Microsoft PowerPoint - スライド(母固有値0の分布)ver1.pptx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - スライド(母固有値0の分布)ver1.pptx"

Transcription

1 T-01 Q 統 計 量 における0 値 の 母 固 有 値 に 当 たる 主 成 分 項 の 従 う 近 似 分 布 小 林 靖 之 帝 京 大 学 理 工 学 部 マハラノビス 距 離 では 母 固 有 値 0に 当 たる 項 を 扱 えないので 対 策 の1 方 法 としてQ 統 計 量 を 用 いている ( 他 には 正 則 化 ) 0 の 判 断 に 理 論 的 基 準 は 無 く 標 本 固 有 値 による 経 験 的 判 断 しかなかった 0に 当 たるQ 統 計 量 の 主 成 分 項 のモデルも 無 く マハラノビス 距 離 とQ 統 計 量 を 融 合 して 同 時 に 扱 えなかった 計 算 機 で 生 じる 打 切 り 誤 差 の 影 響 を 考 慮 すると 0を 判 断 する 標 本 固 有 値 の 近 似 モデル( 理 論 的 基 準 の 候 補 ) 0に 当 たるQ 統 計 量 の 主 成 分 項 の 近 似 モデル が 提 案 できた 数 値 実 験 ではモデルと 概 ね 合 う 結 果 を 得 た 本 提 案 モデルにより 今 まで 無 かったマハラノビス 距 離 とQ 統 計 量 の 両 者 を 融 合 したモデルを 実 現 できる 可 能 性 があると 考 えている

2 [ T-02 ] Adaptive scaling for soft-thresholding estimator LASSO : l 1 : SCAD, adaptive-lasso l 1 LASSO LASSO soft-thresholding soft-thresholding component-wise data dependent Wavelet denosing

3 T-03 L1 γ MM n=2000 n=

4 スパース 表 現 を 用 いた 非 線 形 主 成 分 分 析 における 学 習 結 果 の 分 類 法 について T-04 香 田 夏 輝 渡 辺 澄 夫 ( 東 工 大 ) このスパース 表 現 を ヒトが 理 解 できる 方 法 を 提 案 従 来 法 の 非 線 形 主 成 分 分 析 LASSO 回 帰 適 用 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象

5 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 第 18 回 情 報 論 的 学 習 理 論 ワークショップ T-05 Wildcardを 許 容 した 頻 出 部 分 グラフマイニング 岡 崎 文 哉 瀧 川 一 学 ( 北 大 ) 背 景 頻 出 部 分 グラフマイニングは グラフデータベース 中 に 高 頻 度 で 出 現 する 部 分 グラフを 列 挙 す る 問 題 頻 出 部 分 グラフには ラベルが 一 部 異 なるだけの 類 似 部 分 グラ フが 多 数 存 在 する Wildcard 許 容 よりグラフの 特 徴 を 表 す 構 造 を 持 つグラフパターンを 抽 出 グラフデータベース 一 部 頂 点 ラベルが 異 なる 部 分 構 造 例 )ヘテロ 五 員 環 のwildcardパターン N N H N H N O O N S S 頻 出 部 分 グラフパターン 5/5 5/5 実 験 結 果 5/5 4/5 4/5 頻 出 部 分 グラフ 頻 出 部 分 グラフ(wildcard) 頻 出 飽 和 部 分 グラフ(wildcard) 頻 出 極 大 部 分 グラフ(wildcard) パターン 要 約 N N H N O N S Wildcardを 許 容 した 頻 出 飽 和 極 大 部 分 グラフ

6 T-06 LDAを 用 いたセルオートマトンによる 交 通 流 の 分 析 東 京 工 業 大 学 山 崎 啓 介 集 団 としての 運 転 行 動 の 分 析 : 運 転 支 援 システムへの 応 用 交 通 流 を 表 すセルオートマトンによるドライバーモデリング セルオートマトン(CA)の 統 計 的 表 現 混 合 二 項 分 布 LDAによる 拡 張 データセット= 文 書 とみなす 分 析 が 容 易 なCA データセット 毎 の 特 徴 をとらえた コンパクトな 表 現 が 可 能 ベイズ 推 定 によるトピックモデル

7 T-07 セルオートマトンを いた 律 的 な 線 変 更 モデルによる 交 通 流 最 適 化 の 研 究 梶 大 介 (デンソー) 山 崎 啓 介 ( 東 工 大 ) 運 転 が 普 及 した 社 会 を 想 定 し 3 線 道 路 における 律 的 線 変 更 モデル による 交 通 流 の 最 適 化 をセルオートマトンを いて 検 討 速 度 が 均 の 場 合 確 定 的 なルール 確 率 的 ルール 2 種 類 の 速 度 がある 場 合 確 率 的 なルール により 最 適 化 と 同 時 に 線 の 意 味 が 付 加 される 確 率 的 なルールによる 隊 列 の 構 成 いずれの 場 合 においても 確 定 的 なルールのみでなく 確 率 的 なルールを 与 えるこ とが 線 の 有 効 利 交 通 流 最 適 化 に 有 効 であることが された This information is the exclusive property of DENSO CORPORATION. Without their consent, it may not be reproduced or given to third parties.

8 density m mixture e mixture Gauss1 Gauss2 m-mixture: p m = P N i=1 ip i e-mixture: p e =exp PN i=1 i log p i b( ) ( X N p e (x; ) =exp i log 1 n i ' i=1 KX w k (x y k ) k=1 Xn i k=1 (x x (i) k ) b( ) ) statistical space S D 1 D 0 D 2 1 p p 0 2 D 4 p 1 D 3 p 4 p 3

9 X ' DC Q P W Q ' P W A B C A A B C A B C A B C A B C A B C C A B C B ˆq (j) q (j) D KL (ˆq (j),q (j) ) ˆq (j) q (j) ˆq (j) p (1) p (2) C

10 T-10: LiDAR 深 度 データを 用 いたCNNブレーキシーン 認 識 嶋 田 達 之 介 1 松 原 拓 央 1 園 田 翔 1 村 田 昇 1 オータルパトリシア 2 加 藤 真 平 2 [1] 早 稲 田 大 学 大 学 院 先 進 理 工 学 研 究 科 [2] 名 古 屋 大 学 大 学 院 情 報 科 学 研 究 科 提 案 1: 車 両 周 辺 のデータからブレーキシーン 認 識 をするCNNの 学 習 提 案 2:LiDARデータのCNN 入 力 の 前 処 理 提 案 LiDAR 2 LiDARデータ Convolutional Neural Network データ 記 録 車 両 1 Brake ON! Brake OFF! [ 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 ]

11 T-11: -情報幾何における q-正規分布族の扱いについて 福岡大学 田中 勝 互いに絶対連続な測度の集合上に平行移動を定義しアファイン空間にする -アファイン共役を定義する 縮約を定義する くり込みを定義する -情報幾何学 非指数型分布族である q-正規分布族を用いて具体的にどうなるのかを示す -情報幾何学を使う利点の1つ 離散分布に対するエントロピーから連続分布に対するエントロピーを導出する 発散項が出てくる くり込みにより解決される

12 G G k K k (G, G ) = V i, j=1 k [ λ l A l ] l=0 ij (λ l > 0) K GR (G, G ) = V i, j=1 [ λ l A l ] l=0 ij = V i, j=1 [(I λa ) 1 ] ij

13 T$13 :" " D 0 " " " ( )," ( )," ( )," ( ) D y 1 x 1 x 2 x 2 y 2 x 3 y 3 x 3 y 3 x 4 y 4 w = A(D) :" V A (w 0, w) := E (x,y) P `(x > w 0,y) " " :" " "m," "n" SVM" " " y 2 w 0 = A(D 0 ) `(x > w,y)

14 T-14 Task Selection for Bandit-Based Task Assignment in Heterogeneous Crowdsourcing Hao Zhang (Tokyo Tech) and Masashi Sugiyama (UTokyo) Task Assignment Online decision making on which labeling task is to be assigned to which worker Task Assignment We borrowed ideas from active learning and developed task selection strategies for task assignment in crowdsourcing. 東 京 工 業 大 学 Tokyo Institute of Technology Worker Selection Task Selection Recently addressed by Bandit-based Task Assignment (BBTA) [1] Focus of this work [1] Zhang H., Ma Y., and Sugiyama M. Bandit-based task assignment for heterogeneous crowdsourcing. Neural Computation, vol.27, no.11, pp , 2015.

15 (T-15) ( ), ( ), ( ), ( ), (JFCC), ( ), ( ), ( )

16 T -16 Geometry-aware Stationary Subspace Analysis for Multivariate Signals Inbal Horev (TokyoTech), Florian Yger (Universite Paris-Dauphine) and Masashi Sugiyama (UTokyo) Sta onary Subspace Analysis (SSA) extracts the sta onary part of a mixture of sources for example: Brain Computer Interface 1.5 Proposal: An SSA method based on the Riemannian geometry of SPD matrices SSA: Divergence between distribu ons 1 GA-SSA: Distance between matrices 0.5 Feature Extraction Classification c Decision Rule a b 東 京 工 業 大 学 Tokyo Institute of Technology

17 T-18 Online Markov Decision Processes with Policy Iteration Yao Ma, Hao Zhang (Tokyo Tech) and Masashi Sugiyama (UTokyo) Motivating Example: tracking a target car that moves abruptly in real time. Goal: Learn a time dependent driving strategy that minimizes the sum of distances between the target and us. target car dist 1 distt us We proposed online policy gradient algorithm for large (continuous) state space 東 京 工 業 online 大 学 MDPs with a sublinear regret. 東 京 工 業 大 学 Tokyo Institute of Technology

18 音楽音響信号解析のためのステューデント 𝒕 分布に基づく 非負値行列分解 (NMF) と半正定値テンソル分解 (PSDTF) 吉井 和佳 (京大) 糸山 克寿 (京大) 後藤 真孝 (産総研) NMF: 非負値ベクトルを少数の非負値ベクトルの線形和で近似 𝒙1 𝒙2 𝒙3 𝒙𝑁 𝒘1 𝒘2 𝒘3 非負値 T-19 𝐾 非負値 𝒙𝑛 ℎ𝑘𝑛 𝒘𝒌 𝑘=1 𝒉𝒉1 2 𝒉3 周波数ビン間の相関を考慮 位相を取り扱える PSDTF: 半正定値行列を少数の半正定値行列の線形和で近似 音源分離精度 SDR 18.9 [db] 半正定値 𝐾 半正定値 𝑿𝑛 ℎ𝑘𝑛 𝑾𝒌 𝑿1 𝑿2 𝑿3 𝑿𝑁 𝑾1 𝑾2 𝑾3 𝑘=1 𝒉12 𝒉 𝒉3 音源分離精度 SDR 26.7 [db] ガウス分布 𝒕分布にするとIS-NMF, Cauchy NMF, LD-PSDTFを含む統一的な確率モデル 局所解に陥りにくい スペクトルの加法性が保証されたNMF 中間的なNMFもOK

19 T-21 Robustification of Learning Algorithms using Hinge-loss Takafumi Kanamori (Nagoya Univ.), Shuhei Fujiwara (Top Gate Co. Ltd.), Akiko Takeda (Univ. of Tokyo) Breakdown point SVM breakdown point * IBIS SVM breakdown point * SVM breakdown point (1-class ) Linear kernel Outlier ratio=0.3 BP: 1 ν µ=0.2 max norm µ ν max norm (ν,µ)=(0.2,0.6) (ν,µ)=(0.4,0.4) (ν,µ)=(0.6,0.2) outlier ratio

20

21 IBIS WS2015 T-25: KL-UCB [Ding et al., 2013] KL-UCB [Garivier and Cappé, 2011] KL-UCB-IE 1/4 TS [Xia et al., 2015],, ( ) KL-UCB for Budgeted Bandits IBIS WS2015 T-25 1 / 1

22 T-35: Modularity 個 人 友 好 関 係 コミュニティ Social Network.,.. Modularity.., November 17, / 1

23 D-01 MDL 規 準 に 基 づく 階 層 的 クラスタンリングを 用 いた 緑 内 障 進 行 パターンに 関 する 知 識 発 見 真 矢 滋 ( 東 京 大 学 *), 森 野 佳 生 ( 東 京 大 学 ), 村 田 博 史 ( 東 京 大 学 ) 朝 岡 亮 ( 東 京 大 学 ), 山 西 健 司 ( 東 京 大 学, CREST) (* 現 在 ( 株 ) 東 芝 研 究 開 発 センターに 所 属 ) 緑 内 障 とは 症 状 : 視 野 欠 損 多 様 な 進 行 パターンが 存 在 提 案 手 法 [1] 直 積 構 造 を 組 み 込 みクラスタ 数 自 動 決 定 が 可 能 なMDL 規 準 による 階 層 的 クラスタリング 動 的 計 画 法 を 用 いた 効 率 的 な 符 号 長 算 c出 緑 内 障 の 特 徴 : 直 積 構 造 医 学 的 な 知 識 の 獲 得 1. 緑 内 障 進 行 cの 時 間 発 展 を 検 出 2. 緑 内 障 進 行 予 測 の 精 度 改 善 に 貢 献 [1] S. Maya, K. Morino, H. Murata, R. Asaoka, and K. Yamanishi. Discovery of glaucoma progressive patterns using hierarchical MDL-based clustering, In Proceedings of the 21th ACM SIGKDD, pp , 2015.

24 (Difference of Convex) 学生優秀プレゼンテーション賞対象 D-03 スパース正則化に対するDCアルゴリズム 後藤 順哉 (中央大学) 武田 朗子 (東京大学) 東野 克哉 (東京大学) L0制約と等価な正則化法の提案 凸緩和 L1正則化 f (x) + x 1 x(t+1) = prox L0制約付き問題 f (x) s.t. x 上位k成分の和 k 0 ( x 非ゼロ要素数 等価 0.8 DCA 残差平方和 非零要素数 500 ISTA 反復回数 x 1 f (x(t) ) + s(x(t) ) L L DCアルゴリズム (t) DC正則化 劣勾配 x k ) 1 1 計算時間 min. ISTA 1 (t) x f (x(t) ) L 反復回数 反復回数

25 D-05: (NTT), ( ), (NTT)!! O(nlogn) ( )!! ( ) P n Potts ( ) Copyright 2014 NTT corp. All Rights Reserved.

26 D-06 欠 損 ありオミクスデータのための 疎 偏 相 関 行 列 推 定 法 疎 偏 相 関 行 列 による ネットワーク 構 造 の 予 測 データ 行 列 復 元 + + 宇 田 新 介, 九 州 大 学 データベース(DB) True positive rate of edge 人 工 データによるネット ワーク 推 定 の 性 能 評 価 False positive rate of edge 定 式 化 min ii pqρ,, \, σ 2 2 kk 1 ik ij ih jh j ih jh ii ih jh ij i, j D 2 y p q w p q p q h 2 i, j h k i h i j 欠 損, 偏 相 関 同 時,DBあり( 提 案 手 法 ) 欠 損, 偏 相 関 個 別,DBあり 欠 損, 偏 相 関 個 別,DBなし ij L1 正 則 化 + 行 列 積 分 解 低 ランク 近 似 疎 偏 相 関 行 列 とデータ 行 列 の 復 元 を 同 時 に 行 う

27 D-07 ( 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 ) ロバストなスパース 回 帰 バッチおよびオンライン 学 習 川 島 孝 行 ( 総 研 大 ) 藤 澤 洋 徳 ( 統 数 研 ) Lasso 標 準 化 + Lasso 標 準 化 のダイバージェンスを 用 いた 表 現. 提 案 手 法 γダイバージェンスによるロバスト 化. ロバストな 推 定 アルゴリズム MMアルゴリズムを 用 いた, 単 調 な 推 定 アルゴリズム. 新 規 データに 対 するスケーラビリティー オンライン 最 適 化 による, 逐 次 推 定 アルゴリズム. 標 準 化 のロバスト 化 説 明 変 数 に 対 するロバスト 性.

28 D-09 動 的 ボルツマンマシン 恐 神 貴 行 & 大 塚 誠 (IBM 東 京 基 礎 研 究 所 ) Osogami & Otsuka (2015) Dynamic Boltzmann machine Spike-timing dependent plasticity Dan & Poo (2006) x i [t] x i [t-1] x i [t-2] x i [t-3] x j [t] MLE Formal limit Refine Boltzmann machine x i w ij x j MLE Hebb s rule Cells that fire together, wire together This research was supported by CREST, JST

29 D-10 相 対 評 価 に 基 づく 協 調 ランキング 問 題 森 富 賢 一 郎 畑 埜 晃 平 瀧 本 英 二 ( 九 州 大 学 ) 協 調 ランキング 問 題 Y アイテムペアの 比 較 評 価 情 報 アイテム 上 のランキング 提 案 手 法? 1 0? 0 0? 1? 1? 1 0 1? 一 部 のアイテムペアの 比 較 評 価 情 報 絶 対 評 価 X 緩 和 した 相 対 評 価 Y 緩 和 した 相 対 評 価 Y 対 応 するランキングにラウンディング 主 結 果 π 1 = ( 2, 5, 1, 3, 4 ) π 2 = ( 2, 3, 4, 1, 5 ) π 3 = ( 3, 5, 1, 2, 4 ) 相 対 評 価 情 報 を 連 続 値 に 緩 和 潜 在 的 な 絶 対 評 価 を 考 えるモデル 相 対 評 価 の 穴 埋 めをするモデル ランキングの 汎 化 誤 差 の 上 界 の 導 出 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象

30 Y = f(x)+ X 2 R I 1 I 2... I K X 7! Tensor input {x (k) r 2 R I X k } k,r 7! CP-decomposition m X r Y k f (k) m (x (k) r ) Regression model

31 D-13 Local Kernel Dimensional Reduction in Approximate Bayesian Computation (SOKENDAI), ISM Automatically construct sufficient summary statistics in Approximate Bayesian Computation like algorithms. Using Gradient based Kernel Dimensional Reduction to reduce the dimensionality of the summary statistics. Propose a Local weighting algorithm to concentrate on the observation. Different summary statistics for different parameter. Low dimensionality achieved. Accurate estimation of the posterior mean measured in mean squared error. Works well in highly nonlinear problems.

32 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 D-15: 特 徴 ベース 非 負 値 行 列 分 解 に 基 づく 交 通 リスクマイニング 発 表 者 : 守 屋 航 一 松 島 慎 山 西 健 司 ( 東 京 大 学 大 学 院 情 報 理 工 学 系 研 究 科 ) ヘテロな 交 通 データから 道 路 地 点 の 危 険 度 を 予 測 する 問 題 特 徴 ベース 非 負 値 行 列 分 解 という 新 しい 手 法 を 提 案 これを 用 いた 危 険 箇 所 のクラスタリング 事 故 件 数 の 予 測 を 行 うフレームワーク を 提 案 提 案 手 法 は 既 存 手 法 より 高 速 かつ 高 精 度 であることを 実 験 で 確 認 実 際 の 交 通 データに 対 して 用 いた 結 果 危 険 箇 所 の 特 定 に 成 功 IEEE DSAA 2015 (Paris)で 発 表 本 研 究 はJST-CRESTの 一 部 として 行 われた

33 D-17 類 似 度 に 基 づくクラスタリング 竹 岡 邦 紘 岡 留 剛 ( 関 西 学 院 大 ) クラス 数 を 未 知 とした カーネル 行 列 に 対 するクラスタリング 手 法 の 提 案 ポイント 確 率 的 生 成 モデル 行 列 の 各 要 素 が 潜 在 特 徴 ベクトル z i の 内 積 で 生 成 カーネル 行 列 行 列 の 各 要 素 が 非 独 立 のため 最 適 化 が 困 難 行 列 を 行 ごとに 分 解 し 行 ごとの 尤 度 を 求 める 対 角 要 素 が 与 えられた 下 で 他 の 要 素 が 独 立 尤 度 は の 次 元 数 によらない z i 事 後 確 率 最 大 で 分 類 しクラス 数 も 推 定 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象

34 活 性 値 情 報 のグループ 化 と ランク 学 習 による 活 性 化 合 物 予 測 D-19 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 鈴 木 翔 吾, 大 上 雅 史, 秋 山 泰 ( 東 京 工 業 大 学 大 学 院 情 報 理 工 学 研 究 科 計 算 工 学 専 攻 ) 目 的 活 性 が 未 知 の 化 合 物 のランキングを 予 測 する 既 知 の 活 性 値 情 報 を 用 いたランク 学 習 問 題 化 合 物 の 活 性 値 情 報 には 実 験 誤 差 が 潜 在 する 実 験 系 による 誤 差 実 験 者 実 験 手 法 によっても 誤 差 が 生 じる オーダーレベルの 誤 差 が 生 じることもある 化 合 物 A B C D?? 提 案 手 法 観 測 値 によって 化 合 物 をグループ 化 する グループランクを 用 いたランク 学 習 化 合 物 A B C D 観 測 値 15 nm 600 nm 450 nm 10,000 nm グループ ランク グループ 化 32 3 真 の 活 性 値 10 nm 300 nm 500 nm 1,000 nm 実 験 誤 差 観 測 値 15 nm 600 nm 450 nm 10,000 nm 観 測 値 のランクは 容 易 に 入 れ 替 わる 細 かいランクに 意 味 は 無 い ( 特 に 活 性 の 有 無 が 曖 昧 な 領 域 ) 10 pm ~ ~100 μm 10 pm ~ ~100 μm 従 来 手 法 提 案 手 法 ROC-AUC データセット: BindingDB CTSK

35 ! D(21!,!,! (! ht 0 h1 > ht 0 h2 T DAE! log( (h0 h1!! ) ht 0 h2 ))

36 D-23 ネットワーク 中 心 性 を 用 いた テンポラルネットワークの 異 常 検 知 〇 要 名 本 義 太 郎 ( 東 大 ), 森 野 佳 生 ( 東 大 ), 山 西 健 司 ( 東 大, CREST) 研 究 背 景 ネットワークの 重 要 な 指 標 として ネットワーク 中 心 性 がある 近 年 テンポラルネットワークの 異 常 検 知 が 盛 んだが ネットワーク 中 心 性 の 利 用 については 十 分 に 解 析 さ れていない 研 究 目 標 ネットワーク 異 常 検 知 におけるネットワーク 中 心 性 という 指 標 の 効 果 役 割 について 明 らかにする 複 数 のネットワーク 中 心 性 を 組 み 合 わせることでネット ワークの 異 常 検 知 精 度 を 向 上 させる 提 案 手 法 複 数 のネットワーク 中 心 性 を 組 み 込 んだ テンポラルネッ トワークの 異 常 検 知 手 法 既 存 手 法 (Panagiotis+,2010)より 異 常 検 知 精 度 が 向 上 * 本 研 究 はJST-CRESTの 一 部 として 行 われた 次 数 中 心 性 近 傍 中 心 性 PageRank 異 常 検 知 時 間 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象

37 ロゴのパターン D-27: fmriデータに対するシンプルで強い仮定を必要 としない脳活動領域の特定法 寺田 吉壱 / ドリフトの完全除去や正規性を仮定 代表的な解析ソフト(SPM等) 弱い仮定の下 simpleなhrf推定量 (DBE) の一致性と漸近正規性を証明 この結果に基づき活動領域特定のための新しい検定統計量を提案! FIR (SPM) の推定結果の比較 Canonical (SPM) Test Statistics 従来法 (SPM) Test Statistics 2 10 提案手法 DBE FIR (SPM) Cano (SPM) Test Statistics 被験者1の脳 Test Statistics 自分の脳 Test Statistics 血流動態反応関数 (HRF) Time (s) 脳活動 装置等の影響による信号のドリフト 35 0 Remark : あるvoxelの実際のfMRI signal FFA (Fusiform face area) の活動がより明確に! 刺激

38 D-29 i-vectorの 識 別 手 法 にBaggingを 加 えた 話 者 識 別 法 園 田 祥 平 ( 早 稲 田 大 学 ), 井 上 真 郷 ( 早 稲 田 大 学 ) 定 式 化 提 案 手 法 発 話 から 得 られた 話 者 の 特 徴 量 から i-vectorを 抽 出 d 次 元 話 者 特 徴 量 = i-vectorは 超 球 上 に 分 布 するため cos 類 似 度 を 用 いて 話 者 の 推 定 が 可 能 + 全 ての 話 者 に 共 通 の 特 徴 n 次 元 基 底 i-vector 話 者 特 有 の 特 徴 登 録 データから 因 子 分 析 により 基 底 を 学 習 推 定 話 者 : i = argmax max cos (ω test, ω i,j ) i j 更 なる 識 別 精 度 向 上 のためBaggingを 導 入 登 録 データ セット テスト データ 結 果 抽 出 データセット 1 抽 出 データセット 2 抽 出 データセットn 弱 学 習 器 1 弱 学 習 器 2 弱 学 習 器 n 既 存 手 法 に 対 し 改 善 が 見 られた 多 数 決 にて 決 定 学 習 器 結 果 出 力 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象

39 D"32 LXV X F & b r hi -, LXV X ap F b V l m Fe F V M E V

40 RegT DB = O(T 3/4 ) RegT DB = Õ( T 1/2) C RegT DB 1 apple Reg FO C 2 t apple Reg DB T

41 B( d m n D-36 2B : BB 1 FAB C 2B : BB 1 FAB C B 7! wsu na S Ni(, AB7 AF B a ki n J iy rl e o J P # RNN example loss = 0 for x, t in zip(xs, ts): h = F.tanh( model.x_to_h(x) + model.h_to_h(h)) y = model.h_to_y(h) loss += loss_fun(y, t) loss.backward() optimizer.update() t sotf N! N J n i T hc ) X

42 [D 38]ガウス 核 を 用 いた 柔 軟 な 超 曲 面 あてはめに 向 けて 藤 木 淳 ( 福 岡 大 学 ), 赤 穂 昭 太 郎 ( 産 総 研 ) KMCA ( 核 劣 成 分 分 析 ) により 柔 軟 な 超 曲 面 あてはめを 実 現 する ガウス 核 では 零 固 有 値 の 固 有 空 間 の 次 元 は 無 限 大 この 固 有 空 間 の 自 由 度 ( 自 由 度 無 限 大 )が 柔 軟 なあてはめを 実 現 する しかし 無 限 次 元 から 適 切 なベクトルを 選 ぶのが 難 しい IBIS 2015

43 D-40, ( ), ( ), ( ) : L1 : L2 (SVM) : L1 1/1

44 D642!!!! NTT Collapsed Gibbs Sampling ! 2!Collapsed!Gibbs!Sampling!!!

45 D-44 オンライン 二 分 探 索 木 問 題 に 対 する 更 新 コスト 付 きリグレット 解 析 について 松 川 理 拓, 山 内 由 紀 子, 来 嶋 秀 治, 山 下 雅 史 ( 九 州 大 学 ) 学 生 優 秀 フ レセ ンテーション 賞 対 象 概 要 :Hannanのアルゴリズム(1957)とKalai-Vempalaの 遅 延 更 新 (2005)を 基 に 改 良 したアルゴリズムを 提 案 し,リグレットの 上 界 を 解 析 する. 貢 献 : 入 力 列 の 長 さ T を 未 知 としても, 探 索 コストのリグレット 探 索 木 の 更 新 コスト 共 にO T を 達 成. 遅 延 更 新 なし 遅 延 更 新 あり 入 力 列 の 長 さ T 既 知 入 力 列 の 長 さ T 未 知 アルゴリズム FPL(Kalai-Vempala) Hannan s 探 索 コストの リグレット O T O T 更 新 コスト Ω T Ω T アルゴリズム FLL(Kalai-Vempala) 本 研 究 探 索 コストの リグレット O T O T 更 新 コスト O T O T

46 D-46

47 ( ( ) ), ( ), ( ) : :

48 D-50: ( ) ( /JST CREST) [1] { } { 1 } { 2 } { 3 } { } { 1, 2 } { 1, 3 } { 2, 3 } { -1, } { 1, 2, 3,..., } [1] Rina Okada et al., Differentially private analysis of outliers, ECML PKDD 2015

49 D)52 fnirs & & fnirs: & & & /JST&CREST & SVM Granger [Hiroyasu15]&! &! &! &! & &

50 D+54& Large&Margin ( ), ( /JST&CREST) & (DP) & &:& DP & & &:& significant & & & DP & significant 1e+04 & p & DP &

51

52 D-58 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 疾 患 リスク 公 開 による 遺 伝 情 報 の 推 定 リスクの 評 価 草 野 光 亮 ( 筑 波 大 学 ) 竹 内 一 郎 ( 名 古 屋 工 業 大 学 ) 山 田 芳 司 ( 三 重 大 学 ) 佐 久 間 淳 ( 筑 波 大 学 / JST CREST) 背 景 情 報 性 別 体 重 喫 煙 歴 etc... 遺 伝 情 報 背 景 10 疾 患 の 疾 患 リスクが 公 開 される 疾 患 A ロジスティック 回 帰 疾 患 リスク 疾 患 A 丸 め 処 理 疾 患 A 疾 患 A 公 開 疾 患 リスク 疾 患 A 疾 患 A ex) あなたの 疾 患 リスクは A です or グラフ 推 定 ( 攻 撃 者 ) 疾 患 A 疑 問 遺 伝 情 報 はどの 程 度 推 定 可 能 か? 手 法 攻 撃 者 の 視 点 で 実 際 に 推 定 を 行 う 列 挙 やMCMC 目 的 遺 伝 情 報 の 漏 れにくい 丸 め 関 数 の 検 討

53 D-60 N S Yahoo! JAPAN N Q. R? O O Q. JS? T Q O...Q E, A 4 53

54 2 -!( )! p(x(t)) X θ!!!!!!!!!!! EM!! E[X 1 (t)] E[X 2 (t)] E[X 3 (t)] E[X 4 (t)]

55

56 D-66 Community Learning (Preferred Networks) Preferred Networks America NN (NN) NN Soft Target 8 24GPU AUC

57 D'68 NMF! NMF!=!! V W H! NMF! NMF

58 D-70 The Infinite Tree Hidden Markov Model ( ) HMM (infinite HMM) Tree-structured stick-breaking process (Adams+ NIPS 2010) Infinite Tree HMM (via hierarchical Chinese District Process) HMM 1, infinite HMM ( ) ( - - )

59 D-72 統 計 調 査 の 約 600 分 類 の 符 号 付 与 システムについて 床 裕 佳 子, 下 野 寿 之, 和 田 かず 美, 坂 下 佳 一 郎 ( 独 立 行 政 法 人 統 計 センター) 2015/11/26 IBIS2015(つくば 国 際 会 議 場 ) 目 的 結 果 単 純 な 仕 組 みで 高 精 度 かつ 処 理 速 度 の 速 い 符 号 付 与 システムを 作 る 信 頼 度 スコアのパーセンタイルごとの 一 致 率 しくみ Cygwin, Perl, MeCab, SQLite3 約 187 万 件 で 学 習 して, 約 32 万 件 を 評 価 した 符 号 の 一 致 率 ( ロ ジ ッ ト 軸 表 示 ) 処 理 時 間 (Xeon,3GHz) 1 万 件 の 学 習 に 約 2 秒 1 万 件 の 評 価 に 約 5 秒 まだ 不 安 な 点 信 頼 度 スコアのパーセンタイル 点 複 数 の 意 味 を 持 つ 単 語 / 強 い キーワードの 副 作 用 表 記 ゆれ / カタカナ 連 続 記 入 など

60 D-74 学 生 優 秀 プレゼンテーション 対 象 介 護 レセプトデータに 対 する 横 断 的 特 徴 選 択 によ る 介 護 サービスの 評 価 中 里 佳 央 ( 筑 波 大 学 ), 佐 久 間 淳 ( 筑 波 大 学 /JST CREST), 川 村 顕 ( 筑 波 大 学 医 学 医 療 系 ヘルスサービス リサーチ 分 野 ), 田 宮 菜 奈 子 ( 筑 波 大 学 医 学 医 療 系 ヘルスサービスリサーチ 分 野 ) 介 護 レセプト: 介 護 サービス 利 用 量 と 要 介 護 度 の 時 系 列 データ 目 的 : 特 徴 選 択 により 要 介 護 度 の 推 移 と 介 護 サービス の 効 果 の 関 連 性 を 発 見 J T 2 c T 1 2 D T arg min S ( B t t X t Yt ) F B i t t i B , t, i d t B t T t 欠 損 値 への 対 応 時 間 平 滑 性 への 対 応 介 護 予 防 通 所 リハビ リを 受 けていることと 要 介 護 度 が 低 いこと に 大 きな 関 連 性 マルチタスク 学 習 による 時 間 横 断 的 な 介 護 サービスの 評 価 時 間 1 1 B t, d 特 徴 量 2 2

61 混 合 ガウシアングラフィカルモデルの 学 習 手 法 と 交 通 状 態 補 間 D-78 鈴 木 惇 平 原 祐 輔 桑 原 雅 夫 ( 東 北 大 学 大 学 院 情 報 科 学 研 究 科 ) 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 研 究 目 的 道 路 ネットワーク 上 で 部 分 的 に 観 測 されたリンク 旅 行 速 度 データによる 未 観 測 リンク 速 度 の 補 間 し,ネットワーク 全 体 の 交 通 状 態 を 把 握 する 研 究 概 要 既 往 研 究 本 研 究 n=1 n=2 観 測 データの 生 成 過 程 観 測 データ 学 習 補 間 n=3 t π t 1 π x t t x o, x t x o t x u t 1 x t t x xo, x t 1 x x t 1 o x t 1 o t u, x t u, x t 1 u t 1 u EMアルゴリズム Graphical Lasso : 時 刻 tの 観 測 リンクのリンク 速 度 : 時 刻 tの 未 観 測 リンクのリンク 速 度 EMアルゴリズム Graphical Lasso n μ, Σ n π, μ, Σ n x u x u

62 D-84:Barron and Cover lasso Barron and Cover Barron and Cover (1991) MDL MDL (Barron et. al. (2008)) lasso lasso BC 1/1

63 Tensor SOMによる データのTopic Roleの 同 時 可 視 化 D-86 波 田 野 創 九 州 工 業 大 学 本 手 法 では, BoWデータからメッセージ, 単 語 の 潜 在 変 数 を 推 定 する メッセージの 潜 在 変 数 の 分 布 から, 送 信 者 と 受 信 者 の 潜 在 変 数 を 推 定 する 例 えば, 指 定 した 送 信 者 と 受 信 者 の トピック ロールを 知 りたい CEO Traders, Vice Presidents risk, cost, trading, million, prices, values, buy, future, decision, making, 送 信 者 マップ 受 信 者 マップ 学 生 優 秀 プレゼンテーション 賞 対 象 単 語 マップ メッセージマップ

64 D-88 Web : EM

65 D+90! Natural!Actor+Cri.c!! " " [ "2007]" " " " 1 # " X 1X 1 # X " E w t r E t r t " t=0 t=0 t=0 "! "! Cri*c" " " " Cri*c" " " w 0 w1 w t w ˆV

66 Predictive Control Problem Design Using Machine Learning Techniques Wemer M. Wee, Riki Eto and Yoshio Kameda NEC Corporation D92 Model Predictive Control Machine Learning Autonomous Driving Reference Model Regression Controller (Optimizer) Objective = index 1 +index 2 + Input Constraints Learned from data! ML Plant FAB/HME Outputs

67 D-94 双 対 分 解 を 用 いた 無 限 潜 在 特 徴 モデルによる 関 係 データの 属 性 予 測 西 出 飛 翔 ( 神 戸 大 ), 江 口 浩 二 ( 神 戸 大 ) 関 係 属 性 性 別 :1( 同 じ) 勤 務 地 :0( 異 なる) 出 身 校 :??( 未 知 ) 性 別 :0 勤 務 地 :?? 出 身 校 :1 性 別 :1 勤 務 地 :0 出 身 校 :1 性 別 :?? 勤 務 地 :0 出 身 校 :1 目 的 SNSなどの 複 数 の 属 性 が 与 えられた 関 係 データから, 既 知 の 属 性 ラベルを 利 用 しつつ 潜 在 特 徴 を 推 定 し, 未 知 の 属 性 の 予 測 を 行 う 提 案 手 法 複 雑 な 目 的 関 数 の 最 適 解 を 求 める 双 対 分 解 をMedLFRM[Jun Zhu,2012]に 適 用 複 数 の 属 性 に 対 するマルチタスクラーニングによってモデルを 推 定 実 験 双 対 分 解 の 適 用 による 予 測 精 度 の 向 上 を 評 価

68 Browsing%states% in%consumer%% decision%processes% Evalua)on " " " prob Gaze%features% " duration " Eye%movements% [1]"Erina"Ishikawa,"Hiroaki"Kawashima,"and"Takashi"Matsuyama:"Using"Designed"Structure"of"Visual"Content"to"Understand"ContentJBrowsing" Behavior,"IEICE"Transac)ons,"98(8),"2015." [2]"Erina"Ishikawa"Schaffer,"Hiroaki"Kawashima,"and"Takashi"Matsuyama:"Es)ma)on"of"Browsing"States"in"Consumer"Decision"Processes"from" Eye"Movements,"The"3rd"IAPR"Asian"Conference"on"PaYern"Recogni)on"(ACPR2015)."

69 D"83%Latent%Synonym%Topic%Models% Weihua%Hu(UTokyo),%Motoki%Sato(NAIST),%Hideki%Mima(UTokyo),%Jun ichi%tsujii(aist) Topic%as%a%distribuHon%over% words. LDA Topic%inference%depends%on% co"occurrence%of% words. Vocabulary%size%is% Latent(synonym(Topic(Models latent(synonyms. co"occurrence%of%% latent(synonyms.( large%and%sparse.%% small%and%dense.%% (Usually%5000%"%10000) (Usually%500%"%1000) Synonyms%are%clustered%in%word2vec% vector%space.% % % ObservaHon Proposal We%introduce%latent(synonym(vectors% from%which%actual%word%vectors%are% generated%with%some%noise.% In%word%vector%space% leter document texts (document)% search documents :%synonym%vector% :%word%vector%

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

untitled

untitled 1 人 事 異 動 表 発 令 年 月 日 平 成 17 年 4 月 1 日 部 長 級 区 長 発 令 発 令 権 者 中 野 区 長 田 中 大 輔 発 令 氏 名 旧 備 考 区 長 室 長 寺 部 守 芳 区 民 生 活 部 ごみ 減 量 清 掃 事 業 担 当 参 事 総 務 部 未 収 金 対 策 担 当 参 事 ( 総 務 部 長 石 神 正 義 兼 務 ) 区 民 生 活

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

1 調査名称:太田市総合交通体系調査

1 調査名称:太田市総合交通体系調査 ( 様 式 -1 表 紙 ) 1 調 査 名 称 : 太 田 市 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 2 調 査 主 体 : 太 田 市 3 調 査 圏 域 : 群 馬 県 太 田 市 ( 両 毛 都 市 圏 ) 4 調 査 期 間 : 平 成 23 年 度 ~ 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :7,980 千 円 ( 当 年 度 までの 合 計 :7,980 千 円 ) ( 総 合 都

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

平 成 年 度 中 国 四 国 学 生 テニス 王 座 ランキング 表 男 子 シングルス 男 子 ダブルス 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 雄

平 成 年 度 中 国 四 国 学 生 テニス 王 座 ランキング 表 男 子 シングルス 男 子 ダブルス 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 雄 平 成 年 度 全 日 本 大 学 対 抗 テニス 王 座 決 定 試 合 中 国 四 国 地 区 大 会 出 場 順 位 解 釈 表 ー 中 国 四 国 学 生 テニス 連 盟 ー 注 意 H 年 度 学 年 別 チャレンジトーナメント 大 会 は 全 試 合 8ゲームで 行 われたため H 年 度 王 座 の 解 釈 表 には 記 載 しないことに 致 しましたのでご 了 承 ください 疑 問

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

研究テーマ考案 ブログ記事を知識源とした 雑談メタファに基づく情報推薦

研究テーマ考案  ブログ記事を知識源とした 雑談メタファに基づく情報推薦 閲 覧 期 間 と 話 題 構 造 に 基 づく Twitter 上 の 見 落 とし 情 報 の 抽 出 大 原 啓 詳 ( 甲 南 大 学 ) 鈴 木 優 ( 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ) 灘 本 明 代 ( 甲 南 大 学 ) 背 景 Twitterにおけるユーザ 同 士 の 繋 がり Follow 共 通 の 趣 味 興 味 のある 事 柄 について 詳 しいユーザ

More information

目 標 を 達 成 するための 指 標 第 4 章 計 画 における 環 境 施 策 世 界 遺 産 への 登 録 早 期 登 録 の 実 現 史 跡 の 公 有 地 化 平 成 27 年 度 (2015 年 度 )までに 235,022.30m 2 施 策 の 体 系 1 歴 史 的 遺 産 とこ

目 標 を 達 成 するための 指 標 第 4 章 計 画 における 環 境 施 策 世 界 遺 産 への 登 録 早 期 登 録 の 実 現 史 跡 の 公 有 地 化 平 成 27 年 度 (2015 年 度 )までに 235,022.30m 2 施 策 の 体 系 1 歴 史 的 遺 産 とこ Ⅲ 歴 史 的 文 化 的 環 境 の 確 保 古 都 鎌 倉 の 歴 史 的 遺 産 を 保 全 活 用 し 世 界 遺 産 に 登 録 されることをめざしま 現 状 と 課 題 わが 国 初 めての 武 家 政 権 が 誕 生 した 本 市 南 東 部 は 三 方 を 山 に 囲 まれ 南 に 相 模 湾 を 望 む 特 徴 ある 地 形 をしており この 地 形 を 生 かした 独 自 の 都

More information

私 達 が 調 査 手 法 を 研 究 した 背 景 リクルートワークス 研 究 所 ワーキングパーソン 調 査 (2000 年 ~ 隔 年 実 施 ) 首 都 圏 在 住 の18~59 歳 で 働 く 個 人 6,500 人 ( )を 対 象 に 就 業 実 態 意 識 を 調 査 調 査 実 施

私 達 が 調 査 手 法 を 研 究 した 背 景 リクルートワークス 研 究 所 ワーキングパーソン 調 査 (2000 年 ~ 隔 年 実 施 ) 首 都 圏 在 住 の18~59 歳 で 働 く 個 人 6,500 人 ( )を 対 象 に 就 業 実 態 意 識 を 調 査 調 査 実 施 インターネットモニター 調 査 は どのように 偏 っているのか 従 来 型 調 査 手 法 に 代 替 する 調 査 手 法 の 模 索 2014.9.4 リクルートワークス 研 究 所 研 究 員 萩 原 牧 子 1 私 達 が 調 査 手 法 を 研 究 した 背 景 リクルートワークス 研 究 所 ワーキングパーソン 調 査 (2000 年 ~ 隔 年 実 施 ) 首 都 圏 在 住 の18~59

More information

Microsoft PowerPoint - MVE pptx

Microsoft PowerPoint - MVE pptx 環 境 制 約 を いた 旅 者 GPS 軌 跡 からの オンライン 移 動 モード 推 定 手 法 笠 原 秀, 飯 山 雅 之, 美 濃 導 彦 京 都 大 学 学 術 情 報 メディアセンター 1 オンライン 移 動 モード 推 定 への 拡 張 オフライン 移 動 モード 推 定 筆 者 らは, 緯 度 経 度 の 時 系 列 データである 旅 者 の GPS 移 動 軌 跡 を とし, 列

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

役員の異動に関するお知らせ

役員の異動に関するお知らせ 平 成 27 年 2 月 27 日 各 位 会 社 名 大 成 建 設 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 山 内 隆 司 コード 番 号 1801 上 場 取 引 所 東 証 名 証 各 一 部 問 合 せ 先 コーポレート コミュニケーション 部 長 井 上 泰 夫 電 話 番 号 03-3348-1111( 大 代 表 ) 役 員 の 異 動 に 関 するお 知 らせ

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー 巨 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 と 対 津 波 設 計 への 活 用 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 危 機 管 理 技 術 研 究 センター 地 震 防 災 研 究 室 防 災 減 災 に 向 けた 研 究 成 果 報 告 会 ~ 東 日 本 震 災 から3 年 ~ 平 成 26 年 3 月 19 日 背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

Microsoft PowerPoint - 14説明資料

Microsoft PowerPoint - 14説明資料 平 成 24 年 度 大 分 県 小 中 校 教 育 課 程 研 究 協 議 会 小 中 校 特 別 支 援 教 育 特 別 支 援 教 育 考 え 方 転 換 特 別 場 で 教 育 から 教 育 的 ニーズ に 応 じた 教 育 へ 特 殊 教 育 障 がい 種 類 や 程 度 に 応 じて 特 別 場 ( 盲 聾 養 護 校 特 殊 級 等 ) で を 行 う 特 別 支 援 教 育 障 がいある

More information

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx ( 現 行 の 様 式 ) 多 治 見 市 工 事 成 績 書 兼 報 告 書 業 種 コード( ) 工 事 担 当 部 課 名 部 課 工 事 番 号 第 号 工 事 名 工 事 工 事 場 所 多 治 見 市 町 丁 目 地 内 請 負 業 者 名 技 術 者 氏 名 監 理 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 契 約 金 額 ( 最 終 契 約 額 ) 円 工 期 年 月 日 から 年 月

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

豊 住 直 樹 岩 沢 雅 司 渡 邉 幸 彦 7 中 林 信 男 高 橋 功 7 竹 原 奈 津 紀 滝 沢 義 明 コ 9 片 見 明 コ ム ム 高 橋 進 小 峰 直 ム 中 島 克 昌 55 0 松 島 誠 55 滝 邦 久 関 竹 夫 嶋 田 道 夫 信 7 栗 原 孝 信 ム 竹 井

豊 住 直 樹 岩 沢 雅 司 渡 邉 幸 彦 7 中 林 信 男 高 橋 功 7 竹 原 奈 津 紀 滝 沢 義 明 コ 9 片 見 明 コ ム ム 高 橋 進 小 峰 直 ム 中 島 克 昌 55 0 松 島 誠 55 滝 邦 久 関 竹 夫 嶋 田 道 夫 信 7 栗 原 孝 信 ム 竹 井 コート 般 男 子 人 用 開 始 時 間 終 了 時 間 ブロック 佐 野 博 士 佐 久 間 弘 敏 信 信 井 上 友 幸 田 中 英 司 横 尾 昌 法 加 賀 重 隆 ム ム - 0 0 コート 般 男 子 人 用 開 始 時 間 終 了 時 間 B ブロック 武 田 長 谷 部 弘 之 根 岸 修 55 中 村 亘 55 宮 木 伸 夫 寺 西 信 ム ム 8 0 5-7 0 8 9 -

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

Microsoft PowerPoint - 20120114_R勉強会ichikura.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 20120114_R勉強会ichikura.ppt [互換モード] 公 益 社 団 法 人 日 本 心 理 学 会 第 4 回 心 理 医 学 系 研 究 者 のためのRによる 統 計 学 の 研 究 会 初 心 者 による 初 心 者 のための 探 索 的 因 子 分 析 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 歯 学 総 合 研 究 科 博 士 課 程 1 年 市 倉 加 奈 子 (ichikura.lppm@tmd.ac.jp) ac 本 日 のMENU 1. 探

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

区議会月報 平成19年4-5月

区議会月報 平成19年4-5月 し ぶ や 区 議 月 報 平 成 19 年 4~5 月 499~500 * 目 次 1 4 月 の 議 一 覧 1 2 4 月 の 委 員 活 動 のあらまし 等 (1) 議 運 営 委 員 2 (2) の 議 2 3 5 月 の 議 一 覧 3 4 平 成 19 年 第 1 回 臨 時 のあらまし (1) 概 要 4 (2) 議 決 等 件 数 4 (3) 議 決 等 の 内 容 5 5 5 月

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc) (1) 1 ア 調 査 すべき の 手 法 情 報 できる 主 要 な 眺 望 地 点 及 び 主 要 で 身 近 な 視 点 の 状 況 な 実 視 施 点 地 ( 区 点 不 域 のうち 特 周 定 辺 の 多 主 数 の 要 な なものをいう 人 々 眺 望 又 地 は 点 周 ( 辺 の 不 以 住 特 下 民 定 が 同 多 じ ) 数 の する 人 及 々が 場 び 所 対 利 で 象

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 ( 単 位 : 円 ) 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 413,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 ( 単 位 : 円 ) 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 413, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 % % 77,6 26,695,747 1,773,745 4,721,882 17.7 18.7 (2) 職

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全 はははは 平 成 25 年 12 月 3 日 平 成 26 年 2 月 26 日 改 訂 統 計 トピックスNo.75 経 済 センサスでみる12 大 都 市 の 産 業 特 性 と 主 要 産 業 - 平 成 24 年 経 済 センサス 活 動 調 査 の 分 析 事 例 2 地 域 分 析 - 経 済 センサスは 我 が 国 の 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 状 態 を 全

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 H23 年 度 (H23 年 度 末 ) 92,515 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 A B 47,237,799 3,355,983 7,34,613 件 費 率 B/A 15.5 ( 参 考 ) H22 年 度 の 件 費 率 14.3 (2) 職

More information

埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 大 字 藤 久 保 1100 番 地 1 三 芳 町 役 場 本 庁 舎 4 階 ウ 提 出 方 法 : 持 参 または 郵 送 による 提 出 とする ただし 提 出 期 限 必 着 とし 郵 送 の 場 合 は 必 ず 到 着 を 確 認 するものとする (3

埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 大 字 藤 久 保 1100 番 地 1 三 芳 町 役 場 本 庁 舎 4 階 ウ 提 出 方 法 : 持 参 または 郵 送 による 提 出 とする ただし 提 出 期 限 必 着 とし 郵 送 の 場 合 は 必 ず 到 着 を 確 認 するものとする (3 様 式 第 5 号 ( 第 9 条 関 係 ) 三 芳 政 発 第 8 号 平 成 26 年 4 月 1 日 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 提 案 書 募 集 に 関 する 公 表 プロポーザル 選 定 委 員 会 委 員 長 三 芳 町 プロポーザル 方 式 業 者 選 定 実 施 要 綱 第 7 条 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 提 案 書 を 募 集 します 1 業

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期)

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期) し が け ん ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 し が け ん ち い き 地 域 だ い ( 第 き 3 期 ) し が け ん 平 成 28 年 3 月 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 ( 第 3 期 ) 都 道 府 県 名 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯

More information

2020年の住宅市場 ~人口・世帯数減少のインパクト~

2020年の住宅市場 ~人口・世帯数減少のインパクト~ 第 157 回 NRIメディアフォーラム 22 年 の 住 宅 市 場 ~ 人 口 世 帯 数 減 少 のインパクト ~ 211 年 8 月 3 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 インフラ 産 業 コンサルティング 部 上 級 コンサルタント 榊 原 渉 副 主 任 コンサルタント 小 口 敦 司 副 主 任 コンサルタント 平 野 裕 基 コンサルタント 秋 山 優 子 1-5 東

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

愛知淑徳学園 規程集

愛知淑徳学園 規程集 第 2 編 大 ( 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 規 程 ) 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 ( 以 下 研 究 とい う )が 愛 知 淑 徳 大 大 院 則 ( 以 下 大 院 則 という ) 第 1 条 に 則 り 次 の 各 号 に 掲 げる 的 を 達 成 するため

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 23 年 度 ( ).21 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 は 事 委 員 会 勧 告 において 公 民 の4 月 分 の 給 与 額 をラス パイレス 比 較 した 平 均 給 与 月 額 である は 事 委 員 会 を

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 23 年 度 ( ).21 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 は 事 委 員 会 勧 告 において 公 民 の4 月 分 の 給 与 額 をラス パイレス 比 較 した 平 均 給 与 月 額 である は 事 委 員 会 を 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 58,94 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 2,225,66 A 533,811 3,434,996 B 17. B/A 平 成 22 年 度 の 件 費 率 15.8 (2)

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 級 の 給 料 月 額 135,60 185,80 22,90 261,90 289,20 320,60 36,20 最 高 号 給 の 給 料 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 級 の 給 料 月 額 135,60 185,80 22,90 261,90 289,20 320,60 36,20 最 高 号 給 の 給 料 月 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 94,106 39,048,807 1,082,979 6,079,197 15.6 16.0 (2) 職 員

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 各 年 度 末 ) 40,427 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 % % 24,380,602 1,175,572 3,729,291 15.3 16.6 (2) 職

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

Microsoft Word - 答申第143号.doc

Microsoft Word - 答申第143号.doc 答 申 第 143 号 平 成 15 年 12 月 17 日 千 葉 県 知 事 堂 本 暁 子 様 千 葉 県 情 報 公 開 審 査 会 委 員 長 麻 生 肇 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 について( 答 申 ) 平 成 14 年 12 月 12 日 付 け 一 廃 第 361の2 号 による 下 記 の 諮 問 について 次 のとおり 答 申 します 記 平 成 10 年 6 月

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information