は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ"

Transcription

1 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 )

2 は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞれの 医 療 機 関 の 対 応 と 連 携 について 記 載 したものです HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス) 感 染 防 止 については,HIV 抗 体 陽 性 又 はHIV 抗 体 陽 性 が 強 く 疑 われる 患 者 の 体 液 による 曝 露 事 故 ( 以 下 HIV 曝 露 事 故 とい う )が 起 こった 場 合 には, 曝 露 事 故 を 起 こした 人 ( 以 下 被 曝 露 者 という ) と 曝 露 事 故 が 発 生 した 医 療 機 関 ( 以 下 事 故 発 生 医 療 機 関 という )は,で きるだけ 早 く 被 曝 露 者 及 び 曝 露 由 来 患 者 のHIV 迅 速 検 査 を 行 い 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 などの 感 染 予 防 対 策 を 行 うことが 必 要 です 徳 島 県 においては,エイズ 診 療 の 拠 点 となる 病 院 として4ヶ 所 のエイズ 治 療 拠 点 病 院 2ヶ 所 のエイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 を 選 定 し,エイズ 診 療 を 行 う とともに, 医 療 機 関 等 において 曝 露 事 故 が 発 生 した 場 合 の 予 防 内 服 を 含 めた 指 導 助 言 等 を 行 う 体 制 を 整 備 しています また,HIV 曝 露 事 故 が 発 生 した 場 合 には, 抗 HIV 薬 を 常 備 していない 医 療 機 関 等 が, 迅 速 に 抗 HIV 薬 を 入 手 できるように,エイズ 治 療 拠 点 病 院 エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 に 抗 HIV 薬 を 配 備 し, 被 曝 露 者 が 迅 速 に 抗 HIV 薬 を 内 服 できる 体 制 を 整 えております 今 回 の 当 マニュアルの 改 訂 は,2014 年 ガイドラインの 改 訂 に 基 づいて 行 い ました HIV 曝 露 事 故 発 生 時 には 当 マニュアルが 活 用 され,HIVの 感 染 が 防 止 される ことを 期 待 致 します 改 訂 の 内 容 曝 露 事 象 のリスクを 分 類 して 曝 露 後 予 防 薬 の 組 み 合 わせを2 剤 または3 剤 ( 以 上 ) と 分 けて 判 断 する 方 法 は, 現 実 の 対 応 に 即 応 して, 使 用 取 りやめとなった 曝 露 後 予 防 内 服 は 今 までの3 剤 ( 以 上 )の 組 み 合 わせに 統 一 されることとなった 標 準 的 な 曝 露 後 予 防 として 推 奨 される 薬 剤 はアイセントレスとツルバダの2 剤 とな ったため, 徳 島 県 予 防 内 服 薬 等 配 備 状 況 の 変 更 を 行 う 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議

3 目 次 1 エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 エイズ 治 療 拠 点 病 院 一 覧 表 1 2 事 故 後 対 応 フローチャート( 緊 急 対 応 用 ) 2 3 HIV 曝 露 後 の 対 応 について( 事 故 後 対 応 フローチャート 参 照 ) 3 4 エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 エイズ 治 療 拠 点 病 院 での 対 応 ( 事 故 後 対 応 フローチャートの 内 容 の 詳 細 ) 5 5 予 防 内 服 薬 の 選 択 と 抗 HIV 薬 の 注 意 点 6 6 費 用 負 担 について 9 7 労 災 保 険 における 取 扱 いについて 9 ( 別 紙 1) 紹 介 状 ( 別 紙 2) 抗 HIV 薬 による 予 防 内 服 についての 説 明 書 ( 別 紙 3) 患 者 へのHIV 検 査 の 説 明 事 項 ( 別 紙 4)HIV 検 査 等 に 関 する 同 意 書 ( 患 者 用 ) ( 別 紙 5)HIV 検 査 等 に 関 する 同 意 書 ( 被 曝 露 者 用 ) ( 別 紙 6) 予 防 内 服 に 関 する 同 意 書

4 1 エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 エイズ 治 療 拠 点 病 院 一 覧 表 平 成 28 年 4 月 現 在 エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 徳 島 大 学 病 院 徳 島 県 徳 島 市 蔵 本 町 2 丁 目 50-1 代 表 電 話 : 担 当 者 ( 所 属 ): 安 倍 正 博 ( 血 液 内 科 ) 徳 島 県 立 中 央 病 院 徳 島 県 徳 島 市 蔵 本 町 1 丁 目 10-3 代 表 電 話 : 担 当 者 ( 所 属 ): 尾 崎 修 治 ( 血 液 内 科 ) エイズ 治 療 拠 点 病 院 徳 島 県 立 三 好 病 院 徳 島 県 三 好 市 池 田 町 シマ 代 表 電 話 : 徳 島 県 立 海 部 病 院 徳 島 県 海 部 郡 牟 岐 町 大 字 中 村 字 本 村 75-1 代 表 電 話 : 徳 島 県 鳴 門 病 院 徳 島 県 鳴 門 市 撫 養 町 黒 崎 字 小 谷 32 代 表 電 話 : 阿 南 共 栄 病 院 徳 島 県 阿 南 市 羽 ノ 浦 町 中 庄 蔵 ノホケ 36 番 地 代 表 電 話 :

5 2 事 故 後 対 応 フローチャート( 緊 急 対 応 用 ) 一 体 液 曝 露 事 故 の 発 生 応 急 処 置 現 場 責 任 者 に 報 告 般 曝 露 由 来 患 者 ( 以 下 患 者 という)は HIV 抗 体 が 陽 性 か 否 か 陰 性 予 防 内 服 は 不 必 要 医 で 希 望 しない 療 陽 性 不 明 かつHIV 陽 性 が 強 く 疑 われる 希 望 しない 抗 HIV 薬 の 内 服 抗 HIV 薬 の 内 服 き 希 望 する 希 望 する 経 過 観 察 1 被 曝 露 者 の 採 血 1 患 者 へのHIV 検 査 の 機 2 被 曝 露 者 の 検 体 と 患 説 明 及 び 同 意 る 者 の 情 報 ( 内 服 中 の 抗 HIV 薬, 薬 剤 耐 性, 2 患 者 の 採 血 3 被 曝 露 者 の 採 血 関 B 型 肝 炎 など) 4 紹 介 状 ( 別 紙 1)の 作 成 だ 3 紹 介 状 ( 別 紙 1)の 作 成 2~4を 持 参 して 受 診 する 経 過 観 察 け 等 1~3を 持 参 して 受 診 する 拠 点 病 院 への 電 話 連 絡 診 察 依 頼 拠 点 病 院 に 受 診 (ただし, 被 曝 露 者 が 妊 娠 している 場 合 は 徳 島 大 学 病 院 県 立 中 央 病 院 を 受 診 する ) 早 拠 陰 性 患 者 のHIV 検 査 被 曝 露 者 のHIV 検 査 く 点 ( 1) 被 曝 露 者 のHIV 検 査 予 防 内 服 の 説 明 及 び 同 意 予 防 内 服 は 不 必 要 陽 性 抗 HIV 薬 の 内 服 しない 経 過 観 察 する 病 ( 1)と 同 じ 抗 HIV 薬 受 領 内 服 院 内 服 継 続 の 対 応 2

6 3 HIV 曝 露 後 の 対 応 について( 事 故 後 対 応 フローチャート 参 照 ) (1) 曝 露 した 場 合 は, 直 ちに 業 務 を 中 止 し, 代 行 を 依 頼 する 予 防 内 服 は,できるだけ 早 く(2 時 間 以 内 ) 開 始 する (2) 応 急 処 置 直 ちに, 石 鹸 と 流 水 で 十 分 に 洗 浄 する ( 粘 膜 の 場 合 は 流 水 のみ ) (3) 対 応 < 被 曝 露 者 が 行 うこと> 1 被 曝 露 者 は, 現 場 責 任 者 へ 事 故 の 時 刻 状 況, 曝 露 源 となった 患 者 の 病 状 等 を 報 告 する 2 事 故 の 状 況 を 確 認 し,フローチャートに 沿 って, 予 防 内 服 を 検 討 する 3 妊 娠 の 有 無, 慢 性 B 型 肝 炎 の 既 往,HBs 抗 原,HCV 抗 体,HB ワクチン 接 種 の 有 無 を 確 認 する 4 生 化 学 用 採 血 管 に 約 5ml 採 血 する HIV 検 査 を 実 施 する 前 に 被 暴 露 者 用 の 同 意 書 を 記 入 する 後 日, 新 たな 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 の 比 較 となるため, 余 った 血 清 を 保 管 しておくことが 望 ましい < 患 者 の 感 染 症 に 関 する 情 報 入 手 について> 患 者 の 感 染 症 に 関 する 情 報 (HIV 抗 体,HBs 抗 原,HBs 抗 体,HCV 抗 体 など)を 確 認 する 1 HIV 抗 体 陽 性 の 場 合 : 服 用 中 の 抗 HIV 薬,HIV の 薬 剤 耐 性 などを 確 認 する 2 HIV 抗 体 陽 性 か 否 かが 不 明 の 場 合 * 患 者 へ HIV 迅 速 検 査 の 実 施 を 依 頼 し 採 血 を 行 う ( 生 化 学 用 採 血 管, 約 5ml) * 患 者 の HIV 検 査 を 実 施 するには, 患 者 への 説 明 及 び 同 意 が 必 要 同 意 を 得 たら,その 旨 を 必 ずカルテへ 記 載 する 患 者 への HIV 検 査 の 説 明 事 項 ( 別 紙 3) HIV 検 査 に 関 する 同 意 書 ( 患 者 用 ) ( 別 紙 4)を 参 考 にする * 患 者 から 検 査 の 同 意 が 得 られない 場 合, 感 染 リスクが 高 いときは,1 回 目 の 内 服 を 検 討 する (4) HIV 曝 露 後,エイズ 治 療 拠 点 病 院, 又 は,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 への 連 絡 及 び 受 診 1 受 診 を 希 望 するエイズ 治 療 拠 点 病 院, 又 は,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 へ 事 故 の 状 況 を 連 絡 する 被 曝 露 者 が 妊 娠 あるいは B 型 肝 炎 に 罹 患 している 場 合 は,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 である 徳 島 大 学 病 院,または, 県 立 中 央 病 院 の 専 門 医 に 受 診 または 相 談 する 2 被 曝 露 者 が 拠 点 病 院 を 受 診 するための 紹 介 状 ( 別 紙 1)を 作 成 する 3 被 曝 露 者 が 拠 点 病 院 を 受 診 する 3

7 * 院 内 で HIV 検 査 が 済 んでいる 場 合 は, 患 者 及 び 被 曝 露 者 の 検 体 を 持 参 する 必 要 は 無 い [ 患 者 が HIV 抗 体 陽 性 の 場 合 ] 患 者 情 報 ( 服 用 中 の 抗 HIV 薬, 薬 剤 耐 性,B 型 肝 炎 など), 被 曝 露 者 の 検 体, 紹 介 状 ( 別 紙 1) [HIV 抗 体 陽 性 か 否 かが 不 明 の 場 合 ] 患 者 情 報 (B 型 肝 炎 など), 患 者 の 検 体, 被 曝 露 者 の 検 体, 紹 介 状 ( 別 紙 1) * 抗 HIV 薬 の 処 方 は 原 則 1 回 分 とし, 内 服 継 続 についてはエイズ 治 療 拠 点 病 院 専 門 医 に 相 談 する (5) 守 秘 義 務 の 徹 底 事 故 発 生 を 知 った 職 員 に 対 して, 感 染 症 法 上 の 守 秘 義 務 が 発 生 することを 徹 底 する (6) その 他 被 曝 露 者 の 予 防 内 服 に 関 する 資 料 は 予 防 内 服 に 関 する 同 意 書 ( 別 紙 6)を 参 照 とする 4

8 4 エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 エイズ 治 療 拠 点 病 院 での 対 応 ( 事 故 後 対 応 フローチャートの 内 容 の 詳 細 ) * 曝 露 後 の 予 防 の 対 応 について 依 頼 を 受 けたら,できるだけ 早 く 第 1 回 目 の 内 服 が 可 能 になるよう, 直 ちに 受 診 受 け 入 れ 対 応 および 薬 剤 の 準 備 を 開 始 する (1) 患 者 の HIV 検 査 の 実 施 患 者 から HIV 検 査 の 実 施 について 同 意 が 得 られていることを 確 認 して,HIV 検 査 を 行 う (2) 被 曝 露 者 の HIV 検 査 の 実 施 被 曝 露 者 の 同 意 を 得 て HIV 検 査 を 行 う (3) 被 曝 露 者 への 説 明 と 同 意 *エイズ 治 療 拠 点 病 院,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 の 医 師 は, 患 者 の HIV 検 査 結 果 及 び 事 故 の 状 況 を 聞 き 取 り, 体 液 曝 露 の 程 度 等 を 確 認 した 上 で, 感 染 のリスクを 判 断 する * 被 曝 露 者 に 対 して, 妊 娠 の 有 無 ( 必 要 な 場 合 は, 妊 娠 検 査 を 実 施 する )や 慢 性 B 型 肝 炎 の 既 往,HBs 抗 原 及 び,HB ワクチン 接 種 の 有 無 を 確 認 する 被 曝 露 者 が 妊 娠 している 場 合 や B 型 肝 炎 の 場 合 は,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 であ る 徳 島 大 学 病 院, 又 は, 県 立 中 央 病 院 の 専 門 医 に 相 談 する * 被 曝 露 者 へ, 抗 HIV 薬 による 予 防 内 服 についての 説 明 書 ( 別 紙 2)を 用 いて 予 防 内 服 の 効 果 と 副 作 用 について 説 明 する * 予 防 内 服 を 実 施 するか 否 かは, 被 曝 露 者 が 決 定 する (4) 予 防 内 服 の 実 施 * 被 曝 露 者 が 予 防 内 服 を 希 望 した 場 合 には, 速 やかに 曝 露 後 予 防 薬 を 処 方 し, 内 服 を 開 始 する (5) カルテへの 記 載 上 記 (1)から(4)までに 関 する 事 項 について,カルテへ 記 載 する 予 防 内 服 薬 等 配 備 状 況 ( 平 成 28 年 4 月 ~) 病 院 名 ツルバダ 錠 アイセントレス 錠 迅 速 キット 徳 島 大 学 病 院 徳 島 県 立 中 央 病 院 徳 島 県 立 三 好 病 院 徳 島 県 立 海 部 病 院 徳 島 県 鳴 門 病 院 阿 南 共 栄 病 院 * 徳 島 大 学 病 院 の 予 防 薬, 迅 速 キットについては 自 病 院 分 5

9 5 予 防 内 服 薬 の 選 択 と 抗 HIV 薬 の 注 意 点 医 療 従 事 者 における HIV 感 染 血 液 による 針 刺 し 切 創 などの 職 業 曝 露 からの HIV 感 染 が 成 立 するリスクは, 経 皮 的 曝 露 で 約 0.3% 粘 膜 曝 露 では 約 0.09%と 報 告 されている この 感 染 危 険 率 は B 型 肝 炎 ウイルスや C 型 肝 炎 ウイルスに 比 べると 明 らかに 低 いと 考 え られる 血 液 体 液 曝 露 時 の 対 応 通 常,HIV 感 染 成 立 の 可 能 性 がほとんどなければ, 抗 HIV 薬 による 予 防 内 服 は 不 要 と 判 断 される しかしながら,HIV 感 染 成 立 の 可 能 性 が 考 慮 される 場 合 には, 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 開 始 が 推 奨 される 曝 露 事 象 で 感 染 の 可 能 性 が 高 いのは 以 下 の 通 りである AIDS 患 者 からの 曝 露 HIV RNA 量 が 1500 copies/ml 以 上 の 患 者 からの 曝 露 針 ( 器 具 )が 中 空 ( 針 )の 場 合 針 ( 器 具 )に 血 液, 体 液 が 肉 眼 的 に 見 える 場 合 血 管 内 に 刺 入 された 後 の 器 具 ( 針 )の 場 合 深 い 傷 の 場 合 曝 露 由 来 患 者 の HIV に 関 する 状 態 が 不 明 な 場 合 には, 曝 露 後 事 象 発 生 後 は, 事 情 を 話 して,その 患 者 に HIV スクリーニング 検 査 を 施 行 する HIV 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 内 服 を 実 施 すべきか 否 かについては,それぞれの 事 例 について 感 染 リスクを 勘 案 しつつ, 専 門 医 と 相 談 の 上 で 最 終 的 には 被 曝 露 者 が 決 定 する 権 利 を 有 する 予 防 内 服 について 現 在,HIV の 血 液 体 液 曝 露 後 の 感 染 成 立 を 完 全 に 予 防 できる 方 法 は 確 立 していないが, 感 染 リスクが 考 えられる 場 合 は, 可 及 的 速 やかに( 可 能 であれば 2 時 間 以 内 に), 内 服 を 開 始 し,4 週 間 は 予 防 内 服 を 継 続 する 予 防 内 服 の 遅 延 が 認 められた 場 合, 由 来 ウイルス の 薬 剤 耐 性 が 疑 われる 場 合 などの 場 合 は, 専 門 家 に 相 談 することが 奨 励 されている 一 般 に, 短 期 間 の 抗 HIV 薬 の 投 与 による 副 作 用 は 少 ないが, 曝 露 後 予 防 を 受 けた 医 療 従 事 者 に 重 大 な 副 作 用 ( 腎 結 石 薬 疹 肝 機 能 検 査 異 常 汎 血 球 減 少 横 紋 筋 融 解 症 など) が 報 告 されている また, 曝 露 後 の 予 防 内 服 は 労 災 保 険 の 保 険 給 付 が 認 められるため, 曝 露 の 記 録 を 文 章 で 残 すことが 重 要 である 6

10 推 奨 されている 予 防 内 服 2014 年 のガイドラインから, 第 1 推 奨 薬 は 以 下 の 2 剤 に 単 純 化 された 1. アイセントレス 400mg 1 回 1 錠 1 日 2 回 ( 一 般 名 :ラルテグラビル) 2. ツルバダ 配 合 錠 1 回 1 錠 1 日 1 回 ( 一 般 名 :テノホビル+エムトリシタビ ン) < 抗 HIV 薬 の 注 意 点 について> 以 下 に 各 薬 剤 の 注 意 点 について 示 す 具 体 的 な 副 作 用 等 については 添 付 文 書 を 必 ず 確 認 すること アイセントレス 錠 :1 回 1 錠,1 日 2 回 内 服 食 事 に 関 係 なく 内 服 可 能 < 主 な 副 作 用 > スティーブンジョンソン 症 候 群 横 紋 筋 融 解 症 肝 障 害 など < 注 意 点 > 1 日 2 回 の 内 服 が 必 要 である リファンピシンとの 併 用 により 本 剤 の 薬 効 が 低 下 する 本 剤 投 与 の 前 後 6 時 間 以 内 にマグネシウム/アルミニウム 製 剤 と 併 用 した 場 合 本 剤 の 薬 効 が 低 下 するため 同 時 併 用 は 避 ける ツルバダ 錠 :テノホビルとエムトリシタビンの 成 分 の 合 剤 1 回 1 錠,1 日 1 回 内 服 食 事 に 関 係 なく 内 服 可 能 < 主 な 副 作 用 > 悪 心 腹 部 膨 満 感 下 痢 腎 機 能 障 害 乳 酸 アシドーシスなど 腎 機 能 が 著 しく 低 下 している 場 合 は, 拠 点 病 院 専 門 医 に 相 談 することが 望 ましい < 注 意 点 > CCrが50 ml/min 未 満 の 場 合 は 減 量 が 必 要 投 与 中 は 腎 機 能 尿 検 査 電 解 質 のモニタリングが 必 要 服 用 する 前 にはB 型 肝 炎 の 有 無 を 確 認 すること テノホビル 及 びエムトリシタビンともに 抗 B 型 肝 炎 ウイルス 効 果 を 有 する そ のため 曝 露 者 が 慢 性 B 型 肝 炎 を 罹 患 している 場 合 は この 薬 剤 を 中 止 後 に 肝 炎 が 悪 化 する 可 能 性 がある 7

11 6 費 用 負 担 について 医 療 機 関 内 の 医 療 事 故 による 医 療 従 事 者 の 感 染 予 防 対 策 は, 各 医 療 機 関 の 責 任 におい て 実 施 していただくものである 患 者 の 血 液 検 査 及 び 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 は 健 康 保 険 の 給 付 対 象 ではないので, 自 費 扱 いとなる エイズ 治 療 拠 点 病 院,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 の 請 求 に 基 づき, 事 故 発 生 医 療 機 関 等 が 支 払 いする エイズ 治 療 拠 点 病 院,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 は, 一 般 の 外 来 患 者 と 同 様 にカルテを 作 成 し, 経 過 を 詳 細 に 記 録 して, 処 方 箋 の 発 行 により 抗 HIV 薬 の 処 方 を 行 う 被 曝 露 者 が 予 防 内 服 を 希 望 しなかった 場 合 においても, 医 師 の 説 明 及 び 被 曝 露 者 が 希 望 しなかった 旨 等 を, 詳 細 に 記 載 し 記 録 を 残 す 7 労 災 保 険 における 取 扱 いについて 被 曝 露 者 に 対 する HIV 検 査 や 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 については, 健 康 保 険 の 給 付 対 象 ではないが, 感 染 の 危 険 に 対 し 有 効 であると 認 められる 場 合 は 労 災 保 険 の 給 付 対 象 とな る C 型 肝 炎,エイズ 及 び MRSA 感 染 症 に 係 る 労 災 保 険 における 取 扱 いについて より 平 成 5 年 10 月 29 日 付 け 基 発 第 619 号 ( 平 成 22 年 9 月 9 日 付 け 基 発 0909 第 1 号 により 改 正 ) 2 エイズについて (3) 労 災 保 険 上 の 取 扱 い エイズについては, 現 在,HIV 感 染 が 判 明 した 段 階 で 専 門 医 の 管 理 下 に 置 かれ, 定 期 的 な 検 査 とともに, 免 疫 機 能 の 状 態 をみて HIV の 増 殖 を 遅 らせる 薬 剤 の 投 与 が 行 われることから,HIV 感 染 をもって 療 養 を 要 する 状 態 とみるものである したがって, 医 療 従 事 者 等 が,HIV の 感 染 源 である HIV 保 有 者 の 血 液 等 に 業 務 上 接 触 したことに 起 因 して HIV に 感 染 した 場 合 には, 業 務 上 疾 病 として 取 り 扱 われる とともに, 医 学 上 必 要 な 治 療 は 保 険 給 付 の 対 象 となる イ 血 液 等 に 接 触 した 場 合 の 取 扱 い (イ) 血 液 等 への 接 触 の 機 会 医 療 従 事 者 等 が,HIV に 汚 染 された 血 液 等 に 業 務 上 接 触 する 機 会 としては, 次 のような 場 合 が 考 えられ,これらは 業 務 上 の 負 傷 として 取 り 扱 われる a HIV に 汚 染 された 血 液 等 を 含 む 注 射 針 等 ( 感 染 性 廃 棄 物 を 含 む )により 手 指 等 を 受 傷 したとき b 既 存 の 負 傷 部 位 ( 業 務 外 の 事 由 によるものを 含 む ), 眼 球 等 に HIV に 汚 8

12 染 された 血 液 等 が 付 着 したとき (ロ) 療 養 の 範 囲 a 前 記 (イ)に 掲 げる 血 液 等 への 接 触 ( 以 下, 記 の 2 において 受 傷 等 という )の 後, 当 該 受 傷 等 の 部 位 に 洗 浄, 消 毒 等 の 処 置 が 行 われた 場 合 には, 当 該 処 置 は, 業 務 上 の 負 傷 に 対 する 治 療 として 取 り 扱 われるも のであり, 当 然, 療 養 の 範 囲 に 含 まれるものである b 受 傷 等 の 後 に 行 われた HIV 抗 体 検 査 等 の 検 査 ( 受 傷 後 の 直 後 に 行 われる 検 査 を 含 む )については, 前 記 1の(3)イの(ロ)のbと 同 様 に 取 り 扱 う c 受 傷 等 の 後 HIV 感 染 の 有 無 が 確 認 されるまでの 間 に 行 われた 抗 HIV 薬 の 投 与 は, 受 傷 等 に 起 因 して 体 内 に 侵 入 した HIV の 増 殖 を 抑 制 し, 感 染 を 防 ぐ 効 果 があることから, 感 染 の 危 険 に 対 し 有 効 であると 認 められる 場 合 には, 療 養 の 範 囲 として 取 り 扱 う 9

13 ( 別 紙 1) 紹 介 状 担 当 医 病 院 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について,ご 検 討 いただきますよう お 願 いします 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 所 在 地 医 師 印 10

14 抗 HIV 薬 による 予 防 内 服 についての 説 明 書 ( 別 紙 2) 1 予 防 内 服 は 次 のとおり 行 います 事 故 発 生 から,できるだけ 早 く(2 時 間 以 内 ) 内 服 を 開 始 します 多 剤 併 用 療 法 である 2 剤 の 内 服 を 行 います [ 選 択 薬 :ツルバダ](*)ツルバダは, 剤 型 は 1 錠 ですが,この 中 に 2 剤 が 含 まれています HIV の 曝 露 量 が 多 いと 予 想 される 場 合 はツルバダに 加 え 1 剤 を 追 加 で 内 服 します [ 選 択 薬 :アイセントレス] 4 週 間 の 内 服 が 推 奨 されています 事 故 発 生 後,6 週 間 後,3 ヶ 月 後 に HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス) 感 染 の 有 無 について 確 認 が 必 要 です HIV 専 門 医 の 多 くは 耐 性 ウイルスの 懸 念 から, 抗 HIV 薬 を 2 剤 以 上 内 服 することを 推 奨 しています 内 服 するか 否 かについて,どうしてよいかわからない 場 合 は, 妊 娠 の 可 能 性 がなけ れば,HIV 専 門 医 の 多 くは,とりあえず 第 1 回 目 の 内 服 をすることを 推 奨 していま す その 後 12 時 間 の 時 間 的 余 裕 ができますので,その 時 点 で 再 度 拠 点 病 院 の 専 門 医 に 相 談 して 更 にベストな 方 法 を 考 慮 することが 可 能 になります 2 HIV 感 染 血 液 による 針 刺 しなどの 職 業 曝 露 から,HIV の 感 染 が 成 立 する 危 険 性 は 非 常 に 低 く, 次 のとおり 報 告 されています HIV 汚 染 血 液 の 針 刺 し 事 故 によって 感 染 する 確 率 は,0.3 % HIV 汚 染 血 液 の 粘 膜 への 曝 露 によって 感 染 する 確 率 は,0.09 % HIV 汚 染 血 液 の 血 中 ウイルス 量 が 1000 コヒ ー/ml 以 下 では, 感 染 する 確 率 は, ほとんど 0 に 近 い 3 予 防 内 服 の 効 果 は 次 のとおりです 予 防 内 服 により 100 % 感 染 が 防 止 できるものではありません それでも, 予 防 内 服 を 勧 める 理 由 は, 感 染 直 後 にレトロビル(AZT)を 内 服 することで, 感 染 のリスクを 約 80 % 低 下 させることが 報 告 されている からです 抗 HIV 薬 を 2 剤 以 上 を 内 服 することで, 抗 ウイルス 効 果 がさらに 強 力 になることが 報 告 されています 4 その 他 妊 娠 していても 抗 HIV 薬 の 内 服 は 可 能 ですが, 妊 娠 している 場 合 は,エイズ 治 療 中 核 拠 点 病 院 である 徳 島 大 学 病 院, 又 は, 県 立 中 央 病 院 の 専 門 員 に 受 診 または 相 談 してください 抗 HIV 薬 は,B 型 肝 炎 の 治 療 薬 として 使 われているものがあります B 型 肝 炎 の 11

15 既 往 がある 場 合 は, 専 門 員 への 相 談 が 必 要 です 患 者 への HIV 検 査 の 説 明 事 項 ( 患 者 に 対 し HIV 検 査 の 同 意 を 得 る 場 合 に, 必 要 な 説 明 内 容 ) ( 別 紙 3) 以 下 の 内 容 を,プライバシーが 守 られる 環 境 で 説 明 する この 度, 医 療 行 為 または 看 護 ケアを 行 う 過 程 で, 当 院 職 員 が 患 者 の 体 液 に 曝 露 したこと による 事 故 を 起 こしたこと 一 般 に, 体 液 からは HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス) 感 染 症 等 を 起 こすことが 知 られてい るので, 職 員 への 感 染 予 防 のため,HIV 迅 速 検 査 をさせていただきたいこと 検 査 結 果 は, 分 かり 次 第, 後 日 お 伝 えすること 検 査 結 果 には 偽 陽 性 の 場 合 もあり, 確 定 診 断 がでるまでは 時 間 がかかること 万 一 感 染 されている 場 合 でも, 現 在 は 良 い 治 療 方 法 や 社 会 支 援 制 度 があること 当 院 職 員 が 予 防 内 服 治 療 を 行 う 場 合 に 必 要 となるため,HBs 抗 原 及 び HCV 抗 体 の 検 査 も 併 せて 行 いたいこと 検 査 の 為 に, 約 5ml の 採 血 を 行 うこと 検 査 の 費 用 は, 全 て 当 方 で 負 担 すること 個 人 情 報 ( 検 査 の 実 施, 結 果 等 )については, 患 者 への 報 告 及 び 当 院 職 員 の 感 染 予 防 の 目 的 以 外 には 使 用 しないこと 12

16 HIV 検 査 等 に 関 する 同 意 書 ( 患 者 用 ) ( 患 者 に 対 し HIV 検 査 の 同 意 を 得 る 場 合 に, 必 要 な 説 明 内 容 ) ( 別 紙 4) 様 この 度,あなたの 医 療 行 為 または 看 護 ケアを 行 う 過 程 で, 当 院 職 員 が,あなたの 体 液 ( 血 液 その 他 : )に 曝 露 するという 事 故 を 起 こしました 一 般 に, 体 液 による 事 故 で, 肝 炎 ウイルスや HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス)の 感 染 が 起 こ ることがあります 職 員 への 感 染 の 危 険 性 を 知 り, 予 防 的 治 療 の 必 要 性 を 判 断 するために, あなたの 血 液 を 採 血 して 検 査 をさせてください 検 査 の 項 目 は,B 型 肝 炎 ウイルス 検 査 (HBs 抗 原 検 査 ),C 型 肝 炎 ウイルス 検 査 (HCV 抗 体 検 査 ),HIV 検 査 (HIV 抗 原 抗 体 検 査 )です 検 査 の 費 用 は 病 院 が 負 担 いたします また, 検 査 の 結 果 は, 後 日,ご 報 告 させていただ きます なお, 個 人 情 報 ( 検 査 の 実 施, 結 果 等 )については, 当 院 職 員 の 感 染 予 防 の 目 的 以 外 には 使 用 いたしません 平 成 年 月 日 説 明 者 上 記 の 説 明 を 受 け, 採 血 検 査 を 受 けることに 同 意 します 平 成 年 月 日 署 名 13

17 ( 別 紙 5) HIV 検 査 等 に 関 する 同 意 書 ( 被 曝 露 者 用 ) 様 この 度, 発 生 した 体 液 曝 露 事 故 において,あなたが 予 防 内 服 をすることについての 必 要 性 を 検 討 する 上 で,あなたの HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス) 検 査 (HIV 抗 体 迅 速 検 査 )を 実 施 する 必 要 があります HIV 抗 体 が 作 られるまで 2 ~ 3 ヶ 月 かかると 言 われています 真 の 結 果 を 得 るため,HIV 検 査 を 複 数 回 行 うことになります 目 安 として, 事 故 発 生 後,6 週 間 後,3 ヶ 月 後 に 検 査 を 行 います また, 抗 HIV 薬 を 選 択 する 上 で,B 型 肝 炎 (HBs 抗 原 抗 体 検 査 ),HCV 抗 体 についても, 必 要 であれば 検 査 します 個 人 情 報 ( 検 査 の 実 施, 結 果 等 )については,あなたの HIV 感 染 予 防 の 目 的 以 外 には 使 用 しません 平 成 年 月 日 病 院 担 当 医 上 記 の 説 明 を 受 け, 複 数 回 の 採 血 検 査 を 受 けることに 同 意 します 平 成 年 月 日 名 前 14

18 ( 別 紙 6) 予 防 内 服 に 関 する 同 意 書 病 院 長 様 この 度, 私 は 体 液 曝 露 事 故 により HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス)に 感 染 する 危 険 性 と, 抗 HIV 剤 を 服 用 することによる 感 染 予 防 の 利 益, 抗 HIV 剤 による 副 作 用 の 発 生 リスクについ て 説 明 書 を 読 み, 医 師 から 説 明 を 受 けました また, 妊 婦 への 安 全 性 が 確 認 されていないことを 含 め, 説 明 を 十 分 理 解 した 上 で, 自 ら の 意 思 で, 抗 HIV 剤 による 予 防 内 服 ( 多 剤 併 用 療 法 )を 行 うことを 決 めましたので, 下 記 の 投 薬 を 希 望 します 服 用 希 望 薬 剤 ( 必 ず 本 人 がチェックすること) ツルバダ 錠 (テノホビルとエムトリシタビンの 合 剤 ) アイセントレス 錠 平 成 年 月 日 名 前 ( 医 療 機 関 名 : ) 15

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

Microsoft Word - (案1)表紙・目次

Microsoft Word - (案1)表紙・目次 HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 平 成 27 年 4 月 島 根 県 健 康 福 祉 部 薬 事 衛 生 課 目 次 マニュアル 使 用 上 の 注 意 1 曝 露 事 故 発 生 後 の 予 防 服 用 フローチャート 2 1. 事 故 の 発 生 した 一 般 医 療 機 関 での 対 応 3 2.エイズ 予 防 薬 配 備 医 療 機 関 での 対 応 4 3.

More information

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 一 般 医 療 機 関 向 け 平 成 26 年 7 月 改 定 版 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 編 はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された

More information

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです < 一 般 医 療 機 関 向 け> 曝 露 事 故 等 によるHIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 平 成 28 年 3 月 香 川 県 エ イ ズ 対 策 協 議 会 香 川 県 健 康 福 祉 部 薬 務 感 染 症 対 策 課 このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63> 母 子 の 健 康 の 推 進 ( 仮 訳 ) 問 題 の 大 きさとその 重 要 性 地 域 格 差 家 庭 地 域 社 会 そして 経 済 の 健 全 性 は 女 性 の 健 康 と 密 接 不 可 分 な 関 係 にある しかし 今 なお 世 界 のどこかでは 妊 娠 や 出 産 のために 女 性 が 100 秒 間 に 1 人 の 割 合 で 命 を 落 としてい る 母 親 と 子 供 の

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン B 型 肝 炎 の 基 本 (110309) 普 通 に 仕 事 をしていたら 避 けて 通 れない 疾 患 基 本 は 押 さえておく 必 要 がある ガイドラインを 中 心 に 復 習 知 識 の 整 理 をしておく 基 本 わが 国 では B 型 肝 炎 ウイルス 保 有 者 (キャリア)は 約 130~150 万 人 いるが その 多 くは 非 活 動 性 の 無 症 候 性 キャリアで 病

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

産業医の職務資料

産業医の職務資料 産 業 医 の 職 務 資 料 健 康 管 理 健 康 診 断 の 種 類 について 健 康 診 断 は 労 働 安 全 衛 生 法 などで 事 業 者 に 実 施 が 義 務 付 けられている 一 般 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 )と 特 殊 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 2 3 項 )の 2 種 類 に 加 え 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Taro13-160510HBVワクチンパブコ

Taro13-160510HBVワクチンパブコ B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 等 に 関 する 意 見 書 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 薬 害 オンブズパースン 会 議 代 表 鈴 木 利 廣 160-0022 東 京 都 新 宿 区 新 宿 1-14-4 AM ビル4 階 電 話 03(3350)0607 FAX 03(5363)7080 e-mail yakugai@t3.rim.or.jp URL://www.yakugai.gr.jp

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc 妊 婦 検 診 出 産 パッケージ 2014 年 1 月 1 日 ~2014 年 12 月 31 日 まで 有 効 みんなで 赤 ちゃんを 迎 えましょう 産 婦 人 科 医 助 産 師 麻 酔 医 小 児 科 医 新 生 児 専 門 医 看 護 師 からなる 経 験 豊 富 なチームが お 母 さんと 赤 ちゃんに 必 要 なケアを 提 供 します 上 海 ユナイテッドファミリー 病 院 では3,500

More information

外科外来を受診される方へ(問診票)

外科外来を受診される方へ(問診票) ワクチンで 予 防 可 能 な 病 気 (VPD)について 第 1 版 2013 年 4 月 1 日 作 成 VPD とは Vaccine=ワクチン Preventable= 予 防 可 能 な Diseases= 病 気 の 略 で 文 字 通 り ワ クチンで 予 防 可 能 な 病 気 のことです 主 な VPD には 次 のようなものがあります B 型 肝 炎 破 傷 風 おたふく 風 邪

More information

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない 公 害 報 酬 のご 請 求 について( 病 院 所 の 皆 さまへ) 1 公 害 医 手 帳 公 害 医 手 帳 は 被 認 定 者 の 資 格 を 判 断 するものであり 被 認 定 者 がその 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるための 証 明 書 としての 役 割 を 果 たしています 被 認 定 者 は そ の 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるために

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8A92E88EBE8AB38E7B90DD97C3977B94EF82C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8A92E88EBE8AB38E7B90DD97C3977B94EF82C982C282A282C42E646F63> 所 定 疾 患 施 設 療 養 費 について 所 定 疾 患 施 設 療 養 費 平 成 24 年 4 月 の 介 護 報 酬 改 正 により 介 護 老 人 保 健 施 設 において 入 所 者 の 医 療 ニーズに 適 切 に 対 応 する 観 点 から 肺 炎 や 尿 路 感 染 症 などの 疾 病 を 発 症 した 場 合 における 施 設 内 の 対 応 について 以 下 のような 条 件

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ この 薬 は? フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 1 月 更 新 販 売 名 一 般 名 含 有 量 [1 キット (2.4mL) 中 ] フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg テリパラチド( 遺 伝 子 組 換 え) Teriparatide (Genetical Recombination) 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 豚 繁 殖 呼 吸 障 害 症 候 群 (PRRS) 対 象 家 畜 : 豚 いのしし 原 因 : PRRSウイルスはプラス 一 本 鎖 RNAをゲノムとし 北 米 型 と 欧 州 型 の 二 つの 遺 伝 子 型 に 大 別 され 前 者 がより 強 毒 である 疫 学 : 1987 年 に 米 国 で 確 認 された 新 興 感 染 症 であり 世 界 中 に 拡 散 し 日 本 でも 北 米

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

はじめに 日 本 肝 臓 学 会 では 2013 年 4 月 に B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン( 第 1 版 ) を 公 表 し 2013 年 8 月 にはこれを 改 訂 した 第 1.2 版 を 学 会 ホームページ 上 で 公 表 いたしました このガイドラ インは B 型 肝 炎 治

はじめに 日 本 肝 臓 学 会 では 2013 年 4 月 に B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン( 第 1 版 ) を 公 表 し 2013 年 8 月 にはこれを 改 訂 した 第 1.2 版 を 学 会 ホームページ 上 で 公 表 いたしました このガイドラ インは B 型 肝 炎 治 B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン ( 第 2 版 簡 易 版 ) 2014 年 6 月 日 本 肝 臓 学 会 肝 炎 診 療 ガイドライン 作 成 委 員 会 編 はじめに 日 本 肝 臓 学 会 では 2013 年 4 月 に B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン( 第 1 版 ) を 公 表 し 2013 年 8 月 にはこれを 改 訂 した 第 1.2 版 を 学 会 ホームページ 上

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

感 染 対 策 がマニュアルに 従 って 実 施 されるように 指 導 することや 病 棟 での 意 見 を 聞 き 入 れることが 重 要 です そして ICT 検 討 会 で 改 善 策 な どについて 話 し 合 います 巡 回 は 医 療 施 設 の 規 模 によって 異 なりますが 通 常

感 染 対 策 がマニュアルに 従 って 実 施 されるように 指 導 することや 病 棟 での 意 見 を 聞 き 入 れることが 重 要 です そして ICT 検 討 会 で 改 善 策 な どについて 話 し 合 います 巡 回 は 医 療 施 設 の 規 模 によって 異 なりますが 通 常 2006 年 2 月 10 日 放 送 ICT と 薬 剤 師 の 役 割 山 形 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 薬 剤 部 長 助 教 授 白 石 正 ICTには 実 際 の 業 務 を 行 っている 薬 剤 師 が 参 加 すべき 感 染 対 策 は チーム 医 療 の 一 環 として 職 種 の 異 なったスタッフがそ れぞれの 専 門 性 を 生 かし 連 携 を 取 り 合 いながら

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 p.7 2 狂 犬 病

目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 p.7 2 狂 犬 病 熊 本 県 狂 犬 病 ( 疑 い) 発 生 時 対 応 マニュアル 平 成 24 年 4 月 熊 本 県 健 康 福 祉 部 健 康 危 機 管 理 課 目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

学 校 で 実 施 されている 紫 外 線 対 策 として 帽 子 着 用 指 導 プールに 日 よけを 設 置 紫 外 線 の 障 害 作 用 および 予 防 法 についての 指 導 サンスクリーン 剤 の 使 用 許 可 プール 授 業 時 のサンスクリーン 剤 使 用 が 回 答 されています

学 校 で 実 施 されている 紫 外 線 対 策 として 帽 子 着 用 指 導 プールに 日 よけを 設 置 紫 外 線 の 障 害 作 用 および 予 防 法 についての 指 導 サンスクリーン 剤 の 使 用 許 可 プール 授 業 時 のサンスクリーン 剤 使 用 が 回 答 されています 2010 年 1 月 7 日 放 送 第 108 回 日 本 皮 膚 科 学 会 総 会 15 教 育 講 演 25 より 学 校 保 健 を 考 える 学 校 における 紫 外 線 対 策 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 附 属 第 三 病 院 皮 膚 科 教 授 上 出 良 一 はじめに 紫 外 線 の 持 つ 皮 膚 や 眼 に 対 する 傷 害 性 が 明 らかになり 紫 外 線 防 御

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D> 桑 名 市 民 病 院 の 白 内 障 手 術 における 点 眼 指 導 正 しい 点 眼 方 法 は 治 療 効 果 を 十 分 に 発 揮 するだけでなく 副 作 用 の 防 止 につながる 白 内 障 手 術 に 関 る 使 用 薬 剤 ( 点 眼 液 内 服 薬 )は 一 定 という 特 徴 を 活 かし 点 眼 表 点 眼 箱 を 一 新 し また 点 眼 指 導 時 の 説 明 ポイント

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

仙台市のエイズ・性感染症の現状       資料4

仙台市のエイズ・性感染症の現状       資料4 のエイズ 性 感 染 症 の 現 状 資 料 1 (1) HIV エイズ 発 生 動 向 1 HIV 感 染 者 とエイズ 患 者 報 告 数 年 次 推 移 の 比 較 ( 概 要 ) の 状 況 HIV 感 染 者 数 は, 平 成 年 に 小 さなピークがあり,その 後 はいずれも 増 加 の 傾 向 を 示 していた が,ここ 数 年 は 横 ばい 傾 向 である 平 成 年 の HIV 感

More information

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月 Q A? 平 成 26 年 度 第 3 回 学 術 講 演 会 彩 の 国 予 防 接 種 推 進 協 議 会?! ワクチン/ 副 反 応 / 感 染 症 に 関 する 疑 問 に 答 えます! 平 成 27 年 4 月 11 日 ( 土 ) 浦 和 コミュニティーセンター 第 15 会 議 室 にて Q1 母 子 健 康 手 帳 を 持 参 するのを 忘 れた 母 親 が 子 どもを 連 れて 予

More information

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案) 別 添 1 酪 農 生 産 基 盤 強 化 事 業 第 1 事 業 実 施 主 体 この 事 業 の 事 業 実 施 主 体 は 平 成 28 年 度 畜 産 業 振 興 事 業 に 係 る 公 募 要 領 ( 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 27 農 畜 機 第 4499 号 )により 応 募 した 者 から 選 定 された 者 ( 以 下 公 募 団 体 という )とする 第 2 事

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています 2016 年 7 月 14 日 放 送 第 45 回 日 本 皮 膚 アレルギー 接 触 皮 膚 炎 学 会 7 パネルディスカッション4-4 花 粉 皮 膚 炎 のアップデート 東 京 医 科 歯 科 大 学 大 学 院 皮 膚 科 教 授 横 関 博 雄 はじめに 近 年 スギ 花 粉 症 患 者 に 呼 吸 器 症 状 消 化 器 症 状 咽 頭 症 状 発 熱 なども 見 られることが 良

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

第1 地方公務員災害補償制度の概要

第1 地方公務員災害補償制度の概要 第 1 制 度 の 概 要 - 1 - - 2 - 1 制 度 とは 制 度 とは 公 務 遂 行 又 は 通 勤 に 伴 って 生 じた 地 方 公 務 員 の 災 害 に 対 して 補 償 を 行 う 制 度 です 法 ( 地 公 災 法 )を 根 拠 とし 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 労 災 法 )や 国 家 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 国 公 災 法 )に 基 づく

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

公務災害補償 事務処理の手引

公務災害補償 事務処理の手引 Ⅱ 公 務 災 害 通 勤 災 害 の 認 定 基 準 1 公 務 災 害 認 定 の 要 件 21 (1) 公 務 遂 行 性 21 (2) 公 務 起 因 性 21 2 公 務 上 の 負 傷 22 3 公 務 上 の 疾 病 26 4 特 定 の 事 案 の 認 定 について 28 (1) 腰 痛 事 案 28 (2) 頸 部 痛 膝 痛 事 案 31 (3) 心 血 管 疾 患 及 び 脳

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information