印刷AA.tif (3 ページ)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "印刷AA.tif (3 ページ)"

Transcription

1 取 扱 説 明 書 電 源 回 生 機 能 付 高 力 率 PWM コンバータ 2V 系 列 4V 系 列 7.5 kw / RHC7.5-2C 7.5kW / RHC7.5-4C ~9kW / RHC9-2C ~4kW / RHC4-4C! 注 意 この 取 扱 説 明 書 を 読 み 理 解 したうえ で PWMコンバータを 据 付 接 続 ( 配 線 ) 運 転 保 守 点 検 してください この 取 扱 説 明 書 は 実 際 にご 使 用 にな る 方 に 確 実 に 届 くようご 配 慮 くださ い この 取 扱 説 明 書 は PWMコンバータ が 廃 棄 されるまで 大 切 に 保 管 くださ い 製 品 は 予 告 なしに 変 更 することがあ ります 富 士 電 機 機 器 制 御 株 式 会 社 INR-HF51746a

2 安 全 上 のご 注 意 製 品 を 安 全 にご 使 用 いただくために, 取 扱 説 明 書 の 安 全 情 報 をすべて 読 んでください そして, 理 解 し てから 取 り 扱 ってください この 取 扱 説 明 書 では, 安 全 情 報 を 高 度 な 危 険 危 険 注 意 注 に 区 分 しています! 高 度 な 危 険 : 取 り 扱 いを 誤 った 場 合 に, 極 度 に 危 険 な 状 況 が 起 こりえて, 死 亡 または 重 傷 を 受 ける 可 能 性 が 想 定 される 場 合! 危 険! 注 意 : 取 り 扱 いを 誤 った 場 合 に, 危 険 な 状 況 が 起 こりえて, 死 亡 又 は 重 傷 を 受 ける 可 能 性 が 想 定 される 場 合 : 取 り 扱 いを 誤 った 場 合 に, 危 険 な 状 況 が 起 こりえて, 中 程 度 の 障 害 や 軽 傷 を 受 ける 可 能 性 が 想 定 される 場 合 及 び 物 的 損 害 のみの 発 生 が 想 定 され る 場 合! 注 意 に 掲 載 した 事 柄 でも, 状 況 によって は 重 大 な 結 果 に 結 びつく 可 能 性 があります いずれ の 事 柄 も, 重 要 な 事 柄 を 掲 載 していますので, 必 ず 守 ってください コンバータシステムは, 機 械 動 作 を 伴 い 使 用 場 所 も 様 々です このために, 潜 在 的 要 因 で 障 害 を 引 き 起 こす 可 能 性 のある 状 況 をすべて 予 測 できません し たがって,インバータ,モータ, 装 置, 使 用 場 所 な どの 安 全 指 示 にも 従 ってください 備 考 - 重 傷 とは, 失 明,けが,やけど( 高 温, 低 温 ), 感 電, 骨 折, 中 毒 などで 後 遺 症 が 残 るもの,お よび 治 療 に 入 院 や 長 期 の 通 院 を 要 するものをい う - 中 程 度 の 傷 害 や 軽 傷 は, 治 療 に 入 院 長 期 の 通 院 を 要 さないが,やけど, 感 電 などをいう - 物 的 損 害 は, 財 産 の 破 損 および 機 器 の 損 傷 にか かわる 拡 大 損 害 をいう 注 : 製 品 の 理 解 や 取 り 扱 いに 関 する 重 要 な 情 報 を 提 供 する 場 合 高 度 な 危 険 危 険 注 意 は 安 全 上 のご 注 意 と 傷 害 の 発 生 が 予 想 される 欄, 注 は 情 報 を 必 要 と する 欄 だけに 掲 載 しています! 高 度 な 危 険 フィルタ 用 抵 抗 器,フィルタ 用 リアクトル, 昇 圧 用 リアクトルなどの 周 辺 機 器, 及 び 放 熱 フィンは 高 温 となりますので, 通 電 中 及 び 電 源 を OFF( 開 ) 後, 平 常 温 度 に 低 下 するまでは 絶 対 に 触 れないでください やけど けがのおそれあり 周 辺 機 器 には 必 ず 表 面 カバーなどを 取 り 付 けて, 容 易 に 人 が 触 れられないようにしてください 感 電 けがのおそれあり

3 用 途 について! 危 険 PWM コンバータは 三 相 誘 導 電 動 機 を 運 転 するための 当 社 製 インバータと 組 み 合 わせて 使 用 する 装 置 で す 他 の 用 途 には 使 用 できません 火 災 のおそれあり PWM コンバータを 生 命 維 持 装 置 などの 人 体 に 直 接 関 係 する 用 途 にはそのまま 使 用 できません 本 製 品 は 厳 重 な 品 質 管 理 の 下 に 製 造 していますが, 本 製 品 の 故 障 により 重 大 な 事 故 または 損 失 の 発 生 が 予 測 される 設 備 への 適 用 に 際 しては, 安 全 装 置 を 設 置 してください 事 故 のおそれあり 据 付 について 金 属 などの 不 燃 物 に 取 り 付 けてください 火 災 のおそれあり 可 燃 物 を 近 くに 置 かないでください 火 災 のおそれあり 制 御 盤 に 入 れる 等, 容 易 に 人 が 触 れられない 場 所 に 設 置 してください 感 電 けがのおそれあり! 危 険! 注 意 運 搬 時 はフロントカバーを 持 たないでください 落 下 によるけがのおそれあり 糸 くず, 紙, 木 くず,ほこり, 金 属 くずなどの 異 物 を PWM コンバータ 内 に 侵 入 させたり, 冷 却 フィン の 部 分 に 付 着 させないでください 火 災 のおそれ, 事 故 のおそれあり 損 傷, 部 品 が 欠 けている PWM コンバータを 据 付 け 運 転 しないでください けがのおそれあり 取 付 脚 の 位 置 変 更 は 必 ず 添 付 のネジを 使 用 してください けがのおそれあり

4 配 線 について! 危 険 PWM コンバータを 電 源 に 接 続 する 場 合, 回 路 保 護 用 遮 断 器, 漏 電 遮 断 器 を 通 して 配 線 してください 火 災 のおそれあり 必 ず 指 定 サイズの 電 線 を 使 ってください 火 災 のおそれあり アース 線 を 必 ず 接 続 してください 感 電 火 災 のおそれあり 配 線 作 業 は, 資 格 のある 専 門 家 が 行 ってください 感 電 のおそれあり 電 源 OFF( 開 )を 確 認 してから 行 ってください 感 電 のおそれあり 必 ず 本 体 を 設 置 してから 配 線 してください 感 電 けがのおそれあり 部 品 の 破 損 脱 落, 輸 送 時 の 損 傷 がある 製 品 には 通 電 しないでください 感 電 火 災 のおそれあり DC リアクトルは 絶 対 にインバータに 接 続 しないでください 火 災 のおそれあり! 注 意 製 品 の 相 数, 定 格 電 圧 と 交 流 電 源 の 相 数 電 圧 が 一 致 していることを 確 認 してください けがのおそれあり PWM コンバータの 直 流 端 子 (P(+),N(-))とインバータの 直 流 端 子 の 極 性 (P(+),N(-))が 一 致 し ていることを 確 認 してください 事 故 のおそれあり PWM コンバータ,インバータ,モータの 配 線 からノイズが 発 生 します 周 辺 のセンサーや 機 器 の 誤 動 作 に 注 意 してください 事 故 のおそれあり 操 作 運 転 について! 危 険 必 ず 表 面 カバーを 取 り 付 けてから 電 源 ON( 閉 )してください なお, 通 電 中 はカバーを 外 さないでく ださい 感 電 のおそれあり 濡 れた 手 でスイッチを 操 作 しないでください 感 電 のおそれあり 運 転 信 号 を 入 れたままアラームリセットを 行 うと, 突 然 再 始 動 しますので 運 転 信 号 が 切 れていることを 確 認 してから 行 ってください 事 故 のおそれあり PWM コンバータに 通 電 中 は, 停 止 中 でも 端 子 に 触 れないでください 感 電 のおそれあり

5 放 熱 フィン,フィルタ 用 抵 抗 器,フィルタ 用 リアクトル, 昇 圧 用 リアクトルは 高 温 となりますので 触 れ ないでください やけどのおそれあり 保 守 点 検, 部 品 の 交 換 について! 注 意! 危 険 点 検 および 通 電 後 の 作 業 は, 電 源 を OFF( 開 )してチャージランプの 消 灯 を 確 認 し,P(+),N(-) 端 子 間 の 直 流 電 圧 およびフィルタ 用 コンデンサの 端 子 電 圧 が 25V 以 下 であることを 確 認 してから 行 ってくだ さい 感 電 のおそれあり 指 定 された 人 以 外 は, 保 守 点 検, 部 品 交 換 をしないでください ( 作 業 前 に 金 属 物,( 時 計, 指 輪 など)を 外 してください ) ( 絶 縁 対 策 工 具 を 使 用 してください ) 感 電 けがのおそれあり 廃 棄 について 製 品 を 破 棄 する 場 合 は, 産 業 廃 棄 物 として 扱 ってください けがのおそれあり! 注 意 その 他 改 造 は 絶 対 にしないでください 感 電 けがのおそれあり! 危 険

6 一 般 的 注 意, 警 告 表 示 位 置 について 小 容 量 (15kW 以 下 )コンバータ 中 大 容 量 (18.5kW 以 上 )コンバータ

7 製 品 内 部 警 告 ラベル が 破 損 した 場 合 は, 当 社 に 発 注 し, 添 付 してください! 注 意 一 般 的 注 意 事 項 この 取 扱 説 明 書 に 掲 載 の 図 は, 製 品 内 部 の 説 明 のためにカバーや 遮 蔽 物 を 取 り 外 した 状 態 のものがあります 製 品 を 使 用 するときは,カバーや 遮 蔽 物 を 元 に 戻 した 状 態 にしておく 必 要 があります

8 Compliance with UL/cUL standards [Applicable to products with UL/cUL mark] UL/cUL 規 格 の 適 合 について 1. 一 般 UL 規 格 は, Underwriters Laboratories Inc. の 略 で, 米 国 の 火 災 および,その 他 の 事 故 を 防 ぎ, 使 用 者 サービスマン 一 般 の 人 々を 保 護 する 安 全 規 格 です cul 規 格 は,ULがCSA 規 格 に 適 合 するよう 制 定 した 規 格 です cul 規 格 認 定 品 は,CSA 規 格 認 定 品 と 同 等 の 効 力 があります 2. 注 意 事 項 UL/cUL 規 格 認 定 品 としてご 使 用 する 場 合 は, 以 下 の 注 意 事 項 を 参 照 してください CAUTION for UL/cUL requirements CAUTION!! 注 意 [CAUTION] Hazard of electrical shock. Disconnect incoming power before working on this control. 感 電 に 注 意 してください PWMコンバータの 電 源 は 作 業 前 に 必 ずオフにしてくたざい [CAUTION] Dangerous voltage exists until charge lights is off. チャージランプが 点 灯 しているときは,PWMコンバータ 内 部 に 危 険 な 電 圧 が 残 っています [WARNING] More than one live circuit. PWMコンバータ 内 には 一 カ 所 以 上 の 活 電 部 があります Use 6/75 or 9 copper wire only. 主 回 路 に 使 用 する 電 線 は, 最 高 許 容 温 度 6 /75 または,9 のUL 認 定 された 銅 線 を 使 用 してください A Class 2 circuit wired with class1 wire. 制 御 回 路 配 線 には,UL 認 定 された Class 1 の 電 線 を 使 用 してください Field wiring connection must be made by a UL Listed and CSA Certified closed-loop terminal connector sized for the wire gauge involved. connector must be fixed using the crimp tool specified by the connector manufacturer. 端 子 配 線 を 行 う 際 には, 推 奨 電 線 サイズを 参 照 の 上,UL CSA 認 定 の 丸 形 圧 着 端 子 を 使 用 してください 圧 着 端 子 は,メーカ 推 奨 の 圧 着 工 具 を 使 用 して 圧 着 してください Connect the power supply to main power supply terminals via the Molded-case circuit breaker(mccb) or the earth leakage circuit breaker(elcb) to apply the UL Listing Mark. (See paragraph of Instruction Manual, basic connection diagram). PWMコンバータに 電 源 を 接 続 する 場 合, 必 ずUL 認 定 されたサーキットブレーカー (MCCB)または, 漏 電 ブレーカー (ELCB)を 使 用 してください ( 取 扱 説 明 書 3.3.4: 基 本 接 続 図 を 参 照 ) In case of using auxiliary control-power input (R,T), connect it referring to see paragraph of Instruction Manual Basic connection diagram ). 補 助 制 御 電 源 ( R,T )を 使 用 される 場 合, 取 扱 説 明 書 基 本 接 続 図 に 従 って 配 線 してください Solid state motor overload protection is provided in each model of inverter(frenic5 G11S/P11S, VG7S series).see Instruction manual of each inverter for details. インバータ 側 (FENIC5G11S/P11S,VG7S シリーズ)には,モータ 過 負 荷 の 保 護 機 能 があり, 動 作 不 動 作 と 対 象 モータ ( 各 機 種 )の 選 択 が 可 能 です 詳 細 は 各 インバータ 側 の 取 扱 説 明 書 を 参 照 ください

9 CAUTION Tightening torque and wire range 締 付 けトルク 及 び, 電 線 サイズ 1.6 /75 copper wire 6 /75 または 電 線 CT Use CT 仕 様 Voltage 3- Phase 2V 3- Phase 4V 注 意 Converter type Required torque [lb-inch](n. m) Wire range [AWG] (mm 2 ) RHC -2/4C Main terminal Ground!! R,T R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C Control L1/R,L2/S, L3/T P(+),N(-) 7.5 6(13.3) 6(13.3) (21.2) 4(21.2) (3.5) (3.5) 15 3(26.7) 3 6X (26.7) (13.3X2) 22 (5.8) (5.8) 4X2 4X2 (21.2X2) (21.2X2) 119 1/ 3X2 3 (13.5) (53.5) (26.7X2) / 4/ 37 (1.2) (1.2) (.7) 119 (85) (17.2) (13.5) 4/ 1X2 (27) (17.2) (42.4X2) 55 1/X2 2/X2 (53.5X2) (67.4X2) 75 3/X2 4/X (85X2) (17.2X2) 9 (48) (27) 4/X2 25X2 (17.2X2) (127X2) 7.5 1(5.3) (5.3) 11 8 (3.5) (3.5) 15 (8.4) (13.3) (13.3) 22 (5.8) (5.8) 4 (21.2) 4 (21.2) 3 3 (26.7) 3 (26.7) 37 2 (33.6) (33.6) 1 (13.5) 119 (42.4) 55 (13.5) 1/ 3X2 (53.5) (26.7X2) 75 3/ 4/ (85) (17.2) / 1X2 (27) (17.2) (42.4X2) 1/X /X2 (1.2) (1.2) (.7) (53.5X2) (53.5X2) 4 3/X2 132 (23) (85X2) 16 3/X2 4/X2 (85X2) (17.2x2) 2 25X2 3X2 239 (127X2) (152X2) 22 (27) 3X2 35X2 425 (152X2) (177X2) 28 (48) 4X2 25X3 (23X2) (127X3) X3 3X3 (127X3) (152X3) 355 6X2 4X3 (34X2) (23X3) 4 35X3 5X3 (177X3) (253X3) R,T 16 (1.3) 16 (1.3) R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C 16 (1.3) 16 (1.3) Control 24 (.2) 24 (.2)

10 VT Use VT 仕 様 Voltage 3- Phase 2V 3- Phase 4V Converter type Required torque [lb-inch](n. m) Wire range [AWG] (mm 2 ) RHC -2/4C Main terminal Ground R,T R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C Control L1/R,L2/S, L3/T P1,P(+) 8X2 1X2 7.5 (8.4X2) (5.3X2) (26.7) 3(26.7) (3.5) (3.5) 6X2 6X2 15 (13.3X2) (13.3X2) X2 4X (21.2X2) (21.2X2) 22 (5.8) (5.8) 3X2 3X2 (26.7X2) (26.7X2) 119 2X2 2X (13.5) (33.6X2) (33.6X2) (1.2) (1.2) (.7) 4/ 1X (17.2) (42.4X2) (13.5) 1/X2 2/X2 (27) (53.5X2) (67.4X2) 55 3/X2 4/X2 (85X2) (17.2X2) 75 4/X2 25X (17.2X2) (127X2) 9 (48) (27) 3X2 35X2 (152X2) (177X2) (5.3) (8.4) 6 (3.5) (3.5) 15 6(13.3) (13.3) (21.2) 4 (21.2) 22 (5.8) (5.8) 3 (26.7) 3 (26.7) (33.6) 37 (33.6) 1 (42.4) / 3X2 (13.5) 119 (53.5) (26.7X2) 55 (13.5) 2X2 2X2 (33.6X2) (33.6X2) 75 4/ 1X2 (17.2) (42.4X2) /X2 1/X2 (27) (53.5X2) (53.5X2) 2/X /X2 (1.2) (1.2) (.7) (67.4X2) (85X2) 3/X2 4/X2 132 (85X2) (17.2X2) 16 25X2 3X2 (127X2) (152X2) 2 3X2 35X2 239 (152X2) (177X2) 22 (27) 4X2 5X2 425 (23X2) (253X2) 28 (48) 25X3 3X3 (127X3) (152X3) 315 3X3 4X3 (152X3) (23X3) X3 5X3 (177X3) (253X3) 4 6X3 6X3 (34X3) (34X3) R,T Suitable for use on a circuit capable or delivering not more than 42, rms symmetrical amperes, 23V maximum rated for 2V class input. Suitable for use on a circuit capable or delivering not more than 42, rms symmetrical amperes, 46V maximum rated for 4V class input. PWM コンバータの 入 力 電 源 には, 下 表 に 適 合 する 電 源 を 接 続 してください ( 短 絡 定 格 ) 16 (1.3) 16 (1.3) PWM コンバータ 形 式 入 力 最 大 電 圧 入 力 電 源 電 流 RHC7.5-2C~RHC9-2C AC23 V 42, A 以 下 RHC7.5-4C~RHC4-4C AC46 V R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C 16 (1.3) 16 (1.3) Control 24 (.2) 24 (.2)

11 2.9 copper wire 9 電 線 CT Use CT 仕 様 Voltage 3- Phase 2V 3- Phase 4V Converter type Required torque [lb-inch](n. m) Wire range [AWG] (mm 2 ) RHC -2/4C Main terminal Ground R,T R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C Control L1/R,L2/S, L3/T P1,P(+) 7.5 8(8.4) 8(8.4) (13.3) 6(13.3) (3.5) (3.5) 15 4 (21.2) 4 (21.2) (26.7) (5.8) (5.8) 6X2 6X2 (13.3X2) (13.3X2) / (13.5) (42.4) (53.5) / 3/ 119 (1.2) (1.2) (.7) (67.4) (85) (13.5) 3/ 4/ (27) (85) (17.2) 55 1X2 1/X2 (42.4X2) (53.5X2) /X (23) (85X2) 9 (48) (27) 6 4/X2 (34) (17.2X2) (2.1) 14(2.1) (3.3) (3.5) (3.5) 1(5.3) 15 8 (8.4) (8.4) 22 (5.8) (5.8) 6 (13.3) 6 (13.3) 3 4 (21.2) 37 4 (21.2) 3 (26.7) (13.5) 2 (33.6) 2 (33.6) (13.5) 1 1/ 55 (42.4) (53.5) 75 2/ (67.4) 3/ (85) / (85) 4/ (17.2) (27) 1X2 1X (42.4X2) (42.4X2) 132 (1.2) (1.2) (.7) 3 (152) 4(23) 4 3/X2 16 (23) (85X2) X2 (34) (127X2) 239 4/X2 3X2 22 (27) (17.2X2) (152X2) X2 4X2 28 (48) (177X2) (23X2) 315 4X2 5X2 (23X2) (253X2) 355 5X2 3X3 (253X2) (152X3) 4 6X2 4X3 (34X2) (23X3) R,T 16 (1.3) 16 (1.3) R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C 16 (1.3) 16 (1.3) Control 24 (.2) 24 (.2)

12 VTUse VT 仕 様 Voltage 3- Phase 2V 3- Phase 4V Converter type Required torque [lb-inch](n. m) Wire range [AWG] (mm 2 ) RHC -2/4C Main terminal Ground R,T R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C Control L1/R,L2/S, L3/T P1,P(+) 7.5 6(13.3) 6(13.3) (21.4) (3.5) (3.5) 15 (21.4) 3(26.7) X X2 (13.3X2) 22 (5.8) (5.8) (13.3X2) 4X2 (21.2X2) 119 4x2 3X2 3 (13.5) (21.2x2) (26.7X2) / 4/ 37 (1.2) (1.2) (.7) 119 (85) (17.2) (13.5) 1x2 1/X2 (27) (42.4x2) (53.5X2) 55 2/X2 3/X2 (67.4X2) (85X2) 75 3/X2 4/X (85X2) (17.2) 9 (48) (27) 4/X2 3X2 (17.2X2) (152X2) (3.3) (5.3) 11 (3.5) (3.5) 8(8.4) 15 8(8.4) (13.3) 6 (13.3) 22 (5.8) (5.8) 4 (21.2) 3 4 (21.2) 3 (26.7) 37 2 (33.6) 2 (33.6) / (13.5) 119 (42.4) (53.5) 55 (13.5) 4X2 3X2 (21.2X2) (26.7X2) 75 3/ 4/ (85) (17.2) X2 1X2 (27) (42.4X2) (42.4X2) 1/X /X2 (1.2) (1.2) (.7) (53.5X2) (67.4X2) 4 3/X2 132 (23) (85X2) 16 25X2 4/X2 (127X2) 2 (17.2X2) 3X2 239 (152X2) 22 (27) 35X2 4X2 425 (177X2) (23X2) 28 (48) 4X2 25X3 (23X2) (127X3) X3 3X3 (127X3) (152X3) 355 6X2 4X3 (34X2) (23X3) 4 5X3 6X3 (253X3) (34X3) R,T Suitable for use on a circuit capable or delivering not more than 42, rms symmetrical amperes, 23V maximum rated for 2V class input. Suitable for use on a circuit capable or delivering not more than 42, rms symmetrical amperes, 46V maximum rated for 4V class input. PWM コンバータの 入 力 電 源 には, 下 表 に 適 合 する 電 源 を 接 続 してください ( 短 絡 定 格 ) 16 (1.3) 16 (1.3) PWM コンバータ 形 式 入 力 最 大 電 圧 入 力 電 源 電 流 RHC7.5-2C~RHC9-2C AC23 V 42, A 以 下 RHC7.5-4C~RHC4-4C AC46 V R1,S1,T1 R2,T2 73A,73C 16 (1.3) 16 (1.3) Control 24 (.2) 24 (.2)

13 はじめに PWM コンバータ RHC-C シリーズ をお 買 いあげいただ きありがとうございます この 製 品 は, 当 社 製 インバータ ( 下 表 をご 覧 ください)と 組 み 合 わせて 使 用 する 装 置 で, もし, 製 品 および 取 扱 説 明 書 にご 不 審 な 事 柄 やご 不 明 の 箇 所 がありましたら,お 買 い 上 げ 店 または 最 寄 りの 当 社 営 業 所 にご 連 絡 ください 交 流 電 圧 を 直 流 電 圧 に,もしくは 直 流 電 圧 を 交 流 電 圧 に 変 換 する, 双 方 向 性 交 直 電 力 変 換 装 置 です この 取 扱 説 明 書 には,インバータの 取 り 扱 いを 掲 載 してお りません インバータの 取 り 扱 いは, 使 用 するインバータ ご 使 用 の 前 には,この 取 扱 説 明 書 のすべてをお 読 みになっ の 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください て 取 り 扱 い 方 を 理 解 してください そして, 正 しくご 使 用 ください 間 違 ったご 使 用 は, 傷 害 損 害 の 発 生, 正 常 な 運 転 の 妨 げ,および 製 品 寿 命 の 低 下 や 故 障 の 原 因 になりま す また, 取 扱 説 明 書 はお 読 みになった 後 も, 必 要 に 応 じ て 繰 り 返 しお 読 みください したがって, 取 扱 説 明 書 は, ご 使 用 になる 方 がいつでも 見 られる 場 所 に 保 管 してくださ PWM コンバータ 関 連 資 料 名 称 番 号 記 載 内 容 カタログ 富 士 インバータ 11 シリーズオプション MHT596d 以 降 製 品 の 概 要 富 士 PWM コンバータ ガイドラ イン RHC シリーズ CNO:365 適 合 品 の 説 明 高 調 波 抑 制 ガイドライン 適 合 品 い インバータ 組 み 合 わせ 一 覧 本 製 品 と 組 み 合 わせて 使 用 可 能 なインバータは 以 下 の 通 りです 一 部 のインバータでは 標 準 品 ではなく, 直 流 入 力 形 のインバータ( 型 式 が 異 なります)を 使 用 することになりま すので 間 違 いがないようにしてください シリーズ 容 量 インバータ 型 式 標 準 品 / 直 流 入 力 形 G9S シリーズ 22kW 以 下 FRN G9S- 標 準 品 3kW 以 上 FRN G9S- DC 直 流 入 力 形 P9S シリーズ 22kW 以 下 FRN P9S- 標 準 品 3kW 以 上 FRN P9S- DC 直 流 入 力 形 G11S シリーズ FRN G11S- 全 容 量 P11S シリーズ FRN P11S- 標 準 品 VG5S シリーズ 5.5kW/2V 以 下 15kW/4V 以 下 FRN VG5S- 標 準 品 7.5kW/2V 以 上 18.5kW/4V 以 上 FRN VG5S- DC 直 流 入 力 形 VG5N シリーズ 3.7kW/2V 以 下 11kW/4V 以 下 FRN VG5N- 標 準 品 5.5kW/2V 以 上 15kW/4V 以 上 FRN VG5N- DC 直 流 入 力 形 VG7S シリーズ 全 容 量 FRN VG7S- 標 準 品 網 掛 け 部 分 は 標 準 品 でない 直 流 入 力 形 です 容 量 2/4 (2V 系 /4V 系 ) 本 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を 無 断 で 転 載, 複 製 することは 禁 止 されております 本 書 の 内 容 に 関 しては, 改 良 のため 予 告 なしに 仕 様 などを 変 更 することがありますのでご 了 承 ください 本 書 の 内 容 に 関 しては, 万 全 を 期 しておりますが, 万 一 ご 不 審 な 点 や 誤 りなどお 気 づきのことがございました ら,お 手 数 ですが 巻 末 記 載 の 弊 社 営 業 所 までご 連 絡 ください

14 目 次 1. 概 要 ご 使 用 の 前 に 入 荷 時 の 点 検 製 品 の 外 観 製 品 の 取 扱 い 運 搬 保 管 据 付 と 接 続 使 用 環 境 取 付 配 置 接 続 接 続 に 関 する 一 般 的 事 項 端 子 機 能 説 明 端 子 配 置 図 基 本 接 続 図 接 続 の 詳 細 接 続 上 の 注 意 事 項 主 回 路 適 用 機 器 電 線 サイズ 周 辺 機 器 オプション 機 器 の 接 続 運 転 準 備 点 検 準 備 運 転 方 法 試 運 転 タッチパネルの 使 い 方 外 観 操 作 表 示 画 面 制 御 補 助 電 源 投 入 後 の 画 面 主 回 路 電 源 投 入 後 の 画 面 LED モニタ 画 面 切 替 LCD 画 面 の 切 替 機 能 コードの 設 定 機 能 コードの 確 認 運 転 状 態 モニタ I/O チェック メンテナンス 情 報 負 荷 率 測 定 アラーム 情 報 アラーム 履 歴 要 因 データコピー 機 能 機 能 コード 説 明 機 能 選 択 一 覧 機 能 選 択 詳 細 説 明 故 障 診 断 保 護 動 作 一 覧 異 常 リセット トラブルシューティング コンバータの 運 転 準 備 が 完 了 しない 保 守 点 検 日 常 点 検 定 期 点 検 主 回 路 電 気 量 の 測 定 絶 縁 試 験 交 換 部 品 製 品 のお 問 い 合 わせと 保 証 標 準 RS485 の 利 用 概 要 共 通 仕 様 仕 様 基 本 接 続 図 接 続 方 法 データの 変 更, 参 照 RS485 機 能 コード ホスト 側 手 順 通 信 異 常 対 策 FGI( 富 士 汎 用 インバータプロトコル) メッセージ 形 式 伝 送 フレーム フィールド 説 明 通 信 例 Modbus RTU メッセージ 形 式 伝 送 フレーム エラーチェック 通 信 例 制 御 オプション 共 通 仕 様 一 覧 表 入 荷 時 の 点 検 保 管 内 蔵 形 オプション (OPC-VG7-/OPC-RHC-)の 取 り 付 け 方 法 1-3

15 1.2 T-Link オプション 製 品 概 要 型 式 と 仕 様 仕 様 外 形 図 基 本 接 続 図 機 能 コード 保 護 動 作 SX バスオプション 製 品 概 要 型 式 と 仕 様 仕 様 外 形 図 基 本 接 続 図 機 能 コード 保 護 動 作 CC-Link オプション 製 品 概 要 型 式 と 仕 様 仕 様 外 形 図 基 本 接 続 図 保 護 動 作 DIO オプション 製 品 概 要 型 式 と 仕 様 仕 様 外 形 図 基 本 接 続 図 機 能 コード チェック 機 能 AIO オプション 製 品 概 要 型 式 と 仕 様 仕 様 外 形 図 基 本 接 続 図 機 能 コード チェック 機 能 トレースバックオプション 製 品 概 要 仕 様 外 形 図 接 続 方 法 パソコンのスペック WPS-RHC-TR 機 能 仕 様 標 準 仕 様 共 通 仕 様 外 形 寸 法 周 辺 機 器 発 生 損 失 機 能 コードリスト 機 能 コード 構 成 機 能 コード 一 覧 表 通 信 専 用 機 能 コード 一 覧 表 データフォーマットリスト 12-6 付 録 1 PWM コンバータの 動 作 原 理 付 1

16 1. 概 要 製 品 概 要 高 力 率 電 源 回 生 コンバータ RHC-C シリーズは, 業 界 で 始 めて,7.5kW~4kW(VT 適 用 では 最 大 5kW)2/4V の 31 機 種 を 用 意 し, 幅 広 い 容 量 に 同 一 仕 様 で 対 応 していま す 当 社 製 のインバータと 併 用 してご 使 用 頂 くと, 負 荷 側 での 回 生 エネルギーを 電 源 側 に 戻 すことができ, 回 生 能 力 の 向 上 が 図 れ, 同 時 に 省 エネにも 役 立 ちます 入 力 電 流 波 形 を 正 弦 波 とするので 力 率 1で 運 転 することができ, 電 源 設 備 容 量 の 低 減 が 可 能 となります また,クレーン 上 下 搬 送 機 械 など, 従 来, 制 動 抵 抗 器 をご 使 用 頂 いていた 用 途 の 置 き 換 えや, 経 済 産 業 省 の 高 圧 又 は 特 別 高 圧 で 受 電 す る 需 要 家 の 高 調 波 抑 制 対 策 ガイドライン に 対 応 ( 換 算 係 数 Ki= と 扱 える)することができます 簡 単 な 操 作 で 入 力 電 源 や 電 流, 電 力, 負 荷 率 などのモニタや, 機 能 コードの 設 定,アラーム 履 歴 の 確 認 が 行 えます 各 種 通 信 オプション により 遠 隔 から 容 易 にデータのモニタができ,お 客 様 のシ ステムに 簡 単 に 組 み 込 むことができます 大 容 量 の 低 圧 イ ンバータへは, 並 列 接 続 オプションと, 入 力 トランス 設 置 によりコンバータの 負 荷 分 担 を 同 一 に 制 御 することで 対 応 できます 高 調 波 抑 制 対 策 ガイドライン PWM 制 御 により 電 源 側 電 流 を 正 弦 波 化 し, 高 調 波 電 流 を 大 幅 に 低 減 することができます この 結 果,インバータとの 組 み 合 わせにより, 経 済 産 業 省 の 高 圧 又 は 特 別 高 圧 で 受 電 する 需 要 家 の 高 調 波 抑 制 対 策 ガイドライン の 換 算 係 数 Ki を (つまり 高 調 波 の 発 生 はゼロ)として 扱 うことが できます 制 動 能 力 の 大 幅 アップ 高 頻 度 加 減 速 運 転 や, 昇 降 機 などでの 回 生 エネルギーを 全 て 電 源 側 に 回 生 します そのため, 回 生 時 の 省 エネルギー が 図 れます また, 回 生 時 の 電 流 波 形 も 正 弦 波 となるため, 電 源 系 統 へ のトラブルも 心 配 ありません CT 仕 様 VT 仕 様 連 続 回 生 1% 1% 短 時 間 定 格 1 分 15% 1 分 12% キャリア 周 波 数 高 キャリア 低 キャリア 安 心 して 使 える 豊 富 な 機 能 入 力 電 源 電 圧 や 電 流, 電 力 や 電 源 周 波 数 などがモニタで きます パネルの 言 語 切 替 により3カ 国 語 ( 日 本 語 英 語 中 国 語 )の 選 択 ができます コンバータ 負 荷 率 の 計 算, 累 積 運 転 時 間,アラーム 時 の データの 記 憶 が 可 能 です 過 負 荷 予 報 やコンバータ 過 熱 予 報 信 号 により,コンバー タがアラーム 停 止 する 前 に 予 報 信 号 を 出 力 することがで きます 瞬 時 停 電 発 生 時 にはベース 遮 断 (ゲート 出 力 遮 断 )を 行 い, 復 電 後 すみやかに 継 続 運 転 可 能 です 各 種 通 信 ( 富 士 リンク;T-Link,SX バス,オープンリン ク;CC-Link,485 リンク)に 対 応 しています ワイドな 容 量 範 囲 2V シリーズ 4V シリーズ CT 7.5kW~9kW 7.5kW~4kW VT 11kW~11kW 11kW~5kW 機 種 11 機 種 2 機 種 上 記 の 容 量 を 超 える 場 合, 並 列 接 続 により 負 荷 分 担 するこ とで 対 応 できます ( 例 :4kW 3 台 並 列 =12kW 対 応 ) 電 源 設 備 容 量 の 低 減 が 可 能 力 率 を 制 御 することにより 電 源 相 電 圧 と 同 相 の 電 流 を 流 す ため, 力 率 1での 運 転 が 可 能 です そのため, 標 準 形 イン バータに 比 べて 電 源 変 圧 器 容 量 や 機 器 類 などの 小 型 化 が 可 能 となります 1-1

17 2. ご 使 用 の 前 に! 危 険 製 品 の 持 ち 上 げや 運 搬 のときに, 不 適 切 な 作 業 をすると 傷 害 を 引 き 起 こしたり, 製 品 を 破 損 したりします 訓 練 を 受 けた 人 が, 適 切 な 機 器 を 使 用 して 行 ってください けがのおそれあり 2.1 入 荷 時 の 点 検 開 梱 し,コンバータ 本 体, 周 辺 機 器 がご 注 文 通 りの 製 品 で, 損 傷 などがないことを 確 認 してください 製 品 の 破 損,ご 不 審 点, 故 障,その 他 のお 問 い 合 わせが 必 要 なときは,お 手 数 をかけますが, 次 の 項 目 をお 買 い 上 げ 店 または 最 寄 りの 当 社 営 業 所 にご 連 絡 ください 図 定 格 銘 板 コンバータ 形 式, 周 辺 機 器 形 式 製 造 番 号 ( 下 記 ) ご 購 入 時 期 お 問 い 合 わせ 内 容 例 えば, 破 損 箇 所, 破 損 程 度,ご 不 審 項 目, 故 障 の 現 象 状 況 などを 提 示 してください 図 定 格 銘 板 (1)PWM コンバータ 本 体 図 の 定 格 銘 板 で,ご 注 文 通 りの 製 品 であることを 確 認 ください タッチパネルは 本 体 に 付 属 しています TYPE :PWMコンバータ 形 式 RHC 3 4 C シリーズ 名 :RHC-C シリーズ 電 源 電 圧 系 列 :2 2V 級,4 4V 級 標 準 適 用 インバータ 容 量 :3 3kW 製 品 形 式 : RHC SOURCE : 電 源 定 格 (CT 仕 様,VT 仕 様 ) OUTPUT : 出 力 定 格 (CT 仕 様,VT 仕 様 ) WEIGHT : 質 量 SER.No. : 製 造 番 号 4 3 HH12345R678-1H 製 品 番 号 製 造 ロット 通 し 番 号 製 造 月 度 :1~9 1~9 月 度 X 1 月 度,Y 11 月 度,Z 12 月 度 製 造 年 度 : 西 暦 の 下 1 桁,4 24 年 2-1

18 (2) 周 辺 機 器 昇 圧 用 リアクトル, 高 調 波 抑 制 フィルタ(リアクトル,コンデンサ, 抵 抗 ), 充 電 回 路 ボックス, 電 磁 接 触 器 などの 付 属 品 がお 買 い 上 げの PWM コンバータ 本 体 に 適 合 した 型 式 であるか, 周 辺 機 器 を 参 照 して 確 認 してください a) 昇 圧 用 リアクトル e) 充 電 回 路 ボックス (AC ヒューズ 及 び 充 電 抵 抗 器 が 内 蔵 されています) b)フィルタ 用 リアクトル f) 電 磁 接 触 器 c)フィルタ 用 コンデンサ g)ac ヒューズ( 単 品 購 入 時 ) h) 充 電 抵 抗 器 ( 単 品 購 入 時 ) d)フィルタ 用 抵 抗 注 :コンバータ 本 体 には 周 辺 機 器 は 付 属 しませんので, 個 別 にご 注 文 願 います 注 :コンバータ 容 量 により 各 周 辺 機 器 の 形 状 は 異 なります (3)オプション 機 器 オプション 機 器 の 接 続 にありますように, -ラジオノイズ 低 減 用 零 相 リアクトル(ACL- B) -パワーフィルタ はオプション 品 です 1 章 にありますように, - 通 信 用 オプション(OPC-VG7-TL,OPC-VG7-CCL,OPC-VG7-SX,OPC-VG7-SI) -IO 増 設 オプション(OPC-VG7-DIOA,OPC-VG7-AIO) -トレース 用 オプション(OPC-RHC-TR,WPS-RHC-TR) はオプション 品 です 2-2

19 製 品 の 外 観 ( 本 図 は 18.5kW 以 上 ) 表 面 カバー 取 付 ネジ チャージランプ 吊 り 穴 ( 左 右 計 4 ヶ 所 ) タッチパネル 表 面 カバー 警 告 ラベル 定 格 銘 板 図 kW 以 上 のコンバータの 外 観 2-3

20 2.3 製 品 の 取 扱 い (1) 表 面 カバーの 取 外 し 表 面 カバー 取 付 ネジ( 上 部, 左 右 2 ヶ 所 )をゆるめ, 表 面 カバーの 上 部 を 持 って 図 の 要 領 で 取 り 外 し てください 図 表 面 カバーの 取 り 外 し(15kW 以 下 ) 表 面 カバー 取 り 付 けネジ( 左 右 6 ヶ 所 )を 外 し, 表 面 カバーを 図 の 要 領 で 取 り 外 してください 表 面 カバー 取 り 付 けネジ 図 表 面 カバーの 取 り 外 し(18.5kW 以 上 ) (2)タッチパネルの 取 外 し (1)の 要 領 で 表 面 カバーを 取 り 外 したのち,タッチパネル 取 付 けネジをゆるめ, 図 の 要 領 で タッチパネルを 取 り 外 してください タッチパネル 取 付 けネジ 図 タッチパネルの 取 り 外 し(15kW 以 下 ) タッチパネル 取 付 けネジをゆるめ,タッチパネルケース 側 面 の 切 り 欠 き 部 に 指 を 入 れて, 図 の 要 領 で ゆっくりと 取 り 外 してください 乱 暴 に 扱 うと,コネクタを 破 損 するおそれがあります タッチパネルケース 切 り 欠 き 図 タッチパネルの 取 り 外 し(18.5kW 以 上 ) 2-4 警 告 ラベル

21 2.4 運 搬 運 搬 時 はフロントカバーを 持 たないでください 落 下 によるけがのおそれあり 運 搬 時 には 必 ず 本 体 を 持 ってください カバーや 部 品 を 持 つと 破 損 落 下 の 危 険 がありますの でやめてください 吊 り 穴 のある 製 品 をホイストまたはクレーンで 運 ぶ ときは, 吊 り 穴 にフックやロープを 掛 けてください 2.5 保 管 (1) 一 時 保 管 表 で 示 す 環 境 で 保 管 してください 表 保 管 の 環 境 項 目 仕 様 周 囲 温 度 保 存 温 度 注 1-1~+5-25~+65 相 対 湿 度 5~95% 雰 囲 気! 注 2 注 意 急 激 な 温 度 変 化 による 結 露 や 氷 結 の 生 じない 場 所 塵 埃, 直 射 日 光, 腐 食 性 ガス, 可 燃 性 ガス,オイ ルミスト, 蒸 気, 水 滴, 振 動 がないこと 塩 分 があまり 含 まれないこと 注 1: 保 存 温 度 は 輸 送 する 程 度 の 短 時 間 の 場 合 を 示 し ます 注 2: 湿 度 が 仕 様 値 を 満 足 していても, 温 度 変 化 が 大 きな 場 所 では 結 露 や 氷 結 が 生 じます このような 場 所 は 避 けてください 1 床 に 直 接 置 かないでください 2 周 囲 の 雰 囲 気 が 悪 い 場 合 は,ビニールシートなど で 包 装 し 保 管 してください 3 湿 気 が 影 響 する 恐 れがあるときは, 内 部 に 乾 燥 剤 (シリカゲルなど)を 入 れてから2の 包 装 をしてく ださい (2) 長 期 保 管 ご 購 入 後, 長 期 間 ご 使 用 にならないときの 保 管 方 法 は, 保 管 場 所 の 環 境 によって 大 きく 変 わります 一 般 的 な 保 管 方 法 を 下 に 示 します 1 一 時 保 管 の 内 容 を 満 足 してください ただし, 保 管 が 3 ヶ 月 を 超 える 場 合 は, 周 囲 温 度 の 上 限 を 3 にしてください これは 電 解 コン デンサを 通 電 しないで 放 置 したときの 温 度 によ る 劣 化 を 考 慮 したものです 2 湿 気 などの 侵 入 防 止 のために 包 装 は 厳 重 にして ください また, 包 装 内 に 乾 燥 剤 を 封 入 し, 包 装 内 部 の 相 対 湿 度 は 7% 以 下 を 目 安 にしてくださ い 3 装 置 や 制 御 盤 に 取 り 付 けて 放 置 されるとき, 特 に 建 設 工 事 中 の 場 所 では, 湿 気 や 塵 埃 にさらされる ことが 多 々あります このような 場 合 は, 取 り 外 して 環 境 の 整 った 場 所 に 移 してください 4 電 解 コンデンサを 長 期 間 通 電 しないでいますと 特 性 が 劣 化 します 1 年 以 上 保 管 する 場 合 は,1 年 に 1 回 通 電 作 業 を 行 ってください 2-5

22 3. 据 付 と 接 続 3.1 使 用 環 境 表 に 示 す 環 境 に 据 え 付 けてください 表 使 用 環 境 項 目 場 所 周 囲 温 度 相 対 湿 度 雰 囲 気 標 高 仕 様 屋 内 -1~+5 5~95%( 結 露 なきこと) 塵 埃, 直 射 日 光, 腐 食 性 ガス,オイルミス ト, 蒸 気, 水 滴 がないこと 塩 分 があまり 含 まれないこと 急 激 な 温 度 変 化 による 結 露 が 生 じないこ と 1m 以 下 (1m を 超 える 場 合 は 表 参 照 ) 振 動 2~9Hz : 振 幅 3mm 9~2Hz :9.8m/s 2 *75kW 以 上 (2V),9kW 以 上 (4V) は 2m/s 2 2Hz~55Hz :2m/s 2 55Hz~2Hz :1m/s 2 表 標 高 に 対 する 出 力 低 減 率 標 高 出 力 電 流 低 減 率 1m 以 下 1. 1~15m.97 15~2m.95 2~25m.91 25~3m

23 3.2 取 付 配 置! 注 意! 危 険 運 搬 時 はフロントカバーを 持 たないでください 落 下 によるけがのおそれあり 糸 くず, 紙, 木 くず,ほこり, 金 属 くずなどの 異 物 をコンバータ 内 に 侵 入 させたり, 冷 却 フィンの 部 分 に 付 着 させないでください 火 災 のおそれあり 損 傷, 部 品 が 欠 けているコンバータを 据 付 け 運 転 しないでください けがのおそれあり 制 御 盤 に 入 れる 等, 容 易 に 人 が 触 れられない 場 所 に 設 置 してください 感 電 けがのおそれあり 可 燃 物 を 近 くに 置 かないでください 火 災 のおそれあり 4)コンバータを 運 転 すると 発 熱 します 周 囲 温 度 の 上 限 は 5 です 制 御 盤 などに 収 納 する 場 合, 熱 がこもらないよう 換 気 に 対 する 配 慮 を 十 分 にして ください 放 熱 の 少 ない 小 さな 密 閉 箱 などに, 収 納 しないでください 5) 発 生 した 熱 は,コンバータ 内 のファンで 上 部 に 放 熱 します 熱 に 弱 い 機 器 の 下 には 取 り 付 けないでく ださい 1)PWM CONVERTER の 文 字 が 正 面 に 正 しく 見 える ように, 地 面 に 対 して 垂 直 に 取 り 付 けてください 上 下 を 逆 にしたり, 横 または 斜 めに 取 り 付 けないで ください 2) 正 面 には 表 示 操 作 部 があり, 接 続 作 業 や 保 守 点 検 では 表 面 カバーを 取 り 外 します したがって,コ ンバータの 正 面 には, 機 器 部 品 などを 配 置 しない でください 6)コンバータとインバータ,また 複 数 のコンバータ を 同 じ 装 置 や 制 御 盤 に 収 納 するときは, 相 互 の 熱 影 響 を 少 なくするために, 横 に 並 べた 据 付 が 望 まれま す やむを 得 ず 上 下 に 据 付 るときは, 仕 切 板 などを 設 けて, 下 部 の 熱 が 上 部 に 影 響 を 与 えないようにし てください 排 気 排 気 排 気 排 気 3)コンバータの 運 転 中 は 発 熱 しますので, 冷 却 風 の 通 路 確 保 のために, 図 に 示 すスペースを 設 け てください 発 生 した 熱 は 上 部 に 放 熱 しますのでこ のスペースには, 電 線 や 配 線 も 通 さないでください コンハ ータ インハ ータ 仕 切 板 給 気 給 気 給 気 Y PWM CONVERTER 22kW 以 下 X=2mm 以 上 Y=1mm 以 上 図 同 一 盤 での コンバータ インバータの 取 付 け X 本 体 X 3~22kW X=5mm 以 上 Y=1mm 以 上 28kW 以 上 X=5mm 以 上 Y=15mm 以 上 7)フィルタ 用 コンデンサには 取 付 方 向 の 制 約 があ ります 詳 細 は 11.4 周 辺 機 器 のフィルタ 用 コン デンサ 外 形 寸 法 図 を 参 照 してください Y 図 据 付 周 囲 スペース 3-2

24 金 属 などの 不 燃 物 に 取 り 付 けてください 火 災 のおそれあり 8)コンバータ 運 転 中 は, 冷 却 フィンの 温 度 が 9 付 近 まで 上 昇 します この 冷 却 フィンは,コンバータ の 背 面 にあります したがって,コンバータを 壁 面 に 取 り 付 けるときは, 壁 面 は 高 温 に 耐 えられる 材 質 のものを 使 用 してください 糸 くず, 紙, 木 くず,ほこり, 金 属 くずなどの 異 物 をコンバータ 内 に 侵 入 させたり, 冷 却 フィンの 部 分 に 付 着 させないでください 火 災 のおそれあり 放 熱 フィン,フィルタ 用 抵 抗 器,フィルタ 用 リア クトル, 昇 圧 用 リアクトルは 高 温 となりますので 触 れないでください やけどのおそれあり 9) 装 置 や 制 御 盤 内 で 発 生 する 熱 量 の 低 減 を 図 るとき は,コンバータ 背 面 の 冷 却 フィンを 外 部 に 出 してく ださい コンバータの 発 生 熱 量 の 約 7%が 外 部 に 放 熱 されます 排 気!! 危 険 注 意 内 部 放 熱 (3%) 外 部 放 熱 (7%) 冷 却 フィン 取 付 脚 の 位 置 変 更 は 必 ず 添 付 のネジを 使 用 してく ださい けがのおそれあり 外 部 冷 却 形 取 付 けに 変 更 するには 図 の 様 に 上 下 の 取 付 脚 の 取 付 位 置 を 変 えてください なお, 止 め ネジは 取 付 脚 固 定 ネジを 外 し,ケース 取 付 ネジを 使 用 して, 取 付 脚 を 固 定 します ( 一 部 形 式 は,ケース 取 付 ネジをそのまま 使 用 できま せん 下 表 にて 確 認 ください ) 取 付 脚 位 置 変 更 後 は, 取 付 脚 固 定 ネジは 不 要 です 電 圧 系 列 2V 4V コンバータ 形 式 取 付 脚 固 定 ネジ ケース 取 付 ネジ RHC18.5-2C~RHC55-2C 5(M6 2) 5(M5 16) RHC75-2C 7(M6 2) 7(M5 16) RHC9-2C 6(M6 2) 6(M5 16) RHC18.5-4C~RHC75-4C 5(M6 2) 5(M5 16) RHC9-4C~RHC11-4C 7(M6 2) 5(M5 16) *1 RHC132-4C~RHC16-4C 7(M6 2) 7(M5 16) RHC2-4C~RHC22-4C 6(M6 2) 6(M5 16) *1 RHC28-4C~RHC315-4C *3 6(M8 2) - *2 RHC355-4C~RHC4-4C *3 8(M8 2) *1)ネジを M5 2 に 交 換 して 取 付 脚 を 固 定 してくだ さい *2) 取 付 脚 固 定 ネジを 使 用 して 取 付 脚 を 固 定 してくだ さい *3) 据 置 き 取 り 付 けの 場 合 は, 下 側 の 取 付 脚 が 不 要 と なります ケース 取 付 ネジ! 取 付 脚 固 定 ネジ 注 意 給 気 取 付 脚 図 コンバータの 取 付 け 1) 発 生 損 失 について コンバータ 本 体, 昇 圧 用 リアクトル,フィルタ 用 リア クトル,フィルタ 用 抵 抗 の 各 容 量 毎 の 発 生 損 失 は, 11.5 発 生 損 失 を 参 照 ください 取 付 脚 図 取 付 脚 の 付 替 え 3-3

25 3.3 接 続 接 続 に 関 する 一 般 的 事 項! 危 険 インバータを 電 源 に 接 続 する 場 合, 回 路 保 護 用 遮 断 器, 漏 電 遮 断 器 を 通 して 配 線 してください 火 災 のおそれあり 必 ず 指 定 サイズの 電 線 を 使 ってください 火 災 のおそれあり アース 線 を 必 ず 接 続 してください 感 電 火 災 のおそれあり 配 線 作 業 は, 資 格 のある 専 門 家 が 行 ってください 感 電 のおそれあり 電 源 OFF( 開 )を 確 認 してから 行 ってください 感 電 のおそれあり 必 ず 本 体 を 設 置 してから 配 線 してください 感 電 けがのおそれあり 部 品 の 破 損 脱 落, 輸 送 時 の 損 傷 がある 製 品 には 通 電 しないでください 感 電 火 災 のおそれあり 1 電 源 は 必 ず PWM コンバータの 主 回 路 電 源 端 子 L1/R,L2/S,L3/T に 接 続 してください 間 違 って 電 源 を 他 の 端 子 に 接 続 すると PWM コンバータが 破 損 します また, 電 源 電 圧 が 銘 板 などに 記 載 され ている 許 容 電 圧 内 であることを 確 認 してください 2 接 地 端 子 は, 感 電 や 火 災 などの 災 害 防 止 とノイズ 低 減 のため 必 ず 接 地 してください 3 端 子 と 電 線 の 接 続 には, 接 続 信 頼 性 の 高 い 圧 着 端 子 を 使 用 してください 4 接 続 ( 配 線 ) 作 業 が 終 了 したら, 次 の 確 認 をしてく ださい a. 正 しく 接 続 されているか b. 接 続 忘 れはないか c. 端 子 や 電 線 間 が 短 絡 地 絡 状 態 になっていない か 5 通 電 後, 接 続 変 更 などの 作 業 をする 場 合, 電 源 を OFF しても 主 回 路 直 流 部 の 平 滑 コンデンサ 及 びフ ィルタ 用 コンデンサが 放 電 するには 時 間 がかかり ます 危 険 ですからチャージランプ 消 灯 後, 直 流 電 圧 が 安 全 な 電 圧 (DC25V 以 下 )に 下 がっているこ とをテスタなどで 確 認 してから 作 業 してください また, 回 路 を 短 絡 したりするときは, 電 圧 ( 電 荷 ) が 残 っていると 火 花 が 生 じることがありますので, 電 圧 が 無 くなってから 行 ってください PWM CONVERTER CHARGE 図 チャージランプ! 注 意 チャージランプ 消 灯 製 品 の 相 数, 定 格 電 圧 と 交 流 電 源 の 相 数 電 圧 が 一 致 していることを 確 認 してください けがのおそれあり PWM コンバータの 直 流 端 子 (P(+),N(-))と インバータの 直 流 端 子 の 極 性 (P(+),N(-))が 一 致 していることを 確 認 してください 事 故 のおそれあり PWM コンバータ,インバータ,モータの 配 線 か らノイズが 発 生 します 周 辺 の セ ンサ ーや 機 器 の 誤 動 作 に 注 意 してください 事 故 のおそれあり 3-4

26 3.3.2 端 子 機 能 説 明 表 主 回 路 端 子 端 子 記 号 名 称 仕 様 主 回 路 L1/R,L2/S,L3/T 主 電 源 入 力 専 用 リアクトルなどを 介 して 3 相 電 源 に 接 続 します P(+),N(-) コンバータ 出 力 インバータ 電 源 入 力 端 子 P(+),N(-)に 接 続 します E(G) アース 端 子 コンバータシャーシ(ケース)の 接 地 端 子 です R,T 制 御 電 源 補 助 入 力 制 御 電 源 用 電 源 のバックアップ 端 子, 主 回 路 電 源 と 同 一 の 電 源 系 統 に 接 続 します R1,S1,T1 電 圧 検 出 用 同 期 電 源 入 力 コンバータ 内 部 の 制 御 に 用 いる 電 圧 検 出 用 端 子 で, 専 用 フィルタの 電 源 側 に 接 続 します R2,T2 制 御 監 視 用 入 力 AC ヒューズ 断 線 検 出 用 の 接 続 端 子 です 充 電 回 路 ボックス 不 使 用 時 R PWMコンバータ Lr ACF L1/R 73 ACF L2/S L3/T R2 T2 PWMコンバータ(RHC-Cシリーズ) PWMインバータ 3 相 遮 断 器 MC Lf Lr 充 電 回 路 ボックス 11 R ACF R T L1/R L2/S L3/T 補 助 電 源 電 流 検 出 IR IT DCF Cdc P(+) 電 圧 検 出 P(+) U V W M Rf Cf 73 R2 T2 R2 T2 G R1 N(-) N(-) E(G) S1 T1 ベース 駆 動 信 号 Edc G AVR; 直 流 電 圧 調 節 器 ACR; 電 流 調 節 器 PWM;パルス 幅 変 調 fs;キャリア 周 波 数 Lr; 昇 圧 用 リアクトル Lf;フィルタ 用 リアクトル Rf;フィルタ 用 抵 抗 器 Cf;フィルタ 用 コンデンサ ACF;ACヒューズ DCF;DCヒューズ Edc; 直 流 中 間 電 圧 Cdc;コンデンサ 直 流 電 圧 PLC;プログラマブルコントローラ MC; 電 磁 接 触 器 73; 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 Ro; 充 電 抵 抗 器 運 転 指 令 汎 用 端 子 アラームリセット コモン PLC 73A 73C PLC RUN X1 RST CM Edc* + - 通 信 オプション AVR ACR PWM + 信 号 入 力 部 通 信 処 理 部 - 演 算 制 御 部 表 示 設 定 処 理 タッチパネル fs 信 号 出 力 部 3A 3B 3C Y5A Y5C Y1 Y2 Y3 CME 一 括 アラーム 出 力 リレー 出 力 ( 運 転 準 備 完 了 ) 汎 用 トランジスタ 出 力 E(G) AO1 M 汎 用 アナログ 出 力 G 図 基 本 回 路 構 成 端 子 3-5

27 表 制 御 端 子 項 目 名 称 仕 様 運 転 停 止 指 令 RUN RUN-CM 間 ON で 昇 圧 動 作,OFF で 停 止 します アラームリセット 指 令 汎 用 トランジスタ 入 力 RST X1 アラーム 停 止 時 にアラーム 要 因 を 除 去 し,RST-CM 間 を ON すると, 動 作 していた 保 護 機 能 が 解 除 し, 運 転 復 帰 します デジタル 入 力 回 路 仕 様 入 力 信 号 項 目 min. typ. max. 動 作 電 圧 ON レベル V - 2V OFF レベル 22V 22V 27V ON 時 動 作 電 流 - 3.2mA 4.5mA OFF 時 許 容 漏 れ 電 流 - -.5mA PLC RUN,X1,RST 6.8kΩ +24V CM V PLC 信 号 電 源 PLC PLC の 出 力 信 号 電 源 を 接 続 します ( 定 格 電 圧 24V(22~27V)DC) ディジタル 入 力 コモン CM ディジタル 入 力 信 号 の 共 通 端 子 (コモン 端 子 )です 一 括 アラーム 出 力 汎 用 トランジスタ 出 力 ( 標 準 3 点 ) トランジスタ 出 力 回 路 仕 様 3A 3B 3C Y1 Y2 Y3 コンバータ 保 護 機 能 が 動 作 しアラーム 停 止 したときに 信 号 を 出 力 します ( 接 点 :1C, 異 常 時 3A-3C 間 :ON) ( 接 点 容 量 :AC25V 5mAmax) 項 目 min. typ. max. 動 作 電 圧 ON レベル - 1V 2V OFF レベル - 24V 27V Y1-Y3 出 力 信 号 ON 時 動 作 電 流 - - 5mA OFF 時 許 容 漏 れ 電 流 - -.1mA 28-3V CME ディジタル 出 力 コモン CME トランジスタ 出 力 信 号 の 共 通 端 子 (コモン 端 子 )です 端 子 CM に 対 して 絶 縁 されています リレー 出 力 ( 標 準 1 点 ) Y5A Y5C Y1-Y3 端 子 と 同 様 に 信 号 を 選 択 できます 接 点 容 量 は 一 括 アラーム 出 力 と 同 じです 汎 用 アナログ 出 力 AO1 アナログ 直 流 電 圧 DC~±1V のモニタ 信 号 を 出 力 します アナログ 出 力 コモン M アナログ 出 力 信 号 の 共 通 端 子 (コモン 端 子 )です 充 電 回 路 制 御 出 力 73A 73C 外 部 充 電 回 路 の 制 御 出 力 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 の 動 作 信 号 を 出 力 します ( 接 点 容 量 :AC25V 5Amax) 3-6

28 3.3.3 端 子 配 置 図 (1) 主 回 路 端 子 RHC7.5-2C~RHC15-2C RHC7.5-4C~RHC15-4C RHC75-2C R T R T P(+) N(-) L1/R L2/S L3/T P(+) N(-) L1/R L2/S L3/T G G ネジサイズ R,T:M4 G:M5 その 他 :M6 G G ネジサイズ R,T:M4 G:M1 その 他 :M12 RHC18.5-2C~RHC22-2C RHC18.5-4C~RHC22-4C RHC9-2C RHC132-4C~RHC22-4C T R T R L1/R P(+) L2/S N(-) L3/T L1/R L2/S L3/T P(+) N(-) G G ネジサイズ R,T:M4 G:M6 その 他 :M6 G G ネジサイズ R,T:M4 G:M1 その 他 :M12 RHC3-2C RHC3-4C~RHC55-4C RHC28-4C,RHC315-4C R T R T L1/R L2/S L3/T L1/R L2/S L3/T P(+) N(-) L1/R L2/S L3/T RHC37-2C~RHC55-2C RHC75-4C~RHC11-4C G G ネジサイズ R,T:M4 G:M8 その 他 :M8 G G RHC355-4C,RHC4-4C P(+) P(+) N(-) N(-) ネジサイズ R,T:M4 G:M1 その 他 :M12 R T R T L1/R L2/S L3/T P(+) N(-) L1/R L2/S L3/T P(+) N(-) P(+) N(-) L1/R L2/S L3/T G G ネジサイズ R,T:M4 G:M8 その 他 :M1 ネジサイズ R,T:M4 G:M1 その 他 :M12 G G (2) 制 御 端 子 AO1 M CM RUN Y1 CME Y5A 3B 3A PLC X1 RST Y2 Y3 Y5C 3C ネジサイズ M3 73C 73A T2 R2 T1 S1 R1 ネジサイズ M4 3-7

29 (3) 充 電 回 路 ボックス 端 子 図 A G CONV 図 B G 4 CONV R2 T2 G R2 T2 G V 系 列 ネジサイズ 端 子 記 号 締 付 トルク N m 形 式 主 回 路 部 接 地 部 補 助 部 主 回 路 部 接 地 部 補 助 部 1,2,3/4,5,6 G 11,12,13, 11,12,13, 1,2,3,/4,5,6 G R2,T2 R2,T2 CU7.5-2C CU11-2C CU15-2C M6 5.5 CU18.5-2C CU22-2C M4 CU3-2C M CU45-2C CU55-2C M1 24 CU75-2C CU9-2C M12 M 図 FIG. A B 4V 系 列 形 式 CU7.5-4C CU15-4C CU18.5-4C CU22-4C CU3-4C CU45-4C CU55-4C CU75-4C CU9-4C CU11-4C CU132-4C CU16-4C CU2-4C CU22-4C ネジサイズ 締 付 トルク N m 端 子 記 号 主 回 路 部 接 地 部 補 助 部 主 回 路 部 接 地 部 補 助 部 11,12,13, 11,12,13, 1,2,3/4,5,6 G 1,2,3,/4,5,6 G R2,T2 R2,T2 M12 M6 5.5 M M1 24 M1 M 図 FIG. A B 3-8

30 3.3.4 基 本 接 続 図 コンバータの 容 量 と 組 み 合 わせるインバータにより, 若 干 配 線 方 法 が 異 なります 基 本 接 続 図 1~4 から 該 当 する 接 続 図 を 選 択 して, 接 続 の 順 番 や 極 性 を 間 違 えないよう 配 線 してください 各 部 の 配 線 の 詳 細 は 接 続 の 詳 細 を 参 照 ください 1) 基 本 接 続 図 1 配 線 作 業 は 資 格 のある 専 門 家 が 行 ってください 感 電 のおそれあり 電 源 OFF( 開 )を 確 認 してから 行 ってください 感 電 のおそれあり 必 ず 本 体 を 設 置 してから 配 線 を 行 ってください 感 電 けがのおそれあり 危 険 RHC7.5-2C~RHC9-2C (FRN22G11S-2,FRN22P11S-2,FRN15VG7S-2 以 下 のインバータ) RHC7.5-4C~RHC22-4C (FRN22G11S-4,FRN22P11S-4,FRN15VG7S-4 以 下 のインバータ)! 充 電 回 路 ボックス 電 源 MC Lf 22V 以 下 ( 注 1) MC Lr Rf Cf MC 又 は73 ( 注 2) 運 転 準 備 a b RUN MC FX e f 運 転 停 止 RUN R FX 73 F G R2 T2 RUN L1/R L2/S L3/T R2 T2 コンバータ R1 S1 T1 R T 73A 73C RUN RST CM P(+) N(-) Y5A Y5C 3A 3B 3C E(G) e f c d a b P(+) N(-) R T インバータ U V W ( 注 4) FWD X9(THR) CM CM 3A 13 3B 12 3C 11 充 電 回 路 ボックス 不 使 用 時 R E(G) c d M ( 注 3) FX コンバータ 符 号 機 器 名 称 Lr 昇 圧 用 リアクトル Lf フィルタ 用 リアクトル Cf フィルタ 用 コンデンサ Rf フィルタ 用 抵 抗 器 R 充 電 抵 抗 器 F AC ヒューズ 73 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 Lr 73 F F L1/R L2/S L3/T R2 T2 ( 注 1) 主 電 源 が 4V 系 の 場 合, 降 圧 トランスを 接 続 して,シーケンス 回 路 の 電 圧 を 22V 以 下 にしてください ( 注 2) PWM コンバータ, 及 びインバータの 補 助 電 源 入 力 端 子 (R,T)は, 必 ず 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 (73 又 は MC) の b 接 点 を 経 由 して, 主 電 源 に 接 続 してください 尚 非 接 地 系 電 源 に 適 用 する 場 合 は 絶 縁 トランスを 設 け る 必 要 があります 詳 細 は 接 続 の 詳 細 (5) 制 御 電 源 補 助 電 源 回 路 を 参 照 してください ( 注 3) PWM コンバータの 運 転 準 備 が 完 了 してからインバータに 運 転 信 号 が 入 力 されるシーケンスにしてください ( 注 4) インバータユニットの X1~X9 端 子 のいずれかを 外 部 アラーム(THR)に 設 定 してください ( 注 5) L1/R,L2/S,L3/T,R2,T2,R1,S1,T1 端 子 への 配 線 は 必 ず 相 順 を 合 わせて 配 線 してください 3-9

31 2) 基 本 接 続 図 2 配 線 作 業 は 資 格 のある 専 門 家 が 行 ってください 感 電 のおそれあり 電 源 OFF( 開 )を 確 認 してから 行 ってください 感 電 のおそれあり 必 ず 本 体 を 設 置 してから 配 線 を 行 ってください 感 電 けがのおそれあり! 危 険 RHC7.5-2C~RHC9-2C (FRN3G11S-2,FRN3P11S-2,FRN18.5VG7S-2 以 上 のインバータ) RHC7.5-4C~RHC22-4C (FRN3G11S-4,FRN3P11S-4,FRN18.5VG7S-4 以 上 のインバータ) 充 電 回 路 ボックス 電 源 MC Lf e f ( 注 3) 22V 以 下 ( 注 1) Lr Rf Cf 運 転 準 備 a b MC 又 は73 ( 注 2) MC 運 転 停 止 R FX F R2 T2 RUN コンバータ L1/R L2/S L3/T R2 T2 R1 S1 T1 R T 73A 73C RUN RST CM P(+) N(-) Y5A Y5C 3A 3B 3C E(G) e f c d a b P(+) N(-) R T インバータ U V W ( 注 5) FWD X9(THR) CM CM 3A 13 3B 12 3C 11 E(G) c d M ( 注 4) FX MC RUN 符 号 機 器 名 称 Lr 昇 圧 用 リアクトル Lf フィルタ 用 リアクトル Cf フィルタ 用 コンデンサ Rf フィルタ 用 抵 抗 器 R 充 電 抵 抗 器 F AC ヒューズ 73 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 FX RUN 73 充 電 回 路 ボックス 不 使 用 時 Lr R 73 F F コンバータ L1/R L2/S L3/T R2 T2 ( 注 1) 主 電 源 が 4V 系 の 場 合, 降 圧 トランスを 接 続 して,シーケンス 回 路 の 電 圧 を 22V 以 下 にしてください ( 注 2) PWM コンバータの 補 助 電 源 入 力 端 子 (R,T)は, 必 ず 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 (73 又 は MC)の b 接 点 を 経 由 して, 主 電 源 に 接 続 してください 尚 非 接 地 系 電 源 に 適 用 する 場 合 は 絶 縁 トランスを 設 ける 必 要 がありま す 詳 細 は 接 続 の 詳 細 (5) 制 御 電 源 補 助 電 源 回 路 を 参 照 してください ( 注 3) インバータの AC ファンの 電 源 は,R,T 端 子 より 給 電 しますので,73 又 は MC の b 接 点 を 経 由 せずに 主 電 源 に 接 続 してください ( 注 4) PWMコンバータの 運 転 準 備 が 完 了 してからインバータに 運 転 信 号 が 入 力 されるシーケンスにしてください ( 注 5) インバータユニットの X1~X9 端 子 のいずれかを 外 部 アラーム(THR)に 設 定 してください ( 注 6) L1/R,L2/S,L3/T,R2,T2,R1,S1,T1 端 子 への 配 線 は 必 ず 相 順 を 合 わせて 配 線 してください 3-1

32 3) 基 本 接 続 図 3 配 線 作 業 は 資 格 のある 専 門 家 が 行 ってください 感 電 のおそれあり 電 源 OFF( 開 )を 確 認 してから 行 ってください 感 電 のおそれあり 必 ず 本 体 を 設 置 してから 配 線 を 行 ってください 感 電 けがのおそれあり! 危 険 RHC28-4C~RHC4-4C (FRN3G11S-4,FRN3P11S-4,FRN18.5VG7S-4 以 上 のインバータ) R 73 電 源 52 Lf Lr F F コンバータ L1/R L2/S L3/T P(+) N(-) P(+) N(-) インバータ U V W M g h ( 注 3) 6F Rf Cf 52 ( 注 2) c d RUN R2 T2 R1 S1 T1 R T 73A 73C RUN RST CM Y5A Y5C 3A 3B 3C E(G) g h e f a b R T ( 注 6) FWD X9(THR) CM CM 3A 13 3B 12 3C 11 E(G) e f ( 注 4) FX 22V 以 下 ( 注 1) 運 転 準 備 a b RDY 52T RDY c d 52A 52 52T ( 注 5) RDY 73 52A 52 52T RUN 6F FX 6F 52 運 転 停 止 RUN FX 符 号 機 器 名 称 Lr 昇 圧 用 リアクトル Lf フィルタ 用 リアクトル Cf フィルタ 用 コンデンサ Rf フィルタ 用 抵 抗 器 R 充 電 抵 抗 器 F AC ヒューズ 73 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 52 電 源 用 電 磁 接 触 器 6F フィルタ 回 路 用 電 磁 接 触 器 ( 注 1) 降 圧 トランスを 接 続 して,シーケンス 回 路 の 電 圧 を 22V 以 下 にしてください ( 注 2)PWM コンバータの 補 助 電 源 入 力 端 子 (R,T)は, 必 ず 電 源 回 路 用 電 磁 接 触 器 (52)の b 接 点 を 経 由 して, 主 電 源 に 接 続 してください 尚 非 接 地 系 電 源 に 適 用 する 場 合 は 絶 縁 トランスを 設 ける 必 要 があります 詳 細 は 接 続 の 詳 細 (5) 制 御 電 源 補 助 電 源 回 路 を 参 照 してください ( 注 3)インバータの AC ファンの 電 源 は,R,T 端 子 より 給 電 しますので,73 又 は 52 の b 接 点 を 経 由 せずに 主 電 源 に 接 続 してください ( 注 4)PWMコンバータの 運 転 準 備 が 完 了 してからインバータに 運 転 信 号 が 入 力 されるシーケンスにしてください ( 注 5)52T のタイマセット 時 間 は,1sec としてください ( 注 6)インバータユニットの X1~X9 端 子 のいずれかを 外 部 アラーム(THR)に 設 定 してください ( 注 7)L1/R,L2/S,L3/T,R2,T2,R1,S1,T1 端 子 への 配 線 は 必 ず 相 順 を 合 わせて 配 線 してください 3-11

33 4) 基 本 接 続 図 4 配 線 作 業 は 資 格 のある 専 門 家 が 行 ってください 感 電 のおそれあり 電 源 OFF( 開 )を 確 認 してから 行 ってください 感 電 のおそれあり 必 ず 本 体 を 設 置 してから 配 線 を 行 ってください 感 電 けがのおそれあり! 危 険 RHC4-4C VT 仕 様 適 用 時 (FRN3G11S-4,FRN3P11S-4,FRN18.5VG7S-4 以 上 のインバータ) R 73 電 源 52-1~52-3 Lf Lr F コンバータ L1/R L2/S P(+) インバータ P(+) U V M Cf1 g h ( 注 3) 6F Rf Cf2 52 ( 注 2) c d F RUN L3/T R2 T2 RUN RST CM R1 S1 T1 R T 73A 73C N(-) Y5A Y5C 3A 3B 3C E(G) g h e f a b N(-) R T ( 注 6) E(G) W FWD X9(THR) CM CM 3A 13 3B 12 3C 11 ( 注 4) e f FX 22V 以 下 ( 注 1) 運 転 準 備 a b RDY 52T RDY c d 52A T RDY 73 52A T RUN 6F FX ( 注 5) F 運 転 停 止 RUN FX 符 号 機 器 名 称 Lr 昇 圧 用 リアクトル Lf フィルタ 用 リアクトル Cf フィルタ 用 コンデンサ Rf フィルタ 用 抵 抗 器 R 充 電 抵 抗 器 F AC ヒューズ 73 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 52 電 源 用 電 磁 接 触 器 6F フィルタ 回 路 用 電 磁 接 触 器 ( 注 1) 降 圧 トランスを 接 続 して,シーケンス 回 路 の 電 圧 を 22V 以 下 にしてください ( 注 2)PWM コンバータの 補 助 電 源 入 力 端 子 (R,T)は, 必 ず 電 源 回 路 用 電 磁 接 触 器 (52)の b 接 点 を 経 由 して, 主 電 源 に 接 続 してください 尚 非 接 地 系 電 源 に 適 用 する 場 合 は 絶 縁 トランスを 設 ける 必 要 があります 詳 細 は 接 続 の 詳 細 (5) 制 御 電 源 補 助 電 源 回 路 を 参 照 してください ( 注 3)インバータの AC ファンの 電 源 は,R,T 端 子 より 給 電 しますので,73 又 は 52 の b 接 点 を 経 由 せずに 主 電 源 に 接 続 してください ( 注 4)PWM コンバータの 運 転 準 備 が 完 了 してからインバータに 運 転 信 号 が 入 力 されるシーケンスにしてください ( 注 5)52T のタイマセット 時 間 は,1sec としてください ( 注 6)インバータユニットの X1~X9 端 子 のいずれかを 外 部 アラーム(THR)に 設 定 してください ( 注 7)L1/R,L2/S,L3/T,R2,T2,R1,S1,T1 端 子 への 配 線 は 必 ず 相 順 を 合 わせて 配 線 してください 3-12

34 3.3.5 接 続 の 詳 細 (1) 主 電 源 回 路,( 2 ) 直 流 中 間 回 路,( 3 ) 接 地 回 路, (4) 制 御 回 路,( 5 ) 制 御 電 源 補 助 入 力 回 路 の 順 番 で 接 続 してください 電 線 サイズは 主 回 路 適 用 機 器 電 線 サイズ を 参 照 してください! 電 源 OFF( 開 )を 確 認 してから 行 ってください 感 電 のおそれあり 部 品 の 破 損, 脱 落, 輸 送 時, 損 傷 がある 製 品 には 通 電 しないでください 感 電 火 災 のおそれあり! 危 険 注 意 製 品 の 相 数, 定 格 電 圧 と 交 流 電 源 の 相 数, 電 圧 が 一 致 していることを 確 認 ください けがのおそれあり コンバータの 直 流 電 源 端 子 P(+),N(-)と,イン バータの 主 回 路 直 流 端 子 P(+),N(-)の 極 性 を 間 違 えないようにしてください 火 災 のおそれあり 直 流 中 間 回 路 端 子 の PN 配 線 長 は 5m 以 下 にして ください 火 災 のおそれあり (1) 主 回 路 電 源 入 力 端 子 (L1/R,L2/S,L3/T) 主 回 路 電 源 端 子 L1/R,L2/S,L3/T には, 図 にあ るように, 充 電 回 路 ボックス, 昇 圧 用 リアクトル, フィルタ 用 回 路, 電 源 用 接 触 器, 遮 断 器 または 漏 電 遮 断 器 を 通 して 電 源 に 接 続 してください a)フィルタ 用 コンデンサと 電 源 ラインの 配 線 距 離 は, 5m 以 下 にしてください 注 : 配 線 インダクタンスの 影 響 によりフィルタの 効 果 が 低 下 します l 5m 主 電 源 入 力 端 子 昇 圧 用 リアクトル フィルタ 用 抵 抗 フィルタ 用 コンテ ンサ L1/R L2/S L3/T 図 フィルタ 用 コンデンサの 配 線 距 離 b)フィルタ 用 抵 抗 器 の 接 続 フィルタ 用 抵 抗 器 は 発 熱 体 のため, 他 の 機 器 が 熱 の 影 響 を 受 けないような 場 所 に 取 り 付 けてください ただし, 配 線 長 は 5m 以 下 にする 必 要 があるため, 図 のように 盤 の 天 井 の 排 気 口 部 に 取 り 付 ける ことを 推 奨 します 排 気 フィルタ 用 抵 抗 器 主 電 源 入 力 端 子 充 電 回 路 ボックス L1/R L2/S L3/T 遮 断 器 MC フィルタ 用 リアクトル 昇 圧 用 リアクトル 充 電 抵 抗 器 電 源 ACヒュース コンハ ータ 盤 R1 S1 T1 制 御 端 子 フィルタ 用 抵 抗 器 フィルタ 用 コンテ ンサ 図 主 回 路 電 源 の 接 続 図 フィルタ 用 抵 抗 器 の 取 り 付 け 3-13

35 ! 危 険 フィルタ 用 リアクトルと 昇 圧 用 リアクトルの 位 置 を 間 違 えないように 接 続 してください 火 災 のおそれあり 注 :コンバータ 破 損 の 危 険 性 があります e) 充 電 回 路 ボックスをコンバータ 端 子 L1/R,L2/S, L3/T と 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 の 間 に 設 置 してくだ さい コンバータ 端 子 L1/R,L2/S,L3/T,R2,T2 と 充 電 回 路 ボックス 間 には, 他 の 機 器 ( 零 相 リアク トルなど)を 接 続 しないでください 充 電 回 路 ホ ックス(オフ ション) c)フィルタ 用 リアクトルを 接 続 するときは,フィル タ 用 リアクトル フィルタ 用 抵 抗 器 フィルタ 用 コ ンデンサの 接 続 位 置 や,フィルタ 用 リアクトルと 昇 圧 用 リアクトルの 位 置 を 間 違 えないでください 主 電 源 入 力 端 子 L1/R L2/S L3/T 昇 圧 用 リアクトル 充 電 回 路 用 電 磁 接 触 器 11充 電 抵 抗 器 ACヒュース R2 T2 L1/R L2/S L3/T R2 T2 MC フィルタ 用 リアクトル 昇 圧 用 リアクトル 電 源 図 充 電 回 路 ボックスの 接 続 R1 S1 T1 制 御 端 子 図 リアクトル 接 続 フィルタ 用 抵 抗 フィルタ 用 コンテ ンサ! 危 険 DC リアクトルは 絶 対 に 接 続 しないでください 火 災 のおそれあり 注 : 直 流 回 路 の 電 圧 が 共 振 し, 制 御 上 不 安 定 になり, 装 置 が 破 損 する 危 険 性 があります d)コンバータ 及 びインバータの 保 護 機 能 が 動 作 した ときに, 電 源 から 切 り 離 して 故 障 や 事 故 の 拡 大 を 防 止 するために, 電 源 用 電 磁 接 触 器 (MC)を 接 続 す るようにしてください 主 電 源 入 力 端 子 L1/R L2/S L3/T (2) 直 流 中 間 回 路 端 子 (P(+),N(-)) インバータの 端 子 P(+),N(-)にコンバータ 端 子 P(+),N(-)を 接 続 してください 配 線 長 が 5m 以 下 になるように 配 置 し,かつ, 配 線 のインダクタンスが 少 なくなるように 密 着 ( 並 列 ) 配 線 してください 遮 断 器 MC フィルタ リアクトル コンバータ 直 流 中 間 回 路 端 子 インバータ 主 回 路 直 流 端 子 電 源 P (+) N (-) P1 P (+) N (-) 5m 以 下 配 線 を 密 着 させる R T R1 S1 T1 制 御 制 御 端 子 電 源 端 子 図 インバータとの 接 続 図 電 磁 接 触 器 の 接 続 3-14

36 (3) 接 地 回 路! 危 険 アース 端 子 E(G)を 必 ず 接 続 してください 火 災 のおそれあり PWM コンバータ 接 地 用 端 子 E(G)は 安 全 上,ノイズ 対 策 上, 必 ず 接 地 してください 感 電 や 火 災 などの 災 害 防 止 のために 電 気 設 備 技 術 基 準 では, 電 気 機 器 の 金 属 製 フレームの 接 地 工 事 が 指 示 されています 表 電 気 設 備 技 術 基 準 による 接 地 電 圧 系 列 接 地 工 事 の 種 類 接 地 抵 抗 2V D 種 接 地 工 事 1Ω 以 下 4V C 種 接 地 工 事 1Ω 以 下 a)アース 端 子 E(G)は, 電 気 設 備 技 術 基 準 に 従 って, 2V 系 列 は D 種 接 地 工 事,4V 系 列 は C 種 接 地 工 事 を 施 した 接 地 極 に 接 続 してください 注 :2V 系 列 の 接 地 工 事 も,ノイズ 防 止 面 から C 種 接 地 工 事 ( 接 地 抵 抗 1Ω 以 下 )の 適 用 が 望 まれま す b)ノイズ 対 策 からは, 回 路 のインピーダンスを 低 く してノイズの 発 生 を 抑 制 するとともに, 装 置 相 互 間 に 影 響 がないようにする 必 要 があります したがっ て,アース 端 子 には 太 い 電 線 を 短 く 敷 設 して,イン バータシステムと 同 一 の 専 用 接 地 極 に 接 続 してく ださい 注 :ラジオノイズ 低 減 用 リアクトルはオプション 品 です 充 電 回 路, 昇 圧 用 リアクトル,フィルタ 等 は 省 略 記 載 しています コンバータ PWM CONVERTER インバータ FRENIC 5VG7 制 御 盤 モータ ラジオノイズ 低 減 用 リアクトル E(G) E(G) R S T PI P(+) DB N(-) U V W E(G) 電 源 金 属 管 専 用 接 地 極 銅 バー 図 電 気 設 備 技 術 基 準 による 接 地 3-15

37 (4) 制 御 回 路! 一 般 的 に 制 御 線 の 被 覆 は 強 化 絶 縁 ではありません ので, 何 らかの 原 因 で 絶 縁 被 覆 が 破 壊 された 場 合 に, 制 御 信 号 に 主 回 路 の 高 電 圧 が 侵 入 する 可 能 性 が あります 欧 州 の 低 電 圧 指 令 対 応 でも 禁 止 されてい ます! 危 険 注 意 コンバータ,インバータ,モータ, 配 線 からノイ ズが 発 生 します 周 辺 の セ ンサ や 機 器 の 誤 動 作 に 注 意 してください 事 故 のおそれあり 外 部 電 源 の 極 性 に 注 意 してください 故 障 のおそれあり 注 : - 制 御 端 子 Y5A,Y5C,3A,3B,3C,73A,73C, PLC,Y1,Y2,Y3 を 除 く 制 御 端 子 に, 電 圧 を 印 加 しないでください 印 加 するとコンバータが 損 傷 し ます -コモン 端 子 CM,CME は, 互 いに 絶 縁 されていま す これらの 端 子 間 を 接 続 しないでください 接 続 する と, 回 路 の 相 互 干 渉 などで 誤 動 作 することがありま す また,コモン 端 子 はアース( 大 地 に 接 続 )しな いでください a)r1,s1,t1 端 子 R1,S1,T1 端 子 は,コンバータの 基 準 信 号 を 入 力 する 端 子 のため, 波 形 歪 みのないフィルタリアクト ルの 電 源 側 に 接 続 してください 配 線 は 5m 以 下 と してください b)デジタル 入 力 端 子 (RUN,X1,RST,PLC,CM) イ) 通 常,デジタル 入 力 端 子 は CM 端 子 との 間 で ON/OFF させます 一 方, 外 部 の 電 源 を 使 ってプ ログラマブルコントローラのオープンコレクタ 出 力 で ON/OFF させる 場 合, 回 り 込 み 回 路 によ り 誤 動 作 する 場 合 があります このような 場 合 は, 図 のように PLC 端 子 を 使 って 接 続 をしてください ロ) 接 点 で 入 力 する 場 合 は, 接 触 不 良 を 生 じない( 接 触 信 頼 性 の 高 い) 接 点 を 使 用 してください 例 : 富 士 電 機 製 コントロールリレーHH54PW フ ロク ラマフ ル コントローラ 外 部 電 源 コンハ ータ PLC RUN,X1,RST CM 図 外 部 電 源 による 回 り 込 み 防 止 方 法 DC24V c)トランジスタ 出 力 端 子 (Y1,Y2,Y3,CME) イ) 外 部 電 源 の 極 性 に 注 意 してください ロ) 制 御 リレーを 接 続 する 場 合 は, 励 磁 コイルの 両 端 にサージ 吸 収 用 ダイオードを 接 続 してくださ い d) 接 点 出 力 端 子 (Y5A,Y5C,3A,3B,3C) 接 点 仕 様 は,AC22V,.5A(cosφ=.3)/ 寿 命 2 万 回,DC24V,1A(T=7ms)/ 寿 命 15 万 回 です この 仕 様 値 を 超 えるときは, 接 点 容 量 の 大 きなリレーで 中 継 してください ま た, 複 数 の 接 点 が 必 要 なときは, 接 点 数 の 多 いリレーで 接 点 増 幅 してください 3 主 電 源 入 力 端 子 L1/R L2/S L3/T 3A 3B 遮 断 器 MC フィルタ 用 リアクトル X 電 源 R T R1 S1 T1 3C 接 点 数 接 点 出 力 電 源 図 接 点 容 量 接 点 数 の 増 幅 制 御 制 御 端 子 電 源 端 子 図 電 圧 検 出 端 子 の 接 続 3-16

38 e サージアブソーバの接続 制御回路やコンバータ周辺回路にある 電磁接触器 リレーなどの励磁コイルを開閉すると 電流の急激な 変化に伴ってサージ電圧(ノイズ)が発生します このサージ電圧で コンバータの制御回路や周辺機器が誤動 作することがあります このような場合 発生源コイルの両端にサージアブソーバを接続してください 交流 S2-A-O または S1-B-O 励磁コイル X 直流 Y Z S2-A-O または S1-B-O ダイオード 図 サージアブソーバの接続 f 制御回路の配線 制御端子に接続する電線は シールド線または撚り合わせたビニール線を使用してください 電線サイズ mm2 の電線を電源回路の配線に近づけないように引き出してください イ RHC7.5-2C RHC15-2C RHC7.5-4C RHC15-4C 図 のように引き出してください 制御端子 図 PWM コンバータの制御回路配線のルート ロ RHC18.5-2C RHC55-2C RHC18.5-4C RHC11-4C 図 のように PWM コンバータの左側板に沿って引き出してください 配線は束線バンド インシュロックなど で 引き出し途中の主回路端子台の左側壁にある穴 束線 固定穴 A を使って固定してください 束線バンドは 穴 φ4 を通しますので 幅 3.5mm 厚さ 1.5mm 以下のものを使用してください 束線バンド 束線固定穴 B 制御回路配線 左側板 制御端子 束線固定穴 A 図 PWM コンバータの制御回路配線の固定位置 図 PWM コンバータの制御回路配線のルート 3-17

39 ハ)RHC132-4C~RHC16-4C 図 のように PWM コンバータの 左 側 板 に 沿 って 引 き 出 してください 配 線 は 束 線 バンド(インシュロックなど)で, 引 き 出 し 途 中 の 梁 にあるケーブルタイホルダーを 使 っ て 固 定 してください 束 線 バンドは, 穴 ( )を 通 しますので, 幅 3.8mm 厚 さ 1.5mm 以 下 の ものを 使 用 してください 制 御 回 路 配 線 束 線 バンド 配 線 左 側 板 制 御 端 子 ケーブルタイ ホルダー 図 図 PWM コンバータの 制 御 回 路 配 線 のルート PWM コンバータの 制 御 回 路 配 線 の 固 定 位 置 ニ)RHC75-2C~RHC9-2C RHC2-4C~RHC22-4C 図 のように PWM コンバータの 左 側 板 に 沿 って 引 き 出 してください 配 線 は 束 線 バンド(インシュロックなど)で, 引 き 出 し 途 中 の 梁 にあるケーブルタイホルダーを 使 っ て 固 定 してください 束 線 バンドは, 穴 ( )を 通 しますので, 幅 3.8mm 厚 さ 1.5mm 以 下 の ものを 使 用 してください 制 御 端 子 制 御 回 路 配 線 束 線 バンド 左 側 板 ケーブルタイ ホルダー 配 線 図 図 PWM コンバータの 制 御 回 路 配 線 のルート PWM コンバータの 制 御 回 路 配 線 の 固 定 位 置 ホ)RHC28-4C~RHC4-4C 図 と 同 様 に PWM コンバータの 左 側 板 に 沿 って 引 き 出 してください 配 線 は, 主 回 路 端 子 台 :L1/R の 上 方 にある 絶 縁 クリップを 使 って 固 定 してください 3-18

40 (5) 制 御 電 源 補 助 電 源 回 路! 注 意 表 のグループ A に 属 するインバータに 適 用 する 場 合, 制 御 電 源 補 助 入 力 (R,T)の 接 続 には 電 磁 接 触 器 (52 or 73)の b 接 点 を 経 由 して ください 火 災 のおそれあり 注 :コンバータの 運 転 中 は, 電 源 回 路 を 通 して 昇 圧 用 リアクトルのエネルギーが 制 御 電 源 回 路 に 入 り 込 んで 制 御 電 源 回 路 の 過 熱, 焼 損 のおそれがあります ので, 必 ず 電 磁 接 触 器 (52 or 73)の b 接 点 を 経 由 して, 主 電 源 に 接 続 してください インバータの R,T 端 子 への 配 線 は, 適 用 するインバータによって 異 なります グループ A,B のように 適 用 するインバータに 応 じて 配 線 を 行 ってください 表 R,T 端 子 への 配 線 方 法 ク ルーフ 適 用 インバータ R,T 端 子 への 配 線 方 法 A B FRN22G11S- 以 下,FRN22P11S- 以 下 FRN15VG7S- 以 下 FRN3G11S- 以 上,FRN3P11S- 以 上 FRN18.5VG7S- 以 上 R,T への 配 線 に, 接 触 器 (52 or 73)の b 接 点 を 挿 入 してください インバータ 内 部 の CN RXTX を 切 り 換 えて ください ( 詳 細 はインバータの 取 扱 説 明 書 を 参 照 ください) 制 御 電 源 補 助 入 力 (R,T) 端 子 に 電 源 を 入 力 しなくてもコンバータは 動 作 します 保 護 回 路 が 動 作 したとき, コンバータの 電 源 用 電 磁 接 触 器 を OFF( 開 )にしますと,コンバータの 制 御 回 路 電 源 もなくなり, 異 常 警 報 出 力 (3A,3B,3C)の 保 持 や,アラーム 表 示 も 消 えてしまいます これを 防 ぐため, 制 御 電 源 補 助 入 力 (R,T) 端 子 に, 主 回 路 電 源 と 同 じ 交 流 電 圧 を 入 力 してください a)グループ A のインバータに 適 用 する 場 合 図 のように MC or 73 リレーの b 接 点 を 経 由 して 接 続 してください 充 電 回 路 ボックス 遮 断 器 MC Lf Lr R F L1/R L2/S L3/T Rf Cf 73 R2 T2 R2 T2 MC or 73 インバータ R, Tへ R1 S1 T1 R T DC/ DC 制 御 電 源 図 制 御 電 源 補 助 入 力 の 接 続 方 法 3-19

41 b)グループ B のインバータに 適 用 する 場 合 FRENIC5 G11S/P11S,VG7S シリーズは, G11S/P11S の 3kW 以 上,VG7S の 18.5kW 以 上 のインバ ータにおいて, 内 部 に 交 流 電 源 で 操 作 する 部 品 (AC ファンなど)が 存 在 します このようなグループ C のインバータをご 使 用 になる 場 合 には,インバータ 内 部 のファン 電 源 切 替 えコネクタ (CN RXTX)を R-T 側 に 接 続 変 更 し, 端 子 R,T に 交 流 電 源 を 入 力 してください 詳 細 の 切 り 替 え 要 領 は,FRENIC5 G11S/P11S,FRENIC5VG7S の 取 扱 説 明 書 を 参 照 ください 注 :R-T 側 にコネクタが 切 り 替 わっていない 場 合,ファンが 回 らずにインバータ 過 熱 (OH1)に 至 ります 充 電 回 路 ボックス PWMコンバータ MC Lf Lr L1/R L2/S L3/T R F L1/R L2/S L3/T L1/R L2/S L3/T P(+) Rf Cf 73 R2 T2 R2 T2 N(-) R1 S1 T1 MC or 73 R T インバータ 3kW 以 上 のG11S/P11S 18.5kW 以 上 のVG7S P1 P(+) N(-) L1/R L2/S L3/T U V W IM R T CN RXTX ファン CN RXTXをRO-T 側 に 変 更 してください 制 御 補 助 電 源 図 PWM コンバータと 組 み 合 わせた 場 合 の 接 続 例 3-2

42 c) 非 接 地 系 電 源 に 適 用 する 場 合 の 注 意 事 項 コンバータを 非 接 地 系 電 源 に 接 続 して 使 用 した 場 合,インバータ 出 力 部 で 地 絡 事 故 が 発 生 すると 大 地 を 介 して 回 り 込 み 回 路 が 構 成 され,インバータが 破 損 することがあります このような 非 接 地 系 電 源 の 場 合 には 破 損 を 防 止 するために 下 図 のようにコンバータ,インバータとも 絶 縁 トランスを 介 して R,T に 電 源 が 供 給 されるようにしてください また,この 場 合 は MCor73 リレーの b 接 点 を 挿 入 する 必 要 はありません ( 図 はグループ A,B のインバータ 共 通 ) 電 源 系 統 が 不 明 確 な 場 合 にも, 同 様 にトランスを 設 けることを 推 奨 します 充 電 回 路 ボックス 遮 断 器 MC Lf Lr R F L1/R L2/S L3/T Rf Cf 73 R2 T2 R2 T2 R1 S1 T1 インバータ R, T へ R T DC/ DC 制 御 電 源 図 絶 縁 トランスを 設 置 した 場 合 の 接 続 例 トランス 容 量 は 下 表 をもとにコンバータ,インバータの 所 要 容 量 を 加 算 して 選 定 してください トランス 容 量 1VA 15VA RHC7.5-2C~RHC9-2C RHC7.5-4C~RHC22-4C RHC28-4C~RHC4-4C 適 用 コンバータ トランス 容 量 1VA 2VA 3VA 4VA 8VA 適 用 インバータ FRN22G11S- 以 下 FRN22P11S- 以 下 FRN15VG7S- 以 下 FRN3G11S- FRN3P11S-,FRN37P11S- FRN18.5VG7S- ~FRN3VG7S- FRN37G11S- ~FRN55G11S- FRN45P11S- ~FRN75P11S- FRN37VG7S- ~FRN55VG7S- FRN75G11S- ~FRN22G11S-4 FRN9P11S- ~FRN28P11S-4 FRN75VG7S- ~FRN22VG7S-4 FRN28G11S-4~FRN4G11S-4 FRN315P11S-4~FRN5P11S-4 FRN28VG7S-4~FRN4VG7S-4 注 ) は2(2V 系 )または 4(4V 系 )を 示 します 3-21

43 (6) 補 助 電 源 切 替 えコネクタ(CN UX) 主 回 路 電 源 電 圧 が 表 のとき 補 助 電 源 切 替 えコ ネクタ CN UX を U2 側 に 変 更 してください その 他 の 場 合 には 工 場 出 荷 状 態 の U1 側 のままとしてく ださい 詳 細 の 切 り 替 え 要 領 は 図 を 参 照 ください なお,イ ンバータにも 同 様 の 補 助 電 源 切 替 えコネク タ CN UX を 装 備 している 機 種 がありますので, 同 様 に 切 り 替 えを 行 って 下 さい 詳 細 の 切 り 替 え 要 領 は,FRENIC5G11S/P11S,FRENIC5VG7S の 取 扱 説 明 書 を 参 照 ください 表 補 助 電 源 切 替 えコネクタの 接 続 変 更 電 圧 周 波 数 [Hz] 電 源 電 圧 範 囲 [V] 5 38~ ~43 補 助 電 源 切 替 えコネクタ (CN UX) 切 替 えコネクタは 右 図 の 通 り 制 御 プリント 板 の 上 部 で 電 源 プリン ト 板 内 に 配 置 されています A CNUX A 部 CNRXTX 注 : 各 々コネクタを 取 り 外 すには, 指 でツメ 上 部 をはさみ, 引 っかけを 外 してから 引 き 抜 いてください また, 差 し 込 み 時 は, 引 っかけが 受 け 側 にかかるように, "カチッ"と 音 がするまで 確 実 に 差 し 込 みください <A 部 拡 大 > 制 御 電 源 補 助 入 力 端 子 制 御 電 源 補 助 入 力 端 子 RHC18.5-2C~RHC55-2C RHC18.5-4C~RHC11-4C U1 U2 R-T L1/R-L3/T <A 部 詳 細 斜 視 > 工 場 出 荷 時,CNUX は U1 側 になっています RHC75-2C~RHC9-2C RHC132-4C~RHC4-4C 工 場 出 荷 状 態 コネクタ 取 り 外 し 状 態 切 替 え 状 態 CNUX : U1 図 は, 電 源 電 圧 が 38 ~ 398V/5Hz ま た は 38 ~ 43V/6Hz の 場 合 を 示 しま 図 電 源 切 替 えコネクタ す 3-22

44 3.3.6 設 置 上 の 注 意 事 項 (1)コンバータ 内 部 の 故 障 内 容 によっては, 電 源 側 のブレーカがトリップすることがあります この 場 合, 補 助 電 源 も 遮 断 されるため, 故 障 状 態 を 保 持 できず, 次 にブレーカが 投 入 され 接 触 器 が 投 入 されることにより,コンバータ 内 部 の 破 損 が 拡 大 する 可 能 性 があります このような 被 害 の 拡 大 を 防 止 するために,コンバータのアラーム 信 号 をキープリレーで 保 持 する 方 法 を 推 奨 します PWM コンバータ インバータ RUN RUN CM 3A 3B 3C Y5A Y5C 3A 3C FX 3X THR CM FWD CM 3A 3B 3C 3A 3C 運 転 準 備 MC 運 転 3A 3C 3 3X リセット MC RUN FX S 3 R 3X なお,このキープリレーを 使 用 しない 場 合 には 以 下 の 接 続 となります PWM コンバータ インバータ 3A 3A 3B THR 3B 3B RUN RUN 3C Y5A FX CM FWD 3C 3C CM Y5C CM 運 転 準 備 3B 3C MC 運 転 MC RUN FX 図 設 置 上 の 注 意 事 項 (2) 昇 圧 用 リアクトルには 高 周 波 の 電 流 が 流 れているため,リアクトル 自 身 から 若 干, 電 磁 音 が 発 生 します (3) 必 ず 11.1 標 準 仕 様 の 所 要 電 源 容 量 以 上 の 電 源 に 接 続 してください ( 電 源 容 量 が 小 さすぎると 電 源 側 の 波 形 歪 みにより,コンバータやインバータが 破 損 することがあります) 特 に 制 御 盤 のシーケンスチェック 用 として 小 容 量 のトランスで 昇 圧 した 電 源 を 主 回 路 電 源 などに 適 用 し た 場 合 に 問 題 が 発 生 する 可 能 性 があります このような 場 合 には,コンバータの RUN-CM 間 をオー プンにし,コンバータを 運 転 せずに,その 他 の 部 分 のシーケンスチェックを 実 施 してください 3-23

45 3.3.7 主 回 路 適 用 機 器 電 線 サイズ (1)CT 仕 様 電 圧 3 相 入 力 2 V 系 3 相 入 力 4 V 系 適 用 電 動 機 kw PWMコンバータ 形 式 主 回 路 部 接 地 端 子 締 付 トルク(N m) 推 奨 電 線 サイズ(mm 2 ) 注 1) 補 助 電 源 制 御 部 フィルタ 用 抵 抗 回 路 充 電 抵 抗 回 路 接 地 端 子 入 力 回 路 L1/R,L2/S,L3/T 補 助 電 源 R,T 7.5 RHC7.5-2C RHC11-2C 出 力 回 路 P(+),N(-) 15 RHC15-2C RHC18.5-2C RHC22-2C 14 注 2) 3 RHC3-2C ~ RHC37-2C RHC45-2C RHC55-2C RHC75-2C RHC9-2C RHC7.5-4C 11 RHC11-4C 15 RHC15-4C 18.5 RHC18.5-4C 22 RHC22-4C RHC3-4C RHC37-4C RHC45-4C RHC55-4C RHC75-4C ~ RHC9-4C RHC11-4C 132 RHC132-4C RHC16-4C RHC2-4C RHC22-4C RHC28-4C 1X2 1X RHC315-4C 15X2 15X2 355 RHC355-4C 4 RHC4-4C X X2 制 御 端 子. 75 ~ ~ 1.25 注 1) 使 用 する 電 線 は 許 容 温 度 75 6V,HIV 絶 縁 電 線 です 周 囲 温 度 は 5 の 条 件 で 選 定 しています 注 2)RHC22-2C の 圧 着 端 子 は 日 本 圧 着 端 子 製 造 ( 株 ) 製 38-S6 を 使 用 してください 3-24

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 (

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 ( (1) 入 力 出 力 センターコンソール スーパーリンク 対 応 室 内 機 ( 1) 使 用 時 周 囲 温 度 0~40 電 源 消 費 電 力 外 形 寸 法 ( 高 さ X 幅 X 奥 行 ) 質 量 室 内 ユニット 最 大 接 続 台 数 外 部 タイマー 入 力 3 緊 急 停 止 信 号 入 力 3 デマンド 信 号 入 力 3 一 括 運 転 出 力 4 一 括 異 常 出 力

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

1 2

1 2 1 2 仕 様 備 考 規 JEM1225-2007 及 び 最 小 外 形 寸 法 W700 H23 D1300mm 700 /23 / 1300 保 守 スペース 前 面 10 背 面 600(mm) 注 1 最 大 段 積 み 数 5 段 3.3 / 6.6kV 共 通 使 用 圧 (kv) 3.3 / 6.6 雷 インパルス( 標 準 波 形 ) 大 地 間 相 間 60 耐 圧 (kv)

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

Microsoft Word - X903060501G 取説(5kW以下).doc

Microsoft Word - X903060501G 取説(5kW以下).doc 三 菱 汎 用 ACサーボ リニューアルキット SC-SAJ3KT ( :1K,2K,3K,5K) ユーザーズマニュアル このたびは 当 社 の 三 菱 汎 用 ACサーボ リニューアルキット( 以 下 :リニューアルキット)を お 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます リニューアルキットを 正 しく 安 全 にお 使 いいただくため ご 使 用 前 に 本 書 をよくお 読 みいただ

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

Varispeed G5/F7/G7用 オプションカード PG 速度制御カード PG-X2 取扱説明書

Varispeed G5/F7/G7用 オプションカード PG 速度制御カード PG-X2 取扱説明書 YSKW Varispeed G5/F7/G7 PG PG-X2 YSKW TOBP C730600 10B Copyright 2004 株 式 会 社 安 川 電 機 本 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を, 当 社 の 文 書 による 許 可 なしに, 転 載 または 複 製 する ことは, 固 くお 断 りします 安 全 上 のご 注 意 据 え 付 け, 運 転, 保 守 点

More information

XL-C7400G 設置ガイド

XL-C7400G 設置ガイド B5WY-1121-02 XL-C7400G このたびは ページプリンタ XL-C7400G をご 購 入 いただき まことにありがとうございます 本 書 では ご 購 入 されたプリンタを 梱 包 箱 から 取 り 出 し 使 用 できるようにするまでを 説 明 しています プリンタの 設 置 からプリンタドライバのインストールに 関 する 詳 細 は XL-C7400G オンラインマニュアル の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機 照 明 から 始 めるECO 改 革 省 エネLED 照 明 環 境 を 守 るため 未 来 を 照 らすクリーンな 照 明 です Miyu 株 式 会 社 ミュウテック 1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の

More information

シーリングセンサ 天井用CO2 濃度・温度センサ 形CY7102

シーリングセンサ 天井用CO2 濃度・温度センサ 形CY7102 AI7287 仕 様 取 扱 説 明 書 シーリングセンサ 天 井 用 CO 2 濃 度 温 度 センサ 概 要 シーリングセンサ ( ) は 室 内 の CO 2 濃 度 と 温 度 を 検 出 するセンサです 室 内 の CO 2 濃 度 と 温 度 の 監 視 や VAV ユニットの 風 量 制 御 などに 利 用 できます 無 柱 構 造 の 増 加 やインテリアに 対 する 関 心 の 高

More information

S603_MAN.indd

S603_MAN.indd パワー インバータ- 株 式 会 社 未 来 舎 はこの 説 明 書 の 総 ての 著 作 権 を 有 します これらの 一 部 又 は 総 てに 付 いて の 使 用 は 文 書 による 同 意 を 必 要 と 致 します 記 平 成 13 年 10 月 1 日 型 名 FI-S603 12VDC 50HZ/60HZ FI-S603 24VDC 50HZ/60HZ FI-S603 48VDC 50HZ/60HZ

More information

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS (

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS ( 仕 様 書 交 流 電 力 モニタ(SD カードタイプ) AC POWER MONITOR PPMC-3 交 流 電 力 モニタは, 単 相 または 三 相 の 交 流 電 圧 交 流 電 流 を 測 定 して, 有 効 電 力 無 効 電 力, 積 算 電 力 積 算 無 効 電 力, 周 波 数, 力 率 を 演 算 し, 表 示 と 測 定 データの 保 存 をします 電 圧 は 直 接 または

More information

Microsoft Word - SST10601-1312.DOC

Microsoft Word - SST10601-1312.DOC 電 子 表 示 式 タービン 流 量 計 仕 様 書 SST10601 1.12 1. 概 要 電 子 表 示 式 タービン 流 量 計 は 当 社 でも 実 績 のあるタービン 流 量 計 にマイコン 計 数 部 を 搭 載 することにより 多 機 能 表 示 と 共 に 多 彩 な 出 力 を 兼 ね 備 えた 流 量 計 です 2. 特 長 計 数 部 の 前 面 スイッチ 操 作 で 設 定

More information

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc 零 相 変 流 器 JIS 4601 高 圧 地 絡 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 JIS 8374 漏 電 継 電 器 規 格 準 拠 品 JIS 4609 地 絡 方 向 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 シリーズ 60-14 2011/06/28 1/12 光 商 工 株 式 会 社 1 特 長 (1) 低 圧 高 圧 用 と 機 種 を 豊 富 に 揃 えましたので 用 途 に 応

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 商 仕 様 書 1 本 仕 様 書 適 用 一 覧 表 1. 型 式 商 WK4603Q WK4603W WK4603B 1-1 定 格 15 A 125 V 1-2 適 合 法 規 電 気 用 安 法 ( 特 定 電 気 用 ) 1-3 適 合 規 格 JIS C 8303 配 線 用 差 込 接 続 器 に 適 合 1-4 極 数 及 び 極 配 置 2 極 ( 接 地 極 付 ) 1-5 結

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE688B590E096BE8F915F8CC592E846445F41315F88F38DFC97702E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE688B590E096BE8F915F8CC592E846445F41315F88F38DFC97702E727466> 三 菱 有 圧 換 気 扇 用 システム 部 材 固 定 式 防 火 ダンパー 取 付 工 事 取 扱 説 明 書 この 製 品 は 当 社 製 ウェザーカバーと 併 用 して 使 用 するものです 厨 房 など 高 温 になる 場 所 では120 がセットされた 厨 房 等 高 温 場 所 用 の 防 火 タイプを 使 用 してください この 製 品 の 性 能 機 能 を 十 分 に 発 揮 させ

More information

슬라이드 1

슬라이드 1 製 品 仕 様 書 SCA110-JE-SFB(DD) SCA110-JE-SFB(DW) SCA110-JE-RFB(DD) SCA110-JE-RFB(DW) 東 部 ライテックLED 照 明 本 技 術 資 料 の 内 容 は 東 部 ライテック ( 株 )に 財 産 権 があり 東 部 ライテック ( 株 )の 承 認 なしにコピー 及 び 使 用 する 場 合 には 法 的 な 処 罰 対

More information

打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流

打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流 第 2 章 電 気 の 取 扱 いについて 電 気 は 我 々の 生 活 と 密 接 なかかわりを 持 ち 重 要 なライフラインの 一 つになっている しかしながら 身 近 でありながら 目 に 見 えない 存 在 であるため 安 全 への 配 慮 が 忘 れがち となり ちょっとした 油 断 が 感 電 事 故 や 電 気 火 災 を 引 き 起 こすことになる この 章 では 感 電 死 傷

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

1. 概 要 はじめに 特 長 このたびは 弊 社 製 品 をお 買 い 上 げいただきありがとうございます お 求 めの 弊 社 製 品 を 正 しく 使 っていただくために,ご 使 用 前 に 本 書 をよくお 読 みください 弊 社 製 品 の 正 しい 商 品 知 識 と 取 扱 により 末 永 くご 愛 用 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます なお 本 書 は,お 読 みになったあと

More information

<8AEE91628E9197BF2E786C73>

<8AEE91628E9197BF2E786C73> エアコン 分 解 洗 浄 エアコンフィルター 清 掃 マニュアル 目 次 Ⅰ. 現 調 A. エアコン 台 数 確 認 a. 室 内 機 b. 室 外 機 c. リモコン 確 認 d. 室 内 機 室 外 機 の 台 数 一 致 確 認 * EHPとGHPの 違 い B. 電 源 位 置 容 量 確 認 C. 水 場 ( 洗 い 場 )の 確 認 D. 入 店 方 法 作 業 時 間 帯 の 確 認

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード] 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 / 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 技 術 交 流 会 JEM 1425 ( 金 属 閉 鎖 形 スイッチギヤ 及 びコントロールギヤ ) 第 4 回 (2011 年 版 ) 改 正 のポイント 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 スイッチギヤ 技 術 専 門 委 員 会 東 京 ( 蜂 須 賀 清 )

More information

SLR-343 : LED

SLR-343 : LED 特 長 外 観 図 指 向 角 2θ 1/2 : 直 付 け 対 応 Color Type V D Y M P E B WB 外 形 寸 法 図 はんだ 付 け 推 奨 パターン ±0.1 2.0 2.5 or 5.0 Tolerance : 0.2 (unit : mm) (unit : mm) 製 品 仕 様 指 向 角 2θ 1/2( 素 子 タイプ) / : スタンダード 品 名 素 子 材

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A> 電 気 設 備 保 守 点 検 項 目 表 白 馬 長 野 ( 別 紙 1) 項 目 (1) 受 変 電 設 備 白 馬 長 野 有 料 道 路 電 気 設 備 保 守 点 検 管 理 業 務 施 設 の 点 検 項 目 設 備 名 点 検 機 能 検 査 及 び 調 整 項 目 作 業 方 法 受 変 電 設 備 1. 盤 面 状 態 ランプの 不 点 清 掃 不 点 ランプの 交 換 ( 電 気

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529> 24JEITA- 知 基 安 第 190 号 平 成 25 年 3 月 1 日 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 EMC 委 員 会 委 員 長 柳 沢 孝 雄 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 1. はじめに JEITA 会 員 各 社 が 製 造 または 販 売 する 製 品 ( 電 圧 300 V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続

More information

ProVariManual_pall1

ProVariManual_pall1 ProVari オーナーズ マニュアル ProVari 電 子 タバコを 購 入 してくださって ありがとうございます! あなたの 電 子 タバコを 使 う 前 に このマニュアルをお 読 みください www.provape.com 1 電 子 タバコ(あるいはpersonal vaporizerとして 知 られている)はバッテリーを 動 力 とする 蒸 気 化 された 溶 液 によりニコチンを 吸

More information

1. 取 扱 い 使 用 上 の 注 意 2ページに 記 載 してある 使 用 温 度 及 び 使 用 圧 力 以 下 でご 使 用 下 さい 測 定 流 体 AVバルブ 耐 薬 品 性 表 を 参 考 にし 適 切 な 材 質 を 選 定 してご 使 用 下 さい ( 薬 液 の 種 類 によって

1. 取 扱 い 使 用 上 の 注 意 2ページに 記 載 してある 使 用 温 度 及 び 使 用 圧 力 以 下 でご 使 用 下 さい 測 定 流 体 AVバルブ 耐 薬 品 性 表 を 参 考 にし 適 切 な 材 質 を 選 定 してご 使 用 下 さい ( 薬 液 の 種 類 によって 整 理 番 号 H-AS005-J-3 インペラ 式 流 量 計 ASIP80 シリーズ - 目 次 - 1. 取 扱 い 使 用 上 の 注 意 1 2. 運 搬 解 梱 保 管 の 注 意 1 3. 仕 様 2 4. 各 部 品 の 名 称 3 取 扱 説 明 書 5. 取 付 設 置 方 法 4 6. 点 検 保 守 5 7. 残 材 廃 材 の 処 理 方 法 5 インペラ 式 流 量 計

More information

TC74HCT4053AF/AFT

TC74HCT4053AF/AFT 東 芝 MOSデジタル 集 積 回 路 シリコン モノリシック T74HT4053AF/AFT T74HT4053AF, T74HT4053AFT Triple 2-hannel Analog Multiplexer/Demultiplexer T74HT4053A は シリコンゲート MOS 技 術 を 用 いた 高 速 MOS アナログマルチプレクサ/デマルチプレクサです MOS の 特 長 である

More information

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 冷 熱 衝 撃 装 置 第 5 章 点 検 保 守 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 しま す お 願 い 取 扱 説 明 書 に 示 す 使 用 方 法 での 機 器 の 使 用 自 主 定 期 点 検 の

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B8AB78B4382B982B982E782AC8E7B8D4890E096BE8F9181403230313231313039>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B8AB78B4382B982B982E782AC8E7B8D4890E096BE8F9181403230313231313039> PEJ スーパー 換 気 せせらぎ SK150f/sシリーズ 施 要 領 書 2012 年 11 月 発 行 目 次 1 安 全 上 のご 注 意... 1 2 施 工 について... 2 3 コントローラーからファンまでのケーブル 配 線 と 接 続... 3 4 コントローラーの 電 気 工 事... 3 1. 準 備 する 部 材... 3 2. 静 電 気 防 止 対 策 について... 3

More information

EST Instruction Manual

EST Instruction Manual 取 扱 説 明 書 エコ 電 動 ストッパ EST32 EST50 EST63 EST80 ご 注 意 本 取 扱 説 明 書 の 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 転 載 することは 禁 止 されています 本 取 扱 説 明 書 の 内 容 に 関 しては 将 来 予 告 無 しに 変 更 することがあります 文 書 番 号 IM-A0001-01J 取 扱 説 明 書 EST32/

More information

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0)

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0) DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル 出 力 モ ジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) はじめに 文 書 へのご 案 内 1 SIMATIC ET 200SP DQ 16x24VDC/0,5A ST デジタル 出 力 モジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) マニュアル 製 品 概 要 2 接 続 3 パラメータ 割 り 付 け/アドレ 4 ス 指 定 割 り 込

More information

(Microsoft PowerPoint - \203V\203X\203e\203\200\223V\210\344\227pFFU.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \203V\203X\203e\203\200\223V\210\344\227pFFU.ppt) 富 士 クリーンルーム 機 器 システム 天 井 用 FFU(ファン ファン フィルタ フィルタ ユニット ユニット) FFUとは とは Fan Filter Unitの 略 称 で 送 風 機 とフィルター フィルターを 組 合 せたクリーン 機 器 です 清 浄 度 や 生 産 ラインに 合 わせて 設 置 することで 多 様 なクリーンルーム クリーンルームを 構 築 できます 富 士 FFUの

More information

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 します 111 6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上

More information

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1 開 放 特 許 有 効 活 融 機 関 向 けセミナー 技 術 のご 紹 介 2016 年 8 月 26 日 富 士 通 株 式 会 社 法 務 コンプライアンス 知 的 財 産 本 部 知 的 財 産 イノベーション 統 括 部 ビジネス 開 発 部 1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可

More information

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ ヒューズの 安 全 な 使 い 方 ~ヒューズ 選 定 と チップヒューズの 端 子 部 温 度 による ディレーティング 提 案 ~ 部 品 安 全 専 門 委 員 会 ヒューズアプリケーションガイド 改 訂 TF 有 賀 善 紀 (KOA 株 式 会 社 ) 014.10.0 大 手 センタービル 1 目 次 1.ヒューズの 安 全 な 使 い 方 電 気 電 子 機 器 用 電 流 ヒューズの

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

Microsoft Word - SST40202-1501.doc

Microsoft Word - SST40202-1501.doc 電 子 式 水 用 流 量 計 R アクアアイ 仕 様 書 SST40202 15.01 1. 概 要 電 子 式 水 用 流 量 計 は 羽 根 車 式 水 用 流 量 計 の 計 量 部 に 電 子 表 示 計 数 部 を 搭 載 した 水 用 流 量 計 です ユーザが 現 場 で 設 定 を 容 易 に 変 更 ができる ユーザ 設 定 機 能 を 搭 載 し 幅 広 いアプリケーションへの

More information

A E D は 今 あ ら ゆ る 場 所 で もしも の 瞬 間 に 備 えています 身 近 な 所 で 増 えています!! 工 場 で ホテル デパートで 病 院 で 学 校 で 駅 で 会 社 で コンビニで A EDって 何 だろう? "は Automated External Defibr

A E D は 今 あ ら ゆ る 場 所 で もしも の 瞬 間 に 備 えています 身 近 な 所 で 増 えています!! 工 場 で ホテル デパートで 病 院 で 学 校 で 駅 で 会 社 で コンビニで A EDって 何 だろう? は Automated External Defibr キャビ ネット かけがえのない 命 を 守 るために SP-516A A E D は 今 あ ら ゆ る 場 所 で もしも の 瞬 間 に 備 えています 身 近 な 所 で 増 えています!! 工 場 で ホテル デパートで 病 院 で 学 校 で 駅 で 会 社 で コンビニで A EDって 何 だろう? "は Automated External Defibrillatorの 頭 文 字 をとったも

More information

ハイブリッドファンセカンド

ハイブリッドファンセカンド ハイブリッドファン サード 取 扱 説 明 書 [HBF-T] 日 本 特 許 3717509 国 際 特 許 (PCT) 出 願 ハイブリッドファンの 効 果 的 なご 利 用 方 法 ハイブリッドファンはエアコンからの 直 撃 風 を 防 ぐと 共 に 室 内 の 温 度 ムラ 解 消 を 目 的 とした 機 器 です 建 物 や 室 内 の 環 境 等 にもよりますが 室 内 の 温 度 ムラ(

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

保 証 の 限 定. 保 証 期 間 中 正 常 なご 使 用 にもかかわらず テラル 株 式 会 社 が 納 入 した 機 械 の 設 計 または 工 作 の 不 備 が 原 因 で 故 障 破 損 が 発 生 した 場 合 に 限 り その 部 分 について 無 償 で 修 理 または 交 換

保 証 の 限 定. 保 証 期 間 中 正 常 なご 使 用 にもかかわらず テラル 株 式 会 社 が 納 入 した 機 械 の 設 計 または 工 作 の 不 備 が 原 因 で 故 障 破 損 が 発 生 した 場 合 に 限 り その 部 分 について 無 償 で 修 理 または 交 換 取 扱 説 明 書 吐 出 圧 力 一 定 給 水 ユニット THP5-V-W 型 お 願 い このたびは テラル 給 水 ユニットをお 買 い 上 げいただきまして まことにありがとうござ いました この 商 品 を 安 全 に 正 しく 使 用 していただくために ご 使 用 の 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 充 分 に 理 解 するまでは 給 水 ユニットの 操 作

More information

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231>

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231> 平 成 年 5 月 日 製 品 安 全 セ ン タ ー 乾 燥 機 及 び 除 湿 機 による 故 の 防 止 について( 注 意 喚 起 ) NITE 製 品 安 全 センターに 通 知 された 製 品 故 情 報 のうち 乾 燥 機 ( 1) 及 び 除 湿 機 ( )の 故 は 故 発 生 日 で 見 ると 平 成 18 年 度 から 年 度 に61 件 ( ) ありました 被 害 状 況 は

More information

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補 資 料 -6 川 内 原 子 力 発 電 所 号 炉 及 び2 号 炉 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 ( 可 搬 型 重 大 事 故 等 対 処 設 備 保 管 場 所 およびアクセスルートについて) 平 成 26 年 3 月 27 日 九 州 電 力 株 式 会 社 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ

More information

Microsoft Word - SK00-4802-DC-001-02_ヒーター交換要領書_ULK-10、14_油拡散…

Microsoft Word - SK00-4802-DC-001-02_ヒーター交換要領書_ULK-10、14_油拡散… ヒーター 交 換 要 領 書 油 拡 散 ポンプ 型 番 ULK-10A ULK-14A 株 式 会 社 アルバック 規 格 品 事 業 部 http://www.ulvac.co.jp/ はじめに この 度 は ULVAC の ULK-10A および ULK-14A をご 使 用 いただき ありがとうございます この はじめに には 本 ポンプのヒーター 交 換 要 領 書 の 内 容 の 記 述

More information

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

退職手当金請求手続きマニュアル

退職手当金請求手続きマニュアル 退 職 手 当 金 の 請 求 手 続 きマニュアル Ver2.0 退 職 手 当 金 請 求 書 被 共 済 職 員 退 職 届 作 成 の 流 れ 2~ヶ 月 ( 注 ) 記 入 請 求 者 記 入 書 類 提 出 入 金 請 求 者 共 済 契 約 者 退 職 の 申 出 退 職 の 認 識 被 共 済 職 員 退 職 届 記 入 (P2~0) 控 え コピー 退 職 手 当 金 請 求 書

More information

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28 < 高 梁 市 > < 高 梁 地 域 事 務 組 合 > 福 利 厚 生 部 門 事 務 の 手 引 き ( 平 成 28 年 度 ) 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 3 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 3 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 3 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

IP Video 9100(A)

IP Video 9100(A) 人 感 センサー 付 きドアスコープカメラ (SDカード 録 画 暗 視 機 能 付 き) 取 扱 説 明 書 型 番 :BSC-006N 目 次 1. 概 要...2 2. 注 意...2 3. 各 部 の 名 称 と 機 能...2 4. 取 付 方 法...3 5. 操 作 方 法... 5 6.パラメータ...6 7. 付 属 品...6 保 証 書...7 本 取 扱 説 明 書 にある

More information

1 はじめに 1 賠 償 責 任 保 険 とはなんです 2 はじめに 2 法 律 上 の 賠 償 責 任 とはなんです 偶 発 的 な 事 故 によって 他 人 の 生 命 身 体 を 害 したり または 他 人 の 財 物 に 損 害 を 与 えたために 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償

1 はじめに 1 賠 償 責 任 保 険 とはなんです 2 はじめに 2 法 律 上 の 賠 償 責 任 とはなんです 偶 発 的 な 事 故 によって 他 人 の 生 命 身 体 を 害 したり または 他 人 の 財 物 に 損 害 を 与 えたために 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 平 成 25 年 度 版 倉 庫 業 総 合 賠 償 責 任 保 険 制 度 Q&A 一 般 社 団 法 人 日 本 倉 庫 協 会 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 1 はじめに 1 賠 償 責 任 保 険 とはなんです 2 はじめに 2 法 律 上 の 賠 償 責 任 とはなんです 偶 発 的 な 事 故 によって 他 人 の 生 命 身 体 を 害 したり または 他 人 の 財 物

More information

BU IQ MN01 EN.fm

BU IQ MN01 EN.fm Installation and Operation APC ES 550 BE 550G-JP APC ES 550 付 属 品 USB 通 信 ケーブル 入 力 プラグ 変 換 アダプタ バッテリの 接 続 電 源 管 理 ソフトウェア (PowerChute Personal Edition) ユーザーズマニュアル 使 用 開 始 にあたっては 下 図 に 従 いバッテリを

More information

SSM6J511NU_J_20160105

SSM6J511NU_J_20160105 MOSFET シリコンPチャネルMOS 形 (U-MOS) SSM6J511NU SSM6J511NU 1. 用 途 パワーマネジメントスイッチ 用 2. 特 長 (1) 1.8 駆 動 です (2) オン 抵 抗 が 低 い R DS(ON) = 13.5 mω ( 最 大 ) (@ GS = -2.5 ) R DS(ON) = 10 mω ( 最 大 ) (@ GS = -4.5 ) 3. 外

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx)

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx) ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU 利 用 要 綱 平 成 28 年 4 月 鳴 門 市 企 業 局 1 ( 本 要 綱 の 範 囲 および 変 更 等 ) 第 1 条 本 要 綱 は ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU ( 以 下 RO KU といいます )を 利 用 する 際 の 鳴 門 市 企 業 局 長 ( 以 下 施 設 管 理 者 といいます )とROKU

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

inst_manual_2.ai

inst_manual_2.ai 保 管 用 保 証 書 付 DBX-AZR DBX-AZE もくじ 安 全 上 のご 注 意 1 ~ 2 取 扱 説 明 書 コンデンス 除 湿 機 AZシリーズ CONDENSE この 度 はコンデンス 除 湿 機 AZをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとう ございます ご 使 用 になる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく お 使 いください お 読 みになった

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いた だくには 以 下 の 誓 約 書 および 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン ( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 27 年 度 船 舶 電 装 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 - 電 気 工 学 の 基 礎 編 - 問 1. 下 の 文 は 半 導 体 について 述 べた 文 章 である 語 句 を 選 び 記 入 せよ (3 点 ) の 部 分 に 下 記 の 用 語 より 適 切 な 半 導 体 は 通 常 の 状 態 では 導 体 と 不 導 体 との 中 間 的 な 電 気 抵 抗

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東 京 都 既 存 登 録 者 用 安 定 器 等 汚 染 物 の 登 録 について 登 録 受 付 開 始 : 平 成 27 年 10 月 1 日 ~ 当 初 施 設 増 設 施 設 中 間 貯 蔵 環 境 安 全 事 業 株 式 会 社 北 海 道 PCB 処 理 事 業 所 Japan Environmental Storage and Safety Corporation, Hokkaido

More information

目 次 重 要 な 安 全 上 の 説 明... 3 はじめに... 4 設 置... 4 フロントパネル サイドパネル 制 御 装 置... 4 バックパネル サイドパネル コネクター... 5 リモートコントロール... 6 一 般 的 な 設 定... 7 LEDインジケータ 表 示... 8

目 次 重 要 な 安 全 上 の 説 明... 3 はじめに... 4 設 置... 4 フロントパネル サイドパネル 制 御 装 置... 4 バックパネル サイドパネル コネクター... 5 リモートコントロール... 6 一 般 的 な 設 定... 7 LEDインジケータ 表 示... 8 Kinivo 501BN HDMI スイッチ 取 扱 説 明 書 2012 Kinivo LLC All rights reserved. Kinivo は Kinivo LLCの 商 標 です BluetoothのワードマークおよびロゴはBluetooth SIGの 登 録 商 標 で す 他 の 商 品 名 はすべて 各 メーカーの 登 録 商 標 です このマニュアルは Kinivo LLCの

More information

3 芸 術 創 造 館 駐 車 場 管 制 機 器 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 の 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 は 対 象 機 器 が 有 効 的 に 機 能 するよう 定 期 的 に 点 検 を 実 施 し 良 好 な 状 態

3 芸 術 創 造 館 駐 車 場 管 制 機 器 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 の 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 は 対 象 機 器 が 有 効 的 に 機 能 するよう 定 期 的 に 点 検 を 実 施 し 良 好 な 状 態 芸 術 創 造 館 施 設 維 持 管 理 等 検 業 務 仕 様 書 1 スタジオ 等 機 材 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 はスタジオ 等 機 材 に 対 し 一 切 の 点 検 調 整 を 行 い 機 材 の 安 全 かつ 良 好 な 状 態 を 保 つこと 1 スタジオのミキシングルームに 収

More information

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1 Thermofinder Pro 取 扱 説 明 書 皮 膚 赤 外 線 体 温 計 型 式 FS-300 管 理 医 療 機 器 医 療 機 器 承 認 番 号 22400BZX00011000 Ver 1.0 1001 サーモファインダーPro 取 扱 説 明 書 1 目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能

More information

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組 2015 年 度 対 象 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 発 行 :2016 年 5 月 7 日 目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件 被 災 時 のための Q&A(Q1~Q33) 旧 賃 借 人 と 新 賃 借 人 優 先 するのはどちら? Q1 物 件 について 旧 賃 借 人 との 間 で 賃 貸 借 契 約 の 解 除 が 完 了 し 明 渡 日 も 決 まっており 新 賃 借 人 が 決 まっておりましたが 今 回 の 地 震 で 旧 賃 借 人 が 引 っ 越 すことができません 新 賃 借 人 と 旧 賃 借 人 と

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 26 年 度 航 海 用 無 線 設 備 整 備 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 法 規 編 問 1. 次 の 表 は 漁 船 の 漁 業 形 態 を 述 べたものである 表 中 の の 中 に 適 切 な 用 語 を 記 入 し それぞれの 漁 業 形 態 に 応 じた 従 業 制 限 の 種 類 を( )に 記 入 せよ (6 点 ) 漁 船 の 種 類 漁 業 形 態 従

More information

アナログ入力モジュール AI 4xI 2-/4- 線式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1)

アナログ入力モジュール AI 4xI 2-/4- 線式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) アナログ 入 力 モジュール AI 4xI 2-/4- 線 式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) SIMATIC ET 200SP アナログ 入 力 モジュール AI 4xI 2-/4- 線 式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) マニュアル はじめに 文 書 へのご 案 内 1 製 品 概 要 2 接 続 3 パラメータ 割 り 付 け/アドレ 4 ス 指 定 割 り 込

More information

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 SDS 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 :03-3296-3274 FAX 番 号 :03-3296-3458 安 全 データシート :アサクリン 本 SDSはアサクリン 製 品 の 次 のグレードに 適 用 される アサクリン UP,newUP,HP,UF2,UL2,UB,SX

More information

<4D F736F F D D8292B CE8DF482CC82B292F188C45F E372E B95B6292E646F6378>

<4D F736F F D D8292B CE8DF482CC82B292F188C45F E372E B95B6292E646F6378> Ver.7.0 高 調 波 対 策 のご 提 案 淀 川 変 圧 器 株 式 会 社 本 社 530-0001 大 阪 府 大 阪 市 北 区 梅 田 2-4-9 ブリーゼタワー11F TEL:06-4796-1900 FAX:06-4796-1919 東 京 支 店 104-0031 東 京 都 中 央 区 京 橋 1-1-1 八 重 洲 ダイビル 6F TEL:03-3231-4577 FAX:03-3231-4578

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表 太 陽 光 発 電 協 会 販 売 規 準 住 宅 用 太 陽 光 発 電 システムの 販 売 従 事 者 が 遵 守 すべきこと [ 2015 年 1 月 2 版 ] 目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客

More information

2 蓄 電 用 PCS 2.1 特 長 第 1 表 PCS 装 置 仕 様 PCSは, 国 内 及 び 海 外 の 規 格 を 準 拠 している 項 目 主 要 定 格 装 置 容 量 緒 元 定 格 の 種 別 インバータ 制 御 方 式 絶 縁 方 式 変 換 効 率 環 境 冷 却 方 式 寸

2 蓄 電 用 PCS 2.1 特 長 第 1 表 PCS 装 置 仕 様 PCSは, 国 内 及 び 海 外 の 規 格 を 準 拠 している 項 目 主 要 定 格 装 置 容 量 緒 元 定 格 の 種 別 インバータ 制 御 方 式 絶 縁 方 式 変 換 効 率 環 境 冷 却 方 式 寸 蓄 電 システム 村 井 貴 博 Takahiro urai 分 散 型 電 源 キーワード 蓄 電 システム, 再 生 可 能 エネルギー, 系 統 安 定 化,BCP 概 要 低 炭 素 社 会 の 実 現 に 向 けて, 太 陽 光 / 風 力 発 電 に 代 表 される 再 生 可 能 エネルギーの 普 及 が 進 み, 世 界 的 にその 潮 流 は 拡 大 の 一 途 をたどっている 我

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information