179 国 立 青 島 大 学 という 物 語 彼 女 が 李 雲 鶴 だった 頃 杉 村 安 幾 子 1. 序 チンタオ 紅 い 瓦 に 緑 の 木 々 紺 碧 の 海 に 青 い 空 山 東 省 青 島 を 訪 れる 者 の 耳 目 に 必 ず 触 れる 青 島 を 形 容 するこの 一 文 は

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "179 国 立 青 島 大 学 という 物 語 彼 女 が 李 雲 鶴 だった 頃 杉 村 安 幾 子 1. 序 チンタオ 紅 い 瓦 に 緑 の 木 々 紺 碧 の 海 に 青 い 空 山 東 省 青 島 を 訪 れる 者 の 耳 目 に 必 ず 触 れる 青 島 を 形 容 するこの 一 文 は"

Transcription

1 Title 国 立 青 島 大 学 という 物 語 : 彼 女 が 李 雲 鶴 だった 頃 Author(s) 杉 村, 安 幾 子 Citation 言 語 文 化 論 叢 = Studies of Language and Cu Issue Date Type Departmental Bulletin Paper Text version publisher URL Right *KURAに 登 録 されているコンテンツの 著 作 権 は, 執 筆 者, 出 版 社 ( 学 協 会 )などが 有 します *KURAに 登 録 されているコンテンツの 利 用 については, 著 作 権 法 に 規 定 されている 私 的 使 用 や 引 用 などの 範 囲 内 で 行 ってください * 著 作 権 法 に 規 定 されている 私 的 使 用 や 引 用 などの 範 囲 を 超 える 利 用 を 行 う 場 合 には, 著 作 権 者 の 許 諾 を 得 てください ただし, 著 作 権 者 から 著 作 権 等 管 理 事 業 者 ( 学 術 著 作 権 協 会, 日 本 著 作 出 版 権 管 理 システムなど)に 権 利 委 託 されているコンテンツの 利 用 手 続 については, 各 著 作 権 等 管 理 事 業 者 に 確 認 してください

2 179 国 立 青 島 大 学 という 物 語 彼 女 が 李 雲 鶴 だった 頃 杉 村 安 幾 子 1. 序 チンタオ 紅 い 瓦 に 緑 の 木 々 紺 碧 の 海 に 青 い 空 山 東 省 青 島 を 訪 れる 者 の 耳 目 に 必 ず 触 れる 青 島 を 形 容 するこの 一 文 は 康 有 為 (Kang Youwei ) が 言 ったとされている 1 実 の 所 康 有 為 の 言 かどうかについては 出 典 が 明 ら かでなく 疑 義 もあるようだが 青 島 の 形 容 としては 簡 にして 要 を 得 たもの であるため 広 く 人 口 に 膾 炙 している 青 島 は 中 国 が 世 界 に 誇 るドメスティックブランドである 青 島 ビールと 異 国 情 緒 溢 れるビーチリゾートゆえに 知 名 度 の 高 い 都 市 であるが その 知 名 度 の 高 さとは 裏 腹 に 都 市 としての 歴 史 は 長 くない ドイツが 膠 州 湾 を 当 時 の 清 朝 政 府 から 租 借 した 1898 年 3 月 初 めて 青 島 の 名 が 中 国 史 に 浮 上 してき たのである 厳 密 に 言 えば 青 島 郊 外 の 嶗 山 の 風 光 が 唐 代 の 詩 や 明 代 の 随 筆 に 称 えられたり 2 明 代 には 膠 州 湾 の 倭 寇 対 策 として 青 島 に 浮 山 所 という 要 塞 が 設 置 されたりなど 3 青 島 に 関 する 記 載 を 史 書 に 見 出 せない 訳 ではないが ドイツの 発 見 まで 青 島 は 辺 鄙 な 海 浜 漁 村 に 過 ぎなかったと 言 って 良 い 年 から 1914 年 までのドイツ 年 から 1922 年 及 び 1937 年 から 1945 年 までの 日 本 による 租 借 という 名 の 植 民 地 支 配 を 経 て 当 初 は 湾 に 浮 か ぶ 小 島 の 名 であった 青 島 は 近 代 都 市 へと 貌 を 変 えていった 青 島 が 当 時 の 中 国 において インフラや 医 療 衛 生 面 の 整 備 商 工 業 施 設 や 初 中 等 学 校 の 設 立 メディア 状 況 などの 面 で 都 市 として 破 格 に 優 れていたことは 青 島 守 備 軍 民 政 署 編 青 嶋 要 覧 (1921)と 同 民 政 署 の 事 務 官 であった 泉 對 信 之 助

3 180 著 青 島 二 年 (1922)に 詳 しい 6 ドイツによる 青 島 の 割 譲 や 植 民 地 支 配 は 無 論 帝 国 主 義 の 謗 りを 免 れ 得 まいが ドイツの 都 市 建 設 は 現 代 の 都 市 計 画 の 見 地 からも 優 れたものであり 後 続 宗 主 国 であった 日 本 の 絶 賛 を 受 けるほ どであった しかし 都 市 としての 歴 史 の 短 さは 即 ち 端 的 に 文 学 的 にもほぼ 空 白 であっ たことを 意 味 する 青 島 が 中 国 文 学 史 上 一 気 に 名 を 挙 げ 且 つ 留 めることに なったのは 1930 年 の 国 立 青 島 大 学 の 創 立 が 契 機 であった 青 島 大 学 の 初 代 校 長 であった 楊 振 声 (Yang Zhensheng ) 7 は 建 学 の 精 神 に 科 学 と 民 主 を 掲 げ 留 学 帰 りの 著 名 な 文 人 学 者 を 招 聘 して 教 授 陣 に 据 えた 1930 年 はそれまで 毫 も 注 目 されてこなかった 青 島 という 都 市 が 文 化 空 間 として 中 国 史 に 躍 り 出 た 瞬 間 であった 上 述 の 康 有 為 の 言 とされる 形 容 も 単 に 美 し い 風 景 としてではなく 文 化 空 間 でもあった 近 代 都 市 を 表 象 するものとして も 機 能 したに 違 いない 1931 年 春 1 人 の 17 歳 の 少 女 がこの 青 島 大 学 に 現 れる 山 東 省 諸 城 の 出 身 で 名 を 李 雲 鶴 という 長 身 で 眼 の 大 きい 美 しい 少 女 であった 彼 女 は 曾 ての 恩 師 であり 当 時 青 島 大 学 の 教 務 長 をしていた 趙 太 侔 (Zhao Taimou )を 頼 り 青 島 大 学 の 図 書 館 事 務 員 の 職 を 得 る 午 前 中 は 大 学 で 授 業 を 聴 講 し 午 後 は 図 書 館 で 働 くという 生 活 の 中 で 李 雲 鶴 は 多 くの 文 人 の 知 遇 を 得 エリート 青 年 との 恋 愛 も 経 験 する 彼 女 の 青 島 でのこうした 経 験 は 結 果 的 に 彼 女 自 身 と 国 家 としての 中 国 の 運 命 を 文 字 通 り 大 きく 変 えること になった この 少 女 こそ 後 に 文 化 大 革 命 を 主 導 し 呂 后 や 西 太 后 と 並 んで 中 国 史 上 突 出 した 悪 女 と 見 なされるようになった 毛 沢 東 第 四 夫 人 江 青 (Jiang Qing )である 本 稿 では 少 女 李 雲 鶴 を 通 して 文 化 都 市 青 島 と 国 立 青 島 大 学 における 文 学 状 況 を 概 観 する あくまで 結 果 論 に 過 ぎないにしても 江 青 が 文 革 以 前 にも 中 国 現 代 文 学 史 に 深 く 密 接 に 関 わっていたことが 明 らかになるはずである 青 島 での 様 々な 文 学 的 事 象 が 後 の 江 青 の 暴 虐 としか 呼 びようのない 一 連 の 所 業 につながっていく 過 程 は 憤 りを 通 り 越 して 何 故 そこまでという 純 粋 な 疑 問 を 呼 ぶが ひとまずそのことの 是 非 は 問 わない 江 青 が 藍 蘋 という 芸 名

4 181 で 女 優 として 活 躍 する 以 前 ただの 李 雲 鶴 だった 頃 を 以 下 に 追 っていこう 2. 国 立 青 島 大 学 の 設 立 青 島 の 実 質 的 支 配 者 であったドイツ 総 督 府 は 1908 年 初 中 等 学 校 の 設 立 に 次 いで より 高 次 の 教 育 レベルを 求 めて 大 学 の 創 立 を 企 図 した 古 い 兵 営 を 利 用 して 寄 宿 舎 や 校 舎 とし 1909 年 10 月 青 島 特 別 高 等 専 門 学 堂 通 称 徳 華 大 学 が 開 校 する 経 営 は 清 国 ドイツ 両 政 府 の 共 同 により 中 国 初 の 中 外 合 資 大 学 であった 設 立 学 科 は 法 政 医 学 工 学 農 林 の 4 分 野 卒 業 生 は 中 国 の 他 大 学 卒 業 生 と 同 等 の 資 格 を 得 られた 授 業 科 目 には 実 用 的 なものが 多 く 設 置 され 実 験 室 や 実 習 場 など 教 学 設 備 も 整 い 卒 業 後 の 進 路 も 安 定 して いたため 徳 華 大 学 は 年 を 追 うごとに 入 学 希 望 者 が 増 加 していく 卒 業 生 は 西 洋 医 学 法 律 機 械 電 気 工 学 採 鉱 林 業 など それまでの 中 国 では 人 材 が 不 足 していた 方 面 で 即 戦 力 として 世 に 供 給 されていき 清 朝 政 府 もそれ を 歓 迎 していた 青 島 の 近 代 教 育 はこの 徳 華 大 学 を 以 て 開 創 とする しかし 1914 年 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 徳 華 大 学 は 学 生 教 職 員 教 学 設 備 もろとも 上 海 へ 移 転 し 上 海 同 済 大 学 に 吸 収 合 併 された 8 その 後 ドイツの 撤 退 によって 青 島 の 統 治 権 が 日 本 に 移 り 青 島 守 備 軍 民 政 署 は 青 島 商 科 大 学 の 設 立 を 計 画 する 元 ドイツ 陸 軍 庁 舎 を 校 舎 に 利 用 し 運 営 費 は 日 華 実 業 協 会 が 負 担 するなど 開 校 に 向 けた 具 体 的 な 動 きはあった ものの 1922 年 に 青 島 が 中 国 に 返 還 されたことで 青 島 商 科 大 学 の 設 立 は 実 現 されずに 終 わった 徳 華 大 学 の 上 海 移 転 や 青 島 商 科 大 学 の 企 画 倒 れによって 青 島 に 高 等 教 育 機 関 がないまま 10 年 近 くが 過 ぎた 1924 年 膠 澳 商 埠 総 督 に 就 任 した 高 恩 洪 (Gao Enhong )は 私 立 青 島 大 学 創 立 に 向 けて 私 立 青 島 大 学 理 事 会 を 組 織 する 理 事 会 には 梁 啓 超 蔡 元 培 黄 炎 培 が 名 誉 理 事 として 名 を 連 ね ていた 同 年 9 月 商 科 と 工 科 の 2 学 科 が 開 設 された 私 立 青 島 大 学 が 創 立 校 長 は 膠 澳 商 埠 総 督 との 兼 任 の 形 で 高 恩 洪 が 担 当 した 中 国 人 学 生 だけでな く 日 本 や 朝 鮮 マレーシアからの 学 生 もおり 教 員 にはアメリカや 日 本 へ

5 182 の 留 学 経 験 者 も 多 く 含 まれており 1926 年 には 鉄 道 管 理 科 も 増 設 されたが そのわずか 2 年 後 の 1928 年 に 廃 校 の 憂 き 目 を 見 る 実 は 24 年 の 第 二 次 直 奉 戦 争 における 直 隷 派 の 敗 走 を 受 け 自 身 も 直 隷 派 であった 高 恩 洪 が 政 界 を 引 退 大 学 経 営 からも 手 を 引 いていた 後 任 の 宋 伝 典 (Song Chuandian ) が 奔 走 するも 国 内 の 政 治 的 混 乱 の 中 学 生 と 教 職 員 の 青 島 大 学 離 れを 食 い 止 めることは 出 来 ず 25 年 には 翌 年 の 学 生 募 集 を 停 止 していたのであった 1929 年 6 月 4 日 南 京 国 民 政 府 行 政 院 第 26 回 会 議 において 国 立 青 島 大 学 創 建 議 案 が 通 過 し 教 育 部 は 省 立 山 東 大 学 と 私 立 青 島 大 学 を 合 併 させ 国 立 青 島 大 学 とした 続 いて 6 月 12 日 国 立 青 島 大 学 創 立 準 備 委 員 会 が 組 織 さ れる メンバーは 以 下 の 9 人 であった 蔡 元 培 (Cai Yuanpei ) 浙 江 省 出 身 ベルリン 大 学 ライプチヒ 大 学 留 学 元 北 京 大 学 校 長 国 立 中 央 研 究 院 院 長 国 民 党 中 央 監 察 院 院 長 王 近 信 (Wang Jinxin 生 没 年 不 詳 ) 山 東 省 出 身 (?) アメリカ 留 学 山 東 省 教 育 庁 秘 書 主 任 彭 百 川 (Peng Baichuan ) 江 西 省 出 身 北 京 大 学 卒 スタンフォード 大 学 コロンビア 大 学 留 学 山 東 省 教 育 庁 科 長 趙 太 侔 山 東 省 出 身 北 京 大 学 卒 コロンビア 大 学 留 学 山 東 実 験 劇 院 院 長 何 思 源 (He Siyuan ) 山 東 省 出 身 北 京 大 学 卒 シカゴ 大 学 セントルイス 大 学 ベルリ ン 大 学 パリ 大 学 留 学 国 民 党 山 東 省 政 府 委 員 兼 教 育 庁 庁 長 袁 家 普 (Yuan Jiapu ) 湖 南 省 出 身 早 稲 田 大 学 留 学 山 東 省 財 政 庁 庁 長 傅 斯 年 (Fu Sinian ) 山 東 省 出 身 北 京 大 学 卒 ロンドン 大 学 ベルリン 大 学 留 学 中 央 研 究 院 歴 史 語 言 研 究 所 所 長 北 京 大 学 教 授 楊 振 声

6 183 山 東 省 出 身 北 京 大 学 卒 コロンビア 大 学 ハーバード 大 学 留 学 清 華 大 学 文 学 院 院 長 杜 光 塤 (Du Guangxun ) 山 東 省 出 身 北 京 大 学 予 科 卒 コロンビア 大 学 留 学 教 育 部 高 等 教 育 司 司 長 ( 不 詳 ) 上 記 の 一 覧 から 明 確 に 指 摘 できるのは 山 東 省 出 身 者 と 北 京 大 学 の 卒 業 生 留 学 先 が 米 国 コロンビア 大 学 であった 者 が 多 いという 3 点 である 中 国 人 は 外 国 では 同 郷 を 頼 って 生 活 することが 多 いため 同 郷 人 が 同 一 大 学 に 留 学 す るのは 珍 しいことではなく 寧 ろ 当 然 の 流 れでもある 出 身 地 閥 と 学 閥 が 重 層 的 に 絡 み 合 った 人 選 と 言 えるだろう この 創 立 準 備 委 員 会 で 校 舎 の 拡 充 教 職 員 の 組 織 予 算 や 経 費 院 系 ( 学 部 学 科 ) 設 置 などについて 話 し 合 われる 中 7 月 に 楊 振 声 が 校 長 に 内 定 した 9 月 16 日 国 立 青 島 大 学 が 開 学 当 時 北 京 の 清 華 大 学 文 学 院 院 長 でもあっ た 楊 振 声 は 授 業 や 会 議 と 平 行 して 青 島 大 学 開 学 の 準 備 に 携 わっており 多 忙 を 極 めていた 1930 年 4 月 28 日 南 京 国 民 政 府 により 正 式 に 楊 振 声 の 国 立 青 島 大 学 校 長 就 任 が 発 令 された 文 学 院 外 文 系 主 任 兼 図 書 館 長 であった 梁 実 秋 (Liang Shiqiu )は 次 のように 回 想 している 楊 金 甫 ( 振 声 ) は 北 京 大 学 出 身 で 当 時 教 育 部 には 知 り 合 いが 少 なからずいた 同 時 に 彼 は 山 東 出 身 でもあり 教 育 庁 の 人 とも 関 係 があった ゆえに 彼 が 校 長 になっ たのは 適 当 である しかも 彼 は 性 格 が 温 和 で 口 数 少 なく 度 量 が 広 い ゆえ に 教 育 部 とも 教 育 庁 ともうまくやれ 最 初 は 互 いにいざこざがなくいられた のだ 年 7 月 青 島 済 南 北 平 の 3 箇 所 に 分 けて 学 生 募 集 がなされ 入 学 試 験 が 行 われた 入 学 資 格 は 1 年 次 入 学 希 望 者 が 日 本 の 中 学 相 当 の 高 級 中 学 の 卒 業 生 或 いは 大 学 予 科 卒 業 生 2 年 次 入 学 希 望 者 が 大 学 本 科 を 1 年 以 上 在 籍 した 者 とし 第 一 期 生 の 対 象 専 攻 は 文 学 院 ( 中 国 文 学 系 外 国 文 学 系 教 育 学 系 ) 理 学 院 ( 数 学 系 物 理 学 系 化 学 系 生 物 学 系 )の 2 学 院 7 系 で あった 教 育 学 系 は 翌 年 には 教 育 学 院 ( 教 育 行 政 系 郷 村 教 育 系 )に 拡 充 さ れ 3 学 院 8 系 となる

7 184 9 月 19 日 国 立 青 島 大 学 が 正 式 に 成 立 翌 日 の 9 月 20 日 午 前 9 時 大 学 内 の 大 礼 堂 で 開 学 の 式 典 が 催 され 第 一 期 入 学 生 と 2 年 次 編 入 生 計 170 余 人 及 び 校 長 楊 振 声 中 央 研 究 院 院 長 蔡 元 培 教 務 長 張 道 藩 (Zhang Daofan ) 山 東 省 党 部 代 表 何 思 源 らが 出 席 した また 第 一 期 入 学 生 には 後 に 詩 人 として 名 を 馳 せる 臧 克 家 (Zang Kejia )がいた 翌 年 の 国 立 青 島 大 学 週 刊 創 刊 号 には 楊 振 声 による 開 学 の 挨 拶 校 長 報 告 が 掲 載 された 楊 振 声 は 経 費 不 足 を 示 しつつも 図 書 館 や 化 学 設 備 及 び 実 験 室 体 育 施 設 の 充 実 を 掲 げ 海 洋 学 の 創 設 を 目 指 し このようにすれ ば 青 島 大 学 は 海 洋 生 物 学 研 究 の 中 心 となるであろう と 予 言 した 10 青 島 が 膠 州 湾 に 面 しているという 地 の 利 を 活 かした 海 洋 学 への 着 眼 は 現 在 の 国 立 中 国 海 洋 大 学 へとつながっていく 楊 振 声 は 教 育 の 重 要 性 を 諄 々と 説 いて 校 長 報 告 を 締 め 括 っている また 楊 振 声 は 自 らの 出 身 大 学 である 北 京 大 学 を 標 榜 し 兼 容 并 包 ( 多 く の 事 柄 を 包 括 包 容 する) 学 術 自 由 と 科 学 民 主 を 大 学 運 営 の 中 心 に 据 え 当 時 の 著 名 な 文 人 学 者 を 教 授 陣 として 招 聘 した 例 えば シカゴ 美 術 学 院 やコロラド 大 学 で 学 び 詩 集 紅 燭 (1923)で 詩 人 として 注 目 を 集 め ていた 聞 一 多 (Wen Yiduo )は 文 学 院 院 長 兼 中 文 系 主 任 ハーバー ド 大 学 で 学 んだ 梁 実 秋 は 文 学 院 外 文 系 主 任 兼 図 書 館 長 趙 太 侔 は 教 務 長 兼 中 文 系 教 授 新 進 作 家 として 活 躍 中 であった 沈 従 文 (Shen Congwen ) とウィスコンシン 大 学 で 学 んだ 方 令 孺 (Fang Lingru )は 文 学 院 中 文 系 講 師 若 き 詩 人 陳 夢 家 (Chen Mengjia )は 文 学 院 中 文 系 助 教 コロンビア 大 学 で 教 育 学 の 博 士 号 を 取 得 した 教 育 学 者 黄 敬 思 (Huang Jingsi )は 教 育 学 院 院 長 兼 教 育 行 政 系 主 任 シカゴ 大 学 で 学 んだ 数 学 者 黄 際 遇 (Huang Jiyu )は 理 学 院 院 長 兼 数 学 系 主 任 ベルリン 大 学 で 学 んだインドネシア 華 僑 湯 騰 漢 (Tang Tenghan )は 化 学 系 主 任 フランスとスイスで 学 んだ 農 業 昆 虫 学 者 曾 省 (Zeng Sheng )は 生 物 学 系 主 任 であった その 他 既 述 の 蔡 元 培 や 哲 学 者 馮 友 蘭 (Feng Youlan ) 歴 史 学 者 でもあり 民 俗 学 者 でもあった 顧 頡 剛 (Gu Jiegang )らが 講 演 に 招 かれた こうした 綺 羅 星 の 如 き 教 員 の 布 陣 は 設 立

8 185 したばかりの 青 島 大 学 の 教 育 研 究 水 準 を 一 気 に 全 国 レベルへと 引 き 上 げた のみならず 青 島 を 文 学 文 化 的 一 大 陣 地 に 押 し 上 げたのであった 青 島 大 学 の 日 々 江 青 は 1914 年 3 月 山 東 省 諸 城 の 貧 しい 工 人 の 家 庭 に 生 まれた 生 まれ 月 が 3 月 であるのは 確 かなようだが 出 生 日 については 本 人 が 語 っておらず 或 いは 本 人 も 把 握 していなかったかもしれない 実 は そもそも 生 年 につい ても 諸 説 あり 出 身 地 も 諸 城 ではなく 同 じ 山 東 省 の 益 都 であるとの 説 もあ る 幼 名 は 李 進 或 いは 欒 淑 蒙 であったと 言 われているが 少 女 時 代 には 母 親 の 姓 であった 李 を 名 乗 るようになる このように 江 青 のプロフィールに 関 しては 不 明 な 点 が 多 く また 数 種 あ る 江 青 評 伝 も 江 青 に 対 する 著 者 の 評 価 や 好 悪 の 感 が 反 映 され 過 ぎており 史 実 と 主 観 の 違 いを 見 分 けるのが 困 難 でもある 今 後 の 研 究 の 成 果 に 俟 ちたい が とりあえず 本 稿 においては 自 伝 に 拠 り 他 史 料 で 確 認 しつつ 彼 女 の 青 島 での 日 々を 見 ていくことにする 12 自 伝 こそ 最 も 根 拠 には 出 来 ない 資 料 で はないかとの 指 摘 もあるだろうが 少 女 李 雲 鶴 の 眼 に 青 島 大 学 がどのように 映 っていたかの 参 考 にはなるだろう なお 毛 沢 東 夫 人 江 青 の 誕 生 以 前 の 時 期 であるため 以 下 青 島 大 学 での 江 青 については 李 雲 鶴 の 名 を 用 い 後 の 江 青 とは 区 別 する 李 雲 鶴 は 幼 い 時 貧 しい 生 活 の 中 で 暴 力 を 振 るう 父 親 の 許 から 母 親 と 共 に 逃 げ 出 している 母 親 が 没 落 地 主 の 家 で 職 を 得 たため 李 雲 鶴 も 小 学 校 に 通 うことが 出 来 た 1927 年 母 と 共 に 天 津 にいる 姉 の 許 に 身 を 寄 せ 学 業 を 続 けることを 希 望 したが 天 津 の 学 校 の 学 費 が 高 かったために 叶 わずに 終 わる 李 雲 鶴 の 正 規 の 学 業 は 結 局 小 学 校 が 最 後 となる 1929 年 母 姉 夫 婦 と 山 東 の 省 都 である 済 南 へ 移 り 叔 父 の 家 に 寄 寓 する そこで 李 雲 鶴 は 山 東 省 立 実 験 劇 院 に 入 学 した 正 規 の 入 学 資 格 はなかったが 女 子 学 生 が 少 なかったために 入 学 することが 出 来 たのである 1928 年 に 創 立 したばかりの 実 験 劇 院 は 教 育 庁 直 属 であったため 寄 宿 制 で 学 費 生 活 費 が

9 186 免 除 されており 李 雲 鶴 はそこで 新 劇 古 典 劇 古 典 音 楽 を 学 んだ この 頃 一 回 目 の 結 婚 をしたが すぐに 離 婚 西 北 軍 閥 の 韓 復 榘 (Han Fuju ) が 山 東 省 政 府 主 席 になったことにより 実 験 劇 院 はわずか 1 年 で 閉 鎖 に 追 い 込 まれた 実 験 劇 院 の 教 員 と 学 生 は 劇 団 を 組 織 し 北 京 へ 向 かい 李 雲 鶴 もそ れに 参 加 するが 北 京 での 生 活 は 相 当 苦 しかったようである 李 雲 鶴 は 北 京 での 生 活 に 見 切 りをつけ 青 島 を 訪 れた 私 は 多 分 1931 年 の 初 春 に 青 島 に 行 ったと 思 う 青 島 は 寒 く 湿 っぽかった 冷 たい 霧 といかにも 港 らしい 潮 の 香 りのする 海 風 を 大 変 珍 しく 感 じた 以 前 師 事 していた 趙 という 先 生 が 紹 介 してくれて 青 島 へ 行 ったのだ 彼 は 私 の 隣 人 でも あった 彼 は 曾 て 済 南 実 験 劇 院 で 監 督 をしていたのだ 今 は 青 島 大 学 のある 学 院 の 院 長 で 同 時 に 又 文 学 系 の 教 授 でもあった そういった 関 係 もあったので 彼 は 私 のために 青 島 大 学 の 聴 講 生 の 手 続 きをし てくれた 彼 は 将 来 青 島 大 学 に 演 劇 系 を 設 立 するのだと 語 っており 私 に 路 銀 を 貸 してもくれた 私 は 元 々 青 島 へ 行 きたくはなく 家 に 戻 って 女 工 になりたい と 簡 単 に 考 えていた 後 に 同 級 生 や 友 人 が 私 に 行 くように 勧 めたので 行 ったのだ 私 は 海 辺 の 町 で 生 まれ 育 ったのだが 青 島 で 初 めて 海 を 見 て 跳 び 上 がらんばかり に 嬉 しかった 13 済 南 実 験 劇 院 で 監 督 をしていた 趙 という 先 生 が 趙 太 侔 である 趙 太 侔 は 山 東 省 立 実 験 劇 院 院 長 であったが 2で 見 たように 1929 年 から 青 島 大 学 創 立 準 備 委 員 会 の 委 員 でもあり 大 学 創 立 後 は 教 務 長 兼 中 文 系 教 授 を 務 めて いた 江 青 は 趙 という 先 生 が 紹 介 してくれて と 述 べているが 別 の 見 方 もある 校 長 楊 振 声 の 息 子 楊 起 は 趙 先 生 が 青 島 大 学 に 来 ると 李 雲 鶴 が 済 南 から 青 島 まで 趙 先 生 を 頼 って 来 た 父 は 当 時 趙 先 生 と 一 緒 に 暮 らしてい たのだが 李 雲 鶴 もしょっちゅう 我 が 家 を 訪 問 していた 14 と 回 想 している 李 雲 鶴 は 趙 太 侔 の 紹 介 で 青 島 大 学 の 図 書 館 員 になった 私 は 大 学 の 教 職 員 の 隊 伍 に 加 わり 図 書 館 の 職 員 になった 仕 事 は 図 書 カード

10 187 を 書 くことであった 同 時 に 大 学 で 授 業 の 聴 講 を 続 けていた 毎 月 私 は 30 元 稼 いだが 母 親 に 10 元 仕 送 りをしていた 青 島 での 生 活 費 はひどく 高 く 手 元 に 残 っ た 20 元 では 出 費 に 追 いつかなかった 中 華 民 国 二 十 年 度 国 立 青 島 大 学 一 覧 を 繰 ると 学 生 姓 名 録 の 旁 聴 生 ( 聴 講 生 ) 欄 の 筆 頭 に 李 雲 鶴 の 名 を 見 出 すことができる 学 籍 番 号 姓 名 性 別 本 籍 連 絡 先 の 順 で A 一 李 雲 鶴 女 山 東 諸 城 済 南 按 擦 司 街 七 十 五 号 とある 名 簿 で 隣 に 名 を 連 ねている A 二 沈 岳 萌 女 湖 南 鳳 凰 湖 南 鳳 凰 県 西 門 上 とは 沈 従 文 の 妹 であった 校 長 楊 振 声 の 要 請 を 受 けて 1931 年 8 月 に 青 島 大 学 に 着 任 した 沈 従 文 は 妹 を 伴 っていたのである 月 給 30 元 に 関 しては 江 青 の 記 憶 は 正 しい 国 立 青 島 大 学 中 華 民 国 二 十 一 年 度 教 職 員 録 に 拠 ると 当 時 の 校 長 趙 太 侔 が 520 元 教 務 長 であった 杜 光 塤 や 図 書 館 長 であった 梁 実 秋 は 400 元 講 師 であった 沈 従 文 は 150 元 そして 職 務 書 記 で 年 齢 二 十 五 の 李 雲 鶴 は 30 元 であった この 書 記 に 関 しては 詳 しい 記 述 はないが 他 に 図 書 館 事 務 員 図 書 館 助 理 員 とい う 職 名 があり それらの 職 にあった 者 達 の 月 給 がそれぞれ 60 元 50 元 であっ たことに 鑑 みると 李 雲 鶴 はアルバイトかパートタイマーであったのではな いかと 推 察 される また 李 雲 鶴 の 生 年 が 不 詳 とは 言 え 二 十 五 という 年 齢 は 明 らかに 間 違 っている 単 純 な 誤 記 でなければ 虚 偽 申 告 されていたと いうことであろう 李 雲 鶴 の 青 島 大 学 での 授 業 の 聴 講 は 以 下 のようであった 青 島 大 学 における 私 の 文 学 の 先 生 の 第 一 は 聞 一 多 である 唐 詩 小 説 戯 劇 それに 中 国 文 学 史 を 教 えてくれた もう 一 人 は 楊 振 声 で 当 時 青 島 大 学 の 校 長 だった 小 説 玉 君 の 作 者 である それから 方 令 孺 という 女 性 講 師 彼 らは 皆 アメリカ 留 学 組 だった 楊 振 声 は 主 にどうやって 創 作 するかを 教 えてくれた 彼 の 授 業 で 私 は 初 めて 短 篇 小 説 を 書 いた 先 生 は 私 のその 小 説 を 非 常 に 気 に 入 り 褒 めてくれ まるで 謝 冰 心 のようで クラスで 1 番 だと 言 った 彼 の 賞 賛 を 聞 いて 私 は 恥 ずかしく

11 188 感 じた しかし 先 生 は 李 さん 君 の 描 いた 強 盗 は 礼 儀 正 し 過 ぎるよ 強 盗 が 罵 る 時 には コン 畜 生 しか 言 わないだろうと 批 判 もした これは 今 でも 使 う 無 駄 のない 簡 潔 な 言 葉 で 強 盗 にとっては 荒 っぽさが 足 りない 彼 のこうした 批 評 を 受 けて 私 はそれっきり 彼 の 授 業 には 行 かなかった その 時 期 私 が 主 にしていたのは 戯 曲 を 書 くことだった 多 分 1931 年 の 後 半 だったと 思 うが タイトルは 誰 の 罪 か だった 若 い 革 命 者 と 彼 の 病 気 がち の 母 親 が 互 いに 助 け 合 って 生 きている 様 を 描 いたものだ 正 規 の 学 生 ではない 聴 講 生 とはいえ 授 業 の 聴 講 にはかなり 熱 心 であった ことがわかる 上 記 の 引 用 にある 聞 一 多 楊 振 声 は 当 時 相 当 高 名 であった また 沈 従 文 については 次 のように 回 想 している 私 は 沈 従 文 の 授 業 にも 出 ていた 当 時 彼 は 青 島 大 学 で 小 説 について 講 義 をし ていたのだ 沈 従 文 は 私 を 気 に 入 っており 彼 の 妹 沈 舟 舟 を 通 じて 私 に 毎 週 1 篇 短 篇 小 説 を 書 くように 言 い 彼 はそれを 添 削 してくれた 彼 の 妹 は 私 と 一 緒 に 住 んでいたので しょっちゅう 私 に 彼 らの 家 に 来 るように 言 った 明 らかに 私 の 文 学 的 才 能 は 沈 従 文 に 強 い 印 象 を 与 えたのだろう 彼 が 私 を 招 待 してくれるのは 真 面 目 なものだった それでも 私 は 1 回 も 行 かなかった 私 は 貧 しく 沈 家 は 裕 福 だったからだ 彼 の 妹 は 私 の 家 が 貧 しいと 知 っており 私 に 沈 従 文 のセー ターを 編 ませ 彼 らが 私 に 高 いお 駄 賃 をくれるように 考 えたのだが 私 は 拒 否 し た 沈 従 文 は 当 時 まだ 若 手 作 家 に 過 ぎなかったが 江 青 が 青 島 時 代 を 回 想 した 1970 年 代 には 既 に 中 国 現 代 文 学 史 上 欠 くべからざる 存 在 の 作 家 であった 15 当 時 沈 従 文 は 政 治 面 での 紆 余 曲 折 ゆえに 創 作 活 動 から 離 れていたが 毛 沢 東 周 恩 来 に 小 説 の 執 筆 を 強 く 勧 められていたという 背 景 を 知 ると 16 江 青 が 沈 従 文 に 関 する 回 想 を 殊 更 披 歴 した 理 由 も 想 像 に 難 くない 沈 従 文 の 幽 僻 的 陳 荘 題 記 (1935)には 21 年 私 はある 大 学 で 小 説 習 作 を 教 えていた 最 初 は 25 人 ほどが 熱 心 に 受 講 に 来 ていたが 後 にだんだ

12 189 ん 少 なくなり 1 年 後 にはわずか 5 人 しか 残 らなかった 5 人 のうち 2 人 は 聴 講 生 である 17 とある 21 年 とは 民 国 21 年 即 ち 1932 年 を 指 し ある 大 学 とは 国 立 青 島 大 学 を 指 す そして 彼 の 2 人 の 聴 講 生 のうちの 1 人 が 李 雲 鶴 であった 江 青 自 身 が 語 るように 彼 女 の 文 学 的 才 能 が 沈 従 文 の 関 心 を 惹 いたかどうかは 不 明 だが 前 掲 の 引 用 と 併 せても 李 雲 鶴 が 文 学 創 作 に 熱 心 であったことは 間 違 いなく 青 島 大 学 での 2 年 間 私 は 小 説 と 詩 歌 が 大 好 きになり また 翻 訳 された 外 国 の 詩 歌 も 好 きだった 広 く 外 国 の 古 代 詩 歌 を たくさん 読 んだものだ 当 時 私 は 若 く 詩 詞 を 書 いたこともあるし 出 版 を 考 えもした 散 文 も 書 いて 発 表 したものもある という 江 青 の 回 想 はあな がち 誇 張 でもない 実 際 李 雲 鶴 は 1934 年 から 張 淑 貞 もしくは 淑 貞 の 筆 名 で 短 篇 小 説 を 何 編 か 発 表 してもいる 18 向 上 心 に 満 ち 溢 れた 李 雲 鶴 の 前 に 兪 啓 威 (Yu Qiwei 後 に 黄 敬 と 改 名 )という 青 年 が 現 れたのも 1931 年 である 兪 の 名 は 江 青 の 回 想 に は 直 接 言 及 されることはない 青 島 大 学 物 理 学 系 で 学 ぶ 品 行 方 正 且 つ 優 秀 な 青 年 であった 兪 啓 威 は 清 末 の 官 僚 を 祖 父 に 持 ち 曽 国 藩 の 孫 娘 を 祖 母 に 持 つ 名 家 の 出 身 で 共 産 党 の 地 下 組 織 でも 活 動 し 大 学 では 愛 国 青 年 団 を 組 織 する 学 生 リーダーでもあった 兪 啓 威 の 姉 兪 珊 (Yu Shan )は 青 島 大 学 教 務 長 趙 太 侔 の 妻 であり 南 京 の 金 陵 大 学 卒 業 後 上 海 の 演 劇 界 で 活 躍 していたスター 女 優 である そもそも 趙 太 侔 を 頼 って 青 島 に 来 た 李 雲 鶴 は 趙 の 家 をたびたび 訪 れており 女 優 になりたいという 夢 があったために 兪 珊 に 憧 れ 兪 珊 も 彼 女 を 可 愛 がっていた 李 雲 鶴 と 兪 啓 威 が 知 り 合 う 素 地 はあったのである 李 雲 鶴 は 育 ちが 良 く 弁 も 立 つインテリ 青 年 に 急 速 に 惹 か れていき 出 自 の 良 さを 一 種 のコンプレックスに 感 じていたであろう 兪 啓 威 は 労 働 者 階 級 出 身 の 向 学 心 旺 盛 な 美 少 女 に 魅 力 を 感 じ 2 人 はすぐに 恋 愛 関 係 になった 1931 年 9 月 18 日 日 本 の 関 東 軍 が 満 洲 の 奉 天 で 南 満 州 鉄 道 の 線 路 を 爆 破 満 州 事 変 の 口 火 を 切 る この 柳 条 湖 事 件 以 降 中 国 全 土 で 抗 日 の 嵐 が 吹 き 荒 れ 始 め 青 島 大 学 の 左 翼 学 生 達 も 共 産 党 地 下 組 織 の 指 導 の 下 で 愛 国 抗 日 活 動 を 展 開 した その 先 頭 に 立 ったのが 兪 啓 威 であった 熱 心 に 抗 日 活 動 をする

13 190 兪 啓 威 は 1932 年 初 頭 中 国 共 産 党 に 入 党 する 李 雲 鶴 も 兪 啓 威 の 多 大 な 影 響 を 受 け 兪 を 紹 介 者 として 入 党 申 請 したが 兪 と 恋 愛 関 係 にあることで 正 式 入 党 は 認 められなかった その 頃 上 海 で 左 翼 戯 劇 家 連 盟 が 誕 生 しており それに 呼 応 する 形 で 兪 啓 威 を 責 任 者 として 青 島 に 劇 連 の 青 島 小 組 が 組 織 され 青 島 大 学 内 に 海 浜 劇 社 が 出 来 た 海 浜 劇 社 には 李 雲 鶴 も 参 加 し 抗 日 劇 を 巡 回 公 演 した 同 年 夏 兪 啓 威 と 李 雲 鶴 は 親 しい 友 人 達 に 同 棲 を 公 表 した 4. 国 立 山 東 大 学 へ 国 立 青 島 大 学 は 開 学 してわずか 2 年 の 間 に 学 生 による 全 学 的 な 大 規 模 ス トライキが 3 回 行 われている 一 つ 目 は 開 学 の 際 虚 偽 の 学 歴 で 入 学 した 学 生 が 多 数 発 見 され 彼 らに 対 する 除 籍 処 分 が 契 機 となったものである 二 つ 目 が 上 述 の 柳 条 湖 事 件 を 発 端 とした 抗 日 学 生 運 動 である そして 三 つ 目 は 1932 年 春 大 学 上 層 部 が 示 した 新 学 則 への 反 発 であった この 新 学 則 の 発 令 には 抗 日 学 生 運 動 を 封 じ 込 めようという 国 民 政 府 教 育 部 の 思 惑 が 働 いてい た 学 生 達 は 6 月 学 生 自 治 会 を 開 き 国 立 青 大 の 全 学 生 は 楊 振 声 校 長 なら びに 趙 太 侔 梁 実 秋 を 認 めず 駆 逐 する 宣 言 を 出 す 楊 振 声 は 校 長 を 辞 任 し 校 長 業 務 は 教 務 長 趙 太 侔 が 代 行 した 楊 振 声 が 青 島 を 離 れると 前 後 して 聞 一 多 沈 従 文 梁 実 秋 ら 文 学 者 達 も 青 島 大 学 を 辞 職 して 青 島 を 後 にする この 年 青 島 大 学 は 教 育 学 院 を 停 止 し 在 学 生 ごと 国 立 中 央 大 学 教 育 学 院 へと 移 管 している 同 時 に 工 学 院 ( 土 木 工 学 系 機 械 工 程 学 系 )と 農 学 院 を 済 南 に 増 設 又 ほどなくして 文 学 院 と 理 学 院 を 合 併 して 文 理 学 院 とした 7 月 教 育 部 は 国 立 青 島 大 学 の 解 散 を 命 令 し 国 立 山 東 大 学 へと 改 称 すること を 決 定 9 月 30 日 教 務 長 兼 校 長 代 理 であった 趙 太 侔 が 正 式 に 国 立 山 東 大 学 校 長 に 任 命 された 趙 太 侔 は 楊 振 声 の 掲 げた 青 島 大 学 の 建 学 理 念 を 引 き 継 ぎ 教 育 研 究 面 で 成 果 を 上 げ 国 立 山 東 大 学 は 国 内 有 数 の 一 流 大 学 へと 成 長 し ていった 聞 一 多 らが 去 り 一 旦 は 寂 しくなった 文 学 院 にも 1934 年 には 劇 作 家 洪 深 (Hong Shen )が 外 文 系 主 任 小 説 家 老 舎 (Laoshe )

14 191 が 中 文 系 講 師 1936 年 には 小 説 家 台 静 農 (Tai Jingnong )が 中 文 系 講 師 更 にその 10 年 後 の 1946 年 には 小 説 家 王 統 照 (Wang Tongzhao )が 中 文 系 主 任 として 着 任 するなど 著 名 な 文 学 者 が 教 壇 に 立 ち 続 けた 一 方 李 雲 鶴 は 1933 年 兪 啓 威 の 紹 介 の 下 に 中 国 共 産 党 に 入 党 江 青 はそ の 頃 のことを 次 のように 回 想 している 1933 年 私 は 中 国 共 産 党 に 加 入 した これは 私 の 人 生 の 中 の 重 要 事 である 私 はどうやって 共 産 党 に 加 入 したのか 1932 年 の 後 期 人 の 紹 介 で 党 の 責 任 者 当 時 は 青 島 党 組 織 の 書 記 だった 人 の 知 遇 を 得 たのだ ここで 名 を 挙 げられていない 兪 啓 威 は 当 時 青 島 地 下 組 織 党 支 部 の 宣 伝 委 員 を 任 命 されていた 李 雲 鶴 は 兪 啓 威 の 補 佐 的 な 仕 事 をし 充 実 感 を 味 わっ ていたが 任 務 に 忙 殺 される 兪 との 関 係 はだんだん 悪 化 していく 4 月 兪 啓 威 は 国 民 党 によって 逮 捕 投 獄 された 元 々 名 家 の 出 身 であるため 姉 兪 珊 および 国 民 党 高 官 であった 叔 父 の 奔 走 によって 兪 はほどなくして 出 獄 する が その 間 李 雲 鶴 は 上 海 へ 移 っていた 回 想 では 入 党 後 しばらくして 私 は 上 海 へ 行 った としか 語 られていないが 兪 啓 威 が 死 刑 になるかもしれ ないという 知 らせがあったため 自 らにも 累 が 及 ぶことを 恐 れ また 生 活 面 での 支 柱 を 失 ったゆえの 逃 亡 であった それによって 結 果 として 李 雲 鶴 と 兪 啓 威 の 関 係 も 終 わりを 告 げる 李 雲 鶴 の 上 海 行 きをお 膳 立 てしてくれたのは 趙 太 侔 兪 珊 夫 妻 である 夫 妻 の 友 人 であり 上 海 で 映 画 監 督 をしていた 史 東 山 (Shi Dongshan )を 映 画 界 に 憧 れていた 李 雲 鶴 に 紹 介 したのである それは 夫 妻 にしてみれば 厄 介 払 いのようなものだったかもしれない 兪 啓 威 と 李 雲 鶴 の 関 係 は 兪 一 族 から 大 反 対 されており 姉 である 兪 珊 自 身 も 好 意 的 には 見 て いなかったし 兪 啓 威 の 逮 捕 投 獄 は 大 学 の 教 務 長 としての 趙 太 侔 にとっては 頭 痛 の 種 でもあった 2 人 の 関 係 を 裂 くことで 事 態 の 収 束 を 図 ったとも 言 えるだろう

15 192 李 雲 鶴 は 上 海 で 夜 学 の 教 師 を 務 めるなどし 一 旦 北 京 にも 行 くが 再 び 上 海 に 戻 り 著 名 な 劇 作 家 田 漢 (Tian Han )の 知 遇 を 得 藍 蘋 の 芸 名 で 次 第 に 舞 台 や 映 画 に 出 演 するようになる 本 人 が 望 んだような 大 ス ターとまではいかなかったが 1935 年 から 37 年 までの 3 年 間 プロの 女 優 としての 経 験 を 積 んだ イプセンの 人 形 の 家 でノラを オストロフスキー の 大 雷 雨 でカテリーナを 映 画 王 老 五 でも 王 老 五 の 妻 を 演 じるなど 主 役 準 主 役 級 の 役 もあった 年 7 月 7 日 の 盧 溝 橋 事 件 勃 発 を 受 け 上 海 の 舞 台 映 画 関 係 者 が 救 国 活 動 の 一 環 として 次 々に 延 安 へ 向 かい 出 した 李 雲 鶴 もその 流 れに 乗 り 7 月 下 旬 に 延 安 入 りする 顧 みるに 1930 年 9 月 に 国 立 青 島 大 学 が 開 学 し 1932 年 7 月 には 国 立 山 東 大 学 へと 改 称 中 国 史 上 国 立 青 島 大 学 が 存 在 するのは わずか 2 年 弱 に 過 ぎなかったことになる この 短 い 期 間 に 青 島 大 学 は 前 述 のように 全 国 的 な 知 名 度 を 得 中 国 現 代 高 等 学 校 史 において 北 京 大 学 や 清 華 大 学 西 南 聯 合 大 学 などに 次 いで 重 要 な 高 等 教 育 研 究 機 関 となった そしてその 2 年 のう ちの 多 くは 李 雲 鶴 が 有 名 教 授 の 下 で 文 学 に 触 れ 兪 啓 威 と 恋 愛 をし 演 劇 活 動 をし 中 国 共 産 党 の 影 響 を 受 けた 期 間 でもあった 江 青 の 語 る 自 分 史 それは 野 心 的 な 少 女 李 雲 鶴 の 物 語 であるが その 中 で 国 立 青 島 大 学 は 正 規 の 中 高 等 教 育 を 受 けられなかった 彼 女 が 学 問 的 にも 思 想 的 にも 成 長 し 更 に は 上 海 映 画 界 へ 踏 み 出 す 切 っ 掛 けともなった 場 所 として 外 すことの 出 来 な い 重 要 な 位 置 を 占 めていると 言 える 5. 結 び 紅 都 女 皇 江 青 と 国 立 青 島 大 学 李 雲 鶴 は 1937 年 の 延 安 入 りの 後 江 青 と 改 名 し ほどなくして 毛 沢 東 と 出 逢 い 結 婚 する 本 稿 ではその 時 代 に 関 してはこれ 以 上 踏 み 込 むことはし ないが 江 青 のその 後 については 周 知 の 通 りである 文 化 大 革 命 期 江 青 は 国 家 主 席 毛 沢 東 の 夫 人 として 都 合 の 悪 い 過 去 を 覆 い 隠 さんと 自 らの 過 去 を 知 る 者 を 次 々に 抹 殺 する とりわけ 映 画 演 劇 関

16 193 係 者 には 犠 牲 者 が 多 い 代 表 的 な 犠 牲 者 としては 文 革 期 に 猛 烈 に 批 判 され 投 獄 の 憂 き 目 を 見 た 中 国 を 代 表 する 映 画 スター 趙 丹 (Zhao dan ) が 挙 げられる 既 述 の 人 形 の 家 と 大 雷 雨 で 藍 蘋 と 共 演 経 験 のある 趙 丹 は 1936 年 4 月 に 女 優 葉 露 茜 (Ye Luqian )と 結 婚 しており そ の 際 藍 蘋 と 映 画 評 論 家 唐 納 (Tang Na ) 俳 優 顧 而 已 (Gu Eryi )と 杜 小 鵑 もともに 式 を 挙 げ 彼 らはその 結 婚 式 を 映 画 スター3 組 の 合 同 結 婚 式 としてマスコミに 大 々 的 に 宣 伝 したという 過 去 がある こ の 時 の 合 同 結 婚 式 の 参 加 者 のうち 顧 而 已 は 文 革 中 に 自 殺 に 追 い 込 まれ 結 婚 式 の 介 添 人 をした 鄭 君 里 (Zheng Junli )は 文 革 初 期 に 獄 死 した 唐 納 との 結 婚 は 毛 沢 東 夫 人 としては 公 にされては 困 る 事 実 なのである 20 また スター 女 優 であった 上 官 雲 珠 (Shangguan Yunzhu )は 自 殺 既 述 の 劇 作 家 田 漢 は 獄 死 するなど 文 革 中 に 迫 害 され 死 に 追 いやられた 映 画 演 劇 関 係 者 には 枚 挙 に 暇 がない 江 青 にとって 彼 らを 葬 ることは 自 分 の 不 都 合 な 過 去 を 知 る 者 を 消 すというだけでなく 憧 れていた 映 画 スターと しては 認 めてもらえなかったという 復 讐 の 意 味 もあったであろう 文 化 大 革 命 について 江 青 を 始 めとする 四 人 組 に 全 責 任 を 負 わせるというやり 方 は 強 引 かつ 乱 暴 ではあるが それでも 江 青 が 彼 女 の 過 去 を 知 る 者 や 彼 女 にとって 都 合 の 悪 い 者 を 次 々と 抹 殺 した 所 業 は 醜 状 暴 虐 以 外 の 何 物 でもない まさ に 紅 都 女 皇 である では 青 島 大 学 関 係 者 はどうであったか まず 李 雲 鶴 がたびたび 家 を 訪 問 していたという 校 長 楊 振 声 については 息 子 楊 起 が 元 々 我 が 家 には 写 真 もあった 父 と 姉 と 李 雲 鶴 が 一 緒 に 写 っているものだ 李 雲 鶴 は 父 の 背 後 に 立 っている 文 革 中 父 はその 写 真 をそれ 以 上 保 管 できず 破 り 捨 ててし まった 21 と 回 想 している 実 際 の 所 楊 振 声 が 亡 くなったのは 文 革 よりも 10 年 早 い 1956 年 であるため 楊 起 の 回 想 における 文 革 云 々は 正 しくは ない しかし 毛 沢 東 路 線 を 忠 実 になぞった 反 右 派 闘 争 (1956)などの 極 左 キャンペーンが 中 国 全 土 を 覆 っていたことを 受 ければ 楊 振 声 が 不 穏 な 空 気 を 察 して 写 真 を 処 分 したことを 想 像 するのはたやすい 楊 起 は 1952 年 に 高 等 教 育 機 関 の 整 理 統 合 が 始 まった 頃 江 青 の 権 力 はまだそれほど 大 きくはな

17 194 かった としながらも 父 が 受 けた 迫 害 も 凄 まじいというほどではなく た だ 60 歳 を 過 ぎて 病 を 抱 えた 身 であるにも 関 わらず 長 春 の 東 北 人 民 大 学 に 異 動 させられただけであった と 楊 振 声 の 1952 年 の 異 動 の 裏 にも 江 青 がいた ような 述 べ 方 をしている 確 かに 楊 振 声 の 経 歴 や 教 育 史 上 の 功 績 に 鑑 みれば 東 北 人 民 大 学 への 異 動 は 歴 然 とした 左 遷 であるとも 言 える 楊 振 声 の 辞 任 後 国 立 山 東 大 学 初 代 校 長 になった 趙 太 侔 は 文 革 中 の 1968 年 迫 害 に 耐 えかねて 青 島 の 海 に 投 身 自 殺 をした 尤 も これは 自 殺 と されているに 過 ぎず 趙 太 侔 は 突 き 落 とされて 死 んだと 遺 族 は 語 っている 22 山 東 実 験 劇 院 での 師 弟 関 係 青 島 大 学 における 仕 事 や 授 業 聴 講 の 世 話 妻 の 兪 珊 とその 弟 兪 啓 威 など 趙 太 侔 と 李 雲 鶴 の 関 係 は 浅 からぬものがあった 江 青 の 前 身 を 知 っているという ただそれだけのことが 死 に 値 する 罪 と されたという 事 実 に 文 化 大 革 命 期 がどれほど 尋 常 ならざる 時 代 であったか がわかるだろう 趙 の 妻 兪 珊 は 建 国 後 趙 とは 別 れていたが やはり 1968 年 に 迫 害 を 受 け 亡 くなっている 李 雲 鶴 にとっては 重 要 な 存 在 であった 兪 啓 威 は 1949 年 に 天 津 市 長 に 任 命 されるなど 要 職 を 歴 任 し 1958 年 に 病 死 して いるが 文 革 期 に 生 きていれば 同 様 の 目 に 遭 っただろうことは 疑 いを 容 れな い 沈 従 文 は 1940 年 代 後 半 に 研 究 職 に 転 じていたが 文 革 中 激 しく 批 判 され 蔵 書 を 全 て 失 い 病 身 にも 関 わらず 家 族 から 離 され 湖 北 省 の 幹 部 学 校 に 2 年 間 下 放 させられた 沈 従 文 は 江 青 の 回 想 では 悪 い 扱 いを 受 けてはいないが 本 来 であればより 多 くの 創 作 活 動 が 可 能 であり 優 れた 作 品 が 誕 生 していた であろうことを 考 えれば 沈 もやはり 中 国 の 政 治 キャンペーンによって 社 会 的 に 殺 された 作 家 の 1 人 であった 1 人 無 事 であったのは 梁 実 秋 である 青 島 大 学 図 書 館 で 李 雲 鶴 の 上 司 で あった 梁 は 1949 年 に 台 湾 に 渡 る 台 湾 師 範 大 学 で 英 語 系 教 授 系 主 任 文 学 院 長 などを 務 め 1966 年 に 退 職 した 後 はシェイクスピア 作 品 の 翻 訳 に 専 心 した 1981 年 1 月 13 日 台 湾 の 中 央 日 報 に 梁 の 数 え 年 80 歳 の 誕 生 日 を 祝 う 記 事 が 載 り その 中 に 次 のような 件 があった

18 195 現 在 北 平 で 裁 判 中 の 江 青 について 話 題 が 移 った 江 青 はかつて 梁 氏 の 部 下 だったの だ 時 は 50 年 前 梁 氏 は 青 島 大 学 図 書 館 長 であり 当 時 は 李 雲 鶴 という 名 だった 江 青 は 図 書 館 の 事 務 員 であった 青 島 大 学 の 職 員 名 簿 によれば 館 長 の 月 給 は 400 元 江 青 の 月 給 は 30 元 である ( 中 略 ) 梁 実 秋 はこう 語 る あの 頃 江 青 はしょっちゅう 我 が 家 に 食 事 に 来 ていました ある 時 などは 私 に 2 角 貸 してほしいと 言 うので す ぐに 貸 してあげましたよ 彼 女 はお 金 を 借 りてチョコレートを 買 いたかったのです 通 りを 歩 きながらチョコを 食 べたかったのですね その 2 角 は 後 になっても 返 し てもらっていません お 客 達 はこう 述 べた あなたは 江 青 の 山 ほどの 秘 密 を 知 り 過 ぎています もし 大 陸 にいたら 間 違 いなく 家 宅 捜 査 を 受 けていましたよ 23 文 中 の お 客 達 は 梁 実 秋 の 誕 生 祝 いに 集 った 人 々を 指 す チョコレート 代 の 2 角 を 返 してもらっていない 云 々は 梁 実 秋 の 軽 い 冗 談 にしても もし 彼 が 大 陸 に 残 っていたら 家 宅 捜 査 どころか 他 の 作 家 達 同 様 確 実 に 迫 害 を 免 れ 得 なかったであろう 梁 自 身 曾 ての 仲 間 達 が 江 青 から 被 った 害 を 知 り 自 らの 幸 運 を 噛 みしめたに 違 いない 酸 鼻 を 極 めた 文 化 大 革 命 と 江 青 につい て 話 題 になった 時 江 青 にチョコレート 代 を 貸 したという 微 笑 ましいエピ ソードを 挙 げて 場 を 和 ませる 以 外 なかったのかもしれない 李 雲 鶴 が 李 雲 鶴 のままであったら 梁 実 秋 が 台 湾 に 渡 った 後 に 彼 女 に 言 及 し それが 新 聞 紙 上 で 文 字 化 されることもなかっただろう 李 雲 鶴 変 じて 江 青 が 中 国 全 土 及 び 中 国 史 上 に 及 ぼした 影 響 は 計 り 知 れ ない 本 稿 では 少 女 李 雲 鶴 と 国 立 青 島 大 学 及 びその 教 授 陣 との 関 係 や 影 響 のみを 見 た では 国 立 青 島 大 学 は 歴 史 上 から 完 全 に 姿 を 消 してしまっ たのだろうか 国 立 青 島 大 学 の 初 代 校 長 にして 結 果 としては 最 後 の 校 長 ともなった 楊 振 声 は 前 述 の 通 り 青 島 大 学 開 学 の 際 に 青 島 大 学 を 海 洋 生 物 学 研 究 の 中 心 となる であろう と 予 言 した 国 立 青 島 大 学 から 国 立 山 東 大 学 へと 改 称 した 後 1946 年 に 農 学 院 に 新 たに 水 産 学 系 が 設 置 される 翌 年 には 水 産 学 系 は 農 学 院 から 理 学 院 に 改 設 されるが 1959 年 に 独 立 して 山 東 海 洋 学 院 となる 翌 60 年 山 東 海 洋 学 院 は 国 家 教 育 部 が 指 定 した 13 校 の 全 国 重 点 総 合 大 学 に 選 ばれ

19 196 年 には 青 島 海 洋 大 学 へと 改 称 し 更 には 2002 年 に 中 国 海 洋 大 学 へと 改 称 する 現 在 中 国 海 洋 大 学 は 海 洋 学 の 国 内 最 大 の 研 究 拠 点 になっている 25 国 立 青 島 大 学 は 早 々に 歴 史 上 からその 名 を 消 したが 楊 振 声 が 開 学 の 際 に 掲 げた 理 念 は 今 尚 受 け 継 がれていると 言 って 良 いだろう 1 2 王 統 照 青 島 素 描 (1934 年 3 月 19 日 執 筆 初 出 は 青 紗 帳 生 活 書 店 1936 年 10 月 楊 洪 承 主 編 王 統 照 全 集 中 国 工 人 出 版 社 2009 年 4 月 )に 青 い 山 紺 碧 の 海 紅 い 瓦 緑 の 木 々 康 有 為 が 青 島 の 色 彩 を 評 したこの 八 句 は 一 般 の 旅 行 者 の 記 憶 に 留 まって 既 に 久 しい とある 康 有 為 が 初 めて 青 島 を 訪 れた のは 1917 年 冬 のことであり( 南 海 康 先 生 年 譜 続 編 ( 楼 宇 烈 整 理 康 南 海 自 編 年 譜 康 有 為 学 術 著 作 選 中 華 書 局 1992 年 9 月 ) それからわずか 17 年 ほど で 青 い 山 の 八 句 が 人 口 に 膾 炙 したことは 康 有 為 の 言 であるかどうかと 無 関 係 に 簡 にして 見 事 な 表 現 が 受 け 入 れられていたからに 他 ならない また 紅 瓦 緑 樹 碧 海 藍 天 のバージョンもある 李 白 寄 王 屋 山 人 孟 大 融 (754) 藍 田 嶗 山 巨 峰 白 雲 洞 記 など 3 明 史 第 四 冊 明 史 巻 四 十 一 志 第 十 七 地 理 二 ( 清 張 廷 玉 等 撰 中 華 書 局 1974 年 4 月 )の 即 墨 に 又 東 北 に 雄 崖 守 禦 千 戸 所 有 り 南 に 浮 山 守 禦 千 戸 所 有 り 倶 に 洪 武 中 に 置 く とある 即 墨 は 現 在 の 青 島 市 一 帯 を 指 す 4 王 桂 雲 魯 海 主 編 山 東 地 方 史 志 縦 横 談 ( 吉 林 省 地 方 志 編 纂 委 員 会 吉 林 省 図 書 館 学 会 出 版 1985 年 3 月 )は 明 の 万 暦 6(1578) 年 に 即 墨 知 県 に 任 ぜられた 許 鋌 が 地 方 事 宜 議 海 防 の 中 で 青 島 という 語 を 用 いたのが 書 籍 中 に 初 めて 見 出 せる 青 島 の 例 であると 指 摘 している 5 ドイツが 清 国 から 青 島 を 租 借 したのは 1898 年 3 月 であるが 前 年 11 月 1 日 の 山 東 省 巨 野 県 におけるドイツ 人 宣 教 師 殺 害 事 件 を 口 実 に 11 月 14 日 にはドイツ 軍 が 膠 州 湾 に 上 陸 し 清 国 軍 を 撤 退 させていたために ドイツによる 青 島 支 配 は 1897 年 からとする 記 述 が 多 い 6 青 島 守 備 軍 民 政 署 編 新 刊 青 嶋 要 覧 新 極 東 社 出 版 部 大 正 10 年 11 月 泉 對 信 之 助 著 青 島 二 年 東 海 堂 書 店 大 正 11 年 6 月

20 197 7 楊 振 声 については 宮 尾 正 樹 楊 振 声 と 玉 君 ( お 茶 の 水 女 子 大 学 中 国 文 学 会 8 報 第 7 号 1988 年 4 月 ) 拙 論 楊 振 声 抛 錨 石 華 父 海 葬 柯 霊 海 誓 をめぐって 恋 愛 と 復 讐 の 変 奏 ( お 茶 の 水 女 子 大 学 中 国 文 学 会 報 第 32 号 2013 年 4 月 ) 楊 振 声 搶 親 報 復 と 民 国 期 中 国 の 強 奪 婚 少 女 は 語 ら ない ( 言 語 文 化 論 叢 ( 金 沢 大 学 外 国 語 教 育 研 究 センター 紀 要 ) 第 18 号 2014 年 3 月 ) 楊 振 声 と 五 四 楊 振 声 の 五 四 ( 野 草 ( 中 国 文 芸 研 究 会 機 関 誌 ) 第 94 号 2014 年 8 月 )に 詳 しい 王 桂 雲 著 青 島 近 代 名 人 逸 事 新 華 出 版 社 2007 年 10 月 欒 玉 璽 青 島 の 工 業 化 と 近 代 教 育 ( 関 西 学 院 大 学 経 済 学 研 究 第 32 号 2001 年 )などを 参 照 なお 上 海 同 済 大 学 は 元 ドイツ 海 軍 軍 医 で 医 学 博 士 エーリッヒ パウルン(Erich Hermann Paulun )が 1907 年 に 創 立 した 同 済 医 学 堂 を 前 身 とした 私 立 大 学 1927 年 には 国 立 大 学 となった 9 梁 実 秋 著 談 聞 一 多 伝 記 文 学 雑 誌 社 中 華 民 国 56(1967) 年 10 国 立 青 島 大 学 週 刊 1931 年 5 月 4 日 この 5 月 4 日 という 日 付 は 1919 年 5 月 4 日 の 五 四 運 動 を 受 けていると 見 て 間 違 いないだろう 楊 振 声 は 五 四 運 動 の 精 神 を 重 視 していた 注 7 前 掲 拙 論 楊 振 声 と 五 四 楊 振 声 の 五 四 に 詳 しい 11 青 島 における 高 等 教 育 機 関 設 立 の 歴 史 及 び 国 立 青 島 大 学 の 設 立 に 関 しては 国 立 青 島 大 学 編 中 華 民 国 二 十 年 度 国 立 青 島 大 学 一 覧 1931 年 ( 大 阪 教 育 大 学 准 教 授 中 野 知 洋 先 生 のご 提 供 による) 劉 増 人 王 煥 良 主 編 青 島 高 等 教 育 史 ( 現 代 巻 ) 人 民 出 版 社 2008 年 注 8 欒 玉 璽 論 文 金 以 林 著 近 代 中 国 大 学 研 究 中 央 文 献 出 版 社 2000 年 2 月 季 培 剛 編 著 楊 振 声 編 年 事 輯 初 稿 黄 河 出 版 社 2007 年 を 参 考 にした 12 江 青 についての 記 述 は 主 として 江 青 口 述 常 笑 石 整 理 江 青 自 伝 北 運 河 出 版 社 2012 年 2 月 R. 特 里 爾 著 劉 路 新 訳 江 青 全 伝 河 北 人 民 出 版 社 2003 年 11 月 葉 永 烈 著 江 青 伝 作 家 出 版 社 1993 年 12 月 伊 原 吉 之 助 江 青 の 最 初 の 人 生 ( 帝 塚 山 大 学 論 集 第 11 号 1976 年 3 月 ) 上 海 時 代 の 江 青 ( 帝 塚 山 大 学 論 集 第 12 号 1976 年 5 月 ) 江 青 : 上 海 から 延 安 へ 江 青 評 伝 稿 ( 三 )

21 198 ( 帝 塚 山 大 学 論 集 第 14 号 1977 年 4 月 )に 基 づいた また ロクサーヌ ウィトケ 著 中 嶋 嶺 雄 宇 佐 美 滋 訳 江 青 上 下 パシフィカ 1977 年 8 月 も 参 考 にした 注 12 前 掲 江 青 自 伝 以 下 江 青 の 談 話 は 全 て 本 書 に 拠 り 拙 訳 を 付 す 楊 起 口 述 陳 遠 筆 録 楊 振 声 : 湮 没 無 聞 許 多 年 ( 陳 遠 著 在 不 美 的 年 代 裡 陳 遠 口 述 史 系 列 重 慶 出 版 社 2011 年 初 出 は 新 京 報 2004 年 8 月 21 日 ) 沈 従 文 写 在 紅 都 女 皇 摘 録 文 字 下 の 注 釈 に 沈 従 文 の 甥 である 田 紀 倫 が 沈 従 文 に 江 青 は 伯 父 さんが 国 内 外 で 声 望 が 高 いことを 知 っていて だからウ ィトケに 対 してわざわざ 自 己 宣 伝 に 努 め 伯 父 さんに 文 学 を 指 導 してもらった なんて 言 ってるんですよ という 書 信 を 送 った 旨 の 記 述 がある 沈 従 文 全 集 第 14 巻 雑 文 北 岳 文 芸 出 版 社 2002 年 参 照 年 9 月 23 日 から 10 月 6 日 第 二 次 全 国 文 学 芸 術 工 作 者 会 議 が 開 催 され た 工 芸 美 術 界 の 代 表 として 出 席 していた 沈 従 文 に 毛 沢 東 周 恩 来 の 二 人 が 小 説 執 筆 を 励 行 したという 小 島 久 代 沈 従 文 と 作 品 についての 解 説 ( 沈 従 文 著 小 島 久 代 訳 辺 境 から 訪 れる 愛 の 物 語 沈 従 文 小 説 選 勉 誠 出 版 2013 年 ) 参 照 17 沈 従 文 幽 僻 的 陳 荘 題 記 ( 沈 従 文 文 集 第 11 巻 文 論 生 活 読 書 新 知 三 聯 書 店 香 港 分 店 花 城 出 版 社 1985 年 ) 文 中 の 聴 講 生 のもう 1 人 は 幽 僻 的 陳 荘 の 作 者 であり 学 生 ストライキを 発 動 したことで 青 島 大 学 を 除 籍 処 分 となった 王 林 (Wang Lin )である 18 宝 宝 的 爸 爸 ( 新 社 会 半 月 刊 第 7 巻 第 3 期 1934 年 8 月 ) 王 秘 書 的 病 ( 新 社 会 半 月 刊 第 7 巻 第 4 期 1934 年 8 月 ) 催 命 符 ( 新 社 会 半 月 刊 第 7 巻 第 6 期 1934 年 9 月 )など これらの 作 品 は 張 淑 貞 という 筆 名 で 発 表 された 19 人 形 の 家 は 上 海 業 余 劇 人 協 会 第 1 回 公 演 1935 年 6 月 27 日 から 上 海 の 金 城 大 劇 院 にて 2 か 月 上 演 演 出 は 章 泯 大 雷 雨 は 上 海 業 余 劇 人 協 会 第 3 回 公 演 1936 年 11 月 より 上 海 卡 爾 登 大 戯 院 にて 上 演 演 出 は 章 泯 映 画 王 老 五 は 1938 年 4 月 から 上 海 の 新 光 大 戯 院 にて 公 開 脚 本 監 督 は 蔡 楚 生

22 江 青 の 結 婚 は 2 で 述 べたように 唐 納 とのものが 初 めてではない 済 南 での 最 初 の 結 婚 相 手 は 裴 明 倫 また 兪 啓 威 との 同 棲 も 周 囲 からは 結 婚 同 然 に 目 され ていたし 上 海 時 代 人 形 の 家 と 大 雷 雨 の 演 出 家 であった 章 泯 との 愛 人 関 係 は 有 名 であった 21 同 注 同 注 14 前 掲 文 に 拠 る 23 壽 比 梅 花 健 春 從 臘 鼓 來 梁 實 秋 先 生 今 度 八 秩 華 誕 ( 中 央 日 報 中 華 民 国 70(1981) 年 1 月 13 日 第 4 版 ) 24 この 時 国 家 教 育 部 が 公 布 した 全 国 重 点 総 合 大 学 13 校 とは 中 国 人 民 大 学 北 京 大 学 復 旦 大 学 中 国 科 学 技 術 大 学 南 開 大 学 南 京 大 学 武 漢 大 学 中 山 大 学 四 川 大 学 山 東 大 学 山 東 海 洋 学 院 蘭 州 大 学 である 25 山 東 大 学 水 産 系 的 創 建 山 東 大 学 新 聞 網 HP 中 の 校 史 一 頁 参 照 年 11 月 12 日 閲 覧 附 記 本 稿 は 学 術 研 究 助 成 基 金 助 成 金 の 交 付 を 受 けた 基 盤 研 究 (C) 文 化 都 市 青 島 における 知 識 人 ネットワークと 都 市 表 象 の 研 究 ( 課 題 番 号 :15K02431 研 究 代 表 者 : 富 山 大 学 齊 藤 大 紀 )による 研 究 成 果 の 一 部 である

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1 Title 京 大 東 アジアセンターニュースレター 第 609 号 Author(s) Citation 京 大 東 アジアセンターニュースレター (2016), 609 Issue Date 2016-02-29 URL http://hdl.handle.net/2433/208993 Right Type Others Textversion publisher Kyoto University

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田 年 度 国 際 第 地 区 米 山 奨 学 生 紹 介 将 来 日 本 母 国 世 界 結 懸 橋 運 動 良 理 解 者 人 材 育 成 平 和 国 際 理 解 推 進 米 山 記 念 奨 学 会 部 門 学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』 v 次 1 研 究 史 回 顧 現 在 31 桃 57 禅 坊 方 丈 壁 様 び 筆 者 91 五 聚 楽 143 狩 派 誕 興 隆 信 信 永 徳 165 七 狩 永 徳 松 叭 叭 柳 白 鷺 195 八 狩 永 徳 季 211 九 長 谷 川 等 伯 松 林 217 長 谷 川 等 伯 老 松 猿 猴 捉 月 金 地 223 狩 探 幽 筆 類 写 帖 模 英 博 蔵 229 解 説 239

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j)

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j) 日 経 相 続 フェア(2015.2.27) 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 公 認 会 計 税 理 所 佐 々 木 秀 一 http://www.tokyosogo.jp TEL 03-5299-6181 相 続 税 担 当 事 業 承 継 担 当 清 税 理 有 光 公 認 会 計 士 目 次 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 税 理 法 人 東 京 総 合 会

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

Title ゼラチンの 抗 補 体 作 用 の 機 序 に 関 する 研 究 Author(s) 田 中, 邦 美 Citation 金 沢 大 学 十 全 医 学 会 雑 誌, 85(2-3): 174-200 Issue Date 1976-04 Type Departmental Bulletin Paper Text version publisher URL http://hdl.handle.net/2297/8613

More information

Title 雑 誌 記 事 の 見 出 しから 見 る 対 象 読 者 による 言 語 表 現 の 違 い Author(s) 中 村, 明 修 Citation 論 文 集 : 金 沢 大 学 人 間 社 会 学 域 経 済 学 類 社 会 言 語 学 演 習, 9: 15-39 Issue Date 2014-03-23 Type Departmental Bulletin Paper Text

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

Title 迷 走 神 経 求 心 系 の 刺 激 に 対 する 頸 髄 並 びに 呼 吸 系 神 経 の 反 応 Author(s) 正 印, 克 夫 Citation 金 沢 大 学 十 全 医 学 会 雑 誌, 96(5): 872-884 Issue Date 1987-10-20 Type Departmental Bulletin Paper Text version publisher

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記 1 1 2 9591 標 記 本 朝 通 鑑 前 編 神 書 完 林 鵞 峰 撰 9592 標 記 本 朝 通 鑑 神 武 帝 至 安 康 帝 一 林 羅 山 撰 ウア1 1-1 明 治 八 年 十 一 月 十 五 日 ウア1 1-2 版 権 免 許 ( 見 返 し) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

戦 後 ~1923 年 ( 第 一 回 出 国 ブーム)2 1929 年 ~1934 年 ( 第 二 回 出 面 ブーム)3 1979 年 3 温 州 華 僑 華 人 研 究 所 綴 混 州 華 僑 史 ~ ( 今 日 中 国 出 版 社 1999 年 ) 16~17 頁 i 王 春 光 巴 雪 型

戦 後 ~1923 年 ( 第 一 回 出 国 ブーム)2 1929 年 ~1934 年 ( 第 二 回 出 面 ブーム)3 1979 年 3 温 州 華 僑 華 人 研 究 所 綴 混 州 華 僑 史 ~ ( 今 日 中 国 出 版 社 1999 年 ) 16~17 頁 i 王 春 光 巴 雪 型 Title 戦 前 期 の 温 州 人 出 稼 ぎ 労 働 者 - 在 日 温 州 人 の 前 史 と して - Author(s) 鄭, 楽 静 Citation 文 明 構 造 論 : 京 都 大 学 大 学 院 人 間 環 境 学 研 究 科 現 代 文 明 論 講 座 文 明 構 造 論 分 野 論 集 (2010), 6: 107-130 Issue Date 2010-09-07 URL

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1,

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1, ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 宛 名 情 報 1 レコードキー, 2 宛 名 番 号, 3 履 歴 番 号, 4 個 人 法 人 区 分, 5 宛 名 種 別, 6 住 所 コード, 7 市 外 識 別 サイン, 8 市 町 村 コード, 9 住 所 文 字 数, 10 住 所, 11 方 書, 12 個 人 法 人 名, 13 個 人 本 名, 14 個 人

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

Title 日 本 海 の 海 底 : 調 査 研 究 史 資 料 Author(s) 絈 野, 義 夫 Citation 北 陸 地 質 研 究 所 報 告, 2: 1-179 Issue Date 1992-10-00 Type Departmental Bulletin Paper Text version URL http://hdl.handle.net/2297/6467 Right *KURAに

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

Title 不 妊 症 対 策 としての 経 頸 管 的 胚 移 植 に 関 する 基 礎 的 研 究 Author(s) 本 保, 喜 康 Citation 金 沢 大 学 十 全 医 学 会 雑 誌, 101(1): 26-33 Issue Date 1992-02-20 Type Departmental Bulletin Paper Text version publisher URL http://hdl.handle.net/2297/8293

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴 市 川 房 枝 年 譜 西 暦 和 暦 年 齢 月 日 年 譜 事 項 関 連 主 要 事 項 1893 明 治 26 年 0 愛 知 県 中 島 郡 明 地 村 ( 現 尾 西 市 )の 農 家 の 三 女 に 生 まれ 5.15 ふさゑ と 命 名 1907 明 治 40 年 14 4 朝 日 尋 常 高 等 小 学 校 卒 業 1908 明 治 41 年 15 3 単 身 上 京 女 子 学

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

Title Author(s) バードウォッチングの 経 済 的 価 値 : 旅 行 費 用 法 と 疑 似 市 場 法 による 推 定 敷 田, 麻 実 Citation 社 会 環 境 研 究, 1: 45-55 Issue Date 1996-03 Type Departmental Bulletin Paper Text version publisher URL http://hdl.handle.net/2297/12142

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

人生の暗号と運命

人生の暗号と運命 寅 暗 号 運 命 導 聖 愛 ょ 父 子 聖 霊 行 お 永 遠 導 続 ( エ ド ガ ケ イ リ デ グ ) 4 目 次 プ グ 雑 還 暦 過 ぎ 頃 四 家 系 探 五 太 陽 系 今 六 術 残 死 七 犬 八 娘 九 娘 旅 行 〇 墓 姓 父 太 郎 共 通 点 義 兄 金 造 道 悦 5 妻 周 四 悦 子 五 寅 六 新 社 倒 産 七 父 死 十 字 架 八 北 へ 帰 別

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 10 月 目 標 相 続 アドバイザー 公 開 セミナー Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医 師 の

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反 79 博 要 旨 審 報 告 押 美 位 請 求 Ⅰ 要 旨 押 美 切 口 探 要 月 付 与 設 定 読 支 持 受 今 至 繰 返 定 番 対 設 定 バ シ ョ 彩 ワ 言 過 言 言 換 機 能 7 始 せ 専 攻 研 究 数 限 絵 姿 着 L t 組 合 せ 重 置 試 個 々 80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Title 金 沢 大 学 五 十 年 史 部 局 篇 Author(s) 金 沢 大 学 50 年 史 編 纂 委 員 会 Citation Issue Date 1999-06 Type Book Text version URL http://hdl.handle.net/2297/3270 Right *KURAに 登 録 されているコンテンツの 著 作 権 は, 執 筆 者, 出 版 社

More information

Title 金 沢 大 学 五 十 年 史 部 局 篇 Author(s) 金 沢 大 学 50 年 史 編 纂 委 員 会 Citation Issue Date 1999-06 Type Book Text version URL http://hdl.handle.net/2297/3270 Right *KURAに 登 録 されているコンテンツの 著 作 権 は, 執 筆 者, 出 版 社

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information