2 まず 文 頭 に くる likehell か ら 始 め る こ と に しよ う H.L,メ ン ケ ン は he ran likehell, ( 彼 は 死 に 物 狂 い で 走 っ た )の よ うに 動 詞 の 直 後 に く る 1ikehell は ど うや ら イ ギ リ ス に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 まず 文 頭 に くる likehell か ら 始 め る こ と に しよ う H.L,メ ン ケ ン は he ran likehell, ( 彼 は 死 に 物 狂 い で 走 っ た )の よ うに 動 詞 の 直 後 に く る 1ikehell は ど うや ら イ ギ リ ス に"

Transcription

1 Komazawa 三 1z 三 1w 三 1 Umversrty University ラ イ 麦 畑 で つ か ま え て の 英 語 like hell そ の 五 直 喩 的 表 現 そ の 他 1 杉 浦 銀 策 ラ イ 麦 畑 で つ か まえ て の 第 三 章 に 次 の よ うな 文 章 が 出 て くる Up home we wear a hatlikethat to shoot deerin, forchrissake, he Thaピs a deershooting hat. t said. Like hellitis. 1Iook itoff and lookedat it.(30 ; 22 ) ぼ くの 田 舎 の ほ う で は そ ん な 帽 子 は 鹿 撃 ちの と きか ぶ る ん だぜ ほ ん とだ と も と 彼 は 言 っ た 鹿 撃 ちの 用 の 帽 子 だ よ そ ん な こ と あ る もん か ぼ くは 帽 子 を 脱 い で 眺 め て み た ま た 第 十 七 章 で は 次 の よ うな 文 章 が 出 て くる They ( = old Salleys ankles )not only leokedstupid as hell,but probably h ロ t likehell,too.(167 8 二 129 ) サ リ ー の 足 首 の 恰 好 悪 さ っ た ら な か っ た が そ の 上 い か に も 痛 そ うだ っ た Q 前 者 の 引 用 に 見 られ る likehell は 文 頭 に きて 強 い 不 信 や 軽 蔑 す 働 き を して い る 方 後 者 の 伽 1ikehell は 動 詞 の 直 後 に きて 否 定 を 表 そ の 動 詞 の 意 味 を 強 め る 機 能 を 果 た し て い る( 形 容 詞 の 意 味 を 強 め る as hel1に つ て は 次 回 に まわ す ) い ず れ も 地 獄 の よ う に とい う 直 喩 (simile ) 的 言 い 回 し で あ る が 直 喩 に は 記 述 的 直 喩 (descriptivesimile ) と 強 意 的 直 喩 (intensifying simile )の 二 種 類 が あ り 上 の 引 用 に 見 ら れ る likehelr は い ず れ も 強 意 的 直 喩 で あ る こ と は い うま で もな い い Eleotronlo Llbrary Library Service

2 2 まず 文 頭 に くる likehell か ら 始 め る こ と に しよ う H.L,メ ン ケ ン は he ran likehell, ( 彼 は 死 に 物 狂 い で 走 っ た )の よ うに 動 詞 の 直 後 に く る 1ikehell は ど うや ら イ ギ リ ス に 起 源 を も つ も の ら しい (apparently an English invention ) が 文 頭 に くる Likehellyou will. (と ん で もな い ) に お け る likehell は ア メ リ カ 的 な 形 (form ) だ と 言 う 1 しか し 文 頭 に くる likehell が ア メ リ カ 起 源 で あ る とは 必 ず し も 言 い きれ な い と こ ろ も あ り OEDS で は 次 の よ うな 用 例 が 引 か れ て い る 1892KiplingLett.of Tra ve1 (1920 ) 66 Hit, old man? 1 Like hell, he said. こ の 引 用 は 大 変 貴 重 な もの ら し く HDAS で は こ れ を も っ と 正 確 なか た ち で 引 用 して い る likehell 2.(used sarcastically or ironically to express strong negation or incredulity ) * 1892in Kipling Works XIX 66: Hit,old man? Like hell, he said, and went on biting hisunlit cigar お い 撃 た れ た の か い? な ん の な ん の と 彼 は 言 っ て 火 の つ い て い な い 葉 巻 を 噛 み つ づ け た HDAS が こ の 引 用 に 星 印 を 付 した と い うこ と は こ れ 以 前 に も 古 い 用 例 が あ る こ と の 可 能 性 を 示 し た もの で あ る そ れ に もか か わ らずHDAS が こ likehell の 項 目 を 載 せ た とい うこ と 自 体 こ れ が ど ち らか と い う と ア メ リ カ 語 的 俗 語 少 な く と もア メ リ カ で 圧 倒 的 に 使 用 され る 俗 語 で あ る と い う 認 識 を 示 した もの に ほ か な ら な い ( 因 み に DAS も 同 じ 立 場 を 取 っ て い る ) そ して こ の す ぐ 後 に ドス パ ソ ス か らの 用 例 を 引 い て い る 1921Dos Passos3 Soldiers16:Likehellhe did, あ い つ が や っ た な ん て とん で もな い 三 人 の 兵 士 で は 同 じ 使 い 方 の 1 且 ikehell が 第 六 部 に も う 九 二 〇 年 代 に さか ん に 使 わ れ た ら し く フ ィ ッ ツ くる が 度 だ け 出 て ジ ェ ラ ル ドの 偉 大 な ギ ャ ツ ビ ー (1925 )や フ ォ ー ク ナ ー の 兵 士 の 給 与 S (1926 ) に Eleotronlo Llbrary Library Service

3 3 も 見 られ る まず 偉 大 な ギ ャ ツ ビ ー か ら の 引 用 suit.,, 1 An Oxf()rd man! 1 He was incredulous. Like hellhe is!he wears a pink オ ッ ク ス フ ォ ー ド 出 の 男 だ な ん て! 彼 は 全 然 信 じて い なか っ た 開 い た 口 が ふ さが らな い ね! ピ ン ク の 服 を 着 て い る あの 男 が こ れ は 大 金 持 ちの トム ブ キ ャ ナ ン が ギ ャ ツ ビ ー を 評 して 言 う 言 葉 で あ る 次 に 兵 士 の 給 与 か ら _ Listen,I had a swell jane and she said, forchrist s sake, you can, t dance, And I said, 1ikehell 且 ca11 t. TT3 _ お い 聞 け よ お れ に は 可 愛 い 娘 っ 子 が い た ん だ が こ い つ が 言 う ん だ あ ら まあ あ ん た ダ ン ス が で きな い の ね っ て さ そ こ で お れ は ち ゃ ん と で き る さ っ て 言 っ て や っ た ん だ 総 じて ア メ リ カ 深 南 部 を 舞 台 とす る フ ォ ー ク ナ ー の 小 説 群 は 畑 で つ ラ イ 麦 か まえ て と の 言 語 的 連 続 性 が 非 常 に 希 薄 で あ る よ う な 印 象 を 少 な くと も 私 は 受 け る の だ が 兵 士 の 給 与 は 第 次 世 界 大 戦 の 帰 還 兵 士 を 扱 っ て い る だ け に ドス パ ソ ス や ヘ ミ ン グ ウ ェ イ と の 共 通 性 が あ り そ れ だ け ラ イ 麦 畑 で つ か まえ て の 英 語 に ほ ん の 少 しは 接 近 して い る の か な な ど と い う 空 想 を 私 は 抱 く こ の よ うに 文 章 の 冒 頭 に くる likehell は ア メ リ カ で は さ か ん に 使 わ れ る の だ が こ の 問 題 が イ ギ リ ス の 現 代 小 説 で は ど うな っ て い る の か 私 に は 分 か ら ない じ つ は こ の 種 の likehell に 先 ん じて こ れ と 同 じ 意 味 を 表 す の に the hell が ア メ リ カ で は 早 くか ら 使 用 され て きた が こ の 方 が よ り 強 い 言 い 方 の よ うな 気 が す る つ ま り 逆 に 言 え ば likehell は the hell よ りもな に ほ どか の 婉 曲 性 を 帯 び て い る よ うな 気 が す る の だ が ど うだ ろ うか と に か く 注 目 す べ きは ラ イ 麦 畑 で つ か ま え て で は こ の 種 の 文 頭 に くる the helrが 度 も 登 場 し な い とい う こ とだ と い う こ と は 同 時 に ホ ー ル デ ン の 使 う ス ラ ン グ が 卑 俗 さの 点 で そ ん な に 度 を 過 ご す もの で は な い と い う こ と の 証 拠 に な る と い う の が 私 の 見 方 で あ る ま た す で に 本 稿 の く そ の 三 crap の 素 性 と 用 法 で 述 べ て お い た よ う Eleotronlo Llbrary Library Service

4 4 に ホ ー ル デ ン 好 み の likefun は likehell の さ ら な る 婉 曲 語 法 で あ る こ との つ い で に こ こ で 文 頭 に くる the hell に つ い て 若 干 考 察 して み る と 早 い 話 が ラ ン ダ ム ハ ウ ス 英 和 大 辞 典 第 二 版 で は 次 の よ うな 要 を 得 た 解 説 が な さ れ て い る (2) ( 文 頭 で ) ( 皮 肉 や あ ざ け り を 込 め て 言 葉 と 反 対 の 気 持 ち を 表 して ) 絶 対 _な い な ん て と ん で も な い : Are you listeningto me? The you are! 聞 い て い る の か 聞 い て い な い な こ の よ うな 文 頭 に くる the hell は 極 め て ア メ リ カ 的 な 用 法 で HDAS は 十 九 世 紀 の 前 半 か らの 例 を 引 い て い る 1843 [ W.T.Thompson 亅 ScenesinGa.32:The h 11 you is! ま さ か お 前 が 1844 Spiritof Times (Mar,16 ) 27 : Mr.President, the Capitolison fire, said a Senator. The 鱒 hellitis! said the President. 大 統 領 閣 下 議 事 堂 が 燃 え て い ます とあ る 上 院 議 員 が 言 っ た な に を バ カ な! と 大 統 領 こ れ が 今 日 ま で つ づ い て い る わ け で ドス パ ソ ス の 三 人 の 兵 士 亅 (1921 ) な どで も 次 の よ うに 使 わ れ て い る Their trains run fasterthan ours, said Eisenstein. The hellthey do_ Tt4 や つ らの 汽 車 は お れ た ちの よ りは や く 走 る ん だ よ と ア イ ゼ ン シ ュ タ イ ン が 言 っ た ま さ か _ と い うわ け で 文 頭 に くる tthe helrは ど うや ら ア メ リ カ 生 まれ の もの ら し い 上 に 挙 げ た 三 つ の 用 例 の うちの 最 初 の もの は ウ ィ リ ァ ム タ ッ パ ー トム ソ ン ( ) と い う オ ハ イ オ 州 生 まれ の ユ ー モ ア 作 家 の 作 品 に 出 て くる こ と に な っ て い る 彼 は 長 ら くジ ョ ー ジ ア 州 に 住 み そ こ の 貧 乏 白 人 Eleotronlo Llbrary Library Service

5 5 を 好 ん で 描 い た 用 例 は そ う した 田 舎 人 の 言 い 方 を 取 り 上 げ た もの で あ ろ う た だ もう 少 し 古 い 用 例 が 見 つ か らな い も の か と い う の が 目 下 の 私 の 心 境 で あ る 他 方 英 国 で は 古 くか ら tthe helrで は な く the devirが 使 用 され て い た た と え ば OED は the devil の 項 で こ の 種 の 用 例 の 引 用 を 十 六 世 紀 か ら 始 め か つ 次 の よ うな 興 味 深 い 解 説 的 文 章 を 載 せ て い る a 1661FullerWorthies ( 1811 ) L386 We have an English expression Devilhe dothit,, The 冒 the Devilhe hathit;where the addition of devilamounteth only to a strong denialequivalent to,, he doth itnot, he haih itno ピ つ ま り 文 頭 に the devirを も っ て くる と 強 い 否 定 の 意 味 を 表 す 言 い 方 に な る と 述 べ て い る わ け で こ の こ と は 逆 に 英 国 で は 十 九 世 紀 は じめ に は まfj the hell を 代 用 す る 習 わ しが 存 在 しな か っ た と い う こ と を 示 す も の で あ ろ う と こ ろ で 今 か ら 七 十 年 近 くも 前 の 九 三 年 に L.M.Merryweather と い う 人 が He inamerican Speech と い う 論 文 を 発 表 した こ とが あ っ た そ の 中 で 彼 は か つ て 人 々 は 地 獄 の こ と を the other place と 呼 ん だ り マ ー ク トウ ェ ー ン な ど は ihot as the hereafter な ど と い う 滑 稽 な 婉 曲 語 法 を 発 明 し た り した 時 代 もあ っ た が 電 今 で は だ れ もか れ も helr を 見 境 な く 使 っ て 本 来 の 名 詞 的 用 法 か ら 動 詞 的 形 容 詞 的 間 投 詞 的 い や 副 詞 的 な 用 法 に い た る ま で い た る と こ ろ で 幅 を 利 か せ て い る と い っ た 意 味 の こ と を 述 べ て い る 5 こ れ を 読 み なが ら わ れ わ れ は そ うい えば トウ ー ェ ン に あ っ て は hell を 含 む い い 方 が ま こ と に 寥 々 た る もの が あ っ た な な ど と 改 め て 思 い 返 し て み る た と え ば ハ ッ ク ル ベ リ ー フ ィ ン の 冒 険 (1884 ; 1885 ) の 場 合 な どは 次 の 例 に 見 ら れ る よ うな 地 獄 に 墜 ち る ( g to hell ) と い う 文 字 通 りの 表 現 以 外 は hell と い う 言 葉 は 登 場 しな い _and how near 1 come to being lostand going to hell. ( XXXI, 271 ) も う 少 しの と こ ろ で 過 ち をお か して 地 獄 に 墜 ち る とこ ろ だ っ た t All right, then, 1 11 go to hell and tore itup.(xxxi,272 ) Eleotronlo Llbrary Library Service

6 6 よ し そ れ じ ゃ 地 獄 へ 行 っ て や ろ う そ う 言 っ て 紙 を 引 き 裂 い た ハ ッ ク フ ィ ン の 物 語 が 舞 台 とな っ て い る 十 九 世 紀 前 半 に お け る ミ ズ ー リ 州 か ら ア ー カ ン ソ ー 州 に か け て の 南 西 部 の 田 舎 で は 1ikehelrや as helr あ る い は the hell の よ うな 俗 語 的 語 法 が あ ま り 使 わ れ て い な か っ た の the helr だ ろ うか そ うで は あ る まい 先 に 挙 げ た ジ ョ ー ジ ア 州 の 話 し 言 葉 や あ る い は の ち ほ ど 登 場 す る ス テ ィ ー ヴ ン ク レ イ ン の 赤 い 武 勲 章 亅 (1895) に お け る 田 舎 育 ち の 兵 士 の likehell (た だ し こ れ は 動 詞 の 直 後 に く る 例 ) に 見 ら れ る よ うに よ く 使 わ れ て い た の に 違 い な い の だ お そ ら く マ ー ク トウ ェ ー ン は 読 者 の 顰 蹙 を か うこ と を 恐 れ て そ うし た 表 現 を 慎 重 に 避 け た もの と 思 わ れ る トウ ェ ー ン もな に ほ ど か の く お 上 品 な 伝 統 の 流 れ の 中 に あ っ た の だ ウ ェ ザ ー 氏 は さ らに こ う 書 き つ づ け る For instance, itisused, in and as intensifier of negative adverbs. The he yo ロ say! YOU don phrases, as the equivalent of negative adverbs, t say!) Like hel w ( or ) w11 ike 血 e1 1 wiil not 1 ) こ の 例 に 見 ら れ る よ うに, 否 定 を 意 味 す る likehelrは 必 ず し も 文 頭 に くる とは 限 ら な い ら しい の だ が 小 説 作 品 の 中 で は あ ま り 見 か け な い そ れ よ り も 問 題 は メ リ ウ ェ ザ ー 氏 の い う こ うし た 言 い 回 しが 文 学 史 に 残 る 小 説 作 品 の 中 で い つ ご ろ か ら 登 場 し 始 め た の だ ろ うか と い う こ とで あ る 残 念 なが ら 浅 学 非 才 の 私 の こ と こ れ に 答 え る 用 意 が まだ で きて い な い つ ぎに 動 詞 の 直 後 に くる like hell に つ い て ラ イ 麦 畑 で つ か ま え て で は likehell に よ っ て 修 飾 さ れ る 動 詞 は Ihate Irun hurt,1 shake,, rain, shiver, chatter,, run, yell な どで そ の 中 で も hurtが い ち ば ん 多 い 安 藤 貞 雄 氏 も こ の こ と に つ い て 次 の よ うに 述 べ て い る Eleotronlo Llbrary Library Service

7 7 Like hel1は1 特 に hurtと 共 起 す る こ とが 多 い 7 こ れ が hurtと と もに 多 く 使 わ れ る と い うこ と は 必 ず し も 偶 然 で は な い の か も しれ な い た と え ば ウ ィ リヤ ム ギ ャ ス の 長 篇 トン ネ ル 亅 (1995 ) に 次 の よ うな 用 例 が あ る か らだ My mother drank to fillher lifewith the warmth which had longago leaked out of it ; and my fatherhurtlikehellbecause hismother had, becausehe had inheritedthe wrong proclivitieshis arthritis an arch between two sagging, generations. s か ぬ く お ふ くろ は と っ くの 昔 に 涸 れ て し ま っ た 温 も りで 自 ら の 人 生 を 満 た や け ざ け あ お そ う と 自 棄 酒 を 煽 っ た 方 親 父 は 彼 自 身 の 母 が 原 因 と な っ て ひ ど い 肉 体 的 苦 痛 に 悩 ま され て い た 遺 伝 的 病 質 を 受 け 継 い で い た か ら で あ る 彼 の 関 節 炎 は 二 つ の 沈 み ゆ く 世 代 を つ な ぐ ア ー チ と も い う べ き も の で あ っ た 作 者 の ギ ャ ス が 六 百 ペ ー ジ を 超 え る 大 作 の 中 で likehelrを ま っ た く とい っ て よ い ほ ど 使 っ て い な い の に 敢 え て こ こ で hurtlikehelrと 言 っ た の は 頭 韻 の 効 果 を 出 そ う と した た め に 違 い な い た だ ホ ー ル デ ン も 頭 韻 の 効 果 を 念 頭 に 入 れ て い た と は 考 え に く い の だ が こ の 種 の likehelrは 要 す る に likethe ( or a )devil と 同 じ 意 味 に 使 わ れ る 俗 語 的 成 句 で あ る HDAS は 十 八 世 紀 初 頭 の ア メ リ カ の 用 例 を 挙 げ て い る Weems Drunkard s Looking Glass61: He continues to bawl out that you are a d d clever fellow, and swears by hismaker,that he loves you likeh L お 前 は と て つ もな く 利 口 な 奴 だ と 稼 は わ め き つ づ け そ して そ の お 前 が 好 き 好 きで た ま ら な い ん だ と 天 地 神 明 に 誓 っ て 言 う こ れ に 対 して OED は サ ッ カ レ ー か ら の 例 を 引 い て い る 1855Thackeray Newcomes 1, xxix 1, triedevery place.and p 且 ayed hke hell. Eleotronlo Llbrary Library Service

8 8 私 は い た る と こ ろ を 試 して み て _ 思 い っ き り 遊 ん だ こ れ ら 二 つ の 用 例 を 眺 め な が ら, 私 は, 動 詞 の 後 に くる 1ikehelrは イ ギ リ ス 人 の 発 明 (invention) ら し い とい う メ ン ケ ン の 推 測 に もか か わ らず, イ ギ リ ス と ア メ リ カ の ど ち らが 早 い の だ ろ つと 考 え 込 ん で し ま う しか し ど ち らが 早 い か は と もか く, そ の 後 英 米 双 方 と も こ れ を よ く 使 い OEDS は D.H. ロ レ ン ス か ら の 例 文 を 引 い て い る 1922D H.Lawrence England, My En81and 231 And I shall miss thee, Jack. Miss you likehell. ジ ャ ッ ク さ ん,あ ん た が い な く な れ ば 淋 し くな る なあ _ こ ち ら も 淋 し くて や りきれ な くな る 他 方 次 の ス タ イ ン ベ ッ ク の 書 簡 に 見 られ る よ うに む ろ ん ア メ リ カ で も miss..like the devi1 が 使 わ れ る 宛 て に 書 い た 手 紙 で あ る 九 五 七 年 九 月 に 東 京 か ら 妻 Elaine Ican t sleep and 1 miss you.miss you likethe devil. 眠 れ な くて お 前 が 恋 しい お 前 が い な くて 本 当 に 淋 し い こ こ で ア メ リ カ 小 説 に 出 て くる 1ikehell の 例 を 二 三 挙 げ て お こ う 1) は ス テ ィ ー ヴ ン ク レ ー ン の 赤 い 武 勲 章 か ら 2) は ドス パ ソ ス の 三 人 の 兵 士 か ら 3)は サ リ ン ジ ャ ー 自 身 の ハ プ ワ ー ス 16 九 二 四 年 (1965) か ら の もの こ の 最 後 の 例 は like と hell の 問 に sheer を 挿 入 して 大 袈 裟 に 強 調 し て み せ る あ た りが 珍 し い 用 例 だ とい え る だ ろ う 天 才 少 年 シ ー モ ア グ ラ ー ス が 家 族 宛 て に 書 い た 手 紙 の 中 の 言 葉 で あ る 1) lt _an that boy, he ses,, Your fellers 11all run likehellwhen they onct hearn a gun, he ses. 10 _あ の 小 僧 っ こ が 言 うん だ rお め え と こ の 仲 間 は 銃 声 を 聞 い た と た ん 斉 に 逃 げ 出 す に きまっ て らあ な っ て な 2) t, 冒 He must have liedlikehellto get in this Goddam army, boomed the Eleotronlo Llbrary Library Service

9 deep voice of the truck driver,.(362 ) 9 あ い つ は こ の 糞 い ま い ま しい 軍 隊 に 入 る の に と ん で もな い 嘘 を つ い た に 違 い な い... と い う ト ラ ッ ク の 運 転 手 の だ み 声 が 響 きわ た っ た 3)As you must know in your, hel1. u heartsand bowels we miss you aii iikesheer き っ とそ ち ら も 十 分 気 付 い て お ら れ る こ と と は 思 い ま す が ぼ く た ち は 家 族 の 皆 様 が 恋 し くて 恋 し くて た ま ら な い 気 持 ちで す な お ヘ ミ ン グ ウ ェ イの 書 簡 で は likethe deuce も さ か ん に 使 わ れ, と き に は Thanks likehellfor the letterthat came today. (1927 ) と い う 言 い 方 もす る しか し ラ イ 麦 畑 で つ か ま え て 亅 の ホ ー ル デ ン は llike the devirと か like the deuce な ど と い う 言 い 方 は 度 も し な い ひ た す ら likehell1を さ ま ざ ま な 動 詞 と と も に 繰 り 返 し 繰 り 返 し 使 う ま た Thanks Thanks a lot. ( 251 ;173 ) と い う 穏 健 な 言 い 方 をす る likehellで は な く で は likehell 以 外 の 11ike を 伴 っ た 直 喩 は ラ イ 麦 畑 で つ か ま え て で ど うな っ て い る だ ろ うか こ れ に つ い て 結 論 的 な こ と を 先 に 述 べ て お くな ら ば ホ ー ル デ ン の 直 喩 表 現 は ほ と ん どす べ て 言 い 占 さ れ た 紋 切 り 型 的 な もの ば か りで あ る 見 新 奇 な もの の よ うで い て 独 創 性 を 感 じ られ な い 場 合 が 多 い しか しそ うか と い っ て ま っ た くホ ー ル デ ン ら しさが 感 じ ら れ な い とい うわ け で もな い そ の 辺 の こ と に 留 意 し な が ら 以 下 に 具 体 的 な 例 を 列 挙 し か つ 簡 単 な コ メ ン トを 付 す こ と に す る 1)He ( = 01d Spenccr ) startcd chuckling likea madman. ( 11 ;18 ) ス ペ ン サ ー 先 生 は さ か ん に 独 り 笑 い をは じめ た 2)1 hate the movies likepoison,_ (38 ; 29 ) ぼ くは 映 画 が 大 嫌 い な ん だ 3) 1 landed on him likea goddam panther (39 ; 30 ) ぼ くは 豹 の よ う に 彼 に と び か か っ た Eleotronlo Llbrary Library Service

10 Komazawa 三 1z 三 1w 三 1 University 104 >They laughed likehyenas at stuff that wa8n teven funny.(48 ; 37) お か し く と もな ん と もな い も の を 見 て ハ イ エ ナ の よ うに 笑 っ た 5)He slept likea rock.(65 ; 50 ) 岩 ( 石 ) み た に に 眠 っ て い た 6).,.they started gigglinglikemorons. (91 ; 71 ) 薄 鈍 み た い に くす くす 笑 い だ した 7)Iknow Jane likea book (99 ; 76 ) ぼ くは ジ ェ ー ン の こ と な らな に もか も 知 っ て る ん だ 8)[Horwitz _drove off likea batout of hell.( 109 ;82 ) タ ク シ ー の 運 転 手 は 猛 ス ピ ー ドで 立 ち 去 っ た 9)The audience applauded likemad,_ ( 177 ;137 ) 観 客 は む ち ゃ くち ゃ に 拍 手 喝 采 を して... 10)1ve livedin New York all my life, and Iknow Centra1Park likethe back of my hand _, ( 200 ;154 ) ぼ くは 生 まれ て こ の か た ず っ と ニ ュ ー ヨ ー ク に 住 ん で い る の で セ ン トラ ル パ ー ク の こ と は 手 に 取 る よ うに 知 っ て い る ん だ 11)He Mr.Antolini ) smoked likea fiend. ( 242 ;186 ) 先 生 は ニ コ チ ン 中 毒 み た い に タ バ コ を 吸 うん だ 12>It ( = our frontdoor) creaks likea bastard. ( 229 ;177 ) 入 り 口 の ドア が 馬 鹿 み た い に 軌 む ん だ コ メ ン ト 引 用 1)の likea madman 六 世 紀 の 例 を 挙 げ て い る 1533Ld.Berners H ロon xxili, 68 方 は ず い ぶ ん 古 くか ら あ る もの で OED ぱ 十 He wytl come after vs lyke a madd man. Eleotronio Library Service

11 11 気 違 い の よ うに わ れ わ れ の 後 を 追 い か けて くる だ ろ う した が っ て こ れ は ア メ リ カ 語 の 俗 語 とは い え な い も と も と madman は 上 の 例 の よ う に 二 語 で あ っ た もの が い つ の 間 に か 語 に な り い わ ば 成 句 とな っ た の だ ホ ー ル デ ン は 作 中 で 八 回 も 使 用 し しか も 下 記 の 例 の よ うに 人 間 で は な く 物 を 主 語 に し て い る もの も 数 例 あ る そ し て そ れ は 擬 人 化 と い っ た 修 辞 法 と は 無 縁 で llike helllと 意 味 は ま っ た く 変 わ ら な い Therewere about three inchesof snow on the ground, and itwas stillcoming down likea madman,_ (177 ; 137 ) 地 面 に は 三 イ ン チ ば か り も 雪 が 積 も り ま だ ど ん ど ん 降 り し き っ て い た 引 用 2)の hate _ 1ikepoison もア メ リカ 語 で は な い OEDS は 十 六 世 紀 以 来 の 例 を い く つ も 挙 げ て い る 1530J.Palgrave_ He gyueth me fayre wordes and yet he hateth me 且 yke poyson 彼 は 私 に 対 して 巧 言 を 弄 しは す る もの の 蛇 蝎 の ご と く 嫌 っ て い る 引 用 1and 3)の.likea panther は ご く 自 然 な 直 喩 で あ る ホ ー ル デ ン は 豹 の ご と き 勇 猛 さ とは 縁 が な く 結 局 は ル ー ム メ ー トの ス トラ ドレ ー タ ー に か な う は ず も な く 散 々 な 目 に 遭 う しか し 女 友 だ ち の ジ ー ェ ン ギ ャ ラ ー ハ に 対 す る 種 の 騎 士 道 精 神 に 生 きた い と い う パ セ ッ テ ィ ッ ク な 気 持 ちが よ く 表 され て い て 面 白 い 引 用 4)の laugh likea hyena に つ い て は OED に 引 用 さ れ て い る 次 の よ う な エ ン サ イ ク ロ ペ デ ィ ア ブ リ タ ニ カ の 節 が 参 考 に な る 1881Encycl.Brit.XIL 421!1 The StripedHyena.ltsunearthly howling.when lhe animal is excited, changes into what has been compared to demoniac laughter,and hencethe laughinghyena name of._ Eleotronlo Llbrary Library Service

12 12 シ マ ハ イ エ ナ... 興 奮 す る と こ の 世 の もの と は 思 え な い そ の 遠 吠 えは 悪 魔 的 笑 い に 譬 え られ て きた もの へ と 変 わ り そ こ か ら 笑 う ハ イ エ ナ の 呼 称 が 生 ま れ た... 普 通 laughing hyena を 辞 書 で 引 く と spotted hyena の こ と と 記 され て あ り エ ン サ イ ク ロ ペ デ ィ ア ブ リ タ ニ カ の 記 述 と 食 い 違 うが 目 下 の と こ ろ そ れ は た い し た こ と で は な い 重 要 な こ とは laugh like a hyena と い う 直 喩 が そ う い う ハ イ エ ナ の 特 性 か ら 生 まれ た と い う こ と だ ホ ー ル デ ン は 二 度 ほ ど こ れ を 用 い て い る が す で に 九 三 〇 年 代 に は ア メ リ カ 北 東 部 で yelled likea laughing hyena と い う 形 で 般 に よ く 使 わ れ る よ うに な っ て い た と 報 告 され て い る 12 た だ laughlikea hyena とい うそ の もの ず ば りの 直 喩 が 小 説 作 品 に 現 れ た こ とが あ る の か ど うか は 分 か ら な い 引 用 5)の sleep 且 ike a rock ぐ っ す り 眠 る は,sleep likea top ( 独 楽 の よ うに 眠 る ) sleep likea log ( sleep likethe dead 丸 太 の よ う に 眠 る ) ( 死 人 の よ う に 眠 る ) と い っ た 比 喩 が 有 名 で す こ ま ぐに ス テ ィ ー ヴ ン ソ ン の 宝 島 の and then slept likea logup hilland down dale_r u ( 丸 太 の よ うに 眠 りな が ら 丘 を 上 り 谷 る (1926)の を 下 り)や ヘ ミ ン グ ウ ェ イ の 日 は ま た 昇 Did you have a good night, Jake?._ I slept likea log 且 4 な ど を 思 い 出 す が sleep likea rock は ど の く ら い 般 的 な の か 私 に は よ く 分 か ら な い 大 変 味 わ い の あ る 直 喩 で あ る が ホ ー ル デ ン 独 自 の もの で あ る か ど うか なお 岩 と い え ば 文 が 見 られ る ハ ッ フ ィ ン に は 次 の よ うな Ipoked along well onto an hour, everything still as rocks and sound asleep. (VIII, 66 ) ぼ くは た っ ぷ り 時 間 近 くもほ っ つ き 歩 い た な に もか も 岩 み た い に じ っ と 動 き も しな い で ぐ っ す り と 眠 り こ けて い た 引 用 6)の giggle likea rnoron moron は ど う い うわ け か ホ ー ル デ ン が 愛 用 す る 単 語 で あ る ミ トフ ォ ー ド M マ シ ュ ウ ズ (Mitford M, Mathews ) の ア メ リ カ 語 辞 典 (A Dict.of Americanisms,1951)の moron Eleotronlo Llbrary Library Service

13 を 引 く と こ の 語 が 13 九 〇 年 の 四 月 に ア メ リカ で 誕 生 した こ とが 判 明 す る 且 910Henry H.Gaddard lett.29 Apirl in Jmi.Psycho AsthenicsSepし Dec. 65The other suggesiion is to call them [feeble minded children ]by the Greek word moron., も う つ の 提 案 は そ う し た 知 能 の 低 い 子 ど も た ち を ギ リ シ ャ 語 の Tmoron で 呼 ぶ こ とで あ る like a moron は 辞 書 的 成 句 と し て 定 着 して い る わ け で は な い した が っ て こ れ は likea madman や likea bastard の よ う に likehell で 置 き 換 え る こ と の で きな い もの つ ま り 強 意 的 直 喩 で は な く 記 述 的 直 喩 で あ る と した ほ うが よ さそ うで あ る む ろ ん こ の 辺 は 少 々 微 妙 な とこ ろ で ホ ー ル デ ン ら し い 強 意 的 直 喩 と し て 片 付 けて も い っ こ うに 差 し 支 え な い の だ け れ ど も しか し 彼 は ジ ェ ー ン ギ ャ ラ ハ ー とデ ー トし た ス ト ラ ドレ ー ター を 薄 汚 い 低 能 の とん ま 野 郎 (adirty stupid sonuvabitch of amoron,58 ; 44) と 精 杯 の 侮 辱 的 表 現 で 呼 び こ れ に は さす が の ス トラ ド レ ー タ ー も 我 慢 し きれ ず 彼 を 痛 い 目 に 遭 わ せ さ らに 彼 自 身 が 自 分 の こ と を も moron と 呼 ぶ (1 told him 1 was a real moron, 17 ; 12) と い っ た こ と な ど を 考 え 合 わ せ る と こ の 直 喩 は か な りの 精 彩 を 帯 び て くる し た が っ て 彼 が 第 二 十 章 で しか し し まい に は そ こ を 出 て バ カ み た い に よ ろ め き な が ら 洗 面 所 に 入 っ て... (Finally, though I, came out and went in the the men s room, staggering around likea moron,197 ; 151) と 語 る と き 紛 れ もな く 自 己 嫌 悪 感 に 満 ち た 厂 記 述 的 直 喩 とな る 引 用 7) の know _by a book OEDS well,understand perfectly と 説 明 し 次 リ カ 語 の 成 句 で は な い は こ れ の 意 味 に つ い て to know very の よ うな 用 例 を 引 い て い る ア メ 1839 H,Franko Adventures of H.Franco 1, xi.73 Know him likea book, replied Mr.Lummucks. 引 用 8) の likea bat out of hell ラ イ 麦 畑 で つ か ま えて の 読 者 の あ る Eleotronlo Llbrary Library Service

14 14 者 は こ れ を 読 ん で な ん と い う 鮮 や か な イ メ ー ジ だ ろ う と 感 心 す る に 違 い な い 地 獄 か ら 飛 び 出 す コ ウ モ リ の よ う に と は じ つ に 痛 快 で は な い か しか し こ れ は ホ ー ル デ ン の 独 創 に な る もの で は な い ご く 普 通 に 使 わ れ る 成 句 だ た とえ ば 研 究 社 新 大 英 和 辞 典 で は ( 口 語 ま っ し ぐ ら に 猛 烈 な ス ピ ー ドで ( 俗 ) 猛 ス ピ ー ドで 向 ラ ン ダ ム ハ ウ ス 英 和 大 辞 典 第 二 版 で は こ う 見 ず に とあ り リ ー ダ ー ズ 英 和 辞 典 で は ( 口 ) 猛 ス ピー ドで な ど と あ る さ らに ジ ー ニ ア ス 英 和 辞 典 は 小 型 辞 典 な が ら ( 英 俗 す ば や く 脱 兎 の ご と く と や や 突 っ 込 ん だ 説 明 と 訳 語 を 付 し て あ る 突 っ 込 ん だ 説 明 と い うの は わ ざ わ ざ 英 俗 と して い る か ら だ だ が こ れ を く 英 俗 とす る 根 拠 は は た して あ る の だ ろ うか こ の こ と に つ い て 少 し ば か り 検 討 して み よ う まず 最 初 に 英 米 の 辞 書 を 参 照 し て み る こ と に す る す る と ど うい うわ けか DAS で は こ の 成 句 が 扱 わ れ て い な い こ と に 気 づ く こ の 由 緒 あ る ア メ リ カ 俗 語 辞 典 が like a bat out of hell を ア メ リ カ 生 まれ の 成 句 とは 見 做 して い な か っ た こ と に な る 方 DSUE で は batout of hell, go 1915F,& Gibbons. likea. To esp.fly go,, extremely fast:air Force coll.:from で 典 つ ま り 第 次 世 界 大 戦 中, 空 軍 の 兵 士 た ち に よ く 使 わ れ た 口 語 的 表 現 拠 は Farmer& Gibbons, Soldierand SailorWords and Phrases, 1925 い う こ と に な る さ ら に 同 じ 辞 典 の 第 二 巻 に な る と と bat out of hell, go likea.as a civilian coll., itisat ( Leechman ) leastas early as l908 と 記 さ れ る つ ま り 民 間 人 の 口 語 的 表 現 と し て は 早 く も 九 〇 八 年 に 使 わ れ て い た と い う こ と だ 典 拠 は Douglas Leechman, nemerous Ls communication, especially in l 959 だ と い う た だOEDS や HDAS は こ の 説 を 信 用 して い な い ら し く い わ ば 無 視 した 格 好 に な っ て い る まず OEDS か ら 見 て い こ う Eleotronlo Llbrary Library Service

15 Komazawa 三 1z 三 1w 三 1 University 15 Slang Phr. ω go 丿 11kea bato ofhe11, ( to go) very quickly 1921J.Dos Passos ThreeSoldiei s (1922 ) 11, ii, 67 We went likea batout of hellalong a good state road.1925 Frazer & Gibbons 501d/er & Sa or Word519 To go like a baou of 加 11, Io go at extreme high speed (Air Force ), こ れ を 見 る と OEDS は 九 〇 八 年 説 や 九 五 年 説 を 採 用 し て い な い か の ご と くで あ る そ れ で は HDAS で は ど うな っ て い る だ ろ うか likea bat out of hell at tremendous speed. 1909DIV III399 Ark. Like : a bat out of he11, adv.phr.very quickly.1912 DN III577 : When I saw him he was going likea bat through hell.1918 in MillsWar Letters 353: He tumed tailand and headed forgermany likea bat out of hell. ( 彼 は くる り と 向 き を 変 え る や, 地 獄 か ら 飛 び 出 す コ リ よ ろ し く 猛 烈 な 勢 い で ドイ ツ へ と 向 か っ た ) ウ モ 1)N とは DialectNotes つ ま りア メ リカ 方 言 研 究 誌 の こ と で あ る そ し て こ の 記 載 か ら 分 か る こ とは like a bat out hell は ア メ リ カ の 方 言 的 言 い 回 しに 起 源 を も つ と い う こ とだ こ こ で 私 の 勝 手 な 推 測 が 始 まる の だ が そ れ は 第 次 世 界 大 戦 で ヨ ー ロ ッ パ に 出 征 した 田 舎 育 ちの ア メ リ カ 青 年 た ちが こ の 方 言 的 成 句 を 軍 隊 仲 間 の 間 に 広 め た の で は な い か と い う こ とで あ る OEDS に 記 載 さ れ て い る ドス パ ソ ス の 三 人 の 兵 士 か らの 引 用 は 引 用 符 が 取 り 払 わ れ て い る た め そ れ が 物 語 りの 地 の 文 で あ る か の よ う な 印 象 を 読 者 に 与 え る しか し 実 際 は あ る 特 定 の 登 場 人 物 の 台 詞 な の で あ る こ の 作 品 に は likea bat out of hellが 延 べ 四 回 出 て くる が そ れ ら は す べ て Dan Cohen と い う ア メ リ カ 人 兵 士 の 言 葉 で あ る 舞 台 は 第 次 世 界 大 戦 中 の フ ラ ン ス の と あ る 町 の カ フ ェ そ こ で 酒 を 飲 ん で い る ア メ リ カ 人 兵 士 た ち の 問 に こ の Dan が 飛 び こ ん で きて 野 戦 救 護 隊 員 と し て の 冒 険 談 を 自 慢 げ に 語 る と きの 言 葉 で あ っ た 1., BillRees an me ldstop off every now and then to have a littledrihk an say Bonjour to the girls an talk to the peopie an then we, d go likea bat out Eleotronio Library Service

16 16of hellto catch up.(76 )... ビ ル リ ー ス と お れ は し ょ っ ち ゅ う 飲 み 屋 に 立 ち 寄 っ て は 杯 や り 女 給 た ちに ボ ン ジ ュ ー ル と 言 い な が らお 客 た ち と 雑 談 を し そ れ か らみ ん な に 追 い つ くた め に さ っ と 引 き 揚 げ る な ん て な こ と を や っ て た っ て わ け さ Well, he went on, we went likea batlikeout of hellalong a good state road, and itwas all fineuntil one of the captains thought we ought to have a race. 1 (77 ) そ れ で な と 彼 は 言 葉 を つ づ け た お れ た ち は 立 派 な 国 道 を 猛 ス ピ ー ドで 飛 ば した ん だ が 大 尉 の 人 が 自 動 車 競 争 を や ら な きゃ な ん て 思 い つ くま で は な に もか も 順 調 だ っ た ん だ _, an so we put an the gas in my car an the fourof us climbed on that goddam chasis an we went off likea bat out of hell! (77 )... そ こ で お れ た ち は お れ の 車 に ガ ソ リ ン をた っ ぷ り 入 れ 四 人 が 車 台 に の ぼ る や い な や さ っ と 飛 び 出 した ん だ He ( 羈 that fro9 ) shot the juice intoherant went off likea bat out of hellan there was a hellof a lotof trafficon the road because there wa8 some damn foolattack or other goin on. (78 ) そ の フ ラ ン ス 人 野 郎 が 車 に ガ ソ リ ン を つ め こ み 地 獄 を 飛 び 出 す コ ウ モ リ よ ろ し く 突 っ 走 っ た ん だ が ど っ か で い ま い ま しい 攻 撃 か なん か が あ っ た もん で 道 路 が や け に 込 ん で い や が っ た と い うわ で け もつ 成 句 で あ っ れ る よ うに な り like a bat out of helllは も と も とア メ リ カ の 方 言 に 起 源 を た もの が 第 次 世 界 大 戦 と と も に ひ ろ く 般 に 使 用 さ そ れ が 第 二 次 世 界 大 戦 後 の ホ ー ル デ ン 少 年 の 語 法 に ま で ま ぎれ こ ん で きた とい うわ れ わ れ の 仮 説 が 正 しい と す れ ば ジ ー ニ ア ス 英 和 辞 典 の 英 俗 と い う 説 明 は 訂 正 さ れ ね ば な らな い こ と に な る 引 用 9) の likemad こ れ は ご く 普 通 に 使 わ れ る 強 意 的 直 喩 だ ホ ー ル Eleotronlo Llbrary Library Service

17 17 デ ン は 二 回 ほ ど 使 っ て い る DAS は likemad = likecrazy と して ま る で ア メ リ カ の 俗 語 で あ る か の よ う に 扱 っ て い る が 本 来 は ア メ リ カ 語 で は な い 古 くか ら イ ギ リ ス で 使 用 され て きた もの で したが っ て HDAS に は 記 載 され て い な い た だ し hke crazy は ア メ リカ 生 まれ で HDAS は 九 二 四 年 か らの 用 例 を 挙 げ て い る 1924 Marks Plastic228 ;She has been_ tearing around likecrazy. 彼 女 は ま る で 気 違 い の よ うに 暴 れ ま わ っ て い た 1ikemad に つ い て OED は 十 七 世 紀 半 ば か ら 十 九 世 紀 末 に い た る ま で の も の を い く つ も 挙 げ そ の 中 に は フ ィ ー ル デ ィ ン グ や リ チ ャ ー ド ソ ン か ら の 引 用 も 含 まれ て い る 1653H.More For she was then seen.inherfetters, running about likemad. そ れ と い い ます の も あ の 女 は 足 枷 を は め ら れ た ま ま 狂 っ た よ うに 走 り 回 っ て い る 姿 が 見 られ た か ら で す こ こ で ア メ リ カ 小 説 に 見 られ る 用 例 と して また し て も ド ス パ ソ ス の 三 人 の 兵 士 か ら 引 い て お くと The thought set hisheartlikemad.(199 ) そ れ を 思 う と 心 臓 が 激 し く 打 ち 始 め た 引 用 10) の know liketheback of my handb こ れ は 引 用 7)の know likea book と 同 じ 意 味 で あ る が 初 出 は OEDS で 見 る 限 りで は 二 十 世 紀 半 ば 近 く と い う こ とで ず い ぶ ん と 遅 い もち ろ ん ア メ リ カ 英 語 で は な い 1944MInns 1 know thatbook liketheback of my hand. そ の 本 の こ とな ら 自 分 の 手 の 甲 の よ うに 詳 し く 知 っ て い る 引 用 11) の smoke likea fiend こ れ は 同 じ ホ ー ル デ ン の 1 went right on smoking Iikea madman. (55 ; 42 ) の likea madman と ほ と ん ど 同 義 で あ る た だ likea fiendそ の もの は 成 句 に な て い る わ け で は な い の で 文 字 通 り Eleotronlo Llbrary Library Service

18 18 ニ コ チ ン 中 毒 の よ うに とい う 意 味 の 記 述 的 直 喩 と 見 倣 し た ほ う が よい か も し れ ない fiend も moron と 同 様 ホ ー ル デ ン の 愛 用 語 の つ a dope fiend で 彼 は a Canastafiend(61 ; 47 ) (64 ; 49)な ど と 言 うか ら a fresh air 負 end (64 ; 49 ) likea fiend もホ ー ル デ ン ら し い 直 喩 で あ る な お こ の よ うな 意 味 で 使 わ れ る fiend は ア メ リ カ 生 まれ の もの で 八 八 〇 年 代 に 発 生 した ドラ イ サ ー の シ ス タ ー キ ャ リ ー ( 1900 ) に 次 の よ うな 用 例 が 出 て くる Like the morphine fiend, he was becoming addicted to hisease. ;6 まる で モ ル ヒ ネ 中 毒 患 者 の よ うに 安 逸 を 貪 る よ うに な り つ つ あ っ た bastard 引 用 12)の likea こ れ は 生 粋 の ア メ リ カ 生 ま れ の 俗 語 的 成 句 で あ る HDAS は こ れ を as [or like abastard (used as a strong comparative と し て 記 載 して い る OEDS に は こ れ に つ い て の 独 立 し た 項 目 は な い な お as a bastard に つ い て は 別 の 機 会 に 改 め て 考 察 す る と し て bastardの, 初 出 例 は 次 の ご と くで あ る (HDAS ) likea 1938Adamic My America 54:He isa writer and _he writes likea bastard no, kiddin. あ い つ は 作 家 だ... が が む し ゃ らに 書 きや が る ん だ 本 当 だ と も 比 較 的 新 しい 強 意 的 直 喩 で あ る ホ ー ル デ ン は こ の 俗 語 成 句 が 大 変 好 き で 延 べ 七 回 も 使 用 して い る こ れ ば likea madmanl の 八 回 に 迫 る 勢 い だ と い っ て よ い だ ろ う そ し て こ の 七 回 の うち 二 回 に つ い て HDAS が 引 用 し て い る の だ か ら サ リ ン ジ ャ ー に と っ て は 名 誉 な こ と だ とい わ ね ば らな い o Salin8erCatcherin Rye l O2: My voice was shaking likea bastard. Ibid,212:Itbeganto rain likea bastard. な お 安 藤 貞 雄 氏 は こ の likea bastard に つ い て こ う 述 べ て い る... likea bastardは そ の 原 義 に もか か わ らず 人 主 語 以 外 の 主 語 に Eleotronlo Llbrary Library Service

19 19 も 共 起 す る こ と が で き る し か し 厳 密 に 言 え ば た と え ば lt creaks likea bastard.]は ひ ど くギ ー ギ ー き しみ や が る と い うよ うな 多 少 と も 主 語 を 擬 人 化 す る 気 持 ちが 感 じ られ る そ う い う ニ ュ ア ン ス を Iikeheliは 持 っ て い な い L7 しか し こ の 指 摘 は い さ さ か 穿 ちす ぎの き ら い が あ りは しな しか た と え ば ラ イ 麦 畑 で つ か ま え て の 第 十 章 に は 雨 に 関 して likea bastard ど likehelrの 双 方 が 同 じパ ラ グ ラ フ に 出 て くる が こ の 二 つ の 成 句 に ニ ュ ア ン ス の 相 違 が あ る と は 思 え な い 且 twas a Saturdayand itwas raining likea bastardout, _ (101 ; 78 ) あ る 土 曜 日 の こ とだ っ た が 外 で は 雨 が さか ん に 降 っ て い た... Itwas raining likehelland we were out on her porch,_(102 ; 76 ) 雨 は 土 砂 降 りで ぼ くら は ジ ェ ー ン の 家 の ポ ー チ に 出 て い た... こ の こ と は, as a bastard に も 言 え る こ と で 次 の 天 候 に つ い て 語 る 例 (HDAS か ら 借 用 ) に 関 し て 擬 人 化 云 々 を 言 い だ す こ と は 不 自 然 で あ ろ う 1932Hecht & Fowler GreatMagoo 97:Hot as a ain bastard, t it? や け に 暑 い で すね な お 土 砂 降 り の こ と を 英 語 で rain likefuryと も 言 い OED に は 次 の よ うな 引 用 が な され ま た マ ー ク トウ ェ イ ン の ハ ッ ク フ ィ ン に も 登 場 す る 1840Longf.In Litb ( 1891 ) L359 The lasteighteen miles itrained likefury. 最 後 の 十 八 マ イル は 篠 つ く 雨 で し た Directlyitbegun to rain,and itrained likeall fury, too, _.(Huck Finn, IX す ぐに 雨 に な っ た お まけ に 土 砂 降 りだ っ た, 75 ) こ の よ う に ハ ッ ク フ ィ ン の 直 喩 的 表 現 は 正 統 的 な もの で あ っ て Eleotronlo Llbrary Library Service

20 20 すで に 述 べ て お い た よ うに こ の 作 品 に は likehell は 度 も 登 場 しな い 現 代 ア メ リ カ 小 説 に お け る 口 語 的 俗 語 的 方 言 的 表 現 つ ま りは vernacular 的 表 現 に 道 を 拓 い た 十 九 世 紀 小 説 と して フ ォ ー ク ナ ー や ヘ ミ ン グ ウ ェ イ に よ っ て 最 高 の 賛 辞 を 与 え られ また ラ イ 麦 畑 の 生 み の 親 と もい う べ き 栄 誉 を 担 う ハ ッ ク フ ィ ン 亅 で は あ る が 十 九 世 紀 と 二 十 世 紀 の ア メ リ カ 小 説 の あ い だ に は 少 な くと も こ れ だ け の 言 語 的 懸 隔 が あ る の だ 以 上 ラ イ 麦 畑 に 見 ら れ る like を 用 い た 直 喩 的 表 現 の あ れ こ れ に つ い て コ メ ン トを 加 えて きた が ま だ 少 々 問 題 は 残 っ て い る 動 詞 の 直 後 に くる 同 じ likehell に は で あ りな が ら ラ イ 麦 畑 で つ か ま え て 度 も 登 場 しな い 使 い 方 が あ る そ れ は HDAS が Specif., inphr.look or feel dreadfurと 定 義 づ け て い る 成 句 で OEDS で は 扱 わ れ て い ない もの だ し た が っ て こ れ もア メ リ カ 的 俗 語 で あ る と い う こ と が で きる そ し て こ れ は ヘ ミ ン グ ウ ェ イ が と くに 書 簡 の 中 で 愛 用 した 言 い 回 しで あ る が た と えば 次 の よ うな 例 が 日 は また 昇 る 亅 に 見 られ る How do you feel? 1 Ifeellikehell (223 ) 気 分 は ど うか ね? だめ だ ね じ つ は こ の 引 用 の す ぐ 前 で 以 下 の よ うな 会 話 が 行 わ れ て い て こ の 場 合 の 1ike hell は わ れ わ れ が 先 に 問 題 に して きた よ うな 単 に 先 行 す る 動 詞 の 意 味 を 強 め る 働 きを して い る の で は な く そ れ こ そ 地 獄 の よ うな 気 持 ち とい う 実 質 的 な 意 味 を 担 っ て い る What s the matter? Feellow? tl,ilow,1 as hell Have another absinthe.here,waiter!anotherabs intheforthissenor. d Ifeellikehell, 111said.( 222 ) ど う し ま した? 気 分 が 悪 い の か? 悪 い ど こ ろ じ ゃ な い ん だ Eleotronlo Llbrary Library Service

21 ア プ サ ン を も う 杯 飲 ん で み た ら お い 給 仕!こ の お 方 に ア ブ サ ン を も う 杯 ま る で だ め だ ね とぼ くは 言 っ た 21 こ こ に 見 られ る low as hell は 同 時 に ホ ー ル デ ン 好 み の もの で もあ る わ け だ が 彼 に は こ の 種 の feel like hell と い う 言 い 方 は 見 られ な い 彼 は こ う e した 場 fellousy ( as he11 ) と 言 う しか しホ ー ル デ ン は feel like he}1 と 言 わ な い 代 わ りに 別 の 面 白 い そ し て ア メ リ カ 固 有 の 俗 語 を 使 用 して い る も っ と も 度 だ け で は あ る が Icertainlybegan to feellikea prize horse s ass, though, sitting there all by myself.( 112 ;86 ) し か しぼ くが そ ん な とこ ろ に 人 ぼ っ ちで 坐 っ て い る と ほ ん と う に 惨 め で や りきれ な い 気 分 に な っ て きた 名 訳 の 誉 れ が 高 い 野 崎 孝 氏 の 訳 文 で は しか し 僕 は 次 して 落 ち つ か な くな っ た 云 々 とな っ て い る が 少 第 に い ら い ら しば か り ニ ュ ア ン ス が 違 う よ うだ ま ず こ の 引 用 に 見 ら れ る ta horse s ass ( 馬 の お 尻 ) と は HDAS に よ れ ば a stupid or contemptible person usu.a man usu., considered vulgar と い う 意 味 で あ る こ れ は ア メ リ カ で 南 北 戦 争 時 代 か ら 使 わ れ 始 め た ら し く 同 辞 典 は 初 出 の 例 を 次 の よ う に 引 用 して い る al865 in J.Robertson Blue { & Gray l 28:[He isa horse s ass. あ い つ は ダ メ 男 だ ま た 1a prize と は 優 勝 馬 の こ とで horse し た が っ て 最 高 の 気 分 と い う 意 prize と い う 形 容 詞 は a horse s ass の 意 味 に もな りそ うだ が さ に あ らず 味 を い っ そ う 強 め る た め の もの で た と えば 同 じHDAS の 次 の 用 例 に お け る pompous と 等 価 の 表 現 だ 1934in J.O ass. Hara SeL Letters90:Imet her father in law, a pompous s horse 私 は 彼 女 の 義 父 と い う 人 に 会 い ま した が ま っ た くダ メ な 男 で し た Eleotronlo Llbrary Library Service

22 Komazawa 三 1z 三 1w 三 1 University 22 とい うわ け で feel likehell に 代 わ る feellikea prize horse s ass は 少 しばか りホ ー ル デ ン 独 特 の 直 喩 的 表 現 の つ で あ る とい え よ う HDAS が ラ イ 麦 畑 で つ か ま えて の こ の 表 現 を 採 用 して くれ なか っ た の は 大 こ と だ と 私 は 思 う 最 後 に ホー ル デ ン に お け る Ilike 変 残 念 な を 伴 う 直 喩 的 表 現 の 最 高 傑 作 を 例 示 し て 本 稿 を 締 め 括 る こ とに す る そ れ は 彼 が ワ シ ン トン 州 の シ ア トル か ら は る ば る や っ て 来 た と い う 三 人 の 女 性 の うちの 人 マ ー テ ィ (Marty) と い うブ ス と ダ ン ス を した と きの 感 想 を 表 した もの で あ る 動 き も ま ま な ら ぬ 巨 大 な 自 由 の 女 神 を 相 手 に し た ダ ン ス とは 絶 妙 な 比 喩 で は ない か Old Marty was likedraggingthe Statueof Libertyaround the floor.(99 ; 74 ) マ ー テ ィ と 踊 る の は, ま る で く 自 由 の 女 神 を 抱 い て フ ロ ア の あ ち こ ち を 引 きず り 回 して い る よ うな もの だ っ た 注 l The American Language, F.ScottFitzgera 且 d, The GreatGatsby(N,Y :CharlesScribneゼ ssons,1925.), Wil]iam Faulkner,Soldiers Pay ( 1926 ; Signet,1951),8. 4 John Dos Passos,ThreeSoldiers(1921 ; Boston:Houghton MifflinCo., 1949 ),362, 以 下 こ の 版 の ペ ージ を 本 文 中 に 記 す 5 Ametican Speech,VI, 6 (August1931 ), bid. 7 安 藤 貞 雄 英 語 語 法 研 究 144., 8 WilliamH,Gass, The Turmel ( New York 二 AlfredA.Knopf, 1955), ElaineSteinbeckand Robert Wa 蓋 tsten ( eds Steinbeck:A L 舵 in Letters ), ( 1975 ; Penguin Books, 1976 ), Stephen Crane,The Red Badge of Courage(1895 ; A Norton CriticalEdition,1962 ),46, 11 Hapworth16, 1924 innew y α kef ( June 19,1965 ), American Speech,1V,6 ( August 1928), R,L.Stevenson, Treasurelsland ( ed.sanki Ichikawa [1883 ; Tokyo:Kenkyusha, 1935], ErnestHemingway,The Sun Also Rises(1926 ; CharlesScribner s Sens, 1954 ), 100. 以 下 こ の 版 の ペ ージ を 本 文 中 に 記 す Eleotronio Library Service

23 Komazawa 三 1z 三 1w 三 1 University 同 じ くDS しrEで は likebatsout of (1 ) Hel 且 or (2 ) acave.m great haste,or with alacrity,esp of departure : (1 ) mainly Eng 置 孟 sh ; (2)mainly Canadian.(Leechman.)Sincemiddle 1930 s.と い う 項 目 の 説 明 もあ る が こ れ に つ い て は 今 の 私 に コ メ ン トを つ け る 準 備 が な い 16 TheOdore Dreiser, SisterCam e (1900 ; New York :Rinehart,1960 ),329, 17 英 語 語 法 研 究,145. Eleotronio Library Service

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

17 1 世 界 訪 チ ャ ヘ ホ 22 2 太 陽 最 高 哀 川 翔 26 3 今 斎 藤 3 4 夕 食 事 ず 褒 食 伊 達 政 宗 34 5 物 知 愛 ね ば ず 物 愛 知 ね ば 西 田 幾 多 郎 37 6 丈 夫 配 休 宗 純 4 7 僕 金 輪 際 二 度 困 葉 吐 高 杉 晋 作 43 8 ワ ワ 宇 宙 息 子 46 9 ピ ク カ バ 持 走 楽 ほ 道 加 藤

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15 グ エ カ ナ カ レ ビ コ ピ ヤ キ ヴ ミ ク リ 歳 レ ミ リ シ ッ ュ マ ィ カ リ ネ 未 ラ テ ビ ノ ド ク ニ シ ジ ノ カ ィ ア エ キ テ リ ド ョ オ ベ ハ フ 勝 ナ チ レ モ ッ ャ ィ ラ ネ ウ ク 利 カ ャ ロ プ ガ ラ ゴ レ サ ウ ヤ ズ マ シ レ テ ッ ッ フ ザ バ マ ョ デ ィ キ シ ナ ィ ュ ミ 10 10 オ ぇ 9

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ ア イ う え ェ ぃ う え ア イ ぃ ぃ ぅ ェ か う て ぱ 5 6 5 1 1 1 11 9 1 1 9 11 9 7 づ っ 川 田 武 幸 藤 懸 松 田 藤 田 田 中 勝 横 山 和 高 倉 稜 リポ 池 添 大 野 北 村 宏 中 舘 吉 田 豊 武 幸 浜 中 2 8 2 8 8 72 8 2 78 16 5 2 98 78 ば 注 中 ク メ パ ロ ア グ ピ ア ア ル

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下 注 小 パ ブ ヤ タ メ フ シ ヤ キ ロ セ ウ マ オ サ 歳 ラ マ マ ジ ャ マ ネ ゴ テ ィ ウ 未 デ ホ モ シ ニ オ マ キ ク シ ザ ィ ダ ト リ ョ マ パ ト テ ナ ャ 勝 ト ウ ザ ジ ピ ク テ パ リ ッ 利 ア ギ ラ ウ ゼ ヨ キ ア テ ブ オ モ バ カ カ マ フ グ ク ナ 9 い え ぃ え ぅ 7 9 11 馬 内 田 博 幸 武 幸

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ デ コ サ エ サ イ デ ゴ オ ウ ウ レ ニ シ 歳 ル ウ ビ ウ ロ ラ ッ ソ イ モ ゲ 未 マ ザ ス ス リ ン ド バ ブ ン ン チ ル ア ン ナ ワ セ テ マ キ ネ テ ェ オ 勝 ク バ ク ン レ ザ ア オ ィ ワ 利 ビ ニ レ ク ロ ゥ リ ル リ チ ス ル ク ャ タ ラ ン プ 9 ぅ え ウ ヌ 1 7 2 6 馬 北 村 宏 江 田 照 柴 田 大

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

ブ じ じ 失 言 続 間 I T ブ 景 気 浮 揚 チ ャ 波 何 話 各 傾 向 全 体 繁 栄 謳 歌 先 進 景 気 後 退 実 感 数 過 ご 戦 後 数 十 続 党 長 期 権 終 焉 迎 主 党 権 担 東 震 災 機 再 度 党 へ 権 戻 権 劇 的 変 化 見 中 内 口 見 不 況 4 東 震 災 影 響 福 島 原 子 力 発 電 所 放 射 能 汚 染 問 題 み 各

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

5 4 プグ プ グ 分 部 慢 怒 学 I Q 偏 差 値 低 柄 男 男 理 由 柄 男 づ 果 上 げ 上 司 君 柄 通 働 当 時 傷 笑 ヤ 続 耐 性 身 3 歳 過 ぎ 少 ピ チ 遭 遇 得 幸 恵 繰 返 長 徐 々 再 現 書 法 則 流 乗 夢 バ バ

5 4 プグ プ グ 分 部 慢 怒 学 I Q 偏 差 値 低 柄 男 男 理 由 柄 男 づ 果 上 げ 上 司 君 柄 通 働 当 時 傷 笑 ヤ 続 耐 性 身 3 歳 過 ぎ 少 ピ チ 遭 遇 得 幸 恵 繰 返 長 徐 々 再 現 書 法 則 流 乗 夢 バ バ 3 紹 介 流 乗 法 奇 跡 引 寄 35 歳 同 突 手 外 資 系 企 業 就 職 美 彼 女 3 代 男 性 東 京 都 5 万 海 外 移 住 決 4 代 男 性 愛 県 フ ォ 焦 年 婚 活 婚 活 休 瞬 彼 氏 結 婚 目 前 3 代 女 性 阪 府 婚 活 げ 女 参 加 ぜ 男 性 投 合 翌 年 結 婚 3 代 女 性 広 島 県 万 3 代 男 性 沖 縄 県 欲 金 額

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Microsoft Word - newhouseowner.mht

Microsoft Word - newhouseowner.mht 住 宅 購 入 者 のための 生 命 保 険 見 直 し ハンドブック 発 行 者 : 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ エ イ ツ 文 責 : 代 表 取 締 役 藤 井 泰 輔 著 作 権 に つ い て 住 宅 購 入 者 の た め の 生 命 保 険 見 直 し ハ ン ド ブ ッ ク の 著 作 権 は 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

人見知りを克服する方法

人見知りを克服する方法 - 1 著 作 権 に つ い て 本 教 材 の 著 作 権 は 発 行 者 に あ り ま す 発 行 者 の 書 面 に よ る 事 前 許 可 無 く 本 教 材 の 一 部 ま た は 全 部 を あ ら ゆ る デ ー タ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 フ ァ イ ル な ど ) に よ り 複 製 流 用 お よ び 転 売 ( オ ー ク シ ョ ン 含 む ) す る こ

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

2 Prologue 働 一 瞬! 簡 単 仕 プ 今 一 歩 一 基 本 満 足 ワ テ プ ア プ 場 合 状 脱 却 達 早 ろ 考 多 達 悩 解 決 確 効 頭 中 エ チ ョ マ 浮 ゃ 難 働 性 質 知 働 状 態 効 率 勉 強 仕

2 Prologue 働 一 瞬! 簡 単 仕 プ 今 一 歩 一 基 本 満 足 ワ テ プ ア プ 場 合 状 脱 却 達 早 ろ 考 多 達 悩 解 決 確 効 頭 中 エ チ ョ マ 浮 ゃ 難 働 性 質 知 働 状 態 効 率 勉 強 仕 2 Prologue 働 一 瞬! 簡 単 仕 プ 今 一 歩 一 基 本 満 足 ワ テ プ ア プ 場 合 状 脱 却 達 早 ろ 考 多 達 悩 解 決 確 効 頭 中 エ チ ョ マ 浮 ゃ 難 働 性 質 知 働 状 態 効 率 勉 強 仕 3 Prologue げ 悩 解 決 努 不 要?? 驚 ゃ 誰 経 験 代 表 例 一 暗 示 二 酔 ぎ 仕 集 中 昨 家 帰 家 近 汲 湧

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学 こ の

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1)

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1) 多 言 語 による 観 光 情 報 発 信 事 業 八 代 市 観 光 ポータルサイト 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 別 紙 1 1 概 要 本 市 に お け る 観 光 ポ ー タ ル サ イ ト を 構 築 し 外 国 語 ( 英 語 中 国 語 ( 簡 体 字 繁 体 字 ) 韓 国 語 ) 観 光 情 報 ペ ー ジ の 機 能 を 構 築 す る と と も に 市 内 観 光

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆ 52 号 2 01 1 盛 夏 号 2011 8 1 発 行 NPO 市 民 ユニットぼ 八 王 子 市 横 川 町 1166-2 メゾ 101 号 042-621-4781 発 行 責 任 者 鈴 木 真 砂 子 URL. http://www10.ocn.ne.jp/~ribo 利 用 者 製 品 ぎ 絵 折 紙 細 工 目 次 告 2 特 集 東 本 震 リポト 3 トピッス< > 6 健 康

More information

1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ

1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ 山 野 辺 久 著 1 1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ 3 2 過 ぎ 続 涯 間 ゾ 時 期 教 育 起 言 下 六 中 如 実 俗 昔 神 童 今 反 対 ぜ 考 対 合 教 育 法 解 触 合 文 科 省 齢

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え が 多 く 返 っ て き た こ れ が 本 校 の 実 態 だ っ た さ ら に 校 区 内 に

は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え が 多 く 返 っ て き た こ れ が 本 校 の 実 態 だ っ た さ ら に 校 区 内 に 平 成 18 年 度 教 育 論 文 生 きる 力 をはぐくむ 歯 口 の 健 康 教 育 ~よりよい 自 分 を 目 指 して 行 動 する 子 どもを 求 めて~ 熊 本 市 立 弓 削 小 学 校 は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え

More information

ほ ほ 離 待 ムダ

ほ ほ 離 待 ムダ 知 知 引 寄 ツ ほ ほ 離 待 ムダ 法 紹 介 5 週 費 ニ 消 安 パ 麺 パ 週 月 米 手 米 活 少 月 小 麦 粉 水 練 茹 ゆ 味 付 塩 意 外 ニ ニ 覚 小 麦 粉 毎 仕 5 歳 笑 貧 乏 笑 週 費 水 道 代 ガ 代 払 ょ ゅ 止 7 6 結 果 目 的 目 的 能 力 試 ャ バ ボ ぽ ょ 照 真 面 目 ぶ 儲 儲 版 儲 力 版 面 白 書 軽 暖 房

More information

Taro-2 ①高校日本史問題例と正答例

Taro-2  ①高校日本史問題例と正答例 高 校 地 歴 専 門 問 題 例 問 題 中 の 一 部 の 図 表 につきましては, 著 作 権 の 問 題 により 公 開 できません 例 1 原 始 古 代 か ら 近 現 代 ま で の 女 性 に 関 わ る, (1)~ (7)の 問 い に 答 え な さ い (1) 女 性 を か た ど っ た と さ れ る 右 の 資 料 を 何 と 呼 ぶ か, 漢 字 で 答 え な さ

More information

Unknown

Unknown 学 校 国 語 科 採 用 作 品 覧 28 度 学 校 図 版 科 学 校 国 語 2 学 校 国 語 1 335 黄 色 屋 謎 堀 敏 幸 ぱ 孔 利 休 靖 孔 767 海 辺 景 安 章 海 辺 景 335 斜 陽 斜 陽 367 富 獄 百 景 靖 853 物 語 靖 物 語 後 O 贈 も O 傑 作 選 I 義 阿 族 舞 姫 阿 族 舞 姫 車 輪 セ 車 輪 橋 健 367 魔

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information