い アメリカ 国 内 で は 自 由 化 不 十 分 で 反 対 多 い = 再 交 渉 せよの 声 にもかかわらず 日 本 では 政 府 マスコミ 御 用 学 者 農 協 (+ 医 師 会? ) は TPP 対 策 に 議 論 を 移 し てか まびすしい(モノくれ カ ネくれ 自 分 達 を 通

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "い アメリカ 国 内 で は 自 由 化 不 十 分 で 反 対 多 い = 再 交 渉 せよの 声 にもかかわらず 日 本 では 政 府 マスコミ 御 用 学 者 農 協 (+ 医 師 会? ) は TPP 対 策 に 議 論 を 移 し てか まびすしい(モノくれ カ ネくれ 自 分 達 を 通"

Transcription

1 2015 年 12 月 14 日 第 7 回 ちょぼゼミ 資 料 : 田 中 一 郎 史 上 最 悪 の 国 際 協 定 TPP 協 定 の 中 身 を 問 う(1) = 何 故 マスコミはTPP 協 定 の 危 険 性 をきちんと 伝 えないのか= 1. 安 倍 晋 三 自 公 政 権 が 展 開 する4つの 亡 国 政 策 (1) 原 発 再 稼 働 核 燃 料 サイクル 事 業 継 続 (2) 戦 争 法 制 集 団 的 自 衛 権 行 使 と 立 憲 主 義 の 破 壊 (ソフト クーテ ター) (3) 市 場 原 理 主 義 ア ホダラ 教 ( TPP 協 定 労 働 法 制 改 悪 法 人 税 減 税 のための 消 費 税 増 税 国 家 戦 略 特 区 農 林 水 産 政 策 消 費 税 他 の 税 制 金 融 政 策 他 ) (4) 公 的 年 金 基 金 の 内 外 株 式 運 用 外 債 運 用 ( 為 替 リスク )が 合 計 で65% 2.T PP 簡 略 年 表 2006 年 11 月 :P4 発 効 (SGP NZ チリ ブルネイ) 2010 年 3 月 :TPP 交 渉 にアメリカが 参 加 ( 続 いて 豪 ベトナム ペルー 他 ) 2012 年 10 月 :カナダ メキシコがTPP 交 渉 に 参 加 2013 年 7 月 : 日 本 がTPP 交 渉 に 参 加 ( 12 か 国 ) 2015 年 10 月 5 日 : 大 筋 合 意 が 成 立 ( ア トランタ 閣 僚 会 合 ) 日 本 政 府 が 概 要 文 書 公 表 同 10 月 29 日 : 農 林 水 産 省 が 第 一 次 の 影 響 評 価 を 発 表 ( 米 麦 など) 同 11 月 4 日 : 農 林 水 産 省 が 第 二 次 の 影 響 評 価 を 発 表 ( 畜 産 酪 農, 果 実 野 菜 等 ) 同 11 月 5 日 : 日 本 政 府 が 大 筋 合 意 文 書 ( 英 語 ) 一 部 を 日 本 語 要 約 版 と して 公 表 同 11 月 17 日 : 自 民 党 がTPP 農 業 対 策 を 決 定 同 11 月 25 日 : 日 本 政 府 が 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 を 発 表 3.T PP 協 定 交 渉 参 加 へ 向 けてのアメリカへの 手 土 産 (1) 軽 自 動 車 税 の 1.5 倍 化 地 方 の 足 に 大 きな 打 撃 (2) 自 由 診 療 の 拡 大 (3) 全 国 郵 便 局 窓 口 での 米 社 保 険 ( ア フラック)の 販 売 (2013 年 ) (4) 北 米 産 BSE 感 染 リ スク 牛 肉 の 輸 入 解 禁 国 内 B S E 検 査 の 事 実 上 廃 止 ( 米 国 産 牛 肉 20 か 月 齢 以 上 30 か 月 齢 以 上 国 内 全 頭 検 査 廃 止 = 30 か 月 齢 以 上 40 か 月 齢 以 上 (5) 食 品 添 加 物 や 残 留 農 薬 など の 食 品 の 安 全 規 制 を TPPに 先 行 して 大 幅 に 緩 和 (6) 国 家 戦 略 特 区 でのTPP 協 定 先 取 りの 規 制 緩 和 撤 廃 ( 予 行 演 習 ) (7) 農 業 3 法 改 悪 ( 農 地 法 農 業 委 員 会 法 農 協 法 )と 農 業 団 体 への 恐 喝 抑 え 込 み 包 摂 ( 准 組 合 員 制 度 見 直 しは 決 定 的 ) 伝 統 的 な 日 本 農 業 漁 業 の 解 体 4. 環 太 平 洋 パートナーシップ ( TPP) 協 定 の 特 徴 まず 大 筋 合 意 概 ね 妥 結 自 体 が 怪 し い= 仔 細 が 決 まっていない(バイオ 医 薬 品 のデータ 保 護 期 間 5~8 年 などはあいまい) 合 意 文 書 もない あるのは 概 要 文 書 や 一 部 要 約 のみで 非 常 に 主 観 的 = 有 権 者 国 民 を 騙 す も の T PP 協 定 は ま だ 最 終 妥 結 も 批 准 も されていな 1

2 い アメリカ 国 内 で は 自 由 化 不 十 分 で 反 対 多 い = 再 交 渉 せよの 声 にもかかわらず 日 本 では 政 府 マスコミ 御 用 学 者 農 協 (+ 医 師 会? ) は TPP 対 策 に 議 論 を 移 し てか まびすしい(モノくれ カ ネくれ 自 分 達 を 通 せ ) さながら 対 米 隷 属 売 国 奴 連 合 の 如 きなり (1) 市 場 原 理 主 義 ( 新 自 由 主 義 )に 基 づ く 史 上 最 悪 の 国 際 協 定 ( 条 約 ) 更 に 日 本 国 内 を 市 場 原 理 主 義 的 に 再 編 する( 一 握 りの 特 権 層 企 業 の 支 配 体 制 )ためのショックドクト リン= にもかかわらず 市 場 原 理 主 義 ア ホ ダラ 教 信 者 よ ろしく 内 容 不 明 不 確 定 の まま 情 緒 的 に TPP 賛 成 の 旗 を 振 る 翼 賛 的 行 為 目 立 つ ( 1941 年 日 米 開 戦 時 に 酷 似 ) (2) 全 てのことの 上 に 一 握 りの 多 国 籍 大 資 本 や 資 産 家 富 裕 層 の 金 儲 け 利 益 を 置 く ( 世 界 貿 易 の2/3は 一 握 りの 多 国 籍 大 資 本 のグループ 内 取 引 で あることに 注 意 また 世 界 の 金 融 取 引 の 大 半 は 巨 大 金 融 資 本 と 資 産 家 富 裕 層 の 私 募 投 資 F UND によるもの) (3) 単 なる 貿 易 協 定 で は なく 資 本 取 引 や 非 関 税 の 国 際 取 り 決 め がメイン ( サービス 協 定 国 営 公 営 企 業 知 的 財 産 権 投 資 協 定 ( I S DS 条 項 等 ) SPS T B T 協 定 上 乗 ( 更 に 貿 易 優 先 を 強 化 ) 競 争 政 策 等 の 経 済 的 社 会 的 規 制 の 緩 和 撤 廃 他 ) (4) 全 世 界 内 外 無 差 別 の 自 由 貿 易 体 制 (WTO) に 対 立 する ブロック 経 済 圏 (5) 国 家 主 権 を 脅 かす 国 際 協 定 ( 憲 法 違 反 ) = 対 米 隷 属 の 新 不 平 等 条 約 ( 江 戸 時 代 末 期 へタ イムトラベル) 3 つの 主 権 侵 害 (1 司 法 権 立 法 権 の 侵 害 =ISDS 条 項 + ラ チェット 条 項 2 関 税 自 主 権 放 棄 ( 関 税 の 全 面 撤 廃 ) 3 食 料 主 権 の 放 棄 ( 食 料 の 質 と 量 の 自 主 決 定 確 保 食 の 安 全 性 の 決 定 権 食 料 供 給 の 持 続 可 能 性 確 保 と 輸 入 拒 否 権 ) TPP 発 効 後 は 萎 縮 効 果 や 忖 度 蔓 延 が 目 に 余 る 媚 び 諂 い と 翼 賛 の 社 会 へ (6) アメリカに 有 利 な 不 平 等 条 約 ( 米 や 加 や 豪 州 等 の 連 邦 国 家 の 場 合 に は 州 法 は T PP 協 定 には 従 わない 日 本 の 農 林 水 産 業 や 食 品 に 関 連 して 7 年 後 再 協 議 の 規 定 米 加 の 自 動 車 の 特 別 なセーフガードを 容 認 ISDS 条 項 はアメリカに 決 定 的 に 有 利 TPPは 米 国 法 に 抵 触 し ないことを 条 件 にTPA 承 認 他 ) (7) TPP 参 加 国 (12 か 国 )のうち 日 米 でGDPの 78%(60%+18%)= 実 質 は 日 米 F TA /EPA 対 米 隷 属 色 濃 厚 T PP 協 定 発 効 条 件 の 異 常 ( GDP 85% 以 上 6 か 国 以 上 批 准 P4 協 定 諸 国 を 軽 視 無 視 (SGP チリ ブルネイ NZ)) (8) TPP 協 定 本 体 よ り も 日 米 並 行 協 議 の 方 がより 重 要 か つ 深 刻 でひどい 内 容 = 文 書 の 主 語 はことごとく 日 本 = 日 本 が (アメリカのために) する のパターン( 降 伏 文 書 ) (9) 日 本 は 得 るものがほとんどない= 一 方 的 な 単 独 出 損 行 為 TPPと 安 全 保 障 中 国 脅 威 論 を 結 びつける 虚 偽 ( 尖 閣 問 題 など) 子 供 の 戦 争 ご っこの 議 論 ( 無 内 容 ) むしろアジア インフラ 投 資 銀 行 ( AIIB) の 影 響 = 中 国 の アジアにおける 経 済 覇 権 の 方 が 影 響 大 2

3 (10) 農 林 水 産 業 を 安 楽 死 へ( 畜 産 酪 農 は ほ ぼ 壊 滅 主 食 の 米 は ジリ 貧 米 以 外 の 穀 物 も 深 刻 ( 特 に 麦 ) 甘 味 は 調 製 品 で 窮 地 へ 果 実 果 汁 など も 益 々 水 産 物 は 畜 産 と 競 合 加 工 食 品 全 輸 入 化 食 の 安 全 と 表 示 は ガ タガタ 農 業 政 策 財 源 だった 関 税 収 入 の 枯 渇 他 ) 安 かろう 悪 か ろう 危 なかろう まずかろう = 飼 料 なら 安 価 種 子 支 配 の 懸 念 大 (11) 国 民 皆 健 康 保 険 体 制 の 破 壊 ( 混 合 診 療 医 療 病 院 へ の 内 外 株 式 会 社 参 入 薬 価 への 干 渉 特 許 に よる 医 療 保 健 研 究 への 妨 害 他 ) その 他 社 会 規 制 や 制 度 の 崩 壊 へ (12) NAFTA( 北 米 自 由 貿 易 協 定 ) や 米 韓 FTAがTPPの 先 行 協 定 ( 要 注 目 ) 5.アトランタ 大 筋 合 意 とマスコミ 報 道 の 異 常 (1) 交 渉 過 程 が 秘 密 ( 秘 密 交 渉 ) 批 准 手 続 きの 際 に 必 要 不 可 欠 な 交 渉 経 緯 情 報 も 4 年 間 秘 密 (だが アメリカでは 少 数 の 利 害 関 連 巨 大 企 業 が 交 渉 スタッフとなり 内 容 熟 知 連 邦 議 会 議 員 も その 後 知 る 他 の 交 渉 国 も 一 定 程 度 公 開 またはリーク 知 らないのは 日 本 の 国 会 議 員 と 有 権 者 国 民 だ け 憲 法 違 反 ( 内 容 知 ら ず に 早 く も 賛 成 や む を 得 な い 論 = 日 米 開 戦 時 の 情 緒 的 翼 賛 と 似 ている 市 場 原 理 主 義 ア ホダラ 教 そのもの) (2) 妥 結 文 書 最 終 協 定 文 書 の 正 文 は 英 語 仏 語 西 語 ( 日 本 語 の 正 文 は 作 らない) 政 府 が 公 表 したのは 日 本 語 の 概 要 版 = しかも 全 体 ( 約 1600 ペ ージ)の1/10 以 下 (3) 大 筋 合 意 と 最 終 合 意 の 混 同 ( 10 月 5 日 アトランタ 閣 僚 会 議 結 果 ) 内 閣 府 HPへ 共 同 会 見 の 同 時 刻 に あらかじめ 用 意 していた 政 府 文 書 を 掲 載 日 本 政 府 甘 利 ら は アトランタで 何 の 交 渉 もしていない( 背 信 的 売 国 奴 行 為 ア メリカ 傀 儡 政 権 ) (4) TPP= 農 業 問 題 で はない しかし 非 関 税 関 連 事 項 の 報 道 はほとんどない (5) 関 税 撤 廃 と 消 費 者 メ リット 論 ( 消 費 者 = 労 働 者 賃 金 労 働 条 件 も 並 行 して 低 下 ) (6) 根 拠 の ない 大 筋 合 意 を 根 拠 に TPP 対 策 予 算 論 議 の 早 とちり : 内 容 仔 細 わ からず 影 響 分 析 未 了 対 策 の 立 て ようなし 農 業 については 国 会 決 議 違 反 を 不 問 臨 時 国 会 開 催 せず( 憲 法 53 条 違 反 ) 狙 いは 既 成 事 実 化 と 参 院 衆 院 選 挙 対 策 (7) NHK 記 者 が アトランタ 共 同 会 見 で Congratulation! (オメデトウ)と 絶 叫 (8) TPP 協 定 事 務 局 は どうするのか(ひょっとして 米 U STRが 代 行?) 6.TPP 協 定 は 最 終 合 意 書 へ のサインを 拒 否 するか 批 准 案 を 否 決 せよ( 破 棄 以 外 に 対 応 方 法 は ない:こんなことをしてまで 国 際 取 引 を 拡 大 する 必 要 性 なし) 政 権 交 代 へ ( 農 業 関 連 の 話 は 別 の 機 会 に = 関 税 等 の 国 境 措 置 と 農 業 政 策 がリンク 他 ) 3

4 ( 以 下 付 朝 日 新 聞 記 事 に 沿 って の 逐 条 解 説 用 メ モ で す : 新 聞 記 事 に 付 し た 番 号 と 下 記 の 項 目 の 番 号 とが 対 応 し ています) 1. 各 国 がTPP 協 定 文 書 の 英 文 版 を 公 表 英 語 仏 語 スペイン 語 が 公 式 な 文 書 公 式 文 書 に 日 本 語 はなく 日 本 文 は 日 本 政 府 が 英 文 を もとに 概 略 と してまとめた もの( 要 注 意 ) 2. 遺 伝 子 組 換 え 食 品 ( バイオ テクノロジー= 原 発 原 子 力 の 世 界 と 瓜 二 つ ) (1) GM 企 業 :モンサント シンジェンタ バイエルクロップサイエンス デュポン B ASF,ダウケミカル ( ビ ルゲイツ 財 団 =スポンサー)(: 住 友 化 学 はモンサントの 日 本 総 代 理 店 ) (2) 安 全 性 審 査 : 企 業 提 供 のごくわずかなデータが 根 拠 動 物 実 験 は 短 期 非 開 示 事 項 多 い 仏 カーン 大 学 のセラリーニ 教 授 チ ームの 動 物 実 験 の 衝 撃 ( 2 年 GMと 農 薬 のダブル 毒 ) (3) GM 作 物 : 大 豆 ト ウモロコシ ナタネ 綿 パパイヤ テンサイ ジャガイモ ア ルファルファ 米 ナス 他 ( 除 草 剤 耐 性 と 殺 虫 性 栄 養 素 豊 富 花 粉 症 対 策 他 ) (4) GM 表 示 : 加 工 食 品 は タンパク 質 残 存 物 の み 上 位 3 位 まで 5 % 混 入 黙 認 不 分 別 表 示 あ り 大 半 の 加 工 食 品 は 非 表 示 ( 表 示 しない ではなく させない ) 飼 料 表 示 な し(これでも 消 費 者 運 動 の 大 きな 成 果 = 1999~2000 年 に 主 婦 連 他 消 費 者 団 体 の 活 躍 ) (5) 近 況 : 新 型 G M( 食 品 添 加 物 が 中 心 : セルフ クローンニング ナチュラル オカ レンス 人 工 制 限 酵 素 によるゲノム 編 集 ) G Mサケ( 養 殖 魚 性 的 不 能 ) 木 材 (スギ) ゴールデンライス(ビタミンA) 耐 乾 燥 GM 小 麦 狙 い は 主 食 のGM 化 (6) 環 境 の GM 遺 伝 子 汚 染 :GM 作 物 の 花 粉 が 飛 ぶ 土 壌 が 汚 染 する GM 動 物 の 繁 殖 他 *TPP 協 定 にある 情 報 交 換 のための 作 業 部 会 問 題 解 決 の ための 作 業 部 会 が 怪 しげ= 御 用 人 間 達 の 巣 窟 の 可 能 性 GM 企 業 により 多 く の 情 報 を 求 め られる( 朝 日 )=( 嘘 八 百 ) 出 てくるのは 無 内 容 の 宣 伝 文 句 ば かり *カルタヘナ 議 定 書 や 名 古 屋 クアラルンプール 補 足 議 定 書 ( 賠 償 復 元 他 )への 言 及 な し * 部 会 は 法 令 などの 修 正 を 求 めるものではない 現 状 の 安 全 確 認 やGM 表 示 が 出 鱈 目 で 改 正 しなければいけないのに その 改 正 妨 害 となる 可 能 性 大 < 甘 味 が 危 な い> 砂 糖 とは 違 う 異 性 化 糖 ( コーンシロップ) G Mトウモロコシ GMテンサイ が 原 料 清 涼 飲 料 水 菓 子 調 味 料 酒 類 ( 第 三 の ビール 他 ) な ど に 含 まれる メタボや 糖 尿 病 の 原 因 人 工 甘 味 料 の ス クラロース( 塩 素 化 合 物 ) や アスパルテームは 発 がん 性 の 疑 い 4

5 < 遺 伝 子 組 換 え 食 品 解 説 サ イト> GMは 健 康 に 問 題 サルでもわかる 遺 伝 子 組 み 換 え 遺 伝 子 組 み 換 え の 何 が 問 題? Alter Trade Japan 遺 伝 子 組 み 換 え 食 品 の 真 実 ( アンディ リーズ/ 著 白 井 和 宏 / 訳 : 白 水 社 ) id=121&sza_id=e1 3. 地 理 的 表 示 ( ブランド) 保 護 日 本 酒 の 日 本 産 以 外 の 販 売 の 禁 止 (ジャパニーズ サケは?) バーボン ウィスキー の 米 国 産 以 外 の 販 売 禁 止 では ペキンダック や 天 津 甘 栗 は? 他 方 で 中 国 国 内 は 日 本 産 虚 偽 が 横 行 4. 日 本 郵 政 の 簡 保 に 対 して 不 当 な 制 約 有 利 となる 競 争 条 件 を つくらない と 明 記 海 外 企 業 からの 販 売 委 託 の 拒 絶 不 可 能? 狙 わ れる 日 本 の 3 つの 金 融 資 産 ( 公 的 年 金 基 金 郵 貯 簡 保 農 協 貯 金 共 済 ) 5. 米 国 お よびカナダの 自 動 車 に 特 別 セーフガード 理 不 尽 な 政 治 決 着 米 の 自 動 車 関 税 は 2.5% 25 年 で 撤 廃 = 無 意 味 自 動 車 現 地 生 産 化 が 進 み 輸 出 拡 大 な ど ない 豪 州 は 国 内 に 自 動 車 産 業 が ない( 北 米 以 外 の 諸 国 も 同 様 ) 影 響 大 はSUV (Sport Utility Vehicle)やバン 含 むトラック 類 ( 関 税 25% 30 年 で 撤 廃 ) 6. 農 産 物 関 税 は 7 年 後 に 再 協 議 米 豪 NZ 加 チリの 5 か 国 に 対 して 約 束 今 回 の 合 意 以 上 に 聖 域 農 産 物 関 税 を 更 に 大 幅 撤 廃 日 本 は 他 国 に 比 べ 農 産 品 の 関 税 撤 廃 率 が 低 い( 当 たり 前 = 聖 域 国 会 決 議 あり) 農 林 水 産 物 を 国 際 価 格 競 争 に 裸 で 晒 す 愚 行 循 環 型 社 会 と 無 縁 ( 糞 尿 を 返 還 せよ) ( 更 に 関 税 削 減 撤 廃 の 繰 上 実 施 の 協 定 国 か らの 要 請 に 対 して 協 議 義 務 小 委 員 会 設 置 ) 7. TPPの 参 加 国 為 替 操 作 防 止 へ( 合 同 宣 言 に 盛 り 込 む ) 為 替 操 作 = スムージング オペと 考 え るのが 主 流 米 国 の 言 い がかり 色 濃 厚 TPP 参 加 国 だ け でやって 効 果 があるのかの 問 題 外 為 取 引 完 全 自 由 で いいのか の 問 題 ( 為 替 操 作 に ついては 別 途 委 員 会 を つ くって 協 議 対 応 ) 8. ISDS 条 項 とラチェット 条 項 ( 司 法 権 立 法 権 の 放 棄 と 萎 縮 忖 度 社 会 へ) TPP 亡 国 論 の 著 者 : 中 野 剛 志 氏 ネット 論 文 か ら 抜 粋 =121&Sza_id=B0 ( ラチェット(ratchet): 逆 回 転 防 止 歯 車 ) 5

6 さらに 米 韓 FTAには いくつか 恐 ろ しい 仕 掛 けがある その 一 つが ラチェット 規 定 だ ラチェットとは 一 方 にしか 動 か な い 爪 歯 車 を 指 す ラチェット 規 定 はすなわち 現 状 の 自 由 化 よりも 後 退 を 許 さ ないという 規 定 である 締 約 国 が 後 で 何 らかの 事 情 により 市 場 開 放 をし 過 ぎたと 思 っても 規 制 を 強 化 することが 許 さ れ ない 規 定 なのだ このラチェッ ト 規 定 が 入 っ ている 分 野 を みると 例 え ば 銀 行 保 険 法 務 特 許 会 計 電 力 ガス 宅 配 電 気 通 信 建 設 サービス 流 通 高 等 教 育 医 療 機 器 航 空 輸 送 など 多 岐 に わたる ど れも 米 国 企 業 に 有 利 な 分 野 ばかりである 加 え て 今 後 韓 国 が 他 の 国 と FTAを 締 結 した 場 合 その 条 件 が 米 国 に 対 する 条 件 よ り も 有 利 な 場 合 は 米 国 にも 同 じ 条 件 を 適 用 しなけれ ばならないという 規 定 まで 入 れられた もう 一 つ 特 筆 す べ きは 韓 国 が ISD( 国 家 と 投 資 家 の 間 の 紛 争 解 決 手 続 き ) 条 項 を 飲 まされていることである このISDとは ある 国 家 が 自 国 の 公 共 の 利 益 の た めに 制 定 し た 政 策 によって 海 外 の 投 資 家 が 不 利 益 を 被 っ た 場 合 には 世 界 銀 行 傘 下 の 国 際 投 資 紛 争 解 決 センター という 第 三 者 機 関 に 訴 え る ことができる 制 度 で ある しかし このISD 条 項 には 次 のような 問 題 点 が 指 摘 さ れ ている ISD 条 項 に 基 づ いて 投 資 家 が 政 府 を 訴 え た 場 合 数 名 の 仲 裁 人 がこれを 審 査 す る しかし 審 理 の 関 心 は あくま で 政 府 の 政 策 が 投 資 家 にどれくらいの 被 害 を 与 えたか と いう 点 だけに 向 け られ その 政 策 が 公 共 の 利 益 の た めに 必 要 なものかどうか は 考 慮 されない その 上 この 審 査 は 非 公 開 で 行 わ れるため 不 透 明 であり 判 例 の 拘 束 を 受 けないので 結 果 が 予 測 不 可 能 で あ る また この 審 査 の 結 果 に 不 服 があっても 上 訴 で きない 仮 に 審 査 結 果 に 法 解 釈 の 誤 り が あったとし ても 国 の 司 法 機 関 は これを 是 正 す る ことができない の で ある ISDS 訴 訟 の 仲 裁 人 は 米 国 の 息 がかかったビジネス 界 の 弁 護 士 等 = 不 公 正 確 実 米 国 ( 訴 訟 社 会 ) 企 業 による 濫 訴 を 防 止 するためのハードルを 設 定 =ほとんど 効 果 ない 司 法 権 立 法 権 の 放 棄 とアメリカの 顔 色 をうかがう 萎 縮 忖 度 社 会 へ 裁 判 の 勝 敗 いかんにかかわらず 提 訴 さ れた 国 は 裁 判 費 用 を 一 部 負 担 (ISDS 提 訴 の こ れまでの 結 果 実 績 ) アメリカ 政 府 = 負 けたことがない アメリカ 企 業 ( N AFTA 外 ) = 負 けあり アメリカ 企 業 ( N AFTA 内 ) = 負 けたことがない アメリカ 州 政 府 ( NAFTA 内 )= 負 けたことがない ( 予 想 されるISDS 条 項 によるイチャモン) 学 校 給 食 の 地 産 地 消 採 算 の 悪 い 鉄 道 建 設 中 止 産 業 廃 棄 物 処 理 場 規 制 食 品 の 安 全 審 査 厳 格 化 食 品 表 示 適 正 化 過 疎 地 への 店 舗 設 置 義 務 過 疎 地 と 同 一 の 料 金 設 定 図 書 新 聞 の 再 販 制 度 価 格 や 販 売 に 関 する 諸 規 制 漁 業 権 農 地 売 買 許 可 制 度 保 安 林 制 度 投 資 F 6

7 UND 保 有 株 の 売 買 規 制 等 外 為 操 作 労 働 基 準 法 関 連 規 制 公 衆 衛 生 規 制 農 薬 ポジティ ブリスト 制 度 家 畜 の 感 染 症 防 止 措 置 ( 飼 料 を 含 む ) 知 的 所 有 権 ( 特 許 著 作 権 商 標 他 ) 補 助 金 交 付 要 綱 ( 内 外 無 差 別 ) 自 治 体 の 地 域 振 興 政 策 天 然 資 源 や 景 観 の 保 護 他 9. 食 の 安 全 と 表 示 危 うし 表 示 変 更 必 要 な し ( 日 本 政 府 ) 今 後 の 改 善 ができない 安 全 審 査 クレームの 可 能 性 WTO 基 準 適 用 = 低 すぎる 食 の 安 全 と 表 示 科 学 主 義 とは 食 の 安 全 証 明 を 売 り 手 輸 出 側 から 買 い 手 輸 入 側 へ 証 明 責 任 を 転 嫁 す るもの 予 防 原 則 が 人 間 優 先 の 原 理 ( 古 く は 製 造 年 月 日 表 示 賞 味 期 限 表 示 : 米 国 産 輸 入 品 が 不 利 に なるから: 1990 年 代 ) *TPP 協 定 の 衛 生 植 物 検 疫 措 置 (SPS ) 貿 易 に 対 す る 技 術 的 障 害 ( TBT) に 協 力 的 協 議 規 定 あ り 危 険 既 に 1 食 品 添 加 物 ( 食 品 衛 生 法 上 は 原 則 禁 止 )を 安 全 審 査 も い い 加 減 なまま 大 量 に 承 認 2 新 型 GM 食 品 添 加 物 に 加 え ポストハーベスト 残 留 農 薬 や 抗 生 物 質 ( 猛 毒 薬 品 :マイシ ン ナタマイシン)を 食 品 添 加 物 と 強 弁 3 北 米 産 BSE 感 染 リ スク 牛 肉 の 輸 入 解 禁 国 内 BSE 検 査 事 実 上 廃 止 4 牛 成 長 ホ ル モン( 豪 州 産 牛 肉 を 含 む 豪 州 産 EU 向 けは 成 長 ホルモン 投 与 なし) 抗 生 物 質 多 投 衛 生 レベル 低 い(O157 他 )( 北 米 産 牛 肉 ミノ タン テールなど 骨 付 肉 内 臓 肉 は 危 険 ( 放 射 能 汚 染 の 可 能 性 もあり) ( 食 品 添 加 物 について 若 干 ) 国 際 汎 用 食 品 添 加 物 (46 品 目 )= 食 品 添 加 物 に 関 するCODEX 一 般 規 格 FAO/ WHO 合 同 食 品 添 加 物 専 門 家 会 議 が 安 全 性 評 価 フェロシアン 化 合 物 ( 猛 毒 シアン)サラサラ 乾 燥 保 持 塩 国 際 汎 用 食 品 添 加 物 (A 1リスト: 約 100 種 類 )= 規 制 制 度 改 革 方 針 ( 2011 年 度 ) 食 品 添 加 物 の 指 定 手 続 き 簡 素 化 迅 速 化 措 置 日 本 が 使 用 す る 食 品 添 加 物 はほぼ 100% 輸 入 =しかも 中 国 産 が 多 い 加 工 食 品 大 量 使 用 輸 入 食 品 添 加 物 は 製 造 方 法 や 製 造 過 程 が ブラック( 危 険 : 内 部 告 発 不 可 能 ) 輸 入 食 品 添 加 物 に は 不 純 物 が 多 い ( 危 険 : GMサプリによるトリプトファン 事 件 ) 輸 入 食 品 添 加 物 は 混 ぜ 合 わせ 状 態 ( 危 険 : カクテル 効 果 放 射 能 と 相 乗 効 果 ) ポストハーベスト 農 薬 ( 国 内 禁 止 米 国 産 輸 入 ( 防 カビ 剤 ) に は 特 認 食 品 添 加 物 扱 い ) TPP 協 定 でこれが 問 題 化 = 農 薬 規 制 + 食 品 添 加 物 規 制 の ダブル 規 制 が 問 題 化 ( 皮 肉 か?) ( 米 国 産 牛 肉 について 若 干 ) GM 飼 料 BSE O157( 食 品 衛 生 ) 牛 成 長 ホルモン(ガン, 早 熟 他 ) 抗 生 物 質 ( 毒 ) 放 射 線 照 射 ( 毒 物 発 生 ) クローン 牛 肉 ( 受 精 卵 体 細 胞 ) 米 国 4 大 牛 肉 パ ッ カー(タイソン コナグラ エクセル スミスフィールド) 7

8 10. 著 作 権 ルール 改 悪 ( ひとえに アメリカ 様 のため) (1) 著 作 物 保 護 期 間 50 年 70 年 ( 長 すぎる 何 が 目 的 か? 青 空 文 庫 困 惑 ) (2) 戦 勝 国 向 け 戦 時 加 算 =10 年 の 撤 廃 な らず( 何 をしているのか!!) (3) 著 作 権 侵 害 の 非 親 告 罪 化 コミック2 次 創 作 やインターネット 言 論 への 悪 影 響 大 (4) 犯 罪 認 定 は 営 業 へ の 大 き な 影 響 ( 損 害 ) = 判 断 は 誰 がするのか? 限 定 に ならず (5) 著 作 権 侵 害 の 損 害 額 を 法 定 化 = 高 額 化 ( 映 画 盗 撮 1 千 万 円 他 ) 言 論 抑 止 萎 縮 11. 医 療 ( 医 薬 品 医 療 機 器 医 療 サ ービス) (1) 医 療 保 険 制 度 は 維 持 =バカ 丸 出 し の 説 明 混 合 診 療 株 式 会 社 病 院 医 療 ツーリズム (2)アメリカの 比 較 優 位 産 業 ( 医 薬 品 と 医 療 機 器 ) 日 本 の 国 民 皆 保 険 を 使 い 売 り 込 み 増 (3)あらゆる 事 項 について 協 議 事 項 に する 規 定 +ISDS 条 項 ラチェット 条 項 (4) 日 米 並 行 協 議 にはTPP 協 定 よ り もより 突 っ 込 んだ ロ クでもない 記 述 多 い (5)TPP=DEATH BY PATENT 医 療 の 営 利 化 医 療 関 連 特 許 対 象 の 拡 大 * 日 本 のジェネリック 普 及 政 策 ( 80% 目 標 ) と 米 国 医 薬 品 企 業 の 利 害 が 真 正 面 から 衝 突 1 特 許 期 間 延 長 2 用 途 特 許 や 方 法 特 許 なども 新 規 導 入 かつ 時 期 ずらし 取 得 3 ジェネリック 販 売 開 始 を 延 期 さ せ る= 特 許 リンケージ 制 度 ( 先 発 メ ーカー 提 訴 優 先 ) 4 偽 装 的 先 発 薬 の 開 発 * 医 療 に 関 する 特 許 拡 大 = 手 術 方 法 治 療 方 法 診 断 方 法 検 査 測 定 方 法 医 師 が 特 許 侵 害 ( 提 訴 ) 不 安 で 医 療 行 為 ができなくなる 可 能 性 ( 萎 縮 忖 度 ) 除 外 規 定 ( 米 国 内 に もある)が 概 要 文 書 には 見 当 た ら ない( 危 険 ) 研 究 開 発 リスク 分 析 な どへの 特 許 等 を 根 拠 にした 妨 害 行 為 正 当 化 の 可 能 性 * 途 上 国 の ジェネリックに 関 す る 強 制 実 施 権 が 明 確 ではない( 命 の 問 題 ) * 新 薬 開 発 費 用 を 回 収 できない という 米 多 国 籍 巨 大 医 薬 品 メーカーの 嘘 八 百 日 本 の メーカー 平 均 の 利 益 率 数 % 台 日 本 の 医 薬 品 メーカーの 利 益 率 十 数 % 台 ノバルティスの 利 益 率 二 十 数 % 台 12. TPPは 21 世 紀 型 の 画 期 的 な 協 定 と いう 役 人 文 章 市 場 原 理 主 義 ア ホ ダラ 教 の 経 典 そのもの( 無 内 容 TPPの 実 態 と 乖 離 した 虚 偽 説 明 ) 関 税 法 知 的 財 産 権 ( 特 許 著 作 権 商 標 等 ) 医 薬 品 医 療 機 器 法 独 占 禁 止 法 他 の 国 内 法 改 悪 へ ( 米 韓 FTAでは 韓 国 は 60 近 い 国 内 法 を 改 定 米 国 は 改 定 なし) 13. 内 国 民 待 遇 物 品 の 市 場 ア クセス 8

9 輸 入 にかかる 関 税 非 関 税 を 全 廃 輸 入 手 続 時 間 短 縮 制 限 安 全 表 示 違 法 輸 入 のチェ ック 不 能 他 方 で 輸 出 規 制 は ほとんど 手 つ かず( 輸 出 規 制 の 適 用 期 間 を 原 則 6 か 月 ) 国 内 農 林 水 産 業 の 衰 退 廃 業 が 進 ん でから 輸 出 を 止 められたら 飢 饉 状 態 ( 安 全 保 障 ) 14. 原 産 地 規 制 は 完 全 累 積 制 度 自 動 車 は 55% 自 動 車 部 品 は 45~55% ( 日 本 の 自 動 車 産 業 は 不 満 ) 繊 維 と 違 う 15. 繊 維 製 品 域 内 の 糸 と 生 地 を つかったものだけを 原 産 品 セーフガード 条 項 あり 16. セーフガード 2 年 上 限 +1 年 延 長 ( 合 計 3 年 まで) 同 じ 物 品 に 2 回 以 上 発 動 できない あくまで 急 増 を 緩 和 するためのもの トリガー 条 件 が 問 題 日 本 は 工 業 製 品 の ほとんどが 関 税 低 率 またはゼロ 農 林 水 産 物 が 主 な 対 象 しかし セーフガードでは 日 本 農 業 は 守 れない やがてSGも 廃 止 となる 17. 衛 生 植 物 検 疫 措 置 (SPS) (1) 低 レ ベル 国 際 基 準 (CODEX O IE( 国 際 獣 疫 事 務 局 ) I PPC( 国 際 植 物 防 疫 事 務 局 等 ) 採 用 義 務 化 と 食 品 リ スク 立 証 の 買 い 手 輸 入 側 への 転 嫁 押 付 (2) 透 明 性 の 確 保 = 貿 易 の 妨 げ になりうる 規 制 その 他 の 排 除 (3)リスク 分 析 に ALARA 原 則 ( 放 射 線 被 曝 ) に 似 た 考 え 方 (4)コンパートメント ゾーニング 地 域 状 況 BSEや 口 蹄 疫 等 で 部 分 的 輸 入 解 禁 (5) 米 VS E Uの 成 長 ホルモン 汚 染 牛 肉 問 題 ( 細 胞 増 殖 促 進 発 がん 性 ) G M 飼 料 問 題 家 畜 感 染 症 その 他 安 全 衛 生 環 境 面 からの 貿 易 制 限 の 排 除 *WTOルールへの 追 加 と して 1 情 報 提 供 2 専 門 家 参 加 協 議 180 日 以 内 解 決 ( 強 要 ) 形 を 変 えた 規 制 緩 和 強 制 措 置 と 見 ておいて 間 違 いなし * SPS 委 員 会 設 置 WTOとの 違 いは?= 国 内 の 安 全 環 境 対 策 等 への 妨 害 の 可 能 性 18. 貿 易 に 対 す る 技 術 的 障 害 (TBT) 加 盟 国 全 てに 対 して 強 制 規 格 任 意 規 格 適 合 性 評 価 手 続 について 適 用 することを 求 め 規 格 類 を 国 際 規 格 に 整 合 化 することで 不 必 要 な 貿 易 障 害 を 取 り 除 くことを 目 的 対 象 と なる 規 格 は 幅 広 く 製 品 に 対 する 仕 様 類 の 要 件 生 産 及 び 活 動 に 対 するマネジメントシス テム それらを 用 いるための 技 術 仕 様 等 を 規 格 対 象 とする(ウィキペディアから 抜 粋 ) S PS 条 項 以 外 の 貿 易 障 害 的 規 制 や 制 度 が 対 象 一 国 の 主 権 を 侵 害 す る 可 能 性 大 ( 個 別 に 紛 争 を 見 る 必 要 あり) * 規 制 規 格 手 続 等 導 入 時 に 他 国 の 利 害 関 係 者 の 参 加 機 会 を 設 け る( 信 じがたい 主 権 の 放 棄 内 政 干 渉 容 認 ) 意 見 表 明 の 場 の 設 置 はともかく 意 思 決 定 に 参 加 させるのはおかしい * 特 定 分 野 は 付 属 書 にルール( 化 粧 品 医 療 機 器 包 装 さ れ た 食 品 食 品 添 加 物 有 機 農 産 9

10 品 ) 日 本 の 有 機 J ASは 海 外 業 者 の た めのもの( 検 査 機 関 有 機 自 給 率 他 ) 19. 投 資 の 保 護 米 国 やカナダ 豪 州 などの 連 邦 国 家 に おける 州 政 府 はTPP 協 定 に 縛 ら れない ( 注 意 ) ISDS 条 項 他 記 事 本 文 参 照 (もっと 他 に 重 要 な 内 容 が あるのではないか) 20. サービス 貿 易 サービス 提 供 者 の 数 や 取 引 数 な どの 数 量 制 限 の 禁 止 必 要 な 経 済 的 社 会 的 規 制 ができな い(タクシー 業 界 トラック 業 界 の 例 品 質 や 安 全 性 保 持 や 労 働 者 保 護 の 問 題 他 ) ネガティブ リストや 留 保 分 野 あ るというが 将 来 や 未 来 の 完 全 予 測 は 不 可 能 21. 金 融 サ ービス( 公 的 年 金 や 医 療 保 険 制 度 は 適 用 外 ) 22.ビジネ ス 関 係 者 の 一 時 的 な 入 国 ( アメリカは 何 の 約 束 もしていない) 23. 電 気 通 信 ( 国 際 ローミング サービス) 24. 電 子 商 取 引 海 外 からの 直 接 購 入 に 関 する 消 費 税 問 題 国 際 ネット 取 引 上 の 消 費 者 保 護 ( 不 当 競 争 防 止 アフターケアや 詐 欺 不 良 品 販 売 防 止 ビットコイン 類 な ど ) 個 人 情 報 保 護 に 関 す る 規 定 ( 不 正 不 当 な 漏 出 個 人 情 報 でないことの 確 認 義 務 賠 償 補 償 規 定 )などなど ネットを 使 う 国 際 電 子 商 取 引 に 関 す る 規 定 の 欠 如 ( 儲 か ればいい 売 ればそれまで の 無 責 任 な 態 度 の 追 認 型 ) 25. 政 府 調 達 の 開 放 一 定 金 額 以 上 の 物 品 サービ ス 提 供 を 外 国 企 業 に 開 放 ( 金 額 は?? 億 円 単 位? ) 問 題 は 1 言 語 2 技 術 力 や 品 質 や 責 任 力 3 既 存 工 事 と の 関 連 性 4アフターケア 5 地 域 振 興 との 関 係 ( 政 策 裁 量 権 や 立 法 主 権 の 侵 害 ) 6 贈 収 賄 防 止 7 補 助 金 助 成 などの 不 当 な 輸 出 企 業 優 遇 8 損 害 賠 償 能 力 他 市 場 開 放 に 伴 う 諸 問 題 検 討 不 十 分 = 無 原 則 その もの 26. 競 争 政 策 独 占 禁 止 法 及 び 不 当 競 争 防 止 法 関 連 の 法 令 及 び 執 行 手 続 きの 実 施 に 関 するもの コミットメント 手 続 き 義 務 化 ( 独 占 禁 止 法 違 反 企 業 に 対 して 自 主 的 な 改 善 を 約 束 した ら 処 分 しない) 同 じ 企 業 が2 度 目 にやったら( 同 じ 商 品 で ではない!) 1 回 目 も 含 めて 巨 額 罰 金 賠 償 その 他 の 厳 罰 付 に せよ 27. 国 有 企 業 指 定 独 占 企 業 特 別 に 有 利 な 扱 い をしない 商 業 的 行 動 ( 営 利 主 義 )の 原 則 他 の 企 業 を 差 別 しない 企 業 情 報 の 提 供 などが 決 め られた 当 該 企 業 の 社 会 的 役 割 が 後 退 し 地 域 が 困 る 日 本 の 場 合 自 治 体 出 資 企 業 は 例 外 と あるが 国 出 資 企 業 団 体 の 方 に は 例 外 はあるか? 海 外 諸 国 の 例 外 は ど んな 企 業 か? 10

11 29. 知 的 財 産 バ イオ 新 薬 バイオ 新 薬 開 発 デ ータの 保 護 期 間 は 8 年 または 5 年 + 第 三 者 販 売 禁 止 3 年 ( 各 国 が 勝 手 な 国 内 説 明 ) バイオ 新 薬 特 許 だけが 問 題 で はない P7 の 11. 医 療 参 照 30. 労 働 環 境 協 力 能 力 開 発 開 発 これらについては 適 正 化 へむけての 具 体 的 な 規 定 が 見 当 たらず 実 効 性 に 疑 問 日 本 の 漁 業 補 助 金 は 生 き 残 ったが 悪 名 高 い 日 本 の 外 国 人 研 修 制 度 は 手 つかず * 競 争 力 とビジネスの 円 滑 化 についての 小 委 員 会 の 設 置 の 効 果 はいかほどかについては 始 まらないとよくわからない 期 待 で き ない 31. 規 制 の 整 合 性 規 制 についての 小 委 員 会 というのも 気 になる 32. 運 用 制 度 に 関 する 規 定 閣 僚 か 上 級 レ ベ ルの 職 員 でつくるTPP 委 員 会 の 設 置 というのも 気 になる 33. 紛 争 解 決 独 立 専 門 家 3 人 からなる 中 立 的 な パ ネル 設 置 口 頭 陳 述 の 原 則 公 開 最 終 報 告 書 公 表 などが 書 かれているが WTOなどと 比 較 してどうなのか( 独 立 専 門 家 など3 人 の 選 び 方 指 名 の 仕 方 2 審 制 か1 審 制 か 結 論 に 従 わなければどうなるか など 一 般 に 貿 易 制 裁 付 の 紛 争 解 決 手 段 は 経 済 大 国 に 有 利 途 上 国 には 不 利 ) 34. 例 外 安 全 保 障 公 共 の 利 益 公 共 の 福 祉 具 体 的 な 個 別 事 例 は 誰 が これに 該 当 する と 決 めるのか? ど う いう 判 断 基 準 か? 35. 最 終 規 定 ( T PP 協 定 の 発 効 ) 6か 国 以 上 GDP85% 以 上 (アメリカGDP=60% 日 本 = 18%) 以 上 11

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

ブ じ じ 失 言 続 間 I T ブ 景 気 浮 揚 チ ャ 波 何 話 各 傾 向 全 体 繁 栄 謳 歌 先 進 景 気 後 退 実 感 数 過 ご 戦 後 数 十 続 党 長 期 権 終 焉 迎 主 党 権 担 東 震 災 機 再 度 党 へ 権 戻 権 劇 的 変 化 見 中 内 口 見 不 況 4 東 震 災 影 響 福 島 原 子 力 発 電 所 放 射 能 汚 染 問 題 み 各

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC>

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC> 切 仕 号 総 理 ジ ュ ネ ー ブ 招 集 月 回 本 原 則 宣 言 公 地 球 模 化 社 義 宣 言 目 標 達 成 人 切 仕 促 進 決 留 族 責 任 男 女 賃 金 増 高 齢 障 害 児 童 育 増 大 見 多 額 得 転 含 世 界 経 済 重 要 貢 献 認 識 依 然 過 小 評 価 軽 視 主 女 子 わ 女 子 多 差 人 侵 害 被 害 や 立 地 域 社 構 成 員

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

不正競争防止法

不正競争防止法 不 正 競 争 防 止 法 営 業 の 自 由 と 不 正 競 争 職 業 選 択 の 自 由 経 済 活 動 の 自 由 の 基 本 となる 原 理 憲 法 第 22 条 第 1 項 営 業 の 自 由 財 産 権 の 保 障 憲 法 第 29 条 成 果 を 導 く 前 提 : 営 業 の 自 由 と 不 正 競 争 事 業 者 間 公 正 な 競 争 が 行 われていること 営 業 の 自 由

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F>

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F> 訳 文 重 回 避 脱 防 止 和 案 和 重 回 避 脱 防 止 結 希 望 次 協 双 次 a i 個 ii 下 b i ii 民 iii 下 掲 げ 加 え 代 署 名 後 掲 げ 同 実 質 似 両 局 各 重 要 改 正 改 正 後 妥 期 相 互 知 三 文 脈 別 解 釈 べ ほ 和 理 味 和 a 領 域 並 際 協 づ 主 管 轄 区 域 含 む 理 味 べ b 領 域 領 海 含

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況

賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況 賢 正! 営 知 イロハ 策 研 究 賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況 続 状 況 最 化 段 率 % 率 3% 仮 : : : %

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

参 考 資 料 2 < 国 家 と 投 資 家 の 間 の 紛 争 解 決 (ISDS) 手 続 とは> 概 要 投 資 家 と 投 資 受 入 国 との 間 で 投 資 紛 争 が 起 きた 場 合 投 資 家 が 当 該 紛 争 を 国 際 仲 裁 等 を 通 じて 解 決 するもの (Investor-State Dispute Settlement) 投 資 関 連 協 定 ( 投 資 協

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編 第 3 回 市 民 のリスク 意 識 調 査 資 料 編 2 0 0 9 年 7 月 1 0 日 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 1. 調 査 概 要 ( 1 ) 調 査 方 法 : 非 公 開 型 イ ン タ ー ネ ッ ト ア ン ケ ー ト ( 株 式 会 社 マ ク ロ ミ ル ) ( 2 ) 調 査 対 象 : イ ン タ ー ネ ッ ト 調 査 モ ニ タ ー ( 日 本 在

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 2015 年 4 月 24 日 公 付 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 などの

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

債務整理事件処理の規律を定める規程

債務整理事件処理の規律を定める規程 多 量 状 況 部 切 勧 誘 並 批 鑑 臨 措 置 勧 誘 遵 守 化 信 確 擁 図 義 語 義 ろ 融 個 総 住 宅 建 設 若 購 住 宅 供 土 地 借 地 得 住 宅 良 貸 分 証 証 償 抵 住 宅 設 総 千 万 円 工 鉱 運 送 種 商 サ ビ ス 属 営 常 従 ロ 商 サ ビ ス 属 営 常 従 渉 昭 百 率 点 ぼ 尽 破 再 調 停 類 随 調 停 率 支 価 質

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A>

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A> 千 五 百 量 破 壊 等 等 件 外 省 告 示 九 八 日 量 破 壊 等 等 次 七 日 外 臣 川 口 順 子 訳 文 千 八 日 九 五 回 千 五 百 構 盟 軍 備 軍 縮 履 量 破 壊 ゆ 側 面 け む 千 九 百 九 日 政 府 首 脳 レ ベ ル 長 声 S / 五 〇 〇 再 声 盟 地 域 世 界 混 乱 せ 問 題 憲 解 強 調 想 起 憲 責 任 有 除 去 数 へ

More information

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas 56 ビ 第 55 巻 第 12 号 世 界 拡 与 松 尾 順 介 御 紹 介 ざ 設 ざ 今 世 界 拡 与 話 ぐ 前 ピ 語 違 ペ 綴 状 況 最 近 等 げ 多 耳 実 際 聞 検 索 頻 繁 げ 今 2 ペ 最 初 世 界 伸 話 世 界 拡 絶 最 近 急 速 伸 指 解 57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限

More information

① - 1 - 労 働 部 律 平 成 律 部 政 平 成 政 伴 並 昭 和 律 昭 和 政 基 づ 並 実 部 平 成 月 日 労 働 大 臣 田 村 憲 久 部 部 昭 和 部 目 申 請 様 式 も - 2-2 労 働 申 請 申 請 人 役 員 含 む イ ハ ま ニ 麻 大 麻 へ ん 覚 醒 毒 係 部 分 除 否 通 常 営 日 営 相 談 緊 急 電 話 番 連 絡 先 外 対 製 造

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

別 表 1 レベル 認 定 基 準 区 分 基 準 レベル1 所 定 の 関 連 有 資 格 者 又 は 検 定 試 験 の 合 格 者 ( 別 表 3 以 下 関 連 有 資 格 者 等 という) 又 は 所 定 の 講 座 セミナー 等 ( 別 表 4 以 下 講 座 等 という)の 履 修 者

別 表 1 レベル 認 定 基 準 区 分 基 準 レベル1 所 定 の 関 連 有 資 格 者 又 は 検 定 試 験 の 合 格 者 ( 別 表 3 以 下 関 連 有 資 格 者 等 という) 又 は 所 定 の 講 座 セミナー 等 ( 別 表 4 以 下 講 座 等 という)の 履 修 者 実 践 キャリア アップ 戦 略 エネルギー 環 境 マネジャーキャリア 段 位 制 度 レベル 認 定 基 準 ( 公 開 用 ) 1. 適 用 本 基 準 は エネルギー 環 境 マネジャーキャリア 段 位 制 度 におけるキャリア 段 位 レベルの 認 定 基 準 ( 以 下 レベル 認 定 基 準 という)に 適 用 する 2. 関 連 文 書 CLG101 レベル 認 定 申 請 の 手

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務 細 胞 検 査 士 会 会 員 の 皆 様 へ 平 成 28 年 度 版 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 ( 正 式 名 称 : 臨 床 検 査 技 師 特 別 約 款 付 帯 賠 償 責 任 保 険 ) ご 加 入 のおすすめ 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 とは 団 体 割 引 20% 適 用 細 胞 検 査 士 が 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 他 人 の 生

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

二 千 六 二 千 六 前 文 総 理 ジ ュ ネ ブ 招 集 二 千 六 二 月 七 日 九 四 回 既 存 勧 告 ま 最 新 特 掲 げ む 本 原 可 む 整 性 文 作 成 希 望 千 九 百 三 強 制 二 九 号 千 九 百 四 八 結 社 由 結 八 七 号 千 九 百 四 九 結 交 渉 九 八 号 千 九 百 五 同 酬 百 号 千 九 百 五 七 強 制 廃 止 百 五 号

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

平成13年土佐山田町議会 3月定例会 第1日

平成13年土佐山田町議会 3月定例会 第1日 平 成 19 年 第 1 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 19 年 3 月 7 日 平 成 19 年 3 月 19 日 開 会 閉 会 香 美 市 議 会 平 成 1 9 年 第 1 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 1 9 年 3 月 7 日 水 曜 日 -2- 平 成 19 年 第 1 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information