JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド"

Transcription

1 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド JBoss の Data Services コンポーネントをインストールするプロジェクト チーム 対 象 エディッション Landmann

2 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド JBoss の Data Services コンポーネントをインストールするプロジェクト チーム 対 象 エディッション Landmann m

3 法 律 上 の 通 知 Copyright 2011 Red Hat, Inc.. T his document is licensed by Red Hat under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License. If you distribute this document, or a modified version of it, you must provide attribution to Red Hat, Inc. and provide a link to the original. If the document is modified, all Red Hat trademarks must be removed. Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law. Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, JBoss, MetaMatrix, Fedora, the Infinity Logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries. Linux is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries. Java is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates. XFS is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries. MySQL is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries. Node.js is an official trademark of Joyent. Red Hat Software Collections is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project. T he OpenStack Word Mark and OpenStack Logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community. All other trademarks are the property of their respective owners. 概 要 本 書 を 読 んで JBoss Enterprise SOA Platform 製 品 の Data Services コンポーネントをインストール 設 定 開 始 する 方 法 について 学 びましょう

4 目 次 目 次. Preface 本 書 の 表 記 規 則 書 体 の 表 記 規 則 引 用 文 の 表 記 規 則 注 記 および 警 告 5 2. サポート およびフィードバックのお 願 い サポートが 必 要 ですか? フィードバックをお 願 いします 6 第 章... 概.. 要 JBoss Enterprise Data Services Platform とは 7 第 章... 設.. 定 必 要 条 件 ダウンロード インストール 設 定 ユーザーアカウントの 作 成 EDS の SOA 5.1 から SOA 5.2 への 移 行 12 第 章... Data..... Services の... 使.. 用 Data Services の 例 複 数 ソースからのデータフェデレーション JDBC API を 用 いた Data Services への 接 続 Web サービスを 用 いたデータサービスへのアクセス REST および SOAP 呼 び 出 しを 用 いた WebService DataSource のクエリ ESB メッセージを 使 用 して Data Services にアクセスする Hibernate を 使 用 して Data Services を 公 開 する Teiid を 用 いて ModeShape リポジトリでメタデータをクエリする JSON を 用 いてファイルを ModeShape リポジトリへパブリッシュする 25 使... 用.. できるデータソースとトランスレーター ダウンロードしたファイルの 検.. 証 Apache Ant.... のインストール MetaMatrix と.. EDS..... (Teiid /. ModeShape) 間.. の... 変.. 更 D.1. 追 加 機 能 33 D.2. 変 更 された 機 能 35 D.3. 削 除 された 機 能 38. GNU..... Lesser General Public License 改... 訂.. 履.. 歴

5 2 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド

6 Preface Preface 1. 本 書 の 表 記 規 則 本 ガイドでは 一 部 の 単 語 や 語 句 を 強 調 して 特 定 の 情 報 に 対 する 読 者 の 注 意 を 促 すために 以 下 のよう な 表 記 規 則 を 採 用 しています 本 ガイドの PDF および 紙 書 籍 版 では Liberation フォントセットの 書 体 を 使 用 しています また Liberation フォントセットがご 使 用 のシステムにインストールされている 場 合 には HTML 版 もこの 書 体 で 表 示 されます インストールされていない 場 合 には 別 の 対 応 する 書 体 で 表 示 されます なお Red Hat Enterprise Linux 5 以 降 のバージョンでは Liberation フォントセットがデフォルトでインストールさ れる 点 に 注 意 してください 1.1. 書 体 の 表 記 規 則 本 ガイドでは 特 定 の 単 語 や 語 句 に 対 する 注 意 を 促 すために 4 つの 書 体 表 記 規 則 を 採 用 しています こ れらの 表 記 規 則 および 適 用 される 状 況 は 以 下 のとおりです 太 字 の 等 幅 フォント シェルコマンド ファイル 名 パスなど システムへの 入 力 を 強 調 するために 使 用 します また キー 名 やキーの 組 み 合 わせを 強 調 するのにも 使 用 します 以 下 が 例 となります 作 業 ディレクトリ 内 の my_next_bestselling_novel というファイルの 内 容 を 表 示 する には シェルプロンプトで cat my_next_bestselling_novel というコマンドを 入 力 し て Enter キーを 押 し そのコマンドを 実 行 します 上 記 の 例 には ファイル 名 シェルコマンド キー 名 が 含 まれており すべて 太 字 の 等 幅 フォントで 表 示 されていますが 文 脈 で 区 別 することができます キーの 組 み 合 わせは プラス 記 号 (+) で 各 キーがつながれているので 個 別 のキーと 区 別 することができ ます 以 下 が 例 となります Enter を 押 してコマンドを 実 行 します Ctrl+Alt+F2 を 押 して 仮 想 ターミナルに 切 り 替 えます 第 1 の 例 では 押 すべき 特 定 のキー 名 が 強 調 されています 第 2 の 例 では 3 つのキーを 同 時 に 押 す キーの 組 み 合 わせが 強 調 されています ソースコードを 記 載 する 場 合 その 段 落 で 言 及 されるクラス 名 メソッド 関 数 変 数 名 戻 り 値 は 上 記 のように 太 字 の 等 幅 フォント で 表 示 されます 以 下 が 例 となります ファイル 関 連 のクラスには filesystem (ファイルシステム) file (ファイル) dir (ディレクトリ) などがあります 各 クラスにそれぞれ 独 自 のパーミッションセットが 関 連 付 けられています 太 字 の 可 変 幅 フォント この 書 体 は アプリケーション 名 ダイアログボックスのテキスト ラベル 付 きボタン チェックボック ス/ラジオボタンのラベル メニュータイトル サブメニュータイトルなど システムで 表 示 される 単 語 や 語 句 であることを 示 します 以 下 が 例 となります メインメニューバーから システム 設 定 マウス の 順 で 選 択 し マウスの 設 定 を 起 動 します 全 般 タブで 左 利 き のラジオボタンを 選 択 して 閉 じる をクリックし マウスの 主 ボタンを 左 から 右 へ 切 り 替 えます ( 左 利 きのユーザーが 使 用 するのに 適 切 な 設 定 に 変 更 しま す) 3

7 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド gedit ファイルに 特 殊 文 字 を 入 力 するには メインのメニューバーから アプリケーション アクセサリ 文 字 マップ の 順 に 選 択 します 次 に 文 字 マップ のメニューバーから 検 索 検 索 の 順 に 選 択 して 検 索 フィールドに 文 字 名 を 入 力 し 次 を 検 索 をクリックしま す 検 索 対 象 の 文 字 が 文 字 テーブル に 強 調 表 示 されます その 文 字 をダブルクリックして コピーする 文 字 列 のフィールドに 表 示 されたら コピー ボタンをクリックします この 後 に 編 集 中 のドキュメントに 戻 り gedit のメニューバーから 編 集 貼 り 付 け の 順 で 選 択 し ます 上 記 のテキストには アプリケーション 名 システム 全 体 のメニュー 名 と 項 目 アプリケーション 固 有 の メニュー 名 GUI インターフェースで 使 用 されているボタンおよびテキストが 含 まれており これらはす べて 太 字 の 可 変 幅 フォントで 表 示 されていますが 文 脈 で 区 別 することができます 太 字 斜 体 の 等 幅 フォント または 太 字 斜 体 の 可 変 幅 フォント 太 字 の 等 幅 フォントおよび 太 字 の 可 変 幅 フォントに 斜 体 を 使 用 した 場 合 には いずれも 置 き 換 え 可 能 な 可 変 テキストであることを 意 味 します 斜 体 は 記 載 されている 通 りには 入 力 しないテキスト あるいは 状 況 によって 変 化 するテキストを 示 します 以 下 が 例 となります ssh を 使 用 してリモートマシンに 接 続 するには シェルプロンプトで ssh と 入 力 します リモートマシンが example.com で そのマシン 上 のユーザー 名 が john である 場 合 には ssh と 入 力 してください mount -o remount file-system のコマンドは 指 定 したファイルシステムを 再 マウン トします たとえば /home ファイルシステムを 再 マウントするコマンドは mount -o rem ount /hom e となります 現 在 インストール 済 みのパッケージのバージョンを 確 認 するには rpm -q package のコマ ンドを 使 用 します その 結 果 次 のような 出 力 が 返 されます: package-version-release ユーザー 名 ドメイン 名 ファイルシステム パッケージ バージョン およびリリースが 太 字 のイタ リック 体 で 表 示 されている 点 に 注 意 してください これらの 語 句 はプレースホルダーで コマンドを 発 行 する 際 に 入 力 するテキストまたはシステムによって 表 示 されるテキストのいずれかです 斜 体 は 著 作 物 のタイトルを 表 すという 標 準 的 な 用 途 の 他 に 重 要 な 用 語 の 初 出 時 にも 使 用 されます 以 下 が 例 となります Publican は DocBook の 出 版 システムです 1.2. 引 用 文 の 表 記 規 則 端 末 の 出 力 とソースコードは 周 囲 のテキストとは 視 覚 的 に 区 切 られて 表 示 されます 端 末 に 送 信 される 出 力 は ローマン 体 の 等 幅 フォント を 使 用 して 以 下 のように 表 示 されます books Desktop documentation drafts mss photos stuff svn books_tests Desktop1 downloads images notes scripts svgs ソースコードの 表 示 にも ローマン 体 の 等 幅 フォント が 使 用 されますが 以 下 のような 構 文 強 調 表 示 が 追 加 されます 4

8 Preface package org.jboss.book.jca.ex1; import javax.naming.initialcontext; public class ExClient { public static void main(string args[]) throws Exception { InitialContext inictx = new InitialContext(); Object ref = inictx.lookup("echobean"); EchoHome home = (EchoHome) ref; Echo echo = home.create(); System.out.println("Created Echo"); } } System.out.println("Echo.echo('Hello') = " + echo.echo("hello")); 1.3. 注 記 および 警 告 本 ガイドでは 見 落 としがちな 情 報 に 注 意 を 促 すために 次 にあげる 3 つの 視 覚 的 スタイルを 使 用 してい ます 注 記 注 記 には 対 象 のタスクに 関 するヒント ショートカット その 他 のアプローチなどを 記 載 してい ます 注 記 を 無 視 しても 悪 影 響 はありませんが 作 業 を 効 率 的 に 行 うためのコツを 見 逃 してしま う 可 能 性 があります 重 要 重 要 の 欄 には 現 行 セッションのみに 適 用 される 設 定 の 変 更 や 更 新 を 適 用 するのに 再 起 動 が 必 要 なサービスなど 見 落 としがちな 情 報 を 記 載 しています 重 要 と 記 載 された 事 項 を 無 視 して も データ 損 失 などには 至 りませんが 作 業 が 思 ったようにスムーズに 進 まなくなる 可 能 性 があり ます 警 告 警 告 は 無 視 しないでください 警 告 を 無 視 すると データ 損 失 が 発 生 する 可 能 性 が 非 常 に 高 くな ります 2. サポート およびフィードバックのお 願 い 2.1. サポートが 必 要 ですか? 本 書 に 説 明 してある 手 順 で 問 題 があれば Red Hat カスタマーポータル( 覧 ください カスタマーポータルでは 以 下 を 行 うことができます Red Hat 製 品 に 関 する 技 術 的 なサポートの 記 載 をナレッジベースで 検 索 閲 覧 することができます サポートケースを Red Hat グローバルサポートサービス(GSS)に 提 出 することができます 5

9 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 他 の 製 品 文 書 を 参 照 することができます また Red Hat は Red Hat のソフトウェアやテクノロジーに 関 するディスカッションの 場 として 多 くの メーリングリストを 設 置 しています 公 開 されているメーリングリストについて は 一 覧 を 参 照 してください メーリングリストをサブスクライ ブする またはメーリングリストのアーカイブを 参 照 する 場 合 はそのメーリングリスト 名 をクリックしま す 2.2. フィードバックをお 願 いします 誤 植 本 ガイドの 改 善 案 がある 場 合 ご 意 見 お 待 ちしております 製 品 JBoss Enterprise SOA Platform コンポーネントdoc-Data_Services_Getting_Started_GuideとしBugzilla から 報 告 してください 以 下 のリンク あらかじめ 記 入 が 施 されている 本 製 品 のバ グレポートへ 移 動 できます Bugzilla のDescription フィールドにある 以 下 のテンプレートに 記 載 してください できるだけ 具 体 的 に 問 題 を 説 明 していただけると 迅 速 に 問 題 解 決 へ 向 けた 取 り 組 みが 行 いやすくなります 文 書 URL: 項 項 のタイトル: 問 題 の 説 明 : 改 善 案 : 追 加 情 報 : 問 題 報 告 の 功 績 が 認 められるよう 名 前 を 記 載 するのを 忘 れないようにしてください 6

10 第 1 章 概 要 第 1 章 概 要 本 書 は JBoss の 管 理 者 や 開 発 者 を 対 象 とする JBoss Enterprise Data Services Platform 製 品 のガイドで す 本 書 には 次 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 章 では 本 書 と JBoss Enterprise Data Services 製 品 の 概 要 について 取 り 上 げます 第 2 章 では JBoss Enterprise Data Services Platform 製 品 をダウンロード インストール 設 定 開 始 する 方 法 について 取 り 上 げます 第 3 章 では Data Services の 概 要 と 開 発 者 向 けのチュートリアルやクイックスタートについて 取 り 上 げます 第 4 章 ではメタデータレポジトリの 概 要 と 開 発 者 向 けのチュートリアルやクイックスタートについて 取 り 上 げます 付 録 には 本 ガイドで 参 照 する 追 加 情 報 が 記 載 されています 同 梱 されるコンポーネントの 詳 細 については 本 バージョンのリリースノート を 参 照 してください 1.1. JBoss Enterprise Data Services Platform とは JBoss Enterprise Data Services Platform には 次 の 機 能 が 含 まれています データサービス: データフェデレーションおよび 仮 想 化 エンジン (Teiid) メタデータレポジトリ: JCR 2.0 対 応 レポジトリ (ModeShape) 各 コンポーネントの 詳 細 は を 参 照 し てください コミュニティーで 開 発 され 企 業 向 けの 認 定 およびサポート 対 象 となるこれらの 製 品 は 堅 固 でスケーラ ブルなプラットフォームを 提 供 するため 統 合 しテストされています 7

11 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 第 2 章 設 定 本 章 を 読 んで JBoss Enterprise Data Services Platform のインストール 方 法 について 学 びましょう 2.1. 必 要 条 件 JBoss Enterprise Data Services Platform 製 品 をインストールおよび 操 作 するための 一 般 要 件 は 次 の 通 り です JBoss Enterprise SOA Platform サーバーがインストールされ 設 定 されていなければなりません JBoss Enterprise SOA Platform の SOA Platform パッケージのみが JBoss Enterprise Data Services Platform によってサポートされます SOA Standalone パッケージはサポートされませ ん Apache Ant がインストールされている 必 要 があります 付 録 C Apache Ant のインストール インストールには ZIP アーカイブの 内 容 を 展 開 できるソフトウェアが 必 要 です Red Hat は JBoss Enterprise Data Services Platform を 複 数 の 異 なるハードウェアプラットフォーム Java 仮 想 マシン (JVM) オペレーティングシステム データベースに 対 してテストし 認 証 しています これは 今 後 も 継 続 される 作 業 であるため サポート 対 象 の 環 境 は 常 に 増 加 しています 本 リリースの 現 在 サポートされている 環 境 のリストは を 参 照 してください 2.2. ダウンロード JBoss Enterprise Data Services Platform は の Red Hat カスタマーポータルよりダウンロード 可 能 です 重 要 JBoss Developer Studio バージョン は SOA および EDS バージョン 5.2 の 付 属 ツーリング ディストリビューションです SOA または EDS 5.2 を 使 用 する 場 合 は 必 ずこのバージョンの Developer Studio をインストールするようにしてください JBoss Developer Studio は の Red Hat カスタマーポータルより 取 得 できます Developer Studio をダウンロードし インストールしてください カスタマーサポートポータルからダウンロードしたすべてのファイルのチェックサムを 検 証 し 破 損 や 変 更 がないことを 確 認 するよう Red Hat は 推 奨 します 手 順 は 付 録 B ダウンロードしたファイルの 検 証 を 参 照 してください 2.3. インストール 本 項 では JBoss Enterprise Data Services Platform のインストール 手 順 を 簡 単 に 説 明 します 警 告 インストールスクリプトを 使 用 して JBoss Enterprise Data Services Platform をインストールする ことはできません 後 でアンインストールしたい 場 合 はサーバーのバックアップコピーを 作 成 する 必 要 があります 手 順 2.1 インストール 8

12 第 2 章 設 定 1. インストールするパッケージのダウンロード Red Hat カスタマーポータルより 必 要 な JBoss Enterprise Data Services Platform のパッケージを ダウンロードします ダウンロードの 手 順 は ダウンロード を 参 照 してください 2. zip ファイルの 整 合 性 検 証 ダウンロードした ZIP ファイルのチェックサムを 検 証 します この 作 業 はファイルが 破 損 されたり 変 更 されていないことを 確 認 するために 行 います 手 順 は 付 録 B ダウンロードしたファイルの 検 証 を 参 照 してください 3. インストールディレクトリの 展 開 パッケージの Z IP ファイルより eds ディレクトリを JBoss Enterprise SOA Platform のインストー ルディレクトリ jboss-soa-p-5 へ 展 開 します 展 開 後 の JBoss Enterprise SOA Platform ディレ クトリの 構 造 は 次 のようになります -- jboss-soa-p-5 -- eds -- jboss-as -- jbpm-jpdl -- mod_cluster -- picketlink -- resteasy `-- seam 4. インストールスクリプトの 実 行 コマンドラインターミナルで jboss-soa-p-5/eds/ ディレクトリへ 移 動 し ant コマンドを 実 行 します インストールするサーバープロファイルの 名 前 を 入 力 するよう 促 され Apache CXF を インストールするか 問 われます all と production default プロファイルのみがサポート されます Web サービスのアクセスが 必 要 な 場 合 Apache CXF をインストールする 必 要 がありま す [localhost eds]$ ant Buildfile: /opt/jboss-soa-p-5/eds/build.xml prompteds: [input] Enter profile to install EDS to: all, production, or default [default] default validate.profile: promptcxf: [input] Teiid requires CXF to be installed for web services, do you wish to install (y or n) [y] y インストールスクリプトが JBoss Enterprise Data Services Platform を 指 定 のサーバープロファイ ルへインストールし 要 求 があった 場 合 は Apache CXF もインストールします この 作 業 が 終 了 す るとインストールが 完 了 します 5. 設 定 JBoss Enterprise Data Services Platform は 設 定 を 行 わなくても 操 作 可 能 ですが データへのアク セスや 他 の 機 能 を 有 効 にするにはユーザーアカウントを 作 成 する 必 要 があります 手 順 は 設 定 を 参 照 してください 6. 起 動 サーバー インストールとサーバーの 設 定 は 完 了 しました 次 に JBoss Enterprise Data Services Platform をインストールしたサーバープロファイルを 使 用 して JBoss Enterprise SOA Platform を 起 動 しま 9

13 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド す Web コンソールにログインしてインストールを 検 証 することが 可 能 です Data Services と Metadata Repository (ModeShape) サービスは 図 2.1 正 しくインストールされた 後 のコンソール ビュー のように 表 示 されるはずです 図 2.1 正 しくインストールされた 後 のコンソールビュー 2.4. 設 定 本 項 を 読 んで JBoss Enterprise Data Services Platform サーバーに 必 要 となる 基 本 的 な 設 定 手 順 につい て 学 びましょう ユーザーアカウントの 作 成 本 項 を 読 んで ユーザーアカウントの 作 成 方 法 について 学 びましょう 使 用 されるサービスごとに 最 低 1 つのアカウントを 作 成 する 必 要 があります デフォルトで 有 効 になっているアカウントはありません JBoss Enterprise Data Services Platform は Java 認 証 承 認 サービス (Java Authentication and Authorization Service: JAAS) を 使 用 してユーザーのログインを 管 理 します デフォルトの 設 定 はプレーン テキストファイルを 使 用 してユーザー 名 パスワード およびロールを 保 持 します モジュールは LDAP などの 他 のメソッドのために 含 まれており カスタムモジュールは 簡 単 に 作 成 することが 可 能 です JAAS の 設 定 に 関 する 詳 細 は JBoss Enterprise Application Platform のセキュリティーガイド を 参 照 してくださ い デフォルトのログイン 設 定 では ユーザーとロールの 詳 細 はオペレーティングシステムのユーザーアカウ ントなど 他 のユーザーアカウントに 対 応 する 必 要 はありません これらの 詳 細 は JBoss Enterprise Data Services Platform のみに 関 係 し 任 意 に 作 成 することができます 以 下 の 手 順 に 従 って Data Services Metadata Repository および AdminAPI のユーザーを 作 成 しま す サーバー 管 理 コンソールへアクセスするためユーザーを 作 成 する 方 法 については JBoss Enterprise SOA Platform の SOA スタートガイド を 参 照 してください 手 順 2.2 新 規 Data Services ユーザーの 追 加 10

14 第 2 章 設 定 Data Services のユーザーアカウントは ユーザー 名 パスワードおよび 任 意 数 のロールによって 構 成 さ れます ユーザー 名 とパスワードは VDB にアクセスするユーザーを 認 証 するために 使 用 されます ユー ザーロールは 各 ユーザーに 与 えられたパーミッションを 示 します ロールは 各 VDB に 定 義 され その 中 のパーミッションに 関 連 付 けられます 詳 細 は Data Services リファレンスガイド のロールマッピング の 章 を 参 照 してください 1. ユーザー 名 とパスワードの 追 加 テキストエディターで jboss-as/server/profile/conf/props/teiid-securityusers.properties を 開 きます username=password という 構 文 の 新 しい 行 を 使 用 して 必 要 な username と password を 追 加 します #user=user harold=s3kr3tz このファイル 内 のハッシュ (#) で 始 まる 行 はすべて 無 視 されます ハッシュを 使 ってログインを 一 時 的 に 無 効 にすることができます 2. ユーザーロールの 割 り 当 て テキストエディターで jboss-as/server/profile/conf/props/teiid-securityroles.properties ファイルを 開 きます username=role1,role2,role3 という 構 文 の 新 しい 行 を 使 用 して ユーザーと 割 り 当 てられたロールをファイルに 追 加 します 任 意 数 のロールを 割 り 当 てることが 可 能 です ユーザーに 割 り 当 てられたロールがない 場 合 必 要 となるエントリー はありません admin=admin harold=accounts, inventory, reports このファイル 内 のハッシュ (#) で 始 まる 行 はすべて 無 視 されます ハッシュを 使 ってユーザーロー ルを 一 時 的 に 削 除 することができます 3. 保 存 ファイルを 保 存 すると 変 更 が 適 用 されます サーバーを 再 起 動 する 必 要 はありません 手 順 2.3 新 しい Metadata Repository ユーザーの 追 加 Metadata Repository のユーザーアカウントは ユーザー 名 パスワードおよび 任 意 数 のロールによって 構 成 されます ユーザー 名 とパスワードは RESTful API または WebDAV を 使 用 して JBoss Repository にアクセスするユーザーを 認 証 するために 使 用 されます デフォルトの 設 定 は JBoss Enterprise SOA Platform の 管 理 コンソールや Data Services adminapi と 同 じプロパティーファイルを 使 用 することに 注 意 してください 1. ユーザー 名 とパスワードの 追 加 テキストエディターで jboss-as/server/profile/conf/props/soa-users.properties を 開 きます username=password という 構 文 の 新 しい 行 を 使 用 し 必 要 な username と password を 追 加 します #user=user ndur3 このファイル 内 のハッシュ (#) で 始 まる 行 はすべて 無 視 されます ハッシュを 使 ってログインを 一 時 的 に 無 効 にすることができます 2. ユーザーロールの 割 り 当 て テキストエディターで jboss-as/server/profile/conf/props/soa-roles.properties ファイルを 開 きます username=role1,role2,role3 という 構 文 の 新 しい 行 を 使 用 し ユー ザーと 割 り 当 てられたロールをファイルに 追 加 します 任 意 数 のロールを 割 り 当 てることが 可 能 で す 11

15 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド す デフォルトの 設 定 では レポジトリにアクセスできるようにするため ユーザーに JBossAdmin ロールを 割 り 当 てる 必 要 があります ユーザーがデータへアクセスできるようにするには READONLY ロールを 割 り 当 てる 必 要 があり データを 読 み 書 きできるようにするには READWRITE ロールを 割 り 当 てる 必 要 があります admin=admin samantha=personnel, JBossAdmin, READWRITE このファイル 内 のハッシュ (#) で 始 まる 行 はすべて 無 視 されます ハッシュを 使 ってユーザーロー ルを 一 時 的 に 削 除 することができます 3. 保 存 ファイルを 保 存 すると 変 更 が 適 用 されます サーバーを 再 起 動 する 必 要 はありません 手 順 2.4 新 規 Data Services AdminAPI ユーザーの 追 加 Data Services AdminAPI ユーザーアカウントは ユーザー 名 パスワードおよび 任 意 数 のロールによって 構 成 されます ユーザー 名 とパスワードは AdminShell ツールと AdminAPI を 使 用 するユーザーを 認 証 す るために 使 用 されます AdminAPI ユーザーは 管 理 ロールのメンバーでなければなりません デフォルトの 設 定 は JBoss Enterprise SOA Platform の 管 理 コンソールや Metadata Repository と 同 じ プロパティーファイルを 使 用 することに 注 意 してください 1. ユーザー 名 とパスワードの 追 加 テキストエディターで jboss-as/server/profile/conf/props/soa-users.properties を 開 きます username=password という 構 文 の 新 しい 行 を 使 用 し 必 要 な username と password を 追 加 します #user=user rd2gu3ss このファイル 内 のハッシュ (#) で 始 まる 行 はすべて 無 視 されます ハッシュを 使 ってログインを 一 時 的 に 無 効 にすることができます 2. ユーザーロールの 割 り 当 て テキストエディターで jboss-as/server/profile/conf/props/soa-roles.properties ファイルを 開 きます username=admin という 構 文 を 新 しい 行 に 使 用 し ユーザーと 管 理 ロール をファイルに 追 加 します ユーザーは 複 数 のロールを 持 つことができます susan=admin, backups, offsite mark=admin このファイル 内 のハッシュ (#) で 始 まる 行 はすべて 無 視 されます ハッシュを 使 ってユーザーロー ルを 一 時 的 に 削 除 することができます 3. 保 存 ファイルを 保 存 すると 変 更 が 適 用 されます サーバーを 再 起 動 する 必 要 はありません 2.5. EDS の SOA 5.1 から SOA 5.2 への 移 行 次 の 手 順 に 従 って EDS を 移 行 します 1. 次 のファイルを SOA Platform 5.1 サーバーよりコピーします.vdb ファイル *-ds.xml ファイル カスタムコネクターの.rar ファイル 12

16 第 2 章 設 定 カスタムトランスレーターの.jar ファイル conf/props/teiid-security-*.properties ファイル 警 告 teiid-jboss-beans.xml を 比 較 し 更 新 する 必 要 があります Red Hat は 5.2 を 5.1 に 置 き 換 えることは 推 奨 しません 2. ModeShape 向 けに 次 のファイルを 5.1 サーバーよりコピーします *-ds.xml files (EDS の 最 初 の 手 順 を 実 行 しなかった 場 合 ) カスタムシーケンサー カスタムコネクター 設 定 で 使 用 された.cnd ファイル 重 要 SOA-P 5.1 より [profile]/deploy/data/m odeshape ディレクトリをコピーしないで ください 最 初 に SOA 5.2 サーバーを 起 動 すると 索 引 が 再 構 築 されます 既 にシーケンス 化 されたデータの 量 によっては 再 索 引 化 の 処 理 に 時 間 がかかることがあり ます ( 再 索 引 化 の 処 理 が 完 了 すると ModeShape メッセージが server.log に 表 示 されま す) 注 記 バージョン 間 での 変 更 はないため ModeShape.vdb がコピーされたものであっても 問 題 はありません 警 告 単 に modeshape-config.xml ファイルをコピーしないでください 比 較 し 更 新 する 必 要 があります 3. modeshape-rest または modeshape-webdav に 関 するファイルに 変 更 を 加 えた 場 合 手 作 業 で 変 更 を 再 適 用 する 必 要 があります 13

17 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 第 3 章 Data Services の 使 用 本 章 には Data Services の 概 要 と 開 発 者 向 けの 主 な 機 能 とユースケースの 例 が 記 述 されています Data Services はデータフェデレーションおよび 仮 想 化 エンジンで 複 数 のデータソース (RDBMS Web サービス ファイルなど) を 1 つの 統 一 されたソースのようにクエリすることができます 作 成 される 仮 想 データベース (VDB) モデルには 仮 想 テーブルのマッピングと 基 盤 のデータソースにおける 実 際 のエ ンティティーへのプロシージャーが 含 まれます JDBC や ODBC Web サービスなどの 複 数 のメソッドを 使 用 して VDB をクエリすることが 可 能 です VDB は Teiid Designer Tool と 使 用 して JBoss Developer Studio 4.0 に 作 成 できるデプロイ 可 能 なアー ティファクトです Teiid Designer Tool では 物 理 データソースより 必 要 なメタデータ (スキーマ) をイ ンポートして これらのソースを 定 義 することができます メタデータがインポートされた 後 Designer は 追 加 のビューレイヤーの 構 築 を 補 助 します 物 理 モデルとビューモデルのコレクションが VDB を 形 成 します 図 3.1 Data Services ツールの 関 係 に 関 与 するツールの 関 係 が 図 解 されています 図 3.1 Data Services ツールの 関 係 3.1. Data Services の 例 14

18 第 3 章 Data Services の 使 用 重 要 EDS に 含 まれるすべての 例 は リリース よりクイックスタートになります 通 常 の SOA ク イックスタートと 全 く 同 じように デプロイおよびアンデプロイします 以 下 の 例 は JBoss Enterprise Data Services の Data Services コンポーネントの 主 な 機 能 を 実 証 しま す 複 数 ソースからのデータフェデレーション eds_multi_source_federation の 例 は 仮 定 的 な 株 投 資 ポートフォリオを 使 用 し Data Services を 用 いて 以 下 を 実 証 します 1 つのインターフェースから 複 数 のデータソースへアクセスできる 機 能 Designer にモデル 化 されたロールパーミッションを 使 用 して 読 み 取 り 専 用 アクセスを 提 供 する 機 能 Designer にモデル 化 されたロールパーミッションを 使 用 して 読 み 書 きアクセスを 提 供 する 機 能 この 例 は Portfolio VDB を 使 用 して 2 つのデータソース (コンマ 区 切 りのフィールドとして 株 価 が 含 まれ るテキストファイルと 顧 客 ポートフォリオが 含 まれるリレーショナルデータベース) のフェデレーショ ンを 行 います VDB に 対 してクエリが 実 行 されると Data Services がテキストファイル ( 非 リレーショ ナル) とデータベース (リレーショナル) ソースの 両 方 にアクセスし ポートフォリオの 値 を 算 出 してから 結 果 を 返 します 図 3.2 ポートフォリオ はこの 例 の 概 要 になります 図 3.2 ポートフォリオ この 例 の 完 全 なコードは jboss-as/samples/quickstarts/eds_multi_source_federation ディレクトリにあります このクイックスタートには T eiid Designer モデルプロジェクトセットの portfolio_project_set.zip が 含 まれています これを Designer で 開 いて モデルとロールがどのように 構 築 されたかを 確 認 することができます この 手 順 を 継 続 するには 以 下 の 前 提 条 件 が 満 たされている 必 要 があります JBoss Enterprise Data Services がインストールされ 稼 働 している 必 要 があります 15

19 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 手 順 3.1 eds_multi_source_federation の 例 の 実 行 1. ルールを 定 義 せずにクエリを 実 行 定 義 されたルールがない 状 態 でクエリをデプロイし 実 行 する 手 順 は 次 の 通 りです a. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/eds_multi_source_federation ファイルに 移 動 しま す b. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy を 実 行 します ユーザー 名 user とパスワード user が 設 定 され Portfolio.vdb がデプロイされます テキストファイルデータソースを 使 用 する 動 的 VDB marketdata-vdb.xml がデプロイ されます VDB が 正 しくデプロイされていることを 確 認 してください server.log に 次 のようなメッ セージがあるはずです [org.teiid.runtime] (HDScanner) VDB "MarketData.1[MarketData[textconnector/file/java:marketdata-file]]" deployed in active state. c. テストを 実 行 するには ant runtest を 実 行 します 実 行 するクエリを 選 択 するため 次 のプロンプトが 表 示 されます prompt: [echo] [1] Query 1: select * from product [echo] [2] Query 2: select stock.* from (call MarketData.getTextFiles('*.txt')) f, TEXTTABLE(f.file COLUMNS symbol string, price bigdecimal HEADER) stock [echo] [3] Query 3: select product.symbol, stock.price, company_name from product, (call MarketData.getTextFiles('*.txt')) f, TEXTTABLE(f.file COLUMNS symbol string, price bigdecimal HEADER) stock where product.symbol=stock.symbol [echo] [X] To exit [input] Select query to run: ([1], 2, 3, X, x) テストをヘッドレスモードで 実 行 するには -Doption=[1 2 3] を 末 尾 に 追 加 しま す 1 2 および 3 は 実 行 するクエリを 表 します d. デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには ant undeploy を 実 行 します 2. 読 み 取 り 専 用 ロールパーミッションが 定 義 されたクエリの 実 行 読 み 取 り 専 用 アクセスのロールパーミッションが 定 義 されている PortfolioRoles VDB に 対 してクエ リをデプロイし 実 行 する 手 順 は 次 の 通 りです a. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/eds_multi_source_federation ファイルに 移 動 しま す b. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy_roles を 実 行 します ユーザー 名 portfolioro とパスワード portfolioro が 設 定 され PortfolioRoles.vdb が デプロイされます c. テストを 実 行 するには ant runtest_readonly を 実 行 します 実 行 するクエリを 選 択 するため 次 のプロンプトが 表 示 されます 16

20 第 3 章 Data Services の 使 用 prompt: [echo] [1] Query 1: select * from product [echo] [2] Query 2: insert into product Values(1050, 'HON', 'Honda Motors Corp.') [echo] [3] Query 3: delete from product where SYMBOL = 'HON' [echo] [X] To exit [input] Select query to run: ([1], 2, 3, X, x) テストをヘッドレスモードで 実 行 するには -Doption=[1 2 3] を 末 尾 に 追 加 しま す 1 2 および 3 は 実 行 するクエリを 表 します 注 記 : クエリ 1 のみが 動 作 します クエリ 2 と 3 は ユーザーのパーミッションが 適 切 でな いことを 示 して 例 外 がスローされます d. デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには ant undeploy を 実 行 します 3. 読 み 書 きロールパーミッションが 定 義 されたクエリの 実 行 読 み 書 きロールパーミッションが 定 義 されている PortfolioRoles VDB に 対 してクエリをデプロイ し 実 行 する 手 順 は 次 の 通 りです a. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/eds_multi_source_federation ファイルに 移 動 しま す b. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy_roles を 実 行 します ユーザー 名 portfoliorw とパスワード portfoliorw が 設 定 され PortfolioRoles.vdb が デプロイされます c. テストを 実 行 するには ant runtest_readwrite を 実 行 します 実 行 するクエリを 選 択 するため 次 のプロンプトが 表 示 されます prompt: [echo] [1] Query 1: select * from product [echo] [2] Query 2: insert into product Values(1050, 'HON', 'Honda Motors Corp.') [echo] [3] Query 3: delete from product where SYMBOL = 'HON' [echo] [X] To exit [input] Select query to run: ([1], 2, 3, X, x) テストをヘッドレスモードで 実 行 するには -Doption=[1 2 3] を 末 尾 に 追 加 しま す 1 2 および 3 は 実 行 するクエリを 表 します d. デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには ant undeploy を 実 行 します 図 3.3 コンソールにデプロイされた VDB 17

21 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド JDBC API を 用 いた Data Services への 接 続 Data Services サーバーは JDBC (Java DataBase Connectivity) API を 使 用 してデプロイされた VDB のク エリを 許 可 します teiid-client.jar JAR ファイルには Data Services JDBC ドライバーとその 他 の 必 要 な JDBC クラスが 含 まれています eds_simple_jdbc_client の 例 では JDBC TeiidDriver と TeiidDatasource クラスの 両 方 を 使 用 して VDB へ 接 続 します JDBCClient.java は 接 続 の 作 成 方 法 と エンジンが 実 行 されたクエ リごとに 作 成 する クエリプラン の 取 得 方 法 を 表 す Java ソースコードの 例 です これはパフォーマンスの 評 価 に 便 利 なツールです 本 項 ではこの 例 を 使 用 を 検 証 します この 例 の 完 全 なコードは jboss-as/samples/quickstarts/eds_simple_jdbc_client ディレク トリにあります この 手 順 を 継 続 するには 以 下 の 前 提 条 件 が 満 たされている 必 要 があります JBoss Enterprise Data Services がインストールされ 稼 働 している 必 要 があります user という Data Services ユーザーアカウントが 作 成 され パスワードが user に 設 定 されている 必 要 があります デフォルトでは teiid-security-users.properties ファイルにこのアカウン トがコメントアウトされています 手 順 3.2 eds_simple_jdbc_client の 例 の 実 行 1. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/eds_simple_jdbc_client ディレクトリに 移 動 します 2. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy を 実 行 します テキストファイルデータソースを 使 用 する 動 的 VDB marketdata-vdb.xml がデプロイされま す VDB が 正 しくデプロイされていることを 確 認 してください server.log に 次 のようなメッセージが あるはずです [org.teiid.runtime] (JBoss System Threads(1)-5) MarketData.1 status has been changed to active 3. テストを 実 行 するには ant runtest を 実 行 します これにより 次 のクエリの 例 が vdb MarketData に 対 して 実 行 されます: select stock.* from (call MarketData.getTextFiles('*.txt')) f, TEXTTABLE(f.file COLUMNS symbol string, price bigdecimal HEADER) stock プログラムの 例 は 最 初 にクエリの 結 果 を 返 し その 後 に Data Services によって 算 出 されたクエリ プランを 返 します これは TeiidDriver を 使 用 して 1 回 実 行 され TeiidDatasource を 使 用 してもう 1 回 実 行 されるため 計 2 回 実 行 されます eds_simple_jdbc_client の 便 利 なオプションに 異 なるクエリを 使 用 して 異 なる VDB に 対 して 実 行 し Query Plan を 取 得 できる 機 能 があります サーバーのデバッグを 行 うための 迅 速 なオプショ ンになります これにより サーバー 名 Teiid ポート 番 号 VDB 名 を 変 更 でき 実 行 される 異 な るクエリを 入 力 することができます このオプションを 実 行 するには テストを 対 話 モードで 実 行 します 対 話 モードで 実 行 するには -Dprompt=true を runtest コマンドの 最 後 に 付 けます 4. デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには ant undeploy を 実 行 します 18

22 第 3 章 Data Services の 使 用 警 告 動 的 VDB はデプロイされた 時 にデータソースをロードします その 時 に 参 照 されたデータソース がない 場 合 VDB はメタデータの 完 全 セットを 取 得 しないため 適 切 に 動 作 しません メタデータ が 不 完 全 な VDB は 再 デプロイする 必 要 があります アプリケーションの 起 動 時 に VDB が 既 にデプロイディレクトリに 存 在 する 場 合 VDB がデプロイ される 前 にデータソースがデプロイされる 保 証 はありません Red Hat は サーバーが 完 全 に 起 動 した 後 でのみ 動 的 VDB をデプロイすることを 推 奨 します 以 下 は eds_simple_jdbc_client で 使 用 されるコードを 判 断 し DBC 接 続 を 作 成 して 結 果 とクエリプラン を 表 示 します 例 3.1 org.teiid.jdbc.teiiddriver クラスを 用 いた 接 続 の 作 成 org.teiid.jdbc.teiiddriver クラスと 標 準 の JDBC DriverManager クラスを 使 用 して JDBC 接 続 オブジェクトを 作 成 することができます このメソッドには 接 続 URL ユーザー 名 および パスワードが 必 要 になります JDBCClient.java の 例 は 以 下 のメソッドで TeiidDriver クラスを 持 つ 接 続 を 作 成 します static Connection getdriverconnection(string host, String port, String vdb) throws Exceptions { String url = //showplan setting Class.forName("org.teiid.jdbc.TeiidDriver"); return DriverManager.getConnection(url,"user", "user"); } 接 続 URL の 形 式 は 次 のようになります mm[s]://hostname:port;[prop-name=prop-value;]* 手 順 3.2 eds_simple_jdbc_client の 例 の 実 行 のコマンドラインの 例 を 使 用 して 動 的 ポートフォリ オの 例 より VDB をクエリすると 接 続 文 字 列 が 作 成 されます 詳 細 は Data Services クライアント 開 発 者 ガイド の Data Services への 接 続 の 章 を 参 照 してくださ い 19

23 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 例 3.2 org.teiid.jdbc.teiiddatasource クラスを 用 いた 接 続 の 作 成 JDBC 接 続 オブジェクトは org.teiid.jdbc.teiiddatasource クラスを 使 用 して 作 成 できま す T eiiddatasource クラスは javax.sql.datasource および javax.sql.xadatasource インターフェースを 実 装 します JDBCClient.java の 例 は 以 下 のメソッドで TeiidDataSource クラスを 持 つ 接 続 を 作 成 します static Connection getdatasourceconnection(string host, String port, String vdb) throws Exception { TeiidDataSource ds = new TeiidDataSource(); ds.setdatabasename(vdb); ds.setuser("user"); ds.setpassword("user"); ds.setservername(host); ds.setportnumber(integer.valueof(port)); ds.setshowplan("on"); //turn show plan on } return ds.getconnection(); DriverManager クラスとは 異 なり 接 続 URL は 必 要 ありませんが TeiidDataSource クラスの set メソッドを 使 用 して 各 パラメーターを 設 定 する 必 要 があります 例 3.3 結 果 とクエリプランの 表 示 標 準 の JDBC クラスを 使 用 して 接 続 から 返 された ResultSet を 処 理 することができます Statement statement = connection.createstatement(); ResultSet results = statement.executequery(sql); ResultSetMetaData metadata = results.getmetadata(); int columns = metadata.getcolumncount(); System.out.println("Results"); for (int row = 1; results.next(); row++) { System.out.print(row + ": "); for (int i = 0; i < columns; i++) { if (i > 0) System.out.print(","); System.out.print(results.getString(i+1)); } System.out.println(); } 前 述 の 各 例 では showplan の 接 続 プロパティーは on に 設 定 されました これは クエリプランも サーバーより 返 されます クエリプランは 順 序 付 けされた 手 順 のセットで クエリの 実 行 に 使 用 されま す org.teiid.jdbc.t eiidstatem ent オブジェクトとしてステートメントをアンラッピング し getplandescription() メソッドを 呼 び 出 すと クエリプランへアクセスできます System.out.println("Query Plan"); System.out.println(statement.unwrap(TeiidStatement.class).getPlanDescription()); 20

24 第 3 章 Data Services の 使 用 JDBC の 使 用 に 関 する 詳 細 は JBoss Enterprise Data Services Platform のクライアント 開 発 者 ガイドを 参 照 してください Web サービスを 用 いたデータサービスへのアクセス ここでは Data Services によって 連 合 化 されたデータソースへアクセスするために Web サービスを 使 用 する 方 法 を 説 明 します この 例 では JBoss Developer Studio の Web サービスモデルを 使 用 して 生 成 さ れた JBossWS-CXF war を 使 用 します モデルプロジェクトセットの 例 である MarketDataWarExam ple は JBoss Developer Studio にあるため PortfolioView.vdb と.war が どのように 構 築 されるか 確 認 することができます 概 念 : 生 成 された JBossWS-CXF の Web サービス war を 使 用 して VDB に 接 続 する この 手 順 を 継 続 するには 以 下 の 前 提 条 件 が 満 たされている 必 要 があります JBoss Enterprise Data Services がインストールされ 稼 働 している 必 要 があります user という Data Services ユーザーアカウントが 作 成 され パスワードが user である 必 要 がありま す デフォルトでは teiid-security-users.properties ファイルにこのアカウントがコメン トアウトされています 手 順 3.3 eds_webservices_to_teiid の 例 の 実 行 Web サービスモデルの 例 には Web サービスモデルよりファイルベースのデータソースに 接 続 する VDB が 含 まれています モデルプロジェクトセットは JBoss Developer Studio に 含 まれており Web サービ スモデルで 使 用 される 変 換 (トランスフォーメーション) を 見 るために 使 用 することができます 1. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/eds_webservices_to_teiid ディレクトリに 移 動 します 2. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy を 実 行 します これにより PortfolioView.vdb PortfolioView.war およびデータソースがデプロイされます VDB が 正 しくデプロイされていることを 確 認 してください server.log に 次 のようなメッセージが あるはずです [org.teiid.runtime] (HDScanner) VDB "PortfolioView.1[MarketDataView_WS[], MarketDataView_Output[], MarketDataView_Output_View[], MarketDataView_Input[], MarketData[wsm-example-marketdata-file/file/wsmexample-marketdata-file], MarketDataView[]]" deployed in active state. 3. テストを 実 行 するには ant runtest を 実 行 します これにより JAX-WS クライアントを 実 行 し 以 下 の 株 価 情 報 結 果 を 返 す Web サービス 操 作 を 呼 び 出 します runtest: [echo] Running test client against web service... [java] The current price for RHT is $ デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには ant undeploy を 実 行 します REST および SOAP 呼 び 出 しを 用 いた WebService DataSource のクエリ eds_dynamicvdb_webservices の 例 は Web サービスのデータソースをクエリするため REST 呼 び 出 しと SOAP 呼 び 出 しを 定 式 化 する 方 法 を 実 証 します この 例 は の Web サイトを 使 用 して 経 度 と 緯 度 の 情 報 を 取 得 します この 例 の 完 全 なコードは eds/teiid/examples/eds_dynamicvdb_webservices/ ディレクトリに あります 21

25 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド この 手 順 を 継 続 するには 以 下 の 前 提 条 件 が 満 たされている 必 要 があります JBoss Enterprise Data Services がインストールされ 稼 働 している 必 要 があります user という Data Services ユーザーアカウントが 作 成 され パスワードが user に 設 定 されている 必 要 があります デフォルトでは teiid-security-users.properties ファイルにこのアカウン トがコメントアウトされています 注 記 : SOA 5.2 では queries.txt ファイルの query_2 に 誤 りがあるため 以 下 に 置 き 換 えてくださ い query_2=select xmlserialize(document w.result as string) from (call weather.invoke(action=>' ipcode', endpoint=>' binding=>'soap11', request=>'<ns1:latlonlistz ipcode xmlns:soapenv=\" xmlns:xsd=\" xmlns:xsi=\" soapenv:encodingstyle=\" xmlns:ns1=\" <zipcodelist xsi:type=\"ns2:zipcodelistt ype\" xmlns:ns2=\" </ns1:latlonlistz ipcode>')) as w 手 順 3.4 eds_dynamicvdb_webservices の 例 の 実 行 1. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/eds_dynamicvdb_webservices ディレクトリに 移 動 します 2. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy を 実 行 します 動 的 VDB の weather-vdb.xml と データソースの weather-ds.xml がデプロイされます VDB が 正 しくデプロイされていることを 確 認 してください server.log に 次 のようなメッセージが あるはずです [org.teiid.runtime] (JBoss System Threads(1)-4) weather.1 status has been changed to active 3. テストを 実 行 するには ant runtest を 実 行 します 4. デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには ant undeploy を 実 行 します 警 告 動 的 VDB はデプロイされた 時 にデータソースをロードします その 時 に 参 照 されたデータソース がない 場 合 VDB はメタデータの 完 全 セットを 取 得 しないため 適 切 に 動 作 しません メタデータ が 不 完 全 な VDB は 再 デプロイする 必 要 があります アプリケーションの 起 動 時 に VDB が 既 にデプロイディレクトリに 存 在 する 場 合 VDB がデプロイ される 前 にデータソースがデプロイされる 保 証 はありません Red Hat は サーバーが 完 全 に 起 動 した 後 でのみ 動 的 VDB をデプロイすることを 推 奨 します ESB メッセージを 使 用 して Data Services にアクセスする eds_custom_esb_action の 例 は クエリを 提 出 し Data Services からの 結 果 を 返 信 するために ESB メッセージバスを 使 用 します SQL クエリ ユーザー 名 およびパスワードが 含 まれるメッセージがバス 上 に 置 かれます カスタム TeiidJDBCAction がこの 情 報 を 抽 出 し データサービスに 対 して JDBC 呼 び 出 し を 提 出 します チェーンされたアクションが 結 果 を 処 理 する 場 合 結 果 はメッセージボディーへ 追 加 さ れ 渡 されます この 例 では 結 果 は echo で 標 準 出 力 されます この 例 の 完 全 なコードは jboss-as/samples/quickstarts/eds_custom_esb_action ディレクト リにあります 22

26 第 3 章 Data Services の 使 用 この 手 順 を 継 続 するには 以 下 の 前 提 条 件 が 満 たされている 必 要 があります JBoss Enterprise Data Services がインストールされ 稼 働 している 必 要 があります user という Data Services ユーザーアカウントが 作 成 され パスワードが user に 設 定 されている 必 要 があります デフォルトでは teiid-security-users.properties ファイルにこのアカウン トがコメントアウトされています 手 順 3.5 eds_custom_esb_action の 例 の 実 行 1. コマンドラインターミナルで jboss-as/sam ples/quickstarts/eds_custom_esb_action ディレクトリに 移 動 します 2. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy を 実 行 します 動 的 VDB の gateway-vdb.xml データソースの quickstart-ds.xml および ESB デプロイ メントがデプロイされます VDB が 正 しくデプロイされていることを 確 認 してください server.log に 次 のようなメッセージが あるはずです [org.teiid.runtime] (JBoss System Threads(1)-7) GatewayVDB.1 status has been changed to active 3. テストを 実 行 するには ant runtest を 実 行 します アクションが SQL の 要 求 や 応 答 を 処 理 すると 以 下 が server.lat に 表 示 されるはずです INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] SQL query results, build response message... INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] scol1: 1 scol2: data INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] scol1: 2 scol2: data 22 INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] scol1: 3 scol2: data INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] scol1: 4 scol2: data d d d d INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] scol1: 5 scol2: do not consume INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] scol1: 6 scol2: data last record INFO [STDOUT] [TeiidJdbcAction] Built response message INFO [STDOUT] &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& INFO [STDOUT] Body (row): 1-data INFO [STDOUT] Body (row): 2-data 22 INFO [STDOUT] Body (row): 3-data INFO [STDOUT] Body (row): 4-data d d d d INFO [STDOUT] Body (row): 5-do not consume INFO [STDOUT] Body (row): 6-data last record INFO [STDOUT] &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& runtest が 実 行 されたコマンドウインドウには 以 下 が 表 示 されます これは 返 された 応 答 を 表 示 しています [java] ESBTeiidServiceSyncClient getserviceinvoker - BOT [java] [ESBTeiidServiceSyncClient] Reply Message Contents: [java] Body (row): 1-data [java] Body (row): 2-data 22 [java] Body (row): 3-data [java] Body (row): 4-data d d d d [java] Body (row): 5-do not consume [java] Body (row): 6-data last record [java] [ESBTeiidServiceSyncClient] End of Contents [java] ESBTeiidServiceSyncClient sendmessage - BOT 23

27 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 4. デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには ant undeploy を 実 行 します 警 告 動 的 VDB はデプロイされた 時 にデータソースをロードします その 時 に 参 照 されたデータソース がない 場 合 VDB はメタデータの 完 全 セットを 取 得 しないため 適 切 に 動 作 しません メタデータ が 不 完 全 な VDB は 再 デプロイする 必 要 があります アプリケーションの 起 動 時 に VDB が 既 にデプロイディレクトリに 存 在 する 場 合 VDB がデプロイ される 前 にデータソースがデプロイされる 保 証 はありません Red Hat は サーバーが 完 全 に 起 動 した 後 でのみ 動 的 VDB をデプロイすることを 推 奨 します Hibernate を 使 用 して Data Services を 公 開 する eds_helloworld_hibernate_action の 例 は Data Services 上 で Hibernate を 使 用 してデータソー スの 連 合 化 を 実 証 します このテストは hsqldb データベースとテキストファイルをデータソースとして 使 用 するよう 設 定 されています.esb と.war の 両 方 が 含 まれる ear を 構 築 します Data Services と 通 信 するために Hibernate より 実 行 される 挿 入 削 除 ロード および 更 新 の 操 作 を 実 証 する 複 数 の.jsps が.war にあります この 例 の 完 全 なコードは jbossas/sam ples/quickstarts/eds_helloworld_hibernate_action ディレクトリにあります この 手 順 を 継 続 するには 以 下 の 前 提 条 件 が 満 たされている 必 要 があります JBoss Enterprise Data Services サーバーを 終 了 する 必 要 があります 稼 働 している 場 合 は アーティ ファクトの 例 をデプロイする 前 にシャットダウンしてください user という Data Services ユーザーアカウントが 作 成 され パスワードが user に 設 定 されている 必 要 があります デフォルトでは teiid-security-users.properties ファイルにこのアカウン トがコメントアウトされています 手 順 3.6 eds_helloworld_hibernate_action の 例 の 実 行 1. JBoss Enterprise Data Services サーバーを 停 止 します 稼 働 している 場 合 は アーティファクト の 例 をデプロイする 前 にシャットダウンしてください 2. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/eds_helloworld_hibernate_action ディレクトリに 移 動 し ます 3. アーティファクトをデプロイし 設 定 するには ant deploy を 実 行 します デプロイされるアーティファクトは eds_helloworld_hibernate_action.esb VDB Portfolio.vdb データソース m arketdata-file-ds.xm l および quickstart-edshsqldb-ds.xm l になります 4. JBoss Enterprise Data Services サーバーを 起 動 します VDB が 正 しくデプロイされていることを 確 認 してください server.log に 次 のようなメッセージが あるはずです [org.teiid.runtime] (main) VDB "Portfolio.1[Accounts[Accounts/hsql/MySQLDB], MarketData[MarketData/file/marketdata-file], Stock[], ProductView[]]" deployed in active state. 5. アプリケーションサーバーがポート 8080 上 で 実 行 されていることを 仮 定 し ブラウザーで を 開 きます このページには 会 社 の 一 覧 が 表 示 され 追 加 更 新 および 削 除 オプションを 使 用 できます 会 社 を 追 加 するには 下 部 にある Add リンクを 押 します 以 下 を 入 力 します 24

28 第 3 章 Data Services の 使 用 ProductID: 3001 Symbol: RHT Company Name: Red Hat Add を 押 して 会 社 を 追 加 します テキストファイルのマーク 付 けされたデータに 既 にこのシン ボルが 設 定 されていたため RHT をシンボルとして 使 用 しました 別 のシンボルを 使 用 したい 場 合 は 会 社 を 追 加 する 前 に 最 初 に jbossas/sam ples/quickstarts/eds_helloworld_hibernate_action/data ディレクトリに ある marketdata-price.txt を 編 集 します 会 社 を 更 新 するには 更 新 する 会 社 に 関 連 する Action カラムの Update リンクを 押 します 注 記 : 会 社 の Symbol を 変 更 する 場 合 同 じシンボルが 含 まれるよう marketdata-price.txt を 更 新 していないとメインページより 会 社 が 削 除 されます 会 社 を 削 除 するには 更 新 する 会 社 に 関 連 する Action カラムの Delete リンクを 押 します 注 記 : Delete リンクを 押 すと 即 座 に 会 社 がメインページより 削 除 されます 6. デプロイされたアーティファクトを 削 除 するには 最 初 に JBoss Enterprise Data Services サー バーを 停 止 します その 後 ant undeploy を 実 行 します Teiid を 用 いて ModeShape リポジトリでメタデータをクエリする ModeShape リポジトリに 格 納 されているメタデータをクエリする 方 法 の 1 つが Teiid JDBC ドライバを 使 用 する 方 法 です JBoss Developer Studio で ModeShape リポジトリをモデル 化 することができ VDB を 作 成 してデータアクセスを 有 効 にすることが 可 能 です これにより ModeShape リポジトリを 他 の データソースと 連 合 化 し 1 つのインターフェースよりユーザーへ 統 合 することが 可 能 になります この 例 の 完 全 なコードは jboss-as/samples/quickstarts/eds_simple_jdbc_client ディレク トリにあります この 例 を 実 行 するための 前 提 条 件 は 次 の 通 りです JBoss Enterprise Data Services がインストールされ 稼 働 している 必 要 があります admin という Data Services ユーザーアカウントが 作 成 され パスワードが admin に 設 定 されてい る 必 要 があります デフォルトでは soa-users.properties ファイルにこのアカウントがコメン トアウトされています 手 順 3.7 eds_simple_jdbc_client を 実 行 してメタデータを 表 示 する 1. メタデータをロードする 必 要 がある 場 合 は シーケンス 化 のためファイルをリポジトリにパブリッ シュする JSON を 用 いてファイルを ModeShape リポジトリへパブリッシュする の 例 を 参 照 し てください 2. クエリの 実 行 は 簡 単 なクライアントの 例 である 手 順 3.2 eds_simple_jdbc_client の 例 の 実 行 を 参 照 し VDB とクエリを 指 定 するため 対 話 モードを 使 用 してください ModeShape を VDB と して 指 定 します 使 用 するクエリの 例 は select * from nt_base です その 他 のクエリの 例 は eds/m odeshape/exam ples/query_m odeshape_using_teiid の readme.txt ファイル を 参 照 してください JSON を 用 いてファイルを ModeShape リポジトリへパブリッシュする この 例 では ModeShape によって 提 供 される JsonRest クライアントを 使 用 して ModeShape リポジト リへファイルをパブリッシュする 方 法 とパブリッシュを 解 除 する 方 法 を 説 明 します この 例 の 完 全 なコードは jboss-as/samples/quickstarts/modeshape_helloworld_publish ディレクトリにあります シーケンス 化 がサポートされるファイルタイプごとに jbossas/sam ples/quickstarts/m odeshape_helloworld_publish/files ディレクトリよりロード される 対 応 ファイルが 存 在 します 25

29 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド この 例 を 実 行 するための 前 提 条 件 は 次 の 通 りです JBoss Enterprise Data Services がインストールされ 稼 働 している 必 要 があります admin という Data Services ユーザーアカウントが 作 成 され パスワードが admin に 設 定 されてい る 必 要 があります デフォルトでは soa-users.properties ファイルにこのアカウントがコメン トアウトされています 手 順 3.8 modeshape_helloworld_publish の 例 の 実 行 1. コマンドラインターミナルで jbossas/samples/quickstarts/modeshape_helloworld_publish ディレクトリに 移 動 しま す 2. ファイルをテストし デプロイするには ant runtest を 実 行 します この 時 点 で クエリ 例 の Teiid を 用 いて ModeShape リポジトリでメタデータをクエリする を 実 行 してシーケンス 化 されたメタデータを 表 示 できるはずです 3. デプロイされたアーティファクトのパブリッシュを 解 除 するには ant runtest - Dunpublish=true を 実 行 します 26

30 使 用 できるデータソースとトランスレーター 使 用 できるデータソースとトランスレーター 下 表 は Red Hat により 認 定 およびサポートされるデータソースとトランスレーターを 表 しています 表 A.1 認 定 されたデータソースおよびトランスレーター データソース バージョン ドライバー ファイル CSV XML 該 当 なし ファイル 一 般 的 な JDBC 必 要 (Microsoft Access と Excel を 参 照 ) IBM DB2 9.7 DB2 v9.1 fixpack 3a LDAP /Active Directory LDAP v3 該 当 なし ldap トランスレーター のタイプ JDBC - jdbc-simple JDBC - db2 MetaMatrix 05/05/04 MetaMatrix v5.5.4 JDBC - metamatrix ModeShape/JCR 2.5.x ModeShape 2.5.x JDBC - modeshape Mondrian 3.0.x jdbc4olap ドライ バー MS Access MS Excel 2003 またはそれ 以 降 2003 またはそれ 以 降 jdbc/odbc ブリッジ jdbc/odbc ブリッジ olap JDBC - jdbc-simple JDBC - jdbc-simple MS SQL Server Sql Server v2.0 JDBC - sqlserver MySQL MySql v5.1.8 V5.0.7 JDBC mysql5 Netezza Netezza JDBC 4.6 JDBC netezza Oracle 11g 10g R2 Oracle v11.2 v PostgreSQL 8.3 PostgreSQL v RHEL 5 上 の PostgreSQL 8.4 ( 提 供 される 通 り) 8.1 ( 提 供 される 通 り) JDBC - oracle JDBC - postgresql JDBC - postgresql Salesforce.com API バージョン 21 該 当 なし salesforce SAP R/3 4.x 該 当 なし ws Sybase ASE 15 Jconnect v6.0.5 JDBC - sybase T eiid SOA-P x JDBC - teiid T eradata 12 T eradata JDBC ド ライバー Web サービス EAP と 同 期 する SOAP WSDL バー ジョン 該 当 なし JDBC - teradata ws 下 表 は サポートされないデータおよびトランスレーターの 一 覧 になります 27

31 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 表 A.2 未 認 定 のデータソースとトランスレーター データソース Apache Derby (テスト/ 例 の 場 合 のみ 使 用 ) MS Access トランスレーターのタイプ JDBC - derby JDBC - access 注 記 jdbc-simple ではなくアクセストランスレーターを 使 用 す る 時 一 般 的 な JDBC JDBC - access 注 記 データベースに 特 定 のトランスレーターがない 場 合 Red Hat はこの 使 用 を 推 奨 します HSQL (テスト/ 例 の 場 合 のみ 使 用 ) H2 (テスト/ 例 の 場 合 のみ 使 用 ) Ingres Informix Intersystems キャッシュ LoopBack (テストおよびデバッグに 使 用 ) MySQL JDBC - hsql JDBC - h2 JDBC - ingres (Ingres 2006 または それ 以 降 ) ingres93 (Ingres 9.3 またはそれ 以 降 ) JDBC - informix JDBC - intersystems-cache JDBC - loopback JDBC mysql (MySQL 4.x) 28

32 ダウンロードしたファイルの 検 証 ダウンロードしたファイルの 検 証 ダウンロード 後 に ZIP ファイルにエラーがないことを 検 証 するには 各 ファイルの Software Details ページに 移 動 します このページには ファイルの 整 合 性 チェックに 使 用 できる MD5 および SHA256 チェックサム 値 があります 警 告 本 項 に 記 載 されているチェックサム 値 は 実 演 目 的 のみであるため ダウンロードの 真 正 性 を 評 価 す るために 使 用 しないでください 検 証 するファイルには ダウンロードページのチェックサム 値 の みを 使 用 してください 図 B.1 CSP における MD5 および SHA256 チェックサム 値 値 を 取 得 したら 次 の 処 理 に 従 って Red Hat Enterprise Linux マシンのファイルをテストします 手 順 B.1 Red Hat Enterprise Linux におけるファイルチェックサムの 検 証 1. ファイルでのチェックサムツールの 実 行 ターミナルウインドウを 開 き md5sum または sha256sum コマンドを 実 行 し ダウンロードした ZIP のファイル 名 を 引 数 として 使 用 します プログラムがファイルの checksum 値 を 出 力 しま す md5sum コマンドと sha256sum コマンドの 両 方 の 例 は 次 の 通 りです [localhost]$ md5sum standalone-soa zip 4564d1a dbe8170e50d7353a97 standalone-soa zip [localhost]$ sha256sum standalone-soa zip 25b6bd3c5f47b316639b014d041cdb6a515e3a4a32d30a479141cd8ceecb853e standalone-soa zip 2. チェックサム 値 の 比 較 29

33 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド コマンドによって 返 されたチェックサム 値 と ZIP ファイルの Software Details ページに 表 示 される 値 を 比 較 します 2 つのチェックサム 値 が 同 じでない 場 合 は ファイルを 再 度 ダウンロードします チェックサムの 値 が 異 なるのは ダウンロード 中 に ZIP ファイルが 破 損 したり サーバーにアップロードされた 後 にファイルが 変 更 されたりしたためです ダウンロードを 数 回 行 ってもチェックサムの 検 証 に 失 敗 する 場 合 は Red Hat サポートまでご 連 絡 ください 2 つのチェックサム 値 が 同 じである 場 合 は ファイルの 変 更 や 破 損 がないため 安 全 に 使 用 できま す 重 要 Microsoft Windows にはチェックサムツールがありません の MD5summer など サードパーティーの MD5 アプリケーションをダウンロードしてください 30

34 Apache Ant のインストール Apache Ant のインストール JBoss Enterprise Data Services Platform のインストールには Apache Ant (Java の 構 築 ツール) と Trax プラグインが 必 要 です Apache Ant には 正 しくインストールされた Java ランタイム 環 境 (JRE) が 必 要 で す 開 発 ワークステーションを 実 行 している 場 合 Apache Ant が 既 にインストールされている 可 能 性 があり ます Apache Web サイトの Apache Ant パッケージには Trax プラグインが 含 まれていますが Red Hat Enterprise Linux では Trax プラグインは 別 のパッケージとして 含 まれています 注 記 常 に 最 新 バージョンの Apache Ant がシステムにインストールされていることを 確 認 してくださ い 手 順 C.1 Apahe Ant の Red Hat Enterprise Linux へのインストール 次 のコマンドを 実 行 して Red Hat Enterprise Linux レポジトリへ Apache Ant と Trax プラグインを ダウンロードし インストールします [localhost]$ sudo yum install ant-trax 手 順 C.2 Apache Ant のその 他 のオペレーティングシステムへのインストール 1. ダウンロードと 展 開 より Apache Ant バイナリリリースをダウンロードしま す ダウンロードした 後 c:\program Files\Apache\Ant\ や /opt/apache-ant-1.8/ など インストールしたい 場 所 で 展 開 します 2. ANT_HOME 環 境 変 数 の 追 加 ANT_HOME という 環 境 変 数 を 追 加 します この 変 数 には 前 の 手 順 で 作 成 したパスが 含 まれている 必 要 があります Red Hat Enterprise Linux では ~/.bash_profile ファイルに 以 下 の 行 を 追 加 し 前 の 手 順 で 作 成 したパスに 置 き 換 えます export ANT_HOME=/opt/apache-ant Microsoft Windows では [Start Menu] をクリックして [Control Panel] を 開 き [System] -> [Advanced] -> [Environment Variables] と 選 択 します ANT_HOME という 新 しい 変 数 を 作 成 し 前 の 手 順 で 作 成 したディレクトリを 示 すよう 設 定 しま す 3. PATH に bin が 含 まれるようにする PATH 環 境 変 数 の 最 後 に Ant インストールの bin ディレクトリを 追 加 します Unix および Linux システムでは ~/.bash_profile ファイルの ANT_HOME 変 数 を 設 定 する 行 の 後 に 以 下 の 行 を 追 加 します export PATH=$PATH:$ANT_HOME/bin Microsoft Windows では [Control Panel] を 開 いて [System] -> [Advanced] -> [Environment Variables] -> [System Variables] と 選 択 します PATH 変 数 を 編 集 し テキスト ;%ANT_HOME%\bin を 最 後 に 追 加 します 31

35 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド Apache Ant のインストールをテストするには コマンドラインシェルより ant -version を 実 行 しま す 出 力 は 次 のようになるはずです [localhost]$ ant -version Apache Ant version 1.8 compiled on June Apache Ant に 関 する 詳 細 は プロジェクトの Web サイト を 参 照 してください 32

36 MetaMatrix と EDS (Teiid / ModeShape) 間 の 変 更 MetaMatrix と EDS (Teiid / ModeShape) 間 の 変 更 本 付 録 は MetaMatrix と JBoss Enterprise Data Services Platform の 違 いを 要 約 したものです MetaMatrix から JBoss Enterprise Data Services Platform へ 移 行 する 際 に 影 響 する 可 能 性 のある 変 更 内 容 の 指 針 を 提 供 するのが 目 的 です 本 付 録 は 製 品 ドキュメントの 代 替 ではないため 新 機 能 や 新 たな 変 更 が すべて 記 載 される 完 全 リストとして 見 なさないようにしてください Teiid ロードマップのバージョン 7.1 とそれ 以 降 のバージョンは を 参 照 してください また Modeshape のリリースノートはバージョン 2.2 のリリースノー ト を 参 照 してください D.1. 追 加 機 能 MetaMatrix では 利 用 できなかった JBoss Enterprise Data Services の 新 機 能 は 次 の 通 りです 33

37 JBoss Enterprise Data Services 5 Data Services スタートガイド 表 D.1 新 機 能 機 能 Teiid は VM 接 続 の ローカル 接 続 をサポートする Teiid は ローカル 接 続 の パ ススルー 認 証 をサポートする 動 的 VDB サポート SQL/XML ネイティブマテリアライズド テーブル キャッシュヒント Teiid の 関 数 SQL サポート 向 上 した 処 理 機 能 注 記 常 にリモートサーバーへの 接 続 であったため MetaMatrix はこの 概 念 をサポートしませんでした ユーザーが 既 に 認 証 されている 場 合 Teiid セキュリティードメイン で 再 認 証 する 必 要 はありません サポート 対 象 のデータソース (JDBC salesforce text WS など) を 急 速 に 統 合 し フェデレーションを 実 行 するために 使 用 できま す SQL/XML 2003 のほぼすべてのサポートが 追 加 され SQL/XML 2006 の XMLTABLE および XMLQUERY も 追 加 されました ターゲットテーブルがない 状 態 でマテリアライズドとマークされて いるビューは Teiid によって 内 部 的 にマテリアライズされます ま た 内 部 マテリアライズドビューの 内 容 を 更 新 する 新 しいシステム プロシージャーである refreshmatview および refreshmatviewrow もあります oguideformaterializationcac hingviewsinteiid を 参 照 してください キャッシュヒントを 使 用 すると ユーザーコマンド 仮 想 プロシー ジャーおよび 内 部 マテリアライズドビューのキャッシングを 制 御 で きます to_bytes to_chars querystring nullif coalesce (vararg サポー トあり) from_unixtime を 追 加 ORDER BY の 非 関 連 カラム 表 現 および NULLS FIRST/LAST でネストされたテーブル clause 項 目 より 以 前 への 相 関 に 対 す るネストされたテーブル SQL Foundation SQL/MED 2003 および SQL 2006 からの SQL/XML のすべての 予 約 語 が 予 約 語 として 追 加 されました 通 常 すべての 予 約 語 に 二 重 引 用 符 を 付 ける 必 要 があります ま た 予 約 されていないキーワードにも 二 重 引 用 符 を 付 けることが 推 奨 されます 向 上 した 数 値 統 計 集 約 関 数 STDDEV_POP STDDEV_SAMP VAR_POP, VAR_SAMP およびプッシュダウンと 集 約 の 分 解 が 追 加 されました また ブール 変 数 集 約 関 数 ANY SOME EVERY へのサポートが 追 加 されました PRIMARY KEY と 一 時 テーブルへの 関 連 付 けられたインデックス サポートの 追 加 より 多 くのキャッシュされたプランと 自 動 プロシージャープラン のキャッシングを 実 現 できる 小 型 化 されたプランサイズ 向 上 したバッファリングアルゴリズム 改 善 された 不 均 一 な 等 結 合 処 理 ソート 操 作 の 最 適 化 ルックアップ 関 数 がインデックス 化 された 内 部 マテリアライズド ビューを 作 成 するようになり 物 理 テーブルだけでなく 他 のテー ブルもターゲットできるようになりました サブクエリの 場 所 に 対 する 制 約 が 大 幅 に 解 除 されました ソースへ 直 接 行 う 一 括 更 新 34

38 MetaMatrix と EDS (Teiid / ModeShape) 間 の 変 更 D.2. 変 更 された 機 能 MetaMatrix より 変 更 され JBoss Enterprise Data Services Platform を 使 用 する 際 に 異 なるアクション ( 異 なるツールの 使 用 や URL の 変 更 など) が 必 要 となる 機 能 は 次 の 通 りです 表 D.2 Designer 旧 機 能 MetaMatrix Designer データのプレビューには データソースへ 接 続 す る 機 能 のみが 必 要 だった MMx Designer を 用 いたモデルプロジェクト コンソールによって 管 理 され データベースに 格 納 されるデータエンタイトルメント 置 き 換 えられた 機 能 JBoss Developers Studio データのプレビュー 機 能 を 使 用 するには JBoss AS サーバーが 稼 働 している 必 要 があります JBoss Developer Studio のモデルプロジェクト セット JBoss Developer Studio でモデル 化 され VDB に 格 納 されるデータエンタイトルメント 表 D.3 ModeShape 旧 機 能 メタデータリポジトリ (DTC/MMR) が 置 き 換 えら れた メタデータ 管 理 は MetaMatrix へ 統 合 された Designer を 用 いて MetaData レポジトリへのモデ ルをシュレッディングのためチェックする 置 き 換 えられた 機 能 Teiid より 公 開 される ModeShape と 情 報 が MetaMatrix MMR/DTC クエリで 表 示 されるものと 大 幅 に 異 なります ModeShape は Teiid を 必 要 としないスタンドアロ ン 機 能 ですが Teiid と 統 合 してその 他 の 統 合 オプ ションを 有 効 にすることが 可 能 です JBoss Developer Studio には レポジトリへモデ ルを 公 開 / 非 公 開 する ModeShape オプションがあ ります 35

管理ポータルの概要

管理ポータルの概要 Red Hat Enterprise Virtualization 3.6 管 理 ポータルの 概 要 管 理 ポータルへのアクセスおよび 使 用 Red Hat Enterprise Virtualization Documentation Team Red Hat Enterprise Virtualization 3.6 管 理 ポータルの 概 要 管 理 ポータルへのアクセスおよび 使 用

More information

WebOTXマニュアル

WebOTXマニュアル WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド バージョン: 7.1 版 数 : 第 2 版 リリース: 2008 年 11 月 Copyright (C) 1998-2008 NEC Corporation. All rights reserved. 1-1 目 次 1. 初 期 設 定...3 1.1. Developer s Studio...

More information

データ構造とアルゴリズム論

データ構造とアルゴリズム論 第 10 章.MySQL のインストールと Java プログラムからの 接 続 学 習 のねらい 1 データベース 管 理 ソフトである MySQL をインストールする 2 MySQL 上 のデータベースに Java プログラムから 接 続 できることを 確 認 する < 先 週 の 復 習 > 講 義 で 示 された 基 礎 課 題 10-1 に 解 答 して 下 さい 10-1.MySQL のインストール

More information

KeySQL R8.0 Release Note

KeySQL R8.0 Release Note KeySQL R8.0リリース ノート 2014 年 05 月 1 目 次 動 作 環 境... 3 インストール アンインストールに 関 して... 5 インストール... 5 ライセンスキーの 登 録... 5 修 正 パッチのインストール... 6 アンインストール... 6 KeySQL R7.0 からの 変 更 点 および 互 換 性 について... 7 新 機 能 と 変 更 点...

More information

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド (データベースモデリング編)

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド (データベースモデリング編) Tutorial by SparxSystems Japan Enterprise Architect 日 本 語 版 モデリング 操 作 ガイド(データベースモデリング 編 ) (2016/01/13 最 終 更 新 ) 1. はじめに このモデリング 操 作 ガイドでは 個 別 の 図 や 機 能 について Enterprise Architect の 機 能 の 紹 介 や 操 作 方 法 について

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 XBRL から CSV への 変 換 ツール 操 作 ガイド 平 成 25 年 8 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはQlikViewの 開 発 者 の 方 を 対 象 に QlikViewの 製 品 概 要 と 基 本 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 頂 くコースです QlikViewの 製 品 概 要 データベースからデータを 取 り 込 む 方 法 ユーザーインターフェース( 画 面 )の 作 成 方 法 に ついて 身 に 付 けることを 目

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはWebFOCUSの 開 発 者 の 方 を 対 象 に 基 本 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 いただくコースです App Studioという 開 発 ツールを 使 用 して レポートの 作 成 方 法 を 習 得 し WebFOCUSの 基 本 的 なアプリケーショ ン 開 発 手 順 を 身 に 付 けることを 目 的 としております

More information

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc データベースアクセスコンポーネント 1. 概 要 データベースアクセスコンポーネントとは SQL データベースにアクセスして SQL 文 を 実 行 することによりデータベース 検 索 を 行 う 機 能 を 提 供 するコ ンポーネントです また データベースアクセスコンポーネントでは データベースの 構 成 情 報 接 続 情 報 エラー 情 報 等 を 取 得 することも 可 能 です デ ータベースアクセスコンポーネントは

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

Microsoft Word - mltp2.docx

Microsoft Word - mltp2.docx MLTPについて MLTP(MultiLingual Text Processor)は 個 人 研 究 のために 作 成 した 簡 易 ツールで ある 統 計 的 テキスト 解 析 の 勉 強 を 主 な 目 的 とした 方 々のため 無 償 で 本 ツールを 公 開 する 需 要 に 応 じて オープンソース 形 式 でバージョンアップを 行 うことも 念 頭 に 入 れている 使 用 者 は 次

More information

Microsoft Word - ShareFastServerManual_JP_R1-1-0.doc

Microsoft Word - ShareFastServerManual_JP_R1-1-0.doc ShareFast サーバ ユーザマニュアル Stable Release 1.1 東 京 大 学 新 領 域 創 成 科 学 研 究 科 人 間 環 境 学 専 攻 ロジャナカモンサン ピルン piroon@is.k.u-tokyo.ac.jp 2 更 新 履 歴 バージョン 更 新 日 更 新 内 容 更 新 者 1.0.0 6/30/2006 - 更 新 履 歴 を 追 加 ピルン ロジャナカモンサン

More information

Microsoft Word - Authoring Tool の利用ver2.docx

Microsoft Word - Authoring Tool の利用ver2.docx 1 Authoring Tool の 利 2013/10/04 初 めに Authoring Tool は, 四 つのタブと 仕 上 がりイメージを 表 するパネルで 構 成 されています 以 下, 下 記 の 順 で 説 明 を 書 いてみます (a) 各 タブの 概 説 (b) コンテンツ 作 成 のチュートリアル (c) 数 式 以 外 の 評 価 法 (d) 詳 細 Authoring Tool

More information

一括インストールの実行

一括インストールの実行 CHAPTER 3 この 章 では 複 数 のデスクトップに 一 括 インストールを 実 行 する 方 法 について 説 明 します ここでは 次 の 項 目 を 取 り 上 げます 概 要 (P.3-1) 応 答 ファイルの 作 成 (P.3-2) SCCM を 使 用 した (P.3-4) プラグインのコンフィギュレーション ファイルの 変 更 (P.3-17) 概 要 ユーザ グループ 向 けに

More information

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト このガイドの 内 容 Microsoft Excel 2010 の 外 観 は Excel 2003 と 大 きく 異 なるため Excel 2003 のユーザーが 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにこのガイドが 作 られました このガイドを 読 むと 新 しいインターフェイスの 主 な 要 素 について 学 んだり Excel 2010 の 無 償 のトレーニングを 見 つけたり *

More information

- 目 次 - 1. はじめに...... 2 1.1 サービス 内 容... 2 1.2 メールアーカイブの 仕 組 み...... 2 2. メール 検 索 ツール.......3 3. 検 索... 5 3.1 簡 易 検 索...... 5 3.2 複 合 条 件 検 索... 6 3.3

- 目 次 - 1. はじめに...... 2 1.1 サービス 内 容... 2 1.2 メールアーカイブの 仕 組 み...... 2 2. メール 検 索 ツール.......3 3. 検 索... 5 3.1 簡 易 検 索...... 5 3.2 複 合 条 件 検 索... 6 3.3 GMOホスティング&セキュリティ 株 式 会 社 - 目 次 - 1. はじめに...... 2 1.1 サービス 内 容... 2 1.2 メールアーカイブの 仕 組 み...... 2 2. メール 検 索 ツール.......3 3. 検 索... 5 3.1 簡 易 検 索...... 5 3.2 複 合 条 件 検 索... 6 3.3 検 索 結 果 画 面... 11 4. システムレポート(

More information

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx 平 成 25 年 6 月 24 日 株 式 会 社 ネクストワン 1 今 回 の 操 作 説 明 会 では 次 のようなサンプル 記 事 を 作 成 してみたいと 思 います 2 管 理 画 面 にログインする 1. 九 重 町 役 場 ホームページにアクセスします 2.アドレスバーのホームページ URL の 後 ろに admin と 入 力 します http://www.town.kokonoe.oita.jp/admin/index.php

More information

ライセンス

ライセンス APPENDIX B この 付 録 では Cisco Unified Service Monitor(Service Monitor)のについて 説 明 します 次 の 事 項 について 説 明 します の 概 要 (P.B-1) プロセス (P.B-3) の 概 要 Service Monitor は ソフトウェアベースの 製 品 登 録 と キー 技 術 を 特 長 としています ライ センスの

More information

スライド 1

スライド 1 KeySQL 使 い 慣 れたExcelやCalcへ 簡 単 にデータを 取 り 込 める データベース 検 索 / 更 新 ツール Microsoft Excel や OpenOffice.org Calc から データベースのデータを 気 軽 に 参 照 / 更 新 マウスで 検 索 条 件 を 設 定 するだけで ExcelやCalcのワークシートにデータベースのデータを 取 り 込 め 難

More information

Microsoft Word - Developer_Tools

Microsoft Word - Developer_Tools Developer Tools : Windows Internet Explorer 8 Beta 1 for Developers Web 作 業 の 操 作 性 を 向 上 2008 年 3 月 詳 細 の 問 い 合 わせ 先 ( 報 道 関 係 者 専 用 ) : Rapid Response Team Waggener Edstrom Worldwide (503) 443 7070 rrt@waggeneredstrom.com

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

IBM SPSS Data Access Pack のインストール手順(for Windows)

IBM SPSS Data Access Pack のインストール手順(for Windows) IBM SPSS Data Access Pack の インストール 手 順 (for Windows) Note: Before using this information and the product it supports, read the general information under 注 意 事 項 p.7. Adobe 製 品 のスクリーンショットは Adobe Systems

More information

SCTM12.0_Product Release Notice_V1

SCTM12.0_Product Release Notice_V1 製 品 リリース 案 内 製 品 名 : SilkCentral Test Manager 12.0 出 荷 開 始 日 : 2012 年 4 月 16 日 1. はじめに マイクロフォーカスは テスト 管 理 ツールの 新 バージョンである SilkCentral Test Manager 12.0 をリリー スいたします 2. システム 要 件 SilkCentral Test Manger 12.0

More information

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス)

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス) IBM SPSS Statistics for Linux のイ ンストール 手 順 (ネットワーク ライ センス) 以 下 に 示 すのは ネットワーク ライセンス を 使 用 したIBM SPSS Statistics バー ジョン 21 のインストール 手 順 です この 文 書 は デスクトップ コンピュータに SPSS Statistics をインストールするエンド ユーザーが 対 象 です

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削 フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )マニュアル Version 1.11 2015/3/4 このソフトの 実 行 環 境 について このソフト フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )を 実 行 するには マイクロソフト(Microsoft) 社 のOffice 製 品 に 含 まれるExcel( 表 計 算 ソフト)が 必 要 です Excelの 操 作 ができる 方 を

More information

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2 情 報 連 携 用 語 彙 データベースと 連 携 するデータ 設 計 作 成 支 援 ツール 群 の 試 作 及 び 試 用 並 びに 概 念 モデルの 構 築 ( 浦 安 市 都 市 整 備 部 市 街 地 開 発 課 液 状 化 対 策 推 進 室 ) 操 作 説 明 書 2014 年 9 月 30 日 実 施 企 業 : インディゴ 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推

More information

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx 学 校 法 人 関 西 大 学 ODLE システム 運 用 編 学 生 向 け 取 扱 説 明 書 ( 簡 易 版 ) 平 成 24 年 10 月 11 日 1.0 版 改 訂 履 歴 版 数 章 番 号 区 分 改 訂 内 容 改 定 日 1.0 初 版 2012/10/11 目 次 1. ODECS システムと ODLE システムとの 違 い...... 1 2. 新 機 能 について.........

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

利用者

利用者 Regional SNS クラウド 環 境 への 導 入 ガイド 2012 年 2 月 29 日 株 式 会 社 ネットワーク 応 用 通 信 研 究 所 目 次 1. はじめに... 1 2. 導 入 環 境 及 び 前 提 条 件... 1 3. 導 入 準 備... 1 3.1. Windows 環 境 の 場 合... 1 3.2. Linux 環 境 の 場 合... 1 3.3. MOGOK

More information

目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オ

目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オ InSite Creative Workflow Version 4.1 操 作 ガイド 目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オートタスクの

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 参 考 マニュアル 一 覧 Hos-CanR 3.0 参 考 マニュアル 一 覧 システム 管 理 者 / 登 録 作 業 者 用 Ver. 9 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/4/20 Q&Aとトラブルシューティングの 更 新 Ver. 3 2010/6/7 Q&Aとトラブルシューティングの 更

More information

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ ActiveModeler Avantage プロセス モデル Web パブリッシング ユーザー ガイド 2008 KAISHA-Tec Co. Ltd. Japan 5-17-8 Inokashira, Mitaka-shi, Tokyo, 181-0001 JAPAN Document Revision: 1.131 Date: 05/26/2008 Time: 10:51:35 AM ActiveModeler

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Oracle Forms 11g についてのよくある質問

Oracle Forms 11g についてのよくある質問 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 10 月 Oracle Forms 11g についての よくある 質 問 免 責 事 項 本 書 は オラクルの 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 を 示 すことが 目 的 です 情 報 を 提 供 することだけが 目 的 であり 契 約 と は 一 切 関 係 がありません 商 品 コード または 機 能 を 提 供 するものではなく 購 入

More information

Accessの起動と終了

Accessの起動と終了 データベース Access2010 の 使 い 方 ここでは Microsoft Access2010 を 使 って 関 係 データベースである Access を 学 習 します Ⅰ データベースの 基 礎 データベースの 学 習 に 先 立 って すでに 作 成 してあるデータベースを 各 自 のホルダへコピー しておく 必 要 があります ここではサンプルのデータベースである database

More information

Adobe Acrobat DC 製品比較表

Adobe Acrobat DC 製品比較表 X X Adobe, the Adobe logo, Acrobat, the Adobe PDF logo, Creative Cloud, and Reader are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

More information

Parallels Remote Application Server

Parallels Remote Application Server Parallels Remote Application Server Chrome 用 Parallels Client ユーザーガイド v15 Copyright 1999-2016 Parallels IP Holdings GmbH and its affiliates.all rights reserved. Parallels IP Holdings GmbH Vordergasse 59

More information

Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイック スタートアップガイド

Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイック スタートアップガイド Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイックスタートアップ ガイド 製 品 バージョン: 7 ドキュメント 作 成 日 : 2014 年 12 月 目 次 1 SafeGuard Native Device Encryption for Mac について...3 2 SafeGuard Native Device Encryption

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはQlikView 入 門 コースの 内 容 を 踏 まえ より 実 践 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 頂 くコースです データロード 時 の 注 意 事 項 データロードの 応 用 シートオブジェクトでの 高 度 な 演 算 などについて 身 に 付 けること を 目 的 としております 受 講 対 象 QlikView 入 門 を

More information

目 次 第 1 章 QlikViewの 基 礎 1.1 QlikView 概 要...1-1 1.1.1 ビジネスインテリジェンス(BI)とQlikView...1-1 1.1.2 QlikView Personal Edition...1-2 1.1.3 QlikViewのアプリケーション...1

目 次 第 1 章 QlikViewの 基 礎 1.1 QlikView 概 要...1-1 1.1.1 ビジネスインテリジェンス(BI)とQlikView...1-1 1.1.2 QlikView Personal Edition...1-2 1.1.3 QlikViewのアプリケーション...1 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはQlikViewをご 利 用 中 またはご 利 用 をご 検 討 中 のすべての 方 を 対 象 に QlikViewでのデータの 分 析 に ついてご 覧 いただくコースです システム 部 門 の 方 だけでなく QlikView Personal Editionを 個 人 でお 使 いの 方 や QlikViewのご 利 用 をご 検 討 中 の

More information

finalcode_client_v4.10_remote_installation_manual

finalcode_client_v4.10_remote_installation_manual リモートインストールマニュアル 第 2.0 版 対 象 :FinalCode Client/Viewer Ver.4.10 2014/5/29 はじめに このたびは FinalCode をお 買 い 求 めいただきまして ありがとうございます 本 書 では Active Directoryのグループポリシーを 使 用 して FinalCode Client/Viewer を 企 業 内 の 端 末

More information

Ver2.2.0 新機能ガイド

Ver2.2.0 新機能ガイド アプリケーション 新 機 能 ガイド ~Version 2.9.0~ 1 目 次 1 はじめに... 3 2 新 機 能... 3 3 機 能 紹 介 フォトレポート... 4 3.1 売 場 ノート フォトレポート の PC 画 面 対 応 #902... 4 4 機 能 紹 介 お 知 らせ... 18 4.1 店 舗 スタッフ 回 答 の 店 長 閲 覧 不 可 オプション 追 加 #916...

More information

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ Multi LABELIST V5 練 習 マニュアル - - 2014.3 第 2 版 2014 年 3 月 18 日 株 式 会 社 サトー ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

Microsoft Word - 2.doc

Microsoft Word - 2.doc 政 治 資 金 業 務 システム 訂 正 補 正 用 収 支 報 告 書 作 成 ソフト 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 概 要... 3 1. 目 的... 3 2. 機 能 概 要... 4 3. 動 作 前 提... 5 4. 報 告 書 様 式 一 覧... 5 5. 操 作 の 流 れ... 6 第 2 章 詳 細... 8 第 1 節 初 期 設 定 処 理... 8 1.マクロの

More information

第 2 章 開 発 と 運 用 の 効 率 化 6 Q. 例 題 3 で 本 番 用 のパスを 設 定 しないとどうなりますか A. 実 行 ボタンのプロパティ 設 定 時 に 本 番 用 プロジェクトのプロシジャが 参 照 できません 7 Q. 例 題 3 の 最 後 にパスを 削 除 する 手

第 2 章 開 発 と 運 用 の 効 率 化 6 Q. 例 題 3 で 本 番 用 のパスを 設 定 しないとどうなりますか A. 実 行 ボタンのプロパティ 設 定 時 に 本 番 用 プロジェクトのプロシジャが 参 照 できません 7 Q. 例 題 3 の 最 後 にパスを 削 除 する 手 WebFOCUS 管 理 者 コース ~ 研 修 受 講 後 のスキルアップサポート~ 対 応 バージョン:WebFOCUS 8.0.01 本 資 料 は アシスト WebFOCUS 研 修 をご 受 講 いただいたお 客 様 からのご 質 問 や 研 修 ではご 案 内 できなかった 情 報 などを FAQ にまとめたものです 研 修 受 講 後 のスキルアップの 一 助 として 是 非 お 役

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

はじめに

はじめに 1 第 8 回 データーベース Access1 学 習 内 容 1.データベースの 概 要 2.リレーショナルデータベースの 概 要 3.データベースの 作 成 4.データシートの 操 作 はじめに 第 8 回 では,Accessを 使 ってリレーショナルデータベースの 基 本 的 な 考 え 方 やデーターベース 管 理 システムの 使 い 方 を 学 習 していきます. はじめに 2 データベースソフトにおいて

More information

MetaMoJi ClassRoom/ゼミナール 授業実施ガイド

MetaMoJi ClassRoom/ゼミナール 授業実施ガイド 本 書 では 管 理 者 向 けに MetaMoJi ClassRoom/ゼミナールで 年 度 更 新 を 実 施 する 手 順 について 説 明 して います 管 理 者 ガイドと 合 わせてご 覧 ください Excelは 米 国 Microsoft Corporationの 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です Apache OpenOffice Apache

More information

Microsoft Word - mediawiki.doc

Microsoft Word - mediawiki.doc Windows Hosting Suite MediaWiki インストールガイド - 目 次 - 1.はじめに... 2 2.インストールの 準 備... 2 2.1 データベースの 作 成... 2 2.2 MediaWiki のダウンロード... 8 2.3 ファイルのアップロード... 8 2.4 ディレクトリの 権 限 設 定... 10 2.5 デフォルトドキュメントの 設 定... 14

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

VPS では 通 常 はインスタンスが 1 個 です 停 止 と 再 起 動 を 選 択 できます CloudStack では インスタンスの 追 加 と 破 棄 の 機 能 を 利 用 することにより お 客 様 が 契 約 されているインスタンス 数 分 の 仮 想 サーバを 自 由 に 追 加

VPS では 通 常 はインスタンスが 1 個 です 停 止 と 再 起 動 を 選 択 できます CloudStack では インスタンスの 追 加 と 破 棄 の 機 能 を 利 用 することにより お 客 様 が 契 約 されているインスタンス 数 分 の 仮 想 サーバを 自 由 に 追 加 1. CloudStack( 管 理 画 面 )へのログイン CloudStack にログインしする 際 に ユーザ 名 とパスワードを 入 れます アカウント 発 行 時 のユーザ 名 とパスワードをご 利 用 ください ドメインは 空 欄 としてください 仮 想 サーバーのユーザ 名 とパスワードとは 異 なります KVM プランのお 客 様 : Xen プランのお 客 様 : VMWare プランのお

More information

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初 お 客 様 各 位 FusionPlace 1.7.0 リリースのご 案 内 2012 年 8 月 22 日 有 限 会 社 ウォーターマーク アプリケーションズ 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 を 申 し 上 げます 本 日 FusionPlace の 新 バージョン 1.7.0 をリリース 致 しましたことをお 知 らせ 申 し 上 げます 記 1. ご 提 供 方

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 第 1.0 版 2013 年 12 月 東 京 大 学 情 報 基 盤 センター ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 容 についての 修

More information

1. アクセスする 2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし ます 3. ボックス 下 部 のチェック 項

1. アクセスする  2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし ます 3. ボックス 下 部 のチェック 項 CiNii Articles を 使 う 2013 芳 野 明 / 京 都 嵯 峨 芸 術 大 学 西 洋 美 術 史 博 物 館 学 研 究 室 1. アクセスする http://ci.nii.ac.jp/ 2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし

More information

WPM Web Server for AIX V3.2 FixPack 2

WPM Web Server for AIX V3.2 FixPack 2 WPM Web Server for AIX V3.2 FixPack 2 (V3.2.2.0) 2015/09 ============================================================================ 対 象 製 品 名 : WPM Web Server for AIX V3.2 前 提 条 件 : WPM Web Server for

More information

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設 Windows7での WebDAV 接 続 Windows7 などでは ネットワークドライブの 割 り 当 て や ネットワークドライブの 割 り 当 て という 従 来 の 方 法 では 認 証 がうまく 通 らず WebDAV の 利 用 が 簡 単 に 利 用 できなくなってきました そこで ここでは 次 の フリーソフト CarotDAV の 利 用 についてご 紹 介 します ご 参 考

More information

日 々 増 大 する 多 量 なデータを 持 ち 広 告 宣 伝 調 査 などに 活 発 に 利 用 しなければならない 状 況 下 で 海 外 支 店 印 刷 会 社 広 告 代 理 店 などに 向 けた 効 率 的 なデータ 発 信 を 行 うためのデータマスターとして 活 用 できるプランです

日 々 増 大 する 多 量 なデータを 持 ち 広 告 宣 伝 調 査 などに 活 発 に 利 用 しなければならない 状 況 下 で 海 外 支 店 印 刷 会 社 広 告 代 理 店 などに 向 けた 効 率 的 なデータ 発 信 を 行 うためのデータマスターとして 活 用 できるプランです デジタルデータの 管 理 共 有 活 用 をトータルにカバー SyncaDrive(シンカドライブ)は 画 像 やデータの 保 存 ~ 管 理 ~ 活 用 までをオンラインで 実 現 する プロのためのビジネスソリューションサービス デジタルデータに 関 するさまざまな 課 題 を 一 気 に 解 決 します 用 途 に 合 わせて 選 べる 3つのパッケージプラン 大 量 のデータをストックし カンタンに

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル ファイル 管 理 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに 以 下 の POWER EGG のファイル 管 理 機 能 に 関 する 操 作 を 説 明 しま す なお 当 マニュアルでは ファイル 管 理 機

More information

ツール 開 発 の 目 的 2 1 PostgreSQL / PostGIS データをシームレスに 可 視 化 したい 2 R との 連 携 作 業 のプラットフォームを 作 りたい

ツール 開 発 の 目 的 2 1 PostgreSQL / PostGIS データをシームレスに 可 視 化 したい 2 R との 連 携 作 業 のプラットフォームを 作 りたい 2014/12/5 PostgreSQL カンファレンス 2014 R と Qt による PostgreSQL / PostGIS データの 可 視 化 ツール リンク 元 http://kenpg2.seesaa.net/article/409350942.html ツール 開 発 の 目 的 2 1 PostgreSQL / PostGIS データをシームレスに 可 視 化 したい 2 R との

More information

目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子

目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子 Ver.5.5 2016/7/11 Ver.5.5 目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (IC カード 方

More information

C.1 共 有 フォルダ 接 続 操 作 の 概 要 アクセスが 許 可 されている 研 究 データ 交 換 システムの 個 人 用 共 有 フォルダまたは メーリングリストの 共 有 フォルダに 接 続 して フォルダを 作 成 したり ファイル をアップロードまたはダウンロードしたりすることがで

C.1 共 有 フォルダ 接 続 操 作 の 概 要 アクセスが 許 可 されている 研 究 データ 交 換 システムの 個 人 用 共 有 フォルダまたは メーリングリストの 共 有 フォルダに 接 続 して フォルダを 作 成 したり ファイル をアップロードまたはダウンロードしたりすることがで C.1 共 有 フォルダ 接 続 操 作 の 概 要 C.2 Windows から 接 続 操 作 する C.3 Mac OS X から 接 続 操 作 する 67 C.1 共 有 フォルダ 接 続 操 作 の 概 要 アクセスが 許 可 されている 研 究 データ 交 換 システムの 個 人 用 共 有 フォルダまたは メーリングリストの 共 有 フォルダに 接 続 して フォルダを 作 成 したり

More information

V-CUBE One

V-CUBE One V-CUBE One Office 365 連 携 マニュアル ブイキューブ 2016/06/03 この 文 書 は V-CUBE One の Office 365 連 携 用 ご 利 用 マニュアルです 更 新 履 歴 更 新 日 内 容 2016/02/09 新 規 作 成 2016/03/11 Office 365 ID を 既 存 の One 利 用 者 と 紐 付 ける 機 能 に 関 する

More information

SciFinder エラーへの対処法

SciFinder エラーへの対処法 SciFinder エラーへの 対 処 法 2016 年 3 月 18 日 改 訂 SciFinder でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/scifinder/require.html 目 次 ケース 1:SciFinder にアクセスできない... 2 ケース 2:ID

More information

コマンドを 実 行 するとアーカイブが 展 開 され 以 下 のファイルが 生 成 されます install.sh install.txt license.txt inspector gunzip urchin.tar.gz c) 以 下 のコマンドを 実 行 し インストールを 開 始 します #

コマンドを 実 行 するとアーカイブが 展 開 され 以 下 のファイルが 生 成 されます install.sh install.txt license.txt inspector gunzip urchin.tar.gz c) 以 下 のコマンドを 実 行 し インストールを 開 始 します # 1. Urchin5 インストールプログラムの 入 手 とアップロード Urchin5 ご 利 用 開 始 のメール 通 知 に 記 載 されている URL にブラウザにてアクセスし Urchin5 のインストールプログラムをダウンロードします Red Hat Enterprise Linux IBM eserver プランをご 利 用 の 場 合 下 記 名 称 のファイルをダ ウンロードします

More information

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc MANUSCRIPT CENTRAL v4.1.1 リリース ノート 2008 年 8 月 26 日 にリリースされる Manuscript Central v4.1.1 で 予 定 されている 機 能 の 更 新 内 容 は 以 下 のとおりです この 文 書 では 各 機 能 のデフォルト 設 定 値 と 機 能 の 設 定 に 必 要 な 時 間 を 説 明 しています 質 問 がある 場 合

More information

staff_man

staff_man Webポータルシステム 学 務 部 教 務 課 学 生 課 平 成 8 年 4 月 日 目 次 はじめに ページ.ログイン ~4 ページ 接 続 方 法 ログイン ポータルトップ 画 面 4 アカウントについて.Webシステムの 構 成 5 ページ.シラバス シラバス 登 録 6 ページ 他 授 業 科 目 のコピー 8 ページ 4. 授 業 関 連 シラバス 照 会 8 ページ 担 当 科 目 時

More information

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC)

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC) はFileZilla のFileZilla 年 月 日 東 洋 電 機 製 造 株 式 会 社 を ためにFTPサーバを FileZilla 本 μturtle-monitorを 推 奨 しますが 簡 易 必 的 要 にFTPサーバ とします 使 用 するにあたり 実 機 運 能 用 を を 用 東 行 意 洋 う し ワイヤレス 際 運 はデータの 用 する 場 計 合 測 信 も システムからの

More information

2.3 本学でよく使う基本ツール

2.3 本学でよく使う基本ツール 2.3.1 テキストエディタ(TeraPad) 第 2 部 第 3 章 本 学 でよく 使 う 基 本 ツール 1.はじめに 学 内 の 演 習 室 PC には Windows 標 準 のメモ 帳 以 外 にも TeraPad や 秀 丸 Sublime Text といった 複 数 のテキストエディタがインスト ールされています これらのテキストエディタはメモ 帳 と 同 じように 速 く メモ 帳

More information

AFFILIATE ASP SYSTEM. インストール 手 順 -. 圧 縮 ファイルの 解 凍 -2. 設 定 ファイルの 編 集 -3.ファイルのアップロード -4.データベースの 初 期 化 -5.w3cディレクトリのアップロード 3 3 4 5 8 0 2.インストール 後 の 設 定 手

AFFILIATE ASP SYSTEM. インストール 手 順 -. 圧 縮 ファイルの 解 凍 -2. 設 定 ファイルの 編 集 -3.ファイルのアップロード -4.データベースの 初 期 化 -5.w3cディレクトリのアップロード 3 3 4 5 8 0 2.インストール 後 の 設 定 手 AFFILIATE SYSTEM アフィリエイトシステム PRO2 設 置 マニュアル このたびは アフィリエイトシステムをご 利 いただき 誠 にありがとうございます 本 マニュアルでは 主 にシステムの 設 置 について 説 明 しています 尚 内 容 はバージョンアップなどにより 予 告 なく 変 更 される 場 合 があります AFFILIATE ASP SYSTEM. インストール 手 順

More information

(Microsoft Word - \201\234\213\263\210\365\227p\203t\203@\201[\203X\203g\203X\203e\203b\203v\203K\203C\203h\201iWEB\227p\201j20130401)

(Microsoft Word - \201\234\213\263\210\365\227p\203t\203@\201[\203X\203g\203X\203e\203b\203v\203K\203C\203h\201iWEB\227p\201j20130401) 教 員 用 はじめに 2 1 ユーザIDとパスワードの 取 得 について 2 学 生 の 利 用 開 始 について 3 お 問 合 せについて IT s class. へログイン 3 1 IT s class.の 入 口 2 ログイン 画 面 3 メニュー 画 面 の[ 講 義 閲 覧 ]と[ 講 義 編 集 ] 4 担 当 一 覧 5 学 生 画 面 の 確 認 6 ログアウト 新 旧 カリキュラム

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBMSPSSStatisticsforMacOSの インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 20 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンス を 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできま

More information

FileMaker 15 ODBC と JDBC ガイド

FileMaker 15 ODBC と JDBC ガイド FileMaker 15 ODBC JDBC 2004-2016 FileMaker, Inc. All Rights Reserved. FileMaker, Inc. 5201 Patrick Henry Drive Santa Clara, California 95054 FileMaker FileMaker Go FileMaker, Inc. FileMaker WebDirect FileMaker,

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 共 通 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word Internet

More information

スライド 1

スライド 1 2014.10.28 スタディライター 教 材 動 作 確 認 設 定 手 順 Java Runtime Environment のセキュリティ 強 化 により スタディライターで 作 成 したJavaを 利 用 するアプリケーションの 動 作 確 認 及 び 動 作 のために 各 種 設 定 が 必 要 になりました ここではWindows 8.1 Internet Explorer 11を 例

More information

ご 注 意 このソフトウェアの 著 作 権 は インフォテリア 株 式 会 社 に 所 属 します このソフトウェア 及 びマニュアル の 一 部 または 全 部 の 使 用 複 製 開 示 は 本 製 品 の 使 用 許 諾 契 約 書 に 記 された 制 約 条 件 の 下 でのみ 使 用 す

ご 注 意 このソフトウェアの 著 作 権 は インフォテリア 株 式 会 社 に 所 属 します このソフトウェア 及 びマニュアル の 一 部 または 全 部 の 使 用 複 製 開 示 は 本 製 品 の 使 用 許 諾 契 約 書 に 記 された 制 約 条 件 の 下 でのみ 使 用 す ご 注 意 このソフトウェアの 著 作 権 は インフォテリア 株 式 会 社 に 所 属 します このソフトウェア 及 びマニュアル の 一 部 または 全 部 の 使 用 複 製 開 示 は 本 製 品 の 使 用 許 諾 契 約 書 に 記 された 制 約 条 件 の 下 でのみ 使 用 す ることができます このソフトウェアは 原 子 力 航 空 宇 宙 産 業 医 療 あるいはその 他 の

More information

XOOPS Cube インストールマニュアル

XOOPS Cube インストールマニュアル XOOPS Cube インストールマニュアル Version 1.0 (20071220) AT-LINK 専 用 サーバ サービス AT-LINK Managed Hosting Service Link, Inc. 目 次 目 次 1. このマニュアルについて...2 2. 設 定 内 容 の 確 認...2 3. MySQL の 設 定 ( 文 字 コードの 変 更 および XOOPS アカウントの

More information

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承 京 都 市 社 会 福 祉 研 修 情 報 システム 京 福 祉 の 研 修 情 報 ネット 操 作 マニュアル - 主 催 者 編 - 第 1.3 版 2016 年 5 月 16 日 目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保

More information

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します 基 本 検 索 画 面 機 能 タブ キーワード 以 外 の 検 索 モードや 図 書 館 OPAC 電 子 ジャーナルカタログへのリンクなどが 表 示 されます 検 索 ボックス 検 索 する 語 句 を 入 力 します 検 索 オプション クリックすることで 詳 細 画 面 と 同 様 検 索 オプション( 検 索 モードおよび 拡 張 検 索 条 件 の 限 定 )が 展 開 します 論 理

More information

R76 Application Control & URL Filtering Guide

R76 Application Control & URL Filtering Guide R76/GAiA Application Control & URF Filtering 簡 易 設 定 ガイド Last updated Jun 24, 2013 Ver 1.0 はじめに 本 章 の 手 順 は 以 下 の 項 目 が 満 たされている 事 を 前 提 条 件 としています 事 前 にGAiA R76の 初 期 セットアップが 完 了 し 管 理 コンソール からSmartDashboadを

More information

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順 FOCUS システム SSL-VPN 利 用 者 マニュアル 第 1.05 版 (2013 年 1 月 版 ) SSL-VPN を 利 用 する 際 の 動 作 環 境 - 1 - ( 第 1.05 版 ) FOCUS システムへの SSL-VPN 接 続 では Java によるポートフォワーディング 方 式 を 用 いて FOCUS 内 のサーバと 接 続 します その 際 に 使 用 する 利

More information

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します 基 本 検 索 画 面 機 能 タブ キーワード 以 外 の 検 索 モードや 図 書 館 OPAC 電 子 ジャーナルカタログへのリンクなどが 表 示 されます 検 索 ボックス 検 索 する 語 句 を 入 力 します 検 索 オプション クリックすることで 詳 細 画 面 と 同 様 検 索 オプション( 検 索 モードおよび 拡 張 検 索 条 件 の 限 定 )が 展 開 します 論 理

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 学 校 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.1 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 232 目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ

More information

5 4 一 覧 画 面 上 で Preview アイコン にカーソルを 合 わせる だけで その 論 文 の 情 報 を 見 ることが 出 来 ます 左 右 の 列 は をクリックすることで 折 りたたむ ことが 出 来 ます 検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 の

5 4 一 覧 画 面 上 で Preview アイコン にカーソルを 合 わせる だけで その 論 文 の 情 報 を 見 ることが 出 来 ます 左 右 の 列 は をクリックすることで 折 りたたむ ことが 出 来 ます 検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 の 画 面 は 一 例 です お 客 様 によって 画 面 デザイン 仕 様 表 記 などがマニュアルの 記 載 と 異 なる 場 合 がございます 基 本 検 索 画 面 論 理 演 算 子 AND:つの 検 索 語 のうち 両 方 の 単 語 が 入 っている ものを 検 索 します OR:つの 検 索 語 のうち そのどちらかの 単 語 が 入 って いるものを 検 索 します NOT:つの 検

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

DVIOUT-ind

DVIOUT-ind HCP Viewer(Ver 1.2.0) User s Manual 杉 浦 学 gackt@crew.sfc.keio.ac.jp 慶 應 義 塾 大 学 大 岩 研 究 室 (CreW Project) 2004.04.14 目 次 1 準 備 編 2 1.1 実 行 環 境......................................... 2 1.1.1 ハードウェアと OS

More information

論文誌用MS-Wordテンプレートファイル

論文誌用MS-Wordテンプレートファイル 1. eclipse のインストール 1.1. 準 備 以 下 のファイルを 準 備 する カッコ 内 は 実 際 に 使 用 したものである eclipse (eclipse-jee-indigo-sr2-win32-x86_64.zip) JDK (jdk-7u3-windows-x64.exe) JRE (jre-7u7-windows-x64.exe) eclipse は 以 下 からダウンロードすることができる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> EMC Documentum IRM の ご 紹 介 EMCジャパン 株 式 会 社 インフォメーションインテリジェンス 事 業 本 部 1 EMCのアプローチ(1/2) 場 所 で 制 御 する 従 来 型 方 式 にプラスし, ファイルで 制 御 する 鍵 方 式 (Documentum IRM)を 採 用 することにより さらに 堅 牢 なセキュリティシステム を 実 現 場 所 で 制 御

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478> Ver 1.00 用 目 次 製 品 の 導 入 P.4 製 品 概 要 P.5 試 用 版 の 制 限 ライセンスの 購 入 動 作 環 境 P.6 ファイルの 配 置 起 動 方 法 P.7 ログイン 画 面 ログイン 方 法 P.8 ライセンス 登 録 方 法 P.9 メインメニュー 顧 客 管 理 P.11 [ 顧 客 管 理 ] 顧 客 検 索 CSV 出 力 メール 一 斉 送 信 新

More information

2 / 18 Shift + 任 意 の 方 向 キー ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 項 目 を 選 択 する またはドキュメント 内 のテキストを 選 択 する Ctrl + 任 意 の 方 向 キー + Space ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の

2 / 18 Shift + 任 意 の 方 向 キー ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 項 目 を 選 択 する またはドキュメント 内 のテキストを 選 択 する Ctrl + 任 意 の 方 向 キー + Space ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 1 / 18 Windows7 コンピュータの 簡 単 操 作 のショートカットキー 右 Shift (8 秒 間 ) フィルター キー 機 能 をオンまたはオフにする 左 Alt + 左 Shift + PrintScreen ハイ コントラストをオンまたはオフにする 左 Alt + 左 Shift + NumLock マウス キー 機 能 をオンまたはオフにする Shift (5 回 ) 固 定

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 NOVELL クイックスタートカード SUSE Linux Enterprise 11の 新 バージョンをインストールするには 次 の 手 順 に 従 います このマニュアルで は SUSE Linux Enterprise Serverのデフォルトのインストールを 通 して 実 行 方 法 の 概 要

More information

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 ネットワーク 図 でデータ 連 携 第 二 版 (2009 年 7 月 10 日 更 新 ) 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです

More information

Microsoft Word - 03accessデータベース演習レジメ.doc

Microsoft Word - 03accessデータベース演習レジメ.doc Access データベース 演 習 1ワードでデータベースの 基 礎 になるテキストデータを 整 形 し 2Excel でのデータベースの 基 本 的 な 扱 いに 慣 れ さらに3Access を 用 いて クエリやリレーションシップの 概 念 を 理 解 し Excel との 連 携 を 実 践 することを 目 的 とする 題 材 としては 定 期 試 験 対 策 用 の 英 単 語 リストを

More information