恵泉女学園大学キリスト教文化研究所通信                    発刊準備号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "恵泉女学園大学キリスト教文化研究所通信                    発刊準備号"

Transcription

1 巻 頭 言 解 放 そして 戦 後 70 年 によせて 李 省 展 (キリスト 教 文 化 研 究 所 所 長 ) 昨 年 の 夏 は 記 録 的 な 暑 さでした それに 誘 発 されるように 東 アジアの 政 治 状 況 も 暑 さ を 増 したように 思 えます 戦 後 70 年 を 迎 え 各 国 の 過 去 に 対 する 立 ち 位 置 の 違 いが 鮮 明 になった 夏 でもありました 何 といっても 世 界 的 に 注 目 を 浴 びたのは 安 倍 談 話 だったといえるでしょう 東 アジア でも 植 民 地 支 配 と 侵 略 を 認 め 謝 罪 した 村 山 談 話 (1995 年 )と 安 倍 談 話 との 違 いが 改 めて 意 識 されました 村 山 談 話 は 植 民 地 支 配 と 侵 略 により 多 くの 国 々 とりわけアジア の 国 々 人 々に 対 して 多 大 な 損 害 と 苦 痛 を 与 えた と 認 め 痛 切 な 反 省 の 意 と 心 か らのお 詫 びの 気 持 ち を 表 明 しています 村 山 談 話 で 初 めて 植 民 地 支 配 への 反 省 が 明 ら かに 示 された 意 義 は 大 きいと 考 えられます この 村 山 談 話 が 日 本 のキリスト 教 界 に 与 えた 影 響 もまた 大 きなものでした 韓 国 と 日 本 の 国 交 樹 立 という 新 時 代 を 迎 えて 鈴 木 正 久 牧 師 により 出 されたのが 日 本 キリスト 教 団 の 戦 争 責 任 告 白 (1967 年 )です この 戦 責 告 白 はアジアの 諸 教 会 から 歓 迎 されまし たが 世 の 光 地 の 塩 である 教 会 は あの 戦 争 に 同 調 すべきではありませんでし た とする 告 白 には 残 念 ながら 植 民 地 支 配 に 関 する 言 及 は 皆 無 でした キ リスト 教 界 で 植 民 地 支 配 に 対 する 反 省 を 真 摯 に 表 明 した のが 日 本 聖 公 会 です 戦 後 50 年 に 出 され た 日 本 聖 公 会 の 戦 争 責 任 宣 言 には 戦 後 50 年 を 経 た 今 戦 前 戦 中 に 日 本 国 家 による 植 民 地 支 配 と 侵 略 戦 争 を 支 持 黙 認 した 責 任 を 認 め その 罪 を 告 白 します と 宣 言 されてい ます 村 山 談 話 後 に この 宣 言 が 決 議 されて いることに 注 目 すると 政 治 がまさに 民 間 を リードしたといえます では 安 倍 談 話 の 植 民 地 に 関 する 言 説 はどのようなものだったで しょうか 安 倍 晋 三 首 相 は 韓 国 や 中 国 からの 牽 制 も あり また 協 定 国 であるアメリカからも 大 き な 圧 力 を 受 ける 中 で 談 話 を 練 り 直 さなけれ ばなりませんでした 実 際 談 話 には 間 接 引 用 が 多 く その 語 り 口 や 表 情 からも 本 心 では ない 部 分 を 見 出 したのは 私 だけではないと 思 います その 中 で 植 民 地 支 配 に 関 しては 19 世 紀 の 西 欧 の 植 民 地 支 配 の 潮 流 に 対 する 危 機 感 が 日 本 の 近 代 化 の 原 動 力 となったこ と 日 露 戦 争 がアジア アフリカの 人 々を 勇 気 づけたこと 第 一 次 世 界 大 戦 後 は 植 民 地 支 配 にブレーキがかかったこと 植 民 地 支 配 か らの 永 遠 の 決 別 が 示 されました しかしそこ には 日 本 を 主 語 とした 植 民 地 支 配 責 任 は 見 事 に 欠 如 しています ましてや 日 露 戦 争 が 契 機 となり 大 韓 帝 国 は 植 民 地 となってしまっ たことを 考 えると 日 露 戦 争 に 対 する 称 賛 は 大 いに 疑 問 です 戦 争 とは 対 照 的 に 植 民 地 支 配 に 関 しては 安 倍 首 相 は 自 説 を 通 したとも いえるのです 村 山 富 市 元 首 相 は 安 倍 談 話 は 村 山 談 話 を 継 承 していないと 不 快 感 を 示 しました 朴 槿 恵 大 統 領 は 残 念 な 部 分 はあるがとしながら も 政 治 的 な 判 断 で 受 け 入 れています しかし 村 山 談 話 に 比 べると 植 民 地 支 配 に 関 しては 明 白 に 後 退 していると 考 えられます 村 山 元 首 相 の 継 承 していない という 判 断 の 一 つ 1

2 には 安 倍 談 話 の 植 民 地 支 配 責 任 欠 如 にもあ ったのではないかと 私 は 思 想 像 しています ( 終 ) キリスト 教 文 化 研 究 所 のあゆみ 準 備 委 員 会 発 足 から 開 所 式 まで キリスト 教 文 化 研 究 所 設 立 準 備 委 員 会 委 員 荒 井 英 子 李 省 展 岩 村 太 郎 ( 事 務 ) 杉 山 信 義 第 1 回 2006 年 4 月 20 日 第 2 回 2006 年 5 月 18 日 第 3 回 2006 年 10 月 5 日 大 学 評 議 会 2006 年 10 月 15 日 資 料 恵 泉 女 学 園 大 学 キリスト 教 文 化 研 究 所 設 立 趣 意 書 恵 泉 女 学 園 大 学 キリスト 教 文 化 研 究 所 規 程 ( 案 ) 2005 年 12 月 22 日 作 成 2006 年 10 月 11 日 修 正 恵 泉 女 学 園 大 学 キリスト 教 文 化 研 究 所 運 営 規 程 ( 案 ) 2005 年 12 月 22 日 キリスト 教 文 化 研 究 所 設 立 にむけて 2006 年 10 月 5 日 研 究 プロジェクト 案 : 宗 教 研 究 の 方 法 論 再 考 カルト 研 究 宗 教 被 害 学 試 論 川 島 堅 二 オウム 以 後 の 日 本 の 宗 教 学 の 動 向 川 島 堅 二 キリスト 教 文 化 研 究 所 ( 仮 称 ) 設 立 に 関 する 教 員 懇 談 会 経 緯 について(2006 年 7 月 6 日 ) 作 成 荒 井 英 子 キリスト 教 文 化 研 究 所 ( 仮 称 ) 設 立 のための 意 見 書 ( 案 ))2004 年 6 月 14 日 キリスト 教 文 化 研 究 所 ( 仮 称 ) 設 置 に 向 けて(2004 年 10 月 10 日 文 責 荒 井 英 子 ) 2005 年 度 第 3 回 人 間 社 会 学 部 教 授 会 学 長 報 告 (2005 年 5 月 26 日 ) 2005 年 度 第 5 回 人 間 社 会 学 部 教 授 会 学 長 報 告 (2005 年 7 月 14 日 )キリスト 教 文 化 研 究 所 設 立 検 討 委 員 会 を 組 織 し 設 立 準 備 委 員 会 を 設 置 すべきかどうかを 判 断 す る 検 討 委 員 会 のメンバーは 岩 村 太 郎 ( 委 員 長 ) 李 省 展 ( 副 委 員 長 ) 川 島 堅 二 荒 井 英 子 とする 2005 年 度 第 12 回 人 間 社 会 学 部 教 授 会 (2006 年 3 月 9 日 ) 研 究 所 に 関 する 将 来 方 針 2005 年 度 第 12 回 人 間 社 会 学 部 教 授 会 ( 定 例 )(2006 年 3 月 9 日 ) 将 来 構 想 :キリスト 教 文 化 研 究 所 を 設 置 予 定 キリスト 教 文 化 研 究 所 発 足 準 備 委 員 会 委 員 木 村 利 人 荒 井 英 子 李 省 展 岩 村 太 郎 関 本 恵 美 子 宇 野 みどり ( 事 務 ) 杉 山 信 義 野 間 良 子 第 1 回 2006 年 11 月 1 日 第 2 回 2006 年 11 月 15 日 第 3 回 2007 年 1 月 10 日 第 4 回 2007 年 1 月 30 日 開 所 式 2007 年 2 月 3 日 ( 土 ) 記 念 礼 拝 司 式 李 省 展 研 究 所 長 記 念 講 演 会 ユダの 福 音 書 原 始 キ リスト 教 におけるその 位 置 付 け 講 師 荒 井 献 ( 本 学 名 誉 教 授 ) 2007~2010 年 度 キリスト 教 文 化 研 究 所 企 画 運 営 委 員 2007~08 年 度 李 省 展 荒 井 英 子 川 島 堅 二 ( 事 務 ) 杉 山 信 義 野 間 良 子 2009 年 度 李 省 展 荒 井 英 子 岩 村 太 郎 ( 半 期 ) 川 島 堅 二 ( 半 期 )( 事 務 ) 小 関 毅 彦 杉 山 信 義 野 間 良 子 2010 年 度 李 省 展 荒 井 英 子 川 島 堅 二 ( 事 務 ) 小 関 毅 彦 杉 山 信 義 野 間 良 子 公 開 講 座 2007 年 度 春 期 8 講 座 秋 期 10 講 座 オルガン 公 開 講 座 海 外 研 修 (8/29~9/7) 2008 年 度 春 期 10 講 座 秋 期 11 講 座 2009 年 度 春 期 12 講 座 秋 期 14 講 座 2010 年 度 春 期 12 講 座 秋 期 14 講 座 2

3 助 成 研 究 プロジェクト( 代 表 者 テーマ) 2007 年 度 (2 件 ) 荒 井 英 子 熱 河 伝 道 と ホロコースト 川 島 堅 二 宗 教 被 害 の 調 査 研 究 2008 年 度 (3 件 ) 池 上 英 洋 イタリアの 教 会 内 部 天 井 画 の 史 料 収 集 と 整 理 川 島 堅 二 宗 教 被 害 の 調 査 研 究 ( 継 続 ) 関 本 恵 美 子 恵 泉 女 学 園 の 賛 美 集 編 纂 にかかわる 研 究 2009 年 度 (2 件 ) 池 上 英 洋 イエズス 会 派 による 天 井 画 の 撮 影 調 査 と 技 法 分 析 岩 村 太 郎 杉 浦 千 畦 とその 時 代 2010 年 度 (1 件 ) 村 岡 有 香 初 年 次 教 育 における 恵 泉 への 学 びの 充 実 に 向 けた 研 究 サラ スミスと 河 井 道 キリスト 教 史 学 会 共 催 シンポジウム 2007 年 国 家 とキリスト 教 その 歴 史 的 関 係 を 今 に 問 う パネラー 高 橋 哲 也 ( 東 京 大 学 教 授 ) 戒 能 信 生 ( 東 駒 形 教 会 牧 師 ) 斉 藤 小 百 合 ( 本 学 准 教 授 )(9 月 15 日 開 催 ) スプリングフェスティバル 企 画 2007 年 度 講 演 J Sバッハ マタイ 受 難 曲 に 見 る 時 と 永 遠 の 交 錯 講 師 杉 山 好 2008 年 度 映 画 上 映 会 白 バラの 祈 り ソフィー ショル 最 期 の 日 々 2009 年 度 講 演 宗 教 で 読 むアメリカの 大 統 領 ブッシュの 戦 争 からオバマの 国 民 和 解 へ 講 師 栗 林 輝 夫 ( 関 西 学 院 大 学 教 授 ) コメンテーター 蓮 見 博 昭 2010 年 度 講 演 近 現 代 日 本 文 学 とキ リスト 教 の 出 会 い 講 師 森 田 進 恵 泉 祭 ( 秋 の) 企 画 2007 年 度 エドワード サイード OUT OF PLACE 映 画 会 (11 月 11 日 開 催 ) 2008 年 度 シンポジウム 朝 鮮 半 島 とキ リスト 教 南 北 キリスト 教 の 現 状 と 課 題 尹 慶 老 ( 漢 城 大 学 総 長 ) 金 興 洙 ( 牧 園 大 学 教 授 韓 国 基 督 教 歴 史 研 究 所 所 長 ) 徐 正 敏 ( 延 世 大 学 教 授 明 治 学 院 大 学 招 聘 教 授 ) 司 会 李 省 展 ( 研 究 所 長 )(10 月 17 日 開 催 ) 2009 年 度 シンポジウム 救 済 と 暴 力 宗 教 の 救 い を 問 う パネリスト 藤 田 庄 市 (フォト ジャーナリスト) 紀 藤 正 樹 ( 弁 護 士 ) 楠 山 泰 道 ( 日 蓮 宗 僧 侶 日 本 脱 カルト 協 会 代 表 理 事 )(10 月 10 日 開 催 ) 2010 年 度 地 域 と 大 学 を 結 ぶ 市 民 公 開 シンポジウム いのちを 生 きるということ~ 架 け 橋 としての 園 芸 音 楽 対 話 の 場 ~ 基 調 講 演 : 斎 藤 道 雄 ( 清 明 学 園 校 長 ) 樋 野 興 夫 ( 順 天 堂 大 学 教 授 ) ハートフルコンサート 心 をつなぐ 恵 泉 の 音 恵 泉 女 学 園 大 学 聖 歌 隊 ハンドベルクワイア 指 揮 伴 奏 関 本 恵 美 子 パネルディスカッション:パネリスト 澤 登 早 苗 小 林 ひかる 澤 田 みどり 高 柳 亮 子 桃 井 和 馬 (11 月 23 日 開 催 ) 2015 人 権 教 育 セミナーパンフレット 表 紙 挿 絵 人 間 環 境 学 科 3 年 楢 崎 唯 3

4 書 評 タラル アサド 著 ( 茢 田 真 司 訳 ) 自 爆 テロ 青 土 社 2008 年 齋 藤 小 百 合 ( 人 間 社 会 学 部 国 際 社 会 学 科 ) 2015 年 はフランスの 週 刊 新 聞 (シャル リ エブド 紙 ) 襲 撃 事 件 に 衝 撃 を 受 けている ところへ 過 激 派 組 織 イスラム 国 による 邦 人 人 質 事 件 に 暗 澹 たる 思 いとさせられ 11 月 にはさらにパリでの 同 時 多 発 的 な 襲 撃 事 件 により フランスは 引 き 続 き 非 常 事 態 宣 言 となっている 積 極 的 平 和 主 義 を 掲 げる 安 倍 晋 三 政 権 は 一 昨 年 以 来 矢 継 ぎ 早 に 安 全 保 障 法 制 の 大 転 換 に 邁 進 し 去 年 9 月 には 安 全 保 障 関 連 法 を 成 立 させた さ らに これらの 危 機 を 奇 貨 として 憲 法 に 緊 急 事 態 条 項 を 盛 り 込 む 改 正 に 意 欲 を 見 せつつ 日 本 が 軍 事 的 なオプションを 選 び 取 っていく 道 に 決 定 的 な 一 歩 を 踏 み 出 そう とするかの 様 相 である インターネットを 巧 みに 利 用 した イスラム 国 による 脅 迫 や 自 爆 攻 撃 処 刑 などの 映 像 は まさに 戦 慄 を 覚 え 否 応 なく 危 機 感 を 煽 られる そうして 安 倍 政 権 が 進 みつつある 方 向 に 確 実 に 国 民 感 情 が 引 き 寄 せられつつあるようにも 見 え る それはひと 言 で 言 うならば イスラム 国 による 蛮 行 をイスラーム 主 義 ( 者 ) 一 般 の 責 任 に 拡 散 しつつ イスラームへの 憎 悪 を 増 幅 する イスラモフォビア である ホモフォビアや 嫌 韓 嫌 中 もそうであ るように たいていの フォビア は 対 象 に 対 する 知 識 が 乏 しいことに 起 因 する 全 世 界 に 16 億 人 ともいわれる 信 徒 がいるイスラー ム 教 について 平 均 的 な 日 本 人 はそれほど 多 くの 知 識 を 得 る 機 会 がなかっただろう すで に 9.11 以 降 アメリカを 中 心 に 国 際 社 会 ではテロリズムとイスラームを 安 易 に 結 び つける 発 想 が 定 着 してしまった そこに 今 回 の 事 件 と 一 連 の 報 道 である イスラームへ の 嫌 悪 敵 視 偏 見 が 何 を 生 むだろうか 本 書 自 爆 テロ は 2006 年 5 月 にカリ フォルニア 大 学 アーバイン 校 で 行 われた 講 演 が 土 台 になっている 著 者 タラル アサド は ロシア 系 ユダヤ 人 の 父 の 波 乱 の 生 涯 も 合 わせて 異 文 化 のはざまで 生 きてきた ディ アスポラの 知 識 人 たる 経 歴 が 非 常 に 興 味 を 惹 かれるが それはさておき 本 書 である 本 書 の 核 心 的 な 論 点 は なぜ 西 欧 のリベラル デモクラシー 社 会 において これほどまでに テロリズム(とりわけ 自 爆 テロ)に 戦 慄 する のか という 点 である アサドによれば テ ロ 行 為 それ 自 体 は 非 近 代 的 で 非 リベラルな 文 化 と 不 可 分 のものとして 否 定 されるにも かかわらず テロリズムはリベラルな 主 題 の 不 可 欠 な 主 題 (16 頁 )でもあるという つ まり ヒューマニズムを 特 徴 とするリベラル 社 会 の 価 値 観 においては 自 爆 テロの 行 為 者 が 一 般 市 民 を 殺 すために 自 らを 犠 牲 にした ことが 恐 怖 を 呼 び 起 こす (65 頁 )のである なぜか 戦 慄 は アイデンティティの 解 体 に 対 する 本 質 的 な 反 応 であり 西 欧 リベラリ ズムの 言 説 は 自 爆 テロという 理 解 しがたい 現 実 に 直 面 して まさにアイデンティティが 解 体 される 危 機 に 瀕 するという 恐 怖 の 状 態 に 陥 り 正 確 に 事 態 を 把 握 できないままに 人 間 本 来 の 可 傷 性 を 抑 圧 しつつ < 文 明 / 非 文 明 >の 二 項 対 立 的 思 考 で 問 題 を 対 処 しよ うとする 欺 瞞 なのだ というのである 近 代 リベラル デモクラシーは 人 間 主 義 と 世 俗 主 義 を 公 言 している そして リベ 4

5 ラルたちは 近 代 ヨーロッパに 大 混 乱 を 引 き 起 こした 宗 教 的 な 熱 狂 から 距 離 をとってい る 宗 教 的 な 残 酷 さに 付 随 する 中 世 的 な 感 覚 は 彼 らに 明 らかに 戦 慄 とみなされる しか し 近 代 の 人 間 主 義 的 な 感 性 の 系 譜 学 は 無 慈 悲 さと 共 感 を 接 続 し 残 忍 な 殺 害 行 為 が この 上 ない 悪 であると 同 時 に 最 高 の 善 であ りうると 主 張 する 近 代 性 そのものにも 不 穏 な 矛 盾 があることは 明 らかではないだろ うか つまり 同 情 と 残 酷 さとの 間 の 矛 盾 と それがリベラルな 精 神 に 戦 慄 を 引 き 起 こす 力 を 持 っていることは 西 洋 に 特 徴 的 なこと なのではないだろうか ( 頁 ) わ たしたちはリベラル デモクラシーの 下 に 理 解 することが 困 難 な 存 在 としてたち 現 れ てくる 他 者 に 対 して 自 分 をさらし 二 項 対 立 的 思 考 を 乗 り 越 えて 粘 り 強 く 交 渉 すること ができるのだろうか 自 らが 他 者 に 受 苦 を 強 いるような 加 害 性 を 有 していることへの 感 受 性 が 欠 落 しているのではないか という 問 いとともに 戦 後 70 年 を 超 え 日 本 国 憲 法 公 布 から 70 年 となるこの 年 を テロと の 戦 い に 回 収 されてしまわないよう 心 に 留 めたい ( 終 ) ご 案 内 2016 年 スプリングフェスティバル 特 別 講 演 会 日 時 :2016 年 5 月 28 日 ( 土 ) 10:30~12:00 会 場 :G101 教 室 講 師 : 安 積 力 也 ( 基 督 教 独 立 学 園 高 校 前 校 長 ) テーマ: 今 親 や 教 師 に 何 が 問 われているのか キリスト 教 学 校 現 場 からみえてくるもの エッセイ 東 北 初 のライルオルガン 関 本 恵 美 子 ( 大 学 オルガニスト) 2012 年 2 月 日 本 キリスト 教 団 仙 台 長 町 教 会 のオルガニストより 一 通 のメールが 届 いた 同 教 会 ではパイプオルガンの 設 置 を 検 討 しており ライルオルガン 製 作 所 とコンタ クトを 取 りたいとのことであった 2010 年 にオルガン 見 学 のために 訪 問 した 日 本 キリ スト 教 団 清 瀬 みぎわ 教 会 で 当 時 そちらのオ ルガニストであった 本 学 の 卒 業 生 である 豊 田 まりもさんより 翠 ヶ 丘 教 会 と 私 のことを 紹 介 されたとのことで 卒 業 生 を 通 じてこの ような 新 たな 出 会 いが 与 えられたことを 心 から 嬉 しく 思 ったのであった また 折 しもメ ールを 受 け 取 った 時 私 はライルの 工 房 のあ るオランダのヘールデに 滞 在 中 であり 偶 然 とは 思 えず これには 何 か 秘 められた 計 画 が あるのではないかと 感 じたのであった 2008 年 に 完 成 した 翠 ヶ 丘 教 会 のオルガン 設 置 に 際 し 2006 年 よりそのオルガン 設 置 のためのオルガン アドヴァイザーを 務 めた 日 本 には 現 在 1000 台 ほどのパイプオルガン が 設 置 されているが 新 しいオルガンの 設 置 に 始 めから 関 わる 経 験 は オルガニストであ ってもなかなか 経 験 できるものではない 幸 いにも 私 にとっては 2002 年 に 完 成 した 本 学 チャペルのライルオルガン 設 置 に 携 わっ た 経 験 以 来 2 台 目 のオルガンであった 本 学 のオルガン 設 置 の 際 は 私 にとって 全 てが 初 めての 経 験 であり オルガン アドヴ ァイザーを 担 ってくださった 東 京 藝 術 大 学 5

6 名 誉 教 授 廣 野 嗣 雄 先 生 に 頼 りきりであった しかし 廣 野 先 生 のお 働 きを 傍 らで 拝 見 する 中 で 多 くのことを 学 び オルガン アドヴ ァイザーとしての 働 きを 一 から 教 えていた だく 貴 重 な 時 となったのであった オルガン アドヴァイザーの 働 きは オル ガン 製 作 所 との 契 約 から 始 まり 工 房 での 製 作 過 程 解 体 したオルガンを 積 み 込 んだコン テナの 輸 入 業 務 日 本 の 港 から 設 置 場 所 への 運 搬 設 置 場 所 での 組 み 立 てから 整 音 完 成 に 至 るまでを オルガン 製 作 所 とオルガン 注 文 者 との 間 に 立 って 交 渉 説 明 アドヴァ イス 通 訳 などを 一 手 に 引 き 受 けるものであ り その 働 きは 多 岐 に 渡 る オルガン アドヴァイザーとして2 台 目 新 しいオルガン 設 置 に 携 わることでは3 台 目 となった 仙 台 長 町 教 会 のオルガンは 東 日 本 大 震 災 からまだ1 年 ほどしかたっていな い 時 であり 礼 拝 堂 の 建 て 替 えと 同 時 進 行 で 計 画 されたものであったため 様 々な 課 題 を 抱 えつつ 歩 み 出 した オルガニストから 初 め て 連 絡 をいただいてから 契 約 に 至 るまでは 5ヶ 月 と 比 較 的 短 期 間 で 進 んだのではある が 最 終 的 にライルオルガン 製 作 所 に 製 作 を 依 頼 することを 教 会 が 決 議 するまでには 大 きな 山 を 越 える 必 要 があった しかし 東 京 在 住 のオルガニストのご 家 族 が 本 学 を 訪 れ オルガンの 音 を 録 音 されたものを 教 会 の 皆 さんが 聴 き その 優 しく 包 み 込 むような 音 に 感 動 され 私 たちもこのような 暖 かなオル ガンの 音 と 共 に 賛 美 をしたい との 想 いが 一 致 したとのことであった 恵 泉 女 学 園 大 学 の オルガンが 東 北 の 地 に 新 たな 息 吹 を 吹 き 込 むためのきっかけとなったことに 大 きな 喜 びを 感 じたのであった ライルオルガン 製 作 所 は 1934 年 に 現 在 の 社 長 であるハンス ライル 氏 の 祖 父 にあた るヨハン ライル 氏 がオルガン パーツ 工 房 として 始 めた 家 族 経 営 の 製 作 所 である 1960 年 にヨハン ライル 氏 が 突 如 天 に 召 さ れた 後 は 2 人 の 息 子 たちが 経 営 を 引 き 継 ぎ 歴 史 的 オルガンの 宝 庫 といわれるオランダ にあって 現 代 のオルガンよりも 300 年 400 年 の 歴 史 を 歩 んだオルガンの 方 が 美 し く 歌 う 音 を 奏 でるのはなぜなのだろうかと の 疑 問 から 発 して 歴 史 的 オルガンの 修 復 に 多 数 携 わる 働 きを 通 して 歌 うオルガン の 研 究 をし 続 けている 工 房 である 新 しいオ ルガンの 製 作 においては 歴 史 的 オルガンの 複 製 を 創 ることから 始 まったが そこに 留 ま ることなく 伝 統 を 取 り 入 れつつも それら の 研 究 から 得 た 知 識 をより 発 展 させ そのオ ルガンが 置 かれる 場 に 最 もふさわしい 形 音 色 音 量 などを 考 え 抜 いた 上 でそれらの 研 究 の 成 果 が 活 きたオルガンが 生 み 出 されてい る そのため 一 台 として 同 じオルガンは 無 い 日 本 のオルガン 界 では 未 だにライルオル ガン 製 作 所 はバロックタイプのオルガンを 製 作 する 工 房 との 認 識 が 一 般 的 であるが 既 にそこから 新 たな 歩 みは 進 み 始 めており 常 に 発 展 し 続 け 他 にはないライル 独 自 のオル ガンを 製 作 しているのである ライルオルガン 製 作 所 の 人 々は 一 台 のオ ルガンを 製 作 するにあたって そのオルガン が 設 置 される 空 間 の 広 さや 響 きを 知 ること だけではなく そのオルガンを 奏 でていく 人 々 また 教 会 の 場 合 そのオルガンで 賛 美 をしていく 教 会 員 の 皆 さんと 実 際 に 出 会 い 語 り 合 うことによって それらの 人 々と 教 会 の 雰 囲 気 を 感 じ この 教 会 にとって 最 もふさ わしい 音 がどのようなものかを 熟 慮 し パイ プの 一 本 一 本 に 小 さなパーツ 一 つにまで 6

7 深 い 愛 情 を 込 めて 製 作 している 仙 台 長 町 教 会 では 新 礼 拝 堂 の 建 築 中 に 仮 会 堂 にて 社 長 であるハンス ライル 氏 と 教 会 員 有 志 との 懇 談 会 がもたれたが 会 の 始 めは 緊 張 した 面 持 ちで 出 席 されていた 教 会 員 が ライル 氏 のフ レンドリーなお 人 柄 に 心 がほぐされたよう で 会 を 閉 じる 頃 には 皆 さんが 優 しい 笑 顔 に なっていたことが 非 常 に 印 象 的 であった 東 日 本 大 震 災 を 経 験 した 地 にあって 仙 台 長 町 教 会 のオルガンの 耐 震 対 策 については ライルオルガン 製 作 所 のこれまでの 日 本 で の 経 験 と 新 礼 拝 堂 の 設 計 会 社 施 工 会 社 の 知 恵 と 知 識 を 結 集 し 万 全 のものとした ハン ス ライル 氏 も 同 席 して2 度 の 会 議 を 重 ね お 互 いに 信 頼 関 係 を 深 めたことが その 後 の スムーズな 流 れに 結 びついたようだ オルガンは 設 置 される 建 物 の 一 部 となる 楽 器 であり その 空 間 の 響 きはオルガンにと って 非 常 に 重 要 である 仙 台 長 町 教 会 は 空 席 時 1.41 秒 満 席 時 1.19 秒 と 比 較 的 短 い 残 響 の 礼 拝 堂 に 設 計 されたため オルガンの 音 がどのように 響 くのかと 心 配 したが 卓 越 し た 技 術 と 豊 かな 感 性 をもったライルオルガ ン 製 作 所 の 整 音 師 たちにより これまで 日 本 の 残 響 の 少 ない 教 会 で 聴 いたオルガンとは 全 く 印 象 の 異 なる 暖 かく 包 容 力 のある 音 が 生 み 出 された それらは 10 日 間 という 限 られた 期 間 に 整 音 師 たちが 最 高 の 集 中 力 を もって 耳 を 研 ぎ 澄 まし 一 音 一 音 がその 空 間 で 最 も 美 しい 響 きを 生 み 出 す 瞬 間 を 逃 さず に 音 創 りをした 賜 物 である 初 めてこのオル ガンの 音 を 聴 いた 時 には 心 の 中 で 凍 りつい ていたものが 全 て 溶 け 出 すかのような 感 覚 を 味 わい 暖 かいぬくもりに 包 まれ 心 の 底 から 喜 びを 感 じたのであった 2014 年 11 月 に 完 成 した 仙 台 長 町 教 会 の ライルオルガンは 4 ヶ 月 後 の 2015 年 3 月 にオルガン 奉 献 式 が 執 り 行 われ 3 年 に 渡 る オルガン アドヴァイザーの 働 きが 終 了 した オルガン 奉 献 式 の 中 で 奉 献 演 奏 をするにあ たってひとことご 挨 拶 をしたが 語 っている うちに このオルガンは 東 北 地 方 では 初 めて となるライルオルガンであるが それはまさ に 東 日 本 大 震 災 による 大 きな 痛 みをかかえ た 地 にあって 今 なお 深 い 悲 しみと 希 望 の 見 いだせない 日 々をすごす 多 くの 人 々の 心 に 暖 かな 光 りを 灯 すために 与 えられたオルガ ンであると 確 信 したのであった そしてその ようなオルガンの 誕 生 のために 私 自 身 に 与 えられている 賜 物 を 生 かすことができた 恵 みを 深 くかみしめた 恵 泉 女 学 園 大 学 にライルオルガンが 設 置 されてから 13 年 の 時 がたったが オルガン が 与 えられる 前 には 予 想 もしなかった 様 々 な 経 験 と 働 きが 準 備 されており 一 台 のオル ガンから 尽 きることのない 興 味 と 探 求 心 多 くの 出 会 いと 学 びを 与 えられている これか ら 先 の 新 たな 出 会 いとライルオルガンの 更 なる 発 展 を 楽 しみにしつつ 研 鑽 を 重 ねてい きたいと 思 っている ( 終 ) 仙 台 長 町 教 会 パイプオルガン 7

8 2015 年 度 キリ 文 研 主 催 公 開 講 座 助 成 研 究 プロジェクト 講 演 研 究 会 等 公 開 講 座 春 期 秋 期 ( 連 続 ) マルコ 福 音 書 を 読 む( 全 10 回 ) 講 師 山 口 里 子 キリスト 教 と 文 学 ( 全 7 回 ) 講 師 柴 崎 聰 チャペルで 弾 くパイプオルガン XXI ビギナークラ ス 全 17 回 講 師 関 本 恵 美 子 チャペルで 弾 くパイプオルガン XXI アドヴァンス 報 告 者 Pamela L. Novick( 人 文 学 部 教 授 ) 大 町 麻 衣 ( 学 園 史 料 室 室 員 ) 開 催 協 力 第 26 回 全 国 キリスト 教 学 校 人 権 教 育 セミナ ー( 会 場 校 ) 日 時 :2015 年 8 月 18( 火 ) 19 日 ( 水 ) テーマ: 子 どものいのちと 人 権 キリスト 教 学 校 の 教 育 課 題 基 調 報 告 李 省 展 開 会 礼 拝 浜 﨑 眞 実 / 聖 書 研 究 荒 井 献 戦 後 70 年 特 別 講 演 講 師 内 海 愛 子 ドクラス 全 16 回 講 師 関 本 恵 美 子 主 催 : 全 国 キリスト 教 学 校 人 権 教 育 研 究 協 議 会 第 オルガンの 魅 力 を 探 る J.S.バッハの 森 2 XVI 全 14 回 講 師 関 本 恵 美 子 2015 年 度 助 成 研 究 (メンバー テーマ) 共 同 プロジェクト 2 件 李 省 展 木 下 隆 雄 小 檜 山 ルイ 出 岡 学 楽 道 院 ( 中 国 山 東 省 )における 日 本 軍 に よる 欧 米 人 強 制 収 容 所 に 関 する 基 礎 研 究 ( 平 文 研 ) Pamela L. Novick, Masako Tsuchiya The Search for, and review of documents held by Bryn Mawr College and Smith College s YWCA collection to enhance the creation of the Data Base & Research Guide to the Records and Documents of Michi Mawai ( ) スプリングフェスティバル 特 別 講 演 講 師 : 大 西 春 樹 ( 明 治 学 院 大 学 教 授 キリス ト 教 史 学 会 理 事 長 ) 日 時 :5 月 30 日 11:00~12:30 会 場 : 恵 泉 女 学 園 大 学 チャペル テーマ:キリスト 教 主 義 大 学 の 現 状 と 課 題 学 内 研 究 会 日 時 :2016 年 2 月 25 日 ( 木 ) 会 場 :G-101 教 室 テーマ: 河 井 道 資 料 の 現 在 26 回 全 国 キリスト 教 学 校 人 権 教 育 セミナー 実 行 委 員 会 =================== 2015 年 度 恵 泉 女 学 園 大 学 キリスト 教 文 化 研 究 所 ( 所 長 ) 李 省 展 人 間 社 会 学 部 教 授 ( 所 員 ) 斎 藤 小 百 合 人 間 社 会 学 部 教 授 Ken Fujioka 人 文 学 部 教 授 関 本 恵 美 子 キリスト 教 文 化 研 究 所 准 教 授 ( 事 務 ) 大 沼 美 知 子 研 究 機 構 事 務 室 長 土 屋 昌 子 研 究 機 構 事 務 室 * としてキリスト 教 文 化 研 究 所 発 足 から 2010 年 度 までの 資 料 を 掲 載 しました 2011 年 以 降 は 次 号 に 掲 載 予 定 です * 待 望 の をお 届 けします ご 意 見 ご 感 想 をお 寄 せ 下 さい キリスト 教 文 化 研 究 所 通 信 発 行 日 2016 年 3 月 30 日 発 行 恵 泉 女 学 園 大 学 キリスト 教 文 化 研 究 所 編 集 恵 泉 女 学 園 大 学 研 究 機 構 事 務 室 多 摩 市 南 野 Fax ; URL; 8

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8 第 31 回 東 日 本 生 体 操 競 技 グループ 選 手 権 大 会 成 績 表 期 日 平 成 28 4 月 22 日 ( 金 )~24 日 ( 日 ) 会 場 栃 木 県 体 育 館 所 在 地 320-0057 栃 木 県 宇 都 宮 市 中 戸 祭 1-6-3 TEL 028(622)4201 主 催 関 東 生 体 操 連 盟 東 北 北 海 道 生 体 操 連 盟 主 管 栃 木

More information

受理番号 23-80

受理番号 23-80 意 見 書 6 枚 中 1 枚 目 受 理 2380 1 6 13 私 たちの 時 代 と 歴 史 ( 全 体 ) 運 動 会 の 歴 史 は 学 習 指 導 要 領 に 示 す 内 容 の (1)の 現 代 の 社 会 やその 諸 課 題 が 歴 史 的 に 形 成 されたものであるという 観 点 から, 近 現 代 の 歴 史 的 事 象 と 現 在 との 結 び 付 きを 考 える 活 動 を

More information

1/ 7 平 成 26 年 度 公 立 高 校 の の 日 程 及 び 問 合 せ 窓 口 の 御 案 内 山 口 県 教 育 委 員 会 の 対 象 は 中 学 生 ( 行 事 名 に 印 のついたものは 中 学 3 年 生 ) 及 びその 保 護 者 並 びに 中 学 校 教 員 です なお 中 学 生 中 学 3 年 生 には 周 防 大 島 高 校 8 月 9 日 ( 土 ) 8:40~12:00

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464>

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464> 記 者 発 表 資 料 平 成 21 年 11 月 6 日 国 土 交 通 省 現 場 代 理 人 6 0 名 論 文 2 0 編 を 表 彰! 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 (SAFETY2009) 11 月 11 日 ( 水 ) 開 催 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 実 行 委 員 会 ( 委 員 長 : 青 山 俊 行 東 北 地 方 長 )は 11 月 11 日 ( 水

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx 145 社 会 安 全 政 策 研 究 所 活 動 ニュース 本 研 究 所 が 2012 年 1 月 から 2012 年 12 月 までに 行 った 主 な 研 究 活 動 は 以 下 のとおりです Ⅰ. 共 同 研 究 (A) 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 (JSPS) 科 学 研 究 費 助 成 事 業 の 基 盤 研 究 子 どもの 非 行 虐 待 防 止 のた めの

More information

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施 ⑴ 58 号 28 1 1 58 号 28 1 1 : 印 刷 : 印 刷 工 株 式 遠 石 幡 宮 絵 馬 種 情 報 ホムペジ クセス http://www.y-defense.jp/ 28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

「にちぎん」NO.31 2012秋号

「にちぎん」NO.31 2012秋号 4 INTERVIEW T B S 系 放 映 移 動 距 離 了 都 区 協 務 づ 挫 折 率 直 Kaoru Kanetaka 5 運 次 残 念 悔 記 動 映 1 ぬ 機 早 競 挑 白 航 ペ ゲ ぶ 航 路 新 設 続 格 的 印 象 残 緯 ぐ 神 戸 系 卒 業 帝 邦 他 受 薬 聖 院 等 聖 受 然 太 洋 ガ 勉 科 進 路 従 決 有 願 供 頃 夏 休 鎌 倉 山 湖

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

男 子 団 体 予 選 リーグ 1 2 3 敗 順 位 7 8 9 敗 順 位 1 東 陵 5-0 3-22 - 01 7 日 大 山 形 A 2明 桜 0-5 1-40 - 23 C 8 盛 岡 第 一 2-3 3-2 3山 形 学 院 2-3 4-1 1-12 9仙 台 第 三 4-1 2-3

男 子 団 体 予 選 リーグ 1 2 3 敗 順 位 7 8 9 敗 順 位 1 東 陵 5-0 3-22 - 01 7 日 大 山 形 A 2明 桜 0-5 1-40 - 23 C 8 盛 岡 第 一 2-3 3-2 3山 形 学 院 2-3 4-1 1-12 9仙 台 第 三 4-1 2-3 平 成 19 年 度 第 28 回 東 北 選 抜 高 等 学 校 テ ニ ス 選 手 権 大 会 第 回 全 国 選 抜 高 校 テ ニ ス 大 会 東 北 地 区 大 会 T E N N I S 公 式 記 録 期 間 平 成 19 年 10 月 27 日 ( 土 )~28 日 ( 日 ) 会 場 秋 田 県 立 中 央 公 園 テニスコート 主 催 東 北 テ ニ ス 協 会 東 北 高 等

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

第 68 回 都 民 大 会 アーチェリー 競 技 男 子 結 果 順 位 名 ポイント 監 督 選 手 1 選 手 2 選 手 3 第 1 位 大 伊 義 高 佐 藤 光 秀 星 野 芳 輝 中 村 和 音 第 2 位 世 谷 松 村 晃 志 吉 村 峻 晃 岡 健 志 鈴 木 春 久 第 3 位

第 68 回 都 民 大 会 アーチェリー 競 技 男 子 結 果 順 位 名 ポイント 監 督 選 手 1 選 手 2 選 手 3 第 1 位 大 伊 義 高 佐 藤 光 秀 星 野 芳 輝 中 村 和 音 第 2 位 世 谷 松 村 晃 志 吉 村 峻 晃 岡 健 志 鈴 木 春 久 第 3 位 第 68 回 都 民 体 育 大 会 春 季 大 会 第 51 回 アーチェリー 競 技 大 会 大 会 結 果 期 日 平 成 27 年 5 月 24 日 予 選 ラウンド 平 成 27 年 5 月 18 日 決 勝 ラウンド 会 場 都 立 光 が 丘 公 園 弓 道 場 主 催 主 管 京 都 教 育 委 員 会 ( 公 財 ) 京 都 体 育 協 会 京 都 アーチェリー 協 会 第 68

More information

リーディング表

リーディング表 / 1 24 回 数 : ~ 回 1以 上 山 1口 勲 933 294 168 132 99 77 163 108,348,50088,540,000 31.51% 49.52% 戸 2﨑 圭 太 1,665 288 207 160 142 125 7431,185,754,000 809,050,000 17.29% 29.73% 赤 3岡 修 次 646 251 120 85 57 37 96

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

第8回全国市議会議長会研究フォーラムin旭川報告書

第8回全国市議会議長会研究フォーラムin旭川報告書 第 8 回 全 国 市 議 会 議 長 会 研 究 フォーラム in 旭 川 報 告 書 貝 塚 市 議 会 議 長 田 畑 庄 司 殿 自 由 市 民 食 野 雅 由 田 中 学 池 尻 平 和 田 畑 庄 司 [ 開 催 概 要 ] 日 時 第 1 日 : 平 成 25 年 7 月 10 日 ( 水 )13:00 第 1 部 基 調 講 演 地 方 議 会 改 革 第 2 部 パネルディスカッション

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹 平 成 24 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 第 65 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 女 子 第 26 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 実 施 要 項 2012 主 催 佐 賀 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 佐 賀 県 教 育 委 員 会 後 援 佐 賀 陸 上 競 技 協 会 西 日 本 新 聞 社 佐 賀

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

(28\202f\202v.xls)

(28\202f\202v.xls) 優 勝 星 加 忠 夫 40 39 79 12.0 67.0 28 年 05 月 08 日 26 西 原 雄 一 39 46 85 14.4 70.6 28 年 05 月 01 日 準 優 勝 神 野 浩 二 40 40 80 10.8 69.2 28 年 05 月 02 日 27 山 本 次 男 48 48 96 25.2 70.8 28 年 05 月 03 日 3 白 方 道 眞 45 47 92

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯 駅 関 連 路 JR 駅 北 ぐ 路 駅 側 駅 宮 線 ぐ 駅 線 老 良 別 府 線 区 式 域 関 見 守 式 典 渡 初 路 駅 区 区 準 組 魅 待 駅. No. Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共

More information

番号

番号 平 成 23 年 度 日 本 地 震 工 学 会 委 員 会 委 員 名 簿 ( 平 成 23 年 12 月 22 日 現 在 ) 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 佐 藤 俊 明 ( 清 水 建 設 ) 委 員 渡 辺 和 明 ( 大 成 建 設 ) 岡 野 創 ( 鹿 島 建 設 ) 渡 壁 守 正 ( 戸 田 建 設 ) 役 員 候 補 者 推 薦 委 員 会 委 員 長 澤 本 佳 和

More information

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5 男 子 シングルス A Bブロック Aブロック 1 長 谷 川 翔 3 須 坂 園 芸 2 大 口 悟 上 田 染 谷 丘 3 善 財 渉 2 長 野 日 大 4 長 井 彰 平 3 上 田 5 小 松 俊 彦 3 須 坂 東 6 秀 憲 3 篠 ノ 井 7 小 野 澤 経 太 1 北 部 8 寺 沢 弘 平 3 上 田 東 9 澤 田 成 3 飯 山 南 10 山 根 秀 太 2 岩 村 田 11

More information

天然薬物研究方法論アカデミー第19回岡崎シンポジウム

天然薬物研究方法論アカデミー第19回岡崎シンポジウム 天 然 薬 物 研 究 方 法 論 アカデミー 第 19 回 岡 崎 シンポジウム 開 催 趣 意 書 テ ー マ 生 理 学 生 物 学 から 学 ぶ 天 然 薬 物 研 究 基 礎 研 究 から 臨 床 へ 会 期 : 平 成 28 年 10 月 14 日 ( 金 ) 15 日 ( 土 ) 会 場 : 自 然 科 学 研 究 機 構 岡 崎 コンファレンスセンター 444-0864 岡 崎 市

More information

平 成 2 7 年 第 2 回 西 は り ま 消 防 組 合 議 会 臨 時 会 議 事 日 程 平 成 2 7 年 6 月 2 5 日 ( 木 ) 午 後 4 時 開 議 1 開 会 あ い さ つ ( 議 長 管 理 者 ) 2 開 会 宣 言 3 開 議 宣 言 日 程 第 1 議 席 の

平 成 2 7 年 第 2 回 西 は り ま 消 防 組 合 議 会 臨 時 会 議 事 日 程 平 成 2 7 年 6 月 2 5 日 ( 木 ) 午 後 4 時 開 議 1 開 会 あ い さ つ ( 議 長 管 理 者 ) 2 開 会 宣 言 3 開 議 宣 言 日 程 第 1 議 席 の 平 成 27 年 6 月 平 成 27 年 第 2 回 西 はりま 消 防 組 合 議 会 臨 時 会 会 議 録 自 平 成 27 年 6 月 25 日 至 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 2 7 年 第 2 回 西 は り ま 消 防 組 合 議 会 臨 時 会 議 事 日 程 平 成 2 7 年 6 月 2 5 日 ( 木 ) 午 後 4 時 開 議 1 開 会 あ い さ つ (

More information

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給 OB 絡 8-8 番 号 -8-88 賛 -8- 増 手 デ 道 産 四 産 駅 弁 弁 即 売 宇 都 ぎ ょ 店 舗 ゃ ぽ ガ 横 舞 鶴 肉 ゃ 肉 ゃ 仲 競 横 横 ュ 写 真 掲 速 む 私 趣 毎 週 金 曜 昼 宅 ケ 販 売 ナ 折 買 求 製 販 売 商 品 輸 送 為 値 段 道 飛 騨 牛 製 雰 囲 材 to to 号 号 察 材 青 兒 玉 枇 杷 ぞ 運 営 得 監

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

係長級

係長級 の 部 企 画 課 県 民 課 鳥 取 力 創 造 課 危 機 管 理 政 策 課 危 機 対 策 情 報 課 原 子 力 安 全 対 策 課 総 務 課 総 務 課 財 政 課 主 計 員 財 政 課 主 計 員 政 策 法 務 課 営 繕 課 営 繕 課 情 報 政 策 課 関 西 本 部 行 財 政 改 革 局 業 務 効 率 推 進 課 行 財 政 改 革 局 福 利 厚 生 課 行 財 政

More information

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4>

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4> 平 成 2 4 年 度 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 役 員 会 議 案 書 日 時 平 成 2 4 年 8 月 1 1 日 ( 土 ) 1 0 時 0 0 分 ~ 場 所 岐 阜 都 ホ テ ル 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 次 第 1. 会 長 挨 拶 2. 大 学 出 席 者 紹 介 大 学 近 況 報 告 3. 議 事 1 平 成 2 3 年 度 事 業 報 告

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

福 課 主 幹 熊 原 康 治 事 務 局 職 員 事 務 局 長 川 純 士 事 務 局 長 岡 主 査 藤 隆 史. 傍 聴 者 議 員 一 般 報 道 柳 一 徳 坊 治 輪 治 藤 豊 勇. 言 概 要 副 市 長 あいさつ 副 市 長 宅 生 一 君 師 走 中 日 迎 え わ あ 例 師

福 課 主 幹 熊 原 康 治 事 務 局 職 員 事 務 局 長 川 純 士 事 務 局 長 岡 主 査 藤 隆 史. 傍 聴 者 議 員 一 般 報 道 柳 一 徳 坊 治 輪 治 藤 豊 勇. 言 概 要 副 市 長 あいさつ 副 市 長 宅 生 一 君 師 走 中 日 迎 え わ あ 例 師 総 務 文 教 委 員 会 会 議 録. 開 催 日 日 開 会 時 閉 会 時. 開 催 場 委 員 会 室. 出 席 委 員 宅 文 西 慎 郎 藤 原 浩 安 是 簀 戸 利 昭 藤 原 清 和 森. 席 委 員. 会 議 出 席 者 副 議 長 西 久 志 説 明 員 副 市 長 宅 生 一 総 務 部 長 長 隆 健 康 福 部 長 藤 文 則 総 務 部 長 大 舌 勲 会 計 管 理

More information

奨 学 金 授 与 米 山 記 念 奨 学 生 陽 文 丹 会 長 報 告 今 日 は ガバナー 公 式 訪 問 の 例 会 です この 日 に 因 んで ガバナー 公 式 訪 問 の 目 的 は 何 かということに ついて 報 告 いたします 今 回 もまた 先 輩 ロータリアン やパスト 会 長

奨 学 金 授 与 米 山 記 念 奨 学 生 陽 文 丹 会 長 報 告 今 日 は ガバナー 公 式 訪 問 の 例 会 です この 日 に 因 んで ガバナー 公 式 訪 問 の 目 的 は 何 かということに ついて 報 告 いたします 今 回 もまた 先 輩 ロータリアン やパスト 会 長 第 1983 回 (10 月 13 日 ) 例 会 報 告 * 点 鐘 * 国 家 斉 唱 *ロータリーソング 奉 仕 の 理 想 *4つのテスト * 来 訪 者 紹 介 第 5グループガバナー 補 佐 井 埜 利 博 ガバナー 補 佐 本 庄 RC 随 行 者 矢 島 淳 一 氏 ( 地 区 研 修 委 員 会 第 4G 委 員 ) 坂 本 優 造 氏 ( 米 山 記 念 奨 学 学 友 委 員

More information

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲 1 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 碑 前 祭 について 日 時 : 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 10 時 から 場 所 : 浜 松 基 地 南 地 区 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 前 102813 TEL437-5635 平 成 27 年 度 浜 松 つばさ 会 総 会 行 事 を 開 催 浜 松 つばさ 会 は 平 成 27 年 度 総 会 行 事 (

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 11 月 (1/15ページ) 3057 匿 名 神 奈 川 県 10,000 1 3058 安 藤 充 昭 様 広 島 県 10,000 1 3059 野 口 勝 弘 様 愛 知 県 10,000 2 3060 松 浦 多 恵 子 様 静 岡 県 10,000 2 3061 匿 名 京 都 府 10,000 3 3062 日 置 寛 之 様 京 都 府 10,000 4 3063

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

Microsoft Word - 1フェンシング.docx

Microsoft Word - 1フェンシング.docx 第 9 回 東 海 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 フェンシング 競 技 平 成 年 月 日 7 日 会 場 大 垣 市 総 合 体 育 館 主 催 東 海 高 等 学 校 体 育 連 盟 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 教 育 委 員 会 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 フェンシング 協 会 後 援 公 益 財 団 法 人 岐 阜 県 体 育 協 会 大 垣 市 教 育 委

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

平成20年

平成20年 平 成 23 年 早 稲 田 大 学 校 友 会 北 稲 門 会 定 時 総 会 平 成 23 年 7 月 7 日 ( 木 ) 於 : なとり 本 社 ビル :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 東 京 都 23

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大 男 子 () 藤 田 石 井 ( 吉 備 国 ) 夫 津 木 多 原 ( 岡 山 大 ) 濱 田 生 林 ( 福 平 大 ) 前 国 西 ( 広 工 大 ) 白 石 open ( 広 経 大 ) 野 津 本 田 ( 広 経 大 ) 4 4 日 高 村 井 ( 広 修 大 ) 山 片 守 江 ( 広 島 大 ) 5 5 向 田 前 川 ( 岡 山 大 ) 6 小 寺 加 藤 ( 川 福 大 ) 山 田

More information

Microsoft Word - 013.L...X.g...T--.p.{.@._.doc

Microsoft Word - 013.L...X.g...T--.p.{.@._.doc キリスト 教 Ⅰ Survey of Christianity Ⅰ 角 本 浩 学 科 共 通 1 年 必 修 講 義 2 感 恩 奉 仕 を 掲 げる 本 学 の 教 育 理 念 であるキリスト 教 その 根 底 にある 聖 書 の 教 え キリスト 教 の 持 つ 価 値 観 を 学 びつつ 生 きるこ とについて 学 生 たちと 一 緒 に 考 えキリスト 教 の 世 界 に 初 めて 触 れる

More information

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋 優 勝 藤 城 正 裕 44 36 2 高 取 正 38 41 79 9.6 3 中 田 康 夫 36 44 4 西 岡 和 敏 36 38 74 3.6 5 嶋 矢 廣 喜 44 40 6 加 藤 正 之 43 35 78 7.2 7 伊 佐 岡 朗 宏 46 44 8 向 井 義 明 42 41 83 12.0 9 川 上 孝 子 49 46 10 児 玉 和 生 37 33 70 +1.2 11

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山 13 空 手 木 下 朋 紀 ( 法 4) 添 田 一 寿 ( 法 4) 因 泥 祐 馬 ( 文 4) 鈴 木 重 輝 ( 文 4) 浦 上 靖 令 ( 経 4) 前 田 稔 ( 商 4) 杉 山 美 里 ( 商 4) 鈴 木 成 美 ( 商 4) 染 谷 隆 嘉 ( 生 4) 美 濃 部 春 佳 ( 生 4) 橋 翼 ( 法 3) 藤 沼 拓 己 ( 法 3) 石 川 桃 子 ( 文 3) 佐 藤

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

< F488B D834F C8B89CA2E786477>

< F488B D834F C8B89CA2E786477> 平 成 年 度 青 森 県 高 体 連 空 手 道 専 門 部 秋 季 大 会 試 合 結 果 期 間 平 成 年 月 日 ( 土 )~ 月 日 ( 月 ) 場 所 青 森 県 武 道 館 主 催 青 森 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 空 手 道 専 門 部 開 式 のことば 優 勝 旗 返 還 選 手 宣 誓 審 判 長 注 意 7 閉 式 のことば 大 会 事 務 局 連 絡 開 式 のことば

More information