目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 "

Transcription

1 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課

2 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 > 4 2 費 用 負 担 4 3 抗 HIV 薬 予 防 服 用 説 明 書 5 4 抗 HIV 薬 予 防 服 用 同 意 書 兼 抗 HIV 薬 予 防 投 与 依 頼 書 6 5 予 防 内 服 のための 連 絡 先 一 覧 ( 平 成 26 年 9 月 現 在 ) 7 附 属 資 料 1 使 用 済 み 医 療 器 具 由 来 のHIV 等 の 感 染 予 防 について( 依 頼 ) ( 平 成 13 年 9 月 27 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 疾 病 対 策 課 長 他 ) 2 C 型 肝 炎 エイズ 及 びMRSA 感 染 症 に 係 る 労 災 保 険 における 取 扱 いについて ( 平 成 5 年 10 月 29 日 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ) 3 労 災 保 険 におけるHIV 感 染 症 の 取 扱 いについて ( 平 成 22 年 9 月 9 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 疾 病 対 策 課 長 )

3 予 防 服 用 フローチャート で 暴 暴 露 事 故 発 生 き 露 応 急 処 置 事 医 療 事 故 担 当 医 に 報 告 る 故 だ 発 生 HIV 陽 性 血 液 陽 性 が 強 く 疑 われる 血 液 妊 娠 の 有 無 確 認 け 医 インフォームドコンセント す 療 自 院 で 対 応 同 意 書 依 頼 書 作 成 機 み 関 拠 拠 点 病 院 へ 電 話 連 絡 や 拠 点 病 院 に 受 診 か 点 同 意 書 依 頼 書 提 出 に 病 薬 剤 受 領 服 用 第 1 回 目 の 服 用 は 事 故 後 すみやかに 行 う 院 服 薬 継 続 の 判 断 基 本 的 な 服 用 期 間 は 4 週 間 内 服 継 続 及 び 継 続 に 関 する 問 題 に ついては 専 門 医 に 相 談 すること 1

4 マニュアル 使 用 上 の 注 意 Ⅰ 医 療 事 故 による HIV 感 染 を 防 止 するためには 曝 露 後 すみやかに ラルテグラビル(アイセ ントレス)とテノホビル/エムトリシタビン 合 剤 (ツルバダ)の 組 み 合 わせ 等 3 剤 以 上 の 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある (5ページ 抗 HIV 薬 予 防 服 用 説 明 書 参 照 のこと) Ⅱ 予 防 服 用 に 際 しては インフォームドコンセントが 必 要 である 事 故 が 起 こってからのインフォームドコンセントでは 速 やかな 予 防 服 用 が 困 難 であるため 医 療 従 事 者 にはあらかじめ 予 防 服 用 や 副 作 用 についての 知 識 を 周 知 しておき 事 故 が 発 生 し た 場 合 にどう 対 応 するかを 決 定 しておくための 事 前 教 育 が 必 要 である 特 に 医 療 事 故 担 当 医 は 当 マニュアルや 付 属 資 料 をよく 読 み 理 解 しておく 必 要 がある Ⅲ 予 防 服 用 を 開 始 するかどうかは 曝 露 にあった 医 療 従 事 者 本 人 が 自 己 決 定 しなければならな い Ⅳ このマニュアルに 基 づき 曝 露 後 の 診 療 を 対 応 可 能 なエイズ 拠 点 病 院 へ 依 頼 する 際 には 本 人 の 同 意 書 と 医 療 事 故 担 当 医 の 依 頼 書 を 提 出 すること Ⅴ 服 用 開 始 後 4 週 間 の 服 用 を 継 続 するかどうか 及 び 内 服 継 続 に 問 題 がある 場 合 の 対 処 法 は 被 曝 露 者 が 専 門 医 と 相 談 の 上 決 定 すべきである Ⅵ このマニュアルは 一 般 医 療 機 関 において HIV への 職 業 上 曝 露 が 発 生 した 場 合 に 職 員 の 安 全 対 策 として 自 院 においての 対 応 を 基 本 とするものの 自 院 において 予 防 服 用 に 係 る 抗 HIV 薬 の 備 付 が 無 い 場 合 など 一 般 医 療 機 関 において 被 曝 露 者 が 拠 点 病 院 等 専 門 医 に 受 診 する 際 の 対 応 用 として 作 成 されたものである 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 HIV 感 染 のおそれのある 曝 露 事 故 が 発 生 した 場 合 は 1ページの 予 防 服 用 フローチャ ート に 従 って 対 応 する 以 下 は フローチャート の 内 容 の 詳 細 である < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > (1) 曝 露 事 故 曝 露 事 故 とは 針 刺 し 事 故 や 鋭 利 な 医 療 器 具 による 切 創 等 皮 内 への HIV 汚 染 血 液 の 曝 露 及 び 粘 膜 や 傷 のある 皮 膚 への 血 液 等 感 染 性 体 液 の 曝 露 をいう (2) 応 急 処 置 曝 露 部 位 を 大 量 の 流 水 と 石 けん( 眼 球 粘 膜 への 曝 露 の 場 合 は 大 量 の 流 水 )で 洗 浄 する (3) 医 療 事 故 担 当 医 に 報 告 被 曝 露 者 は 曝 露 事 故 の 発 生 時 刻 状 況 程 度 事 故 の 原 因 となった 患 者 の 病 状 等 を 直 ちに 院 内 の 曝 露 事 故 担 当 医 に 報 告 する (4) HIV 陽 性 血 液 陽 性 が 強 く 疑 われる 血 液 陽 性 が 強 く 疑 われる 血 液 とは HIV 抗 体 検 査 の 結 果 は 不 明 だが ニューモシスチス(カ - 2 -

5 リニ) 肺 炎 クリプトコッカス 髄 膜 炎 等 の 症 状 があり HIV 陽 性 であることが 推 定 でき る 血 液 をいう ( 単 に HIV 感 染 の 有 無 が 不 明 という 場 合 には 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 の 対 象 とはならない ) (5) 妊 娠 の 有 無 確 認 妊 娠 の 有 無 を 確 認 し 可 能 な 場 合 は 妊 娠 反 応 検 査 を 実 施 する (6)インフォームド コンセント 担 当 医 は 曝 露 事 故 の 状 況 を 確 認 し 感 染 リスクが 高 いと 判 断 される 場 合 には 5 ページ 抗 HIV 薬 予 防 服 用 説 明 書 により 予 防 服 用 の 効 果 と 副 作 用 について 説 明 す る 被 曝 露 者 は 予 防 服 用 の 利 益 と 不 利 益 を 考 慮 して 服 用 を 開 始 するかどうか 自 己 決 定 する ( 診 療 所 などの 医 師 で 曝 露 事 故 担 当 医 を 兼 ねている 場 合 などは 自 身 で 判 断 する )その 際 担 当 医 は 被 曝 露 者 のプライバシーの 保 護 について 十 分 に 留 意 する 必 要 がある なお 院 内 での 感 染 報 告 経 路 については 1 服 用 開 始 の 迅 速 性 2プライバシーの 保 護 を 考 慮 し 可 能 な 範 囲 で 短 縮 する (7)B 型 肝 炎 ウイルス 腎 障 害 の 有 無 確 認 テノホビル/エムトリシタビン 合 剤 (ツルバダ)には 投 与 中 の 腎 機 能 障 害 投 与 終 了 後 の B 型 肝 炎 の 増 悪 の 副 作 用 があるため 被 汚 染 者 がB 型 肝 炎 ウイルス 保 持 者 あるいは 腎 障 害 を 持 つ 場 合 薬 剤 の 変 更 を 考 慮 する (8) 同 意 書 依 頼 書 作 成 同 意 書 依 頼 書 の 作 成 にあたっては 6ページ 抗 HIV 薬 予 防 服 用 同 意 書 の 服 用 希 望 薬 剤 欄 のチェック 及 び 署 名 を 必 ず 被 曝 露 者 自 身 が 記 載 し 同 時 に 担 当 医 が 抗 HIV 薬 予 防 投 与 依 頼 書 を 記 載 する (9) 拠 点 病 院 への 電 話 依 頼 診 療 を 依 頼 する 場 合 には 7ページ 予 防 服 用 のための 連 絡 先 一 覧 に 基 づき 事 前 連 絡 が 必 要 な 拠 点 病 院 には 必 ず 担 当 者 に 電 話 連 絡 する (10) 拠 点 病 院 を 受 診 薬 剤 の 服 用 事 故 後 すみやかに 拠 点 病 院 を 受 診 し 同 意 書 及 び 依 頼 書 を 提 出 して 薬 剤 の 処 方 を 受 けた 後 直 ちに 第 1 回 目 の 服 用 をする (11)その 他 原 因 となった 患 者 の 抗 体 検 査 が 未 実 施 の 場 合 は 必 ず 患 者 の 同 意 を 得 た 上 で 抗 体 検 査 ( 迅 速 検 査 など)を 実 施 する - 3 -

6 < 拠 点 病 院 での 対 応 > (1) 事 前 準 備 電 話 での 依 頼 を 受 けた 拠 点 病 院 は 曝 露 事 故 後 できるだけ 早 く 第 1 回 服 用 が 可 能 とな るよう 直 ちに 診 療 の 準 備 をする (2) 受 診 時 拠 点 病 院 では 同 意 書 及 び 依 頼 書 を 受 け 取 り 診 療 する < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 > 以 下 に 示 すような 状 況 では 専 門 医 への 相 談 が 必 須 であるが, 相 談 のために 曝 露 後 予 防 内 服 の 開 始 が 遅 れることがあってはならない このような 場 合 には, 遅 滞 なく 予 防 内 服 を 開 始 した 上 で, 可 及 的 速 やかに 拠 点 病 院 の 医 師 等 専 門 医 に 相 談 する (1) 曝 露 の 報 告 が 遅 延 した 場 合 ( 例 えば 72 時 間 以 上 ) (2) 由 来 源 不 明 の 場 合 ( 針 捨 てボックス 内 や 洗 濯 物 内 の 針 ) (3) 曝 露 者 が 妊 娠 している 場 合 あるいは 疑 われる 場 合 (4) 曝 露 者 における 授 乳 (5) 由 来 ウイルスの 薬 剤 耐 性 が 明 確 または 疑 われる 場 合 (6) 初 回 曝 露 後 予 防 開 始 後 の 毒 性 (7) 曝 露 者 における 重 篤 な 疾 患 2 費 用 負 担 (1) 医 療 機 関 内 の 曝 露 事 故 による 医 療 従 事 者 の 感 染 予 防 対 策 は 各 医 療 機 関 の 責 任 にお いて 実 施 されるべきものである なお 予 防 服 用 に 関 する 費 用 は 自 費 扱 いとし 拠 点 病 院 の 請 求 に 基 づき 曝 露 事 故 が 発 生 した 医 療 機 関 が 支 払 う (2) 抗 HIV 薬 の 予 防 服 用 については 健 康 保 険 の 給 付 の 対 象 ではない 労 災 保 険 における 取 扱 いについては 附 属 資 料 C 型 肝 炎 エイズ 及 び MRSA 感 染 症 に 係 る 労 災 保 険 における 取 扱 いについて 及 び 労 災 保 険 におけるHIV 感 染 症 の 取 扱 い について を 参 考 にする ( 抜 粋 ) 医 療 従 事 者 等 が HIV 保 有 者 の 血 液 等 に 業 務 上 接 触 したことに 起 因 して HIV に 感 染 した 場 合 には 業 務 上 疾 病 として 取 り 扱 われるとともに 医 学 上 必 要 な 治 療 は 保 険 給 付 の 対 象 となる - 4 -

7 3 抗 HIV 薬 予 防 服 用 説 明 書 針 刺 し 事 故 などで HIV 汚 染 血 液 等 に 曝 露 した 場 合 の 感 染 リスクは 曝 露 後 予 防 を 全 く 行 なわない 場 合 針 刺 し 事 故 の 場 合 で 0.3% 粘 膜 曝 露 の 場 合 で 0.09%とされている また 感 染 直 後 に AZT 単 剤 を 服 用 することで このリスクを 80% 以 上 低 下 させると 言 われていま す そして 抗 HIV 薬 による 多 剤 併 用 療 法 を 行 うことで その 効 果 はさらに 高 まると 考 え られています 抗 HIV 薬 の 予 防 服 用 は 曝 露 時 の 状 況 や 事 故 者 の 基 礎 疾 患 予 測 される 副 作 用 などを 考 慮 し 約 20 種 類 ある 抗 HIV 薬 から 3 剤 の 薬 剤 を 選 択 し 服 用 します 抗 HIV 薬 は 決 して 副 作 用 の 少 ない 薬 ではありません 特 に 妊 娠 初 期 での 胎 児 への 安 全 性 は 確 認 されていません 服 用 に 当 たっては 使 用 する 薬 剤 の 副 作 用 を 添 付 文 書 等 で 確 認 し 感 染 を 予 防 する 利 益 と 副 作 用 による 不 利 益 を 考 えあわせた 上 必 要 な 場 合 は 少 しでも 早 く 服 用 を 開 始 してください 通 常 4 週 間 の 継 続 服 用 が 必 要 と 考 えられています 推 奨 選 択 [ラルテグラビル](アイセントレス 錠 ) + [テノホビル/エムトリシタビン 合 剤 ](ツルバダ 錠 ) [テノホビル/エムトリシタビン 合 剤 ](ツルバダ 錠 )と[ロピナビル/リトナビル 合 剤 ](カレトラ 錠 )の 併 用 の 効 果 も 確 立 されているため 使 用 可 能 参 考 予 防 服 用 に 標 準 的 に 用 いられている[テノホビル/エムトリシタビン](ツルバダ 錠 ) とラルテグラビルカリウム(アイセントレス 錠 ) [ロピナビル/リトナビル 合 剤 ](カレトラ 錠 )の 注 意 点 と 副 作 用 主 な 副 作 用 服 用 方 法 と 注 意 事 項 ラルテグラビル(アイセ ントレス) 頭 痛 不 眠 症 悪 心 1 回 1 錠 1 日 2 回 経 口 投 与 する テノホビル/エムトリシタ ビン 合 剤 (ツルバダ) B 型 慢 性 肝 炎 を 合 併 して いる 患 者 では 本 剤 の 投 与 中 止 により B 型 慢 性 肝 炎 が 再 燃 するおそれがある ので 本 剤 の 投 与 を 中 断 す る 場 合 には 十 分 注 意 する こと 特 に 非 代 償 性 の 場 合 重 症 化 するおそれがあるの で 注 意 すること 下 痢 悪 心 腹 痛 浮 動 性 めまい 頭 痛 不 眠 症 無 力 症 成 人 には 1 回 1 錠 (エム トリシタビン 200 mg 及 び テノホビルジソプロキシ ル 300 mgを 含 有 )を 1 日 1 回 経 口 投 与 する ロピナビル/リトナビル 合 剤 (カレトラ) 下 痢 悪 心 無 力 症 など 徐 脈 性 不 整 脈 重 い 皮 膚 発 疹 皮 膚 障 害 にも 注 意 を 要 する 1 回 2 錠 1 日 2 回 又 は 1 回 4 錠 1 日 1 回 経 口 投 与 する 価 薬 1 錠 1, 円 1 錠 3, 円 1 錠 円 - 5 -

8 4 抗 HIV 薬 予 防 服 用 同 意 書 兼 抗 HIV 薬 予 防 投 与 依 頼 書 < 取 扱 注 意 > 抗 HIV 薬 予 防 服 用 同 意 書 エイズ 拠 点 病 院 病 院 長 様 私 は HIV 汚 染 血 液 等 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 予 防 服 用 における 利 益 と 不 利 益 について 説 明 を 受 け 妊 婦 への 安 全 性 が 確 認 されていないことを 含 め 十 分 に 理 解 しました 私 は 自 らの 意 思 により 服 用 を 希 望 します 年 月 日 医 療 機 関 名 部 署 名 氏 名 抗 HIV 薬 予 防 投 与 依 頼 書 エイズ 拠 点 病 院 病 院 長 様 氏 名 生 年 月 日 年 月 日 ( ) 歳 被 曝 露 者 性 別 ( 男 女 ) 妊 娠 ( 有 無 ) 現 在 服 用 中 の 薬 剤 ( ) 発 生 日 時 年 月 日 時 分 事 故 状 況 事 故 内 容 針 刺 し 切 創 粘 膜 汚 染 皮 膚 汚 染 原 因 患 者 の 病 状 HIV 抗 体 陽 性 HIV 抗 体 陽 性 疑 ( 原 因 ) 上 記 の 者 は HIV 感 染 のおそれがあり 予 防 服 用 についての 説 明 を 受 けて 服 用 の 同 意 が あったので 抗 HIV 薬 の 投 与 を 依 頼 します なお 今 回 の 予 防 内 服 にかかる 費 用 については 当 院 が 責 任 をもって 対 応 します 年 月 日 時 分 医 療 機 関 所 在 地 医 療 機 関 名 医 療 機 関 の 長 氏 名 部 署 名 連 絡 先 担 当 医 氏 名 - 6 -

9 5 予 防 服 用 のための 連 絡 先 一 覧 ( 平 成 26 年 10 月 現 在 ) 医 療 機 関 へは 電 話 連 絡 してから 受 診 してください その 際 来 院 時 の 受 付 場 所 の 確 認 をしてください 拠 点 病 院 名 住 所 連 絡 先 留 意 事 項 兵 庫 医 科 大 学 病 院 神 戸 大 学 医 学 部 附 属 病 院 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 神 戸 医 療 セン ター 神 戸 市 立 医 療 センター 中 央 市 民 病 院 西 宮 市 武 庫 川 町 神 戸 市 中 央 区 楠 町 神 戸 市 須 磨 区 西 落 合 神 戸 市 中 央 区 港 島 南 町 受 付 平 日 8:30~16:45 土 曜 (1 3 5 週 ) 8:30~12:30 夜 間 休 日 上 記 以 外 の 時 間 担 当 科 血 液 内 科 連 絡 先 平 日 土 曜 週 ( 病 院 事 務 部 管 理 課 馬 場 ) 夜 間 休 日 ( 事 務 当 直 ) 受 付 平 日 9:00~17:00 休 日 9:00~17:00 担 当 科 感 染 症 内 科 連 絡 先 電 話 平 日 ( 代 表 より 感 染 症 内 科 PHSへ) 休 日 ( 医 事 課 当 直 より 感 染 症 内 科 医 師 携 帯 へ) 受 付 平 日 8:30~17:15 担 当 科 内 科 連 絡 先 電 話 ( 地 域 医 療 連 携 室 山 崎 直 美 ) 受 付 時 間 内 時 間 外 とも 担 当 科 血 液 内 科 連 絡 先 電 話 県 立 尼 崎 病 院 尼 崎 市 東 大 物 町 受 付 平 日 9:00~16:00 担 当 科 血 液 腫 瘍 内 科 連 絡 先 電 話 ( 血 液 腫 瘍 内 科 林 孝 昌 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 関 西 労 災 病 院 尼 崎 市 稲 葉 荘 受 付 平 日 8:15~17:00 担 当 科 内 科 連 絡 先 電 話 ( 内 科 橋 本 光 司 ) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 兵 庫 中 央 病 院 三 田 市 大 原 1314 受 付 いつでも 可 連 絡 先 電 話 事 前 連 絡 必 要 ( 副 院 長 舟 川 格 夜 間 休 日 は 当 直 医 ) - 7 -

10 県 立 加 古 川 医 療 センター 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 姫 路 医 療 セン ター 公 立 豊 岡 病 院 組 合 立 豊 岡 病 院 加 古 川 市 神 野 町 神 野 姫 路 市 本 町 豊 岡 市 戸 牧 1094 受 付 平 日 8:45~17:30 夜 間 17:30~ 8:45 休 日 8:45~ 翌 日 8:45 担 当 科 医 療 安 全 対 策 担 当 連 絡 先 電 話 ( 医 療 安 全 対 策 部 長 ( 心 臓 血 管 外 科 ) 西 脇 正 美 ) 受 付 平 日 8:30~17:15 平 日 17:15~ 翌 日 8:30 休 日 8:30~ 翌 日 8:30 担 当 科 内 科 連 絡 先 電 話 ( 藤 井 希 代 子 ( 内 8156) 三 木 久 子 ( 内 8551) 夜 間 休 日 は 当 直 医 ) 受 付 平 日 8:15~17:15 平 日 17:15~ 8:30 休 日 8:30~ 翌 日 8:30 担 当 科 泌 尿 器 科 連 絡 先 電 話 事 前 連 絡 必 要 ( 泌 尿 器 科 瀧 洋 二 ) 県 立 淡 路 医 療 センター 洲 本 市 塩 屋 受 付 平 日 昼 間 担 当 科 内 科 連 絡 先 電 話 事 前 連 絡 必 要 ( 内 科 野 村 哲 彦 ) - 8 -

11

12 - 16 -

13 -17-

14 /

15 - 19 -

16 - 20 -

17 - 21 -

18

19

20

21

22

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

Microsoft Word - (案1)表紙・目次

Microsoft Word - (案1)表紙・目次 HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 平 成 27 年 4 月 島 根 県 健 康 福 祉 部 薬 事 衛 生 課 目 次 マニュアル 使 用 上 の 注 意 1 曝 露 事 故 発 生 後 の 予 防 服 用 フローチャート 2 1. 事 故 の 発 生 した 一 般 医 療 機 関 での 対 応 3 2.エイズ 予 防 薬 配 備 医 療 機 関 での 対 応 4 3.

More information

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 一 般 医 療 機 関 向 け 平 成 26 年 7 月 改 定 版 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 編 はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです < 一 般 医 療 機 関 向 け> 曝 露 事 故 等 によるHIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 平 成 28 年 3 月 香 川 県 エ イ ズ 対 策 協 議 会 香 川 県 健 康 福 祉 部 薬 務 感 染 症 対 策 課 このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208356839383748346815B83595432388FF95F32303130944E30378C8E8D58905681698B408D5C97B98FB3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208356839383748346815B83595432388FF95F32303130944E30378C8E8D58905681698B408D5C97B98FB3816A2E646F63> この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) シンフェーズ T28 錠 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2010 年 7 月 更 新 シンフェーズ T28 錠 Synphase T28 Tab. ノルエチステロン Norethisterone エチニルエストラジオール Ethinylestradiol 淡 青 色 の 錠 剤 白 色 の 錠 剤 だいだい 色 の 錠 剤 ノルエチステロン

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63> 母 子 の 健 康 の 推 進 ( 仮 訳 ) 問 題 の 大 きさとその 重 要 性 地 域 格 差 家 庭 地 域 社 会 そして 経 済 の 健 全 性 は 女 性 の 健 康 と 密 接 不 可 分 な 関 係 にある しかし 今 なお 世 界 のどこかでは 妊 娠 や 出 産 のために 女 性 が 100 秒 間 に 1 人 の 割 合 で 命 を 落 としてい る 母 親 と 子 供 の

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc 三 協 化 学 株 式 会 社 SDS キシロール 1 安 全 データシート(SDS) キシロール 作 成 日 2015 年 11 月 1 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 :キシロール 会 社 名 住 所 : 三 協 化 学 株 式 会 社 : 461-0011 愛 知 県 名 古 屋 市 東 区 白 壁 4 丁 目 68 番 地 電 話 番 号

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

目 次 性 感 染 症 診 断 治 療 ガイドライン -2011 年 度 版 発 行 に 際 して - 第 1 部 症 状 とその 鑑 別 診 断 1. 尿 道 炎 10 2. 急 性 精 巣 上 体 炎 11 3. 直 腸 炎 14 4-1. 潰 瘍 性 病 変 ( 男 性 ) 18 4-2. 潰

目 次 性 感 染 症 診 断 治 療 ガイドライン -2011 年 度 版 発 行 に 際 して - 第 1 部 症 状 とその 鑑 別 診 断 1. 尿 道 炎 10 2. 急 性 精 巣 上 体 炎 11 3. 直 腸 炎 14 4-1. 潰 瘍 性 病 変 ( 男 性 ) 18 4-2. 潰 2011 年 度 版 発 行 に 際 して 2011 ( 平 成 23) 年 6 月 日 本 性 感 染 症 学 会 前 理 事 長 理 事 長 ガイドライン 委 員 長 守 殿 貞 夫 小 野 寺 昭 一 岸 本 寿 男 日 本 性 感 染 症 学 会 では 2002 年 にわが 国 初 の 性 感 染 症 (sexually transmitted infections : STI) に 関 するガイドラインとして

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

( 手 数 料 ) 第 6 条 し 尿 を 搬 入 する 者 ( 以 下 搬 入 者 という )は し 尿 処 理 手 数 料 ( 以 下 手 数 料 という )として し 尿 の 投 入 量 に 応 じて 100 リットルにつき 28.58 円 を 乗 じて 得 た 額 に 消 費 税 法 ( 昭

( 手 数 料 ) 第 6 条 し 尿 を 搬 入 する 者 ( 以 下 搬 入 者 という )は し 尿 処 理 手 数 料 ( 以 下 手 数 料 という )として し 尿 の 投 入 量 に 応 じて 100 リットルにつき 28.58 円 を 乗 じて 得 た 額 に 消 費 税 法 ( 昭 第 7 編 施 設 第 1 章 衛 生 処 理 場 し 尿 処 理 施 設 条 例 昭 和 63 年 4 月 1 日 条 例 第 2 5 号 改 正 平 成 4 年 2 月 20 日 条 例 第 2 号 平 成 17 年 10 月 7 日 条 例 第 1 号 平 成 25 年 2 月 18 日 条 例 第 1 号 平 成 26 年 2 月 9 日 条 例 第 2 号 北 上 花 巻 衛 生 処 理

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 における 主 要 改 定 項 目 について( 案 ) 1 / 30 目 次 重 点 課 題 1 救 急 産 科 小 児 外 科 等 の 医 療 の 再 建 重 点 課 題 1-1 地 域 連 携 による 救 急 患 者 の 受 入 れの 推 進 について 救 急 入 院 医 療 の 充 実 に 係 る 評 価... 1 地 域 の 連 携 による 救 急

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ この 薬 は? フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 1 月 更 新 販 売 名 一 般 名 含 有 量 [1 キット (2.4mL) 中 ] フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg テリパラチド( 遺 伝 子 組 換 え) Teriparatide (Genetical Recombination) 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要 2015 年 5 月 治 験 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 開 催 日 時 : 2015 年 5 月 20 日 ( 水 ) 16:00~17:45 開 催 場 所 : 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 第 3 会 議 室 委 員 名 簿 及 び 出 欠 氏 名 職 業 資 格 及 び 所 属 委 員 区 分 出 欠 委 員 長 鈴 木 利 根 医 師 眼 科 専 門 副 委 員

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1)

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1) 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 定 年 退 職 職 員 再 雇 用 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G 職 員 就 業 規 則 第 20 条 第 1 項 及 びE 職 員 就 業 規 則 第 19 条 第 1 項 に 基 づき 定 年 退 職 した 職 員 を 同 第 2 項 により 再 雇 用 する 場 合

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

Microsoft Word Fix_ルナベルLD・ULD 患者向医薬品ガイド2014年9月更新(日本新薬)

Microsoft Word Fix_ルナベルLD・ULD 患者向医薬品ガイド2014年9月更新(日本新薬) この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2014 年 9 月 更 新 ルナベル 配 合 錠 LD ルナベル 配 合 錠 ULD ルナベル 配 合 錠 LD LUNABELL tablets LD ノルエチステロン 1mg エチニルエストラジオール 0.035mg ノルエチステロン (Norethisterone) エチニルエストラジオール

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

OPD添付文書-1512(8)イJ

OPD添付文書-1512(8)イJ 資 料 1-2 薬 生 安 発 0 1 2 8 第 1 号 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 別 記 1) 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) ニボルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) 製 剤 使 用 時 の 劇 症 1 型 糖 尿 病 に 関 する 周 知 について( 依 頼 ) 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 につきましては

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

外科外来を受診される方へ(問診票)

外科外来を受診される方へ(問診票) ワクチンで 予 防 可 能 な 病 気 (VPD)について 第 1 版 2013 年 4 月 1 日 作 成 VPD とは Vaccine=ワクチン Preventable= 予 防 可 能 な Diseases= 病 気 の 略 で 文 字 通 り ワ クチンで 予 防 可 能 な 病 気 のことです 主 な VPD には 次 のようなものがあります B 型 肝 炎 破 傷 風 おたふく 風 邪

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

第1回 訓練マニュアル研究会次第

第1回  訓練マニュアル研究会次第 資 料 3 救 急 業 務 統 計 作 業 部 会 報 告 書 ( 案 ) 平 成 21 年 3 月 総 務 省 消 防 庁 目 次 はじめに 第 1 章 救 急 業 務 統 計 の 現 状 及 び 課 題 1 救 急 業 務 統 計 の 現 状 2 救 急 業 務 統 計 における 課 題 第 2 章 救 急 業 務 統 計 の 調 査 項 目 の 見 直 しについて 1 調 査 項 目 の 見

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4>

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4> 再 生 医 療 / 細 胞 組 織 加 工 製 品 実 用 化 のための 薬 事 講 習 会 平 成 21 年 7 月 3 日 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 会 議 室 ヒト 幹 細 胞 を 用 いる 臨 床 研 究 に 関 する 指 針 等 について 厚 生 労 働 省 医 政 局 研 究 開 発 振 興 課 ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 対 策 専 門 官 田 邊 裕 貴 1

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで 休 暇 の 取 扱 いについて ( 平 成 7 年 3 月 24 日 甲 通 達 警 第 18 号 ) みだしのことについては 静 岡 県 警 察 職 員 の 勤 務 休 日 休 暇 等 の 管 理 に 関 する 訓 令 ( 平 成 7 年 県 本 部 訓 令 第 7 号 以 下 勤 務 訓 令 という ) 第 18 条 の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 定 め 平 成 7 年 4 月 1 日

More information

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ 放 射 線 科 学 放 射 線 被 ばくについての 最 近 の 話 題 石 口 恒 男 画 像 診 断 とインターベンショナルラジオロジー(IVR) および 放 射 線 防 護 を 専 門 とする 放 射 線 科 医 として 患 者 さんやご 家 族 の 方 々から 医 療 被 ばくについ ての 相 談 を 受 けることが 少 なくない ここでは 被 ばくに 関 する 最 近 の 話 題 を いくつかご

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

16号.xls

16号.xls 16 1 患 者 様 中 心 の 医 療 2 安 全 な 医 療 3 質 の 高 い 医 療 4 健 全 なる 経 営 5 救 急 医 療 の 充 実 人 事 異 動 のお 知 らせ 平 成 22 年 6 月 に 転 入 された 先 生 トウブ ショウヘイ タナカ ナオヒロ クサノ マ オ 日 本 泌 尿 器 学 会 ( 専 門 医 ) 日 本 眼 学 会 ( 専 門 医 ) 転 出 された 先 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information