HIV感染患者透析医療ガイドライン

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "HIV感染患者透析医療ガイドライン"

Transcription

1 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 日 本 透 析 医 会 日 本 透 析 医 学 会 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 策 定 グループ

2

3 iii はじめに 平 成 21 年, 都 内 で 血 液 透 析 に 導 入 された HIV 患 者 から, 厚 労 省 にある 相 談 があった. 田 舎 に 帰 って 透 析 を 継 続 したいが, 地 元 で 受 け 入 れてくれる 透 析 施 設 が 見 つからない.どうにかならないか との 内 容 だった.これに 対 して 厚 労 省 疾 病 対 策 課 HIV/AIDS 担 当 の 喜 多 洋 輔 医 師 は, 日 本 透 析 医 会 の 山 﨑 親 雄 会 長 と 日 本 透 析 医 学 会 の 秋 澤 忠 男 理 事 長 に 相 談 を 持 ちかけた. どこか 紹 介 できないか, また 同 様 の 問 題 が 持 ち 上 がらないような 対 策 を 取 ってほしい との 内 容 だった.これに 対 して, 医 会 医 学 会 としては 個 別 に 紹 介 する ことはできないので,HIV 患 者 の 透 析 について 注 意 点 をまとめ, 透 析 施 設 が HIV 患 者 を 受 け 入 れるにあたって 参 考 となるようなガ イドラインを 作 成 するとの 対 策 をとることを 厚 労 省 に 約 束 した. このような 経 緯 で, 医 会 医 学 会 は, 日 本 腎 不 全 看 護 学 会 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 にも 協 力 を 依 頼 し,またこの 領 域 に 経 験 の 深 い 専 門 家 にも 参 加 を 依 頼 して 日 本 透 析 医 会 日 本 透 析 医 学 会 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 策 定 グループが 結 成 された.この 会 には, 厚 労 省 からの 参 加 もお 願 いし, 勉 強 会 を 1 回,ガイドライン 策 定 会 議 を 5 回 開 催 し, HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン を 策 定 した. このガイドラインは, 一 般 的 な 感 染 予 防 策 は 透 析 医 療 における 標 準 的 な 透 析 操 作 と 院 内 感 染 予 防 に 関 するマニュアル( 三 訂 版 ) 厚 労 省 ウエブサイト に 詳 しいのでこれに 任 せ,HIV 感 染 患 者 の 透 析 操 作 と 患 者 指 導, スタッフの 針 刺 事 故 対 策 に 焦 点 をあてて,HIV 患 者 を 受 け 入 れる

4 iv 透 析 施 設 の 準 備 をどうするかについて 解 説 することを 目 的 に 小 冊 子 にまとめたものである. 透 析 に 携 わる 医 師 やスタッフが 1 2 時 間 読 めば 簡 単 に 理 解 できるコンパクトなガイドラインを 目 指 し,その 構 成 は HIV 感 染 の 現 状 と 基 本 的 な 考 え 方 基 本 的 予 防 策 ス タッフの 針 刺 事 故 時 の 対 応 策 の 3 部 構 成 とし, 最 後 に 今 後 整 備 す べき 問 題 点 をまとめた. この 小 冊 子 が, 透 析 従 事 者 の HIV に 関 する 理 解 を 深 め,いわれ なき 誤 解 を 払 拭 することで, 透 析 施 設 における HIV 患 者 の 受 け 入 れがスムースにおこなわれ, 全 国 どこでも HIV 患 者 の 透 析 医 療 が 確 保 できる 状 況 が 来 ることを 祈 っている. 日 本 透 析 医 会 日 本 透 析 医 学 会 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 策 定 グループ 委 員 長 秋 葉 隆 ( 東 京 女 子 医 科 大 学 血 液 浄 化 療 法 科 )

5 v HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 策 定 グループ 名 簿 名 前 所 属 委 員 長 秋 葉 隆 東 京 女 子 医 科 大 学 副 委 員 長 杉 崎 弘 章 医 療 法 人 社 団 心 施 会 委 員 隈 博 政 くま 腎 クリニック 篠 田 俊 雄 萩 原 千 鶴 子 大 濱 和 也 松 金 隆 夫 安 藤 稔 安 藤 亮 一 日 ノ 下 文 彦 照 屋 勝 治 水 上 由 美 子 河 北 総 合 病 院 横 須 賀 クリニック 埼 玉 医 科 大 学 病 院 東 葛 クリニック 病 院 都 立 駒 込 病 院 武 蔵 野 赤 十 字 病 院 国 立 国 際 医 療 研 究 センター 国 立 国 際 医 療 研 究 センター 自 治 医 科 大 学 附 属 さいたま 医 療 センター 会 議 日 時 HIV と 透 析 勉 強 会 平 成 21 年 7 月 31 日 国 立 国 際 医 療 センター 戸 山 病 院 生 活 習 慣 病 教 室 第 1 回 会 議 平 成 21 年 12 月 1 日 17 時 19 時 ホテルマイステイズ 御 茶 ノ 水 会 議 室 第 2 回 会 議 平 成 22 年 1 月 26 日 17 時 19 時 ホテルマイステイズ 御 茶 ノ 水 会 議 室 第 3 回 会 議 平 成 22 年 3 月 23 日 17 時 19 時 ホテルマイステイズ 御 茶 ノ 水 会 議 室 第 4 回 会 議 平 成 22 年 5 月 11 日 17 時 19 時 ホテルマイステイズ 御 茶 ノ 水 会 議 室 第 5 回 会 議 平 成 22 年 7 月 20 日 17 時 19 時 ホテルマイステイズ 御 茶 ノ 水 会 議 室

6

7 vii 目 次 はじめに iii 第 1 章 HIV 感 染 の 現 状 と 血 液 透 析 における 基 本 的 考 え 方 1.HIV 感 染 症 の 現 状 1 1) HIV 患 者 数 は 加 速 的 に 増 加 している 1 2) HIV 患 者 の 予 後 は 1997 年 以 降, 著 明 に 改 善 している 2 3) HIV 治 療 の 現 状 3 2.HIV 患 者 の 血 液 透 析 治 療 6 1) HIV 感 染 と 血 液 透 析 6 2) HIV 患 者 のケアに 必 要 な 考 え 方 7 第 2 章 基 本 的 予 防 策 1. 感 染 防 御 の 基 本 11 1) HIV 陽 性 患 者 の 的 確 な 評 価 11 2) 起 こりうる 問 題 や 事 態 への 予 測 11 3) 感 染 防 御 マニュアルの 作 成 12 4) 透 析 環 境 の 整 備 12 5) CAPD における 注 意 洗 浄 消 毒 と 廃 棄 物 14 1) 器 材 の 洗 浄 について 14 2) 器 材 の 消 毒 について 15 3) 廃 棄 物 について 血 液 媒 介 ウイルス 感 染 防 止 の 盲 点 と 対 策 16 1) 手 指 や 手 袋 による 2 次 血 液 汚 染 の 防 止 16 2) 2 次 血 液 汚 染 の 防 止 策 17 4.HIV 陽 性 患 者 の 透 析 を 取 り 巻 く 環 境 整 備 と 心 理 的 な 問 題 18 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 1.HIV 汚 染 事 故 フローチャート 21 1) 感 染 症 専 門 医 が 常 勤 している 医 療 機 関 21 2) 一 般 医 療 機 関 など 21 2.HIV 汚 染 事 故 における 抗 レトロウイルス 薬 の 予 防 的 服 用 ( 暴 露 後 予 防 内 服 post-exposure prophylaxis : PEP) 32

8 viii 第 4 章 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドラインをまとめるにあたって 今 後 の 課 題 と 方 向 性 1.HIV 診 療 と 透 析 医 療 の 関 わり 東 京 都 以 外 のエイズ 診 療 拠 点 病 院 の 現 況 予 防 薬 投 与 に 関 する 労 災 適 応 について 34 4.HIV 検 査 の 保 険 適 応 について 針 刺 事 故 時 の 予 防 薬 準 備 の 費 用 負 担 の 件 最 後 に 36 付 録 38 平 成 21 年 エイズ 対 策 研 究 事 業 医 療 体 制 の 整 備 に 関 する 研 究 ( 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 医 療 センター 山 本 政 弘 先 生 )による 全 国 のエイズ 診 療 ブロッ ク 拠 点 病 院 中 核 拠 点 病 院 の 院 内 院 外 の 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 など) 対 応 状 況 アンケート 調 査 結 果

9 第 1 章 HIV 感 染 の 現 状 と 血 液 透 析 における 基 本 的 考 え 方 1 第 1 章 HIV 感 染 の 現 状 と 血 液 透 析 における 基 本 的 考 え 方 1.HIV 感 染 症 の 現 状 1) HIV 患 者 数 は 加 速 的 に 増 加 している 表 1 に 2008 年 末 現 在 の HIV 患 者 数 (HIV 感 染 者 と AIDS 患 者 報 告 数 の 合 計 )を 示 した 1). 性 的 接 触 による 感 染 拡 大 が 見 られており, 国 内 の 患 者 数 累 計 は 人 に 達 している. 図 1 は HIV 患 者 の 累 計 数 の 年 次 推 移 であるが, 右 肩 上 がりの 曲 線 を 描 きながら 急 速 に 患 者 数 が 増 加 しており,この 事 実 を 緊 迫 感 をもってとらえる 必 要 があ ると 考 えられる. 感 染 者 の 報 告 は 首 都 圏 のみでなく, 地 方 への 拡 大 も 見 られており, 今 後 国 内 の 患 者 数 増 加 に 伴 い, 各 医 療 機 関 におい て HIV 患 者 を 診 療 する 機 会 ( 確 率 )は 加 速 的 に 増 加 することが 予 想 される.HIV は 血 液 媒 介 感 染 症 であり, 通 常 の 接 触 においては ヒト ヒト 感 染 が 起 こらない, 制 御 の 容 易 な 感 染 症 であるが, 感 染 者 の 血 液 および 体 液 にウイルスが 含 まれるため, 特 に 針 などの 鋭 利 物 を 用 いた 医 療 行 為 では 注 意 が 必 要 である. 報 告 患 者 数 の 3 割 は 表 1 HIV/AIDS 患 者 の 報 告 状 況 (~ 2008 年 12 月 31 日 ) 感 染 経 路 男 女 合 計 ( 構 成 比 ) 異 性 間 性 的 接 触 (32.2%) 同 性 間 性 的 接 触 (39.8%) 静 注 薬 物 ( 0.5%) 母 児 感 染 ( 0.3%) その 他 ( 2.3%) 不 明 (16.3%) 凝 固 因 子 製 剤 ( 8.5%) 合 計

10 2 図 1 日 本 における HIV/AIDS 報 告 数 の 累 計 ( 凝 固 因 子 製 剤 による 感 染 を 除 く) AIDS 発 症 後 に 感 染 が 判 明 しているのが 現 状 であり, 診 断 の 遅 れも 目 立 つ.これは,HIV に 感 染 しているがまだ 診 断 されていない 隠 れた 感 染 者 が, 報 告 患 者 数 の 数 倍 は 存 在 しているであろう 可 能 性 を 示 している. 2) HIV 患 者 の 予 後 は 1997 年 以 降, 著 明 に 改 善 している HIV 感 染 症 は 1996 年 以 前 には 有 効 な 治 療 法 がなく,AIDS を 発 症 すれば 平 均 1-2 年 のうちに 死 亡 する 極 めて 予 後 不 良 の 疾 患 であっ た.しかし 1996 年 から HAART(ハート,highly active anti-retroviral therapy)と 呼 ばれる 多 剤 併 用 療 法 が 行 われるようになり, 我 が 国 を 含 め 多 くの 国 で 死 亡 者 数 の 激 減 が 報 告 され, 患 者 の 予 後 の 劇 的 な 改 善 が 見 られている.これによりそれまで 致 死 性 の 疾 患 であ った HIV 感 染 症 は, 現 在 では 慢 性 疾 患 であるとまで 言 われるよう になった.ただし 現 在 のレベルの HAART では, 体 内 から HIV を 完 全 に 除 去 することはできないと 考 えられており, 一 旦 内 服 治 療 を 開 始 した 場 合 には, 原 則 として 年 余 にわたり 内 服 を 継 続 する 必 要 が

11 第 1 章 HIV 感 染 の 現 状 と 血 液 透 析 における 基 本 的 考 え 方 3 ある. デンマークにおける 検 討 によると 25 歳 時 点 での HIV 患 者 の 平 均 余 命 は,HAART が 行 われていなかった 年 は 7.6 年 であ ったが HAART の 導 入 以 後 に 劇 的 な 改 善 が 見 られており, 年 には 22.5 年, 年 には 32.5 年 となっており,C 型 肝 炎 を 合 併 している 16% の 症 例 を 除 けば, 平 均 余 命 は 38.9 年 とな っている 2).HIV 非 感 染 者 の 25 歳 時 点 の 平 均 余 命 は 51.1 歳 であり まだ 12 年 程 度 の 開 きがあるが, 治 療 薬 剤 の 副 作 用 の 改 善 と 早 期 診 断, 早 期 治 療 導 入 の 徹 底 により, 今 後 さらに 改 善 が 見 られると 予 想 されている. 3) HIV 治 療 の 現 状 HIV 患 者 は 免 疫 能 (CD4 数 )がある 程 度 低 下 するまで 日 和 見 疾 患 の 発 症 リスクはほとんどないこと,また 抗 HIV 薬 の 多 くが 何 らか の 副 作 用 を 来 しうることから,HIV 感 染 者 のすべてが HAART の 適 応 となるわけではない. 現 時 点 では 多 くの 専 門 家 が CD4 数 が 350/nl 未 満 になってからの 治 療 開 始 を 推 奨 している. 治 療 は 基 本 的 に 3 種 類 以 上 の 薬 剤 を 組 合 わせたレジメンで 行 われる.2010 年 3 月 時 点 で 使 用 可 能 な 抗 HIV 薬 は 21 種 類 もあるが( 表 2), 服 薬 錠 数 や 飲 みやすさ, 副 作 用 プロフィール,これまでの 治 療 成 績 などを 考 慮 すると, 実 際 に 可 能 な 組 合 せはそれほど 多 いものではない. 治 療 法 については, 世 界 的 には 米 国 DHHS ガイドラインが 参 考 にさ れることが 多 いが, 頻 回 に 更 新 されるため, 治 療 に 当 たっては 常 に 最 新 の 情 報 を 確 認 することが 必 要 である 3).HIV の 診 療 に 関 連 した 日 本 独 自 のガイドラインも 作 成 されており,インターネット 上 で 無 料 で 閲 覧 が 可 能 である 4).

12 4 表 2 使 用 可 能 な HIV 治 療 薬 (2010 年 3 月 現 在 ) 核 酸 系 逆 転 写 酵 素 阻 害 剤 (NRTI) 一 般 名 略 号 商 品 名 1 日 内 服 量 透 析 時 テノフォビル TDF ビリアード (300 mg 錠 ) 300 mg 1 回 300 mg 週 1( 透 析 後 ) エムトリシタ ビン FTC エムトリバ (200 mg 錠 ) 200 mg 1 回 200 mg 96 時 間 毎 ( 透 析 日 は 透 析 後 投 与 ) アバカビル ABC ザイアジ(300 mg 錠 ) ラミブジン 3TC エピビル(150, 300 mg 錠 ) 600 mg 1 回 or 300 mg 2 回 300 mg 1 回 or 150 mg 2 回 通 常 量 mg 1 回 (データに 乏 しい) ジドブジン AZT レトロビル( mg カプセル) mg 2 回 100 mg 3 回 サニルブジン d4t ゼリット( 1 5 m g, mg 2 回 mg 1 回 透 析 後 20 mg カプセ ル) ジダノシン ddi- EC ヴァイデックス EC(125, 200 mg カプセル) mg 1 回 推 奨 しない TDF/ ツルバダ 1 錠 1 回 推 奨 しない FTC (TVD) 合 剤 ABC/ 3TC AZT/ 3TC エプジコム 1 錠 1 回 推 奨 しない コンビビル 1 錠 2 回 推 奨 しない 非 核 酸 系 逆 転 写 酵 素 阻 害 剤 (NNRTI) 一 般 名 略 号 商 品 名 1 日 内 服 量 透 析 時 エファビレン ツ EFV ストックリン (200, 600 mg 錠 ) 600 mg 1 回 通 常 量 エトラビリン ETR インテレンス (100 mg 錠 ) ネビラピン NVP ビラミューン (200 mg 錠 ) 200 mg 2 回 通 常 量 200 mg 2 回 通 常 量

13 第 1 章 HIV 感 染 の 現 状 と 血 液 透 析 における 基 本 的 考 え 方 5 デラビルジン DLV レスクリプター (200 mg 錠 ) 400 mg 3 回 通 常 量 プロテアーゼ 阻 害 剤 (PI) 一 般 名 略 号 商 品 名 1 日 内 服 量 透 析 時 ダルナビル DRV プリジスタ (300, 400 mg 錠 ) (DRV800 mg+zrtv 100 mg) 1 回 or (DRV600 mg+rtv 100 mg) 2 回 通 常 量 ロピナビル LPV/r カレトラ 400 mg 2 回 通 常 量 ( 透 析 患 者 は 血 (200 mg 錠, 中 濃 度 低 い) 80 mg/ml 液 ) アタザナビル ATV レイアタッツ (150 mg, 200 (ATV300 mg+rtv 100mg) 1 回 mg カプセル) 通 常 量 ( 透 析 患 者 は 血 中 濃 度 低 い) ホスアンプレ ナビル FPV レクシヴァ (700 mg 錠 ) FPV1400 mg 2 回 or(fpv700 mg+rtv 100 mg) 2 回 or(fpv1400 mg+rtv mg) 1 回 通 常 量 ネルフィナビ ル NFV ビラセプト (250 mg 錠 ) 1250 mg 2 回 or 750 mg 3 回 通 常 量 インジナビル IDV クリキシバン (200 mg カプ セル) 800 mg 3 回 通 常 量 サキナビル SQV- HGC インビラーゼ (SQV1000 mg+rtv (200 mgカプセ 100 mg) 2 回 ル, 500 mg 錠 ) 通 常 量 リトナビル RTV ノービア( mg 2 回 通 常 量 mg カプセル, 80 mg/ml 液 ) インテグラーゼ 阻 害 剤 (II) 一 般 名 略 号 商 品 名 1 日 内 服 量 透 析 時 ラルテグラビ ル RAL アイセントレス (400 mg 錠 ) 400 mg 2 回 通 常 量

14 6 侵 入 阻 害 剤 (EI) 一 般 名 略 号 商 品 名 1 日 内 服 量 透 析 時 マラビロク MVC シーエルセント リ(150 mg 錠 ) 300 mg 2 回 通 常 量 2.HIV 患 者 の 血 液 透 析 治 療 1) HIV 感 染 と 血 液 透 析 HIV 患 者 の 3 分 の 1 近 くで 病 的 な 蛋 白 尿 を 認 めるという 報 告 も あり,HIV 患 者 では 腎 炎 や 急 性 腎 不 全 による 腎 障 害 を 合 併 しやす いと 考 えられる. 抗 HIV 薬 や, 合 併 する 日 和 見 疾 患 の 治 療 や 予 防 に 用 いられる 薬 剤 の 中 には, 副 作 用 として 腎 障 害 を 来 すものも 少 な くなく,HAART による 治 療 が 確 立 した 現 在 でも,HIV 患 者 の 腎 疾 患 には 十 分 に 注 意 を 払 う 必 要 がある. HAART が 行 われる 以 前 ( 1996 年 )は,エイズを 発 症 すると 1-2 年 で 死 に 至 る 病 気 であったため 維 持 的 な 血 液 浄 化 療 法 への 導 入 が 躊 躇 されることもあったが, 現 在 は 上 述 のように 生 命 予 後 の 著 明 な 改 善 が 見 られており, 今 後 は 患 者 の 高 齢 化 に 伴 って, 糖 尿 病, 高 血 圧 などを 原 因 とする 慢 性 腎 臓 病 の 増 加 も 考 えられ, 今 後, 透 析 導 入 例 が 増 加 するであろうと 予 想 される. HIV 汚 染 血 による 曝 露 事 故 は, 針 刺 しの 場 合 でも 感 染 リスクは 低 く(<0.3%),また 暴 露 後 予 防 により 感 染 をほぼ 確 実 に 阻 止 でき ることから,B 型 C 型 肝 炎 ウイルスと 比 較 しても 決 して 危 険 であ るとは 言 えない.しかしながら HIV 感 染 に 対 する 医 療 従 事 者 の 理 解 が 不 十 分 である 事 を 原 因 として, 一 部 で 患 者 の 受 入 を 躊 躇 する 施 設 が 存 在 しているのが 現 状 である.HIV 患 者 への 対 応 の 不 安 を 解 消 し, 職 員 の 理 解 を 得 るためには, 医 療 従 事 者 が 感 染 リスクに 関 す

15 第 1 章 HIV 感 染 の 現 状 と 血 液 透 析 における 基 本 的 考 え 方 7 る 正 しい 知 識 を 持 つことが 必 要 である. 2) HIV 患 者 のケアに 必 要 な 考 え 方 先 述 のように HAART により,HIV 感 染 症 は 死 の 病 から コ ントロール 可 能 な 慢 性 疾 患 と 位 置 づけられるようになった. 内 服 を 続 けながら 通 常 の 社 会 生 活 を 営 む 事 も 可 能 となっている.しかし 一 方 で, 完 治 することのない 慢 性 疾 患 として 治 療 は 長 期 に 及 び, 副 作 用 や 薬 剤 耐 性 HIV の 出 現 などの 課 題 は 依 然 として 残 されている. 長 期 に 治 療 を 継 続 していくためには, 患 者 の 主 体 的 なセルフケア, 特 に 確 実 な 服 薬 のための 患 者 自 身 の 強 い 意 志 と 努 力 を 必 要 としてい る. HIV 感 染 症 は, 感 染 による 身 体 や 身 体 機 能 の 影 響 にとどまらず, 心 理 状 態 や 社 会 生 活 にも 大 きな 影 響 を 及 ぼす. 患 者 は 完 治 すること のない 疾 患 そのものに 対 する 不 安 や 不 確 実 性 に 加 え, 未 だに 根 強 い 社 会 の 偏 見 や 差 別 にさらされることになり, 社 会 生 活 からの 孤 立 や 心 理 的 傷 害 を 負 うことになる. 根 治 薬 のない 現 在,たとえ 通 常 の 社 会 生 活 が 送 れたとしてもウイルスが 体 内 から 消 えることは 無 く, 感 染 者 というスティグマは 生 涯 続 くことになる.このような 存 在 その ものさえ 危 うくさせるような 生 きづらさから, 周 囲 や 家 族 にも 感 染 の 事 実 を 隠 し, 孤 独 に 治 療 に 耐 えている 感 染 者 も 少 なくない.また 心 理 的 な 傷 つきや 自 尊 感 情 の 低 下, 社 会 からの 孤 立 は 患 者 の 療 養 態 度 やセルフケアにも 影 響 を 与 え, 治 療 や 服 薬 の 継 続 を 困 難 にするこ とにもつながる.HIV 感 染 症 は, 患 者 の 身 体, 心 理, 社 会 的 さら には 個 人 のアイデンティティのどの 局 面 にも 危 機 的 な 影 響 を 与 えて いる. HIV 感 染 症 を 慢 性 疾 患 と 捉 えた 場 合, 透 析 スタッフは 透 析 患 者

16 8 表 3 HIV 陽 性 透 析 患 者 のケアに 必 要 な 考 え 方 1.HIV 感 染 症 に 関 する 基 礎 的 知 識 を 持 つ 基 本 的 な 病 態 経 過 治 療 の 理 解 ヒトの 免 疫 システム,HIV/AIDS,CD4 陽 性 リンパ 球, 治 療 の 概 要, 治 療 費 など 正 しい 知 識 に 基 づいた 感 染 防 御 感 染 経 路 と 2 次 感 染 予 防, 日 常 生 活 の 注 意 事 項 ( 性 生 活 上 の 注 意 点, 易 感 染 状 態 に 対 する 注 意 点, 出 血 時 の 対 応 など) 2.HIV 患 者 を 取 り 巻 く 環 境 を 理 解 する HIV 感 染 症 は 身 体 面 のみならず, 心 理 社 会 面 にも 危 機 的 影 響 を 及 ぼす. 特 に 社 会 に 存 在 する HIV 感 染 症 に 対 する 誤 解 や 偏 見 差 別 は 患 者 の 療 養 生 活 にダメージを 与 えることを 理 解 する. 患 者 が 求 めるケアニーズやサポートは 多 面 的 であるため, 必 要 に 応 じて HIV 診 療 機 関 の 専 門 家 チームと 協 力, 連 携 を 図 る. 感 染 対 策 を 含 む 透 析 施 設 における 対 応, 看 護 ケアは 患 者 のニーズに 配 慮 し, 了 解 を 得 た 上 で 実 施 する. 3.プライバシーの 保 護 と 偏 見 や 差 別 を 感 じさせない 対 応 を 心 がける 患 者 に, 差 別 感, 不 信 感, 不 安 感 を 抱 かせないような, 態 度, 対 応 を 心 が ける. カルテや 透 析 記 録, 検 査 伝 票 など 患 者 名 や 病 名 が 明 示 された 物 品 の 取 り 扱 いに 注 意 する. 面 談 に 際 しては, 他 者 に 会 話 が 聞 かれないプライバシーの 確 保 ができる 場 所 で 行 う. 患 者 から 知 りえた 情 報 に 関 してチーム 内 での 共 有 が 必 要 と 判 断 された 場 合, 患 者 に 了 解 を 得 た 上 で 共 有 するなどの 配 慮 を 行 う. 病 名 について 誰 に,どのように 話 してあるか 患 者 本 人 に 確 認 し, 本 人 の 了 解 なしで 他 者 に 病 名 などを 伝 えないように 注 意 する. 病 院 外 はもちろん 院 内 でも 不 必 要 に 個 人 情 報 を 話 題 にしない. の 抱 える 困 難 さと 多 くの 共 通 点 があることに 気 がつく. 慢 性 病 看 護 に 携 わってきた 透 析 スタッフであれば HIV 感 染 症 と 慢 性 腎 不 全 と いう 二 重 の 慢 性 病 と 共 に 生 きる HIV 感 染 者 の 苦 痛 は 容 易 に 理 解 で きる.HIV 感 染 症 に 対 する 基 礎 知 識,HIV 患 者 の 置 かれている 状 況 を 正 しく 理 解 し, 感 染 者 スタッフ 両 者 にとって 安 全 な 治 療, 信 頼 し 安 心 できる 関 係 環 境 を 構 築 していくことが 必 要 である( 表 3). 対 応 の 基 本 は,HIV 感 染 を 開 示 することへの 不 安 や 偏 見, 差 別 へ

17 第 1 章 HIV 感 染 の 現 状 と 血 液 透 析 における 基 本 的 考 え 方 9 の 恐 怖 を 抱 える 患 者 に 対 し,プライバシーの 保 護 や 配 慮 にはより 細 心 の 注 意 を 払 うこと, 偏 見 や 差 別 を 感 じさせない 対 応 を 心 がけるこ とであろう. 参 考 文 献 1) 平 成 20(2008) 年 エイズ 発 生 動 向 年 報.http://api-net.jfap.or.jp/mhw/ survey/08nenpo/nenpo_menu.htm 2) Lohse N, Hansen AB, Pedersen G, et al. Survival of persons with and without HIV infection in Denmark Ann Intern Med 146 : 87-95, ) AIDS Info. 4) APINET エイズ 予 防 情 報 ネット.http://api-net.jfap.or.jp/index.html

18

19 第 2 章 基 本 的 予 防 策 11 第 2 章 基 本 的 予 防 策 1. 感 染 防 御 の 基 本 1) HIV 陽 性 患 者 の 的 確 な 評 価 HIV 陽 性 透 析 患 者 と 言 っても,AIDS を 発 症 せず 元 気 に 通 院 して いる 患 者 から 敗 血 症, 多 臓 器 不 全 に 陥 り 入 院 を 要 する 重 症 者 までさ まざまである.したがって,HIV 陽 性 者 に 透 析 を 実 施 する 場 合, まず HIV 感 染 の 状 況 をしっかり 把 握 しておく 必 要 がある.ウイル スのコピー 量 や AIDS 発 症 の 有 無 ( 既 往 ),HIV 感 染 に 伴 う 過 去 の 合 併 症 や 現 在 の 治 療 薬 など 的 確 に 把 握 しておく. 無 論,HIV の 専 門 家 に 定 期 的 な 評 価 をしてもらい 普 段 からきちんと 情 報 交 換 をして おく 必 要 がある 1). HIV 陽 性 者 は 煩 雑 な 服 薬 や 精 神 的 ストレスから 情 緒 不 安 定 にな ることも 多 く, 生 活 パターンや 連 絡 先, 性 格, 職 業 などをきちんと 把 握 しておくことも 看 護 上 重 要 である.プライバシー 保 護 にも 十 分 気 をつける. 2) 起 こりうる 問 題 や 事 態 への 予 測 HIV 感 染 に 対 する 知 識 の 修 得 や 基 本 的 予 防 策 の 実 行 は 常 に 必 要 だが,シャント 穿 刺 も 容 易 で 透 析 中 のトラブルが 少 ない HIV 陽 性 患 者 なら,HBV,HCV 陽 性 者 を 扱 う 時 とほぼ 同 等 に 対 応 できるこ とを 認 識 すべきである. 過 剰 に 防 御 すれば 患 者 に 無 用 な 心 理 的 負 担 をかけることもあり, 状 況 に 応 じた 対 応 が 最 も 重 要 である.

20 12 3) 感 染 防 御 マニュアルの 作 成 医 療 施 設 によって 環 境 が 異 なるので, 基 本 的 予 防 策 も 多 少 変 わっ てくる. 表 1 に 示 したような 感 染 防 御 マニュアルを 各 施 設 で 作 成 し ておく 2). 患 者 の 血 液 体 液 とどの 程 度 接 触 があるかを 予 測 したう えで,マニュアルに 従 った 医 療 処 置 看 護 ケアを 実 施 する. 平 穏 な 維 持 透 析 患 者 では, 穿 刺 から 止 血 終 了 まで III のレベル, 血 液 体 液 が 付 着 した 物 品 の 片 付 けは II のレベルといった 具 合 である.ベ ッドメイキングやベッドの 移 動 など HIV 患 者 に 直 接 触 れない 時 に はレベル I を 適 用 すればよい.HIV 以 外 の 患 者 を 扱 う 時 もそうだが, 必 要 な 時 にすぐディスポの 手 袋 を 取 り 出 せるようにしておいたり, 医 療 者 自 身 の 体 調 が 悪 いような 場 合 に, 周 りのスタッフの 支 援 を 依 頼 してリスクを 回 避 したり,いわゆる fail-safe のルールに 則 って 作 業 をすることが 重 要 である. 4) 透 析 環 境 の 整 備 必 要 に 応 じて 透 析 ベッドを 固 定 する.また, 施 設 によっては 使 用 する 血 圧 計 やマンシェット,バインダー, 筆 記 具 を 専 用 にしている ところもある. HCV,HBV 感 染 患 者 と 同 様 に, 穿 刺 時 には 必 ず 2 名 で 作 業 をお こない,マスク, 手 袋 はもちろんのこと,ディスポのガウンあるい はエプロン,フェースシールドマスク,ゴーグルあるいはメガネを 着 用 する.また, 抜 針 後 の 止 血 は 確 実 に 行 い, 手 袋 は 患 者 ごとに 常 に 新 しいものに 交 換 する. 接 続 部 はロック 式 の 血 液 回 路 を 使 用 し, なるべく 採 血 輸 液 輸 血 時 に 金 属 針 を 用 いない.したがって, 開 始 時 採 血 は 穿 刺 と 同 時 に 施 行 し, 透 析 中 の 採 血 や 注 射 などは 輸 液 ラ インを 利 用 する.

21 第 2 章 基 本 的 予 防 策 13 表 1 防 御 レベルに 応 じた 感 染 看 護 防 御 マニュアル 血 液, 体 液 に 接 触 する 可 能 性 のある 処 置 を 行 う 時 は 感 染 防 御 レベルに 準 じて 防 御 する. 患 者 の 状 態, 症 状 によりレベルをかえることもある. 印 のあるものについては, 欄 外 を 参 照. レベル 基 準 防 御 方 法 医 療 処 置 例 看 護 ケア I 血 液, 体 液 に 触 れ ない 医 療 処 置, 看 護 ケ ア 必 要 なし 日 常 診 療 点 眼 吸 入 環 境 整 備, 検 温 清 拭 洗 髪 足 浴 手 浴 II 血 液, 体 液 に 手 が 汚 染 される 可 能 性 が 高 い 医 療 処 置 や 看 護 ケア 手 袋 血 糖 測 定 静 脈 注 射 時 のヘパロッ ク 抜 針 鼻 口 腔 内 出 血 時 のケア スキンケア( 皮 膚 症 状 ある 場 合 ) III 血 液 体 液 が 飛 散 し, 口 腔 眼 鼻 腔 内 に 入 る 可 能 性 のある 医 療 処 置 看 護 ケア 手 袋 マスク 口 腔 気 道 内 吸 引 M チューブ 挿 入 抜 去 胃 洗 浄 浣 腸 バルンカテー テル 挿 入 抜 去 膀 胱 洗 浄 穿 刺 生 検 創 部 の 包 交 IVH 挿 入 ( 介 助 ) 処 置 後 の 後 片 付 け 口 腔 ケア 嘔 吐 時 のケア 排 泄 物 の 取 り 扱 い 陰 部 洗 浄 摘 便 肛 門 ケ ア 下 血 時 のケア IV 広 範 囲 に 血 液 体 液 が 飛 散 しかつ 口 眼 鼻 に 入 る 可 能 性 のある 医 療 処 置 看 護 ケア 手 袋 マ スクガウ ン ゴー グル 創 傷 部 の 包 交 ( 実 施 ) 内 視 鏡 生 検 を 必 要 とする 内 視 鏡 ( 介 助 ) 透 析 針 穿 刺 抜 針 措 置 死 後 の 処 置 吐 血 喀 血 時 のケ ア V レベル IV で,かつ 床 などにも 大 量 汚 染 する 可 能 性 のあ る 医 療 処 置 看 護 ケア 手 袋 マ スクガウ ン ゴー グル 靴 カ バー キ ャップ :ベナンバックス 吸 入 時 は,マスクを 着 用 する. : 患 者 に 皮 膚 症 状 のある 場 合 ケアする 側 に 創 傷 がある 場 合 はレベル II とする. : 口 腔 気 管 内 吸 引 時, 飛 散 する 恐 れのある 場 合 はフェースシールド 付 マスクを 使 用 する. : 大 量 出 血 の 後 片 付 けは,レベルⅤとする. : 必 要 に 応 じて 手 袋 を 重 ねる.

22 14 HIV 感 染 看 護 を 行 う 上 で 普 段 から 気 をつけるべき 注 意 点 手 袋 はフィットするものを 選 択 する. 血 液 の 付 着 した 衣 類 やリネンは 速 やかに 交 換 する.( 消 毒 方 法 は 別 記 参 照 ) 血 液 の 付 いた 針 などはすぐに 廃 棄 できるように 考 慮 する( 針 刺 し 事 故 防 止 マニュ アル 参 照 ) 床 などに 体 液, 血 液 が 飛 散 する 可 能 性 の 高 い 場 合 は ディスポシーツを 敷 くなど 環 境 汚 染 を 最 小 限 にする. 可 能 であれば, 手 袋 やアルコールガーゼは 各 部 屋 に 置 いておく. 手 袋,マスク,ガウンは 防 御 レベルに 応 じたものを 選 択 する. ナースシューズは 足 を 覆 う 靴 タイプのものが 望 ましい. 新 人 教 育 の 段 階 から 常 に 感 染 防 御 を 意 識 して 処 置 ができるよう, 繰 り 返 し 指 導 し ていく. [ 独 立 行 政 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センター AIDS clinical Center ホームページより 改 変 引 用 ] 5) CAPD における 注 意 CAPD 排 液 中 には HIV ウイルスが 存 在 するので, 取 り 扱 う 際 に は, 手 袋,ガウン(エプロン),フェースシールドマスクあるいは ゴーグル(メガネ)を 使 用 する. 2. 洗 浄 消 毒 と 廃 棄 物 1) 器 材 の 洗 浄 について 確 実 な 消 毒 効 果 を 得 るために, 消 毒 前 の 洗 浄 が 重 要 である. 有 機 物 が 付 着 したまま 消 毒 薬 に 浸 漬 すると, 次 亜 塩 素 酸 ナトリウムなど 有 機 物 に 影 響 を 受 けやすい 消 毒 薬 は 殺 菌 効 果 が 著 しく 低 下 する 3). また, 熱 や 消 毒 剤 による 化 学 反 応 が 有 機 物 を 凝 固 させてしまい,そ の 後 洗 浄 を 行 なっても 十 分 に 除 去 されない 場 合 があるためである. 洗 浄 工 程 では, 病 原 体 が 付 着 している 器 材 を 取 り 扱 うため, 厳 重 な 防 御 を 行 い, 一 か 所 で 器 材 を 取 り 扱 う. 利 用 可 能 なら 洗 浄 と 熱 水 消 毒 ができるウォッシャーディスインフェクターの 使 用 が 推 奨 される.

23 第 2 章 基 本 的 予 防 策 15 2) 器 材 の 消 毒 について HIV はエンベローブを 持 つウイルスであり, 消 毒 薬 や 熱 に 対 す る 抵 抗 性 が 低 く, 次 亜 塩 素 酸 ナトリウム,グルタラール,フタラー ル, 過 酢 酸, 消 毒 用 エタノール,70% イソプロパノール,ポビド ンヨードで 消 毒 が 可 能 である 4, 5) ( 表 2).そのため,HIV 汚 染 があ っても 特 別 な 消 毒 薬 は 必 要 ない. 尚, 低 水 準 消 毒 薬 は 効 果 がみとめ られたという 報 告 もあるが, 現 在 の 治 療 薬 では HIV を 根 治 できな いため 推 奨 されていない.また,2008 年 に 米 国 疾 病 予 防 管 理 センタ ー(CDC)から 公 開 された 医 療 施 設 における 消 毒 と 滅 菌 のための ガイドライン , (http 7) : //www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/disinfection_nov_2008.pdf)においても, 血 液 感 染 性 病 原 体 表 2 血 液 等 で 汚 染 された 物 品 の 消 毒 器 材 ウォッシャーディスインフェクターを 使 用 した, 洗 浄 + 熱 水 消 毒 を 第 一 選 択 とする. 非 耐 熱 性 の 器 材 は, 洗 浄 後,0.1% 次 亜 塩 素 酸 ナトリウムで 30 分 以 上 浸 漬 消 毒 する. 浸 漬 や 次 亜 塩 素 酸 ナトリウムが 使 用 できない 器 材 は, 血 液 を 拭 き 取 っ た 後, 消 毒 用 エタノールまたは 70% イソプロパノールを 含 有 した 布 等 で 清 拭 消 毒 する. 尿 便 器 ベットパンウォッシャーを 使 用 した, 洗 浄 + 熱 水 消 毒 を 第 一 選 択 とす る. ベットパンウォッシャーがない 場 合 や 非 耐 熱 性 の 尿 便 器 は, 内 容 物 を 処 理 洗 浄 後,0.1% 次 亜 塩 素 酸 ナトリウムで 30 分 以 上 浸 漬 消 毒 する. リネン 水 溶 性 ランドリーバック 等 に 密 封 し, 熱 水 洗 浄 (80 10 分 )を 行 う. 非 耐 熱 性 の 素 材 の 場 合 には, 微 温 湯 で 洗 浄 した 後 にすすぎで w/v% 次 亜 塩 素 酸 ナトリウム 溶 液 で 5 分 間 浸 漬 処 理 する,または, 0.1% 次 亜 塩 素 酸 ナトリウムに 30 分 1 時 間 浸 漬 してから 洗 濯 する. 尚, 外 部 委 託 を 行 っている 場 合 の 場 合, 病 院 内 で 消 毒 後 に 委 託 する. 環 境 表 面 ペーパータオル 等 で 血 液 等 を 拭 き 取 った 後,0.5% の 次 亜 塩 素 酸 ナト リウムで 清 拭 消 毒 する. 尚, 金 属 部 分 は 錆 防 止 のために, 消 毒 後 に 水 拭 きを 行 う.

24 16 (HBV,HCV,HIV)で 汚 染 された 患 者 ケア 器 具 の 扱 い 方 として, 患 者 ケア 器 材 は(このガイドラインで 勧 告 されているような) 標 準 的 な 滅 菌 と 消 毒 手 順 を 使 用 する.これらの 手 順 は 血 液 感 染 性 病 原 体 やプリオンを 除 く 新 興 病 原 体 に 感 染 した 患 者 の 血 液 や 体 液 で 汚 染 された 器 具 や 機 器 を 滅 菌 又 は 消 毒 するのに 十 分 である.プリオン 以 外 の 病 原 体 を 除 去 するために,これらの 洗 浄, 消 毒, 滅 菌 手 順 を 変 更 する 必 要 はない(カテゴリー IA) と 強 く 勧 告 している. 3) 廃 棄 物 について 通 常 の 患 者 と 同 様 に 処 理 する. 血 液 や 体 液 が 付 着 した 物 は 感 染 性 廃 棄 物, 針 やメスなどの 先 端 が 鋭 利 な 器 材 は 耐 貫 通 性 容 器 に 廃 棄 す る.これらの 感 染 性 廃 棄 物 は, 廃 棄 容 器 の 7 8 割 程 度 入 ったら 密 閉 し, 廃 棄 する. 一 杯 まで 入 れてしまうと, 廃 棄 時 に 血 液 に 触 たり, 鋭 利 器 材 が 廃 棄 容 器 の 口 からはみ 出 し, 針 刺 しの 原 因 となる 可 能 性 があるためである. 血 液 や 体 液 が 付 着 していない 廃 棄 物 は 一 般 廃 棄 物 として 処 理 する. 3. 血 液 媒 介 ウイルス 感 染 防 止 の 盲 点 と 対 策 1) 手 指 や 手 袋 による 2 次 血 液 汚 染 の 防 止 CDC のガイドラインには, 血 液 透 析 装 置 やその 部 品 が 血 液 媒 介 ウイルスの 患 者 間 感 染 の 媒 介 物 となり,とくに 装 置 の 外 装 表 面 が 汚 染 源 となりやすいため, 適 切 な 消 毒 を 要 することが 示 されている. しかし, 実 際 にはこの 対 策 が 徹 底 されているとは 言 い 難 い. 血 液 透 析 開 始 時 の 穿 刺 操 作 や 終 了 時 の 返 血 操 作 では, 患 者 への 処 置 と 装 置 操 作 が 交 錯 して 行 われるため, 穿 刺 者 や 介 助 者, 返 血 者 の 手 袋 が 血 液 で 汚 染 され,これにより 装 置 の 操 作 部 位 や 血 液 回 路 が 2 次 汚 染 す

25 第 2 章 基 本 的 予 防 策 17 る 危 険 性 が 高 い.スタッフが 2 次 汚 染 部 位 を 知 らずに 触 れた 手 で 患 者 の 処 置 を 行 うことにより, 別 の 患 者 に 感 染 を 伝 播 する 危 険 性 や, スタッフ 自 身 の 傷 から 感 染 する 危 険 性 がある. 実 際,C 型 ウイルス 肝 炎 が HCV 抗 体 陽 性 透 析 患 者 から, 血 液 汚 染 手 袋 または 酒 精 綿 を 介 して, 他 の 血 液 透 析 患 者 に 感 染 した 例 が 報 告 されている 8). 2) 2 次 血 液 汚 染 の 防 止 策 血 管 アクセス 肢 や 近 傍 の 血 液 回 路 など 清 潔 シーツ 内 の 領 域 は, 一 見 血 液 汚 染 がなくとも, 血 液 汚 染 部 位 とみなして 処 置 にあたる 必 要 がある. 穿 刺 者, 介 助 者, 返 血 者 は 使 い 捨 て 手 袋 を 装 着 し, 処 置 終 了 後 は 手 袋 を 廃 棄 する. i) 穿 刺 操 作 時 の 防 止 策 穿 刺 針 の 固 定 や 血 液 回 路 の 仮 固 定 は 穿 刺 者 が 行 い, 採 取 血 液 の スピッツへの 分 注 も 穿 刺 者 (または 第 三 者 )が 行 う. 介 助 者 は 間 接 的 介 助 と 装 置 の 操 作 に 専 従 し,すべての 装 置 操 作 が 終 了 した 後 に, 血 液 回 路 の 固 定 などの 直 接 介 助 を 行 う. ii) 返 血 操 作 時 の 防 止 策 返 血 操 作 は 1 名 で 行 う 場 合 が 多 いが, 生 理 食 塩 液 置 換 返 血 法 で は, 装 置 の 操 作 を 終 えた 後 に 血 液 回 路 の 操 作 と 抜 針 処 置 を 行 う ことが 可 能 である.これにより, 手 袋 からの 2 次 汚 染 が 防 止 可 能 である. 血 液 回 路 やシャント 肢 の 処 置 を 行 った 後 に, 装 置 の 操 作 を 行 う 場 合 には, 手 袋 で 触 れた 部 位 を 返 血 終 了 後 に 1% 次 亜 塩 素 酸 ナ トリウム 液 で 消 毒 する.

26 18 4. HIV 陽 性 患 者 の 透 析 を 取 り 巻 く 環 境 整 備 と 心 理 的 な 問 題 透 析 は 定 期 的 に 治 療 を 行 い 継 続 していくことから 多 くの 患 者 と 接 触 する 可 能 性 がある.HIV に 感 染 した 透 析 患 者 に 対 しては 正 しい 取 扱 いが 必 要 とされる. HIV の 正 しい 情 報 を 把 握 して 適 正 な 取 扱 いを 行 うために 医 療 従 事 者 は 冷 静 に 対 応 することが 求 められる. HIV は 非 常 に 感 染 力 が 弱 い 1, 9). 感 染 者 の 血 液, 精 液 や 腟 分 泌 液 が 感 染 源 となるため 感 染 経 路 は 非 常 に 限 られている. HIV の 三 大 感 染 経 路 は, 性 的 接 触 母 子 感 染 血 液 媒 介 である. 血 液 透 析 を 行 っている 患 者 に 対 してスタッフは 直 接 血 液 を 扱 うことから 適 切 な 取 り 扱 いと 消 毒 法 が 必 要 である 10). HIV 患 者 の 転 院 などにおいては 施 設 間 での 連 携 も 必 要 となる ために, 医 療 従 事 者 は HIV 陽 性 透 析 患 者 への 心 理 的 の 配 慮 を 行 わなければならない. 参 考 文 献 1) 透 析 医 療 における 感 染 症 予 防 治 療 マニュアル,pp , 日 本 メ ディカルセンター,2005 2) 独 立 行 政 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センター AIDS Clinical Center ホーム ページ,2009 3) 改 訂 消 毒 と 滅 菌 のガイドライン,へるす 出 版,2005 4) 医 療 施 設 における 消 毒 と 滅 菌 のための CDC ガイドライン 2008,ヴァ ンメディカル,2009 5) CDC : Guideline for Disinfection and Sterilization in Healthcare Facilities, 2008, 6) 感 染 制 御 のための 消 毒 の 基 礎 知 識,ヴァンメディカル,2009 7) 感 染 管 理 QUESTION BOX 1 洗 浄 消 毒 滅 菌 と 病 院 環 境 の 整 備, 中 山 書 店,2005 8) 中 川 勇 人, 三 瀬 直 文, 清 水 英 樹, 他, 維 持 血 液 透 析 中 に 顕 性 C 型 肝 炎

27 第 2 章 基 本 的 予 防 策 19 が 急 性 発 症 した 1 例 HCV-RNA の 塩 基 配 列 同 定 による 感 染 源 の 特 定, 透 析 会 誌 37 : , ) 透 析 療 法 のリスクマネージメント,pp , 中 外 医 学 社, ) 慢 性 血 液 透 析 患 者 における 感 染 予 防 のための CDC ガイドライン, pp. 35 & 66,メディカ 出 版,2001

28

29 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 21 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 1.HIV 汚 染 事 故 フローチャート 1) 感 染 症 専 門 医 が 常 勤 している 医 療 機 関 汚 染 事 故 発 生 時 の 対 応 の 流 れをフローチャート( 図 1)に 示 した. この 例 は 事 故 職 員 が 看 護 師 ( 女 性 )の 場 合 を 想 定 した. 暴 露 後 予 防 内 服 ( 次 項 ) 開 始 の 際 には 妊 娠 の 有 無 が 問 題 になるため, 妊 娠 検 査 が 必 要 である. 看 護 師 長, 産 業 医 または 管 理 責 任 医 師, 感 染 症 科 医, 臨 床 検 査 科, 事 務 系 は 一 体 となって 動 く. 予 防 内 服 用 の 抗 レトロウ イルス 薬 は 指 定 された 病 棟 の 処 置 室 冷 蔵 庫 内 の 薬 剤 保 管 箱 に 常 備 さ れ, 次 項 で 説 明 する 予 防 的 服 用 に 関 する 説 明 文 書 ( 表 1), 薬 剤 添 付 説 明 書, 予 防 内 服 を 開 始 する 同 意 書, 内 服 拒 否 の 場 合 の 同 意 書, 妊 娠 反 応 検 査 を 行 わないで 内 服 を 開 始 する 同 意 書 なども 一 緒 に 保 管 しておく. 2) 一 般 医 療 機 関 など 感 染 症 医 が 常 設 していない 医 療 機 関 や 透 析 クリニックにおいては 抗 レトロウイルス 薬 常 備 の 問 題 や 暴 露 後 予 防 内 服 開 始 の 判 断 などが 困 難 である.したがって, 東 京 都 福 祉 保 健 局 では, 一 般 医 療 機 関 で HIV 感 染 のおそれのある 医 療 事 故 が 発 生 した 場 合 に, 協 力 病 院 を 緊 急 受 診 し, 予 防 内 服 が 可 能 となるような 体 制 を 整 備 するため, 一 般 医 療 機 関 向 け HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 ( 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 委 員 会 編 東 京 都 福 祉 保 健 局 )を 作 成 している.これは, 抗 HIV 薬 の 新 規 承 認 や 治 療 ガイドラインの 変 更 など, 治 療 をめぐる 状 況 の 変 化 にともない 適 時 改 訂 が 行 われているが, 最 新 版 を 東 京 都 福 祉 保 健 局

30 22 図 1 感 染 症 専 門 医 が 常 勤 している 医 療 機 関

31 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 23 既 知 の HIV 汚 染 事 故 時 の 各 担 当 者 の 動 き A: 看 護 長 現 場 責 任 者 B: 産 業 医 C: 臨 床 検 査 科 D: 庶 務 課 1. 汚 染 事 故 の 現 場 を 確 認 する. 2. 汚 染 事 故 報 告 を 受 けたら, 事 故 対 応 を 指 示 する. 3. 産 業 医 ( 専 門 医 または 管 理 責 任 医 師,あるいは 上 席 当 直 医 )に 汚 染 事 故 連 絡 を 行 う. 4. 看 護 部 担 当 科 長 に 報 告 する( 事 故 職 員 が 看 護 部 の 場 合 ). 汚 染 事 故 報 告 書 が 作 成 できたら,コピーを 提 出 し, 報 告 する. 1. 汚 染 事 故 の 報 告 を 受 け, 事 故 後 の 対 応 の 相 談 を 受 ける ( 指 示 する). 2. 検 査 結 果 が 出 たら 検 査 科 に 行 き, 結 果 を 確 認 後, 汚 染 事 故 報 告 書 にサインする. 3. 事 故 職 員 に 検 査 結 果 を 説 明 しカルテに 汚 染 事 故 内 容 を 記 載 する. 4. 事 故 職 員 の 汚 染 事 故 状 況, 検 査 結 果, 必 要 に 応 じて 専 門 医 と 相 談 する. 5. 汚 染 事 故 報 告 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し,1 部 は 庶 務 課 に, 1 部 はカルテに 貼 付 する. 残 りは 事 故 職 員 に 交 付 する. 1. 妊 娠 検 査 の 検 査 依 頼 を 受 けたら, 検 体 容 器 と 汚 染 事 故 報 告 書 を 渡 し, 妊 娠 検 査 依 頼 を 本 人 に 記 載 してもらう. 2. 汚 染 事 故 報 告 書 と 採 血 検 体 を 受 け 取 り, 検 査 する. 3. 検 査 結 果 を 汚 染 事 故 報 告 書 に 記 入 する. 4. 検 査 結 果 が 出 たら, 産 業 医 または 管 理 責 任 医 師 に 結 果 を 確 認 してもらい,サインをもらう. 5. 汚 染 事 故 報 告 書 の 1 部 を 保 管 し, 残 り 3 部 を 庶 務 係 に 提 出 する. 1. 汚 染 事 故 報 告 書 の 決 裁 を 受 けこれを 保 管 する. 2. 産 業 医 または 管 理 責 任 医 師 の 指 示 により, 労 公 務 災 害 認 定 申 請 手 続 きを 行 う. 3. 事 故 職 員 へエピネット 報 告 用 紙 を 渡 す. 4. 汚 染 事 故 職 員 台 帳 を 作 成 する. 5. 追 跡 調 査 日 程 表 に 従 って, 事 故 職 員 に 検 査 日, 診 察 日 を 通 知 する. におけるフローチャートと 各 担 当 者 の 動 き

32 24 表 1 暴 露 後 予 防 内 服 等 に 関 わる 説 明 事 項 概 要 1. 対 象 となる 汚 染 事 故 の 説 明 HIV 抗 体 陽 性 あるいは 非 常 に 強 く 陽 性 が 疑 われる 患 者 の 医 療 行 為 時 に, 血 液 によ り 明 らかに 汚 染 されている 針 による 穿 刺 事 故 などをした 場 合,および 粘 膜 や 防 御 が 障 害 されている 皮 膚 へ 暴 露 した 場 合. 2.HIV 汚 染 血 液 による 暴 露 後 の 感 染 率 と 感 染 予 防 HIV 汚 染 血 液 による 針 刺 し 事 故 の 感 染 率 は 0.3% 以 下 であり, 粘 膜 暴 露 による 場 合 には 0.09% と 報 告 されている. 3. 予 防 投 与 を 開 始 する 時 期 と 期 間 予 防 投 与 はできるだけ 早 く 開 始 したほうがよい. 動 物 実 験 では 時 間 以 上 経 過 しての 投 与 では 効 果 が 低 くなることが 示 されている. 針 刺 し 後 の 予 防 には 初 回 の 薬 剤 服 用 がもっとも 重 要 であると 考 えられている. 汚 染 事 故 時 には 汚 染 部 位 を 十 分 に 流 水 で 洗 浄 後, 責 任 者 に 報 告 し, 対 応 について 指 示 を 受 ける. 短 時 間 に 連 絡 が とれない 場 合 は, 副 作 用 等 について 理 解 した 上 で 自 己 決 定 をし, 同 意 書 に 署 名 した 上 で 服 用 する. 4. 基 本 投 与 と 拡 大 投 与 抗 HIV 薬 である AZT による 予 防 投 与 では 感 染 の 危 険 性 を 約 81% 低 下 させたとの 報 告 がある. 医 療 者 の 汚 染 事 故 対 応 においては,2 剤 投 与 を 基 本 投 与 とし,よ り 危 険 性 の 高 い 暴 露 汚 染 事 故 の 場 合 には,3 剤 投 与 とする 拡 大 投 与 を 行 うこと が 推 奨 されている. 5. 与 薬 剤 の 選 択 について 基 本 投 与 として AZT(レトロビル),3TC(エピビル)の 2 剤 を, 拡 大 投 与 に 加 える 薬 剤 として LPV/RTV(カレトラ)を 準 備 している. 内 服 開 始 後 も 副 作 用, 耐 性 の 存 在 により 他 剤 への 変 更 や 中 断 は 可 能 である. 6. 妊 娠 の 可 能 性 について 針 刺 し 後 の 予 防 内 服 の 際, 対 象 者 が 女 性 の 場 合 には 妊 娠 に 注 意 が 必 要 である. 妊 婦 に 投 与 した 場 合 の 安 全 性, 特 に 妊 娠 初 期 での 胎 児 への 安 全 性 は 確 認 されていない. したがって, 事 故 職 員 が 女 性 の 場 合 は 至 急 で 妊 娠 反 応 検 査 を 行 う. 7. 感 染 症 科 医 師 への 連 絡 汚 染 事 故 後 は 速 やかに 感 染 症 科 医 師 に 報 告 し, 指 示 を 受 けること. 連 絡 が 取 れな い 場 合 は, 早 期 の 予 防 開 始 を 優 先 するために 自 己 決 定 での 服 薬 開 始 が 可 能 である. のホームページからダウンロード 可 能 である(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/koho/kansen/files/19manyual.pdf). これには 汚 染 事 故 発 生 からできるだけ 早 く 予 防 内 服 ができる 協 力 病 院 を 受 診 し,その 後 の HIV 専 門 医 受 診 までの 流 れが 簡 便 に 示 され ている( 図 2).

33 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 25 図 2 一 般 医 療 機 関 におけるフローチャート

34 26 (1) 事 故 発 生 : 事 故 とは, 針 刺 し 事 故 や 鋭 利 な 医 療 器 具 による 切 創 など, 皮 内 への HIV 汚 染 の 曝 露 および 粘 膜 や 傷 のある 皮 膚 への 血 液 など 感 染 性 体 液 の 曝 露 をさす. (2) 応 急 処 置 : 汚 染 事 故 が 発 生 した 場 合 は, 汚 染 部 に 触 れない ように 直 ちにその 周 囲 を 圧 迫 して, 血 液 を 絞 りながら 流 水 と 石 鹸 で 十 分 に 洗 い,アルコールなどで 消 毒 する.ただし, 1998 年 米 国 の CDC から 報 告 された HIV 汚 染 血 液 による 職 業 的 曝 露 に 関 するガイドライン(MMWR 1998; 47(RR7): 1-34 または ftp://ftp.cdc.gov/pub/publications/mmwr/rr/rr4707.pdf) では 消 毒 薬 の 使 用 が 伝 播 リスクを 低 減 する 証 拠 はないが, 不 適 切 とはしないとしている. (3) 医 療 事 故 担 当 医 に 報 告 : 被 汚 染 者 ( 事 故 職 員 )は, 事 故 の 発 生 時 刻 状 況 程 度 原 因 となった 患 者 の 病 状 等 を 直 ちに 院 内 の 医 療 事 故 担 当 医 に 報 告 する. 担 当 医 は, 事 故 の 状 況 を 確 認 し, 感 染 リスクが 高 いと 判 断 される 場 合 は 抗 レトロウ イルス 薬 の 暴 露 後 予 防 内 服 の 効 果 と 副 作 用 ( 次 項 の 表 1 参 照 )について 説 明 する. 被 汚 染 者 は 予 防 的 服 用 の 利 益 と 不 利 益 を 考 慮 して, 服 用 を 開 始 するかどうかを 自 己 決 定 する.そ の 担 当 医 は, 被 汚 染 者 のプライバシーの 保 護 について 十 分 留 意 する 必 要 がある.さらに, 付 属 資 料 には 予 防 内 服 のための 緊 急 連 絡 先 ( 協 力 病 院 )リストが 掲 載 されており,これをコ ピーしておけば 診 療 時 間 外 ( 休 日 夜 間 )の 連 絡 も 可 能 である. HIV 感 染 透 析 患 者 のいるクリニックではこれを 参 考 にして 個 々の 事 情 に 応 じた 対 応 策 を 決 めておくのが 良 い. 東 京 以 外 の 府 県 においては 同 様 の 協 力 体 制 の 有 無 を 確 認 しておくべき である.その 際 API-Net エイズ 予 防 情 報 ネット(AIDS Pre-

35 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 27 表 2 ブロック 拠 点 病 院 中 核 拠 点 病 院 一 覧 (2010 年 5 月 現 在 ) * ブロック:ブロック 拠 点 病 院 ** 中 核 : 中 核 拠 点 病 院 ブロ ック * 中 核 ** 都 道 府 県 名 称 郵 便 番 号 住 所 電 話 番 号 北 海 道 ブロック 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 札 幌 市 中 央 区 南 一 条 西 北 海 道 北 海 道 大 学 病 院 札 幌 市 北 区 北 十 四 条 西 北 海 道 旭 川 医 科 大 学 病 院 旭 川 市 緑 が 丘 東 2 条 北 海 道 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 釧 路 労 災 病 院 釧 路 市 中 園 町 東 北 ブロック 岩 手 県 岩 手 医 科 大 学 附 属 病 院 盛 岡 市 内 丸 宮 城 県 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センター 仙 台 市 宮 城 野 区 宮 城 野 秋 田 県 大 館 市 立 総 合 病 院 大 館 市 豊 町 関 東 甲 信 越 ブロック 茨 城 県 筑 波 大 学 附 属 病 院 つくば 市 天 久 保 栃 木 県 済 生 会 宇 都 宮 病 院 宇 都 宮 市 竹 林 町 栃 木 県 自 治 医 科 大 学 附 属 病 院 下 野 市 薬 師 寺 栃 木 県 獨 協 医 科 大 学 病 院 下 都 賀 郡 壬 生 町 北 小 林 群 馬 県 群 馬 大 学 医 学 部 附 属 病 院 前 橋 市 昭 和 町 埼 玉 県 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 東 埼 玉 病 院 蓮 田 市 黒 浜

36 28 ブロ ック * 中 核 ** 都 道 府 県 名 称 郵 便 番 号 住 所 電 話 番 号 千 葉 県 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 千 葉 市 中 央 区 亥 鼻 東 京 都 都 立 駒 込 病 院 文 京 区 本 駒 込 東 京 都 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 附 属 病 院 港 区 西 新 橋 東 京 都 慶 應 義 塾 大 学 病 院 東 京 都 信 濃 町 神 奈 川 県 公 立 大 学 法 人 横 浜 市 立 大 学 付 属 病 院 横 浜 市 金 沢 区 福 浦 新 潟 県 新 潟 大 学 医 歯 学 総 合 病 院 新 潟 市 中 央 区 旭 町 通 一 番 町 754 番 地 新 潟 県 新 潟 市 民 病 院 新 潟 市 中 央 区 鐘 木 463 番 地 新 潟 県 新 潟 県 立 新 発 田 病 院 新 発 田 市 本 町 山 梨 県 山 梨 県 立 中 央 病 院 甲 府 市 富 士 見 長 野 県 長 野 県 立 須 坂 病 院 須 坂 市 大 字 須 坂 北 陸 ブロック 富 山 県 富 山 県 立 中 央 病 院 富 山 市 西 長 江 石 川 県 石 川 県 立 中 央 病 院 金 沢 市 鞍 月 東 2 丁 目 1 番 地 福 井 県 福 井 大 学 医 学 部 附 属 病 院 吉 田 郡 永 平 寺 町 松 岡 下 合 月 東 海 ブロック 岐 阜 県 岐 阜 大 学 医 学 部 附 属 病 院 岐 阜 市 柳 戸 静 岡 県 沼 津 市 立 病 院 沼 津 市 東 椎 路 春 ノ 木

37 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 29 ブロ ック * 中 核 ** 都 道 府 県 名 称 郵 便 番 号 住 所 電 話 番 号 静 岡 県 静 岡 市 立 静 岡 病 院 静 岡 市 葵 区 追 手 町 静 岡 県 静 岡 県 立 こども 病 院 静 岡 市 葵 区 漆 山 静 岡 県 県 西 部 浜 松 医 療 センタ ー 浜 松 市 中 区 富 塚 町 愛 知 県 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 名 古 屋 医 療 センタ ー 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 愛 知 県 豊 橋 市 民 病 院 豊 橋 市 青 竹 町 字 八 間 西 三 重 県 三 重 大 学 医 学 部 附 属 病 院 津 市 江 戸 橋 近 畿 ブロック 滋 賀 県 滋 賀 医 科 大 学 医 学 部 附 属 病 院 大 津 市 瀬 田 月 輪 町 京 都 府 京 都 大 学 医 学 部 附 属 病 院 京 都 市 左 京 区 聖 護 院 川 原 町 大 阪 府 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 大 阪 医 療 センター 大 阪 市 中 央 区 法 円 坂 大 阪 府 大 阪 府 立 急 性 期 総 合 医 療 センター 大 阪 市 住 吉 区 万 代 東 大 阪 府 大 阪 市 立 総 合 医 療 セン ター 大 阪 市 都 島 区 都 島 本 通 大 阪 府 市 立 堺 病 院 堺 市 堺 区 南 安 井 町 兵 庫 県 兵 庫 医 科 大 学 病 院 西 宮 市 武 庫 川 町 奈 良 県 奈 良 県 立 医 科 大 学 付 属 病 院 橿 原 市 四 条 町 和 歌 山 県 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 附 属 病 院 和 歌 山 市 紀 三 井 寺 811 番 地

38 30 ブロ ック * 中 核 ** 都 道 府 県 名 称 郵 便 番 号 住 所 電 話 番 号 中 国 四 国 ブロック 岡 山 県 川 崎 医 科 大 学 附 属 病 院 倉 敷 市 松 島 広 島 県 広 島 大 学 病 院 広 島 市 南 区 霞 広 島 県 広 島 市 立 広 島 市 民 病 院 広 島 市 中 区 基 町 広 島 県 広 島 県 立 広 島 病 院 広 島 市 南 区 宇 品 神 田 鳥 取 鳥 取 大 学 医 学 部 附 属 病 院 米 子 市 西 町 島 根 島 根 大 学 医 学 部 附 属 病 院 出 雲 市 塩 冶 町 山 口 県 山 口 大 学 医 学 部 附 属 病 院 宇 部 市 南 小 串 山 口 県 国 立 病 院 機 構 関 門 医 療 センター 下 関 市 長 府 外 浦 町 香 川 県 香 川 大 学 医 学 部 附 属 病 院 木 田 郡 三 木 町 池 戸 愛 媛 県 愛 媛 大 学 医 学 部 附 属 病 院 東 温 市 志 津 川 徳 島 徳 島 大 学 病 院 徳 島 市 蔵 本 町 高 知 県 高 知 大 学 医 学 部 附 属 病 院 南 国 市 岡 豊 町 小 蓮 九 州 ブロック 福 岡 県 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 医 療 センター 福 岡 市 中 央 区 地 行 浜 福 岡 県 産 業 医 科 大 学 病 院 北 九 州 市 八 幡 西 区 医 生 ヶ 丘 佐 賀 県 佐 賀 大 学 医 学 部 附 属 病 院 佐 賀 市 鍋 島

39 第 3 章 HIV 汚 染 事 故 時 の 対 応 策 31 ブロ ック * 中 核 ** 都 道 府 県 名 称 郵 便 番 号 住 所 電 話 番 号 長 崎 県 長 崎 大 学 医 学 部 歯 学 部 附 属 病 院 長 崎 市 坂 本 熊 本 県 熊 本 大 学 医 学 部 附 属 病 院 熊 本 市 本 荘 大 分 県 大 分 大 学 医 学 部 附 属 病 院 由 布 市 挾 間 町 医 大 ヶ 丘 宮 崎 県 宮 崎 県 立 宮 崎 病 院 宮 崎 市 北 高 松 町 鹿 児 島 県 鹿 児 島 大 学 病 院 鹿 児 島 市 桜 ヶ 丘 沖 縄 県 琉 球 大 学 医 学 部 附 属 病 院 中 頭 郡 西 原 町 上 原 vention Information Network)のホームページ(http://apinet.jfap.or.jp /index.html/) 内 の HIV 情 報 から 得 られる 各 地 域 のブロック 拠 点 病 院 一 覧 および 拠 点 病 院 一 覧 が 参 考 に なる( 表 2). 具 体 的 対 応 に 関 しては 個 々の 病 院 により 状 況 が 異 なることが 予 想 されるので 事 前 に 病 院 に 問 い 合 わせをして おく 方 が 良 い.こうした 拠 点 病 院 や 協 力 病 院 が 近 隣 にない 小 規 模 医 療 施 設, 透 析 クリニックでは, 現 実 的 には 下 記 のよう な 予 防 的 服 用 用 の 常 備 薬 を 3-4 日 分 用 意 しておくことが 望 ましい. 処 方 例 :レトロビル(AZT)600 mg 3x+エピビル(3TC)300 mg 2x ( 基 本 投 薬 ) 拡 大 投 薬 としてはこれらにカレトラ (LPV/RTV)4T 2X を 加 える.

40 32 2. HIV 汚 染 事 故 における 抗 レトロウイルス 薬 の 予 防 的 服 用 ( 暴 露 後 予 防 内 服 post-exposure prophylaxis : PEP) HIV 汚 染 時 に 対 す る 特 別 な 対 応 は PEP で あ る が,そ の 他 は HBV HCV 陽 性 患 者 に 対 するのと 同 様 の 対 応 ( 標 準 感 染 予 防 策 ) である.HIV 汚 染 事 故 における PEP 対 応 の 意 義, 適 応 などの 概 略 を 表 1 にまとめた. 事 故 職 員 はこれを 読 み, 感 染 症 科 医 師 (または 産 業 医, 管 理 責 任 医 師 )の 説 明, 意 見 を 聞 いて PEP 開 始 に 同 意 す るか 否 かを 自 己 判 断 する 必 要 がある( 同 意 書 あり). 文 書 には 適 応, HIV 汚 染 時 の 推 定 感 染 率, 予 防 投 与 の 時 期 と 期 間, 薬 剤 選 択, 妊 娠 とのかかわりについてなどが 記 載 されている.より 簡 潔 なものが 上 記 の 一 般 医 療 機 関 向 け HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニ ュアル 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 にも 含 まれているので 参 考 になる. HIV 汚 染 事 故 による 感 染 確 率 は,HBV HCV の 感 染 確 率 と 比 較 してかなり 低 いとされる.しかし,HIV 暴 露 後 抗 HIV ウイルス 薬 [ 一 般 には 基 本 投 薬 としてレトロビル(AZT),エピビル(3TC) の 2 剤, 拡 大 投 薬 としてこれらに 加 えてカレトラ(LPV/RTV 合 剤 )]をできるだけ 速 く 内 服 することで 感 染 リスクを 一 層 減 少 でき るとされている. 予 防 を 開 始 する 時 期 については 前 記 米 国 CDC の ガイドラインでは 数 時 間 以 内 のできるだけ 早 期 を 推 奨 している. 抗 レトロウイルス 薬 の 予 防 的 服 用 に 関 する 現 状 の 問 題 点 としては, HIV 感 染 の 場 合 の 治 療 は 労 災 保 険 適 応 だが, 抗 レトロウイルス 薬 の 予 防 的 服 用 の 費 用 は 労 災 保 険 適 応 外 であり, 費 用 の 支 払 いは 雇 用 者 側 の 責 任 になることである.これでは 事 故 時 は 病 院, 透 析 クリ ニックが 経 済 的 負 担 を 負 うことになり,HBV 汚 染 事 故 を 参 考 にし た 公 的 対 応 システムの 構 築 が 喫 緊 の 課 題 であろう.

41 第 4 章 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドラインをまとめるにあたって 33 第 4 章 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドラインをま とめるにあたって 今 後 の 課 題 と 方 向 性 1.HIV 診 療 と 透 析 医 療 の 関 わり 第 1 章 に 述 べられたように, 近 年 HIV 診 療 は 格 段 の 進 歩 をとげ, HIV 患 者 で 腎 症 を 併 発 しても, 透 析 療 法 によりその 予 後 は 格 段 に 延 長 し,HIV 患 者 で 透 析 療 法 を 必 要 とする 患 者 は, 今 後 どんどん 増 加 していくものと 予 想 される. 我 が 国 の 透 析 患 者 数 は 2009 年 12 月 末 で 29 万 人 余 に 上 るものの, 最 大 収 容 能 力 は 38 万 2 千 人,その 差 9 万 人 と 充 分 な 余 裕 があるように 見 える.ところが HIV 診 療 は 我 が 国 ではほぼ 独 占 的 に 公 的 医 療 機 関 によって 担 われており,これ らの HIV 診 療 医 療 機 関 では 透 析 患 者 の 受 け 入 れ 能 力 は 非 常 に 乏 し く, 現 時 点 でさえ,HIV 感 染 透 析 患 者 の 透 析 は 不 足 がちといえる. 本 小 冊 子 では, 充 分 な 準 備 と 医 療 安 全 教 育 を 行 い( 第 2 章 ), 事 故 時 の 対 策 を 整 備 しておけば( 第 3 章 ),HIV 感 染 透 析 患 者 診 療 は, 院 内 感 染 などの 心 配 なく 安 全 に 行 いうる ことを,サテライト 規 模 の 透 析 従 事 者 に 啓 発 することを 目 的 に 編 集 した.この 目 的 は, 充 分 に 到 達 できた 者 と 自 負 しているが,この 過 程 で, 医 療 安 全 の 範 囲 にとどまらない,まだまだ 解 決 すべき 課 題 があることに 気 づかさ れた. 本 章 では,これらの 課 題 について, 以 下 の 提 言 をおこなう. 2. 東 京 都 以 外 のエイズ 診 療 拠 点 病 院 の 現 況 透 析 施 設 が HIV 感 染 透 析 患 者 の 診 療 について 助 言 をもとめたり, 針 刺 事 故 時 に 予 防 投 与 などの 相 談 をおこなう 施 設 としては, 各 県 に エイズ 診 療 拠 点 病 院 が 定 められている. 東 京 都 福 祉 保 健 局 では,

42 34 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 が 作 成 したエイズ 診 療 協 力 病 院 初 診 受 診 案 内 というウエブサイトをもうけて(http://www.fukushihoken. metro.tokyo.jp/iryo/kansen/aids/iryo/annai/kyoten/index.html), 病 院 の 住 所, 交 通 機 関, 初 診 や 受 診 の 際 の 情 報 等 を 提 供 しており, 各 病 院 がどの 程 度 の HIV 診 療 が 可 能 なのか 情 報 を 引 き 出 すことが できる. しかし 全 国 的 には, 僅 かに HIV の 医 療 体 制 の 整 備 に 関 する 研 究 班 の 平 成 20 年 度 の 報 告 ( 回 答 率 6 割 )があるのみで, 詳 細 な エイズ 診 療 拠 点 病 院 の 実 態 の 調 査 や 周 囲 の 医 療 機 関 へのサポート 体 制 などの 調 査 は 十 分 ではなかった. 実 際 専 門 医 の 全 くいない 拠 点 病 院 も 地 方 にはたくさんあると 聞 いている. 幸 い, 平 成 21 年 に も 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 医 療 センターの 山 本 政 弘 先 生 によ りエイズ 対 策 研 究 事 業 医 療 体 制 の 整 備 に 関 する 研 究 が 行 われ, 全 国 のエイズ 診 療 ブロック 拠 点 病 院, 中 核 拠 点 病 院 の 対 応 状 況 が 調 査 された. 本 ガイドラインでは, 山 本 政 弘 先 生 のご 厚 意 により, HIV 診 療 に 参 加 される 透 析 施 設 への 参 考 としてこの 報 告 の 一 部 を 掲 載 させていただけることとなった( 付 録 ).これらの 情 報 を 針 刺 事 故 時 の 対 応 の 策 定 の 参 考 にされたい. 3. 予 防 薬 投 与 に 関 する 労 災 適 応 について B 型 肝 炎 の 針 刺 事 故 における 予 防 薬 は, 薬 事 法 の 効 能 効 果 に 予 防 投 与 が 記 載 されているので 労 災 が 適 応 となっていると 聞 いている.これに 対 して HIV の 予 防 薬 は 薬 事 法 の 効 能 効 果 に 予 防 投 与 の 記 載 がないので, 労 災 の 適 応 とならないとされ, 汚 染 事 故 時 には 被 汚 染 者 ( 事 故 職 員 )とその 所 属 施 設 に 多 大 な 負 担 を 強 いることとなる.また 能 書 に 記 載 のない 予 防 薬 服 用 には 副 作 用

43 第 4 章 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドラインをまとめるにあたって 35 発 現 時, 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 による 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 による 救 済 も 受 けられないのではないかとの 危 惧 もある.すなわち, HIV 患 者 を 受 ける 施 設 は 事 故 のリスクだけでなく, 経 済 的 な 負 担 を 背 負 うことになる 状 況 で, HIV 患 者 受 け 入 れ の incentive は 大 変 低 くなっているといわざるを 得 ない. 今 後 B 型 肝 炎 針 刺 事 故 の 予 防 薬 が 労 災 適 応 になり 得 た 経 過 を 調 査 して,これに 習 って HIV も 労 災 適 応 となるよう 行 政 に 働 きかけ,HIV 患 者 を 抵 抗 無 く 受 け 入 れられる 環 境 を 創 らなければならない. 4.HIV 検 査 の 保 険 適 応 について 透 析 患 者 導 入 時 などの HIV 検 査 には 患 者 の 同 意 が 必 要 である. 従 来 医 療 施 設 では HIV 検 査 時 には 書 面 により 同 意 を 取 ることが 多 かった.しかしながら, 平 成 2 年 の 厚 労 省 の 通 達 では 同 意 を 書 面 に よることを 求 めてはいない. 現 時 点 で 書 面 同 意 を 必 要 とすると 院 内 で 決 めている 施 設 が 多 く, 医 師 には HIV 検 査 を 面 倒 なものと 認 識 されることが 多 い.これを,HCV,HBV, 梅 毒 検 査 と 同 水 準 に 改 善 し,HIV 検 査 実 施 のハードルを 下 げ, 頻 回 の survey が 行 われる 医 療 環 境 に 整 備 する 必 要 がある. また,HIV スクリーニング 検 査 は 術 前 も 含 めて, 現 在 保 険 適 応 でなく 頻 回 に 査 定 される. 針 刺 事 故 のリスクのありうる HIV 患 者 を 受 け 入 れる 施 設 では,HIV の 検 査 が 保 険 でできる 状 況 を 整 備 し, HIV 検 査 により 院 内 感 染 をチェックできる 経 済 的 な 背 景 を 整 備 す る 必 要 がある.これは 透 析 を 受 ける HIV 以 外 の 患 者 全 体 の 安 全 に も 係 わる 重 要 な 問 題 である.

44 36 5. 針 刺 事 故 時 の 予 防 薬 準 備 の 費 用 負 担 の 件 今 後 広 く HIV 感 染 患 者 の 血 液 透 析 が 行 われるようになると, 夜 間 透 析 を 行 っている 透 析 施 設 もあり, 針 刺 事 故 時 の 予 防 内 服 に 備 え て 予 防 薬 に 数 日 分 の 透 析 施 設 への 常 備 が 必 須 となる.すなわち 実 際 にクリニックで HIV 感 染 者 を 担 当 するのであれば, 予 防 薬 はクリ ニックの 手 元 におき, 事 故 時 はブロック 拠 点 病 院 で 専 門 医 が 電 話 等 で 予 防 薬 の 内 服 に 関 して 相 談 する 体 制 が 不 可 欠 である.しかしなが ら, 予 防 薬 は 高 価 で, 有 効 期 限 も 限 られており,またボトル 単 位 で のみ 購 入 可 能 で, 透 析 施 設 に 取 っては 多 大 な 経 済 的 負 担 となる. AIDS 対 策 促 進 事 業 で, 都 道 府 県 1/2 と 国 1/2 の 費 用 負 担 で 地 域 医 師 会, 救 命 センターなどへの 予 防 薬 配 備 が 可 能 なことが 平 成 11 年 に 課 長 通 達 されている.しかし,このシステムによる 透 析 ク リニックへの 予 防 薬 配 備 は, 都 道 府 県 が 予 算 を 立 てないと 利 用 でき ない.また, 拠 点 病 院 へはボトル 単 位 で 予 防 薬 が 配 備 されるが,こ れを HIV 患 者 の 透 析 を 担 当 するクリニックに 分 けることは 制 度 上 むずかしいと 予 想 される.また,HIV 診 療 も 行 っている 施 設 であ れば, 予 防 薬 と 治 療 薬 をローテートすることで 期 限 切 れ 無 く 有 効 利 用 することができるが, 透 析 施 設 では 不 可 能 である. 従 来 から, 予 防 薬 は 大 なり 小 なり, 事 業 主 の 負 担 がかかるところ で,HIV 診 療 を 引 き 受 けてくれる 医 療 機 関 とその 事 業 主 は 理 解 し てくれていると 思 われる. 究 極 的 には,HIV 感 染 透 析 患 者 を 受 け 入 れることで, 過 大 な 経 済 的 負 担 が 透 析 施 設 に 及 ばない 環 境 整 備 が 重 要 であろう. 6. 最 後 に 以 上 述 べたように, 行 政 ( 国, 地 方 自 治 体 )には, 今 後,1 HIV

45 第 4 章 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドラインをまとめるにあたって 37 拠 点 病 院 の 針 刺 事 故 受 け 入 れの 実 態 を 公 開 すること,2HIV 患 者 受 入 れ 透 析 施 設 に 予 防 薬 の 無 料 配 布 と3HIV 検 査 の 健 康 保 険 給 付 の 道 をつけ,さらに,4 針 刺 事 故 時 の 労 災 認 定 を 速 やかに 検 討 して いただくことが,HIV 感 染 透 析 患 者 の 透 析 受 け 入 れを 拡 大 促 進 す る 大 きな 推 進 力 となることを 強 調 したい. ( 脚 注 ) 本 マニュアルをまとめ, 日 本 透 析 医 会 理 事 会 での 承 認 をいただい た 後 の 平 成 22 年 9 月 9 日, HIV 防 御 薬 代 に 労 災 厚 生 省 適 応 へ 診 療 拒 否 の 打 開 策 と 題 する 新 聞 報 道 がされた.HIV 感 染 者 の 診 療 時 の 針 刺 し 事 故 等 で 感 染 の 恐 れがある 医 師 らについて 事 故 直 後 から 服 用 する 薬 の 費 用 を 労 災 保 険 で 負 担 する 方 針 を 決 めたとの 内 容 だっ た.これで, 本 章 3 で 指 摘 した 予 防 薬 投 与 へ 労 災 が 適 応 されないと いう 障 害 が 取 り 除 かれたものと 思 われる. 今 後 も 厚 労 省 の 施 策 の 拡 大 に 期 待 したい.

46 38 付 録 平 成 21 年 エイズ 対 策 研 究 事 業 医 療 体 制 の 整 備 に 関 す る 研 究 ( 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 医 療 センター 山 本 政 弘 先 生 )による 全 国 のエイズ 診 療 ブロック 拠 点 病 院, 中 核 拠 点 病 院 の 院 内 院 外 の 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 など) 対 応 状 況 アンケート 調 査 結 果 アンケート 送 付 先 : 全 国 のブロック 拠 点 病 院, 中 核 拠 点 病 院, 拠 点 病 院 377 カ 所 アンケート 送 付 日 : 平 成 22 年 5 月 24 日 発 送 回 収 数 :178(47%) 結 果 のまとめ: 回 答 の 得 られた 178 施 設 中 の 全 施 設 で 院 内 における 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 など)のマニュアル が 整 備 されていた( 図 1). 一 方, 周 辺 の 医 療 機 関 や 院 外 での 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 な ど)への 対 応 マニュアル の 整 備 は 42% にとどまった( 図 2).ま 図 1 院 内 におけるマニュアルの 整 備

47 付 録 39 図 2 院 内 への 対 応 マニュアルの 整 備 図 3 予 防 内 服 薬 の 整 備 た, 院 内 における 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 など)で 処 方 する 予 防 内 服 薬 は 常 備 については, 独 自 で 購 入 し 常 備 している( 院 内 に ある 抗 HIV 薬 を 処 方 ) が 63%, 自 治 体 からの 補 助 を 受 け 常 備 が 33%, 常 備 していない が 3% と, 計 96% が 常 備 していた( 図 3). 一 方, 周 辺 の 医 療 機 関 や 院 外 での 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 な ど)への 対 応 状 況 を 尋 ねたところ( 複 数 回 答 可 ), 原 則 として 院 外 における 暴 露 事 故 には 対 応 しない( 当 該 施 設 における 職 員 安 全 管 理 に 委 ねる) が 25%, 院 内 における 暴 露 事 故 と 同 様 に 対 応 する ( 事 故 者 に 来 院 してもらい, 予 防 薬 の 投 与 を 行 なう) が 59%, 実 際 に 患 者 受 け 入 れしている 施 設 などには,あらかじめ 予 防 薬 の 一 部 ( 一 日 分 または 一 回 分 )を 貸 与 しておき,その 後 院 内 における 暴 露 事 故 と 同 様 に 対 応 する が 4%,その 他 の 対 応 が 12% と,2/3 が 院

48 40 図 4 院 内 への 対 応 図 5 電 話 対 応 図 6 対 応 可 能 な 時 間 帯 外 にも 対 応 するとの 回 答 を 得 た( 図 4). さらに, 周 辺 の 医 療 機 関 や 院 外 での 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 など) 後 の 予 防 内 服 に 関 する 電 話 対 応 は 可 能 ですかと 尋 ねたところ, 可 能 が 76%, 対 応 していない が 24% と 3/4 の 施 設 が 可 能 と の 回 答 を 得 た( 図 5).そのうち, 可 能 な 時 間 帯 は 通 常 診 療 時 間 帯 70 施 設, 時 間 外 23 施 設, 診 療 時 間 内 外 35 施 設 だった( 図 6).

49 付 録 41 図 7 費 用 図 8 具 体 的 な 対 応 次 に, 周 辺 の 医 療 機 関 や 院 外 での 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 な ど)の 対 応 における 費 用 負 担 は, 原 則 として 当 該 ( 院 外 ) 施 設 が 支 払 う が 58%, 無 料 で 対 応 している が 7%, 原 則 として 院 外 における 暴 露 事 故 には 対 応 しない が 23%, その 他 が 12% と, 対 応 いただけるところは 当 該 施 設 負 担 が 大 部 分 だった( 図 7). 実 際 に 周 辺 の 医 療 機 関 や 院 外 での 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 な ど)に 対 して 具 体 的 に 対 応 したことがあるか 聞 いたところ( 複 数 回 答 可 ), 維 持 透 析 施 設 やリハビリ 施 設 など 二 次 病 院 からが 16 施 設, 介 護 施 設 など からが 6 施 設, 歯 科 医 院 など からが 20 施 設, 拠 点 病 院 からが 7 施 設, その 他 の 対 応 が 33 施 設 で 経 験 していた( 図 8).それでは 周 辺 の 医 療 機 関 や 院 外 での 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 など)の 対 応 に 関 しての 広 報 の 状 況 を 尋 ねた ところ, パンフレットなどを 用 いて 積 極 的 に 広 報 が 2%, HP

50 42 図 9 対 応 に 関 しての 広 報 などで 広 報 が 2%, 特 に 積 極 的 な 広 報 は 行 なっていない が 85 %, その 他 が 11% と 殆 ど 広 報 活 動 はされていなかった( 図 9). 以 上 をまとめると, 1) 回 答 率 の 低 さは, 拠 点 病 院 の 多 くで, 回 答 する 責 任 者 がはっ きりしていないなど, 拠 点 としての 機 能 が 不 十 分 な 病 院 が まだまだ 多 数 存 在 することを 示 していた. 2) この 結 果, 院 外 の 暴 露 事 故 にも 対 応 できない 拠 点 が 存 在 しう ると 考 えられた. 3) 一 方, 回 答 をよせた 病 院 では 約 2/3 が 院 外 事 故 にも 対 応 し, 殆 どが 予 防 内 服 薬 を 常 備 し, 電 話 対 応 も 3/4 の 病 院 で 可 能 と 答 えて, 積 極 的 な 対 応 がおこなえていた. 4) 一 方 で, 院 外 での 職 業 的 暴 露 事 故 ( 針 刺 し 事 故 など) への 対 応 を 広 報 している 拠 点 は 僅 かであった. 5) 各 透 析 機 関 は HIV 感 染 患 者 の 診 療 を 開 始 する 時 点 で,まず 近 隣 の 拠 点 病 院 へ 連 絡 をとり 拠 点 病 院 との 連 携 を 確 実 にし, 万 一 担 当 者 がはっきりしていない 場 合 にはブロック 拠 点 病 院 へ 連 絡 して 解 決 をはかり, 何 かあった 場 合 はすぐに 対 応 してもらえ るようにしておくことが 重 要 である.

51 付 録 43 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 医 療 センター 免 疫 感 染 症 科 / 感 染 症 対 策 室 山 本 政 弘 福 岡 市 中 央 区 地 行 浜 1 丁 目 8 番 1 号 Tel FAX

52 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 平 成 22 年 11 月 1 日 発 行 日 本 透 析 医 会 日 本 透 析 医 学 会 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 策 定 グループ

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

Microsoft Word - (案1)表紙・目次

Microsoft Word - (案1)表紙・目次 HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 平 成 27 年 4 月 島 根 県 健 康 福 祉 部 薬 事 衛 生 課 目 次 マニュアル 使 用 上 の 注 意 1 曝 露 事 故 発 生 後 の 予 防 服 用 フローチャート 2 1. 事 故 の 発 生 した 一 般 医 療 機 関 での 対 応 3 2.エイズ 予 防 薬 配 備 医 療 機 関 での 対 応 4 3.

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 一 般 医 療 機 関 向 け 平 成 26 年 7 月 改 定 版 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 編 はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された

More information

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです < 一 般 医 療 機 関 向 け> 曝 露 事 故 等 によるHIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 平 成 28 年 3 月 香 川 県 エ イ ズ 対 策 協 議 会 香 川 県 健 康 福 祉 部 薬 務 感 染 症 対 策 課 このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2)

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2) 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 受 ける 皆 さまへ 資 料 4 けい 現 在 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 積 極 的 にはお 勧 めしていません 接 種 に 当 たっては 有 効 性 と リスク を 理 解 した 上 で 受 けてください 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 有 効 性 とリスクについて お 知 らせします ワクチンの 接 種 は その 有

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

施設リスト

施設リスト 1 北 海 道 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 2 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 3 北 海 道 市 立 旭 川 病 院 4 北 海 道 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 北 海 道 医 療 センター 5 北 海 道 砂 川 市 立 病 院 6 北 海 道 製 鉄 記 念 室 蘭 病 院 7 北 海 道 名 寄 市 立 総 合 病 院 8 北 海

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉 今 年 の 花 粉 飛 散 量 予 測 と 花 粉 症 対 策 について 今 年 の 花 粉 飛 散 量 は 一 部 の 地 域 を 除 いて 全 国 的 に 例 年 より 多 くなると 予 測 されている 年 々 花 粉 症 の 患 者 数 が 上 昇 するなか 一 部 の 試 算 では 花 粉 症 による 国 内 の 経 済 損 失 は 数 千 億 円 にも 上 るといわれている そこで 今 回

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 帝 京 大 学 ちば 総 合 医 療 センター 東 京 女 子 医 科 大 学 附 属 八 千 代 医 療 センター 東 邦 大 学 医 療 センター 佐 倉 病 院 かもめ 薬 局 北 里 健 康 館 医 療 法 人 財 団 明 理 会 東 戸 塚 記

千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 帝 京 大 学 ちば 総 合 医 療 センター 東 京 女 子 医 科 大 学 附 属 八 千 代 医 療 センター 東 邦 大 学 医 療 センター 佐 倉 病 院 かもめ 薬 局 北 里 健 康 館 医 療 法 人 財 団 明 理 会 東 戸 塚 記 平 成 28 年 1 月 21 日 現 在 一 般 社 団 法 人 日 本 医 療 薬 学 会 認 定 薬 剤 師 制 度 研 修 簿 認 定 施 設 数 : 270 施 設 JCHO 札 幌 北 辰 病 院 NTT 東 日 本 札 幌 病 院 旭 川 医 科 大 学 病 院 医 療 法 人 渓 仁 会 札 幌 西 円 山 病 院 医 療 法 人 渓 仁 会 手 稲 渓 仁 会 病 院 医 療 法

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要 Ⅰ. 平 成 26(2014) 年 エイズ 発 生 動 向 概 要 厚 生 労 働 省 エイズ 動 向 委 員 会 エイズ 動 向 委 員 会 は 3 ヶ 月 ごとに 委 員 会 を 開 催 し 都 道 府 県 等 からの 報 告 に 基 づき 日 本 国 内 の 患 者 発 生 動 向 を 把 握 し 公 表 している 本 稿 では 平 成 26(2014) 年 1 年 間 の 発 生 動 向 の

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 区 域 計 画 1 国 家 戦 略 特 別 区 域 の 名 称 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 2 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 事 業 の 名 称 及 び 内 容 (1) 名 称 : 国 家 戦 略 民 間 都 市 再 生 事 業 内 容 : 民 間 都 市 再 生 事 業 計 画 の 認 定 に 係 る 都 市 再

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

stomacare1

stomacare1 避 難 オストメイトのストーマ 受 付 け 病 院 4 月 1 日 17 17 時 ver.1 必 ず 事 前 に 電 話 連 絡 して 予 約 してください 紹 介 状 が 無 くても 震 災 避 難 オストメイトは 受 信 できます 新 着 情 報 にストーマ 装 具 等 入 手 先 リスト 災 害 時 リストを 掲 載 しています JSSCR 及 び JWOCM のホームページにも 掲 載 されています

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦 都 道 府 県 北 海 道 (19) 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 (8) 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 市 立 函 館 病 院 社 会 福 祉 法 人 函 館 厚 生 連 函 館 五 稜 郭 病 院 市 立 札 幌 病 院 JA 北 海 道 厚 生 連 札 幌 厚 生 病 院 社 会 医 療 法 人 恵 佑 会 札 幌 病 院 KKR 札

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康 運 行 管 理 者 用 トラックドライバーの 健 康 管 理 マニュアル 運 転 者 の 体 調 不 良 による 交 通 事 故 を 撲 滅 しよう はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 1. 施 設 の 称 市 立 四 日 市 病 院 研 修 に 関 するアンケート 2. 所 在 地 510-8567 四 日 市 市 芝 田 二 丁 目 2-37 3. 電 話 番 号 059-354-1111 4. ホームページ http://www.city.yokkaichi.mie.jp/hospital/ 5. 経 営 母 体 四 日 市 市 記 入 年 月 日 : 平 成 20 年 2

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

相 原 聡 美 相 羽 恵 介 青 江 啓 介 赤 司 浩 一 秋 田 弘 俊 秋 永 士 朗 秋 山 聖 子 浅 尾 高 行 麻 生 範 雄 安 達 進 荒 井 保 明 有 岡 仁 安 藤 潔 飯 田 真 介 井 岡 達 也 井 岸 正 生 田 克 哉 池 添 隆 之 池 田 宇 次 石 岡 千

相 原 聡 美 相 羽 恵 介 青 江 啓 介 赤 司 浩 一 秋 田 弘 俊 秋 永 士 朗 秋 山 聖 子 浅 尾 高 行 麻 生 範 雄 安 達 進 荒 井 保 明 有 岡 仁 安 藤 潔 飯 田 真 介 井 岡 達 也 井 岸 正 生 田 克 哉 池 添 隆 之 池 田 宇 次 石 岡 千 理 事 長 1 名 大 江 裕 一 郎 副 理 事 長 1 名 中 川 和 彦 理 事 20 名 秋 田 弘 俊 石 岡 千 加 史 岩 田 広 治 大 江 裕 一 郎 大 津 敦 谷 本 光 音 田 村 研 治 直 江 知 樹 中 川 和 彦 中 西 洋 一 西 尾 和 人 畠 清 彦 馬 場 英 司 藤 原 康 弘 朴 成 和 光 冨 徹 哉 南 博 信 室 圭 矢 野 聖 二 山 本 信 之

More information

guiddr.xls

guiddr.xls 指 導 医 一 覧 (2005 年 6 月 1 日 現 在 ) 都 道 府 県 名 氏 名 勤 務 先 施 設 名 北 海 道 佐 々 木 秀 直 北 海 道 大 学 医 学 研 究 科 神 経 病 態 学 講 座 神 経 内 科 学 分 野 北 海 道 斉 藤 伸 治 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 小 児 科 北 海 道 守 内 哲 也 北 海 道 大 学 遺 伝 子 病 制 御

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会 刑 務 所 少 年 刑 務 所 及 び 拘 置 所 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 一 月 六 日 法 務 省 令 第 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 一 年 一 二 月 二 五 日 法 務 省 令 第 四 八 号 法 務 省 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 九 十 三 号 ) 第 九 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 及 び 同 法 を 実 施 するため

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

び 都 市 観 光 の 推 進 を 図 る 本 事 業 に 係 る 施 設 等 の 種 類 は 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 施 行 令 第 5 条 第 5 号 のイ ~ハ 当 該 施 設 等 を 設 ける 道 路 の 区 域 は 別 添 1のとおりとする ( 事 業 実 施 の 際 は 清

び 都 市 観 光 の 推 進 を 図 る 本 事 業 に 係 る 施 設 等 の 種 類 は 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 施 行 令 第 5 条 第 5 号 のイ ~ハ 当 該 施 設 等 を 設 ける 道 路 の 区 域 は 別 添 1のとおりとする ( 事 業 実 施 の 際 は 清 参 考 資 料 3 区 域 計 画 1 国 家 戦 略 特 別 区 域 の 名 称 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 2 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 事 業 の 名 称 及 び 内 容 (1) 名 称 : 国 家 戦 略 民 間 都 市 再 生 事 業 内 容 : 民 間 都 市 再 生 事 業 計 画 の 認 定 に 係 る 都 市 再 生 特 別 措 置 法

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E > 独 立 行 政 法 人 地 域 医 療 機 能 推 進 機 構 法 案 説 明 資 料 平 成 21 年 10 月 19 日 社 会 保 険 庁 社 会 保 険 病 院 厚 生 年 金 病 院 船 員 保 険 病 院 の 今 後 の 運 営 体 制 1. 病 院 の 設 置 経 緯 (1) 社 会 保 険 病 院 (53 病 院 )や 船 員 保 険 病 院 (3 病 院 )は 主 に 昭 和 20

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の 日 本 細 菌 学 会 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 会 は 日 本 細 菌 学 会 (Japanese Society for Bacteriology)という ( 目 的 ) 第 2 条 本 学 会 は 細 菌 学 およびその 関 連 領 域 の 科 学 の 進 歩 に 寄 与 し 社 会 に 貢 献 することを 目 的 と ( 事 業 ) 第 3 条 本 学

More information

0520表紙.pdf

0520表紙.pdf - 197 - 平 成 24 年 度 精 神 保 健 福 祉 資 料 調 査 作 業 要 領 1. 調 査 の 目 的 この 調 査 は 精 神 科 病 院 及 び 精 神 科 診 療 所 等 を 利 用 する 患 者 の 実 態 等 を 把 握 し 精 神 保 健 福 祉 施 策 推 進 のための 資 料 を 得 ることを 目 的 とし 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information