対 象 製 品 このマニュアルは AX2500S モデルを 対 象 に 記 載 しています 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 ならびに 米 国 の 輸 出 管 理 規 則 など 外 国 の 輸 出 関 連

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "対 象 製 品 このマニュアルは AX2500S モデルを 対 象 に 記 載 しています 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 ならびに 米 国 の 輸 出 管 理 規 則 など 外 国 の 輸 出 関 連 "

Transcription

1 AX2500S トラブルシューティングガイド AX25S-T マニュアルはよく 読 み, 保 管 してください 製 品 を 使 用 する 前 に, 安 全 上 の 説 明 を 読 み, 十 分 理 解 してください このマニュアルは,いつでも 参 照 できるよう, 手 近 な 所 に 保 管 してください

2 対 象 製 品 このマニュアルは AX2500S モデルを 対 象 に 記 載 しています 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 ならびに 米 国 の 輸 出 管 理 規 則 など 外 国 の 輸 出 関 連 法 規 をご 確 認 の うえ, 必 要 な 手 続 きをお 取 りください なお, 不 明 な 場 合 は, 弊 社 担 当 営 業 にお 問 い 合 わせください 商 標 一 覧 Ethernet は, 富 士 ゼロックス 株 式 会 社 の 登 録 商 標 です Internet Explorer は, 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です IPX は,Novell,Inc. の 商 標 です Microsoft は, 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です Windows は, 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です RSA,RSA SecurID は,RSA Security Inc. の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です sflow は, 米 国 およびその 他 の 国 における 米 国 InMon Corp. の 登 録 商 標 です イーサネットは, 富 士 ゼロックス 株 式 会 社 の 登 録 商 標 です Wake on LAN は,IBM Corp. の 登 録 商 標 です MagicPacket は,Advanced Micro Devices,Inc. の 登 録 商 標 です そのほかの 記 載 の 会 社 名, 製 品 名 は,それぞれの 会 社 の 商 標 もしくは 登 録 商 標 です マニュアルはよく 読 み, 保 管 してください 製 品 を 使 用 する 前 に, 安 全 上 の 説 明 をよく 読 み, 十 分 理 解 してください このマニュアルは,いつでも 参 照 できるよう, 手 近 な 所 に 保 管 してください ご 注 意 このマニュアルの 内 容 については, 改 良 のため, 予 告 なく 変 更 する 場 合 があります 発 行 2014 年 6 月 ( 第 10 版 ) AX 25 S - T 著 作 権 All Rights Reserved, Copyright(C),2010, 2014, ALAXALA Networks, Corp.

3 変 更 履 歴 第 10 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル 追 加 変 更 内 容 はじめに 付 録 A show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 Ver.4.0 以 降 でご 使 用 時 の 注 意 事 項 の 記 述 を 変 更 しました 表 示 内 容 詳 細 の 記 述 を 訂 正 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました 第 9 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル 追 加 変 更 内 容 安 全 にお 取 り 扱 いいただくために コンソールからの 入 力, 表 示 がうまくでき ない スタック 構 成 のトラブル 付 録 A show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 本 章 を 削 除 しました プロンプトに "*" が 表 示 されている 場 合 の 対 応 方 法 を 追 加 しました 本 項 を 追 加 しました 表 示 内 容 詳 細 にコマンドを 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました 第 8 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル 装 置 障 害 におけるトラブルシュート 付 録 A show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 追 加 変 更 内 容 DC 電 源 モデル, 予 備 電 源 機 構 (EPU-D) について 記 述 を 追 加 しました 表 示 内 容 詳 細 にコマンドを 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました 第 7 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル 追 加 変 更 内 容 sflow 統 計 (フロー 統 計 ) 機 能 のトラブル シューティング 付 録 A show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 本 項 を 追 加 しました 表 示 内 容 詳 細 にコマンドを 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました

4 第 6 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル スパニングツリー 機 能 使 用 時 の 障 害 Ring Protocol 機 能 使 用 時 の 障 害 IPv6 ネットワークの 通 信 障 害 追 加 変 更 内 容 Ring Protocol との 共 存 時 の 対 応 方 法 を 追 加 しました マスタノードサポートに 伴 い 対 応 方 法 を 追 加 しました Ring Protocol との 共 存 時 の 対 応 方 法 を 追 加 しました 多 重 障 害 監 視 機 能 を 適 用 する 場 合 の 記 述 を 追 加 しました 本 項 を 追 加 しました 付 録 A 容 詳 細 show tech-support コマンド 表 示 内 表 示 内 容 詳 細 にコマンドを 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました 第 5 版 表 変 更 履 歴 付 録 A 容 詳 細 章 タイトル show tech-support コマンド 表 示 内 追 加 変 更 内 容 パラメータ layer-2 指 定 で 表 示 される 内 容 を 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました 第 4 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル 追 加 変 更 内 容 - AX2530S-24T4X/AX2530S-48T2X の 記 述 を 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました 第 3 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル SNMP の 通 信 障 害 NTP の 通 信 障 害 ループコネクタループバックテスト ループコネクタの 作 成 方 法 show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 追 加 変 更 内 容 SNMPv3 について 記 述 を 追 加 しました タイムゾーンを 確 認 する 記 述 を 変 更 しました 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 用 SFP 使 用 時 のループコネクタ について 記 述 を 追 加 しました 本 項 を 追 加 しました 表 示 内 容 詳 細 にコマンドを 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました

5 第 2 版 表 変 更 履 歴 章 タイトル 追 加 変 更 内 容 - 装 置 障 害 の 対 応 手 順 コンソールからの 入 力, 表 示 がうまくできな い リモート 運 用 端 末 からログインできない 運 用 コマンド ppupdate でアップデートでき ない 運 用 コマンド restore で 復 元 できない 100BASE-FX 24S4X /1000BASE-X のト ラブル 発 生 時 の 対 応 AX2530S-24S4X の 記 述 を 追 加 しました 表 2-1 に 10GBASE-R の 記 述 を 追 加 しました ログインできないときの 確 認 内 容 を 変 更 しました ログインできないときの 確 認 内 容 を 変 更 しました アップデート 用 ファイルの 確 認 事 項 について 記 述 を 追 加 しました バックアップファイルの 確 認 事 項 について 記 述 を 追 加 しました 100BASE-FX の 記 述 を 追 加 しました 10GBASE-R 24S4X のトラブル 発 生 時 の 対 応 本 項 を 追 加 しました ダイレクトアタッチケーブルのトラブル 発 生 時 の 対 応 24S4X ロングライフソリューション 対 応 時 の 障 害 show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 本 項 を 追 加 しました 本 項 を 追 加 しました 表 示 内 容 詳 細 にコマンドを 追 加 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました

6

7 はじめに 対 象 製 品 およびソフトウェアバージョン このマニュアルは AX2500S モデルを 対 象 に 記 載 しています また,AX2500S のソフトウェア Ver.4.0 の 機 能 に ついて 記 載 しています ソフトウェア 機 能 は,ソフトウェア OS-L2B およびアドバンストソフトウェアアップグ レードライセンス( 以 降,ライセンスと 表 記 )によってサポートする 機 能 について 記 載 します 操 作 を 行 う 前 にこのマニュアルをよく 読 み, 書 かれている 指 示 や 注 意 を 十 分 に 理 解 してください また,このマ ニュアルは 必 要 なときにすぐ 参 照 できるよう 使 いやすい 場 所 に 保 管 してください なお,このマニュアルでは 特 に 断 らないかぎり AX2500S に 共 通 の 機 能 について 記 載 しますが,モデル 固 有 の 機 能 については 以 下 のマークで 示 します 24T : AX2530S-24T についての 記 述 です 24T4X : AX2530S-24T4X についての 記 述 です 48T : AX2530S-48T についての 記 述 です 48T2X : AX2530S-48T2X についての 記 述 です 24S4X : AX2530S-24S4X についての 記 述 です 24TD : AX2530S-24TD についての 記 述 です 48TD : AX2530S-48TD についての 記 述 です 24S4XD : AX2530S-24S4XD についての 記 述 です 10G モデル : AX2530S-24T4X,AX2530S-48T2X,AX2530S-24S4X,AX2530S-24S4XD に 共 通 する 記 述 です また,このマニュアルでは 特 に 断 らないかぎり OS-L2B の 機 能 について 記 載 しますが,アドバンストソフトウェ アアップグレードライセンスの 機 能 については 以 下 のマークで 示 します OS-L2A : アドバンストソフトウェアアップグレードライセンスでサポートする 機 能 です Ver.4.0 以 降 でご 使 用 時 の 注 意 事 項 Ver.4.0 以 降 は,スタックおよびスタンドアロンに 対 応 します スタック 動 作 時 は, 次 の 表 の 対 応 機 能 とサポート 項 目 欄 に 示 す 機 能 項 目 だけ 対 応 します また,スタック 動 作 時 に 対 応 する 機 能 項 目 でも, 未 サポートとなる 項 目,および 収 容 条 件 が 制 限 される 項 目 が あります なお, 対 応 機 能 とサポート 項 目 に 記 載 していないその 他 の 機 能 は,スタック 動 作 時 にはご 使 用 にならないでく ださい I

8 はじめに Ver.4.0 以 降 のスタック 動 作 時 の 対 応 機 能 とサポート 項 目 および 制 限 事 項 対 応 機 能 とサポート 項 目 収 容 条 件 の 制 限 2 台 構 成 の 制 限 機 能 ( 未 サポート 機 能 ) 3 ~ 4 台 構 成 の 制 限 機 能 ( 未 サポート 機 能 ) スタック 機 能 スタック 動 作 モード MAC アドレステーブル 同 期 運 用 端 末 とリモート 操 作 コンソール(RS-232C) リモート (telnet / ftp) ログインセキュリティと RADIUS ローカルパスワード 認 証 RADIUS 認 証 時 刻 の 設 定 と NTP 時 刻 同 期 NTP クライアント 装 置 の 管 理 - telnet ログイン 数 : 最 大 4 汎 用 RADIUS サーバ 情 報 : 最 大 2 - スタック 準 備 動 作 モード マスタスイッチからのリモート 設 定 MODE ボタン 操 作 マスタ 以 外 のメンバスイッチからコンソール 操 作 不 可 telnet クラインアント ftp クライアント tftp クライアント - - リモートログインの IPv6 指 定 装 置 状 態 表 示 バックアップ リストア (メンバスイッチ 個 別 ) ログ 表 示 ( 運 用 ログ/ 種 別 ログ) リソース 情 報 表 示 - 一 括 バックアップ リストア (4.0.B ~ ) ソフトウェアの 管 理 ソフトウェアアップデー ト(メンバスイッチ 個 別 ) - 一 括 アップデート (4.0.B ~ ) イーサネット UTP SFP SFP+ - - リンクアグリゲーション スタティック LACP チャネルグループ 数 : 最 大 52 LACPDU 送 信 間 隔 :short MAC アドレス 学 習 ダイナミック 学 習 スタティックエントリの 登 録 MAC アドレステーブ ル: 最 大 4096 スタティックエントリ: 16 - VLAN ポート VLAN (アクセス/トランク ) VLAN 数 : 最 大 200 ポートごと VLAN 数 の 合 計 :2080 MAC VLAN(4.0.B ~ ) プロトコル VLAN ポート 間 中 継 遮 断 (4.0.B ~ ) IP インタフェース II

9 はじめに 対 応 機 能 とサポート 項 目 収 容 条 件 の 制 限 2 台 構 成 の 制 限 機 能 ( 未 サポート 機 能 ) 3 ~ 4 台 構 成 の 制 限 機 能 ( 未 サポート 機 能 ) IPv4 インタフェース IPv4 インタフェース 数 : 最 大 8 ARP エントリ 数 : 最 大 256 最 大 2048(4.0.B ~ ) IPv6 インタフェース DHCP サーバ DHCP サーバ (4.0.B ~ ) - - フィルタ QoS フィルタ 全 機 能 QoS 全 機 能 Web 認 証 Web 認 証 (4.0.B ~ ) MAC 認 証 固 定 VLAN モード RADIUS 認 証 マルチステップ 認 証 MAC 認 証 + Web 認 証 (4.0.B ~ ) GSRP aware 受 信 フィルタエントリ: 最 大 128 送 信 フィルタエントリ: 最 大 128 受 信 QoS エントリ: 最 大 64 レイヤ 2 認 証 端 末 数 : 最 大 2000(4.0.B ~ ) レイヤ 2 認 証 端 末 数 : 最 大 256 最 大 2000(4.0.B ~ ) - - IPv6 条 件 (4.0.B ~ ) 送 信 キュー 長 指 定 (limit-queue-length) - ダイナミック VLAN モード (4.0.B ~ ) ローカル 認 証 (4.0.B ~ ) ダイナミック ACL/QoS(4.0.B ~ ) IEEE802.1X + Web 認 証 MAC 認 証 + IEEE802.1X QoS 全 機 能 (4.0.B ~ ) GSRP aware - - GSRP aware(4.0.b ~ ) ストームコントロール ストームコントロール 流 量 制 限 L2 ループ 検 知 - - SNMP L2 ループ 検 知 (4.0.B ~ ) - 閉 塞 ポートの 自 動 復 旧 MIB Trap ログ 出 力 機 能 SNMP コミュニティ: 最 大 2 Trap 送 信 先 マネージャ: 最 大 2 MIB/Trap: 本 Ver. のサポート 機 能 以 外 は 未 サポート ログ 出 力 機 能 syslog サーバ: 最 大 2 台 - ( 凡 例 )-: 制 限 事 項 なし (4.0.B ~ ):Ver.4.0.B からサポート III

10 はじめに このマニュアルの 訂 正 について このマニュアルに 記 載 の 内 容 は,ソフトウェアと 共 に 提 供 する リリースノート および マニュアル 訂 正 資 料 で 訂 正 する 場 合 があります 対 象 読 者 本 装 置 を 利 用 したネットワークシステムを 構 築 し, 運 用 するシステム 管 理 者 の 方 を 対 象 としています また, 次 に 示 す 知 識 を 理 解 していることを 前 提 としています ネットワークシステム 管 理 の 基 礎 的 な 知 識 このマニュアルの URL このマニュアルの 内 容 は 下 記 URL に 掲 載 しておりますので,あわせてご 利 用 ください マニュアルの 読 書 手 順 本 装 置 の 導 入,セットアップ, 日 常 運 用 までの 作 業 フローに 従 って,それぞれの 場 合 に 参 照 するマニュアルを 次 に 示 します IV

11 はじめに このマニュアルでの 表 記 AC Alternating Current ACK ACKnowledge ADSL Asymmetric Digital Subscriber Line ALG Application Level Gateway ANSI American National Standards Institute ARP Address Resolution Protocol AS Autonomous System AUX Auxiliary BGP Border Gateway Protocol BGP4 Border Gateway Protocol - version 4 BGP4+ Multiprotocol Extensions for Border Gateway Protocol - version 4 bit/s bits per second *bpsと 表 記 する 場 合 もあります V

12 はじめに BPDU Bridge Protocol Data Unit BRI Basic Rate Interface CC Continuity Check CDP Cisco Discovery Protocol CFM Connectivity Fault Management CIDR Classless Inter-Domain Routing CIR Committed Information Rate CIST Common and Internal Spanning Tree CLNP ConnectionLess Network Protocol CLNS ConnectionLess Network System CONS Connection Oriented Network System CRC Cyclic Redundancy Check CSMA/CD Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection CSNP Complete Sequence Numbers PDU CST Common Spanning Tree DA Destination Address DC Direct Current DCE Data Circuit terminating Equipment DHCP Dynamic Host Configuration Protocol DIS Draft International Standard/Designated Intermediate System DNS Domain Name System DR Designated Router DSAP Destination Service Access Point DSCP Differentiated Services Code Point DTE Data Terminal Equipment DVMRP Distance Vector Multicast Routing Protocol Electronic Mail EAP Extensible Authentication Protocol EAPOL EAP Over LAN EFM Ethernet in the First Mile ES End System FAN Fan Unit FCS Frame Check Sequence FDB Filtering DataBase FQDN Fully Qualified Domain Name FTTH Fiber To The Home GBIC GigaBit Interface Converter GSRP Gigabit Switch Redundancy Protocol HMAC Keyed-Hashing for Message Authentication IANA Internet Assigned Numbers Authority ICMP Internet Control Message Protocol ICMPv6 Internet Control Message Protocol version 6 ID Identifier IEC International Electrotechnical Commission IEEE Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. IETF the Internet Engineering Task Force IGMP Internet Group Management Protocol IP Internet Protocol IPCP IP Control Protocol IPv4 Internet Protocol version 4 IPv6 Internet Protocol version 6 IPV6CP IP Version 6 Control Protocol IPX Internetwork Packet Exchange ISO International Organization for Standardization ISP Internet Service Provider IST Internal Spanning Tree L2LD Layer 2 Loop Detection LAN Local Area Network LCP Link Control Protocol LED Light Emitting Diode LLC Logical Link Control LLDP Link Layer Discovery Protocol LLQ+3WFQ Low Latency Queueing + 3 Weighted Fair Queueing LSP Label Switched Path LSP Link State PDU LSR Label Switched Router MA Maintenance Association MAC Media Access Control MC Memory Card MD5 Message Digest 5 MDI Medium Dependent Interface MDI-X Medium Dependent Interface crossover MEP Maintenance association End Point MIB Management Information Base VI

13 はじめに MIP Maintenance domain Intermediate Point MRU Maximum Receive Unit MSTI Multiple Spanning Tree Instance MSTP Multiple Spanning Tree Protocol MTU Maximum Transfer Unit NAK Not AcKnowledge NAS Network Access Server NAT Network Address Translation NCP Network Control Protocol NDP Neighbor Discovery Protocol NET Network Entity Title NLA ID Next-Level Aggregation Identifier NPDU Network Protocol Data Unit NSAP Network Service Access Point NSSA Not So Stubby Area NTP Network Time Protocol OADP Octpower Auto Discovery Protocol OAM Operations,Administration,and Maintenance OSPF Open Shortest Path First OUI Organizationally Unique Identifier packet/s packets per second *ppsと 表 記 する 場 合 もあります PAD PADding PAE Port Access Entity PC Personal Computer PCI Protocol Control Information PDU Protocol Data Unit PICS Protocol Implementation Conformance Statement PID Protocol IDentifier PIM Protocol Independent Multicast PIM-DM Protocol Independent Multicast-Dense Mode PIM-SM Protocol Independent Multicast-Sparse Mode PIM-SSM Protocol Independent Multicast-Source Specific Multicast PoE Power over Ethernet PRI Primary Rate Interface PS Power Supply PSNP Partial Sequence Numbers PDU QoS Quality of Service RA Router Advertisement RADIUS Remote Authentication Dial In User Service RDI Remote Defect Indication REJ REJect RFC Request For Comments RIP Routing Information Protocol RIPng Routing Information Protocol next generation RMON Remote Network Monitoring MIB RPF Reverse Path Forwarding RQ ReQuest RSTP Rapid Spanning Tree Protocol SA Source Address SD Secure Digital SDH Synchronous Digital Hierarchy SDU Service Data Unit SEL NSAP SELector SFD Start Frame Delimiter SFP Small Form factor Pluggable SFP+ Enhanced Small Form factor Pluggable SML Split Multi Link SMTP Simple Mail Transfer Protocol SNAP Sub-Network Access Protocol SNMP Simple Network Management Protocol SNP Sequence Numbers PDU SNPA Subnetwork Point of Attachment SPF Shortest Path First SSAP Source Service Access Point STP Spanning Tree Protocol TA Terminal Adapter TACACS+ Terminal Access Controller Access Control System Plus TCP/IP Transmission Control Protocol/Internet Protocol TLA ID Top-Level Aggregation Identifier TLV Type, Length, and Value TOS Type Of Service TPID Tag Protocol Identifier TTL Time To Live UDLD Uni-Directional Link Detection VII

14 はじめに UDP ULR UPC UPC-RED VAA VLAN VRRP WAN WDM WFQ WRED WS WWW XFP User Datagram Protocol Uplink Redundant Usage Parameter Control Usage Parameter Control - Random Early Detection VLAN Access Agent Virtual LAN Virtual Router Redundancy Protocol Wide Area Network Wavelength Division Multiplexing Weighted Fair Queueing Weighted Random Early Detection Work Station World-Wide Web 10 gigabit small Form factor Pluggable kb( バイト ) などの 単 位 表 記 について 1kB( キロバイト ),1MB( メガバイト ),1GB( ギガバイト ),1TB( テラバイト ) はそれぞれ 1,024 バイト, 1,024 2 バイト,1,024 3 バイト,1,024 4 バイトです VIII

15 目 次 はじめに I 1 概 要 障 害 解 析 概 要 装 置 および 装 置 一 部 障 害 解 析 概 要 機 能 障 害 解 析 概 要 5 2 装 置 障 害 におけるトラブルシュート 装 置 障 害 の 対 応 手 順 装 置 障 害 の 対 応 手 順 予 備 電 源 機 構 の 障 害 切 り 分 け 装 置 およびオプション 機 構 の 交 換 方 法 10 3 運 用 中 機 能 障 害 におけるトラブルシュート ログインのトラブル ログインユーザのパスワードを 忘 れてしまった 装 置 管 理 者 のパスワードを 忘 れてしまった 運 用 端 末 のトラブル コンソールからの 入 力, 表 示 がうまくできない リモート 運 用 端 末 からログインできない RADIUS を 利 用 したログイン 認 証 ができない コマンドを 入 力 できない ファイル 保 存 のトラブル スタートアップコンフィグレーションファイルに 保 存 できない MC にコピーできない,または 書 き 込 みできない RAMDISK にコピーできない,または 書 き 込 みできない 運 用 コマンド ppupdate でアップデートできない 運 用 コマンド restore で 復 元 できない バインディングデータベースを 保 存 または 復 元 できない スタック 構 成 のトラブル スタックを 構 成 できない 特 定 のメンバスイッチをマスタスイッチにしたい ネットワークインタフェースの 通 信 障 害 イーサネットポートの 接 続 ができない BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T のトラブル 発 生 時 の 対 応 BASE-FX 24S4X 24S4XD /1000BASE-X のトラブル 発 生 時 の 対 応 GBASE-R のトラブル 発 生 時 の 対 応 10G モデル ダイレクトアタッチケーブルのトラブル 発 生 時 の 対 応 10G モデル 26 i

16 目 次 リンクアグリゲーション 使 用 時 の 通 信 障 害 レイヤ 2 ネットワークの 通 信 障 害 VLAN によるレイヤ 2 通 信 ができない スパニングツリー 機 能 使 用 時 の 障 害 Ring Protocol 機 能 使 用 時 の 障 害 DHCP snooping 機 能 使 用 時 の 障 害 IGMP snooping によるマルチキャスト 中 継 ができない MLD snooping によるマルチキャスト 中 継 ができない IPv4 ネットワークの 通 信 障 害 通 信 できない,または 切 断 されている DHCP サーバ 使 用 時 の 通 信 障 害 IPv6 ネットワークの 通 信 障 害 通 信 できない,または 切 断 されている レイヤ 2 認 証 の 通 信 障 害 IEEE802.1X 使 用 時 の 通 信 障 害 Web 認 証 使 用 時 の 通 信 障 害 MAC 認 証 使 用 時 の 通 信 障 害 セキュア Wake on LAN 使 用 時 の 通 信 障 害 OS-L2A 冗 長 構 成 による 高 信 頼 化 機 能 の 通 信 障 害 アップリンク リダンダント 使 用 時 の 通 信 障 害 SML 使 用 時 の 通 信 障 害 OS-L2A SNMP の 通 信 障 害 SNMP マネージャから MIB の 取 得 ができない SNMP マネージャでトラップが 受 信 できない SNMPv3 を 使 用 できなくなった 場 合 sflow 統 計 (フロー 統 計 ) 機 能 のトラブルシューティング sflow パケットがコレクタに 届 かない フローサンプルがコレクタに 届 かない カウンタサンプルがコレクタに 届 かない 隣 接 装 置 管 理 機 能 の 通 信 障 害 LLDP 機 能 により 隣 接 装 置 情 報 が 取 得 できない NTP の 通 信 障 害 NTP サーバから 時 刻 情 報 が 取 得 できない IEEE802.3ah/UDLD 機 能 の 通 信 障 害 IEEE802.3ah/UDLD 機 能 でポートが inactive 状 態 となる フィルタ QoS 設 定 で 生 じる 通 信 障 害 フィルタ QoS 設 定 情 報 の 確 認 ポートミラーリングの 障 害 ミラーポートから BPDU が 送 出 される 省 電 力 機 能 の 障 害 LED 輝 度 が 動 作 しない 省 電 力 スケジューリングが 動 作 しない 78 ii

17 目 次 3.19 ロングライフソリューション 対 応 時 の 障 害 温 度 履 歴 情 報 の 日 付 が 正 しく 表 示 されない 79 4 障 害 情 報 取 得 方 法 障 害 情 報 の 取 得 MC への 書 き 込 み FTP によるファイル 転 送 84 5 回 線 のテスト 回 線 をテストする モジュール 内 部 ループバックテスト ループコネクタループバックテスト ループコネクタの 作 成 方 法 88 付 録 91 付 録 A show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 92 付 録 A.1 show tech-support コマンド 表 示 内 容 詳 細 92 索 引 97 iii

18

19 1 概 要 この 章 では, 障 害 解 析 の 概 要 について 説 明 します 1.1 障 害 解 析 概 要 1.2 装 置 および 装 置 一 部 障 害 解 析 概 要 1.3 機 能 障 害 解 析 概 要 1

20 1. 概 要 1.1 障 害 解 析 概 要 このマニュアルは,AX2500S の 装 置 に 問 題 がある 場 合 に 利 用 してください 装 置 を 目 視 で 直 接 確 認 する 場 合 は 1.2 装 置 および 装 置 一 部 障 害 解 析 概 要 に 沿 って 解 析 を 進 めてくださ い 装 置 にログインして 確 認 する 場 合 は 1.3 機 能 障 害 解 析 概 要 に 沿 って 解 析 を 進 めてください 2

21 1. 概 要 1.2 装 置 および 装 置 一 部 障 害 解 析 概 要 運 用 中 に 障 害 が 発 生 し, 装 置 を 目 視 で 直 接 確 認 できる 場 合 は, 2.1 装 置 障 害 の 対 応 手 順 の 対 策 内 容 に 従 ってトラブルシュートしてください 装 置 の LED については, 次 の 図 および 表 1-1 LED の 表 示,スイッチ,コネクタ に AX2530S-24T の 例 を 示 すので 参 考 にしてください 図 1-1 正 面 パネルレイアウト 表 1-1 LED の 表 示,スイッチ,コネクタ 番 号 名 称 種 類 状 態 内 容 (1) PWR LED: 緑 電 源 の 投 入 状 態 を 示 す 緑 点 灯 : 電 源 ON 長 い 間 隔 の 緑 点 滅 : 装 置 スリープ 中 消 灯 : 電 源 OFF,または 電 源 異 常 (2) ST1 LED: 緑 / 橙 / 赤 装 置 の 状 態 を 示 す 緑 点 灯 : 動 作 可 能 緑 点 滅 : 準 備 中 ( 立 上 げ 中 ) 長 い 間 隔 の 緑 点 滅 : LED 動 作 の 消 灯 設 定 橙 点 灯 : 電 源 投 入 時 の 初 期 状 態 赤 点 滅 : 装 置 の 部 分 障 害 発 生 赤 点 灯 : 装 置 の 致 命 的 障 害 発 生 ( 継 続 使 用 不 可 ) 消 灯 : 電 源 OFF,または 電 源 異 常 (3) ST2 LED: 緑 / 橙 SML 運 用 状 態 を 示 す 緑 点 灯 : SML フル 緑 点 滅 : SML コンフリクトまたは SML スタンドアロ ン 橙 点 灯 : 電 源 投 入 時 の 初 期 状 態 消 灯 : 通 常 運 用 中 (SML 無 効 ) (4) MC コネクタ メモリカードスロット メモリカードスロット (5) ACC LED: 緑 メモリカードの 状 態 を 示 す 緑 点 灯 : メモリカードアクセス 中 (メモリカード 取 り 外 し 禁 止 ) 消 灯 : メモリカードアイドル 中 (メモリカード 取 り 付 け, 取 り 外 し 可 能 ) (6) CONSOLE コネクタ CONSOLE ポート コンソール 端 末 接 続 用 RS-232C ポート (7) LINK LED: 緑 / 橙 SFP(1000BASE-X)の イーサネットポートの 動 作 状 態 を 示 す 緑 点 灯 : 電 源 投 入 時 の 初 期 状 態,またはリンク 確 立 橙 点 灯 : 回 線 障 害 検 出 消 灯 : ST1 LED が 緑 点 灯 の 場 合,リンク 障 害,ま たは 閉 塞 (8) T/R LED: 緑 緑 点 滅 : フレーム 送 受 信 中 (9) 1-24 LED: 緑 10/100/1000BASE-T イーサ ネットポートの 動 作 状 態 を 示 す 緑 点 灯 : 電 源 投 入 時 の 初 期 状 態,またはリンク 確 立 緑 点 滅 : リンク 確 立 およびフレーム 送 受 信 中 消 灯 : ST1 LED が 緑 点 灯 の 場 合,リンク 障 害,ま たは 閉 塞 3

22 1. 概 要 番 号 名 称 種 類 状 態 内 容 (10) RESET スイッチ (ノンロック) (11) MODE スイッチ (ノンロック) 装 置 のマニュアルリセット スイッチ *1 未 サポート 装 置 を 再 起 動 する スイッチを 正 面 の LED が 全 点 灯 するまで 長 押 し(3 秒 以 上 )することで 装 置 スリープ 状 態 を 解 除 します - 1 スイッチは 正 面 パネルより 奥 にあります 先 の 細 いドライバなどを 使 用 して 押 してください 図 1-1, 表 1-1 は 代 表 的 な 装 置 を 例 示 しています 各 装 置 について 詳 細 を 知 りたい 場 合 には ハードウェ ア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください 4

23 1. 概 要 1.3 機 能 障 害 解 析 概 要 本 装 置 の 機 能 障 害 解 析 概 要 を 次 の 表 に 示 します 表 1-2 機 能 障 害 の 状 況 と 参 照 箇 所 大 項 目 中 項 目 参 照 箇 所 ログインパスワードを 忘 れた ログインユーザのパスワード 忘 れ ログインユーザのパスワードを 忘 れてし まった 装 置 管 理 者 のパスワードを 忘 れてしまった 運 用 端 末 のトラブル コンソール 入 力 表 示 不 可 コンソールからの 入 力, 表 示 がうまくでき ない リモートログインできない リモート 運 用 端 末 からログインできない ログイン 認 証 ができない RADIUS を 利 用 したログイン 認 証 ができな い コマンドを 入 力 できない コマンドを 入 力 できない ファイル 保 存 のトラブル スタートアップコンフィグレーショ ンファイルにコピーできない スタートアップコンフィグレーションファ イルに 保 存 できない MC にコピーできない MC にコピーできない,または 書 き 込 みで きない RAMDISK にコピーできない RAMDISK にコピーできない,または 書 き 込 みできない 運 用 コマンド ppupdate でアップ デートできない 運 用 コマンド restore で 復 元 できな い バインディングデータベースを 保 存 または 復 元 できない 運 用 コマンド ppupdate でアップデートで きない 運 用 コマンド restore で 復 元 できない バインディングデータベースを 保 存 または 復 元 できない スタック 構 成 のトラブル スタックを 構 成 できない スタックを 構 成 できない マスタスイッチを 固 定 してスタック を 構 成 したい 特 定 のメンバスイッチをマスタスイッチに したい ネットワークインタフェース の 通 信 障 害 イーサネットポートの 通 信 障 害 イーサネットポートの 接 続 ができない 10BASE-T/100BASE-TX/ 1000BASE-T の 通 信 障 害 BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T の トラブル 発 生 時 の 対 応 100BASE-FX/1000BASE-X の 通 信 障 害 BASE-FX 24S4X 24S4XD / 1000BASE-X のトラブル 発 生 時 の 対 応 10GBASE-R の 通 信 障 害 GBASE-R のトラブル 発 生 時 の 対 応 10G モデル ダイレクトアタッチケーブルの 通 信 障 害 ダイレクトアタッチケーブルのトラブル 発 生 時 の 対 応 10G モデル リンクアグリゲーションでの 障 害 リンクアグリゲーション 使 用 時 の 通 信 障 害 5

24 1. 概 要 大 項 目 中 項 目 参 照 箇 所 レイヤ 2 ネットワークの 通 信 障 害 VLAN 障 害 VLAN によるレイヤ 2 通 信 ができない スパニングツリー 障 害 スパニングツリー 機 能 使 用 時 の 障 害 Ring Protocol 障 害 Ring Protocol 機 能 使 用 時 の 障 害 DHCP snooping 障 害 DHCP snooping 機 能 使 用 時 の 障 害 IGMP snooping 障 害 IGMP snooping によるマルチキャスト 中 継 ができない MLD snooping 障 害 MLD snooping によるマルチキャスト 中 継 ができない IPv4 ネットワークの 通 信 障 害 通 信 ができない 通 信 できない,または 切 断 されている DHCP サーバから IP アドレスが 割 り 振 られない DHCP サーバ 使 用 時 の 通 信 障 害 IPv6 ネットワークの 通 信 障 害 通 信 ができない 通 信 できない,または 切 断 されている レイヤ 2 認 証 の 通 信 障 害 IEEE802.1X 使 用 時 の 通 信 障 害 Web 認 証 使 用 時 の 通 信 障 害 MAC 認 証 使 用 時 の 通 信 障 害 セキュア Wake on LAN 使 用 時 の 通 信 障 害 OS-L2A 冗 長 構 成 による 高 信 頼 化 機 能 の 通 信 障 害 アップリンク リダンダントの 障 害 アップリンク リダンダント 使 用 時 の 通 信 障 害 SML の 障 害 SML 使 用 時 の 通 信 障 害 OS-L2A SNMP の 通 信 障 害 MIB が 取 得 できない SNMP マネージャから MIB の 取 得 がで きない トラップ 受 信 不 可 SNMP マネージャでトラップが 受 信 でき ない SNMPv3 を 使 用 できない SNMPv3 を 使 用 できなくなった 場 合 sflow 統 計 の 障 害 sflow パケットが 届 かない sflow パケットがコレクタに 届 かない フローサンプルが 届 かない フローサンプルがコレクタに 届 かない カウンタサンプルが 届 かない カウンタサンプルがコレクタに 届 かない LLDP 機 能 で 隣 接 装 置 情 報 を 取 得 できない LLDP 機 能 により 隣 接 装 置 情 報 が 取 得 で きない NTP の 通 信 障 害 NTP の 通 信 障 害 IEEE802.3ah/UDLD 機 能 使 用 時 の 通 信 障 害 ポートが inactive 状 態 になる IEEE802.3ah/UDLD 機 能 でポートが inactive 状 態 となる パケット 廃 棄 による 通 信 障 害 フィルタ QoS 設 定 情 報 の 確 認 ポートミラーリングの 障 害 ポートミラーリングの 障 害 省 電 力 機 能 の 障 害 LED 輝 度 が 動 作 しない 省 電 力 スケジューリングが 動 作 しない ロングライフソリューション 対 応 時 の 障 害 温 度 履 歴 情 報 の 日 付 が 正 しく 表 示 されな い その 他 - コンフィグレーションガイドによって, 再 度 設 定 を 確 認 してください 6

25 2 装 置 障 害 におけるトラブルシュー ト この 章 では, 装 置 に 障 害 が 発 生 した 場 合 の 対 処 方 法 を 説 明 します 2.1 装 置 障 害 の 対 応 手 順 7

26 2. 装 置 障 害 におけるトラブルシュート 2.1 装 置 障 害 の 対 応 手 順 装 置 障 害 の 対 応 手 順 装 置 に 障 害 が 発 生 した 場 合 には, 以 下 の 手 順 で 対 応 します 表 2-1 装 置 障 害 のトラブルシュート 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 1 装 置 から 発 煙 している 装 置 から 異 臭 が 発 生 している 装 置 から 異 常 音 が 発 生 している 直 ちに 次 の 手 順 を 実 行 してください 1. 装 置 の 電 源 を OFF にします 2. 装 置 の 電 源 ケーブルを 抜 きます 上 記 の 手 順 のあと, 装 置 を 交 換 してください 2 login プロンプトが 表 示 されない 1. MC が 挿 入 されている 場 合 は,MC を 抜 いた 上 で 装 置 の 電 源 を OFF にし, 再 度 ON にして 装 置 を 再 起 動 します 2. MC が 挿 入 されていない 場 合 は, 装 置 の 電 源 を OFF にし, 再 度 ON にして 装 置 を 再 起 動 します 3. 装 置 を 再 起 動 させても 問 題 が 解 決 しない 場 合 には, 装 置 を 交 換 します 3 装 置 の PWR LED が 消 灯 している 次 の 手 順 で 対 策 を 実 施 します 1. 表 2-2 電 源 障 害 の 切 り 分 け を 実 施 します 2. 上 記 に 該 当 しない 場 合 には, 装 置 を 再 起 動 して 環 境 に 異 常 がな いかを 確 認 します (1) 装 置 の 電 源 スイッチを OFF にし, 再 度 ON にして 装 置 を 再 起 動 します (2) 装 置 を 再 起 動 できた 場 合 には, 運 用 コマンド show logging を 実 行 して 障 害 情 報 を 確 認 し, 対 策 を 実 施 してくださ い >show logging (3) 上 記 (1)の 手 順 で 装 置 を 再 起 動 できない 場 合, 装 置 に 障 害 が 発 生 しているため, 装 置 を 交 換 してください 4 装 置 の ST1 LED が 赤 点 灯 している 装 置 に 障 害 が 発 生 した 可 能 性 があります 後 述 4 障 害 情 報 取 得 方 法 を 参 照 して, 運 用 コマンド show tech-support で 装 置 情 報 を 採 取 してください 装 置 情 報 を 採 取 後, 装 置 を 再 起 動 して 異 常 がないかを 確 認 します 1. 装 置 の 電 源 スイッチを OFF にし, 再 度 ON にして 装 置 を 再 起 動 します 2. 装 置 を 再 起 動 できた 場 合 には, 運 用 コマンド show logging を 実 行 して 障 害 情 報 を 確 認 してください >show logging 3. 採 取 した 障 害 情 報 に " 高 温 注 意 " のメッセージが 存 在 する 場 合 には, 動 作 環 境 が 原 因 と 考 えられるため,システム 管 理 者 に 環 境 の 改 善 を 依 頼 します 4. 上 記 1 の 手 順 で 装 置 を 再 起 動 できない 場 合, 上 記 3 の 手 順 で 障 害 情 報 が 存 在 しない,または " 高 温 注 意 " のメッセージが 存 在 しない 場 合 には, 装 置 に 障 害 が 発 生 しているため, 装 置 を 交 換 してください 5 装 置 の ST1 LED が 赤 点 滅 している 装 置 の 10GBASE-R ポート 10G モデ ル および 1000BASE-X ポートの LINK LED が 橙 点 灯 または 消 灯 している 装 置 の 10/100/1000BASE-T ポートの LED(1-24 または 1-48)が 消 灯 してい る 装 置 または 回 線 に 障 害 が 発 生 しています 1. エラーメッセージを 参 照 して 障 害 の 対 策 を 実 施 します show logging コマンドを 実 行 して 障 害 情 報 を 確 認 し, 対 策 を 実 施 し てください >show logging なお, 予 備 電 源 機 構 の 障 害 の 場 合 には, 予 備 電 源 機 構 の 障 害 切 り 分 け を 参 照 して 障 害 を 切 り 分 けてください 8

27 2. 装 置 障 害 におけるトラブルシュート 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 6 装 置 の ST2 LED が 緑 点 滅 している SML 使 用 時 の 通 信 障 害 OS-L2A を 参 照 してくださ い 7 装 置, 予 備 電 源 機 構 の LED が 正 常 なのに, 装 置 管 理 コマンドで "EPU:notconnect" と 表 示 される 装 置 と 予 備 電 源 機 構 を 接 続 しているケーブルを 確 認 してください ケーブルが 外 れていた 場 合 には 以 下 の 手 順 で 装 置 を 再 起 動 してく ださい 1. 装 置 の 電 源 を OFF にします 2. 外 れていたケーブルを 接 続 し 直 します 3. 装 置 の 電 源 を ON にします 表 2-2 電 源 障 害 の 切 り 分 け 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 1 装 置 の 電 源 スイッチが OFF になっている 電 源 スイッチを ON にしてください 2 電 源 ケーブルに 抜 けやゆるみがある 次 の 手 順 を 実 施 してください 1. 電 源 スイッチを OFF にします 2. 電 源 ケーブルを 正 しく 挿 入 します 3. 電 源 スイッチを ON にします 3 測 定 した 入 力 電 源 が 以 下 の 範 囲 外 である AC100V の 場 合 :AC90 ~ 127V AC200V の 場 合 :AC180 ~ 254V DC-48V の 場 合 :DC-40.5 ~ -57V 注 本 件 は 入 力 電 源 の 測 定 が 可 能 な 場 合 だけ 実 施 する 設 備 担 当 者 に 連 絡 して 入 力 電 源 の 対 策 を 依 頼 してください 予 備 電 源 機 構 の 障 害 切 り 分 け 予 備 電 源 機 構 で 障 害 が 発 生 した 場 合 には, 以 下 の 手 順 で 障 害 の 切 り 分 けを 実 施 してください 表 2-3 予 備 電 源 機 構 の 障 害 の 切 り 分 け 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 1 予 備 電 源 機 構 の POWER LED が 緑 点 灯 してい る 予 備 電 源 機 構 に 搭 載 されている 電 源 モジュールの LED を 確 認 し, 正 常 動 作 していない 電 源 モジュールを 特 定 してください なお, 電 源 モジュールは 正 常 動 作 している 場 合 には 以 下 の 状 態 になります EPU-A/EPU-D の 場 合 DC-OK: 緑 点 灯,DC-ALM: 消 灯 正 常 動 作 していない 電 源 モジュールについて 表 2-6 ジュールの 障 害 切 り 分 け を 実 施 してください 電 源 モ 2 予 備 電 源 機 構 の POWER LED が 消 灯 している 下 記 を 参 照 して 切 り 分 けを 実 施 してください EPU-A の 場 合 表 2-4 予 備 電 源 機 構 本 体 (EPU-A) の 障 害 切 り 分 け EPU-D の 場 合 表 2-5 予 備 電 源 機 構 本 体 (EPU-D) の 障 害 切 り 分 け 表 2-4 予 備 電 源 機 構 本 体 (EPU-A) の 障 害 切 り 分 け 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 1 予 備 電 源 機 構 (EPU-A) の 電 源 スイッチが OFF である 2 予 備 電 源 機 構 (EPU-A) の 電 源 ケーブルが 正 し く 装 置 に 接 続 されていない 主 電 源 スイッチを ON にしてください 1. 主 電 源 スイッチを OFF にしてください 2. 電 源 ケーブルを 正 しく 接 続 してください 3. 主 電 源 スイッチを ON にしてください 9

28 2. 装 置 障 害 におけるトラブルシュート 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 3 予 備 電 源 機 構 (EPU-A) への 入 力 電 源 が 下 記 の 範 囲 外 である (AC 電 源 :90 ~ 132V) 電 源 設 備 の 障 害 ( 本 装 置 の 障 害 ではない)のため,システム 管 理 者 に 対 策 を 依 頼 してください 4 上 記 1 ~ 3 以 外 の 場 合 予 備 電 源 機 構 (EPU-A) を 交 換 してください 表 2-5 予 備 電 源 機 構 本 体 (EPU-D) の 障 害 切 り 分 け 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 1 予 備 電 源 機 構 (EPU-D) の 主 電 源 スイッチが OFF である 2 予 備 電 源 機 構 (EPU-D) の 電 源 ケーブルが 正 し く 装 置 に 接 続 されていない 3 予 備 電 源 機 構 (EPU-D) への 入 力 電 源 が 下 記 の 範 囲 外 である (DC-48V 電 源 :DC-40.5 ~ -57V) 主 電 源 スイッチを ON にしてください 1. 電 源 設 備 側 のブレーカを OFF にしてください 2. 主 電 源 スイッチを OFF にしてください 3. 電 源 ケーブルを 正 しく 接 続 してください 4. 電 源 設 備 側 のブレーカを ON にしてください 5. 主 電 源 スイッチを ON にしてください 電 源 設 備 の 障 害 ( 本 装 置 の 障 害 ではない)のため,システム 管 理 者 に 対 策 を 依 頼 してください 4 上 記 1 ~ 3 以 外 の 場 合 予 備 電 源 機 構 (EPU-D) を 交 換 してください 表 2-6 電 源 モジュールの 障 害 切 り 分 け 項 番 障 害 内 容 対 策 内 容 1 電 源 モジュールの 電 源 スイッチが OFF である 電 源 モジュールの 電 源 スイッチを ON にしてください 2 電 源 モジュールの 電 源 ケーブルが 正 しく 装 置 に 接 続 されていない 3 電 源 モジュールが 予 備 電 源 機 構 へ 正 常 に 搭 載 さ れていない 1. 電 源 モジュールの 電 源 スイッチを OFF にしてください 2. 電 源 ケーブルを 正 しく 接 続 してください 3. 電 源 モジュールの 電 源 スイッチを ON にしてください 1. 電 源 スイッチを OFF にしてください 2. 電 源 モジュールを 正 しく 搭 載 してください 3. 電 源 スイッチを ON にしてください 4 上 記 1 ~ 3 以 外 の 場 合 電 源 モジュールを 交 換 してください 装 置 およびオプション 機 構 の 交 換 方 法 装 置 およびオプション 機 構 の 交 換 方 法 は, ハードウェア 取 扱 説 明 書 に 記 載 されています 記 載 された 手 順 に 従 って 実 施 してください 注 :オプション 機 構 は 以 下 を 示 します トランシーバ (SFP,SFP+),ダイレクトアタッチケーブル, 予 備 電 源 機 構, 電 源 モジュール,MC (メモリカード) 10

29 3 運 用 中 機 能 障 害 におけるトラブル シュート 本 章 では 装 置 が 正 常 に 動 作 しない,または 通 信 ができないといったトラブル が 発 生 した 場 合 の 対 処 方 法 を 説 明 します 3.1 ログインのトラブル 3.2 運 用 端 末 のトラブル 3.3 ファイル 保 存 のトラブル 3.4 スタック 構 成 のトラブル 3.5 ネットワークインタフェースの 通 信 障 害 3.6 レイヤ 2 ネットワークの 通 信 障 害 3.7 IPv4 ネットワークの 通 信 障 害 3.8 IPv6 ネットワークの 通 信 障 害 3.9 レイヤ 2 認 証 の 通 信 障 害 3.10 冗 長 構 成 による 高 信 頼 化 機 能 の 通 信 障 害 3.11 SNMP の 通 信 障 害 3.12 sflow 統 計 (フロー 統 計 ) 機 能 のトラブルシューティング 3.13 隣 接 装 置 管 理 機 能 の 通 信 障 害 3.14 NTP の 通 信 障 害 3.15 IEEE802.3ah/UDLD 機 能 の 通 信 障 害 3.16 フィルタ QoS 設 定 で 生 じる 通 信 障 害 3.17 ポートミラーリングの 障 害 3.18 省 電 力 機 能 の 障 害 3.19 ロングライフソリューション 対 応 時 の 障 害 11

30 3.1 ログインのトラブル ログインユーザのパスワードを 忘 れてしまった ログインユーザのパスワードを 忘 れて 本 装 置 にログインできない 場 合 は, 次 に 示 す 方 法 で 対 応 してくださ い (1) ログインできるユーザがほかにいる 場 合 ログインできるユーザが, 装 置 管 理 者 モードで 運 用 コマンド password を 実 行 しパスワードを 忘 れたログ インユーザのパスワードを 再 設 定 します または, 運 用 コマンド clear password でパスワードを 削 除 しま す これらのコマンドは, 装 置 管 理 者 モードで 実 行 します 従 って,ログインするユーザは 入 力 モードを 装 置 管 理 者 モードに 変 更 するための 運 用 コマンド enable のパスワードを 知 っている 必 要 があります パスワードを 忘 れた user1 のパスワードを 装 置 管 理 者 モードで 再 設 定 する 例 を 次 の 図 に 示 します 図 3-1 user1 のパスワードを 再 設 定 する 例 # password user1 Changing local password for user1. New password: Retype new password: # (2) ログインできるユーザがいない 場 合 ログインできるユーザがいない 場 合,またはログインできても 運 用 コマンド enable のパスワードがわから ない 場 合 は, 下 記 の 手 順 で 実 施 してください 1. 本 装 置 を 再 起 動 し,コンソールに "login" が 表 示 されるまで,[CTRL + N] キーを 同 時 に 押 下 し 続 けて ください このとき,スタートアップコンフィグレーションファイルおよびログインユーザ 情 報 は 読 み 込 まれませ ん 2. 本 装 置 起 動 後 は,ログインユーザ ID:operator でログインできます 3. ログイン 後, 運 用 コマンド adduser でログインユーザ ID とパスワードを 設 定 してください 4. 本 装 置 を 再 起 動 してください スタートアップコンフィグレーションファイルおよび 設 定 したパスワード 情 報 が 読 み 込 まれます 装 置 管 理 者 のパスワードを 忘 れてしまった 運 用 中, 装 置 管 理 者 のパスワードを 忘 れてしまい 装 置 管 理 者 モードになれない 場 合 は, 下 記 の 手 順 で 対 応 してください 1. 本 装 置 を 再 起 動 し,コンソールに "login" が 表 示 されるまで,[CTRL + N] キーを 同 時 に 押 下 し 続 けて ください このとき,スタートアップコンフィグレーションファイルおよびパスワード 情 報 は 読 み 込 まれません 2. 本 装 置 起 動 後, 運 用 コマンド password で 装 置 管 理 者 用 パスワードを 設 定 してください 3. 本 装 置 を 再 起 動 してください スタートアップコンフィグレーションファイルおよび 設 定 したパスワード 情 報 が 読 み 込 まれます 12

31 3.2 運 用 端 末 のトラブル コンソールからの 入 力, 表 示 がうまくできない コンソールとの 接 続 トラブルが 発 生 した 場 合 は, 次 の 表 に 従 って 確 認 してください 表 3-1 コンソールとの 接 続 トラブルおよび 対 応 項 番 障 害 内 容 確 認 内 容 1 画 面 に 何 も 表 示 されない 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 装 置 の 正 面 パネルにある ST1 LED が 緑 点 灯 になっているかを 確 認 してくださ い 緑 点 灯 していない 場 合 は, 1.2 装 置 および 装 置 一 部 障 害 解 析 概 要 を 参 照 してください 2. ケーブルの 接 続 が 正 しいか 確 認 してください 3. RS-232C クロスケーブルを 用 いていることを 確 認 してください 4. ポート 番 号, 通 信 速 度,データ 長,パリティビット,ストップビット,フ ロー 制 御 などの 通 信 ソフトウェアの 設 定 が 以 下 のとおりになっているか 確 認 してください 通 信 速 度 :9600bit/s( 変 更 している 場 合 は 設 定 値 ) データ 長 :8bit パリティビット:なし ストップビット:1bit フロー 制 御 :なし 2 キー 入 力 を 受 け 付 けない 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. XON / XOFF によるフロー 制 御 でデータの 送 受 信 を 中 断 している 可 能 性 が あります データ 送 受 信 の 中 断 を 解 除 してください([Ctrl]+[Q]をキー 入 力 してください) それでもキー 入 力 ができない 場 合 は 2. 以 降 を 確 認 して ください 2. 通 信 ソフトウェアの 設 定 が 正 しいか 確 認 してください 3. [Ctrl]+[S]により 画 面 が 停 止 している 可 能 性 があります 何 かキーを 入 力 してください 3 ログイン 時 に 異 常 な 文 字 が 表 示 される 4 ユーザ ID 入 力 中 に 異 常 な 文 字 が 表 示 された 通 信 ソフトウェアとのネゴシエーションが 正 しくできていない 可 能 性 がありま す 通 信 ソフトウェアの 通 信 速 度 を 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. コンフィグレーションコマンド line console 0 の config-line モードで CONSOLE(RS-232C) の 通 信 速 度 を 設 定 していない 場 合 は, 通 信 ソフトウェ アの 通 信 速 度 が 9600bit/s に 設 定 されているか 確 認 してください 2. コンフィグレーションコマンド line console 0 の config-line モードで CONSOLE(RS-232C) の 通 信 速 度 を 1200,2400,4800,9600,または 19200bit/s に 設 定 している 場 合 は, 通 信 ソフトウェアの 通 信 速 度 が 正 しく 設 定 されているか 確 認 してください CONSOLE(RS-232C) の 通 信 速 度 を 変 更 された 可 能 性 があります 項 番 3 を 参 照 してください 5 ログインできない 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 画 面 にログインプロンプトが 出 ているか 確 認 してください 出 ていなければ, 装 置 を 起 動 中 のため,しばらくお 待 ちください ログインのトラブル の 手 順 を 実 行 してみてください 3. 上 記 の 手 順 でもログインできない 場 合 は, 内 蔵 フラッシュメモリが 壊 れてい る 可 能 性 があります 運 用 コマンド format flash を 実 行 してみてください なお, 運 用 コマンド format flash 実 行 後 は, 保 存 済 みの 各 種 情 報 が 消 失 しま す 消 失 する 情 報 は, 運 用 コマンドレファレンス の 運 用 コマンド format flash を 参 照 してください 6 ログイン 後 に 通 信 ソフトウェ アの 通 信 速 度 を 変 更 したら 異 常 な 文 字 が 表 示 され,コマン ド 入 力 ができない ログイン 後 に 通 信 ソフトウェアの 通 信 速 度 を 変 更 しても 正 常 な 表 示 はできませ ん 通 信 ソフトウェアの 通 信 速 度 を 元 に 戻 してください 13

32 項 番 障 害 内 容 確 認 内 容 7 Tera Term Pro を 使 用 してロ グインしたいがログイン 時 に 異 常 な 文 字 が 表 示 される 8 項 目 名 と 内 容 がずれて 表 示 さ れる 9 運 用 コマンドを 実 行 しても 情 報 が 表 示 されない 10 プロンプトに "*" が 表 示 され ている 通 信 ソフトウェアとのネゴシエーションが 正 しくできていない 可 能 性 がありま す 項 番 3 を 参 照 してください [Alt]+[B]でブレーク 信 号 を 発 行 します なお,Tera Term Pro の 通 信 速 度 により 複 数 回 ブレーク 信 号 を 発 行 しないとログ イン 画 面 が 表 示 されないことがあります 1 行 で 表 示 可 能 な 文 字 数 を 超 える 情 報 を 表 示 している 可 能 性 があります 通 信 ソ フトウェアの 設 定 で 画 面 サイズ(80 桁 24 行 )に 変 更 し,1 行 で 表 示 可 能 な 文 字 数 を 多 くしてください コマンド 実 行 結 果 のメッセージを 確 認 してください 1. Can't execute. : 一 時 的 にコマンドを 実 行 できない 状 態 になっていた 可 能 性 があります 再 度 実 行 してみてください 2. There is no memory. : 表 示 データを 収 集 するための 一 時 的 なメモリ 領 域 を 確 保 できなかった 可 能 性 があります 再 度 実 行 してみてください 再 度 実 行 しても,このメッセージが 表 示 された 場 合 は, 運 用 コマンド reload または 装 置 の 電 源 を OFF/ON して 再 起 動 してください 以 下 のいずれかにより,スタック 準 備 動 作 モードに 設 定 されている 可 能 性 があり ます 運 用 コマンド set stack boot を 設 定 装 置 起 動 完 了 後 に MODE ボタンを 押 下 次 の 手 順 を 実 行 して,スタック 準 備 動 作 モードを 解 除 してください <スタック 運 用 中 の 場 合 > 数 秒 ごとに Enter キーを 押 下 しながら,60 秒 ほど 待 ってください それでも 解 除 されない 場 合 は,<スタンドアロンの 場 合 >を 参 照 してください <スタンドアロンの 場 合 > 1. enable コマンドを 入 力 し, 装 置 管 理 者 モードに 変 更 してください 2. 運 用 コマンド set stack disable を 入 力 してください 3. 運 用 コマンド reload で 装 置 を 再 起 動 してください 14

33 3.2.2 リモート 運 用 端 末 からログインできない リモート 運 用 端 末 (telnet,ftp など)との 接 続 トラブルが 発 生 した 場 合 は, 次 の 表 に 従 って 確 認 してく ださい 表 3-2 リモート 運 用 端 末 との 接 続 トラブルおよび 対 応 項 番 現 象 対 処 方 法,または 参 照 個 所 1 リモート 接 続 ができない 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. PC や WS から 運 用 コマンド ping を 使 用 してリモート 接 続 のための 経 路 が 確 立 されているかを 確 認 してください 2 ログインができない 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. コンフィグレーションコマンド line vty,または ftp-server が 設 定 されている か 確 認 してください( 詳 細 は コンフィグレーションガイド を 参 照 してく ださい) 2. コンフィグレーションコマンド line vty モードのアクセスリストで 許 可 され た IP アドレスを 持 つ 端 末 を 使 用 しているかを 確 認 してください また,コン フィグレーションコマンドアクセスリストで 設 定 した IP アドレスに deny を 指 定 していないかを 確 認 してください( 詳 細 は コンフィグレーションガイ ド を 参 照 してください) 3. ログインできる 最 大 ユーザ 数 を 超 えていないか 確 認 してください( 詳 細 は コンフィグレーションガイド を 参 照 してください) 4. ログイン 操 作 が 不 完 全 な 状 態 で 放 置 している 端 末 がないか 確 認 してください ( 不 完 全 な 状 態 :ユーザ ID,パスワードの 入 力 待 ち 状 態,ログイン 失 敗 状 態 ) 該 当 する 端 末 がある 場 合 は,その 端 末 の 通 信 ソフトウェアを 終 了 させてくだ さい 5. ログイン 中 にリモート 運 用 端 末 から 本 装 置 への 到 達 性 が 一 時 的 に 失 われるよ うな 事 象 がなかったか 確 認 してください ログインしている 状 態 でリモート 運 用 端 末 から 本 装 置 への 到 達 性 が 失 われ, その 後 に 復 旧 している 場 合, 本 装 置 にセッション 情 報 が 残 存 するため,TCP プロトコルのタイムアウト 時 間 が 経 過 してセッションが 切 断 されるまで,リ モート 運 用 端 末 から 新 たにログインできません TCP プロトコルのタイムア ウト 時 間 はリモート 運 用 端 末 の 状 態 やネットワークの 状 態 によって 変 化 しま すが,おおむね 10 分 です 3 キー 入 力 を 受 け 付 けない 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. XON / XOFF によるフロー 制 御 でデータの 送 受 信 を 中 断 している 可 能 性 が あります データ 送 受 信 の 中 断 を 解 除 してください([Ctrl]+[Q]をキー 入 力 してください) それでもキー 入 力 できない 場 合 は, 項 番 2 以 降 を 確 認 し てください 2. 通 信 ソフトウェアの 設 定 が 正 しいか 確 認 してください 3. [Ctrl]+[S]により 画 面 が 停 止 している 可 能 性 があります 何 かキーを 入 力 してください 4 ログインしたままの 状 態 に なっているユーザがある 自 動 ログアウト( 最 大 60 分 )するのを 待 ってください また,コンフィグレー ションを 編 集 中 の 場 合 は, 再 度 ログインしてコンフィグレーションモードになっ てから 保 存 し, 編 集 を 終 了 してください RADIUS を 利 用 したログイン 認 証 ができない RADIUS を 利 用 したログイン 認 証 ができない 場 合, 以 下 の 確 認 してください (1) RADIUS サーバへの 通 信 運 用 コマンド ping で, 本 装 置 から RADIUS サーバに 対 して 疎 通 ができているかを 確 認 してください 疎 通 ができない 場 合 は, 通 信 できない,または 切 断 されている を 参 照 してください また,コン フィグレーションで VLAN インタフェースに IP アドレスを 設 定 している 場 合 は,IP アドレスから 運 用 コ マンド ping で, 本 装 置 から RADIUS サーバに 対 して 疎 通 ができているかを 確 認 してください 15

34 (2) 応 答 タイムアウト 値 および 再 送 回 数 設 定 RADIUS 認 証 の 場 合,コンフィグレーションコマンド radius-server host,radius-server retransmit, radius-server timeout の 設 定 により, 本 装 置 が RADIUS サーバとの 通 信 が 不 能 と 判 断 する 時 間 は 最 大 で < 設 定 した 応 答 タイムアウト 値 ( 秒 ) > < 設 定 した 再 送 回 数 +1> < 設 定 した RADIUS サーバ 数 >と なります この 時 間 が 極 端 に 大 きくなると,リモート 運 用 端 末 の telnet などのアプリケーションがタイムアウトに よって 終 了 する 可 能 性 があります この 場 合,RADIUS コンフィグレーションの 設 定 かリモート 運 用 端 末 で 使 用 するアプリケーションのタイムアウトの 設 定 を 変 更 してください また, 運 用 ログに RADIUS 認 証 が 成 功 したメッセージが 出 力 されているにもかかわらず,telnet や ftp が 失 敗 する 場 合 は,コンフィグ レーションで 指 定 した 複 数 の RADIUS サーバの 中 で, 稼 働 中 の RADIUS サーバに 接 続 するまでに,リ モート 運 用 端 末 側 のアプリケーションがタイムアウトしていることが 考 えられるため, 稼 働 中 の RADIUS サーバを 優 先 するように 設 定 するか,< 応 答 タイムアウト 値 ( 秒 ) > < 再 送 回 数 >の 値 を 小 さくしてく ださい コマンドを 入 力 できない 障 害 などにより 装 置 が 再 起 動 した 場 合 は, 再 起 動 して 約 2 分 後 に 自 動 で 装 置 障 害 情 報 採 取 (auto-log)が 開 始 されます 採 取 中 はコマンド 入 力 ができない 状 態 となる 場 合 があります しばらく 経 ってからご 使 用 ください なお, 運 用 コマンド reload 実 行 や 装 置 の 電 源 OFF/ON では 本 現 象 は 発 生 しません 16

35 3.3 ファイル 保 存 のトラブル スタートアップコンフィグレーションファイルに 保 存 できない 運 用 コマンドでスタートアップコンフィグレーションファイルにコピーできないなどのトラブルが 発 生 し た 場 合 は, 次 の 表 に 従 って 確 認 してください 表 3-3 スタートアップコンフィグレーションファイルへのコピーでのトラブルおよび 対 応 項 番 確 認 内 容 コマンド 確 認 内 容 1 コマンドの 応 答 メッセージを 確 認 してください 2 運 用 コマンド format flash を 実 行 してみてください Can t execute. を 表 示 している 場 合 は 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 指 定 したファイルが 存 在 しているか 確 認 してください 2. 指 定 したファイル 名 が 間 違 っていないか 確 認 してください 3. 上 記 以 外 の 場 合 は, 項 番 2 を 参 照 してください 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 運 用 コマンド format flash でファイルシステムをフォーマットしてみてくだ さい Flash format complete. (フォーマット 正 常 終 了 )を 表 示 した 場 合 は, 再 度 コンフィグレーションを 設 定 し,スタートアップコンフィグレー ションファイルに 保 存 してください なお, 運 用 コマンド format flash 実 行 後 は, 保 存 済 みの 各 種 情 報 が 消 失 しま す 消 失 する 情 報 は, 運 用 コマンドレファレンス の 運 用 コマンド format flash を 参 照 してください 2. Flash format complete. 以 外 を 表 示 した 場 合,ファイルシステムが 壊 れて いる 可 能 性 があります MC にコピーできない,または 書 き 込 みできない 運 用 コマンドで,MC にコピーできないなどのトラブルが 発 生 した 場 合 は, 次 の 表 に 従 って 確 認 してくだ さい 表 3-4 MC へのコピーでのトラブルおよび 対 応 項 番 確 認 内 容 コマンド 確 認 内 容 1 コマンドの 応 答 メッセージを 確 認 してください 2 運 用 コマンド show ramdisk-file で RAMDISK のファイルを 確 認 してくださ い 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. MC is not inserted. が 表 示 された 場 合 は,MC が 挿 入 されていません MC を 挿 入 してください 2. Can't access to MC by write protection. が 表 示 された 場 合 は,MC が 書 き 込 み 禁 止 状 態 になっています MC をいったん 外 して,スイッチを Lock 状 態 と 逆 側 に 動 かして 書 き 込 み 禁 止 状 態 を 解 除 してください 3. No enough space on device. が 表 示 された 場 合 は, 書 き 込 み 先 の MC に 空 き 容 量 が 不 足 しています 運 用 コマンド del で 不 要 なファイルを 削 除 してか ら, 再 度 実 行 してください 4. Can t execute. が 表 示 された 場 合 は, 項 番 2 を 参 照 してください 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 指 定 したファイルが 存 在 しているか 確 認 してください 2. 指 定 したファイル 名 が 間 違 っていないか 確 認 してください 3. 上 記 のいずれでもない 場 合 は, 項 番 3 を 参 照 してください 17

36 項 番 確 認 内 容 コマンド 確 認 内 容 3 運 用 コマンド format mc を 実 行 してみてください 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 何 もメッセージが 表 示 されず,プロンプトのみ 表 示 された 場 合 は,MC の フォーマットは 正 常 終 了 しています 再 度 指 定 ファイルを MC に 書 き 込 んで みてください 2. Can t gain access to MC. が 表 示 された 場 合 は,MC をいったん 取 り 出 し, MC および MC スロットにほこりなどが 付 着 していないか 確 認 してください ほこりが 付 着 している 場 合 は, 乾 いた 布 でほこりを 取 ってから, 再 度 MC を スロットに 挿 入 してください 挿 入 後, 再 度 運 用 コマンド format mc を 実 行 してください 3. Can t execute. が 表 示 された 場 合 は,MC をいったん 取 り 出 し,MC およ び MC スロットにほこりなどが 付 着 していないか 確 認 してください ほこり が 付 着 している 場 合 は, 乾 いた 布 でほこりを 取 ってから, 再 度 MC をスロッ トに 挿 入 してください 挿 入 後, 再 度 運 用 コマンド format mc を 実 行 してく ださい 同 じメッセージが 表 示 された 場 合 は,MC が 壊 れている 可 能 性 があ ります 別 の MC に 交 換 してください RAMDISK にコピーできない,または 書 き 込 みできない 運 用 コマンドで RAMDISK にコピーできないなどのトラブルが 発 生 した 場 合 は, 次 の 表 に 従 って 確 認 して ください 表 3-5 RAMDISK へのコピーでのトラブルおよび 対 応 項 番 確 認 内 容 コマンド 確 認 内 容 1 コマンドの 応 答 メッセージを 確 認 してください 2 運 用 コマンド show ramdisk で RAMDISK の 状 態 を 確 認 してください 3 運 用 コマンド format flash を 実 行 してみてください 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 指 定 したファイルが 存 在 しているか 確 認 してください 2. 指 定 したファイル 名 が 間 違 っていないか 確 認 してください 3. Not enough space on device. が 表 示 されている 場 合 は, 項 番 2 を 参 照 して ください 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 運 用 コマンド show ramdisk の free ( 空 き 容 量 )で 表 示 されるサイズは, 十 分 余 裕 があるか 確 認 してください 空 き 容 量 が 少 ない 場 合 は, 運 用 コマン ド del で 不 要 なファイルを 削 除 してください 2. コンフィグレーションファイルをコピーする 場 合 は 1MB 以 上 の 空 き 容 量 があ るか 確 認 してください 3. 運 用 コマンド show tech-support ramdisk で 装 置 情 報 を RAMDISK に 保 存 す る 場 合 は, 不 要 なファイルをすべて 運 用 コマンド del で 削 除 してください 4. 上 記 以 外 の 場 合 は, 項 番 3 を 参 照 してください 次 の 手 順 で 確 認 してください 1. 運 用 コマンド format flash でファイルシステムをフォーマットしてみてくだ さい Flash format complete. (フォーマット 正 常 終 了 )を 表 示 した 場 合 は, 再 度 コンフィグレーションを 設 定 し,スタートアップコンフィグレー ションファイルに 保 存 してください なお, 運 用 コマンド format flash 実 行 後 は, 保 存 済 みの 各 種 情 報 が 消 失 しま す 消 失 する 情 報 は, 運 用 コマンドレファレンス の 運 用 コマンド format flash を 参 照 してください 2. フォーマットが 正 常 終 了 しなかった 場 合 は,ファイルシステムが 壊 れている 可 能 性 があります 18

37 3.3.4 運 用 コマンド ppupdate でアップデートできない 下 記 を 確 認 してください 1. 運 用 コマンド ppupdate で 指 定 したアップデート 用 ファイルが 対 象 装 置 のファイルか 確 認 してくださ い AX2500S のアップデート 用 ファイルであることを 確 認 してください アップデート 用 ファイルが, 対 象 装 置 の 装 置 モデルに 対 応 したバージョンであることを 確 認 してくだ さい アップデート 用 ファイルを 確 認 後, 運 用 コマンド ppupdate を 再 実 行 してみてください 2. 運 用 コマンド show logging で FROM write fail [cnt=xxxxxxxx,size=xxxxxxxx,err=xxxxxxxx] が 採 取 されている 場 合 運 用 コマンド ppupdate を 再 実 行 してみてください それでもエラーになる 場 合 は, 内 蔵 フラッシュ メモリが 壊 れている 可 能 性 があります 装 置 を 交 換 してください 運 用 コマンド restore で 復 元 できない 下 記 を 確 認 してください 1. リストア 対 象 の 装 置 と 同 じモデル 名 称 の 装 置 で 作 成 したバックアップファイルか 確 認 してください 装 置 のモデル 名 称 は, 運 用 コマンド show version 表 示 される Model で 確 認 してください 運 用 コマンド backup で no-software を 指 定 したバックアップファイルは, 運 用 コマンド restore でも no-software を 指 定 してください バックアップファイル 作 成 時 のソフトウェアバージョンが,リストア 対 象 の 装 置 に 適 していることを 確 認 してください バックアップファイルに, 対 象 装 置 の 装 置 モデルが 対 応 していないバージョンの ソフトウェアを 含 んでいるとリストアできません この 場 合, no-software を 指 定 するとソフト ウェア 以 外 はリストアできます バックアップファイルを 確 認 後, 運 用 コマンド restore を 再 実 行 してみてください それでもエラーになる 場 合 は,バックアップファイルが 壊 れている 可 能 性 があります 2. 運 用 コマンド show logging で FROM write fail [cnt=xxxxxxxx,size=xxxxxxxx,err=xxxxxxxx] が 採 取 されている 場 合 運 用 コマンド restore を 再 実 行 してみてください それでもエラーになる 場 合 は, 内 蔵 フラッシュメ モリが 壊 れている 可 能 性 があります 装 置 を 交 換 してください バインディングデータベースを 保 存 または 復 元 できない DHCP snooping で 使 用 する,バインディングデータベースを 保 存 できない,または 復 元 できない 場 合 の 対 処 については, DHCP snooping 機 能 使 用 時 の 障 害 を 参 照 してください 19

38 3.4 スタック 構 成 のトラブル スタックを 構 成 できない スタックを 正 常 に 構 成 できない 場 合 は,メンバスイッチの 状 態,ライセンスの 情 報,スタックポートの 状 態 の 順 に 確 認 してください 1. ログの 確 認 ログは,マニュアル メッセージ ログレファレンス を 参 照 してください 2. メンバスイッチの 状 態,オプションライセンス 情 報,スタックポートの 状 態 による 原 因 の 切 り 分 け 次 の 表 に 従 って 原 因 の 切 り 分 けを 行 ってください 表 3-6 スタックを 構 成 できない 場 合 の 対 応 方 法 項 番 確 認 内 容 コマンド 対 応 1 各 メンバスイッチで 次 のコマンドを 実 行 して,メンバスイッチの 状 態 を 確 認 してください show switch Stack status が disabled の 場 合,スタンドアロンで 動 作 中 です 運 用 コマンド set stack enable を 設 定 したあと, 装 置 を 再 起 動 して,スタッ ク 機 能 を 動 作 させてください Switch number がメンバスイッチ 間 で 重 複 している 場 合,スタックを 構 成 できません 運 用 コマンド set switch でスイッチ 番 号 を 変 更 して,メンバスイッチ 間 で スイッチ 番 号 が 重 複 しないようにしてください なお, 運 用 コマンド set switch によるスイッチ 番 号 の 変 更 を 有 効 にするに は,メンバスイッチの 再 起 動 が 必 要 です 上 記 に 該 当 しない 場 合 は 項 番 2 へ 2 各 メンバスイッチで 次 のコマンドを 実 行 して,メンバスイッチのライセ ンス 情 報 を 確 認 してください show license 各 メンバスイッチに 設 定 しているライセンスが 一 致 していない 場 合,ス タックを 構 成 できません 運 用 コマンド set license または erase license を 使 用 し,メンバスイッチ 間 でライセンスを 一 致 させてください なお,これらのコマンドで 適 用 した ライセンスキーを 有 効 にするには,メンバスイッチの 再 起 動 が 必 要 です 上 記 に 該 当 しない 場 合 は 項 番 3 へ 3 各 メンバスイッチで 次 のコマンドを 実 行 して,スタックポートの 状 態 を 確 認 してください show port show switch detail 運 用 コマンド show port の 実 行 結 果 で,Status が up ではない 場 合, イーサネットポートの 接 続 ができない を 参 照 して,イーサネットポー トの 状 態 を 確 認 してください 運 用 コマンド show port の 実 行 結 果 で Status が up の 場 合,かつ 運 用 コマ ンド show switch に detail パラメータを 指 定 した 実 行 結 果 で Status が unconnected の 場 合,スタックポートで 接 続 しているメンバスイッチ 間 で, バージョン 不 一 致 が 発 生 しているおそれがあります 運 用 コマンド show version でメンバスイッチのソフトウェアバージョンを 確 認 してください 特 定 のメンバスイッチをマスタスイッチにしたい マスタスイッチとなるメンバスイッチを 固 定 したい 場 合 は, 次 のどちらかの 方 法 でスタックを 構 成 してく ださい マスタスイッチにしたいメンバスイッチを 先 に 起 動 してください このメンバスイッチが 起 動 してマス タスイッチとなったことを 確 認 したあとで, 残 りのメンバスイッチを 起 動 してください スタック 内 に マスタスイッチが 存 在 している 場 合 は,そのマスタスイッチを 維 持 します マスタスイッチにしたいメンバスイッチのマスタ 選 出 優 先 度 を 5 以 上 に 設 定 して, 残 りのメンバスイッ チのマスタ 選 出 優 先 度 を 4 以 下 に 設 定 してください その 後,すべてのメンバスイッチを 起 動 してくだ さい マスタ 選 出 優 先 度 の 大 きいメンバスイッチをマスタスイッチに 選 出 します 20

39 3.5 ネットワークインタフェースの 通 信 障 害 イーサネットポートの 接 続 ができない 通 信 障 害 の 原 因 がイーサネットポートにあると 考 えられる 場 合 は,ポートの 状 態 を 以 下 に 従 って 確 認 して ください (1) ポートの 状 態 確 認 運 用 コマンド show port によりポート 状 態 を 確 認 してください 次 の 表 にポート 状 態 に 対 する 対 応 を 示 し ます 表 3-7 ポート 状 態 の 確 認 および 対 応 項 番 ポート 状 態 原 因 対 応 1 up 該 当 ポートは 正 常 に 動 作 中 です なし 2 down 該 当 ポートに 回 線 障 害 が 発 生 してい ます 3 inact 下 記 のどれかによって inactive 状 態 となっています 運 用 コマンド inactivate リンクアグリゲーションのスタン バイリンク 機 能 スパニングツリーの BPDU ガー ド 機 能 IEEE802.3ah/UDLD 機 能 での 障 害 検 出 L2 ループ 検 知 機 能 によってポー トを inactive 状 態 にした ストームコントロール 機 能 によっ てポートを inactive 状 態 にした SML(Split Multi Link) 機 能 4 test 運 用 コマンド test interfaces によっ て, 該 当 ポートは 回 線 テスト 中 で す 運 用 コマンド show logging によって 表 示 される 該 当 ポート のログより,マニュアル メッセージ ログレファレンス の 該 当 個 所 を 参 照 し, 記 載 されている[ 対 応 ]に 従 って 対 応 してください リンクアグリゲーションのスタンバイリンク 機 能 によって inactive 状 態 になっている 場 合 は, 正 常 な 動 作 なので, 運 用 コマンド activate で active 状 態 にしないでください スタンバイリンク 機 能 は 運 用 コマンド show channel-group で detail パラメータを 指 定 し 確 認 してくだ さい スパニングツリーの BPDU ガード 機 能 によって inactive 状 態 になっている 場 合 は, 対 向 装 置 の 設 定 を 見 直 し, 本 装 置 で BPDU を 受 信 しない 構 成 にし, 運 用 コマンド activate で 該 当 ポートを active 状 態 にしてください BPDU ガード 機 能 は 運 用 コマンド show spanning-tree で detail パラメータを 指 定 し 確 認 してください IEEE802.3ah/UDLD 機 能 で 片 方 向 リンク 障 害 または L2 ループが 検 出 されたことによって inactive 状 態 になって いる 場 合 は, 3.15 IEEE802.3ah/UDLD 機 能 の 通 信 障 害 を 参 照 してください 障 害 復 旧 後, 運 用 コマンド activate で 該 当 ポートを active 状 態 にしてください L2 ループ 検 知 機 能 によって inactive 状 態 になっている 場 合 は,ループが 発 生 する 構 成 を 変 更 した 後, 運 用 コマンド activate で 該 当 ポートを active 状 態 にしてください ま た,コンフィグレーションコマンドで loop-detection auto-restore-time が 設 定 されている 場 合 は, 自 動 的 に active 状 態 に 戻 ります ストームコントロール 機 能 によって inactive 状 態 になっ ている 場 合 は,LAN がストームから 回 復 後, 運 用 コマン ド activate で 該 当 ポートを active 状 態 にしてください SML 機 能 によって inactive 状 態 になっている 場 合 は, SML 使 用 時 の 通 信 障 害 OS-L2A を 参 照 して ください 上 記 のどれでもない 場 合 に,active 状 態 にしたいときは, 使 用 するポートにケーブルが 接 続 されていることを 確 認 の 上, 運 用 コマンド activate で 該 当 ポートを active 状 態 に してください 通 信 を 再 開 する 場 合 は, 運 用 コマンド no test interfaces で 回 線 テストを 停 止 後, 運 用 コマンド activate で 該 当 ポート を active 状 態 にしてください 21

40 項 番 ポート 状 態 原 因 対 応 5 fault 該 当 ポートのポート 部 分 のハード ウェアが 障 害 となっています 運 用 コマンド show logging によって 表 示 される 該 当 ポート のログより,マニュアル メッセージ ログレファレンス の 該 当 個 所 を 参 照 し, 記 載 されている[ 対 応 ]に 従 って 対 応 してください 6 init 該 当 ポートが 初 期 化 中 です 初 期 化 が 完 了 するまで 待 ってください 7 dis コンフィグレーションコマンド shutdown が 設 定 されています 使 用 するポートにケーブルが 接 続 されていることを 確 認 の 上,コンフィグレーションコマンドで no shutdown を 設 定 して 該 当 ポートを active 状 態 にしてください BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T のトラブル 発 生 時 の 対 応 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T でトラブルが 発 生 した 場 合 は, 以 下 の 順 序 で 障 害 の 切 り 分 けを 行 ってください 1. 運 用 ログ 情 報 の 確 認 運 用 ログ 情 報 は メッセージ ログレファレンス を 参 照 してください 2. 障 害 解 析 方 法 に 従 った 原 因 の 切 り 分 け 次 の 表 に 示 す 障 害 解 析 方 法 に 従 って 原 因 の 切 り 分 けを 行 ってください 表 BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T のトラブル 発 生 時 の 障 害 解 析 方 法 項 番 確 認 内 容 原 因 対 応 1 運 用 コマンド show interfaces の 障 害 統 計 情 報 により 該 当 回 線 で 以 下 の 統 計 情 報 がカウントさ れていないか 確 認 してく ださい カウントされて いる 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してください Link down 回 線 品 質 が 低 下 しています ケーブル 種 別 を 確 認 してください ケーブル 種 別 は ハード ウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください 本 装 置 の 設 定 が 次 の 場 合 はピンマッピングが MDI-X であるか 確 認 してください 該 当 ポートの 設 定 が 固 定 接 続 となっている 場 合 該 当 ポートの 設 定 がオートネゴシエーションかつ 自 動 MDIX 機 能 を 無 効 にしている 場 合 ケーブル 長 を 確 認 してください ケーブル 長 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください ケーブルの 接 続 が 正 しいか 確 認 してください ケーブル 接 続 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください 本 装 置 でサポートしている 接 続 インタフェースに 交 換 してくだ さい 本 装 置 でサポートしている 接 続 インタフェースは, ハードウェア 取 扱 説 明 書 および コンフィグレーションガ イド を 参 照 してください 本 装 置 の 回 線 テストを 実 行 して 受 信 側 機 能 に 問 題 ないか 確 認 し てください 運 用 コマンド no test interfaces の 実 行 結 果 を 参 照 し, 記 載 されている[ 対 策 ]に 従 って 対 応 してください 指 定 するテスト 種 別 は 5.1 回 線 をテストする を 参 照 してくだ さい 22

41 項 番 確 認 内 容 原 因 対 応 2 運 用 コマンド show interfaces の 受 信 系 エ ラー 統 計 情 報 により 該 当 回 線 で 以 下 の 統 計 情 報 が カウントされていないか 確 認 してください カウ ントされている 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してく ださい CRC errors Symbol errors 3 運 用 コマンド show interfaces により 該 当 回 線 で 回 線 種 別 / 回 線 速 度 を 確 認 してください 不 正 な 回 線 種 別 / 回 線 速 度 の 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してください 回 線 品 質 が 低 下 しています ケーブルが 適 合 していません コンフィグレー ションコマンド speed と duplex が 相 手 装 置 と 不 一 致 です ケーブル 種 別 を 確 認 してください ケーブル 種 別 は ハード ウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください 本 装 置 の 設 定 が 次 の 場 合 はピンマッピングが MDI-X であるか 確 認 してください 該 当 ポートの 設 定 が 固 定 接 続 となっている 場 合 該 当 ポートの 設 定 がオートネゴシエーションかつ 自 動 MDIX 機 能 を 無 効 にしている 場 合 ケーブル 長 を 確 認 してください ケーブル 長 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください ケーブルの 接 続 が 正 しいか 確 認 してください ケーブル 接 続 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください 本 装 置 でサポートしている 接 続 インタフェースに 交 換 してくだ さい 本 装 置 でサポートしている 接 続 インタフェースは, ハードウェア 取 扱 説 明 書 および コンフィグレーションガ イド を 参 照 してください 本 装 置 の 回 線 テストを 実 行 して 受 信 側 機 能 に 問 題 ないか 確 認 し てください 運 用 コマンド no test interfaces の 実 行 結 果 を 参 照 し, 記 載 されている[ 対 策 ]に 従 って 対 応 してください 指 定 するテスト 種 別 は 5.1 回 線 をテストする を 参 照 してくだ さい ケーブル 種 別 を 確 認 してください ケーブル 種 別 は ハード ウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください コンフィグレーションコマンド speed と duplex を 相 手 装 置 と 合 わせてください 上 記 以 外 の 場 合 オートネゴシエーションで 特 定 の 速 度 を 使 用 したい 場 合 は, オートネゴシエーションの 回 線 速 度 を 設 定 してください 詳 細 は,マニュアル コンフィグレーションガイド を 参 照 してく ださい 4 運 用 コマンド show interfaces の 障 害 統 計 情 報 によって 該 当 ポートで 以 下 の 統 計 情 報 がカウン トされていないか 確 認 し てください カウントさ れる 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してください Long frames 受 信 できるフ レーム 長 を 超 え たパケットを 受 信 しています ジャンボフレームの 設 定 を 相 手 装 置 と 合 わせてください BASE-FX 24S4X 24S4XD /1000BASE-X のトラブル 発 生 時 の 対 応 100BASE-FX 24S4X 24S4XD /1000BASE-X でトラブルが 発 生 した 場 合 は, 以 下 の 順 序 で 障 害 の 切 り 分 けを 行 ってください 1. 運 用 ログ 情 報 の 確 認 運 用 ログ 情 報 は メッセージ ログレファレンス を 参 照 してください 2. 障 害 解 析 方 法 に 従 った 原 因 の 切 り 分 け 次 の 表 に 示 す 障 害 解 析 方 法 に 従 って 原 因 の 切 り 分 けを 行 ってください 23

42 表 BASE-FX 24S4X 24S4XD /1000BASE-X のトラブル 発 生 時 の 障 害 解 析 方 法 項 番 確 認 内 容 原 因 対 応 1 運 用 コマンド show interfaces の 障 害 統 計 情 報 に より 該 当 回 線 で 以 下 の 統 計 情 報 がカウントされていな いか 確 認 してください カ ウントされている 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してくだ さい Link down 2 運 用 コマンド show interfaces の 受 信 系 エラー 統 計 情 報 により 該 当 回 線 で 以 下 の 統 計 情 報 がカウントさ れていないか 確 認 してくだ さい カウントされている 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してください CRC errors Symbol errors 3 運 用 コマンド show interfaces の 障 害 統 計 情 報 に よって 該 当 ポートで 以 下 の 統 計 情 報 がカウントされて いないか 確 認 してください カウントされる 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してくださ い Long frames BASE-BX などの 1 芯 の 光 ファイバを 使 用 してい る 場 合, 相 手 側 のトラン シーバと 組 み 合 わせが 合 っ ているか 確 認 してください 受 信 側 の 回 線 品 質 が 低 下 してい ます 受 信 側 の 回 線 品 質 が 低 下 してい ます 受 信 できるフ レーム 長 を 超 え たパケットを 受 信 しています トランシーバの 組 み 合 わせが 不 正 です 光 ファイバの 種 別 を 確 認 してください 光 アッテネータ( 光 減 衰 器 )を 使 用 している 場 合, 減 衰 値 を 確 認 してください ケーブル 長 を 確 認 してください ケーブル 長 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください ケーブルの 接 続 が 正 しいか( 半 挿 し 状 態 になっていないかなど) 確 認 してください ケーブル 接 続 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください また,ケーブルの 端 面 が 汚 れていないか 確 認 してください 汚 れている 場 合, 汚 れを 拭 き 取 ってくださ い トランシーバ (SFP) の 接 続 が 正 しいか( 半 挿 し 状 態 になってい ないかなど) 確 認 してください 相 手 装 置 のセグメント 規 格 と 合 わせてください 光 レベルが 正 しいか 確 認 してください 本 装 置 の 回 線 テストを 実 行 して 受 信 側 機 能 に 問 題 ないか 確 認 し てください 運 用 コマンド no test interfaces の 実 行 結 果 を 参 照 し, 記 載 されている[ 対 策 ]に 従 って 対 応 してください 指 定 するテスト 種 別 は 5.1 回 線 をテストする を 参 照 してくだ さい 光 ファイバの 種 別 を 確 認 してください 光 アッテネータ( 光 減 衰 器 )を 使 用 している 場 合, 減 衰 値 を 確 認 してください ケーブル 長 を 確 認 してください ケーブル 長 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください ケーブルの 接 続 が 正 しいか 確 認 してください ケーブル 接 続 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください また,ケー ブルの 端 面 が 汚 れていないか 確 認 してください 汚 れている 場 合, 汚 れを 拭 き 取 ってください トランシーバ (SFP) の 接 続 が 正 しいか 確 認 してください 相 手 装 置 のセグメント 規 格 と 合 わせてください 光 レベルが 正 しいか 確 認 してください 本 装 置 の 回 線 テストを 実 行 して 受 信 側 機 能 に 問 題 ないか 確 認 し てください 運 用 コマンド no test interfaces の 実 行 結 果 を 参 照 し, 記 載 されている[ 対 策 ]に 従 って 対 応 してください 指 定 するテスト 種 別 は 5.1 回 線 をテストする を 参 照 してくだ さい ジャンボフレームの 設 定 を 相 手 装 置 と 合 わせてください 1000BASE-BX を 使 用 する 場 合,トランシーバは U タイプと D タイプを 対 向 して 使 用 する 必 要 があります トランシーバの 種 別 が 正 しいか 確 認 してください 24

43 項 番 確 認 内 容 原 因 対 応 5 24S4X 24S4XD 100BASE-FX を 使 用 してい る 場 合, 運 用 コマンド show interfaces のポート detail 情 報 によって 該 当 ポートで 回 線 種 別 / 回 線 速 度 を 確 認 して ください 不 正 な 回 線 種 別 / 回 線 速 度 の 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してください 6 ポートの LINK LED が 緑 点 滅 している 場 合 は,ケーブ ルやトランシーバの 状 態 を 確 認 してください コンフィグレー ションコマンド speed,duplex, の 設 定 が 不 正 で す ポートのリンク アップ ダウン 検 出 が 頻 発 して います コンフィグレーションコマンドで 下 記 を 設 定 してください speed:100 duplex:full 光 ファイバの 種 別 を 確 認 してください ケーブルの 接 続 が 正 しいか 確 認 してください ケーブル 接 続 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください また,ケー ブルの 端 面 が 汚 れていないか 確 認 してください 汚 れている 場 合, 汚 れを 拭 き 取 ってください トランシーバ (SFP) の 接 続 が 正 しいか 確 認 してください GBASE-R のトラブル 発 生 時 の 対 応 10G モデル 10GBASE-R でトラブルが 発 生 した 場 合 は, 以 下 の 順 序 で 障 害 の 切 り 分 けを 行 ってください 1. 運 用 ログ 情 報 の 確 認 運 用 ログ 情 報 は メッセージ ログレファレンス を 参 照 してください 2. 障 害 解 析 方 法 に 従 った 原 因 の 切 り 分 け 次 の 表 に 示 す 障 害 解 析 方 法 に 従 って 原 因 の 切 り 分 けを 行 ってください 表 GBASE-R のトラブル 発 生 時 の 障 害 解 析 方 法 10G モデル 項 番 確 認 内 容 原 因 対 応 1 運 用 コマンド show interfaces の 障 害 統 計 情 報 に より 該 当 回 線 で 以 下 の 統 計 情 報 がカウントされていな いか 確 認 してください カ ウントされている 場 合, 原 因 と 対 応 欄 を 参 照 してくだ さい Link down 受 信 側 の 回 線 品 質 が 低 下 してい ます 光 ファイバの 種 別 を 確 認 してください 光 アッテネータ( 光 減 衰 器 )を 使 用 している 場 合, 減 衰 値 を 確 認 してください ケーブル 長 を 確 認 してください ケーブル 長 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください ケーブルの 接 続 が 正 しいか( 半 挿 し 状 態 になっていないかなど) 確 認 してください ケーブル 接 続 は ハードウェア 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください また,ケーブルの 端 面 が 汚 れていないか 確 認 してください 汚 れている 場 合, 汚 れを 拭 き 取 ってくださ い トランシーバの 接 続 が 正 しいか( 半 挿 し 状 態 になっていないか など) 確 認 してください トランシーバを 相 手 装 置 のセグメント 規 格 と 合 わせてくださ い 光 レベルが 正 しいか 確 認 してください 本 装 置 の 回 線 テストを 実 行 して 受 信 側 機 能 に 問 題 ないか 確 認 し てください 運 用 コマンド no test interfaces の 実 行 結 果 を 参 照 し, 記 載 されている[ 対 策 ]に 従 って 対 応 してください 指 定 するテスト 種 別 は 5.1 回 線 をテストする を 参 照 してくだ さい 25

AirMac ネットワーク for Windows

AirMac ネットワーク for Windows AirMac for Windows Windows XP Windows 2000 1 1 5 6 AirMac 6 7 AirMac Extreme AirMac Express 7 AirMac for Windows 7 AirMac Express 8 AirMac 9 AirTunes 9 AirMac Extreme 10 2 11 AirMac 11 AirMac 12 AirMac

More information

UsersGuide_INR-HG5497c_.doc

UsersGuide_INR-HG5497c_.doc UPS / Web/SNMP VCCI A Web/SNMP... 1.. WEB...1.. SNMP...1.. NETSHUT...1.. 100BASE-TX...1... 2 Web... 4.....5.....7......7......8......9.. UPS...10... UPS...10...13......14......14...15......17......17..

More information

Teradici Corporation #101-4621 Canada Way, Burnaby, BC V5G 4X8 Canada p +1 604 451 5800 f +1 604 451 5818 www.teradici.com Teradici Corporation Teradi

Teradici Corporation #101-4621 Canada Way, Burnaby, BC V5G 4X8 Canada p +1 604 451 5800 f +1 604 451 5818 www.teradici.com Teradici Corporation Teradi PCoIP TER0806003 TER0806003 Issue 2 0 Teradici Corporation #101-4621 Canada Way, Burnaby, BC V5G 4X8 Canada p +1 604 451 5800 f +1 604 451 5818 www.teradici.com Teradici Corporation Teradici Teradici Teradici

More information

2 1: OSI OSI,,,,,,,,, 4 TCP/IP TCP/IP, TCP, IP 2,, IP, IP. IP, ICMP, TCP, UDP, TELNET, FTP, HTTP TCP IP

2 1: OSI OSI,,,,,,,,, 4 TCP/IP TCP/IP, TCP, IP 2,, IP, IP. IP, ICMP, TCP, UDP, TELNET, FTP, HTTP TCP IP 1.,.. 2 OSI,,,,,,,,, TCP/IP,, IP, ICMP, ARP, TCP, UDP, FTP, TELNET, ssh,,,,,,,, IP,,, 3 OSI OSI(Open Systems Interconnection: ). 1 OSI 7. ( 1) 4 ( 4),,,,.,.,..,,... 1 2 1: OSI OSI,,,,,,,,, 4 TCP/IP TCP/IP,

More information

Cisco 1711/1712セキュリティ アクセス ルータの概要

Cisco 1711/1712セキュリティ アクセス ルータの概要 CHAPTER 1 Cisco 1711/1712 Cisco 1711/1712 Cisco 1711/1712 1-1 1 Cisco 1711/1712 Cisco 1711/1712 LAN Cisco 1711 1 WIC-1-AM WAN Interface Card WIC;WAN 1 Cisco 1712 1 ISDN-BRI S/T WIC-1B-S/T 1 Cisco 1711/1712

More information

CONTENTS Networking Networking03 Case.1 EnSEC0 Case.2 Advantage05 Case.3 05 Case. 06 Case.5 RFID 06 Case.6 SecureVoIP07 Case

CONTENTS Networking Networking03 Case.1 EnSEC0 Case.2 Advantage05 Case.3 05 Case. 06 Case.5 RFID 06 Case.6 SecureVoIP07 Case http://www.apresia.jp 9001700 03-5256-319 035256-319 03631-19 CAT.NO.N200F Printed in Japan 07-06T 2007.6 CONTENTS 01 01 01 02 03 Networking Networking03 Case.1 EnSEC0 Case.2 Advantage05 Case.3 05 Case.

More information

MR1000 コマンド設定事例集

MR1000 コマンド設定事例集 V21 LAN 2005 1 2005 3 2 Microsoft Corporation OMRON Corporation 2004-2005 All Rights Reserved. 2 V21... 2... 6... 6... 6... 6 1... 7 1.1 LAN... 8 1.2 CATV... 10 1.3 LAN... 12 1.4 IPv4 IPv6... 14 1.5...

More information

[ 参照規格一覧 ] JIS C5973 (F04 形単心光ファイバコネクタ ) JIS C6835 ( 石英系シングルモード光ファイバ素線 1991) JIS C6832 ( 石英系マルチモード光ファイバ素線 1995) IETF RFC791(Internet Protocol

[ 参照規格一覧 ] JIS C5973 (F04 形単心光ファイバコネクタ ) JIS C6835 ( 石英系シングルモード光ファイバ素線 1991) JIS C6832 ( 石英系マルチモード光ファイバ素線 1995) IETF RFC791(Internet Protocol 技術的条件集別表 26.1 IP 通信網 ISP 接続用ルータ接続インタフェース仕様 ( IPv4 PPPoE 方式 -IPv6 機能部 ) 注 : 本別表については NTT 西日本のみの適用です [ 参照規格一覧 ] JIS C5973 (F04 形単心光ファイバコネクタ 1998.5.20) JIS C6835 ( 石英系シングルモード光ファイバ素線 1991) JIS C6832 ( 石英系マルチモード光ファイバ素線

More information

TCP/IP Protocols and Services

TCP/IP Protocols and Services 00ィイ09020102ィェィィ02 070905ィョ00ィィ 09 Internet 02ィ ィエ06 0607ィィ09ィ ィェィィ02 ィェィ TCP/IP 070806ィー06ィコ0605ィィ TCP 070806ィー06ィコ0605 IP 070806ィー06ィコ0605 Ethernet 070806ィー06ィコ0605 TCP/IP 05ィーィ ィェ01ィ 08ィーィィ (RFC) 00ィ

More information

2/5ページ 5 L2スイッチにVLAN20を 作 成 し fa0/1ポートと 関 連 付 けを 行 う 際 不 要 なコマンドを 選 びなさい 1. switch(config)#vlan 20 2. switch(config-if)#switchport mode trunk 3. switc

2/5ページ 5 L2スイッチにVLAN20を 作 成 し fa0/1ポートと 関 連 付 けを 行 う 際 不 要 なコマンドを 選 びなさい 1. switch(config)#vlan 20 2. switch(config-if)#switchport mode trunk 3. switc 1/5ページ プレポスト LAN/WANの 構 築 実 習 実 践 トレーニング (Cisco 編 ) 受 講 日 程 受 講 番 号 氏 名 1 show running-configコマンドが 実 行 できるコンフィグレーションモードとして 適 切 なものを 選 びなさい 1. ルータコンフィグモード 2. ユーザーEXECモード 3. 特 権 EXECモード 4. グローバルコンフィグレーションモード

More information

untitled

untitled FutureNet Microsoft Corporation Microsoft Windows Windows 95 Windows 98 Windows NT4.0 Windows 2000, Windows XP, Microsoft Internet Exproler (1) (2) (3) COM. (4) (5) ii ... 1 1.1... 1 1.2... 3 1.3... 6...

More information

httpredchk-j.pdf

httpredchk-j.pdf LocalDirector での HTTP リダイレクションの 設 定 方 法 (サーバ のアベイラビリティをチェックする) 目 次 概 要 ネットワーク ダイアグラム サーバのアベイラビリティをチェックする HTTP リダイレクションの 設 定 方 法 show コマンドとその 出 力 例 show version コマンド show configuration コマンド show statistics

More information

2008, 2009 TOSHIBA TEC CORPORATION All rights reserved

2008, 2009 TOSHIBA TEC CORPORATION All rights reserved 2008, 2009 TOSHIBA TEC CORPORATION All rights reserved 1 2 3 1 2 ... 1 1... 8... 9... 18... 24... 25... 30... 31... 34... 37 E... 67 Bluetooth BIP... 68 2... 71... 73... 100 3 ... 132... 134... 136 E...

More information

Microsoft Word - AR415Sリリースノート(Ver2.9.2-09).doc

Microsoft Word - AR415Sリリースノート(Ver2.9.2-09).doc サザンクロスルータシステム AR415S ファームウェアリリースノート Version 2.9.2-09 Ver.2.9.2-09 以 下 のとおり 機 能 追 加 機 能 改 善 が 行 われました 1. 本 バージョンで 仕 様 変 更 された 機 能 (1)AS 番 号 IT ADD BGP PEER コマンド/SET BGP PEER コマンドのREMOTEAS パラメーター SET IP

More information

VoIP Broadcasting System 2/2 IP Convergence Communication Solution IP paradigm Integration & Management VoIP IP VoIP VoIP IT < 02-06-12>

VoIP Broadcasting System 2/2 IP Convergence Communication Solution IP paradigm Integration & Management VoIP IP VoIP VoIP IT < 02-06-12> 2003. 5. 22 AddPac Technology Proprietary VoIP Broadcasting System 2/2 IP Convergence Communication Solution IP paradigm Integration & Management VoIP IP VoIP VoIP IT < 02-06-12> 8Khz 16Khz CDMA ADSL VoIP

More information

変 更 (C)... ボタンをクリックする コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウが 新 規 に 開 く (5-1) コンピュータ 名 の 変 更 コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウで コンピュータ 名 (C): 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁

変 更 (C)... ボタンをクリックする コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウが 新 規 に 開 く (5-1) コンピュータ 名 の 変 更 コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウで コンピュータ 名 (C): 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁 2007 WinVista08 (2007-04-17 版 ) Microsoft Windows Vista でのネットワークの 設 定 エクスプローラ 関 連 の 設 定 の 続 き < 主 な 設 定 値 > ホスト 名 : s07 ( 1) 1 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁 の 数 字 ) 2 グループの 学 生 s071?? (??は 学

More information

untitled

untitled CHAPTER 10 IP Virtual Routing and Forwarding VRF Provider Edge PE; VRF PE VRF PE Cisco 10000 IP ODAP p.10-5 IP p.10-18 IP Cisco 10000 Virtual Private Network VPN; IP On-demand Address Pool [ODAP] IP p.10-2

More information

PRIMERGY BX600 スイッチブレード(1Gbps)(PG-SW107) コマンド設定事例集

PRIMERGY BX600 スイッチブレード(1Gbps)(PG-SW107) コマンド設定事例集 PRIMERGY BX600 スイッチブレード(1Gbps)(PG-SW107)コマンド 設 定 事 例 集 本 書 の 構 成 本 書 をお 読 みになる 前 に 安 全 にお 使 いいただくための 注 意 事 項 や 本 書 の 表 記 について 説 明 しています 必 ず お 読 みください 第 1 章 VLAN 機 能 を 使 う ここでは パケットを VLAN で 送 受 信 する 場 合

More information

Microsoft PowerPoint - US291-2016-02-kakeya-win10.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - US291-2016-02-kakeya-win10.ppt [互換モード] 雲 南 夢 ネットインターネット 接 続 サービス 設 定 手 順 書 ( 掛 合 中 継 所 用 ) Windows 10 版 雲 南 市 飯 南 町 事 務 組 合 US291-2016-02 設 定 手 順 書 の 構 成 導 入 編 設 定 を 行 う 前 にお 読 みください 1 ケーブルモデムの 設 置 ケーブルモデムの 概 要 と 接 続 についてご 説 明 いたします 設 定 手 順

More information

はじめに IRASⅡ(IPsec Remote Access ServiceⅡ)は インターネット 暗 号 化 技 術 (IPsec)により お 客 様 ネットワークにセキュアなリモ-トアクセス 環 境 を 提 供 いたします IRASⅡハードウェアクライアン トでは Cisco Systems の

はじめに IRASⅡ(IPsec Remote Access ServiceⅡ)は インターネット 暗 号 化 技 術 (IPsec)により お 客 様 ネットワークにセキュアなリモ-トアクセス 環 境 を 提 供 いたします IRASⅡハードウェアクライアン トでは Cisco Systems の IRASⅡ (IPsec Remote Access Service Ⅱ) お 客 様 調 査 マニュアル WEB 調 査 版 -1- はじめに IRASⅡ(IPsec Remote Access ServiceⅡ)は インターネット 暗 号 化 技 術 (IPsec)により お 客 様 ネットワークにセキュアなリモ-トアクセス 環 境 を 提 供 いたします IRASⅡハードウェアクライアン トでは

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

橡sirahasi.PDF

橡sirahasi.PDF Internet Week 2000 T5 IPsec VPN 2000/12/18 1 Virtual Private Network 2 IPsec 3 IPsec VPN 4 IPsec VPN 2 1 Virtual Private Network 3 Ethernet, WAN PPTP(PPP) IPSec SSL/TLS SOCKS V5 SSH, SSL-Telnet, PET PGP,

More information

アドレス プールの設定

アドレス プールの設定 CHAPTER 9 IP Virtual Routing and Forwarding VRF Provider Edge PE; VRF PE VRF PE Cisco 10000 ESR IP ODAP p.9-5 IP p.9-17 IP Cisco 10000 ESR Virtual Private Network VPN; IP ODAP IP Cisco 10000 ESR 9-1 9

More information

はじめに 本 説 明 書 は Web Caster 600MSにおいて Universal Plug&Play(UPnP)を 利 用 するための 設 定 方 法 につ いて 説 明 したものです Web Caster 600MS 本 体 に 添 付 されている 取 扱 説 明 書 とあわせてお 読

はじめに 本 説 明 書 は Web Caster 600MSにおいて Universal Plug&Play(UPnP)を 利 用 するための 設 定 方 法 につ いて 説 明 したものです Web Caster 600MS 本 体 に 添 付 されている 取 扱 説 明 書 とあわせてお 読 Web Caster 600MS Universal Plug & Play(UPnP UPnP) 使 用 説 明 書 はじめに 本 説 明 書 は Web Caster 600MSにおいて Universal Plug&Play(UPnP)を 利 用 するための 設 定 方 法 につ いて 説 明 したものです Web Caster 600MS 本 体 に 添 付 されている 取 扱 説 明 書

More information

(Microsoft PowerPoint - MW2201B\221\200\215\354\220\340\226\276.pptx)

(Microsoft PowerPoint - MW2201B\221\200\215\354\220\340\226\276.pptx) 無 線 LANアクセスポイント MW2201B 操 作 説 明 2015 NECマグナスコミュニケーションズ 株 式 会 社 目 次 1. 装 置 概 要 2. 本 体 各 部 /LEDの 名 称 3. 機 器 取 り 付 け 4. 設 定 用 PCの 接 続 5. 設 定 の 初 期 化 方 法 2 NEC Corporation 2015 NEC Group Internal Use Only

More information

R70_Software_Manual_JP1.3

R70_Software_Manual_JP1.3 R70 Ethernet CAN (1.3 JP) R70 Ethernet CAN Version 1.3 JP, 08/2008, DOC01816 Copyright 2008 by d&b audiotechnik GmbH; all rights reserved. d&b audiotechnik GmbH Eugen-Adolff-Strasse 134, D-71522 Backnang,

More information

検疫ソリューションガイド(QuOLA@adapter編)

検疫ソリューションガイド(QuOLA@adapter編) AX シリーズ 検 疫 ソリューションガイド (QuOLA@Adapter 編 ) 初 版 Copyright 2008, ALAXALA Networks Corporation. All rights reserved. はじめに 本 ガイドは 日 立 電 線 ネットワークス 株 式 会 社 製 の QuOLA@Adapter と AX シリーズ(AX1230S / AX2430S / AX3630S

More information

HP MSM Controller シリーズ

HP MSM Controller シリーズ HP MSM Controller HP IEEE 802.11a/b/g/n 11ac LAN HP MSM Controller HP LAN MSM RRM IDS HP425/MSM430/MSM46x / AAA VLAN Wi-Fi Clear Connect LAN HP425/MSM430/MSM46x Wi-Fi Wi-Fi HP 425 MSM430 MSM46x LAN RRM

More information

完成卒論.PDF

完成卒論.PDF LAN 4 9920449 2 0 LAN Bluetooth LAN 1 LAN LAN LAN LAN 2 LAN Bluetooth LAN Bluetooth 3 Bluetooth 4 Bluetooth 5 Bluetooth Bluetooth 6 LAN Bluetooth LAN LocalAreaNetwork 1 LAN LAN LAN LAN Ethernet Ethernet

More information

LAN IP MAC IP MAC MAC IP IP IP IP IP IP [1][2][3] [4][5] IP IP IP IP (MARS MAC Address Reporting System) [6] IP IP MAC 2 MAC MATT MAC Address Tracing

LAN IP MAC IP MAC MAC IP IP IP IP IP IP [1][2][3] [4][5] IP IP IP IP (MARS MAC Address Reporting System) [6] IP IP MAC 2 MAC MATT MAC Address Tracing 学 術 情 報 処 理 研 究 No.18 2014 pp.81 89 MARS Design, Implementation and its Operation of MARS: the terminal monitoring system in Local Area Network, Yutaka KAWAHASHI, Shou SAKATA yutaka@center.wakayama-u.ac.jp,

More information

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 フリーウェイマイナンバー 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 員 用 を 参 照 してください 改 訂 履 歴 版 数

More information

$ ifconfig lo Link encap: inet : : inet6 : ::1/128 : UP LOOPBACK RUNNING MTU:65536 :1 RX :8 :0 :0 :0 :0 TX :8 :0 :0 :0 :0 (Collision

$ ifconfig lo Link encap: inet : : inet6 : ::1/128 : UP LOOPBACK RUNNING MTU:65536 :1 RX :8 :0 :0 :0 :0 TX :8 :0 :0 :0 :0 (Collision 2 (1) (2)PC [1], [2], [3] 2.1 OS ifconfig OS 2.1 ifconfig ( ) ifconfig -a 2.1 PC PC eth0, eth1, lo 3 13 $ ifconfig lo Link encap: inet :127.0.0.1 :255.0.0.0 inet6 : ::1/128 : UP LOOPBACK RUNNING MTU:65536

More information

PCSK2のご紹介

PCSK2のご紹介 学 校 内 PCのセキュリティと 環 境 維 持 管 理 に ご 紹 介 資 料 Copyright 2011 Zetta Technology Inc. All rights Reserved. 本 資 料 の 無 断 転 載 複 写 を 禁 じます. 学 校 内 PCの 管 理 ポイント 教 育 の 情 報 化 に 伴 う 情 報 セキュリティ 製 品 概 要 ウィルス 対 策 情 報 漏 洩

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

RT58i 接続ガイド

RT58i 接続ガイド VoIP 4 5 50 2 TEL DSU VoIP VoIP AC P12V0.95A 1 1 CD-ROM 1 1 RT58i ADSL/B ISDN 15 17 23 24 25 28 30 36 43 CD-ROM VoIP CD-ROM H CD-ROM PDF PDF Adobe Adobe Reader Adobe Reader Adobe Web Adobe ReaderAdobe

More information

FUJITSU Network SR-M SR-M20AP1 ご利用にあたって

FUJITSU Network SR-M SR-M20AP1 ご利用にあたって SR-M20AP1 P3NK-4122-02Z0 FUJITSU Network SR-M SR-M 20AP1 V02 LAN 2010 4 2014 8 2 Microsoft Corporation Copyright FUJITSU LIMITED 2010-2014 2 ...2...5...5...5...5...6...7...8...8...11...11...11...11...11...12...12...12...12...12...12

More information

100 6, , ,800 QoS QoS 802.1X Web IPv6 QoS 802.1X ACL SNMP Web IPv6 1 Web 3

100 6, , ,800 QoS QoS 802.1X Web IPv6 QoS 802.1X ACL SNMP Web IPv6 1 Web 3 Cisco For Small Business 2012.5-8 Web 100 6,800 200 30,800 300 41,800 QoS QoS 802.1X Web IPv6 QoS 802.1X ACL SNMP Web IPv6 1 Web 3 RV 31,800 WebEx Meeting Center 46,800 132,000 66,000 2 WAN LAN GbE 4LANGbE

More information

Si-R30取扱説明書

Si-R30取扱説明書 IP 317 318 IP 319 322 327 332 335 337 339 339 340 342 DNS ProxyDNS 344 DNS 344 DNS 348 DNS 349 DNS 350 DHCP 352 DHCP 353 DHCP 355 NAT 35 NAT 359 30 34 ID 38 371 374 CBCP 375 CBCP 377 379 380 TA 382 URL

More information

STP.dvi

STP.dvi ... 3... 3... 3... 4... 4... 4... 7 Multiple STP.... 11 MST... 11 MST... 12 CIST... 13... 13... 13... 15... 15... 19... 19 ACTIVATE MSTP.... 20 ACTIVATE RSTP.... 21 ACTIVATE STP..... 22 ADD MSTP... 23

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 共 通 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word Internet

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

DNS設定ツールご利用マニュアル

DNS設定ツールご利用マニュアル DNS 設 定 ツール 操 作 マニュアル 平 成 26 年 5 月 12 日 第 1.3 版 アルテリア ネットワークス 株 式 会 社 目 次 1. はじめに... 3 2. 動 作 環 境 と 操 作 上 の 注 意 事 項... 3 2.1. 動 作 環 境... 3 2.2. 操 作 上 の 注 意 事 項... 3 3. 開 始 と 終 了... 4 3.1. 開 始... 4 3.2.

More information

SR-S724TC1/324TC1 セキュアスイッチ ご利用にあたって

SR-S724TC1/324TC1 セキュアスイッチ ご利用にあたって SR-S724TC1/324TC1 P3NK-3752-06Z0 724TC1/324TC1 V13 2009 11 2010 7 2 2010 11 3 2011 3 4 2011 6 5 2012 7 6 Microsoft Corporation Copyright FUJITSU LIMITED 2009-2012 2 ...2...5...5...5...5...6...7...8...8...11...11...11...11...11...11...12...12...12...12...13...13...13

More information

untitled

untitled 25: Part ( ) Chief Technology Officer mshindo@fivefront.com SNMP MRTG HP/OV RMON INTERNET WEEK 2006/12/08 Copyright 2006 Fivefront Corporation, All Rights Reserved. 2 1 SNMP IfInUcastPkts, IfOutUcastPkts

More information

Microsoft Word - eラーニングFAQ_final.docx

Microsoft Word - eラーニングFAQ_final.docx ログインについて Q1 パスワードを 忘 れました A1 パスワードを 忘 れた 方 は ログイン 画 面 の パスワードを 忘 れた 方 はこ ちら からお 問 い 合 わせいただくか 下 記 より E-mail でお 問 い 合 わせください お 問 い 合 わせ 先 株 式 会 社 CGI Q2 ログインのとき ユーザーIDやパスワードの 大 文 字 と 小 文 字 は 区 別 さ れますか?

More information

EX2200 Ethernet Switch

EX2200 Ethernet Switch / 4 Pay as you grow 2 3 10/100/1000BASE-T 24 48 PoE Power over Ethernet / 4 PoE 405 W 802.3af 3 PoE 15.4 W 802.3at PoE+ 30 W IEEE 802.11n WLAN LAN SFP Small Form Factor Pluggable GbE 4 GbE 2 25.43 cm 10

More information

目 次 1. はじめに 用 語 説 明 サポートするFC SAN 接 続 方 法 と 推 奨 するFC SAN 接 続 方 法 G HBA 直 結 接 続 FCスイッチ 経 由 接 続... 7

目 次 1. はじめに 用 語 説 明 サポートするFC SAN 接 続 方 法 と 推 奨 するFC SAN 接 続 方 法 G HBA 直 結 接 続 FCスイッチ 経 由 接 続... 7 ホワイトペーパー Hitachi Gigabit Fibre Channel アダプタ - FC SAN 接 続 に 関 する 推 奨 設 定 - 2014 年 4 月 発 行 株 式 会 社 日 立 製 作 所 1 / 18 Copyright 2014 Hitachi, Ltd. All rights reserved 目 次 1. はじめに... 3 2. 用 語 説 明... 4 3. サポートするFC

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

1 全 国 データベースの 概 要 1.1 全 国 データベースについて 1-2 1.2 全 国 データベースの 機 能 1-5 1.3 全 体 マップ 1-7 1.4 物 件 種 別 と 物 件 種 目 1-13

1 全 国 データベースの 概 要 1.1 全 国 データベースについて 1-2 1.2 全 国 データベースの 機 能 1-5 1.3 全 体 マップ 1-7 1.4 物 件 種 別 と 物 件 種 目 1-13 基 本 編 1 全 国 データベースの 概 要 1-1 2 全 国 データベースを 始 める 2-1 3 基 本 操 作 を 知 ろう 3-1 1 全 国 データベースの 概 要 1.1 全 国 データベースについて 1-2 1.2 全 国 データベースの 機 能 1-5 1.3 全 体 マップ 1-7 1.4 物 件 種 別 と 物 件 種 目 1-13 1 全 国 データベースの 概 要 1.1

More information

A book

A book Hitachi Multi Payment Network communications server 3000-3-493-40 P-1B43-6111 Hitachi Multi Payment Network communications server Base 01-03( OS HP-UX 11.0 HP-UX 11i) P-1B43-6311 Hitachi Multi Payment

More information

2002 Compaq Information Technologies Group, L.P. 2002 Compaq Compaq SANworks StorageWorks Compaq Information Technologies Group, L.P. Microsoft Window

2002 Compaq Information Technologies Group, L.P. 2002 Compaq Compaq SANworks StorageWorks Compaq Information Technologies Group, L.P. Microsoft Window SANworks by Compaq - : EK-DRMWD-AJ. D01 3 2002 5 : ACS V8.6-4P SANworks DRM Web http://www.compaq. com/products/sanworks/drm/index.html 2002 Compaq Information Technologies Group, L.P. 2002 Compaq Compaq

More information

ACLsamples.pdf

ACLsamples.pdf 一 般 的 に 使 用 される IP ACL の 設 定 目 次 概 要 前 提 条 件 要 件 使 用 するコンポーネント 表 記 法 設 定 例 特 定 のホストによるネットワーク アクセスの 許 可 特 定 のホストによるネットワーク アクセスの 拒 否 連 続 した IP アドレスの 範 囲 へのアクセスの 許 可 Telnetトラフィック(TCP ポート23) を 拒 否 する 方 法 内

More information

nakayama15icm01_l7filter.pptx

nakayama15icm01_l7filter.pptx Layer-7 SDN SDN NFV 50 % 3 MVNO 1 2 ICM @ 2015/01/16 2 1 1 2 2 1 2 2 ICM @ 2015/01/16 3 2 Service Dependent Management (SDM) SDM Simple Management of Access-Restriction Translator Gateway (SMART-GW) ICM

More information

SR-Sシリーズ セキュアスイッチ コマンド設定事例集

SR-Sシリーズ セキュアスイッチ コマンド設定事例集 SR-S P3NK-3822-06Z0 V13 SR-S V13 2009 11 2010 7 2 2010 10 3 2012 7 4 2012 9 5 2013 1 6 Microsoft Corporation Copyright FUJITSU LIMITED 2009-2013 2 SR-S V13...2...6...6...7...8 1 VLAN...9 1.1 VLAN...9 1.2

More information

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7 インストールマニュアル 第 4 版 2016/8/16 はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

More information

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定)

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定) HTG-35U ブルーバック 表 示 の 手 順 書 概 要 本 書 は HTG-35U にてブルーバックの 画 面 を 出 力 するための 手 順 書 です HTG-35U のビットマップ 出 力 機 能 及 び 固 定 文 字 表 示 機 能 を 使 用 してブルーバックの 表 示 を 設 定 します また ブルーバックの 表 示 / 非 表 示 をタイマーで 自 動 に 切 り 替 えを 行

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

 <基礎領域>

 <基礎領域> 1. 科 目 コード 1223 2. 科 目 名 情 報 ネットワーク 特 別 実 験 1(Advanced Experiments in Information Network 1) 3. 担 当 教 員 赤 松 徹 (Toru AKAMATSU) 4. 開 講 期 秋 1 期 (( 昼 ) 火 曜 4-5 時 限 金 曜 4-5 時 限 ( 夜 ) 火 曜 6-7 時 限 金 曜 6-7 時 限

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

2 BIG-IP 800 LTM v HF2 V LTM L L L IP GUI VLAN.

2 BIG-IP 800 LTM v HF2 V LTM L L L IP GUI VLAN. BIG-IP800 LTM v11.4.0 HF2 V1.0 F5 Networks Japan 2 BIG-IP 800 LTM v11.4.0 HF2 V1.0...1 1....3 1.1. LTM...3 2. L3...4 2.1. L3...4 2.2. L3...5 3....6 3.1....6 3.1.1. IP...6 3.1.2. GUI...10 3.1.3. VLAN...19

More information

同 期 を 開 始 する( 初 期 設 定 ) 2 1 Remote Link PC Sync を 起 動 する 2 1 接 続 機 器 の [PIN コード ] [ ユーザー 名 ] [ パスワード ] を 入 力 する [PIN コード ] などの 情 報 は 接 続 機 器 の 設 定 画 面

同 期 を 開 始 する( 初 期 設 定 ) 2 1 Remote Link PC Sync を 起 動 する 2 1 接 続 機 器 の [PIN コード ] [ ユーザー 名 ] [ パスワード ] を 入 力 する [PIN コード ] などの 情 報 は 接 続 機 器 の 設 定 画 面 画 面 で 見 る マ ニ ュ ア ル Remote Link 3 対 応 自 動 同 期 アプリ Remote Link PC Sync Remote Link PC Sync は 接 続 機 器 とパソコンとの 間 でファイルの 自 動 同 期 をするアプリです 本 アプリサイトの 対 応 製 品 型 番 に 記 載 された 機 器 動 作 環 境 機 種 OS Windows 8.1(32/64

More information

AXシリーズ 簡易設定例集

AXシリーズ 簡易設定例集 AX シリーズ設定例集 初版 (Rev.1) アラクサラネットワークス株式会社 はじめに この設定例集では AX シリーズのコンフィグ設定を簡潔に説明しています 本設定例集では複数の製品シリーズ (AX6700S/AX6300S/AX3600S/AX2400S/AX1200S) を用いてネットワークを構築しております なお AX1200S シリーズでは AX1230S での設定例を示し AX1240S

More information

NEC Storage series NAS Device

NEC Storage series NAS Device NEC Storage NV Series NAS Device Guide for Oracle Storage Compatibility Program Snapshot Technologies is-wp-04-001 Rev-1.00(J) Oct, 2004 NEC Solutions NEC Corporation. - 1 - Copyright 2004 NEC Corporation

More information

FlexNetViewer HD 本体管理ユーティリティ

FlexNetViewer HD 本体管理ユーティリティ FlexNetViewer HD 本 体 管 理 ユーティリティ 本 書 の 内 容 の 全 部 または 一 部 を 無 断 で 転 載 することは 禁 止 されています 本 書 の 内 容 に 関 しては 将 来 予 告 なしに 変 更 することがあります 本 書 の 内 容 については 万 全 を 期 しておりますが 万 一 ご 不 審 な 点 や 記 載 もれなどお 気 づきのことがありま したら

More information

IEEE e

IEEE e 2007 IEEE 802.11e LAN VoIP 2008 2 4 3606U075-2 1 5 1.1...................................... 5 1.2...................................... 5 1.3..................................... 6 2 IEEE 802.11e LAN

More information

LHD-LAN ...[.U.[.Y.}.j...A.. V05.p65

LHD-LAN ...[.U.[.Y.}.j...A.. V05.p65 LHD-LAN -2- LHD-LAN LHD-LAN Mac OS 9 Mac OS 9 Mac OS 9 Mac OS 9-3- 1 Windows LHD-LAN CD- ROM 1. 1. 2. 2. Mac OS X LHD-LAN CD- ROM 1. 2. Mac OS X 3. 1.CD-ROM 2.Mac OS X 3. -4- 2 1. 2. 3 LHD-LAN 4 OK LHD-LAN

More information

CFX2000 サーバ収容スイッチ ご使用になる前に

CFX2000 サーバ収容スイッチ ご使用になる前に CFX2000 TA90002-3860 CFX2000 V01 2013 4 Copyright FUJITSU LIMITED 2013 2 ...2...5...5...5...5...6...6...9...9...9...9...9...10...10...10...10...11 1... 12 1.1...13 1.1.1...13 1.1.2 PSU/FAN...15 1.1.3...18

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

rzakg.ps

rzakg.ps IBM Systems - iseries DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) 5 4 IBM Systems - iseries DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) 5 4 65 IBM i5/os ( 5722-SS1) 5 4 0 RISC CISC URL http://www.ibm.com/jp/manuals/main/mail.html

More information

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?.

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?. よこしん 外 為 インターネットバンキング 基 本 操 作 編 最 終 更 新 日 :2014 年 12 月 25 日 目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?...

More information

template.dvi

template.dvi XXXII 76 IETF SIGGRAPH ASIA2009 W I D E P R O J E C T 32 76 IETF SIGGRAPH ASIA2009 1 IETF76 IETF 7 IETF IETF 1.1 IETF IETF Internet Engineering Task Force ISOC Internet Society ISOC IETF WG IETF Primary

More information

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso 兵 庫 県 物 品 電 子 調 達 システム 物 品 関 係 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 ~ ~ 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動

More information

IPSEC-VPN IPsec(Security Architecture for Internet Protocol) IP SA(Security Association, ) SA IKE IKE 1 1 ISAKMP SA( ) IKE 2 2 IPSec SA( 1 ) IPs

IPSEC-VPN IPsec(Security Architecture for Internet Protocol) IP SA(Security Association, ) SA IKE IKE 1 1 ISAKMP SA( ) IKE 2 2 IPSec SA( 1 ) IPs IPSEC VPN IPSEC-VPN IPsec(Security Architecture for Internet Protocol) IP SA(Security Association, ) SA IKE 1 2 2 IKE 1 1 ISAKMP SA( ) IKE 2 2 IPSec SA( 1 ) IPsec SA IKE Initiator Responder IPsec-VPN ISAKMP

More information

設定手順

設定手順 IP Cluster & Check Point NGX (IPSO 4.0 & Check Point NGX (R60)) 2007 7 IP Cluster & Check Point NGX...2 1 Gateway Cluster...6 1-1 cpconfig...6 1-2 Gateway Cluster...6 1-3 3rd Party Configuration...8 1-4

More information

注 意 事 項 Windows XP SP1a へのダウングレードは リカバリ 操 作 を 伴 います リカバリを 実 行 するドライブのデータ は 削 除 されますので ハードディスク 内 の 必 要 なデータはあらかじめバックアップを 行 ってください Windows XP Service Pa

注 意 事 項 Windows XP SP1a へのダウングレードは リカバリ 操 作 を 伴 います リカバリを 実 行 するドライブのデータ は 削 除 されますので ハードディスク 内 の 必 要 なデータはあらかじめバックアップを 行 ってください Windows XP Service Pa Windows XP SP2 から Windows XP SP1a へのダウングレード 手 順 書 対 象 機 種 FMV-830NU/L FMV-830NU/LX 必 要 なもの リカバリディスク ドライバーズディスク Windows XP Service Pack 1a Windows XP Service Pack 1a ( 以 降 Windows XP SP1aと 記 載 します)をお 持

More information

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1 商 工 中 金 外 為 Web 為 替 予 約 サービス ご 利 用 マニュアル 1ログイン 編 Ver.1.2 2015 年 3 月 - 1 - 目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3

More information

目 次 1. 本 書 の 目 的... 1 2. 開 発 管 理 環 境 の 概 要... 2 2.1. 概 要... 2 3. 接 続 条 件... 3 3.1. 利 用 回 線... 3 3.2. 調 達 物 品... 4 3.3. 要 求 仕 様... 6 3.4. 設 定 情 報... 6

目 次 1. 本 書 の 目 的... 1 2. 開 発 管 理 環 境 の 概 要... 2 2.1. 概 要... 2 3. 接 続 条 件... 3 3.1. 利 用 回 線... 3 3.2. 調 達 物 品... 4 3.3. 要 求 仕 様... 6 3.4. 設 定 情 報... 6 別 紙 4 年 金 業 務 システム 開 発 管 理 環 境 接 続 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 企 画 課 システム 室 目 次 1. 本 書 の 目 的... 1 2. 開 発 管 理 環 境 の 概 要... 2 2.1. 概 要... 2 3. 接 続 条 件... 3 3.1. 利 用 回 線... 3 3.2. 調 達 物 品... 4

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

FUJITSU Network Si-R Si-R Gシリーズ Si-R G100 ご利用にあたって

FUJITSU Network Si-R Si-R Gシリーズ Si-R G100 ご利用にあたって P3NK-4462-06Z0 Si-R G100 FUJITSU Network Si-R FUJITSU Network Si-R Si-R G Si-R brin Si-R G100 LAN 2011 11 2012 3 2 2012 8 3 2013 1 4 2013 3 5 2014 11 6 Microsoft Corporation Copyright FUJITSU LIMITED 2011-2014

More information

参 考 : 手 動 でのIPアドレス サブネットマスク 設 定 例 数 台 および 数 十 台 のネットワーク 環 境 でご 使 用 になる 場 合 パソコンやIPアド レスを 使 用 するネットワーク 機 器 ( 本 製 品 を 含 むプリントサーバ ルータ アク セスポイントなど)には 通 常

参 考 : 手 動 でのIPアドレス サブネットマスク 設 定 例 数 台 および 数 十 台 のネットワーク 環 境 でご 使 用 になる 場 合 パソコンやIPアド レスを 使 用 するネットワーク 機 器 ( 本 製 品 を 含 むプリントサーバ ルータ アク セスポイントなど)には 通 常 PS1Eシリーズ telnet 設 定 方 法 本 製 品 は 出 荷 時 以 下 のように 設 定 されていますが 出 荷 時 のままでは 使 用 できません IPアドレス 1.1.1.1 サブネットマスク 255.0.0.0 ゲートウェイ 0.0.0.0 注 意! この IP アドレスのままで は 使 用 できませんので 必 ず 変 更 してください TCP/IPを 使 用 して 印 刷 を 行

More information

ID:MAN18H2165

ID:MAN18H2165 ID:MAN13H3070 HGSEALED for Web 管 理 者 マニュアル 注 意 事 項 株 式 会 社 ハイパーギア 株 式 会 社 ハイパーセキュア 許 可 なく 複 製 翻 案 または 翻 訳 することを 禁 止 します Copyright(c) HyperGEAR, Inc. / HyperSECURE,Inc. 2011-2015 Ver.3.2.2.6 2015/09/24

More information

Mac OS X Server Windows NTからの移行

Mac OS X Server Windows NTからの移行 Mac OS X Server Windows NT 10.4 apple Apple Computer, Inc. 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Mac OS X Server Apple 1 Infinite Loop Cupertino CA 95014-2084 U.S.A. www.apple.com 163-1480 3 20

More information

---> 1 <------IP configurationの1を選択 2. IP address: Subnet mask: > 2 < IP addressの1を選択 Enter IP address: 192.

---> 1 <------IP configurationの1を選択 2. IP address: Subnet mask: > 2 < IP addressの1を選択 Enter IP address: 192. スーパーターミナルサーバー STS ターミナルサーバーの設定方法 ----- 内容 ----- 1 はじめに 2 機器接続の仕方 3 初期設定操作の画面 3-1 STS 本体の IP アドレス設定 3-2 ターミナルサーバーの設定方法 4 確認注意事項 ---------------- 1 はじめに初期設定のための接続 2 機器接続の仕方初期設定をする画面を表示したものです 後 各種ターミナルソフトで

More information

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム 研 究 者 向 け 操 作 手 引 ( 一 部 基 金 ) ( 交 付 内 定 時 決 定 後 用 ) 第 2.3 版 1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属

More information

Power over Ethernet サポートの設定

Power over Ethernet サポートの設定 CHAPTER 16 この 章 では Catalyst 6500 シリーズ スイッチで Power over Ethernet(PoE)サポートを 設 定 する 方 法 について 説 明 します ヒント Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの 詳 細 ( 設 定 例 およびトラブルシューティング 情 報 を 含 む)については 次 のページに 示 されるドキュメントを 参 照

More information

press-CB100PA

press-CB100PA ニュースリリース 2015 年 3 月 23 日 関 係 各 位 センチュリー システムズ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 田 中 邁 カメラ DC 電 源 機 器 の 同 時 使 用 をサポート PoE DC 電 源 対 応 アダプタ FutureNet CB-100/PA を 発 表 センチュリー システムズ 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 武 蔵 野 市 代 表 取 締 役 :

More information

Microsoft Word - GS108P_installation_guide.docx

Microsoft Word - GS108P_installation_guide.docx インストールガイド ProSafe 8 ポート PoE ギガビットスイッチ GS108P 本 書 では GS108P 8 ポート PoE ギガビットスイッチの 設 置 方 法 を 説 明 しています GS108P 外 観 前 面 パッケージ 内 容 本 パッケージには 次 のものが 含 まれています GS108P スイッチ 本 体 電 源 アダプタ(1 個 ) 電 源 コード(2 本 : 日 本 仕

More information

Microsoft Word - Intuilink Lite for Agilent CSA取説書Rev3.0.0.doc

Microsoft Word - Intuilink Lite for Agilent CSA取説書Rev3.0.0.doc Agilent IntuiLink Lite Software for Agilent CSA Spectrum Analyzer N1996A ユーザーズ ガイド Rev 3.0 2006.11.16 sa Application Engineering Organization Wireless Group 目 次 目 次...1 改 定 履 歴...2 1. ソフトウェア 概 要...3 1.1

More information

Win XP SP3 Japanese Ed. NCP IPSec client Hub L3 SW SRX100 Policy base VPN fe-0/0/0 vlan.0 Win 2003 SVR /

Win XP SP3 Japanese Ed. NCP IPSec client Hub L3 SW SRX100 Policy base VPN fe-0/0/0 vlan.0 Win 2003 SVR / SRX dial-up VPN (NCP ) Win XP SP3 Japanese Ed. NCP IPSec client Hub L3 SW SRX100 Policy base VPN fe-0/0/0 vlan.0 Win 2003 SVR.216 172.27.24.0/24.254.254.1.1.100 100.100.100.0/24 192.168.1.0/24 Test devices

More information

はじめに この 度 は inaho Digital DoorLock Access Control System をご 導 いただき ありがとうございます 本 ソフトウェアは Microsoft.NET Framework 2.0 以 上 を 搭 載 の WindowsXp WindowsVista

はじめに この 度 は inaho Digital DoorLock Access Control System をご 導 いただき ありがとうございます 本 ソフトウェアは Microsoft.NET Framework 2.0 以 上 を 搭 載 の WindowsXp WindowsVista inaho Digital DoorLock Access Control System 管 理 ソフト 操 作 マニュアル 2011 年 1 版 Copyright (C) 2011 FUKI co.,ltd. All Rights Reserved. はじめに この 度 は inaho Digital DoorLock Access Control System をご 導 いただき ありがとうございます

More information

Microsoft Word - WatchUsbManagerForWebユーザーズマニュアル.doc

Microsoft Word - WatchUsbManagerForWebユーザーズマニュアル.doc WatchUsbManager for Web ユーザーズマニュアル 2015 1 2013 年 05 月 初 版 2013 年 07 月 第 二 版 2014 年 09 月 第 三 版 2015 年 01 月 第 四 版 2015 年 03 月 第 五 版 Copyright QuotaSystem, Inc. All rights reserved. 2 INDEX WatchUsbManager

More information

注 )メモリ 容 量 は 本 機 能 と OS 動 作 のみの 容 量 です 別 途 アプリケーションを 導 入 される 場 合 は 必 要 に 応 じて 追 加 してください メモリが 少 ない 場 合 OS が 起 動 しなくなる 場 合 があります (3) 必 要 ディスク 容 量 本 機 能

注 )メモリ 容 量 は 本 機 能 と OS 動 作 のみの 容 量 です 別 途 アプリケーションを 導 入 される 場 合 は 必 要 に 応 じて 追 加 してください メモリが 少 ない 場 合 OS が 起 動 しなくなる 場 合 があります (3) 必 要 ディスク 容 量 本 機 能 1. 動 作 環 境 1.1 クライアント 機 能 環 境 (1) サポート OS 本 機 能 がサポートする OS は 以 下 のとおりです OS バージョン 情 報 可 否 Windows 7 Starter Windows 7 Home Basic Windows 7 Home Premium Windows 7 Professional Windows 7 Enterprise Windows

More information

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 第 1.0 版 2013 年 12 月 東 京 大 学 情 報 基 盤 センター ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 容 についての 修

More information

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者 操 作 マニュアル 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 第 0.1 版 目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報

More information

77-j.pdf

77-j.pdf 単方向リンク検出プロトコル機能の説明と設定 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法問題の定義単方向リンク検出プロトコルの動作のしくみ UDLD の動作モード提供状況設定と監視関連情報 概要 このドキュメントでは Unidirectional Link Detection(UDLD; 単方向リンク検出 ) プロトコルが スイッチドネットワークでのトラフィックのフォワーディングループとブラックホールの発生を防止するのに

More information

FUJITSU Network Si-R Si-R Gシリーズ Webユーザーズガイド

FUJITSU Network Si-R Si-R Gシリーズ Webユーザーズガイド P3NK-4582-03Z0 Si-R G Web Web FUJITSU Network Si-R FUJITSU Network Si-R Si-R G Si-R brin Web V2 LAN 2012 3 2013 3 2 2014 11 3 Microsoft Corporation Copyright FUJITSU LIMITED 2012-2014 2 ... 2...5...5...5...6...7

More information

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり TS15-034-02 Basilware64ユーザーズマニュアル 第 2 版 :2016-02-04 株 式 会 社 ミントウェーブ はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ

More information

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編 サーバセキュリティサービス 導 入 手 順 書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ 非 経 由 編 NEC 第 2 版 2016/01/22 本 資 料 に 関 して 本 資 料 はサーバセキュリティサービス with Trend Micro Deep Security をご 利 用 中 のお 客 様 向 けの 資 料 になります Linux かつ プロキシを 利 用

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2049548354837C815B836782B297989770834B8343836881698343839383588367815B838B95D2816A312E392E3394C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2049548354837C815B836782B297989770834B8343836881698343839383588367815B838B95D2816A312E392E3394C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> ITサポートご 利 用 ガイド (インストール 編 ) 1.9.3 版 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 1 はじめに このたびは NTT 東 日 本 の オフィスまるごとサポート ITサポート をお 申 し 込 みくださいま して 誠 にありがとうございます 本 書 では オフィスまるごとサポート ITサポート ( 以 下 ITサポート )のインストール 方 法 についてご 案 内 しておりますので

More information

1 124

1 124 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 124 Phoenix - AwardBIOS CMOS Setup Utility Integrated Peripherals On-Chip Primary PCI IDE [Enabled] IDE Primary Master PIO [Auto] IDE Primary Slave PIO [Auto] IDE Primary

More information