産 業 チェ ーン 構 造 省 エネと 経 済 性 消 費 者 支 持 1 産 業 政 策 地 域 産 業 集 積 伝 統 自 動 車 産 業 チェーン+ 電 池 電 機 電 機 コントロー ル+ 充 電 施 設 廃 ガス 少 経 済 性 優 廃 ガスゼロ 燃 費 ゼロ 省 エネ 電 池 コスト 高

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "産 業 チェ ーン 構 造 省 エネと 経 済 性 消 費 者 支 持 1 産 業 政 策 地 域 産 業 集 積 伝 統 自 動 車 産 業 チェーン+ 電 池 電 機 電 機 コントロー ル+ 充 電 施 設 廃 ガス 少 経 済 性 優 廃 ガスゼロ 燃 費 ゼロ 省 エネ 電 池 コスト 高"

Transcription

1 論 文 次 世 代 自 動 車 における 地 域 産 業 集 積 の 駆 動 力 に 関 する 研 究 トヨタの 次 世 代 自 動 車 を 例 に 高 雪 蓮 1 要 旨 本 文 はトヨタ 自 動 車 を 例 にして 次 世 代 自 動 車 産 業 のある 地 域 における 発 展 メカニズム を 研 究 する 日 米 欧 などの 世 界 各 国 は 次 世 代 自 動 車 を 重 要 な 新 興 産 業 として 認 識 し 次 世 代 自 動 車 の 推 進 振 興 策 を 通 じて 新 興 産 業 の 発 展 に 重 要 な 役 割 を 期 待 している 次 世 代 自 動 車 の 集 積 要 因 には 内 的 要 因 と 外 的 要 因 がある 内 的 要 因 は 集 積 収 益 駆 動 創 意 資 本 駆 動 学 習 と 連 合 メカニズム 環 境 保 護 理 念 があり 外 的 要 因 は 経 営 管 理 メカニズム 社 会 資 本 の 融 合 消 費 者 支 持 政 府 サービスなどがある キーワード: 新 興 産 業 次 世 代 自 動 車 地 域 集 積 駆 動 力 メカニズム Ⅰ.はじめに 2008 年 の 世 界 金 融 危 機 以 降 石 油 不 足 環 境 保 護 技 術 進 歩 および 各 国 政 府 の 支 持 によ って 自 動 車 産 業 が 次 世 代 自 動 車 産 業 化 への 転 換 を 加 速 させた 伝 統 的 自 動 車 と 比 べ 次 世 代 産 業 は 省 エネ 環 境 保 護 次 世 代 新 材 料 新 情 報 技 術 など 多 くの 新 興 産 業 要 因 を 融 合 している 技 術 要 因 産 業 チェーンの 構 造 省 エネと 経 済 性 消 費 者 の 支 持 産 業 政 策 に はさまざまな 違 いがある( 表 1) 中 国 には 次 世 代 自 動 車 の 生 産 と 消 費 は 大 都 市 に 集 中 し 地 域 的 には 高 度 な 集 積 特 徴 が 見 られる 電 池 太 陽 光 水 素 エネルギーなどを 動 力 とする 次 世 代 自 動 車 は 伝 統 的 自 動 車 のもとに 発 展 し 始 め 技 術 水 準 は なお 改 善 の 段 階 に 止 まって いる 特 に 運 行 距 離 と 充 電 は 一 番 困 難 なと ころである しかし 次 世 代 自 動 車 は 必 ず 人 々 の 消 費 居 住 生 活 仕 事 などのところに 深 い 影 響 を 与 えると 思 われる 表 1 次 世 代 自 動 車 と 伝 的 自 動 車 の 区 別 区 別 次 世 代 自 動 車 伝 統 的 自 動 車 混 合 動 力 車 (HEV) PHEV, EREV 電 気 自 動 車 (EV) 燃 料 自 動 車 (Fuelcell vehicles,fcev) 技 術 要 因 エ ン ジ ン 動 力 源 核 心 技 術 内 燃 機 電 気 機 HEV 燃 油 PHEV 燃 油 と 電 気 内 燃 機 電 池 電 気 と 電 気 コントロ ール 技 術 電 気 機 EV 電 気 使 用 FCEV 水 素 使 用 等 電 池 電 機 と 電 機 コントロール 技 術 内 燃 機 燃 油 内 燃 機 技 術 20

2 産 業 チェ ーン 構 造 省 エネと 経 済 性 消 費 者 支 持 1 産 業 政 策 地 域 産 業 集 積 伝 統 自 動 車 産 業 チェーン+ 電 池 電 機 電 機 コントロー ル+ 充 電 施 設 廃 ガス 少 経 済 性 優 廃 ガスゼロ 燃 費 ゼロ 省 エネ 電 池 コスト 高 日 本 63% 米 45% ロシア 49% スペイン 46% フラン ス 35% 中 国 20% 米 欧 州 日 本 インド トル コ 東 南 アジア 等 の 政 府 支 持 高 中 国 電 気 自 動 車 の 購 買 に 免 税 中 央 と 地 方 の 補 助 8 8の 都 市 に 実 行 中 国 の 製 造 と 消 費 地 は 北 京 上 海 長 春 重 慶 広 州 鄭 州 等 に 集 中 伝 統 的 自 動 車 産 業 チェーン 省 エネと 経 済 性 伝 統 的 自 動 車 は 主 流 で 支 持 率 降 下 中 国 大 都 市 では 購 買 制 限 北 京 上 海 広 州 天 津 杭 州 等 一 部 の 整 備 製 造 は 大 都 市 から 中 小 都 市 へ 移 す 1 世 界 六 大 電 気 自 動 車 市 場 消 費 需 給 分 析 html 資 料 :2013 年 にGfKの 調 査 報 告 である GfKはドイツにある 世 界 をリードする 消 費 品 市 場 研 究 企 業 の 一 つであり 自 動 車 の 研 究 は 主 要 業 務 である トヨタ 自 動 車 は 世 界 最 大 の 自 動 車 会 社 の 一 つであり 日 本 への 投 資 でも 海 外 への 投 資 で も トヨタ 自 動 車 およびその 傘 下 の 数 万 個 の 中 小 企 業 が 高 度 な 空 間 集 積 特 徴 を 持 ってい る 次 世 代 自 動 車 の 発 売 に 伴 い トヨタ 自 動 車 は 地 域 管 理 運 営 駆 動 メカニズム 環 境 保 護 都 市 建 設 などのさまざまな 面 において 変 化 しつつあり 人 々の 仕 事 と 生 活 に 広 い 影 響 を 与 えることになる 本 稿 の 目 的 は トヨタの 次 世 代 自 動 車 を 例 にして 次 世 代 自 動 車 産 業 および 新 興 産 業 地 域 における 集 積 要 因 を 研 究 し 各 国 および 各 地 域 における 新 興 産 業 の 発 展 に 資 することで ある Ⅱ. 先 行 研 究 地 域 産 業 の 集 積 研 究 はおもに 企 業 がある 地 域 を 選 択 して 生 産 及 び 経 営 を 発 展 させるこ とを 中 心 に 研 究 している(フジタ& Thisse 1996) [1] ウェーバーなどを 代 表 とする 古 典 派 経 済 学 理 論 は 原 材 料 と 市 場 などと 近 く 交 通 が 便 利 な 立 地 要 素 を 強 調 している フーヴ ァーなどの 近 代 経 済 理 論 は 規 模 の 経 済 理 論 に 基 づき 集 積 産 業 を 企 業 集 積 産 業 集 積 と 地 方 化 集 積 ( 都 市 と 区 域 集 積 )に 分 けている フジタなどを 代 表 とする 学 派 は 不 完 全 競 争 規 模 の 報 酬 の 増 加 輸 送 コスト 差 別 化 製 品 などの 仮 定 条 件 の 下 で 一 般 的 な 経 済 数 学 ツ ールを 使 うことによって 産 業 が 週 辺 から 中 心 に 集 積 する 中 心 周 辺 (C-P) 模 型 を 導 き 出 した 楊 小 凱 と 黄 有 光 (1999) [2 ] は 超 限 界 分 析 方 法 などを 使 い 専 門 化 分 業 取 引 コストを 産 業 集 積 と 都 市 形 成 メカニズムに 導 入 し 国 内 外 の 学 者 の 研 究 ブームになった 新 経 済 地 理 学 派 と 取 引 分 業 学 派 からの 産 業 集 積 区 と 産 業 クラスターに 対 する 研 究 成 果 をま とめると 学 者 たちは 公 認 した 産 業 集 積 影 響 の 要 素 は 資 本 ( 外 資 や 内 資 を 含 む) 技 術 ( 知 識 と 人 的 資 本 を 含 む) 企 業 間 の 連 絡 ネット などのさまざまな 面 をまとめることができる 馬 延 吉 (2007)は 地 域 産 業 の 集 積 メカニズム を 要 素 の 流 れ コストと 利 益 経 済 連 携 産 業 分 業 知 識 技 術 貿 易 牽 引 政 策 ガイド 計 画 の 仕 組 みと 市 場 メカニズム 人 口 - 資 源 - 環 境 制 約 など さまざまな 面 に 分 けている 3 殷 広 衛 (2011)は 新 経 済 地 理 視 点 の 下 で 経 済 関 連 産 業 集 積 メカニズムと 知 識 関 連 に 分 けている 4 白 積 洋 (2012)は 財 産 権 の 保 護 金 融 貿 易 労 働 力 流 動 の 規 制 投 資 政 策 などの 区 域 制 度 の 手 配 を 内 生 取 引 コスト として 数 量 化 し 2002~2009 年 に 中 国 の 20 個 の 2 桁 分 業 界 の 集 積 レベルを 計 り 集 積 メ カニズムを 研 究 した 5 とにかく 現 在 の 21

3 産 業 地 域 集 積 の 多 くの 既 存 研 究 はマクロ 的 な 要 因 の 分 析 と 抽 出 である 知 識 技 術 集 約 と 省 エネ 環 境 保 護 を 特 徴 と した 新 興 産 業 が 登 場 してから 新 興 産 業 集 積 の 研 究 が 新 たな 焦 点 となった アモリー( )などが 始 めて 自 然 資 本 の 概 念 を 提 示 し 地 球 の 生 態 システムから 提 供 されたサ ービス 価 値 を 重 視 すべきであると 主 張 した 年 に Rio+20 国 連 の 持 続 的 発 展 大 会 において 57カ 国 欧 州 委 員 会 及 び 80 個 以 上 の 民 営 企 業 が 空 気 水 資 源 の 処 理 森 と 他 の 生 態 系 統 内 の 自 然 資 源 の 価 値 を 計 算 するこ とを 支 持 した モリソン(2008)は 地 方 性 の 産 業 集 積 が 知 識 を 収 集 する 各 種 の 専 門 的 で 社 会 的 オブザーバーネットワークを 持 っている ことを 発 見 した 他 の 地 域 より 活 気 があると 考 えられている 7 カマニ(2008)は 地 域 資 本 が 制 度 要 素 ( 安 定 的 な 企 業 間 のネットワ ークなど) 知 的 資 本 社 会 資 本 ( 協 力 精 神 と 互 恵 )と 公 的 補 助 ( 集 団 行 動 支 援 ) 地 域 全 体 の 潜 在 力 を 向 上 させることができるとい う 8 张 世 如 (2011)が 収 益 変 遷 に 基 づき 集 積 からメカニズムへの 形 成 を 検 討 し ルー ル 制 度 メカニズムから 企 業 知 識 共 有 地 域 資 源 環 境 資 本 融 通 とリスク 保 障 問 題 を 改 善 し 戦 略 的 新 興 産 業 を 育 つことを 提 示 した 9 先 行 研 究 は 一 般 的 な 経 済 技 術 と 産 業 成 長 の 観 点 に 集 中 しており 新 興 産 業 のある 地 域 で 集 積 力 への 重 視 が 足 りない 特 に 具 体 的 な 産 業 構 造 のミクロ 的 メカニズムへの 分 析 が 不 足 しており 実 践 への 利 用 ができない これも 地 域 戦 略 的 新 興 産 業 の 選 択 が 直 接 国 民 経 済 の 主 導 産 業 の 选 択 基 準 を 適 用 し 区 域 の 空 間 特 性 と 産 業 基 盤 を 無 視 した 結 果 であると 思 われる( 欧 陽 嶢 生 延 超 2010) 10 Ⅲ. 新 興 産 業 集 積 の 促 進 要 因 及 びそのメカ ニズム 新 興 産 業 集 積 が 内 的 要 因 と 外 的 要 因 の 二 重 の 力 に 影 響 されている 内 的 要 因 がまるで 春 にまいた 種 のように 内 部 の 決 定 的 力 からの ものである 外 的 要 因 は 新 興 産 業 の 芽 を 成 長 させる 日 光 空 気 と 雨 露 であり 両 者 とも 必 要 である そのメカニズムは 図 1 のように 描 くことができる 1. 内 的 メカニズム 内 的 要 因 は 新 興 産 業 の 台 頭 と 発 展 を 導 く 重 要 な 源 泉 であり 内 因 駆 動 と 呼 ばれる 内 的 要 因 は 四 つある 一 つ 目 は 産 業 の 基 礎 的 収 益 である 新 興 産 業 は 完 全 に 新 しい 勢 力 として 突 然 に 現 れる 産 業 ではなく 多 くの 場 合 は 既 存 産 業 の 元 で 再 生 したものである すでに 形 成 した 産 業 の 基 礎 的 収 益 は 産 業 集 積 の 基 礎 で あり 企 業 の 生 存 と 発 展 の 根 本 である 二 つ 目 は 産 業 の 革 新 的 収 益 である 新 製 品 は 未 来 市 場 の 主 流 で 企 業 と 産 業 の 未 来 であ る 革 新 は 産 業 の 長 期 的 収 益 を 決 める 三 つ 目 は 研 究 と 連 動 メカニズムである 複 雑 多 端 かつ 変 換 が 大 きい 市 場 環 境 の 下 で 企 業 自 身 だけでは 超 過 収 益 を 獲 得 することが 難 しい 企 業 間 の 相 互 勉 強 模 倣 と 連 合 が 欠 かせない 産 業 基 礎 と 革 新 的 収 益 に 重 要 な 役 割 を 図 っている 四 つ 目 は 環 境 保 護 の 理 念 である 全 世 界 環 境 が 悪 化 と 人 々が 大 手 企 業 への 期 待 が 高 まる こととともに 多 くの 新 興 産 業 は 環 境 保 護 を 自 分 の 企 業 の 理 念 として 内 在 化 した たとえ ば 次 世 代 自 動 車 産 業 の 各 大 手 企 業 は 低 燃 費 低 炭 素 排 出 などの 持 続 的 発 展 の 要 求 を 企 業 の 指 導 原 則 にしている この 四 つの 要 因 は 一 つも 欠 かせない その メカニズムは 次 の 通 りである 環 境 保 護 理 念 は 企 業 にとって 製 品 革 新 の 指 導 方 向 であり 基 礎 的 収 益 は 既 存 顧 客 層 を 保 障 するためであ る 製 品 の 革 新 と 革 新 的 収 益 は 未 来 の 収 益 を 把 握 する 役 割 を 果 たしている 基 礎 的 収 益 研 究 と 連 合 を 通 じて 革 新 的 収 益 に 資 金 を 提 供 したり 知 恵 を 支 持 したりする 22

4 迎 度 である 四 つ 目 は 空 間 集 積 である 空 間 集 積 は 収 縮 と 拡 張 の 二 つの 方 向 がある 前 者 は 零 細 から 集 積 へ 後 者 は 一 定 の 程 度 まで 集 積 してから 外 へ 拡 張 し 始 める その 外 は 地 元 本 国 と 海 外 展 開 などを 指 している Ⅳ. 次 世 代 自 動 車 の 産 業 集 積 における 内 2. 外 的 メカニズム 外 的 要 因 は 企 業 の 生 産 経 営 行 為 を 直 接 に 決 めることができないが 企 業 と 産 業 に 影 響 を 与 えることがある さらに 産 業 の 発 展 方 向 を 決 めることもできる もし 適 切 な 運 用 ができ れば 新 興 産 業 に 重 要 なプラス 効 果 をもたら すことができる 外 的 要 因 は 四 つの 面 が 含 まれている 一 つ 目 は 政 府 の 職 能 である 政 府 の 職 能 は 新 興 産 業 の 発 展 を 促 進 する 重 要 な 外 的 要 因 である 産 業 の 初 期 段 階 において 巨 大 な 資 金 と 市 場 の 支 持 が 必 要 なので 政 府 は 財 政 資 金 特 別 手 当 税 収 特 恵 政 府 の 仕 入 れ 環 境 保 護 の 立 法 研 究 連 盟 プラットフォームなど 手 段 を 通 じて 支 持 を 提 供 することができる これ らの 支 持 は 新 興 産 業 の 内 的 要 因 が 影 響 させる ことができる 例 えば 税 収 優 遇 は 企 業 の 基 礎 収 益 を 直 接 に 拡 大 することができ 革 新 的 活 動 への 財 政 補 助 は 企 業 の 革 新 的 収 益 の 拡 大 を 育 つことができる 研 究 プラットフォームの 成 立 は 企 業 間 の 勉 強 と 真 似 を 加 速 させること ができ 環 境 保 護 への 厳 しい 立 法 は 企 業 の 環 境 保 護 理 念 への 樹 立 に 役 に 立 つ 二 つ 目 は 社 会 資 本 である 社 会 資 本 は 企 業 と 現 地 経 済 活 力 の 融 合 程 度 である たとえば 他 の 企 業 は 新 興 行 為 を 認 めるかどうか 住 民 は 住 居 環 境 へ の 影 響 を 賛 成 するかどうか 競 争 相 手 関 連 企 業 との 関 係 をどうやって 処 理 することなど がある 三 つ 目 は 消 費 者 は 新 製 品 発 売 への 歓 的 要 因 1. 集 積 による 収 益 要 因 集 積 収 益 は 自 動 車 業 界 の 最 も 基 本 的 な 収 益 である 豊 田 市 は 全 世 界 において 有 名 な 自 動 車 産 業 集 積 企 業 であり 多 く 部 品 企 業 がコア 大 企 業 のトヨタを 中 心 に ピラミッド 型 の 集 積 組 織 を 形 成 している 頂 点 に 立 つトヨタ 本 社 は 25%の 自 動 車 部 品 を 自 社 生 産 しており 傘 下 に 168 家 の 1 級 下 請 会 社 4700 家 の 2 級 下 請 企 業 家 の 3 級 下 請 負 企 業 を 持 っ ている それ 以 外 に 多 くの 関 連 中 小 企 業 も 存 在 している トヨタ 自 動 車 はとこれらの 部 品 企 業 とお 互 いに 信 頼 競 争 の 緊 密 的 なネット ワーク 関 係 を 維 持 している 1980 年 代 では トヨタ 自 動 車 はアメリカで 投 資 し を 立 ち 上 がり 主 要 の 部 品 企 業 も 一 緒 についてい った トヨタ 自 動 車 の 総 を 中 心 に 160 社 の 自 動 車 製 造 などを 含 めたトヨタ 自 動 車 産 業 集 積 地 はアメリカの 南 部 アラバマ 州 に 直 径 10 km ぐらいの 範 囲 面 積 は 約 8000 万 平 方 メートルのトヨタの 産 業 区 を 形 成 した ホンダ メルセデス 現 代 自 動 車 もこの で 投 資 するようになり 南 方 のデトロイト と 呼 ばれるようになった その 後 トヨタ 自 動 車 はヨーロッパ オーストラリア 南 米 インド 中 国 天 津 四 川 などに 投 資 し アイ シン 精 機 日 本 電 装 などの 大 型 部 品 メーカー も 行 動 し 看 板 方 式 管 理 と 緊 密 的 な 関 連 企 業 の 内 部 ネットワークによって 独 特 なグ ローバル 自 動 車 産 業 集 積 を 形 成 した 2012 年 12 月 末 まで トヨタ 自 動 車 は 全 世 界 の 27 カ 国 地 域 に 52 個 の 海 外 生 産 を 建 設 した 23

5 160 カ 国 地 域 に 販 売 店 も 成 立 し グローバ ル 事 業 展 開 を 行 っている トヨタ 自 動 車 の 海 外 生 産 子 会 社 は 図 2 のように 示 されている1 図 2 トヨタ 自 動 車 の 海 外 生 産 製 造 会 社 好 な 市 場 に 目 指 し 次 世 代 自 動 車 も 同 じであ る 2006~2011 年 に 全 世 界 における 次 世 代 自 動 車 の 開 発 特 許 活 動 の 伸 び 率 が 182%であ り トヨタの 特 許 数 量 は 首 位 に 置 き 2006 年 の 1092 項 目 から 2011 年 の 1901 項 目 まで 増 加 した トヨタ 会 社 の 創 意 資 本 も 本 国 の 同 業 者 の 開 発 集 積 効 果 の 恩 恵 を 受 けている 2011 年 に 日 本 企 業 が 世 界 特 許 総 量 の 55%を 獲 得 し 特 許 数 上 位 20 の 会 社 の 中 に 日 本 企 業 の 特 許 数 は 4578 個 (69.3%) 韓 国 は 877 個 で(13. 3%) アメリカは 593 個 で(9.0%) ドイ ツ 556 個 (8. 4%)を 占 めている( 表 1) [11] トヨタの 産 業 集 積 方 式 は 大 きな 収 益 を 獲 得 表 表 年 と 2011 年 における 全 世 界 の 代 替 可 能 した 近 年 において トヨタは 様 々な 不 利 な 条 件 があったが 利 益 の 増 加 はとどまってい ない リーマンショックの 前 2007 年 度 の 利 益 兆 円 以 来 トヨタの 営 業 利 益 は 5 年 ぶりに 1 兆 円 を 超 えた 2012 年 度 (2012 年 4 月 ~2013 年 3 月 )の 連 結 営 業 利 益 (アメリカ 会 計 基 準 )は 1 兆 3208 億 円 に 達 した 前 年 同 月 比 より 271.4%を 増 加 した 純 利 益 は 9621 億 円 ( 約 人 民 元 614 億 元 )で 前 年 同 期 比 よ り 239.3% 増 加 した 現 在 の 利 益 は 企 業 発 展 の 基 礎 であり 伝 統 のガソリン 車 は 多 くの 顧 客 の 主 な 選 択 肢 として トヨタの 収 益 源 となる なので トヨタは 次 世 代 自 動 車 の 開 発 を 重 視 する 一 方 消 費 者 のニーズに 合 わせ ガソリ ン 車 への 新 技 術 の 開 発 に 取 り 込 み 効 率 をあ げ エネルギー 消 費 を 減 らすことを 目 指 して いる 2. 創 意 資 本 に 関 する 集 積 要 因 伝 統 産 業 の 製 品 と 比 べると 新 製 品 は 高 い 付 加 価 値 があり 新 興 産 業 の 狙 いは 将 来 の 良 1 図 2 図 3 表 2 と 表 3 やデータは Toyota in the world 2013 より.トヨタ 自 動 車 :http // / 順 位 エネルギーの 特 許 権 者 およびその 変 動 特 許 権 所 属 本 部 所 在 地 2011 年 の 記 録 2006 年 の 記 録 五 年 間 の 増 加 率 (%) 1 トヨタ 自 動 車 日 本 本 田 自 動 車 日 本 デンソ 株 式 会 社 日 本 ゼネラルモーターズ アメリカ 松 下 株 式 会 社 日 本 AG ドイツ 現 代 自 動 車 韓 国 日 産 自 動 車 日 本 GmBH ドイツ 三 洋 電 機 日 本 フォード 全 世 界 技 術 LLC アメリカ 住 友 電 装 株 式 会 社 日 本 サムソン 韓 国 アイシン 株 式 会 社 日 本 三 菱 電 子 会 社 日 本 東 芝 KK 日 本 SB LiMotive 韓 国 は 0 18 日 立 製 造 日 本 LG 電 子 株 式 会 社 韓 国 韓 国 高 級 研 究 所 韓 国 データ:http://www.thomsonreuters.com により 24

6 表 2. トヨタ 自 動 車 研 究 開 発 センター 国 家 / 地 域 名 前 成 立 年 所 在 地 ( 選 んだ 理 由 ) 業 務 本 社 技 術 センター 1954 年 日 本 愛 知 県 豊 田 市 ( 本 部 生 産 管 理 開 発 センター) 製 品 企 画 デザイ ン 車 輛 評 価 価 日 本 トヨタ 中 央 研 究 所 東 京 デザイン 研 究 所 1960 年 1963 年 愛 知 県 長 久 手 市 ( 地 価 が 安 くて 自 動 車 試 験 を 行 いや すい 名 古 屋 と 近 い) 東 京 都 ( 全 国 の 研 究 販 売 集 積 地 であり 情 報 の 収 集 に 便 利 ) 基 礎 研 究 先 行 研 究 東 富 士 研 究 所 1966 年 静 岡 県 裾 野 市 ( 実 力 が 高 い) 先 行 開 発 士 別 试 验 场 1984 年 北 海 道 士 別 市 ( 地 形 と 気 候 が 自 動 車 の 試 験 に 有 利 ) 評 価 ア メ リ カ CALTY デザイン 研 究 ( 株 ) トヨタ 自 動 車 製 造 アメリカセンター 1973 年 カリフォニア 州 1977 年 ミシガン 州 カリフォ ニア 州 アリゾナ 州 ワシントン D.C 市 场 の 所 在 地 で 全 世 界 の 自 動 車 研 究 センターであ る 資 源 豊 富 で 情 報 収 集 に 便 利 デザイン 製 品 企 画 デザイ ン 評 価 基 礎 研 究 ヨ ー ロ ッ パ トヨタ 自 動 車 ヨー ロッパ 会 社 TMG 1987 年 ベルギー イギリス ドイツ 市 场 の 所 在 地 であり, 自 動 車 研 究 への 実 力 が 高 い デザイン 評 価 欧 州 の 開 発 センタ ー 東 南 ア ジ ア 中 国 トヨタ 欧 州 デザイ ン 開 発 有 限 会 社 トヨタアジア 製 造 会 社 トヨタアジア 技 術 センターオースト ラリア 子 会 社 天 津 一 汽 トヨタ 自 動 車 有 限 会 社 一 汽 トヨタ 技 術 開 発 センター 広 州 豊 田 自 動 車 有 限 会 社 研 究 開 発 セ ンター トヨタ 自 動 車 研 究 センター( 中 国 ) 有 限 会 社 2000 年 フランス デザイン 2003 年 タイ 生 産 基 地 と 市 場 の 所 在 地 である デザイン 評 価 2003 年 オーストラリア デザイン 評 価 2008 年 天 津 市 2009 年 広 州 2010 年 江 苏 省 常 熟 市 ( 上 海 と 近 い) デザイン 評 価 認 定 デザイン 評 価 認 定 環 境 技 術 デザイ ン 評 価 基 礎 研 究 次 世 代 自 動 車 25

7 日 本 全 国 の 試 験 研 究 機 関 リス ト によると 日 本 は 6100 の R & D 研 究 開 発 機 構 があり 主 に 東 京 都 大 阪 府 名 古 屋 市 に 集 中 されている 名 古 屋 市 と 愛 知 県 の 他 の 都 市 は トヨタ 自 動 車 を 中 心 に 型 研 究 開 発 の 集 積 地 である 12 ] 日 本 以 外 において トヨタ 自 動 車 はアメリカ ヨーロッパ アジ アと 中 国 にも 自 動 車 研 究 開 発 センターを 設 置 している( 表 2) 調 査 によると トヨタの 研 究 開 発 センター は 基 礎 研 究 応 用 研 究 と 先 行 開 発 研 究 に 分 け られている これらの 研 究 開 発 センターでは 東 富 士 研 究 所 の 実 力 は 一 番 高 く 先 行 研 究 開 発 を 担 当 し 主 導 的 地 位 を 占 めている 残 り の 研 究 開 発 センターは 基 礎 研 究 応 用 研 究 を 中 心 に 行 い 海 外 の 研 究 センターは 主 に 情 報 収 集 現 地 市 場 の 需 要 に 合 わせ デザイン を 改 善 する 業 務 を 行 っている 東 富 士 研 究 所 が 所 在 している 裾 野 市 は 人 しかいな いが 矢 崎 ( 総 合 業 務 本 社 機 能 ) キヤノン ( 富 士 裾 野 調 査 公 園 ) トヨタ 自 動 車 東 日 本 ( 東 富 士 総 合 センター 東 富 士 須 山 工 場 ) 三 菱 アルミニウム( 富 士 製 作 所 ) ア ルバック( 富 士 裾 野 半 導 体 技 術 研 究 所 ) ヤクルト 本 社 ( 富 士 裾 野 ) 東 海 ゴム 工 業 ( 富 士 裾 野 製 作 所 ) トヨタ 紡 織 ( 富 士 裾 野 )などの 会 社 と 機 関 がここにある 先 進 的 集 積 先 端 技 術 研 究 都 市 ともいえる 1997 年 に トヨタは 世 界 初 の 量 産 ハイブリ ッド 車 プリウスを 発 売 し ハイブリッド 技 術 を 開 発 環 境 車 に 必 要 な 中 核 技 術 として 位 置 づけている 電 動 機 インバータ 電 池 お よび ECU などの 主 要 部 品 の 開 発 生 産 に 力 を 入 れている 日 本 の 専 門 分 析 会 社 Patent Result 会 社 が2011 年 2 月 に 発 表 した 調 査 結 果 による と トヨタ 自 動 車 は 自 動 車 動 力 の 核 心 的 技 術 分 野 - 動 力 電 池 の 面 においては 間 違 いなく 第 一 位 を 占 め 第 二 位 の 日 本 電 装 もトヨタ 自 動 車 の 所 属 部 品 企 業 である 2012 年 に トヨ タ 自 動 車 は アメリカ 特 許 商 標 局 の 特 許 を 獲 得 し 1491 個 の 申 請 をもらった 2011 年 より 30%を 増 加 した 2013 年 6 月 の 末 まで トヨ タの 全 係 ハイブリッドモデル( 外 挿 プラグイ ンハイブリッド 車 を 含 む)は 世 界 累 計 販 売 台 数 は 530 万 台 を 突 破 し その 中 でプリウスの 世 界 累 計 販 売 台 数 は 300 万 台 を 突 破 した 2003 年 と 2009 年 にトヨタは 第 2 世 代 と 第 3 世 代 のプリウスを 販 売 し 始 めた 第 1 世 代 か ら 現 在 の 第 3 世 代 のプリウスまで トヨタは ハイブリッドシステムのコストを 従 来 の 3 分 の 1 に 下 げたが 燃 費 経 済 性 には 28km / L か ら 38km / L まで 引 き 上 げた 第 3 世 代 のプリ ウスは 1261 個 の 新 しい 特 許 を 所 有 し その 名 前 と 同 じ 意 味 時 代 を 導 く( プリウス はラテン 語 で 先 駆 け )に 見 合 った 革 新 的 発 展 を 実 現 した にもかかわらず 新 エネル ギー 車 の 見 通 しが 良 く 収 益 から 見 ると 第 3 世 代 のプリウスはさらにコストを 削 減 する 必 要 があり そうすると 販 売 価 格 をさらに 下 げていく 次 世 代 自 動 車 の 核 心 技 術 を 集 中 的 に 研 究 す る 以 外 トヨタ 自 動 車 の 革 新 的 開 発 は 自 動 車 関 連 領 域 にも 拡 張 している 2011 年 11 月 に トヨタ 自 動 車 傘 下 のトヨタ 住 宅 会 社 とトヨタ 知 識 共 同 開 発 建 設 センターが 連 携 し スマー ト 住 宅 を 建 設 し 始 めた 太 陽 光 で 発 電 と 蓄 電 を 行 うことと 自 動 車 の 充 電 家 庭 のエネル ギー 管 理 住 宅 情 報 技 術 (IT)を 結 びつけ 豊 田 市 への 普 及 を 行 った 13 ] これらの 革 新 的 領 域 への 開 発 は 次 世 代 自 動 車 の 充 電 と 駐 車 中 の 電 気 利 用 に 準 備 するだけではなく も っと 広 い 分 野 の 市 場 は 新 型 住 宅 や 生 活 スタイ ルの 変 化 にあると 思 われる 3. 学 習 と 連 合 メカニズム 電 気 自 動 車 の 初 期 投 資 が 巨 大 で 高 技 術 開 発 固 定 資 産 投 資 人 的 コスト 原 材 料 の 仕 入 れ 価 格 運 営 コストなどをかかる 巨 額 の 26

8 初 期 投 資 は 多 くの 自 動 車 企 業 にとって 不 可 能 である トヨタ BMW のような 実 力 が 高 い 大 手 会 社 でも 連 携 する 必 要 もある 2011 年 12 月 に トヨタはドイツの BMW とエコカー 技 術 協 力 協 定 を 結 びつき 2013 年 1 月 に 共 同 開 発 燃 料 電 池 システム 共 同 開 発 スポ ーツモデル 共 同 研 究 開 発 軽 量 化 技 術 の 正 式 的 協 力 協 議 と 後 リチウムイオン 電 池 研 究 協 議 に 署 名 した コスト 削 減 品 質 向 上 部 品 シリーズ 化 標 準 化 を 実 現 するために 日 本 トヨタ アメリカGMとドイツフォルク スワーゲンの 三 大 集 団 は 一 部 の 標 準 部 品 デー タベースを 共 同 的 に 作 ることを 行 った 2013 年 3 月 末 に トヨタ 自 動 車 は 2015 年 から 部 品 の 共 通 化 などを 中 心 とする 新 設 計 方 式 ト ヨタの 新 しい 世 界 のアーキテクチャ(Toyota New Global Architecture 略 称 TNG)を 新 型 車 に 採 用 することを 発 表 した 自 動 車 のシャー シを 例 にして 約 4000~5000 種 類 の 部 品 の 中 で 2~3 割 で 共 通 化 を 実 行 し 未 来 はさらに 7~8 割 までアップし 開 発 効 率 を 20~30%を 向 上 することができる そして エンジンと 変 速 機 の 開 発 を 強 化 することもで きる 14 このような 共 同 開 発 と 連 盟 メカニ ズムは 自 動 車 産 業 革 新 を 続 けさせることと 新 興 産 業 の 地 位 を 保 つことができる 4. 環 境 保 護 理 念 世 界 の 大 手 自 動 車 は 環 境 保 護 持 続 的 発 展 と 社 会 的 責 任 を 企 業 の 運 営 管 理 の 必 須 してい る トヨタはこの 面 では 上 位 を 維 持 している 1992 年 に 定 めた トヨタ 地 球 環 境 憲 章 と 1997 年 に 改 正 した トヨタの 基 本 理 念 から トヨタは エコかつ 安 全 な 製 品 を 提 供 する 使 命 を 提 示 した 2005 年 に トヨタは 社 会 地 球 の 持 続 的 発 展 に 貢 献 する という 方 針 を 作 り 2008 年 7 月 にはそれを CSR (Contribution towards Sustainable Development Rationale) 方 針 にアップした ト ヨタは 環 境 対 応 を 会 社 経 営 の 中 で 最 も 重 要 な 課 題 の 一 つとして 日 本 本 土 にも 世 界 各 国 地 域 の 各 分 野 に 環 境 管 理 体 制 の 整 備 を 推 進 し ている 第 5 回 トヨタ 環 境 行 動 計 画 ( )から 環 境 リスクとビジネスチャンス から 年 のトレンドを 確 定 し 低 炭 素 型 社 会 の 構 築 循 環 型 社 会 と 環 境 保 護 自 然 との 調 和 共 生 社 会 を 提 示 し 環 境 委 员 会 への 成 立 を 通 じて ( 豊 田 市 1992 年 ~ ヨー ロッパ 2003 年 ~ 北 米 2004 年 ~ 南 米 2006 年 ~ 中 国 2007 年 ~ オーストラリア アジ ア 2007 年 ~ 南 アフリカ 2008 年 ~) 連 結 子 会 社 の 多 くと 一 緒 に 地 球 環 境 管 理 の 共 同 行 動 計 画 を 実 施 している 発 売 されたハイブリッド 省 エネ 自 動 車 は 世 界 首 位 の 販 売 数 を 実 現 したほか トヨタの 環 境 保 護 面 の 成 績 は 2012 年 のハイブリッド 車 の 二 酸 化 炭 素 の 排 出 削 減 量 34.1 百 万 トンに 達 したこともある 2013 年 3 月 末 までに トヨ タは 市 場 に 20 機 種 のハイブリッド 車 を 投 入 した 2015 年 末 に 市 場 投 入 19 種 類 の 新 型 の ハイブリッド 車 を 販 売 するつもりである Ⅴ. 新 興 産 業 クラスタリングの 外 因 メカニズ ム 1. 空 間 集 積 構 造 豊 田 市 は 日 本 の 製 造 業 の 中 心 愛 知 県 名 古 屋 市 東 部 から 30 キロ 離 れたところにある 2013 年 末 に 人 口 は 万 人 である 旧 姓 は 挙 母 市 で 挙 母 とは 養 蚕 と 関 係 があり 昔 養 蚕 が 盛 んだった 20 世 紀 の 初 めに 自 動 織 機 を 発 明 した 豊 田 佐 吉 氏 が 株 式 会 社 豊 田 自 動 織 機 製 作 所 を 設 立 し 1933 年 に 自 動 車 部 門 を 設 立 した 1937 年 自 動 車 部 門 は 正 式 に 独 立 し トヨタ 自 動 車 工 業 株 式 会 社 とし 発 足 した トヨタ 自 動 車 は 大 きな 発 展 を 成 し 遂 げ 今 日 の 自 動 車 業 界 のリーダーにな った 1959 年 にトヨタ 自 動 車 産 業 の 振 興 と 貢 27

9 献 のために 改 名 して 豊 田 市 となった トヨタ 自 動 車 が 豊 田 市 全 体 の 発 展 を 支 えて きた トヨタは 日 本 国 内 で 計 12 ( 図 3 と 表 3)があるが 全 部 愛 知 県 内 に 配 置 して いる そのうちの 7 社 が 豊 田 市 で また 5 家 は 西 臨 の 三 好 市 と 隣 の 市 町 村 にある 豊 田 市 の 調 査 によると 70 %の 人 口 は トヨタグル ープ 関 係 の 仕 事 に 従 事 し 市 内 に 製 造 業 の 人 口 は 約 8. 8 万 人 80% 以 上 はトヨタ 自 動 車 表 あ3. 表 年 にトヨタ 自 動 車 は 日 本 本 土 におけ るいは 部 品 の 職 員 である 30%の 税 金 の 由 来 は トヨタ 自 動 車 である 1937 年 から 2001 年 トヨタグループが 豊 田 市 に 約 29 億 円 を 寄 付 した トヨタが 建 てた 病 院 博 物 館 体 育 館 なども 豊 田 市 市 政 の 公 用 施 設 になり トヨタおよび 関 連 企 業 の 従 業 員 の 給 料 も 現 地 商 業 (レストランや 商 店 など)のサービスの 主 要 な 収 入 源 となり 都 市 全 体 と 週 辺 地 域 は 皆 トヨタと 緊 密 につながっている トヨタ 自 動 車 の 影 響 範 囲 は 豊 田 市 とその 週 辺 に 限 らず 愛 知 県 における 公 共 サービス 施 設 への 影 響 も 大 きい 調 査 したところ 愛 知 県 名 古 屋 庁 所 在 地 名 古 屋 および 県 内 の 都 市 に て 鉄 道 公 共 交 通 機 関 の 運 賃 は 高 い 駐 車 場 の 施 設 建 設 が 多 自 動 車 の 消 費 を 奨 励 してい る 愛 知 県 内 の 自 動 車 販 売 台 数 を 見 ると ト ヨタブランドが 絶 対 優 位 を 占 めている [15] トヨタ 会 社 の 空 間 集 結 が 体 現 しているだけ でなく 海 外 向 けて 拡 張 している ホスト 国 でも 空 間 聚 集 の 方 式 で 集 中 地 域 に 集 中 して いる 自 動 車 の 部 品 と 大 量 生 産 に 集 中 が 必 要 であるとともに 会 社 が 地 方 に 集 中 すること で 現 地 社 会 文 化 に 溶 け 込 みやすい 社 会 資 本 の 融 合 とも 密 接 に 関 連 している る 生 産 の 概 況 成 立 年 生 産 数 従 業 員 数 業 務 内 容 生 産 品 目 月 ( 千 台 ) ( 人 ) 本 社 元 町 上 郷 高 岡 三 好 堤 明 知 下 山 衣 浦 田 原 貞 宝 広 瀬 部 件 ハイブリッド 車 用 部 件 シャーシ 部 品 ,776 王 冠 MarkX Estima LFA ,085 エンジン ,034 カロラー iq Auris ,293 駆 動 関 連 部 品 製 造 部 件 エンジン 関 連 部 品 ,456 プリウス Premio Allion SciontC ,045 駆 動 関 連 部 品 ,512 エンジン タービンの 増 圧 器 触 媒 のコンバータ ー ,535 駆 動 関 連 部 品 ,062 レクサス LS GS IS GX RAV4 Wish ,821 Vanguard エンジン 機 械 設 備 樹 脂 型 铸 造 型 铸 锻 型 ,083 電 子 制 動 装 置 IC など の 研 究 開 発 及 び 生 産 ,605 合 計 社 会 資 本 の 融 合 社 会 資 本 融 合 の 表 現 は 2 つのレベルに 現 れ ている (1) 現 地 の 社 会 文 化 と 主 動 的 に 溶 け 込 む (2) 地 方 社 会 文 化 との 衝 突 を 避 け る (1) 地 方 社 会 文 化 との 融 合 トヨタは 現 地 の 社 会 に 溶 け 込 むことをきわ 28

10 めて 重 視 している 成 立 してから 社 会 を 奉 献 する トヨタの 基 本 理 念 を 確 立 この 企 業 文 化 は 社 会 発 展 のプロミスに 大 きな 影 響 を 与 えている 集 団 指 導 者 の 豊 田 家 は 日 本 特 有 の 商 習 慣 をいかんなく 発 揮 し 地 方 社 会 の 人 気 縁 血 縁 関 係 を 生 かし 地 方 社 会 の 親 和 力 と 信 頼 度 は 西 洋 社 会 の 商 業 化 過 ぎる 市 場 経 済 の 規 則 を 遥 かに 上 回 る この 独 特 の 商 習 慣 の 下 企 業 が 相 互 信 頼 関 係 を 築 き 短 期 経 済 利 益 を 重 視 するとともに 企 業 互 助 の 共 同 対 応 を 通 じて 困 難 を 乗 り 越 え 正 規 と 非 正 規 の 雇 用 で 取 引 コストを 最 小 限 にし 企 業 間 の 共 同 の 長 期 利 益 を 守 っている このような 相 互 依 存 は 企 業 と 企 業 の 間 にあ るだけではなく 企 業 と 従 業 員 企 業 と 社 会 の 間 にもある トヨタは 労 使 相 互 信 頼 創 造 性 を 十 分 に 発 揮 することを 企 業 文 化 の 理 念 と して 16 フォード GM などアメリカの 会 社 に 比 べて トヨタ 会 社 のリーダーが 謙 遜 節 約 効 率 を 重 視 することで [ 17 ] 従 業 員 に 尊 重 されている この 利 点 がデトロイト 危 機 にお いてもっとも 鮮 明 に 現 れた トヨタ 市 民 はト ヨタに 強 い 誇 りを 持 っている 多 くのトヨタ の 指 導 者 は 一 年 中 東 京 本 社 オフィスに 居 ても その 豊 田 市 にある 住 宅 は 保 留 している 社 会 資 本 の 融 合 は 海 外 投 資 の 時 ホスト 国 への 融 合 にも 現 れている 1983 年 アメリカ の 貿 易 保 護 主 義 に 対 応 するため アメリカの 市 場 を 拡 大 し トヨタとゼネラルモーターズ が 契 約 を 結 び カリフォルニア 州 フリーモン ト 市 で 共 同 生 産 を 行 い 看 板 方 式 をアメ リカに 導 入 した 1996 年 以 降 は トヨタが 基 地 分 散 生 産 の コツ を 採 用 し 単 一 の 完 成 車 の 集 中 場 所 と 関 連 部 品 を 各 州 に 分 散 した トヨタはアメリカの 部 品 サプライヤ ーに 無 料 にトヨタ 生 産 方 式 を 指 導 し トヨタ の 文 化 を 宣 伝 した 消 費 者 に 対 しては 試 乗 マーケティングの 方 式 で ハイブリッド 車 アクア と プリウ ス を 発 売 し 消 費 者 から 深 く 歓 迎 されてい る トヨタは 自 社 がアメリカの 地 元 企 業 をし っかり 証 明 して アメリカに 税 金 を 払 ったり 就 職 を 促 したり 地 元 の 経 済 社 会 に 貢 献 した りする いずれもトヨタにはアメリカ 社 会 へ 溶 け 込 む 近 道 である 更 に 例 えば 2012 年 9 月 に 中 国 市 場 では 釣 魚 島 領 有 権 をめぐり 日 系 車 ボイコットが 勃 発 した 時 トヨタ 自 動 車 を 迅 速 に 中 国 での 策 略 を 調 整 し 従 来 の ト ヨタ 中 国 を 中 国 トヨタ に 変 えた (2) 社 会 の 矛 盾 や 対 立 への 処 理 社 会 の 矛 盾 と 衝 突 の 処 理 は 大 企 業 にとって 非 常 に 重 要 であり 企 業 の 運 命 と 未 来 をきめ るものである 一 つの 突 出 した 問 題 はトヨタ がどうやって 革 新 的 発 展 と 伝 統 産 業 の 間 の 関 係 を 調 整 することである アメリカ 自 動 車 城 デトロイトの 苦 境 に 対 して トヨタは 枕 を 高 くして 眠 るという 意 味 ではない GM フォ ードのようなライバルのほか トダークホー スにも 注 意 を 払 わなければならない 例 えば 2013 年 にて 人 気 があった 電 気 自 動 車 (テス ラ)はアメリカシリコンバレーの1つの 小 企 業 である スタンフォード 大 学 の 修 士 が 2003 年 にこの 企 業 を 創 設 した 現 在 すでに 自 動 車 界 の アップル の 勢 いである 傘 下 ブラン ドテスラ Roadster がイオンエネルギーシステ ムを 用 いて 1 回 の 充 電 で 352 キロまで 走 れ る 高 級 モデル S の 航 続 距 離 は 265 マイルに なる 急 速 充 電 ステーションで 半 時 間 で 200 マイル 走 る 電 力 が 蓄 えられ 現 在 市 場 にある 電 気 自 動 車 のすべてをこえた GM フォー ド 大 衆 電 気 自 動 車 ホンダがパニックに 陥 った テスラの 創 始 者 は 研 究 プロジェクトに 発 見 した 豊 田 プリウスの 購 買 層 は 省 オイ ルを 考 えず 一 種 の 環 境 問 題 の 表 現 として 現 れた そこで 自 動 車 製 品 市 場 ポジショニング は 高 収 入 で 環 境 保 護 意 識 を 持 つ 人 やセレブに 対 して 新 エネルギーと 結 合 するスポーツカ ーを 開 発 した 市 場 のニーズに 合 う 革 新 技 術 29

11 は 常 にわいてくることからみれば 自 動 車 会 社 の 大 小 にかかわらず 革 新 的 な 精 神 を 持 た ないと 衰 退 するしかない しかし 欧 米 の 大 手 自 動 車 と 違 い トヨタ は 部 品 企 業 と 密 接 な 関 係 をもつ さらに 関 連 企 業 の 収 益 をも 考 慮 する 車 の 開 発 と 運 営 販 売 のほか 自 動 車 整 備 企 業 が 関 連 企 業 の 高 い 転 換 コストにも 向 かっている トヨタの 家 族 型 会 社 は 特 に 目 立 つ 部 品 関 連 企 業 交 換 コス ト 前 期 に 投 入 した 技 術 や 労 働 コストが 沈 没 コストになる 可 能 性 がある 新 エネルギーの 電 気 自 動 車 の 関 係 企 業 は 少 なく 利 益 チェー ンが 伝 統 産 業 チェーンと 比 べて 大 きく 変 わっ ている 研 究 開 発 生 産 販 売 サービスに も 大 きな 転 換 コストがある いったん 新 エネ ルギー 自 動 車 規 模 が 拡 大 すると 伝 統 の 自 動 車 に 関 連 する 主 要 部 品 のようなエンジン タ ンク 排 気 管 などの 生 産 関 連 企 業 はいずれも 大 きな 損 失 を 受 ける 下 にある 多 くマイクロ 企 業 も 緻 命 的 な 災 難 に 直 面 する 家 族 の 親 と してトヨタ 係 が 責 任 感 を 強 く 感 じ 産 業 チェ ーンの 発 展 がまだ 熟 していない 段 階 で 新 し いエネルギーの 自 動 車 に 軽 率 に 切 り 替 えるこ とはしない 長 期 的 な 発 展 から 見 れば トヨ タも 選 択 に 迫 られている 結 局 会 社 の 自 身 発 展 こそ 傘 下 のマイクロ 企 業 を 保 証 すること 先 決 条 件 である 一 方 マイクロ 企 業 も 自 主 的 創 造 革 新 に 力 をいれなければならない 卵 を 一 つの 籠 に 入 れるリスクを 考 えるべきである また トヨタにもマイナスの 社 会 的 影 響 が ある アメリカアラバマ 州 を 選 択 して 投 資 す ることがアメリカの 組 合 に 反 対 されている 契 約 のお 客 様 に 対 して 値 切 るは 非 常 に 少 な く 干 したタオルをまた 絞 ると 指 摘 されてい る 住 民 の 反 対 をよそに 豊 田 市 週 辺 の 山 林 を 伐 採 して 土 地 を 開 発 自 動 車 用 の 実 験 場 や 自 動 車 生 産 に 投 じる トヨタ 商 工 会 議 所 の 9 億 円 の 建 設 費 用 のうち 豊 田 市 は 7 億 円 名 古 屋 駅 前 の 新 本 社 ビル ミットラントスクウ ェア には 市 街 地 再 開 発 補 助 金 をもらってい る 全 部 の 費 用 を 自 分 で 負 担 するべき 蒲 郡 海 洋 開 発 (Laguna)プロジェクトでも 愛 知 県 と 蒲 郡 市 投 資 からの 増 加 を 要 請 するなどの 例 が ある [18] 3. 消 費 者 の 支 持 トヨタ 自 動 車 は 消 費 者 ニーズに 注 目 し 研 究 開 発 にもさまざまな 準 備 をしている 伝 統 的 ガソリン 車 の 効 率 を 引 き 続 き 向 上 させ 新 技 術 の 開 発 を 行 う 一 方 代 替 次 世 代 自 動 車 も 開 発 し 最 新 の 研 究 方 向 は 水 素 燃 料 電 池 車 に 向 けている 報 道 によると 水 素 自 動 車 が 2015 年 から 発 売 することにしている 走 る 距 離 約 830キロ 水 素 入 れは 短 時 間 でできる 水 だけを 燃 料 として 使 うから 環 境 にやさし いし 値 段 は5 万 ドルぐらいそうである 水 素 燃 料 車 の 値 段 を 懸 念 するほかに 水 素 の 抽 出 と 貯 蔵 などの 技 術 面 の 課 題 も 水 素 燃 料 車 の 安 全 性 に 関 しても 多 くの 消 費 者 が 関 心 のあ る 課 題 である マーケッティングはここから 突 破 しないといけない 軽 自 動 車 の 発 展 から 消 費 者 の 心 理 が 覗 いて 見 える 軽 自 動 車 を1 00 年 前 [19] から 売 り 出 してから 2000 年 再 び 市 場 で 復 活 してもう 10 年 経 っているが デロ イト 世 界 の 製 造 業 グループが 2011 年 軽 自 動 車 の 調 査 によると 現 市 場 で 軽 自 動 車 がただ 2~4%の 消 費 者 にすぎない 期 待 を 満 たして いる 豊 田 市 の 家 庭 コミュニティ 型 の 低 炭 素 都 市 建 設 というプロジェクトは 家 庭 を 単 位 と するエネルギーの 有 効 利 用 を 重 点 として 住 民 の 住 宅 で 太 陽 光 発 電 燃 料 電 池 などを 整 備 して ハイブリッド 車 や 電 気 自 動 車 などの 電 力 を 提 供 する スマート 家 族 などを 通 し て 実 際 に 使 えるデータを 集 め 具 体 的 にエ ネルギーの 管 理 方 法 を 検 討 したり エネルギ ーの 公 用 設 備 やサービスの 便 利 性 を 求 めてい る 研 究 によると スマート 住 宅 は 電 力 30

12 応 用 コントロールシステムの 面 において 核 心 の 技 術 である こういう 利 便 性 が 高 所 得 層 や 環 境 保 護 者 が 求 めている 生 活 スタイルにぴっ たりしている それに 対 して 一 般 の 消 費 者 にとってこういう 装 置 はあまりにも 高 い ト ヨタ スマート 住 宅 と スマート 都 市 の 概 念 が 海 外 の 来 場 者 に 人 気 を 呼 んでいる 今 の 時 点 で 上 海 広 州 台 湾 などはすでに 取 り 入 れておいたが 高 コストと 環 境 の 制 限 など により 大 きく 広 がるまでいろいろ 課 題 を 乗 り 越 えなければいけない [20] 4. 政 府 サービスとの 融 合 2009 年 4 月 エコ 車 の 発 展 を 促 進 するため 日 本 政 府 が グリーン 税 制 を 実 施 した 電 気 自 動 車 ハイブリッド 車 などの 新 製 品 に 免 税 の 対 策 を 与 えるものである 例 えば ハイ ブリッド 車 のプリウスに 対 して 100%の 重 量 税 と 個 別 車 両 取 得 税 を 免 除 する ほかに 50% 自 動 車 税 の 減 免 優 遇 なども 与 える 次 々と 自 動 車 重 量 数 税 や 自 動 車 取 得 税 など 免 税 対 策 も 実 施 した 国 際 反 補 助 金 の 疑 惑 を 避 けるため 政 府 は 直 接 企 業 に 補 助 金 を 提 供 せず 都 市 建 設 の 名 義 でインフラなどの 施 設 やサービスを 提 供 す る 2009 年 1 月 豊 田 市 は 全 国 13 の 環 境 モデル 都 市 に 選 ばれた 2009 年 4 月 から 実 施 する 総 合 都 市 ートヨタ 計 画 2010 年 8 月 経 済 産 業 省 が 指 定 する 次 世 代 モデル 都 市 の 一 つになる 日 本 政 府 から 50%の 資 金 を 与 え 残 り 50%は 愛 知 県 と 豊 田 市 で 分 担 す ることになる トヨタは 政 府 との 協 力 がただ 国 内 だけでは なく 相 手 国 政 府 との 協 力 も 求 めている ア メリカで トヨタは 各 州 の 誘 致 意 向 を 活 かし て 各 州 知 事 や 地 方 の 議 員 及 び 連 邦 議 員 を 集 めて アメリカトヨタ 議 員 網 を 構 築 した これを 持 って アメリカ 保 護 貿 易 政 策 に 対 応 する 1997 年 トヨタがハイブリッド 車 プ リウス の 発 売 を 決 定 し カリフォルニア 州 大 気 資 源 委 員 会 を 誘 って 試 乗 という 形 で ゼ ロエミッション 動 力 車 であることを 説 得 し た 関 連 する 法 規 の 改 正 を 達 成 した [21] Ⅵ. 中 国 への 啓 示 上 述 したように 新 興 産 業 生 成 構 造 と 次 世 代 産 業 の 発 展 要 因 を 分 析 することで 我 が 国 もこれらの 実 態 に 注 意 を 払 わないといけない すでによくできている 面 もあるが 足 りない ところもある 中 国 新 興 産 業 の 現 状 に 比 較 し ながら 以 下 のようないくつの 点 は 参 考 にな れると 考 えられる 1. 集 積 と 自 主 開 発 を 重 視 すること 集 積 収 益 から 見 て 中 国 の 新 興 産 業 は 合 弁 企 業 からできたものである こういう 収 益 は 自 主 創 造 革 新 と 比 べて まだ 固 まっていない これから 発 展 の 主 役 を 演 じるかどうかについ ては 疑 念 がある トヨタは 新 エネ 車 の 技 術 輸 入 についても 保 守 の 態 勢 を 取 っている [22] そ れで トヨタのような 世 界 大 手 自 動 車 企 業 を 誘 致 できても 研 究 開 発 の 面 ではさらなる 自 主 開 発 が 必 要 である 自 分 なりの 新 興 集 積 を 作 ることが 大 至 急 な 課 題 である 国 際 的 な 先 端 新 エネ 自 動 車 産 業 と 比 べて 中 国 は 研 究 開 発 の 面 において 研 究 を 重 視 し 開 発 では 欠 け ている 業 界 をリードする 大 手 企 業 ができて いなかった 上 に 性 能 の 信 頼 性 と 実 用 化 能 力 は 遅 れている [23] 中 国 は 中 小 企 業 の 革 新 開 発 をもっと 力 を 貸 して 行 かないといけない 中 国 なりに アップル 社 と テラス 社 を 育 成 する 事 が 必 要 ではないかと 思 う 2. 環 境 保 護 を 重 点 において 革 新 を 促 成 するこ と 中 国 政 府 や 企 業 の 公 式 宣 伝 から 見 れば ま すます 環 境 保 護 に 重 点 を 置 いていく 傾 向 が 見 31

13 られるが 実 際 の 例 から 見 れば 国 内 の 環 境 保 護 技 術 などにおいて 先 進 国 との 差 が 明 らか についている 次 世 代 自 動 車 産 業 の 発 展 から 環 境 保 護 をすればコストが 増 加 するとは 言 え ない むしろ もっと 利 益 や 新 しい 成 長 点 に なることも 可 能 である 環 境 にやさしい 革 新 は 市 場 競 争 に 優 位 を 持 つ 3. 学 習 と 連 合 メカニズムの 確 立 の 重 視 海 外 の 先 端 企 業 と 比 べ 中 国 企 業 は 相 互 勉 強 と 連 合 の 面 においてまだ 不 足 している トヨ タと BMW の 技 術 連 携 トヨタ GM とフォ ルクスワーゲンは 協 力 して 基 本 部 品 のデータ ベースを 作 り 上 げ ダークホース 企 業 のテス ラもイギリスロータス 自 動 車 の Elise を 基 礎 として 開 発 された これらの 例 からみれば 国 際 大 手 企 業 であれ 新 興 小 企 業 であれ 絶 えずの 勉 強 と 提 携 革 新 が 非 常 に 重 要 である 中 国 企 業 はこの 点 に 気 づいたものの 資 本 と 土 地 資 本 と 市 場 大 小 企 業 強 大 と 弱 小 と いう 企 業 提 携 の 形 はかなり 多 く 同 じレベル の 強 者 連 合 と 技 術 提 携 はまれで 積 極 的 な 連 合 技 術 革 新 も 不 足 である したがって 一 日 も 早 く 技 術 提 携 と 研 究 開 発 の 舞 台 を 作 るべき である 4. 市 場 需 要 の 開 発 で 消 費 者 の 支 持 を 得 るのを 重 視 すること 現 在 我 が 国 は 次 世 代 自 動 車 の 研 究 開 発 に おいて 特 許 強 国 との 争 いを 回 避 するため 純 電 気 自 動 車 を 主 な 目 標 にして 燃 料 電 池 と 混 合 動 力 技 術 領 域 を 疎 かにしてしまったので ある この 面 の 市 場 需 要 が 上 がれば 重 大 な 誤 りになるかもしれない 発 展 の 主 役 として の 純 電 気 自 動 車 であっても 各 都 市 の 電 力 施 設 とサービスシステムで 消 費 者 のニーズを 満 足 させるのは 難 しい 現 在 の 電 力 施 設 は 3~ 20 時 間 の 普 通 充 電 装 置 が 圧 倒 的 に 多 い しか し 消 費 者 の 希 望 する 充 電 時 間 は30 分 以 内 或 はガソリンを 入 れる 時 間 と 同 じくらいなの である 電 池 の 高 コストも 重 大 な 消 費 障 害 で ある 我 が 国 では 使 用 中 の 個 人 電 気 自 動 車 は ごく 少 ないので 都 市 の 充 電 施 設 の 遊 休 現 象 が 深 刻 である したがって 全 国 にわたる 電 気 自 動 車 充 電 施 設 と 電 池 測 定 システムが 形 成 されにくいのである こうして 利 用 不 足 ほ ど 施 設 を 改 善 する 意 欲 がなくなり 消 費 者 は 純 電 気 自 動 車 を 購 入 するのも 怖 くなるとい う 悪 循 環 になってしまっている 5. 空 間 凝 集 構 造 の 最 適 化 空 間 計 画 において 中 国 企 業 は 立 地 の 前 に 詳 細 な 考 察 を 行 ったにもかかわらず 先 端 企 業 と 比 べ 設 計 をもう 一 歩 改 善 する 必 要 がある トヨタは 立 地 において 熟 知 している 土 地 を 選 んだだけではなく 自 らの 影 響 を 受 けた 都 市 建 設 交 通 配 置 駐 車 設 計 充 電 施 設 家 庭 生 活 などの 面 でもごく 細 かくて 強 大 な 空 間 凝 集 力 を 展 開 している 海 外 進 出 にもホスト 国 政 府 関 連 企 業 消 費 者 から 全 面 的 に 入 り その 国 の 国 際 企 業 になり 領 土 を 固 める のである すなわち 海 外 進 出 もなるべく 空 間 凝 集 力 を 発 揮 するのである これに 対 し 中 国 では 都 市 建 設 交 通 配 置 の 深 いところに 入 れないのは 言 うまでもな く 現 地 政 府 の 計 画 と 土 地 から 制 約 を 受 ける 企 業 は 少 くなく 空 間 分 割 現 象 と 破 片 化 現 象 もしばしば 見 られる トヨタの 豊 田 市 と 名 古 屋 市 への 影 響 は 多 く 見 えるが 中 国 の 都 市 地 域 計 画 は 企 業 の 合 理 的 な 需 要 を 十 分 考 慮 す れば 地 方 の 発 展 もより 有 利 な 方 向 に 向 かう ことができる 6. 社 会 資 本 と 政 府 サービスの 融 合 トヨタの 密 接 的 な 団 結 力 の 強 い 企 業 文 化 及 び 現 地 と 緩 やかな 社 会 資 本 に 比 べ 中 国 企 業 の 社 会 資 本 は 弱 く 見 える 新 興 産 業 も 同 じ 問 題 が 存 在 しているのである 企 業 間 は 信 頼 不 32

14 足 同 じ 体 制 下 の 企 業 が 例 えば 国 有 企 業 国 有 企 業 と 民 有 企 業 合 弁 会 社 の 協 力 側 企 業 内 部 の 従 業 員 管 理 などにおいても 対 立 は 依 然 として 存 在 している 環 境 汚 染 による 企 業 と 居 民 企 業 と 社 会 の 矛 盾 はより 大 きい 基 礎 がある 大 手 企 業 は 伝 統 産 業 で 利 益 を 獲 得 し 関 連 企 業 の 発 展 を 促 すものの 革 新 力 不 足 の 傾 向 があるのである 大 手 企 業 は 新 興 の 中 小 企 業 の 参 加 を 迎 えようとしないに 対 し 新 興 の 中 小 企 業 は 合 併 される 懸 念 もある 中 国 企 業 は 海 外 投 資 時 間 が 短 いので 経 験 を 積 み 重 ねる 必 要 がある 同 時 にトヨタの 教 訓 を 参 考 にし マイナス の 社 会 影 響 を 回 避 すべきである 世 界 でも 有 名 な 多 国 籍 企 業 として トヨタは 政 府 の 援 助 を 緊 急 に 必 要 とするわけではない しかし トヨタは 環 境 保 護 を 呼 びかけながら 山 林 伐 採 をするやり 方 が 会 社 のイメージを 破 壊 した のが 明 らかである 社 会 的 衝 突 の 処 理 は 政 府 サービスと 融 合 し 国 民 利 益 を 第 一 にすべき である 企 業 への 補 助 金 を 革 新 資 金 とし あ るいは 国 民 生 活 環 境 の 改 善 に 使 うのが 長 期 的 な 視 点 から 企 業 と 居 民 の 共 同 利 益 を 守 るも のである 終 わりに 新 興 産 業 の 生 成 構 造 は 内 と 外 が 含 まれる 内 の 駆 動 構 造 には 群 集 利 益 による 駆 動 創 意 資 本 による 駆 動 学 習 と 提 携 構 造 環 境 保 護 の 理 念 がある 外 の 凝 集 構 造 には 空 間 内 凝 集 構 造 社 会 資 本 との 融 合 政 府 サービスとの 融 合 がある これらの 要 素 と 生 成 力 はすべて 必 要 で お 互 いに 支 えあいながら 制 約 しあっ ているのである 次 世 代 自 動 車 は 新 興 産 業 に おいて 発 展 スピードが 最 も 速 い 産 業 として その 革 新 発 展 は 社 会 政 府 との 融 合 には 不 足 する 点 がまだあり 企 業 間 の 対 立 企 業 と 政 府 居 民 社 会 との 矛 盾 も 少 なくない 次 世 代 自 動 車 はより 速 いよりよい 発 達 のために 主 な 要 素 と 駆 動 構 造 に 目 を 向 け 調 整 と 革 新 が 必 要 である 参 考 文 献 : [1] Fujita M,J F Thisse.,Economics of Agglomeration[J]. Journal of the Japanese and International Economies,1996,10( 4) : [2] 杨 小 凯 黄 有 光. 専 門 化 と 経 済 組 織 :1 種 の 新 興 の 古 典 のミクロ 経 済 フレーム[ M ] 経 済 科 学 出 版 社 1999 [3] 馬 延 吉. 地 域 産 業 集 積 理 論 予 備 研 究 J 地 理 科 学 2007(6) [4] 殷 广 卫 新 経 済 地 理 学 の 視 点 産 業 集 積 メカニ ズム[ M ] 上 海 世 紀 出 版 社 2011 [5] 白 积 洋. 中 国 製 造 業 が 集 まってメカニズム 再 研 究 J は 科 学 决 策 2012(10) [6] Lovins, Amory B; L Hunter Lovins; Hawken, Paul. A road map for natural capitalism. Harvard Business Review77.3 (May/Jun 1999): [7]Morrison, A. (2008). Gatekeepers of knowledge within industrial districts: Who they are, how they interact. Regional Studies, 42, [8]Camagni, R. (2008). Regional competitiveness: Towards a concept of territorial capital. In R. Capello, R. Camagni,B. Chizzolini, & U. Fratesi (Eds.), Modelling regional scenarios for the enlarged Europe (pp ). Heidelberg: Springer SBM. [9] 张 世 如. 収 益 の 変 遷 に 基 づいてコロニーを 形 成 メカニズムの 研 究 兼 论 戦 略 性 新 興 産 業 育 成.マクロ 経 済 研 究 J 2011(12) [10] 欧 阳 峣 生 延 超 戦 略 性 新 興 産 業 研 究 時 評 J 湖 南 社 会 科 学 2010(5) [11]データソースは 自 動 車 産 業 を 2013 かけが え エ ネ ル ギ ー 報 告 http // [12] 王 承 云. 日 本 研 究 開 発 産 業 の 集 積 と 空 間 要 因 33

15 分 析 J 地 理 東 側 2010(4) [13] 游 清 渊. 発 展 電 動 車 の 都 市 建 設 トヨタの 大 転 換 http // anntw.com /awakening / news_center / show.php?itemid=27967 [14] 王 歓 2015 年 トヨタ 部 品 の 共 通 化 新 モデル http // / news / / shtml [15] 李 温 馨. 日 本 製 造 豊 田 市 :ブランドを 城 に 西 部 開 発 紙 http // / article_14374_2.html [16] 尚 爻. 危 機 下 のトヨタ 式 救 い J 現 代 の 日 本 経 済 は 2010(5) [17]( 美 )デービッド トヨタ 第 一 モード-- 世 界 最 大 の 自 動 車 会 社 の 指 導 経 験 [ M ]. 上 海 訳 文 出 版 社 は 2009 [18]ウィキペディア:トヨタ 自 動 車. http // zh.wikipedia.org/ wiki / [19] 暁 希 本 トレーサビリティを 探 して 電 気 自 動 車 歴 史 の 輝 き 足 跡 電 気 自 動 車 の 時 代 網 http //www.evdays.com / html / / 37030_2.html [20]デロイト 世 界 の 製 造 業 組. 地 球 視 角 : 電 動 の 車 の 現 状 と 消 費 者 期 待 の 比 較 http // / assets /Dcom-China / Local%20Assets / Documents / Industries /Manufacturing / 服 務 ( zh-cn ) _mfg_globalevstudy_ pdf [21] 日 本 ト ヨ タ 立 脚 ア メ リ カ の 営 み http //info com / qygl / 348.shtml [22] 刘 宝 华. 陈 建 国 発 砲 J 自 動 車 ビジネ スレビュー 2011(11) [23] 国 務 院 発 展 研 究 センターの 産 業 経 済 の 研 究 部. 中 国 自 動 車 産 業 の 発 展 報 告 (2012) R 北 京 社 会 科 学 文 献 出 版 社 2012 作 者 : 高 雪 蓮 (1974-) 女 性 中 国 河 南 南 開 大 学 都 市 と 地 域 経 済 研 究 所 副 教 授 博 士 と 修 士 課 程 指 導 教 官 研 究 の 方 向 は 産 業 経 済 産 業 政 策 である 基 金 プロジェクト: 中 国 中 央 高 校 の 基 本 的 な 科 学 研 究 事 業 費 の 特 別 資 金 援 助 プロジェクト( 中 国 NKZXA1406); 国 家 社 会 科 学 基 金 の 重 大 なプロジェ クトに 基 づいて 地 域 の 産 業 チェーンの 視 角 の 京 津 冀 地 域 経 済 統 合 の 研 究 (11&ZD049) 本 稿 の 作 成 に あたっては 日 本 の 愛 知 大 学 と 中 国 南 開 大 学 交 換 研 究 員 制 度 資 金 と 愛 知 大 学 高 橋 五 郎 教 授 と 李 春 利 教 授 の 貴 重 なご 意 見 に 感 謝 している 本 稿 の 和 訳 にあたり 侯 宏 偉 ( 愛 知 大 学 中 国 研 究 科 博 士 課 程 中 国 人 民 大 学 農 業 と 農 村 発 展 学 院 博 士 課 程 )に 深 く 感 謝 する 34

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

表紙.ai

表紙.ai 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 機 構 1-1- 3-3- Ⅱ 職 員 数 分 掌 事 務 5-5- 7-7- 8-8 - 9-9 - Ⅲ 事 業 概 要 11-11- 23 23 27 JAPAN EXPO - 13-13 EV&ITS - 14-14 in 4,184 594 2,631 8.5% ODA - 15-15 22 26-16 - 16 27 1.17 0.02 11 0.96

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx クリーンな 電 力 会 社 選 べる? 電 力 小 売 全 面 自 由 化 を 前 に 電 力 会 社 のクリーン 度 調 査 を 実 施 2016 年 3 月 発 行 グリーンピースレポート 2016 年 4 月 からスタートする 電 力 小 売 市 場 の 全 面 自 由 化 を 前 に 国 際 環 境 NGO グ リーンピース ジャパンは 一 般 電 気 事 業 者 に 代 わるクリーンな 電

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 自 動 車 産 業 自 動 車 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 自 動 車 関 連 : 547 万 人 (8.7%) 就 業 人 口 うち 製 造

我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 自 動 車 産 業 自 動 車 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 自 動 車 関 連 : 547 万 人 (8.7%) 就 業 人 口 うち 製 造 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 点 検 会 合 資 料 平 成 26 年 11 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 工 業 会 0 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 自 動 車 産 業 自 動 車 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 自 動 車

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 の 企 業 分 析 目 次 1 はじめに 2 企 業 概 要 3 財 務 分 析 4 経 営 戦 略 分 析 5 今 後 の 展 望 6 参 考 文 献 1 はじめに トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 は いまや 全 世 界 で 知 らない 者 はいない 企 業

トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 の 企 業 分 析 目 次 1 はじめに 2 企 業 概 要 3 財 務 分 析 4 経 営 戦 略 分 析 5 今 後 の 展 望 6 参 考 文 献 1 はじめに トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 は いまや 全 世 界 で 知 らない 者 はいない 企 業 2009 年 9 月 24 日 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 の 企 業 分 析 国 際 コミュニケーション 学 科 3 年 2075072 松 下 かほり 1 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 の 企 業 分 析 目 次 1 はじめに 2 企 業 概 要 3 財 務 分 析 4 経 営 戦 略 分 析 5 今 後 の 展 望 6 参 考 文 献 1 はじめに トヨタ 自 動 車 株 式 会

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果 茅 ヶ 崎 市 景 気 動 向 調 査 (3 月 ) 結 果 1. 調 査 期 間 平 成 27 年 3 月 現 在 2. 調 査 対 象 茅 ヶ 崎 商 工 会 議 所 会 員 より 無 作 為 抽 出 大 型 店 については 茅 ヶ 崎 市 大 型 店 連 絡 協 議 会 加 盟 店 舗 調 査 用 紙 を 郵 送 しファックスで 回 収 3. 回 収 状 況 業 種 調 査 対 象 数 回 答

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

自動車産業の現状

自動車産業の現状 産 業 の 現 状 2013 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 工 業 会 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 産 業 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 関 連 : 548 万 人 (8.8%) * 国 内 就 業 人 口 中 の 割 合 就 業 人 口 うち 製 造 部 門

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

YUHO

YUHO 第 1 四 半 期 報 告 書 本 書 は EDINET(Electronic Disclosure for Investors' NETwork)システ ムを 利 用 して 金 融 庁 に 提 出 した 第 1 四 半 期 報 告 書 の 記 載 事 項 を 紙 媒 体 と して 作 成 したものであります カメイ 株 式 会 社 (E02682) 目 次 表 紙 1 第 一 部 企 業 情 報

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

賛助会セミナー

賛助会セミナー 金 正 日 総 書 記 死 去 これからの 北 朝 鮮 とその 対 外 関 係 をどう 見 るか ERINA 調 査 研 究 部 長 主 任 研 究 員 三 村 光 弘 金 正 日 総 書 記 死 去 のインパクト ある 意 味 既 定 事 項 織 り 込 み 済 み 2008 年 8 月 にすでに 健 康 異 常 が 報 道 2010 年 5 月 8 月 2011 年 5 月 に 中 国 訪 問

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

まえがき目次.indd

まえがき目次.indd ま え が き 本 書 新 石 油 読 本 は 石 油 製 品 販 売 店 の 皆 さまを 中 心 に 油 田 がどのように 探 鉱 開 発 され 生 産 されて 日 本 に 輸 送 されるのか また 日 本 に 到 着 した 原 油 が 製 品 化 され 給 油 所 で 販 売 されるまでのサプライチェーン 全 般 の 基 礎 知 識 をやさしく 解 説 した 書 籍 が 欲 しい という 要 望

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

Microsoft PowerPoint - ② 大和先生

Microsoft PowerPoint - ② 大和先生 民 間 企 業 が 海 洋 資 源 開 発 分 野 に 参 入 するために 海 洋 技 術 フォーラム 幹 事 東 京 大 学 理 事 副 学 長 大 和 裕 幸 1 本 日 の 趣 旨 海 洋 基 本 法 施 行 から8 年 グローバルに 成 長 する 海 洋 石 油 ガ ス 海 底 鉱 物 資 源 海 洋 再 生 可 能 エネルギー 海 洋 科 学 技 術 研 究 開 発 などへの 我 が 国

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

はじめに 去 る 10 月 1 日 安 倍 首 相 は 来 年 4 月 1 日 から 8%への 消 費 税 率 引 き 上 げを 予 定 通 りに 実 施 する 旨 の 発 表 を 正 式 に 行 いました 一 方 で 2015 年 10 月 における 10%への 引 き 上 げについ ては 景 気

はじめに 去 る 10 月 1 日 安 倍 首 相 は 来 年 4 月 1 日 から 8%への 消 費 税 率 引 き 上 げを 予 定 通 りに 実 施 する 旨 の 発 表 を 正 式 に 行 いました 一 方 で 2015 年 10 月 における 10%への 引 き 上 げについ ては 景 気 消 費 税 増 税 がもたらす 情 報 システムへの 影 響 について ( 後 篇 ) 株 式 会 社 クロスフィールド 磯 貝 光 一 ( 1 / 5 ) はじめに 去 る 10 月 1 日 安 倍 首 相 は 来 年 4 月 1 日 から 8%への 消 費 税 率 引 き 上 げを 予 定 通 りに 実 施 する 旨 の 発 表 を 正 式 に 行 いました 一 方 で 2015 年 10 月

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

57 近 傾 向 項 ウ 旧 来 ロ ダ タ ュ タ 基 委 損 ぞ 生 み 出 該 項 解 釈 題 識 項 何 積 極 義 づ 項 名 ニ ュ 式 対 象 得 委 全 含 項 対 応 関 係 例 F X 頭 及 び 各 種 フ ァ 代 M & A 助 仲 介 仲 介 助 任 契 約 座 助 様 源

57 近 傾 向 項 ウ 旧 来 ロ ダ タ ュ タ 基 委 損 ぞ 生 み 出 該 項 解 釈 題 識 項 何 積 極 義 づ 項 名 ニ ュ 式 対 象 得 委 全 含 項 対 応 関 係 例 F X 頭 及 び 各 種 フ ァ 代 M & A 助 仲 介 仲 介 助 任 契 約 座 助 様 源 5 ュ 5 巻 7 号 季 代 司 じ 御 紹 介 ず 阪 研 究 所 長 時 間 御 説 明 残 時 間 御 質 御 疑 答 ぞ 願 御 紹 介 協 御 依 頼 研 究 結 果 御 報 告 基 づ 最 初 回 御 報 告 趣 旨 申 皆 様 元 ュ メ 配 付 ペ 稿 稿 協 57 近 傾 向 項 ウ 旧 来 ロ ダ タ ュ タ 基 委 損 ぞ 生 み 出 該 項 解 釈 題 識 項 何 積 極

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

<32303135303932348E9E935F5F938C8B9E834B835895AA90CD2E786C7378>

<32303135303932348E9E935F5F938C8B9E834B835895AA90CD2E786C7378> PEST 項 目 顧 客 のビジネスを 取 り 巻 く 動 向 変 化 要 するに 顧 客 にとってどのような 環 境 か?( 顧 客 にとっての 機 会 / 脅 威 ) Political ( 政 治 法 制 度 動 向 ) 地 域 独 占 の 弊 害 をふまえた 電 力 ガス 自 由 化 の 加 速 2017 年 ガス 参 入 全 面 自 由 化 ( 電 力 会 社 は 発 電 所 燃 料 としてLNGを

More information

環境保全活動と組織マネジメント

環境保全活動と組織マネジメント 環 境 保 全 活 動 と 組 織 マネジメント Environmental Preservation Activity and Organizational Management 拓 殖 大 学 Takushoku University 角 田 光 弘 KAKUTA Mitsuhiro 1. は じ め に 地 球 環 境 保 全 に 対 す る 企 業 や 消 費 者 の 関 心 が か つ て

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常 源 してポテンシャル 製 品 部 品 材 FCV FCスタック 極 材 非 常 時 力 消 費 非 常 時 1 日 間 維 持 必 要 な FCバス (455kWh/

燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常 源 してポテンシャル 製 品 部 品 材 FCV FCスタック 極 材 非 常 時 力 消 費 非 常 時 1 日 間 維 持 必 要 な FCバス (455kWh/ 2014 2 月 13 日 自 由 民 主 党 資 源 エネルギー 戦 略 調 査 会 社 会 推 進 小 委 員 会 説 明 資 料 FCV( 燃 料 池 車 ) 中 心 した 社 会 促 進 する 研 究 会 事 務 局 長 衆 議 院 議 員 ふくだ 峰 之 1 燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし EV PHV 普 及 に 向 けた 経 済 産 業 省 の 取 組 について 2015 年 6 月 8 日 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 電 池 次 世 代 技 術 ITS 推 進 室 長 吉 田 健 一 郎 化 石 燃 料 への 依 存 とCO2 排 出 化 石 燃 料 への 依 存 度 95% 以 上 運 輸 部 門 からのCO2 排 出 量 は 日 本 全 体 の 排

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 第 7 回 検 討 会 資 料 2 各 論 点 の 方 向 性 について 論 点 項 目 ( 案 ) Ⅰ 自 動 車 関 係 諸 税 の 在 り 方 について( 簡 素 化 及 び 負 担 の 軽 減 等 について) (1) 車 体 課 税 のあり 方 について 1 現 行 の 車 体 課 税 の 体 系 と 今 後 のあり 方 について 2 自 動 車 に 関 する 国 都 道 府 県

More information