京セラ製 複合機・プリンターのセキュリティーホワイトペーパー

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "京セラ製 複合機・プリンターのセキュリティーホワイトペーパー"

Transcription

1 京 セラ 製 複 合 機 プリンターの セキュリティーホワイトペーパー 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. i

2 目 次 1. はじめに 識 別 認 証 認 可 識 別 認 証 ユーザー 認 証... 2 パスワードポリシー... 2 アカウントロックアウトポリシー 認 証 方 式... 2 ローカル 認 証... 2 ネットワーク 認 証... 2 Kerberos 認 証... 2 NTLM 認 証 複 合 機 /プリンターログイン... 3 ID カード 認 証 (オプション) 認 可 認 可 方 式... 4 ローカル 認 可... 4 ネットワーク 認 可 (グループ 認 可 )... 4 機 能 単 位 ログイン ユーザー 権 限 の 管 理 セッション 管 理... 4 オートパネルリセット ネットワークセキュリティー ネットワークの 使 用 許 可 範 囲 IP Filter 設 定 ポート 設 定 認 証 プロトコル IEEE802.1x... 6 PEAP-TLS/PEAP (Protected Extensible Authentication Protocol-Transport Layer )... 6 EAP-PEAP (Extensible Authentication Protocol-Protocol Extensible Authentication Protocol)... 6 EAP-FAST (Extensible Authentication Protocol-Flexible Authentication via Secure Tunneling)... 6 EAP-TTLS (Extensible Authentication Protocol-Tunneled Transport Layer ) SMTP 認 証 POP before SMTP 通 信 経 路 の 保 護 SNMP v IPv IPsec SSL/TLS... 7 IPP over SSL/TLS... 7 HTTP over SSL/TLS... 7 FTP over SSL/TLS... 8 ThinPrint over SSL/TLS(オプション)... 8 SMTP over SSL/TLS... 8 POP3 over SSL/TLS 電 子 メールの 送 受 信 制 限 電 子 メール 送 信 先 許 可 拒 否 設 定 電 子 メール 送 信 元 許 可 拒 否 設 定 保 存 データプロテクト 保 存 データの 保 護 HDD/SSD 暗 号 化 (オプション) KYOCERA Document Solutions Inc. ii

3 4.1.2 HDD 上 書 き 消 去 (オプション) セキュリティーデータの 完 全 消 去 アクセス 制 限 ユーザーボックス ボックスパスワード 使 用 量 制 限 所 有 者 設 定 ドキュメントの 保 管 期 限 削 除 タイミング ジョブボックス 一 時 保 存 文 書 の 自 動 消 去 ファクスボックス ボックスパスワード 所 有 者 設 定 削 除 タイミング PRINT セキュリティー セキュアプリント プライベートプリント 不 正 コピー 抑 止 スタンプ 印 字 セキュリティーウォーターマーク 機 密 文 書 ガード (オプション) ファクスセキュリティー FASEC ファクス 暗 号 化 通 信 送 受 信 制 限 誤 送 信 防 止 二 度 入 力 ファクス 番 号 のテンキー 入 力 の 禁 止 送 信 前 の 宛 先 確 認 使 用 禁 止 時 間 F コード 通 信 F コード 親 展 送 受 信 F コード 掲 示 板 送 受 信 メモリー 転 送 不 正 侵 入 に 対 する 安 全 対 策 SEND セキュリティー 送 信 前 の 宛 先 確 認 新 規 宛 先 の 入 力 PDF 暗 号 化 機 能 FTP 暗 号 送 信 デバイス 管 理 ジョブ 管 理 ジョブ 情 報 参 照 権 限 監 査 履 歴 ログイン 履 歴 デバイス 履 歴 セキュリティー 通 信 エラー 履 歴 履 歴 管 理 ジョブ 履 歴 送 信 ( 電 子 メールアドレス) セキュリティー 機 能 の 完 全 性 の 検 証 ソフトウェア 検 証 KYOCERA Document Solutions Inc. iii

4 9. 使 用 制 限 使 用 制 限 インターフェイスブロック USB ストレージクラスの 論 理 ブロック 操 作 パネルロック KYOCERA Document Solutions Inc. iv

5 1. はじめに 複 合 機 /プリンターには 標 準 で OS が 組 み 込 まれており PC と 同 様 に HDD や SSD が 装 着 されている 機 種 もあります オ フィス 内 の 複 合 機 /プリンターは さまざまな 重 要 情 報 を 扱 います 一 方 ネットワークを 介 しての 不 正 アクセス ネットワーク 上 を 流 れる 情 報 の 盗 聴 や 改 ざん HDD からの 情 報 漏 えいなど 複 合 機 /プリンターは 近 年 の 高 度 化 かつ 多 様 化 された 脅 威 にさらさ れています 京 セラドキュメントソリューションズは お 客 様 に 私 たちの 複 合 機 /プリンターを 安 心 してご 使 用 いただくために 積 極 的 なセキュリティー 対 策 を 講 じており これらの 脅 威 に 対 抗 すべく さまざまなセキュリティー 機 能 を 複 合 機 /プリンターに 搭 載 していま す また これらのセキュリティー 機 能 は 適 切 に 設 計 実 装 生 産 する 工 程 を 経 て お 客 様 のお 手 元 で 正 しく 機 能 することが 第 三 者 機 関 により 客 観 的 に 評 価 される CC 認 証 (ISO15408)を 取 得 しています 更 に 今 後 は MFP が 備 えるべきセキュリティ ー 基 準 として 2009 年 に 制 定 された 国 際 標 準 IEEE に 適 合 した 認 証 の 取 得 と 米 国 のセキュリティー 認 証 機 関 NIST *1 のが 定 めた 暗 号 モジュールに 関 するセキュリティー 規 格 FIPS140-2 *2 の 認 定 製 品 を 搭 載 し 更 なるセキュリティー 強 化 を 図 る 予 定 です *1 : NIST (National Institute of Standards and Technology) 米 国 国 立 標 準 技 術 研 究 所 の 略 称 *2 : FIPS (Federal Information Processing Standard) 連 邦 情 報 処 理 規 格 の 略 称 本 文 書 では 複 合 機 /プリンターに 搭 載 されているセキュリティー 機 能 について 私 たちの 製 品 がどのようにして 脅 威 に 対 処 し セ キュリティー 運 用 維 持 を 可 能 にしているかについて 説 明 しています 製 品 をご 購 入 いただいたお 客 様 に この 文 書 をご 活 用 いた だけることを 願 っています 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 1

6 2. 識 別 認 証 認 可 2.1 識 別 認 証 識 別 認 証 とは 利 用 者 が 本 人 であるかどうかを 確 認 する 作 業 です たとえば 利 用 者 を 特 定 するためのユーザーID と 本 人 しか 知 りえないパスワードを 入 力 させることにより 本 人 であることを 確 認 することです ( 図 1) 識 別 認 証 機 能 を 使 用 するには 複 合 機 /プリンターに ログインユーザー 名 とログインパスワードを 設 定 して あらかじめユ ーザー 登 録 をする 必 要 があります つまり あらかじめ 登 録 されたユーザーのみが 複 合 機 /プリンターを 使 用 することがで きます さらに ユーザーごとに 一 般 ユーザー 権 限 または 管 理 者 権 限 というように 適 切 に 権 限 を 与 えることができま す また ユーザー 別 に 使 用 可 能 な 機 能 制 限 をかけることもできます このように 正 しいログインユーザー 名 とログインパ スワードが 入 力 されたときのみに 複 合 機 /プリンターを 使 用 することができるため 不 正 使 用 を 排 除 することができます ユーザーのアクセスログを 基 に だれが いつ どれぐらいの 頻 度 でアクセスしたかも 後 ほど 追 跡 することもできます ユーザー 認 証 複 合 機 /プリンターを 使 用 することができる 正 しいユーザーを 識 別 し 情 報 へのアクセスを 制 御 し 情 報 を 保 護 する 機 能 です これにより 保 護 資 産 へのアクセス 制 御 および 保 護 を 実 現 することができます 入 力 されたログインユーザー 名 とログインパスワードがあらかじめ 登 録 されたものと 一 致 すれば ユーザーが 認 証 され 複 合 機 /プリンターへのログインができます パスワードポリシー 解 析 が 困 難 なパスワードを 設 定 させるために パスワードポリシーを 設 定 することができます パスワードの 最 小 の 長 さ パスワードの 複 雑 さ パスワードの 有 効 期 間 を 指 定 することが 可 能 です 設 定 したパスワードポリシーに 該 当 しないパス ワードを 設 定 することを 禁 止 します これにより 一 般 ユーザーが 簡 単 なパスワードを 設 定 してしまうことを 防 ぎ 不 正 にア クセスされることを 防 止 します アカウントロックアウトポリシー アカウントロックアウトは 設 定 時 間 内 に 所 定 回 数 以 上 のログインを 試 み ログインに 失 敗 した 場 合 に そのアカウントを 一 時 的 にロックアウトする 機 能 です ロックアウトまでの 失 敗 回 数 (1~10 回 )や ロックアウト 期 間 (1~60 分 )の 設 定 をします パスワードを 間 違 えたログインの 失 敗 が 設 定 回 数 以 上 になると そのユーザーアカウントを 無 効 にします この ポリシー 設 定 により パスワードクラック 攻 撃 による 複 合 機 /プリンターへの 攻 撃 を 成 功 させる 可 能 性 を 極 力 低 くします 認 証 方 式 複 合 機 /プリンターは 以 下 の 認 証 方 式 を 持 っています ローカル 認 証 複 合 機 /プリンター 内 のローカルユーザーリストに 登 録 されたユーザー 情 報 でユーザーを 認 証 します 登 録 されているユー ザーだけが 複 合 機 /プリンターにアクセスすることができます ネットワーク 認 証 認 証 サーバーを 使 用 してユーザーを 認 証 します 認 証 サーバーに 登 録 されているユーザー 情 報 でログインができます サ ーバータイプは NTLM Kerberos を 選 択 することができ サードパーティーの 認 証 サーバーとの 連 携 も 可 能 です Kerberos 認 証 Kerberos 認 証 は ネットワーク 上 において クライアントと 認 証 サーバー 間 で 認 証 を 行 います また 複 数 のサーバーと 複 数 のユーザー 認 証 情 報 を 一 元 管 理 し ユーザーはシングルサインオンが 可 能 です ここで 通 信 経 路 を 暗 号 化 するこ とができます NTLM 認 証 NTLM 認 証 は 複 合 機 /プリンターをネットワークにつなぐときのネットワークログオンに 利 用 されます ネットワーク 上 にお いて パスワードが 平 文 で 流 れないように チャレンジ&レスポンス 方 式 を 採 用 して 複 合 機 /プリンターとサーバー 間 で 認 証 を 行 います この 際 サーバーからのチャレンジデータは 暗 号 化 されており 暗 号 化 で 使 用 される 暗 号 鍵 は NTLM ハッシュが 使 われます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 2

7 図 複 合 機 /プリンターログイン 操 作 パネルから ログインユーザー 名 とログインパスワードを 入 力 してログインするほかに 以 下 のログイン 手 段 を 使 用 す ることもできます ID カード 認 証 (オプション) ID カード 認 証 は ID カードのみでのログインと ID カードをカードリーダーにかざして パスワードを 入 力 する 方 法 があり ます ID カード 認 証 は ローカル 認 証 で 使 用 することができます ( 図 2) 複 合 機 /プリンターの 中 にあるユーザーリスト 外 部 の 認 証 サーバーの 中 にあるユーザーリスト あるいはサードパーティー の 認 証 サーバーに あらかじめ ID カード 情 報 を 登 録 しておくと ID カードで 認 証 することができます 現 在 使 用 されてい る 社 員 カード 等 の ID カードを 使 用 し 識 別 認 証 することで 部 門 管 理 やユーザー 管 理 機 能 が 使 用 できます また ID カードと 紐 づいたユーザー 情 報 により 機 能 制 限 を 行 うことができます ( 図 3) 図 2 図 KYOCERA Document Solutions Inc. 3

8 2.2 認 可 ユーザーごとに 使 用 できる 機 能 を 制 限 することができます 使 用 制 限 できる 項 目 は プリンター 印 刷 (カラー) コピー 印 刷 (フルカラー) 送 信 ファクス 送 信 ボックス 保 存 外 部 メモリー 保 存 などです 使 用 制 限 することにより 複 合 機 から の 情 報 漏 えいの 可 能 性 を 下 げることができます また ユーザー 管 理 者 機 器 管 理 者 というように ユーザー 権 限 ごとに 複 合 機 /プリンターの 機 器 設 定 のアクセス 制 限 を 行 うことができます さらに 複 合 機 /プリンターの 中 には 集 約 制 限 両 面 制 限 エコプリント 制 限 機 能 を 持 っているものがあります 集 約 なしの 権 限 が 無 いユーザーは 2in1 以 上 の 設 定 をしないと コピーできない というような 制 限 ができます 認 可 方 式 複 合 機 /プリンターは 以 下 の 認 可 方 式 を 持 っています ローカル 認 可 ローカル 認 証 の 際 複 合 機 本 体 に 登 録 されたローカルユーザーリストの 認 可 情 報 を 用 いて 行 う 認 可 機 能 です ユーザ ーごとに 使 用 を 制 限 することができます ネットワーク 認 可 (グループ 認 可 ) ネットワーク 認 証 時 に 取 得 したグループ 情 報 と 複 合 機 本 体 のグループ 認 可 情 報 で 認 可 処 理 を 行 います 認 証 サー バーに 登 録 されたグループごとに 複 合 機 の 使 用 制 限 を 設 定 することができます 登 録 されたグループが 制 限 された 範 囲 で 複 合 機 を 使 用 することにより より 安 全 に 複 合 機 を 使 用 することができます 機 能 単 位 ログイン ゲスト 認 可 設 定 にすると プリント 制 限 (カラー)プリント 制 限 コピー 制 限 (カラー)コピー 制 限 (フルカラー)コピー 制 限 エコプリント 制 限 などの 機 能 単 位 でログインを 制 限 します ログイン 制 限 をかけた 機 能 については ログイン 認 証 が 求 められるので 予 め 設 定 された 限 られたユーザーのみが その 機 能 を 使 用 することができます 利 便 性 を 維 持 しつつも 外 部 へ 情 報 漏 えいしないように セキュリティーが 適 切 に 維 持 されています ユーザー 権 限 の 管 理 ユーザー 権 限 の 管 理 では それぞれユーザーに 与 えられた 権 限 の 範 囲 内 のみの 機 能 の 使 用 が 許 可 されます 機 器 管 理 者 管 理 者 一 般 ユーザー といったユーザー 権 限 があります これにより 権 限 を 持 たないユーザーが 不 正 に 許 可 されていない 機 能 を 使 用 することはできません 2.3 セッション 管 理 ユーザーが 認 証 され 複 合 機 へログインしてからログアウトするまでの 間 をセッションとして 管 理 します 以 下 の 管 理 機 能 があります オートパネルリセット オートパネルリセットは 一 定 時 間 操 作 がないと 自 動 的 にログアウトし 設 定 内 容 が 自 動 的 にリセットされて 初 期 状 態 に 戻 る 機 能 です 操 作 終 了 後 リセットされるまでの 時 間 を 設 定 することができます ログオフ 操 作 がされなかった 場 合 の なりすましによる 複 合 機 への 不 正 アクセスを 制 限 することができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 4

9 3. ネットワークセキュリティー 3.1 ネットワークの 使 用 許 可 範 囲 当 社 の 複 合 機 /プリンターでは ある 範 囲 での IP アドレス ポート 番 号 を 設 定 することにより その 使 用 許 可 範 囲 外 から のネットワーク 上 のやりとりを 制 限 することができます IP Filter 設 定 IP Filter とは 複 合 機 /プリンターへのアクセスを IP アドレスやプロトコルの 種 類 によって 制 限 する 機 能 です この 機 能 は アクセスを 許 可 する IP アドレス(およびサブネットマスクの 組 合 せで)の 範 囲 を 指 定 し その 指 定 された 範 囲 内 の IP アド レスを 有 するクライアントからのアクセスのみに 制 限 することができます また いくつか 許 可 する 通 信 プロトコルを 選 択 して そのプロトコルを 有 効 に 設 定 することができます IPv4 と IPv6 を 対 象 に 1 台 の PC からの 通 信 複 数 台 の PC からの 通 信 を 設 定 することができます また IPP(リモートでプリンターの 制 御 を 行 うプロトコル) HTTP(Web サーバーと Web ブラウザー 間 でデータをやり 取 りするためのプロトコル)などのプロトコルも 設 定 できます これにより 複 合 機 /プリンターへ の 不 正 なアクセスを 制 限 することができます ポート 設 定 IPP SMTP などのプロトコルを 使 用 して 通 信 を 行 う 際 に 必 要 なポート 番 号 だけを 有 効 に 設 定 する 事 により 有 効 に 設 定 されていないポートを 使 用 できなくします Protocol Port No. 設 定 概 要 FTP サーバー TCP 21 有 効 / 無 効 FTP サーバーは 文 書 を 受 信 するためのプロトコルです HTTP TCP 80 有 効 / 無 効 NetBEUI TCP 139 有 効 / 無 効 HTTP プロトコルは WWW サーバーとブラウザの 間 で ウェブペー ジのデータを 送 受 信 する 際 のプロトコルです NetBEUI プロトコルは ファイル 共 有 やプリントサービスを 利 用 する ための 小 規 模 ネットワーク 用 プロトコルです 文 書 を 受 信 するため のプロトコルです HTTPS TCP 443 有 効 / 無 効 HTTPS プロトコルは SSL や TLS で 暗 号 化 するプロトコルです IPP over SSL TCP 443 有 効 / 無 効 LPD TCP 515 有 効 / 無 効 IPP TCP 631 有 効 / 無 効 ThinPrint TCP 4000 有 効 / 無 効 WSD スキャン TCP 5358 有 効 / 無 効 WSD 印 刷 TCP 5358 有 効 / 無 効 Enhanced WSD TCP 9090 有 効 / 無 効 Enhanced WSD over SSL RAW TCP 9091 TCP 有 効 / 無 効 有 効 / 無 効 IPP over SSL は インターネット 印 刷 に 使 用 する IPP に 伝 送 路 を 暗 号 化 する SSL を 組 み 合 わせたプロトコルです IPP プロト コルでの 通 信 で 証 明 書 を 付 加 することができます LPD プロトコルは テキストファイルや PostScript ファイルの 印 刷 を 想 定 した 印 刷 システムです IPP は インターネットなどの TCP/IP ネットワークを 通 じて 印 刷 デ ータの 送 受 信 や 印 刷 機 器 の 制 御 を 行 うプロトコルです シンクライアント 環 境 における 印 刷 技 術 である ThinPrint を 利 用 できます SSL にも 対 応 しています WSD は Windows Vista において 新 たなネットワーク 接 続 を 実 現 するプロトコルであり 複 合 機 やプリンタデバイスの 検 知 (インスト ール)やデータ 送 受 信 がより 容 易 に 使 用 できます MFP/Printer で 読 み 取 った 原 稿 イメージを WSD 対 応 のPCにファイルとして 保 存 させます WSD は Windows Vista において 新 たなネットワーク 接 続 を 実 現 するプロトコルであり 複 合 機 やプリンタデバイスの 検 知 (インスト ール)やデータ 送 受 信 がより 容 易 に 使 用 できます Enhanced WSD は ネットワークに 接 続 したさまざまなデバイスを 簡 単 につないで 利 用 するための 手 続 きを 規 定 します Enhanced WSD(SSL)は Enhanced WSD で SSL を 使 用 し たセキュリティープロトコルであり 暗 号 化 認 証 安 全 性 ( 改 ざん 防 止 )を 提 供 します RAW プロトコルは LPR とは 異 なる 手 順 で 印 刷 する 方 法 です 一 般 にポート 番 号 として 9100 を 使 い SNMP や MIB などを 使 ってプリンターを 制 御 します 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 5

10 Protocol Port No. 設 定 概 要 SNMPv1/v2 UDP161 有 効 / 無 効 SNMPv3 UDP161 有 効 / 無 効 DSM スキャン FTP クライアント 有 効 / 無 効 有 効 / 無 効 SNMP プロトコルは ネットワーク 内 の 管 理 情 報 の 通 信 に 使 用 さ れます リードコミュニティー 名 とライトコミュニティー 名 を 使 用 して 正 常 な 通 信 を 行 うことができます SNMP プロトコルは ネットワーク 内 の 管 理 情 報 の 通 信 に 使 用 さ れます ユーザー 名 とパスワードを 使 用 して 正 常 な 通 信 を 行 うこと ができます 認 証 オプションや 暗 号 通 信 オプションが 利 用 できます DSM( 分 散 スキャン 管 理 )は Windows Server 2008 R2 の 機 能 で これを 使 用 して ユーザーの 多 い 大 きな 組 織 のスキャン 管 理 ができます FTP クライアントは ネットワークでファイルの 転 送 を 行 うための 通 信 プロトコルです LDAP 有 効 / 無 効 LDAP サーバー 上 のアドレス 帳 を 外 部 のアドレス 帳 として 参 照 し ファクス 番 号 とメールアドレスを 宛 先 に 指 定 することができます POP3 有 効 / 無 効 POP3 は 電 子 メールを 受 信 するための 標 準 プロトコルです POP3 over SSL 有 効 / 無 効 POP3 over SSL は 電 子 メール 受 信 に 使 用 する POP3 に 伝 送 路 を 暗 号 化 する SSL を 組 み 合 わせたプロトコルです SMTP 有 効 / 無 効 SMTP は 電 子 メールを 送 信 するためのプロトコルです SMTP over SSL SMB クライアント 有 効 / 無 効 有 効 / 無 効 SMTP over SSL は 電 子 メール 送 信 に 使 用 する SMTP に 伝 送 路 を 暗 号 化 する SSL を 組 み 合 わせたプロトコルです SMB プロトコルは ネットワークを 通 じてファイル 共 有 やプリンター 共 有 を 実 現 するプロトコルです 3.2 認 証 プロトコル 認 証 プロトコルとは 安 全 な 通 信 を 行 うために 認 証 を 実 現 することを 目 的 とする 通 信 プロトコルです 当 社 の 複 合 機 /プ リンターでは ネットワーク 認 証 に 対 応 した IEEE802.1x と 電 子 メール 送 信 に 対 応 した SMTP 認 証 や POP before SMTP の 認 証 プロトコルをサポートしています これにより 成 りすましを 防 止 することができます IEEE802.1x IEEE802.1x とは IEEE( 米 国 電 気 電 子 協 会 )が 定 めた 認 証 に 関 する 規 格 です これは ネットワークの 接 続 時 に 認 証 されたユーザーに 対 してのみ 通 信 を 許 可 する 規 格 であるため 不 正 なユーザーがネットワークに 接 続 することを 防 ぐ ことができます このように 認 証 されない 機 器 のネットワーク 接 続 を 禁 止 する IEEE802.1x に 対 応 していますので 情 報 漏 えいの 防 止 に 効 果 を 発 揮 しています 当 社 複 合 機 /プリンターは 以 下 の 4 種 類 の 認 証 方 式 を 採 用 しています PEAP-TLS/PEAP (Protected Extensible Authentication Protocol-Transport Layer ) クライアントは ID と 証 明 書 を 利 用 して 認 証 を 行 い 認 証 サーバーの 証 明 書 も 同 時 にチェックを 行 います EAP-PEAP (Extensible Authentication Protocol-Protocol Extensible Authentication Protocol) クライアントは ID/パスワードにより 認 証 を 行 い 認 証 サーバーは 証 明 書 の Common Name のみのチェックを 行 います EAP-FAST (Extensible Authentication Protocol-Flexible Authentication via Secure Tunneling) シスコシステムズ 社 が 開 発 した IEEE802.1.x/EAP 認 証 方 式 のひとつです クライアントは ユーザーID とパスワードにより 認 証 サーバーの 相 互 認 証 を 行 い PAC(Protected Access Credential)により ユーザーに 対 して 一 意 的 な 共 有 秘 密 鍵 に 基 づいてトンネルが 確 立 されます EAP-TTLS (Extensible Authentication Protocol-Tunneled Transport Layer ) クライアントはユーザーID とパスワードによる 認 証 認 証 サーバー 側 では 電 子 証 明 書 による 認 証 を 行 います 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 6

11 EAP-TLS は クライアントとサーバー 相 互 に 電 子 証 明 書 を 発 行 し 認 証 を 行 うが EAP-TTLS はクライアント 証 明 書 の 代 わりにユーザーID とパスワードによる 認 証 を 行 うことで 導 入 が EAP-TLS より 容 易 です 認 証 サーバー 側 では 電 子 証 明 書 が 利 用 されるため セキュリティー 性 が 高 くなっています SMTP 認 証 SMTP 認 証 とは 送 信 時 に SMTP サーバーに 接 続 する 際 に SMTP サーバーで ID パスワードの 認 証 を 行 い 認 証 された 場 合 にのみ 送 信 を 許 可 する 機 能 です SMTP サーバーへの 接 続 を 制 限 することで 不 正 な 第 三 者 が SMTP サーバーを 介 して 送 信 をすることを 防 ぐことができます POP before SMTP POP before SMTP とは SMTP サーバーから 電 子 メールを 送 信 する 際 に まず POP 認 証 を 行 います POP 認 証 が 完 了 してから ある 一 定 の 時 間 内 にメール 送 信 が 可 能 となります 電 子 メール 送 信 時 に POP 認 証 を 行 うことで な りすましを 防 ぐことができます 3.3 通 信 経 路 の 保 護 通 信 経 路 の 保 護 とは ネットワーク 通 信 のセキュリティーを 確 保 することです 用 途 や 暗 号 化 方 式 により 通 信 経 路 を 保 護 するためのさまざまなプロトコルがあります 当 社 の 複 合 機 /プリンターは 以 下 のプロトコルに 対 応 しており ネットワ ーク 通 信 上 のデータ 改 ざんや 情 報 漏 えいを 防 止 することができます SNMP v IPv IPsec SNMP とは ネットワークに 接 続 する 機 器 を 監 視 し 制 御 するための 標 準 的 なプロトコルです SNMPv3 は 認 証 機 能 と 暗 号 化 機 能 をサポートしており データの 機 密 性 を 守 ることができます IPv6 とは IPv4 に 代 わる 新 しい IP プロトコルです 当 社 は IPv6 の 認 証 ロゴ を Phase2 まで 取 得 しています この 認 証 ロゴを 取 得 したことにより 当 社 が 使 用 する IPv6 は ルーターと 接 続 ができること PING など 基 本 的 な 制 御 プロ トコルが 使 用 できることなど 基 本 的 な 接 続 ができることに 加 えて より 安 全 なセキュリティー 対 策 が 講 じられている 下 で の 接 続 性 が 保 証 されています IPsec は IP パケット 単 位 で 暗 号 化 することにより 通 信 データの 盗 聴 や 改 ざんから 守 る 機 能 をもつプロトコルです IP sec を 使 用 してデータを 送 受 信 するには IPsec 通 信 可 能 な PC がネットワーク 上 に 接 続 されており かつ IPsec 通 信 可 能 な 複 合 機 /プリンターがネットワーク 上 に 接 続 されており この 両 方 に IPsec 接 続 可 能 な 設 定 がなされているこ とです PC から 複 合 機 /プリンターへ 送 信 される 印 刷 データ そして 複 合 機 から PC へ 送 信 されるスキャンされたデータを IPsec を 使 用 して 暗 号 化 します より 確 実 にデータのやりとりを 行 うことができます SSL/TLS SSL/TLS とは Web アクセスなどでやりとりするデータを 暗 号 化 するための 仕 組 みです また 相 互 に 信 頼 できる 正 し い 通 信 相 手 であるかを 確 認 する 機 能 も 備 わっています 当 社 複 合 機 /プリンターは この 暗 号 化 プロトコルである SSL/TLS の SSL3.0 TLS1.0 TLS1.1 TLS1.2 をサポートしており ネットワーク 通 信 上 のデータ 改 ざんや 盗 聴 を 防 止 することができます 以 下 SSL/TLS で 暗 号 化 をサポートするプロトコルです IPP over SSL/TLS IPP over SSL/TLS とは インターネットなど TCP/IP ネットワーク 上 で 印 刷 データをやりとりする IPP に 通 信 経 路 を 暗 号 化 する SSL/TLS を 組 合 せた インターネットプリンティングプロトコルです これにより ネットワークを 通 じて 複 合 機 /プリンターに 安 全 にプリント 指 示 ができます HTTP over SSL/TLS HTTP over SSL/TLS とは TCP/IP ネットワーク 上 で Web ブラウザーなどとの 間 でデータを 送 受 信 する HTTP に 通 信 経 路 を 暗 号 化 する SSL/TLS を 組 み 合 わせたプロトコルです PC と 複 合 機 /プリンター 間 のデータ 通 信 をする 際 に 情 報 漏 えいや 第 三 者 による 改 ざんの 危 険 性 を 抑 えます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 7

12 FTP over SSL/TLS FTP over SSL/TLS とは TCP/IP ネットワーク 上 でファイル 転 送 に 使 用 する FTP に 通 信 経 路 を 暗 号 化 する SSL/TLS を 組 み 合 わせたプロトコルです FTP プロトコルを 使 用 して 複 合 機 /プリンターからスキャンデータを 送 信 する 際 SSL/TLS を 使 用 して 通 信 経 路 を 暗 号 化 しています より 安 全 性 の 高 い 通 信 を 行 うことができます ThinPrint over SSL/TLS(オプション) ThinPrint over SSL/TLS とは 印 刷 データを 圧 縮 し 印 刷 処 理 に 割 り 当 てる 帯 域 幅 の 制 御 を 行 う ThinPrint に 通 信 経 路 を 暗 号 化 する SSL/TLS を 組 み 合 わせたプロトコルです 速 やかに かつ 安 全 な 印 刷 環 境 を 提 供 するもので す SMTP over SSL/TLS SMTP over SSL/TLS とは 送 信 にサーバーと 複 合 機 /プリンター 間 の 通 信 経 路 を 暗 号 化 する SSL/TLS を 組 み 合 わせたプロトコルです 通 信 中 に 盗 聴 なりすまし 改 ざんを 防 ぐことができます POP3 over SSL/TLS POP3 over SSL/TLS とは 受 信 用 プロトコルの POP3 にサーバーと 複 合 機 /プリンター 間 の 通 信 経 路 を 暗 号 化 する SSL/TLS を 組 み 合 わせたプロトコルです 通 信 中 に 盗 聴 なりすまし 改 ざんを 防 ぐことができます 3.4 電 子 メールの 送 受 信 制 限 当 社 のシステムでは 電 子 メール 送 受 信 時 に 以 下 の 送 受 信 制 限 を 設 けることにより 誤 送 信 や 不 正 使 用 者 による 悪 事 などを 防 ぐことができます 電 子 メール 送 信 先 許 可 拒 否 設 定 電 子 メール 送 信 先 許 可 拒 否 設 定 機 能 を 使 用 すると 電 子 メール 送 信 の 宛 先 を 制 限 することができます 送 信 先 許 可 アドレスを 設 定 することにより 設 定 されている 宛 先 にのみ 送 信 を 行 うことや 送 信 先 拒 否 アドレスを 設 定 することによ り 設 定 されている 宛 先 への 送 信 を 禁 止 することができます これにより 誤 送 信 をなくすことができます 電 子 メール 送 信 元 許 可 拒 否 設 定 当 社 の 複 合 機 /プリンターには 電 子 メールを 受 信 して 添 付 ファイルを 印 刷 する 機 能 があります 電 子 メール 送 信 元 許 可 拒 否 設 定 の 機 能 により 電 子 メール 受 信 の 際 設 定 に 従 って 電 子 メール 受 信 を 制 限 することができます 受 信 許 可 アドレスを 設 定 することにより 設 定 されている 宛 先 からの 受 信 を 許 可 することや 受 信 拒 否 アドレスを 設 定 するこ とにより 設 定 されている 送 信 元 からの 受 信 を 拒 否 することができます これにより 過 剰 に 送 られてくるメールなどの 悪 意 のあるいたずらに 対 する セキュリティー 対 策 がとられています 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 8

13 4. 保 存 データプロテクト 4.1 保 存 データの 保 護 複 合 機 /プリンター 内 の HDD や SSD には 重 要 なデータが 保 存 されており このデータが 流 出 されないように 保 護 しな くてはなりません 当 社 は 以 下 の 機 能 を 提 供 することにより この 保 存 データに 対 する 保 護 対 策 がとられています より 安 全 に 当 社 の 複 合 機 /プリンターを 利 用 していただくことができます HDD/SSD 暗 号 化 (オプション) HDD/SSD 暗 号 化 機 能 は 文 書 ユーザー 設 定 機 器 情 報 などを 複 合 機 内 の HDD や SSD に 保 存 する 際 に これ らの 情 報 を 暗 号 化 して 保 存 することができるセキュリティー 機 能 です 暗 号 化 には 暗 号 アルゴリズムとして AES (Advanced Encryption Standard: FIPS PUB 197) 鍵 長 は 機 種 により 異 なりますが 128 ビットと 256 ビットが あります 万 が 一 悪 意 のある 第 三 者 が 複 合 機 内 から HDD や SSD を 持 ち 出 したとしても 保 存 されている 情 報 が 流 出 されることから 守 ることができます HDD 上 書 き 消 去 (オプション) HDD 上 書 き 消 去 は HDD に 保 存 しているユーザー 設 定 機 器 情 報 画 像 イメージなど さまざまな 重 要 情 報 を 読 み 出 すことができないようにすることができるセキュリティー 機 能 です 複 合 機 は 読 み 込 んだ 原 稿 やプリントジョブを 一 時 的 にハードディスクに 保 存 し 出 力 します また ユーザーはさまざま な 設 定 値 を 登 録 しておくこともできます それらのデータの 実 際 のデータは 出 力 後 やユーザーが 削 除 した 後 も 他 のデ ータで 上 書 きされるまでハードディスクに 残 っているため 特 殊 なツールなどで 復 元 することが 可 能 であり 情 報 漏 えいの 原 因 となる 可 能 性 があります HDD 上 書 き 消 去 機 能 を 使 用 すると 出 力 後 のデータや 削 除 したデータの 実 際 のデー タ 領 域 を 無 意 味 なデータで 上 書 きし 元 のデータを 復 元 できないようにします 上 書 き 消 去 は 自 動 的 に 行 われるため 特 別 な 操 作 は 必 要 ありません 各 ジョブを 途 中 でキャンセルした 場 合 でも その 直 後 から ハードディスク 内 に 読 み 込 まれたデータの 上 書 き 消 去 が 開 始 されます 上 書 き 消 去 には 次 の3 種 類 の 方 式 がありますが 機 種 により 設 定 可 能 な 方 式 が 異 なります 1 回 上 書 き 方 式 ハードディスクの 不 要 なデータ 保 存 領 域 に 0 を 上 書 きし データの 復 元 を 困 難 にします 3 回 上 書 き 方 式 1 回 上 書 き 方 式 と 同 じデータ 領 域 に ランダムパターンを2 回 上 書 きした 後 に 0 を 上 書 きします 合 計 3 回 の 上 書 きを 行 うため 高 度 な 復 元 作 業 でもデータの 復 元 が 不 可 能 になり 1 回 上 書 き 方 式 に 比 べ セキュリティーが 強 化 されます なお 多 くのデータ 量 を 上 書 き 消 去 する 場 合 3 回 上 書 き 方 式 は1 回 上 書 き 方 式 に 比 べ 所 要 時 間 が 増 加 することが あります 米 国 国 防 省 (DoD)の3 回 上 書 き 方 式 米 国 国 防 省 のDoD Mという 規 格 に 準 拠 した 消 去 方 式 で HDDの 不 要 なデータを 強 固 に 消 去 することがで きます HDDの 不 要 なデータ 保 存 領 域 ( 上 書 き 消 去 の 場 合 )もしくはすべての 領 域 (システムの 初 期 化 の 場 合 )に 何 らかの 文 字 で 上 書 きを 行 った 後 に その 補 数 の 文 字 で 上 書 きを 行 い さらにランダムな 文 字 で 上 書 きを 行 った 後 検 証 を 行 います すなわち より 完 全 に 不 要 なデータの 消 去 を 行 ったうえで その 消 去 を 確 認 することができます のちに 高 度 な 復 元 作 業 を 施 されたとしても データの 復 元 が 不 可 能 です この 米 国 国 防 省 の3 回 上 書 き 方 式 は 上 記 の1 回 上 書 き 方 式 や3 回 上 書 き 方 式 に 比 べて さらにセキュリティーを 強 化 することができますので 情 報 漏 えいのリスクの 心 配 が 緩 和 されます ( 図 4) 図 KYOCERA Document Solutions Inc. 9

14 4.1.3 セキュリティーデータの 完 全 消 去 複 合 機 /プリンターを 廃 棄 するとき リース 終 了 で 返 却 するときなど 複 合 機 /プリンター 内 の 個 人 情 報 や 機 密 情 報 など が 残 存 していては 外 部 に 情 報 が 流 出 してしまいます そうさせないために セキュリティーデータの 完 全 消 去 は 内 部 に 保 持 しているデータ 残 存 データすべてを 3 回 の 上 書 き 消 去 方 式 もしくは DoD の 3 回 上 書 き 消 去 方 式 により( 機 種 により 異 なる) 完 全 に 消 去 することができるセキュリティー 機 能 です これは 管 理 者 が 実 行 することができます これに より 機 器 設 定 を 工 場 出 荷 時 の 状 態 に 戻 すことができます CC 認 証 のサポートデバイスリストの 添 付 4.2 アクセス 制 限 複 合 機 内 では データを 安 全 に 保 存 することができる ユーザーボックス ジョブボックス ファクスボックス を 作 成 することができます このボックス 内 のデータに 対 し アクセス 制 限 を 行 うことができます ユーザーボックス ユーザーが 複 合 機 内 にデータを 保 存 するためにユーザーボックスを 作 成 することができます 各 ボックスには 使 用 量 の 制 限 データの 保 存 期 間 パスワードを 設 定 することができます ( 図 5) 図 5 ボックスパスワード ボックスにパスワードを 設 定 して アクセスできるユーザーを 制 限 することができます パスワードは16 文 字 まで 入 力 するこ とができます 使 用 量 制 限 ハードディスクの 容 量 を 保 つために ボックスの 容 量 を 制 限 することができます 所 有 者 設 定 ユーザーボックスの 所 有 者 に 設 定 されたユーザーのみがアクセスできるようになり 設 定 されていないユーザーからのアクセ スを 制 限 することができます また ボックスを 共 有 するかどうかを 設 定 する 共 有 設 定 を 行 うことができます ユーザー 管 理 が 有 効 の 場 合 に 表 示 されます 共 有 していれば 所 有 者 設 定 されていないユーザーでも ボックスへのアクセスが できます 利 便 性 を 保 ちつつも 不 正 なアクセスから 守 ることができますので 適 切 なセキュリティーを 維 持 することができ ます ドキュメントの 保 管 期 限 一 定 期 間 後 に 保 存 したドキュメントを 自 動 消 去 することができることより いつまでも 保 管 していることがないので 情 報 漏 えいの 機 会 が 少 なくなります 削 除 タイミング 印 刷 が 終 了 すると 文 書 をボックス 内 から 自 動 的 に 削 除 することができます 削 除 忘 れがなく 第 三 者 による 閲 覧 の 機 会 から 守 ることができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 10

15 4.2.2 ジョブボックス プライベートプリント クイックコピー 試 し 刷 り 後 保 留 ジョブ 保 留 を ジョブボックスを 使 用 してデータを 保 存 することがで きます なお これらのボックスをユーザーが 削 除 したり 新 たなボックスを 作 成 したりすることはできません PIN コードを 設 定 することによりアクセス 制 限 をかけることができます ( 図 6) 図 6 一 時 保 存 文 書 の 自 動 消 去 ジョブボックスのプライベートプリント クイックコピー 試 し 刷 り 後 保 留 の 一 時 保 存 文 書 を 保 存 した 一 定 時 間 後 に 自 動 的 に 消 去 するように 設 定 することができます 必 要 な 期 間 だけ 保 存 するので 権 限 のない 者 により 閲 覧 される 機 会 がす くなくなります ファクスボックス ファクス 受 信 データを 保 存 する 複 合 機 内 のボックスをファクスボックスと 呼 びます メモリー 転 送 機 能 を 使 って ファクス 受 信 データをファクスボックスに 保 存 することができます 送 信 元 のFコードやファクス 番 号 でそれぞれのボックスに 振 り 分 ける ことで 重 要 な 文 書 をすばやく 確 認 することができます ファクス 受 信 データは 複 合 機 のパネル 上 で 内 容 確 認 すること ができます 必 要 なファクスはそのまま 印 刷 不 要 なファクスは 削 除 することができます ( 図 7) 図 7 ボックスパスワード ボックスにパスワードを 設 定 して アクセスできるユーザーを 制 限 することができます パスワードは16 文 字 まで 入 力 するこ とができます 所 有 者 設 定 ボックスの 所 有 者 に 設 定 されたユーザーのみがアクセスできるようになり 設 定 されていないユーザーからのアクセスを 制 限 することができます また ボックスを 共 有 するかどうかを 設 定 する 共 有 設 定 を 行 うことができます ユーザー 管 理 が 有 効 の 場 合 に 表 示 されます 共 有 していれば 所 有 者 設 定 されていないユーザーでも ボックスへのアクセスができます 利 便 性 を 保 ちつつも 不 正 なアクセスから 守 ることができますので 適 切 なセキュリティーを 維 持 することができます 削 除 タイミング 印 刷 が 終 了 すると 受 信 データをボックス 内 から 自 動 的 に 削 除 することができます 無 駄 に 長 く 情 報 を 保 存 することによ る 危 険 性 がなく 適 時 に 削 除 することにより 適 切 なセキュリティー 状 態 を 維 持 することができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 11

16 5. Print セキュリティー 5.1 セキュアプリント 複 合 機 /プリンターのプリント 機 能 として セキュアプリント という 機 能 があります 社 外 秘 密 の 書 類 や 個 人 情 報 を 含 む 書 類 を 他 人 に 見 られることなく プリントアウトしたいときに 他 人 の 印 刷 物 と 紛 れてしまわないよう セキュアプリント 機 能 を 使 用 することができます プライベートプリント プライベートプリントは PCから 送 られてきたプリントジョブが 一 旦 複 合 機 /プリンター 内 に 蓄 積 され 操 作 パネル 上 で 操 作 されるまでジョブが 印 刷 されないよう 指 定 する 機 能 です アプリケーションソフトウェアから 印 刷 するとき プリンタード ライバーでアクセスコードを 指 定 します 印 刷 する 際 には 操 作 パネルでアクセスコードを 入 力 することによって 用 紙 に 印 刷 されます 印 刷 終 了 後 にデータは 消 去 されます また 印 刷 前 に 主 電 源 スイッチを 切 ったときも データは 消 去 されます 従 って より 高 いセキュリティーが 維 持 されています 5.2 不 正 コピー 抑 止 コピー 時 に 下 記 の 機 能 により 紙 文 書 のセキュリティーを 強 化 することにより 不 正 コピーを 抑 止 することができます スタンプ 印 字 文 書 の 重 要 度 などがひと 目 でわかるスタンプ 機 能 を 採 用 しており ユーザーがいくつかのスタンプを 選 ぶことができます なかでも スタンプの 種 類 により たとえば CONFIDENTIAL 複 製 厳 禁 秘 といったように 不 正 コピーを 抑 止 する 効 果 があるものがあります ユーザーが スタンプ 印 字 を 編 集 することもできます また 頁 数 を 連 続 して 表 示 する 連 番 の 機 能 もあります セキュリティーウォーターマーク プリントする 文 書 にコピーすると 浮 き 出 る 地 紋 (テキストやパターン)を 背 景 に 埋 め 込 むことができます 地 紋 が 付 加 され た 印 刷 物 をコピーすると 文 字 が 浮 かびあがり 不 正 にコピーされたことがわかるようになります ( 図 8) 図 機 密 文 書 ガード (オプション) 機 密 文 書 ガード 機 能 は プリントする 文 書 に 特 殊 なパターンを 埋 め 込 むことができます この 特 殊 パターンが 埋 め 込 まれ た 文 書 をコピー スキャン またはファクスをしようとすると 動 作 を 中 止 して 不 正 な 複 製 を 禁 止 し 大 切 な 情 報 の 漏 洩 を 防 ぐことができます 機 密 文 書 ガードオプション 未 搭 載 機 でコピーした 場 合 には 地 紋 印 刷 が 浮 き 上 がり 警 告 します ( 図 9) 図 KYOCERA Document Solutions Inc. 12

17 6. ファクスセキュリティー 6.1 FASEC FASEC とは 情 報 通 信 ネットワーク 産 業 協 会 (CIAJ)が 制 定 したファクシミリ 通 信 のセキュリティーガイドラインの 呼 称 で す FASEC のロゴマークは 誤 送 信 の 防 止 ダイヤルトーン 検 出 による 誤 接 続 の 防 止 受 信 紙 の 放 置 の 防 止 およ び 確 実 に 送 信 されたことの 確 認 などの 機 能 要 件 を 持 つことを 必 須 とする FASEC に 準 拠 したファクシミリを 備 えた 複 合 機 に 使 用 されます 当 社 は このロゴを 取 得 しています( 日 本 国 内 のみ) 6.2 ファクス 暗 号 化 通 信 送 信 側 で 原 稿 を 暗 号 化 して 通 信 する 方 法 です 通 信 途 中 にある 送 信 画 像 データを 第 三 者 が 何 らかの 方 法 により 盗 み 見 ようとした 場 合 でも 本 当 の 原 稿 の 内 容 を 知 ることはできません 送 られた 画 像 データは 受 信 側 で 復 号 化 し 元 の 原 稿 にもどして 印 刷 されます 第 三 者 には 知 られてはならないような 機 密 文 書 などを 送 る 際 に 比 較 的 有 効 な 通 信 方 法 です 暗 号 通 信 を 行 うためには 相 手 機 が 同 方 式 の 暗 号 通 信 機 能 を 備 えた 当 社 機 であることが 必 要 です 暗 号 通 信 では 原 稿 の 暗 号 化 復 号 化 を 行 うために 送 信 側 と 受 信 側 で 同 じ 暗 号 鍵 を 使 用 しますが その 暗 号 鍵 が 送 信 側 と 受 信 側 で 合 致 しない 場 合 暗 号 通 信 は 成 立 しません したがって 送 信 側 と 受 信 側 であらかじめ 取 り 決 めを 行 い 両 者 で 同 じ 暗 号 鍵 を 登 録 しておく 必 要 があります 6.3 送 受 信 制 限 あらかじめ 通 信 条 件 ( 許 可 ファクス 番 号 / 許 可 ID 番 号 )を 登 録 し 送 受 信 制 限 を 設 定 しておき 通 信 条 件 を 満 たすと きだけ 送 受 信 を 可 能 にする 機 能 です この 機 能 を 使 うと 通 信 する 相 手 先 を 限 定 することができます また 受 信 制 限 を 拒 否 リストに 設 定 すると 拒 否 ファクス 番 号 に 登 録 された 相 手 先 と 自 局 ファクス 番 号 を 登 録 していない 相 手 先 から の 受 信 を 拒 否 することができます 送 信 に 関 しては 許 可 TEL リストとアドレス 帳 に 登 録 されている 宛 先 に 限 定 すること ができます 6.4 誤 送 信 防 止 重 要 な 書 類 を 誤 った 宛 先 にファクス 送 信 しないように 送 信 時 にファクス 番 号 を 必 ず 二 度 入 力 することができます アド レス 帳 テンキー 短 縮 ダイヤルでも ファクス 誤 送 信 防 止 機 能 を 設 定 できます さらに 再 宛 先 の 禁 止 が 設 けられてい ます 前 回 送 信 した 宛 先 が 残 らないので 誤 って 同 じ 宛 先 に 送 信 してしまうことを 妨 げることができます また 他 の 人 に 送 信 した 宛 先 が 見 られないので 情 報 漏 えいの 防 止 に 有 効 です 加 えて ユーザー 認 証 オンの 場 合 にはログアウトした 時 点 で 宛 先 情 報 が 消 されます 二 度 入 力 テンキーからファクス 番 号 を 直 接 入 力 して 送 信 する 際 確 認 のために 同 じ 番 号 を 複 数 回 入 力 するように 設 定 することが できます 複 数 回 の 入 力 が 一 致 した 場 合 のみ 宛 先 を 有 効 にすることができます 押 し 間 違 いによる 誤 送 信 を 抑 止 す ることができます これはユーザーが 設 定 することができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 13

18 6.4.2 ファクス 番 号 のテンキー 入 力 の 禁 止 ファクス 送 信 するときに 操 作 パネルからのテンキーでの 直 接 入 力 を 制 限 することができます 宛 先 表 に 登 録 された 宛 先 だけを 送 信 先 にすることができますので アドレス 帳 やワンタッチキーに 登 録 された 相 手 先 以 外 にファクス 送 信 することが できなくなります これは ファクス 番 号 の 入 力 ミスによる 誤 送 信 や 不 正 利 用 の 抑 止 に 有 効 です 送 信 前 の 宛 先 確 認 送 信 前 の 宛 先 確 認 を 設 定 している 場 合 スタートキーを 押 すと 宛 先 を 確 認 するための 画 面 が 表 示 されます 必 ずす べての 送 り 先 を 操 作 パネルに 表 示 しないと 確 認 完 了 キーは 機 能 しません 相 手 先 に 送 信 する 前 に 再 度 確 認 すること ができるので 誤 送 信 を 防 ぐことができます 6.5 使 用 禁 止 時 間 受 信 したファクスの 印 刷 を 禁 止 する 時 間 帯 を 設 定 することができるセキュリティー 機 能 です 使 用 禁 止 時 間 を 設 定 する と 禁 止 時 間 中 はファクスの 印 刷 以 外 にも コピー 印 刷 プリント 印 刷 メール 受 信 印 刷 USB からの 印 刷 送 信 Network ファクス 送 信 など すべての 動 作 が 禁 止 されます PIN コード 入 力 による 制 限 が 可 能 であり 一 時 解 除 が 可 能 です 人 の 少 ない 夜 間 に 出 力 することを 禁 止 したりするなど 複 合 機 の 不 正 使 用 を 防 止 することができます 6.6 F コード 通 信 Fコード 通 信 とは ITU-T( 国 際 電 気 通 信 連 合 )の 勧 告 に 準 拠 したサブアドレスやパスワードを 付 加 して 送 受 信 する 通 信 を 言 います Fコードを 使 用 することにより 本 来 当 社 の 複 合 機 間 でしかできなかった 親 展 通 信 ( 受 信 側 機 に 設 けら れた 原 稿 受 け 渡 しボックスに 送 る 通 信 )や ポーリング 通 信 ( 受 信 側 から 操 作 して 送 信 側 の 原 稿 を 受 信 する 通 信 )など の 通 信 が 他 社 機 との 間 でも 可 能 になります また Fコード 通 信 を 使 用 して 受 信 した 原 稿 をFコードボックスに 保 存 す るなど より 安 全 に 通 信 を 行 うことができます F コード 親 展 送 受 信 相 手 機 に 親 展 ボックスが 設 けられていると サブアドレスやパスワードを 指 定 して 相 手 機 内 のボックスに 重 要 書 類 な ど 他 人 に 見 られたくない 書 類 を 機 密 性 を 確 保 しながら 親 展 送 信 することができます 受 信 した 原 稿 を 印 刷 せずに 予 め 登 録 しておいたファクスボックスに 保 存 されるので 誰 にも 見 られずに 印 刷 することができます F コード 掲 示 板 送 受 信 F コードを 使 用 することによって 相 手 先 が Fコード 掲 示 板 送 信 機 能 を 備 えていれば 情 報 漏 えいすることなく 安 全 に 通 信 することができます 6.7 メモリー 転 送 ファクスを 受 信 したとき 受 信 画 像 を 他 のファクスやコンピューターに 転 送 したり 印 刷 を 設 定 したりすることができます 転 送 設 定 を 有 効 にすると 受 信 したすべての 画 像 を 指 定 先 に 転 送 することができます 他 のファクス メール 送 信 フォルダ ー(SMB) 送 信 フォルダー(FTP) 送 信 に 転 送 することができます また 設 定 した 複 合 機 内 のユーザーボックスに 受 信 した 画 像 を 転 送 して 保 存 することもできます 受 信 用 紙 が 放 置 されたままといった 状 態 を 防 ぐことができます ( 図 10) 図 不 正 侵 入 に 対 する 安 全 対 策 当 社 複 合 機 のファクス 機 能 とネットワーク 機 能 は 各 々 分 離 されています ファクス 回 線 から 入 ってきたデータは ファクス 機 能 が 処 理 します ファクス 機 能 を 有 する 複 合 機 を 踏 み 台 にして 電 話 回 線 からネットワークへの 侵 入 アクセスや 複 合 機 内 部 への 不 正 アクセスができない 構 成 になっています 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 14

19 7. Send セキュリティー 7.1 送 信 前 の 宛 先 確 認 送 信 前 などに 宛 先 の 番 号 や 件 名 などを 画 面 上 で 確 認 できます 宛 先 設 定 ミスなどによる 誤 送 信 を 未 然 に 防 ぐことがで きます ユーザーによる 設 定 により 送 信 前 に 強 制 的 に 操 作 パネルに 表 示 させることもできます 7.2 新 規 宛 先 の 入 力 操 作 パネルからの 直 接 入 力 を 制 限 し アドレス 帳 ワンタッチキーなどの あらかじめ 宛 先 表 に 登 録 された 宛 先 だけを 送 信 先 にすることができます ファクス 番 号 の 入 力 ミスによる 誤 送 信 や 不 正 利 用 の 防 止 に 有 効 です 7.3 PDF 暗 号 化 機 能 ファイル 形 式 でPDF または 高 圧 縮 PDF を 選 択 すると パスワード 設 定 や 暗 号 化 により スキャンされた 文 書 を 安 全 に 保 護 することができます パスワードを 入 力 することにより PDFの 表 示 印 刷 および 編 集 に 対 して 制 限 をかけること ができます 安 全 にPCやサーバーに 保 存 したり 電 子 メールで 送 信 することができます 7.4 FTP 暗 号 送 信 FTP 暗 号 送 信 機 能 を 使 用 する 際 に SSL を 使 用 することにより 通 信 路 を 暗 号 化 してFTP 暗 号 送 信 を 行 うことが できます 送 信 中 のセキュリティーが 維 持 されているので 送 信 データの 改 ざんや 盗 聴 の 危 険 性 を 抑 えることができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 15

20 8. デバイス 管 理 8.1 ジョブ 管 理 デバイスのキューにあるジョブについての 情 報 や 履 歴 を 確 認 することができます 印 刷 ジョブ 状 況 送 信 ジョブ 状 況 保 存 ジョブ 状 況 予 約 ジョブ 状 況 の 4 種 類 のステータス および 印 刷 ジョブ 履 歴 送 信 ジョブ 履 歴 保 存 ジョブ 履 歴 の 3 種 類 のジョブ 履 歴 を 使 用 することができます ユーザー 名 時 間 送 信 先 など 特 定 のジョブに 関 する 詳 細 な 情 報 を 参 照 することができるので 必 要 なときに 追 跡 調 査 が 可 能 です プリンタードライバーから 印 刷 する 際 にファ イルをジョブ 名 に 使 用 するかどうかの 設 定 が 可 能 です ( 図 11) 図 ジョブ 情 報 参 照 権 限 ユーザーの 権 限 に 応 じて ジョブ 履 歴 参 照 画 面 を 切 り 替 えすることができます ジョブステータス 詳 細 情 報 とジョブ 履 歴 の ジョブ 情 報 参 照 権 限 の 設 定 や ファクス 通 信 履 歴 参 照 権 限 があります ユーザー 認 証 がオンの 際 に 本 人 だけが 自 分 のジョブ 履 歴 情 報 を 確 認 することができます 管 理 者 が 参 照 できる 画 面 では すべてのジョブ 履 歴 情 報 を 確 認 するこ とができます 8.2 監 査 履 歴 複 合 機 /プリンターの 監 査 履 歴 を 取 得 することができます この 履 歴 の 内 容 により 操 作 したユーザー 日 時 結 果 を 確 認 することができます 監 査 履 歴 には ログイン 履 歴 デバイス 履 歴 セキュリティー 通 信 エラー 履 歴 などがあります 複 合 機 /プリンターの 管 理 者 は これらの 履 歴 を 確 認 することにより 複 合 機 /プリンターが 安 全 に 使 用 されているか 危 険 にさらされていないか など 調 査 することができます ログイン 履 歴 ユーザー 認 証 のログイン 履 歴 を 蓄 積 することができます 万 が 一 複 合 機 /プリンターの 不 正 操 作 や 複 合 機 /プリンター 内 のドキュメントの 改 ざんや 漏 洩 が 発 生 した 場 合 でも ログイン 履 歴 を 調 査 し 不 正 アクセスを 追 跡 することに 役 立 てる ことができます デバイス 履 歴 ファームウェアのアップデート および 複 合 機 /プリンターの 設 定 変 更 などの 履 歴 を 蓄 積 することができます 管 理 者 がシ ステムメニューから 変 更 した 内 容 が 記 録 されます セキュリティー 通 信 エラー 履 歴 セキュアなネットワーク 通 信 の 失 敗 の 履 歴 を 確 認 することにより 正 しくネットワーク 通 信 ができているか 把 握 することが できます 度 重 なる 通 信 失 敗 などがある 場 合 は 不 正 アクセスの 可 能 性 を 調 べることができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 16

21 8.3 履 歴 管 理 監 査 履 歴 およびジョブ 履 歴 を 確 実 に 管 理 することができます これらは セキュリティー 事 故 などの 追 跡 調 査 に 役 立 てる ことができます ジョブ 履 歴 送 信 ( 電 子 メールアドレス) 管 理 者 が 設 定 した 履 歴 件 数 に 達 した 際 に 管 理 者 が 指 定 した 電 子 メールアドレスに 夫 々のジョブ 履 歴 を 送 信 すること ができます 8.4 セキュリティー 機 能 の 完 全 性 の 検 証 当 社 では 以 下 の 機 能 によりセキュリティー 機 能 の 完 全 性 を 確 認 します ソフトウェア 検 証 セキュリティー 機 能 の 実 行 モジュールが 改 ざんされていないこと かつ 正 しく 動 作 していることを 確 認 することができます 同 様 に セキュリティー 機 能 が 使 用 するデータの 完 全 性 も 確 認 することができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 17

22 9. 使 用 制 限 9.1 使 用 制 限 当 社 の 複 合 機 /プリンターでは 以 下 のような 使 用 制 限 をかけることができます 複 合 機 /プリンターの 操 作 を 制 限 するこ とができるので 複 合 機 /プリンター 内 に 保 存 されているデータへのアクセスを 制 限 することができます インターフェイスブロック インターフェイスごとにアクセスをブロック( 制 限 )することができます たとえば USB デバイス USB ホスト オプションイン ターフェイス(スロット1) オプションインターフェイス(スロット2)をブロックすることができます ネットワークインターフェイスは プロトコルごとにアクセスを 制 限 することができます USB ストレージクラスの 論 理 ブロック USB メモリーを 複 合 機 /プリンターの USB ポートに 接 続 することにより 複 合 機 /プリンターのデータに 不 正 アクセスされた り もしくは データが 漏 洩 したりするリスクがあります 管 理 者 が 複 合 機 /プリンターの USB ストレージクラスの 使 用 をオ フすることにより ID カードリーダーを 複 合 機 の USB ホストインターフェイスに 接 続 して 使 用 することはできますが USB メモリーを 複 合 機 /プリンターの USB ホストインターフェイスに 差 込 んでも 使 用 できないように 制 限 することができます USB ホストインターフェイスから USB メモリー 経 由 での 情 報 漏 えいや ウィルス 感 染 から 守 ることができます 操 作 パネルロック 複 合 機 /プリンターの 操 作 パネルからの 操 作 を 制 限 することができます パーシャルロックは 3 段 階 に 分 けて 設 けられてお り パネルからの 入 出 力 に 関 わる 設 定 ジョブの 実 行 に 関 わる 設 定 用 紙 に 関 わる 設 定 への 移 行 を 禁 止 するという 禁 止 したいレベルに 応 じた 設 定 が 可 能 です 操 作 パネルロックは システムメニューの 操 作 と ジョブキャンセルの 操 作 を 禁 止 することができます 複 合 機 /プリンター 本 体 を 不 正 に 操 作 することを 防 ぐことができます 2014 KYOCERA Document Solutions Inc. 18

23 大 阪 市 中 央 区 玉 造 1 丁 目 2 番 28 号 TEL: ( 大 代 表 ) 記 載 内 容 は 2014 年 1 月 現 在 のものであり 予 告 なしに 変 更 する 場 合 があります 2014 KYOCERA Document Solutions Inc.

セキュリティーカタログ

セキュリティーカタログ imagerunner ADVANCE IEEE Std 2600TM-2008 IEEE2600 CC Common Criteria ISO IEC 15408 脅 威 分 析 とそれに 対 するセキュリティー 対 策 / 検 討 セキュリティー 機 能 分 析 / 設 計 静 的 ソースコード 解 析 脆 弱 性 に 早 期 対 応 する 体 制 企 画 開 発 評 価 生 産 出 荷 顧 客

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

安否確認サービスユーザーマニュアル

安否確認サービスユーザーマニュアル ユーザーマニュアル Ver.6.6.1 目 次 1 章 はじめに... 1 1.1 本 書 の 利 用 について... 1 1.2 ユーザーの 役 割 別 名 称 について... 1 1.3 ユーザーが 利 用 できる 機 能 について... 1 1.4 WEB ブラウザーについて... 2 1.4.1 Internet Explorer のセキュリティ 設 定 について... 2 1.5 携 帯

More information

iR W940 使用説明書 セキュリティーガイド

iR W940 使用説明書 セキュリティーガイド 使 用 説 明 書 セキュリティーガイド はじめに... 7 セキュリティー 機 能 を 設 定 する 前 に... 7 本 機 の 運 用 を 開 始 する 前 に... 8 管 理 者 とは... 9 管 理 者 認 証 を 設 定 する... 10 管 理 者 の 権 限 を 設 定 する... 11 管 理 者 を 登 録 変 更 する... 12 Web Image Monitorを 使

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

InfoPrintSP8200_G179-7832

InfoPrintSP8200_G179-7832 . 認 証 の 概 念 と 運 用 管 理 者 とユーザー 管 理 者 によって 設 定 された 認 証 を 使 用 してアクセス 制 限 する 場 合 まず 本 機 の 管 理 者 を 決 定 し 認 証 機 能 を 有 効 にして 運 用 します 管 理 者 は 割 り 当 てられた 機 能 についてのアクセ ス 権 限 を 管 理 し ユーザーは 管 理 者 によって アクセス 権 を 与 えられた

More information

Microsoft PowerPoint - 20120622.pptx

Microsoft PowerPoint - 20120622.pptx 情 報 セキュリティ 第 10 回 2012 年 6 月 22 日 ( 金 ) 1/25 本 日 学 ぶこと 本 日 の 授 業 を 通 じて インターネットにおける 通 信 を 暗 号 化 するソフトウェアについて 学 びます. HTTPSほかの 暗 号 化 を 支 える SSL について,その 構 成 や 運 用 方 法 などを 理 解 します. 安 全 なリモートログインを 実 現 する SSH

More information

PCSK2のご紹介

PCSK2のご紹介 学 校 内 PCのセキュリティと 環 境 維 持 管 理 に ご 紹 介 資 料 Copyright 2011 Zetta Technology Inc. All rights Reserved. 本 資 料 の 無 断 転 載 複 写 を 禁 じます. 学 校 内 PCの 管 理 ポイント 教 育 の 情 報 化 に 伴 う 情 報 セキュリティ 製 品 概 要 ウィルス 対 策 情 報 漏 洩

More information

Windows XPファイル送信方法 SMB編

Windows XPファイル送信方法 SMB編 プッシュスキャン ~ Windows XP 編 ~ プッシュスキャン ~SMB 送 信 設 定 の 概 略 ~... 2 作 業 1 PC 側 送 信 先 共 有 フォルダーの 設 定... 3 1-1 ユーザーアカウントの 作 成 4 1-2 共 有 フォルダーの 作 成 7 作 業 2 imagerunner 側 の 送 信 設 定... 12 設 定 方 法 1 リモート UI から 宛 先

More information

NetAttest EPS設定例

NetAttest EPS設定例 認 証 連 携 設 定 例 連 携 機 器 WAB-S1167-PS, WAB-I1750-PS Case IEEE802.1x EAP-TLS,EAP-TTLS(PAP),EAP-PEAP(MS-CHAPv2) 認 証 Rev1.0 株 式 会 社 ソリトンシステムズ - 1-2014/03/26 はじめに 本 書 について 本 書 は CA 内 蔵 RADIUS サーバーアプライアンス NetAttest

More information

マネーフォワード For BUSINESS 使い方講座

マネーフォワード For BUSINESS 使い方講座 マイナンバーの 収 集 から 破 棄 まで 簡 単 安 全 に! マイナンバー 対 策 のポイントとMFクラウドマイナンバー 株 式 会 社 マネーフォワード マネーフォワードのご 紹 介 社 名 設 立 株 式 会 社 マネーフォワード 2012 年 5 月 資 本 金 3,741,972,200 円 ( 資 本 準 備 金 含 む) 代 表 者 辻 庸 介 本 社 所 在 地 108-0014

More information

使用説明書

使用説明書 使 用 説 明 書 セキュリティーガイド 安 全 に 正 しくお 使 いいただくために 操 作 の 前 には 必 ず はじめにお 読 みください 安 全 上 のご 注 意 をお 読 みください 目 次 1. はじめに セキュリティー 機 能 を 設 定 する 前 に... 9 本 機 の 運 用 を 開 始 する 前 に... 10 管 理 者 とユーザー... 12 管 理 者 とは... 13

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx)

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx) Ahkun AutoDaily Server AADS 管 理 サーバー 運 マニュアル 株 式 会 社 アークン 目 次 1. Ahkun AutoDaily Server の 特 徴... 2 2. AutoDaily Server の 設 置... 2 3. クライアント PC へ AutoDaily をインストールする... 2 4. AutoDaily Manager( 管 理 コンソール)へのログイン...

More information

情報メディアとインターネット第3回 ビデオ教材の使い方&情報セキュリティ

情報メディアとインターネット第3回 ビデオ教材の使い方&情報セキュリティ 情 報 セキュリティ 認 証 学 術 情 報 基 盤 センター 升 屋 正 人 masatom@cc.kagoshima-u.ac.jp 認 証 とは Authentication IDとパスワードなどで 正 当 性 を 確 認 ログイン 認 証 など Certification 第 三 者 が 正 当 性 を 証 明 ISO9000 認 証 など 認 証 された 利 用 者 に 対 して 権 限

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス 宮 崎 県 グループウェアシステム 賃 貸 借 等 要 求 仕 様 書 宮 崎 県 総 合 政 策 部 情 報 政 策 課 1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎

More information

Windows 7ファイル送信方法 SMB編

Windows 7ファイル送信方法 SMB編 プッシュスキャン ~ Windows 7 編 ~ プッシュスキャン ~SMB 送 信 設 定 の 概 略 ~...2 作 業 1 PC 側 送 信 先 共 有 フォルダーの 設 定...3 1-1 ユーザーアカウントの 作 成 4 1-2 共 有 フォルダーの 作 成 8 作 業 2 imagerunner 側 の 送 信 設 定... 13 設 定 方 法 1 リモート UI から 宛 先 の 登

More information

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso 兵 庫 県 物 品 電 子 調 達 システム 物 品 関 係 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 ~ ~ 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動

More information

あんしん住宅情報提供システム 住宅情報等登録 システム利用マニュアル

あんしん住宅情報提供システム 住宅情報等登録 システム利用マニュアル あんしん 住 宅 情 報 提 供 システム 住 宅 情 報 等 登 録 システム システム 利 用 マニュアル 2015 年 9 月 16 日 版 住 宅 確 保 要 配 慮 者 あんしん 居 住 推 進 事 業 実 施 支 援 室 目 次 1. はじめに... 2 1.1. はじめに... 2 1.2. 使 用 環 境 について... 2 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登

More information

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx)

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx) option i-filter for D-SPA NTLM 認 証 - 基 本 設 定 説 明 資 料 デジタルアーツ 株 式 会 社 営 業 部 セールスエンジニア 課 NTLM 認 証 のメリット シングルサインオンによるWebアクセス 管 理 を 実 現! 認 証 サーバー 上 のグループ 情 報 を 用 いたルール 振 り 分 けも 可 能 ユーザー 追 加 削 除 時 などの 運 用 管

More information

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド 第 1.0 版 2016 年 9 月 1 日 更 新 履 歴 更 新 日 版 数 主 な 更 新 内 容 2016/9/1 1.0 版 初 版 作 成 1 はじめに はじめに Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド のご 利 用 にあたり 以 下 をご 覧 ください 本 書 では Bizメール&ウェブ エコノミー( 以 下

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 松 山 市 は 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 での 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いが 個 人 のプライバシー

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

スライド 1

スライド 1 院 内 IT 情 報 セキュリティの ご 提 案 株 式 会 社 プロアス 1 弊 社 のご 紹 介 名 称 設 立 代 表 取 締 役 所 在 地 : 株 式 会 社 プロアス :1978 年 10 月 : 伊 藤 泰 充 : 大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1-5-33 新 大 阪 飯 田 ビル 医 療 機 関 様 向 け 主 な 事 業 案 内 医 事 会 計 システム Ultima-HP/CL

More information

MFX-2875 取扱説明書 プリンター編

MFX-2875 取扱説明書 プリンター編 Windows 環 境 にインストールする ここでは Windows オペレーティングシステムにドライバーをインストールする 方 法 を 説 明 します 本 製 品 をネットワークに 接 続 してお 使 いになるときは システム 要 件 をお 読 みください 本 製 品 とコンピューターを USB ケーブルで 接 続 してお 使 いになる ときは ローカル 接 続 する 場 合 をお 読 みください

More information

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC ReadyNAS OS6(6.x.x) 簡 易 使 用 方 法 前 提 条 件 : 初 期 設 定 (RAIDar インストール NAS 管 理 画 面 へのアクセス)が 完 了 していること 完 了 していない 方 はこちらを 参 照 願 います Windows での 操 作 方 法 となります ブラウザアクセス 以 降 は 他 の OS でも 共 通 です データ 保 存 方 法 ( 最 も 簡

More information

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ 学 内 無 線 LAN(Jindai Wi-Fi)の 利 用 について 20160322 版 仁 愛 大 学 情 報 ネットワーク 管 理 室 http://www.jindai.ac.jp/ju-net/ 無 線 LAN 本 学 では 学 内 無 線 LAN 環 境 ( 以 下 Jindai Wi-Fi)により 学 生 教 職 員 来 学 研 究 者 一 般 来 学 者 の 方 々が ノート PC

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

(Microsoft PowerPoint - \222\361\210\304\216\221\227\277.pptx)

(Microsoft PowerPoint - \222\361\210\304\216\221\227\277.pptx) 渡 したファイルが あとから 消 せる 魔 法 のソリューション シーティーシー エスピー 株 式 会 社 sp-admin@ctc-g.co.jp I. FinalCodeとは II. III. IV. 機 能 詳 細 FinalCodeが 選 ばれる 理 由 動 作 環 境 注 意 事 項 日 本 企 業 の 社 外 秘 資 料 大 量 流 出 = 中 国 の 文 書 共 有 サイトに 文 書

More information

スマートコネクト マネージドサーバ WAFオプション仕様書

スマートコネクト マネージドサーバ WAFオプション仕様書 スマートコネクト マネージドサーバ WAF オプション 仕 様 書 ( 第 1.0 版 2015 年 6 月 22 日 版 ) < 目 次 > スマートコネクト マネージドサーバ WAF オプション 1. WAF オプション 概 要... 2 1.1. オプション 概 要... 2 1.2. オプション 特 徴... 2 2. WAF オプション 仕 様... 3 2.1. オプション 提 供 プラン...

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

Microsoft Word - ToyoNetメール[1].doc

Microsoft Word - ToyoNetメール[1].doc Ⅴ ToyoNet ToyoNet とは 東 洋 大 学 が 提 供 する 情 報 ネットワーク 基 盤 の 総 称 で ToyoNet メール と ToyoNet-ACE からなります ToyoNet-ACE を 利 用 し 自 宅 から 授 業 の 講 義 ノート コンテンツを 参 照 した 予 習 復 習 教 員 からの 小 テ ストやレポート 提 出 などができます また ToyoNet メール

More information

WebMail ユーザーズガイド

WebMail ユーザーズガイド ニフティクラウド ビジネスメール メール 共 有 サービス ユーザーズガイド 第 1.1 版 平 成 26 年 5 月 19 日 ニフティ 株 式 会 社 目 次 はじめに... 3 1. 共 有 メールボックスとは... 4 2. 共 有 メールボックスを 表 示 する... 5 3. 閲 覧 履 歴 操 作 履 歴 を 表 示 する... 8 4. 共 有 メールボックスからメールを 送 信 する...

More information

e-Gov電子申請システムを利用した

e-Gov電子申請システムを利用した e-gov 電 子 申 請 システムを 利 用 した RPS 法 に 係 る 申 請 書 提 出 マニュアル -ITEM2000 形 式 のファイルを 利 用 した 申 請 方 法 について- 平 成 22 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 省 エネルギー 新 エネルギー 部 新 エネルギー 等 電 気 利 用 推 進 室 電 子 政 府 の 実 現 に 向 けた 政 府 全 体 の 取 組 みの

More information

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール こまったときはこちらから & ブック ver 2.2 学 校 向 け 管 理 者 編 2014.12 目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メールについて

More information

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1 ISOG-J 主 催 セミナー 事 例 から 学 ぶ!ウェブ 改 ざんの 実 態 と 対 策 ウェブ 改 ざんによる 被 害 とその 対 策 2013 年 12 月 12 日 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 技 術 本 部 セキュリティセンター 岡 野 裕 樹 本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> EMC Documentum IRM の ご 紹 介 EMCジャパン 株 式 会 社 インフォメーションインテリジェンス 事 業 本 部 1 EMCのアプローチ(1/2) 場 所 で 制 御 する 従 来 型 方 式 にプラスし, ファイルで 制 御 する 鍵 方 式 (Documentum IRM)を 採 用 することにより さらに 堅 牢 なセキュリティシステム を 実 現 場 所 で 制 御

More information

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx 目 次 1. Gmail のログイン ログアウト 方 法... 1 1.1. ログイン 方 法... 1 1.2. ログアウト 方 法... 4 2. Gmail 作 成 方 法... 5 2.1. 新 規 メールの 作 成... 5 3. メールデータの 移 行... 8 3.1. GraceMail のデータをバックアップ( 保 存 )する... 8 3.2. Thunderbird の 入 手

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

(Microsoft PowerPoint - mynumber.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h])

(Microsoft PowerPoint - mynumber.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h]) マイナンバー 制 度 とは マイナンバー 制 度 とは 平 成 28 年 1 から 運 が 開 始 される 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 通 称 のことであり 本 国 と 本 に 居 住 する 外 国 ひとりに 重 複 しない12 桁 の 番 号 (マイナン バー)を 割 り 当 て 社 会 保 障 や 納 税 などに 関 する 個 情 報 を 元 管 理 する 仕 組 みの ことです 国

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

desknet's NEO新機能・改善点一覧

desknet's NEO新機能・改善点一覧 desknet's NEO V3 新 機 能 改 善 点 一 覧 2015 年 6 月 10 日 株 式 会 社 ネオジャパン No. 区 分 機 能 概 要 詳 細 1 新 機 能 スケジュール 交 通 費 経 費 精 算 機 能 の 搭 載 ( 有 償 オプ) 予 定 の 登 録 と 同 時 に 訪 問 先 までの 交 通 経 路 を 検 索 し 交 通 費 や 経 費 を 蓄 積 して 経 費

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

6. 後 は インストール 画 面 が 表 示 されるまで 画 面 の 指 示 に 従 って[ 続 ける]をクリックします 途 中 ソフトウェアの 使 用 許 諾 契 約 の 条 件 に 同 意 するかというメッセージボックスが 表 示 されま すので[ 同 意 する]をクリックします 7. [イン

6. 後 は インストール 画 面 が 表 示 されるまで 画 面 の 指 示 に 従 って[ 続 ける]をクリックします 途 中 ソフトウェアの 使 用 許 諾 契 約 の 条 件 に 同 意 するかというメッセージボックスが 表 示 されま すので[ 同 意 する]をクリックします 7. [イン Mac OS X10.9 用 インストール 手 順 Mac OS X 10. 9 ( 以 降 10. 9)プリンタードライバーのインストールは 次 の 手 順 で 行 います インストールは 必 要 な 権 限 を 持 ったシステム 管 理 者 が 行 うことをお 勧 めします ( 尚 ここでは Mac OS X 10.9 に bizhub 364e のプリンタードライバーのインストール 手 順 を

More information

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1 商 工 中 金 外 為 Web 為 替 予 約 サービス ご 利 用 マニュアル 1ログイン 編 Ver.1.2 2015 年 3 月 - 1 - 目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3

More information

TOMMS ウェブ 管 理 者 ガイド Version 1.1 目 次 TOMMS ウェブ 管 理 者 ガイド... 1 目 次... 3 ユーザーメニュー... 7 基 本 画 面... 7 会 議 リスト... 8 会 議 情 報... 8 会 議 開 設 / 修 正... 8 自 分 の 情 報... 8 管 理 者 メニュー... 9 サーバー 設 定... 9 サーバーの 種 類 と 説

More information

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお page. 1 シマツ 株 式 会 社 page. 1 page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお 掛 けし 続 けてきました 申 し 訳 けございません

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

目 次 1. 報 告 業 務 増 大 の 背 景 2. 部 門 報 告 集 計 業 務 における 課 題 3. 報 告 書 集 計 システム のご 紹 介 4.まとめ

目 次 1. 報 告 業 務 増 大 の 背 景 2. 部 門 報 告 集 計 業 務 における 課 題 3. 報 告 書 集 計 システム のご 紹 介 4.まとめ 日 常 の 報 告 業 務 に 潜 む ムダむ ムダ をなくすためには? 基 幹 業 務 システム ワークフローでは 実 現 できない 業 務 効 率 改 善 のポイント 株 式 会 社 日 立 情 報 システムズ 新 製 品 推 進 プロジェクト 本 部 清 水 伸 洋 目 次 1. 報 告 業 務 増 大 の 背 景 2. 部 門 報 告 集 計 業 務 における 課 題 3. 報 告 書 集

More information

名古屋医療センターに おけるIRBのIT化の現状

名古屋医療センターに おけるIRBのIT化の現状 第 12 回 CRCと 臨 床 試 験 のあり 方 を 考 える 会 議 セッション7 立 ち 見 御 免!ここから 始 まるIRBの 電 子 化 ~あなたのIRBは 大 丈 夫?~ ipadを 利 用 したIRB 審 査 資 料 の 電 子 化 の 実 践 独 立 行 政 法 人 国 立 機 構 名 古 屋 医 療 センター 臨 床 研 究 センター 政 策 医 療 企 画 研 究 部 臨 床 研

More information

はじめに

はじめに 3 3 AppleTalk 共 有 istorage NS から Macintosh クライアントへ 公 開 する 共 有 を 設 定 します クライアントがアクセス するための 共 有 名 と その 共 有 を istorage NS 内 のどのフォルダに 作 成 するかを 指 定 します 工 場 出 荷 時 にはサービスは 無 効 に 設 定 されています AppleTalk 共 有 を 行 なう

More information

1.Office365( 新 メールシステム)ログイン 手 順 (1)Nics@Web(ポータル)にログインし メール(Office365) をクリックします (2) 以 下 のログインページが 表 示 されます ユーザ 名 とパスワードを 入 力 します ユーザ 名 は 学 籍 番 号 ( 教 職

1.Office365( 新 メールシステム)ログイン 手 順 (1)Nics@Web(ポータル)にログインし メール(Office365) をクリックします (2) 以 下 のログインページが 表 示 されます ユーザ 名 とパスワードを 入 力 します ユーザ 名 は 学 籍 番 号 ( 教 職 Office365( 新 メールシステム) 利 用 ガイド 3 版 (2013.3.28 版 ) はじめに Office365( 新 メールシステム) 利 用 ガイド 3 版 本 ガイドは Office365( 新 メールシステム)における 以 下 の 手 順 を 説 明 する 資 料 です 1.ログイン 及 びメール 作 成 手 順 2.Nics@Mail のメールデータの 移 行 3.Nics@Mail

More information

Microsoft Word - Active.doc

Microsoft Word - Active.doc 利 マニュアル 梅 校 メールサーバをご 利 されていた 教 員 の 皆 さまへ 2009 年 1 7 のメールサーバ 移 に 伴 い 学 外 からの 電 メールの 送 受 信 はウェブメール(Active!mail) からのみ 可 能 となりました Active!mail の 利 法 については 本 マニュアルをご 確 認 ください 次 Active!mail にログインする...2 Active!mail

More information

甲南大学 Office365卒業生メールの使い方

甲南大学 Office365卒業生メールの使い方 甲 南 大 学 Office365 卒 業 生 メールの 使 い 方 2016/3/25 情 報 システム 室 (Version 1.0) このマニュアルは Windows 7/Internet Explorer の 環 境 を 基 に 作 成 しています OS やブラウザが 異 なる 場 合 は 環 境 にあわせて 操 作 してください マニュアル 内 では Office365 卒 業 生 メールを

More information

1) 初 めての 場 合 まず ヘッダーの 表 記 が English(US) の 場 合 は プルダウンで 日 本 語 にすれば サイト 全 体 が 日 本 語 表 記 になります( 本 頁 の 画 像 参 照 ) アカウントを 作 成 もしくは 新 規 登 録 をクリックします 画 面 に 従

1) 初 めての 場 合 まず ヘッダーの 表 記 が English(US) の 場 合 は プルダウンで 日 本 語 にすれば サイト 全 体 が 日 本 語 表 記 になります( 本 頁 の 画 像 参 照 ) アカウントを 作 成 もしくは 新 規 登 録 をクリックします 画 面 に 従 スカラーワンマニュスクリプトによる 日 本 病 態 栄 養 学 会 誌 投 稿 要 領 1 投 稿 に 当 たって A. 投 稿 に 必 要 な 書 類 の 準 備 ( 本 学 会 誌 投 稿 規 程 もご 参 照 ください) 投 稿 サイトにアクセスする 前 に まず 以 下 の5 種 類 に 論 文 ファイルを 分 けてください( 図 表 がない 場 合 は 図 表 と 図 説 明 文 は 必

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

Microsoft Word - 4_無線LAN(確定版)1.doc

Microsoft Word - 4_無線LAN(確定版)1.doc 分 冊 4 無 線 LAN 利 用 環 境 のための 運 用 上 の セキュリティ 対 策 目 次 1 無 線 LAN の 利 用 とリスク...1 1.1 企 業 における 現 状 と 動 向... 1 1.2 システム 概 要... 3 1.3 無 線 LAN の 規 格... 5 1.4 保 護 すべき 情 報 資 産... 7 1.5 脅 威 とリスク... 8 1.5.1 無 線 LAN

More information

スライド 1

スライド 1 株 式 会 社 TCSI 本 資 料 記 載 の 情 報 は 本 資 料 が 作 成 された 時 点 の 情 報 に 基 づいております 変 更 される 可 能 性 がございますので 予 めご 理 解 ご 了 承 の 程 お 願 い 申 し 上 げます 情 報 漏 洩 事 故 の 企 業 が 何 らかの 情 報 セキュリティ 事 故 を 経 験 (IPAの2015 年 の 実 態 調 査 ) 大 手

More information

内 部 情 報 漏 えいとは? 2

内 部 情 報 漏 えいとは? 2 外 部 要 因 だけじゃない!! 止 まらない 内 部 犯 行 による 情 報 漏 えい ~ 効 果 的 な 抑 止 方 法 と 事 後 対 応 策 ~ ネットエージェント 株 式 会 社 2015 年 12 月 2 日 内 部 情 報 漏 えいとは? 2 情 報 漏 えいの 分 類 外 部 要 因 内 部 要 因 直 接 攻 撃 型 内 部 侵 入 型 故 意 によるもの ミスによるもの SQLインジェクション

More information

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として

More information

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案 企 業 年 金 のマイナンバーの 取 扱 いに 関 する 厚 労 省 通 知 について 平 成 7 年 0 月 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 本 資 料 は 作 成 時 点 における 信 頼 できる 情 報 にもとづいて 作 成 されたものですが その 情 報 の 確 実 性 を 保 証 するものではありません 本 資 料 に 含 まれる 会 計 税 務 法 律 等 の 取 扱 いについては

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 1 ページ

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 1 ページ 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 西 東 京 市 は 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱

More information

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用...

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用... 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアル 業 務 に 係 る 提 案 仕 様 書 1 目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期

More information

改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに 伴 う 制 定 02 2015/04/30 電 子 証 明 書 によるログインの 終 了 に 伴 う 改 定 03 2016/04/01 ホールディングカンパ

改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに 伴 う 制 定 02 2015/04/30 電 子 証 明 書 によるログインの 終 了 に 伴 う 改 定 03 2016/04/01 ホールディングカンパ よくあるお 問 い 合 わせ (FAQ) 一 覧 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 ビジネスソリューション カンパニー 調 達 システムグループ 2016 年 4 月 1 目 的 外 利 用 転 載 禁 止 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに

More information

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 -

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - BIGLOBE クラウドストレージ ios アプリ 操 作 マニュアル 2014 年 4 月 15 日 ビッグローブ 株 式 会 社 - 1 - 改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - 目 次 目 次... 3 はじめに... 4 1. ログイン... 5 1.1 新 規 ログイン( 初 めて ios アプリをご

More information

目 次 1. はじめに... 4 1.1. 記 載 範 囲 内 容 について... 4 1.2. バージョンおよび 画 面 の 名 称 について... 4 2. サインイン サインアウト... 5 2.1. サインアウト... 5 2.2. メールアドレス 確 認... 6 3. メール... 6

目 次 1. はじめに... 4 1.1. 記 載 範 囲 内 容 について... 4 1.2. バージョンおよび 画 面 の 名 称 について... 4 2. サインイン サインアウト... 5 2.1. サインアウト... 5 2.2. メールアドレス 確 認... 6 3. メール... 6 ユーザーマニュアル ( 教 職 員 用 ) Microsoft Exchange Server 2010 1 / 54 情 報 化 推 進 センター 2012/05/23 第 4 版 目 次 1. はじめに... 4 1.1. 記 載 範 囲 内 容 について... 4 1.2. バージョンおよび 画 面 の 名 称 について... 4 2. サインイン サインアウト... 5 2.1. サインアウト...

More information

目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子

目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子 Ver.5.5 2016/7/11 Ver.5.5 目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (IC カード 方

More information

日本システムウエア株式会社

日本システムウエア株式会社 ファイル 共 有 サービス AppNow! AppNow! 以 下 の 試 用 の 流 れ および 試 用 条 件 AppNow!サービス 試 用 規 約 をご 確 認 の 上 お 申 込 みください お 申 込 みをもって 試 用 条 件 および 試 用 規 約 に 同 意 いただいたものとみなし 試 用 環 境 のご 用 意 を 行 います 急 遽 キャンセル 等 が 必 要 になりましたら お

More information

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使 . 事 業 者 が 備 えるべき マイナンバー 対 応 のポイント 平 成 2 7 年 5 月 1 5 日 JIPDEC( 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 ) マイナンバー 対 応 プロジェクト 室 慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

Microsoft Word - Gmail利用マニュアル_ver9.doc

Microsoft Word - Gmail利用マニュアル_ver9.doc Gmail 利 用 の 手 引 き -2015.9.1( 第 0 版 )- 東 北 学 院 大 学 情 報 処 理 センター i 目 次 1 Gmail について... 1 2 Gmail へのアクセス... 1 3 Gmail のメールアドレス... 1 4 ログイン(ID とパスワード)... 1 5 メールホーム 画 面... 2 6 受 信 メールの 参 照... 3 7 メールの 作 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

目 次 目 次... 1 本 書 の 見 かた... 2 商 標 について... 2 オープンソースライセンス 公 開... 2 はじめに... 3 概 要... 3 使 用 環 境 について... 4 対 応 している OS およびアプリケーション... 4 ネットワーク 設 定... 4 Goo

目 次 目 次... 1 本 書 の 見 かた... 2 商 標 について... 2 オープンソースライセンス 公 開... 2 はじめに... 3 概 要... 3 使 用 環 境 について... 4 対 応 している OS およびアプリケーション... 4 ネットワーク 設 定... 4 Goo Google ク ラ ウ ド プ リ ン ト ガイ ド Version B JPN 目 次 目 次... 1 本 書 の 見 かた... 2 商 標 について... 2 オープンソースライセンス 公 開... 2 はじめに... 3 概 要... 3 使 用 環 境 について... 4 対 応 している OS およびアプリケーション... 4 ネットワーク 設 定... 4 Google クラウド

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378> 学 向 け onthehub 利 者 マニュアル 次 概 要 利 条 件 3 2 近 畿 学 学 向 け 専 サイトでのアカウント 登 録 について 3 3 プロダクトキーの 発 について 4 4 インストール 5 4. 事 前 確 認 5 4.2 インストールメディア 作 成 6 4.2. 7 4.2.2 8 4.2.3

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 会 員 限 定 のページを 作 成 する Copyright Diverta inc. All right reserved. 1 目 次 1. RCMSにおける 権 限 の 概 念 2. 会 員 限 定 ページとは 3. グループを 作 成 する 3-1 機 能 概 要 3-2 手 順 3-2-1 基 本 設 定 の 内 容 3-2-2 ユーザー 種 別 設 定 4. メンバーを 追 加 し グループを

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words 1 / 18 NAA 福 岡 WEBマニュアル インターネット 不 在 応 札 サービス インターネット 不 在 応 札 サービスに 入 会 することで 次 のようなサービスを 利 用 することがで きます 1.インターネットからの 不 在 応 札 受 付 インターネットを 利 用 して 不 在 応 札 を 登 録 することができます 出 品 車 輌 を 検 索 し 指 値 を 入 力 することで

More information

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と SoftBank 3G Watcherのヘルプ (Mac OS X 用 ) 3G Watcher は 以 下 のような C01SW USB モデムとネット ワーク 間 の 接 続 状 態 を 確 認 できます 電 波 の 強 さ ローミングサービス 3G 無 線 通 信 サービス その 他 のネットワークサービスの 状 態 ネットワークへの 接 続 および 切 断 3G Watcher のアンインストール

More information

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx マイナンバー 制 度 の 概 要 について 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 内 閣 官 房 説 明 資 料 マイナンバー 制 度 は 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 する 社 会 基 盤 です 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 所 得 や 他 の

More information

Windows Live メール 2011

Windows Live メール 2011 Z-LAN 設 定 マニュアル 平 成 23 年 2 月 1 日 版 Z-LAN の 世 界 へようこそ 世 界 中 に 張 り 巡 らされたコンピュータネットワーク インターネット ZTV のインターネット 接 続 サービス Z-LAN LAN は 皆 様 にご 利 用 頂 いておりますケーブルテレビの 回 線 を 使 用 して このインターネットに 快 適 快 速 に 接 続 することができます

More information

1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲 示 板 を 介 して 他 者 のパソコンを 遠 隔 操 作 し これを 踏 み 台 としてウェブサイ ト

1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲 示 板 を 介 して 他 者 のパソコンを 遠 隔 操 作 し これを 踏 み 台 としてウェブサイ ト D-Case 適 用 事 例 2 2012 年 のPC 遠 隔 操 作 による 誤 認 逮 捕 DEOSプロジェクト 2013 年 7 月 19 日 DEOS 研 究 開 発 センター JST-CREST 1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番 F-LinkNEO 操 作 マニュアル Ver 9.500 管 理 画 面 の 設 定 問 題 なくインストールが 完 了 した 場 合 右 のような 画 面 が 表 示 されます メインメニューの 管 理 画 面 をクリックすると 各 種 設 定 メニューが 表 示 されます 設 定 が 完 了 したら 必 ず 一 度 プログラムを 終 了 してください 1 サーバー 接 続 設 定 最 初 にサーバー

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

Microsoft Word - マニュアル2014.doc

Microsoft Word - マニュアル2014.doc 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場 合 2-4 操 作 上 の 諸 注 意 2-5 タイムアウトについて 2-6 登 録 作 業 の 途 中 で 利 用 可 能

More information

目 次 1. はじめに... 3 1.1. はじめに... 3 1.2. 使 用 環 境 について... 3 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登 録 システムについて... 4 2. アカウント 登 録... 6 2.1. アカウント 登 録 機 能 (パスワードを 発 行

目 次 1. はじめに... 3 1.1. はじめに... 3 1.2. 使 用 環 境 について... 3 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登 録 システムについて... 4 2. アカウント 登 録... 6 2.1. アカウント 登 録 機 能 (パスワードを 発 行 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 登 録 システム 操 作 マニュアル 旧 様 式 対 応 2015 年 5 月 8 日 版 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 登 録 事 務 局 1 目 次 1. はじめに... 3 1.1. はじめに... 3 1.2. 使 用 環 境 について... 3 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登 録 システムについて...

More information

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル 2016( 平 成 28) 年 度 WEB 履 修 登 録 システム 操 作 マニュアル 大 阪 芸 術 大 学 - 1 - 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場

More information

目 次 はじめに 2 1.ネットワーク 認 証 3 2.メール 環 境 の 変 更 5 2-1.Gmail へのログイン 6 2-2.メール 受 信 7 2-3.メール 作 成 と 送 信 8 2-4. 連 絡 先 の 管 理 9 2-5.スパム 対 策 (11 月 より 開 始 予 定 ) 10

目 次 はじめに 2 1.ネットワーク 認 証 3 2.メール 環 境 の 変 更 5 2-1.Gmail へのログイン 6 2-2.メール 受 信 7 2-3.メール 作 成 と 送 信 8 2-4. 連 絡 先 の 管 理 9 2-5.スパム 対 策 (11 月 より 開 始 予 定 ) 10 EDO-NET ユーザマニュアル 認 証 方 式 の 変 更 と Gmail 基 本 操 作 Edogawa University Powered by Google ネットワーク 利 用 運 営 委 員 会 目 次 はじめに 2 1.ネットワーク 認 証 3 2.メール 環 境 の 変 更 5 2-1.Gmail へのログイン 6 2-2.メール 受 信 7 2-3.メール 作 成 と 送 信 8

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 履 修 履 歴 データベースの 仕 組 み 学 生 が 履 修 履 歴 を 登 録 して 企 業 へデータを 送 信 すると 企 業 担 当 者 が 履 修 履 歴 データを 見 られるようになります 不 特 定 の 企 業 に 履 修 履 歴 データが 閲 覧 されるわけではありません < 基 本 的 な 流 れ> A 社 データ ベース 応 募 企 業 へ データを 送 信 学 生 A 専

More information

諮問第148号説明資料

諮問第148号説明資料 ( 諮 問 第 148 号 説 明 資 料 ) 区 立 小 中 学 校 校 務 支 援 システムをリプレースすること 及 び 同 システムサーバーの 運 用 保 守 を 外 部 に 委 託 することについて 1 諮 問 内 容 区 内 小 中 学 校 校 務 支 援 システム( 以 下 本 件 システム という )は 区 立 の8 小 学 校 2 中 学 校 の 児 童 生 徒 の 成 績 学 籍

More information

登 録 の 流 れ はじめて 電 子 届 出 を 行 うとき 準 備 クライアント 証 明 書 ファイル 登 録 用 パスワードを 準 備 します P.1 P.2 クライアント 証 明 書 の 登 録 ログイン 届 出 を 行 うパソコンに 証 明 書 を 登 録 します IE P.3 Firefo

登 録 の 流 れ はじめて 電 子 届 出 を 行 うとき 準 備 クライアント 証 明 書 ファイル 登 録 用 パスワードを 準 備 します P.1 P.2 クライアント 証 明 書 の 登 録 ログイン 届 出 を 行 うパソコンに 証 明 書 を 登 録 します IE P.3 Firefo PRTR 届 出 システム クライアント 証 明 書 登 録 マニュアル 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 登 録 の 流 れ はじめて 電 子 届 出 を 行 うとき 準 備 クライアント 証 明 書 ファイル 登 録 用 パスワードを 準 備 します P.1 P.2 クライアント 証 明 書 の 登 録 ログイン 届 出 を 行 うパソコンに 証 明 書 を 登 録

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

概 要 マイナンバー 業 務 システム 連 携 PCはマイナンバー 業 務 として 最 適 化 されたPCです のひら 静 脈 認 証 により OS/ 事 給 与 システムに 簡 単 且 つ 安 全 にログインできます 必 要 なセキュリティ 対 策 を 事 前 にセットアップして 提 供 します

概 要 マイナンバー 業 務 システム 連 携 PCはマイナンバー 業 務 として 最 適 化 されたPCです のひら 静 脈 認 証 により OS/ 事 給 与 システムに 簡 単 且 つ 安 全 にログインできます 必 要 なセキュリティ 対 策 を 事 前 にセットアップして 提 供 します AZBOX(アズボックス) マイナンバー 業 務 システム 連 携 PCについて 概 要 マイナンバー 業 務 システム 連 携 PCはマイナンバー 業 務 として 最 適 化 されたPCです のひら 静 脈 認 証 により OS/ 事 給 与 システムに 簡 単 且 つ 安 全 にログインできます 必 要 なセキュリティ 対 策 を 事 前 にセットアップして 提 供 します マルウェア 対 策

More information