目 次 第 1 章 作 成 の 趣 旨 第 2 章 安 心 で 利 便 性 の 高 い 検 査 相 談 体 制 の 構 築 1 保 健 所 におけるHIV 検 査 事 業 の 強 化 2 保 健 所 におけるカウンセリング 体 制 の 強 化 3 HIV 感 染 者 に 対 する 適 切 な 医 療

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 章 作 成 の 趣 旨 第 2 章 安 心 で 利 便 性 の 高 い 検 査 相 談 体 制 の 構 築 1 保 健 所 におけるHIV 検 査 事 業 の 強 化 2 保 健 所 におけるカウンセリング 体 制 の 強 化 3 HIV 感 染 者 に 対 する 適 切 な 医 療"

Transcription

1 愛 知 県 エイズ 対 策 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 ( 平 成 23 年 4 月 改 訂 ) 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 健 康 対 策 課

2 目 次 第 1 章 作 成 の 趣 旨 第 2 章 安 心 で 利 便 性 の 高 い 検 査 相 談 体 制 の 構 築 1 保 健 所 におけるHIV 検 査 事 業 の 強 化 2 保 健 所 におけるカウンセリング 体 制 の 強 化 3 HIV 感 染 者 に 対 する 適 切 な 医 療 の 提 供 及 び 相 談 体 制 の 確 保 第 3 章 効 果 的 な 予 防 啓 発 事 業 及 び 広 報 の 実 施 1 若 年 層 を 対 象 とした 予 防 啓 発 の 強 化 2 男 性 同 性 愛 者 (MSM)を 対 象 とした 予 防 啓 発 の 強 化 3 外 国 国 籍 者 を 対 象 とした 予 防 啓 発 の 強 化 4 県 民 を 対 象 とした 一 般 的 な 予 防 啓 発 の 継 続 第 4 章 関 係 機 関 の 連 携 の 強 化

3 第 1 章 作 成 の 趣 旨 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 (エイズ)が 1981 年 にアメリカで 初 めて 報 告 されて 約 30 年 が 経 過 している 当 初 は 男 性 同 性 愛 者 又 は 両 性 愛 者 で 免 疫 力 の 低 下 という 共 通 点 がみられた ために 男 性 同 性 愛 者 に 特 有 の 病 気 ではないかと 言 われたこともあったが その 後 の 疫 学 調 査 の 結 果 HIV(Human Immunodeficiency Virus;ヒト 免 疫 不 全 ウイルス)が 引 き 起 こす 感 染 症 であることが 明 らかとなった 現 在 エイズは 結 核 マラリア とともに3 大 感 染 症 として その 感 染 防 止 等 の 対 策 は 一 国 のみならず 全 世 界 的 に 取 り 組 んでいかなければならない 問 題 となっている わが 国 では エイズは 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 4 月 施 行 以 下 法 という )に 基 づく5 類 感 染 症 とされて いるところであるが 全 国 のエイズ 発 生 動 向 を 把 握 している 厚 生 労 働 省 エイズ 動 向 委 員 会 の 報 告 によれば 未 発 症 HIV 感 染 者 ( 以 下 HIV 感 染 者 という ) とエイズ 患 者 の 報 告 数 は 毎 年 更 新 され 増 加 が 続 いている エイズ 患 者 の 増 加 を 抑 えた 先 進 国 に 比 べると わが 国 ではエイズ 患 者 及 び HIV 感 染 者 の 報 告 数 は 増 加 の 一 途 をたどっており これまでの 報 告 数 は1 万 5 千 人 を 大 きく 超 え 年 間 に 約 1500 人 の 報 告 がある このような 中 で 国 は 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 を 作 成 し エイズを 国 地 方 公 共 団 体 医 療 関 係 者 及 びNGO 等 が 連 携 して 取 り 組 んでいく 課 題 として 位 置 付 けている さらに 国 は 平 成 18 年 2 月 エイズ 患 者 HIV 感 染 者 の 報 告 数 が 特 に 多 い 地 域 の 地 方 自 治 体 ( 愛 知 県 を 始 めとする 全 国 17 自 治 体 )を 重 点 的 に 連 絡 調 整 すべき 都 道 府 県 等 として 選 定 し 効 果 的 なエイズ 対 策 の 推 進 を 求 めている これに 対 し 本 県 では 平 成 19 年 7 月 に エイズ 対 策 を 推 進 するために 必 要 な 課 題 施 策 等 を 検 討 協 議 する 機 関 として エイズに 関 する 専 門 家 及 び 関 係 行 政 機 関 の 職 員 により 構 成 する 愛 知 県 エイズ 対 策 会 議 ( 以 下 対 策 会 議 という ) を 設 置 し 平 成 20 年 3 月 18 日 には 対 策 会 議 から 愛 知 県 における 今 後 のエイ ズ 対 策 について の 提 言 を 受 けた 本 ガイドラインは この 対 策 会 議 の 提 言 をもとに エイズの 感 染 及 びまん 延 防 止 を 目 的 とした 本 県 のエイズ 対 策 を 計 画 的 かつ 効 果 的 に 推 進 するために 作 成 する ものである - 1 -

4 第 2 章 安 心 で 利 便 性 の 高 い 検 査 相 談 体 制 の 構 築 1 保 健 所 におけるHIV 検 査 事 業 の 強 化 考 え 方 近 年 抗 HIV 薬 の 開 発 等 に 伴 う 治 療 技 術 の 進 歩 により 感 染 が 判 明 し ても 投 薬 等 により 就 学 就 労 を 含 め 通 常 の 生 活 を 続 けることが 可 能 となった HIV 感 染 者 にあっては 早 期 にHIV 抗 体 検 査 を 受 検 し 適 切 な 治 療 を 受 けることが 自 身 の 健 康 を 維 持 する 上 で 大 切 となった このため HIV 検 査 事 業 を 強 化 し 未 だHIVに 感 染 していることを 知 らない 人 々に 向 けて 受 けやすい 検 査 環 境 を 構 築 し HIV 陽 性 者 には 早 期 治 療 のための 医 療 機 関 の 紹 介 や 就 労 就 学 等 の 生 活 相 談 を 提 供 し また HIV 抗 体 検 査 受 検 者 には 感 染 予 防 に 関 する 知 識 を 提 供 するなど まん 延 防 止 を 推 進 することが 重 要 である 具 体 的 には 受 検 者 の 利 便 性 を 考 慮 した 検 査 体 制 例 えば 土 曜 休 日 検 査 夜 間 検 査 及 び 即 日 検 査 の 導 入 などによる 一 層 充 実 した 体 制 が 必 要 で ある また HIV 検 査 普 及 週 間 等 のイベント 検 査 として 実 施 する 休 日 検 査 は 受 検 者 の 利 便 性 を 考 慮 して 複 数 機 関 が 実 施 する 場 合 は 日 程 が 重 複 しない よう 調 整 すべきである 保 健 所 におけるHIV 検 査 件 数 は 即 日 検 査 の 開 始 と 若 年 層 を 対 象 とし た 広 報 等 により 近 年 増 加 しているが アンケート 調 査 ( 9ヘ ーシ 参 照 )の 結 果 から 男 性 同 性 間 の 性 的 接 触 者 ( 以 下 MSM という )と 外 国 国 籍 者 の 受 検 者 数 は 十 分 とは 言 いがたい 特 に 本 県 のエイズ 発 生 動 向 の 特 徴 として 男 性 同 性 間 の 性 的 接 触 によ る 日 本 国 籍 男 性 の 感 染 者 は 最 も 多 くを 占 めており HIV 検 査 を 受 検 勧 奨 すべき 主 な 対 象 としてMSMに 向 けた 受 検 しやすい 体 制 作 りが 急 務 である また 製 造 業 を 背 景 として 三 河 地 区 等 での 外 国 国 籍 者 の 居 住 者 が 多 いの も 本 県 の 特 徴 であるが この 外 国 国 籍 者 のHIV 検 査 の 受 検 数 は 少 ない 実 態 にある 必 要 に 応 じて 通 訳 の 利 用 又 は 多 言 語 の 啓 発 資 材 の 活 用 等 の 体 制 整 備 をす るべきである - 2 -

5 現 状 検 査 体 制 の 整 備 状 況 時 期 内 容 昭 和 61 年 9 月 衛 生 研 究 所 における 検 査 体 制 の 整 備 昭 和 63 年 2 月 全 保 健 所 で 検 査 受 付 を 開 始 平 成 4 年 12 月 豊 橋 岡 崎 一 宮 及 び 半 田 保 健 所 におけるスクリーニング 検 査 体 制 の 整 備 平 成 5 年 4 月 全 保 健 所 で 無 料 検 査 を 開 始 平 成 5 年 9 月 HIV-2 抗 体 検 査 を 開 始 平 成 7 年 4 月 夜 間 検 査 を 開 始 ( 岡 崎 及 び 一 宮 保 健 所 ) 平 成 18 年 8 月 即 日 検 査 を 開 始 ( 一 宮 半 田 衣 浦 東 部 及 び 豊 川 保 健 所 ) ( 参 考 - 政 令 市 ) 時 期 内 容 昭 和 62 年 10 月 名 古 屋 市 衛 生 研 究 所 における 検 査 体 制 の 整 備 昭 和 63 年 2 月 名 古 屋 市 全 保 健 所 で 検 査 受 付 を 開 始 平 成 5 年 4 月 名 古 屋 市 全 保 健 所 で 無 料 検 査 を 開 始 平 成 5 年 9 月 名 古 屋 市 でHIV-2 抗 体 検 査 を 開 始 平 成 15 年 4 月 名 古 屋 市 千 種 保 健 所 で 夜 間 検 査 を 開 始 平 成 16 年 7 月 日 曜 即 日 検 査 ( 第 2 4 日 曜 日 ; 名 古 屋 栄 ナディアパー ク)を 開 始 平 成 19 年 11 月 名 古 屋 市 中 保 健 所 で 夜 間 検 査 を 開 始 平 成 11 年 4 月 豊 橋 市 保 健 所 で 検 査 を 開 始 平 成 17 年 8 月 豊 橋 市 保 健 所 で 即 日 検 査 を 開 始 平 成 15 年 4 月 岡 崎 市 保 健 所 で 検 査 ( 夜 間 検 査 を 含 む)を 開 始 平 成 17 年 6 月 岡 崎 市 保 健 所 で 即 日 検 査 を 開 始 平 成 10 年 4 月 豊 田 市 保 健 所 で 検 査 を 開 始 平 成 16 年 豊 田 市 保 健 所 で 夜 間 検 査 を 開 始 平 成 18 年 4 月 豊 田 市 保 健 所 で 即 日 検 査 を 開 始 HIV 検 査 受 検 者 のプライバシーの 確 保 保 健 所 HIV 検 査 については 受 検 希 望 者 に 対 して 個 別 相 談 を 実 施 し 検 査 の 必 要 性 などを 確 認 した 後 に 実 施 している なお 個 別 相 談 は 受 検 者 のプライバシーに 十 分 に 配 慮 して 実 施 している - 3 -

6 HIV 陽 性 者 への 告 知 HIV 検 査 陽 性 の 告 知 は 原 則 として 保 健 所 長 等 の 医 師 が 対 応 している 告 知 については 結 果 を 伝 えるとともに 十 分 な 保 健 指 導 を 行 い エイズ 拠 点 病 院 などの 医 療 機 関 を 紹 介 し 必 ず 受 診 するよう 指 導 している 保 健 所 における 検 査 体 制 保 健 所 通 常 検 査 即 日 検 査 夜 間 検 査 一 宮 半 田 衣 浦 東 部 1 回 / 週 1 回 / 週 2 回 / 月 豊 川 1 回 / 週 1 回 / 週 その 他 8 保 健 所 2 回 / 月 ~1 回 / 週 保 健 所 エイズ 検 査 については 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 及 び 性 感 染 症 に 関 する 予 防 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 12 年 3 月 17 日 付 け12 環 第 146 号 愛 知 県 衛 生 部 長 通 知 )により 実 施 している ( 参 考 - 政 令 市 ) 名 古 屋 市 保 健 所 通 常 検 査 即 日 検 査 夜 間 検 査 千 種 1 回 / 週 1 回 / 月 中 1 回 / 週 2 回 / 月 ( 土 曜 日 ) 1 回 / 月 その 他 14 保 健 所 1 回 / 週 栄 ナディアパーク 2 回 / 月 ( 日 曜 日 ) 中 核 市 保 健 所 即 日 検 査 夜 間 検 査 豊 橋 市 1 回 / 週 岡 崎 市 1 回 / 週 1 回 / 月 ( 即 日 検 査 ) 豊 田 市 1 回 / 月 2 回 / 月 ( 即 日 検 査 ) - 4 -

7 保 健 所 HIV 検 査 件 数 の 年 度 別 推 移 年 度 S62 S63 H 元 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 県 ,595 4,802 2,694 2,249 2,946 1,913 名 古 屋 市 ,885 2,936 2,231 1,736 2,311 1,617 年 度 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 県 2,256 1,779 1,821 2,835 2,215 2,093 2,250 2,144 2,922 4,524 4,658 3,380 ( 陽 性 件 数 ) 名 古 屋 市 1,999 1,740 1,709 2,506 2,042 2,551 3,286 3,185 3,385 4,320 5,606 4,117 ( 陽 性 件 数 ) 豊 橋 市 ,021 ( 陽 性 件 数 ) 岡 崎 市 ,092 1, ( 陽 性 件 数 ) 豊 田 市 ,038 1,044 1,102 ( 陽 性 件 数 ) 陽 性 件 数 は 中 核 市 が 加 わった 平 成 10 年 度 から 収 載 6,000 5,500 5,000 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 県 名 古 屋 市 豊 橋 市 岡 崎 市 豊 田 市 S62 S63 H 元 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 イベント 検 査 イベント 検 査 としては 原 則 として HIV 検 査 普 及 週 間 (6 月 1 日 ~7 日 ) エイズ 予 防 強 化 週 間 ( 世 界 エイズデーを 中 心 とした 1 週 間 )の 期 間 中 の 土 日 曜 日 に 政 令 市 と 連 絡 調 整 を 取 りながら 休 日 即 日 検 査 を 実 施 している HIV 検 査 普 及 週 間 厚 生 労 働 省 財 団 法 人 エイズ 予 防 財 団 が 提 唱 しているもので 国 や 都 道 府 県 等 が 行 う 検 査 相 談 体 制 の 充 実 を 図 る 取 り 組 みを 強 化 することにより 国 民 のHIVやエイズに 対 する 関 心 を 喚 起 し もってHIV 検 査 の 浸 透 普 及 を 図 ることを 目 的 として 毎 年 6 月 1 日 ~7 日 を 定 めている エイズ 予 防 強 化 週 間 県 民 に 対 して 予 防 啓 発 活 動 を 集 中 的 に 実 施 することを 目 的 として 12 月 1 日 の 世 界 エイズデーを 中 心 とした1 週 間 を 定 めている - 5 -

8 広 報 の 実 施 イベント 検 査 については 広 く 県 民 等 に 周 知 を 図 り 検 査 機 会 の 拡 大 に 資 す るための 広 報 に 努 めている 1 県 政 記 者 クラブへの 資 料 提 供 ( 参 考 資 料 33 ヘ ーシ ) 2 県 のホームページ アイチ エイズ インフォメーション ( 参 考 資 料 34 ヘ ーシ ) への 掲 載 3 レッツ トーク アバウト エイズ における 広 報 レッツ トーク アバウト エイズ ZIP-FM の 協 力 により 毎 月 第 1 月 曜 日 の 21 時 30 分 頃 に 約 5 分 間 のエイ ズ 啓 発 に 関 するコーナーが 放 送 されている MSMへの 検 査 勧 奨 MSMを 対 象 にHIV 感 染 予 防 啓 発 活 動 を 行 っているNGO 団 体 と 連 携 した チラシ の 作 成 及 び 配 布 により MSMの 受 検 を 促 している 外 国 国 籍 者 への 検 査 勧 奨 アイチ エイズ インフォメーション では 英 語 及 び ポルトガル 語 による 検 査 案 内 (どうすればHIV 検 査 を 受 けられるのか?)を 収 載 ( 参 考 資 料 35 ヘ ーシ )し 外 国 国 籍 者 の 受 検 を 勧 奨 している 外 国 国 籍 者 へのリーフレットの 活 用 外 国 国 籍 受 検 者 に 対 応 するため 英 語 スペイン 語 及 び ポルトガル 語 のリーフレット( 参 考 資 料 36 ヘ ーシ )を 各 保 健 所 に 配 備 している - 6 -

9 ( 参 考 ) MSM 向 け 検 査 の 実 施 MSMに 対 するHIV 感 染 の 予 防 啓 発 活 動 を 行 っているNGO 団 体 が 名 古 屋 市 内 で 開 催 する 啓 発 イベントに 合 わせて MSMを 対 象 とした 検 査 会 を 実 施 し MSMに 対 する 受 検 機 会 の 拡 大 を 図 り 感 染 の 早 期 発 見 に 繋 げている 年 度 日 程 ( 土 日 ) 受 検 者 数 陽 性 者 13 6/ (2.7%) 14 6/ (2.3%) 15 5/31 6/ (1.2%) 16 6/ (2.7%) 17 6/ (2.1%) 18 6/ (4.5%) 19 6/ (2.2%) 20 5/31 6/ (1.8%) 20 12/ (5.4%) 21 9/ (4.7%) 21 12/ (1.4%) 22 6/ (2.1%) 22 12/ 年 12 月 からの 検 査 会 は 千 種 保 健 所 で 実 施 (イベント 開 催 なし) < 名 古 屋 市 (22 年 度 )> 外 国 国 籍 者 への 検 査 勧 奨 1 ポルトガル 語 版 の 広 報 誌 への 掲 載 やリーフレットの 配 布 ポルトガル 語 の インターネットラジオ 放 送 により 外 国 国 籍 者 ( 特 に 外 国 人 登 録 者 数 の 多 い ブラジル 人 )に 対 する 検 査 体 制 の 周 知 を 図 っている また 休 日 検 査 においてポルトガル 語 の 通 訳 を 配 備 して 外 国 国 籍 者 が 受 検 しやすい 検 査 体 制 の 整 備 に 努 めている < 豊 橋 市 > 2 市 政 だよりのポルトガル 語 ページに HIV 検 査 について 掲 載 また イベント 検 査 案 内 チラシ ポスターのポルトガル 語 版 を 作 成 し ブ ラジル 人 の 多 く 住 む 市 営 住 宅 へ 配 布 掲 示 したり イベント 検 査 では ポル トガル 語 の 通 訳 を 配 置 するなどして ブラジル 人 の 受 検 しやすい 検 査 体 制 の 整 備 に 努 めている < 岡 崎 市 > - 7 -

10 3 検 査 の 流 れを 示 した 案 内 を5ヶ 国 語 ( 英 語 中 国 語 スペイン 語 ポルト ガル 語 タガログ 語 )で 作 成 している まったく 日 本 語 を 話 せない 外 国 国 籍 者 に 対 しても 指 差 しするだけで 簡 単 な 説 明 ができ 外 国 国 籍 者 の 受 検 を 円 滑 にするよう 努 めている < 岡 崎 市 > 4 休 日 検 査 において 通 訳 (ポルトガル 語 スペイン 語 英 語 )を 配 備 して 外 国 国 籍 者 の 受 検 を 勧 奨 している また 検 査 時 に 使 用 する 様 式 は 外 国 語 (ポルトガル 語 スペイン 語 英 語 )に 備 え 外 国 国 籍 者 が 受 検 しやすい 検 査 体 制 の 整 備 に 努 めている < 豊 田 市 > 広 報 の 実 施 1 イベント 検 査 について ケーブルテレビや 駅 構 内 のマルチビジョンでCM を 放 送 し ポスターを 市 関 係 施 設 高 校 大 学 専 門 学 校 医 療 機 関 企 業 等 に 掲 示 依 頼 するとともに 路 面 電 車 私 鉄 在 来 線 駅 構 内 等 に 掲 出 してい る < 豊 橋 市 > 2 イベント 検 査 に 対 して ポスター 掲 示 ( 市 関 係 事 務 所 医 師 会 歯 科 医 師 会 薬 剤 師 会 駅 大 学 研 究 所 高 等 学 校 専 門 学 校 自 動 車 学 校 等 ) 駅 前 での 啓 発 資 材 配 布 (ウエットティッシュ)を 行 っている < 岡 崎 市 > - 8 -

11 アンケート 調 査 対 策 会 議 での 討 議 において エイズ 対 策 の 柱 の 一 つである 保 健 所 におけるHIV 検 査 事 業 について 今 後 のエイズ 対 策 を 検 討 する 上 での 基 礎 資 料 とするため 受 検 者 の 動 向 を 調 査 する 必 要 性 が 浮 上 した このため 平 成 19 年 9 月 から 12 月 にかけて 保 健 所 におけるHIV 検 査 受 検 者 を 対 象 としてアンケート 調 査 を 実 施 した 調 査 結 果 の 概 要 ( 政 令 市 を 含 む ) 受 検 者 内 訳 ( 受 検 理 由 ) 感 染 が 心 配 な 理 由 サンプル 数 同 性 間 性 異 性 間 性 その 他 的 接 触 的 接 触 131 2, , % 84.0% 15.2% 受 検 者 内 訳 ( 国 籍 別 ) サンプル 数 外 国 籍 日 本 国 籍 63 2,041 2, % 97.0% 保 健 所 HIV 検 査 の 受 検 者 のうち MSMが 占 める 割 合 は 本 県 のエイズ 患 者 感 染 者 報 告 数 においてMSMの 占 める 割 合 に 比 して 非 常 に 低 かった 保 健 所 HIV 検 査 の 受 検 者 のうち 外 国 国 籍 者 が 占 める 割 合 は 本 県 のエイ ズ 患 者 感 染 者 報 告 数 において 外 国 国 籍 者 が 占 める 割 合 に 比 して 非 常 に 低 か った - 9 -

12 対 策 HIV 感 染 者 の 早 期 発 見 及 び 早 期 治 療 は 感 染 者 自 身 の 社 会 生 活 への 参 加 を 十 分 に 可 能 とするだけでなく エイズのまん 延 を 防 止 する 上 でも 重 要 であるこ とから HIV 検 査 普 及 週 間 やエイズ 予 防 強 化 週 間 などの 機 会 を 捉 え より 効 果 的 に 実 施 するなど 検 査 を 受 けやすい 保 健 所 の 検 査 体 制 を 目 指 す 休 日 検 査 の 実 施 に 当 たっては 県 内 政 令 市 との 日 程 調 整 に 努 める MSMに 対 するHIV 感 染 予 防 啓 発 活 動 を 行 っている 団 体 を 始 め 関 係 する NGO 等 との 協 働 連 携 を 図 り 検 査 が 受 けやすい 体 制 作 りに 努 める 外 国 国 籍 者 のHIV 検 査 の 受 検 勧 奨 については 受 検 の 必 要 性 や 受 検 方 法 に 関 する 情 報 を 収 載 した 多 言 語 の 啓 発 資 材 の 作 成 や その 効 果 的 な 配 布 方 法 等 に ついて 検 討 する 特 に 検 査 を 必 要 とする 人 への 効 果 的 な 受 検 機 会 の 提 供 に 努 めるとともに そのための 広 報 についても 検 討 する

13 2 保 健 所 におけるカウンセリング 体 制 の 強 化 考 え 方 保 健 所 における 相 談 事 業 は HIV 感 染 者 の 増 加 に 合 わせて 増 加 すると 予 想 される 感 染 不 安 者 や 即 日 検 査 における 要 確 認 検 査 者 が 安 心 して 相 談 でき るように 今 後 はカウンセリングの 専 門 的 知 識 等 が 必 要 になると 考 えられ る このため カウンセリング 体 制 の 強 化 を 目 的 として 保 健 所 職 員 を 対 象 と した 研 修 を 充 実 するべきである 現 状 相 談 窓 口 の 整 備 状 況 時 期 内 容 昭 和 60 年 7 月 衛 生 部 環 境 衛 生 課 に 開 設 昭 和 61 年 6 月 全 保 健 所 に 開 設 平 成 5 年 5 月 愛 知 県 エイズ 情 報 センター( 電 話 相 談 窓 口 )を 開 設 < > ( 参 考 - 政 令 市 ) 時 期 内 容 昭 和 61 年 6 月 名 古 屋 市 衛 生 局 保 健 予 防 課 及 び 名 古 屋 市 全 保 健 所 に 開 設 平 成 11 年 4 月 豊 橋 市 保 健 所 に 開 設 平 成 15 年 4 月 岡 崎 市 保 健 所 に 開 設 平 成 10 年 4 月 豊 田 市 保 健 所 に 開 設 研 修 への 派 遣 国 立 保 健 医 療 科 学 院 ( 埼 玉 県 和 光 市 )は 都 道 府 県 保 健 所 設 置 市 及 び 特 別 区 の 職 員 及 び 保 健 所 職 員 を 対 象 とした エイズ 対 策 研 修 (5 日 間 コース) を 開

14 催 しており 当 該 研 修 に 保 健 所 職 員 を 派 遣 して カウンセリングの 知 識 を 含 め た 総 合 的 なエイズ 対 策 に 必 要 な 技 術 や 考 え 方 を 習 得 させている 研 修 会 の 実 施 保 健 所 職 員 を 対 象 に エイズ 対 策 を 実 践 していく 上 で 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 するための 研 修 会 を 開 催 している 本 県 のエイズ 相 談 件 数 の 年 度 別 推 移 年 度 S61 S62 S63 H 元 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 県 4,085 1, ,521 8,153 9,696 6,834 6,381 7,360 4,699 名 古 屋 市 2,775 1, ,192 8,597 6,252 5,093 3,911 5,832 3,336 年 度 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 県 6,917 6,532 7,276 10,295 7,941 6,623 5,723 2,979 2,931 3,565 2,841 2,575 名 古 屋 市 3,761 3,428 3,359 4,299 4,089 5,325 5,109 5,497 5,016 2, 豊 橋 市 岡 崎 市 1,096 1, ,960 1,616 1, 豊 田 市 ,000 10,000 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 - 県 名 古 屋 市 豊 橋 市 岡 崎 市 豊 田 市 S61 S62 S63 H 元 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 ( 参 考 ) 検 査 会 の 事 前 オリエンテーションの 実 施 MSMを 対 象 とした 検 査 会 では 検 査 前 オリエンテーション 従 事 者 を 対 象 に 事 前 研 修 会 が 実 施 されている この 研 修 会 や 検 査 前 オリエンテーションに 保 健 所 職 員 が 参 加 従 事 すること により セクシャリティーやジェンダーの 問 題 についての 理 解 促 進 を 図 ってい る < 名 古 屋 市 >

15 対 策 保 健 所 職 員 に 対 する 研 修 に 当 たっては 最 新 情 報 の 収 集 などにふさわしい 専 門 家 やNGOの 職 員 等 を 講 師 として 実 施 する また 種 々の 研 修 手 法 の 導 入 についても 検 討 する 国 立 保 健 医 療 科 学 院 などが 主 催 する 研 修 会 等 についても 積 極 的 に 保 健 所 職 員 等 を 派 遣 する 派 遣 研 修 を 受 講 した 保 健 所 職 員 等 による 他 の 職 員 に 対 する 伝 達 講 習 の 実 施 等 効 率 的 な 情 報 伝 達 に 努 める 厚 生 労 働 省 の 研 究 班 等 による 研 修 会 の 開 催 に 当 たっては 積 極 的 にこれに 協 力 するように 努 める 上 記 の 研 修 等 を 踏 まえつつ HIV 検 査 における 受 検 者 への 対 応 性 的 指 向 に 関 する 理 解 HIV 陽 性 者 への 対 応 社 会 にあるHIV 関 連 の 相 談 等 を 含 め たリソースの 活 用 など HIV 検 査 に 関 するマニュアルを 作 成 することに 努 め 本 県 の 今 後 のHIV 感 染 対 策 に 資 することが 必 要 である

16 3 HIV 感 染 者 に 対 する 適 切 な 医 療 の 提 供 及 び 相 談 体 制 の 確 保 考 え 方 保 健 所 におけるHIV 検 査 事 業 の 強 化 に 伴 い 新 規 のHIV 感 染 者 等 の 報 告 が 増 加 することが 予 測 される HIV 感 染 者 自 身 の 健 康 管 理 とまん 延 防 止 のため エイズ 拠 点 病 院 を 始 め とする 適 切 な 医 療 機 関 の 紹 介 体 制 及 び 相 談 体 制 を 強 化 すべきである 現 状 拠 点 病 院 等 の 整 備 状 況 時 期 内 容 現 況 昭 和 62 年 6 月 治 療 協 力 医 療 機 関 を 整 備 する 48 医 療 機 関 (16 医 療 機 関 ) 平 成 7 年 5 月 拠 点 病 院 を 整 備 する (8 医 療 機 関 ) 13 医 療 機 関 平 成 9 年 4 月 国 によりブロック 拠 点 病 院 が 整 備 される ( 国 立 名 古 屋 病 院 ) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 名 古 屋 医 療 センター 平 成 19 年 5 月 中 核 拠 点 病 院 を 整 備 する ( 豊 橋 市 民 病 院 ) 平 成 22 年 12 月 中 核 拠 点 病 院 辞 退 平 成 23 年 1 月 中 核 拠 点 病 院 を 整 備 する 名 古 屋 医 療 センター ( 名 古 屋 医 療 センター) 治 療 協 力 医 療 機 関 ( 昭 和 62 年 6 月 25 日 62 環 第 236 号 愛 知 県 衛 生 部 長 通 知 ) 本 県 は 昭 和 62 年 エイズ 患 者 等 の 治 療 を 行 うための 指 定 専 門 病 院 とし て 県 内 16 医 療 機 関 を 指 定 し 現 在 は これが 治 療 協 力 医 療 機 関 として 48 医 療 機 関 に 拡 大 している

17 拠 点 病 院 ( 平 成 5 年 7 月 28 日 健 医 発 第 825 号 厚 生 省 保 健 医 療 局 長 通 知 ) 身 近 な 医 療 機 関 で 一 般 的 診 療 を 行 い 拠 点 病 院 で 総 合 的 専 門 的 医 療 を 提 供 するために 以 下 のあり 方 が 望 まれる 1 総 合 的 なエイズ 診 療 の 実 施 2 必 要 な 医 療 機 器 及 び 個 室 の 整 備 3カウンセリング 体 制 の 整 備 4 地 域 の 他 の 医 療 機 関 との 連 携 5 院 内 感 染 防 止 体 制 の 整 備 6 職 員 の 教 育 健 康 管 理 ブロック 拠 点 病 院 ( 平 成 9 年 4 月 25 日 健 医 発 第 678 号 厚 生 省 保 健 医 療 局 長 通 知 ) エイズに 関 する 高 度 な 診 療 を 提 供 しつつ 臨 床 研 究 ブロック 内 の 拠 点 病 院 等 の 医 療 従 事 者 に 対 する 研 修 医 療 機 関 及 び 患 者 感 染 者 からの 診 療 相 談 への 対 応 等 の 情 報 提 供 を 通 じ ブロック 内 のエイズ 医 療 の 水 準 の 向 上 及 び 地 域 格 差 の 是 正 に 努 める ( 東 海 ブロック 岐 阜 県 静 岡 県 三 重 県 愛 知 県 ) 中 核 拠 点 病 院 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 健 発 第 号 厚 生 労 働 省 健 康 局 長 通 知 ) 拠 点 病 院 に 求 められる 機 能 を 含 め 次 の 機 能 を 有 する 1 高 度 なHIV 診 療 を 実 施 2 必 要 な 施 設 設 備 を 整 備 3 拠 点 病 院 に 対 する 研 修 事 業 及 び 医 療 情 報 を 提 供 4 拠 点 病 院 等 との 連 携 を 実 施

18 エイズ 拠 点 病 院 及 びエイズ 治 療 協 力 医 療 機 関 名 簿 医 療 圏 名 称 所 在 地 電 話 番 号 愛 知 県 立 城 山 病 院 名 古 屋 市 千 種 区 徳 川 山 町 愛 知 県 がんセンタ 名 古 屋 市 千 種 区 鹿 子 殿 * 名 古 屋 市 立 東 部 医 療 センター 東 市 民 病 院 名 古 屋 市 千 種 区 若 水 一 丁 目 名 古 屋 市 立 西 部 医 療 センター 城 北 病 院 名 古 屋 市 北 区 金 田 町 * 名 古 屋 第 一 赤 十 字 病 院 名 古 屋 市 中 村 区 道 下 町 * 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 名 古 屋 医 療 センター 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 四 丁 目 * 名 古 屋 大 学 医 学 部 附 属 病 院 名 古 屋 市 昭 和 区 鶴 舞 町 名 古 屋 * 名 古 屋 第 二 赤 十 字 病 院 名 古 屋 市 昭 和 区 妙 見 町 * 名 古 屋 市 立 大 学 病 院 名 古 屋 市 瑞 穂 区 瑞 穂 町 字 川 澄 名 古 屋 掖 済 会 病 院 名 古 屋 市 中 川 区 松 年 町 社 会 保 険 中 京 病 院 名 古 屋 市 南 区 三 条 一 丁 目 名 古 屋 市 立 東 部 医 療 センター 守 山 市 民 病 院 名 古 屋 市 守 山 区 守 山 二 丁 目 名 古 屋 市 立 緑 市 民 病 院 名 古 屋 市 緑 区 潮 見 が 丘 一 丁 目 * 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 東 名 古 屋 病 院 名 古 屋 市 名 東 区 梅 森 坂 五 丁 目 名 古 屋 記 念 病 院 名 古 屋 市 天 白 区 平 針 四 丁 目 公 立 陶 生 病 院 瀬 戸 市 西 追 分 町 尾 張 東 部 * 愛 知 医 科 大 学 病 院 愛 知 郡 長 久 手 町 大 字 岩 作 字 雁 又 * 藤 田 保 健 衛 生 大 学 病 院 豊 明 市 沓 掛 町 田 楽 ケ 窪 海 部 津 島 市 民 病 院 津 島 市 橘 町 津 島 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 海 南 病 院 海 部 郡 弥 富 町 大 字 前 ケ 須 新 田 字 南 本 田 一 宮 市 立 市 民 病 院 一 宮 市 文 京 二 丁 目 総 合 大 雄 会 病 院 尾 張 西 部 一 宮 市 桜 一 丁 目 尾 西 記 念 病 院 一 宮 市 冨 田 字 宮 東 1718 番 地 稲 沢 市 民 病 院 稲 沢 市 御 供 所 町 愛 知 県 心 身 障 害 者 コロニー 中 央 病 院 春 日 井 市 神 屋 町 春 日 井 市 民 病 院 尾 張 北 部 春 日 井 市 鷹 来 町 1 丁 目 1 番 地 の 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 江 南 厚 生 病 院 江 南 市 高 屋 町 大 松 原 * 小 牧 市 民 病 院 小 牧 市 常 普 請 一 丁 目 国 立 長 寿 医 療 センター 大 府 市 森 岡 町 源 吾 半 田 市 立 半 田 病 院 半 田 市 東 洋 町 知 多 半 島 常 滑 市 民 病 院 常 滑 市 鯉 江 本 町 東 海 市 民 病 院 東 海 市 中 ノ 池 三 丁 目 知 多 市 民 病 院 知 多 市 新 知 字 永 井 愛 知 県 がんセンタ- 愛 知 病 院 岡 崎 市 欠 町 字 栗 宿 * 岡 崎 市 民 病 院 岡 崎 市 高 隆 寺 町 字 五 所 合 西 三 河 碧 南 市 民 病 院 碧 南 市 平 和 町 南 部 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 刈 谷 市 住 吉 町 * 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 安 城 更 生 病 院 安 城 市 安 城 町 東 広 畔 西 尾 市 民 病 院 西 尾 市 熊 味 町 上 泡 原 西 三 河 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 豊 田 厚 生 病 院 豊 田 市 浄 水 町 伊 保 原 北 部 トヨタ 記 念 病 院 豊 田 市 平 和 町 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 豊 橋 医 療 センター 豊 橋 市 飯 村 町 字 浜 道 上 * 豊 橋 市 民 病 院 豊 橋 市 青 竹 町 字 八 間 西 東 三 河 豊 川 市 民 病 院 豊 川 市 光 明 町 南 部 蒲 郡 市 民 病 院 蒲 郡 市 平 田 町 向 田 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 渥 美 病 院 田 原 市 神 戸 町 赤 石 いむれ 内 科 クリニック 豊 橋 市 飯 村 北 5 丁 目 2 番 東 三 河 北 部 新 城 市 民 病 院 新 城 市 字 北 畑 治 療 協 力 医 療 機 関 48 箇 所 ( 内 :*: 拠 点 病 院 13 箇 所 : 地 方 ブロック 拠 点 病 院 1 箇 所 中 核 拠 点 病 院 1 箇 所 ) ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 )

19 ブロック 拠 点 病 院 による 指 導 事 業 ブロック 拠 点 病 院 である 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 名 古 屋 医 療 センターは エイズ 患 者 等 の 診 療 に 十 分 な 実 績 を 持 っており 診 療 経 験 の 豊 富 な 医 師 等 を 他 の 拠 点 病 院 等 へ 派 遣 して 技 術 的 な 指 導 を 行 うことにより エイズ 診 療 レベル の 向 上 を 図 っている 国 立 国 際 医 療 センターへの 派 遣 研 修 中 核 拠 点 病 院 である 豊 橋 市 民 病 院 の 医 療 従 事 者 を 国 立 国 際 医 療 センターエ イズ 治 療 研 究 開 発 センターが 開 催 する 研 修 に 派 遣 し 他 の 拠 点 病 院 を 技 術 支 援 する 役 割 を 担 う 体 制 づくりを 図 っている HIV 感 染 症 カンファレンスの 開 催 診 療 連 携 を 始 めとする 医 療 従 事 者 間 の 情 報 交 換 については 医 療 水 準 の 向 上 や 患 者 に 対 する 医 療 の 必 要 性 を 把 握 するために 極 めて 有 意 義 であると 思 われ るため 拠 点 病 院 等 の 医 師 等 医 療 関 係 者 を 対 象 として 研 修 講 演 及 び 症 例 検 討 会 を 行 っている ブロック 拠 点 病 院 検 査 事 業 インフォームド コンセントに 基 づく 個 別 カウンセリング 及 び 検 査 事 業 をブ ロック 拠 点 病 院 で 実 施 することにより 検 査 機 会 の 拡 大 を 図 るとともに 感 染 者 の 早 期 発 見 早 期 治 療 に 資 する 目 的 で 実 施 している 針 刺 し 事 故 後 の 対 応 について 各 医 療 機 関 での 危 機 管 理 体 制 整 備 のため ブロック 拠 点 病 院 である 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 名 古 屋 医 療 センターの 協 力 のもと 年 1 回 HIVカンファ レンス 内 で 研 修 を 実 施 している

20 対 策 エイズ 患 者 感 染 者 が 安 心 して 治 療 を 受 けられる 医 療 体 制 の 整 備 については ブロック 拠 点 病 院 ( 名 古 屋 医 療 センター)による 他 の 拠 点 病 院 等 への 技 術 的 な 指 導 の 機 会 や 医 療 機 関 や 医 療 従 事 者 が 相 互 に 情 報 交 換 することができる 機 会 を 提 供 するなど 拠 点 病 院 等 の 医 療 水 準 の 向 上 や 診 療 の 相 互 支 援 の 促 進 を 図 る ための 側 面 的 支 援 を 図 る 検 査 を 実 施 する 保 健 所 と 医 療 機 関 の 連 携 を 密 にして 適 切 に 医 療 機 関 を 紹 介 できるような 体 制 作 りに 努 めていく

21 第 3 章 効 果 的 な 予 防 啓 発 事 業 及 び 広 報 の 実 施 1 若 年 層 を 対 象 とした 予 防 啓 発 の 強 化 考 え 方 HIV 感 染 者 の 発 生 動 向 において 多 数 を 占 める 20 歳 代 及 び 30 歳 代 の 年 齢 層 に 向 けて 引 き 続 き 予 防 啓 発 を 強 化 するべきである また 性 行 動 が 低 年 齢 化 している 今 日 これから 性 的 に 活 発 な 時 期 を 迎 える 10 歳 代 の 中 学 高 校 生 の 若 年 層 については 必 要 に 応 じて 教 育 委 員 会 と 連 携 しながら 引 き 続 き 正 しい 知 識 の 普 及 とHIVを 始 めとした 性 感 染 症 の 予 防 啓 発 を 普 及 すべきである 特 に 若 年 層 は 口 コミによる 情 報 収 集 が 多 いことがアンケート 調 査 ( 22 ヘ ーシ 参 照 )の 結 果 から 示 されており 正 しい 知 識 の 情 報 を 普 及 推 進 すること が 重 要 である 一 方 で 高 校 卒 業 後 の 大 学 生 専 門 学 校 生 就 労 者 への 予 防 啓 発 は 充 分 に 実 施 されているとは 言 えず 大 学 や 専 門 学 校 等 の 関 係 機 関 を 通 じた 啓 発 が 急 務 である これら 若 年 層 への 啓 発 普 及 にあっては 利 用 が 多 いインターネットや 携 帯 電 話 サイト 等 を 利 用 した 情 報 提 供 や 検 査 広 報 が 重 要 である 現 状 エイズポスター 作 品 の 募 集 愛 知 県 内 に 在 学 又 は 在 住 の 中 学 高 校 生 を 対 象 に エイズ 予 防 強 化 週 間 ポス ター 作 品 募 集 ( 参 考 資 料 37 ヘ ーシ )を 実 施 し エイズについて 学 習 する 機 会 を 提 供 している 感 染 症 予 防 指 導 者 セミナーの 開 催 小 中 学 高 校 の 養 護 教 諭 等 を 対 象 に 感 染 症 予 防 指 導 者 セミナー を 開 催 し 学 校 教 育 での 普 及 啓 発 に 対 する 情 報 提 供 に 努 めている

22 保 健 所 エイズ 教 室 の 開 催 保 健 所 において 大 学 生 高 校 生 及 び 中 学 生 などを 対 象 とした エイズ 教 室 を 開 催 し 正 しい 知 識 の 普 及 啓 発 を 図 っている 大 学 生 等 への 知 識 普 及 大 学 専 門 学 校 等 の 新 入 学 生 を 対 象 として 正 しい 知 識 の 普 及 を 目 的 とした リーフレットを 作 成 し 配 布 している ( 参 考 ) 中 学 生 向 けエイズリーフレットの 作 成 配 布 市 内 全 中 学 2 年 生 に 配 布 し エイズに 関 する 正 しい 知 識 の 普 及 啓 発 を 図 って いる < 名 古 屋 市 > 出 前 講 座 の 開 催 小 学 生 中 学 生 及 び 高 校 生 などを 対 象 とした 出 前 講 座 を 開 催 して 正 し い 知 識 の 普 及 啓 発 を 図 っている < 名 古 屋 市 豊 橋 市 岡 崎 市 豊 田 市 > 高 校 文 化 祭 へブースの 設 置 高 校 の 文 化 祭 において 啓 発 用 ポスターの 掲 示 やクイズによる 啓 発 コーナー を 設 けている また 保 健 委 員 による 来 場 者 ( 生 徒 )への 啓 発 活 動 などのピア 活 動 の 支 援 を している < 豊 橋 市 > エイズ 予 防 講 演 会 の 開 催 小 中 学 高 校 の 養 護 教 諭 保 健 主 事 を 対 象 に エイズ 予 防 啓 発 について の 講 演 会 を 開 催 している < 岡 崎 市 >

23 エイズ 予 防 教 育 実 践 協 力 校 の 指 定 対 象 校 : 中 学 校 1 校 内 容 : 保 健 主 事 養 護 教 諭 及 び 学 校 保 健 委 員 会 PTAと 連 携 しながら エイ ズ 予 防 教 育 実 施 メニュー( 別 表 1)から2 項 目 以 上 を 選 択 し 実 施 して いる ( 別 表 1)エイズ 予 防 教 育 実 施 メニュー 例 内 容 備 考 1 講 演 会 外 部 講 師 通 年 ( 外 部 講 師 の 場 合 早 期 の 調 整 が 必 要 ) 情 報 コーナーの 設 文 化 祭 等 での 掲 示 資 料 配 講 演 会 と 合 わせて 実 施 も 可 能 置 布 等 2 図 書 館 等 を 利 用 した 関 連 の 書 籍 ポスター 資 料 等 の 展 示 3 夏 休 みの 宿 題 自 由 研 究 やポスター 作 製 従 来 県 国 の 募 集 もある ミニ 発 表 会 ( 生 徒 調 べ 学 習 をした 生 徒 が 文 講 演 会 等 と 合 わせて 発 表 すること 4 から 生 徒 への 伝 化 祭 等 を 利 用 し 他 の 生 徒 も 可 能 達 ) に 伝 達 等 5 交 流 館 祭 への 参 加 学 習 結 果 等 の 発 表 展 示 6 レッドリボンの 作 成 作 成 用 資 料 教 材 の 提 供 街 頭 キャンペーンへの 参 画 も 考 慮 事 前 に 職 員 が 説 明 等 を 実 施 事 前 学 習 視 聴 覚 教 材 の 貸 し 出 し 取 職 員 の 派 遣 も 可 能 7 り 組 みアドバイス 情 報 提 供 等 < 豊 田 市 >

24 アンケート 調 査 調 査 結 果 の 概 要 ( 政 令 市 を 含 む ) 検 査 の 認 知 方 法 ( 複 数 回 答 あり) サンプル 数 ネット 広 報 誌 相 談 電 話 テレヒ ラシ オ リーフレット 口 コミ その 他 全 体 3,048 1, % 7.9% 3.3% 13.8% 0.9% 16.2% 7.4% 10 歳 代 % 2.4% 1.6% 12.2% 0.0% 39.8% 13.8% 歳 代 1, % 4.5% 1.8% 14.3% 1.2% 21.0% 7.3% 年 齢 3 0 歳 代 1, % 8.1% 3.3% 13.1% 0.6% 10.0% 7.0% 別 歳 代 % 12.1% 5.3% 13.0% 1.2% 11.2% 7.1% 50 歳 以 上 34.2% 23.4% 10.0% 16.5% 0.9% 11.7% 7.8% 保 健 所 HIV 検 査 に 対 する 認 知 の 手 段 としては 20 歳 代 30 歳 代 の 受 検 者 の 多 くは インターネット であった また 10 歳 代 の 受 検 者 では 口 コミ が 多 かった

25 対 策 20 歳 代 及 び 30 歳 代 の 利 用 が 多 数 を 占 めた インターネット による 情 報 収 集 については アイチ エイズ インフォメーション 及 び 県 の 携 帯 電 話 サイト モバイルあいち ( 参 考 資 料 38ヘ ーシ )の エイズ 情 報 の 一 層 の 充 実 を 図 る 中 学 高 校 大 学 生 などの 若 年 層 に 対 しては 引 き 続 き 保 健 所 エイズ 教 室 等 を 利 用 した より 効 果 的 な 予 防 啓 発 を 実 施 する ピアカウンセリングを 実 施 している 民 間 団 体 と 協 働 して ピア 教 育 などを 視 野 に 入 れた 展 開 を 図 ることができるような 方 法 を 検 討 していく 高 校 を 卒 業 した 大 学 生 専 門 学 校 生 などの 若 年 層 に 対 しては 関 係 機 関 との 連 携 を 進 め 協 力 を 得 ながら HIVや 性 感 染 症 に 関 する 正 しい 知 識 と 検 査 や 医 療 及 び 社 会 にある 電 話 相 談 や 検 査 機 関 等 の 情 報 を 普 及 するなど 効 果 的 な 予 防 啓 発 を 検 討 し 実 施 する

26 2 男 性 同 性 愛 者 (MSM)を 対 象 とした 予 防 啓 発 の 強 化 考 え 方 本 県 のエイズ 発 生 動 向 において エイズ 患 者 HIV 感 染 者 の 中 で 多 数 を 占 めるMSMについては 男 性 同 性 愛 者 や 両 性 愛 者 への 差 別 偏 見 に 配 慮 しつつ 予 防 啓 発 早 期 検 査 早 期 治 療 相 談 等 の 支 援 などのHIV 感 染 対 策 を 強 化 するべきである MSMが 利 用 する 施 設 等 に 行 政 関 係 機 関 が 直 接 接 触 して 啓 発 普 及 を 行 う ことは 困 難 な 場 合 もあり また 必 ずしも 効 果 的 とは 言 えないのが 現 実 であ る そこで MSMを 対 象 にしたHIV 感 染 対 策 を 行 うにあたっては MS Mへの 予 防 啓 発 の 普 及 を 目 的 に 活 動 している 男 性 同 性 愛 者 等 が 構 成 する 民 間 団 体 等 (NGO 等 )と 協 働 し 効 果 的 な 予 防 啓 発 事 業 を 実 施 するべきで ある MSMに 向 けたHIV 検 査 受 検 勧 奨 の 広 報 と 共 に MSMが 受 けやすい 検 査 環 境 として 性 的 指 向 などに 偏 見 のない 受 検 者 への 対 応 ができるよう に HIV 検 査 担 当 者 への 研 修 なども 大 切 である 現 状 知 識 普 及 啓 発 MSMに 対 するHIV 感 染 予 防 啓 発 活 動 を 行 っている 団 体 が 主 催 する HI V 検 査 会 会 場 において 同 団 体 の 協 力 を 得 て 啓 発 資 材 の 配 布 やパネル 展 示 などの 知 識 普 及 啓 発 検 査 受 検 勧 奨 を 実 施 している 検 査 勧 奨 MSMに 対 するHIV 感 染 予 防 啓 発 活 動 を 行 っている 団 体 と 連 携 した チラ シ の 作 成 及 び 配 布 により MSMの 受 検 を 促 している

27 ( 参 考 ) 同 性 愛 者 予 防 啓 発 MSMに 対 するHIV 感 染 予 防 啓 発 活 動 を 行 っている 団 体 に 委 託 し 普 及 啓 発 検 査 促 進 を 図 っている < 名 古 屋 市 > 対 策 MSMは 行 政 関 係 機 関 からの 直 接 的 な 接 触 が 難 しい 状 況 であることを 踏 まえ 今 後 も 引 き 続 き MSMに 対 するHIV 感 染 予 防 啓 発 活 動 を 行 っている 団 体 と の 連 携 を 図 りながら HIV 検 査 会 等 団 体 が 開 催 するイベント 会 場 にお いて 啓 発 資 材 の 配 布 やパネル 展 示 などの 効 果 的 な 知 識 普 及 啓 発 を 図 る 国 のMSMへのHIV 感 染 対 策 事 業 として 進 められているコミュニティーセ ンター 事 業 を 活 用 し 今 後 も 引 き 続 き 男 性 同 性 愛 者 等 で 構 成 されるNGOと 連 携 し 効 果 的 なMSMへの 検 査 受 検 勧 奨 の 広 報 HIV 感 染 の 予 防 啓 発 普 及 に 努 める 男 性 同 性 愛 者 等 への 偏 見 差 別 は HIV 検 査 や 予 防 啓 発 の 普 及 の 障 害 となっ ている 男 性 同 性 愛 者 等 は 保 健 所 や 医 療 機 関 の 対 応 で 差 別 的 に 扱 われること を 不 安 に 思 い その 利 用 を 躊 躇 することも 考 えられる また HIV 陽 性 の 結 果 を 受 けた 後 の 生 活 に 対 しても 社 会 のHIV エイズ への 偏 見 を 不 安 に 思 い 検 査 を 受 ける 行 動 に 移 せないことも 考 えられる 検 査 機 関 医 療 機 関 に 向 けた 研 修 などを 通 じて 担 当 者 の 男 性 同 性 愛 者 やHIV 陽 性 者 への 支 援 的 な 対 応 のスキルの 向 上 を 図 る

28 3 外 国 国 籍 者 を 対 象 とした 予 防 啓 発 の 強 化 考 え 方 東 海 地 域 の 製 造 業 を 背 景 として 三 河 地 区 を 中 心 に 多 くの 外 国 国 籍 者 が 居 住 しており 予 防 啓 発 等 の 対 応 の 充 実 が 求 められる しかし 言 語 の 問 題 や 特 に 日 系 ブラジル 人 等 は 独 自 のコミュニティーを 形 成 しており 対 策 の 実 施 には 困 難 が 予 想 される そこで 各 自 治 体 で 作 成 した 多 言 語 の 啓 発 資 材 の 共 有 や 外 国 人 コミュニ ティーを 支 援 している 民 間 団 体 等 (NGO 等 )を 探 索 し 協 働 するべきであ る なお 外 国 国 籍 者 へのエイズ 対 策 としては 若 年 層 男 性 同 性 愛 者 等 妊 産 婦 性 産 業 従 事 者 と 多 様 な 対 応 が 必 要 であることを 踏 まえていかなければ ならない 現 状 予 防 啓 発 外 国 国 籍 者 に 対 する 予 防 啓 発 としては アイチ エイズ インフォメーショ ン に 英 語 及 び ポルトガル 語 で エイズって 何? どのようにして 感 染 するの? どうしたら 感 染 しないの? 感 染 していたらどうすればいい の? といった 情 報 を 収 載 ( 参 考 資 料 38 ヘ ーシ )し 知 識 普 及 に 努 めている

29 対 策 外 国 人 コミュニティーを 支 援 しているNGO 等 について 県 内 政 令 市 と 連 携 して 探 索 するとともに これらの 団 体 との 協 働 について 検 討 する 県 内 政 令 市 と 情 報 を 共 有 して その 情 報 を 生 かした 効 果 的 な 啓 発 について 検 討 する 〇 外 国 国 籍 者 のHIV 感 染 対 策 としては 以 下 の 点 を 考 慮 して 検 討 することが 望 まれる 外 国 国 籍 の 小 学 生 中 学 生 高 校 生 へのHIV 関 連 知 識 の 普 及 の 現 状 外 国 国 籍 の 若 年 層 (10 歳 代 後 半 20 歳 代 30 歳 代 の 年 齢 層 )へのHIV 関 連 知 識 の 普 及 および 予 防 啓 発 の 現 状 外 国 国 籍 の 男 性 同 性 愛 者 性 産 業 従 事 者 へのHIV 関 連 情 報 の 普 及 の 現 状 HIV 検 査 等 の 周 知 の 現 状 外 国 国 籍 の 妊 産 婦 へのHIV 関 連 知 識 の 普 及 の 現 状 外 国 国 籍 HIV 陽 性 者 への 相 談 医 療 等 の 現 状 外 国 国 籍 者 へのHIV 感 染 対 策 を 進 める 上 で 協 働 していく 関 係 機 関 団 体 上 記 の 現 状 を 踏 まえて 課 題 を 整 理 し 対 応 策 を 構 築 していくことが 望 まれる

30 4 県 民 を 対 象 とした 一 般 的 な 予 防 啓 発 の 継 続 考 え 方 県 民 一 般 には HIV 感 染 予 防 及 びHIV 感 染 者 等 への 偏 見 を 解 消 するた めに エイズに 対 する 正 しい 知 識 を 引 き 続 き 啓 発 するべきである しかし 対 象 人 数 が 非 常 に 多 数 となるため 効 率 的 に 実 施 する 必 要 がある このため インターネットや 広 報 誌 等 の 不 特 定 多 数 に 啓 発 できる 媒 体 の 活 用 や イベントではHIV 感 染 予 防 啓 発 の 民 間 団 体 (NGO 等 )と 協 働 して 開 催 する 等 の 工 夫 をするべきである なお アジア 地 域 ではこれから 大 きな 流 行 を 迎 えることがUNAIDSか ら 報 告 されていること わが 国 においてもエイズ 患 者 HIV 感 染 者 は 性 性 的 指 向 国 籍 年 齢 に 関 係 なく 発 生 していて 未 だ 増 加 傾 向 にあることを 踏 まえ 国 内 国 外 においてもHIV 感 染 対 策 が 重 要 であることを 広 く 知 らせ る 必 要 がある 現 状 インターネットによる 啓 発 アイチ エイズ インフォメーション で エイズの 基 礎 知 識 を 始 めと して 保 健 所 検 査 の 日 程 感 染 していた 場 合 の 治 療 など エイズに 関 する 情 報 を 提 供 している キャンペーンの 開 催 エイズ 予 防 強 化 週 間 では 一 般 県 民 に 対 して 予 防 啓 発 活 動 を 集 中 的 に 実 施 することとしており 期 間 中 には 県 民 が 多 数 集 まる 場 所 において エイ ズキャンペーン ( 参 考 資 料 39 ヘ ーシ )を 開 催 している 広 報 の 実 施 当 該 イベントの 実 施 に 当 たっては 1 広 報 用 チラシの 作 成 及 び 関 係 機 関 への 配 布

31 2 県 政 記 者 クラブへの 資 料 提 供 3 アイチ エイズ インフォメーション による 紹 介 4 レッツ トーク アバウト エイズ での 広 報 等 の 手 段 を 活 用 して 広 報 に 努 めている 啓 発 資 材 の 活 用 当 該 イベントでは 啓 発 用 資 材 を 用 いた 啓 発 を 実 施 している ( 参 考 ) 啓 発 用 ポスターの 掲 出 啓 発 用 ポスターのデザインによりポスターを 作 成 し 公 共 機 関 医 療 機 関 企 業 等 に 配 布 して 掲 示 を 依 頼 するとともに 路 面 電 車 私 鉄 在 来 線 駅 構 内 等 に 掲 出 している < 豊 橋 市 > 世 界 エイズデーキャンペーンCMの 放 送 駅 の 電 光 掲 示 板 により2 週 間 放 送 している < 豊 橋 市 > フェスティバルへブースの 展 示 福 祉 健 康 フェスティバルにおいて パネル 展 示 及 びレッドリボン パンフレ ット 等 を 配 布 して 啓 発 を 行 っている < 豊 田 市 >

32 対 策 アイチ エイズ インフォメーション については 常 に 最 新 の 情 報 に 更 新 するなど その 充 実 を 図 っていく 各 種 イベントの 開 催 に 当 たっては さまざまな 広 報 媒 体 による 広 報 を 実 施 し て イベントの 啓 発 に 努 めていく エイズキャンペーン 等 のイベントの 開 催 に 当 たっては NGO 等 と 協 働 することにより さまざまなグループへの 啓 発 が 期 待 できるため 積 極 的 な 協 働 に 努 める

33 第 4 章 関 係 機 関 の 連 携 の 強 化 考 え 方 効 果 的 なエイズ 対 策 を 実 施 するためには 関 係 各 機 関 が 協 力 連 携 するべき である このため 各 自 治 体 相 互 のみならず 民 間 団 体 や 専 門 家 等 とも 協 力 連 携 し より 効 果 的 なエイズ 対 策 の 計 画 立 案 及 びその 実 行 にあたるべきである 特 に 愛 知 県 は 県 全 体 のエイズ 対 策 の 遂 行 にあたりリーダーシップを 取 っ て 政 令 市 等 と 積 極 的 に 調 整 しながら 実 施 するべきである 現 状 エイズポスター 作 品 募 集 の 協 力 中 学 高 校 生 を 対 象 に 実 施 している エイズ 予 防 強 化 週 間 ポスター 作 品 募 集 については 愛 知 県 教 育 委 員 会 の 協 力 を 得 て 実 施 している 感 染 症 予 防 指 導 者 セミナーの 共 催 小 中 学 高 校 の 養 護 教 諭 等 を 対 象 に 実 施 している 感 染 症 予 防 指 導 者 セミ ナー については 愛 知 県 医 師 会 と 共 催 している キャンペーンの 共 催 エイズ 予 防 強 化 週 間 中 に 実 施 する エイズキャンペーン については 名 古 屋 市 と 共 催 するほか 関 係 NGOとも 協 働 している 実 施 の 協 力 MSMに 対 するHIV 感 染 予 防 啓 発 活 動 を 行 っている 団 体 が 開 催 する HI V 検 査 会 会 場 において 名 古 屋 市 と 協 力 して 知 識 普 及 啓 発 検 査 受 検 勧 奨 を 行 っている

34 ( 参 考 ) エイズ 講 演 会 の 実 施 市 医 師 会 との 共 催 により 医 療 従 事 者 を 対 象 とした 講 演 会 を 開 催 している < 名 古 屋 市 > 世 界 エイズデーイベントの 開 催 世 界 エイズデーに 併 せて 女 性 のボランティア 団 体 や 企 業 学 校 NPOと 連 携 して 市 役 所 や 市 内 施 設 等 にレッドリボンツリーを 設 置 し 駅 前 でレッドリ ボンを 配 布 することとしている < 豊 田 市 > 対 策 各 種 イベント 等 については NGO 等 との 協 働 や 県 内 政 令 市 との 連 携 さら には 医 師 会 等 の 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 実 施 するよう 努 める エイズ 対 策 の 推 進 に 当 たっては 県 内 政 令 市 を 始 め 関 係 機 関 と 積 極 的 な 情 報 交 換 を 行 っていく

35 参 考 資 料

36 県 政 記 者 クラブへの 資 料 平 成 22 年 度 エイズ 検 査 普 及 週 間 - 休 日 に 無 料 匿 名 で エイズ 即 日 検 査 が 受 けられます - 平 成 22 年 5 月 17 日 ( 月 ) 愛 知 県 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 健 康 対 策 課 結 核 感 染 症 グループ 担 当 北 折 内 田 ダイヤルイン 内 線 月 1 日 ( 火 )から7 日 ( 月 )は エイズ 検 査 普 及 週 間 です これは エイズ 検 査 の 普 及 促 進 を 目 的 として 厚 生 労 働 省 が 策 定 したものです 本 県 では 本 週 間 の 行 事 として 休 日 エイズ 即 日 検 査 会 を 下 記 のとおり 開 催 します 休 日 に 無 料 匿 名 で 受 けられる 利 便 性 の 高 い 検 査 会 ですので この 機 会 にエイズ 検 査 を 受 けてみてはいかがでし ょうか 記 1 日 時 と 場 所 実 施 場 所 受 付 時 間 所 在 地 電 話 番 号 愛 知 県 一 宮 保 健 所 6 月 5 日 ( 土 ) 10 時 から13 時 まで 一 宮 市 古 金 町 愛 知 県 半 田 保 健 所 6 月 6 日 ( 日 ) 13 時 から15 時 まで 半 田 市 出 口 町 愛 知 県 衣 浦 東 部 保 健 所 6 月 6 日 ( 日 ) 9 時 から11 時 まで 刈 谷 市 大 手 町 愛 知 県 豊 川 保 健 所 6 月 5 日 ( 土 ) 9 時 から11 時 まで 豊 川 市 諏 訪 検 査 結 果 即 日 検 査 ですので 原 則 として 検 査 当 日 に 結 果 をお 伝 えしますが 検 査 の 特 性 上 確 認 検 査 が 必 要 となる 場 合 があります この 場 合 検 査 結 果 判 明 までに1 週 間 程 度 お 待 ちいただくことになります 3 関 連 事 業 ( 中 核 市 が 実 施 するエイズ 検 査 普 及 週 間 関 連 検 査 会 ) 実 施 場 所 受 付 時 間 所 在 地 電 話 番 号 豊 橋 市 保 健 所 6 月 2 日 ( 水 ) 18 時 から 20 時 まで 6 月 6 日 ( 日 ) 9 時 から 12 時 まで 豊 橋 市 富 本 町 字 国 隠 岡 崎 市 保 健 所 6 月 5 日 ( 土 ) 13 時 30 分 から 15 時 30 分 まで 岡 崎 市 若 宮 町 岡 崎 げんき 館 1 階 保 健 コーナー

37 愛 知 県 のホームページ アイチ エイズ インフォメーション 愛 知 県 の 総 合 エイズ 情 報 サイト エイズの 基 礎 知 識 現 状 予 防 法 HIV 抗 体 検 査 の 日 程 等 を 紹 介 しています そもそもエイズって 何? どうやったらうつるの? どんな 症 状 が 出 るの? エイズって 治 らないの? 感 染 した 人 って たくさんいるの? 検 査 はどこで 受 けられるの? 相 談 したい! 感 染 してた どうすればいい? 県 はどんなことを しているの? 保 健 所 で 検 査 できる 曜 日 と 時 間 を 知 りたい! レッドリボンって どういうものなの? コンドームのつけ 方 を 教 えて! エイズキャンペーンって どんなことやってるの? ポスターコンクールで 入 選 した 作 品 は? エイズ 情 報 センターって? 他 の 性 感 染 症 の ことを 教 えて! エイズQ&A English & Portuguese

38 アイチ エイズ インフォメーション での 検 査 案 内 ( 英 語 ポルトガル 語 ) How can I take an HIV/AIDS test? You can take an HIV/AIDS test at a public health center. Please take the test at least three months after the time when you think you could have contracted HIV/AIDS. Como devo proceder para fazer o exame de AIDS? Os postos de saúde fazem exames de AIDS. Faça o exame 3 meses ou mais após o dia em que você desconfiou que pode ter se infectado. < 和 訳 > エイズの 検 査 は どうすれば 受 けられるの? エイズ 検 査 は 保 健 所 で 受 けることができます 感 染 したと 疑 われる 機 会 から 3 ヶ 月 以 上 過 ぎてから 検 査 を 受 けてください

39 保 健 所 に 配 備 しているリーフレット(ポルトガル 語 版 ) Resultado do seu exame? あなたの 検 査 結 果 は? O seu resultado do exame de AIDS é negativo. No momento, você não apresenta sintomas de contágio do HIV. Leia com atenção o verso deste folheto, para fazer a prevenção contra o contágio. あなたのエイズ 検 査 結 果 は 陰 性 です 現 時 点 で HIV には 感 染 していません このリーフレットの 裏 面 をよく 読 んで 今 後 も 感 染 防 止 に 努 めてください O resultado obtido no seu Exame de Triagem (Screening Test) foi: É necessário fa zer o exam e de reconfirm ação. Porém, ainda não foi determinado se você está ou não contagiado(a) pelo HIV. Portanto, volte para confirmar o resultado do exame, após a data abaixo indicada. Hora e dia para receber o resultado: Dia: do mês de:, após as : horas. あなたのエイズスクリーニング 検 査 結 果 は 要 確 認 検 査 です まだ HIV に 感 染 していると 確 定 したわけではありません より 詳 しい 確 認 検 査 を 行 いますので 下 記 の 日 時 以 降 に 再 度 その 結 果 を 確 認 においでくださ い 結 果 伝 達 日 時 月 日 時 以 降 Conforme o exame realizado, o resultado foi positivo. É necessário ir imediatamente à devida instituição médica e receber o tratamento apropriado. Deve-se tomar cuidado para não contagiar terceiros e recomende a toda família e pessoas mais próximas submeterem-se ao exame. あなたのエイズ 検 査 結 果 は 陽 性 です 直 ちに 医 療 機 関 に 受 診 し 適 切 な 治 療 を 受 けてください また 他 人 に 感 染 させないように 注 意 すると 共 に 家 族 等 の 身 近 な 人 にも 検 査 を 受 けるように 勧 めてください Situação atual do tratamento da AIDS. A AIDS é uma doença que, atualmente, não é possível ser curada totalmente, porém, ao continuar tomando os medicamentos, pode-se atrasar o desenvolv imento da enfermidade e criar-se a possibilidade de aum entar o tempo de vida da pessoa e desta viver de forma normal. No caso do tratamento da AIDS, é muito importante que a pessoa tome os medicamentos receitados, sem falta, no horário indicado, porque, nem que seja uma vez, se o paciente esquecer-se de tomar os medicamentos, terá o possibilidade do tratamento perder totalmente o efeito. No verso deste folheto, publicamos os nomes dos hospitais da Província de Aichi, que são os hospitais básicos para fazer o tratame nto da AIDS. É m uito im portante fazer visitas periódicas ao médico e receber o tratam ento de acordo com a indicação m édica. O tratam ento é um ato de contribuição às pessoas que necessitam de você. エイズ 治 療 の 現 状 エイズは 完 治 させることはできませんが 薬 を 正 しく 飲 み 続 けることで 病 状 の 進 行 を 止 め 普 段 と 変 わらない 生 活 を 送 ることができる 病 気 です エイズ 治 療 で 最 も 大 切 なのは 処 方 された 薬 を 決 められた 時 間 に 必 ず 服 用 することです 一 度 飲 み 忘 れただけで 薬 が 効 かなくなることがあります 愛 知 県 内 のエイズ 拠 点 病 院 を このリーフレットの 裏 面 に 掲 載 しました 定 期 的 に 通 院 し 医 師 の 指 示 に 従 って 治 療 を 続 けることが 大 切 です あなたを 必 要 とする 人 のために CC aa sssoo dd eeess eee jj jaa rrr fff aazz ee rrr oo ee xxxaa mm ee dd ee AA IIIDD SS t eee ss tt ~エイズ 検 査 を 受 けようと 思 ったら~ Apresente esta página do folheto ao balcão do Centro de Saúde e aponte com o dedo as frases seguintes, para expressar a intenção de fazer o exame: このリーフレットを 保 健 所 の 窓 口 に 持 参 し 検 査 受 診 の 意 思 を 指 でさして 伝 えてください Quero submeter-me ao exame de AIDS. エイズ 検 査 を 受 けたいで す Já transcorreram mais de 3 meses, a partir do momento em que você suspeitou estar contagiado(a).? 感 染 したと 疑 われ る 機 会 から3か 月 以 上 経 過 していますか? Sim はい Não いいえ Neste ca so, nã o podem os g ar antir que se consiga obter o resu ltado correto. Deseja submeter-se ao exame hoje? 正 確 な 検 査 結 果 が 得 られない 可 能 性 があります 今 日 検 査 を 受 けられ ますか? Sim はい Não いいえ O exame que vai ser realizado hoje é o de... 今 日 受 けていただくエイズ 検 査 は Exame normal 通 常 検 査 Exame imediato 即 日 検 査 Volte novamente, após 3 meses. 3か 月 以 上 経 過 してから 再 度 お いでください Ao fazer o Exame de Triagem (Screening Test), consegue-se saber o resultado no mesmo dia. Não obstante, nem que a pessoa não esteja contagiada pelo HIV (Vírus da Imunodeficiência Humana), às vezes o ex ame pode apresentar o seguinte resultado: É necessário fazer o exame de reconfirmação. Neste caso, o resultado final com precisão, será obtido somente após 1 semana aproximadamente, devido à necessidade de submeter-se ao exame de confirmação de alta precisão. スクリーニング 検 査 で 本 日 中 に 結 果 が 判 明 します ただし HIV に 全 く 感 染 して いなくても 検 査 結 果 が 要 確 認 検 査 となる ことが あります その 場 合 精 度 の 高 い 確 認 検 査 を 行 い 最 終 結 果 は 約 1 週 間 後 になります Por favor, volte apro ximadamente após uma semana, para saber o resultado. 結 果 判 明 は 約 1 週 間 後 になります Deseja submeter-se ao exame, estando conforme com o mencionado antes? 以 上 のことを 理 解 した 上 で この 検 査 を 受 けますか? Sim はい Não いいえ Vamos retirar o sangue da Muito obrigado(a). veia do braço. Assim, por favor, Esperamos pela sua volta, si ga as se guintes instruç õe s. caso decida submeter-se ao では 腕 から 採 血 しますので こちらの exame de AIDS. 指 示 に 従 ってください お 疲 れ 様 でした エイズ 検 査 を 受 け た くな りま した ら ま た お い でくだ さ い Po de relax ar, terminamos de retirar a sangue. Por fav or, volte para confirmar o resultado do exame, após a data abaixo indicada. Sem falta, traga este comprovante e apresente-o para saber o resultado. Hora e dia para receber o resultado: Dia: do mês de:, após as : horas. お 疲 れ 様 でした これ で 採 血 は 終 わり ます 検 査 結 果 は 下 記 の 日 時 以 降 に 引 換 券 を 持 って 確 認 においでください 結 果 伝 達 日 時 月 日 時 以 降 In ff oo rrmaççõõe ss ssob rre a A IID S エイズ 情 報 Ilustração do poster que recebeu o Prêmio do Concurso AIDS 2005 Autora: Mio Suzuki 平 成 17 年 度 エイズポスターコンクール 入 賞 作 品 鈴 木 未 央 さんの 作 品 Prevenção e tratamento da AIDS ポルトガル 語 版 エイズ 予 防 と 治 療 Este fo lheto apresenta os meios de prevenção contra a AIDS, a forma de fazer o exame e as instituições médicas da Província de Aichi. Recentemente, na Província de Aichi, o volume dos informes sobre casos de contágio de AIDS vem aumentando. Aprender e atuar corretamente em relação à AIDS, é o único meio de proteger a família e a própria pessoa. このパンフレットでは エイズの 予 防 方 法 並 びに 愛 知 県 におけるエイズ 検 査 と 医 療 機 関 の 紹 介 をしています 近 年 愛 知 県 内 でのエイズ 報 告 件 数 は 増 加 しています 正 しい 知 識 を 身 につけ 実 践 することが 家 族 とあなた 自 身 を 守 る 唯 一 の 方 法 です O que é SIDA? エイズって 何? AIDS (Síndrome de Imunodeficiência Adquirida) é uma doença que causa inabilidade do sistema de defesa do organismo hu mano e fica doente com facilidade, após a infecção pelo Vírus da Imunodeficiência Humana, que destrói os linfócitos e é mais conhecido c omo HIV. Com o c onseqüência, a pessoa com a doenç a é contagiada facilmente por diversas bacterias que causam impedimentos nervais, ou é ata cada por câ nc er, levando à perda da vida. Uma pessoa infectada pelo vírus de HIV pode viver por um certo período, que pode ser de meio ano até vários anos (a média é de 10 anos), sem apresentar nenhum sintoma ou sinal e, durante este período, a pessoa torna-se foco de contágio da esposa, do esposo, dos filhos e de terceiros, sem perceber, causando u m grande problema. Para saber se não está contagiada pelo vírusu HIV, se necessita submeter-se ao exame. Ainda não foram encontrados os meios de cura total, porém, através do desenvolvimento de medicamentos cada vez mais eficazes que possibilita atrasar a apresentaç ão da doenç a ou manter ba ixa a carga vira l no sangue, criando a possibilidade de aumentar o tempo de vida da pessoa e desta viver de forma normal, assim como de planejar as medidas de não contagiar terceiros. エイズは HIVとよばれるウイルスに 感 染 することにより 免 疫 機 能 が 低 下 し 他 の 疾 患 にかかりやすくなる 病 気 です この 結 果 さまざまな 細 菌 感 染 症 神 経 障 害 やガンにかかって 命 を 失 う 原 因 ともなります HIVに 感 染 しても エイズを 発 病 するまでの 数 年 から 十 数 年 ( 平 均 10 年 )は ほと んど 自 覚 症 状 がないため この 間 に 本 人 が 感 染 の 事 実 に 気 づかず 病 気 が 進 行 したり 夫 や 妻 子 供 など 他 の 人 に 感 染 させてしまうことが 大 きな 問 題 です HIVに 感 染 していないか 調 べるには 検 査 を 受 ける 必 要 があります エイズを 完 全 に 治 す 治 療 法 は 未 だ 発 見 されていませんが 良 い 薬 が 開 発 され 病 気 の 進 行 を 遅 らせ 普 通 と 変 わらない 生 活 ができるようになっていますし 他 の 人 に 感 染 さ せないように 予 防 対 策 を 立 てることができます Consulta por telefone sobre AIDS em Português e Espanhol Centro de Saúde do Distrito de Shijuku (Quinta-feiras: das 13:00 às 17:00 horas) TEL: Clínica de Minatomachi (Segunda-feira: das 14:00 às17:00 horas) TEL: ポルトガル 語 スペイン 語 によるエイズ 電 話 相 談 新 宿 区 保 健 所 ( 木 曜 日 13:00~17:00) TEL: 港 町 診 療 所 ( 月 曜 日 14:00~17:00) TEL: (NPO CRIATIVOS-HIV/STD 関 連 支 援 センター ) Publicação do: Centro de Informação sobre a AIDS da Província de Aichi, Seção de Promoção de Saúde, Departamento de Saúde e Bem-Estar Social da Pro víncia de Aichi (Consultas somente no idioma Japonês) Telefoned: (052) URL: 発 行 愛 知 県 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 健 康 対 策 課 愛 知 県 エイズ 情 報 センター( 日 本 語 電 話 相 談 ) 電 話 A AIDS se contagia com facilidade? エイズは 簡 単 に 感 染 するの? A AIDS contagia através do e sperm a e da secreç ão vaginal das pessoas contagiadas ou de transfusão de sangue, porém, a força de infecção é fraca, de maneira que, não tendo a relação sexual na vida cotidiana, pode-se conviver com a pessoa, que esta não será contagiada. As principais 3 vias de infecção da AIDS são as seguintes 1. Ter relação sexual sem usar o preservativo. 2. Infecção do feto através da mãe contagiada. 3. Com partilhamento do uso de seringas e agulhas (as injeções dos hospitais não têm perigo). É possível proteger-se da AIDS! Tomanda as seguintes m edidas, pode-se proteger da A ID S 1. Utilização correta do preservativo, no caso de ter relacionamento sexual. 2. Recebe r tratamento ade quado, de sde a etapa inicial da gravidez. 3. Não compartilhar as seringas e as agulhas. エイズは 感 染 者 の 精 液 膣 分 泌 液 及 び 血 液 を 介 して 感 染 しますが その 感 染 力 は 弱 く たとえ 感 染 者 と 生 活 をともにしても 日 常 生 活 では 性 的 接 触 以 外 で 感 染 することはありません エイズの 主 な 感 染 経 路 は 次 の3つです 1.コンドームを 使 用 しない 性 的 接 触 2. 感 染 した 母 親 から 胎 児 への 母 子 感 染 3. 注 射 の 回 し 打 ち( 病 院 での 注 射 は 安 全 です) 次 の 方 法 でエイズに 感 染 することを 予 防 することができます 1. 性 的 接 触 のときにはコンドームを 正 しく 使 用 する 2. 妊 娠 初 期 の 段 階 から 適 切 な 治 療 を 受 ける 3. 麻 薬 覚 醒 剤 等 で 注 射 の 回 し 打 ちをしない そう エイズは 予 防 できるのです! Onde poderei fazer o exame da AIDS? エイズの 検 査 は どうすれば 受 けられるの? O exame é realizado gra tuita e anonim amente (não há necessidade de apre sentar o passaporte) nos Centros de Saúde (Hokenjo) da Província, recolhendo-se apenas de 5 a 6 ml de sangue. Pode-se fazer o exame sem preocupação, porque o resultado do exame é informado diretamente à pessoa, mantendo-se rigoroso sigilo. Não obstante, para obter um resultado correto, deve-se submeter ao exame após 3 meses, a partir do momento em que se suspeita estar contagiado(a). Pode-se submeter-se ao exame nas corresp ondentes instituições médicas, porém, neste caso, é preciso pagar as de spe sas do exam e. 検 査 は 県 内 の 保 健 所 で 無 料 匿 名 (パスポート 不 要 )で 受 けることができ 血 液 を5-6mL 採 取 するだけです 結 果 は 本 人 に 直 接 お 知 らせし 秘 密 は 厳 守 されます ので 安 心 して 検 査 を 受 けてください ただし 正 しい 結 果 を 得 るためには 感 染 したと 疑 われる 機 会 から3か 月 以 上 過 ぎてから 検 査 を 受 けてください また 各 医 療 機 関 でも 検 査 を 受 けることができます ( 有 料 ) Nota: No dia do exame, a pessoa que não domina o idioma Japonês, ped imos o favor de vir acompanhada por uma pessoa que entenda o idioma japonês. お 願 い: 日 本 語 で 会 話 できない 方 は 検 査 の 際 にできるだけ 日 本 語 の 会 話 の で きる 方 を 同 伴 するようにしてください Onde poderei fazer o exame da AIDS? エイズの 治 療 はどこで 受 けられるの? Como norma, pode-se receber o tratamento em quaisqueira instituições médicas. Porém, a Província de A ichi designa as seguintes instituições como hospitais básicos para fazer o tratamento da AIDS. 原 則 として どこの 医 療 機 関 でも 治 療 を 受 けられますが 愛 知 県 では 次 の 医 療 機 関 をエイズ 拠 点 病 院 に 選 定 しています 名 古 屋 地 区 尾 張 地 区 三 河 地 区 Região de Nagoya Região de Owari Região de Mikawa NOME DOS HOSPITAIS 病 院 名 Centro M édico de Nagoya (Nag oya Iryo C enter) 名 古 屋 医 療 センター Hosp ital No. 1 da Cruz Vermelh a de Nagoya (Nag oya Dai-Ichi Sekijuji Byo in) 名 古 屋 第 一 赤 十 字 病 院 Hosp ital No. 2 d a Cruz Verm elha de N ag oya (N a go ya D a i-n i S ek iju ji Byo in) 名 古 屋 第 二 赤 十 字 病 院 Hospital Oeste de Nagoya (Higashi Nagoya Byo in) 東 名 古 屋 病 院 Hosp ital M unicipal do Oeste da Cid ad e de Nagoya (Nago ya Shiritsu Hig ashi Sh imin B yoin) 名 古 屋 市 立 東 市 民 病 院 Hosp ital d a U niversidade de Nago ya (Nag oya Daigaku Igakubu Fuzo ku Byo in) 名 古 屋 大 学 医 学 部 附 属 病 院 Hosp ital d a U niversidade Mu nicipal de Nag oya (Nagoya Shir itsu Daigaku Byo in) 名 古 屋 市 立 大 学 病 院 Hospital Cívico de Komaki (Ko ma ki S him in B yo in) 小 牧 市 民 病 院 Centro de Apaprelho Circulatório e Resp irat ório da P ro víncia d e A ic h i (Aichi Kenritsu Jyun kanki Kokyu ki Center) 愛 知 県 立 循 環 器 呼 吸 器 病 センター Hosp ital d a U niversidade de Med icina de Aichi (Aichi Ikadaig ak u Fuzoku Byo in) 愛 知 医 科 大 学 附 属 病 院 Hosp ital d a U niversidade de Saú de e H igi en e F ujit a (Fu jit a H oke n E isei Daigaku B yo in) 藤 田 保 健 衛 生 大 学 病 院 Hosp italc ív ico de Toyohashi (Toyohashi Shimin Byoin) 豊 橋 市 民 病 院 Hospital Cívico de Okazaki (Okazaki Shim in Byo in) 岡 崎 市 民 病 院 Hospital de Assistência Social de Anjo (A njo Ko se i B yo iin) 安 城 更 生 病 院 ENDEREÇOS E TELE FONE S 所 在 地 電 話 番 号 Distrito de Naka, C idade de Nago ya 名 古 屋 市 中 区 Tel.: Distrito de Nakamura, C idade d e N ag oya 名 古 屋 市 中 村 区 Tel.: Distrito de Showa, C idade de Nago ya 名 古 屋 市 昭 和 区 Tel.: Distrito de Meito, C idade de Nago ya 名 古 屋 市 名 東 区 Tel.: Distrito dech igusa, Cid ad e de Nagoya 名 古 屋 市 千 種 区 Tel.: Distrito de Showa, C idade de Nago ya 名 古 屋 市 昭 和 区 Tel.: Distrito de Mizu ho, Cidade d e N ag oya 名 古 屋 市 瑞 穂 区 Tel.: Cidade de Komaki 小 牧 市 Tel.: Cidade de Iichinomiya 一 宮 市 Tel.: Nak ak ute-cho, D istrito de Aichi 愛 知 郡 長 久 手 町 Tel.: Cidade de Toyoake 豊 明 市 Tel.: Cid ad e de To yohash i 豊 橋 市 Tel.: Cidade de Okazaki 岡 崎 市 Tel.: Cidade de Anjo 安 城 市 Tel.:

40 エイズ 予 防 強 化 週 間 ポスター 作 品 募 集 チラシ 作 品 募 集 愛 知 県 内 の 中 学 生 と 高 校 生 からエイズに 関 するポスターを 募 集 します! エイズに 対 するメッセージをポスターに 託 そう! 平 成 21 年 度 中 学 生 の 部 一 席 田 中 杏 治 さんの 作 品 愛 知 県 では 12 月 1 日 の 世 界 エイズデーを 中 心 としたエイズ 予 防 強 化 週 間 の 行 事 の 一 つとして 県 内 の 中 学 生 と 高 校 生 からエイズに 関 するポスターを 募 集 しますので ふるって 御 応 募 ください 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 健 康 対 策 課 募 集 要 領 応 募 資 格 / 中 学 生 の 部 : 愛 知 県 内 に 在 住 または 通 学 している 中 学 生 高 校 生 の 部 : 愛 知 県 内 に 在 住 または 通 学 している 高 校 生 表 現 内 容 / 内 容 は エイズの 予 防 または エイズ 患 者 HIV 感 染 者 に 対 する 偏 見 と 差 別 の 撤 廃 を 呼 びか けるものとします なお ポスターには この 趣 旨 にそった 言 葉 を 入 れてください 例 : エイズ 予 防 強 化 週 間, エイズは 予 防 できる 病 気 です, ストップエイズ, エイズ 克 服 エイズまん 延 の 防 止, エイズ 目 をそらさないで 考 えてみよう, あなたを 守 るエイズの 知 識 エイズ 知 ろう 話 そう 予 防 しよう, AIDS いま 必 要 なのはあなたの 愛 と 勇 気 です 応 募 規 格 /サイズは JIS 規 格 B3 判 又 は 四 つ 切 り 画 用 紙 大 とし 画 材 縦 横 使 い 及 びコピー デザインな どの 表 現 形 式 は 自 由 です ただし 既 存 のキャラクターは 使 用 しないでくだい 応 募 規 定 / 応 募 作 品 は 未 発 表 のものに 限 り 入 賞 作 品 の 著 作 権 は 主 催 者 に 帰 属 します また 応 募 作 品 は 原 則 として 返 却 いたしません 一 作 品 ごとに 裏 面 に 氏 名 (ふりがな) 年 齢 学 校 名 学 校 所 在 地 学 校 電 話 番 号 学 年 学 級 を 記 入 して 愛 知 県 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 健 康 対 策 課 又 はお 近 くの 県 保 健 所 へ 郵 送 又 は 持 参 してくだ さい 締 切 / 平 成 22 年 9 月 17 日 ( 金 )( 当 日 消 印 有 効 ) 賞 /[ 一 席 ] 中 高 校 生 の 部 各 1 点 [ 二 席 ] 中 高 校 生 の 部 各 2 点 [ 三 席 ] 中 高 校 生 の 部 各 3 点 [ 佳 作 ] 中 高 校 生 の 部 各 数 点 審 査 員 / 岡 本 滋 夫 (アートディレクター 名 古 屋 学 芸 大 学 大 学 院 教 授 ) ( 予 定 ) 竹 原 裕 ( 愛 知 産 業 大 学 教 授 ) 白 木 彰 ( 愛 知 県 立 芸 術 大 学 教 授 ) 長 谷 川 勢 子 ( 愛 知 県 教 育 委 員 会 健 康 学 習 課 長 ) 五 十 里 明 ( 愛 知 県 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 長 ) 入 賞 の 通 知 / 入 賞 者 には 在 学 する 学 校 を 通 じて11 月 中 に 連 絡 します ( 入 賞 者 以 外 には 連 絡 しませんので 御 了 承 ください ) そ の 他 / 入 賞 作 品 は エイズキャンペーン 等 で 展 示 をするほか 県 が 作 成 するリーフレット 等 での 使 用 を 予 定 しています ( 応 募 先 一 覧 ) 名 称 郵 便 番 号 住 所 電 話 番 号 愛 知 県 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 健 康 対 策 課 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 三 丁 目 一 宮 保 健 所 一 宮 市 古 金 町 一 丁 目 瀬 戸 保 健 所 瀬 戸 市 見 付 町 春 日 井 保 健 所 春 日 井 市 柏 井 町 二 丁 目 江 南 保 健 所 江 南 市 布 袋 下 山 町 西 師 勝 保 健 所 北 名 古 屋 市 鹿 田 西 村 前 津 島 保 健 所 津 島 市 橘 町 四 丁 目 半 田 保 健 所 半 田 市 出 口 町 一 丁 目 知 多 保 健 所 知 多 市 八 幡 字 荒 古 後 衣 浦 東 部 保 健 所 刈 谷 市 大 手 町 一 丁 目 西 尾 保 健 所 西 尾 市 寄 住 町 下 田 新 城 保 健 所 新 城 市 字 中 野 豊 川 保 健 所 豊 川 市 諏 訪 三 丁 目 エイズ 電 話 相 談 愛 知 エイズ で 検 索! 愛 知 県 エイズ 情 報 センター アイチエイズインフォメーション (052) / 携 帯 電 話 版 エイズ 情 報

41 モバイルあいち エイズ 情 報 QRコード アイチ エイズ インフォメーション での 啓 発 情 報 ( 英 語 ポルトガル 語 ) What is HIV/AIDS? Let's learn about the causes and symptoms of HIV/AIDS. O que é AIDS? Que tipo de doença é a AIDS? Aqui você vai encontrar informações sobre as suas causas e sintomas

42 エイズキャンペーン 広 報 用 チラシ

43 愛 知 県 エイズ 対 策 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 ( 平 成 23 年 4 月 改 訂 ) 愛 知 県 健 康 福 祉 部 健 康 担 当 局 健 康 対 策 課 結 核 感 染 症 グループ 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 三 丁 目 1 番 2 号 電 話 (ダイヤルイン) 内 線

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

DOWN

DOWN DOWN 521111214218 5211118069 27101 521111329 C A M E R A R E P O R T 521111307 Vol.5 521111339 365339 3 10 17 24 9 16 23 8 2 1 15 22 31 30 29 2 0 1 5 O C T O B E R C A L E N D A R 4 11 18 25 5 6 12

More information

第11回

第11回 平 成 26 年 度 熊 本 市 エイズ 総 合 対 策 報 告 書 平 成 27 年 3 月 熊 本 市 保 健 所 感 染 症 対 策 課 熊 本 市 エイズ 総 合 対 策 報 告 書 目 次 平 成 26 年 度 熊 本 市 エイズ 総 合 対 策 概 要 1 エイズ 及 び 性 感 染 症 関 係 統 計 1 2 平 成 26 年 度 熊 本 市 エイズ 対 策 事 業 報 告 (1)

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

Manual de prevenção contra calamidades para estrangeiros residentes na província de Kyoto Índice Terremoto Inundação e tempestade Medidas de prevenção

Manual de prevenção contra calamidades para estrangeiros residentes na província de Kyoto Índice Terremoto Inundação e tempestade Medidas de prevenção Manual de prevenção contra calamidades para estrangeiros residentes na província de Kyoto Índice Terremoto Inundação e tempestade Medidas de prevenção contra calamidades 1. O que é terremoto 2. Casos ocorridos

More information

untitled

untitled Hello Dustin Hello Dustin Realização do mercado livre de Iwakura Será realizado o ``mercado livre de Iwakura com finalidade de promover ambiente favorável ao cosumidor e utilizando efetivamente

More information

仙台市のエイズ・性感染症の現状       資料4

仙台市のエイズ・性感染症の現状       資料4 のエイズ 性 感 染 症 の 現 状 資 料 1 (1) HIV エイズ 発 生 動 向 1 HIV 感 染 者 とエイズ 患 者 報 告 数 年 次 推 移 の 比 較 ( 概 要 ) の 状 況 HIV 感 染 者 数 は, 平 成 年 に 小 さなピークがあり,その 後 はいずれも 増 加 の 傾 向 を 示 していた が,ここ 数 年 は 横 ばい 傾 向 である 平 成 年 の HIV 感

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

表紙HIV

表紙HIV HIV 検 査 相 談 に 関 する 全 国 保 健 所 アンケート 調 査 報 告 書 ( 平 成 25 年 度 ) 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 エイズ 対 策 研 究 事 業 HIV 検 査 相 談 の 充 実 と 利 用 機 会 の 促 進 に 関 する 研 究 研 究 代 表 者 加 藤 真 吾 ( 慶 應 義 塾 大 学 医 学 部 ) 研 究 分 担 者 今 井 光

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

Microsoft Word - 資料3-2(表紙)

Microsoft Word - 資料3-2(表紙) 都 県 説 明 資 料 資 料 3-2 埼 玉 県 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 1 - 課 題 と 解 決 の 方 向 性 - 課 題 働 き 手 が 大 きく 減 少 していく 中 で 急 増 する75 歳 以 上 高 齢 者 をどのよう に 支 えていくか 2010 年

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 資 料 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 ( 単 位 :t) 種 類 平 成 26 年 度 処 理 量 回 収 量 A 平 成 25 年 度 実 績 処

第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 資 料 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 ( 単 位 :t) 種 類 平 成 26 年 度 処 理 量 回 収 量 A 平 成 25 年 度 実 績 処 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 27 年 度 第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 次 第 1 開 会 会 長 の 辞 任 と 新 会 長 の 選 任 について 2 報 告 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 燃 やすごみの 処 理 量 の 昨 年 度 との 月 別 比 較 について 平 成 26

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発 Ⅰ がん 予 防 札 幌 市 の 課 題 全 国 と 比 較 してがんによる 死 亡 率 が 高 い 他 政 令 市 と 比 較 して 喫 煙 率 が 高 い 若 い 世 代 の 運 動 習 慣 のある 人 の 割 合 が 少 ない 1 感 染 に 起 因 するがんへの 対 策 項 目 肝 炎 ウイルス ヘリコバクター ピロリ HPV (ヒトパピローマウイルス) HTLV-1 (ヒト T 細 胞 白

More information

事業目的

事業目的 事 業 受 託 者 募 集 公 告 平 成 24 年 度 新 しい 公 共 支 援 事 業 寄 附 促 進 のための 広 告 キャンペーンについて 岡 山 県 から 受 託 しております 平 成 24 年 度 岡 山 県 新 しい 公 共 の 担 い 手 育 成 支 援 事 業 の 一 部 におきまして 下 記 の 内 容 の 事 業 契 約 を 締 結 するために 次 のとおり 募 集 いたします

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

1101.\1OL.ai

1101.\1OL.ai - 1 - - 2 - - 3 - F O O d e - 4 - O N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N D O O - 5 - - 6 - D O O O O O O O O O O O O - 7 - O O O O D c - 8 - G N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N F -

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

3 3.へき 地 保 健 医 療 (1) へき 地 保 健 医 療 の 概 要 本 県 は 平 成 16 年 12 月 現 在 で 無 医 地 区 数 が 20 市 町 村 48 地 区 無 歯 科 医 地 区 が 25 市 町 村 66 地 区 あ り 全 国 有 数 の 無 医 無 歯 科 医 地 区 である このため 住 民 の 健 康 の 保 持 と 予 防 医 療 に 一 体 化 を 図 るため

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

1201.\1.\4OL.ai

1201.\1.\4OL.ai - 1 - - 2 - - 3 - C O O O O - 4 - D - 5 - E F - 6 - C D - 7 - F W ^ f 6 O 6 O 6 O 6-8 - D d - 9 - - 10 - B - 11 - E ^ E D - 12 - d B - 13 - - 14 - G A - 15 - - 16 - O O O O - 17 - - 18 - - 19 - - 20 -

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 区 域 計 画 1 国 家 戦 略 特 別 区 域 の 名 称 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 2 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 事 業 の 名 称 及 び 内 容 (1) 名 称 : 国 家 戦 略 民 間 都 市 再 生 事 業 内 容 : 民 間 都 市 再 生 事 業 計 画 の 認 定 に 係 る 都 市 再

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

P1・8(№54).ai

P1・8(№54).ai KIA NEWS 小 松 市 国 際 交 流 協 会 Associacao de Intercambio Internacional da cidade de Komatsu. vol. l.54 1 K I A 総 会 K I A assembleia geral 2 支 援 事 業 在 住 外 国 人 Assistência ao trabalhador estrangeiro Por um emprego,

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み 資 料 4 依 存 症 対 策 に 関 する 厚 生 労 働 省 の 取 り 組 み 自 殺 総 合 対 策 大 綱 自 殺 を 予 防 するための 当 面 の 重 点 施 策 自 殺 の 実 態 を 明 らかにする 実 態 解 明 のための 調 査 の 実 施 情 報 提 供 体 制 の 充 実 自 殺 未 遂 者 遺 族 等 の 実 態 解 明 及 び 支 援 方 策 についての 調 査 の 推

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 新 旧 対 照 表 ( 変 更 箇 所 対 照 表 : 修 正 部 のみ 抜 粋 ) 変 更 後 ( 案 ) 変 更 前 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 平 成 16 年 3 月 18 日 策 定 平 成 21 年 6 月 16 日 変 更 平 成 24

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

平成9年度久留米市情報公開制度の運用状況

平成9年度久留米市情報公開制度の運用状況 平 成 8 年 度 久 留 米 市 情 報 公 開 制 度 の 運 用 状 況 ( 平 成 8 年 4 月 日 ~ 平 成 9 年 3 月 3 日 ) 情 報 公 開 請 求 の 内 訳 別 表 平 成 8 年 度 中 の 情 報 公 開 請 求 は 3,476 件 ありました 情 報 公 開 の 文 書 による 請 求 は 93 件 となっています 口 頭 による 請 求 は 3,83 件 あり

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

別紙3

別紙3 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について これは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 条 例 第 1 号 )の 規 定 に 基 づき 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 するものです

More information

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議 平 成 26 年 度 第 2 回 日 本 臨 床 工 学 技 士 連 盟 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 1 月 25 日 ( 日 ) 13:00 ~ 15:00 場 所 : 新 宿 農 協 会 館 8F 中 会 議 室 理 事 出 席 者 : 上 野 関 川 小 林 ( 剛 ) 山 下 高 橋 長 尾 山 崎 肥 田 門 田 髙 山 山 田 小 峠 事 理 欠 席 者 : 高 橋 三 井

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

5 診療報酬請求書及び明細書の編綴方法

5 診療報酬請求書及び明細書の編綴方法 平 成 24 年 度 医 科 愛 知 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 目 次 1. 診 療 報 酬 総 括 表 及 び 請 求 書 の 記 載 要 領 1 2. 診 療 報 酬 請 求 書 及 び 明 細 書 の 編 綴 方 法 6 3. 自 立 支 援 医 療 ( 更 生 ) 人 工 透 析 に 係 る 市 町 村 が 実 施 する 障 害 者 医 療 の 取 扱 いについて 7

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

教育情報及び財務情報の公表について

教育情報及び財務情報の公表について 尚 絅 大 学 教 育 情 報 及 び 財 務 情 報 の 公 表 について 学 校 法 人 尚 絅 学 園 は 公 共 性 の 高 い 法 人 としての 社 会 的 責 任 を 踏 まえ 情 報 公 開 に 取 り 組 んでいます 当 学 園 に 対 する 皆 様 方 のご 理 解 とご 協 力 を 得 ることを 目 的 として 下 記 の 基 本 情 報 を 公 開 いたします 1. 教 育 研

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました 大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 ➀ 生 活 環 境 部 食 品 安 全 衛 生 課 白 石 伸 一 私 は 県 に 入 る 前 は 薬 局 で 働 いていました 大 分 県 が 薬 剤 師 を 募 集 していることを 知 人 から 紹 介 され 行 政 薬 剤 師 という 道 もあることを 知 ったのがきっかけでした 大 分 県 の 食 の 安 全 と 安 心 を 守 っています

More information

Microsoft Word - hisaisya_.doc

Microsoft Word - hisaisya_.doc 総 務 省 埼 玉 県 におられる 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 の 皆 様 へ 平 成 23 年 4 月 6 日 時 点 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 総 務 省 関 東 管 区 行 政 評 価 局 では 震 災 行 政 相 談 専 用 フリーダイヤル を 開 設 し いろいろな 問 い 合 わせや 要 望 などを

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2 平 成 25 年 度 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 の 任 免 給 与 勤 務 条 件 などの 概 要 についてお 知 らせします 1. 職 員 の 任

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 27 年 度 高 崎 総 合 医 療 センター 採 用 試 験 のご 案 内 ~ 国 立 病 院 機 構 はネットワークを 活 用 した5 疾 病 5 事 業 の 診 療 や 感 覚 器 感 染 症 重 症

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 27 年 度 高 崎 総 合 医 療 センター 採 用 試 験 のご 案 内 ~ 国 立 病 院 機 構 はネットワークを 活 用 した5 疾 病 5 事 業 の 診 療 や 感 覚 器 感 染 症 重 症 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 2 7 年 度 高 崎 総 合 医 療 セ ン タ ー 採 用 試 験 の ご 案 内 ~ 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター 連 絡 照 会 先 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター

More information

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 研 修 や 福 利 厚 生 等 について 主 に 平 成 24 年 度 の 状 況 を 公 表 します 1 任 免 および 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 試 験 の 状 況 ( 平 成

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323696BE90CE8E738B6389EF8B6388F591498B93837C8358835E815B8C668EA68FEA90DD9275814593508B8E816990BC9594816A81698CF68D9095B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323696BE90CE8E738B6389EF8B6388F591498B93837C8358835E815B8C668EA68FEA90DD9275814593508B8E816990BC9594816A81698CF68D9095B6816A2E646F63> 明 契 第 7 1 6 号 平 成 27 年 (2015 年 )1 月 6 日 明 石 市 長 泉 房 穂 ( 公 印 省 略 財 務 部 契 約 課 ) 制 限 付 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 制 限 付 一 般 競 争 入 札 ( 郵 便 方 式 )を 実 施 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6 及 び

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2 この 事 務 手 引 きは がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 に 申 請 される 方 申 請 を 検 討 される 方 のためのものです 申 請 される 前 に 必 ずお 読 みください 唐 津 市 目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

申告しなければいけないの?

申告しなければいけないの? 申 告 納 税 相 談 は ( 平 成 28 年 ) 混 雑 状 況 により 受 付 を 早 目 に 締 め 切 る 場 合 があります 町 県 民 税 等 の 申 告 相 談 は できるだけ 指 定 された 日 時 においでください 申 告 に 関 する 注 意 事 項 等 については 裏 面 をご 覧 ください 相 談 日 平 成 28 年 2 / 10 ( 水 ) 12 ( 金 ) 15 (

More information

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 横 浜 国 立 大 学 大 学 院 国 際 社 会 科 学 府 専 門 職 学 位 課 法 曹 実 務 専 攻 ( 法 科 大 学 院 ) 法 学 既 者 コース 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 このPDF 版 募 集 要 項 ( 抜 粋 )は 見 本 です 出 願 する 際 は 必 ず 冊 子 の 募 集 要 項 を 請 求 し 出 願

More information

H28学生募集要項(原稿)

H28学生募集要項(原稿) 平 成 28 年 度 学 生 募 集 要 項 ( 養 成 部 門 ) 島 根 県 立 農 林 大 学 校 農 業 科 699-2211 島 根 県 大 田 市 波 根 町 970-1 TEL 0854-85-7011 FAX 0854-85-7113 林 業 科 690-3405 島 根 県 飯 石 郡 飯 南 町 上 来 島 1207 ( 島 根 県 中 山 間 地 域 研 究 センター 内 )

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

施設リスト

施設リスト 1 北 海 道 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 2 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 3 北 海 道 市 立 旭 川 病 院 4 北 海 道 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 北 海 道 医 療 センター 5 北 海 道 砂 川 市 立 病 院 6 北 海 道 製 鉄 記 念 室 蘭 病 院 7 北 海 道 名 寄 市 立 総 合 病 院 8 北 海

More information

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 津 市 内 に 店 舗 のある 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 商 品 券 を 発 行 することによ

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information