図1.医療従事者のためのHIV曝露後予防投与(postexposure prophylaxis: PEP)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "図1.医療従事者のためのHIV曝露後予防投与(postexposure prophylaxis: PEP)"

Transcription

1 HIV/AIDS 感 染 症 手 術 に 関 するマニュアル 独 立 行 政 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センター 病 院 麻 酔 科

2 目 次 前 文 p.2 A. 日 本 国 内 におけるHIV 感 染 者 手 術 症 例 の 現 状 p.2 ( 麻 酔 指 導 病 院 への 調 査 から) B.HIV/AIDS 感 染 者 手 術 管 理 p.2 1.HIV/AIDS 感 染 者 手 術 の 計 画 2. 医 療 者 側 の 感 染 防 御 p.3 1)HIV/AIDS 感 染 者 手 術 に 臨 む 原 則 2) 医 療 者 側 の 手 袋 防 護 具 防 護 衣 3) 針 刺 し 事 故 予 防 のための 器 械 の 受 け 渡 し 方 法 4) 針 刺 し 事 故 等 HIV 曝 露 事 故 発 生 時 の 対 処 3. 患 者 の 感 染 予 防 p.4 1) 術 前 管 理 2) 麻 酔 法 の 選 択 3) 前 投 薬 4) 術 前 検 査 5) 患 者 に 対 する 感 染 予 防 図 1. 医 療 従 事 者 のためのHIV 曝 露 後 予 防 投 与 p.5 図 2. 国 立 国 際 医 療 センター エズ 治 療 研 究 開 発 センター p.6 針 刺 し 後 フローチャート 表 1. 日 本 で 承 認 されている 抗 HIV 薬 p.7 表 2.HIV/AIDSの 臨 床 症 状 p.8 表 3. 抗 HIV 治 療 薬 と 副 作 用 p.9 表 4.Cytochrome P450によって 代 謝 される 薬 剤 p.10 1

3 近 年 HIV 感 染 登 録 患 者 数 の 増 加 に 伴 い HIV 感 染 者 の 手 術 症 例 が 増 加 していると 考 えられる しかし その 周 術 期 管 理 におい ては HIV 感 染 血 への 曝 露 が 必 須 であるこ とから 医 療 従 事 者 側 に 感 染 リスクへの 不 安 が 生 じてしまう HIV 感 染 血 の 皮 膚 穿 刺 によるHIV 感 染 のリスクは 平 均 0.3%(95% 信 頼 限 界 ; %)であり 粘 膜 面 への 曝 露 後 は 約 0.09%( %)と 言 われてい る 感 染 率 としてはかなり 低 率 ではあるが 0ではないことが 問 題 である 一 度 感 染 が 成 立 した 場 合 現 在 のところ 完 全 に 治 癒 す る 方 法 がない 疾 患 であることが 問 題 なの である 一 般 的 に 手 術 管 理 においては 全 ての 患 者 の 血 液 には 感 染 の 危 険 性 が 存 在 する との 認 識 (universal precaution)が 必 要 で あり その 概 念 に 基 づきあらゆる 手 術 にか かわる 手 技 を 行 わなければならない こ のことは これまでにもリスクマネージメ ントの 観 点 から 指 摘 されてきたことではあ るが 特 にHIV 感 染 症 手 術 に 関 して 不 必 要 な 不 安 を 取 り 除 くために HIV 感 染 者 の 手 術 に 関 わる 際 の 留 意 点 についてまとめる こととした A. 日 本 国 内 におけるHIV 感 染 者 手 術 症 例 の 現 状 ( 麻 酔 指 導 病 院 への 調 査 から) 国 立 国 際 医 療 センター 麻 酔 科 では 2005 年 に 国 内 麻 酔 指 導 病 院 を 対 象 にHIV 感 染 者 手 術 に 関 するゕンケート 調 査 を 施 行 した 952 施 設 へ 郵 送 し 480 施 設 (50%) より 回 答 が 得 られた そのうち109 施 設 (22%)でHIV 感 染 者 の 手 術 経 験 を 有 してい た しかし 経 験 症 例 数 は 5 症 例 以 内 がほ とんどであった 予 定 手 術 症 例 に 対 しての 術 前 HIV 感 染 症 検 査 については 原 則 として 全 例 に 実 施 し ている 施 設 は24%に 過 ぎなかった 77%の 施 設 でHIV 手 術 管 理 マニュゕルが 必 要 であ ると 回 答 していたが マニュゕルを 有 して いる 施 設 は23%であった B.HIV/AIDS 感 染 者 手 術 管 理 1.HIV/AIDS 感 染 者 手 術 の 計 画 原 則 として 手 術 を 予 定 される 患 者 全 員 に 対 し 同 意 を 得 た 後 HIV 抗 体 検 査 を 施 行 し ておく 手 術 が 予 定 されたHIV 陽 性 患 者 については 合 併 症 の 有 無 のチェックに 加 え 可 能 な 限 りCD4 陽 性 細 胞 数 血 中 ウルス 量 (HIV 高 感 度 RNA 定 量 )を 術 前 に 検 査 しておき 病 期 病 像 を 把 握 する (CD4<200 の 場 合 はAIDS 発 症 とみなし 易 感 染 性 に 配 慮 3. 参 照 ) 同 時 に 治 療 についても 把 握 し 抗 レトロ ウルス 治 療 薬 の 内 容 をチェックする 手 術 を 申 し 込 む 原 診 療 科 は HIV 陽 性 患 者 である 旨 を 手 術 申 し 込 みに 記 載 し 確 実 に 情 報 を 伝 達 する 手 術 部 内 での 管 理 としては HBV/HCV 感 染 と 同 等 の 扱 いとし 感 染 症 情 報 は 必 要 最 低 限 の 開 示 とする 手 術 予 定 組 みに 際 しては 手 術 室 の 使 用 順 序 等 に 特 殊 な 考 慮 ( 手 術 室 の 最 後 に 組 む 等 の)を 必 要 とするわけではない AIDS 発 症 等 易 感 染 性 の 場 合 は クリーン ルーム( 陽 圧 手 術 室 前 室 付 等 ) 管 理 とし 空 気 感 染 者 との 動 線 を 一 緒 にしないよう 配 慮 する 手 術 に 参 加 するスタッフは 熟 練 者 を 主 体 とする 針 刺 し 事 故 時 に 迅 速 に 対 応 できるよう 予 備 人 員 を 確 保 しておく ( 針 刺 しをした 者 は 極 力 早 く 手 術 から 下 り 対 応 を 行 う) 2

4 2. 医 療 者 側 の 感 染 防 御 HIV/AIDS 感 染 者 手 術 に 臨 む 原 則 手 指 の 皮 膚 などに 外 傷 皮 膚 炎 のあるスタッ フには 体 液 に 曝 露 される 可 能 性 のある 仕 事 に 従 事 させない 手 術 参 加 者 は 可 能 な 限 り 熟 練 者 が 行 う 医 療 者 側 の 手 袋 防 護 具 防 護 衣 手 術 参 加 者 は 原 則 として 手 袋 は 二 重 とす る 手 術 衣 は 全 て 防 水 加 工 のデゖスポーザ ブルのものとする メガネまたはゴーグル を 着 用 する 整 形 外 科 の 人 工 関 節 手 術 など 高 い 清 潔 度 が 要 求 され さらに 血 液 の 飛 散 の 可 能 性 が 高 いものでは 全 身 被 覆 性 の 手 術 衣 を 着 用 する ( 下 写 真 ) 針 刺 し 事 故 等 HIV 曝 露 事 故 発 生 時 の 対 処 HIV 感 染 者 または 感 染 が 強 く 疑 われる 患 者 からの 感 染 性 物 質 の 曝 露 時 には 抗 HIV 薬 の 予 防 的 投 与 (postexposure prophylaxis: PEP)が 推 奨 されている ( 参 考 : 図 1.ゕメリ カガドラン 図 2. 当 センターマニュゕル 表 1. 日 本 で 承 認 されている 抗 HIV 治 療 薬 ) PEP 開 始 のタミング 曝 露 後 可 能 な 限 り 速 やかに 開 始 すること が 望 ましい 各 種 薬 剤 や 血 液 検 査 の 検 討 に 時 間 を 要 すよりは 基 本 的 な 薬 剤 の 選 択 で 速 やかに 投 与 を 開 始 する 方 が 良 い 後 に 薬 剤 の 耐 性 副 作 用 や 曝 露 のもととなった 患 者 がHIV 陰 性 だと 判 明 した 時 は 直 ちに 薬 剤 を 変 更 したり 投 与 を 中 止 すればよい 薬 剤 の 投 与 期 間 は 確 定 的 なものはない が 一 般 的 には4 週 間 が 推 奨 されている 針 刺 し 事 故 予 防 のための 器 械 の 受 け 渡 し 方 法 鋭 利 な 手 術 器 具 は 人 から 人 への 手 渡 しをせ ず トレなどを 利 用 してneutral zoneを 介 する 受 け 渡 しとする( 右 写 真 ) 針 などへのリ キャップは 行 わない 可 能 な 限 り セーフ テゖ 器 具 ( 鈍 針 プラステゖックニードルな ど)を 使 用 する 声 を 掛 け 合 い 助 手 は 無 用 なところへは 手 を 出 さない 3

5 3. 患 者 の 感 染 予 防 1) 術 前 管 理 術 前 に 評 価 するべき 点 は 他 の 感 染 症 の 検 索 日 和 見 感 染 症 の 検 索 呼 吸 器 感 染 症 の 有 無 神 経 症 状 合 併 の 有 無 内 服 している 抗 ウルス 薬 による 副 作 用 などである ( 表 2. HIV/AIDSの 臨 床 症 状 ) HIV 陽 性 患 者 は HBVやHCV 結 核 などの 他 の 感 染 症 を 合 併 感 染 していることが 多 いので その 検 索 を 行 う AIDSを 発 症 している 場 合 よくみられる 日 和 見 感 染 症 としては カンジ ダ 症 カリニ 肺 炎 サトメガロウルス 感 染 症 ヘルペスウルス 感 染 症 カポジ 肉 腫 結 核 などがある 呼 吸 器 に 関 連 する 感 染 症 が 多 いので 術 前 に 呼 吸 機 能 を 十 分 評 価 し ておく 必 要 がある また 口 腔 咽 頭 喉 頭 に 腫 瘍 や 病 変 がないか 評 価 する 抗 ウルス 薬 による 副 作 用 として 血 小 板 減 尐 白 血 球 減 尐 末 梢 神 経 障 害 電 解 質 異 常 糖 代 謝 異 常 肝 機 能 異 常 不 整 脈 気 管 支 痙 攣 などがみられることがあるので これら についてもチェックしておく ( 表 3. 抗 HIV 治 療 薬 と 副 作 用 ) 2) 麻 酔 法 の 選 択 麻 酔 法 の 選 択 に 関 しては AIDSを 発 症 して いない 段 階 では 非 感 染 者 と 同 様 でよいが 呼 吸 器 感 染 症 や 止 血 凝 固 能 低 下 敗 血 症 など 合 併 症 を 考 慮 して 判 断 する また 抗 ウ ルス 薬 の 種 類 によっては 麻 酔 薬 の 代 謝 を 阻 害 したり 必 要 量 を 増 加 させたりするもの がある(チトクロームP450 活 性 変 化 のため) ので 注 意 を 要 する ( 表 4.Cytochrome P450によって 代 謝 される 薬 剤 ) 3) 前 投 薬 抗 ウルス 薬 との 相 互 作 用 免 疫 系 へのオ ピオドの 影 響 を 考 えると 前 投 薬 は 行 わな いことが 望 ましいが 行 う 場 合 は 中 枢 神 経 症 状 や 感 染 による 脳 圧 亢 進 が 認 められることがあるので 事 前 に 神 経 症 状 の 有 無 を 評 価 する 4) 術 前 検 査 血 算 生 化 学 電 解 質 などの 血 液 検 査 や 心 電 図 などの 一 般 的 な 術 前 検 査 に 加 え CD4+ count ウルス 量 合 併 感 染 症 日 和 見 感 染 症 呼 吸 機 能 検 査 神 経 症 状 の 有 無 口 腔 内 病 変 の 有 無 のチェックを 行 う 5) 患 者 に 対 する 感 染 予 防 AIDS 未 発 症 の 場 合 は 非 感 染 者 に 対 する スタンダードプリコーション( 標 準 予 防 策 ) と 同 様 の 感 染 防 御 対 処 でよい AIDSを 発 症 している 場 合 は 患 者 に 対 する 感 染 予 防 を 考 慮 する 必 要 がある 手 術 室 におけるスタンダードプリコーションは 患 者 の 感 染 のリスクを 減 ずることにもつな がるので 基 本 的 にこれに 準 ずる 患 者 に 処 置 する 際 には 手 洗 いを 励 行 し 必 ずガ ウン 手 袋 マスク ゴーグルなど 必 要 に 応 じを 防 護 服 を 着 用 する 清 潔 操 作 を 心 が け 使 用 する 器 具 の 滅 菌 性 を 確 保 する 表 皮 や 粘 膜 が 損 傷 されている 場 合 には 感 染 を 生 じやすいので 特 に 注 意 を 要 する ま た 呼 吸 器 感 染 症 を 合 併 している 場 合 エ ゕ フゖルターを 使 用 して 麻 酔 回 路 の 汚 染 を 防 ぐことが 望 ましい 留 置 針 を 刺 入 する 際 は 患 者 の 皮 膚 をゕ ルコールやソジンなどで 十 分 に 消 毒 し 留 置 後 は 滅 菌 されたドレッシング 材 で 覆 う CVカテーテルなどのカニュレーションの 際 は マルチルーメン カテーテルは 避 け おおきめの 覆 布 を 用 いる 刺 入 部 のドレッ シングは 湿 気 を 透 過 させ 透 明 な 滅 菌 さ れたものを 貼 付 する 4

6 図 1. 医 療 従 事 者 のためのHIV 曝 露 後 予 防 投 与 (postexposure prophylaxis: PEP) (U.S. Public Health Service Guidelines for the Management of Occupational Exposure to HIV, Hepatitis B, and Hepatitis C. September 30, より) ステップ1 曝 露 についての 評 価 曝 露 された 物 質 が 血 液 血 性 の 液 体 他 の 感 染 性 物 質 またはこれらのものの 付 着 した 器 材 である はい いいえ PEP 不 要 どのような 曝 露 状 況 であったか? 粘 膜 面 または 傷 害 された 皮 膚 健 康 な 皮 膚 皮 膚 穿 刺 量 は? PEP 不 要 重 傷 度 は? 少 量 ( 数 滴 短 時 間 ) 多 量 ( 多 滴 以 上 の 血 液 数 分 以 上 の 付 着 ) 軽 傷 ( 内 腔 のな い 針 浅 い 引 掻 き 傷 ) 重 傷 ( 内 腔 のある 針 深 い 穿 刺 肉 眼 的 に 血 液 の 付 着 した 器 材 ) ステップ2 患 者 のHIV 状 態 の 評 価 感 染 源 となる 患 者 のHIV 感 染 状 態 は? HIV 陰 性 HIV 陽 性 HIV 状 態 不 明 付 着 した 物 質 が 不 明 低 タイター 曝 露 無 症 候 性 低 ウイ ルス 量 高 タイター 曝 露 AIDS 未 治 療 HIV 感 染 高 ウイルス 量 通 常 はPEP 不 要 ま たは 基 本 処 方 考 慮 PEP 不 要 HIV 陽 性 クラス1 HIV 陽 性 クラス2 ステップ3 推 奨 するPEPの 必 要 性 曝 露 タイプ HIV 陽 性 クラス1 HIV 陽 性 クラス2 皮 膚 穿 刺 - 軽 傷 基 本 処 方 拡 大 処 方 皮 膚 穿 刺 - 重 傷 拡 大 処 方 拡 大 処 方 粘 膜 面 / 傷 害 皮 膚 - 少 量 基 本 処 方 を 考 慮 基 本 処 方 粘 膜 面 / 傷 害 皮 膚 - 多 量 基 本 処 方 拡 大 処 方 処 方 例 基 本 処 方 1:(AZT 300mg bid or TDF 300mg qd) + (3TC 300mg qd or 150mg bid or FTC 200mg qd) 基 本 処 方 2:ddI 400mg qd (250mg if< 60kg) on an empty stomach + (3TC or FTC) 基 本 処 方 1と 同 量 拡 大 処 方 1( 基 本 処 方 に 追 加 して):LPV/RTV 400mg bid 拡 大 処 方 2 ( 基 本 処 方 に 追 加 して):ATV 400mg qd with food, or (ATV 300mg qd + RTV 100 mg qd) 5

7 図 2. 国 立 国 際 医 療 センター エイズ 治 療 研 究 開 発 センター/ 針 刺 し 後 フローチャート -AZT/3TC/NFV- HIV 抗 体 陽 性 もしくは 非 常 に 強 く 陽 性 が 疑 われる 患 者 の 医 療 行 為 時 に 針 刺 しをした 男 性 女 性 妊 娠 反 応 を 調 べる スタート 陰 性 服 用 の 自 己 決 断 ができる NO 30 分 以 内 に 責 任 者 と 相 談 できた YES NO YES 自 己 決 定 できるだけ 早 く 分 包 1を 服 用 する AZT(レトロビル)200mg 3TC(エピビル)150mg NFV(ビラセプト)750mg 8 時 間 以 内 に 責 任 者 と 相 談 できた NO 8 時 間 以 内 に 責 任 者 と 相 談 できた NO 2の8 時 間 後 分 包 3を 服 用 する AZT(レトロビル)200mg 3TC(エピビル)150mg NFV(ビラセプト)750mg 以 後 責 任 者 が 見 つかるまで8 時 間 おきに1~3を 繰 り 返 し 服 用 す る YES YES 責 任 者 の 指 示 に 従 う 6

8 表 1. 日 本 で 承 認 されている 抗 HIV 薬 一 般 名 略 号 商 品 名 核 酸 系 逆 転 写 酵 素 阻 害 薬 (NRTI) ジドブジン AZT(ZDV) レトロビル ジダノシン ddi ヴゔデックス/ヴゔデックスEC ラミブジン 3TC エピビル サニルブジン d4t ゼリット ジドブジン ラミブジン AZT/3TC コンビビル 配 合 剤 ゕバカビル ABC ザゕジェン ゕバカビル ラミブジン ABC/3TC エプジコム 配 合 剤 テノホビル TDF ビリゕード エムトリシタビン FTC エムトリバ テノホビル エムトリシタビン TDF/FTC ツルバダ 配 合 剤 非 核 酸 系 逆 転 写 酵 素 阻 害 薬 (NNRTI) ネビラピン NVP ビラミューン エフゔビレンツ EFV ストックリン デラビルジン DLV レスクリプター エトラビリン ETR ンテレンス プロテゕーゼ 阻 害 薬 (PI) ンジナビル IDV クリキシバン サキナビル SQV-HGC/SQV-SGC ンビラーゼ/フォートベス リトナビル RTV ノービゕ ネルフゖナビル NFV ビラセプト ロピナビル リトナビル LPV/RTV カレトラ 配 合 剤 ゕタザナビル ATV レゕタッツ ホスゕンプレナビル FPV レクシヴゔ ダルナビル DRV プリジスタ/プリジスタナーブ ンテグラーゼ 阻 害 薬 ラテグラビル RAL ゕセントレス 侵 入 阻 害 薬 (CCR5 阻 害 薬 ) ンジナビル IDV クリキシバン 7

9 表 2.HIV/AIDSの 臨 床 症 状 神 経 系 ミエロパチー 髄 膜 炎 脳 脊 髄 圧 亢 進 HIV 脳 炎 痴 呆 末 梢 神 経 障 害 自 律 神 経 障 害 呼 吸 器 系 日 和 見 感 染 症 (カリニ 肺 炎 肺 結 核 非 定 型 抗 酸 菌 症 ) 心 血 管 系 心 外 膜 炎 心 嚢 液 貯 留 心 筋 炎 拡 張 型 心 筋 症 肺 高 血 圧 薬 剤 による 心 毒 性 塞 栓 症 左 室 収 縮 能 低 下 心 筋 梗 塞 消 化 管 系 口 腔 内 カンジダ 症 ゕフタ 性 潰 瘍 白 板 症 嚥 下 障 害 食 道 炎 肝 炎 肝 胆 道 疾 患 慢 性 下 痢 を 伴 う 腸 炎 消 化 管 出 血 腹 痛 腎 尿 路 系 糸 球 体 腎 炎 腎 不 全 血 液 系 正 球 性 正 色 素 性 貧 血 血 小 板 減 尐 白 血 球 減 尐 凝 固 異 常 リンパ 節 腫 脹 内 分 泌 系 免 疫 系 筋 骨 格 系 副 腎 機 能 不 全 甲 状 腺 機 能 低 下 SIADH 免 疫 能 低 下 HIV 消 耗 性 症 候 群 8

10 表 3. 抗 HIV 治 療 薬 と 副 作 用 一 般 名 商 品 名 副 作 用 核 酸 系 逆 転 写 酵 素 阻 害 薬 (NRTIs) Zidovudine (AZT) レトロビル 貧 血 汎 血 球 減 尐 頭 痛 神 経 障 害 ミオパチー 筋 肉 痛 不 眠 症 悪 心 嘔 吐 Didanosine (ddi) ヴゔデックス 末 梢 神 経 障 害 膵 炎 消 化 管 障 害 Stavudine (d4t) ゼリット 末 梢 神 経 障 害 膵 炎 Zalcitabine (ddc) ハビット 末 梢 神 経 障 害 膵 炎 Abacavir ザゕジェン 消 化 管 障 害 発 疹 筋 肉 痛 Lamivudine (3Tc) エピビル 末 梢 神 経 障 害 発 疹 消 化 管 障 害 Zidovudine + Lamivudine コンビビル 末 梢 神 経 障 害 膵 炎 AdefovirHepsera 消 化 管 障 害 肝 酵 素 逸 脱 腎 毒 性 非 核 酸 系 逆 転 写 酵 素 阻 害 薬 (NNRTIs) Nevirapine ビラミューン 消 化 管 障 害 肝 酵 素 逸 脱 発 疹 CYP450 誘 導 Efavirenz ストックリン 消 化 管 障 害 肝 酵 素 逸 脱 Delavirdine レスクリプター 消 化 管 障 害 肝 酵 素 逸 脱 プロテゕーゼンヒビター(PI) Saquinavir フォートベス 消 化 管 障 害 高 血 糖 栄 養 障 害 CYP3A4(CYP450ゕソエンザム) 阻 害 Indinavir クリキシバン 消 化 管 障 害 高 血 糖 発 疹 腎 結 石 腎 機 能 低 下 脂 肪 組 織 の 分 布 異 常 CYP450 阻 害 Ritonavir ノービゕ 消 化 管 障 害 高 血 糖 肝 酵 素 逸 脱 栄 養 障 害 CYP3A4 CYP2D6 CYP2C9/10 阻 害 Nelfinavir ビラセプト 消 化 管 障 害 高 血 糖 栄 養 障 害 CYP450 阻 害 Amprenavir プローゼ 発 疹 CYP450 阻 害 9

11 表 4.cytochromeP450によって 代 謝 される 薬 剤 CYP1A2 CYP2C9 テオフゖリン カフェン フェナセチン プロプラノロール トルブタミド フェニトン ワーフゔリン ピロキシカム テノキシカム ジクロフェナク ナプロキセン ブプロフェン メフェナム CYP2C19 CYP2D6 オメプラゾール ジゕゼパム ミプラミン ゕミトリプチン クロミプラン コデン デシプラミン デキストロメトルフゔン フレカニド フルフェナジン ミプラミン メトプロロール ノルトリプチン ペルフェナジン プロパフェノン プロプラノロール チオリダジン チモロール ハロペリドール CYP3A4 ニフェジピン コルチゾン シクロスポリン タクロリムス エリスロマシン リドカン キニジン ジルチゕゼム ベラパミル ゾニサミド ジゕゼパム ブロマゼパム タモキシフェン ゕミオダロン エトポシド ミダゾラム トリゕゾラム コカン テルフェナジン カルバマゼピン クラリスロマシン ( 医 学 のあゆみ vol.182 No p.803~806 より) 10

12 独 立 行 政 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センター 病 院 麻 酔 科 河 内 正 治 前 原 康 宏 松 谷 厚 子 志 賀 由 佳 佐 藤 正 規 平 尾 亜 衣 山 崎 京 子 青 山 千 賀 子 山 下 陽 子 花 田 真 毅 (2006 年 5 月 作 成 2010 年 3 月 改 訂 )

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 一 般 医 療 機 関 向 け 平 成 26 年 7 月 改 定 版 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 編 はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです < 一 般 医 療 機 関 向 け> 曝 露 事 故 等 によるHIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 平 成 28 年 3 月 香 川 県 エ イ ズ 対 策 協 議 会 香 川 県 健 康 福 祉 部 薬 務 感 染 症 対 策 課 このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

Microsoft Word - (案1)表紙・目次

Microsoft Word - (案1)表紙・目次 HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 平 成 27 年 4 月 島 根 県 健 康 福 祉 部 薬 事 衛 生 課 目 次 マニュアル 使 用 上 の 注 意 1 曝 露 事 故 発 生 後 の 予 防 服 用 フローチャート 2 1. 事 故 の 発 生 した 一 般 医 療 機 関 での 対 応 3 2.エイズ 予 防 薬 配 備 医 療 機 関 での 対 応 4 3.

More information

untitled

untitled CDC MMWR Recommendations and Reports September 30, 2005 / Vol 54 / No. RR-9 Updated U.S. Public Health Service Guidelines for the Management of Occupational Exposures to HIV and Recommendations for Postexposure

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について 生 殖 系 D9 オーガナイザー 産 科 婦 人 科 井 箟 一 彦 泌 尿 器 科 原 勲 Ⅰ 一 般 学 習 目 標 内 科 学 外 科 学 などの 臨 床 医 学 が 個 体 維 持 治 療 医 学 を 主 たる 目 的 とするのに 対 し 生 殖 医 学 は 治 療 医 学 に 加 え 種 族 保 存 リプロダクションを 含 むことを 理 解 し 基 礎 的 知 識 のもと 診 断 治 療

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

アプローチ 第45号

アプローチ 第45号 地 域 の 皆 様 と 共 に 歩 む ドクターのリレー 講 座 深 部 静 脈 血 栓 症 について 循 環 器 内 科 専 門 科 長 文 藏 優 子 我 が 国 のがん 対 策 について 茨 城 県 地 域 がんセンター 長 菊 池 孝 治 病 院 ツアーズ No7 中 学 高 校 が 職 場 体 験 に 訪 れました 療 養 環 境 整 備 をすすめています ラウンジに 手 洗 い 場 を

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

■難病医療費助成制度の御案内

■難病医療費助成制度の御案内 制 度 の 趣 旨 難 病 医 療 費 助 成 制 度 の 御 案 内 [ 新 規 申 請 の 方 へ] 難 病 医 療 費 助 成 制 度 が 平 成 27 年 1 月 1 日 から 新 しくなります この 制 度 は 効 果 的 な 治 療 方 法 が 確 立 されるまでの 間 長 期 の 療 養 による 医 療 費 の 経 済 的 な 負 担 が 大 きい 方 を 支 援 するという 目 的

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20985697EE944C82C5928D96DA82B782D782AB8EBE8AB3323031324A425650977032303132323532352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20985697EE944C82C5928D96DA82B782D782AB8EBE8AB3323031324A425650977032303132323532352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> JBVP2012, ver, 02 老 齢 猫 の 飼 育 比 率 増 加 老 齢 猫 の 注 目 すべき 疾 患 竹 内 和 義 たけうち 動 物 病 院 ( 神 奈 川 県 ) 6 歳 以 上 の 飼 い 猫 の 飼 育 比 率 1983 年 24% 1996 年 47% ( 約 2 倍 ) ( 米 国 内 科 学 協 会 情 報 管 理 センター) 2009 年 37.8% (7 歳 以 上

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

安全性情報302.indd

安全性情報302.indd 3 重 要 な 副 作 用 等 に 関 する 情 報 平 成 25 年 4 月 23 日 及 び 同 年 5 月 17 日 に 改 訂 を 指 導 した 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 のうち 重 要 な 副 作 用 等 について, 改 訂 内 容 等 とともに 改 訂 の 根 拠 となった 症 例 の 概 要 等 に 関 する 情 報 を 紹 介 いたします 1 アンブリセンタン 販 売

More information

HIV感染患者透析医療ガイドライン

HIV感染患者透析医療ガイドライン HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 日 本 透 析 医 会 日 本 透 析 医 学 会 HIV 感 染 患 者 透 析 医 療 ガイドライン 策 定 グループ iii はじめに 平 成 21 年, 都 内 で 血 液 透 析 に 導 入 された HIV 患 者 から, 厚 労 省 にある 相 談 があった. 田 舎 に 帰 って 透 析 を 継 続 したいが, 地 元 で 受 け

More information

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 による 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 <トランサミン 注 > 改 訂 後 改 訂 前 (1) 重 大 な 副 作 用 ( 頻 度 不 明 ) 1)ショック:ショックを 起 こすことがあるので 観 察 を 十 分 に 行 い 異 常 が 認 められた

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 による 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 <トランサミン 注 > 改 訂 後 改 訂 前 (1) 重 大 な 副 作 用 ( 頻 度 不 明 ) 1)ショック:ショックを 起 こすことがあるので 観 察 を 十 分 に 行 い 異 常 が 認 められた 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 抗 プラスミン 剤 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 注 射 液 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 錠 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 カプセル トラネキサム 酸 散 製 造 販 売 元 トラネキサム 酸 シロップ 製 造 販 売 元 販 売 元 2013

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

ラノビス注250㎎・1000㎎ IF

ラノビス注250㎎・1000㎎ IF 2015 年 7 月 改 訂 ( 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873327 874490 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008に 準 拠 して 作 成 抗 プラスミン 剤 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 注 射 液 ラノビス 注 250 mg ラノビス 注 1000mg RANOBIS Injection

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc C 型 慢 性 肝 炎 インターフェロン 治 療 患 者 手 帳 & 連 携 パスシート 1 この 患 者 手 帳 を 使 用 するにあたって 病 院 およびかかりつけ 医 受 診 の 際 に 必 ず 携 帯 して 下 さい 治 療 中 の 血 液 項 目 などはできるだけ 患 者 様 本 人 でご 記 入 願 います 治 療 および 副 作 用 について 重 要 な 説 明 がありますのでご 確

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

OPD添付文書-1512(8)イJ

OPD添付文書-1512(8)イJ 資 料 1-2 薬 生 安 発 0 1 2 8 第 1 号 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 別 記 1) 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) ニボルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) 製 剤 使 用 時 の 劇 症 1 型 糖 尿 病 に 関 する 周 知 について( 依 頼 ) 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 につきましては

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

1322-04465トポテシン.indd

1322-04465トポテシン.indd 警 告 1. 本 剤 使 用 にあたっては 患 者 又 はその 家 族 に 有 効 性 及 び 危 険 性 を 十 分 説 明 し 同 意 を 得 てから 投 与 を 開 始 すること 2. 本 剤 の 臨 床 試 験 において 骨 髄 機 能 抑 制 あるいは 下 痢 に 起 因 したと 考 えられる 死 亡 例 が 認 められている 本 剤 の 投 与 は 緊 急 時 に 十 分 に 措 置 できる

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

1分冊_表紙1

1分冊_表紙1 この 約 の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 目 次 第 1 条 約 保 険 金 の 支 払 第 2 条 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 4 条 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 5 条 約 定 疾 病 保

More information