2000/1 2001/1 /1 2003/1 2004/1 2005/1 2006/1 /1 2008/1 2009/1 2010/1 2011/1 2012/1 2. 世 界 の 食 料 生 産 消 費 の 構 造 変 化 と 需 給 逼 迫 一 方 近 年 世 界 の 食 料 需 給 にこれま

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2000/1 2001/1 /1 2003/1 2004/1 2005/1 2006/1 /1 2008/1 2009/1 2010/1 2011/1 2012/1 2. 世 界 の 食 料 生 産 消 費 の 構 造 変 化 と 需 給 逼 迫 一 方 近 年 世 界 の 食 料 需 給 にこれま"

Transcription

1 ( 独 ) 国 際 農 林 水 産 業 研 究 センター 山 岡 和 純 世 界 は 今 食 料 価 格 危 機 再 燃 の 前 夜 にある 世 界 の 穀 物 価 格 決 定 構 造 が 変 化 し 食 料 インフレが 常 態 化 している 世 界 の 次 世 代 を 養 う 穀 物 生 産 力 の 向 上 と 安 定 化 のためには 地 球 上 で 最 大 の 水 資 源 利 用 者 である 灌 漑 農 業 の 一 層 の 開 発 が 不 可 欠 だ しかし 世 界 の 灌 漑 開 発 は 今 世 紀 に 入 り 急 ブ レーキが 掛 かっている 経 済 的 動 機 づけを 超 えたアイデンティティー 志 向 の 共 有 資 源 管 理 を 実 現 す るため 農 民 参 加 型 の 灌 漑 開 発 管 理 に 注 目 したい 1. 地 球 の 持 続 可 能 な 発 展 と 水 資 源 20 世 紀 を 振 り 返 ると 長 い 間 石 油 資 源 土 地 資 源 に 代 表 される 資 源 争 奪 をめぐる 国 家 間 対 立 さらにはイデオロギー 対 立 による 核 戦 争 が 地 球 を 破 滅 に 導 く 最 大 の 要 因 として 危 惧 されていた こ れは 裏 を 返 すと 戦 争 のない 平 和 な 社 会 を 築 くこ とさえできれば 経 済 成 長 にも 人 類 の 繁 栄 にも 限 界 がないと 多 くの 人 々が 信 じていたとも 言 える しかし 1970 年 にローマクラブが 成 長 の 限 界 を 報 告 して 以 降 平 和 の 確 立 は 人 類 や 地 球 を 破 滅 から 救 う 必 要 条 件 であるが 十 分 条 件 ではないこ と 即 ち 将 来 世 代 にわたり 人 類 が 生 き 延 びるた めには 国 家 間 の 平 和 の 構 築 に 加 えて 地 球 全 体 のサステナブル デベロップメント( 持 続 可 能 な 発 展 )が 必 要 不 可 欠 であるとの 認 識 が 人 々に 徐 々 に 共 有 されてきたのである これは 言 い 換 えれば 我 々の 地 球 が 宇 宙 船 地 球 号 という 運 命 共 同 体 であるとの 認 識 である そこには 勝 者 も 敗 者 もいない 極 論 すれば 数 世 代 後 には 全 体 としての 成 功 または 失 敗 しか 選 択 肢 は ないのである そして これを 成 功 に 導 くための キーワードが 地 球 資 源 の 有 限 性 を 前 提 とした 物 質 およびエネルギーのフローの 大 幅 な 削 減 であり その 中 で 個 々の 生 活 水 準 と 社 会 全 体 の 豊 かさを 維 持 するための 技 術 革 新 と 制 度 革 命 ( 意 識 改 革 )な のである こうした 問 題 意 識 が 目 指 している 望 ましい 持 続 可 能 な 社 会 とは 経 済 活 動 を 絶 えず 拡 大 し 富 を 蓄 積 することによってのみ 種 々の 問 題 を 解 決 しよう とする 従 来 型 社 会 のアンチテーゼでもある 持 続 可 能 な 社 会 では 常 に 長 期 目 標 と 短 期 目 標 のバラ ンスが 重 要 であり 経 済 活 動 や 産 出 量 の 多 寡 より も 限 りある 資 源 をいかに 分 配 するのか その 十 分 さや 公 正 さ 生 活 の 質 などが 重 視 される 生 産 側 のシステムだけではなく 資 源 を 消 費 するライ フスタイルそのものが 問 われ 人 間 の 幸 福 観 を 再 構 築 するという 創 造 的 なチャレンジが 求 められる このため 技 術 革 新 に 加 えて 制 度 革 命 ( 意 識 改 革 ) の 面 が すなわち 単 なる 生 産 性 や 技 術 の 枠 を 超 え て 人 間 的 社 会 的 成 熟 人 々の 協 働 や 相 互 扶 助 の 心 あるいは 信 頼 や 智 慧 をベースとした 絆 や 繋 が りなどの 要 素 が 重 要 となってくる そして 21 世 紀 はまさに 水 の 世 紀 とも 言 われ ている それは 生 命 の 維 持 に 必 要 不 可 欠 な 必 需 財 である 水 資 源 までもが 地 球 上 の 各 地 で 需 給 逼 迫 に 陥 り その 争 奪 をめぐり 世 界 の 各 地 で 人 々 の 対 立 が 激 化 する 可 能 性 が 危 惧 されているからで ある 現 実 には 水 資 源 そのものをめぐる 武 力 衝 突 等 による 争 奪 という 形 に 加 えて 水 資 源 に 依 存 す る 地 球 上 の 膨 大 な 経 済 活 動 が 市 場 を 舞 台 に 競 争 を 繰 り 広 げる 中 で 水 資 源 の 確 保 がその 消 長 を 握 る という 場 面 が 現 れる 度 毎 に 間 接 的 に 事 実 上 の 争 奪 が 展 開 される そうした 政 治 や 経 済 の 軋 轢 の 積 み 重 ねによる 分 野 内 外 国 家 間 の 緊 張 や 水 をめ ぐる 国 際 紛 争 や 地 域 紛 争 の 拡 大 を 防 ぐため 地 球 上 の 各 地 域 社 会 の 各 分 野 において 水 資 源 の 利 用 効 率 を 速 やかに かつ 大 幅 に 改 善 し サステナ ブルな 水 利 用 システムを 構 築 することが 求 められ ている 1

2 2000/1 2001/1 /1 2003/1 2004/1 2005/1 2006/1 /1 2008/1 2009/1 2010/1 2011/1 2012/1 2. 世 界 の 食 料 生 産 消 費 の 構 造 変 化 と 需 給 逼 迫 一 方 近 年 世 界 の 食 料 需 給 にこれまでにない 異 変 が 起 きており 穀 物 価 格 などが 高 騰 を 繰 り 返 し ている 年 から 2008 年 にかけての 世 界 食 料 価 格 危 機 は その 直 後 の 世 界 金 融 危 機 によって 投 機 熱 が 冷 めたことから 2008 年 3 月 6 月 頃 をピ ークに いったん 沈 静 化 に 向 かい 価 格 が 反 転 下 落 した しかし 2010 年 半 ばから 前 回 の 急 騰 を 上 回 る 勢 いで 再 び 上 昇 に 転 じ 現 在 は 食 料 インフ レ ともいうべき 高 騰 が 世 界 中 の 食 卓 を 襲 ってい る 世 界 の 食 料 価 格 が 高 騰 した 理 由 には 新 興 国 の 経 済 成 長 や 人 口 増 加 による 食 料 消 費 の 増 加 過 去 の 食 料 危 機 の 局 面 にはなかった 原 油 価 格 高 騰 との 連 動 や 気 候 変 動 バイオ 燃 料 の 需 要 増 穀 物 市 場 への 投 機 マネーの 流 入 水 資 源 の 不 足 期 末 在 庫 水 準 の 低 さ 輸 出 規 制 価 格 統 制 など 複 合 的 な 要 因 が 考 えられる したがって これまでのよ うな 短 期 的 な 異 常 気 象 による 農 産 物 生 産 の 豊 凶 やその 見 通 しへの 投 機 といった 一 過 性 の 要 因 に 留 まらず 将 来 へ 向 けて 恒 常 的 に 食 料 需 給 の 逼 迫 基 調 を 強 める 中 長 期 的 要 因 の 影 響 が 以 前 よりも 強 ま ってきているという 食 料 の 価 格 決 定 構 造 の 変 化 に 着 目 する 必 要 がある そういう 変 化 の 中 で 2012 年 の 夏 にアメリカを 襲 った 熱 波 と 旱 魃 によって トウモロコシ 価 格 が 急 騰 し これに 連 動 してダイズ ロシアで 不 作 と なったコムギなどの 先 物 価 格 が 急 騰 し 現 在 のと ころ 現 物 価 格 も 過 去 最 高 水 準 に 達 している 国 際 通 貨 基 金 (IMF)が 毎 月 発 表 している 主 要 商 品 取 引 価 格 をもとに 04 年 の 平 均 を 100 とした 指 数 に 変 換 して 見 ると 図 -1 に 示 すように 2012 年 7 月 の 穀 物 取 引 価 格 指 数 は トウモロコシが 過 去 最 高 の ダイズも 過 去 最 高 の コム ギは 過 去 最 高 だった 2008 年 3 月 の には 及 ばないが となっている この 趨 勢 が 続 けば 今 年 の 秋 以 降 家 畜 飼 料 用 トウモロコシ ダイズ やコムギの 不 足 により 肉 類 乳 製 品 食 用 油 パン 麺 類 豆 腐 等 広 範 囲 にわたる 食 品 の 価 格 が 高 騰 する 恐 れが 強 く 懸 念 されている さらに 発 展 途 上 国 で 主 食 となっているトウモ ロコシ 価 格 が 上 昇 すると その 時 点 で 割 安 感 のあ るコメやコムギへ 消 費 がシフトし これらの 消 費 量 が 増 大 する また アメリカなどでは 飼 料 用 穀 物 で 同 様 のシフトが 起 きる さらにコメやコムギ の 生 産 者 は 価 格 が 上 昇 し 収 益 性 が 向 上 したトウ モロコシの 生 産 へとシフトさせようとする この ように 需 給 両 面 からの 圧 力 の 結 果 として コメや コムギなどの 穀 物 価 格 が 一 層 上 昇 する 特 に コ メは 多 くの 国 で 生 産 量 の 大 部 分 が 国 内 消 費 に 充 て られ 世 界 のコメ 生 産 量 のわずか 7%しか 国 際 市 場 で 取 引 されていない このため 先 の 世 界 食 料 価 格 危 機 の 際 には 前 出 の 価 格 指 数 が 2008 年 4 月 に 一 時 的 に という 極 めて 異 常 な 高 値 にまで 急 騰 した( 図 -1) 主 要 なコメ 輸 出 国 が 国 内 の 需 要 を 満 たすことを 優 先 して コメの 輸 出 に 厳 しい 規 制 を 課 したことも 影 響 したと 見 られる とうもろこし 米 大 豆 小 麦 注 : 年 年 の 平 均 を 100 として 筆 者 が 再 集 計 した データ: IMF Primary Commodity Prices Prepared by the Commodities Team of the Research Department (http://www.imf.org/external/np/res/commod/index.aspx) この 数 年 来 の 世 界 の 穀 物 価 格 決 定 構 造 の 変 化 に より 今 や 食 料 インフレ が 常 態 化 しており その 中 で 食 料 価 格 の 異 常 な 高 騰 がいつでも 再 現 さ れ 易 い 状 況 が 続 いている 世 界 の 穀 物 生 産 力 の 向 上 と 安 定 化 は 先 送 りのできない 急 務 の 課 題 とな っている 図 -1 世 界 の 主 要 穀 物 価 格 指 標 の 推 移 (2000 年 1 月 年 7 月 ) 2

3 3. 世 界 最 大 の 水 資 源 利 用 - 農 業 用 水 地 球 上 における 水 資 源 の 最 大 の 利 用 者 は 人 類 の 食 料 を 生 産 する 農 業 である 世 界 の 年 間 の 淡 水 使 用 量 ( 取 水 量 ベース)3 兆 5,720 億 トンのうち 約 7 割 の 2 兆 5,040 億 トンが 農 業 用 水 として 不 可 避 的 に 使 用 されている 特 に 世 界 人 口 の 約 6 割 が 集 中 するアジアでは 図 -2 に 示 すように 農 業 用 水 利 用 量 がこの 地 域 の 水 資 源 利 用 量 の 約 82%を 占 めており その 多 くがコメの 生 産 に 必 要 な 水 田 灌 漑 用 水 の 利 用 である この 地 域 の 農 業 用 水 利 用 量 は 都 市 や 工 業 での 利 用 を 含 む 世 界 の 水 資 源 全 体 の 利 用 量 の 実 に 約 半 分 を 占 めている (%) km 3 (64.1%) 17.9% アジアの 農 業 用 水 だけで 世 界 の 水 資 源 全 体 の 利 用 量 の 約 半 分 を 占 める 82.1% アジア % 生 活 用 水 工 業 用 水 発 電 用 水 795.2km 3 (20.3%) 362.3km km km 3 (9.3%) (5.6%) (0.7%) 72.1% 27.9% アメリカ ヨーロッパ アフリカ データ:AQUASTAT main country database (http://www.fao.org/nr/water/aquastat/dbase/index.stm) 世 界 平 均 オセアニア 図 -2 地 域 別 の 年 間 水 資 源 取 水 量 ( 全 用 水 )およびこれに 対 する 農 業 用 水 取 水 量 の 割 合 農 業 での 水 の 利 用 が 都 市 での 水 の 利 用 と 異 な る 点 は 水 を 利 用 する 現 地 である 耕 地 への 降 水 を 利 用 できることである 降 水 量 が 豊 富 な 湿 潤 多 雨 地 域 では 降 水 だけに 頼 る 天 水 農 業 が 可 能 である しかし 降 水 量 が 多 すぎて 水 はけが 悪 いと 一 般 の 農 作 物 は 酸 欠 で 根 が 腐 る このような 土 地 には 葉 から 採 り 入 れた 空 気 を 体 内 の 空 隙 を 通 じて 根 に 届 け 耕 地 が 水 浸 しでも 根 が 腐 らないイネが 適 し ている しかも 土 地 が 水 没 することで 一 般 の 雑 草 の 繁 茂 を 抑 制 できる 一 方 作 物 への 水 分 補 給 がお 天 気 任 せの 天 水 水 田 稲 作 では 頼 みの 雨 が 降 らないと 収 穫 が 激 減 する そこで 安 定 した 生 産 15.7% 84.3% 26.2% 73.8% 農 業 用 水 生 活 用 水 工 業 用 水 発 電 用 水 29.8% 農 業 用 水 70.2% を 図 るため 干 天 が 続 いた 渇 水 時 の 備 えとして 水 資 源 を 貯 えておく 工 夫 が 畦 畔 で 囲 まれた 水 田 に 水 を 貯 える 湛 水 である それより 規 模 が 大 きい ものがため 池 やダムによる 貯 水 である こうした 湛 水 や 貯 水 には 大 量 の 水 が 必 要 となり 各 現 地 へ の 降 水 だけでは 不 足 する そのため 渓 流 湧 水 河 川 湖 沼 などから 引 水 し あるいは 場 合 によっ ては 地 下 水 を 揚 水 し 用 水 路 によって 各 現 地 へ 配 水 する これが 水 資 源 を 利 用 する 灌 漑 農 業 であ る 湿 潤 多 雨 地 域 よりも 一 般 的 に 降 水 量 の 少 ない 半 乾 燥 地 域 などでの 畑 作 の 場 合 は 耕 地 への 湛 水 ではなく 灌 水 により 土 壌 に 水 分 を 蓄 える 点 が 異 な る 以 外 は 同 様 である このように 灌 漑 は 常 時 の 降 水 不 足 の 補 完 や 渇 水 時 の 備 えとしても 重 要 であるが それだけでな く 積 極 的 に 灌 漑 を 行 って 土 壌 の 水 分 を 上 手 にコ ントロールすると 作 物 の 収 量 が 大 幅 に 向 上 する 耕 地 に 化 学 肥 料 を 施 したとき 土 壌 水 分 が 十 分 に あると 肥 料 成 分 の 作 物 吸 収 が 活 発 になり 肥 料 の 効 きが 格 段 に 良 くなる また 多 収 量 品 種 は 土 壌 水 分 が 十 分 にあるとその 能 力 を 存 分 に 発 揮 できる が 逆 に 水 分 不 足 の 環 境 では 低 収 量 の 在 来 品 種 は 何 とか 収 穫 できても 多 収 量 品 種 は 枯 死 してし まい 収 穫 がゼロとなることさえある 多 収 量 品 種 の 導 入 は 天 水 農 業 ではハイリスク となるため 灌 漑 農 業 が 前 提 となる 多 収 量 品 種 を 導 入 し 化 学 肥 料 を 効 果 的 に 施 用 できる 灌 漑 農 業 では 収 量 を 飛 躍 的 に 増 大 させることができる 現 に 灌 漑 耕 地 は 世 界 の 全 耕 地 面 積 15 億 3,353 万 ha の 約 20%にすぎないが 世 界 の 穀 物 の 約 4 割 を 生 産 し 人 類 の 食 料 需 要 を 支 えている 次 世 代 を 養 う 世 界 の 穀 物 生 産 力 の 向 上 と 安 定 化 のため には 灌 漑 農 業 の 一 層 の 開 発 が 不 可 欠 だが これ を 進 めるほど 大 量 の 水 資 源 が 必 要 となってくる 4. 世 界 の 灌 漑 開 発 の 動 向 及 び 単 収 増 との 関 係 しかし 世 界 の 灌 漑 開 発 は 今 世 紀 に 入 り 急 ブ レーキが 掛 かり 局 面 打 開 のための 効 果 的 な 方 策 が 待 ち 望 まれている 1960 年 代 以 降 灌 漑 耕 地 は 3

4 1962 世 界 の 食 料 供 給 の 大 きな 部 分 を 賄 ってきた 図 -3 に 示 すように 1960 年 代 から 20 世 紀 末 まで 年 間 平 均 程 度 の 拡 大 を 続 けてきた 世 界 の 灌 漑 面 積 は 2004 年 以 降 毎 年 その 増 加 率 が 1%を 下 回 り 続 け 2009 年 にはついに まで 落 ち 込 ん だ これは 世 界 レベルではこの 半 世 紀 間 経 験 した ことのない 低 水 準 である ている 灌 漑 耕 地 の 拡 大 が 穀 物 単 収 の 増 加 に 寄 与 するこ とは 多 く 指 摘 されている ここでは それを 定 量 的 に 地 域 別 に 分 析 した FAOSTAT によると 2009 年 の 世 界 の 耕 地 面 積 ( 永 年 生 作 物 栽 培 面 積 を 含 む 以 下 同 じ)15 億 3,353 万 ha のうち 灌 漑 耕 地 面 積 が 占 める 割 合 (これを 灌 漑 耕 地 面 積 率 と 呼 ぶ - 灌 漑 耕 地 面 積 増 加 率 の 急 低 下 以 下 同 じ)は 20.3%である 1961 年 から 2009 年 までの 49 年 間 で 世 界 の 耕 地 面 積 は 11.8% 増 加 し たが 灌 漑 耕 地 面 積 は 99.8% 増 加 しほぼ 2 倍 に 拡 大 した 一 方 世 界 の 穀 物 単 収 は 同 じ 期 間 に 1.35t/ha から 3.56t/ha に 向 上 した これら 49 年 間 のデータを 耕 地 面 積 と 灌 漑 面 積 を 独 立 変 数 穀 物 単 収 を 従 属 変 数 として 重 回 帰 分 析 により 検 討 データ:FAOSTAT2012 年 7 月 (2011 年 7 月 21 日 最 終 更 新 )のデ ータより 著 者 作 成 ( 以 下 図 -4~ 図 -8 も 同 様 ) 図 -3 世 界 の 耕 地 面 積 及 び 灌 漑 耕 地 面 積 の 年 間 増 加 率 の 推 移 ( ) 1960 年 代 から 20 世 紀 末 まで 世 界 ベースでは 安 定 した 拡 大 を 続 けてきた 灌 漑 面 積 だが 地 域 別 に 見 ると 大 きな 波 がある まず 図 -4 に 示 すよう に 第 二 次 オイルショックの 影 響 により 北 中 央 アメリカ 州 では 1980 年 代 に 急 激 な 落 ち 込 みを 経 験 し 数 年 間 はゼロ 成 長 ないし 縮 小 傾 向 が 続 き 1988 年 以 降 回 復 し 20 世 紀 末 まで 安 定 成 長 したが 21 世 紀 に 入 り 再 び 低 迷 している この 間 も 図 -5 に 示 すように 南 アメリカは 概 ね 年 率 以 上 の 成 長 が 続 いた 逆 に 図 -6 に 示 すように 1988 年 以 降 は 冷 戦 終 結 後 の 混 乱 により 欧 州 で 急 激 かつ 深 刻 な 落 ち 込 みが 始 まり 灌 漑 面 積 の 縮 小 傾 向 が 現 在 まで 続 いている その 中 でも 東 欧 は 特 に 深 刻 な 状 況 にある また 図 -7 に 示 すように アフリ カは 順 調 な 拡 大 を 続 けていたが 2003 年 以 降 ゼ ロ 成 長 に 近 い 深 刻 な 水 準 に 落 ち 込 み 現 在 に 至 って いる 唯 一 無 傷 であったアジアでも 図 -8 に 示 す ように 西 アジアでのマイナス 成 長 への 落 ち 込 み したところ 独 立 変 数 ( 耕 地 面 積 )の 係 数 をゼロ とする 帰 無 仮 説 を 有 意 水 準 5%で 棄 却 できない この 場 合 穀 物 単 収 は 灌 漑 面 積 のみに 依 存 し 世 界 の 灌 漑 面 積 が 781 万 ha 拡 大 する 毎 に 0.1t/ha の 単 収 増 が 達 成 されるとの 結 果 を 得 た 一 方 穀 物 全 体 の 生 産 量 に 対 する 三 大 穀 物 と 呼 ばれるトウモロコシ コメ コムギの 合 計 生 産 量 が 占 める 割 合 は 年 々 増 加 し 1961 年 の 73.3%か ら 2010 年 に 89.1%に 達 した そこで この 間 の 灌 漑 の 対 象 穀 物 はほぼ 三 大 穀 物 であったと 考 え 従 属 変 数 を 三 大 穀 物 の 平 均 単 収 とすると 同 じ 帰 無 仮 説 を 有 意 水 準 5%で 棄 却 でき 得 られた 重 回 帰 式 より 世 界 の 耕 地 面 積 と 灌 漑 面 積 が 各 々8,197 万 ha 719 万 ha 拡 大 する 毎 に 0.1t/ha の 単 収 増 が 達 成 されるとの 結 果 を 得 た アフリカでは 同 じく 各 々135 万 ha 17 万 ha 拡 大 する 毎 に また 灌 漑 耕 地 面 積 率 が 既 に 41%に 達 しているアジア ( 中 央 アジアを 除 く)では 同 じく 各 々952 万 ha 847 万 ha 拡 大 する 毎 に 0.1t/ha の 単 収 増 が 達 成 される との 結 果 が 得 られた これにより 灌 漑 耕 地 面 積 率 が 低 い 地 域 を 中 心 に 灌 漑 面 積 を 拡 大 させれば 世 界 の 穀 物 単 収 を 効 果 的 に 向 上 させ 得 ることが 示 唆 された と 年 率 2%を 超 えていた 東 南 アジアの 拡 大 に 陰 りが 見 え 始 め 2005 年 以 降 は 年 率 1%を 割 り 続 け 4

5 % 6.0% 5.0% 4.0% - - 図 -4 北 中 央 アメリカの 収 穫 耕 地 面 積 及 び 灌 漑 耕 地 面 積 の 年 間 増 加 率 の 推 移 ( ) 図 -8 アジアの 収 穫 耕 地 面 積 及 び 灌 漑 耕 地 面 積 の 年 間 増 加 率 の 推 移 ( ) - 世 界 の 穀 物 価 格 決 定 構 造 が 変 化 したことにより 今 後 中 長 期 にわたり 穀 物 価 格 の 高 値 安 定 あるい はさらなる 上 昇 が 見 込 まれることは 急 激 に 落 ち 込 んだ 灌 漑 投 資 をV 字 ターンさせる 呼 び 水 になる その 際 に 留 意 すべきなのは 灌 漑 システムを 効 率 的 に 機 能 させ 生 産 力 の 向 上 を 実 現 するための さ - 図 -5 南 アメリカの 収 穫 耕 地 面 積 及 び 灌 漑 耕 地 面 積 の 年 間 増 加 率 の 推 移 ( ) らにはその 持 続 性 を 強 固 にするための 受 益 農 家 の 体 制 構 築 を 同 時 に 行 うことである 何 故 なら 灌 漑 投 資 による 増 産 効 果 は 数 十 年 という 長 期 間 発 現 されるべきものであり その 間 の 穀 物 価 格 の 変 動 に 柔 軟 に 対 応 して 持 続 的 に 利 用 されるシステムが 望 まれるからである そこで 注 目 すべきものが 農 民 参 加 型 の 灌 漑 開 発 管 理 である これを 上 手 く 活 用 することにより 水 利 共 同 体 へのエンパワー メントと 経 済 的 動 機 づけを 超 えたアイデンティ ティー 志 向 の 長 期 にわたる 安 定 した 共 有 資 源 管 理 を 実 現 することができるのである - 図 -6 ヨーロッパの 収 穫 耕 地 面 積 及 び 灌 漑 耕 地 面 積 の 年 間 増 加 率 の 推 移 ( ) 5. 湿 潤 多 雨 気 候 下 の 参 加 型 灌 漑 管 理 年 間 降 水 量 が 概 ね 1500mm 程 度 を 越 えるモン スーン アジアの 国 々は 世 界 の 陸 地 面 積 の 14% を 占 めるに 過 ぎないが 世 界 人 口 の 54%という 巨 大 な 人 口 を 擁 する この 人 口 を 支 える 食 料 の 生 産 は この 地 域 の 各 地 で 水 田 稲 作 を 中 心 に 2000 年 以 上 も 前 から 続 けられてきた 湿 潤 な 気 候 下 で の 水 田 稲 作 は 乾 燥 地 域 が 抱 える 土 壌 の 塩 類 集 積 や 地 下 水 の 枯 渇 あるいは 畑 作 に 宿 命 的 な 連 作 図 -7 アフリカの 収 穫 耕 地 面 積 及 び 灌 漑 耕 地 面 積 の 年 間 増 加 率 の 推 移 ( ) 障 害 などの 問 題 を 生 じない 環 境 に 優 しい 持 続 可 能 な 生 産 システムである しかし これを 活 かす 5

6 ことのできる 持 続 可 能 な 社 会 は 農 業 水 利 を 通 じて 人 と 人 を 繋 げ 人 と 社 会 を 繋 いだ 人 々の 叡 智 協 働 や 相 互 扶 助 の 心 が 築 いたものである 欧 米 を 中 心 とする 近 代 的 畑 作 農 業 における 農 業 水 利 と 日 本 をはじめ 湿 潤 気 候 下 のモンスーン ア ジア 諸 国 の 農 業 水 利 は 本 質 的 に 異 なる 目 的 意 識 と 技 術 体 系 のもとで 発 展 した 即 ち 欧 州 では 村 落 単 位 の 共 同 体 的 な 低 位 安 定 型 三 圃 式 農 業 が 根 菜 類 や1 年 生 豆 科 牧 草 をとり 入 れて 酪 農 と 結 合 し た 地 力 維 持 型 有 畜 経 営 としての 輪 栽 式 農 法 に 取 っ て 代 わられ 共 同 体 的 営 農 の 必 要 性 が 薄 れて 個 別 経 営 が 確 立 していった 第 二 次 世 界 大 戦 後 個 別 経 営 の 基 盤 のもとに 資 本 の 蓄 積 が 進 展 し さらに 専 門 性 の 高 い 農 業 経 営 が 発 展 した その 延 長 線 上 にある 米 国 カナダなど 新 大 陸 の 大 規 模 畑 作 農 業 経 営 さらには 大 規 模 水 田 稲 作 を 含 めて 生 産 性 の 向 上 を 目 的 として 発 展 した 欧 米 の 近 代 的 な 農 業 水 利 も 一 部 コミュニティーベースのものを 除 い てこれら 個 別 経 営 体 へのサービス 事 業 としての 性 格 が 強 い 一 方 モンスーン アジア 諸 国 では 温 暖 湿 潤 な 気 候 下 で 洪 積 台 地 河 岸 段 丘 谷 地 自 然 堤 防 湿 地 等 が 入 り 組 む 風 土 に 適 合 した 労 働 集 約 的 な 小 規 模 水 田 稲 作 が 発 展 した ここでは 天 水 稲 作 洪 水 灌 漑 減 水 灌 漑 近 代 的 灌 漑 システムなど 様 々な 水 田 水 利 の 形 態 が 見 られるが いずれにお いても 多 くの 場 合 農 業 生 産 活 動 における 個 の 確 立 とともに 水 利 ガバナンスと 呼 ぶべき 協 働 協 治 に よって 資 源 や 財 を 管 理 する 仕 組 みが 発 達 し ソー シャル キャピタルが 蓄 積 され 共 生 社 会 基 盤 が 形 成 されている つまり 温 暖 湿 潤 な 気 候 下 で 多 数 の 小 規 模 農 業 経 営 が 存 在 し 畑 作 と 異 なり 水 田 では 田 面 に 貯 留 した 水 を 越 流 させて 下 流 で 再 利 用 できるという 条 件 下 で 通 常 は 涸 れることなく 地 表 を 流 下 する 水 によって 必 然 的 に 人 々の 繋 がりが 形 成 された そ してさらに 度 重 なる 洪 水 や 渇 水 への 集 団 的 対 応 の 経 験 を 通 じて 個 よりも 全 体 の 利 益 を 重 視 して 個 々の 調 整 を 図 る 水 利 共 同 体 が 成 立 発 展 したの である ここでは ローカル コモンズとしての 水 資 源 の 需 給 が 逼 迫 していない 常 時 における 経 済 学 的 合 理 性 とともに 水 資 源 の 需 給 が 逼 迫 する 渇 水 時 における 独 特 の 水 利 秩 序 あるいは 水 利 慣 行 に よる 別 途 の 経 済 学 的 合 理 性 が 成 立 している 6.コモンズの 悲 劇 とローカル コモンズ コモンズの 悲 劇 は 米 国 の 生 態 学 者 ギャレ ット ハーディンが 1968 年 にサイエンス 誌 に 発 表 した 論 文 "The Tragedy of the Commons"で 紹 介 され 広 く 知 られるようになった 概 念 で 地 球 環 境 問 題 もしばしばコモンズの 悲 劇 に 擬 えて 説 明 さ れている 限 りある 地 球 資 源 を 人 類 が 好 き 勝 手 に 使 えば やがてそれが 枯 渇 して 人 類 を 含 む 生 態 系 全 体 が 立 ち 行 かなくなるとされている ここで 限 りある 地 球 資 源 とは いわゆる 伝 統 的 な 資 源 経 済 学 での 経 済 活 動 の 使 用 収 益 に 充 てられる 資 源 だけ ではない すなわち 経 済 活 動 に 伴 って 排 出 され 汚 染 源 となる 廃 棄 物 質 の 自 然 環 境 による 同 化 吸 収 能 力 あるいは 生 物 多 様 性 など 物 的 資 本 の 範 疇 を 越 えた 非 物 質 的 な 価 値 をも 含 む 自 然 資 本 が 対 象 となる そして コモンズの 悲 劇 が 起 こるのは 後 にハーディンが 修 正 したように かかる 自 然 資 本 がオープンアクセス( 非 排 除 的 )であるときに 限 る 誰 でも 自 由 に 利 用 できる 状 態 の 自 然 資 本 が 最 も 危 険 であるといえる これに 対 し 限 定 された 利 用 者 によって 収 益 を 分 配 するために 利 用 される 排 除 性 のある 共 有 資 源 は ローカル コモンズと 呼 ばれている また 定 められた 管 理 ルールが 機 能 せずにコモンズの 悲 劇 が 起 こる 場 合 には 資 源 が 一 斉 に 枯 渇 して 利 用 者 が 同 時 に 破 綻 するのではなく 枯 渇 の 進 行 とと もに 競 争 力 が 低 い 利 用 者 から 順 に 脱 落 し 最 後 ま で 生 き 残 った 利 用 者 が 枯 渇 寸 前 の 資 源 を 独 占 的 に 利 用 することになる 自 由 競 争 市 場 のもと 過 度 な 廉 売 競 争 によって 市 場 参 入 者 が 次 々と 体 力 を 消 耗 し 独 占 市 場 が 形 成 されていく 過 程 と 同 様 の 現 象 が 起 こると 考 えられる 一 般 的 にローカル コモンズの 管 理 には 利 用 6

7 者 を 限 定 するか あるいは 不 特 定 多 数 による 利 用 の 排 除 が 困 難 な 場 合 には 各 利 用 者 に 利 用 のルー ルを 遵 守 させるシステムが 考 えられる このうち 一 般 に 環 境 と 呼 ばれている 物 的 資 本 の 範 疇 を 越 えた 同 化 吸 収 能 力 や 生 物 多 様 性 などに 代 表 され る 非 物 質 的 な 価 値 は 取 引 市 場 が 存 在 しないため 市 場 を 通 じた 需 給 の 管 理 ができない しかも コ ミュニティなどの 範 囲 に 利 用 者 を 限 定 することや 利 用 の 排 除 性 を 確 保 することが 極 めて 難 しい こ れら 環 境 の 管 理 には 各 利 用 者 に 利 用 のルールを 遵 守 させるシステムが 有 効 である そうしたシス テムの 下 で 国 際 社 会 や 国 家 権 力 が 管 理 するか あ るいは 利 用 者 が 自 ら 管 理 しながら 利 用 することに より コモンズの 悲 劇 を 防 ぐことができる 7.アイデンティティー 重 視 の 参 加 型 開 発 管 理 近 代 社 会 において これらのローカル コモン ズを 持 続 的 に 利 用 管 理 するシステム すなわちコ ミュニティ 内 の 独 自 の 取 決 めや 運 営 組 織 といった 経 済 的 社 会 的 な 仕 組 みと それを 維 持 する 人 間 の 価 値 観 や 意 志 は 一 見 時 代 遅 れのもののように 見 える 確 かに 近 代 社 会 の 発 展 の 方 向 は ユニバ ーサルな 制 度 としての 市 場 原 理 に 基 づく 私 有 財 の 取 引 市 場 の 拡 大 発 展 と 近 代 的 民 主 主 義 にベース を 置 く 政 府 あるいは 専 門 技 術 集 団 による 公 共 財 の 創 出 と 管 理 という 公 と 私 の 分 業 システムの 高 度 化 であった それは より 効 率 的 な 経 済 活 動 が 他 を 凌 駕 していくという 市 場 経 済 の 仕 組 みの 中 で 公 共 財 の 創 出 と 管 理 についても 規 模 の 経 済 性 が 重 視 されたからである このため ローカル コモ ンズの 持 続 的 利 用 管 理 という 仕 組 みの 多 くは 結 局 効 率 性 の 観 点 からシステムの 変 更 を 余 儀 なくさ れ 効 率 的 に 発 展 した 私 有 財 の 市 場 経 済 に 呑 み 込 まれていくか 近 代 的 な 政 府 組 織 や 専 門 管 理 組 織 の 業 務 に 吸 収 されていったのである しかしこうした 近 代 的 なシステムの 最 大 の 弱 点 は ローカル コモンズの 持 続 的 利 用 管 理 にあ たり ほぼ 経 済 的 動 機 づけのみに 頼 らざるを 得 な いということである 世 界 的 な 経 済 の 低 迷 がネッ クとなり 灌 漑 投 資 は 今 世 紀 に 入 り 急 激 に 落 ち 込 んでいる 20 世 紀 における 農 産 物 国 際 市 場 をめぐ る 欧 米 の 競 争 が 経 営 規 模 の 拡 大 による 欧 米 農 業 の 価 格 競 争 力 の 向 上 と 同 時 に 農 産 物 市 場 価 格 の 低 迷 をもたらしたため 経 済 成 長 が 好 調 な 新 興 国 等 にとっても 灌 漑 投 資 は 魅 力 の 薄 いものになっ ていたのである では 人 間 が 自 らを 含 む 一 定 の 集 団 が 共 有 する 資 源 の 持 続 可 能 な 管 理 に 積 極 的 な 関 心 を 持 つのは どのような 時 であろうか? 人 間 は 他 の 動 物 のよ うに 本 能 だけに 導 かれて 群 れるのではなく 社 会 生 活 を 営 む 過 程 の 中 で 自 らが 形 成 した 社 会 の 一 員 であるというアイデンティティーを 肉 体 と 共 に 成 長 する 理 性 の 中 に 確 立 させていく 逆 に 人 は 何 らかの 理 由 でこのアイデンティティーの 確 立 がで きないとき 社 会 に 自 分 を 位 置 づける 理 性 の 力 を 失 う 理 性 の 力 なくしては 人 はその 社 会 の 一 員 としてローカル コモンズの 持 続 可 能 な 管 理 に 係 わる 意 義 を 見 失 う 水 は 個 人 の 財 産 でも 企 業 の 財 産 でもなく 大 気 陸 地 海 洋 を 循 環 するなかで 人 類 全 体 が 利 用 し 次 世 代 にも 受 け 継 ぐべき 共 有 財 である 個 人 や 企 業 はこうした 水 資 源 の 大 循 環 の 一 局 面 を 私 的 財 と して 利 用 している これからの 人 類 が 共 存 し 全 ての 生 物 と 共 生 していくためにも 地 球 の 水 資 源 をローカル コモンズと 捉 えて 世 界 の 人 々が 協 力 し 合 ってきめ 細 かく 開 発 利 用 していく 必 要 があ る これは 地 球 環 境 を 人 類 が 利 益 を 分 かち 合 う ために 営 む 共 同 事 業 の 場 と 考 えれば 様 々な 地 球 環 境 問 題 にもそのまま 適 用 できる 考 え 方 であろう その 中 で 重 要 なのは 制 度 的 な 仕 組 みを 作 ること と 共 に 個 の 利 益 を 優 先 しがちな 個 々 人 の 価 値 観 や 意 志 をどのようにコントロールするかである 日 本 を 含 むモンスーン アジアの 農 村 に 存 在 す る 水 田 水 利 システムは そこに 暮 らす 人 々が 共 有 する 資 源 の 持 続 可 能 な 管 理 に 積 極 的 に 係 わること で 世 代 を 超 えて 維 持 されてきたものである こ の 水 利 システムをはじめとする 農 村 に 存 在 する 水 土 里 資 源 は 人 々がその 農 村 の 一 員 であることを 7

8 自 覚 するアイデンティティーを 育 み 持 続 可 能 な 農 村 社 会 の 重 要 な 要 素 となっている また その 存 在 が 可 視 化 されていることによって 個 々 人 の 価 値 観 や 意 志 をコントロールし 人 と 人 との 絆 や 心 の 繋 がりの 重 要 性 を 思 い 起 こさせ その 結 果 と して 世 代 を 超 えて 維 持 管 理 されてきた 共 生 社 会 基 盤 であるとも 言 えよう この 農 村 における 可 視 化 された 水 土 里 資 源 あるいは 農 村 の 人 々を 繋 ぐ 水 土 里 の 共 生 社 会 基 盤 ともいうべきものに 相 当 する ものが 今 まさに 地 球 と 人 類 に 必 要 なのではない だろうか 参 考 文 献 1 Hardin, G(1968): The Tragedy of the Commons, Science, 162, pp Hawken, P., Lovins, Amory B. and Lovins, L. Hunter(1999): Natural Capitalism: The Next Industrial Revolution, Nature, 402(6757), p13. 3 宇 沢 弘 文 (1995): 地 球 温 暖 化 の 経 済 学, 岩 波 書 店,219pp. 4 Kazumi Yamaoka et.al (2008 ) Social capital accumulation through public policy systems implementing paddy irrigation and rural development projects, Paddy and Water Environment, 6(1), pp.115~128 5 山 岡 和 純, 小 山 修 (2012):フード&ウオータ ーセキュリティ 未 来 世 代 を 養 う 食 料 と 水 の 展 望, 地 球 環 境 データブック,ワールドウォ ッチジャパン,pp.147~213 (242p) 6 山 岡 和 純 (2012):サブサハラアフリカ 稲 作 水 管 理 研 究 の 意 義 および 現 状 と 課 題, 農 業 農 村 工 学 会 誌 水 土 の 知,80(8),pp

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959489EF82BE82E682E85F91E631328D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959489EF82BE82E682E85F91E631328D862E646F63> 第 12 号 2011.2.9 地 球 温 暖 化 対 策 検 討 部 会 だより 今 回 は 日 本 をはじめ 海 外 の 農 村 のソーシャル キャピタル 水 利 ガバナンス 水 資 源 管 理 の 比 較 制 度 研 究 を 行 っている( 独 ) 国 際 農 林 水 産 業 研 究 センター 研 究 戦 略 調 査 室 調 査 コーディネ ーターの 山 岡 和 純 氏 に 寄 稿 していただきました

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

昭 和 32 年 8 月 佐 原 - 東 金 間 通 水 式 線 用 水 路 や 末 端 ほ 場 の 整 備 により 九 十 九 里 一 帯 の 水 田 地 帯 は 安 定 水 源 の 確 保 と 内 水 排 除 が 進 み 後 の 早 期 栽 培 技 術 の 導 入 を 待 たずに 着 工 前 の

昭 和 32 年 8 月 佐 原 - 東 金 間 通 水 式 線 用 水 路 や 末 端 ほ 場 の 整 備 により 九 十 九 里 一 帯 の 水 田 地 帯 は 安 定 水 源 の 確 保 と 内 水 排 除 が 進 み 後 の 早 期 栽 培 技 術 の 導 入 を 待 たずに 着 工 前 の 連 載 房 総 半 島 を 潤 す 利 根 川 の 水 第 1 回 両 総 用 水 と 共 に 歩 む 房 総 導 水 路 写 真 : 第 一 揚 水 機 場 ( 千 葉 県 香 取 市 ) 両 総 土 地 改 良 区 技 術 顧 問 池 田 寿 夫 1. 両 総 用 水 事 業 の 概 要 平 成 5 年 度 に 着 工 し20 年 余 の 歳 月 と 総 事 業 費 1,070 億 円 を 要

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EC4936390E690B68E9197BF8169835E83438367838B8F4390B3816A205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EC4936390E690B68E9197BF8169835E83438367838B8F4390B3816A205B8CDD8AB78382815B83685D> メディア 向 け 説 明 会 資 料 世 界 的 な 食 糧 事 情 からみた 日 本 の 酪 農 及 び 牛 乳 乳 製 品 市 場 について 2011 年 10 月 18 日 2013 年 8 月 7 8 日 ( 株 ) 資 源 食 糧 問 題 研 究 所 ( 株 ) 資 源 食 糧 問 題 研 究 所 代 表 柴 田 明 夫 1. 穀 物 : 米 国 の 干 ばつで 急 騰 後 2013 年

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 2011.4 NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 の 長 期 化 や 急 速 な 高 齢 化 等 を 背 景 として 日 本 の 財 政

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未 IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 から 分 かること 気 象 庁 地 球 環 境 海 洋 部 気 候 情 報 課 調 査 官 石 原 幸 司 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1 11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

Microsoft Word - ARS413 ミャンマーNLD2015マニュフェスト docx

Microsoft Word - ARS413 ミャンマーNLD2015マニュフェスト docx 平 成 27 年 (2015 年 )11 月 17 日 BTMU Global Business Insight 臨 時 増 刊 号 AREA Report 413 ミャンマー: 国 民 民 主 連 盟 (NLD)マニュフェスト 要 旨 :ミャンマーの 総 選 挙 で 大 勝 した 国 民 民 主 連 盟 の 総 選 挙 マニュフェストを 掲 載 する 2015 年 11 月 8 日 に 実 施 されたミャンマー

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予 海 外 情 報 2016 年 までの 農 業 予 測 米 国 農 務 省 局 間 農 業 予 測 委 員 会 米 国 農 務 省 (USDA) の 局 間 農 業 予 測 委 員 会 (Interagency Agricultural Projections Committee) は 2007 年 2 月 2016 年 ま で の 農 業 予 測 米 国 農 務 省 (USDA Agricultural

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

90 1979 1999 1981 1999 1990 1990 1987 197382 198186 80 70 60 50 40 30 20 10 0 160,000 1.40 140,000 1.20 120,000 1.00 100,000 0.80 80,000 0.60 60,000 0.40 40,000 0.20 20,000 0 0.00 1970 1980 1990 2000

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

(Microsoft Word \224_\213\306\203~\203\203\203\223\203}\201[.docx)

(Microsoft Word \224_\213\306\203~\203\203\203\223\203}\201[.docx) 公 益 社 団 法 人 大 日 本 農 会 会 誌 農 業 * 世 界 の 農 業 は 今 ミャンマーの 農 業 事 情 草 野 栄 一 フロンティア 昨 今 ミャンマーを アジア 最 後 のフロンティア( 未 開 拓 地 ) と 呼 ぶ 雑 誌 や 新 聞 記 事 をよく 目 にする 大 きな 理 由 の1つは 約 5 千 円 という 一 般 工 員 職 員 の 月 給 の 安 さにある これは

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

育 Business Labor Trend.9 広 逆 説 じ 打 党 始 競 争 激 質 評 億 弱 ぎ 飲 混 味 真 珠 億 標 準 波 及 疑 耕 ヘ ヘ 都 ヘ ぎ 米 ヘ 豪 ヘ 陸 諸 隔 絶 差 欧 ヘ 欧 ヤ 伴 動 針 ヘ 散 弟 離 複 雑 障 壁 ィ 概 ぶ 曖 昧 簡 整

育 Business Labor Trend.9 広 逆 説 じ 打 党 始 競 争 激 質 評 億 弱 ぎ 飲 混 味 真 珠 億 標 準 波 及 疑 耕 ヘ ヘ 都 ヘ ぎ 米 ヘ 豪 ヘ 陸 諸 隔 絶 差 欧 ヘ 欧 ヤ 伴 動 針 ヘ 散 弟 離 複 雑 障 壁 ィ 概 ぶ 曖 昧 簡 整 育 Business Labor Trend.9 世 右 肩 苦 ぜ 稿 概 捉 察 訳 米 樹 ダ ナ ニ ベ G D 動 弱 歴 史 ピ 減 少 純 ピ 減 背 ブ 崩 壊 志 少 護 複 肥 燃 供 寡 硬 騰 動 投 転 嫁 交 易 継 刻 広 既 就 口 歳 歳 著 再 困 局 交 渉 T 極 税 ゼ 由 透 層 刻 反 質 礎 席 寄 稿 6 96 6 8 8 9 9 純 推 移 6 8

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

震災からの再建のための「取組み態勢」のあり方と、「公論形成の場」で取組むべき重要課題

震災からの再建のための「取組み態勢」のあり方と、「公論形成の場」で取組むべき重要課題 震 災 からの 再 建 のための 取 組 み 態 勢 のあり 方 と 公 論 形 成 の 場 で 取 組 むべき 重 要 課 題 2013.7.13 舩 橋 晴 俊 ( 法 政 大 学 ) Q1: 震 災 からの 生 活 再 建 地 域 再 建 のために 取 組 み 態 勢 のあり 方 がなぜ 重 要 か Q2: 巨 視 的 に 見 た 時 に 制 御 中 枢 圏 公 共 圏 原 子 力 複 合 体

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 53 回 インナー 大 会 国 内 農 業 の 海 外 市 場 参 入 専 修 大 学 望 月 ゼミ 国 際 比 較 班 大 里 尚 史 勝 亦 ありさ 北 川 美 有 香 発 表 の 流 れ 問 題 提 起 国 内 農 業 の 現 状 分 析 オランダの 農 業 現 状 政 策 提 言 問 題 提 起 大 テーマ 持 続 的 可 能 な 経 済 成 長 の 実 現 日 本 経 済 再 生 プロジェクト

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

[ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 とし

[ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 とし 2008 年 9 月 9 日 発 行 定 額 減 税 : 想 定 されるスケジュールと 効 果 [ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 yusuke.ichikawa@mizuho-ri.co.jp TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 150629 生 態 系 の 科 学 流 域 生 態 系 における 物 質 循 環 九 州 大 学 演 習 林 大 槻 恭 一 智 和 正 明 自 己 紹 介 最 近 の 生 態 系 研 究 の 動 向 森 林 の 水 はきれい? 森 林 における 窒 素 循 環 多 々 良 川 流 域 の 水 はなぜ 汚 れているのか? 森 林 は 窒 素 飽 和 しているのか? 自 己 紹 介 最 近 の 生

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

次 にこれら 報 告 書 よりは 政 治 的 にも 経 済 的 にも 大 きな 影 響 を 与 えているものがブッシュ 大 統 領 の 一 般 教 書 である ブッシュ 大 統 領 は 昨 年 の 一 般 教 書 に 続 いて 今 年 の 一 般 教 書 でも 化 石 燃 料 である 石 油 への

次 にこれら 報 告 書 よりは 政 治 的 にも 経 済 的 にも 大 きな 影 響 を 与 えているものがブッシュ 大 統 領 の 一 般 教 書 である ブッシュ 大 統 領 は 昨 年 の 一 般 教 書 に 続 いて 今 年 の 一 般 教 書 でも 化 石 燃 料 である 石 油 への 2007 3 2 国 産 バイオ 燃 料 の 本 格 的 導 入 に 向 けて 水 田 の 活 用 推 進 をー 東 京 農 業 大 学 客 員 教 授 白 岩 宏 {Ⅰ} 地 球 温 暖 化 加 速 と 国 際 世 論 の 変 化 アメリカの 気 象 学 者 の 最 高 権 威 といわれるNASAのジェームス ハンセン 氏 は 地 球 温 暖 化 による 壊 滅 的 な 事 態 を 避 けるのに

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経 書 評 所 康 弘 著 北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 NAFTA 多 国 籍 企 業 地 域 経 済 西 田 書 店 2009 年 東 京 外 国 語 大 学 田 島 陽 一 1. 本 書 の 分 析 視 点 本 書 は メキシコを 輸 入 代 替 工 業 化 戦 略 から 新 自 由 主 義 的 開 発 戦 略 に 転 換 を 遂 げた 途 上 国 開 発 モデルの 先 駆 的

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

EVO Commodity Report

EVO Commodity Report 12 月 米 農 務 省 需 給 報 告 :コーン 大 豆 共 に 期 末 在 庫 が 市 場 予 想 を 下 回 る! 2015-16 年 度 の 米 国 産 コーン 期 末 在 庫 が 市 場 予 想 を 上 回 る 米 国 産 コーンの 用 途 別 需 要 米 農 務 省 は 12 月 10 日 に 発 表 した 需 給 報 告 で 2015-16 年 度 の 米 国 産 コーンについて 供

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の2の 規 定 に 基 づく 報 告 書 米 の 生 産 調 整 対 策 の 実 施 状 況 等 について 平 成 2 8 年 7 月 会 計 検 査 院 農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63> 芳 賀 正 憲 新 国 立 競 技 場 の 建 設 費 は 2012 年 デザイン 公 募 時 の 目 標 が1300 億 円 でしたが 採 用 された 案 では 設 計 業 者 の 見 積 もりが3000 億 円 を 超 え その 後 修 正 を 重 ねましたが 最 終 的 に 目 標 値 をはるかにオーバーすることが 確 実 になり 2015 年 7 月 白 紙 撤 回 仕 切 り 直 しとなりました

More information

品目横断的経営安定対策下における集落営農の課題

品目横断的経営安定対策下における集落営農の課題 茨 城 県 作 物 研 究 会 講 演 要 旨 2007 年 3 月 13 日 品 目 横 断 的 経 営 安 定 対 策 下 に おける 集 落 営 農 の 課 題 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 中 央 農 業 総 合 研 究 センター 農 業 経 営 研 究 チーム 高 橋 明 広 報 告 の 構 成 1. 問 題 意 識 2. 集 落 営 農

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information