 動 薬 タモキシフェン アロマターゼ 阻

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208175E5F1E18C81768FB082B882EA8CA48B8689EF8D75898989EF95BD90AC3139944E388C8E2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208175E5F1E18C81768FB082B882EA8CA48B8689EF8D75898989EF95BD90AC3139944E388C8E2E707074> 褥 瘡 褥 創 床 ずれ 帝 京 平 成 大 学 専 門 学 校 理 学 療 法 士 長 尾 邦 彦 褥 瘡 とリハビリテーション 褥 瘡 と 褥 創 のちがい 褥 瘡 の 原 因 褥 瘡 のとらえ 方 褥 瘡 予 防 と 治 療 リハビリテーション 体 の 構 造 褥 瘡 と 褥 創 原 因 壊 死 組 織 治 療 経 過 予 防 死 亡 日 本 褥 瘡 学 会 前 理 事 長 大 浦 武 彦 氏

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

(Microsoft Word - \216O\212p\213\320\202\314\216g\202\242\225\373\202P.doc)

(Microsoft Word - \216O\212p\213\320\202\314\216g\202\242\225\373\202P.doc) 三 角 巾 の 使 い 方 創 傷 部 の 被 覆 包 帯 圧 迫 包 帯 止 血 支 持 包 帯 固 定 包 帯 等 広 く 活 用 できる たたみ 三 角 巾 の 作 り 方 地 面 ( 床 面 ) 衣 類 等 に 接 触 させることなく 手 に 持 ったままの 状 態 で 操 作 し 三 角 巾 の 汚 染 を 防 止 す る ア. 基 底 中 央 を 左 手 で 持 ち 右 手 で 頂 点

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

平成25年度

平成25年度 平 成 25 年 度 日 本 体 育 協 会 公 認 アスレティックトレーナー 専 門 科 目 検 定 試 験 客 観 式 試 験 ( 基 礎 ) < 試 験 における 注 意 事 項 > 1 試 験 時 間 は 2 時 間 30 分 です 2 試 験 問 題 および 解 答 用 紙 に 受 験 番 号 推 薦 団 体 名 または 学 校 名 氏 名 を 記 入 して ください 3 出 題 形 式

More information

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 の 概 要 販 売 用 自 動 車 保 険 特 約 は 貴 社 が 販 売 の 目 的 をもって 輸 送 または 管 理 する 自 動 車 ( 販 売

More information

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選 2015 年 度 習 熟 度 テスト 1. 肘 関 節 を 構 成 するのは 上 腕 骨 と 橈 骨 の 他 はどれか 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 基 節 骨 (B) 尺 骨 (C) 手 根 骨 (D) 脛 骨 2. 2080 運 動 の 説 明 として 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 20 本 の 歯 を80 歳 まで 保 とうとする 運 動 (B)

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

級 別 4 級 5 級 6 級 7 級 肢 体 不 自 由 上 肢 下 肢 体 幹 7 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 三 指 の 機 能 を 全 廃 した 8 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 四 指 の 機 能 の 著 しい 障 害 1

級 別 4 級 5 級 6 級 7 級 肢 体 不 自 由 上 肢 下 肢 体 幹 7 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 三 指 の 機 能 を 全 廃 した 8 おや 指 又 はひと さし 指 を 含 めて 一 上 肢 の 四 指 の 機 能 の 著 しい 障 害 1 級 別 1 級 2 級 3 級 4 級 障 害 程 度 等 級 表 肢 体 不 自 由 上 肢 下 肢 体 幹 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 廃 した 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 欠 く 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 しい 障 害 2 両 上 肢 のすべて の 指 を 欠 く 3 一 上 肢 を 上 腕 の 2 分 の 1 以 上 で 欠 く 4 一 上 肢 の 機 能

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈 骨 尺 骨 手 の 骨 手 根 骨 舟 状 骨 月 状 骨 三 角 骨 豆 状 骨 大 菱 形 骨 小 菱 形 骨 有 頭

上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈 骨 尺 骨 手 の 骨 手 根 骨 舟 状 骨 月 状 骨 三 角 骨 豆 状 骨 大 菱 形 骨 小 菱 形 骨 有 頭 上 肢 の 運 動 器 骨 01 関 節 10 筋 22 横 断 33 動 脈 34 静 脈 36 神 経 37 神 経 支 配 41 東 京 有 明 医 療 大 学 木 村 明 彦 2015 年 10 月 01 日 変 更 上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈

More information

プログラム演題タイトル一覧20130516.xlsx

プログラム演題タイトル一覧20130516.xlsx 第 25 回 日 本 整 形 外 科 超 音 波 学 会 演 題 一 覧 内 容 演 題 No. 演 題 名 所 属 氏 名 ( 敬 称 略 ) 座 長 ( 敬 称 略 ) 第 一 会 場 8:00 モーニングレクチャー モーニング1 最 先 端 の 超 音 波 技 術 ー 基 礎 研 究 と 臨 床 使 用 ー 山 本 宣 幸 瀬 本 喜 啓 9:00 開 会 会 長 挨 拶 モーニング2 小 児

More information

概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨

概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨 第 2 回 骨 格 系 日 紫 喜 光 良 医 学 概 論 2014.4.22 概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨 盤 の 構 造 脊 柱

More information

3 診 断 1Morley( test 斜 角 筋 三 角 部 での 圧 迫, 放 散 痛 があれば 陽 性 ),Adson, test Eden test,halstead,wright test,allen test ( test 頭 骨 動 脈 の 消 失 す れば 陽 性 ),Roos 3

3 診 断 1Morley( test 斜 角 筋 三 角 部 での 圧 迫, 放 散 痛 があれば 陽 性 ),Adson, test Eden test,halstead,wright test,allen test ( test 頭 骨 動 脈 の 消 失 す れば 陽 性 ),Roos 3 交 通 医 療 研 究 会 ( 胸 郭 出 口 症 候 群 腕 神 経 叢 損 傷 ) 2007 年 2 月 4 日 文 責 今 井 力 第 1 胸 郭 出 口 症 候 群 1 定 義 概 念 胸 郭 出 口 における 神 経 や 血 管 の 圧 迫 に 基 づく 一 連 の 症 候 群 を 胸 郭 出 口 症 候 群 という 胸 郭 出 口 は 第 1 肋 骨 鎖 骨 前 斜 角 筋 などによって

More information

Microsoft Word - 第19回_整形外科リハビリテーション学会_学術集会_抄録.doc

Microsoft Word - 第19回_整形外科リハビリテーション学会_学術集会_抄録.doc 結 帯 動 作 制 限 と 結 帯 動 作 から 下 垂 位 に 戻 す 際 に 著 明 な 疼 痛 を 呈 した 肩 関 節 周 囲 炎 の 1 症 例 中 山 善 文 2) 長 尾 恵 里 3) 米 川 正 洋 医 療 法 人 光 生 会 光 生 会 病 院 リハビリテーション 科 2) 医 療 法 人 整 友 会 江 崎 病 院 リハビリテーション 科 3) 医 療 法 人 光 生 会 光 生

More information

154

154 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 附. 宇 賀 崎 貝 塚 出 土 の 人 骨 および 犬 骨 について 独 協 医 科 大 学 第 一 解 剖 学 教 室 茂 原 信 生 江 藤 盛 治 馬 場 悠 男 人 Gトレンチの 第 6グリッドの 土 壙 墓 から 少 数 の 焼 かれて 変 形 した 人 骨 が 出 土 している

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc 運 動 器 疾 患 対 策 プログラム( 膝 痛 腰 痛 対 策 転 倒 骨 折 予 防 ) 膝 痛 腰 痛 及 び 骨 折 は 高 齢 者 の 生 活 機 能 を 著 しく 低 下 させる こうした 運 動 器 疾 患 の 有 無 に 加 えて 生 活 機 能 の 制 限 の 有 無 把 握 し 可 能 性 がある 場 合 には 積 極 的 に 対 策 をとる エビデンス 膝 痛 腰 痛 は 複

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

口 述 3 第 4 会 場 (1 号 館 3F 133 134) 生 活 環 境 支 援 理 学 療 法 1 10:00~11:00 座 長 : 渡 辺 病 院 壹 岐 英 正 O-11 介 入 困 難 な 症 例 に 対 し 賞 賛 が 有 効 であった 一 例 愛 知 県 済 生 会 リハビリテ

口 述 3 第 4 会 場 (1 号 館 3F 133 134) 生 活 環 境 支 援 理 学 療 法 1 10:00~11:00 座 長 : 渡 辺 病 院 壹 岐 英 正 O-11 介 入 困 難 な 症 例 に 対 し 賞 賛 が 有 効 であった 一 例 愛 知 県 済 生 会 リハビリテ 一 般 演 題 プログラム < 口 述 発 表 > 口 述 1 第 2 会 場 (4 号 館 3F 431 432) 神 経 理 学 療 法 1 10:00~10:50 座 長 : 辻 村 外 科 病 院 和 田 陽 介 O-01 回 復 期 脳 卒 中 片 麻 痺 患 者 に 対 する 歩 行 練 習 アシストを 用 いた 歩 行 訓 練 の 経 験 医 療 法 人 珪 山 会 鵜 飼 リハビリテーション

More information

椎 間 板 変 性 膨 隆 加 齢 によるもの or 疾 患 or 事 故 の 衝 撃 によるもの? 黄 色 靭 帯 の 変 性 肥 厚 加 齢 によるもの or 疾 患? * 後 縦 靭 帯 骨 化 症 ( 南 山 堂 医 学 大 事 典 CD-ROMプロメディカ) 本 症 は1960 年 にわが

椎 間 板 変 性 膨 隆 加 齢 によるもの or 疾 患 or 事 故 の 衝 撃 によるもの? 黄 色 靭 帯 の 変 性 肥 厚 加 齢 によるもの or 疾 患? * 後 縦 靭 帯 骨 化 症 ( 南 山 堂 医 学 大 事 典 CD-ROMプロメディカ) 本 症 は1960 年 にわが 交 通 医 療 研 究 会 レジメ テーマ: 脊 柱 管 狭 窄 平 成 18 年 2 月 5 日 山 本 大 助 第 1 脊 柱 管 狭 窄 脊 柱 管 が 先 天 性 ないし 発 育 性 に 狭 小 であったり, 後 天 性 に 狭 小 化 したもので, 種 々の 疾 患 にみられる 病 態 である 腰 椎 部,ついで 頚 椎 部 に 多 く, 前 者 では 間 欠 性 跛 (は) 行 や 根

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

1

1 はじめに 前 十 字 靭 帯 再 建 の 手 術 を 受 けられる 患 者 様 に 安 心 して 治 療 を 受 けていただけるように 前 十 字 靱 帯 損 傷 の 簡 単 な 説 明 と 診 察 から 入 院 の 経 過 リハビリテーションについてまとめたものです 前 十 字 靱 帯 損 傷 の 症 状 膝 がグラグラする 膝 に 力 がはいらない 膝 が 完 全 に 伸 びない などです 日

More information