1 はじめに

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 はじめに"

Transcription

1 平 成 25 年 度 職 員 による 政 策 研 究 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 活 用 したプロモーション グループ1-15 リーダー: 農 政 部 園 芸 畜 産 課 干 川 学 哉 危 機 管 理 部 消 防 課 山 口 春 彦 総 務 部 情 報 公 開 私 学 課 原 田 舞 上 小 地 方 事 務 所 田 淵 千 春 安 曇 野 建 設 事 務 所 松 本 翔 大 町 建 設 事 務 所 高 瀬 政 樹 北 信 建 設 事 務 所 山 田 佳 代 白 馬 高 等 学 校 浜 正 彦

2 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 活 用 したプロモーション( 目 次 ) 1 はじめに ~ 長 野 県 とご 当 地 キャラクター ~ 1 2 アルクマ と 地 方 自 治 体 によるキャラクター 活 用 の 状 況 2 (1) ご 当 地 キャラクターを 活 用 する 自 治 体 2 ア ご 当 地 キャラクター(ゆるキャラ)の 簡 単 な 歴 史 2 イ 自 治 体 によるキャラクターの 活 用 の 現 状 3 (2) アルクマ の 生 い 立 ち 4 (3) 観 光 PRキャラクター アルクマ 活 用 の 現 状 4 ア 観 光 部 観 光 振 興 課 のアルクマ 活 用 状 況 4 イ 新 たな 動 き 5 (4) アルクマ に 関 する 当 グループによる 各 種 調 査 6 ア 認 知 度 調 査 6 イ 県 内 企 業 の アルクマ 商 品 化 の 意 識 調 査 7 ウ 長 野 県 職 員 内 部 用 掲 示 板 における アルクマ 活 用 アイデア 募 集 7 エ 先 進 地 事 例 調 査 8 3 課 題 解 決 に 向 けて 10 (1) 課 題 の 整 理 10 (2) 課 題 解 決 に 向 けた 提 案 12 ア アルクマ を 長 野 県 PRキャラクターに 12 イ アルクマ を 管 理 する 担 当 の 設 置 13 (ア) 専 門 の 管 理 担 当 を 13 (イ) 目 標 と 効 果 指 標 の 設 定 14 (ウ) ブランド 管 理 14 ウ 利 用 促 進 16 (ア) 県 民 の 利 用 促 進 16 (イ) トップセールス 17 エ アルクマなんでも 活 用 検 討 会 議 ( 仮 称 ) 17 4 具 体 的 な 活 用 方 法 の 提 案 20 ア Hey!Say!JUMPと 相 思 相 愛 企 画 20 イ アルクマ 的 しあわせ 信 州 シェアスペース の 展 開 20 ウ 路 線 (みち)をつなぐ なんでもつなぐ 21 a JR 飯 田 線 ご 当 地 キャラ 列 車 の 運 行 21 b ご 当 地 キャラを 活 用 した 北 陸 新 幹 線 延 伸 PR 21 c クマによる 信 州 まつもと 空 港 PR 22 1

3 5 まとめ 考 察 23 参 考 資 料 1 先 進 地 事 例 調 査 25 (1) 彦 根 市 (ひこにゃん)の 事 例 25 (2) 熊 本 県 (くまモン)の 事 例 27 2 認 知 度 調 査 29 Ⅰ 県 外 アンケート( 静 岡 )の 結 果 分 析 29 Ⅱ 県 外 アンケート( 名 古 屋 )の 結 果 分 析 33 Ⅲ Hey!Say!JUMP ファンによる アルクマ の 認 知 度 調 査 結 果 38 Ⅳ 県 内 認 知 度 調 査 結 果 40 3 具 体 的 な 活 用 提 案 企 画 資 料 (1)Hey!Say!JUMPと 相 思 相 愛 企 画 44 (2) 路 線 (みち)をつなぐ なんでもつなぐ 45 2

4 1 はじめに ~ 長 野 県 とご 当 地 キャラクター ~ 近 年 ご 当 地 キャラクター あるいは ゆるキャラ と 呼 ばれる 動 植 物 あるいは 地 域 の 特 産 品 等 のイメージをもとに 作 られたキャラクターが 主 に 地 方 自 治 体 によって 使 用 されるようになった 自 分 の 地 域 をより 多 くの 人 に 知 ってもらうため キャラクターを 利 用 することで 自 治 体 のお 堅 い 印 象 が 緩 和 され 子 どもからお 年 寄 りまで 幅 広 い 世 代 に 受 け 入 られやすくなる というメリットが ある 長 野 県 においても 例 えば 平 成 5 年 開 催 の 信 州 博 覧 会 の アルピー や 平 成 10 年 開 催 の 冬 季 五 輪 の スノーレッツ 等 特 定 のイベントPRのため のキャラクターを 活 躍 させてきた また 3R(リデュース リユース リサ イクル) 推 進 のキャラクターである クルルン や 地 産 地 消 推 進 キャンペ ーンキャラクターである 旬 ちゃん など 県 政 の 特 定 の 目 的 のために 制 作 活 用 し 事 業 効 果 をあげてきた クルルン しかし 地 方 自 治 体 によるご 当 地 キャラクターの 活 用 方 法 に 大 きな 変 化 が 見 られるようになった 熊 本 県 の くまモン を 代 表 として 使 い 方 次 第 で 様 々な 分 野 に 大 きな 効 果 がもたらされる 可 能 性 が 示 されたのである この 状 況 下 で 長 野 県 内 で 最 も 知 名 度 人 気 の 高 いと 思 われる アルクマ をもっ と 有 効 に 活 用 できないか との 考 えから 平 成 25 年 度 長 野 県 職 員 による 政 策 研 究 のテーマとして 旬 ちゃん 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 活 用 したプロモーション というテーマが 与 えられた 以 下 に 平 成 25 年 5 月 から 12 月 までに 取 り 組 んだ 成 果 について 報 告 をする 1 アルクマ 各 種 勢 ぞろい

5 2 アルクマ と 地 方 自 治 体 によるキャラクター 活 用 の 状 況 (1)ご 当 地 キャラクターを 活 用 する 自 治 体 ア ご 当 地 キャラクター(ゆるキャラ)の 簡 単 な 歴 史 まず 長 野 県 の 前 に 全 国 各 地 のご 当 地 キャラクターのことに 触 れて みたい 現 在 のように 団 体 そのものをPRするような 形 態 のキャラクター として 最 も 早 く 登 場 したのは 群 馬 県 の ぐんまちゃん( 二 代 目 ) と されている この 二 代 目 ぐんまちゃん は 当 初 平 成 6 年 の 第 3 回 全 国 知 的 障 害 者 スポーツ 大 会 ゆうあいピック 群 馬 大 会 のマス コット ゆうまちゃん として 登 場 その 後 群 馬 県 のマスコットキ ャラクターに 格 上 げ されたものである 平 成 24 年 12 月 21 日 に 群 馬 県 宣 伝 部 長 に 就 任 し ゆるキャラグランプリ では 毎 年 上 位 の 常 連 となり 群 馬 県 のPRに 活 躍 している 写 真 1 道 路 工 事 看 板 にも 使 われる ぐんまちゃん ご 当 地 キャラクター (ゆるキャラ)の 一 般 的 な 認 知 としては 平 成 19 年 開 催 の 国 宝 彦 根 城 築 城 400 年 祭 のキャラクター 滋 賀 県 彦 根 市 の ひこにゃん の 登 場 によるものではないかと 考 えられる ひこにゃん は ゆるキャラブームの 火 付 け 役 ともいわれており ひこにゃん に 会 うために 彦 根 城 を 訪 れる 観 光 客 が 現 れたり ひこにゃん を 使 用 したキャラクター 商 品 がおみや げの 菓 子 等 に 使 用 されたりすることで 経 済 的 な 効 果 につながることが 証 明 された なお 彦 根 市 では 平 成 20 年 からホームページで 毎 年 彦 根 市 観 光 に 関 する 経 済 効 果 測 定 調 査 報 告 書 を 公 表 している 埼 玉 県 では ご 当 地 キャラクターを 活 用 しての 地 域 起 こしを 積 極 的 に 行 ってきた 各 市 町 村 に 1 体 以 上 のキャラクターを 作 るように 促 進 し 県 では 埼 玉 県 ご 当 地 キャラクター 軍 団 ゆる 玉 応 援 団 としてまとめている 県 のマスコットキャラクター コバトン をリーダーに 104 のキャラク ターで 埼 玉 県 の 魅 力 をPRしている また ゆるキャラグランプリの 表 彰 式 も 行 われる ゆるキャラサミット in 羽 生 も 埼 玉 県 羽 生 市 で 例 年 開 催 されている ra/yuruchara.html 現 在 日 本 で 最 も 人 気 あるご 当 地 キャラクターといえるのが 熊 本 県 の くまモン である 平 成 23 年 の ゆるキャラグランプリ 2011 で 1 位 になり 全 国 にその 名 前 が 知 れ 渡 った くまモン は 熊 本 県 PRマスコットキャラクターで 平 成 22 年 九 州 新 幹 線 全 線 開 通 に 向 けた く まもとサプライズ のキャラクターとして 登 場 した 熊 本 県 営 業 部 長 という 肩 書 を 持 った 5 歳 の 公 2

6 務 員 という 設 定 のキャラクターである 熊 本 県 は パブリシティー( 事 業 などに 関 する 情 報 を 積 極 的 にマスコミに 提 供 し 報 道 として 伝 達 されるように 働 きかける 広 告 活 動 ) を 常 に 意 識 し 広 告 効 果 経 済 効 果 といった 数 値 化 にも 積 極 的 である 平 成 24 年 度 の くまモン 関 連 商 品 の 売 上 が 約 293 億 円 と 算 出 され 経 済 効 果 の 高 さに 注 目 を 集 めた 平 成 26 年 1 月 6 日 から 熊 本 県 しあわせ 部 長 に 就 任 している 現 在 NHKが 年 末 の 紅 白 歌 合 戦 に くまモン ふなっ しー を 出 演 させたりするなど キャラクターのブームは まだ 続 いている 続 いているというよりは 国 民 の 意 識 の 中 に ご 当 地 キャラクター (ゆるキャラ)と 呼 ばれるキャラク ターがすっかり 定 着 した と 言 えるだろう それに 併 せて 各 地 のご 当 地 キャラクターも 増 加 の 一 途 を たどっている グラフ 1 は 過 去 3 年 間 の ゆるキャラグラン プリ の 年 度 ごとのエントリー 数 の 推 移 である このデータ から 日 本 全 国 に 相 当 数 のキャラクターが 存 在 し 現 在 もさ らに 新 キャラクターが 増 加 しているものと 推 測 される 県 内 でも 平 成 25 年 に 千 曲 市 の あん 姫 小 川 村 の おや キング 信 濃 町 の 一 茶 さん といった 新 たなキャラクター が 続 々と 登 場 している グラフ1 ゆるキャラグランプリ エントリー 数 の 推 移 イ 自 治 体 によるキャラクターの 活 用 の 現 状 自 治 体 の 活 用 手 法 を 整 理 すると 自 治 体 を 代 表 する 存 在 として そのPRをする 地 元 の 特 産 品 のラベル 等 に 使 用 することで 県 内 事 業 者 生 産 者 等 の 支 援 をする この 二 つに 集 約 されるのではないか 前 者 については 各 種 イベントへの 参 加 パンフレットへの 掲 載 等 によって 主 に 対 外 的 な 自 治 体 のPRを 行 っている くまモン が 熊 本 県 営 業 部 長 兼 しあわせ 部 長 ぐんまちゃん が 群 馬 県 宣 伝 部 長 の 肩 書 きを 持 つように 地 方 自 治 体 の 中 で 一 定 の 役 職 を 得 て 活 動 する 事 例 も 普 通 に なってきている 後 者 については 各 種 おみやげ 品 等 を 中 心 に 菓 子 等 のラベルに 使 用 されるもの ぬいぐるみ 等 キャラクターそのもののグッズとして 販 売 されているものがある ユニークなのは 熊 本 県 が くまモン の 商 品 への 使 用 は 熊 本 県 の 業 者 が 製 造 する 場 合 ある いは 県 外 業 者 であれば 熊 本 県 産 の 原 料 を 使 用 する 場 合 ( 例 :カゴメ( 株 )の 野 菜 生 活 100 デ 3

7 コポンミックス 等 )などとしていることだ 熊 本 県 は くまモン の 商 標 使 用 料 を 無 償 としてお り ロイヤリティ ビジネスで 稼 ぐことはできないが この 方 針 によって 県 内 生 産 者 等 の 支 援 を 図 っていることが 明 確 になっている 日 銀 熊 本 支 店 の 試 算 によると ゆるキャラグランプリ 優 勝 から 平 成 25 年 秋 までの 熊 本 県 への 経 済 効 果 は 2 年 間 で 1232 億 円 とされて( 朝 日 新 聞 H の 記 事 等 )おり 大 きなものといえる (2) アルクマ の 生 い 立 ち それでは 本 研 究 の 主 役 でもある アルクマ について 整 理 したい アルクマ は 平 成 18 年 10 月 から 12 月 にかけて JRが 行 った 信 州 ディスティネーションキ ャンペーン( 以 下 信 州 DC) のキャラクターとして 生 まれ この 誘 客 キャンペーン 企 画 に 大 きな 役 割 を 果 たした キャンペーン 終 了 後 も その 愛 くるしさから 続 投 を 望 む 声 が 多 く 信 州 DCの 企 画 者 である[JR 東 日 本 長 野 支 社 ] アルクマ のデザインを 作 り 版 権 を 所 有 している[ジェイア ール 東 日 本 企 画 (Jeki) 長 野 支 店 ] 長 野 県 内 の 観 光 関 連 団 体 で 組 織 される 誘 客 促 進 の 組 織 [ 信 州 キ ャンペーン 実 行 委 員 会 ( 事 務 局 : 長 野 県 観 光 部 観 光 振 興 課 )]の 三 者 で アルクマ の 継 続 利 用 に ついての 覚 書 を 締 結 ( 平 成 19 年 3 月 )し 現 在 も 長 野 県 観 光 PRキャラクター として 活 躍 中 である その 使 用 については 観 光 誘 客 という 目 的 に 限 られる と 解 されている 管 理 につい てもこの 三 者 でそれぞれ 必 要 に 応 じ 協 議 をしながら アルクマ を 使 ってきた (3) 観 光 PRキャラクター アルクマ 活 用 の 現 状 ア 観 光 部 観 光 振 興 課 の アルクマ 活 用 状 況 平 成 19 年 度 以 降 基 本 的 には 三 者 の 覚 書 により JR 東 日 本 が 自 社 のイベント 等 に 県 観 光 振 興 課 が 誘 客 イベント 等 と 認 知 度 向 上 の 取 り 組 みに 市 町 村 等 が 地 域 の 観 光 イベントに 使 う とい った 状 況 である 着 ぐるみは JR 東 日 本 と 県 観 光 部 観 光 振 興 課 で 管 理 をしている 明 確 な 使 用 基 準 はなく アルクマ を 使 いたい という 希 望 に 対 して 覚 書 に 従 い 観 光 PRになるか という 視 点 で 観 光 振 興 課 の 担 当 者 が 個 別 に 判 断 してきた 県 の 窓 口 として 対 応 しているように 見 えるが 実 は 覚 書 に 従 い 信 州 キャンペーン 実 行 委 員 会 の 事 務 局 として 対 応 してきた という のが 本 当 のところである このあたりが 積 極 的 な 活 動 を 妨 げていた 可 能 性 もあるが それとは 別 に 平 成 23 年 からは PR 部 隊 として アルクマキャラバン 事 業 を 設 置 し 県 内 外 で 観 光 イベント 等 を 盛 り 上 げてきた 平 成 24 年 には 長 野 県 においても アルクマ を ゆるキャラグランプリ 2012 に 初 参 加 させ るなど PR 力 の 強 化 (= 認 知 度 向 上 ) プロモーションを 意 識 した 活 動 をするようになった こ れは くまモン の 全 国 展 開 などが 大 きく 影 響 していると 考 えられる また アイドルグループH ey!say!jumpの 藪 氏 が アルクマ が 好 き と 公 言 したことで 全 国 のファンの 間 に アルクマ が 知 られるようになるなど 大 きな 転 機 を 迎 えた 時 期 でもある くまモン や ひ こにゃん と 同 じような 活 躍 を アルクマ に 求 め 長 野 県 民 の 役 に 立 ってもらいたい との 思 いが 強 くなり 版 権 を 買 い 取 り 長 野 県 のキャラクターとして 活 用 しよう との 動 きが 出 たのもこ の 時 期 である しかし 版 権 買 取 の 交 渉 は 不 調 に 終 わり 平 成 25 年 も 観 光 PRキャラクターとしての 活 動 が 続 4

8 く 認 知 度 向 上 のため 信 濃 の 国 ダンス 修 得 までをストーリー 仕 立 てにした 取 組 も 行 われ お 台 場 合 衆 国 ゆるキャラダンス 選 手 権 ~ゆるくない 夏 場 の 真 剣 勝 負 ~ においても 上 位 入 賞 を 果 たし その 後 の 展 開 が 期 待 される 信 州 DC アルクマ 誕 生 アルクマ 観 光 P R キ ャ ラ ク タ ーに ア ル ク マ キ ャ ラ バ ン 始 まる ゆ る キ ャ ラ グ ラ ン プ リ 初 参 戦 (24 位 ) 信 濃 の 国 ダンス ダンス 選 手 権 2 位 平 成 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 ひこにゃん 誕 生 ゆるキャラ ブーム 始 ま る? ゆ る キ ャ ラ グ ランプリ ひこ にゃん 優 勝 くまモン 誕 生 ゆるキャラグランプリ くまモン 優 勝 図 1 アルクマ ( 上 段 )と くまモン たちの 簡 易 年 表 イ 新 たな 動 き ここで 研 究 課 題 のテーマにあげられている プロモーション という 言 葉 について ( 大 辞 林 第 三 版 )によると 販 売 を 促 進 するために 活 動 すること また その 活 動 とある 地 方 自 治 体 は もちろん 直 接 販 売 するものを 持 っていないので 自 治 体 の 持 つ 魅 力 や 特 徴 的 な 物 産 が 対 象 となる アルクマ は 先 述 のとおり 観 光 PRキャラクター として 観 光 分 野 に 特 化 してプロモーションに 活 用 されてきた 着 ぐるみによる 動 としての 活 用 の 他 マーク やロゴなど 印 刷 物 による 静 としての 活 用 は 観 光 パンフレットなどに 積 極 的 に 使 用 されてい るが 前 述 のとおり 版 権 がジェイアール 東 日 本 企 画 長 野 支 店 にあるため 性 格 付 けやイラスト の 修 正 加 工 等 が 難 しいという 課 題 もある ここまでの 現 状 と 毎 日 のように 全 国 各 地 の ご 当 地 キャラクターが 新 聞 の 紙 面 を 賑 やかせて いる 現 状 を 見 比 べると 物 足 りなさを 感 じるか もしれない しかし 平 成 25 年 に 入 り 農 政 部 の おいしい 信 州 ふーど( 風 土 ) のPR( 図 2)や 県 警 による 県 庁 前 の 電 子 掲 示 板 で 交 通 事 故 を 減 ら すPR その 他 にも 選 挙 時 の 投 票 啓 発 自 動 車 税 の 納 税 促 進 等 県 庁 内 の 他 部 局 においても アル クマ が 使 われるようになってきた また 大 手 企 業 の 中 でもご 当 地 キャラクターへの 関 心 が 高 まっており カゴメ( 株 )は 平 成 24 年 から 季 節 限 定 の 信 州 産 マスカット 果 汁 を 使 用 した 野 菜 生 活 100 ナイアガラ ミックス を 発 売 し 側 面 のパッケージに アルクマ を 活 用 している( 写 真 2) カゴメ( 株 )のホームページによ ると 平 成 25 年 の 販 売 目 標 金 額 は 12 億 円 となっており 販 売 力 強 化 支 援 にもなり アルクマ のPRにもなっている 5 図 2 おいしい 信 州 ふーど( 風 土 ) PRとのコラボ 写 真 2 ナイアガラミックス( 平 成 25 年 版 )のパッケージ

9 代 表 的 な 企 業 連 携 の 事 例 といえる このように 厳 格 な 観 光 目 的 にとらわれないプロモーションの 機 運 が 進 み 始 めてもいる (3) アルクマ に 関 する 当 グループによる 各 種 調 査 現 状 把 握 のため アルクマ の 認 知 度 や 人 気 について 県 観 光 振 興 課 に 尋 ねたところ 特 に 調 査 をしていないが それなりの 人 気 があると 思 っている との 回 答 を 得 た 効 果 測 定 等 を 行 うために もデータが 必 要 と 考 えられたため 当 研 究 グループで 独 自 に アルクマ に 関 する 調 査 を 幾 つか 行 ったので まとめておく ア 認 知 度 調 査 県 内 の アルクマ の 認 知 度 好 感 度 等 を 測 定 するため 長 野 駅 及 び 松 本 駅 の 自 由 通 路 周 辺 を 中 心 に 実 施 した 平 行 してメンバーの 1 人 が 出 かけた 先 の 静 岡 市 名 古 屋 市 内 においても 県 外 における 評 価 も 測 定 した 概 要 は 表 1 のとおりであるが 長 野 及 び 松 本 では 9 割 が 知 っている と 回 答 し 県 民 には 認 知 されてきたと 考 えられたものの 県 外 では 未 だにほとんど 知 られていない 状 況 にあると 考 えられた ただし 好 感 度 では 長 野 が 好 き との 回 答 が 多 かったものの 松 本 では 無 関 心 層 が 多 く 好 感 度 に 大 きな 特 徴 が 見 られた また 名 古 屋 市 には 長 野 県 の 県 外 事 務 所 ( 観 光 情 報 センターも)が 存 在 する 場 所 でありながら 認 知 度 が 1 割 にも 満 たないという 状 況 であった 人 も 多 く 情 報 量 も 多 い 地 域 での 取 組 の 難 しさが 見 える 一 方 で アイドルグループ Hey!Say!JUMP の 藪 宏 太 さんが 平 成 24 年 8 月 のコンサ ートにおいて アルクマ 好 き を 公 言 したことから ファンの 中 に アルクマ ファンが 増 えている との 情 報 があった そのことを 確 かめるため 平 成 25 年 7 月 に 開 催 された 長 野 公 演 の 機 会 に コン サートに 来 場 したと 思 われるファンを 対 象 に 県 内 認 知 度 調 査 と 同 じ 内 容 のアンケートを 行 った 北 海 道 から 沖 縄 まで 全 国 から 集 まったファンのアルクマ 認 知 度 は ほぼ 100% 好 感 度 も 8 割 を 超 え るという 状 況 であった 表 1: 認 知 度 調 査 の 概 要 調 査 地 点 県 内 者 知 って 好 感 度 日 時 ( 割 合 ) ( 調 査 対 象 ) 県 外 者 いる 好 き 嫌 い 関 心 無 い 静 岡 市 内 5 月 31 日 2 ~6 月 2 日 (1%) 名 古 屋 駅 ( ) 7 月 5~7 日 50 0 (0%) Hey!Say! (94.7%) JUMP ファン 7 月 14,15 日 (97.4%) 松 本 駅 8 月 10 日 (93.7%) 長 野 駅 8 月 15 日 (88.1%) (28.6%) ( 名 古 屋 駅 は 県 外 者 のみ)

10 また 調 査 開 始 当 初 好 きなご 当 地 キャラクターがいるかの 質 問 を 行 ったところ 性 別 年 齢 によ って 差 があることが 示 唆 された 全 国 的 なブームと 言 えども 若 い 女 性 のほうが 受 けが 良 さそう である イ 県 内 企 業 の アルクマ 商 品 化 の 意 識 調 査 県 内 の 大 手 食 品 関 連 企 業 10 社 に アルクマ を 使 った 商 品 化 についての 意 識 調 査 を 行 った 企 業 による 商 品 化 については 進 んでいないものの 企 業 に 向 けた 意 向 調 査 を 通 じて 商 品 価 値 が 上 がる のであれば 使 いたい きのこアルクマとコラボしたい 等 の 前 向 きな 意 見 があったことは 注 目 すべ きことである 一 方 で 地 元 にご 当 地 キャラクターがいるので 使 う 予 定 はない との 意 見 もあった ウ 長 野 県 職 員 内 部 用 掲 示 板 における アルクマ 活 用 アイデア 募 集 7 月 31 日 に 県 職 員 専 用 掲 示 板 (JSN)において どのような 使 い 方 をしたいか アルクマの 活 用 アイデアの 募 集 を 行 った その 結 果 2 日 間 という 短 期 間 で 50 以 上 もの 提 案 が 寄 せられ 県 職 員 においても 注 目 度 の 高 さがうかがえた ア~ウの 調 査 については サンプル 数 等 が 十 分 とは 言 えないものもあるが 図 3 をご 覧 いただき たい 今 回 調 査 をした 対 象 の アルクマ に 対 する 認 知 度 及 び 好 感 度 をポジショニングマップ 化 した ものである これらから ターゲットを 絞 れば アルクマ に 高 い 関 心 を 持 つ 層 がいる ということ が 見 えてこないだろうか 現 在 ゆるキャラグランプリ に 参 加 するなど アルクマ の 認 知 度 あるいは 人 気 を 上 げようと 取 り 組 もうとしていることはわかるが 漠 然 と 幅 広 い 相 手 を 対 象 として 取 組 を 行 っているように 感 じる 後 段 でも 触 れるが 限 られた 人 員 と 予 算 の 中 で 進 めていくために は ターゲットを 意 識 することも 必 要 と 思 われる 好 感 度 男 性 < 女 性 Hey!Say!JUMP ファン 長 野 市 県 職 員 名 古 屋 駅 松 本 市 静 岡 市 認 知 度 図 3 調 査 対 象 における アルクマ のポジショニングマップ 7

11 特 筆 すべきはHey!Say!JUMPファン(ちなみにファンクラブの 会 員 数 は 全 国 に 約 15 万 人 といわれている)の 特 異 的 な 状 況 である アイドルグループのファンなどを 対 象 とすることに 違 和 感 があるかもしれないが 図 4 を 見 ていただきたい Hey!Say!JUMP ファンの 1 割 を アルクマ ファ ンに アルクマ ファンが 15,000 人 増 ゆるキャラグラ ンプリ 2014 で 毎 日 15,000 票 が 期 待 アルクマ の 知 名 度 向 上! 何 かの 仕 掛 けが 必 要 投 票 期 間 は 60 日 60 日 15,000 票 =900,000 票 参 考 2013 獲 得 票 数 109,540 票 マスメディアの 取 材 が 増 える! 図 4 アルクマ ファン 獲 得 にむけた 取 り 組 みの 一 例 (イメージ) これは 取 らぬ 狸 の 皮 算 用 といわれてもおかしくはないが 今 後 も 認 知 度 向 上 対 策 として ゆるキ ャラグランプリ を 活 用 していくのであれば いろいろなネタをつなぎ 合 わせてでも 効 果 的 に 使 っ ていくことを 考 えるべきだと 思 われる エ 先 進 地 事 例 調 査 自 治 体 によるキャラクターの 活 用 の 成 功 例 とされる 彦 根 市 の ひこにゃん 及 び 熊 本 県 の く まモン について 現 地 に 赴 き 担 当 者 から 話 を 聞 くなど 調 査 を 実 施 した 表 2 はその 中 でアルクマ と 比 較 して 重 要 なポイントとなると 考 えられた 代 表 的 な 項 目 を 整 理 したものである 先 進 事 例 の 中 でも それぞれの 状 況 に 合 わせた 使 い 方 がされている 単 純 に 比 較 できるものではなく 商 標 使 用 許 諾 料 を 無 料 にすることで くまモン のような 人 気 が 出 るというロジックを 時 々 耳 にするが こ のようなつなげ 方 は 非 常 に 危 険 な 考 え 方 ではないだろうか また ご 当 地 キャラクターの 先 進 事 例 と 目 される くまモン 等 はホームページをはじめ 一 般 ファン 向 けの 情 報 から 商 標 利 用 といった 営 利 目 的 の 為 の 情 報 まで 幅 広 い 対 応 をしていることがわ かる それに 対 して アルクマ には 利 用 を 促 す 記 載 は 見 られない 管 理 者 等 一 部 の 者 による 徹 底 的 な 管 理 をする 選 択 もあるだろうが ここは アルクマ の 活 用 を 広 げていくために 県 内 企 業 等 とのコラボも 積 極 的 に 検 討 してはどうであろうか コラボにより その 企 業 の 関 係 者 も アルクマ ファンに 取 り 込 んでいける 可 能 性 がある 地 方 自 治 体 の 売 り 出 すものは 自 治 体 の 持 つ 魅 力 や 特 徴 的 な 物 産 なのだから 地 元 の 人 に 愛 されてこそご 当 地 キャラクターの 力 は 発 揮 できるのではない だろうか 当 グループでも 調 査 をしきれなかったが 佐 久 や 飯 田 など 他 の 地 域 の 状 況 もしっかり 把 握 し 全 県 に アルクマ 効 果 が 行 き 渡 るような 対 応 を 取 っていくべきと 思 われる 8

12 表 2: 先 進 地 事 例 と アルクマ の 比 較 項 目 くまモン ひこにゃん アルクマ 管 理 熊 本 県 くまもとブラン ド 推 進 課 彦 根 市 観 光 振 興 課 彦 根 市 総 務 課 ( 商 標 管 理 ) 信 州 キャンペーン 実 行 委 員 会 JR 東 日 本 長 野 支 社 ジェイアール 東 日 本 企 画 長 野 支 店 の 三 者 協 議 体 制 肩 書 き 熊 本 県 営 業 部 長 長 野 県 観 光 PR キャラク - しあわせ 部 長 ター HP 県 のHP 内 に 専 用 ペー ジ 市 のHP 内 に 専 用 ペー ジ 県 観 光 協 会 のHPから リンク 利 用 規 定 等 利 用 規 定 (45 ページ) をHPで 公 開 デザインマニュアルを HPで 公 開 デザインマニュアル(た だし 非 公 開 ) 商 標 許 諾 使 用 料 無 料 販 売 予 定 価 格 の 3% 販 売 予 定 価 格 の 2% 許 諾 使 用 料 の 行 き 先 - 市 の 一 般 財 源 への 収 入 ただし1/3は 彦 根 市 ジェイアール 東 日 本 企 画 の 収 入 災 害 対 策 基 金 に 経 済 効 果 県 で 商 標 利 用 申 請 から 彦 根 市 観 光 に 関 する 経 非 算 出 算 出 済 効 果 測 定 調 査 報 告 書 着 ぐるみ(アクタ ー: 中 に 入 る 人 ) 2 組 アクターは 固 定 ( 業 務 委 託 ) ひこにゃんは 一 人 アクターは 固 定 ( 市 役 所 職 員 ) 貸 し 出 し(アクターは 非 固 定 ) テレビ 映 像 には 同 時 に 2 体 写 らないよう 注 意 9

13 3 課 題 解 決 に 向 けて (1) 課 題 の 整 理 長 野 県 が アルクマ を 使 う 上 での 課 題 を 整 理 し 図 5 のようにまとめてみた 表 面 的 に 見 える 直 接 的 な 課 題 として 大 きく 3 つが 考 えられた 研 究 の きっかけ 活 用 方 法 の 検 討 という 研 究 テーマが 出 てくるくらい 十 分 に 活 用 できていない 表 面 に 見 える 直 接 的 な 課 題 人 気 不 足 アルクマ を 使 いたいと 思 うほど 認 知 度 不 足 アルクマ の 存 在 が 知 られていな 利 用 方 法 長 野 県 が アルク マ をどう 使 って 人 気 がない い いいかわからない 背 景 に 見 え 隠 れする 課 題 本 当 に? 人 気 があるからアルクマを 活 用 するのでは? JR 東 日 本 との 関 係 ( 版 権 遠 慮 ) 十 分 な 検 証 ができていない マネジメント 不 足 目 標 は 何? ( 目 標 が 無 い!?) 図 5 課 題 の 整 理 1 提 案 早 急 に 目 標 設 定 をしましょう! 1 つめは アルクマ が 十 分 に 知 られていないために 十 分 な 効 果 が 得 られない( 認 知 度 不 足 ) 2 つめは 企 業 アンケートの 結 果 のように アルクマ を 積 極 的 に 使 いたいと 思 わせるほどの 人 気 がな い( 人 気 不 足 ) 3 つめは 研 究 テーマのとおり 長 野 県 として アルクマ をどのように 使 っていっ ていいかがはっきりしていない ということである( 利 用 方 法 ) これについては 製 作 者 がJR 東 日 本 という 大 手 企 業 で 版 権 も 持 っているという 意 識 から 遠 慮 もあると 考 えられる また 前 2 つの 課 題 についてであるが 本 当 に 認 知 度 不 足 人 気 不 足 なのであろうか 長 野 県 内 のご 当 地 キャラクターとしては 長 野 県 内 で 最 も 知 名 度 人 気 の 高 いと 思 われる アルクマ だか らこそ 使 おうとしているのではないだろうか この 矛 盾 は アルクマ を 使 う 目 的 が 抜 けている ために 起 きていると 考 えられる ご 当 地 キャラクターの 先 進 事 例 である くまモン や ぐんまち ゃん を 理 想 とすることはいいが 未 来 の 長 野 県 に アルクマ がどのように 関 わるのか しっか りとした 目 標 をたてる 必 要 があるのではないか また 長 野 県 として 管 理 =マネジメントをしてい く 上 では 目 標 を 立 て(Plan) 実 行 し(Do) 検 証 し(Check) 反 省 を 活 かす(Action) でよく 表 現 10

14 されるPDCAサイクルを 回 すことも 意 識 し そのためのデータ 収 集 はきちんと 行 っていくべきで あろう 何 よりもまず アルクマ を 使 うに 当 たっての 目 標 を 設 定 し どのようにキャラクター 戦 略 を 進 めていくかの 構 想 を 立 てていただきたい アルクマ は 既 に 日 々の 活 動 をしているので 早 急 な 対 応 が 必 要 と 思 われる 現 在 のところ 県 としての 明 確 な 目 標 がない しかし 提 案 のとおり 明 確 な 目 標 がないことには 使 い 方 も 検 討 はできないため これより 先 は 我 々が 研 究 を 進 めていく 上 で 一 つの 理 想 として 考 え た 目 標 と その 課 題 解 決 のための 提 案 をしたい 我 々は アルクマ の 力 ( 魅 力 能 力 潜 在 力 )は 何 かを 考 えたところ 一 番 のポイント は いろいろな 被 り 物 により 長 野 県 内 のいろいろな 特 産 物 等 を 表 現 できる というところにあっ た そこで アルクマ には 長 野 県 を 代 表 する 存 在 として 長 野 県 をPRする 長 野 県 民 の 役 に 立 つ の 2 点 を 柱 に 長 野 県 総 合 5 か 年 計 画 2013~しあわせ 信 州 創 造 プラン~ 実 現 のためのツール とし て 活 用 することを 目 標 とした また この 目 標 を 達 成 していくために 新 たな 課 題 整 理 として 図 6 のとおりまとめてみた 繰 り 返 しになるが 現 在 アルクマ の 管 理 は 信 州 キャンペーン 実 行 委 員 会 の 事 務 局 である 観 光 部 観 光 振 興 課 で 行 っている 現 状 長 野 県 は アルクマ の 管 理 をしていないのだが 長 野 県 が 管 理 をしていくという 前 提 で 話 を 進 めていきたい 認 知 度 人 気 不 足 の 課 題 については 効 果 的 なPRを 行 っていない ことが 原 因 と 考 えられ る では なぜ 効 果 的 なPRをしないのかについては お 金 がない 等 の 理 由 もあるだろうが そも そも キャラクター 戦 略 の 構 想 がない ことも 原 因 ではないだろうか くまモン や ぐんまちゃ ん のように 有 名 になって 長 野 県 の 役 に 立 てたい ということであれば 熊 本 県 や 群 馬 県 のよう に 県 が 率 先 して 使 うことと 県 民 に 積 極 的 に 使 ってもらうことが 必 要 と 考 える 現 状 ではJR 東 日 本 と 観 光 部 が 自 分 たちの 目 的 のために 使 っているため 限 られた 予 算 と 人 員 ではPRにも 限 界 が 出 てくる そのためにも 自 分 たちで 使 うのではなく 使 ってもらうことを 意 識 した 戦 略 を 立 てていき たい しかし アルクマ を 資 源 として 財 産 として 使 っていくためにはルールと 管 理 体 制 がない ことには 使 えるのか 使 えないのかわからない ままである 以 下 これらの 課 題 解 決 に 向 けての 提 案 をしていきたい 11

15 研 究 を 進 めていく 上 で 設 定 した 目 標 長 野 県 をPRする 長 野 県 民 の 役 に 立 つ しあわせ 信 州 実 現 のツール として アルクマ を 活 用 民 間 に アルクマ を 使 ってもらう 長 野 県 が アルクマ を 使 う JR 東 日 本 が アルクマ を 使 う 新 たな 提 案 観 光 部 以 外 の 他 部 局 が アルクマ を 使 う 観 光 部 が アルクマ を 使 う 現 状 根 本 にある 課 題 使 うためのルールが 無 い アルクマ を 管 理 する 体 制 が 不 十 分 使 えるのか 使 えないのか わからない 課 題 の 解 消 アルクマ の 使 用 頻 度 が 高 まり 露 出 が 増 え 長 野 県 のPRに 認 知 度 が 高 まることで アルクマ 利 用 者 の 受 益 効 果 があがる (イベントの 誘 客 数 増 加 商 品 の 販 売 数 増 加 など しあわせ 信 州 の 実 現 ) 図 6 課 題 の 整 理 2 (2) 課 題 解 決 に 向 けた 提 案 ア アルクマ を 長 野 県 PRキャラクターに 先 に アルクマ の 生 い 立 ち で 述 べたように アルクマ は 長 野 県 をPRするためのキャラ クター ではなく 現 在 は 観 光 誘 客 のために 限 定 して 使 われている 当 グループでは 観 光 振 興 課 立 会 いの 下 JR 東 日 本 の 担 当 者 に 話 を 聞 いたところ 生 まれた 経 緯 から 観 光 PRに 限 定 して 使 われているが 長 野 県 のPR になることに 使 うのは 問 題 ない との 認 識 を 示 された それでは なぜ 県 のPRキャラクターとして 使 わないのだろうか?これについては 2 つの 理 由 が 考 えられた 1 つ 目 は 信 州 DC 後 の アルクマ の 使 い 方 について 前 述 の 三 者 で 締 結 12

16 した 覚 書 に 観 光 PRキャラクター として 使 うことが 明 記 されていることである もう 1 つ は 観 光 振 興 課 誘 客 推 進 班 が 事 務 局 をしていることである この 2 つの 理 由 により どこまでも 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ という 文 字 が 付 きまとってくるのである 前 者 の 課 題 解 決 のために 覚 書 の 変 更 をする 必 要 がある まず アルクマ を 長 野 県 PRキ ャラクターとする と 修 正 を 行 う 次 に 覚 書 の 締 結 者 に 長 野 県 知 事 を 入 れる これには 信 州 キャンペーン 実 行 委 員 会 長 から 長 野 県 知 事 に 締 結 者 を 変 える 方 法 と 長 野 県 知 事 を 追 加 して 締 結 者 を 四 者 にするという 方 法 がある いずれにしても 長 野 県 知 事 が 管 理 者 の 1 人 となり 観 光 分 野 以 外 にも 使 用 できることを 明 確 に 示 す 必 要 がある さらに 利 用 に 関 する 基 本 的 な 方 針 は 長 野 県 が 関 係 機 関 と 協 議 の 上 決 定 する のような 一 文 を 加 え 長 野 県 の 主 導 で アルクマ の 管 理 を 進 めていくことを 明 記 することが 望 ましい アルクマ を 長 野 県 PR キャラクター に その ために 覚 書 の 変 更 ( 長 野 県 知 事 が 管 理 者 の 一 者 となる) その 結 果 長 野 県 PR キャラクターに 図 7-1 提 案 フロー 図 1 イ アルクマ を 管 理 する 担 当 の 設 置 (ア) 専 門 の 管 理 担 当 を キャラクター 戦 略 の 構 想 がない とこの 章 の 冒 頭 で 述 べたが なぜないのであろうか それは 単 純 に 構 想 を 練 る 者 がいないからであろう 観 光 振 興 課 誘 客 推 進 班 に アルクマ を 活 用 した 事 業 の 担 当 者 は 複 数 いるが 全 体 を 管 理 把 握 している 人 はいない( 強 いて 言 えば 観 光 振 興 課 長 であろ うか) 各 担 当 は 観 光 客 を 増 やす 目 的 のために アルクマ をどう 使 うかに 追 われながら 効 果 を 上 げるために アルクマ を 有 名 にするための 作 業 にも 手 を 出 している 状 況 である くまモン は それ 自 体 が 押 しも 押 されもせぬ 一 つのブランドになっているが アルクマ が その 位 置 を 目 指 すのであれば アルクマブランド をコーディネートする 人 = 管 理 担 当 者 が 必 須 で ある そして ブランドのコーディネートをするということであれば やはり 信 州 ブランド 推 進 室 に 担 当 者 を 配 置 するべきである 長 野 県 が 推 進 しているキャッチフレーズ しあわせ 信 州 等 と 連 動 させ 県 のキャラクターとしてどのようにしていくのか より 効 果 を 高 めるためにどうしていく か 等 の 構 想 をしっかり 立 てられるようにすべきであろう キャラクターへの 関 わりは 何 かの 目 的 を 達 成 するためにキャラクターを 利 用 することと その 効 果 を 高 めるために キャラクター 自 身 の 認 知 度 好 感 度 を 向 上 させることの 2 種 類 がある 前 者 は 使 用 者 = 県 民 が 目 的 達 成 のために 使 うことで 県 民 の 利 益 につながる 後 者 は 前 者 の 効 果 をよ り 高 めるために 行 うことであり アルクマ がくまモンのレベルまで 好 感 度 が 高 まれば 使 用 した 県 民 の 利 益 は 大 変 なものになるだろう その 県 民 益 のためのブランド 管 理 を 県 が 行 うのである ブランド 管 理 は 管 理 の 担 当 に 任 せ 誘 客 推 進 班 は 誘 客 を 目 的 として アルクマブランド の 利 用 者 の 1 人 になればいいと 考 える 管 理 = 規 制 をする 立 場 の 者 と 利 用 者 が 同 じでいいのであろう か? 13

17 キャラクター 構 想 がない その ために ブランド 推 進 室 に 担 当 を 配 置 その あとに ブランド 管 理 アルクマ の 未 来 を 描 く しあわせ 信 州 と 連 動 どちらも 長 野 県 の 顔 と し て 活 躍 する 図 7-2 提 案 フロー 図 2 (イ) 目 標 と 効 果 指 標 の 設 定 アルクマ を 使 ったことの 効 果 は?との 問 いに 観 光 振 興 課 の 回 答 は 評 価 できないと 答 えられ た 強 いて 言 えば アルクマキャラバンの 出 動 回 数 等 とのことであった このような 回 答 が 出 てく る 原 因 は アルクマ を 使 うことの 目 標 が 設 定 されていないからだと 考 えられる 現 状 でも アルクマ の 商 用 利 用 を 希 望 する 者 は 少 数 ながら 確 認 されているが 彼 らには 当 然 のこととして アルクマ の 人 気 を 使 って 円 の 売 上 を 上 げる などの 目 標 がある イベント 等 に アルクマ を 呼 びたい 者 にも 人 の 来 客 を 見 込 む といった 目 標 があるはずだ 今 後 は アルクマ の 使 用 申 請 時 に 使 用 者 の 目 的 及 び 目 標 を 明 記 させ 使 用 後 の 感 想 ( 思 ったよりも 販 売 に 苦 戦 した 期 待 以 上 の 来 客 があった 等 )を 集 めてはいかがだろうか この 使 用 者 の 感 想 が 管 理 者 としての 効 果 指 標 にもなり 使 用 者 = 顧 客 の 満 足 度 を 高 めるための 材 料 となる なお ブラン ド 管 理 の 観 点 でも を 実 施 することで 認 知 度 を %にする 好 感 度 を %にする といっ たように 数 値 化 できるはずである ぜひ 取 り 組 んでいただきたい (ウ) ブランド 管 理 アルクマ を 県 民 により 効 果 的 に 使 ってもらうためにも 認 知 度 と 好 感 度 を 向 上 させ 高 いレ ベルを 維 持 していく ブランド 管 理 が 重 要 になる アルクマ が 長 野 県 をPRし 県 民 の 役 に 立 つ という 目 的 を 達 成 するために 時 期 ごとの 目 標 を 定 め 長 中 短 期 すべての 視 点 で 戦 略 的 に 活 用 を 進 めていく 必 要 がある まず アルクマ の 状 況 把 握 がほとんどできていない 現 状 を 改 め せめて 認 知 度 等 の 把 握 をすべ きである ターゲットがどのように アルクマ を 捉 えているかを 知 らずに 使 い 方 の 検 討 もできな いだろう 県 民 調 査 も 前 述 のとおり 地 域 差 がある 以 上 それを 意 識 した 調 査 を 実 施 する また 効 果 的 なPRのためには マスメディアの 活 用 がポイントになる マスメディアから 取 材 したい 記 事 にしたい と 思 わせるための 仕 掛 けを 常 に 意 識 し そのための 情 報 収 集 が 重 要 になる 例 えば ジャニーズグループHey!Say!JUMPのメンバーである 藪 宏 太 氏 が 2012 年 の 長 野 公 演 で アルクマ 好 き を 公 言 して 以 来 ファンの 中 で アルクマ 人 気 が 高 まっていると 聞 き 2013 年 の 長 野 公 演 の 際 に 全 国 から 集 まったファンにアンケート 調 査 をした 結 果 は 表 1 に 示 し たが ほぼ 100%がアルクマを 知 っており さらに 約 9 割 が アルクマ 好 き なのであった ファン クラブ 入 会 数 が 約 15 万 人 といわれているが 大 半 が 20 前 後 の 若 い 女 性 とのこと 年 齢 及 び 趣 味 に 14

18 共 通 項 を 持 つこのファンをターゲットに 絞 って 効 果 的 に アルクマファン の 拡 大 を 図 ることも 検 討 できるだろう さらに マスメディアを 引 きつける 仕 掛 けも 作 れるだろうし 獲 得 したファンに より ゆるキャラグランプリの 得 票 増 加 等 いろいろなことが 期 待 できるのである 逆 に 今 までの 活 動 の 中 で 戦 略 的 に 仕 掛 けなかったことで もったいないことをしていると 思 われ る 事 例 も 多 い 信 濃 の 国 ダンス イベントの 仕 掛 け 当 初 は 県 内 マスメディア 各 社 が 取 り 上 げたが その 後 の 露 出 は 少 ないと 感 じる お 台 場 合 衆 国 ゆるキャラダンス 選 手 権 ~ゆるくない 夏 場 の 真 剣 勝 負 ~ においてもMIPアジパンダ 賞 ( 大 賞 に 次 ぐ 第 2 位 )を 獲 得 したにも 関 わらず 県 内 はお ろか 県 職 員 ですら 知 らない 人 が 多 い 1 つの 仕 掛 けは 長 く 効 果 的 に 活 用 してはいかがかと 思 う 他 に もゆるキャラグランプリ 2013 において ゆるキャラグランプリ 必 勝 本 部 を 設 置 したが あまり 報 道 されることもなく 選 挙 活 動 もほとんど 放 映 されなかった 28 位 という 結 果 のまま 本 部 の 解 散 式 も 反 省 会 もなく いつのまにか 看 板 が 下 ろされていた これではマスメディアも 食 いつくはず がない 1 位 になれなければちょんまげを 落 とす と 公 約 し 2 位 になった 浜 松 市 の 出 世 大 名 家 康 くん は 12 月 18 日 に 断 髪 式 を 行 い うなぎのちょんまげを 落 とし 出 家 大 名 家 康 くん に さらに 年 末 には 修 行 の 一 環 で 浜 松 駅 北 口 の 清 掃 活 動 をしていることが 全 国 紙 に 掲 載 されている ユルくないゆるキャラ という 表 現 が 新 聞 各 紙 で 目 立 つようになってきたが キャラクターを 使 うつもりであれば ゆるい 考 えでは 通 用 しない 世 の 中 になっている いいことも 悪 いことも 積 極 的 に 活 用 していく 心 構 えを 持 ち 短 期 的 な 取 り 組 みで 終 わらせず あらかじめ 中 長 期 的 な 構 想 の 下 運 用 してほしい また 認 知 度 好 感 度 の 向 上 により アルクマ 活 用 の 魅 力 が 増 えることで 多 くの 県 民 が ア ルクマ を 使 うようになることが 想 定 される これはうれしい 反 面 心 ない 使 われ 方 によって ア ルクマ の 価 値 を 損 なう 恐 れもある 佐 賀 県 鳥 栖 市 のキャラクター とっとちゃん はラジオの 生 放 送 中 に 卑 わいな 発 言 をしたことにより 活 動 を 自 粛 その 結 果 ゆるキャラグランプリの 参 加 辞 退 いろいろなキャラクター 商 品 も 不 良 在 庫 になったという 事 例 もある 同 じような 事 件 が 起 きないよ うに しっかりとした 利 用 規 定 により 適 正 な 管 理 に 努 めてもらいたい 現 状 でも 上 小 地 域 の 観 光 パンフレットや 観 光 協 会 のスマホ 向 けアプリなどで デザインマニュアルに 違 反 する 事 例 ( 影 をつ ける 吹 き 出 しでしゃべる 等 )が 散 見 されているが 誘 客 推 進 班 では 知 っていても 放 置 をして いる 小 さいことの 積 み 重 ねが 大 きな 事 故 になり 県 民 の 財 産 がガラクタにならないことを 祈 る 認 知 度 の 向 上 その ために 長 中 短 期 それぞれの 戦 略 実 施 反 省 短 期 的 な 戦 略 の 実 施 マスコミの 有 効 な 活 用 人 気 の 向 上 利 用 規 定 に 基 づ く 適 正 な 管 理 図 7-3 提 案 フロー 図 3 15

19 ウ 利 用 促 進 (ア) 県 民 の 利 用 促 進 人 気 がない という 課 題 について もう 一 つの 原 因 を 検 討 してみたい それは 利 用 頻 度 露 出 頻 度 が 少 ない ということが 影 響 しているのではないか 露 出 頻 度 が 少 なければ 知 られないし 人 気 も 出 るわけがない 露 出 頻 度 が 低 い 原 因 は 大 きく 二 点 あると 考 えられる 1 つはJR 東 日 本 が 製 作 したキャラクターであるため 現 在 JRが 使 う 場 合 は 東 北 信 が 中 心 に なるのである JR 東 日 本 の 管 轄 である 北 部 中 部 と JR 東 海 の 管 轄 である 南 部 とでは 人 気 に 差 があるだろうと 推 測 される また 着 ぐるみも 県 庁 に 数 体 上 小 地 方 事 務 所 及 び 上 伊 那 地 方 事 務 所 に 1 体 ずつという 配 置 のため 中 南 信 地 区 では 着 ぐるみを 使 用 しようと 考 えず 結 果 露 出 が 少 なくなるのではないか もう 1 つは 県 民 が アルクマ を 使 うには どうすればよいか がわからないことである 地 方 自 治 体 のキャラクターであれば 通 常 自 治 体 のホームページを 見 れば キャラクターの 利 用 規 定 や 着 ぐるみの 貸 し 出 しについての 情 報 がある アルクマ は 現 在 長 野 県 のキャラクターでは ないから 県 のホームページに 情 報 がない ただ JR 東 日 本 ジェイアール 東 日 本 企 画 どのホ ームページにも アルクマ 利 用 に 関 する 情 報 は 載 っていない 現 在 は 県 ( 観 光 振 興 課 )に 問 い 合 わせが 来 るので ジェイアール 東 日 本 企 画 を 紹 介 している とのことであるが これでは 使 うことに 強 い 意 志 を 持 っていなければ 相 談 窓 口 までにもなかなかたどり 着 けない 県 民 にとって は 大 変 不 親 切 な 状 態 なのである 利 用 に 関 する 書 類 として 先 述 の 覚 書 と デザインマニュアル がすでに 存 在 しているので 県 民 が 使 うことを 念 頭 に 入 れて 利 用 規 定 を 作 り 速 やかにホームページで 公 開 して 利 用 促 進 につな げたい 利 用 することで 愛 着 は 増 し 期 待 以 上 の 効 果 が 得 られれば より 愛 着 が 増 すのが 人 情 とい うものである この 連 鎖 がいい 方 に 働 き 県 民 が 愛 着 を 持 って 活 用 し 県 民 に 愛 される アルクマ になってもらいたい ちなみに 長 年 使 われ 続 け 県 民 から 愛 されていることで 有 名 な 群 馬 県 の ぐんまちゃん に は 利 用 規 定 が 2 つある 1 つは 一 般 向 けに もう 1 つ 県 職 員 用 の 利 用 マニュアルが 存 在 し 職 員 に も 積 極 的 に 使 用 するように 呼 びかけている また 共 通 サーバにぐんまちゃんデザインのデータベ ースがあり 県 職 員 自 らマニュアルに 基 づいて 適 正 かつ 積 極 的 に 利 用 し 露 出 頻 度 を 高 めている とのことである ここで 少 し 整 理 し 県 民 の 役 に 立 つための アルクマ 利 用 方 法 として 想 定 されるのは 営 業 利 益 につながる スキー 場 等 の 観 光 地 やイベント 会 場 における 誘 客 キャラクターを 使 った 商 品 (おみやげ ぬいぐるみ キーホルダー 等 ) 伝 えたいメッセージを 伝 えやすくする( 目 をひきつける) パンフレット お 知 らせ 掲 示 板 看 板 等 が 考 えられるが 実 際 に 運 用 していくことで いろいろな 課 題 が 出 てくると 思 われる その 都 度 16

20 管 理 担 当 において 検 討 をし 県 民 が 利 用 したくなる 県 民 にとって 役 に 立 つ アルクマ であるよ うにしてほしい なぜ 使 われ 方 が 局 地 的 利 用 規 定 に 基 づく 適 正 な 管 理 人 気 が 無 い なぜ 利 用 露 出 頻 度 が 少 ない なぜ 県 民 は 使 える のかどうかわ からない 対 策 利 用 規 定 の 整 備 HP で 公 開 結 果 人 気 の 向 上? 認 知 度 の 向 上 利 用 県 民 の 利 用 が 増 える 露 出 頻 度 図 7-4 提 案 フロー 図 4 (イ) トップセールス ところで 熊 本 県 の 樺 島 知 事 は くまモン 誕 生 以 降 自 ら 積 極 的 にメディア 露 出 し くまモンを 売 り 込 む 話 題 作 りにおいて 常 に 最 先 端 を 担 ってこられた 吉 本 劇 場 でズッコケてみせたり PR 動 画 (くまモン 失 踪 くまモンほっぺ 騒 動 等 )への 出 演 はあたりまえである このようなトップの 積 極 的 な 関 与 によって キャラクターの 利 用 状 況 は 良 くなり 露 出 度 も 上 がる 現 在 長 野 県 では しあわせ 信 州 のキャッチフレーズと 信 州 ハート のロゴマークの 使 用 を 徹 底 しているが アルクマ を 長 野 県 PRキャラクター として まさにこれらと 同 列 に 阿 部 知 事 によって 使 用 を 徹 底 していくことを 望 みたい 担 当 課 の 頑 張 りはもちろんだが 組 織 の 中 でト ップの 意 思 表 明 は 大 変 強 い 影 響 力 を 持 っている アルクマ を 県 民 にとって 価 値 ある 役 に 立 つ クマに 育 て 上 げるべく 職 員 と 一 緒 に 積 極 的 徹 底 的 なPRに 取 り 組 んでいただきたい エ アルクマ なんでも 活 用 検 討 会 議 ( 仮 称 ) 以 上 の 対 応 が 取 られることで 使 えるのか 使 えないのかわからない 状 況 も 解 消 され 県 民 が ア ルクマ を 活 用 し アルクマ の 効 果 を 享 受 し アルクマ 効 果 も 高 まり 県 のPRキャラクタ ーとして 活 躍 させることができるであろう いろいろな 場 面 で アルクマ を 使 うことができるよ うになる 準 備 がやっとできることになる 活 用 方 法 については この 研 究 をしていく 中 でグループ 内 でもいろいろなアイデアが 出 てきた 使 い 方 の 目 的 が 各 自 バラバラであったため なかなかまとまらずに 苦 労 をしたが 中 間 報 告 の 時 点 で 代 表 的 なアイデアをまとめたものが 図 8 である また 職 員 専 用 掲 示 板 (JSN)を 使 った 職 員 への 活 用 アイデア 募 集 調 査 でも 多 くの 提 案 が 出 てきたように 使 い 方 のネタはいろいろな 人 の 心 の 中 に 隠 れているのではないかと 思 われる 17

21 先 述 の 準 備 が 大 前 提 であるが 今 後 の アルクマ の 発 展 を 目 指 していくためには いろいろな 人 のネタを 集 められる 仕 組 みがあるとよいのではないだろうか まずは 県 職 員 を 対 象 として 管 理 担 当 者 の 呼 びかけによる アルクマ 活 用 検 討 会 議 ( 仮 称 ) を 月 1 回 程 度 の 間 隔 で 開 催 してはどうであろうか 県 職 員 内 部 の 情 報 交 換 掲 示 板 (JSN)で 使 い 方 の 募 集 をした 際 にも 短 期 間 で 多 くの 県 職 員 から 反 応 があり 使 い 方 の 関 心 は 高 いため 業 務 でなくて も 反 応 はあると 思 われる 1~2 時 間 程 度 業 務 時 間 外 でも 構 わないので( 担 当 者 は 時 間 外 の 勤 務 に なるが) どこかに 集 まって いろいろな 議 論 をしてみることで 見 えてくるものは 多 いだろう 月 1 回 程 度 としたのは 刻 々と 変 わるご 当 地 キャラクターの 環 境 変 化 についていくためである 今 回 の 政 策 研 究 のように 1 年 単 位 では 進 むものも 進 まないという 反 省 があり 形 式 にこだわらず 気 軽 に 集 まってやわらかい 発 想 がどんどん 生 まれる 状 況 を 作 ればいい 観 光 以 外 にも 部 局 での 使 用 が 積 極 的 に 進 むきっかけにもなるかもしれない また この 会 議 は 管 理 担 当 が 招 集 することで 自 分 のア イデアが 本 当 に アルクマ の 活 動 につながるかもしれない と 思 わせることが 重 要 で これによ り 実 効 果 のあるいいアイデアが 生 まれることになるだろう( 政 策 研 究 の 延 長 で 召 集 しても 実 現 の 可 能 性 が 見 込 めなければ 前 向 きな 意 見 は 出 てこない) 管 理 担 当 は うまく 各 部 局 での 活 用 を 誘 導 し つつ 認 知 度 向 上 につながるアイデア 等 も 引 き 出 し タイムリーな 対 応 をしていくことで アルク マ の 価 値 を 高 めてもらいたい そして いずれは 一 般 県 民 も 巻 き 込 んだ 仕 組 みにし 県 民 の ア ルクマ へと 発 展 すると 良 いのではないか 差 し 当 たり 県 短 期 大 学 の 職 員 を 巻 き 込 んで 学 生 に 参 加 してもらい 若 者 のアイデアを 取 り 入 れる というのも 面 白 いかもしれない アルクマ の 輪 を 広 げる 場 にすることも 期 待 できる 18

22 図 8 グループ 内 で 検 討 したいろいろな 活 用 事 例 ( 案 ) 19

23 4 具 体 的 な 活 用 方 法 の 提 案 前 提 として 課 題 解 決 がされてからの 議 論 であるが 活 用 方 法 についても 検 討 をしたので 認 知 度 向 上 策 を 中 心 にいくつか 提 案 をさせていただきたい ア Hey!Say!JUMPと 相 思 相 愛 企 画 (ア) 目 的 アルクマに 対 して 見 たことはあるけど 積 極 的 なPR 不 足! を 解 消 し アルクマ= 長 野 県 というアイコンにするために Hey!Say!JUMP 薮 宏 太 氏 のアルクマ 好 きを 動 機 付 けに 若 年 層 コアファンの 確 保 及 び 知 名 度 人 気 話 題 性 の 向 上 を 図 る (イ) 事 業 実 施 主 体 長 野 県 ジャニーズ 事 務 所 ( 協 力 ) 関 係 団 体 等 (ウ) 事 業 概 要 及 び 効 果 a アルクマがファンクラブに 入 会 アルクマファンを 公 言 している 薮 宏 太 氏 と 相 思 相 愛 の 間 柄 になるためにファンクラブに 入 会 公 演 を 見 に 行 く b 薮 氏 のお 誕 生 日 にお 祝 いをする 薮 氏 のお 誕 生 日 にアルクマが 氏 を 訪 問 し プレゼントの 贈 呈 や 信 濃 の 国 ダンスの 披 露 等 お 祝 いをする c コラボグッズの 制 作 ファン 対 象 のアンケート 調 査 で 一 番 人 気 の 高 かったストラップについて アルクマのかぶ りもの 12 種 Hey!Say!JUMPメンバー9 種 =108 種 を 制 作 する 効 果 15 万 人 と 言 われるHey!Say!JUMPファンをアルクマファンにする 全 国 でも 例 がないのではないかと 思 われる 県 のキャラクターとジャニーズとの 結 びつきを アピールし メディアでの 露 出 を 増 加 することで 全 国 的 な 知 名 度 をアップ アルクマ= 長 野 県 というアイコンにする イ アルクマ 的 しあわせ 信 州 シェアスペース の 展 開 (ア) 目 的 平 成 26 年 夏 東 京 銀 座 にオープンする 長 野 県 首 都 圏 総 合 活 動 拠 点 しあわせ 信 州 シェアス ペース のシンボルとして アルクマを 前 面 に 押 し 出 して 新 しい 首 都 圏 の 拠 点 での 情 報 発 信 力 の 強 化 を 図 る (イ) 事 業 実 施 主 体 長 野 県 (ウ) 事 業 概 要 及 び 効 果 1 階 のショップ 2 階 のオープンキッチンを それぞれ アルクマショップ アルクマカフェ と 称 し 県 産 品 の 効 果 的 なPRを 図 る 1 階 のショップでは 入 口 含 めてアルクマを 前 面 に 押 し 出 し 通 行 人 の 目 を 引 く 20

24 2 階 は アルクマカフェとして 県 産 の 野 菜 やリンゴ 等 を 使 ったメニューを 提 供 する ただし イベントスペース が 基 本 コンセプトであることを 考 慮 し キッチンを 使 用 するイベントがあ る 場 合 には 営 業 しない(キッチンを 使 用 しないイベントの 場 合 は 営 業 し イベント 参 加 者 に 軽 食 や 飲 み 物 を 提 供 できる 体 制 にする) 内 装 店 員 のユニフォーム コースター 等 をアルクマデザインで 統 一 する 効 果 しあわせ 信 州 をアピールするアイキャッチャーとなると 同 時 に アルクマの 魅 力 をアピー ルすることにもつながる ウ 路 線 (みち)をつなぐ なんでもつなぐ (ア) 目 的 アルクマを 含 めたキャラクターの 連 携 により 県 内 を 通 る 各 種 交 通 の 利 用 促 進 を 図 る (イ) 事 業 実 施 主 体 長 野 県 関 係 各 道 県 及 び 市 町 村 JR( 東 日 本 東 海 西 日 本 ) FDA (ウ) 事 業 概 要 及 び 効 果 a JR 飯 田 線 ご 当 地 キャラ 列 車 の 運 行 飯 田 線 に 企 画 列 車 を 走 らせる 沿 線 市 町 村 ごとに 市 町 村 のご 当 地 キャラが 乗 りこみ 市 町 村 のPRをするとともに 名 産 の 品 を 試 食 配 布 販 売 する 長 野 県 から 発 車 する 下 り 線 では アルクマが 車 掌 を 務 め 愛 知 県 から 発 車 する 上 り 線 では 愛 知 県 あるいは 静 岡 県 のキャラクターが 車 掌 を 務 める 効 果 鉄 道 ファンのみならず ご 当 地 キャラファン B 級 グルメファンといったより 広 い 層 にア ピールし 話 題 づくりとなる 飯 田 線 は 長 野 県 内 のみを 走 っているわけではない 3 県 一 体 となってPRすることで 強 いア ピールができる 駅 が 多 く 駅 間 が 短 く 単 線 で 駅 で 反 対 列 車 をすれ 違 いのため 待 たなければならず 飯 田 線 での 移 動 は 時 間 がかかるが それを 逆 手 にとって ゆるい 旅 をしてもらうことで 飯 田 線 の 魅 力 を 再 認 識 してもらい 存 続 につなげていく b ご 当 地 キャラを 活 用 した 北 陸 新 幹 線 延 伸 PR (a)ポスターによるpr つながるって うれしい をコピーとして 各 県 のキャラクターが 手 をつなぐポスター を 作 成 し 関 係 する 駅 等 に 掲 出 する (b) 各 県 でのイベント 5 体 のキャラ(ぐんまちゃん アルクマ トッキッキ きときと 君 ひゃくまんさん)が 一 堂 に 会 し 新 幹 線 の 駅 等 でPRイベントを 行 う (c) 新 幹 線 車 両 のラッピングによるPR 5 体 のキャラを 新 幹 線 の 車 両 にラッピングし 沿 線 各 県 のPRとする 21

25 効 果 北 陸 新 幹 線 は 経 営 がJR 東 日 本 と 西 日 本 に 分 かれているせいか 今 一 つ 一 体 感 が 出 てこな い( 例 :( 長 野 経 由 呼 称 問 題 ) 自 治 体 同 士 が 連 携 している 姿 を かわいいご 当 地 キャラで アピールすることにより 注 目 を 集 め 集 客 につなげる また 沿 線 各 県 が 連 携 することによ り 新 しい 観 光 商 品 の 企 画 につなげていく c クマによる 信 州 まつもと 空 港 PR (a)3 キャラクターが 手 をつなぐ 図 案 によるPR 北 海 道 夕 張 市 の メロン 熊 九 州 熊 本 県 の くまモン という 全 国 的 に 知 名 度 の 高 いキ ャラクターとアルクマが 手 をつなぐ 図 案 を 作 成 し ポスター 等 にして 関 係 する 空 港 等 に 掲 出 する (b) 信 州 まつもと 空 港 発 着 路 線 でのイベント サッカーJ2 の 松 本 山 雅 FCvsコンサドーレ 札 幌 ロアッソ 熊 本 に 合 わせた 観 戦 ツアーの 企 画 PRイベントを 行 う (c) 全 国 クマ 会 議 の 開 催 アルクマ メロン 熊 くまモンをはじめとする 全 国 の 熊 キャラを 集 め 開 催 する アルクマ はホストとして お も て な し の 心 でお 迎 えする 効 果 信 州 まつもと 空 港 の 利 用 の 向 上 が 期 待 される 22

26 5 まとめ 考 察 当 グループでは 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ にとどまらず もっと 広 い 範 囲 で 働 くことができる 長 野 県 PRキャラクター アルクマ としての 提 案 をさせていただいた アルクマ の 担 当 者 関 係 者 がアルクマを くまモン のように 有 名 にしたい と 思 わせるだ けの 魅 力 が アルクマ にはある しかし アルクマ を くまモン のように 有 名 にすること が 目 的 でいいのだろうか 目 的 は アルクマ を 有 名 にすること ではなく アルクマ を 県 民 の 役 に 立 たせること ではないか 今 回 の 政 策 研 究 で 感 じたことは 観 光 部 が 手 段 と 目 的 を 混 同 したまま 使 い 現 状 把 握 と 評 価 もせず ただ アルクマ を くまモン のように 有 名 にする と いう 目 標 だけを 設 定 し アルクマ を 使 っているのではないか ということである キャラクターを 使 用 する 目 的 は 人 目 を 引 き 付 ける 効 果 や 直 接 的 には 受 け 入 れにくいものを 緩 衝 材 となって 受 け 入 れやすくする 効 果 にある ただ 効 果 をより 高 めるためには 認 知 度 及 び 好 感 度 の 向 上 が 必 要 になる 今 後 県 は 県 民 が アルクマ を 使 ってよかった と 感 じてもらえるよ うにすることと その よかった のレベルを 上 げるために 認 知 度 や 好 感 度 を 向 上 させることの 2 つを 意 識 して 管 理 するべきである その 際 に アルクマ をどの 程 度 の 力 を 持 つキャラクターにす るのか という 目 標 をきちんと 設 定 した 上 で それに 見 合 ったレベルの 認 知 度 及 び 好 感 度 向 上 の 取 り 組 みを 行 うことに 注 意 してもらいたい アルクマ よりも 後 に 生 まれた くまモン は いかにも 簡 単 に 今 の 全 国 区 の 人 気 を 獲 得 した かのように 見 える しかし 先 進 地 事 例 調 査 でも 紹 介 したが このようになるまでに 熊 本 県 の 担 当 者 の 方 々は 下 積 み 時 代 から 計 画 的 かつ 臨 機 応 変 に 様 々なことに 対 応 してきたのであり 少 しずつ 目 標 を 上 方 修 正 して くまモン は 今 も 進 化 し 続 けている ここで 人 気 つながりから 唐 突 にアイドルについて 述 べるが AKB48 も 最 初 からマスメディアに 取 り 上 げられたわけではなかった と 言 うより マスメディアをターゲットとしたわけではなかっ た 秋 葉 原 の AKB 劇 場 で たった7 人 の 観 客 から 始 まったAKB48 の 物 語 は ソーシャルメ ディア(twitter google+ 等 )を 積 極 的 に 活 用 しながら 会 いに 行 けるアイドル を 売 りに 握 手 会 等 を 仕 掛 けることによって ファンとの 距 離 を 縮 める 戦 略 を 進 めた 結 果 現 在 に 至 っているのである ゲリラ 的 な 戦 略 からスタートしたと 言 ってもよい やはり 同 様 にソーシャル メディアを 活 用 し 関 西 に 神 出 鬼 没 の 出 現 を 繰 り 返 すことで 認 知 度 を 上 げていった くまモン は このAKB48 の 戦 略 を かなりなぞって 成 功 したと 考 えられないだろうか アルクマ の 今 後 のた めに キャラクターの 人 気 という 外 面 だけを 見 るのでなく その ゆるくない 戦 略 をこそ 学 び 応 用 する 必 要 がある また はじめに でも 触 れたとおり 県 内 には 多 くのキャラクターが 存 在 し また 生 まれ 続 けて いる アルクマ は 長 野 県 を 代 表 するキャラクターであると 共 に 知 名 度 の 高 さも 県 を 代 表 するキ ャラクターである 県 内 市 町 村 のご 当 地 キャラクター 達 の 魅 力 や 効 果 を 引 き 上 げるように 積 極 的 に 市 町 村 及 び 関 係 機 関 と 連 携 を 図 ることも 重 要 である 長 野 県 のリーダーシップを 遺 憾 なく 発 揮 し 相 乗 効 果 を 高 め 県 民 及 び 市 町 村 の 利 益 を 引 き 出 してもらうとともに 県 民 に 愛 されるご 当 地 キャ ラクターとして 成 長 し 続 けてもらいたい そのための 布 石 の 1 つであろうが 11 月 県 議 会 後 から 県 が アルクマ の 版 権 の 買 い 取 りを 進 め ていることを 報 じた 新 聞 記 事 も 出 てくるようになってきた しかし 先 述 したとおり 現 状 では 管 23

27 理 が 十 分 に 行 き 届 いていないため 不 安 のほうが 大 きく どこかで とっとちゃん と 同 じような 事 態 を 引 き 起 こさないか 本 当 に 心 配 である 大 金 を 払 って 買 い 取 っても 有 効 に 活 用 できず 県 民 の 役 に 立 たず 税 金 のムダ と 言 われるようなことは 絶 対 に 起 こしてはいけない 管 理 担 当 課 ( 室 ) には 5 年 後 10 年 後 の アルクマ をどのようにしていくか 構 想 をしっかりと 立 てていただき たい そして しあわせ 信 州 の 実 現 に 向 けて イメージする 姿 への 道 筋 をしっかりと 見 据 え 県 民 とともに 一 歩 ずつ 進 んでもらいたい アルクマ には 長 野 県 PRキャラクター として 大 いに 活 躍 してもらいたい と 我 々は 心 から 願 っている この 提 言 書 がその 一 助 となれば 幸 いである 最 後 に この 政 策 研 究 を 進 めるにあたり ご 指 導 をいただきました 北 川 正 恭 チーフアドバイザー 佐 藤 淳 テーマアドバイザーに 深 く 感 謝 申 し 上 げます また インタビューや 情 報 提 供 にご 協 力 をい ただいたJR 東 日 本 の 堀 氏 熊 本 県 および 彦 根 市 の 皆 様 アンケートにご 協 力 をいただいた 皆 様 県 観 光 部 および 政 策 研 究 所 担 当 の 皆 様 そしてメンバーを 周 囲 で 支 えてくれた 多 くの 皆 様 に 心 より お 礼 を 申 し 上 げます 24

28 参 考 資 料 グループ 内 部 における 各 種 調 査 の 報 告 書 等 を 参 考 資 料 として 以 下 に 添 付 する 1 先 進 地 事 例 調 査 当 グループでは 自 治 体 によるキャラクターの 活 用 の 成 功 例 とされる 彦 根 市 の ひこにゃん 及 び 熊 本 県 の くまモン について アルクマ とのベンチマーキングのため 現 地 に 赴 き 担 当 者 から 話 を 聞 くなど 調 査 を 実 施 した (1) 彦 根 市 (ひこにゃん)の 事 例 ゆるキャラブームが 起 こったのは 平 成 19 年 ごろと 言 われている そのブームの 火 付 け 役 とされているの が 滋 賀 県 彦 根 市 のキャラクター ひこにゃん であ る ひこにゃんは 平 成 19 年 に 開 催 された 国 宝 彦 根 城 築 城 400 年 祭 のキャラクターとして 誕 生 した ひこにゃんが 知 名 度 を 上 げたのは ネットやマスメ ディアの 力 が 大 きかった メディア 戦 略 について 彦 根 市 では 当 時 としては 珍 しく 行 政 としてブログを 開 設 したところ ひこにゃんへのコメントが 多 く 書 き 込 まれるようになった 出 始 めたころは 女 性 記 者 に 人 気 が 高 かったため そこをターゲットに PR を 行 った と 言 う バレンタインや 年 賀 状 を もらった 数 など ちょっとした 話 題 でもマスメディアに 対 してプレス 発 表 記 者 会 見 を 行 い 情 報 の 迅 速 性 を 大 切 にしているそうだ また マスメディアに 嫌 われると 悪 く 書 かれてしまうことがあ るため 風 通 しの 良 い 関 係 を 築 くよう 心 がけている ひこにゃんは 現 在 彦 根 城 に 365 日 一 日 3 回 決 まった 時 間 に 登 場 している 彦 根 市 は 特 定 の 登 場 場 所 がある 点 を 他 の 自 治 体 キャラにはなかなかない 強 み としている 万 人 図 1 は 平 成 8 年 から 平 成 24 年 に 彦 根 城 を 訪 れた 観 光 客 数 の 変 化 である ひこにゃんの 登 場 した 国 50 宝 彦 根 城 築 城 400 年 祭 が 開 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 平 成 12 平 成 13 平 成 14 平 成 15 平 成 16 平 成 17 平 成 18 年 年 年 年 年 年 年 年 図 1 彦 根 城 入 山 者 数 の 推 移 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 催 された 平 成 19 年 より 前 と 後 の 比 較 では 平 成 8 年 から 平 成 18 年 の 平 均 入 山 者 数 は 年 間 約 46 万 人 平 成 20 年 から 平 成 24 年 で は 年 間 約 72 万 人 となっている ひこにゃんが 彦 根 城 に 登 場 した 平 成 19 年 以 降 彦 根 城 を 訪 れる 25

29 観 光 客 の 数 は 激 増 している ゆるキャラは 知 名 度 や 人 気 度 をうまく 上 げることができれば 観 光 客 を 地 域 に 呼 び 込 む 力 を 持 たせることができる 実 際 に 彦 根 の 町 を 歩 いてみると 至 るところで ひこにゃんを 目 にすることができる 彦 根 市 は ゆるキャラの 聖 地 とも 呼 ばれていて 彦 根 城 だけでなく まち 全 体 がゆるキャラを 活 用 しなが ら 観 光 客 を 楽 しませていると 感 じた 彦 根 市 は ひこにゃんの 扱 い 方 に 強 いこだわりを 持 っていて ひ こにゃんは 世 界 でひとりの 存 在 という 設 定 に 最 も 気 を 配 ってい る もし 彦 根 城 以 外 の 別 の 場 所 で 登 場 することがあれば 彦 根 城 に 登 場 する 時 間 とは 別 の 時 間 になる ひこにゃんは 誕 生 当 時 から 違 う 場 所 で 同 じ 時 間 に 登 場 することは 絶 対 にないのである このよ うな 徹 底 したこだわりが 人 々をひきつける 要 因 のひとつでもあり そうだ ひこにゃんの 活 動 場 所 は 大 きく 分 けて 彦 根 城 と 彦 根 城 以 外 に 分 けられるが 彦 根 城 に 登 場 するひこにゃんに 関 しては アクターか ら 運 営 まで 業 者 に 委 託 している 着 ぐるみの 動 きやキャラクター に 一 貫 性 を 持 たせるため 随 意 契 約 で 当 初 から 同 じ 会 社 に 委 託 している 彦 根 城 以 外 に 登 場 するひこにゃんは すべて 彦 根 市 の 観 光 振 興 課 が 運 営 している ひこにゃんの 中 には 動 きの 統 一 をはかるため 特 定 の 2~3 人 の 彦 根 市 職 員 だけが 入 っている 中 に 入 る 職 員 は 自 分 がひこにゃんに 入 ったときの 動 画 などをチェックしたりするなど 動 きの 研 究 や 勉 強 もしているそうだ また 今 のところ 職 員 の 異 動 で 中 に 入 るアクター( 職 員 )に 空 白 ができたことはない つまり アクター 全 員 が 一 度 に 異 動 になるのではなく 新 しく 来 た 職 員 が 前 からいる 職 員 に 動 き 方 などを 教 えるため ひこにゃんのキャラクターや 動 きの 引 継 ぎができている 彦 根 城 に 登 場 するひこにゃん とも 統 一 をはかるため 委 託 業 者 ともコミュニケーションを 密 にとり 風 通 しのよい 関 係 を 築 く ようにしている 彦 根 市 の 担 当 者 によれば ファンの 人 は ひこにゃんの 動 きに 敏 感 で いつもと 違 うところがあ ればすぐに 気 がつく と 述 べていた 着 ぐるみの 動 き 方 も ゆるキャラの 人 気 を 左 右 するポイント のひとつなのかもしれない ひこにゃんは 数 多 くの 関 連 グッズが 商 品 化 されてい る 彦 根 市 への 聞 き 取 り 調 査 によれば 版 権 の 利 用 は 年 度 ごと 更 新 としているため 同 じ 商 品 を 制 作 する 場 合 でも 4 月 1 日 以 降 になると 申 請 が 必 要 とのことであ る 県 外 からの 申 請 もあるが 半 数 以 上 は 彦 根 市 内 の 業 者 である 申 請 件 数 は 毎 年 約 500 件 平 成 24 年 度 は 申 請 数 627 件 そのうち 契 約 まで 至 ったものは 550 件 で 約 9 割 が 許 可 となっている 26

30 彦 根 市 のHPには ひこにゃんのデザインマニュアルが 整 備 され 公 開 されている 申 請 が 許 可 できるかどうかは 弁 護 士 が 審 査 を 行 っている 最 初 の 申 請 時 に 許 可 できないような 場 合 でも 修 正 をアドバイスし できるだけ 許 可 に 至 るよう 働 きかけているそうだ ひこにゃんの 商 標 使 用 許 諾 料 は 商 品 の 販 売 総 額 ( 消 費 税 を 含 む 販 売 小 売 価 格 予 定 生 産 数 3% となっている ただし 誘 客 や 報 道 などの 公 共 目 的 で 利 用 する 場 合 は 無 償 だそうだ 平 成 24 年 度 は 22,795,341 円 の 収 益 を 得 た ひこにゃんは 彦 根 市 の 普 通 財 産 であるため ロイヤリティで 得 た 収 益 は 市 の 一 般 財 源 に 入 る そのため 特 定 の 使 い 道 があるわけではない ただ ロイヤリテ ィ 収 益 の 3 分 の 1 を 彦 根 市 災 害 対 策 基 金 に 積 み 立 て 役 立 てている 版 権 を 市 で 持 っている 点 のメリット デメリットを 彦 根 市 に 尋 ねたところ メリットは 財 源 の 収 入 を 得 ることができる 点 と 市 の 裁 量 でひこにゃんを 活 用 することができる 点 である デメリッ トは 使 い 方 がおかしいものの 苦 情 が 来 たときの 対 応 や 商 標 使 用 の 申 請 手 続 きの 事 務 など 業 務 が 増 える 点 だそうだ (2) 熊 本 県 (くまモン)の 事 例 現 在 日 本 で 人 気 あるご 当 地 キャラクターのひとつが 熊 本 県 の くま モン である 平 成 23 年 の ゆるキャラグランプリ で 1 位 になり 全 国 にその 名 前 が 知 れ 渡 った くまモン は 熊 本 県 PRマスコットキャラクターで 平 成 22 年 九 州 新 幹 線 全 線 開 通 に 向 けた くまもとサプライズ のキャラクターとして 登 場 した 熊 本 県 営 業 部 長 という 肩 書 を 持 った 5 歳 の 公 務 員 という 設 定 のキャラクターである くまモン のPR 戦 略 は ゆるキャラの 活 用 の 成 功 例 としても 注 目 されている 熊 本 県 は くまモンの 知 名 度 を 上 げるため くまモン 話 題 化 計 画 を 行 った この 計 画 は ストーリー 性 のある 展 開 口 コミ 等 を 期 待 した 参 加 型 の 展 開 話 題 拡 散 の 段 階 に 応 じたPR を 特 徴 としている 第 一 段 階 として 平 成 22 年 9 月 ごろから 大 阪 で 神 出 鬼 没 大 作 戦 を 行 った これは 熊 本 県 の 名 前 を 隠 し くまモン を 大 阪 などの 観 光 名 所 などに 出 没 させ あのクマはなんだ? と く まモン を 話 題 化 させる 作 戦 である SNSやブログなどの 活 用 し 大 阪 市 内 に 出 没 した くまモ ン が その 場 の 状 況 を 投 稿 した くまモン を 目 撃 したユーザーなどとコミュニケーションをは かり 口 コミの 拡 大 や くまモン のサイト 誘 導 などを 狙 った 最 初 の1ヵ 月 間 は 熊 本 県 を 隠 し 神 出 鬼 没 大 作 戦 を 行 ったが 10 月 からは 素 性 を 明 かし 神 出 鬼 没 大 作 戦 を 続 けた 同 時 期 に 50 種 類 もの くまモン のポスターを 大 阪 の 電 車 の 中 吊 りや 駅 に 貼 ったり 新 聞 広 告 やラジオ 出 演 などを 行 った これは 街 で 見 かけたクマはこれだった のか と 思 わせるための 工 夫 であり 1 ヶ 月 間 名 前 を 隠 して 話 題 にさせた 後 に 行 うからこそ 効 果 があ るという また くまモン の 32 種 類 の 名 刺 を1 万 枚 作 成 し 出 没 先 で 配 布 した 名 刺 は 1 回 に 1 種 類 しか 配 らなかったため 別 の 種 類 の 名 刺 を 得 るために 別 の 日 にファンが 集 まったり コレク ターが 現 れたりしたそうだ 27

31 第 二 段 階 として 11 月 ごろから くまモンを 探 せ 大 作 戦! を 行 った これは 少 しずつ 増 加 していたブログの 読 者 や SNS のフォロワ ーに 新 たな 話 題 を 提 供 し コミュニケーションを 活 発 にさせるため くまモンの 目 撃 情 報 を 投 稿 してもらうための 作 戦 である 出 張 先 の 大 阪 で1 万 枚 の 名 刺 を 配 るという 使 命 を 与 えられたくまモンが 大 阪 の 魅 力 にはまり 使 命 を 投 げだして 失 踪 してしまう 心 配 した 知 事 が 緊 急 会 見 を 開 き くまモンの 目 撃 情 報 を 寄 せてほしいと 依 頼 する く まモンは 活 動 を 再 開 し 大 阪 の 人 々の 協 力 で 使 命 を 達 成 する と いうストーリー 展 開 で マスメディアを 利 用 し 一 般 大 衆 にも 認 知 し てもらうことで 認 知 度 を 拡 大 させた 以 上 のような 段 階 的 な 取 り 組 みを 行 った 結 果 くまモン がマス メディアに 取 り 上 げられる 回 数 は 増 加 していった 熊 本 県 によれば PR において 常 に 意 識 していることは パブリシティー( 事 業 などに 関 する 情 報 を 積 極 的 にマスコミに 提 供 し 報 道 として 伝 達 されるように 働 きかける 広 告 活 動 ) だという くま もとブランド 推 進 課 の 調 査 によれば 平 成 22 年 度 に くまモン がマスメディア 等 に 取 り 上 げられ ることで 得 られた 広 告 効 果 は 広 告 費 用 に 換 算 すると 6 億 4,000 万 円 だという 平 成 22 年 度 の 予 算 が 8,000 万 円 だったため 費 用 対 効 果 は 約 8 倍 である また 初 めて( 最 初 最 大 最 高 ) 唯 一 (ここだけ) トップセールス( 知 事 自 ら) をキーワードとしている 例 えば 近 畿 エリアでは 都 道 府 県 として 初 めてローソン 内 にアンテナショップを 出 店 した 開 店 の 記 者 会 見 には 熊 本 県 知 事 と くまモン も 登 場 し その 様 子 はテレビなどで 報 道 された 現 在 くまモングッズは 全 国 各 地 で 見 られ 購 入 することができる 平 成 24 年 のくまモン 商 品 の 売 上 は 約 293 億 円 だという くまモン の 商 標 使 用 料 は 無 料 で 申 請 して 許 可 されればだれでも 利 用 することができる ただし 食 品 に 使 用 する 場 合 熊 本 県 内 で 製 造 すれば 熊 本 県 外 でも 販 売 す ることができるが 熊 本 県 外 で 製 造 する 場 合 全 国 への PR 効 果 が 大 きい 場 合 を 除 き 熊 本 県 内 でし か 販 売 できない という 規 定 がある くまモン の 利 用 の 手 引 きはカラーのイラスト 入 り 45 ペー ジでわかりやすくまとめられ 熊 本 県 のHPで 公 開 されている 28

32 2 認 知 度 調 査 観 光 部 でも アルクマ の 認 知 度 を 把 握 していなかったので できる 範 囲 で 認 知 度 調 査 を 行 い ました Ⅰ 県 外 アンケート( 静 岡 )の 結 果 分 析 (1) 目 的 現 在 ゆるキャラブームが 全 国 的 に 起 きているとされるが 長 野 県 観 光 PRキャラクター ア ルクマ の 認 知 度 について 確 認 すべく 1アルクマを 知 っているか 2どこのキャラクターであ ると 思 うか 3 長 野 県 のイメージについて 4 好 きなゆるキャラについて 5 長 野 県 のゆるキャ ラについて の 5 つの 質 問 により 調 査 を 実 施 した 実 施 日 平 成 25 年 5 月 31 日 ( 金 )~ 平 成 25 年 6 月 2 日 ( 日 ) 場 所 静 岡 県 静 岡 市 内 各 地 有 効 回 答 者 数 274 名 (2) 調 査 結 果 回 答 年 齢 はそれぞれ 10 代 が 22% 20 代 が 22% 30 代 が 22% 40 代 が 17% 50 代 が 10% 60 歳 以 上 が 7% 性 別 は 男 性 が 50% 女 性 が 50%であり 居 住 地 は 静 岡 県 内 在 住 者 が 有 効 回 答 者 数 の 75%を 占 めている 29

33 設 問 1.( 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 提 示 して)このキャラクターを 知 っていますか? 知 らないとの 回 答 が 95%と 多 数 を 占 めたが 見 たことはあるとした 方 も 4%いた 設 問 2.どこのキャラクターであると 思 いますか? その 理 由 について 青 森 県 との 回 答 が 70%を 占 め 続 いて 長 野 県 が 24%であった その 理 由 として キャラクター がリンゴを 被 っていることに 着 目 リンゴ= 青 森 県 との 連 想 によるものであった 以 下 長 野 県 や 東 北 岡 山 県 等 も 同 様 の 連 想 によるものであった 加 えて 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 見 て 長 野 県 とイメージしなかった 方 に 対 して 長 野 県 のキャラクターであることを 伝 えたところ なるほどとの 回 答 は 14%であった また 連 想 できないとの 回 答 が 15%あった 30

34 設 問 3. 長 野 県 ( 信 州 )と 聞 いて 何 を 連 想 しますか? 蕎 麦 との 回 答 が 25% その 次 がスキースノーボードの 13%であった その 一 方 で 隣 の 県 とし たり イメージできないとの 回 答 も 計 14%あった 31

35 設 問 4. 好 きなゆるキャラはいますか? 好 きなゆるキャラがいると 回 答 したのは 有 効 回 答 者 数 の 21%にとどまり ゆるキャラ 自 体 に 興 味 がない ゆるキャラを 知 らないとする 方 が 79%を 占 めた 好 きなゆるキャラがいると 回 答 された 方 のうち くまモンの 支 持 が 49%と 一 番 高 く それぞれ のキャラクターが 好 きな 理 由 として かわいいから 癒 されるからとの 理 由 が 36%を 占 め 流 行 っているからと 回 答 した 方 も 30%いた 32

36 設 問 5. 長 野 県 のゆるキャラと 言 えば 何 を 思 い 浮 かべますか? 知 らない 分 からないとの 回 答 がほぼ 全 員 の 100%であった (3)まとめ 県 外 において 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ の 認 知 度 は 低 い 長 野 県 ( 信 州 )から 連 想 されるものが 多 々あり 過 ぎるのだろうか 一 貫 したイ メージとして 感 じ 取 ることができなかった 総 じて リンゴ= 青 森 県 のイメージが 強 い ただ 北 信 越 地 域 在 住 者 に 限 って は リンゴ= 長 野 県 のイメージを 持 っていた 調 査 地 である 静 岡 県 は 日 本 一 の 富 士 山 を 有 する 県 であり 近 隣 県 のみならず 他 県 へのイメージについて 希 薄 であるかもしれないことから 次 回 愛 知 県 にお いても 同 様 の 調 査 を 実 施 する Ⅱ 県 外 アンケート( 名 古 屋 )の 結 果 分 析 (1) 目 的 静 岡 市 内 での 調 査 と 同 様 の 目 的 で 調 査 を 実 施 した 実 施 日 平 成 25 年 7 月 5 日 ( 金 )~ 平 成 25 年 7 月 7 日 ( 日 ) 場 所 愛 知 県 名 古 屋 市 内 各 地 有 効 回 答 者 数 50 名 (2) 調 査 結 果 回 答 年 齢 はそれぞれ 10 代 が 38% 20 代 が 26% 30 代 が 10% 40 代 が 10% 50 代 が 12% 60 歳 以 上 が 4% 性 別 は 男 性 が 40% 女 性 が 60%であり 居 住 地 は 愛 知 県 内 在 住 者 が 有 効 回 答 者 数 の 82%を 占 めている 33

37 設 問 1.( 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 提 示 して)このキャラクターを 知 っていますか? 知 らないとの 回 答 が 全 員 の 100%であった 34

38 設 問 2.どこのキャラクターであると 思 いますか? その 理 由 について 青 森 県 との 回 答 が 98%を 占 め 続 いて 長 野 県 が 2%であった その 理 由 として キャラクター がリンゴを 被 っていることに 着 目 リンゴ= 青 森 県 との 連 想 によるものであった 以 下 長 野 県 も 同 様 の 連 想 によるものであった 加 えて 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 見 て 長 野 県 とイメージしなかった 方 に 対 して 長 野 県 のキャラクターであることを 伝 えたところ なるほどとの 回 答 は 64%であった 設 問 3. 長 野 県 ( 信 州 )と 聞 いて 何 を 連 想 しますか? 蕎 麦 との 回 答 が 56% その 次 がスキースノーボードの 26%であった その 一 方 で 飯 田 地 域 を イメージさせる 回 答 も 計 4%あった 35

39 設 問 4. 好 きなゆるキャラはいますか? 好 きなゆるキャラがいると 回 答 したのは 有 効 回 答 者 数 の 30%にとどまり ゆるキャラ 自 体 に 興 味 がない ゆるキャラを 知 らないとする 方 が 70%を 占 めた 好 きなゆるキャラがいると 回 答 された 方 のうち くまモンの 支 持 が 67%と 一 番 高 く それぞれ のキャラクターが 好 きな 理 由 として 流 行 っているからとの 理 由 が 46%と 一 番 多 く かわいいか らとの 理 由 が 40% また それしか 知 らないと 回 答 した 方 も 7%いた 36

40 設 問 5. 長 野 県 のゆるキャラと 言 えば 何 を 思 い 浮 かべますか? 知 らない 分 からないとの 回 答 が 全 員 の 100%であった (3)まとめ 県 外 において 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ の 認 知 度 は 低 い リンゴ= 青 森 県 のイメージが 強 い 37

41 長 野 県 のイメージとして 蕎 麦 やスキー 場 といったイメージを 抱 いている 方 が 全 国 的 に 多 い 食 と リゾート に 関 連 する 意 識 が 高 い Ⅲ Hey!Say!JUMP ファンにおける アルクマ の 認 知 度 調 査 結 果 1 調 査 概 要 (1) 背 景 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 活 用 したプロモーション を 考 えていくにあ たり ジャニーズ 事 務 所 に 所 属 する Hey!Say!JUMP メンバーの 藪 宏 太 氏 が ア ルクマ 好 き と 発 言 した( 平 成 24 年 の 長 野 公 演 )ことが アルクマの 人 気 が 出 たきっかけの 一 つとされていることから ファンを 対 象 とした アルクマ 認 知 度 調 査 を 実 施 した 調 査 は 長 野 市 のビッグハットで 行 われた Hey!Say!JUMP のコンサート 開 催 日 に 長 野 駅 においてファンと 思 われる 方 を 対 象 に 聞 き 取 りにより 実 施 した (2) 認 知 度 調 査 ア 調 査 日 時 7 月 14 日 ( 日 )~15 日 ( 月 祝 ) 各 日 9:00~13:00 イ 調 査 場 所 長 野 駅 東 西 自 由 通 路 東 口 出 口 付 近 ウ 調 査 対 象 Hey!Say!JUMP のファン エ 調 査 票 別 紙 のとおり 2 調 査 結 果 (1) 調 査 人 数 2 日 間 で 計 173 名 から 回 答 を 得 た(14 日 :82 名 15 日 :91 名 ) (2) 回 答 者 の 属 性 ア 性 別 年 齢 見 た 目 でファンとわかる 方 を 対 象 としたため 若 い(10 代 ~20 代 ) 女 性 を 中 心 (92%)と した (グラフ 1) イ 住 所 県 外 154 名 県 内 19 名 北 は 北 海 道 から 南 は 沖 縄 まで 全 国 各 地 から 長 野 に 訪 れていた 一 番 多 かったのは 東 京 (34 名 )で 埼 玉 (25 名 ) 神 奈 川 (23 名 )と 続 き 7 割 が 関 東 地 方 から 訪 れていた ( 表 1) (3)アルクマの 認 知 度 ア 認 知 度 知 っている 168 名 (97%) 知 らない 5 名 県 外 者 であってもほとんどの 人 が 知 っていた (グラフ 2) イ どこで 知 ったか 藪 くんから( 昨 年 のコンサートで)146 名 ツイッター( 昨 年 のコンサートの 記 事 のリツ イート)4 名 テレビ CMで 8 名 その 他 10 名 大 部 分 が 藪 氏 の 発 言 を 認 知 のきっかけと 38

42 していた また テレビ CMで 知 った 人 のうち 7 名 は 県 内 在 住 者 であった (グラフ 3) ウ 好 感 度 好 き 141 名 (81.5%) 嫌 い 0 名 特 に 関 心 が 無 い 32 名 (グラフ4) 好 感 度 は 非 常 に 高 い 3 考 察 本 調 査 から Hey!Say!JUMP のファンはアルクマの 認 知 度 が 高 いと 考 えられる ファンという 集 団 の 大 きな 特 徴 として 居 住 地 に 関 係 なく 広 くアルクマが 認 知 されているこ とにある 認 知 のきっかけが Hey!Say!JUMP の 昨 年 のコンサート(86.7%)であ ることから 藪 氏 の アルクマが 好 き という 発 言 には 非 常 に 高 い 訴 求 力 があることがわかる もう 一 点 付 け 加 えると 好 感 度 について 8 割 がアルクマを 好 きと 回 答 しており Hey!S ay!jump のファンはアルクマに 対 して 非 常 に 好 意 的 な 集 団 とも 言 える これは 藪 氏 が とにかくアルクマ 好 きで メンバーの 仲 間 にストラップを 買 ってプレゼントするほどとも 言 わ れており 藪 氏 のアルクマに 対 する 好 感 度 がそのままファンに 浸 透 しているものと 考 えられる 同 グループのファンは 全 国 で 約 15 万 人 といわれている ( 仮 に 少 なく 見 積 もって)1 割 のフ ァンがアルクマファンになったとしても 1.5 万 人 のファン 獲 得 が 期 待 される 投 票 期 間 が 約 8 週 間 のゆるキャラグランプリにおいて これらのファンが 毎 週 1 票 アルクマに 投 票 したとして も 1.5 万 票 8 週 =12 万 票 の 獲 得 が 期 待 される この 数 字 は 2013 年 のアルクマの 総 獲 得 数 を 超 えている このファンは 不 特 定 多 数 ではなく Hey!Say!JUMP のファンという 共 通 項 でまとめられるため ターゲッティングがしやすいというメリットがある 若 い 女 性 が 多 いこともあり SNSの 活 用 も 有 効 と 考 えられる ただし 所 属 がジャニーズ 事 務 所 ということもあり 気 軽 に 対 応 できないデメリットもある しかし 上 手 に 付 き 合 うことができれば 多 くのマスコミにも 効 果 的 に 取 り 上 げてもらえる 可 能 性 も 高 く 認 知 度 向 上 を 目 的 とする 場 合 非 常 に 魅 力 的 な 材 料 と 考 えられる 4 参 考 資 料 回 答 者 の 年 齢 40 代 3% 50 代 以 上 30 代 1% 4% アルクマの 認 知 度 知 らない 3% 20 代 25% 10 代 67% 注 : 性 別 は 全 員 女 性 知 っている 97% 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 以 上 知 っている 知 らない グラフ1 グラフ2 39

43 アルクマを 知 ったきっかけ テレビ CM 5% ツイッター 2% その 他 9% 関 心 無 い 18% 嫌 い 0% アルクマの 好 感 度 藪 くんから 84% 好 き 82% グラフ3 藪 くんから ツイッター テレビ CM その 他 グラフ4 好 き 嫌 い 関 心 無 い 表 1: 回 答 者 の 住 所 都 道 府 県 人 数 都 道 府 県 人 数 都 道 府 県 人 数 都 道 府 県 人 数 東 京 都 34 名 埼 玉 県 25 名 神 奈 川 県 23 名 千 葉 県 10 名 栃 木 県 7 名 群 馬 県 6 名 茨 城 県 5 名 石 川 県 5 名 京 都 府 5 名 山 梨 県 4 名 新 潟 県 4 名 愛 知 県 4 名 兵 庫 県 4 名 岐 阜 県 3 名 北 海 道 3 名 大 阪 府 3 名 和 歌 山 県 2 名 福 岡 県 2 名 沖 縄 県 1 名 岩 手 県 1 名 富 山 県 1 名 福 島 県 1 名 長 野 県 19 名 Ⅳ 県 内 認 知 度 調 査 結 果 1 調 査 概 要 (1) 背 景 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ を 活 用 したプロモーション を 考 えていくに 当 たり 今 後 の 取 組 の 参 考 資 料 とするため 県 内 の アルクマ の 認 知 度 を 把 握 する また 7 月 に 行 ったHey!Say!JUMPファンとの 比 較 対 象 とする (2) 認 知 度 調 査 ア 調 査 日 時 8 月 15 日 ( 土 )9:00~13:00 イ 調 査 場 所 長 野 駅 東 西 自 由 通 路 東 口 出 口 付 近 ウ 調 査 対 象 駅 通 行 人 エ 調 査 票 別 紙 のとおり 2 調 査 結 果 (1) 調 査 人 数 40

44 70 名 から 回 答 を 得 る (2) 回 答 者 の 属 性 ア 性 別 年 齢 女 性 が 多 かったものの 年 齢 は 10 代 から 50 代 以 上 まである 程 度 均 等 にとれた (グラフ 1 2) イ 住 所 県 外 28 名 県 内 42 名 (うち 長 野 市 内 26 名 ) お 盆 期 間 ということもあり 県 外 からの 帰 省 者 旅 行 者 も 多 かった (3)アルクマの 認 知 度 ア 認 知 度 県 内 在 住 者 知 っている 37 名 (88%) 知 らない 5 名 県 外 在 住 者 知 っている 8 名 (29%) 知 らない 20 名 イ どこで 知 ったか テレビ(CM) 新 聞 で 17 名 駅 で 見 た 13 名 の 2 つの 回 答 が 大 半 を 占 めた 長 野 駅 での 調 査 の 為 と 考 えられるが 冬 のイルミネーションで という 回 答 も 多 かった その 他 パンフ ポスターで 見 た 4 名 おみやげ 屋 さんで 見 た 3 名 イベントで 2 名 友 達 から 1 名 (グラフ 3) ウ 好 感 度 県 内 在 住 者 好 き 30 名 (81%) 嫌 い 0 名 特 に 関 心 がない 7 名 (グラフ 4) アルクマを 知 っている 人 には 比 較 的 好 意 的 に 受 け 入 れられている 3 考 察 長 野 駅 周 辺 では アルクマの 認 知 が 進 んでいると 考 えられる 冬 のイルミネーションを 含 め ポスターやのぼり 旗 など 積 極 的 な 掲 示 が 奏 功 しているのだろう テレビやCMからの 認 知 も 進 んでいることが 見 えたので 認 知 度 向 上 のためには 県 内 マスコミとの 連 携 による 継 続 的 な 露 出 が 望 まれる ただし 先 日 行 った Hey!Say!JUMP ファンの 認 知 度 97%と 比 較 すると 県 内 在 住 者 の 認 知 度 88%という 数 値 が それほどでもない 数 値 にもみえてしまう 逆 に Hey!S ay!jump ファンの 特 異 的 な 状 態 が 浮 き 彫 りになったと 言 っていいのかもしれないし 大 切 にしなければいけない 対 象 だと 考 えられる 41

45 性 別 年 齢 構 成 17% 30% 34% 19% 70% 14% 16% 男 性 女 性 10 代 以 下 20 代 30 代 40 代 50 代 以 上 グラフ1 グラフ2 どこで 知 ったか 好 感 度 ( 県 内 在 住 者 ) 8% 5% 3% 19% 10% 42% テレビ 新 聞 駅 ( 電 車 )で 見 た パンフ ポスター おみやげや コンビニ イベント 人 ( 友 達 等 )から 0% 32% 81% 好 き 嫌 い 関 心 ない グラフ3 グラフ4 42

46 ( 別 紙 調 査 票 :(1) (2) 共 通 ) アンケートのお 願 い 私 たちは 長 野 県 の 職 員 による 政 策 研 究 において 長 野 県 観 光 PRキャラクター アルクマ によるプロモーション テーマに 研 究 をしています お 楽 しみのところ 申 し 訳 ありませんが 以 下 のアンケート 調 査 にご 協 力 をお 願 いいたします 選 択 肢 は 該 当 する 数 字 に 印 をつけてください その 他 の 欄 はご 意 見 等 を 記 入 してください Q1 性 別 1. 男 2. 女 Q2 年 齢 1.19 歳 以 下 2.20~29 歳 3.30~39 歳 4.40~49 歳 5.50 歳 以 上 Q3 お 住 まい 1. 長 野 県 外 ( 都 道 府 県 名 ) 2. 長 野 県 内 ( 市 町 村 名 ) Q4 あなたはアルクマを 知 っていますか? 1. 知 っている 2. 知 らない Q5 Q4で1を 選 択 した 方 に 質 問 します あなたはアルクマをどこで 知 りましたか? ( ) Q6 Q4で1を 選 択 した 方 に 質 問 します あなたはアルクマを 好 きですか? 1. 好 き 2. 嫌 い 3. 特 に 関 心 が 無 い Q7 アルクマの 感 想 を 教 えてください ( ) Q8 アルクマに 会 いに 長 野 県 に 行 こうと 思 いますか? 1.はい 2.いいえ Q9 長 野 県 の 魅 力 ( 連 想 するもの)は 何 ですか? ( ) Q10 下 記 のアルクマグッズを 買 いたいと 思 いますか?( 複 数 回 答 可 ) 1.お 菓 子 2. 文 房 具 3.ぬいぐるみ 4. 衣 類 5.スマホグッズ ストラップ 6.その 他 ( ) 7. 買 いたいと 思 わない 43 ご 協 力 ありがとうございました この 用 紙 を 調 査 員 に 渡 し 粗 品 をお 受 け 取 りください

47 3 具 体 的 な 活 用 提 案 企 画 資 料 Hey! Say!JUMP と 相 思 相 愛 1 目 的 見 たことはあるけど 積 極 的 な PR 不 足! の 解 消 アルクマを = 長 野 県 というアイコンにする Hey! Say!JUMP 藪 宏 太 氏 のアルクマについての 発 信 力 の 高 さが 当 グループの 実 施 した ファンへの 認 知 度 調 査 から 明 らかになった( 別 紙 参 照 ) 藪 氏 のアルクマ 好 きを 動 機 付 けに 若 年 層 コアファンの 確 保 知 名 度 人 気 話 題 性 の 向 上 を 図 り 全 国 区 へ 2 事 業 実 施 主 体 長 野 県 ( 協 力 )ジャニーズ 事 務 所 関 係 団 体 等 3 事 業 概 要 及 び 効 果 Hey! Say!JUMP コンサートに 来 場 するファンからの 情 報 とにかくアルクマが 好 きらしい アルクマは 女 の 子 だと 信 じて 疑 わない 好 きすぎて ストラップをメンバー 全 員 に 買 ってあげた MCトークのときはいつもアルクマの 話 をする コンサートに 見 に 来 て 欲 しそう( 会 いたい 会 いたい 言 っている) アルクマ 好 き! 公 式 に 相 思 相 愛 Hey! Say!JUMP コンサート(in 長 野 市 ) 来 場 者 の 特 徴 県 内 者 も 県 外 者 でも ほとんどの 人 がアルクマを 知 ってい る(97%) 知 ったきっかけは 2012 年 のコンサートで 藪 くんが 好 き と 言 っていたから(84%) 大 多 数 がアルクマ 好 き!(81.5%) 若 い 女 性 が 多 い(92%が 10~20 代 ) 欲 しいアルクマグッズはスマホ 関 係 のものなど 身 につけ るものが 人 気 2013 年 7 月 コンサート 来 場 者 へのアンケートから アルクマは? 実 施 すること 1 アルクマが 藪 くんのファンになる 2 マスコミの 利 用 3 アルクマグッズの 検 討 効 果 1 15 万 人 と 言 われる JUMP ファンを アルクマファンに(1 割 でも 1.5 万 人!) コアなファンの 獲 得!! 効 果 2 これらをネタにマスコミの 誘 導 を 期 待 44 アルクマが 長 野 県 を 連 想 させるツールになる

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8CB3505282C68E5992BC82C98AD682B782E992B28DB85F30352E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8CB3505282C68E5992BC82C98AD682B782E992B28DB85F30352E646F63> 報 道 関 係 各 位 2013 年 7 月 18 日 地 元 PRと 産 直 に 関 する 調 査 地 方 自 治 体 が 行 う PR 活 動 は 必 要 だと 思 う 8 割 半 東 北 や 九 州 出 身 者 では 9 割 強 効 果 的 だと 思 う PR 活 動 トップは 物 産 展 ゆるキャラ は 約 5 割 の 支 持 を 集 め 3 位 に 40 代 男 性 の4 割 強 が 知

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

参考資料:47都道府県 認知症に関する意識・実態調査

参考資料:47都道府県 認知症に関する意識・実態調査 2012 年 9 月 14 日 エーザイ 株 式 会 社 47 都 道 府 県 認 知 症 に 関 する 意 識 実 態 調 査 参 考 資 料 Ⅰ. 調 査 設 計 Ⅱ. 調 査 結 果 この 件 に 関 する 問 い 合 わせ 47 都 道 府 県 認 知 症 に 関 する 意 識 実 態 調 査 広 報 事 務 局 ( 株 式 会 社 ジェイ ピーアール 内 ) 担 当 : 山 本 瀧 澤 TEL:03-3403-1745

More information

Taro-○H25報告書案1118_議長報告

Taro-○H25報告書案1118_議長報告 平 成 25 年 度 特 定 テーマ 調 査 報 告 書 特 定 テーマ とちぎの 発 信 力 強 化 について 平 成 25 年 11 月 県 政 経 営 委 員 会 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 委 員 会 の 活 動 状 況 2 Ⅲ 現 状 5 Ⅳ 課 題 9 Ⅴ 提 言 10 Ⅳ おわりに 12 Ⅶ 委 員 名 簿 13 Ⅷ 調 査 関 係 部 課 13 Ⅰ はじめに 本 委 員 会 は 本

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63> 和 歌 山 県 観 光 統 計 調 査 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )3 月 和 歌 山 県 目 次 1.はじめに... 3 1-1. 調 査 目 的...3 1-2. 実 施 調 査 内 容...3 2. 調 査 結 果 と 分 析 ( 単 純 集 計 結 果 )... 6 2-1. 県 内 アンケート 調 査 結 果...6 2-1-1. 回 答 者 プロフィール...6 2-1-2.

More information

応募企画書のまとめ方

応募企画書のまとめ方 応 募 企 画 書 のまとめ 方 各 項 目 の 検 討 ポイントに 従 って アイデアをまとめて 書 いてみましょう ただし 各 項 目 を 書 いていくと 前 の 項 目 や 他 の 項 目 をもっと 良 くできると 思 うことも 多 いで しょう 先 ず 一 度 全 体 をまとめてみて 自 分 で 見 直 したり 仲 間 と 検 討 したり 何 度 もバージョンアップすることによって よりよい

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

収益物件検索サイト 健美家のご紹介

収益物件検索サイト 健美家のご紹介 News Release 不 動 産 投 資 と 収 益 物 件 の 情 報 サイト 健 美 家 ( けんびや ) 不 動 産 投 資 に 関 する 意 識 調 査 ( 第 2 回 )を 実 施 4 分 の1 以 上 が 現 金 で 物 件 を 購 入 買 付 から 購 入 までの 期 間 は 短 縮 化 の 傾 向 健 美 家 株 式 会 社 ( 本 社 東 京 都 港 区 )は11 月 12 日

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2 この 事 務 手 引 きは がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 に 申 請 される 方 申 請 を 検 討 される 方 のためのものです 申 請 される 前 に 必 ずお 読 みください 唐 津 市 目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

1. 熊 本 地 震 による 観 光 への 影 響 (1) 熊 本 地 震 発 生 後 の への 訪 問 状 況 ~ 熊 本 地 震 発 生 後 に を 訪 れる 機 会 があった 人 は 8.1%~ 2016 年 4 月 の 熊 本 地 震 の 発 生 後 に 観 光 等 で を 訪 れる 機 会

1. 熊 本 地 震 による 観 光 への 影 響 (1) 熊 本 地 震 発 生 後 の への 訪 問 状 況 ~ 熊 本 地 震 発 生 後 に を 訪 れる 機 会 があった 人 は 8.1%~ 2016 年 4 月 の 熊 本 地 震 の 発 生 後 に 観 光 等 で を 訪 れる 機 会 くまもとのイメージ 調 査 2016 ~ の 観 光 復 興 に 向 けて~ はじめに 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートの 全 線 開 業 から 今 年 3 月 で 5 年 が 経 過 した 全 線 開 業 は 関 西 方 面 から の 入 り 込 み 客 の 増 加 や 時 間 距 離 の 短 縮 による 九 州 エリア 内 の 日 帰 り 出 張 の 増 加 など 県 内 の 観 光 関

More information

kaiin-kakunin_sho

kaiin-kakunin_sho ラッピングトラック ラッピングトラック 懸 賞 アンケート 調 査 報 告 書 1. 調 査 目 的 会 津 若 松 商 工 会 議 所 卸 物 流 部 会 では 会 津 ナンバー 支 援 協 議 会 の 関 連 事 業 として 平 成 18 年 10 月 の 会 津 ナンバー 発 給 開 始 時 期 にあわせて 全 国 を 走 行 する 大 型 貨 物 の 荷 台 をキャンパスに 見 立 てて 会

More information

- 2 -

- 2 - 第 1 章 はじめに - 2 - 1-1 調 査 研 究 の 背 景 目 的 現 在 多 くの 地 域 において 商 業 振 興 や 地 域 活 性 化 を 目 的 に 地 方 自 治 体 や 地 元 有 志 民 間 企 業 等 が 主 体 となり 彦 根 市 の ひこにゃん に 代 表 されるゆるキャラから 沖 縄 県 にお いてテレビ 放 映 されている 琉 球 マブヤー 等 のご 当 地 ヒーローまで

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

Microsoft PowerPoint - 企業における動画活用及びインターネット動画配信利用に関する意識調査報告書.pptx

Microsoft PowerPoint - 企業における動画活用及びインターネット動画配信利用に関する意識調査報告書.pptx 企 業 における 動 画 活 用 及 び インターネット 動 画 配 信 利 用 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 株 式 会 社 デジタル ナレッジ http://study.jp 1 企 業 における 動 画 活 用 及 びインターネット 動 画 配 信 利 用 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 目 次 1. 調 査 概 要. 2. 回 答 者 属 性 3.まとめ. 3 4 9

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

九州・熊本地震によって見られた生活者の変化(情報編)

九州・熊本地震によって見られた生活者の変化(情報編) 九 州 熊 本 震 見 られた 生 者 変 化 編 2016 年 8 月 はじめ こたび 九 州 熊 本 震 で された 皆 様 ならびご 家 族 ご 係 者 皆 様 は 謹 んでお 見 舞 いを 申 し 上 げま おかれましては 一 日 も 早 い 復 旧 復 興 を 心 よりお 祈 り 申 し 上 げま 株 式 会 社 イージは 調 査 データよ ファクト をベースとして 生 者 消 費 行 意

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378> 女 性 建 設 技 術 者 を 取 り 巻 く 環 境 の 実 態 調 査 調 査 結 果 報 告 書 青 森 県 県 土 整 備 部 監 理 課 目 次 1. 調 査 概 要 1 2. 回 答 企 業 の 概 要 2 3. 集 計 結 果 3 参 考 調 査 票 22 1. 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 建 設 産 業 では 担 い 手 不 足 が 課 題 となっており その 解 決 策

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね ◎

◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね ◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね (こ の 1 年 間 に 結 婚 し た 人 用 ) この 調 査 票 は この1 年 間 に 結 婚 なさった 方 に お 聞 きするものです もう1つ の 調 査 票 と 併 せてご 記 入 の 上 調 査 員 にお 渡 し 下 さい 第 9898 号 2012 年 9 月 整 理 番 号 回 パネル 番 号 点 検 者 名 0 1 2 3 4

More information

諸規則集

諸規則集 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 定 款 施 行 細 則 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 ( 以 下 当 法 人 という) 定 款 に 基 づき 次 の 通 り 施 行 細 則 を 定 める 定 款 第 5 条 に 基 づき 入 会 について 定 める 入 会 に 関 する 細 則 第 1 条 当 法 人 に 入 会 を 希 望 する 者 は 次 の 手 続 きをしなければならない

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

Microsoft PowerPoint - 【RNN】プロモーションチラシ.pptx

Microsoft PowerPoint - 【RNN】プロモーションチラシ.pptx 2016 年 度 8 期 プロモーション 展 開 のご 案 2016 年 2-3 期 プロモーション 実 績 転 職 と 聞 いて 最 初 に 思 いつくのはリクナビNEXT というカスタマが 更 に 増 加!(57.7% 64.6%) カスタマの 第 想 起 シェア( 転 職 サービスの 公 募 主 要 3サイトのみ) リクナビNEXT 競 合 A 社 競 合 B 社 プロモ 前 57.7% プロモ

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの 玉 川 上 水 放 射 5 号 線 周 辺 地 区 まちづくりだより No.3 発 行 日 : 平 成 27 年 10 月 / 発 行 : 杉 並 区 都 市 整 備 部 まちづくり 推 進 課 / 編 集 協 力 : 首 都 圏 総 合 計 画 研 究 所 まちづくり 意 見 交 換 会 オープンハウスを 開 催 しました 日 頃 より 杉 並 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をいただきありがとうございます

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

ご当地調査

ご当地調査 2010 年 3 月 30 日 株 式 会 社 リクルート 旅 行 カンパニー じゃらんリサーチセンター 地 元 民 が 選 ぶ 愛 する 地 元 のいいとこランキング ご 当 地 調 査 地 元 の 人 たちの 地 元 へのご 当 地 愛 ナンバーワンは 沖 縄 県! 株 式 会 社 リクルート( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO: 柏 木 斉 )の

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

9 体 操 競 技 1 期 日 新 体 操 平 成 27 年 9 月 6 日 ( 日 )から 9 月 7 日 ( 月 )まで(2 日 間 ) 種 別 9 月 6 日 ( 日 ) 9 月 7 日 ( 月 ) 少 年 女 子 個 人 団 体 競 技 平 成 27 年 9 月 10 日 ( 木 )から 9

9 体 操 競 技 1 期 日 新 体 操 平 成 27 年 9 月 6 日 ( 日 )から 9 月 7 日 ( 月 )まで(2 日 間 ) 種 別 9 月 6 日 ( 日 ) 9 月 7 日 ( 月 ) 少 年 女 子 個 人 団 体 競 技 平 成 27 年 9 月 10 日 ( 木 )から 9 資 料 提 供 担 当 課 担 当 者 国 体 競 技 課 林 戸 田 電 話 (073)433-6790 平 成 27 年 8 月 24 日 内 線 7515 第 70 回 国 民 体 育 大 会 ( 紀 の 国 わかやま 国 体 ) 体 操 ( 競 技 ) 競 技 会 の 開 催 について 和 歌 山 ビッグホエールにおいて 第 70 回 国 民 体 育 大 会 ( 紀 の 国 わかやま 国 体

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2 資 料 2 決 済 業 務 等 の 高 度 化 に 関 するスタディ グループ でんさい の 現 状 と 課 題 2014 年 12 月 16 日 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク 1 目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12

More information

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団 平 成 28 年 5 月 選 挙 運 動 に 関 す る ル ー ル 和 歌 山 県 選 挙 管 理 委 員 会 電 話 県 庁 代 表 073-432-4111 直 通 073-441-3785 海 草 分 局 073-441-3477 伊 都 分 局 0736-33-4904 日 高 分 局 0738-24-2904 東 牟 婁 分 局 0735-21-9606 那 賀 分 局 0736-61-0005

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

(f) Googleアナリティクス を 活 用 しうるま 時 間 Web ページのアクセス 状 況 等 に ついてウェブ 解 析 を 実 施 し レポートとして 取 りまとめ 提 出 するとともにより 効 果 的 な 運 営 について 検 討 助 言 を 行 うこと 必 須 のレポート 項 目 等

(f) Googleアナリティクス を 活 用 しうるま 時 間 Web ページのアクセス 状 況 等 に ついてウェブ 解 析 を 実 施 し レポートとして 取 りまとめ 提 出 するとともにより 効 果 的 な 運 営 について 検 討 助 言 を 行 うこと 必 須 のレポート 項 目 等 ( 別 紙 ) 平 成 28 年 度 メディア 活 用 による 戦 略 的 観 光 誘 客 促 進 事 業 仕 様 書 1 事 業 名 メディア 活 用 による 戦 略 的 観 光 誘 客 促 進 事 業 2 委 託 期 間 契 約 締 結 の 日 から 平 成 29 年 3 月 17 日 ( 予 定 ) 3 事 業 の 目 的 うるま 市 観 光 振 興 ビジョン( 平 成 19 年 3 月 )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179312E31358F4390B3817A89C193FC91A39069836E8393836883758362834E8169967B95B6816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179312E31358F4390B3817A89C193FC91A39069836E8393836883758362834E8169967B95B6816A> 目 次 1 自 治 会 町 内 会 はどうして 必 要 なの? (1) 自 治 会 町 内 会 の 役 割 1 (2) 自 治 会 町 内 会 の 主 な 活 動 2 2 自 治 会 町 内 会 をとりまく 状 況 は? (1) 加 入 率 の 推 移 3 (2) 世 帯 構 成 の 変 化 4 (3) 加 入 率 低 下 及 び 高 齢 化 社 会 の 影 響 4 3 加 入 の 呼 びかけをしよう!

More information

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議) 平 成 28 年 度 第 1 回 とちぎ 創 生 15 い ち ご 戦 略 評 価 会 議 の 結 果 概 要 日 時 : 平 成 28 年 6 月 24 日 ( 金 ) 14 時 30 分 から16 時 15 分 まで 会 場 : 栃 木 県 公 館 大 会 議 室 宇 都 宮 市 昭 和 1 丁 目 1 番 38 号 出 席 者 池 田 浩 之 委 員 伊 沢 正 吉 委 員 大 貫 剛 久 委

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

武蔵大学論文

武蔵大学論文 最 優 秀 賞 被 災 企 業 訪 問 から 考 える 被 災 企 業 救 済 の 新 たなスキームの 提 案 ~ 災 害 に 強 い 国 づくりファンド~ 武 蔵 大 学 経 済 学 部 安 蔵 洋 平 竹 田 勝 利 島 真 人 市 村 真 也 ( 提 言 の 要 約 ) 私 たちは 東 日 本 大 震 災 によって 浮 き 彫 りになった 被 災 地 企 業 の 二 重 債 務 問 題 について

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250817C825781403131313130315F3233944E93788CA38C8C92B28DB88A5497762E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250817C825781403131313130315F3233944E93788CA38C8C92B28DB88A5497762E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 1-8 若 年 層 献 血 意 識 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 調 査 の 概 況 < 調 査 目 的 > 献 血 者 数 については これまで 減 少 傾 向 が 引 き 続 いていたところであるが 平 成 20 年 以 降 増 加 に 転 じ これまでの 献 血 者 確 保 対 策 に 一 定 の 効 果 がみられているところである しかしながら 10~20 歳 代 の 若 年 層

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

イベント 対 応 スタッフは 原 則 として 平 日 休 みとし 土 日 に 出 勤 するこ とを 想 定 しているが 派 遣 依 頼 の 少 ない 場 合 などはこの 限 りではない 最 大 2 班 体 制 とし 上 記 1 班 あたり 一 日 に 最 大 3イベントに 対 応 するこ ととするが

イベント 対 応 スタッフは 原 則 として 平 日 休 みとし 土 日 に 出 勤 するこ とを 想 定 しているが 派 遣 依 頼 の 少 ない 場 合 などはこの 限 りではない 最 大 2 班 体 制 とし 上 記 1 班 あたり 一 日 に 最 大 3イベントに 対 応 するこ ととするが シンボルキャラクター 活 用 による 魅 力 発 信 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 一 般 市 民 との 接 触 度 やメディア 等 への 訴 求 力 が 高 いシンボルキャラクター み やざき 犬 の 着 ぐるみを 活 用 して 県 内 外 に 宮 崎 の 観 光 や 食 県 産 品 等 の 日 本 のひなた 宮 崎 県 が 持 つ 様 々な 魅 力 を 印 象 強 く 発 信

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら 燕 市 監 委 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 請 求 については 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 実 施 したので その 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 する 平 成 20 年 10 月 23 日 燕 市 監 査 委 員 齋 藤 稔 同 山 本 一

More information

第Ⅰ章 一週間の買物行動

第Ⅰ章 一週間の買物行動 調 査 の 目 的 と 方 法 調 査 の 目 的 と 方 法 1. 調 査 目 的 と 分 析 の 基 本 方 針 1.1. 調 査 目 的 本 調 査 は アンケート 調 査 を 通 じて 消 費 者 の 食 肉 の 購 買 状 況 食 肉 に 対 す る 意 識 食 肉 調 理 に 関 する 実 態 などを 季 節 年 度 別 年 代 別 地 域 別 など 様 々な 角 度 から 分 析 し

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

(案)

(案) 資 料 2-1 特 例 番 号 1010 の 関 連 資 料 審 議 事 項 1 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のニーズについて 1 2 行 政 評 価 局 による 調 査 結 果 ( 平 成 18 年 度 下 半 期 実 施 分 ) 2 3 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等 12 参 考 資 料 4 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 概 要 13

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

あなたが あったら 良 いな と 思 うテレビの 機 能 を 教 えてください その 機 能 によって 得 られる 効 果 につ いて 具 体 例 を 挙 げて 説 明 してください また それを 実 現 するための 技 術 的 な 課 題 を 考 えつく 限 りたく さんあげて 説 明 してくださ

あなたが あったら 良 いな と 思 うテレビの 機 能 を 教 えてください その 機 能 によって 得 られる 効 果 につ いて 具 体 例 を 挙 げて 説 明 してください また それを 実 現 するための 技 術 的 な 課 題 を 考 えつく 限 りたく さんあげて 説 明 してくださ ソフトバンク A モノづくり の 経 験 があれば どういったモノをつくったのか 自 らが 実 際 に 行 った 役 割 を 交 えて 詳 しく 教 えてください (200 字 以 上 ) システム プログラム 機 械 ロボ 電 子 機 器 サーバー NW 環 境 アプリなど 実 際 に 作 成 したものであれば 何 でも 結 構 です B あなたの 研 究 内 容 もしくは 勉 強 してきた 内

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

分 析 にあたって 地 域 のイメージと 関 連 させながら 商 品 サービスの 開 発 や 高 付 加 価 値 化 に 取 り 組 むことにより 差 別 化 された された 価 値 を 生 み 出 してゆく という 手 法 が 取 られるよう になってきた こうした 手 法 はさらに その 価 値

分 析 にあたって 地 域 のイメージと 関 連 させながら 商 品 サービスの 開 発 や 高 付 加 価 値 化 に 取 り 組 むことにより 差 別 化 された された 価 値 を 生 み 出 してゆく という 手 法 が 取 られるよう になってきた こうした 手 法 はさらに その 価 値 首 都 圏 居 住 者 における 全 国 都 市 ブランド 力 調 査 報 告 書 ( 全 体 編 ) 2006 年 8 月 分 析 にあたって 地 域 のイメージと 関 連 させながら 商 品 サービスの 開 発 や 高 付 加 価 値 化 に 取 り 組 むことにより 差 別 化 された された 価 値 を 生 み 出 してゆく という 手 法 が 取 られるよう になってきた こうした 手 法

More information

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても 調 査 報 告 書 政 務 活 動 費 の 使 途 基 準 --- 地 方 議 員 研 究 会 主 催 ( 講 師 廣 瀬 和 彦 氏 ) 政 務 活 動 費 は 個 々にグレーゾーンがあり それを 裁 判 所 がどう 判 断 しているかと 言 う 事 の 説 明 でした 主 にこれまでの 裁 判 例 に 基 づく 使 途 基 準 の 説 明 がありました 下 記 報 告 します 1. 政 務 活

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

平成23年度 住宅リフォーム実例調査

平成23年度 住宅リフォーム実例調査 平 成 26 年 度 第 12 回 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 ォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 Ⅲ. 調 査 結 果... 8 1. 結 果 の 概 要... 8 2. 調 査 結 果 の 詳 細... 14 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性... 14 (1)

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

中途採用状況調査

中途採用状況調査 11 月 ( 9 月 ~ 8 月 ) 株 式 会 社 マイナビ( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 川 信 行 )が 運 営 する 総 合 転 職 情 報 サイト マイナビ 転 職 は 民 間 企 業 等 における 一 年 間 ( 9 月 ~ 8 月 )の 中 途 採 用 状 況 調 査 を 行 い 国 内 優 良 企 業 666 社 より 回 答 が 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E2091E63289F18C6F89638AE989E688CF88F589EF8B638E96985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E2091E63289F18C6F89638AE989E688CF88F589EF8B638E96985E2E646F63> 平 成 21 年 度 第 2 回 経 営 企 画 委 員 会 議 事 録 1. 開 催 年 月 日 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 ) 2. 開 催 場 所 グリーンヒルホテル 明 石 3. 出 席 者 松 本 副 会 長 小 川 副 理 事 長 勝 本 副 委 員 長 高 山 副 委 員 長 ( 委 員 ) 前 田 委 員 三 木 委 員 黒 田 委 員 瀧 本 委 員 村 尾 委

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。   ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。    ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。 参 考 資 料 1 アクション プラン~ 出 先 機 関 の 原 則 廃 止 に 向 けて~ ( 平 成 22 年 12 月 28 日 閣 議 決 定 ) 国 のかたちを 変 えて 住 民 に 身 近 な 行 政 はできる 限 り 地 方 自 治 体 に 委 ね 地 域 における 行 政 を 地 方 自 治 体 が 自 主 的 かつより 総 合 的 に 実 施 できるよう 出 先 機 関 の 事 務

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

公民⑤

公民⑤ 1 学 年 第 1 学 年 2 教 材 最 新 現 代 社 会 公 民 科 ( 現 代 社 会 ) 学 習 指 導 案 高 等 学 校 教 諭 3 単 元 名 テーマ 学 習 :18 歳 選 挙 権 を 考 える 4 単 元 目 標 公 職 選 挙 法 改 正 が 間 近 に 迫 り 高 校 生 が 選 挙 に 参 加 することが 来 年 夏 の 参 議 院 選 挙 で 実 現 するかもしれない 高

More information

評 価 をすることは 必 要 と 考 える 補 助 金 額 を 一 定 とするのではなく 上 限 額 を 定 めた 上 で 各 団 体 が 希 望 補 助 金 額 を 申 請 すると いう 方 式 も 考 えられる 例 えば 上 限 よりも 低 い 額 の 補 助 を 希 望 する 団 体 が 多

評 価 をすることは 必 要 と 考 える 補 助 金 額 を 一 定 とするのではなく 上 限 額 を 定 めた 上 で 各 団 体 が 希 望 補 助 金 額 を 申 請 すると いう 方 式 も 考 えられる 例 えば 上 限 よりも 低 い 額 の 補 助 を 希 望 する 団 体 が 多 第 7 回 日 時 平 成 27 年 7 月 27 日 ( 月 )19:00~21:00 観 音 寺 市 民 会 館 開 館 準 備 実 行 委 員 会 要 約 場 所 観 音 寺 市 役 所 2 階 201 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 ( 欠 席 3 名 ) 事 務 局 4 名 事 務 局 補 2 名 (1) 第 6 回 議 事 録 ( 要 約 )について (2)プレ 事 業 こけら

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information