Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 2015 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 類 学 若 手 ワークショップ 東 アジア 若 手 人 文 社 会 科 学 研 究 者 ワークショップ 報 告 論 文 集 2015 年 度 南 京 大 学 京 都 大 学 社 会 学 人 类 学 研 究 生 论 坛 东 亚 年 轻 人 文 社 会 科 学 研 究 者 研 讨 会 报 告 书 The Proceeding of Kyoto University - Nanjing University Sociology and Anthropology Workshop, 2015 福 谷 彬 巫 靑 見 中 山 大 将 編 京 都 大 学 アジア 研 究 教 育 ユニット<KUASU> 2016 年 6 月

4

5 本 報 告 論 文 集 について 本 報 告 論 文 集 について 本 冊 子 は 2016 年 2 月 3 日 および 4 日 に 京 都 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 の 主 催 同 アジア 研 究 教 育 ユニット(KUASU) 人 間 環 境 学 研 究 科 および 地 域 研 究 統 合 情 報 センターの 共 催 により 京 都 大 学 稲 盛 財 団 記 念 会 館 で 行 われた 東 アジア 若 手 人 文 社 会 科 学 研 究 者 ワークショップ( 2015 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 類 学 若 手 ワークショップ) の 報 告 論 文 集 である 2010 年 の 夏 に 京 都 エラスムス 計 画 により 中 山 大 将 福 谷 彬 ら 6 名 が 南 京 大 学 へ 派 遣 され 2 ヶ 月 間 当 地 で 中 国 語 の 学 習 と 巫 靚 ( 当 時 : 南 京 大 学 外 国 語 学 部 所 属 )を 含 む 南 京 大 学 社 会 学 院 の 院 生 との 共 同 調 査 を 行 った その 成 果 は 京 都 エラスムス 計 画 2010 年 度 中 国 社 会 研 究 短 期 集 中 プログラム 成 果 報 告 南 京 市 江 蘇 省 南 部 の 都 市 と 農 村 - にまとめられている 2011 年 の 夏 には 再 度 京 都 エラスムス 計 画 により 中 山 大 将 櫻 田 涼 子 2 名 が 南 京 大 学 へ 派 遣 され 1 ヶ 月 間 の 中 国 語 学 習 と 南 京 大 学 社 会 学 院 院 生 との 共 同 調 査 を 行 ったほか 京 都 大 学 南 京 大 学 若 手 研 究 者 共 同 フォーラム を 行 った 京 都 大 学 からは 中 山 ら 2 名 が 報 告 を 行 い 南 京 大 学 から 3 名 が 報 告 を 行 い 交 流 を 行 った 巫 はこの 際 に 通 訳 を 担 当 した この 成 果 は 京 都 エラスムス 計 画 2011 年 度 中 国 社 会 研 究 短 期 集 中 プログラム 成 果 報 告 - 京 都 大 学 南 京 大 学 若 手 研 究 者 共 同 フォーラム 報 告 論 文 集 - にまとめられている 2012 年 は 京 都 エラスムス 計 画 による 派 遣 はなかったものの 中 山 大 将 櫻 田 涼 子 平 井 芽 阿 里 福 谷 彬 が 計 画 を 立 て 2010 年 以 来 協 力 を 得 ている 張 玉 林 教 授 と 提 携 し 再 度 ワークショ ップの 開 催 を 実 現 した この 成 果 も 2012 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 類 学 若 手 研 究 者 共 同 ワークショップ 報 告 論 文 集 にまとめられている 2013 年 および 2014 年 には 京 都 大 学 アジア 研 究 教 育 ユニットや 同 文 学 研 究 科 の 支 援 を 得 て 南 京 大 学 の 院 生 を 招 いて 京 大 でのワークショップ 開 催 を 実 現 した 若 手 間 の 論 評 や 民 族 学 博 物 館 の 共 同 見 学 会 などを 図 り 密 な 研 究 交 流 を 実 現 した この 成 果 は 京 都 大 学 アジア 研 究 教 育 ユニット 報 告 書 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 類 学 若 手 ワークショップ 報 告 論 文 集 および 京 都 大 学 アジア 研 究 教 育 ユニット 報 告 書 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 類 学 若 手 ワークショップ 報 告 論 文 集 としてまとめられた なお これら 5 冊 の 報 告 論 文 集 は KUASU の HP および 京 都 大 学 学 術 情 報 リポジトリ 上 で Web 公 開 されている 本 ワークショップの 特 色 の 一 つは 基 本 的 に 日 本 語 と 中 国 語 という 双 方 にとっての 母 国 語 を 使 用 言 語 としていることである 英 語 中 心 のアジア 国 際 学 術 交 流 の 場 は 近 年 多 いが 本 ワーク ショップでは 自 分 の 母 国 語 で 考 え アジアの 言 語 で 分 かち 合 うことを 目 指 した 決 して 英 語 を 排 斥 しようというわけではない 重 要 なことは 国 際 学 術 交 流 における 多 様 性 である 東 アジア 交 流 数 千 年 の 歴 史 を 思 い 返 し その 上 にこのワークショップを 接 ぎ 足 したいのである 今 回 は 南 京 大 学 だけではなく 国 外 からは 上 海 交 通 大 学 台 湾 大 学 中 央 研 究 院 の 若 手 も 招 いた 参 加 者 の 専 門 分 野 も 社 会 学 文 化 人 類 学 だけではなく 哲 学 文 学 歴 史 学 にわたり 一 般 来 場 者 も 含 め 参 加 者 の 国 籍 は 5 ヶ 国 にわたる 学 際 的 国 際 交 流 の 場 を 実 現 できた 京 都 エラスムス 計 画 の 南 京 派 遣 で 参 加 者 が 感 じた 分 野 やフィールド そして 国 籍 を 越 えた 交 流 は 同 計 画 が 幕 を 閉 じても いまだなお 熱 を 持 ち 続 けている ぜひ 本 報 告 書 に 目 を 通 し 東 アジアの 新 しい 世 代 の 研 究 者 間 の 交 流 の 胎 動 の 一 端 を 知 っていただければ 幸 いである 福 谷 彬 巫 靚 中 山 大 将 2016 年 5 月 4 日 1

6 关 于 报 告 书 关 于 报 告 书 本 报 告 书 为 2016 年 2 月 3 日 至 4 日 由 京 都 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 主 办, 同 大 学 亚 洲 研 究 教 育 机 构 (KUASU) 人 间 环 境 学 研 究 科 以 及 地 域 研 究 综 合 信 息 中 心 协 办, 于 京 都 大 学 稻 盛 财 团 纪 念 会 馆 召 开 的 2015 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 类 学 青 年 学 者 论 坛 活 动 的 报 告 论 文 集 2010 年 夏 中 山 大 将 福 谷 彬 等 6 名 日 本 年 轻 学 者 通 过 京 都 伊 拉 斯 谟 计 划 被 派 往 南 京 大 学, 在 进 行 了 为 期 2 个 月 的 汉 语 学 习 后 与 包 括 巫 靓 ( 当 时 为 南 京 大 学 外 语 系 学 生 ) 在 内 的 南 京 大 学 社 会 学 院 研 究 生 进 行 了 共 同 调 查 其 成 果 为 京 都 伊 拉 斯 谟 计 划 2010 年 度 中 国 社 会 研 究 短 期 集 中 项 目 报 告 书 : 南 京 市 暨 苏 南 地 区 的 城 乡 2011 年 夏 中 山 大 将 和 樱 田 凉 子 再 次 通 过 京 都 伊 拉 斯 谟 计 划 前 往 南 京 大 学, 除 与 上 年 一 样 进 行 了 短 期 的 汉 语 学 习 (1 个 月 ) 以 及 共 同 调 查 外, 还 与 南 京 大 学 的 研 究 生 共 同 举 行 了 南 京 大 学 京 都 大 学 社 会 学 人 类 学 博 士 论 坛 京 都 大 学 方 中 山 和 樱 田 进 行 了 报 告, 南 京 大 学 是 由 司 开 玲 周 雷 和 王 华 3 名 同 学 进 行 发 言, 巫 靓 担 任 了 现 场 翻 译 论 坛 的 成 果 最 终 编 辑 为 京 都 伊 拉 斯 谟 计 划 2011 年 度 中 国 社 会 研 究 短 期 集 中 项 目 报 告 书 南 京 大 学 京 都 大 学 社 会 学 人 类 学 博 士 论 坛 2012 年 虽 然 京 都 伊 拉 斯 谟 计 划 没 有 派 遣 任 何 学 生 去 中 国 交 流, 但 在 张 玉 林 教 授 的 帮 助 下, 中 山 大 将 樱 田 凉 子 平 井 芽 阿 里 福 谷 彬 再 次 实 现 了 论 坛 的 交 流 活 动, 并 将 成 果 收 录 为 2012 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 类 学 青 年 学 者 论 坛 报 告 论 文 集 2013 年 以 及 2014 年 在 京 都 大 学 亚 洲 研 究 教 育 机 构 (KYOTO UNIVERSITY ASIAN STUDIES UNIT) 的 资 助 下, 南 京 大 学 的 研 究 生 们 来 到 日 本, 论 坛 实 现 了 在 日 本 的 召 开 除 了 论 坛 上 的 相 互 点 评, 中 日 的 年 轻 学 者 还 共 同 参 观 了 日 本 民 族 学 博 物 馆 等, 实 现 了 丰 富 的 学 术 交 流 其 成 果 为 京 都 大 学 亚 洲 研 究 教 育 机 构 第 三 报 告 书 2013 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 类 学 青 年 学 者 论 坛 报 告 论 文 集 -- 由 京 都 伊 拉 斯 谟 计 划 应 运 而 生 的 学 术 交 流 以 及 京 都 大 学 亚 洲 教 育 机 构 报 告 书 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 类 学 青 年 学 者 论 坛 报 告 论 文 集 以 上 5 册 的 报 告 论 文 集 均 已 在 KUASU 的 主 页 以 及 京 都 大 学 学 术 信 息 知 识 库 (Kyoto University Research Information Repository) 上 公 开 本 论 坛 的 特 色 之 一 是 将 日 语 和 汉 语, 即 对 双 方 而 言 都 是 母 国 语 的 语 言 作 为 使 用 语 言 近 年 亚 洲 国 际 学 术 交 流 活 动 多 以 英 语 为 主 要 使 用 语 言, 而 通 过 亚 洲 的 语 言 进 行 交 流 的 国 际 会 议 并 不 多 见 本 论 坛 的 主 旨 是 通 过 自 己 的 母 国 语 思 考, 利 用 亚 洲 的 语 言 进 行 相 互 理 解 当 然 这 绝 不 是 排 斥 英 语, 重 要 的 是 希 望 实 现 国 际 学 术 交 流 的 多 样 性, 以 此 继 承 东 亚 数 千 年 的 交 流 史 今 年 的 论 坛 我 们 不 仅 邀 请 了 南 京 大 学 的 学 生, 还 邀 请 到 了 来 自 上 海 交 通 大 学 台 湾 大 学 中 央 研 究 院 的 年 轻 学 者 参 加 者 的 专 业 也 不 局 限 于 以 往 的 社 会 学 和 文 化 人 类 学, 还 涵 盖 了 哲 学 文 学 和 历 史 学 从 参 加 者 的 国 籍 来 看, 包 括 当 天 现 场 聆 听 的 普 通 听 众, 跨 越 了 5 个 国 家, 实 现 了 名 副 其 实 学 术 上 的 国 际 交 流 本 论 坛 是 由 京 都 伊 拉 斯 谟 计 划 的 南 京 派 遣 而 生, 但 是 在 上 述 计 划 结 束 后, 计 划 的 参 加 者 们 所 感 受 到 的 超 越 自 己 研 究 领 域 调 查 地 以 及 国 籍 的 交 流 依 旧 持 续 着 希 望 通 过 本 报 告 书, 能 让 更 多 的 人 了 解 东 亚 新 一 代 研 究 者 们 交 流 的 最 新 动 向 福 谷 彬 巫 靚 中 山 大 将 2016 年 5 月 4 日 2

7 2015 年 度 京 都 大 学 南 京 大 学 社 会 学 人 類 学 若 手 ワークショップ 東 アジア 若 手 人 文 社 会 科 学 研 究 者 ワークショップ 報 告 論 文 集 2015 年 度 南 京 大 学 京 都 大 学 社 会 学 人 类 学 研 究 生 论 坛 东 亚 年 轻 人 文 社 会 科 学 研 究 者 研 讨 会 报 告 书 The Proceeding of Nanjing University - Kyoto University Sociology and Anthropology Workshop, 2015 本 報 告 論 文 集 について 关 于 报 告 书 福 谷 彬 中 山 大 将 巫 靓 1 開 催 にあたって 开 幕 词 平 田 昌 司 8 個 別 報 告 会 境 界 から 観 える 東 アジア 日 本 語 < 報 告 論 文 > 戦 前 における 中 間 層 の 日 本 人 女 性 の 越 境 と 境 界 : 高 橋 鏡 子 と 尾 崎 孝 子 を 例 として 顔 杏 如 ( 台 湾 大 学 ) 13 郷 土 の 境 界 : 農 村 土 地 収 用 問 題 の 比 較 から 蕭 仕 豪 ( 南 京 大 学 ) 18 地 域 住 民 が 難 民 の 共 振 者 になるとき: 難 民 の 受 け 入 れがもたらしたもの 瀬 戸 徐 映 里 奈 ( 京 都 大 学 ) 24 漢 代 西 北 辺 境 の 研 究 : 居 延 漢 簡 と 京 都 大 学 野 口 優 ( 京 都 大 学 ) 28 家 族 の 離 散 とつながり: 中 国 雲 南 省 におけるラフ 女 性 の 遠 隔 地 婚 出 堀 江 未 央 ( 京 都 大 学 ) 32 孤 独 なパフォーマー:ナシ 族 トンパ 文 化 継 承 の 研 究 和 軍 川 ( 南 京 大 学 ) 36 中 国 における 日 本 道 徳 教 育 研 究 の 現 状 と 展 望 林 子 博 ( 上 海 交 通 大 学 ) 42 東 アジアにおける 国 家 有 機 体 説 : 明 治 期 日 本 の 国 家 観 と 北 朝 鮮 の 社 会 政 治 的 生 命 体 論 との 比 較 姜 海 日 ( 京 都 大 学 ) 46 大 規 模 災 害 における 情 報 の 境 界 線 : 阪 神 大 震 災 東 日 本 大 震 災 を 事 例 に 矢 内 真 理 子 ( 同 志 社 大 学 ) 50 3

8 < 評 と 回 答 総 合 討 論 > 54 評 者 巫 靚 ( 京 都 大 学 ) 坂 梨 健 太 ( 龍 谷 大 学 ) 許 燕 華 ( 京 都 大 学 ) 楊 維 公 ( 京 都 大 学 ) 柳 建 坤 ( 南 京 大 学 ) 郭 まいか( 京 都 大 学 ) テン ヴェニアミン( 京 都 大 学 ) 江 俊 億 ( 台 湾 大 学 ) 羅 太 順 ( 京 都 大 学 ) 研 究 紹 介 日 本 語 境 界 地 域 史 研 究 の 構 想 中 山 大 将 ( 京 都 大 学 ) 73 中 国 哲 学 史 という 概 念 の 伝 播 と 発 展 : 日 中 交 流 の 視 角 から 陳 威 瑨 ( 台 湾 中 央 研 究 院 中 国 文 哲 研 究 所 ) 74 屍 をめぐる 記 憶 のポリティクス: 現 在 の 中 国 の 万 人 坑 を 例 として 王 楠 ( 南 京 大 学 ) 75 隠 された 境 界 : 中 越 境 界 におけるヤオ 族 の 跨 境 活 動 と 境 界 社 会 問 題 楊 菁 華 ( 南 京 大 学 ) 76 南 宋 の 四 書 学 と 自 由 の 気 風 福 谷 彬 ( 京 都 大 学 ) 78 日 本 における 人 口 移 動 の 研 究 巫 靚 ( 京 都 大 学 ) 79 農 業 分 野 における 労 働 力 問 題 : 熱 帯 アフリカのカカオ 生 産 と 日 本 の 施 設 園 芸 の 事 例 坂 梨 健 太 ( 龍 谷 大 学 ) 80 移 民 とホームランド 運 営 許 燕 華 ( 京 都 大 学 ) 82 中 国 古 典 小 説 研 究 の 展 開 : 魯 迅 から 小 川 環 樹 へ 楊 維 公 ( 京 都 大 学 ) 83 分 岐 から 相 互 流 動 まで: 東 アジア 都 市 農 村 移 行 のロジックと 実 践 経 路 の 転 換 柳 建 坤 ( 南 京 大 学 ) 84 民 国 期 上 海 租 界 会 審 公 廨 の 研 究 郭 まいか( 京 都 大 学 ) 86 グリゴリー ポメランツの 研 究 : 深 淵 思 想 を 中 心 に テン ベンヤミン( 京 都 大 学 ) 87 東 アジア 儒 教 研 究 の 価 値 と 意 義 : 宋 明 理 学 の 概 念 と 議 題 の 発 展 を 例 として 江 俊 億 ( 台 湾 大 学 ) 88 マックス ヴェーバーの 比 較 歴 史 社 会 学 羅 太 順 ( 京 都 大 学 ) 90 4

9 討 論 会 学 知 と 地 域 国 家 社 会 を 考 える 議 題 提 起 中 山 大 将 ( 京 都 大 学 ) 95 応 答 (1) 陳 威 瑨 ( 台 湾 中 央 研 究 院 中 国 文 哲 研 究 所 ) 99 応 答 (2) 王 楠 ( 南 京 大 学 ) 102 応 答 (3) 楊 菁 華 ( 南 京 大 学 ) 106 応 答 (4) 福 谷 彬 ( 京 都 大 学 ) 109 補 足 : 地 域 概 念 と 高 橋 哲 哉 の 議 論 について 中 山 大 将 ( 京 都 大 学 ) 111 全 体 討 論 112 个 人 报 告 由 边 境 来 看 东 亚 中 文 < 报 告 论 文 > 戰 前 中 間 層 日 本 女 性 的 越 境 與 界 線 : 以 高 橋 鏡 子 與 尾 崎 孝 子 為 例 顔 杏 如 ( 臺 灣 大 學 ) 123 乡 土 的 边 界 : 比 较 视 野 下 的 农 村 土 地 征 收 制 度 肖 仕 豪 ( 南 京 大 学 ) 127 當 社 區 居 民 成 為 難 民 的 共 鳴 者 時 : 難 民 接 收 所 帶 來 的 影 響 瀬 戸 徐 映 里 奈 ( 京 都 大 學 ) 131 漢 代 西 北 邊 境 的 研 究 : 居 延 漢 簡 和 京 都 大 學 野 口 優 ( 京 都 大 學 ) 135 家 庭 的 离 散 和 纽 带 : 中 国 云 南 省 拉 祜 女 性 的 婚 姻 迁 移 堀 江 未 央 ( 京 都 大 学 ) 139 孤 独 的 表 演 者 : 纳 西 传 统 文 化 传 承 研 究 和 川 军 ( 南 京 大 学 ) 142 中 国 的 日 本 道 德 教 育 研 究 的 现 状 与 展 望 林 子 博 ( 上 海 交 通 大 学 ) 147 东 亚 的 国 家 有 机 体 学 说 : 明 治 时 期 日 本 的 国 家 观 与 朝 鲜 的 社 会 政 治 生 命 体 论 姜 海 日 ( 京 都 大 学 ) 151 5

10 大 规 模 灾 害 中 信 息 的 界 线 : 以 阪 神 大 地 震 及 东 日 本 大 震 灾 为 例 矢 内 真 理 子 ( 同 志 社 大 学 ) 154 < 点 评 回 答 及 综 合 讨 论 > 158 点 评 人 巫 靚 ( 京 都 大 学 ) 坂 梨 健 太 ( 龍 谷 大 学 ) 许 燕 华 ( 京 都 大 学 ) 杨 维 公 ( 京 都 大 学 ) 柳 建 坤 ( 南 京 大 学 ) 郭 玫 珂 ( 京 都 大 学 ) TEN Veniamin( 京 都 大 学 ) 江 俊 億 ( 臺 灣 大 學 ) 罗 太 顺 ( 京 都 大 学 ) 研 究 介 绍 中 文 邊 界 地 域 史 研 究 的 構 想 中 山 大 将 ( 京 都 大 學 ) 175 中 國 哲 學 史 概 念 的 東 來 與 發 展 陳 威 瑨 ( 臺 灣 中 央 研 究 院 中 國 文 哲 研 究 所 ) 176 尸 骨 的 記 憶 政 治 : 以 當 代 中 國 的 萬 人 坑 為 例 王 楠 ( 南 京 大 學 ) 177 隐 匿 的 边 界 : 中 越 边 境 瑶 族 跨 国 互 动 与 边 境 社 会 问 题 杨 菁 华 ( 南 京 大 学 ) 178 南 宋 四 书 学 与 自 由 讨 论 的 风 气 福 谷 彬 ( 京 都 大 学 ) 179 日 本 的 人 口 移 动 研 究 巫 靚 ( 京 都 大 学 ) 180 农 业 领 域 的 劳 动 力 问 题 : 以 热 带 非 洲 的 可 可 生 产 与 日 本 设 施 园 艺 为 例 坂 梨 健 太 ( 龙 谷 大 学 ) 181 移 民 如 何 运 营 老 家? 許 燕 華 ( 京 都 大 学 ) 182 中 国 古 典 小 说 研 究 的 发 展 : 从 鲁 迅 到 小 川 环 树 杨 维 公 ( 京 都 大 学 ) 183 从 分 野 到 流 动 : 当 代 东 亚 城 乡 转 型 的 逻 辑 与 实 践 路 径 转 换 柳 建 坤 ( 南 京 大 学 ) 184 民 国 时 期 上 海 租 界 会 审 公 廨 的 研 究 郭 玫 珂 ( 京 都 大 学 ) 185 格 列 高 利 波 梅 兰 茨 研 究 : 以 深 渊 思 想 为 中 心 丁 韦 尼 阿 明 ( 京 都 大 学 ) 186 東 亞 儒 學 研 究 的 價 值 與 意 義 : 以 宋 明 理 學 概 念 議 題 發 展 為 例 江 俊 億 ( 臺 灣 大 學 ) 187 马 克 斯 韦 伯 的 比 较 历 史 社 会 学 罗 太 顺 ( 京 都 大 学 ) 188 6

11 議題提起 讨论会 学术与地域 国家和社会的关系 中山 大将 京都大學 191 討論者發言(1) 陳 威瑨 臺灣 中央研究院中國文哲研究所 195 討論者發言(2) 王 楠 南京大學 198 讨论者发言(3) 杨 菁华 南京大学 201 讨论者发言(4) 福谷 彬 京都大学 203 補充 關於 地域 以及高橋哲哉的理論 中山 大将 京都大學 205 一般讨论 206 ワークショップを振り返る 回顾论坛 個別報告会への総評 对报告的总评 江田 憲治 江田 宪治 京都大学 京都大学 215 戮力同心协作 严谨求实治学 一致協力 謹厳学究 柳 建坤 柳 建坤 南京大学 南京大学 216 當代東亞人文研究者的現況與未來 東アジアの人文学研究者の現状と未来 江 俊億 江俊億 臺灣大學 台湾大学 219 ワークショップを終えて 结语 中山大将 中山大将 222 謝辞 谢词 福谷彬 巫靚 中山大将 福谷彬 巫靓 中山大将 225 報告者/評者/提起者/討論者/通訳/翻訳者 报告者/点评人/提起人/讨论者/口译/翻译者 報告者/點評人/提起人/討論者/口譯/翻譯者 227 7

12 開 会 の 辞 開 会 の 辞 平 田 昌 司 (HIRATA Shōji) * 文 学 研 究 科 の 平 田 昌 司 と 申 します 今 回 は 上 海 交 通 大 学 から 1 名 南 京 大 学 から 4 名 国 立 台 湾 大 学 から 2 名 中 央 研 究 院 から 1 名 をお 招 きして 開 催 することが 出 来 ました 心 より 歓 迎 の 意 を 表 します この 催 しの 始 まりと 言 うのは 今 日 ここにいらっしゃる 中 山 さん 福 谷 さん このお 二 人 が 2010 年 の 夏 に 60 日 間 南 京 大 学 で 言 語 研 修 を 受 けたことに 始 まります 言 語 の 学 習 の ために 行 ったわけですが それに 合 わせて 社 会 調 査 も 行 い その 際 に 南 京 大 学 の 社 会 学 系 のご 協 力 もいただきました その 時 に 通 訳 にあたられたのが 今 日 いらしている 巫 靚 さん です その 後 南 京 大 学 の 社 会 学 系 との 交 流 が 続 きまして そして 2015 年 度 と 5 回 目 の 開 催 となります この 間 ポスドクの 方 々や 大 学 院 生 の 方 々が 運 営 に あたってこられました 今 回 のこの 会 議 の 主 催 に 関 しましても どれだけの 方 がおいでに なるのか どんな 主 題 になるのかも 私 はまったく 知 りませんでした ですから 教 員 は お 金 を 用 意 するだけで 後 は 私 は 福 谷 さんの 言 う 通 りに 動 きました 今 回 の 研 究 活 動 に 関 しても 交 流 活 動 に 関 しても 若 い 方 が 主 体 的 に 進 めてくださればそれでうれしいです この 活 動 に 関 しましては もうひとつ 特 徴 がありまして 他 の 研 究 会 議 に 比 べて 題 目 が 非 常 にバラバラだということです ただし すべては 人 文 科 学 ないしは 社 会 科 学 の 範 囲 です 人 文 科 学 社 会 科 学 というのは 自 然 科 学 にはない 共 通 の 特 徴 がありまして 自 然 科 学 の 世 界 では 自 分 たちの 世 界 の 外 にあることを 明 らかにすることにより 大 きな 関 心 があ ります ただ 人 文 社 会 科 学 の 場 合 そうではなく 自 分 たちがなぜそういうことをして いるのか 自 分 で 自 分 を 研 究 する 人 間 が 人 間 を 研 究 するというところに 大 きな 共 通 の 特 徴 があります 現 在 では いわゆる 学 会 や すでに 研 究 者 になっている 人 であればどの 領 域 で 仕 事 を 探 すか それから どの 領 域 でお 金 をとるかということが 重 要 な 問 題 になってしまうがゆえ に 活 動 が 狭 くなってしまうという 弱 点 があるかと 思 います しかし 一 見 するとバラバ ラ いわゆる 学 会 とか 学 科 というものを 少 し 離 れた 研 究 のやり 方 によって お 互 いに 新 しい 視 点 を 得 ることができます これは 今 のあまりに 専 門 化 し 過 ぎてしまっている 学 問 研 究 の 状 況 を 考 えると こうした 方 法 をとることで 自 分 の 関 心 のないものも 学 ぶ 機 会 を 得 て すぐではなくても 5 年 後 または 10 年 後 に みなさんがそれぞれ 新 しい 研 究 題 目 と いうものを 作 り 上 げていくときに 何 らかの 効 果 があるのではないでしょうか ですから たとえば 京 都 大 学 の 中 でも 今 回 は 文 学 農 学 教 育 学 それから 人 間 環 境 学 そして 東 南 アジア 研 究 所 などが 参 加 していますが 不 断 は 必 ずしも 会 う 機 会 はありま せん しかし こうした 機 会 を 通 じて 新 しい 友 人 をつくることができます 今 日 明 日 の 2 日 間 の 議 論 さらにその 後 に 日 本 社 会 というものを 実 際 に 見 ていただくこ とで 海 外 から 来 られた 皆 さんだけではなく 日 本 のみなさんにも 収 穫 があることを 期 待 して ご 挨 拶 を 終 わります * 京 都 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 教 授 8

13 开幕词 开幕词 平田 昌司 HIRATA Shōji 我是文学研究科的平田昌司 这次我们邀请到了来自上海交通大学的 1 位 来自南京大 学的 4 位 来自国立台湾大学的 2 位 来自中央研究院的 1 位来宾参加会议 我衷心向大家 表示欢迎 本活动始于今天在场的中山老师和福谷同学两位于 2010 年夏天前往南京大学接受为期 60 天的外语研修活动 虽然他们是为了学习语言而前往南京 但同时还进行了社会调查 得 到了南京大学社会学系的协助 当时担任翻译的 是今天在场的巫靓同学 之后 我们继续与南京大学社会学系保持交流 在 年度召开了 研讨会 今年 2015 年度迎来了第五次的举办 其间 博士后和研究生同学担任研讨会的筹办 工作 关于本次会议的举办 有几位来宾 围绕怎样的主题召开 我在事前都完全不知道 所以 作为教员 我所作的仅仅是筹集资金 之后都是按照福谷同学的通知来行动 无论是 这次研究活动还是交流活动 能够由年轻人为主体来推动其进行下去 我感到十分高兴 有关本次活动 还有一个特点 那就是与其它研究会议相比 题目非常分散 但是 所 有的题目都在人文科学或者社会科学的范围之内 人文科学 社会科学有着一个自然科学所 不具有的共同特点 在自然科学的世界当中 人们对探明自己的世界之外的事物有着更大的 关切 但是在人文社会科学当中则并非如此 而是在自己为什么要这样做 自己来研究自己 人类来研究人类这一方面有着一大共通之处 我认为 现在 由于所谓的学会或者已经成为学者的人们在何种领域中寻找工作 在何 种领域中赚钱已经成为了一个很重要的问题 所以存在着活动范围日渐狭窄的弱点 然而 通过看上去比较分散 与所谓的学会 学科有一些距离的研究方法 我们互相之间可以得到 新的观点 在考虑到当今变得过于专门化的学问研究的情况时 采用这样的方法 可以得到 一个学习自己并不关心的知识的机会 即使不是马上见效 但是在 5 年后甚至 10 年后 大家 在各自构建新的研究题目时 有可能会出现相应的效果 比如说 在京都大学内部 这次有文学 农学 教育学 人间 环境学 还有东南亚研究 所的来宾来参加会议 这些来宾平时不一定有相见的机会 然而通过这个机会可以交到新的 朋友 我期待通过今明两天的讨论和之后深入日本社会的考察 不仅是从海外来参会的各位来 宾 日本的各位也能够有所收获 以此结束我的致辞 翻译 杨维公 京都大学大学院文学研究科教授 9

14

15 報 告 論 文 日 本 語 境 界 から 観 える 東 アジア 移 動 する 人 と 境 界 小 さな 中 心 から 観 る 東 アジア 思 想 情 報 と 境 界 2016 年 2 月 3 日 ワークショップ 記 念 写 真 と 個 別 報 告 会 の 様 子 论 坛 纪 念 照 片 以 及 个 人 报 告 的 情 景

16

17 顔 杏 如 戦 前 における 中 間 層 の 日 本 人 女 性 の 越 境 と 境 界 戦 前 における 中 間 層 の 日 本 人 女 性 の 越 境 と 境 界 高 橋 鏡 子 と 尾 崎 孝 子 を 例 として 顔 杏 如 (YEN Hsin-Ju) * 私 の 研 究 と 関 心 世 紀 の 台 湾 社 会 は 日 本 帝 国 の 拡 張 の 波 に 巻 き 込 まれ どのような 人 と 物 の 移 動 越 境 が 現 れ どのような 社 会 文 化 の 変 貌 が 生 まれたのか それは 私 の 今 に 至 る 研 究 関 心 である 私 の 博 士 論 文 は 日 本 人 の 居 住 人 口 の 割 合 が 最 も 高 い 台 北 を 対 象 として 台 湾 に 移 動 して 来 た 日 本 人 の 集 合 的 な 性 質 時 代 心 理 そして 有 形 と 無 形 の 空 間 に 対 する 感 知 や 景 観 時 間 秩 序 などを 含 む 時 間 と 空 間 における 移 植 及 びそれらが 植 民 地 台 湾 社 会 へ 与 えた 影 響 を 探 究 している この 研 究 の 始 まりは 台 湾 人 を 主 な 研 究 対 象 とするそれまでの 台 湾 史 研 究 の 欠 落 を 補 い 在 台 日 本 人 を 台 湾 という 土 地 の 歴 史 の 一 部 分 に 包 摂 しようとする 考 えに 基 づいている ま た それまでの 支 配 非 支 配 を 軸 とする 植 民 地 研 究 に 対 して 移 動 者 離 郷 者 居 住 者 など 複 雑 で 多 様 な 角 度 から 在 台 日 本 人 の 時 代 心 理 と 彼 らと 植 民 地 台 湾 との 関 係 を 解 明 しようとしている このような 研 究 関 心 の 下 で 在 台 日 本 人 の 複 数 多 様 な 性 質 を 描 いてみたが 集 団 内 部 の 差 異 を 個 別 に 取 り 扱 うことはできなかった そこで 中 間 層 日 本 人 女 性 の 移 動 と 植 民 地 経 験 に 着 目 し 始 めた 研 究 者 に 注 目 された 社 会 上 層 の 官 僚 夫 人 あるいは 社 会 の 下 層 の 売 春 婦 だけではなく 植 民 地 には 上 層 でも 下 層 でもない 女 性 が 多 くいた 彼 女 たちは 帝 国 と 植 民 地 とはどのよう な 関 係 にあったのか このワークショップで 目 前 に 完 成 した 二 人 の 中 間 層 の 日 本 女 性 の ケーススタディ 1 を 通 して 越 境 と 境 界 をめぐって 若 干 の 比 較 と 討 論 をしたい 高 橋 鏡 子 と 尾 崎 孝 子 について まず 簡 単 にこの 二 人 の 女 性 の 生 い 立 ちと 経 歴 を 説 明 しておく 高 橋 鏡 子 は 1884 年 に 旧 士 族 家 に 生 まれ 1924 年 に 夫 と 共 に 台 湾 に 移 り 台 北 州 海 山 郡 の 板 橋 小 学 校 に 勤 めた 1932 年 に 日 本 に 戻 るまでに 8 年 間 台 湾 に 住 んでいた 鏡 子 は 台 湾 に 移 動 する 以 前 には 1920 年 に 夫 と 内 モンゴルへ 向 かい 蒙 古 産 業 公 司 に 勤 め 興 安 嶺 下 大 巴 林 旗 大 板 上 の 地 に 学 堂 を 開 いた 1932 年 に 日 本 に 戻 り 東 京 の 満 蒙 学 校 に 女 子 部 を 設 け 更 に 1935 年 には 満 州 国 に 赴 き 哈 爾 濱 学 院 に 勤 めた 蒙 古 の 奥 から (1922) 女 性 に 映 じたる 蓬 莱 ヶ 島 (1933) 女 性 の 踏 破 せる 満 蒙 (1933) 感 激 の 思 ひ 出 (1942)などの 著 作 を 書 き 留 め モンゴルと 台 湾 経 験 を 記 述 している 移 動 と 経 歴 は 頗 る 特 別 である 尾 崎 孝 子 は 1897 年 に 商 家 に 生 まれ 結 婚 3 年 後 の 1920 年 に 台 湾 に 渡 り 1927 年 に 夫 が 結 核 の 療 養 のため 日 本 に 戻 るまでに 7 年 間 余 り 台 湾 に 居 住 していた 台 湾 にいる 間 短 歌 の 学 習 と 創 作 に 励 み 1926 年 に 歌 集 ねむの 花 を 出 版 また 1928 年 に 短 期 渡 台 の 間 随 筆 美 はしき 背 景 を 完 成 出 版 した 日 本 に 戻 った 後 歌 壇 新 報 * 国 立 台 湾 大 学 歴 史 学 科 助 理 教 授 東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科 博 士 1 詳 細 は 以 下 を 参 照 顏 杏 如, 與 帝 國 的 腳 步 俱 進 高 橋 鏡 子 的 跨 界 外 地 經 驗 與 國 家 意 識, 臺 大 歷 史 學 報 第 52 期,2013, 頁 顏 杏 如, 歌 人 尾 崎 孝 子 的 移 動 與 殖 民 地 經 驗 在 新 女 性 思 潮 航 向 夢 想 的 中 間 層, 臺 灣 史 研 究,2016 年 6 月, 第 23 卷 第 2 期 ( 刊 行 予 定 ) 13

18 顔 杏 如 戦 前 における 中 間 層 の 日 本 人 女 性 の 越 境 と 境 界 新 日 光 などの 短 歌 雑 誌 の 記 者 として 勤 め 年 に 逗 子 町 会 議 員 を 任 じ 短 歌 の 創 作 を 続 けながら 数 冊 の 歌 集 を 残 し 1970 年 に 鎌 倉 で 世 を 去 る 鏡 子 と 孝 子 の 出 生 時 点 に は 13 年 の 差 があり 旧 士 族 と 商 家 出 身 の 違 いと そこで 生 まれた 学 歴 や 文 化 資 本 の 違 いなどは 後 日 の 移 動 の 動 機 と 植 民 地 経 験 の 差 異 にも 影 響 を 与 えていた 一 方 彼 女 たちの 間 でも 共 通 の 部 分 もある 二 人 の 地 理 的 な 越 境 は 1920 年 に 始 まり また 共 に 中 間 層 の 女 性 で 夫 は 植 民 地 官 僚 体 系 の 下 級 官 吏 以 下 の 雇 員 を 勤 めている 彼 女 たちの 移 動 の 動 機 と 植 民 地 経 験 を 探 ることで 中 間 層 女 性 と 帝 国 植 民 地 と 重 層 な 関 係 と 境 界 そして その 変 動 を 窺 える 越 境 の 背 後 には < 内 的 な 精 神 意 識 > 1920 年 は 高 橋 鏡 子 が 内 モンゴルへ 尾 崎 孝 子 は 台 湾 へ 向 かった 年 代 である 同 じ 日 本 帝 国 の 勢 力 圏 への 移 動 だが かなり 異 なる 精 神 的 な 意 識 に 基 づいていた 高 橋 夫 婦 はモンゴルへの 移 動 は 蒙 古 産 業 公 司 の 総 辦 薄 益 三 の 誘 いで 二 人 が 蒙 古 産 業 公 司 の 社 員 として 赴 いたのである 移 動 の 背 後 には 軍 人 である 夫 が 軍 縮 にあ い ほかの 仕 事 もうまく 行 かないという 経 済 的 な 要 素 と 日 本 が 経 済 的 な 手 段 で 中 国 の 東 北 内 モンゴルで 勢 力 を 固 めようとする 時 代 的 な 背 景 が 織 りなした プッシュ とプルの 力 が 存 在 していた しかし 鏡 子 にとって 彼 女 はどのようにモンゴル 行 きの 意 味 合 いを 考 えたのか 1942 年 に 出 版 した 感 激 の 思 い 出 では 夫 の 壮 吉 から 蒙 古 行 きの 相 談 を 聞 いた とき 鏡 子 は 山 形 女 学 校 時 代 (1900 年 頃 ) 地 理 教 師 が 日 本 の 植 民 地 には 娘 子 軍 ( 引 用 者 注 : 売 春 婦 の 意 )が 先 に 渡 って 行 くから 植 民 政 策 が 失 敗 に 終 わるのだ もっともっと 教 養 のある 女 性 が 男 子 を 助 けてどんどん 海 外 に 渡 って 行 かなければい けない 2 との 話 をふと 思 いついた と 回 想 している 日 本 帝 国 主 義 がピークに 至 っ た 20 世 紀 初 頭 良 妻 賢 母 主 義 が 公 的 な 女 子 教 育 方 針 として 確 立 されたと 同 時 に そ の 一 方 で 対 外 的 な 帝 国 経 営 における 女 性 の 役 割 が 求 められる 言 説 も 存 在 していた 新 聞 では 篤 実 で 植 民 地 で 結 婚 できる 女 性 の 外 への 移 動 を 奨 励 していた 地 理 教 師 の 発 言 は このような 植 民 地 へ 開 拓 する 時 代 の 流 れと 重 なり 鏡 子 も 疑 いなくこ の 精 神 を 継 承 したのである これも 彼 女 が 1924 年 に 台 湾 へ 1935 年 に 満 州 へ 移 動 した 基 本 的 な 精 神 的 な 構 造 である このような 意 識 は 彼 女 の 文 章 や 著 作 の 中 に も 現 れ 彼 女 の 移 動 と 外 地 経 験 に 伴 って 深 化 発 展 して 行 き 彼 女 自 身 も 女 性 の 外 への 開 拓 を 鼓 吹 する 一 員 にもなった つまり 旧 士 族 家 庭 に 生 まれた 鏡 子 は 外 へ 移 動 した 精 神 的 な 構 造 は 公 的 な 女 子 教 育 と 当 時 の 言 説 の 女 性 に 対 する 期 待 か ら 深 く 影 響 を 受 けていた それに 対 して 尾 崎 孝 子 はかなり 異 なる 動 機 と 状 況 を 提 示 している 孝 子 の 植 民 地 へ の 移 動 は 経 済 的 な 条 件 が 行 き 詰 まった のではなく むしろ 生 活 が 一 番 穏 やかな 時 期 にあたる 台 湾 に 渡 る 動 機 につ いての 語 りには 不 自 由 のない 生 活 に 甘 んじる 自 分 に 不 2 高 橋 鏡 子 感 激 の 思 ひ 出 ( 東 京 : 乙 守 玉 緒,1942; 大 空 社 1992 復 刻 ) 頁 14

19 顔 杏 如 戦 前 における 中 間 層 の 日 本 人 女 性 の 越 境 と 境 界 満 を 感 じ 文 学 を 好 み 創 作 に 従 事 したくて 自 己 を 充 実 体 験 を 豊 富 にするため 植 民 地 への 渡 航 を 選 択 したのである 自 己 を 追 求 し 夢 を 実 践 することは 孝 子 が 植 民 地 へ 移 動 する 精 神 的 な 構 造 だと 言 え る 文 学 に 熱 中 することに 由 来 する 自 己 への 追 求 は 幼 少 時 期 の 1910 年 代 の 新 しい 女 性 像 の 出 現 と 少 女 雑 誌 の 流 行 に 遡 れる 商 家 に 生 まれる 孝 子 は 15 才 で 高 等 小 学 校 を 卒 業 し 高 等 女 学 校 に 入 らなかった そのため 良 妻 賢 母 主 義 の 女 子 教 育 方 針 の 影 響 範 囲 内 に 居 らず 学 校 を 通 して 男 性 を 補 佐 し 外 へ 開 拓 というイデオロギーを 受 けな かった その 一 方 マスメディア を 通 して 新 しい 女 たちの 文 学 作 品 や 女 学 生 の 間 で 流 行 した 少 女 雑 誌 を 夢 中 に 読 むこと によって 新 女 性 の 思 潮 と 女 学 生 の 間 で 起 こった 文 学 ブームと 出 会 った 孝 子 の 移 動 は 鏡 子 とはお 互 いに 対 照 的 である 鏡 子 と 異 なり 孝 子 の 最 初 の 越 境 は 夫 と 伴 うものではなく 夫 より 先 行 したのである また 国 家 は 孝 子 が 外 へ 移 動 する 視 野 に 入 れず 自 己 への 追 求 こそ 地 理 的 な 越 境 のダイナミズムである しかも 自 己 実 現 に 繋 がる 文 学 への 憧 れは 当 時 の 流 通 するマスメディアを 通 して 芽 生 えた <ジェンダーの 境 界 と 越 境 > 鏡 子 と 孝 子 の 移 動 の 軌 跡 において ジェンダーの 境 界 とその 変 動 を 窺 える 鏡 子 を 例 として 移 動 のきっかけは 夫 の 仕 事 がうまく 行 かないことを 起 点 としたのであり 自 主 的 な 追 求 や 願 望 によるものでは なかった 移 動 のルートは 夫 と 兄 の 人 間 的 なネットワ ークを 頼 る もので 内 的 な 精 神 意 識 は 良 妻 賢 母 の 枠 組 みの 中 で 展 開 し 女 性 の 植 民 地 への 移 動 が 男 性 を 補 佐 する という 位 置 におかれたのである しかしながら 台 湾 にいる 8 年 間 鏡 子 は 小 学 校 の 教 師 を 担 任 するほか 積 極 的 に 台 北 婦 人 修 養 会 に 参 加 し 雑 誌 に 投 稿 した 文 章 で 国 家 観 念 の 培 養 と 女 子 教 育 の 重 要 性 を 強 調 していた 1930 年 に さらに 女 子 高 等 学 院 の 設 置 に 力 を 入 れた この 過 程 を 通 して 鏡 子 は 自 分 の 人 間 的 なネットワークを 築 き 上 げ しかも 公 的 な 国 家 や 社 会 の 領 域 に 踏 み 込 み もはや 良 妻 賢 母 の 方 針 下 で 家 に 安 住 する 役 割 ではなくなった 雑 誌 に 載 せた 文 章 に 現 れた 国 家 意 識 や 教 育 観 も 徐 々に 良 妻 賢 母 主 義 を 超 え 自 分 なりの 解 釈 や 自 分 の モンゴル 経 験 に 基 づいて 女 性 の 移 動 の 国 家 発 展 における 役 割 を 強 調 した 1935 年 に 満 州 に 渡 ったとき 自 分 が 台 湾 で 築 き 上 げたコネを 頼 り しかも 夫 のために 一 職 を 得 させ た ジェンダーの 秩 序 では モンゴル 時 代 の 夫 や 兄 に 従 うこと から 夫 に 従 われる こと に 転 換 した 一 方 尾 崎 孝 子 の 場 合 は 移 動 の 最 初 から 良 妻 賢 母 の 枠 組 みを 破 り ジェンダー 秩 序 を 変 える 過 程 であった 社 会 階 層 の 越 境 と 境 界 < 学 歴 と 社 会 階 層 > 鏡 子 と 孝 子 の 越 境 は 地 理 的 あるいはジェンダー 的 な 境 界 線 の 移 動 だけに 関 わるので はなく 社 会 階 層 の 流 動 とも 関 連 する ところが 旧 士 族 家 庭 出 身 の 鏡 子 と 商 家 出 身 の 孝 子 は 異 なる 軌 跡 を 呈 している 明 治 維 新 以 後 武 士 階 級 が 解 体 し 家 業 を 有 さない 旧 士 族 が 学 校 教 育 を 通 じた 社 会 階 15

20 顔 杏 如 戦 前 における 中 間 層 の 日 本 人 女 性 の 越 境 と 境 界 級 の 維 持 と 上 昇 に 傾 いていた この 背 景 に 基 づき 鏡 子 は 教 員 検 定 を 通 し 女 子 高 等 教 育 を 受 けた それによって 婚 前 には 経 済 能 力 を 備 え 婚 姻 を 選 択 できる 文 化 資 本 を 持 ち 外 地 へ 向 かったとき 相 当 な 待 遇 と 社 会 地 位 を 有 する 女 教 師 になれた それに 対 して 商 家 は 伝 統 的 な 生 産 の 道 具 と 手 段 を 有 し 旧 士 族 家 庭 ほど 教 育 を 重 視 し なかった 従 って 女 学 校 に 入 ることなく 学 歴 や 資 格 を 持 たない 孝 子 は 第 一 次 世 界 大 戦 後 故 郷 を 離 れ 都 市 で 生 活 を 営 むとき 中 層 や 下 層 の 労 働 者 になった 植 民 地 に 移 動 した ときも 鏡 子 と 異 なり 安 定 で 体 面 ある もしくは 特 定 な 技 能 の 必 要 な 職 業 に 就 くことは できなかった 渡 台 後 の 一 年 間 半 は 植 物 園 の 標 本 館 で 助 手 を 勤 め 日 給 という 所 得 形 態 と 生 活 水 準 は 中 層 や 下 層 の 労 働 階 層 に 近 い この 状 態 は 夫 が 渡 台 して 官 庁 で 職 を 得 るまで 続 いた 地 方 から 都 市 へ 家 庭 に 入 り 都 市 から 植 民 地 へ このような 鏡 子 と 孝 子 の 移 動 の 過 程 は それぞれ 旧 士 族 / 新 中 間 層 旧 中 間 層 / 中 下 勞 動 階 層 / 新 中 間 層 という 社 会 階 層 の 流 動 を 経 歴 した < 新 中 間 層 の 形 成 と 植 民 地 社 会 > この 二 人 の 女 性 の 親 族 と 彼 らの 就 職 の 過 程 と 職 業 の 性 質 を 検 証 すれば 植 民 地 での 新 中 間 層 の 形 成 の 様 態 と それと 植 民 地 との 関 係 が 浮 かび 上 がる 鏡 子 の 夫 壯 吉 は 台 湾 で 憲 兵 隊 長 を 勤 めた 兄 とそこから 延 長 した 県 人 会 のネットワーク を 頼 って 専 売 局 台 北 菸 草 工 場 の 雇 員 の 職 を 得 た 孝 子 の 夫 保 正 妹 の 夫 の 高 橋 堅 吉 とも 親 族 とそこから 延 長 した 人 間 的 なネットワークを 通 して 総 督 府 の 雇 員 の 職 をえた そし て 堅 吉 は 専 売 局 の 地 方 支 局 の 間 で 転 々して 1943 年 に 台 南 支 局 長 になった 日 本 本 土 の 工 業 化 商 業 化 都 市 化 などの 内 的 な 構 造 で 形 成 した 新 中 間 層 と 違 って 植 民 地 台 湾 の 領 有 に 従 って 統 治 に 必 要 な 大 量 な 官 吏 や 官 僚 体 制 の 下 で 非 正 式 的 な 雇 用 の 隙 間 は 植 民 地 の 在 台 日 本 人 の 新 中 間 層 が 形 成 される 重 要 なルートの 一 つとなっ た 尾 崎 と 二 つの 高 橋 家 の 例 はまさにこのような 様 相 を 呈 していた また 植 民 地 社 会 の 権 力 構 造 は この 両 家 の 社 会 階 層 を 日 本 本 土 にいる 時 より 高 くさせ た 尾 崎 家 は 都 市 の 中 の 洋 服 細 民 から 官 庁 のサラリーをもらい 穏 やかな 生 活 を 過 ご せる 新 中 間 層 になった 高 橋 家 は 日 本 本 土 の 失 業 者 浪 人 から 植 民 地 で 安 定 な 職 を 得 て しかも 在 台 日 本 人 社 会 での 活 躍 者 に 変 身 した 一 方 鏡 子 と 孝 子 はそれぞれ 親 族 や 職 場 婦 人 団 体 教 化 あるいは 文 芸 的 な 結 社 など 多 重 な 生 活 圏 と 人 間 関 係 を 持 っていたが 居 住 地 域 や 生 活 圏 とも 在 台 日 本 人 の 都 市 中 間 層 のそれに 傾 き 台 湾 人 の 生 活 圏 との 関 わりは 少 なく 台 湾 人 との 接 触 もまれであった 在 台 日 本 人 の 中 間 層 と 現 地 社 会 との 間 には 境 界 が 存 在 していた < 自 己 実 現 の 場 > 家 族 の 社 会 的 な 地 位 が 上 へ 流 動 したほか 鏡 子 と 孝 子 は 共 通 する 特 色 を 持 っている 即 ち 二 人 とも 植 民 地 で 出 世 した 機 会 と 舞 台 を 獲 た のである 鏡 子 は 積 極 的 に 官 夫 人 たちを 中 心 とする 婦 人 修 養 会 に 参 加 し 社 会 教 化 運 動 での 活 躍 ぶりを 通 して 日 本 本 土 では 得 られない 機 会 と 自 己 実 現 を 手 に 入 れた 孝 子 は 官 製 の 婦 人 団 体 には 無 関 心 だが 自 由 に 家 計 関 係 の 婦 人 会 を 成 立 した それと 同 時 に 短 歌 の 結 16

21 顔 杏 如 戦 前 における 中 間 層 の 日 本 人 女 性 の 越 境 と 境 界 社 に 参 加 し 歌 集 を 出 版 して 創 作 の 職 業 生 涯 を 展 開 し 始 めた 二 人 は 全 く 異 なる 方 向 に 進 んでいたが 同 じく 自 己 実 現 の 場 を 台 湾 で 獲 得 した その 背 後 の 要 素 を 分 析 してみる と 鏡 子 にとっては 権 力 に 近 づく 機 会 と 場 を 得 孝 子 にとっては 束 縛 と 伝 統 的 な 秩 序 を 離 脱 できる 場 を 得 たからである この 全 く 反 対 のように 見 える 要 素 は 同 じ 磁 場 に 由 来 する 即 ち 日 本 帝 国 空 間 における 植 民 地 の 辺 境 的 な 位 置 である また 植 民 地 の 権 力 構 造 が 日 本 人 により 優 遇 的 な 生 活 的 経 済 的 条 件 を 提 供 している ことも 鏡 子 と 孝 子 が 越 境 したあとに 自 分 の 夢 を 実 践 する 余 裕 ができた 構 造 的 な 要 因 である 一 方 中 間 層 という 立 場 こそ 現 状 に 満 足 せず 出 世 したいという 潜 在 的 な 欲 望 を 持 つ 鏡 子 と 孝 子 が 共 通 した 内 的 な 要 素 でもある むすびにかえて 鏡 子 と 孝 子 はそれぞれ 異 なる 中 間 層 日 本 女 性 の 類 型 を 示 している 移 動 の 背 後 のダイ ナミズムや 植 民 地 での 営 み 国 家 との 関 係 いずれも 恰 も 両 極 に 位 置 している 其 の 一 方 構 造 的 な 共 通 性 を 持 っている 植 民 地 は 自 己 を 実 践 する 場 であり 社 会 階 層 を 向 上 する 場 でもあった 二 人 の 経 歴 は 特 殊 であるように 見 えるが 特 例 ではなく 同 じ 時 代 に 似 ている 姿 は 少 なくなかった これらの 女 性 の 移 動 の 軌 跡 は 日 本 帝 国 の 拡 張 が 日 本 における 異 なる 集 合 体 の 周 縁 者 に 外 へ 機 会 を 見 つける 空 間 を 提 供 することを 示 し 1920 年 代 の 中 間 層 女 性 が 外 へ 移 動 した 複 雑 で 多 様 なダイナミズムと 歴 史 像 を 織 り 出 した また 日 本 本 土 での 思 潮 は 如 何 に 移 動 を 通 して 辺 境 の 地 で 発 酵 されたり 実 践 されたりして 更 に 女 性 の 主 体 性 によって 変 容 されたのかを 示 している 彼 女 たちの 言 説 や 考 えはまたどのように 台 湾 人 女 性 によって 植 民 地 で 流 通 再 現 実 践 或 いは 形 を 変 えられたのかはこれからの 課 題 である 17

22 蕭 仕豪 農村土地収用問題の比較から 郷土の境界 農村土地収用問題の比較から 蕭 仕豪 Xiao Shihao 中国の 都市化 進展の加速に伴い 都市の縁辺の拡張は土地に対して強烈な需要を生 み出し 農村労働力の流出は土地の放置を生じさせ 大量の農村の土地は受動的であれ能 動的であれすさまじい勢いの 発展 過程へ巻き込まれ 同時に幾多の社会問題を呼び起 こした これに対して 歴史上日本もかつて同様に急速な都市化を経験し 現今の日本も 労働力不足がもたらす農地の荒廃問題に直面しており この意味では 日本は中国農村の 土地収用制度を考えるための参考になり得る 本研究ではまず農村土地問題の特殊性を論述し この領域における日中両国が現在ある いはかつて面している問題および両国間の比較可能性について指摘する 次に 中国と日 本の現行の土地収用制度について紹介し その基本的規定を整理し 両国の現行制度の比 較を行い 両者の運用ロジックについて述べる これらをふまえて 筆者は日中両国の現 行土地収用制度の形成過程を整理し 両国の制度的差異の原因を明らかにし 中国の現行 制度について考察する 一 境界についての再考 過去半世紀以上の時間の中で 中国は都市化 進展の加速を経験し 世界銀行の世界開発 指標の統計データ 1 に拠れば 2014 年までに中国の都市人口はすでに を占めるに達 しているが 改革開放初期の 1980 年においてはこの数値は に過ぎなかった 都市 人口の絶え間ない増加は 一方では都市住民の絶え間ない再生産によるものではあるが その一方で農村人口の都市への流入によるものでもある この直接的結果は都市領域の絶 え間ない拡張であり 農村の領域と人口の縮小でもある 工業文明を代表する都市に対し て 農業文明を代表している農村は往々にして遅れを取らされ 消極的な型通りの印象を 与えられ 中国社会においては体系的な 賤農主義 観念 张玉林 2010 さえ存在して いる しかし 指摘しなければならないのは 美しい 都市風景に対するあこがれは農村 自身に対する関心を見えなくさせるべきではないということである 戸籍制度を基礎とする都市農村二元体制のもと では 農村人口が土地から引きはがされ 都市住民へと転ずる過程には潜在的な政治リスクが潜んでいる 1980 年代以降 開発建設 ブームから始まった中国版 囲い込み 圏地運動 は 8,300 万畝 訳注 553 万 ha 以 上の農地が飲み込まれ 少なくとも 140 万の自然村と 1 億 2,700 万人以上の小農が消え去 った 张玉林 2015 このために引き起こされた集団的事件の公的統計が存在しないとは 言え ある 関係者 のリーク報道では 土地収用により引き起こされた農村の集団的事 件は全国の農村で起きた集団的事件の 65 以上をすでに占めている 2 としている これだけではなく 国家全体についても 農業 農村および農民の重要性は都市のため 1 2 南京大学社会学院 社会学系 修士課程 世界銀行ホームページを参照 最終閲覧 2015 年 12 月 24 日 網易新聞中心を参照 最終閲覧 2015 年 12 月 24 日 18

23 蕭 仕豪 農村土地収用問題の比較から に膨大で必須の資源を供給することになお求められている 世界人口の 21 が世界の可耕 地面積の 7 を占める中国に暮らしていることについて 誰が中国を養うのか という レスター ブラウン Brown 1995 の疑問は明らかに目をそらせないものとなっている 2008 年に発表された 国家食料安全中期計画要綱 年 は中国食料自給率は基 本的に 95 以上を維持していると述べているが 中央農村耕作指導チーム副長の陳錫文は 実際には中国食料自給率全体では 90 を切っていると述べた 年の国家土地調 査データに対する計量分析を通じて 研究者は質の良い農地は絶え間なく開発され それ を補完しているのは主に新たに開墾された質の悪い農地であると指摘した Wang J. et al 実際には すでに早い段階で流失した耕地がより多く集中しているのは肥沃な土地 で 二期三期作ができる東部であり 新たに開墾された土地は比較的土地が貧弱で一期作 しかできない西部の省に集中していると指摘されている Ash & Edmonds 1998 このため 都市と農村の間の境界は現代中国が向き合うべき重要な課題であるはずであ る この問題において 比較の視点は有益であり 日本はよい比較対象である 中国とは 急速な都市化過程において類似しており 明治維新以降 都市化が始まった日本は 第二 次大戦後の黄金の十年で急速な発展を達成し 都市人口は 1960 年には に達し 2014 年までにこの割合は に達した 都市と農村の境界の遷移は問題をもたらし 両国 の間には相当の共通性が存在しており たとえば数十年にわたり争議の続いている 成田 空港問題 は農村の土地収用問題により引き起こされたものであり これだけではなく 日本の農林水産省の統計データに基づくと 日本の食料自給率は 1961 年以来低下し続け 78 だったのが 2014 年には 39 にまで低下した 4 もとより日本国内には山地が多く 可 耕地が少ないという地理的環境にも関連しているが 確かに都市化がもたらした負の面が 現れている 筆者の見る限り 都市と農村の境界の遷移の枢要は実際には農村の土地収用制度にあり 土地収用を通じるだけで農村の土地は都市の土地へと転換でき その土地の農民は都市住 民となる 以下では中日両国の農村の土地収用制度の比較を切り口として議論を進めたい 二 中国 農村土地収用制度 語源について言うと 中国の法律の 土地徴収 は日本の法律の中の 土地収用 に由 来し 明鏡国語辞典 によれば 日本語の 徴収 は 法律あるいは規定に基づいて金銭 を集めること である 平松弘光 2012 の考証によれば 中国の法律が 収用 ではな く 徴収 を用いる理由は 清末に派遣された大量の留学生が当時 収用 と 徴収 を 混同して中国語に持ち込んだためである 訳者注 現在の中国大陸部では 徴 の意を 征 と表記するが本稿では 徴 に戻した また 以下 徴収 はすべて 収用 と翻訳した 中国の土地収用制度を理解するためには 新中国の土地政策の変遷を顧みるべきであり これまでの改革が確定した土地の所有権構造 土地市場制度および組み合わせられた土地 政策はこの検討の起点である 1949 年から今日までの中国の土地政策は三つの時期に分け られる 年までの草創期 年の移行期 2004 年以降の完成期である 3 4 網易財経を参照 最終閲覧 2015 年 12 月 24 日 日本国農林水産省ホームページを参照 最終 閲覧 2015 年 12 月 24 日 19

24 蕭 仕 豪 農 村 土 地 収 用 問 題 の 比 較 から 第 一 段 階 において 中 国 の 土 地 政 策 のふたつの 重 要 な 特 徴 が 形 成 された すなわち 収 用 主 体 を 人 民 政 府 に 限 定 することと 収 用 理 由 を 公 共 の 利 益 に 限 定 することである 新 中 国 に おける 最 も 早 い 土 地 政 策 鉄 路 留 用 弁 法 の 中 では 地 方 政 府 を 通 じて 購 入 [ 購 買 ]あるい は 買 上 [ 徴 購 ]するとして 主 体 の 制 限 が 明 確 化 された 土 地 収 用 目 的 の 制 限 のはじまりは 不 明 だが 1953 年 の 国 家 建 設 徴 用 土 地 弁 法 は 私 営 経 済 企 業 と 私 営 文 教 事 業 用 地 を 含 む 理 由 をひろく 列 挙 し 公 共 の 利 益 にはまだ 限 定 していなかった しかし 1954 年 の 憲 法 の 修 正 では 都 市 と 農 村 の 土 地 を 収 用 する 制 限 を 公 共 の 利 益 とするようになっ た 第 二 段 階 の 土 地 政 策 は 1982 年 に 始 まった 市 場 経 済 改 革 に 即 しており この 段 階 で 中 国 の 都 市 農 村 の 二 元 的 土 地 権 利 帰 属 制 度 および 土 地 所 有 権 市 場 が 確 立 した 1982 年 の 憲 法 で は 都 市 の 土 地 は 国 家 の 所 有 に 属 する 農 村 と 都 市 郊 外 の 土 地 は 法 規 で 国 家 の 所 有 に 属 するものを 除 いて 集 団 所 有 に 属 する という 権 利 区 分 が 明 確 化 された 市 場 経 済 改 革 の 継 続 にともない 土 地 市 場 の 開 放 は 需 要 を 呼 び 起 こし 1988 年 の 憲 法 修 正 案 では 土 地 の 使 用 権 は 法 律 に 照 らして 譲 渡 できる と 規 定 し その 後 1998 年 の 土 地 管 理 法 の 修 正 では 耕 地 保 護 政 策 土 地 用 途 管 理 上 告 権 などの 農 村 の 土 地 収 用 に 対 する 制 限 措 置 が 明 確 化 された 2002 年 には 農 村 土 地 請 負 経 営 法 [ 農 村 土 地 承 包 経 営 法 ] が 全 面 的 に 農 村 の 土 地 請 負 経 営 権 の 譲 渡 が 規 定 された 第 三 段 階 において 2004 年 以 降 の 土 地 政 策 立 法 は 詳 細 化 と 修 正 補 足 に 集 中 し 憲 法 の 中 の 公 民 の 合 法 的 私 有 財 産 は 侵 犯 を 受 けず 収 用 にあたっては 補 償 をすべき という 規 定 のように 国 有 地 上 の 家 屋 の 収 用 補 償 条 例 [ 国 有 土 地 上 房 屋 徴 収 補 償 条 例 ] を 通 じて 都 市 家 屋 の 収 用 を 整 えるようになったが 農 村 の 土 地 収 用 については 依 然 停 滞 している ゆえに 中 国 では 農 民 集 団 による 土 地 所 有 権 所 有 農 民 の 土 地 の 請 負 経 営 権 所 有 宅 地 使 用 権 といった 農 村 土 地 所 有 権 構 造 および 人 民 政 府 が 主 導 する 農 村 土 地 収 用 制 度 が 形 成 された その 制 度 の 特 徴 は 以 下 のとおりである 人 民 政 府 が 唯 一 の 収 用 主 体 であり 公 共 の 利 益 が 唯 一 の 収 用 理 由 であり 農 村 土 地 所 有 権 市 場 における 唯 一 の 購 入 者 は 政 府 であ り 同 時 に 政 府 は 使 用 権 市 場 の 唯 一 の 購 入 者 であり 土 地 収 用 補 償 は 人 民 政 府 が 農 業 生 産 力 に 基 づいて 決 定 する 三 日 本 : 土 地 収 用 と 農 地 転 用 注 意 すべきは 日 本 には 中 国 式 の 都 市 農 村 の 二 元 的 土 地 権 利 帰 属 構 造 は 存 在 せず この ためその 土 地 収 用 制 度 は 都 市 と 農 村 では 統 一 されており 独 立 した 農 地 収 用 制 度 も 存 在 していない これに 対 応 しているのは 公 共 の 利 益 のための 土 地 収 用 制 度 および 農 地 を 別 の 用 途 に 転 用 する 許 可 手 続 きである 農 地 転 用 制 度 である このふたつの 制 度 を 理 解 するには 日 本 の 農 地 制 度 の 変 遷 と 結 びつけて 解 釈 する 必 要 がある 日 本 の 現 行 農 地 制 度 は 第 二 次 大 戦 後 の 占 領 軍 司 令 部 が 採 用 した 日 本 民 主 化 政 策 の 一 つに 属 し(S. SHOJI, 2012) 1961 年 の 農 業 基 本 法 を 節 目 として その 発 展 過 程 は 二 つの 時 期 に 分 けること ができる 第 一 段 階 の 重 点 は 農 地 改 革 [ 農 地 革 命 ]と 自 作 農 制 度 の 確 立 である 農 村 の 困 窮 と 生 産 力 の 回 復 を 解 決 するために 農 地 法 を 通 じて 地 主 の 土 地 を 小 作 人 や 小 規 模 経 営 者 への 配 分 を 強 行 し 農 地 耕 作 者 主 義 を 精 神 とする 制 度 を 確 立 した 50 年 代 の 中 期 に は 日 本 は 高 度 経 済 成 長 期 に 入 り 工 業 と 農 業 の 間 で 次 第 に 収 入 格 差 が 増 大 し 重 大 な 社 会 問 題 となり このため 日 本 の 農 地 制 度 は 自 作 農 対 策 からは 後 退 し 土 地 の 流 動 性 を 高 め 20

25 蕭 仕豪 農村土地収用問題の比較から る方向へと向かっていった 1961 年の 農業基本法 は農地を調整し 生産量を増大させ ることで農民の収入を増大させることを主旨とした しかし 都市の拡張や地価の高騰は 多くの農民に土地を調整する力を失わせ 兼業農業によって農地を維持する道を選択させ た これに対して 1970 年の 農地法 の修正は農地貸借の規制を緩和し 1980 年の 農 用地利用増進法 は農地貸借の幅をさらに拡大し 2009 年には新 農地法 が 有効かつ 効率的農地利用 を定め 自作農の地位をさらに弱めた 日本の土地収用制度は 憲法第 29 条第 3 項 私有財産は 正当な補償の下に これを公 共のために用いることができる に基づき 土地収用法 を基本的枠組みとした 1951 年の公布から今に至るまで 土地収用の法律の変化はおもに 公共の利益 と 正当な補 償 のふたつの概念の完成にあり かかる案件は数多くある しかし全体的発展の趨勢は 公共の利益 はますます 適当かつ合理的 正当な補償 は 収用当時の経済状態下 で合理的に算出される充分な金額の支払い へと向かっていった その他 特に言及すべ きなのは 公共の利益のための用地取得は通常は民法上の売買契約となるが 双方の合意 が形成されないときや 公共事業の完成期限が切迫している時には 土地収用 の道がと られることになる 農地転用政策の本質は 農業内部の優良地の保存と外部への土地開発需要の平衡にある 2009 年の農地法修正まで 日本の農地転用政策は数次の修正を経ても 一貫していたのは 類型 規模 級別の絶え間ない緩和であった 着目すべきは 2009 年の修正が農地転用の 制限を始め 許可を要しない事由を縮小し 違法転用に対する行政代執行措置を増加させ 違法転用に対する罰金と懲役を重くした 要するに 日本の農村土地制度は農民に所有権 が帰属する形式であり 公共の利益のために政府が例外的に収用権を有し 正当な補償の 約束がなされ さらに農民は一方で農地使用権市場の売り手であり 同時に農地転用制度 によって土地所有権市場の売り手ともなり得る 四 結論 比較の意義 中国の農村土地収用 にはどうしてたくさん の問題が存在しているのかは 実際には社会 学者がすでに説得力のある解釈を提出している 官吏昇進の 競技大会[錦標賽]体制 周 飞舟 2009 と分税制下での地方政府の 土地財政 孙秀林 周飞舟 2013 が重要なポ イントである 地方財政の一部分が中央財政に献上しないといけないので 地方官吏は強 者生存の競争に直面し しばしば 近視眼 的な手段で成績をあげようとし 都市建設を 推し進める 中国の都市化の迅速な進展 地価暴騰の前提の下 国家が土地使用権市場の 唯一の売り手として巨大な利権空間を擁し 地方が自ら管理していた土地の賃貸料は財政 の潜在的な源としている ひとたび農村の土地が国有に帰すると 農業生産額を代価とし て将来の土地の貸出のための伏線が張られることになる したがって 地方政府官吏が違 法な手段も惜しまず 大規模に農村土地収用を推進することも理解できないわけではない 中国の農村土地収用制度についての検討は盛んであり そこにおのずと現わ れる社会矛 盾は関心に値し また一方でこのテーマは法律と社会の接点に位置し その議論の空間は とても広い 法学研究者は通常理論構造の角度から思考 することを習慣とし 公共の利益 の完備 正当な補償 の導入 章剑生 2009 陈小君 2012 を呼びかけているが 海外 21

26 蕭 仕豪 農村土地収用問題の比較から の立法の事例を参照しながら比較研究を行うのも数多くある 5 しかし法学研究者の思考は しばしば陥穽に陥る もし中国の土地収用制度と海外の制度を比較するなら それ以外に さらに多くの解釈を提供することは不可能であり 比較は目的ではなく 手段であると言 えなくなるし また このような比較に意義があるとは言い難い 日中両国農村土地収用 制度比較を例として 筆者はこのような不足を指摘することを試みた 前述のとおり 日中両国の農村土地収用制度 の最も大きな違いは 公共の利益 や 正 当な補償 という概念定義の差異にあるわけではない もちろん 合理的な概念定義は制 度の完成において重要ではないとは言えないが これら差異に対する過分な関心は注意力 を分散させてしまうだろう 実際には 両国の間の最も根本的な差異は 土地収用の後ろ に隠れている土地市場の仕組みにあり まさに国家や農民がこの市場の中に占める位置が 同じではないので さらに多くの細かい差異の増大の余地を残した まず 日本の農村の 土地は 使用権の流動を通じて変化でき また自ら農地転用を申請することで所有権市場 へと変わることもできる 公共の利益のためという例外な要求の場合にだけ正当な補償に よって収用される これに対して 中国の農村の土地は請負経営権の流転でしか変化でき ず あるいは政府が農業生産額の対価によって収用するのを受動的に待つのみである 日 本政府は土地所有権市場の参加者として存在するだけだが 中国政府は土地所有権の壟断 者および土地使用権市場の独占的売り手として存在する その中で 農民と政府の地位の 落差は明らかである もしこの落差を改変しないならば 仮に日本の 土地収用法 全文 を取り入れたとしても 農民の利益の保護であれ 政府の暴利への動機の抑制であれ 何 もできないはずである さいごに 中国の制度を検討する時の参照物 として 日本の制度も当然ながら完璧なも のではない 日本の農村の土地が有する変化の余地により 農民が土地を譲渡する動機は とても弱い すでに以前から農地転用の未来は悲観的であるという指摘があり 神门善久 1996 さらにある研究者はこれが個人の権利の過度の保護によるものだと指弾した Godo Y ここからわかるように 農地使用権の流動化の促進は止むを得ず 日本政府が 行った政策と考えられる 少子高齢化が深刻化する状況下で いかに農地の保護と土地流 動 都市拡張の平衡を保つかは 関心を抱き続けるべき課題である 参考文献 Ash R F, Edmonds R L China's land resources, environment and agricultural production[j]. The China Quarterly, 156: Brown Who will feed China[J]. Washington, DC: World Watch Institute. Godo Y The Failure of Land-Use Planning in Japan[M].Economic Planning and Industrial Policy in the Globalizing Economy. Springer International Publishing, S. Shoji Rural land reform and agricultural land committee in post war Japan[J]. 社会科学, 94: Wang J, Chen Y, Shao X, et al Land-use changes and policy dimension driving forces in China: 5 CSSCI 引用データベースだけでも 土地徴收制度比较研究 土地収用制度比較研究 に関する論文 は 2015 年 12 月 27 日までで 70 篇以上ある 22

27 蕭 仕豪 農村土地収用問題の比較から present, trend and future[j]. Land Use Policy,29(4): 陈小君 农村集体土地征收的法理反思与制度重构[J]. 中国法学,1: 大西敏夫 農地転用制度の現況と課題[J]. 和歌山大学経済学会研究年報,14: 黄宇骁 日本土地 征收法制 实践及对我国 的启示 以公共利益 与 损失 补偿 为中心 [J]. 环 球法律评论,37(004): 平松弘光 日本法からみた中国の土地収用制度[J]. 総合政策論叢,24: 神 門 善 久 農 地 流 動 化, 農 地 転 用 に 関 す る 統 計 的 把 握 [J]. Japanese Journal of Farm Management, 34(1): 孙秀林,周飞舟 土地财政与分税制: 一个实证解释[J]. 中国社会科学,4: 张玉林 流动与瓦解: 中国农村的演变及其动力[M]. 中国社会科学出版社. 张玉林 大清场: 中国的圈地运动及其与英国的比较[J]. 中国农业大学学报 (社会科学版), 1: 003. 章剑生 行政征收程序论[J]. 东方法学, 2. 周飞舟 锦标赛体制[J]. 社会学研究, 3(5): 翻訳 中山大将 巫靚 23

28 瀬 戸 徐 映 里 奈 地 域 住 民 が 難 民 の 共 振 者 になるとき 地 域 住 民 が 難 民 の 共 振 者 になるとき 難 民 受 け 入 れがもたらしたもの 瀬 戸 徐 映 里 奈 (SETO-SUH Erina) * 1) 在 日 難 民 に 関 する 研 究 史 インドシナ 難 民 を 中 心 に 難 民 とは 生 活 が 脅 かされ よりよい 暮 らしを 求 めて 自 身 が 所 属 する 国 民 国 家 から 脱 出 した 人 びとであり それゆえに 所 属 していた 国 家 の 庇 護 をうけることができないという 無 国 籍 状 態 を 経 験 している 人 たちである 避 難 先 である 難 民 キャンプや 受 け 入 れられた 定 住 国 の 社 会 においても 周 縁 化 され 二 重 の 疎 外 のなかで 生 活 を 再 建 させなければならな い このように 難 民 ( 難 民 認 定 されていない 庇 護 申 請 者 なども 含 めて)を 取 り 巻 く 法 的 社 会 的 地 位 は 実 に 複 雑 であり 単 なる 国 境 を 越 えた 移 住 者 たちと 一 括 りにすることはでき ない よって 難 民 をめぐる 研 究 は 難 民 を 生 み 出 してしまう 社 会 構 造 を 分 析 すること 国 家 の 庇 護 の 外 に 追 いやられてしまった 個 々の 剥 き 出 しの 生 (アガンベン 2003)をい かに 回 復 させ 安 定 した 生 活 を 保 障 するかということに 重 点 がおかれてきた では 在 日 難 民 の 研 究 は 日 本 でどのようになされてきたのだろうか 日 本 は 難 民 を 生 み 出 す 側 ではなく 他 国 からの 難 民 を 受 け 入 れる 側 として 国 際 社 会 から 対 応 を 求 められてき た( 今 回 の 発 表 では 詳 述 しないが かつての 日 本 も 帝 国 の 拡 大 と 解 体 のなかで 占 領 地 や 国 内 に 多 くの 難 民 を 生 み 出 した 当 事 者 でもあったことはふまえておく 必 要 がある ( 市 野 川 2007)) 日 本 は 移 民 受 け 入 れについては 戦 後 から 非 常 に 消 極 的 な 態 度 をとっており 難 民 受 け 入 れについても 同 様 であった そこへ 大 きな 転 機 をもたらしたのが インドシナ 難 民 の 受 け 入 れである インドシナと は ベトナム ラオス カンボジアの3 国 を 表 す 1975 年 4 月 にベトナム 戦 争 の 終 了 後 この3 国 に 相 次 いで 新 たな 社 会 主 義 政 権 が 誕 生 した こうした 大 きな 社 会 変 革 のなかで 弾 圧 対 象 であった 旧 体 制 の 関 係 者 や 経 済 体 制 の 急 変 によって 貧 窮 した 人 びとが 相 次 いで 故 郷 を 離 れ 小 型 船 などで 海 外 へ 脱 出 していった 救 助 されたインドシナ 難 民 が 日 本 へ 身 を 寄 せることはあったが 日 本 はその 一 時 滞 在 のみを 認 めており その 定 住 については 許 可 しなかった このような 態 度 が 国 際 社 会 特 に 米 国 からの 批 判 をよび 79 年 にようやくそ の 定 住 を 認 める インドシナ 難 民 の 受 け 入 れは 日 本 が 難 民 条 約 国 際 人 権 条 約 に 批 准 す る 契 機 となり 他 の 在 日 外 国 人 の 処 遇 も 大 きく 改 善 されることになった( 田 中 1999) 在 日 難 民 の 研 究 は このインドシナ 難 民 の 研 究 に 端 を 発 するといっても 過 言 ではないだろう 新 たに 日 本 地 域 社 会 に 参 入 することになったインドシナ 難 民 といかに 共 生 し 社 会 統 合 の 達 成 を 課 題 とした 研 究 が 蓄 積 されていくこととなった 受 け 入 れ 初 期 (90 年 代 頃 まで)は まず 生 活 の 基 盤 を 築 くために 効 果 的 な 支 援 方 法 を 模 索 する 研 究 がなされた これらは 主 に 日 本 語 学 習 など 教 育 に 関 するものが 多 く( 西 尾 1988) ( 福 留 ら 1994) 就 労 斡 旋 や 居 住 地 など 具 体 的 な 暮 らしについては 現 状 報 告 に 終 始 して いた( 内 閣 官 房 インドシナ 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 事 務 局 編 1989 など) 受 け 入 れから 数 十 年 が 経 過 していくにつれ 本 国 から 呼 び 寄 せられた 家 族 や 配 偶 者 日 本 生 まれの 2 世 以 降 が 誕 生 し ベトナム 難 民 家 族 コミュニティの 構 成 員 も 多 様 化 していく 彼 らが 抱 える * 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 24

29 瀬 戸 徐 映 里 奈 地 域 住 民 が 難 民 の 共 振 者 になるとき 問 題 も 複 雑 化 していくなかで その 問 題 に 関 する 研 究 も 教 育 現 場 や 地 域 社 会 における 二 世 の 学 習 支 援 の 実 態 把 握 と 今 後 の 展 開 を 考 慮 するものが 中 心 となっていった( 乾 2009)( 大 谷 2012) この 頃 になると 90 年 代 に 増 加 した 他 のニューカマーが 抱 えている 問 題 と 重 な る 部 分 も 多 くなり 難 民 であることに 特 化 した 研 究 は 減 少 していく 一 方 社 会 学 や 文 化 人 類 学 の 領 域 においては 彼 らの 難 民 としての 経 験 を 記 述 し その 生 活 についてアプロー チする 研 究 がなされていく 本 国 にも 帰 国 が 可 能 となるなかで 祖 国 や 受 け 入 れ 国 の 状 況 が 難 民 の 生 活 にどのような 影 響 を 与 え 続 けているのか そのなかで 彼 らがどのように 家 族 とのトランスナショナルな 繋 がりを 維 持 し 日 本 での 生 活 問 題 に 対 処 しながら コミュニ ティを 形 成 しているのかが 明 らかにされてきた( 川 上 2001)( 戸 田 2001)( 野 上 2010) 加 えて インドシナ 難 民 として 渡 日 したベトナム 系 住 民 が 多 く 居 住 していた 長 田 地 域 が 95 年 の 阪 神 大 震 災 によって 大 きな 打 撃 をうけ 緊 急 時 の 支 援 地 域 の 復 興 や 個 々の 生 活 再 建 のなかでエスニシティの 問 題 が 浮 かびあがったことも 再 度 インドシナ 難 民 がとりあ げられるきっかけにもあった( 住 村 1997)( 川 越 2009) 大 まかではあるが インドシナ 難 民 研 究 は 以 上 のように 展 開 してきたといえる しかし 日 本 のエスニック マイノリティにおいて 人 口 数 1 万 人 程 度 に 満 たないインドシナ 難 民 は 他 の 在 日 外 国 人 として 括 られ 難 民 研 究 としてとりあげられることは 比 較 的 少 ない だが 2010 年 に 日 本 は 第 三 国 定 住 制 度 をパイロット 的 に 導 入 し 86 名 のミャンマー(ビ ルマ) 難 民 を 受 け 入 れた このことで インドシナ 難 民 の 受 け 入 れから 教 訓 を 得 ようと 再 び 議 論 されることも 増 えてきた( 本 間 2011)( 久 保 ら 2012) 一 方 日 本 はインドシナ 難 民 の 受 け 入 れ 後 も 引 き 続 き 難 民 受 け 入 れに 対 する 消 極 的 な 態 度 を 崩 さなかった ( 2014 年 に 発 表 された 日 本 の 難 民 認 定 者 数 が 11 人 であったことを ふまえても その 閉 鎖 性 は 一 目 瞭 然 である )こうした 状 況 のなか 難 民 認 定 を 待 ちながら 法 的 な 保 護 をうけられず 劣 悪 な 環 境 下 で 生 きる 難 民 申 請 者 たちに 関 する 研 究 も 重 要 視 され ている( 森 谷 2011 など) このように 今 後 も 在 日 難 民 に 関 する 研 究 は 国 際 社 会 および 日 本 社 会 の 状 況 を 反 映 しながら 複 雑 な 事 情 を 把 握 するべく 短 期 的 長 期 的 に 展 開 してい く 必 要 性 がもとめられているといえよう 2) 発 表 者 のこれまでの 研 究 在 日 ベトナム 難 民 の 事 例 これまで 発 表 者 は 上 述 したインドシナ 難 民 の8 割 を 占 めるベトナムからの 難 民 に 着 目 し その 生 活 者 としての 姿 を 捉 えるための 切 り 口 として 日 常 の 食 について 調 査 してき た 移 住 者 の 場 合 異 文 化 の 地 で 故 郷 の 料 理 を 食 べることは 癒 しや アイデンティティ の 保 持 や 形 成 にも 繋 がっている しかし 異 なる 自 然 社 会 環 境 のもとで 故 郷 食 を 入 手 するには 故 郷 とは 異 なる 手 法 を 編 み 出 す 必 要 がある 本 研 究 ではその 営 みに 着 目 し 故 郷 で 食 べていた 料 理 を 再 現 するための 食 材 調 達 を 行 う 際 に 発 生 した 社 会 市 場 自 然 環 境 との 関 わり 合 い を 食 の 調 達 実 践 と 定 義 し その 生 活 世 界 を 捉 えるための 分 析 視 角 とした 調 査 地 は ベトナム 系 住 民 の 集 住 地 域 のひとつである 兵 庫 県 姫 路 市 を 対 象 とした 姫 路 市 の 集 住 地 域 は 近 郊 の 住 工 混 合 地 域 内 にあり 都 市 化 を 免 れた 耕 作 地 が 残 存 している また その 生 活 環 境 は 就 労 先 となる 製 革 工 場 や 食 肉 処 理 場 などの 零 細 な 工 場 が 集 積 する 被 差 別 部 落 地 域 と 密 接 に 関 わっている ベトナム 難 民 たちは これらの 特 殊 な 地 域 性 を 利 用 して 一 般 市 場 では 入 手 の 難 しいモツなどの 肉 類 を 食 肉 処 理 場 に 勤 める 25

30 瀬 戸 徐 映 里 奈 地 域 住 民 が 難 民 の 共 振 者 になるとき 他 のベトナム 人 から 安 価 に 購 入 したり 地 域 住 民 から 耕 作 放 棄 地 を 借 りたりするなどして 必 要 な 食 材 を 調 達 していた つまり 自 文 化 のものを 食 べるという 家 庭 内 の 私 的 な 行 為 が ビジネスを 介 せずとも 他 の 地 域 住 民 の 間 に 新 たな 関 係 を 築 く 契 機 となっていたのである 食 の 調 達 実 践 の 分 析 をとおして エスニック ネットワークや 他 の 地 域 住 民 との 関 係 性 がいかに 展 開 していくのか その 際 にどのような 家 族 内 の 役 割 分 担 が 行 われているの かを 明 らかにすることができた その 結 果 地 域 住 民 とのコンフリクトの 発 生 やその 解 消 など これまでの 支 援 重 視 の 研 究 が 指 摘 してきた 生 活 問 題 を 別 の 視 点 から 補 完 するこ とができたといえる 3) 研 究 者 共 振 者 として 発 表 者 のポジショナリティも 含 めて 上 記 の 研 究 をすすめていくなかで まず 発 表 者 が 調 査 のためにコンタクトをとったのは 発 表 者 が 子 どもの 頃 から 面 識 のあったベトナム 難 民 女 性 であった 兵 庫 県 姫 路 市 は 発 表 者 の 出 身 地 であり 父 親 がベトナム 難 民 も 就 労 している 町 工 場 で 働 いていたため 幼 い 頃 か ら( 一 年 に 数 回 程 度 ではあったが)ベトナム 難 民 の 就 労 者 たちと 言 葉 を 交 わすことは 珍 し いことではなかった また 中 学 生 時 代 には 10 代 のときに 難 民 として 渡 日 したベトナム 人 女 性 の 数 学 教 師 から 授 業 をうけたこともあった 通 っていた 中 学 が インドシナ 難 民 の 支 援 に 尽 力 していた 教 会 と 関 わりのあるミッション 系 の 私 立 学 校 であったことが こうし た 出 会 いの 背 景 にあった だが ベトナム 人 がなぜ 姫 路 市 に 多 く 住 んでいたのかを 当 時 の 発 表 者 が 知 っていたわけではなかった ベトナム 人 の 存 在 はそれくらい 当 たり 前 のことで あったと 同 時 に 地 域 社 会 において その 来 歴 は 不 可 視 化 されていた 学 部 時 代 に 在 日 外 国 人 に 関 する 本 を 読 んでいるときに 発 表 者 は 初 めてインドシナ 難 民 のことを 知 り 姫 路 市 にインドシナ 難 民 の 受 け 入 れセンターがあったこと 自 分 が 出 会 ってきたベトナム 人 たち の 多 くが 難 民 として 渡 日 していたことを 知 った ベトナム 難 民 をはじめとする 多 数 の 在 日 外 国 人 を 雇 用 することで 成 立 してきた 産 業 の 恩 恵 をうけ 大 学 院 の 拡 充 化 という 社 会 背 景 に 後 押 しされながらも 大 学 ( 院 )に 進 学 が 可 能 となった 自 分 にとって その 事 実 は 自 身 のこれまでの 生 き 方 を 問 い 直 される 衝 撃 的 なものだった 発 表 者 がベトナム 難 民 に 関 する 研 究 に 取 り 組 もうとしたのは そうした 社 会 構 造 の 一 端 であることを 自 省 的 に 捉 え 自 分 の 社 会 的 立 ち 位 置 ( 被 害 加 害 という 両 局 面 )をベトナム 難 民 たちの 暮 らしから 考 えたか ったのだと 思 う 同 時 に マイノリティが 抱 えている 生 きづらさと それらを 打 破 しよう とするときに 地 域 社 会 のどんな 社 会 関 係 や 資 源 を 利 用 していくのかということから 共 生 の 在 り 方 度 合 いを 把 握 したいという 気 持 ちがあった このような 個 人 的 なことをあえて 記 述 するのは 調 査 をすすめていく 際 に 自 分 がかつ て 通 り 過 ぎた 場 所 や 家 族 を 含 め そこに 暮 らす 人 たちとの 出 会 いなおしがことをあったか らである ベトナム 難 民 のコミュニティについて 調 査 することは 自 身 の 出 身 地 域 を 一 面 的 にしか 知 らなかった 自 分 自 身 の 無 知 に 気 づいていくことでもあった 自 分 がベトナム 難 民 と 関 わるようになった 必 然 性 ともいえる 地 域 社 会 の 状 況 を 把 握 していくなかで ベトナ ム 難 民 やその 家 族 たちだけではなく その 人 々にあえて 関 わろうとする 他 の 地 域 住 民 とも 出 会 うようになる 広 田 は 国 境 を 越 えて 移 動 する 人 々に たとえば 自 らの 生 活 価 値 や 職 業 上 のかかわり 等 をとおして なんらかの 意 味 で 共 感 を 示 し 共 同 歩 調 をとったり ネッ トワークを 組 む 人 々 のことを 共 振 者 と 表 現 している( 広 田 2003:11) 発 表 者 が 出 26

31 瀬 戸 徐 映 里 奈 地 域 住 民 が 難 民 の 共 振 者 になるとき 会 ったこの 共 振 者 のなかには 教 師 や 雇 用 者 など 職 業 として 向 き 合 わざる 得 ない 人 々だけ ではなく それぞれの 生 活 のなかでふと 生 まれた 繋 点 を 一 過 性 にせず 長 期 的 に 自 身 の 生 活 に 難 民 との 関 わりを 持 続 させている 人 びとがいた ベトナム 難 民 との 出 会 いを 共 振 者 た ちの 語 りから 理 解 することで 地 域 社 会 が 難 民 受 け 入 れというインパクトをどのように 受 け 止 め 日 々 勃 発 する 問 題 に 対 処 してきたのかを 考 察 することができた このことは ベ トナム 難 民 側 の 状 況 を 把 握 することばかりに 意 識 を 傾 けてきた 自 分 にとって 地 域 社 会 が 彼 らに 向 ける 眼 差 しを 知 り その 自 己 認 識 にどう 影 響 を 与 えているのかを 分 析 するうえで 重 要 な 示 唆 となった 同 時 に 調 査 していくなかでベトナム 難 民 よりも 共 振 者 たちから 自 身 が 共 振 者 になることをもとめられていることを 感 じるようにもなり 意 識 的 に 自 分 も そこへ 参 与 していくようになった 研 究 者 それも 院 生 が 共 振 者 として 具 体 的 になにがで きるのかについては 安 易 に 答 えをださないでおきたい だが こうした 出 会 いと 気 づきの なかで 自 身 のポジショナリティを 問 う 意 味 でも 日 本 においてベトナム 難 民 の 支 援 が 拡 充 していくプロセスのなかに これまで 関 わってきた 研 究 者 がどのような 効 果 をもたらし てきたのかについてこれまで 関 わってきた 研 究 者 がどのような 効 果 をもたらしたのかを 視 野 にいれた 調 査 を 続 ける 必 要 性 を 感 じている 引 用 文 献 Agamben, Giorgio,1998,Homo Sacer: Sovereign Power and Bare Lige,trans. Daniel Heller-Roazen Stanford: Stanford University Press.[アガンベン 2003 ホモ サケル: 主 権 権 力 と 剥 き 出 しの 生 高 桑 和 巳 以 文 社 福 留 伸 子 山 元 啓 史 1993 インドシナ 難 民 の 日 本 語 習 得 の 状 況 とその 問 題 点 ( 教 育 編 ) 日 本 語 教 育 方 法 研 究 会 誌 pp26-27 本 間 浩 2011 わが 国 のインドシナ 難 民 受 入 の 経 験 と 第 三 国 定 住 受 入 制 度 の 理 論 的 諸 問 題 難 民 研 究 ジャーナル(1) pp9-28 市 野 川 容 考 2007 Ⅱ 難 民 とは 何 か 市 野 川 容 考 小 森 陽 一 思 考 のフロンティア 難 民 岩 波 新 書 pp 乾 美 紀 2009 ミニマイノリティの 高 校 進 学 と 教 育 支 援 に 関 する 研 究 神 奈 川 県 を 中 心 と したラオス 定 住 難 民 を 事 例 として 多 文 化 共 生 研 究 年 報 (6) 川 上 郁 雄 2001 越 境 する 家 族 在 日 ベトナム 系 住 民 の 生 活 世 界 明 石 書 店 川 越 道 子 2009 悶 え 神 の 政 治 学 - 大 震 災 以 降 の 神 戸 が 語 る 戦 争 と 越 境 - 大 阪 大 学 博 士 論 文 久 保 忠 行 岩 佐 光 広 2011 制 度 批 判 でみえなくなること 日 本 の 難 民 の 第 三 国 定 住 制 度 をめぐって 国 際 社 会 文 化 研 究 第 12 号 pp 森 谷 康 文 2011 エスニック コミュニティのない 難 民 申 請 者 へのグループワークによ る 支 援 難 民 研 究 ジャーナル(1) pp 内 閣 官 房 インドシナ 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 事 務 局 編 1989 インドシナ 難 民 とわが 国 の 対 応 西 尾 珪 子 1998 大 和 定 住 促 進 センターおよび 国 際 救 援 センターにおけるインドシナ 難 民 に 対 する 日 本 事 情 教 育 ) 日 本 語 教 育 (65) 野 上 恵 美 2010 在 日 ベトナム 人 宗 教 施 設 が 持 つ 社 会 的 意 味 に 関 する 一 考 察 :カトリッ ク 教 会 と 仏 教 寺 院 における 活 動 の 比 較 鶴 山 論 叢 荻 野 剛 史 2012 ベトナム 難 民 の 定 住 化 プロセス ベトナム 難 民 と 重 要 な 他 者 とのかかわりに 焦 点 化 して 明 石 書 店 大 谷 杏 2012 インドシナ 難 民 2 世 3 世 が 抱 える 学 習 問 題 と 学 校 地 域 の 対 応 早 稲 田 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 紀 要 別 冊 (20 2) 住 村 欣 範 1997 ベトナム 難 民 研 究 の 視 点 - 合 衆 国 の 研 究 事 例 と 震 災 後 の 神 戸 の 場 合 年 報 人 間 科 学 (18) 田 中 宏 2013 在 日 外 国 人 法 の 壁 心 の 溝 第 3 版 岩 波 書 店 戸 田 佳 子 2001 日 本 のベトナム 人 コミュニティ 一 世 の 時 代 そして 今 暁 印 書 店 広 田 康 生 2003 エスニシティと 都 市 有 信 堂 高 文 社 27

32 野 口 優 漢 代 西 北 辺 境 の 研 究 漢 代 西 北 辺 境 の 研 究 居 延 漢 簡 と 京 都 大 学 野 口 優 (NOGUCHI Yū) * 1 居 延 漢 簡 発 見 の 歴 史 簡 牘 の 研 究 は 20 世 紀 初 頭 に 始 まる 1901 年 に イギリスの 探 検 家 オーレル スタイン Aurel Stein がタリム 盆 地 南 縁 の 尼 雅 遺 跡 から 3-4 世 紀 の 中 国 晋 代 の 木 簡 50 枚 を 発 見 し た また 同 年 に スウェーデンの 探 検 家 スウェン へディン Svein Hedin が 幻 の 湖 ロプノ ール Lop Nur を 探 す 探 検 の 際 に 楼 蘭 遺 跡 から 晋 代 の 木 簡 百 二 十 枚 余 りを 発 見 した これ が 辺 境 におけるはじめての 簡 牘 の 発 見 である 続 いて 1907 年 に 敦 煌 一 帯 の 調 査 を 行 った オーレル スタインが 河 西 回 廊 に 点 在 する 漢 代 の 烽 燧 遺 跡 から 七 百 枚 余 りの 簡 牘 を 発 見 した この 簡 牘 を 1912 年 にフランスの 中 国 学 者 シャヴァンヌ Chavannes が 解 読 し その 成 果 をもとに 翌 年 に 王 国 維 が 流 沙 墜 簡 を 著 した この 著 作 が 後 の 簡 牘 研 究 の 礎 と なる そして 1930 年 に スウェン へディンを 隊 長 とするスウェーデン 中 国 の 合 同 調 査 組 織 である 西 北 科 学 考 査 団 によって 現 在 の 内 蒙 古 自 治 区 と 甘 粛 省 にまたがるエチナ 川 流 域 の 漢 代 烽 燧 遺 跡 から 簡 牘 一 万 枚 あまりが 発 見 された いわゆる 居 延 漢 簡 である こ の 居 延 漢 簡 の 釈 文 図 版 の 公 刊 及 び 研 究 に 対 する 苦 難 は 次 章 で 論 ずる 辺 境 漢 簡 の 次 なる 大 きな 発 見 は 1972~73 年 の 居 延 新 簡 の 発 見 である 1960 年 代 に 勃 発 した 文 化 大 革 命 の 混 乱 もようやく 鎮 まり 始 めた 時 期 に 居 延 漢 簡 が 発 掘 されたエチナ 川 流 域 において 漢 代 遺 跡 が 再 度 発 掘 された その 結 果 二 万 枚 弱 の 簡 牘 が 新 たに 発 掘 された 今 次 の 調 査 では 軍 政 機 構 の 候 官 及 び 交 通 の 要 所 である 関 所 が 重 点 的 に 発 掘 された 1 候 官 出 土 の 約 八 千 枚 は 1990 年 に 釈 文 が 1994 年 に 図 版 が 公 刊 された 関 所 出 土 の 一 万 二 千 枚 は 2011 年 年 末 から 釈 文 図 版 が 肩 水 金 関 漢 簡 として 順 次 公 刊 され 2015 年 12 月 時 点 で 全 5 冊 中 3 冊 が 刊 行 されている 加 えて 1999 年 ~2002 年 に 三 度 目 のエチナ 川 流 域 における 漢 代 遺 跡 の 調 査 が 行 われた 今 回 は 年 時 点 で 発 掘 ができなかった 烽 燧 遺 跡 を 中 心 に 発 掘 が 行 われた その 結 果 約 七 百 枚 の 簡 牘 が 発 見 された いわゆる 額 済 納 漢 簡 である 額 済 納 漢 簡 の 釈 文 と 図 版 は 2005 年 に 額 済 納 漢 簡 として 公 刊 されている ただし 2015 年 12 月 現 在 になっても 発 掘 されたものの 未 だ 公 表 されていない 辺 境 漢 簡 は 依 然 として 多 数 残 されている その 未 公 表 の 簡 牘 が 公 表 されれば さらに 研 究 が 深 化 する 可 能 性 が 高 い 加 えて 戦 後 に 至 り 古 墓 や 古 井 戸 から 数 多 くの 簡 牘 が 発 掘 され そ の 総 数 は 十 五 万 枚 を 大 きく 上 回 る このため 簡 牘 を 主 要 史 料 として 駆 使 することによっ て 従 来 の 歴 史 像 とは 異 なる 新 たな 歴 史 像 の 確 立 が 期 待 される 年 発 見 の 居 延 漢 簡 研 究 の 苦 難 1930 年 に 居 延 漢 簡 が 発 見 された 後 すぐに 北 京 大 学 中 央 研 究 院 故 宮 博 物 院 で 簡 牘 の 解 読 が 開 始 された しかし 1930 年 代 末 に 勃 発 した 日 中 戦 争 により 研 究 は 中 断 を 余 儀 なく * 京 都 大 学 非 常 勤 講 師 文 学 博 士 1 候 官 とは 烽 燧 を 統 括 する 軍 政 の 重 要 拠 点 である 民 政 機 構 の 県 に 相 当 する 28

33 野 口 優 漢 代 西 北 研 究 の 研 究 された その 後 四 川 省 に 疎 開 した 中 央 研 究 院 の 学 者 労 榦 氏 が 居 延 漢 簡 の 解 読 と 研 究 を 行 った その 結 果 1943 年 に 居 延 漢 簡 の 釈 文 を 四 川 省 南 渓 で 居 延 漢 簡 釈 文 之 部 として 公 刊 した そして 1944 年 に 解 読 結 果 を 用 いた 漢 代 制 度 の 研 究 成 果 として 居 延 漢 簡 考 釈 考 証 之 部 を 公 刊 した 日 中 戦 争 終 結 後 1946 年 の 国 共 内 戦 によって 労 榦 氏 は 台 湾 に 移 住 する その 後 も 氏 は 精 力 的 に 居 延 漢 簡 を 研 究 し その 研 究 の 多 くは 労 榦 学 術 論 文 集 甲 篇 (1976 年 )に 集 大 成 されている 簡 牘 の 図 版 は 1957 年 に 台 湾 の 中 央 研 究 院 歴 史 語 言 研 究 所 より 居 延 漢 簡 図 版 之 部 が 公 刊 され ようやく 1930 年 出 土 の 全 ての 居 延 漢 簡 の 写 真 が 発 表 された 簡 牘 の 図 版 だけ 発 表 が 遅 れたのは 日 中 戦 争 国 共 内 戦 を 経 て 二 度 にわたって 図 版 の 製 版 が 焼 失 したためである 2 ただし 居 延 漢 簡 の 研 究 にはなお 大 きな 問 題 が 存 在 した 多 くの 簡 牘 の 出 土 地 が 不 明 で あったことである 居 延 漢 簡 の 大 部 分 は 軍 政 行 政 文 書 である そのため ある 出 土 した 文 書 がその 出 土 した 機 関 で 作 成 された 控 えなのか もしくは 他 の 機 関 から 送 られてきた 正 本 なのかということを 判 別 するために 出 土 地 の 情 報 は 欠 かせない 出 土 地 が 分 からない ということは 文 書 の 移 動 保 存 の 状 況 がわからないということである この 問 題 は 1959 年 に 北 京 の 中 国 科 学 院 考 古 研 究 所 より 居 延 漢 簡 甲 篇 が 出 版 されたことにより 3 ある 程 度 解 決 された 全 出 土 簡 のうち 約 三 分 の 一 の 出 土 位 置 が 判 明 したのである 全 ての 出 土 簡 の 出 土 位 置 が 判 明 するのは 1980 年 のことである 同 年 に 社 会 科 学 院 考 古 研 究 所 より 居 延 漢 簡 甲 乙 編 が 出 版 されたためである つまり 1930 年 に 出 土 した 居 延 漢 簡 は 発 見 後 50 年 にしてようやく 全 ての 簡 の 出 土 地 が 判 明 したのである また 居 延 漢 簡 そのものは 日 中 戦 争 の 戦 禍 を 避 けるため 1937 年 に 香 港 に 輸 送 された 後 1940 年 に 米 国 に 輸 送 され 以 後 25 年 間 米 国 の 国 会 図 書 館 で 厳 重 に 保 管 された そ の 後 1965 年 に 台 湾 に 返 還 された 4 現 在 居 延 漢 簡 は 台 湾 の 中 央 研 究 院 歴 史 語 言 研 究 所 の 史 料 庫 に 保 管 されている 3 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 の 居 延 漢 簡 研 究 班 における 居 延 漢 簡 の 研 究 労 榦 氏 の 居 延 漢 簡 釈 文 之 部 は 1951 年 に 日 本 にもたらされ 5 その 入 手 を 機 に 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 において 森 鹿 三 を 班 長 として 居 延 漢 簡 の 共 同 研 究 班 が 組 織 された この 研 究 班 が 日 本 における 居 延 漢 簡 研 究 の 嚆 矢 となった 6 本 研 究 班 に 参 加 した 研 究 者 は 森 鹿 三 を 除 いて 藤 枝 晃 米 田 健 次 郎 大 庭 脩 永 田 英 正 イギリスの 中 国 学 研 究 者 マイ ケル ローウェ Michael Loewe などである 彼 らの 研 究 は 当 初 図 版 を 見 ることができ なかったために 労 榦 氏 が 解 読 した 釈 文 に 依 拠 せざるを 得 ず 労 榦 氏 の 解 読 を 批 判 検 討 することができなかった つまり 文 字 の 大 きさ 文 字 の 書 かれる 位 置 筆 跡 の 識 別 墨 の 濃 淡 など 古 文 書 を 研 究 する 上 で 最 も 基 礎 的 な 情 報 が 得 られなかったのである 加 えて 簡 2 居 延 漢 簡 研 究 の 苦 難 の 歴 史 については 冨 谷 至 竹 簡 木 簡 が 語 る 中 国 古 代 : 書 記 の 文 化 史 ( 岩 波 書 店 2003 年 )を 参 照 のこと 3 考 古 研 究 所 は 1977 年 に 社 会 科 学 院 が 設 立 されて 以 降 社 会 科 学 院 に 所 属 する 4 居 延 漢 簡 の 香 港 米 国 への 輸 送 について 邢 義 田 氏 の 傅 斯 年 胡 適 与 居 延 漢 簡 的 運 美 及 辺 台 ( 同 地 不 愛 宝 : 漢 代 的 簡 牘 中 華 書 局 2011 年 )を 参 照 のこと 5 南 渓 で 1943 年 に 出 版 された 居 延 漢 簡 釈 文 之 部 は 石 印 本 である 同 書 は 1949 年 に 上 海 商 務 印 書 舘 より 排 印 本 で 出 版 された 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 の 研 究 班 では 排 印 本 が 主 として 用 いられた 6 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 における 居 延 漢 簡 研 究 については 永 田 英 正 居 延 漢 簡 の 研 究 ( 同 朋 舎 1989 年 )の 序 章 を 参 照 のこと 29

34 野 口 優 漢 代 西 北 辺 境 の 研 究 の 出 土 地 も 判 然 としない 状 態 から 研 究 を 始 めなければならなかった このことは 簡 牘 の 移 動 について 全 く 検 討 する 手 がかりがないことを 意 味 する その 文 書 が 正 本 か 副 本 もし くは 草 稿 かなどという 文 書 の 性 質 を 決 定 する 上 で 最 も 重 要 な 情 報 が 得 られないのである しかし そのような 困 難 な 研 究 状 況 の 中 で 東 洋 史 研 究 第 12 巻 第 3 号 における 居 延 漢 簡 の 研 究 特 集 号 (1953 年 ) 7 や 藤 枝 晃 長 城 のまもり: 河 西 地 方 出 土 の 漢 代 木 簡 の 内 容 の 概 観 (1955 年 ) 8 など 現 在 においても 参 照 されるような 研 究 が 数 多 く 生 み 出 された そして 居 延 漢 簡 の 研 究 に 大 きな 転 機 が 訪 れたのが 1950 年 代 末 のことである 1957 年 の 居 延 漢 簡 図 版 之 部 の 出 版 と 1959 年 の 居 延 漢 簡 甲 篇 の 出 版 が 研 究 を 進 展 させたので ある この 両 書 の 出 版 で 簡 牘 の 形 式 書 式 文 字 の 墨 色 の 濃 淡 などの 状 況 が 明 確 となり 古 文 書 学 的 研 究 方 法 を 用 いて 居 延 漢 簡 を 研 究 することが 可 能 となった 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 の 研 究 班 では 森 鹿 三 居 延 漢 簡 の 集 成 :とくに 第 二 亭 食 簿 について (1959 年 ) や 居 延 出 土 の 卒 家 属 廩 名 籍 について (1960 年 )などの 研 究 が 発 表 された 9 また 断 簡 の 中 から 漢 代 の 詔 令 を 復 元 し 詔 令 の 作 成 伝 達 過 程 を 明 らかにした 大 庭 脩 居 延 出 土 の 詔 書 冊 と 詔 書 断 簡 について (1961 年 )も 図 版 出 土 地 が 発 表 されて 以 後 程 なくの 時 期 に 発 表 されている 10 そして 居 延 漢 簡 の 古 文 書 学 的 研 究 にとって 極 めて 重 要 な 研 究 が 1960 年 代 末 に 発 表 さ れた マイケル ローウェ Michael Loewe 氏 の Records of Han administration (1967 年 ) である ローウェ 氏 は 出 土 地 ごとに 簡 牘 を 書 式 ごとに 分 類 し 筆 跡 などを 手 がかりに 冊 書 を 復 元 することに 努 めた 氏 の 研 究 により 居 延 漢 簡 の 古 文 書 学 的 研 究 は 重 要 な 基 礎 を 得 た 氏 の 研 究 を 更 に 発 展 させたのが 永 田 英 正 氏 の 研 究 である 永 田 氏 は ローウェ 氏 の 文 書 書 式 の 分 類 をさらに 体 系 的 に 分 類 した そして その 分 類 をもとに 出 土 地 の 官 署 とし ての 職 掌 機 能 を 復 元 した 最 終 的 にその 書 式 分 類 に 対 する 詳 細 な 説 明 を 加 えた 上 で 上 記 の 研 究 成 果 を 居 延 漢 簡 の 研 究 (1989 年 )として 出 版 した 簡 牘 の 図 版 が 出 版 され 出 土 地 が 判 明 した 1950 年 代 末 以 降 両 氏 の 研 究 により 居 延 漢 簡 の 古 文 書 学 的 研 究 が 確 立 されたといえる そして 居 延 漢 簡 の 研 究 は 再 び 大 きな 転 換 点 を 迎 えた 1990 年 に 1972~1973 年 出 土 の 居 延 新 簡 二 万 枚 のうち 候 官 出 土 の 八 千 枚 の 釈 文 が 公 刊 されたのである なお 図 版 は 1994 年 に 公 刊 された 1972 年 出 土 の 居 延 新 簡 には 冊 書 も 多 く 含 まれており その 冊 書 を 用 いることにより 漢 代 辺 境 における 裁 判 軍 事 制 度 の 実 像 の 解 明 が 進 んだ さらに 2005 年 の 額 済 納 漢 簡 の 公 刊 と 2011 年 から 始 まる 肩 水 金 関 漢 簡 の 公 刊 が より 居 延 漢 簡 研 究 を 深 化 させている 以 上 の 辺 境 漢 簡 の 増 加 を 背 景 に 居 延 新 簡 の 出 土 以 降 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 の 冨 谷 至 教 授 が 再 び 居 延 漢 簡 の 研 究 班 を 組 織 し 居 延 漢 簡 中 の 語 彙 事 項 の 考 証 を 行 った その 7 東 洋 史 研 究 第 12 巻 第 3 号 の 内 容 は 以 下 の 通 りである 森 鹿 三 居 延 漢 簡 研 究 序 説 大 庭 脩 漢 代 における 功 次 の 昇 進 について 伊 藤 道 治 漢 代 居 延 戦 線 の 展 開 米 田 賢 次 郎 漢 代 の 辺 境 組 織 : 燧 の 配 置 について 岡 崎 敬 漢 代 辺 境 兵 士 の 被 服 について 吉 田 光 邦 弓 と 弩 日 比 野 丈 夫 漢 簡 所 見 地 名 考 川 勝 義 雄 居 延 漢 簡 年 表 8 ユーラシア 学 会 編 遊 牧 民 族 の 研 究 :ユーラシア 学 会 研 究 報 告 ( 自 然 と 文 化 / 自 然 史 学 会 編 : 別 編 2)に 収 録 されている 9 森 鹿 三 氏 の 研 究 は 東 洋 学 研 究 居 延 漢 簡 篇 ( 同 朋 舎 1975 年 )に 集 約 されている 10 大 庭 脩 氏 の 研 究 は 秦 漢 法 制 史 の 研 究 ( 創 文 社 1982 年 ) 及 び 漢 簡 研 究 ( 同 朋 舎 1992 年 ) に 集 約 されている 30

35 野 口 優 漢 代 西 北 研 究 の 研 究 成 果 は 2015 年 3 月 に 漢 簡 語 彙 : 中 国 古 代 木 簡 辞 典 及 び 漢 簡 語 彙 考 証 として 出 版 さ れた 京 都 大 学 が 中 心 となって 大 きな 成 果 を 挙 げた 古 文 書 学 的 研 究 であるが もちろん 成 果 を 上 げたのは 日 本 だけではない 近 年 になり 中 国 台 湾 でも 大 きな 研 究 業 績 が 現 れている 11 今 後 も 日 本 中 国 台 湾 その 他 の 国 で 活 発 な 研 究 交 流 がなされ 研 究 が 進 展 していく に 違 いない 日 中 台 事 件 史 居 延 漢 簡 居 延 漢 簡 公 刊 関 係 1901 義 和 団 事 件 の 終 結 オーレル スタインにより ニヤ 遺 跡 より 晋 簡 発 掘 スウェン へディンにより 楼 蘭 遺 跡 より 晋 簡 発 掘 1907 オーレル スタインにより 河 西 回 廊 より 漢 簡 発 掘 1911 清 帝 国 の 滅 亡 1912 中 華 民 国 の 成 立 王 国 維 簡 牘 検 署 考 ( 京 都 にて) 1914 王 国 維 流 沙 墜 簡 1930 西 北 科 学 考 査 団 により 居 延 漢 簡 が 発 掘 1937 盧 溝 橋 事 件 勃 発 (7 月 ) 居 延 漢 簡 香 港 へ( 年 末 ) 1940 居 延 漢 簡 香 港 から 米 国 へ 1941 太 平 洋 戦 争 開 戦 日 本 軍 による 香 港 占 領 1943 労 榦 居 延 漢 簡 釈 文 之 部 ( 石 印 本 ) 1945 第 二 次 世 界 大 戦 の 終 結 1946 国 共 内 戦 勃 発 1949 中 華 人 民 共 和 国 の 成 立 労 榦 居 延 漢 簡 釈 文 之 部 ( 排 印 本 ) 1953 米 国 と 台 湾 の 返 還 交 渉 東 洋 史 研 究 居 延 漢 簡 特 集 号 1959 考 古 研 究 所 居 延 漢 簡 甲 篇 1965 居 延 漢 簡 の 台 湾 返 還 1966 文 化 大 革 命 の 開 始 台 湾 による 居 延 漢 簡 点 検 1967 マイケル ローウェMichael Loewe Records of Han administration 1972 居 延 新 簡 の 発 掘 1975 森 鹿 三 東 洋 学 研 究 居 延 漢 簡 篇 1976 文 化 大 革 命 の 終 結 労 榦 労 榦 学 術 論 文 集 甲 篇 1977 社 会 科 学 院 の 設 立 1980 考 古 研 究 所 居 延 漢 簡 甲 乙 篇 1982 大 庭 脩 秦 漢 法 制 史 の 研 究 1989 永 田 英 正 居 延 漢 簡 の 研 究 1990 居 延 新 簡 : 甲 渠 候 官 与 第 四 燧 1991 大 庭 脩 漢 簡 研 究 1994 居 延 新 簡 : 甲 渠 候 官 1999 額 済 納 漢 簡 の 発 掘 2005 額 済 納 漢 簡 出 版 2011 肩 水 金 関 漢 簡 出 版 開 始 2015 漢 簡 語 彙 : 中 国 古 代 木 簡 辞 典 11 例 えば 中 国 では 李 均 明 秦 漢 簡 牘 文 書 分 類 輯 解 ( 文 物 出 版 社 2009 年 )が 台 湾 では 邢 義 田 治 国 安 邦 : 法 制 行 政 与 軍 事 地 不 愛 宝 : 漢 代 的 簡 牘 (ともに 中 華 書 局 2011 年 )が 出 版 され た その 他 にも 中 国 台 湾 で 多 数 の 研 究 が 出 版 されている 31

副 教 授 4 人, 讲 师 1 人 本 专 业 开 设 的 主 要 课 程 包 括 国 际 与 比 较 政 治 经 济 学 研 究 国 际 关 系 的 制 度 分 析 发 展 政 治 经 济 学 国 际 贸 易 的 政 治 经 济 学 对 外 直 接 投 资 的 政 治 经 济 学 货 币 与 金

副 教 授 4 人, 讲 师 1 人 本 专 业 开 设 的 主 要 课 程 包 括 国 际 与 比 较 政 治 经 济 学 研 究 国 际 关 系 的 制 度 分 析 发 展 政 治 经 济 学 国 际 贸 易 的 政 治 经 济 学 对 外 直 接 投 资 的 政 治 经 济 学 货 币 与 金 国 际 政 治 国 际 关 系 专 业 中 国 人 民 大 学 是 新 中 国 最 早 开 展 国 际 政 治 国 际 关 系 教 学 与 研 究 的 大 学 之 一 早 在 1950 年 人 民 大 学 建 校 时 就 成 立 国 际 关 系 教 研 室 1964 年, 根 据 中 共 中 央 的 部 署 和 周 恩 来 总 理 的 指 示 建 立 了 国 际 政 治 系, 成 为 当 时 国 内

More information

上海市浦东新区教育局文件

上海市浦东新区教育局文件 2014 年 浦 东 新 区 公 办 学 校 教 师 招 聘 办 法 浦 教 人 2013 7 号 根 据 浦 东 新 区 人 社 局 关 于 印 发 < 浦 东 新 区 事 业 单 位 招 聘 录 用 工 作 人 员 实 施 办 法 ( 试 行 )> 的 通 知 ( 浦 人 保 [2009]17 号 ) 要 求, 结 合 基 层 学 校 实 际 情 况, 现 就 2014 年 浦 东 新 区 公

More information

组 成 部 分 和 在 各 职 能 单 位 的 具 体 分 解 细 化 ; 下 属 公 司 ( 或 业 务 单 元 ) 战 略 为 第 三 层 次, 是 总 战 略 在 执 行 单 位 或 业 务 单 元 的 具 体 规 划 与 落 实 措 施 第 八 条 公 司 总 战 略 全 面 规 划 公 司

组 成 部 分 和 在 各 职 能 单 位 的 具 体 分 解 细 化 ; 下 属 公 司 ( 或 业 务 单 元 ) 战 略 为 第 三 层 次, 是 总 战 略 在 执 行 单 位 或 业 务 单 元 的 具 体 规 划 与 落 实 措 施 第 八 条 公 司 总 战 略 全 面 规 划 公 司 北 京 电 子 城 投 资 开 发 股 份 有 限 公 司 战 略 管 理 制 度 第 一 章 总 则 第 一 条 为 规 范 北 京 电 子 城 投 资 开 发 股 份 有 限 公 司 ( 以 下 简 称 公 司 ) 战 略 管 理 工 作, 提 高 战 略 规 划 的 科 学 性, 对 公 司 中 长 期 发 展 的 导 向 作 用, 促 进 公 司 持 续 稳 定 发 展, 特 制 定 本 制

More information

状 况 专 利 资 产 的 基 本 状 况 通 常 包 括 : ( 一 ) 专 利 名 称 ;( 二 ) 专 利 类 别 ;( 三 ) 专 利 申 请 的 国 别 或 者 地 区 ;( 四 ) 专 利 申 请 号 或 者 专 利 号 ;( 五 ) 专 利 的 法 律 状 态 ;( 六 ) 专 利 申

状 况 专 利 资 产 的 基 本 状 况 通 常 包 括 : ( 一 ) 专 利 名 称 ;( 二 ) 专 利 类 别 ;( 三 ) 专 利 申 请 的 国 别 或 者 地 区 ;( 四 ) 专 利 申 请 号 或 者 专 利 号 ;( 五 ) 专 利 的 法 律 状 态 ;( 六 ) 专 利 申 专 利 资 产 评 估 指 导 意 见 人 民 网 第 一 条 为 规 范 注 册 资 产 评 估 师 执 行 专 利 资 产 评 估 业 务 行 为, 维 护 社 会 公 共 利 益 和 资 产 评 估 各 方 当 事 人 合 法 权 益, 根 据 资 产 评 估 准 则 无 形 资 产, 制 定 本 指 导 意 见 第 二 条 本 指 导 意 见 所 称 专 利 资 产, 是 指 权 利 人 所

More information

证券代码:600099      证券简称:林海股份     公告编号:临2015-062

证券代码:600099       证券简称:林海股份       公告编号:临2015-062 证 券 代 码 :600099 证 券 简 称 : 林 海 股 份 公 告 编 号 : 临 2015-066 林 海 股 份 有 限 公 司 对 上 海 证 券 交 易 所 关 于 林 海 股 份 有 限 公 司 重 大 资 产 重 组 事 项 问 询 函 之 回 复 报 告 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D6D0B9FAD7A2B2E1BBE1BCC6CAA6C9F3BCC6D7BCD4F2B5DA31313231BAC5A1AAA1AAC0FACAB7B2C6CEF1D0C5CFA2C9F3BCC6B5C4D6CAC1BFA1AD>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D6D0B9FAD7A2B2E1BBE1BCC6CAA6C9F3BCC6D7BCD4F2B5DA31313231BAC5A1AAA1AAC0FACAB7B2C6CEF1D0C5CFA2C9F3BCC6B5C4D6CAC1BFA1AD> 中 国 注 册 会 计 师 审 计 准 则 第 1121 号 历 史 财 务 信 息 审 计 的 质 量 控 制 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 规 范 包 括 财 务 报 表 在 内 的 历 史 财 务 信 息 审 计 的 质 量 控 制 程 序, 明 确 会 计 师 事 务 所 人 员 责 任, 制 定 本 准 则 第 二 条 本 准 则 适 用 于 注 册 会 计 师 执 行 历 史

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BAA3CDE2CAC2D2B5B2BFD3AACFFAC8CBD4B1B9ABBFAAD5D0C6B8CDA8D6AA2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BAA3CDE2CAC2D2B5B2BFD3AACFFAC8CBD4B1B9ABBFAAD5D0C6B8CDA8D6AA2E646F6378> 海 外 事 业 部 营 销 人 员 公 开 招 聘 通 知 为 进 一 步 拓 展 非 洲 地 区 业 务, 近 期 非 洲 营 销 中 心 调 整 为 四 大 营 销 中 心, 并 将 赞 比 亚 国 别 组 调 整 为 公 司 化 运 营, 经 过 上 述 调 整, 非 洲 地 区 市 场 布 局 更 趋 完 善, 与 此 同 时, 非 洲 地 区 的 用 人 需 求 也 进 一 步 凸 显 为

More information

农产品质量安全监测管理办法

农产品质量安全监测管理办法 农 产 品 质 量 安 全 监 测 管 理 办 法 农 产 品 质 量 安 全 监 测 管 理 办 法 农 产 品 质 量 安 全 监 测 管 理 办 法 业 经 2012 年 6 月 13 日 农 业 部 第 7 次 常 务 会 议 审 议 通 过, 现 予 公 布, 自 2012 年 10 月 1 日 起 施 行 部 长 : 韩 长 赋 二 〇 一 二 年 八 月 十 四 日 第 一 章 总 则

More information

序 号 院 系 名 称 专 业 代 码 及 名 称 初 试 成 绩 基 本 要 求 1 政 法 学 院 2 马 克 思 主 义 教 育 学 院 010102 中 国 哲 学 030505 思 想 政 治 教 育 030505 思 想 政 治 教 育 3 教 育 学 院 040105 学 前 教 育

序 号 院 系 名 称 专 业 代 码 及 名 称 初 试 成 绩 基 本 要 求 1 政 法 学 院 2 马 克 思 主 义 教 育 学 院 010102 中 国 哲 学 030505 思 想 政 治 教 育 030505 思 想 政 治 教 育 3 教 育 学 院 040105 学 前 教 育 首 都 师 范 大 学 2015 年 硕 士 研 究 生 复 试 录 取 工 作 方 案 本 复 试 录 取 工 作 方 案 适 用 于 我 校 2015 年 一 志 愿 和 调 剂 的 学 术 型 和 全 日 制 专 业 学 位 硕 士 研 究 生 根 据 教 育 部 关 于 加 强 硕 士 研 究 生 招 生 复 试 工 作 的 指 导 意 见 ( 教 学 [2006]4 号 ) 2015 年

More information

当 订 立 出 版 合 同, 并 可 以 到 省 著 作 权 行 政 管 理 部 门 办 理 合 同 登 记 备 案 手 续 第 八 条 出 版 或 者 复 制 境 外 作 品, 应 当 取 得 境 外 著 作 权 人 的 授 权, 订 立 出 版 或 者 复 制 合 同, 按 照 国 家 有 关

当 订 立 出 版 合 同, 并 可 以 到 省 著 作 权 行 政 管 理 部 门 办 理 合 同 登 记 备 案 手 续 第 八 条 出 版 或 者 复 制 境 外 作 品, 应 当 取 得 境 外 著 作 权 人 的 授 权, 订 立 出 版 或 者 复 制 合 同, 按 照 国 家 有 关 山 东 省 著 作 权 保 护 条 例 (1997 年 8 月 16 日 山 东 省 第 八 届 人 民 代 表 大 会 常 务 委 员 会 第 二 十 九 次 会 议 通 过 2004 年 5 月 27 日 山 东 省 第 十 届 人 民 代 表 大 会 常 务 委 员 会 第 八 次 会 议 修 订 ) 第 一 章 总 则 第 一 条 为 保 护 文 学 艺 术 和 科 学 作 品 作 者 的

More information

中医基础理论试题答案(一)

中医基础理论试题答案(一) 第 一 中 医 哲 基 础 课 程 名 称 中 医 基 础 理 论 ( 孙 广 仁 主 编 十 五 国 家 规 划 材 ) 第 一 : 中 医 哲 基 础 第 二 : 阴 阳 说 阴 阳 概 念 时 数 2 方 法 课 堂 讲 授, 配 合 多 媒 体 课 件 1. 掌 握 阴 阳 基 本 概 念 ; 2. 掌 握 事 物 阴 阳 属 性 划 分 及 其 相 对 性 与 绝 对 性 ; 1. 阴 阳

More information

力, 并 根 据 培 养 方 案 的 要 求 学 位 论 文 工 作 需 要 以 及 个 人 特 点 适 当 安 排 学 习 若 干 课 程, 在 拓 宽 基 础 加 深 专 业 知 识 了 解 学 科 前 沿 的 基 础 上 掌 握 开 拓 性 创 造 性 科 学 研 究 工 作 方 法, 培 养

力, 并 根 据 培 养 方 案 的 要 求 学 位 论 文 工 作 需 要 以 及 个 人 特 点 适 当 安 排 学 习 若 干 课 程, 在 拓 宽 基 础 加 深 专 业 知 识 了 解 学 科 前 沿 的 基 础 上 掌 握 开 拓 性 创 造 性 科 学 研 究 工 作 方 法, 培 养 广 西 大 学 博 士 学 位 研 究 生 培 养 工 作 规 定 ( 西 大 研 2015 38 号 ) 为 了 加 强 博 士 研 究 生 培 养 工 作, 不 断 提 高 博 士 研 究 生 培 养 质 量, 根 据 中 华 人 民 共 和 国 学 位 条 例 及 教 育 部 中 华 人 民 共 和 国 学 位 条 例 暂 行 实 施 办 法 等 有 关 文 件 精 神, 结 合 我 校 的

More information

提 高 医 疗 服 务 质 量 和 加 强 过 程 监 管 的 医 院 管 理 目 标 具 体 管 理 要 求 参 照 卫 生 部 和 有 关 部 门 制 定 的 相 关 文 件, 不 列 入 本 规 范 内 容 第 六 条 各 地 可 在 本 规 范 基 础 上 结 合 当 地 实 际 情 况 制

提 高 医 疗 服 务 质 量 和 加 强 过 程 监 管 的 医 院 管 理 目 标 具 体 管 理 要 求 参 照 卫 生 部 和 有 关 部 门 制 定 的 相 关 文 件, 不 列 入 本 规 范 内 容 第 六 条 各 地 可 在 本 规 范 基 础 上 结 合 当 地 实 际 情 况 制 全 国 妇 幼 保 健 机 构 信 息 工 作 管 理 规 范 ( 试 行 ) 第 一 章 总 则 第 一 条 为 加 强 妇 幼 保 健 机 构 信 息 工 作 的 管 理, 提 高 信 息 工 作 的 质 量 和 效 率, 加 强 学 科 体 系 发 展, 满 足 卫 生 行 政 部 门 和 妇 幼 保 健 机 构 进 行 科 学 决 策 和 开 展 规 范 化 管 理 与 优 质 服 务 的

More information

化学与材料学科博士学位标准修订

化学与材料学科博士学位标准修订 化 学 与 材 料 学 科 研 究 生 学 习 培 养 过 程 要 求 第 一 条 根 据 中 国 科 学 技 术 大 学 硕 士 博 士 学 位 授 予 实 施 细 则 与 关 于 博 士 学 位 标 准 修 订 的 指 导 原 则 (2010 年 11 月 ), 经 化 学 与 材 料 学 科 学 位 分 委 员 会 研 究 决 定, 制 定 化 学 与 材 料 学 科 研 究 生 学 习 培

More information

八 届 董 事 会 各 专 门 委 员 会 成 员, 各 专 门 委 员 会 任 期 与 本 届 董 事 会 任 期 一 致 具 体 如 下 : 1. 战 略 委 员 会 : 张 玉 良 ( 主 任 委 员 ) 华 民 吴 晓 波 蔡 顺 明 宋 成 立 汲 广 林 ; 2. 提 名 委 员 会 :

八 届 董 事 会 各 专 门 委 员 会 成 员, 各 专 门 委 员 会 任 期 与 本 届 董 事 会 任 期 一 致 具 体 如 下 : 1. 战 略 委 员 会 : 张 玉 良 ( 主 任 委 员 ) 华 民 吴 晓 波 蔡 顺 明 宋 成 立 汲 广 林 ; 2. 提 名 委 员 会 : 证 券 代 码 :600606 股 票 简 称 : 金 丰 投 资 编 号 : 临 2015-042 绿 地 控 股 股 份 有 限 公 司 第 八 届 董 事 会 第 一 次 会 议 决 议 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 者 重 大 遗 漏, 并 对 其 内 容 的 真 实 性 准 确 性

More information

证券代码:600343 股票简称:航天动力 编号:2013-014

证券代码:600343                股票简称:航天动力                编号:2013-014 陕 西 航 天 动 力 高 科 技 股 份 有 限 公 司 关 于 募 集 资 金 临 时 补 充 流 动 资 金 的 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 者 重 大 遗 漏, 并 对 其 内 容 的 真 实 性 准 确 性 和 完 整 性 承 担 个 别 及 连 带 责 任 重 要 内 容 提

More information

中国の養老保険制度における再分配の課題

中国の養老保険制度における再分配の課題 CEGS DISCUSSION PAPER SERIES No. 2014-CEGS-01 中 国 の 養 老 保 険 制 度 における 再 分 配 の 課 題 李 宣 横 浜 国 立 大 学 成 長 戦 略 研 究 センター リサーチャー 2015 年 3 月 横 浜 国 立 大 学 成 長 戦 略 研 究 センター Center for Economic Growth Strategy (CEGS)

More information

称 评 价 指 引 ) 的 要 求, 结 合 企 业 内 部 控 制 制 度 和 评 价 办 法, 在 内 部 控 制 日 常 监 督 和 专 项 监 督 的 基 础 上, 对 公 司 截 至 2012 年 12 月 31 日 内 部 控 制 的 设 计 与 运 行 的 有 效 性 进 行 评 价

称 评 价 指 引 ) 的 要 求, 结 合 企 业 内 部 控 制 制 度 和 评 价 办 法, 在 内 部 控 制 日 常 监 督 和 专 项 监 督 的 基 础 上, 对 公 司 截 至 2012 年 12 月 31 日 内 部 控 制 的 设 计 与 运 行 的 有 效 性 进 行 评 价 国 旅 联 合 股 份 有 限 公 司 2012 年 度 内 部 控 制 评 价 报 告 国 旅 联 合 股 份 有 限 公 司 全 体 股 东 : 根 据 企 业 内 部 控 制 基 本 规 范 等 法 律 法 规 的 要 求, 我 们 对 本 公 司 ( 以 下 简 称 公 司 ) 内 部 控 制 的 有 效 性 进 行 了 自 我 评 价 一 董 事 会 声 明 公 司 董 事 会 及 全 体

More information

邀 请 函

邀  请  函 附 件 中 国 汽 车 工 业 协 会 汽 车 空 调 委 员 会 工 作 条 例 第 一 章 总 则 第 一 条 本 分 支 机 构 的 名 称 是 : 中 国 汽 车 工 业 协 会 汽 车 空 调 委 员 会 ( 以 下 简 称 委 员 会 ), 英 文 名 称 : Mobile Air Conditioning Committee of China Association of Automobile

More information

<4D F736F F D20BAFEC4CFD0C2CEE5B7E1B9C9B7DDD3D0CFDEB9ABCBBEB5DAC8FDBDECB6ADCAC2BBE1B5DACBC4CAAEC8FDB4CEBBE1D2E9BEF6D2E9B9ABB8E6F4DFD5D9BFAA C4EAB5DACBC4B4CEC1D9CAB1B9C9B6ABB4F3BBE1B5C4CDA8D6AA5F315F2E646F63>

<4D F736F F D20BAFEC4CFD0C2CEE5B7E1B9C9B7DDD3D0CFDEB9ABCBBEB5DAC8FDBDECB6ADCAC2BBE1B5DACBC4CAAEC8FDB4CEBBE1D2E9BEF6D2E9B9ABB8E6F4DFD5D9BFAA C4EAB5DACBC4B4CEC1D9CAB1B9C9B6ABB4F3BBE1B5C4CDA8D6AA5F315F2E646F63> 股 票 简 称 : 新 五 丰 股 票 代 码 :600975 编 号 : 临 2012-23 湖 南 新 五 丰 股 份 有 限 公 司 第 三 届 董 事 会 第 四 十 三 次 会 议 决 议 公 告 暨 召 开 2012 年 第 四 次 临 时 股 东 大 会 的 通 知 特 别 提 示 : 本 公 司 及 董 事 会 全 体 成 员 保 证 公 告 内 容 真 实 准 确 和 完 整, 并

More information

程 序 一 关 联 交 易 基 本 情 况 ( 一 ) 关 联 交 易 履 行 的 审 议 程 序 1 本 次 关 联 交 易 事 项 已 经 公 司 2015 年 4 月 28 日 召 开 的 第 六 届 董 事 会 第 二 十 一 次 会 议 审 议 通 过 公 司 关 联 董 事 童 国 华

程 序 一 关 联 交 易 基 本 情 况 ( 一 ) 关 联 交 易 履 行 的 审 议 程 序 1 本 次 关 联 交 易 事 项 已 经 公 司 2015 年 4 月 28 日 召 开 的 第 六 届 董 事 会 第 二 十 一 次 会 议 审 议 通 过 公 司 关 联 董 事 童 国 华 证 券 代 码 :600345 证 券 简 称 : 长 江 通 信 公 告 编 号 :2015-006 武 汉 长 江 通 信 产 业 集 团 股 份 有 限 公 司 关 于 对 2014 年 度 关 联 交 易 进 行 确 认 的 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 者 重 大 遗 漏, 并 对

More information

2. 電 信 企 業 の 手 数 料 およびコミッション 支 出 の 税 前 控 除 に 関 する 問 題 電 信 企 業 が 顧 客 開 拓 の 過 程 において 電 話 加 入 カード 電 話 プリペイドカード 等 の 販 売 をブロー カーおよび 代 理 商 に 委 託 する 場 合 ブローカ

2. 電 信 企 業 の 手 数 料 およびコミッション 支 出 の 税 前 控 除 に 関 する 問 題 電 信 企 業 が 顧 客 開 拓 の 過 程 において 電 話 加 入 カード 電 話 プリペイドカード 等 の 販 売 をブロー カーおよび 代 理 商 に 委 託 する 場 合 ブローカ 国 家 税 務 総 局 公 告 関 連 2012 年 6 月 21 日 みずほコーポレート 銀 行 ( 中 国 ) 有 限 公 司 中 国 アドバイザリー 部 みずほ 中 国 ビジネス エクスプレス ( 第 227 号 ) 国 家 税 務 総 局 企 業 所 得 税 課 税 所 得 額 の 税 務 処 理 を 明 確 化 平 素 より 格 別 のご 高 配 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます

More information

第 七 条 登 记 管 理 机 关 业 务 主 管 单 位 与 其 管 辖 的 民 办 非 企 业 单 位 的 住 所 不 在 一 地 的, 可 以 委 托 民 办 非 企 业 单 位 住 所 地 的 登 记 管 理 机 关 业 务 主 管 单 位 负 责 委 托 范 围 内 的 监 督 管 理 工

第 七 条 登 记 管 理 机 关 业 务 主 管 单 位 与 其 管 辖 的 民 办 非 企 业 单 位 的 住 所 不 在 一 地 的, 可 以 委 托 民 办 非 企 业 单 位 住 所 地 的 登 记 管 理 机 关 业 务 主 管 单 位 负 责 委 托 范 围 内 的 监 督 管 理 工 民 办 非 企 业 单 位 登 记 管 理 暂 行 条 例 发 文 机 关 发 文 号 发 文 日 期 生 效 日 期 失 效 日 期 国 务 院 国 务 院 令 第 251 号 1998-10-25 1998-10-25 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 规 范 民 办 非 企 业 单 位 的 登 记 管 理, 保 障 民 办 非 企 业 单 位 的 合 法 权 益, 促 进 社 会 主 义

More information

单 位 与 个 人 无 权 提 前 和 延 后 考 试 时 间, 更 不 能 违 反 试 卷 保 密 的 有 关 规 定, 确 保 初 赛 的 公 平 公 正 2. 命 题 : 初 赛 由 省 化 学 竞 委 会 组 织 有 关 专 家 命 题, 考 试 范 围 为 中 学 化 学 内 容, 考 试

单 位 与 个 人 无 权 提 前 和 延 后 考 试 时 间, 更 不 能 违 反 试 卷 保 密 的 有 关 规 定, 确 保 初 赛 的 公 平 公 正 2. 命 题 : 初 赛 由 省 化 学 竞 委 会 组 织 有 关 专 家 命 题, 考 试 范 围 为 中 学 化 学 内 容, 考 试 湖 南 省 化 学 化 工 学 会 湖 南 省 高 中 学 生 化 学 竞 赛 组 织 与 管 理 实 施 细 则 ( 试 行 ) 中 国 化 学 奥 林 匹 克 是 一 项 开 发 中 学 生 潜 质, 激 励 中 学 生 学 习 化 学 热 爱 化 学 的 兴 趣 和 积 极 性, 提 高 素 质, 培 养 学 生 独 立 分 析 问 题 解 决 问 题 能 力 的 科 技 活 动 通 过 该

More information

中华人民共和国中医药条例

中华人民共和国中医药条例 中 华 人 民 共 和 国 国 务 院 令 ( 第 374 号 ) 中 华 人 民 共 和 国 中 医 药 条 例 已 经 2003 年 4 月 2 日 国 务 院 第 3 次 常 务 会 议 通 过, 现 予 公 布, 自 2003 年 10 月 1 日 起 施 行 中 华 人 民 共 和 国 中 医 药 条 例 第 一 章 总 则 总 理 温 家 宝 2003 年 4 月 7 日 第 一 条 为

More information

中 做 出 突 出 贡 献 的 执 业 兽 医, 按 照 国 家 有 关 规 定 给 予 表 彰 和 奖 励 第 六 条 执 业 兽 医 应 当 具 备 良 好 的 职 业 道 德, 按 照 有 关 动 物 防 疫 动 物 诊 疗 和 兽 药 管 理 等 法 律 行 政 法 规 和 技 术 规 范

中 做 出 突 出 贡 献 的 执 业 兽 医, 按 照 国 家 有 关 规 定 给 予 表 彰 和 奖 励 第 六 条 执 业 兽 医 应 当 具 备 良 好 的 职 业 道 德, 按 照 有 关 动 物 防 疫 动 物 诊 疗 和 兽 药 管 理 等 法 律 行 政 法 规 和 技 术 规 范 中 华 人 民 共 和 国 农 业 部 令 第 18 号 执 业 兽 医 管 理 办 法 已 经 2008 年 11 月 4 日 农 业 部 第 8 次 常 务 会 议 审 议 通 过, 现 予 发 布, 自 2009 年 1 月 1 日 起 施 行 部 长 : 孙 政 才 二 八 年 十 一 月 二 十 六 日 执 业 兽 医 管 理 办 法 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 规 范 执 业

More information

实 准 确 完 整 履 行 相 关 信 息 披 露 工 作, 不 存 在 违 规 使 用 募 集 资 金 的 情 形 公 司 3 名 独 立 董 事 对 此 议 案 发 表 了 独 立 董 事 意 见 有 限 公 司 2015 年 上 半 年 募 集 资 金 存 放 与 使 用 情 况 专 项 报

实 准 确 完 整 履 行 相 关 信 息 披 露 工 作, 不 存 在 违 规 使 用 募 集 资 金 的 情 形 公 司 3 名 独 立 董 事 对 此 议 案 发 表 了 独 立 董 事 意 见 有 限 公 司 2015 年 上 半 年 募 集 资 金 存 放 与 使 用 情 况 专 项 报 证 券 代 码 :300217 证 券 简 称 : 东 方 电 热 公 告 编 号 :2015-034 镇 江 东 方 电 热 科 技 股 份 有 限 公 司 第 二 届 董 事 会 第 十 七 次 会 议 决 议 公 告 本 公 司 及 董 事 会 全 体 成 员 保 证 公 告 内 容 真 实 准 确 和 完 整, 没 有 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 重 大 遗 漏 镇 江 东 方

More information

西安电子科技大学

西安电子科技大学 2016 年 硕 士 研 究 生 招 生 人 文 学 院 专 业 目 录 西 安 电 子 科 技 大 学 研 究 生 招 生 办 公 室 2015 年 7 月 学 院 简 介 西 安 电 子 科 技 大 学 人 文 学 院 于 2012 年 底 经 过 学 校 机 构 整 合, 保 留 政 治 学 教 研 室, 哲 学 教 研 室, 文 史 教 研 室, 艺 术 教 育 中 心, 将 思 想 政 治

More information

Microsoft Word - 安全生产培训管理办法.doc

Microsoft Word - 安全生产培训管理办法.doc 安 全 生 产 培 训 管 理 办 法 ( 国 家 安 全 生 产 监 督 管 理 局 国 家 煤 矿 安 全 监 察 局 令 第 20 号 ) 安 全 生 产 培 训 管 理 办 法 已 经 国 家 安 全 生 产 监 督 管 理 局 ( 国 家 煤 矿 安 全 监 察 局 ) 局 务 会 议 审 议 通 过, 现 予 公 布, 自 2005 年 2 月 1 日 起 施 行 局 长 : 王 显 政

More information

场 外 证 券 业 务 备 案 备 案 机 构 新 设 全 资 子 公 司 从 事 本 办 法 第 二 条 规 定 的 场 外 证 券 业 务 的, 应 当 作 为 变 更 事 项 报 送 相 关 信 息, 信 息 报 送 责 任 主 体 相 应 转 移 第 四 条 协 会 根 据 公 平 公 正

场 外 证 券 业 务 备 案 备 案 机 构 新 设 全 资 子 公 司 从 事 本 办 法 第 二 条 规 定 的 场 外 证 券 业 务 的, 应 当 作 为 变 更 事 项 报 送 相 关 信 息, 信 息 报 送 责 任 主 体 相 应 转 移 第 四 条 协 会 根 据 公 平 公 正 场 外 证 券 业 务 备 案 管 理 办 法 (2015 年 7 月 29 日 发 布,2015 年 9 月 1 日 起 正 式 实 施 ) 第 一 章 总 则 第 一 条 为 规 范 促 进 场 外 证 券 业 务 发 展, 根 据 中 国 证 券 业 协 会 ( 以 下 简 称 协 会 ) 相 关 自 律 规 则, 制 定 本 办 法 第 二 条 场 外 证 券 业 务 是 指 在 上 海 深

More information

标题

标题 第 37 卷 第 2 期 2014 年 3 月 解 放 军 外 国 语 学 院 学 报 Journal of PLA University of Foreign Languages 9 面 向 大 学 本 科 教 育 的 日 语 教 学 语 法 建 设 理 念 内 容 方 法 的 更 新 与 发 展 曹 大 峰 ( 北 京 外 国 语 大 学 北 京 日 本 学 研 究 中 心, 北 京 100089)

More information

浙江省农产品质量安全学会章程

浙江省农产品质量安全学会章程 浙 江 省 农 产 品 质 量 安 全 学 会 章 程 第 一 章 总 则 第 一 条 本 学 会 定 名 为 浙 江 省 农 产 品 质 量 安 全 学 会, 英 文 名 称 为 : Zhejiang Association of Quality and Safety for Agricultural Products( 缩 写 为 ZAQSA) 第 二 条 本 学 会 由 浙 江 省 农 业 科

More information

股 票 代 码 :601992 股 票 简 称 : 金 隅 股 份 公 告 编 号 : 临 2014-008 北 京 金 隅 股 份 有 限 公 司 关 于 报 告 期 内 房 地 产 业 务 是 否 存 在 炒 地 及 闲 置 用 地 捂 盘 惜 售 哄 抬 房 价 等 违 法 违 规 问 题 自

股 票 代 码 :601992 股 票 简 称 : 金 隅 股 份 公 告 编 号 : 临 2014-008 北 京 金 隅 股 份 有 限 公 司 关 于 报 告 期 内 房 地 产 业 务 是 否 存 在 炒 地 及 闲 置 用 地 捂 盘 惜 售 哄 抬 房 价 等 违 法 违 规 问 题 自 香 港 交 易 及 結 算 所 有 限 公 司 及 香 港 聯 合 交 易 所 有 限 公 司 對 本 公 告 的 內 容 概 不 負 責, 對 其 準 確 性 或 完 整 性 亦 不 發 表 任 何 聲 明, 並 明 確 表 示, 概 不 會 就 本 公 告 全 部 或 任 何 部 分 內 容 而 產 生 或 因 依 賴 該 等 內 容 而 引 致 的 任 何 損 失 承 擔 任 何 責 任 北

More information

证券代码:300118 证券简称:东方日升公告编号:

证券代码:300118        证券简称:东方日升公告编号: 证 券 代 码 :300118 证 券 简 称 : 东 方 日 升 公 告 编 号 :2016-047 东 方 日 升 新 能 源 股 份 有 限 公 司 关 于 签 订 附 条 件 生 效 的 股 份 认 购 合 同 暨 关 联 交 易 的 公 告 本 公 司 及 董 事 会 全 体 成 员 保 证 信 息 披 露 的 内 容 真 实 准 确 完 整, 没 有 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述

More information

关于使用暂时闲置的募集资金进行现金管理的公告

关于使用暂时闲置的募集资金进行现金管理的公告 证 券 代 码 :002609 证 券 简 称 : 捷 顺 科 技 公 告 编 号 : 2016-019 深 圳 市 捷 顺 科 技 实 业 股 份 有 限 公 司 关 于 最 近 五 年 被 证 券 监 管 部 门 和 交 易 所 采 取 处 罚 或 监 管 措 施 及 整 改 情 况 的 公 告 本 公 司 及 董 事 会 全 体 成 员 保 证 信 息 披 露 内 容 的 真 实 准 确 完

More information

《博士、硕士学位基本要求》编写提纲

《博士、硕士学位基本要求》编写提纲 农 业 工 程 领 域 工 程 硕 士 专 业 学 位 基 本 要 求 第 一 部 分 概 况 农 业 工 程 领 域 的 工 程 硕 士 专 业 学 位 是 与 本 工 程 领 域 任 职 资 格 相 联 系 的 专 业 性 学 位 学 位 获 得 者 应 成 为 农 业 及 相 关 行 业 基 础 扎 实 素 质 全 面 工 程 实 践 能 力 强 并 具 有 一 定 创 新 能 力 的 应 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D6D0D0C5D6A4C8AFB9C9B7DDD3D0CFDEB9ABCBBEB9D8D3DAC9EEDBDACAD0BDA8C9FDBFC6BCBCB9C9B7DDD3D0CFDEB9ABCBBED6AEB8A8B5BCB9A4D7F7BDF8D5B9B1A8B8E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D6D0D0C5D6A4C8AFB9C9B7DDD3D0CFDEB9ABCBBEB9D8D3DAC9EEDBDACAD0BDA8C9FDBFC6BCBCB9C9B7DDD3D0CFDEB9ABCBBED6AEB8A8B5BCB9A4D7F7BDF8D5B9B1A8B8E6> 中 信 证 券 股 份 有 限 公 司 文 件 资 证 投 字 [2016]1018 号 中 信 证 券 股 份 有 限 公 司 关 于 深 圳 市 建 升 科 技 股 份 有 限 公 司 之 辅 导 工 作 进 展 报 告 中 国 证 券 监 督 管 理 委 员 会 深 圳 监 管 局 : 中 信 证 券 股 份 有 限 公 司 ( 以 下 简 称 中 信 证 券 ) 接 受 深 圳 市 建 升

More information

Microsoft Word - 01 28手続(中国語)

Microsoft Word - 01 28手続(中国語) 平 成 28 年 度 千 葉 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 の 手 続 ( 中 国 語 版 ) (2016 年 度 千 叶 县 公 立 高 中 入 学 考 试 办 法 中 文 版 ) 前 期 選 抜 ( 前 期 选 拔 ) 1 出 願 資 格 ( 报 名 资 格 ) 报 名 资 格 ( 符 合 以 下 任 何 一 项 条 件 者 ) ア 历 届 初 中 毕 业 生 或 预 计 于

More information

7-隆平高科内部控制自我评价报告.doc

7-隆平高科内部控制自我评价报告.doc 袁 隆 平 农 业 高 科 技 股 份 有 限 2011 年 度 二 一 二 年 四 月 十 八 日 袁 隆 平 农 业 高 科 技 有 限 2011 年 度 根 据 企 业 内 控 制 基 本 规 范 上 市 治 理 准 则 深 圳 证 券 交 易 所 上 市 规 范 运 作 指 引 以 及 关 于 做 好 上 市 2011 年 年 度 报 告 工 作 的 通 知 要 求, 袁 隆 平 农 业 高

More information

3 内 部 控 制 应 保 证 机 构 设 置 权 责 分 配 的 合 理 性, 不 相 容 岗 位 设 置 严 格 分 离, 确 保 不 同 机 构 岗 位 之 间 权 责 分 明 相 互 制 约 相 互 监 督 4 内 部 控 制 遵 循 成 本 效 益 原 则, 以 合 理 的 控 制 成 本

3 内 部 控 制 应 保 证 机 构 设 置 权 责 分 配 的 合 理 性, 不 相 容 岗 位 设 置 严 格 分 离, 确 保 不 同 机 构 岗 位 之 间 权 责 分 明 相 互 制 约 相 互 监 督 4 内 部 控 制 遵 循 成 本 效 益 原 则, 以 合 理 的 控 制 成 本 江 苏 雅 克 科 技 股 份 有 限 公 司 2011 年 度 内 部 控 制 自 我 评 价 报 告 2011 年 度, 公 司 依 据 公 司 法 证 券 法 企 业 内 部 控 制 基 本 规 范 等 相 关 法 律 法 规 规 范 性 文 件 和 监 管 部 门 的 要 求, 不 断 完 善 法 人 治 理 结 构, 结 合 公 司 自 身 特 点 和 发 展 需 要, 在 修 订 完 善

More information

附 件 : 峨 眉 山 市 文 轩 教 育 杯 走 复 兴 路 圆 中 国 梦 读 书 教 育 活 动 方 案 为 认 真 学 习 贯 彻 党 的 十 八 大 精 神 和 习 近 平 总 书 记 重 要 讲 话 精 神, 深 入 开 展 中 国 特 色 社 会 主 义 宣 传 教 育, 引 导 广

附 件 : 峨 眉 山 市 文 轩 教 育 杯 走 复 兴 路 圆 中 国 梦 读 书 教 育 活 动 方 案 为 认 真 学 习 贯 彻 党 的 十 八 大 精 神 和 习 近 平 总 书 记 重 要 讲 话 精 神, 深 入 开 展 中 国 特 色 社 会 主 义 宣 传 教 育, 引 导 广 峨 眉 山 市 精 神 文 明 建 设 办 公 室 峨 眉 山 市 教 育 局 文 件 峨 文 明 办 2014 4 号 关 于 印 发 峨 眉 山 市 文 轩 教 育 杯 走 复 兴 路 圆 中 国 梦 读 书 教 育 活 动 方 案 的 通 知 全 市 各 中 小 学 和 职 业 技 术 学 校 : 现 将 峨 眉 山 市 文 轩 教 育 杯 走 复 兴 路 圆 中 国 梦 读 书 教 育 活

More information

股 权 ( 以 下 简 称 标 的 资 产 或 标 的 股 权, 该 等 交 易 以 下 简 称 本 次 发 行 股 份 及 支 付 现 金 购 买 资 产 ); 同 时, 向 卧 龙 控 股 集 团 有 限 公 司 新 余 市 君 冠 投 资 中 心 ( 有 限 合 伙 ) 新 余 市 君 拓 投

股 权 ( 以 下 简 称 标 的 资 产 或 标 的 股 权, 该 等 交 易 以 下 简 称 本 次 发 行 股 份 及 支 付 现 金 购 买 资 产 ); 同 时, 向 卧 龙 控 股 集 团 有 限 公 司 新 余 市 君 冠 投 资 中 心 ( 有 限 合 伙 ) 新 余 市 君 拓 投 股 票 代 码 :600173 股 票 简 称 : 卧 龙 地 产 公 告 编 号 : 临 2016-050 债 券 代 码 :122327 债 券 简 称 :13 卧 龙 债 卧 龙 地 产 集 团 股 份 有 限 公 司 第 七 届 监 事 会 第 五 次 会 议 决 议 公 告 本 公 司 监 事 会 及 全 体 监 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导

More information

Microsoft Word - chap3_1.doc

Microsoft Word - chap3_1.doc 生 活 手 册 第 3 章 广 岛 劳 动 事 业 支 援 1 職 業 1 职 业 現 行 の 制 度 においては, 国 籍 や 在 留 資 格 にかかわらず 労 働 基 準 法, 最 低 賃 金 法, 労 働 安 全 衛 生 法 など 労 働 関 係 法 令 が 適 用 されます このため, 労 働 者 としての 権 利 保 護 の 観 点 から,これら 労 働 関 係 法 令 の 労 使 双 方

More information

<433A5C446F63756D656E747320616E642053657474696E67735C41646D696E6973747261746F725CD7C0C3E65CCAB5BCF9BBF9B5D85CCFEEC4BFBDA8C9E8D7DCBDE1B1A8B8E628BDA8C8DACAB5BCF9BDCCD1A7BBF9B5D8292E646F6378>

<433A5C446F63756D656E747320616E642053657474696E67735C41646D696E6973747261746F725CD7C0C3E65CCAB5BCF9BBF9B5D85CCFEEC4BFBDA8C9E8D7DCBDE1B1A8B8E628BDA8C8DACAB5BCF9BDCCD1A7BBF9B5D8292E646F6378> 福 建 工 程 学 院 - 建 融 造 价 咨 询 公 司 校 企 合 作 实 践 教 学 基 地 项 目 建 设 总 结 报 告 根 据 福 建 省 教 育 厅 福 建 省 财 政 厅 关 于 实 施 福 建 省 一 般 本 科 院 校 办 学 水 平 提 升 计 划 的 通 知 ( 闽 教 高 2012 99 号 ) 我 校 福 建 工 程 学 院 - 建 融 造 价 咨 询 公 司 校 企 合

More information

党 员 的 先 锋 模 范 作 用 结 合 起 来 二 学 习 教 育 的 主 要 目 标 引 导 全 体 学 生 党 员 紧 密 围 绕 学 校 教 育 改 革 发 展 稳 定 中 心 工 作 和 个 人 成 长 成 才, 尊 崇 党 章 遵 守 党 规, 以 习 近 平 总 书 记 系 列 重

党 员 的 先 锋 模 范 作 用 结 合 起 来 二 学 习 教 育 的 主 要 目 标 引 导 全 体 学 生 党 员 紧 密 围 绕 学 校 教 育 改 革 发 展 稳 定 中 心 工 作 和 个 人 成 长 成 才, 尊 崇 党 章 遵 守 党 规, 以 习 近 平 总 书 记 系 列 重 党 委 学 生 工 作 部 关 于 在 全 体 学 生 党 员 中 开 展 学 党 章 党 规 学 系 列 讲 话, 做 合 格 党 员 学 习 教 育 的 通 知 各 学 院 ( 所 中 心 ) 学 生 工 作 组 : 为 贯 彻 落 实 中 共 西 南 交 通 大 学 委 员 会 关 于 印 发 中 共 西 南 交 通 大 学 委 员 会 关 于 在 全 体 党 员 中 开 展 学 党 章 党

More information

证券代码:600268 股票简称:G南自 编号:临2006—017

证券代码:600268            股票简称:G南自            编号:临2006—017 证 券 代 码 :600268 股 票 简 称 : 国 电 南 自 编 号 : 临 2015 013 国 电 南 京 自 动 化 股 份 有 限 公 司 第 五 届 董 事 会 第 十 五 次 会 议 决 议 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 者 重 大 遗 漏, 并 对 其 内 容 的 真 实

More information

证 券 经 营 机 构 期 货 经 纪 机 构 及 其 工 作 人 员 从 事 超 出 本 机 构 范 围 的 证 券 期 货 投 资 咨 询 业 务, 应 当 遵 守 本 办 法 的 规 定 第 四 条 从 事 证 券 期 货 投 资 咨 询 业 务, 必 须 遵 守 有 关 法 律 法 规 规

证 券 经 营 机 构 期 货 经 纪 机 构 及 其 工 作 人 员 从 事 超 出 本 机 构 范 围 的 证 券 期 货 投 资 咨 询 业 务, 应 当 遵 守 本 办 法 的 规 定 第 四 条 从 事 证 券 期 货 投 资 咨 询 业 务, 必 须 遵 守 有 关 法 律 法 规 规 证 券 期 货 投 资 咨 询 管 理 暂 行 办 法 颁 布 单 位 国 务 院 证 券 委 员 会 颁 布 日 期 19971225 实 施 日 期 19980401 国 务 院 1997 年 11 月 30 日 批 准, 国 务 院 证 券 委 员 会 1997 年 12 月 25 日 发 布 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 加 强 对 证 券 期 货 投 资 咨 询 活 动 的 管

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D6A4C8AFC6DABBF5CAD0B3A1B3CFD0C5BCE0B6BDB9DCC0EDD4DDD0D0B0ECB7A8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D6A4C8AFC6DABBF5CAD0B3A1B3CFD0C5BCE0B6BDB9DCC0EDD4DDD0D0B0ECB7A8> 证 券 期 货 市 场 诚 信 监 督 管 理 暂 行 办 法 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 加 强 证 券 期 货 市 场 诚 信 建 设, 保 护 投 资 者 合 法 权 益, 维 护 证 券 期 货 市 场 秩 序, 促 进 证 券 期 货 市 场 健 康 稳 定 发 展, 根 据 有 关 法 律 行 政 法 规, 制 定 本 办 法 第 二 条 中 国 证 券 监 督 管 理 委

More information

( 二 ) 发 行 人 上 市 公 司 及 其 董 事 监 事 高 级 管 理 人 员 主 要 股 东 和 实 际 控 制 人 ; ( 三 ) 证 券 公 司 基 金 管 理 公 司 期 货 公 司 及 其 董 事 监 事 高 级 管 理 人 员 主 要 股 东 和 实 际 控 制 人 ; ( 四

( 二 ) 发 行 人 上 市 公 司 及 其 董 事 监 事 高 级 管 理 人 员 主 要 股 东 和 实 际 控 制 人 ; ( 三 ) 证 券 公 司 基 金 管 理 公 司 期 货 公 司 及 其 董 事 监 事 高 级 管 理 人 员 主 要 股 东 和 实 际 控 制 人 ; ( 四 证 券 期 货 市 场 诚 信 监 督 管 理 暂 行 办 法 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 加 强 证 券 期 货 市 场 诚 信 建 设, 保 护 投 资 者 合 法 权 益, 维 护 证 券 期 货 市 场 秩 序, 促 进 证 券 期 货 市 场 健 康 稳 定 发 展, 根 据 有 关 法 律 行 政 法 规, 制 定 本 办 法 第 二 条 中 国 证 券 监 督 管 理 委

More information

案 公 司 董 事 会 逐 项 审 议 通 过 了 公 司 本 次 非 公 开 发 行 股 票 的 具 体 方 案, 公 司 本 次 非 公 开 发 行 股 票 的 方 案 及 表 决 情 况 如 下 : 1. 发 行 股 票 的 种 类 和 面 值 ; 本 次 非 公 开 发 行 的 股 票 为

案 公 司 董 事 会 逐 项 审 议 通 过 了 公 司 本 次 非 公 开 发 行 股 票 的 具 体 方 案, 公 司 本 次 非 公 开 发 行 股 票 的 方 案 及 表 决 情 况 如 下 : 1. 发 行 股 票 的 种 类 和 面 值 ; 本 次 非 公 开 发 行 的 股 票 为 证 券 代 码 :002777 证 券 简 称 : 久 远 银 海 公 告 编 号 :2016-017 四 川 久 远 银 海 软 件 股 份 有 限 公 司 2016 年 第 三 届 第 二 次 临 时 董 事 会 会 议 决 议 公 告 本 公 司 及 其 董 事 会 全 体 成 员 保 证 信 息 披 露 的 内 容 真 实 准 确 和 完 整, 没 有 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或

More information

176号校字[2014]附件.doc

176号校字[2014]附件.doc 附 件 1: 燕 山 大 学 深 化 研 究 生 教 育 改 革 实 施 方 案 为 进 一 步 推 动 研 究 生 教 育 改 革, 健 全 完 善 研 究 生 教 育 的 长 效 保 障 机 制 和 内 在 激 励 机 制, 提 高 研 究 生 培 养 质 量, 根 据 教 育 部 国 家 发 展 改 革 委 财 政 部 关 于 深 化 研 究 生 教 育 改 革 的 意 见 ( 教 研 2013

More information

山东省国家税务局办公室关于

山东省国家税务局办公室关于 山 东 省 国 家 税 务 局 关 于 2015 年 度 政 府 信 息 公 开 工 作 情 况 的 报 告 根 据 中 华 人 民 共 和 国 政 府 信 息 公 开 条 例 ( 国 务 院 令 第 492 号 ) 以 及 国 家 税 务 总 局 有 关 制 度 规 定, 现 将 2015 年 度 山 东 省 国 家 税 务 局 政 府 信 息 公 开 工 作 情 况 报 告 如 下 : 一 概

More information

01 报 考 / 活 用 BJT 考 试 BJT 考 生 情 况 报 考 者 情 况 含 I-BJT 2015 年 度 报 考 人 数 6,491 人 从 以 目 前 的 形 式 实 施 考 试 的 2003 年 度 开 始 进 行 统 计 自 2003 年 度 起 累 计 报 考 人 数 74,1

01 报 考 / 活 用 BJT 考 试 BJT 考 生 情 况 报 考 者 情 况 含 I-BJT 2015 年 度 报 考 人 数 6,491 人 从 以 目 前 的 形 式 实 施 考 试 的 2003 年 度 开 始 进 行 统 计 自 2003 年 度 起 累 计 报 考 人 数 74,1 第 届 报 名 时 间 年 月 日 ( 周 二 ) 月 日 ( 周 四 ) 第 届 年 月 日 ( 周 日 ) 报 名 时 间 年 月 日 ( 周 五 ) 月 日 ( 周 六 ) 年 月 日 ( 周 日 ) 实 施 城 市 长 春 沈 阳 北 京 大 连 天 津 青 岛 西 安 南 京 合 肥 上 海 苏 州 杭 州 成 都 重 庆 广 州 深 圳 考 试 费 用 元 中 华 人 民 共 和 国 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B6C0C1A2B6ADCAC2CCE1C3FBC8CBC9F9C3F7BCB0B6C0C1A2B6ADCAC2BAF2D1A1C8CBC9F9C3F72E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B6C0C1A2B6ADCAC2CCE1C3FBC8CBC9F9C3F7BCB0B6C0C1A2B6ADCAC2BAF2D1A1C8CBC9F9C3F72E646F63> 黑 龙 江 圣 方 科 技 股 份 有 限 公 司 独 立 董 事 提 名 人 声 明 提 名 人 首 钢 控 股 有 限 责 任 公 司 现 就 提 名 聂 梅 生 曹 志 斌 为 黑 龙 江 圣 方 科 技 股 份 有 限 公 司 第 六 届 董 事 会 独 立 董 事 候 选 人 发 表 公 开 声 明, 被 提 名 人 与 黑 龙 江 圣 方 科 技 股 份 有 限 公 司 之 间 不 存

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B6D4CDE2CDB6D7CAB9ABB8E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B6D4CDE2CDB6D7CAB9ABB8E62E646F63> 证 券 代 码 :834358 证 券 简 称 : 体 育 之 窗 主 办 券 商 : 西 南 证 券 北 京 体 育 之 窗 文 化 股 份 有 限 公 司 对 外 投 资 公 告 本 公 司 及 董 事 会 全 体 成 员 保 证 公 告 内 容 的 真 实 准 确 和 完 整, 没 有 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 者 重 大 遗 漏, 并 对 其 内 容 的 真 实 性 准 确 性

More information

证券市场资信评级业务管理暂行办法

证券市场资信评级业务管理暂行办法 证 券 市 场 资 信 评 级 业 务 管 理 暂 行 办 法 目 录 第 一 章 总 则 第 二 章 第 三 章 第 四 章 第 五 章 业 务 许 可 业 务 规 则 监 督 管 理 法 律 责 任 第 六 章 附 则 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 促 进 证 券 市 场 资 信 评 级 业 务 规 范 发 展, 提 高 证 券 市 场 的 效 率 和 透 明 度, 保 护 投 资 者

More information

省 商 务 主 管 部 门 应 当 会 同 畜 牧 兽 医 环 境 保 护 以 及 其 他 有 关 部 门, 根 据 全 省 城 乡 规 划 和 土 地 利 用 总 体 规 划, 编 制 全 省 生 猪 定 点 屠 宰 厂 ( 场 ) 和 小 型 生 猪 屠 宰 场 点 的 设 置 规 划 ( 以

省 商 务 主 管 部 门 应 当 会 同 畜 牧 兽 医 环 境 保 护 以 及 其 他 有 关 部 门, 根 据 全 省 城 乡 规 划 和 土 地 利 用 总 体 规 划, 编 制 全 省 生 猪 定 点 屠 宰 厂 ( 场 ) 和 小 型 生 猪 屠 宰 场 点 的 设 置 规 划 ( 以 山 东 省 生 猪 屠 宰 管 理 办 法 发 布 单 位 山 东 省 人 民 政 府 发 布 文 号 省 政 府 令 第 240 号 发 布 日 期 2011-08-15 生 效 日 期 2011-10-01 备 注 山 东 省 生 猪 屠 宰 管 理 办 法 已 经 2011 年 7 月 25 日 省 政 府 第 105 次 常 务 会 议 修 订 通 过, 现 将 修 订 后 的 山 东 省

More information

南开大学2009届毕业生就业工作实施意见

南开大学2009届毕业生就业工作实施意见 南 发 字 2009 72 号 关 于 印 发 南 开 大 学 毕 业 生 就 业 工 作 实 施 意 见 的 通 知 各 院 ( 系 ) 各 有 关 单 位 : 为 做 好 毕 业 生 就 业 工 作, 确 保 毕 业 生 充 分 顺 利 就 业, 促 进 学 校 长 远 发 展, 经 分 管 领 导 同 意, 现 将 南 开 大 学 毕 业 生 就 业 工 作 实 施 意 见 印 发 你 们,

More information

中华人民共和国劳动合同法

中华人民共和国劳动合同法 中 华 人 民 共 和 国 劳 动 合 同 法 (2007 年 6 月 29 日 第 十 届 全 国 人 民 代 表 大 会 常 务 委 员 会 第 二 十 八 次 会 议 通 过 ) 目 录 第 一 章 总 则 第 二 章 劳 动 合 同 的 订 立 第 三 章 劳 动 合 同 的 履 行 和 变 更 第 四 章 劳 动 合 同 的 解 除 和 终 止 第 五 章 特 别 规 定 第 一 节 集

More information

关 于 BJT 商 务 日 语 能 力 考 试 POINT 1 在 商 务 工 作 中, 要 求 员 工 不 仅 需 要 向 专 业 领 域 和 相 关 背 景 不 同 的 工 作 伙 伴 进 行 言 简 意 赅 的 解 释 说 明, 同 时 还 要 求 其 具 备 就 不 明 之 处 与 对 方

关 于 BJT 商 务 日 语 能 力 考 试 POINT 1 在 商 务 工 作 中, 要 求 员 工 不 仅 需 要 向 专 业 领 域 和 相 关 背 景 不 同 的 工 作 伙 伴 进 行 言 简 意 赅 的 解 释 说 明, 同 时 还 要 求 其 具 备 就 不 明 之 处 与 对 方 BJT Business Japanese Proficiency Test 第 届 报 名 时 间 年 月 日 ( 周 一 ) 月 日 ( 周 三 ) 付 款 截 止 日 期 月 日 ( 周 四 ) 第 届 年 月 日 ( 周 日 ) 报 名 时 间 年 月 日 ( 周 三 ) 月 日 ( 周 二 ) 付 款 截 止 日 期 月 日 ( 周 三 ) 年 月 日 ( 周 日 ) 实 施 城 市 长

More information

国家税务总局令第14号

国家税务总局令第14号 国 家 税 务 总 局 令 第 14 号 2005-12-30 国 家 税 务 总 局 注 册 税 务 师 管 理 暂 行 办 法 已 经 2005 年 9 月 16 日 第 6 次 局 务 会 议 审 议 通 过, 现 予 发 布, 自 2006 年 2 月 1 日 起 施 行 国 家 税 务 总 局 局 长 : 谢 旭 人 二 五 年 十 二 月 三 十 日 注 册 税 务 师 管 理 暂 行

More information

教学管理类---政策法规篇1-74.doc

教学管理类---政策法规篇1-74.doc 广 东 省 实 施 中 华 人 民 共 和 国 民 办 教 育 促 进 法 办 法 (2009 年 11 月 26 日 广 东 省 第 十 一 届 人 民 代 表 大 会 常 务 委 员 会 第 十 四 次 会 议 通 过 ) 第 一 章 总 则 第 一 条 为 实 施 中 华 人 民 共 和 国 民 办 教 育 促 进 法, 结 合 本 省 实 际, 制 定 本 办 法 第 二 条 本 办 法 适

More information

その他の新法令(5月17日ー7月15日)

その他の新法令(5月17日ー7月15日) その 他 の 新 法 令 5 月 17 日 ~7 月 15 日 中 国 語 名 称 日 本 語 名 称 ( 仮 訳 ) 公 布 日 施 行 日 / 意 見 募 集 締 め 切 り 関 連 部 門 工 业 节 能 管 理 办 法 工 業 省 エネルギー 管 理 弁 法 2016.5.13 2016.06.30 工 信 部 关 于 十 三 五 期 间 进 口 种 子 种 源 税 收 政 策 的 通 知

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

【法规标题】建设部关于印发《建筑业企业资质等级标准》的通知

【法规标题】建设部关于印发《建筑业企业资质等级标准》的通知 法 规 标 题 建 设 部 关 于 印 发 建 筑 业 企 业 资 质 等 级 标 准 的 通 知 颁 布 单 位 建 设 部 发 文 字 号 颁 布 时 间 2001-4-20 失 效 时 间 0:00:00 法 规 来 源 http://www.cin.gov.cn/manage/file/2001042902.htm 全 文 建 设 部 关 于 印 发 建 筑 业 企 业 资 质 等 级 标

More information

他 们, 积 极 地 向 他 们 宣 传 党 的 主 张, 努 力 扩 大 党 的 影 响, 启 发 并 逐 步 提 高 他 们 对 党 的 认 识, 使 他 们 在 政 治 上 逐 渐 成 熟 起 来, 自 愿 地 主 动 地 向 党 组 织 表 达 自 己 的 入 党 愿 望 2. 凡 要 求

他 们, 积 极 地 向 他 们 宣 传 党 的 主 张, 努 力 扩 大 党 的 影 响, 启 发 并 逐 步 提 高 他 们 对 党 的 认 识, 使 他 们 在 政 治 上 逐 渐 成 熟 起 来, 自 愿 地 主 动 地 向 党 组 织 表 达 自 己 的 入 党 愿 望 2. 凡 要 求 中 共 南 京 晓 庄 学 院 委 员 会 文 件 南 晓 院 委 [2012]037 号 签 发 人 : 李 洪 天 中 共 南 京 晓 庄 学 院 委 员 会 发 展 党 员 工 作 暂 行 规 定 为 进 一 步 做 好 发 展 党 员 工 作, 切 实 保 证 新 发 展 党 员 的 质 量, 保 持 党 组 织 的 先 进 性 和 纯 洁 性, 提 高 党 的 战 斗 力, 依 据 中 国

More information

港 区 控 制 性 详 细 规 划 指 具 体 港 区 依 据 港 口 总 体 规 划 编 制 的 在 一 定 时 期 的 实 施 性 规 划, 是 对 港 口 总 体 规 划 的 细 化 和 深 化 第 七 条 全 省 港 口 布 局 规 划 国 务 院 交 通 主 管 部 门 确 定 的 主 要

港 区 控 制 性 详 细 规 划 指 具 体 港 区 依 据 港 口 总 体 规 划 编 制 的 在 一 定 时 期 的 实 施 性 规 划, 是 对 港 口 总 体 规 划 的 细 化 和 深 化 第 七 条 全 省 港 口 布 局 规 划 国 务 院 交 通 主 管 部 门 确 定 的 主 要 浙 江 省 港 口 管 理 条 例 (2007 年 5 月 25 日 浙 江 省 第 十 届 人 民 代 表 大 会 常 务 委 员 会 第 三 十 二 次 会 议 通 过 ) 第 一 章 总 则 第 一 条 为 了 加 强 港 口 管 理, 保 护 和 合 理 开 发 利 用 港 口 资 源, 维 护 港 口 的 安 全 与 经 营 秩 序, 保 障 当 事 人 的 合 法 权 益, 促 进 港

More information

Microsoft Word - C24_soc_01

Microsoft Word - C24_soc_01 培 养 全 球 化 人 才 是 一 句 空 口 号 会 是 工 上 作 指 尽 的, 管 使 员 在 用 工 日 全 频 本 球 渐 率 公 化 渐 开 司 人 地 始 进, 才 增 驻 培 加 海 这 养 却 外 这 个 是 市 类 说 在 场 法 人 的 2005 已 才 过 经 成 程 年 脍 了 中 以 炙 一, 后 人 个 能 口 课 够 事 了 题 在, 海 全 而 但 外 球 大 这

More information

518 600886 国 投 电 力 2016-04-08 立 信 标 准 无 保 留 意 见 272.2 万 222.12 万 519 600153 建 发 股 份 2016-04-08 致 同 标 准 无 保 留 意 见 400 万 410 万 520 600894 广 日 股 份 2016-0

518 600886 国 投 电 力 2016-04-08 立 信 标 准 无 保 留 意 见 272.2 万 222.12 万 519 600153 建 发 股 份 2016-04-08 致 同 标 准 无 保 留 意 见 400 万 410 万 520 600894 广 日 股 份 2016-0 附 表 1: 上 市 公 司 财 务 报 表 审 计 报 告 简 要 情 况 明 细 表 表 1-1 沪 市 主 板 序 492 600161 天 坛 生 物 2016-04-05 天 职 国 际 标 准 无 保 留 意 见 77 万 77 万 493 600406 国 电 南 瑞 2016-04-05 瑞 华 标 准 无 保 留 意 见 70 万 65 万 494 600639 浦 东 金 桥 2016-04-05

More information

中共江苏大学委员会发展党员工作暂行规定

中共江苏大学委员会发展党员工作暂行规定 中 共 江 苏 大 学 委 员 会 发 展 党 员 工 作 暂 行 规 定 (2002 年 4 月 15 日 江 苏 大 委 [2002]84 号 ) 为 了 进 一 步 做 好 发 展 党 员 工 作, 切 实 保 证 新 发 展 的 党 员 质 量, 保 持 党 组 织 的 先 进 性 和 纯 洁 性, 提 高 党 的 战 斗 力, 现 根 据 中 国 共 产 党 章 程 中 国 共 产 党 发

More information

Microsoft Word - 110330 Business Express No.159.doc

Microsoft Word - 110330 Business Express No.159.doc 国 家 外 貨 管 理 局 公 告 関 連 2011 年 4 月 1 日 みずほコーポレート 銀 行 ( 中 国 ) 有 限 公 司 中 国 アドバイザリー 部 みずほ 中 国 ビジネス エクスプレス ( 第 159 号 ) 国 家 外 貨 管 理 局 対 外 債 務 管 理 を 強 化 ~ 延 払 前 受 金 に 係 る 貿 易 金 融 登 記 管 理 中 継 貿 易 に 係 る 規 制 を 強

More information

第 五 条 国 家 统 一 领 导 三 峡 枢 纽 安 全 保 卫 工 作 国 务 院 公 安 交 通 运 输 水 行 政 等 部 门 和 三 峡 枢 纽 运 行 管 理 单 位 依 照 法 律 行 政 法 规 和 国 务 院 确 定 的 职 责 分 工 负 责 三 峡 枢 纽 安 全 保 卫 有

第 五 条 国 家 统 一 领 导 三 峡 枢 纽 安 全 保 卫 工 作 国 务 院 公 安 交 通 运 输 水 行 政 等 部 门 和 三 峡 枢 纽 运 行 管 理 单 位 依 照 法 律 行 政 法 规 和 国 务 院 确 定 的 职 责 分 工 负 责 三 峡 枢 纽 安 全 保 卫 有 长 江 三 峡 水 利 枢 纽 安 全 保 卫 条 例 中 华 人 民 共 和 国 国 务 院 令 第 640 号 长 江 三 峡 水 利 枢 纽 安 全 保 卫 条 例 已 经 2013 年 7 月 12 日 国 务 院 第 16 次 常 务 会 议 通 过, 现 予 公 布, 自 2013 年 10 月 1 日 起 施 行 总 理 李 克 强 2013 年 9 月 9 日 长 江 三 峡 水 利

More information

第 六 条 证 券 公 司 从 事 上 市 公 司 并 购 重 组 财 务 顾 问 业 务, 应 当 具 备 下 列 条 件 : ( 一 ) 公 司 净 资 本 符 合 中 国 证 监 会 的 规 定 ; ( 二 ) 具 有 健 全 且 运 行 良 好 的 内 部 控 制 机 制 和 管 理 制 度

第 六 条 证 券 公 司 从 事 上 市 公 司 并 购 重 组 财 务 顾 问 业 务, 应 当 具 备 下 列 条 件 : ( 一 ) 公 司 净 资 本 符 合 中 国 证 监 会 的 规 定 ; ( 二 ) 具 有 健 全 且 运 行 良 好 的 内 部 控 制 机 制 和 管 理 制 度 上 市 公 司 并 购 重 组 财 务 顾 问 业 务 管 理 办 法 中 国 证 券 监 督 管 理 委 员 会 令 第 54 号 上 市 公 司 并 购 重 组 财 务 顾 问 业 务 管 理 办 法 已 经 2007 年 7 月 10 日 中 国 证 券 监 督 管 理 委 员 会 第 211 次 主 席 办 公 会 议 审 议 通 过, 现 予 公 布, 自 2008 年 8 月 4 日 起

More information

法 律 系 学 生 的 踏 实 肯 干 的 一 贯 作 风 福 州 鼓 楼 和 福 州 台 江 法 院 的 实 习 同 学 表 现 尚 可, 法 院 评 价 基 本 满 意 泉 州 中 院 小 组 同 学 在 前 段 实 习 中 也 能 做 到 克 服 各 种 困 难, 坚 持 进 行 实 习 工

法 律 系 学 生 的 踏 实 肯 干 的 一 贯 作 风 福 州 鼓 楼 和 福 州 台 江 法 院 的 实 习 同 学 表 现 尚 可, 法 院 评 价 基 本 满 意 泉 州 中 院 小 组 同 学 在 前 段 实 习 中 也 能 做 到 克 服 各 种 困 难, 坚 持 进 行 实 习 工 法 律 系 06 级 毕 业 实 习 工 作 总 结 报 告 一 毕 业 实 习 基 本 情 况 我 系 今 年 仍 然 采 取 集 中 实 习 为 主, 分 散 实 习 为 辅 的 毕 业 实 习 模 式 ( 一 ) 集 中 实 习 情 况 06 级 的 两 个 班 共 有 120 名 同 学, 除 27 名 同 学 申 请 考 研, 准 予 分 散 实 习 外, 其 余 93 名 同 学 分 编

More information

东 莞 市 中 小 学 德 育 工 作

东	莞	市	中	小	学	德	育	工	作 东 莞 市 中 小 学 德 育 工 作 简 报 第 6 期 东 莞 市 教 育 局 思 想 政 治 教 育 科 2015 年 3 月 28 日 开 展 发 展 性 心 理 训 练 成 就 体 验 践 行 心 育 特 色 记 南 城 区 阳 光 第 七 小 学 心 理 健 康 教 育 工 作 编 者 按 中 小 学 心 理 健 康 教 育, 是 提 高 中 小 学 生 心 理 素 质 促 进 其 身

More information

个 县 和 县 级 市 个 的 资 料 入 选 年 国 家 肿 瘤 登 记 年 报 数 据 库 覆 盖 人 口 人 男 性 人 女 性 人 性 别 比 为 其 中 城 市 人 口 人 占 全 国 登 记 地 区 人 口 数 的 农 村 人 口 人 占 年 前 列 腺 癌 数 据 均 来 自 该 数

个 县 和 县 级 市 个 的 资 料 入 选 年 国 家 肿 瘤 登 记 年 报 数 据 库 覆 盖 人 口 人 男 性 人 女 性 人 性 别 比 为 其 中 城 市 人 口 人 占 全 国 登 记 地 区 人 口 数 的 农 村 人 口 人 占 年 前 列 腺 癌 数 据 均 来 自 该 数 年 中 国 前 列 腺 癌 发 病 和 死 亡 分 析 毕 新 刚 韩 仁 强 周 金 意 张 思 维 郑 荣 寿 武 鸣 陈 万 青 中 国 医 学 科 学 院 肿 瘤 医 院 北 京 江 苏 省 疾 病 预 防 控 制 中 心 江 苏 南 京 全 国 肿 瘤 登 记 中 心 北 京 摘 要 目 的 分 析 年 中 国 肿 瘤 登 记 地 区 前 列 腺 癌 发 病 和 死 亡 情 况 方 法 根

More information

证券简称:中珠控股 证券代码: 编号:2011-0**号

证券简称:中珠控股 证券代码: 编号:2011-0**号 证 券 简 称 : 中 珠 医 疗 证 券 代 码 :600568 编 号 :2016-105 号 中 珠 医 疗 控 股 股 份 有 限 公 司 关 于 全 资 子 公 司 中 珠 益 民 投 资 横 琴 中 珠 富 盈 投 资 管 理 企 业 ( 有 限 合 伙 ) 的 公 告 特 别 提 示 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记

More information

佛山市中小学德育体育卫生与艺术教育2014年工作思路2014-1-24

佛山市中小学德育体育卫生与艺术教育2014年工作思路2014-1-24 佛 山 市 教 育 局 佛 山 市 中 小 学 德 育 体 育 卫 生 与 艺 术 教 育 2014 年 工 作 思 路 一 德 育 工 作 ( 一 ) 日 常 德 育 工 作 1.1-2 月 份, 按 省 要 求 推 荐 一 批 广 东 省 优 秀 学 生 广 东 省 三 好 学 生 2.2 月 份 根 据 省 厅 文 件 要 求, 评 选 佛 山 市 中 小 学 德 育 创 新 奖, 并 推 荐

More information

求, 并 逐 步 形 成 具 有 较 强 研 发 和 生 产 能 力 的 齐 全 完 善 的 装 备 制 造 基 地 科 技 研 发 基 地 物 流 配 送 基 地 和 技 术 培 训 基 地 ( 三 ) 建 筑 产 业 现 代 化 标 准 体 系 建 设 根 据 国 家 和 行 业 标 准, 结

求, 并 逐 步 形 成 具 有 较 强 研 发 和 生 产 能 力 的 齐 全 完 善 的 装 备 制 造 基 地 科 技 研 发 基 地 物 流 配 送 基 地 和 技 术 培 训 基 地 ( 三 ) 建 筑 产 业 现 代 化 标 准 体 系 建 设 根 据 国 家 和 行 业 标 准, 结 武 汉 市 人 民 政 府 关 于 加 快 推 进 建 筑 产 业 现 代 化 发 展 的 意 见 各 区 人 民 政 府, 市 人 民 政 府 各 部 门 : 为 深 入 贯 彻 落 实 科 学 发 展 观, 实 现 建 筑 业 健 康 协 调 可 持 续 发 展, 根 据 国 务 院 办 公 厅 关 于 转 发 发 展 改 革 委 住 房 城 乡 建 设 部 绿 色 建 筑 行 动 方 案 的

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

领 域 具 体 的 技 术 方 向 和 目 标 任 务 分 别 组 织 全 省 科 技 经 济 技 术 等 领 域 的 专 家 全 省 各 地 市 科 技 管 理 部 门 以 及 省 直 机 关 单 位 对 各 领 域 战 略 规 划 进 行 了 征 求 意 见, 科 技 战 略 规 划 报 告 得

领 域 具 体 的 技 术 方 向 和 目 标 任 务 分 别 组 织 全 省 科 技 经 济 技 术 等 领 域 的 专 家 全 省 各 地 市 科 技 管 理 部 门 以 及 省 直 机 关 单 位 对 各 领 域 战 略 规 划 进 行 了 征 求 意 见, 科 技 战 略 规 划 报 告 得 湖 北 省 面 向 十 二 五 的 科 技 发 展 战 略 研 究 湖 北 省 科 技 厅 一 湖 北 省 近 年 来 开 展 科 技 发 展 战 略 研 究 的 基 本 概 况 湖 北 是 我 国 科 教 大 省, 科 研 基 础 实 力 雄 厚, 但 科 教 对 区 域 经 济 社 会 发 展 的 支 撑 作 用 不 够, 近 年 来, 湖 北 科 技 管 理 部 门 重 点 围 绕 将 科 教

More information

が 打 ち 出 している 三 証 合 一 一 照 一 碼 すなわち 3 証 書 の 一 本 化 1 営 業 許 可 証 1 コード 改 革 は 統 一 コードの 生 成 規 則 に 基 づいて 工 商 行 政 管 理 局 が 営 業 許 可 証 を 発 行 した 後 各 部 門 がそのコード 情 報

が 打 ち 出 している 三 証 合 一 一 照 一 碼 すなわち 3 証 書 の 一 本 化 1 営 業 許 可 証 1 コード 改 革 は 統 一 コードの 生 成 規 則 に 基 づいて 工 商 行 政 管 理 局 が 営 業 許 可 証 を 発 行 した 後 各 部 門 がそのコード 情 報 行 政 改 革 関 連 2015 年 6 月 26 日 みずほ 銀 行 ( 中 国 ) 有 限 公 司 中 国 アドバイザリー 部 みずほ 中 国 ビジネス エクスプレス ( 第 391 号 ) 国 務 院 統 一 社 会 信 用 コードの 導 入 を 決 定 営 業 許 可 証 や 税 務 登 記 証 を 一 本 化 へ 平 素 より 格 別 のご 高 配 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます

More information

股票代码: 股票简称:浙江医药 编号:临2006—017

股票代码: 股票简称:浙江医药 编号:临2006—017 股 票 代 码 :600216 股 票 简 称 : 浙 江 医 药 编 号 : 临 2006 017 浙 江 医 药 股 份 有 限 公 司 关 于 召 开 2005 年 年 度 股 东 大 会 的 补 充 公 告 根 据 中 国 证 监 会 和 上 海 证 券 交 易 所 关 于 上 市 公 司 信 息 披 露 的 有 关 规 定, 现 将 公 司 召 开 2005 年 年 度 股 东 大 会 有

More information

证券代码:000748 证券简称:长城信息 公告编号:2012-

证券代码:000748     证券简称:长城信息     公告编号:2012- 证 券 代 码 :000748 证 券 简 称 : 长 城 信 息 公 告 编 号 :2016-25 长 城 信 息 产 业 股 份 有 限 公 司 关 于 控 股 子 公 司 为 购 买 其 开 发 项 目 的 按 揭 贷 款 客 户 提 供 阶 段 性 担 保 事 项 的 公 告 本 公 司 及 董 事 会 全 体 成 员 保 证 公 告 内 容 的 真 实 准 确 和 完 整, 对 公 告 的

More information

截 止 2016 年 2 月 29 日, 该 最 高 额 担 保 具 体 使 用 情 况 如 下 ( 外 币 折 算 为 人 民 币 ): 单 位 : 万 元 被 担 保 人 名 称 最 高 担 保 金 额 合 同 担 保 金 额 实 际 担 保 金 额 万 华 化 学 ( 香 港 ) 有 限 公

截 止 2016 年 2 月 29 日, 该 最 高 额 担 保 具 体 使 用 情 况 如 下 ( 外 币 折 算 为 人 民 币 ): 单 位 : 万 元 被 担 保 人 名 称 最 高 担 保 金 额 合 同 担 保 金 额 实 际 担 保 金 额 万 华 化 学 ( 香 港 ) 有 限 公 股 票 简 称 : 万 华 化 学 股 票 代 码 :600309 公 告 编 号 : 临 2016-12 号 万 华 化 学 集 团 股 份 有 限 公 司 对 子 公 司 提 供 担 保 以 及 同 意 子 公 司 间 相 互 提 供 担 保 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 报 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 重 大 遗 漏,

More information

綏遠事件と華北分離工作

綏遠事件と華北分離工作 No.27 2003 7 九 一 八 事 变 之 后 日 本 于 1932 年 建 立 了 满 洲 国 为 此 中 国 东 北 被 沦 为 日 本 殖 民 地 日 本 的 野 心 不 仅 停 止 于 此 蓄 谋 进 行 华 北 分 离 政 策 日 本 通 过 塘 沽 协 定 梅 津 何 应 钦 协 定 土 肥 原 秦 德 纯 协 定 侵 占 了 华 北 大 半 土 地 与 此 同 时 日 本 关 东

More information

除 本 协 议 外, 公 司 与 遵 义 市 红 花 岗 区 园 林 绿 化 局 签 订 了 以 下 合 同 : 于 2014 年 6 月 6 日 签 署 了 遵 义 市 红 花 岗 区 湘 江 河 生 态 景 观 整 治 工 程 ( 三 期 一 标 段 ) 施 工 合 同, 合 同 金 额 为 2

除 本 协 议 外, 公 司 与 遵 义 市 红 花 岗 区 园 林 绿 化 局 签 订 了 以 下 合 同 : 于 2014 年 6 月 6 日 签 署 了 遵 义 市 红 花 岗 区 湘 江 河 生 态 景 观 整 治 工 程 ( 三 期 一 标 段 ) 施 工 合 同, 合 同 金 额 为 2 证 券 代 码 :002775 证 券 简 称 : 文 科 园 林 公 告 编 号 :2016-006 深 圳 文 科 园 林 股 份 有 限 公 司 关 于 与 遵 义 市 林 业 局 遵 义 市 园 林 绿 化 局 签 署 生 态 景 观 建 设 项 目 合 作 框 架 协 议 的 公 告 本 公 司 及 董 事 会 全 体 成 员 保 证 信 息 披 露 的 内 容 真 实 准 确 完 整,

More information

現代社会文化研究30

現代社会文化研究30 No.30 2004 7 90 年 代 中 后 期, 许 多 朝 鲜 人 经 受 了 贫 困 和 饥 饿, 他 们 的 生 存 生 活 都 无 法 得 到 保 障 为 了 生 存, 他 们 越 过 朝 中 边 境, 逃 到 中 国, 其 人 数 达 到 几 万 人 2001 年 以 来, 又 多 次 发 生 了 闯 使 领 馆 等 事 件, 引 起 了 国 际 社 会 的 广 泛 关 注 本 文 通

More information

证券代码:600585

证券代码:600585 证 券 代 码 :600585 证 券 简 称 : 海 螺 水 泥 编 号 : 临 2016-018 安 徽 海 螺 水 泥 股 份 有 限 公 司 Anhui Conch Cement Company Limited ( 在 中 华 人 民 共 和 国 注 册 成 立 的 股 份 有 限 公 司 ) 关 联 交 易 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不

More information

112 2 3 1960 4 1950

112 2 3 1960 4 1950 1. 問 題 の 所 在 1963 1957 1959 1 1923-2008 1965 12-1 111 137 2009. 112 2 3 1960 4 1950 113 1964 5 114 6 1940 1947 7 115 8 9 116 1957 10 2. 舞 台 の 姉 妹 に 対 する 毒 草 批 判 1963 11 1949 117 12 1964 29 35 244 20 13

More information

证券代码:600375 证券简称:星马汽车 编号:临2003—003

证券代码:600375          证券简称:星马汽车         编号:临2003—003 证 券 代 码 :600375 证 券 简 称 : 华 菱 星 马 编 号 : 临 2016-036 华 菱 星 马 汽 车 ( 集 团 ) 股 份 有 限 公 司 第 六 届 监 事 会 第 五 次 会 议 决 议 公 告 本 公 司 监 事 会 及 全 体 监 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 者 重 大 遗 漏, 并 对 其 内 容 的

More information

Microsoft Word - 01高水平募集要項(中国語)印刷用

Microsoft Word - 01高水平募集要項(中国語)印刷用 针 对 中 国 国 家 留 学 基 金 管 理 委 员 会 国 家 建 设 高 水 平 大 学 公 派 研 究 生 项 目 熊 本 大 学 研 究 生 院 药 学 教 育 部 2016 年 10 月 入 学 博 士 课 程 招 生 简 章 ( 中 文 ) 必 须 提 交 TOEFL 或 TOEIC 或 IELTS 的 有 效 成 绩 证 明 860-8556 熊 本 市 中 央 区 大 江 本 町

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

重庆三峡水利电力(集团)股份有限公司

重庆三峡水利电力(集团)股份有限公司 海 南 椰 岛 ( 集 团 ) 股 份 有 限 公 司 2015 年 度 独 立 董 事 述 职 报 告 作 为 海 南 椰 岛 ( 集 团 ) 股 份 有 限 公 司 ( 以 下 简 称 : 公 司 ) 的 独 立 董 事,2015 年, 我 们 严 格 按 照 公 司 法 证 券 法 关 于 上 市 公 司 建 立 独 立 董 事 制 度 的 指 导 意 见 公 司 章 程 公 司 独 立 董

More information

Osaka University Forum on China Discussion Papers in Contemporary China Studies No.2011-3

Osaka University Forum on China Discussion Papers in Contemporary China Studies No.2011-3 Title 1949 年 以 後 の 中 国 農 村 における 現 代 教 育 の 発 展 : 河 北 省 昌 黎 県 侯 家 営 村 を 事 例 として Author(s) 李, 嶼 洪 Citation 大 阪 大 学 中 国 文 化 フォーラム ディスカッションペーパー. 2011-3 P.1-P.15 Issue 2011-03-01 Date Text Version publisher

More information

综 合 行 业 环 境 市 场 价 格 同 行 业 毛 利 率 比 较 分 析, 公 司 上 半 年 业 绩 大 幅 下 滑 主 要 受 盐 化 行 业 整 体 低 迷 市 场 价 格 持 续 走 低 主 要 产 品 结 构 特 点 等 三 重 因 素 叠 加 造 成 2 关 于 影 响 公 司 主

综 合 行 业 环 境 市 场 价 格 同 行 业 毛 利 率 比 较 分 析, 公 司 上 半 年 业 绩 大 幅 下 滑 主 要 受 盐 化 行 业 整 体 低 迷 市 场 价 格 持 续 走 低 主 要 产 品 结 构 特 点 等 三 重 因 素 叠 加 造 成 2 关 于 影 响 公 司 主 证 券 代 码 :603299 证 券 简 称 : 井 神 股 份 公 告 编 号 : 临 2016-042 江 苏 井 神 盐 化 股 份 有 限 公 司 关 于 2016 年 半 年 度 报 告 事 后 审 核 意 见 函 回 复 公 告 的 补 充 公 告 本 公 司 董 事 会 及 全 体 董 事 保 证 本 公 告 内 容 不 存 在 任 何 虚 假 记 载 误 导 性 陈 述 或 者 重

More information

人 事 管 理 基 本 制 度 上 海 洋 泾 社 区 公 益 基 金 会 第 一 条 为 加 强 基 金 会 人 事 管 理, 合 理 开 发 利 用 人 力 资 源, 激 发 进 取 精 神, 增 强 内 部 活 力, 提 高 队 伍 整 体 素 质, 根 据 本 基 金 会 章 程 制 定 此

人 事 管 理 基 本 制 度 上 海 洋 泾 社 区 公 益 基 金 会 第 一 条 为 加 强 基 金 会 人 事 管 理, 合 理 开 发 利 用 人 力 资 源, 激 发 进 取 精 神, 增 强 内 部 活 力, 提 高 队 伍 整 体 素 质, 根 据 本 基 金 会 章 程 制 定 此 上 海 洋 泾 社 区 公 益 基 金 会 人 事 管 理 制 度 ( 草 稿 ) 批 准 修 订 日 期 1 / 8 人 事 管 理 基 本 制 度 上 海 洋 泾 社 区 公 益 基 金 会 第 一 条 为 加 强 基 金 会 人 事 管 理, 合 理 开 发 利 用 人 力 资 源, 激 发 进 取 精 神, 增 强 内 部 活 力, 提 高 队 伍 整 体 素 质, 根 据 本 基 金 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9193C18B9696408FF095B6928693FA91CE8FC62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9193C18B9696408FF095B6928693FA91CE8FC62E646F63> 中 国 特 許 法 ( 第 3 次 改 正 ) 条 文 骨 子 2009 年 10 月 1 日 施 行 目 次 第 一 章 総 則 ( 1 条 ~21 条 ) 第 二 章 特 許 権 付 与 の 条 件 (22 条 ~25 条 ) 第 三 章 特 許 の 出 願 (26 条 ~33 条 ) 第 四 章 特 許 出 願 の 審 査 と 認 可 (34 条 ~41 条 ) 第 五 章 特 許 権 の 存

More information

针灸推拿专业(中医美容方向)教学方案设计

针灸推拿专业(中医美容方向)教学方案设计 针 灸 推 拿 学 ( 中 医 美 容 方 向 ) 培 养 方 案 (2012 级 起 实 行 ) 一 培 养 目 标 本 专 业 培 养 具 有 中 医 药 理 论 基 础 中 医 美 容 专 业 知 识 和 实 践 技 能, 能 在 各 级 中 医 院 中 医 科 研 机 构 及 综 合 性 医 院 医 学 美 容 及 社 会 美 容 机 构 等 部 门 从 事 中 医 美 容 临 床 及 科

More information